ボーイングとの共同ブランド塗装が施されたチャイナエアラインの777-300ER=16年4月 PHOTO: Tim Stake/Boeing

 ボーイングは現地時間5月16日、青と白を基調とした同社のコーポレートカラーの機体に、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)のロゴをデザインした共同ブランド塗装の777-300ER型機(登録番号B-18007)を引き渡した。

 チャイナエアラインの777-300ERとしては10機目の機体で、ボーイングの創立100周年を記念したもの。同社では2004年、747-400でも同様の塗装を実施した。777-300ERの共同ブランド塗装は、チャイナエアラインの機体が初めて。

 同社向け777-300ERの座席数は3クラス358席で、プレミアムビジネスクラス40席、プレミアムエコノミー62席、エコノミークラス256席。エコノミーの最初の10列には、横並びの3席を1つのソファとして使う「ファミリーカウチ」を30席用意した。

 チャイナエアラインは、2014年から777-300ERの運航を開始。台北と北米や欧州の主要都市を結ぶ路線に投入している。