« 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・2 | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・28 »

2017年3月28日 (火)

栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・3

27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、県高校体育連盟の春山安全登山講習会を受けていた県内の高校生が巻き込まれ、8人が死亡、重傷含む40人の負傷者が出ている。

同スキー場は去る3月20日に今シーズンの営業を終了していた。また宇都宮地方気象台は26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。

最初の記事
2番目の記事

リンク:栃木スキー場雪崩 問われる安全管理体制 栃木県警、異例の特別捜査班設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「判断に疑問」「先生責められない」=全校集会、説明に生徒不満も―栃木・大田原高 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:8人犠牲の高校で保護者会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 「典型的な発生地形」 専門家ら予測可能性指摘 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那須雪崩 届かぬ「戻ってきて」、佐藤宏祐さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那須雪崩 映画行く約束果たせず、高瀬淳生さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那須雪崩 「すごい医師」の夢、萩原秀知さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那須雪崩 文武両道の努力家、奥公輝さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那須雪崩 人柄優しく慕われ、大金実さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那須雪崩 父と同じ教員の道、毛塚優甫さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那須雪崩で犠牲 一人息子失い父涙…「寒かっただろうな」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:半径5メートルくぼ地に9人=顔たたき「眠るな」―8人死亡雪崩事故・救助隊証言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>NPO法人理事「雪崩発生しやすい典型的地形」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>犠牲の大田原高の鏑木さん、幼少から明るく活発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>犠牲の大田原高の大金さん、信頼厚く山岳部主将 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>犠牲の大田原高の奥さん、テント設営も積極的に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>犠牲の大田原高の佐藤さん 美術部を志望変えて - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>犠牲の大田原高の高瀬さん 優しい性格で人気者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>犠牲の大田原高の浅井譲さん 努力家で、妹思い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大田原高が第1班…雪崩発生時、各班の位置判明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:講習会、審査通さず=計画書も未提出―雪崩8人死亡事故 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>事故現場はスキー場の敷地外の国有林 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:山岳部員の保護者集め説明会=2時間半超、内容明かさず―大田原高・スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:雪崩事故の再発防止を徹底 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ビーコン誰も持たず」=救助隊証言、位置特定難しく―栃木スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:雪崩事故「残念で悔しい」…鈴木スポーツ庁長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:雪崩に「伏せろ!」は間違い ではどうすればいいのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:死亡者は先頭グループの高校に集中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:雪崩8人死亡 消防が現場確認作業 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「幅50メートルにわたり雪崩」=NPO法人現地調査―スキー場8人死亡事故・栃木 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高校生以下の冬山登山で緊急通知 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「運動抜群、なぜ」=相棒につながらない電話―鏑木さん親友・栃木スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩>文科相「極めて遺憾」昨年、高校生の冬山禁止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木・雪崩事故で高校生ら8人犠牲に 原因は「表層雪崩」か - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

栃木スキー場雪崩 問われる安全管理体制 栃木県警、異例の特別捜査班設置
産経新聞 3/29(水) 11:05配信

355
雪崩が発生した那須温泉ファミリースキー場=栃木県那須町湯本(伊沢利幸撮影)(写真:産経新聞)

 栃木県那須町のスキー場で起きた8人死亡の雪崩事故から一夜明けた28日、男子生徒7人、男性教諭1人が犠牲となった県立大田原高では同級生や保護者、地域住民に深い悲しみが広がった。また、生徒の負傷者が出た登山講習会参加校では保護者への説明会が相次いで開かれた。

 那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で実施された県高体連による「春山安全登山講習会」には7校62人の生徒、教員が参加していた。積雪をかき分けて歩く「ラッセル」訓練中、雪崩が発生し、犠牲になった8人のほか、40人が負傷した。

 県教育委員会によると、参加校のうち宇都宮高、那須清峰高、真岡女子高、矢板東高、矢板中央高で28日、保護者への説明会が開かれた。大田原高では29日に全校集会、全保護者を対象とした説明会を開く予定で、真岡高は生徒の状況をみながら決めるという。

 宇田貞夫教育長は28日も県庁で記者会見に臨み、状況などを説明。生徒らは遭難時に位置を特定するビーコン(電波受発信器)を持っていなかったことを認めた。「専門家としての知識は時代遅れではないか」。厳しい質問に宇田教育長は「コメントできない」。

 状況は明らかになるにつれ、雪崩注意報が出ていた中で、ラッセル訓練を実施した責任を問う声が強まっている。宇田教育長は「これから調査を進めていく中で、よく状況を整理分析して検証していきたい」と述べるにとどめた。

 同日、那須塩原署に特別捜査班を設置した県警は、業務上過失致死傷容疑で捜査を進めている。県警が自然災害で特別捜査班を設置するのは異例で、「事態の重大性を考慮した」としている。


「判断に疑問」「先生責められない」=全校集会、説明に生徒不満も―栃木・大田原高
時事通信 3/29(水) 10:13配信

 栃木県のスキー場付近で起きた雪崩で、山岳部の男子生徒7人と顧問の男性教諭が死亡した県立大田原高校(大田原市)で29日午前、緊急の全校集会が開かれた。

 集会後、生徒からは「雪崩注意報が出ていたのに」と訓練を強行したことへの疑問や、「先生は責められない」との声が聞かれた。同校では保護者説明会も行われた。

 集会は午前9時から約30分間行われ、1、2年生の男子生徒のほとんどが参加。会場の体育館は静まり返り、泣いている生徒もいたという。2人のクラスメートを亡くした1年生の男子生徒(16)は「集会ではいつもは注意されるぐらいうるさいのに、誰も話していなかった」と語った。

 生徒らによると、集会の冒頭に校長が犠牲になった生徒と教諭の名前を読み上げ、全員で黙とうをささげた。その後、校長から事故について約10分間説明。スクールカウンセラーからも話があったという。

 犠牲になった鏑木悠輔さん(17)の友人の生徒は「報道であるような説明しかなかった。なぜ(位置情報を発信できる)ビーコンを持って行かなかったのか。説明が足りない」と憤った。高瀬淳生さん(16)のクラスメートの生徒(16)は「絶対に二度と同じことを起こさないで」と訴えた。

 この日は午前7時半ごろから、生徒らが登校。いずれも硬い表情で、「何があったのか知りたい」と口をそろえた。


8人犠牲の高校で保護者会
ホウドウキョク 3/29(水) 8:17配信

353
(写真:ホウドウキョク)

栃木・那須町のスキー場で発生した雪崩で、登山講習会に参加していた高校生7人と教師1人が犠牲となった大田原高校で、28日夜、山岳部の保護者会が開かれた。
28日午後6時前、大田原高校には、今回の春山登山の講習会に参加した山岳部員の保護者や、学校の関係者が次々と入った。
保護者会には、7家族、およそ15人が参加し、午後8時半に終了したという。
一方、現場となった栃木・那須町の「那須温泉ファミリースキー場」には、28日、消防隊員などが入って、ドローンなどで確認作業を行い、午後には雪崩の発生現場付近が報道陣に公開された。
ゲレンデの外の林にいた高校生らは、山の頂上付近で発生した雪崩に巻き込まれたとみられていて、警察は、主催者の判断に問題がなかったかなど、業務上過失致死傷の疑いで調べている。
浅井 譲さん(17)の父親・慎二さん(47)は「17年で短かったですけど、幸せだったかなと思います。いい子でした。親より先に死んじゃいけないと思います。それだけが親不孝だったなと思います」と話した。
大田原高校は29日、全校集会と保護者説明会を開くほか、夕方には、校長が記者会見を開くことにしている。


栃木スキー場雪崩 「典型的な発生地形」 専門家ら予測可能性指摘
産経新聞 3/29(水) 7:55配信

352
那須温泉ファミリースキー場(写真:産経新聞)

 「雪崩が発生しやすい典型的な地形だ」。高校生ら8人が死亡した栃木県那須町の雪崩事故をめぐり、28日に現地を調査した専門家らは、事前に雪崩の発生を予想できた可能性を指摘した。県警は同日、業務上過失致死傷容疑での捜査に本格的に乗り出しており、雪崩の発生をどの程度予測できたのかが、今後の焦点となりそうだ。

 この日、防災科学技術研究所雪氷防災研究センター(新潟県長岡市)は調査員3人が現場を調査。その結果、事故後に積もった深さ30センチの雪の下に柔らかい雪の層を発見した。結晶同士の結合が弱く崩れやすい性質で、地表近くの固い雪の層の上を柔らかい雪の層が滑る「表層雪崩」が起きたとの推定が強まったという。

 当時、生徒らは深い雪の中を進む「ラッセル」の訓練のため、ゲレンデを外れた沢状の地形を登り、傾斜が緩やかになった台地状の場所で休憩していたところ、山側の急斜面で雪崩が起きたとみられる。捜索現場に入った那須山岳救助隊の高根沢修二副隊長(67)は「現場はくぼ地のようになっていて、そこに向かって雪崩が発生したようだ」と証言する。

 28日に現地調査を行った「日本雪崩ネットワーク」の出川あずさ理事(56)も、この地形に着目する。山側の急斜面は30度以上あり、風を遮るものがなく、樹木が少ないなど雪崩の発生条件がそろっていた。「講習を受ければ分かるような教科書通りの危険箇所。むしろもっと大きい雪崩が起きた恐れもある」という。

 調査では、「デブリ」と呼ばれる雪崩後の雪の塊も確認された。デブリから判断すると、今回の雪崩は幅約50メートル、厚さ40~50センチの雪が、約100メートルにわたって崩れた規模と推定された。雪崩は約200メートル上から急斜面を下ったとみられる。

 今回の雪崩では那須町付近に雪崩注意報が出され、登山時には新たに約30センチの積雪を観測していた。県警はこうした事情を踏まえ、教員らの「予見可能性」を解明することになる。出川理事は「雪山の安全の基本は雪崩が起きやすい場所を避けること」と述べ、講習会のルートに疑問を呈した。


那須雪崩 届かぬ「戻ってきて」、佐藤宏祐さん
産経新聞 3/29(水) 7:55配信

351
佐藤宏祐さんが雪崩に遭ったときに着ていたパーカを見つめる父の政充さん=28日、栃木県大田原市の自宅(写真:産経新聞)

 「信じられない」。栃木県大田原市の佐藤宏祐さん(16)の父、政充さん(48)は、一人息子の宏祐さんが雪崩に遭ったときに着ていた赤いマウンテンパーカを握りしめ、唇をかんだ。

 学校から連絡が寄せられ、半信半疑で山に向かった。しかし、「心肺停止状態で運ばれた」と聞き、搬送先の那須赤十字病院へ。遺体は、あごに傷があったが顔はきれいで、今にも目を覚ましそうだった。

 「かなりの父親っ子だった」。政充さんがそう語るように、マウンテンパーカは、もともとは政充さんのものだったが、宏祐さんが「これが好き」とよく着ていたものだという。年に1度、親子で東京・秋葉原までアニメグッズを買いに行くのが恒例だった。

 中学時代は野球部で副主将。高校進学後は美術部と迷ったが、「やっぱりスポーツがしたい」と山岳部を選んだ。政充さんの趣味の渓流釣りに付き合う中で、山の魅力に引き込まれた。

 成績も優秀。県内屈指の進学校である県立大田原高で、1年の1学期は242人中8位だった。中学では生徒会長、高校でも副室長(副学級委員長)を務めた宏祐さんのスマートフォンには、友人から多くのメッセージが届いている。「絶対忘れない」「戻ってきて」…。

 届くたびに、政充さんは友達に恵まれていたことをかみしめる。「本当に自慢の息子だった」


那須雪崩 映画行く約束果たせず、高瀬淳生さん
産経新聞 3/29(水) 7:55配信

 高瀬淳生(あつき)さん(16)の中学の同級生、小野崎洋統(ひろと)さん(16)によると、高瀬さんはブルーハーツ、ビートルズなどの曲が好きで、身長も高く、ついたあだ名は「おやじ」。一緒にバンドを組み、高瀬さんはリードギターを担当していた。4月に映画を見に行く約束をしていた。亡くなったことが今でも信じられないという。「ツイッターなどでおやじが頑張っていたことを伝えたい」

 高瀬さんの母親は「まだ受け入れられない」と話した。


那須雪崩 「すごい医師」の夢、萩原秀知さん
産経新聞 3/29(水) 7:55配信

 両親の跡を継ぎ、医師になるのが夢だった萩原秀知さん(16)。小学校の卒業文集には「野口英世のようなすごい医者になる」「みんなが驚くような薬を作り、伝染病を治したい」などと書き記した。

 近くで酒店を経営する小堀輝夫さん(79)は「いつもあいさつしてくれて、最近会った際も『医師になります』と力強く言っていた。頭が良く、スポーツもできる万能選手。孫のようで、将来が楽しみだった」と無念さをにじませた。近くの70代の主婦も「東日本大震災でうちの石塀が崩れた際、『緊急車両が通れないだろうから』と散乱した石を片付けてくれた一生懸命な姿が印象に残っている」とショックを隠しきれない様子だった。


那須雪崩 文武両道の努力家、奥公輝さん
産経新聞 3/29(水) 7:55配信

 奥公輝さん(16)は中学校時代に陸上部に所属し、駅伝や長距離の選手として活躍していた。通っていた中学校の教頭は「文武両道の努力家だった」と振り返る。朝も放課後も、グラウンドで懸命に練習していたという。同じ住宅街に住む女性は「よくお父さんと一緒にジョギングしていた」と話した。

 中学校で同学年だったという男性(16)は「真面目で誰からも好かれるタイプだった」とショックを隠せない様子だった。

 遺体は、両親らが待つさくら市の自宅に戻った。「すらっと背の高く、礼儀正しい子だった。家族の気持ちを思うと言葉がない」。近所の主婦は言葉少なに語った。


那須雪崩 人柄優しく慕われ、大金実さん
産経新聞 3/29(水) 7:55配信

 山岳部の部長だった大金実さん(17)はリーダーシップがあり、多くの仲間から慕われていた。同級生の人見蒼(あおい)さん(17)は「誰にでも平等に接する優しい人柄で信頼されていた。彼には心を許せると言う友達もいる」と振り返る。

 近所に住む男性(64)は「昔はお父さんと一緒に雪かきをしているところを見かけたが、最近は1人でやっていて成長したなと思っていた。まさかこんなことになるなんて」と声を詰まらせた。近所の60代女性は「礼儀正しい子だった。父親は中学校の先生なので、よく育てられたんだと思う」と涙を浮かべた。


那須雪崩 父と同じ教員の道、毛塚優甫さん
産経新聞 3/29(水) 7:55配信

 毛塚優甫(けつか・ゆうすけ)さん(29)は父親と同じ教員の道を歩き出したばかりだった。生徒への指導も熱心で、元上司は「これから栃木の教育を担っていく存在だったのに…」と悔やんだ。

 平成24~27年度に県立宇都宮工業高(宇都宮市)で非常勤講師として勤務。同校の葭葉(よしば)功教頭によると、必ず早めに出勤し予習をした上で授業に臨んでいた。また、剣道の有段者だったこともあり、よく剣道部に顔を出して指導していたといい、「しっかりと生徒のことを見ていてくれた」。

 念願の教員に採用され、大田原高には昨年、着任したばかり。同じアパートに住む無職、遠藤道信さん(63)は「笑顔であいさつしてくれる気持ちのいい人だった」と言葉を失った。


那須雪崩で犠牲 一人息子失い父涙…「寒かっただろうな」
スポニチアネックス 3/29(水) 7:01配信

 栃木県那須町のスキー場で登山講習会に参加した県立大田原高の山岳部の生徒ら8人が雪崩で死亡した事故から一夜明けた28日、遺族や友人に深い悲しみが広がった。生徒らが、遭難時に位置を特定するビーコン(電波受発信器)を持っていなかったことも判明。県警は業務上過失致死傷容疑で那須塩原署に特別捜査班を設置し、関係者の事情聴取を続けた。

 佐藤宏祐さん(16)は、父親のマウンテンパーカやフリースを着て雪山を登っていた。その衣類は、雪に埋まり、湿り気が残ったまま。

 「寒かっただろうな」

 父親の団体職員、政充さん(48)は、病院で看護師から渡された赤いマウンテンパーカを両手で握り締めた。袖の一部が30センチ以上にわたって破れていた。

 自宅1階の和室に横たわる一人息子の顔のそばに置かれたスマートフォンには、「大丈夫?」、「苦しくない?」、そして「今までありがとう」などのメッセージが続々と届いた。「こんなに友達が多かったんだなって。寒い中に長い時間いたと思うと、いてもたってもいられない」。政充さんは目を真っ赤にしながら、胸の内を語った。

 職場で事故の連絡を受けた。すぐに現地に向かうが情報は乏しく、ただ待つしかなかった。27日午後5時半ごろ連絡が入り、搬送先の那須赤十字病院へ。「そこで初めて現実を知った。目を覚ましそうな顔をしていた」。顎に傷があったが、まるで眠っているかのようなきれいな顔だった。

 宏祐さんは小中学校時代、野球に打ち込んでいた。中学では4番、一塁手で副キャプテン。政充さんは、試合観戦に欠かさず行っていた。運動会では応援団を務めるなど、活発で後輩に慕われる子だった。小さい頃から政充さんと山登りや渓流釣りに行っていた影響で、高校で登山の道へ。山岳部への入部を許可したことについて「後悔はない」と話した。

 「今までありがとう。お父さんのことは気にせずに天国に行ってください」。息子に語りかけた。講習初日の25日に車で学校へ送り「行ってらっしゃい」と掛けた言葉が最後になってしまった。

 宏祐さんはツイッターにゴーグルを着用した自身の写真を掲載。今年1月には母親と人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI」のライブを楽しんだ様子も記していた。


半径5メートルくぼ地に9人=顔たたき「眠るな」―8人死亡雪崩事故・救助隊証言
時事通信 3/29(水) 5:19配信

350
雪崩が発生した現場から救出された重傷者を搬送する消防隊員ら=27日午後、栃木県那須町

 栃木県那須町のスキー場付近で発生した雪崩事故で、高校生ら9人が雪に埋まり、半径約5メートルのくぼ地でまとまって発見されていたことが29日、捜索に当たった救助隊員の話で分かった。

 数百メートル離れた斜面から崩れた雪に一気にのみ込まれたとみられ、うち8人が犠牲となった。

 那須山岳救助隊の副隊長高根沢修二さん(67)によると、県警から救助隊の担当者を通じ連絡があったのは27日午前9時半ごろ。「3人くらい雪崩に巻き込まれた」。吹雪で視界が悪い中、先発隊として警察官らと共に約10人で現場に急行した。

 生徒らのいる場所が分からず、「おーい」と声を掛けながら第2ゲレンデを登って行くと、コースから200~300メートル外れた林の中に手を振る人影が見えた。急いで駆け付けると、開けたくぼ地に、負傷した生徒らが座り込んでガタガタと震えており、周囲には埋まっているとみられる数人の顔や手足が雪の上に出ているのが見えた。

 急いでスコップで掘り返したが、いずれも唇は変色しており、声掛けにも反応はなかった。さらに周囲を掘ると、次々と顔や体の一部が見えてきた。「こんなにいるのか」と驚きながら捜索を続けていると、雪の中から「うー」「あー」とうめき声が聞こえた。

 「生きてるぞ!」。1メートルほど掘ると、生気を失った男子生徒の顔が見えた。眠りそうになるとほほをたたき、「眠っちゃ駄目だ」「頑張れ」と声を掛け続け、5、6分で引き上げた。「奇跡だと思った」。生徒の体をブルーシートで包み、5人がかりで医師の待機するロッジに搬送。重傷の生徒らも次々と運んだ。

 約45年前から救助隊に参加し、30~40回は出動したという高根沢さんだが、「ここまで悲惨な現場はなかった」と振り返る。「若者の死に顔を見るのは忍びない。それも1人や2人ではない。誰か声を出してくれと願いながら雪を掘っていた。残念としか言いようがない」と声を落とした。


<那須雪崩>NPO法人理事「雪崩発生しやすい典型的地形」
毎日新聞 3/28(火) 23:30配信

349
雪崩が発生したと推測される地点と、生徒らが被災したとみられる大まかな地点

 ◇現地調査した「日本雪崩ネットワーク」の出川あずさ氏

 栃木県那須町で起きた雪崩で県立高校生ら8人が死亡した事故で、28日に現地調査したNPO法人「日本雪崩ネットワーク」(横浜市)の出川あずさ理事は「現場は傾斜が30度以上あり、大きな木も少なく、雪崩が発生しやすい典型的な地形だった」と語った。

 雪崩の痕跡自体はその後に降った雪ではっきりとは残っていなかったが、同ネットワークによると、生徒らはスキー場のゲレンデから直線距離で山側へ200メートル程度の場所で雪崩に巻き込まれたと推測される。最前列で巻き込まれた生徒らは、標高約1400メートル付近で被災したとみられるという。【杉直樹】


<那須雪崩>犠牲の大田原高の鏑木さん、幼少から明るく活発
毎日新聞 3/28(火) 23:03配信

 「『ただいま』って帰ってきてほしかった」--。栃木県那須町のスキー場付近で起きた8人死亡の雪崩事故。「春山登山」の安全講習会に参加し、犠牲となった県立大田原高の男子生徒7人と男性教諭1人の家族や友人らは、冷たくなって戻ってきた体に触れ、現実におののいた。悲しみをこらえながら、かけがえのない思い出を口にした。

 鏑木悠輔さん(17)=2年=は幼い頃から明るく活発で、小中学生のころは野球に打ち込んだ。那須町の自宅には28日朝から多くの親戚や友人などが訪れ、「信じられない」と悲しみに暮れた。

 幼なじみだった同級生の男子生徒(17)は「信じたくない」と言った。幼少期を知る近くの女性(47)は「まだ実感がわかない。まるで自分の息子を亡くしたかのようだ」と声を震わせた。【川崎健】

 ◇雪崩事故で亡くなった方々は次の通り。

 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町

 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市


<那須雪崩>犠牲の大田原高の大金さん、信頼厚く山岳部主将
毎日新聞 3/28(火) 23:01配信

 「『ただいま』って帰ってきてほしかった」--。栃木県那須町のスキー場付近で起きた8人死亡の雪崩事故。「春山登山」の安全講習会に参加し、犠牲となった県立大田原高の男子生徒7人と男性教諭1人の家族や友人らは、冷たくなって戻ってきた体に触れ、現実におののいた。悲しみをこらえながら、かけがえのない思い出を口にした。

 大金実さん(17)=2年=は周囲の信頼が厚く、山岳部で主将を務めていた。

 小学校では地元の少年野球「黒磯クラブ」に所属。落ち着いた性格から「みのじい」の愛称で慕われた。監督だった水沼利之さん(50)は「頭が良くてスポーツもできて、有望だった」と目を潤ませた。幼なじみの男子生徒(17)も「いつも隣にいてくれる存在だった」と振り返る。高校1年の夏、寝台特急「カシオペア」の定期運行が終わる前に、2人で札幌まで旅行した。「行動力があり、周囲への気配りも欠かさなかった」と悼んだ。【野田樹】

 ◇雪崩事故で亡くなった方々は次の通り。

 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町

 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市


<那須雪崩>犠牲の大田原高の奥さん、テント設営も積極的に
毎日新聞 3/28(火) 22:58配信

 「『ただいま』って帰ってきてほしかった」--。栃木県那須町のスキー場付近で起きた8人死亡の雪崩事故。「春山登山」の安全講習会に参加し、犠牲となった県立大田原高の男子生徒7人と男性教諭1人の家族や友人らは、冷たくなって戻ってきた体に触れ、現実におののいた。悲しみをこらえながら、かけがえのない思い出を口にした。

 奥公輝さん(16)=1年=は中学2年まで地元のボーイスカウトのメンバーだった。口数は多くないが、テントの設営や料理作りに積極的に取り組んでいた。「どうして大好きだった野外活動で命を落とすことになったのか」。同級生の風間龍生さん(16)は肩を落とした。

 中学時代は陸上部にも所属。同級生の女子生徒(16)は「練習はさぼらず、毎日黙々と長距離競技に励んでいた」と語った。【萩原桂菜】

 ◇雪崩事故で亡くなった方々は次の通り。

 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町

 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市


<那須雪崩>犠牲の大田原高の佐藤さん 美術部を志望変えて
毎日新聞 3/28(火) 22:52配信

 「『ただいま』って帰ってきてほしかった」--。栃木県那須町のスキー場付近で起きた8人死亡の雪崩事故。「春山登山」の安全講習会に参加し、犠牲となった県立大田原高の男子生徒7人と男性教諭1人の家族や友人らは、冷たくなって戻ってきた体に触れ、現実におののいた。悲しみをこらえながら、かけがえのない思い出を口にした。

 「今までありがとう。お父さんのことは気にせずに天国に行ってください」。佐藤宏祐さん(16)=1年=の父政充さん(48)は息子に語りかけるように思いを語った。

 最後に見届けたのは研修初日の25日。その2日後、宏祐さんは無言の帰宅をした。「目を覚ましそうで。最後に見送ったときをしっかりと覚えていないのがつらいです」

 絵が好きだったから、高校入学当初は美術部を志望していた。しかし、山岳部の勧誘を受け「運動がしたい」と入部を決意。好きで続けていた様子だったから、政充さんは「後悔はない」と言う。

 自宅には、宏祐さんの自画像が飾られている。美術の授業で描き、1週間ほど前に持ち帰った。やや硬い表情に、じっと前を見つめる大きな瞳。「『うまいなあ』と思います。何を思って描いていたんでしょうね」。顔を伏せ、言葉を詰まらせた。【野田樹】

 ◇雪崩事故で亡くなった方々は次の通り。

 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町

 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市


<那須雪崩>犠牲の大田原高の高瀬さん 優しい性格で人気者
毎日新聞 3/28(火) 22:49配信

 「『ただいま』って帰ってきてほしかった」--。栃木県那須町のスキー場付近で起きた8人死亡の雪崩事故。「春山登山」の安全講習会に参加し、犠牲となった県立大田原高の男子生徒7人と男性教諭1人の家族や友人らは、冷たくなって戻ってきた体に触れ、現実におののいた。悲しみをこらえながら、かけがえのない思い出を口にした。

 高瀬淳生さん(16)=1年=は音楽が大好きで、自身のツイッターでは「(音楽の)メタルが好物な山岳部員」と自己紹介していた。知人によると、中学時代に授業でギターの演奏を披露したこともあり、優しい性格で人気者だった。

 高校で入部した山岳部では標高3193メートルの北岳に登った。講習会に参加する前日の今月24日には「気づいたら一年経ってた」と投稿し、充実した高校生活をうかがわせていた。

 中学の同級生だった男子生徒(16)は「同級生はみんな落ち込んでいる。もう会えないなんて信じられない」。【加藤佑輔】

 ◇雪崩事故で亡くなった方々は次の通り。

 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町

 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市


<那須雪崩>犠牲の大田原高の浅井譲さん 努力家で、妹思い
毎日新聞 3/28(火) 22:46配信

 「『ただいま』って帰ってきてほしかった」--。栃木県那須町のスキー場付近で起きた8人死亡の雪崩事故。「春山登山」の安全講習会に参加し、犠牲となった県立大田原高の男子生徒7人と男性教諭1人の家族や友人らは、冷たくなって戻ってきた体に触れ、現実におののいた。悲しみをこらえながら、かけがえのない思い出を口にした。

 浅井譲さん(17)=2年=の父慎二さん(47)は、27日夜、病院で譲さんと対面した。きれいな顔だったが、体を触ると冷え切っていた。「寒かったね。やっと帰ってきたね」。そう声をかけるのがやっとだった。

 慎二さんは登山や自転車などが趣味で、小さい頃の譲さんをよく外に連れて行った。小学生時代に那須の山々に登った際、険しい斜面を怖がることもあったが、一緒に後を付いて歩いていた。

 「将来は絶滅危惧種を守る仕事がしたい」。こんな希望を持っていた譲さんは、高校で山岳部に入った。入部の連絡を聞いた慎二さんは「何も親のまねをしなくてもいいのに」と思いながらも喜んだ。

 努力家で、妹思いだった譲さんは慎二さんの誇りだ。「本当にいい子だったし、短くても幸せな人生だったと思う。ただ、親より先に死んでしまったことだけは親不孝。山に行った人は全員、無事『ただいま』と言って帰ってきてほしい」

 今回の訓練の判断について「中止して撤退する道もあったのではないかとは思う。ただ、先生方も状況を見てくださっていたと思うので、責めるつもりはない」と言った。【高橋隆輔】

 ◇雪崩事故で亡くなった方々は次の通り。

 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町

 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市


大田原高が第1班…雪崩発生時、各班の位置判明
読売新聞 3/28(火) 21:57配信

348
(写真:読売新聞)

 栃木県那須町のスキー場の雪崩事故で、県教育委員会は28日記者会見し、雪崩発生時に各校の生徒らがいた位置を明らかにした。

 訓練は県高校体育連盟が主催した「春山安全登山講習会」の一環。27日は五つの班を作り、後続のために雪をかき分け、踏み固めて進路を切り開きながら進む「ラッセル」訓練を実施した。体力を使うため縦列で先頭を交代しながら行うこともある集団訓練だった。

 生徒7人と教諭(29)が死亡した大田原高が第1班。第2班の真岡高・宇都宮高は先行する1班を追いかける形で歩き、第3班の矢板東高・那須清峰高は、第4班の矢板中央高・宇都宮高を先導するように、1班より南側の斜面を歩いていた。第5班の真岡女子高・矢板東高(女子)は斜面の下の方で待機中だった。


講習会、審査通さず=計画書も未提出―雪崩8人死亡事故
時事通信 3/28(火) 21:32配信

 栃木県那須町で起きた雪崩事故で、県教育委員会は28日に記者会見し、死亡した高校生らが参加した登山講習会について、主催した県高校体育連盟が、登山のために必要な計画書の事前提出や有識者の審査を経ずに毎年実施していたことを明らかにした。

 県教委は講習会について「安全指導を目的としたもので、登山ではないと認識していた」と説明している。

 県教委によると、各高校が部活動として標高1500メートル以上の冬山に登る際には登山計画書の提出が求められ、山岳連盟や県警などでつくる県の登山計画審査会による審査を受けることになっている。

 今回の講習会の行程には茶臼岳(標高1915メートル)に登る予定が組まれていたが、計画書の提出や審査はなかった。茶臼岳の山頂まで行く計画だったかは調査中という。


<那須雪崩>事故現場はスキー場の敷地外の国有林
毎日新聞 3/28(火) 21:05配信

347
雪崩があった那須温泉ファミリースキー場そばに手向けられた花=栃木県那須町で2017年3月28日午後1時43分、小出洋平撮影

 栃木県那須町で起きた雪崩で県立高校生ら8人が死亡した事故で、県と県教育委員会は28日、生徒が被害に遭った事故現場について、那須温泉ファミリースキー場の敷地外の国有林だったことを明らかにした。雪をかきわけて進むラッセルの訓練に参加した生徒らは、当初の県教委の想定よりも山側へ行進していたことになる。また、現場では事故当時、会話できないほどの吹雪に見舞われていたことも訓練に参加した生徒の証言で分かった。

 生徒らは県高校体育連盟主催の「春山登山」の講習会に参加。27日朝に付近の茶臼岳への登山を予定していたが、天候悪化のため県高体連登山専門部の委員長と副委員長が話し合い、登山を中止。代わりにラッセルを実施していた際、雪崩に巻き込まれた。参加した男子生徒の1人は28日、毎日新聞の取材に応じ、「吹雪で会話は通じる状況じゃなかった。周りは何も見えなかった」と明かした。

 県警は業務上過失致死傷容疑での立件も視野に捜査を始めており、参加した生徒らからも事情を聴いて、事故を予見できたかどうか調べを進める。

 一方、県教委は県災害警戒本部の情報を基に生徒はスキー場内で事故に遭ったと説明していたが、同本部が現場の資料などを詳細に分析したところ、雪崩はスキー場内にも押し寄せていたが、生徒らは敷地外で巻き込まれたことが判明したという。那須地区消防本部によると、死亡した8人は、位置情報を知らせる電波発信機(ビーコン)は身につけていなかった。【野口麗子、野田樹】


山岳部員の保護者集め説明会=2時間半超、内容明かさず―大田原高・スキー場雪崩
時事通信 3/28(火) 20:44配信

 栃木県のスキー場で起きた雪崩で、山岳部の男子生徒7人と顧問の男性教諭が死亡した県立大田原高校で28日夜、山岳部員の保護者への説明会が開かれた。

 同校によると、校長と教頭が説明に当たったというが、内容は明らかにしなかった。説明会は2時間半超に及んだ。

 午後6時から始まった説明会は、同8時半すぎに終了。講習を受けた12人の部員の保護者約15人が参加した。同校には同5時半ごろから車が次々と到着し、教職員が一礼して誘導。保護者らは一様に硬い表情で校舎内に入った。

 同6時ごろには、車で訪れた女性が同校の教職員に花束を手渡し、そのまま走り去った。


雪崩事故の再発防止を徹底
ホウドウキョク 3/28(火) 20:08配信

高校生ら8人が死亡した雪崩事故を受けて、安倍首相は、再発防止に努める考えを示した。
安倍首相は「痛ましい災害が発生しました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族に心からお悔やみを申し上げるとともに、被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます」と述べた。
高校生ら8人が死亡した栃木県での雪崩事故を受けて、安倍首相は、28日の参議院決算委員会で、「再発防止を徹底するため、原因の徹底究明を行うとともに、警戒、避難体制の強化、危険箇所の巡視、点検の実施徹底など、防災体制のいっそうの強化を図る」と強調した。


「ビーコン誰も持たず」=救助隊証言、位置特定難しく―栃木スキー場雪崩
時事通信 3/28(火) 20:04配信

 栃木県那須町のスキー場で発生した雪崩で、現場で捜索に当たった救助隊員が28日、遭難した際に自分の位置情報を発信できる機器「ビーコン」を高校生らが所持していなかったと証言した。

 同日、記者会見した田代哲郎県教育委員会スポーツ振興課長は「これまでビーコンを持って行くような指導はしていなかったと記憶している。標準装備として携帯していなかったのではないか」と述べた。

 那須山岳救助隊の副隊長渡部逸郎さん(69)によると、位置情報が得られず、当初は高校生らが雪の中のどこに埋まっているか分からなかった。動けずに座り込んだり、簡易テントに入って救助を待ったりしている重傷者らの姿を捜し当て、ようやく現場を特定した。

 冬山は雪崩の危険があるため、登山に際してはビーコンのほか、雪をかき出すスコップ、雪を突いて人の居場所を確認する「ゾンデ棒」を持参することが多く、「三種の神器」と呼ばれる。

 渡部さんは「雪崩発生から救助活動が終わるまで3時間以上かかった」と話した。

 もう一人の副隊長高根沢修二さん(67)によると、高校生らは滑り止めとして靴に装着する金属製の「アイゼン」も付けていなかった。一方で、ニット帽や二重の手袋はしていたといい、「春山の防寒対策としては十分。こんなに雪が降るとは思っていなかったんだろう」と話した。


雪崩事故「残念で悔しい」…鈴木スポーツ庁長官
読売新聞 3/28(火) 18:46配信

 今回の雪崩事故を受け、スポーツ庁の鈴木大地長官は28日、報道陣の取材に対し「将来ある若者が、命を絶たれたのは非常に残念で悔しい。(事故防止に向けて)周知を徹底する必要がある」と語った。

 今回は春山登山で研修中の事故だったと聞いているといい、「安全修習の場で事故につながったのは無念。(再発防止のため)情報収集に努めたい」と述べた。

 また、全国高等学校体育連盟(高体連)は、各都道府県高体連が主催する講習会や研修会について、安全確保の基準や指針を調査する方針を固め、27日付で各高体連に文書で通知した。4月上旬にも調査を開始するという。


雪崩に「伏せろ!」は間違い ではどうすればいいのか
J-CASTニュース 3/28(火) 18:23配信

346
雪崩が起きたら「伏せて」はいけない(写真はイメージ)

 栃木県那須町で起きた雪崩に巻き込まれ、男子高校生7人と引率していた男性教諭を合わせ8人が死亡した事故が起きた。そして、その時に教諭と生徒の間で交わされたやり取りが報じられると、ツイッターなどでは、あり得ないといった声が上がった。

 引率教諭はベテランとされていたが、雪崩が起きた時に「伏せろ!」と叫び生徒を従わせたというのだ。雪崩の時はとにかく必死に逃げるのが常識であり、伏せて雪崩に飲み込まれれば助かるものも助からない、との指摘が出ている。

■「雪崩が来たら走るんだよ、叫んで叫んで走るんだよ」

 今回の事故は2017年3月27日の午前9時20分ごろに「那須温泉ファミリースキー場」付近の標高1300メートルで起きた。栃木県高校体育連盟主催の「春山安全登山講習会」が開かれていて、県内7校の山岳部1、2年生と教員の計62人が参加していて、先頭で登っていた県立大田原高校の8人が巻き込まれ死亡し、40人が重軽傷を負った。何とも痛ましい事故だが、NHKが報じた内容でネット上の空気が一変した。

 NHK は17年3月27日夕のニュースなどで、講習会に参加し雪崩に巻き込まれた男子高校生に電話取材し、雪崩が起きた時の状況について、

  「引率の教員が『伏せろ!』と声を上げた。私たちは伏せたが、体に雪をかぶった形になった」

という男子生徒の証言を放送。さらに、

  「講習中に教員たちは雪崩は全く想定していない様子だった。けさ積雪がひどかったので慎重に状況を見極め、講習を中止する決定をしてほしかった」

という言葉も報じたのだ。

 大田原高校山岳部は、県の強豪で引率教員はベテランと報じられていただけに、「教員はシロウトじゃないか」「伏せたら死ぬぞ!」などといった声がツイッターなどに挙がった。「レスキュー屋」を名乗る人物は、

  「雪崩が来たら走るんだよ、叫んで叫んで走るんだよ 呑まれたら泳いで泳いで、もがいてもがいて、最後に閉じ込められそうになった時に口元を覆ってエアポケット作るんだよ。 可能なら片腕は上へ突き上げて目印になる可能性に賭ける。雪崩で『伏せろ』なんて誰が提唱してるの?事実なら犯罪レベル」

などと投稿。賛同する声が多く見られる。

 本当に引率教諭と生徒の間にこのようなやり取りがあったのか、J-CASTニュースは大田原高校と県の教育委員会に3月28日に取材した。

顔が埋まれば15分から20分で窒息死する
 しかし、

  「そのような話は初めて聞いたが、詳細についてはまだ分からない」(大田原高校)
   「事実確認はできていない」(教育委員会)

という返事だった。引率教員のレベルについては、

  「メディアで報じられている通りです」(大田原高校)

と、ベテランで十分なキャリアを持っていた、とした。

 それでは雪崩に遭遇した場合にはどうすればいいのか、J-CASTニュースが28日に防災科学技術研究所雪氷防災研究センターに取材したところ、まず、雪崩が起きそうな場所には近づかないことが大前提、とした。さらに、雪山に登るときは雪崩が起きた場合の逃げ道を確保、確認して行くこと。そして雪崩に遭ってしまった場合は、

  「伏せるのは正しい方法ではありません」

という。

 雪崩に巻き込まれた場合は体周辺の雪が固くなり、自力では抜け出せなくなるし、顔が全部埋まった場合は、15分から20分で窒息死してしまうからだ。そのため全力で逃げなければならない。流れに巻き込まれないようにし、下に逃げる場合と上に逃げる場合があり、それは状況次第だが、下に逃げれば蛇行した雪崩に飲み込まれることもあるという。複数人いた場合は、それぞれバラバラに逃げること。それは誰かが助かる可能性があるからで、助かった人は埋まった人を掘り起こす作業に移れるからだという。

  「泳ぐように逃げる、という表現がありますが、それは雪をかき分け顔だけでも表面に出すよう努力する、ということなんです」

と担当者は話していた。


死亡者は先頭グループの高校に集中
ホウドウキョク 3/28(火) 17:56配信

345
(写真:ホウドウキョク)

栃木県の7つの高校が参加した登山訓練中の雪崩で、死亡した8人は全員、栃木県立大田原高校の生徒や教師だった。
今回の登山訓練は、栃木県内の7つの高校の生徒らが参加していたが、死亡した8人は、先頭のグループにいた大田原高校の生徒や教師だった。
犠牲となった鏑木悠輔さん(17)の知人は、取材に「何にでも積極的に取り組んで、運動も好きでしたし、勉強もできて」と話した。
27日は悪天候のため、現地にいた登山講習会の委員長らの判断で、予定していた登山を中止し、計画になかった、ゲレンデ周辺で深い雪をかき分けて進む、「ラッセル訓練」を始めたということで、教師らの判断が正しかったかどうかが、今後の焦点になる。


雪崩8人死亡 消防が現場確認作業
ホウドウキョク 3/28(火) 16:38配信

344
(写真:ホウドウキョク)

栃木・那須町のスキー場で27日、雪崩が発生し、登山訓練中だった高校生ら8人が死亡した事故で、現場では、消防隊員による確認作業が行われている。
現場となった「那須温泉ファミリースキー場」には、28日午前8時すぎから、消防隊員などが入り、ドローンなどの器具を使い、雪崩が発生した現場の確認作業を行っている。
入山して調査にあたった専門家によると、雪崩は、山の頂上部分の岩の周辺から発生し、ゲレンデの外の林で登山訓練中だった高校生らが巻き込まれたとみられている。
また、発生時に救助活動にあたった山岳救助隊の隊員が、当時の状況について話した。
救助にあたった那須山岳救助隊の渡部逸郎さんは、「(生徒が埋まっていたのは)1~1.5メートルくらい。あれだけ大量の雪が降ったあとなので、雪崩に遭う可能性は大」と話した。
また、この隊員は、雪崩などの際、電波を発信し居場所を知らせる機器「ビーコン」は全員が持っていなかったと話した。
警察は、特別捜査班を設置し、主催した県の高体連の判断や、生徒の安全対策に問題がなかったかなど、業務上過失致死傷の疑いで調べを進めている。


「幅50メートルにわたり雪崩」=NPO法人現地調査―スキー場8人死亡事故・栃木
時事通信 3/28(火) 16:27配信

 栃木県那須町で雪崩が発生し高校生ら8人が死亡するなどした事故で、NPO法人「日本雪崩ネットワーク」が28日、那須山岳救助隊の依頼を受けて現地調査を行った。

 取材に応じた出川あずさ理事(56)は、雪崩の規模について「幅50メートルにわたり、厚さ40~50センチの雪が動いた」と分析した。

 出川さんは同日午前6時半ごろから現場のスキー場に入り、約3時間にわたり雪の状態などを調査。高校生らが埋まった現場から目視で、雪崩発生地点を特定し、流れた雪がたまった「デブリ」も確認した。

 雪が割れた破断面は確認できなかったが、雪の状態などから幅50メートル、厚さ40~50センチの雪が動いたとした。縦にどれくらい動いたかは全地球測位システム(GPS)を使って今後分析するという。

 現場は雪崩が起きやすい地形で、その真下を休憩場所として選んだために、多くの生徒が巻き込まれたと説明。短時間に大量に雪が降った直後で、雪の状態が不安定になっていたとの見方を示した。


高校生以下の冬山登山で緊急通知
ホウドウキョク 3/28(火) 16:23配信

27日、栃木・那須町のスキー場で雪崩が発生し、登山訓練中だった高校生ら8人が死亡した事故を受け、スポーツ庁は、高校生以下が冬山登山を行わないよう求める緊急通知を、あらためて各都道府県などに対して出した。
松野文科相は、「高校生徒以下については、原則として冬山登山を行わないよう、あらためて指導したところです」、「(通知を出しながら、事故が起きたことについて?)極めて遺憾であります」などと話した。
文科省は、同様の通知を1964年以降、繰り返し出していて、通知は2016年11月にも、スポーツ庁から出されていた。
スポーツ庁は28日、職員2人を現地に派遣し、訓練の実施に問題がなかったかを含め、情報収集を進める方針。


「運動抜群、なぜ」=相棒につながらない電話―鏑木さん親友・栃木スキー場雪崩
時事通信 3/28(火) 15:38配信

 「何度も電話したが、つながらなかった」。

 雪崩の犠牲となった栃木県立大田原高校2年鏑木悠輔さん(17)=同県那須町=と、小中学生時に野球部でバッテリーを組んでいた同校2年の高久蓮さん(17)は、「運動抜群なのに、なぜ」と自然の猛威を呪った。

 鏑木さんとは保育園からの幼なじみで、小学3年から中学までチームメートだった。今も同じクラスで、昨年12月の修学旅行も同じ班。「先週、楽しくWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の話をしていたのに。信じられない」と肩を落とした。

 雪崩発生を知った27日昼、高久さんは鏑木さんに電話をかけ続けた。「頼むから出てくれ」。口癖の「大丈夫」という声が聞こえてくることはなく、夜になって母親から鏑木さんの死を伝えられた。その日は何も考えられなくなった。

 高久さんによると、中学校でクラスの学級委員も務めたという鏑木さんは、正義感があり、クラス替えでなじめない生徒がいると積極的に声をかけていたという。

 体力テストでは常に最高評価を受け、投手としても中学時代は名の通った存在で、県大会でベスト8まで勝ち上がった。高久さんは「本当に何でもできるやつだった。悠輔のおかげで上の大会にも行けた」と振り返った。

 28日午前に遺体と対面。自宅の居間で眠る無二の親友は「眠っているような表情」だった。「もっと一緒に遊びたかった。もっと話したかった」と鼻をすすり、「ゆっくり休んでほしい」と涙をこらえた。


<那須雪崩>文科相「極めて遺憾」昨年、高校生の冬山禁止
毎日新聞 3/28(火) 14:45配信

 栃木県那須町で高校生ら8人が死亡した雪崩事故について、松野博一文部科学相は28日の閣議後記者会見で、スポーツ庁の通知で高校生の冬山登山が原則禁止されていたことを踏まえ「極めて遺憾だ」と述べた。スポーツ庁職員2人を栃木県教育委員会に同日派遣し、状況の把握にあたらせることも明らかにした。

 スポーツ庁は昨年11月、高校生の冬山登山を原則禁止とする通知を各都道府県に出していた。【伊澤拓也】


栃木・雪崩事故で高校生ら8人犠牲に 原因は「表層雪崩」か
AbemaTIMES 3/28(火) 14:30配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で、ゲレンデの上方で雪崩が発生し、数人が巻き込まれたと110番通報があった。警察などによると、スキー場で春山登山の講習会に参加していた県内の高校の山岳部生徒や教師が雪崩に巻き込まれたという。県立大田原高校の男子生徒7人と男性教諭1人の計8人の死亡が確認され、死因は圧死や外傷性窒息だった。

 今回発生した雪崩について、栃木県の教育委員会が同日午後4時ごろ会見を行った。

 那須温泉ファミリースキー場はもともと3月20日に営業を終了していたという。27日は、高校生たちの講習会のために開けていた。ゲレンデは第1から第3まで3つあり、第1と第3の上に上級コースに当たる第2ゲレンデがある。生徒たちはその第2ゲレンデのさらに上の方にある林の中を登って、春山の登山講習会を行っていた。

 県内の7つの高校から62人が参加しており、生徒が51名、引率の教員が11名だったというが、5つのグループに分かれ、概ね縦一列で移動していたということだ。そこで雪崩が起き、先頭を歩いていた大田原高校のグループの生徒たちが雪崩に巻き込まれたものとみられている。また彼らはスキーではなく、登山の格好をしていたという。もともとこの実技は午前7時から午前11時のものであったということから、まさに実技の最中に起こったものとみられている。

 今回の雪崩は、「表層雪崩」である可能性が高く、もともと積もっていた雪の上に新しい雪が積もり、その新雪の部分が雪崩になった。時速は100~200キロに及び、低気温で降雪が続く厳寒期に起こりやすいといわれる。

■福島県でも雪崩 安達太良山山頂付近で遭難通報
 さらに、栃木県に続いて福島県でも雪崩が起こった。安達太良山山頂付近で雪崩に巻き込まれた男性2人が遭難しているという通報を受け、警察や消防が救助に向かった。警察と消防によると、午後1時ごろ猪苗代町沼平付近で雪崩に巻き込まれ、下山できないと60代の男性から119番通報があった。通報した男性と一緒に雪崩に巻き込まれた70代の男性は意識がなく、心肺停止になっているという。

 雪崩には「表層雪崩」以外に、「全層雪崩」と呼ばれるものがある。斜面の固く重たい雪が地表面を流れるように滑り落ちるもので、時速は40~80キロ、気温が上昇する春先に起こるものであるということだ。

 現場には、26日午前10時32分ごろに大雪・雪崩・着雪注意報が出されていた。平年の積雪量は1センチであり、今シーズンで最も多い降雪量だったということで、3月下旬以降としては記録的な雪となった。「表層雪崩」は、まとまった雪が短時間に降ることで起こりやすくなり、今回の雪崩も急な積雪によって表層雪崩が発生したものと考えられる。

(AbemaTV/原宿アベニューより)

« 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・2 | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・28 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/65077698

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・3:

« 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷・2 | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・28 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30