« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・42 | トップページ | 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・7 »

2017年4月 5日 (水)

天皇皇后両陛下、スペイン国王夫妻を歓迎

国賓として来日したスペイン国王フェリペ6世夫妻の歓迎行事が5日午前、皇居・宮殿の東庭で行われ、天皇皇后両陛下皇太子ご夫妻が迎えられた。

その後、皇居・宮殿「竹の間」で両陛下と国王夫妻の会見が行われ、同日夜には、両陛下の主催される宮中晩餐(ばんさん)会が開かれた。

リンク:県民に笑顔でお応え 両陛下、16年ぶり静岡市ご訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>スペイン国王夫妻と静岡訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻 静岡にご案内 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、スペイン国王夫妻を静岡に案内 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:洋時計を鑑賞される両陛下と国王夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻静岡へ、両陛下と防災センターや浅間神社を訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、国王夫妻と静岡訪問=スペインゆかりの時計鑑賞 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下とスペイン国王夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻、両陛下と新幹線で静岡へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>スペイン国王夫妻と静岡に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【写真特集】スペイン国王夫妻が来日 皇居で晩さん会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻歓迎 晩さん会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮中晩餐会での天皇陛下のお言葉 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻を歓迎…両陛下、宮中晩餐会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:お言葉を述べられる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王と乾杯される天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻迎え晩さん会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<宮中晩さん会>「共に戦後復興、感慨深い」 天皇陛下おことば(全文) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<宮中晩さん会>スペイン国王夫妻歓迎 天皇陛下がおことば - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、皇室と王室の絆再確認された一日 宮中晩餐会のお言葉全文 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻招き宮中晩餐会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻迎え晩さん会=皇居 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻、皇居を訪問 両陛下と懇談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻 皇居で歓迎行事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻の歓迎行事=皇居 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、スペイン国王夫妻とご会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王と会見される天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、スペイン国王とご会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下がスペイン国王夫妻と会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スペイン国王夫妻の歓迎行事=皇居 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>スペイン国王夫妻を歓迎…皇居・宮殿 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

県民に笑顔でお応え 両陛下、16年ぶり静岡市ご訪問
産経新聞 4/8(土) 7:55配信

 16年ぶりに天皇、皇后両陛下が静岡市を訪問された7日、市内ではあいにくの雨にもかかわらず、約1万4800人の県民らが手旗を振って歓迎した。両陛下は来日中のスペイン国王フェリペ6世夫妻とともに、県地震防災センターや静岡浅間神社などをご視察。徳川慶喜屋敷跡の料亭「浮月楼」では、約400年前にスペイン国王から徳川家康に贈られた洋時計をご覧になり、両国の友好をさらに深められていた。

 午前11時40分ごろ、ご一行がJR静岡駅にお着きになると、約1500人が日の丸とスペイン国旗を手に歓迎し、両陛下も手を振ってお応えになられた。2時間半ほど前から並び、改札口前の2列目に陣取ったという市内の80代女性は「両陛下は数年前に皇居でお目にかかったときと同じようにお元気そう。スペイン王妃はとてもお美しかった」と感激していた。

 両陛下は県地震防災センターで地震シミュレーターなどを視察された後、浮月楼で徳川家康の洋時計をご覧に。所蔵する久能山東照宮の落合偉洲宮司(69)が、当時のスペイン国王から難破船救助の返礼として贈られた経緯を説明すると、天皇陛下は「どちらで作られたものですか」とスペイン語で書かれた時計の銘板を興味深そうにのぞき込まれていた。

 最後に訪問された静岡浅間神社では、戦国時代から伝わるといわれる伝統芸能「稚児舞」も鑑賞された。舞を披露した静岡大付属小6年の野桜湧互さん(11)は「ほかの舞台と違って緊張したけど、笑顔で見てくださって安心した」とほっとした表情。天皇陛下からは「相当練習したんですね。美しく踊れていてよかったです」とお声をかけられたという。


<両陛下>スペイン国王夫妻と静岡訪問
毎日新聞 4/7(金) 20:55配信

556
徳川家康の洋時計を見る天皇、皇后両陛下、スペインのフェリペ6世国王夫妻。左端は久能山東照宮宮司の落合偉洲さん=静岡市葵区の浮月楼で2017年4月7日午後0時40分(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は7日、スペインのフェリペ6世国王夫妻と静岡市を訪問された。両陛下と国王夫妻は料亭で、約400年前に当時のスペイン国王フェリペ3世から徳川家康に贈られた金色の洋時計を見学。時計は、千葉県沖で遭難したスペイン船の船員を日本人が救助したお礼に贈られたもので、国王は「スペインにとっても大事な時計で友好のシンボル」と話した。

 その後、静岡浅間神社で稚児舞などを鑑賞した。国王夫妻は静岡空港から帰国するため、同神社で両陛下と別れのあいさつを交わした。宮内庁によると、国王は日本でのもてなしに謝意を述べ、陛下は「今回の訪日が良い思い出として残ることを希望します」と応じたという。【山田奈緒】


スペイン国王夫妻 静岡にご案内
ホウドウキョク 4/7(金) 20:18配信

555
(写真:ホウドウキョク)

天皇皇后両陛下は7日、国賓として来日していたスペインの国王夫妻を、静岡市に案内された。
両陛下は、スペイン国王のフェリペ6世夫妻とともに、午前10時半前、新幹線で東京駅を出発し、静岡駅前では雨の中、大勢の市民らの歓迎に笑顔で手を振られた。
昼すぎには、およそ400年前の江戸時代に、当時のスペイン国王フェリペ3世から、徳川家康に贈られた「洋時計」を視察し、国王は「日本とスペインの友好のシンボルとして、大切なものだと思います」と感想を述べた。
その後、戦国時代から伝わる「稚児舞」も鑑賞し、宮内庁によると、陛下が「今回の訪日が、良い思い出として残ることを希望します」と伝えられると、国王は「必ず再び訪日して、晴れた日の富士山を見たいと思います」と応じたという。
両陛下は、帰国の途に就く国王夫妻を、笑顔で見送られた。


両陛下、スペイン国王夫妻を静岡に案内
読売新聞 4/7(金) 18:52配信

 天皇、皇后両陛下は7日、国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王夫妻を静岡市に案内された。

 同市葵区の料亭では、1611年に当時の国王から、千葉県沖で座礁したスペイン船乗組員を救助してもらった返礼として、徳川家康に贈呈された「家康公の洋時計」が披露された。天皇陛下は、熱心にのぞき込み、説明役に「どこで作られたのですか」などと尋ねられた。国王は「友好のシンボルとして大事な物と思います」と語った。

 同区の静岡浅間神社で、地元小学生による郷土芸能の「稚児舞(ちごまい)」を鑑賞された後、国王夫妻は、静岡空港から帰国の途に就いた。宮内庁によると、陛下はお別れのあいさつで、「今回の訪日が良い思い出として残ることを希望します」と語られた。


洋時計を鑑賞される両陛下と国王夫妻
時事通信 4/7(金) 17:49配信

554
徳川家康の洋時計を鑑賞される天皇、皇后両陛下と、スペインのフェリペ6世国王夫妻=7日午後、静岡市葵区の料亭「浮月楼」(代表撮影)

(時事通信社)


スペイン国王夫妻静岡へ、両陛下と防災センターや浅間神社を訪問
AFP=時事 4/7(金) 17:43配信

553
静岡浅間神社で、天皇、皇后両陛下の見送りを受けるスペイン国王フェリペ6世(右から2人目)とレティシア王妃(右、2017年4月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】4日間の日程で来日中のスペイン国王フェリペ6世(King Felipe VI)とレティシア王妃(Queen Letizia)は7日、天皇、皇后両陛下とともに静岡を訪問し、静岡県地震防災センター(Shizuoka Prefecture Earthquake Disaster Prevention Center)や静岡浅間神社(Shizuoka Sengen Shrine)を訪れた。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連写真】伝統の舞を鑑賞する王妃と皇后さま


両陛下、国王夫妻と静岡訪問=スペインゆかりの時計鑑賞
時事通信 4/7(金) 17:35配信

 天皇、皇后両陛下は7日、国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王夫妻と共に、日帰りで静岡市を訪れ、同国から徳川家康に贈られた洋時計などを鑑賞された。

 両陛下が国賓を地方に案内するのは、昨年10月にベルギー国王夫妻と茨城県を訪れて以来。

 新幹線で静岡市入りした一行は、静岡県地震防災センターで津波の実験装置を見学した後、徳川慶喜の屋敷跡に建てられた料亭で、1611年に国王フェリペ3世が家康に贈った時計を鑑賞した。

 時計は、千葉県沖で遭難したスペイン船の乗組員を日本人が助けたことへの返礼の品で、国王は「スペインにとっても大切なものです」などと話した。天皇陛下は「どこで作ったものですか」と説明者に尋ねながら、顔を近づけて見入っていた。

 国王夫妻は、静岡浅間神社で郷土芸能の「稚児舞」を鑑賞した後、静岡空港から帰国の途に就いた。宮内庁によると、国王は別れ際、「今後も両国の友好関係を一層発展させていきたい」と述べたという。


両陛下とスペイン国王夫妻
時事通信 4/7(金) 14:29配信

552
静岡県地震防災センターで、島村明利所長(右)から津波実験装置の説明を受けられる天皇、皇后両陛下とスペインのフェリペ6世国王夫妻=7日正午、静岡市葵区


スペイン国王夫妻、両陛下と新幹線で静岡へ
AFP=時事 4/7(金) 14:20配信

【AFP=時事】4日間の日程で来日中のスペイン国王フェリペ6世(King Felipe VI)とレティシア王妃(Queen Letizia)は7日、天皇、皇后両陛下とともに東京駅から新幹線で静岡に出発した。静岡訪問は日帰りの予定。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連写真】天皇、皇后両陛下と新幹線に向かうスペイン国王夫妻


<天皇、皇后両陛下>スペイン国王夫妻と静岡に
毎日新聞 4/7(金) 12:00配信

 天皇、皇后両陛下は7日、国賓として来日中のスペインのフェリペ6世国王夫妻とともに、新幹線で東京駅を出発し、訪問先の静岡市に入られた。両陛下は国賓の国王らをもてなす際、地方を訪ねて伝統文化などを紹介することを恒例にしている。

 両陛下と国王夫妻は同日午後、静岡浅間神社で稚児舞などを見学する予定。【山田奈緒】


【写真特集】スペイン国王夫妻が来日 皇居で晩さん会
アフロ 4/6(木) 14:52配信

551
来日中のスペイン国王フェリペ6世夫妻を招いた宮中晩さん会が5日夜、皇居で開かれた。写真はお言葉を述べられる天皇陛下、フェリペ6世(左)、レティシア王妃(写真:Gtres/アフロ)


スペイン国王夫妻歓迎 晩さん会
ホウドウキョク 4/6(木) 9:15配信

550
(写真:ホウドウキョク)

国賓として来日中のスペイン国王夫妻を歓迎する宮中晩さん会が、5日夜、皇居・宮殿で行われた。
天皇皇后両陛下主催の宮中晩さん会には、国王として初めて来日したフェリペ6世夫妻を歓迎し、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻など皇族方のほか、安倍首相夫妻らおよそ170人が出席した。
東京電力福島第1原発事故で初動対応にあたり、「フクシマの英雄たち」として、当時、皇太子だった国王から、「アストゥリアス皇太子賞」を贈られた警察、消防、自衛隊の代表者も招かれ、陛下は、お言葉の中で、国王に感謝の気持ちを示された。
陛下は「震災により大きな被害を受けた、わが国の国民にとり、真に大きな励ましとなりました」と述べられた。
両陛下は7日、国王夫妻を静岡県に案内される。


宮中晩餐会での天皇陛下のお言葉
読売新聞 4/5(水) 23:36配信

 宴を開くに当たり、まずフェリペ6世国王陛下の御即位に対し、改めてお祝い申し上げます。また、この度は、レティシア王妃陛下と共に、国賓として我が国を御訪問くださり、心から歓迎の意を表します。ここに今夕を共に過ごしますことを、誠にうれしく思います。

 初めて貴国を訪問いたしましたのは、1953年、まだ当時19歳であった私が、英国エリザベス2世女王陛下の戴冠(たいかん)式に参列した後に、欧州諸国を訪問した時のことであります。当時、国王陛下の父君、後(のち)のフアン・カルロス1世国王陛下は、いまだサン・セバスティアンで御勉学中であると伺いました。そして今から半世紀ほど前になる1962年に、御即位前のフアン・カルロス1世国王陛下は、御成婚後間もないソフィア妃殿下と共に我が国を初めて御訪問になり、爾来(じらい)、スペイン王室と我が国の皇室との交流は長年にわたり積み重ねられてまいりました。

 私どもは、皇太子同妃として2回、そして即位後の1994年には、国賓として貴国を訪問いたしました。いずれの時にも、フアン・カルロス1世国王及びソフィア王妃両陛下を始めとする王室の方々から心のこもったおもてなしを頂き、各地で貴国民の温かい歓迎を受けたことを懐かしく思い起こします。

 私が初めて貴国を訪問した時に、我が国は先の大戦の痛手から立ち直っておらず、また貴国は内戦の影響もあって、共に厳しい状況の下に置かれておりました。その後両国は共に復興の歩みを進め、貴国を訪問するたびにその著しい変化を目の当たりにしたことが、感慨深く思い出されます。

 今夕、このようにしてお迎えしたフェリペ6世国王陛下には、初めての御訪日として、皇太子殿下のお立場で1990年に私の即位の礼に御参列いただきました。ここに改めて感謝いたします。さらに、1998年には公賓として御訪問になり、その機会に関西や鎌倉にもいらっしゃいました。また、2005年には、当時皇太子妃殿下でいらした王妃陛下とおそろいで我が国を訪問なさり、愛知で開催された国際博覧会も御覧になっております。

 今から6年前の東日本大震災に際しては、その年の秋、当時まだ皇太子殿下でいらした国王陛下から、福島第一原子力発電所での対応に尽力した警察、消防、自衛隊の隊員が「フクシマの英雄たち」として「アストゥリアス皇太子賞」を頂きました。このことは、震災により大きな被害を受けた我が国の国民にとり、真に大きな励ましとなりました。その折の陛下のお気持ちに対し、心から感謝の意を表します。

 日本とスペインの交流は、1549年のフランシスコ・ザビエルの我が国への渡来に始まっており、我が国にとりスペインは、欧州において最も長い交流の歴史を持つ国の一つであります。1614年には伊達政宗により派遣された支倉常長一行が貴国を訪れ、フェリペ3世国王の拝謁の栄に浴するなどの交流がありました。このスペイン訪問から400年となる2013年から14年にかけて、「日本スペイン交流400周年」を記念して、両国で様々な交流がなされましたことは、記憶に新しいところであります。

 我が国の鎖国政策により、その後長きにわたり交流が途絶えますが、1868年に修好通商航海条約を締結して両国の国交が再開され、来年両国は修好150周年の記念すべき年を迎えます。

 近年、スペインと日本は、様々な分野での関係を進め、貿易・投資はもとより、学術・文化の交流なども深まってきております。我が国における貴国の絵画、音楽、また文学などへの関心は、古くから今日に至るまで高く、我が国民の貴国への親しい気持ちの基礎をなしております。

 一方貴国においては近年、私どもが2度にわたり訪問したサラマンカ大学にある日本・スペイン文化センターが、両国の学術・文化交流で中心的な役割を担ってきております。同大学には、日本研究を含む東アジア研究学士課程が設けられ、30近い日本の大学が交流を進めており、こうした流れの中で、私ども双方の国民が更に深くお互いを理解しつつ協力していくことを、心から願ってやみません。

 今、日本列島では「桜前線」が北上しています。桜前線が通り過ぎたところからは、競うように若葉が萌(も)え始めます。このような春の喜びに満ちた良い季節に国王王妃両陛下をお迎えできましたことを、大変うれしく思います。両陛下にとり、この度の御訪問が、実り多いものとなり、貴国と我が国の関係が更に一層深まっていくことを心から願っております。

 ここに杯を挙げて、国王陛下及び王妃陛下の御健勝と、スペイン国民の幸せを祈ります。


スペイン国王夫妻を歓迎…両陛下、宮中晩餐会
読売新聞 4/5(水) 22:52配信

 来年の外交関係樹立150周年に合わせて国賓として来日した、スペインのフェリペ6世国王夫妻を歓迎する宮中晩餐会(ばんさんかい)が5日夜、皇居・宮殿で開かれた。

 天皇陛下はお言葉で、同国を初訪問した1953年当時、日本は先の大戦の痛手から立ち直っておらず、スペインも内戦の影響などから厳しい状況下にあったことに触れ、「共に復興の歩みを進め、貴国を訪問するたびに著しい変化を目の当たりにした」と振り返られた。その上で、400年以上にわたる両国の交流がさらに深まることを願われた。

 国王は、「天皇、皇后両陛下は常に国民のために奉仕するという姿勢を貫かれ、そのお姿こそ、世界中の人々が尊敬する日本の生きたイメージでいらっしゃる」と述べた。


お言葉を述べられる天皇陛下
時事通信 4/5(水) 21:47配信

549
スペインのフェリペ6世国王夫妻を歓迎する宮中晩さん会でお言葉を述べられる天皇陛下=5日午後、皇居・宮殿(代表撮影)


スペイン国王と乾杯される天皇陛下
時事通信 4/5(水) 21:39配信

548
宮中晩さん会でスペインのフェリペ6世国王と乾杯される天皇陛下=5日午後、皇居・宮殿(代表撮影)


スペイン国王夫妻迎え晩さん会
時事通信 4/5(水) 21:39配信

547
スペインのフェリペ6世国王夫妻を歓迎する宮中晩さん会でお言葉を述べられる天皇陛下=5日午後、皇居・宮殿(代表撮影)


<宮中晩さん会>「共に戦後復興、感慨深い」 天皇陛下おことば(全文)
毎日新聞 4/5(水) 21:02配信

 ◇スペイン国王夫妻を招いた宮中晩さん会での天皇陛下のおことば

 宴を開くに当たり、まずフェリペ六世国王陛下の御即位に対し、改めてお祝い申し上げます。また、この度は、レティシア王妃陛下と共に、国賓として我が国を御訪問くださり、心から歓迎の意を表します。ここに今夕を共に過ごしますことを、誠にうれしく思います。

 初めて貴国を訪問いたしましたのは、一九五三年、まだ当時十九歳であった私が、英国エリザベス二世女王陛下の戴冠式に参列した後に、欧州諸国を訪問した時のことであります。当時、国王陛下の父君、後(のち)のフアン・カルロス一世国王陛下は、いまだサン・セバスティアンで御勉学中であると伺いました。そして今から半世紀ほど前になる一九六二年に、御即位前のフアン・カルロス一世国王陛下は、御成婚後間もないソフィア妃殿下と共に我が国を初めて御訪問になり、爾来(じらい)、スペイン王室と我が国の皇室との交流は長年にわたり積み重ねられてまいりました。

 私どもは、皇太子同妃として二回、そして即位後の一九九四年には、国賓として貴国を訪問いたしました。いずれの時にも、フアン・カルロス一世国王及びソフィア王妃両陛下を始めとする王室の方々から心のこもったおもてなしを頂き、各地で貴国民の温かい歓迎を受けたことを懐かしく思い起こします。

 私が初めて貴国を訪問した時に、我が国は先の大戦の痛手から立ち直っておらず、また貴国は内戦の影響もあって、共に厳しい状況の下に置かれておりました。その後両国は共に復興の歩みを進め、貴国を訪問するたびにその著しい変化を目の当たりにしたことが、感慨深く思い出されます。

 今夕、このようにしてお迎えしたフェリペ六世国王陛下には、初めての御訪日として、皇太子殿下のお立場で一九九〇年に私の即位の礼に御参列いただきました。ここに改めて感謝いたします。さらに、一九九八年には公賓として御訪問になり、その機会に関西や鎌倉にもいらっしゃいました。また、二〇〇五年には、当時皇太子妃殿下でいらした王妃陛下とおそろいで我が国を訪問なさり、愛知で開催された国際博覧会も御覧になっております。

 今から六年前の東日本大震災に際しては、その年の秋、当時まだ皇太子殿下でいらした国王陛下から、福島第一原子力発電所での対応に尽力した警察、消防、自衛隊の隊員が「フクシマの英雄たち」として「アストゥリアス皇太子賞」を頂きました。このことは、震災により大きな被害を受けた我が国の国民にとり、真に大きな励ましとなりました。その折の陛下のお気持ちに対し、心から感謝の意を表します。

 日本とスペインの交流は、一五四九年のフランシスコ・ザビエルの我が国への渡来に始まっており、我が国にとりスペインは、欧州において最も長い交流の歴史を持つ国の一つであります。一六一四年には伊達政宗により派遣された支倉常長一行が貴国を訪れ、フェリペ三世国王の拝謁の栄に浴するなどの交流がありました。このスペイン訪問から四百年となる二〇一三年から一四年にかけて、「日本スペイン交流四百周年」を記念して、両国で様々な交流がなされましたことは、記憶に新しいところであります。

 我が国の鎖国政策により、その後長きにわたり交流が途絶えますが、一八六八年に修好通商航海条約を締結して両国の国交が再開され、来年両国は修好百五十周年の記念すべき年を迎えます。

 近年、スペインと日本は、様々な分野での関係を進め、貿易・投資はもとより、学術・文化の交流なども深まってきております。我が国における貴国の絵画、音楽、また文学などへの関心は、古くから今日に至るまで高く、我が国民の貴国への親しい気持ちの基礎をなしております。

 一方貴国においては近年、私どもが二度にわたり訪問したサマランカ大学にある日本・スペイン文化センターが、両国の学術・文化交流で中心的な役割を担ってきております。同大学には、日本研究を含む東アジア研究学士課程が設けられ、三十近い日本の大学が交流を進めており、こうした流れの中で、私ども双方の国民が更に深くお互いを理解しつつ協力していくことを、心から願ってやみません。

 今、日本列島では「桜前線」が北上しています。桜前線が通り過ぎたところからは、競うように若葉が萌(も)え始めます。このような春の喜びに満ちた良い季節に国王王妃両陛下をお迎えできましたことを、大変うれしく思います。両陛下にとり、この度の御訪問が、実り多いものとなり、貴国と我が国の関係が更に一層深まっていくことを心から願っております。

 ここに杯を挙げて、国王陛下及び王妃陛下の御健勝と、スペイン国民の幸せを祈ります。


<宮中晩さん会>スペイン国王夫妻歓迎 天皇陛下がおことば
毎日新聞 4/5(水) 20:53配信

546
スペイン国王フェリペ6世夫妻を歓迎する宮中晩さん会でおことばを述べられる天皇陛下=皇居・宮殿「豊明殿」で2017年4月5日午後7時46分(代表撮影)

 国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が5日、皇居・宮殿の豊明殿で開かれた。来年は両国の外交関係樹立150周年にあたる。天皇陛下は冒頭に「双方の国民が更に深くお互いを理解しつつ協力していくことを、心から願ってやみません」とおことばを述べられた。

 晩さん会には皇太子ご夫妻ら皇族方や、安倍晋三首相夫妻、両国ゆかりの文化人らが出席した。

 国王は皇太子だった2011年、東京電力福島第1原発事故の対応に従事した警察、消防、自衛隊の現場指揮官5人に「フクシマの英雄たち」として「アストゥリアス皇太子賞」を贈っている。晩さん会には受賞した当時の東京消防庁ハイパーレスキュー隊総括隊長、福島県警双葉警察署長、陸上自衛隊中央特殊武器防護隊長も招かれた。陛下はおことばで同賞に触れ「我が国の国民にとり、大きな励ましとなりました」と国王に謝意を伝えた。

 続いて国王が「両国関係は一層緊密さを増し、さまざまな分野における協力が促進されるものと期待します」と述べると、出席者は両国の友好関係を祝って乾杯した。

 宮内庁によると、国王は先月末、栃木県那須町で高校生ら8人が死亡した雪崩事故への見舞いを陛下に伝えていた。5日午前に行われた会見で陛下は「お見舞いのメッセージに感謝します」と話し、国王は「困難な時であるからこそ、お互いが寄り添うことが大事だと思います」と応じたという。【山田奈緒、高島博之】


両陛下、皇室と王室の絆再確認された一日 宮中晩餐会のお言葉全文
産経新聞 4/5(水) 20:49配信

 天皇、皇后両陛下が5日、国賓として来日中のスペイン国王フェリペ6世夫妻を皇居・宮殿での歓迎行事、宮中晩餐(ばんさん)会でもてなされた。両陛下にとっては、50年以上にわたる現皇室とスペイン王室の絆を再確認される一日となった。

 両陛下と同国王室の交流は、昭和37年に来日した前国王フアン・カルロス1世夫妻を東宮御所に招かれたことに始まる。その後、両陛下、前国王夫妻が両国を往来しながら親交を温めてきた。

 晩餐会で、陛下は「王室の方々から心のこもったおもてなしを頂き、各地で貴国民の温かい歓迎を受けたことを懐かしく思い起こします」と振り返られた。

 現国王フェリペ6世も皇太子だった平成2年に天皇陛下の即位の礼に参列。2014(平成26)年の即位後、アジアで最初の訪問国に今回の日本を選んだ。

 3月28日、栃木県で高校生ら8人が死亡した雪崩事故へのお悔やみのメッセージが国王から陛下あてに届けられた。5日の歓迎行事後の会見で、陛下が謝意を伝えられると、国王は「困難なときであるからこそお互いが寄り添うことが大事」と応じたという。

 晩餐会には、東京電力福島第1原発事故の直後に命がけで放水活動などにあたり、スペインで「フクシマの英雄たち」と表彰された警察、消防、自衛隊の関係者も招かれた。

     ◇

 宮中晩餐会での陛下のお言葉は以下の通り。

 宴を開くに当たり、まずフェリペ六世国王陛下の御即位に対し、改めてお祝い申し上げます。また、この度は、レティシア王妃陛下と共に、国賓として我が国を御訪問くださり、心から歓迎の意を表します。ここに今夕を共に過ごしますことを、誠にうれしく思います。

 初めて貴国を訪問いたしましたのは、一九五三年、まだ当時十九歳であった私が、英国エリザベス二世女王陛下の戴冠式に参列した後に、欧州諸国を訪問した時のことであります。当時、国王陛下の父君、後(のち)のフアン・カルロス一世国王陛下は、いまだサン・セバスティアンで御勉学中であると伺いました。そして今から半世紀ほど前になる一九六二年に、御即位前のフアン・カルロス一世国王陛下は、御成婚後間もないソフィア妃殿下と共に我が国を初めて御訪問になり、爾来(じらい)、スペイン王室と我が国の皇室との交流は長年にわたり積み重ねられてまいりました。

 私どもは、皇太子同妃として二回、そして即位後の一九九四年には、国賓として貴国を訪問いたしました。いずれの時にも、フアン・カルロス一世国王及びソフィア王妃両陛下を始めとする王室の方々から心のこもったおもてなしを頂き、各地で貴国民の温かい歓迎を受けたことを懐かしく思い起こします。

 私が初めて貴国を訪問した時に、我が国は先の大戦の痛手から立ち直っておらず、また貴国は内戦の影響もあって、共に厳しい状況の下に置かれておりました。その後両国は共に復興の歩みを進め、貴国を訪問するたびにその著しい変化を目の当たりにしたことが、感慨深く思い出されます。

 今夕、このようにしてお迎えしたフェリペ六世国王陛下には、初めての御訪日として、皇太子殿下のお立場で一九九〇年に私の即位の礼に御参列いただきました。ここに改めて感謝いたします。さらに、一九九八年には公賓として御訪問になり、その機会に関西や鎌倉にもいらっしゃいました。また、二〇〇五年には、当時皇太子妃殿下でいらした王妃陛下とおそろいで我が国を訪問なさり、愛知で開催された国際博覧会も御覧になっております。

 今から六年前の東日本大震災に際しては、その年の秋、当時まだ皇太子殿下でいらした国王陛下から、福島第一原子力発電所での対応に尽力した警察、消防、自衛隊の隊員が「フクシマの英雄たち」として「アストゥリアス皇太子賞」を頂きました。このことは、震災により大きな被害を受けた我が国の国民にとり、真に大きな励ましとなりました。その折の陛下のお気持ちに対し、心から感謝の意を表します。

 日本とスペインの交流は、一五四九年のフランシスコ・ザビエルの我が国への渡来に始まっており、我が国にとりスペインは、欧州において最も長い交流の歴史を持つ国の一つであります。一六一四年には伊達政宗により派遣された支倉常長一行が貴国を訪れ、フェリペ三世国王の拝謁の栄に浴するなどの交流がありました。このスペイン訪問から四百年となる二〇一三年から一四年にかけて、「日本スペイン交流四百周年」を記念して、両国で様々な交流がなされましたことは、記憶に新しいところであります。

 我が国の鎖国政策により、その後長きにわたり交流が途絶えますが、一八六八年に修好通商航海条約を締結して両国の国交が再開され、来年両国は修好百五十周年の記念すべき年を迎えます。

 近年、スペインと日本は、様々な分野での関係を進め、貿易・投資はもとより、学術・文化の交流なども深まってきております。我が国における貴国の絵画、音楽、また文学などへの関心は、古くから今日に至るまで高く、我が国民の貴国への親しい気持ちの基礎をなしております。

 一方貴国においては近年、私どもが二度にわたり訪問したサラマンカ大学にある日本・スペイン文化センターが、両国の学術・文化交流で中心的な役割を担ってきております。同大学には、日本研究を含む東アジア研究学士課程が設けられ、三十近い日本の大学が交流を進めており、こうした流れの中で、私ども双方の国民が更に深くお互いを理解しつつ協力してくことを、心から願ってやみません。

 今、日本列島では「桜前線」が北上しています。桜前線が通り過ぎたところからは、競うように若葉が萌(も)え始めます。このような春の喜びに満ちた良い季節に国王王妃両陛下をお迎えできましたことを、大変うれしく思います。両陛下にとり、この度の御訪問が、実り多いものとなり、貴国と我が国の関係が更に一層深まっていくことを心から願っております。

 ここに杯を挙げて、国王陛下及び王妃陛下の御健勝と、スペイン国民の幸せを祈ります。


スペイン国王夫妻招き宮中晩餐会
産経新聞 4/5(水) 20:48配信

545
宮中晩餐会でスペイン国王フェリペ6世夫妻と乾杯される天皇、皇后両陛下 =5日午後、皇居・宮殿「豊明殿」(川口良介撮影)(写真:産経新聞)

 国賓として来日したスペイン国王フェリペ6世夫妻を招き、天皇、皇后両陛下が主催される宮中晩餐(ばんさん)会が5日夜、皇居・宮殿で開かれた。皇太子ご夫妻をはじめ皇族方が陪席し、招待客らと親交を深められた。

 国王は2014(平成26)年、父の前国王カルロス1世が高齢などを理由に退位したのに伴って即位。昨年4月にも国賓で来日予定だったが、国内情勢を理由に中止し、両国の外交関係樹立150周年を来年に控えて改めて訪れた。

 天皇陛下は晩餐会の冒頭、1549年に宣教師のフランシスコ・ザビエルが渡来したのに始まる両国間の長年の交流を振り返り「双方の国民が更に深くお互いを理解しつつ協力していくことを、心から願ってやみません」とごあいさつ。国王が答礼のスピーチをして乾杯した。


スペイン国王夫妻迎え晩さん会=皇居
時事通信 4/5(水) 20:41配信

 国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が5日夜、皇居・宮殿で開かれた。

 皇太子ご夫妻ら皇族方のほか、安倍晋三首相夫妻や閣僚ら計170人が出席。皇太子時代の国王から「フクシマの英雄たち」としてアストゥリアス皇太子賞が贈られた、東京電力福島第1原発事故の初期対応に当たった警察や消防、自衛隊の代表者も招かれた。

 天皇陛下はあいさつで、皇室とスペイン王室の長年にわたる交流を振り返り、「春の喜びに満ちた良い季節に国王王妃両陛下をお迎えできましたことを、大変うれしく思います」と述べられた。

 国王は来年両国が外交関係樹立150周年を迎えることに触れ、「両国関係は一層緊密さを増し、さまざまな分野における協力が促進されるものと期待しております」とあいさつした。


スペイン国王夫妻、皇居を訪問 両陛下と懇談
AFP=時事 4/5(水) 17:32配信

544
天皇、皇后両陛下と言葉を交わすスペイン国王のフェリペ6世、妻のレティシア王妃(2017年4月5日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】来日中のスペイン国王のフェリペ6世(King Felipe VI)と妻のレティシア王妃(Queen Letizia)が5日、皇居を訪れ、天皇、皇后両陛下と懇談した。【翻訳編集】 AFPBB News


スペイン国王夫妻 皇居で歓迎行事
ホウドウキョク 4/5(水) 14:26配信

543
(写真:ホウドウキョク)

国賓として来日したスペインの国王夫妻の歓迎行事が皇居で行われ、天皇皇后両陛下や、皇太子ご夫妻が、出迎えられた。
両陛下は5日朝、皇居・宮殿前で、スペインの国王フェリペ6世と、レティシア王妃を笑顔で出迎えられ、皇后さまは、王妃とほおを寄せてあいさつされた。
歓迎行事には、皇太子ご夫妻のほか、安倍首相夫妻なども出席し、両国の国歌が演奏された。
陸上自衛隊の特別儀杖隊は、およそ50年ぶりに改められた制服を初めて着用し、国王は儀杖隊の栄誉礼を受けた。
国王は2014年、父親が高齢などを理由に退位したことから王位を継承し、今回、国王として初めて来日した。
夜には、両陛下が主催して、宮中晩さん会が行われる。


スペイン国王夫妻の歓迎行事=皇居
時事通信 4/5(水) 12:18配信

 国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王夫妻の歓迎行事が5日午前、皇居・宮殿東庭で行われ、天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻が出席された。

 歓迎行事では両国の国歌が演奏され、国王が儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼を受けた。両陛下と国王夫妻は続いて宮殿「竹の間」で約15分間会見。夜には宮中晩さん会が開かれる。

 宮内庁によると、国王は栃木県那須町で起きた雪崩事故の翌日に天皇陛下にお見舞いのメッセージを送っており、陛下は会見の際に感謝の意を伝えた。国王は「私たちは自然には勝てませんが、困難なときであるからこそ、お互いが寄り添うことが大事だと思います」と述べたという。

 皇居での国賓歓迎行事は、シンガポール大統領夫妻を迎えた昨年11月30日以来。両陛下は7日、国王夫妻とともに静岡市を訪れ、同国国王フェリペ3世が徳川家康に贈った洋時計や同市の郷土芸能を鑑賞する。


両陛下、スペイン国王夫妻とご会見
産経新聞 4/5(水) 12:18配信

 国賓として来日したスペイン国王フェリペ6世夫妻の歓迎行事が5日午前、皇居・宮殿東庭で行われ、天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻が迎えられた。安倍晋三首相ら三権の長、閣僚らも出席した。

 国王は2014(平成26)年、高齢などを理由に前国王が退位したことに伴い即位。今回は来年、外交関係樹立150周年を迎えるにあたっての来日で、即位後は初めてとなる。両陛下は宮殿の表玄関にあたる南車寄で国王夫妻の到着を出迎え、笑顔であいさつして握手を交わされた。

 歓迎行事では、両国国歌の演奏に続き、国王が自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼を受けた。その後、両陛下は国王夫妻と宮殿「竹の間」で会見された。宮内庁によると、国王からは先月末、栃木県那須町のスキー場で8人が死亡した雪崩事故直後に見舞いのメッセージが寄せられており、天皇陛下は会見で謝意を伝えられたという。

 5日夜には両陛下が国王夫妻を招き、宮中晩餐(ばんさん)会を催される。7日には国王夫妻を静岡市へ案内し、静岡県地震防災センターの視察や、地元の小学生らによる郷土芸能のご鑑賞などが予定されている。


スペイン国王と会見される天皇陛下
時事通信 4/5(水) 11:44配信

542
スペインのフェリペ6世国王と会見される天皇陛下=5日午前、宮殿・竹の間(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下、スペイン国王とご会見
産経新聞 4/5(水) 11:40配信

 国賓として来日したスペイン国王フェリペ6世夫妻の歓迎行事が5日午前、皇居・宮殿東庭で行われ、天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻が迎えられた。安倍晋三首相や三権の長、閣僚らも出席した。

 国王は平成26年、高齢などを理由に前国王が退位したことに伴い即位。今回は来年、外交関係樹立150周年を迎えるにあたっての来日で、即位後は初めてとなる。両陛下は宮殿の表玄関にあたる南車寄で国王夫妻の到着を出迎え、笑顔であいさつして握手を交わされた。

 歓迎行事では、両国国歌の演奏に続き、国王が自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼を受けた。その後、両陛下は国王夫妻と宮殿「竹の間」で会見された。

 5日夜には両陛下が国王夫妻を招き、宮中晩餐(ばんさん)会を催される。7日には国王夫妻を静岡市へ案内し、県地震防災センターの視察や、地元の小学生らによる郷土芸能のご鑑賞などが予定されている。

 国王は皇太子時代の平成2年、陛下の即位の礼に参列したほか、10年と17年にも来日。4年にはバルセロナ五輪のヨット競技に出場するなど、スポーツ愛好家としても知られる。


天皇、皇后両陛下がスペイン国王夫妻と会見
読売新聞 4/5(水) 11:10配信

 天皇、皇后両陛下は5日午前、国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王とレティシア王妃と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。

 両国の外交関係樹立から来年で150周年を迎えるのに合わせた来日。宮内庁によると、国王は来日前、栃木県那須町で雪崩に巻き込まれた高校生ら8人が死亡した事故のお見舞いのメッセージを天皇陛下に送っていた。陛下が謝意を伝えられると、国王は「困難な時であるからこそ、お互いが寄り添うことが大事だと思います」と応じたという。

 会見に先立ち、宮殿の東庭で行われた歓迎行事には両陛下をはじめ、皇太子ご夫妻らが出席された。

 国王は2014年6月、76歳で退位した父親のフアン・カルロス1世から王位を継承。来日は05年6月の愛知万博以来4回目で、1990年の陛下の即位の礼にも参列した。


スペイン国王夫妻の歓迎行事=皇居
時事通信 4/5(水) 11:08配信

541
国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王夫妻の歓迎行事が5日午前、皇居・宮殿東庭で行われ、天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻が出席された。


<天皇、皇后両陛下>スペイン国王夫妻を歓迎…皇居・宮殿
毎日新聞 4/5(水) 10:41配信

540
スペイン国王フェリペ6世(左)、レティシア王妃(中央奥)と共に歓迎行事に臨まれる天皇、皇后両陛下=皇居・宮殿東庭で2017年4月5日午前9時24分、和田大典撮影

 国賓として来日したスペインのフェリペ6世国王夫妻の歓迎行事が5日、皇居・宮殿東庭であり、天皇、皇后両陛下が出迎えられた。皇太子ご夫妻の他、安倍晋三首相夫妻や閣僚らも出席。両陛下は宮殿に到着した国王夫妻と笑顔で握手した。

 歓迎行事では両国の国歌が演奏され、国王は陸上自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊の栄誉礼を受けた。外国要人を迎える際などに着る儀仗隊の制服は52年ぶりにデザインが変更され、この日が公式な場での初披露となった。

 国王は2014年、前国王が高齢などを理由に退位したのを受けて即位した。皇太子時代に3度来日しているが、国王としての来日は初めて。【山田奈緒】

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・42 | トップページ | 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・7 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/65125303

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、スペイン国王夫妻を歓迎:

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・42 | トップページ | 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・7 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30