« 朝日新聞、ク◯ション◯ンタレ流し状態 瀕死の重体ww | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2215 »

2017年3月27日 (月)

栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷

27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、県高校体育連盟の春山安全登山講習会を受けていた県内の高校生が巻き込まれ、8人が死亡、重傷含む40人の負傷者が出ている。

同スキー場は去る3月20日に今シーズンの営業を終了していた。また宇都宮地方気象台は26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。

リンク:雪崩事故「痛恨の極み」=講習会主催の高体連会長―栃木 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩8人死亡>「引率教員に専門知識」教育長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<那須雪崩8人死亡>一瞬で胸まで「景色も音も覚えてない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 男子生徒ら8人の死亡を確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<雪崩>高校生ら8人死亡40人負傷 犠牲者、先頭班に集中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 男子生徒3人の死亡を確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:吹雪の中、担架で次々=緊急車両行き交う―雪の中から「おお」・栃木スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:対応追われる大田原高=教頭「重く受け止める」―栃木スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:県内9連覇誇る強豪=顧問は「山のエキスパート」―大田原高の山岳部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スキー場で雪崩 高校生8人心肺停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 心肺停止は8人に いずれも県立大田原高の関係者か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新雪の表層雪崩か=防災科研の主任研究員―栃木スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<雪崩>心肺停止は高校生8人に 多数負傷 栃木のスキー場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:雪崩で高校生ら8人死亡…那須、注意報発令中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:訓練最終日の惨事、参加高校関係者ら衝撃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スキー場で雪崩、前日から注意報が発令されていた 担当者は「常識的に考えれば…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高校生ら8人死亡=スキー場で雪崩―重傷者らけが人多数・栃木 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 安倍晋三首相「被災者救助に全力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スキー場で雪崩 高校生ら心肺停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:救命救助最優先で対応=安倍首相―栃木スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 心肺停止疑いは県立大田原高の生徒か 同校生徒と教諭計4人が不明、3生徒は負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官「被害状況の把握と救助に全力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相「救命、救助を最優先」…参院予算委で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:8時間で積雪30センチ超=栃木県那須町、26日朝から注意報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<雪崩>「表層雪崩」か 気温上昇 3月でも危険性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「詳しいこと分からない」=捜索続く現場、無事祈る教諭ら―栃木スキー場雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 高校生6人が心肺停止か 3人不明、負傷3人 登山講習で7高校参加 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官「救命救助を最優先」 栃木県の雪崩被害で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩、心肺停止疑い6人 行方不明3人、負傷者は3人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木スキー場雪崩 3人が呼吸停止 3人連絡取れず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スキー場で雪崩、登山訓練の高校生6人心肺停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スキー場で雪崩 高校生数人と連絡取れず 栃木・那須町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高校生6人心肺停止=スキー場で雪崩―重傷者らけが人多数・栃木 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<雪崩>高校生ら遭難6人心肺停止4人不明 栃木のスキー場 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

雪崩事故「痛恨の極み」=講習会主催の高体連会長―栃木
時事通信 3/27(月) 22:36配信

 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩事故を受け、登山講習会を主催した栃木県高校体育連盟の橋本健一会長は27日夜、記者会見し「痛恨の極みだ」と視線を落とした。

 橋本会長は、登山経験が豊富な教員が引率していたとし、「今まで一度も事故がなく、高く評価していた」と説明。行程表を変更する際の判断基準は定められておらず、変更時に県高体連に報告する義務もなかった。「現場の判断に任せていた」という。

 その結果、今回の事故が起きたことについて、「個人的にはもう少ししっかりした危機管理体制が必要だったと思う」と唇をかみしめた。

 登山を中止するほどの天候の中、代わりにラッセルを行うのが適切な判断だったかどうかについては、「事故の詳細が分からず、はっきりしたことは言えない」と述べるにとどめた。


<那須雪崩8人死亡>「引率教員に専門知識」教育長
毎日新聞 3/27(月) 22:08配信

332
雪崩が発生した那須温泉ファミリースキー場で捜索活動する救助隊=栃木県那須町で2017年3月27日午後4時12分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 栃木県教委の宇田貞夫教育長は27日、那須温泉ファミリースキー場で起きた雪崩事故で8人が死亡したことを受け、宇都宮市の県庁で、記者会見し、「事故は誠に残念。事故の原因を調査し再発防止策に努める」と話した。

 県教委によると、講習会に参加したのは、大田原(大田原市)12人▽矢板中央(矢板市)3人▽矢板東(同市)7人▽宇都宮(宇都宮市)13人▽真岡(真岡市)8人▽真岡女子(同)4人▽那須清峰(那須塩原市)4人--の栃木県内7高校の生徒51人と、7校の教員11人。

 登山を中止し、雪をかき分けて歩くラッセル訓練の実施は県高体連登山専門部の委員長と副委員長の2人が相談して決めたとみられ、宇田教育長は「登山中止の判断は正しかったと思っている」と話した。なだれ注意報が出ている中での訓練については「専門知識のある複数のベテラン教員が引率している」などと説明した。

 スポーツ庁が原則として高校生の冬山登山をしないよう求めていることについては「専門知識のある人がいる講習会という位置づけなので」と言葉を濁した。講習会は、毎年同時期に同じ場所で行われるが、過去10年でトラブルはなかったという。【野口麗子】


<那須雪崩8人死亡>一瞬で胸まで「景色も音も覚えてない」
毎日新聞 3/27(月) 22:02配信

331
救助され、下山する高校生たち=栃木県那須町で2017年3月27日午後6時45分、小出洋平撮影

 安全な登山を学ぶ場でなぜ--。栃木県那須町のスキー場で27日朝、登山講習中の県内高校生らの団体が雪崩に巻き込まれた。高校生7人と教員1人が死亡し、重傷者を含む40人が負傷する惨事に。深い雪に阻まれ、消防や警察、自衛隊による救助作業は難航。「我が子は」。保護者らは悲痛な表情で無事を祈った。

 「雪崩が来るぞ」。講習に参加していた矢板中央高校1年の男子生徒(16)は男性の大きな叫び声を聞いた。ゲレンデのコース外にある樹林帯で、雪をかき分けて進む訓練中だった。その後の記憶ははっきりしない。気がついたときには胸の辺りまで雪に埋もれていた。自力ではいずり出て、全身が埋まった仲間をみんなで助け出した。

 男子生徒によると、午前7時半ごろから班ごとに樹林帯のあちこちで訓練をしていた。雪はひざの高さぐらいまで積もっていた。「雪崩はあまりに突然で、景色も音も覚えていない」とぼうぜんとした様子で語った。

 事故現場のゲレンデ入り口には規制線が張られ、消防や自衛隊の隊員らが担架などを抱えて慌ただしく出入りした。午後7時ごろ、スキー場に待機していた生徒ら約30人が消防車両で下山した。

 那須地区消防本部によると、警察からの通報を受け、午前10時過ぎに隊員がスキー場に着いたが、積雪のため、雪崩の現場に到達するのに更に約2時間かかった。スコップを使って捜索したが、雪は深いところで腰の高さまであったという。

 同消防本部の室越孝・警防課課長補佐は「新たな雪崩が発生する恐れもあり、慎重さが求められた。地元の山岳救助隊のアドバイスを受け安全なルートを選びながら現場に向かった」と話した。捜索終了は発生から8時間以上が経過した午後5時ごろだった。

 先頭の班で生徒、教員計8人が犠牲になった県立大田原高校の山岳部はインターハイに8年連続出場し、今年度は全国7位の強豪だ。27日夕、報道陣の取材に応じた堀江幸雄教頭(55)によると、県高校体育連盟の「春山安全登山講習会」には毎年参加。高体連登山専門部委員長も務める顧問の男性教諭ら教員2人が1~2年生12人を引率した。

 事故の一報を聞いてすぐに引率の教諭に連絡したところ「雪崩が起きて生徒たちが巻き込まれたかもしれない」などと話したという。現地に教員2人を派遣し、警察などからの情報収集に追われた。堀江教頭は「学校行事でこのような事態が起きたことを重く受け止める。全員が無事に戻ってくるよう祈っている」と沈痛な表情で述べたが、その後、悲報がもたらされた。

 生徒らが搬送された病院には家族らが駆けつけた。国際医療福祉大病院(栃木県那須塩原市)に搬送された大田原高1年の男子生徒を訪ねて来た親戚の女性(68)は「まさかこんな事故に巻き込まれるなんて」と目に涙を浮かべた。

 那須赤十字病院(同県大田原市)には男子高校生2人と教員と見られる男性が相次いで搬送された。連絡が取れない山岳部の友人の安否を確かめようと病院を訪れた大田原高2年の男子生徒(17)は昼過ぎにツイッターで事故を知った。「どうして事故が起きたのか。信じられない」と話した。

 同病院には災害派遣医療チーム(DMAT)の23人が処置のため待機。担当者は「更に受け入れを予定している。救命救急センターはばたついている」と緊迫した様子だった。【岸慶太、加藤佑輔、杉直樹、乾達】


栃木スキー場雪崩 男子生徒ら8人の死亡を確認
産経新聞 3/27(月) 21:42配信

 栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で27日に発生した雪崩で、県警は、男子生徒7人と男性教員1人の死亡を確認した。


<雪崩>高校生ら8人死亡40人負傷 犠牲者、先頭班に集中
毎日新聞 3/27(月) 21:06配信

330
登山講習会に参加していた高校生らが雪崩に巻き込まれた那須温泉ファミリースキー場=栃木県那須町で2017年3月27日午後4時10分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で27日朝に発生した雪崩事故で、県警によると、県内7高校から「春山登山」の講習に参加して巻き込まれた県立大田原高(大田原市)の男子生徒7人と男性教諭1人の計8人が死亡した。骨盤骨折などで自力歩行できない生徒7人を含む負傷者計40人も病院で治療を受けている。当時、スキー場一帯には前日からなだれ注意報が継続中で、48人は雪中を歩く訓練中だった。県警は、業務上過失致死傷容疑での立件を視野に捜査を始めた。

 県警によると、8人の死因はうち6人が圧死で、2人が外傷性窒息死だった。スポーツ庁は今回の事故を受け、全国の都道府県教委に対し、高校生らに冬山登山を原則実施しない指導を各校に行うよう緊急通知した。同庁は昨年11月にも同様の通知を出している。

 訓練は県高校体育連盟が25~27日の2泊3日の日程で主催した春山登山講習で、大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)--の山岳部などに所属する1、2年生や引率教諭ら計62人(生徒51人、教員11人)が参加した。

 訓練最終日の27日は悪天候のため、予定の茶臼岳(1915メートル)登山の中止を教諭らが決定。深雪をかき分けて進む「ラッセル」と呼ばれる雪中歩行の訓練を同スキー場で行うことにし、生徒ら48人が5班に分かれて参加していた。雪崩は訓練開始から約30分後の午前8時半ごろに起きたとみられ、亡くなった生徒はラッセルの先頭にいた大田原高に集中。雪崩は同校生徒らの「1班」を直撃したらしい。

 県などによると、同スキー場は20日に今季の営業を終え、新雪を固める圧雪作業は行われていなかった。現場一帯は前日から雪が降り続いており、古い雪面に積もった新雪が滑り落ちる「表層雪崩」が起きた可能性が高い。雪崩はゲレンデ付近の標高約1300メートルにある樹林の斜面で発生し、長さ100メートルから200メートルにわたって滑り落ちた。

 宇都宮地方気象台などによると、栃木県北部では26日から降雪が続き、27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。26日午前から同スキー場のある県北部になだれや大雪注意報が出されていた。【田中友梨、野口麗子】

 ◇亡くなられた方々

 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町

 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市


栃木スキー場雪崩 男子生徒3人の死亡を確認
産経新聞 3/27(月) 20:56配信

 栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で27日に発生した雪崩で、那須赤十字病院は、病院に搬送された男子生徒3人の死亡を確認した。


吹雪の中、担架で次々=緊急車両行き交う―雪の中から「おお」・栃木スキー場雪崩
時事通信 3/27(月) 20:28配信

329
消防隊員に付き添われ、スキー場から下山する高校生ら=27日午後6時45分、栃木県那須町

 雪崩が発生した栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場では27日午後、巻き込まれた高校生とみられる負傷者が担架で次々と搬送された。

 吹雪の中、サイレンを鳴らした緊急車両が慌ただしく行き交い、地元の山岳関係者は「この辺りで雪崩は起きたことがないのに、このゲレンデで起きるとは」と絶句した。

 スキー場のすぐ下の路上には、救急車や自衛隊の車両などが20台以上待機。捜索活動や負傷者の搬送が続いた。

 担架で運ばれてきた負傷者は、ブルーシートで周囲から隠すように囲まれ、相次いで救急車に乗せられた。午後5時半には、捜索に当たっていた県警の機動隊員ら約20人がスコップなどを手に疲れ切った表情で引き揚げ、同6時ごろ心肺停止状態という最後の生徒が搬送された。

 県警によると、自力で歩ける生徒33人はスキー場の施設で待機した後、同7時ごろ、消防のバスに分乗して同県大田原市の病院に向かった。

 同市の那須赤十字病院には同8時ごろ、バスが次々と到着。車いすに乗ったり体を支えてもらったりした生徒が病院に入っていった。

 スキー場まで様子を確認しにきた那須山岳救助隊隊長で、地元で旅館を経営する大高登さん(89)は取材に応じ、隊員から聞いた救助の様子を明らかにした。それによると、雪の中から「おお」という声が聞こえ、急いで1メートルほど掘り返すと、生徒の姿が見えたという。

 大高さんは「新雪だったので声が聞こえたのではないか。たくさんの高校生が犠牲になり残念だ。まさかこんなことが起きるとは」と驚いた様子で話した。


対応追われる大田原高=教頭「重く受け止める」―栃木スキー場雪崩
時事通信 3/27(月) 17:05配信

 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩で、山岳部の生徒が多数巻き込まれた県立大田原高校(大田原市)では27日、教員らが安否確認などに追われた。

 堀江幸雄教頭(55)は同日夕、詰め掛けた報道陣の取材に応じ、一部の生徒と教諭の無事を確認したと明らかにした。

 堀江教頭によると、スキー場での登山講習には1、2年の部員計12人と山岳部顧問の男性教諭2人が参加。学校には午前9時半ごろ県警から雪崩の第一報が入った。現地に教員2人を急派し、同行していた顧問の1人と5、6回電話で話したが、混乱した様子で情報把握が難航したという。

 堀江教頭は、講習に学校行事として参加したことについて「重く受け止めている。(保護者には)誠意をもって対応させていただきたい」と述べた。

 夜に入り、8人の死亡確認が報じられたが、応対した教員は「あすにしてください」と繰り返した。


県内9連覇誇る強豪=顧問は「山のエキスパート」―大田原高の山岳部
時事通信 3/27(月) 16:51配信

328
救出作業のため現場となったスキー場に向かう消防隊員ら=27日午後2時29分、栃木県那須町

 栃木県那須町のスキー場で発生した雪崩で、多くの生徒が巻き込まれた県立大田原高校山岳部は、県大会9連覇を誇る強豪だった。

 部を知る関係者によると、顧問は県内で有名な山のエキスパートで、部員数も多かったという。

 同校などによると、山岳部は登山競技の県大会で9連覇し、全国大会に連続出場を果たす強豪。作新学院(宇都宮市)の山岳部顧問川村真教諭(55)は「大田原高校は進学校だが、山岳部の部員も県内で一番多いのでは」と話す。

 大田原高のホームページによると、山岳部は夏と冬に合宿がある。毎年12月下旬に日光白根山を目指して2泊3日で冬山合宿を行い、「氷点下20度になることもある厳しい環境下で雪上にテントを張る」という。

 川村教諭によると、同部に複数いる顧問の1人は「県内で非常に有名で、栃木県高等学校体育連盟登山部でも長年役職に就いている」。顧問の中には、作新学院の卒業生もいるという。

 川村教諭は、昨年行われた岩登りの研修で大田原高の部員と接したという。「カメラを向けると笑顔で応えてくれ、素直なよい子が多かった。待ち時間にも勉強の話をしていた」と振り返り、「その時の生徒たちが今回の雪崩に巻き込まれたのでは」と心配そうに語った。


スキー場で雪崩 高校生8人心肺停止
ホウドウキョク 3/27(月) 16:39配信

327
(写真:ホウドウキョク)

栃木・那須町のスキー場で雪崩が発生し、登山研修を行っていた高校生と教師が巻き込まれ、これまでのところ、8人が心肺停止の状態で見つかった。
27日午前9時20分ごろ、「那須温泉ファミリースキー場で雪崩が起きて巻き込まれた」と、引率の教師から110番通報があった。
当時スキー場では、栃木県の大田原高校や矢板中央高校など、県内7つの高校の生徒と教師およそ60人が、春山登山の研修を行っていた。
消防によると、このうち雪崩に巻き込まれた8人が心肺停止の状態で見つかり38人が重軽傷を負い、このうち32人は、自力で下山を始めたという。
これまで3人が行方不明と伝えられていたが、消防によると、現在、行方不明者は確認されていないという。
当時、那須町には、大雪、なだれ着雪注意報が出されていた。
雪崩があったスキー場は、3月20日で営業を終了していたという。


栃木スキー場雪崩 心肺停止は8人に いずれも県立大田原高の関係者か
産経新聞 3/27(月) 16:32配信

326
スキー場雪崩で負傷し運ばれる負傷者=27日、栃木県那須町(桐山弘太撮影)(写真:産経新聞)

 栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で発生した雪崩で、県警は27日、心肺停止は8人で、いずれも県立大田原高校の男子生徒の可能性があることを明らかにした。重傷者も数人、軽傷者も多数いるという。

 県災害警戒本部は心肺停止8人、重傷、中等傷が計8人としている。軽傷者は多数。参加した高校の関係者で現在、行方不明者はいないという。

 負傷者らはいずれも、県高体連登山専門部会主催の「春山安全登山講習会」の参加者。大田原高校をはじめ県内7高校の生徒52人と引率教員11人の計63人が参加していた。


新雪の表層雪崩か=防災科研の主任研究員―栃木スキー場雪崩
時事通信 3/27(月) 16:28配信

 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩について、防災科学技術研究所雪氷防災研究センター(新潟県長岡市)の平島寛行主任研究員は27日、「以前から残っていた雪の上に新たに降り積もった雪が滑り落ちた表層雪崩と考えられる」との見方を示した。

 防災科研は専門家を現地調査に派遣した。

 気象庁の松本積主任予報官も「表層雪崩が起きた可能性が高い。26日夜にシャーベット状の雪が降り、表面に氷の層ができた上に、27日未明から雪が降り積もって滑り落ちたのではないか」と話した。

 那須町にある気象庁の観測点では27日午前1時すぎから雪が積もり始め、同9時の積雪が33センチに上った。しかし、スキー場付近はこの観測点より標高が高く、気温が低いため、26日夜もみぞれが降っていたとみられるという。

 3月下旬は通常、気温の上昇や雨に伴い、積もった雪が地面を滑り落ちる全層雪崩が起きることが多い。しかし、山地では春でもまとまった雪が降ることがあり、平島主任研究員は「雪崩の危険性が高まるので注意が必要だ」と話している。


<雪崩>心肺停止は高校生8人に 多数負傷 栃木のスキー場
毎日新聞 3/27(月) 16:12配信

320
高校生らが遭難した現場近くに駆けつけた救急車。後方が雪崩が発生した那須温泉ファミリースキー場=栃木県那須町湯本で2017年3月27日正午ごろ、柴田光二撮影

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生したと110番があった。地元消防などによると、県内7高校から登山講習会に参加していた団体が雪崩に遭い、生徒8人が心肺停止の状態で見つかったほか、重傷者2~3人を含む多数が負傷した。同スキー場は20日に今季の営業を終えており、雪崩は第2ゲレンデ付近で発生したとみられる。

 7校は25~27日の日程で組まれた県高体連主催の「春山登山研修」に参加していた。参加校は、▽大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)--の計約60人。

 心肺停止で見つかった生徒は大田原高に集中しており、雪崩は同校の隊列を直撃したものとみられる。

 同県北部では26日から降雪が続き、気象庁によると27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。宇都宮地方気象台は、同県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】


雪崩で高校生ら8人死亡…那須、注意報発令中
読売新聞 3/27(月) 15:59配信

325
雪崩が起きたスキー場からけがをした人を運び出す消防隊員ら(27日午後1時55分、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で)=菅野靖撮影

 栃木県那須町湯本の町営「那須温泉ファミリースキー場」で27日午前、雪崩が発生し、登山講習会に参加していた同県内の7高校の登山部員と引率教員の計48人が巻き込まれた。

 県警などによると、県立大田原高校の男子生徒7人と男性教員1人の計8人の死亡が確認された。このほか、生徒33人と教員7人の計40人がけがをした。当時は大雪、なだれ注意報が発令中で、県警は業務上過失致死傷容疑を視野に捜査を始めた。

 県教育委員会によると、訓練は25~27日の日程で行われていた「春山安全登山講習会」。県高校体育連盟の主催で、大田原、宇都宮、那須清峰、矢板東、真岡、真岡女子の県立6校と私立矢板中央を含めた7校から、生徒51人、引率教員11人の計62人が参加していた。


訓練最終日の惨事、参加高校関係者ら衝撃
読売新聞 3/27(月) 15:26配信

324
捜索に向かう救助隊(27日午後0時11分、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で)

 栃木県那須町湯本の「那須温泉ファミリースキー場」で27日午前に発生した雪崩は、登山訓練中だった高校生らを次々と襲った。

 県警などが救助・捜索活動を展開しているが、生徒6人が心肺停止、さらに生徒3人と教員1人が行方不明となっている。訓練は、25日から2泊3日の日程で行われていた。最終日に起きた惨事に、学校関係者らに衝撃が広がった。

 雪崩発生を知らせる110番は午前9時20分、県高校体育連盟(県高体連)の関係者から入った。この直後から、生徒や引率教員が訓練に参加している県内7高校にも連絡が入り、職員らが情報収集に追われた。

 真岡高校(真岡市)では、参加した生徒9人、教員2人のうち、1年生2人が雪崩に巻き込まれた。2人は救急車で搬送されたが、命に別条はないという。渡辺佐知夫教頭は「生徒の顔を見るまでは安心できない。行方不明になっている他校の生徒のことも心配だ」と不安げに話した。


スキー場で雪崩、前日から注意報が発令されていた 担当者は「常識的に考えれば…」
BuzzFeed Japan 3/27(月) 15:18配信

323
スキー場の公式サイト

3月27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町にある「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩が起きたと110番があった。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

6人が心肺停止、行方不明者3人
栃木県栃木北東地区消防指令センターはBuzzFeed Newsの取材に、午前11時時点で心肺停止6人、行方不明3人、負傷者3人(うち1人は教諭)を確認しているという。

スキー場には当時、約50人の生徒らがおり、午前7時30分ころに登山を開始。午前9時22分、雪崩の通報が入った。雪崩発生時間は現在調査中とのこと。

7校が参加する「春山安全登山講習会」だった
県の災害警戒本部によると、高校生らは栃木県高等学校体育連盟主催の「春山安全登山講習会(以下、講習会)」に参加していた。

この講習会は、毎年この時期に行われており、25日から27日までの2泊3日を予定していたという。

参加していたのは、大田原高校、那須清峰高校、矢板東高校、矢板中央高校、真岡高校、真岡女子高校、宇都宮高校の7校で山岳部などに所属する生徒とのこと。

「常識的に考えれば…」
同スキー場は3月20日をもって今シーズンの営業を終了していた。

運営会社の女性社員は「3月20日で営業を終了していたことは間違いない。詳しいことは担当者が(山の)上の方に行っているのでわからない。把握しているのは雪崩が起こったということだけ」と話した。

また、宇都宮地方気象台は3月26日午前10時点で、同スキー場を含む栃木県北部に雪崩注意報を発表していた。

先の災害警戒本部担当者は話す。

「雪崩注意報を把握して登ったのかは、教諭など現場にいた者に確認しないとわからない。ただ、常識的に考えて把握はしていたのではないかと思う」と話した。


高校生ら8人死亡=スキー場で雪崩―重傷者らけが人多数・栃木
時事通信 3/27(月) 14:52配信

322
27日午前8時半ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、巻き込まれた県立大田原高校(大田原市)の男子生徒7人と男性教員1人が死亡した。写真は救出された人を搬送する消防隊員ら。

 27日午前8時半ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、巻き込まれた県立大田原高校(大田原市)の男子生徒7人と男性教員1人が死亡した。

 県によると、けが人は重傷の男子生徒2人を含め40人に上るという。生徒らは当時、他の高校の生徒らと共に、県高校体育連盟の春山登山講習を受けていた。

 大田原市内の病院によると、死亡した8人のうち3人は、16歳の生徒2人と17歳の生徒1人。

 県警那須塩原署によると、雪崩は生徒ら55人が雪上を踏んで進むラッセルの訓練中に第2ゲレンデ付近で発生。100~200メートルにわたって斜面が崩れた。生徒らは、ゲレンデコース外の林の中を登っている最中に雪崩に巻き込まれたという。

 宇都宮地方気象台は26日、県北部で雪崩が発生する恐れがあるとして注意を呼び掛けていた。県警は業務上過失致死傷容疑を視野に、引率者らの捜査を進める方針。

 県教育委員会によると、27日は那須町の茶臼岳(標高1915メートル)を登る予定だったが、雪が降る悪天候のため教員らが午前6時に中止を決定。代わりにラッセルに切り替え、午前8時から同9時半の予定で、五つのグループに分かれて行動していた。大田原高校は1、2年生12人と男性顧問2人で一つのグループをつくっていた。

 県教育委員会によると、講習には、大田原高校、県立真岡高校(真岡市)など七つの高校の山岳部員や顧問の教員ら62人が25~27日の日程で参加していた。

 那須温泉ファミリースキー場は、茶臼岳の山麓にあり、ゲレンデ3面とペアリフト2基などの施設がある。同町によると、20日で今シーズンの営業は終了していたという。


栃木スキー場雪崩 安倍晋三首相「被災者救助に全力」
産経新聞 3/27(月) 14:31配信

 安倍晋三首相は27日午後の参院予算委員会で、栃木県那須町湯本のスキー場付近で発生した雪崩に関し、「被害情報の把握を進め、自治体と緊密に連携を図りながら、被災者の救命、救助を最優先に災害応急対策に全力を尽くす」と述べた。民進党の白真勲氏への答弁。


スキー場で雪崩 高校生ら心肺停止
ホウドウキョク 3/27(月) 14:15配信

321
(写真:ホウドウキョク)

栃木・那須町のスキー場で雪崩が発生し、登山訓練などを行っていた高校生らが巻き込まれた。3人が心肺停止の状態で見つかり、数人と連絡が取れなくなっている。
27日午前9時20分ごろ、「那須温泉ファミリースキー場で雪崩が起きて巻き込まれた」と、引率の教師から110番通報があった。
当時、スキー場では、栃木県の大田原高等学校など、県内7つの高校の生徒およそ50人が、登山訓練などを行っていたが、消防によると、このうち3人が心肺停止の状態で見つかり、数人と連絡がとれなくなっているという。
警察や消防は、連絡が取れなくなっている生徒の捜索を急ぐとともに、ほかにも雪崩に巻き込まれた生徒や人がいないか、確認を急いでいる。


救命救助最優先で対応=安倍首相―栃木スキー場雪崩
時事通信 3/27(月) 14:07配信

 安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、栃木県那須町のスキー場で高校生らが雪崩に巻き込まれた事故に関し、「被害情報の把握を進め、被災自治体と緊密に連携を図りながら、被災者の救命救助を最優先に災害応急対策に全力を尽くす」と語った。

 政府は同日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。


栃木スキー場雪崩 心肺停止疑いは県立大田原高の生徒か 同校生徒と教諭計4人が不明、3生徒は負傷
産経新聞 3/27(月) 14:05配信

 栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で発生した雪崩で、栃木県教育委員会は27日、6人が意識不明で、いずれも県立大田原高校の生徒だと明らかにした。県と消防は、この6人を心肺停止の疑いと発表している。

 負傷の3人も同校生徒。ほかに同校生徒3人と同校教諭1人の計4人が行方不明という。

 県教委によると、高体連登山専門部会主催の「春山安全登山講習会」で、積雪期登山で必要な知識や技術の習得するため、25日~27日の2泊3日の予定で、那須岳周辺で実技などを行っていた。参加者は県内7高校の生徒52人と引率教員11人の計63人だった。


菅官房長官「被害状況の把握と救助に全力」
読売新聞 3/27(月) 13:48配信

 菅官房長官は27日午前の記者会見で、栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩について「被害状況の把握に全力で取り組み、救助にも総力をあげている」と述べ、被災者の救命・救助を最優先に取り組む考えを示した。

 政府は雪崩を受け、同午前11時50分、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。


安倍首相「救命、救助を最優先」…参院予算委で
読売新聞 3/27(月) 13:48配信

 安倍首相は27日午後の参院予算委員会で、「情報収集体制を強化するとともに、救命、救助等の災害応急態勢に当たっている。引き続き被害情報の把握を進め、自治体と緊密に連携を図りながら、救命、救助を最優先に災害応急態勢に全力を尽くしていく」と述べた。


8時間で積雪30センチ超=栃木県那須町、26日朝から注意報
時事通信 3/27(月) 13:11配信

 栃木県那須町にある気象庁の観測点では、27日午前1時ごろには積雪がほぼなかったが、その後大雪となり、同9時に33センチを観測した。

 気象庁は栃木県を対象とする大雪気象情報を25日夕方から27日朝までに計4回発表し、傾斜地では雪崩に注意するよう呼び掛けた。宇都宮地方気象台は26日午前10時半すぎ、那須町に大雪と雪崩、着雪の注意報を発表していた。

 大雪は、関東の南海上で低気圧が発達しながら北東へ進む一方、関東の上空に寒気が流れ込んだのが原因という。


<雪崩>「表層雪崩」か 気温上昇 3月でも危険性
毎日新聞 3/27(月) 13:09配信

320
高校生らが遭難した現場近くに駆けつけた救急車。後方が雪崩が発生した那須温泉ファミリースキー場=栃木県那須町湯本で2017年3月27日正午ごろ、柴田光二撮影

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生したと110番があった。地元消防に現場から入った連絡などによると、県内7高校が登山講習会に参加しており、高校生6人が心肺停止の状態で見つかったほか、4人が行方不明、8人が負傷しているという。雪崩は同スキー場の第2ゲレンデ付近で発生したとみられる。気象庁は積雪面の上に新雪が降ったことによる「表層雪崩」の可能性が高まったとして雪崩注意報を発令していた。

        ◇

 気象庁によると、雪崩には古い積雪面の上に新たに降り積もった雪が滑り落ちる「表層なだれ」と、積雪全体が滑り落ちる「全層なだれ」がある。

 今回は日中に気温が上がる一方、深夜から早朝にかけて気温が下がった影響で、積雪面が氷状に変化。その上に新雪が降ったことで、滑りやすくなったとみられる。

 日本山岳協会専務理事、尾形好雄さん(69)も、前日から降雪が続いていたことに着目。「すでに固まっている雪の上に新しい雪が降ると、新雪がうまくなじまず、弱い層となってしまう」と同様の指摘をする。「降り固まった雪と新雪の間に力が加われば、ショックで新雪が表層で雪崩を起こす」と話す。

 尾形さんも20代のころ、3月にこうした雪崩に巻き込まれたことがあり「新雪が降ったら、古い雪となじんでいるかをチェックするのが基本だ」と語る。

 栃木県内の山岳情報に詳しく、山岳ガイドの経験もある県勤労者山岳連盟の池谷友夫副会長(63)は「この時期の雪は湿気があり、3月になって比較的、温かくなっているため雪崩の危険性が高まる。一気に降雪があると、何らかのきっかけで亀裂が走って雪崩を誘発する可能性がある」と指摘した。


「詳しいこと分からない」=捜索続く現場、無事祈る教諭ら―栃木スキー場雪崩
時事通信 3/27(月) 12:45配信

 栃木県那須町のスキー場で27日、雪崩が発生し複数の高校生が巻き込まれた事故。

 現場となったスキー場では懸命の捜索が続けられ、担当者らは「詳しいことは分からない」と繰り返した。生徒の無事を願う男性教諭は「これまで大きな事故はなかったのに」と祈るように話していた。

 雪崩が起きた那須温泉ファミリースキー場の担当者は「現在捜索中」「まだ何も分かっていない」と息を切らせながら繰り返した。運営会社側も「雪崩の一報があったのは事実。情報収集をしているところで、詳しいことは分からない」と話した。那須町によると、同日午前9時半ごろに一報が入り、スキー場に現地対策本部を設置した。

 生徒6人が心肺停止状態となった栃木県立大田原高校(大田原市)は登山部の1、2年生12人と引率の男性教諭2人が春山登山講習に参加していた。生徒が雪崩に巻き込まれたとの情報があるだけで詳しい状況は分からず、スキー場に職員を向かわせたという。取材に応じた男性教諭は「毎年の恒例行事で、これまで大きな事故はなかったのに。大変驚いている」と言葉少なに話した。

 県立真岡高校(真岡市)からも山岳部の1、2年生の男子生徒9人が参加。教頭によると、「現地で引率している教諭が捜索に加わっているため連絡が取れていない」。他校を通じて生徒全員の無事の連絡があったという。


栃木スキー場雪崩 高校生6人が心肺停止か 3人不明、負傷3人 登山講習で7高校参加
産経新聞 3/27(月) 12:36配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩が発生したと110番通報があった。

 地元消防や県危機管理課によると、春山登山の講習会に参加していた高校生と教員らが巻き込まれ、生徒6人が心肺停止の疑いがある。ほかに3人と連絡が取れず、3人が負傷との情報がある。

 雪崩は初中級向けの第2ゲレンデ付近で起きた。

 県教育委員会などによると、講習会は県高等学校体育連盟の主催で、25~27日の予定で県内の高校7校の山岳部に所属する生徒ら60~70人が参加していた。7校は県立大田原高、那須清峰高、矢板東高、真岡高、真岡女子高、宇都宮高、私立矢板中央高。

 県内の高校関係者によると、生徒らは25日に学科の講習を受けた後、スキー場へ移り、テントで宿泊。26日も春山登山の講習を受け、27日に実技を実施して昼すぎに撤収予定だった。消防によると、生徒は1~2年生で、27日は午前7時半ごろから登山を開始したという。

 同スキー場は町営で、指定管理者が運営。福島県の県境に近い茶臼岳山麓に位置し、ペアリフト2基、ゲレンデ3面、そり専用ゲレンデ、センターハウスなどの施設がある。同町によると、今季の通常営業は20日に終了していたという。

 政府は27日、今回の雪崩事故を受け、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。県は自衛隊に災害派遣を要請し、県内消防にも広域応援を要請した。 

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で「これまでに意識不明の方が3人、連絡が取れない方が3人との報告を受けている」とした上で、「引き続き被害状況の把握に努め、被災自治体と緊密に連携を図りながら被災者の救命救助を最優先に災害応急対策を行っていく」と述べた。


菅官房長官「救命救助を最優先」 栃木県の雪崩被害で
産経新聞 3/27(月) 12:20配信

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、同日午前9時20分ごろ、栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生し、高校生が巻き込まれたと発表した。菅氏は「これまでに意識不明の方が3人、連絡が取れない方が3人との報告を受けている」とした上で、「引き続き被害状況の把握に努め、被災自治体と緊密に連携を図りながら被災者の救命救助を最優先に災害応急対策を行っていく」と述べた。


栃木スキー場雪崩、心肺停止疑い6人 行方不明3人、負傷者は3人
産経新聞 3/27(月) 11:42配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場から「雪崩が発生した」と110番通報があった。

 同町総務課によると、県内の高校生ら40~50人が利用中だった。

 消防によると、雪崩はスキー場のゲレンデの上の方で発生した。

 心肺停止の疑いが6人、行方不明が3人、負傷者が3人。負傷者は教員1人、生徒2人という。

 同スキー場は町営で、茶臼岳山麓に位置し、ペアリフト2基、ゲレンデ3面、そり専用ゲレンデ、センターハウスなどの施設がある。同町によると、今季の営業は既に終了しているが、競技団体の依頼で県内の複数の高校の生徒らが利用していたという。高校生は登山中に巻き込まれたとみられる。


栃木スキー場雪崩 3人が呼吸停止 3人連絡取れず
産経新聞 3/27(月) 11:11配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場から「雪崩が発生した」と110番通報があった。

 同町総務課によると、県内の高校生ら40~50人が利用中で、複数の安否が不明との情報がある。県警が詳しい状況を調べている。

 地元消防への現場からの連絡によると、3人が呼吸停止で見つかった。他に3人が行方不明という。

 同スキー場は町営で、茶臼岳山麓に位置し、ペアリフト2基、ゲレンデ3面、そり専用ゲレンデ、センターハウスなどの施設がある。同町によると、今季の営業は既に終了しているが、競技団体の依頼で県内の複数の高校の生徒らが利用していたという。


スキー場で雪崩、登山訓練の高校生6人心肺停止
読売新聞 3/27(月) 10:58配信

 27日午前9時20分頃、栃木県那須町湯本の町営「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩が発生し、登山の訓練中だった同県内の高校山岳部の生徒らが巻き込まれた。

 県によると、生徒6人が心肺停止の状態で、ほかに少なくとも3人が負傷した。さらに生徒3人と教諭1人の行方が分かっておらず、県警などが捜索を続けている。県は災害警戒本部を設置し、陸上自衛隊にも災害派遣を要請した。

 同スキー場は今月20日に今季の営業を終えていたが、県教委などによると、27日は午前7時半頃から県内7校の高校山岳部の生徒計52人と引率教諭11人が、春山登山の合同訓練で現地に入っていた。スキー場には三つのゲレンデがあり、雪崩は第2ゲレンデ(標高差110メートル、最大斜度25度)で発生。巻き込まれたのは、主に大田原高校の山岳部員という。


スキー場で雪崩 高校生数人と連絡取れず 栃木・那須町
産経新聞 3/27(月) 10:58配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩があった。高校生が巻き込まれ、数人と連絡が取れないという。同スキー場には、高校生約50人がいたという。


高校生6人心肺停止=スキー場で雪崩―重傷者らけが人多数・栃木
時事通信 3/27(月) 10:51配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生したと110番があった。

 県などによると、雪崩に巻き込まれた6人が心肺停止で、全員が当時登山の講習中だった県立大田原高校(同県大田原市)の生徒と確認された。また重傷者が2人いるという。他にも6人以上の負傷者が出ているが、命に別条はない。

 当初、行方不明者が3人いるとの情報があったが、その後連絡が取れた。けがの程度などは不明という。他にも不明者がいる可能性があり、県警などが詳しい状況を調べている。

 県警や消防などによると、雪崩はスキー場の第2ゲレンデ付近で発生。同ゲレンデには当時、県内の高校生らの団体約60人がいた。高校の話では、複数の高校の山岳部員らが25~27日の日程で、県高校体育連盟の春山登山講習を受けていたという。

 宇都宮地方気象台は26日、県北部で雪崩が発生する恐れがあるとして注意を呼び掛けていた。

 福田富一栃木県知事は27日午前、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

 那須温泉ファミリースキー場は、那須町の茶臼岳(標高1915メートル)の山麓にあり、ゲレンデ3面とペアリフト2基などの施設がある。同町によると、20日で今シーズンの営業は終了したという。


<雪崩>高校生ら遭難6人心肺停止4人不明 栃木のスキー場
毎日新聞 3/27(月) 10:38配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生したと110番があった。地元消防や県教委によると、県内7高校が登山講習会に参加しており、同県立大田原高校(大田原市)の生徒6人が心肺停止の状態で見つかったほか、同高の生徒と教諭計4人が行方不明、8人が負傷しているという。雪崩は同スキー場の第2ゲレンデ付近で発生したとみられる。気象庁は積雪面の上に新雪が降ったことによる「表層雪崩」の可能性が高まったとして雪崩注意報を発令していた。

 同校の関係者によると、同スキー場では「春山安全登山講習会」を開催しており、▽大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)--の計7校(約60人)の生徒らが参加。主催は栃木県高等学校体育連盟。

 同日午前9時35分ごろ、引率していた大田原高校の教員から「安否の確認ができない生徒がいて、捜索している」と同校に連絡があったという。同講習会は25~27日の日程で行われ、参加者は事故現場周辺にいたという。

 那須温泉ファミリースキー場の運営会社によると、スキー場は20日に営業を終了し、リフトは運転していなかった。三つのゲレンデのほかにそり用スペース、雪遊び場があり、毎年開かれる同講習会に施設の一部を貸していたという。事故の一報は午前10時過ぎに入ったが、男性社員は「まだ詳しいことは全く分からない。上の者が現地に向かっている」と慌ただしく話した。

 同県北部では26日から降雪が続き、気象庁によると27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。宇都宮地方気象台は、同県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】

« 朝日新聞、ク◯ション◯ンタレ流し状態 瀕死の重体ww | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2215 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/65074373

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人負傷:

« 朝日新聞、ク◯ション◯ンタレ流し状態 瀕死の重体ww | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2215 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30