« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・171 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・173 »

2017年9月 3日 (日)

北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・172

去る1月6日に核実験を行なった残虐な中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が、今度は長距離弾道ミサイル発射実験の準備を進めていたが、ついに7日9時31分に発射した。

政府は7日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開き、国民の安全確保に万全を期すとともに、米韓などと緊密に連携し、北朝鮮に厳しく対応していく方針を確認した。
NSCで首相は、「米国や韓国など関係国と連携し、必要な対応を適時適切に行う」よう求めた。また、首相は関係省庁に対し、(1)落下物などによる被害がないかの確認(2)情報収集・分析の徹底(3)関係国との連携―を指示した。

安倍晋三首相は7日午前、首相官邸で記者団に対し、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射したことについて「断じて容認できない。明白な国連安全保障理事会決議違反だ。国際社会と連携し、毅然として対応する。国民の安全と安心を確保することに万全を期する考えだ」と述べた。

166番目の記事
167番目の記事
168番目の記事
169番目の記事
170番目の記事
171番目の記事

リンク:中国外務省「強烈な非難」…北の核実験で声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮への制裁強化、菅官房長官「原油禁輸も選択肢」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国の顔に泥、関係悪化へ=「断固反対」表明―北朝鮮核実験 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:核実験「容認できない」、北朝鮮を非難=安倍首相声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍の動向も注視=北朝鮮核実験の情報収集、分析追われる―幹部ら次々登庁・防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「北朝鮮が核実験実施と断定」 河野外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ICBM搭載用水爆実験に「完全成功」 北朝鮮が発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁「少なくとも10倍程度は大きい」...北朝鮮核実験と思われる地震波に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮:「かつてないほどの威力」備えた水爆実験に成功 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 杉田和博官房副長官、大気のモニタリング強化を関係省庁に指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 菅義偉官房長官「新段階の脅威」 日米韓で国連安保理の緊急会合働きかけ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 安倍晋三首相の声明(全文) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北が6回目の核実験…「ICBM用、水爆」主張 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北核実験 北、ICBM搭載用の水爆実験に「完全成功」と報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 自民・岸田文雄政調会長「許せない暴挙だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 自民・二階俊博幹事長「日本と世界を恐怖に陥れる暴挙」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮>朝鮮中央テレビが「水爆実験に完全成功」発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:玄海原発の訓練一部中止=政府、北朝鮮核実験で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相 北朝鮮、核実験強行なら「容認できない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 「断じて容認できない」 安倍晋三首相が声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 菅義偉官房長官が国連安保理緊急会合の開催求める方針を表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 河野太郎外相、核実験と断定 「北朝鮮に最も強い言葉で非難した」発言詳報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮で強い揺れ、「水爆実験に完全成功」と国営テレビ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、6回目の核実験か M6.3の揺れを観測 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:3度目の日米電話首脳会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安保理緊急会合求める=政府、北朝鮮核実験で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 小野寺五典防衛相「昨年の核実験上回る規模」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 安倍晋三首相が新たな指示 モニタリング態勢強化など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:3時半から「重大報道」=北朝鮮 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 日米韓外相が電話会談調整 空自機も派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 北朝鮮が6回目 河野外相「核実験と断定」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:放射性物質を調査=空自 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮が6回目の核実験、過去最大規模 安保理開催へ調整 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 河野太郎外相「北朝鮮が核実験と断定」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

中国外務省「強烈な非難」…北の核実験で声明
9/3(日) 17:02配信 読売新聞

 【北京=中川孝之】中国外務省は3日午後に声明を出し、北朝鮮による6回目の核実験に対し、「国際社会に広がる反対を顧みなかった」として「断固たる反対と強烈な非難」を表明した。

 北朝鮮に「情勢を悪化させ、同時に自らの利益に合致しない誤った行動」の停止を求めた。


北朝鮮への制裁強化、菅官房長官「原油禁輸も選択肢」
9/3(日) 16:55配信 ロイター

[東京 3日 ロイター] - 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、北朝鮮に対する制裁強化に関し、原油の禁輸も「様々な選択肢の中に入る」との認識を示した。その上で、「北朝鮮に対してどのような圧力を強化していくことが最も効果があるのか、その観点から厳しい対応を真剣に検討していく」と語った。

政府は、北朝鮮による核実験を受け、北京大使館ルートを通じて厳重に抗議。菅長官は、日米韓で国連安全保障理事会の緊急会合の開催に向け、調整を開始したことを明らかにした。

今回の核実験で観測された揺れから「極めて大きなエネルギーが使われた」との見方も示した。

菅長官は会見で「北朝鮮の政策を変えるために圧力を強めていく」とあらためて強調。米韓両国とは「首脳、外相、防衛相でそれぞれ緊急に連携を深めていく」と述べた。

(梅川崇 編集:田巻一彦)


中国の顔に泥、関係悪化へ=「断固反対」表明―北朝鮮核実験
9/3(日) 16:53配信 時事通信

 【北京時事】北朝鮮の核実験は中国福建省アモイでの新興5カ国(BRICS)首脳会議の開幕直前のタイミングだった。

 北朝鮮は最近、中国が国際会議を開催するたびに、弾道ミサイル発射などの挑発を繰り返している。今回の核実験でも中国が顔に泥を塗られたと受け止め、中朝関係が一層悪化するのは必至。中国外務省は声明で「断固とした反対と強烈な非難」を表明した。

 外務省声明は、北朝鮮に「情勢を悪化させ、自国の利益に合わない誤った行動をやめ、対話による問題解決の道に戻る」よう強く促した。

 北朝鮮は、昨年9月に浙江省杭州で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の最終日と、今年5月に北京で開かれたシルクロード経済圏構想「一帯一路」国際会議の初日というタイミングで、それぞれ弾道ミサイルを発射した。

 いずれの会議も10月の中国共産党大会に向け、習近平国家主席の「大国外交」を内外に見せつける重要な舞台だった。さらに、党大会を約1カ月後に控えた時期での北朝鮮の暴走は、習指導部の外交能力に疑問符が付きかねない。


核実験「容認できない」、北朝鮮を非難=安倍首相声明
9/3(日) 16:52配信 ロイター

[東京 3日 ロイター] - 安倍晋三首相は3日、北朝鮮による核実験の実施を受けて声明を公表した。国連安全保障理事会が繰り返し非難してきた中で、同国が核実験に踏み切ったことは「わが国として断じて容認できない」と明記。その上で「北朝鮮に対して厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難する」とした。

声明ではまた、北朝鮮の核・ミサイル開発を「より重大かつ差し迫った新たな段階の脅威」と位置付け、「地域および国際社会の平和と安全を著しく損なうものになっている」と指摘した。

米国、韓国、中国、ロシアをはじめとする関係各国との連携を強化するとともに、「国連安保理におけるさらなる対応を含め、北朝鮮に対する対応を検討する」ことも盛り込んだ。

(梅川崇)


米軍の動向も注視=北朝鮮核実験の情報収集、分析追われる―幹部ら次々登庁・防衛省
9/3(日) 16:50配信 時事通信

 北朝鮮が日本上空を越える弾道ミサイル発射から間を空けず核実験を強行し、東京・市谷の防衛省にも3日、衝撃が走った。

 同省幹部は「緊張が一段と増した。米国がどう反応するのか。米軍の動向を含め注視する必要がある」と厳しい口調で話した。

 防衛省には、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長ら幹部が次々と登庁し、核実験の情報収集と分析に追われた。

 ある防衛省幹部は「米国と対等に交渉するために、北朝鮮は核兵器保有を急いでいるはずだ。核弾頭開発のために弾道ミサイル発射と核実験の頻度はさらに高まるのではないか」と懸念した。

 北朝鮮が核実験を強行したことで、米国が北朝鮮に軍事的圧力を一層高める可能性もある。自衛隊幹部は「北朝鮮がミサイルに搭載可能な核弾頭を保有すれば、一線を越えることになる。われわれはあらゆる事態に迅速に対処できるよう備える」と語った。

 ある職員は「米韓合同軍事演習の終了を見計らい実験したのではないか」と話した。

 航空自衛隊は3日午後2時前から、大気中に放射性物質があるか調査するため、空自三沢基地(青森県)などから、集じんポッドを搭載したT4練習機計3機を相次いで離陸させた。日本海を飛行した後、フィルターを民間施設に運び分析を進める。


「北朝鮮が核実験実施と断定」 河野外相
9/3(日) 16:49配信 AFP=時事

【AFP=時事】北朝鮮の核実験場がある地域で3日に観測した揺れについて、日本政府は同日、これが北朝鮮による核実験と断定し、外交ルートを通じて抗議した。

【写真3枚】「ICBMに搭載可能な水爆を開発」 北朝鮮国営通信報道

 河野太郎(Taro Kono)外相は記者団に対して「気象庁およびその他の情報を分析した結果、北朝鮮が核実験を行ったと政府として断定する」と明言した上で、北京の大使館ルートを通じて抗議し、最も強い言葉で非難したことを明らかにした。

 核実験の数時間前、北朝鮮は国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じて、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な水素爆弾を開発したことを発表。一方の安倍晋三(Shinzo Abe)首相はドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領と電話で会談し、北朝鮮の核開発による脅威について意見を交わした。

 北朝鮮による核実験と断定されるのを前に安倍首相は、6度目の核実験を強行したのであれば「断じて容認できない」と表明していた。

 他方で小野寺五典(Itsunori Onodera)防衛相は、放射性物質測定のため、大気中のちりを収集する装置を取り付けた航空自衛隊機の運用について明らかにしている。【翻訳編集】 AFPBB News


ICBM搭載用水爆実験に「完全成功」 北朝鮮が発表
9/3(日) 16:45配信 J-CASTニュース

 2017年9月3日に北朝鮮で起きた人工地震をめぐり、国営朝鮮中央テレビは15時30分から放送した「特別報道」の中で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験を「完全成功」させたと発表した。

 発表では、今回の実験で北朝鮮の核爆弾が「高度に精密化」したと主張。弾頭部分の小型化が進んだ可能性もあり、さらに脅威が増すことになりそうだ。

■M6.1は過去6回の核実験で最大

 北朝鮮は、

  「われわれの核兵器設計および製作技術が、核爆弾の威力を打撃対象と目的によって任意に調整することのできる高い水準に到達した」

などと成果をアピールする一方で、

  「今回の実験が以前に比べて前例なく大きな威力で行われたが、地表面噴出や放射性物質の漏出現象が全くなく、周囲の生態環境にいかなる否定的影響も与えなかったという確証が得られた」

とも主張した。

 日本政府も人工地震について、6回目の核実験だと断定。菅義偉官房長官が14時45分過ぎに開いた記者会見で、

  「通常の波形と異なる可能性のある地震波の観測など、これまでの情報を総合的に勘案した結果、本日北朝鮮が核実験を実施したものと判断される」

と述べた。

 気象庁の発表によると、地震が発生したのは12時29分57秒頃で、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1。北朝鮮が「水爆実験に成功した」と主張している前回16年9月9日の実験はM5.3で、過去6回では最大規模。菅氏も

  「マグニチュードからすれば、きわめて大きなエネルギーが使われたのは事実ではないか」

と述べた。


気象庁「少なくとも10倍程度は大きい」...北朝鮮核実験と思われる地震波に
9/3(日) 16:33配信 レスポンス

気象庁は3日14時、北朝鮮付近を震源とする地震波の観測について会見。「過去に観測された振動波形と類似したところがあり、自然地震でない可能性がある」とした上で、次のように語った。

「地震断層が滑った量、その広さで開放されたエネルギーの大きさをマグニチュードという。前回のM5.3と比較すると、少なくとも10倍程度は大きなもの。震度6弱の揺れの可能性がある」(地震火山部・松森敏幸地震津波監視課長)

3日12時29分頃、北緯41.3度、東経129.1度の北朝鮮付近で発生した揺れは、M6.1。深さはごく浅いことを示す0kmだった。気象庁は中国牡丹江の観測点で記録されたデータと共に、日本海側に面して設置した観測点を使って分析した。韓国の発表M5.7と誤差があるのは、そのためだ。

北朝鮮の核実験だとされる過去5回の観測は、いずれも今回と同じ北朝鮮の核実験場がある豊渓里(プンゲリ)付近、北緯41.3度、東経129.1度を震央とする。過去5回で揺れの規模が最大だったのは、昨年9月9日と2009年5月25日のM5.3だったが、今回も含めて類似の地震波形を示している。また、どれもが自然地震の波形とは異なるものだった。

「断層がずれて地震が発生するときには、P波である縦波とS波である横波が同時に起こる。一方で爆発的なものは、膨張だけで揺れが発生するので、S波のような横波を発生するものができない。震源の位置、緯度経度、深さはこれまでと同じ。S波が不明瞭な点、波形の特徴がこれまでと似通っている。同じといっていい」(松森氏)

今回、中国牡丹江の観測点で記録された振幅には、発生直後と同じ規模の振幅が短い時間に繰り返されているが、気象庁は大きな揺れが発生したときの変換波の可能性があるとした。

《レスポンス 中島みなみ》


北朝鮮:「かつてないほどの威力」備えた水爆実験に成功
9/3(日) 16:21配信 Bloomberg

北朝鮮は3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能で「かつてないほどの威力」を備えた水爆の実験に成功したと発表した。トランプ米政権になってから初の核実験。

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩朝鮮労働党委員長が命じて実施された実験は「完全に成功」し、水爆の精密さと技術を確認したと伝えた。核戦力で米国を攻撃する能力獲得を目指す北朝鮮は、トランプ大統領の警告に対抗する姿勢を示した。

KCNAは「核弾頭運用の信頼性は完璧に保証された」と報じた。

韓国気象当局によれば、現地時間午後0時29分(日本時間同)ごろに北朝鮮北東部豊渓里の核実験場の近くで、マグニチュード(M)5.7の地震が観測された。気象当局によれば、爆発の威力は昨年9月の核実験時の約6倍だった。

河野太郎外相は「全ての選択肢をテーブルに載せてこれから調整をしたい」と発言。安倍晋三首相は「断じて容認できず、強く抗議をしなければならない」と述べた。NHKが放映した。

北朝鮮の行動は北東アジアの緊張を一段と高めることになる。朝鮮半島周辺ではトランプ大統領と金委員長との間の激しい言葉の応酬が軍事衝突につながるとの懸念が強まっている。北朝鮮の核実験は2006年以降6回目で、米国と韓国で新たな指導者が選ばれてからは初めて。

ミドルベリー国際大学院モントレー校の東アジア拡散防止プログラムディレクター、ジェフリー・ルイス氏は「北朝鮮での爆発でのマグニチュードとしてかつてない大きさだ」と指摘。「政治的な側面もあるだろう。北朝鮮は現代的な兵器を手に入れたいと思っている」と述べた。

中国が大型の国際的イベントを主宰している最中に北朝鮮が大規模な挑発行為に踏み切ったのもこれで2回目。習近平国家主席が主宰する新興5カ国(BRICS)首脳会議は3日から福建省アモイで開幕した。

中国外務省は同日、核実験を非難する声明を発表、北朝鮮に対して国連安保理決議に従い、情勢を悪化させる行動をやめるよう促した。

核実験に先立ち北朝鮮は、新型ICBMに搭載可能な水素爆弾を開発・保有していると主張。水爆は数十キロトン級から数百キロトン級まで調整可能な多機能型で、高高度でも電磁パルス攻撃が可能だと、KCNAは伝えていた。

KCNAはさらに、核兵器研究所は「最近、さらに高度な核兵器の製造に成功し、核武装において戦略的意図に忠実に顕著な変化が起きている」と指摘。金委員長は同研究所訪問中に「核武装」について指示し「新型ICBMに搭載される予定の水爆を視察した」という。

原題:North Korea Tested Nuclear Bomb With ‘Unprecedentedly Big Power’(抜粋)


北朝鮮核実験 杉田和博官房副長官、大気のモニタリング強化を関係省庁に指示
9/3(日) 16:06配信 産経新聞

 北朝鮮が6回目の核実験を強行したことを受け、政府の放射能対策連絡会議の議長を務める杉田和博官房副長官は3日午後、関係省庁に対し、放射能の影響に関するモニタリング強化を指示した。航空自衛隊機が日本上空の大気浮遊じんと放射性物質キセノンを採取し、公益財団法人「日本分析センター」で測定するほか、全国10カ所の環境省の施設や47都道府県で空間放射線量率を測定する。

 測定結果は、原子力規制庁がとりまとめ、内閣官房が公表する。


北朝鮮核実験 菅義偉官房長官「新段階の脅威」 日米韓で国連安保理の緊急会合働きかけ
9/3(日) 16:04配信 産経新聞

 菅義偉官房長官は3日、北朝鮮付近を震源とする地震波を観測した後、2回目の緊急記者会見を首相官邸で行い、「北朝鮮が核実験を実施した」と断定した。その上で「わが国の安全に対する、より重大かつ差し迫った新たな段階の脅威だ。地域および国際社会の平和と安全を著しく損なうもので到底容認できない」と非難した。

 菅氏は記者会見で、日米韓の3カ国で、国連安全保障理事会の緊急会合開催に向けて関係国に働きかけていることを明らかにした。政府は安保理の会合で、北朝鮮への石油禁輸や供給制限を選択肢の一つとして、新たな制裁決議の採択を目指す。

 菅氏は今回の核実験について「極めて大きなエネルギーが使われた」として、過去最大の規模と説明。水爆実験の可能性については「さまざまな情報の中で分析をしている」と述べるにとどめた。

 また国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合後、安倍晋三首相から(1)北朝鮮の今後の動向などに関し、情報収集と分析の徹底を期すこと(2)核実験に伴う放射性物質の影響を把握するため、関係各国と連携しモニタリング態勢を強化すること(3)不測の事態にも備えるなど国民の安全、安心の確保に万全を期すこと-の3点について新たな指示があったことを明かした。


北朝鮮核実験 安倍晋三首相の声明(全文)
9/3(日) 16:02配信 産経新聞

 安倍晋三首相は3日、北朝鮮の核実験を受け、声明を発表した。全文は次の通り。

 1 本日午後0時31分頃、気象庁が北朝鮮付近を震源とする、自然地震ではない通常の波形とは異なる可能性のある地震波を探知した。これを含む諸情報を総合的に勘案した結果、政府としては、北朝鮮が核実験を実施したものと判断している。

 2 我が国を含む関係各国及び国際社会は、北朝鮮に対し、これまで累次にわたり関連の国連安保理決議の完全な遵守を求めるとともに、度重なる核実験や弾道ミサイルの発射等の挑発行動を非難し、核・弾道ミサイルの放棄を求めてきた。また、北朝鮮が本年も累次にわたり弾道ミサイルの発射を強行したこと等を受けて、国連安保理はこれらを強く非難してきた。こうした中、今回、北朝鮮が核実験を強行したことは、我が国として断じて容認できない。

 3 北朝鮮が、今回含め、これまで6度にわたり核実験を強行したことや、7月の2度のICBM級の弾道ミサイル発射や8月の我が国上空を通過させた弾道ミサイル発射を含め、本年に入っても大量破壊兵器の運搬手段となり得る弾道ミサイルを10発以上発射し、その能力を増強していること等を踏まえれば、北朝鮮の核・ミサイル開発は、我が国の安全に対する、より重大かつ差し迫った、新たな段階の脅威であり、地域及び国際社会の平和と安全を著しく損なうものになっている。今回の北朝鮮による核実験の実施は、関連する国連安保理決議の重ねての明白な違反であり、核兵器不拡散条約(NPT)を中心とする国際的な軍縮・不拡散体制に対する重大な挑戦である。また、日朝平壌宣言や六者会合共同声明にも違反するものである。我が国は、北朝鮮に対して厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難する。

 4 我が国は、北朝鮮による更なる核実験の場合には、更なる重要な措置をとる決意を表明した国連安保理決議第2371号を念頭に、国連安保理が速やかに協議を実施するよう、調整を開始している。北朝鮮に対しては、改めて、関連する国連安保理決議を即時かつ完全に履行するとともに、拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向け具体的な行動をとるよう、強く求める。

 5 政府としては、自分の指示を踏まえ、引き続き、本件を含む北朝鮮情勢に関する情報収集・分析に徹底を期するとともに、国民に対して的確な情報提供を行う。また、不測の事態の発生を防ぎ、発生した場合、これに万全の対応を行うため、我が国として不断に必要な態勢をとるとともに、米国等と緊密に連携し、もって我が国の平和と安全の確保、国民の安全・安心の確保に万全を期す。核実験に伴う放射性物質の我が国に対する影響については、政府の放射能対策連絡会議を中心に、関係各国と連携しモニタリング態勢の強化等に全力を挙げる。

 我が国としては、本年7月及び8月に決定したものを含めた我が国独自の措置及び関係国連安保理決議に基づく措置を着実に実施していく。また、米国、韓国、中国及びロシアを始めとする関係各国や国際社会との協力を更に強化し、国連安保理決議第2371号及び関連国連安保理決議の実効性の確保を図るとともに、国連安保理における更なる対応を含め、北朝鮮に対する対応を検討する。


北が6回目の核実験…「ICBM用、水爆」主張
9/3(日) 16:00配信 読売新聞

 【ソウル=水野祥】北朝鮮は3日午後3時(日本時間午後3時半)、朝鮮中央テレビで「大陸間弾道ミサイル(ICBM)装着用の水素爆弾の実験で完全に成功した」とする核兵器研究所の声明を伝えた。

 北朝鮮の核実験は6回目で昨年9月9日以来。米トランプ政権の発足後初めてで、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が2012年4月に正式に最高指導者になってからは4回目。

 トランプ米大統領は3日、「北朝鮮の言動は、米国にとってとても敵対的で危険なままだ」とツイッターに投稿した。

 韓国軍合同参謀本部によると3日午後0時29分頃(日本時間)、北朝鮮の核実験場がある北東部・豊渓里(プンゲリ)付近でマグニチュード5・7(推定)の人工地震が発生した。韓国大統領府関係者によると、北朝鮮が発表した、ICBM搭載用の水素爆弾の実験という内容の真偽については、確認されていない。北朝鮮は昨年1月6日に4回目の核実験を実施した際、初めての水爆実験に成功したと主張していた。


北核実験 北、ICBM搭載用の水爆実験に「完全成功」と報道
9/3(日) 15:49配信 産経新聞

 ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮の国営メディアは3日午後、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に「完全成功」したと伝えた。同国核兵器研究所の声明として報じた。


北朝鮮核実験 自民・岸田文雄政調会長「許せない暴挙だ」
9/3(日) 15:43配信 産経新聞

 自民党の岸田文雄政調会長は3日、北朝鮮の核実験に関し「唯一の戦争被爆国として、許すことができない暴挙だ。国際社会と連携し、事態に対応しなければならない」と強調した。広島市で記者団の質問に答えた。

 同時に「挑発行動をエスカレートさせてきた北朝鮮が、さらなる脅威を示した。重大かつ深刻に受け止めなければならない」との認識を示した。


北朝鮮核実験 自民・二階俊博幹事長「日本と世界を恐怖に陥れる暴挙」
9/3(日) 15:41配信 産経新聞

 自民党は3日午後、北朝鮮による6回目の核実験を受け、党総裁直轄の「北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部」(本部長・二階俊博幹事長)の緊急役員会を開いた。政府の国家安全保障会議(NSC)の情報分析など報告を受けるとともに、政府と一体となって対応にあたる方針を確認した。

 会合冒頭、二階氏は北朝鮮の核実験について「わが国と世界を恐怖に陥れる暴挙であり、許されるものではない」と非難した。また「国民の生命、財産を守っていく強い決意を内外に表明しなければならない」と語り、軍事的挑発を繰り返す北朝鮮に対する党の声明を出す方針を明らかにした。


<北朝鮮>朝鮮中央テレビが「水爆実験に完全成功」発表
9/3(日) 15:40配信 毎日新聞

 【ソウル米村耕一】北朝鮮国営朝鮮中央テレビは3日午後3時(日本時間午後3時半)、北朝鮮が水爆実験に完全成功したと発表した。北朝鮮による核実験は6回目。


玄海原発の訓練一部中止=政府、北朝鮮核実験で
9/3(日) 15:39配信 時事通信

 政府は3日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町、停止中)で重大事故が起きたと想定し、原子力総合防災訓練を開始した。

 北朝鮮の核実験を受け、首相官邸で午後に予定していた安倍晋三首相の緊急事態宣言や、関係閣僚会議の訓練は中止。一部は代役を立てて進め、現地の避難訓練などは続けた。

 訓練には内閣府や原子力規制委員会、地元自治体、周辺住民ら計約6500人が参加し、4日まで2日間行う。玄海3、4号機は規制委の審査に事実上合格。九電は3号機について、来年1月の再稼働を目指している。

 訓練は3日午前7時半、佐賀県北部を震源とする最大震度7の地震が発生し、4号機の原子炉冷却材が漏れたと想定。首相官邸などに対策本部を設置したり、現地に内閣府副大臣らを派遣したりする手順を確認した。午後も収束に向け、関係機関の対応確認を続けた。

 佐賀、福岡、長崎3県の訓練は予定通り続行。佐賀県では原発5キロ圏の特別養護老人ホーム「宝寿荘」(唐津市)の入所者4人が職員らに付き添われ、ワゴン車で30キロ圏外の同県小城市の特養ホームに移動した。宝寿荘の西島洋子施設長(61)は「入所者に体調不良もなく、安全に避難訓練ができた。訓練を重ねることが大事」と力を込めた。

 佐賀県の山口祥義知事は、訓練の一部中止について「官邸の対応は適切だった。われわれとして、できる訓練はしっかりやっていく」と話した。


安倍首相 北朝鮮、核実験強行なら「容認できない」
9/3(日) 15:34配信 AFP=時事

【AFP=時事】北朝鮮でマグニチュード(M)6.3の揺れが観測され、6回目の核実験が実施された可能性が指摘されていることについて、安倍晋三(Shinzo Abe)首相は3日、核実験を強行したのであれば「断じて容認できない」と語った。

【写真3枚】「ICBMに搭載可能な水爆を開発」 北朝鮮報道

 首相は、気象庁が北朝鮮付近を震源とする地震波を感知したと明らかにし、これは「自然地震ではない可能性があり、北朝鮮が核実験を強行した可能性がある」と述べ、「北朝鮮が核実験を強行したとすれば、断じて容認できず、強く抗議しなければならない」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News


北朝鮮核実験 「断じて容認できない」 安倍晋三首相が声明
9/3(日) 15:18配信 産経新聞

 安倍晋三首相は3日、北朝鮮による核実験を受け「国際社会は北朝鮮に対し、度重なる核実験や弾道ミサイルの発射等の挑発行動を非難し、核・弾道ミサイルの放棄を求めてきた。こうした中、核実験を強行したことは断じて容認できない」と強く非難する首相声明を出した。

 首相は声明で、通常の波形とは異なる可能性のある地震波の探知など「諸情報を総合的に勘案した結果、北朝鮮が核実験を実施した」と断定し、「厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難する」とした。

 さらに、米国、韓国、中国、ロシアとの協力を強化した上で「国連安全保障理事会でのさらなる対応を含め、北朝鮮への対応を検討する」と述べた。


北朝鮮核実験 菅義偉官房長官が国連安保理緊急会合の開催求める方針を表明
9/3(日) 15:17配信 産経新聞

 菅義偉官房長官は3日、首相官邸で記者会見し、北朝鮮の核実験を受け、国連安全保障理事会緊急会合の開催を求める方針を表明した。河野太郎外相も北朝鮮の核実験を受け、国連安保理の緊急会合招集に向けて各国と調整していく考えを記者団に明らかにした。


北朝鮮核実験 河野太郎外相、核実験と断定 「北朝鮮に最も強い言葉で非難した」発言詳報
9/3(日) 15:17配信 産経新聞

 河野太郎外相は3日午後、国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合後、北朝鮮で観測された地震波について「北朝鮮が核実験を行ったと断定した」と外務省で記者団に語った。河野氏と記者団との主なやり取りは次の通り。

 ◇ 

 --事実関係は

 河野氏「北朝鮮は既に決断すれば核実験をやれる状況にあったとみていました。先ほどの地震は気象庁、その他の情報を検討した結果、北朝鮮が核実験を行ったと政府として断定をする。北朝鮮に対して13時14分、北京の大使館ルートを通じて、当時はまだ政府としては断定していませんでしたが、核実験であるならば極めて許し難い、さまざまな国際ルール、国連安全保障理事会決議に違反するものだとして、最も強い言葉で非難しました。

 既に国連では新たな安保理の緊急会合の招集を要請するために米国、韓国と連絡を取り始めるように指示をし、既に動いていると思います。米国、韓国をはじめ関係各国の外務大臣との電話会談の調整を始めたところです」

 --北朝鮮は2回目の核実験も行ったのか

 河野外相「まだ最初の、先ほどの地震が核実験であったと断定したという状況です。情報収集にこれから努める」

 -今後の政府の対応は

 河野外相「情報収集をすると同時に、外務省としては安保理の緊急会合の招集に向けて調整しているところです。各国とも新たな安保理決議に向けて調整していきたい」

 --国際社会のレッドライン(越えてはならない一線)を越えたことにならないか

 河野外相「対話への意思がないとうことですので、引き続き新しい安保理決議に向けて調整をしていきます」

 --石油禁輸は最終的な選択肢だと発言したが、核実験で最終的な選択肢の実施を求めるか

 河野外相「先ほど申し上げた通り、全ての選択肢をテーブルに載せて、これから調整したい」


北朝鮮で強い揺れ、「水爆実験に完全成功」と国営テレビ
9/3(日) 15:00配信 BBC News

900
北朝鮮で強い揺れ、「水爆実験に完全成功」と国営テレビ

北朝鮮北東部で日本時間3日午後0時29分ごろ、大きい揺れが観測され、6回目の核実験を実施した可能性が指摘されている。北朝鮮の国営テレビは同午後3時半、「水爆実験を成功させた」と発表した。

朝鮮中央テレビは「重大報道」として、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載のため、水爆実験に完全成功した」と発表。「前例のないほど強力な爆弾」による実験で、核物質などの外部流出はなかったと説明した。また最高指導者の金正恩・朝鮮労働党委員長が核実験の命令書に署名しているように見える映像を放送した。

韓国政府などは咸鏡北道吉州郡で大きな揺れを観測。同郡には豊渓里核実験場がある。韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が核実験を実施したと「推定される」と発表した。

米地質調査所(USGS)によると、揺れの規模はマグニチュード(M)6.3で、震源の深さは0キロ。「爆発の可能性がある」と説明した。USGSは当初はM5.6で震源の深さは10キロと速報していたが、間もなく修正。もし確認されれば、北朝鮮による過去最大規模の核実験となる。

中国地震局は「爆発の疑い」と説明。さらに最初の揺れの直後に、M4.6の揺れも観測したと発表した。

日本の河野太郎外相は同日午後2時すぎ、分析の結果、北朝鮮が核実験を行ったと日本政府として断定したと明らかにした。国家安全保障会議(NSC)出席後に記者団に話した。安倍晋三首相はこれに先駆けて、「もし北朝鮮が核実験を強行したとすれば、断じて容認できず、強く抗議をしなければならない」と官邸で記者団に話した。

日本の気象庁は、通常の地震の波形とは異なる揺れを1回、観測したと発表。深さは0キロ、揺れの規模は推定M6.1という。

ロシア東部ウラジオストクの住民も、揺れを感じたとツイッターで書いている。

北朝鮮による前回の核実験は2016年9月。その際の揺れの規模はM5.3だった。それ以前の実験は2016年1月で、揺れの規模はM5.1。2013年2月の揺れはM5.1、2009年5月はM4.7、2006年10月はM4.3だった。

米シンクタンク、ランド研究所の防衛アナリスト、ブルース・ベネット氏はBBCに対して、揺れの規模は大きい意味合いをもつと指摘。「もし本当にM6.3だとなれば、それは非常に大きい武器だ。これまでのものよりずっと大きい。まだ本当の水素爆弾ではないが、北朝鮮がこれまでやってきたことと比べて、大きく(水爆に)近づいた」と述べた。

ベネット氏は、豊渓里に近い「国境の反対側にいる中国の人たちは、紛れもなくひどい揺れを感じたはず」で、今回の爆発の規模は中国にとっても懸念材料になるはずだと話した。

北東部での強い揺れより先に、北朝鮮国営・朝鮮中央通信(KCNA)は同日、新型水素爆弾の開発に成功し、金委員長が「「核兵器化への作業を指導した」と、爆弾のような物体と写る金氏の写真と共に伝えた。KCNAは、水爆は弾道ミサイルに搭載可能と伝えたが、内容の真偽は未確認。

KCNAは、「より高度な核兵器の開発に最近成功した」と伝え、金委員長が「新しいICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載される水爆を観察した」と説明。爆弾については、「高い高度でも爆発させられる、非常に大きな破壊力の多機能熱核兵器」と書いている。

各国の核兵器専門家たちは、北朝鮮の核兵器能力は前進しているものの、ミサイル搭載が可能なほど核弾頭の小型化に成功したかどうかは不明だとみている。水爆開発に成功したという北朝鮮の主張についても、疑問視されている。

(英語記事 North Korea: Tremor detected in sign of possible nuclear test)


北朝鮮、6回目の核実験か M6.3の揺れを観測
9/3(日) 14:58配信 CNN.co.jp

ソウル(CNN) 米地質調査所(USGS)は3日、北朝鮮北東部で同日、大規模な爆発がありマグニチュード(M)6.3の揺れが観測されたと報告した。

韓国の気象庁は「人工的」な地震と位置付けた。北朝鮮による6回目の核爆発の可能性がある。北朝鮮は昨年、2度の核実験を強行している。

今回の爆発が起きた場所は、北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場から遠くない。

韓国大統領府によると、同国政府は現地時間の午後1時半に文在寅(ムンジェイン)大統領が仕切る国家安全保障会議(NSC)を招集した。

日本の気象庁も北朝鮮で3日午後0時31分ごろ、M6.1の揺れを観測したとし、自然発生的な地震とは異なる波形を示したと発表した。

北朝鮮は昨年、2度の核実験を強行している。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は核開発を加速させ、弾道ミサイル発射実験なども繰り返して実施し、国際社会から非難を浴びている。


3度目の日米電話首脳会談
9/3(日) 14:56配信 ホウドウキョク

安倍首相は3日朝、アメリカのトランプ大統領と、今回の北朝鮮による弾道ミサイルの発射後、3度目となる電話会談を行い、圧力を高めていくことで一致した。
安倍首相は「北朝鮮に対する圧力を高め、北朝鮮の政策を変えさせていかなければならない、その点で、完全に一致したところであります」と述べた。
安倍首相は、アメリカ、韓国のほか、国際社会との緊密な連携が必要だと強調した。
また北朝鮮が、「水爆製造」と主張していることを念頭に、「さまざまな情報に接しているが、冷静に分析しながら、対応策を各国と連携して協議する」と述べた。


安保理緊急会合求める=政府、北朝鮮核実験で
9/3(日) 14:53配信 時事通信

 菅義偉官房長官は3日午後の臨時記者会見で、北朝鮮の核実験を受け、国連安保理緊急会合の開催を求める方針を示した。


北朝鮮核実験 小野寺五典防衛相「昨年の核実験上回る規模」
9/3(日) 14:53配信 産経新聞

 小野寺五典防衛相は3日、北朝鮮が同日行った核実験について、昨年の核実験を大きく上回る規模だったとの認識を示した。防衛省で記者団に語った。


北朝鮮核実験 安倍晋三首相が新たな指示 モニタリング態勢強化など 
9/3(日) 14:43配信 産経新聞

 安倍晋三首相は3日午後1時51分、北朝鮮による核実験を受け(1)北朝鮮の今後の動向に関する情報収集・分析の徹底(2)放射性物質の影響を把握するため、関係各国と連携しモニタリング態勢を強化(3)不測の事態にも備えるなど、国民の安全・安心の確保に万全を期す-の3点を新たに指示した。


3時半から「重大報道」=北朝鮮
9/3(日) 14:42配信 時事通信

 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央テレビは3日、日本時間午後3時半からの「重大報道」を予告した。


北朝鮮核実験 日米韓外相が電話会談調整 空自機も派遣
9/3(日) 14:41配信 産経新聞

 河野太郎外相は3日、北朝鮮の核実験を受け、米韓両国の外相との電話会談をそれぞれ調整していることを記者団に明らかにした。

 また、小野寺五典防衛相は大気中の放射性物質の有無を調べるため、航空自衛隊のT4練習機を日本の周辺空域に発進させたと明らかにした。防衛省で記者団に語った。


北朝鮮核実験 北朝鮮が6回目 河野外相「核実験と断定」
9/3(日) 14:40配信 産経新聞

 【ソウル=桜井紀雄】日本政府によると、日本時間の3日午後0時29分ごろ、北朝鮮でマグニチュード(M)6・1の地震波が観測された。河野太郎外相は3日午後、「北朝鮮が核実験を行ったと政府として断定する」と外務省で記者団に述べた。

 北朝鮮による核実験は6回目。咸鏡北道(ハムギョンプクト)豊渓里(ブンゲリ)の実験場で行われたとみられる。北朝鮮は9日に建国記念日を控えており、記念日を前に核実験に踏み切ることで、国際社会による制裁の中でも断固、核・ミサイル開発を推進する意思を示したものだ。安倍晋三首相は3日午後、官邸で記者団に対し、「北朝鮮が核実験を強行したとすれば、断じて容認できない」と強く非難。国家安全保障会議(NSC)を開催した。

 朝鮮中央通信は3日朝、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が核兵器研究所が新たに製造した大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆を視察したと報道。金委員長は「核戦力完成に向けた最終段階の研究開発を締めくくる総力戦を展開しなければならない」と強調していた。

 核実験は金正恩政権に入って4回目。米国でトランプ政権が発足した後、初となる。

 北朝鮮は8月上旬、米領グアム沖への弾道ミサイル発射計画を公表。金委員長がその後、「米国の行動を見守る」と発射の保留を示唆し、一時緊張緩和に向かうとの観測もあった。しかし、米韓両軍が先月末まで合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン」を実施した際、北朝鮮は反発し、「無慈悲な報復と懲罰を免れない」と警告。8月29日には、中距離弾道ミサイル「火星12」を、北海道上空を通過する形で太平洋側に発射し、日米への対決姿勢を鮮明にしていた。


放射性物質を調査=空自
9/3(日) 14:19配信 時事通信

 小野寺五典防衛相は3日午後、北朝鮮の核実験を受け、大気中の放射性物質を収集する集じんポッドを装備した航空自衛隊のT4練習機を三沢(青森県)、小松(石川県)、築城(福岡県)の各基地から順次、発進させていることを明らかにした。

 防衛省で記者団に語った。


北朝鮮が6回目の核実験、過去最大規模 安保理開催へ調整
9/3(日) 14:17配信 ロイター

[東京 3日 ロイター] - 日本政府は3日午後、北朝鮮で観測された地震について、同国による6回目の核実験と断定した。地震の規模は過去最大。気象庁は前回の核実験の10倍以上の規模と分析している。日本は米韓と連携し、国連安保理開催の調整に動き出した。

地震は午後零時29分に観測。菅義偉官房長官は記者会見で、「通常の波形とは異なる可能性のある地震波の観測と、これまでの情報を総合的に勘案した結果、北朝鮮が核実験を実施したものと判断される」と語った。

さらに、日米韓で国連安保理の開催に向け調整をしていることを明らかにした上で、「北朝鮮に対し、どのような圧力を強化していくことがもっとも効果があるのか、その観点から厳しい対応を真剣に検討していく。原油製品に関する取引規制も含め、さまざまなことが選択肢にある」と述べた。

河野太郎外相は、国家安全保障会議(NSC)後に記者団に対し、北朝鮮に対話の意思はないと発言。すべての選択肢があると強調した。

北朝鮮の核実験は6回目。米地質調査所によると、地震の規模を表すマグにチュードは6.3、日本の気象庁は6.1としている。気象庁によると、昨年9月に実施した前回の実験の最低10倍の規模の可能性があるという。

小野寺五典防衛相は記者団に「前回のマグニチュード5.3をかなり上回る大きな能力を持つことも考えられる」と述べた。

日本政府は北京大使館の外交ルートを通じて北朝鮮にただちに抗議し、最も強い言葉で非難した。さらに放射能物質の収集のため、集塵ポッドを積んだ航空自衛隊のT4戦闘機を離陸させた。

朝鮮中央通信は3日朝、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、核兵器の研究所を訪問したと報道。大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆を視察し、「部品はすべて国産だ。これで強力な核兵器を好きなだけ作ることができる」と述べたと伝えていた。

(山口貴也、久保信博 編集:田巻一彦)


北朝鮮核実験 河野太郎外相「北朝鮮が核実験と断定」
9/3(日) 14:16配信 産経新聞

 河野太郎外相は3日、北朝鮮で観測された地震波について「北朝鮮が核実験を行ったと断定した」と述べた。外務省で記者団に語った。北京の日本大使館を通じ北朝鮮に「最も強い表現」で抗議したことも明らかにした。国連安全保障理事会の緊急会合の開催に向け日こう米韓で連携して対処しているとも語った。

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・171 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・173 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/65763884

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・172:

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・171 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・173 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31