« 皇太子殿下、今日23日、57歳のお誕生日をお迎え | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・13 »

2017年2月23日 (木)

北海道・室蘭本線で貨物列車の機関車脱線

23日午前4時ごろ、北海道のJR室蘭線・洞爺-有珠駅間で、隅田川貨物駅発札幌貨物ターミナル行きの貨物列車(19両編成、運転士1人)の先頭機関車が脱線した。運転士にけがはなかった。

JR北海道によると、運転士が洞爺駅を発車後、車両に異常を感じ、停車して調べたところ、先頭機関車後部の車輪2軸(1ボギー)が脱線していた。この影響で室蘭線は伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせている。運転再開には大幅に時間を要する見込み。

リンク:<室蘭線脱線>「安定した運行しないと困る」…利用客 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<室蘭線脱線>12キロ前、台車部品落下…1日半ぶり復旧 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:室蘭本線で貨物列車脱線 運転再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JR貨物脱線、2・5キロ前からレール破損 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<JR室蘭線>貨物列車の脱線、運転士が異音気付く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JR室蘭線で脱線 特急など運休 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<室蘭線脱線>特急など44本運休「運転再開には時間」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JR貨物の列車脱線=特急運休、けが人なし―北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<JR室蘭線>伊達紋別-長万部で運転見合わせ 再開に時間 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:貨物列車の先頭車両脱線、特急など運休…北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<JR室蘭線>貨物列車が脱線 けが人なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:室蘭本線で貨物列車脱線 一部区間で終日運転見合わせ(23日10時半現在) - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<室蘭線脱線>「安定した運行しないと困る」…利用客
毎日新聞 2/24(金) 22:06配信

 貨物列車が脱線したJR室蘭線は、特急「北斗・スーパー北斗」が通常は1日12往復運行されるなど札幌と函館を結ぶ大動脈の一部。24日夕に1日半ぶりに復旧し、利用客はほっとした表情を浮かべた。

 JR函館駅ではこの日、駅員たちが改札の前で一部料金の払い戻しや特急運行の案内をしていたが、大きな混乱はなかった。

 運転再開を待っていた函館市の会社員、関村匠さん(23)は「JRはよく利用するので安定した運行をしてもらわないと困る」と話し、函館を午後6時前に出発する臨時特急で札幌に向かう手続きをしていた。【遠藤修平】


<室蘭線脱線>12キロ前、台車部品落下…1日半ぶり復旧
毎日新聞 2/24(金) 22:06配信

167
脱線した貨物列車=北海道洞爺湖町で2017年2月23日、横尾誠治撮影

 北海道洞爺湖(とうやこ)町のJR室蘭線で貨物列車が脱線した事故で、JR貨物道支社は24日、現場から函館方向に約12.6キロ離れた地点で、脱線した機関車の車体と台車を固定するボルトなどの部品を発見したと発表した。台車の破損が確認されており、国の運輸安全委員会の鉄道事故調査官が落下部品と事故原因との関連を調べている。JR北海道は現場付近の復旧を終え、不通だった長和-長万部間の運転を24日夕、再開した。【野原寛史、横尾誠治】

 JR貨物によると、発見された部品は「六角ボルト」や「回り止め」など4種類。事故当日の23日午後4時半ごろ、大岸-豊浦間の線路上に約20メートルにわたって落ちていたのを社員が見つけた。24日、脱線した機関車の部品と確認された。

 これらの部品には、車体と台車をつなぐ役割がある。脱線した機関車では台車の「Z型けん引リンク」と呼ばれる部分の一部が垂れ下がったままとなっており、脱線現場の手前で約2・4キロにわたりレールや踏切の敷板、枕木などが損傷していた。JR北海道による昨年12月の検査ではレール幅は基準以内で、事故前日の目視点検でも異常はなかった。

 このため鉄道事故調査官が今後、台車からの部品の脱落と脱線の関連を調べる方針。

 鉄道事故調査官3人は24日、脱線した機関車や現場付近のレールの損傷具合を詳しく調べたほか、貨物列車の男性運転士らから聞き取りを実施した。機関車は札幌市内の施設に移されており、25日も調査が続く見通し。

 現場では、復旧に向けて23日夜から枕木交換などの作業が続き、24日午後5時過ぎに運行を再開。午後6時半ごろに札幌発函館行きの臨時特急列車が通過した。25日は始発から通常通りの運行となる予定。

 貨物列車の脱線を巡っては、2012年4月にJR江差線(当時)であった事故でも、車両のブレーキの部品が落ちていた。


室蘭本線で貨物列車脱線 運転再開
レスキューナウニュース 2/24(金) 17:00配信

昨日、洞爺~有珠駅間で発生した貨物列車脱線事故の影響で、室蘭本線は長万部~長和駅間の運転を見合わせていましたが、特急列車・普通列車ともに運転を再開しました。なお、明日25日は始発から平常通り運行する予定です。

■2012年以降、JR北海道での脱線事故による運転見合わせの配信事例(★は貨物列車)
2012年2月16日★石勝線・東追分駅構内
2012年2月29日 函館本線・八雲駅構内
2012年3月 7日 留萌本線・箸別~増毛駅間
2012年4月26日★江差線(津軽海峡線)・泉沢~釜谷駅間
2012年9月11日★江差線(津軽海峡線)・泉沢~釜谷駅間
2013年8月17日★函館本線・山越~八雲駅間
2013年9月19日★函館本線・大沼駅構内
2014年6月22日★江差線(津軽海峡線)・札苅駅構内
2015年5月29日★根室本線・新富士駅構内


JR貨物脱線、2・5キロ前からレール破損
読売新聞 2/24(金) 12:53配信

 JR室蘭線で23日未明に起きた貨物列車の脱線事故では、現場の約2・5キロ手前から、レールなどの鉄道設備が破損していた。

 国の運輸安全委員会は現地調査を開始。JR北海道本社(札幌市)でも2回にわたって緊急の記者会見が開かれるなど、緊迫した雰囲気に包まれた。

 ■枕木175本損傷

 「列車事故を起こさないため様々な対応をしてきたが、このような事故が起き大変申し訳ない。原因を究明し、しっかり対応したい」。同日午後6時からJR北本社で始まった記者会見。西野史尚副社長は苦渋の表情で深々と頭を下げた。

 西野副社長によると、最初に傷が見つかったのは、貨物列車の先頭から約2・5キロ離れた地点の部品だった。ここから現場に向かって約50メートル進んだ踏切付近では、左のレールに縦5ミリ、横1センチ、深さ1ミリの傷が確認された。この辺りを通過した際、運転士は異音を聞いた。同様の傷は2・4メートル間隔で現場まで続いていた。


<JR室蘭線>貨物列車の脱線、運転士が異音気付く
毎日新聞 2/23(木) 22:01配信

164
脱線した1両目の車体を中心に調査する鉄道事故調査官ら=北海道洞爺湖町で2017年2月23日午後1時40分ごろ、横尾誠治撮影

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺(とうや)湖町のJR室蘭線北入江信号場構内で、隅田川駅(東京都)発札幌貨物ターミナル行きの貨物列車(19両編成)が脱線した。現場は室蘭線洞爺-有珠間の左カーブで、状況から停止位置の約2.4キロ手前で脱線していた可能性もある。同路線は本州と道内各地を結ぶ貨物輸送の大動脈で、国の運輸安全委員会が事故原因の調査を始めた。

 JR北海道によると、洞爺駅を出発後間もなく、50代の男性運転士が異音を感じた。しばらく走行したものの、断続的に異音がするため停車・確認したところ、2両連結の機関車の先頭車両の車輪6軸のうち、後方2軸の車輪が数十センチ脱線していた。運転士にけがはなかった。

 停止位置の約2.4キロ手前からはレールに2.4メートルの間隔で傷(直径約1センチ)があり、踏切4カ所の敷板やレール、枕木175本、自動列車停止装置(ATS)関連機器が損傷していた。このため、約2.4キロ手前から脱線し、車輪がぶつかって損傷した可能性もあるという。

 JR貨物北海道支社によると、脱線した機関車の台車には破損やゆがみがあり、一部の部品は外れかけていた。同社は脱線の前から破損やゆがみがあった可能性もあるとみて、脱線との因果関係を調べている。

 現場付近は昨年12月2日、検測車でレール幅を検査。今月15日と脱線前日の22日に社員が目視点検し、いずれも異常は確認されなかった。脱線の9~42分前に通過した上下貨物列車は異常がなく、脱線当時の線路上に積雪や着氷、人為的ないたずらと見られる痕跡もなかったという。

 この事故で、室蘭線はこの日、長和-長万部駅間の上下線で終日運転を見合わせ、札幌と函館を結ぶスーパー北斗など特急24本を含む計44本が運休した。JR北は伊達紋別-長万部間で代行バスを運行して対応した。先頭車両は運輸安全委の調査後に撤去するため、24日も運休が続く見通し。

 線路を管理するJR北の西野史尚副社長は記者会見し、「大変なご心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわびしたい」と謝罪した。【野原寛史】

 ◇JR北海道管内の最近の主な事故◇

2011年 5月 占冠村の石勝線第1ニニウトンネルで、特急スーパーおおぞらが脱線・炎上し、79人が負傷

  12年 4月 木古内町の江差線で貨物列車の一部が脱線。脱線後約1.8キロ走行し、線路に戻る

      9月 木古内町の江差線で貨物列車の一部が脱線

  13年 7月 八雲町の函館線で走行中の特急北斗から出火し、緊急停止。けが人はなし

      9月 七飯町の函館線大沼駅構内で貨物列車の貨車4両が脱線。その後、レール幅の異常放置や検査記録改ざんが発覚し、事件に発展

  14年 6月 木古内町の江差線で貨物列車が脱線

  15年 4月 青函トンネルを走行中の特急スーパー白鳥から煙が上がり、緊急停車。乗客124人が5時間以上かけて地上に避難

     12月 旭川市の函館線嵐山トンネルで火災が発生し、架線などが焼けた

  16年 4月 青函トンネルを走行中の北海道新幹線が緊急停止。線路内に金属片が落下したのが原因


JR室蘭線で脱線 特急など運休
ホウドウキョク 2/23(木) 15:19配信

貨物列車が脱線し、特急列車など44本が運休するなど、影響が広がっている。
貨物列車が脱線したのは、北海道のJR室蘭線で、洞爺駅から有珠駅の間。
23日午前4時ごろ、札幌方面に向かっていた貨物列車の運転士が、異音がしたため、停車して点検したところ、先頭車両の機関車の車輪が、進行方向の右側に、数十cm脱線していた。
けが人はいなかった。
現場で、枕木が破損しているのが見つかったが、脱線の原因はわかっていない。
また、この影響で、特急列車など44本が運休した。
運輸安全委員会の調査官も道内入りし、調査にあたる方針。

北海道文化放送/FNN


<室蘭線脱線>特急など44本運休「運転再開には時間」
毎日新聞 2/23(木) 13:38配信

162
先頭の機関車後部が脱輪して立ち往生した貨物列車=北海道洞爺湖町で

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖(とうやこ)町のJR室蘭線洞爺-有珠間の北入江信号場構内で、隅田川(東京都)発札幌貨物ターミナル(札幌市)行き貨物列車(19両編成)先頭の機関車が脱線した。乗員は運転士1人で、けがはなかった。国の運輸安全委員会は鉄道事故調査官を派遣し事故原因を調べる。

 JR北海道などによると、現場は緩やかな左カーブ。運転士が洞爺駅を出て間もなく異音を感じ、しばらくそのまま走ったが異音が続くため停車した。脱線したのは2両連結した機関車の前方車両で、車輪6軸のうち後方2軸の車輪が線路右側に数十センチずれていた。停車地点の手前約2キロの区間で踏切の敷板などに損傷が見つかり、脱線した車輪が当たった可能性がある。

 現場付近は昨年11月30日に検測車でレール幅を検査し、脱線前日には目視で点検したが、いずれも異常は確認されなかった。

 事故の影響でJR室蘭線は、伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせた。23日午前10時時点で、札幌と函館を結ぶ特急スーパー北斗など44本の運休が決まり、JR北は「運転再開には時間を要する」としている。同線は、本州と道内各地を結ぶ貨物輸送の大動脈。

 JR北では、脱線事故が相次いでいる。2011年5月、占冠(しむかっぷ)村の石勝線で特急スーパーおおぞら(6両編成)が脱線してトンネル内で炎上し79人が負傷した。

 13年9月には、七飯(ななえ)町の函館線大沼駅構内で18両編成の貨物列車の6~9両目が脱線。同社の保線職員が基準値を上回るレールの異常を放置していたことや、レール検査データの改ざんが全社規模で常態化していたことが発覚した。【横尾誠治、三沢邦彦、野原寛史】


JR貨物の列車脱線=特急運休、けが人なし―北海道
時事通信 2/23(木) 12:40配信

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖町のJR室蘭線で、洞爺―有珠間を走行中のJR貨物の貨物列車(19両編成)の先頭車両が脱線した、と運転士からJR北海道の指令センターに連絡があった。

 けが人はなかった。

 この事故でJR室蘭線の長和―長万部間が上下線とも運転を見合わせ、札幌と函館を結ぶ特急列車24本を終日運休とした。運輸安全委員会が事故調査官3人を派遣し原因を調べている。

 JR貨物によると、運転士は現場から約2キロ手前の地点で異音を感知。音はいったん消えたが、再び聞こえたため停止し目視したところ、先頭の機関車後部にある四つの車輪が進行方向右側に30~50センチ外れていた。


<JR室蘭線>伊達紋別-長万部で運転見合わせ 再開に時間
毎日新聞 2/23(木) 7:41配信

162
先頭の機関車後部が脱輪して立ち往生した貨物列車=北海道洞爺湖町で

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖町のJR室蘭線の洞爺-有珠間で、隅田川(東京都)発札幌貨物ターミナル(札幌市)貨物列車(19両編成)先頭の機関車が脱線した。乗員は運転士1人で、けがはなかった。

 JR北海道によると、現場は北入江信号所付近。運転士が洞爺駅を発車後、車両に異常を感じて停車し確認したところ、機関車の車輪が進行方向の右側に十数センチ脱線していたという。

 この影響でJR室蘭線は、伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせている。同日午前7時半時点で、札幌と函館を結ぶ特急スーパー北斗など特急を中心に30本の運休が決まり、同社は「運転再開には大幅に時間を要する」と見ている。【三沢邦彦】


貨物列車の先頭車両脱線、特急など運休…北海道
読売新聞 2/23(木) 7:12配信

161
脱線した貨物列車(23日午前、北海道洞爺湖町で)=清水健司撮影

 23日午前4時頃、JR室蘭線の洞爺駅(北海道洞爺湖町)―有珠駅(同伊達市)間を走行中の貨物列車(19両編成)の運転士から、JR北海道の指令センターに「機関車が脱線した」と連絡があった。

 けが人はいなかった。国の運輸安全委員会は、鉄道事故調査官3人を現地に派遣し、調査を始めた。

 JR北によると、先頭の機関車の後部にある車輪二つが進行方向の右側に脱線した。事故の影響で、室蘭線は長和―長万部(おしゃまんべ)間で運転を見合わせたほか、札幌―函館間の特急「スーパー北斗」など40本以上が運休した。


<JR室蘭線>貨物列車が脱線 けが人なし
毎日新聞 2/23(木) 6:26配信

160
脱輪した先頭機関車の後部付近を調べるJR関係者=北海道洞爺湖町で

 23日午前4時ごろ、JR室蘭線の洞爺-有珠駅間で、隅田川(東京都)発札幌貨物ターミナル(札幌市)の貨物列車(19両編成、運転士1人)の先頭車両が脱線した。運転士にけがはなかった。

 JR北海道によると、運転士が洞爺駅を発車後、車両に異常を感じ、停車して調べたところ、先頭機関車部分の車輪が脱線していたという。この影響で室蘭線は伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせている。JR北によると、「運転再開には大幅に時間を要する」としている。【三沢邦彦】


室蘭本線で貨物列車脱線 一部区間で終日運転見合わせ(23日10時半現在)
レスキューナウニュース 2/23(木) 6:00配信

洞爺~有珠駅間で発生した貨物列車脱線事故の影響で、室蘭本線は終日、長万部~長和駅間の運転を見合わせます。
この影響で、函館~新函館北斗~札幌駅を結ぶ、特急スーパー北斗号・北斗号は全列車が運休となります。

■2012年以降、JR北海道での脱線事故による運転見合わせの配信事例

2012年2月16日 石勝線 貨物列車脱線事故 東追分駅構内
2012年2月29日 函館本線 脱線事故 八雲駅構内
2012年3月7日 留萌本線 脱線事故 箸別~増毛駅間
2012年4月26日 江差線(津軽海峡線) 貨物列車脱線事故 泉沢~釜谷駅間
2012年9月11日 江差線(津軽海峡線) 貨物列車脱線事故 泉沢~釜谷駅間
2013年8月17日 函館本線 貨物列車脱線事故 山越~八雲駅間
2013年9月19日 函館本線 貨物列車脱線事故 大沼駅構内
2014年6月22日 江差線(津軽海峡線) 貨物列車脱線事故 札苅駅構内
2015年5月29日 根室本線 貨物列車脱線事故 新富士駅構内

« 皇太子殿下、今日23日、57歳のお誕生日をお迎え | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・13 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64941054

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道・室蘭本線で貨物列車の機関車脱線:

« 皇太子殿下、今日23日、57歳のお誕生日をお迎え | トップページ | 北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・13 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31