ボーイング社と日本の航空機メーカー(JAI)は23日、ボーイングの新型旅客機777Xの開発・製造に関する正式契約に調印した。ボーイングジャパンと日本航空機開発協会(JADC)が発表した。

 JAIは三菱重工業 <7011> 、川崎重工業 <7012> 、富士重工業 <7270> 、新明和工業 <7224> 、日本飛行機の5社の総称。胴体、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部結合、客室扉、翼胴フェアリングなど主要構造部位の約21%を製造分担する。

 777Xは、大型双発旅客機777シリーズの後継機。現在、6社から306機の確定受注を得ており、2017年に生産を開始、20年の初号納入を目指している。

 ボーイングによる日本からの調達規模は、今回の契約締結により今後5年間で約360億ドル(約4兆4000億円)に達すると予測されている。

 JADCの一丸清貴専務理事は「日本の航空機メーカーは、この50年、最初の747SPへの参画以降、ほぼすべての民間機プログラムに関わってきた。今回の777Xの契約は、関係をより強固にするものであり、将来にわたって航空機の開発・製造にともに歩んでいきたい」と話している。(ZUU online 編集部)