« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2243 | トップページ | 九州北部で猛烈な雨・10 »

2017年7月11日 (火)

兵庫県のゴルフ場に小型機が墜落

11日午後3時55分ごろ、兵庫県相生市矢野町真広のゴルフ場「姫路相生カントリークラブ」に1人乗りの小型機が墜落、1番ホールの芝生の上で大破した。操縦していた英国人の男性、コリン・スチュアート・エールさん(47)は全身打撲などのけがをしているが、命に別条はないという。

事故当時ゴルフ場は営業中だったが、近くでゴルフをしていた人はおらず、巻き込まれた人はいなかった。男性はエンジントラブルが原因と話している。

国土交通省大阪空港事務所によると、墜落した機体は自分で組み立てる方式の米国製単発プロペラ機で、同日午後0時34分に新潟空港を離陸し、同4時頃到着の予定で、岡山市の岡南(こうなん)飛行場に向かっていたという。

エールさんのウェブサイトによると、エールさんは同機で世界旅行中。新潟空港事務所によると、昨年11月にロシアから同空港に到着していた。

リンク:<兵庫小型機事故>墜落ではなく不時着 航空事故調査官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<小型機>ゴルフ場に墜落 操縦の英国人を病院に搬送 兵庫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型飛行機が墜落 英国人けが 兵庫・相生のゴルフ場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:世界旅行中の英人の小型機、1番ホールに墜落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ゴルフ場に小型機墜落=大破、操縦士けが―兵庫 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<兵庫小型機事故>墜落ではなく不時着 航空事故調査官
7/12(水) 19:50配信 毎日新聞

 兵庫県相生市のゴルフ場「姫路相生カントリークラブ」で小型機が大破し英国人男性が重傷を負った事故で、現地調査を始めた国の運輸安全委員会の航空事故調査官は12日、「エンジン不調だった可能性もあり、意図的に降りたとみられる」と説明し、墜落ではなく不時着との見方を示した。

 調査官によると、現場にはゴルフコース約300メートルを直線状に走った時にできたタイヤ跡がを断続的にあった。小型機は男性の自作で、国の飛行許可は得ていた。【待鳥航志】


<小型機>ゴルフ場に墜落 操縦の英国人を病院に搬送 兵庫
7/11(火) 21:35配信 毎日新聞

 11日午後4時ごろ、兵庫県相生市矢野町真広のゴルフ場「姫路相生カントリークラブ」の職員から「コース内に小型機が墜落した」と119番通報があった。県警相生署によると、操縦者は英国人男性(47)で、腰の骨を折るなどの重傷。ゴルフ場には客が3人いたが、けがはなかった。同署は、ゴルフ場の利用者らに危害を及ぼす可能性もあったとして、航空危険行為処罰法違反容疑で調べる。

 国の運輸安全委員会は航空事故調査官2人を現地に派遣した。

 同署などによると、墜落現場は1番ホール付近で、クラブハウスから約100メートル離れた場所。操縦していた男性は自ら従業員に助けを求めた。小型機は単独で同日午後0時半ごろに新潟空港を飛び立ち、岡山県の岡南飛行場に向けて飛行していた。

 男性のホームページによると、世界一周に挑戦中だった。

 ゴルフ場の近くに住む小学4年の男児(9)は「ドーンという大きな音がした。何か落ちたのかと思った」と驚いていた。現場はJR相生駅から北西約5キロ。【松田学、待鳥航志、原田悠自】


小型飛行機が墜落 英国人けが 兵庫・相生のゴルフ場
7/11(火) 18:41配信 産経新聞

 11日午後3時55分ごろ、兵庫県相生市矢野町真広のゴルフ場「姫路相生カントリークラブ」から、「小型飛行機が墜落した」と110番があった。兵庫県警相生署や消防によると、機体は大破し、乗っていた男性が負傷。男性はドクターヘリで姫路市内の病院に搬送されたが、命に別条はないという。ゴルフ場は営業中だったが、他にけが人はなかった。運輸安全委員会は航空事故調査官を現地に派遣する方針。

 県警などによると、乗っていた男性は英国人の冒険家、コリン・スチュアート・エールさん(47)。小型機による世界一周飛行の途中で、午後0時34分に新潟空港(新潟市)を離陸し、岡南(こうなん)飛行場(岡山市)へ向かう際、エンジントラブルが発生。不時着を試みたが、ゴルフ場の1番ホールに落ちた。自力で歩いてクラブハウスの従業員に助けを求めたという。

 同ゴルフ場支配人の桑原伸幸さん(50)は「夕方だったためプレー中のお客さまは3人だったが、休日だったらと思うと背筋が寒くなる」と話した。

 現場はJR相生駅の北西約5キロの田園地帯。


世界旅行中の英人の小型機、1番ホールに墜落
7/11(火) 18:13配信 読売新聞

85
ゴルフ場に墜落した小型機を調べる捜査員ら(11日午後5時49分、兵庫県相生市で、読売ヘリから)=尾賀聡撮影

 11日午後3時55分頃、兵庫県相生市矢野町真広のゴルフ場「姫路相生カントリークラブ」の1番ホールに小型プロペラ機が墜落し、機体の中央付近で折れるなど損傷した。

 県警相生署と西はりま消防組合によると、乗っていたのは英国人のコリン・スチュアート・エールさん(47)1人。機内から自力で脱出し、約100メートル先のクラブハウスに助けを求め病院に搬送されたが、腰などの骨を折る重傷。ゴルフ場は営業中で、別のホールに客3人がいたが、けが人はなかった。

 国土交通省大阪空港事務所によると、機体は、自分で組み立てる方式の米国製単発プロペラ機。この日午後0時34分に新潟空港を離陸し、同4時頃到着の予定で、岡山市の岡南(こうなん)飛行場に向かっていたという。

 エールさんのウェブサイトによると、エールさんは同機で世界旅行中。新潟空港事務所によると、昨年11月にロシアから同空港に到着していた。


ゴルフ場に小型機墜落=大破、操縦士けが―兵庫
7/11(火) 17:30配信 時事通信

 11日午後3時55分ごろ、兵庫県相生市矢野町真広のゴルフ場「姫路相生カントリークラブ」から「飛行機の機体が真っ二つになっている」と110番があった。

 県警相生署によると、小型飛行機がゴルフ場の1番ホールの芝生の上で大破しており、墜落した可能性がある。英国籍とみられる操縦士の男性(47)は全身打撲などのけがをしているが、命に別条はないという。同署が詳しい事故原因を調べている。

 同署や消防などによると、小型飛行機は1人乗り。機体は操縦席の後部付近で折れており、火災は発生していないという。男性は事故後に自力で機体から脱出し、ゴルフ場のゲストハウスに歩いて助けを求めてきたといい、ヘリコプターで姫路市内の病院に搬送され治療を受けている。

 事故当時、近くでゴルフをしていた人はおらず、巻き込まれた人はいなかった。男性はエンジントラブルが原因と話している。

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2243 | トップページ | 九州北部で猛烈な雨・10 »

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/65547415

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県のゴルフ場に小型機が墜落:

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2243 | トップページ | 九州北部で猛烈な雨・10 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30