ボーイング民間航空機部門のレイ・コナー社長兼CEOは、開発を進める「777Xプログラム」で、日本の主要パートナー5社が参画することで合意したことに関して「全世界のサプライヤーに求めるパートナーシップの手本となってくれる」とコメントした。

今回、合意に達した5社は、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機。加えて、日本の航空機産業の発展を目指す日本航空機開発協会とともに、ボーイングとの間で合意覚書を締結した。

合意内容には、5社が、胴体部、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部、乗降扉、貨物扉、主脚扉、主翼構成品、翼胴フェアリングを含む約21%におよぶ777Xの主要構造部位の製造を行うことが含まれている。

コナー社長兼CEOは「ボーイングでは、顧客航空会社に最高の航空機を提供し、変化する市場のニーズにも対応することを追求しており、今回合意に達した5社は、常に高品質の製品を製造しており、価格設定など、777Xプログラムが求める目標の達成に多大な協力を頂く」としている。

ボーイングは、日本の航空宇宙産業界と、約60年にわたって関係を構築しており、日本の企業は、747、767、777、787、次世代737、737MAXと、今回の777Xと、ボーイングが市場に提供する全航空機プログラムに参画している。ボーイングが日本企業より調達する製品、サービスの額も増加しており、2013年には単年で40億ドル超となっている。