三菱航空機が公開した国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の飛行試験用機体=18日午後、愛知県豊山町の三菱重工小牧南工場  三菱航空機(名古屋市)は18日、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の飛行試験用機体を完成させ、愛知県豊山町で初めて公開した。  戦後初のプロペラ旅客機「YS11」から半世紀ぶりの国産機として、来春の初飛行に向けて前進した。  三菱航空機は、親会社で機体を組み立てた三菱重工業の小牧南工場で式典を開催。西村明宏国土交通副大臣、MRJを2017年に初納入する全日本空輸の伊東信一郎会長ら官民関係者が出席した。  この日は午後2時すぎに工場内の格納庫の幕が開くと、約500人を前に白地に赤黒金3色のラインが入った機体が披露され、拍手が起きた。