« 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・19 | トップページ | 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・20 »

2017年3月 3日 (金)

天皇皇后両陛下、28日からベトナム・タイを公式にご訪問・3

天皇皇后両陛下は28日、6泊7日の日程でベトナムとタイへの公式訪問に出発された。友好親善と弔問が目的で、ベトナムご訪問は初めてとなる。宮内庁によると、両陛下がご高齢であることに配慮し、余裕を持った日程が組まれた。

両陛下は28日、ベトナムの首都、ハノイにご到着。3月1日は国家主席夫妻主催の晩餐(ばんさん)会に臨席される。2日は先の大戦終結後、フランスとの第1次インドシナ戦争を戦った残留元日本兵家族と面会するほか、ベトナム戦争の枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれた「ベトちゃん、ドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんとも懇談される。

3日にはベトナムの古都フエにご移動。4日は独立運動家のファン・ボイ・チャウ記念館を訪問し、5日にはタイ・バンコクで、昨年死去したプミポン前国王を弔問される。

以上、産経新聞の報道による。

最初の記事
2番目の記事

リンク:<両陛下>「日越の絆」記念館訪問 チャウの資料熱心に見学 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:在留邦人と懇談される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:青年海外協力隊員と話される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:記念館に到着された両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下がチャウ記念館訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、独立運動家記念館に=「東遊運動」で日本に縁―チャウ孫と面会・フエ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下がベトナム・フエの旧王宮視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下 ベトナムの首都ハノイから古都フエにご到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:王宮に到着された天皇、皇后両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:王宮に到着された天皇、皇后両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:王宮に到着された天皇、皇后両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、グエン朝の王宮に=ベトナム古都フエ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、古都フエご到着 観賞望まれた「ベトナム雅楽」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、古都フエご到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>日越の絆しのぶ 4日に独立の英雄記念館見学 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>ベトナム共産党書記長夫妻と面会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フエ市内の両陛下を歓迎する看板 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フエ市内で国旗を掲げる女性たち - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、フエに…グエン朝の旧王宮視察など予定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フエに到着された両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、共産党書記長夫妻と会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、古都フエに到着=共産党書記長夫妻と会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇皇后両陛下、元日本兵の家族と面会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇皇后両陛下、ドクさんらと懇談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下が寄贈されたハゼ標本 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下とドクさん夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ハゼの標本を見学される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ドクさんと面会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下のお心に感謝と涙 残留元日本兵妻「ご訪問、うれしい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、残留元日本兵家族とご面会「長い間、ご苦労さまでした」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、残留元日本兵家族とご面会 「封印された歴史」に光 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、ハゼ標本と「再会」=41年前ベトナムに寄贈 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ドクさんと面会=「ベトちゃんドクちゃん」弟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>枯れ葉剤被害ドクさん招待 大使主催レセプション - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<両陛下>「日越の絆」記念館訪問 チャウの資料熱心に見学
毎日新聞 3/4(土) 21:13配信

511
ファン・ボイ・チャウ記念館を訪れ、慰霊碑前で説明を受けられる天皇、皇后両陛下=ベトナム・フエで2017年3月4日午後3時32分(代表撮影)

 【フエ(ベトナム中部)山田奈緒】ベトナム訪問中の天皇、皇后両陛下は4日、古都フエで、フランス植民地下のベトナム独立運動の英雄ファン・ボイ・チャウ(1867~1940年)の記念館を訪ねられた。両陛下はチャウの孫とも交流し、ベトナムの若者を日本に留学させる「東遊(ドンズー)運動」を起こしたチャウに関する歴史資料などを熱心に見学した。

 記念館の敷地には、チャウの墓や、日本での活動を支援した静岡県袋井市出身の医師、浅羽佐喜太郎(1867~1910年)との交流を記した記念碑などもある。両陛下は墓前で一礼し、チャウが軟禁された家を再現した建物などを見学。当時のチャウの暮らしぶりについて、質問を重ねていた。

 両陛下を迎えるためにカナダから駆け付けたチャウの孫、ファン・ティエウ・カットさん(72)とも面会した。カットさんは「祖父は日本との協力関係を密にして将来を築いていこうとしましたので、両陛下の訪問を知れば大変喜んだと思います」と両陛下に伝えた。天皇陛下は「歴史を知って、現在やこれからの在り方を知るのは大変大事なことだと思います。そういう意味で、この記念館は日本にとっても大事です」と答えた。

 フエはベトナム最後の王朝「グエン朝」の都として栄えた古都。強い日差しが照り付ける晴天になった同日、両陛下はフエ王宮も訪ねた。伝統的な木造建築に見入り、ベトナム雅楽「ニャーニャック」を鑑賞した。

 両陛下はベトナムでの主な行事を同日で終えた。5日はタイの首都バンコクに移動。昨年10月に亡くなったプミポン前国王の弔問を行い、ワチラロンコン新国王と会見する予定。


在留邦人と懇談される両陛下
時事通信 3/4(土) 20:56配信

510
在留邦人と懇談される天皇、皇后両陛下=4日、ベトナム・フエ

(時事通信社)


青年海外協力隊員と話される両陛下
時事通信 3/4(土) 20:56配信

509
青年海外協力隊員と話される天皇、皇后両陛下=4日午後、ベトナム・フエ(代表撮影)

(時事通信社)


記念館に到着された両陛下
時事通信 3/4(土) 20:49配信

508
ファン・ボイ・チャウ記念館に到着された天皇、皇后両陛下=4日、ベトナム・フエ(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下がチャウ記念館訪問
時事通信 3/4(土) 20:06配信

507
ベトナム公式訪問中の天皇、皇后両陛下は4日午後、日本とゆかりがある仏領インドシナ時代のベトナムの独立運動家ファン・ボイ・チャウの記念館を訪問し、慰霊碑前で説明を受けられた=ベトナム・フエ(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下、独立運動家記念館に=「東遊運動」で日本に縁―チャウ孫と面会・フエ
時事通信 3/4(土) 19:37配信

507
ベトナム公式訪問中の天皇、皇后両陛下は4日午後、日本とゆかりがある仏領インドシナ時代のベトナムの独立運動家ファン・ボイ・チャウの記念館を訪問し、慰霊碑前で説明を受けられた=ベトナム・フエ(代表撮影)

 【フエ時事】ベトナム公式訪問中で、中部の古都フエに滞在している天皇、皇后両陛下は4日午後、日本とゆかりがある仏領インドシナ時代のベトナムの独立運動家ファン・ボイ・チャウの記念館を訪問された。

 チャウは1905年に来日し、ベトナムの若者を日本へ留学させる「東遊(ドンズー)運動」を指導した人物。東遊運動の末期、仏側の圧力で困窮したチャウらを静岡県出身の医師浅羽佐喜太郎が物心両面で支援したエピソードは、日越友好の象徴の一つとされている。

 両陛下は敷地内にあるチャウの墓前で一礼した後、軟禁生活を送った家を再現した建物や、日本人有志が浅羽とチャウの交流を記念して建立した石碑などを熱心に見学。チャウの孫でカナダ在住の医師ファン・ティエウ・カットさん(72)とも面会した。

 カットさんは「祖父は日本との協力関係を密接にして将来を築いていこうとした。両陛下が訪ねてくれたことを知ったら大変喜んだと思う」と感謝。天皇陛下は「歴史というものを知って、現在やこれからの在り方を知るということはとても大事なことです。そういう意味でこの記念館は、日本にとっても大事なものと思っております」と伝え、握手を交わした。

 両陛下は続いて、青年海外協力隊員や在留邦人代表と滞在先のホテルで面会。5日にはベトナム公式訪問を終え、タイのプミポン前国王弔問のためバンコクへ移動する。


天皇、皇后両陛下がベトナム・フエの旧王宮視察
読売新聞 3/4(土) 14:21配信

 【フエ(ベトナム中部)=池亀創】ベトナム訪問中の天皇、皇后両陛下は4日午前、同国最後の王朝・グエン朝の旧王宮を視察された。

 旧王宮に到着された両陛下は、ベトナムの獅子舞やアオザイ姿の女性たちに出迎えられた。両陛下は皇帝用の門「午門」などを興味深そうに見て回り、伝統音楽「ニャーニャック」も鑑賞された。


天皇、皇后両陛下 ベトナムの首都ハノイから古都フエにご到着
AFP=時事 3/4(土) 13:32配信

506
ベトナムの首都ハノイで、グエン・フー・チョン共産党書記長との会見を終え、別れのあいさつをされる天皇、皇后両陛下(2017年3月3日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は3日、ハノイ(Hanoi)で同国の最高指導者グエン・フー・チョン(Nguyen Phu Trong)共産党書記長と会見した後、同国2か所目の訪問先となるグエン朝の都が置かれていた古都フエ(Hue)に到着された。

 両陛下は第2次世界大戦(World War II)の戦地となった国への訪問を続けられているが、ベトナムは初めての訪問となる。【翻訳編集】 AFPBB News


王宮に到着された天皇、皇后両陛下
時事通信 3/4(土) 13:17配信

505
フエ王宮に到着された天皇、皇后両陛下=4日、ベトナム・フエ(代表撮影)

(時事通信社)


王宮に到着された天皇、皇后両陛下
時事通信 3/4(土) 13:04配信

504
フエ王宮に到着された天皇、皇后両陛下=4日、ベトナム・フエ(代表撮影)

(時事通信社)


王宮に到着された天皇、皇后両陛下
時事通信 3/4(土) 13:04配信

503
フエ王宮に到着された天皇、皇后両陛下=4日、ベトナム・フエ(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下、グエン朝の王宮に=ベトナム古都フエ
時事通信 3/4(土) 12:13配信

 【フエ時事】ベトナム公式訪問中の天皇、皇后両陛下は現地時間の4日午前、滞在している中部の古都フエで、同国最後の王朝グエン朝(1802~1945年)の王宮を視察された。

 フエの王宮は1993年に世界文化遺産に登録。天災や戦争などで大部分が破壊されているが、国内外の専門家により修復、保存活動が進められている。


両陛下、古都フエご到着 観賞望まれた「ベトナム雅楽」
産経新聞 3/4(土) 7:55配信

 ■復活尽力の教授「生きた伝統に」

 天皇、皇后両陛下はベトナム・フエの王宮で、4日に宮廷音楽「ニャーニャック」を観賞される。ニャーニャックは漢字で「雅楽」と表記され、日本の雅楽と同じ源流を持つ。宮廷が消滅して伝統は一時途絶えたが、聖徳大学の徳丸吉彦教授(80)=音楽学=らの尽力で復活した。両陛下も現地で演奏を聴くことを望まれていたという。

 ニャーニャックはオーボエの一種「ケン」や、横笛「サオ」などの楽器を用いた速いテンポが特徴。15世紀に中国から伝わった音楽を基礎とし、宮廷音楽として確立された。一方、日本の雅楽も唐代の中国の音楽の影響を受けたとされる。

 ニャーニャックは主にフエの宮廷で演奏されてきたが、1945年に阮(グエン)朝が滅亡したことで、奏者が離散。後のベトナム戦争が追い打ちを掛け、「忘れ去られた音楽となっていた」(徳丸教授)。

 徳丸教授は94年の国際会議で、国立フエ大学芸術学部(現フエ音楽院雅楽科)に「宮廷音楽専門コース」を設けることを提言。元奏者の講師を確保し、96年に開講に至った。卒業生の多くは現地音楽団に入り、普及活動を行っている。

 平成19年のグエン・ミン・チェット国家主席(当時)夫妻来日の際には、両陛下が臨席される中、同行した音楽団が皇居でニャーニャックを披露。天皇陛下はこの日の宮中晩餐(ばんさん)会で「(日越の)2つの雅楽がたどってきた長い歴史を思い、貴国の音楽への理解を深め得たことはうれしいことでした」と述べられた。

 今回は約10年ぶりに実現する、両陛下ご臨席のもとでの本格的な生演奏となる。徳丸教授は「両陛下のご訪問を機に、今後も生きた伝統として継承されてほしい」と話した。


両陛下、古都フエご到着
産経新聞 3/4(土) 7:55配信

 【フエ=伊藤弘一郎】ベトナムを訪問中の天皇、皇后両陛下は3日、グエン・フー・チョン共産党書記長夫妻と会見した後、政府専用機で首都ハノイを出発、同国の古都フエに到着された。フエに2泊し、5日にタイの首都バンコクへ移動される。

 書記長との会見は通常、同党本部で行われるが、ベトナム側がご高齢の両陛下に配慮し、両陛下の宿舎に近い党の別荘が会場となった。別荘で書記長が国賓と会うのは初めてという。

 両陛下は4日、かつての王宮で宮廷音楽を観賞した後、同国の独立運動家「ファン・ボイ・チャウ」の記念館を訪問される。


<両陛下>日越の絆しのぶ 4日に独立の英雄記念館見学
毎日新聞 3/3(金) 21:31配信

 ベトナムを訪問中の天皇、皇后両陛下は4日、フランス植民地時代に独立運動を主導した英雄ファン・ボイ・チャウ(1867~1940年)の記念館を見学される。人材育成のためにベトナム人を日本に留学させる「東遊(ドンズー)運動」を起こした人物。古都フエにある記念館には、支援した静岡県袋井市出身の日本人医師に関する展示もある。関係者は「両陛下の記念館訪問で、日越の交流の歴史が広く知られる機会になれば」と期待する。【高島博之】

 チャウはベトナム中部のゲアン省生まれ。1887年にフランスの植民地となったベトナムで、独立運動に身を投じた。武装闘争に必要な武器を日本から入手しようと考え、1905(明治38)年に来日。面会した犬養毅や大隈重信から、人材育成に取り組むことの必要性を説かれ、独立運動を担う人材を養成することに目的を切り替え、ベトナムの若者を日本に留学させる「東遊運動」を始めた。

 ベトナム人留学生は、最盛期に200人ほどとなり、ベトナム最後の王朝グエン朝の王族クオン・デも留学した。

 しかし、1907年、日本とフランスが互いのアジアでの権益を認め合う日仏協約を結ぶと、フランスの要請を受けた日本はベトナム人留学生を国外追放することになった。

 窮地に追い込まれたチャウが頼ったのが、神奈川県小田原市で開業していた袋井市(旧浅羽町)出身の医師、浅羽佐喜太郎(1867~1910年)だった。浅羽は経済的な支援のほか、行き場を失った留学生のために住まいを提供するなどしたという。「浅羽町史」によると、当時の地元小学校長の月給が18円であった時代に、浅羽はチャウに1700円を提供した。「いま手もとにあるのはこれだけだが、入り用の時にはいつでも言ってくれ」と記した手紙を添えたという。

 チャウは1909年に志半ばで日本を去り、浅羽は翌年に亡くなった。1918年に来日したチャウは、浅羽の墓がある袋井市の常林寺に感謝の思いを込めた石碑「浅羽佐喜太郎公紀念碑」(高さ約2・3メートル、幅約90センチ)を建立した。碑には「我らの志をあわれんで無償で援助してくださった。古今にたぐいなき義俠(ぎきょう)の方である」と漢文で刻まれている。

 チャウは1925年に中国・上海でフランスの警察に捕らえられた。ベトナムに送還後、フエで軟禁された。日本滞在時のことを「最も幸福な時代だった」と振り返り、1940年に亡くなった。

 記念館にはチャウと浅羽の交流を紹介するコーナーがあり、4日は、カナダで医師をしているチャウの孫が両陛下を出迎える。

 ◇静岡で伝える取り組み

 ファン・ボイ・チャウが浅羽佐喜太郎のために建てた石碑に刻まれた日本とベトナムの交流の歴史。近年、地元の有志たちが語り継ぐ活動に取り組んでいる。

 袋井市で郷土史を研究する安間幸甫(あんまゆきほ)さん(73)らは、2003年に碑の建立85周年式典を行った。式にはチャウと浅羽のそれぞれの孫を招待し、面会を果たした。

 安間さんらは05年に「浅羽ベトナム会」を設立し、チャウと浅羽の功績を広める活動を続ける。会では2人の精神を引き継ぎ、09年から日本に留学しているベトナム人を同市に短期ホームステイさせる事業を行っている。

 今年は、ともに1867年生まれの2人の生誕150周年にあたる。チャウの生まれたベトナム・ゲアン省では記念行事が予定されている。

 会では2人の交流を子供たちに知ってもらおうと、紙芝居を作った。今後、市内の小学校などで披露するほか、ベトナムの子供たちにも楽しんでもらうことを計画している。安間さんは「両陛下のチャウの記念館訪問は、日越の交流の歴史に関心が集まるきっかけになるだろう。石碑の存在も広く知ってもらえるように取り組みたい」と話している。

 ◇本紙連載で光

 ファン・ボイ・チャウと浅羽佐喜太郎の交流については、日越国交樹立40周年の前年の2012年、毎日新聞が夕刊に連載記事「日越100年の絆」を計7回にわたって掲載して光を当てた。

 同年11月には、浅羽の出身地の袋井市の原田英之市長やベトナム史の研究者らを招き、早稲田大学でシンポジウム「日本・ベトナム新時代」を主催。シンポジウムでは両国の歴史や将来像について幅広い意見が交わされた。


<両陛下>ベトナム共産党書記長夫妻と面会
毎日新聞 3/3(金) 21:24配信

502
ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長夫妻(右側)と会見される天皇、皇后両陛下=ベトナム・ハノイで2017年3月3日午前10時11分(代表撮影)

 【フエ(ベトナム中部)山田奈緒】ベトナム訪問中の天皇、皇后両陛下は3日、ベトナム最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長夫妻とハノイ市内の共産党別荘で面会された。その後、ハノイから政府専用機で古都フエに移動した。

 宮内庁によると、書記長が賓客との面会の際に別荘を使うのは初めてで、ベトナム式の茶道で両陛下に茶がふるまわれた。書記長が「両陛下のご訪問はベトナム国民にとり、大きな激励です」と歓迎の言葉を述べると、陛下は「両国民が平和の大事さを心に刻みながら進んでいくことが重要だと思います」と応じた。

 フエは、到着時の気温が約25度と、ハノイより暑い気候。ベトナム最後の王朝「グエン朝」の都として栄えた古都で、両陛下は4日、王宮でベトナム雅楽「ニャーニャック」を鑑賞する。


フエ市内の両陛下を歓迎する看板
時事通信 3/3(金) 20:44配信

417
ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は3日午後、首都ハノイ発の政府専用機で、同国中部にある古都フエへ到着された。フエ市内では両陛下の訪問を歓迎する看板が掲げられていた。


フエ市内で国旗を掲げる女性たち
時事通信 3/3(金) 20:44配信

416
3日、天皇、皇后両陛下が到着されたベトナム・フエ市内では、日本とベトナムの両国国旗を掲げて歩く女性たちの姿が見られた。


両陛下、フエに…グエン朝の旧王宮視察など予定
読売新聞 3/3(金) 20:15配信

 【フエ=池亀創】ベトナムを訪問中の天皇、皇后両陛下は3日午後、首都ハノイを離れて同国中部のフエに入られた。

 政府専用機でフーバイ国際空港に降り立った両陛下は、政府高官らに出迎えられ、笑顔であいさつを交わされた。空港から宿舎までの沿道では、アオザイ姿の女性ら大勢の市民が手を振って両陛下の到着を歓迎した。

 両陛下はハノイを出発する前に、同国共産党のグエン・フー・チョン書記長夫妻と面会。チャン・ダイ・クアン国家主席夫妻にもお別れのあいさつをされた。フエには5日まで滞在し、同国最後の王朝・グエン朝の旧王宮の視察や、在留邦人との懇談などを予定されている。


フエに到着された両陛下
時事通信 3/3(金) 19:44配信

501
フーバイ国際空港に到着された天皇、皇后両陛下=3日、ベトナム・フエ


両陛下、共産党書記長夫妻と会見
時事通信 3/3(金) 19:27配信

500
ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長夫妻と会見される天皇、皇后両陛下=3日午前、ハノイ(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下、古都フエに到着=共産党書記長夫妻と会見
時事通信 3/3(金) 19:11配信

 【フエ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は3日午後、首都ハノイ発の政府専用機で、同国中部にある古都フエへ到着された。

 両陛下は午前中、ベトナム共産党のグエン・フー・チョン書記長夫妻とハノイにある共産党別荘で会見。宮内庁によると、書記長は天皇陛下に「ご高齢にもかかわらずベトナムにお越しいただいたことに、国民は大変意義あることと感じております」と伝えたという。

 出発前には、滞在していたハノイのホテルでチャン・ダイ・クアン国家主席夫妻と面会し、お別れのあいさつをした。主席からは滞在中の両陛下の写真を収めたアルバムが記念に贈られ、陛下は「温かい歓迎に感謝します。私たちの訪問が両国の友好に寄与することを願っています」と話したという。


天皇皇后両陛下、元日本兵の家族と面会
ホウドウキョク 3/3(金) 11:30配信

599
(写真:ホウドウキョク)

ベトナムを公式訪問中の天皇皇后両陛下は2日、戦後も一時ベトナムに残った元日本兵の家族と対面された。
両陛下は2日午後、宿泊先のホテルで、元日本兵の妻や子どもたちと面会された。
終戦後も、一時ベトナムに残った日本兵は、その後、単身での帰国を余儀なくされ、ベトナムに残された妻や子どもたちは、差別などに直面してきた。
陛下は「ずいぶんいろいろと、ご苦労もあったんでしょう」と声をかけられた。
両陛下は、予定時間を大幅に超え、1人ひとりの話に耳を傾け、陛下は、「平和というものが大事だと思います」、皇后さまは、「日本のことを思ってくださってありがとう」などと声をかけられた。
残留元日本兵妻のスアンさん(93)は「今とてもうれしい気持ちです。戦争を経て、さまざまな困難に遭いました。両陛下に感謝します」と話した。


天皇皇后両陛下、ドクさんらと懇談
ホウドウキョク 3/3(金) 11:19配信

598
(写真:ホウドウキョク)

ベトナムを公式訪問中の天皇皇后両陛下は、結合双生児で分離手術を受けた、グエン・ドクさん(36)とお会いになった。
天皇皇后両陛下は2日夜、ハノイでの大使主催のレセプションに出席された。
レセプションには、日本とベトナムに関係する90人ほどが出席し、「ベトちゃんドクちゃん」として知られ、分離手術を受けたグエン・ドクさんは、子ども2人と写った家族写真を見せ、皇后さまは、「ご家族一緒にお元気でね」などと声をかけられていた。
また、ベトナム側と日本側の特別大使となっている杉 良太郎さんも招待された。
日ベトナム特別大使の杉 良太郎さんは、「(両陛下の初めての訪問について)さらなる発展に対しての大きな起爆剤、希望を持たせていただいた」と述べた。
これに先立ち、両陛下は、陛下が寄贈されたハゼの標本が保管された、ハノイの自然科学大学生物学博物館を訪問された。
陛下は、日本に持ち込まれたこのハゼを毎日のように調べ、新種として論文を発表されている。
およそ40年ぶりとなるこのハゼの標本を、陛下は懐かしそうにご覧になり、「久しぶりにあえてうれしく思います」などと、感想を述べられた。


天皇陛下が寄贈されたハゼ標本
時事通信 3/3(金) 8:27配信

597
天皇陛下が皇太子時代にベトナム側に寄贈されたハゼの新種の標本=2日午後、ハノイの自然科学大学生物学博物館(代表撮影)


両陛下とドクさん夫妻
時事通信 3/3(金) 8:27配信

596
日本大使夫妻主催のレセプションに臨まれた天皇、皇后両陛下。右端はグエン・ドクさん夫妻=2日夜、ベトナム・ハノイ(代表撮影)


ハゼの標本を見学される両陛下
時事通信 3/3(金) 8:27配信

595
天皇陛下が寄贈したハゼの標本を見学される両陛下=2日午後、ハノイの自然科学大学生物学博物館(代表撮影)


両陛下、ドクさんと面会
時事通信 3/3(金) 8:27配信

594
ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は2日夜、日本大使夫妻主催のレセプションで、結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさん(前列右から3人目)と面会された=代表撮影


両陛下のお心に感謝と涙 残留元日本兵妻「ご訪問、うれしい」
産経新聞 3/3(金) 7:55配信

 【ハノイ=伊藤弘一郎】天皇、皇后両陛下は2日、ハノイの宿泊先ホテルで、ベトナム残留元日本兵家族と面会された。戦後、各地で苦難の道を歩んだ日系人に心を寄せてきた両陛下のお気持ちを踏まえ、実現した今回のご面会。両陛下のねぎらいのお言葉に家族は涙を流し、感謝を伝えた。

 「両陛下がベトナムに来られることをうれしく思い、頑張ってここに来ました。お心をかけてくださり、非常に感動しております。夫が日本に帰ってから1人で子育てし、苦労しました」

 天皇陛下を前にした残留元日本兵の妻、グエン・ティ・スアンさん(93)は、こう話し、手にしたハンカチで目元を拭った。

 ♪山の淋しい湖に ひとり来たのも悲しい心

 高峰三枝子さんの戦前のヒット曲「湖畔の宿」の一節を、スアンさんは今も口ずさむことができる。夫の残留元日本兵、清水義春さんが仲間と歌っていたのを聞き、覚えたものだ。

 スアンさんは先の大戦中、軍人の集まる店で給仕として働き、清水さんと出会った。1945年に結婚。清水さんは終戦後、ベトナム独立同盟(ベトミン)とともにフランスとの第1次インドシナ戦争に加わった。スアンさんも4人の子供を連れ、北部各地を転々とした。

 戦争終結後、清水さんは54年に単身で帰国。その後、音信が途絶えたが、清水さんは2006年に来越し、スアンさんと半世紀ぶりの再会を果たした。清水さんと多くの言葉は交わさなかったが、当時、スアンさんは関係者に「捨てられたとは思っていない。時代が許さなかったんだ」と話していたという。

 清水さんが11(平成23)年に亡くなったことを、スアンさんは知らない。「今もどこかで生きているという思いを持ったまま幸せに過ごしてほしい」という長女、グエン・ティ・フォンさん(68)らの配慮からだ。

 2日の両陛下との面会で、高齢のスアンさんには椅子が用意されたが、両陛下と話すため、何度も立ち上がった。そんなスアンさんを前に、皇后さまはしゃがみ込んで手を取り「どうぞ、お大事に」と声をかけられた。

 「両陛下の手を握り、感動した。戦争でさまざまな困難に遭ったが、今は平和になった。これから両陛下が元気でいられることを祈念します」

 面会を終えたスアンさんは、穏やかな表情でそう話した。


両陛下、残留元日本兵家族とご面会「長い間、ご苦労さまでした」
産経新聞 3/3(金) 7:55配信

 【ハノイ=伊藤弘一郎】天皇、皇后両陛下は2日、ハノイの宿泊先ホテルで、先の大戦終結後もベトナムに残り、フランスとの第1次インドシナ戦争で指導にあたるなどした残留元日本兵家族と面会された。両陛下は「ご苦労もあったでしょう」などとねぎらわれた。

 両陛下と面会したのは、残留元日本兵の妻でハノイ郊外に住むグエン・ティ・スアンさん(93)と、その長女ら15人。天皇陛下はスアンさんらに「こちらでの生活はいかがでしたか。いろいろなご苦労もあったでしょう。お察ししています」「平和というのは本当に大事だと思います」などと言葉をかけられた。皇后さまは家族の手を取りながら「長い間、ご苦労さまでした」といたわられた。

 父が残留元日本兵のゴー・ザ・カインさん(72)が「感動して、何を言っていいのかよく分かりません。われわれは常に日本のことを考えています」と話すと、陛下が「大変心強いです」と応じられる場面もあった。

 両陛下は同日夜、駐ベトナム日本大使夫妻主催のレセプションで、ベトナム戦争で米軍が散布した枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれた「ベトちゃんとドクちゃん」の弟、グエン・ドクさん(36)らと懇談された。

 これに先立ち、陛下が新種を発見し、昭和51年にベトナム側に寄贈した「ウロハゼ」の標本が展示されている「自然科学大学生物学博物館」も訪問された。


両陛下、残留元日本兵家族とご面会 「封印された歴史」に光
産経新聞 3/3(金) 7:55配信

415
ベトナムでの体験を語る残留元日本兵の杉原剛さん=大阪市(伊藤真呂武撮影)(写真:産経新聞)

 天皇、皇后両陛下が2日に面会された残留元日本兵の家族。その存在は「封印された歴史」といわれる。大阪市の杉原剛さん(95)は63年前に妻子を残して帰国した後、ベトナムとの友好の懸け橋になるべく奔走してきた。両陛下のご訪問で歴史の闇に光が当たることを静かに願う。

 日本海軍下士官として中国・海南島で終戦を迎えた杉原さんは1945年11月、食料調達のためベトナムに向かっていた船が台風で遭難し、ハノイ近郊の海岸に漂着。ベトナム独立同盟(ベトミン)の兵士に囲まれ協力を求められた。

 「『国の建設に参加してほしい』と誘われ、生きるために応じるしかなかった」。46年からの第1次インドシナ戦争では、ベトミンに不発弾から爆薬を取り出す方法などを教えた。

 54年、杉原さんに帰国の機会が訪れたが、2人の息子と3人目を身ごもった現地の妻を連れて行くことは認められない。「子供は責任を持って育てる」という地元の行政官の言葉を信じるしかなかった。4歳だった長男の胸にハトのバッジを着け「今度はもっと大きなハト(平和)を持ってくるからな」と約束した。

 帰国後は55年の日本ベトナム友好協会の設立に携わり、両国間の人材交流に尽力。集めた寄付金で現地に学校が建った。「家族を残してきた贖罪(しょくざい)でもあった」。杉原さんの口は重い。

 96年に来日した長男のホン・ニャット・クアンさん(66)と再会。元日本兵の娘と結婚し、行政区長を務めていると知った。「周囲の支えで頑張ってきたんだ」。言葉にならない思いが交錯した。同じ頃からベトナムでの体験談を打ち明けるようになった。

 2日、両陛下との面会の場に招かれたクアンさんは天皇陛下の手を握り、父の感触を思い出した。面会後、「父がいなかった痛みや苦しみが消えた。私たち夫婦も日本との懸け橋として頑張りたい」と誓った。

 「両陛下が訪問されたことで、日本とベトナムの歴史に光が当たることはいいことだと思う」。杉原さんは約3千キロ離れた日本で言葉少なに語った。(伊藤真呂武、ハノイ=伊藤弘一郎)


天皇陛下、ハゼ標本と「再会」=41年前ベトナムに寄贈
時事通信 3/3(金) 4:57配信

 【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は2日午後、ハノイの自然科学大学生物学博物館を訪問された。

 同博物館には天皇陛下が皇太子時代の1976年に寄贈したハゼの標本が保管されており、41年ぶりの「再会」となった。

 魚類の専門家として知られる天皇陛下は、74年3月に同国南部のカントー川支流で採取されたハゼ標本の中から新種を発見し、学術誌で論文を発表した。論文に使われたハゼの標本は陛下の強い意向で76年にベトナム側へ贈られ、両国の友好の象徴として大切に保管されてきた。

 思い出のハゼ標本を前にした天皇陛下は、「久しぶりに会えてうれしく思います。大事にしてくださって」と感慨深げ。案内役を務めたグエン・タイン・ナム館長に「自分が見つけた新種は世界的にも新種として定着しているのでしょうか」と質問する場面もあり、館長は「ベトナムでも世界でも新種として認められています」と応じていた。


両陛下、ドクさんと面会=「ベトちゃんドクちゃん」弟
時事通信 3/3(金) 4:54配信

594
ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は2日夜、日本大使夫妻主催のレセプションで、結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさん(前列右から3人目)と面会された=代表撮影

 【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は2日夜、滞在先のハノイのホテルで開かれた日本大使夫妻主催のレセプションで、結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさん(36)と面会された。

 
 ドクさんは1981年、米軍がベトナム戦争中に枯れ葉剤を使用した地域で、兄ベトさん=2007年死去=と下半身がつながった状態で生まれた。日本の支援もあって88年にベトナムの病院で分離手術を受け、現在はその病院で事務員として働いている。

 ドクさんと対面した皇后さまは「お元気でいらっしゃることをみんなどれだけ喜ぶことでしょう。ご家族一緒にお元気でね」とほっとした様子。天皇陛下もドクさんや同席した妻テュエンさん(34)と笑顔で握手を交わし、「ベトさんが亡くなったことは残念なことでした。しかし、ドクさんがこうして元気にされていることをうれしく思います」と伝えた。

 「自分は日本とベトナムの懸け橋として、両国間の交流の強化に貢献できればと願っています」と両陛下に伝えたというドクさん。日本への思いを込め、双子の子供にフー・シー(富士)とアイン・ダオ(ベトナム語で桜)と名付けたことを振り返り、「両国関係のためにこれからも頑張っていきたい」と力を込めた。


<両陛下>枯れ葉剤被害ドクさん招待 大使主催レセプション
毎日新聞 3/3(金) 0:40配信

593
梅田邦夫・駐ベトナム大使夫妻主催のレセプションで、グエン・ドクさん(中央)夫妻と言葉を交わされる天皇陛下=ハノイのホテルで2017年3月2日午後、梅村直承撮影

 【ハノイ山田奈緒】天皇、皇后両陛下は2日夜、ハノイ市内のホテルで梅田邦夫・駐ベトナム大使夫妻主催のレセプションに出席された。日本では「ベトちゃん・ドクちゃん」の愛称で知られる結合双生児として生まれたグエン・ドクさん(36)も招かれ、両陛下と言葉を交わした。

 ドクさんは、下半身が兄のベトさんとつながった状態で生まれた。ベトナム戦争で米軍がまいた枯れ葉剤の影響とみられる。1988年に日本の支援で分離手術に成功したが、ベトさんは2007年に亡くなった。現在、双子の父親でもあるドクさんはレセプションに妻とともに出席した。

 宮内庁によると、天皇陛下はドクさんに「ベトさんが亡くなったことは残念なことでした。しかし、ドクさんがこうして元気にされていることをうれしく思います」と声をかけた。ドクさんは「日本とベトナムの懸け橋として両国間の交流に貢献したい」と話した。

 ドクさんは現在、病院で事務職員として働いている。

« 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・19 | トップページ | 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・20 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64964116

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、28日からベトナム・タイを公式にご訪問・3:

« 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・19 | トップページ | 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・20 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30