ジャムコが改修を受注したエミレーツ航空の777-200LR=13年6月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 航空機内装品大手のジャムコ(7408)は8月8日、エミレーツ航空(UAE/EK)からボーイング777-200LR型機用のラバトリー(化粧室)とギャレー(厨房設備)、クローゼットなどの改修プログラムを10機分受注したと発表した。

 米国子会社ジャムコ・アメリカが部品を供給し、ジャムコが製造する。FAA(米国連邦航空局)からの認証はジャムコ・アメリカが取得する。納入は2017年9月ごろを予定している。

 ジャムコグループは2011年2月から、エミレーツ航空の777-300ER用ギャレーとラバトリーを98機分供給。また、777-300ER 14機分の客室改修プログラムを2015年に完了している。