放水アーチで迎えられるAF439便(エールフランス提供)

 エールフランス航空(AFR/AF)は現地時間1月11日、ボーイング747-400型機(登録番号F-GITJ)の定期運航を終了した。14日にはフランス国内の観光名所を巡る記念フライトを実施し、747-100の導入から46年で引退する。

 商業運航で最終便となったのは、メキシコシティを10日午後9時29分に出発したパリ行きのAF439便。シャルル・ド・ゴール空港には11日午後1時54分に到着し、放水アーチで迎えられた。

 14日の記念フライトは、シャルル・ド・ゴール空港を午前9時に出発するAF744便と、午前11時30分に出発するAF747便。イタリアとの国境の山、モンブラン上空や地中海、トゥールーズ、ボルドー、世界遺産のモン・サン・ミッシェルなどを飛行する。乗客にはシャンペンやランチを提供する。記念フライトは220ユーロ(約2万8000円)で販売した。

 16日と17日には、パリ郊外のル・ブルジェ空港にある航空宇宙博物館に展示される。

 ジャンボの愛称で親しまれた747は、燃油費の高騰や飛行機の技術的な進歩により、世界的に退役が進んでいる。