伊丹空港を離陸するANAのスター・ウォーズジェット=11月22日 PHOTO: Motoyoshi OHMURA/Aviation Wire  全日本空輸(ANA/NH)は11月22日、映画『スター・ウォーズ』のキャラクターを描いた特別塗装機「スター・ウォーズANAジェット(STAR WARS ANA JET)」を就航させた。  初便の伊丹発羽田行きNH14便は、ほぼ定刻の午前7時31分に出発。5分早着の午前8時35分に羽田空港に到着した。伊丹空港には、早朝から展望デッキに多くのファンが詰めかけた。しかし、同機で運航予定だった次便の羽田発広島行きNH675便以降は、整備のため変更となった。  スター・ウォーズジェットは、ボーイング767-300ER型機の国内線仕様機(登録番号JA604A)を使用。12月18日公開の新たな3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場する新キャラクタ-「BB-8」を機体右側後方に、シリーズ第1作目から登場しているロボット「R2-D2」を左側にそれぞれ描いたデカールを、14日間かけて貼り付けた。  座席数は270席(プレミアムクラス10席、普通席260席)。機内には同機専用デザインの紙コップや、ヘッドレストカバーを用意する。初便以降は、全国各地へ運航する。