« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2202 | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・19 »

2017年3月 2日 (木)

ゴロツキ・後藤祐一にウソつき・蓮舫、相変わらずの売国キチガイ暴力集団・民進党www

相変わらずいろいなネタで国民を楽しませてくれる・・じゃなく(^^;、愚弄する売国キチガイ暴力集団・民進党の話題www

稲田朋美防衛相は21日の閣議後の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員(神奈川16区)が防衛省の女性職員に対し威圧的言動をしたとして、抗議したことを明らかにした。
稲田氏は「かなり脅迫、威圧的な言動があったと報告を受けている。あってはならないことだ」と批判した。後藤は同省に謝罪したという。
稲田氏によると、女性職員は16日夜、衆院議員会館の後藤の事務所を訪れ、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の日報をめぐり防衛省の対応が混乱した問題について説明した。これに関し、後藤は21日、事務所で記者団に「机をたたいたり厳しい言い方をしたりしたのは事実だ。申し訳ないと思っている」と語った。民進党は後藤を厳重注意した。

後藤は2015年6月、泥酔して東京都内の路上で警察官が駆け付ける騒ぎを起こしている。まさにゴロツキそのもの。

民進党のゴロツキ・後藤祐一
Kitigai

また、衆院予算委員会の野党筆頭理事を務める民進党の長妻昭が、ツイッターで「国会で追及してほしいことをお寄せください」と呼びかけた。ところが、ネットユーザーからは、民進党のあんな疑惑やこんな不祥事の“追及”を求める声が相次いで寄せられた。
1日のツイッターでの呼びかけに対しては、蓮舫代表の「二重国籍」問題や、“ガソリーヌ”こと山尾志桜里前政調会長の政治資金問題、後藤祐一衆院議員の防衛省職員への暴言問題など民進党議員の疑惑や不祥事を追及のテーマに据えるよう求める意見がまたたく間に集まった。
女性をラブホテルに強引に連れ込もうとしたと「週刊新潮」に報じられ党青年局長を辞任した初鹿明博衆院議員や、旧民主党時代、国会の審議時間中に自民党の女性議員を投げ飛ばした津田弥太郎参院議員(すでに政界引退)の名も挙がった。

 こういう結果になることを長妻氏は予測できなかったのか。相変わらずバカだねぇwww

以上、時事通信と産経新聞の報道より。

リンク:民進・長妻昭氏が国会論戦の追及テーマ募集 しかし、寄せられたのは「二重国籍」「ガソリーヌ」「ラブホ連れ込み疑惑」… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏が暗殺された…これが現実だ 骨抜きの「テロ準備罪」を喜ぶのは誰だ? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三原じゅん子氏、国会パワハラ事件に激怒 民進・後藤祐一氏「お前をクビにできる」…蓮舫代表はどう対応? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・後藤氏、国会で謝罪=防衛女性職員威圧で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稲田朋美防衛相「報告内容とかなり乖離」 後藤祐一氏の釈明会見に疑義 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・後藤祐一氏、メルマガで「真実を明らかにするため、鋭い質問続けていく」と弁明も自身の威圧行為には触れず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進痛手、暴言パワハラ 後藤祐一衆院議員が陳謝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進党、「神ってる」頬かむり体質 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<民進党>後藤議員、防衛省職員に威圧的言動 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・山井和則国対委員長 防衛省職員への威圧的言動で後藤祐一氏に厳重注意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進の後藤祐一氏、防衛省職員への威圧的言動で謝罪会見 過去に泥酔騒動も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:維新・馬場幹事長「以前に飲酒のうえで“事件”」民進・後藤氏の威圧的言動をチクリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進党の後藤氏、女性職員に威圧的言動 防衛省抗議に謝罪 稲田防衛相「あってはならない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・後藤氏が防衛省女性職員にパワハラ行為 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進議員が女性「威圧」=防衛省に謝罪 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

民進・長妻昭氏が国会論戦の追及テーマ募集 しかし、寄せられたのは「二重国籍」「ガソリーヌ」「ラブホ連れ込み疑惑」…
産経新聞 3/2(木) 15:59配信

 衆院予算委員会の野党筆頭理事を務める民進党の長妻昭元厚生労働相が、ツイッターで「国会で追及してほしいことをお寄せください」と呼びかけた。ところが、ネットユーザーからは、民進党のあんな疑惑やこんな不祥事の“追及”を求める声が相次いで寄せられた。

 1日のツイッターでの呼びかけに対しては、蓮舫代表の「二重国籍」問題や、“ガソリーヌ”こと山尾志桜里前政調会長の政治資金問題、後藤祐一衆院議員の防衛省職員への暴言問題など民進党議員の疑惑や不祥事を追及のテーマに据えるよう求める意見がまたたく間に集まった。

 女性をラブホテルに強引に連れ込もうとしたと「週刊新潮」に報じられ党青年局長を辞任した初鹿明博衆院議員や、旧民主党時代、国会の審議時間中に自民党の女性議員を投げ飛ばした津田弥太郎参院議員(すでに政界引退)の名も挙がった。

 こういう結果になることを長妻氏は予測できなかったのか…。


金正男氏が暗殺された…これが現実だ 骨抜きの「テロ準備罪」を喜ぶのは誰だ?
産経新聞 2/25(土) 8:30配信

 金正男氏がマレーシアで猛毒の神経剤VXを使って暗殺された。事件は、異母弟の金正恩朝鮮労働党委員長の指令による「国家犯罪」が濃厚となった。日米首脳会談の最中には、弾道ミサイルを発射した。北朝鮮の暴走はエスカレートしている。これが隣国で起こっている「現実」だ。だのに日本は何をしているのか? 

 テロを目の当たりにしながら、共謀罪の要件を厳格にした「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議は遅々として進まず、犯罪集団の認定基準など骨抜きにされる一方だ。

 これを喜ぶのは一体誰か?

 またPKOの日報をめぐって防衛大臣や防衛省職員がつるし上げられる。問われるべきは、PKO参加が我が国の安全保障と国際社会の一員として必要か否かだろう。些末な「言葉遊び」に耽って安全保障まで政争の具としてもてあそぶ国の未来は危うい。

 国連は2000年、テロと対峙するため、「国際組織犯罪防止条約」を採択した。各国に共謀罪を設けることを求めて批准の条件とし、すでに187カ国が締結している。だが、共謀罪を持たない日本は先進7カ国(G7)で唯一、締結に至っていない。国連加盟国で未締結国は日本を含め、イランやソマリア、南スーダンなど、11カ国にすぎない。

 安倍晋三首相が国会で、「条約を締結できなければ東京五輪を開催できないと言っても過言ではない」と明言した重要法案だ。法が整備されなければ、国際社会からテロの事前情報を受け取ることができず、受け取っても対処する法令がないという事態に至る。   ところが「共謀罪」を盛り込んだ法案は野党などの反対で、これまでに3回廃案となっている。

 民進党の蓮舫代表は1月26日の会見で、「法案名、タイトルを変えれば懸念が払拭されるというものではない。特にこの政権はお化粧する法案が大変多くなっている。やはり問われるべきものは中身だと思っている」と批判した上で、「(批准するために)新たに法を作り上げた国はわずか2カ国しかない。そもそもあった法律で対応している世界の加盟国、批准国の現状が明らかになっているので、果たして今のわれわれの刑法の体系で対応できるのかどうかも含めて、少し冷静にわれわれの党の中でも議論したいと思う」と注文した。さらに「テロに対応を取ることは否定はしない。ただ、テロという名前を借りて過剰なまでに国民を監視する、あるいは国民の自由な活動を制限することはあってはいけない」と釘をさした。

 さらに民進党は「罪のない人に嫌疑がかけられる可能性がある」「一般人も対象になりうる」など、左翼系マスコミと共に国民を誤解させ不安をあおる。

 もう一度書く。骨抜き法を喜ぶのは誰だ?

 与党もだらしがない。法案成立自体が目的化しており、野党と妥協を繰り返した法案ではテロに対峙できない。あくまで最善を貫くべきだ。国民から「3分の2の改憲勢力」を与えられているのだ。

 民進党は国会戦術として、金田勝年法相と稲田朋美防衛相の辞任、文部科学省の天下り問題を軸に据えている。「立法府の質問を制限する前代未聞の文書を配布した法相。日報を隠蔽した防衛相。天下り斡旋を隠してきた文部科学省…。隠蔽政権と断ぜざるをえない」とレッテル張りに終始する。

 政権追及の新たな材料として、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題も加わった。

 そんな中、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題をめぐり、稲田防衛相は21日、民進党の後藤祐一衆院議員が防衛省の30代の女性職員に威圧的な言動をしたとして抗議した。後藤氏も同日、会見を開いて事実関係を認めた上で防衛省に謝罪したと説明したが、稲田氏辞任を要求している民進党にまたもブーメランが決まったのだった。

 後藤氏は16日夜、予算委員会の質疑にからみ、防衛省の官僚数人から説明を受けた。これに納得しない後藤氏は数時間にわたり、大声を上げたり、机をたたいて抗議した。女性官僚に対し「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」などと、高圧的な態度に出たという。彼こそ議員の資質が問われていい。

 後藤氏は21日夜、「お詫び申し上げます」と題したメールマガジンを配信し、「今後、このようなことのないよう言動に気を付けるとともに、真実を明らかにするための国会質問は従来どおり鋭い質問を続けていく」と釈明したが、反省は薄いようだ。

 後藤氏は平成27年、酒に酔って議員宿舎に帰宅した際、タクシーの釣り銭をめぐり「受け取る法的根拠は何か」などと運転手を怒鳴るなどし、警察官が出動する騒ぎを起こしたことがあるが「またか」と言わざるを得ない。

 最近名前を聞かなくなった民進党の菅直人元首相は、自身のツイッターに「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」と書き込み、後に削除する一幕で久々にニュースに登場した。この元首相の緊張感の無さにはあっけにとられる。

 同じアジアで暗殺が起きている。しかもVXは「化学兵器」だ。隣国・北朝鮮が生物化学兵器の分野を得意としているのは、世界の常識でもある。

 日本の国会議員はタガが緩んでいないか。

(WEB編集チーム 黒沢通)


三原じゅん子氏、国会パワハラ事件に激怒 民進・後藤祐一氏「お前をクビにできる」…蓮舫代表はどう対応?
夕刊フジ 2/24(金) 16:56配信

Kusorenho
三原氏(左)の怒りに蓮舫代表はどう応えるのか(写真:夕刊フジ)

 民進党の後藤祐一衆院議員(47)が16日夜、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題で説明に来た、防衛省の30代の女性職員を数時間にわたって怒鳴り上げ、机をたたきながら、「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる!」などと威圧的な言葉を繰り返した「国会パワハラ事件」が注目されている。自民党の三原じゅん子参院議員は猛烈な怒りを示した。

 「これは絶対に許してはいけない問題です!」

 三原氏は、前代未聞の暴挙が国会議員会館で、行われた事実が信じられないという。

 「どの政党に所属しているかは関係ありません。党派を超えた人間としての問題です。後藤議員は地元有権者が見ていたら、長時間、大声で女性を罵倒するようなことができたのでしょうか。もし、国会議員という立場を利用して、立場の弱い女性職員にこのような言動が行われたとするなら、とんでもないことです。謝罪だけではすまされません」

 後藤氏は21日、国会内で記者会見し、「厳しい言い方をしたことで大変ご迷惑をおかけしたことについておわびを申し上げたい」と陳謝した。

 だが、被害者の女性職員はいまだショックから立ち直れず、「議員会館に近づくのも恐怖を感じる」と語っているという。三原氏は続ける。

 「怖かったのでしょう。今回は表沙汰になりましたが、社会には理不尽なパワハラがたくさん隠されていると思います。そういう人たちに、もう泣き寝入りはさせたくありません。われわれは弱い者いじめをなくすために、いっそう尽力したいと思っています」

 そもそも、「政治は弱い者のためにある」というのが民進党の主張だ。同党の国会議員が弱い者いじめをしていては、何をかいわんやだ。

 三原氏は「民進党代表は女性ですが、こうした問題にどう対処されるのでしょうか。同じ女性として許せない気持ちにならないのでしょうか?」。

 民進党の蓮舫代表の対応を見極めたい。 (ジャーナリスト・安積明子)


民進・後藤氏、国会で謝罪=防衛女性職員威圧で
時事通信 2/22(水) 19:53配信

 民進党の後藤祐一衆院議員は22日の衆院予算委員会第1分科会で、防衛省の女性職員に威圧的言動をしたことについて「心からおわび申し上げ、二度とないよう気を付けたい。申し訳ございません」と謝罪した。

 これに対し、稲田朋美防衛相は、後藤氏の記者団への説明と稲田氏が報告を受けた内容が「かなり乖離(かいり)している」と指摘。具体的な相違点には触れなかった。「極めて不適切な言動だったことについて遺憾に思う」とも述べた。


稲田朋美防衛相「報告内容とかなり乖離」 後藤祐一氏の釈明会見に疑義
産経新聞 2/22(水) 19:46配信

Ktgi
民進党の後藤祐一氏=22日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

 稲田朋美防衛相は22日の衆院予算委員会の分科会で、防衛省の女性職員への威圧的言動で謝罪した民進党の後藤祐一衆院議員に対し、「(21日に後藤氏が行った)会見は、報告を受けている内容とかなり乖離している」と疑問を呈した。稲田氏はさらに、女性職員への言動について「極めて不適切な言動だった。遺憾に思う」と強調し、「この場で具体的に、これ以上は立ち入りません」と述べた。

 これに先立ち、後藤氏は稲田氏に対し、「心からおわびを申し上げ、二度とこのようなことのないよう気をつけて参りたい。申し訳ございませんでした」と陳謝した。


民進・後藤祐一氏、メルマガで「真実を明らかにするため、鋭い質問続けていく」と弁明も自身の威圧行為には触れず
産経新聞 2/22(水) 12:14配信

Kitigai
衆院予算委員会で、文部科学省の天下り斡旋問題をめぐる集中審議について質問する民進党の後藤祐一氏=7日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

 民進党の後藤祐一衆院議員は21日夜、「お詫び申し上げます」と題したメールマガジンを配信し、防衛省の女性職員に対する威圧的言動で同省から抗議を受けた問題について釈明した。

 メルマガでは、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の日報をめぐり、女性職員から国会内で説明を受けた際、「要領を得ない回答が続いたため、厳しい言い方になってしまった」と弁明。「厳しい言い方」をした具体的な発言内容や、机をたたくなどの行動を取ったことにはふれていない。

 後藤氏は「真実を明らかにするためとはいえ、相手方が威圧的だと受け取られるような厳しい言い方をしてしまったことは正当化されるものではない」と自省。その上で、「今後、このようなことのないよう言動に気を付けるとともに、真実を明らかにするための国会質問は従来どおり鋭い質問を続けていく」と意気込んでいる。


民進痛手、暴言パワハラ 後藤祐一衆院議員が陳謝
産経新聞 2/22(水) 7:55配信

Kichigai
衆院予算委員会で厳しく追及してきたが、威圧的な言動で謝罪に追い込まれた民進党の後藤祐一氏(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

 ■防衛省女性職員に「評価下げてやる」

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題をめぐり、追及を強める民進党に身内の失態が判明した。稲田朋美防衛相が21日の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員が防衛省の30代の女性職員に威圧的な言動をしたとして抗議したことを明らかにした。後藤氏も同日、会見を開いて事実関係を認めた上で防衛省に謝罪したと説明したが、稲田氏の辞任を要求している民進党にとって痛手になりそうだ。

 後藤氏の説明によると、後藤氏は16日夜、衆院予算委員会の質疑に絡み、衆院議員会館の自室で同省の官僚数人から説明を受けた。

 安倍晋三首相が確認したとする野田佳彦政権当時の日報を出すよう求めた後藤氏に対し、防衛省側は「首相に提出した資料」として現地からの簡潔な報告書を提出した。納得しない後藤氏が日報の存在を繰り返し確かめた際、トラブルに発展した。防衛省関係者によると、後藤氏は数時間にわたり、大声を上げたり、机をたたいて抗議した。特に女性官僚には「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」などと、高圧的な態度で接したという。

 後藤氏の不適切な言動を聞いた稲田氏は激怒し、一時は翌17日の衆院予算委員会で抗議することも検討した。結局、後藤氏は予算委の質疑前に防衛省幹部に謝罪し、民進党の山井和則国対委員長は後藤氏に厳重注意した。

 稲田氏は21日の記者会見で「かなり脅迫、威圧的な言動だった。あってはならないことだ」と批判した。山井氏も記者団に「礼儀と節度を持って接することが必要だ」と苦言を呈した。

 後藤氏は衆院予算委で日報問題を集中的に質問しており、民進を含む4野党は日報問題をめぐる対応が不十分だとして稲田氏に辞任を要求している。

 追及の先頭に立つ後藤氏の失態だけに、民進党の小川勝也参院幹事長は21日の記者会見で「大臣に厳しい質問をするのは当然だが、説明に来る職員への過剰な暴言や態度は許されない」と語った。日本維新の会の馬場伸幸幹事長も「国会議員として全国民の手本となるよう率先することが求められる時代だけに、非常に遺憾だ」と述べた。

 後藤氏は平成27年、泥酔した状態で、タクシー運転手に釣り銭をめぐり「受け取る法的根拠は何か」などと詰めより、警察に通報される騒動を起こしている。


民進党、「神ってる」頬かむり体質
産経新聞 2/22(水) 7:55配信

 民進党の後藤祐一衆院議員がなんとも情けない不祥事を起こした。タクシー運転手の次は、防衛省の職員…。自分に対して反論できない立場の者への暴言を繰り返しておきながら、「弱い立場に置かれた人々とともに歩む」(民進党綱領)と主張してみても、説得力は皆無である。

 ただ、防衛省側に謝罪した上で記者会見を開いて経緯を説明した分、後藤氏はマシと言うべきかもしれない。疑惑や不祥事に頬かむりをし続ける議員は民進党にわんさかいるのだから。

 平成27年9月の安全保障関連法案の特別委員会採決の際、当時の民主党の津田弥太郎参院議員(すでに政界引退)は、自民党の女性議員を投げ飛ばすという蛮行をしでかした。直後に取材した同僚の記者に対し、津田氏は「関係ない」と説明を拒んだあげく、記者のICレコーダーを指して「余計なもの出すな」とまで言ってのけた。

 昨年3月に多額のガソリン代計上などの政治資金問題が表面化した民進党の山尾志桜里前政調会長は「元公設秘書が不適切な処理をした可能性が高い」と言い張って堂々と続投を宣言し、その後8カ月以上、詳細な説明を避け続けた。

 蓮舫代表も「二重国籍」問題で説明を二転三転させた末、いまだに戸籍謄本の開示を拒んでいる。

 蓮舫氏が昨年12月の党首討論で言い放った次の一言は、理屈を並べて釈明を回避し続ける民進党の体質をうまく言い表している。

 「答えない力、逃げる力、ごまかす力。まさに神ってる!」(松本学)


<民進党>後藤議員、防衛省職員に威圧的言動
毎日新聞 2/21(火) 19:27配信

 稲田朋美防衛相は21日の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員が防衛省職員の説明を受けた際に脅迫、威圧的言動があったとして防衛省が抗議したと明らかにした。後藤氏は同日、同省側に謝罪したと記者団に明かし、「厳しい言い方をして大変迷惑をかけた」と述べた。

 同省などによると、防衛省の職員2人が16日に後藤氏の事務所で南スーダンの国連平和維持活動(PKO)の日報問題について説明した。説明に納得しなかった後藤氏は机をたたきながら「上司に伝えて人事評価を下げる。出入り禁止だ」などと怒鳴ったという。


民進・山井和則国対委員長 防衛省職員への威圧的言動で後藤祐一氏に厳重注意
産経新聞 2/21(火) 17:56配信

 民進党の山井和則国対委員長は21日、防衛省の女性職員に威圧的言動をした後藤祐一衆院議員に対し「職員の方々に迷惑をかけることがないように」と厳重注意したと明らかにした。

 「お互い国を良くしたいという同志なのだから、礼儀と節度を持って接することが必要だ」と述べた。

 国会内で記者団に答えた。


民進の後藤祐一氏、防衛省職員への威圧的言動で謝罪会見 過去に泥酔騒動も
産経新聞 2/21(火) 14:38配信

 民進党の後藤祐一衆院議員は21日昼、国会内で記者会見し、防衛省の女性職員に威圧的言動をしたことに関し「私が厳しい言い方をしたことで大変ご迷惑をおかけしたことについておわびを申し上げたい」と陳謝した。セクハラについては「全く関係ない話」と否定した。

 後藤氏によると、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の日報をめぐり、16日に国会内で説明を受けた際、職員に対し大声をあげたり机をたたいたりした。17日に防衛省側から抗議を受けて謝罪し、山井和則国対委員長からも21日に厳重注意を受けたという。後藤氏は衆院予算委員会のメンバーで、委員会で日報の問題を何度も取り上げていた。

 後藤氏は平成27年、酒に酔って都内の議員宿舎に帰宅した際、タクシーの釣り銭をめぐり「受け取る法的根拠は何か」などと運転手を怒鳴るなどし、警察官が出動する騒ぎを起こしたことがある。


維新・馬場幹事長「以前に飲酒のうえで“事件”」民進・後藤氏の威圧的言動をチクリ
産経新聞 2/21(火) 14:08配信

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は21日午後の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員が、防衛省の女性職員に対する威圧的言動で同省から抗議を受けた問題について、「事実であれば非常に遺憾だ」と語った。

 後藤氏といえば、平成27年6月、酒に酔ってタクシー運転手とトラブルになり、パトカーや救急車が駆けつける「大トラ騒動」を引き起こしたことが記憶に新しい。

 馬場氏は「後藤さんも以前に飲酒のうえで“事件”がありましたので…」とチクリ。その上で「今、働き方改革(をめぐる議論)の中で、パワハラなど問題も出てきている。国会議員として、全国民の手本となるように率先してやっていくことが求められている」と指摘した。


民進党の後藤氏、女性職員に威圧的言動 防衛省抗議に謝罪 稲田防衛相「あってはならない」
産経新聞 2/21(火) 11:53配信

Kcgi
民進党の後藤祐一(写真:産経新聞)

 稲田朋美防衛相は21日午前の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員が防衛省の女性職員に対して「かなり脅迫、威圧的言動」を行ったとして、省として抗議したことを明らかにした。後藤氏は抗議した防衛省幹部に謝罪したといい、稲田氏は「あってはならないこと。非常に問題がある」と非難した。

 稲田氏によると、女性職員は16日夜、説明のために議員会館で後藤氏と会った。後藤氏は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊が作成した日報について、衆院予算委で何度も取り上げている。


民進・後藤氏が防衛省女性職員にパワハラ行為
読売新聞 2/21(火) 11:53配信

 稲田防衛相は21日午前の閣議後の記者会見で、南スーダンで活動する陸上自衛隊の日報問題をめぐり、民進党の後藤祐一衆院議員が、説明に行った防衛省女性職員にパワハラ行為を行ったと明らかにした。

 防衛省によると、後藤氏は16日夜、議員会館に女性職員を呼び、17日の衆院予算委員会の質問に関連する説明を求めた際、威圧的な言動があった。

 後藤氏は21日昼の記者会見で「厳しい言い方をしたことで、大変迷惑をかけた。おわびしたい」と陳謝した。民進党の山井和則国会対策委員長は「(後藤氏から)謝罪したという報告は受けた。今後迷惑をかけることのないように気をつけたい」と語り、後藤氏を厳重注意したことを明らかにした。

 後藤氏は2015年6月、東京都内で酒に酔ってタクシーから降りず、運転手とトラブルになり、警察官が駆けつける騒ぎを起こした。


民進議員が女性「威圧」=防衛省に謝罪
時事通信 2/21(火) 11:42配信

 稲田朋美防衛相は21日の閣議後の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員(神奈川16区)が防衛省の女性職員に対し威圧的言動をしたとして、抗議したことを明らかにした。

 稲田氏は「かなり脅迫、威圧的な言動があったと報告を受けている。あってはならないことだ」と批判した。後藤氏は同省に謝罪したという。

 稲田氏によると、女性職員は16日夜、衆院議員会館の後藤氏の事務所を訪れ、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の日報をめぐり防衛省の対応が混乱した問題について説明した。これに関し、後藤氏は21日、事務所で記者団に「机をたたいたり厳しい言い方をしたりしたのは事実だ。申し訳ないと思っている」と語った。民進党は後藤氏を厳重注意した。

 後藤氏は2015年6月、泥酔して東京都内の路上で警察官が駆け付ける騒ぎを起こしている。

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2202 | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・19 »

ニュース」カテゴリの記事

左翼・売国」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64936675

この記事へのトラックバック一覧です: ゴロツキ・後藤祐一にウソつき・蓮舫、相変わらずの売国キチガイ暴力集団・民進党www:

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2202 | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・19 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31