« 陸上自衛隊の連絡偵察機LR-2、函館空港周辺で行方不明 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・81 »

2017年5月15日 (月)

無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・34

「日韓請求権協定」を踏みにじる異常判決、ゆすりたかり、執拗な対日非難・罵倒、日本国内に紛れ込んだ韓国人による凶悪犯罪の多発等、異様な偏執狂国家・韓国による常軌を逸した「反日」敵対言動はますますエスカレートし続ける中、ついに朴槿恵(パククネ)は大統領職を罷免され、次期に想定される極左媚北政権による国家の崩壊・滅亡がいよいよ現実味を帯びて来た。

卑しく愚劣な韓国が崩壊しようが滅亡しようが、それは愚劣な韓国人が自ら招来する自業自得であり、本ブログとして関知したことではないが、この愚劣で凶悪な国家が我が国に及ぼす数々の害悪については決して許容出来ない。

今日もまた繰り広げられる、この精神異常国家による数々の「反日」行為に対しては、もはやその個々の事例についていちいちコメントするのもいささかめんどうになって来た。“馬鹿がいかに馬鹿であるかを証明する”などというくだらないことのために、貴重な時間と労力を浪費したくない。そこで、それらに関するニュースが報じられるたびにそれを拾い集めて収録し、新たなニュースを収録するごとに掲載時刻を更新することにしよう。

それにしても、この世界でも有数のレイプ大国・売春婦輸出大国として女性の性と尊厳を残酷に踏みにじる「本場」である卑しくおぞましい悪徳国家・韓国の、例えば多数のベトナム人女性に対して行なったおぞましい蛮行の数々のように,自国の恥ずべき歴史を直視せずしたがって反省もせず、自らの凶悪な行為には都合よく口を拭って、他者を執拗かつ凶暴に非難する異常さ・邪悪さ凶悪さは、まさしく精神異常者のそれというほかはない。

一方、例えばアメリカ国内でも、この凶悪な韓国人どもに媚びを売って自己の選挙活動を有利にしようと言う日系アメリカ人政治家、マイケル・ホンダ(民主党)下院議員のように、韓国人同様に精神の歪んだ卑しいクズのような人間もいる。

無知で卑劣・愚劣な精神異常の韓国人に未来はない。さっさと滅亡するがいい。一刻も早く滅亡してくださいな。
愚劣な恥知らずの韓国人(朝鮮人)の未来に災いあれ! くたばれ韓国!

この前の記事
*1~13までの記事については、記事インデックス「野蛮国・韓国・北朝鮮関連」をご参照ください。
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・14
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・15
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・16
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・17
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・18
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・19
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・20
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・21
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・22
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・24
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・25
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・26
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・27
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・28
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・29
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・30
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・31
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・32
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・33

これまでの本ブログでの、キチガイ韓国に関連する記事

靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・4 16.2.11
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・3 15.12.15
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・2 15.12.10
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕 15.12.9
靖国神社爆破 韓国人テロリストが韓国に逃亡 15.12.3
靖国神社トイレで爆発音、電池やパイプ散乱 警視庁がテロ容疑で捜査 15.11.23
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態・2 15.3.6
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態 15.3.5
「竹島の日」式典開催に、不法占拠の韓国が狂気の非難 15.2.22
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・3 14.6.25
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・2 14.6.20
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表 14.6.20
「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判 14.5.1
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言・2 14.2.28
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言 14.2.20
老いぼれ売国奴・村山富市、安倍首相を「売国奴」呼ばわり 14.1.30
特定アジアの野蛮国3国、国連安保理で日本非難の大合唱 14.1.30
日本維新の会、「河野談話」撤廃と河野洋平・朝日新聞社長の証人喚問要求の署名を展開 14.1.29
安倍首相は「竹島の日」式典に出席を 14.1.12
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」が日韓の合作と暴く 14.1.1
韓国に創価学会会員100万人! 公明党が安倍政権の足を引っ張る理由 13.12.29
日本維新の会、「河野談話」の撤廃と河野洋平国会招致を求める署名を展開 13.12.28
伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国 13.11.18
いわゆる「慰安婦」問題で、国賊・河野洋平に公開質問状 13.11.6
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の基礎調査のずさんさを暴く 13.10.16
「反日」が生き甲斐のバカ国家・韓国、今度は「旭日旗禁止法」だとよ 13.9.26
韓国の破廉恥漢、靖国神社に放火の目的で侵入 13.9.23
「慰安婦の真実」国民運動、「河野談話」の撤廃を求める署名を国に提出、河野洋平個人の提訴も 13.9.16
『夕刊フジ』がキチガイ国家・韓国を厳しく批判 13.9.13
韓国人潘基文、詭弁を弄して日本非難の言い逃れ 13.8.29
韓国人潘基文、国連事務総長の中立義務を放擲し日本を非難 13.8.26
ヤクザのタカリ国家韓国の「裁判」に名を借りた恐喝に屈するな 13.8.18
我が国の英霊を侮辱・冒涜する、恥知らずの野蛮国・韓国のキチガイ国会議員ども 13.8.15
閣僚の靖国参拝に、公明党と韓国が殉国の英霊と日本人を卑しめる難癖 13.4.21
精神障害国家・韓国最大手紙『朝鮮日報』社説で「日本人には『加虐本能』が遺伝子の中に流れている」侮辱的暴論 12.9.26
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(3) 12.9.16
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(2) 12.8.23
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート 12.8.21
竹島の不法占拠、国際司法裁判所に提訴へ 12.8.16
劣等野蛮国家・韓国のキチガイ頭目・李明博、天皇陛下を罵倒 12.8.14
侵略国家韓国の頭目・李明博、不法占拠を続ける竹島に強行上陸 12.8.10


リンク:国連の日韓合意見直し勧告に反論 岸田文雄外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦を巡る再交渉、61%「不要」…読売調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦合意見直し勧告の拷問禁止委とは 国連憲章規定なし、独立性疑問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「『反日』と聞くと民族の血が燃える」呉善花・拓殖大教授、松江で講演 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦合意国連委見直し勧告、日本へ照会なし 韓国10億円拠出触れず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦合意国連委見直し勧告 日韓安保協力に暗雲 歴史問題利用も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦を「性奴隷」報告書、韓国世論刺激を警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、文氏と激突!日韓合意厳命「責任持って実施を」 反故なら米国の顔にも泥 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島・尖閣諸島 新資料公表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣諸島、竹島の領有権 裏付ける資料公開 政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「日韓合意は基盤」 文氏「受け入れられぬ現実」 電話会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦「謝罪の碑文」取り消し 偽証の吉田氏長男「耐えられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日韓合意「受け入れられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦合意見直し、日本は断固拒否 菅官房長官がクギ刺す「世界の常識だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍晋三首相、日韓合意見直しを牽制 韓国の文在寅大統領と初の電話会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相、日韓合意履行要求…文氏「国民受け入れず」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日韓合意「責任持ち実施を」=首相、文大統領と初電話会談―北朝鮮問題で緊密連携 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日韓合意、再交渉あり得ぬ=自民部会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国・文在寅大統領が誕生 歴史戦最前線 九州・山口から危惧の声「決定守るのが世界のルール」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅長官「日韓合意の実施求めていく」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦合意、やはり「再交渉」要求するのか 文在寅新大統領が探る「落としどころ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国大統領選 菅義偉官房長官「それぞれ責任をもって日韓合意実施を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日韓合意、首脳間で履行要請=再交渉には応ぜず―政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国大統領選 安倍晋三首相が文在寅氏にコメント「未来志向の日韓関係を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国大統領選 日本、慰安婦合意の履行要求へ 首相が早期の電話会談に意欲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国大統領選 額賀福志郎・日韓議連会長、文在寅氏に慰安婦合意履行求める「国と国との約束」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岸田外相、韓国新政権に日韓合意の順守求める - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:駐韓大使 慰安婦像の撤去要請か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少女像撤去へ前向き回答なし=駐韓大使、大統領代行と会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少女像撤去など韓国外相に要望…長嶺駐韓大使 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長嶺大使が慰安婦像撤去を要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<長嶺大使>少女像撤去を改めて要請 韓国外相と会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少女像の撤去求める=長嶺大使、韓国外相に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国、少女像横に徴用工碑計画 市民団体 菅官房長官「極めて問題」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

国連の日韓合意見直し勧告に反論 岸田文雄外相
産経新聞 5/15(月) 15:00配信

 岸田文雄外相は15日の参院決算委員会で、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が慰安婦に関する日韓合意の見直しを韓国政府に勧告したことについて「国際社会が高く評価した合意だ」と反論した。「着実に実行することが重要だという認識に変わらない」とも述べ、合意見直しに応じない考えを示した。

 岸田氏は合意について「慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることについて韓国政府の明確かつ十分な確約を得た」とも指摘し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が選挙期間中に主張した合意見直しの動きを牽制(けんせい)した。

 勧告に対する韓国側の反応には「公式発表があったとは承知していない」と説明する一方、「(拷問禁止委の)報告書を引用しつつ、合意の問題を指摘するような報道がなされている」と指摘。勧告を利用して合意見直しを迫ることへの警戒感をにじませた。


慰安婦を巡る再交渉、61%「不要」…読売調査
読売新聞 5/15(月) 7:55配信

 読売新聞社の全国世論調査で、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、大統領選挙の期間中、慰安婦問題を巡る日韓合意の再交渉を求めていたことについて聞くと、日本政府が再交渉に「応じるべきではない」と答えた人は61%に上り、「応じるべきだ」の25%を大きく上回った。

 慰安婦問題を巡る日韓合意は、「最終的かつ不可逆的な解決」を定めている。今回の調査では、再交渉に対する日本国民の拒否感の強さが浮き彫りとなった。

 今後の日韓関係については、「変わらない」58%が最多で、「悪くなる」23%、「良くなる」8%。北朝鮮との対話を重視する文氏の方針が、核やミサイル問題の解決につながると「思わない」人は65%に上り、「思う」は23%だった。


慰安婦合意見直し勧告の拷問禁止委とは 国連憲章規定なし、独立性疑問
産経新聞 5/15(月) 7:55配信

 慰安婦問題をめぐる日韓合意の見直しを唐突に韓国政府に勧告したことで注目を集めた拷問禁止委員会。国連の人権条約に基づく委員会だというが、そもそも国連でどういう位置づけなのか。また、その独立性には大きな疑問符がつく。

 国連は1948年12月、世界人権宣言を採択。これを契機に人権に関する条約を次々に主導していった。

 その一つである拷問等禁止条約は84年に採択された。拷問禁止委員会は、87年の条約発効に合わせて批准国家の履行状況を監視する組織として設置された。日本は99年に条約に批准している。

 このような機関は「条約機関」と呼ばれる。国連憲章に根拠規定がないため、総会や安全保障理事会のような「主要機関」、国際原子力機関(IAEA)などの「関連機関」、世界保健機関(WHO)などの「専門機関」とは一線を画するが、広義での国連機関と言ってもよい。国連人権高等弁務官事務所も2013年発行の文書で「条約機関は国連人権システムの中の不可欠な一部である」と説明している。

 国連には、社会権規約、自由権規約、女子差別撤廃条約、児童の権利に関する条約、人種差別撤廃条約などの条約機関として委員会が設置されている。

 各委員会は「独立した専門家」で構成され、定期的に締約国が提出する政府報告を審査し、国連総会で活動報告を行うことが主な任務となっている。

 だが、各委員会の独立性には疑問符がつく。委員の多くが、締約国の推薦を受けて選任されているからだ。しかも、各委員会の政府審査は、国連欧州本部(ジュネーブ)で開かれており、国連事務局が事務的補佐を担い、国連の予算措置を受けている。

 それだけに国連欧州本部の強い影響下にあるのは間違いない。ここを舞台に活動する思想性の強い一部の非政府組織(NGO)と連動していると言っても過言ではないだろう。(田北真樹子)


「『反日』と聞くと民族の血が燃える」呉善花・拓殖大教授、松江で講演
産経新聞 5/14(日) 22:22配信

Mssonfa
講演する呉善花さん(写真:産経新聞)

 評論家の呉善花・拓殖大教授を招いて日韓問題を考える「呉善花塾」が14日、松江市の市民活動センター・交流ホールで開かれた。呉さんは、新大統領が誕生した韓国の現状や核・ミサイルの開発を続ける北朝鮮の動向を踏まえながら、今後の日韓問題の展開について話した。

 日韓問題に関する勉強会として、平成21年に有志が始めた呉善花塾。25年以来の開催となり、講師の呉さんが「韓国はどうなる? 日本はどうする!!」と題して講演した。

 呉さんは、文在寅大統領が「韓国国民の大多数は慰安婦合意を受け入れられない」と安倍晋三首相に伝えたことに触れ、「国民に責任を転嫁している。日本人はしっかりと見極めておくべきだ」と話した。

 また、「韓国にとっての『民主化』は『反日』につながり、『反日』と聞くと民族としての血が燃える。いつのまにか、慰安婦問題や竹島問題が作られ、今後はさらに『強制徴用工』の問題がこれらに加わってくる」と指摘した。

 一方、韓国経済については、「文氏は理想だけで現実的なことを言っておらず混乱に陥る。韓国経済がつぶれそうになると、必ず助けるのが日本だが、根本的な解決にならない」と訴えた。


慰安婦合意国連委見直し勧告、日本へ照会なし 韓国10億円拠出触れず
産経新聞 5/14(日) 7:55配信

 ■「日本の履行不十分」報告書…責任転嫁と誤認

 国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の見直しを韓国政府に勧告した問題で、韓国が同委員会に提出した文書で日本政府の10億円拠出に触れず、日本側の履行が十分でないため慰安婦問題が解決されていないとの見解を示していたことが13日、分かった。文書は「最終的かつ不可逆的に解決される」との合意内容に沿っておらず、誤った情報に基づく勧告に日本政府は強い不快感を示している。

 文書のタイトルは「拷問禁止委員会に対する韓国代表団の書面回答」で、同委員会のホームページに掲載された。日韓合意について「2国間の外交問題である“慰安婦問題”は、日本政府が言及した措置が誠実に履行されるという“条件”で解決されるとの意味だ」と解釈。一方、元慰安婦を支援する財団に日本が10億円を拠出した事実に関する記述はなかった。

 韓国は2月に提出した報告書で、過去に出された勧告に対する06~15年の実施状況を説明したが、日韓合意には触れていなかった。今月2、3両日に同委員会の審査を受けた際、日韓合意に関する情報提供を求められたため、書面回答を提出したとみられる。

 同委員会が日韓合意を持ち出した背景には、3月20日に韓国の非政府組織(NGO)63団体が提出した報告書の存在があるようだ。報告書は、韓国政府が元慰安婦の要求を無視して日本と合意を結び、元慰安婦らに日本からの資金受け取りを勧めたため精神的苦痛や健康悪化に苦しむことになった-との内容だった。

 しかし、日韓合意時に元慰安婦と認定された46人のうち、34人は財団を通じて日本の拠出金を財源とした現金支給の受け入れを表明。すでに32人が受け取り、NGO側の主張とは実態が異なっている。

 ジュネーブの国連欧州本部は、NGOから人権侵害などの情報提供を積極的に取り入れて加盟国審査を行う。拷問禁止委員会も人権状況を調査しており、過去には日本に対する勧告で慰安婦を「性奴隷」と表現するなど、NGO側の主張を基に改善を迫ってきた。

 今回の勧告は韓国を対象にした審査で、日本が関与する余地はなく、合意の履行状況に関する照会もなかった。日本政府は勧告にかかわらず引き続き日韓合意の履行を迫るが、韓国の書面回答に対し、政府関係者は「きちんと対応する」としており、経緯を確認した上で抗議も含め対処する考えを示した。


慰安婦合意国連委見直し勧告 日韓安保協力に暗雲 歴史問題利用も
産経新聞 5/14(日) 7:55配信

 韓国の文在寅政権発足に伴い、日韓関係は慰安婦問題の日韓合意に加え、両国の安全保障協力も焦点となりそうだ。「新たな段階」に入った北朝鮮の脅威に対処するには自衛隊と韓国軍の連携が必要で、最近は強化される傾向にあった。しかし、国連拷問禁止委員会による日韓合意の見直し勧告を受けて文政権が歴史問題で攻勢をかける可能性もあり、安保協力に暗雲が垂れ込めている。

 「慰安婦と安保がきれいな線で切れるかどうか…。安保協力の前提となるのは信頼関係だ」

 文氏が大統領選で勝利した9日、政府高官はこうつぶやいた。文氏は選挙戦で日韓合意の見直しを訴えてきた一方、歴史と安保・経済を切り離す「ツートラック外交」を模索する。しかし、日本とすれば、文氏が国際約束である日韓合意をほごにすれば、安保協力に積極的になれないというわけだ。

 朴槿恵(パク・クネ)前政権でも慰安婦問題や朴氏自身の不祥事などで混乱したとはいえ、日韓両国の防衛協力は一定の進展を見せていた。

 平成27年5月に4年ぶりに防衛相会談が行われ、同年10月には13年ぶりに韓国軍艦艇が自衛隊観艦式に参加した。昨年6月に初めて日米韓のミサイル探知・追尾訓練を行い、今年3月まで計4回実施した。

 公表ベースでは、日韓2国間の共同訓練は27年10月を最後に途絶えている。

 だが、自衛隊関係者は「韓国側の要望で公表していないが、海賊対処訓練や捜索・救難訓練は一定の頻度で行っている」と明かす。

 日韓防衛協力の進展は米政府の要望でもあったが、北朝鮮の脅威が深刻化する中で日韓双方が連携を必要としたことが後押しした。朴政権退陣騒動で揺れ動いていた昨年11月には、長年の懸案だった軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の署名にもこぎ着ける成果を挙げた。

 日本側は韓国が持つ北朝鮮関連情報を必要としており、朝鮮半島有事の際の邦人退避では韓国政府の協力が不可欠となる。韓国側にも自衛隊の潜水艦哨戒能力などに対する高い期待がある。

 しかし、文政権の背景には「北朝鮮が韓国より正統性があるとみなす支持層が約3割いる」(外務省幹部)との分析もある。文氏が秘書室長として仕えた盧武鉉政権は、日米両国が提供した情報が北朝鮮側に流れる懸念がつきまとった。政府高官は「文政権にもそうした心配があるのは事実」と打ち明ける。

 歴史問題を利用した支持基盤固めや情報漏洩(ろうえい)への不安が拭いきれない中で、安保協力をいかに位置づけるか。日本政府は難しい選択を迫られることになりそうだ。(杉本康士)


慰安婦を「性奴隷」報告書、韓国世論刺激を警戒
読売新聞 5/13(土) 20:13配信

 日本政府は、慰安婦を「性奴隷」と位置づけた国連拷問禁止委員会の報告書について、日韓関係の新たな火種にならないか警戒している。

 慰安婦問題をめぐる日韓合意に否定的な韓国世論を刺激しかねないためだ。

 報告書は、慰安婦について「第2次世界大戦中の性奴隷制度の犠牲者」とするなど、事実に反する表現が含まれている。日本政府は反論することも検討しているが、今後、韓国政府の動きを見極めたうえで対応を決める方針だ。報告書が韓国に宛てて作成されたもので、日本政府が一方的に主張すれば、韓国側の反発を招きかねないためだ。

 韓国では日韓合意の「再交渉」を掲げた文在寅(ムンジェイン)氏が新大統領に就任した。報告書発表のタイミングが、韓国内で合意を見直そうとする機運の高まりと重なったことも、日本政府が神経を使う要因だ。


安倍首相、文氏と激突!日韓合意厳命「責任持って実施を」 反故なら米国の顔にも泥
夕刊フジ 5/13(土) 16:56配信

 安倍晋三首相が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、慰安婦問題に関する日韓合意の順守を“厳命”した。11日に行われた電話首脳会談で、合意について「未来志向の日韓関係を築いていくための欠くことができない基盤だ」と断言したのだ。文氏は「国民の大多数が心情的に受け入れられない…」などと反論を試みたが、「最終的かつ不可逆的に解決」という国家間の合意の重みを理解しているのか。「慰安婦カード」で優位に立とうとした文氏のもくろみは失敗に終わったといえる。 

 文氏は大統領選で、歴史問題と経済問題を切り離す「ツー・トラック外交」を掲げた。日韓合意の見直しを求めながらも、日本から経済協力を得たい。そんな都合のいい考えは、安倍首相の冒頭発言で打ち砕かれた。

 「日韓関係は長年にわたって両国の関係者が努力を積み重ね、友好関係を築いてきた。大統領とともに未来志向の日韓関係を築いていきたい」

 過去ではなく、「未来」という言葉を使ったことに、慰安婦問題を対日カードとして「蒸し返すことは許さない」という安倍首相の強い決意がうかがえる。日韓合意をめぐっても、次のようなやりとりが交わされた。

 安倍首相「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい。合意は日韓両国間で約束したもので国際社会から高く評価された。未来志向の日韓関係を築いていくために欠くことができない基盤だ」「責任を持って(合意を)実施していくことが重要だ」

 文氏「韓国国内では日韓合意には慎重な意見がある」「国民の大多数が心情的に受け入れられないのが現実だ」「民間の領域で起きた問題を政府が解決するには限界があり、時間が必要だ」「(河野談話など)精神を継承し尊重する姿勢が必要だ」「両国の発展のためには、歴史問題は賢く解決していく必要がある」

 国内世論などを理由に逃げを図ろうとした文氏だが、「極左・従北」とされるリーダーは国際社会のルールをまったく理解していない。

 ソウルの日本大使館前や、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像は、外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約に完全に違反する。「民間の領域~」という言い訳はまったく通用しない。

 加えて、日韓合意を反故(ほご)にする行為は、国際社会から「韓国は国家間の約束も守れない野蛮で恥知らず、信用できない国」と位置付けられる。日韓合意の後ろ盾となった米国の顔にも泥を塗る行為であり、今後、外国企業の韓国進出、投資などにも影響が出る。国家として「自滅」の道をたどりかねないのだ。

 文氏が「切り札」のように持ち出した1993年の「河野洋平官房長官談話」は、信憑(しんぴょう)性のない“作文”であることが判明している、いわくつきの談話である。

 政府の調査では「慰安婦の強制連行は確認できなかった」のに、河野氏が記者会見で、独断で強制連行を認める発言をしたのだ。「河野氏は万死に値する」という識者もいる。

 そんな談話に頼らざるを得なかったところに、文氏の苦しさが表れている。

 文氏は電話会談で「歴史問題が両国関係発展の足を縛るのはよくない」とも述べた。韓国が、歴史問題をたびたび蒸し返し、日本に反省と謝罪を求めていることを忘れているかのような“妄言”といえる。

 安倍首相との電話会談で、やり込められた形の文氏だが、それに先立つ中国の習近平国家主席との電話会談でも、厳しい要求を突きつけられた。

 韓国に配備された、米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」について、習氏から「重大な懸念」を示されたのだ。中国外務省によると、習氏は「韓国新政府が中国側の重大な懸念を重視し、両国関係の健全で安定した発展のため、実際に行動をとることを希望する」と語ったという。

 韓国・聯合ニュースは、文氏は習氏に対し、次のように答えたと報じている。

 「THAAD配備に対する中国の関心と憂慮をよく承知している。これに関する理解を深めながら、速やかに両国間の意思疎通が図られるよう希望する」

 すでに配備されたTHAADの撤去は現実的に困難で、北朝鮮の「核・ミサイル」による脅威を考えても、同国の防衛上必要不可欠なものだ。文氏の回答には、苦しさしか感じられない。

 就任式の演説で、文氏は「必要なら直ちにワシントンに飛んでいく。北京、東京にも行き、条件が整えば平壌にも行く」といい、全方位外交に強い意欲を示した。だが、その外交はスタート早々、つまずきを見せた。


竹島・尖閣諸島 新資料公表
ホウドウキョク 5/13(土) 8:56配信

978
(写真:ホウドウキョク)

政府は、島根県の竹島と沖縄県の尖閣諸島の領有の正当性を示す、新たな資料を公表した。
政府が新たに公表したのは、島根県の竹島と沖縄県の尖閣諸島の領有の正当性を示す新たな資料、およそ670点。
竹島に関連する資料では、日本の領土とすることを確定した1951年のサンフランシスコ講和条約を結ぶ際、竹島を日本の領土としないよう求めた韓国の主張を否定した、アメリカの政府高官の書簡などがある。
また尖閣諸島関係では、1744年の清の時代が、尖閣諸島を領域として認識していなかったことを示す、中国の官製地図などを示している。
政府は、内閣官房のウェブサイトに資料を掲載し、「今後も力によるものではなく、適正な主張を内外に丁寧に発信したい」としている。


尖閣諸島、竹島の領有権 裏付ける資料公開 政府
産経新聞 5/12(金) 20:29配信

 政府の内閣官房領土・主権対策企画調整室は12日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)と竹島(島根県隠岐の島町)の日本の領有権を裏付ける新たな資料約30点を盛り込んだ報告書を作成し、ホームページに公表した。中韓などの主張の不当性を国際社会にアピールする狙いがある。

 尖閣諸島に関しては、1819(文政2)年、琉球の王族が薩摩藩(現在の鹿児島県)に向かう途中、暴風雨で尖閣諸島に漂着したと記載する資料を掲載した。記録が残る1845年の英国人の上陸より26年早く、最古の上陸とみられる。当時から日本人が島として認識していたことを裏付けるものとされる。

 尖閣諸島関係は約330点の資料を調査し、18点を公開。1744年の清朝の領域が台湾の西半分までにとどまっていたことを示す版図も含まれている。

 竹島関連は約340点を調査、12点を公表した。明治38(1905)年7月に読売新聞が掲載した竹島の名称に関する解説記事や、「(竹島が)鬱陵島の行政区画に編入されたことが明示された公的記録がない」と記述した韓国外交部の1955(昭和30)年の刊行物などが盛り込まれた。

 同室の担当者は「客観的で歴史的な証拠を積み重ねることで、日本政府の主張の正当性を内外に示していきたい」としている。

 政府は平成27年以降、重要と判断した資料を毎年報告書にまとめ公表してきた。


首相「日韓合意は基盤」 文氏「受け入れられぬ現実」 電話会談
産経新聞 5/12(金) 7:55配信

 安倍晋三首相は11日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と初めて電話会談した。両首脳は関係改善に意欲を示し、早期に首脳会談を実現することで一致。安倍首相は慰安婦問題をめぐる日韓合意について「責任を持って実施していくことが重要だ」と求めた。一方、韓国大統領府によると、文氏は「国民の大多数が心情的に合意を受け入れられないのが現実だ」としながらも「双方が賢く解決できるよう努力する必要がある」と述べた。両首脳の会談は約25分間行われた。冒頭、安倍首相は「韓国は日本にとって戦略的な利益を共有する重要な隣国だ。大統領とともに未来志向の日韓関係を築きたい」と語った。

 安倍首相は「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」とした上で、合意は「未来志向の日韓関係を築いていくための欠くことができない基盤だ」と強調し、再協議を主張する文氏を牽制(けんせい)した。今回の会談で、文氏が合意の再交渉を持ち出すことはなかったという。

 文氏は「民間の領域で起きた問題を政府が解決するには限界があり、時間が必要だ」とも説明した。日本側が釜山(プサン)の日本総領事館前などの慰安婦像の撤去を求めていることを念頭にした発言とみられる。

 北朝鮮問題では、日韓が緊密に連携して対応する方針を確認した。

 文氏は同日、安倍首相との会談に先立ち、中国の習近平国家主席とも電話会談した。中国外務省によると、習氏は、韓国に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を念頭に「韓国新政府が中国側の重大な懸念を重視し、両国関係の健全で安定した発展のため、実際に行動をとることを希望する」と述べた。習氏は文氏の訪中を正式に招請し、特使を交換することでも一致した。

 北朝鮮の核問題については、習氏が「中国は対話による問題解決を堅持している」と主張。文氏は「6カ国協議などの早期再開を通じて、朝鮮半島の非核化を実現させることを望んでいる」と応じたという。(原川貴郎、北京 藤本欣也、ソウル 桜井紀雄)


慰安婦「謝罪の碑文」取り消し 偽証の吉田氏長男「耐えられない」
産経新聞 5/12(金) 7:55配信

 朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した吉田清治氏(故人)の長男が、父親が韓国内に建てた「謝罪碑」の碑文の説明も虚偽だとして、関係者を通じて碑文を書き直していたことが11日、分かった。長男は「父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることにこれ以上、耐えられない」と説明している。長男は、ジャーナリスト、大高未貴氏の新著『父の謝罪碑を撤去します』(産経新聞出版、6月2日発売予定)で、経緯などについて詳細に語った。

 吉田氏の虚偽証言は、朝日新聞が1980~90年代初頭にかけて集中的に紙面で取り上げた。

 また、同氏の著書『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』は、慰安婦を「性奴隷」と位置づけた96年の国連のクマラスワミ報告にも引用された。

 謝罪碑は昭和58年、吉田氏が著書の印税で韓国・天安市の国立墓地「望郷の丘」に建立し、朝日新聞は2度にわたって記事を掲載した。

 同年12月24日付朝刊では、吉田氏が碑の除幕式で「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行されて…」と書かれた碑文を読み上げ、式典参加者らの前で土下座したことを記事と写真で伝えた。

 大高氏の新著によると、長男は「父が私費を投じて建てた碑であれば、遺族の権限で撤去が可能だ」と考えた。今年3月、長男から依頼を受けた元自衛官の男性が撤去を試みたが、コンクリートに埋まってできないため、碑の上に「慰霊碑 吉田雄兎(ゆうと) 日本国 福岡」と韓国語で書かれた別の碑を張り付けた。「雄兎」は吉田氏の本名。碑文の変更は現地の施設管理者にも届けられた。

 朝日は平成26年に吉田氏の関連記事18本を取り消した。長男は大高氏に対し、「朝日新聞が間違いだったと発表したわけですから、それに沿って間違いは正さなければなりません。朝日新聞社は謝罪碑の間違いを正さないでしょうから、正すことができるのは私しかいません」と語った。

 碑文を書き換えた元自衛官の男性には、5月初旬までに韓国の警察から3回電話があったという。


日韓合意「受け入れられない」
ホウドウキョク 5/11(木) 22:22配信

日韓合意に否定的な見方を示した。
韓国の大統領府は11日、日韓首脳の電話会談の中で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が安倍首相に対して、「日韓合意について、大多数の韓国国民が受け入れることができないのが現実だ」と伝えたことを明らかにした。
韓国大統領府の広報官は、「(国民の大多数が)合意を受け入れられないのが現実で、民間の領域で起きた問題に対して、政府が解決するのは限界があり、時間が必要」と述べた。
このうえで、文大統領は、慰安婦問題の解決のためには、「国民の情緒と現実を認めて、両政府が共同で努力するべきだ」と安倍首相に伝えたという。


慰安婦合意見直し、日本は断固拒否 菅官房長官がクギ刺す「世界の常識だ」
夕刊フジ 5/11(木) 16:56配信

Kusochoninbai
ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像(写真:夕刊フジ)

 韓国の新大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏は選挙中も、慰安婦問題をめぐる日韓合意(2015年12月)の見直しを公言していた。今後、合意破棄や再交渉に向けて動くとみられるが、国際的な約束を履行しようとしない理不尽な要求に対して、日本は断固拒否する構えだ。

 「国際社会から高く評価され、日韓それぞれが責任を持って実施していくことが極めて重要だ」

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、慰安婦合意についてこう語り、再交渉には応じない考えを示した。外務省幹部も「政権交代したから『破棄』とはならない。それが世界の常識だ」とクギを刺した。

 日本政府は「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」という合意に基づき、元慰安婦の支援のために韓国政府が設立した財団に約10億円を拠出した。

 ところが、韓国側はソウルの日本大使館前の慰安婦像を撤去するどころか、釜山の日本総領事館前にも昨年12月、慰安婦像を新設したのだ。問題を蒸し返して複雑化させているのは、韓国側の一方的な事情でしかない。

 文氏は投票日前日の8日、「日本には慰安婦合意は間違いだったと堂々という!」と語っている。今後も筋違いの主張を繰り返す可能性は高いが、日本政府は決然として突き放すべきだ。


安倍晋三首相、日韓合意見直しを牽制 韓国の文在寅大統領と初の電話会談
産経新聞 5/11(木) 16:30配信

 安倍晋三首相は11日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と初めて電話会談した。両首脳は関係改善に意欲を示し、早期に首脳会談を実現することで一致。安倍首相は慰安婦問題をめぐる日韓合意について「責任を持って実施していくことが重要だ」と求めた。一方、韓国大統領府によると、文氏は「国民の大多数が心情的に合意を受け入れられないのが現実」としながらも、「双方が賢く解決できるよう努力する必要がある」と述べた。

 両首脳の会談は約25分間行われた。冒頭、安倍首相は「韓国は日本にとって戦略的な利益を共有する重要な隣国だ。大統領とともに未来志向の日韓関係を築きたい」と述べた。

 安倍首相は、「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と述べた上で、合意は「両国間で約束したものだ。国際社会から評価され、未来志向の日韓関係を築いていくための欠くことができない基盤だ」と強調し、再協議を主張する文氏を牽制(けんせい)した。ただこの日の会談では、文氏が合意の再交渉を持ち出すことはなかったという。

 北朝鮮問題をめぐっては、日韓が緊密に連携して対応する方針を確認した。

 これに先立ち、文氏は10日夜、トランプ米大統領と電話会談し、米韓同盟の結束を再確認するとともに、早期に首脳会談を行うことで一致した。

 また、文氏は11日、中国の習近平国家主席とも電話会談した。中国外務省によると、習氏は、韓国に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を念頭に、「韓国新政府が中国側の重大な懸念を重視し、両国関係の健全で安定した発展を推進するため、実際に行動をとることを希望する」と述べた。

 韓国政府によると、習氏は文氏の訪中を正式に招請し、特使を交換することでも一致したという。

 北朝鮮の核問題については、習氏が「中国は対話による問題解決を堅持している」と主張。文氏は「韓国は中国とともに、6カ国協議などの早期再開を通じて、朝鮮半島の非核化を実現させることを望んでいる」と応じたという。

(原川貴郎、北京 藤本欣也、ソウル 桜井紀雄)


首相、日韓合意履行要求…文氏「国民受け入れず」
読売新聞 5/11(木) 15:45配信

 安倍首相は11日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と初めて電話会談し、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対し、日韓両国が緊密に連携して対処する方針を確認した。

 文氏が大統領選で「再交渉」を主張した2015年12月の慰安婦問題を巡る日韓合意について、首相は着実な履行を求めたが、文氏は「韓国国民の大多数が、感情的に合意を受け入れていないのが現実だ」との見方を示した上で、「韓国国民の感情と現実を認めながら、双方が共同で努力しよう」と述べるにとどめた。

 日韓両政府の説明によると、電話会談は約25分間行われ、首相は冒頭で大統領就任の祝意を伝えた後、「北朝鮮の核・ミサイル開発は新たな段階の脅威であり、喫緊の課題だ。北朝鮮の非核化を実現すべく、大統領とともに緊密に連携していきたい」と述べ、日米韓3か国による連携の必要性や北朝鮮への圧力強化を訴えた。文氏も「核・ミサイルに対する問題意識は首相の思いと同じだ」と理解を示した。


日韓合意「責任持ち実施を」=首相、文大統領と初電話会談―北朝鮮問題で緊密連携
時事通信 5/11(木) 15:03配信

 安倍晋三首相は11日、韓国の文在寅大統領と約25分間電話で会談した。

 首相は慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意について、「国際社会からも高く評価された合意を責任を持って実施することが重要だ」と述べ、着実な履行を求めた。両首脳は緊張が高まる北朝鮮問題に緊密に連携して対応する方針で一致した。

 両首脳による電話会談は初めて。首相は「共に未来志向の日韓関係を築いていきたい。大統領とはうまくやっていけると信じている」と伝えた。日韓合意を含む両国関係について「適切にマネージ(管理)していきたい」とも語った。文氏は「未来志向が大切だ。さまざまな課題はあるが、知恵を絞りながら良い2国間関係を築いていきたい」と応じた。

 韓国大統領府によると、文氏は日韓合意について「国民の大多数が情緒的に受け入れることができないのが現実だ」と説明。「民間の分野で起きたことを政府が解決するには限界がある」と、ソウルの日本大使館前などに設置された慰安婦を象徴する少女像の撤去を求める日本側をけん制した。

 ただ、文氏は歴史問題に関し「両国の未来志向的発展の障害になってはならない。賢く克服していく必要がある」とも訴えた。文氏は大統領選で日韓合意見直しに向けた再交渉を公約していたが、電話会談では言及しなかったという。

 北朝鮮問題への対応をめぐって、首相は「北朝鮮の非核化を実現すべく大統領と共に緊密に連携していきたい」と述べると同時に、「対話のための対話では意味がなく、非核化に向けた真剣な意志と具体的行動を(北朝鮮が)示すことが重要だ」と指摘。文氏も「首相の思いと同じだ」と応じた。

 両首脳はできるだけ早期に会談することで一致。首相は、先送りとなっている日本での日中韓首脳会談について、早期に開催したいとの意向を伝えた。


日韓合意、再交渉あり得ぬ=自民部会
時事通信 5/11(木) 10:56配信

 自民党は11日の外交部会で日韓関係について議論した。

 文在寅大統領が先の大統領選で、慰安婦問題に関する日韓合意の再交渉を日本政府に求める考えを示していたことについて、出席者からは応じるべきではないとの意見が相次いだ。

 山田宏氏は「再交渉とかばかなことを言っているが、そんなことはあり得ない。100年たっても200年たっても『履行せよ』の一点で臨むべきだ」と主張。原田義昭氏も「日本が頭を下げてお願いするものではない。『守れ』と言うしかない」と語った。

 また、日韓合意の重要性を米国に説明し、韓国に対して影響力を行使するよう要請するべきだとの意見も出た。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は「再交渉することはあり得ない」と述べた。


韓国・文在寅大統領が誕生 歴史戦最前線 九州・山口から危惧の声「決定守るのが世界のルール」
産経新聞 5/11(木) 7:55配信

 韓国の新大統領に10日、文在寅(ムン・ジェイン)氏が就任した。文氏は選挙戦を通じて、慰安婦問題をめぐる日韓合意の見直しなど、反日的な言動を繰り返した。九州・山口は、中国や韓国が仕掛ける「歴史戦」の最前線だけに、関係者から、文氏の姿勢を危惧する声が上がった。

 「大統領就任後も反日的な態度に出るなら、反日グループがそれに乗じて、日本にいる支援者と組み、『強制連行があった』と蒸し返すだろう」

 長崎市にある端島(はしま)炭坑(通称・軍艦島)の見守り活動を続ける同市の会社経営、小川茂樹氏(53)は、こう語った。

 端島炭坑は平成27年、「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録された。その際、韓国側から「朝鮮半島出身者らが強制労働をさせられた監獄島だ」と根拠のない批判が浴びせられた。

 このため長崎市は昨年、観光クルーズ船での案内用として、運航会社に「島民は一つの家族のようだった。監獄島ではない」などと反論する文書を配布せざるを得なかった。

 「明治日本の産業革命遺産」では、松下村塾(山口県萩市)も韓国から非難を受けた。同国外務省の真相究明委員会が作成した冊子は、吉田松陰が「朝鮮半島への日本の帝国主義を主導した」と断じた。

 松下村塾を管理する松陰神社の青田国男宮司(67)は「反日で国をまとめる動きは非常に残念だ。アジアの近代史で日本の果たした役割を、光と闇の両面で見るべきだ。日本で『韓国を放っておけ』という論調が強くなれば、困るのは韓国だ。現実路線でかじ取りしてほしい」と求めた。

 現実路線を望む声は経済界からも上がった。

 山口県下関市と韓国・釜山の定期便を運航する関釜フェリーによると、釜山の日本総領事館前に慰安婦像が建てられるなど日韓関係の悪化が影響し、日本人の利用は低迷が続く。

 一方、韓国人の利用者は2~3カ月前から増加し、全利用者の8割以上を占める。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐり、中国との関係が悪化したため、旅行先を中国から日本に変更するケースが多いとみられる。

 同社の担当者は「文大統領には、日本人も安心して韓国に旅行できるよう、北朝鮮の核開発問題や慰安婦像の撤去などに取り組んでほしい」と語った。

 福岡県飯塚市で朝鮮人追悼施設内に記された「強制連行」の表現などに対し、誤った歴史認識を正す活動をしている市民団体共同代表、佐谷正幸氏(84)は「韓国の国民は感情をむき出しにして騒ぎ、それによって政権の判断が左右される。そうした状況は簡単には変わらないとは思うが、日本の訴えにも理解を示してもらいたい」と主張した。

 冷静さを求めるのは、日本人だけではない。在日本大韓民国民団(民団)の在福岡幹部は「文大統領も、国家間の合意は破棄できないと分かっているはずだ。両国関係の早期改善を望みたいのが本音ではないか」と語った。

 文氏は反日姿勢に加え、北朝鮮への融和論者で知られる。

 昭和53年8月に鹿児島県日置市から北朝鮮に連れ去られた市川修一さん(62)=拉致当時(23)=の兄、健一さん(72)は「制裁をかけないと北朝鮮の思い通りに進んでしまう。核やミサイル、拉致は国際社会が歩調を合わせて解決せねばならないが、日米韓にひびが入ることを懸念している」と語った。

 韓国人に仏像が盗まれた長崎県対馬市の観音寺の前住職、田中節孝氏(70)は「日本との問題を決着させない姿勢をみせることがトレンドになっており、慰安婦問題などの解決は難しいと思う。だが、政権が変わろうとも、過去に話し合い、決定したことを守るのが世界のルール。守らなければ信頼されない国になる」と主張した。

 観音寺から盗まれ韓国に持ち込まれた「観世音菩薩坐像」については、1月に韓国・大田(テジョン)地裁で日本への返還を認めない判決が出された後、2審で審理が続いている。

 文氏は9日夜の勝利宣言で「常識が常識として通じる国をつくる」と語った。九州・山口の人々も、国際常識が通じる国づくりを望んでいる。


菅長官「日韓合意の実施求めていく」
ホウドウキョク 5/10(水) 19:22配信

引き続き、日韓合意の実施を求めていく考えを示した。
菅官房長官は「政府としては、引き続き、韓国側と粘り強く、あらゆる機会を捉えて、合意の着実な実施を求めていきたいと思う」と述べた。
菅官房長官は、文在寅(ムン・ジェイン)氏が韓国の新大統領に就任したことを受け、「心からお祝いを申し上げる」と祝意を示したうえで、慰安婦をめぐる日韓合意の実施を引き続き求めていく姿勢を示した。
菅長官は「日韓それぞれが、責任を持って実施することが、極めて重要だ」と強調し、安倍首相との電話会談については、「調整中だ」と述べるにとどめた。


慰安婦合意、やはり「再交渉」要求するのか 文在寅新大統領が探る「落としどころ」
J-CASTニュース 5/10(水) 18:59配信

 韓国の新大統領、文在寅(ムン・ジェイン)氏(64)が対日関係で真っ先に直面することになりそうなのが、慰安婦をめぐる合意の問題だ。

 朴槿恵(パク・クネ)政権下の2015年末に結ばれた合意では、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」するとしていたが、文氏は再交渉を主張し続けてきた。だが、韓国メディアには合意の再交渉や破棄は現実的でないとする声もあり、日本側も再交渉には応じない方針だ。文氏が国内世論との「落としどころ」をどう探るかが注目されそうだ。

■世論調査では7割が「再交渉」

 2015年12月28日の日韓合意では、日本政府が元慰安婦の女性を支援する財団設立のために約10億円を拠出することを前提に、慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」としていた。だが、合意に対する韓国世論の風当たりはきわめて強く、韓国ギャラップ社が17年2月に行った世論調査では、70%が「再交渉しなければならない」と回答。文氏も合意について「無効にし、再交渉を推進する」ことを繰り返し表明してきた。

 文氏は大統領当選後、慰安婦問題に対する態度を直接的には明らかにしていない。17年5月10日昼に国会で行った演説では、朝鮮半島をめぐる安保情勢に対応するために

  「必要であれば、直ちにワシントンに行く。北京と東京にも行き、条件が整えば平壌にも行く」

と述べたが、それ以外に日本や慰安婦問題に関する言及はなかった。ただ、

  「選挙の過程で私が行った約束を誠実に守る」

とも発言しており、従来の「再交渉」路線も維持される可能性がある。一方、日本側は再交渉には応じず、引き続き合意の履行を求めていく。菅義偉官房長官は5月10日午前の記者会見で、合意は

  「国際社会から高く評価され、日韓それぞれ、責任を持って実施をしていく。このことがきわめて重要」

だとして、

  「引き続き韓国側に粘り強く、あらゆる機会をとらえて、合意の着実な実施を求めていきたい」

と述べ、ソウルの日本大使館や釜山の総領事館前に設置された慰安婦像についても引き続き撤去を求める考えだ。安倍晋三首相が文氏に直接合意の履行を求める可能性にも、

  「当然、合意をしていることなので、そうしたことはお互いの将来を考えた中で責任を持って進めていこうという話は、当然されることになるだろう」

と含みを残した。

合意破棄すれば「韓日関係そのものが完全に破綻」
 韓国国内からも、メディアを中心に文氏の主張が現実的でないという主張が出ている。朝鮮日報は16年12月17日の「慰安婦合意・GSOMIA破棄、文在寅氏は守れない約束をするな」と題した社説で、合意について

  「国際社会と結んだ約束であり、締結からすでに1年近くが過ぎた。これを今になって破棄するとなれば、韓日関係そのものが完全に破綻するだろう」

と警告。

 聯合ニュースも文氏の大統領当選後の17年5月10日の記事で、

 「韓国政府がこれ(日本側が再交渉に応じない方針)に対抗し、一方的に再交渉を推進したり、合意を破棄したりすれば、現実的に一定程度の外交的負担を甘受しなければならない」として「解決策は単純ではない」と指摘。その上で、次のように、時間をかけて落としどころを探るとの見方を示している。

  「慰安婦合意について性急に政策を進めた場合、日本と正面対決になり、新政府が取り得る政策の幅が狭くなる恐れもある。そのため、文政権は今後『再交渉』『追加交渉』『破棄』など合意をめぐる様々なシナリオを念頭に置いて外交戦略を模索し、国民と意思疎通を図るとみられる」

 文氏は、首相に李洛淵(イ・ナギョン)全羅南道(チョルラナムド)知事をあてる人事も発表。李氏は東亜日報の東京特派員を務めたこともあり、国会議員転身後は韓日議員連盟副会長を務めた。こういった「知日派」を重要ポストに置くことで、対日関係に配慮した可能性もある。


韓国大統領選 菅義偉官房長官「それぞれ責任をもって日韓合意実施を」
産経新聞 5/10(水) 12:59配信

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、韓国の新大統領に文在寅氏が就任したことについて「日韓両国の協力と連携は北朝鮮問題の対処など地域の平和と安定に極めて重要である。新政権との間でもさまざまな分野において日韓協力を進めて未来志向の新時代を築き上げていきたい」と祝意を述べた。

 文氏は慰安婦問題に関する日韓合意の見直しを主張しているが、菅氏は「日韓がそれぞれ責任を持って実施していくことが極めて重要だ」と繰り返し指摘。その上で「韓国側に粘り強くあらゆる機会をとらえて、合意の着実な実施を求めていきたい」と強調した。

 文氏は対北融和派として知られ、北朝鮮問題を日米との連携に与える影響が懸念されていることについて「日米韓の協力体制は不可欠だ。地域の平和と安全のためにしっかりと連携して行っていく」と述べた。


日韓合意、首脳間で履行要請=再交渉には応ぜず―政府
時事通信 5/10(水) 12:56配信

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、韓国新大統領に文在寅氏が就任したことを受け、慰安婦問題に関する日韓合意の着実な履行を安倍晋三首相から直接要請する方針を示した。

 また、文氏が選挙戦で訴えた合意の再交渉には応じない考えを改めて強調した。

 菅長官は日韓合意について「国際社会も、米国をはじめ高く評価している。日韓両国が責任を持って実施していくことが重要だ」と指摘。その上で「韓国側に粘り強くあらゆる機会を捉えて合意の着実な実施を求めていく。(首脳間で)責任を持って進めていこうという話は当然、することになる」と述べた。

 首相は同日昼の政府・与党連絡会議で「戦略的利益を共有する隣国として、北朝鮮問題で連携して対処するとともに、未来志向の日韓関係を発展させたい」との意欲を示した。

 岸田文雄外相は衆院外務委員会で、「文氏が北朝鮮に融和的という見方があることは承知している」との認識を示す一方、「韓国は戦略的な利益を共有する大切な隣国だ。新政権との間でしっかりと協力を進めなければならない」と語った。


韓国大統領選 安倍晋三首相が文在寅氏にコメント「未来志向の日韓関係を」
産経新聞 5/10(水) 1:12配信

 安倍晋三首相は9日夜、韓国大統領選で当選が確実となった文在寅氏を祝い、「日韓両国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国だ。共に仕事をしていくことを楽しみにしている」とするコメントを発表した。

 コメントでは、慰安婦合意には触れなかったものの「未来志向の日韓関係を幅広い分野で発展させていきたい」と呼びかけた。北朝鮮問題については「共通の課題」とした上で、「日韓両国は協力することで、東アジア地域の平和と繁栄に一層貢献できる」とした。


韓国大統領選 日本、慰安婦合意の履行要求へ 首相が早期の電話会談に意欲
産経新聞 5/10(水) 0:34配信

 日本政府は、韓国大統領選で、反日的姿勢を前面に出す選挙戦を展開した文在寅(ムンジェイン)氏の当選が確実になったことを受け、日韓関係のさらなる悪化も視野に入れた戦略を迫られる。安倍晋三首相との早期の会談を模索するなど、まずは文陣営との関係構築を急ぐ。

 「韓国と北朝鮮…しばらくは気が抜けない」。外務省幹部は9日、文氏が韓国大統領に選出されることを前提に、ため息交じりに語った。

 日本政府が最も警戒するのは、文氏が慰安婦合意の破棄に動くことだ。韓国の歴代政権は反日カードを常に活用してきただけに、今後の日韓関係を全く楽観していない。

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、慰安婦合意について「日韓両国間で約束したものだ。韓国側に粘り強く着実な実施を求めていく方針に変わりはない」と述べ、合意の再交渉には応じない考えを示した。外務省幹部も「政権交代したから『破棄』とはならない。それが世界の常識だ」とクギを刺した。

 一方、北朝鮮が核開発や弾道ミサイル発射を強行する中、日本にとって韓国との連携は不可欠だ。

 安倍首相は9日の参院予算委員会で、新大統領と早期に電話会談する意向を示し、北朝鮮に対して圧力強化で歩調を合わせるよう働きかける考えだ。また「北朝鮮の脅威に対処するため日韓、日米韓で安全保障面で協力を進めていく方針で一致したい」と述べ、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づく情報共有にも意欲を示した。

 安倍首相が日米韓の連携を強調したのは、韓国の新政権が性急な対北融和策に乗り出せば国際的圧力の効果を損じかねないからだ。政府高官は盧(ノ)武(ム)鉉(ヒョン)政権下で南北対話が進んだことを念頭に「当時と国際環境が違う。北朝鮮には戦略的圧力をかける段階だ」とした。


韓国大統領選 額賀福志郎・日韓議連会長、文在寅氏に慰安婦合意履行求める「国と国との約束」
産経新聞 5/9(火) 23:50配信

 超党派の日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相(自民)は9日夜、韓国大統領選で「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が当選確実となったことを受け、慰安婦問題をめぐる日韓合意について「国と国との約束であり、新政権にも国際的な信義に基づき着実な履行を求める」と述べた。

 その上で、日米韓の関係強化のためにも合意を守るよう、韓国側の議連などを通じて働きかけていく考えを示した。

 また、北朝鮮の核・ミサイル開発に関し、「朝鮮半島の安定を作ることが必要不可欠であるという共通認識を文氏に求めていく」と語った。


岸田外相、韓国新政権に日韓合意の順守求める
読売新聞 5/9(火) 13:00配信

 岸田外相は9日午前の閣議後の記者会見で、韓国大統領選の投票が始まったことに関し、「新政権ともぜひ(慰安婦問題を巡る2015年末の)日韓合意を含め、様々な分野で協力を進めたい」と述べ、新政権に日韓合意の順守を求める考えを示した。

 菅官房長官も記者会見で、最有力候補とされる文在寅(ムンジェイン)氏が日韓合意の再交渉を求めていることについて、「合意は両国で約束したもので、国際社会からも高く評価された。互いの国が実行していくことが極めて重要だ」と強調した。


駐韓大使 慰安婦像の撤去要請か
ホウドウキョク 5/5(金) 8:39配信

韓国に駐在する長嶺安政大使は、黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行と会談し、釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像の撤去などを求めたとみられる。
長嶺駐韓大使は、「安倍総理の気持ちというものをしっかりと、私の方から伝えた」と述べた。
長嶺大使は4日、黄教安大統領代行と、帰任後初めて会談し、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像の撤去を求め、日韓合意の着実な履行を求めたものとみられる。
韓国政府によると、黄代行は、「難しい問題があっても、前向きな方向に発展させるよう全ての当事者の努力を期待する」と語ったという。
ただ、5月9日に行われる次期大統領選挙の主要候補は、日韓合意の再交渉などを主張していて、問題解決の糸口は見えていない。


少女像撤去へ前向き回答なし=駐韓大使、大統領代行と会談
時事通信 5/4(木) 17:42配信

 【ソウル時事】長嶺安政駐韓大使は4日午後、黄教安大統領代行(首相)とソウルの政府庁舎で会談した。

 慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意を忠実に履行していくことを確認し、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の撤去も申し入れたが、日本政府関係者によると、撤去に向けた前向きな回答はなかった。

 9日投票の大統領選で当選者が確定し次第、次期政権が発足するため、現政権下での少女像撤去は極めて難しい状況だ。

 韓国政府の発表によると、黄代行は席上、「両国間に難しい問題があっても、関係を前向きな方向に発展させるよう、すべての当事者が共に努力していくことを期待する」と語った。大使は会談後、記者団に「大統領代行と直接話す機会をいただき、安倍首相の気持ちをしっかりと伝えた」と述べた。

 少女像設置を受けて帰国した長嶺大使が4月4日にソウルに帰任して以降、黄代行と面談したのは初めて。帰任直後から面談を要請していたが、調整が難航。黄代行と国連安保理理事国15カ国の大使との会合に合わせ、ようやく実現した。

 黄代行は、安保理理事国大使会合で、北朝鮮の核・ミサイル問題での安保理の協力に謝意を表明し、引き続き積極的な役割を果たすよう求めた。


少女像撤去など韓国外相に要望…長嶺駐韓大使
読売新聞 5/3(水) 12:37配信

 【ソウル=宮崎健雄】長嶺安政・駐韓大使は2日、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と約20分間、韓国外交省で会談した。

 長嶺氏が尹氏と公式に会談するのは、先月4日の韓国帰任以来、初めて。

 同省や日韓外交筋によると、長嶺氏は、釜山の日本総領事館前に設置された少女像の撤去や、慰安婦問題を巡る2015年末の日韓合意の着実な履行を求めた。尹氏は「すべての当事者が合意の趣旨と精神を尊重する必要がある」と述べた。

 長嶺氏は、釜山の少女像設置問題を受けて日本へ一時帰国後、ソウルに帰任していた。

 これに先立ち両氏は、米国のマーク・ナッパー駐韓代理大使を交えて北朝鮮情勢について意見交換した。3者会談は約35分行われ、北朝鮮への圧力強化で連携することを確認した。


長嶺大使が慰安婦像撤去を要請
ホウドウキョク 5/3(水) 9:07配信

長嶺駐韓大使は5月2日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相に対し、釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像の撤去を求めた。
長嶺大使は2017年1月、慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として、一時帰国し、4月、およそ3カ月ぶりに韓国に戻っていた。
長嶺大使は5月2日、尹外相と会談し、設置された慰安婦像の撤去を要請した。
これに対し、尹外相は韓国政府の立場と、全ての当事者が、慰安婦合意の趣旨と精神を尊重する必要があると述べたという。
会談の冒頭には、アメリカのナッパー代理大使も同席し、北朝鮮問題に対する日米韓の連携の確認や、5月9日に迫った韓国大統領選挙後の情勢についても意見交換した。
長嶺大使が帰任後に閣僚と会談したのは初めて。


<長嶺大使>少女像撤去を改めて要請 韓国外相と会談
毎日新聞 5/2(火) 20:58配信

 【ソウル米村耕一】長嶺安政駐韓大使は2日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談した。先月4日の帰任後、公式の場で尹外相と会談するのは初めて。日韓関係筋によると、長嶺大使は、慰安婦問題に関する2015年の合意に基づき、慰安婦を象徴する少女像の撤去を求める日本の立場を改めて伝えたという。

 聯合ニュースによると、ナッパー駐韓米代理大使を加えた日米韓による3者協議が行われた後、長嶺氏が残って約15分間、尹外相と意見交換した。尹外相は長嶺氏に対し、合意を履行する韓国側の立場に変わりはないことを改めて説明した。韓国外務省は昨年12月に釜山の日本総領事館前に少女像が設置されて以降、市民団体や地元自治体に移動を求め説得を続けており、こうした努力を続ける意向を示したとみられる。

 3者協議は韓国側が呼びかけたもので、北朝鮮の核・ミサイル問題を巡る対応が議題。北朝鮮が核実験などさらなる挑発行為に踏み切った場合の協力策を模索した模様だ。

 韓国外務省報道官は2日の定例記者会見で、3者協議について「国連安全保障理事会における対北朝鮮政策の成果について共有し、韓米日3国の協調を持続、強化するための措置だ」と説明した。


少女像の撤去求める=長嶺大使、韓国外相に
時事通信 5/2(火) 17:24配信

 【ソウル時事】長嶺安政駐韓大使は2日午後、韓国の尹炳世外相と会談し、日韓関係全般について意見を交換した。

 長嶺大使はこの中で、釜山の日本総領事館前などに設置された慰安婦を象徴する少女像の撤去を含め、慰安婦問題をめぐる日韓合意の実施を求めていく立場を伝えた。日本側関係者が明らかにした。


韓国、少女像横に徴用工碑計画 市民団体 菅官房長官「極めて問題」
西日本新聞 4/29(土) 11:17配信

Kusochoninbai
釜山の日本総領事館前に設置されている少女像=釜山市東区

 太平洋戦争で徴用された朝鮮半島出身者の遺族らでつくる韓国の市民団体が28日、ソウルの日本大使館前と釜山の日本総領事館前に、徴用工問題を象徴する石碑を、植民地支配からの解放記念日の8月15日に設置すると発表した。いずれも既に従軍慰安婦問題を象徴する少女像があり、実際に設置されれば日韓間の新たな懸案になりそうだ。

 菅義偉官房長官は28日、こうした動きに対し「日韓関係に全く好ましくない影響を与える」と強い不快感を表明。その上で「外交関係に関するウィーン条約の規定に照らしても極めて問題」と述べ、韓国政府に設置を止めるよう申し入れしたことを明らかにした。

 石碑は1・5メートル四方で高さ約3メートル。設計は少女像と同じ制作者という。韓国の国会内で記者会見した団体幹部は「新政権には、徴用被害者の恥辱的な問題を解決してくれることを期待している」と述べた。

=2017/04/29付 西日本新聞朝刊=

« 陸上自衛隊の連絡偵察機LR-2、函館空港周辺で行方不明 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・81 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/65252613

この記事へのトラックバック一覧です: 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・34:

« 陸上自衛隊の連絡偵察機LR-2、函館空港周辺で行方不明 | トップページ | 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・81 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31