書籍・雑誌

2014年7月 2日 (水)

秋篠宮家のご長女眞子内親王殿下、「国際ブックフェア」初の名誉総裁に

秋篠宮家のご長女眞子内親王殿下が2日午前、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた第21回東京国際ブックフェアの開会式に、同フェアの名誉総裁としてご出席された。

前回までは同ブックフェアの名誉総裁は秋篠宮殿下が務められていたが、今回は眞子内親王殿下が就任した。眞子殿下が団体などの名誉総裁として公務を行うのは初めて。

リンク:説明を聞かれる眞子さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:眞子さま、東京国際ブックフェアに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:眞子さま、初の名誉総裁で「国際ブックフェア」ご出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>眞子さまが初の名誉総裁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>眞子さまが初の名誉総裁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>眞子さまが初の名誉総裁 本の展示会でテープカット - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:眞子さま、ブックフェアに=名誉総裁で初の公務 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

説明を聞かれる眞子さま
時事通信 7月2日(水)12時16分配信

Photo_6
第21回東京国際ブックフェアのマレーシアのブースで説明を聞かれる眞子さま=2日、東京都江東区の東京ビッグサイト


眞子さま、東京国際ブックフェアに
時事通信 7月2日(水)12時16分配信

Photo_5
秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまは2日、東京ビッグサイトでの東京国際ブックフェア開会式に出席された。同フェアの名誉総裁は秋篠宮さまが務めていたが今回は眞子さまが就任。写真はテープカットに参加される眞子さま。


眞子さま、初の名誉総裁で「国際ブックフェア」ご出席
産経新聞 7月2日(水)11時35分配信

Photo_4
「第21回東京国際ブックフェア」の開会式に名誉総裁として出席された秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さま =2日午前、東京都江東区(撮影・大橋純人)(写真:産経新聞)

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは2日、東京ビッグサイト(東京都江東区)を訪れ、国内外の出版社などによる書籍展示会「第21回東京国際ブックフェア」の開会式に、同フェアの名誉総裁として出席された。前回までは秋篠宮さまが名誉総裁を務められ、ご夫妻が出席されていた。春に大学を卒業した眞子さまが公的な役職に就かれたのは初めて。

 眞子さまはテープカットに臨んだ後、世界25カ国から集まった約1500の会社や団体が出展する会場内をご視察。ページをめくると絵が動くように見える児童書を手に取ったり、マレーシアで出版された本を日本語訳した書籍の説明を受けたりして、興味深そうにご覧になっていた。

 フェアは5日まで。


<皇室>眞子さまが初の名誉総裁
毎日新聞 7月2日(水)11時23分配信

Photo_3
東京国際ブックフェアでマレーシアのブースを見学する眞子さま=東京都江東区で2014年7月2日、竹内紀臣撮影


<皇室>眞子さまが初の名誉総裁
毎日新聞 7月2日(水)11時19分配信

Photo_2
東京国際ブックフェアのテープカットをする眞子さま=東京都江東区で2014年7月2日、竹内紀臣撮影


<皇室>眞子さまが初の名誉総裁 本の展示会でテープカット
毎日新聞 7月2日(水)10時46分配信

Photo
東京国際ブックフェアでテープカットをする眞子さまと出席者ら=東京都江東区で2014年7月2日、竹内紀臣撮影

 日本最大の本の展示会として知られる「第21回東京国際ブックフェア」が2日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕し、名誉総裁を務める秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(22)がテープカットを行った。眞子さまがこうした事業で名誉総裁を務めるのは初めて。眞子さまはマレーシアで出版された本を取り扱うブースを訪れ、同国で人気がある絵本などについて担当者から説明を受けた。同フェアは5日まで開かれ、4、5日は一般開放される。【古関俊樹】


眞子さま、ブックフェアに=名誉総裁で初の公務
時事通信 7月2日(水)10時39分配信

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(22)は2日午前、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた第21回東京国際ブックフェアの開会式に出席された。
 同ブックフェアの名誉総裁は秋篠宮さまが務めていたが、今回は眞子さまが就任した。眞子さまが団体などの名誉総裁として公務を行うのは初めて。
 眞子さまは、ブックフェアを主催する出版関係団体の代表者ら53人とともに壇上でテープカットに臨んだ。その後、展示場内を見て回り、今年のテーマ国であるマレーシアのブースでは、人気の漫画本などについての説明を興味深そうに聞いていた。 

2014年6月11日 (水)

「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判

竹島慰安婦靖国等を材料として執拗な対日非難・罵倒を繰り広げ、日本と日本人を貶め続けている異様な偏執狂国家・韓国の常軌を逸した「反日」敵対言動に対して、その凶暴さ、卑劣さ、虚言、排他的差別的姿勢などを敢然と批判し続けているアメリカ人評論家、愛称「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏のことは、すでに我が国でもよく知られており、本ブログでも何度か取り上げさせていただいている

マラーノ氏の韓国批判の論拠は常に公正かつ明快であり、エネルギッシュに調査研究された歴史的事実に立脚しており、なおかつ正義感に満ちており、飾らないフランクな語り口、そして何よりもそれらの公正さ、事実、正義、正直さに対する愛情と親切さに満ちている。伝統的アメリカ人の保持する最も良質の最もすぐれた部分を代表する人柄であると言っても過言であるまい。本ブログとしても、氏に対して深甚な敬意と感謝の意を表明させていただく。

その「テキサス親父」トニー・マラーノ氏が、このたび『アサ芸プラス 』等に登場し、持ち前のざっくばらんで明快な語り口で、キチガイ国家・韓国その手先による凶悪で卑劣な「反日」言動の虚偽を徹底批判する連載を行なっているので、ここにまとめて引用、ご紹介させていただくことにする。

リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「文化的な人と野蛮な連中の話をしたいんだ」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「ファシストやナチスの意味を教えてやるぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が挑む河野洋平氏との“直接対決” 公開討論申し入れ - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国は戦争の被害者じゃない、加害者だぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(6)韓国批判は人種差別なのか? - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(5)日本人は尊敬されているぜ! - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(4)反日は国家が援助してるんだ - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(3)日本海を「韓国海」へ変える - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(2)慰安婦像に潜む中国共産党 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”ことトニー・マラーノ氏、ファンと靖国を参拝 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(1)踏み留まる日本と壊れる米国 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国の大学は反日活動で単位をくれるんだぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「反論することがなぜ、ヘイトになるんだ?」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の「怒れ!罠にかかった日本人」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の「殺人鬼をヒーローにするのが韓国だぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「強制連行の主犯は朝鮮人売春業者だぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”トニー・マラーノ、慰安婦像を叱る - トニー・マラーノ(評論家) - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(4)「ウソをウソで隠している」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(3)「慰安婦像の横にある石碑に書かれていることとは…」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(2)「騒げば日本はお金を払うという認識」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(1)「公文書にある記述の真相」 - 速報:livedoorニュース.

以下、参考のために同記事を引用

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「文化的な人と野蛮な連中の話をしたいんだ」
アサ芸プラス 2014年06月10日09時56分

 ハ~イ!皆さん!

 靖国神社にハングルで「犬畜生」という、許しがたい差別的な落書きが彫ってあったらしいな。以前、放火した中国人は、本国で英雄になっているそうじゃないか。死者の魂の眠る場所を貶め、破壊する行為は文化というものを知らない野蛮な恥ずべき行為だよな。

 一つ疑問があるんだ。日本は第二次世界大戦で、24カ国(22カ国とも言われる)を占領したんだ。にもかかわらず、なぜ中国と韓国だけが靖国神社に腹を立てるんだ? タイ人が文句言っているのも聞こえてこないし、フィリピンは? マレーシアにインドは? なぜ彼らが怒っていないんだ? それは文化的だからだぜ。

 戦争では敵を殺すよな。平時では罪になる行為が正当化されるのが戦争なんだ。俺は戦争犯罪がどうやって決まっていくのか、考えてみたんだ。

 連中が問題にしている戦争犯罪者は、極東軍事裁判で有罪とされた人たち。東京裁判と呼ばれているものなんだが、日本が第二次世界大戦時に犯した戦争犯罪事件の裁判なんだ。

 当時から、さまざまな地位や立場の人たちの中で、戦勝国によって行われたその裁判自体が「疑問視」されているんだ。東京裁判は一審制で、控訴などできない非民主的な要素を持つ裁判だったからな。

 たとえ裁判に疑問符が付いても、戦争犯罪の「あり」「なし」を考えれば、もちろん「あり」だ。しかし、その理由は、日本が戦争に負けたからだと俺は考えている。

 だから日本が勝っていたとしても「戦争犯罪」はあったってことになるよな。そして、日本に、米国や英国や他の国が裁かれていただろうな。

 その場合、今頃韓国はたいそうデカい顔をしていることだろう。現在の連中がやっていることから考えると、どれほどの重罪を連合国に課すか、考えただけでもおぞましいよな。恐らく、言い分も聞かずに全て極刑にするんじゃないか? 「責任」として1000年にわたり金を要求し続けるんだろうよ。

 つまり、これは「誰が勝ったか」って話なんだ。それが戦争犯罪の本質なんだぜ!

 カトリックの総本山であるバチカンには東京裁判で死刑になった1060人の魂が祀られているんだ。朝鮮人日本兵も含めて分け隔てることなくな。なぜ、中国と韓国は法王に文句を言わないんだ?

 アメリカの「アーリントン国立墓地」には、連邦軍が敵として戦った南部連合の軍人たちも埋葬してあるんだぜ。大統領を含め訪れる人々は分け隔てなく、祈りを捧げているんだ。

 そこにはベトナム戦争の慰霊碑もある。何万人もあの戦争で亡くなったんだが、俺たちもあの国で「残虐」なことをやったんだ。ベトナムから見れば、俺たちも戦争犯罪人みたいなものだよな? だが、俺はベトナムの共産主義者が、文句を言ったり、慰霊碑を傷つけるなんて聞いたことがないぜ。靖国神社もバチカンもアーリントンも魂を差別していない。これこそが「文化的」な人のあり方だと俺は思う。

 今月、再び日本に行くことが決まったんだ。そこで会うことを楽しみにしているぜ!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

 トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「ファシストやナチスの意味を教えてやるぜ!」
アサ芸プラス 2014年06月03日09時56分

 ハ~イ! やぁ皆さん!

 4月末からの訪日で、俺が靖国に行ったことは書いたよな。韓国が戦争の被害者ではなく加害者であることを証明したんだ。

 ところで、5月4日の朝鮮日報のウェブ版を見てほしいんだ。そこには、ハングルで俺に関するこんな記事が載ったんだ。

〈「慰安婦像少女像嘲笑」アメリカ人が、今度は靖国神社参拝〉

 俺に対して猛烈な数の批判が届いているぜ。

「お前は売国奴だ!」

 今回は、無知な連中に「靖国神社」の説明をしてやろうと思うんだ。

 靖国神社は大きな神社なんだが、本殿に向かって、左側に小さなお社が2つあるんだ。そのうちの1つは何を祀っていると思う?

 アメリカや海外の軍人たちの魂なんだぜ!だから俺は、その魂にも祈りを捧げているんだ。祖国の兵のために祈りを捧げることがなぜ「売国奴」なんだ?

 要するに、連中は何も考えず、ただ汚い言葉を俺にぶつけているってことだよな。そして、こんなことを送るヤツもいるんだ。

「お前はナチスでファシストだ!」

 俺は、いよいよ深く考え始めたぜ!

 ナチスが排他的で、自分たちの気に入らない書物、言論、絵画、さらには人間までも排除したのは知ってるよな。俺に文句を言う連中は靖国神社に行ったことを収録した全ての動画や、証言に、脅迫を繰り返して、発言そのものを排除させているんだ。

 つい最近でも、カナダ人の歌手、ジャスティン・ビーバーが靖国に行った際に同じことをしたよな。ヤツは謝罪して発言を消したが、俺は謝ることも、発言を消すことも一切ないぜ!

 なぜなら、お前らこそがファシストだからだぜ!

 靖国神社には、戦争で亡くなった女性や子供も祀られているんだ。軍馬、鳩、軍犬などの慰霊碑から、戦争未亡人の像もあるんだ。当然、お前ら同胞の朝鮮人日本兵も祀られているわけだよな。俺は、そうした全てに敬意を払って、祈っているんだぜ!

 韓国の連中が問題にしているのは「A級戦犯」が祀られているってことだよな? 靖国神社には247万人もの魂が祀られているんだ。第二次大戦のA級戦犯で合祀されたのは、そのうちの14人だぜ。14人のために残りを全部無視しろってのか? それを排他的って呼ぶんだぜ! これらを考えれば、どちらが「ナチス」的で、「ファシズム」的なのかは明らかだよな。そして、そんな分別もつかない人間が、愚か者と呼ばれることもしかたがないことだよな。

 お前らは過去に生きていて、前進できていないんだ。東日本大震災では、かつて日本と戦った米軍が日本人を助けたんだ。過去は過去として閉じることで、助け合う関係が生まれているんだ。「過去」に生きるかぎり、待っているのは誰とも関係を作れない孤立だけだぜ。

 お前らの道理の通らない文句を聞いて、俺は東京に行く機会があるたびに、靖国神社に行こうと思ったぜ。俺はそこで自分の愛する国のために命を捧げた勇敢な英雄や戦火に巻き込まれた人たちに祈りを捧げるつもりだ。俺たちアメリカの戦死者と、同志である日本人のためにな。

 また会おう! 米国と日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


テキサス親父が挑む河野洋平氏との“直接対決” 公開討論申し入れ
ZAKZAK(夕刊フジ) 2014年05月31日17時12分

Zak
マラーノ氏と、河野氏(左)は直接対決するのか

 日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野談話」を発表した河野洋平元衆院議長(77)に、「テキサス親父」こと米評論家のトニー・マラーノ氏(65)が“直接対決”を挑む。2人は来月、山口市民会館で同じ日に講演会を開くため、関係者が公開討論を申し入れたのだ。

 慰安婦問題に対する2人のスタンスは両極端だ。河野氏は、ずさんな調査のまま、慰安婦募集の強制性を認める談話を発表して韓国を喜ばせた。マラーノ氏は、ワシントンの国立公文書館から「慰安婦=戦時高給売春婦」と記された報告書を取り寄せ、慰安婦問題の真実について世界に向けて公表している。

 この2人が6月21日、急接近する。

 まず、河野氏は、山口の民間企業が主催する「山口市民文化大学」の講師として登壇する予定。会場は市民会館大ホールだ。

 一方、マラーノ氏は、河野談話の撤廃を求めるグループ「歴史認識を糺す実行委員会・山口」の招待で、隣室の展示ホールで講演を行う。同グループは「慰安婦の真実パネル展」も開き、慰安婦問題の矛盾点や疑念を訴える。

 同会の加治満正氏は「国民が注目する慰安婦問題について、まったく意見の違う2人が同時刻に同じ市民会館にいる。ぜひ、日本と日本人の名誉のために、2人で討論してほしい。マラーノ氏が快諾したため、河野氏の自宅にも27日、参加を呼び掛ける文書を郵送した。衆院議長まで務めた政治家なら、堂々と参加してくれるのではないか」と語る。

 河野氏は慰安婦問題をめぐる産経新聞などの取材を拒否し続けているが、今度こそ逃げないでほしいものだ。


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国は戦争の被害者じゃない、加害者だぜ!」
アサ芸プラス 2014年05月27日09時56分

 ハ~イ! 皆さん!

 4月25日に訪日して靖国神社に行ったんだ。ここには第二次大戦で戦死したアメリカ兵も祀られているからな。これと前後して、論争が起きてるぜ!

 4月21日から、靖国神社で「春季例大祭」が行われたんだ。安倍総理は慣例にならって真榊(まさかき)を奉納したよな。それに韓国政府と、北京にいる共産主義者の連中が、こう激怒してるんだ。

「わからないのか? そこは戦後連合国側より処刑された、A級戦犯の魂が祀られているんだ!」

 そこで、俺は考えたんだ。待てよ‥‥ってな。

 中国と日本の間では戦争が行われたよな。それなら中国が、当時の敵兵の魂が祀られている靖国神社に対して、怒るのもわからないでもない。しかし、朝鮮は日本の一部だったんだぜ! 俺は調べたんだが、日本の軍人が朝鮮半島で戦争犯罪を犯し、有罪になったなんて記録はどこにもないぜ。

 なぜ被害を与えられてもいないのに、韓国は怒るんだ?

 まずは「A級戦犯」について説明したい。

 A級、BC級っていうのは、罪の重さのように見えるけど違う。極東軍事裁判─東京裁判における戦争犯罪の項目なんだ。A項は「平和に対する罪」、B項は「戦争犯罪」、C項は「人道に対する罪」ってわけだな。

 戦争犯罪についての議論は別にしたいが、戦勝国が敗戦国を裁く構造だと俺は考えている。つまり、A級戦犯は敗戦の将としての責任じゃないか? 戦争の名を借りて、民間人や捕虜に強姦や拷問、窃盗などを行ったBC級のほうが悪質だってことにはならないか?

 ところで、東京裁判で「有罪」とされた大日本帝国軍に、志願して従軍した朝鮮人たちがいたんだ。俺が何を見つけたかわかるか?

 厚生労働省の統計によれば、日本軍にいた日本人は約780万人と言われているんだ。東京裁判では、約5300人が、BC級戦犯として有罪になったんだ。それに比べ、日本軍の朝鮮人兵士は約12万6000人で、129人がBC級戦犯として有罪されているんだ。どういうことかわかるか? 日本人で戦争犯罪人とされたのは全日本人兵士の約0.07%だが、朝鮮人は約0.1%もが有罪とされたんだ。比率から考えれば「戦争犯罪」で有罪になった朝鮮人たちのほうが、日本人たちより多かったってことになるんだぜ!

 比率から考えれば「戦争犯罪」で死刑になった朝鮮人のほうが、日本人よりはるかに多かったってことになるよな。言葉遊びをしてるんじゃないぜ。俺が言いたいのはココなんだ。

 韓国はあの戦争の一方的な被害者じゃない、加害者でもあるんだぜ!

 他にも知りたいか?

 当時、日本軍で、朝鮮人兵士は捕虜収容所の看守の任務に就くことが多かったんだ。ところが、捕らえられた連合国軍の捕虜たちは、朝鮮人を「非常に野蛮で残忍だった」と書き記しているぜ。「捕虜の取り扱いに関しては獣のようだった」「銃剣に血糊をつけることで、自分たちは有能だとアピールしていた」ってな。彼らが、BC級戦犯として裁かれた理由は明らかだよな。

 さて、韓国よ。

 誰かが靖国神社に参拝することに怒るのは、自分たちの汚れた歴史がバレるのがイヤだからなのか? だから「A級戦犯」だけを目の敵にするのか?

 日本に対して「歴史を直視しろ!」って言ってるが、俺は「直視」したぜ!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(6)韓国批判は人種差別なのか?
アサ芸プラス 2014年05月22日09時56分

 従軍慰安婦の強制連行問題を捏造したのは、日本のリベラルメディアの代表とも言える朝日新聞だったと聞いている。このことは象徴的だよな!

室谷 そして、これが日本のいろんな問題の原点にあるんだと思います。

親父 日本では安倍さんが現れて、保守のほうに引っ張っていってくれてますね。

室谷 ようやく「保守」が「言論」として受け入れられてきました。保守的視点から考えれば、中国や韓国のやっていることを認めるわけにはいかない。

 ここでは、私は「保守派」とされていますが、私自身は「リベラルな改革派」と思っているのです。かつて日本の「リベラル」とは竹山道雄さん(『ビルマの竪琴』の作者で、反共)のような人を指したのですが、いつの間にか左翼が「リベラル」という言葉を乗っ取ってしまった。それで、私のような主張は「保守派」と扱われるようになった。しょせんレッテルの問題ですから‥‥。時に、トニーさんが韓国に提言する動機は何ですか?

親父 アジア地域で、共産主義者たちの好戦的な態度に対して戦うために、日米韓の同盟が必要だと思っているからです。同盟関係を損なう韓国のやり方を見過ごすわけにはいかない。

 だから、私が韓国とか韓国人を一面的に批判していると思われるのはちょっと間違いなんです。全ての韓国人が間違っているとは考えていませんよ。

室谷 私も、今の日本で言う保守的な視点から、韓国政府、韓国人グループ、韓国のメディアを批判しています。特定の「韓国」を問題としているのです。

親父 実は、私のところに、韓国人からこんなメールが来ます。「アメリカに慰安婦像が建つのはおかしい! そのことを国内で主張したいんですけど、それを言うと家族と自分が危ない」

 つまり、良識派の韓国人もいるんですよね。

室谷 日本では、ここ何年かで、ようやく、韓国について批判的な本がたくさん出てきました。

親父 その本というのは事実を書いているんですか?

室谷 全ての本に目を通しているわけではありませんが、私の書いた本に関しては事実しか書いていません。自信を持って言えます。

親父 わかりました。

室谷 事実を書いている以上、リベラル派を自称するマスコミも、文句を言えないのです。結果、どうしたかというと、今、盛んに日本のリベラル系メディアは、「韓国について事実であっても批判を書いた本は、人種差別の本である」と、大宣伝をしています。

 つまり、事実関係では争えないので、新たなレッテルを貼る作戦に出ているのです。「レッテル貼り」は左翼の伝統的な作戦だと、私は考えています。

親父 アメリカでもオバマ大統領の間違った政策に文句を言うと、人種差別にすり替えられてしまう。本来リベラルは人種を平等に扱うはずなのに、大統領が「黒人」であることを逆に利用しているのです。私はこのことのほうが差別的だと考えています。

室谷 日本が変わってきた要因は、ネット社会が発達してきたことも大きいと思っています。マスコミが伝えることが全てではない。そのことが多くの日本人にわかってきた。並行して、新しい世代が戦後教育による「リベラル」の呪縛、呪いから逃れるようになってきたと、私は考えています。

親父 しかし、室谷さんの「呆韓論」は27万部を超えて売れているじゃないですか。思想系の本でそれだけ売れる本は珍しいと聞いていますよ。これだけ大きく売れていると、資本主義の原理で、いくら「レッテル」を貼っても止めることはできないでしょう。

 室谷さんのような、すばらしい論客がいる日本の保守が、そう暗い状況でないことはわかってくれたよな? 俺も真実を伝えて続けていきたいと思っているぜ! また、会おう。

 米国と日本の皆さまに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(5)日本人は尊敬されているぜ!
アサ芸プラス 2014年05月21日09時56分

親父 アメリカは50州ごとに教科書があり、「東海併記」について、現在のアメリカ市民の多くは、「たかが1州変わっただけ」と考えています。そこから徐々にいろんなことが変わっていくのではないか、という危機意識が共有されていません。

 無関心という病理です。本来は「芽が出てきた時に戦う」。それを考えて行動するべきなんです。

室谷 日本人は、国際社会で「自分たちがどう思われているのか?」ということを気にしています。日本社会に大きな影響を持つ、左翼系メディアが、「日本人は世界中から嫌われている」「孤立化している」という自虐的な報道を常に繰り返すからです。

 私は、そうしたメディアの言う「世界」というのが中国と韓国しか指していないことを知っていますが、いまだに多くの日本人は、左翼メディアの言うことを信じてしまう。彼らは“時代遅れの左翼”にすぎないのに「自分は進歩的で正しい」と信じている。戦後の日教組教育のせいです。

親父 日本は、アメリカ国内では非常にポジティブなイメージとして受け取られています。ネガティブなイメージはほとんどない。これは事実なんです。

 国内には、いろんなところに日本に関連するものがあったりします。慰安婦像が建ったカリフォルニアの空港でも、英語と日本語しかないです。中国語も韓国語も使われていません。

 例えば、アメリカの15歳の子供が、慰安婦像に行って、書かれている碑文を読んだとするよな? しかし、帰り道には本屋さんに行って日本の漫画を買って帰る。誰も韓国の行動には無関心なんだ。

親父 多くのアメリカ市民にとって、慰安婦問題はシリアスには捉えられていないのが実情ですね。

室谷 韓国の行動はアメリカに影響がないということですね。しかし、韓国には海外進出型の売春の伝統があります。韓国は、文化侵略というよりも、そうした伝統を、現在、世界中にバラまいていると私は考えています。その悪影響のほうが大きいのではないですか?

親父 アメリカにはいっぱい韓国人売春婦がいますよ。米韓間のビザをなくしたことで、韓国人の売春婦が大量に押しかけてきたんです。それは、アメリカの地方警察にとって、大きな悩みの種になっています。社会問題化していますよ。

室谷 売春は世界中どこにでもありますが、韓国の場合は規模が違う。アメリカだけでなく、日本にもオーストラリアにも、世界中に彼らは売春の伝統を振りまいているわけです。

親父 日本は優れた車や電気製品を世界中に輸出しているのに、韓国は世界中に、「売春文化」を輸出しているんですよね(笑)。

 日本バッシングに対して心配することはよく理解できます。しかし、日本人とか日本の文化というのは米国でも尊敬されているし、いちばん高いレベルにあるのは間違いないんです。

 ぜひ、自信を持ってほしい。いくら中国人や韓国人が何をしても、それを揺るがすことはできないのです。

室谷 韓国から虚言でおとしめられている日本ですが、その韓国に関して否定的に論じることは、日本のメディアではタブーに近いことでした。日本のメディアの多くは、俗に言うリベラルが支配し、国内から日本を攻撃しています。彼らにとって、日本を攻撃する国や勢力は「お友達」なのです。自分たちの攻撃目標と一致しますからね。

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(4)反日は国家が援助してるんだ
アサ芸プラス 2014年05月20日09時56分

 ハーイ! 皆さん! 俺は日本に来て、日本の多くの人や文化に触れ、あらためてすばらしさに気がついたんだ。その話は、いずれ皆さんにお伝えしようと思う。さて、室谷さんとの太平洋を越えたアツい保守対談はいよいよ佳境を迎えるぜ!

 日本をただおとしめるためだけに歴史をねじ曲げ、ウソをつき、買収をする韓国の実像が確認されたんだ!

室谷 それが常に彼らのやり口なのです。しかも、アメリカでこうした活動をする韓国人グループの背後には、中国共産党と北朝鮮シンパ──いわゆる従北派と呼ばれる韓国人がいるのです。彼らは、誰も知らないところで、ドミノ倒し式にコマをひっくり返していく。関係者の買収や、事実など無関係なウソの流布など、恥知らずな方法を総動員して、世論を形成していくのです。

親父 それは完全に、マルキストや、社会主義者のやり方なんですよね。

 アメリカは、常に武力的な意味でのテロの脅威にさらされています。同じように、言論テロ──つまりプロパガンダをいかに回避していくかということも、考えなければなりません。 日本も韓国や中国の連中がやってくることに、どう対応するか、ということを常に考えなくてはいけないと思います。

室谷 私もそう思います。ではなぜできないのか? 日本にはまともな情報分析・発信機関がないことが原因の一つでしょう。

 警察組織の中には情報機関である「公安警察」がある。自衛隊にも「情報本部」「情報保全隊」があり、内閣府にも「内閣調査室」があります。国内では虐げられていますが、「公安調査庁」もある。日本人は勤勉ですから、情報を収集する機関に所属すると、せっせと情報を集めます。

 しかし、そうした情報を分析・発信する機関・機能がないのです。アメリカのCIAは情報収集機関であると同時に、情報分析機関ですよね? 日本もやはりJCIA(日本版CIA)を作らなきゃいかんというのが私の持論です。

親父 おっしゃるとおりです。問題の前兆があった時に、日本も戦わなくてはいけないと思います。

 日本をおとしめる相手側は「国家」のサポートを受けて活動しているんです。国家予算の投入や、人的支援を受けながら日本を攻撃している。

 一方、現在、日本では民間人が手弁当で一生懸命それに対抗している。

 日本人が、政府を変えるなりしないと対処できない問題だと考えます。

室谷 先ほど主張したJCIAは、まさにその対抗措置です。安倍政権後、日本ではNSC(日本版NSA=国家安全保障会議)ができました。メディアはこれを「人権侵害」に結び付けて攻撃していますが、安倍政権は、今のところ揺らいでいません。

親父 ほとんどの国には、仮想敵国から「ウソ」が流布された時に、「正しい事実」を主張する機関があるんです。NSC設置などを考えると、日本もようやく普通の国になりつつあるということですね。

室谷 一連の問題で、韓国が世界に文化侵略していると言う人がいます。しかし、私はそうではないと考えています。

 韓国人がしていることは、そんなたいそうなことじゃない。世界中のどこに行っても、どこに移住してもその国に同化しない。それだけです。

親父 一方で、アメリカに移民した日本人は文字どおり、アメリカ人として同化していますよね? それは日系人たちの言動や、行動を見ても明らかです。

室谷 はい。そのことで、日系人はアメリカでも大きな圧力団体にならないのだと思います。

 アメリカという大国の教科書の表記を書き換えたのは、大変なことだと思えますが、市民たちはどう思っているのですか?

親父 良識的なアメリカ市民からすれば、「慰安婦像」や「東海呼称」は、自国をバカにされているようなものですよ。

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(3)日本海を「韓国海」へ変える
アサ芸プラス 2014年05月08日09時56分

 アメリカのバージニア州では教科書で「日本海」を「東海」と併記することが決まったんだ。「東海」呼称は、韓国人たちが一方的に主張し、世界の約3割の地図が併記式になってしまった。

室谷 この問題こそ、韓国がいかにウソつきであるかを実証する例であると思うんです。日本では、日本海を指す特定の呼び名はなかった。ある時ロシア船が日本海を航行し、「日本海」と名付けて、それが世界的に認められて、世界の公式名になった。これが「日本海」を巡る歴史なのです。

親父 どのくらい前の話なんですか?

室谷 約400年前の話です。重要なことは「日本海」とは日本人が名付けたわけではない。「東海」という呼び名は朝鮮人・韓国人しか使わない固有名詞です。

親父 すごく興味があります。ぜひ、続けてください。

室谷 ところが、韓国人は国際舞台で「日本海という名前は、日本人が作って韓国人に押しつけた」と宣伝しています。そればかりか韓国はオーストリア、モンゴルなど海のない国の研究者、地図学者たちを一生懸命、買収しているんです。「日本海」名称の真実は、ネットで簡単にわかるはずです。

 そこで、俺も調べたんだ。日本海という名前が登場するのは、1602年に北京で刊行されたイタリア人宣教師による「坤輿万国全図」という世界地図なんだ。その後、ロシア海軍のクルーゼンシュテルン提督が使用し、世界に認められたんだ。

室谷 韓国人の歴史学者、地理学者だってみんな知っているわけです。だけど言わない。これはまさに、韓国の国際宣伝がどういうものであるのか、かの国がいかにウソつきであるか、ということを物語ると思います。ところが、この問題でもアメリカの地方議員は韓国のロビー活動にはまって「東海を併記する」としてしまいました。

親父 連中は、慰安婦問題の捏造で、ウソでも100回大声で言えば本当になるってことを学んでしまったのでは?バージニア州にも韓国人の議員がいますよ!

室谷 韓国は最初、「世界の海に特定の国の名前がついていることがいけない」と言っていたんですよ。彼らはバージニア州で併記法案を通した。そしたら、今度は「イーストシー(東海)」ではわからないから「オブ・コリア」を付け加えようって話を始めたんです!

親父 つまり「東海」じゃ飽き足らず「韓国海」に書き換えようってことですよね! ちょっといいですか? 1つ確認したいんです。連中は「国の名前があるべきではない」と言っていたんですよね?

室谷 そうです。

親父 日本にも対馬海峡がありますよね? 対馬海峡は世界的には朝鮮海峡と言われているんです。その場合はどうなりますか?

室谷 日本は「対馬海峡」が「朝鮮海峡」と呼ばれていることを問題にしていません。世界中で併記なんて求めないんです。一方、韓国は、日本を引きずり下ろす目的しかないんです。

親父 ジャパンバッシングじゃないですか!

室谷 そう! 事実関係も、自分の主張すらも顧みない。本当に恥知らずな国民性の表れです。その新たな象徴が「東海併記」運動だと私は思っています。

親父 アメリカの「メキシコ湾」という呼称が、メキシコから問題にされたことはないですよ!

 まったく、韓国って国は、セコいばかりか、言っていることは空っぽで一貫性がないよな! 熱気を帯びた対談は、続くぜ!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(2)慰安婦像に潜む中国共産党
アサ芸プラス 2014年05月07日09時56分

 カリフォルニア州グランデール市に、韓国人たちは従軍慰安婦像を建てた。俺は、撤去を巡ってホワイトハウスへの署名を呼びかけたんだ──。

親父 まず、グランデール市について説明したいと思います。ウソで作った慰安婦物語を像にしたわけですが、碑文には「20万人の性奴隷」って書いてあるんですよ!連中は像を建てることで、そうしたウソを既成事実化しようとしているってわけですよね? 何より、その地域は、韓国人の人口比率が非常に多いところなのです。

室谷 アメリカの慰安婦像を建てたグループの背後に中国共産党がいます。また、在米韓国人と言われている人たちの中には、北朝鮮の影響を受けた人たちがたくさんいます。アメリカは、「正しいデモクラシー(民主主義)を教えてくれた」と、日本では思われてきました。しかし、この像が建つ過程を見ると、アメリカの地方議員というのはデモクラシーじゃなくて、カネの亡者じゃないだろうか?安倍総理の靖国参拝時に、アメリカ側は「失望」という言葉を使いました。しかし、私は像を許可したアメリカに、大変に大きな失望を感じました。

親父 その地区は、やはり民主党に握られています。像を建てる許可を出すことが、多くの面で悪影響を及ぼすっていうことを彼らもわかっているんです。だけど、連中はカネに目がくらんでしまった。情けない話ですが、カネと票が背景にあることは間違いないですよ!

室谷 なるほど。

親父 今、アメリカでは慰安婦像を撤去する裁判が行われているんです。私の願いは、裁判の勝利です。撤去運動の一環として、ホワイトハウスへの署名を呼びかけました。結果は、10万人ですよ! 静かで優しい10万に近い日本人が怒りの手をあげたんだ!

 慰安婦像建立によって、米国内に日韓の問題が持ち込まれてしまったんだ。みんなは、米国市民が像についてどう思っているのか気になるだろ? 俺が代表して答えたいんだ。

親父 慰安婦像などによって、日韓関係が割れることを非常に喜ばしく思っているのは中国ですよね。そして、建ったものを排除するのは難しいでしょう? 中国を喜ばせないために今から米国市民がなすべきことは、今後提案されるであろう像の建設計画を潰すための算段を考え、実行することだと思います。米海兵隊の教本にもある「位置を見つけ、しかるのち優越した火力で圧倒する」ってやつですね。米民主党は、選挙のためのカネと票に尻尾を振ってヨダレを垂らす犬と一緒ですよ! 独り善がりな行動による悪影響が国際社会に及ぶなんて、考えちゃいないんです。

室谷 そのとおりだと思います。

親父 日本でも移民の問題が最近話題になりました。不法移民問題はアメリカでも非常に多くあります。それを放置して、不法移民から票を“おもらい”しようってのが、米民主党です。慰安婦像も、そんな構造から出ているのはわかってくれますよね? 連中には「自由と平等」という合衆国の建国理念なんて関係ないんですよ! 自分たちが政治家であるためだけに活動しているのが、今のオバマ大統領をリーダーにする民主党なんです。情けないかぎりだが、これが現在のアメリカの姿なんです!

室谷 よくわかりました。トニーさん、日本でも少し前に政権を取った「民主党」という政党がありました。彼らはアメリカの同名政党と、まったく同じことをしていました。今はもう見る影もなく落ちぶれていますよ。

親父 室谷さん、私の国でも、日本と同じことが起こればいいと思っています。

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


“テキサス親父”ことトニー・マラーノ氏、ファンと靖国を参拝
日刊SPA! 2014年05月04日09時10分

Photo
 4月25日から来日していた「テキサス親父」こと、トニー・マラーノさん(65歳)が、5月3日憲法記念日に靖国神社を参拝した。

 トニーさんは、2006年からYoutubeを中心に評論活動を行っている、アメリカ・テキサス州在住のアメリカ人で、2008年にはシーシェパードの反捕鯨活動について日本を擁護する意見を投稿、2013年には米カリフォルニア州に設置された慰安婦像撤去に向けた請願活動を始めた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/637664/texasd_2

 参拝当日は、午前10時だったものの集合場所には9時半頃から人が集まり始め、気づけば人だかりができていた。集まったのは20代~60代の男女約30人、男女比は半分ずつという感じであった。参加者はトニーさんと握手を交わし、記念撮影を楽しんでいた。トニーさんも「もう日本離れたくない!」と満足そうだ。その後、昇殿参拝へと向かい、最後に正面に戻って拝殿前で集合撮影を行った。

「地元がイルカ漁をする地域なので、高校生の頃にシーシェパードの問題が話題になり、そこからいろいろ調べていてトニーさんのことを知った。アメリカ人の立場から英語で反論を発信してくれるので嬉しい」(20代女性)

「Youtubeでたまたま見つけたことをキッカケに、4年前からトニーさんの講演会に参加しました。その時も参拝したのですが、参加者は2人だけでした。アメリカの民間人で靖国神社に参拝するということ自体驚きでしたし、シーシェパードの活動に対してハッキリNOという姿勢も凄いと思い、応援しています」(60代男性)

「昨今の中韓の日本に対する態度や慰安婦問題などに疑問を抱き、それに英語で反論を発信するトニーさんの動画と出会いました。日本人は日本のことを知らな過ぎると思う。トニーさんの投稿を、Facebookでシェアするなどして広めたいと思っています」(30代女性)

 と、さまざまなきっかけでトニーさんを知ったファンは、思い思いに交流を楽しんでいた。

<取材・文・撮影/林健太>


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(1)踏み留まる日本と壊れる米国
アサ芸プラス 2014年05月01日09時56分

 ハ~イ! 皆さん。長い休みにはスペシャルな企画が必要だろ? 今回は、あの室谷克実さんと話すんだ。俺の興奮はわかるよな? 人と話す時には敬意と礼儀が大切なのもわかるよな? いつもの「トニー節」は封印だぜ! 「ふだんの親父じゃない!」って苦情を寄こす前に、哀れな韓国を巡る2人の熱い議論を読んでくれよな!

 敗戦後日本で、保守は長らく“日陰”の存在だったらしいな。ところが、俺のファンが激増していることでもわかるように、保守論は今や市民権を得つつあるんだ。まずは、日米の保守の現在を話し合わせてくれ。

室谷 自民党が政治の主導権を握っていたので、日本の保守派は多数派でした。しかし、指導者たちの大部分が自信を持っていなかったのです。これはアメリカの責任だと考えています。敗戦後GHQ占領軍は日本を腰抜けにしようとした。その中の民政部門は、アメリカや連合国の中の左翼グループに掌握されていました。そこで日本人に、マルクス主義(共産主義)を吹き込んだわけです。

親父 GHQの最高司令官・マッカーサーは反共産主義でした。GHQ内に、共産主義者が紛れ込んだ史実ついては、私が調べなくてはいけないと思います。しかし、ルーズベルト大統領の政権内に、共産主義のスパイが入っていることは知っています。GHQ内部に共産主義者がいたことは説得力がありますね。

室谷 それに悪乗りしたのが日本の日教組という教育グループです。戦後、その教育を受けた優等生たちが、日本社会のリーダー層になっていきました。彼らはソ連が崩壊して、北朝鮮や中国の現実を見ても、心の中では「マルキシズムのほうが正しい」という幻想を抱き続けているわけです。だから「お前は右寄りだ」「軍国主義者だ」と言われると、すぐに弱腰になってしまう。

親父 アメリカの教師たちも左寄りなんですよ。そして、自虐史観も多い。アメリカは今、どんどん左、つまり過度なリベラルに傾いているって思います。教育現場がマルキシズムや、社会主義思想に傾倒してることが、その原因の一つだと、私は考えています。

室谷 安倍(晋三)総理(59)が「私のことを軍国主義者と呼びたければ呼べ」「そう呼べばいい」と言いました。これは、米国のハドソン研究所での講演で述べたことで、非常に冗談めいたスピーチなのですが、日本の戦後の保守主義の歴史で見ると、たいへん画期的な発言です。日教組教育とは関係ない「自信を持った保守派」が、ようやく日本に生まれてきたと私は思っております。

親父 安倍総理がリーダーでいることは非常にいいですよね。一方で同盟国のアメリカはブレーキが効かない状態になっています。オバマ大統領(52)は、社会主義や共産主義の方向に傾倒して突き進んでいます。しかし、日本は、ふんばりましたね!

 安倍総理は、4月18日に米タイムス誌で、慰安婦の強制連行を否定したんだ! 今までそんな快挙を成し遂げたリーダーは、日本にいなかったよな? それは非常にすばらしいことだぜ。神に祝福されているとしか思えないんだ!

室谷 アメリカの教育現場も自虐史観に支配されているということは、日本で知られていませんね。

親父 米マスコミも、そういうことはほとんど報道しないですよ。リベラルが支配するってことは、国体とか文化を壊していっているということだと思います。アメリカは、民主党と共和党の二大政党制で、民主党は左、共和党はその反対側。しかし、共和党がきっちり敵対できていない。二大政党制のシステムは崩壊しつつある。それが一番の問題なはずです! マスコミの多くもリベラル思想だから実質、民主党の宣伝機関になっています。結果、今の民主党に強く反対する人たちもいない。まるで一党独裁の旧ソ連です。リベラルというのは言い方を変えた共産主義にしか見えない。自由主義を国体とし、文化としたアメリカは壊れていっているんです!

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。

◆アサヒ芸能4/28発売(5/8・15合併号)より


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国の大学は反日活動で単位をくれるんだぜ!」
アサ芸プラス 2014年04月30日09時56分

 ハ~イ! 皆さん!

 相変わらず多くの韓国人からネットを通じて、俺に殺害予告が来てるんだ。心配した日本の友達が寄付を集めて、新しい銃を買ってくれたくらいだぜ!

 脅迫者の正体は、韓国政府が国家予算を組んで運営しているネットテロ集団だ。表面上は市民団体でVANK〈バンク〉と呼ばれているんだが、もともとは1990年にできた単なる出会い系サイトだったんだ。

 韓国では高校卒業者の約8割が大学に進学するが、受験戦争がすごい。重圧に耐えきれずに自殺する子供が後を絶たないくらいなんだ。そこで、VANKは韓国各地で合コンを開くんだ。男女を交流させ、悩み相談をさせたりして、ガス抜きの場を提供しているってわけだ。

 その合コンでは「いかに日本が邪悪な国か」ってレクチャーが行われてるんだ。そして、「キミたちは韓国を邪悪な日本から守る戦士たちだ」と持ち上げる。受験で視野が狭くなっている子供たちの心理を巧みに利用して洗脳し、ネットで日本を攻撃するサイバーテロリストたちを生み出しているってわけなんだ。

 連中は「外交使節団」を自称しているが、実態は国内外に友達を作らせ、その友達に韓国のプロパガンダを吹き込んで広める集団なんだ。日本を貶めて韓国を持ち上げることであれば、事実はどうであれ、みずからの主張を言葉巧みに、ごり押ししている。

 地図には「日本海」や「竹島」と表記されてるよな? 連中は世界中の出版元に、「東海」や「独島」と表記させたり、併記するよう強要したりしているんだ。フランスでは「竹島が日本の領土である」という、ドキュメンタリー番組に抗議して、再放送が取りやめになった。CIAやホワイトハウスの署名サイト、日本の「2ちゃんねる」などにも攻撃を加えている。とんでもないサイバーテロ組織だろ。どこが市民団体だって話だよな。VANKの活動をすると、単位をくれる大学がいくつかあるくらいなんだ。ウソを世界中に広めることで単位が取れるんだぜ!

 いったいあの国はどうなってるんだ? VANKの主たる目的は「日本叩き」や「ディスカウント・ジャパン」だが、韓国の歴史を広めることでアジアの平和が保たれるとする「アジアピースメーカー運動」なども行っている。

 他国を貶めれば一番になれるなんてセコい考えの韓国が、アジアのバランサーになれるって本気で考えているのかよ。連中は、小学生まで利用してプロパガンダを流布する。最近でも、韓国の仁川〈インチョン〉国際空港に小学生を派遣して、中国人観光客に「反日で共闘しよう」という呼びかけビラを手渡している。

 子供を洗脳したり盾にする方法は、旧ソ連や東ヨーロッパの社会主義国が行っていた方法と同様じゃないか? 無垢な子供たちを洗脳して政治利用するのは、大人として最も恥ずべき方法だと思うが、韓国では政府が率先してこれを行っているんだぜ!

 日本はこのような隣国があることを理解して対処しなければならない。相手をよく知れば未然に防ぐことができるが、無関心が一番の敵だと思う。そのためにも事実を伝えていきたい。自分の命を守りながらな!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「反論することがなぜ、ヘイトになるんだ?」
アサ芸プラス 2014年04月22日09時56分

 ハ~イ! 皆さん!

 前回、俺がジャパンタイムズに、「極右」「訛りがきつい」と書かれた話をしたよな? そこで記事に関して質問するメッセージを打ち込んで「送信」ボタンを押したら、驚いたぜ! 「管理者の検閲後に公開します。内容によっては公開されない場合もあります」って、メッセージが出たんだ。 俺の動画には、俺に対する批判ばかりか殺害予告が送られてくるんだが、俺はそれを掲載するし、消すことさえしないぜ!

 これがどういうことかわかるか?

 他人を一方的に批判しておきながら、自分たちへの批判や質問は一切受け付けないということなんだ。臆病者で卑怯者だよな。にもかかわらず俺に対するくだらない文句に同調する意見は、いくつも表示されている。こうした連中に共通することはいくつかあるんだが、今回は2つ取り上げたいんだ。

 1つ目は、こうした連中は理屈ではなく感情でしか判断できず、ロジックで反論されると無視する連中だってことだ。

 2つ目は、ロジックで勝てない場面になると必ず「レッテル貼り」をして、勝ち誇ったようにふるまうんだ。

 最近、俺は韓国や反日のマスコミの記事やサイトに多く登場させられているようだが、ほとんどの場合は俺への取材もなしに勝手に書かれているんだ。記事には、米国立公文書館から取り寄せた尋問調書の「慰安婦は高給取りの売春婦だった」と書いてある内容に関する反論は一切ないんだ。あるのは、俺や仲間に対して「ヘイト」「修正主義者」「日本からいくら金をもらっている?」という文句ばかりだ。

 俺は公文書の内容を紹介しているだけなんだぜ!

 一次資料をもとに事実を淡々と紹介することが「差別」であり「ヘイト」なのか? 嘆かわしいかぎりだぜ。反論できない事実に背を向けて、自分に都合の悪い「保守論」に対して、あたかも社会悪のような「レッテル貼り」をするしか手段がないんだからな。

 それは、韓国が旭日旗を「ナチスの旗!」とレッテルを貼ることと同じなんだぜ。少し勉強すればナチスの旗は14年間しか使われてない単なる党旗で、旭日旗は数百年間、日本で使われている旗だってことはわかるよな。歴史や、成り立ちから違う旭日旗を世界でもわかりやすい「ナチス」というレッテルを貼ることで、日本を貶めようとしているだけなのは明白だろ?

 旭日旗は海上自衛艦旗や陸上自衛隊連隊旗として使われているよな。韓国軍が弾丸が不足した時に自衛隊が貸すという同盟関係だろ? 日本の防衛省統合幕僚学校に韓国からの留学生がいるんだ。15期卒業式の壇上には韓国の太極旗が掲げられたんだぜ!

 このことに文句を言う韓国人が何人いる? 米軍の多くの部隊でも旭日旗を模したデザインが使われているから、米軍にも、ぜひ文句つけに来てほしいぜ。

 俺が言いたいのは、レッテル貼りをする前に意見が違うことを認め、証拠をもとに話をするべきだってことだ。その時は、慰安婦問題、竹島の領有権、日本海呼称問題は、全てバラバラに崩れ落ちるけどな(笑)。

 また会おう! 日本と米国に神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


テキサス親父の「怒れ!罠にかかった日本人」
JAPANISM2014年04月21日 08:32

聞き手:西村幸祐

親日および反日批判で知られる米国人テキサス親父ことトニー・マラーノ氏の動画トピックの数は2014年現在500本を優に超える。トニ・マラノ氏が動画トピックの配信を開始したのは2007年後半のことだから年間ほぼ80本、週に2本のトピックを必ず配信している計算になる。現在ではそのペースはさらに上がり、1日に2本配信することもある。

 評論家・西村幸祐氏の監修のもと、テキサス親父の書き下ろしと、大量の動画の中から西村氏が厳選した本の動画トピックをまとめたトニー・マラーノ著『テキサス親父の「怒れ!罠にかかった日本人」』を4月に刊行するにあたり、掲載予定の書き下ろしアーティクルおよび動画トピックを一部抜粋してここに掲載する。

 掲載予定のアーティクルには、今年3月にニューヨーク・タイムズが掲載した社説「MR.ABE'S DANGEROUS REVISIONISM」(ミスター安倍の危険な歴史修正主義)について各段落毎に添削的批評を行うという、テキサス親父ならではの痛快なものも含まれている。他にアメリカ国内の自虐教育や日本が直面している問題についてなど、興味深いテーマが詰まっている。ぜひ期待をお願いしたい。今回は慰安婦問題についてのトピックを一部掲載する。

慰安婦像撤去署名を呼びかけたのは、常識を追った結果に過ぎない!

Tony
 2013年の12月に、俺は米国カリフォルニア州グレンデール市に建てられた「慰安婦像」を撤去するための請願をホワイトハウスのホームページに立ち上げた。理由は、産経新聞のインタビューにも答えた通り「慰安婦像が平和よりも憎悪を助長するものだと感じる人にとって、請願がその不快感を示す手段になればと思った」からだ。2014年1月10日がデッドラインだったが、その前に必要な署名数10万を超えることができた。感謝している。

 俺が慰安婦問題について南朝鮮を批判するのは、それが常識に反しているからだ。動画の中で、俺は繰り返し、こう言っている。『第二次世界大戦は1945年に終わり、「慰安婦問題」も基本的にその直後に終わったわけだ』

 『1944年に書かれた米軍の報告書によれば、この高給取りの慰安婦は「売春婦」だったと書かれていて、奴等は「不細工」でもあったと書かれている。戦中には日本軍も米軍も自軍に有利に働く事に対してはプロパガンダに利用していたんだ。日本軍の慰安所で働いていた「慰安婦」「売春婦」を捕まえたわけだから、米軍は「売春を強要されてたんだ」「日本人はどれだけ酷い奴等かわかるだろ!」って言えたはずだよな』

『俺があの像を米国の公園で見た時に感じたのは、あの女性は大日本帝国軍の士気を高める「高給取りの売春婦」だったって事なんだ。戦う軍の「士気を高め」たらどうなるんだ?効果的に戦う軍になる。その時、その軍は誰と戦ってたんだ?アメリカ合衆国とだぜ!南太平洋と太平洋で戦ったのは誰だよ?大日本帝国軍と戦う米国海兵隊だろ!俺の父親だ!』俺にとって慰安婦問題がどういうことなのか、わかってくれたと思う。

韓国の朴大統領の危機に日本が身代わり?

 南朝鮮の大統領である「朴大統領」なんだが、「日本海」の向こう側の同じ立場である安倍総理大臣と会う事を「拒否」している。会いたくないって言ってるんだ。

 彼女は『まずは日本が朝鮮での邪悪な歴史を認めなきゃならない』って言ってる。『慰安婦達に賠償金を払え』ってな。「靖国神社」にも行くべきではないってな。

 こんな理由で彼女はもう一つのアジアの「民主主義国家の仲間」と会う事を拒んでいる。それなのに彼女は誰に会ったか知ってるか?アカの支那の指導者と会ったんだぜ。習近平と会ったんだ。彼女は北京だか何だか知らんが、彼に挨拶しに行った。

 俺はこう言わなきゃならないよな。
「マジかよぉ!?」
 実際には、彼女がやってる事は『身代わり犠牲』にしているって事なんだ。彼女は捻じ曲げようとしている。彼女の「父親の悪事」を捻じ曲げようとしているんだ。

 彼女は父親の罪の責任を感じ、それが南朝鮮の国民の間に持ち上がって来ないように、日本に憎悪を向ける様に仕向けているんだ。彼女の父親は有能な「軍の将校」だったんだ。朝鮮の軍じゃない、『日本帝国陸軍』の軍人だったんだ。彼は南朝鮮人だった。戦争の間彼は『日本帝国陸軍』に所属していた。かなり優秀だったから「将校」にまでなった。とても優秀だったから『日本帝国陸軍』の満州での「精鋭部隊」に配属された。

 この栄誉ある『日本帝国陸軍』の軍人が、20万人もの自国の女性を強制的に「性奴隷」にするような軍に入るか?

 他にも彼女が彼女の父親の罪を隠そうとしている事がある。1965年に南朝鮮と日本は「条約」(日韓基本条約)を結んだ。その時の大統領が彼女の父親だった。この条約で日本政府は何百億ドルもの金を南朝鮮の政府に支払ったんだ。すべての主張を打ち切り、「被害者」に対してそのお金を分配するって事でな。

 しかし彼はそのお金を「被害者」に支払わなかったんだ。なぜなら彼は『被害者なんていない事』を知ってたからなんだ。

 彼女等は『高収入の売春婦』だった。だから南朝鮮政府はそのお金を支払わずに、それをインフラ整備に使ってしまったんだ。

他にも朴大統領が彼女や彼女の家族から批判を逸らし、「日本海」の向こう側の日本の人々を蔑すみ批判している理由がある。奴等が2005年か2006年に通した法律で「朝鮮人の誰であっても大東亜戦争中やそれ以前に日本に協力したり日本側に立ったりした人々の全ての資産を没収する」というものがあるからなんだ。

「日本側に付いていた奴の資産は、全て没収」なんだ。彼女の父親は『日本帝国陸軍』の将校だった。この法律によれば、彼女の資産の全てを没収する事ができるって事だぜ。

 だから朴大統領は彼女の父親の罪を隠さなきゃならないんだ。それをするために、日本海の向こう側の日本の人々に憎悪を向け続けなきゃならないわけなんだ。

 愚か者なのか?無知なのか?賢い政治家なのか?彼女がどれであっても、彼女は日本を身代わりにしてるって事なんだ!

仏アングレーム「世界朝鮮売春婦漫画展」について

 フランス、アングレーム市にてここフランスの「アングレーム国際漫画祭」で起きている事について話したい。俺と日本の友人達は慰安婦問題に関する日本の漫画をブースで展示するために来た。

 なぜなら俺達は南朝鮮がデカイ展示公開するという事を聞いたからなんだ。それは自分達の側から見た歴史を主張し極めて政治的で日本に批判的で「日本叩き」をするためのものだ。

 日本のブースは他の視点から見た歴史を提供するためだったんだが、この祭のアジア部門の責任者がやって来てブースを撤去した。「政治的だからだ」と言いながらな。

 そこで俺達は南朝鮮の展示は政治的ではないのか?と聞いた。
 奴は「違う!違う!違う!」と言った。「あれは政治的ではない!」と言った。
 お前達は日本叩きをして日本に酷いイメージを植え付けてるだろって言うと奴は
「あれは政治的じゃない!あれは史実だ!」
とそう言ったんだ。

 そこで俺達はフランスでは歴史を否定する事は法律に反するという事を知った。奴が言っていたのはこういう事だった。
「史実とは一方からだけの見方が許可されており、他の見方があっても、法律に反する」
 だから俺達が歴史上で起こった事に対する他の見方を持ち込むと法律に反するって話なんだ。俺達は慰安婦がいなかったなどとは言ってない。慰安婦はいたぜ。朝鮮人達は「強制された」と言うが、俺と日本人達は「彼女達は強制されたわけじゃない」と言ってるんだ。

 俺がこう言うのには、米国陸軍が1944年に出した報告書の第94番を元にしている。1944年に軍が慰安婦達を「捕まえた」(救出したんじゃないぜ!)。この慰安婦の何人かは米軍の侵攻から逃れている時だった。そしてこの報告書には彼女達は「高給取りの売春婦だ」と書いてあったんだ。

 これは南朝鮮の「強制的に性奴隷された」と言う説を公然と否定するものだ。だから俺達は単に「別な視点」からの選択肢を提供しようとしたんだが「拒絶」されたというわけだ、この漫画祭の運営者にな。

 フランス万歳!ハッハッハッ!他にも興味深いことがある。この催し物でいかに酷い

 「日本叩き」が行われたかわかるんだが、ある日本の記者が記者専用の控え室に入ろうとした。彼は入り口の警備に止められて「貴方は日本人か?」って聞かれたんだ。

 記者が「はい、日本人です」と言うとその警備員は、彼を記者室に入れるためのお伺いをたてにいった。警備員は彼が俺達の関係者の一人かとは聞いていないんだ。「ブースを作ろうと準備していた人か?」なんて聞いてないんだぜ。それがまた日本を激怒させたんだ。日本人であれば誰でも暗に非難してるって事だぜ。

 フランス万歳だな!

■関連情報
ジャパニズム 18
posted with amazlet at 14.04.16
テキサス親父 杉田水脈 倉山満 KAZUYA 桜井誠 瀬戸弘幸 佐藤守 高森明勅 小坂英二 濱口和久 山村明義 孫向文 仲新城誠 井上太郎 笹幸恵 但馬オサム
青林堂


テキサス親父の「殺人鬼をヒーローにするのが韓国だぜ!」
アサ芸プラス 2014年04月15日09時56分

 ハ~イ! やぁみんな!

 俺たちがさまざまな活動をしていると、俺に対する「殺人予告」や「脅し」が多く寄せられるんだ。彼らは何で俺を脅す必要があるんだろう。

 この連中に共通していることは「自分たちの考えに反する意見を聞くことができない」という病に侵されているってことなんだ。そうした連中のコメント欄にコメントしようとしても全て「管理人の許可」が必要なんだ。コメントできたとしてもすぐに削除されたりブロックされたりするんだ。

 これがどういうことかわかるか?

 自分たちと意見の違う人間にはコメントさせず、表面から見ると、世界中が自分の意見に賛成している「仲よし倶楽部」に見えるように装っているわけなんだ。

 自分たちがやっていること、書いている内容にまったく自信がないってことをみずから示しているってわけだ。自分たちが書いた記事などに対して批判されるのを怖がっている臆病者としか考えられないよな。

 反対意見を取り扱えない韓国人などは、相手の口を封じるために平気で殺人だってするよな。伊藤博文も安重根というテロリストに暗殺されたんだが、それだけじゃないんだぜ! その暗殺者が「韓国の国家的ヒーロー」なんだぜ! 殺人鬼を国家的ヒーローにする国なんて韓国以外にあるか?

 あいつらは北朝鮮や中国かと思うよな。一つ一つ検閲してるんだからな。

 先週、英字新聞の「ジャパンタイムズ」から記事に載せるために、俺の画像の使用許可を求めるメールが来たんだ。俺のことを取り上げるが「敬意を持った論調にする」とわざわざ書いてあったんだ。

 俺の汚い顔でよければいくらでも使用させるぜ。俺のことを悪く書かれても俺はまったく気にしないからな。

 そもそも、自分と意見が100%一致する人間なんているわけがない。生まれた場所も環境も人種も年齢も違うのに一致するほうがおかしいだろ。親が同じで生活環境が同じ兄弟姉妹だってケンカするだろ? 文化的な人間というのは、違う意見があることを認めたうえで話をする必要があると俺は思っているんだ。

 俺も動画の中で他人を批判することがある。俺は俺が批判されることに対しても自分なりの準備をしているからまったく怖くないんだ。人の批判はするが自分の批判はされたくないのでコメントを許可制にしたり削除したりするのが、まさにあの連中なんだ。俺は基本的に、自分の考えに反対するコメントであっても削除することはないぜ。

 そして、この「ジャパンタイムズ」の記事にも俺が「極右」だとか、「なまりがひどい」とか書いてあるんだ。俺は、ニューヨークのブルックリン出身でブルックリンなまりがあるのは認めるが、そんなところしか突っつけないのかとかわいそうになるよな。

 日本と米国に神の祝福を! また会おう!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「強制連行の主犯は朝鮮人売春業者だぜ!」
アサ芸プラス 2014年04月08日09時56分

 ハ~イ! やぁ日本の皆さん!

 以前に登場した際、「捏造された慰安婦物語」を説明したが、俺の記事を読んで、小さな1カ所だけを取り上げて、ネット上で反論して勝ち誇っている連中がいるって聞いたんだ。俺から見たら「そこかよ? それだけか?」って思える、笑える内容だったから、今回みんなにも紹介しようと思ったんだ。

 その記事では、自称元慰安婦の「日本軍に無理ヤリジープに引きずり込まれて誘拐された」って証言を紹介したんだ。そのうえで、「当時の日本軍はジープなんて持ってなかったぜ」って書いたんだ。反論は「日本にもジープのような車両があった」ってものなんだが、そこしか突っ込めなかったのかと思うとかわいそうな気がするよな。同時に、他の部分はまったく否定できなかったって話とも取れるよな。

 この慰安婦物語が捏造だという俺の論拠を覆すことは不可能だぜ!

 韓国人は20万人が「性奴隷」にされたって主張してるんだが、日本の現在の人口でいえば130万人の女性が「性奴隷」だぜ! 日本人を憎む「性奴隷」たちは「日本のジープ」と名指すんじゃないか? でもそんな証言はないんだぜ。それに当時の血気盛んな韓国人の男性80万人もが、大日本帝国軍に志願しているんだぜ。自分の家族や友人を人さらいのように連れて行く日本軍に志願するか?

 韓国は米国産輸入牛肉のBSE問題が起きた時、別に誰かが連れ去られたわけでもないのに、見境なくデモを繰り返したり反米を叫んでいたんだ。日本や米国やイスラエルの国旗なんかを踏みつけている連中だぜ。旭日旗を見ると「ナチスの旗と同じ意味だ!」って世界中で騒ぎ立てている連中だぜ。それと同じ連中が娘たちが連れ去られてるのに黙って見ていたとでも思うのか?

 当時の朝鮮半島の警察官や議会の政治家の約8割が朝鮮人だったという記録も残っているんだが、娘たちが強制的に連れ去られたような事件があったという記録はどこにもないぜ。反対に、朝鮮人の悪徳業者が女性をだまして慰安婦にしようとして、日本の当局がその業者を逮捕したというような当時の新聞記事はいくつも見つかってるけどな。

 これが、どういうことかわかるか?

 無理ヤリ連れて行こうとした朝鮮人の業者を日本の当局が逮捕したってわけで、現在、韓国人が主張していることの真逆じゃないか。それに違法に女性たちをだましていたのが、実際は自称慰安婦たちの同胞である朝鮮人だって話じゃないか!

 俺は当時の米国陸軍の公文書と日本からの資料、つまり、1次資料などを含めて、理論的に話をしているんだ。しかし、韓国人の元慰安婦と称する連中は、記憶も曖昧で最後には「私の体が覚えてる」って話だろ。

 脚本どおりに証言できないから、毎回、違う証言をするのか? きっとあの老人たちにはウソをついている意識はなくて、周囲の「慰安婦ビジネス」「被害者ビジネス」を行っている連中に言わされているのかもしれないな。

 米国と日本の皆さんに神の祝福がありますように。

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”トニー・マラーノ、慰安婦像を叱る - トニー・マラーノ(評論家)
月刊誌『Voice』2014年03月17日 09:43

「反日ロビー」と戦う米国人評論家が、いま日本に伝えたいこと
※聞き手:大野和基(国際ジャーナリスト)

動画サイトで「文化の衝突」を目の当たりに

大野:トニー・マラーノさんはYoutubeやニコニコ動画といった動画投稿サイトを通じて、アメリカや東アジアの歴史・政治問題について意見を発信する活動をされています。そのフランクで軽快な語り口から、日本では「テキサス親父」というニックネームで親しまれていますね。最初に、マラーノさんのご経歴についてお聞かせください。

マラーノ:私は30年間、電話会社・AT&Tの子会社に勤務し、2006年に退職しました。大学では歴史学を専攻し、そのときに日本の歴史に関心をもちました。父は第二次世界大戦の際、海兵隊の兵士として従軍しましたが、南太平洋で飛行機の修理をしていたので、おそらく誰も殺していません。ですから、あなたは日本人ですが私を責めないでください。(笑)

父が戦争から帰還したとき、日本人や日本の軍隊についていっさい悪いことを口にしないどころか、尊敬の念を抱いていたくらいです。父からそうした話を直接聞いていたので、私も日本人に対してまったく憎悪の感情はありません。むしろ、自分たちの国を廃墟から経済大国にまで立て直したことに対して、畏敬の念を抱いています。日本にはアメリカのような広大な土地がないし、天然資源もない。ですから、日本が立ち直ったことは、国民の力にほかなりません。それは本当に誇るべきことです。

大野:歴史を専攻したことが日本の歴史に関心をもったきっかけということですが、もっと明確に日本のことを気にかけるようになったタイミングはありますか。

マラーノ:06年にAT&Tを退職した際、地元紙『ダラス・モーニング・ニュース』で、反捕鯨団体のシー・シェパードが日本の捕鯨船に嫌がらせをしている記事を目にしました。いままで私は、日本の捕鯨についてあまり深く考えたことがありませんでしたが、その記事を読んだとき「ちょっと待てよ。日本は多くの島から成り、その島に住む人たちは食料を海から獲っている。アジアに乗り込んで『これを食べてはいけない』と口出しするこの西洋人たちは、いったい何なんだ」と疑問に思いました。西洋人が日本に干渉をしていることに対し、激しい怒りの感情が湧いてきたのです。歴史上、西洋諸国は恐ろしい帝国主義的な支配をアジアで行なってきた。そしていま、この愚か者たちが、形を変えた帝国主義を掲げてアジアに戻ってきたのです。私はこれを〝culinary imperialism(食の帝国主義)〟と呼んでいます。

そこで私はシー・シェパードを批判する動画をネットにアップロードしました。そのビデオは日本で話題になったようですが、当初はその反響を知らず、私はさらにリサーチして次から次へと動画をアップし続けました。私の動画には反捕鯨団体からのコメントが数多く寄せられましたが、非常に卑劣な内容で、罵倒ともいえるものでした。

一方そうした罵倒に対して、英語が書ける日本人視聴者が、丁寧ながら毅然とした態度で再反論をしてくれたのです。私はまさにそのとき、二つの文化の衝突を目の当たりにしました。西洋文化はがさつで品がありませんが、日本文化は丁寧で礼儀正しい。それでいて自分の立場をしっかりと弁護していたのです。

そうこうしているうちに、早稲田大学の学生から日本史についての長い資料が送られてきました。その資料から、日本の歴史について多くのことを学ぶようになったのです。同時に自分の動画が日本で注目されていることを知りました。

やがて日本の出版社(飛鳥新社)から、DVD付きの本を執筆するよう依頼がありました。いままで本を書いたことがなかったので、完成までに1年かかりましたが、担当編集者は忍耐強く待ってくれた。日本のビジネスのやり方が立派なものであると実感しました。こうして2010年春、初の著書『テキサス親父演説集』が発売されました。

同年の終わりにはワシントンDC在住の日本人男性から連絡があり、日本の保守派の団体が私を日本に招く意向があると伝えられました。その男性とスカイプ(インターネット電話)で話をするなかで、慰安婦問題について日本でも意見が分かれていることを知りました。いわば内輪もめのようなものです。私は「そうしたいざこざがあるのなら、私が日本に行かないほうがいいのではないか」と伝えたのですが、最終的には説得されました。そこで2011年5月に初めて訪日したのです。

慰安婦像の横で写真を撮った理由

大野:昨年12月にはカリフォルニア州グレンデール市に建立された慰安婦の像を撤去するために、ホワイトハウスへの署名活動に取り組まれましたね。そもそもなぜ、アメリカに慰安婦像が建てられるという事態になったのでしょうか。

マラーノ:われわれはグレンデールに行ったときに、韓国系アメリカ人の大きなコミュニティがあることに気付きました。明らかにそのコミュニティは、市議会に影響力をもっていました。

彼らの資金の一部は中国から来ていると思われます。慰安婦像は日米間に亀裂を生じさせ、日韓間の亀裂を生じたままにするために建てられたものです。日米韓の3カ国がお互いに激しく対立しているのを見ることほど、中国が喜ぶことはありません。

ただ、この問題に関わっているすべての中国人が、共産党政府を支持しているとは考えられません。純粋に感情的な動機から、活動を行なっている人もいるでしょう。彼らは政府に利用されているのです。

大野:グレンデールの韓国系コミュニティには、日米間に亀裂を生じさせるという動機はあるのでしょうか。

マラーノ:それは主たる目的ではないと思います。日本はアメリカ国内でポジティブなイメージがあるので、日本を叩き、日本のイメージを落としたいと考えているのです。この慰安婦問題の背後にいる人びとは、どういうわけかすべて韓国人というわけではありませんが、あなた方の国に対して解消しようのない嫌悪感を抱いています。私からすれば病的に見えます。まったく理解できません。

大野:ホワイトハウスの署名活動はうまくいきましたか。

マラーノ:最初に始めたときは、まさかこれほどの短期間で10万を超える署名を集められるとは予想していませんでした。私はこの運動を始めただけであって、推進したわけではありません。ソーシャルメディアを使って広めてくれたのは、日本の皆さんです。

私が署名を始めたのは、この国の公共的な場所に、あのような慰安婦像が建てられたことに対して不愉快な気持ちを表すためです。日本と韓国の国際的な亀裂を、アメリカの市立公園で表現すべきではありません。それでもやるとすれば、いかなる形の表現の自由も受け入れる覚悟が必要です。たとえば、私はその慰安婦像の隣に座って写真を撮りましたが、彼らはそのことに腹を立てました。もしその横に座ってほしくないのなら、プライベートな場所か、アメリカ以外に建てるべきです。

大野:彼らの反応をテストするために、像の隣に座って写真を撮ったんですね。

マラーノ:もちろん、こうした像を公共の場につくることに対する不快感を示すためでもありますが、アメリカは慰安婦問題にまったく関係がありません。彼らの言い分は、われわれアメリカ人に歴史を教えたいということですが、それでは、カナダ人には歴史を教えたくないのでしょうか。カナダのどこに慰安婦像があるというのですか。むしろ韓国に留学に行くアメリカ人よりも、アメリカに留学する韓国人のほうが多い。われわれが彼らに歴史を教える側です。

大野:いま、グレンデールの慰安婦像はどのような状況になっているのでしょうか。

マラーノ:依然として撤去されていません。ガードマンが監視しているとも聞きます。興味深いことですね。(笑)

大野:署名運動については、アメリカ人からはどのような反応があったのでしょうか。

マラーノ:署名運動についてというよりも、この問題全体についての反応ですが、まず多くのアメリカ人は慰安婦問題を聞いたことがない、といっています。強制的な性的奴隷があったと信じている人も、「68年前のことだから、もう忘れよう」といっています。日本とアメリカは戦時中お互いに撃滅しようと躍起になっていましたが、いまのわれわれの関係は非常に良好です。むしろ多くのアメリカ人は、なぜ韓国人は日本人と同じように振る舞えないのか、なぜ彼らは嫌悪にとらわれ、しがみついているのか、と戸惑いを感じています。

大野:韓国系や中国系の人から嫌がらせを受けたことはありますか。

マラーノ:慰安婦像の横に座った写真をアップロードした当初は、私を罵倒するフェイスブックのメッセージが韓国在住の韓国人から2000以上も届きました。また、200通以上の殺害予告の脅迫も受けました。

不思議なことに、北朝鮮や日本にいる韓国人からは何のメッセージもありません。かつては北朝鮮からメッセージが届いたことがありますが、今回は何も来ませんでした。友人に脅迫を受けた話をしたところ、「北朝鮮人はひどい」という反応でしたが、「いや、北朝鮮ではなく、韓国の人だ」と私がいうと、彼は非常に驚いていました。

大野:マラーノさんの活動はインターネットを通じて世界中に配信されていますが、欧州など、中立な立場の国々からの反応はいかがでしょうか。

マラーノ:スペインや他の欧州諸国からは、私を支持するメッセージが届きました。アメリカのリベラル派からも来ました。つまりこれは政治の境界線を越えた問題だということです。

(『Voice』2014年4月号より)

※本稿に加え、日本人が反日ロビーと戦う方法、ケネディ駐日大使への評価、アングレーム国際漫画祭の真実といった内容を盛り込んだ、マラーノ氏インタビューの完全版が、3月10日発売の月刊『Voice』4月号に掲載されています。

トニー・マラーノ(Tony Marano)評論家
1949年、米コネティカット州生まれ。生後間もなくニューヨーク・ブルックリンに移る。両親はイタリアからの移民二世。ニューヨーク市立大学卒(専攻は歴史学)。電話会社AT&Tの子会社New York Telephone Companyに30年間勤務し、2006年に退職。現在はテキサス州在住。


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(4)「ウソをウソで隠している」
アサ芸プラス 2014年03月13日09時56分

 もう1つは、韓国人グループがグレンデール市の慰安婦像を建立する申請を行った時、その脇にある石碑が含まれていなかったということなんだ。その申請には瑕疵〈かし〉(欠点)があり、碑文の内容も検討されないまま建立を許可したということになるよな。ここを切り崩すことが今回の裁判を有利に運ぶ1つのポイントになると俺は考えているんだ。

 この慰安婦の話ってのは、簡単に言うと皆さんが悲劇を描いた映画を見て涙する「その心」につけ込んで金にしてしまおうという、壮大な「詐欺事件」なんだ。悲劇の映画を先に見せておいて、それが実は映画の中の話ではなく実際にあったことで、その証拠に、ここに被害者のおばあさんが生きていると言い、役者のおばあさんを連れてきて真実味を補足しているって話だ。

 あのおばあさんたちが何て証言したか知ってるか?「14歳の頃にジープに引きずり込まれて誘拐された」「クリスマスになると1日何十人もの相手をさせられた」って言ってるんだぜ。その当時、日本軍はジープなんか持ってやしないし、日本のクリスチャン人口なんか1%以下なんだぜ! ウソをつくとそのウソを隠すためにさらにウソをつく必要があるが、あのおばあさんたちは自分のついたウソを覚えてられない年齢だから、証言するたびに違うことを言ってるよな。15歳で強制的に連れて行かれたとか17歳で無理やり連れて行かれたとか、14歳で貧しさのあまり親に売られたとか1人のおばあさんの証言が二転三転してるんだぜ。

 韓国で慰安婦のおばあさんたちを担いでいる団体に韓国挺身隊問題対策協議会ってやつがあるらしいな。女子挺身隊とは日本の工場で働く女性のことを指していたんだが、それを慰安婦にすり替えて賠償金を取ろうとしているんだ。「慰安婦詐欺」を「女性の人権」という名目に置き換えているところを見れば巧妙なやり口であることがわかる。

 だから、俺は昨年末にグレンデール市の慰安婦像を撤去する、ホワイトハウスの請願を始めようと思ったんだ。署名の最終期限を1週間も残して10万人を突破するという偉業を達成した。これには驚いたね。日本人全体の勝利だな。現在、日本の国会でもこの件を見直す動きが出てきたし、地方議員の中からもこの問題を解決するために積極的に活動する人たちが出てきていると聞いている。

 まだまだ、言いたいことはたくさんあるが、4月から「アサヒ芸能」で連載することになったので、詳細については今後じっくりと話そうと思う。

 日本は米国がいちばん信頼している同盟国であり、日米同盟が機能しなければ、中国の共産主義者たちが虎視眈々とアジア地域の覇権を狙っている。チベットやウイグル、内モンゴルのようになりたくなければ米国と日本はさらに進んだ関係を作るべきなんだ。

 日本と米国に神の祝福がありますように!

トニー・マラーノ


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(3)「慰安婦像の横にある石碑に書かれていることとは…」
アサ芸プラス 2014年03月12日09時56分

 今回、在米日本人がこの慰安婦像を撤去しようと、連邦政府を相手取って訴訟を起こすと聞いた。簡単にはいかないと予想されるが、この裁判は「米国自身」も試される裁判になると思うんだ。なぜなら、在米韓国系米国人が在米日系米国人を蔑む銅像を関係のない米国に建てたが、さっき話した米国の理念に真っ向から反することで、米国人同士に亀裂や分裂を生じさせることになるからなんだ。この裁判で「本来の米国」を取り戻すためにも、ぜひ日本側が勝訴してくれることを願っている。ひるむことなく正義を貫いてもらいたいと思うとともに勇気ある行動にエールを送りたい。

 俺は、慰安婦像そのものよりも、その横の石碑に書かれている、事実に基づかない憎悪をあおるための碑文が大きな問題だと思うんだ。グレンデール市の慰安婦像の横にある石碑には何が書いてあるのか、下記の碑文を読んでほしい。

─────────────────────────────────────────────────

【“わたしは日本軍の性奴隷でした。”】

・乱れた髪型は、この少女が大日本帝国軍によって、住んでいた家から拉致されたことを象徴しています。

・握り締めた二つの拳は、正義を勝ち取ろうというこの少女の固い決意を表しています。

・剥き出しの不安定な足は、薄情で思いやりがないこの世界に少女が見捨てられてきたことを表しています。

・少女の肩に止まった鳥は、わたしたちと亡くなった犠牲者の絆を象徴しています。

・誰も座っていない隣の椅子は、まだ正義を見ないまま死を迎えようとしている年老いた生存者たちを象徴しています。

・(像の後ろの床に映っている)少女の影に映っているおばあさんは、永いあいだ沈黙の中で過ごしてきた時間の経過を象徴しています。

・影の中にある蝶は、犠牲者たちがいつの日か甦り、謝罪を受けられる日が来ることへの希望を表しています。

【平和の記念碑】

1923年から1945年の間、大日本帝国軍によって強制的に性奴隷にされた、20万人以上の朝鮮、中国、台湾、日本、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア、東ティモール、そしてインドネシアのそれぞれの家から強制連行されたアジアとオランダの女性を偲ぶ

2012年7月30日のグレンデール市による「慰安婦の日」宣言と2007年7月30日に合衆国下院においてこの犯罪の歴史的責任を日本政府が受諾することを要請する121号決議案が議会を通過したことを祝う

私たちの真摯な望みはこの不当な人権侵害が二度と再び繰り返されないことである

2013年7月30日

─────────────────────────────────────────────────

 まずおかしいのは、碑文に書いてある20万人が強制的に性奴隷にされたということだ。この証拠はどこにあるんだ? いったい20万人がさらわれている時に当時の韓国人は何をしていたんだ? 家族や夫や父親は指をくわえて見てたのか?20万人だぜ! 現在の韓国人のクレイジーな行動を見ていれば、その当時に実際にそのようなことがあったら、暴動が起きてもおかしくないと思わないか?

 当時の朝鮮半島の人口は2000万人程度で、そのうち女性が半分として、20万人が強制的に連れ去られて性奴隷にさせられたわけだよな? 現在の日本だと、その数は130万人だぜ! 想像してみてくれよ、その数字がいかにバカげているかわかるだろ! 感情を抜きに理論で考えれば、この慰安婦の問題は全てバラバラに消えてなくなってしまう話ってことだ。

 それから、忘れてはならないのが当時の朝鮮人は日本人だったんだぜ。韓国の朴槿惠〈パククネ〉大統領の父親は、日本の関東軍の優秀な将校だったんだ。当時の記録では80万人もの朝鮮人が日本軍に志願していて、兵隊になる試験に合格したのはそのうちの1万7000人余りだ。自国の女性が20万人も強制的に連れて行かれるのに、その女性を性奴隷にするために連れていく軍隊に80万人も志願するか? これらの客観的事象を見ても韓国が言っている日本軍が20万人の女性を強制的に連れ去ったことが大ウソだってことがわかる。もしこの20万人を今回の裁判の争点の一つにすれば、グレンデール市は「20万人」の根拠を明らかにする必要があるはず。だが、なかったことは証明のしようがないよな。


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(2)「騒げば日本はお金を払うという認識」
アサ芸プラス 2014年03月11日09時56分

 強制性があったかなかったかが曖昧にされたままの「河野談話」を日本政府が出したことが、この慰安婦問題を複雑にしているんだ。おまけに今年の1月1日の産経新聞には、この河野談話というものは、日本政府が下書きを作り、それを韓国政府に送って、韓国政府がそれを添削して発表したということが書かれていたよな。日本人は争いを好まないので、韓国の言うとおりにしていればそれ以上、韓国側が騒ぐことはないだろうという政治判断があったと聞いている。

 1965年の日韓請求権協定で、すでに日本側は当時の韓国のGDPの2.5倍とも言われるお金を韓国に支払ったんだ。にもかかわらず、そのあとにまたも騒ぎ立てて、日本政府が「アジア女性基金」を作った。強制の有無は問わずに“自称・慰安婦”たちに対して1人当たり200万円をお見舞いとして支払ったらしいな。その他にも金大中氏が韓国の大統領だった時に1兆円以上の経済援助なども別な名目で行っているというじゃないか。さらに9500億円の援助など、日本政府は穏便に済ませるために韓国政府の言いなりになっていたんだな。

 そこで韓国人たちは「騒ぎ立てれば日本がお金を出す」ということを学習したわけだ。今、韓国人たちはさらに大騒ぎをして、「高給取りの売春婦」を「性奴隷」という呼び名に意図的に変えて日本を非難してさらなる金を引き出そうとしているんだ。韓国人たちが、4度目の「おかわり」を要求するために、米国で慰安婦物語を捏造したと見るのが自然だよな。

「慰安婦」というのは「被害者ビジネス」の典型なんだ。ようやく日本も、この連中のやり方に気がついたんじゃないか。韓国人が、1つ要求を聞くと2つ要求してくる。それを聞き入れると今度は4つ要求してきて、それが永遠に続くことをな。

 3.11の震災直後に俺は「日本人の様に振る舞え」というタイトルの動画を作ったんだ。日本の被災者の方々は米軍のヘリから水や洋服の供給を受けるのに、最低限必要な分だけを取り、残りは別な被災地へ持っていってくれと言っていたと、多くの米国メディアが報じていた。そして、その水をもらうのに被災者たちはきっちり列を作って順番に受け取っていた。あの人類史上初めてではないかという大災害の直後だぜ!略奪も起きない世界が驚く国が日本なんだ。ここ米国や他の国で同様のことが起きれば、被災者たちは我先に原始人のように全てを奪おうとするのにな。韓国人の「おかわり作戦」は、震災の時のように必要な分だけ受け取る日本文化の常識では考えられないことだが、世界の常識と日本の常識が違うこともようやくわかってきたようだ。


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(1)「公文書にある記述の真相」
アサ芸プラス 2014年03月06日09時56分

 韓国は首脳会談開催の条件として、相も変わらず「慰安婦」を認めろとわめき続けている。その目的は騒ぎを大きくすればするほどむしり取れる日本からのカネだ。動画サイトを中心に活躍する評論家「テキサス親父」がついに本誌に登場。国家ぐるみの詐欺実態を粉砕論破、致命傷となる急所を射貫いた!

 ハ~イ! 日本の皆さん! 俺が「テキサス親父」ことトニー・マラーノだぜ。今、日本では、「河野談話」を検証する問題が浮上しているよな。それで、韓国が顔を真っ赤にして怒っている。今回は「慰安婦」のことを話してみたいんだ。

 米国には、全ての人種や出身国籍にかかわらず「平等である」という建国理念があるんだ。どんな小さな国の出身であっても、肌の色が何色でも全てはアメリカ人で同様の権利を有するし、義務を負うということだ。だから米国は「人種のるつぼ」とも言われているよな。しかし、最近の米国を見ていると、その理念が多く損なわれているのではないかと思われるんだ。

 今、アメリカには続々と慰安婦像が建てられようとしているんだが、それもおかしな話だ。

 カリフォルニア州グレンデール市に建てられた「慰安婦の像」は、建立する以前、「平和の少女像」と呼んで、いかにも平和を願って建てられたということだったんだ。しかし、実際の像は、韓国ソウルの日本大使館前に建てられている「慰安婦像」そのもので、その隣の石碑に刻まれている文言を読むと、日本に対する「憎悪」をかき立てる目的以外の何物でもないことがわかったんだ。1つの民族や1つの国を名指しして国内で民族間の争いが起きれば、米国自体が成り立たなくなってしまう。それに慰安婦問題は日本と韓国の問題で、米国には関係ない話なんだ。

 そこで俺はまず韓国人の言う「慰安婦」に関する資料を米国の国立公文書館から取り寄せてみたんだ。

 1944年に書かれた、ビルマのミートキーナで米軍が捕虜として捕らえた「慰安婦捕虜に対する尋問調書」には、朝鮮人の慰安婦は「高給取りの売春婦」だったって明確に書いてあるんだ。普通じゃ考えられないほどの贅沢な暮らしもしていたってな。しかも、日本人の基準から見ても米国人の基準から見ても「不細工だった」とも書いてあるんだぜ!

 44年といえば戦争の真っ最中で、本当に「性奴隷」だったら、苦しくて逃げ出したいはずだから、米軍に捕らえられた慰安婦たちは「助けてください!」って言っただろうし、「奴隷から解放されて助かった」と思うことだろう。当時の日本は、米国から見れば敵国だったわけだから、それを戦争のプロパガンダに利用しようと思えばできたはずだが、捕虜となった慰安婦の証言からは、それ以上のことは出てこなかった。ってことは、「性奴隷」なんかじゃなかったってことだよな。そもそも「奴隷」に金を払うヤツがいるか? 慰安婦たちは捕らえられたことにより、「今まで高給を取っていたのが取れなくなる」「これからどうやって稼ごうか?」って心配してたんじゃないかな。

「テキサス親父」とは

 本名はトニー・マラーノ(65)。動画掲載サイト「YouTube」で「プロパガンダ・バスター」を名乗るイタリア系アメリカ人男性の評論家である。アメリカ最大手の電話会社AT&Tで30年間勤務、定年後は新聞社に意見投書するなどをして余生を過ごそうとしていたが、保守言論への扱いが悪かったために激怒し動画投稿を始める。

 ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる親父は、反捕鯨団体シー・シェパード批判を通じて、日本からの賛同者を増やした。古きよきアメリカ保守派の視点から、中国や北朝鮮などの批判を行い、日本・韓国・台湾への提言を行っている。とにかく日本と日本製品が大好きで、日本製を買いそろえないと気が済まない。パソコンは東芝、デジカメはキヤノン、明治製菓製のチョコレートと、ドラマ版「ごくせん」のヤンクミ(仲間由紀恵)の大ファンだ!

◆アサヒ芸能3/4発売(3/13号)より

2014年5月 1日 (木)

「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判

竹島慰安婦靖国等を材料として執拗な対日非難・罵倒を繰り広げ、日本と日本人を貶め続けている異様な偏執狂国家・韓国の常軌を逸した「反日」敵対言動に対して、その凶暴さ、卑劣さ、虚言、排他的差別的姿勢などを敢然と批判し続けているアメリカ人評論家、愛称「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏のことは、すでに我が国でもよく知られており、本ブログでも何度か取り上げさせていただいている

マラーノ氏の韓国批判の論拠は常に公正かつ明快であり、エネルギッシュに調査研究された歴史的事実に立脚しており、なおかつ正義感に満ちており、飾らないフランクな語り口、そして何よりもそれらの公正さ、事実、正義、正直さに対する愛情と親切さに満ちている。伝統的アメリカ人の保持する最も良質の最もすぐれた部分を代表する人柄であると言っても過言であるまい。本ブログとしても、氏に対して深甚な敬意と感謝の意を表明させていただく。

その「テキサス親父」トニー・マラーノ氏が、このたび『アサ芸プラス 』等に登場し、持ち前のざっくばらんで明快な語り口で、キチガイ国家・韓国その手先による凶悪で卑劣な「反日」言動の虚偽を徹底批判する連載を行なっているので、ここにまとめて引用、ご紹介させていただくことにする。

リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「文化的な人と野蛮な連中の話をしたいんだ」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「ファシストやナチスの意味を教えてやるぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が挑む河野洋平氏との“直接対決” 公開討論申し入れ - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国は戦争の被害者じゃない、加害者だぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(6)韓国批判は人種差別なのか? - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(5)日本人は尊敬されているぜ! - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(4)反日は国家が援助してるんだ - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(3)日本海を「韓国海」へ変える - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(2)慰安婦像に潜む中国共産党 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”ことトニー・マラーノ氏、ファンと靖国を参拝 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(1)踏み留まる日本と壊れる米国 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国の大学は反日活動で単位をくれるんだぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「反論することがなぜ、ヘイトになるんだ?」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の「怒れ!罠にかかった日本人」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父の「殺人鬼をヒーローにするのが韓国だぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「強制連行の主犯は朝鮮人売春業者だぜ!」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:“テキサス親父”トニー・マラーノ、慰安婦像を叱る - トニー・マラーノ(評論家) - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(4)「ウソをウソで隠している」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(3)「慰安婦像の横にある石碑に書かれていることとは…」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(2)「騒げば日本はお金を払うという認識」 - 速報:livedoorニュース.
リンク:テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(1)「公文書にある記述の真相」 - 速報:livedoorニュース.

以下、参考のために同記事を引用

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「文化的な人と野蛮な連中の話をしたいんだ」
アサ芸プラス 2014年06月10日09時56分

 ハ~イ!皆さん!

 靖国神社にハングルで「犬畜生」という、許しがたい差別的な落書きが彫ってあったらしいな。以前、放火した中国人は、本国で英雄になっているそうじゃないか。死者の魂の眠る場所を貶め、破壊する行為は文化というものを知らない野蛮な恥ずべき行為だよな。

 一つ疑問があるんだ。日本は第二次世界大戦で、24カ国(22カ国とも言われる)を占領したんだ。にもかかわらず、なぜ中国と韓国だけが靖国神社に腹を立てるんだ? タイ人が文句言っているのも聞こえてこないし、フィリピンは? マレーシアにインドは? なぜ彼らが怒っていないんだ? それは文化的だからだぜ。

 戦争では敵を殺すよな。平時では罪になる行為が正当化されるのが戦争なんだ。俺は戦争犯罪がどうやって決まっていくのか、考えてみたんだ。

 連中が問題にしている戦争犯罪者は、極東軍事裁判で有罪とされた人たち。東京裁判と呼ばれているものなんだが、日本が第二次世界大戦時に犯した戦争犯罪事件の裁判なんだ。

 当時から、さまざまな地位や立場の人たちの中で、戦勝国によって行われたその裁判自体が「疑問視」されているんだ。東京裁判は一審制で、控訴などできない非民主的な要素を持つ裁判だったからな。

 たとえ裁判に疑問符が付いても、戦争犯罪の「あり」「なし」を考えれば、もちろん「あり」だ。しかし、その理由は、日本が戦争に負けたからだと俺は考えている。

 だから日本が勝っていたとしても「戦争犯罪」はあったってことになるよな。そして、日本に、米国や英国や他の国が裁かれていただろうな。

 その場合、今頃韓国はたいそうデカい顔をしていることだろう。現在の連中がやっていることから考えると、どれほどの重罪を連合国に課すか、考えただけでもおぞましいよな。恐らく、言い分も聞かずに全て極刑にするんじゃないか? 「責任」として1000年にわたり金を要求し続けるんだろうよ。

 つまり、これは「誰が勝ったか」って話なんだ。それが戦争犯罪の本質なんだぜ!

 カトリックの総本山であるバチカンには東京裁判で死刑になった1060人の魂が祀られているんだ。朝鮮人日本兵も含めて分け隔てることなくな。なぜ、中国と韓国は法王に文句を言わないんだ?

 アメリカの「アーリントン国立墓地」には、連邦軍が敵として戦った南部連合の軍人たちも埋葬してあるんだぜ。大統領を含め訪れる人々は分け隔てなく、祈りを捧げているんだ。

 そこにはベトナム戦争の慰霊碑もある。何万人もあの戦争で亡くなったんだが、俺たちもあの国で「残虐」なことをやったんだ。ベトナムから見れば、俺たちも戦争犯罪人みたいなものだよな? だが、俺はベトナムの共産主義者が、文句を言ったり、慰霊碑を傷つけるなんて聞いたことがないぜ。靖国神社もバチカンもアーリントンも魂を差別していない。これこそが「文化的」な人のあり方だと俺は思う。

 今月、再び日本に行くことが決まったんだ。そこで会うことを楽しみにしているぜ!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

 トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「ファシストやナチスの意味を教えてやるぜ!」
アサ芸プラス 2014年06月03日09時56分

 ハ~イ! やぁ皆さん!

 4月末からの訪日で、俺が靖国に行ったことは書いたよな。韓国が戦争の被害者ではなく加害者であることを証明したんだ。

 ところで、5月4日の朝鮮日報のウェブ版を見てほしいんだ。そこには、ハングルで俺に関するこんな記事が載ったんだ。

〈「慰安婦像少女像嘲笑」アメリカ人が、今度は靖国神社参拝〉

 俺に対して猛烈な数の批判が届いているぜ。

「お前は売国奴だ!」

 今回は、無知な連中に「靖国神社」の説明をしてやろうと思うんだ。

 靖国神社は大きな神社なんだが、本殿に向かって、左側に小さなお社が2つあるんだ。そのうちの1つは何を祀っていると思う?

 アメリカや海外の軍人たちの魂なんだぜ!だから俺は、その魂にも祈りを捧げているんだ。祖国の兵のために祈りを捧げることがなぜ「売国奴」なんだ?

 要するに、連中は何も考えず、ただ汚い言葉を俺にぶつけているってことだよな。そして、こんなことを送るヤツもいるんだ。

「お前はナチスでファシストだ!」

 俺は、いよいよ深く考え始めたぜ!

 ナチスが排他的で、自分たちの気に入らない書物、言論、絵画、さらには人間までも排除したのは知ってるよな。俺に文句を言う連中は靖国神社に行ったことを収録した全ての動画や、証言に、脅迫を繰り返して、発言そのものを排除させているんだ。

 つい最近でも、カナダ人の歌手、ジャスティン・ビーバーが靖国に行った際に同じことをしたよな。ヤツは謝罪して発言を消したが、俺は謝ることも、発言を消すことも一切ないぜ!

 なぜなら、お前らこそがファシストだからだぜ!

 靖国神社には、戦争で亡くなった女性や子供も祀られているんだ。軍馬、鳩、軍犬などの慰霊碑から、戦争未亡人の像もあるんだ。当然、お前ら同胞の朝鮮人日本兵も祀られているわけだよな。俺は、そうした全てに敬意を払って、祈っているんだぜ!

 韓国の連中が問題にしているのは「A級戦犯」が祀られているってことだよな? 靖国神社には247万人もの魂が祀られているんだ。第二次大戦のA級戦犯で合祀されたのは、そのうちの14人だぜ。14人のために残りを全部無視しろってのか? それを排他的って呼ぶんだぜ! これらを考えれば、どちらが「ナチス」的で、「ファシズム」的なのかは明らかだよな。そして、そんな分別もつかない人間が、愚か者と呼ばれることもしかたがないことだよな。

 お前らは過去に生きていて、前進できていないんだ。東日本大震災では、かつて日本と戦った米軍が日本人を助けたんだ。過去は過去として閉じることで、助け合う関係が生まれているんだ。「過去」に生きるかぎり、待っているのは誰とも関係を作れない孤立だけだぜ。

 お前らの道理の通らない文句を聞いて、俺は東京に行く機会があるたびに、靖国神社に行こうと思ったぜ。俺はそこで自分の愛する国のために命を捧げた勇敢な英雄や戦火に巻き込まれた人たちに祈りを捧げるつもりだ。俺たちアメリカの戦死者と、同志である日本人のためにな。

 また会おう! 米国と日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


テキサス親父が挑む河野洋平氏との“直接対決” 公開討論申し入れ
ZAKZAK(夕刊フジ) 2014年05月31日17時12分

Zak
マラーノ氏と、河野氏(左)は直接対決するのか

 日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野談話」を発表した河野洋平元衆院議長(77)に、「テキサス親父」こと米評論家のトニー・マラーノ氏(65)が“直接対決”を挑む。2人は来月、山口市民会館で同じ日に講演会を開くため、関係者が公開討論を申し入れたのだ。

 慰安婦問題に対する2人のスタンスは両極端だ。河野氏は、ずさんな調査のまま、慰安婦募集の強制性を認める談話を発表して韓国を喜ばせた。マラーノ氏は、ワシントンの国立公文書館から「慰安婦=戦時高給売春婦」と記された報告書を取り寄せ、慰安婦問題の真実について世界に向けて公表している。

 この2人が6月21日、急接近する。

 まず、河野氏は、山口の民間企業が主催する「山口市民文化大学」の講師として登壇する予定。会場は市民会館大ホールだ。

 一方、マラーノ氏は、河野談話の撤廃を求めるグループ「歴史認識を糺す実行委員会・山口」の招待で、隣室の展示ホールで講演を行う。同グループは「慰安婦の真実パネル展」も開き、慰安婦問題の矛盾点や疑念を訴える。

 同会の加治満正氏は「国民が注目する慰安婦問題について、まったく意見の違う2人が同時刻に同じ市民会館にいる。ぜひ、日本と日本人の名誉のために、2人で討論してほしい。マラーノ氏が快諾したため、河野氏の自宅にも27日、参加を呼び掛ける文書を郵送した。衆院議長まで務めた政治家なら、堂々と参加してくれるのではないか」と語る。

 河野氏は慰安婦問題をめぐる産経新聞などの取材を拒否し続けているが、今度こそ逃げないでほしいものだ。


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国は戦争の被害者じゃない、加害者だぜ!」
アサ芸プラス 2014年05月27日09時56分

 ハ~イ! 皆さん!

 4月25日に訪日して靖国神社に行ったんだ。ここには第二次大戦で戦死したアメリカ兵も祀られているからな。これと前後して、論争が起きてるぜ!

 4月21日から、靖国神社で「春季例大祭」が行われたんだ。安倍総理は慣例にならって真榊(まさかき)を奉納したよな。それに韓国政府と、北京にいる共産主義者の連中が、こう激怒してるんだ。

「わからないのか? そこは戦後連合国側より処刑された、A級戦犯の魂が祀られているんだ!」

 そこで、俺は考えたんだ。待てよ‥‥ってな。

 中国と日本の間では戦争が行われたよな。それなら中国が、当時の敵兵の魂が祀られている靖国神社に対して、怒るのもわからないでもない。しかし、朝鮮は日本の一部だったんだぜ! 俺は調べたんだが、日本の軍人が朝鮮半島で戦争犯罪を犯し、有罪になったなんて記録はどこにもないぜ。

 なぜ被害を与えられてもいないのに、韓国は怒るんだ?

 まずは「A級戦犯」について説明したい。

 A級、BC級っていうのは、罪の重さのように見えるけど違う。極東軍事裁判─東京裁判における戦争犯罪の項目なんだ。A項は「平和に対する罪」、B項は「戦争犯罪」、C項は「人道に対する罪」ってわけだな。

 戦争犯罪についての議論は別にしたいが、戦勝国が敗戦国を裁く構造だと俺は考えている。つまり、A級戦犯は敗戦の将としての責任じゃないか? 戦争の名を借りて、民間人や捕虜に強姦や拷問、窃盗などを行ったBC級のほうが悪質だってことにはならないか?

 ところで、東京裁判で「有罪」とされた大日本帝国軍に、志願して従軍した朝鮮人たちがいたんだ。俺が何を見つけたかわかるか?

 厚生労働省の統計によれば、日本軍にいた日本人は約780万人と言われているんだ。東京裁判では、約5300人が、BC級戦犯として有罪になったんだ。それに比べ、日本軍の朝鮮人兵士は約12万6000人で、129人がBC級戦犯として有罪されているんだ。どういうことかわかるか? 日本人で戦争犯罪人とされたのは全日本人兵士の約0.07%だが、朝鮮人は約0.1%もが有罪とされたんだ。比率から考えれば「戦争犯罪」で有罪になった朝鮮人たちのほうが、日本人たちより多かったってことになるんだぜ!

 比率から考えれば「戦争犯罪」で死刑になった朝鮮人のほうが、日本人よりはるかに多かったってことになるよな。言葉遊びをしてるんじゃないぜ。俺が言いたいのはココなんだ。

 韓国はあの戦争の一方的な被害者じゃない、加害者でもあるんだぜ!

 他にも知りたいか?

 当時、日本軍で、朝鮮人兵士は捕虜収容所の看守の任務に就くことが多かったんだ。ところが、捕らえられた連合国軍の捕虜たちは、朝鮮人を「非常に野蛮で残忍だった」と書き記しているぜ。「捕虜の取り扱いに関しては獣のようだった」「銃剣に血糊をつけることで、自分たちは有能だとアピールしていた」ってな。彼らが、BC級戦犯として裁かれた理由は明らかだよな。

 さて、韓国よ。

 誰かが靖国神社に参拝することに怒るのは、自分たちの汚れた歴史がバレるのがイヤだからなのか? だから「A級戦犯」だけを目の敵にするのか?

 日本に対して「歴史を直視しろ!」って言ってるが、俺は「直視」したぜ!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(6)韓国批判は人種差別なのか?
アサ芸プラス 2014年05月22日09時56分

 従軍慰安婦の強制連行問題を捏造したのは、日本のリベラルメディアの代表とも言える朝日新聞だったと聞いている。このことは象徴的だよな!

室谷 そして、これが日本のいろんな問題の原点にあるんだと思います。

親父 日本では安倍さんが現れて、保守のほうに引っ張っていってくれてますね。

室谷 ようやく「保守」が「言論」として受け入れられてきました。保守的視点から考えれば、中国や韓国のやっていることを認めるわけにはいかない。

 ここでは、私は「保守派」とされていますが、私自身は「リベラルな改革派」と思っているのです。かつて日本の「リベラル」とは竹山道雄さん(『ビルマの竪琴』の作者で、反共)のような人を指したのですが、いつの間にか左翼が「リベラル」という言葉を乗っ取ってしまった。それで、私のような主張は「保守派」と扱われるようになった。しょせんレッテルの問題ですから‥‥。時に、トニーさんが韓国に提言する動機は何ですか?

親父 アジア地域で、共産主義者たちの好戦的な態度に対して戦うために、日米韓の同盟が必要だと思っているからです。同盟関係を損なう韓国のやり方を見過ごすわけにはいかない。

 だから、私が韓国とか韓国人を一面的に批判していると思われるのはちょっと間違いなんです。全ての韓国人が間違っているとは考えていませんよ。

室谷 私も、今の日本で言う保守的な視点から、韓国政府、韓国人グループ、韓国のメディアを批判しています。特定の「韓国」を問題としているのです。

親父 実は、私のところに、韓国人からこんなメールが来ます。「アメリカに慰安婦像が建つのはおかしい! そのことを国内で主張したいんですけど、それを言うと家族と自分が危ない」

 つまり、良識派の韓国人もいるんですよね。

室谷 日本では、ここ何年かで、ようやく、韓国について批判的な本がたくさん出てきました。

親父 その本というのは事実を書いているんですか?

室谷 全ての本に目を通しているわけではありませんが、私の書いた本に関しては事実しか書いていません。自信を持って言えます。

親父 わかりました。

室谷 事実を書いている以上、リベラル派を自称するマスコミも、文句を言えないのです。結果、どうしたかというと、今、盛んに日本のリベラル系メディアは、「韓国について事実であっても批判を書いた本は、人種差別の本である」と、大宣伝をしています。

 つまり、事実関係では争えないので、新たなレッテルを貼る作戦に出ているのです。「レッテル貼り」は左翼の伝統的な作戦だと、私は考えています。

親父 アメリカでもオバマ大統領の間違った政策に文句を言うと、人種差別にすり替えられてしまう。本来リベラルは人種を平等に扱うはずなのに、大統領が「黒人」であることを逆に利用しているのです。私はこのことのほうが差別的だと考えています。

室谷 日本が変わってきた要因は、ネット社会が発達してきたことも大きいと思っています。マスコミが伝えることが全てではない。そのことが多くの日本人にわかってきた。並行して、新しい世代が戦後教育による「リベラル」の呪縛、呪いから逃れるようになってきたと、私は考えています。

親父 しかし、室谷さんの「呆韓論」は27万部を超えて売れているじゃないですか。思想系の本でそれだけ売れる本は珍しいと聞いていますよ。これだけ大きく売れていると、資本主義の原理で、いくら「レッテル」を貼っても止めることはできないでしょう。

 室谷さんのような、すばらしい論客がいる日本の保守が、そう暗い状況でないことはわかってくれたよな? 俺も真実を伝えて続けていきたいと思っているぜ! また、会おう。

 米国と日本の皆さまに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(5)日本人は尊敬されているぜ!
アサ芸プラス 2014年05月21日09時56分

親父 アメリカは50州ごとに教科書があり、「東海併記」について、現在のアメリカ市民の多くは、「たかが1州変わっただけ」と考えています。そこから徐々にいろんなことが変わっていくのではないか、という危機意識が共有されていません。

 無関心という病理です。本来は「芽が出てきた時に戦う」。それを考えて行動するべきなんです。

室谷 日本人は、国際社会で「自分たちがどう思われているのか?」ということを気にしています。日本社会に大きな影響を持つ、左翼系メディアが、「日本人は世界中から嫌われている」「孤立化している」という自虐的な報道を常に繰り返すからです。

 私は、そうしたメディアの言う「世界」というのが中国と韓国しか指していないことを知っていますが、いまだに多くの日本人は、左翼メディアの言うことを信じてしまう。彼らは“時代遅れの左翼”にすぎないのに「自分は進歩的で正しい」と信じている。戦後の日教組教育のせいです。

親父 日本は、アメリカ国内では非常にポジティブなイメージとして受け取られています。ネガティブなイメージはほとんどない。これは事実なんです。

 国内には、いろんなところに日本に関連するものがあったりします。慰安婦像が建ったカリフォルニアの空港でも、英語と日本語しかないです。中国語も韓国語も使われていません。

 例えば、アメリカの15歳の子供が、慰安婦像に行って、書かれている碑文を読んだとするよな? しかし、帰り道には本屋さんに行って日本の漫画を買って帰る。誰も韓国の行動には無関心なんだ。

親父 多くのアメリカ市民にとって、慰安婦問題はシリアスには捉えられていないのが実情ですね。

室谷 韓国の行動はアメリカに影響がないということですね。しかし、韓国には海外進出型の売春の伝統があります。韓国は、文化侵略というよりも、そうした伝統を、現在、世界中にバラまいていると私は考えています。その悪影響のほうが大きいのではないですか?

親父 アメリカにはいっぱい韓国人売春婦がいますよ。米韓間のビザをなくしたことで、韓国人の売春婦が大量に押しかけてきたんです。それは、アメリカの地方警察にとって、大きな悩みの種になっています。社会問題化していますよ。

室谷 売春は世界中どこにでもありますが、韓国の場合は規模が違う。アメリカだけでなく、日本にもオーストラリアにも、世界中に彼らは売春の伝統を振りまいているわけです。

親父 日本は優れた車や電気製品を世界中に輸出しているのに、韓国は世界中に、「売春文化」を輸出しているんですよね(笑)。

 日本バッシングに対して心配することはよく理解できます。しかし、日本人とか日本の文化というのは米国でも尊敬されているし、いちばん高いレベルにあるのは間違いないんです。

 ぜひ、自信を持ってほしい。いくら中国人や韓国人が何をしても、それを揺るがすことはできないのです。

室谷 韓国から虚言でおとしめられている日本ですが、その韓国に関して否定的に論じることは、日本のメディアではタブーに近いことでした。日本のメディアの多くは、俗に言うリベラルが支配し、国内から日本を攻撃しています。彼らにとって、日本を攻撃する国や勢力は「お友達」なのです。自分たちの攻撃目標と一致しますからね。

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(4)反日は国家が援助してるんだ
アサ芸プラス 2014年05月20日09時56分

 ハーイ! 皆さん! 俺は日本に来て、日本の多くの人や文化に触れ、あらためてすばらしさに気がついたんだ。その話は、いずれ皆さんにお伝えしようと思う。さて、室谷さんとの太平洋を越えたアツい保守対談はいよいよ佳境を迎えるぜ!

 日本をただおとしめるためだけに歴史をねじ曲げ、ウソをつき、買収をする韓国の実像が確認されたんだ!

室谷 それが常に彼らのやり口なのです。しかも、アメリカでこうした活動をする韓国人グループの背後には、中国共産党と北朝鮮シンパ──いわゆる従北派と呼ばれる韓国人がいるのです。彼らは、誰も知らないところで、ドミノ倒し式にコマをひっくり返していく。関係者の買収や、事実など無関係なウソの流布など、恥知らずな方法を総動員して、世論を形成していくのです。

親父 それは完全に、マルキストや、社会主義者のやり方なんですよね。

 アメリカは、常に武力的な意味でのテロの脅威にさらされています。同じように、言論テロ──つまりプロパガンダをいかに回避していくかということも、考えなければなりません。 日本も韓国や中国の連中がやってくることに、どう対応するか、ということを常に考えなくてはいけないと思います。

室谷 私もそう思います。ではなぜできないのか? 日本にはまともな情報分析・発信機関がないことが原因の一つでしょう。

 警察組織の中には情報機関である「公安警察」がある。自衛隊にも「情報本部」「情報保全隊」があり、内閣府にも「内閣調査室」があります。国内では虐げられていますが、「公安調査庁」もある。日本人は勤勉ですから、情報を収集する機関に所属すると、せっせと情報を集めます。

 しかし、そうした情報を分析・発信する機関・機能がないのです。アメリカのCIAは情報収集機関であると同時に、情報分析機関ですよね? 日本もやはりJCIA(日本版CIA)を作らなきゃいかんというのが私の持論です。

親父 おっしゃるとおりです。問題の前兆があった時に、日本も戦わなくてはいけないと思います。

 日本をおとしめる相手側は「国家」のサポートを受けて活動しているんです。国家予算の投入や、人的支援を受けながら日本を攻撃している。

 一方、現在、日本では民間人が手弁当で一生懸命それに対抗している。

 日本人が、政府を変えるなりしないと対処できない問題だと考えます。

室谷 先ほど主張したJCIAは、まさにその対抗措置です。安倍政権後、日本ではNSC(日本版NSA=国家安全保障会議)ができました。メディアはこれを「人権侵害」に結び付けて攻撃していますが、安倍政権は、今のところ揺らいでいません。

親父 ほとんどの国には、仮想敵国から「ウソ」が流布された時に、「正しい事実」を主張する機関があるんです。NSC設置などを考えると、日本もようやく普通の国になりつつあるということですね。

室谷 一連の問題で、韓国が世界に文化侵略していると言う人がいます。しかし、私はそうではないと考えています。

 韓国人がしていることは、そんなたいそうなことじゃない。世界中のどこに行っても、どこに移住してもその国に同化しない。それだけです。

親父 一方で、アメリカに移民した日本人は文字どおり、アメリカ人として同化していますよね? それは日系人たちの言動や、行動を見ても明らかです。

室谷 はい。そのことで、日系人はアメリカでも大きな圧力団体にならないのだと思います。

 アメリカという大国の教科書の表記を書き換えたのは、大変なことだと思えますが、市民たちはどう思っているのですか?

親父 良識的なアメリカ市民からすれば、「慰安婦像」や「東海呼称」は、自国をバカにされているようなものですよ。

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(3)日本海を「韓国海」へ変える
アサ芸プラス 2014年05月08日09時56分

 アメリカのバージニア州では教科書で「日本海」を「東海」と併記することが決まったんだ。「東海」呼称は、韓国人たちが一方的に主張し、世界の約3割の地図が併記式になってしまった。

室谷 この問題こそ、韓国がいかにウソつきであるかを実証する例であると思うんです。日本では、日本海を指す特定の呼び名はなかった。ある時ロシア船が日本海を航行し、「日本海」と名付けて、それが世界的に認められて、世界の公式名になった。これが「日本海」を巡る歴史なのです。

親父 どのくらい前の話なんですか?

室谷 約400年前の話です。重要なことは「日本海」とは日本人が名付けたわけではない。「東海」という呼び名は朝鮮人・韓国人しか使わない固有名詞です。

親父 すごく興味があります。ぜひ、続けてください。

室谷 ところが、韓国人は国際舞台で「日本海という名前は、日本人が作って韓国人に押しつけた」と宣伝しています。そればかりか韓国はオーストリア、モンゴルなど海のない国の研究者、地図学者たちを一生懸命、買収しているんです。「日本海」名称の真実は、ネットで簡単にわかるはずです。

 そこで、俺も調べたんだ。日本海という名前が登場するのは、1602年に北京で刊行されたイタリア人宣教師による「坤輿万国全図」という世界地図なんだ。その後、ロシア海軍のクルーゼンシュテルン提督が使用し、世界に認められたんだ。

室谷 韓国人の歴史学者、地理学者だってみんな知っているわけです。だけど言わない。これはまさに、韓国の国際宣伝がどういうものであるのか、かの国がいかにウソつきであるか、ということを物語ると思います。ところが、この問題でもアメリカの地方議員は韓国のロビー活動にはまって「東海を併記する」としてしまいました。

親父 連中は、慰安婦問題の捏造で、ウソでも100回大声で言えば本当になるってことを学んでしまったのでは?バージニア州にも韓国人の議員がいますよ!

室谷 韓国は最初、「世界の海に特定の国の名前がついていることがいけない」と言っていたんですよ。彼らはバージニア州で併記法案を通した。そしたら、今度は「イーストシー(東海)」ではわからないから「オブ・コリア」を付け加えようって話を始めたんです!

親父 つまり「東海」じゃ飽き足らず「韓国海」に書き換えようってことですよね! ちょっといいですか? 1つ確認したいんです。連中は「国の名前があるべきではない」と言っていたんですよね?

室谷 そうです。

親父 日本にも対馬海峡がありますよね? 対馬海峡は世界的には朝鮮海峡と言われているんです。その場合はどうなりますか?

室谷 日本は「対馬海峡」が「朝鮮海峡」と呼ばれていることを問題にしていません。世界中で併記なんて求めないんです。一方、韓国は、日本を引きずり下ろす目的しかないんです。

親父 ジャパンバッシングじゃないですか!

室谷 そう! 事実関係も、自分の主張すらも顧みない。本当に恥知らずな国民性の表れです。その新たな象徴が「東海併記」運動だと私は思っています。

親父 アメリカの「メキシコ湾」という呼称が、メキシコから問題にされたことはないですよ!

 まったく、韓国って国は、セコいばかりか、言っていることは空っぽで一貫性がないよな! 熱気を帯びた対談は、続くぜ!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(2)慰安婦像に潜む中国共産党
アサ芸プラス 2014年05月07日09時56分

 カリフォルニア州グランデール市に、韓国人たちは従軍慰安婦像を建てた。俺は、撤去を巡ってホワイトハウスへの署名を呼びかけたんだ──。

親父 まず、グランデール市について説明したいと思います。ウソで作った慰安婦物語を像にしたわけですが、碑文には「20万人の性奴隷」って書いてあるんですよ!連中は像を建てることで、そうしたウソを既成事実化しようとしているってわけですよね? 何より、その地域は、韓国人の人口比率が非常に多いところなのです。

室谷 アメリカの慰安婦像を建てたグループの背後に中国共産党がいます。また、在米韓国人と言われている人たちの中には、北朝鮮の影響を受けた人たちがたくさんいます。アメリカは、「正しいデモクラシー(民主主義)を教えてくれた」と、日本では思われてきました。しかし、この像が建つ過程を見ると、アメリカの地方議員というのはデモクラシーじゃなくて、カネの亡者じゃないだろうか?安倍総理の靖国参拝時に、アメリカ側は「失望」という言葉を使いました。しかし、私は像を許可したアメリカに、大変に大きな失望を感じました。

親父 その地区は、やはり民主党に握られています。像を建てる許可を出すことが、多くの面で悪影響を及ぼすっていうことを彼らもわかっているんです。だけど、連中はカネに目がくらんでしまった。情けない話ですが、カネと票が背景にあることは間違いないですよ!

室谷 なるほど。

親父 今、アメリカでは慰安婦像を撤去する裁判が行われているんです。私の願いは、裁判の勝利です。撤去運動の一環として、ホワイトハウスへの署名を呼びかけました。結果は、10万人ですよ! 静かで優しい10万に近い日本人が怒りの手をあげたんだ!

 慰安婦像建立によって、米国内に日韓の問題が持ち込まれてしまったんだ。みんなは、米国市民が像についてどう思っているのか気になるだろ? 俺が代表して答えたいんだ。

親父 慰安婦像などによって、日韓関係が割れることを非常に喜ばしく思っているのは中国ですよね。そして、建ったものを排除するのは難しいでしょう? 中国を喜ばせないために今から米国市民がなすべきことは、今後提案されるであろう像の建設計画を潰すための算段を考え、実行することだと思います。米海兵隊の教本にもある「位置を見つけ、しかるのち優越した火力で圧倒する」ってやつですね。米民主党は、選挙のためのカネと票に尻尾を振ってヨダレを垂らす犬と一緒ですよ! 独り善がりな行動による悪影響が国際社会に及ぶなんて、考えちゃいないんです。

室谷 そのとおりだと思います。

親父 日本でも移民の問題が最近話題になりました。不法移民問題はアメリカでも非常に多くあります。それを放置して、不法移民から票を“おもらい”しようってのが、米民主党です。慰安婦像も、そんな構造から出ているのはわかってくれますよね? 連中には「自由と平等」という合衆国の建国理念なんて関係ないんですよ! 自分たちが政治家であるためだけに活動しているのが、今のオバマ大統領をリーダーにする民主党なんです。情けないかぎりだが、これが現在のアメリカの姿なんです!

室谷 よくわかりました。トニーさん、日本でも少し前に政権を取った「民主党」という政党がありました。彼らはアメリカの同名政党と、まったく同じことをしていました。今はもう見る影もなく落ちぶれていますよ。

親父 室谷さん、私の国でも、日本と同じことが起こればいいと思っています。

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。


“テキサス親父”ことトニー・マラーノ氏、ファンと靖国を参拝
日刊SPA! 2014年05月04日09時10分

Photo
 4月25日から来日していた「テキサス親父」こと、トニー・マラーノさん(65歳)が、5月3日憲法記念日に靖国神社を参拝した。

 トニーさんは、2006年からYoutubeを中心に評論活動を行っている、アメリカ・テキサス州在住のアメリカ人で、2008年にはシーシェパードの反捕鯨活動について日本を擁護する意見を投稿、2013年には米カリフォルニア州に設置された慰安婦像撤去に向けた請願活動を始めた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/637664/texasd_2

 参拝当日は、午前10時だったものの集合場所には9時半頃から人が集まり始め、気づけば人だかりができていた。集まったのは20代~60代の男女約30人、男女比は半分ずつという感じであった。参加者はトニーさんと握手を交わし、記念撮影を楽しんでいた。トニーさんも「もう日本離れたくない!」と満足そうだ。その後、昇殿参拝へと向かい、最後に正面に戻って拝殿前で集合撮影を行った。

「地元がイルカ漁をする地域なので、高校生の頃にシーシェパードの問題が話題になり、そこからいろいろ調べていてトニーさんのことを知った。アメリカ人の立場から英語で反論を発信してくれるので嬉しい」(20代女性)

「Youtubeでたまたま見つけたことをキッカケに、4年前からトニーさんの講演会に参加しました。その時も参拝したのですが、参加者は2人だけでした。アメリカの民間人で靖国神社に参拝するということ自体驚きでしたし、シーシェパードの活動に対してハッキリNOという姿勢も凄いと思い、応援しています」(60代男性)

「昨今の中韓の日本に対する態度や慰安婦問題などに疑問を抱き、それに英語で反論を発信するトニーさんの動画と出会いました。日本人は日本のことを知らな過ぎると思う。トニーさんの投稿を、Facebookでシェアするなどして広めたいと思っています」(30代女性)

 と、さまざまなきっかけでトニーさんを知ったファンは、思い思いに交流を楽しんでいた。

<取材・文・撮影/林健太>


テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(1)踏み留まる日本と壊れる米国
アサ芸プラス 2014年05月01日09時56分

 ハ~イ! 皆さん。長い休みにはスペシャルな企画が必要だろ? 今回は、あの室谷克実さんと話すんだ。俺の興奮はわかるよな? 人と話す時には敬意と礼儀が大切なのもわかるよな? いつもの「トニー節」は封印だぜ! 「ふだんの親父じゃない!」って苦情を寄こす前に、哀れな韓国を巡る2人の熱い議論を読んでくれよな!

 敗戦後日本で、保守は長らく“日陰”の存在だったらしいな。ところが、俺のファンが激増していることでもわかるように、保守論は今や市民権を得つつあるんだ。まずは、日米の保守の現在を話し合わせてくれ。

室谷 自民党が政治の主導権を握っていたので、日本の保守派は多数派でした。しかし、指導者たちの大部分が自信を持っていなかったのです。これはアメリカの責任だと考えています。敗戦後GHQ占領軍は日本を腰抜けにしようとした。その中の民政部門は、アメリカや連合国の中の左翼グループに掌握されていました。そこで日本人に、マルクス主義(共産主義)を吹き込んだわけです。

親父 GHQの最高司令官・マッカーサーは反共産主義でした。GHQ内に、共産主義者が紛れ込んだ史実ついては、私が調べなくてはいけないと思います。しかし、ルーズベルト大統領の政権内に、共産主義のスパイが入っていることは知っています。GHQ内部に共産主義者がいたことは説得力がありますね。

室谷 それに悪乗りしたのが日本の日教組という教育グループです。戦後、その教育を受けた優等生たちが、日本社会のリーダー層になっていきました。彼らはソ連が崩壊して、北朝鮮や中国の現実を見ても、心の中では「マルキシズムのほうが正しい」という幻想を抱き続けているわけです。だから「お前は右寄りだ」「軍国主義者だ」と言われると、すぐに弱腰になってしまう。

親父 アメリカの教師たちも左寄りなんですよ。そして、自虐史観も多い。アメリカは今、どんどん左、つまり過度なリベラルに傾いているって思います。教育現場がマルキシズムや、社会主義思想に傾倒してることが、その原因の一つだと、私は考えています。

室谷 安倍(晋三)総理(59)が「私のことを軍国主義者と呼びたければ呼べ」「そう呼べばいい」と言いました。これは、米国のハドソン研究所での講演で述べたことで、非常に冗談めいたスピーチなのですが、日本の戦後の保守主義の歴史で見ると、たいへん画期的な発言です。日教組教育とは関係ない「自信を持った保守派」が、ようやく日本に生まれてきたと私は思っております。

親父 安倍総理がリーダーでいることは非常にいいですよね。一方で同盟国のアメリカはブレーキが効かない状態になっています。オバマ大統領(52)は、社会主義や共産主義の方向に傾倒して突き進んでいます。しかし、日本は、ふんばりましたね!

 安倍総理は、4月18日に米タイムス誌で、慰安婦の強制連行を否定したんだ! 今までそんな快挙を成し遂げたリーダーは、日本にいなかったよな? それは非常にすばらしいことだぜ。神に祝福されているとしか思えないんだ!

室谷 アメリカの教育現場も自虐史観に支配されているということは、日本で知られていませんね。

親父 米マスコミも、そういうことはほとんど報道しないですよ。リベラルが支配するってことは、国体とか文化を壊していっているということだと思います。アメリカは、民主党と共和党の二大政党制で、民主党は左、共和党はその反対側。しかし、共和党がきっちり敵対できていない。二大政党制のシステムは崩壊しつつある。それが一番の問題なはずです! マスコミの多くもリベラル思想だから実質、民主党の宣伝機関になっています。結果、今の民主党に強く反対する人たちもいない。まるで一党独裁の旧ソ連です。リベラルというのは言い方を変えた共産主義にしか見えない。自由主義を国体とし、文化としたアメリカは壊れていっているんです!

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。

◆アサヒ芸能4/28発売(5/8・15合併号)より


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国の大学は反日活動で単位をくれるんだぜ!」
アサ芸プラス 2014年04月30日09時56分

 ハ~イ! 皆さん!

 相変わらず多くの韓国人からネットを通じて、俺に殺害予告が来てるんだ。心配した日本の友達が寄付を集めて、新しい銃を買ってくれたくらいだぜ!

 脅迫者の正体は、韓国政府が国家予算を組んで運営しているネットテロ集団だ。表面上は市民団体でVANK〈バンク〉と呼ばれているんだが、もともとは1990年にできた単なる出会い系サイトだったんだ。

 韓国では高校卒業者の約8割が大学に進学するが、受験戦争がすごい。重圧に耐えきれずに自殺する子供が後を絶たないくらいなんだ。そこで、VANKは韓国各地で合コンを開くんだ。男女を交流させ、悩み相談をさせたりして、ガス抜きの場を提供しているってわけだ。

 その合コンでは「いかに日本が邪悪な国か」ってレクチャーが行われてるんだ。そして、「キミたちは韓国を邪悪な日本から守る戦士たちだ」と持ち上げる。受験で視野が狭くなっている子供たちの心理を巧みに利用して洗脳し、ネットで日本を攻撃するサイバーテロリストたちを生み出しているってわけなんだ。

 連中は「外交使節団」を自称しているが、実態は国内外に友達を作らせ、その友達に韓国のプロパガンダを吹き込んで広める集団なんだ。日本を貶めて韓国を持ち上げることであれば、事実はどうであれ、みずからの主張を言葉巧みに、ごり押ししている。

 地図には「日本海」や「竹島」と表記されてるよな? 連中は世界中の出版元に、「東海」や「独島」と表記させたり、併記するよう強要したりしているんだ。フランスでは「竹島が日本の領土である」という、ドキュメンタリー番組に抗議して、再放送が取りやめになった。CIAやホワイトハウスの署名サイト、日本の「2ちゃんねる」などにも攻撃を加えている。とんでもないサイバーテロ組織だろ。どこが市民団体だって話だよな。VANKの活動をすると、単位をくれる大学がいくつかあるくらいなんだ。ウソを世界中に広めることで単位が取れるんだぜ!

 いったいあの国はどうなってるんだ? VANKの主たる目的は「日本叩き」や「ディスカウント・ジャパン」だが、韓国の歴史を広めることでアジアの平和が保たれるとする「アジアピースメーカー運動」なども行っている。

 他国を貶めれば一番になれるなんてセコい考えの韓国が、アジアのバランサーになれるって本気で考えているのかよ。連中は、小学生まで利用してプロパガンダを流布する。最近でも、韓国の仁川〈インチョン〉国際空港に小学生を派遣して、中国人観光客に「反日で共闘しよう」という呼びかけビラを手渡している。

 子供を洗脳したり盾にする方法は、旧ソ連や東ヨーロッパの社会主義国が行っていた方法と同様じゃないか? 無垢な子供たちを洗脳して政治利用するのは、大人として最も恥ずべき方法だと思うが、韓国では政府が率先してこれを行っているんだぜ!

 日本はこのような隣国があることを理解して対処しなければならない。相手をよく知れば未然に防ぐことができるが、無関心が一番の敵だと思う。そのためにも事実を伝えていきたい。自分の命を守りながらな!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「反論することがなぜ、ヘイトになるんだ?」
アサ芸プラス 2014年04月22日09時56分

 ハ~イ! 皆さん!

 前回、俺がジャパンタイムズに、「極右」「訛りがきつい」と書かれた話をしたよな? そこで記事に関して質問するメッセージを打ち込んで「送信」ボタンを押したら、驚いたぜ! 「管理者の検閲後に公開します。内容によっては公開されない場合もあります」って、メッセージが出たんだ。 俺の動画には、俺に対する批判ばかりか殺害予告が送られてくるんだが、俺はそれを掲載するし、消すことさえしないぜ!

 これがどういうことかわかるか?

 他人を一方的に批判しておきながら、自分たちへの批判や質問は一切受け付けないということなんだ。臆病者で卑怯者だよな。にもかかわらず俺に対するくだらない文句に同調する意見は、いくつも表示されている。こうした連中に共通することはいくつかあるんだが、今回は2つ取り上げたいんだ。

 1つ目は、こうした連中は理屈ではなく感情でしか判断できず、ロジックで反論されると無視する連中だってことだ。

 2つ目は、ロジックで勝てない場面になると必ず「レッテル貼り」をして、勝ち誇ったようにふるまうんだ。

 最近、俺は韓国や反日のマスコミの記事やサイトに多く登場させられているようだが、ほとんどの場合は俺への取材もなしに勝手に書かれているんだ。記事には、米国立公文書館から取り寄せた尋問調書の「慰安婦は高給取りの売春婦だった」と書いてある内容に関する反論は一切ないんだ。あるのは、俺や仲間に対して「ヘイト」「修正主義者」「日本からいくら金をもらっている?」という文句ばかりだ。

 俺は公文書の内容を紹介しているだけなんだぜ!

 一次資料をもとに事実を淡々と紹介することが「差別」であり「ヘイト」なのか? 嘆かわしいかぎりだぜ。反論できない事実に背を向けて、自分に都合の悪い「保守論」に対して、あたかも社会悪のような「レッテル貼り」をするしか手段がないんだからな。

 それは、韓国が旭日旗を「ナチスの旗!」とレッテルを貼ることと同じなんだぜ。少し勉強すればナチスの旗は14年間しか使われてない単なる党旗で、旭日旗は数百年間、日本で使われている旗だってことはわかるよな。歴史や、成り立ちから違う旭日旗を世界でもわかりやすい「ナチス」というレッテルを貼ることで、日本を貶めようとしているだけなのは明白だろ?

 旭日旗は海上自衛艦旗や陸上自衛隊連隊旗として使われているよな。韓国軍が弾丸が不足した時に自衛隊が貸すという同盟関係だろ? 日本の防衛省統合幕僚学校に韓国からの留学生がいるんだ。15期卒業式の壇上には韓国の太極旗が掲げられたんだぜ!

 このことに文句を言う韓国人が何人いる? 米軍の多くの部隊でも旭日旗を模したデザインが使われているから、米軍にも、ぜひ文句つけに来てほしいぜ。

 俺が言いたいのは、レッテル貼りをする前に意見が違うことを認め、証拠をもとに話をするべきだってことだ。その時は、慰安婦問題、竹島の領有権、日本海呼称問題は、全てバラバラに崩れ落ちるけどな(笑)。

 また会おう! 日本と米国に神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


テキサス親父の「怒れ!罠にかかった日本人」
JAPANISM2014年04月21日 08:32

聞き手:西村幸祐

親日および反日批判で知られる米国人テキサス親父ことトニー・マラーノ氏の動画トピックの数は2014年現在500本を優に超える。トニ・マラノ氏が動画トピックの配信を開始したのは2007年後半のことだから年間ほぼ80本、週に2本のトピックを必ず配信している計算になる。現在ではそのペースはさらに上がり、1日に2本配信することもある。

 評論家・西村幸祐氏の監修のもと、テキサス親父の書き下ろしと、大量の動画の中から西村氏が厳選した本の動画トピックをまとめたトニー・マラーノ著『テキサス親父の「怒れ!罠にかかった日本人」』を4月に刊行するにあたり、掲載予定の書き下ろしアーティクルおよび動画トピックを一部抜粋してここに掲載する。

 掲載予定のアーティクルには、今年3月にニューヨーク・タイムズが掲載した社説「MR.ABE'S DANGEROUS REVISIONISM」(ミスター安倍の危険な歴史修正主義)について各段落毎に添削的批評を行うという、テキサス親父ならではの痛快なものも含まれている。他にアメリカ国内の自虐教育や日本が直面している問題についてなど、興味深いテーマが詰まっている。ぜひ期待をお願いしたい。今回は慰安婦問題についてのトピックを一部掲載する。

慰安婦像撤去署名を呼びかけたのは、常識を追った結果に過ぎない!

Tony
 2013年の12月に、俺は米国カリフォルニア州グレンデール市に建てられた「慰安婦像」を撤去するための請願をホワイトハウスのホームページに立ち上げた。理由は、産経新聞のインタビューにも答えた通り「慰安婦像が平和よりも憎悪を助長するものだと感じる人にとって、請願がその不快感を示す手段になればと思った」からだ。2014年1月10日がデッドラインだったが、その前に必要な署名数10万を超えることができた。感謝している。

 俺が慰安婦問題について南朝鮮を批判するのは、それが常識に反しているからだ。動画の中で、俺は繰り返し、こう言っている。『第二次世界大戦は1945年に終わり、「慰安婦問題」も基本的にその直後に終わったわけだ』

 『1944年に書かれた米軍の報告書によれば、この高給取りの慰安婦は「売春婦」だったと書かれていて、奴等は「不細工」でもあったと書かれている。戦中には日本軍も米軍も自軍に有利に働く事に対してはプロパガンダに利用していたんだ。日本軍の慰安所で働いていた「慰安婦」「売春婦」を捕まえたわけだから、米軍は「売春を強要されてたんだ」「日本人はどれだけ酷い奴等かわかるだろ!」って言えたはずだよな』

『俺があの像を米国の公園で見た時に感じたのは、あの女性は大日本帝国軍の士気を高める「高給取りの売春婦」だったって事なんだ。戦う軍の「士気を高め」たらどうなるんだ?効果的に戦う軍になる。その時、その軍は誰と戦ってたんだ?アメリカ合衆国とだぜ!南太平洋と太平洋で戦ったのは誰だよ?大日本帝国軍と戦う米国海兵隊だろ!俺の父親だ!』俺にとって慰安婦問題がどういうことなのか、わかってくれたと思う。

韓国の朴大統領の危機に日本が身代わり?

 南朝鮮の大統領である「朴大統領」なんだが、「日本海」の向こう側の同じ立場である安倍総理大臣と会う事を「拒否」している。会いたくないって言ってるんだ。

 彼女は『まずは日本が朝鮮での邪悪な歴史を認めなきゃならない』って言ってる。『慰安婦達に賠償金を払え』ってな。「靖国神社」にも行くべきではないってな。

 こんな理由で彼女はもう一つのアジアの「民主主義国家の仲間」と会う事を拒んでいる。それなのに彼女は誰に会ったか知ってるか?アカの支那の指導者と会ったんだぜ。習近平と会ったんだ。彼女は北京だか何だか知らんが、彼に挨拶しに行った。

 俺はこう言わなきゃならないよな。
「マジかよぉ!?」
 実際には、彼女がやってる事は『身代わり犠牲』にしているって事なんだ。彼女は捻じ曲げようとしている。彼女の「父親の悪事」を捻じ曲げようとしているんだ。

 彼女は父親の罪の責任を感じ、それが南朝鮮の国民の間に持ち上がって来ないように、日本に憎悪を向ける様に仕向けているんだ。彼女の父親は有能な「軍の将校」だったんだ。朝鮮の軍じゃない、『日本帝国陸軍』の軍人だったんだ。彼は南朝鮮人だった。戦争の間彼は『日本帝国陸軍』に所属していた。かなり優秀だったから「将校」にまでなった。とても優秀だったから『日本帝国陸軍』の満州での「精鋭部隊」に配属された。

 この栄誉ある『日本帝国陸軍』の軍人が、20万人もの自国の女性を強制的に「性奴隷」にするような軍に入るか?

 他にも彼女が彼女の父親の罪を隠そうとしている事がある。1965年に南朝鮮と日本は「条約」(日韓基本条約)を結んだ。その時の大統領が彼女の父親だった。この条約で日本政府は何百億ドルもの金を南朝鮮の政府に支払ったんだ。すべての主張を打ち切り、「被害者」に対してそのお金を分配するって事でな。

 しかし彼はそのお金を「被害者」に支払わなかったんだ。なぜなら彼は『被害者なんていない事』を知ってたからなんだ。

 彼女等は『高収入の売春婦』だった。だから南朝鮮政府はそのお金を支払わずに、それをインフラ整備に使ってしまったんだ。

他にも朴大統領が彼女や彼女の家族から批判を逸らし、「日本海」の向こう側の日本の人々を蔑すみ批判している理由がある。奴等が2005年か2006年に通した法律で「朝鮮人の誰であっても大東亜戦争中やそれ以前に日本に協力したり日本側に立ったりした人々の全ての資産を没収する」というものがあるからなんだ。

「日本側に付いていた奴の資産は、全て没収」なんだ。彼女の父親は『日本帝国陸軍』の将校だった。この法律によれば、彼女の資産の全てを没収する事ができるって事だぜ。

 だから朴大統領は彼女の父親の罪を隠さなきゃならないんだ。それをするために、日本海の向こう側の日本の人々に憎悪を向け続けなきゃならないわけなんだ。

 愚か者なのか?無知なのか?賢い政治家なのか?彼女がどれであっても、彼女は日本を身代わりにしてるって事なんだ!

仏アングレーム「世界朝鮮売春婦漫画展」について

 フランス、アングレーム市にてここフランスの「アングレーム国際漫画祭」で起きている事について話したい。俺と日本の友人達は慰安婦問題に関する日本の漫画をブースで展示するために来た。

 なぜなら俺達は南朝鮮がデカイ展示公開するという事を聞いたからなんだ。それは自分達の側から見た歴史を主張し極めて政治的で日本に批判的で「日本叩き」をするためのものだ。

 日本のブースは他の視点から見た歴史を提供するためだったんだが、この祭のアジア部門の責任者がやって来てブースを撤去した。「政治的だからだ」と言いながらな。

 そこで俺達は南朝鮮の展示は政治的ではないのか?と聞いた。
 奴は「違う!違う!違う!」と言った。「あれは政治的ではない!」と言った。
 お前達は日本叩きをして日本に酷いイメージを植え付けてるだろって言うと奴は
「あれは政治的じゃない!あれは史実だ!」
とそう言ったんだ。

 そこで俺達はフランスでは歴史を否定する事は法律に反するという事を知った。奴が言っていたのはこういう事だった。
「史実とは一方からだけの見方が許可されており、他の見方があっても、法律に反する」
 だから俺達が歴史上で起こった事に対する他の見方を持ち込むと法律に反するって話なんだ。俺達は慰安婦がいなかったなどとは言ってない。慰安婦はいたぜ。朝鮮人達は「強制された」と言うが、俺と日本人達は「彼女達は強制されたわけじゃない」と言ってるんだ。

 俺がこう言うのには、米国陸軍が1944年に出した報告書の第94番を元にしている。1944年に軍が慰安婦達を「捕まえた」(救出したんじゃないぜ!)。この慰安婦の何人かは米軍の侵攻から逃れている時だった。そしてこの報告書には彼女達は「高給取りの売春婦だ」と書いてあったんだ。

 これは南朝鮮の「強制的に性奴隷された」と言う説を公然と否定するものだ。だから俺達は単に「別な視点」からの選択肢を提供しようとしたんだが「拒絶」されたというわけだ、この漫画祭の運営者にな。

 フランス万歳!ハッハッハッ!他にも興味深いことがある。この催し物でいかに酷い

 「日本叩き」が行われたかわかるんだが、ある日本の記者が記者専用の控え室に入ろうとした。彼は入り口の警備に止められて「貴方は日本人か?」って聞かれたんだ。

 記者が「はい、日本人です」と言うとその警備員は、彼を記者室に入れるためのお伺いをたてにいった。警備員は彼が俺達の関係者の一人かとは聞いていないんだ。「ブースを作ろうと準備していた人か?」なんて聞いてないんだぜ。それがまた日本を激怒させたんだ。日本人であれば誰でも暗に非難してるって事だぜ。

 フランス万歳だな!

■関連情報
ジャパニズム 18
posted with amazlet at 14.04.16
テキサス親父 杉田水脈 倉山満 KAZUYA 桜井誠 瀬戸弘幸 佐藤守 高森明勅 小坂英二 濱口和久 山村明義 孫向文 仲新城誠 井上太郎 笹幸恵 但馬オサム
青林堂


テキサス親父の「殺人鬼をヒーローにするのが韓国だぜ!」
アサ芸プラス 2014年04月15日09時56分

 ハ~イ! やぁみんな!

 俺たちがさまざまな活動をしていると、俺に対する「殺人予告」や「脅し」が多く寄せられるんだ。彼らは何で俺を脅す必要があるんだろう。

 この連中に共通していることは「自分たちの考えに反する意見を聞くことができない」という病に侵されているってことなんだ。そうした連中のコメント欄にコメントしようとしても全て「管理人の許可」が必要なんだ。コメントできたとしてもすぐに削除されたりブロックされたりするんだ。

 これがどういうことかわかるか?

 自分たちと意見の違う人間にはコメントさせず、表面から見ると、世界中が自分の意見に賛成している「仲よし倶楽部」に見えるように装っているわけなんだ。

 自分たちがやっていること、書いている内容にまったく自信がないってことをみずから示しているってわけだ。自分たちが書いた記事などに対して批判されるのを怖がっている臆病者としか考えられないよな。

 反対意見を取り扱えない韓国人などは、相手の口を封じるために平気で殺人だってするよな。伊藤博文も安重根というテロリストに暗殺されたんだが、それだけじゃないんだぜ! その暗殺者が「韓国の国家的ヒーロー」なんだぜ! 殺人鬼を国家的ヒーローにする国なんて韓国以外にあるか?

 あいつらは北朝鮮や中国かと思うよな。一つ一つ検閲してるんだからな。

 先週、英字新聞の「ジャパンタイムズ」から記事に載せるために、俺の画像の使用許可を求めるメールが来たんだ。俺のことを取り上げるが「敬意を持った論調にする」とわざわざ書いてあったんだ。

 俺の汚い顔でよければいくらでも使用させるぜ。俺のことを悪く書かれても俺はまったく気にしないからな。

 そもそも、自分と意見が100%一致する人間なんているわけがない。生まれた場所も環境も人種も年齢も違うのに一致するほうがおかしいだろ。親が同じで生活環境が同じ兄弟姉妹だってケンカするだろ? 文化的な人間というのは、違う意見があることを認めたうえで話をする必要があると俺は思っているんだ。

 俺も動画の中で他人を批判することがある。俺は俺が批判されることに対しても自分なりの準備をしているからまったく怖くないんだ。人の批判はするが自分の批判はされたくないのでコメントを許可制にしたり削除したりするのが、まさにあの連中なんだ。俺は基本的に、自分の考えに反対するコメントであっても削除することはないぜ。

 そして、この「ジャパンタイムズ」の記事にも俺が「極右」だとか、「なまりがひどい」とか書いてあるんだ。俺は、ニューヨークのブルックリン出身でブルックリンなまりがあるのは認めるが、そんなところしか突っつけないのかとかわいそうになるよな。

 日本と米国に神の祝福を! また会おう!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「強制連行の主犯は朝鮮人売春業者だぜ!」
アサ芸プラス 2014年04月08日09時56分

 ハ~イ! やぁ日本の皆さん!

 以前に登場した際、「捏造された慰安婦物語」を説明したが、俺の記事を読んで、小さな1カ所だけを取り上げて、ネット上で反論して勝ち誇っている連中がいるって聞いたんだ。俺から見たら「そこかよ? それだけか?」って思える、笑える内容だったから、今回みんなにも紹介しようと思ったんだ。

 その記事では、自称元慰安婦の「日本軍に無理ヤリジープに引きずり込まれて誘拐された」って証言を紹介したんだ。そのうえで、「当時の日本軍はジープなんて持ってなかったぜ」って書いたんだ。反論は「日本にもジープのような車両があった」ってものなんだが、そこしか突っ込めなかったのかと思うとかわいそうな気がするよな。同時に、他の部分はまったく否定できなかったって話とも取れるよな。

 この慰安婦物語が捏造だという俺の論拠を覆すことは不可能だぜ!

 韓国人は20万人が「性奴隷」にされたって主張してるんだが、日本の現在の人口でいえば130万人の女性が「性奴隷」だぜ! 日本人を憎む「性奴隷」たちは「日本のジープ」と名指すんじゃないか? でもそんな証言はないんだぜ。それに当時の血気盛んな韓国人の男性80万人もが、大日本帝国軍に志願しているんだぜ。自分の家族や友人を人さらいのように連れて行く日本軍に志願するか?

 韓国は米国産輸入牛肉のBSE問題が起きた時、別に誰かが連れ去られたわけでもないのに、見境なくデモを繰り返したり反米を叫んでいたんだ。日本や米国やイスラエルの国旗なんかを踏みつけている連中だぜ。旭日旗を見ると「ナチスの旗と同じ意味だ!」って世界中で騒ぎ立てている連中だぜ。それと同じ連中が娘たちが連れ去られてるのに黙って見ていたとでも思うのか?

 当時の朝鮮半島の警察官や議会の政治家の約8割が朝鮮人だったという記録も残っているんだが、娘たちが強制的に連れ去られたような事件があったという記録はどこにもないぜ。反対に、朝鮮人の悪徳業者が女性をだまして慰安婦にしようとして、日本の当局がその業者を逮捕したというような当時の新聞記事はいくつも見つかってるけどな。

 これが、どういうことかわかるか?

 無理ヤリ連れて行こうとした朝鮮人の業者を日本の当局が逮捕したってわけで、現在、韓国人が主張していることの真逆じゃないか。それに違法に女性たちをだましていたのが、実際は自称慰安婦たちの同胞である朝鮮人だって話じゃないか!

 俺は当時の米国陸軍の公文書と日本からの資料、つまり、1次資料などを含めて、理論的に話をしているんだ。しかし、韓国人の元慰安婦と称する連中は、記憶も曖昧で最後には「私の体が覚えてる」って話だろ。

 脚本どおりに証言できないから、毎回、違う証言をするのか? きっとあの老人たちにはウソをついている意識はなくて、周囲の「慰安婦ビジネス」「被害者ビジネス」を行っている連中に言わされているのかもしれないな。

 米国と日本の皆さんに神の祝福がありますように。

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!


“テキサス親父”トニー・マラーノ、慰安婦像を叱る - トニー・マラーノ(評論家)
月刊誌『Voice』2014年03月17日 09:43

「反日ロビー」と戦う米国人評論家が、いま日本に伝えたいこと
※聞き手:大野和基(国際ジャーナリスト)

動画サイトで「文化の衝突」を目の当たりに

大野:トニー・マラーノさんはYoutubeやニコニコ動画といった動画投稿サイトを通じて、アメリカや東アジアの歴史・政治問題について意見を発信する活動をされています。そのフランクで軽快な語り口から、日本では「テキサス親父」というニックネームで親しまれていますね。最初に、マラーノさんのご経歴についてお聞かせください。

マラーノ:私は30年間、電話会社・AT&Tの子会社に勤務し、2006年に退職しました。大学では歴史学を専攻し、そのときに日本の歴史に関心をもちました。父は第二次世界大戦の際、海兵隊の兵士として従軍しましたが、南太平洋で飛行機の修理をしていたので、おそらく誰も殺していません。ですから、あなたは日本人ですが私を責めないでください。(笑)

父が戦争から帰還したとき、日本人や日本の軍隊についていっさい悪いことを口にしないどころか、尊敬の念を抱いていたくらいです。父からそうした話を直接聞いていたので、私も日本人に対してまったく憎悪の感情はありません。むしろ、自分たちの国を廃墟から経済大国にまで立て直したことに対して、畏敬の念を抱いています。日本にはアメリカのような広大な土地がないし、天然資源もない。ですから、日本が立ち直ったことは、国民の力にほかなりません。それは本当に誇るべきことです。

大野:歴史を専攻したことが日本の歴史に関心をもったきっかけということですが、もっと明確に日本のことを気にかけるようになったタイミングはありますか。

マラーノ:06年にAT&Tを退職した際、地元紙『ダラス・モーニング・ニュース』で、反捕鯨団体のシー・シェパードが日本の捕鯨船に嫌がらせをしている記事を目にしました。いままで私は、日本の捕鯨についてあまり深く考えたことがありませんでしたが、その記事を読んだとき「ちょっと待てよ。日本は多くの島から成り、その島に住む人たちは食料を海から獲っている。アジアに乗り込んで『これを食べてはいけない』と口出しするこの西洋人たちは、いったい何なんだ」と疑問に思いました。西洋人が日本に干渉をしていることに対し、激しい怒りの感情が湧いてきたのです。歴史上、西洋諸国は恐ろしい帝国主義的な支配をアジアで行なってきた。そしていま、この愚か者たちが、形を変えた帝国主義を掲げてアジアに戻ってきたのです。私はこれを〝culinary imperialism(食の帝国主義)〟と呼んでいます。

そこで私はシー・シェパードを批判する動画をネットにアップロードしました。そのビデオは日本で話題になったようですが、当初はその反響を知らず、私はさらにリサーチして次から次へと動画をアップし続けました。私の動画には反捕鯨団体からのコメントが数多く寄せられましたが、非常に卑劣な内容で、罵倒ともいえるものでした。

一方そうした罵倒に対して、英語が書ける日本人視聴者が、丁寧ながら毅然とした態度で再反論をしてくれたのです。私はまさにそのとき、二つの文化の衝突を目の当たりにしました。西洋文化はがさつで品がありませんが、日本文化は丁寧で礼儀正しい。それでいて自分の立場をしっかりと弁護していたのです。

そうこうしているうちに、早稲田大学の学生から日本史についての長い資料が送られてきました。その資料から、日本の歴史について多くのことを学ぶようになったのです。同時に自分の動画が日本で注目されていることを知りました。

やがて日本の出版社(飛鳥新社)から、DVD付きの本を執筆するよう依頼がありました。いままで本を書いたことがなかったので、完成までに1年かかりましたが、担当編集者は忍耐強く待ってくれた。日本のビジネスのやり方が立派なものであると実感しました。こうして2010年春、初の著書『テキサス親父演説集』が発売されました。

同年の終わりにはワシントンDC在住の日本人男性から連絡があり、日本の保守派の団体が私を日本に招く意向があると伝えられました。その男性とスカイプ(インターネット電話)で話をするなかで、慰安婦問題について日本でも意見が分かれていることを知りました。いわば内輪もめのようなものです。私は「そうしたいざこざがあるのなら、私が日本に行かないほうがいいのではないか」と伝えたのですが、最終的には説得されました。そこで2011年5月に初めて訪日したのです。

慰安婦像の横で写真を撮った理由

大野:昨年12月にはカリフォルニア州グレンデール市に建立された慰安婦の像を撤去するために、ホワイトハウスへの署名活動に取り組まれましたね。そもそもなぜ、アメリカに慰安婦像が建てられるという事態になったのでしょうか。

マラーノ:われわれはグレンデールに行ったときに、韓国系アメリカ人の大きなコミュニティがあることに気付きました。明らかにそのコミュニティは、市議会に影響力をもっていました。

彼らの資金の一部は中国から来ていると思われます。慰安婦像は日米間に亀裂を生じさせ、日韓間の亀裂を生じたままにするために建てられたものです。日米韓の3カ国がお互いに激しく対立しているのを見ることほど、中国が喜ぶことはありません。

ただ、この問題に関わっているすべての中国人が、共産党政府を支持しているとは考えられません。純粋に感情的な動機から、活動を行なっている人もいるでしょう。彼らは政府に利用されているのです。

大野:グレンデールの韓国系コミュニティには、日米間に亀裂を生じさせるという動機はあるのでしょうか。

マラーノ:それは主たる目的ではないと思います。日本はアメリカ国内でポジティブなイメージがあるので、日本を叩き、日本のイメージを落としたいと考えているのです。この慰安婦問題の背後にいる人びとは、どういうわけかすべて韓国人というわけではありませんが、あなた方の国に対して解消しようのない嫌悪感を抱いています。私からすれば病的に見えます。まったく理解できません。

大野:ホワイトハウスの署名活動はうまくいきましたか。

マラーノ:最初に始めたときは、まさかこれほどの短期間で10万を超える署名を集められるとは予想していませんでした。私はこの運動を始めただけであって、推進したわけではありません。ソーシャルメディアを使って広めてくれたのは、日本の皆さんです。

私が署名を始めたのは、この国の公共的な場所に、あのような慰安婦像が建てられたことに対して不愉快な気持ちを表すためです。日本と韓国の国際的な亀裂を、アメリカの市立公園で表現すべきではありません。それでもやるとすれば、いかなる形の表現の自由も受け入れる覚悟が必要です。たとえば、私はその慰安婦像の隣に座って写真を撮りましたが、彼らはそのことに腹を立てました。もしその横に座ってほしくないのなら、プライベートな場所か、アメリカ以外に建てるべきです。

大野:彼らの反応をテストするために、像の隣に座って写真を撮ったんですね。

マラーノ:もちろん、こうした像を公共の場につくることに対する不快感を示すためでもありますが、アメリカは慰安婦問題にまったく関係がありません。彼らの言い分は、われわれアメリカ人に歴史を教えたいということですが、それでは、カナダ人には歴史を教えたくないのでしょうか。カナダのどこに慰安婦像があるというのですか。むしろ韓国に留学に行くアメリカ人よりも、アメリカに留学する韓国人のほうが多い。われわれが彼らに歴史を教える側です。

大野:いま、グレンデールの慰安婦像はどのような状況になっているのでしょうか。

マラーノ:依然として撤去されていません。ガードマンが監視しているとも聞きます。興味深いことですね。(笑)

大野:署名運動については、アメリカ人からはどのような反応があったのでしょうか。

マラーノ:署名運動についてというよりも、この問題全体についての反応ですが、まず多くのアメリカ人は慰安婦問題を聞いたことがない、といっています。強制的な性的奴隷があったと信じている人も、「68年前のことだから、もう忘れよう」といっています。日本とアメリカは戦時中お互いに撃滅しようと躍起になっていましたが、いまのわれわれの関係は非常に良好です。むしろ多くのアメリカ人は、なぜ韓国人は日本人と同じように振る舞えないのか、なぜ彼らは嫌悪にとらわれ、しがみついているのか、と戸惑いを感じています。

大野:韓国系や中国系の人から嫌がらせを受けたことはありますか。

マラーノ:慰安婦像の横に座った写真をアップロードした当初は、私を罵倒するフェイスブックのメッセージが韓国在住の韓国人から2000以上も届きました。また、200通以上の殺害予告の脅迫も受けました。

不思議なことに、北朝鮮や日本にいる韓国人からは何のメッセージもありません。かつては北朝鮮からメッセージが届いたことがありますが、今回は何も来ませんでした。友人に脅迫を受けた話をしたところ、「北朝鮮人はひどい」という反応でしたが、「いや、北朝鮮ではなく、韓国の人だ」と私がいうと、彼は非常に驚いていました。

大野:マラーノさんの活動はインターネットを通じて世界中に配信されていますが、欧州など、中立な立場の国々からの反応はいかがでしょうか。

マラーノ:スペインや他の欧州諸国からは、私を支持するメッセージが届きました。アメリカのリベラル派からも来ました。つまりこれは政治の境界線を越えた問題だということです。

(『Voice』2014年4月号より)

※本稿に加え、日本人が反日ロビーと戦う方法、ケネディ駐日大使への評価、アングレーム国際漫画祭の真実といった内容を盛り込んだ、マラーノ氏インタビューの完全版が、3月10日発売の月刊『Voice』4月号に掲載されています。

トニー・マラーノ(Tony Marano)評論家
1949年、米コネティカット州生まれ。生後間もなくニューヨーク・ブルックリンに移る。両親はイタリアからの移民二世。ニューヨーク市立大学卒(専攻は歴史学)。電話会社AT&Tの子会社New York Telephone Companyに30年間勤務し、2006年に退職。現在はテキサス州在住。


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(4)「ウソをウソで隠している」
アサ芸プラス 2014年03月13日09時56分

 もう1つは、韓国人グループがグレンデール市の慰安婦像を建立する申請を行った時、その脇にある石碑が含まれていなかったということなんだ。その申請には瑕疵〈かし〉(欠点)があり、碑文の内容も検討されないまま建立を許可したということになるよな。ここを切り崩すことが今回の裁判を有利に運ぶ1つのポイントになると俺は考えているんだ。

 この慰安婦の話ってのは、簡単に言うと皆さんが悲劇を描いた映画を見て涙する「その心」につけ込んで金にしてしまおうという、壮大な「詐欺事件」なんだ。悲劇の映画を先に見せておいて、それが実は映画の中の話ではなく実際にあったことで、その証拠に、ここに被害者のおばあさんが生きていると言い、役者のおばあさんを連れてきて真実味を補足しているって話だ。

 あのおばあさんたちが何て証言したか知ってるか?「14歳の頃にジープに引きずり込まれて誘拐された」「クリスマスになると1日何十人もの相手をさせられた」って言ってるんだぜ。その当時、日本軍はジープなんか持ってやしないし、日本のクリスチャン人口なんか1%以下なんだぜ! ウソをつくとそのウソを隠すためにさらにウソをつく必要があるが、あのおばあさんたちは自分のついたウソを覚えてられない年齢だから、証言するたびに違うことを言ってるよな。15歳で強制的に連れて行かれたとか17歳で無理やり連れて行かれたとか、14歳で貧しさのあまり親に売られたとか1人のおばあさんの証言が二転三転してるんだぜ。

 韓国で慰安婦のおばあさんたちを担いでいる団体に韓国挺身隊問題対策協議会ってやつがあるらしいな。女子挺身隊とは日本の工場で働く女性のことを指していたんだが、それを慰安婦にすり替えて賠償金を取ろうとしているんだ。「慰安婦詐欺」を「女性の人権」という名目に置き換えているところを見れば巧妙なやり口であることがわかる。

 だから、俺は昨年末にグレンデール市の慰安婦像を撤去する、ホワイトハウスの請願を始めようと思ったんだ。署名の最終期限を1週間も残して10万人を突破するという偉業を達成した。これには驚いたね。日本人全体の勝利だな。現在、日本の国会でもこの件を見直す動きが出てきたし、地方議員の中からもこの問題を解決するために積極的に活動する人たちが出てきていると聞いている。

 まだまだ、言いたいことはたくさんあるが、4月から「アサヒ芸能」で連載することになったので、詳細については今後じっくりと話そうと思う。

 日本は米国がいちばん信頼している同盟国であり、日米同盟が機能しなければ、中国の共産主義者たちが虎視眈々とアジア地域の覇権を狙っている。チベットやウイグル、内モンゴルのようになりたくなければ米国と日本はさらに進んだ関係を作るべきなんだ。

 日本と米国に神の祝福がありますように!

トニー・マラーノ


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(3)「慰安婦像の横にある石碑に書かれていることとは…」
アサ芸プラス 2014年03月12日09時56分

 今回、在米日本人がこの慰安婦像を撤去しようと、連邦政府を相手取って訴訟を起こすと聞いた。簡単にはいかないと予想されるが、この裁判は「米国自身」も試される裁判になると思うんだ。なぜなら、在米韓国系米国人が在米日系米国人を蔑む銅像を関係のない米国に建てたが、さっき話した米国の理念に真っ向から反することで、米国人同士に亀裂や分裂を生じさせることになるからなんだ。この裁判で「本来の米国」を取り戻すためにも、ぜひ日本側が勝訴してくれることを願っている。ひるむことなく正義を貫いてもらいたいと思うとともに勇気ある行動にエールを送りたい。

 俺は、慰安婦像そのものよりも、その横の石碑に書かれている、事実に基づかない憎悪をあおるための碑文が大きな問題だと思うんだ。グレンデール市の慰安婦像の横にある石碑には何が書いてあるのか、下記の碑文を読んでほしい。

─────────────────────────────────────────────────

【“わたしは日本軍の性奴隷でした。”】

・乱れた髪型は、この少女が大日本帝国軍によって、住んでいた家から拉致されたことを象徴しています。

・握り締めた二つの拳は、正義を勝ち取ろうというこの少女の固い決意を表しています。

・剥き出しの不安定な足は、薄情で思いやりがないこの世界に少女が見捨てられてきたことを表しています。

・少女の肩に止まった鳥は、わたしたちと亡くなった犠牲者の絆を象徴しています。

・誰も座っていない隣の椅子は、まだ正義を見ないまま死を迎えようとしている年老いた生存者たちを象徴しています。

・(像の後ろの床に映っている)少女の影に映っているおばあさんは、永いあいだ沈黙の中で過ごしてきた時間の経過を象徴しています。

・影の中にある蝶は、犠牲者たちがいつの日か甦り、謝罪を受けられる日が来ることへの希望を表しています。

【平和の記念碑】

1923年から1945年の間、大日本帝国軍によって強制的に性奴隷にされた、20万人以上の朝鮮、中国、台湾、日本、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア、東ティモール、そしてインドネシアのそれぞれの家から強制連行されたアジアとオランダの女性を偲ぶ

2012年7月30日のグレンデール市による「慰安婦の日」宣言と2007年7月30日に合衆国下院においてこの犯罪の歴史的責任を日本政府が受諾することを要請する121号決議案が議会を通過したことを祝う

私たちの真摯な望みはこの不当な人権侵害が二度と再び繰り返されないことである

2013年7月30日

─────────────────────────────────────────────────

 まずおかしいのは、碑文に書いてある20万人が強制的に性奴隷にされたということだ。この証拠はどこにあるんだ? いったい20万人がさらわれている時に当時の韓国人は何をしていたんだ? 家族や夫や父親は指をくわえて見てたのか?20万人だぜ! 現在の韓国人のクレイジーな行動を見ていれば、その当時に実際にそのようなことがあったら、暴動が起きてもおかしくないと思わないか?

 当時の朝鮮半島の人口は2000万人程度で、そのうち女性が半分として、20万人が強制的に連れ去られて性奴隷にさせられたわけだよな? 現在の日本だと、その数は130万人だぜ! 想像してみてくれよ、その数字がいかにバカげているかわかるだろ! 感情を抜きに理論で考えれば、この慰安婦の問題は全てバラバラに消えてなくなってしまう話ってことだ。

 それから、忘れてはならないのが当時の朝鮮人は日本人だったんだぜ。韓国の朴槿惠〈パククネ〉大統領の父親は、日本の関東軍の優秀な将校だったんだ。当時の記録では80万人もの朝鮮人が日本軍に志願していて、兵隊になる試験に合格したのはそのうちの1万7000人余りだ。自国の女性が20万人も強制的に連れて行かれるのに、その女性を性奴隷にするために連れていく軍隊に80万人も志願するか? これらの客観的事象を見ても韓国が言っている日本軍が20万人の女性を強制的に連れ去ったことが大ウソだってことがわかる。もしこの20万人を今回の裁判の争点の一つにすれば、グレンデール市は「20万人」の根拠を明らかにする必要があるはず。だが、なかったことは証明のしようがないよな。


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(2)「騒げば日本はお金を払うという認識」
アサ芸プラス 2014年03月11日09時56分

 強制性があったかなかったかが曖昧にされたままの「河野談話」を日本政府が出したことが、この慰安婦問題を複雑にしているんだ。おまけに今年の1月1日の産経新聞には、この河野談話というものは、日本政府が下書きを作り、それを韓国政府に送って、韓国政府がそれを添削して発表したということが書かれていたよな。日本人は争いを好まないので、韓国の言うとおりにしていればそれ以上、韓国側が騒ぐことはないだろうという政治判断があったと聞いている。

 1965年の日韓請求権協定で、すでに日本側は当時の韓国のGDPの2.5倍とも言われるお金を韓国に支払ったんだ。にもかかわらず、そのあとにまたも騒ぎ立てて、日本政府が「アジア女性基金」を作った。強制の有無は問わずに“自称・慰安婦”たちに対して1人当たり200万円をお見舞いとして支払ったらしいな。その他にも金大中氏が韓国の大統領だった時に1兆円以上の経済援助なども別な名目で行っているというじゃないか。さらに9500億円の援助など、日本政府は穏便に済ませるために韓国政府の言いなりになっていたんだな。

 そこで韓国人たちは「騒ぎ立てれば日本がお金を出す」ということを学習したわけだ。今、韓国人たちはさらに大騒ぎをして、「高給取りの売春婦」を「性奴隷」という呼び名に意図的に変えて日本を非難してさらなる金を引き出そうとしているんだ。韓国人たちが、4度目の「おかわり」を要求するために、米国で慰安婦物語を捏造したと見るのが自然だよな。

「慰安婦」というのは「被害者ビジネス」の典型なんだ。ようやく日本も、この連中のやり方に気がついたんじゃないか。韓国人が、1つ要求を聞くと2つ要求してくる。それを聞き入れると今度は4つ要求してきて、それが永遠に続くことをな。

 3.11の震災直後に俺は「日本人の様に振る舞え」というタイトルの動画を作ったんだ。日本の被災者の方々は米軍のヘリから水や洋服の供給を受けるのに、最低限必要な分だけを取り、残りは別な被災地へ持っていってくれと言っていたと、多くの米国メディアが報じていた。そして、その水をもらうのに被災者たちはきっちり列を作って順番に受け取っていた。あの人類史上初めてではないかという大災害の直後だぜ!略奪も起きない世界が驚く国が日本なんだ。ここ米国や他の国で同様のことが起きれば、被災者たちは我先に原始人のように全てを奪おうとするのにな。韓国人の「おかわり作戦」は、震災の時のように必要な分だけ受け取る日本文化の常識では考えられないことだが、世界の常識と日本の常識が違うこともようやくわかってきたようだ。


テキサス親父が韓国の「慰安婦問題」に疑問を投げかける!(1)「公文書にある記述の真相」
アサ芸プラス 2014年03月06日09時56分

 韓国は首脳会談開催の条件として、相も変わらず「慰安婦」を認めろとわめき続けている。その目的は騒ぎを大きくすればするほどむしり取れる日本からのカネだ。動画サイトを中心に活躍する評論家「テキサス親父」がついに本誌に登場。国家ぐるみの詐欺実態を粉砕論破、致命傷となる急所を射貫いた!

 ハ~イ! 日本の皆さん! 俺が「テキサス親父」ことトニー・マラーノだぜ。今、日本では、「河野談話」を検証する問題が浮上しているよな。それで、韓国が顔を真っ赤にして怒っている。今回は「慰安婦」のことを話してみたいんだ。

 米国には、全ての人種や出身国籍にかかわらず「平等である」という建国理念があるんだ。どんな小さな国の出身であっても、肌の色が何色でも全てはアメリカ人で同様の権利を有するし、義務を負うということだ。だから米国は「人種のるつぼ」とも言われているよな。しかし、最近の米国を見ていると、その理念が多く損なわれているのではないかと思われるんだ。

 今、アメリカには続々と慰安婦像が建てられようとしているんだが、それもおかしな話だ。

 カリフォルニア州グレンデール市に建てられた「慰安婦の像」は、建立する以前、「平和の少女像」と呼んで、いかにも平和を願って建てられたということだったんだ。しかし、実際の像は、韓国ソウルの日本大使館前に建てられている「慰安婦像」そのもので、その隣の石碑に刻まれている文言を読むと、日本に対する「憎悪」をかき立てる目的以外の何物でもないことがわかったんだ。1つの民族や1つの国を名指しして国内で民族間の争いが起きれば、米国自体が成り立たなくなってしまう。それに慰安婦問題は日本と韓国の問題で、米国には関係ない話なんだ。

 そこで俺はまず韓国人の言う「慰安婦」に関する資料を米国の国立公文書館から取り寄せてみたんだ。

 1944年に書かれた、ビルマのミートキーナで米軍が捕虜として捕らえた「慰安婦捕虜に対する尋問調書」には、朝鮮人の慰安婦は「高給取りの売春婦」だったって明確に書いてあるんだ。普通じゃ考えられないほどの贅沢な暮らしもしていたってな。しかも、日本人の基準から見ても米国人の基準から見ても「不細工だった」とも書いてあるんだぜ!

 44年といえば戦争の真っ最中で、本当に「性奴隷」だったら、苦しくて逃げ出したいはずだから、米軍に捕らえられた慰安婦たちは「助けてください!」って言っただろうし、「奴隷から解放されて助かった」と思うことだろう。当時の日本は、米国から見れば敵国だったわけだから、それを戦争のプロパガンダに利用しようと思えばできたはずだが、捕虜となった慰安婦の証言からは、それ以上のことは出てこなかった。ってことは、「性奴隷」なんかじゃなかったってことだよな。そもそも「奴隷」に金を払うヤツがいるか? 慰安婦たちは捕らえられたことにより、「今まで高給を取っていたのが取れなくなる」「これからどうやって稼ごうか?」って心配してたんじゃないかな。

「テキサス親父」とは

 本名はトニー・マラーノ(65)。動画掲載サイト「YouTube」で「プロパガンダ・バスター」を名乗るイタリア系アメリカ人男性の評論家である。アメリカ最大手の電話会社AT&Tで30年間勤務、定年後は新聞社に意見投書するなどをして余生を過ごそうとしていたが、保守言論への扱いが悪かったために激怒し動画投稿を始める。

 ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる親父は、反捕鯨団体シー・シェパード批判を通じて、日本からの賛同者を増やした。古きよきアメリカ保守派の視点から、中国や北朝鮮などの批判を行い、日本・韓国・台湾への提言を行っている。とにかく日本と日本製品が大好きで、日本製を買いそろえないと気が済まない。パソコンは東芝、デジカメはキヤノン、明治製菓製のチョコレートと、ドラマ版「ごくせん」のヤンクミ(仲間由紀恵)の大ファンだ!

◆アサヒ芸能3/4発売(3/13号)より

2014年3月 9日 (日)

キチガイ国家・韓国による不法占拠が続く、島根県の竹島の漁業の記憶を語り継ぐ絵本

戦後60年間、卑劣で凶悪・野蛮な侵略国家・韓国によって不法占拠されたままの島根県の竹島は、それ以前は豊富な海の幸の宝庫として島根県漁師の漁場だった。

劣等野蛮国・韓国による不法占拠が続き、竹島周辺での漁業に携わった島根県漁師たちが奇跡に入る中で、その記憶を消さず語り継ぐために、隠岐の島町在住の元小学校教諭・杉原由美子さん(70)が、竹島の思い出や漁業の様子の聞き取りをもとに、自費出版で絵本『メチのいた島』を完成させたことが、産経新聞に紹介された。

絵本『メチのいた島』は山陰中央新報社発行、A4変型判、64ページ、本体価格1500円(税別)。注文・問い合わせは同社出版部(電話0852・32・3420)またはホームページhttp://www.sanin-chuo.co.jp/。

リンク:竹島・武装韓国人の居座りから60年…消えゆく漁業の記憶を、絵本で語り継ぐ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

竹島・武装韓国人の居座りから60年…消えゆく漁業の記憶を、絵本で語り継ぐ
産経新聞 3月9日(日)22時10分配信

Photo_2
竹島の歴史を説明する杉原由美子さん=平成26年2月15日、立川市内(写真:産経新聞)

 江戸時代から戦後にかけて島根県隠岐の島町に住む漁師たちは当時「メチ」と呼ばれたニホンアシカやアワビ、サザエを求めて竹島に向かった。昭和29年6月、韓国政府は竹島に武装した海洋警備隊を上陸させた。不法占拠から60年目を迎える今日も武装要員は居座り続け、竹島と同島周辺12カイリ(約22・2キロ)は日本の漁船が近づけないままとなっている。竹島での漁業に携わった漁師のほとんどが鬼籍に入るなかで一人の女性が遺志を受け継ぎ、地道な活動を続けている。

 女性は隠岐の島町に住む元小学校教諭、杉原由美子さん(70)。明治期から昭和にかけて、竹島での漁業の拠点になっていた久見地区に生まれ育った。

 東京・多摩地域の小学校教諭として勤務した後、6年前に故郷へ戻った。当時、島根県竹島問題研究顧問だった杉原隆さん(75)から昭和24年に亡くなった祖父・八幡長四郎さんの遺言を聞き、「何かしなくては。絵本で子供たちに竹島のことを知ってもらいたいという思いに駆られた」という。

 長四郎さんの遺言は「三家代々受け継いできた竹島の漁業が再び日本人の手に返る時が来たなら、必ず残るものの手で、竹島を乱獲から守るため漁業権を獲得してもらいたい」というものだった。

 長四郎さんは戦前、久見地区にあった「竹島漁猟合資会社」の代表だったが、晩年は連合国軍総司令部(GHQ)が設定した通称・マッカーサーラインにより、竹島には日本漁船が近づけない状態となっていた。竹島で漁が再開できると信じていた長四郎さんは、周囲の漁師たちに遺言として、竹島での漁業の将来像を伝えていたのだ。

 また、久見地区の集会所で行われた竹島問題を考える集いで、住民の多くが竹島での漁業について、祖父母の世代や親、親戚から聞いた証言を覚えていたことを知り、「これを活かさなければ」と行動を起こした。

 平成23年冬、杉原さんは久見地区に住む20人以上の住民を訪ね、動物園へ高値で卸して潤った地区の思い出や漁業の様子の聞き取りを始めた。時代が過ぎ、すでに竹島で直接操業した人はいなくなっていたが、親戚や親から聞いた断片的な証言の数々をつなぎ合わせ、絵本の原作を執筆していった。

 そして地元出身のデザイナーに作画を頼み、25年2月に自費出版で絵本「メチのいた島」を完成させた。

 「メチって知っていますか?」「メチはとっても賢くて、家に帰ろうとしてもついてきたんだよ」-。

 杉原さんは絵本を紙芝居の仕様に拡大し、地元の小学校で読み聞かせをした。「じいさんから『先祖がアシカ採りに行ってた』と聞き、嘘かと思っていたけど、本当だったんだ」。参加した小学生の一人はこう言って、目を輝かせていたという。

 50部ほど刷った絵本は島根県内を中心に評判となり、多くの人から「読んでみたい」という声が集まった。これに地元新聞社が応えて紙面連載され、発行も決まった。

 関東地方に記録的な寒波が襲い、東京・多摩地方は30センチを超える積雪があった今年2月15日。杉原さんは風邪で熱もあったが、立川市内のホテルから雪をかきわけながら、かつて勤務していた小学校を目指していた。夢だった東京での読み聞かせの集いが迫っていたからだ。

 「タクシーをいくら呼んでも電話すらつながらない。もう無我夢中で歩いた」。1時間も雪に埋もれた道を元同僚と急ぎ足で歩いた。何とかたどり着いた小学校には、かつて担任した子供たちの保護者らが集まり、杉原さんの優しい語りかけに耳を傾けた。

 「波の向こうで日本の竹島が、きょうも私たちを待っています」。こう最後のページを読んだ杉原さんは、思わず涙ぐんでしまった。

 「メチのいた島」を読んで、竹島と隠岐とのかかわりを伝える活動は隠岐諸島の多くの小学校で実施されてきた。だが、都市部では、特に学校現場からなかなか理解が得られない。

 自費出版から1年を経て、ようやく”母校”で読み聞かせが実現した。偶然の大雪に見舞われたて、来るはずだった子供たちは安全のため参加を見送った。だが、教室からは「大雪が降ったこの日に知った竹島のことは、一生忘れない」と、保護者らから声が挙がり、目頭を押さえる人も少なくなかった。

 絵本は今年2月22日の「竹島の日」に、竹島をめぐる歴史や現状の解説などの資料編が追加され、3000部が発行された。

 「何とか、多くの人に知ってもらいたい。学校で難しくても、図書館でできるのではないか。難しさは感じるが、糸口はあるはず」と、子供たちへの読み聞かせの機会を探っている。

 杉原さんの絵本「メチのいた島」は山陰中央新報社発行、A4変型判、64ページ、本体価格1500円(税別)。注文・問い合わせは同社出版部(電話0852・32・3420)またはホームページhttp://www.sanin-chuo.co.jp/。

2014年2月 5日 (水)

作家村上春樹、小説中に北海道・中頓別ををバカにする表現

作家の村上春樹が、月刊誌文芸春秋の昨年12月号に掲載された小説「ドライブ・マイ・カー」の中で、北海道・中頓別町をバカにする表現をしていたとして、同町議6人が版元の文芸春秋に質問状を提出することを決めた。

同町議が問題としているのは、小説中の中頓別出身と設定されている女性が火の付いたたばこを車の窓から捨てた場面で、主人公が「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」との感想が記されている部分。

同町議らは「中頓別町は地域の9割が森林と牧草地で、住民の防火意識は高く、たばこの投げ捨てを普通にやることはあり得ない。小説に表現の自由があるとしても、この過ちを見過ごすことはできない」として出版社に対応を求めてく方針。

この指摘を受けて、版元と作家側は7日、作品の単行本化の際には、別の町名に変えると表明した。

リンク:<村上春樹氏>小説表現の指摘に「まことに心苦しいこと」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:村上春樹さん、作中の町名変更へ=北海道中頓別町議の指摘受け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:村上春樹氏小説に「不適切表現」、質問状提出へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<村上春樹さん小説>たばこポイ捨て、ツイッターで賛否議論 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:村上春樹氏の小説に質問状検討 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<村上春樹氏>小説に「屈辱的表現」 町議ら文春に質問状へ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<村上春樹氏>小説表現の指摘に「まことに心苦しいこと」
毎日新聞 2月7日(金)22時10分配信

 作家の村上春樹氏の短編小説で、北海道中頓別(なかとんべつ)町に関する表現が「屈辱的」などと町議らが指摘している問題で、村上氏は7日、小説を掲載した文芸春秋を通じて「まことに心苦しいことであり、残念なことです」とのコメントを発表した。単行本化の際には中頓別町の名前を使わず、変更する考えも表明した。

 小説は月刊誌「文芸春秋」の昨年12月号に掲載され、たばこのポイ捨てが「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」と表現された。この問題は毎日新聞の報道で表面化。文春社長室によると、一連の報道を見た村上氏から見解を発表したいとの意向が寄せられたという。

 町議6人は7日、連名で「表現の自由の範囲内としても、過ちを見過ごすことはできない」として、文春あてに質問状を発送したばかりだった。東海林(しょうじ)繁幸町議(75)は「作家本人のコメントに非常に驚いている。謝罪と素直に受け止めたい」と話す。

 ただし、問題とした表現については「住民への決めつけで、住民や全国に何万人もいる出身者を傷つける言葉。作家だから何を書いても良いわけではない」と改めて指摘。質問状は取り下げず、回答を待つという。

 文春社長室はこの小説について「小説作品であり、作者の表現を尊重し支持します」とのコメントを出した。【伊藤直孝】

 ◇村上春樹氏のコメント全文

 僕は北海道という土地が好きで、これまでに何度も訪れています。小説の舞台としても何度か使わせていただきましたし、サロマ湖ウルトラ・マラソンも走りました。ですから僕としてはあくまで親近感をもって今回の小説を書いたつもりなのですが、その結果として、そこに住んでおられる人々を不快な気持ちにさせたとしたら、それは僕にとってまことに心苦しいことであり、残念なことです。中頓別町という名前の響きが昔から好きで、今回小説の中で使わせていただいたのですが、これ以上の御迷惑をかけないよう、単行本にするときには別の名前に変えたいと思っています。


村上春樹さん、作中の町名変更へ=北海道中頓別町議の指摘受け
時事通信 2月7日(金)20時42分配信

 文芸春秋は7日、北海道中頓別町の町議6人が村上春樹さんの短編小説の一部表現を問題視していることを受け、村上さんの見解を発表した。単行本化の際は町名を別の名前に変える意向という。
 作品は月刊「文芸春秋」の昨年12月号に掲載された「ドライブ・マイ・カー」。同町出身の女性が車からたばこを投げ捨て、これを見た主人公の男性が「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」と述懐する場面がある。
 文芸春秋は「小説作品であり、作者の表現を尊重し支持します」とコメントしている。
 村上さんの見解全文は次の通り。
 「僕は北海道という土地が好きで、これまでに何度も訪れています。小説の舞台としても何度か使わせていただきましたし、サロマ湖ウルトラ・マラソンも走りました。ですから僕としてはあくまで親近感をもって今回の小説を書いたつもりなのですが、その結果として、そこに住んでおられる人々を不快な気持ちにさせたとしたら、それは僕にとってまことに心苦しいことであり、残念なことです。中頓別町という名前の響きが昔から好きで、今回小説の中で使わせていただいたのですが、これ以上の御迷惑をかけないよう、単行本にするときには別の名前に変えたいと思っています」。 


村上春樹氏小説に「不適切表現」、質問状提出へ
読売新聞 2月6日(木)12時12分配信

 作家の村上春樹氏が月刊誌「文芸春秋」の2013年12月号に発表した短編小説「ドライブ・マイ・カー」に不適切な表現があるとして、北海道中頓別町の町議6人が出版元の文芸春秋に対し、質問状を近く提出することを決めた。

 問題とされたのは、同町出身で東京で仕事をする24歳の女性ドライバーが、火のついたたばこを車の窓から外へ捨てる場面。それを見た主人公の感想を「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」と描写している。

 町議らは「中頓別町は地域の9割が森林と牧草地で、住民の防火意識は高く、たばこの投げ捨てを普通にやることはあり得ない。小説に表現の自由があるとしても、この過ちを見過ごすことはできない」などとして出版社に対応を求めている。

 文芸春秋編集部は「質問状が届いていないので、今の段階では何も答えられない」としている。


<村上春樹さん小説>たばこポイ捨て、ツイッターで賛否議論
毎日新聞 2月6日(木)6時30分配信

 作家の村上春樹氏の短編小説で、北海道中頓別(なかとんべつ)町に関し事実に反する表現があるとして、町議らが出版社に質問状を近く送ることを毎日新聞が報じた5日、短文投稿サイト「ツイッター」上では記事が700件以上引用され、賛否両論の議論が交わされた。

 ツイッター上では「小説の作り話なのに」「これくらいで屈辱的はないだろう」といった批判が大勢を占めたが、「村上氏らしからぬ軽率表現」「いったんマイナスイメージを植え付けられたら危うい」と町議側を擁護する声もあった。また「(町は)逆手にとったプロモーションをすればいいのに」という意見もあった。

 一方、町には電話で6件の意見があり、うち5件は「文化的な作品への抗議は恥ずかしい」「町の売名行為では」といった批判だった。町議会事務局の担当者は「質問状の動きは町議有志の話で、現段階で町や町議会として見解を示す予定はない」としている。

 短編小説は月刊誌「文芸春秋」の昨年12月号に掲載され、たばこのポイ捨てが中頓別町では「普通にやっていることなのだろう」と表現された。【伊藤直孝】


村上春樹氏の小説に質問状検討
2014年2月5日(水)13時22分配信 共同通信

 作家村上春樹氏の短編小説で、北海道中頓別町でたばこのポイ捨てが「普通のこと」との見方が示されているのは事実と違うとして、町議が出版社に質問状提出を検討していることが5日、分かった。

 小説は「ドライブ・マイ・カー」。月刊誌文芸春秋の昨年12月号に掲載された。

 問題としているのは、主人公が中頓別町出身の24歳女性運転手と車中で会話する場面。女性が火の付いたたばこを車の窓から捨てた際、「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」との主人公の感想が記されている。

 東海林繁幸町議は「町民の防災意識は高い。事実ではなく、町をばかにしている」と話す。


<村上春樹氏>小説に「屈辱的表現」 町議ら文春に質問状へ
毎日新聞 2月5日(水)9時0分配信

 ◇「中頓別町ではたばこのポイ捨てが普通のこと」

 作家の村上春樹氏が月刊誌「文芸春秋」の昨年12月号に発表した短編小説で、北海道中頓別(なかとんべつ)町ではたばこのポイ捨てが「普通のこと」と表現したのは事実に反するとして、同町議らが文芸春秋に真意を尋ねる質問状を近く送ることを決めた。町議は「町にとって屈辱的な内容。見過ごせない」と話している。

 この小説は「ドライブ・マイ・カー」。俳優の主人公が、専属運転手で中頓別町出身の24歳の女性「渡利みさき」と亡くなった妻の思い出などを車中で語り合う。みさきは同町について「一年の半分近く道路は凍結しています」と紹介。みさきが火のついたたばこを運転席の窓から捨てた際、主人公の感想として「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」との記載がある。

 町議有志は「町の9割が森林で防火意識が高く、車からのたばこのポイ捨てが『普通』というのはありえない」などとしている。宮崎泰宗(やすひろ)町議(30)は「村上氏の小説は世界中にファンがおり、誤解を与える可能性がある。回答が得られなければ町議会に何らかの決議案を提出したい」と話す。

 村上氏の小説では、「羊をめぐる冒険」で中頓別町に近い美深町がモデルとされる「十二滝町」が舞台となったほか、「ダンス・ダンス・ダンス」「ノルウェイの森」などでも札幌や旭川といった北海道の街が繰り返し登場する。村上氏はエッセーで湧別町、佐呂間町などで開かれたマラソン大会への出場を明かしており、道北・道東地方に土地勘があるとみられる。

 文芸春秋編集部は毎日新聞の取材に「質問状が届いておりませんので、回答いたしかねます」としている。【伊藤直孝】

 ◇中頓別町

 北海道旭川市の北約130キロ、南宗谷地方にある人口約1900人の山間の町。明治期は砂金の採取で栄えた。人口はピークの1950年には約7600人だったが、林業の衰退やJR天北線の廃止(89年)などで急速に過疎化が進んでいる。

2014年1月 8日 (水)

元航空幕僚長の田母神俊雄氏、東京都知事選に正式に出馬表明

東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、出馬の意向が伝えられた元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄氏が、7日正式に出馬を表明した。

田母神氏は航空幕僚長時代の2008(平成20)年、先の大戦をめぐり『日本は侵略国家であったのか』と題する懸賞論文に応募し、最優秀賞を受賞(一部マスコミから「出来レースで受賞」などと中傷を受けたため、「金のために論文を書いたわけではない」として賞金300万円の受け取りは辞退、賞状のみを受領)したが、この内容が当時の(現在もか?)政府見解と異なるとして、空幕長を更迭された。

その後、保守の立場に立った国民運動を展開する組織「頑張れ日本!全国行動委員会」の会長を務めており、『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』『真・国防論』 『座して平和は守れず 田母神式リアル国防論』『田母神国軍』 『新たなる日中戦争!』『ほんとうは強い日本』『だから日本は舐められる』『騙されるな日本! 領土、国益、私ならこう守る』『自衛隊の敵』『田母神俊雄の日本復権』『安倍晋三論』など、多数の著書がある。

リンク:慎太郎氏だけじゃない 田母神氏「応援団」のスゴイ面々とは - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:都知事選 田母神氏出馬 石原氏「参戦」、維新の火種 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慎太郎氏、田母神氏を個人支援 出馬会見に同席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<都知事選>田母神氏が立候補表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:田母神俊雄氏が都知事立候補表明 選対本部長は「チャンネル桜」水島氏 - 速報:@niftyニュース.
リンク:田母神氏、都知事選に出馬表明…石原氏が支援 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:都知事選出馬を表明する田母神氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原氏と握手する田母神氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:田母神氏、出馬を表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:田母神氏が都知事選に出馬表明 - 速報:@niftyニュース.
リンク:田母神氏、出馬を表明=石原維新代表が支援―都知事選 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

慎太郎氏だけじゃない 田母神氏「応援団」のスゴイ面々とは
夕刊フジ 1月8日(水)16時56分配信

Photo_3
田母神氏(左)の支援を表明した石原元都知事(写真:夕刊フジ)

 東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)で、舛添要一元厚労相(65)は8日、立候補する意向を事実上表明した。自民党側とも調整に入った。ただ、党内の一部には根強い異論が残っている。一方、7日に出馬会見を行った元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)には、日本維新の会共同代表の石原慎太郎元都知事だけでなく、そうそうたる応援団が付いていた。

 「本格的な検討に入った。基本は無所属で出ることになる」

 舛添氏は8日午前、都内で記者団にこう語った。自身のホームページで「日本政治を刷新する政治モデルを東京で試みることが必要だ」と強調し、東京のインフラ整備や防災対策を提唱するなど、やる気満々だ。

 自民党東京都連も7日夜、幹部会合を開き、舛添氏と政策協議に入る方針を固めた。

 ただ、党内には、舛添氏が自民党の政権転落後に、党を猛批判して離党した“裏切り者”で、除名処分にした経緯から異論も強く、「舛添氏が土下座ぐらいしなければ収まらない」(関係者)との見方も。スキャンダルを心配する声もあり、政策協議が難航する可能性がある。

 一方、田母神氏は7日、記者会見し、「都民の安心・安全のために精いっぱい努力したい」といい、正式に出馬表明した。2020年東京五輪に向けた都市整備や、首都直下地震などの災害対策として自衛隊を中心とした救助態勢の構築など、公約も発表した。

 会見には、慎太郎氏も同席し、「並々ならぬ決意をしてくれ、友人としてうれしい」と語り、個人的に支援することを表明した。田母神氏には別表のように、保守系政治家や文化人らが多数、応援団として名前を連ねている。

 このほか、都知事選をめぐっては、共産党と社民党が推薦する前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)が立候補を決めている。

 ■田母神氏の「応援団」(6日現在)

 石原慎太郎(衆院議員・元東京都知事)

 井尻千男(拓殖大名誉教授)

 小田村四郎(元拓殖大総長)

 加瀬英明(外交評論家)

 クライン孝子(ノンフィクション作家)

 小林正(教育評論家・元参院議員)

 小堀桂一郎(東大名誉教授)

 すぎやまこういち(作曲家)

 石平(評論家)

 中西輝政(京大名誉教授)

 中山成彬(衆院議員)

 西尾幹二(評論家)

 西部邁(評論家)

 西村眞悟(衆院議員)

 平沼赳夫(衆院議員)

 松田学(衆院議員)

 三橋貴明(経済評論家・中小企業診断士)

 三宅博(衆院議員)

 宮崎正弘(作家・評論家)

 宮脇淳子(東洋史家・学術博士)

 元谷外志雄(アパグループ代表)

 渡部昇一(上智大名誉教授)


都知事選 田母神氏出馬 石原氏「参戦」、維新の火種
産経新聞 1月8日(水)7時55分配信

Photo_2
都知事選の出馬会見を終え、日本維新の会の石原慎太郎共同代表(右)と握手する田母神俊雄氏=7日午後、衆院第1議員会館 (酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)

 ■大阪系は反発 自主投票に

 日本維新の会は7日、都知事選の対応について「自主投票」とすることを決めた。元知事の石原慎太郎共同代表は、立候補表明した田母神俊雄氏の支援に回り、都知事選に「参戦」した。ただ、党内には議員辞職した東国原英夫氏を推す声もあり、石原氏の動きは維新内にくすぶる「東西対立」の新たな火種になりかねない。

 田母神氏は国会内で記者会見し、「東京を優しく、強く、たくましい街にしたい」などと語り、正式に出馬を表明。高い確率で発生が予想される首都直下地震にも触れ、「都民の安全を守るには軍、自衛隊を中心とする災害救助態勢を作らなければならない」と防災体制の強化を打ち出した。

 石原氏は会見に同席し、「苦しい戦いに並々ならぬ決意をしてくれた」と田母神氏を持ち上げた。平沼赳夫国会議員団代表ら旧太陽の党系の議員らも石原氏に同調しているが、維新の都議会勢力は2議席のみで、どこまで都民に浸透できるかは不透明なままだ。

 しかも、党内にあった東国原氏の擁立論を石原氏が拒否したことで、橋下徹共同代表(大阪市長)に近い大阪維新の会系議員が反発した。「石原氏は候補者よりも目立ちたいだけだ」(若手)との声もあがる。

 橋下氏も当初から都知事選の候補者選びを石原氏に任せており、7日も市役所で記者団に「個人の政治活動は自由だ。政党としてどうのこうのはない」とだけ語った。「自主投票」という選択が結果として党内対立を深めかねない。


慎太郎氏、田母神氏を個人支援 出馬会見に同席
スポーツ報知 1月8日(水)7時5分配信

Photo
田母神氏(左)の出馬会見に出席した石原元都知事

 日本維新の会の共同代表の石原慎太郎元都知事(81)が7日、国会内で行われた元航空幕僚長・田母神俊雄氏(65)の東京都知事選出馬表明会見に“サプライズ出席”。「田母神氏は自分の先生のような存在。出てくれてうれしく思っている」と、個人的に支援することを明らかにした。

 石原氏はさらに「(当選の)可能性が乏しい戦いに臨む。その気持ちが素晴らしい」と無所属ゆえの苦戦を認めながら「(田母神氏は)特攻隊ですよ」と“慎太郎節”で絶賛。石原氏は6日に橋下徹大阪市長(44)と連絡し、田母神氏支援を伝えた。一方、橋下氏は7日、大阪市役所で「党として支援するのではない」と強調。都知事選で候補者を立てない維新はこの日、自主投票とすることを執行役員会で決定した。

 田母神氏自身は、この日の会見の冒頭あいさつで「危険人物のタモガミです」とブラックジョーク。過去に賛否両論を巻き起こした言動を自らネタにしながら「都民の安心・安全のため精いっぱい努力したい」と述べた。


<都知事選>田母神氏が立候補表明
毎日新聞 1月7日(火)20時53分配信

Photo_5
東京都知事選の出馬を表明する田母神俊雄・元航空幕僚長(手前)。右は日本維新の会の石原慎太郎共同代表=衆院第1議員会館で2014年1月7日午後3時6分、中村藍撮影

 元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)が7日、東京都内で記者会見し、都知事選(23日告示、2月9日投開票)に無所属で立候補すると表明した。「東京五輪を控え、首都直下型地震があるかもしれないという中で、都民の安心・安全のために努力したい」と述べ、自衛隊を中心とした都独自の災害救助体制整備を公約に掲げた。

 田母神氏は「先進国には通常、軍を中心に大災害に対応する体制がある」と指摘。警察、消防などと連携した危機管理を進めるためには「自衛隊に精通した私が知事に適切だ」と語った。

 また「日本に自信と誇りを持った子供を育てたい」と述べ、世界の学生がネットで受講できる「インターネット国際大学」を首都大学東京に増設する構想を示した。

 会見には元都知事の石原慎太郎・日本維新の会共同代表も出席。「東京を守るベテラン」と評して個人的に支援する考えを示し、田母神氏も「石原都政を継続する」と述べた。【黒田阿紗子】


田母神俊雄氏が都知事立候補表明 選対本部長は「チャンネル桜」水島氏
2014年1月7日(火)19時46分配信 J-CASTニュース

航空自衛隊の元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)は2014年1月7日、都内で記者会見し、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選挙(1月23日告示、2月9日投開票)に無所属で出馬すると正式に表明した。日本維新の会共同代表の石原慎太郎元都知事が個人的に支援することも明らかにした。選挙対策本部長は水島総氏が「日本文化チャンネル桜」社長を辞任して務める。

田母神氏は2020年の東京五輪に向けて「東京の強靭化対策」を固めたいとし、自衛隊を中心とした災害救助体制を作るべきだと主張。「自衛隊の経験を持つ私は極めて適切な都知事ではないかと思っている」とした。

都知事選には、前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(67)がすでに立候補を表明している。


田母神氏、都知事選に出馬表明…石原氏が支援
読売新聞 1月7日(火)19時7分配信

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)は7日、東京都内で記者会見を開き、2月9日投開票(1月23日告示)の都知事選に無所属で出馬すると正式に表明した。

 田母神氏は、首都直下地震対策などの必要性を強調し、「大地震に備え、自衛隊を中心とした救助体制を整える必要がある。それには、自衛隊に精通する私が都知事になるのが良いと感じた」と訴えた。

 この日の会見には、元都知事で日本維新の会の石原慎太郎共同代表も同席。党としての支援は行わないものの、「東京を守ると名乗りを挙げたのは心強いし、ありがたい」と語り、田母神氏を個人的に支援することを明らかにした。

 都知事選には、前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(67)が立候補することを明らかにしている。これで出馬を正式表明したのは2人目となる。


都知事選出馬を表明する田母神氏
時事通信 1月7日(火)18時36分配信

Photo_4
記者会見で東京都知事選への出馬を表明する元航空幕僚長の田母神俊雄氏=7日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館


石原氏と握手する田母神氏
時事通信 1月7日(火)18時20分配信

Photo_3
東京都知事選出馬を表明し、日本維新の会の石原慎太郎共同代表(右)と握手する田母神俊雄氏=7日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館


田母神氏、出馬を表明
時事通信 1月7日(火)18時19分配信

Photo_2
元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)=写真=は7日、東京都内で記者会見し、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選に無所属で出馬する意向を正式に表明した。立候補表明は、日弁連前会長の宇都宮健児氏に続き2人目。


田母神氏が都知事選に出馬表明
2014年1月7日(火)17時50分配信 共同通信

Photo
 東京都知事選への出馬を表明し、石原日本維新の会共同代表(右)と握手する元航空幕僚長の田母神俊雄氏=7日午後、衆院第1議員会館

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)が7日、都内で記者会見し「都民の安心・安全のために精いっぱい努力したい」と述べ、2月9日投開票の東京都知事選に無所属で出馬すると正式表明した。

 会見には元都知事の石原慎太郎・日本維新の会共同代表も駆け付け「並々ならぬ決意をしてくれ、友人としてうれしい」と話し、個人的に支援することを表明した。

 田母神氏は公約を発表。首都直下地震などの災害対策として自衛隊を中心とした救助態勢の構築を掲げたほか、インターネット上で講義が受けられる国際大学の設置、2020年東京五輪に向けた都市整備を挙げた。


田母神氏、出馬を表明=石原維新代表が支援―都知事選
時事通信 1月7日(火)16時22分配信

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)は7日、東京都内で記者会見し、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)に無所属で出馬する意向を正式に表明した。同知事選への立候補表明は、日弁連前会長の宇都宮健児氏(67)に続き2人目。日本維新の会の石原慎太郎共同代表が支援する。
 田母神氏は、大災害やテロに備え、自衛隊を活用した危機管理体制の確立を主張。「自衛隊を中心とする都民の救助体制を整えておく必要がある。自衛隊に精通した私が都知事になるのが一番よい」と強調した。 

2014年1月 4日 (土)

元航空幕僚長の田母神俊雄氏、東京都知事選に出馬

東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄氏が無所属で出馬する意向を固めたと産経新聞が報じた。

田母神氏は航空幕僚長時代の2008(平成20)年、先の大戦をめぐり『日本は侵略国家であったのか』と題する懸賞論文に応募し、最優秀賞を受賞(一部マスコミから「出来レースで受賞」などと中傷を受けたため、「金のために論文を書いたわけではない」として賞金300万円の受け取りは辞退、賞状のみを受領)したが、この内容が当時の(現在もか?)政府見解と異なるとして、空幕長を更迭された。

その後、保守の立場に立った国民運動を展開する組織「頑張れ日本!全国行動委員会」の会長を務めており、『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』『真・国防論』 『座して平和は守れず 田母神式リアル国防論』『田母神国軍』 『新たなる日中戦争!』『ほんとうは強い日本』『だから日本は舐められる』『騙されるな日本! 領土、国益、私ならこう守る』『自衛隊の敵』『田母神俊雄の日本復権』『安倍晋三論』など、多数の著書がある。

リンク:慎太郎氏が支援か 田母神氏、都知事選出馬決断「勝算はある」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:田母神氏、都知事選出馬へ…「決意を固めた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<都知事選>田母神氏が出馬へ 7日に表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:田母神氏が都知事選出馬へ - 速報:@niftyニュース.
リンク:元航空幕僚長の田母神氏、都知事選出馬へ「最終的な決断は5日に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:都知事選 元航空幕僚長の田母神氏が出馬へ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

慎太郎氏が支援か 田母神氏、都知事選出馬決断「勝算はある」
夕刊フジ 1月6日(月)16時56分配信

Photo_4
田母神俊雄氏(写真:夕刊フジ)

 東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)への出馬を検討していた元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄氏(65)が5日、立候補を最終決断した。推薦者には日本維新の会共同代表の石原慎太郎元都知事の名前も挙がっている。

 田母神氏は5日夜、支持者らとの会合で、立候補に向けた最終協議を行い、出馬する方針を固めた。7日の記者会見で正式発表する。

 決断翌日の6日朝、田母神氏は夕刊フジの直撃取材に「勝算は少しはあるんじゃないかと思っている。勝算がなければ選挙に出ない」と強調した。慎太郎氏による推薦についても、支持者らが調整を進めていることを認めた。

 田母神氏と慎太郎氏はこれまで、雑誌『正論』など複数のメディアで対談するなど、関係は深い。2010年9月の対談では、日本の核武装論について一致。12年6月には、都知事時代の慎太郎氏が打ち出した尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入計画に関する都職員の視察が、田母神氏が会長を務める民間団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」が尖閣周辺海域で行ったイベント用にチャーターした漁船に同乗する形で行われている。

 今回、田母神氏が都知事選で打ち出す「国家緊急事態に対応できる首都」も、慎太郎氏が2000年の都総合防災訓練に、初めて自衛隊の本格参加を実現させた都政運営を継承することにつながる。

 都知事選には、維新を離党した東国原英夫氏(56)が出馬を模索しており、慎太郎氏が田母神氏を推薦するかどうかは不透明。ただ、東国原氏は、慎太郎氏ら旧太陽の党系議員を念頭に「永田町の妖怪」と批判した因縁がある。


田母神氏、都知事選出馬へ…「決意を固めた」
読売新聞 1月6日(月)10時33分配信

 2月9日投開票(1月23日告示)の東京都知事選に、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)が出馬する意向を固めたことがわかった。

 田母神氏は6日、読売新聞の取材に「出馬の決意を固めた。詳細は7日にも記者会見を開いて発表したい」と話した。

 田母神氏は1971年に航空自衛隊に入隊。2007年3月に空幕長に就任した。だが、政府見解に反する論文を発表したとして08年に空幕長を更迭。同年に定年退職した後は、保守・改憲の立場から出版や講演活動などを行っていた。


<都知事選>田母神氏が出馬へ 7日に表明
毎日新聞 1月6日(月)7時0分配信

Photo_3
田母神俊雄氏=東京都千代田区で2008年12月撮影

 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に、元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)が無所属で立候補する意向を固めた。5日、支援者らの会合で「都民の生活や命を守れるのは自分だけだ」と決意を語った。7日に記者会見し正式表明する。

 田母神氏は航空自衛隊トップの航空幕僚長だった2008年、「大東亜戦争」は侵略戦争ではないなどと主張する論文を公表。政府見解に反するとして更迭され、退職後は講演や執筆活動を続けている。【川口裕之】


田母神氏が都知事選出馬へ
2014年1月5日(日)23時41分配信 共同通信

Photo
 田母神俊雄氏

 猪瀬直樹前知事の辞職を受け、2月9日に投開票される東京都知事選に、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が無所属で立候補する方針を固めたことが5日、関係者への取材で分かった。7日に都内で記者会見し、正式に表明するという。

 田母神氏は福島県出身。航空幕僚長だった2008年、民間企業が主催した懸賞論文で政府見解と異なる歴史認識の論文を発表したところ、文民統制(シビリアンコントロール)に反するとして更迭された。現在は保守系政治団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の会長を務めている。


元航空幕僚長の田母神氏、都知事選出馬へ「最終的な決断は5日に」
夕刊フジ 1月4日(土)16時56分配信

Photo_6
田母神俊雄氏(写真:夕刊フジ)

 東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)で、元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄氏(65)が、無所属で出馬する意向であることが分かった。田母神氏は、夕刊フジの直撃取材に「最終的な決断は5日にする」としながらも、「国家緊急事態に対応できる首都にしたい」など、取り組むべき課題を激白した。

 田母神氏は1948年、福島県生まれ。防衛大卒業後、航空自衛隊に入隊。統合幕僚学校長や航空総隊司令官などを歴任し、2007年に航空幕僚長に就任した。翌08年、アパグループの懸賞論文に「日本は侵略国家であったのか」という作品を応募したところ、政府見解と異なるとして幕僚長を更迭される。定年退職後に発表した著書は、多くがベストセラーとなっている。

 本紙は4日朝、福島県に帰省中だった田母神氏を直撃した。

 田母神氏は「昨年暮れから、支援者の間で『都知事選にどうしても出てほしい』という声が広がった。それまで、都知事選に出ようと思ったことは一度もなかった。5日に東京へ帰り、支援者らと協議したうえで、同日夜にも最終決断する。出るのか、出ないのか、いずれにしても週明けに記者会見を開こうと思っている」と語った。

 選挙はまったく未知の世界だが、「人間はいくつになっても未知の世界(に挑むもの)。恐れてはいない」と、意欲的な構えだ。

 田母神氏は、2020年に五輪開催を控えた東京が最優先で取り組むべき課題について、「国家緊急事態に対応できる首都にすること」といい、さらに続けた。

 「よその国では緊急事態にもっと軍の力を活用している。軍の動かし方が検討され、決められている。ところが日本、特に首都・東京ではどのような組織で対応するのかはっきりしていない。迅速に対応できる仕組みを整えなければならない」

 また、東京五輪については「海外から見にきた方々が『日本、そして日本国民は素晴らしい』と思っていただけるよう、成功させたい」と語った。


都知事選 元航空幕僚長の田母神氏が出馬へ
産経新聞 1月4日(土)9時55分配信

 東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄氏(65)が無所属で出馬する意向を固めたことが3日、関係者への取材で分かった。支持者らと協議した上で、7日にも都内で正式に立候補を表明する方針だ。

 田母神氏は福島県出身。保守の立場に立った国民運動を展開する組織「頑張れ日本!全国行動委員会」の会長を務めている。航空幕僚長時代の平成20年、先の大戦をめぐり政府見解と異なる内容の論文を民間の懸賞論文に投稿したとして、空幕長を更迭された。

2013年12月27日 (金)

靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの~〔2〕

昨日26日、安倍晋三首相が、政権発足後初めて靖国神社を参拝したが、これに関連し、日本史の泰斗・小川榮太郎氏が雑誌『Voice』2014年1月号で『靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの』という非常に意義の深い論考を発表されたので、引き続き、以下にご紹介する。

※本稿は安倍首相による靖国神社参拝以前の『Voice』2013年9月・10月号に掲載されたものを再掲したものとのことです。

リンク:靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの~〔2〕 - 雑誌記事:@niftyニュース.

小川榮太郎(文藝評論家)
靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの~〔2〕
(Voice Voice 2014年1月号掲載) 2013年12月27日(金)配信

歪められた日本人としての記憶

 私は、前稿〔1〕で、靖国神社を「近代日本における国柄の中核的価値」であるとし、議論を三段に分けました。第一に、明治維新の靖国創建の意義、第二に、大東亜戦争を通じて「靖国の神学」とも言ふべきものが立ち現れたことの意義、第三に、戦後日本がさうした重大な意義ある靖国神社をどう扱つてきたかとし、前号では、その内、第二までを論じた。特に「靖国の神学」に関しては、私は、それを、大東亜戦争で散華した英霊たちの遺書――靖国神社から出版されてゐる『英霊の言乃葉』集に求めました。そして、今回は、論じ残した第三の論点、これら英霊たちの思ひ、そして、そこに凝結した神学に、今の日本はどう答へてゐるか、が問はれなければならない。我々は「母国の国威が少しでも強く輝く事」を祈つて玉砕した若者に、真摯に答へようとしてきたか。遺書に託された、生き残つた日本人への切望、「尽きざる悲しみと嘆きを積み重ねて」「日本の国を立派に栄えさせてゆく強い」日本人たれとの祈りに、恥ぢぬ生き方をしてきたか。「たとへ魂魄となるも誓つて皇軍の捲土重来の魁たらんことを期」した硫黄島玉砕の指揮官、栗林忠道中将の誓ひを、少なくとも心中忘れずに、捲土重来の意味を自問自答し続けてきたか。

 問ふだけでも虚しい。なるほど、心の中で彼らを片時も忘れぬ有志は多数ゐたでせう。戦友の死を無駄にできぬと必死に戦後に節を貫かうとした尊い先人を私も何人も知つてゐる。しかし、「戦後」全体として、そして「戦後」の公的な社会のありやうとして、また「戦後」的なるエートスにおいて、我々は、たつた一つでも、幾万と知れぬ英霊の最期の言葉、最後の希望に答へてきたか。寧ろ、全く素通りし、なかつたことにし、精々、単なる個人的な物語の次元に置き換へ、彼らの最期の言葉に「国」として耳を澄まし、その意をとらへ直すことからとことん逃げ続けた。これこそが本当の「靖国問題」であるといふこと――これがこれから述べる第三の論点です。

 戦後、久しい間、実は、靖国神社には、昭和天皇も繰り返し御親拝され、また、吉田茂首相以来、歴代首相の参拝も何の滞りもなく行はれてきました。従つて靖国を巡る状況だけを見れば、昭和40年代は、今よりノーマルだつたとも言へる。しかし、日本国全体としてはどうだつたか。マスコミや学界は、総出で、戦前の日本を軍国主義と決め付け、全否定し、記憶を歪め続けた。教育は自虐史観とマルクス史観のごつた煮、国民は、ひたすら経済成長と個人の幸福追求だけに励み、日本人としての記憶を全面的に失つてしまつた。その中で、靖国の祈りも、靖国といふ神学も、要するにまるで顧みられなかつた。たつた数年前、10年前、20年前に230万の英霊が国の為に命を擲つたその覚悟、その誓ひ、生者に託された祈りを、我々はまるで見ないやうにして、生を盗んできた。

 かうして、つひに、記憶と誇りを失つてまで手に入れた繁栄にうつつを抜かしてきた戦後日本人の心の腐食が、「靖国の神学」ではなく、「靖国問題」として大々的に表面化する時が来る。

 昭和50(1975)年、三木武夫氏が歴代首相で初めて8月15日に靖国に参拝した時に、それは端を発します。それまで歴代首相の参拝は春秋例大祭が中心でした。三木氏はわざわざさうした慣習を覆して8月15日に参拝したわけです。前回述べたやうに、靖国の本来の面目は、大東亜戦争によつて明らかになつたと言つてよい。とりわけこの戦争の時に英霊たちが靖国で相会することを誓ひあつて散華したのだから、例大祭と別に8月15日に参拝することには本質的な意味がある、三木の英断だと言ひたいところです。

 ところが、三木は、せつかく8月15日に参拝しておきながら「参拝は、公人としてか、私人としてか」といふ記者団の質問に、「総理大臣としてではなく、私人としての参拝だ」と答へてしまふ。総理たる者が、総理以外の資格で国の為に命を落とした御霊の慰霊に訪れるなどといふ非常識な話が世界中であるわけがない。

曖昧且つ極端な憲法の規定

 勿論、こんなくだらないやり取りが出て来るのは、ここに政教分離の問題が絡んでくるからだといふことになる。これから一応論破はしておきますが、そもそも、行政の長が伝統的な慰霊施設に、憲法が障害となつて自由に参拝できないなら、そんな憲法は憲法として成立してゐない、これ以上言ふことは本当はないのです。風呂屋の看板に男湯と書いてあるが、中を覗くと全員女が入つてゐる。これは間抜けな看板屋(GHQ憲法草案作成者)が看板を掛け間違へたからだ。ところが、この偽看板を直せないと思ひ込み、中の女を男とみなすと言つてみたり、既に何十人も入つてゐる女を追ひ出して、男湯と入替へようとしたりして、混乱の上に混乱を重ねてきたのが、戦後日本の風呂屋の番台(東大憲法学)だ。要するに、日本国憲法といふのは間違ひだらけの風呂屋の看板なんです。

 政教分離とは何か。憲法20条と89条が法的な根拠となつてゐるのはよく知られてゐることでせう。

 憲法20条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 憲法89条

 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため(略)これを支出し、又はその利用に供してはならない。

 これらの条文に基づく「政教分離」規定について、東大憲法学のバイブル、芦部信喜『憲法』第四版には次のやうな三つの主要形態があると書いてある。

 (1)国教制度を建前としつつ国教以外の宗教に対して広汎な宗教的寛容を認めるイギリス型、(2)国家と宗教団体とを分離させながら、国家と教会とは各々その固有の領域において独立であることを認め、競合する事項については政教条約を締結し、それに基づいて処理すべきものとするイタリア・ドイツ型、(3)国家と宗教とを厳格に分離し、相互に干渉しないことを主義とするアメリカ型がある。

 かう書いた上で、芦部は実にさらりとかう言つてのける。

 日本国憲法における政教分離原則は、アメリカ型に属し、国家と宗教との厳格な分離を定めている。

 芦部は、この一文に何一つ注釈をつけず、話を前に進めてしまふ。信じ難い事だ。

 第一、条文そのものが、アメリカと日本では全く違ふ。日本国憲法は先に紹介したが、アメリカ合衆国憲法の政教分離規定は、次の修正第一条です。

 合衆国議会は、国教を樹立する法律もしくは自由な宗教活動を禁止する法律(略)を制定してはならない。

 アメリカ憲法のこの条文は、簡潔で誤解の余地はない。個人の信教の自由を定めたものに過ぎない。ただ、アメリカの政教分離が他のヨーロッパ諸国より厳格だといふのは、建国後の不安定な情勢下、宗派争ひの確執を防ぐため、国教の樹立を否定した点を指すのではないのか。少なくとも芦部氏の三種の分類を見る限り、さうとしか読めない。にも関はらず、芦部氏はこの後「国家と宗教との厳格な分離」といふ言葉を欧米キリスト教社会から独り歩きさせ、いつの間にか、アメリカの憲法が禁止してもゐない水準の「厳格な分離」を日本国憲法に要求してゆきます。

 それには都合のよい事実がある。日本国憲法の規定が、実に複雑、曖昧且つ極端だといふ事だ。日本国憲法の内、アメリカ憲法に該当するのは、20条1項の前半と、2項だけです。日本社会は、様々な宗教が混然と政治と関係しながら成熟してきた。欧米同様、政治と宗教とを完全に峻別などできる筈はない。「国及びその機関」は「いかなる宗教的活動もしてはならない」とあるが、これを厳密に適用したら、政治から精神生活や伝統をすべて排除せよといふ、日本の国柄そのものの否定になつてしまふ。逆に、「宗教活動」とは何かを問ひ始めれば、これ又きりがなくなつてしまふ。その上、「特権」とは何か、「宗教団体」とはどこまでを指すべきか、その「宗教団体」が行使する「政治権力」とは何を意味するかなど、概念が全般に余りにも曖昧です。

 これでは、政治と宗教の関係といふ国の骨組みに当たる部分で、裁判官の政治信条や不当な個人的裁量が幅を利かせる原因になる。

 事実、現在まで何件も提訴されてきた靖国裁判は、実にナンセンスな判例の山だ。例へば愛媛県知事が靖国神社に玉串料を支出した件について、最高裁判決は「特定宗教への関心を呼び起こす効果を及ぼした」とし、「宗教活動」に当たると判示した(芦部前掲書157頁)。こんな事まで「宗教活動」にされたら、宗教団体への表敬訪問も全て駄目、宗教団体が経営する学校で式辞を述べるのも駄目、行政や立法関係者がブログや著書で宗教的な内容の記述をするのも駄目になる。

 また、天皇陛下と総理大臣の靖国神社公式参拝を違憲とした大阪高裁判決に至つては、判決理由の中に、「国民の圧倒的合意」が出来てゐないこと、更にはアジア諸国から反発と疑念が表明されたことが挙げられてゐる。裁判は法的根拠を示すのが職分で、世論調査の数字や外国の意向などが判決の根拠になつてよい筈がないではないか。

 要するに日本国憲法の政教分離の条文はアメリカとは全く別物だ。後者が個人の信教の保障であるのに対して、前者は政治への曖昧且つ極端な禁止を持ち込んでゐるため、司法関係者が問題を複雑化しようとすればどんな結論でも引つ張り出せる非常に危険な条文なのです。

 第二に、そもそも芦部の挙げた三つの分類は全て根つからのキリスト教社会です。キリスト教社会における政教分離規定は、社会に深く根を下ろしたキリスト教と近代の政治機構との調整を図るもので、両者の厳格な分離などではない。よく知られてゐるやうに、アメリカ大統領はキリスト教徒である限り聖書に手を置き宣誓する。演説にはしばしば神の加護を祈り、神の栄光を称へる文言が登場する。アメリカ議会は聖職者の説法で開会する。議会と軍隊にはプロテスタント、カトリック、ユダヤ教の専属の聖職者がゐる。

 ただし、他宗教の者が祈りを強制されることはない。要するに政治が個人に宗教を強制しない、ただし、宗教伝統が政治に曖昧且つ深く関与してゐる事態を否定などしない。

 それを、芦部氏は、アメリカの実情に全く触れず、アメリカでは「国家と宗教の厳格な分離」が行はれてゐるなどと実にあつさり嘘をつく。それどころかアメリカにおける判例の方が日本での判例よりも「厳格」だと思はせるやうな記述をもぐりこませる。その上で、日本国憲法の条文を最も厳格に解釈しようとする。

 極端な本末転倒がここに生じます。

国柄を破損する暴力性

 日本では、神道・仏教・儒教がそれぞれ混然と発展しながら、政治と分ちがたく結びついてきた。さうした我が国の伝統的な政教の絡み合ひ、睦み合ひの中心に天皇といふ伊勢神宮の祭神の末裔がをられ、今日でも天皇の御務めの最も主要な部分は祭祀である。もし「政教分離」を芦部氏や最近の判例のやうに厳格に規定するならば、そもそも天皇の御存在そのものが「政教分離」違反の違憲になるではないか。天皇の御存在と、世界でも類のない厳格な政教分離規定は、そもそも矛盾するのです。その天皇伝統と、時々の政治権力とが複雑に絡み合ひ、それが、日本人の末端に至る政治生活、宗教生活、習俗と様々に交叉し、共鳴し、日本社会の精神生活は形成されてきた。一筋縄ではくくれぬ無限に複雑な歴史的現実がある。さうした複雑な歴史的現実と近代国家としての骨格をどう調整するか、憲法は本来ならその観点から制定されなければならない筈であつた。憲法制定については、GHQ民生局の法律の素人が10日で作つたことがしばしば難じられるが、現実問題として遥かに深刻なのは、彼らアメリカ人が、日本の国柄=constitutionを全く知らずに条文を作成したことの方だ。その上、この20条は、彼らが戦前の国家神道を誤解した上でその壊滅を含意して作つた条文だ。

 本来のconstitutionの原義に立ち返れば、憲法の条文そのものが明らかに「違憲」なのです。

 そして、本来の我が国の国柄から導かれたのではない条文、我が国の歴史的現実と近代国家とを調整する意図を最初から持たない条文が、独り歩きして、我が国で続いてきた政教伝統や習俗を逆に裁く。いや、先ほど見た通り、実際には裁判官や憲法学者の恣意が、我が国の伝統や習俗、国柄そのものをさへ裁くことになる。70年近くも、司法と法学の最高権威者らが、そんなことを真面目で丁寧な議論をしてゐる振りをして、続けてきた。その知的腐敗は眼を覆ふべく、その司法権力や学界の権威としての、国柄を破損する暴力性は、穏便で客観的な学問上の権威で偽装されてゐるだけに、眼に見える革命政権の暴力などよりも遥かに国民を欺くものと言はねばならない。何とたちの悪い話でせうか。

祀られた神々との対話

 しかし、かうした司法の横暴とは別個に、政治の世界では、三木の後、歴代総理が、私的参拝と言ひながらも、8月15日の参拝を続けました。今当時の新聞紙面を振り返ると、その不快たるや言語に絶します。首相が参拝する度に、公式だ、私的だ、どつちにしたつて政教分離違反だ、軍国主義の復活だと一面五段ぶち抜きの大見出しで、靖国そのものを、祀られてゐる230万の英霊を、冒涜し続けた。

 かうした法曹界とマスコミの挟み撃ちに業を煮やしたのが中曽根康弘氏でした。中曽根氏は首相の公式参拝を有無を言はせぬ形で定着させようとした。その為に「閣僚の靖国神社参拝に関する懇談会」を設置し、公式参拝を是とする報告を纏めた上で、昭和60年の8月15日に、「内閣総理大臣としての資格」で参拝しました。ところが、その後にとんでもないことをしでかす。中国の抗議を受けて、参拝を取り止めてしまつたのです。中曽根氏の他の全ての実績が吹き飛ぶ、万死に値する腰砕けでした。

 ご本人はいまだにしれつとした顔で、「家族ぐるみの付き合ひのあつた胡耀邦主席から参拝を遠慮してくれないと中国の収まりがつかないと懇願されたから取り止めた。親日政権をつぶすわけにはゆかない。これが大人の外交だ」と言つてのける。日本の首相の靖国参拝で中国の政治家が本当に失脚するならば、これは見物といふものだらう。騙されたのか、開き直つてゐるだけか知らないが、この中曽根氏の言ひぐさには全く言葉を失ふ他ない。以後、靖国参拝は、日中間の最大の問題、それも日本が屈服し続けるといふ常軌を逸した外交問題であり続けることになつてしまつたのです。

 だが私は今ここで氏を改めて断罪しようとは思ひません。中曽根康弘個人が駄目だといふよりも、戦後日本人の精神的、霊的な不感症が、中曽根氏といふ政治家において露呈したに過ぎないからです。日本人の死生観の深さ、霊的感受性と敬虔さ、靖国の英霊への真の祈り――戦後日本のさうした精神生活の不在が、法曹界の政教分離解釈や一連の靖国判決となり、マスコミの売国騒ぎとなり、三木氏、中曽根氏らの腰砕けとして現れた。それが、今や外国からの干渉に振り回され、日本の政府と皇室は、完全に自由な言動を奪はれ、そんな異常な屈辱を、国民の多くはどれ位異常かさへ感じられなくなつてゐる。………

 我々が帰るべきはただ一つ、「靖国の神学」であり、英霊の御霊との霊的な交流への強い信仰である。そこがしつかり取り戻せない限り、靖国は問題であり続け、屈辱的な敗北を重ね続けるでせう。

 我々は靖国で何に出会ふのか。英霊の御霊である。つまり、靖国に御参りするとは、祀られた神々との対話である。祀られた英霊に対して国安かれと祈る。霊的な国の加護を祈る。靖国の神力を深く信じて祈る。そしてまた、一方で、今生きてゐる、生者の側として責任をもつて国を安泰にし、発展させ守つてゆくことを神々に御誓ひ申し上げる。

 捲土重来の意味をどう我々が受け止めるかを、本当に我々の国作りの一番根本に据ゑて自問自答し続ける。これが靖国といふ場の意味である。

 だからこそ、日本の政治リーダーである総理大臣が靖国に公式参拝して、国民に率先してそれを示すべきなのです。それも春秋例大祭と並び、どうしても8月15日の参拝を習はしとしなければならない。ここまで書いてきたやうに、靖国の在り方を完成させたのは大東亜戦争だからです。

 爆撃にたふれゆく民の上をおもひ いくさとめけり 身はいかならむとも

 言ふまでもなく、昭和天皇の御製です。大東亜戦争に賭けられた英霊たちの思ひと、それを受けながら、つひに御決断された終戦……。その交点が8月15日である。この日の正午に玉音放送を国民が共有した、この瞬間を、総理が、そして近い将来には天皇陛下御自身が、靖国で祈られる、それが「靖国の神学」の継承であり、日本が本当の意味で己を取り戻す第一歩なのです。

保守の最優先課題

 最後に、総理大臣による靖国参拝を現実化する上で、具体的にどうするか。

 以下、ごく拙ひものですが、私案を述べます。

 一つ目。中曽根内閣の靖国懇の報告を、中曽根氏自身が無効にしてしまつたことは既に述べました。その後の、靖国神社を巡る蹉跌の歴史は悲惨の一語に尽きます。が、これだけ敗北し、糞味噌にされ続けてきただけに、反撃の方針を立て易いとも言へる。その強い決意のもとで、安倍内閣は新たな靖国懇を立ち上げ、改めて、特に「政教分離」についての司法界の歪つな靖国バッシングを厳に退け、世界の常識と、我が習俗・国柄の双方に則つた正常な解釈を示し、外交的圧力に一切屈しない方法論まで含めた報告を纏めるべきではないか。

 二つ目は靖国参拝の国民運動化です。

 総理に参拝を要求する以上に、私たち一人一人がもつと靖国に真剣に参拝することです。

それを保守の最優先課題にしたらどうか。毎日何万人もの保守愛国者が陸続と靖国参拝を続けたら、靖国の英霊が応へない筈がありませうか。更に、例へば、この運動の簡略な会員化を図る。現在推計約600万人とされる年間参拝者の、1000万人突破などを目標に運動を展開する。更に、『英霊の言乃葉』の学校教材での採用、総理大臣の8月15日参拝の法制化、及び「政教分離」に関する司法の判断への国民の側からの従来にない独自の異議申し立て、外国の圧力に政府が毅然とした態度を示さないならば、民間で激しい不買運動や国交義絶運動を展開するなど、やらうと思へばできることは、色々ある。政府には大人の外交を求めるが、民間はもつと乱暴でなければならぬ。公家の姫様みたいな穏当な調子で、国辱を跳ね除けることなどできる訳がないではないか。

 一方、我々言論人は外に向かつて勇敢であるだけではなく、内面に向かつて問ひ続ける思想の営みにおいても勇敢でなければならない。すなはち、「靖国の神学」の構築に本格的に挑むべきだと私は思つてゐます。これこそは、「戦後」とは何かといふ今日までどうしても終止符を打てないできた問ひに終止符を打つ為の必須の作業だ、英霊の言葉に耳を澄まさずして、「戦後」など、本来あり得なかつた筈なのです。 


参考文献(50音順)

芦部信喜『憲法』第4版 岩波書店/飛鳥井雅道『明治大帝』講談社学術文庫/梅原猛『神殺しの日本』朝日新聞社/江藤淳・小堀桂一郎編『新版 靖国論集』近代出版社/川端康成全集二巻「招魂祭一景」新潮社/小堀桂一郎『靖国神社と日本人』PHP新書/佐伯彰一『神道のこころ』中公文庫/鈴木正男『昭和天皇のおほみうた』展転社/総理大臣官邸『諸外国の主要な戦没者追悼施設について』/高橋和之編『世界憲法集』岩波文庫/高橋哲哉『靖国問題』ちくま新書/長谷川三千子『神やぶれたまはず』中央公論新社/別冊宝島編集部編『靖国神社の本』宝島社文庫/靖国神社編『英霊の言乃葉』靖国神社/柳田国男『柳田国男文庫版全集13巻「先祖の話」「神道私見」』ちくま文庫/山村明義『神道と日本人』新潮社

※本稿は「Voice」2013年9月、10月号に掲載されたものを再掲したものです。

靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの~〔1〕

昨日26日、安倍晋三首相が、政権発足後初めて靖国神社を参拝したが、これに関連し、日本史の泰斗・小川榮太郎氏が雑誌『Voice』2014年1月号で『靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの』という非常に意義の深い論考を発表されたので、以下にご紹介する。

※本稿は安倍首相による靖国神社参拝以前の『Voice』2013年9月・10月号に掲載されたものを再掲したものとのことです。

リンク:靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの~〔1〕 - 雑誌記事:@niftyニュース.

小川榮太郎(文藝評論家)
靖国の神学・私論 ~安倍総理の参拝が意味するもの~〔1〕
(Voice 2014年1月号掲載) 2013年12月27日(金)配信

 戦は好戦派といふ様な人間が居るから起るのではない。人生がもともと戦だから起るのである。
(小林秀雄「戦争と平和」)

国民の総意による安倍首相の参拝を

 安倍政権は姑息であつてはならない、絶対に。靖国神社参拝に関する最終的な態度決定に当たつては。

 何故か。端的に言ひませう。靖国神社は近代日本における国柄の中核的価値だからです。

 安倍政権は、アベノミクスによる日本経済の応急処置に成功し、安倍ドクトリンとも言ふべき独自の外交――日米同盟、対中包囲網、資源外交を基軸にしつつ、アメリカからの自立に向けて徐々に重心を置き換へる――により、崩壊寸前だつた日本の土台の補修に成功しました。たつた半年です。その上で、今般は参議院選挙にも大勝し、衆参のねじれを解消した。これだけでも既に、安倍首相は戦後でも稀有な名宰相と言つていい。

 しかし、安倍政権の掲げる「日本を取り戻す」は、単なる経済の復活ではありません。目先の日本復活だけではないはずだ。安倍首相が、状況を見つつ、発言を微妙に修正しつつも、従来のどんな首相も敢へて語らなかつた歴史認識問題や憲法改正を、タブー視せずに語り続けてきた事から明らかなやうに、安倍氏にとつて、この取り戻すべき「日本」の本丸が、第一次安倍政権時の「戦後レジームからの脱却」であるのは明らかでせう。

 であるならば、これからが戦ひの正念場です。

 安倍首相がこの半年で稀にみる政治的勝利を収めたのは、経済にせよ、外交にせよ、しなやかな現実感覚を持ちつつも、根本は絶対にぶれないといふ自信と信念とメッセージ性に裏打ちされてゐたからです。だが、靖国参拝では、今のところ首相は、「政治問題になる可能性がある以上、行くとも行かないとも言はない。前回の政権時に参拝しなかつたことは痛恨の極みだ。」として、それ以上を語らうとはしません。私も、今の段階で、これ以上の発言をされない方がいいと思つてゐる。

 とにかく在任中に一度でも参拝すれば形がつく、といふやうな発想が一番いけない。絶対にいけない。さらに靖国参拝自体を公約にした小泉元首相の二の舞になつてはいけない。靖国とは何かといふ国民的理解の深まりがないまま、外交的配慮の名の下に、日をコロコロ変へて、とにかく参拝し続ける、これでは政治的パフォーマンスだ。祀られてゐる英霊がこれをどう見るか。

 私は、何はともあれさつさと8月15日に参拝してくれなどと安倍氏に注文するつもりはない。総理の靖国参拝は昭和51(1975)年三木首相以後、40年近くにわたつて極めて面倒な状況下で、翻弄され続けてきた。そんなもの気にせずに、粛々と参拝すればいいぢやないか。さう、その通りと言ひたいが、これから論じるやうに、総理の靖国参拝は、司法の知的暴挙、マスコミのアンチ靖国報道、歴代首相の腰砕け、それに乗じた近年の中国・韓国の外交圧力が輻輳して、殆ど解き難い迷宮と化してゐる。さうした中、ろくな準備もせずに、単発での総理参拝は問題の解決にはならないと私は思ふ。安倍総理には、以後歴代首相が、ごく当り前に毎年静かに公式参拝できる環境を作つてもらひたいし、それを土台に天皇陛下の御親拝までも実現して頂きたい。だからこそ中途半端な蛮勇は禁物なのである。

 まづ、肚を据ゑることです。靖国参拝は我が国の精神的価値の中核にある。政治・外交イシューではない。安倍首相はこのことを理解してゐる極めて稀な政治家だと私は信じてゐる。だからこそ、この問題は、まづ第一に、首相の内心における英霊への真摯な祈りと問ひかけにかかつてゐると思ふ。

 今の日本の崩れは容易ならざるものです。経済や安全保障の危機はいはば表面的な症状に過ぎない。内側に病気の原因があるからかうした症状が出る。この内なる病因をこれ以上放置すると、日本はある日突然死しかねない、それほど、内側からの崩れは深刻だ。

その内側の病因と靖国問題は深く関係してゐる。一言で言へば、自分の国を先の大戦で敗れた相手に守つてもらつて、自分たちは金儲けにうつつを抜かしてきた。人々は口を揃へて平和と繁栄が尊いと言ふ。しかし、道徳的腐敗の上に永続的な平和も繁栄もあり得まい。こんなことをちらとも恥ぢと思はないで70年もやつてゐれば、国民の心はばらばらに荒廃し、国家としての求心力はどんどん失はれるに決まつてゐる。

 靖国はこれから論じるやうに、さうした荒廃から私たちが立ち直る上での中核価値です。だからこそ安倍首相に直言したい、政治・外交の桎梏や周囲の専門家の助言から一度自由になり、真つ白な心で靖国問題を熟思していただきたい。英霊の声を静かに聴いていただきたい。英霊は間違ひなく安倍首相にならば分かつてもらへると信じて、本当の声を届けたいと切望してゐる。安倍氏ほどの政治家だ、その時、必ず見えてくる国柄と解決の方途があるはずだ。

 勿論、政治家である安倍氏は最終的な行動については慎重であらねばならない。だが、逆に我々国民は傍観者であつてはなりません。心ある国民は、国辱に対してもつと激しく強く怒らねばならない。そもそも我が国の為に戦場に散つた功労者への鎮魂・顕彰を、諸外国に遠慮して自粛するといふ国辱を許す位なら、もう一度一億玉砕した方がずつとましではないか。230万人もの方々が日本の為に命を捧げたのが、たつた70年前のことです。その人たちが命を捨てて国を守つてくれた御蔭で、今日の日本がある。その230万人もの御霊を日陰者にしてまで、マスコミの反応がどうの、外国の顔色がどうのと、事なかれを期する国があれば、そんな国は腰抜けどころか、精神の腐りきつたドブだ。

 かういふ常識をまづ日本国民全体で取り戻さなくて、アベノミクスで「日本を取り戻す」もへつたくれもない。日本国民が、国論として、靖国神社の深い意義を理解し、守り、外国からの不当な干渉を断乎許さぬと言ふ強い共同意志を持たねばならない。

 安倍首相が堂々と公式参拝をできるだけの、強力な国民の総意を形成する努力をしなければならぬ。外国の不当な干渉といふ戦場に、安倍政権を裸で放り出してどうするか。我々一人一人の愛国心、国の安寧を祈る深い祈り、それが安倍政権を正しい選択に向けて動かす。安倍政権を外側から論評するのではなく、我々の祈りで安倍氏が本来なすべきことをなせるやう、支へ、押し上げねばならない。

靖国神社創建の意義

 ところで、ここまで何度か、靖国神社が日本の中核価値だと書いてきたが、どういふ意味か。少し整理して論じてみませう。議論は三段に分かれます。靖国神社は明治維新、新政府発足とほぼ同時に創建されましたが、この靖国創建にはどのやうな意義があつたのかが第一の論点。次に、靖国が、日本人にとつて、ある絶対的な場になつたのは大東亜戦争を通じてである。「靖国で会はう」を合言葉に無数の先人が戦場で散つた。このことを通じて靖国は近代日本の中核価値としての本質を顕はにしたといふのが私の考へです。これが第二の論点。そして三つ目、かうして余りにも大きな犠牲と引き換へに靖国神社の本質が現れたといふのに、戦後、それは言語に絶するひどい侮辱に汚され続けてきた。つまり、第三の論点は、この靖国の現状と、その克服方針の私案です。

 まづ第一の論点、靖国神社創建の意義とは何だつたのか。

 靖国神社創建は明治維新に遡る。東京招魂社といふ名での仮宮での最初の祭祀は明治2(1869)年6月、社殿の正式な落成が明治5年5月、靖国神社と改称されたのは明治12年6月の事だ。しかし、明治天皇による創建御意向の表明は新政府発足の直後に遡る。慶應3(1867)年12月9日に王政復古の大号令、翌年36月14日に五ヶ条の御誓文が公示され、新政府の政治方針が明らかにされた。その直後の5月10日、太政官府から発せられた「癸丑以来殉難者ノ霊ヲ東山ニ祭祀ノ件」との布告に、既に明治天皇の御意向が示されてゐるのです。

 「唱義精忠天下に魁して国事に斃れ候諸子及草莽有志の輩」を幕府側による「冤枉罹禍」から名誉回復し、「国家に大いに勲労ある者」の名が「湮滅」せぬやう、これら死者の「志操を天下に表し、其忠魂を慰められたく、今般東山の佳域に祠宇を設け、右等の霊魂を永く合祀致さるべき旨仰せ出され」た。

 癸丑は嘉永6(1853)年、黒船来航の年だ。それまで遡つての慰霊となれば、「国事」が、列強からの日本防衛の意味を当初から帯びてゐたのは明らかです。また「草莽有志」といふ表現から、元々は正式な皇軍のみならず、在野で志に斃れた人々をも祀らうとされた事、また、志操の顕彰と慰霊といふ二つの目的も当初から明示されてゐる。そして、実際に各藩に戦死者の名簿提出を求め、それに基づき、合祀と慰霊が始まります。

 武家政権から天皇に権力が「奉還」されるのは700年振り、天皇ご自身が政治権力を握つてゐた時となると更に500年遡らねばならず、近代的な王政復古の先例はない。だから、正統性の根拠を求めるために、王政復古の大号令は「神武創業」まで戻つて語られねばならなかつた。その上、明治天皇は17歳の幼帝、おまけに政府中枢は公家と西郷や大久保ら下級武士です。天皇の権威に国家が帰趨するか、全く分からぬ極端に不安定な状況だつたと言ふべきでせう。新政府のやる事は、当初、全てが博打だつたと言つていい。

 そんな状況下で、明治国家は、政権掌握と同時に無名戦士たちの慰霊の社を創ると発想し、それを天皇の御心として布告した。しかも大きな労の掛かる慰霊・神社創建を、当事者らが必要を全く疑ふこともなく着々と進めた。戦死者の顕彰は古今東西見られるが、懇ろな神事としての慰霊から国肇めをする例は余りないのではないでせうか。

 そして、それが仏式でもなく、国家による無宗教の慰霊でもなく、神社の形をとつたこと。新政権発足時におけるこの判断は、恐らく、当事者が考へてゐた以上に近代日本といふ新しい国のその後の形を暗示してゐる。

 祭政一致を理念とする御皇室の民を思ふ祈りと、亡くなられた御霊を神祀る日本人の心の習俗と、近代的な意味での政府による無名戦士追悼とが、期せずして合一したのが靖国神社だと言へるからです。如何にも日本らしい重層的な場なのです。様々な慰霊の伝統と近代国家としての兵士顕彰とが混然と一つになつて違和感を生じないところに、日本の国柄がよく表れてゐる。

空想的な国立追悼施設の議論

 梅原猛氏などは「靖国神道は自国の犠牲者のみ祀り、敵を祀ろうとしない。これは靖国神道が欧米の国家主義に影響された、伝統を大きく逸脱する新しい神道」だからだ。怪しからんと言ふ。そんな簡単な話ではない。伝統的な習俗となつてゐた自然神道、神社神道は勿論素晴らしい。だが、それらの信仰、世界観だけではあの時、日本は持たなかつた。天皇の為に死ぬ、この気魄を直接に受け止める場が必要だつた。さうした神道が「伝統を大きく逸脱する」かは記紀万葉をひもとけば大いに疑問としなければならないが、仮にさうだとしても、それも無理はなかつた。「伝統を大きく逸脱した」恐ろしい現実が海の向かふからやつてきてゐた、新しい信仰、新しい力、新しい求心力が必要だつたのです。それがもし歪みならば、さうした近代日本の定めの悲しみや歪みを含めての靖国神社だ。何故それをこの人は居丈高に断罪しようとするのか。

 また、小泉首相の参拝が問題になつてゐた頃書かれた高橋哲哉氏の『靖国問題』、私には元々「靖国問題」は存在しないので、今回初めて読んだが、いや、驚きました。紙幅の都合で氏の詐欺論法の数々をご紹介できないのが残念だが、結論だけ言へば、氏は、靖国神社は戦死者顕彰=再度国民を戦争に駆り出すシステムである。そのやうなものは戦後の平和憲法の趣旨に反するから、国家とは完全に切り離すべきである。その上で「非戦の意志と戦争責任を明示した国立追悼施設が、真に戦争との回路を断つことができるためには、日本の場合、国家が戦争責任をきちんと果たし、憲法9条を現実化して、実質的に軍事力を廃棄する必要がある」といふ。

 靖国といふ怪しからん追悼施設の代はりに、氏の理想とする国立追悼施設を作るために、日本は軍事力を廃棄せよといふ訳だ。倒錯しきつてゐる。「国立追悼施設が、真に戦争との回路を断つことができるためには」、世界中の国と人類の思考の中の「戦争との回路を断つ」以外、一つも方法はありません。「追悼施設」が「戦争との回路」になるのは、施設がシステムに力を与へてゐるからではない。日本が第9条通りの完全軍備撤廃をしないからでもない。エピグラフに出した小林秀雄の言ふ通り「戦は好戦派といふ様な人間が居るから起るのではない。人生がもともと戦だから起るのである。」

 両氏に共通するのは、靖国を断罪し、無い物ねだりしながら、文体や論法に、靖国の祭神のみならず、戦死者全般への慰霊の心情が、嫌になるほど感じられないことです。高橋氏の追悼施設の議論が、ここまで空想的になるのは、そんなものには本来氏が何の関心もないからに他なるまい。事実氏は本書の中でポロリとこんなことを書いてゐる。「集団的な追悼や哀悼の行為が、それ自体として『悪いこと』だとは私は思わない。」こんな文章を平気で書ける人間が、靖国に限らず、戦争や戦死者について論じる事自体猥褻だと私は思ふ。

徐々に強まっていた英霊への意識

 維新の後、近代日本は戦争に継ぐ戦争でした。靖国神社も、この後、西南戦争、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦など、内外での戦争の度に、戦死者を祀つていきます。

 そして、天皇の御親拝も度々のこととなる。その祈りの御心は、例へば次のやうな御製に示されてゐると言へるでせう。

 招魂社にもうづる時よめる

 わが國の ためをつくせる ひとびとの 名を武蔵野に とむる玉垣(明治7年)

 たたかひに身をすつる人多きかな 老いたる親を 家にのこして(明治37年)

 暁寝覚

 あかつきのねざめねざめに思ふかな 國に盡くしし人のいさをを(明治44年)

 しかし、この間、慰霊と顕彰の場として、特に国民に広く靖国神社が浸透してゐたかといふと、必ずしもさういふわけではないやうです。

 寧ろ靖国は、長らく招魂社といふ、当初付けられた名前で東京の庶民に親しまれる公園の側面が強かつたやうだ。明治期の各種の東京名所案内にも、境内の木々花々の美しさが繰り返し紹介されてゐる。祭りの賑はひも大変なものだつたらしい。川端康成の文壇的処女作と言へる『招魂祭一景』は靖国神社秋の例大祭での境内の祭りを描いてゐますが、曲馬団による馬の火潜り、八木節の小屋、魔術小屋などが並び、「靖国神社の境内だけが気違ひじみて騒がし」いといふ程の賑はひだつたといふ。ちなみにこれは大正10(1921)年の作品です。

 勿論、日露戦争では8万人の戦死者が出、川端の作品の数年前に終結した第一次世界大戦でも5000人近い戦死者が出てゐます。さうした中、靖国の英霊への国民の意識が徐々に強まつてゆくのは自然なことでせう。田山花袋の『東京の30年』には「九段の公園」の章があつて、青春の思ひ出がロマンティックに語られる一方、次のやうな文章も見受けられる。

 「今に豪くなるぞ、豪くならずには置かないぞ」かういふ声が常に私の内部から起つた。私はその石階を伝つて歩きながら、いつも英雄や豪傑のことを思つた。国のために身を捨てた父親の魂は、其処を通ると、近く私に迫つて来るやうな気がした。

 花袋は自然主義文学流行のきつかけとなつた『蒲団』の作者だ。下宿に来てゐた姪に恋して、最後は姪の蒲団の移り香をかぎながら泣いたといふ、まあ情けない話だが、要するに恥づべき「告白」をする花袋の「勇気」が新しい文学の季節の到来を告げたといふのが文学史の通説です。儒教モラル、旧家の重圧、近代国家の急成長――その狭間に零れ落ちてしまふ私情にこそ人間の真実があると花袋は考へた。ところが、その花袋でさへ、一方では西南戦争で戦死した父を靖国と重ねる、こんな強い国家的な心情を自然に持ち合はせてゐた、それが明治日本だつたのです。

 だが、靖国神社を靖国神社たらしめる強い求心力はまだ発生してゐません。

 では、靖国神社が、大きく変質し始めるのはいつ、どのやうにしてか。それは、支那事変を通じて戦局が泥沼化し、戦死者数が急増する過程、そして何と言つても大東亜戦争を通じてでした。戦地に行くだけで命を捨てる覚悟をせねばならない、そしてまた、それが国運と日本の国柄を賭けた戦ひだといふ自覚が国民に浸透してゆく。徐々に「皇軍兵は散華したら靖国に戻り、天皇を始めとして生き残つた者はその英霊を祀り、顕彰する」といふ「靖国の思想」が、国民の間に強く共有されてゆく。

 この過程を、先にご紹介した高橋氏の議論のやうに、戦争に国民を駆り立てるシステムと見て、当時の大仰な慰霊祭や軍国教育やマスコミの軍国プロパガンダから、その「証拠」を集めてくることは容易です。戦意高揚も軍国教育も、あの厳しい国際環境の中での日本の異常な孤独を考へれば、必然だつたらう。私は後知恵で、それを軽蔑したり裁いたりするつもりはない。だが、どんな時代も、その時代の最も深い精神が、さうしたプロパガンダに宿つてゐることは決してない。「靖国の思想」の中核は、そんなところには全くない。

国民の側が身を捧げて応答した言葉

 残念ながら、今の私には、この難問を解くだけの準備も力量もありません。しかし、これを解く鍵がどこにあるかだけは分かつてゐる。靖国神社が発行してゐる『英霊の言乃葉』つまり英霊たちの遺書がそれだ。今、九集を数へるこの本を静かに通読してゆくと、どの頁にも、現代日本人よりもずつとしなやかで多様な精神の自由、国と己の運命への批評の自由を確保した人達の言葉を見出して驚かざるを得ない。自由な精神をちつとも失つてゐないのに、一様に、自然に静かに清らに、国のための死を受容してゐるその言葉の佇まひに打たれざるを得ない。

 政府とマスコミ挙げての戦意高揚と、これらの遺書に見られる静かな調子とは、寧ろ、対極にあると言つていい。

 これら英霊のどの遺書も、肩肘ばつたあの硬直を微塵も示してゐない。そこには一貫して、全く不思議なほど、自由な精神、温かい人間性、正直な言葉だけが並んでゐる。

 この『言乃葉』を読むと人は泣くでせう。私も涙なくして読めた例がない。しかし、何故我々はこんなにも心打たれるのか。古来世界中には、無数の戦争文学が存在する。しかし、こんなに胸から溢れる共感と嗚咽で、我々を満たし続ける戦争文学など、『オデュッセイア』であれ『平家物語』であれ、実際にあるものではない。

 この力は何なのか。死にゆく者の実際の言葉だからといふこともあるが、単にそれだけで、勿論人はこんな風に心打たれるものではありません。

 英霊の遺書は、多く、国の為に死ぬといふことは、天皇の為に死ぬことであり、それは大義の為だと語つてゐる。が、天皇の為といふのが洗脳の結果としての個人崇拝であるやうな遺書は見られない。狂信的なものはない。なさ過ぎると言へるほどだ。矯激な、我一人真理を告げんと言はんばかりの調子のものも全くない。

 そして、家族への感謝、先立つ親不孝への詫びの中に、しばしば「日本一の父上、母上だ」「君は僕にとつて日本一の妻だつた」といふ家族への誇りが語られる。

 無論、葛藤はある。時に赤裸々な葛藤がある。あるいは葛藤を克服した後の晴朗さだけを家族に語つてゐる者もたくさんゐる。どちらも本当の言葉だ。彼らは死を前に、名誉を語らない。近代的な戦争遂行システムとしての「顕彰」を胸に死にゆく者はないやうである。力みもなく嘘もなく、彼らは一様に、素直に自分を差し出す。殆ど自然な笑顔で死を迎へる彼ら。無限の慈しみ、無限の悲しみ……。どれ程後ろ髪引かれながらも、彼らは晴朗に死んでゆく。

 何故それができるのだらう。一つ確かなことがある。どの英霊の言葉からも共通して浮かび上がるのが、一言で言へば、日本への一杯の愛情だといふ事だ。それも私が今、冷房のきいた部屋で、完備された書籍と機械に取り囲まれながら「日本への一杯の愛情」などと書けばそれだけで汚してしまふやうな、言葉に置き換へにくい、余りにも微妙で透明、死を見据ゑた人だけの智慧と力に溢れた、日本への愛情です。

 この迸る愛にこそ、おそらく人は打たれ、涙する。それは、「玉砕」とか「国威」、「神州の尊、神州の美」とか「悠久の大義」、「大君と愛する日本の山河」などと、彼らが使ふ単語やフレーズだけ抜き出してしまへば、消えてしまふ。ところが、これらの言葉が、遺書の中に戻ると、何と確かな他に置き換へやうのない絶唱として響く事でせう。

 ある英霊は言ふ。

 玉砕してその事によつて祖国の人達が少しでも生を楽しむことが出来れば、母国の国威が少しでも強く輝く事ができればと切に祈るのみ。

 遠い祖国の若き男よ、強くたくましく朗らかであれ。

 なつかしい遠い母国の若き女達よ、清く美しく健康であれ。(言乃葉一、50頁)

 また、別の英霊は、特攻の出撃前の遺書に言ふ。

 この日本の国は、数多くの私達の尽きざる悲しみと嘆きを積み重ねてこそ立派に輝かしい栄えを得て来たし、又今後もこれあればこそ栄えて行く国なのです。私の母上はこの悲しみに立派に堪へて、日本の国を立派に栄えさせてゆく強い母の一人である事を信じたればこそ、私は何の憂ひもなしにこの光栄ある道を進み取る事が出来ました。

 硫黄島玉砕の栗林忠道中将の最後の電報も引かう。

 ……特に本島を奪還せざるかぎり皇土永遠に安からざるを思ふ、たとへ魂魄となるも誓つて皇軍の捲土重来の魁たらんことを期す。今や弾丸尽き、水涸れ、戦ひ残れる者全員愈々最後の敢闘を行はんとするに方り、熟々皇恩の忝さを思ひ粉骨砕身亦悔ゆる所あらず。

 英霊たちは皆、かういふ死を死んだ。しかし、何故かういふ死を、皆が皆、きつぱりと死ねたのか。それは、残された者が、生き残つた者としての全力で、日本の国柄を、死力を尽くして守つてくれることを信じきつてゐたがゆゑではなかつたか。たとひ敗戦になつても――戦争末期の遺書は、その予感を強く感じさせるものが多くなりますが――その後、光栄ある祖国の再建、東亜の解放といふ戦争の大義、そして何よりも日本人が引き続き立派な美しく強い日本人であり続けることを、信じたからではなかつたか。「魂魄となつても」「護国の鬼と化さん」といふやうなことは、残つた生者らが、生者として、捲土重来を期すことを信じ切つてゐなければ、書ける言葉ではありません。

 無数の遺書の自由な声が、共通してそのやうな調べを深く響かせてゐるとすれば、これは確かな一つの思想と呼ぶべきではないか。いや、思想といふよりも、神学と呼ぶべきではないか。

 客観的に見るならば、歴史過程におけるすべての戦争は、正しいのでも悪いのでもない、ただ端的な戦争である。すべての戦争は「普通の戦争」なのだと言つてもよい。

 しかし、その「普通の戦争」のただなかに、或る「絶対的なもの」がたちあらはれてくることがある。それは、おそらく世界の歴史を見わたしても、めつたにあることではない。また、それは、そこに居合はせたすべての人に見えるものでもない。むしろ、ほんの少数の人の目にしか映らないと言へるかも知れない。けれども、それは何らかの形で、その同時代の人々、あるいはその後の人々にまで感知されうるものであつて、大東亜戦争のうちには、確かに、さうした「絶対的なもの」が含まれてゐたのである。(長谷川三千子『神やぶれたまはず 昭和20年8月15日正午』29頁)

 神学とは何か。端的に言つて、それはこの「絶対的なもの」のたちあらはれであり、言語化である。そして、無数の日本軍人が、戦死を前に、この「絶対的なもの」の気配に包まれて書いた最後の言葉が英霊の遺書だつたのではないでせうか。長谷川氏のこの名著は信じ難い力技で、「戦後」から遡つて、8月15日そのものの意味を抉り出してゆきます。その「力技」が読者をどこに導くかは、原著に当たつて直接通読していただく他ありませんが、私は、逆に、今、その8月15日に向かつて収斂してゆく230万の英霊の声に、神学の誕生を聞かうと耳を澄まし始めてゐるところです。

 明治初期、戦死した無名の民(おほみたから)を天皇政府が、神様としてお祀りしたのに対し、国民の側から進んで身を捧げて応答したのが、正にこれらの英霊たちでした。近代日本創建時に顕かにされた国柄に、国民の側が死をもつて応答した時の言葉が英霊の遺文となつた、ここに、民族の魂の神話的な相聞が成立する。靖国神社とは、このやうな相聞の場所である。大東亜戦争を通じて、靖国の本質が現れたと私が云ふのは、そのことを指してなのです。

※本稿は「Voice」2013年9月、10月号に掲載されたものを再掲したものです。

2013年6月11日 (火)

天皇陛下、吉村昭氏の災害を題材とした文学の企画展をご鑑賞

天皇陛下は11日、東京都荒川区の区立日暮里図書館で開催中の作家・吉村昭氏(1927〜2006年)の災害を題材とした文学の企画展「吉村昭『海の壁』と『関東大震災』展」をご鑑賞された。

天皇陛下は、吉村氏が作品「関東大震災」などの執筆にあたって各地を取材した関係資料をご覧になり、「語り継ぐというのが大事なことですね」とご感想を語られた。

なお、ご体力の低下などでご公務を控える皇后陛下はご同行を取りやめられた。

リンク:天皇陛下、日暮里図書館を訪問−「吉村昭企画展」を鑑賞 /東京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、吉村昭氏の災害文学企画展を鑑賞 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:陛下、吉村昭展ご覧に 皇后さまお出ましならず「大変残念」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:展示を鑑賞される天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、吉村昭展を鑑賞=皇后さまは欠席—東京 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

天皇陛下、日暮里図書館を訪問−「吉村昭企画展」を鑑賞 /東京
みんなの経済新聞ネットワーク 6月11日(火)18時14分配信

Photo_4
地元住民らに手を振る天皇陛下

 天皇陛下が11日午前、「日暮里図書館」(荒川区東日暮里6、TEL 03-3803-1645)を訪問され、「吉村昭コーナー」の企画展をご覧になった。(上野経済新聞)

 2006年7月に亡くなった作家・吉村昭さんのコーナーが同館2階にあり、企画展「吉村昭『海の壁』と『関東大震災』展」を開催している。陛下は「三陸海岸大津波」「関東大震災」などの展示資料を鑑賞された。同館職員は「おつきの方が先に下見に来られて、これならいいだろうということで実現した」と話す。

 陛下が同館前に位置する日暮里幼稚園の園児や地元住民に手を振られると、路地裏が一気に歓声に包まれた。皇后さまは10日、体調不良のため公務を当面控えるとの宮内庁の発表もあり、同行はならなかった。沿道からは「こんな下町にいらしてくださるなんて」という声とともに、皇后さまのお出ましがならず、残念がる声も方々で聞こえた。

 吉村さんは日暮里に生まれ、少年時代を同地で過ごした。永年にわたる著者活動の業績により、1992年に荒川区区民栄誉賞が贈られ、それを記念して「吉村昭コーナー」が設置された。吉村氏から寄贈された自筆原稿や草稿、愛用していた万年筆、眼鏡、サイン入り書籍、写真など数多くの資料が常設展示されている。

 主な作品に「戦艦武蔵」「三陸海岸大津波」「関東大震災」「東京の下町」などがある。資料調査と現地取材に基づく重厚な歴史小説のほか、日暮里かいわいも描かれた随筆など幅広い分野で多くの作品を残し、数々の文学賞を受賞している。

 開館時間は9時30分〜19時30分(土曜・日曜・祝日は17時30分まで)。月曜休館。


天皇陛下、吉村昭氏の災害文学企画展を鑑賞
読売新聞 6月11日(火)14時37分配信

Photo_3
「吉村昭『海の壁』と『関東大震災』展」で「三陸海岸大津波」などの展示をご覧になる天皇陛下=代表撮影

 天皇陛下は11日、東京都荒川区の区立日暮里図書館で開催中の作家・吉村昭氏(1927〜2006年)の災害文学を紹介する企画展を鑑賞された。

 明治と昭和の三陸沿岸大津波を取り上げた「海の壁」や、「関東大震災」を執筆した際の取材メモなどを展示。陛下は「これからの災害に備え、こういうものを皆が目を通すことは重要なことですね」と話された。

 当初同行する予定だった皇后さまは、体力低下のため取りやめられた。


陛下、吉村昭展ご覧に 皇后さまお出ましならず「大変残念」
産経新聞 6月11日(火)12時5分配信

1
「吉村昭『海の壁』と『関東大震災』展」で「三陸海岸大津波」などの展示について、学芸員の説明を聞く天皇陛下 =東京都荒川区の区立日暮里図書館で2013年6月11日午前10時27分 (代表撮影)(写真:産経新聞)

 天皇陛下は11日、東京都荒川区の区立日暮里図書館で、災害を題材にした小説を執筆した同区出身の作家、吉村昭さん(1927〜2006年)の自筆原稿などを展示した企画展を鑑賞された。体力低下などでご公務を控える皇后さまはお出ましにならなかった。

 企画展を案内した吉村さんの妻で、作家の津村節子さんが皇后さまを気遣うと、陛下は「大変残念に思っています」と話された。

 陛下は、吉村さんが各地を取材して書いた作品「関東大震災」などの関係資料をご覧に。学芸員に「語り継ぐというのが大事なことですね」と話された。


展示を鑑賞される天皇陛下
時事通信 6月11日(火)11時54分配信

2
「吉村昭『海の壁』と『関東大震災』展」で、展示を鑑賞される天皇陛下=11日午前、東京都荒川区の区立日暮里図書館(代表撮影)


天皇陛下、吉村昭展を鑑賞=皇后さまは欠席—東京
時事通信 6月11日(火)11時18分配信

 天皇陛下は11日午前、東京都荒川区の区立日暮里図書館を訪れ、「吉村昭『海の壁』と『関東大震災』展」を鑑賞された。皇后さまは体力の低下などを理由に欠席した。
 吉村氏が三陸津波や関東大震災を基に描いた小説について説明を受けた陛下は、「語り継ぐというのが大事ですね」「こういうものにみんなが目を通すのが重要なことだと思いますね」と感想を述べていた。 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31