退役間近の777-200を国内線で活用するANA=14年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は、退役を控えたボーイング777-200型機を活用して、2015年度から2016年度にかけて国内線の需給適合を順次進化させる。

 これまで、高需要路線や繁忙期に大型機の777を導入し、閑散期や地方路線は機材を小型化していた。これを各路線で曜日ごとに運航機材を見直し、1週間の中で週末など高需要日と乗客数が減る週の中日で運航機材を使い分ける。同社では「ピタッとフリート」と名付け、需給適合の推進により収益性を改善する。

 現在ANAHDは54機の777を保有。このうち、16機の777-200と6機の777-200ER、7機の777-300の29機を国内線で、6機の777-200ERと19機の777-300ERの25機を国際線で運航している。

 今回活用する777-200は、1995年10月に引き渡された初号機をはじめ、償却期間がほぼ満了する7機。2-3年を目安に、退役を当初計画より延長する。