旅行・地域

2017年6月19日 (月)

ロンドンの高層アパートで大規模火災 79人死亡、負傷者多数・4

ロンドン西部で14日午前時(日本時間同日午前9時)ごろ、27階建ての高層アパートから出火、建物全体が燃えており、消防車40台、消防隊員200人が出動して消火活動が続いている。

建物は発生から3時間以上経過後も、炎に包まれており、出火の原因は不明。

警察によれば、多数が負傷した。出火から数時間後も住人の避難が続いている。逃げ遅れ、建物内に閉じ込められた人が多数いるとの情報があり、英警察は19日、「死者数は現時点で79人になった」と発表した。死傷者数はさらに増える恐れがある。

現場はハイドパーク西方の高級住宅街で、現地からの報道では、アパートには120戸が入っていたという。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事

リンク:ロンドン火災 死者・行方不明者79人に、身元確認進まず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火災】 少なくとも79人が死亡か推定死亡=警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アパート火災死者、推定79人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:火災のあったロンドンのアパート内部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アパート火災死者、推定79人に=ロンドン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層火災、行方不明者79人に…全員死亡か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災 死者・行方不明者79人に ロンドンで戦後最悪に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英ロンドンの高層住宅火災、死亡者数79人と推定 警察発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層住宅火災の死者、79人に=警察署長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英マンション火災 内部映像公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層公営住宅火災で団結するロンドン市民 アデルなど著名人も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火災】 「長年の放置」が原因=ロンドン市長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層住宅火災の死者58人に、政府は被災者に支援金給付へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層住宅火災、「筆舌に尽くしがたい」内部の惨状を公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層住宅火災、建物内部の写真を公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災 「外壁材は英国で禁止」と英財務相 安価で耐火性の低いものを使用 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:がれきと化した室内写真公開 英高層住宅火災 BBC「死者70人以上」第二次大戦後の火災死者数最悪か - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ロンドン火災 死者・行方不明者79人に、身元確認進まず
6/20(火) 18:39配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) 英ロンドン西部にある24階建ての高層住宅が火災となった事件で、警察は20日までに、火災による死者・行方不明者の数は少なくとも79人となったと明らかにした。

ロンドン警視庁のカンディ警視長は19日、記者会見で、これまでのところ犠牲者5人について身元が確認されたと述べた。また、死者数についても、変化する可能性があるという。捜索作業や復旧作業が可能な限り迅速に行われているものの、こうした作業には何週間もかかるとの見通しを示した。

カンディ警視長は、犠牲者の身元確認が進んでいない理由のひとつとして、歯の診療記録について世界各地から取り寄せる必要があるためと説明した。

当初行方不明と報告された5人について、後に安全が確認されたケースもあるという。

英政府は今回の火災について公開調査を実施することを約束している。警察も、犯罪事件として捜査を行っている。


【ロンドン火災】 少なくとも79人が死亡か推定死亡=警察
6/20(火) 14:10配信 BBC News

334
【ロンドン火災】 少なくとも79人が死亡か推定死亡=警察

ロンドン西部の公営高層住宅を14日未明に襲った大火災について、ロンドン警視庁は19日、少なくとも79人が死亡、もしくは行方不明で死亡が推定されると被害者の数を上方修正した。犠牲者の数はさらに増える恐れがあるという。

警察はさらに、犠牲者のうち5人の名前を正式に公表した。最初に名前が明らかにされたシリア人難民のモハマド・アルハジャリさん(23)に加え、アンソニー・ディッソンさん(65)、「ハディージャ・セイ」の名前で写真家として活動していたヤ・ハディ・シシ・セイさん(24)、アブファルス・イブラヒムさん(39)、ハディージャ・ハルーフィさん(52)の死亡が確認された。

大勢の負傷者のうち、18人が今も入院中で、9人が重体という。

ディッソンさんは引退したトラック運転手で、23階に住んでいた。8年前からこの公営住宅に住み、出火時は午前3時半の時点で息子に電話をかけ、室内にとどまるよう言われていると話したという。

遺族は「打ちのめされている」とコメントを発表した。「トニーは大家族をあとに残しました。妻、息子たち、多くの孫。そして一度も会うことのできない孫が近く生まれます」。

芸術家で写真家のセイさんは、21階に母メアリー・メンディーさんと住んでいた。メンディーさんは行方不明。

労働党のデイビッド・ラミー下院議員がセイさんの死去についてツイートしていたが、警察が確認するのは今回が初めて。セイさんはラミー議員の妻の下で働いていたことがある。

ロンドン警視庁のスチュワート・カンディー警視長は、被害に遭った家族の多くは複数の親族を失ったと説明し、同情の気持ちでいっぱいだと述べた。

カンディー警視長は、タワー棟の中で亡くなった人をできるだけ早く見つけて遺体を回収することを優先していると話した。

しかし、全員の身元を特定するのはおそらく不可能で、捜索作業は「何週間もかかる」と指摘。「家族にとっては非常に辛い毎日となる。火災による破壊がどれほどひどいか、言葉で説明するのは本当に難しい」。

「直接影響を受けた家族の人たちのため、答えを見つけるのが重要だと私は思っている」

警視長は、タワー内にいたことが知られないまま亡くなった人がいる可能性を指摘。その一方で、行方不明とされながら自力で脱出した人もいるかもしれないため、脱出した人は当局に名乗り出て欲しいと呼びかけた。

出火原因の捜査については、タワー棟の建設、最近の大規模修繕、建物の管理方法、火災対策など幅広く調べていく方針という。

「個人によるものか組織によるものかを問わず、あらゆる犯罪行為の可能性を捜査していく。この点は皆さんに安心してもらいたい」とカンディー警視長は言明した。

「犯罪があったなら、当事者が法で裁かれるよう、私自身が能力の限り全力を尽くす」

(英語記事 Grenfell Tower fire: Police identify five victims of blaze)


アパート火災死者、推定79人に
時事通信 6/19(月) 21:31配信

333
ロンドン西部の高層アパートで14日起きた大規模火災について、ロンドン警視庁高官は19日、現在も消息が分からず死亡したと推定される人が79人に達したと発表。写真はアパート内部=16日、ロンドン警視庁提供


火災のあったロンドンのアパート内部
時事通信 6/19(月) 21:31配信

332
火災のあったロンドン西部の高層アパート内部=16日、ロンドン警視庁提供


アパート火災死者、推定79人に=ロンドン
6/19(月) 20:41配信 時事通信

 【ロンドン時事】ロンドン西部の高層アパートで14日起きた大規模火災について、ロンドン警視庁高官は19日、現在も消息が分からず、死亡したと推定される人が79人に達したと発表した。

 
 高官は、犠牲者数は今後変わる可能性もあると説明。「すべての犠牲者の身元を特定するのは不可能かもしれない」との見方を示した。

 警察は19日までにアパート内部の写真や映像を公開。廃虚と化した部屋の中、焼け焦げて真っ黒になった洗濯機や自転車、ごみ箱などが写され、火災の激しさを物語っている。英国では同日午前、犠牲者を追悼するため、1分間の黙とうが行われた。


英高層火災、行方不明者79人に…全員死亡か
6/19(月) 20:29配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドン西部の高層公営住宅火災で、ロンドン警視庁は19日、死者・行方不明者の数が79人に上ると発表した。少なくとも30人の遺体が発見されており、79人全員が死亡した可能性が高いという。


ロンドン火災 死者・行方不明者79人に ロンドンで戦後最悪に
6/19(月) 20:22配信 産経新聞

256
多くの住民が取り残され、犠牲となったケンジントンチェルシー区が経営する「グレンフェルタワー」=14日、ロンドン西部のノースケンジントン(岡部伸撮影)(写真:産経新聞)

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン警視庁は19日、ロンドン西部の高層住宅火災の死者・行方不明者は79人になったと発表した。さらに増える見通しで、ロイター通信によると、第二次世界大戦後の火災での死者数が最悪になる。


英ロンドンの高層住宅火災、死亡者数79人と推定 警察発表
6/19(月) 19:58配信 AFP=時事

331
大規模火災が発生したロンドン西部の高層住宅「グレンフェル・タワー」(2017年6月17日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)西部の24階建て高層住宅で14日未明に発生した大規模火災で、ロンドン警視庁(Scotland Yard)は19日、死亡したと推定される人の数が計79人となったと明らかにした。

【写真特集】英ロンドンの高層住宅火災

 ロンドン警視庁のスチュアート・カンディ(Stuart Cundy)氏は報道陣に対し、「今朝までのところ、残念ながら亡くなった、もしくは行方不明となり、死亡したと推定せざるを得ない人々が79人いる」と語った。

 警察はこれまで、死亡推定人数を58人としてきた。

 また、カンディ氏はこれまで警察により公式に身元が特定できた遺体は5人のみだと明らかにした。当局の関係者らはこれに先立ち、損傷の状況によっては、身元の特定ができない遺体もあるかもしれないとの見解を示していた。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドン高層住宅火災の死者、79人に=警察署長
6/19(月) 19:26配信 ロイター

330
 6月18日、ロンドン警察のカンディ署長は、24階建て高層公営住宅「グレンフェル・タワー」で起きた火災について、死亡者および死亡の可能性が高い行方不明者が79人になったと明らかにした。(2017年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 19日 ロイター] - ロンドン警察のカンディ署長は、24階建て高層公営住宅「グレンフェル・タワー」で起きた火災について、死亡者および死亡の可能性が高い行方不明者が79人になったと明らかにした。

行方不明とされていた人のうち、5人が無事だったことも確認されたという。


英マンション火災 内部映像公開
6/19(月) 16:42配信 ホウドウキョク

329
(写真:ホウドウキョク)

イギリス・ロンドンの高層マンションで起きた火災で、焼け焦げた建物の内部の映像や、写真が公開された。
焼け焦げたがれきが、大量に床に積もる部屋。
エレベーターホールも真っ黒に焼け、炎のすさまじさを物語っている。
これは、ロンドン警視庁が、18日に公開したマンション内部の様子。
火災をめぐっては、外壁の見栄えを優先して、燃えやすい素材を使ったことで、火の回りが早まったと指摘されているが、イギリスの公共放送BBCに出演したハモンド財務相は、禁止されている外壁材が、このマンションの改修工事に使われていたことを明らかにした。
警察は、火災による死者が、これまでに58人にのぼると推定しており、イギリス政府は、被災した1世帯につき、およそ78万円の緊急支援金を支給すると発表した。


ロンドン高層公営住宅火災で団結するロンドン市民 アデルなど著名人も
6/19(月) 15:30配信 ニューズウィーク日本版

テロ攻撃に高層住宅火災と悲しい出来事が続く英国ロンドン。住民はさぞかし気落ちしているだろうと思うところだ。しかしこのような苦境のなか、高層住宅火災では住民による支援の輪が広がっている。

教会や寺院、近隣住民らが支援

ロンドン西部の高層公営住宅グレンフェル・タワーの大火災は、死亡が確認された犠牲者の数が17日時点で少なくとも30人となっており、18日には未確認ではあるが58人と発表された。今後さらに増加する見込みで、最終的には3桁になるとの声も上がっている。

火災当時はがれき落下の危険があるため地下鉄が一部路線の運行を停止するなどし、多くのロンドン市民が影響を受けた。

ロンドン全体が悲しみに包まれるなか、市民の間では、物資を持ち寄ったり、焼け出された住民を受け入れたりなど、草の根の支援活動が広がっている。

火事により実際に何人が焼け出されて住む場所を失ったのかはまだはっきりしていないが、メトロ紙は、グレンフェルには1フロアにつき約24人が住んでいたと考えられており、24フロアあったことから、600人近くが住んでいたことになると計算している。

インディペンデント紙によると、フェイスブックやツイッターなどのソーシャル・メディア(SNS)では、グレンフェルがあるロンドン西部のケンジントン周辺のみならず広い地域の人たちが、食事や服、寝床などを提供するとの申し出を投稿している。また、地元の教会やモスク、シーク教寺院なども避難所として被災者を受け入れたり、支援者からの物資の寄付を集めたりしている。

ビジネス・インサイダーは、地元の人たちが大量の物資や食事を寄付している様子を伝えている。またクラウドファンディングのサイトJustGiving.comには、被災者のために200万ポンド(約2億8000万円)を目標に資金を集めるページが開設されており、募金箱での募金も集められているという。ファンディングの額は19日現在で64%に達している。

著名人も自宅やレストランでの受け入れを表明

被災者の受け入れを申し出た支援者の中には、著名人も少なくなかった。オーディション番組のファイナリストだった歌手のギフティ・ルイーズさんは、「恐ろしいこの火事に遭った人で私の家に泊まりに来たい人がいたら、喜んでウーバー(タクシー)代を支払います。とにかく何かしたいの」とツイートした。

また映画やテレビの制作者であるエマ・フロイド氏は、「支援と屋根が必要な人は教えてください。すぐそばに住んでいるし面倒みられますから」とツイートした。同氏はまた火事の翌日には、支援物資を運ぶ人たちの姿や、焼け出されたと思われる人たちが食事を囲む様子などを投稿し、市民が助け合う様子を伝えていた。

Walmer Road yesterday evening. Our town. #GrenfellFire. Photo by @mirandasmurmurs pic.twitter.com/LW9AmckTI1— emma freud (@emmafreud) 2017年6月15日

国民的人気を誇るシェフのジェイミー・オリバーさんは、被災者に向けてインスタグラムにメッセージを投稿。グレンフェル・タワーからすぐ近くのオリバーさんのレストランで食事と飲み物を無料で提供すると呼びかけた。

世界的歌手が現場でハグ

一方、今年のグラミー賞で5冠を達成した歌手のアデルさんは14日夜、現場近くを訪れ、心配そうに火事を眺めている様子がミラー紙に掲載された。同紙は、現場にいたアデルさんに気づいたファンのツイートを紹介。アデルさん本人は火事について何もSNSで発信していないものの、あるファンは、「ツイートしていないからといって気にかけていないわけじゃない」とツイッターに投稿した。他にも、「現場で支援を申し出ていた」、「慰めようとみんなをハグしていた」など、アデルさんの存在に気づいたファンがツイートしていた。

災難が続くロンドンだが、大都市ならではのコミュニティの希薄さはなく、大変な時こそ支え合おうと市民が団結している様子だ。


【ロンドン火災】 「長年の放置」が原因=ロンドン市長
6/19(月) 14:02配信 BBC News

328
【ロンドン火災】 「長年の放置」が原因=ロンドン市長

ロンドン西部の公営高層住宅グレンフェル・タワー(24階建て)を襲った大火事について、ロンドンのサディク・カーン市長は18日、地元行政当局や政府による「長年の放置」が原因で、「防げる事故だった」と批判した。政府は、住まいを失った人々に一世帯あたり、5500ポンド(約78万円)を緊急援助資金として提供すると明らかにした。

現場近くのセント・クレメンツ教会で開かれた追悼式に出席したカーン市長は、「みんな怒っている。火事直後の区役所や政府のお粗末な反応に怒っているだけでなく、区役所に長年放置されてきたことに。自分たちの心配を区も政府も理解していないし、気にかけていないという思いが強い」と述べた。

市長はグレンフェル・タワーの火事を、国家的な対応が必要な国家的な災害だと述べ、「この地区の人たちは、政治家のおべんちゃらに飽き飽きしている」と付け足した。

ロンドン警視庁はこれまでに、少なくとも58人が死亡したと発表している。BBCの取材では、約70人が死亡した恐れがあることが分かっている。

スチュアート・カンディ警視長は、「行方不明報告のない人たちがまだ建物内にいる可能性は検討しなくてはならない」と述べ、さらに犠牲者の数が増えるおそれがあると示唆した。

警察は建物内の様子を示す複数の写真を新たに公開。カンディ警視長は、「火災による状況は、筆舌に尽くしがたい。そのため、捜索活動はあと数週間はかかる長い作業となる」と述べた。

グレンフェル・タワーを所管するケンジントン・チェルシー行政区に対しては、住民の多くが支援や説明が不足していると批判している。テリーザ・メイ英首相と面会した住民団体は、区の委託で公営住宅を管理していた団体について、「悲劇の後に姿がまったく見えない」と批判し、「今回の悲劇に至る長年の管理体制の問題について、住民がいかに怒っているか、首相に伝えた」と明らかにした。

ニコラス・パジェット=ブラウン区長は、住民の怒りは理解できるものの、区の職員は14日以来「昼夜を問わず」対応に取り組んでいると説明した。さらに、出火原因と、なぜあれほど速く燃え広がったのかは、区としても知りたいところだと述べた。

さらに、火事は一つの区役所が単独で対応するには規模が大きすぎ、区役所が現場にいない、あるいは関係機関と連携していないという批判は不正確だと反論した。

救援作業の応援に政府も公務員を派遣している。18日午後には現場周辺で複数の政府職員が、蛍光色の上着を着て支援活動にあたる姿が見られた。

500万ポンドの緊急基金

テリーザ・メイ英首相は16日に、500万ポンド(約7億円)の「グレンフェル・タワー住民裁量基金」の創設を発表。家を焼け出された住民に対して、3週間以内にできるだけ近隣に新居を提供し、その間は仮住まいの費用を負担し、さらに必要な資金援助を提供するというもの。

週末にかけて、基金からどのように住民に資金が提供されるかの詳細が発表された。一世帯当たり現金500ポンド(約7万円)が払われるほか、5000ポンドが振り込まれる。仮住まい先に避難した人への支援金や、葬儀費用の支援も提供される。また、出火原因に関する公開調査に参加する住民には、弁護士費用の支援も用意される。さらに、救急職員の心の健康ケア費用として、150万ポンドが追加で用意される。

メイ首相は、「政府は今後の厳しい数日、数週間、数カ月、そして数年にかけて、被害に遭ったすべての人を支援するため、引き続き最善を尽くす」と述べた。

救援対応をまとめるため、新たに「グレンフェル火災対応チーム」が設置された。行政区と中央政府、赤十字、ロンドン警視庁、ロンドン消防庁で構成され、近くのウェストウェイ・スポーツ・センターでは24時間体制で、スタッフが常駐する。

カーン市長は18日付の英日曜紙オブザーバーに寄稿し、1960年代から1970年代にかけて全国に建てられた高層公営住宅をすべて建て直すべきだと提案。それが実現するかどうかが「この悲劇の決定的な顛末(てんまつ)」となるかもしれないと指摘した。

フィリップ・ハモンド財務相はBBC番組に出演し、グレンフェル・タワーの大規模修繕工事の際に何かの基準に違反していたかどうかは、刑事捜査で明らかになると述べた。

野党・労働党のジェレミー・コービン党首は英ITVの番組で、ケンジントン・チェルシー行政区は国内でも「最も金持ちの区」ではあるものの、「これほど大規模な危機には対応できない」ようだと話した。

友人の写真家ハディージャ・セイさんを火事で失ったデイビッド・ラミー下院議員(労働党)は、グレンフェル・タワーの修繕と管理に関する全資料を保全するよう呼びかけた。

炎がなぜ瞬く間に建物全体に燃え広がったのかについては、大規模修繕で使われた外装材が原因ではないかと広く取り沙汰されている。

(英語記事 London fire: Sadiq Khan says tragedy caused by years of neglect)


ロンドン高層住宅火災の死者58人に、政府は被災者に支援金給付へ
6/19(月) 12:49配信 ロイター

327
 6月18日、英国の警察は、ロンドンの高層公営住宅で起きた火災でこれまでに確認された死者数は58人で、今後の捜索でさらに増える見通しだと明らかにした。現場近くで撮影(2017年 ロイター/Marko Djurica)

[ロンドン 18日 ロイター] - 英国の警察は18日、ロンドンの高層公営住宅で起きた火災でこれまでに確認された死者数は58人で、今後の捜索でさらに増える見通しだと明らかにした。

メイ首相は17日、火災への当局の対応は「十分ではなかった」と認めた。18日には、被災した各世帯に最低5500ポンド(7000ドル)を緊急基金から支払う方針を表明した。

ハモンド財務相はBBCの番組に対し、与党保守党が歳出削減を進める中にあっても「建物を安全にするための必要な対策は講じる。公開調査に基づき、専門家の助言を精査した後に、どのように対策を進めるか決めたい」と語った。


ロンドン高層住宅火災、「筆舌に尽くしがたい」内部の惨状を公開
6/19(月) 11:43配信 AFP=時事

326
大規模火災が発生したロンドン西部の高層住宅「グレンフェル・タワー」の内部。ロンドン警視庁提供(2017年6月16日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)西部の高層住宅「グレンフェル・タワー(Grenfell Tower)」で発生した大規模火災で、ロンドン警視庁(Metropolitan Police、Scotland Yard)は18日、「筆舌に尽くしがたい」建物内部の惨状を伝える映像と画像を公開した。これまでに58人の死亡が確認されているが、犠牲者はさらに増える見通しだという。

【関連写真】焼け落ちたグレンフェル・タワー内部

 廃虚と化したタワー内部は、黒焦げになったがれきが床に散乱し、配管がむき出しになっている。映像の中には、壁が完全に焼け落ち、浴槽や流し台が映るまで住宅だったとは分からない部屋もあった。

 ロンドン警視庁のスチュアート・カンディ(Stuart Cundy)氏は「火災による損傷の状態は、筆舌に尽くしがたいほどだ」と述べ、内部の捜索完了には数週間かかるとの予測を示した。

 現場近くの教会で行われた追悼礼拝に出席したロンドンのサディク・カーン(Sadiq Khan)市長は、地元住民から当局の火災対応に対し「貧しいコミュニティーだから不当に待遇されている」などの不満の声が上がっていることを認め、今回の火災は「防げた事故だった。政治家や自治体、政府がミスを犯したり(問題への)対応を放置してきたりした結果だ」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドン高層住宅火災、建物内部の写真を公開
6/19(月) 11:32配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドンで起きた24階建て高層公営住宅の火災で、ロンドン警視庁は18日、完全に焼け落ちた建物内部の写真と動画を公開した。

 同警視庁の責任者は「火災による損傷は筆舌に尽くしがたい」と述べ、14日の発生以来、行方不明者の捜索に時間がかかっていることに理解を求めた。

 公開された写真は、家族全員が無事に避難した部屋のもの。台所や寝室、浴室などを隔てる壁が失われ、焼け焦げた洗濯機やベッドの残骸などが見える。

 同警視庁は17日、行方不明者数を58人と発表したが、その後の調べで人数は増えているという。


ロンドン火災 「外壁材は英国で禁止」と英財務相 安価で耐火性の低いものを使用
6/19(月) 9:30配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた火災で、英国のハモンド財務相は18日、BBC放送に、改修工事で使用した安価で耐火性の低い外壁材が「欧州や米国と同様に、英国で使用が禁止されているもの」と述べた。

 昨年までの改修工事で見栄えをよくするため耐火性の低い外壁材を使用したことで火勢が強まり大惨事を招いたと指摘されており、ロンドン警視庁は刑事事件として工事関係者から事情を聴いている。

 ハモンド氏は、違法行為があったかについて、独立した政府の調査委員会が専門的に調査すると明言した。英メディアは外壁材は2種類あるうち、より安価で耐火性が低い方が使用されていたと報じている。

 現場近くの教会では18日、ロンドンのカーン市長夫妻らが出席し、犠牲者を悼むミサが行われた。教会は被災住民の救護所としても使われており、入り口には、たくさんの花がささげられた。


がれきと化した室内写真公開 英高層住宅火災 BBC「死者70人以上」第二次大戦後の火災死者数最悪か
6/19(月) 8:24配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部で起きた公営高層住宅火災で、ロンドン警視庁は18日、火災で黒こげに焼け、がれきと化した住宅室内写真や映像を公開した。内部は原形をとどめず廃虚と化しており、高層住宅を一瞬にして襲った火災の惨状を物語っている。また英政府は同日、各被災世帯に5500ポンド(約78万円)の緊急支援金を支給すると発表した。

 公開された写真や映像では、バスタブや食洗機やオーブンなどの電化製品、室内運動用の自転車などは形が判明するが、食卓やソファなどの家具はほとんど原形をとどめず、黒こげ状態で燃え、水道パイプはむき出しに残っており、火勢の強さをうかがわせ、英メディアは「筆舌に尽くしがたい惨状」と伝えている。

 英政府は18日、メイ首相が既に発表した500万ポンドの支援の一部として各被災世帯に5500ポンド(約78万円)の緊急支援金支給を発表、19日から500ポンドを現金で、残る5千ポンドを銀行振り込みなどで支給する。犠牲者の葬儀、移転先が見つかるまでの住居、精神的なケアの費用なども別途支援する予定で、求心力が低下したメイ首相は、対応を誤れば「政権の命取り」になりかねないだけに被災者対応に全力で取り組む。

 また、ロンドン警視庁は死亡者は確認した58人以上いる可能性が高いと発表した。英BBC放送は、70人以上が行方不明と報じており、確認されれば、第二次世界大戦後の火災での死者数が最悪になる。

2017年6月16日 (金)

ロンドンの高層アパートで大規模火災 58人死亡、負傷者多数・3

ロンドン西部で14日午前時(日本時間同日午前9時)ごろ、27階建ての高層アパートから出火、建物全体が燃えており、消防車40台、消防隊員200人が出動して消火活動が続いている。

建物は発生から3時間以上経過後も、炎に包まれており、出火の原因は不明。

警察によれば、多数が負傷した。出火から数時間後も住人の避難が続いている。逃げ遅れ、建物内に閉じ込められた人が多数いるとの情報があり、英警察は16日、「死者数は現時点で少なくとも58人になった」と発表した。死傷者数はさらに増える恐れがある。

現場はハイドパーク西方の高級住宅街で、現地からの報道では、アパートには120戸が入っていたという。

最初の記事
2番目の記事

リンク:英女王「悲劇続く今こそ団結」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<高層マンション>都内8割で消防法違反 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少なくとも58人が死亡か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層火災 死者・不明者58人、首相が住民らと面会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安価な改修工事が大惨事招く? ロンドン高層住宅火災 58人死亡確認 さらに拡大 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「悲劇が続く今こそ団結を」英女王 91歳の公式誕生日に異例の声明 テロ、火災続出で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英アパート火災、犠牲者58人か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災、死者58人…首相に罵声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高層住宅火災、58人死亡と推定 ロンドン警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:行方不明58人、全員死亡か…英高層住宅火災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英高層住宅火災>「死者推定58人」ロンドン警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英アパート火災、犠牲者58人か=「死亡と推定」と警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英女王「結束して支えよう」…テロや火災に声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:立ち入りの8割で違反指摘=都内の高層マンション―東京消防庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英高層住宅火災>メイ首相に批判 「政治的命取り」の報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英マンション火災で住人怒り 区庁舎に乱入も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン「タワマン」火災、世界中が衝撃 日本も危ない?60階規模珍しくない - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英歌手アデル、マンション火災現場で被災者励ます - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高層マンションの8割、消防法違反…東京消防庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災、原因究明と被災者支援求めデモ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英マンション火災が鎮火 死者は30人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火災】 少なくとも58人が推定死亡と警察 女王は「国中が深沈」と声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:メイ首相、ようやく火災被災者慰問 住民数百人デモ 7億円支援発表も求心力低下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:火災現場を訪問する英女王 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アパート火災の死者30人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英タワー火災、デモ隊が地元役所に突入 当局の対応に怒り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災 死者30人に エリザベス女王、メイ首相が被害者らを慰問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層火災、30人の死亡を確認…女王が慰問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アデル&リタ・オラがロンドンの火事現場に駆けつけていた - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英ロンドンの高層住宅火災、ようやく鎮火 死者は30人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:リタ・オラ、ロンドン火災被害者を支援。 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アデルとリタ・オラ、ロンドンの火事現場に駆けつける - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英高層住宅火災>死者60人超か 76人の安否確認とれず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英アパート火災の死者30人に=100人近くに増加も - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

英女王「悲劇続く今こそ団結」
6/19(月) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】91歳の「公式誕生日」を迎えた英国のエリザベス女王は17日、テロや大規模火災が最近相次いだことを受け、「今こそ団結して負傷者や遺族を支えよう」との異例の声明を発表した。

 女王はフィリップ殿下とともに午前中、バッキンガム宮殿周辺を馬車でパレードするなど祝賀行事に参加したが、出発前、ロンドン西部の高層住宅火災の犠牲者らを悼み、1分間の黙祷(もくとう)をささげた。声明で女王は「今年は国全体が非常に陰鬱で重苦しい雰囲気だ。悲劇が続く今こそ皆で団結しよう」と国民に呼び掛けた。

 女王の本当の誕生日は4月21日だが、屋外で祝賀行事を行うため、慣例で比較的天気が安定している6月に設定されている。

 女王は1952年2月に即位し、在位期間も65年を超えて英国歴代最長。最近は負担軽減のため公務を縮小しており、公に姿を現す機会は減っている。


<高層マンション>都内8割で消防法違反
6/19(月) 7:30配信 毎日新聞

325
煙と炎につつまれたロンドンの高層住宅=2017年6月14日、AP

 ロンドンの高層住宅で起きた火災では、逃げ遅れた多くの人が犠牲になった。日本では法令により防火対策が義務づけられているが、昨年、東京消防庁が立ち入り検査をした東京都内の高層マンションの約8割で消防法違反が確認された。専門家は「避難訓練など火災に備えた安全管理を徹底することが重要」と指摘している。

 消防法では、高さ31メートル(11階相当)を超える建物が「高層建築物」と定義される。総務省の住宅・土地統計調査によると、国内にある11階以上の共同住宅は2003年に約2万6700棟だったが、13年には約4万2400棟となり、約1.6倍に増えた。

 東京消防庁によると、同庁が昨年に立ち入り検査をした東京都内の高さ31メートル超の高層マンション576棟のうち、約8割(463棟)で1456件の消防法違反を指摘した。うち1025件の違反は、避難計画を取りまとめる防火管理者を選んでいなかったり、計画を策定していなかったりする防火管理に不備があった。違反があったマンションでは避難訓練を実施していないケースが多数あるとみられる。

 同庁は、日ごろから避難訓練を実施して火災に備えることが大切だと強調。火災時の対応については「避難にエレベーターを使うと停電で閉じ込められ、煙が入ってくる恐れがある。階段で避難してほしい」と呼びかけている。

 高層マンションは消防法のほか建築基準法で防火対策が義務づけられている。原則として11階以上ではスプリンクラーや火災報知機の設置、壁や床をコンクリートなど耐火構造にすることが必要だ。高層建築物はカーテンやじゅうたんに防炎製品を使用することも求められる。

 総務省消防庁によると、昨年は全国の高層マンションで477件の火災が発生。焼失面積は平均で約3.4平方メートルだった。東京理科大の萩原一郎教授(火災安全設計)によると、国内の高層マンションでは延焼防止の構造が義務づけられており、ロンドンのような火災が起こる可能性は低いが、「安全を求めるなら防火管理を適切にすることが大事」と強調する。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】


少なくとも58人が死亡か
6/18(日) 16:33配信 ホウドウキョク

324
(写真:ホウドウキョク)

イギリス・ロンドンの高層マンションで起きた火災で、警察は死者が58人になるとの見方を示した。
現場での遺体の収容作業は、建物の安全性の問題から、一時中断されていたが、17日、再開された。
警察は、すでに判明している死者30人と、行方不明者28人とをあわせて、これまでに58人が死亡したとの見方を示した。
捜索が完了するには、数週間かかることから、死者はさらに増える可能性がある。
一方、当初、住人に会おうとしなかったことで批判されたメイ首相は、この日、官邸で2時間半にわたって、住人らと面会した。
「支援は十分ではなかった」と認めたうえで、3週間以内に新しい住まいを提供することを約束した。


ロンドン高層火災 死者・不明者58人、首相が住民らと面会
6/18(日) 11:49配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) ロンドン西部の24階建て集合住宅で起きた火災の死者と行方不明者は、17日の警察発表によると58人に達した。メイ首相は同日、被害に遭った住民らと首相官邸で面会し、直後の対応が「不十分」だったと認めた。

警察は17日、火災で行方不明になった58人のうち、16人の遺体が収容されたと発表。ロンドン警視庁の幹部はその後、30人の死亡が確認され、28人が見つかっていないと述べた。

メイ氏は火災翌日の15日に現場を視察した際、被害者と話をしなかったとして激しい非難を浴びた。

17日には官邸で住民やボランティア、地域指導者らの団体と2時間半にわたって面会。同日の声明で、被害者への支援と原因究明、安全対策に全力を尽くすと表明した。

メイ氏は直属の調査チームを置くことや、被害者の訴訟費用を政府が負担することを表明。被害者救済に向けた500万ポンド(約7億円)の基金に加え、3週間以内に住居を提供するために、必要ならばさらに資金を用意すると述べた。

さらに住民からの問い合わせなどに応じられるよう、現場の支援スタッフや電話受け付けスタッフを増員する方針を示した。

メイ氏や当局の対応に抗議する住民らは16日、現場付近の役所や内務省前で激しいデモを展開していた。


安価な改修工事が大惨事招く? ロンドン高層住宅火災 58人死亡確認 さらに拡大
6/18(日) 11:00配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパート火災で、昨年まで行われたアパート大規模改修の際、2種類ある外壁材のうち、より安価で耐火性が低いものが使用されていたことが、18日までに英紙ガーディアンなどの報道で明らかになった。ロンドン警視庁は、こうした安価な改修工事で上層階に火が延焼しやすくなり、未曾有の大惨事を招いたとの疑いを強めている。

 同警視庁幹部は17日、「刑事事件として出火原因、火災拡大の理由、建物の構造、そして改修などを解明している」と述べ、昨年までの改修工事も捜査していることを認めた。 

 また同警視庁は17日、行方不明者は58人とみられ、全員死亡している可能性が高いと発表。このうち30人は遺体が発見されている。

 居住者以外に建物内にいた人もいる可能性もあり、最終的な犠牲者はさらに増えるとみられる。英BBC放送は家族らが掲載した情報に基づき、70人以上が行方不明と報じた。ロイター通信は、確認されれば、第二次世界大戦後の火災での死者数としては最悪になると伝えた。

 死者数や遺体の身元確認などに関する情報は少なく、被災者や遺族には不満が募っている。16日には、火災現場の区役所や首相官邸近くなどで抗議デモも起きた。


「悲劇が続く今こそ団結を」英女王 91歳の公式誕生日に異例の声明 テロ、火災続出で
6/18(日) 10:44配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】91歳の「公式誕生日」を迎えた英国のエリザベス女王は17日、最近、テロや大規模火災が相次いだことを受け、「今こそ団結して負傷者や遺族を支えよう」との異例の声明を発表した。

 女王の本当の誕生日は4月21日だが、屋外で祝賀行事を行うため、慣例で比較的天気が安定している6月に設定されている。

 女王は夫のフィリップ殿下とともに午前中、バッキンガム宮殿周辺を馬車でパレードするなど祝賀行事に参加したが、出発前、ロンドン西部の高層住宅火災の犠牲者らを悼み、1分間の黙(もく)祷(とう)をささげた。

 声明で女王は「今年は国全体が非常に陰鬱で重苦しい雰囲気だ。悲劇が続く今こそ皆で団結しよう」と国民に呼び掛けた。

 女王は1952年2月に即位し、在位期間も65年を超えて英国歴代最長。最近は負担軽減のため公務を縮小しており、公に姿を現す機会は減っている。


英アパート火災、犠牲者58人か
時事通信 6/18(日) 8:56配信

322
英警察は17日、ロンドン西部の高層アパートで14日に起きた大規模火災について、少なくとも58人が「現在も消息が分からず、死亡したと推定される」と発表した。写真は焼け焦げた高層アパート=17日


ロンドン火災、死者58人…首相に罵声
6/18(日) 7:55配信 産経新聞

 英ロンドン西部の高層アパート火災で、ロンドン警視庁は17日、これまでに少なくとも計58人が死亡したとみられることを明らかにした。メイ首相は16日、被災住民に500万ポンド(約7億円)の支援を発表した。

 一方、避難所の被災者らを16日に慰問したメイ氏は、住民らから「臆病者」「恥を知れ」などの非難の言葉を浴びた。付近では数百人が抗議デモを実施。総選挙で与党保守党が過半数割れに追い込まれる中、19日からの欧州連合(EU)離脱交渉前にメイ氏の求心力がさらに低下しかねない状況だ。(ロンドン 岡部伸)


高層住宅火災、58人死亡と推定 ロンドン警視庁
6/18(日) 7:40配信 AFP=時事

323
英ロンドン西部で、高層住宅「グレンフェル・タワー」火災の犠牲者を悼んで花を手向ける女性(2017年6月17日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ロンドン警視庁(Metropolitan Police、Scotland Yard)は17日、同市西部の24階建て高層住宅「グレンフェル・タワー(Grenfell Tower)」で14日未明に発生した火災により58人が死亡したとみられると発表した。

【関連写真】英ロンドンの高層住宅火災

 記者会見したロンドン警視庁のスチュアート・カンディ(Stuart Cundy)氏は「われわれは、火災が発生した夜にグレンフェル・タワーにいた人数を割り出すため懸命の捜査を行っている。現時点ではその人たちの安否について話すことはできない」と述べ、「あの夜に建物内にいたとの情報があり安否が分かっていない58人については、悲しいことだが死亡したと推定せざるを得ない」と付け加えた。

 同氏は死亡が推定される58人のうち確認された死亡者は30人にとどまっており、これまでに16人の遺体が遺体安置所に運ばれたと述べた。警察では120戸のアパートがあったグレンフェル・タワー内に生存者がいるとはみていないという。

 58人という死亡推定人数についてカンディ氏は「これ以上増えないことを願っているが、その可能性はある」と述べた一方、何らかの事情で警察に連絡していない生存者もいるかもしれないと指摘した。

 ロンドン警視庁は今回の火災を事件として捜査しており、証拠が見つかれば立件する方針。カンディ氏は「どのように火災が起こったのか、どのように火の手が回ったのかを明らかにする。また、建物自体と改装工事についても捜査する」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


行方不明58人、全員死亡か…英高層住宅火災
6/18(日) 1:18配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドンで起きた24階建て高層公営住宅の火災で、ロンドン警視庁は17日、行方不明者は58人とみられ、全員死亡している可能性が高いと発表した。

 このうち30人の遺体が、既に発見されている。

 同警視庁幹部は記者会見で、居住者以外に建物内にいた人もいる可能性があるとして、「行方不明者の数は増えることも考えられる」と述べた。英メディアはインターネットに家族らが掲載した情報に基づき、70人以上が行方不明だと報じている。

 死者数や遺体の身元確認などに関する情報は少なく、被災者や支援者には不満が募っている。16日には、ロンドン中心部の首相官邸近くなどで、デモも起きた。


<英高層住宅火災>「死者推定58人」ロンドン警視庁
6/18(日) 0:40配信 毎日新聞

292
ロンドンで火災が発生した高層住宅=AP

 【ロンドン三沢耕平】ロンドン警視庁は17日、西部の高層住宅火災で死亡が確認ないし推定される人の数は58人に上ると発表した。死者はさらに増える可能性があるという。ロイター通信は、確認されれば、第二次世界大戦後にロンドン市内で起きた火災での死者数としては最悪になると報じた。

 警察の担当者は、58人について「残念ながら死亡したと推定せざるを得ない」と報道陣に語った。遺体の捜索と身元の確認には、数週間からそれ以上かかる見通し。

 英メディアによると、現場のグレンフェル・タワーは特に上層階で火災による破損がひどく、天井や壁、床が崩れている場所もあるとされる。警察によると、捜索は安全上の懸念で一時中断されたがその後再開された。


英アパート火災、犠牲者58人か=「死亡と推定」と警察
6/18(日) 0:37配信 時事通信

322
英警察は17日、ロンドン西部の高層アパートで14日に起きた大規模火災について、少なくとも58人が「現在も消息が分からず、死亡したと推定される」と発表した。写真は焼け焦げた高層アパート=17日

 【ロンドン時事】英警察は17日、ロンドン西部の高層アパートで14日に起きた大規模火災について、少なくとも58人が「現在も消息が分からず、死亡したと推定される」と発表した。

〔写真特集〕ロンドンの高層アパートで大規模火災

 58人には既に死亡が確認された30人が含まれる。焼け跡の捜索は継続中で、死者数はさらに増える恐れもある。

 ロンドン警視庁高官は記者団に対し「事件当夜、58人がアパート内部にいて今も消息不明だと報告を受けている。悲しいことだが死亡したと推定される」と述べた。焼け跡からはこれまでに16人の遺体が収容された。鎮火は16日、確認された。しかし、捜索は安全性の問題で一時中断され、難航している。

 BBC放送は、行方不明者の数を「70人前後の可能性がある」と報じている。

 一方で高官は「何人かはどこかで安全に暮らしているということもあるはずだ」と述べ、何らかの事情で警察に安否を知らせられない住民もいる可能性を示唆した。また「刑事事件としての捜査も並行して行っている。何が起きたのか、はっきり答えを出す。出火原因、火災拡大の理由、建物の構造、そして改装」と語り、昨年の改装工事も捜査対象になっていることを認めた。


英女王「結束して支えよう」…テロや火災に声明
6/17(土) 22:45配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】英国のエリザベス女王(91)は17日、声明を発表し、「英国はこれまでも毅然(きぜん)として困難に対処してきた。結束して、遺族や負傷者を支えていこう」と呼びかけた。

 英中部マンチェスターとロンドンで相次いだテロや、ロンドン西部の高層公営住宅火災を念頭においたものだ。

 女王は4月に91歳の誕生日を迎えたが、例年、季候の良い6月に公式な誕生祝いを行っており、声明はこれに合わせて発表された。女王は「伝統的に今日は祝賀の日だが、今年は厳粛な雰囲気だ」ともつづった。


立ち入りの8割で違反指摘=都内の高層マンション―東京消防庁
6/17(土) 21:26配信 時事通信

 東京都内にある高層マンションのうち、昨年東京消防庁の立ち入り検査を受けたマンションの8割が、消防法違反を指摘されていたことが17日、同庁への取材で分かった。

 ロンドンでは高層アパートで大規模な火災が起きている。放置すれば出火の際に逃げ遅れるなどの恐れがあることから、同庁は早急な改善を求めている。

 同庁によると、31メートルを超す共同住宅が高層マンションとされ、都内には9288棟ある。同庁が昨年1年間に立ち入り検査したのは576棟で、うち463棟で同法違反があった。指摘内容は防火管理者の未選任や消防計画の不備、消防用設備の点検の未実施、未報告などだった。

 消防法では共同住宅などで収容人数が50人を超える場合、防火管理者を選任し消防計画を立て、避難訓練をするよう定められている。16日現在で、302棟が依然改善されないままだという。


<英高層住宅火災>メイ首相に批判 「政治的命取り」の報道
6/17(土) 20:24配信 毎日新聞

 【ロンドン三沢耕平】多数が死傷したロンドン西部の高層住宅火災でメイ英首相に批判が集まっている。総選挙で後退し辞任要求が続く中、英メディアは今回の火災がメイ氏の「政治的な命取り」になりかねないと伝えている。

 「メイ(首相)は殺人者だ!」。16日は地元の区庁舎に約200人が殺到、退陣を求めるプラカードを手に声を上げ続け、一部の集団と警官隊が数時間もみあいに。20代男性は「2カ月前に防火対策の陳情に来た。今回の火災はその訴えを無視した人災だ」と怒りが収まらない様子だ。

 メイ氏は15日に現場を視察し、消防隊員に徹底調査を指示したが、遺族や高層住宅住民と会わなかった。一方、最大野党・労働党のコービン党首は、行方不明の家族を捜す女性を抱き寄せて慰め、大きく報じられた。

 保守党だったポーティロ元国防相はBBCで「批判されるかもしれないが、住民と話すべきだ」と指摘。英メディアは一斉に、2005年に米国で大被害を生んだハリケーン「カトリーナ」への対応を誤った当時のブッシュ大統領が、危機管理能力を厳しく批判された状況に酷似してきたと報じている。

 メイ氏は16日になって病院を訪問し被災者を激励したが、現場近くに住む30代男性は「今回の後手にまわった対応は、メイ政権崩壊の決定打になると思う」と話した。英国では今年、テロも3件相次ぎ、エリザベス女王は声明で「重苦しい雰囲気から抜け出すのは難しい」と述べ「悲しみの中での団結」を呼びかけた。


英マンション火災で住人怒り 区庁舎に乱入も
6/17(土) 18:07配信 ホウドウキョク

イギリス・ロンドンで起きた高層マンションの火災で、住民が怒りを募らせている。
ロンドンで14日に起きた高層マンション火災で、マンションから避難を余儀なくされた住民らが、16日、建物を所有する地元の区庁舎に押しかけ、一部が庁舎内に乱入する騒ぎが起きた。
住民らは、今後も同じ区内に住めるような手だてや、被害者への補償のほか、改修工事が適切だったかなどについて、調査を行うよう求めている。
一方、火災直後に住民と面会せず、批判を浴びていたメイ首相は、教会で一部の住民と会い、その際、車が取り囲まれた。
メイ首相はその後、当面の生活や葬儀の費用などのために、政府が500万ポンド(およそ7億円)の資金を拠出すると発表した。


ロンドン「タワマン」火災、世界中が衝撃 日本も危ない?60階規模珍しくない
6/17(土) 16:56配信 夕刊フジ

302
炎上する「グレンフェル・タワー」(撮影・岡部伸)(写真:夕刊フジ)

 英国ロンドンでとんでもない火災が起きた。24階建てのタワーマンション(タワマン)で、低層階から出火、あれよあれよと燃え上がり、全焼したのだ。パニック映画「タワーリング・インフェルノ」(1974年)を彷彿とさせる大惨事に世界中が衝撃を受けたが、この惨事を目にして、不安がよぎった読者も多いはずだ。「うちのタワマンは大丈夫だろうか」と…。

 炎上したのはロンドン西部の「グレンフェル・タワー」。14日午前1時(日本時間同午前9時)ごろ、大規模な火災が発生し、建物全体が炎に包まれ、激しく焼損した。警察当局は17人の死亡を確認。死者は増える見通し。37人が入院中で、うち17人が重体という。

 建物には約120室あり、400~600人が居住。BBC放送は、住宅部分の4階付近が出火元である可能性があると伝えた。「冷蔵庫から出火した」「最近行われたガス工事が原因」など情報が錯綜している。

 物件の高さは約68メートルで、映画「タワーリング-」が公開された74年に建てられ、昨年、大規模な改修工事を行っていた。

 日本でも東京・豊洲など大都市を中心にタワマンが林立し、建設ラッシュも続いている。ロンドンの24階どころか、はるかに上回る60階規模の物件も珍しくない。これらも同じ事態になる可能性があるのか。

 大手不動産でマンション開発を長く担当したベストサポート(東京)の社長、大友雅敏氏は「日本のタワマンでは、まず考えられないことですね」と指摘し、こう解説する。

 「日本の基準は極めて厳しく、どの建材も不燃材が使われます。外壁はコンクリートパネルで、固定する接着剤も不燃材。ガラスは防火ガラスで、部屋と部屋を仕切る壁には乾式耐火遮音壁が用いられます。万一、室内で家財が燃えてもスプリンクラーが作動し、防火扉で他の住戸に飛び火しないようシャットアウトする仕組みです」

 ロンドンの物件では外壁が燃え、それが上の階に伝っているようにも見えるが、「昨年の修繕の際、外壁に燃えやすい建材か接着剤を使ったのかもしれません。仮にそうなら、常識ではありえないことです」(大友氏)。

 原因究明が待たれる。


英歌手アデル、マンション火災現場で被災者励ます
6/17(土) 15:22配信 日刊スポーツ

 英歌手アデル(29)が、14日に英ロンドンで発生した高層マンションの火災の現場を訪れ、被災者を励ます姿が目撃された。

 ロンドン生まれのアデルは火災現場を夫と共に訪れ、ぼうぜんと燃えるマンションを眺める被害者を抱きしめたり、「何か手伝えることはありますか?」と声をかけるなどしていたという。

 マンションが炎に包まれる中、アデルが多くの人たちをサポートする様子は、目撃者によってSNSで紹介された。しかし本人は無言を貫いており、その姿勢に称賛の声が上がっている。

 公営住宅ランカスター・ウェスト・エステートのグレンフェル・タワーで起きた火災では、17日現在30名を超える犠牲者が出ており、今なお行方不明者が多数出る大惨事となった。(ロサンゼルス=千歳香奈子)


高層マンションの8割、消防法違反…東京消防庁
6/17(土) 15:04配信 読売新聞

 昨年1年間に東京消防庁の立ち入り検査を受けた東京都内の高層マンション576棟のうち約8割(463棟)が、消防法違反を指摘されていたことが同庁への取材でわかった。

 違反の大半は避難訓練を取り仕切る防火管理者の不在と消防設備の未点検だった。ロンドンの24階建て住宅で起きた火災では多数の死傷者が出ており、専門家からは国内の防火策徹底を求める声が上がっている。

 同法で「高層」と定義される高さ31メートル(11階相当)を超えるマンションは都内に9288棟あり、昨年は153件の火災が発生し、2人が死亡、58人がけがを負った。はしご車の放水が届かず、消火や避難に時間がかかることが多いという。


ロンドン火災、原因究明と被災者支援求めデモ
6/17(土) 11:57配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドン西部で起きた高層公営住宅の火災で16日、火災の原因究明や被災者の支援強化を求めるデモが市内数か所で行われた。

 14日に発生した火災では、警察当局が30人の死亡を確認し、英メディアは約70人が行方不明と報道。住民らのやり場のない怒りの矛先は、メイ首相にも向けられている。

 デモは16日午後、公営住宅を所有するケンジントン・チェルシー行政区の区役所前で始まった。対話を求めるデモ隊に、行政側が文書で応対したため、怒った群衆が区役所になだれ込む場面もあった。


英マンション火災が鎮火 死者は30人に
6/17(土) 11:42配信 ホウドウキョク

301
(写真:ホウドウキョク)

イギリス・ロンドンで起きた高層マンションの火災で、警察は16日、死者数が30人になったと発表した。
警察によると、14日に起きた高層マンション火災は、ようやく鎮火し、16日までに30人の死亡が確認された。
しかし、建物内にはまだ多数の遺体が残されていて、死者の数はさらに増える見通し。
また、依然として24人が入院中で、そのうち12人が重体だという。
こうした中、エリザベス女王とウィリアム王子が16日、現場近くの避難所を訪れ、避難した人たちやボランティアなどに声をかけて励ましたほか、メイ首相も、ロンドン市内の病院を訪れて負傷者を見舞った。


【ロンドン火災】 少なくとも58人が推定死亡と警察 女王は「国中が深沈」と声明
6/17(土) 11:26配信 BBC News

300
【ロンドン火災】 少なくとも58人が推定死亡と警察 女王は「国中が深沈」と声明

ロンドン西部の公営高層住宅を襲った火事について、ロンドン警視庁は17日、少なくとも58人が行方不明で死亡したと推定されると発表した。エリザベス女王は同日、異例のコメントを発表し、数カ月の間に英国を襲った「相次ぐ悲劇」の被害者を追悼し、国を挙げて支えると表明した。

ノース・ケンジントン地区にある公営住宅グレンフェル・タワー(24階建て127戸)で14日未明に火事が発生し、炎はたちまち建物全体に延焼した。出火原因は明らかになっていないが、警察は不審火を疑わせるものは今のところないと話している。火勢は激しく、鎮圧には消防士200人以上による24時間以上の消火作業を要した。

ロンドン警視庁のスチュアート・カンディ警視長は17日までに58人が行方不明で、死亡が推定されると発表し、人数はさらに増える恐れがあると述べた。捜索活動の大部分が終了するまでには数週間かかる見通しだが、「愛する人たちをできるだけ早く発見し回収していく」方針を示した。

カンディ警視長は、自力で建物を脱出した人たちは自分の安全を当局に知らせるよう呼びかけた。

これまでに30人の死亡が確認されている。BBCの取材では、約70人が行方不明とみられる。

消防当局は、生存者がこれ以上発見されるとは考えていないと話す。16日現在で24人が入院中で、12人が重体という。

これまでに名前が公表された犠牲者3人は、シリア難民で土木工学の学生だったモハメド・アルハジャリさん(23)、両親や弟と暮らしていた5歳のアイザック・シャウォちゃん、21階に母親と住んでいたアーティストで写真家のハディージャ・セイさん(24)。セイさんの作品は現在、ベネチア・ビエンナーレ国際美術展に展示されている。

警察は、火事を不審火とは見ていないが、事件捜査に着手した。

地方政府協会によると、全国各地の区役所がそれぞれの地元にある公営高層住宅の安全性確認に着手した。

BBC番組「ニュースナイト」の取材で、2015年の大規模修繕工事でグレンフェル・タワーに使われた外装材は、芯に断熱効果の高いミネラル素材ではなく、ポリエチレン(プラスチック)を使った商品名「レイノボンド」だと分かった。

コミュニティー・地方自治省によると、ポリエチレン芯とアルミパネルからなる外装材は「現在の建築基準を満たさず」、18メートル超の建物に使うべきものではないと話す。ただし同省は、グレンフェル・タワーで使われている外装材については、調査結果を待つ必要があると、回答を避けた。

女王が異例の声明

16日に火災現場近くで住人やボランティア、消防士たちを慰問したエリザベス女王は17日、この日は公式行事としての女王誕生日(本当の誕生日は4月)にあたる「本来ならお祝いの日」だけれどもと前置きし、「今年はしかし、国中がとても深沈とした気持ちでいることを無視することはできません」とコメントを発表した。

女王は、英国が「ここ数カ月の間にひどい悲劇を相次ぎ目のあたりにしてきました。こうした出来事に直接影響を受けたすべての人たちに、私たちは引き継続き、国をあげて思いと祈りを寄せています」と書いた。さらに、「最近マンチェスターやロンドンを訪れ、国中の人たちがただちに、助けを必要として切迫する人たちを慰め、支援しようとする様子に、非常に感銘を受けました」と国民を称えた。

その上でエリザベス女王は、「試練を与えられた英国は、困難を前に決然としています。同じ悲しみを抱き団結する私たちは、同じように断固として、恐れもひいきもせず、打撃と喪失であまりにひどいことになった生活を立て直そうとする、すべての人を支えていきます」と表明した。

16日に現場近くのウェストウェイ・スポーツ・エンターを訪れた女王とウィリアム王子は、ボランティアや住民、地域代表と面会。女王は、消防士たちの「勇気」を称え、支援を提供するボランティアたちの「素晴らしい思いやり」を称賛した。

女王は自爆攻撃を受けたマンチェスターも事件後間もなく訪れ、入院中の負傷者を慰問している。

BBCのピーター・ハント王室担当編集委員は、今回の女王声明は形式に則った儀礼的なものではなく、国民の怒りに応えて国をまとめようとした異例のものだと説明する。

「正義が欲しい」

被害に遭った住民への支援を求めて、ロンドン各地で追悼集会や抗議集会が開かれている。

タワー棟を所管するケンジントン・チェルシー行政区の区役所には、50~60人が押し寄せ、家を失った人たち「今すぐ支援を」と強く求めた。

区役所前の抗議は午後3時ごろに始まり、たちまち膨れ上がった。午後4時半ごろに大勢が区役所の階段を上り、「正義が欲しい、正義が欲しい」と唱えながら建物内に入った。

集まった一人は、「何がどうなってるのか、誰にも分からなくて、みんなすごく怒ってる。(被害者の中には)道端で寝るしかない人たちがいて、そんなのおかしい」と批判した。

抗議を呼びかけたムスタファ・アル・マンスールさんは、できるだけ多くの被害者に地元で住む場所を提供し、被害者に資金援助を提供するという行政区の声明を読み上げた。しかしマンスールさんは、行政側の回答を「薄っぺら」で「具体的な答え」が何もないと批判した。

「みんな回答に満足していない」とマンスールさんはBBCに答えた。

「みんなものすごく不満でイライラしていて、建物の方に歩いて行った。無理やり乱入したわけじゃない。区役所のロビーに入って、話していただけだ」

警察が現場に到着しバリケードを設置したため、「お互いぶつかりあう」事態になってしまったと、マンスールさんは話した。

緊急基金

メイ首相は同日、地域のコミュニティー・センターでグレンフェル・タワーの住民たちと面会した。この建物の前にも大勢が集まり、出てきた首相に「恥を知れ!」、「卑怯者!」などの罵声を浴びせた。首相は前日に火災現場を視察した際、被害者と話をしなかったことが非難されている。

野党・労働党のジェレミー・コービン党首やロンドンのサディク・カーン市長は、メイ氏と同じ15日に現場を訪れ、住民たちの話に耳を傾けていた。

住民の反応について問われたメイ首相は、「私はいま何よりも、支援を現地に届けることを最優先している」と答えた。「政府は必要な資金を提供している。政府として、原因を徹底的に究明する。住民に住居を提供する。そうしたことが確実に実施されるようにする」と首相は述べた。

メイ首相は500万ポンド(約7億円)の「グレンフェル・タワー住民裁量基金」の創設を発表。家を焼け出された住民に対して、3週間以内にできるだけ近隣に新居を提供し、その間は仮住まいの費用を負担し、さらに必要な資金援助を提供するというもの。

住民と面会した首相はさらに、15日に発表した原因究明公開調査をどのように実施すべきか住民たちと協議するほか、住民たちの弁護士費用を国が助成することになると述べた。

「この悲劇に影響を受けたすべての人が、政府の支援保証を必要としている。皆さんがひどいつらい思いをしている今、政府は皆さんを支える用意がある。私は何としても、それを実現する」

コービン党首は首相あての公開書簡で、首相が指示した原因究明の公開調査について、「学ぶべき教訓をすべて確実に学ぶ」よう保証する必要があると呼びかけた。

「この恐ろしい火災発生に至るまで、どういう対応がとられたか、あるいはとられなかったのか、すべて調べて検討する権限を(調査委員会に)与える必要がある」とコービン氏は求め、「他の類似建物の安全基準についてどのような対応が喫緊に必要なのかも、(調査委員会は)特定しなくてはならない」と訴えた。

追悼と抗議

現場近くのラティマー・キリスト教センター前では数百人が並び、犠牲者のために2分間、涙ながらの黙祷(もくとう)を捧げた。

家族と5階自宅から脱出したマハド・エガルさんは、「最初はすぐ収まるかと思ったのに、建物の外装に火が付くと、あっという間に上に燃え広がっていった。自分たちが助かったことが信じられない」と話した。

議会や官公庁の並ぶウェストミンスター地区でも大勢が集まり、首相官邸のあるダウニング街へと向かった。「グレンフェルに正義を」、「メイは辞任を」、「犠牲者の血はお前たちの手に」などと繰り返しながら、官庁街ホワイトホールを平和的に行進していたが、ダウニング街に入る前に警察に制止された。

その後は北へ、観光客や買い物客で混雑するオックスフォード・サーカスへ進み、座り込みの抗議を続けた。BBC本社前で1分間の黙祷を捧げた後、西へ進み、火災現場のランカスター・ゲートへと到着した。

(英語記事 London fire: Protests held as fire anger increases)


メイ首相、ようやく火災被災者慰問 住民数百人デモ 7億円支援発表も求心力低下
6/17(土) 10:28配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた火災で、メイ英首相は16日、避難所の被災者を慰問した。首相は「臆病者」「恥を知れ」などの非難の言葉を浴びせられ、付近では対応に不満を抱く住民が抗議デモを行う騒ぎとなった。

 メイ氏は15日に火災現場訪れたが、住民を慰問しなかったことで与野党やメディアから批判が噴出。16日、避難所となっている教会で被害者と面会した。

 住民ら数百人はこの日、火災現場のあるケンジントンチェルシー王立特別区役所に押し寄せてデモを展開。行方不明となった家族や知人の写真や「正義を」「調査を要求する」と書かれたプラカードを掲げ、一部のデモ参加者は区役所に押し入った。メイ氏は16日、火災被害に遭った住民に500万ポンド(約7億円)の支援を発表した。

 今回の火災では、建物の外壁が可燃性の断熱材で覆われていたことやスプリンクラーが設置されていなかったなど、防火対策の不備が被害の拡大を招いたとの指摘が出ている。


火災現場を訪問する英女王
時事通信 6/17(土) 8:57配信

299
16日、火災に見舞われたロンドン西部の高層アパートの近くに到着した英国のエリザベス女王(手前)とウィリアム王子。


アパート火災の死者30人に
時事通信 6/17(土) 8:56配信

298
英警察は16日、ロンドン西部の高層アパートで14日に発生した大規模火災で、「死者数は現時点で少なくとも30人になった」と発表した。写真は高層アパート内部を調べる救急隊員と警察官。


英タワー火災、デモ隊が地元役所に突入 当局の対応に怒り
6/17(土) 6:32配信 AFP=時事

297
英ロンドン・ケンジントン&チェルシー王立区の役所内に突入するデモ隊(2017年6月16日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】大規模な高層住宅火災が起きた英ロンドン(London)西部の高級地区で16日、火災の犠牲者のための抗議デモを行っていた数十人が、地元役所内に突入する騒ぎがあった。

【写真12枚】役所に突入し、警備員と衝突するデモ隊

 デモ隊は、当局が犠牲者らの窮状を無視していたと非難。「私たちは正義を求める!」「恥を知れ!」「人殺し!」などと叫び、ケンジントン&チェルシー王立区(Royal Borough of Kensington and Chelsea)の役所のロビーで警備員ともみ合いになった。

 役所の外では、歌手で人権活動家としても知られるリリー・アレン(Lily Allen)氏を含む数百人が抗議に集まっていた。

 火災が起きたグレンフェル・タワー(Grenfell Tower)は、ケンジントン地区の高級住宅地近くにある労働者階級向け住宅地区内に位置している。同タワーの住民らは、昨年完了した大規模改装工事の際、火災安全基準に関する懸念を繰り返し表明したものの、聞き入れられなかったと主張している。

 警察はこれまでに30人の死亡が確認されたと発表。一方でメディア各社の報道では行方不明者数は70人以上に上るとされ、地元住民は警察が本当の犠牲者数を隠していると非難している。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドン火災 死者30人に エリザベス女王、メイ首相が被害者らを慰問
6/16(金) 23:40配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた大規模火災で、ロンドン警視庁は16日、死者は少なくとも30人になったと発表した。捜索が進むに連れて犠牲者はさらに増える見通しで、英メディアは最終的に100人前後まで増える可能性を指摘した。警視庁はこのほか24人がなお病院に収容され、12人が重体と明らかにした。

 エリザベス女王とウィリアム王子、メイ首相が16日、それぞれ現場を訪れ、被害者らを慰問した。メイ氏は15日に現場を視察した際に住民に面会しなかったことで批判を受けていた。

 また英メディアによると、死者のうち1人の身元が15日初めて確認され、4年前にシリアを逃れ英国に渡った難民のムハンマド・ハジャリさん(23)と判明した。

 警視庁は完全鎮火したと発表、「原因が意図的なものであることを示す状況はない」として、放火の可能性を否定。改築工事に伴う失火の可能性が指摘されている。


英高層火災、30人の死亡を確認…女王が慰問
6/16(金) 22:25配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドンで起きた24階建て高層公営住宅の火災で、ロンドン警視庁は16日、30人の死亡が確認されたと発表した。

 このうち1人は病院で治療を受けていたが死亡したという。

 同警視庁によると、70人以上の負傷者のうち24人が今も入院している。警察は、防火管理が不十分だったことや、可燃性の断熱材を使った改修工事が大きな被害を招いた、との指摘もあることから、刑事事件として捜査を開始した。

 英PA通信は16日、「70人以上が行方不明になっているとみられる」と伝えた。行方不明者の捜索には数週間かかるとの指摘もある。

 激しく損傷したビル内の安全確保が難しいため、死亡が確認された30人の多くも、遺体を搬出できない状態という。エリザベス女王は16日、避難所を訪れて被災者らを慰めた。


アデル&リタ・オラがロンドンの火事現場に駆けつけていた
6/16(金) 21:50配信 ELLEgirl

296
Photo: Getty Images

ロンドンで6月14日(現地時間)に発生した高層住宅火災では、少なくとも17人が亡くなり、70人以上が怪我をしたと報じられている。近くのノッティングヒルに住んでいるアデルが火事の最中、現地を訪ねているところを目撃された。目撃者によるとアデルは夫サイモン・コネッキとともに避難している人たちを抱きしめ、落ち着かせてあげていたという。

294
courtesy of Rita Ora via Instagram

またリタ・オラは、翌日の6月15日に火事の犠牲者のための支援活動に参加し、SNSでも高層住宅の住民のために物資を寄付してくれるように呼びかけた。インスタグラムには「私の家の近くでこんな事件が起きたことが信じられない」「子どもの頃、この地域で遊んでいた。助けるために私にできることをしたい」とコメントしている。火事が発生した建物は低所得者のための住宅で、住民たちが以前から要求していたにも関わらず、火災対策などが疎かになっていたという報道も。犠牲者の安らかな眠りを祈りつつ、火事原因などの続報にも注目。
(text : Yoko Nagasaka)


英ロンドンの高層住宅火災、ようやく鎮火 死者は30人に
6/16(金) 21:43配信 AFP=時事

295
火災によって焼損した英ロンドン西部のグレンフェル・タワーで現場検証を行う消防隊員ら(2017年6月16日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)西部の24階建ての高層住宅で発生した大規模火災で、警察当局は16日、死者の数が少なくとも30人に増えたと明らかにするとともに、火災は鎮火したと発表した。

【関連写真】焼損した建物内で作業する消防隊員

 ロンドン警視庁(Metropolitan Police、Scotland Yard)のスチュアート・カンディ(Stuart Cundy)氏は、これまでに「火災により少なくとも30人が死亡したことが分かった」と述べ、火災は「意図的に」引き起こされたものではなかったとの認識を示した。【翻訳編集】 AFPBB News


リタ・オラ、ロンドン火災被害者を支援。
6/16(金) 21:02配信 VOGUE JAPAN

294
Photo by Instagram/@ritaora/Rita Ora

リタ・オラが13日(現地時間)にロンドン西部にあるグレンフェル・タワー火災の被害者に向けて、全力で支援活動を行っているという。24階建ての公営高層住宅で起きた火災により、現在のところ少なくとも17人の死者と複数の負傷者が出ているが、リタは幼い頃遊んだ場所であったとしてひどく心を痛めているようだ。
リタはインスタグラムに「ここは私の地元よ。こんなことになっているなんて信じられない。巻き込まれた全ての人たちにために祈りを捧げています。私の鼓動がとても早くなっているわ。私は昔、あのあたりで遊んでいたの。助けになること全てをやりたい」と投稿し、ツイッターでは「このひどいニュースを耳にして、ショックを受けていると同時に悲しみに打ちひしがれているわ。この西ロンドンの惨事の被害者の方々を思うと胸が痛いです」とコメントしている。

また、リタはインスタグラムのストーリーにて、家を失った被害者の人々のために用意された食料や飲料水などが自身の脇に置いてある様子を公開していた。

一方で、同じくロンドン出身のアデルも今回の火災被害者の支援のために現場を訪れていた。


アデルとリタ・オラ、ロンドンの火事現場に駆けつける
6/16(金) 21:02配信 ELLE ONLINE

293
アデル(Adele)、リタ・オラ(Rita Ora) photo : Getty Images

少なくとも17人が亡くなり、70人以上が怪我をしたと報じられているロンドンの高層住宅の火災。近くのノッティングヒルに住んでいるアデルが火事の最中、現地を訪ねているところを目撃された。目撃者によるとアデルは夫のサイモン・コネッキとともに避難している人たちを抱きしめ、落ち着かせてあげていたという。

またもう1人、現地をすぐに訪ねたのがリタ・オラ。火事の翌日、リタは火事の犠牲者のための支援活動に参加、SNSでも高層住宅の住民のために物資を寄付してくれるように呼びかけている。

294
courtesy of Rita Ora via Instagram

実は子どもの頃、火事の起きた住宅の近くに住んでいたというリタ。インスタグラムには「私の家の近くでこんな事件が起きたことが信じられない」「子どもの頃、この地域で遊んでいた。助けるために私にできることをしたい」とコメントしている。

火事が発生した建物は低所得者のための住宅だったという。住民たちが以前から要求していたにもかかわらず、火災対策などがおそろかになっていたという報道も。イギリス国内だけでなく、世界中に大きな衝撃を与えた今回の事件。犠牲者の安らかな眠りを祈りつつ、火事原因などの続報にも注目したい。
(text : Yoko Nagasaka)


<英高層住宅火災>死者60人超か 76人の安否確認とれず
6/16(金) 20:30配信 毎日新聞

292
ロンドンで火災が発生した高層住宅=AP

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部の高層住宅(24階建て・120室)で起きた大規模火災でロンドン警視庁は16日、死者数は30人に増え、12人が依然、重体だと発表した。現場は完全に鎮火し、出火原因の捜査を始めたとも明らかにした。放火の可能性は否定した。英BBCは76人の安否が確認されておらず、死者数は最終的に60人を上回る可能性があると報じた。

 ロンドン消防局によると、建物内部は焼け落ちた天井や壁などが積み重なり、高層階では床がもろくなっている。遺体捜索は難航し完了まで数週間はかかる見通し。警視庁によると一部の遺体は損傷が激しく身元確認ができない場合もありそうだという。

 英メディアによると死者の1人はシリア難民のムハンマド・ハジャリさん(23)と身元が判明した。

 一方、多くの犠牲者が出た原因をめぐり、人災的要素が指摘されている。火災の上層階への延焼を促進した可能性が指摘される外壁の選択や、火災の際は室内にとどまるように住民が指示されていたことなどが問題視されている。メイ首相は15日、調査委員会を設置する方針を明らかにした。


英アパート火災の死者30人に=100人近くに増加も
6/16(金) 20:29配信 時事通信

 【ロンドン時事】英警察は16日、ロンドン西部の高層アパートで14日に発生した大規模火災で、「死者数は現時点で少なくとも30人になった」と発表した。

 焼け跡の捜索が進むにつれ犠牲者数はさらに増加する見通しで、最大で100人近くまで増える恐れがある。

 警察はこのほか、24人がなお病院に収容されており、12人が重体だと明らかにした。

 これより先、BBC放送は最大で76人が行方不明になっていると報じた。この中に15日までに発表された17人の死者の一部が含まれている可能性もあるという。捜索は長期化するとみられる。

 一方、エリザベス女王と孫のウィリアム王子が16日、被災住民が避難しているコミュニティーセンターを訪れ、住民や支援ボランティアらを慰問した。メイ首相も負傷した住民が治療を受けている病院を訪れた。首相は15日に現場を視察したが、住民に会わなかったことで批判を浴びている。

三菱MRJ、パリ航空ショーに出展

三菱航空機(愛知県豊山町)は親会社の三菱重工業とともに、同社が開発中の国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を、現地時間6月19日からパリのル・ブルジェ空港で開催される「第52回パリ航空ショー」に初めて出展した。

出展されたのは、同機の飛行試験3号機(登録番号JA23MJ)で、現地時間6月15日(日本時間16日)に同空港に到着した。

この機体は去る3月13日に、愛知県営名古屋空港から飛行試験の拠点となっている米国ワシントン州モーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港へ向けて空輸され、現地で飛行試験に投入されていたが、このたびパリ航空ショー出展に備えて、ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA)の塗装に米国で塗り替えられた。

なお、製造段階からANA塗装とされている飛行試験5号機(JA25MJ)は当面飛行せず、県営名古屋空港に隣接する三菱航空機最終組立工場で、設計変更点のプロトタイプとして機器配置の検討などに使用されている模様。

MRJは現在、世界各国の7社から計427機を受注(内訳は、確定受注が233機、オプション契約が170機、購入権契約が24機)、2020年初頭までに型式証明(TC)の取得を目指し、同年後半から量産機の納入を開始するとしている。

リンク:パリ・エアショー参加の「MRJ3号機」、モーゼスレイクに帰る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ・エアショー参加の「MRJ」、回送と離着陸動画が公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「秋にかけて大変重要な時期」MRJパリ航空ショー初出展、水谷社長に聞く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【パリ航空ショー2017】MRJの開発は2020年半ばの引き渡しに向けて順調 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、パリ航空ショー初出展終え離陸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【パリ航空ショー2017】ANA塗装のMRJ飛行試験機がル・ブルジェ空港を出発、米国への帰途に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、現時点で新規受注なし。サプライズはあるか? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、初の国際航空ショー…受注なしの見通し - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【パリ航空ショー2017】ANA塗装のMRJ飛行試験機内部を公開、初飛行で操縦桿を握った安村氏らがパリへフェリー - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、試験機の機内公開 水谷社長「将来のビジネスつなげたい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「MRJ」ようやく実機展示も、ライバルさらに上空へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三菱航空機、MRJの販売目標は1000機以上 20年間で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJの実機お披露目 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJの実機お披露目=パリ航空ショー開幕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJの実機お披露目=パリ航空ショー - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三菱重工宮永社長「強い気持ちの表われ」 MRJ、ANA塗装でパリ航空ショーお披露目 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ航空ショー、きょう開幕。「MRJ」初の実機展示で顧客の反応は? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、パリ航空ショーで展示へ 納期順守をアピール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、パリ航空ショーに初展示へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【パリ航空ショー2017】ANA塗装のMRJを前にANAHD副会長 篠辺氏「おぉ、できてるじゃないか」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJの試験機、パリ航空ショーで展示へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA塗装のMRJ、パリ航空ショー初出展 ル・ブルジェ空港で準備進む - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、欧州初登場=パリ航空ショーで展示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA塗装のMRJ、パリ到着 欧州初上陸、航空ショー初出展へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、パリ郊外のル・ブルジェ空港に到着 パリ・エアショーで展示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ がパリ到着…ANA塗装で欧州初上陸、エアショーに展示予定 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

パリ・エアショー参加の「MRJ3号機」、モーゼスレイクに帰る
7/7(金) 18:23配信 sorae.jp

Mrj3anp
パリ・エアショー参加の「MRJ3号機」、モーゼスレイクに帰る

三菱航空機はMRJ Newsletterの26号で、パリ・エアショーに参加したリージョナルジェット「MRJ」の3号機がモーゼスレイクに帰着したことを伝えています。
 
パリ・エアショーにあわせてローンチカスタマーとなるANA塗装が行われた、MRJ3号機。米ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港のモーゼスレイク・フライトテスト・センターに到着したのは現地時間で6月24日の16時頃でした。
 
さらにMRJ3号機は、帰途でもGPSや気象レーダー、自動操縦などについてのデータ収集を行い、その機能性の確認を行ったそうです。上の画像は、エンジンパートナーとなるP&W社本社があるコネチカット州ハートフォード近郊のブラッドレイ国際空港で、P&W社やUTCエアロスペース・システムズ社の社員が見学をしている様子です。
 
MRJは搭載するP&W(プラット・アンド・ホイットニー)製の「PurePowerギヤードターボファンPW1200Gエンジン」がFAA(米国連邦航空局)の型式証明を取得するなど、機体の型式証明の取得と納入までもう一息というところまできています。


パリ・エアショー参加の「MRJ」、回送と離着陸動画が公開
6/26(月) 17:34配信 sorae.jp

Mrj3pas
パリ・エアショー参加の「MRJ」、回送と離着陸動画が公開

パリのル・ブールジェ空港で6月19日から25日まで開催された、パリ・エアショー。その場で展示された三菱航空機のリージョナルジェット「MRJ」の回送(フェリーフライト)や離着陸の様子が、動画で公開されました。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=ZffuEOoedeI)

ローンチカスタマーとなるANA(全日本空輸)のペイントが施されたMRJの3号機は、飛行試験を行っていた米ワシントン州のモーゼスレイク・フライトテスト・センターからカナダやアイスランドを経由して、パリへと到着。MRJがヨーロッパへと訪れるのは今回が初めてとなります。
 
公式には2020年半ば、あるいはもしかすると1年ほど前倒しされるかもしれない、MRJの納入。今回のパリ・エアショーで機体の受注に繋がったという話は聞いていませんが、着実に納入までの歩みを進めてほしいものです。


「秋にかけて大変重要な時期」MRJパリ航空ショー初出展、水谷社長に聞く
6/26(月) 9:45配信 Aviation Wire

Mtpma
MRJのパリ航空ショー初出展を終えた感想を語る三菱航空機の水谷社長=17年6月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機が開発を進めるリージョナルジェット機「MRJ」の飛行試験3号機(登録番号JA23MJ)が、6月19日から開かれた第52回パリ航空ショーに出展された。航空ショーへのMRJの実機出展は初めてで、欧州に姿を見せたのも初となった。

【パリを離陸するANA塗装のMRJ】

 同社の水谷久和社長も、世界各国から機体見学に訪れる航空会社やリース会社などの関係者を連日出迎えた。

 水谷社長は、三菱航空機の親会社である三菱重工業(7011)に1975年入社。名古屋誘導推進システム製作所副所長、航空宇宙事業本部の副事業本部長、防衛・宇宙ドメイン長などを歴任し、今年4月1日に現職に就いた。

 航空ショー開幕前日の18日に機体を報道関係者にお披露目した際は、終始表情が硬かった水谷社長。「英語であいさつするので、ものすごく緊張した」と自嘲気味に笑う水谷社長に、パリ航空ショーを終えた感想などを聞いた。

── 三菱航空機の社長として初めて航空ショーに参加した感想は。

水谷社長:これまでは防衛宇宙部門にいたので、航空ショーへ来ると世界のOEMに出向き、いろんなディスカッションや情報共有をしていた。

 今回はまったく立場が逆。いろんな方を出迎えて、こちらから説明するということが、防衛宇宙部門に在籍していた時はなかった環境だった。そこの面くらい方というか、初めての感覚が非常に強かった。

 ブリーフィングの場を持たせていただくことも、防衛宇宙ではなかったので、かなり違った。

── 今回はMRJの実機を初めて出展した。どういった部分を重視して、潜在顧客に説明したのか。

水谷社長:外観を含め、我々としてはきちっとできていると思うので、まずは機体を見てください、という感じだった。コックピットにしても、パイロットの視点で見て視認性なども配慮している。

 相手にもよるが、それなりの評価はいただけていると思う。

── 機体のサイズに対する反応はあったか。出展したMRJ90に対して胴体が短いMRJ70や、MRJ90よりも胴体が長く開発検討中のMRJ100Xもあるが。

水谷社長:もちろんそうした議論もあるのだが、まずは(出展した)MRJ90の機体をご覧いただいて、どういう感想を持たれるかが話の中心だった。

 MRJ90の機体の出来栄えや、開発状況をご自分の目で見ていただくことはできたと思う。

── 現在飛行試験機は5機で、設計変更が進んでいる。次の飛行試験機の製造はいつごろになるのか。

水谷社長:今年の然るべき時には製造に着手しないと、われわれが目指しているデリバリースケジュール(記者注:2020年半ばの量産機納入開始)がしんどくなる可能性がある。

 そういう意味では、今から秋にかけて大変重要な時期を迎えている。スケジュールをどうやってきちっとこなしていくかが重要だと思っている。

── MRJ70の開発状況はどうか。

水谷社長:MRJ90でTC(型式証明)を取得してからという位置づけなので、MRJ70が先に動き出すことはないと思っている。すべてはMRJ90の開発状況次第だ。


【パリ航空ショー2017】MRJの開発は2020年半ばの引き渡しに向けて順調
6/23(金) 15:11配信 Impress Watch

 三菱重工業株式会社の子会社でMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の開発、製造、販売を行なう三菱航空機は6月19日(現地時間)、フランス・パリ郊外のル・ブルジェ空港で開かれている航空産業の商談/展示会「パリ航空ショー2017」において記者会見を開催し、グローバルの報道関係者に向けてMRJの開発進展状況などに関して説明した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 このなかで三菱航空機は、1月に発表した量産初号機引き渡しを2018年半ばから2020年半ばに延期したことに伴うスケジュール変更、さらには飛行試験の予定などに関して説明し、延期に伴って実施される装備品の配置変更に関してはすでにデザインが完了、電気配線の変更は予定どおりデザインプロセスが行なわれており、現在行なわれている試験飛行と合わせて、新しいターゲットとなる2020年半ばの量産初号機引き渡しに向けて、順調に進んでいるとアピールした。

■ローンチパートナーとなるANA塗装のMRJをもって、パリ航空ショーでの売り込みを目指す

 冒頭で挨拶に立った三菱航空機 取締役社長の水谷久和氏は「MRJのプログラムは徐々に進展しており、今回は我々のローンチパートナーとなるANA(全日本空輸)のカラーを塗装した試作機を持ち込んで、どの程度進展しているのかをお客さまにお見せしたいと考えた。今回は2人のチームリーダーから開発状況について説明していきたい」と述べ、今回三菱航空機がMRJをパリ航空ショーに持ち込んだことの目的を説明した。

 なお、質疑応答では、海外の報道関係者から同社が1月23日に量産初号機の引き渡しを2018年半ばから2020年半ばに延期したことを受けて、このショーで何をアピールしたいのかという質問もでたが、水谷氏は「今回来ているのは我々が開発がきちんと進んでいるということを理解をいただくことが大事だと考えている。すでにご注文をいただいているお客さまからは理解をいただいている。これから将来注文していただくお客さまに理解していただければいいと思っている」と答え、今回のパリ航空ショーに参加したのは、MRJの進展について説明し、潜在的な顧客にアピールする目的があると説明した。

■MRJはゼロから開発した飛行機となるため、過去のしがらみなく新しい世代の技術を採用できている

 引き続き、三菱航空機 営業本部 営業部長の福原裕悟氏が、MRJのリージョナルジェット(座席数が100席以下でハブ空港とローカル空港を結ぶような路線に投入されるジェット機)市場での位置付けや、そのセールスポイントなどについて説明した。福原氏は「今回初めてMRJを欧州に持ってくることができた。販売・マーケティングの観点からこのショーは重要であり、欧州の顧客に対してその高品質や高性能をアピールすることができると考えている」と述べ、MRJをパリ航空ショーに参加させた意義について説明した。

 続けて福原氏は、「リージョナルジェットは今後も年々成長していくと予想されており、2036年には1.6倍になると予想している。だからこそ我々はこの市場にコミットしていく。向こう約20年間に5000機の需要があると考えており、多くは北米、次いで欧州やアジアに需要がある」と述べ、MRJ開発の背景としてのリージョナルジェット市場の大きな可能性を語った。

 そのうえで、MRJの強みとして「MRJはクリーンシート(製品をゼロから開発すること)として設計されている。クリーンシートで設計できることがニューカマーの強みで、顧客のニーズに合わせた飛行機を提供することができる」と述べ、通常であれば従来製品の延長線上として設計されるのが飛行機開発の常道だが、新規参入した三菱航空機はゼロから設計することで、従来製品のしがらみがなく開発できることが強みだとした。それにより具体的なメリットとして、競合と比較して最大20%の低燃費のアドバンテージ、ノイズの低さなど環境への配慮、乗客への快適さの提供、最先端の15インチディスプレイを利用したコックピットデザインなどを挙げた。

■米国でのスコープ・クローズに対応するため、MRJ70からMRJ90へのコンバートも計画

 また、リージョナルジェットを米国で販売するうえでハードルの1つとなるスコープ・クローズ(Scope Clause)問題への対応についても触れた。スコープ・クローズとは、米国における航空会社とパイロットの労使協定の1つで、リージョナルジェットの座席数と重量に制限を設けるもの。米国では大手航空会社がリージョナルジェットをほかの航空会社に委託する場合があり、リージョナルジェットが大きな輸送力を持つと大手航空会社のパイロットの職域を侵すため、それを防ぐために設けられた規定。航空会社により規定は異なるが、最大76席、重量が8万6000ポンドということは共通している。

 MRJの場合、最初にリリースされるMRJ90は座席も重量も規定を超えてしまうため、それ以下のMRJ70というモデルを用意して対応する計画だ。福原氏によれば「現行のスコープ・クローズは2019年の末に改訂される予定で、そこで撤廃される可能性もある。このため、MRJ70をMRJ90にコンバートすることも可能にしている」と述べ、米国特有のニーズにもSKU構成を柔軟にすることで対応できるとアピールした。

 その後、福原氏はMRJの受注状況について説明し、ANAやJAL(日本航空)などの顧客を紹介した。また、スウェーデンのROCKTONとはまだ契約は結ばれていないが、交渉中であるとした。

 福原氏は「現在のリージョナルジェット市場はエンブラエルとボンバルディアの市場だが、現在のオーダーベースで考えれば、三菱は26%のマーケットシェアを獲れている」と説明し、三菱航空機が近い将来にシェアでエンブラエルについで第2位になれる可能性があると指摘した。

■スケジュール変更の原因となった装備品の配置はデザイン完了、電気配線のデザインは進行中

 引き続き、MRJの技術チームを率いている三菱航空機 プログラム・マネジメント・オフィス プログラム・ディレクターのアレクサンダー・ベラミー氏が登壇し、MRJの開発状況の進展に関する説明を行なった。

 ベラミー氏は「量産初号機の引き渡しのスケジュールを、装備品の配置変更と配線関連の設計変更のため、2018年半ばから2020年の半ばに変更したことを発表した。現在は飛行テストを行なっており、変更されたスケジュールでの引き渡しを実現するため全力で取り組んでいる」と述べ、1月23日に発表した設計変更によるスケジュールの変更について説明した。ベラミー氏は着任後にエンジニアリングチームを再編したことを明らかにし、各プロジェクトごとに責任者を配置して組織を整理したとした。

 MRJの開発状況については、認証要件を満たすように装備品の配置を変更することはすでにデザインが完了しており、電気関連の配線変更は、新たに開発チームを雇い、パートナーの協力を得ながら現在デザインが行なわれていると説明した。ベラミー氏によれば、パートナーはそうした飛行機の電気配線を専門に行なっているチームで、専用のツールと技術を利用して現在名古屋で開発を進めているということだった。

 今後のスケジュールについては、現在第1段階目の試験飛行を米国のモーゼスレイクで行なっており、そこに4機のテスト機を投入していくという。さらに第2段階目の試験飛行は最終的な型式証明の認証テストとなり、それは日本とモーゼスレイクで行なうことになるという。現在MRJ90の5機(10001、10002、10003、10004、10005)がテスト機として用意されており、10001~10004までがモーゼスレイクでの試験飛行に、10005が名古屋で地上テストに使われているとベラミー氏は説明した。また、最終的な型式証明の認証テストにはMRJ90が1機ないしは2機用意され、その後MRJ70のそれが用意されると説明した。

 認証機関による認証は、JCAB(国土交通省航空局)/FAA(米国連邦航空局)などの認証機関との協力のもとに行なわれており、JCABの最初のフライトは今夏に、FAAの最初のフライトは今年の終わりまでに、EASA(欧州航空安全機関)は現在検討中だとした。すでにエンジンとなるプラット・アンド・ホイットニー社の「PurePower Geared Turbofan PW1200Gエンジン」はFAAの型式証明を取得しており、それもMRJにとって大きな進展だとベラミー氏は指摘した。

 ベラミー氏は「再デザインや飛行テストは順調に進んでおり、予定どおり2020年の半ばに量産初号機を納入できるように進めたい」と述べ、再デザインによる延期はあったものの、その後は順調に進んでおり、2020年の半ばという新しい公約を守るべく開発を進めて行きたいとした。


MRJ、パリ航空ショー初出展終え離陸
6/22(木) 17:23配信 Aviation Wire

Mrj3to
パリ航空ショー初出展を終えル・ブルジェ空港を離陸するANA塗装を施したMRJの飛行試験3号機=17年6月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機が開発を進めるリージョナルジェット機「MRJ」の飛行試験3号機(登録番号JA23MJ)が現地時間6月22日午前8時10分すぎ(日本時間同日午後3時10分すぎ)、第52回パリ航空ショーが開かれているル・ブルジェ空港を離陸し、米国の飛行試験拠点であるワシントン州モーゼルレイクへ向かった。

【パリを離れるMRJ3号機】

 MRJの実機が航空ショーに出展されたのは、今回が初めて。25日まで開かれているパリ航空ショーのうち、商談期間である22日までに受注発表には至らなかったが、三菱航空機の水谷久和社長は、機体を見学した来場者からの反応についていると評価をいただいた」と語った。

 今回展示した3号機の塗装は、ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)のカラーリングに米国で塗り直された。現地時間13日午前8時38分(日本時間14日午前0時38分)に、飛行試験拠点である米ワシントン州グラントカウンティ国際空港内のモーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)を出発。カナダのウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港とグースベイ空港、アイスランドのケプラヴィーク国際空港を経て、15日午後5時5分(日本時間16日午前0時5分)に、ル・ブルジェ空港へ到着した。

 22日にパリを出発した3号機は、モーゼスレイクへ戻った後は再び飛行試験に戻る。飛行試験は4機体制で進められており、2020年初頭までに機体の安全性を国が証明する型式証明(TC)の取得を目指し、合計2500時間におよぶ飛行試験を進める。三菱航空機によると、まもなく1000時間に達する見通し。

 一方、機体の再設計も同時に進められており、今秋には設計が固まる見込み。設計変更を反映した飛行試験6号機の製造開始は、年内を計画している。

 MRJは、メーカー標準座席数が88席の「MRJ90」と、76席の「MRJ70」の2機種で構成。エンジンはいずれも低燃費や低騒音を特長とする、米プラット・アンド・ホイットニー製のギヤード・ターボファン・エンジン(GTFエンジン)「PurePower PW1200G」を採用する。当初2013年だった納期は5度目の延期により、2020年半ばとなる見通しで、水谷社長によると、社内目標としては2019年を掲げているという。

 MRJはローンチカスタマーとして25機(確定15機、オプション10機)を発注したANAのほか、32機を確定発注した日本航空(JAL/JL、9201)など、7社から計427機を受注。内訳は、確定受注が約半数の233機で、残りはキャンセル可能なオプション契約が170機、購入権契約が24機となっている。


【パリ航空ショー2017】ANA塗装のMRJ飛行試験機がル・ブルジェ空港を出発、米国への帰途に
6/22(木) 15:59配信 Impress Watch

Mrjto
写真:Impress Watch

 三菱重工業と三菱航空機がパリ航空ショー2017で展示したMRJの飛行試験3号機「FTA-3(登録記号:JA23MJ)」が、6月22日(現地時間)の朝、フライトテストの地である米国に向けて出発した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回のパリ航空ショーで展示されている飛行試験機3号機は、会場では地上展示だけだったものの、自力でのフェリーフライトを経て6月15日(同)に、パリ航空ショー会場であるル・ブルジェ空港に到着。商談目的での展示であることから、23日から始まる一般デーを前に、会場をあとにした。

 一般デーを前に会場をあとにする展示機は珍しいことではなく、既報のとおりボーイング 787-10型機は会期2日目には会場をあとにしている。こうしたフェリーフライトの離陸時刻などは公表されていないが、MRJは22日8時過ぎに23滑走路から離陸。すぐにランディングギアを収納し、やや右に旋回しながらパリから旅立っていった。

 ちなみに、このJA23MJの飛行情報は、Flightradar24でも表示されているので、気になる人は追跡してみてもよいだろう。


MRJ、現時点で新規受注なし。サプライズはあるか?
6/21(水) 7:31配信 ニュースイッチ

Mmac
会見する水谷三菱航空機社長

三菱航空機、パリ航空ショーで
 【パリ=戸村智幸】三菱航空機(愛知県豊山町、水谷久和社長)は、航空宇宙産業展「パリ国際航空ショー」で19日(現地時間)、開発中の国産小型ジェット旅客機「MRJ」の最新状況を説明した。ただ、2016年に英国で開かれた「ファンボロー国際航空ショー」の時のような受注発表はなく、国際航空ショー初の実機を披露した前日と対照的に、寂しい内容となった。

 「新しい注文を取るのはさることながら、実機を展示して開発作業がきちんと進んでいることを理解してもらうことが重要だ」。水谷社長は記者から新規受注がないことを質問されると、今回の目的が受注獲得ではないことを強調した。

 MRJの最新状況の説明会は、パリとファンボローの両国際航空ショーの初日の恒例行事。16年はスウェーデンの航空機リース会社ロックトンから、20機の受注(10機はオプション)で基本合意したことを華々しく発表した。しかし今回は開発と営業の両責任者による説明にとどまった。

 ただ、5度目の納入延期でMRJへの信頼低下が懸念される中で、実機を展示して存在をアピールすることが、今回の最大の目標だったと言える。

 水谷社長も事前に「会期中の受注は難しい」と表明していた。重要なのはこれからだ。今秋の完了を見込む設計見直しなど、今後の開発が順調に進み、受注活動につながることが期待される。

<解説>
 エアショーでの受注会見は開幕2日目や3日目に突然設定されることもあるので、現時点で本当に受注ゼロに終わるかは分からない。ただし「受注という目的よりも、見直した計画に基づいて開発していると認識してもらうことが重要」(エアショー前の取材に対する水谷社長談)などの発言からも、相当に厳しい状況であることは伝わってくる。サプライズがあるといいのだが。


MRJ、初の国際航空ショー…受注なしの見通し
6/21(水) 7:13配信 読売新聞

Mrj3pas
多くの報道陣がMRJの取材に訪れ、関心の高さを示した=戸田雄撮影

 【パリ=戸田雄】世界最大規模の航空見本市「パリ国際航空ショー」が19日開幕し、三菱航空機は国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の実機を初めて展示した。

 開発が順調に進んでいることをアピールする狙いだが、今回の航空ショー期間中に新たな受注は獲得できない見通しだ。小型機の需要は今後拡大が見込めるものの、ライバル社との差は広がっている。

 「MRJの開発作業がきちんと進んでいるということを理解して頂くのが、一番重要なミッションだ」

 三菱航空機の水谷久和社長は19日の記者会見で、実機を展示する意義を強調した。親会社の三菱重工業は、MRJ事業を宮永俊一社長の直轄にし、グループを挙げて開発に取り組んできた。航空見本市に初めて実機を展示できたことで、「ようやくスタートラインに立てた」(水谷社長)形だ。


【パリ航空ショー2017】ANA塗装のMRJ飛行試験機内部を公開、初飛行で操縦桿を握った安村氏らがパリへフェリー
6/20(火) 22:27配信 Impress Watch

Ja23mj
写真:Impress Watch

 三菱重工業と三菱航空機は、パリ航空ショー2017の会場でMRJの飛行試験3号機「FTA-3」の機内を公開した。既報のとおり、三菱重工業と三菱航空機は今回のパリ航空ショーでANA塗装が施された飛行試験機の3号機を地上展示。開幕前日にはANAホールディングスの篠辺副会長も同席した記者会見が行なわれた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回のパリ航空ショーで展示されている飛行試験機3号機は2016年11月22日に初飛行した機体で、通常はブラックストライプとMRJロゴが描かれたデザイン。今回の展示のために5月にANA塗装をし直した。現在、愛知県のMRJ最終組立工場で地上試験に使われている飛行試験5号機もANA塗装が施されており、一時的ではあるが、2機のANA塗装MRJが存在する状態になっている。

 ペイントはいわゆるトリトンブルーのANA塗装をベースに、前方に「MRJ Mitsubishi Regional Jet」のロゴがあしらわれたもの。MRJのハウスカラーの特徴である、歌舞伎の化粧をモチーフにしたコックピット窓枠の端の“隈取”も通常のANAカラーにはないMRJ独特のデザインだ。なお、今回のペイントはあくまで今回のショーのためのもので、実際の機体に採用されるかは決まっていない。

 機内は飛行試験機ということもあって、配線などもむき出しの状態。旅客機として利用する場合のイメージは、過去にお伝えしている記事の客室モックアップなどを参照してほしい。コックピットは4枚のディスプレイを用いたグラスコックピットで、ジョイスティックなどではなく操縦桿を用いている。

 後方には貨物エリアがある。多くの旅客機は筒状の機体を上下に分割し、上部を客室、下部を貨物エリアとしているが、MRJは貨物エリアを機体後方のみに装備。これにより、上下を分ける床の位置を下げて、客室エリアを広くしている。これもMRJの特徴の一つであり、飛行試験機では壁のない状態でその特徴を見ることができる。旅客機となる際には、貨物室と客室を隔てる部分にギャレーやラバトリーが設置されることになる。

 この飛行試験機3号機は、米国ワシントン州のモーゼスレイクにあるグラント・カウンティ国際空港をベースに試験が行なわれており、今回のパリ航空ショーには、カナダのウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港、同グースベイ空港、そして大西洋を越えてアイスランドのレイキャビクにあるケプラヴィーク国際空港を経由。レイキャビクからパリまではノンストップで飛行した。

 このフェリーフライトを担当したのは3名のパイロットで、うち1名は、2015年11月11日に県営名古屋空港で行なわれたMRJの初飛行で操縦桿を握ったチーフパイロットの安村佳之氏。初飛行後、安村氏は現在、モーゼスレイクでテスト飛行に従事しており、「私自身は300時間とちょっと。MRJ合計では1000時間近く」の飛行時間に達している。現時点での飛行レートは「4機の飛行試験機が3時間ほどの12~13時間ほどがピーク」とのことだが、これは「これからまだ上がっていく」としている。

 初飛行後からの改善点などを尋ねると、「日々いろいろなパイロットが飛んで、いろいろなコメントが出る。数え切れないほどのパイロットコメントをアップデートした」とのことで、基本的な操縦性は変わっていないものの、ハンドリングのアップデートにより飛ばしやすくなっているという。

 ちなみに、現在はアビオニクス(航空電子機器)や、操縦性に関わるスタビリティ&コントビリティのテストが中心になっているとのこと。安村氏の見解としては「飛行レートがだいぶ上がってきている。機体自体も、フラッター試験や加重試験などの外形上の主な試験は終わっていて、もうそれらのトラブルはないと思う。あとは内部の1個1個の機器の完成度が上がっていけば型式証明が取れると思う」とし、2020年納入というスケジュールを守れることに自信をのぞかせた。


MRJ、試験機の機内公開 水谷社長「将来のビジネスつなげたい」
6/20(火) 13:10配信 Aviation Wire

Mrjcp
パリ航空ショーで公開されたMRJ飛行試験3号機のコックピット=17年6月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機は現地時間6月19日、この日開幕した第52回パリ航空ショーで全日本空輸(ANA/NH)のカラーリングをまとった飛行試験3号機(登録番号JA23MJ)の機内を公開した。

【MRJ機内とパリ航空ショーで飛ぶE195-E2】

 5機あるMRJの飛行試験機のうち、3号機はアビオニクス試験とオートパイロット(自動操縦)試験、飛行特性試験に使用。19日の公開時は、機体前方は試験機器などがない状態で、中央から後方は技術者が機体の状態を観測する席が設けられていた。

 このほかの飛行試験機は、初号機(JA21MJ)はシステム試験、2号機(JA22MJ)は機能・性能試験、内装を施す4号機(JA24MJ)はインテリアや騒音、防氷試験に投入。初号機から4号機までは、米モーゼスレイクを拠点に試験を進めている。

 一方、当初国内でオートパイロット試験に使用する予定だったANA塗装を施した5号機(JA25MJ)は、県営名古屋空港に隣接する最終組立工場で機器配置の見直しなどに使われている。

 パリ航空ショーが開かれているル・ブルジェ空港で会見した、三菱航空機の水谷久和社長は、今回の3号機出展について「開発がきちんと進んでいることを、実機を持ち込んで世界のみなさんにお示しし、理解をいただくことが重要なミッション」と説明。「開発の実態を実機を通して御理解いただき、将来のビジネスにつなげていくきっかけになれば」と述べ、パリでの受注は難しいとの見通しを示した。

 実機を持ち込んだものの、受注は厳しいとみられるMRJ。一方、リージョナルジェット機の市場をリードするブラジルのエンブラエルは、開発中の「E2」シリーズで最大の機体サイズとなるE195-E2の初号機(登録番号PR-ZIJ)を出展。19日には当初20日に予定していた飛行展示を前倒しして実施。約6分間のフライトを終えると、会場からは拍手が沸き起こった。

 リージョナルジェットの王者エンブラエルに対し、開発がリードしていたはずのMRJは徐々に巻き返され、苦しい戦いが続いている。


「MRJ」ようやく実機展示も、ライバルさらに上空へ
6/20(火) 11:40配信 ニュースイッチ

Mrj3pas
披露したMRJ試験3号機の前で握手する宮永三菱重工社長(中央)と篠辺ANAホールディングス副会長(左)ら

「これ以上の納入延期はしないという決意だ」(三菱重工社長)
 【パリ=戸村智幸】三菱重工業は19日(現地時間)に開幕した航空宇宙産業展「パリ国際航空ショー」で、開発中の国産小型ジェット旅客機「MRJ」の実機を国際航空ショーで初めて展示した。開発遅れでMRJへの信頼低下が懸念される中、世界の航空機産業の晴れの舞台で実機を披露し、存在感を高める狙いだ。

 パリ北東部の会場、ル・ブルジェ空港で18日、米国ワシントン州の飛行試験拠点から持ち込んだMRJ試験3号機の披露会が開かれた。第1号顧客のANAホールディングス(HD)仕様に塗装された3号機の前面が、6月のパリにしては熱い日差しを白く反射してたたずんだ。

 披露会には宮永俊一三菱重工社長が出席した。5度の納入延期を経て、開発の主体が子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)から三菱重工に移った表れと言える。

 宮永社長は自らの出席が、「これ以上の納入延期はしないという決意だ」と表明。さらにANA仕様への塗装は自身の指示だと明かした上で、「顧客のために全力で開発していると強く示すため」と狙いを説いた。

 同席した篠辺修ANAHD副会長は「開発過程でさまざまなことが起きると覚悟して発注した」と納入延期に理解を示した上で、「我々の塗装になっているのを見て、できてきていると実感した」と感慨深げだった。

 今年1月の5度目の延期決定により、量産初号機の納入予定時期は2020年半ばへと2年間遅れた。これによるマイナスイメージを払拭(ふっしょく)しようと踏み切ったのが、実機展示だ。

 航空ショーではこれまで、実物大模型(モックアップ)の展示にとどまっていた。機体を持ち込むには、型式証明取得のための飛行試験を中断する必要があったからだ。

 水谷久和三菱航空機社長は「1日でも多く飛行試験をと言う人もいた」と反対意見があったことを明かした上で、「それよりも実機展示で生まれる期待感などプラス効果を採った」と強調した。宮永三菱重工社長も「機体を見てもらうことで商談が広がっていくと願っている」と今後の受注活動の弾みになることに期待する。

 ただ、初の実機展示が意義深いのは確かだが、航空ショーの華である飛行展示を実施しないのは残念だ。米ボーイングや欧エアバスは、開発中の新型機を飛行展示や内部公開でアピールする。一方、MRJは飛行試験への影響を考えると、実機を持ち込むのが限界だった。試験機の状態という理由で、内部も公開しない。

 では次はどうか。18年に英国で開かれる「ファンボロー国際航空ショー」での飛行展示について、宮永三菱重工社長は「来年はステップアップに努める」と前向きな姿勢を示しつつ、「そのときの状況でいろいろ相談しなければならない」と付け加えた。現段階では判断しようがないのだろう。開発が順調に進み、MRJが1年後に英国の空を舞うことに期待したい。

<解説>
 やっとスタートラインに立てた、という印象。MRJを含む民間航空機の開発において「エアショーデビュー」は大きな一歩だが、この先、型式証明までの険しい道のりはまだ残されている。ライバルも手強い。MRJは地上展示のみだが、ブラジルのエンブラエルは今回、開発中の「E2シリーズ」の地上展示と飛行展示を予定している。


三菱航空機、MRJの販売目標は1000機以上 20年間で
6/20(火) 7:21配信 ロイター

216
 6月19日、三菱重工業子会社の三菱航空機は、2040年近辺までに国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を1000機以上、販売する方針を示した。写真はMRJのポスター、都内で2016年10月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[パリ 19日 ロイター] - 三菱重工業<7011.T>子会社の三菱航空機は、2040年近辺までに国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を1000機以上、販売する方針を示した。

同社は同機をパリ航空ショーで展示。顧客に対し順調な進捗(しんちょく)状況を示し、2020年半ばの納入計画に変更がないことを確認していた。

三菱航空の販売マーケティング担当副社長、福原裕悟氏は、同機の販売目標について「約20年間で1000機以上」と答えた。

福原氏は19日、現時点の納入計画は427機と明かしていた。

ローンチカスタマーのANAは18日、同納入計画にコミットしていると述べた。

また福原氏は、三菱航空がブラジルのエンブラエル<EMBR3.SA>やカナダのボンバルディア<BBDb.TO>に独占されているリージョナルジェット市場で、主要2社のうちの1社になることが目標と言及。「(同市場の)リージョナルジェット機需要は今後20年間で5000機以上とみている。リージョナルジェット市場はとても堅実で、グローバルな顧客基盤を作ることが目標」と述べた。


MRJの実機お披露目
6/19(月) 20:00配信 時事通信

 【パリ時事】隔年で開催される世界最大級の航空機見本市、第52回パリ国際航空ショーが19日、パリ郊外ルブルジェで開幕した。日本からは、三菱航空機(愛知県豊山町)が国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の実機を国際航空ショーで初めてお披露目した。


MRJの実機お披露目=パリ航空ショー開幕
6/19(月) 17:00配信 時事通信

 【パリ時事】隔年で開催される世界最大級の航空機見本市、第52回パリ国際航空ショーが19日、パリ郊外ルブルジェで開幕した。日本からは、三菱航空機(愛知県豊山町)が国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の実機を国際航空ショーで初めてお披露目した。

 同社の親会社である三菱重工業の宮永俊一社長は「MRJを披露するのにこれ以上の機会はない。ぜひ間近で見てほしい」としている。

 このほか、ホンダが小型ジェット機「ホンダジェット」を出展。日本政府が川崎重工業を中心に製造するP1哨戒機も展示され、活発な商談が交わされる見通しだ。

 航空ショーは25日まで。米ボーイングや欧州のエアバスをはじめとする航空機関連の約2300社が参加し、業界関係者や一般客ら約35万人の来場が見込まれている。


MRJの実機お披露目=パリ航空ショー
時事通信 6/19(月) 16:10配信

Mrj3a
世界最大級の航空機見本市、第52回パリ国際航空ショーが19日、パリ郊外ルブルジェで開幕した。日本からは、三菱航空機が国産初の小型ジェット旅客機MRJの実機(写真)をお披露目した=15日撮影(同社提供)


三菱重工宮永社長「強い気持ちの表われ」 MRJ、ANA塗装でパリ航空ショーお披露目
6/19(月) 12:58配信 Aviation Wire

Mrj3pas3
パリ航空ショーで展示されるANA塗装をまとったMRJの前で握手を交わす三菱重工の宮永社長(中央)と三菱航空機の水谷社長(右)、ANAホールディングスの篠辺副会長=17年6月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱重工業(7011)と三菱航空機は現地時間6月18日、第52回パリ航空ショーが19日から開かれるパリのル・ブルジェ空港でMRJの飛行試験3号機(登録番号JA23MJ)をお披露目した。ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)のカラーリングをまとい、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)の篠辺修副会長も出席した。

【パリに出展されたANA塗装のMRJ】

 MRJは、メーカー標準座席数が88席の「MRJ90」と、76席の「MRJ70」の2機種で構成。エンジンはいずれも低燃費や低騒音を特長とする、米プラット・アンド・ホイットニー製のギヤード・ターボファン・エンジン(GTFエンジン)「PurePower PW1200G」を採用する。1日には、PW1200GがFAA(米国連邦航空局)の型式証明を取得した。

 当初2013年だった納期は5度目の延期により、2020年半ばを計画。開発遅延に伴い、2016年11月からは三菱重工の宮永社長直轄の開発体制に移行した。

 今回パリへ持ち込んだのは、5機あるMRJ90の飛行試験機のうち3号機で、飛行試験の拠点である米国のモーゼスレイクには、今年4月に到着。ANA塗装には米国で塗り直し、ル・ブルジェ空港には、15日夕方に到着した。

---記事の概要---
・宮永社長「かなりの完成度」
・ANA塗装「強い気持ちの表われ」
・100席以上の着手未定

◆宮永社長「かなりの完成度」

 機体の完成度について、三菱重工の宮永俊一社長は、「かなりの完成度に来ている。そこをぜひ見ていただきたい」と自信を示した。これまでの開発遅延については「1月にも説明したとおり、国際基準の中で機体を完成していくことに、知見が足りなかった。試行錯誤でやってきて、このように解決したと示したい」と、実機をパリへ持ち込んだ意図を説明した。

 宮永社長がパリ入りしたことについて、記者から今後の開発がこれ以上遅れない意思表示かを尋ねられると、宮永社長は「そういう風に理解していただいて結構。より安全な飛行機を完成させるため、最後の検証プロセスにある。飛行機がこんなに完成していますということを、御理解いただければありがたい」と語った。

 三菱航空機の水谷久和社長は、パリに機体を持ち込んだことについて、「航空ショーで機体をお見せできて、身近な目標をクリアした。世界を代表する各社が集まっており、世界レベルではスタートラインについた」と感想を述べた。

 今後の開発スケジュールをどのようにクリアしていくかについて、水谷社長は「2019年納入の社内目標は、スケジュールを変えるわけではない。1月の新体制発表以降、新しい体制をきっちり作って運用し、それなりに成果が出始めている。この延長線上でわれわれなりにがんばって行けば、計画を守れると信じている」と語った。

 今回MRJはパリ航空ショーへ初参加となるだけではなく、欧州での実機初お披露目となった。水谷社長は欧州市場について、「北米だけではなく、欧州にもと思っており、まずはMRJ90を仕上げる。開発状況に理解を深めていただき、将来に向けての話につながっていけばよいと思う」と述べた。

◆ANA塗装「強い気持ちの表われ」

 MRJの飛行試験機5機のうち、すでにANA塗装が施され、国内での飛行試験に投入する予定だった5号機(JA25MJ)は、当面飛行しない見通し。設計変更が進んでいることから、現在は県営名古屋空港に隣接する最終組立工場で、機器配置の見直しなどに使われている。

 3号機をANA塗装でパリへ出展することは、宮永社長のトップダウンで決まった。「ANAには遅れを待っていただいて申し訳ない。機体開発がここまできていると、航空ショーでお客様のために全力でやっていることをお示しする、強い気持ちの表われだ」と理由を述べた。

 一方、MRJはANA以外にも北米市場などにも顧客がおり、機体の安全性を証明する型式証明(TC)を取得するまでは、航空機メーカーの自社デザインによるカラーリングで、航空ショーなどに持ち込むのが一般的だ。

 MRJを発注している他社との関係について、宮永社長は「米国のお客様は、ローンチカスタマーとメーカーの関係をよくご存じなので、(ANA塗装で出展したことを)理解していただけると思う。ネガティブではなく、喜んでいただけると信じている」と語った。

 ANAHDの篠辺副会長は、MRJのパリ航空ショー初出展について、「飛行機を設計してから製造するまでの最終盤にきたことを証明していただけた。我々のペイントがどの段階で見られるかが、ひとつのステップだ」と語った。

 また、宮永社長の直轄体制である点について、篠辺副会長は「ありがたい。三菱重工が総力を挙げて納期に向けて進めている」と評価した。

 MRJのANA塗装は、同社が運航するボーイング787型機と同様、機体前方に大きくMRJのロゴが描かれている。量産機のデザインについて、篠辺副会長は「MRJの文言をどういう形で表現するかは、別途検討する」と述べるにとどめた。

◆100席以上の着手未定

 MRJは2008年3月27日、ANAがローンチカスタマーとして25機(確定15機、オプション10機)を三菱重工に発注し、事業化が決定した。ANAのほか、32機を確定発注した日本航空(JAL/JL、9201)など、7社から計427機を受注。内訳は、確定受注が約半数の233機で、残りはキャンセル可能なオプション契約が170機、購入権契約が24機となっている。

 一方、MRJ最大のライバルである、ブラジルのエンブラエルが開発中の「E2」シリーズは、最初の機体となるE190-E2が、2016年2月25日にロールアウト。現行のエンブラエル170(E170)とE175、E190、E195の4機種で構成する「Eジェット」の後継機で、E175-E2とE190-E2、E195-E2の3機種で構成する。

 2018年の納入開始を目指す、E190-E2のメーカー標準座席数は1クラス106席、2クラス97席、2019年前半から納入予定のE195-E2は1クラス146席、2クラス120席、2020年納入開始予定のE175-E2は1クラス88席、2クラス80席。MRJと座席数で比較すると、MRJ90にとってE190-E2が、MRJ70はE175-E2が競合となる。

 今回のパリ航空ショーでは、エンブラエルはE2シリーズ最大の機体サイズとなるE195-E2の初号機(登録番号PR-ZIJ)を出展。地上展示するほか、飛行展示も予定している。

 80席クラスの機体から、リージョナル機では大型となる100席を超える機体まで、E2シリーズは幅広い選択肢を航空会社に提案できる。

 三菱航空機では、長胴型のMRJ100Xを100席クラスで検討している。宮永社長は、「リージョナル機のコアマーケットは、MRJ90とMRJ70のクラス。技術的に成功させることの次に、事業として成功させることが重要だ。MRJ90とMRJ70をしっかり成功させる」と述べ、当面は100席以上のクラスに着手しない考えを示した。


パリ航空ショー、きょう開幕。「MRJ」初の実機展示で顧客の反応は?
6/19(月) 10:15配信 ニュースイッチ

Mrj3an
パリに向けて米国から出発するMRJ試験3号機(三菱航空機提供)

納入時期前倒しに挑戦、「2強目指せる」
 世界最大の航空宇宙産業展「パリ国際航空ショー」が19日、パリ郊外のル・ブルジェ空港で開幕する。英国で行う「ファンボロー国際航空ショー」との隔年開催の展示会。主催者によると今回は約2300社・団体が出展し、業界関係者向けの前半4日間には15万人の来場が見込まれる。25日までの開催で、後半3日間は一般来場者向け。

 出展する日本勢最大の目玉は、三菱重工業が開発中の国産小型ジェット旅客機「MRJ」を実機展示することだ。主要航空ショーでの同実機展示は初めて。開発が遅れる中、実機を見せて世界の航空会社へのアピールを狙う。

 このほか、日本航空宇宙工業会(SJAC)と加盟12社や、各地の中小企業が出展する。また、東京都が中小企業グループと初出展し、海外メーカーからの受注獲得を目指す。中部地方の7企業・団体もドイツの航空宇宙産業クラスターの企業と交流する。

 パリ航空ショーは2年に一度、奇数年に開かれる世界最大の航空ショー。今回、米ボーイングが小型機「737MAX」の派生機種を事業化することが予想されたり、欧州エアバスが最新鋭大型機の飛行展示を予定したりしているが、日本で最も大きなトピックとなるのは、やはりMRJの実機出展だろう。

 世界の主要な航空ショーでは、メーカーは開発中の機体を展示してPRすることが多い。一方、これまでMRJの開発遅延に苦しんできた三菱航空機は、試験作業などを最優先するため航空ショーには実物大の客室模型(モックアップ)を出展してきた。MRJの実機が航空ショーに持ち込まれるのは初めてとなる。三菱航空機の親会社である三菱重工業の宮永俊一社長も現地に出向き、記者会見を行う予定。

 三菱航空機の水谷久和社長は、ローンチカスタマーであるANAホールディングスへの納入時期について「2019年を念頭に置いて作業している」と20年半ばからの前倒しを目指している。

 量産初号機の納入時期は、5度目の延期で18年半ばから20年半ばに遅れた。水谷社長は「めどが付いたと言えるほどではないが、社内では何とか19年に頑張ろうと話している」という。

 現在、今秋の完了予定で電気配線の見直しによる機体の設計変更作業を進めている。フランス企業とパートナー契約を結び、約20人の技術者を受け入れており「彼らの力をフル活用してきっちり仕上げたい」と水谷社長。

 パリ国際航空ショーに向けては、「エンブラエルが約5割のシェアだと思っている。ボンバルディアは4割だが100席以上に注力しており、我々ががんばっていけば、新しい2強の一角を形成できるのでは」(水谷社長)と意気込む。


MRJ、パリ航空ショーで展示へ 納期順守をアピール
6/19(月) 9:44配信 ロイター

[パリ 18日 ロイター] - 三菱重工業<7011.T>子会社の三菱航空機は約半世紀ぶりとなる国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の実機を19日開幕するパリ航空ショーで展示する。現地入りした幹部らは18日、2020年半ばの納入計画に変更がないことを確認した。

MRJは開発の遅れから初号機の納入予定が5度延期されているが、三菱重工業の宮永俊一社長は18日、記者団に対し「順調な進捗(しんちょく)状況を示すための展示」と説明。

また、同航空ショーで受注についての発表は予定していないと述べた。

三菱航空の販売マーケティング担当副社長、福原裕悟氏は昨年MRJ最大20機の発注契約を結んだスウェーデンの航空機リース会社ロックトンと欧州での販売で提携することに期待感を示した。

同氏はロイターに対し、「欧州では依然として多くの地域ジェット機が運航しており、それらに取って代わる絶好の機会」と述べた。

三菱航空機の水谷久和社長は納入時期を早める可能性があるか聞かれ、2020年半ばを目指しているが開発の前倒しに尽力していると語った。

初号機の納入先であるANAホールディングスの篠辺修副会長は「われわれは(MRJ)受け入れに向けて完全に用意ができている」と述べた。


MRJ、パリ航空ショーに初展示へ
6/19(月) 8:45配信 ホウドウキョク

Mrjana
(写真:ホウドウキョク)

世界最大級のフランス・パリ国際航空ショーで初めて展示される、国産初のジェット旅客機「MRJ」が現地に到着し、関係者に公開された。
初めてヨーロッパに到着した「MRJ」。
披露されたのは、アメリカを拠点に試験飛行を続けているMRJの3号機で、最初の顧客、全日空の青を基調とした塗装が特別に施されている。
世界最大級のパリ航空ショーは、2,300を超える航空関連企業が出展。
三菱重工などは、MRJの実機を展示して、2020年の初納入に向けた開発の進捗(しんちょく)状況を世界にアピールしたい考え。
三菱重工の宮永俊一社長は「飛行機がこれだけできていますと、実際に見ていただきたい」と話した。
MRJは、「パリ国際航空ショー」で、19日から3日間、公開される。

東海テレビ/FNN


【パリ航空ショー2017】ANA塗装のMRJを前にANAHD副会長 篠辺氏「おぉ、できてるじゃないか」
6/19(月) 6:24配信 Impress Watch

Mrj3pas2
写真:Impress Watch

 三菱重工業と三菱航空機は、パリ航空ショー2017開幕を前日に控えた6月18日(現地時間)に記者会見を実施。両社代表者と、MRJのローンチカスタマーであるANA(全日本空輸)を代表して、ANA前社長で現在はANAHD(ANAホールディングス) 取締役副会長を務める篠辺修氏が同席した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 すでにお伝えしているとおり、三菱重工業と三菱航空機は、今回のパリ航空ショーでANA塗装が施された飛行試験機の3号機を地上展示している。同社で「FTA-3」と呼ばれる同機は2016年11月22日初飛行し、2017年4月1日に米国のモーゼスレイクに到着。元々はブラックストライプとMRJロゴが描かれたデザインだが、今回の展示のために5月に塗装し直したという。パリには6月15日(現地時間)に到着した。

 記者会見に臨んだ三菱重工業 取締役社長CEOの宮永俊一氏と、三菱航空機 取締役社長の水谷久和氏は、ともに開発の順調さと、リージョナルジェットに新たな快適性や安全性をもたらす機体であることを改めて説明。

 宮永氏は、「プロジェクトにかける思いとコミットメント。1月に2年遅れるということを説明したが、遅れると言いながらも飛行機はほとんどできているが、安全性の証明のために万全を期すために遅れる、でも飛行機はこれだけできているということを実際に見ていただきたいと思っていた」とし、忙しいテストフライトのスケジュールを合間をぬってパリ航空ショーに出展したことに喜びを示した。

 水谷氏は「パリのこの青空で実機をご覧いただくことができてうれしく思っている。関係者一同、準備を重ねてきた甲斐があった。順調に仕上がっている。1月にお約束したスケジュールを守るべく頑張る」と改めての決意を表明した。

 今回の展示について、多くの商談が予定されていることは認めつつも、セールスの観点以上に「ここまで来ていると見ていただくことが重要」であるとしており、宮永氏は「コミットメントを示すために来た」と強調。

 水谷氏は、一部で「納入を2019年に前倒しする」との発言が報道されたことについて、「スケジュールを前倒し、変更したような報道があったことは一部にあったことは、私の思いとずれていたところがあった。特になにかを変えるわけではなく、1月の発表以降、新しい体制をきっちり作って、それを運営して成果が出始めているので、その延長線上で頑張っていければ、今の計画を守れることになると信じている。そこに(前倒しが)付いてくるということ」と説明。「我々の社内のグループ目標として“少しでも早く”という気持ちをお伝えしたかった。三菱航空機として対外的に約束しているMRJの目標納期は2020年半ばで、変わっていない」とした。

 このほか記者会見では、MRJ 90と最終組立工場での製造がスタートしたMRJ 70に続く航空機の開発についても質問が出たが、宮永氏は「まずはMRJを素晴らしい飛行機に作り上げることが大事で、総合的な航空機メーカーとしての力を長く保てるような全体的なレベルを高める。それを続けることが一番大事。我々のコアなビジネスにするためのいろいろな形で努力していく」とし、まずは両モデルの生産で技術力やビジネスとして確立するノウハウなどを習得することが重要であるとした。

□ANAHD副会長 篠辺氏「(スケジュールの遅れは)ローンチカスタマーとして理解している」

 ローンチカスタマーのANAを代表して会見に臨席したANAホールディングス 取締役副会長を務める篠辺修氏は、今回の出展に対して三菱関係者の努力への敬意や、ANA塗装が施された機体の展示に喜びの言葉を述べ、「我々はエアラインとして受け入れの準備ができており、引き続きMRJプロジェクトの進展に期待する」とした。

 また、ANA塗装のMRJをバックに行なわれた囲み取材では、「(スケジュールの遅れについては)都度ご報告をいただいていたし、実際に飛行機が飛んできて、しかも私どものロゴが入ったものを見て『おぉ、できてるじゃないか』」としたほか、「これは飛行機の設計から製造にいたる過程のなかでの最終盤であることを証明いただけたと思っている。最初に受領することになる我々のペイントをいつ実際に見られるかは一つのステップ。大変に光栄でうれしい」とコメント。今回ANA塗装機が展示されたことを「この段階まで来たな、という安心材料」とした。

 またスケジュールの遅れについては、「飛行機を使う側としては万全な飛行機にしていただきたいので、そこはローンチカスタマーとして理解しているつもりなので、これから確実にスケジュールを刻んでいただければ。開発の過程で我々にはうかがい知れないことが今後もあるかも知れないが、それを覚悟したうえで発注している」と話し、ANA側は納期予定から逆算しての受け入れ体制の修正を進めているとした。


MRJの試験機、パリ航空ショーで展示へ
6/18(日) 18:46配信 読売新聞

Mrj3pas
パリ航空ショーで初展示される三菱航空機のMRJ=戸田雄撮影

 【パリ=戸田雄】三菱航空機は19日から開催される世界最大規模の航空見本市「パリ国際航空ショー」で、国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の試験機を展示する。

 MRJの納入は当初予定の2013年から大幅に遅れており、実機を展示することで世界の航空業界関係者に開発の進行をアピールする狙いがある。

 展示されるのは、米国の開発拠点でテスト飛行を行っていた試験機で、初号機の納入先となっている全日本空輸の塗装が施されている。


ANA塗装のMRJ、パリ航空ショー初出展 ル・ブルジェ空港で準備進む
6/17(土) 19:12配信 Aviation Wire

Mrj3aparis
パリ航空ショーが開かれるル・ブルジェ空港で展示準備が進むANA塗装が施されたMRJの飛行試験3号機=17年6月17日午前 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 パリのル・ブルジェ空港では、現地時間6月19日から開かれる世界最大規模の航空ショー「第52回パリ航空ショー」の開催準備が進んでいる。実機の出展は初となる三菱航空機が開発中のリージョナルジェット機「MRJ」も、17日午前は好天に恵まれた会場で、空調設備などの準備が進められていた。

【パリ航空ショー会場で展示準備が進むMRJ】

 三菱航空機は親会社の三菱重工業(7011)とともに、MRJの飛行試験3号機(登録番号JA23MJ)を地上展示。MRJの航空ショー出展は初めてで、欧州初お披露目となる。今回は地上展示のみで、飛行展示は行わない。

◆米国でANA塗装に

 MRJは、メーカー標準座席数が88席の「MRJ90」と、76席の「MRJ70」の2機種で構成。エンジンはいずれも低燃費や低騒音を特長とする、米プラット・アンド・ホイットニー製のギヤード・ターボファン・エンジン(GTFエンジン)「PurePower PW1200G」を採用する。6月1日には、PW1200GがFAA(米国連邦航空局)の型式証明を取得した。

 今回展示する3号機の塗装は、ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)のカラーリングに、米国で塗り直された。現地時間13日午前8時38分(日本時間14日午前0時38分)に、飛行試験拠点である米ワシントン州グラントカウンティ国際空港内のモーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)を出発。カナダのウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港とグースベイ空港、アイスランドのケプラヴィーク国際空港を経て、15日午後5時5分(日本時間16日午前0時5分)に、ル・ブルジェ空港へ到着した。

 MRJは2008年3月27日、ANAがローンチカスタマーとして25機(確定15機、オプション10機)を三菱重工に発注し、事業化が決定。開発に手間取り、当初2013年だった納期は5度目の延期により、2020年半ばを計画している。開発遅延に伴い、2016年11月からは三菱重工の宮永俊一社長直轄の開発体制に移行した。

 MRJはANAのほか、32機を確定発注した日本航空(JAL/JL、9201)など、7社から計427機を受注。内訳は、確定受注が約半数の233機で、残りはキャンセル可能なオプション契約が170機、購入権契約が24機となっている。

 MRJの飛行試験機は現在5機。すでにANA塗装が施され、国内での飛行試験に投入する予定だった5号機(JA25MJ)は、当面飛行しない見通し。設計変更が進んでいることから、現在は県営名古屋空港に隣接する最終組立工場で、機器配置の見直しなどに使われている。

◆宮永社長もトップセールス

 航空ショー開幕前日の18日には、三菱重工の宮永社長や三菱航空機の水谷久和社長、ANAホールディングス(9202)の篠辺修副会長が出席し、機体をお披露目する予定。三菱航空機はANA塗装機を出展することについて、ローンチカスタマーに敬意を表するためだとしている。

 今回で52回目となるパリ航空ショーは、1909年にスタート。防衛や航空、宇宙分野を中心とする約2300社が出展し、出展総面積は32万4000平方メートル、企業が重要顧客などをもてなすシャレー(山小屋の意)は330棟、出展航空機は150機にのぼり、会期中の来場者数は業界関係者が15万人、一般は20万人を見込んでいる。

 開催は奇数年で、偶数年はロンドン近郊でファンボロー航空ショーが開かれ、1年のうち大きな商談は両航空ショーで発表されることが多い。しかし規模で比べると、パリの出展者数はファンボローの1.5倍、来場者数も2倍と、パリが大きく上回っている。

 フランスの大統領や首相をはじめとする、各国政府などの公式視察団は300団体を予定。日本からはMRJのほか、海上自衛隊の哨戒機「P-1」の出展が予定されており、P-1は飛行展示を計画している。

◆E195-E2は飛行展示も

 一方、 MRJ最大のライバルである、ブラジルのエンブラエルが開発中の「E2」シリーズは、最初の機体となるE190-E2が、2016年2月25日にロールアウト。予定を前倒しして、3カ月後の同年5月23日に初飛行に成功し、同年7月11日からロンドン近郊で開かれたファンボロー航空ショーに飛行試験初号機(登録番号PR-ZEY)を持ち込んで地上展示した。

 E2シリーズは、現行のエンブラエル170(E170)とE175、E190、E195の4機種で構成する「Eジェット」の後継機。E175-E2とE190-E2、E195-E2の3機種で構成する。

 2018年の納入開始を目指すE190-E2のメーカー標準座席数は1クラス106席、2クラス97席、2019年前半から納入予定のE195-E2は1クラス146席、2クラス120席、2020年納入開始予定のE175-E2は1クラス88席、2クラス80席としている。

 MRJと座席数で比較すると、MRJ90にとってE190-E2が、MRJ70はE175-E2が競合となる。

 今回のパリ航空ショーでは、E2シリーズで最大の機体サイズとなるE195-E2の初号機(登録番号PR-ZIJ)を出展。地上展示するほか、パリ航空ショーのウェブサイトによると飛行展示も予定している。

 三菱航空機は例年、客室を模したモックアップを会場に展示し、売り込みを図ってきたが、実機の展示はE2シリーズが先行した。今回実機を初めて展示することで、各国の関係者にアピールしていく。


MRJ、欧州初登場=パリ航空ショーで展示
6/16(金) 17:00配信 時事通信

 三菱航空機(愛知県豊山町)は16日、開発中の国産初の小型ジェット旅客機、MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験機がパリ郊外のル・ブルジェ空港に到着したと発表した。米ワシントン州の開発拠点で試験飛行を行っている試験3号機で、欧州初登場となる。19日から同空港で開催されるパリ航空ショーで地上展示する。

 世界最大規模を誇るパリ航空ショーでの展示は初めてで、開催前日の18日から21日まで実際の機体を公開する。MRJは開発の遅れから初号機の納入予定の延期が続いているが、世界の航空業界関係者に開発の進捗(しんちょく)をアピールする。


ANA塗装のMRJ、パリ到着 欧州初上陸、航空ショー初出展へ
6/16(金) 9:07配信 Aviation Wire

Mrj3ana
三菱重工と三菱航空機がパリ航空ショーに出展するANA塗装を施したMRJの飛行試験3号機(三菱航空機提供。水平出しとトリミングを当紙編集部で実施)

 三菱重工業(7011)と三菱航空機は現地時間6月15日(日本時間16日)、開発中のリージョナルジェット機「MRJ」の飛行試験3号機(登録番号JA23MJ)が、パリのル・ブルジェ空港に到着したと発表した。19日から同空港で開かれるパリ航空ショーで、地上展示する。MRJの実機を出展するのは初めてで、欧州上陸も初となった。

【三菱航空機が公開したANA塗装MRJの写真】

 機体の塗装は、ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)のカラーリングに、米国で塗り直された。現地時間13日午前8時38分(日本時間14日午前0時38分)に、飛行試験拠点である米ワシントン州グラントカウンティ国際空港内のモーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)を出発。カナダのウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港とグースベイ空港、アイスランドのケプラヴィーク国際空港を経て、15日午後5時5分(日本時間16日午前0時5分)に、ル・ブルジェ空港へ到着した。

 MRJは2008年3月27日、ANAがローンチカスタマーとして25機(確定15機、オプション10機)を三菱重工に発注し、事業化が決定。開発に手間取り、当初2013年だった納期は5度目の延期により、2020年半ばを計画している。

 MRJはANAのほか、32機を確定発注した日本航空(JAL/JL、9201)など、7社から計427機を受注。内訳は、確定受注が約半数の233機で、残りはキャンセル可能なオプション契約が170機、購入権契約が24機となっている。

 MRJの飛行試験機は現在5機。すでにANA塗装が施され、国内での飛行試験に投入する予定だった5号機(JA25MJ)は、当面飛行しない見通し。設計変更が進んでいることから、現在は県営名古屋空港に隣接する最終組立工場で、機器配置の見直しなどに使われている。

 パリ航空ショーは世界最大級の航空ショーで、世界各国から航空関係者や政府要人が集まる。三菱航空機は例年、客室を模したモックアップを会場に展示し、売り込みを図ってきた。

 今回の機体お披露目には、親会社の三菱重工業(7011)の宮永俊一社長や三菱航空機の水谷久和社長、ANAホールディングス(9202)の篠辺修副会長が出席を予定。三菱航空機では、ANA塗装機を出展することについて、ローンチカスタマーに敬意を表するためだとしている。

 MRJが航空ショーに参加するのは、今回が初めて。地上展示のみで、飛行展示は行わない。また、三菱航空機は15日、3号機がANA塗装となる様子を収めた動画を公式サイト「MRJ Progress Updates」で公開した。

 MRJ最大のライバルである、ブラジルのエンブラエルが開発中の「E2」シリーズは、最初の機体となるE190-E2が、2016年2月25日にロールアウト。予定を前倒しして、3カ月後の同年5月23日に初飛行に成功し、7月11日からロンドン近郊で開かれたファンボロー航空ショーに飛行試験初号機(登録番号PR-ZEY)を持ち込んだ。

 E2シリーズは、現行のエンブラエル170(E170)とE175、E190、E195で構成する「Eジェット」の後継機。E175-E2とE190-E2、E195-E2の3機種で構成する。今回のパリ航空ショーでは、E2シリーズで最大の機体サイズとなるE195-E2の初号機(登録番号PR-ZIJ)を地上展示。同機は3月7日にロールアウトした。


MRJ、パリ郊外のル・ブルジェ空港に到着 パリ・エアショーで展示
6/16(金) 7:03配信 sorae.jp

Mrj3an
MRJ、パリ郊外のル・ブルジェ空港に到着 パリ・エアショーで展示

三菱重工株式会社と三菱航空機が開発・製造をすすめる国産ジェット旅客機「MRJ」は、パリ・エアショーでの展示へ向けて飛行試験機がパリ郊外のル・ブルジェ空港へと到着しました。
 
今回同空港へと到着したのは、MRJの3号機。ボディーカラーはローンチカスタマーのANA仕様となっており、試験飛行を行っていた米ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港のモーゼスレイク・フライトテスト・センターからカナダ、アイスランドを経由し、初めてヨーロッパへと到着しました。
 
現在アメリカで型式証明の取得を目指しているMRJですが、2017年5月31日には搭載するP&W(プラット・アンド・ホイットニー)製の「PurePowerギヤードターボファンPW1200Gエンジン」がFAA(米国連邦航空局)の型式証明を取得。さらに、2020年半ばの納入が予定されていたMRJですが2019年に納入時期が前倒しされるという報道もあります。
 
これまで紆余曲折のあったMRJの開発ですが、いよいよ納入へとむけて詰めの時期へと入りつつあるのかもしれません。


MRJ がパリ到着…ANA塗装で欧州初上陸、エアショーに展示予定
6/16(金) 2:00配信 レスポンス

Mrj3a
ANA塗装のMRJ

三菱重工業および三菱航空機が開発・製造を進めるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機が現地時間15日(日本時間16日)、パリ郊外のル・ブルジェ空港に到着した。MRJにとって初の欧州上陸だ。

[関連写真]

同機は19日から同空港で開催されるパリエアショーに展示される。到着した飛行試験機は3号機で、ローンチカスタマーである全日本空輸株式会社(ANA)の塗装が施されている。

3号機は現地時間13日午前8時38分(日本時間14日午前0時38分)に米ワシントン州グラント・カウンティ国際空港内の、飛行試験拠点であるモーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)を出発した。その後カナダのウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港、グースベイ空港と、アイスランドのケプラヴィーク国際空港を経由し、現地時間15日午後5時5分(日本時間16日午前0時5分)にル・ブルジェ空港に到着した。

《レスポンス 高木啓》

2017年6月15日 (木)

ロンドンの高層アパートで大規模火災 17人死亡、負傷者多数・2

ロンドン西部で14日午前時(日本時間同日午前9時)ごろ、27階建ての高層アパートから出火、建物全体が燃えており、消防車40台、消防隊員200人が出動して消火活動が続いている。

建物は発生から3時間以上経過後も、炎に包まれており、出火の原因は不明。

警察によれば、多数が負傷した。出火から数時間後も住人の避難が続いている。逃げ遅れ、建物内に閉じ込められた人が多数いるとの情報があり、当初12人の死亡を確認、その後17人となったが、死傷者数はさらに増える恐れがある。

現場はハイドパーク西方の高級住宅街で、現地からの報道では、アパートには120戸が入っていたという。

最初の記事

リンク:メイ英首相、16日に高層住宅火災の負傷者慰問へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:メイ英首相、高層住宅火災で住人慰問せず 与党からも批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災 被災者を慰問しないメイ首相に批判高まる 政権の新たな難題にも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン・タワーマンション火災 犠牲者100人超か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層住宅火災、少なくとも65人が行方不明=英サン紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン大火災に市民の怒り、緊縮のツケは弱者に-格差浮き彫り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火災】 「労働階級が無視されている」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高層ビルで火災発生、その時どうする? 専門家が解説 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アングル:高層住宅火災で露呈、英国が抱える「貧富の格差」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アデル、大火災のあったグレンフェル・タワーに来訪 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「祖国の再建が夢」 ロンドン火災、シリア難民の学生も犠牲に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火災】 なぜ高層住宅にスプリンクラーがついていないのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アデル、ロンドン高層住宅火災の現場で被害者に支援 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火災】死者17人に 首相は完全な公開調査を命令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英アパート火災、捜索完了まで数カ月か=警察「死者100人未満」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ウィリアム王子とキャサリン妃もロンドン火災被害者のために寄付 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災「死者100人超の可能性」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アデル、ロンドン火災現場で泣きながらみんなをハグ! - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英歌手アデルが高層住宅火災当日に現場を慰問、投稿写真で判明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災 見栄え重視の外壁 火の回り早める? 出火から15分で全体が炎上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災、テロと無関係 死者17人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英高層住宅火災>人災か 防火設備に不備 死者17人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層火災、死者17人に…犠牲者数増える恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層マンション火災、死者17人に さらに増える恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英ロンドンの高層住宅火災、死者17人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英アパート火災、死者17人に=犬投入、「捜索に数週間」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英マンション火災 原因を捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火災】 なぜ高層住宅の住民は「室内に留まる」よう指示されるのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層マンション火災、死者12人に 住人は以前から不安視 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「壊滅的な出来事がない限り無視」 高層住宅火災 無視された住民の訴え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英高層住宅火災>迫る炎 窓から子を地上に投げ出す母も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの高層マンション火災、犠牲者12人に 消火活動続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層住宅火災、ほぼ鎮火…不明者捜索が本格化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン火事】 「何年」も火災の懸念を訴えていた=住民団体 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

メイ英首相、16日に高層住宅火災の負傷者慰問へ
6/16(金) 19:35配信 ロイター

[ロンドン 16日 ロイター] - メイ英首相は16日、ロンドンの高層住宅火災の負傷者を慰問する予定。同火災を巡っては、首相はテレビで悲しみの気持ちを表明するなどしたが、これまでに被害者と面会しておらず、強い批判を浴びていた。


メイ英首相、高層住宅火災で住人慰問せず 与党からも批判
6/16(金) 18:47配信 ロイター

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国のメイ首相が、ロンドンにある高層公営住宅で発生した大規模火災の被害者を慰問していないことで、批判を受けている。24階建て高層住宅「グレンフェル・タワー」で発生した今回の火災では、少なくとも17人が死亡。

大衆紙サンによると、少なくとも65人が行方不明になっているという。メイ首相は公開調査を約束し、救急隊との会見後、テレビでお悔やみの声明を発表した。

だが、野党労働党のコービン党首やロンドンのカーン市長と異なり、グレンフェル・タワーの住人とは面会せず、地元やメディアだけでなく与党保守党内からも批判が出ている。

国防相などを歴任した元政治家のマイケル・ポーティロ氏は「メイ首相は、人間性をまったく見せずにすべての状況をコントロールしようとした」と糾弾。「首相は住人を慰問すべきだった。人々を恐れず、彼らの感情を受け止める覚悟をすべきだ」と述べた。

首相は15日、住人との面会や現地公民館の訪問をしていない理由をただされ、救急隊から報告される予定の現場を訪れたかったと述べた。

16日の英各紙は政府に対する批判を強め、燃えやすい素材が外装に使用されていたことと急速な延焼の関連性など、解明されていない疑問を指摘。先の総選挙ではメイ首相を支持した右派タブロイド紙のデーリー・メールは「死を招いた3つの疑問」との見出しで問題を提起し、政府は憂慮すべき課題に直面していると報じた。

一方、住宅政策を担当するジェイビッド地方自治相は、メイ首相が被害者を慰問していないことを擁護。「首相がしたかったことは、復旧や救助活動をしている人々に声をかけ、必要なものがすべて揃っているか確認することだった」と述べた。


ロンドン火災 被災者を慰問しないメイ首相に批判高まる 政権の新たな難題にも
6/16(金) 17:53配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた大規模火災で、15日、被災現場を視察したメイ首相は、警察や消防の説明を受け、徹底した公開調査を指示したが、被災者を慰問しなかったため「被災者に面談すべきだった」との非難が集中。英メディアも「ブッシュ元米大統領が指導力欠如を露呈した『ハリケーン・カトリーナ』と同じ対応ミス」(ガーディアン紙)と批判しており、テロ対応で支持率が急落したメイ政権の新たな火だねになりかねない。

 公営高層住宅には400人から500人が居住していたが、移民を中心とした低所得者層だった。15日、被災現場を訪問したメイ氏はイラク戦争参加問題などと同様に独立した公開調査を行う方針を明言したが、遺族や被害者など住民に会わなかった。首相官邸では「捜査や救急作業に支障をきたすことを回避するため」と弁明するが、対照的に労働党のジェレミー・コービン党首は同日、訪問して被災者と会って、「代替え住宅確保に全力を尽くす」と語り、ロンドンのカーン市長も面談した被災住民に原因究明を約束した。

 労働党のハーマン議員は、ツイッターで、「メイ氏は被害者と会うべきだった。テレビ経由で話をするだけでは駄目だ」と非難。英BBC放送は「被災者に共感している姿勢に欠け、誤算だったということになりかねない」と求心力が低下したメイ政権の命取りにもなる懸念を伝えた。


ロンドン・タワーマンション火災 犠牲者100人超か
6/16(金) 17:20配信 ホウドウキョク

イギリス・ロンドンの高層マンションで現地時間14日午前1時すぎに発生した火災は、犠牲者が100人を超す可能性があると伝えられている。

現場は、バッキンガム宮殿などがあるロンドン中心部から、西に5kmほど離れた住宅街。
これまでに17人の死亡が確認され、行方不明者は数十人にのぼり、犠牲者が100人を超す可能性があるとも伝えられている。

火災が発生したのは、現地時間14日午前1時すぎ。
発生直後、炎は、まだマンションの一部にしか見られなかったが、およそ2時間後には、2階から最上階までのほとんどが炎に包まれていた。
延焼を免れた部屋にも、窓にへばりつき、様子をうかがう人の姿が見えた。
消防車40台、消防隊員200人が出動し、消火活動が続けられたが、火の勢いは収まらなかった。

タワーマンションは、1974年に建築され、24階建て、120世帯が入居しているという。
2016年には、外壁の改装など大規模な改修工事が行われた。
今回、火はなぜ、短時間に建物全体へと燃え広がってしまったのか。

住民は防火体制の不備を以前から指摘
このマンションの一部の住民は、防火体制の不備を以前から指摘していたことがわかった。
住民グループは、避難用の出口が1カ所しかないことなどを指摘し、マンションの管理会社に火災の危険を訴え何度も改善を求めたが、聞き入れられなかったと主張している。
また現地メディアは、火災報知機が鳴らなかったという居住者の証言も伝えている。

以前マンションに住んでいた人は「わたしたちは、一酸化炭素や火事の危険を指摘したが、全く聞き入れられなかった」と話した。

防火区画が整備されていなかったのでは…
防災システム研究所の山村武彦所長は、各部屋、各フロアの防火区画が整備されていなかった可能性を指摘する。
「これを見て、何がすごいって、全体が炎に包まれています。一気に全体が燃えているというのは、防火区画らしい区画がなかったのではないか。1985年にビルディングアクトと、日本でいう建築基準法が改正になっています。それ以降のものは、非常に不燃化が進んで、防火区画もきちんとされている。この場合には、1970年代の建物ですから、不燃化ということや、あるいは、防火区画がきちっとされていなかったのではないか。窓の枠ごと落下してるように見えるが、アルミサッシであれば、ああいうふうに、なかなか燃えにくい。窓枠そのものの耐火性が考えられていなかったのではないか」    

現地消防は会見で、「最悪な火災事故になってしまった。29年のキャリアの中で、このような大火災を経験したことがない」と述べた。

公聴会を設置し、真相究明を
メイ首相は、「この悲劇は適切に調査される必要がある」として、公聴会を設置し、真相を究明する考えを示している。


ロンドン高層住宅火災、少なくとも65人が行方不明=英サン紙
6/16(金) 16:29配信 ロイター

291
 6月16日、英大衆紙サンは、英ロンドン中心部にある24階建て高層公営住宅で14日発生した大規模火災で少なくとも65人が行方不明になっていると報じた。(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 16日 ロイター] - 英大衆紙サンは16日、英ロンドン中心部にある24階建て高層公営住宅で14日発生した大規模火災で少なくとも65人が行方不明になっていると報じた。

警察はこれまでに17人が死亡したとしており、この数が増えることが懸念されている。

ロンドン警察のカンディ署長は15日、死者は100人を超えるかとの質問に「3桁に達しないことを祈りたい」と答えていた。


ロンドン大火災に市民の怒り、緊縮のツケは弱者に-格差浮き彫り
6/16(金) 16:06配信 Bloomberg

ロンドンで14日に発生した大火災で焼け落ちた高層集合住宅の残骸は、市民が嘆く失政の象徴のようだ。

高層棟で未明に発生した火災では少なくとも30人が死亡、24人が病院に収容されており、行方不明者もまだ多数いるとみられる。住民の怒りは過去7年にわたり市民の生活を支えるサービスの予算を削減し続けてきた政府に向かう。

「緊縮はあの炎の中で燃え尽きた」と、生粋のロンドンっ子のセーラさんは話した。地下鉄で付近を通りかかったが、何か手伝おうと思い途中下車した。一緒にいたもう1人の女性シオバンさんは「これはビルじゃなくて墓場よ」と残骸を見て言った。2人は名字を名乗らなかった。

英国は既に分裂した国だ。住民の一部は格差拡大を怒り既成勢力に一矢報いようとしている。国民投票での欧州連合(EU)離脱選択はエリートたちに突きつける「ノー」だった。空気を読み損ねたメイ首相は選挙で痛い目に遭った。

緊縮反対の野党が議席を伸ばした8日の総選挙の数日後のこの大惨事は、あまりのタイミングに空恐ろしくなるほどだ。

世界で最も裕福な人々が住む地区にあるこの公営住宅は昨年、改装された。しかし改装は街の景観を損なわないことだけが目的で「住民のためではなかった」と向かいの棟に住むソラン・カリミさん(31)は言う。住民は安全性についての懸念を訴えていた。

メイ首相は火災についての調査を命じた。1974年に建てられた戸数120の24階建て高層ビルにはほぼ500人が住んでいた。ロンドン消防当局は15日、行方不明者の数は分からないと説明。ロンドン警視庁の幹部スチュアート・カンディ氏は「亡くなった人の数が3桁にならないことを祈っている」と述べた。

原題:As London Tower Smolders, Outrage Spreads Over Divided Society(抜粋)As London Tower Smolders, Outrage Spreads in Divided Society (3)


【ロンドン火災】 「労働階級が無視されている」
6/16(金) 15:56配信 BBC News

マリオ・カッチョトッロ、BBCニュース

マリア・ビゴさんは、グレンフェル・タワーの向かいに11年前から住んでいる。今回の火事で、とても動揺して怒っている。

自分の台所の窓から見えるタワー棟で、火事のせいで大勢が亡くなったからだけではなく。

子供たちを通わせる地元のプレイグループにかかる費用がどんどん高くなっていること、そしてノース・ケンジントン地区の住民が家賃を払い切れなくなっていることに、マリアさんは怒っている。

けれどもマリアさんは何よりも、自分の声が無視されていると怒っているのだ。

「今朝の集団登校で、みんなすごく怒っていた」とマリアさんは言う。

「階級と階級の間の分断がひどくて、それは社会浄化のせいだって色々な人が言っていた」

マリアさんによると、自分の周りの人たちは、火事のあったタワー棟で色々なものが動かなかったことや、スプリンクラーがなかったことを怒っていたという。

「ただ防火心得を貼りだすだけじゃなく、どうやったら安全に建物から避難できるのか、住民を訓練する必要がある」とマリアさんは話す。

マリアさんは2児の母。子供は二人とも特別支援が必要だ。そしてマリアさんは、高級住宅地ナイツブリッジの富裕層が次第次第にケンジントンやノッティング・ヒル、ホランド・パークなど、北へ西へと生活圏を拡大させ、それに伴い地価上昇の範囲も拡大していったと指摘する。

マリアさんは両手で輪を作った。「まるで包囲されてるみたい」。

土地管理局によると、ケンジントン・チェルシー地区の平均住宅価格は136万9708ポンド(約1億9500万円)。2016年以降、6万6384ポンド(約943万円)上昇した。英国の平住宅価格は22万0094ポンド(約3120万円)だ。

さらに、資産評価局によると、イングランド全体の月家賃平均は民間住宅で650ポンド(約9万2300円)、公営住宅は381ポンド(約5万4000円)だ。しかしそれがケンジントン・チェルシー地区になると、民間は2492ポンド(約35万4000円)、公営は537ポンド(約7万6000円)と、格差が5倍近くに跳ね上がる。

マリアさんはノース・ケンジントンで生まれ育った。子供たちのプレイグループの民営化が進み、費用が上昇してきた様子を話す。

「前は2ポンドだったものが、今では7.50ポンド。そうすると誰も子供たちを連れていかれない」

息つぐ間もなくマリアさんは話し続ける。不満が全身からこぼれる。

「この地区は昔からずっと労働者階級の住む場所だった。それが今では少しずつそうではなくなってきていて、労働者階級は自分たちの発言権が奪われてると感じている」

「行政は私たちの言うことを聞いてくれない。私たちはきれいな建物が欲しいわけじゃない。行政は私たちに『何が必要なのか』、『何が欲しいのか』を尋ねるべきだ」

利益優先指向が、労働者階級の生活をむしばんでいるとマリアさんは話す。

「この地域にできる物件を買うのは、地元の人間じゃない」

グレンフェル・タワーの周辺、特に目抜き通りのラティマー通りの近くに人は大勢いる。しかしそのほとんどが、低い沈鬱な声で静かに話している。少人数でかたまり、表情は暗い。報道関係者とは話したくないという人もいる。

火事で黒くなったタワー棟の写真をとる人たちもいる。空に黒く縦に走る傷跡のようだ。全員の意識を埋め尽くしている。

スポーツウェアを着て大きめのキャップをかぶる青年たち。シャツとズボンの高齢男性。ヒジャブを巻いた女性。誰もが携帯電話を取り出して、すすだらけの黒いタワーを撮影している。黒い破片がふわふわと漂っては道路に落ちてくる。

誰もがタワーを見上げては顔をしかめる。目に映る光景が信じられないのだ。

道端の会話の断片が聞こえてくる。

「どれだけ必死だと思う……」と、男性が歩きながら女性に話している。

避難所となった教会など色々な建物に、大勢の人が衣類を詰めた袋を持って入っていく。しかし、丁寧に断られている。

ラティマー地域教会にワゴン車で乗り付けて、衣類の入った大きな袋を二つ持って降りる。しかし、寄付された服があふれかえっているため、受け取りを断られた。

男性は袋を自分のワゴン車に戻して、自分はエセックスの人間だが近くまで来たので何かしたかったのだと話す。なすすべもなく、力なく笑う。

道端のあちこちで、まるで大がかりな引っ越し作業が行われているように見える。大量のビニール袋を積んだ車が次々とやってきて、寄付センターはどこなのか通行人や警官に行き方を尋ねている。

その人たちも次々に、もう寄付の服は受け付けていないのだと言われている。ただし、おむつはまだ不足していると。

ランカスター・ウェイに住む正統派教会のビスラト・ベルハヌ神父(55)は、19年前からこの地域で暮らしている。

以前からグレンフェル・タワーの住民たちとは知り合いだったため、今回の火事に衝撃を受けている。

「みんな仲が良くてダイナミックなコミュニティーだ。タワー棟の人たちはお互いのことを知っているし、家族同然だった。住んでる人たちを知っているし、一緒に泣いている。みんなショック状態で、海外からも私のところに何があったんだと電話がかかってくる」

ベルハヌ神父も、確かに地元住民は地価上昇のせいで締め出されているように感じていると話す。人間よりも金額の方が大事なように思えると。

「陰謀論も飛び交っているが、私は関わりたくない。愛と優しさが必要だ。傷を癒して、人の心を癒さないと」

タワー棟の近くに住むクリスティーナ・シモンズさん(56)は、この地域に27年前から住んでいる。障害があり、歩くには杖が必要だ。

「みんなお互いを助けて協力しあっている。この辺にこんなにエリトリアやソマリアの人たちが住んでいるなんて知らなかった。みんな表に出てきて、手を差し伸べている」

クリスティーナさんもまた、行政は「私たちの言うことを聞こうとしない」と何度か繰り返す。

「ついこの間、ガス工事だからと道が通行止めになっていた。でも何の工事もしてるように見えなかった。おかげで大混乱だった。私はあまり歩けないし。通行止めになるなんて、誰も教えてくれなかった」

「(行政は)私の言うことを聞かない。私たちは無視されて、何もしてもらえない。ものすごく頭にきてる」

そう怒りながらも、クリスティーナさんは火事の被害者は本当に気の毒だと声を落とす。

「近所のみんなが集まる集会とかあればいいのに。これでみんなが前より親しくなるかもしれない」

(英語記事 London fire: 'The working class aren't being listened to')


高層ビルで火災発生、その時どうする? 専門家が解説
6/16(金) 15:48配信 CNN.co.jp

(CNN) 英ロンドン西部の高層住宅で14日未明に発生した火災は、これまでに17人の死者を出した。建物は炎に包まれ、窓からは黒煙が噴き出し、焼け落ちて構造のみが残ったビルは、ほぼ原形をとどめていない。

火災に詳しい米ニューヨーク市立大学ジョン・ジェイ刑事司法校のグレン・コーベット准教授は、「もしロンドンのあのビルにスプリンクラーがあったら、そもそもこのような話にはなっていない」と語る。

高層ビルでは、特に上の階にいるほど、避難にかかる時間が長くなる。では火災が起きた場合、身の安全を守るためにはどうすればいいのか、コーベット氏に解説してもらった。

1.落ち着いて行動する

火災の発生は、一般的には警報機で知らされる。しかし煙を見たり臭いがしたりした場合は、直ちに緊急ダイヤルに通報して、自分が建物のどこにいるのかを知らせるべきだ。そうすれば、巨大な建物の中のどこで出火したのかを消防隊が特定しやすくなり、ビルがどの程度の危険にさらされているのかを判断する助けにもなる。

2.自室への影響を見極める

危険にさらされれば本能的に、できるだけ早く避難することを考える。しかしそれは思いとどまる必要がある。

「ほとんどの高層住宅は、火災発生時の対応として、自室や隣室で火災が起きている場合、または自室が火災の影響を受けている場合を除いて、住人が自室にとどまる手順を定めているのが普通だ」とコーベット氏は言う。

特に高層階の住人が避難しようとすれば、大きな危険と困難を伴う。「幾度となく繰り返されていることだが、自室を離れて階段を降りようとすれば、煙突に踏み込むような状態になる」「脱出したいと思うのは本能的な衝動だが、そうすれば自分をさらなる危険に追い込んでしまうかもしれない」(コーベット氏)

ただし、階段に火の気がなく安全に避難できるのであれば、急いで、しかし落ち着いて階段から避難する。

3.自宅待機か避難か、どちらが安全かを判断する

・自室にとどまる場合

自室が火災に脅かされていない限りは、そのまま待機する。ドアの下に濡れたタオルを置き、通気口はふさいで煙の侵入を防ぐ。その状態で救助を待つ。

・避難する場合

屋上に上ったり、エレベーターを使ったりしてはいけない。窓ガラスを割ったり、飛び降りようとしたりすれば、死に至ることもある。

避難する際は鍵を忘れてはいけない。もし避難しようとして廊下や階段が封鎖されていれば、引き返すしかないかもしれない。

4.消防の指示に従う

結局のところは、消防の指示に従うことが大切だとコーベット氏は話し、「生き延びるための恐らく唯一の方法は、火災の中でどうすべきかを知ることだ」と助言している。


アングル:高層住宅火災で露呈、英国が抱える「貧富の格差」
6/16(金) 14:51配信 ロイター

290
 6月15日、大規模火災で黒焦げの無残な姿をさらすロンドンの高層住宅周辺では、はっきりと怒りの声が上がっていた。地元当局が、富裕層を優遇する政策に走り、貧しい市民の安全や福利を軽視している、というのだ。写真は被災者へのメッセージを現場近くの壁に書き込む市民 (2017年 ロイター/Paul Hackett)

[ロンドン 15日 ロイター] - 少なくとも17人が死亡した大規模火災が今週発生したロンドン西部の公営住宅がある一角から、徒歩で少しの場所に、数百万ポンドはする優雅な住宅が並ぶ、英国で最も裕福な通りの1つがある。

ケンジントン・アンド・チェルシー王室特別区は、ポップスターやセレブ、富裕層や銀行幹部が住むエリアとして、英国内外で広く知られている。

だがその同じ地区には、今回の火災が起きた24階建ての高層公営住宅「グレンフェル・タワー」が建つ一角のように、貧しい地区も点在している。

住民が寝入った14日未明に発生し、瞬く間に炎が建物を飲み込んだ今回の大火災では、住民数十人が行方不明となっており、犠牲者の数はさらに増えると当局は見ている。運よく脱出できた住民も、全ての所持品を失った。

この大惨事にショックを受けたロンドン市民からは、大量の洋服や靴、シーツなどの寄付が押し寄せ、早々にボランティアが対応しきれない程になっている。

だが15日には、黒焦げの無残な姿をさらすタワーの周辺から、はっきりと怒りの声が上がっていた。地元当局が、富裕層を優遇する政策に走り、貧しい市民の安全や福利を軽視している、というのだ。

火災のあった建物に住む受付係員のアリア・アルガッバーニさんは、新たな外装材が取り付けられた昨年の改修工事に立腹していた多くの住人の1人だ。炎が急速に広がった一因に、この改修工事があった可能性を指摘する報道も出ている。

「なぜ外観をきれいにしたのかを考えると、いらだたしい。反対側の高級住宅の住民にとってこのタワーが見苦しいからだ」と彼女は言う。

消防当局は、火災原因を特定するには時期尚早としており、地元当局は、改修工事は住人の住環境改善のために行ったと説明している。

<「二都物語」>

改修工事中に同タワーの住民と緊密に連携していた地域のまとめ役、ピルグリム・タッカーさんは、今回の火災は、長年の間コミュニティの一部を丸ごと無視したことによる悲劇的な結末だと考えている。

「この公営住宅の住人は、自分たちが無視されていることを知っている」と、彼女は衝撃を隠せない様子で語った。「もし行政がするべき仕事をしていたなら、こんなことは起きなかった」

防災上の懸念を住人が指摘したにもかかわらず聞き入れられなかったとタッカー氏らが声を上げるなか、大惨事の余波は、より大きな政治の世界にも広がりつつある。

先週の総選挙で、財政規律の重視や、減税、ビジネス環境の整備を掲げた与党保守党は、公共事業に対する支出拡大を重視する野党労働党に対し議席を失い、過半数を確保できなかった。

グレンフェル・タワーのあるケンジントンの選挙区では、史上初めて労働党の候補者が当選を果たし、驚きを持って受け止められた。

当選した労働党のエマ・デントコード議員は新聞のインタビューで、安全性を軽視したとして行政当局を批判し、悲劇は防げたはずだと指摘するなど、火災を機に素早い反応を見せた。

メイ首相は15日、グレンフェル・タワーを訪問したが、消防士と会話する一方で住民とは言葉を交わさなかったと批判を浴びた。

対照的に、近隣の教会を訪問して住民やボランティアに面会した労働党のコービン党首は、「来てくれてありがとう」と周囲から声がかかるなど歓迎された。

「ケンジントンが『二都物語』であることは、避けられない事実だ」と、コービン党首は記者団に述べた。「ケンジントンの南側は極めて裕福で、全国で最も高級な地区だ。この火事が起きた地区は、国内でも最貧の部類だと思う」

<「ある種の人々」>

グレンフェルがある一角のすぐ外側は、多様な層が住むノッティング・デールと呼ばれる区域だ。味気のない1970年代築の公共住宅の周りには、富豪とまではいかないものの、裕福な人々が住む手入れの行き届いた住宅が並ぶきれいな通りがある。富豪たちは、数分は離れたホランド・パークと呼ばれる地区に住んでいる。

ノッティング・デールでは、地元住民の怒りにもかかわらず、火災によってコミュニティの異なる層の人々が団結した。タワーから脱出した人々や、現場近くの自宅から避難を余儀なくされた人々のために、より裕福な住民の多くが住居を開放したのだ。

ゆとりある生活を送る年配の婦人アナベル・ドナルドさんは、自宅アパートを、行き場のない住人6人に貸している。

火災が起きた夜、ドナルドさんはパジャマ姿で近くの教会に駆けつけ、避難してきた人たちのためにお茶を入れたり、子供たちにおもちゃをあげたり、大勢が利用するトイレを清掃するなど、できる限りの手助けを行った。

裕福な側の住民ではあるが、ドナルドさんは、保守党が主導するケンジントン・アンド・チェルシー王室特別区の行政の在り方に対する怒りを共有している。

「ゆとりのない人たちは、自分たちには何もなく、一方で特権階級が全てを手にしている、と感じている。それは全く真実だと思う」とドナルドさんは言う。

彼女は、増税で公共住宅や他の公共サービスへの支出を拡充することは簡単にできるのに、地区の税金が不必要に低く抑えられていると批判する。地区税の負担増があれば、喜んで応じる考えだと語った。

「行政は、倹約する地区であることを自慢に思っている。ある種の人々を喜ばすことができると思ってやっているのだ」と彼女は言う。

火災の衝撃が社会に広まる一方で、社会的な分断はいつもより重要でなくなったと感じているという。

「教会で手助けしていた時ほど、地域で受け入れられたと感じたことはなかった。彼らは、私がどちら側の人間か、まったく気にしなかった。彼らの子供たちと遊んだり、おむつを替えたり、お茶やコーヒーを用意したりしたことだけが、重要だった」とドナルドさんは語った。

(Estelle Shirbon記者、Alistair Smout記者、翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)


アデル、大火災のあったグレンフェル・タワーに来訪
6/16(金) 13:45配信 cinemacafe.net

289
アデル (C) Instagram

アデルが14日(現地時間)に多数の被害者を出す大火災が発生したロンドンの公営高層住宅グレンフェル・タワーを訪れた

出火からわずか15分で24階建てのそのビル全体が炎に包まれたこの火災では、現在で少なくとも17人の死者と多数の負傷者が出ており、その被害者たちの追悼の場にアデルの姿も目撃された。

あるファンの1人は15日(現地時間)、アデルがみんなを抱きしめ慰めていたとツイートしている。

AddleUnionというユーザー名のツイッターには「アデルがいまグレンフェル・タワーにいて、住民に何か手助けがいるか聞いています」「アデルが周囲を回ってみんなを抱きしめ慰めています」と、ユーザー名FourMeeのツイッターにはタワー前にいるアデルの画像が載せられ「アデルがアバヤを着てグレンフェル・タワーにいます。リスペクト」と記され、同ユーザーのインスタグラムではアデルの夫サイモン・コネッキーも現場を一緒に訪れていたことを伝えている。

アデルがこのような配慮をしたことは今回が初めてではなく、今年3月にロンドンで発生したウエストミンスター橋でのテロ襲撃事件においてもこのようなコメントをしていた。「今日、私の地元ロンドンでテロ攻撃がありました。現在私はロンドンから真逆の場所にいますが、犠牲者に我々の光と祈りが届いて欲しいと思います」「家にいないのがとても変な感じです。今日は友だちと家族と過ごしたい思いです。私の知っている人は皆無事です。でも無事でない人たちもいるのです。ですから今夜はその被害者のみなさんのために祈りましょう」。

(C) BANG Media International


「祖国の再建が夢」 ロンドン火災、シリア難民の学生も犠牲に
6/16(金) 13:01配信 AFP=時事

288
英ロンドン西部の高層住宅で大規模火災に巻き込まれ、亡くなったシリア難民のモハメド・アルハジャリさん。在英団体「シリア・ソリダリティ・キャンペーン」提供(2017年6月15日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)西部の高層住宅で発生した大規模火災で、犠牲者にシリア難民の男性が含まれていることが明らかになった。シリアの民主化を支援する団体が15日、氏名を公表した。男性は内戦で荒廃した祖国の再建を夢見て大学で土木を学んでいたというが、志半ばで命を落とすことになった。

【写真特集】英ロンドンの高層住宅火災

 24階建てのグレンフェル・タワー(Grenfell Tower)で14日未明に始まったこの火災で、犠牲者の氏名が公表されたのも初めて。

 平和や自由を求めるシリア人を支援する在英団体「シリア・ソリダリティー・キャンペーン(Syria Solidarity Campaign)」によると、亡くなったのは14階に入居していたシリア難民のモハメド・アルハジャリ(Mohammed Alhajali)さん(23)。

 2014年に兄のオマル(Omar)さんと共に英国に渡り、ウエスト・ロンドン大学(University of West London)で土木工学を学んでいた。「いつの日か祖国に戻り、シリアを再建すること」が夢だったという。

 火災発生当時、アルハジャリさんはオマルさんと一緒に室内にいたが、避難しようとした際にはぐれてしまった。オマルさんだけが生き延び、病院で治療を受けているという。

 同団体は声明で「モハメドさんはシリアでの戦火や死から逃れるため、危険な旅をして英国にやって来たが、その英国の自宅で火事に遭うことになった。モハメドさんは安全を求めてこの国にやってきたというのに、英国は彼を守れなかった」と悔しさをにじませた。

 アルハジャリさんは最期の時、シリアの家族に電話しようとしたがつながらず、シリアにいる友人と話していたという。「モハメドさんは友人に別れを告げ、火が迫ってきたと言った。彼はその友人に家族へのメッセージを託した」

 アルハジャリさんは17日、ナチス・ドイツ(Nazi)を支持する男に昨年暗殺されたジョー・コックス(Jo Cox)下院議員(当時)の追悼行事の一環として、ロンドン北部で行われる難民コミュニティーの集会に出席する予定だった。

 英BBCによると、アルハジャリさんの両親が遺体との対面のためダマスカス(Damascus)から英国に渡航できるように、家族が査証(ビザ)を取得しようとしているという。【翻訳編集】 AFPBB News


【ロンドン火災】 なぜ高層住宅にスプリンクラーがついていないのか
6/16(金) 12:42配信 BBC News

287
【ロンドン火災】 なぜ高層住宅にスプリンクラーがついていないのか

高層建築で火災の拡大を防ぐのに最も効果的な装置の一つが、スプリンクラーだ。しかし、14日未明に出火したロンドン西部のグレンフェル・タワーをはじめ、英国内に数千とある高層住宅の多くには、スプリンクラーが設置されていない。それはなぜなのか。

イングランドでスプリンクラーの設置が義務付けられているのは、2007年以降に建てられ、高さ30メートル以上の建物のみだ。この決まりは過去にさかのぼって適用されないため、1974年に完成したグレンフェル・タワーにも適用されなかった。建物の構造や使用方法に根本的な変更を加える場合は、既存の高層建築にもスプリンクラーを設置しなくてはならない。

北アイルランドでも同様の決まりだ。スコットランドでは、高さ18メートル以上の新築住宅にはスプリンクラーが義務付けられている。ウェールズでは昨年以来、すべての住宅建築は新築・改築を問わず、スプリンクラーを設置しなくてはならない。

しかし、英国内では地方を問わず、既存の建物にスプリンクラーを後付する義務はない。

どれくらいかかるのか

スプリンクラーのある公営高層住宅は全体の1%に満たない。では、古い建物に新しいスプリンクラー・システムをつけるには、いくらかかるのか。

2009年にロンドン南部で発生した公営高層住宅「ラカナル・ハウス」火災について調査報告書をまとめたサー・ケン・ナイトによると、建物内の延焼を防ぐ手段としてスプリンクラーなどの有効性は相当の証拠で支えられていたものの、すでに建っている高層住宅すべてに、消火装置の設置を事後的に義務付けるのは「現実的でないし、経済的にも難しい」と考えられていた。

消火スプリンクラーの業界団体「英自動消火スプリンクラー協会(BAFSA)」は、グレンフェル・タワーにスプリンクラーを設置する費用を20万ポンド(約2800万円)と見積もっている。

費用は建物によって異なる。2010年に英南部サザンプトンの「シャーリー・タワーズ」で起きた火災の後(消防士二人が死亡)、管理する行政区は高層住宅3棟にスプリンクラーを設置。費用は100万ポンド(約1億4000万円)だった。

グレンフェルのようにコンクリートと鉄でできた建物の場合、設置作業が困難で時間がかかるため、費用がかさむこともある。そのため、延焼の防止にはスプリンクラー以外の方法が優先されてきた。

全国消防署長会議のロイ・ウィルシャー委員長はこれに対して、従来の方針を「あらめて検討し直す必要がある」と認める。

ウィルシャー委員は一方で、グレンフェル・タワーでは炎が外壁を伝って拡大したように見えることを指摘。その場合、スプリンクラーがあっても大きな違いはなかったかもしれないという。

グレンフェル・タワーの火災は、2015年末から2016年元日にかけてドバイで起きた高層ビルの事例と似ている。高級ホテル「アドレス・ダウンタウン・ドバイ」(63階建て)とグレンフェル・タワーの違いは、ドバイのビルには「スプリンクラーがあり誰も死ななかった」ことだと、欧州消火スプリンクラーネットワークのアラン・ブリンソン氏は言う。

全英消防職員協会の報道担当は2015年、「スプリンクラーが適切に設置され、きちんと作動する」英国内の建物で、火災による犠牲者が出たことはないと表明している。

<解説> マーサ・キアニー、BBCラジオ4

過去にも公営高層住宅で火事が起きては、警告が無視されていたことが発覚してきた。

グレンフェル・タワー火災の7年前、2010年4月に南部サザンプトンのシャーリー・タワーズで起きた火災で、消防士二人が死亡した。検死官は「公営住宅の供給担当は、高さ30メートル超のすべての既存高層住宅について、スプリンクラーの設置を検討すべきだ」と勧告した。

2005年にはロンドン北郊スティーブネジの「ハロウ・コート」で火災があり、女性一人と消防士二人が死亡した。地元の消防当局は英消防士協会に対して、「スプリンクラーの設置」を含めた高層建築対策を検討すべきだと提言した。

2009年にロンドン南部の公営高層住宅「ラカナル・ハウス」で6人が死亡した後、検死官は「(コミュニティ・地方自治省は)、高層集合住宅の供給事業者に対して、スプリンクラーの設置を検討するよう促すべき」だと勧告している。

(英語記事 Reality Check: Why don't all high-rises have sprinklers? )


アデル、ロンドン高層住宅火災の現場で被害者に支援
6/16(金) 12:15配信 クランクイン!

286
ロンドン高層公営住宅火災の現場にかけつけたアデル

 グラミー賞歌手のアデルが、現地時間14日に発生した英ロンドンの高層公営住宅「グレンフェル・タワー」の火災の現場にかけつけ、被害に遭った人々にできることはないかと支援を申し出ていたという。

 発生から2日たった現在も鎮火していないというロンドン高層公営住宅火災。当局の発表などによると、これまでに少なくとも17人の死亡が確認され、80名近い負傷者を出したという。Billboardによると、ノッティングヒルに住むというアデルは火災のニュースを聞くと、環境慈善団体「Drop4Drop」のCEOを務める夫サイモン・カネッキと共に現場を訪れたとのことだ。

 目撃者などがツイッターにあげた情報では、アデルは被害に遭った人々にヘルプが必要か聞いて回り、避難者たちをハグして慰めていたという。

 また火災の翌日には歌手のリタ・オラも現場で目撃されていたようだが、リタは「この恐ろしいニュースを聞いて、ただならぬ衝撃を受けています。ウエストロンドンで起きたこの身の毛のよだつ悲劇に影響を受けた方々を思っています」とツイート。歌手サム・スミスなどもツイッターなどで被害者を追悼した。


【ロンドン火災】死者17人に 首相は完全な公開調査を命令
6/16(金) 11:24配信 BBC News

285
【ロンドン火災】死者17人に 首相は完全な公開調査を命令

ロンドン西部の公営住宅で14日未明、24階建て127戸のタワー棟から出火し、大火災となった。少なくとも17人が死亡し、多数が行方不明となっている火事について、テリーザ・メイ英首相は15日、事実関係の完全な公開調査を指示した。シリア難民の23歳男性が、犠牲者として最初に名前が公表された。焼失したアパート内で生存者は発見されていないため、犠牲者の数は今後増える恐れがある。

メイ首相は、なぜ炎があっという間に燃え広がったのか、住民は「答えを得る権利がある」と述べた。

ロンドン警視庁のスチュアート・カンディー警視長は、犠牲者のうちこれまで6人について身元を確認できたが、「残念ながら全員を確認できない恐れがある」と話した。また死者数については「3ケタでないことを祈るが、人数については答えられない」と述べた。

ロンドン消防庁のダニー・コットン消防総監は15日朝、全階を一通り調べたものの、建物の「かなりの部分」ではまだ詳細な調査が実施できていないと話した。出火原因はまだ不明という。

火災は深夜零時過ぎに発生したため、住民の多くは自宅内にいたものとみられている。消防当局は65人を救出したが、多くは炎や煙のため室内に閉じ込められたもよう。30人が今でも入院中で、15人は重体という。

エリザベス女王は、被害者と家族に「思いと祈りを寄せている」と話した。

シリアを逃れて英国で……

民間支援団体「シリア連帯キャンペーン」は15日、シリア難民で土木工学の学生だったモハメド・アルハジャリさん(23)が亡くなったと発表した。犠牲者の名前が公表されるのは、アルハジャリさんが初めて。

団体によると、モハメドさんは15階で兄のオマルさんと住んでいた。一緒に逃げようとしたが、地上に降りる途中ではぐれてしまった。オマルさんは消防士に救出されたが、モハメドさんは自室に戻り、シリアの家族に電話しようとしたという。

「モハメドは救出を待ちながら、シリアにいる友人と2時間、電話で話していた。家族と連絡をとろうとしていたのだが、現地の状況のせいで通じなかった。4年前から家族と会っていない。炎が迫ってくるのを見て、モハメドは友達に別れを告げた。家族にも伝えてほしいと友人に伝言を託した」と団体は説明した。

「モハメドは戦争と死から逃れてシリアを出て、この国に来たのに、死はよりによって自宅で彼を襲った」、「モハメドは安全を求めてこの国に来たのに、英国は彼を守らなかった」と支援団体は指摘している。

与野党首脳が現地を視察

15日にはメイ首相がグレンフェル・タワーの現場を視察し、ダニー・コットン消防総監や救急隊員たちの話を聞いた。

首相は「炎は予想外に急速かつ激しい勢いで建物全体に燃え広がったと説明を受けた。ならば、通常の火災報告や、必要に応じた警察の捜査に加えて、なぜこうなったのか完全な公開調査が必要だ」と話した。

首相官邸は、原因調査は裁判官が主導することになると確認した。BBCのノーマン・スミス政治副編集長によると、政府は「間もなく」、担当判事の名前を公表する意向という。

英政府はこれまでに、大衆紙の盗聴問題やイラク戦争参加の経緯などについて、公開調査を開いてきた。通常は政府が責任者を指名するものの、政府から独立して行われ、公聴会はテレビ中継されることもある。裁判官が主導し、証人には宣誓証言が求められることもあるが、形式は定まっていない。最終報告書が発表されるまでに、数年と数百万ポンドの経費がかかることもある。

野党・労働党のジェレミー・コービン党首も現地を訪れ、被害に遭った住民たちに話を聞き、住民団体の代表たちに「真実を明らかにしなくてはならないし、必ず明らかになる」と伝えた。

コービン党首はこれに先立ち声明で、「あのように炎が燃え広がることができたことに非常に怒っている」と表明。「ケンジントンの南半分はとても裕福だ。国内でも最も裕福な地域の一つだ。それに対して同じケンジントンの北半分は、国内で最も貧しい地区の一つだと思う」と指摘し、「ロンドン市内で、ぜいたくな建物やマンションが未来への投資として使われずにいるのに、ホームレスや貧しい人が住む場所を探し求めるなど、受け入れがたい」、「被害に遭った住民が近所で再び住む場所を見つけられるよう、(行政が)物件を探すか、必要なら収用して、確保しなくてはならない」と強調した。

ロンドンのサディク・カーン市長もグレンフェル・タワーを訪れ、大規模修繕を終えたばかりのタワー棟の修繕が安全だったのかどうかを、原因調査で究明する必要があると述べた。

労働党のハリエット・ハーマン議員(ロンドン南部選出)は、メイ首相が現場で住民と話をしなかったことを批判。議員はツイッターで、「被害者と会うべきだった。被害者の話を聞くつもりでいるべきだった。テレビ経由で話をするだけでは駄目だ」と書いた。

BBCのローラ・クンスバーグ政治担当編集委員によると、首相が被害者たちを訪問しなかったのは正しい判断だと首相側近たちは考えているという。

「邪魔になりたくなかったし、救急作業に支障をきたすようなことにしくなかったのだという。それに正直言って、テレビカメラに張り付かせて一挙手一投足を追わせるというのは、まったく首相のやり方ではないので」

しかし、こうしたい大災害の現場では「本物の共感力の表現」が必要になり得るため、首相スタッフのこの判断は「誤算だった」ということになりかねないと、クンスバーグ記者は指摘した。

総額860万ポンド(約12億円)の大規模修繕工事を担当した建築会社「ライドン・コンストラクション」は、公開調査の発表を歓迎するとコメント。同社はこれまでに、火災発生に「衝撃を受けている」と述べる一方、修繕工事はすべて「必要な建築基準や防火基準、健康安全基準を満たしたものだった」と説明している。

「グレンフェル・タワー」の管理は、地元ケンジントン・チェルシー行政区から委託され、ケンジントン・チェルシー管理団体が担当している。同団体は、被害者に「心から誠心誠意の追悼」を寄せるとコメントし、現在は行政区と共に住民に支援を提供することを最優先していると発表した。

アロク・シャーマ住宅担当政務次官は、「すべての世帯に、同じ地域内で住宅を提供するため」政府として地元当局と協力していると話した。

ニック・ハード警察・消防担当政務次官は、「国民的悲劇」だと述べ、「鈍重な官僚主義が入り込む余地はない」と強調。火災によって「大勢が衝撃を受け、心配し、怒り、苛立っているのを我々は十分に理解しているので、すべての事実を明るみに出す」と話した。

(英語記事 London fire: Prime minister orders full public inquiry)


英アパート火災、捜索完了まで数カ月か=警察「死者100人未満」
6/16(金) 11:13配信 時事通信

 【ロンドンAFP=時事】英警察は15日、ロンドンの高層アパートでの14日の大規模火災について、内部の捜索完了まで数カ月かかる恐れがあると明らかにした。

 ロンドン警視庁高官は記者団に対し「全員の身元確認ができない恐れもある。捜索には数週間、あるいは数カ月かかると(警察内では)話している」と述べた。

 消防当局によると、火災現場の捜索はまだ建物の半分しか終わっていない。上層階の捜索には、消防隊員を増員する必要があると訴えている。

 少なくとも17人の犠牲が確認されたが、鑑識官によると、遺体の損傷が激しく、身元が分かったのは6人しかいない。残る11人の遺体は依然として建物内にあるが、鎮火が確認できず、運び出せていない。

 アパートの居住者は600人とみられる一方、うち400人が行方不明とも報じられるが、警視庁高官は「あくまで仮定の数字にすぎない」と強調した。「大勢が自力で脱出し、65人が救出された。個人的な見解だが、犠牲者数は100人に達しないことを願う」と語り、現状の死者17人よりは大幅に増える恐れを示唆した。


ウィリアム王子とキャサリン妃もロンドン火災被害者のために寄付
6/16(金) 10:58配信 Movie Walker

284
ロンドン火災の被害者へ真っ先に寄付をしたウィリアム王子&キャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ

ウィリアム王子とキャサリン妃、ヘンリー王子の3人が、ロンドン市内で発生した高層住宅火災の被害者のために立ち上げられた基金の最初の寄付者の中に含まれていたという。

【写真を見る】共同声明を発表したウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子

ロンドンの地方紙、イブニング・スタンダードは、火災の被害に遭った人々のための基金を立ち上げ、早くも90万ポンド(約1億2700万円)を集めている。ウィリアム王子とキャサリン妃、そしてヘンリー王子の3人は、一番最初に基金に寄付を寄せた人々の中に含まれていたそうで、「イブニング・スタンダード紙がいち早く基金を立ち上げて、ただちに行動してくれたことを喜ばしく思います」という共同声明を発表した。

ケンジントン宮殿は火災現場から2マイル(3.2km)しか離れておらず、200人を超える消防士たちが駆け付けた火災発生当時の騒ぎは伝わっていたはず。

エリザベス女王も公式声明で犠牲者とその家族のために祈っていると発表した。また、女王は消化活動や救援活動にあたった消防士や救急隊員へのねぎらいの言葉も贈っている。「フィリップ殿下と私は、人々を救うために自らの生命を危険にさらしている消防士や救急隊員の勇気に感謝します。また、このひどい出来事の影響を受けた人々を助けようと集まったコミュニティーのボランティアたちの、信じられないほど寛大な姿に心を鼓舞されます」と語ったとITVニュースが伝えている。【UK在住/MIKAKO】


ロンドン火災「死者100人超の可能性」
6/16(金) 10:53配信 ホウドウキョク

283
(写真:ホウドウキョク)

イギリス・ロンドンの高層マンションで起きた火災は、死者が17人に増えた。行方不明者は数十人にのぼり、地元メディアは、犠牲者が100人を超す可能性があると報じている。
不明の友人を捜す女性は、「何が起きたか受け入れられない。夢を見ているようです。多くの友人が死んでしまったと思う。家の中で焼けてしまったのかと考え続けてしまう」と語った。
15日、黒く焼け焦げたマンションの周辺には、行方不明者を捜す人たちが、情報を求めて集まった。
イギリスメディアは、2016年、マンションが改装された際の防火対策の不備が、被害の拡大を招いたと指摘していて、住民の多くも、火災の危険を管理会社に訴えていた。
6年前まで住んでいた人は、「一酸化炭素や火事の危険を指摘したが、全く聞き入れられなかった」と語った。
犠牲者の数は、さらに増えるとみられていて、テレグラフ紙は、100人を超える可能性があると指摘している。
メイ首相は、「この悲劇が適切に調査される必要がある」として、公聴会を設置し、真相を究明する考えを示した。


アデル、ロンドン火災現場で泣きながらみんなをハグ!
6/16(金) 10:47配信 Movie Walker

282
ロンドンの火事現場で人々を勇気づけたアデル/写真:SPLASH/アフロ

アデルが、英国ロンドンの高層住宅で火災が発生した現場に駆け付け、涙をこぼしながら周囲の人々をハグしていたことがわかった。

アデルは6月14日に夫のサイモン・コネッキーと共に現場に現れ、周囲の人々が彼女に気づくと、涙をふきながらみんなを抱きしめていたそうだ。現場に集まっていた人々がアデルの写真を撮ってツイッターに投稿しており、「コミュニティーの支援活動がすばらしい。そしてその最中に、ロンドンの仲間たちを助けるためにアデルが現れた。リスペクトしよう」「アデル大好き!彼女はまっとうな人。彼女は実際に現場に現れて、被害に遭った人々の家族へのサポートを示した」などのつぶやきがネットに寄せられた。

英紙イブニング・スタンダードのサイトが、現地で人々が撮影したアデルの画像を掲載しているが、アデルは目を泣きはらし、腕を伸ばして人々をハグしている。

リタ・オラ、リリー・アレン、エド・シーランらもツイッターで火災の被害者たちへのサポートを表明している。「ベッドや車での送迎が必要な人、紅茶を飲みたい人はツイートしてください」と被害者たちに直接支援をオファーしたリリーには、ツイッターで賞賛の声が集まっている。また、セレブリティ―・シェフのジェイミー・オリバーは、彼が経営している現場近くのレストランで、食べ物と飲み物を無料で提供している。【UK在住/MIKAKO】


英歌手アデルが高層住宅火災当日に現場を慰問、投稿写真で判明
6/16(金) 10:00配信 ロイター

281
6月15日、ロンドンの高層住宅で発生した大規模火災の現場周辺に集まっていた人々のなかに、慰問のため訪れた英歌手アデルさんがいたことがソーシャルメディアに投稿された写真で明らかになった。写真はソーシャルメディアから(2017年 ロイター/TWITTER: FOURMEE)

[ロンドン 15日 ロイター] - 14日にロンドンの高層住宅で発生した大規模火災の現場周辺にその日の夜集まっていた人々のなかに、英歌手アデルさんがいたことがソーシャルメディアに投稿された写真で明らかになった。アデルさんは被害者らを励ますため訪れたという。

14日早朝に出火した24階建て高層公営住宅「グレンフェル・タワー」の火災では、これまでに犠牲者17人が確認されている。

インスタグラムの利用者が、アデルさんが写った3枚の写真を投稿した。夫のサイモン・コネッキーさんも一緒だったという。「アデルとサイモン・コネッキーがグレンフェル・タワーを訪れた。2人を尊敬する」とコメントしている。

アデルさんは公式な声明やツイートなどは発表していないが、ソーシャルメディア上には、アデルさんの思いやりや行動に対する称賛のコメントが多く寄せられている。


ロンドン火災 見栄え重視の外壁 火の回り早める? 出火から15分で全体が炎上
6/16(金) 8:45配信 産経新聞

256
激しく煙が上がる高層アパート =ロンドン西部のノースケンジントン(岡部伸撮影)(写真:産経新聞)

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた大規模火災で、警察当局は15日、昨年までに大規模改修を行った際、見栄え重視で外壁に燃えやすい素材を使用したため、出火から15分程度で建物全体に炎が広がったとの疑いを強めた。施工業者から事情を聴いている。

【不安そうに見つめる住民ら】黒煙を巻き上げ、壁一面が激しく炎上する高層マンション

 消防当局者は上層階は特に崩壊の恐れが強いとして、捜索に訓練犬が投入されたと明らかにした。捜索は「数週間かかる可能性がある」としている。約600人いたとみられるアパート住人のうち、数十人の行方が不明となっている。

 火災のあった高層アパートは、ケンジントンチェルシー区が改修に取り組み、昨年までの2年間で約1千万ポンド(約14億円)をかけ、内装、暖房システムのほか防水効果を高める外壁工事を終えたばかりだった。英メディアによると、施工業者の計画書では「建物の見栄えを良くして、外観を現代風にする」との目的が強調され、表面を覆う外壁に燃えやすい樹脂などの素材が使われていた。

 メイ首相は15日、現場視察後に「(火災から)学ぶべき教訓があるならば学び、行動を起こす」との声明を発表、全面的な調査を実施する考えを表明した。英内務省のハード閣外相(警察・消防担当)は、同様の大規模改修を行った高層住宅について一斉点検を実施すると明らかにした。


ロンドン火災、テロと無関係 死者17人に
6/16(金) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた大規模火災で、警察当局は15日「テロであることを示す証拠はない」として、テロと無関係との認識を示した。当局によると、同火災で17人が死亡、70人以上が負傷した。逃げ遅れて建物内に取り残された住人が多数おり、犠牲者数はさらに増える可能性がある。

 英メディアによると、スプリンクラーが設置されておらず、火災報知機も作動しないなど建物内の防火設備が機能しなかった可能性が浮上、「かつて経験したことのない規模の火災」(ロンドン消防局のコットン局長)は、人災との疑いが強まった。


<英高層住宅火災>人災か 防火設備に不備 死者17人に
6/15(木) 21:49配信 毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部の高層住宅(24階建て、120室)で起きた大規模火災で、ロンドン消防局は15日、建物内の捜索をほぼ終え、生存者がいないことを明らかにした。ロンドン警視庁は死者は17人に増え、重体は17人と発表。安否が確認できない人も多数おり、犠牲者はさらに増える可能性がある。高層住宅の住民団体からは防火設備の改善などを求める声が再三上がっており、人災的な要素も浮かび上がっている。

 ◇外壁

 現場近くに住むイゼルディンさん(50)は、火災発生から約30分過ぎた14日午前1時半ごろ、高層住宅近くまでたどり着いた。「炎が低層階から中高層階まで壁を伝うように広がっていた」と話す。

 高層住宅では、昨年まで約2年間、約1000万ポンド(約14億円)をかけて、内装や暖房設備のほか、防水効果を高める外壁工事も行った。英メディアは、「外壁に使用された樹脂が火のまわりを早めた可能性がある」との専門家の分析を紹介。炎が外壁を伝って瞬く間に上層階に燃え広がったとみられる。

 ◇警告

 この建物では2013年に漏電による火災が発生。大事には至らなかったが、有志住民で作る組織は、繰り返し防火設備の不備を指摘していた。この組織のウェブサイトによると、昨年11月には、高層住宅の管理会社に対して再三、改善を要求しても無視されている現状を報告。「犠牲者が出るような事態が起きない限り、外部調査は期待できない」と警告していた。同組織は「こうした事態を懸念していたのに管理会社は聞く耳を持たなかった」と批判した。

 管理会社は14日、声明で「指摘を真剣に受け止め、調査を予定していた」と述べた。

 ◇室内待機

 1974年に建てられたこの住宅は、スプリンクラー設置を規定した規則改正前の建築物のため、防火設備が不十分だった。にもかかわらず管理会社は、建物はコンクリートで防火性が高いとして、住民に火災の際は炎が部屋に迫ってくるまでは、室内にとどまるように指導していた。

 妹が9階に住んでいたというマリータさんは「なぜ、部屋にとどまるようにしていたのか。そのために亡くなった人が大勢いる」と不満をあらわにした。


英高層火災、死者17人に…犠牲者数増える恐れ
6/15(木) 21:41配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドン西部の高層公営住宅で14日未明に起きた火災について、ロンドン警視庁は15日、17人の死亡を確認したと発表した。

 逃げ遅れた人が多数いるとみられ、犠牲者数は今後増える恐れがある。ロンドン消防当局によると、上層階の損傷が特に激しいため、行方不明者の捜索終了には数週間かかる見通しという。

 メイ首相は15日、被害拡大の原因を究明する調査委員会の設置を発表した。

 消防当局は14日夜から15日朝にかけて、全24階の大まかな捜索を実施したが、行方不明者が多いとみられる上層階の本格的な捜索には、内部の補強工事が必要という。

 消防当局の責任者は15日午前に記者会見し、「現状では建物の端に行くのは危険だ」と説明。天井が崩落する恐れなどがあるという。当面は、特殊訓練を受けた捜索犬を投入する方針だ。


英高層マンション火災、死者17人に さらに増える恐れ
6/15(木) 19:48配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) 英ロンドン西部にある24階建ての集合住宅で14日未明に起きた火災で、警察は17人の死亡を確認したと発表した。死者数はさらに増えると予想されている。

ロンドン消防局のコットン局長は、行方不明者の総数は不明としている。まだ建物内に生存者がいれば「本当に奇跡的だ」とも述べ、建物内の捜索には数週間かかるとの見通しを示した。

火災は火の回りが速く、瞬く間にビル全体に延焼。多くの住人が取り残され、窓から飛び降りた人もいると報じられている。

ビルの防火対策について住民が数年前から不安を訴えていたことも判明した。最近の改修工事で外壁に取り付けられた素材が一因となり、短時間に燃え広がった可能性も指摘されている。


英ロンドンの高層住宅火災、死者17人に
6/15(木) 19:37配信 AFP=時事

264
火災によって焼損した英ロンドン西部のグレンフェル・タワー(2017年6月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)英ロンドン(London)西部の24階建て高層住宅で14日未明に発生した大規模火災で、警察当局は15日、死者数が少なくとも17人になったと発表した。

 ロンドン警視庁(Metropolitan Police、Scotland Yard)のスチュアート・カンディ(Stuart Cundy)警視総監はテレビ放送された声明で、「不幸にも亡くなった人の数は、現在のところ17人と確認した」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


英アパート火災、死者17人に=犬投入、「捜索に数週間」
6/15(木) 19:10配信 時事通信

 【ロンドン時事】ロンドン西部の高層アパートで14日発生した大規模火災で、英警察は15日、死者数が17人に増えたと発表した。

 犠牲者数はさらに増える見通しという。また、負傷者37人がなお病院で治療を受けており、うち17人が重体。

 消防当局者は現場の捜索に、特別に訓練された犬が投入されていると明らかにした。特に上層部は崩壊の恐れがあり、体重が軽く短時間で広範囲を捜索できる犬が役立つとしている。

 当局者はまた、捜索には「数週間かかる可能性がある」と述べ、捜索の長期化を示唆した。400~600人いたとみられるアパートの住人のうち、なお数十人の行方が分かっていないとの情報もあり、当局が確認を急いでいる。出火原因については依然明らかではない。メイ首相は15日、現場を視察した。


英マンション火災 原因を捜査
6/15(木) 16:35配信 ホウドウキョク

263
(写真:ホウドウキョク)

イギリス・ロンドンの高層マンションで起きた火災で、死者は12人にのぼり、警察はくわしい出火原因を調べている。
この火災で警察は、これまでに12人の死亡を確認し、負傷者は79人にのぼっている。
火の勢いは弱まり、消防隊員などは24階建てマンションの全ての階に入って、これまでに65人を救出したという。
一方、マンションの一部の住民が、以前から避難用の出口が1カ所しかないことなど不備を指摘し、マンションの運営を行う組織に何度も改善を求めたものの、聞き入れられなかったと主張している。
現場からほど近い教会には、近所の人が、続々と水や食料を持って集まってきている。
マンションから避難した居住者や、近隣の住民は、教会やコミュニティーセンターなどに身を寄せていて、市民から食料や服などの寄付が続いている。
火災の原因について、当局はまだ不明だとしているが、現地メディアは、直前に4階の住民が「自宅の冷蔵庫が爆発した」と通報し、当局が関連を調べていると報じている。


【ロンドン火災】 なぜ高層住宅の住民は「室内に留まる」よう指示されるのか
6/15(木) 14:58配信 BBC News

レイチェル・シュレアー、ジャック・グッドマン BBCニュース

ロンドン西部の公営住宅で14日未明、24階建て127戸の「グレンフェル・タワー」から出火し、大勢が死傷する大火災となった。管理側は住民に、自室や直近の廊下などで出火したのでなければ、火事の際は室内に留まるよう指示していた。これはなぜなのか。

グレンフェル・タワー内に掲示されていた火災時行動マニュアルは、自室で発生した、もしくは自室に影響を与えている火事でなければ、室内に留まるよう住民に勧告している。住民へのニュースレターでは、「別段の指示がない限り、長年の『その場にいて』方針が適用されます。これはつまり、自室や自室外の廊下で出火したのでない限り、自室内にいるべきだという意味です」と書いている。

これは大型集合住宅において比較的スタンダードな勧告だ。

ロンドン消防局は一般的な火災対策として、集合住宅で火災が発生した場合、炎や煙に直接影響を受けていない箇所の人たちは、自室に留まった方が「安全な場合が多い」と説明している。

元消防士で防火対策専門家のエルフィン・エドワーズさんは、「自室に留まる」方針は、火事に直接影響を受けない住民が不要に避難して通路をふさがないようにするためだと話す。

大事なポイントとなるのは、炎の広がり方だ。英国の防火対策の基本は、鎮圧可能な規模の火事を前提としている。高層集合住宅は通常、たとえ1カ所で出火しても建物全体には広がらないよう設計されている。個別の住宅はそれぞれ独立して、延焼を防ぐように設計されているはずだ。

しかしグレンフェル・タワー火災の場合、炎が瞬く間に建物全体に燃え広がった。その速度は前例がないとエドワーズさんは言う。

建築物の防災設備点検を専門とするジェフ・ウィルキンソンさんはBBCに対して、煙が避難ルートに侵入して広がった様子が「何より気がかりな」ことのひとつだと話した。ウィルキンソンさんはさらに、タワー棟の警報システムが、通常想定されるものとは異なっていたようだと指摘する。

「こういう建物は、全員が避難することを想定していない。非常階段が一つしかない構造では、火は個別の居宅内で鎮圧することが前提となっている。住民全員が一斉に避難しなくても良いようにするためだ。消防隊がやってきて状況を把握し、どの階から先に避難すべきか判断し、住民はその避難誘導に従うというシナリオが想定されている」

防火対策の専門家、グレアム・フィールドハウスさんは、「室内に留まる」方針があるからといって、どのような場合にも住民は室内に残らなくてはならないわけではないと話す。

「室内残留方針の是非と、住民がどれだけ方針を理解しているのかにもよる。もし炎や煙の影響を受けているなら、早く出た方がいい」

たとえばエセックス地方のハーロウ行政区は、「迷うなら、外へ」と行動指針を出している。

各地の行政区を代表する地方政府協会も、2012年の行動マニュアルで「迷ったら外へ」を勧告。「室内残留」方針があるからといって、「身の危険を感じる」人たちが外に出るのを防ぐものではないと説明している。

恋人と幼い娘の3人でグレンフェル・タワーの8階に住んでいたマイケル・パラマシーバンさんは、外に出るなという勧告を無視したと話す。

「アパートに残ってたら、3人とも死んでいた」

室内に留まるようにという勧告は、これまでにも疑問視されてきた。

2009年にはロンドン南東部の公営高層住宅「ラカナル・ハウス」(14階建て98戸)で火事があり、6人が死亡した。その後の火災調査で、当時のケン・ナイト消防総監は、火勢の広がり方が異例だったと指摘。室内に留まる原則が今でも有効なのか確認するには、火の広がり方を十分に理解する必要があると報告した。

今回のグレンフェル・タワー火災によって、避難方法に関するその疑問があらためて浮上するのかもしれない。

(英語記事 London fire: Why are people told to 'stay put'? )


英高層マンション火災、死者12人に 住人は以前から不安視
6/15(木) 12:48配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) ビルの防火対策について住民が数年前から不安を訴えていたことも判明した。最近の改修工事で外壁に取り付けられた素材が一因となり、短時間に燃え広がった可能性も指摘されている。

英国のメイ首相は、捜索活動が終わり次第、原因究明のための捜査に着手すると表明した。

集合住宅には125世帯が入居しており、託児所もあった。病院に運ばれた負傷者78人のうち18人は重体となっている。消防局は65人を建物から救出したことを明らかにした。

14日夕刻に記者会見したロンドン警視庁の幹部は、「捜索活動は難航するだろう。死者の数は12人より増えることが予想される」「これ以上の生存者がいるとは予想できない」と語った。

行方不明者の数は現時点では分かっていない。イタリア外務省は、イタリア人少なくとも2人の安否が確認できていないことを明らかにした。

英ロンドン西部にある24階建ての集合住宅で14日未明に起きた火災は、これまでに少なくとも12人の死亡が確認され、78人が負傷して病院に運ばれた。警察は、死者の数はさらに増えるだろうと予想している。

火災は火の回りが速く、瞬く間にビル全体に延焼。多くの住人が取り残され、窓から飛び降りた人もいると報じられている。

火災が発生したのは現地時間の午前1時ごろ。人々がビルから飛び降りたり、逃げ遅れた子どもが窓をたたいたりするのを見たという証言もある。

出火原因については、推測するのはまだ時期尚早だと消防局長は話している。

改修工事を手がけた会社は、ビル管理規制や防火規制、衛生基準、安全基準はすべて順守していたと強調した。

目撃者の証言によると、住人は出火当初、自室にとどまるよう指示されたという。高層ビルは一般的に、各階で火災を食い止める設計になっていることから、自室にとどまった方が安全な場合もある。

しかし今回の場合、建物の外面から火が燃え移り、全体に広がったと見られる。

ある女性は、友人が警察に指示されてビル内で3時間待ったが、助けが来なかったので自力で脱出したと話した。

別の一家は5歳の娘を連れたまま、出火からほぼ4時間たった午前5時ごろまで8階で身動きできなくなったという。

避難できた女性は「火災報知器が鳴らなかった」と語り、近所の人からの電話で初めて火災を知ったと話している。

複数の目撃者は、タワーから飛び降りる人を何人も見たと証言。隣の建物に住む女性はPA通信の取材に対し、女性が地上にいる男性に向かって赤ん坊を窓から投げるのを見たと証言した。

テレビを見ていたという住人の男性は、プラスチックが焼ける臭いで火災に気づき、「娘をつかんで階段を駆け下りた」という。「私たちが脱出するまでに、建物の半分が火に包まれていた。まるで山火事のような延焼だった」と振り返った。

近隣の教会などには住人のための避難所が開設され、地域住民や支援団体が食料や衣類などを提供している。


「壊滅的な出来事がない限り無視」 高層住宅火災 無視された住民の訴え
6/15(木) 12:16配信 BuzzFeed Japan

262
6月14日、炎と煙に包まれるグレンフェル・タワー。

ロンドン西部の24階建ての高層住宅「グレンフェル・タワー」で6月14日未明(現地時間)に発生した大規模火災。少なくとも12人が死亡し、多数の負傷者や行方不明者が出ている。
【Hannah Al-Othman / BuzzFeed Japan】

「たくさんの人が泣き叫んで助けを求めていた」高層マンション火災、目撃者は語る

安全性への懸念を以前より訴えてきた住民男性の一人は「壊滅的な出来事」でも起きない限り、管理者が安全性向上の必要性を認識することはないだろう、という内容をブログに記載していた。

エドワード・ダファーンさんは(55)住民団体「グレンフェル・アクション・グループ(Grenfell Action Group)」のメンバー。住宅を管理する民間業者・Kensington and Chelsea Tenant Management Organisation (略称KCTMO)に対し、長い間苦情を申し入れてきた。

昨年11月20日、ダファーンさんはブログにこのように綴っている。

「本当に恐ろしいことだが、壊滅的な出来事でも起きない限り、私たちの住む住宅の管理者の不適格と無能を、世間の人たちに知ってもらう機会は訪れない気がしている。そのようなことでも起きないと、居住者の健康と安全を無視する管理者の姿勢が改善され、私たちの今の危険な生活状況が終わりを迎えることはないのではないか。」

ダファーンさんは、14日の火災では無事だったものの、煙に取り囲まれた。居住している16階の部屋から、消防士に助けられながら脱出したとBuzzFeed Newsに語った。

「管理者は私たちに対し、火災の危険性のことも含めて、あまり良い扱いをしてきませんでした。壊滅的な火災のようなことが起きない限り、管理者が動くことはないだろうと予想していました。他の住民にも心の備えだけでもしていて欲しいと思っていましたが、こんな形で現実になってしまいました」

ダファーンさんは、こう続けた。

「本当に多くの人を火災で失いました。彼らが建物から歩いて出てくることはもうありません」

(この記事は英語から翻訳・編集されました。)


<英高層住宅火災>迫る炎 窓から子を地上に投げ出す母も
6/15(木) 12:14配信 毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部の高層住宅(24階建て、120室)の火災現場近くの避難所には、命からがら逃げ出した住人や、連絡が取れない友人や家族を捜す人が詰めかけた。炎が迫る中、窓から我が子を地上で待ち受ける人に投げ出す母親の様子を証言する人もいた。

 「玄関には黒煙が充満していて逃げられない。床は触れないほど熱くなっている」。高層23階に住む友人と携帯電話で交わした最後の会話について、現場近くに住むケインさん(25)が語った。この会話は火災発生から3時間後の14日午前4時過ぎのことだったという。

 ケインさんは火災発生後に何度も、携帯電話で連絡し、逃げるように促した。だが友人は「『消防に電話をしたら部屋にとどまるように言われた』と話し、避難しようとしなかった」と肩を落とした。

 近くの住人のイゼルディンさん(50)によると、長女が、中層階から3人の子供を次々と窓から投げ下ろす母親を目撃したという。この子供たちの安否は分からないが、イゼルディンさんは「こんなことが起きるとは信じられない」と話した。

 また、英BBCの取材に応じたサミラさんは「10階あたりの窓から母親が赤ん坊を、地上にいる人に投げ下ろしたのを目撃した」と話した。地上にいた男性が赤ん坊を抱き留めて救ったという。

 3階に住んでいたというアフガニスタン出身のサヤルさん(26)は黒煙が渦巻く中を逃げ出した。「火事だ」と叫ぶ声で目が覚め、窓から外を見ると、すぐ上の階から炎が上がっていた。隣の住民と一緒に非常階段を伝って逃げた。

 サヤルさんによると、緊急時の対応を知らせる建物内の看板には、火災の際は室内にとどまるように書かれていた。「部屋に残っていたら、間違いなく死んでいた」というサヤルさん。22階に住んでいた親類(50)の携帯電話は「呼び出し音が鳴るだけで、誰も応じない」と話し、何度もかけ直していた。


ロンドンの高層マンション火災、犠牲者12人に 消火活動続く
6/15(木) 11:27配信 ロイター

261
 6月14日、英ロンドン中心部にある24階建て高層マンションで発生した大規模火災の犠牲者は、少なくとも12人に上っている(2017年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英ロンドン中心部にある24階建て高層マンションで14日発生した大規模火災の犠牲者は、少なくとも12人に上っている。消防当局は火災の規模とそのスピードにおいて、ロンドンで前例のない大惨事だとしている。

約600人が居住していた築43年のマンション「グレンフェル・タワー」の消火活動には消防車40台、消防士およそ200人が出動。

出火から16時間以上が経過したが、今なお消火活動は続いており、消防隊は上層階へたどり着こうと試みている。消防士らによれば、これまで65人を救出。一部の住人はパジャマ姿だったという。

救急隊は、火災の原因について語るのは時期尚早だとしている。一部の住人は警報が鳴らなかったと語った。また別の住人らは、火災時の安全確保について繰り返し警告していたと述べた。

ロンドンの裕福なケンジントン地区の一部を見渡せる低所得層向けの同マンションで、このような悲劇が起きることは予見できた、と地元の住民団体は非難の声を上げた。カーン市長も、答えるべき疑問があると語った。

一方、メイ首相は適切な調査を約束。この火災を受け、与党保守党と北アイルランドの民主統一党(DUP)との協議は延期となった。来週とみられている欧州連合(EU)離脱交渉の開始も遅れる見込みだという。

一部の住民は上層階の窓から助けを求め、なかには子どもを助けるために窓から投げようとする人もいた。

「『助けて、助けて、助けて』と叫ぶ大勢の子どもや親がいた」とアミナ・シャリフさんはロイターに語った。

「私たちは何もできず、建物の側面が崩れ落ちるのを見た。私たちはただ立ち尽くし、叫んでいた」


英高層住宅火災、ほぼ鎮火…不明者捜索が本格化
6/15(木) 11:26配信 読売新聞

260
14日未明に起きた火災で黒こげになったロンドン西部の高層公営住宅。出火から約19時間が経過した時点でも一部に炎が残っていた=角谷志保美撮影

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドン西部の高層公営住宅火災は14日夜、ほぼ鎮火し、警察によるビル内での行方不明者の捜索が本格化した。

 14日までに確認された死者は12人だが、約120世帯が入居できる建物のため、犠牲者は大幅に増えるとみられる。

 負傷者は70人以上で、英PA通信によると、このうち34人が入院して治療を受けている。

 ビルは、中層階と上層階が真っ黒に焼けこげ、窓ガラスはほとんど残っていない。火災の発生から24時間以上が経過した15日未明も所々で火の手が上がり、捜索と並行して小規模な消火活動が夜通し続いた。


【ロンドン火事】 「何年」も火災の懸念を訴えていた=住民団体
6/15(木) 11:22配信 BBC News

259
【ロンドン火事】 「何年」も火災の懸念を訴えていた=住民団体

ロンドン西部で14日未明に火災が発生した高層公営住宅では、住民が数年前から火災発生の懸念を訴えていたという。地元住民団体が明らかにした。火事ではこれまでに12人の死亡が確認され、多数が負傷。120戸以上の住民の多くが行方不明となっている。

公営住宅「ランカスター・ウェスト・エステート」の24階建てタワー棟「グレンフェル・タワー」は、1974年に完成した。地域全体の6700万ポンド(現在の為替レートで約94億円)規模の再生化計画の一環として、2015~2016年にかけて総額1000万ポンド近い大規模修繕工事を終えたばかりだった。

工事を請け負った建築会社「ライドン・コンストラクション」は、火災発生に「衝撃を受けている」とコメントし、修繕工事はすべて「必要な建築基準や防火基準、健康安全基準を満たしたものだった」と説明している。

「グレンフェル・タワー」の管理は、地元ケンジントン・チェルシー行政区から委託され、ケンジントン・チェルシー管理団体が担当している。

修繕工事の内容は

タワー棟の修繕工事で、地上階から4階部分までが大きくリフォームされ、住居9戸分が増築された。住民用の共有部分も新しくなり、地元事業2社用の利用スペースも改修された。

外壁は、換気機能付きの雨除け外装材で改修。断熱材も加えられたと思われる。窓を交換し、帳壁(カーテンウォール)、新しい暖房システム、排煙換気システムも導入された。

タワー棟の安全性は

グレンフェル・タワーの住民たちは2013年2月、このままでは火事が起きるかもしれないと懸念を表明していた。

住民団体「グレンフェル行動グループ」は、2012年の防火設備点検報告から問題点を取り出して発表。それによると、地下ボイラー室とエレベーター管理室、地上階の配電室にそれぞれ配置されている消火器は、使用期限を12カ月以上過ぎていたという。屋上周辺に置かれていた消火器には「使用禁止」と大きく書かれ、2009年以来点検されていなかったという。

大規模修繕工事の後、ロンドン消防局とケンジントン・チェルシー行政区は2016年に、通常の「中」程度の火災リスクと認定した。

しかし住民たちは、タワー棟の火災リスクは高いままだと警告していた。グレンフェル行動グループは2016年11月にはブログで、「破局的な出来事」が起きない限り、タワー棟の危険な生活環境は終わらないと書いている。

行動グループはさらに、火災発生時にとるべき行動についても通り一遍の情報しか与えられていなかったと批判する。「エレベーターに貼ってある一時的なお知らせと、修繕に関する最近のニュースレター内のお知らせ」には、自分の居宅以外で火事が起きた場合には室内に留まるよう勧告していたと話す。

グループはブログで、「グレンフェル・タワーの掲示板や個別階に、火災時にどう行動すべきか指示が掲示されていたことは一度もない」と書いている。

「なぜあれほど火が広まったのか」

ケンジントン・チェルシー行政区のニック・パジェット=ブラウン区長はBBCに対して、「ひどい悲劇だ」と話した。

「現場を訪れると、炎が数階分を覆って、たちまち広がっていた。なので出火原因のほかに、なぜあれほど素早く火が広まったのか、徹底的に調査する必要がある」

「(グレンフェルで)修繕を行ったように、1960年代や1970年代に建てられた公営住宅の多くを修繕している。暖房・給湯システムや窓を改修し、断熱効果を高め、新しい外装材を使い、エネルギー効率を高めるのが目的だ」

「修繕工事の内容を点検し、何がどのようにどういう基準で実施され、施工内容が基準を満たしていたのかどうかを確認しなくてはならない」

「タワー住宅については、修繕方法や避難方法について問題が色々あると思う。その全てを点検する必要がある」

(英語記事 Concerns raised about Grenfell Tower 'for years')

2017年6月14日 (水)

ロンドンの高層アパートで大規模火災 17人死亡、負傷者多数

ロンドン西部で14日午前時(日本時間同日午前9時)ごろ、27階建ての高層アパートから出火、建物全体が燃えており、消防車40台、消防隊員200人が出動して消火活動が続いている。

建物は発生から3時間以上経過後も、炎に包まれており、出火の原因は不明。

警察によれば、多数が負傷した。出火から数時間後も住人の避難が続いている。逃げ遅れ、建物内に閉じ込められた人が多数いるとの情報があり、当初12人の死亡を確認、その後17人となったが、死傷者数はさらに増える恐れがある。

現場はハイドパーク西方の高級住宅街で、現地からの報道では、アパートには120戸が入っていたという。

リンク:<英高層住宅火災>スプリンクラー建物内未設置 住人が証言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英・ロンドンタワマン火災 死者12人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高層アパート火災の死者12人、負傷者78人に 防火設備不備が被害拡大か ロンドン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:内部の捜索続く=英アパート火災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層アパート火災 「テロ以上の恐怖」 内部から叫び声・爆発音 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「防火上の不備」住民ら懸念=死者12人、さらに増加も―英アパート火災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英タワー火災、安全性の懸念無視か 住民「大量殺人だ」と怒り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英高層住宅火災>死者12人、重体18人 逃げ遅れも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層マンションで火災 死傷者多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英高層住宅火災>6人死亡20人重体 多数逃げ遅れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災 6人の死亡確認、20~50人不明 高層アパートで住民多数逃げ遅れ、飛び降りた人も 出火原因は不 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:燃え続けるロンドンの高層アパート - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:火災アパートを見詰めるロンドン市民 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン高層住宅火災、死者12人に 消火・捜索活動続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:煙に包まれたロンドンの高層アパート - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高層アパート火災を見詰める救急隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「たくさんの人が泣き叫んで助けを求めていた」英・高層マンション火災、目撃者は語る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:救急車へ運ばれるロンドンの子供 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高層アパート近くで親族を捜す女性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:飛び降りる人もいた=ロンドンの夜空に火柱―高層アパート火災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英高層住宅火災、「自室待機」指導で被害拡大か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:未明のロンドン高層アパート火災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン火災、死者多数=高層アパート - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高層アパート火災、12人死亡=未明の出火―消火難航、負傷者68人・ロンドン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの高層アパート火災 脱出者の携帯に建物内部から着信があった - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英国>ロンドンの高層住宅で大規模火災、負傷者多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン西部の高層公営住宅が炎上、少なくとも12人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの高層集合住宅で火災、崩壊の恐れも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの高層アパートで大規模火災=27階建て、けが人多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの高層アパートで大規模火災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの高層住宅で大規模火災、「死者複数」 消防当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの高層マンションで大規模火災、負傷者多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:27階建てビルが火災、消防士200人が消火活動 ロンドン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンの24階建て高層アパートで火災 ハイドパーク西側の高級住宅地 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<英高層住宅火災>スプリンクラー建物内未設置 住人が証言
6/15(木) 11:13配信 毎日新聞

253
火災が発生した高層住宅=ロンドン西部で2017年6月14日、AP

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部の高層住宅(24階建て、120室)で起きた大規模火災で14日、建物内にスプリンクラーが設置されていなかったことが住人の証言で分かった。ロンドン消防局は14日夕、12人が死亡、78人が負傷したと発表したが、この高層住宅には400~500人が住んでいたとみられ、犠牲者数がさらに増える可能性に言及した。英メディアは、消火設備が整っていれば、初期消火で犠牲者を減らすことができたと指摘している。

 高層住宅の3階に住んでいたザムさん(29)ら複数の住人が毎日新聞の取材に、建物内にはスプリンクラーは設置されていなかったと証言した。建物の管理会社は電話取材に対し「コメントできない」と話した。

 英地方自治省は2006年の建物火災安全規則で、高さ30メートル以上の建物にスプリンクラーを設置するよう規定。だが、対象は新築の建物に限られ、1974年に建築され、火災が発生した今回の高層住宅は適用外だった。

 ただこの高層住宅については、備え付けの消火器の期限切れなど、防火設備の不備を住民有志の団体が何度も指摘していたことが明らかになっている。

 一方、英メディアは出火原因について、4階の一室にあった冷蔵庫の漏電との情報があると伝えた。メイ首相は14日夕、犠牲者に哀悼の意を表すると共に「適切な捜査を行う」と話した。


英・ロンドンタワマン火災 死者12人に
6/15(木) 9:38配信 ホウドウキョク

258
(写真:ホウドウキョク)

イギリス・ロンドンの高層マンションで起きた火災で、警察は、12人の死亡を確認したと発表した。死者の数は、さらに増えるとみられる。
この火災で、警察は、これまでに12人の死亡を確認し、負傷者は79人にのぼっている。
火の勢いは弱まり、消防隊員らは、24階建てマンションの全ての階に入って、これまでに65人を救出したという。
マンションは、120世帯が入居できる公営住宅で、400人から600人が住んでいたとみられる。
一方、マンションの一部の住民が、避難体制の不備を以前から指摘していたことがわかった。
住民グループは、避難用の出口が1カ所しかないことなどを指摘し、マンションの運営を行う組織に、何度も改善を求めたものの、聞き入れられなかったと主張している。


高層アパート火災の死者12人、負傷者78人に 防火設備不備が被害拡大か ロンドン
6/15(木) 8:47配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた大規模火災で、ロンドン警視庁は14日、12人が死亡、78人が負傷し、うち18人が重体と明らかにした。さらに逃げ遅れて建物内に取り残された住人が多数おり、犠牲者数はさらに増える。英メディアによると、スプリンクラーが設置されておらず、火災報知機も作動しないなど建物内の防火設備が機能しなかった可能性が浮上、「かつて経験したことのない規模の火災」(ロンドン消防局のコットン局長)は、人災との疑いが強まった。

 英BBC放送などによると、高層アパートは24階建ての低所得者用福祉住宅で、400~500人が住んでいた。建物の1階から3階までは公共施設などが入り、BBC放送は、その上にある住宅部分の4階付近が出火元である可能性があると伝えた。炎が外壁などを伝って、上層階に燃え広がったとみられる。

 住民の話として自室の冷蔵庫から出火したと話していたとの報道のほかに、最近行われた改装工事でガス管を交換した際に何らかの原因でガスが漏れて引火したとの見方も出ている。

 建物内に設置されているはずの火災報知機が鳴っていなかったと複数の住民が証言した。13年に住民グループが、消火器が点検されないまま4年間も放置されていたと発表。16年には避難用の出口が1カ所しかなく、火災時に住民が閉じ込められる恐れがあると指摘。非常灯にも問題があり、住民グループは運営機関に改善を求めていた。


内部の捜索続く=英アパート火災
時事通信 6/15(木) 8:36配信

257
14日、ロンドン西部で、消火活動が続く中、煙に包まれる高層アパート。消防当局は同日夜も、最終的な鎮火確認を急ぐとともに、建物内部の捜索を続け、出火原因の解明を目指した。


ロンドン高層アパート火災 「テロ以上の恐怖」 内部から叫び声・爆発音
6/15(木) 7:55配信 産経新聞

256
激しく煙が上がる高層アパート =ロンドン西部のノースケンジントン(岡部伸撮影)(写真:産経新聞)

 【ロンドン=岡部伸】「阿鼻叫喚。テロ以上の恐怖だった」。英国ロンドン西部で14日未明に発生した公営の高層アパートの大規模火災。真っ赤な炎が包み込み、外壁がはがれ落ちた建物から危うく難を逃れた住民は足を震わせた。建物内に閉じ込められた住民は窓際で助けを求め、最上階では懐中電灯を点滅させる姿もあった。

【写真で見る】ロンドン西部、激しい炎と黒煙に包まれる高層マンション…懸命の消火活動が続く

 ロンドン消防庁のダニー・コットン消防総監は「前例のない火災だ。消防士として29年間働いてきたが、これほどの規模のものは見たことがない」と話した。公営住宅を管理するケンジントン・チェルシー区事務所によると、アパートには120世帯が入居。1974年竣工(しゅんこう)で、2年間にわたる予算1千万ポンド(約14億円)の大規模改修を昨年終えたばかり。外装や全館共通の暖房システムなどを新しくしたという。

 避難した住民は、「5年前に一部を改装した際、その直後に火災が発生した。品質の悪い材質を使っていたためガスに引火した。今回の火災もリフォームが原因ではないか」と話した。粉塵(ふんじん)が舞う中、アパート2階に住んでいた母親(68)を助け出したイラン系英国人の運転手、シャー・サハリフさん(30)は「低層階でラッキーだった。炎が上に上がる様子を見て背筋が凍った」と振り返る。

 周辺の地区にはイランやパキスタンなどの南西アジアやアフリカからの移民が多く暮らす。サハリフさんは「上層階に閉じ込められた人はみな知り合い。助けたくても助けられず悔しい」と肩を落とした。また近くに単身で住むシェリー・デラニーさん(75)は「内部からは叫び声や爆発音などが聞こえた」と話した。


「防火上の不備」住民ら懸念=死者12人、さらに増加も―英アパート火災
6/15(木) 6:51配信 時事通信

 【ロンドン時事】ロンドン西部の高層アパートで14日に起きた大規模火災で、消防当局は同日夜も鎮火確認を急ぐとともに、内部の捜索を続けた。

 警察当局はこれまでに12人の死亡を確認。死者数はさらに増える見込みだ。アパートの住民らは以前から火災への懸念を訴えており、「防火上、何らかの不備があったことは明白だ」(消防関係者)との声が上がっている。

 英メディアによると、アパートは昨年5月、外装や暖房装置などの改修を終えた。当局は「前例のない火災規模と火の回り方の速さ」を強調しており、改装で使われた外装材に火がつき、急速に燃え広がったのではないかという見方も出ている。

 消防関係者はBBC放送に、消防士が非常階段を昇り、建物内に設置された消火栓を使って消火に当たるという一連の作業ができなかったと指摘。BBCはまた、住民の証言として、火災発生時に煙感知器が鳴らなかったと伝えた。地域住民らでつくる団体も、消火設備の検査が1年間行われていないなどと警告していたという。


英タワー火災、安全性の懸念無視か 住民「大量殺人だ」と怒り
6/15(木) 6:31配信 AFP=時事

255
炎と煙を上げるロンドン西部の高層住宅(2017年6月14日、地元住民提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)西部の24階建て高層住宅で14日未明に発生した大規模火災で、近隣住民らは、安全性への懸念が以前からあったにもかかわらず、富裕層が住む地域ではないため無視されてきたと、憤りをあらわにしている。

【写真特集】英ロンドンの高層住宅火災

 火災が起きたグレンフェル・タワー(Grenfell Tower)の入居者団体の元会長、ダミアン・コリンズ(Damian Collins)氏はAFPの取材に対し、住民らは昨年完了した同タワーの大規模改装の対処について地元議会に苦情を申し立てていたと説明。「私たちは、実際に悲劇が起きないと皆の目は覚めないし、ビル管理者が責任を問われることもないと言っていた」と述べた。

 コリンズ氏によると、入居者らは建物内の火災非常口が足りないことを特に懸念していた。また、暖房と照明システムにも欠陥があり、改善を求める2015年の請願書に住民の90%が署名したが、それも無視されたと述べた。

 グレンフェル・タワーは1974年建築のコンクリート製高層ビル。昨年、総額870万ポンド(約12億円)の改装を終えたばかりで、住民はこの改装の際に使われた新たな外装材が火事を広げた原因となったと批判している。

 近隣住民の男性(46)は、同地域の住民は自力に頼ることが習慣になっていると語る。男性は住民が過去に何度も苦情を申し立てていたことを指摘し、「もしこれが(高級地区の)ナイツブリッジ(Knightsbridge)近くで起きていたら、既に解決し、問題にはならなかっただろう」と述べた。

 この建物は公営住宅として建てられた。大部分が高級地区となっているケンジントン&チェルシー王立区(Royal Borough of Kensington and Chelsea)内の労働者階級地域に位置するが、同地域は急速に高級化している。

 住民団体「グレンフェル・アクション・グループ(Grenfell Action Group)」のメンバーで、自身も長い間苦情を申し入れ続けていたというエディーさん(55)はAFPの取材に対し、タワーの基礎構造に特に懸念を抱いていたと説明。この構造により、消防車の通行が阻害されたと主張した。

「これは大量殺人であり、責任者はこのコミュニティーに対する扱いについて、裁判にかけられるべきだ」(エディーさん) 【翻訳編集】 AFPBB News


<英高層住宅火災>死者12人、重体18人 逃げ遅れも
6/15(木) 1:28配信 毎日新聞

254
火災が発生した高層住宅=ロンドン西部で2017年6月14日、AP

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部のラティマーロードにある高層住宅で14日午前に起きた大規模火災で、ロンドン警視庁は、12人が死亡、78人が負傷し、うち18人が重体だと明らかにした。逃げ遅れて建物内に取り残された住人がいるとみられ、犠牲者数はさらに増える可能性がある。複数の英メディアは、スプリンクラーが設置されておらず、火災報知機も作動しなかったと伝えている。

 英メディアによると、高層住宅は24階建て(120戸)の低所得者用の福祉住宅。400~500人が住んでいたという。4階付近から出火したとみられ、炎が外壁などを伝って、上層階に燃え広がったとみられる。在英日本大使館は、日本人が巻き込まれたとの情報はないとしている。

 4階に住んでいたゾーイさんは英BBCに対し「火災報知機の音は聞こえず、隣人が戸をたたいて起こしてくれた」と語った。消防組合はBBCに対し、火災報知機が備えられていたが、作動しなかった可能性があるとした。建物の管理会社はスプリンクラーが設置されていたかどうかについて「答えられない」と話した。1974年に建てられ老朽化が指摘されていた。

 また、住宅内に掲げられている避難の案内には「火災の際は室内にとどまるように」と書かれており、案内に従って室内に残った住人もいるとみられる。また、住民有志で作る団体は何度も「建物内に備え付けられている消火器の期限切れや、出入り口が1カ所だけで、避難経路が確保されていない」などと防火設備や避難の経路の不備を指摘していた。

 近くに住む庭師ゴンザレスさん(38)は「窓から炎が噴き出し、上の階に広がっていった。知人が住んでいるが、電話がつながらない」と心配そうに話した。また、近所に住む人はスカイニュースに「『助けて』という叫び声や、窓から飛び降りようとする人がいた。地上にいた人たちは、『飛び降りるな。逃げろ』と叫んだが、私たちは何もできなかった」と話した。


英高層マンションで火災 死傷者多数
6/14(水) 22:50配信 ホウドウキョク

イギリス・ロンドンの高層マンションで、大規模な火災が発生した。救急当局は、多数の死者が出たと発表している。
救急当局によると、この火事で多数の犠牲者が出ていて、50人以上を病院に搬送したとしている。
しかし、実際の負傷者の数は、それより増えるとみられる。
このマンションには、120世帯が入居していて、火事が起きたのが現地時間で午前1時だったことから、当時、数百人が中にいたとみられる。
建物は1970年代に建てられ、最近、改装工事が行われたということだが、まだ火災の原因に関する情報は出ていない。


<英高層住宅火災>6人死亡20人重体 多数逃げ遅れ
6/14(水) 21:18配信 毎日新聞

253
火災が発生した高層住宅=ロンドン西部で2017年6月14日、AP

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部のラティマーロードにある高層住宅で14日午前1時(日本時間同午前9時)ごろ、大規模火災が発生した。ロンドン市消防局によると、6人が死亡、74人が負傷し、うち20人が重体。逃げ遅れて建物内に取り残された住人がいるとみられ、犠牲者数はさらに増える可能性がある。複数の英メディアは、スプリンクラーが設置されておらず、火災報知機も作動しなかったと伝えている。

 英メディアによると、高層住宅は24階建て(120戸)の低所得者用の福祉住宅。400~500人が住んでいたという。4階付近から出火したとみられ、炎が外壁などを伝って、上層階に燃え広がったとみられる。在英日本大使館は、日本人が巻き込まれたとの情報はないとしている。

 4階に住んでいたゾーイさんは英BBCに対し「火災報知機の音は聞こえず、隣人が戸をたたいて起こしてくれた」と語った。消防組合はBBCに対し、火災報知機が備えられていたが、作動しなかった可能性があるとした。建物の管理会社はスプリンクラーが設置されていたかどうかについて「答えられない」と話した。1974年に建てられ老朽化が指摘されていた。

 また、住宅内に掲げられている避難の案内には「火災の際は室内にとどまるように」と書かれており、案内に従って室内に残った住人もいるとみられる。また、住民有志で作る団体は何度も「建物内に備え付けられている消火器の期限切れや、出入り口が1カ所だけで、避難経路が確保されていない」などと防火設備や避難の経路の不備を指摘していた。

 近くに住む庭師ゴンザレスさん(38)は「窓から炎が噴き出し、上の階に広がっていった。知人が住んでいるが、電話がつながらない」と心配そうに話した。また、近所に住む人はスカイニュースに「『助けて』という叫び声や、窓から飛び降りようとする人がいた。地上にいた人たちは、『飛び降りるな。逃げろ』と叫んだが、私たちは何もできなかった」と話した。


ロンドン火災 6人の死亡確認、20~50人不明 高層アパートで住民多数逃げ遅れ、飛び降りた人も 出火原因は不
6/14(水) 20:24配信 明産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】英ロンドン西部のノースケンジントンにある高層アパートで14日午前1時(日本時間午前9時)ごろ、大規模火災が発生した。多数の住民が逃げ遅れ、ロンドン警視庁によると、6人の死亡が確認された。出火原因は不明。炎は一時、建物全体を包んだ。

 消防当局は消防車約40台、隊員約200人を現場に急派。当局者は「5カ所の病院に少なくとも30人を搬送した」と語った。日本の外務省によると、邦人が火災に巻き込まれたとの情報はない。

 アパートは、ケンジントン・チェルシー区が管理する公営住宅で27階建て。200人以上が住んでいるとみられる。避難した住民によると3階から出火し、20~50人が行方不明になっているもよう。建物から飛び降りた人もいたという。

 アパートは1974年に建てられ、5年ほど前に一部が改装された。工事に問題があったのか改装後、ガスに引火などして6階部分から火災が発生し、住民が消し止めたことがあったという。警察当局は、改装工事と今回の出火の関係について調べている。

 アパートと周辺の住宅には、中東やアジア系などの移民が多く住んでいる。


燃え続けるロンドンの高層アパート
時事通信 6/14(水) 19:48配信

252
14日、建物内部で激しい炎が上がるのが見えるロンドン西部の高層アパート


火災アパートを見詰めるロンドン市民
時事通信 6/14(水) 19:48配信

251
14日、燃え続けるロンドン西部の高層アパートを見詰める市民


ロンドン高層住宅火災、死者12人に 消火・捜索活動続く
6/14(水) 19:02配信 AFP=時事

250
火災に見舞われた英ロンドン西部の高層住宅を見つめる地元住民ら(2017年6月14日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)英ロンドン(London)西部の24階建て高層住宅で14日未明に発生した大規模火災で、警察当局によると少なくとも12人の死亡が確認された。さらに78人が病院で治療を受けており、うち18人は重体となっている。

【関連写真】建物内に取り残され、窓から顔を出す住民

 火災警報が作動したのは、午前1時(日本時間同日午前9時)の直前。それから1時間で建物全体が火に包まれた。発生から約16時間後も建物内部では火災が続いており、消防隊は建物最上部に到達し、生存者の捜索を続けている。

 だが警察当局は、生存者が見つかる可能性は低く、死者数はさらに増える恐れがあるとの見解を示している。同ビルには600~800人が入居していた。

 ロンドン市消防局(London Fire Brigade)は、火災の原因は現在も調査中だと説明。だが同局のダニー・コットン(Dany Cotton)局長は自身の29年のキャリアで「見たことがない規模」の火災だと述べている。【翻訳編集】 AFPBB News


煙に包まれたロンドンの高層アパート
時事通信 6/14(水) 18:56配信

249
14日、煙に包まれたロンドン西部の高層アパート


高層アパート火災を見詰める救急隊
時事通信 6/14(水) 18:56配信

248
14日、炎に包まれたロンドン西部の高層アパートを見詰める救急隊


「たくさんの人が泣き叫んで助けを求めていた」英・高層マンション火災、目撃者は語る
6/14(水) 17:57配信 BuzzFeed Japan

245
Toby Melville / Reuters

イギリス・ロンドンにある27階建の高層マンションで6月14日未明(現地時間)、大規模な火災が発生した。現地消防当局によると、多数の死者が出ているという。【BuzzFeed Japan】

火災は現地時間の午前1時半ごろに発生。消防当局によると、40台の消防車と200人の消防士が出動した。

しかしその後も炎は激しさを増し、朝になっても火災が収まる気配はない。これまでに、少なくとも30人が5つの病院に搬送されたという。

246
Toby Melville / Reuters

内部に取り残された人たちがいる、という目撃情報もある。
近くに住むルーカス・アレキサンダーさん(30)は、炎が建物の側面を信じられないほどの速度で広がっていく様子をみたという。

アレキサンダーさんはBuzzFeed Newsの取材にこう語った。

「午前1頃、最初は3台ほどの消防車が来たことに気がつきました。その時は大したことはないと思っていたのですが、その後、大量の消防車がやってきて、大変なことが起きていることがわかったんです」

「窓からぶら下がっているたくさんの人が、泣き叫んで助けを求めていました。ベッドカバーを結んでロープにし、燃えさかる部屋の窓から吊るしている人たちもいました」

247
Toby Melville / Reuters

建物が倒壊するおそれ
建物が倒壊するおそれがあり、周囲は封鎖された。近所に住む人たちも避難を余儀なくされている。

NHKによると、マンションは1974年に建築された。その後、外壁などの大規模なリニューアルを実施。現在は計120世帯が入居できるという。

消防当局はTwitterで、この火災について「大事件」と表現している。


救急車へ運ばれるロンドンの子供
時事通信 6/14(水) 17:56配信

244
14日未明にロンドンの高層アパートで起きた大規模火災に巻き込まれ、救急車へ運ばれる子供。


高層アパート近くで親族を捜す女性
時事通信 6/14(水) 17:56配信

243
14日、ロンドン西部の高層アパート火災現場近くで、巻き込まれたとみられる親族の行方を捜す女性。


飛び降りる人もいた=ロンドンの夜空に火柱―高層アパート火災
6/14(水) 17:22配信 時事通信

 【ロンドンAFP=時事】翌朝からの仕事を控え多くの市民が眠りに就いていたはずの14日未明、850万人都市ロンドンの夜空に巨大な火柱がそそり立った。

 九死に一生を得て脱出した男性は英BBC放送に対し「窓から飛び降りる人を見た。子供を抱いて逃げている女性もいた。たくさんの人が叫んでいて、私も『とにかく下へ行け』と叫んだが『煙が充満していて出られない』と答える声を聞いた」と悲劇的な状況を語った。

 火災現場の目撃者はBBCラジオに対し「大勢が上の方の階で助けを求めていた。下の階には行けないようだった。飛び降りている人もいた」と述べた。上層階の窓から白い布を振って助けを求める住人も目撃されている。

 住人の親族らが取り乱した様子で火災現場周辺に集まってきたが、警察の指示で、臨時の待機所となった近くのレストランに誘導されていた。アパートの構造について「出入り口が一つしかないから、こうなる不安は以前からあった」と非難する声も上がっている。


英高層住宅火災、「自室待機」指導で被害拡大か
6/14(水) 16:27配信 読売新聞

242
14日、ロンドン西部で炎上する高層住宅(午前4時40分ごろ、角谷志保美撮影)

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドン西部の高層公営住宅で14日午前1時(日本時間14日午前9時)頃、火災が発生し、建物全体に燃え広がった。

 発生から15時間以上を過ぎても消火活動が続いており、死傷者が多数出ている模様だ。住民らは、「防火扉があるので火事の際には自室で待機するように」との指導を受けていた。これが被害拡大の一因になった可能性がある。

 火災が起きたのは、24階建てで約120世帯が入居できる「グレンフェル・タワー」。1974年に建てられた。ロンドン消防当局によると、14日午前0時54分に最初の通報があり、消防車40台、消防士200人以上が出動して消火に当たっている。

 ロンドン警視庁は同日、「12人の死亡が確認された」と発表した。消防当局によると、70人以上が病院で治療を受けている。火が燃え広がった際、建物には多くの人が取り残されていたとみられ、死傷者数は増える恐れがある。


未明のロンドン高層アパート火災
時事通信 6/14(水) 15:38配信

241
14日未明、ロンドンで炎上する高層アパート。


ロンドン火災、死者多数=高層アパート
時事通信 6/14(水) 15:38配信

240
ロンドン西部の高層アパート「グレンフェルタワー」で14日未明(日本時間同日午前)、大規模な火災が発生し、朝を迎えたロンドンで救急当局者は「悲しいことだが、多数の死者がいることが確認された」と述べた。


高層アパート火災、12人死亡=未明の出火―消火難航、負傷者68人・ロンドン
6/14(水) 15:29配信 時事通信

240
ロンドン西部の高層アパート「グレンフェルタワー」で14日未明(日本時間同日午前)、大規模な火災が発生し、朝を迎えたロンドンで救急当局者は「悲しいことだが、多数の死者がいることが確認された」と述べた。

 【ロンドン時事】ロンドン西部の高層アパート「グレンフェルタワー」で14日未明(日本時間同日午前)、大規模な火災が発生し、ロンドン警視庁は12人の死亡を確認した。

〔写真特集〕ロンドンの高層アパートで大規模火災

 警察の声明は「犠牲者数は増える恐れがあり、被害の全体像解明には数日かかる」と述べている。ロンドンのカーン市長は、連絡の取れない住人が「多数」いると明らかにした。救急当局によると、68人が負傷し、各地の病院に搬送された。火災の原因は分かっていない。

 搬送された負傷者数に死者が含まれているかも不明。在英日本大使館によれば、邦人が被害に巻き込まれたことを示す情報はない。

 火災発生の通報があったのは14日午前1時(同午前9時)前。消火は難航し、炎が一時、ビル全体を包んだ。救急当局はツイッターで「2階から最上階まで火に包まれた」と報告した。報道によると、住民の一人は「4階で冷蔵庫が爆発して火事になった」と述べた。一方「出火したのは10階」と伝える報道もあり、情報は入り乱れている。

 BBC放送によれば、脱出に成功した住人は「寝ていたら誰かがドアをたたいて火事だと叫んだ。廊下にはすぐに煙が広がり、恐ろしかった」と証言。高層階の窓から飛び降りたり、外にいる人に向かって赤ちゃんを窓から投げ渡したりする住人もいたという。消防車による消火が続く傍ら、多数の救急車が現場に集まり、レスキュー隊が救助を続けた。

 建物は1974年に建てられた。ビル管理会社によると、24階建て。120~130戸が入居し、近隣住民によると「400~600人」が居住していた。現場はショッピングセンターや地下鉄駅に近く、火災を受け周辺の道路や地下鉄の一部路線は閉鎖された。

 夜が明けても鎮火に至らず、消防当局は14日午前、声明を出し「消火に努めており、並行して捜索も続けている」と強調した。内部の損傷は激しく、構造が複雑で上層階への接近が難航を極めた。

 消火が終わった後も一部が崩壊し破片が落下する危険があり、当局は周辺を立ち入り禁止にした。ただ、消防当局は14日、応急的な検査の結果、建物全体が崩壊する危険は取りあえずないと発表した。


ロンドンの高層アパート火災 脱出者の携帯に建物内部から着信があった
6/14(水) 14:03配信 産経新聞

 【ロンドン支局】英ロンドンの高層アパートで14日発生した火災。火は深夜のアパートを一瞬で包み、周辺は大混乱となった。「こんな火は見たことがない」。何もできぬ目撃者を前に建物は燃え続けた。

 「寝る準備をしていたとき、隣人が(異変を知らせに)ドアをノックした」。英スカイニュースの取材に脱出した男性はこう話した。彼の携帯電話は内部に取り残された人から着信があるといい、まだ脱出できない住民は多数いるもようだ。男性は「火の広がりはすさまじく早かった」と振り返った。

 火災が起きたの「グレンフェルタワー」という1974年に建設されたアパートで最近改装されたという。火の勢いは強く、目撃者の1人は「火が強くて消防隊員も近づけないようだ」と話した。

 現場周辺は警察により封鎖され、近隣住民は遠巻きに見ているしかない状況だという。英BBCに目撃者の1人は「上層階でトーチのようなものを点滅させている人を見た。明らかに外部に脱出することはできなかった」と語った。


<英国>ロンドンの高層住宅で大規模火災、負傷者多数
6/14(水) 13:22配信 毎日新聞

239
火災が発生した高層住宅=ロンドン西部で2017年6月14日、AP

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部のラティマーロードにある高層住宅で14日午前1時(日本時間同午前9時)ごろ、大規模火災が発生し、英警察は多数の負傷者が出たと発表した。英メディアによると、これまでに煙を吸い込んだ2人が手当てを受けた。逃げ遅れた人が屋内に残っているとの目撃情報もある。英BBCは火災が3時間以上続いていることから「建物の構造に影響が出る可能性がある」と報じ、崩壊の懸念を示唆した。

 BBCなどによると建物は「グレンフェルタワー」で27階建て。200人以上が住んでいる模様だ。英米メディアによると、避難しようとして建物から飛び降りた人もいるとの目撃情報があるという。消防当局は消防車約40台、隊員約200人を現場に急派し、午前4時(日本時間正午)現在も消火作業を続けた。


ロンドン西部の高層公営住宅が炎上、少なくとも12人死亡
6/14(水) 13:16配信 BBC News

238
ロンドン西部の高層公営住宅が炎上、少なくとも12人死亡

ロンドン西部の公営住宅で14日未明、24階建127戸のタワー棟から出火し、大火災となった。12人以上が死亡し、大勢が行方不明となっている。ロンドン救急サービスによると、60人以上を病院に搬送した。目撃者らによると、多くの住民が建物内に閉じ込められた。窓から飛び降りる人たちもいたという。

ロンドン警視庁によると、公営住宅「ランカスター・ウェスト・エステート」のグレンフェル・タワーから14日午前零時54分(日本時間同8時54分)に火災通報があった。住民「数百人」が出火当時、建物内にいたはずとされる。

スチュワート・カンディー警視長は同日午後、「残念ながらこれまでに12人の死亡を確認した」と発表。「残念ながら犠牲者の人数はさらに増えるものと思われる」と述べた。

これまでに、5階から出火した可能性が指摘されている。

ロンドン消防庁のダニー・コットン消防総監は同日午前の記者会見で、「前例のない火災だ。消防士として29年間働いてきたが、これほどの規模のものは見たことがない」と述べた。さらに、出火原因はまだ分かっていないと話した。

テリーザ・メイ英首相は、全面的な原因調査を約束。「学ぶべき教訓があるならば、学ぶようにする」と述べた。

赤ちゃんを窓から

目撃者らによると、建物内には大勢が閉じ込められ、助けを求めて叫んでいたという。上層階では懐中電灯か携帯電話のものと思われる光が見えた。閉じ込められた住民が窓際で助けを求め、子供を窓から出して抱える人もいたという。住民が10階か11階の窓から落とした赤ちゃんを、地上の人たちが受け止めたという話もある。

ケンジントン・チェルシー行政区は、これまでに44世帯に緊急宿泊先を提供したと明らかにした。

無事避難できた8階に住むポール・ムナクルさんは、「階段を下りていくと、消防士たちが来た。本当に素晴らしい消防士たちが、実際に階段を上って、炎に向かって、なるべく大勢を脱出させようとしていた」と話した。

ムナクルさんは火災警報で火事に気付いたのではなく、建物の外から「飛び降りるな、飛び降りるな」と叫ぶ声が聞こえて気づいたのだと話した。

目撃者のジョディー・マーティンさんは、「一人が窓から落ちるのを見た。別の女性が窓から赤ちゃんを窓の外に出して抱えているのが見えた。悲鳴も聞こえた」と話す。

「みんなに下に降りろと叫んだが、みんな『アパートを出られない。廊下は煙でいっぱいだ』と叫んでいた」

警報は鳴らず

恋人と幼い娘の3人で8階に住むマイケル・パラマシーバンさんは、外に出るなという勧告を無視したと話す。

「アパートに残ってたら、3人とも死んでいた。ともかく彼女と娘を外に出そうと、直感的に思った。煙がひどかったのでチビをぐるぐる巻きにして、ともかく外に出た」

5階に住むゾーイーさんは、隣人が玄関を叩いてくれたおかげで目が覚めたと話す。

「階段の踊り場に煙がすごく立ち込めていた。煙警報は鳴らなかったが、5階から24階まで一気に広がっていった。すごく怖かった」

英チャンネル4のジョージ・クラーク司会者はBBCラジオに対して、「100メートル離れているが、全身がすっかりすすまみれだ。それくらいひどい」と話した。

「ひどい話だ。一番上の階で誰かが懐中電灯を点滅させているのが見えた。脱出できないのだと思う」

現場にいたティム・ダウニーさんはBBCに、タワー棟の一部が「完全に焼失した」と話した。「建物の中心部まで完全に燃えてしまった。ひどい様子だ。本当にひどい。こんなのは見たことがない。凄まじい大火事だ。建物全体がボロボロ崩れ出していて、黒煙が立ち上っている」。

建物を管理するケンジントン・チェルシー地区の行政事務所によると、タワー棟は24階建てで127戸が入っている。1974年竣工で、公営住宅地全体に2年をかけて実子した予算860万ポンドの大規模修繕を昨年5月に終えたばかり。外装や全館共通の暖房システムを新しくしたという。施工会社は、工事内容はあらゆる基準を満たすものだったとコメントしている。

地元の住民団体は2013年以来、タワー棟で火災が起きる危険が高く、救急車両が入りにくいことが問題だと指摘していた。

(英語記事 Fire engulfs Grenfell tower block in west London)


ロンドンの高層集合住宅で火災、崩壊の恐れも
6/14(水) 12:57配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドン警視庁などによると、ロンドン西部にある高層集合住宅で、14日午前1時(日本時間14日午前9時)過ぎ、火災が発生し、建物は発生から3時間以上経過後も、炎に包まれている。

 同警視庁によると負傷者が多数出ているという。

 ロンドン消防当局によると、40台の消防車が現場に向かい、200人以上の消防士が消火に当たっている。ビルは最上階まで激しく燃えており、建物が崩壊する恐れもある。AFP通信によると建物は1974年に建てられ、約120世帯が入居できるという。

 目撃者によると、建物内には、取り残されている住民がいるという。同警視庁はホームページで「住民は建物から避難を続けている」と説明している。

 日本の外務省海外邦人安全課によると、「現時点で邦人が被害に遭ったとの情報には接していない」という。


ロンドンの高層アパートで大規模火災=27階建て、けが人多数
6/14(水) 12:55配信 時事通信

 ロンドン西部で14日未明(日本時間同日午前)、27階建ての高層アパートで火災があり、消防当局によると、2階から最上階までが炎に包まれた。

 警察によれば、多数が負傷した。出火から数時間後も住人の避難が続いた。逃げ遅れ、建物内に閉じ込められた人が複数いるとの情報がある。

 英BBC放送などによると、現場には消防車40台が急行し、約200人の消防隊員が消火活動に当たった。出火の原因は不明。現地からの報道では、アパートには120戸が入っていたという。


ロンドンの高層アパートで大規模火災
時事通信 6/14(水) 12:47配信

237
ロンドン西部で14日未明(日本時間同日午前)、27階建ての高層アパートで火災があり、消防当局によると、2階から最上階までが炎に包まれた。警察によれば、多数が負傷した。


ロンドンの高層住宅で大規模火災、「死者複数」 消防当局
6/14(水) 12:31配信 AFP=時事

236
英ロンドン西部で、炎と煙に包まれる高層住宅(2017年6月14日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)英ロンドン(London)西部の24階建て高層住宅で14日未明、大規模な火災が発生し、ロンドン市消防局(London Fire Brigade)は、複数の死者が出ていると発表した。また、救急当局によると少なくとも30人が病院に搬送され、複数の住民が建物内に取り残されているとみられる。

【写真】大規模火災が発生した高層住宅の窓から顔を出す住民

 ロンドン市消防局のダニー・コットン(Dany Cotton)局長は火災現場で記者団に対し、「複数の死者が出ている。建物が大きく構造が複雑なため、現時点では人数は確認できていない」と述べた。

 消防によると、火災が起きたのは120戸から成るグレンフェル・タワー(Grenfell Tower)で、消防車40台、消防隊員200人が出動した。

 消防はツイッター(Twitter)に、火の手は最上階の24階まで全体に及んでいると投稿した。

 警察の声明によると、午前1時16分(日本時間同9時16分)、ランカスターウエストエステート(Lancaster West Estate)の高層住宅で大規模火災が発生したとの通報があった。

 目撃者らによると、未明に炎が立ち上ると建物の上階から叫び声が聞こえたといい、ある住民は最上階の窓から白い布が振られていたと述べた。

 目撃者の男性は英BBCに対し、「彼らは閉じ込められた。階下に降りることができなかった。特に最上階からは…人々は焼かれていた」「人々が飛び降りるのも見た」と語っている。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドンの高層マンションで大規模火災、負傷者多数
6/14(水) 12:27配信 ロイター

235
 6月14日、地元メディアの報道によれば、英ロンドン西部にある27階建て高層マンションで14日、大規模な火災が発生した(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英ロンドン中心部にある27階建て高層マンションで14日、大規模な火災が発生した。多数の負傷者が出ており、一部の住民が建物内に取り残された可能性もあるという。

消防当局によると、火災は14日午前0時すぎに発生。出火の原因は明らかになっていないという。

消防車40台、消防士およそ200人が出動して消火活動にあたり、火災発生から数時間後、マンションから大きな黒煙が立ち上っている。

ロンドン消防当局によると、火災はマンション「グレンフェル・タワー」の2階から最上階までの全フロアに及んだ。

「われわれは非常に深刻な火災の消火活動に取り組んでいる。被害は建物全体に広がっている」と消防当局の広報担当者は語った。「消防士たちは鎮火に全力をあげている」

英国の一部報道によると、火災が広がるにつれ、上層部の住民が窓から必死に助けを求めるなど一部の人が建物内に閉じ込められた。

ロイターはこのような報道を確認した。ある目撃者はロイターに対し、住人全員が避難できなかったことを恐れていると語った。一部の住人はパジャマ姿で避難していたという。

「大勢の負傷者が手当を受けている。住人の避難は続いている」と警察当局は明らかにした。

現場には20人以上の救急隊員がいる。ロンドンのカーン市長は「大事件」だと語った。警察は西方に走る国道40号線を閉鎖した。


27階建てビルが火災、消防士200人が消火活動 ロンドン
6/14(水) 12:22配信 CNN.co.jp

(CNN) 英ロンドン西部で現地時間の14日未明、27階建ての集合住宅で火災が発生し、消防士200人と消防車20台あまりが出動して消火に当たっている。

ロンドン消防局によると、ノースケンジントンの団地にある建物から出火し、消防隊が消火に当たりながら、住民らを避難させようとしている。

ロンドン警察によると、これまでに2人が煙を吸い込んで手当てを受けた。他の負傷者については情報が入るのを待っているところだという。

ソーシャルメディアには、ビル全体が炎に包まれる写真や画像が投稿されている。目撃者のゴラン・カリミさんはCNNの取材に対し、「建物全体が火に包まれている。火の回りが速い」と語り、人々がビルから飛び降りるのを見たと話している。

不動産会社によると、火災が起きたのは1970年代に建てられたビルで、最近、再開発プロジェクトの対象になっていた。

現場はノッティングヒルやロンドン西部のショッピングセンターにも近く、地下鉄の最寄り駅から徒歩5分の距離。集合住宅の家賃は月額2500ドル(約27万円)前後だった。


ロンドンの24階建て高層アパートで火災 ハイドパーク西側の高級住宅地
6/14(水) 11:32配信 産経新聞

 英BBCによると、14日午前1時(日本時間同午前9時)ごろ、英ロンドン中心部の24階建て高層アパートから出火。建物全体が燃えており、消火活動が続いている。地元消防のツイッターによると、消防隊員200人が出動して消火にあたっている。

 現場はハイドパーク西方の高級住宅街。負傷者の有無は不明だが、内部に閉じ込められた住民がいるという情報がある。

2017年6月13日 (火)

ロンドンでまたテロ・8人死亡、48人が負傷 ISが犯行声明・7

ロンドン中心部のテムズ川に架かるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ、ワゴン車が歩道を暴走して通行人をはねた。その後、車を乗り捨てた男3人は近くの食品市場「バラ・マーケット」で人々を刃物で襲撃した。3人は警官に射殺された。警察はテロ事件と断定、警察は7日、死者数が1人増えて8人となったと発表した。

救急当局によれば、48人が負傷して病院に搬送されたほか、軽傷者が現場で手当てを受けた。在英日本大使館によれば、日本人が巻き込まれたという情報はない。

ロンドン警視庁のディック警視総監は4日の記者会見で、射殺された実行犯3人のほかにも容疑者がいないか捜査を急いでいると述べるとともに、「優先事項は実行犯の詳しい身元や背後関係を調べることだ」と強調した。警察は4日、ロンドン東部で12人を拘束したことを明らかにした。

メイ首相は4日、声明を出し、3月以降国内で相次ぐテロに関し、「邪悪なイスラム過激主義のイデオロギーで結び付いている」と指摘、今回の事件もイスラム過激派の影響を受けたテロとの見方を示した。また、「過激主義に寛容な態度は取らない」とし、警察権限の強化など対テロ戦略の見直しを行うと強調した。8日の総選挙は予定通り実施すると表明した。

ワゴン車は暴走した後、バラ・マーケット近くでガードレールに衝突して止まり、車から降りてきた3人の男が近くのパブなどで客らを無差別に刃物で襲った。英メディアによると、目撃者の1人は「男らは『これはアラー(神)のためだ』と叫んだ」と証言した。駆け付けた武装警官に射殺された男らは自爆ベルトのようなものを身に付けていたが、偽物だった。

ロンドンでは3月22日、国会議事堂付近で男が車を暴走させた後、刃物で警官を刺し、5人が死亡する事件が発生。また、英中部マンチェスターでは5月22日、22人が死亡する自爆テロが発生したばかりだった。

以上、時事通信の報道による。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事
6番目の記事

リンク:「許しは請えない」 ロンドン攻撃実行犯の母親 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英国がこれからもテロから逃れられない「複雑な事情」 欧州は過激主義との戦いに負けたのか? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏英首脳、対テロ行動計画を発表 SNSでの過激化阻止に重点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:キャサリン妃がロンドンのテロ被害者のお見舞いへ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:キャサリン妃がロンドン橋テロ事件の犠牲者をお見舞い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英キャサリン妃、襲撃事件の負傷者が入院の病院訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:キャサリン妃 ロンドンテロ被害者をお見舞いに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:キャサリン妃、ブルーのスーツでテロ被害者が入院する病院を訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英仏首脳がハイテク企業への罰金検討-テロ対策で - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「許しは請えない」 ロンドン攻撃実行犯の母親
6/14(水) 18:34配信 BBC News

今月3日にロンドン中心部で8人が死亡、多数が負傷した襲撃事件で、実行犯の一人とされたユセフ・ザグバ容疑者の母親はBBCのインタビューに応じ、「許してほしいと言いたいが、それでは筋が通らない」と語り、内心の葛藤を吐露した。ザグバ容疑者がイスラム教にのっとった埋葬がされないことに賛成している母親は、「(過激派への)強いメッセージを送ることが義務でもある」と語ったが、息子と最後に電話で話した時のことを「とても心優しかった」とも振り返った。


英国がこれからもテロから逃れられない「複雑な事情」 欧州は過激主義との戦いに負けたのか?
6/14(水) 8:01配信 現代ビジネス

903
写真:現代ビジネス

 英国を含む欧州で、イスラム過激主義に影響を受けた青年たちによるテロが続発している。

 8日に総選挙が行われた英国は、選挙期間中に2度もテロに見舞われた。メイ英首相は早急にテロ対策の見直しを確約したが、オープンで自由な社会を維持しながらどれほどの効果を上げられるだろうか。

 今や政府、捜査当局、国民はテロ発生を「新たな現実」として認識するようになっている。なぜ英国がこれからもテロを避けられないのかを探ってみた。

904
〔PHOTO〕gettyimages

何とも言えない不安感と恐怖
 欧州内のイスラム系テロに世界中が注目したのは、2015年1月のフランスの風刺雑誌「シャルリ・エブド」事件だった。編集室を武装男性らが襲い、その場で12人を射殺した。

 これが1つの「ゴーサイン」になったかのように、同年秋にはさらに衝撃的なテロ事件が起きる。11月13日、コンサートが行われていたパリのバタクラン劇場内と近辺のレストランで襲撃事件が発生し、137人(実行犯7人を含む)が亡くなったのである。

 翌年3月22日にはベルギー・ブリュッセルの地下鉄、空港での銃撃・自爆テロ事件(死者は実行犯5人を含む35人)が発生。7月14日、フランスは再びテロ攻撃にあう。ニースで花火の見物客にトラックが突入し、86人が亡くなった。実行犯は射殺された。

 ドイツも攻撃の対象となった。12月19日、ベルリンでクリスマスに備えてショッピングを楽しんでいた人々をトラックがなぎ倒していった(実行犯1人のほかに11人死亡)。

 英国でもテロが連続して発生するようになった。

 特に今年に入ってから頻発している。3月22日、ロンドンのウェストミンスター議事堂に続く橋の上をトラックが暴走。その後、運転していた男性は議事堂前にいた警察官をナイフで刺し殺した(死者は警官らに射殺された実行犯を含むと5人)。

 5月22日夜、英北部の都市マンチェスターで、米歌手アリアナ・グランデのコンサート終了直後、会場入り口付近で自爆テロが発生(実行犯1人を含む23人死亡)。6月8日の総選挙に向けた選挙戦の真っ最中の事件だった。

 それから2週間も経たない6月3日夜、ロンドンの中心地の1つロンドン橋上でワゴン車が通行人らに突っ込んでいった。ワゴン車から降りた実行犯3人はレストランが並ぶバラ・マーケットまで走り、数人に刃物で傷を負わせた。3人は駆け付けた警察官らに射殺された(犠牲となった死者は8人)。

 実行犯はいずれもイラクとシリアに拠点を置く新興イスラム過激組織「イスラム国(IS)」の手ほどきを受けた、あるいは直接指令を受けたわけではないがISの思想に心酔した青年たちだった。

 筆者は事件発生の翌日、ロンドン橋付近を歩いてみた。

 犯行現場自体は捜査が続いていたため入ることはできなかったが、遠くから橋を眺め、バラ・マーケット付近にも行ってみた。近くの郵便ポストは郵便物を入れる口が封じられており、バス停は使えないようになっていた。

 ロンドン橋に行くために地下鉄の駅バンクまで行ったのだが、事件のために閉鎖状態となったロンドン橋駅を電車が通過していったとき、何とも言えない不安感と怖さを感じた。

なぜテロ事件を起こすのか
 実行犯となった若者たちはイスラム教の国からやってきた移民あるいは移民2世あるいは3世であった。

 例えばフランスのシャルリ・エブド事件の実行犯らはアルジェリア系フランス人、バタクラン劇場の実行グループの主犯格がモロッコ系ベルギー人、マンチェスター・テロの自爆犯は両親がリビア人だった。ロンドン橋テロの3人はモロッコ系イタリア人、パキスタン生まれの英国人、モロッコとリビアの国籍を持つ移民であった。

 移民2世であるための「アイデンティティ危機」(両親の出身国と自分が住む国との価値観や文化の違いの真ん中にいて、どちらにも属さないことへの不安感)、生まれ育った国で感じる疎外感などが青年たちを「自分の居場所」としてイスラム過激主義のネットワークに向かわせるという。

 出身家庭は貧困あるいは中流で、学生、無職のほかにバスの運転手、小売店の店員、教師などさまざまな職に就いていた。

 軽犯罪を犯して刑務所に入り、受刑者仲間からの情報で過激思想に染まっていく場合も相当多いと言われている。

 では、青年たちの犯行の目的はなにか。

 テロ分析の第一人者と言われるフランスの政治学者ジル・ケペル氏が筆者に語ったところによると、テロ犯の目的は「非イスラム教徒の国民に向けた挑発行為」だ。

 異教徒に対する「聖戦」(ジハド)としてテロ行為を働く青年たちは、テロによって非イスラム教徒の国民がイスラム教徒の国民に向かって反撃を開始することを期待しているという。

 その結果、非イスラム教徒の国民がイスラム教徒の礼拝所となるモスクを破壊したり、人種差別主義的行動を取るようになったりすれば、「イスラム教徒の国民は自分たちがイスラムフォビア(イスラム教に対する憎悪)の対象になっていると考える」。

 こうした不正義にすべてのイスラム教徒が決起し、非イスラム教の国に宗教戦争を布告し、最終的に「西側世界の破壊と世界的な聖戦の勝利が実現する」という想定をしているという。

 ケペル氏はこうした想定を「幻想」と呼ぶ。

「テロを止めるのは不可能に近い」
 こうした状況において、イスラム過激主義者によるテロ行為をどうやって止めることができるのか。

 6月3日のロンドン・テロ発生の翌日、メイ首相はテロを防ぐための4つの方策4つを提唱した。

 1つ目は「憎悪を広め、社会の分断の種をまき、偏狭さをはぐくむ、邪悪なイスラム過激思想」を打倒すること。「自由、民主主義、人権という西側の価値観がイスラム教の価値観と合致しないとする考え方だが、これはイスラム教の曲解であり、真実ではない」。

 思想の打倒には、「憎悪の説教師や支持者が説くことよりも、多様性を持つ英国の価値観の方が優れていることを理解し、暴力から心をそむけるようにする」。

 2つ目は「邪悪な思想がはびこる空間をそのままにしない」。この空間とはインターネットのことだ。テック企業や他国政府と協力し、過激主義の拡散やテロの立案をネットから追い出すようにする。

 3つ目は「イスラム国を一掃すること」。

 4つ目は「警察及び治安当局が十分な力を発揮できるよう、テロ対策を見直すこと」。

 英国のイスラム過激ネットワークに詳しいジャーナリスト、ロバート・ベルカイク氏は「テロリストを止めるのは不可能に近い」とガーディアン紙(8日付)に書いた。「非常に恐ろしいことだが、テロは警察の手に負えなくなったのが現実だ」。

 3月のウェストミンスター・テロ、5月のマンチェスター・テロ、6月のロンドン・テロの実行犯の総勢5人の中で4人が捜査当局にその存在が知られていたにもかかわらず、具体的なテロ計画がある証拠を見つけられないままで終わったことを同氏は指摘。

 当局が「テロ計画を裏付ける証拠を集めることができなかったため、実行犯たちは誰にも妨げられずに殺害を実行することができた」とみる。

 未然に防げなかった理由の1つは、処理しなければならない情報が圧倒的に多いためだという。情報保安部(MI5)と政府通信本部(GCHQ)はデータベースに2万3000人の「注意するべき人物」のファイルを持つ。

 この中の3000人が「厳重な注意をするべき人物」だ。このほかに、3000から4000件の逮捕案件、路上質問による報告書が上がってくる。

 さらに、市民が過激発言をする人などを通報する仕組み(「プリベント=防止」)を通して寄せられる情報が去年1年間で8000件に上る。

 注意人物となった数千人が過激思想を実行に移す「兆候」は例えば武器を調達した、爆発物生成に使うような材料を入手したなどの行動があったときだ。この方法で2013年以降、18件のテロ計画を未然に防いできた。

 しかし、「最近のテロはナイフや車など、誰でも不審がられずに入手できる手段を使う。かつ計画から実行までほんの数日の準備でも可能だ」。

また起きる、という現実
 総選挙後、メイ首相率いる与党・保守党は第1党になったものの議席数を減らし、過半数を取ることができなくなった。少数単独政権の発足を目指して、北アイルランド地方の第1党「民主統一党」との交渉が続いている。

 早ければ19日も始まる、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に向けての交渉の行方は極めて不透明になった。

 しかし、「確かなことが一つある」と反過激主義組織「インスパイア」の代表セーラ・カーン氏はオブザーバー紙に書く(11日付)。「私たちはイスラム過激主義との戦いに負けている」。

 2万3000人にも上る聖戦予備軍がいることや、社会のリベラルな価値観によって、「過激主義を広める説教師が事実上問題視されないままに憎悪を拡散することができたからだ」。

 カーン氏が挙げた一例は過激主義活動家アンジェム・チョウダリの存在だ。チョウダリは違法化された過激主義組織「アルムハジルン」の中心人物で、テロリズムを扇動した罪で有罪となり、受刑中だ。チョウダリは「20年以上にわたって数百人規模の青年たちを過激化させ、100人以上を国内外のテロ行為に扇動した」。

 言論の自由が保障されていることで、チョウダリのような人物が「衛星テレビ、ソーシャルメディア、大学、コミュニティのイベントを通して憎悪のイデオロギーを広げていった」。これに対し、「イスラム教組織も、人権擁護団体も、反人種差別組織も、政府も対抗する言論を広めることができないという失敗を犯した」。

 6月のロンドン・テロの実行犯でパキスタン生まれのクラム・バットはアルムハジルンを中心とするネットワークの1人だった。2015年にテロ防止用ホットラインに通報され、アルムハジルンとの関係についてMI5に調査されていた。

 チョウダリは投獄以前、頻繁にテレビやラジオに出演し、バット自身も昨年、テレビ局チャンネル4の「隣人のジハディスト」に出演していた。過激主義を信奉する声がメディア空間の一部となってきたのである。

 言論の自由の原則の下では多様な意見の存在が保障される。政府批判やイスラム過激主義を支持する意見もそれ自体では犯罪にはならない。特定の思想を持っているだけで逮捕される事態はあってはならないからだ。ここに英捜査当局の捜査の難しさがある。

 どこからが過激主義でどこからが過激主義ではないのか、また過激主義であってもテロ行為に直接つながっているのかどうかの見極めも難しい。ロンドン橋テロの実行犯バットの場合も「テロ計画の実行とは関連性がない」と言うことで、捜査の優先順位を低くされた一人である。

 独裁政権であれば、少しでも疑わしい人物を逮捕する、投獄することは容易だろう。しかし、民主主義国家、法治国家であるがためにその選択肢はない。

 人の出入りについても、監視国家ではないがための困難さが生じる。

 例えば、英国からISの本拠地シリアに出かけて聖戦に参加した人物は約800人と言われている。そのうちの半分が英国に帰国している。

 英国から中東諸国には日本円で数万円もあれば、数時間で行ける。政府は英国からシリアへの渡航をしないよう国民に呼びかけているが、まず他国に行き、そこからシリアに向かうことは不可能ではなかった。

 昨年末、英国では「捜査権力法」が成立し、警察、情報機関、政府省庁が令状なしに個人のインターネット接続履歴を入手できるようになった。しかし、今回の一連のテロ事件で判明したように、どの情報を優先事項とするのかが、テロを防げるか、あるいは死傷者を出すかの分かれ目となる。

 「情報はあった。しかし、3件のテロ事件では専門家の分析が不在だった」(オブザーバー紙、11日付)のである。

 テロを止めるには、中長期的には過激主義思想に陥らないような教育や、ISの一掃などが考えられる。

 しかし、イスラム移民の家庭で育った青年たちの一部でカルトのようになったテロ発生の連鎖を止める要因が、現時点で見つからない。

 「今度、いつ起きるか」が英国、そして欧州諸国の「新しい現実」となった。


仏英首脳、対テロ行動計画を発表 SNSでの過激化阻止に重点
6/14(水) 7:37配信 AFP=時事

【AFP=時事】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は13日、首都パリ(Paris)を訪問した英国のテリーザ・メイ(Theresa May)首相と会談した。その後両首脳は、ソーシャルメディアを通じた過激化の厳重な取り締まりを進めていくための対テロ行動計画を発表した。

 マクロン大統領は、ソーシャルネットワークによるテロのプロパガンダの一掃に向けた努力が不十分だという意見で、両国が一致したと述べた。

 英国では、マンチェスター(Manchester)とロンドン(London)で襲撃事件が発生したばかりで、マクロン大統領は、両国が「非常に具体的な」行動計画を策定したことを明らかにした。

 メイ首相によると、この行動計画では、ソーシャルメディアの運営企業が不適切なコンテンツの排除に向け必要な措置を講じなかった場合、法的制裁を科す可能性についても模索していくという。

 英国では先月22日、米ポップ歌手のコンサート会場で発生した自爆攻撃で子どもを含む22人が死亡。さらにその2週間後に、ロンドン中心部でワゴン車と刃物を使った攻撃で8人が死亡する事件が発生し、衝撃が広がった。

 またフランスでも2015年以降、イスラム過激派による襲撃事件が後を絶たず、計230人以上が犠牲になっている。【翻訳編集】 AFPBB News


キャサリン妃がロンドンのテロ被害者のお見舞いへ
6/13(火) 22:10配信 ELLEgirl

901
Photos: Getty Images

ロンドンのバラマーケットで6月3日(現地時間)に起きたテロ事件では、8人が亡くなり、48人もの負傷者が出る惨事となった。6月12日(現地時間)、キャサリン妃がケガを負った犠牲者が入院する病院、キングス・カレッジ・ホスピタルにお見舞いに訪れた。

サプライズ訪問したキャサリン妃は、事件当日に手当てに当たったスタッフたちと対面し、「みなさんはそのとき、事件がどの程度の規模かご存知なかったのでしょう。ただ仕事に没頭し、ひたすら救助に当たる対応は素晴らしいです。みなさんは、このような事件に対応できるよう訓練していたのだろうと思います。でも、同じような事件が二度と起きないことを祈っています。みなさんの行動は並外れたものです」と称賛した。

902
Photos: Getty Images

緊急医療部隊の監督は「このような事件に私たちは24時間備えていますが、キャサリン妃のような方が、私たちのしていることを直接見て、感謝の言葉をかけて下さることは本当に嬉しい」とコメント。テロが相次ぐ英国。マンチェスターで起きたテロ現場にはウィリアム王子が、また負傷した子どもたちの入院する病院にはエリザベス女王がお見舞いや励ましに訪れた。

6月6日(現地時間)には、チャールズ皇太子とカミラ妃もロンドンのテロの被害者が入院する病院や、対応に当たった警察を訪問。王室メンバーからかけてもらった言葉が、テロ事件に巻き込まれた被害者の傷を少しでも癒しているに違いない。
(text : Yoko Nagasaka)


キャサリン妃がロンドン橋テロ事件の犠牲者をお見舞い
6/13(火) 16:30配信 ハーパーズ バザー・オンライン

キャサリン妃が、ロンドン橋とバラ・マーケットで起こったテロの犠牲者たちが入院している病院を訪問した。6月3日のテロでは、8名が死亡、約48名が負傷。彼女が訪ねたのはキングス・カレッジ・ホスピタルで、怪我から回復中の犠牲者やスタッフと面会した。
『People』誌によると、同病院には48名の負傷者のうち14名が搬送され、治療を受けている。うち1名はまもなく退院したが、残りの人たちは現在も治療、回復中だ。
キャサリン妃は、同病院の救急病棟で当日担当していた医師や看護師、スタッフたちに言葉をかけた。
「みなさんはとてもすばらしい仕事をしてくださいました」と語ったという。

【写真】キャサリン妃がテロの犠牲者をお見舞い訪問した当日の様子

メンタルヘルスと闘う人々を支援するキャンペーン「Heads Together」のオーガナイザーでもあるキャサリン妃は、患者に心理的なサポートをする重要性についても病院職員と話をした。
救急部の医療ディレクター、マルコム・タニクリフ氏は彼女の訪問を歓迎し、「ケンブリッジ侯爵夫人は我々スタッフの献身と、立ち直る力に優れていることに感心されたように思います。我々は24時間体制でこうした事故に対応していますが、ケンブリッジ妃がご自分の目でそれをご覧になり、感謝の言葉を述べてくださったことで、患者もスタッフも元気づけられました」と語っている。


英キャサリン妃、襲撃事件の負傷者が入院の病院訪問
6/13(火) 15:01配信 AFP=時事

900
英ロンドン南東部にあるキングズ・カレッジ病院を訪れ、医療スタッフらに声を掛けるキャサリン妃(2017年6月12日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英国のウィリアム王子(Prince William)の妻キャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)は12日、ロンドン(London)南東部にあるキングズ・カレッジ病院(King's College Hospital)を訪れ、ロンドン橋(London Bridge)周辺で今月3日発生した襲撃事件の負傷者を見舞い、医療スタッフらの労をねぎらった。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連写真】病院の責任者と話すキャサリン妃


キャサリン妃 ロンドンテロ被害者をお見舞いに
6/13(火) 12:10配信 25ansオンライン

900
Photo:Getty Images

12日、月曜日の午後、ロンドン南西部にあるキングス・カレッジ病院を訪問されたキャサリン妃。こちらの病院には、今月3日に発生した、ロンドンブリッジとバラ・マーケットのテロ被害者が入院しており、お見舞いに来られました。
事件当日、こちらには14人が運び込まれたそうで、ひとりはその日に帰宅でき、13人が入院し、以前治療が続いている状態、中でも7名は未だ予断を許さない状態だそう。
キャサリン妃は、事件の当日勤務をしていたスタッフの皆さんとお会いになり、詳細をお聞きになったそうです。
そして、迅速な対応や命を救ってくれたスタッフたちへ、お礼の言葉を伝えられました。
なんとも悲しいことに、3月22日に起こったウェストミンスター ブリッジでのテロの際にも、同様に勤務中だったスタッフもいたのだとか。

犠牲者の方のみならず、治療やサポートに関わった人たちの心にも大きなものを与えてしまったこの事件。そんな気持ちをも察してでしょう、
「こんなことが二度も起こるなんて、まったく例を見ないことですね。」
「貴方たちがやってくれたことはとても素晴らしいことなのです。」と伝えられたそうです。

いつか、こんなご訪問が実現してほしいと願っていた皆さんは、まさかのキャサリン妃のサプライズ訪問に驚きとともに大感激されたようでした。
その後には、被害者である入院患者の方々を見舞われましたが、そちらは当然プライベートで、気を配られました。

先週は、同様のテロ被害者をお見舞いに、チャールズ皇太子とカミラ夫人が、ザ・ロイヤル・ロンドン病院をご訪問されました。
そしてその前には、先月22日に発生したマンチェスターでのテロで被害にあった方々を見舞うため、事件直後にはエリザベス女王が、そしてウィリアム王子も同じくマンチェスターへと向かわれたのでした。
こんな悲しき予期せぬ事態が起きた際にも、ロイヤルの皆様の迅速な行動にとても感動します。

そして、被害者や関係者の人たちへの思いは、ファッションからも感じられ、この日のキャサリン妃はブルーのツイードスーツを選ばれました。
これまでに何度も着回しをされているスーツということで、ファッションに一切注目が集まらないように、そして落ち着きのある定番カラーを選ばれ、まさに賢いスタイル。これぞロイヤルメンバー!です。

スーツはレベッカ・テイラー、サファイア&ダイアモンドのピアスに、マノロ・ブロニクのパンプスと、オールブルーでまとめられました。地味すぎず、もちろん派手ではない、ロイヤルの定番スタイルですね。
ちなみにこのパンプスは、なんと2011年のカナダツアー以来の登場したご無沙汰アイテムです。プレーンから少しデザインのある靴に変えられただけで、新鮮さがプラスされています。

被害者の方々が少しでも早くお元気になることをキャサリン妃とともに願うばかりです。


キャサリン妃、ブルーのスーツでテロ被害者が入院する病院を訪問
6/13(火) 10:47配信 Movie Walker

999
テロ被害者たちが入院している病院を訪れたキャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ

キャサリン妃が、6月3日にロンドンブリッジで発生したテロの被害者たちが入院している病院を訪問した。英王室からは、チャールズ皇太子とカミラ夫人がすでにテロの被害にあった人々を訪問しているが、キャサリン妃は、6月12日のランチタイムにシークレットでキングス・カレッジ病院を訪れたため、病院は大騒ぎに。

ロンドンブリッジでは、3月22日にも5人の犠牲者を出したテロ事件が発生しており、同病院ではその時も被害者たちの手当てにあたったスタッフが何人もいる。「このような出来事を二度も体験するのは、前代未聞のことだと思います」と言ってキャサリン妃はスタッフをねぎらったと英紙デイリー・メールのサイトが伝えている。

この日のキャサリン妃は、お気に入りのレベッカ・テイラーがデザインしたブルーのツイードのスーツをリサイクル。足元も同系色の靴でまとめ、全身をエレガントでシックにまとめていた。

「このスーツは彼女にすごく似合う。少し太って健康になった感じ」「スーツがピタピタになっているのは、妊娠しているから?」「スカートが短すぎ」「メラニアやイヴァンカを見て彼女を見るとホッとする」などのコメントが同紙サイトに寄せられている。【UK在住/MIKAKO】


英仏首脳がハイテク企業への罰金検討-テロ対策で
6/13(火) 9:38配信 Bloomberg

メイ英首相とマクロン仏大統領はテロ関連のコンテンツ削除を怠ったハイテク企業に対して、罰金を含めた取り締まりを共同で主導する計画だ。

英仏両国にとって、ネット上のビデオや画像で思想を広げることが多いイスラム過激主義への対応が優先課題となっている。英総選挙の選挙戦はマンチェスターとロンドンでのテロ事件で2度にわたり中断され、フランスではパリとニースでの2015、16両年のテロで200人強が死亡した。

原題:May, Macron to Consider Fining Tech Companies in Terror Fight(抜粋)

2017年6月 7日 (水)

ロンドンでまたテロ・8人死亡、48人が負傷 ISが犯行声明・6

ロンドン中心部のテムズ川に架かるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ、ワゴン車が歩道を暴走して通行人をはねた。その後、車を乗り捨てた男3人は近くの食品市場「バラ・マーケット」で人々を刃物で襲撃した。3人は警官に射殺された。警察はテロ事件と断定、警察は7日、死者数が1人増えて8人となったと発表した。

救急当局によれば、48人が負傷して病院に搬送されたほか、軽傷者が現場で手当てを受けた。在英日本大使館によれば、日本人が巻き込まれたという情報はない。

ロンドン警視庁のディック警視総監は4日の記者会見で、射殺された実行犯3人のほかにも容疑者がいないか捜査を急いでいると述べるとともに、「優先事項は実行犯の詳しい身元や背後関係を調べることだ」と強調した。警察は4日、ロンドン東部で12人を拘束したことを明らかにした。

メイ首相は4日、声明を出し、3月以降国内で相次ぐテロに関し、「邪悪なイスラム過激主義のイデオロギーで結び付いている」と指摘、今回の事件もイスラム過激派の影響を受けたテロとの見方を示した。また、「過激主義に寛容な態度は取らない」とし、警察権限の強化など対テロ戦略の見直しを行うと強調した。8日の総選挙は予定通り実施すると表明した。

ワゴン車は暴走した後、バラ・マーケット近くでガードレールに衝突して止まり、車から降りてきた3人の男が近くのパブなどで客らを無差別に刃物で襲った。英メディアによると、目撃者の1人は「男らは『これはアラー(神)のためだ』と叫んだ」と証言した。駆け付けた武装警官に射殺された男らは自爆ベルトのようなものを身に付けていたが、偽物だった。

ロンドンでは3月22日、国会議事堂付近で男が車を暴走させた後、刃物で警官を刺し、5人が死亡する事件が発生。また、英中部マンチェスターでは5月22日、22人が死亡する自爆テロが発生したばかりだった。

以上、時事通信の報道による。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事

リンク:ロンドン橋テロ 中型トラックでの犯行を予定 支払い出来ずに借りられず、ワゴン車で凶行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロ、「偽物の自爆ベルト」の写真公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:機内の「テロ」の会話で緊急着陸、拘束の3人は後に釈放 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン襲撃、偽の自爆ベルトはペットボトル製 「恐怖心あおる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「旅客機内でテロ謀議」=乗客緊急脱出、3人拘束―独 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英格安航空機内で「怪しい会話」、緊急着陸し3人拘束 ドイツ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン襲撃事件、凶器のナイフ写真を公開 英警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英テロ1週間 実行犯集うジムは過激派の温床か 移民街…会員はイスラム系 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン襲撃事件、「スケートボードの英雄」に勲章 スペイン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ現場近くの花束 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋の防護柵 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「3度のテロ」に衝撃大きく=情報戦略見直しも―ロンドンテロ1週間 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:IS再編、欧州など紛争地以外での攻撃を重視へ 国連が警告 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英テロ実行犯3人、過激派のイスラム説教師に感化? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンでイスラム教徒への憎悪犯罪が急増、襲撃事件後5倍に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:欧州のテロ事件が観光に与える影響は? 英国の旅行者減少は1%予測、機敏な観光戦略の見直しがカギに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本でのテロ 当局が警戒するのは新幹線狙った爆弾テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:防止から予知へ テロ相次ぐ英国で進む「AIx犯罪捜査」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英テロの陰に多くの「英雄」 自身も傷つきながら容疑者と戦った - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英当局、テロ犯の「過激化」把握も阻止できず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「普通の少年」が激変=実行犯のおじが証言―ロンドンテロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロの死者8人に=テムズ川で遺体発見―英警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「対テロ戦の妨げなら人権法改正も」 メイ英首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ阻止へ人権法改正に意欲 メイ首相「法が妨げるなら」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ロンドンテロ>「テロリストになる」情報共有から漏れる? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン襲撃事件、新たに容疑者1人拘束 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンテロ犯と素手で戦ったミルウォールファン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロリストに「クソッタレ! 俺はミルウォールだ!」と立ち向かった“嫌われ者”サポーター - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ・ノートルダム寺院前で警官がハンマーで襲われる 容疑者は拘束 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネットで過激化、ロンドンで悪化=英テロ容疑者の母語る―伊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋事件、英各地で犠牲者の冥福を祈る集い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロとの戦いで人権法の改正も=メイ英首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歩行者守るガードレール設置…ロンドン橋など - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ロンドン橋テロ 中型トラックでの犯行を予定 支払い出来ずに借りられず、ワゴン車で凶行
6/12(月) 20:49配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部で起きたテロで、容疑者の男3人が当初、7.5トンの中型トラックを借りて犯行に及ぶ計画を立てていたことが11日判明した。ロンドン警視庁は、昨年7月、フランス南部ニースで大型トラックが群衆に突っ込み、86人が死亡したテロと同様の被害を狙った可能性があるとみて裏付け捜査を進めている。

 英メディアによると、3人は3日朝、ロンドン市内でトラックを借りようとしたが、支払いができずに借りられなかった。急遽(きゅうきょ)、代わりにワゴン車をレンタカーで借りて、主犯格とされるパキスタン系英国人クラム・バット容疑者(27)が運転し、ロンドン橋で通行人をはねた。ワゴン車には13本の火炎瓶が残されていたという。

 3人は車を降りた後、手首にひもでくくり付けた12インチ(約30センチ)のナイフで、近くの食材市場「バラマーケット」の飲食店などで客らを襲った。


ロンドン橋テロ、「偽物の自爆ベルト」の写真公開
6/12(月) 15:41配信 CNN.co.jp

(CNN) 英ロンドン中心部で今月3日に起きたテロ事件で、実行犯らが着用していた偽物の自爆ベルトの写真を警察が公開した。

使い捨ての飲料水ボトルを銀色のテープで巻いて革のベルトに付け、本物のように見せかけていた。

事件の捜査を指揮しているロンドン警視庁の幹部は「こういう戦術は英国内で見たことがない。テロリストが偽の爆発物を身に着け、最大限の恐怖をあおろうとする手口だ」と述べた。

警視庁によると、実行犯3人は射殺された時、偽ベルトを着用したままの状態だった。

同幹部は、現場で目にした者には本物の自爆ベルトに見えたかもしれないと指摘。実行犯は襲撃後に立てこもる目的か、あるいは自分たちが撃たれるのを防ぐ目的でベルトを着けていた可能性があるとの見方を示した。そのうえで、実行犯らを制止しようとした警官や市民の勇気を改めてたたえた。

このほか現場で見つかったセラミック製のナイフや、犯行に使われたバンの写真も公開された。

これまでに明らかになった事実から、犯行グループはさらに大規模なテロを計画していた可能性が浮上している。


機内の「テロ」の会話で緊急着陸、拘束の3人は後に釈放
6/12(月) 9:50配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) 英ロンドンへ向かっていた格安航空会社イージージェットの機内で、乗客の男性3人が「テロ関連」の会話をしていたとして「国家に対する犯罪」の容疑で拘束され、同機はドイツ西部ケルンの空港に緊急着陸した。しかしケルンの警察が捜査した結果、目撃者の証言からはそうした会話の内容は確認できなかったとして、男性3人は釈放された。

ケルンの警察や検察によると、拘束されたのは英国籍の31歳と38歳、48歳の男性。スロベニアの首都リュブリャナからロンドンへ向かう国際便の機内で10日、「テロ関連の内容」について話をしていたとして、複数の乗客が乗員に通報した。

同機は行き先を変更してケルンの空港に緊急着陸。乗客151人全員が非常用スライドから脱出し、その際に数人が軽傷を負った。

拘束された男性3人は警察署に連行され、警察は乗員と乗客17人からも事情を聴いた。3人のうち1人が持っていたバックパックは爆弾処理班が調べ、安全な環境で爆破処理した。機内は探査犬などを使って捜索したが、爆発物は見つからなかった。

拘束された3人は出張のためスロベニアに滞在していたといい、数時間後に釈放された。警察は、3人の取り調べでも、所持品や機内の捜索でも、テロとの関連は確認できなかったと説明。「真に危険な状況ではなかった」と判断した。

同便の出発は翌11日に延期され、乗客全員のためにホテルや食事が手配された。


ロンドン襲撃、偽の自爆ベルトはペットボトル製 「恐怖心あおる」
6/12(月) 9:13配信 AFP=時事

998
英ロンドン橋周辺で起きた襲撃事件の実行犯が身に着けていた偽物の自爆ベスト。ロンドン警視庁提供(2017年6月11日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)のロンドン橋(London Bridge)周辺で今月3日夜に起きた襲撃事件で、実行犯らが身に着けていた偽物の自爆ベストは、革のベルトに使い捨てのウオーターボトルを取り付けて作ったものだったことが分かった。警察が11日、明らかにした。

【写真】ロンドン襲撃事件で容疑者らが犯行に用いたナイフ

 事件の捜査を率いる警察のディーン・ヘイドン(Dean Haydon)氏は声明で「テロリストが偽の爆発物を自分に縛り付けて恐怖心を最大限にあおるというこの戦術は、英国ではこれまで聞いたことがない」と述べている。

 警察が公開した写真では、血に染まった複数のウオーターボトルがシルバーと黒のテープで巻かれ、茶色のベルトにくくり付けられている。

 ヘイドン氏は「当日夜、それを見た人は誰もが本物と思っただろう」と指摘。実行犯らがベルトを着用した動機を推測するのは困難としながらも「襲撃後に立てこもりに移る算段だったとも考えられる。あるいは自らが撃たれないようにする防護物とするつもりだったのかもしれない」と言及している。

 事件ではクラム・バット(Khuram Butt)、ラシド・レドゥアン(Rachid Redouane)、ユセフ・ザグバ(Youssef Zaghba)各容疑者が車を歩道に突っ込ませて歩行者をはねた後、人気歓楽街の客を刃物で襲い、8人を殺害した。3人は警察によって射殺された。

 過去数か月に国内で起きた3度目の攻撃で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出している。【翻訳編集】 AFPBB News


「旅客機内でテロ謀議」=乗客緊急脱出、3人拘束―独
6/11(日) 18:58配信 時事通信

 【ベルリンAFP=時事】スロベニアの首都リュブリャナからロンドンに向かっていた旅客機内で10日、乗客が「数人の男がテロ活動について話している」と乗務員に告げ、旅客機は予定を変更してドイツ西部ケルンの空港に着陸した。

 独警察は男3人を拘束。乗客151人は緊急脱出スライド(滑り台)で機外に退避した。

 警察は着陸後、3人の所持品のバックパック一つを隔離し、爆破処理した。中身など詳細は明らかにしていない。

 旅客機は英格安航空イージージェットが運航。同社は声明で、機長の判断について、「追加の保安検査を受けるための予防的措置」として飛行経路を変更したと説明した。


英格安航空機内で「怪しい会話」、緊急着陸し3人拘束 ドイツ
6/11(日) 18:19配信 AFP=時事

997
フランスの空港を離陸した、英格安航空会社イージージェットの旅客機(2016年11月24日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ドイツの警察当局によると10日、スロベニアから英ロンドン(London)に向かっていた英格安航空会社イージージェット(easyJet)の旅客機が、機内で乗客が「怪しい会話」をしているとの通報を受け、進路を変更して独ケルン(Cologne)の空港に着陸し、乗客の男3人が警察に身柄を拘束された。

 ドイツ警察の報道官がAFPに語ったところによると、スロベニアの首都リュブリャナ(Ljubljana)からロンドンに向けて飛行中のイージージェット機内で、「数人の男がテロ行為について話をしている」との報告を複数の乗客から受けた客室乗務員がこれを操縦士に伝え、操縦士は進路を変更し着陸することを決断したという。だが報道官は、会話の内容については触れなかった。

 イージージェット機は10日午後6時(日本時間11日午前1時)ごろ、ケルン・ボン空港に着陸。ドイツ連邦警察は乗客151人を緊急脱出スライドで機外へ退避させた後、3人の容疑者たちのバックパックの1つを隔離。バックパックは爆発物処理班によって爆破され、3人はケルンの警察に引き渡された。

 3人に関する情報やバックパックの中身、実際にテロの脅威があったのかなどは明らかにされていない。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドン襲撃事件、凶器のナイフ写真を公開 英警視庁
6/11(日) 13:07配信 AFP=時事

996
英ロンドン襲撃事件で容疑者らが犯行に用いたナイフの写真。ロンドン警視庁が公開(2017年6月10日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン警視庁(Metropolitan Police Service)は10日、ロンドン(London)のロンドン橋(London Bridge)で3日夜に起きた襲撃事件で実行犯らが用いたナイフの写真を公開した。ナイフはピンク色のセラミック製キッチンナイフで長さ約30センチ。現場で容疑者3人の射殺体付近から見つかった。【翻訳編集】 AFPBB News


英テロ1週間 実行犯集うジムは過激派の温床か 移民街…会員はイスラム系
6/11(日) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】ロンドン中心部で3日に発生したテロから10日で1週間となった。3人の実行犯はロンドン東部の“イスラム系”ジムで接点を持っていた事実が判明。スポーツ施設が、過激派による若者勧誘の拠点となっている実態が浮かび上がった。

                   ◇

 3人はロンドン東部バーキングやその周辺に住んでおり、駅から徒歩約15分のジムがたまり場だった。ジムの名は「ウンマ・フィットネス」。ウンマは「イスラム教徒の共同体」の意味で、会員はイスラム教徒がほとんど。観光客でにぎわうロンドン中心部とは異なり、パキスタン系食材店やイスラム教施設が立ち並ぶ移民街にある。

 ジム運営者は、過激派のイスラム教説教師、チョードリー師と密接な関係にあったとされる。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)を支援した疑いで昨年、有罪判決を受けた人物だ。実行犯のクラム・バット容疑者(27)はジムの指導役を務めながら、若者に過激思想を吹き込み、他の2人の容疑者とも事件数日前に会っていた。ジムを舞台に3人が接点を持ち、テロ計画を練った可能性は十分にある。

 ジムの古びたドアには「今日で閉鎖する」と書かれた張り紙があった。中をのぞくと、捜査関係者と思われる男性が建物から出てきたが、記者の質問には「何も答えられない」と繰り返した。

                 ■    ■

 イスラム教徒の若者が集うジムが、過激派の温床になっているという指摘は、すでにあった。2005年に52人が死亡したロンドン同時テロの実行犯もジムの熱心な会員で、翌06年、下院に提出された報告書は、「ジムが過激派の拠点となり、『(国際テロ組織)アルカーイダ・ジム』などと呼ばれている場所もある」と明記した。この時の実行犯4人もパキスタン系などのイスラム教徒だった。

 今回の事件は、直前に計画されたとみられている。報道によるとバット容疑者は事件当日、車で引っ越しを行っていた知人を見かけ「この車はどこで借りたのか、いくらだったのか」などと興奮した面持ちで聞いた。犯行に使ったワゴン車は、その日に借りたレンタカーだった。

                 ■    ■

 犯行直前、実行犯らは家族と接触しようとしたようだ。報道によると、ラシド・レドゥアン容疑者(30)は犯行の約3時間前、ロンドン東部の元妻の家を訪れ、幼い娘に会った。

 ユセフ・ザグバ容疑者(22)も、犯行2日前にイタリアに住む母親に電話をかけていた。母親は伊メディアに「今思えば、さよならを伝えるために電話をしたのだと思う」と語った。


ロンドン襲撃事件、「スケートボードの英雄」に勲章 スペイン
6/10(土) 17:07配信 AFP=時事

995
英ロンドンで起きた襲撃事件で犠牲になった8人。(左上から時計回りに)アレクサンドル・ピジェアールさん、クリスティーン・アーチボルドさん、イグナシオ・エチェベリアさん、サラ・ゼレナクさん、セバスチャン・ベランジェさん、グザビエ ・トマさん、カースティ・ボーデンさん、ジェームズ・マクムランさん(2017年6月8日作成)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)で3日夜に発生した襲撃事件で犯人の一人から女性を守ろうとスケートボードで応戦して亡くなったスペイン人男性が、その行動をたたえられ、勲章を追贈された。スペイン政府が9日、発表した。

【関連写真】ロンドン橋付近で犠牲者のための花を警察官に託して涙ぐむ女性

 この事件では、男3人がロンドン橋(London Bridge)の歩道に車で突っ込み、歩行者をはねた後、近くのバラ・マーケット(Borough Market)で飲食店の客を刃物で襲撃。計8人が死亡し、数十人が負傷した。

 犠牲者の一人で、ロンドンに在住していたスペイン人のイグナシオ・エチェベリア(Ignacio Echeverria)さん(39)は、英金融大手HSBCホールディングス(HSBC Holdings)で働いていた。

 エチェベリアさんは、犯人に襲われていた1人の女性を助けようと駆け寄り、持っていたスケートボードで女性を守ろうとした。英メディアはエチェベリアさんを「スケートボードの英雄」と呼んでいる。

 スペイン政府の報道官は、エチェベリアさんについて、スペイン国民および外国人による「並外れた奉仕」をたたえる市民功労勲章を追贈したことを明らかにした。

 この事件では他に7人が犠牲となった。

 オーストラリア出身の看護師、カースティ・ボーデン(Kirsty Boden)さん(28)は、ロンドン橋で襲われた負傷者を助けようと駆け寄ったところを殺害された。

 同じくオーストラリア出身のサラ・ゼレナク(Sara Zelenak)さん(21)は、報道によれば、車が衝突する音を聞いてレストランから出た後、友人とロンドン橋にいて事件に巻き込まれた。

 カナダ出身のクリスティーン・アーチボルド(Christine Archibald)さん(30)は、ロンドン橋で犯人たちが乗った車にはねられた後、一緒にいた婚約者の腕の中で息を引き取った。

 フランス出身のアレクサンドル・ピジェアール(Alexandre Pigeard)さん(26)は、バラ・マーケットにある飲食店でウエーターとして勤務していた際に犯人に刃物で刺された。

 英警察は7日、テムズ川(River Thames)から発見された遺体の身元はフランス出身のグザビエ ・トマ(Xavier Thomas)さん(45)とみられると発表した。トマさんは事件が起きた夜以降、行方不明になっていた。警察によれば、トマさんは事件発生当時、恋人と一緒にロンドン橋を歩いていた。恋人も車にはねられ、重傷を負っている。

 フランスのジャンイブ・ルドリアン(Jean-Yves Le Drian)外相は、犠牲者の一人がセバスチャン・ベランジェ(Sebastien Belanger)さん(36)とみられることを認めた。ベランジェさんは、ロンドンの金融街シティー(City)で働く人々の行きつけとして知られる店のシェフだった。この日はピジェアールさんの勤務先の飲食店の外で友人らとサッカー観戦中だったとされる。

 ロンドン東部ハックニー(Hackney)出身のジェームズ・マクムラン(James McMullan)さん(32)は、友人らと過ごしていたパブで一服しようと店の外に出たところ、そのそばに犯人らが車で突っ込んできた。【翻訳編集】 AFPBB News


テロ現場近くの花束
時事通信 6/10(土) 16:07配信

994
英ロンドン中心部のロンドン橋付近で起きたテロ事件から10日で1週間。写真はテロの現場近くで、犠牲者を悼んで手向けられた花束=8日

(時事通信社)


ロンドン橋の防護柵
時事通信 6/10(土) 16:07配信

993
英ロンドン中心部のロンドン橋付近で起きたテロ事件から10日で1週間。橋の歩道脇には、車の侵入を防ぐ防護柵が設けられた。相次ぐ大規模テロは、英社会に大きな衝撃を与えている=8日

(時事通信社)


「3度のテロ」に衝撃大きく=情報戦略見直しも―ロンドンテロ1週間
6/10(土) 15:14配信 時事通信

 【ロンドン時事】英ロンドン中心部のロンドン橋付近で起きたテロ事件から10日で1週間。

 英国を襲った過去2カ月半で3度目の大規模テロに社会が受けた衝撃は大きい。過激主義者の存在を把握しながらテロを許した治安当局の対応に懸念が強まっており、対テロ情報戦略が今後見直される可能性もある。

 事件は3日夜に発生。実行犯3人がロンドン橋の歩道で車を暴走させて通行人をはねた後、近くの市場周辺で客らを刃物で襲った。3人は射殺され、外国人を含む8人が死亡した。警察は事件直後に拘束した12人を釈放する一方、9日までに新たに5人を拘束した。

 実行犯のうち主犯格とみられるクラム・バット容疑者(27)は、過去に「過激な言動」で通報されたほか、英テレビ局が昨年制作したイスラム過激派に関する特集番組でも、過激派組織「イスラム国」(IS)の旗を前に祈りをささげる姿が映されていた。メイ首相は「(容疑者を見逃した当局への)人々の懸念を理解する」とし、治安当局に対策の再検討を指示したことを明らかにした。

 事件後に閉鎖されたロンドン橋は利用が再開され、歩道脇には車の侵入を防ぐ防護柵が新たに設置された。現場近くの路上には花束やカードが山のように供えられている。献花したバレリー・ノットさん(70)は「悲しみで言葉にならない。事件がなぜ起きてしまったのか、考え続けなくてはならない」と声を詰まらせた。キム・ダウさん(29)は「ロンドンは私の故郷。事件が私の普通の暮らしを妨げることはない」と力を込めた。


IS再編、欧州など紛争地以外での攻撃を重視へ 国連が警告
6/9(金) 17:07配信 AFP=時事

976
英ロンドンのロンドン橋で警戒に当たる警察官ら(2017年6月5日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」はイラクやシリアでは劣勢に追い込まれているが、組織を再編成し、中東の紛争地ではない欧州などを標的とした攻撃に「これまで以上に重点を置いている」と、国連(UN)の専門家が8日、警鐘を鳴らした。

【写真】犠牲者悼み1分間の黙とう

 国連のジェフリー・フェルトマン(Jeffrey Feltman)政治問題担当事務次長は、ISについて「継続して軍事的圧力を受けているにもかかわらず、(イラクの)モスル(Mosul)や(シリアの)ラッカ(Raqa)をはじめ各地で抵抗を続けている」と指摘。その上で「ISIL(ISの別称)は、部隊の組織再編を行って前線の司令官により大きな権限を与え、紛争地以外の場所での攻撃をしやすくすることに今までになく注力している」と警告している。

 この1年半、ISがソーシャルメディア上でメッセージを発信する回数は減ったが、フェルトマン氏は「シリアやイラク以外の地域で、ISの支持者らがプロパガンダを集めてはソーシャルメディアに再投稿して拡散しており、脅威は持続している」と述べた。

 また、ISに勧誘される外国人戦闘員の人数は減っているものの「戦闘員が母国に帰国したり、(モスルやラッカなどの)紛争地以外の場所に再配置されたりしているため、国際平和にとって著しい脅威になっている」と警鐘を鳴らした。【翻訳編集】 AFPBB News


英テロ実行犯3人、過激派のイスラム説教師に感化?
6/9(金) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】英ロンドン中心部で3日発生したテロの実行犯3人について、英国人のイスラム教説教師から影響を受けて犯行に及んだ可能性が浮上した。

 この説教師は、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)を英国内で宣揚したなどの罪で、昨年有罪判決を受けたアンジェム・チョードリー師(50)。英紙テレグラフによると、同師が率いていた過激組織とその関連団体は、英国内で過去に起きたイスラム過激派のテロ行為の4分の1に関与していたとされる。

 英紙タイムズによると、今回のテロの主犯格とみられるパキスタン生まれの英国人、クラム・バット容疑者(27)は、チョードリー師の過激派ネットワークに所属する男が運営するイスラム教徒向けのスポーツジムで働いていた。男は、2005年7月にロンドンで起きた同時テロの犯人らの訓練をパキスタン国内で支援していたという。

 テレグラフ紙は、バット容疑者を通じて他の2人もチョードリー師が率いた過激組織と関係を持っていたとの見方を示した。スポーツジムではバット容疑者が若者らに過激主義を説教し、2人と面識を持っていた。


ロンドンでイスラム教徒への憎悪犯罪が急増、襲撃事件後5倍に
6/8(木) 19:25配信 AFP=時事

974
英ロンドンの襲撃事件を受け、現場のロンドン橋近くに集まったイスラム教徒たち(2017年6月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)のサディク・カーン(Sadiq Khan)市長は7日、市中心部のロンドン橋(London Bridge)で起きた襲撃事件後に、市内でイスラム教徒を標的としたヘイトクライム(憎悪犯罪)が5倍に増えたとする声明を発表した。事件が起きた3日から6日までの統計では、ヘイトクライム全体の1日の発生件数も事件前までの今年の平均値と比べて40%増加したという。

【写真】犠牲者のために花束を持参した女性

 ロンドン市長室の声明によると、市内では6日だけで人種差別に基づく事件が54件発生し、うち20件がイスラム教徒に対するものだった。2017年に入ってこれまでの統計では、ヘイトクライムが1日平均38件、イスラム教徒を対象にした事件は同平均3.5件だったという。

 カーン市長はSNS最大手フェイスブック(Facebook)の公式ページで市民に向けて「皆で結束し、私たちの街は、われわれを傷つけ、その生き方を壊そうとたくらむ憎むべき者たちなどによって分断されたりは決してしないという明確なメッセージを世界中に送ろう」と訴えた。

 カーン市長はまた、市内から「過激主義を根絶するため、警察はできることすべてを行う。ヘイトクライムには断固とした姿勢で臨む」と警告した。

 ロンドン警視庁(Metropolitan Police、Scotland Yard)によると、3日の襲撃事件以降にヘイトクライムの容疑で25人の身柄を拘束したという。【翻訳編集】 AFPBB News


欧州のテロ事件が観光に与える影響は? 英国の旅行者減少は1%予測、機敏な観光戦略の見直しがカギに
6/8(木) 12:00配信 トラベルボイス

ユーロモニター・インターナショナルは、英国ロンドンなどで相次いだテロ事件が海外旅行マーケットに及ぼす影響について、同社独自の予測ツールを使った見通しをこのほどまとめた。

それによると、今夏のピークシーズンまでについては、予約済みの英国旅行をキャンセルするといった影響は軽微と予測。特に英国の場合、価格が比較的高いデスティネーションとのイメージがあるため、早期割引で活用して予約した旅行をあきらめるまでには至らない。ただし、各国政府が英国への渡航自粛を促すような注意喚起を発出した場合、状況は異なる。

一方、安全なデスティネーションとしての英国のイメージに対する打撃は免れない見通し。秋以降から2018年にかけて、英国旅行を検討していた人が旅行の延期、あるいは行き先を変更する動きが数字にも現われてくる可能性があると予測している。

訪英外国人旅行者数はトータルで1%減の見通し、減少幅最多は2017年か
英国に限らず、欧州各地で同様の事件が起きている状況下、デスティネーション側が重視すべきこととして、同レポートでは、旅行者の安全確保、さらに有事の際の当局の対応を挙げた。例えば今回のロンドンのテロ事件でも、警察やセキュリティ当局が迅速に動いた点を評価。英国旅行を考えている人は、こうした部分にも注目しており、その後の需要動向も左右するとの考えを示した。

英国への旅行者数は、EU離脱を表明した後、大きく伸びていた。経済見通しの不透明感からボンド価値が15%下落、海外客にとっては実質的なお得感につながっていた。

こうした追い風はあるものの、テロ事件の影響を加味すると、2017~2020年の4年間で、訪英インバウンド旅行者数は、ユーロモニターの当初予測より1%減、人数ベースで37万8000人減と試算。最も減少幅が大きくなるのは2017年で、年間インバウンド客数は、当初予測より28万5000人減の3655万7000人と予測している。

フランスは2016年に5%減、現在は「ゆっくりだが回復基調に」
同様に、テロ事件が発生したフランスの場合、旅行市場にはどのような影響があり、どう対応したのか。

ユーロモニターによると、2015年11月にパリで起きた事件の影響で、2016年の訪フランス外客数は前年比5%減、8440万人から8000万人に減少。さらに同社暫定データによると、パリへの外客数は4%以上減少した。

しかし2017年については、前年比0.9%減程度にとどまると予測、「ゆっくりだがパリはテロ事件から回復している」(ユーロモニター)。

テロ事件が頻発した場合、世界中どの都市でも短期・中期の打撃は避けられないが、フランスの事例から学ぶなら、観光戦略を機敏に見直すことが一つのカギであり、例えばローヌ・アルプ地方やプロヴァンスなど、パリ以外のプロモーションを一例に挙げている。

さらに顧客サービスの強化、オンラインやモバイルでの予約拡大、中国、タイ、インドネシア、インドなど新しい送客市場からの旅行者に対するビザ手続きの迅速化への取り組みも需要と指摘している。


日本でのテロ 当局が警戒するのは新幹線狙った爆弾テロ
6/8(木) 11:00配信 NEWS ポストセブン

「テロ現場になったロンドン橋は、予定されていたライブ会場からテムズ川に沿って車でたったの10分の距離。まさに危機一髪でした。もしあのまま開催して、ファンやメンバーが巻き込まれでもしていたら──」(芸能関係者)

 6月3日夜、英ロンドン中心部のテムズ川に掛かるロンドン橋でテロ事件が発生した。刃物で武装した3人が乗るワゴン車が暴走。歩行者を次々とはねた後、近くの飲食店を襲撃。少なくとも7人が死亡、50人近くが重軽傷を負う大惨事になった。

「実はその前夜、EXILEの弟分の、7人組の人気グループ『GENERATIONS』がロンドン公演を行う予定でした。オフィシャルツアーが組まれ、日本からも大勢のファンが現地に向かうはずだった。ところが、運営サイドは2週間前に起きた英マンチェスターでのテロ事件を受け、開催直前に中止を決断していたんです。本当に英断でした」(前出・芸能関係者)

 5月22日のマンチェスターの事件は音楽イベントを狙ったテロで、米人気歌手のアリアナ・グランデ(23才)が収容人数2万人の屋内アリーナで開催したコンサートの終了直後、会場入り口でテロリストが自爆。8才の女児を含む22人が死亡、59人が負傷した。

 欧州ではイベント会場や繁華街を狙った無差別テロが相次いでいる。昨年7月にはフランスのリゾート地のニースで、花火の見物客にトラックが突っ込んだ後、銃を乱射し84人が死亡。12月にはドイツ・ベルリンで、買い物客で賑わうクリスマスマーケットに鉄骨を積んだ大型トラックが突入した。今年に入ってからも、3月にはロンドンの国会議事堂を狙って車が暴走し、4人が犠牲になっている。

 いずれのテロ行為も、過激派組織イスラム国の関与が報じられている。彼らが2015年、「すべての日本人が標的だ」と宣言したのは記憶に新しい。では、日本国内ではどんな場所が狙われるのか。

「いちばんのターゲットは彼らが最も敵視するアメリカの大使館(東京・虎ノ門)でしょう。実は、そこにアメリカの情報機関CIAの下部組織『中近東分析室』があり、イスラム国の情報分析を行っています。しかし、最近のテロでは政府や軍の施設といった警備が厳重な“ハードターゲット”ではなく、劇場やカフェといった一般市民が集まる“ソフトターゲット”が狙われる傾向があります」(公安関係者)

 なかでも当局が警戒しているのが走行中の新幹線を狙った爆弾テロだ。

「上り列車と下り列車のすれ違いざまに先頭車両で爆弾を爆発させれば、2つの列車が同時に脱線する。猛スピードで走る新幹線だけに、膨大な数の被害者が出るのは避けられません。日本では火器銃器の使用は難しいが、爆弾の製造は簡単です。材料は街中のドラッグストアで簡単に購入できるし、製造方法はネット上に公開されていますから」(前出・公安関係者)

 英仏海峡高速列車『ユーロスター』では、空港と同様に手荷物検査やX線検査が行われている。ご存じのように、日本の新幹線にはそのような検査はない。

「実際に、2002年に過激派組織アルカイダの関係者が逮捕された際、関係先から新幹線の運行システムに関する資料が見つかっています。標的の1つとしていたと考えられます」(前出・公安関係者)

 東海道新幹線の定員は16両編成で1323人。もしすれ違いざまが狙われれば2000人以上、旅客機5機分の乗客の命が危険に瀕することになる。東京五輪を控え、世界から注目を浴びる日本は、ますます狙われやすい。テロは決して対岸の火事ではない。

※女性セブン2017年6月22日号


防止から予知へ テロ相次ぐ英国で進む「AIx犯罪捜査」
6/8(木) 8:00配信 Forbes JAPAN

970
(Photo by Jack Taylor/Getty Images)

英国でテロが相次いでいる。5月22日、米歌手アリアナ・グランデのマンチェスター公演を狙った自爆テロの悲しみが冷めやらぬなか、6月3日にはロンドン中心部でも悲劇が起こった。英国でのテロ事件は、2017年に入ってすでに3度となる。

英国は世界で最も進んだ「監視社会」のひとつに数えられている。ここで監視カメラの総設置台数や細かい法案についてすべて言及することは叶わないが、最近、発表された国連の報告書からは、その実態がにわかに浮かびあがってくる。

5月29日、国連は英国政府の対テロ戦略には本質的な欠陥があると指摘。市民の自由を奪いかねないテロ関連法の立案および施行、また警察による行き過ぎた取り締まりにより、過度な「監視国家」への道をひた進もうとしていると警鐘した。加えて、その行き過ぎたテロ対策が特定の層の人々に「テロ予備軍」としてのレッテルを貼り、反感を招くことで、想定とは裏腹に過激思想を助長する温床になっているとも指摘している。

そんな渦中にある英国から、ひとつ気になるニュースが聞こえてきた。それは、警察当局が「対象を拘束すべきか否か」など、容疑者ほか特定人物に対する捜査上の判断を行う上で、人工知能(AI)を活用する準備をしているというものだ。

5月上旬、英ダラム警察は「Hart(Harm Assessment Risk Toolの略)」と呼ばれる「犯罪リスク評価AI」のテスト導入について言及。今後、数か月以内に実戦配置し、その性能を試していく旨を明かした。

Hartの全貌については詳細に知られていないが、BBCなど英大手メディアが報じたところによると、容疑者や特定個人の犯罪の可能性を「低」「中」「高」の三段階に分類することが可能だとされている。

また「拘束するか否か」というケースの他にも、「適正な拘禁期間はどのくらいか」「長期的な拘禁が必要な人物か」「適正な保釈金はいくらか」など、さまざまな捜査・司法判断の用途で使われる計画だとされている。

なおダラム警察は、2008年から2012年の間に収集した犯罪記録などのデータに基づき、Hartを使って、容疑者および特定人物の危険性をテスト的に分析してきたとも伝えられている。2013年に行われた最初のテストでは、低危険度な容疑者を予測する精度は98%、高危険度のそれは88%となったそうだ。

低危険度、もしくは高危険度が何を指すかは具体的に示されていないが、いずれにせよ、人工知能による捜査判断は極めて高精度であるという側面がアピールされている。

「犯罪防止」から「犯罪予測」へ
もし人工知能が学ぶデータにエラーや間違いがあれば、冤罪など重大な人権侵害を招く恐れもあるだろう。

ダラム警察側はその点について、「テスト期間中、Hartは(人間の判断を支える)アドバイザーの役割にとどまる」とし、あくまで最終的な判断は人間が行うものとしている。また、Hartの判断過程を追跡できる「対AI監査システム」も構築される計画だとした。

このような英警察の動きを見るに、犯罪捜査はテクノロジーによって別次元に移行しつつあるとも思えてくる。つまり、「犯罪を防止する」という局面から一歩進み、「犯罪を予測する」、もしくは「犯罪予備軍」を人工知能で割り出すという段階だ。

ちなみに、人工知能を開発する研究者や企業関係者たちは「AIの優れた能力のひとつは未来予知」と口を揃える。それらはあくまで機械の故障や企業経営などにおいて、という意味合いだが、はたして犯罪捜査という文脈ではどのような結果を生むのだろうか。

人工知能が犯罪捜査に用いられることになれば、そして人間がその判断を盲信するようになれば、「犯罪監視社会」ならぬ「犯罪予測社会」が到来するかもしれない。そしていずれ、映画「マイノリティ・リポート」や日本アニメ「PSYCHO-PASS」、もしくはジョージ・オーウェルの小説「1984」に登場するような「犯罪予知システム」が現実になるのではないかとも妄想したくなる。

「そんな心配は、専門知識に乏しい記者の杞憂に過ぎない」と言われてしまえばそれまでかもしれないが……世界各国では、似たようなAI研究・開発の実例が意外と少なくないとだけ補足しておきたい。


英テロの陰に多くの「英雄」 自身も傷つきながら容疑者と戦った
6/8(木) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】3日にロンドンで発生したテロは8人が死亡、数十人が負傷する大惨事となったが、テロを食い止めるため自身も犠牲になりつつ市民を守ろうとした“ヒーロー”たちが数多くいた。彼らの行動がなければさらに多くの犠牲者が出ていたと予想されている。

 英サンデー・エクスプレス紙のビジネス編集者、ホーさんは武道やキックボクシングの愛好家だった。英BBCなどによると、襲撃されたレストランに居合わせたホーさんは、自爆用ベルトのようなものを身にまとった容疑者らの動きを少しでも“遅らせる”ため戦った。自身も深刻な負傷を負いながら、ナイフで刺された友人らを救護した。

 ルーマニア人のパン職人、モラリウさんは容疑者らがナイフで人々を襲っている様子を聞き、2つの木箱を持って店を飛び出し、1つを容疑者らに投げつけた。容疑者がひるんだ瞬間に歩み寄り、さらにもう1つで頭を殴りつけた。

 スペイン人で銀行勤務のエチェベリヤさんは、容疑者に襲撃された女性を救おうとスケートボードを使って立ち向かった。しかしエチェベリヤさんは、床に倒れた姿が目撃された後に消息が分からなくなり、7日、死亡が確認された。

 サッカー好きのラーナーさんは周囲の人々を守るため顔や首などを5回もナイフで刺された。現在、病院の集中治療室で治療を受けており、知人らが募金で1万ポンド(約140万円)以上を募るなど、懸命の支援を行っている。


英当局、テロ犯の「過激化」把握も阻止できず
6/8(木) 7:33配信 ホウドウキョク

969
(写真:ホウドウキョク)

イスラム過激主義との関連を把握していたにもかかわらず、結果としてテロを阻止できなかったことになる。
イギリス・ロンドンで起きたテロ事件の主犯格とみられる、パキスタン生まれのイギリス人、クラム・バット容疑者(27)について、イギリスの情報機関が、イスラム過激主義との関連を把握していたことがわかった。
バット容疑者が勤めていたジムの会員は「きのう彼が犯人だと知って、とてもショックだった」と話した。
バット容疑者が勤めていたジムについて、現地メディアは、2005年のロンドン同時多発テロの容疑者の武装訓練を手伝ったとされる男が経営していたと伝えている。
情報機関は、こうした情報からバット容疑者の存在を認識していたが、深刻な脅威ではないとして、監視対象にはしていなかった。


「普通の少年」が激変=実行犯のおじが証言―ロンドンテロ
6/8(木) 7:07配信 時事通信

 【ニューデリー時事】ロンドン中心部で3日夜に起きたテロ事件で、3人の実行犯のうち主犯格とみられるクラム・バット容疑者のおじが6日、時事通信の電話取材に応じ、「英国で育った普通の少年」だったが、最後に会った約4年前にはひげを生やし、とても宗教的になっていたと証言した。

 また、「事件の背後に彼を過激化させた人物がいる」と怒りをあらわにした。

 取材に答えたのはバット容疑者の母方のおじでパキスタン北東部ジェラムに住むナシル・ダールさん。「彼は幼い頃、両親とともに英国に移った。ロンドン流に育てられ、ロンドンの言葉を話した」と語った。

 少年一家は、親族が代々暮らすジェラムに何度も帰省していたが、「映画と旅行が好きな普通の英国人少年」という印象しかなかった。

 様子が一変したのは最後に会った約4年前。「とても宗教的になり、欠かさず礼拝をしていた。ひげを生やし、西洋風だった服装もパキスタンの伝統衣装に変わった」。だが、変化の理由は分からなかった。

 落ち着いて電話取材に応じていたダールさんだったが、事件について尋ねると「彼は恐ろしいことをした。犠牲者に申し訳ない」と謝罪。「背後に彼を感化した過激主義者がいる。許せない」と怒りの言葉を口にした。


ロンドン橋テロの死者8人に=テムズ川で遺体発見―英警察
6/7(水) 22:13配信 時事通信

 【ロンドン時事】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で3日起きたテロ事件で、英警察は7日、死者数が1人増えて8人となったと発表した。

 事件後に行方不明となっていたフランス人男性(45)のものとみられる遺体が6日夜、近くのテムズ川で見つかったという。

 男性はロンドン橋を歩いていたところを暴走車にはねられ、川に落ちたとみられる。一緒にいた女性も重傷を負った。


「対テロ戦の妨げなら人権法改正も」 メイ英首相
6/7(水) 22:07配信 CNN.co.jp

(CNN) 英国のメイ首相は6日の演説で、テロと戦うための対策強化を表明し、その妨げになる場合は同国の人権法を改正すると述べた。

ロンドン中心部で3日に起きたテロを受け、8日に予定される総選挙ではテロ対策が大きな争点となっている。

メイ氏は演説で、テロ罪で科される刑期を延長し、外国人のテロ容疑者を送還しやすくすることを提案した。

テロの恐れがあることが分かっていても訴追するには証拠が足りないという人物がいた場合、その人物の行動を厳しく制限できるようにするべきだとも主張。人権法が妨げになるなら、制限を可能にするように改正すると述べた。

メイ氏はこれまでに、インターネット上での過激派対策を強化すると表明し、ソーシャルメディアは監視が不十分だと批判していた。

同氏は内相時代、警官の人数を2万人以上削減したり、テロ容疑者に課せられていた厳しい行動制限を事実上緩和したりしたとして批判を受けた経緯がある。

英国の治安当局はもともとテロ対策で大きな権限を持ち、人権団体からは「欧州で最も厳しい」と非難されてきた。

メイ氏が掲げた対策強化について、英市民団体「リバティー」を率いるマーサ・スパーリア氏は「政治的な点数かせぎや新聞の見出しのために、我々の民主主義や自由や権利を損なおうとしている。これらはまさに、暴力的な殺人者たちが攻撃しようとしている対象そのものだ」と批判した。


テロ阻止へ人権法改正に意欲 メイ首相「法が妨げるなら」
6/7(水) 21:58配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】相次ぐテロ事件を受けて治安対策が総選挙の最大の争点となる中で、メイ英首相は6日、過激派と疑われる人物の捜査について、「人権法が妨げるなら、法令を変えてできるようにする」と述べ、法改正で人権保護規定を修正して過激派の摘発強化に意欲を示した。

 6日夜に選挙戦の演説でメイ氏は、警察当局が過激思想に染まった人物やテロ行為の恐れを把握しても、証拠が足りずに起訴できない事例があると指摘。過激主義者と疑われる人物に関して起訴に十分な証拠のない場合、法改正して人権保護規定を緩め国外退去や活動制限をしやすくする可能性を示唆した。


<ロンドンテロ>「テロリストになる」情報共有から漏れる?
6/7(水) 21:19配信 毎日新聞

 ◇実行役の一人 伊当局に身柄拘束、SISにも登録される

 【ロンドン八田浩輔】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロ事件で、射殺された3人の実行役の一人でモロッコ系イタリア国籍とみられるユセフ・ザグバ容疑者(22)が、今年1月に英国に入国した際、欧州連合(EU)でテロリスト予備群などの情報を共有するシステムによる警告が見逃された可能性が高いことが明らかになった。英BBCなどが伝えた。

 報道によると、ザグバ容疑者は昨年3月、イタリア北部ボローニャ空港からトルコ経由でシリアへの渡航を試みて伊当局に身柄を拘束された。携帯電話には過激派組織「イスラム国」(IS)に関連した画像や動画が残され、調べに「テロリストになる」との意思を示したが、証拠不十分で訴追されなかった。

 一方、モロッコと英国を行き来していたザグバ容疑者の情報は英治安当局に報告され、欧州で犯罪者などのリストを共有する「シェンゲン情報システム」(SIS)にも登録された。イタリアから英国への入国時には旅券の提示が必要で、SISに登録された人物には自動的に警告を発する。

 ザグバ容疑者は今年1月にイタリアから飛行機で英国に入り、3日夜に事件を起こすまでロンドン東部に生活拠点を置いて飲食店で働いていた。英治安当局は容疑者を監視対象としていなかった。英紙タイムズは、治安当局筋の話として、英国は一部の欧州諸国からの情報を懐疑的に扱い、SISも十分に活用していないと伝えている。

 ロンドン警視庁は7日、テロ後に行方不明になっていたフランス国籍の男性(45)の遺体をテムズ川で発見したと発表した。今回のテロで8人目の犠牲者となった。暴走するワゴン車にはねられ、ロンドン橋から落ちたとみられる。


ロンドン襲撃事件、新たに容疑者1人拘束
6/7(水) 19:07配信 AFP=時事

965
英ロンドンで、襲撃事件の起きたバラ・マーケットの入り口付近で任務に当たる警官ら(2017年6月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)で3日夜に発生し、7人が死亡、48人が負傷した襲撃事件で、英警察は7日、新たに30歳の男を拘束したと発表した。

【写真】ロンドン襲撃事件の3人の実行犯

 警察は、事件の実行犯のうちの2人が暮らしていたバーキング(Barking)にほど近いロンドン東郊のイルフォード(Ilford)で男を拘束した。

 警察は現在、男2人の身柄を拘束。この他に12人が事件後に拘束されたものの、これまでに釈放されている。

 事件では犯人らがロンドン橋(London Bridge)で車を歩道に突っ込ませて歩行者をはねた後、近くのバラ・マーケット(Borough Market)で飲食店の客を刃物で襲った。

 警察は実行犯3人の身元について、モロッコ系イタリア人のユセフ・ザグバ(Youssef Zaghba)容疑者(22)、パキスタン生まれで英国籍を持つクラム・シャザド・バット(Khuram Shazad Butt)容疑者(27)、モロッコとリビアの国籍を持つと自称していたラシド・レドゥアン(Rachid Redouane)容疑者(30)の3人と特定している。

 この事件をめぐっては、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出している。【翻訳編集】 AFPBB News


大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 
6/7(水) 18:50配信 ニューズウィーク日本版

<テロ攻撃への対応に奔走するロンドン市長に的外れな攻撃を繰り返したトランプ。メディアはもちろん、共和党保守派からも疑いの声が......>

ドナルド・トランプ米大統領の「精神状態」について5日、有名な保守系コラムニストが疑問を投げかけた。月曜の朝にCNNの情報番組「New Day」にゲスト出演したワシントン・ポスト紙コラムニストのジェニファー・ルービンは、共和党内部でトランプは「不安定で信頼できない」という声が上がっていることを明かした。トランプの大統領としての適正に疑問が膨らんでいるのだ。

米政治専門メディア「ザ・ヒル」によれば、ルービンは次のように言った。「トランプの精神状態には深刻な懸念がある。アメリカの大統領がこれほど不安定で頼りにならないというのは大問題だ。どれほどの被害をもたらすかわからない」

さらにルービンはロンドンのサディク・カーン市長を批判したトランプのツイッタ―投稿を引き合いに出し、「問題は、的外れな批判で、テロリストに襲われたばかりで緊張状態にある市の市長を攻撃するという最悪の妨害をやってのけたのが、我々の大統領だということだ」と指摘した。

【参考記事】人種差別は薬で治る精神疾患??

テロ直後に妨害ツイート

ロンドン中心部で3日に発生したテロ事件の翌朝、カーンが警備体制の強化を巡り「心配する理由はない」と演説したことについて、トランプは警備についての文脈は飛ばして「ロンドン市長はテロを『心配する理由はない』なんて言っている!」と批判した。

At least 7 dead and 48 wounded in terror attack and Mayor of London says there is "no reason to be alarmed!"— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) 2017年6月4日

(テロ翌日にロンドン市長を批判したトランプの投稿)

これを受けカーンのスタッフは、「トランプに応えるよりも大事なこと」があると言った。それは、過去3カ月で3度のテロ攻撃を受けたロンドン市民に平静を保ってもらうことだ。それにもかかわらずトランプは「ロンドン市長のサディク・カーンは、『心配する必要はない』と発言した後で、病的な言い逃れをした。メディアはそれを売り込むのに必死だ!」と追撃した。

【参考記事】ロンドン市長批判で、トランプの訪英反対運動が再燃

「学習能力」は、ない

トランプは昨年の選挙戦の最中から、共和党の右派やメディアから厳しい言葉を浴びせられている。女性誌バニティ・フェアによると、ジョー ・スカーボロー(元共和党下院議員、MSNBC『モーニング・ジョー』司会者)は先月、トランプをこう評している。「残念ながら彼は学習しない。落ち目の男だ」と。

ウォーターゲート事件をすっぱ抜いたことで知られるジャーナリスト、カール・バーンスタインは5月、他のジャーナリストらとともに、トランプの精神状態と判断力に懐疑的な複数の共和党議員と話をしたと語っている。

バーンスタインはCNNに対し「多くの共和党議員が大統領の精神状態を疑うと言っている。私を含め複数の記者が、そういう意見を聞いている」と語った。

【参考記事】「トランプ大統領はウソつき。」


ロンドンテロ犯と素手で戦ったミルウォールファン
6/7(水) 18:40配信 日刊スポーツ

 悪名高きミルウォール(今季イングランド3部、来季2部昇格)のサポーターが、ロンドン中心部で起きたテロの最中に、多くの人々の命を救っていた。英サン紙(電子版)が報じた。

 3日に起きたテロでは、犯人たちはまず車を暴走させ、ロンドン橋の歩道に突っ込んだ。さらにナイフを振り回し、食品市場バラマーケットを襲った。

 ミルウォール・サポーターのロイ・ラーナーさん(47)が友人たちとお酒を楽しんでいたパブにも、刃渡り30センチのナイフを持った実行犯の男3人が「イスラム、イスラム」「これはアラーのためだ」などと叫びながら入ってきた。

 ラーナーさんはたった1人で、しかも素手で応戦。体中を切りつけられながらも、他の客やスタッフが逃げる時間を稼いだ。

 首の後ろを深く切られながらも一命を取り留めたラーナーさんは病院のベッドでサン紙のインタビューに答えた。

 ラーナーさん 犯人たちが入ってきた時、オレは近寄っていって、アホみたいに叫んでた。『クソ野郎。オレがミルウォールだ!』ってね。そしたらヤツらが襲ってきた。でも犯人の正面に立って応戦した。素手でね。あいつらを止めようとしたんだ。そうすれば他の客たちが裏から逃げられるから。まあ1対3だったから、こんなに切られちまったけどな。8カ所はやられたよ。頭、胸、両手。襲われた時の最悪の対応だっただろう。でも致命傷にならなかったから、今こうして生きてる。

 ラーナーさんは、犯人たちが他の店舗を襲撃しようと出ていった時にも、果敢に追いかけていったという。その後、3人は警官によって射殺された。

 ミルウォールのサポーターはその凶暴さで有名。スタジアムで幾度となく暴動を起こし「No one likes us, we don’t care(だれもオレたちのことなんか好きじゃないが、オレたちは気にしない)」というチャントすらあるほどだ。

 しかしラーナーさんの行動で、多少は見方が変わるかもしれない。ネットでは「ラーナーさんにジョージ・クロス(人命救助等における極めて勇敢な行為に対して与えられるイギリスの勲章)を」という嘆願ページも作られた。

 入院中のラーナーさんに、友人たちから陸上競技の雑誌が差し入れられたという。表紙には「LEARN TO RUN(走り方を学ぶ)」の文字が。これは「逃げ方を学ぶ」とも読み取れる。やんちゃな友人たちからの、ウイットに富んだプレゼントだった。

 【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」)


テロリストに「クソッタレ! 俺はミルウォールだ!」と立ち向かった“嫌われ者”サポーター
6/7(水) 17:28配信 SOCCER DIGEST Web

悪名高きミルウォール・ファンがテロ現場で取った勇気ある行動とは?
 現地時間6月3日、ロンドン市内の中心にあるロンドン・ブリッジ周辺でテロ事件が発生した。
 
 英国を代表する観光スポットで、人々が密集する橋の歩道に犯人はワゴン車で突っ込み、さらに「アラーのためだ」とナイフを振り回してバーやレストランを襲撃。この残忍極まりない犯行によって、現時点で7人が死亡し、50人以上の負傷が確認されている。
 
 卑劣な行為で多くの人々が混乱に陥るなか、事件当時、勇敢にもテロリストと対峙した男がいた。英国人のロイ・ラーナーさんだ。
 
 事件発生当時、現場付近のパブで飲んでいたという47歳のラーナーさんは、逃げ惑う人々の動きと「イスラム! イスラム! アラーのためだ」という声を聞きつけて、仲間をかばうためにテロリストの前に立ったという。
 
 英紙『サン』の取材に応えたラーナーさんは、3人のテロリストと対峙した時のことを振り返っている。
 
「あいつらは長いナイフを持っていて、『アラーのため』とひたすら叫んでいたよ。だから私も相手の方に少し向かって、『クソッタレ! 俺はミルウォールだ!』と叫び返してやったのさ。みんなはその間に逃げたよ。そしたら、奴らは私の方に向かってきてね。素手で立ち向かったけど、8か所も刺された」
 
 多くのフーリガンが属し、イングランド・サッカー界において最も悪名高いことで知られるミルウォールのファンであったラーナーさん。その勇敢な行動の代償は大きく、胸や頭、手首には生々しい傷跡が残ってしまったという。
 しかし、その勇気に救われた命がある。ラーナーさんの友人の母親は、サン紙の取材に「私の息子は無事よ。彼(ラーナー)は恐れを知らない。どんな戦いからも逃げようとはしないの。それが誰であっても、ナイフや銃を持っていようとね」と命の恩人を称えた。
 
 ミルウォール・ファンのチャントには、次のような有名なものがある。
 
「誰も俺たちが好きじゃない、誰も俺たちが好きじゃない。だけど、俺たちは気にしない。俺たちはミルウォール! スーパーミルウォールなんだ」
 
 このチャントにもあるように、フーリガンたちが暴行など数々の悪行を繰り返しているミルウォールは、いわば、イングランド・サッカー界の嫌われ者。しかし、今回のラーナーさんの勇敢な行動によって、腫れもの扱いされてきた彼らに対する目は変わっていくのかもしれない。
 
 とはいえ、命あっての物種。ラーナーさんが無事であったことが何よりだ。


パリ・ノートルダム寺院前で警官がハンマーで襲われる 容疑者は拘束
6/7(水) 17:16配信 BBC News

963
パリ・ノートルダム寺院前で警官がハンマーで襲われる 容疑者は拘束

パリの観光名所ノートルダム寺院の前で6日午後、警戒中の警官がハンマーで男に襲われ軽傷を追った。男は別の警官による発砲で胸を負傷し拘束された。

容疑者は警官を襲った際、「これはシリアのためだ」と叫んだという。検察はテロ事件として捜査を開始した。

現場からは観光客などが避難。事件当時、寺院内には何百人もの人がいた。

フランスでは、2015年11月にパリで130人が死亡した同時襲撃事件が起きて以来、非常事態宣言が継続されている。

フランスは、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)の掃討を目指す米国主導の有志連合に参加しているほか、内戦が続くシリアで空爆を実施している。

ジェラール・コロン内相によると、6日に警官を襲った男は複数の料理用ナイフとアルジェリアの学生証を所持していた。男は病院で手当を受けている。名前は公表されていない。

警察は、事態は「収拾された」と宣言し、寺院内にいた人々も外に出ることが許された。

現場に居合わせた米国人観光客のケリン・ゴーマンさんは、「(寺院の)中に入ろうとした時、音がして、銃声が聞こえて振り返ると、撃たれた犯人が地面に倒れているのが見えた」と語った。「とても素早く制圧されて、非常に安全だった」。

ノートルダム寺院はパリでも最も多くの観光客が訪れる場所の一つ。昨年9月には近くでガスボンベが詰まれた自動車が発見され、攻撃計画は失敗に終わった。

今回の事件の3日前には、ロンドン中心部で3人の襲撃犯が歩道をワゴン車で暴走し通行人をはねた後、人々を刃物で襲い、7人が死亡したばかり。

(英語記事 Paris's Notre-Dame: Attacker shot outside cathedral)


ネットで過激化、ロンドンで悪化=英テロ容疑者の母語る―伊
6/7(水) 17:10配信 時事通信

 【ファニャーノ(伊)AFP=時事】ロンドン中心部のロンドン橋一帯で起きたテロ事件で警察に射殺された実行犯の一人ユセフ・ザグバ容疑者(22)の母親がイタリア誌レスプレッソの取材に応じ、過激化する息子を何度も止めようとしたが「悪い仲間とはインターネットを通じてつながっていた」と無念の思いを語った。

 ロンドンへ行き、一層悪化したと考えている。

 母親はイタリア在住のバレリア・コリナさん。容疑者の父であるモロッコ人の夫とは既に離婚している。

 犯行直前まで容疑者が暮らしたロンドン東部を訪ねたことがある。「悪い仲間と一緒だった。私は好きになれなかった」と回想。シリアのビデオを見せる息子は「純粋なイスラム教徒として暮らせる場所がシリアだと信じていた」と感じた。

 犯行2日前の1日午後、息子から電話があったが「今思えば、別れの電話だった。いつもは携帯メールなのに、珍しく電話をかけてきた」と振り返った。「母親だから犠牲者の母親の気持ちは分かるし、私を許してほしいと言っても無駄なのも分かる。二度とこういうテロが起きないよう残りの人生をささげたい」と語った。


ロンドン橋事件、英各地で犠牲者の冥福を祈る集い
6/7(水) 15:56配信 ロイター

 ロンドン中心部で起きた事件で命を落とした犠牲者の冥福を祈る集いが6月6日、英国各地で催され、黙祷が捧げられた。
 男3人がワンボックスカーをロンドン橋の歩道に乗り上げ、近くにある食材市場の飲食店で客を刃物で襲うなどして7人を殺害、40人以上に怪我を負わせた。
 警察はその場で射殺された容疑者3人の氏名を公表した。

(イギリス、ロンドン、6月6日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)


テロとの戦いで人権法の改正も=メイ英首相
6/7(水) 15:10配信 BBC News

961
テロとの戦いで人権法の改正も=メイ英首相

テリーザ・メイ英首相は6日、人権関連の法令がテロ容疑者への対応を「妨げる」場合には改正すると表明した。

メイ首相は、外国のテロ容疑者の強制送還や、脅威となる人物の「行動や自由を制限する」ことを容易にすると述べた。

野党・労働党は「このようなメッセージを発するべきではない」と批判した。

ロンドンやマンチェスターで相次いだテロ攻撃を受け、8日の総選挙に向けた選挙運動では国民生活の安全に焦点が当てられている。

野党各党は与党・保守党による警官削減を批判している。

ロンドンでの攻撃を受け、メイ首相は「『もうたくさんだ』と言わなくてはならない時」だと述べ、テロ対策に「変革が必要」だと語った。

6日夜にロンドン郊外のスラウで開かれた集会を訪れたメイ首相は、具体的な政策は提案しなかったものの、「テロ犯罪の禁錮刑の長期化」を挙げた。

同首相はさらに、「当局が外国のテロ容疑者を母国に送還しやすくすること」や、「脅威だという十分な証拠があるものの、裁判所で本格的に訴追するには証拠が足りない場合に、テロ容疑者の自由や行動の制限を拡大する」ことなどを例示し、「もし人権関連の法令が妨げになる場合には、法令を改正して可能にする」と述べた。

英紙サンとのインタビューでメイ首相は、容疑者起訴前の勾留期間を28日に延長することを検討すると語った。自由民主党と連立を組んでいた保守党政権は2011年に、勾留期間を14日に短縮している。

メイ首相は、「(期間の延長が)どうしても必要になる状況はあり得ると当時も話した。(警察や治安当局が)何を必要と考えているのか耳を傾ける」と語った。

保守党のマニフェスト(政権公約)は、欧州人権条約(ECHR、欧州連合とは無関係)には選挙後も、新議会の任期中はとどまるとしている。

保守党関係者は、ECHRを維持しつつ、内容の一部については「逸脱」と呼ばれる不参加を求めていく考えを示した。

労働党のジェレミー・コービン党首は、「保守党による予算削減を阻止し、警察と治安維持に投資し、人権法を含む我々の民主主義的価値観を守る」のが正しい対応だと主張した。

影の内閣で法務長官を務めるチャクラバルティ女男爵はBBC番組「ニュースナイト」で、メイ首相が「もうずっと長いこと、いかに人権が嫌いか繰り返してきた」と批判した。

チャクラバルティ氏は、労働党はテロ容疑者への対応を法の支配と人権の枠組みの中で行うとし、「我々の最大の懸念は(対策に必要な)資源だ」と語った。

自由民主党のティム・ファロン党首は、メイ首相がテロ関連法で「核の軍拡競争」を始めようとしていると非難した。「(首相が)減らそうとしているのは自由で、テロではない」。

(英語記事 Theresa May: Human rights laws could change for terror fight)


歩行者守るガードレール設置…ロンドン橋など
6/7(水) 14:09配信 読売新聞

 【ロンドン=井口馨】ロンドン市内の橋で車が暴走し、歩行者を無差別にはねるテロが相次いだことを受け、ロンドン橋やウェストミンスター橋など3か所で、車道と歩道の間に歩行者を守るための高さ約1メートルのガードレールが設置された。

 3日のロンドン橋のテロと3月22日のウェストミンスター橋でのテロでは、いずれも車が歩道に乗り上げて歩行者を次々にはねた。

2017年6月 6日 (火)

イギリス・マンチェスターのコンサート会場で爆発テロ・22人死亡・14

イギリス中部マンチェスターの屋内競技場「マンチェスター・アリーナ」の入り口付近で22日午後10時半(日本時間23日午前6時半)ごろ、爆弾テロによるとみられる爆発があり、警察発表では、22人の死亡が確認されたほか約50人以上が負傷した。犯人は死亡した。

会場ではアメリカの女性歌手アリアナ・グランデさんのコンサートが開かれていたが、グランデさんは無事。警察は自爆テロとみて捜査しているが、容疑者像は分かっていない。その後、ISが犯行を認める声明を出した。

爆弾テロだとすれば、英国での大規模爆弾テロとしては2005年7月に52人が死亡したロンドン同時テロ以来となる。

目撃者によると、コンサートが終わりかけた時に大きな爆発音が1回あった。会場の映像によれば、観客は悲鳴を上げながら逃げ惑った。警察は現場付近に近づかないよう呼び掛けている。

8番目の記事
9番目の記事
10番目の記事
11番目の記事
12番目の記事
13番目の記事

リンク:アリアナ・グランデ、マンチェスター名誉市民に。 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、マンチェスターの名誉市民に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、英マンチェスター市の名誉市民に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、英マンチェスターの名誉市民に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、マンチェスター市の名誉市民第1号の候補に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マンチェスター、アリアナさんに名誉市民授与へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マンチェスター市議会、アリアナ・グランデへ名誉市民権授与を計画 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英国がこれからもテロから逃れられない「複雑な事情」 欧州は過激主義との戦いに負けたのか? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏英首脳、対テロ行動計画を発表 SNSでの過激化阻止に重点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「テロ現場写真」をスクープしたメディアは、罰せられるべきか? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:IS、なぜロシア製通信アプリ使用? 最後の広報手段「テレグラム」の正体…各国政府にユーザー情報提供されず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、「デンジャラス・ウーマン」ツアーを再開。 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ慈善ライブ「10億円」以上の寄付金に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米歌手のA・グランデさん、ツアー再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米歌手のA・グランデさん、ツアー再開=襲撃事件翌日、厳戒パリで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、ツアーを再開「戻って来れたことに感謝」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデのマンチェスター追悼公演、英国で今年最高の視聴者数を獲得 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英総選挙でアリアナ・グランデに投票したい人が続出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本でのテロ 当局が警戒するのは新幹線狙った爆弾テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:防止から予知へ テロ相次ぐ英国で進む「AIx犯罪捜査」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:豪華アーティストが集結!チャリティコンサート「One Love Manchester」の感動シーン5 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデらが熱唱 チャリティコンサート「One Love Manchester」の収益金は約2.8億円 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、“Somewhere Over The Rainbow”を英テロ被害者支援のためリリース - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデ、さらなる義援金を集めるため「虹の彼方に」をリリース? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「パパ踊りした」警官、評判に マンチェスター慈善ライブで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英自爆テロで押収された車 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロとの戦いで人権法の改正も=メイ英首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アリアナ・グランデの熱唱に涙する赤ちゃんが話題に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英総選挙、8日投票…EU離脱やテロ対策争点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ウィリアム王子がテロの起きたマンチェスターを訪問 警察官らを労う - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

アリアナ・グランデ、マンチェスター名誉市民に。
6/15(木) 21:02配信 VOGUE JAPAN

905
アリアナ・グランデ。Photo: REUTERS/AFLO

アリアナ・グランデに英マンチェスターの名誉市民権が与えられる見込みだ。同市議会は、アリアナが自身のコンサート会場で発生し、多数の犠牲者を出したマンチェスター自爆テロ事件後、慈善コンサート「ワン・ラブ・マンチェスター」を企画したことを称え、この名誉を受け取って欲しい意向だという。

この新たな栄誉は市民権を持ってはいないものの、同市に多大な貢献をしたものに与えられるものとして、市議会で現在提案されているところのようだ。

市議会会長リチャード・リースは『BBCニュース』に「多くの市民がグランデさんを名誉あるマンチェスター市民だとみなしています。我々市民がこの都市の繁栄に特筆すべき貢献をした人々をどのように表彰するかを示すまたとない機会です。我々はマンチェスターを誇りに思い、思いやりをもちつつ立ち直っていきます。5月22日に起こったこの悲劇に対して憎悪と恐れではなく、愛と勇気をもって対応していくのです。グランデさんはこのような姿勢を体現してくれました」と語っている。

またマンチェスター市議会は、この悲劇の余波の中でコミュニティーのもと偉大な博愛精神を実践した人を称える新しいイベントを企画していることも明かしている。

一方でアリアナは、先週行われたパリでの「デンジャラス・ウーマン」ツアーを再開した際、SNSに「天使」と呼ぶテロ犠牲者のことを強く思っていると投稿していた。アリアナの公式SNS上でエッフェル塔の写真とともに「今夜はツアー再開後初のショー。いつでも私たちの天使たちのことを想っているわ。心から愛してる。私のバンドとダンサー、そしてクルーのみんなにとても感謝しているし、これ以上ないほど誇りに思ってる。みんな、愛してるわ」とキャプションを付けていた。


アリアナ・グランデ、マンチェスターの名誉市民に
6/15(木) 20:47配信 ELLE ONLINE

906
アリアナ・グランデ(Ariana Grande) photo : Getty Images

テロ事件後、マンチェスターを再び訪れチャリティコンサート「One Love Manchester」を開催したアリアナ・グランデ。被害者たちを支援し、市民たちを励ましたアリアナをマンチェスターの市議会は同市の名誉市民にすることを検討中だという。

現在そのための制度を準備しているというマンチェスター市。市議会の議長はテレビ局「BBC」に「私たちがマンチェスターを誇りに思う理由はたくさんあります。今回、回復力と思いやりを持って悲惨な事件に向き合ったこともその理由です。憎悪と恐れではなく、愛と勇気を持って立ち向かいました。それを体現しているのがアリアナです」と語っている。

チャリティコンサートでは400万ポンド(約5億円)以上を集めたアリアナ。さらにコンサートの最後に歌った「Somewhere Over The Rainbow」を配信し、その収益も犠牲者の家族や被害者の支援に充てる予定だという。この金額もすごいけれど、それ以上に彼女のメッセージや行動力が世界中に与えた影響は絶大! 改めて彼女の勇気を称えたい。
(text : Yoko Nagasaka)


アリアナ・グランデ、英マンチェスター市の名誉市民に
6/15(木) 15:20配信 Billboard Japan

920
アリアナ・グランデ、英マンチェスター市の名誉市民に

 アリアナ・グランデが英マンチェスター市の名誉市民に選ばれることになりそうだ。マンチェスター市議会が、同市に多大な貢献をした者を評価する制度を検討しており、最初に表彰される有力候補としてアリアナの名前が挙がっている。

 アリアナは、2017年5月22日にマンチェスターで自身のコンサート終了後に起きた自爆テロを受け、犠牲者やその家族を支援するために迅速に行動し、2週間も経たない内に支援コンサート【One Love Manchester(ワン・ラヴ・マンチェスター)】を企画した。6月4日にエミレーツ・オールド・トラッフォード・クリケット・グラウンドで開催されたこのコンサートには多くの有名アーティストが参加し、300万ポンド(約4億2,500万円)の収益が寄付された。同コンサートの生放送は今年イギリスで最も視聴された番組となった。

 マンチェスターの市議会議員たちは彼女の善意と精神力の強さを称賛し、リチャード・リース議長は、「我々の市の生活と成功に素晴らしい貢献をした人々を評価する方法を見直すのにふさわしい機会だ」とコメントしている。BBCによると、この制度が新設されれば、初めてグレーター・マンチェスター出身ではない者に名誉市民の称号が与えられることになる。


アリアナ・グランデ、英マンチェスターの名誉市民に
6/15(木) 12:23配信 クランクイン!

913
アリアナ・グランデが英マンチェスターの名誉市民に

 現地時間5月22日に英マンチェスターで開催した自身の公演が自爆テロのターゲットになった人気歌手アリアナ・グランデ。事件から約2週間後の現地時間6月4日に同地で他のミュージシャンらと共にチャリティー公演を実現させたアリアナが、マンチェスターの名誉市民に選ばれたという。

 BBC Newsによると、マンチェスター市は多大な貢献をした人物に付与する名誉市民の選定で市民以外の人物を選べるように規定を改定することになったとのこと。その中で最初に選ばれた人々の1人にアリアナは含まれているという。

 マンチェスターでのテロ事件後、一時休止していたワールドツアーを再開したアリアナ。今回の名誉市民を授与される栄誉について現時点ではコメントしていないが、誇りに思っているに違いない。

 テロ事件に対して屈服せず、憎悪や恐れではなく愛と勇気をもって対処したマンチェスターの人々だが、既に多くの市民が彼女をマンチェスター人と見なしていると市議会は感じているという。

 名誉市民の授与に関する事案は7月に市議会で協議され、正式に決まる見通しとのことだ。


アリアナ・グランデ、マンチェスター市の名誉市民第1号の候補に
6/15(木) 11:45配信 cinemacafe.net

929
アリアナ・グランデ-(C)Getty Images

アリアナ・グランデに、イギリスのマンチェスター市から名誉市民の称号を贈られることが検討されている。

先月22日(現地時間)、マンチェスター・アリーナで行われたアリアナの公演直後に爆破テロ事件が発生。アリアナは犠牲者の家族や被害者の支援を目的としたチャリティー・コンサート「ONE LOVE MANCHESTER」を6月4日(現地時間)に開催、彼女の呼びかけにジャスティン・ビーバーやケイティ・ペリーなど多くのアーティストたちが賛同し、コンサートは大成功を収めた。

マンチェスター市議会はアリアナの行動に対して、同市のために大きく貢献した人物を表彰する制度を新たに設け、アリアナが名誉市民第1号の候補となった。

マンチェスター市議会のリチャード・リース議長はBBCの取材に「私たちの市の暮らしと成功に素晴らしい貢献をした人々を表彰する方法をアップデートする絶好の機会だと考えています」とコメント。市民は、事件に対して憎しみや恐れではなく、愛と勇気をもって立ち向かったが、リース議長は「アリアナ・グランデはそうした反応の例となりました。多くの人がすでに彼女を名誉市民にと考えているでしょう」と語り、議会の承認を得て実現を目指すという。

6月4日のコンサートは5万人を動員し、約300万ポンドを超える収益金は全額、英赤十字に設立された基金「We Love Manchester Emergency Fund」に寄付された。


マンチェスター、アリアナさんに名誉市民授与へ
6/14(水) 22:38配信 読売新聞

 【ロンドン=森太】英中部マンチェスター市は、米人気歌手アリアナ・グランデさん(23)に名誉市民の称号を授与する見通しになった。

 同市に多大な貢献をした人に授与する制度を創設し、グランデさんは第1号になるという。

 グランデさんは5月22日に自身のコンサート会場で22人が犠牲になった自爆テロが発生し、6月4日に慈善コンサートを開催。市によると、約300万ポンド(約4億2000万円)の収益があり、遺族や負傷者らを支援する基金に寄付された。


マンチェスター市議会、アリアナ・グランデへ名誉市民権授与を計画
6/14(水) 14:02配信 BARKS

英国マンチェスターの市議会は、同市で起きた爆発事件の犠牲者を支援し<One Love Manchester>公演を開いたアリアナ・グランデに感謝し、彼女へ名誉市民権を授与したいと考えているそうだ。

現在それに向け、新しい制度を提唱しているところだという。承認されると、アリアナは初の授与者となる。

マンチェスター市議会のリーダー、リチャード・リース議員は「すでに多くの人々が、グランデを“名誉マンチェスター市民”と考えており、制度を見直すいい機会となった」「マンチェスターは、5月22日に起きた悲惨な事件に対し、憎しみや恐れではなく愛と勇気で立ち向かっている。グランデはその良い例を示してくれた」とBBCに話している。

アリアナ、ジャスティン・ビーバー、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラス、コールドプレイ、リアム・ギャラガーらが出演した<One Love Manchester>は5万人ほどが訪れ、400万ポンド(約5億6,000万円)以上の支援金が集まったといわれている。コンサートの模様は、英国ではBBCで放送され、1,163万人が視聴したそうだ。これは、現時点で2017年最高の視聴率だという。

Ako Suzuki


英国がこれからもテロから逃れられない「複雑な事情」 欧州は過激主義との戦いに負けたのか?
6/14(水) 8:01配信 現代ビジネス

903
写真:現代ビジネス

 英国を含む欧州で、イスラム過激主義に影響を受けた青年たちによるテロが続発している。

 8日に総選挙が行われた英国は、選挙期間中に2度もテロに見舞われた。メイ英首相は早急にテロ対策の見直しを確約したが、オープンで自由な社会を維持しながらどれほどの効果を上げられるだろうか。

 今や政府、捜査当局、国民はテロ発生を「新たな現実」として認識するようになっている。なぜ英国がこれからもテロを避けられないのかを探ってみた。

904
〔PHOTO〕gettyimages

何とも言えない不安感と恐怖
 欧州内のイスラム系テロに世界中が注目したのは、2015年1月のフランスの風刺雑誌「シャルリ・エブド」事件だった。編集室を武装男性らが襲い、その場で12人を射殺した。

 これが1つの「ゴーサイン」になったかのように、同年秋にはさらに衝撃的なテロ事件が起きる。11月13日、コンサートが行われていたパリのバタクラン劇場内と近辺のレストランで襲撃事件が発生し、137人(実行犯7人を含む)が亡くなったのである。

 翌年3月22日にはベルギー・ブリュッセルの地下鉄、空港での銃撃・自爆テロ事件(死者は実行犯5人を含む35人)が発生。7月14日、フランスは再びテロ攻撃にあう。ニースで花火の見物客にトラックが突入し、86人が亡くなった。実行犯は射殺された。

 ドイツも攻撃の対象となった。12月19日、ベルリンでクリスマスに備えてショッピングを楽しんでいた人々をトラックがなぎ倒していった(実行犯1人のほかに11人死亡)。

 英国でもテロが連続して発生するようになった。

 特に今年に入ってから頻発している。3月22日、ロンドンのウェストミンスター議事堂に続く橋の上をトラックが暴走。その後、運転していた男性は議事堂前にいた警察官をナイフで刺し殺した(死者は警官らに射殺された実行犯を含むと5人)。

 5月22日夜、英北部の都市マンチェスターで、米歌手アリアナ・グランデのコンサート終了直後、会場入り口付近で自爆テロが発生(実行犯1人を含む23人死亡)。6月8日の総選挙に向けた選挙戦の真っ最中の事件だった。

 それから2週間も経たない6月3日夜、ロンドンの中心地の1つロンドン橋上でワゴン車が通行人らに突っ込んでいった。ワゴン車から降りた実行犯3人はレストランが並ぶバラ・マーケットまで走り、数人に刃物で傷を負わせた。3人は駆け付けた警察官らに射殺された(犠牲となった死者は8人)。

 実行犯はいずれもイラクとシリアに拠点を置く新興イスラム過激組織「イスラム国(IS)」の手ほどきを受けた、あるいは直接指令を受けたわけではないがISの思想に心酔した青年たちだった。

 筆者は事件発生の翌日、ロンドン橋付近を歩いてみた。

 犯行現場自体は捜査が続いていたため入ることはできなかったが、遠くから橋を眺め、バラ・マーケット付近にも行ってみた。近くの郵便ポストは郵便物を入れる口が封じられており、バス停は使えないようになっていた。

 ロンドン橋に行くために地下鉄の駅バンクまで行ったのだが、事件のために閉鎖状態となったロンドン橋駅を電車が通過していったとき、何とも言えない不安感と怖さを感じた。

なぜテロ事件を起こすのか
 実行犯となった若者たちはイスラム教の国からやってきた移民あるいは移民2世あるいは3世であった。

 例えばフランスのシャルリ・エブド事件の実行犯らはアルジェリア系フランス人、バタクラン劇場の実行グループの主犯格がモロッコ系ベルギー人、マンチェスター・テロの自爆犯は両親がリビア人だった。ロンドン橋テロの3人はモロッコ系イタリア人、パキスタン生まれの英国人、モロッコとリビアの国籍を持つ移民であった。

 移民2世であるための「アイデンティティ危機」(両親の出身国と自分が住む国との価値観や文化の違いの真ん中にいて、どちらにも属さないことへの不安感)、生まれ育った国で感じる疎外感などが青年たちを「自分の居場所」としてイスラム過激主義のネットワークに向かわせるという。

 出身家庭は貧困あるいは中流で、学生、無職のほかにバスの運転手、小売店の店員、教師などさまざまな職に就いていた。

 軽犯罪を犯して刑務所に入り、受刑者仲間からの情報で過激思想に染まっていく場合も相当多いと言われている。

 では、青年たちの犯行の目的はなにか。

 テロ分析の第一人者と言われるフランスの政治学者ジル・ケペル氏が筆者に語ったところによると、テロ犯の目的は「非イスラム教徒の国民に向けた挑発行為」だ。

 異教徒に対する「聖戦」(ジハド)としてテロ行為を働く青年たちは、テロによって非イスラム教徒の国民がイスラム教徒の国民に向かって反撃を開始することを期待しているという。

 その結果、非イスラム教徒の国民がイスラム教徒の礼拝所となるモスクを破壊したり、人種差別主義的行動を取るようになったりすれば、「イスラム教徒の国民は自分たちがイスラムフォビア(イスラム教に対する憎悪)の対象になっていると考える」。

 こうした不正義にすべてのイスラム教徒が決起し、非イスラム教の国に宗教戦争を布告し、最終的に「西側世界の破壊と世界的な聖戦の勝利が実現する」という想定をしているという。

 ケペル氏はこうした想定を「幻想」と呼ぶ。

「テロを止めるのは不可能に近い」
 こうした状況において、イスラム過激主義者によるテロ行為をどうやって止めることができるのか。

 6月3日のロンドン・テロ発生の翌日、メイ首相はテロを防ぐための4つの方策4つを提唱した。

 1つ目は「憎悪を広め、社会の分断の種をまき、偏狭さをはぐくむ、邪悪なイスラム過激思想」を打倒すること。「自由、民主主義、人権という西側の価値観がイスラム教の価値観と合致しないとする考え方だが、これはイスラム教の曲解であり、真実ではない」。

 思想の打倒には、「憎悪の説教師や支持者が説くことよりも、多様性を持つ英国の価値観の方が優れていることを理解し、暴力から心をそむけるようにする」。

 2つ目は「邪悪な思想がはびこる空間をそのままにしない」。この空間とはインターネットのことだ。テック企業や他国政府と協力し、過激主義の拡散やテロの立案をネットから追い出すようにする。

 3つ目は「イスラム国を一掃すること」。

 4つ目は「警察及び治安当局が十分な力を発揮できるよう、テロ対策を見直すこと」。

 英国のイスラム過激ネットワークに詳しいジャーナリスト、ロバート・ベルカイク氏は「テロリストを止めるのは不可能に近い」とガーディアン紙(8日付)に書いた。「非常に恐ろしいことだが、テロは警察の手に負えなくなったのが現実だ」。

 3月のウェストミンスター・テロ、5月のマンチェスター・テロ、6月のロンドン・テロの実行犯の総勢5人の中で4人が捜査当局にその存在が知られていたにもかかわらず、具体的なテロ計画がある証拠を見つけられないままで終わったことを同氏は指摘。

 当局が「テロ計画を裏付ける証拠を集めることができなかったため、実行犯たちは誰にも妨げられずに殺害を実行することができた」とみる。

 未然に防げなかった理由の1つは、処理しなければならない情報が圧倒的に多いためだという。情報保安部(MI5)と政府通信本部(GCHQ)はデータベースに2万3000人の「注意するべき人物」のファイルを持つ。

 この中の3000人が「厳重な注意をするべき人物」だ。このほかに、3000から4000件の逮捕案件、路上質問による報告書が上がってくる。

 さらに、市民が過激発言をする人などを通報する仕組み(「プリベント=防止」)を通して寄せられる情報が去年1年間で8000件に上る。

 注意人物となった数千人が過激思想を実行に移す「兆候」は例えば武器を調達した、爆発物生成に使うような材料を入手したなどの行動があったときだ。この方法で2013年以降、18件のテロ計画を未然に防いできた。

 しかし、「最近のテロはナイフや車など、誰でも不審がられずに入手できる手段を使う。かつ計画から実行までほんの数日の準備でも可能だ」。

また起きる、という現実
 総選挙後、メイ首相率いる与党・保守党は第1党になったものの議席数を減らし、過半数を取ることができなくなった。少数単独政権の発足を目指して、北アイルランド地方の第1党「民主統一党」との交渉が続いている。

 早ければ19日も始まる、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に向けての交渉の行方は極めて不透明になった。

 しかし、「確かなことが一つある」と反過激主義組織「インスパイア」の代表セーラ・カーン氏はオブザーバー紙に書く(11日付)。「私たちはイスラム過激主義との戦いに負けている」。

 2万3000人にも上る聖戦予備軍がいることや、社会のリベラルな価値観によって、「過激主義を広める説教師が事実上問題視されないままに憎悪を拡散することができたからだ」。

 カーン氏が挙げた一例は過激主義活動家アンジェム・チョウダリの存在だ。チョウダリは違法化された過激主義組織「アルムハジルン」の中心人物で、テロリズムを扇動した罪で有罪となり、受刑中だ。チョウダリは「20年以上にわたって数百人規模の青年たちを過激化させ、100人以上を国内外のテロ行為に扇動した」。

 言論の自由が保障されていることで、チョウダリのような人物が「衛星テレビ、ソーシャルメディア、大学、コミュニティのイベントを通して憎悪のイデオロギーを広げていった」。これに対し、「イスラム教組織も、人権擁護団体も、反人種差別組織も、政府も対抗する言論を広めることができないという失敗を犯した」。

 6月のロンドン・テロの実行犯でパキスタン生まれのクラム・バットはアルムハジルンを中心とするネットワークの1人だった。2015年にテロ防止用ホットラインに通報され、アルムハジルンとの関係についてMI5に調査されていた。

 チョウダリは投獄以前、頻繁にテレビやラジオに出演し、バット自身も昨年、テレビ局チャンネル4の「隣人のジハディスト」に出演していた。過激主義を信奉する声がメディア空間の一部となってきたのである。

 言論の自由の原則の下では多様な意見の存在が保障される。政府批判やイスラム過激主義を支持する意見もそれ自体では犯罪にはならない。特定の思想を持っているだけで逮捕される事態はあってはならないからだ。ここに英捜査当局の捜査の難しさがある。

 どこからが過激主義でどこからが過激主義ではないのか、また過激主義であってもテロ行為に直接つながっているのかどうかの見極めも難しい。ロンドン橋テロの実行犯バットの場合も「テロ計画の実行とは関連性がない」と言うことで、捜査の優先順位を低くされた一人である。

 独裁政権であれば、少しでも疑わしい人物を逮捕する、投獄することは容易だろう。しかし、民主主義国家、法治国家であるがためにその選択肢はない。

 人の出入りについても、監視国家ではないがための困難さが生じる。

 例えば、英国からISの本拠地シリアに出かけて聖戦に参加した人物は約800人と言われている。そのうちの半分が英国に帰国している。

 英国から中東諸国には日本円で数万円もあれば、数時間で行ける。政府は英国からシリアへの渡航をしないよう国民に呼びかけているが、まず他国に行き、そこからシリアに向かうことは不可能ではなかった。

 昨年末、英国では「捜査権力法」が成立し、警察、情報機関、政府省庁が令状なしに個人のインターネット接続履歴を入手できるようになった。しかし、今回の一連のテロ事件で判明したように、どの情報を優先事項とするのかが、テロを防げるか、あるいは死傷者を出すかの分かれ目となる。

 「情報はあった。しかし、3件のテロ事件では専門家の分析が不在だった」(オブザーバー紙、11日付)のである。

 テロを止めるには、中長期的には過激主義思想に陥らないような教育や、ISの一掃などが考えられる。

 しかし、イスラム移民の家庭で育った青年たちの一部でカルトのようになったテロ発生の連鎖を止める要因が、現時点で見つからない。

 「今度、いつ起きるか」が英国、そして欧州諸国の「新しい現実」となった。


仏英首脳、対テロ行動計画を発表 SNSでの過激化阻止に重点
6/14(水) 7:37配信 AFP=時事

【AFP=時事】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は13日、首都パリ(Paris)を訪問した英国のテリーザ・メイ(Theresa May)首相と会談した。その後両首脳は、ソーシャルメディアを通じた過激化の厳重な取り締まりを進めていくための対テロ行動計画を発表した。

 マクロン大統領は、ソーシャルネットワークによるテロのプロパガンダの一掃に向けた努力が不十分だという意見で、両国が一致したと述べた。

 英国では、マンチェスター(Manchester)とロンドン(London)で襲撃事件が発生したばかりで、マクロン大統領は、両国が「非常に具体的な」行動計画を策定したことを明らかにした。

 メイ首相によると、この行動計画では、ソーシャルメディアの運営企業が不適切なコンテンツの排除に向け必要な措置を講じなかった場合、法的制裁を科す可能性についても模索していくという。

 英国では先月22日、米ポップ歌手のコンサート会場で発生した自爆攻撃で子どもを含む22人が死亡。さらにその2週間後に、ロンドン中心部でワゴン車と刃物を使った攻撃で8人が死亡する事件が発生し、衝撃が広がった。

 またフランスでも2015年以降、イスラム過激派による襲撃事件が後を絶たず、計230人以上が犠牲になっている。【翻訳編集】 AFPBB News


「テロ現場写真」をスクープしたメディアは、罰せられるべきか?
6/13(火) 8:20配信 WIRED.jp

2017年5月24日、米メディアは、英マンチェスターのテロ現場の詳細な現場写真をスクープ報道した。この「リーク」が事件の捜査を妨げるものとして、英首相が米トランプ大統領を非難する事態にまで発展している。そこではいったい何が論点となっているのか。

テロリストに情報をリークしたハッカーに懲役20年

ずたずたになったカリマーのバックパックの残骸に、飛び散った血。12ボルト電池の焼け焦げた破片。起爆装置だったかもしれない銀色の円筒。

5月24日に8枚のリーク写真を掲載した『NYタイムズ』にとって、それらの写真は「ニュース」であり、テロリストの意図と方法とをうかがい知るための貴重な存在だ。同誌編集主幹のディーン・バケットも、次のように述べている。

「爆弾の製造法から運搬した際の手段に至るまで、テロリストのやり方を人々に伝えることが公共に資すると、(掲載する)判断を下した」

しかし、英国当局にとって、それらの写真は「証拠」だ。公表されることで、事件の捜査は危険にさらされる危険性がある。

『NYタイムズ』は、22人が殺害された48時間経たないうちに写真を報道した。『ガーディアン』もNBCニュースもこれにすぐに続いた。が、一連のリークは、英国首相テリーザ・メイを激怒させることになった。首相は米国当局を非難し、「両国の法執行機関間で共有される情報は安全に保たれなければならないことを、トランプ大統領に理解させる」と約束するに至った。

明らかになる、捜査官の「手の内」
それでは、これら8枚の写真からどれだけのことがわかるのだろうか? 実際のところ、写真は多くを語るのだという。訓練されていない眼には無害なものに見えるかもしれないが、専門家からすると、捜査官が何を知っていて何を知らないかをテロリストに教えうるのだという。

ジョージ・ワシントンのサイバー国土安全保障センターのシニアフェローで、元FBIエージェントのデビッド・ゴメスは次のように語る。

「仮に、犯行の裏にネットワークが存在し、ほかのメンバーがいるとしましょう。写真は、計画に関わるメンバーに、『おい、すべてが破壊されたわけじゃないぞ』と警告を発したことになります。彼らはそれらの写真を活用し、犯行を重ねることになるかもしれません」

米最高裁判所は、1859年以来「写真証拠」を採用しているが、犯罪捜査において写真はきわめて重要な役割を果たしてきた。さらにはその8年後、仏ローザンヌ警察が、初めて犯行現場の写真を撮影した。アルフォンス・ベルティヨンやロドルフ・A・ライスなどといった20世紀初頭の犯罪学者は、犯行現場の広角撮影や指紋、血液、弾痕などの接写撮影による記録資料のスタンダードを確立した。

いまでは、犯行現場の詳細な記録は、捜査官の助けとなるように、あるいは、陪審員が自分の眼で事物を見るために欠かせない。

一方で、捜査当局は、ときに意図的に写真を発表する。これは目撃者が名乗り出るのを促すし新たな手がかりを提供することを期待してのことだ。

しかし、リークとなると、また別の問題だ。

「どのような種類のリークも、捜査官を妨害することになるのです」と、ブレナン司法センターの自由ナショナルセキュリティプログラムのフェローで、元FBIエージェントのマイク・ジャーマンは述べる。「新聞の一面に自分たちの情報が出ているのを見たとき、捜査官は例外なく動転するでしょうね」

専門家によると、マンチェスターにおける写真が公開されることで、いくつもの問題が生じるのだという。

そもそも、捜査官は爆弾部品を分析して、それらがどこに由来するかを判断し、追跡を試みる。が、写真がばらまかれると、共謀者たちは、逃亡し、証拠を破棄し、あるいは次の犯行のために戦術を変更する機会を得ることになる。

「今回のように現場に何が残っていたのかがわかると、ISは、捜査官が事件のピースをつなぎ合わせるのを困難にするのにどのような種類の装置を組み立てるべきかを理解できるようになります」と、国土安全保障政策アナリストで元CIA軍事画像分析官のパトリック・エディントンは語る。

国家間の「信頼関係」
今回のリークは、国家間の関係を危険にさらす可能性もある。英当局は米国を非難しているが、「今後、イギリスが、アメリカを信頼できないと考えるがゆえに有益そうな情報でも秘密にするようになったとしたら、それは今回の一連の出来事による最大のダメージといえるでしょう」とエディントンはいう。

写真を公表した『NYタイムズ』には、数百通のクレームが届いたという。同紙のパブリックエディターであるリズ・スペイドは、担当編集者が画像を掲載する意義を「考えうる限り」議論したと述べ、「写真と物語は疑問の余地なく説得力があり、多くの洞察を提供するものだ」と、(編集者の)決定を支持している。

「当局は、さまざまに理由をつけて、情報を公開しないようにジャーナリストに圧力をかけようとするものです」。そう述べるのは、非営利のメディア教育/研究機関・Poynter Instituteのジャーナリズム倫理議長のインディラ・ラクシュマナンだ。

「こうした“圧力”が、情報の公開によって進行中の捜査が妨害されることに発しているかどうかを判断するのは、編集者、ジャーナリストが自身の責務として考えるべきでしょう」


IS、なぜロシア製通信アプリ使用? 最後の広報手段「テレグラム」の正体…各国政府にユーザー情報提供されず
6/12(月) 16:56配信 夕刊フジ

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)や、過激思想に感化された人物によるテロが猛威を振るっている。そのISがラマダン(断食月)期間中の行動を呼びかける際などに使うのがロシア製アプリだ。フェイスブック創業者になぞらえて「ロシアのザッカーバーグ」と呼ばれる人物が作ったというのだが、なぜISに利用されているのか。

 先月、英中部マンチェスターのコンサート会場で22人が死亡した自爆テロでは、顔を布で覆った男が「アッラー・アクバル(神は偉大なり)」と繰り返し叫ぶ動画が公開され、ISによる犯行声明も出た。

 これらのメッセージが発信されたのが、「Telegram(テレグラム)」というアプリだ。ITジャーナリストの三上洋氏によると「LINEなどと同じ、スマホやパソコンでメッセージをやりとりするメッセージングアプリのひとつ」だという。

 なぜテレグラムがIS関係者の間で使用されているのか。三上氏は「まずはセキュリティーが強化されていること。テレグラムは米国など各国政府にユーザーの情報を提供しないことをウリにしている。決してテロを容認しているわけではないが、ISの関係者らが多く使用している事実と無関係ではない」と解説する。

 テレグラムはロシア人実業家のパヴェル・デュロフ氏によって開発された。三上氏はデュロフ氏について「米国だけでなく、自国のプーチン政権に対しても反体制的な立場を取っている」と説明する。

 IS関係者はかつてはユーチューブやツイッターを使って情報を拡散していたが、近年は運営側によるアカウントの削除が進んでいる。

 「テレグラムもISの“公式”をうたうチャンネルについては削除を始めている。だが、関わりがあるアカウントまでは対応が追いついていない。彼らがテレグラムを選ぶ2つめの理由はそこにある。残された最後の広報手段であるともいえる」とみる。

 マンチェスターの事件以外にも「昨年6月、米フロリダ州のナイトクラブで50人が死亡した銃乱射事件や、昨年11月のパリ同時多発テロでも、テレグラムを通じてISが声明を出している」と三上氏。ラマダンは今月24日頃まで続くが、新たな発信はあるのか。


アリアナ・グランデ、「デンジャラス・ウーマン」ツアーを再開。
6/9(金) 19:30配信 VOGUE JAPAN

992
アリアナ・グランデ。Photo: WENN/AFLO

アリアナ・グランデが7日(現地時間)、パリで「デンジャラス・ウーマン」ツアーを再開した。先月英マンチェスター公演の会場で起きた自爆テロを受け、ツアーを一時中断していたアリアナは、パリでツアーを再開するにあたり、今回のテロによる22人の死者を「天使」と呼んで追悼メッセージを投稿した。

ジャスティン・ビーバーやマイリー・サイラスほか、慈善コンサートに参加しパフォーマンスを披露するセレブたち。

エッフェル塔の写真には「今夜はツアー再開後初のショー。いつでも私たちの天使たちのことを想っているわ。心から愛してる。私のバンドとダンサー、そしてクルーのみんなにとても感謝しているし、これ以上ないほど誇りに思ってる。みんな、愛してるわ」とキャプションが付けられている。

そんなアリアナは先日、テロ被害者に対する寄付金を募るため、慈善コンサート「ワン・ラブ・マンチェスター」を開催していた。そのステージの中でアリアナは観客に対し、結束の強さをこうアピールした。「これ以上先に進む前に、ここに来てくれたみんなに心からお礼を言いたいです。みんな、本当に愛しています。ありがとう。みんなが1つになり、愛情と強さ、結束力を見せてくれたことにすごく感謝しています。本当にみんなのことを愛しているし、私たちが見せている愛と結束力こそが今世界が本当に必要としている薬だと思っています。だからそのことに心から感謝しています」。


アリアナ・グランデ慈善ライブ「10億円」以上の寄付金に
6/9(金) 10:30配信 Forbes JAPAN

975
(Photo by Getty Images/Dave Hogan for One Love Manchester)

アリアナ・グランデが6月4日、ケイティ・ペリーやジャスティン・ビーバー、コールドプレイをはじめとする大物アーティストを招いて慈善ライブ「ワン・ラブ・マンチェスター(One Love Manchester)」を主宰し、世界中が愛に包まれた。

このライブは5月の英マンチェスターのグランデのライブ会場で発生した、22人が亡くなったテロ事件を受けてのもの。フェイスブックでライブストリーミングされたライブは7600万人以上が視聴し、「募金する」ボタンを通じて多くの寄付金が集まった。

寄付を行ったユーザーは2万2000人に上り、フェイスブック経由の寄付金の総額は45万ドル(約4950万円)を超えた。

ツイッターやYouTubeなどでもライブは生中継されたが、ボタンを押すだけで直接寄付ができるのはフェイスブックだけの機能だ。リアクションは250万件に上り、最も多かったのが「超いいね!(英語ではLove)」だった。40万件以上のコメントが寄せられ、75万回以上のシェアが行われた。

会場には5万人以上のファンが詰めかけた。参加したアーティストはマイリー・サイラス、ファレル・ウィリアムス、コールドプレイ、ブラック・アイド・ピーズ、テイク・ザット、ロビー・ウィリアムス、イモージェン・ヒープ、リアム・ギャラガーなどだった。

チケットの売上は300万ドル(約3億3000万円)を超え、寄付金の総額は6月6日時点で900万ドル(約9億9000万円)を超えて今も増え続けている。

イギリスではこの慈善ライブを1100万人がテレビで視聴し、2017年に入ってから最も視聴されたテレビイベントとなった。ライブはBBC Oneで放映され、世界50か国以上で生中継された。


米歌手のA・グランデさん、ツアー再開
時事通信 6/8(木) 15:31配信

973
米歌手アリアナ・グランデさん(写真)は7日、英中部マンチェスターでの自身の公演時に起きた自爆テロ後、中断していた世界ツアーをパリで再開した=4日撮影


米歌手のA・グランデさん、ツアー再開=襲撃事件翌日、厳戒パリで
6/8(木) 14:14配信 時事通信

 【パリAFP=時事】米歌手アリアナ・グランデさんは7日、英中部マンチェスターでの自身の公演時に起きた自爆テロ後、中断していた世界ツアーをパリで再開した。

 パリでは6日、中心部のノートルダム寺院前で警官襲撃事件があり、厳戒態勢が敷かれる中での復活となった。

 グランデさんはツイッターにフランス語で「ありがとう、パリ。愛している」と書き込んだ。英語でも「戻ってこられて感謝」とつづった。

 公演が行われたパリのベルシー体育館周辺の道路は、公演が終了した夜11時ごろまで封鎖された。来場者はリュックサックの持ち込みを禁止され、警備員による手荷物検査のため、入場するのに1時間もかかった。来場したアリゼ・カノさん(24)は「自分たちが何も恐れていないことを示すため、来た方がいいと思った」と話した。

 グランデさんは5月22日のテロ後、英国やベルギーなどでの公演を中止。4日にマンチェスターでテロ被害者を支援するため、慈善コンサートを行った。


アリアナ・グランデ、ツアーを再開「戻って来れたことに感謝」
6/8(木) 13:35配信 Billboard Japan

920
アリアナ・グランデ、ツアーを再開「戻って来れたことに感謝」

 アリアナ・グランデが2017年6月7日(現地時間)、マンチェスターでのライブ後に起きた自爆テロを受けて中断していた【デンジャラス・ウーマン・ツアー】をパリから再開した。

 フランス・パリのAccorHotels Arenaでのライブが無事終了した後、彼女は「ありがとう、パリ。愛してる。戻って来れたことに感謝」とインスタグラムに投稿した。

 その5時間ほど前には、「私たちの天使たちのことを常に考えている。みんなのことを心から愛してる。私のバンド、ダンサー、そしてスタッフ全員のことをとても誇りに思うし、感謝してる。愛してる、愛してる」とエッフェル塔を下から撮った写真に添えて投稿。マンチェスターのテロで犠牲になった人々へ思いを馳せつつ、自身のチームも気遣った。

 6月4日にはアリアナの呼びかけで実現した支援コンサート【One Love Manchester(ワン・ラヴ・マンチェスター)】が開催され、彼女はテロ事件の日以来初めてステージに立った。収益のすべてが犠牲者やその家族を支援するために寄付されることになっているこのコンサートには、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラス、コールドプレイ、ジャスティン・ビーバー他、多数の有名アーティストたちが集結した。

 アリアナが支援コンサートの最後に歌った「虹の彼方に/Somewhere Over the Rainbow」と、彼女の「ワン・ラスト・タイム」は、売り上げが寄付されるチャリティ・シングルとして発売されている。

◎アリアナ・グランデによる投稿
https://www.instagram.com/p/BVDikAPFZhY/
https://www.instagram.com/p/BVC_gFVh6lY/


アリアナ・グランデのマンチェスター追悼公演、英国で今年最高の視聴者数を獲得
6/8(木) 12:00配信 映画.com

972
マンチェスターでチャリティコンサートを開催

 [映画.com ニュース] 米人気歌手アリアナ・グランデがイギリス・マンチェスターで主催したチャリティコンサート「One Love Manchester」のテレビ放送が、イギリスで今年最高の視聴者数を獲得したと、米Deadlineが報じた。

 マンチェスターのスタジアム「オールド・トラッフォード」で6月4日(現地時間)に行われたコンサートは、5月22日にグランデのコンサート会場で起きた自爆テロの被害者を追悼するための慈善公演。ジャスティン・ビーバーやコールドプレイ、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラス、ファレル・ウィリアムス、リアム・ギャラガー、テイク・ザット、ブラック・アイド・ピーズといった豪華アーティストが集結した。

 英BBC Oneでの生中継は、平均視聴者1090万人に達し、イギリスで今年最高の記録を樹立。また、同番組はBBC Worldwideを通じて世界50以上の国と地域で生中継された。3時間に及ぶ生放送において、200万ポンド(約2.8億円)の寄付金を集めたという。


英総選挙でアリアナ・グランデに投票したい人が続出
6/8(木) 11:58配信 BuzzFeed Japan

コンサートで発生したテロ事件を受け、慈善ライブ「OneLoveManchester」を実現させたアリアナ・グランデ。彼女の行動をを賞賛するネット民からは、きょう行われる英総選挙で「アリアナに投票する」「英首相になってほしい」という声まで上がっている。
【Victoria Sanusi / BuzzFeed Japan】

971
Getty Images / Dave Hogan for One Love Manchester

慈善コンサートには、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラス、ジャスティン・ビーバーなど、そうそうたるセレブ達が参加した。

SNS上では、もめていたリアム・ギャラガーとクリス・マーティンの共演を実現させたアリアナの手腕を絶賛し、「EU離脱交渉も上手くやってくれるんじゃないの?」という人や、「アリアナはどの首相よりもイギリスをひとつにしてくれた」とコメントする人たちがいる。

感動冷めやらないネット民は少なくないようだ。


日本でのテロ 当局が警戒するのは新幹線狙った爆弾テロ
6/8(木) 11:00配信 NEWS ポストセブン

「テロ現場になったロンドン橋は、予定されていたライブ会場からテムズ川に沿って車でたったの10分の距離。まさに危機一髪でした。もしあのまま開催して、ファンやメンバーが巻き込まれでもしていたら──」(芸能関係者)

 6月3日夜、英ロンドン中心部のテムズ川に掛かるロンドン橋でテロ事件が発生した。刃物で武装した3人が乗るワゴン車が暴走。歩行者を次々とはねた後、近くの飲食店を襲撃。少なくとも7人が死亡、50人近くが重軽傷を負う大惨事になった。

「実はその前夜、EXILEの弟分の、7人組の人気グループ『GENERATIONS』がロンドン公演を行う予定でした。オフィシャルツアーが組まれ、日本からも大勢のファンが現地に向かうはずだった。ところが、運営サイドは2週間前に起きた英マンチェスターでのテロ事件を受け、開催直前に中止を決断していたんです。本当に英断でした」(前出・芸能関係者)

 5月22日のマンチェスターの事件は音楽イベントを狙ったテロで、米人気歌手のアリアナ・グランデ(23才)が収容人数2万人の屋内アリーナで開催したコンサートの終了直後、会場入り口でテロリストが自爆。8才の女児を含む22人が死亡、59人が負傷した。

 欧州ではイベント会場や繁華街を狙った無差別テロが相次いでいる。昨年7月にはフランスのリゾート地のニースで、花火の見物客にトラックが突っ込んだ後、銃を乱射し84人が死亡。12月にはドイツ・ベルリンで、買い物客で賑わうクリスマスマーケットに鉄骨を積んだ大型トラックが突入した。今年に入ってからも、3月にはロンドンの国会議事堂を狙って車が暴走し、4人が犠牲になっている。

 いずれのテロ行為も、過激派組織イスラム国の関与が報じられている。彼らが2015年、「すべての日本人が標的だ」と宣言したのは記憶に新しい。では、日本国内ではどんな場所が狙われるのか。

「いちばんのターゲットは彼らが最も敵視するアメリカの大使館(東京・虎ノ門)でしょう。実は、そこにアメリカの情報機関CIAの下部組織『中近東分析室』があり、イスラム国の情報分析を行っています。しかし、最近のテロでは政府や軍の施設といった警備が厳重な“ハードターゲット”ではなく、劇場やカフェといった一般市民が集まる“ソフトターゲット”が狙われる傾向があります」(公安関係者)

 なかでも当局が警戒しているのが走行中の新幹線を狙った爆弾テロだ。

「上り列車と下り列車のすれ違いざまに先頭車両で爆弾を爆発させれば、2つの列車が同時に脱線する。猛スピードで走る新幹線だけに、膨大な数の被害者が出るのは避けられません。日本では火器銃器の使用は難しいが、爆弾の製造は簡単です。材料は街中のドラッグストアで簡単に購入できるし、製造方法はネット上に公開されていますから」(前出・公安関係者)

 英仏海峡高速列車『ユーロスター』では、空港と同様に手荷物検査やX線検査が行われている。ご存じのように、日本の新幹線にはそのような検査はない。

「実際に、2002年に過激派組織アルカイダの関係者が逮捕された際、関係先から新幹線の運行システムに関する資料が見つかっています。標的の1つとしていたと考えられます」(前出・公安関係者)

 東海道新幹線の定員は16両編成で1323人。もしすれ違いざまが狙われれば2000人以上、旅客機5機分の乗客の命が危険に瀕することになる。東京五輪を控え、世界から注目を浴びる日本は、ますます狙われやすい。テロは決して対岸の火事ではない。

※女性セブン2017年6月22日号


防止から予知へ テロ相次ぐ英国で進む「AIx犯罪捜査」
6/8(木) 8:00配信 Forbes JAPAN

970
(Photo by Jack Taylor/Getty Images)

英国でテロが相次いでいる。5月22日、米歌手アリアナ・グランデのマンチェスター公演を狙った自爆テロの悲しみが冷めやらぬなか、6月3日にはロンドン中心部でも悲劇が起こった。英国でのテロ事件は、2017年に入ってすでに3度となる。

英国は世界で最も進んだ「監視社会」のひとつに数えられている。ここで監視カメラの総設置台数や細かい法案についてすべて言及することは叶わないが、最近、発表された国連の報告書からは、その実態がにわかに浮かびあがってくる。

5月29日、国連は英国政府の対テロ戦略には本質的な欠陥があると指摘。市民の自由を奪いかねないテロ関連法の立案および施行、また警察による行き過ぎた取り締まりにより、過度な「監視国家」への道をひた進もうとしていると警鐘した。加えて、その行き過ぎたテロ対策が特定の層の人々に「テロ予備軍」としてのレッテルを貼り、反感を招くことで、想定とは裏腹に過激思想を助長する温床になっているとも指摘している。

そんな渦中にある英国から、ひとつ気になるニュースが聞こえてきた。それは、警察当局が「対象を拘束すべきか否か」など、容疑者ほか特定人物に対する捜査上の判断を行う上で、人工知能(AI)を活用する準備をしているというものだ。

5月上旬、英ダラム警察は「Hart(Harm Assessment Risk Toolの略)」と呼ばれる「犯罪リスク評価AI」のテスト導入について言及。今後、数か月以内に実戦配置し、その性能を試していく旨を明かした。

Hartの全貌については詳細に知られていないが、BBCなど英大手メディアが報じたところによると、容疑者や特定個人の犯罪の可能性を「低」「中」「高」の三段階に分類することが可能だとされている。

また「拘束するか否か」というケースの他にも、「適正な拘禁期間はどのくらいか」「長期的な拘禁が必要な人物か」「適正な保釈金はいくらか」など、さまざまな捜査・司法判断の用途で使われる計画だとされている。

なおダラム警察は、2008年から2012年の間に収集した犯罪記録などのデータに基づき、Hartを使って、容疑者および特定人物の危険性をテスト的に分析してきたとも伝えられている。2013年に行われた最初のテストでは、低危険度な容疑者を予測する精度は98%、高危険度のそれは88%となったそうだ。

低危険度、もしくは高危険度が何を指すかは具体的に示されていないが、いずれにせよ、人工知能による捜査判断は極めて高精度であるという側面がアピールされている。

「犯罪防止」から「犯罪予測」へ
もし人工知能が学ぶデータにエラーや間違いがあれば、冤罪など重大な人権侵害を招く恐れもあるだろう。

ダラム警察側はその点について、「テスト期間中、Hartは(人間の判断を支える)アドバイザーの役割にとどまる」とし、あくまで最終的な判断は人間が行うものとしている。また、Hartの判断過程を追跡できる「対AI監査システム」も構築される計画だとした。

このような英警察の動きを見るに、犯罪捜査はテクノロジーによって別次元に移行しつつあるとも思えてくる。つまり、「犯罪を防止する」という局面から一歩進み、「犯罪を予測する」、もしくは「犯罪予備軍」を人工知能で割り出すという段階だ。

ちなみに、人工知能を開発する研究者や企業関係者たちは「AIの優れた能力のひとつは未来予知」と口を揃える。それらはあくまで機械の故障や企業経営などにおいて、という意味合いだが、はたして犯罪捜査という文脈ではどのような結果を生むのだろうか。

人工知能が犯罪捜査に用いられることになれば、そして人間がその判断を盲信するようになれば、「犯罪監視社会」ならぬ「犯罪予測社会」が到来するかもしれない。そしていずれ、映画「マイノリティ・リポート」や日本アニメ「PSYCHO-PASS」、もしくはジョージ・オーウェルの小説「1984」に登場するような「犯罪予知システム」が現実になるのではないかとも妄想したくなる。

「そんな心配は、専門知識に乏しい記者の杞憂に過ぎない」と言われてしまえばそれまでかもしれないが……世界各国では、似たようなAI研究・開発の実例が意外と少なくないとだけ補足しておきたい。


豪華アーティストが集結!チャリティコンサート「One Love Manchester」の感動シーン5
6/8(木) 7:00配信 ELLEgirl

968
Photo: Getty Images

6月4日(現地時間)、マンチェスターでテロの犠牲者や被害者のためのチャリティコンサート「One Love Manchester」が開催された。赤十字を通してテロの犠牲者やその家族を支援する基金に寄付される収益は、約2億6000万ドル(約286億円)にのぼるそう。特別な一夜となったステージでアーティストたちが見せた感動シーンをお届け。

オープニングを飾ったのはマーカス・マムフォード
コンサートのオープニングを務めたのは、「マムフォード・アンド・サンズ」のマーカス・マムフォード。悲しいことに前日の6月3日にもロンドンでテロが発生し、冒頭で黙祷を捧げてから、デビューアルバム『Sigh No More』に収録されている「Timshel」をギターの弾き語りで熱唱した。

ファレル・ウィリアムス&マイリー・サイラス
「この場所で事件は起きたけれど、僕は恐怖を感じることも聞くことも嗅ぐこともできない。今夜ここで感じることができるのは、愛と回復する力、そしてポジティブな姿勢だけだ」と語ったファレルはステージにマイリー・サイラスを呼び、2曲目の「Happy」をデュエット!

マイリー・サイラス
「この地球上でいちばん大切な責任は、お互いに気遣い合うこと」「ここにいると我が家のように感じる」と語りかけたマイリー・サイラスは、これからリリースする最新アルバムの収録曲「Inspired」を披露。

ナイル・ホーラン
「Slow Hands」を歌ったナイル・ホーランは「僕たちは君を愛している。君たちは僕たちとともにいる」と世界に向かって団結をアピール。「全世界がこれを見ている。この曲を君に捧げたい」と宣言して、「This Town」をパフォーマンスした。

アリアナ・グランデ&合唱団
マンチェスターにあるパーズ・ウッド高校の合唱団が見事なコーラスを奏でたアリアナ・グランデの「My Everything」は感動を呼んだ。

(text : Yoko Nagasaka)


アリアナ・グランデらが熱唱 チャリティコンサート「One Love Manchester」の収益金は約2.8億円
6/7(水) 21:10配信 ELLEgirl

966
Photo: Getty Images

6月4日(現地時間)にマンチェスターで開催されたチャリティコンサート「One Love Manchester」。アリアナ・グランデの呼びかけに多くのセレブたちが集まり、それぞれの想いを語った。代表曲「Be Alright」「Break Free」「Love Me Harder」をパフォーマンスしたアリアナは「今晩、ここにあるのは愛だけよね?」「みんなが団結し、強くいてくれることに感謝したい。みんなのことを愛している。みんなが示してくれている愛と結束は世界が今必要としているものよ」と観客に語りかけた。

この日のパフォーマンスの前、テロの犠牲となって亡くなった15歳のオリヴィアの母親に会ったアリアナ。「オリヴィアのお母さんに対面して、すぐに私は泣き始めてしまった。でも彼女は”オリヴィアは泣かないでって思うだろうから、泣いてはだめ”と言ってくれた。オリヴィアはヒット曲を聞きたいだろうから、って」。今回のステージではオリヴィアの好きな曲を選んで歌ったのだそう。

967
Photo: Getty Images

またアリアナやジャスティン・ビーバーのマネジャーで、このコンサートの開催のために動いていたスクーター・ブラウンもステージでスピーチ。「悪が僕たちを試しているんだ。悪はまた顔を見せるだろう。でも僕たちは心構えができている。僕たちは強く大きい存在だ。恐ることなく、次の世代を称えるだろう。憎悪が勝つことはない。恐怖が僕たちを引き裂くことはない。なぜなら、僕たちは今日マンチェスターとともに立っているから」と語った。

最後にはアリアナが「Somewhere Over the Rainbow」を歌って終わった今回のコンサート。収益は全て赤十字を通して今回の事件の犠牲者やその家族を支援する基金に寄付される。報道によると、約260万ドル(約2.86億円)が集まったそう。マンチェスターだけでなく世界中でテロが多発する今、アリアナやケイティたちのメッセージが世界中の多くの人に届くことを祈りたい。
(text : Yoko Nagasaka)


アリアナ・グランデ、“Somewhere Over The Rainbow”を英テロ被害者支援のためリリース
6/7(水) 20:00配信 RO69(アールオーロック)

921
アリアナ・グランデ、“Somewhere Over The Rainbow”を英テロ被害者支援のためリリース

アリアナ・グランデが映画『オズの魔法使い』の劇中歌として知られる“Somewhere Over The Rainbow”のカバー・バージョンをリリースした。この楽曲の収益はすべてマンチェスターで起こった英テロ事件の被害者に寄付されるという。

同楽曲は6月4日夜(現地時間)に開催された英テロ被害者支援ライブ、「One Love Manchester」においてアリアナ・グランデがパフォーマンスしている。
また、同日アリアナは2014年に発表された楽曲“One Last Time” を披露しており、この楽曲もチャリティ・シングルとして再度発売されている。

アリアナ・グランデのインスタグラムに「One Love Manchester」での“Somewhere Over The Rainbow”のパフォーマンス映像が投稿されている。
♡ 🌈 Ariana Grandeさん(@arianagrande)がシェアした投稿 - 2017 6月 5 7:10午後 PDT

同ライブでの“One Last Time”のパフォーマンスはYouTubeで観ることができる。
http://www.youtube.com/watch?v=cshg5ktpPtI%


アリアナ・グランデ、さらなる義援金を集めるため「虹の彼方に」をリリース?
6/7(水) 17:45配信 cinemacafe.net

964
アリアナ・グランデ-(C)Getty Images

アリアナ・グランデが、マンチェスターのコンサートで起きた爆発テロの被害者のため、義援金集めに奮闘中だ。日曜日(現地時間)にはチャリティーコンサート「One Love Manchester」を開催し、5万人の観客を動員、約3億9千万円の義援金を集めた。また、2015年にリリースした「One Last Time」をチャリティーソングとして再リリースし、収益を義援金に充てるなどの行動力を見せている。

さらなる義援金を集めるべく、アリアナが着手していることがあるという。日曜日のコンサートの終わりに歌った『オズの魔法使い』の劇中歌「虹の彼方に」は、多くのファンの心を揺さぶった。ファンから「ぜひ、チャリティーソングとして『虹の彼方に』をリリースして欲しい!」という声が殺到しているほど。「The Sun」紙によると、そんな声を受けてかアリアナのチームは「虹の彼方に」のリリースに向けて準備中とのこと。

アリアナがコンサートで「虹の彼方に」を歌ったことはいままでになく、この選曲に対する秘話を母のジョアンさんが「Variety」誌に語っている。この曲は、ジョーンさんの父、つまりアリアナの祖父が2年半前に亡くなったときにアリアナが歌った思い出の曲だという。祖父は生前「虹の彼方に」を「どんな曲よりも素晴らしい」と絶賛し、アリアナにいつかリリースしてほしいと願っていたそうだ。アリアナはまもなく、祖父の願いを叶えるとともに、テロ被害者へのさらなる義援金集めにも貢献する。


「パパ踊りした」警官、評判に マンチェスター慈善ライブで
6/7(水) 16:26配信 BBC News

英マンチェスターで5月22日、米歌手アリアナ・グランデさんのコンサート会場が自爆攻撃に遭い、約140人が死傷した。それから2週間足らずでマンチェスターに戻ったグランデさんは4日夜、コールドプレイ、マイリー・サイラスさんやジャスティン・ビーバーさん、ブラック・アイド・ピーズなど多くのスターと共に、犠牲者を追悼し、遺族や負傷者、その家族を支援する慈善コンサート「OneLoveManchester」を開いた。BBCが生中継した映像では、ステージ上の熱気ある演奏のほかに、会場を埋め尽くした大勢のファン……そして、子供たちと輪になって踊る警官の姿が大勢の注目を集めた。踊っていたのは、ポール・テイラー巡査。映像がインターネットで拡散されて以来、電話が鳴りやまないと言う。


英自爆テロで押収された車
時事通信 6/7(水) 16:12配信

962
6日、英警察が公表した、マンチェスター自爆テロに絡み押収された白い車の写真=撮影日不明


テロとの戦いで人権法の改正も=メイ英首相
6/7(水) 15:10配信 BBC News

961
テロとの戦いで人権法の改正も=メイ英首相

テリーザ・メイ英首相は6日、人権関連の法令がテロ容疑者への対応を「妨げる」場合には改正すると表明した。

メイ首相は、外国のテロ容疑者の強制送還や、脅威となる人物の「行動や自由を制限する」ことを容易にすると述べた。

野党・労働党は「このようなメッセージを発するべきではない」と批判した。

ロンドンやマンチェスターで相次いだテロ攻撃を受け、8日の総選挙に向けた選挙運動では国民生活の安全に焦点が当てられている。

野党各党は与党・保守党による警官削減を批判している。

ロンドンでの攻撃を受け、メイ首相は「『もうたくさんだ』と言わなくてはならない時」だと述べ、テロ対策に「変革が必要」だと語った。

6日夜にロンドン郊外のスラウで開かれた集会を訪れたメイ首相は、具体的な政策は提案しなかったものの、「テロ犯罪の禁錮刑の長期化」を挙げた。

同首相はさらに、「当局が外国のテロ容疑者を母国に送還しやすくすること」や、「脅威だという十分な証拠があるものの、裁判所で本格的に訴追するには証拠が足りない場合に、テロ容疑者の自由や行動の制限を拡大する」ことなどを例示し、「もし人権関連の法令が妨げになる場合には、法令を改正して可能にする」と述べた。

英紙サンとのインタビューでメイ首相は、容疑者起訴前の勾留期間を28日に延長することを検討すると語った。自由民主党と連立を組んでいた保守党政権は2011年に、勾留期間を14日に短縮している。

メイ首相は、「(期間の延長が)どうしても必要になる状況はあり得ると当時も話した。(警察や治安当局が)何を必要と考えているのか耳を傾ける」と語った。

保守党のマニフェスト(政権公約)は、欧州人権条約(ECHR、欧州連合とは無関係)には選挙後も、新議会の任期中はとどまるとしている。

保守党関係者は、ECHRを維持しつつ、内容の一部については「逸脱」と呼ばれる不参加を求めていく考えを示した。

労働党のジェレミー・コービン党首は、「保守党による予算削減を阻止し、警察と治安維持に投資し、人権法を含む我々の民主主義的価値観を守る」のが正しい対応だと主張した。

影の内閣で法務長官を務めるチャクラバルティ女男爵はBBC番組「ニュースナイト」で、メイ首相が「もうずっと長いこと、いかに人権が嫌いか繰り返してきた」と批判した。

チャクラバルティ氏は、労働党はテロ容疑者への対応を法の支配と人権の枠組みの中で行うとし、「我々の最大の懸念は(対策に必要な)資源だ」と語った。

自由民主党のティム・ファロン党首は、メイ首相がテロ関連法で「核の軍拡競争」を始めようとしていると非難した。「(首相が)減らそうとしているのは自由で、テロではない」。

(英語記事 Theresa May: Human rights laws could change for terror fight)


アリアナ・グランデの熱唱に涙する赤ちゃんが話題に
6/7(水) 12:54配信 BARKS

960
日曜日(6月4日)に英国マンチェスターで開かれた爆発事件犠牲者の支援コンサート<One Love Manchester>でのアリアナ・グランデのパフォーマンスを見て、涙ぐむ赤ちゃんの映像が話題になっている。

日曜日(6月4日)に英国マンチェスターで開かれた爆発事件犠牲者の支援コンサート<One Love Manchester>でのアリアナ・グランデのパフォーマンスを見て、涙ぐむ赤ちゃんの映像が話題になっている。

◆涙ぐむ赤ちゃん

この赤ちゃんは、ショウの最後でアリアナが「Somewhere Over The Rainbow」を熱唱するのをテレビで見ながら涙。一緒に歌おうとする姿も見られる。

アリアナはこの映像を「♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡」と、インスタグラムに投稿。9時間で440万回以上が再生された。

アリアナは、映画『オズの魔法使い』でジュディ・ガーランドが歌った「Somewhere Over The Rainbow(虹の彼方に)」のこのカバーを、爆発事件の犠牲者を支援するためチャリティー・シングルとしてリリースする予定だと言われている。

Ako Suzuki


英総選挙、8日投票…EU離脱やテロ対策争点
6/7(水) 9:02配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】英下院(定数650)の総選挙は、8日に投票が行われ、即日開票される。

 9日早朝(日本時間9日正午~午後)には大勢が判明する見通し。最大の争点は、欧州連合(EU)離脱をめぐる交渉方針だ。メイ首相(保守党党首)は、交渉が本格化する前に政権基盤を固める狙いで、総選挙を大幅に前倒しすることにした。

 選挙期間中には、英中部マンチェスターとロンドンでテロが2件相次ぎ、計29人が犠牲になった。選挙戦の終盤、テロ対策が争点として急浮上する中、保守党が議席数を増やせるかどうか注目される。

 メイ氏が総選挙実施を発表した際、世論調査での最大野党・労働党との支持率の差は約20ポイントあったが、現在は1ケタ台まで縮まっている。


ウィリアム王子がテロの起きたマンチェスターを訪問 警察官らを労う
6/6(火) 21:30配信 ELLEgirl

949
Photo: Getty Images

ウィリアム王子が6月2日(現地時間)、テロが起きたマンチェスターを訪れた。警察署を訪れ、爆破が起きたアリアナ・グランデのコンサート会場に最初に駆けつけ、けが人たちの救助に当たった警官たちとも対面。ある警官は『ピープル』に「現場ではみんなが散り散りに叫びながら走って逃げていて、完全なカオス状態だった」とコメント。

エリザベス女王とウィリアム王子がマンチェスターのテロ事件の犠牲者に追悼メッセージ

なかには自分の娘がアリアナのコンサートを見に行っていて、会場の外で待ち合わせていた父親も。娘とは翌朝に会えたけれど、現場で一晩中救助活動をしていた父親は、「ほかの人の血が全身についている状態で、娘をハグできなかった」と当時の状況を明かした。当時の様子を警官たちから直接聞いたウィリアム王子は、必要であれば警官たちの心のケアもしたいと語り、「私たちの行動に対して敬意と感謝の言葉をかけてくれた」そう。

その後マンチェスター大聖堂を訪れ、犠牲者たちを追悼する記帳をしたウィリアム王子は、キャサリン妃やヘンリー王子と共にメンタルヘルスの治療の啓蒙活動を続けている。今回のテロ事件の被害者のサポートもこれから始める予定だそう。被害者たち、マンチェスターの人々の心の傷が早く癒えることを祈りたい。
(text : Yoko Nagasaka)

ロンドンでまたテロ・7人死亡、48人が負傷 ISが犯行声明・5

ロンドン中心部のテムズ川に架かるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ、ワゴン車が歩道を暴走して通行人をはねた。その後、車を乗り捨てた男3人は近くの食品市場「バラ・マーケット」で人々を刃物で襲撃した。3人は警官に射殺された。警察はテロ事件と断定、7人が死亡したと発表した。

救急当局によれば、48人が負傷して病院に搬送されたほか、軽傷者が現場で手当てを受けた。在英日本大使館によれば、日本人が巻き込まれたという情報はない。

ロンドン警視庁のディック警視総監は4日の記者会見で、射殺された実行犯3人のほかにも容疑者がいないか捜査を急いでいると述べるとともに、「優先事項は実行犯の詳しい身元や背後関係を調べることだ」と強調した。警察は4日、ロンドン東部で12人を拘束したことを明らかにした。

メイ首相は4日、声明を出し、3月以降国内で相次ぐテロに関し、「邪悪なイスラム過激主義のイデオロギーで結び付いている」と指摘、今回の事件もイスラム過激派の影響を受けたテロとの見方を示した。また、「過激主義に寛容な態度は取らない」とし、警察権限の強化など対テロ戦略の見直しを行うと強調した。8日の総選挙は予定通り実施すると表明した。

ワゴン車は暴走した後、バラ・マーケット近くでガードレールに衝突して止まり、車から降りてきた3人の男が近くのパブなどで客らを無差別に刃物で襲った。英メディアによると、目撃者の1人は「男らは『これはアラー(神)のためだ』と叫んだ」と証言した。駆け付けた武装警官に射殺された男らは自爆ベルトのようなものを身に付けていたが、偽物だった。

ロンドンでは3月22日、国会議事堂付近で男が車を暴走させた後、刃物で警官を刺し、5人が死亡する事件が発生。また、英中部マンチェスターでは5月22日、22人が死亡する自爆テロが発生したばかりだった。

以上、時事通信の報道による。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事

リンク:【寄稿】 英国の過激主義者はどうやって洗脳されるのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:外務省、欧州への渡航に再度の注意喚起、英・ロンドンでのテロ発生受けて - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン攻撃】 容疑者は以前から過激主義組織とつながり 市民は通報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン・テロで的外れ批判、またやったトランプの思い込み - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン攻撃】 3人目の容疑者の身元明らかに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英テロ>実行役「テロリストになる」…昨年の拘束時 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ大統領の英国訪問、中止の理由ない=英外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:メイ英首相:人権法の改正も辞さない-テロとの戦いで治安強化約束 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロ 実行犯の一人 「テロリストになりたい」と告白 イタリアで監視対象 MI5に通知も英国で監視せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロ、3人目実行犯の身元公表 伊当局も警戒対象 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯の男「テロリストになる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:過激派阻止のため、人権保護緩める法律改正示唆=英メイ首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英総選挙、8日投票…EU離脱やテロ対策争点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロ 凶行9分前にテスト走行 実行犯3人 警備や交通状況確認 監視カメラに記録 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ・ノートルダム前で警官襲撃 過激派テロか、容疑者「シリアのため」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンテロ ネットで過激思想拡散 英政府、規制強化へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンテロ 主犯格、粗暴な私生活 敬虔なイスラム教徒装い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新・英国へ 6・8総選挙 英与党、最終盤で失速 あす総選挙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ハンマー男が警官襲撃 仏ノートルダム寺院前 「シリアのため」叫ぶ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン襲撃犯、過去にシリア渡航試み拘束 伊当局が英に通報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン襲撃容疑者3人目特定、伊関係筋「過去英に通報」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英テロ犯、モロッコ系も…実行犯3人を警察特定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英テロ>「首謀者」監視対象とせず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英テロ>実行3容疑者を特定 国際的つながりか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英ロンドン襲撃犯3人目の身元公表 22歳のモロッコ系イタリア人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯3人目はイタリア人=主犯格、05年テロ関係者と接点か―英テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、ロンドン市長を繰り返し批判 メイ首相は市長擁護 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英ロンドン襲撃事件、犠牲者悼み1分間の黙とう - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「婚約者の腕の中で息を引き取った」 ロンドン橋テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領訪英、ロンドン市長や野党党首から異論-外相は撤回否定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:メイ首相が勝利ならテロ防止はさらに困難に-ロンドン市長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、英テロで的外れな批判…波紋広がる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン市長批判で、トランプの訪英反対運動が再燃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ対策、争点に急浮上 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

【寄稿】 英国の過激主義者はどうやって洗脳されるのか
6/7(水) 13:58配信 BBC News

ペーター・ノイマン教授、シラズ・マハー博士:キングス・コレッジ・ロンドン

ロンドン警視庁は、3日夜にロンドン中心部で7人を殺害し48人を負傷させた実行犯3人の名前を公表した。英国の過激主義者は、どうやって過激思想に染まっていくのか。BBCが、キングス・コレッジ・ロンドンの「過激化研究国際センター」の所長、ペーター・ノイマン教授と、副所長のシラズ・マハー博士に寄稿を依頼した(一部、文中敬称略)。

ロンドン橋での攻撃を受けて、テリーザ・メイ英首相はあらためて、テロリストの勧誘と過激化にインターネットが「安全な空間」として機能していると強調した。

私たちは5年前から、シリアとイラクに外国人戦闘員が流入する動きを追い続けてきた。欧米諸国から勧誘された800人近くについて、ソーシャルメディアでの足跡を含め、情報を集めてきた。

これまでの経験と研究から、過激化がオンラインのみで行われるのは実際には珍しく、インターネットの役割は複雑だという結果が得られている。

ロンドン橋攻撃の容疑者の一人について、過激化の経緯が断片的に分かっている。そこからも、問題はインターネットだけではないことがうかがえる。

容疑者のかつての友人がBBCエイジャン・ネットワークに対して、容疑者を警察に通報したのは、インターネットでアフマド・ムサ・ジブリル氏を支持するようになったからだと話した。

ジブリル氏は米ミシガン州在住のパレスチナ米国人だ。過激なイスラム指導者として、シリアのイスラム聖戦に欧米から参加する人たちからインターネットで大いに支持されている。

2014年に発表した報告のため、私たちは過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)が勧誘した戦闘員を多数調べた。その半数以上が、フェイスブックやツイッターでジブリル氏をフォローしていた。勧誘戦闘員たちにとっては、重要な存在なのだ。

ジブリル氏はフォロワーに対して、あからさまに暴力を先導したり、シリアでイスラム聖戦(ジハード)に参加するようはっきりと奨励したりはしていない。

その代わりにジブリル氏は、思想的なチアリーダーの役を演じている。シリアのバシャール・アル・アサド大統領に対抗する武装勢力の主要人物たちを支持し、戦いに参加しないことに罪悪感を抱かせようとしている。

しかし私たちの調査は、過激な思想信条の人間をテロリストに変える決定的な要因は、オンラインのプロパガンダではなく、オフラインの人間関係なのだと示す。

実行犯の少なくとも一人は、過激派の「アル・ムハジロン」ネットワークに参加していた可能性が、浮上している。中心にいるのはイスラム指導者アンジェム・チャウダリ受刑者だ(IS支持を呼びかけた罪で2016年に有罪となった)。

チャウダリもYouTubeにチャンネルを登録していた。しかし信奉者のほとんどは直接の知り合いで、面と向かって勧誘した相手だった。

集まってくる者たちにチャウダリが提供したのは、身内意識や帰属意識、仲間意識だった。

こうした意識は、「集団内の愛情(in-group love)」と呼ばれる、強力な人間同士の結びつきを作り出す。

インターネットは情報の拡散や、ISなどの組織のブランドづくりには重要な役割を果たす。しかし、現実世界にいるリクルーターの影響力や魅力にとって変わるものには、そうそうならない。

ほかのどの過激主義集団よりも、チャウダリ周辺のネットワークは英国内外ともに複数の攻撃に関わってきた。シリアでISに参加する何十人もの外国人戦闘員も同様だ。

過激なプロパガンダをインターネット会社が削除するのは、一つの策かもしれない。

しかしチャウダリのような説教師が何年もかけて、英国の街角でほとんど誰に反論されることもないまま、その主張を広めてきた今となっては、それだけでは前途は困難だ。

(英語記事 London attack: How are UK extremists radicalised? )


外務省、欧州への渡航に再度の注意喚起、英・ロンドンでのテロ発生受けて
6/7(水) 13:35配信 トラベルボイス

外務省は、海外安全ホームページで発信していた欧州でのテロに対する注意喚起について更新した。2017年6月3日(現地時間)に英国ロンドンで発生した車両・刃物によるテロ事件を受けたもの。

ネット上では、銃器や爆弾のみならず、車両の突入やナイフによる殺傷といった比較的安易な方法でのテロ実行の呼びかけが行なわれており、これに呼応したテロの実行と見られるケースが続いている。

欧州では夏にかけてスポーツ大会や音楽フェスティバル、独立記念日行事などのイベントが各自で予定されているほか、英国、フランスでの選挙やドイツでのG20サミットといった国際会議も予定されている。

外務省では、イスラム教のラマダンとラマダン明けの期間(2017年5月27日~6月27日頃まで)、こうしたイベントが各地で予定されていることから、イベントの参加者を狙うテロに注意するとともに、これらのイベント警護で手薄になった都市でのテロについても注意を呼び掛けている。

欧州での最近の主なテロ事件や、具体的な注意事項については、海外安全ホームページへ。

▼外務省・欧州でのテロ等に対する注意喚起(更新)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C124.html


【ロンドン攻撃】 容疑者は以前から過激主義組織とつながり 市民は通報
6/7(水) 13:06配信 BBC News

959
【ロンドン攻撃】 容疑者は以前から過激主義組織とつながり 市民は通報

ドミニク・カシアーニ内務担当編集委員

ロンドン在住のクラム・バット容疑者がほかのロンドン市民を殺して回った時、サッカープレミアリーグ、アーセナルのジャージーを着ていた。ロンドンの地元チームだ。

容疑者が殺そうとしたなかにも、アーセナルのチームカラーを身に着けた人がいたかもしれない。

しかし容疑者の本当の地金の色は、近年の主なテロ事件を引き起こした他の容疑者たちと一緒だった。

服役中のイスラム指導者アンジェム・チャウダリ服役囚が指導し、今では活動禁止処分を受けている「アル・ムハジロン」ネットワークを信奉していた。

バット容疑者は1990年4月にパキスタンで生まれた。英国市民で、数年前からロンドン東部に住んでいた。結婚して子供が2人いた。

インターネット上に掲載されている履歴書によると、バット容疑者は経営術で全国職業資格(NVQ)2級を取得していた。ケンタッキー・フライド・チキンの店舗管理などを請け負うイーストハムの企業オーリガ・ホールディングスで、総務の仕事に就いていた。ロンドン交通局によると、昨年10月に退職するまで半年間、利用者応対係の見習いとして働いていた。すでに清算済みの「クール・コスメティクス」という会社の唯一の役員だったこともある。

イスラム過激主義にいつ関わるようになったのかはまだ不明だが、「アル・ムハジロン」ネットワークへの関与を示す証拠はたっぷりある。2015年の時点では確実に関わっていたし、少なくともその2年前にもそうだったかもしれない。

何より証拠となるのは、昨年放送されたチャンネル4製作のドキュメンタリー「隣のイスラム聖戦主義者」だった。番組は、「アル・ムハジロン」ネットワークの関係者に迫る内容で、アンジェム・チョウダリ服役囚の側近の一人、シッダルタ・ダール容疑者も登場する。

ダール容疑者は後に保釈金を払わずシリアへ逃れ、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)の処刑ビデオに黒いマスクをかぶって登場した。

ドキュメンタリー番組でバット容疑者は、重要な場面に登場する。ISが使う旗をロンドンの公園で披露した後、警官と口論する中に、容疑者がいる。

「裏切り者と呼ばれた」

番組にはもう一人、重要人物が登場する。アブ・ハリーマ容疑者は、後に最年少でテロ罪の有罪判決を受けた少年(判決は2015年、2013年の事件当時は14歳)と密接に関わっていたことが判明して以降、治安当局に厳しく監視されてきた。

バット容疑者と「アル・ムハジロン」ネットワークとのつながりは、さらに昔にさかのぼる可能性もある。マンチェスターの反過激主義組織「ラマダン財団」のモハメド・シャフィク氏は、2013年に容疑者に罵倒されたと考えている。別の「アル・ムハジロン」ネットワーク支持者が同年5月22日に、ロンドン南西部で英陸軍兵リー・リグビー氏を殺害した翌日のことだ。

「クラム・バットは私を『ムルタド』と呼んだ。アラビア語で裏切り者の意味だ。テロを支援するなとアンジェム・チャウダリを糾弾した私は、政府の手先だと言うのだ」

「警察がやってきて、アンジェムとバットと他に2人の男が、連れていかれた。バットがテロ攻撃を起こしたことは、何も意外ではない。捜査当局への疑念は深刻だ」

ロンドン東部バーキングの住人エリカ・ガスパリさんはBBCに、バット容疑者と他の男3人が、自分の子供たちを過激思想で洗脳しようとしていたようだと話した。

ガスパリさんはBBC取材チームに、約1年半前に男たちの写真を持ってバーキング警察署へ向かい、相談したのだと話した。

匿名希望の別の男性はBBCに、ロンドン交通局で半年働いていた容疑者が、露出度の高い服装の女性に対して嫌悪感をあらわにしていたと話した。容疑者はこのほかにも、シリアのイスラム聖戦主義をネット上で支持する米国人を支持したため、匿名男性は容疑者の過激思想を心配するあまり、対テロホットラインに連絡したという。

バット容疑者はさらに2015年、「神は投票を禁止している」としてイスラム教徒を威圧する「アル・ムハジロン」ネットワークの運動に参加したようだ。地元のモスク(イスラム礼拝所)で投票が話題に上った際、イマーム(イスラム指導者)の発言をさえぎったため、退出させられた。

捜査対象

では、警察や英情報局保安部(MI5)は何かを見落としたのだろうか。

ロンドン警視庁によると、警察とMI5がバット容疑者に気づいたのは、2015年夏のことだった。しかし、当時何か攻撃を企んでいるという情報は得られていなかった。

その行動に対する懸念が対テロ捜査官たちの知るところになり、捜査が始まった。進行中の捜査は常時、500件以上ある。

捜査に着手した後、過激化を懸念する市民からの通報があった。しかし実際に何かが動いているという手がかりにはつながらなかった。

通報がいつのことで、当時ほかにどういう重要な捜査が進行中だったかは不確かだ。いずれにしろ、バット容疑者の件は最優先だとは認識されず、その名は捜査対象人物の長いリストの下の方に追いやられた。そのため、捜査リソースがバット容疑者にあまり割かれなくなったのが、結果的に問題となった。

もし当時、容疑者の秘密の通信内容を捜査当局が知り得ていたら、優先順位について別の判断につながったのかどうか、今となっては疑問が残る。

(英語記事 London attacker: Khuram Butt showed his extremist colours)


ロンドン・テロで的外れ批判、またやったトランプの思い込み
6/7(水) 12:31配信 Wedge

 ロンドンの中心部で3日起きたテロで英国は「恐怖と怒り」に満ちあふれているが、海の向こうからトランプ大統領がテロ対策に取り組んでいるカーン・ロンドン市長の発言にツイッターでいちゃもんを付けた。これが意味をはき違えた的外れの批判だったため、英国ではトランプ氏に対する反感と嘲笑が巻き起こっている。

因縁の不仲
 トランプ氏はロンドンのテロが起きた後、相次いでツイート。「われわれは賢く、用心深く、そして強くなければならない」と述べ、安全確保のため大統領が求めている「一部イスラム圏からの渡航禁止」の大統領令を裁判所が認めるよう要求した。

 トランプ氏は選挙期間中からイスラム教徒の入国禁止を主張してきており、ここまでは持論を展開しただけで、問題はなかった。しかしその後のツイッターはひどい思い込みによるものだった。

 同氏は「少なくとも7人が死亡し、48人も負傷しているのに、ロンドン市長が警戒する必要がないと言ってるなんて」とカーン市長に噛みついた。しかしこれは、とんでもない的外れの批判。

 市長の発言はBBCとのインタビューでのもの。市長はテロを「臆病で野蛮」と非難した後、テロの結果、「市内に警官や治安部隊が増強されるが、怖がることはない」と市民を安心させることを意図した発言だった。これをトランプ氏は「テロに警戒する必要はないと市長が発言した」と思い込んでツイートしてしまった。

 カーン氏のオフィスは声明を発表し「トランプ氏の故意に誤った情報に基づいたツイートに返答するより、もっとやるべき重要なことがある」と皮肉り、まともに相手にしないという大人の対応を見せた。

 故意かどうかは別にして、トランプ氏の思い込みによる発言や怒りは枚挙にいとまがない。「オバマ前大統領がニューヨークのトランプタワーを盗聴していた」というものから、発生もしていないのに「昨日のスウェーデンでテロ」と言ってみたり、と“妄想”のような発言も多い。

 しかし今回のカーン氏批判には伏線がある。カーン氏は昨年、イスラム教徒として初のロンドン市長に当選した。トランプ大統領が選挙期間中に、イスラム教徒の米入国禁止を主張した際、カーン氏に配慮したのか、同氏は例外と述べた。

 これにカーン氏は「トランプ氏はイスラムに対して無知」と一蹴。トランプ大統領が実際に一部のイスラム教徒の入国禁止を盛り込んだ大統領令を出した時は「恥だ」と反発し、トランプ氏が温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から脱退する決定を下したことをも厳しく非難していた。

 自分への批判には異常なほど敵意を示すトランプ氏が市長の発言に思わず反応したというのが真実かもしれないが、ゴア元副大統領はテロ事件を受けて市民をまとめようとしている市長を批判するような時ではない、とトランプ氏に苦言を呈している。

テロの“新パターン”
 今回のテロを起こした実行犯は治安部隊に50発の銃撃を受け、射殺された。事件後、ロンドン東部で、事件に関与した容疑で11人が拘束された。英紙によると、実行犯の主犯格はパキスタン出身の27歳の移民。妻と子供2人暮らしで、イスラム過激思想の持ち主であることが分かっていた。4日になって過激派組織「イスラム国」(IS)が「ISの兵士集団が実行した」と犯行声明を出した。

 しかし、ISが直接的に指揮していた組織型のテロだったのか、それとも、ISの過激思想に感化されたホーム・グロウン(母国育ち)の一匹オオカミ型テロだったのかなど、動機や背後関係は解明されていない。

 8日に総選挙を控えるメイ英首相はイスラム過激主義を「邪悪な思想」と断じ、英国が過激主義にあまりに寛容だったとして、テロ対策の見直しを大胆に進めることを強調した。テロの刑罰を重くする法改正のほか、若者らが過激主義にネットで影響を受けないようにするため、フェースブックなどとの協力を強化していく考えだ。

同首相によると、英治安当局はここ数年で18件のテロを未然に防ぎ、とくに3月22日の国会議事堂の車暴走テロ以降、5件のテロを阻止したという。注目されたのは、「テロに新しいパターンがある」という首相の指摘だ。

 今回のロンドン橋のテロは最初、3人は車で暴走して歩行者をはね飛ばし、その後、近くの「バラマーケット」で長いナイフを使って無差別に殺傷した。このやり方は3月の車暴走テロと酷似している。この時も犯人は議事堂近くの橋の歩道で観光客らをはね、その後、警官を刺殺している。

 ISの「日常的に入手できる武器を使え」という呼び掛けに応じ、昨年のニースで86人が死亡したトラック暴走、同12月のベルリン・クリスマス市の車突入テロ、ストックホルムの車暴走、と車を使ったテロが続いてきた。テロの“新パターン”は今後も続くと考えた方が良い。

 私たちが欧州に出掛ける時、特にソフトターゲットになる観光地などでは、パリのシャンゼリゼのように歩道と車道に障害物のある道をまずは選んで歩いた方がいいかもしれない。


【ロンドン攻撃】 3人目の容疑者の身元明らかに
6/7(水) 10:46配信 BBC News

958
【ロンドン攻撃】 3人目の容疑者の身元明らかに

ロンドン中心部を襲った3日夜の攻撃について捜査当局は6日、現場で射殺した実行犯3人のうち3人目の氏名を、モロッコ系イタリア人ユセフ・ザグバ容疑者(22)と公表した。

調べによると、クラム・バット容疑者、ラシード・レドゥアン容疑者、ユセフ・ザグバ容疑者の3人は4日夜、ロンドン橋の歩道をワゴン車で暴走した後、飲食店の並ぶバラ・マーケットまで走り、無差別に刃物で襲撃した疑い。事件では7人が死亡し、48人が負傷した。3人は現場で警察に射殺された。

イタリア捜査筋はBBCに対して、ロンドン東部在住だったザグバ容疑者は、監視対象リストに含まれていたと認めた。このリストは英国を含む多数の国の間で共有しているもの。2016年3月には、トルコ・イスタンブールへ向かおうとする同容疑者について、伊ボローニャ空港の当局が渡航を阻止している。携帯電話に、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)関連の資料が記録されていたという。

ISは、今回のロンドン攻撃が自分たちの「戦士」によるものだと後から犯行声明を出している。

ロンドン警視庁によると、バット容疑者は2015年に捜査線上に上がっていたが、今回の攻撃を計画していた情報は得られていなかったという。

調べによると、レドゥアン容疑者は自称モロッコ系リビア人の調理師で、「ラシード・エルクダー」の別名も使っていた。2012年にアイルランドの首都ダブリンで英国人女性と結婚し、ダブリン市内に住んでいた。警察には認識されていなかった。

ロンドン警視庁は、バット容疑者が住んでいたロンドン東部バーキングで、新たに27歳男性を逮捕したと発表した。これまでに事件に関連して同地区で12人が拘束されたが、不起訴で釈放されている。

アイルランドではレドゥアン容疑者に関連して、これまでに2人が拘束され、うち1人はその後釈放された。

バット容疑者は、英チャンネル4製作のイスラム過激主義に関するドキュメンタリー番組に登場していた。服役中のイスラム教指導者アンジェム・チャウダリ受刑者とつながりがあったとされる。

番組では、バット容疑者が道端で警官と口論する様子が撮影されていた。

インターネット上に掲載されている履歴書によると、バット容疑者は経営術で全国職業資格(NVQ)2級を取得していた。ケンタッキー・フライド・チキンの店舗管理などを請け負うイーストハムの企業オーリガ・ホールディングスで、総務の仕事に就いていた。ロンドン交通局によると、昨年10月に退職するまで半年間、利用者応対係の見習いとして働いていた。すでに清算済みの「クール・コスメティクス」という会社の唯一の役員だったこともある。

BBCのドミニク・カシアーニ内務担当編集委員は、バーキング地区では住民2人がバット容疑者について懸念を明らかにしていたと指摘する。一人の男性は2015年に対テロホットラインに通報し、女性は容疑者が自分の子供たちを過激化しようとしていると恐れて地元警察署に相談しにいったという。

捜査対象として優先順位が低かったのは、具体的な攻撃計画に関与しているという情報が得られていなかったからだと、カシアーニ記者は指摘する。

犠牲者は

英国民保健サービス(NHS)イングランドによると、負傷者のうち32人が今でも入院中で、そのうち15人が危篤という。

死亡した7人のうち、これまでに4人の名前が公表された。

オーストラリア出身のカースティ・ボーデンさん(28)はロンドンのガイズ・アンド・セントトマス病院で働くベテラン看護師だった。遺族は、ボーデンさんがロンドン橋で刺された被害者を助けに走って行ったようだと話している。「快活で優しく、思いやり深い」カースティさんをしのび、「カースティーの勇敢な行動を本当に誇りに思っています。あの夜だけでなく一生を通じて、いかに他人思いで優しく勇敢だったか、表しているので」とコメントを発表した。

勤務先の病院は、ボーデンさんが「非常に優れた看護師で、回復治療室の大切なスタッフだった。同僚たちは、担当患者のために常に最善の限りを尽くした『百万人に一人』の優秀な看護師だったと称えている」とコメントした。

豪外務省は7日、さらにもう一人オーストラリア人が亡くなったと発表した。名前はまだ公表されていない。

ロンドン東部ハックニー在住のジェイムズ・マクムランさん(32)の家族は、マクムランさんが3日夜から行方不明で、現場に倒れていた遺体がマクムランさんの銀行カードを所持していたことから、死亡したようだと明らかにした。きょうだいのメリッサさんは、「私たちの苦しみは決して消えません。しかし、私たちを滅ぼそうとする連中に真っ向から反対する形で生き続けるのが大事です。そして、憎しみは心の狭い者が逃げ込むところで、憎しみは憎しみしか生まないと忘れずにいなくてはなりません」とコメント。「あの晩、ジェイムズと一緒にいた友人たちは、彼がいかに優しく思いやり深い友人だったかをみんなに知ってもらいたいと話しています」と述べた。

最初に身元が公表された犠牲者は、カナダ人クリシー・アーチボルドさんだった。欧州に移住するまでホームレス施設で働いていたアーチボルドさんは、婚約者の腕の中でロンドン橋で亡くなった。

フランスのジャン=イブ・ル・ドリアン外相は、フランス人男性が一人死亡したと明らかにした。仏ブルターニュの地元紙は、ノルマンディー出身でロンドン在住のアレクサンドル・ピジェアールさん(27)が首を刺されて死亡したという、同僚の話を伝えている。ノルマンディーの地元紙は、遺族が死亡を確認したという地元首長の話を伝えている。

(英語記事 London attack: Third attacker named as Youssef Zaghba)


<英テロ>実行役「テロリストになる」…昨年の拘束時
6/7(水) 10:34配信 毎日新聞

957
被害者を悼んで花がささげられたロンドン・ブリッジ=イギリス・ロンドンで2017年6月6日、AP

 【ロンドン八田浩輔】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロ事件で、射殺された3人の実行役の一人でモロッコ系イタリア国籍とみられるユセフ・ザグバ容疑者(22)が、昨年イタリアからシリアへの渡航を試みて身柄を拘束された際、伊当局に「テロリストになる」との意思を示していたことが明らかになった。伊当局者の話として複数の欧州メディアが伝えた。

 その後、ザグバ容疑者は英国に入国して犯行に至っており、欧州連合(EU)加盟国間での対テロ情報共有に改めて課題を突きつけた。

 ザグバ容疑者は昨年3月、イタリア北部ボローニャ空港から片道航空券でトルコのイスタンブールに向かう前に拘束された。リュックサック一つで、携帯電話には過激派組織「イスラム国」(IS)に関連した画像や動画が残されていたという。トルコ経由で内戦下のシリアへの入国を目指していた。

 この時、ザグバ容疑者は当局に「テロリストになる」との意思を示したが、証拠不十分で訴追はされなかった。一方、容疑者がモロッコと英国を行き来していたことから、情報は英当局に報告されたほか、EUで犯罪者やテロリスト予備群などの情報を共有する「シェンゲン情報システム」にも登録された。英国は旅券なしに国境を行き来できる「シェンゲン協定」に参加していないが、加盟国とシステムは共有している。

 2015年11月のパリ同時多発テロと16年3月のベルギー同時テロでは、実行グループの拠点がフランスとベルギーにまたがり、両国の情報連携不足が露呈。EUは加盟国の情報照会を容易にするための「テロ対策センター」を新設するなど重要政策の一つと位置付けている。

 英メディアではザグバ容疑者の入国を認めた経緯や、入国後に監視対象としていなかったロンドン警視庁と英情報局保安部(MI5)の対応を疑問視する声を伝えている。


トランプ大統領の英国訪問、中止の理由ない=英外相
6/7(水) 10:26配信 ロイター

[ロンドン 6日 ロイター] - ジョンソン英外相は6日、トランプ米大統領がロンドン中心部の襲撃事件に関するカーン市長の発言を批判したことについて、大統領の英国公式訪問を取り消す理由にはならないと述べた。

メイ首相はトランプ氏の批判について「間違っている」と発言していた。

カーン市長はロンドンでは警官が増えるが怖がる必要はないと市民に呼び掛け。トランプ大統領はこれについてツイッターに「痛々しい言い訳」をしていると投稿した。

ジョンソン外相はBBCラジオのインタビューでトランプ大統領の公式訪問がキャンセルされるかと問われ、「招待状が送られ、受諾された。これを変更する理由はないと考える。ただし、カーン市長がロンドン市民を安心させようとして言ったことに関する限り、市長があのように発言したことは完全に正しいと思う」と答えた。

大統領の公式訪問の日程はまだ決まっていない。


メイ英首相:人権法の改正も辞さない-テロとの戦いで治安強化約束
6/7(水) 9:51配信 Bloomberg

英国のメイ首相は6日、テロと戦うため人権法の改正も辞さない姿勢を示した。8日の総選挙を前に2週間で2回のテロ事件が起きた同国では、治安強化が引き続き大きな争点となっている。

ロンドン近郊スローでの選挙集会でメイ首相は、外国人テロ容疑者の国外強制退去や英社会に脅威だが訴追できない人物の自由を制限する手続きを容易にしたいと発言。「英人権法によってそれができないなら、法を改正してできるようにする。8日に首相として当選すれば、この作業に9日からとりかかる」と述べた。

原題:U.K.’s May Says She’d Rip Up Human Rights Law to Beat Terrorists(抜粋)


ロンドン橋テロ 実行犯の一人 「テロリストになりたい」と告白 イタリアで監視対象 MI5に通知も英国で監視せず
6/7(水) 9:45配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部で起きたテロで、3人の実行犯のうちの一人、モロッコ系イタリア人のユセフ・ザグバ容疑者(22)が昨年3月、イタリア北部ボローニャ空港からトルコ経由でシリアへ渡航しようとしてイタリア当局に拘束され、「テロリストになりたい」と告白していたことが6日分かった。

 ロイター通信などが伝えた。イタリア当局は携帯電話などを押収したが、証拠が不十分で訴追せず釈放した。イタリアでは監視対象とされ、昨年4月、ザグバ容疑者が英国に移った際に英情報局保安部(MI5)に通知していたという。しかしロンドン警視庁は英国の警察やMI5の捜査・監視の対象ではなかったとしている。

 ザグバ容疑者は3月にイタリア当局に拘束されてから、ボローニャの母親宅に3回戻っており、滞在中はイタリア警察当局が監視していた。

 ザグバ容疑者は、モロッコ人の父親とイタリア人の母親との間に生まれ、20歳までモロッコに住んでいた。英国ではロンドン東部に住み、ロンドンのレストランで働いていた。母親は離婚後、イタリアのボローニャに戻ったという。


ロンドン橋テロ、3人目実行犯の身元公表 伊当局も警戒対象
6/7(水) 9:36配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) 英ロンドン中心部のロンドン橋付近で起きたテロ事件で、英警察は7日までに、名前の公表を控えていた3人目の実行犯の身元について、モロッコ系イタリア人のユセフ・ザグバ容疑者(22)と発表した。イタリア警察は、同容疑者が治安当局の警戒対象に挙がっていたとしている。

ザグバ容疑者は昨年3月、トルコ最大都市イスタンブールに向かう便に搭乗しようとしたところを、伊ボローニャ空港で警察に一時拘束されていた。警察は過激主義関連の情報とみられるものを同容疑者の携帯電話内に発見。ただ、逮捕には至らなかった。

イタリアメディアの報道によれば、複数の当局者は、ザグバ容疑者がシリアに向かっていたのではないかとみている。イタリア当局は同容疑者の動向について英当局に注意を促していたという。

ザグバ容疑者がシリア渡航を企てていたとの報道を受け、英当局の襲撃予防策が不十分だった可能性はないか改めて問われそうだ。

ロンドン警察は今回の発表に先立ち、他の襲撃犯の2人のうちクラム・バット容疑者について、非合法イスラム主義組織のメンバーとして警戒対象に挙がっていたことを認めた。複数の情報筋がCNNに明かしたところによれば、英警察と英情報局保安部(MI5)は2015年、この組織に対する大規模摘発の一環として同容疑者への集中捜査を開始していたという。

バット容疑者はまた、英国内の聖戦主義者を扱った昨年のドキュメンタリー番組にも登場していた。

ロンドン警視庁のマーク・ロウリー警視監によれば、バット容疑者が差し迫った脅威を提示しているとの証拠はなかったことから、同容疑者への捜査は優先度が下げられたという。


実行犯の男「テロリストになる」
6/7(水) 9:28配信 ホウドウキョク

956
(写真:ホウドウキョク)

ロンドンで起きたテロ実行犯のイタリア人の男が、2016年、シリアに渡航しようとした疑いで身柄を拘束された際、「テロリストになる」と話していたことがわかった。
ロンドンの警察は6日、3人目の実行犯について、モロッコ系イタリア人のユセフ・ザグバ容疑者(22)と発表し、これで実行犯全員の身元が判明した。
イタリアメディアによると、ザグバ容疑者は2016年3月、トルコを経由してシリアに渡航しようとした疑いで、イタリアの空港で身柄を拘束された。
その際、渡航目的を問われ、「わたしはテロリストになる」と答えたという。
ザグバ容疑者は、証拠不十分で釈放されたが、その後も情報機関がザグバ容疑者を監視し、一連の情報をイギリスの情報機関に伝えたとしている。
しかしイギリスの警察は、ザグバ容疑者について、「当局が関心を持つ人物ではなかった」と発表している。
現場となったロンドン橋のたもとでは、雨の降る中、市民らが花束に向かって黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈った。


過激派阻止のため、人権保護緩める法律改正示唆=英メイ首相
6/7(水) 9:08配信 ロイター

955
 6月6日、英国のメイ首相は、過激派と疑われる人物に関して起訴に十分な証拠のない場合、人権保護規定を緩め国外退去や活動制限をしやすくする可能性を示唆した。ロンドン橋(2017年 ロイター/Marko Djurica)

[スラウ(イングランド) 6日 ロイター] - 英国のメイ首相は6日、過激派と疑われる人物に関して起訴に十分な証拠のない場合、人権保護規定を緩め国外退去や活動制限をしやすくする可能性を示唆した。

首相は過激派の疑いのある人物について、脅威につながるとみなす証拠はあるが起訴に十分な証拠はない場合、警察による移動制限などを可能にする必要があると主張。「わが国の人権法でそれが不可能な場合、可能にすべく法律を改正するだろう」と述べた。

メイ首相は内相時代、自宅軟禁などを可能にする条項「コントロール・オーダー(制限指令)」を削除し、批判を受けたことがある。

首相はこの日の演説で、テロ攻撃で有罪となった場合の懲役を伸ばし、過激派と疑われる外国人については国外退去を容易にすることも主張した。

サン紙とのインタビューでは、テロ行為が疑われる人物を尋問するための拘束時間を最長28日間に延長することを示唆した。

首相は総選挙で与党保守党が勝利した場合、欧州人権条約の批准を2022年まで継続すると約束しているが、この日の発言によると、必要があれば規定を見直す可能性がある。


英総選挙、8日投票…EU離脱やテロ対策争点
6/7(水) 9:02配信 読売新聞

 【ロンドン=角谷志保美】英下院(定数650)の総選挙は、8日に投票が行われ、即日開票される。

 9日早朝(日本時間9日正午~午後)には大勢が判明する見通し。最大の争点は、欧州連合(EU)離脱をめぐる交渉方針だ。メイ首相(保守党党首)は、交渉が本格化する前に政権基盤を固める狙いで、総選挙を大幅に前倒しすることにした。

 選挙期間中には、英中部マンチェスターとロンドンでテロが2件相次ぎ、計29人が犠牲になった。選挙戦の終盤、テロ対策が争点として急浮上する中、保守党が議席数を増やせるかどうか注目される。

 メイ氏が総選挙実施を発表した際、世論調査での最大野党・労働党との支持率の差は約20ポイントあったが、現在は1ケタ台まで縮まっている。


ロンドン橋テロ 凶行9分前にテスト走行 実行犯3人 警備や交通状況確認 監視カメラに記録
6/7(水) 8:51配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部で起きたテロで、パキスタン出身の英国人クラム・バット(27)容疑者ら実行犯3人が犯行に及ぶ約9分前から犯行に使用した白色バンでロンドン橋をテスト走行していたことが6日、ロンドン警視庁が監視カメラ(CCTV)に記録された映像を分析して判明した。ロンドン警視庁はバット容疑者らがロンドン橋周辺の交通状況や警察官の雑踏警備状況などを下調べしたうえで白いバンを走らせ、凶行に及んだとみて裏付けを急いでいる。

 英メディアによると、バット容疑者らがロンドン橋で暴走して歩行者をはねていると通報が入ったのが3日午後10時7分ごろから。ロンドン警視庁でCCTVの映像を解析したところ、バット容疑者ら実行犯3人が同日午後9時58分ごろから犯行に使用した白色バンでロンドン橋の北側から南側まで走らせ、食材市場「バラマーケット」付近で一旦停止してUターン。再びロンドン橋を南側から北側まで戻り、モニュメント駅近くで再度、Uターンさせロンドン橋を南に暴走、通行人をはねたという。


パリ・ノートルダム前で警官襲撃 過激派テロか、容疑者「シリアのため」
6/7(水) 8:38配信 産経新聞

 【ベルリン=宮下日出男】パリ中心部のノートルダム大聖堂前で6日、男が金づちで警備中の警官を襲撃した。一緒にいた別の警官が男に発砲。男は胸を打たれ、病院に搬送された。襲われた警官は首に軽傷を負った。男は犯行時、「これはシリアのためだ」と叫んでおり、当局はイスラム過激派のテロの可能性があるとみて調べている。

 コロン内相によると、容疑者はアルジェリア出身の学生であることを示す身分証を所持し、当局が真偽を調査している。

 仏メディアは容疑者が40歳で、「カリフの戦士だ」とも叫んでいたと伝えた。カリフはイスラム教で預言者の後継者を指し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」はその復活を宣言している。

 事件は午後4時半ごろに発生。容疑者は警備についていた警官3人のうち1人に背後から接近し、襲いかかったという。所持品からは複数のナイフも見つかった。コロン氏は単独犯との見方を示した。

 欧州ではロンドンで車両を暴走させるなどして7人が死亡するテロが発生したばかり。コロン氏は「手の込んだテロから何でも使えるものを使うテロに移り変わっている」と述べた。


ロンドンテロ ネットで過激思想拡散 英政府、規制強化へ
6/7(水) 7:55配信 産経新聞

 ロンドン中心部で起きたテロで、主犯格の男が動画投稿サイト「ユーチューブ」上のイスラム過激思想を扇動する動画を視聴し、感化されて犯行に及んだ疑いが強いことが分かった。英紙タイムズなどが5日報じた。

 メイ首相は、過激思想拡散の温床となっているネットの規制に乗り出す意向を表明した。

 視聴していたとされるのは、クラム・バット容疑者。米国の著名なイスラム過激思想の扇動者の動画をユーチューブ上で繰り返し見ていたという。その後、過去のテロを正当化する発言が増えていったとされる。

 タイムズなどは、過激思想に染まるバット容疑者に不安を抱いた知人が2年前から少なくとも2度、治安当局に通報したが重要視されず、監視などの対策も取られなかったという。

 英国など欧州では、その国で生まれ育った人間が過激思想に染まり実行する「ホームグロウン(自国育ち)」型テロが頻発している。過激主義に走るきっかけにネットを通じた洗脳があるとみられている。

 メイ氏は4日の演説で「過激思想拡散やテロ計画阻止のため、国際社会とサイバー空間の規制で合意しなければならない」と強調し、「国内ではインターネット上の過激主義を抑えるために全力を尽くさなければならない」と述べた。

 フェイスブックは5日、英BBC放送に「過激主義のテロリストの投稿を見つけ次第、いち早く削除するように懸命に取り組んでいる。また誰かの安全を脅かす内容を見つければ、捜査当局に通報している」と答え、グーグルも「ウエブサイトに過激主義者のコンテンツの居場所はない」と回答した。(ロンドン 岡部伸)


ロンドンテロ 主犯格、粗暴な私生活 敬虔なイスラム教徒装い
6/7(水) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】ロンドン中心部で発生したテロ事件の主犯格とされるパキスタン生まれの英国人、クラム・バット容疑者(27)は、熱心なイスラム教徒であるかのような言動とは裏腹に、私生活では粗暴な面が目立ち、周辺住民からは「イスラム教徒とは言い難い」などとその“二重性”が批判されていた。バット容疑者が住んでいたロンドン東部バーキングの住民らの声を拾った。

 「容疑者は最近子供が生まれたばかりだった。長男もまだ小さい。なぜこのような犯行に及ぶことができたのか理解ができない」

 バーキング中心部から徒歩数分の団地で、バット容疑者と面識があるポーランド出身の女性はそう語った。「公園では子供と遊んでくれ、とても親切だった。でも素顔を知っていれば決して彼には近づかなかった」と述べ、顔をこわばらせた。他の住民からも、“良い父親”との印象が聞かれた。

 しかし容疑者の異常性に気付いていた人もいた。

 「彼はイスラム教徒とはいえない」。ケニア出身のナサさん(40)はそう断じる。「彼は赤い乗用車をここに止め大音量で音楽を聴いていた。妻も(イスラム教徒の女性が全身を覆うための)ブルカを着ないことが頻繁にあった。敬虔(けいけん)なイスラム教徒ならそのようなことはしないはずだ」という。

 英メディアによると、バット容疑者は昨年、英国内の過激主義者を特集するドキュメンタリー番組にも登場していた。自身の思想や活動を誇示しようとする強い意欲がうかがえる。

 自宅近くには、バット容疑者が訪れていたというモスク(イスラム教礼拝所)があった。容疑者は礼拝を邪魔する行為を繰り返し、出入りを禁じられていたという。しかしモスクから出てきたイラク出身の男性は「そもそも、男を見たことがない」と証言。他の住民も「礼拝で彼を見かけたことがない」と述べ、バット容疑者が真剣に信仰していたかに疑問を投げかけた。

 ただそれでも、ロンドンのイスラム教徒にとり事件は大きな衝撃となった。

 5日に市中心部で開催された追悼集会。バット容疑者と同じパキスタン出身の参加者、ザヒドさん(26)は「政府はすべての団体の活動実態や教義を調べるべきだ」と主張。問題があれば「(英国から)追放すべきだ」と、思い詰めた表情で語った。


新・英国へ 6・8総選挙 英与党、最終盤で失速 あす総選挙
6/7(水) 7:55配信 産経新聞

 ■公約修正・テロ続発影響

 【ロンドン=岡部伸】英下院(定数650)総選挙が8日投開票される。当初はメイ首相率いる与党・保守党が「地滑り的圧勝」と予想されたが、高齢者の在宅介護負担を盛り込んだ政権公約でつまずき、約3カ月の間に3度のテロを招いたテロ対策にも批判が集中。最終盤に失速し、最大野党・労働党が猛追、想定外の接戦となっている。保守党の過半数割れを予想する世論調査もある。ストラスクライド大学のジョン・カーティス教授は、「メイ氏退陣や政権交代で、欧州連合(EU)との離脱交渉に影響が出る可能性もある」とした。

 移民規制を優先して単一市場から脱退する「強硬離脱」を目指すメイ氏は4月、離脱交渉に向けて国民の信任と政権基盤固めを狙い、前倒し総選挙に踏み切った。

 保守党は労働党に支持率で20ポイント以上上回るとの見方も出ていた。

 風向きが変わったのが政権公約だった。労働党が鉄道、郵便などを再国有化、富裕層への課税強化を打ち出し、大学授業料の無償化など医療や教育の充実を唱えた政策が若者に支持を広げた。

 一方、保守党は高齢者在宅介護の自己負担増を打ち出した公約が不人気で「認知症税」と批判を受けると「負担額に上限を設ける」と修正したため、これを節目に支持が急落した。

 さらにマンチェスターやロンドン中心部でテロが相次いで発生、いずれも治安当局が過激思想の容疑者を把握しながらテロを阻止できなかったことから、労働党は首相就任前に6年間内相を務めたメイ氏の「失態」と攻撃を強めている。

 各世論調査で両党の支持率の差は1~11ポイントと縮小。どの政党も議会の過半数を獲得できない「ハング・パーラメント(中ぶらりんの議会)」も懸念される。

 当初は、事実上の「信任」投票とされる総選挙で「メイ氏は過半数を30議席以上、上回らなければ『敗北』とみなされ、保守党内でメイ降ろしが始まり、離脱交渉で主導権を握れなくなる」(英メディア)との見方も出ている。


ハンマー男が警官襲撃 仏ノートルダム寺院前 「シリアのため」叫ぶ
6/7(水) 7:08配信 AFP=時事

954
フランス首都パリのノートルダム寺院前で、銃を手に警備に当たる警察官ら(2017年6月6日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】フランス・パリ(Paris)中心部にあるノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)前で6日、警官がハンマーを持った男に襲われ、負傷する事件があった。男は別の警官に胸を撃たれ、病院に搬送された。男は襲撃時、「これはシリアのためだ」と叫んでいたとされる。

【写真8枚】ノートルダム寺院前で銃を構える警察官ら

 事件を受け、フランスでも有数の観光地である同寺院周辺は一時パニック状態に陥った。 捜査筋によると、襲撃を受けた警官は首に軽傷を負った。男はその後、自分はイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の「兵士」だと主張したという。

 ジェラール・コロン(Gerard Collomb)内相によると、男はアルジェリア人学生であることを示す身分証明書や、複数の包丁を所持していた。

 英ロンドン(London)では3日にイスラム過激派による襲撃で7人が死亡する事件が起きたばかりで、仏当局は警戒を強めていた。パリでの事件の捜査は、検察の対テロ部門が担当している。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドン襲撃犯、過去にシリア渡航試み拘束 伊当局が英に通報
6/7(水) 5:38配信 AFP=時事

953
英ロンドン警視庁が公開したユセフ・ザグバ容疑者(左)、クラム・シャザド・バット容疑者(中央)、ラシド・レドゥアン容疑者(右)の写真(2017年6月6日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)で起き7人が死亡した襲撃事件の3人目の実行犯と特定されたユセフ・ザグバ(Youssef Zaghba)容疑者(22)について、イタリアの警察当局は6日、昨年シリアに向かう途中で身柄を一時的に拘束し、イスラム過激派の可能性があるとして英国に通報していたことを明らかにした。

 イタリアとモロッコの二重国籍を持っていたザグバ容疑者は昨年3月、伊中部ボローニャ(Bologna)の空港で身柄を拘束された。

 伊警察でテロ対策を担う国家警察統合捜査特別作戦部(ディゴス、DIGOS)は、同容疑者がシリアでイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に加わろうとしていたとみている。

 同容疑者の携帯電話からはISの宣伝動画が見つかったとも伝えられているが、警察の取り調べではテロへの関与を裏付けるだけの証拠が見つからず、訴追には至らなかった。

 ザグバ容疑者はモロッコでの在住期間が長かったものの、近年は英国で就労することもあり、直近ではロンドンの飲食店で働いていた。

 伊当局は英国とモロッコに対し、同容疑者をイスラム過激派の可能性がある人物として通報。だが英当局は、3日にロンドンで起きたような襲撃事件に関与し得る人物とはみなしていなかった。

 ロンドン警視庁(Metropolitan Police、Scotland Yard)は、同容疑者が事件以前には警戒対象になっていなかったことを認め、「警察や情報局保安部(MI5)が関心を寄せる人物ではなかった」と説明している。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドン襲撃容疑者3人目特定、伊関係筋「過去英に通報」
6/7(水) 0:45配信 ロイター

948
 6月6日、ロンドン襲撃事件で、英国警察は6日、射殺した3人目の容疑者の身元を特定した。今回身元が判明したのはユセフ・ザグバ容疑者(22)。ロンドン警視庁提供(2017年 ロイター)

[ロンドン/ローマ 6日 ロイター] - ロンドン襲撃事件で、英国警察は6日、射殺した3人目の容疑者の身元を特定した。

イタリアの捜査関係筋によると、同容疑者が昨年英国に移ってから、危険人物として英当局に通報していたという。

英国警察によると、今回身元が判明したのはユセフ・ザグバ容疑者(22)。イタリアの捜査関係筋によれば、ザグバ容疑者はモロッコ系の父親と、イタリア系の母親を持つ。シリアに渡航する途中で、イスラム過激主義関連の素材の入った電子機器を携行したとして、2016年にボローニャ空港で呼び止められていた。

ザグバ容疑者は人生の大半をモロッコで過ごしたが、ボローニャの母親と会うためイタリアを短期間訪れることもあった。


英テロ犯、モロッコ系も…実行犯3人を警察特定
6/6(火) 23:49配信 読売新聞

952
(写真:読売新聞)

 【ロンドン=井口馨】ロンドン中心部で7人が死亡した3日のテロ事件で、ロンドン警視庁は5日から6日にかけて、警察に射殺された実行犯3人の名前と顔写真を相次いで発表した。

 3人は、パキスタン出身で英国籍のクラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされるラシド・レドゥアン容疑者(30)、モロッコ系でイタリア国籍とされるユセフ・ザグバ容疑者(22)。

 治安当局は主犯格とみているバット容疑者を、要注意人物として把握していたが、今回のテロ計画を察知できておらず、監視態勢に批判が集まる可能性もある。

 バット容疑者はパキスタンから移住し、英国で育ったとされる。同警視庁は2年前から、バット容疑者の内偵を進めていたが、テロに結びつく情報を得ることはできず、警戒レベルを下げていた。


<英テロ>「首謀者」監視対象とせず
6/6(火) 22:00配信 毎日新聞

951
テロの実行犯のクラム・バット容疑者が家族と暮らしていたマンション。発生2日後も警察が立ち入り規制していた=ロンドン東部バーキングで2017年6月5日、八田浩輔撮影

 【ロンドン八田浩輔】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロ事件で、実行役3人のうち首謀者とみられるクラム・バット容疑者について、治安当局は数年前から存在を認識していたが、深刻な脅威ではないとして監視対象とはせず、結果としてテロを阻止できなかった。容疑者の自宅周辺の住民は毎日新聞の取材に、この1年以内で容疑者の様子が急変したと証言。テロの兆候を把握する難しさを浮き彫りにした。

 移民系住民が多く暮らすロンドン東部バーキング。パキスタン出身で英国で育ったバット容疑者が、妻と子供2人と暮らしていたマンションは、事件発生2日後の5日も警察車両が止まったまま、立ち入り規制がしかれていた。

 近くに住む公務員男性(40)によると、容疑者は6~8カ月前、長く伸ばしていたひげを短くし、普段から伝統的なイスラム教徒の衣装を身につけるようになった。「社交的ではなく、近隣とかかわらず家族で孤立して暮らしていた」という。男性が通うモスク(イスラム教礼拝所)で見かけたことはないが、路上駐車を巡って周辺住民とのトラブルが絶えなかった。

 英紙タイムズなどによると、バット容疑者はファストフードチェーンの従業員や公共交通機関のオペレーターとして勤務していた。一方で、ロンドンの地下鉄などで52人が死亡した2005年の同時多発テロで、武装訓練を手伝ったとされる男が経営する格闘ジムで働くなど、過激派ネットワークとの接点も報じられている。

 また容疑者はこのジムや近くの公園で、若者や子供たちに過激派組織「イスラム国」(IS)への参加を勧誘したとして、治安当局に少なくとも2度、通報されていた。英TV「チャンネル4」が昨年1月に放映した英国内のイスラム過激派組織を描いたドキュメンタリー番組では、バット容疑者がISの旗の前でポーズを取る姿が映っていた。

 ロンドン警視庁は15年からバット容疑者について内偵を始めた。だが、当局が関心を持つ3000件近いテロ関連案件の中で優先度は高くなかったという。

 ロンドン警視庁はアイルランド在住のラシド・レドワン容疑者についての情報はなかったという。ロイター通信などによると、レドワン容疑者は英北部スコットランド出身の女性とダブリンで暮らし、数カ月前に英国に渡ったとされる。

 一方、警視庁は5日までに、身柄を拘束していた12人全員を釈放した。


<英テロ>実行3容疑者を特定 国際的つながりか
6/6(火) 21:58配信 毎日新聞

950
(左から)バット容疑者、レドワン容疑者、ザグバ容疑者=いずれもロンドン警視庁提供、AP

 【ロンドン矢野純一】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロ事件で、ロンドン警視庁は6日までに、現場で射殺された実行役3人の身元を確認した。うち2人は外国籍とみられ、テロの背景に国際的な過激派ネットワークが存在していた可能性が出てきた。

 発表によると、3人は▽パキスタン出身で英国籍のクラム・バット容疑者(27)▽モロッコ・リビア系でアイルランド在住のラシド・レドワン容疑者(30)▽モロッコ系でイタリア国籍とみられるユセフ・ザグバ容疑者(22)。

 イタリアメディアによると、ザグバ容疑者は2016年3月、実家のある伊北部ボローニャの空港で、トルコ経由でシリアに入国しようとして一時、身柄を拘束されていた。

 その後、過激派組織「イスラム国」(IS)の外国人戦闘員の疑いがあるとして、伊情報当局が監視対象にしていた。最近、ロンドンで働いていたという情報もある。伊当局は英国に容疑者の情報を伝えていたが、ロンドン警視庁は「情報はなかった」としており、情報の共有がうまくいっていなかった可能性がある。

 ロンドン警視庁はアイルランドやイタリア治安当局などと協力して実行役3人の渡航歴を調べると共に、支援者などネットワークについても捜査している。英紙テレグラフによると、パキスタンの治安当局が5日、イスラマバード南東郊外のバット容疑者の親戚の自宅などを捜索した。


英ロンドン襲撃犯3人目の身元公表 22歳のモロッコ系イタリア人
6/6(火) 21:44配信 AFP=時事

948
ロンドン警視庁が公開したユセフ・ザグバ容疑者の写真(2017年6月6日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英首都ロンドン(London)で3日夜に発生し、7人が死亡、数十人が負傷した襲撃事件で、英警察は6日、実行犯3人のうち、まだ明らかにされていなかった3番目の男の身元を公表した。

【関連写真】英ロンドン襲撃事件の実行犯3人のコンボ写真

 英警察はイタリアメディアの報道を認める形で、この男の名前がモロッコ系イタリア人のユセフ・ザグバ(Youssef Zaghba)容疑者(22)であると発表。また「警察や情報局保安部(MI5)が関心を寄せている人物ではなかった」と明言した。

 これに先立ち複数のイタリアメディアは、伊情報機関が英国およびモロッコの情報機関に対して、ザグバ容疑者が過激派の可能性がある人物だと通知していた報じている。【翻訳編集】 AFPBB News


実行犯3人目はイタリア人=主犯格、05年テロ関係者と接点か―英テロ
6/6(火) 21:13配信 時事通信

 【ロンドン時事】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロ事件で、警察は6日、射殺された実行犯3人のうち、身元が特定されていなかった男をユセフ・ザグバ容疑者(22)と発表した。

 モロッコ系イタリア人とみられ、ロンドン東部に居住していた。警察や情報局保安部(MI5)の警戒対象には入っていなかった。

 一方、6日付のタイムズ紙は、主犯格とみられる英国人クラム・バット容疑者(27)は、52人が犠牲になった2005年のロンドン同時テロの主犯格モハメド・サディク・カーン容疑者の訓練を手伝った人物に協力していたと報じた。バット容疑者は「憎悪の説教師」として知られ、過激派組織「イスラム国」(IS)への支援を呼び掛けて有罪となったイスラム過激組織の元指導者アンジェム・チャウダリー服役囚ともつながりを持っていたという。


トランプ氏、ロンドン市長を繰り返し批判 メイ首相は市長擁護
6/6(火) 20:46配信 産経新聞

 【ワシントン=加納宏幸、ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部で起きたテロ事件を受け、ロンドンのサディク・カーン市長の発言をトランプ米大統領が繰り返し批判している。カーン氏が市民に平静を呼びかけた発言で「意図的に一部を抜き出した」(カーン氏の報道官)かたちだ。

 トランプ氏は4日、ツイッターに「少なくとも7人が死亡し、48人が負傷しているのに、ロンドン市長は『怖がる必要はない』と言った」と書き込んだ。カーン氏は警察の配備強化について「怖がる必要はない」と述べていたが、トランプ氏の投稿は「テロを怖がる必要はない」と主張したと受け止められかねない内容となった。

 米メディアがこの点を指摘すると、トランプ氏は5日、「市長が痛々しい言い訳をしている」と再びツイッターで批判した。

 一方、メイ英首相は5日、「市長は良い働きをしている」とした上で、「これ以外のことを言うのは不当だ」と述べてカーン氏を擁護した。

 カーン氏はイスラム教徒で、トランプ氏が昨年の大統領選でテロ対策のため主張した「イスラム教徒の入国禁止」を批判してきた。


英ロンドン襲撃事件、犠牲者悼み1分間の黙とう
6/6(火) 20:20配信 AFP=時事

947
英ロンドンで、3日に起きた襲撃事件の犠牲者を追悼する1分間の黙とうを、救急隊員らとともに行うサディク・カーン市長(2017年6月6日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)で、3日夜に起きた襲撃事件の犠牲者を追悼する1分間の黙とうが6日、行われた。

 現場となったロンドン橋(London Bridge)では、手向けられた花を取り囲むように人々が集まった。公的機関の建物には半旗が掲げられている。サディク・カーン(Sadiq Khan)ロンドン市長は黙とうの時を、訪れていたロンドン救急サービス(London Ambulance Service)で迎えた。

 事件では男3人がロンドン橋脇の歩道に車を突っ込み、歩行者をはねた後、近くのバラ・マーケット(Borough Market)で飲食店の客を刃物で襲撃。計7人が死亡し、数十人が負傷した。【翻訳編集】 AFPBB News


「婚約者の腕の中で息を引き取った」 ロンドン橋テロ
6/6(火) 20:08配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】ロンドン中心部で発生したテロ事件で、犠牲者の中には外国人も含まれていた。7人の犠牲者のうち最初に身元が確認されたカナダ出身のクリスティン・アーチバルドさん(30)は、歩道を暴走するワゴン車にはねられた。アーチバルドさんは同じカナダ出身の婚約者の腕に抱かれながら息を引き取ったという。カナダメディアが報じた。

 報道によると、アーチバルドさんは婚約者のタイラー・ファーガソンさんとともに昨年、オランダに転居した。週末を過ごすため2人はロンドンを訪れ、ロンドン橋を歩いていたところ、事件に巻き込まれたという。

 ファーガソンさんの親族は、「心肺蘇生など手を尽くしたが、(アーチバルドさんは)彼の腕の中で息を引き取ったようだ」と話した。また「彼の心は粉々に砕け散った」とその心情を代弁した。

 アーチバルドさんは社会福祉関連の学業を終えた後、カナダのホームレス支援施設で働いていたという。オランダで働くファーガソンさんの雇用期間が終了した後、カナダに戻ってともに暮らす予定だったという。


米大統領訪英、ロンドン市長や野党党首から異論-外相は撤回否定
6/6(火) 19:46配信 Bloomberg

トランプ米大統領がロンドンでのテロを巡りカーン市長を批判したことで、年内に予定されている同大統領の公式訪英に異論が噴出している。自由民主党のファロン党首は訪英要請を取り消すべきだと発言。一方、ジョンソン英外相は、撤回の理由はないと述べた。

ジョンソン外相はBBCラジオ4に「訪問は正式に要請し、受け入れられた。撤回する理由は見当たらない」と語った。

トランプ米大統領はテロの数時間後に、市民を安心させようとしたカーン市長の発言を批判。同大統領の批判は、テロを受けてロンドン市内に武装警官が増えるものの警戒する必要はないとの市長発言の一部を切り取り、文脈を取り違えたものだったが、この反論を受けると「哀れな言い訳」だと切り捨てた。

前ロンドン市長でもあるジョンソン外相は、市民を安心させようとしたカーン市長は「完全に正しい」と述べた。メイ首相も5日、カーン市長は「良い仕事をしている」とし、トランプ大統領も含め、そうではないと発言する人々は間違っていると論じた。

メイ首相はトランプ大統領が年内に英国を公式訪問すると述べたが、日程は発表されていない。

カーン市長は5日、トランプ米大統領の政策を理由に訪英中止を呼びかけたが、同大統領のツイートには反応していない。

6日午前にはITVに「トランプ大統領とけんかをしているわけではない」とした上で、同大統領と「踊る気はない。ほかにすることがある。3日から今まで、私の最優先はひどい事件を受けた事後対策に注がれている」と語った。

原題:Johnson Sees No Reason for U.K. to Revoke Trump Invitation (1)(抜粋)


メイ首相が勝利ならテロ防止はさらに困難に-ロンドン市長
6/6(火) 18:50配信 Bloomberg

8日の総選挙で与党・保守党が勝利しメイ首相が計画するロンドン警視庁への予算配分変更を実施すれば、テロ防止はさらに困難になるだろうと、カーン・ロンドン市長が述べた。

カーン市長は3日夜のテロに際した警察官らの「偉大な勇気」をたたえる一方、保守党の予算削減案をメイ首相が実践すればロンドンの警察官は3400-1万2800人減ると警告した。

野党・労働党に所属する同市長は「警察への予算配分方式変更でロンドン警視庁は年間1億8400万ー7億ポンド(約260億-990億円)を失う。保守党案はこれに加えさらに4億ポンドの予算削減を意味する」と電子メールで説明。「このような大規模な予算削減は将来のテロ攻撃防止を困難にする。市長としてこれを座視することはできない」と訴えた。

8日の選挙の焦点として安全保障が大きくクローズアップされてきた。メイ首相は2010-16年の内相時代の警察予算削減を撤回するかどうかを明言していない。

原題:London Mayor Says Terror Will Be Harder to Stop If May Wins Vote(抜粋)


トランプ氏、英テロで的外れな批判…波紋広がる
6/6(火) 17:50配信 読売新聞

 【ワシントン=尾関航也】ロンドンの3日のテロ事件をめぐり、トランプ米大統領がロンドン市長のサディク・カーン氏に見当違いな批判をぶつけ、波紋が広がっている。

 カーン氏はパキスタン系移民家庭の出身で、英首都の市長に選出された初めてのイスラム教徒。テロ後の英BBCのインタビューで「当面の措置として市内の警備を強化するが、大勢の警官の姿を見ても心配する必要はない」と語った。

 トランプ氏は4日、ツイッターに「少なくとも7人死亡、48人負傷だというのにロンドン市長は『心配する理由はない』と言っている」と書き込んだ。カーン氏がイスラム過激派の脅威を過小評価していると批判したものだ。

 米英両国で、イスラム教徒への偏見に基づくものだとして反発が広がると、トランプ氏は5日、再びツイッターで「ロンドン市長のサディク・カーンがばかげた言い訳をしている」と根拠不明の批判を展開した。


ロンドン市長批判で、トランプの訪英反対運動が再燃
6/6(火) 17:20配信 ニューズウィーク日本版

<総選挙直前のメイ英首相に新たな打撃。イスラムに対する悪意が透けて見えるトランプのロンドン市長批判が、テロ直後のイギリスにとってあまりに酷過ぎる、と英政治家も反撃>

ドナルド・トランプ米大統領が1月に出したイスラム差別的な入国禁止の大統領令をきっかけにイギリスで盛り上がったトランプの訪米反対気運が、先週末のロンドンテロをきっかけに再び勢いが増している。

6月3日にロンドン橋でテロが発生した後、トランプはツイッターで、ロンドン市長のサディク・カーンを批判。その理不尽さに怒ったイギリスの大物政治家がテリーザ・メイ首相に対し、トランプの公式訪問招請を取り消すよう求めている。

野党・自由民主党のティム・ファロン党首は、「サディク・カーンは(テロ対応で)威厳とリーダーシップを示した」と述べた。「テリーザ・メイは、トランプ訪英の招待を断固取り消すべきだ。我が国が内省と服喪の時だというのに、トランプはわれわれの国家的価値を侮辱した」

トランプは、ロンドンでテロが発生した数時間後に次のようにツイートした。「(ロンドンでの)テロ攻撃で少なくとも7人が死亡し、48人が負傷したというのに、ロンドン市長は『心配する必要はない』と言っている!」

しかし、これは発言の文脈を無視した誤用だった。市長報道官によれば、カーンは実際には「市内に武装警官が増えるが、心配する必要はない」と言ったのだ。

【参考記事】トランプも黙らせたイスラム教徒、ロンドン新市長の実力

にもかかわらずトランプはその翌日、再びカーン批判のツイートを投稿した。

「ロンドン市長のサディク・カーンは、『心配する必要はない』と発言した後で、病的な言い逃れをした。主流メディアはそれを売り込むのに必死だ!」

こうしたトランプのツイートに対して、英最大野党・労働党の古参議員であるデービッド・ラミーは辛辣なツイートで批判した。

「トランプは軽蔑にも値しない人間だ。単なるトロール(誹謗中傷)だ。メイは勇気を見せて、トランプの公式招待を取り消し、限度を示してほしい」

トランプの息子も同じことをしていた

ラミーの投稿は続く。

「トランプは、テロ攻撃を受けたばかりの同盟国の首都の市長の言葉を誤って引用し、中傷することで、アメリカ政府を貶めている。大統領職を汚し、その振る舞いで歴代大統領の名誉を傷つけている。アメリカという素晴らしい国家とその国民に恥をかかせている」

カーン市長はイスラム教徒。「イスラム教徒だからテロを許したロンドン市長」とでも言わんばかりのレッテル貼りは、イギリスの当事者にとっては無責任極まりない。

奇しくも、と言うべきか、今年3月の英国会議事堂テロの直後には、トランプの長男ドナルト・トランプ・ジュニアが、こうツイートしている。「冗談だよな!? テロ攻撃は大都市の生活の一部と、ロンドン市長のサディク・カーンは言った」

これも、「テロへの備えは生活の一部」と言ったカーンの言葉を誤用したものだった。攻撃の仕方までが父子でこれほど似るとは驚きだ。

【参考記事】テロ直後にトランプの息子がロンドン市長を批判、でもなぜ?
【参考記事】戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

今年2月、英議会の公式ウェブサイトでは、トランプ訪英の中止を求める署名活動が行われ、200万近くの署名が集まった。

これに対し、英政府は次のような声明を出した。「政府は、アメリカ大統領を手厚くもてなすべきだと考える。訪問の日程と詳細が決まり次第、トランプ大統領の訪英を歓迎する」

今回メイは、カーンに対するツイートについて直接のトランプ批判は避けながらこう言った。「サディク・カーンは立派な仕事をしている。それ以外のことを言うのは適切ではない」

6月8日に総選挙を控え、相次ぐテロと労働党の猛追でただでさえ崖っぷちのメイに、トランプの見当違いな横槍がとどめを刺すことにならなければいいが。

(翻訳:ガリレオ)


テロ対策、争点に急浮上
時事通信 6/6(火) 17:00配信

945
英国の下院選が8日に実施される。英国ではこの2カ月半で3度目のテロで、EU離脱問題に加え、テロ対策が急きょ焦点に浮上。メイ首相(写真)のテロ対策の失敗だという批判も強まってきた=4日撮影、ロンドン

2017年6月 5日 (月)

ロンドンでまたテロ・7人死亡、48人が負傷 ISが犯行声明・4

ロンドン中心部のテムズ川に架かるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ、ワゴン車が歩道を暴走して通行人をはねた。その後、車を乗り捨てた男3人は近くの食品市場「バラ・マーケット」で人々を刃物で襲撃した。3人は警官に射殺された。警察はテロ事件と断定、7人が死亡したと発表した。

救急当局によれば、48人が負傷して病院に搬送されたほか、軽傷者が現場で手当てを受けた。在英日本大使館によれば、日本人が巻き込まれたという情報はない。

ロンドン警視庁のディック警視総監は4日の記者会見で、射殺された実行犯3人のほかにも容疑者がいないか捜査を急いでいると述べるとともに、「優先事項は実行犯の詳しい身元や背後関係を調べることだ」と強調した。警察は4日、ロンドン東部で12人を拘束したことを明らかにした。

メイ首相は4日、声明を出し、3月以降国内で相次ぐテロに関し、「邪悪なイスラム過激主義のイデオロギーで結び付いている」と指摘、今回の事件もイスラム過激派の影響を受けたテロとの見方を示した。また、「過激主義に寛容な態度は取らない」とし、警察権限の強化など対テロ戦略の見直しを行うと強調した。8日の総選挙は予定通り実施すると表明した。

ワゴン車は暴走した後、バラ・マーケット近くでガードレールに衝突して止まり、車から降りてきた3人の男が近くのパブなどで客らを無差別に刃物で襲った。英メディアによると、目撃者の1人は「男らは『これはアラー(神)のためだ』と叫んだ」と証言した。駆け付けた武装警官に射殺された男らは自爆ベルトのようなものを身に付けていたが、偽物だった。

ロンドンでは3月22日、国会議事堂付近で男が車を暴走させた後、刃物で警官を刺し、5人が死亡する事件が発生。また、英中部マンチェスターでは5月22日、22人が死亡する自爆テロが発生したばかりだった。

以上、時事通信の報道による。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事

リンク:ユーモアで抵抗、英襲撃からビール片手に逃げる男性が話題に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン、テロ犠牲者の追悼式典 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ対策、争点に急浮上=野党猛追、与党過半数割れも―8日に英総選挙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン市長批判が波紋=トランプ米大統領、英テロ後の発言誤解か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、「入国禁止令」の呼称に固執 司法省の修正を批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米アップル、英国のテロ攻撃捜査に協力した-クックCEO - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ大統領のロンドン市長批判、見当違いを露呈-サマーズ氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:メイ英首相、内相時代の警官人員削減で追及受ける - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:要注意人物と把握、テロ察知できず…英治安当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ米大統領、ロンドン市長を繰り返し批判 テロ事件の発言を意図的に曲解か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英テロ>実行2容疑者を特定 当局「兆候なかった」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ロンドン攻撃】容疑者2人の氏名公表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<英テロ>犠牲者を追悼 「我々は打ち負かす」市長が決意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロ 実行犯2人の氏名公表、拘束の12人釈放 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:襲撃なんかに負けるか! ドライなユーモアで不屈の精神示す英国民 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯2人の氏名公表=英テロ事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英テロ実行犯2人の写真公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンで犠牲者追悼式典 「卑怯な攻撃に屈しない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロ 英国全土で黙とう - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領、英テロ巡りロンドン市長を再「口撃」-「哀れな言い訳」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン橋テロ 実行犯2人の氏名公表 1人は要注意人物として把握も阻止できず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドンテロ主犯格、ネットで過激思想の映像…性格変化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英国6・8総選挙 テロ対策が最大争点に 首相、過激思想根絶へ厳罰化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「テロと断固戦う」 衆参決算委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領、英襲撃で入国禁止令を正当化 ロンドン市長を再批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯2人の氏名公表=治安当局把握も阻止できず―英テロ事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英警察、ロンドン襲撃犯2人の身元公表 1人はパキスタン出身 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロンドン襲撃容疑者2人の身元特定、うち1人過去に捜査対象 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:メイ英首相、トランプ氏のロンドン市長批判は「不当」-市長を擁護 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ米大統領が司法省批判-入国制限、当初案堅持すべきだった - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏「入国制限より厳しく」、最高裁の迅速審理求める - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英テロ犯の1人、パキスタンから移住27歳男か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ、主犯格はパキスタン出身の27歳 イスラム過激派に傾倒か ロンドン東部に居住 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、さらにロンドン市長を批判 英米で非難の声 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ユーモアで抵抗、英襲撃からビール片手に逃げる男性が話題に
6/6(火) 16:20配信 ロイター

[ロンドン 4日 ロイター] - 3日夜に発生したロンドン襲撃事件で撮影された映像。避難する群衆の中に、落ち着いた様子でビールのジョッキを持って逃げる男性の姿が写っている。この男性がいま、事件に対する英国人の抵抗とユーモアの象徴となっている。

この映像は英スカイニュースが放送した。7人が死亡、48人が負傷した襲撃事件で現場の1つとなったロンドン橋から大勢の人が走って避難する中、問題の男性は赤いTシャツを着て友人とのんびり歩いている。

男性の写真はツイッターを通じて瞬く間に拡散し、英国の新聞各紙は抵抗の象徴だと伝えた。男性の身元は分かっていない。

ある学生はツイッターで「ビール片手にテロリストの攻撃から逃げるなんて、まさに英国人魂の象徴だ」と語った。

またロンドンはビールの値段が高いことで有名であることから、「避難するのはいいけれど、このビールは1杯6ポンド(約850円)もしたんだ。これは持っていくぞ」と冗談をつぶやく人もいた。


ロンドン、テロ犠牲者の追悼式典
6/6(火) 16:01配信 ホウドウキョク

946
(写真:ホウドウキョク)

6月3日夜に、ロンドンで起きたテロ事件で、警察は、射殺された3人のうち2人を特定し、写真を公開して情報提供を呼びかけている。
警察が公開したのは、パキスタン生まれのイギリス人、クラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされる、ラシド・レドアン容疑者(30)の2人。
警察は、バット容疑者について、「情報当局が名前を把握していたものの、今回のテロ計画はつかんでいなかった」としている。
また、現地メディアは、「バット容疑者がイスラム過激主義者らとの交流を深めて、過激な思想を身につけ、事件を主導したとみられる」と報じている。
現地警察は5日、事件に関与した疑いでこれまでに拘束していた12人を、関与が認められないとして、全員釈放しているが、引き続き、容疑者の背後関係の捜査を続けている。
一方、ロンドンの市庁舎前では、5日、事件の犠牲者の追悼式典が行われた。
参加者は「毎日ロンドンで働き、橋を渡っているわたしにとって、この街に敬意を示すのは重要なことでした」と話した。
市民など数百人が参加した式典では、カーン・ロンドン市長が「わたしたちの団結と愛は、過激派の憎悪よりも強い」と述べ、テロに屈しない姿勢を示すよう呼びかけた。


テロ対策、争点に急浮上=野党猛追、与党過半数割れも―8日に英総選挙
6/6(火) 15:55配信 時事通信

945
英国の下院選が8日に実施される。英国ではこの2カ月半で3度目のテロで、EU離脱問題に加え、テロ対策が急きょ焦点に浮上。メイ首相(写真)のテロ対策の失敗だという批判も強まってきた=4日撮影、ロンドン

 【ロンドン時事】英国の下院選(定数650)が8日に実施される。

 直前の3日にロンドン中心部で7人が死亡するテロが発生。英国ではこの2カ月半で3度目のテロで、欧州連合(EU)離脱問題に加え、テロ対策が急きょ焦点に浮上した。総選挙実施が決まった4月時点では、与党・保守党の圧勝が予想されていたが、最大野党・労働党の激しい追い上げが続いており、選挙結果は予断を許さない状況となっている。

 調査会社ユーガブによると、支持率は保守党が42%なのに対し、労働党は38%で4ポイント差。同社は6日時点の評価として、保守党が304議席で過半数を割り込み、どの党も過半数を取れない「ハングパーラメント(宙づり議会)」になると判定した。

 一方、同業のICM社は、保守党の支持率が45%で、33%の労働党に対し12ポイントの大幅リードを奪っているとの調査結果を発表。調査会社により見方が割れている。


ロンドン市長批判が波紋=トランプ米大統領、英テロ後の発言誤解か
6/6(火) 14:42配信 時事通信

 【ワシントン時事】英ロンドンでのテロ事件後、トランプ米大統領がツイッターに、カーン・ロンドン市長への批判を繰り返し投稿し、波紋を広げている。

 事件を受けたカーン氏の発言をトランプ氏が誤解したのが発端とみられるが、惨劇に見舞われた市のトップに対する無遠慮な書き込みに、英国側では反発の声が上がっている。

 イスラム教徒初のロンドン市長でもあるカーン氏は、事件後の4日、「市民はしばらく(街頭で警戒に当たる)警官が増えるのを目にするが、怖がる理由はない」と表明した。トランプ氏はこの発言を取り上げ、ツイッターに「少なくとも7人が死亡、48人が負傷したというのに、ロンドン市長は『怖がる理由はない』と言った!」と投稿した。

 トランプ氏はその後、市長発言の背景について説明を受けたとみられるが、誤解をわびるどころか、5日には「カーン市長は自身の発言について慌てて考えざるを得ず、哀れな言い訳をした」と書き込んだ。

 当初は相手にしない姿勢だったカーン氏だが、繰り返される暴言を受け、英BBC放送に「トランプ氏だろうが誰だろうが、われわれの共同体を分断することは許さない」と不快感を表明。自由民主党のファロン党首は「哀悼の時に、われわれの国家的価値を侮辱した」と怒りをあらわにした。


トランプ氏、「入国禁止令」の呼称に固執 司法省の修正を批判
6/6(火) 12:45配信 CNN.co.jp

(CNN) トランプ米大統領は5日、イスラム圏の一部の国からの入国を一時制限する大統領令の呼称について、あくまでも「入国禁止令」だとツイッターで強調した。その上で、司法省は「薄められた政治的に正しいバージョン」を連邦最高裁に送付するべきではなかったとの認識を示した。

同大統領令をめぐっては、複数の下級審が国家安全保障のためとするトランプ氏側の説明を認めず、執行を差し止める判断を下している。これを受けて政権は先週、執行差し止めの解除を求め最高裁に上訴していた。

トランプ氏は大統領候補だった際に、イスラム教徒入国の「全面的かつ完全な停止」を要求。一方、就任後に署名した当該の大統領令について、司法省は裁判所で「入国禁止令」との表現を使わないよう配慮し、「一時停止」もしくは単に「同大統領令」と言及してきた。

今回トランプ氏が、こうした入国禁止令の修正を「政治的な正しさ」(ポリティカル・コレクトネス)にもとづくものだと示唆したことは、同大統領令がイスラム教徒を標的にしたものではないとする政権側の法的主張にとって妨げとなる可能性もある。

トランプ氏は英ロンドンでのテロを受け、入国禁止令は必要だと強調。今回の一連のツイートでも改めてこうした発言を行った。

米東部時間朝6時25分には、「人々や法律家、裁判所は好きに呼べばいい。しかし私は、我々にとって必要な、ありのままの形でそれを呼ぶ。つまり『入国禁止令』だ」とツイート。続けて「司法省は本来の入国禁止令にこだわるべきだった。それなのに、薄められた政治的に正しいバージョンを最高裁に提出してしまった」と付け加えた。

そのうえで「司法省は薄められた入国禁止令の審理を迅速に行うよう最高裁で要求すると同時に、より厳しいバージョンを追求するべきだ」などと述べた。


米アップル、英国のテロ攻撃捜査に協力した-クックCEO
6/6(火) 11:58配信 Bloomberg

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は5日、テロ攻撃を捜査する英当局者に同社が協力していると述べた。また、トランプ米大統領が先週表明した地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの離脱については失望感をあらためて示した。

クック氏はブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで、「法執行のみでなく、テロ攻撃の一部に関してもわれわれは英政府に協力している。詳細については話せない」と述べた上で、「われわれが情報を持ち、当局のプロセスが合法なら、それを単に渡すだけではなく、非常に迅速に提供する」と語った。

英国では3カ月足らずで3回のテロ事件が発生しており、テクノロジー企業には過激派に製品やサービスを利用されないよう求める圧力が強まっている。クック氏はどのテロ事件が同社の協力につながったのか具体的には説明しなかった。アップルの高いプライバシー基準と厳格な暗号化技術は、司法当局から批判されており、同社は昨年、この問題を巡って米連邦捜査局(F BI)と法廷で争った経緯がある。

クックCEOはまた、トランプ大統領に助言する委員会に参加しない理由は、これらグループが「非常に生産的」とは思わないためだとコメント。トランプ氏が表明したパリ協定からの離脱については、「誤った判断だ。米国の最善の利益に合致しない」と指摘した上で、同協定など自身や米国にとって重要な問題に関しては大統領への助言を続ける考えも示した。

原題:Apple Helped U.K. Investigate Terrorist Attacks, CEO Says (1)(抜粋)


トランプ大統領のロンドン市長批判、見当違いを露呈-サマーズ氏
6/6(火) 11:47配信 Bloomberg

サマーズ元米財務長官は5日、ロンドンで3日に起きたテロ事件を巡るカーン同市市長の発言をトランプ大統領が批判したことについて、問題解決に対する大統領の重点の置き方に限界があることを示すものだとの考えを示した。

サマーズ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「ロンドンで人命が失われた中で、大統領はなぜロンドン市長に対する政治的攻撃をホワイトハウスからの発信で最優先したのだろう」と指摘。米国の「問題は解決可能だが、重点を置く必要があるのはその点であり、人格の問題ではない」と語った。

トランプ大統領はツイッターで「テロ攻撃で少なくとも7人が死亡、48人が負傷した状況で、ロンドン市長は『恐れる理由はない』と言っている」とカーン市長を批判。ただ同市長の発言は、3日夜のテロ事件を受けて市内に警官が増えることに言及したものだった。

原題:Trump Criticism of London Mayor Shows Wrong Focus, Summers Says(抜粋)


メイ英首相、内相時代の警官人員削減で追及受ける
6/6(火) 10:49配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) メイ英首相は5日、8日の総選挙に向けた遊説先で、内相時代に警官の人数を2万人以上削減していたことについて記者団から追及を受けた。これに対し、メイ氏は当時、テロ対策関連法を多数導入したと強調。警察の予算も十分に確保されてきたと反論した。

英国では3日、ロンドン中心部のロンドン橋周辺でテロ事件があり、7人の死者が出ている。

最大野党・労働党のコービン党首はこの問題をめぐってメイ氏の退陣を求め、自身が首相に就任した場合は新たに1万人の警官を採用すると約束した。

警察は事件を受け、ロンドン市内の橋の安全対策を強化すると表明。5日には一部の橋に、車道と歩道を隔てるコンクリートのバリケードが設置された。

ロンドンのカーン市長は同日、実行犯らの「卑劣で邪悪」な行為を非難した。イスラム教徒の同氏はまた、「3人の実行犯が私の信仰する宗教を犯行の口実に使っていることに強い憤りを覚える」と述べた。


要注意人物と把握、テロ察知できず…英治安当局
6/6(火) 10:47配信 読売新聞

 【ロンドン=井口馨】ロンドン警視庁は5日、ロンドン中心部で7人が死亡した3日のテロ事件で、警察に射殺された実行犯3人のうち、2人の名前と顔写真を発表した。

 2人は、パキスタン出身で英国籍のクラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされるラシド・レドゥアン容疑者(30)。治安当局はバット容疑者を要注意人物と把握していたが、テロ計画は察知できなかった。

 英ガーディアン紙(電子版)などによると、バット容疑者は子供の時にパキスタンから移住し、英国で育った。インターネットの動画サイトなどを通じて急速にイスラム過激思想に染まったという。同警視庁は2年前から、バット容疑者の内偵を進めていたが、テロ計画に結びつく具体的な情報を得られなかった。


トランプ米大統領、ロンドン市長を繰り返し批判 テロ事件の発言を意図的に曲解か
6/6(火) 10:45配信 産経新聞

 【ワシントン=加納宏幸、ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部で起きたテロ事件を受け、ロンドンのサディク・カーン市長の発言をトランプ米大統領が繰り返し批判している。カーン氏が市民に平静を呼びかけた発言で「意図的に一部を抜き出した」(同氏の報道官)かたちだ。

 トランプ氏は4日、ツイッターに「少なくとも7人が死亡し、48人が負傷しているのに、ロンドン市長は『怖がる必要はない』と言った」と書き込んだ。カーン氏は警察の配備強化について「怖がる必要はない」と述べていたが、トランプ氏の投稿は「テロを怖がる必要はない」と主張したと受け止められかねない内容となった。

 米メディアがこの点を指摘すると、トランプ氏は5日、「市長が痛々しい言い訳をしている」と再びツイッターで批判した。

 一方、メイ英首相は5日、「市長は良い働きをしている」とした上で、「これ以外のことを言うのは不当だ」と述べてカーン氏を擁護した。

 カーン氏はイスラム教徒で、トランプ氏が昨年の大統領選でテロ対策のため主張した「イスラム教徒の入国禁止」を批判してきた。


<英テロ>実行2容疑者を特定 当局「兆候なかった」
6/6(火) 10:39配信 毎日新聞

936
クラム・バット(左)とラシド・レドワン両容疑者=ロンドン警視庁提供、AP 

 【ロンドン矢野純一】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロ事件でロンドン警視庁は5日、現場で射殺された3人の実行役のうち2人の氏名と顔写真を発表した。2人は、モロッコ・リビア系のラシド・レドワン容疑者(30)と、パキスタン生まれで英国籍のクラム・バット容疑者(27)で、ロンドン東部バーキングに住んでいた。事件は国境を越えた広がりをみせている。

 ロイター通信などによると、レドワン容疑者の遺体からアイルランドの身分証が見つかっていた。英北部スコットランド出身の女性(37)とダブリンで暮らしており、数カ月前に英国に渡ったという。

 レドワン容疑者について同警視庁とアイルランドのケニー首相は、テロに関する情報はなかったと明らかにした。バット容疑者については、警察や国内で情報収集活動を行う英情報局保安部(MI5)が把握していたが、「テロを起こす兆候はなかった」として、監視対象にしていなかった。

 しかし、英TV「チャンネル4」が昨年1月に放映した英国内のイスラム過激派組織を描いたドキュメンタリー番組に、バット容疑者が登場し、警官に抗議する姿などが映されていた。

 また、英紙タイムズは、バット容疑者が2005年にロンドンの地下鉄などで起きた同時テロの犯行訓練を手伝ったとされる男が経営するジムで働いていたと報じている。

 英メディアは、バット容疑者が過激な発言をインターネットで発信し、国内外のイスラム教徒を扇動していたとして14年9月に逮捕された英国の著名なイスラム教説教師と接点があったとしている。この説教師のツイッターを、バングラデシュの首都ダッカで昨年7月に起きた日本人7人が犠牲となった人質テロ事件のリーダー役がフォローしていた。

 警視庁は5日までに、身柄を拘束した19~60歳の男女計12人全員を釈放した。


【ロンドン攻撃】容疑者2人の氏名公表
6/6(火) 10:32配信 BBC News

943
【ロンドン攻撃】容疑者2人の氏名公表

ロンドン警視庁は5日、ロンドン中心部を襲った3日夜の攻撃について、現場で射殺した実行犯3人のうち2人の氏名を公表した。

調べによると、パキスタン出身でロンドン・バーキング在住だったクラム・バット容疑者(27)は、以前から英情報局保安部(MI5)と警察に認識されていたが、攻撃計画について情報は得られていなかったという。

もうひとりはバーキング在住のラシード・レドゥアン容疑者(30)で、警察によるとモロッコ系リビア人。レドゥアン容疑者は調理師で、「ラシード・エルクダー」の別名も使っていた。警察には認識されていなかった。

英PA通信は、射殺された時点でレドゥアン容疑者はアイルランド国内発行の身分証明書を所持していたと伝えている。

アイルランドのエンダ・ケニー首相は、アイルランド警察が過激化の疑いで監視している「少人数」にレドゥアン容疑者は含まれていないと述べた。

ロンドン警視庁のマーク・ロウリー警視監は、「もう一人の共犯の身元確認作業を続けている」と述べた。バット容疑者については2年前から捜査していたが、「今回の攻撃が計画されているという情報はなく、捜査の優先順位はそれにもとづき決められていた」と説明した。

「容疑者たちとその関係、他人から協力や支援を受けていたのかを理解するため、捜査を続けている」

2人は現場で警察に射殺された。事件翌日にバーキングで逮捕された12人は全員、不起訴で釈放された。

事件ではロンドン橋の歩道に乗り上げたワゴン車と刃物を持った男3人に攻撃され、7人が死亡し、48人が負傷した。英国民保健サービス(NHS)イングランドによると、負傷者のうち36人が今でも入院中で、そのうち18人が危篤という。

5日夜には、ロンドン橋に近いポッターズフィールド公園で、追悼集会が開かれた。

年上のきょうだいがおり、少なくとも子供が一人いたバット容疑者は、英チャンネル4製作のイスラム過激主義に関するドキュメンタリー番組に登場していた。服役中のイスラム教指導者アンジェム・チョウダリ受刑者とつながりがあったとされる。

番組では、バット容疑者が道端で警官と口論する様子が撮影されていた。

インターネット上に掲載されている履歴書によると、バット容疑者は経営術で全国職業資格(NVQ)2級を取得していた。ケンタッキー・フライド・チキンの店舗管理などを請け負うイーストハムの企業オーリガ・ホールディングスで、総務の仕事に就いていた。ロンドン交通局によると、昨年10月に退職するまで半年間、利用者応対係の見習いとして働いていた。すでに清算済みの「クール・コスメティクス」という会社の唯一の役員だったこともある。

BBCのドミニク・カシアーニ内務担当編集委員は、バーキング地区では住民2人がバット容疑者について懸念を明らかにしていたと指摘する。一人の男性は2015年に対テロホットラインに通報し、女性は容疑者が自分の子供たちを過激化しようとしていると恐れて地元警察署に相談しにいったという。

捜査対象として優先順位が低かったのは、具体的な攻撃計画に関与しているという情報が得られていなかったからだと、カシアーニ記者は指摘する。

(英語記事 Two London attackers named by police)


<英テロ>犠牲者を追悼 「我々は打ち負かす」市長が決意
6/6(火) 10:06配信 毎日新聞

942
ロンドンで起きたテロの犠牲者の追悼に集まった人々=ロンドンのテムズ川沿いの遊歩道で2017年6月5日、AP

 【ロンドン八田浩輔】ロンドン中心部で5日夕(日本時間6日未明)、ロンドン橋周辺で発生したテロ事件の追悼集会が行われた。サディク・カーン市長は「ロンドンは決してテロに壊されない」と述べ、憎悪の感情に流されることなく社会で連帯して立ち向かう決意を示した。

 市庁舎近くのテムズ川沿いの遊歩道は、「すべてに愛を」などと書かれた横断幕や花を持った1000人以上の人々で埋まった。昨年、ロンドンでイスラム教徒として初めて市長に就任したカーン氏は「おぞましい罪を犯した、病んだ邪悪な過激主義者に告ぐ。我々はお前を打ち負かす。お前たちは勝てない」と力強く訴え、聴衆は大きな拍手で応じた。

 友人と共に参加したハリス・カーンさん(24)は「憎悪は我々を分断することはできない」と話した。

 3日夜に発生した事件ではカナダ、フランス出身者を含む7人が死亡。48人がけがをした。ロンドン橋は5日に規制が解除されたが、現場の一つとなった食品市場「バラマーケット」は閉鎖が続いている。

 ロンドンでは今年3月にも国会議事堂近くのウェストミンスター橋でのテロ事件で5人が死亡した。


ロンドン橋テロ 実行犯2人の氏名公表、拘束の12人釈放
6/6(火) 9:59配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) 英ロンドン中心部のロンドン橋付近で起きたテロ事件で、英警察は5日、実行犯3人のうち2人の氏名を公表した。

ロンドン警視庁によると、1人はパキスタン生まれの英国人クラム・シャザド・バット容疑者(27)。警察と情報局保安部(M15)は以前から同容疑者の存在を把握していたが、3日のテロが計画されていることを示す情報はなかったという。

もう1人はラシド・レドゥアン容疑者(30)。「ラシド・エルクダル」とも名乗り、モロッコとリビアの国籍を持つと自称していた。

バット容疑者は昨年10月までの約半年間、ロンドン交通局に勤めていた。地下鉄部門の顧客対応業務の研修生だったという。

バット容疑者はロンドン東部バーキングのモスク(イスラム教礼拝所)をたまに訪れていたことも分かった。モスクによると、同容疑者は数年前、礼拝中の妨害行為で退出を求められたことがあったという。

警察は3人目の身元も特定したが、公表は控えるとしている。実行犯3人は全員、警官に射殺された。

アイルランド対テロ当局からの情報によると、このうち1人はアイルランドとつながりがあった。

事件後の捜索でほかに12人が拘束されたが、ロンドン警視庁は5日、全員を釈放したと述べた。

警察は、事件の背後に大きな組織が関与していたかについて詳しく調べている。5日早朝にはロンドン東部の2カ所を新たに家宅捜索し、大量の証拠を押収した。


襲撃なんかに負けるか! ドライなユーモアで不屈の精神示す英国民
6/6(火) 9:50配信 AFP=時事

941
襲撃事件が起きた英ロンドン橋の南側で犠牲者のために花を手向ける人たち(2017年6月5日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英首都ロンドン(London)で多数の死傷者を出した3日の襲撃事件から数日たち、英国民は苦境に動じない証しとして、ソーシャルメディア上で持ち前のドライなユーモアと不屈の精神を前面に押し出している。

【関連写真】「ISISは負ける。#愛は勝つ」

 この攻撃については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行を認めている。しかしソーシャルネットワークユーザーらは、イスラム過激派の脅威と、インターネットがあおるヒステリー状態に真っ向から立ち向かおうと、「ISが犯行声明」を意味する「#IslamicStateClaims」という皮肉たっぷりのハッシュタグで応戦した。

 あるユーザーは、英BBCの人気料理番組「グレート・ブリティッシュ・ベイク・オフ(The Great British Bake Off)」の同チャンネルでの放送打ち切りといった「凶行」もISの仕業だろうか、と冗談を飛ばした。

 また食品大手ネスレ(Nestle)のチョコレート製品「クオリティストリート(Quality Street)」の箱のサイズが年々明らかに小さくなっていることを示す写真を掲載し、「これもわれわれがやった。#IslamicStateClaims」というコメントを添えた人もいた。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)の「英ロンドン襲撃、マンチェスター(Manchester)爆弾攻撃の衝撃に揺らぐ同国を再び直撃」という真剣な見出しでさえ、「英国人を動揺させるもの」という意味のハッシュタグ「#ThingsThatLeaveBritainReeling」でジョークの種にされた。

 ある人は、第2次世界大戦(World War II)のロンドン大空襲のがれきの中を歩いて牛乳を運ぶ配達員の写真に「違うな、ニューヨーク・タイムズ こういうのが本物の『衝撃』だ。われわれがパニックに陥るのは、紅茶に入れるミルクがない時だ」と書いた。

 さらに、3日夜の攻撃現場から避難する男性が、ビールがまだ半分残ったコップをしっかり握り締めながら走っている写真は、英国が誇る平常心の象徴という見方もある。

 リバプール(Liverpool)の地元紙エコー(Echo)がこの男性を、同市近郊の町マガル(Maghull)のポール・アームストロング(Paul Armstrong)さんと特定。「意外な国民的英雄」と紹介した。

 同紙はアームストロングさんの親戚が書いたというフェイスブック(Facebook)の投稿を引用し、アームストロングさんがビールを手放さなかった理由は「首都ロンドンで買った高い飲み物を無駄にしたくなかったからだ」と明かした。そこには「リバプール辺りの者がロンドン値段でビールを買うとああなる」とも書かれている。

 インターネットユーザーは一様に、アームストロングさんのとっさの行動を温かく受け止めた。「ロンドン橋から逃げる人々に交じって、この人は一滴たりともこぼしていない。英国人に幸あれ!」といったコメントや、「もしビールを残して去ろうものなら、テロリストの勝ちだ。#NeverSurrender(絶対に降伏するな)」といった投稿が寄せられた。【翻訳編集】 AFPBB News


実行犯2人の氏名公表=英テロ事件
時事通信 6/6(火) 9:10配信

938
英警察当局がロンドンのテロ事件の実行犯と見なしているクラム・バット容疑者(左)とラシド・レドゥアン容疑者。治安当局はバット容疑者を要注意人物として把握していたがテロを阻止できなかった=5日に警察が公表


英テロ実行犯2人の写真公開
6/6(火) 9:01配信 ホウドウキョク

940
(写真:ホウドウキョク)

イギリス・ロンドンで起きたテロ事件で、警察は5日、射殺された実行犯3人のうち2人を、27歳と30歳の男と特定し、写真を公開して情報提供を呼びかけている。
警察が公開したのは、パキスタン生まれのイギリス人、クラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされる、ラシド・レドアン容疑者(30)の2人。
警察は、バット容疑者については、情報当局が、名前を把握していたものの、今回のテロ計画はつかんでいなかったとしている。
また、現地メディアは、バット容疑者が、イスラム過激主義者らとの交流を深めて、過激な思想を身につけ、事件を主導したとみられるなどと報じている。
一方、ロンドンの市庁舎前では、テロ事件の犠牲者の追悼式典が行われた。
ロンドン市民は「ロンドンは、わたしの街。毎日、ロンドン橋を通る。敬意を表するのが、わたしにとって重要なこと」と話した。
市民ら数百人が参加した式典では、カーン ロンドン市長が「私たちの団結と愛は、過激派の憎悪よりも強い」と述べ、テロに屈しない姿勢を示すよう呼びかけた。
会場には、半旗が掲げられ、犠牲者を弔う多くの花が手向けられた。


ロンドンで犠牲者追悼式典 「卑怯な攻撃に屈しない」
6/6(火) 8:49配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】ロンドン中心部で起きたテロ事件で犠牲者を追悼するための集会が5日夕、事件現場近くの公園で行われ、数千人の市民が集まった。

 演説したカーン市長は「ロンドンはこの卑怯な攻撃に決して屈しない。忌まわしき犯罪を行った過激主義者に告ぐ。お前たちが勝つことは決してない」と強調。小雨が降る中、集まった市民から拍手が起きた。

 両親がバングラデシュ出身で、自身はロンドン生まれというアミナさん(25)は「ロンドンは多様な民族が暮らす街。今日は団結を示すためにここに来た」と話した。花を手に会場を訪れたリトアニア出身のナガさん(30)は「ロンドンでは3年ほど暮らしている。今日はどうしても犠牲者を追悼したくて訪れた」と語った。


ロンドン橋テロ 英国全土で黙とう
6/6(火) 8:47配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロで、、メイ英首相は6日、英国全土で午前11時(日本時間同午後7時)から1分間、黙とうを行い、テロの犠牲者に哀悼の意を表すると発表した。

 一方、総選挙の投票が8日に迫っており、捜査当局は全土の警備を再強化。メイ政権はこれ以上のテロを絶対に阻止する決意だ。メイ首相は5日、BBC放送に対し、「市民の安全を確保するため、ロンドンの多くの橋を含め追加的な警備措置が取られた」と明らかにした。


米大統領、英テロ巡りロンドン市長を再「口撃」-「哀れな言い訳」
6/6(火) 8:43配信 Bloomberg

トランプ米大統領は5日、英ロンドンのテロ事件を巡りロンドン市長をツイッターで再度批判した。米国にとって最も親しい同盟国の一つである英国との外交関係に支障を来す可能性が出てきた。

トランプ大統領はまず4日朝のツイッター投稿で、「テロ事件で少なくとも7人が死亡、48人が負傷したが、ロンドン市長は『恐れる理由はない』と言っている」と、イスラム教徒のカーン市長を批判。しかし、同市長はテロを受けてロンドン市内に武装警官が増えることについて語っていた。トランプ大統領の「口撃」は5日も続き、「『恐れる理由はない』との文言について考えを巡らさざるを得なくなったカーン・ロンドン市長の哀れな言い訳」だとした上で、主流メディアは「これを喧伝(けんでん)しようと懸命だ」と述べた。

メイ英首相はトランプ大統領の2番目のツイート前に、ロンドン中心部での会見で、「カーン市長は良い働きをしている」とし、「これ以外のことを言うのは不当だ」と語った。

サンダース米大統領副報道官は5日、トランプ大統領は「ロンドン市長にけんかを売る」つもりはなく、「われわれは国家安全保障にもっとコミットすべきだ」と主張しようとしたものだと説明。同副報道官は、大統領がカーン市長の発言の一部を前後の脈略を考慮せずに取り上げたのではないかとの見方も否定したが、その根拠は示さなかった。

原題:Trump Risks Row With U.K. Over Tweet Mocking London Mayor (2)(抜粋)


ロンドン橋テロ 実行犯2人の氏名公表 1人は要注意人物として把握も阻止できず
6/6(火) 8:22配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部のロンドン橋周辺で起きたテロでロンドン警視庁は5日、射殺された実行犯3人のうち2人の容疑者の氏名と顔写真を発表した。このうち1人について英情報局保安部(MI5)など治安当局は要注意人物として把握しながら、深刻な脅威はないとして監視対象から外し、結果的にテロを阻止できなかった。 この2人は、パキスタン生まれの英国人クラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされるラシド・レドゥアン容疑者(30)。

 発表によれば、MI5と警察当局はバット容疑者を要注意人物として把握していたものの、今回のテロ計画を示唆する情報は得ていなかった。結果としてテロを防ぐ調査を進めることはなかった。またレドゥアン容疑者について当局は把握していなかった。2人はロンドン東部に住んでいた。

 ロンドン警視庁は第3の人物の特定を急ぐと共に3人の背後関係解明に全力を挙げた。

 過激派組織「イスラム国」(IS)は系列メディアを通じ、「ロンドンのテロはISが派遣した戦士が行った」と主張した。しかし、ロンドン警視庁のディック警視総監は5日、BBC放送に「(英国で)最近起きたテロはすべて国内に重心がある」と述べ、ISなど海外の過激派組織の直接関与について否定的な見方を示した。


ロンドンテロ主犯格、ネットで過激思想の映像…性格変化
6/6(火) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】ロンドン中心部で3日発生したテロで、ロンドン警視庁が5日までに特定した3容疑者のうち、主犯格はパキスタン出身の27歳の男だった。

 英大衆紙デーリー・ミラーなどが報じたところでは、男は英国育ちで、ロンドン東部の移民街、バーキングの団地に妻と子供2人で居住。通称“アブズ”と呼ばれていた。地下鉄やファストフード店で働いていたが、過激思想の持ち主として地域では知られており、周辺に住む子供たちに公園で過激思想を吹聴するなどの行為もしていたという。

 英メディアによると、不穏な言動が目立ち、礼拝の邪魔をするなどの理由で地元のモスク(イスラム教礼拝所)への出入りを禁止されていた。

 自宅に若いイスラム教徒を招き説教をすることもあったほか、シリアに渡りイスラム過激派に加わる考えを示したこともあったという。

 BBC放送が知人の話として報じたところでは、男はネットで過激思想を広める映像を視聴するようになり性格が変化していった。知人は当局に通報したが、逮捕などには至らなかったという。男は過去に、英国の過激思想を特集するドキュメンタリー番組にも登場し、イスラム過激派の旗に礼拝するようなそぶりを見せていた。

 ロンドン東部はアフリカ系や中東系、南アジア系の移民が多く住み、市中心部と比べ貧困の度合いが高いことで知られる。


英国6・8総選挙 テロ対策が最大争点に 首相、過激思想根絶へ厳罰化
6/6(火) 7:55配信 産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】英ロンドン中心部で発生したテロを受けてメイ首相は4日、過激思想を根絶する「断固とした対策」を講じる方針を表明した。一方、最大野党、労働党のコービン党首は5日、テロにつながる警察官2万人削減を実施したメイ氏は辞任すべきだと述べた。8日の総選挙を控えテロ対策が最大の争点に浮上した。

 メイ氏は3カ月間に3度発生したテロについて、直接的な関連は否定しつつも「邪悪なイスラム過激主義でつながっている」と指摘。「慎重な計画や訓練より、互いの粗雑な手口をまねてテロがテロを引き起こす新潮流の脅威に直面している」とし、インターネット上のイスラム過激主義拡散阻止に向け、国際社会と協力してサイバー規制に取り組むほか、テロ関係の犯罪を厳罰化するなどの対策を講じる方針を表明した。

 英BBC放送は、過激主義者の急増で情報局保安部(MI5)などの監視が行き届かない“グレーゾーン”の不審者を対象に、法規制が強化される可能性があると伝えた。

 メイ氏は昨年7月に首相に就任するまで、警察・情報機関を統括する内相を約6年務め、治安・テロ対策に取り組んできた。

 しかし、中部マンチェスターで5月に発生したテロでは、実行犯が過激化しているとの通報がMI5などに寄せられながら、危険性に乏しいグレーゾーンとして監視対象から外れていたことが判明、批判が集まった。

 一方、コービン党首は4日夜、テロ発生を受けて一時停止した選挙活動を再開した。保守党が緊縮策で2万人の警察官を削減したことについて「安上がりな方法で市民を守ることはできない」と批判。1万人の警察官増員と、「市民を守るため、必要な手段を警察に認める」とも述べ、人権重視のあまりテロ対策には弱腰との批判をかわし、治安対策を重視する姿勢を強調した。


首相「テロと断固戦う」 衆参決算委
6/6(火) 7:55配信 産経新聞

 安倍晋三首相は5日の衆院決算行政監視委員会で、英ロンドンでのテロを受け「何の罪もない市民の平穏な週末への攻撃であり、強い憤りを覚える」と述べた。その上で「テロに対して断固として戦う。先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)でその強い決意をともにした」と強調した。

 トランプ米政権が地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの離脱を表明したことについては「残念だ。引き続き気候変動問題への取り組みの必要性を働きかけ、ともに協力する方法を探求したい」と語った。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に関しては「全会一致で採択されたことを評価する」と述べた。また、憲法9条の改正に関し、「自衛隊違憲の議論の余地をなくすべきだ」と重ねて訴え、「そろそろ各党が(改正)案を出して、国民に決めていただく必要がある」と呼びかけた。

 参院決算委員会では、米国抜きでの環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を協議する11カ国が7月に開く首席交渉官会合について「スピード感を持って、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に向けた議論を前進させたい」と期待を示した。


米大統領、英襲撃で入国禁止令を正当化 ロンドン市長を再批判
6/6(火) 6:56配信 AFP=時事

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は5日、英ロンドン(London)で起きた襲撃事件を引き合いに、一部イスラム圏諸国からの渡航者に対する入国禁止令の復活を要求した。トランプ氏の発言は英国との外交上の摩擦を引き起こすとともに、入国禁止令をめぐる裁判での形勢を危うくしている。

【写真】ロンドン襲撃犯2人の身元、英警察が公表

 トランプ氏は、3日に起きた襲撃の犠牲者7人の埋葬も済まないうちに、サディク・カーン(Sadiq Khan)ロンドン市長に対し、テロの脅威を甘く見ているとする批判を繰り返した。

 カーン市長はロンドン市民に対し、襲撃事件を受けて街に警官の姿が増えるものの心配は無用だと呼び掛けていたが、トランプ氏はこの声明を曲解した上に、カーン氏が「哀れな言い訳」をしていると非難。

「われわれはポリティカル・コレクトネス(偏見や差別を含まない中立的な発言や行動)を守ろうとするのをやめ、国民のために腰を入れて治安の問題に取り組まなければならない。賢くならなければ、状況は悪化するばかりだ」と主張した。

 英当局者らには個人的にロンドンが地元の人が多く、非公式の場ではトランプ氏の言動に対して激しい怒りをあらわにしている。

 また総選挙の投票を8日に控え、トランプ氏に対する非難を表明するよう圧力を受けているテリーザ・メイ(Theresa May)英首相も、カーン氏を弁護。所属政党のライバル関係にもかかわらず、「サディク・カーン氏はよくやっていると思う。それ以外の意見は何であれ誤りだ。彼はよくやっている」と述べた。

 また、連邦裁判所から執行を差し止められた入国禁止令を弁護するためにトランプ氏が展開した強気のツイートも、批判の種となっている。

 ホワイトハウス(White House)は同大統領令が恒久的に無効とされることを防ごうと、この措置は「禁止」ではないと強調。違憲であることが確実視されるような、イスラム教徒を対象としたものでもないとも主張している。

 しかし、トランプ氏は率直に、「大衆も、法律家も、裁判所も、好きなように呼べばいいが、私はこれを、われわれに必要なもの、ありのままのものとして呼んでいる。『入国禁止令』だ!」とツイート。さらに、「わが国の安全を維持するため、われわれは何があっても、米国に入ってくる者たちを調べ尽くす。裁判所はのろまで、政治的だ!」とし、米政界では異例の司法非難を展開した。

 トランプ氏はさらに、自身の入国禁止令を「ずっと強力」にすることを呼び掛けるとともに、この措置をめぐる最高裁判所での「速やかな」審理を要求した。【翻訳編集】 AFPBB News


実行犯2人の氏名公表=治安当局把握も阻止できず―英テロ事件
6/6(火) 5:50配信 時事通信

938
英警察当局がロンドンのテロ事件の実行犯と見なしているクラム・バット容疑者(左)とラシド・レドゥアン容疑者。治安当局はバット容疑者を要注意人物として把握していたがテロを阻止できなかった=5日に警察が公表

 【ロンドン時事】英警察は5日、ロンドン中心部のロンドン橋周辺で7人が死亡したテロ事件で、射殺された実行犯3人のうち2人の氏名と顔写真を発表した。

〔写真特集〕ロンドン橋で車暴走、刃物襲撃も

 2人はパキスタン生まれの英国人クラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされるラシド・レドゥアン容疑者(30)。治安当局はバット容疑者を要注意人物として把握していたが、テロを阻止できなかった。

 発表によれば、バット容疑者は情報局保安部(MI5)と警察に要注意人物として知られていたものの、当局は今回のテロ計画に関する情報は得ていなかった。レドゥアン容疑者は当局に把握されていなかった。2人はロンドン東部に住んでいた。

 英紙ミラー(電子版)は先に、バット容疑者とみられる人物について、主犯格とみられ、子供のころにパキスタンから英国に移住。妻子とロンドンで暮らしていたと伝えていた。

 警察は引き続き、3人の関係や他に協力や支援した者がいないかについて調べを進めている。一方、BBC放送によると、警察はこれまでに拘束した12人全員を釈放した。


英警察、ロンドン襲撃犯2人の身元公表 1人はパキスタン出身
6/6(火) 4:26配信 AFP=時事

937
ロンドン警視庁が公開したクラム・シャザド・バット容疑者(左)とラシド・レドゥアン容疑者の写真(2017年6月5日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】英ロンドン(London)で3日夜に発生した襲撃事件で、同国の警察は5日、実行犯3人のうち2人の身元を公表した。うち1人は治安当局が把握していた人物だったものの、襲撃実行に関する情報は入手していなかったという。

【写真】独ブランデンブルク門が英国旗カラーに、ロンドンの犠牲者追悼

 警察の声明によると、1人目はパキスタン生まれで英国籍を持つクラム・シャザド・バット(Khuram Shazad Butt)容疑者(27)。警察と情報局保安部(MI5)が身元を把握していたが、今回の攻撃が計画されていたことを示唆する情報はなかったとしている。

 バット容疑者は、地元テレビ局チャンネル4(Channel 4)が昨年英国内の過激派をテーマに放送した、「隣のイスラム聖戦士」を意味する「ジハーディスト・ネクスト・ドア(The Jihadist Next Door)」というドキュメンタリー番組で取材を受けていたと、現地メディアは報じている。

 もう1人はラシド・レドゥアン(Rachid Redouane)容疑者(30)で、「モロッコ人とリビア人を自称していた」とされる。ラシド・エルハダル(Rachid Elkhdar)という別名を使用し、年齢を25歳だと詐称していたこともあるという。

 事件をめぐっては、4日に12人が拘束されたものの、これまでに2人が釈放され、現在10人が拘束下にある。【翻訳編集】 AFPBB News


ロンドン襲撃容疑者2人の身元特定、うち1人過去に捜査対象
6/6(火) 4:19配信 ロイター

936
 6月5日、英ロンドン中心部で3日夜に発生した襲撃事件で、同国警察は5日、射殺した容疑者3人のうち2人の身元を特定した。写真左はクラム・シャザド・バット(27)容疑者、右はラシッド・レドゥアン(30)容疑者。提供写真(2017年 ロイター/Metropolitan Police/Handout via REUTERS)

[ロンドン 5日 ロイター] - 英ロンドン中心部で3日夜に発生した襲撃事件で、同国警察は5日、射殺した容疑者3人のうち2人の身元を特定した。うち1人は過去に捜査対象だったという。

地元警察によると、2人はパキスタン出身の英国市民、クラム・シャザド・バット(27)と、モロッコ・リビア系とされるラシッド・レドゥアン(30)の両容疑者。ともにロンドン東部の同じ地区に住んでいた。

クラム・バット容疑者は、警察や英情報局保安部(MI5)に知られていたという。ただ、警察は声明で「今回の襲撃が計画されていることを示す情報が無かった」とした。

警察は、3人目の容疑者について身元特定を急いでいる。

英国では3月にロンドンの国会議事堂付近で起きた襲撃事件に続き、2週間前にはマンチェスターで起きた自爆攻撃で多数の死傷者が出たばかり。

総選挙が8日に控える中、相次ぐ事件を受けて、メイ首相が過去に実施した警官削減を批判する声が強まっている。メイ首相は内相だった2010─2016年に警官を約2万人削減した。

カーン・ロンドン市長は「過去7年でロンドン市の予算が6億ポンド削減され、市は警察署の閉鎖と建物の売却を余儀なくされ、警官数千人を失ったという事実がある」と語った。

警察は、攻撃を準備している、あるいは攻撃を積極的に支援しているとみられる容疑者の警戒にリソースを絞る必要があったと説明している。今回の襲撃の実行犯だったバット容疑者は、警察が最後に捜査した際には最も警戒が必要なカテゴリーに分類されなかったという。

メイ首相は、警官削減に関する記者からの度重なる質問に答えていないものの、テロ対策予算は保全され、警察は必要な捜査力を持っていたと述べた。

野党・労働党のコービン党首は、警官を削減したメイ氏を批判し、首相辞任を求める声に賛同した。


メイ英首相、トランプ氏のロンドン市長批判は「不当」-市長を擁護
6/6(火) 2:01配信 Bloomberg

メイ英首相はトランプ米大統領がロンドンで3日に起きたテロ事件を受けてカーン・ロンドン市長を批判したのは「不当」だと述べた。

メイ首相はロンドンでの記者会見で、同首相の口からトランプ氏を非難するコメントを得ようとする記者団の相次ぐ試みをかわした後、トランプ氏を非難するに至るには何が必要なのかと問われた。ロンドン橋で起きたテロで7人が死亡、数十人が負傷した数時間後、トランプ氏は一連のツイートで公然とカーン市長を批判していた。メイ首相はトランプ氏が地球温暖化対策を国際的に取り決めたパリ協定からの離脱を決定したことにあらためて失望の意を表明、その後最終的にカーン市長の擁護に迫られた。

テロを受けて平静を呼び掛けた同市長を批判したトランプ氏は間違っていたかと質問されると、メイ首相は「カーン市長は良い働きをしている」とし、「これ以外のことを言うのは不当だ」と述べた。

原題:May Condemns Trump’s Attack on Khan as She Backs London Mayor(抜粋)


トランプ米大統領が司法省批判-入国制限、当初案堅持すべきだった
6/6(火) 1:55配信 Bloomberg

コミー前米連邦捜査局(FBI)長官の議会証言をはじめ、トランプ政権の将来を左右しかねない重要イベントが予定されている今週。トランプ大統領は週初早々にツイッター攻撃を開始した。標的は米司法省で、同省が最高裁判所に提起した入国制限措置が大統領の当初案でなく、「政治的に正しい」修正案だったと批判。大統領はロンドンのテロ事件を機会としてとらえ、「はるかに厳しいバージョンを模索するべきだ」と主張した。

トランプ大統領はニューヨーク時間5日午前6時25分にツイート連投を開始。「市民も法律家も裁判所も好きなように呼べばいい。だが私は言う、米国にとって何が必要であり、何が現実なのかを。それは入国禁止措置だ!」と断言。「司法省は骨抜きにしたバージョンではなく、当初案の入国制限措置を最高裁に持ち込むべきだった」と同省を批判した。

さらに「司法省は骨抜きにした入国制限措置について最高裁での優先審理を要請するとともに、はるかに厳しいバージョンを模索するべきだ!」と持論を展開し、「米国の安全を守る助けとするため、何があろうと米国入国者を厳しく検査する。裁判所は鈍重で政治的だ!」と続けた。

移民に対する厳しい姿勢はトランプ氏の大統領選当選を後押しした。だが今のところ政権運営の助けには全くなっていない。ロンドンでテロ事件が起きた直後の週末にはやはりツイートで、同市市長のサディク・カーン氏を「警戒する必要はないなどと言っている!」と非難したが、これは同市長が市民に対し、テロ攻撃の後で警官の姿が増えるが警戒しないでもらいたいと話した発言の一部を切り取ったものだった。

トランプ大統領のツイートに対し、英国の指導者らは激しく反論。英下院議員で労働党所属のデービッド・ラミー氏は「安っぽくて悪意に満ちている。国のリーダーとして似つかわしくもない」とツイッターで応戦した。

原題:Trump’s London Tweets Shock U.K. But Can’t Distract From Comey(抜粋)


トランプ氏「入国制限より厳しく」、最高裁の迅速審理求める
6/6(火) 0:51配信 ロイター

[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、週末に英ロンドン橋周辺で起きた襲撃事件を受けて、一段と厳格な入国制限の実施を求めた。

大統領はツイッターへの投稿で、「司法省は、制限を緩めた、政治的に正しい渡航禁止令ではなく、当初の措置を堅持すべきだった」と指摘。

「司法省は最高裁に対し、制限を緩和した渡航禁止令を巡る審理を迅速に開催するよう要請し、一段と厳しい措置を求めるべきだ!」とした。

トランプ氏が3月、1月の旧大統領令を見直し、新たに発令したイスラム圏6カ国からの入国を制限する大統領令について、これまで下位裁判所は差し止めを命じている。

だが、トランプ政権の法務担当チームは1日遅く、最高裁に即時実施を認めるよう要請した。最高裁がこうした緊急要請を認めることはほとんどない。

またトランプ大統領がツイッターで「渡航禁止令(travel ban)」という表現を使ったことで、訴訟で大統領令は正当と主張する政権の立場を損なうとの見方も出ている。

野党・民主党のベン・カーディン上院議員はCNNに対し、「トランプ氏の弁護士はこれは渡航禁止令ではなく、徹底した審査だとして正当化しようとした」とし、「だが大統領はこれが渡航禁止令だと明確にした」と述べた。


英テロ犯の1人、パキスタンから移住27歳男か
6/5(月) 22:04配信 読売新聞

 【ロンドン=井口馨】ロンドン中心部で7人が死亡した3日のテロ事件に絡み、ロンドン警視庁は5日、ロンドン東部2か所で捜索を実施したと発表した。

 射殺した実行犯3人の身元特定を進め、3人の関係や支援者の有無を調べている。犯行の手口などから、イスラム過激派の思想に感化された人物が関与した可能性が高いとの見方が強まっている。複数の英メディアは実行犯の1人についてパキスタンから移住した27歳の男と伝えた。

 イスラム過激派組織「イスラム国」は4日、系列のアマク通信を通じて犯行声明を出した。

 ロンドン警視庁は4日、ロンドン東部の実行犯のアパートなどを捜索し、19~60歳の女7人、男5人を拘束、すでに釈放した1人を除き、引き続き11人を取り調べている。さらに、同庁は5日の捜索後、新たに複数の人物から事情を聞いた。「早朝に銃声が響いた」との近隣住民の証言もある。


テロ、主犯格はパキスタン出身の27歳 イスラム過激派に傾倒か ロンドン東部に居住
6/5(月) 21:43配信 産経新聞

 【ロンドン=黒川信雄】ロンドン中心部で3日発生したテロで、ロンドン警視庁が5日までに特定した3容疑者のうち、主犯格はパキスタン出身の27歳の男だった。

 英大衆紙デーリー・ミラーなどが報じたところでは、男は英国育ちで、ロンドン東部の移民街、バーキングの団地に妻と子供2人で居住。通称“アブズ”と呼ばれていた。地下鉄やファストフード店で働いていたが、過激思想の持ち主として地域では知られており、周辺に住む子供たちに公園で過激思想を吹聴するなどの行為も行っていたという。

 英メディアによると、不穏な言動が目立ち、礼拝の邪魔をするなどの理由で地元のモスク(イスラム教礼拝所)への出入りを禁止されていた。自宅に若いイスラム教徒を招き説教をすることもあったほか、シリアにわたりイスラム過激派に加わる考えを示したこともあったという。

 BBC放送が知人の話として報じたところでは、男はネットで過激思想を広める映像を視聴するようになり性格が変化していった。知人は当局に通報したが、逮捕などには至らなかったという。男は過去に、英国の過激思想を特集するドキュメンタリー番組にも登場し、イスラム過激派の旗に礼拝するようなそぶりを見せていた。

 ロンドン東部はアフリカ系や中東系、南アジア系の移民が多く住み、市中心部と比べ貧困の度合いが高いことで知られる。


トランプ氏、さらにロンドン市長を批判 英米で非難の声
6/5(月) 20:50配信 BBC News

ロンドン中心部が襲われた3日夜の攻撃をめぐり、ロンドンのサディク・カーン市長が警備強化について「心配する理由はない」と発言したことをドナルド・トランプ米大統領が批判した問題で、市長のスタッフは4日、「もっと大事なことがある」と大統領の批判を一蹴した。トランプ氏はさらに5日にも、市長の説明は「情けない言い訳だ」とツイートで罵倒。これに対して英米両国で大統領を非難する声が上がっている。

7人が死亡し48人が負傷した襲撃の翌朝、カーン市長は「今後数日の間、市内に警官の数が増えるが、心配する理由はない」と発言した。これに対してトランプ氏は4日、警備強化についてのことだという文脈には触れず「テロ攻撃で少なくとも7人死亡48人負傷なのに、ロンドン市長は『心配する理由はない』だなんて言っている!」とツイートした。

これに対して市長のスタッフは、「わざと」「文脈から外れて」意味を曲解した「トランプ氏に答えるよりも大事なこと」を、市長はやらなくてはならないのだと反論。カーン市長の報道官は「市長は警察や救急サービス、政府との連携に忙しい。この恐ろしく卑劣なテロ攻撃への対応を調整し、ロンドン市民とこの街を訪れる人たちにリーダーシップと安心をを提供するため」とコメントした。

しかしトランプ氏はさらに5日、「ロンドン市長サディク・カーンの情けない言い訳だ。『心配する理由はない』発言について大急ぎで説明しなきゃならなかった。主要メディアは一生懸命、市長の言葉を広めてるぞ!」とツイートした。

ロンドン橋近くの公園で5日夜に開かれた事件の追悼式に出席したカーン市長は、米大統領の批判についてBBCに質問され、「我々のコミュニティーを分断したい人たちがいる、分裂をあおることで活気づく人たちがいるのだと、認識しなくてはならない」と答えた。

「私はそうじゃない。私が知るロンドンもそうじゃない。そしてそれが誰だろと、ドナルド・トランプだろうとなんだろうと、自分たちのこのコミュニティーをそういう連中に分断させたりしない」

トランプ氏の一連のツイートには英米両国から、市長発言を歪めた無神経なものだと非難の声が多数上がっている。

英国では複数の政治家が、年内に予定されるトランプ氏の公式訪問の招待を撤回すべきだと主張している。野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、「サディク・カーンはロンドンとこの国を代表して、憎悪に立ち向かう発言をした。それこそがテロリストの勝利を阻止する方法だ。分断を促進するのではなく」とツイートした。野党・自由民主党のティム・ファロン党首は、「テリーザ・メイは公式訪問を中止しなくてはならない。この男は、国が内省し喪に服している時に、我々の国としての価値観を侮辱している」とツイートした。

カーン市長も、トランプ氏の再三の批判の後、「ロンドンの人たちと価値観を共有しない人を、レッドカーペットで歓迎するべきではないと思う」と公式訪問に反対した。

週末にかけてメイ首相は、カーン市長が「良くやっている」と述べるにとどまり、トランプ氏の発言を批判することは避けた。

英国では8日に総選挙が行われる。

トランプ氏の市長批判については、ニューヨークのビル・デブラジオ市長もカーン市長を擁護した。

デブラジオ市長はBBCのニック・ブライアント記者の質問に対して、カーン氏の対応は「まったく正しい」と答え、「ロンドンの人たちを守ろうとしている人を、なぜドナルド・トランプがおとしめようとしているのか、理解できない。まったく理屈に合わない」と述べた。

デブラジオ市長はさらにツイッターで、「サディク・カーン市長は、つらく苦しい時にロンドン市民を支えるため、素晴らしい働きをしている。トランプ大統領の攻撃は、受け入れがたい」と書いた。

全米1400以上の都市の市長からなる全米市長会議も、カーン市長を支持。4日に発表した声明で、「各地の市長が繰り返しそうするように、(カーン市長は)死と破壊のこの危機に際して事態を収め、恐怖を和らげ、ロンドンの人たちを安心させようと取り組んだ」と称えた。

トランプ氏による市長批判には英国の大勢が怒り、市長は市内の警官増加について「心配する理由はない」と言っていたのだとツイッターなどで次々と指摘した。

カーン市長は4日のインタビューでさらに、「我々も警察も最大限の安全を確認する必要がある」、「私はここが世界で最も安全な国際都市の一つだとあらためて自信を持っている」、「しかし最大限の安全確保のため対策を常に進化させ再考する」と話していた。

攻撃の後にトランプ氏は「ロンドンとイギリスに対して、アメリカができることはなんでもやる。一緒にいて支えている」とツイートした。しかしそのほかには、「ポリティカリー・コレクトはもうやめて、本格的に国民を守らなくては」とツイート。さらに、事件後に「銃について議論がないのに気付いてるか?  ナイフとトラックを使ったからだ!」とも書いた。英国は厳しい銃規制を導入している国の一つ。

一連のツイートの後、トランプ氏は前日に引き続き、バージニア州のトランプ・ナショナル・ゴルフ・クラブを訪れた。

カーン市長とトランプ氏は、過去にも何度か衝突している。

昨年5月にロンドン初のムスリム(イスラム教徒)市長となったカーン氏は、大統領候補のトランプ氏がイスラム教徒の入国禁止を表明したことを批判した。

自分が米国を訪問できなくなると発言した市長にトランプ氏が「例外にする」と答えると、市長は「自分がどうなるではなく、友人や家族や世界中の人たちの問題だ」と反論した。

カーン市長はさらに、トランプ氏がイスラム教について「無知」で、米英両国の「安全を損なう」と発言。これに対してトランプ氏は「知能テストをやろう」と反発し、「僕を知らないし会ったこともないのに(中略)何を言われたかは忘れないでおく」と不快感をあらわにしていた。

(英語記事 London attacks: Mayor Sadiq Khan dismisses Trump criticism)

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31