« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・236 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・237 »

2017年10月17日 (火)

航空自衛隊救難ヘリが浜松沖に墜落か 乗員4人が行方不明

17日午後6時ごろ、浜松市から約30キロ南の沖合で、航空自衛隊浜松基地所属のUH60J救難ヘリコプターがレーダーから消えた。航空自衛官4人が乗っていた。小野寺五典防衛相は「墜落したものと考えられる」と述べた。現場からは、「航空自衛隊」と記されたドア部分が見つかった。

事故機は航空救難団浜松救難隊に所属。機長の花房明寛3等空佐(42)のほか、副操縦士や救難員、機上整備員が搭乗していた。事故機は同日午後5時50分ごろ、浜松基地を出発。暗視装置を使って海上の要救助者を捜す「夜間洋上捜索訓練」を行っていたところ、約10分後に消息を絶った。
航空救難団は、災害派遣で活動するほか、自衛隊の航空機で事故が発生した場合には、乗員の捜索に当たる。

自衛隊の航空機をめぐっては、今年に入り事故が続発している。陸自の連絡偵察機LR2は5月15日、北海道の山中で墜落し、乗員4人全員が死亡。8月26日には、海自の哨戒ヘリが青森県の竜飛崎沖に墜落し、乗員4人のうち、3人は行方不明のままとなっている。防衛省は、いずれの事故も機体に不備はなく、人為的なミスが原因だったとしている。

※以上、時事通信の報道を要約。

リンク:航空自衛隊が「もう限界」事故続発、観閲式もぶっつけ本番で!? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:航空幕僚長 重大事故相次ぎ、陳謝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:UH-60Jが浜松沖で墜落か 超過酷な条件下で活動する救難ヘリの役割り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自ヘリ墜落 短時間でトラブルか 靴やヘルメット発見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自ヘリ墜落 難度高い夜間捜索訓練 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墜落ヘリ乗組員の捜索続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自ヘリ不明>複数の部品発見、墜落と断定 浜松基地沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自ヘリ墜落、浜松沖でヘルメットや靴を発見 小野寺五典防衛相「今夜も捜索を継続」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墜落空自ヘリ4人の捜索続く 飛行記録装置も見つからず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自ヘリ墜落 隊員捜索続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自ヘリ不明>4乗員の捜索続く 5分前の交信、異常なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:4人搭乗の空自ヘリ墜落か 浜松沖、洋上に機体残骸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:乗員4人の捜索続く=空自ヘリ墜落―浜松沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自ヘリ不明>夜間の洋上で救助の捜索訓練中 機体消える - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自ヘリ>4人乗り、墜落か 海上に部品浮かぶ 浜松沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:4人乗り空自ヘリ墜落=訓練中、海上で機体一部発見―静岡・浜松 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

航空自衛隊が「もう限界」事故続発、観閲式もぶっつけ本番で!?
10/21(土) 10:00配信 現代ビジネス

「完全なオーバーワークだ」
 航空自衛隊に、何が起きているのか。10月17日夜には、静岡県の浜松基地所属の救難ヘリが海上に墜落。翌18日には、茨城県の百里基地でF4戦闘機の主脚が折れて炎上した。

 こうした状況下で、本稿執筆中の10月20日午後、22日の日曜日に予定されていた、航空観閲式の予行演習が中止されるという情報が筆者の耳に飛び込んできた(その後、HPでも発表。http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/airreview2017/)。

 予行演習とはいえ、「観閲式事前公開」といって、メディア関係者など1万人近くを招待しての大イベントだっただけに、一人一人に電話連絡をして中止を伝えた航空自衛隊の苦労は並大抵のものではなかっただろう。

 中止の第一の理由は、折あしく接近してくる台風21号による「荒天のため」とされている。だが、浜松沖で行方不明になっている隊員もいる中では、天候がよかったとしても同様の判断が下されたかもしれない。

 各パートごとの予行はそれぞれ行われており、29日の本番も予定通り開かれるというが、全体を通しての予行はない。不測の事態に備えるのが自衛隊とはいえ、「ぶっつけ本番」は正常なこととは言えないだろう。

 連日の重大事故の背景には、何があるのか。隊長経験もある幹部パイロットが、重い口を開いてくれた。

 「怖れていたことが現実になってしまった。原因を一言でいえば、完全なオーバーワークだ」

 そもそも航空自衛隊には、「専守防衛のための最低限の装備と人員しかない」のだと、この幹部は話す。

 実際、陸・海・空の自衛隊を見比べてみると、大災害の発生時などに警察・消防と協力関係にある陸自や、海上安全の面で海上保安庁と連携している海自など、陸・海には互いに補完する組織がある。だが日本の空には、航空自衛隊しかない。

 ここ数年で複雑化の度合いを増している東アジア情勢は、そんな航空自衛隊への負担をさらに重いものにしている。今年4月から9月までのスクランブル(緊急発進)の回数は、前年度より減少したとはいえ561回。1日3回(出動1回につき発進する戦闘機は2機だ)以上が、「国籍不明機」に対処している。

 一時期、多かった中国機が減ったかと思えば、今度はロシア機が増えている。しかもこれまでのように周辺国の戦闘機がやってくるだけではなく、特異なケースも増加した。前出の幹部パイロットは、「爆撃機や情報収集機だけでなく、厄介なドローンも加わっている」と話す。

 さらに加えて、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返すようになった。幹部パイロットは、この状態は「もはや平時ではなく有事に当たる」と指摘する。

 目に見える戦争にならなくとも、いざそうなってしまったときのために、異変が起こるたびに準備をするのが実力組織たる自衛隊の役割ではある。そのため、スクランブルにしても北朝鮮の不穏な動きにしても、何かことが起こるたびに、航空機をサポートすための整備など、支援部隊もフル稼働を強いられている。

 敵の動きを察知すためのレーダーサイトや「北朝鮮の弾道ミサイル対処のためPAC3も臨戦態勢にある」と前出の幹部は明かした。全航空自衛官が、これまで経験した事のない状態にあると言っても過言ではない。

高難度の訓練ゆえに起きた事故
 そんなオーバーワークが続く中で、10月17日午後5時50分ごろに航空自衛隊浜松基地を離陸した航空救難団浜松救難隊所属のUH-60J救難ヘリコプターが、約10分後に同基地の南約30kmの遠州灘でレーダーから機影が消えた。

 翌18日には「墜落」と公表されたわけだが、ある救難パイロットは「痛恨の極みだ。人命救助のスペシャリストに何があったのかは、フライトレコーダーを回収しないと真実は不明だ」と肩を落とした。浜松救難隊は約70名で編成されており、スローガンは「必ず帰還する」である。

 混乱の中、18日午前11時50分ごろ、今度は百里基地所属の第302飛行隊所属所属のF-4EJ改戦闘機が、誘導路を走行中に左脚部が折れ、主翼や燃料タンクが誘導路に接触、油圧装置の油や燃料などに引火する事故を起こしてしまった。出火直後、搭乗していたパイロット2名は、かろうじて機体から脱出した。

 これらの事故の主役となってしまった機体を見比べると、それぞれ異なる事情が浮かび上がってくる。

 まずは、UH-60J救難ヘリコプター、通称「ブラックホーク」。アメリカ軍では1978年から運用され、航空自衛隊では1988年度から調達して全国10基地に36機が配備されている。アメリカでも現役であり、比較的新しい機体だ。

 事故機は2015年10月に配備された最新型。空中給油装置を備えている。飛行時間は約440時間と新品同様だ。1機約38億円。

 航空救難団の任務は、自衛隊航空機の搭乗員を救助することを第一義とするが、災害派遣として急患空輸や山岳・海上における遭難者の捜索救助活動にも出動している。

 「救難パイロットは他の航空機とは全く異なり、最も高い技能が要求される。高い技能ゆえに、他の組織(消防・警察など)が対応不可能と判断した案件で『最後の頼みの綱』として希望を託されることも多い」(救難ヘリパイロット)

 実際、航空救難団は、陸上・海上を問わず2600人以上の救助実績を持つ。

 そんな実績あるパイロットたちにとっても、事故発生の午後6時頃は「魔の時間」だと言っていいだろう。パイロットたちは要救助者を捜索を、最終的には目視で行うのだが、日暮れ時、外はすでに暗闇に支配されている。

 そこで彼らは、ヘルメットに装着された暗視装置ごしに海上の様子を覗くことになる。高度や方位は計器に記されるが、「海面ギリギリで飛行すれば、一瞬の狂いで海面に接触してしまうことになる」と救難ヘリのパイロットは指摘する。おそらく今回の事故も、そうした困難な状況での訓練中に発生したと思われる。

機体があまりに古すぎて…
 一方、火を噴いたF-4EJ改戦闘機、通称「ファントム」を見てみよう。こちらも元はアメリカ製で、本国では1960年から使用され、ベトナム戦争も経験しており、導入から57年が経っている。

 アメリカにおいては、現在は全機が退役しており、標的機(ミサイルの的)として無人飛行されているだけだ。

 そのファントムを、航空自衛隊は1974年から配備しており、国内でも運用開始からすでに43年が経った。そもそも、米本国で生産されたF-4Eを日本向けに改修したF-4EJは、1989年、さらなる延命・能力向上のための改修を経てF-4EJ改となり、90機が防空任務に就いた。現在は徐々に退役して、48機が運用されている。

 しかし、「改」となった際の改造の内容は、主に電子装置の更新と、それにともなう兵装システムの向上だ。今回、事故の原因となった脚部の強化・改良はなかったのである。

 もともとファントムは米海軍機でもあり、航空母艦に着艦するときの衝撃に耐えるため、脚周りは頑丈とされていた。だが、40年以上の時を経て、さすがに金属疲労が進んでいたのではないだろうか……。冒頭の幹部パイロットはこう証言する。

 「先進国で、まだファントムを飛ばしているのは日本だけだ。視察に訪れた外国の空軍関係者は一様に驚いている」

 自衛隊機の事故は陸・海・空をあわせてみると、昨年度から数えて10件になる。その他、事故につながりかねない「重大インシデント」も多発するようになっている。

 防衛費に限りはあるが、老朽化している機材の更新も焦眉の急だ。民間ではとうの昔に退役したYS-11のような航空機を、未だに使用しているのは自衛隊だけだという事実が、それを物語っている。

 また人員、とくにパイロットの不足にも、早急に手を打たなくてはならないだろう。一人前のパイロットを養成するには最短で6年、その教育には1億円以上が必要だとされる。

 短期養成の即席パイロットばかりでは制空権が保てず、戦いにすらならないことは、太平洋戦争の経過を見ても明らかだろう。

 自衛隊を巡っては、選挙戦を含め、憲法問題と絡んでかしましく議論されるが、現場からはそれ以前に、切実な悲鳴が上がっている。議論を深めることには大いに賛成だが、まずはともかくもこの窮状に対処するのが、政治の責任ではないだろうか。

伊藤 明弘


航空幕僚長 重大事故相次ぎ、陳謝
10/20(金) 19:22配信 ホウドウキョク

航空自衛隊トップの杉山航空幕僚長は、救難ヘリコプターの墜落や戦闘機の炎上など、航空自衛隊で重大事故が相次いだことについて陳謝した。
杉山航空幕僚長は「行方不明の乗員のご家族の皆さまのご心痛は、いかばかりかと察しております。また、国民の皆さまに多大なご心配をおかけし、心からおわび申し上げます」と述べた。
17日に、静岡・浜松市の沖合で墜落した救難ヘリコプターの乗組員4人の行方は、まだつかめておらず、紀伊半島の海岸線まで範囲を広げて捜索している。
陸海空3つの自衛隊の航空機による事故は、2017年に入ってからだけで、すでに少なくとも10件にのぼっている。
杉山空幕長は、「事故が続いていることを本当に憂慮し、心配をおかけして申し訳なく思っている」と陳謝し、機体の点検や乗組員の教育を徹底する考えを示した。


UH-60Jが浜松沖で墜落か 超過酷な条件下で活動する救難ヘリの役割り
10/19(木) 13:16配信 ホウドウキョク

71
(画像:ホウドウキョク)

航空自衛隊の救難ヘリコプター、UH-60Jが17日浜松沖で洋上訓練中に行方不明となった。
同日夜、捜索にあたった空自機が「航空自衛隊」と印字された機体ドアを洋上で発見しており、小野寺五典防衛大臣は午後10時の会見で「墜落したと判断せざるを得ない」と述べている。

【画像】U-125A救難捜索機

翌18日朝にも海上自衛隊に加え海上保安庁も船を出して捜索を実施した。

勿論、航空自衛隊はU-125A救難捜索機を出して捜索を行っている。
UH-60Jに搭乗していた4人が無事見つかることを心よりお祈りするばかりだ。

無事を祈りつつ、海上自衛隊の救助活動についてここでふれておきたい。
まず、ジェット機であるU-125Aが現場海域周辺に派遣される。

このジェット機はたとえ悪天候や夜間であってもまず遭難現場を絞り込むことが任務となる。
U-125Aは赤外線暗視装置などを使って迅速に遭難現場を特定、さらに援助物資投下機構を装備していて遭難者を救援する。

つづいて特定された現場に急行するのが、救難ヘリコプター、UH-60Jということになる。UH-60Jは精密な航法装置や赤外線センサーを備えており、訓練を積んだ隊員が降下し遭難者の引きあげ救助などを行う。
遭難は悪天候で起こることも多く好天を待ってはいられないので、非常に厳しい条件で飛ぶことが求められることとなり、訓練もそういう状況に備えてのものだっただろう。

重ねて搭乗していた4人の無事をお祈りしたい。

(文責:松島 スタッフ:能勢・北原)


空自ヘリ墜落 短時間でトラブルか 靴やヘルメット発見
10/19(木) 7:55配信 産経新聞

 航空自衛隊浜松基地(浜松市)のUH60J救難ヘリコプターが基地沖合に墜落した事故で、乗員4人の捜索に当たっている空自や海上自衛隊は18日、乗員のヘルメットや靴などを発見した。空自によると、当日の飛行前点検や消息を絶つ5分前の交信内容に異常はなく、短時間に何らかのトラブルが起きたとみられる。

 空自によると、ヘリは17日午後5時51分に浜松基地を離陸。同57分、空自の管制機関と通常のやりとりをしたのが最後の交信となり、緊急事態が起きたことを知らせることがないまま同6時2分、浜松基地の南約30キロの海上でレーダーから消えた。

 また、空自は同日、機長の花房明寛3等空佐(42)以外の3人の氏名を、操縦士の杉本英昭3等空佐(46)▽機上整備員の吉田貴信2等空曹(40)▽救難員の井上雅文3等空曹(32)-と発表した。


空自ヘリ墜落 難度高い夜間捜索訓練
10/19(木) 7:55配信 産経新聞

 UH60J救難ヘリコプターが所属する航空救難団は、救難活動の「最後の砦(とりで)」と呼ばれており、17日も救助が必要な人を捜す夜間洋上捜索訓練を行っている最中に消息を絶った。

 航空救難団の任務を担う救難隊は全国10カ所にある。空自の戦闘機などの航空機が事故を起こした際にパイロットの救助にあたり、洋上・山岳救出や急患搬送など災害派遣も担う。

 UH60Jには厳しい選考と訓練を経た救難員(メディック)が搭乗。現場で救助にあたるメディックは自衛隊随一の精強さを誇る。海保が「海猿」と呼ばれるのに対し、「メディックは『海猿』であり、『山猿』でもある」(空自幹部)。

 平成6年に北アルプスで登山者が滑落した山岳遭難では、天候悪化でヘリが現場に戻れなくなり、メディックが取り残された。メディックは絶望視されたが、登山者を連れ、丸2日かけて下山を果たした。

 夜間の操縦は、計器に頼った手動の操作が必要となる。あるヘリパイロットの自衛官は「難易度が格段に上がる」と指摘している。


墜落ヘリ乗組員の捜索続く
10/18(水) 22:57配信 ホウドウキョク

69
(写真:ホウドウキョク)

静岡・浜松市の沖合に墜落した、航空自衛隊の救難ヘリコプターの捜索活動が18日も続く中、隊員の装備品などが新たに見つかったものの、乗組員の救助には至っていない。
小野寺防衛相は「事故が続いており、大変ご心配をおかけしております」と述べた。
これまでの捜索で、現場付近の海上から、航空隊員が身につける左足用の靴のほか、空中給油用の装置などが新たに見つかった。
小野寺防衛相は、引き続き、自衛隊と海上保安庁の艦船11隻、航空機14機の態勢で、4人の乗組員の捜索を夜通し行う考え。


<空自ヘリ不明>複数の部品発見、墜落と断定 浜松基地沖
10/18(水) 19:25配信 毎日新聞

 航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)所属のUH60J救難ヘリコプターが同基地沖で消息を絶った事故で、空自などは周辺海域で乗員のものとみられるヘルメットや、ヘリのものとみられるドアや回転翼など複数の部品を発見した。防衛省はヘリが墜落したと断定し、乗員4人の捜索を続けている。

 空自によると、ヘリに乗っていたのはいずれも空自隊員で、機長の花房明寛3佐(42)▽操縦士、杉本英昭3佐(46)▽機上整備員、吉田貴信2曹(40)▽救難員、井上雅文3曹(32)。

 空自によると、墜落したヘリは17日午後5時51分に夜間の洋上捜索訓練のため浜松基地を離陸し、同6時2分にレーダーから消えた。約5分前の最後の交信ではトラブルを示すやりとりはなく、突然墜落したとみられる。同機は2015年10月に配備され、今年8月の定期点検や、事故直前の飛行前点検では異常は確認されなかったという。

 空自などが現場周辺の海域を捜索した結果、18日までに「航空自衛隊」と書かれたドアや燃料タンク、乗員のものとみられるブーツなども見つかった。空自は事故機を含めUH60Jを37機保有しており、原因究明を進めている。【前谷宏】


空自ヘリ墜落、浜松沖でヘルメットや靴を発見 小野寺五典防衛相「今夜も捜索を継続」
10/18(水) 18:49配信 産経新聞

 航空自衛隊浜松基地(浜松市)のUH60J救難ヘリコプターが基地沖合に墜落した事故で、乗員4人の捜索に当たっている空自や海上自衛隊は18日、乗員のヘルメットや靴などを発見した。小野寺五典防衛相は同日、防衛省で記者団に「今夜も夜間を徹して捜索活動を継続する予定となっている」と説明した。

 捜索活動には海空自衛隊のほか、海上保安庁の巡視船も協力している。小野寺氏は「航空機に関しては入れ替えて常に飛ばしている状況だ。海自艦艇も捜索を続けてくれている」と述べた。


墜落空自ヘリ4人の捜索続く 飛行記録装置も見つからず
10/18(水) 17:25配信 産経新聞

66
航空自衛隊のUH60J救難ヘリ=平成25年10月、秋田市の空自秋田分屯基地(渡辺浩撮影)(写真:産経新聞)

 航空自衛隊浜松基地(浜松市)のUH60J救難ヘリコプターが基地沖合に墜落した事故で、自衛隊や海上保安庁は18日午後も、現場海域で行方が分からなくなっている乗員4人の捜索を続けた。海面に浮上し、位置情報を知らせる仕組みになっているフライトレコーダー(飛行記録装置)も見つかっておらず、発見を急ぐ。

 空自によると、空と海上から捜索しているが、部品や乗員のものとみられるヘルメットなどが見つかった以外に手掛かりは得られていない。現場周辺の水深は700メートルほどと深くなっている。


空自ヘリ墜落 隊員捜索続く
10/18(水) 15:44配信 ホウドウキョク

航空自衛隊のヘリコプターが墜落した静岡・浜松市の沖合の現場周辺からは、複数の部品が見つかっていて、隊員4人の捜索が、懸命に続けられている。
18日朝は、ヘリが墜落したとみられる場所を中心に捜索が行われていたが、昼ごろは、かなりの広範囲にわたって、懸命な捜索が続けられている。
17日午後6時ごろ、航空自衛隊・浜松基地のヘリコプターが、浜松市の南およそ31kmの沖合で、レーダーから消えた。
消息を絶ったのは、浜松救難隊の「UH-60J」で、隊員4人が乗って夜間訓練をしていて、離陸から10分ほどで墜落したとみられている。
これまでに、「航空自衛隊」と書かれたドアやタイヤなどが見つかっていて、航空機4機と11隻の船が、懸命の捜索を続けている。


<空自ヘリ不明>4乗員の捜索続く 5分前の交信、異常なし
10/18(水) 10:55配信 毎日新聞

 航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)所属のUH60J救難ヘリコプターが同基地南の太平洋に墜落した事故で、空自などは事故から一夜明けた18日、ヘリの部品などが見つかった周辺海域で機長の花房明寛3等空佐(42)ら乗員4人の捜索を続けた。ヘリはレーダーから消える約5分前の最後の交信でもトラブルを示すようなやり取りはしておらず、空自は突然トラブルが発生した可能性が高いとみて、事故調査委員会で詳しい原因を究明する。

 空自によると、18日は未明から空自の救難捜索機や救難ヘリのほか、海上自衛隊の艦艇や海上保安庁の巡視船など計11隻も加わり、ヘリの後部回転翼やドアなどとみられる部品が見つかった海域で捜索や部品の回収を続けている。新たに乗員のものとみられるヘルメット3個が見つかった。

 墜落したヘリは17日午後5時51分、夜間の洋上捜索訓練のために浜松基地を離陸。同57分に空自の管制機関と最後の交信を行った際は緊急性を示すような会話はなく、同6時2分に浜松基地の南約31キロ地点でレーダーから消えた。空自は事故機を含め同型機を計37機保有しており、事故後は訓練を自粛している。【前谷宏】


4人搭乗の空自ヘリ墜落か 浜松沖、洋上に機体残骸
10/18(水) 7:55配信 産経新聞

 17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市)所属のUH60J救難ヘリコプター=機長・花房明寛3等空佐(42)=の機影が、同基地から南31キロの海域で消失した。空自が発表した。捜索に当たった空自機が「航空自衛隊」と印字された機体ドアを洋上で発見しており、小野寺五典防衛相は同日夜、防衛省で記者団に「墜落したと判断せざるを得ない」と述べた。

 レーダーから消失したUH60は夜間捜索訓練中で、花房機長と副操縦士、機上整備員、救難員の計4人が乗っていた。レーダー消失直前の交信で緊急を知らせる内容や救難信号はなかったという。自衛隊は空自機や海自艦艇を現場海域に派遣し、捜索活動を行う。

 同機は同日午後5時51分に浜松基地を離陸。夜間暗視装置を装備しており、離陸当時の天候は曇りで視界は約10キロメートルだった。

 機体ドアが発見されたのは同日午後8時半ごろ。現場周辺海域ではこのほか、担架、タイヤ、燃料タンクのようなものも見つかっている。担架に人影はないという。海上保安庁の巡視船、民間船舶も捜索に協力した。

 小野寺防衛相は衆院選応援演説のため訪れていた東京都練馬区から急遽(きゅうきょ)、防衛省に戻り、捜索状況などについて報告を受けた。


乗員4人の捜索続く=空自ヘリ墜落―浜松沖
10/18(水) 5:24配信 時事通信

 航空自衛隊浜松基地所属の救難ヘリコプターが浜松市沖合で墜落した事故で、自衛隊などは18日も、付近の海岸線など範囲を広げ、行方不明となっている乗員4人の捜索を続けた。

 海面で発見された部品などを順次回収したほか、水中に沈んだとみられる機体の引き揚げも検討する。

 17日の事故発生から、空自の航空機などが夜を徹して捜索。海自の護衛艦や海上保安庁の巡視船なども現場へ急行した。現場付近の洋上では新たに、乗員のヘルメットが3個見つかったという。

 空自は同日夜、事故調査委員会による現地調査を開始した。飛行前や8月末に行った定期の点検で、事故機に異常は無かったという。空自は救難など任務中の機体を除き、同型機の飛行を自粛している。

 事故は17日午後6時ごろ、浜松基地から南約30キロの沖合で発生。要救助者を捜す夜間の捜索訓練のため海上を飛行していたUH60J救難ヘリが、同基地を離陸した約10分後にレーダーから消え、連絡が途絶えた。

 捜索を行った空自の航空機は同日夜、現場付近の海面で「航空自衛隊」と書かれた機体のドアや燃料タンク、タイヤなどを相次いで発見。小野寺五典防衛相は「墜落したものと考えられる」と語った。

 空自によると、事故機から救難信号の発信は確認されなかった。乗員と空自の管制機関との交信にも、緊急事態を示すような内容はなかったという。


<空自ヘリ不明>夜間の洋上で救助の捜索訓練中 機体消える
10/17(火) 21:47配信 毎日新聞

61
航空自衛隊の救難ヘリコプターUH60J=航空自衛隊のホームページから

 ◇防衛省は墜落断定 浜松基地南31キロの太平洋上 乗員4人

 17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)の南約31キロの太平洋上で、同基地所属のUH60J救難ヘリコプターが訓練中にレーダーから消えた。周辺の洋上でヘリの扉などとみられる複数の部品が見つかり、防衛省は墜落したと断定。機長の花房明寛3等空佐(42)ら乗っていた4人の隊員を捜している。

 空自によると、UH60Jは同基地の浜松救難隊所属。レーダーから消える10分ほど前の17日午後5時50分ごろに基地を飛び立ち、暗視装置を使って洋上で要救助者を捜索する訓練をしていた。機長の他、副操縦士や整備員らが乗っていたが、直前の交信で緊急を要するやり取りはなく、救難信号も確認されていない。天候は曇り、視界は良好だったという。

 空自は同6時40分ごろから別の救難ヘリや捜索機で周辺海域を捜索し、同8時25分ごろに「航空自衛隊」と書かれたドアを見つけたほか、燃料タンクやタイヤ、ストレッチャーなどヘリの部品や搭載品とみられるものを洋上で確認した。

 UH60Jは米国製の救難ヘリ「ブラック・ホーク」の改造型で、1988年度から調達が始まった。全長15・6メートル、幅5・4メートル。救助者を捜索するための赤外線暗視装置や気象レーダーなどを備え、航続距離が最大約1300キロと長いのが特徴。5人が搭乗できる。

 自衛隊では今年、大きな航空機事故が相次いでいる。5月に北海道の山中に陸自の連絡偵察機が墜落して乗員4人が死亡。8月には海自岩国航空基地(山口県岩国市)で輸送ヘリが横転して4人が負傷したほか、青森県沖で海自の哨戒ヘリが墜落し、1人は救助されたものの3人が行方不明になっている。

 17日夜、防衛省で報道陣の取材に応じた小野寺五典防衛相は「一番大切な安全を確保した上で訓練や任務を行うことを肝に銘じるべきだ。事故が続いており、しっかり(気を)引き締めて対応しなければならない」と話した。【前谷宏】


<空自ヘリ>4人乗り、墜落か 海上に部品浮かぶ 浜松沖
10/17(火) 19:54配信 毎日新聞

60
航空自衛隊の救難ヘリコプターUH60J=航空自衛隊ホームページから

 17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)の南約31キロの太平洋上で、同基地所属のUH60J救難ヘリコプター(乗員4人)が訓練中にレーダーから消えた。空自の救難機などが周辺海域を捜索したところ、洋上に航空機の部品のようなものが浮いているのが確認された。ヘリは夜間の救難訓練をしていたといい、空自が乗っていた隊員の捜索を続けている。【前谷宏】


4人乗り空自ヘリ墜落=訓練中、海上で機体一部発見―静岡・浜松
10/17(火) 19:25配信 時事通信

59
墜落した航空自衛隊浜松基地のヘリコプター「UH60J」=8月4日、静岡市

 17日午後6時ごろ、浜松市から約30キロ南の沖合で、航空自衛隊浜松基地所属のUH60J救難ヘリコプターがレーダーから消えた。

 航空自衛官4人が乗っていた。海上で機体の一部が発見されたことから、小野寺五典防衛相は記者団に「墜落したものと考えられる」と述べた。

 現場からは、「航空自衛隊」と記されたドア部分が見つかった。救助活動に使うストレッチャーや燃料タンクなどもあったという。

 空自によると、事故機は航空救難団浜松救難隊に所属。機長の花房明寛3等空佐(42)のほか、副操縦士や救難員、機上整備員が搭乗していた。空自ヘリなどが乗員の捜索に当たっているほか、海保の巡視船なども救助に向かった。

 事故機は同日午後5時50分ごろ、浜松基地を出発。暗視装置を使って海上の要救助者を捜す「夜間洋上捜索訓練」を行っていたところ、約10分後に消息を絶った。機内で切迫したやりとりなどは確認されていないという。

 航空救難団は、災害派遣で活動するほか、自衛隊の航空機で事故が発生した場合には、乗員の捜索に当たる。

 自衛隊の航空機をめぐっては、今年に入り事故が続発している。陸自の連絡偵察機LR2は5月15日、北海道の山中で墜落し、乗員4人全員が死亡。8月26日には、海自の哨戒ヘリが青森県の竜飛崎沖に墜落し、乗員4人のうち、3人は行方不明のままとなっている。防衛省は、いずれの事故も機体に不備はなく、人為的なミスが原因だったとしている。

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・236 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・237 »

ニュース」カテゴリの記事

システム・技術・産業」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 航空自衛隊救難ヘリが浜松沖に墜落か 乗員4人が行方不明:

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・236 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・237 »