« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・17

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

11番目の記事
12番目の記事
13番目の記事
14番目の記事
15番目の記事
16番目の記事

リンク:正男氏殺害の容疑者、事件前夜に誕生パーティー 映像を入手 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 実行役の女2人を殺人罪で起訴 マレーシア検察当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害事件、女2人を殺人罪で起訴=マレーシア検察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯の女2人起訴 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、実行役の女2人起訴 有罪なら死刑も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯の女2人起訴=金正男氏殺害でマレーシア検察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、実行犯の女2人を殺人罪で起訴 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>女2容疑者を殺人で起訴 死刑の可能性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害「化学兵器テロ」=慰安婦合意の実践強調―韓国大統領代行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>朝鮮総連「韓国政府の陰謀」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「マカオでは殺すな」正恩氏指示…中国を意識か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北フロント企業、マレーシア社会に浸透 工作員支援に利用 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏毒殺 北、遺体返還協議要請へ マレーシア側「捜査終了後に検討」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏毒殺 グローコム社元幹部「何度も北に招待された」 工作員とも面会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、石井元自治相と会談計画 暗殺11日前に確約 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男のお相手を務めたソープ嬢の告白 「ひょっとしたら拉致されていたかも」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男のディズニーランド訪問、密入国情報をリークした「正恩の母」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国の国連加盟停止提案、北朝鮮「まったく受け入れられず」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の国連加盟停止検討を=韓国外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国連への証拠提示に慎重=VXでマレーシア副首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮代表団がマレーシア入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮高官、9カ月ぶりに中国と協議へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮外務次官>緊張緩和へ訪中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>北朝鮮が代表団派遣…遺体引き渡し協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:猛毒VXは「外交行嚢」で持ちまれた?──特権で他国の人間は開封できず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、実行犯の女2人を殺人罪で起訴へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正恩氏殺害、女2人を起訴へ マレーシア当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の国家システムに異常事態 正男氏暗殺で判明、稚拙化した精鋭工作員たち - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北、改良型「VX2」使用か 顔に塗った時に猛毒発生!?元オウム中川死刑囚「取り扱い容易」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「北」容疑者ら金正男氏殺害計画を延期か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア司法当局、金正男氏殺害で外国人の女2人を訴追へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮代表団がマレーシア入り=正男氏の遺体引き渡し協議へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金ハンソル氏 米中韓の亡命政権に関われば生き残れる可能性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害事件、女2人を殺人罪で起訴へ=マレーシア司法長官 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

正男氏殺害の容疑者、事件前夜に誕生パーティー 映像を入手
CNN.co.jp 3/1(水) 13:08配信

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏殺害の実行犯として逮捕されたインドネシア国籍の女が、事件前日に友人たちと25歳の誕生パーティーを楽しんでいた映像を、CNNが入手した。

シティ・アイシャ容疑者は2月12日に友人が撮影した映像の中で、出席者から「ハッピーバースデー」の歌を贈られ、はにかんだ様子でほほ笑んでいる。「さあ、私の隣にいる人が主役になるよ」という友人の声に笑う姿も映っていた。

友人らはアイシャ容疑者のためにお金を出し合ってパーティーを開いたという。テーブルに大きなステーキなどが並ぶ映像や、同容疑者がケーキのろうそくを吹き消す場面もあった。

同容疑者とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者は13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で正男氏の顔に猛毒「VX」を塗り付けたとされる。正男氏は約20分後に死亡した。2人は空港の防犯カメラで特定され、16日までに逮捕された。

両容疑者はともに、テレビの「いたずら番組」の撮影だと思っていたと話している。

アイシャ容疑者と2年前から親しくしているという友人が匿名でCNNに語ったところによると、同容疑者は人を信じやすくだまされやすいタイプだが、秘密主義な面もあり、仕事に関することは仲間に話さなかったという。

マレーシア当局は1日、両容疑者を殺人罪で起訴する方針を明らかにした。有罪となれば絞首刑を言い渡される可能性がある。


金正男氏殺害 実行役の女2人を殺人罪で起訴 マレーシア検察当局
産経新聞 3/1(水) 12:45配信

 【セパン(マレーシア)=吉村英輝】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、マレーシアの検察当局は1日、実行犯とされるベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者とインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者の女2人を、殺人罪で起訴した。この事件の容疑者の起訴は初めて。

 マレーシアの首都クアラルンプール近郊のセパンの裁判所には、身柄を移送される2人の姿を取材するため、国内外の100人以上のメディアが詰めかけた。

 事件では他に、北朝鮮国籍でクアラルンプール在住のリ・ジョンチョル容疑者が逮捕されている。警察によると、アイシャ被告の交際相手のマレーシア人も逮捕したが、既に釈放した。

 警察によると、女2人は正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを付け、殺害した疑いがある。地元メディアなどによると2人は「いたずらビデオへの出演を持ち掛けられた」とし、毒物だとは知らなかったと供述している。

 ただ、防犯カメラの映像から、2人は犯行後に手を洗って逃走する様子が確認されており、警察は2人が毒物を使っていたとの認識があったとして、殺人罪の適用を判断したもようだ。


金正男氏殺害事件、女2人を殺人罪で起訴=マレーシア検察
ロイター 3/1(水) 12:40配信

983
 3月1日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア検察はインドネシア人とベトナム人の2人の容疑者を殺人罪で起訴した。写真は裁判所を後にするインドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者(2017年 ロイター)

[クアラルンプール 1日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア検察は1日、インドネシア人とベトナム人の2人の容疑者を殺人罪で起訴した。

インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者(25)とベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(28)は裁判所に出廷し、起訴状が読み上げられた。有罪判決が出た場合、死刑となる可能性がある。


実行犯の女2人起訴
時事通信 3/1(水) 12:31配信

982
北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、マレーシア検察当局は1日、実行犯として2人の女、ベトナム人のドアン・ティ・フォン、インドネシア人のシティ・アイシャ(写真中央)両容疑者を殺人罪で起訴した。


金正男氏殺害、実行役の女2人起訴 有罪なら死刑も
AFP=時事 3/1(水) 11:49配信

981
マレーシア・セパンの裁判所に出廷するドアン・ティ・フオン容疑者(2017年3月1日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件で、マレーシア当局は1日、実行役を務めたインドネシア国籍のシティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者(25)とベトナム国籍のドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者(28)を起訴した。

【写真】裁判所に出廷するシティ・アイシャ容疑者

 両被告は2月13日、クアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で、正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを塗り付けて殺害した疑いがもたれている。

 両被告は首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)近郊セパン(Sepang)にある裁判所に出廷。シティ被告はTシャツ姿、フオン被告もカジュアルな服装で、順に殺人罪の起訴内容が読み上げられた。

 両被告とも、有罪と判断されれば死刑を言い渡される可能性があると通知された。いずれも罪状認否は見送られ、公判開始は数か月後になる見通し。

 フオン被告の弁護士は起訴内容が示された後、被告がベトナム語で裁判所側に「私は無罪だ」と述べたと説明した。両被告とも取り調べに対し、いたずらを仕掛けるテレビ番組に出演していると思っていたと供述している。

 裁判所の入り口では、目出し帽をかぶり、自動小銃を持った重武装の警察官100人以上が警戒に当たり、ものものしい雰囲気に包まれた。【翻訳編集】 AFPBB News


実行犯の女2人起訴=金正男氏殺害でマレーシア検察
時事通信 3/1(水) 11:49配信

980
1日、マレーシアのセパンにある裁判所に出廷したベトナム人のドアン・ティ・フォン容疑者(中央の手で顔を覆った人物)。

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が猛毒の神経剤VXで殺害された事件で、マレーシア検察当局は1日、実行犯として2人の女、ベトナム人のドアン・ティ・フォン(28)、インドネシア人のシティ・アイシャ(25)両容疑者を殺人罪で起訴した。

 同事件で起訴は2人が初めて。

 2人はこの日午前、クアラルンプール郊外セパンの裁判所に出廷し、起訴された。傍聴者らによると、法廷では、赤いTシャツに黒っぽいロングパンツのシティ容疑者は目と鼻が赤く泣いていたように見えた。フォン容疑者は黄色のTシャツにジーンズ姿で、落ち着いた様子だったという。

 裁判所は次回の手続きを4月13日にスランゴール州の高裁で行うことを決めた。罪状認否などが行われる見通し。殺人罪で有罪になると死刑が適用される。

 マレーシア警察の調べでは、両容疑者は2月13日、クアラルンプール国際空港で、マカオに向かう予定だった正男氏の顔に液体を塗り付けて逃走。正男氏は体調不良を訴えて空港から病院に搬送される途中の救急車内で死亡した。

 起訴状は事件の被害者の名前を正男氏ではなく、同氏が所持していた旅券名義の「キム・チョル」としている。近親者による最終的な身元確認が終わっていないためとみられる。

 警察は15日にフォン容疑者、16日にシティ容疑者を逮捕。24日には、正男氏の遺体からVXが検出されたと発表した。

 2人は25日に領事面会したベトナムとインドネシアの大使館当局者に、「いたずら動画に出演すると思っていた」などと殺意を否認していた。


金正男氏殺害、実行犯の女2人を殺人罪で起訴
読売新聞 3/1(水) 11:33配信

 【クアラルンプール=向井ゆう子、児玉浩太郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、マレーシアの検察当局は1日、実行犯として警察が逮捕したベトナム人のドアン・ティ・フオン(28)、インドネシア人のシティ・アイシャー(25)両容疑者を殺人罪で起訴した。

 両容疑者は同日午前、起訴手続きのため、首都クアラルンプール近郊の地元裁判所に出廷した。

 起訴状などは、両容疑者が、事件直後に国外逃亡した北朝鮮国籍の容疑者の男4人と共謀し、正男氏を殺害したとしている。今回の事件での起訴は初めて。警察によると、両容疑者は2月13日、クアラルンプール国際空港第2ターミナルで、素手に付着させた液体の毒物を正男氏の顔に塗りつけた疑い。遺体から猛毒の神経剤「VX」が検出された。


<金正男氏殺害>女2容疑者を殺人で起訴 死刑の可能性も
毎日新聞 3/1(水) 11:31配信

979
金正男氏を殺害した容疑で逮捕されたシティ容疑者(左)とフオン容疑者=マレーシア警察提供

 ◇検察「猛毒の神経剤VXで殺害の意図があった」と判断

 【クアラルンプール平野光芳、林哲平】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア検察は1日午前、実行犯として逮捕されたベトナム人のドアン・ティ・フオン(28)とインドネシア人のシティ・アイシャ(25)の両容疑者を殺人罪で起訴した。検察は2人が金正男氏を殺害する意図があったと判断している。

 マレーシアは刑法で「殺人を犯したものは全て死刑とする」と規定しており、有罪となれば死刑判決が下る可能性が高い。両被告の出身国では「北朝鮮の工作員にだまされただけ」と同情的な世論が強く、仮に死刑が確定すればインドネシアやベトナムとの外交問題に発展する可能性もある。

 警察の調べによると事件は2月13日午前9時ごろ、クアラルンプール国際空港第2ターミナルで発生した。自動チェックインカウンターに並んでいた金正男氏を、2被告が挟みうちするように前後から襲い、数秒の間に素手で猛毒の神経剤VXを塗りつけた疑いがある。金氏は当初は意識があったが、約2時間後に死亡が確認された。

 2被告はこれまでの調べに「テレビのいたずら番組への出演だと思っていた」と殺意を否定する供述をしている。一方、検察側は、予行演習を行うなど綿密に準備していた点や、2被告が犯行直後に手に付いた毒物をトイレで洗い流していたことなどから、殺意があったと判断した。今後の公判でも殺意の有無が大きな争点となりそうだ。

 既に逮捕されている指示役のマレーシア在住北朝鮮人、リ・ジョンチョル容疑者(46)についても、検察は勾留期限の3日までに処分を決定する見通し。さらに事件では空港で指示していたとみられる北朝鮮人4容疑者も指名手配されているが、平壌に帰国しているとみられる。また警察は在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官ら3人の北朝鮮人を重要参考人として追っているが、北朝鮮側はいずれも捜査への協力を拒んでおり、事件の全容が解明するめどは立っていない。


金正男氏殺害「化学兵器テロ」=慰安婦合意の実践強調―韓国大統領代行
時事通信 3/1(水) 11:08配信

 【ソウル時事】韓国の黄教安大統領代行(首相)は1日演説し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏が殺害された事件について、「残酷かつ無謀、反倫理的な北朝鮮の政権の素顔を端的に示した」と述べ、金正恩政権の仕業と断定した。

 また金正男氏の遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたことを受け、「国際法で禁止された化学兵器によるテロ」と非難した。

 演説は、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた「三・一独立運動」の記念式典で行われた。黄代行は、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意について「韓日両国は、趣旨と精神を心から尊重し、実践しなければならない」と強調。ただ、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像をめぐる問題には触れなかった。


<金正男氏殺害>朝鮮総連「韓国政府の陰謀」
毎日新聞 3/1(水) 10:53配信

 ◇日本のメディア関係者や同胞向けのメールニュース使い

 【クアラルンプール岸達也】金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件について、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が、日本のメディア関係者や同胞向けのメールニュースを使って「韓国政府の陰謀」などと主張し続けている。日本の公安当局者は「北朝鮮当局が朝鮮総連を使って国際社会への宣伝戦を始めている」と分析する。

 朝鮮総連は正男氏が2月13日に殺害された後、メールで配信される「コリアニュース」で20日に初めて事件を取り上げた。現地の報道を引用し、駐マレーシア北朝鮮大使の17日の発言を詳細に日本語で紹介。朴槿恵(パク・クネ)大統領を巡る韓国政界の混乱に触れ「みじめな状態から逃げ出そうと必死になっている。朝鮮民主主義人民共和国のイメージを悪化させるために、巧妙な企てで世論を歪曲(わいきょく)している」とした。

 22日以降も、マレーシア当局が正男氏の遺体を引き渡さないことを強く非難し「最初から南朝鮮(韓国)と共謀していた」などと主張。メールニュースで機関紙「朝鮮新報」よりも詳しく事件を報じており、日本の公安当局者は「北朝鮮当局の反論を詳細に知ってもらうために、メールニュースは有効だと判断しているのだろう」としている。


「マカオでは殺すな」正恩氏指示…中国を意識か
読売新聞 3/1(水) 9:54配信

 【ハノイ=吉田健一】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)殺害事件で、正恩氏が「(正男氏が住む)マカオでは殺すな」と指示していたとの見方を北朝鮮情報筋が読売新聞に語った。

 正男氏を保護下に置く中国を刺激しないためだという。犯行グループがマレーシアでの殺害を計画したのも、中国を意識したためだった可能性がある。

 別の中朝関係筋は本紙に「正男氏が中国にいれば殺害されることはなかった」と述べ、中国政府が、中国やマカオで正男氏を警備していたことを認めている。情報筋は「正男氏は、ものものしい警護が性格に合わず、いつも要らないと言っていた。北朝鮮の現状を憂えてはいたが、本人は政治にかかわる気はなかった」と話した。


北フロント企業、マレーシア社会に浸透 工作員支援に利用
産経新聞 3/1(水) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男氏殺害事件を契機に、マレーシアに浸透する北朝鮮企業の怪しい実態が浮かび上がってきた。国内では、「友好国」であり続けた北朝鮮との関係見直しを求める声が強まっている。

 国連の専門家パネルから北朝鮮工作機関のフロント企業と指摘されたグローバル・コミュニケーション社(グローコム)は、クアラルンプール中心街の雑居ビルの一室にある。28日に訪ねると、表札もなく、扉は閉じられていた。

 1階の郵便受けには手紙が1通。付近の女性は「外国人らしき人が出入りしているのを見たことがない」と言った。報道で北朝鮮関連企業の入居を知ったという男性は「危ないから、あなたも関わらない方がいい」と話し、立ち去った。

 マレーシアには50人程度の北朝鮮人が住んでいるとされるほか、北朝鮮からのビジネスマンが数百人程度おり、東南アジアにおける北朝鮮の経済活動の重要な足場とされる。一方、本国から厳しいノルマを課せられ業績が上がらなければ呼び戻され責任を追及されるため、密輸など非合法ビジネスが横行しているとの指摘もある。


金正男氏毒殺 北、遺体返還協議要請へ マレーシア側「捜査終了後に検討」
産経新聞 3/1(水) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、北朝鮮外務省のリ・ドンイル氏は28日、マレーシア入りし、クアラルンプールの北朝鮮大使館前で報道陣に対し、遺体返還などをめぐりマレーシア政府と協議する意向を示した。

 地元メディアによると、同国のザヒド副首相は同日、捜査が終了した後に北朝鮮側の要請に応じるか検討すると述べた。ザヒド氏は、犯行グループが殺害の2カ月前に殺害作戦を開始していたことが判明したとも述べた。

 一方、今回の事件では、マレーシア警察が主犯格とみられる北朝鮮国籍の容疑者らに正男氏の動向などに関する情報を流していたとみられる関係者の捜査を活発化させている。シンガポールのテレビ、チャンネル・ニューズ・アジア(電子版)は28日までに、正男氏とかつてマカオで同棲(どうせい)していたという北朝鮮国籍の女性を捜していると報じた。

 女性の名前は「ソ・ヨンラ」で、41歳の国営高麗航空の元客室乗務員。正男氏が2001年に偽造旅券を使って日本に入国しようとした際に一緒に拘束されたという。同年以降、正男氏とマカオで暮らし、その後結婚したとみられる。


金正男氏毒殺 グローコム社元幹部「何度も北に招待された」 工作員とも面会
産経新聞 3/1(水) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の工作機関がマレーシアに置いたフロント企業だと国連の報告書が指摘したグローバル・コミュニケーション社。マレーシアの与党第一党、統一マレー国民組織(UMNO)の高齢党員組合で書記を務めるムスタファ・ヤクブ氏(69)は28日、産経新聞など一部メディアと会見し、経営幹部として同社の事業運営などに携わった経緯を証言した。

 --北朝鮮との関わりは

 「党の青年部会や国際部会の担当などをしたので、金日成(キムイルソン)氏の生誕記念日などに、若い頃から何度も北朝鮮に招待された。私たちも先方の党員をマレーシアに招き、親交を築いてきた」

 --なぜ同社の経営に

 「北朝鮮大使館の知人から2005年ごろ、北朝鮮のビジネスマン3人を紹介され、数回面会した。工作員だとは思わなかった。警察からは、付き合い方を注意するよう勧告はされた」

 --事業はどう進んだ

 「北朝鮮のラジオは性能が良く、内外で売れると思った。だが、ラジオも国連の制裁対象だと後から知って、数年で事業を閉鎖し、商売は成立していない。利益も出していない。それ以降、北朝鮮との付き合いはない。会社がその後も使われていたことも知らない」


金正男氏、石井元自治相と会談計画 暗殺11日前に確約
産経新聞 3/1(水) 7:55配信

942
金正男氏=2007年3月18日、中国・マカオ(写真:産経新聞)

 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件をめぐり、同氏が3月1日に、マカオで石井一元自治相との会談を計画していたことが分かった。石井氏が28日、産経新聞の取材に明らかにした。

 石井氏は長年、日朝国交正常化の問題に取り組んでおり、正男氏が異母弟の金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長とは別に、独自に両国関係の改善に動こうとしていた可能性がある。正男氏は面会が確定した日から11日後の2月13日にクアラルンプールで暗殺された。

 2011年に北朝鮮で正恩氏の体制が確立されて以降、正男氏は政治的な活動から距離を置いてきたが、他国の政治家と接触を図ろうとしていたことで、北朝鮮指導部の警戒心を刺激したとの見方もある。石井氏によると、正男氏との会談は韓国籍の実業家の仲介で2月2日に確定。マカオのすし店で3月1日午後6時から石井氏、実業家、正男氏の3人で会食することになっていた。

 石井氏は平成2年9月、金丸信元自民党副総裁が団長を務めた超党派の訪朝団に事務総長として同行。過去には平壌で複数回、正男氏の祖父に当たる故金日成(イルソン)主席とも面会している。石井氏は「正男氏は国際感覚もあり、故郷のことに思いをはせていたようだ。(仲介者を通じ)北朝鮮人民の幸福を真剣に考えているとも聞いていた」と言及。今回の暗殺劇を「衝撃的」と述べた上で、「日朝関係の今後について意見交換できる貴重な機会だったことを考えれば残念でならない」と述べた。


金正男のお相手を務めたソープ嬢の告白 「ひょっとしたら拉致されていたかも」
デイリー新潮 3/1(水) 5:58配信

 好ましからざる人物のことを外交用語で「ペルソナ・ノン・グラータ」と呼ぶ。ディズニーランドでは招かれざる客だったが、吉原のお湯にはいわば、ペルソナ・オボレータ。金正男のお相手を務めた吉原ソープ嬢があのころ口にした告白を紹介しておこう

 ***

 ドミニカのパスポートを携えた30歳の「パン・シオン」を名乗る男が、全日空機に吸い込まれるように消えて行く。その姿をテレビで見つめる東京・吉原のソープ嬢(当時21)の胸は早鐘を打っていた。

「心臓が止まるかと思っちゃった。ポロシャツにベスト、首からは金のネックレス。そのままの格好でお店に来ていたんですから。店長に慌てて電話すると、“間違いない”というので確信に変わりました」

 ショートヘアにトランジスタ・グラマーの呼称がぴったりな体型の彼女は、120分で8万円と吉原屈指の高級店に所属していた。

「彼は2001年の、年が明けてすぐくらいに、何度も店にやってきていました。3日連続でお相手をしたこともあります。明るいうちからなんですが、携帯が鳴ると、“赤坂へ行く”と言って、プレイ途中でもそのまま帰っちゃう。私には『黄』と名乗り、“香港でビジネスをやっている”と話していました」

 金正男が赤坂の韓国クラブへ頻繁に出入りしていたこと、韓国人ホステスたちを「一夜妻」にして“励んで”いたことは幾度となく報じられてきた。そんななか、昼間の活動実態を詳らかにする貴重な報告である。

■子供の写真を
「会話はカタコトの英語と韓国語。うちの店は『即尺』、要するにお目にかかって汗を流さないままプレイに入るんですね。それと避妊具を使用しないんですけど、ガイジンは怖いので彼にはつけてもらっていました。とにかく子煩悩なようで、子供の写真を見せては頬を緩ませていましたよ」

“横浜の中華街に一緒に行こう”が口癖だったが、

「ホント、断って正解。ひょっとしたら拉致されていたかもしれませんからね。物腰は紳士的でしたが、“ヤクザにトモダチがたくさんいる”と話していたし、背中には、そう、龍みたいな柄の刺青がありました。それでもコミュニケーションはうまくとれないので、プレイは黙ったまま彼に身を預けるだけ。マットはせずにベッドで一度交わるって感じです。ちっともよくなかったけれど、お仕事ですから、とりあえず感じているフリだけはしました。いつも支払いはカードでしたね」 

 ペルソナ・ダカレータの甘酸っぱい思い出であった。

特集「『金正男』暗殺は『金正恩の指令』に疑義あり」

「週刊新潮」2017年3月2日号 掲載


金正男のディズニーランド訪問、密入国情報をリークした「正恩の母」
デイリー新潮 3/1(水) 5:57配信

 日本で一躍、その名が知れ渡ったのは、ディズニー観光のために密入国を図った事件なのは間違いない。挙げ句、後継者争いから外れ、クアラルンプールでの悲劇に繋がることになる。実は、密入国情報をリークしたのは、金正恩委員長の母親だった。

 ***

 2001年5月1日の午後3時半ごろ、金正男氏ら一行4人がシンガポールから日本航空のビジネスクラスで成田空港に到着した。入管では、事前に情報を得ていた係官が待ち構え、すぐさま身柄拘束。胖熊(パン・シオン)という名義でドミニカ共和国の偽造パスポートを持っていた金正男氏は、来日の目的を“ディズニーランドに行きたかった”と明かした。

 金正男氏の側近が明かす。

「実はあの時期、次期後継者としての帝王教育がほぼ終了し、あとはいつお披露目をするかというタイミングでした。日本へは、息抜きのために、奥さまと息子、通訳兼身の回りの世話をする女性と一緒に遊びに来たのです。のちに彼は、正恩の母親の高英姫が朝鮮総連の許宗萬副議長(当時)を通じ、日本側に自分が来日することを洩らしたと憤慨していました」

 長男の金正男氏の母親は成恵琳という元女優で、三男の金正恩委員長とは腹違いの兄弟になるのはご存じの通りだ。

 早稲田大学の重村智計名誉教授によれば、

「確かに、正恩を後継者に据えたい高英姫が正男を追い落とすために仕掛けたと言われている。ただ、正男はそれ以前にも度々来日していたが、公安当局は知らないふりをして泳がせていました。このときは、連絡ミスなどの手違いが生じ、入管の係官が捕まえてしまったのです」

 さすがに北朝鮮といえども、他国への密入国が発覚した人物を最高指導者の地位に就けるわけにもいかない。そのため、正男氏は世襲レースから外れたというのが衆目の一致するところだ。

■“白頭山血統”
 わが子可愛さに、金正男氏を追い落とそうとした金正恩委員長の母親、高英姫とはどのような人物なのか。

 北朝鮮ウォッチャーが解説する。

「もともと大阪出身の在日朝鮮人で、万寿台芸術団のスター女優として活躍しているときに金正日に見初められ、正哲、正恩という2人の息子と娘の与正をもうけました。過去20年近く、高英姫の父親は北朝鮮柔道の草分け的存在、高太文とされてきた。ところが、5年ほど前に日本の軍需工場に勤めていた労働者だったことが判明したのです」

 金日成国家主席の血筋“白頭山血統”に在日なおかつ“日本軍協力者”の血が混じっている事実は、北朝鮮ではタブー以外の何ものでもない。

「本来なら後継者争いで、正恩はまったく勝ち目がなかった。なので、高英姫は正男に決定的なダメージを与えるべく、密入国情報をリークするという強硬手段に出たのです。しかし、今度は正男の遺児が“白頭山血統”の正統性を掲げ、父親を追い詰めた正恩への反撃に出てくるかもしれません」(同)

 金一族の血で血を洗う争いが始まるのか。

特集「『金正男』暗殺は『金正恩の指令』に疑義あり」

「週刊新潮」2017年3月2日号 掲載


韓国の国連加盟停止提案、北朝鮮「まったく受け入れられず」
ロイター 3/1(水) 1:23配信

[ジュネーブ 28日 ロイター] - 金正男氏殺害事件を受け、韓国の閣僚が北朝鮮の国連加盟停止を検討すべきと訴えた件で、北朝鮮外交官は28日、まったく受け入れられないという立場を示した。

同外交官は国連軍縮会議で「卑劣で無責任、尊大、非論理的な韓国側の発言を、北朝鮮は完全に拒絶する」と表明。「北朝鮮は化学兵器を製造、貯蔵、利用したことは一度も無く、マレーシアで起きた出来事に関する仮定や憶測を断固として拒否する」と述べた。


北朝鮮の国連加盟停止検討を=韓国外相
時事通信 2/28(火) 23:37配信

 【ベルリン時事】AFP通信によると、韓国の尹炳世外相は28日、ジュネーブ軍縮会議で演説し、金正男氏殺害事件は「北朝鮮の化学兵器能力と使用の意図」を明らかにしたと述べ、北朝鮮の国連加盟国としての権利停止を検討すべきだと訴えた。

 外相はこの事件により、北朝鮮が「相手が誰であれ、時間、場所を問わず攻撃する用意がある」ことが示されたと指摘。「われわれが今後、どのような措置を講じるべきか、真剣に考えなければならない」と強調した。


国連への証拠提示に慎重=VXでマレーシア副首相
時事通信 2/28(火) 22:26配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシアのザヒド副首相兼内相は28日、猛毒の神経剤VX使用を示す証拠を国連など国際機関に提示することについて、慎重な姿勢を示した。

 国営ベルナマ通信によると、ザヒド副首相は「マレーシアは(VXに関する情報を)共有する用意はあるが、(国際社会は)この国の司法制度を尊重する必要がある」と指摘。事件に関する全体の法手続きが完了するまでは、情報を共有しない考えを明らかにした。

 VXをめぐっては、ライクロフト英国連大使が「証拠があるなら化学兵器禁止機関(OPCW)と国連安保理に送るべきだ」と述べ、マレーシアに証拠の提示を要請していた。


北朝鮮代表団がマレーシア入り
ホウドウキョク 2/28(火) 21:45配信

金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体引き渡しなどの協議のため、マレーシア入りした。
北朝鮮前国連次席大使の李東日氏は「政府代表の訪問の目的は、人道問題を解決することだ」と述べた。
北朝鮮の金正男氏が殺害された事件をめぐり、北朝鮮とマレーシアの関係が悪化する中、クアラルンプールにある北朝鮮大使館で28日、北朝鮮の前国連次席大使が取材に応じ、マレーシア側と協議するため、北朝鮮の代表団が現地入りしたことを明らかにした。
協議では、遺体の引き渡しや、北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者の釈放をあらためて求めるほか、悪化した外交関係についても話し合うという。


北朝鮮高官、9カ月ぶりに中国と協議へ
ホウドウキョク 2/28(火) 21:43配信

金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件について、説明があるのかどうか、注目される。
北朝鮮のリ・ギルソン外務次官は28日、飛行機で、中国・北京空港に到着した。
北朝鮮の高官が、第3国経由の目的以外で中国を訪問するのは、2016年5月に、リ・スヨン朝鮮労働党副委員長が訪中して以来、9カ月ぶりとみられる。
一方、中国外務省は、リ次官が中国の招きで訪中し、王毅外相をはじめ、中国外務省の高官と会談することを明らかにした。
新型の弾道ミサイル発射や、金正男氏殺害事件で北朝鮮への批判が強まる中、中朝が、どこまで踏み込んだ意見交換をするのか、注目される。


<北朝鮮外務次官>緊張緩和へ訪中
毎日新聞 2/28(火) 20:47配信

 【北京・西岡省二】北朝鮮の李吉聖(リ・ギルソン)外務次官を団長とする外務省代表団が28日、平壌から空路、北京に到着した。中国外務省の耿爽・副報道局長は同日の定例記者会見で「中国政府の招請」とし、3月4日までの滞在中、王毅外相や劉振民外務次官、孔鉉佑外務次官補と会談すると述べた。訪中目的の詳細は明らかにしていないが、中国による北朝鮮産石炭の輸入停止問題を中心に協議し、緊張緩和を図るとみられる。

 また両者は、核問題をめぐる6カ国協議の日米韓首席代表会合や、金正男氏殺害事件などへの対応について意見交換する可能性がある。

 李次官は28日午前、北京空港に到着した後、中国政府の車で北京中心部に移動した。北朝鮮高官の訪中は昨年5月の李洙墉(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長以来。


<金正男氏殺害>北朝鮮が代表団派遣…遺体引き渡し協議
毎日新聞 2/28(火) 19:43配信

 【クアラルンプール平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、北朝鮮政府は28日、マレーシア警察が保管している遺体の引き渡しを求め、政府高官らによる代表団をクアラルンプールに派遣した。一方、マレーシアの検察当局は実行犯とみられる女2人を3月1日に殺人罪で起訴する方針を固めた。

 北朝鮮の発表によると、代表団はマレーシア側に遺体の引き渡しや、指示役として逮捕されたリ・ジョンチョル容疑者(46)の釈放、両国関係についての話し合いを求める。北朝鮮は「遺体はキム・チョルという外交官だ」と主張し、一貫して金正男氏であることを否定している。マレーシア側は再三、引き渡しを拒否しており双方が歩み寄る可能性は極めて低い。

 一方、マレーシアの検察が起訴方針を固めたのは、クアラルンプール国際空港で正男氏に毒物を塗りつけたとされるベトナム人のドアン・ティ・フオン(28)とインドネシア人のシティ・アイシャ(25)の両容疑者。リ容疑者については勾留期限が3月3日であるため、検察の決定が2日以降にずれ込む可能性もある。


猛毒VXは「外交行嚢」で持ちまれた?──特権で他国の人間は開封できず
ニューズウィーク日本版 2/28(火) 18:56配信

<金正男暗殺に使われたVXは「外交特権を有する荷物」としてマレーシアに運び込まれた可能性があることがわかった>

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男氏が2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺された事件で、使用された毒物VXガスが当事国以外は勝手に開封できない「外交行嚢(こうのう)」を使ってマレーシアに運び込まれた可能性があることがわかった。暗殺準備に外交特権が使われていたことが事実とすれば、今回の暗殺が北朝鮮による国ぐるみの犯行であることを裏付けることにもなり、マレーシア関係当局は慎重に捜査を進めている。

金正男氏の死因を調査していたマレーシア警察当局、保健省化学局などは2月24日に、遺体の顔面の解剖サンプルから猛毒の神経ガス「VX」が検出されたとの暫定報告を発表、死因がVXガスによるものであることが濃厚となっている。

マレーシアの英字紙「ニュー・ストレート・タイムズ」ネット版は28日、「VXは外交行嚢を使って不法に持ち込まれたか?」との見出しで記事を掲載。マラヤ国際大学戦略研究センターの研究者の話として「少量であればありとあらゆるものの外交行嚢を使っての持ち込みは可能である。国際的なスパイネットワークでは法律の目を逃れるために(外交行嚢は)よく使われる手段である」との見方を示した。

【参考記事】金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

当該国以外は開封できない外交行嚢

外交行嚢は外交関係に関するウィーン条約で当該国外交当局による封印袋とされ、当該国以外は原則として開封できない外交特権を有するもの。「クーリエ」「外交伝書使」ともいわれ、大きさや重さ、量、中身に関して制限はないものの外部に「DIPLOMATIC POUCH」などと明記することが求められている。

主に機密に属する外交関係の書類や冊子、外交官が必要とするものなどが中身とされているが、一般法令に反する「武器弾薬や麻薬類、劇薬毒物」などはそもそも搬入しないことが前提条件となっている。これまで北朝鮮の外交行嚢に関しては「麻薬類や偽札などが運ばれている」との情報もあったが「外交特権を有する荷物」だけにその情報が確認されることはなかった。

【参考記事】金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

「その気になればなんでも持ち込めることは事実だが、良識としてそんなことはしないとの共通理解がある」(日本外務省関係者)と話すが、そうした外交特権を悪用することは可能性としては十分にあり、北朝鮮によるVXガスの外交行嚢での持ち込みも「極めて現実的方法」とみられている。

韓国の聯合ニュースも28日、「北朝鮮がVX搬入に外交行嚢使用か、他国は原則開封できず」との記事を掲載した。記事の中で「外交行嚢」の可能性があるとの指摘に関する情報ソースを明らかにしていないが、韓国外交部の関係者の話として「頻発する国際テロの影響で外交行嚢に対する不可侵特権は次第に縮小しつつある」とした上で外交行嚢も近年は金属探知機の検査を受けて、金属や不審物が感知されると外交行嚢所有国の外交官を呼んで開封させるケースもあるとしている。

調合前の状態でVX持ち込みか

マレーシア紙は「500ml以下の液体をたとえばシャンプーボトルに入れて外交行嚢に忍ばせば、全く検査もすり抜け疑念も抱かれることもなく持ち込むことは可能である」とのマレーシア原子力エネルギー庁関係者の談話を伝えている。

VXガスは極めて致死性の高い猛毒だが、調合する前の状態にある別々の液体を分離して持ち込み、その後に調合することで、運搬中のリスクは回避できる、とも指摘している。

マレーシアでは外交官旅券を所持した外交官に対しては税関での検査は原則フリーパスで、大使館関係者が到着航空機の側まで出迎えて同行するケースが多いとしている。空港の税関職員、入管当局員も「無用な外交摩擦を回避するため、ほとんどフリーパスでの入国を黙認しているのが実情」と同紙は情報筋の話として伝えている。

カギを握る北朝鮮大使館関係者

マレーシア捜査当局は暗殺事件への関与が濃厚としてすでにインドネシアのジャカルタなどを経由して北朝鮮に帰国している4人の北朝鮮国籍男性の身柄引き渡しを求める一方で、4人を国際刑事警察機構(ICPO)に対し国際手配する手続きを依頼している。

このほかにも在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官ら複数の重要参考人に関する捜査も続いている。こうした関係者がVXガスのマレーシアへの外交行嚢での持ち込み、あるいは調合などで重要な役割を担っていた可能性は高く、今後の捜査のカギとなりそうだ。

そして北朝鮮大使館あるいは北朝鮮外交官による「外交行嚢」を利用した暗殺事件への関与が事実とすれば、国際社会の共通ルールを裏切る行為が明白となる。

このため今後、各国関係機関が国際空港などで北朝鮮外交当局による「外交行嚢」に対し、特別にX線検査などの強化、北朝鮮大使館員を呼んでその場で開封させて中身を確認するような事態が起きる可能性も指摘されている。国際社会の北朝鮮に対する視線、対応は日増しに厳しくなっているのが現実だ。


[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など


金正男氏殺害、実行犯の女2人を殺人罪で起訴へ
BBC News 2/28(火) 17:30配信

977
金正男氏殺害、実行犯の女2人を殺人罪で起訴へ

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害された事件をめぐり、マレーシアの検察は28日、実行犯として逮捕された女2人を3月1日に殺人罪で起訴する方針だと明らかにした。

アパンディ・アリ司法長官は、ベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者(28)とインドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者(25)を正式に起訴するとし、有罪となれば死刑になる可能性があると述べた。

2人は、金正男氏が今月13日に飛行機への搭乗を待っていた際、猛毒の神経ガスVXを金氏の顔に塗りつけた容疑がかけられている。2人は、いたずらを仕掛けるテレビ番組に出演していると思っていた、と語っていた。

アパンディ長官は、「2人は刑法302条に基づき起訴される」と述べた。マレーシア当局は北朝鮮国籍の男1人も逮捕しているが、起訴についての決定はまだない。

今回の事件では、これら3人も含め合計10人の容疑者が特定されている。

容疑者には、クアラルンプールの北朝鮮大使館の2等書記官と国営高麗航空の職員の2人も含まれる。韓国は容疑者のうち少なくとも4人が北朝鮮の工作員だとの見方を示している。

(英語記事 Kim Jong-nam death: Two women to face murder charges)


金正恩氏殺害、女2人を起訴へ マレーシア当局
AFP=時事 2/28(火) 17:08配信

962
北朝鮮の金正男氏が殺害された事件に関与したとして拘束されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者。マレーシア警察提供(2017年2月19日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア当局は拘束していた女2人を殺人罪で起訴する方針を示した。同国のモハメド・アパンディ・アリ(Mohamed Apandi Ali)司法長官が28日、発表した。

 金正男氏は今月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で猛毒の神経剤によって殺害された。容疑者としてインドネシア人とベトナム人の女2人が逮捕されている。有罪となった場合は絞首刑とされる可能性がある。

 空港内の防犯カメラの映像には、正男氏が近づいてきた女2人に顔に何かをこすりつけられる様子が映っている。正男氏はその後、発作症状を示し、病院へ搬送される前に亡くなった。

 拘束されている女2人は、ベトナム人のドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者(28)と、インドネシア人のシティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者(25)。2人ともいたずらを仕掛けるテレビ番組に自分たちが出演していると思っていたと供述している。

 アイシャ容疑者は25日、インドネシアの駐マレーシア副大使との面会で、「いたずら番組」出演の報酬として400リンギット(約1万円)を受け取っていたと述べ、また自分が持っていたのは「ベビーオイル」のような液体だと思っていたと語った。一方、フオン容疑者もベトナム当局者に対し、コメディー動画を撮影していると思っていたとし、だまされて正男氏を殺害させられたと語った。【翻訳編集】 AFPBB News


北朝鮮の国家システムに異常事態 正男氏暗殺で判明、稚拙化した精鋭工作員たち
夕刊フジ 2/28(火) 16:56配信

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮が、体制崩壊の危機に直面している。異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件で、国家ぐるみの犯行を裏付ける事実が次々と明らかになっているのだ。大使館員や工作員は同国が誇る精鋭のはずだが、どうしてここまで稚拙なのか。正恩氏の周辺警備にも不備の可能性が指摘されている。

 「どうも、国家システムがおかしくなっているようだ」

 北朝鮮情勢に精通する東京基督教大学の西岡力教授は、こう語った。

 注目の解説は後述するとして、北朝鮮の工作機関、偵察総局が主導したとみられる今回の事件は、過去に同国工作員が実行したテロに比べると、ずさんさが際立っている。

 発生4日後(17日)に北朝鮮国籍の男が逮捕されると、19日にはマレーシア警察が北朝鮮国籍の容疑者4人の氏名を公表した。4人の姿は、現場のクアラルンプール国際空港の監視カメラにしっかり映っていた。

 さらに、マレーシア警察から事件に関与したとして、北朝鮮大使館の2等書記官まで出頭要請された。北朝鮮による国家犯罪である疑いは日に日に濃くなっている。

 過去のテロ事件では、北朝鮮の犯行と分からないよう、工作員らは巧妙に偽装していた。

 例えば、大韓航空機爆破事件(1987年)の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員は日本人名義の偽造旅券を所持し、日本人になりすましていた。逮捕の危機が迫ると、金元工作員が毒物で自殺を図ったことからも、祖国に害を及ばさないよう、覚悟していたことがうかがえる。

 今回の工作員の行動を見ると、まさに隔世の感がある。

 前出の西岡氏は「北朝鮮は『テロ国家』だが、今までテロは緻密に準備されていた」と指摘し、続けた。

 「これだけ国家がおかしくなると、何が起きるか分からない。例えば、正恩氏の警備が緩んでいるのかもしれない。表面的には厳重な警備をしているが、(恐怖政治による面従腹背で、将来に希望もなく)それぞれの人間はやる気がない。警備している中に正恩氏に恨みのある人間が入っていて、突発的な暗殺が起きる可能性もある」

 散々、幹部らを粛清してきた正恩氏に危機が迫っているようだ。


北、改良型「VX2」使用か 顔に塗った時に猛毒発生!?元オウム中川死刑囚「取り扱い容易」
夕刊フジ 2/28(火) 16:56配信

 金正男氏の殺害に使われた神経剤が、改良型の「VX2」だった疑いが浮上した。実行犯の2人の女が別々の化合物を正男氏の顔に塗った時点で猛毒のVXが発生したというのだ。北朝鮮が化学兵器を公共の場で使用したことを国際社会は怒りと衝撃で受け止めており、米トランプ政権は「テロ支援国家」再指定の検討に入った。

 監視カメラの映像では、犯行当時、インドネシア国籍の女、シティ・アイシャ容疑者(25)がまず正男氏に接触し、その後、ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が後ろから顔に何かを塗るような様子がみられた。

 米紙ニューヨーク・タイムズは、犯行に使われたのは攻撃者の危険性を低くするために改良された「VX2」で、2人の女がそれぞれ別の無害な化合物を正男氏の顔に付けた時点で猛毒のVXが発生する仕組みだった疑いがあるとの専門家の見方を紹介している。

 VX2が使用されていたとすると、正男氏が顔に毒を塗り付けられてから15~20分後に死亡したことや、実行犯2人の命に別条がなかったものの、後から正男氏に接触したフオン容疑者が逃走中のタクシーで嘔吐(おうと)する症状が出たことも説明がつくという。

 元オウム真理教幹部で、VXを使った教団の事件に関わった中川智正死刑囚(54)が、マレーシア当局の発表前の時点で「症状からVXと考えて矛盾はない」と記した手紙を旧知の専門家に送っていた。「サリンと比較すると気化せず、取り扱いは容易。私が取り扱う際は長袖の普通の服に手袋をつけただけ」とも書いていたという。

 正男氏殺害や新型弾道ミサイル発射を受けて、トランプ政権は、北朝鮮をテロ支援国家に再指定する検討を始めた。日本、韓国とともに北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の首席代表会合を27日に首都ワシントンで開くが、再指定についても議論する方向だという。


「北」容疑者ら金正男氏殺害計画を延期か
ホウドウキョク 2/28(火) 16:32配信

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、北朝鮮籍の容疑者らが、いったん殺害計画を延期していた可能性があることがわかった。
マレーシアの警察は先週、北朝鮮籍の男が借りていたマンションの部屋を捜索したが、地元メディアは、工作拠点とみられるこの部屋を男が借りたのは、事件のおよそ3カ月前だったと報じた。
その後、一度、契約を延長していたということで、警察は、何らかの事情で殺害計画を延期した可能性もあるとみて調べている。
また、韓国のメディアによると、北朝鮮籍の容疑者4人が犯行後、ロシアのウラジオストクにいるという情報を韓国の情報当局がつかみ、ロシア当局に身柄確保を要請していた。
しかし、ロシア側は、受け入れなかったという。
一方、北朝鮮が、制裁逃れのため、マレーシアに「グローコム」という企業を設立し、無線機器などの取引を行っていたことが、国連の報告書で明らかになった。
正男氏殺害事件との関連は明らかになっていないが、マレーシア警察は28日、この企業を監視する措置を取るとの声明を発表した。


マレーシア司法当局、金正男氏殺害で外国人の女2人を訴追へ
Bloomberg 2/28(火) 16:23配信

マレーシアは金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏が殺害された事件で、容疑者の女2人の訴追手続きを行う。

アパンディ司法長官は2月28日、マレーシアの刑法302条に基づきベトナム人とインドネシア人の女を3月1日に訴追するとテキストメッセージで発表した。302条は殺人を対象としており、死刑もあり得る。

金正男氏はクアラルンプールの空港で2月13日に殺害され、マレーシア警察は猛毒の神経剤「VX」が使われたとの暫定報告を明らかにしている。

原題:Malaysia to Charge Two Suspects for Murder of Kim Jong Nam(抜粋)


北朝鮮代表団がマレーシア入り=正男氏の遺体引き渡し協議へ
時事通信 2/28(火) 16:06配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮代表団が28日、マレーシアの首都クアラルンプールに到着した。

 代表団のスポークスマンを務めるリ・ドンイル元国連次席大使は、クアラルンプール国際空港で殺害された金正男氏の遺体の引き渡しなどについてマレーシア側と協議する方針を明らかにした。

 北朝鮮はこの日、中国には外務次官を派遣。殺害事件で傷ついた外交関係の修復に乗り出したとみられ、北朝鮮の動きが注目される。

 リ氏はクアラルンプールの北朝鮮大使館前で記者団に対し、訪問の目的は「人道問題を解決するため」と説明した。

 その上で、正男氏の名指しは避けながらも(1)遺体の引き渡し(2)マレーシア警察に逮捕された北朝鮮国籍の容疑者の釈放(3)マレーシアとの友好関係発展―の3点に関しマレーシア側と協議する意向を表明した。いつまでマレーシアに滞在するかなどには触れなかった。

 北朝鮮による代表団派遣は突然だった。遺体の引き渡しを改めてマレーシア側に迫るとともに、殺害事件を受けてマレーシア国内で北朝鮮への反発が強まる中、局面を打開したい思惑がありそうだ。

 しかし、AFP通信などによると、マレーシアのスブラマニアム保健相は28日、「遺体は近親者に渡される」と記者団に述べ、北朝鮮の引き渡し要請には応じない考えを強調した。


金ハンソル氏 米中韓の亡命政権に関われば生き残れる可能性
NEWS ポストセブン 2/28(火) 16:00配信

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏が2月13日、マレーシアクアラルンプール国際空港で暗殺され、マレーシア警察による捜査の進展に関心が寄せられる一方で、より大きな注目を集めているのが正男氏の長男である金ハンソル氏(21)の動向だ。

 今回の正男氏暗殺の背景にあるのは、昨年表面化した欧米各国に散らばる脱北者団体による亡命政権樹立の動きだという。『コリア・レポート』編集長の辺真一氏の解説だ。

「イギリスの脱北者団体関係者が最後に正男氏に接触したのが昨年6月。その際、正男氏は自分が亡命政権のトップに就くことを固辞したとされますが、この動きが正恩氏の耳に入り暗殺のタイムスケジュールが早まったとも言われています」

 ヨーロッパで教育を受け、民主主義的な価値観を持つハンソル氏に欧米各国は好意的な見方をしている。特に米国、中国、韓国にとってハンソル氏は、正男氏暗殺後の現在、対北カードで最大の切り札に浮上したという。

 だが、新政権発足間もない米国、政治的混乱で身動きが取れない韓国を尻目に今、最も積極的に動いているのは中国だという。辺氏が続ける。

「トランプ政権の誕生で、中国は米国との関係構築に大きな不安を抱いている。互いの利益が一致する北朝鮮のゆるやかで安全な体制転換に向け、ハンソル氏を自国で保護し続けることで対米関係改善のカードとしても利用できる。北朝鮮からの石炭輸入停止はその布石であり、米国に向けたシグナルです」

 では、肝心のハンソル氏はどう動くのか。ハンソル氏が今後、“復讐”に出る可能性を指摘するのは、北朝鮮問題に詳しい早稲田大学名誉教授の重村智計氏である。

「ハンソル氏がこれから生涯にわたって金正恩から命を狙われる立場になったのは確かです。ならば米中韓のいずれかに亡命して、亡命政権樹立に自ら関わったほうが生き残れる可能性は高い。さらに亡命政権のトップに立って、北朝鮮の現体制を転換させる運動の先頭に立つことで父親の無念を晴らす機会も得られる。

 聡明な若者ですから、そう判断する可能性は十分にあります。正男氏の暗殺によって、ハンソル氏が表舞台に立つ機会を得たことは皮肉な結果というしかありません。21歳の青年の行動次第で、体制崩壊のスピードが早まるかもしれないのですから」

 金正恩の放った毒は、自らに回り始めたのか。

※週刊ポスト2017年3月10日号


金正男氏殺害事件、女2人を殺人罪で起訴へ=マレーシア司法長官
ロイター 2/28(火) 15:55配信

[クアラルンプール 28日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアの検察当局は、インドネシア人とベトナム人の2人の容疑者を3月1日に殺人罪で起訴する方針だ。アパンディ司法長官が28日に明らかにした。

女2人は正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを付けた疑いが持たれている。

アパンディ司法長官はロイターへのテキストメッセージで、2人を起訴する方針を確認した。

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2201

引き続き、2011年3月11日に発生した、東日本大震災ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:高裁も開示認めず=原発事故調の調書―株主代表訴訟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:防災庁舎の補修完了=宮城県南三陸町〔地域〕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東日本大震災6年 「いろいろな思い出」 休校の福島県立高で最後の卒業式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東日本大震災>被災地に笑顔呼ぶパン…春、待望の若手入社 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<原子力規制委>サイバー攻撃対策チームを設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発事故で休校 最後の卒業式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「いろんな思い出できた」原発事故で休校の福島県立高5校 最後の卒業式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「いろんな思い出つくることできた」原発事故で休校の福島県立高5校で卒業式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発事故による避難者など、高速道路無料措置を1年間延長 2018年3月末まで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島県立高校5校>さよなら母校 最後の卒業式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本への応援職員不足、確保6割弱 被災13市町村 技術職深刻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発周辺高校、最後の卒業式=4月から休校―福島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大震災6年>関連自殺、福島突出80人 精神科病床が激減 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大震災6年>心のケア先細り 被災者支援3年で4億円減 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<震災障害者>診断書欄に自然災害追加を 支援の拡充要望 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原子力規制委、東電社長に再提出要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島・宮城震度5弱>東日本大震災の余震か 原発異常なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東電柏崎刈羽原発審査、申請書の再提出を要請 規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕福島・宮城で震度5弱 鉄道は全て運転再開(28日19時40分現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<原発事故>収束作業中がん発症、労災求め提訴 札幌の男性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、情報連絡室を設置…福島県沖震源の地震で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「なんか6年前思い出す」 3.11直前の東北地震にネット騒然 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東北地方で震度5弱、新幹線が一時停電 「突然、車内灯が消えた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮城、福島で震度5弱 福島第1原発などに異常なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕福島・宮城で震度5弱 東北本線など一部見合わせ(28日18時15分現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮城南部、福島浜通りで震度5弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島・宮城で震度5弱…東日本大震災の余震か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮城、福島で震度5弱 津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮城、福島で震度5弱=原発異常確認されず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>宮城、福島で震度5弱 津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕宮城県岩沼市、福島県相馬市・楢葉町・双葉町・南相馬市で震度5弱、津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:3月にも操業海域拡大=自粛は原発10キロ圏内に―福島県漁連 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島・富岡町>唯一の病院、無念の解体 帰還準備3% - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

高裁も開示認めず=原発事故調の調書―株主代表訴訟
時事通信 3/2(木) 12:15配信

 東京電力福島第1原発事故の政府事故調査・検証委員会が旧経営陣らを聴取した記録について、東京高裁(白石史子裁判長)は2日までに、株主代表訴訟の原告側による開示申し立てを退けた東京地裁決定を支持し、原告側の即時抗告を棄却した。

 決定は2月22日付。

 白石裁判長は「政府事故調の聴取方針は、責任追及を目的とした調査、検証は行わず、希望する部分は非開示としていた」と指摘した。


防災庁舎の補修完了=宮城県南三陸町〔地域〕
時事通信 3/2(木) 10:09配信

181
東日本大震災の津波で被災した宮城県南三陸町の防災対策庁舎が、再塗装などの補修を終え3カ月ぶりに姿を現した。県が2031年まで管理しながら震災遺構としての保存か解体か議論を続ける=2月26日

 東日本大震災の津波で被災した宮城県南三陸町の防災対策庁舎が、再塗装などの補修を終え3カ月ぶりに姿を現した。町職員ら43人が犠牲になっており、県が2031年まで管理しながら震災遺構としての保存か解体か議論を続ける。

 経年劣化が進んでいたため、昨年11月からさび止めや補強工事を実施。鉄骨のえんじ色が塗り直され、被災直後の見た目に近づいた。背後にはかさ上げ用の土が仮置きされている。周辺は震災復興祈念公園として整備される予定だ。


東日本大震災6年 「いろいろな思い出」 休校の福島県立高で最後の卒業式
産経新聞 3/2(木) 7:55配信

180
卒業式と休校セレモニーを終え、3年間の思い出などを語り合う福島県立双葉高校の卒業生ら=1日、福島県いわき市(桐山弘太撮影)(写真:産経新聞)

 東京電力福島第1原発事故による生徒数の減少で、3月いっぱいで休校する福島県双葉郡内の5つの県立高校が1日、最後の卒業式を行った。計111人の卒業生は人生の門出に思いを新たにする一方、先輩たちが築き上げてきた歴史ある母校の休校を惜しんだ。

 双葉高(双葉町)の卒業式は、仮校舎を置くいわき明星大(いわき市)で開かれた。最後の生徒となった11人が小島稔校長から卒業証書を受け取り、生徒会長の菊池歩実さん(18)が「後輩がいないことを寂しく感じることもあったが、3年間いろいろな思い出をつくることができた」と別れの言葉を述べた。

 続いて行われた休校式典では、卒業生が学校創立からの歩みをスライドで振り返り、全員で校歌を歌って母校の再開を願った。

 福島第1原発から約3キロの場所にある双葉高は大正12(1923)年創立の旧制双葉中が前身。野球部が夏の甲子園に3度出場するなど部活動も盛んだった。

 休校するのは双葉高のほか、浪江高、浪江高津島校、双葉翔陽高、富岡高。いずれも避難先で授業を続けてきたが、元の校舎での授業再開が見通せないこともあり生徒数が減少。平成27年度以降の生徒募集を停止し、現在は3年生だけとなっていた。


<東日本大震災>被災地に笑顔呼ぶパン…春、待望の若手入社
毎日新聞 3/1(水) 22:15配信

179
原町製パンの佐藤敬一社長(右)と名物の「よつわり」を手にする佐藤彩さん=福島県南相馬市で2017年2月24日、小出洋平撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が大半で解除された福島県南相馬市に、営業再開後の5年11カ月間、1日も休まず店を開けているパン店がある。「原町製パン」。社長の佐藤敬一さん(61)は「地元の人に愛されるパンを作り続けること」が復興につながると信じる。原発事故後、南相馬を離れる若者が多い中、そんなパンに魅せられた地元の女子高生が新入社員として加わる。【高井瞳】

 昼時、JR原ノ町駅近くにある店舗は制服姿の学生や子連れの主婦でにぎわう。かつて市外に避難していたり、古里の味を求めて避難先から買いに来たりした人の姿もある。

 創業は1951年。あんと生クリームを包んだパンに十字の切れ込みを入れた菓子パン「よつわり」は、市内のスーパーでも販売し、学校給食にもなっている地元の味だ。

 2011年3月11日。店で激しい揺れに襲われ、棚に並べたパンは床で潰れていた。「死ぬかもしれない。逃げよう」と思った矢先、店の電話が鳴った。

 「食べるものを作ってほしい。つてがもうない」。市の職員は被災者の対応に追われていた。避難所でおなかをすかせる子どもたちの姿が目に浮かぶと、断れなかった。工場に駆け込み、従業員たちと一晩中、パンを焼いては避難所に届けた。

 3日後、店から約24キロ離れた福島第1原発の3号機が水素爆発を起こす。「もうここにいちゃいけない」とマイカーに布団を積み込み、夫婦で自宅を出た。だが、多くの人が避難し真っ暗になった街で不夜城のように電気がついている市役所が見えた。思わずハンドルを切った。「だめだっぺ。帰らなきゃ」

 やがて小麦粉が底を突き、パンを作れなくなった。3月29日。冷凍庫に残っていた総菜パン用のコロッケやハムカツを売り始めると、避難をためらった高齢者が店に押し寄せ「ありがたいねえ」と頭を下げられた。店を続ける決心が付いた。

 あの日から6年。市の人口は事故前の8割近くまで回復。原町製パンの売り上げも震災前の水準に戻った。だが20歳未満は6割ほどにとどまり、若い働き手の確保がまちの課題になっている。

 原町製パンもベテランの従業員が目立つが、春に待望の若手社員が入社する。3月に地元の高校を卒業する佐藤彩さん(18)。高校の売店に並ぶ原町製パンの商品は大人気で「パンを食べて笑顔になっている友達を見て、私もこんなふうに人を笑顔にしたい」と、原町製パンを第1志望にしていた。「少しずつ前に進んでいるんだな」。佐藤さんは復興の足音を感じている。


<原子力規制委>サイバー攻撃対策チームを設置
毎日新聞 3/1(水) 19:51配信

 原子力規制委員会は1日、サイバー攻撃への対策を強化することを決めた。3日付で事務局の原子力規制庁内に専門チームを設置、外部からの不正アクセスが起きた核検査機関「核物質管理センター」への初の立ち入り検査も月内に始める。原発や電力会社、規制機関へのサイバー攻撃は核セキュリティー上の重大な脅威とみられている。

 核物質管理センターは核査察などを規制委から受託する指定機関。2015年に職員のパソコンが中国製ソフトを介して不正アクセスを受け、データが流出したが、内規に反して規制委への報告を怠っていたことが毎日新聞の報道で発覚した。【酒造唯】


原発事故で休校 最後の卒業式
ホウドウキョク 3/1(水) 17:15配信

原発事故の影響で、2016年度で休校となる高校の卒業式が行われた。
東日本大震災の発生から6年を前に、避難区域を抱える福島・双葉郡の浪江高校と浪江高校津島校は、1日、合同で卒業式を行い、3年生26人が式に臨んだ。
2つの高校は、原発事故で避難を余儀なくされ、故郷を離れたサテライト校で学校生活を送ってきた。
休校が決まり、在校生がいない中での卒業式。
卒業証書を手渡され、涙ぐむ生徒もいた。
別れの言葉では、浪江高校の菊池 あすみさんが、3年間の思い出を話した。
菊池 あすみさんは、「仮設校舎でこの仲間と学んだことを、うれしく思います」と述べた。
避難区域を抱える福島県の双葉郡では、生徒数の減少などから、5つの高校が、2016年度で休校となる。

福島テレビ/FNN


福島で震度3
時事通信 3/1(水) 15:54配信

 1日午後3時43分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県いわき市や双葉町などで震度3の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約50キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.8と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度3=福島県いわき市、双葉町、浪江町
 震度2=宮城県角田市、茨城県日立市、栃木県大田原市。


「いろんな思い出できた」原発事故で休校の福島県立高5校 最後の卒業式
産経新聞 3/1(水) 13:01配信

178
福島県立双葉高校の卒業式と休校セレモニーで涙ぐむ卒業生=1日、福島県いわき市(桐山弘太撮影)(写真:産経新聞)

 東京電力福島第1原発事故による生徒数の減少で、3月いっぱいで休校する福島県双葉郡内の5つの県立高校で1日、最後の卒業式が行われた。卒業生たちは人生の門出に思いを新たにする一方、先輩たちが築き上げてきた歴史ある母校の休校を惜しんだ。

 双葉高(双葉町)の卒業式は、仮校舎を置くいわき明星大(いわき市)で開かれた。休校前最後の生徒となった11人が小島稔校長から卒業証書を受け取り、生徒会長の菊池歩実さん(18)が「後輩がいないことを寂しく感じることもあった。でも、3年間いろいろな思い出をつくることができました。支えてくださった方々に感謝します」と別れの言葉を述べた。

 続いて行われた休校式典では、卒業生が創立からの歩みを振り返り、校歌を歌って母校の復活を願った。

 福島第1原発から3キロほどの場所にある双葉高は、大正12(1923)年創立の旧制双葉中が前身。90年を超す歴史があり「双高(ふたこう)」の愛称で親しまれ、1万7千人を超える卒業生を輩出している。野球部が夏の甲子園に過去3度出場するなど部活動も盛んだった。

 休校するのは双葉高のほか、浪江、浪江高津島、双葉翔陽、富岡の4校。5校は避難先の教育施設などを間借りして授業を続けてきたが、元の校舎での授業再開が見通せないこともあり、生徒数が減少。生徒募集を打ち切り、3年生だけとなっていた。


「いろんな思い出つくることできた」原発事故で休校の福島県立高5校で卒業式
産経新聞 3/1(水) 11:41配信

178
福島県立双葉高校の卒業式と休校セレモニーで涙ぐむ卒業生=1日、福島県いわき市(桐山弘太撮影)(写真:産経新聞)

 東京電力福島第1原発事故による生徒数の減少で、3月いっぱいで休校する福島県双葉郡内の5つの県立高校で1日、休校前最後の卒業式が行われた。卒業生たちは人生の新たな門出に思いを新たにする一方、先輩たちが築き上げてきた歴史ある母校の休校を惜しんだ。

 同県いわき市のいわき明星大では、仮校舎を置く双葉高(双葉町)の卒業式があった。式では、休校前最後の生徒となった11人が小島稔校長から卒業証書を受け取り、生徒会長の菊池歩実さん(18)が「後輩がいないことを寂しく感じることもあった。でも、3年間いろいろな思い出をつくることができました。支えてくださった方々に感謝します」と別れの言葉を述べた。

 福島第1原発から3キロほどの場所にある双葉高は、大正12(1923)年創立の旧制双葉中が前身。90年を超す歴史のある伝統校で、「双高(ふたこう)」の愛称で親しまれ1万7千人を超える卒業生を輩出している。野球部が夏の甲子園に過去3度出場するなど部活動も盛んだった。

 この日は、原発事故の影響で休校となる浪江高、浪江高津島校、双葉翔陽高、富岡高の4校でも、卒業式や休校式が行われる。


原発事故による避難者など、高速道路無料措置を1年間延長 2018年3月末まで
レスポンス 3/1(水) 11:26配信

177
対象インターチェンジ

国土交通省は、原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置と、原発事故による警戒区域からの避難者に対する高速道路の無料措置を、それぞれ延長すると発表した。

原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置は、2013年4月26日から、原発事故で避難し、二重生活を強いられている家族の再会を支援することを目的に実施している。

また、原発事故による警戒区域などからの避難者に対する高速道路の無料措置は、2012年4月1日から原発事故により政府として避難を指示または勧奨している区域に住んでいた避難者の一時帰宅など、生活再建に向けた移動を支援する目的で実施している。

ともに今年3月31日で無料措置は打ち切りとなる予定だったが、2018年3月31日に1年間延長する。

《レスポンス レスポンス編集部》


<福島県立高校5校>さよなら母校 最後の卒業式
毎日新聞 3/1(水) 11:25配信

176
最後となった双葉高校の卒業式で、別れのことばを述べる菊池歩実さん=福島県いわき市のいわき明星大学で2017年3月1日、猪飼健史撮影

 ◇双葉高、双葉翔陽高、富岡高、浪江高、浪江高津島校

 東京電力福島第1原発事故で避難し、今春休校となる福島県立高校5校が1日、卒業式を迎えた。いずれも原発周辺の同県双葉郡にあり、政府の避難指示が出たために避難先で授業を続けていた。

 最後の卒業生が旅立ったのは、双葉高(双葉町)▽双葉翔陽高(大熊町)▽富岡高(富岡町)▽浪江高(浪江町)▽浪江高津島校(同)。原発事故後、避難先の学校に間借りしていたものの、避難の長期化などによって生徒数が減少。新規の募集を停止し、今年度限りの休校を決めた。

 第1原発が立地し、全町避難が続く双葉町にあった双葉高は1923年に旧制中学として創立され、野球部が夏の甲子園に3回出場するなど文武両道で知られた。この日は仮校舎がある、いわき明星大(同県いわき市)で最後の卒業式を開いて、3年生11人が94年の歴史に幕を下ろした。

 生徒会長の菊池歩実さん(18)は後輩がおらず、送辞がない中で「別れのことば」を述べ、「多くの支援と他校との交流が励みになりました」と3年間を振り返った。「自分のやりたい『ものづくり』を頑張ることで古里を元気にする」と決め、春から東京の大学でデザインを学ぶ。

 駆けつけた過去の卒業生らに見守られながら「きっと、この先もたくさんの困難が待ち構えています。しかし、乗り越えられるよう頑張ります」と締めくくった。【乾達】


熊本への応援職員不足、確保6割弱 被災13市町村 技術職深刻
西日本新聞 3/1(水) 10:07配信

175
天守閣や石垣など、地震で壊滅的な被害を受けた熊本城=昨年4月13日午前9時46分、熊本市(本社ヘリから)

 熊本地震で被災した熊本県の益城町や南阿蘇村など13市町村で、2017年度に必要な応援職員の6割弱しか確保できていないことが28日、県のまとめで分かった。地震から間もなく1年を迎えるが、本格化する復旧・復興事業の滞りを懸念する声が上がっている。

 県によると、県外からの応援職員について13市町村で計217人を必要とするが、92人しか確保できていない。県は、28日に開いた県内市町村長との意見交換会で新たに30人を確保できる見通しを示した。

 だが、県幹部は「市町村の要望通り充足するのはほぼ無理」と明かす。中でも道路や橋などの復旧工事の発注に欠かせない技術職は2~3割程度しか確保できていないという。

 合併や行財政改革の合理化で自治体の職員数が減少しているほか、東日本大震災の被災地への派遣や、20年東京五輪関係の工事の増加などが影響しているとみられる。

 新たな対策として、主に首都圏や関西圏で任期付き職員の採用を県が一括して代行するほか、各市町村に対しては事業の優先順位を付け発注量を調整したり、OB職員を活用したりするよう求めた。

 発生から6年を迎える東日本大震災の被災自治体も、職員の確保に頭を悩ます。宮城県では、2月1日現在で石巻市や気仙沼市など沿岸14市町で147人の職員が不足し、土木関係の発注業務に支障が出ているという。宮城県の担当者は「各地で災害が多発しており、人材確保は一層厳しくなる」と指摘した。

=2017/03/01付 西日本新聞朝刊=


原発周辺高校、最後の卒業式=4月から休校―福島
時事通信 3/1(水) 9:41配信

174
東京電力福島第1原発周辺にあった県立高校5校で1日、卒業式が行われた。5校は4月から休校になる予定。写真は、帰還困難区域に校舎がある双葉高校の卒業式=同日午前、同県いわき市

 東京電力福島第1原発周辺にあった県立高校5校で1日、卒業式が行われた。

 いずれも4月から休校する予定で、保護者や同窓生らが最後の卒業生計111人の門出を祝った。

 帰還困難区域に指定された同県双葉町に校舎がある双葉高校は、同県いわき市で卒業式を開催し、3年生11人が出席した。同校は1923年開校。部活動が盛んで、野球部は甲子園に3度出場した実績を持つ。

 保護者ら約100人が見守る中、11人は緊張した面持ちで小島稔校長から卒業証書を受け取った。卒業生代表の菊池歩実さん(18)は「人数が少なくたくさんの困難もあったが、多くの方や他校との交流が励みとなった。これからも待ち受ける困難を乗り越えられるよう頑張りたい」と別れの言葉を読み上げた。

 この他、浪江、浪江津島、双葉翔陽の3校も同県本宮、いわき両市で午前中に、富岡高校は福島市で午後から卒業式を行った。


<大震災6年>関連自殺、福島突出80人 精神科病床が激減
毎日新聞 3/1(水) 7:10配信

 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の被災地から避難している人は、いまも約12万3000人おり、プレハブ型仮設住宅で生活する人もまだ約3万5000人に上る。東日本大震災に関連した自殺者は、2015年までで162人。うち80人を福島が占めており、岩手35人、宮城40人と比べ突出して多い。

 福島県で訪問ケアを行う「訪問看護ステーションなごみ」を運営するNPO「相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会」は、震災対応型アウトリーチ事業を12年から継続している。原発事故の影響で福島県沿岸部の相双地区の精神科病院は五つから二つに減り、約900床あった病床数も約110床まで激減。なごみが活動する南相馬、相馬両市は避難指示区域からの避難者も多く暮らし、なごみが医療の穴埋めをしているかたちだ。現在、病院や自治体から連絡を受けた37人を対象に、保健師や社会福祉士ら5人の専門チームが24時間態勢で見守る。

 今春には浪江町や飯舘村などで避難指示が解除される。だが、家族がばらばらになったり、近隣住民が戻らなかったりして、元の古里の姿ではない可能性がある。

 同じNPOが運営し、仮設住宅での交流事業などを通じて被災者ケアを行っている「こころのケアセンターなごみ」の米倉一磨センター長によると、断酒中のアルコール依存者が仮設住宅から自宅に戻ったとたんに飲酒を再開するケースもある。「どこにもつながらなくなると、自殺のリスクが高まる」と懸念する。

 復興予算から5年間(11~15年度)の「集中復興期間」に使われた29兆円のうち、「被災者支援」に充てられたのは1・9兆円(6.7%)だ。災害救助法に基づく仮設住宅の設置や撤去にかかる費用や、自宅再建に最高300万円が交付される被災者生活再建支援金補助金が、その半分を占めている。

 「被災者の心のケア支援事業」については、担当する厚生労働省心の健康支援室が「実績に合わせるかたちで予算を減額している。ただ、福島については地元に戻っても周囲に人がいないなどの事情があることを踏まえ、事業は継続させていく」としている。

 復興庁は今年度、コミュニティーの形成や高齢者の生きがいづくりへの支援活動、県外避難者への情報提供などに活用できる「被災者支援総合交付金」を新設した。自治体から提出される事業計画をもとに交付する仕組みで、220億円の予算を確保したが、人手不足などで自治体側からの申請がこの額に届かず、実際の交付は約160億円にとどまった。このため、17年度予算案では200億円に減額している。

 被災地の状況に詳しい大阪経済大の末村祐子客員教授(公共政策)は「アルコール依存など専門的なアプローチが必要な人がいる一方で、もともと地域にある支え合いの力をどう取り戻していくかが今後の課題だ。せっかく仮設住宅で育まれたコミュニティーがあるのなら、別の場所に移ってもそれが生かせるような工夫が必要だろう」と話す。


<大震災6年>心のケア先細り 被災者支援3年で4億円減
毎日新聞 3/1(水) 2:00配信

 東日本大震災は11日で発生から丸6年となる。沿岸部の被災地では高台などで住まいの整備が進み、福島県では今春原発事故からの避難指示が一部を除き解除される。復興庁が28日に発表した全国の避難者も約1カ月間で3775人減り、12万3168人(2月13日現在)となった。だが、古里に戻れたとしても震災前の生活が待っているとは限らない。心のケアは今も必要だが、ケアのための一部の事業費は年々減っている。

 福島県新地町の復興住宅が建ち並ぶ一角に車を止めると、迷うことなくチャイムを押した。「こんにちは。なごみです」。訪問看護ステーションなごみの看護師、木島祐子さん(49)がインターホンに呼びかける。

 スタッフらが「突撃」と呼ぶアポイントを取らない訪問。精神科の医療ケアから漏れる治療中断者や引きこもりの人たちが対象で、家から出てこないことも多い。「見た目では復興していても、震災の影響からトラウマを引きずったり、うつ病を患ったりしている人は多い」と説明する。

 別の家では、独り暮らしの認知症がある60代男性がごみや食べかけの食事が散らかる部屋で横になっていた。「ここさ来るのは、ほかに誰もいねえ」

 なごみを運営する福島県のNPO「相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会」による活動を含め、福島、宮城、岩手3県の「被災者の心のケア支援事業」には復興予算が投じられている。だが2013年度に3県で年間計18億円あった事業費は段階的に削られ、今年度は計14億円。同NPOの震災対応型アウトリーチ事業には13年度、約4900万円が補助されていた。だが今年度は対象者の数がほとんど変わらないのに約2400万円に減額された。このため県が別の自殺対策の基金から費用を工面し、その多くがスタッフの人件費に充てられる。

 福島県障がい福祉課は「厚生労働省に毎年、減額にならないよう要請している。でも前年度の実績が予算額に届かず、減らされてしまう。実績が届かないのは、必要なスタッフの数を確保できないからなのに」と話す。【関谷俊介】


<震災障害者>診断書欄に自然災害追加を 支援の拡充要望
毎日新聞 2/28(火) 23:07配信

 阪神大震災で負傷し障害が残る「震災障害者」と支援者が28日、厚生労働省を訪れ、障害者手帳の申請に使う診断書の原因欄に「自然災害」の項目を追加するなど、支援の拡充を要望した。1万人を超えた重傷者のうち、障害が残った人数は今も不明で、障害者らが経験を語って改善を求めた。古屋範子副厚労相は「要望の趣旨を受け止め、努力したい」と前向きに応じた。

 兵庫県と神戸市は震災15年後の2010年度に、震災障害者の実態調査に着手。障害者手帳の申請内容などから、少なくとも349人が判明した。しかし障害の原因が震災と明記されていないケースも多く、実数は把握しきれていない。兵庫県と神戸市はその後、申請時の書式を改めた。

 この日は震災で障害者となった6家族9人と、神戸市のNPO「よろず相談室」(牧秀一理事長)のメンバーが「同じ思いをする人がいなくなるように」と訴えた。自然災害の項目追加のほか、▽専門担当者による相談窓口の開設▽災害障害見舞金の対象拡大--などを要望した。

 高次脳機能障害がある城戸洋子さん(37)の母美智子さん(64)=神戸市北区=は周囲に同じ境遇の人がおらず、「苦しんでいるのは洋子だけなのか、と悲しくなっていた」と語った。当時生後2カ月でタンスの下敷きになり知的障害などが残った大川恵梨さん(22)の父和彦さん(52)=同市兵庫区=は「専門の窓口がない。相談できる仕組みが必要」と指摘した。

 牧理事長は「首都直下地震など、今後起こりうる災害での実態把握のため、自然災害の項目を設けることが不可欠」と強調した。【神足俊輔】


原子力規制委、東電社長に再提出要請
ホウドウキョク 2/28(火) 22:55配信

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の建物の耐震性が不足していたことについて、東京電力が原子力規制委員会に事実と異なる説明をしていた問題で、規制委員会は、東電の広瀬社長を呼び、審査申請書を出し直すよう求めた。
東京電力の広瀬社長は「もう1度、社内を、事故を起こした事業者であるという原点から、しっかりとたたき直し、厳格な審査に対応できるような形で対応していくのが、第一歩だと思っていますので、それに向けて、とにかくあらためて、しっかりと対応していく」と話した。
この問題は、柏崎刈羽原発6・7号機の再稼働に向けた審査で、重大事故時の対応拠点とするとしていた免震重要棟について、震度7クラスの地震の揺れに耐えられない可能性があることが、2014年に判明していたにもかかわらず、東京電力が規制委員会に対し、事実と異なる説明を続けていたもの。
規制委は、都内で臨時会議を開催し、広瀬社長に対し、会社としての反省を促したうえで厳格な審査に耐えうるような審査申請書をあらためて出し直すよう求めた。
広瀬社長は、「しっかりと審査に耐えられるような書類の提出をしたい」と述べた。


<福島・宮城震度5弱>東日本大震災の余震か 原発異常なし
毎日新聞 2/28(火) 22:31配信

 28日午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県太平洋沿岸の「浜通り」地区と宮城県南部沿岸にある計5市町で震度5弱を観測した。東日本大震災の余震とみられる。気象庁によると、震源の深さは52キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.7と推定される。

 警察庁によると、けが人など人的被害は確認されていない。

 原子力規制委員会によると、東京電力福島第1、第2原発(福島県)や東北電力女川原発(宮城県)で、この地震による異常はないという。

 青森県から静岡県で震度4~1と、広い範囲が揺れた。記者会見した気象庁の青木元・地震津波監視課長は「6年がたとうとしているが、東日本大震災の余震活動は依然として活発。福島県沖に限らず、(周辺の)余震域全体で引き続き注意してほしい」と呼びかけた。【山崎征克】

 主な各地の震度は次の通り。

 震度5弱=福島県相馬市、南相馬市、楢葉町、双葉町、宮城県岩沼市

 震度4=宮城県石巻市、塩釜市、名取市、山元町、福島県須賀川市、いわき市、二本松市、田村市、伊達市、川俣町、天栄村

 震度3=岩手県釜石市、宮城県気仙沼市、仙台市青葉区、福島県郡山市、福島市、山形県米沢市、茨城県日立市、水戸市、栃木県大田原市

 ◇「津波が来るかと思った」

 福島県南相馬市では震度5弱を観測し、店の商品が棚から落ちるなどの被害が出た。薬局の男性副店長(40)は「地鳴りがした後で、突き上げるような揺れが来た。時間は短かったが、びっくりした」と話した。東京電力福島第1原発事故による避難指示が3月末に解除予定の同県浪江町にあるコンビニ店では、同県二本松市の男性(60)が「東日本大震災の時も浪江町にいた。揺れが大きかったので津波が来るかと思って怖かった」と不安そうな表情を見せた。

 宮城、福島両県を走る在来線の一部や東北新幹線が運転を一時見合わせ、帰宅の足に影響した。JR仙台駅では、駅員に運行情報を確認する人や電光掲示板を確認する人で混雑した。【加藤栄、南茂芽育、真田祐里】


東電柏崎刈羽原発審査、申請書の再提出を要請 規制委
産経新聞 2/28(火) 20:49配信

 原子力規制委員会は28日、臨時会合を開き、東京電力の広瀬直己社長に対し、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査の申請書を出し直すよう要請した。免震重要棟の耐震性問題など、審査会合の中で東電の説明が二転三転することが多くみられたためで、東電は今後、申請書を総点検する。同原発の審査が終盤に迫る中、審査に遅れが生じることは必至だ。

 臨時会合で規制委の田中俊一委員長は「審査の前提となる審査内容に疑義を抱かざるを得ない事態が起きており、看過できない」とした上で、「社長の責任で申請書を総点検し、信頼して審査が進められる申請書を改めて提出してもらいたい」と述べた。

 同原発の審査をめぐっては、重大事故が起きた際に使う予定だった免震重要棟の耐震不足を示す3年前のデータが今年になって示されるなど、東電の説明が当初と変わることがたびたび発生。規制委が東電の姿勢を問うために、広瀬社長を呼んでいた。


〔地震〕福島・宮城で震度5弱 鉄道は全て運転再開(28日19時40分現在)
レスキューナウニュース 2/28(火) 19:40配信

28日16:49頃、福島県沖を震源とするM5.7の地震があり、宮城県岩沼市、福島県相馬市・楢葉町・双葉町・南相馬市で震度5弱の揺れを観測しました。この地震による津波の心配はありません。
このため、東北地方の一部路線では運転見合わせが続いていましたが、19:40現在、全路線で運転を再開しています。

■ダイヤ乱れ
・東北新幹線
・山形新幹線
・東北本線(郡山~小牛田)
・常磐線(原ノ町~仙台)
・磐越東線
・仙台空港アクセス線
・阿武隈急行線


<原発事故>収束作業中がん発症、労災求め提訴 札幌の男性
毎日新聞 2/28(火) 19:15配信

 東京電力福島第1原発事故の収束作業中の被ばくによりがんを発症したとして、札幌市の男性(58)が2月28日、国に労災認定を求める訴訟を札幌地裁に起こした。弁護団によると、原発事故収束作業での労災認定を求めた訴訟は全国初。

 訴状などによると男性は2011年7~10月、福島第1原発1~6号機の建屋付近で重機を使いがれきを撤去する作業を行った。12年6月~13年5月に胃がんなど三つのがんを発症。13年8月、福島県の労働基準監督署に労災を申請したが不支給となり、審査請求、再審査請求がいずれも棄却された。【安達恒太郎】


政府、情報連絡室を設置…福島県沖震源の地震で
読売新聞 2/28(火) 18:29配信

 政府は28日、福島県沖を震源とする地震を受け、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。


「なんか6年前思い出す」 3.11直前の東北地震にネット騒然
J-CASTニュース 2/28(火) 18:12配信

 2017年2月28日16時49分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)5.6の地震が発生し、宮城県岩沼市や福島県相馬市などで震度5弱の揺れを観測した。

 東日本大震災が起きた3月11日を目前に控えた時期だったこともあってか、ネットでは「どきっとした」などと驚きの声が寄せられた。

■東北新幹線が一時停電

 気象庁によると、震源地は福島県沖で震源の深さは約50キロ。宮城県岩沼市や福島県相馬市、楢葉町、双葉町で震度5弱を観測した。この地震による津波の心配はないという。

 東北新幹線は一時停電、福島県の新白河駅と宮城県の古川駅の間で上下線とも運転を見合わせていたが、ほどなく運転を再開している。一方、東北本線は16時49分頃から、仙台~福島駅間の上下線で運転を見合わせた。

 福島県沖を震源とする地震は2月26日夜にも起こったばかり。加えて、東日本大震災の発生日が直前に迫っていたこともあり、ツイッターでは

  「6年前の311直前も、よく揺れていた。なんだか、とっても不安」
  「なんか6年前思い出す」
  「大きめの地震が来るたび 津波と原発心配する」
  「どきっとした...」

と不安の声が相次いだ。

 また、人気ヴィジュアル系バンド「仙台貨物」のイガグリ千葉さんは、停電中の東北新幹線車内の写真をツイッターに投稿し、

  「東北新幹線停電中... トンネルの中だす怖いよ?(;_;) 地震みんな大丈夫がい?? 」

と呼びかけた。


東北地方で震度5弱、新幹線が一時停電 「突然、車内灯が消えた」
BuzzFeed Japan 2/28(火) 17:31配信

2月28日午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード5.6の地震が起きた。宮城県南部や福島県浜通りで、震度5弱を記録。この地震による津波の心配はないという。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

地震では、東北新幹線が一時停電した。Twitterには、巻き込まれた人たちが画像をアップしている。
写真を撮影した乗客は、BuzzFeed Newsの取材に「揺れは全くわかりませんでした。突然、車内灯が非常灯のみ残して消え、減速しはじめた」と語った。

「まもなく、『地震の影響での停電で、これから車内が暑くなる』というアナウンスがありました」

車内はほぼ満席で子どももいたが、乗客はいたって平静だったという。

NHKによると、福島県の新白河駅と宮城県の古川駅の間で上下線が運転を見合わせていた。安全確認がとれ、午後4時56分に運転を再開している。


宮城、福島で震度5弱 福島第1原発などに異常なし
産経新聞 2/28(火) 17:30配信

 28日午後4時49分ごろ、宮城県と福島県で震度5弱を観測した地震で、東京電力は、福島第1原発と第2原発に地震による新たな異常は確認されていないと明らかにした。

 また、東北電力と日本原燃によると、青森県東通村の東通原発、同県六ケ所村の核燃料サイクル施設にも特に異常は確認されていないという。


〔地震〕福島・宮城で震度5弱 東北本線など一部見合わせ(28日18時15分現在)
レスキューナウニュース 2/28(火) 17:15配信

28日16:49頃、福島県沖を震源とするM5.7の地震があり、宮城県岩沼市、福島県相馬市・楢葉町・双葉町・南相馬市で震度5弱の揺れを観測しました。この地震による津波の心配はありません。
このため、東北地方の一部路線が運転を見合わせているほか、一時的に運転を見合わせた東北新幹線などのダイヤが乱れています。引き続き、最新の運行情報に注意してください。

■運転見合わせ
・東北本線(福島~仙台)
・常磐線(原ノ町~仙台)
・仙台空港アクセス線

■ダイヤ乱れ
・東北新幹線
・山形新幹線
・磐越東線
・阿武隈急行線


宮城南部、福島浜通りで震度5弱
ホウドウキョク 2/28(火) 17:12配信

2月28日午後4時49分、宮城南部、福島浜通りで震度5弱の地震を観測した。
震源地は福島県沖で、震源の深さは50km、地震の規模を示すマグニチュードは5.6と推定される。

<地域最大震度>
震度5弱 宮城南部 福島浜通り
震度4 宮城北部 宮城中部 福島中通り
震度3 福島会津 青森三八上北 岩手沿岸北部 岩手沿岸南部 岩手内陸南部山形村山 山形置賜 茨城北部 茨城南部 栃木北部 栃木南部

<市町村震度>
震度5弱 岩沼市 相馬市 南相馬市 楢葉町 双葉町
震度4 名取市 角田市 蔵王町 宮城川崎町 丸森町 亘理町 山元町 大崎市石巻市 塩竈市 いわき市 福島広野町 富岡町 川内村 大熊町 浪江町葛尾村 新地町 飯舘村 須賀川市 二本松市 田村市 福島伊達市 本宮市桑折町 国見町 川俣町 天栄村 棚倉町 石川町 浅川町 古殿町
震度3 白石市 七ヶ宿町 大河原町 村田町 柴田町 気仙沼市 登米市 栗原市色麻町 宮城加美町 涌谷町 宮城美里町 南三陸町 仙台青葉区仙台宮城野区 仙台若林区 仙台太白区 仙台泉区 多賀城市 東松島市富谷市 松島町 七ヶ浜町 利府町 大和町 大郷町 大衡村 女川町福島市 郡山市 白河市 大玉村 鏡石町 西郷村 泉崎村 中島村矢吹町 矢祭町 塙町 鮫川村 玉川村 平田村 三春町 小野町猪苗代町 階上町 普代村 釜石市 住田町 一関市 奥州市 中山町米沢市 白鷹町 水戸市 日立市 常陸太田市 高萩市 北茨城市 笠間市ひたちなか市 常陸大宮市 那珂市 小美玉市 茨城町 城里町 東海村 大子町土浦市 石岡市 筑西市 鉾田市 大田原市 那須町 那須烏山市 市貝町芳賀町 栃木那珂川町

なお、この地震による津波の心配はない。


福島・宮城で震度5弱…東日本大震災の余震か
読売新聞 2/28(火) 17:08配信

 28日午後4時49分頃、福島県沖を震源とする地震があり、同県相馬市、南相馬市、楢葉町、双葉町、宮城県岩沼市で震度5弱を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは52キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・7と推定される。

 2011年3月11日の東日本大震災の余震とみられる。東北地方で震度5弱以上を観測したのは16年11月22日以来となる。記者会見した同庁の青木元・地震津波監視課長は「震源周辺では今も余震が活発に続いている。引き続き注意してほしい」と呼びかけた。このほかの主な各地の震度は次の通り。

 ▽震度4 宮城県大崎市、名取市、福島県須賀川市、いわき市など

 ▽震度3 青森県階上町、岩手県一関市、山形県米沢市、水戸市、栃木県大田原市など


宮城、福島で震度5弱 津波の心配なし
産経新聞 2/28(火) 16:56配信

 28日午後4時49分ごろ、宮城県などで震度5弱を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は福島県沖(北緯37.5度、東経141.4度)で、震源の深さは約50キロ、地震の規模(M)は5.6と推定される。この地震による津波の心配はない。

 震度4以上の地域は以下の通り。

 震度5弱=宮城県岩沼市、福島県相馬市、楢葉町、双葉町、南相馬市

 震度4=宮城県大崎市、名取市、角田市、蔵王町、川崎町、丸森町、亘理町、山元町、石巻市、塩竈市、福島県須賀川市、二本松市、桑折町、国見町、川俣町、天栄村、棚倉町、石川町、浅川町、古殿町、田村市、伊達市、本宮市、いわき市、広野町、富岡町、川内村、大熊町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村


宮城、福島で震度5弱=原発異常確認されず
時事通信 2/28(火) 16:55配信

 28日午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県岩沼市と福島県南相馬市、双葉町などで震度5弱の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは52キロ。地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定される。

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は記者会見で、2011年に発生した東日本大震災の巨大地震の余震との見方を示し、「引き続き注意していただきたい」と呼び掛けた。

 東京電力によると、福島第1、第2原発で各施設や放射線量に異常は確認されていない。東北電力によると、停止中の女川原発(宮城県)で異常は確認されなかった。

 宮城、福島両県警によると、地震による被害情報は入っていない。JR東日本によると、東北新幹線は地震による停電で、一時運転を見合わせたが、安全確認が取れ、午後4時56分に再開した。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度5弱=宮城県岩沼市、福島県相馬市、南相馬市、楢葉町、双葉町
 震度4=宮城県名取市、角田市、福島県いわき市、富岡町、大熊町、浪江町
 震度3=青森県階上町、岩手県釜石市、山形県米沢市、水戸市、栃木県大田原市。


<地震>宮城、福島で震度5弱 津波の心配なし
毎日新聞 2/28(火) 16:54配信

 28日午後4時49分ごろ、宮城県南部と福島県浜通りで震度5弱を観測する地震があった。気象庁によると震源は福島県沖で、震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.6と推定される。この地震による津波の心配はないという。

 ◇主な各地の震度は次の通り。

 震度5弱=宮城県岩沼市、福島県相馬市、南相馬市、楢葉町、双葉町

 震度4=宮城県名取市、角田市、蔵王町、川崎町、丸森町、亘理町、山元町、大崎市、石巻市、塩竈市、福島県いわき市、広野町、富岡町、川内村、大熊町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村、須賀川市、二本松市、田村市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、天栄村、棚倉町、石川町、浅川町、古殿町


〔地震〕宮城県岩沼市、福島県相馬市・楢葉町・双葉町・南相馬市で震度5弱、津波の心配なし
レスキューナウニュース 2/28(火) 16:50配信

気象庁によると、28日16:49頃、福島県沖を震源とするM5.6の地震があり、宮城県岩沼市、福島県相馬市・楢葉町・双葉町・南相馬市で震度5弱の揺れを観測しました。
この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
・発生日時 :2月28日16:49頃
・震源地  :福島県沖(北緯37.5度、東経141.4度)
・震源の深さ:約50km
・地震の規模:M5.6(推定)

■震度3以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度5弱】
・宮城県 :岩沼市桜*
・福島県 :相馬市中村*、楢葉町北田*、双葉町両竹*、南相馬市原町区高見町*
【震度4】
・宮城県 :大崎市松山*、名取市増田*、角田市角田*、蔵王町円田*、宮城川崎町前川*、丸森町上滝、丸森町鳥屋*、亘理町下小路*、山元町浅生原*、石巻市桃生町*、塩竈市旭町*
・福島県 :須賀川市岩瀬支所*、二本松市油井*、二本松市針道*、桑折町東大隅*、国見町藤田*、川俣町樋ノ口*、天栄村下松本*、棚倉町棚倉中居野、石川町長久保*、浅川町浅川*、古殿町松川新桑原*、田村市船引町、田村市大越町*、田村市常葉町*、田村市都路町*、田村市滝根町*、福島伊達市梁川町*、福島伊達市保原町*、福島伊達市霊山町*、本宮市白岩*、いわき市三和町、福島広野町下北迫大谷地原*、富岡町本岡*、川内村下川内、川内村上川内早渡*、大熊町野上*、浪江町幾世橋、葛尾村落合落合*、新地町谷地小屋*、飯舘村伊丹沢*、南相馬市原町区三島町、南相馬市原町区本町*、南相馬市鹿島区西町*、南相馬市小高区*
【震度3】
・宮城県 :気仙沼市赤岩、気仙沼市笹が陣*、気仙沼市唐桑町*、宮城加美町中新田*、色麻町四竈*、涌谷町新町裏、栗原市栗駒、栗原市築館*、栗原市一迫*、栗原市瀬峰*、栗原市高清水*、栗原市若柳*、登米市中田町、登米市東和町*、登米市豊里町*、登米市登米町*、登米市米山町*、登米市南方町*、登米市迫町*、登米市津山町*、南三陸町志津川、宮城美里町北浦*、宮城美里町木間塚*、大崎市古川三日町、大崎市古川大崎、大崎市古川北町*、大崎市鹿島台*、大崎市田尻*、白石市亘理町*、仙台空港、七ヶ宿町関*、大河原町新南*、村田町村田*、柴田町船岡、仙台青葉区大倉、仙台青葉区作並*、仙台青葉区雨宮*、仙台青葉区落合*、仙台宮城野区五輪、仙台宮城野区苦竹*、仙台若林区遠見塚*、仙台太白区山田*、仙台泉区将監*、石巻市鮎川浜*、石巻市大街道南*、石巻市北上町*、多賀城市中央*、東松島市矢本*、東松島市小野*、松島町高城、七ヶ浜町東宮浜*、利府町利府*、大和町吉岡*、大郷町粕川*、大衡村大衡*、女川町女川浜*、富谷市富谷*
・福島県 :福島市松木町、福島市桜木町*、福島市飯野町*、福島市五老内町*、郡山市朝日、郡山市開成*、郡山市湖南町*、白河市郭内、白河市新白河*、白河市東*、白河市表郷*、白河市大信*、須賀川市八幡山*、須賀川市長沼支所*、須賀川市牛袋町*、二本松市金色*、二本松市小浜*、大玉村南小屋、大玉村玉井*、鏡石町不時沼*、西郷村熊倉*、泉崎村泉崎*、中島村滑津*、矢吹町一本木*、棚倉町棚倉舘ヶ丘*、矢祭町戸塚*、矢祭町東舘*、塙町塙*、鮫川村赤坂中野*、玉川村小高*、平田村永田*、古殿町松川横川、三春町大町*、小野町中通*、小野町小野新町*、福島伊達市前川原*、福島伊達市月舘町*、本宮市本宮*、いわき市小名浜、いわき市平四ツ波*、いわき市錦町*、いわき市平梅本*、福島広野町下北迫苗代替*、川内村上川内小山平*、南相馬市鹿島区栃窪、猪苗代町千代田*
・青森県 :階上町道仏*
・岩手県 :普代村銅屋*、釜石市中妻町*、住田町世田米*、一関市花泉町*、一関市千厩町*、一関市室根町*、一関市藤沢町*、奥州市衣川区*
・山形県 :中山町長崎*、米沢市アルカディア、米沢市林泉寺*、白鷹町荒砥*
・茨城県 :水戸市千波町*、水戸市内原町*、日立市助川小学校*、日立市役所*、日立市十王町友部*、常陸太田市大中町*、常陸太田市金井町*、常陸太田市高柿町*、高萩市安良川*、高萩市下手綱*、北茨城市磯原町*、笠間市石井*、笠間市中央*、笠間市笠間*、ひたちなか市南神敷台*、ひたちなか市東石川*、茨城町小堤*、東海村東海*、大子町池田*、常陸大宮市北町*、常陸大宮市山方*、常陸大宮市野口*、那珂市福田*、那珂市瓜連*、城里町石塚*、小美玉市小川*、小美玉市堅倉*、小美玉市上玉里*、土浦市常名、石岡市柿岡、筑西市舟生、鉾田市汲上*
・栃木県 :大田原市湯津上*、那須町寺子*、市貝町市塙*、芳賀町祖母井*、那須烏山市中央、栃木那珂川町馬頭*、栃木那珂川町小川*


3月にも操業海域拡大=自粛は原発10キロ圏内に―福島県漁連
時事通信 2/28(火) 15:47配信

 福島県漁業協同組合連合会(県漁連)は28日、東京電力福島第1原発事故後、実施してきた試験操業の海域を拡大させることを決めた。

 早ければ3月から拡大する。これまで福島第1原発から半径20キロ圏内としていた操業自粛海域を10キロ圏内に縮小する。

 自粛海域縮小に伴い、3月にも20キロ圏内でコウナゴ漁を行う。県漁連の野崎哲会長は「良かったと思う。安全性を発信しながら、しっかり操業を行っていきたい」と話した。

 県水産試験場の放射性セシウム濃度検査によると、国の基準値(1キロあたり100ベクレル)を超える魚介類の割合が2011年4~12月は約4割だったが、その後は徐々に減少。15年4月から基準値を超えた魚は出ていないという。


<福島・富岡町>唯一の病院、無念の解体 帰還準備3%
毎日新聞 2/28(火) 12:33配信

 東京電力福島第1原発事故が起きるまで福島県富岡町内で唯一の病院だった「今村病院」が今春にも、解体される。院長だった今村諭さん(61)は昨年、新たな町立診療所の所長として地域医療の現場に戻った。4月1日に予定される避難指示解除後も帰還する住民は一部にとどまる見通しで、原発事故まで約20年間、守り続けてきた病院の経営が成り立たないと判断したからだ。【杉直樹、土江洋範】

 ソファが並ぶ真新しい待合室に人の気配がない。最新の学会誌を読み込んで患者を待つが、1時間以上誰も来ない日も珍しくない。

 今村さんは昨年10月、町が新設した「とみおか診療所」の所長に就任した。帰還に向けた準備宿泊を始めた住民は300人ほどで、解除対象人口の3%。外来患者は1日10~20人程度で、廃炉作業員の定期健診や予防接種が「頼みの綱」だ。赤字分は今のところ、県が穴埋めする仕組みになっている。

 「今村病院」は診療所から約700メートルの場所で解体を待つ。今村さんが1991年に開設した。90床のベッドはほとんど満床状態で、毎晩のように、救急車で運び込まれる患者の対応で月の半分は当直勤務に入った。地域医療を志したのは開業医だった父の影響だ。父は往診先で患者の愚痴を聞き、道で住民とすれ違うたび「先生」と声をかけられた。その姿に憧れた。

 原発事故で町全域に避難指示が出て、入院患者約90人は転院を余儀なくされた。病院への自由な立ち入りが許されたのは約2年後だった。薄暗い病棟にエレベーターのアナウンスが響くと、事故前の当直勤務を思い出した。

 「廃虚にしたくない」と床に散らばるカルテを整理し、施設を修繕したが、年数百万円の維持費がのしかかるだけで再開のめどは立たない。東京電力からの賠償金も多くが病院の債務返済に消えた。6億円近くかかる建物の解体費に国費が出ることもあり、「もはや病院は負の遺産だ」と苦渋の決断をした。

 「先生、いつ始めるの」。診療所長を引き受けたのは再起の糸口を見いだせずにいたころ、住民の言葉に背中を押されたからだ。「診療を再開すればみんなが戻ってくるかもしれない」。2016年9月下旬、平屋建ての診療所の前で町長らと開所のテープカットをした。式典では「町の復興のシンボルに」とあいさつした。

 開所日、初めて診察したのはなじみの患者だった。「私の病状をよく分かってくれているから」と避難先の東京から福島に戻ってきてくれた女性もいる。診療を休んでいた間、ずっと患者の体調が気にかかっていただけに、気持ちが少し軽くなった。

 古里で必要とされる医者であり続けたいと思う。「今はもう前に、前に進むしかないね」

尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す・9

日本の外務省は6日午前、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に中共支那海警局の船6隻とその周辺に支那漁船約230隻を確認したとして、中国側に抗議したと発表した。

海上保安庁は6日、中国海警局の船1隻を新たに接続水域内で確認したと発表した。接続水域内を航行する中国海警局の船は計7隻になった。
さらに海上保安庁は7日、中国海警局の公船2隻を新たに接続水域内で確認したと発表した。計9隻のうち2隻が領海内に侵入した。

外務省によると、接続水域に入った中共海警局の船のうち、4隻はその外観から砲のような武器を搭載しているのを確認している。

金杉憲治アジア大洋州局長が在日中共大使館の公使に対し「緊張をさらに高める一方的な情勢のエスカレーションで、決して受け入れられない」と抗議した。

※以上、産経新聞の報道をもとに構成

従来から中共支那は尖閣諸島に対してあからさまな侵略意図を示しており、今回の大量の艦艇による接続水域侵入は、暴力・軍事力による同諸島強奪の姿勢をさらに一段と高める行為と認識せざるを得ない。

こうした中共の態度は、世界の秩序を完全に愚弄する思い上がり図に乗ったものであり、中共がこうした態度を改めない限り、この地域での紛争・戦争の危険は日に日に増大するものと見なければならず、その結果中共軍は敗走して共産党の威信は失墜し、国内の暴動によって中共は崩壊するだろう。

このような凶暴かつ愚劣な行為を改めなければ、招来する重大な結果について、中共支那はその一切の責任を負わなければならない。

3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事
6番目の記事
7番目の記事
8番目の記事

リンク:尖閣諸島、竹島の領有権 裏付ける資料公開 政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<尖閣上陸>琉球王族、最古の1819年に 資料報告書盛る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣諸島・魚釣島沖の領海内に、中国の公船4隻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船が領海侵入=今年12回目―沖縄・尖閣沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣諸島の領海内、中国の公船4隻が侵入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船、4月から活発化=尖閣周辺、対米関係影響か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船が領海侵入=今年11回目―沖縄・尖閣沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船4隻、尖閣沖の領海に一時侵入し航行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣領海内に中国公船4隻が相次いで侵入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自の緊急発進、対中国が増え過去最多に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:2016年度1,100回超...スクランブル最多 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自>昨年度スクランブル 過去最多1168回 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スクランブル数が最多=16年度、中国機への発進急増―防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船が領海侵入=今年9回目―沖縄・尖閣沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東シナ海ガス田、解決急ぐ=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「国の守り」を放棄する学術会議でいいのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:海自と米空母が今月2度目の共同訓練 東シナ海で異例の実施 中国を牽制 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船が領海侵入=今年8回目―沖縄・尖閣沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:陸自の水陸機動教育隊発足=尖閣防衛、専門部隊編成向け―長崎・佐世保 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国軍艦が沖縄―宮古間通過=3隻、領海侵入なし・防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船と渡り合う海上保安庁の巡視船 海保が業務紹介の動画 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船3隻、尖閣・魚釣島沖領海に一時侵入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船が領海侵入=今年7回目―沖縄・尖閣沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<自民>ガス田問題で政府に要請へ 国際仲裁裁に提訴準備 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国ガス田、仲裁裁提訴を=政府に準備着手促す―自民 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国軍の活発化警戒=空自、スクランブル強化―政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国軍の活動警戒=稲田防衛相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稲田朋美防衛相「今後も中国軍の動静を注視」 空自スクランブルで強調 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スクランブル1000回超え 今年度 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<中国軍機>13機が沖縄海上通過 過去最多 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国機13機と艦艇3隻確認、近海で軍事演習か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣警備の大型巡視船、全12隻に映像伝送装置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国公船が領海侵入=今年6回目―沖縄・尖閣沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国、通報なく海底調査=岸田外相「極めて遺憾」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

尖閣諸島、竹島の領有権 裏付ける資料公開 政府
産経新聞 5/12(金) 20:29配信

 政府の内閣官房領土・主権対策企画調整室は12日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)と竹島(島根県隠岐の島町)の日本の領有権を裏付ける新たな資料約30点を盛り込んだ報告書を作成し、ホームページに公表した。中韓などの主張の不当性を国際社会にアピールする狙いがある。

 尖閣諸島に関しては、1819(文政2)年、琉球の王族が薩摩藩(現在の鹿児島県)に向かう途中、暴風雨で尖閣諸島に漂着したと記載する資料を掲載した。記録が残る1845年の英国人の上陸より26年早く、最古の上陸とみられる。当時から日本人が島として認識していたことを裏付けるものとされる。

 尖閣諸島関係は約330点の資料を調査し、18点を公開。1744年の清朝の領域が台湾の西半分までにとどまっていたことを示す版図も含まれている。

 竹島関連は約340点を調査、12点を公表した。明治38(1905)年7月に読売新聞が掲載した竹島の名称に関する解説記事や、「(竹島が)鬱陵島の行政区画に編入されたことが明示された公的記録がない」と記述した韓国外交部の1955(昭和30)年の刊行物などが盛り込まれた。

 同室の担当者は「客観的で歴史的な証拠を積み重ねることで、日本政府の主張の正当性を内外に示していきたい」としている。

 政府は平成27年以降、重要と判断した資料を毎年報告書にまとめ公表してきた。


<尖閣上陸>琉球王族、最古の1819年に 資料報告書盛る
毎日新聞 5/12(金) 20:10配信

976
尖閣諸島の(手前から)南小島、北小島、魚釣島=2010年11月、西村剛撮影

 政府は12日、2016年度の沖縄県・尖閣諸島と島根県・竹島に関する資料調査報告書を公表した。尖閣諸島に1819年に琉球王族が上陸したとされる資料を盛り込んだ。1845年の英国人による最古の上陸記録を26年さかのぼるものだとしている。

【空から見た1970年の尖閣諸島】

 尖閣諸島が歴史的にも国際法上も日本固有の領土なのは明らかだと改めて裏付ける資料として政府は評価。松本純領土問題担当相は12日の記者会見で「客観的な証拠を内外に発信するのがわが国のやり方だ。今後も調査を継続していく」と述べた。

 報告書に盛り込んだ上陸記録は、沖縄県立図書館所蔵の那覇市史に収録された「琉球の系図家譜」で見つかった。琉球王族が1819年に「魚根久場島」と呼ばれる島に漂着し、湧き水を探した記述がある。この島が尖閣諸島の一部とみられるという。

 明治政府が尖閣諸島を日本に編入した1895年から70年以上さかのぼる上陸記録で、政府は「編入前から日本人が尖閣諸島に継続的に関わりを持っていたことを示す資料だ」(内閣官房)と説明している。

 政府は各地の図書館や公文書館などが所蔵する領有権に関する資料や文献を調査。2015年から毎年、重要と判断した資料を盛り込んだ報告書を公表している。今回は尖閣諸島に関する資料約330点、竹島に関する資料約340点を調査した。【竹内望】


尖閣諸島・魚釣島沖の領海内に、中国の公船4隻
読売新聞 5/8(月) 21:03配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、8日午前9時34分頃から52分頃にかけて、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海内に中国海警局の公船4隻が相次いで侵入し、いずれも約1時間45分後に出た。

 うち1隻は午後1時40分頃、同島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)からも出た。

 同日午後7時現在、同諸島・久場島沖の接続水域内で3隻が航行するなどしている。


中国公船が領海侵入=今年12回目―沖縄・尖閣沖
時事通信 5/8(月) 11:31配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で8日、中国海警局の海警4隻が日本の領海に侵入し、約2時間航行した。

 中国公船の領海侵入は4月24日以来で、今年12回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2302」「2307」「2337」「2502」は午前9時30~50分、魚釣島の北北西の領海に侵入。同11時10~35分ごろ、同島の西南西で領海を出た。


尖閣諸島の領海内、中国の公船4隻が侵入
読売新聞 5/8(月) 11:26配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、8日午前9時34分頃から同52分頃にかけて、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海内に中国海警局の公船4隻が相次いで侵入した。

 午前10時現在、4隻とも領海内を航行している。


中国公船、4月から活発化=尖閣周辺、対米関係影響か
時事通信 5/3(水) 15:11配信

 沖縄県・尖閣諸島周辺での中国公船の活動が4月から活発化している。

 3月までは小康状態を保ち、政府内では「中国は米国の出方をうかがっている」(関係者)との見方が出ていたが、米中首脳の初会談が決まった直後から接続水域への入域が増加。政府は、中国側が今後、漁船の安全確保を名目とした動きを強めることを警戒している。

 領海の外側にある接続水域での中国公船の航行は、南シナ海問題の国際仲裁裁判で中国が敗訴した直後の昨年8月、延べ147隻と過去最大規模に達した。20カ国・地域(G20)首脳会議が中国・杭州で開かれた同9月以降は60隻未満で推移していたが、4月は82隻に上った。

 背景にあるとみられるのが米中関係だ。両政府は3月30日、トランプ大統領と習近平国家主席が米フロリダ州のトランプ氏の別荘で初会談すると発表した。この後、4月3~10日の8日間連続で中国公船4隻が接続水域に入った。

 トランプ氏は2月の日米首脳会談で、尖閣諸島への日米安保条約適用を明言し、中国が反発していた。だが、4月の米中首脳会談後、トランプ氏は北朝鮮に対する圧力強化で中国への期待を表明。習氏に対しても「尊敬できる人物だ」と信頼を明言しており、米中接近の様相を見せている。

 政府内では、習氏について「秋の共産党大会までは、日米との緊張を高める行為はできない」(外務省幹部)との観測があり、尖閣周辺での公船の動向についても昨年ほど大規模にはならないとみる向きがある。ただ、4月の増加傾向を受け、「今年も漁期になれば漁船が大挙して来るのではないか」(別の幹部)と懸念する声も出ている。


中国公船が領海侵入=今年11回目―沖縄・尖閣沖
時事通信 4/24(月) 13:47配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で24日、中国海警局の海警4隻が日本の領海に侵入し、約1時間半航行した。

 中国公船の領海侵入は14日以来で、今年11回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2151」「2401」「2501」「31240」が午前10時20~40分に魚釣島北などの領海に侵入。同11時45分~正午ごろ、魚釣島の西で領海を出た。


中国公船4隻、尖閣沖の領海に一時侵入し航行
読売新聞 4/24(月) 12:57配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、24日午前10時20分頃から同40分頃にかけて、中国海警局の公船4隻が、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場島や魚釣島沖の領海に侵入した。

 4隻は同11時45分頃から正午頃にかけ、領海を出た。正午現在、魚釣島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内を航行している。


尖閣領海内に中国公船4隻が相次いで侵入
読売新聞 4/14(金) 20:47配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、14日午前10時16分頃から同32分頃にかけ、中国海警局の公船4隻が沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海内に相次いで侵入し、約1時間30分後に領海を出た。

 4隻は午後7時現在、同諸島・久場島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内を航行している。


空自の緊急発進、対中国が増え過去最多に
読売新聞 4/14(金) 7:14配信

 防衛省は13日、領空侵犯の恐れのある外国軍機などに対し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数が2016年度、1168回(前年度比295回増)に達し、東西冷戦期の1984年度(944回)を上回って過去最多になったと発表した。

 中国機に対するスクランブルが前年度(571回)より大幅に増え、851回に上ったことが大きな要因で、対中国機への発進は全体の約7割を占めた。

 発表によると、国・地域別で中国機の次に多かったのは、ロシア機の301回(前年度比13回増)。このほか、台湾機8回(同6回増)、その他の機体8回(同4回減)などとなっているが、いずれも領空侵犯はなかった。

 空自機によるスクランブルは58年度から始まった。冷戦による緊張の高まりに伴って増加し、70年代後半から冷戦が終わるまでは600~900回台で推移。


2016年度1,100回超...スクランブル最多
ホウドウキョク 4/13(木) 22:43配信

900
(写真:ホウドウキョク)

中国など外国の軍用機が、日本の領空に異常接近し、航空自衛隊が緊急発進、いわゆる「スクランブル」をかけた回数が、2016年度は1,100回を超え、これまでで最も多かったことがわかった。
13日、河野統合幕僚長は「増加の主な要因は、中国機に対する緊急発進が、前年度に比較して280回増加しており、これが全体の大幅な増加につながっている」と述べた。
防衛省によると、2016年4月から2017年3月までの1年間で、外国軍機に対する自衛隊機のスクランブル回数は、これまでで最も多い1,168回だった。
中国軍機へのスクランブルが851回と、全体の7割以上を占め、ロシア軍機へのスクランブルの3倍近くになっている。
領空侵犯はなかった。
東シナ海上空での情報収集など、日本周辺での中国による軍事活動について、防衛省は今後、さらに活発化すると分析していて、領空侵犯への警戒を強めている。


<空自>昨年度スクランブル 過去最多1168回
毎日新聞 4/13(木) 19:53配信

 防衛省は13日、航空自衛隊の戦闘機による昨年度の緊急発進(スクランブル)の回数が1168回に上り、自衛隊が領空侵犯への対応を始めた1958年以降で最多になったと発表した。これまでは84年度の944回が最も多く、32年ぶりに上回った。特に中国機への発進が851回と過去最多で、同省は東シナ海周辺で活動を活発化させる中国機への警戒を強めている。

 防衛省によると、領空侵犯の恐れがあった外国機への緊急発進は昨年度、前年度より295回増加した。国別では中国機への発進が280回増え、全体の73%を占めた。続いてロシア機が前年度より13回増の301回(26%)、台湾などその他の国・地域が16回(1%)。実際に領空侵犯した例はなかった。

 自衛隊機の緊急発進は、旧ソ連機への対応が中心だった80年代に900回前後を記録していたが、冷戦終結と共に減少した。2004年度は141回にまで減った。

 しかし、その後は中国機が尖閣諸島のある東シナ海周辺で活動を活発化させ、増加傾向に転じた。昨年度は中国の戦闘機が初めて、沖縄本島と宮古島の間を通過するのが確認された。空自那覇基地(那覇市)に司令部がある南西航空混成団の緊急発進が、全体の約7割を占めている。

 自衛隊トップの河野克俊・統合幕僚長は記者会見で「中国軍は航空戦力が近代化し、情報収集など活動を拡大しているが、偶発的な衝突を起こさないことが非常に重要だ。部隊には冷静に対応するよう徹底している」と話した。【前谷宏】


スクランブル数が最多=16年度、中国機への発進急増―防衛省
時事通信 4/13(木) 17:51配信

 防衛省は13日、航空自衛隊が行う緊急発進(スクランブル)数について、2016年度分が過去最多の1168回だったと発表した。

 中国機への発進が前年度比でプラス280回と急増したことが要因という。

 同省統合幕僚監部によると、中国機への発進回数は推定を含め851回と過去最多で、全体の約73%を占めた。情報収集や警戒監視が中国機の活動拡大の目的とみられるという。

 対象の中国機は戦闘機が最も多く、爆撃機や情報収集機などもあった。沖縄など南西諸島での活動が増加しているとされ、これらの地域の防空を担う南西航空混成団によるスクランブルも最多だった。

 河野克俊統合幕僚長は記者会見で、「中国機は飛行活動時間も増えており、活発化している」と分析。また、東シナ海で中国機との偶発的な衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」について「早期に締結されることを望む」と述べた。

 これまでは、冷戦時代に旧ソビエト連邦の戦闘機が頻繁に日本に接近した1984年度の944回が過去最多とされていた。


中国公船が領海侵入=今年9回目―沖縄・尖閣沖
時事通信 4/10(月) 12:11配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で10日、中国海警局の「海警」4隻が日本の領海に侵入し、約2時間航行した。

 中国公船の領海侵入は3月28日以来で、今年9回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2101」「2106」「2305」「2306」が午前10時15~35分ごろ、魚釣島の北北西で領海に侵入。同11時45分~午後0時10分ごろ、同島西南西で領海を出た。


東シナ海ガス田、解決急ぐ=安倍首相
時事通信 3/30(木) 12:56配信

 安倍晋三首相は30日、東シナ海の日中中間線付近で中国がガス田開発を一方的に続けている問題について、「首脳会談でもしっかり言っているが、中国が聞き入れないのも事実だ。さらに外交的に訴えていく」と述べ、解決を急ぐ考えを示した。

 国際仲裁裁判所への提訴を求める提言書を携え首相官邸を訪れた自民党の原田義昭衆院議員に語った。


「国の守り」を放棄する学術会議でいいのか
JBpress 3/30(木) 6:10配信

 防衛省が公募する安全保障関連の技術研究に対し、日本学術会議は構成員の総意としての総会ではなく、幹事会で「軍事目的の科学研究を行わない」とした過去の声明を継承するとした。

 しかし、日本の安全を守るためには産業界の協力だけでなく、先進的な科学技術を探求する学界の協力が欠かせない。

 学術会議は戦争に関わることに忸怩たる思いがあるというが、侵略戦争は憲法9条で禁止しており、日本の防衛技術研究はどこまでも戦争抑止や自衛戦争の目的に資するものである。

 また、戦争に反対するのは学術会議の会員だけではない。会員以上に戦争したくないのが防衛省・自衛隊であり自衛官である。また国民のほとんどもそうであろう。

 しかし、日本に脅威を及ぼし、あるいは侵略する国があれば、それを抑止し防衛しなければならない。そうでなければ日本の安全が保障されない。

 憲法9条は、日本が侵略戦争をすることを禁止はするが、外国が日本を侵略することを抑止することはできない。従って、家に戸締りが必要であるように、国にも防衛のための備えは必要である。

■ かつてあった「戦争と平和」大論争

 1978年9月15日付「サンケイ新聞」の「正論」欄に関嘉彦早大客員教授が「〝有事″の対応策は当然」という記事を掲載した。この頃は有事立法が争点化しつつあり、栗栖弘臣統合幕僚会議議長(当時)による超法規発言(78年7月)などがあった時代である。

 関氏は、反対論者にはサンフランシスコ平和条約の全面講和論者の声明文や、60年安保改定時の知識人などの反対論と類似の言論が見られ、それらはヒトラーがベルサイユ条約に違反して軍事増強などをしているのを看過した宥和政策に似ていると評した。

 また、「『善意』ではあるが、歴史の教訓に『無知』な平和主義者の平和論がある」として、「平和憲法をもった日本を侵略する国などあるはずがない。海に取り囲まれた日本に対する奇襲攻撃などあるはずがない、といった希望的観測に立った議論」は、水と安全はタダと考える日本人の俗耳に入りやすいが、万一にも政治家までがこうした希望的観測に迎合するようではかえって侵略を招き寄せかねないと警告した。

 そのうえで、人為的災害である侵略などの有事に備えるべきであると主張した。

 また、軍備や非常時の対応策を講ずることが戦争を招き寄せるという考えに対しては、スイスは民兵組織であるが侵略に対してはあくまで戦う決意で準備をしていたので、ヒトラーはスイスを通ってフランスに攻め入るのを断念したという例示で反論した。

 森嶋通夫ロンドン大学教授が帰国便の中で関論文を読み、「何をなすべきでないか」と題する反論記事を「北海道新聞」(79年1月1日付)に掲載する。

 新聞での論争は4回続くが十分な論議が尽くせないとして、その後は『文藝春秋』(1979年7月号)誌上で、「大論争 戦争と平和」の掲題の下、森嶋氏は「新『新軍備計画論』」を、関氏は「非武装で平和は守れない」を、全42ページにわたって展開した。両者は10月号でも同ページの補論を展開する。

 森嶋氏は、英国の宥和政策がヒトラーの攻撃を招いたというよりも、ヒトラーがいる限り戦争は避けられなかったし、スイスを攻撃しなかったのは敵国と交渉する際の通路として利用しようと思っていたからだと述べ、関氏の軍事的備えを批判した。

 森嶋氏は、学ぶべき歴史の教訓は軍事力や民兵組織の必要性などではなく、攻め入られた英国がヨーロッパのほとんどの国を自分の陣営に引き止め、米国やソ連までも参戦させ連合軍としてまとめた政治力である。またスイスの場合は中立国という政治的地位であると述べたのである。

 そのうえで森嶋氏は結論的に、「徹底抗戦して、玉砕して、その後に猛り狂ったソ連軍が来て惨憺たる戦後を迎えるより、秩序ある威厳に満ちた降伏をして、その代り政治的自決権を獲得する方が、ずっと賢明だ」と述べたのである。

 ところで、かつてのソ連に代わり今日、日本の脅威になっている中国はどのような状況にあるのであろうか。

■ 中国の軍事状況

 マイケル・ピルズベリーはニクソン政権以来、30年以上にわたって米国の政府機関で働いてきた中国研究の専門家で、2015年刊の『China2049  秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』に中国の軍事状況を子細に記述している。

 孫子の兵法を古来重視してきた中国であり、また米国と軍拡競争して敗れたソ連の失敗からも学び、ICBM(大陸間弾道弾)や核兵器、軍艦、戦闘機などの正面装備の軍事競争はしない。

 こうして表向きは「平和的な台頭」のイメージを世界に与えながら、秘密裏に先進兵器への支出を過去10年間で劇的に増やし続けてきたという。実際に公表する軍事予算は半分以下でしかないようだ。

 ピルズベリーは、米国のような超大国に対抗するうえで必要な戦術として中国が考えているのは、「暗殺者の鎚矛」という意味の「殺手かん(金ヘンに間)」であり、中国人軍事戦略家が1995年に発表した「海上戦の軍事改革」という論文で初めて「殺手かん」という用語を目にしたと述べる。

 「殺手かんは、自国より強い国の急所をついて勝つための非対称兵器」を指しており、米国が戦争を軍事的手段という方向からしか見ないのとは異なり、中国は科学をはじめとして情報、経済、法律、政治、金融など何でもありで、いわゆる「超限戦」の様相を指すようだという。

 また、「中国の殺手かん計画はアメリカでの諜報活動に支えられて進展してきた」とピルズベリーは述べる。

 冷戦下で米国は中国の平和的台頭を信じて、「軍事力増強のパートナーを喜んで引き受け」、「中国への武器輸出と技術譲渡」を惜しみなくやってきたことに加え、中国によるサイバー攻撃での技術窃盗などを指している。

 江沢民主席(当時)は殺手かんの強力な推奨者であったようで、1999年には軍の指揮官たちに、「国の主権と安全を守るために必要な殺手かんを、可能な限り迅速に手に入れる必要がある」「いくつかの新しい殺手かんに習熟しなければならない」と語り、2002年には「大国として世界の覇者と戦うために、いくつかの殺手かん兵器を作るべきだ」などとも述べている。

 「世界の覇者と戦う」ということで、殺手かんが目指すところは「アメリカの弱点を突いて、アメリカを無力にする方法を見つけることに注がれ」ており、中国国防大学の外国軍事研究部門が米国の軍事的弱点を詳述した64人の著者の論文を纏めたとも述べる。

 中国が列挙する米国の弱点は、(1)ハイテク情報システムへの過剰依存(2)宇宙衛星への依存(これは深刻とみる)(3)長距離の供給ライン(シーレーン)の3点である。

■ 「殺手かん」とは何か

 殺手かんとは兵器などのハードウェアなのか戦略・戦術などのソフトウェアなのか分かりにくい。超限戦の様相を意図している点からは双方をミックスしたものというのが正しいであろう。

 米国はあまりにも情報スーパーハイウェイに頼りすぎているため、「電気無力化システムによる攻撃に対して脆弱であり、電力システム、民間航空システム、輸送ネットワーク、海港、テレビ放送局、電気通信システム、コンピューターセンター、工場、ビジネスが妨害あるいは破壊される恐れが高い」とみている。

 このようなことから、殺手かんの開発は、「監視システム、地上配備の電子インフラ、あるいは合衆国の航空母艦を無力化する兵器の開発から始まる」という。これには「核爆発で生じる電磁パルスを増幅させ、広範囲のあらゆる電子装置を動作不能にする電磁パルス(EMP)兵器が含まれる」としている。

 実際、マウス、ラット、兎、犬、猿でEMPの威力を調べ、また敵の電子機器を破壊する高出力マイクロ波兵器の研究も行っているという。

 また、過度の宇宙衛星依存や長距離兵站ライン(シーレーン)も弱点と中国はみなしている。衛星を破壊し、あるいは無力化する殺手かん兵器を中国は過去20年間にわたって作ってきたという。

 その1つは2007年に公開され、3000を超す破片(デブリ)を作り出し、世界の衛星機能を阻害することから国際社会の批判を受けた。

 中国版「スター・ウォーズ計画」であるが、「人民解放軍は、人工衛星からの通信を乱したり消したりする他の兵器や妨害器の開発も進めており、おそらくレーザー、マイクロ波兵器、粒子ビーム兵器、EMP兵器が含まれる」としている。

 シーレーンに対しては「潜水艦、機雷、魚雷、対艦巡航ミサイルといった非対称攻撃に対して脆弱であり、そのすべてを既に備えている」とも言う。

 こうした、研究の走りは1986年頃のようである。同年3月に「高技術研究発展計画」(863計画)を立案し、科学と技術によって国防の遅れを埋め合わせようとする大きな試みを始める。

 それにはバイオ技術やレーザー技術、新素材など民間・軍事両用の技術が含まれ、「自主創新戦略」の基盤となる「国家中長期科学技術発展計画(MLP、2005~2020年間)」に組み込まれたという。

 自主創新戦略とは、外国のR&D資本、技術譲渡、外国の企業や研究機関での中国人エンジニアと科学者の育成を通して、軍事・民事の両方で活用できる技術力を高めようとするものだそうである。

 近年、中国の指導者は、863計画に投資する資金を大幅に増大し、領域を広げているという。

 MLPは最も野心的な科学技術計画になっており、電気通信、航空宇宙科学など16の「国家的メガプロジェクト」を「最優先中の最優先事項」として発表。MLPと863計画が民間・軍事両用を掲げていることは、中国の長期的軍事計画と民間の科学技術開発が、土台部分で結びつきつつあることを反映しているとも述べる。

■ 学術会議は日本を危険にさらすのか

 ドゴールが「同盟などというものは、双方の利害が対立すれば一夜で消える」と語ったように、米国といえどもTPO次第では同盟をいつ解除しないとも限らない。それどころか敵国にさえなり得る。

 現に冷戦が終わり米国の敵であったソ連が消滅した後、米国は日本とドイツを敵国に見立てた経緯がある。

 米国はともあれ、現在の中国は日本領の尖閣諸島を併呑する動きを示しており、沖縄さえ自国領と称している。「中華民族の偉大なる復興」を明言する中国は「戦争準備」さえ呼号しており、日本が無傷であるはずはない。

 また北朝鮮は、先に4発同時発射したミサイルの目標は在日米軍基地を意図したものであったことを明確にした。

 先述したように、憲法9条を根拠に日本がいくら戦争を忌避しても、状況次第で中国は尖閣諸島の奪取に動いたり、北朝鮮は在日米軍基地にミサイルを撃ち込んだりする危険性がある。

 こうした脅威を抑止し、実際に侵攻やミサイル攻撃が行われた場合には反撃することが日本の安全に資することになる。

 そうした防衛に資するために自衛隊は存在し、自衛隊が兵器・装備を万一使用する場合は、「寸鉄人を刺す」ものでなければならない。

 科学者の代表組織である日本学術会議や一部のノーベル賞受賞者の声高な反対によって、軍事研究をしていなかったばかりに臍を噛むことはないだろうか。後の祭りと悔やんでも学問や言論の自由も人権も、いや生存の保障もなくなることは火を見るよりも明らかではないだろうか。

 政治・外交によって戦争を回避することが最善であることは言うまでもないが、日本の願望どうりに行くとは限りないし、森嶋氏が言うような保証はとても期待できそうもない。

 最終的に、日本の安全は科学技術の粋とも言うべき兵器・装備を保有する軍隊(日本においては自衛隊)によって基本的には保持される。そのためには、国家のあらゆる力を集積する必要がある。即ち国家の安全を維持するのは軍事科学技術を応用した兵器を装備した組織によってであることが実情である。

 当人が研究・開発を忌避するのは自由であるが、賛同する科学者や国家に縛りをかけるのは「軍事研究に協力しない」声明を発した当人の自由や生命さえ奪う結果を招く道理を理解していないからであろう。

 中国の状況を見るだけでも簡単に理解できるわけで、学術会議の決意ほど形容矛盾はないであろう。

 学術会議の会員(今回は幹事たちであるが)たちには、産学官の協力があって初めて日本の安全が留保されるという現実を見つめてほしい。

■ おわりに

 個人として軍事研究を忌避するのは自由であるが、科学者の中にも日本の安全に関わる軍事研究の必要性を熟知している人士も多いようである。特に今日の科学技術は、両用性(デュアル・ユース)と称され、民生と軍用に有用なものが多いし、判別もし難い。

 かつては軍事用に開発されたGPSやインターネット、さらには戦車の昇降システムなど、軍事技術が民用に供されることが多かったが、今では民用に開発された製品が軍用に供される状況も多い。

 それは第一線で兵士が戦車などで直接戦う様相から、科学技術の進歩で情報・通信・指揮システムなどにダメージを与えて軍隊を機能不全にする様相に移行しつつあるからである。

 また、相手の侵略意図を憲法9条で防止することはできないし、森嶋氏が言うような「秩序ある威厳に満ちた降伏」で「政治的自決権を獲得する」ことなどは、今日の中国や北朝鮮などの状況を見る限り絶望的な夢想でしかない。

 端的に言えば、防衛技術の研究に協力しないで侵略を許したために失う自由や人権蹂躙と、国家の防衛に尽力して今日の日本の姿を維持し続けることとどちらを選ぶかの問題であろう。ここは、真剣な議論で日本の安全に資する方策を導き出してもらいたい。


海自と米空母が今月2度目の共同訓練 東シナ海で異例の実施 中国を牽制
産経新聞 3/29(水) 23:36配信

 海上自衛隊は29日、東シナ海で27~29日の3日間にわたり、日米共同訓練を行ったと発表した。海自からは護衛艦計5隻が、米海軍からは原子力空母カール・ビンソンなど計3隻が参加し、艦隊を組んだ上で戦術運動の確認や通信訓練などを行った。

 海自は今月7~10日にも東シナ海で同様の共同訓練を実施しており、月に2回もこのような訓練を行うことは珍しい。日米同盟の強固さをアピールするとともに、東・南シナ海で強引な海洋進出を続ける中国を牽制する狙いがある。

 訓練に参加した護衛艦は「ゆうだち」「さみだれ」「さざなみ」「うみぎり」「はまぎり」の5隻。


中国公船が領海侵入=今年8回目―沖縄・尖閣沖
時事通信 3/28(火) 16:40配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で28日、中国海警局の「海警」4隻が日本の領海に侵入し、約1時間半航行した。

 中国公船の領海侵入は22日以来で、今年8回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2102」「2308」「2337」「31239」が午後2時15~30分、魚釣島の北北西で領海に侵入。同3時45分~4時ごろ、魚釣島の西南西で領海を出た。


陸自の水陸機動教育隊発足=尖閣防衛、専門部隊編成向け―長崎・佐世保
時事通信 3/27(月) 11:47配信

 沖縄・尖閣諸島などの離島防衛を主任務とする「水陸機動団」の2018年3月末の編成に向け、「水陸機動教育隊」の発足式が27日、陸上自衛隊「相浦駐屯地」(長崎県佐世保市)で行われた。

 水陸機動団は、米海兵隊をモデルにした部隊で、相浦駐屯地の西部方面普通科連隊を中心に3000人規模で編成。中国による離島侵攻を念頭に、防衛・奪還作戦に必要な戦術・戦闘能力を獲得する。米海兵隊が使う水陸両用車「AAV7」が配備される。

 離島防衛の有事の際には、AAV7は海自佐世保基地(佐世保市)から「おおすみ」型輸送艦に搭載され、前線に運ばれる。陸自が佐賀空港(佐賀市)に配備する予定の新型輸送機「オスプレイ」を投入する構想も進められている。


中国軍艦が沖縄―宮古間通過=3隻、領海侵入なし・防衛省
時事通信 3/23(木) 19:39配信

 防衛省は23日、中国海軍の軍艦3隻が同日午前、沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過したと発表した。

 領海侵入はなかった。

 統合幕僚監部によると、軍艦は中国海軍のジャンカイII級フリゲート艦2隻とフーチン級補給艦。23日午前9時半ごろ、護衛艦「あさぎり」が、宮古島の北東約110キロの海域を3隻が航行しているのを確認した。3隻は沖縄本島と宮古島の間を通過し、太平洋に抜けたという。


中国公船と渡り合う海上保安庁の巡視船 海保が業務紹介の動画
産経新聞 3/23(木) 8:05配信

 海上保安庁は22日、海洋監視や海難救助などの業務の様子を紹介する動画を報道機関に提供した。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域を警戒する巡視船の動画も含まれており、領海侵犯する中国公船との緊迫したやりとりが撮影されている。同海域の動画が提供されるのは、200隻を超える中国漁船とともに過去最大となる中国公船15隻が同時に接続水域や領海に侵入した昨年8月以来となる。

 動画は主に平成28年度に撮影したもので、計約12分。うち5分が尖閣諸島に関連する映像となっている。内容は、大型巡視船14隻相当(実数12隻)からなる「尖閣警備専従部隊」が、整備された後の石垣港を空撮。海保の巡視船が日本の領海に侵入した中国公船と並走したり、無線で退去を求めたりするシーンもある。

 海保によると、尖閣諸島周辺の接続水域では、中国公船が荒天時を除きほぼ連日、航行している。今年は21日までに、計6日にわたりのべ20隻が領海に侵入。計28日にわたりのべ115隻が接続水域を航行した。

 政府は昨年12月、関係閣僚会議で海上保安態勢の強化を決定。これを受け、海保は「(海保の)現場を国民に理解していただく一助として動画を公開した」としている。動画には、海難救助や海洋調査、交通管制、海上保安大学の様子なども含まれている。


中国公船3隻、尖閣・魚釣島沖領海に一時侵入
読売新聞 3/22(水) 21:00配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、22日午後2時過ぎ、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海内に中国海警局の公船3隻が相次いで侵入。

 午後4時頃までに領海外に出た。3隻は午後7時現在、尖閣諸島・南小島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内を航行している。


中国公船が領海侵入=今年7回目―沖縄・尖閣沖
時事通信 3/22(水) 15:44配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で22日、中国海警局の「海警」3隻が日本の領海に侵入し、約1時間40分航行した。

 中国公船の領海侵入は1日以来で、今年7回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2308」「2337」「31239」が午後2時10~20分ごろ、魚釣島の北北西で領海に侵入。同3時50分~同4時ごろ、魚釣島の西南西で領海を出た。


<自民>ガス田問題で政府に要請へ 国際仲裁裁に提訴準備
毎日新聞 3/9(木) 20:01配信

 自民党は9日、東シナ海資源開発に関する委員会(委員長・原田義昭衆院議員)などの合同会議で、中国が日中中間線付近で一方的にガス田開発を続けている問題について、国際仲裁裁判所への提訴を準備するよう政府に要請することを決めた。来週にも安倍晋三首相に提言する。


中国ガス田、仲裁裁提訴を=政府に準備着手促す―自民
時事通信 3/9(木) 17:07配信

 自民党は9日、資源・エネルギー戦略調査会などの合同会議を開き、中国が東シナ海の日中中間線付近で一方的に続けるガス田開発について、国連海洋法条約に基づき国際仲裁裁判所に提訴するよう政府に求める提言をまとめた。

 昨年3月にも同趣旨の要望を行ったが、新たな構造物やレーダーの設置が判明したことを受け、今回は提訴に向けた具体的準備に着手するよう促す。近く首相官邸に申し入れる。


中国軍の活発化警戒=空自、スクランブル強化―政府
時事通信 3/3(金) 19:47配信

 政府は、中国軍機が沖縄本島と宮古島間を通過するなど、日本の領空付近で活動を活発化させていることに警戒を強めている。

 2日には、中国軍が同空域で1日当たりの機数としては過去最多の13機を通過させた。防衛省は航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)態勢を増強。陸上自衛隊部隊の南西地域島しょ部への配置も進めており、警戒監視に万全を期す。

 中国軍の動向について、菅義偉官房長官は3日の記者会見で「厳正な対領空侵犯措置を実施していく」と表明した。

 中国軍機13機が2日に沖縄本島・宮古島間を通過したのに対し、防衛省は南西航空混成団(司令部・那覇基地)のF15戦闘機を緊急発進させたが、領空侵入はなかった。空自の緊急発進回数は急増しており、今年度は既に1000回を超える。旧ソ連軍機が頻繁に飛来した冷戦期を上回る過去最高ペースだ。自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は2日、「中国軍の活動が活発化し、範囲が広がっている」と警戒感を示した。

 こうした事態を踏まえ、防衛省は緊急発進するF15戦闘機の機数を従来より増やして態勢強化を図っている。万が一、領空侵入があった際に数的優位を確保するためだ。南西地域の防衛態勢強化も進め、2016年には那覇基地の戦闘機飛行隊を増強した。宮古島や石垣島に陸自の警備・ミサイル部隊を配置する計画もある。


中国軍の活動警戒=稲田防衛相
時事通信 3/3(金) 11:49配信

 稲田朋美防衛相は3日の閣議後の記者会見で、中国軍機が宮古島と沖縄本島の間を通過したことに関し、「より遠方での作戦運用能力の向上を目指し、活動が活発化していることは事実だ」と警戒感を示した。

 稲田氏は、「引き続き警戒監視活動に万全を期し、法に従って厳正な対領空侵犯措置などを実施していく」と強調した。


稲田朋美防衛相「今後も中国軍の動静を注視」 空自スクランブルで強調
産経新聞 3/3(金) 11:24配信

 稲田朋美防衛相は3日午前の記者会見で、中国軍用機13機が2日に沖縄本島と宮古島の間を往復した情勢に関し、「今後も中国軍の動静を注視しつつ、警戒監視活動に万全を期し、適正な対領空侵犯措置を実施したい」と強調した。

 稲田氏は、中国軍用機が両島間の上空を通過して太平洋に進出したのは今回で22回目となる点を指摘した上で「(中国軍は)より遠方での作戦運用能力の向上を目指している。わが国を取り巻く安全保障環境が厳しくなっている1つの要因だ」と明言。宮古島で計画されている地対空ミサイル部隊などの配備について「南西諸島や東シナ海をめぐる状況を考えると、そこに自衛隊の施設を置くことは重要だ」と述べた。


スクランブル1000回超え 今年度
産経新聞 3/3(金) 7:55配信

 防衛省の河野克俊統合幕僚長は2日の記者会見で、日本領空に接近した外国軍機などに航空自衛隊機がスクランブルした回数が今年度はすでに計1千回を超え、通年で過去最多を更新したことを明らかにした。これまでは昭和59(1984)年度の計944回が最多だった。背景について河野氏は、「中国の活動が非常に活発化し、活動範囲も広がっていることが主な原因だ」と述べた。

 防衛省によると、領空侵犯はなかったが、今年度のスクランブルは統幕が詳細を公表している第3四半期まで(昨年4~12月)で計883回(前年度同期比316回増)に達している。

 国別では、中国が644回で全体の約73%を占め、ロシアの231回が続いた。

 これまで最多だった昭和59年度は米ソ冷戦期で、ソ連機に対するスクランブルが大半を占めた。


<中国軍機>13機が沖縄海上通過 過去最多
毎日新聞 3/3(金) 2:30配信

 防衛省は2日、中国軍の戦闘機や爆撃機とみられる軍用機13機が沖縄本島と宮古島の間の上空を東シナ海から太平洋に向けて通過したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したが、領空侵犯はなかった。スクランブル対象の機数としては統計が残る2003年度以降で過去最多。

 同省によると、2日午前から午後にかけての数時間、Y8早期警戒機1機や、戦闘機6機と爆撃機6機と推定される中国軍機が同空域を通過した。太平洋に出た後に、反転して同じルートを引き返した。また、宮古島の南東120~200キロの海域などで、ミサイル駆逐艦など中国軍艦3隻が確認された。海空軍の合同訓練を実施していた可能性があるという。

 今年度の空自のスクランブルは、中国軍機の活動の活発化を受け1月に1000回を超えて、過去最多だった1984年度の944回を既に更新している。【町田徳丈】


中国機13機と艦艇3隻確認、近海で軍事演習か
読売新聞 3/2(木) 22:32配信

 防衛省は2日、中国軍の早期警戒機など計13機と、ミサイル駆逐艦など艦艇3隻が同日、沖縄本島と宮古島間を通過したと発表した。

 航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)するなどして対応したが、領空侵犯や領海侵入はなかった。中国軍の航空機が一度に13機通過するのは過去最多とみられる。同省は、中国軍が、近海で軍事演習をしていた可能性があるとみて調べている。


尖閣警備の大型巡視船、全12隻に映像伝送装置
読売新聞 3/2(木) 16:52配信

992
(写真:読売新聞)

 尖閣諸島周辺(沖縄県石垣市)で中国公船の領海侵入が相次いでいる事態を受け、海上保安庁は尖閣警備の専従部隊に所属する全12隻の大型巡視船に、撮影した映像を、衛星回線を使って即時に首相官邸や海上保安庁に送信するシステムを設置する。

 不測の事態に際し、迅速な意思決定を可能にする目的で、新年度中に整備する方針だ。

 2012年9月に尖閣諸島を国有化して以降、周辺では中国公船による領海や接続水域への侵入が常態化している。映像伝送装置は専従部隊12隻のうち、ヘリコプター搭載型の大型巡視船など3隻に整備されており、領海侵入の警備などで活用してきた。

 だが昨年8月には、最大15隻の中国公船と200~300隻の漁船が尖閣周辺に押し寄せた。海保の想定を上回る数で、全体的な状況を映像で伝えることが難しかったという。これを教訓に、同庁は専従の巡視船全てに映像伝送装置を付ける必要があると判断した。


中国公船が領海侵入=今年6回目―沖縄・尖閣沖
時事通信 3/1(水) 11:24配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で1日、中国海警局の「海警」3隻が日本の領海に侵入し、約1時間半航行した。

 中国公船の領海侵入は2月18日以来で、今年6回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2106」「2337」「2401」が午前9時50分~同10時5分ごろ、久場島の西や魚釣島の北で領海に侵入。同11時15~35分ごろ、魚釣島の西で領海を出た。


中国、通報なく海底調査=岸田外相「極めて遺憾」
時事通信 2/28(火) 10:36配信

 岸田文雄外相は28日午前の閣議後の記者会見で、日本の排他的経済水域(EEZ)内で中国が日本側に通報しなかったり、通報内容と異なったりしたまま海底の調査を行っていたことを明らかにした。

 外相は「極めて遺憾だ」と述べ、中国側の対応を批判した。

 海上保安庁によると、過去5年間に日本のEEZ内で中国のこうした調査は63件確認されている。他には台湾が19件、韓国とロシアが各1件あった。

 外相は「毅然(きぜん)かつ冷静に対応していく」と述べ、活動が確認された場合は、海上保安庁の巡視船による中止要求や外交ルートを通じた抗議を行う方針を強調した。

天皇皇后両陛下、28日からベトナム・タイを公式にご訪問

天皇皇后両陛下は28日、6泊7日の日程でベトナムとタイへの公式訪問に出発された。友好親善と弔問が目的で、ベトナムご訪問は初めてとなる。宮内庁によると、両陛下がご高齢であることに配慮し、余裕を持った日程が組まれた。

両陛下は28日、ベトナムの首都、ハノイにご到着。3月1日は国家主席夫妻主催の晩餐(ばんさん)会に臨席される。2日は先の大戦終結後、フランスとの第1次インドシナ戦争を戦った残留元日本兵家族と面会するほか、ベトナム戦争の枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれた「ベトちゃん、ドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんとも懇談される。

3日にはベトナムの古都フエにご移動。4日は独立運動家のファン・ボイ・チャウ記念館を訪問し、5日にはタイ・バンコクで、昨年死去したプミポン前国王を弔問される。

以上、産経新聞の報道による。

リンク:「友好関係を象徴」=両陛下訪越で現地報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ベトナム国家主席府での歓迎式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓迎式典に臨まれる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓迎式典に臨まれる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓迎式典に臨まれる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ベトナムの歓迎式典に=クアン国家主席と会見へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>ベトナム残留の元日本兵の家族と面会へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下がベトナムご訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日越両国で特別大使の杉良太郎さん、両陛下ご訪問で「揺るぎない友人に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ベトナムご到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ベトナム到着…青年海外協力隊員と懇談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇皇后両陛下、ベトナムに到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:青年海外協力隊員と両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>ベトナム到着 青年海外協力隊員と面会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下とティン国家副主席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:訪問先の地図を見られる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:出迎えを受けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下 ベトナムにご到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「日越の新たな1ページに」=特別大使の杉良太郎さん―両陛下ベトナム初訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ベトナムに到着=花束で歓迎、副主席と握手 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇皇后両陛下、ベトナムへご出発 初の公式訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇皇后両陛下、ベトナム訪問へご出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇陛下>ベトナム、タイ訪問にあたってのおことば全文 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:お言葉を述べられる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:お言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ベトナムへ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下がベトナムへ出発…初の訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>初のベトナム訪問へ 空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>初のベトナム訪問へ出発 空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>初のベトナム訪問へ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>初のベトナム訪問へ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下がベトナムへご出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ベトナムへ出発=親善訪問、タイ立ち寄りも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ベトナム・タイへ きょうご出発 プミポン前国王ご弔問 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「友好関係を象徴」=両陛下訪越で現地報道
時事通信 3/1(水) 14:11配信

 【ハノイ時事】ベトナム主要紙は1日付で、天皇、皇后両陛下の公式訪問を好意的に報じた。

 人気が高いトイチェは「新たな次元迎えたベトナムと日本の協力関係」との見出しで、ベトナム側が訪問を高く評価し、多くの同国民が歓迎していると伝えた。タインニエンも「友好関係を象徴する出来事」と評した。

 各紙とも、2月28日にハノイへ到着された両陛下の写真を掲載している。


ベトナム国家主席府での歓迎式
時事通信 3/1(水) 13:22配信

570
歓迎式典に臨まれる天皇、皇后両陛下。右端はチャン・ダイ・クアン国家主席=1日午前、ベトナム・ハノイの国家主席府(代表撮影)

(時事通信社)


歓迎式典に臨まれる天皇陛下
時事通信 3/1(水) 13:22配信

569
国家主席府で行われた歓迎式典に臨まれる天皇陛下。左奥はベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=1日午前、ベトナム・ハノイ


歓迎式典に臨まれる天皇陛下
時事通信 3/1(水) 13:22配信

568
国家主席府で行われた歓迎式典に臨まれる天皇陛下。左はベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=1日午前、ベトナム・ハノイ


歓迎式典に臨まれる天皇陛下
時事通信 3/1(水) 13:22配信

567
国家主席府で行われた歓迎式典に臨まれる天皇陛下。左から2人目はベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=1日午前、ベトナム・ハノイ


両陛下、ベトナムの歓迎式典に=クアン国家主席と会見へ
時事通信 3/1(水) 12:23配信

 【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は1日午前、首都ハノイの国家主席府で、同国の歓迎式典に臨まれた。

 式典では両国国歌が演奏され、天皇陛下が儀仗(ぎじょう)隊を閲兵した。

 両陛下は続いて、チャン・ダイ・クアン国家主席夫妻と会見し、ホーチミン廟(びょう)で供花。午後は滞在先のホテルで、同国のガン国会議長と面会する。

 夜は国家主席府で主席夫妻主催の晩さん会があり、天皇陛下がお言葉を述べる。


<両陛下>ベトナム残留の元日本兵の家族と面会へ
毎日新聞 3/1(水) 12:17配信

566
ノイバイ国際空港に到着された天皇、皇后両陛下。右手前はベトナムのティン国家副主席=ベトナム・ハノイで

 ベトナム訪問中の天皇、皇后両陛下は2日、太平洋戦争後のベトナムに一時期とどまった元日本兵の家族と、首都ハノイで面会される。現地では元日本兵がベトナム人女性と結婚して家庭を築いた後、帰国したことにより残された妻や子が困難な生活を余儀なくされたこともあった。支援者や研究者は「知られていない歴史、戦争に翻弄(ほんろう)された人々の暮らしに注目してもらえれば」と期待を寄せる。

 戦争でベトナムに駐留した元日本兵の一部が、1945年の敗戦後もとどまった理由はさまざまだ。残留した元日本兵に詳しい林英一・大阪経済法科大学助教によると、心情的に敗戦を受け入れられなかった▽ベトナムに愛着がわいた▽日本の将来を悲観した--など複数の要因が絡み合っているという。

 第1次インドシナ戦争でフランスと戦ったベトナム独立同盟(ベトミン)に協力を請われたケースも多かったとみられ、約600~700人の元日本兵がベトミンに合流、軍事教育を指揮したり、戦闘に参加したりした。

 元日本兵は「新ベトナム人」として現地で歓迎され、ベトナム人女性と結婚した人もいた。だが、ベトナムの政治体制や生活風土になじまない日本人は徐々に冷遇され、帰国を促されるようになる。フランスとの戦争が終結した54年から元日本兵の帰国が始まったが、当初、ベトナム側は妻や子を同伴しての帰国を認めなかった。

 太平洋戦争時の侵攻などによる日本の悪い印象が残る時代でもあり、元日本兵との関わりを隠して暮らす妻や子もいた。ベトナム戦争で北ベトナムを攻撃した米国と日本が同盟関係にあったことも、残された家族の境遇に影響し、就職などで差別を受けることもあったという。

 こうした妻や子ら二十数家族と交流を続けてきたベトナム在住の元日本語講師、小松みゆきさん(69)は「偏見や経済的困窮による苦労は人それぞれ。『終わったこと』『思い出したくない』と口をつぐむ人もいる」と話す。「夫の消息を知りたい」「お父さんに会いたい」との声に動かされ、小松さんが元日本兵を探し出しても、互いの事情から再会に至らなかったこともある。

 今回の面会は天皇陛下の希望で決まった。「戦争に振り回され、家族の消息さえ満足に知ることができなかった人たちの実態はほとんど知られていない。こうした人たちの暮らしに光が当たる機会になる」と小松さんは語る。林助教は「陛下は世界各地で戦争の歴史を正面から受け止め、平和を祈ってきた。今回の面会も陛下のそうした姿勢の一つの形だと感じる」と話している。【山田奈緒】

 ◇第1次インドシナ戦争

 日本の敗戦後、ベトナム支配を復活させようとしたフランスと、ベトナム独立同盟(ベトミン)の戦争。フランス領だったベトナムに侵攻した日本軍が1945年8月に敗戦すると、ホー・チ・ミン率いるベトミンが蜂起し、ベトナム民主共和国の独立を宣言。フランスはこれを認めず戦争に発展した。54年にジュネーブ協定が結ばれ終結したが、北緯17度線が軍事境界線となり南北が分断された。


両陛下がベトナムご訪問
ホウドウキョク 3/1(水) 9:33配信

565
(写真:ホウドウキョク)

国際親善のため、2月28日にベトナムに到着した天皇皇后両陛下は、日本から現地に派遣されている青年海外協力隊らとお会いになった。
天皇皇后両陛下は、首都ハノイに到着し、宿泊先のホテルでは、出迎えた日本人学校の児童や生徒に、「こちらでの生活はいかがですか」などと笑顔で話しかけられていた。
その後、両陛下は、医療や日本語教育で活動する青年海外協力隊員らと懇談され、生活ぶりや仕事での苦労などについて質問された。
青年海外協力隊員は「頑張ってくださいという一言をもらえたので、本当に、一生の思い出になるなと」と話した。
3月1日は、国家主席夫妻の主催する晩さん会が開かれ、陛下がお言葉を述べられる予定。


日越両国で特別大使の杉良太郎さん、両陛下ご訪問で「揺るぎない友人に」
産経新聞 3/1(水) 7:55配信

 天皇、皇后両陛下のベトナムご訪問にあたり、同国と日本の両国で特別大使を務める俳優の杉良太郎さん(72)は、ご訪問を機に両国が「揺るぎない友人」となることを期待している。

 杉さんが初めてベトナムを訪問したのは1989年。西側諸国の歌手としては初のコンサートをハノイで開き、「戦後間もない途上国」との印象を受けた。

 このとき面会したド・ムオイ首相(当時)から「戦後の日本の復興は我々のお手本だ。世界で一番、日本語が話せる国になりたい」と言われた。「日本への信頼を風化させてはならない」と感じた杉さんは6年後の95年、日本文化と日本語を教える「日本語センター」をハノイに設立。併せて孤児や盲学校の支援も進めており、これまで計101人と養子縁組し、大学卒業まで物心両面で支えている。杉さんが招かれている1日の晩餐(ばんさん)会では、盲学校の生徒が演奏を披露する予定だ。

 昨年11月に文化功労者を招いて開かれた茶会では、陛下から「最近のベトナムはどうですか」と声をかけられた。杉さんは「ご訪問は歴史的なこと。経済や政治を超え、その重みを受け取る力をベトナムは持っている」と力を込めた。


両陛下、ベトナムご到着
産経新聞 3/1(水) 7:55配信

 【ハノイ=伊藤弘一郎】天皇、皇后両陛下は28日午後、羽田空港発の政府専用機でベトナムの首都、ハノイに到着された。両陛下のベトナムご訪問は初めてで、残留元日本兵の家族と面会するなど友好親善に務められる。両陛下は5日にタイ・バンコクに立ち寄り、昨年死去したプミポン前国王を弔問される。

 ハノイのノイバイ国際空港に到着した両陛下は、ベトナム高官ら一人一人と握手を交わし、送迎の車に乗り込まれた。宿泊するホテルに到着後、28日夜には日本から派遣されている青年海外協力隊の隊員と懇談された。


両陛下、ベトナム到着…青年海外協力隊員と懇談
読売新聞 2/28(火) 23:00配信

 【ハノイ=池亀創】天皇、皇后両陛下は28日午後、訪問先のベトナムに政府専用機で到着された。

 首都ハノイのノイバイ国際空港に降り立った両陛下は、政府高官らに出迎えられ、アオザイ姿の女性から笑顔で花束を受け取られた。滞在するホテルの前には、大勢の在留邦人や現地の人たちが集まり、両陛下は手を振って歓迎に応えられた。

 その後、両陛下は同国で活動する青年海外協力隊員26人をホテルに招き、懇談された。天皇陛下は、日本語を教える女性隊員から、同国では年々、日本語学習者が増えていると聞き、「良い成果が上がるといいですね」と声をかけられた。

 両陛下のベトナム訪問は初めて。国賓として5日まで滞在し、ハノイとフエの2都市を巡られる。ベトナムでの日程を終える5日には、昨年10月に亡くなったタイのプミポン前国王の弔問のため、バンコクへ移動し、6日に帰国される。


天皇皇后両陛下、ベトナムに到着
ホウドウキョク 2/28(火) 22:52配信

564
(写真:ホウドウキョク)

天皇皇后両陛下は、日本時間28日夕方、最初の訪問国、ベトナムに到着された。
両陛下は、日本時間午後5時すぎ、ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に到着された。
およそ6時間のフライトを終えた両陛下は、花束を受け取ると、出迎えたティン国家副主席などと、にこやかな握手を交わされた。
宿泊先のホテルでは、日本人学校の児童らが出迎え、両陛下は「こちらでの生活はいかがですか」などと声をかけられた。
両陛下のベトナムご訪問は、今回が初めてで、3月1日は国賓として歓迎行事などに臨み、2日には、太平洋戦争後も一時ベトナムに残った、元日本兵の家族とも対面される予定。
両陛下は、5日にタイで、故・プミポン前国王を弔問し、6日に帰国される。


青年海外協力隊員と両陛下
時事通信 2/28(火) 22:16配信

563
青年海外協力隊の隊員と言葉を交わされる、天皇、皇后両陛下=28日、ベトナム・ハノイ(代表撮影)

(時事通信社)


<両陛下>ベトナム到着 青年海外協力隊員と面会
毎日新聞 2/28(火) 20:19配信

562
ベトナムに到着された天皇、皇后両陛下=ベトナム・ハノイで2017年2月28日午後3時28分(代表撮影)

 【ハノイ山田奈緒】国際親善のためベトナムに招かれた天皇、皇后両陛下は28日午後、政府専用機で首都ハノイのノイバイ国際空港に到着された。両陛下のベトナム訪問は初めて。現地の気温は20度前後で、出発した東京よりも暖かな気候。両陛下は出迎えたアオザイ姿の女性から黄色い花束を笑顔で受け取った。

 宿泊先のハノイのホテルでは、ベトナムで活動する約30人の青年海外協力隊員と面会した。

 ハノイでは1日、国家主席夫妻が主催する晩さん会に出席し、天皇陛下が両国の友好関係の発展を願うおことばを述べる。2日はベトナムで暮らす元日本兵の家族と面会する。

4日、ベトナム最後の王朝「グエン朝」の都として栄えた古都フエで王宮を見学。フランス植民地下のベトナム独立運動の英雄ファン・ボイ・チャウ(1867~1940年)の記念館を訪ねる。5日、昨年10月に死去したプミポン前国王の弔問のためタイに立ち寄り、6日に帰国する。


両陛下とティン国家副主席
時事通信 2/28(火) 19:52配信

561
ノイバイ国際空港に到着された天皇、皇后両陛下。右手前はベトナムのティン国家副主席=28日午後、ベトナム・ハノイ

(時事通信社)


訪問先の地図を見られる両陛下
時事通信 2/28(火) 19:49配信

560
ベトナムに向かう機内で訪問先の地図を見られる天皇、皇后両陛下=28日(代表撮影)

(時事通信社)


出迎えを受けられる両陛下
時事通信 2/28(火) 19:49配信

558
ノイバイ国際空港に到着し、政府関係者らの出迎えを受けられる天皇、皇后両陛下=28日、ベトナム・ハノイ

(時事通信社)


天皇、皇后両陛下 ベトナムにご到着
AFP=時事 2/28(火) 18:56配信

559
ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に到着後、同国のダン・テイ・ゴック・ティン国家副主席(右)の出迎えを受ける天皇、皇后両陛下(2017年2月28日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)天皇、皇后両陛下は28日、ベトナム・ハノイ(Hanoi)の空港に到着し、同国のダン・ティ・ゴック・ティン(Dang Thi Ngoc Thinh)国家副主席らの出迎えを受けられた。

 両陛下は第2次世界大戦(World War II)の戦地となった国へのご訪問を続けられているが、ベトナムは初めての訪問となる。

 公式日程によると両陛下はハノイのほか、同国中部に位置する古都フエ(Hue)を訪問する予定で、また来月2日には第2次世界大戦でのベトナム占領後も、同国に残留した旧日本軍の兵士の家族らとの面会も予定されている。【翻訳編集】 AFPBB News


「日越の新たな1ページに」=特別大使の杉良太郎さん―両陛下ベトナム初訪問
時事通信 2/28(火) 17:35配信

 天皇、皇后両陛下が28日、ベトナムを初めて公式訪問された。

 今回一部の日程に同行する日ベトナム特別大使で俳優の杉良太郎さん(72)は、「多くの人は日本とベトナムの関係をほとんど知らない。今回の訪問を機に両国間の歴史に目が向けられ、日越関係の新たな1ページが開かれることを期待している」と力を込める。

 杉さんは1989年にベトナムを初訪問して以来、ハノイに日本語学校を設立するなど30年近くにわたり支援を続けている。「ベトナム人は勤勉で礼儀正しい。義理人情がある国ということも、支援を続けるきっかけになった」。現地で里子に迎えた孤児は既に100人を超え、9月には152人になるという。

 杉さんは2009年2月、皇太子さまが同国を公式訪問した際に、現地の盲学校で案内役を務めた。帰国後に会った両陛下から「皇太子がお世話になりました」とお礼を言われ、天皇陛下はそれから、杉さんと会うたびにベトナム情勢について尋ねるようになったという。


両陛下、ベトナムに到着=花束で歓迎、副主席と握手
時事通信 2/28(火) 17:24配信

558
ノイバイ国際空港に到着し、政府関係者らの出迎えを受けられる天皇、皇后両陛下=28日、ベトナム・ハノイ

 【ハノイ時事】ベトナム公式訪問に出発した天皇、皇后両陛下は28日午後、政府専用機で首都ハノイのノイバイ国際空港に到着された。

 両陛下の同国訪問は初めて。

 現地時間の午後3時すぎに同空港に到着した両陛下は、政府専用機のタラップの下で歓迎の花束を受け取ると、出迎えたティン国家副主席ら同国の要人と笑顔で握手。左右に儀仗(ぎじょう)隊が並ぶ赤じゅうたんの上を進み、迎えの車に乗り込んだ。


天皇皇后両陛下、ベトナムへご出発 初の公式訪問
AFP=時事 2/28(火) 15:55配信

557
東京・羽田空港で、ベトナムへの出発前にタラップ上で手を振る天皇、皇后両陛下(2017年2月28日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】天皇、皇后両陛下は28日、ベトナム公式訪問のため、羽田空港を出発された。両陛下の同国訪問はこれが初めて。

 空港にはお見送りの皇太子ご夫妻の姿も見られた。両陛下はベトナム滞在中、元日本兵の家族らとの面会も予定されている。【翻訳編集】 AFPBB News


天皇皇后両陛下、ベトナム訪問へご出発
ホウドウキョク 2/28(火) 15:10配信

556
(写真:ホウドウキョク)

天皇皇后両陛下は、ベトナムとタイを訪問するため、羽田空港を出発された。両陛下のベトナムご訪問は初めてで、要人との面会のほか、終戦後も現地に残った元日本兵の家族との対面などが予定されている。
羽田空港で、陛下は、訪問への思いを「私どもの訪問が、両国の相互理解と、友好関係のさらなる増進に資することを願っております」と述べられた。
このあと両陛下は、見送りの皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、眞子さまや佳子さまなど、皇族方や安倍首相夫妻らと、にこやかにあいさつを交わし、午前11時すぎ、ベトナムの首都ハノイへ向けて出発された。
今回のご訪問は、ベトナム政府からの招待を受けたもので、両陛下は、国賓として晩さん会や、国家主席ら要人と面会されるほか、第2次世界大戦後も現地に残った元日本兵の家族との対面などが予定されている。
滞在中には、中部の古都・フエも訪れ、5日には、タイの首都バンコクに立ち寄り、長年交流があり、2016年に亡くなったプミポン前国王を弔問し、6日に帰国される。


<天皇陛下>ベトナム、タイ訪問にあたってのおことば全文
毎日新聞 2/28(火) 12:53配信

550
空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下=羽田空港で2017年2月28日午前10時43分、代表撮影

 ベトナム、タイ訪問にあたっての天皇陛下のおことばは次の通り。

 この度、ベトナム社会主義共和国のクアン国家主席閣下の御招待により、皇后と共に、同国を初めて訪問し、その帰路にタイ王国を訪れます。

 ベトナムからは、2007年にチェット国家主席を、2014年にサン国家主席を国賓として我が国にお迎えし、また、私どもに対してベトナム訪問の御招待を重ねて頂いておりました。この度の訪問においては、首都であるハノイにおいて歓迎式典を始めとする公式行事に臨み、日越の交流に携わる人々との会合の機会を持ち、その後、古都であるフエにおいて、ベトナムの歴史に触れることが予定されています。私どもの訪問が両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資することを願っております。

 また、昨年10月に崩御になったプミポン国王陛下と私どもは、半世紀を超える親しい交流を重ねてきており、帰路タイを訪れ、同国王への最後のお別れをし、新国王ワチラロンコン陛下に弔意を表したいと思っております。

 内閣総理大臣を始め、この訪問に心を寄せられてきた多くの人々に深く感謝いたします。


お言葉を述べられる天皇陛下
時事通信 2/28(火) 12:51配信

555
空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下=28日午前、羽田空港(代表撮影)


お言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま
時事通信 2/28(火) 12:51配信

554
空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま=28日午前、羽田空港(代表撮影)


両陛下、ベトナムへ出発
時事通信 2/28(火) 12:32配信

553
天皇、皇后両陛下は28日午前、ベトナム公式訪問のため、羽田空港発の政府専用機で首都ハノイへ向けて出発された。両陛下の同国訪問は初めて。国賓として3月5日まで滞在する。

(時事通信社)


天皇、皇后両陛下がベトナムへ出発…初の訪問
読売新聞 2/28(火) 11:57配信

552
ベトナム、タイ訪問に出発される天皇、皇后両陛下(28日午前10時58分、羽田空港で)=佐々木紀明撮影

 天皇、皇后両陛下は28日午前、友好親善を目的にベトナムを公式訪問するため、政府専用機で羽田空港を出発された。

 両陛下のベトナム訪問は初めて。同国訪問後は、タイ・バンコクに立ち寄り、昨年10月に亡くなったプミポン前国王に別れを告げられる。

 空港では、皇太子さまを始めとする皇族方や、安倍首相ら三権の長などが出席し、出発行事が行われた。天皇陛下は「私どもの訪問が両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資することを願っております」とあいさつされた。

 両陛下は現地時間の28日午後、ハノイに到着。3月1日に国家主席府での歓迎式典や晩餐(ばんさん)会などの公式行事に臨まれる。2日は、先の大戦後もベトナムにとどまり、フランスとの独立戦争に加わった「残留日本兵」の家族と懇談される。


<両陛下>初のベトナム訪問へ 空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま
毎日新聞 2/28(火) 11:48配信

551
空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま=羽田空港で2017年2月28日午前10時42分、代表撮影

(毎日新聞)


<両陛下>初のベトナム訪問へ出発 空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下
毎日新聞 2/28(火) 11:46配信

550
空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下=羽田空港で2017年2月28日午前10時43分、代表撮影

(毎日新聞)


<両陛下>初のベトナム訪問へ出発
毎日新聞 2/28(火) 11:44配信

549
ベトナムへ出発される天皇、皇后両陛下=羽田空港で2017年2月28日午前10時58分、猪飼健史撮影

(毎日新聞)


<両陛下>初のベトナム訪問へ出発
毎日新聞 2/28(火) 11:37配信

548
ベトナムへ出発される天皇、皇后両陛下=羽田空港で2017年2月28日午前10時58分、猪飼健史撮影

 天皇、皇后両陛下は28日午前、羽田空港から政府専用機でベトナムへ出発された。友好親善を目的に国賓として招かれたためで、両陛下の同国訪問は初めて。ハノイとフエの2都市に滞在する。3月5日には、昨年10月に亡くなったプミポン前国王の弔問のためタイに立ち寄り、6日に帰国する。空港では、皇太子ご夫妻ら皇族方や、安倍晋三首相夫妻らが両陛下を見送った。

 空港の貴賓室で開かれた出発行事で、天皇陛下は「私どもの訪問が両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資することを願っております」とベトナム訪問への思いを述べた。タイの前国王弔問については「半世紀を超える親しい交流を重ねてきており、同国王への最後のお別れをし、新国王陛下に弔意を表したいと思っております」と述べた。

 両陛下は1日、首都ハノイで国家主席夫妻が主催する晩さん会に出席し、天皇陛下がおことばを述べる。2日には両陛下で太平洋戦争後のベトナムに一時期とどまった元日本兵の家族らと面会する。

 また、4日にはベトナム最後の王朝「グエン朝」の都として栄えた古都フエで、フランス植民地下のベトナム独立運動の英雄ファン・ボイ・チャウ(1867~1940年)の記念館を訪ねる。チャウは、ベトナム青年を日本に留学させて人材を養成する「東遊(ドンズー)運動」を起こしたことで知られる。【高島博之、山田奈緒】


天皇、皇后両陛下がベトナムへご出発
産経新聞 2/28(火) 11:17配信

 天皇、皇后両陛下は28日、政府専用機で羽田空港からベトナムの首都、ハノイに向け出発された。ベトナムは友好親善を目的に、初のご訪問となる。帰途にタイ・バンコクに立ち寄り、3月6日に帰国される予定。

 出発前の羽田空港で行われた行事では、天皇陛下がお見送りの皇太子さまをはじめ皇族方、安倍晋三首相らに対し、「私どもの訪問が両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資することを願っております」と述べられた。

 両陛下は3月1日、国家主席夫妻主催の晩餐(ばんさん)会に臨席される。2日は先の大戦終結後、フランスとの第1次インドシナ戦争に参加した残留元日本兵の家族と面会される。3日にはベトナムの古都・フエに移動し、4日に独立運動家のファン・ボイ・チャウ記念館をご訪問。5日にはタイ・バンコクで、昨年死去したプミポン前国王を弔問される。


両陛下、ベトナムへ出発=親善訪問、タイ立ち寄りも
時事通信 2/28(火) 11:05配信

 天皇、皇后両陛下は28日午前、ベトナム公式訪問のため、羽田空港発の政府専用機で首都ハノイへ向けて出発された。

 両陛下の同国訪問は初めて。国賓として3月5日までベトナムに滞在した後、昨年10月に死去したプミポン前国王の弔問のため、タイに立ち寄る。3月6日に帰国する。

 今回のベトナム訪問は国際親善が目的で、国賓として来日した歴代の国家主席から直接両陛下が招待を受けていた。両陛下の外国訪問は、昨年1月にフィリピンを公式訪問して以来となる。

 天皇陛下は空港の貴賓室で行われた出発行事で、「私どもの訪問が両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資することを願っております」と述べた。空港では皇太子ご夫妻ら皇族方、安倍晋三首相夫妻らが見送り、両陛下は一人一人にあいさつしてタラップを上がり、手を振って機内に入った。

 両陛下は28日午後、ハノイのノイバイ国際空港に到着。3月1日に国家主席府でチャン・ダイ・クアン国家主席夫妻との会見や晩さん会といった公式歓迎行事に臨む。同2日は終戦後にベトナムに残った元日本兵の家族らと面会。3日には中部にある都市フエに移動し、4日にベトナム最後の王朝の王宮などを視察する。

 ベトナム公式訪問を終える5日午後、政府専用機でフエからタイの首都バンコクに入り、王宮を訪問。皇太子夫妻時代から半世紀にわたって交流を重ねてきたプミポン前国王を弔問した後、ワチラロンコン新国王と会見する。6日夜に帰国する。


両陛下、ベトナム・タイへ きょうご出発 プミポン前国王ご弔問
産経新聞 2/28(火) 7:55配信

 天皇、皇后両陛下は28日、6泊7日の日程でベトナムとタイへの公式訪問に出発される。友好親善と弔問が目的で、ベトナムご訪問は初めてとなる。宮内庁によると、両陛下がご高齢であることに配慮し、余裕を持った日程が組まれた。

 両陛下は28日、ベトナムの首都、ハノイにご到着。3月1日は国家主席夫妻主催の晩餐(ばんさん)会に臨席される。2日は先の大戦終結後、フランスとの第1次インドシナ戦争を戦った残留元日本兵家族と面会するほか、ベトナム戦争の枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれた「ベトちゃん、ドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんとも懇談される。

 3日にはベトナムの古都フエにご移動。4日は独立運動家のファン・ボイ・チャウ記念館を訪問し、5日にはタイ・バンコクで、昨年死去したプミポン前国王を弔問される。

2017年2月27日 (月)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・16

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

10番目の記事
11番目の記事
12番目の記事
13番目の記事
14番目の記事
15番目の記事

リンク:実行犯の女2人、1日に起訴=金正男氏殺害―マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国外相、北朝鮮指導者の責任追及を主張 国連人権理で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国・国家情報院が「国家テロ」だと断定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシアから見た「金正男暗殺事件」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏の「愛人」捜す? =マレーシア警察―メディア報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:VX、証拠提示を=安保理での議論に意欲―英国連大使 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害は「北朝鮮の国家テロ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国連安保理、北朝鮮の制裁逃れを非難 マレーシアなど拠点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<日米韓首席会合>「北朝鮮に国際的圧力必要」共同声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、「正恩氏が指示した組織的テロ」 韓国情報当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日米韓の6カ国協議代表、北への「強力な圧力」表明 金正男氏殺害でも協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮への国際的圧力必要=金正男氏殺害も議論―日米韓代表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏毒殺 北工作機関、シンガポールにも拠点 国連報告書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 4人は北秘密警察 女2人を殺人罪で起訴へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国、北対応に硬軟織り交ぜ 半島安定へ戦略的忍耐 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏毒殺 事件解明に3つの壁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害、北の秘密警察が関与…韓国情報機関 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:捜査長期化、不可避に=金正男氏事件から2週間 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア拠点に制裁破り=安保理、北朝鮮を非難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金ハンソル氏 米・中・韓の対北カードで最大の切り札に浮上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>韓国、事件は秘密警察「国家保衛省」名指し - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>2人の女容疑者と指示役の北朝鮮人を訴追へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害「国際秩序への挑戦」=韓国外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>韓国が「北朝鮮の国家テロ」断定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、秘密警察トップ軟禁=正恩氏に虚偽報告か―韓国情報機関 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏事件、秘密警察関与か=容疑者4人が出身―韓国情報機関 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害で「ならず者国家」観光考える日本人 「恐ろしさを知らない者の行動だ」と元赤旗平壌特派員が絶句 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮と中国も険悪な関係か CCTVが報じた金正男氏暗殺事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 身元確認は難航 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:摘発のマンションは犯行グループの本拠地か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、北朝鮮の国家保衛省・外務省が計画=韓国情報機関 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正恩氏「兄殺し」の大罪で軍反逆か 過去にトップの“暗殺未遂”…「伝統的な北体制の構造が崩れている」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正恩氏「暗殺リスト」妻まで標的か 正男氏VX毒殺主導「偵察総局」実態 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア、金正男氏殺害現場の空港に安全宣言 清掃を完了 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

実行犯の女2人、1日に起訴=金正男氏殺害―マレーシア
時事通信 2/28(火) 14:51配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアのアパンディ司法長官は28日、警察に実行犯として逮捕された女2人が3月1日に殺人罪で起訴されると明らかにした。

〔写真特集〕金正男氏殺害事件~黒幕とされる2等書記官、犯行時のイメージ映像も~

 地元メディアが伝えた。今回の事件で容疑者が起訴されるのは初めて。

 マカオに向かうところだった正男氏は2月13日、クアラルンプール国際空港で女2人に顔に液体を塗り付けられた後、間もなく死亡した。警察は実行犯としてベトナム人のドアン・ティ・フォン(28)、インドネシア人のシティ・アイシャ(25)両容疑者を相次いで逮捕。検視の結果、正男氏の遺体から猛毒の神経剤VXが検出された。

 アパンディ長官によると、女2人は1日午前、クアラルンプール近郊セパンの裁判所に出廷する。

 2人は「いたずら動画に出演すると思っていた」などと殺意を否認しているとされる。しかし、2人には毒物を扱っていた認識があったと捜査当局は判断しているもようだ。


韓国外相、北朝鮮指導者の責任追及を主張 国連人権理で
ロイター 2/28(火) 14:37配信

[ジュネーブ 27日 ロイター] - 韓国の尹炳世外相は27日、スイスのジュネーブで開催中の国連の人権理事会で演説し、北朝鮮で大量粛清や強制労働などの人権侵害が「悪化の一途」をたどっているとして、国際社会の平和や安全に対する脅威となる前に北朝鮮指導者の責任を国際刑事裁判所(ICC)で追及すべきだと主張した。

また、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が2週間前にマレーシアで殺害された事件を「暗殺」だとして非難した。

「北朝鮮では、数え切れない一般人はもとより、位の高い要人数百人までもが公開処刑、もしくは裁判なしに処刑されている」と訴え、亡命する北朝鮮人の数が増えているのは無理もないことであり、「この虐待と犯罪の責任者が誰かは、私たち全てが知っている」と語った。

また、国連の報告書を引き合いに出し、北朝鮮では最大で12万人が収容所にいると指摘し、「容赦ない監視の下、国中が強制収容所と化している」と訴えた。

北朝鮮の代表団や、主要同盟国である中国からの反応は今のところない。


韓国・国家情報院が「国家テロ」だと断定
ホウドウキョク 2/28(火) 12:20配信

韓国の情報機関「国家情報院」は27日、金正男氏が殺害された事件について、「北朝鮮の金正恩委員長が主導した国家テロ」だと断定した。

この記事の動画を見る

韓国の「国家情報院」は金正男氏がマレーシアで殺害された事件について、「北朝鮮の金正恩委員長が組織的に展開した明白な国家テロだ」と断定し、国会に報告している。

また、事件への関与が疑われている北朝鮮籍の男8人のうち6人が北朝鮮の秘密警察にあたる「国家保衛省」と外務省所属のメンバーで、今回、国家保衛省のオ・ジョンギル容疑者(55)や外務省のリ・ジヒョン容疑者(33)がで構成される2つの「殺害班」と国家保衛省のヒョン・グァンソン2党書記官(44)らが担当する「支援班」に分かれて犯行に及んだと指摘した。

一方、アメリカ国防総省のデービス報道部長は金正男氏殺害に猛毒のVXが使用されたことについて、「北朝鮮の化学兵器は現実の脅威」だとして、核やミサイルにあわせて強い懸念を表明している。
(文責:松島 スタッフ:能勢・中西・北原)

2月27日(月)配信「日刊安全保障」より


マレーシアから見た「金正男暗殺事件」
新潮社 フォーサイト 2/28(火) 12:00配信

 北朝鮮の指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏とみられる男性が殺害された事件で、現場となったマレーシアと殺害への関与を認めない北朝鮮の関係が緊迫化している。このままでいけば、国際的に孤立する北朝鮮が、東南アジアで歴史的に確保してきた友好国・マレーシアという貴重な足場を事実上失うことは間違いなさそうだ。

■国交断絶も? 

 DNA鑑定で身元を特定できていない状態で遺体の引き渡しを認めないマレーシアに対して、北朝鮮は「我々の敵対勢力(韓国)と結託している」などと述べて強く批判している。いわば陰謀論で、マレーシアが事件の背後にいることをほのめかした形だ。しかし、常識的に考えれば、その国の司法権の及ぶ場所で殺人事件が起きたのであれば、外国の著名人でも起訴されるまで法的手続きを完成させなくてはならないことは言うまでもない。

 マレーシアのアマン外務大臣は「マレーシア政府は、我が国の名誉をおとしめるでたらめな批判には非常に厳しく対応する」と述べ、ナジブ首相も「我々は北朝鮮にあえて汚名をかぶせる必要はない。だが、我々は公正さを守りたい」とたまらずコメントした。

 これはかなり本音のところであろう。北朝鮮の要求はあまりにも国際常識やマレーシアの主権を無視したものに思える。マレーシア政府も「ふざけるな」というレベルにまでいらだちが高まっている。マレーシアはすでに駐北朝鮮大使を一時帰国させた。マレーシア警察は事件への北朝鮮大使館員の関与を公表し、猛毒のVXガスの使用も断定するなど、調査の手を緩める様子はなく、両国の断交すら見えてきかねない展開になっている。

■北朝鮮のメリット

 だが、本来マレーシアは北朝鮮にとって、アジアで随一とも言える友好的な国だった。両国の関係は、冷戦下の1960年代に東西両陣営に属さない第3勢力として始まった非同盟運動以来のつながりだ。同じ非同盟運動の関係もあり、北朝鮮はインドネシア、シンガポール、ベトナムなどASEAN(東南アジア諸国連合)各国と一定の関係を持っており、これらの国の多くの大使館が、北朝鮮産品の輸出や工業製品の輸入などを行うビジネスの拠点として使われてきた。今後の影響はマレーシアのみにとどまらず、各国で北朝鮮出身者による活動の制限や監視の厳格化といった措置が取られるだろう。

 1973年に国交を結んだマレーシアと北朝鮮との近さはかなり際立っている方で、「古き良き友人」だったと言っていいだろう。2003年には相互に大使館を開設、2009年に両国は合意文書をかわし、マレーシアは世界で唯一、1カ月の短期訪問についてはビザなしで北朝鮮に入国できる国になった。もちろん北朝鮮国民もマレーシアにビザなしで入国できる。実際は、マレーシアから北朝鮮に行くにしてもグループでのツアー客が多く、個人として自由に出入りするマレーシア人はごくわずかだったとされる。北朝鮮関係者がマレーシアに自由に出入りできるメリットの方がはるかに大きかったに違いない。

■マハティール元首相の後押し

 これまでマレーシアは、北朝鮮に対してしばしば国際社会の注目を浴びるような交渉の舞台を提供している。2000年に開かれた米朝ミサイル協議や、2002年の日朝国交正常化交渉も、マレーシアの首都クアラルンプールで行われている。センシティブな問題を扱う外交交渉のホスト国になるには、出席国からのそれなりの信頼がない場合は難しく、高度なロジスティックスのすり合わせも必要なので、どこでもいい、というわけではない。

 特にマハティール元首相は、マレーシアが北朝鮮との一定の関係を持つことが米国などに対抗する自主外交の証明でもあるという「意地」もあり、北朝鮮に外交の舞台を提供して存在感を示そうとしていた部分があったと思える。ASEAN地域フォーラム(ARF)は北朝鮮が参加国メンバーで、北朝鮮の閣僚が定期的に出席して発言する数少ない貴重な国際会議の場となっているが、マハティールは在任中、ベトナムなどとともに北朝鮮の参加を後押ししてきた。

 マハティールの引退後も両国の密接な関係は続き、2007年には北朝鮮首相だった金英日(キム・ヨンイル)がマレーシアを訪れ、経済関係の強化に合意をしている。マレーシアのヘルプ大学という私立大学が経済名誉博士号を金正恩に贈ったこともあった。

 経済上は、マレーシアも主力輸出産品のパームオイルを北朝鮮が買ってくれるというメリットはあった。北朝鮮の観光局はマレーシアに東南アジアのハブとなるオフィスを開設しており、東南アジア各国からの渡航希望者のビザを処理していたとされる。北朝鮮製の武器をマレーシアが購入するだけではなく、武器輸出拠点をマレーシアに設けており、米国政府が懸念を持っているといった米紙報道も過去には流れている。

■北朝鮮が払う代償

 マレーシアにおいて、北朝鮮からの単純労働者やビジネスマンは数千人単位に達していたという報道もある。華人系の多いマレーシアにおいて、北朝鮮産の漢方生薬の輸入も安定して供給されてきたし、華人企業で中国語に通じた北朝鮮系の人材が働きやすいこともあったとされる。金正男が日常的に拠点のマカオからマレーシアへ出入りしていたというのも、両国の密接な経済関係があってのことかもしれない。今回北朝鮮が金正男の暗殺を国家レベルで実行していたとすれば、それだけの人員、ロジ、立案などを包括的にやれるのもマレーシアだからこそということだったのかもしれず、であれば皮肉なことだ。

 だが、マレーシアとしても長年の友誼はあっても、今回の事件は、その友情に対して恩をあだで返すような行為で、さらに北朝鮮の暗殺を黙認したなどというイメージがついてしまったら、国際的信用に関わる話である。ただでさえ、近年相次いだマレーシア航空機の失踪・撃墜事件で打撃を受けているので、最初は淡々と事件を処理していく姿勢だったとみられるが、北朝鮮の強硬な対応で、政府の感情もマレーシア国内の世論も厳しいものになっている。VXガスまで持ち込むか製造するかできるほど、北朝鮮関係者にやりたい放題をさせていた、という誹りを浴びることは不可避なマレーシア政府は、なおさら厳格に事件を処理せざるをえない。

 今回の事件で半世紀におよぶ友好の歴史を持ってきたマレーシア・北朝鮮関係は冷え込み、北朝鮮は海外で比較的自由に活動できる数少ない拠点の機能を失うことが予想され、その代償は安くないだろう。(野嶋 剛)


正男氏の「愛人」捜す? =マレーシア警察―メディア報道
時事通信 2/28(火) 11:46配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、シンガポールのテレビ局チャンネル・ニューズ・アジア(電子版)は27日、マレーシア警察が事件に関連して事情を聴くため正男氏の愛人女性を捜していると報じた。

 
 警察幹部筋の話として伝えたもので、それによると、愛人は「ソ・ヨンラ」という名前の41歳の女性で、1992~98年に北朝鮮の高麗航空で勤務していた平壌出身の元客室乗務員。2001年から正男氏とマカオで一緒に暮らしていたとみられている。

 同筋の話では、正男氏のマレーシア訪問には同行していなかったが、正男氏が01年に日本で拘束された際に一緒にいた女性の一人だという。

 ただ、28日付のマレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズによると、マレーシア警察のカリド長官は同紙に対し、警察が愛人女性の聴取を望んでいるとの報道について「事実ではない」と否定した。


VX、証拠提示を=安保理での議論に意欲―英国連大使
時事通信 2/28(火) 11:24配信

 【ニューヨーク時事】ライクロフト英国連大使は27日、マレーシアで起きた北朝鮮の金正男氏暗殺事件で猛毒の神経剤VXが使用されたことに関連し、「証拠があるなら、化学兵器禁止機関(OPCW)と国連安保理に送るべきだ」と述べ、マレーシアに証拠の提示を要請した。

 国連本部で記者団に語った。

 大使はまた、「(証拠が提示されれば)前に進める」と述べ、安保理で議論することに意欲を示した。安保理で議論する上で、OPCWへの証拠提示は必須ではないが、安保理外交筋は「証拠能力の強化につながる」と指摘している。


金正男氏殺害は「北朝鮮の国家テロ」
ホウドウキョク 2/28(火) 11:21配信

韓国の情報機関「国家情報院」は27日、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件について、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が主導した国家テロ」だと断定した。
韓国国家情報院の報告を受けた議員は、「(北朝鮮の)国家保衛省と外務省が直接主導したテロ事件なので、国家テロ事件だと規定した」と述べた。
韓国の国家情報院は、金正男氏がマレーシアで殺害された事件について、「北朝鮮の金正恩委員長が組織的に展開した明白な国家テロだ」と断定し、国会に報告した。
また、事件への関与が疑われている北朝鮮籍の男8人のうち6人が、北朝鮮の秘密警察にあたる「国家保衛省」と「外務省」所属のメンバーで、今回、国家保衛省のオ・ジョンギル容疑者や、外務省のリ・ジヒョン容疑者らで構成される2つの「殺害班」と、国家保衛省のヒョン・グァンソン2等書記官らが担当する「支援班」に分かれて犯行に及んでいたと指摘した。


国連安保理、北朝鮮の制裁逃れを非難 マレーシアなど拠点
AFP=時事 2/28(火) 10:19配信

【AFP=時事】国連安全保障理事会(UN Security Council)は27日、非公開の会合を開き、北朝鮮が制裁を逃れようと「無責任で挑発的な」試みをしていると非難する声明を全会一致で採択した。国連(UN)の専門家パネルはこれに先立ち、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害されたマレーシアなどで、北朝鮮がフロント企業を利用して制裁を回避しているとする報告書をまとめていた。

 声明は北朝鮮の唯一の後ろ盾である中国も支持した。安保理の議長国ウクライナのウラディミル・イェルチェンコ(Volodymyr Yelchenko)国連大使は会合について、北朝鮮に対する制裁決議が「完全に履行されることの重要性」で一致したと明らかにした。

 AFPが24日に入手した専門家パネルの報告書では、北朝鮮が「ますます巧妙化している」方法で、国連の制裁決議で科された貿易禁止や銀行取引制限を回避していると結論付けていた。

 報告書では、マレーシアに拠点を置くグローコム(Glocom)というフロント企業が北朝鮮製の軍事通信機器をエリトリアに販売していたと指摘。この企業は北朝鮮の対外情報・工作機関、朝鮮人民軍偵察総局が運営し、中国から部品を調達していたほか、シンガポールにも事務所を置いているという。

 国連安保理は北朝鮮に対する制裁決議をこれまでに6回採択しており、昨年の2回では制裁の大幅な強化や、北朝鮮による外貨獲得の阻止が盛り込まれている。【翻訳編集】 AFPBB News


<日米韓首席会合>「北朝鮮に国際的圧力必要」共同声明
毎日新聞 2/28(火) 10:14配信

 【ワシントン山本太一】北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の日米韓3カ国首席代表会合が27日、米ワシントンで開かれた。北朝鮮による核・弾道ミサイル開発は「3カ国の安全保障を直接脅かしており、強力な国際的圧力が必要」とする共同声明を発表した。会合は昨年12月以来の開催で、トランプ米政権発足後は初めて。

 3カ国首席代表は、北朝鮮の貿易の9割近くを占める中国など関係国が、国連安全保障理事会決議に基づく制裁を履行する重要性で一致。各国独自の制裁措置も含め、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発を効果的に阻止する方策を話し合った。

 また、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の殺害事件も協議。国家ぐるみの犯罪との見方が強まっており、米国が金融制裁などの対象とする「テロ支援国家」への再指定を検討していることについても意見が交わされたとみられる。北朝鮮による拉致問題の早期解決の重要性なども確認した。

 会合には、日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長、米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表、韓国外務省の金烘均(キム・ホンギュン)朝鮮半島平和交渉本部長がそれぞれ出席した。

 北朝鮮が12日に弾道ミサイルを発射したのを受け、日米韓3カ国の外相は16日、訪問中のドイツで会談。ミサイル発射は安保理決議を無視する行為だと非難し、今回の事務レベルによる協議開催を指示していた。


金正男氏殺害、「正恩氏が指示した組織的テロ」 韓国情報当局
CNN.co.jp 2/28(火) 9:55配信

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件について、韓国の情報当局、国家情報院(NIS)は27日、「正恩氏が指示した組織的なテロ」との見解を示した。

韓国の国会議員がテレビ演説を通し、国家情報院当局者の話として述べた。

同議員が記者会見で語ったところによると、正男氏殺害の作戦には、北朝鮮の国家保衛省(秘密警察)と外務省の職員各1人で構成する2人組が2組、別々に参加した。実行犯とされる女2人のうち、一方の2人組がベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者を、もう一方がインドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者を勧誘した。

4人は事件直前にマレーシアで合流し、すでに全員が北朝鮮へ戻ったとされる。

このほかに、北朝鮮大使館の職員と国営高麗航空や貿易会社の従業員らで構成される大規模な集団が犯行に加担したという。

一方、北朝鮮は一切の関与を否定し、韓国メディアが「偽のニュース」を報じたと非難している。


日米韓の6カ国協議代表、北への「強力な圧力」表明 金正男氏殺害でも協議
産経新聞 2/28(火) 9:53配信

 【ワシントン=加納宏幸】北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の日本、米国、韓国の首席代表は27日、ワシントンで会合を持った。北朝鮮の金(キム)正(ジョン)男(ナム)氏殺害事件についても意見交換。北朝鮮の核・ミサイル開発が米国を含む安全を「直接脅かしている」との認識に基づき、北朝鮮への「強力な国際的圧力」が必要だとする共同声明を発表した。

 首席会合は昨年12月にソウルで開かれて以来で、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長、米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表、韓国外務省の金(キム)●(=火へんに共)(ホン)均(ギュン)朝鮮半島平和交渉本部長が出席した。

 金正男氏の殺害をめぐっては、同氏を事実上保護してきた中国と北朝鮮の関係に及ぼす影響を分析。国連安全保障理事会決議に基づく制裁を中国が厳格に履行することの重要性も確認した。また、日本人拉致問題の早期解決が重要であるとの認識で一致した。

 米国では議会などから北朝鮮をテロ支援国家に再指定するよう求める意見が出ているが、金杉氏は記者団に「日米韓の連携でどう北朝鮮に働きかけるのが最も効果的か意見交換したが、個別具体的なことは控える」と述べるにとどめた。

 金氏殺害で神経剤VXが使われたことで「これまで以上に米国の北朝鮮に対する見方は厳しいものがあった」との認識も示した。


北朝鮮への国際的圧力必要=金正男氏殺害も議論―日米韓代表
時事通信 2/28(火) 8:33配信

 【ワシントン時事】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の日米韓首席代表は27日、ワシントンの国務省で会合を開いた後、共同声明を発表し、核・ミサイル開発を踏まえ「北朝鮮の体制への強力な国際的圧力が必要だ」と強調した。

 日米韓の代表は会合で、北朝鮮の金正男氏殺害事件が北朝鮮情勢に与える影響をめぐっても議論した。

 首席代表会合は1月にトランプ政権が発足して以来初めて。出席した外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は会合後、記者団に「米国の北朝鮮に対する見方はこれまで以上に厳しい」と指摘し、トランプ政権下で「北朝鮮に対する抑止力が高まっている」との認識を示した。

 正男氏殺害事件を受け、米議会などでは、北朝鮮をテロ支援国に再指定するよう米政府に求める声が上がっているが、金杉局長は、再指定が議題に上ったかどうかは明らかにしなかった。

 共同声明によると、日米韓代表は、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議を全ての加盟国に履行させるための協力策について協議。また、北朝鮮の兵器開発計画の収入源の締め付けなど、日米韓が独自の権限で取り得る措置についても検討を加えた。


金正男氏毒殺 北工作機関、シンガポールにも拠点 国連報告書
産経新聞 2/28(火) 7:55配信

 ■日本企業と提携か

 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがまとめた報告書で、北朝鮮の工作機関である偵察総局がマレーシアで運営するフロント企業による制裁逃れの非合法活動が浮き彫りとなってきた。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が殺害された事件をめぐっても、北がマレーシアに構築してきた拠点やネットワークが活用されたとみられ、国際社会による実態解明や監視の強化が急がれている。

 マレーシア・クアラルンプールにある北の偵察総局のフロント企業とされるのはグローバル・コミュニケーション社(グローコム)。1996年に設立され、軍事、準軍事用の通信機器販売を手がける。

 ロイター通信は100ページにわたる報告書を入手した。同通信や国連関係者にによると、北朝鮮人の幹部が窓口となり、軍事関連の通信機器の取引を行っていたとみられる。昨年7月には東アフリカのエリトリアに密輸する途中の北朝鮮製軍事備品が押収され、その中に同社が製造していた軍事用無線など45箱分が含まれていたという。

 少なくとも7、8人の北出身の同社従業員が国連の調査で把握されており、偵察総局との関係が疑われてきた。同通信が伝えた報告書の記述によると、グローコムの関連企業とされる在シンガポールの「パン・システムズ」は平壌に拠点があった。また、同社はホームページ上で、駐車場設備製造の日本企業との提携をうたっている。

 一方、マレーシアをはじめ東南アジア地域では、このほか複数の国連安保理制裁対象企業が拠点を置いていたことが確認されている。こうした既存のネットワークが金正男氏殺害の背景にもある。事件で神経剤VXが使用されたことで「地域における化学兵器取引にも国際的な監視を強める必要がある」(関係者)と指摘される。


正男氏暗殺 4人は北秘密警察 女2人を殺人罪で起訴へ
産経新聞 2/28(火) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝、ソウル=名村隆寛】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏殺害事件は、発生から27日で2週間となった。マレーシア警察当局者は同日、逮捕した女2人を検察当局が3月1日に殺人罪で起訴する方針だと明らかにした。

                   ◇

 一方、韓国の情報機関、国家情報院は27日、正男氏殺害について「北朝鮮の国家保衛省(秘密警察)と外務省などが直接主導し、金正恩が組織的に展開した国家主導のテロ事件である」と断定した。国会情報委員会で報告した。

 委員会の出席議員によれば、国情院は事件の容疑者8人のうち4人が国家保衛省、2人が外務省の所属だったと説明した。

 犯行には2つの暗殺グループが関与。2つのグループは3人一組で別々に行動していたが、マレーシアで合流し13日に犯行を実行した。

 1組目は保衛省所属のリ・ジェナム容疑者と外務省のリ・ジヒョン容疑者で構成され、ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者を抱き込んだ。

 2組目は保衛省のオ・ジョンギル容疑者と外務省のホン・ソンハク容疑者で、インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者を抱き込んだという。

 在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官(保衛省所属)ら4人の支援グループが、正男氏の動向追跡などの役割を果たしたという。

 殺害事件から2週間たつが、正男氏の親族のマレーシア入りはまだ実現していない。マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、親族によるDNA型鑑定が困難な場合、歯型や顔のほくろによる照合も遺体の身元を確認する方法になり得るとの考えを示した。


中国、北対応に硬軟織り交ぜ 半島安定へ戦略的忍耐
産経新聞 2/28(火) 7:55配信

 【北京=藤本欣也】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害事件をめぐり、中国の習近平政権が北朝鮮当局へ硬軟織り交ぜたシグナルを送っている。

 中国商務省が突然、北朝鮮産の石炭輸入を今年いっぱい停止すると発表したのは18日。「2月に入ってからのミサイル発射と金正男氏殺害に対する中国の強烈な不満を示した」(中朝専門家)との見方が強い。その一方、中国外務省報道官は24日の会見で「中朝は友好的な隣国同士だ」などと述べ、対北批判を封印した。さらに消息筋によると、中国政府は、金正男氏を特集しようとした国内の雑誌に“抗議”し、記事を差し替えさせている。

 中国にとって、北京やマカオで事実上保護していた親中派、金正男氏が殺害され「メンツが潰れた」のは間違いない。しかし中国が最も恐れているのは、北朝鮮国内が大混乱に陥り(1)朝鮮半島の安全保障のバランスが崩れる(2)国境付近の北朝鮮の核施設が危険にさらされる-事態を招くことだ。

 習近平国家主席は17日、北京で国家安全会議を主宰。重要講話の中で、国際情勢がいかに変化しても「戦略的忍耐」を維持し、「底線(レッドライン)」を堅持しなければならない-と指示したとされる。

 習政権の「底線」とは、「朝鮮半島の安定」である。金正男氏殺害は不快な事件だが、レッドラインを越えるものではないと判断したということだ。引き続き米朝対話を促し、危機回避を模索することになる。

 ただし米国から、北朝鮮への圧力強化を求められるのは必至。一般国民や中国共産党内からは、北朝鮮への反発や弱腰批判が噴出しかねない。このため、石炭禁輸といった強硬政策もまた不可欠だったといえる。

 トランプ米政権はオバマ前政権の「戦略的忍耐」政策と決別した。習政権はまだ「忍耐」をやめる段階ではないとみている状況だ。


金正男氏毒殺 事件解明に3つの壁
産経新聞 2/28(火) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件発生から2週間。マレーシア警察は、神経剤VXによる毒殺と認定したものの、入手経路の特定などは難航している。主犯格とみられる北朝鮮国籍の4容疑者はすでに本国へ逃亡したとみられ、捜査には手詰まり感が漂う。警察は事件解明へ、3つの壁に直面している。

 (1)殺害メカニズム

 マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、金正男氏の司法解剖について、大量のVXが目や口から吸収され、心臓や肺なども影響を受けたと発表した。致死量の10ミリグラムを大きく超える量で「吸収が早く、ほんの2、3分で症状が現れていた」と指摘。警察当局に正式報告するとした。

 地元英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズは27日、VXが使われた理由について、「即効性がある毒物でありながら、暗殺者に逃走する時間を与えることができるため」とみる政府幹部の見方を伝えた。

 ただ、実行犯の女2人は、素手でVXを正男氏の顔に塗りつけたとみられている。大量の猛毒を扱って生き延びられたことに疑問が残る。警察は、女たちが解毒剤などを使っていなかったかを調べる方針だ。

 保健相によると、正男氏を手当てした空港スタッフや医療関係者にも、症状は出ていない。毒殺のメカニズム解明は難航。警察は、4容疑者が借りていたマンションから押収した化学物質の分析を急ぐ。

 (2)不逮捕特権

 事件に関与したと警察が特定した北朝鮮国籍の男たちのうち、逮捕に至ったのは、後方支援役とみられる1人のみ。マレーシア警察は、北朝鮮大使館内に隠れていると伝えられるヒョン・グァンソン2等書記官らの逮捕状を請求する構えを見せながら、大使館に「協力」を求めているが、「不当捜査」を訴える北朝鮮側に応じるそぶりはない。

 外交官には、他国の警察などに拘束されない「外交特権」もある。北朝鮮と国交を断絶すれば強制執行も可能になるとの指摘もあるが、マレーシア政府幹部は「ひとつの事件をもってして断交を判断するのは性急すぎる」と否定的だ。

 (3)遺体の身元確認

 警察にとり、行き詰まる捜査の突破口としたいのが、遺体の「身元確認」だ。「死因は心臓発作」とした北朝鮮側の主張はとりあえず、司法解剖で論破した。ただ、北朝鮮側は遺体をあくまで「外交旅券を持った北朝鮮国籍のキム・チョル」と強弁している。

 遺体に関しマレーシア政府は、韓国当局による指紋照合などから正男氏と特定した。ただ、警察は親族によるDNA型鑑定を優先するとする国内手続きを重視。遺体も親族に引き渡すとしており、遺体の「早期返還」を求める北朝鮮側を牽制(けんせい)している。

 しかし、正男氏の家族は北京に本妻との息子、マカオに別の女性との息子ハンソル氏と娘が住み、いずれも中国当局の身辺保護を受けているとされる。警察は渡航を求めているが、実現のめどは立っていない。


正男氏殺害、北の秘密警察が関与…韓国情報機関
読売新聞 2/28(火) 7:30配信

 【ソウル=宮崎健雄】韓国の情報機関・国家情報院は27日、北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)の殺害に北朝鮮の秘密警察・国家保衛省と外務省の職員が関わったとし、「金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長によって組織的に行われた国家主導テロ」と国会に報告した。

 報告を受けた国会議員によると、国情院は実行犯が二つの暗殺グループと4人の現地支援チームで構成されたと分析。国外逃亡した4人のうち、国家保衛省のリ・ジェナム容疑者(57)と外務省のリ・ジヒョン容疑者(33)がベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)を、国家保衛省のオ・ジョンギル容疑者(55)と外務省のホン・ソンハク容疑者(34)がインドネシア人のシティ・アイシャー容疑者(25)をそれぞれ引き入れた。その後、2人がマレーシアで合流し暗殺を実行したと国情院はみている。


捜査長期化、不可避に=金正男氏事件から2週間
時事通信 2/28(火) 7:06配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件は27日、発生から2週間となった。

 マレーシア警察は、遺体から検出された猛毒の神経剤VXの入手経路などについて捜査を進めているが、全容解明には多くの障害が立ちはだかっており、捜査の長期化は避けられない見通しだ。

 事件の最大の焦点は、北朝鮮による国家ぐるみの犯罪だったかどうかだ。VXは一般の入手が困難で、化学兵器を大量に保有しているとされる北朝鮮の関与を疑う見方が強まっている。

 今回の事件でマレーシア警察がこれまでに逮捕した容疑者や、容疑者もしくは重要参考人とみて氏名と写真を公表して行方を追っている事件関係者は計11人。このうち、北朝鮮国籍の人物が8人を占める。

 ただ、8人のうち逮捕されたのは1人だけ。実行犯とされるインドネシア人とベトナム人の女2人にVXを渡した疑いが持たれている4人は既に北朝鮮に帰国したとみられている。

 警察は北朝鮮に4人の身柄引き渡しを求めるとともに、国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配を要請した。しかし、北朝鮮は「マレーシア警察による捜査は信用できない」(康哲駐マレーシア大使)などとマレーシア側を繰り返し非難しており、引き渡しに応じる可能性はまずない。

 女2人も「(毒物とは)知らなかった」「いたずらの動画に出演すると思っていた」と主張し、殺意を否認している。

 また、北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)の事情聴取について警察幹部は、北朝鮮側が応じなければ「逮捕状を取る」と息巻いているものの、外交特権のため聴取実現は困難な状況だ。

 VXの入手経路に関しても、容疑者の関係先からはこれまでのところVXは検出されていないもようで、捜査の難航が予想される。


マレーシア拠点に制裁破り=安保理、北朝鮮を非難
時事通信 2/28(火) 7:01配信

 【クアラルンプール時事】国連安保理の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがこのほどまとめた報告書で、北朝鮮が金正男氏殺害事件の舞台になったマレーシアを拠点とするフロント企業を、制裁破りに利用していた実態が指摘されていることが分かった。

 AFP通信などが28日までに伝えた。

 安保理は27日の会合で、制裁委の報告を受けた。ウクライナのイェリチェンコ国連大使は会合後、「制裁を回避する北朝鮮の無責任で挑発的な試み」を、中国を含む安保理理事国が全会一致で非難したことを明らかにした。会合では「決議の完全履行の重要性」も確認された。ただ、金正男氏の殺害事件は、話題に上らなかったという。

 報告書によると、昨年7月、中国からエリトリアに向けて航空貨物で輸送されていた北朝鮮製の軍事用通信機器が押収された。販売したのはマレーシアにあるグローコム社で、同社は北朝鮮の対外情報・工作機関、朝鮮人民軍偵察総局が運営していたという。

 一方、ロイター通信が関係筋の話として伝えたところでは、2014年2月に北朝鮮国籍の3人がクアラルンプールの空港で現金45万ドル(約5000万円)をひそかに持ち込もうとしたとして身柄を拘束された。

 3人はマレーシア当局に対し、グローコム社を運営している企業のために働いており、現金は在マレーシア北朝鮮大使館のものだと主張。結局、証拠不十分で不起訴になり、大使館が現金を受け取った。3人は全員、政府当局者用の旅券を所持していたという。


金ハンソル氏 米・中・韓の対北カードで最大の切り札に浮上
NEWS ポストセブン 2/28(火) 7:00配信

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏が2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺されてから2週間が経過した。

 マレーシア警察による捜査の進展に関心が寄せられる一方で、より大きな注目を集めているのが正男氏の長男である金ハンソル氏(21)の動向だ。

 1995年6月に北朝鮮・平壌で生まれたハンソル氏は幼少期をマカオで暮らし、その後は欧州に渡り、高等教育を受けたとされる。2011年10月にボスニア・ヘルツェゴビナの国際学校に入学。2013年9月にはフランスのオランド大統領の母校でもある名門校・パリ政治学院に入学し、政治学を学んだ。

 昨年から英オックスフォード大学大学院に入学予定だったが、中国当局からの「北による暗殺」の可能性を警告されたため断念。以降、現在に至るまで正男氏の2人目の妻に当たる母親と妹が暮らすマカオに移り住み、中国当局の保護下に置かれていると伝えられる。『コリア・レポート』編集長の辺真一氏の解説だ。

「今回の正男氏暗殺の背景にあるのが、昨年表面化した欧米各国に散らばる脱北者団体による亡命政権樹立の動きです。

 イギリスの脱北者団体関係者が最後に正男氏に接触したのが昨年6月。その際、正男氏は自分が亡命政権のトップに就くことを固辞したとされますが、この動きが正恩氏の耳に入り暗殺のタイムスケジュールが早まったとも言われています」

 韓国の総合誌『月刊朝鮮』最新号(2017年3月号)に正男氏が生前、「自分より息子ハンソルが亡命政府の指導者になることを望んでいる」と話していたことや、「大学を卒業すれば、ハンソルを(亡命政権指導者として)前面に打ち出す」との考えを強く持っていたエピソードなどが報じられている。

 辺氏によれば、正男氏亡き後、各脱北者団体はハンソル氏を担ぎ上げる動きを見せているとされる。単に息子という理由だけでなく、ハンソル氏のほうが“リーダー”として相応しいとの声が多いためだという。

 常々「政治に関心はない」と公言し“自由人”として生きた正男氏より、フランスのエリート校で政治学を学んだハンソル氏のほうが「政治に対する関心や意識は高い」(辺氏)と見られているからだ。

 2012年10月、フィンランドのテレビ局のインタビューを受けたハンソル氏は、そこで金正恩を〈独裁者〉と呼び、逆鱗に触れたと伝えられるが、韓国の情報機関・国家情報院関係者によれば、本当に“虎の尾”を踏んだのは「対南思想」と「将来の夢」を語ったシーンだとされる。

〈韓(朝鮮)半島を2つに分断しているのは政治的な問題に過ぎない。だから僕はどちらかの肩を持つということはしない〉

〈僕は(南北)統一を夢見ており、いつの日か北朝鮮に戻って人々の暮らしを楽にしたい〉

 金正恩はこの発言を「将来的には北に舞い戻って自分の地位に取って代わり、南北統一を果たす野心の表われと受け取った」(前出・国情院関係者)というのだ。

 ヨーロッパで教育を受け、民主主義的な価値観を持つハンソル氏に欧米各国は好意的な見方をしている。

 特に米国、中国、韓国にとってハンソル氏は、正男氏暗殺後の現在、対北カードで最大の切り札に浮上したという。北朝鮮問題に詳しい早稲田大学名誉教授の重村智計氏の指摘である。

「米トランプ政権にとって、核兵器や米本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を止めず挑発を繰り返す金正恩政権の体制転換こそ、自国の安全保障に繋がるとの考えが共有されつつある。

 中国と韓国にとっては、暴走を続ける北朝鮮が突然崩壊して、自国に大量の難民などが押し寄せる最悪の事態も避けたい。3か国にとって、ハンソル氏は大きな混乱を伴わずに、北の体制転換を可能にする有力な切り札と見られているのです」

 各国の思惑が交錯するなか、ハンソル氏の「身柄確保」をめぐって熾烈な駆け引きが繰り広げられているというのだ。

※週刊ポスト2017年3月10日号


<金正男氏殺害>韓国、事件は秘密警察「国家保衛省」名指し
毎日新聞 2/28(火) 6:00配信

 ◇韓国政府、北朝鮮による「国家テロ」と断定

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がクアラルンプールで殺害された事件で、韓国政府は27日に北朝鮮による「国家テロ」と断定した。南北関係の緊張が高まるのは必至で、テロ支援国家の再指定を検討する米国なども強硬姿勢に踏み出せば北朝鮮の孤立化が一層強まりそうだ。

 「北朝鮮側は(正男氏殺害事件について)国内外でかん口令を敷いているが、一部の幹部の間で拡散しつつあり、衝撃を受けている人が出ている」。聯合ニュースによると、韓国国家情報院は国会議員らに北朝鮮の内情を報告した。

 韓国の情報機関の報告には、すでに核・ミサイル開発によって国際的に高まっている北朝鮮への批判を増幅し、国内外の北朝鮮住民の動揺を誘って、金正恩体制を揺さぶる狙いがあるとみられている。

 「住民の9割は正男氏の存在を知らない」(中朝貿易関係者)とされる北朝鮮で、韓国側の「国家テロ」断定が、実際に北朝鮮住民の動揺を誘うかは予測できない。だが、韓国側の揺さぶりに反発する北朝鮮側が「体制転覆を狙う陰謀」と反発することは確実だ。

 北朝鮮は22日、朝鮮法律家委員会報道官の談話を発表し、「マレーシア側の不当な行為は南朝鮮(韓国)当局が引き起こしている(反北朝鮮の)謀略騒ぎと時期が一致している」と主張し、韓国による「陰謀説」を展開した。北朝鮮側は今後、逆に「北朝鮮国家テロ説」に疑問を抱かせるような情報戦を始める可能性が高いとみられている。

 一方、正男氏殺害事件を受け、北朝鮮の孤立化はすでに進んでいる。米国や日本は韓国と歩調を合わせ、北朝鮮への圧力を増していく方針だ。27日にはトランプ米政権下で初めて米首都ワシントンで6カ国協議の日米韓首席代表会合を開催。核兵器やミサイル問題とともに北朝鮮の「国家テロ」への対応も課題になっている模様だ。

 今後、トランプ政権と韓国政府との情報共有が進めば、北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定する作業を始める可能性がある。

 北朝鮮経済の命綱である中国は今のところ、事件に関する北朝鮮批判には極めて慎重だ。中国は北朝鮮の後継者レースから外れた正男氏を保護してきたとされるが、事件について中国外務省の耿爽(こうそう)・副報道局長は21日の定例会見で正男氏への言及を避け、「関係方面が対話と協議を通じて関連の問題を適切に解決できるよう望む」と関係国に歩み寄りを促した。

 ただ、中国はすでに北朝鮮の核・ミサイル実験に対する国連制裁の一環として、北朝鮮からの石炭輸入停止に踏み切った。北朝鮮側は「周辺国が対外貿易を遮断する非人道的な措置を取った」と反発しており、中朝関係はすでに冷却化の兆しを見せている。正男氏殺害事件は北朝鮮の核・ミサイル実験が生み出した中朝間の亀裂をさらに広げる可能性がある。

 3月には定例の米韓合同軍事演習が控えている。米韓は北朝鮮の相次ぐミサイル実験などを受けて演習を強化することに合意しており、例年以上に南北間の緊張が高まりそうだ。正男氏殺害事件の影響は演習に重なるため、朝鮮半島情勢がさらに緊迫する恐れが出ている。【ソウル米村耕一】

 ◇国家保衛省、住民の間で恐れられてきた組織

 北朝鮮で秘密警察の役割を担う国家保衛省は、昨年12月に改称が判明するまで「国家安全保衛部」と呼ばれ、住民の間で恐れられてきた組織だった。

 そもそも保衛部は住民の動向監視やスパイ摘発などを担当してきた。要員は朝鮮労働党や政府機関などのあらゆる組織に配置され、構成員の動きを監視して、上部機関に報告するのが任務とされる。各国の北朝鮮大使館には「安全代表」という立場で要員が配置されることが多いという。

 組織の権限は絶大で、党や軍を問わず、保衛部に危険分子とみなされれば、直ちに除去される。2012年10月には金正恩氏が保衛部を訪問して、幹部に対し「敵の思想浸透を打ち破り、敵対分子を断固、粉砕すべきだ」と指示。13年12月に保衛部は、正恩氏の叔父で北朝鮮ナンバー2だった、張成沢(チャンソンテク)氏の摘発を主導し、特別軍事裁判を開いて国家転覆陰謀行為で死刑判決を下し、即日執行した。

 一方で、最近では保衛部の幹部が表舞台に出ることもあった。北朝鮮による拉致被害者らの再調査を担う特別委員会のトップに、徐大河(ソデハ)副部長をすえ、拉致問題解決への「本気度」を誇示したという経緯もある。

 最高指導者の意を受けて相当な権限を与えられ、特命事項を担ってきた保衛部。だが、最近はトップの金元弘(キムウォンホン)国家保衛相が解任され、党組織指導部の調査を受けたことが伝えられるなど、影響力低下も伝わる。

 金正男氏殺害という「危険分子の除去」で最大限の忠誠心を誇示し、組織の威信を高めようとしたのか、その背景に注目が集まる。【北京・西岡省二】


<金正男氏殺害>2人の女容疑者と指示役の北朝鮮人を訴追へ
毎日新聞 2/28(火) 0:50配信

 ◇地元英字紙報道「3月1日にも殺人罪で」と

 【クアラルンプール平野光芳】マレーシアの英字紙「サン・デイリー」(電子版)は27日、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の殺害事件の実行犯として逮捕されたベトナム人のドアン・ティ・フオン(28)とインドネシア人、シティ・アイシャ(25)の両容疑者と、指示役のマレーシア在住北朝鮮人、リ・ジョンチョル容疑者(46)が3月1日にも殺人罪で訴追される見込みだと報じた。金氏の遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたことや司法解剖結果が近くまとまることを受けて、刑事責任が問えると判断している模様だ。


正男氏殺害「国際秩序への挑戦」=韓国外相
時事通信 2/28(火) 0:27配信

 【ベルリン時事】韓国の尹炳世外相は27日、国連人権理事会で演説し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件について「ルールに基づく国際秩序へのあからさまな挑戦だ」と述べ、北朝鮮を強く非難した。

 外相は、遺体から検出された猛毒の神経剤VXは大量破壊兵器に分類され、化学兵器禁止条約で生産や使用が厳しく禁止されていると指摘。今回の殺害は「さまざまな人権関連の国際規定に対する深刻な違反になる」と訴えた。


<金正男氏殺害>韓国が「北朝鮮の国家テロ」断定
毎日新聞 2/27(月) 21:28配信

976
韓国の国家情報院が描く金正男氏殺害事件の構図

 ◇関与疑惑の8人で4人は北朝鮮保衛省、2人が外務省所属

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件について、韓国の情報機関、国家情報院は27日、北朝鮮で秘密警察の役割を担う国家保衛省と外務省が直接関与した「国家主導によるテロ事件だ」と断定した。国情院が韓国国会で報告した内容を聯合ニュースなどが報じた。

 報じられた報告内容によると、事件への関与が疑われている北朝鮮国籍の8人のうち4人は北朝鮮の保衛省、2人が外務省所属。残る2人は高麗航空職員と政府直属の貿易会社関係者としている。実行犯グループは2組に分かれており、1組目は保衛省のリ・ジェナム容疑者(57)と外務省のリ・ジヒョン容疑者(33)で構成。2組目は、保衛省のオ・ジョンギル容疑者(55)、外務省のホン・ソンハク容疑者(34)で構成される。1組目がベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(28)を、2組目がインドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者(25)を取り込み、一時別行動を取った後、事件前にマレーシアで合流したとしている。

 1組目、2組目とは別の支援グループにも4人が所属。在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官(44)は保衛省所属の駐在官で、マレーシアにおける正男氏の動向の追跡など支援グループの一員として役割を果たしていたと見ている。

 一方、国情院はこの日、北朝鮮の金元弘(キム・ウォンホン)国家保衛相が越権や拷問などを理由に軟禁され、保衛省幹部5人が処刑されたとみられることも報告した。事件との関連については触れなかった模様だ。

 マレーシア警察は、実行犯とみられるフオン、シティの両容疑者が猛毒の神経剤VXを正男氏につけて殺害したと見ている。両容疑者が実行犯グループの4人ら北朝鮮の男たちに指示されていたとみて、北朝鮮に身柄引き渡しを求めてきた。また、ヒョン2等書記官ら3人について重要参考人として行方を追っている。


北朝鮮、秘密警察トップ軟禁=正恩氏に虚偽報告か―韓国情報機関
時事通信 2/27(月) 20:59配信

 【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は27日、北朝鮮で1月中旬ごろに国家保衛相を解任されたとみられる金元弘氏について、現在は軟禁状態にあることを明らかにした。

 金正恩朝鮮労働党委員長に虚偽報告をしたためで、次官級とされる幹部5人以上も銃殺されたという。

 国情院から報告を受けた議員がメディアに明らかにした。虚偽報告は党組織指導部の調査で発覚したという。国家保衛省は反体制の動きを取り締まる秘密警察組織。マレーシアで起きた金正男氏殺害事件でも関与が指摘されている。

 また、正恩氏は同省に置かれていた故金正日総書記の銅像を別の場所に移動させた。国情院は「同省に対する処罰強化を意味している」と分析した。


正男氏事件、秘密警察関与か=容疑者4人が出身―韓国情報機関
時事通信 2/27(月) 20:30配信

 【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は27日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、北朝鮮国籍の容疑者8人のうち、4人が秘密警察・国家保衛省出身との見方を示した。

 聯合ニュースが国情院から報告を受けた議員の話として報じた。

 報告によると、殺害は2組に分けて実行された。1組はリ・ジェナム、リ・ジヒョンとベトナム人のドアン・ティ・フォンの3容疑者で構成。もう1組はオ・ジョンギル、ホン・ソンハクとインドネシア人のシティ・アイシャの3容疑者で行動していた。

 北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官ら4人は、実行犯の移動や正男氏の動向を追跡するサポート役だったとみられる。リ・ジェナム、オ・ジョンギル両容疑者は国家保衛省、リ・ジヒョン、ホン・ソンハク両容疑者は外務省出身で、いずれも国外逃亡し、北朝鮮に戻ったという。

 北朝鮮国籍者のうち4人が国家保衛省、2人が外務省に所属し、ほかは高麗航空、内閣直属の貿易会社などから集まったとされる。国情院は構成から「正恩氏によって組織的に行われた国家テロであることは明白」と分析している。


金正男氏殺害で「ならず者国家」観光考える日本人 「恐ろしさを知らない者の行動だ」と元赤旗平壌特派員が絶句
産経新聞 2/27(月) 20:05配信

 拉致、ミサイル発射や核実験などの懸案事項に対する措置としてに対する経済制裁措置として、政府は北朝鮮への渡航を自粛するよう要請している。ところが、日本人による北朝鮮旅行が増えているというのだ。なぜ、彼らは行くのか?

■事件以後、むしろ増える

 金正恩政権は外貨獲得のため、数年前から大々的な観光客誘致に力をいれている。

 正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害されてから、まもなく2週間。事件は、そんな彼らの“観光業”にダメージを与えそうだが、この「ならず者国家」に限っては常識とは正反対のベクトルが働くようだ。

 日本人に北朝鮮旅行を斡旋(あっせん)する人物がいる。この人物によると金正男氏の殺害事件以降、旅行についての問い合わせは、むしろ増加している。

 「金正男氏殺害事件は本当にショック。これで北朝鮮のイメージは決定的に悪くなる。でも、なぜか、事件以後、北朝鮮ツアーへの問い合わせは増えています」

 そう話すのは、中国・大連の日本人向け情報サイト「大連ローカル」(http://www.dllocal.com)管理人の慶次郎さん(40)だ。中国や日本の旅行代理店に、日本人の北朝鮮旅行希望者を紹介している。ちなみに「慶次郎」は、ネット上で使っている名前(ハンドルネーム)で本名ではない。

 慶次郎さんによると、13日の殺害事件以後、1カ月数件だった「大連ローカル」への北朝鮮旅行の問い合わせが急増したという。

 「事件後、10日間ぐらいで普段の2倍ぐらいの問い合わせがありました。中には女性の一人旅も。多くの人が北朝鮮には入れないと思っているようですが、実際は旅行代理店を通じて比較的簡単に行ける」

 「お薦めするわけではないですが…」と言葉を付け足す。

 ツアーは北朝鮮国営旅行会社が主催するもので、中国の都市を発着地点として旅行の日程が組まれる。北朝鮮のビザ(査証)は、中国や日本の旅行代理店が代行取得する。このビザは出国の際回収されるため、日本のパスポートに北朝鮮への出入国記録は残らない。

 一人旅であっても、入国から出国まで、監視役も兼ねるとみられるガイド2人と、運転手の計3人が常に行動を共にする官製旅行で、海外旅行保険の対象には入らない。何があっても自己責任ということだ。

■20~30代男性が中心

 IT企業勤務だったという慶次郎さんは2003年から中国・大連に住み、昨年日本に帰国した。06年3月にサイト「大連ローカル」を開設し、08年頃、大連の旅行代理店から北朝鮮旅行を紹介してほしいと打診され、掲載を始めた。

 数年間は問い合わせもなく、訪朝者はゼロだった。ところが、2010年に初申し込みがあると、それ以降、ポツポツと問い合わせが増えた。

 いまや大連の日本人向け情報サイトであるはずの「大連ローカル」の全記事で、最も読まれる記事となっているという。

 「大連ローカル」で紹介する北朝鮮へのツアー旅行は、3泊4日のモデルコースで15~18万円程度。旅行客を広告スポンサーである旅行代理店に紹介すると、「大連ローカル」にもメリットがある仕組みだ。「大連ローカル」から、代理店に申し込み中国経由で訪朝した日本人は、6年間で延べ約200人にのぼる。

 年齢層は20代から60代までと幅広いが、インターネットの特性からか、やはり20、30代の若い世代が多い。全体の8割は1人旅での申し込みで、7割は男性だという。

 北朝鮮の鉄道を見てみたいという鉄道ファン▽秘境のような珍しい場所に行きたい▽社会主義国の雰囲気を知りたい▽世界各国を旅しつくし残るは北朝鮮だけになったから-などの好奇心が主な動機だ。

 慶次郎さん自身は、11年と、16年の計2回、中国経由で北朝鮮に入った。

 「13年ごろからスマートフォンなどの持ち込みが緩和された。最初に行ったときと比べると、訪問先や撮影できる対象が広がった。想像したよりは“自由”だった」と話す。

 他の旅行者から受け取ったという写真を見せてもらったところ、専属ガイドとの笑顔の記念撮影やカラオケ、フルーツジュースや牛乳を販売する売店など“未知の国”を楽しんだようす…。

■観光気分で行く場所ではない

 大手検索サイトで「北朝鮮旅行」と検索すると結果は2480万件以上に。旅行記のブログなども散見されるが、北朝鮮は日本人拉致や大韓航空爆破事件、核ミサイル開発やテロ事件、さらには住民への人権弾圧など、「ならず者国家」だ。そんな国になぜ行くのか。

 「平和な日本で育ち、北朝鮮の怖ろしさを知らない者ならではの行動」と指摘するのは、ジャーナリスト、萩原遼さん(80)だ。萩原さんは新聞「赤旗」の元平壌特派員で、北朝鮮の圧政の実態に気づき国外追放になった。

 「13歳だった横田めぐみさんが拉致されてから、40年近くにもなる。拉致被害者は何十年も帰りたくても、帰れない。日本人妻も同様だ。すぐに里帰りできると、だまされて北朝鮮に送られた。その人たちのことを考えれば、観光気分で行ける場所ではないことは分かりそうなものだ」。

 在日朝鮮人男性と結婚し1960年代の帰国事業で北朝鮮に渡り、10数年前に脱北した関西在住の日本人女性(77)には、北朝鮮に残した娘がいる。

 「連絡を取りたくても取る手段もないし、会うこともできない。北と関係する人間の行き来は認めず、何も関係ない人たちにだけ門戸を開くなんて」と悔しさをにじませる。

 慶次郎さんは「北朝鮮の人民の生活を知りたいという人が多い。ホテルのエレベータやトイレが日本製だったり、中国の回転火鍋がはやっていたりと、行ってみれば、それなりに北朝鮮の“今”を考えることもできる」とする。

 が、それら現状は、果たして北朝鮮への経済制裁方針を破ってまで、見るべきことなのか…。

 北朝鮮ツアーへの参加は、現政権を利するだけ。北朝鮮には「行けない」のではなく、「行かない」ことだ。(文化部 村島有紀)


北朝鮮と中国も険悪な関係か CCTVが報じた金正男氏暗殺事件
J-CASTニュース 2/27(月) 19:15配信

 北朝鮮の金正男氏(45)の暗殺事件をめぐり、中朝間のすきま風が強まっているようだ。中国はこれまで事件についてほとんど報じてこなかったが、国営中央テレビ(CCTV)が平壌からのレポートを交えながら約10分にわたって伝えた。

 中国は北朝鮮の核開発に反対する立場から、国連の制裁に参加し、年内の石炭禁輸を発表している。このことを北朝鮮の国営メディアが「定見もなく米国の拍子に踊っている」と強烈に中国を批判したため、中国が対抗措置に出たとの見方が広がっている。

■「北朝鮮国籍の男性からVX検出」

 韓国メディアなどによると、中国国営中央テレビは2017年2月24日午前のニュースで、クアラルンプール、ソウル、平壌からの記者レポートを交えながら約10分間にわたって暗殺事件について報じた。「北朝鮮国籍の男性」の遺体から猛毒のVXが検出されたこと、マレーシアの政党関係者が北朝鮮大使館前でデモを行ったこと、韓国政府の反応など、北朝鮮にとってマイナスになる内容も多く含まれている。平壌からは、国営朝鮮中央通信がマレーシア側の対応を批判したり、韓国による陰謀説を主張してたりしていることを伝えた。

 ただし、この日のニュースには、「金正男」の名前は登場せず、「北朝鮮国籍の男性」とのみ伝えた。

 この異例の報道には、「伏線」があるとの見方が多い。中国は2月18日、17年中の北朝鮮からの石炭の輸入停止を発表した。16年9月の核実験を受けて16年11月に採択された国連安保理の制裁決議では、石炭輸入の上限を年間750万ドルか約4億ドルに制限している。中国の商務省は、今回の輸入停止は、この上限に近づいたための措置だと説明している。北朝鮮は、この対応に強く反発している。

北朝鮮、中国を「『友好的な隣国』と言う周辺国」
 国営朝鮮中央通信は17年2月23日、

  「汚らわしい処置、幼稚な計算法」

と題した記事を配信。中国を名指しこそしなかったものの、「友好的な隣国」という表現で中国を非難した。

 朝鮮中央通信の主張によれば、北朝鮮が2月12日に発射した弾道ミサイルについて、世界中のメディアが「戦略的優越性の一大誇示となる」と評したが、「折に触れて『友好的な隣国』と言う周辺国」だけが

  「『初期段階にすぎない核技術』だの、『朝鮮は一番大きな損失を被ることになるだろう』だの、何のとしてわれわれの今回の発射の意義をダウンさせている」

と主張。中国がミサイル実験に反対したことへの恨み節をぶちまけた形だ。これに加えて、制裁措置への不満もあらわにした。

  「特に、法律的根拠もない国連の『制裁決議』を口実にして人民の生活向上に関連する対外貿易も完全に遮断する非人道的な措置もためらわずに講じている」
  「それでも大国と自称する国が定見もなく米国の拍子に踊りながらも、あたかも自国の汚らわしい処置がわれわれの人民生活に影響を及ぼそうとするものではなく、核計画を阻むためのことだと弁解している」

 こういった経緯から、韓国メディアからは、今回のCCTVの報道が

  「中国の石炭輸入禁止措置を(北朝鮮が)強く非難したことに対する対抗という観測が出ている」(東亜日報)

といった指摘が相次いでいる。

中国外務省「報道とマレーシア側の発表には留意している」
 国営メディアとは対照的に、中国外務省は現時点では抑制的な対応を続けている。耿爽副報道局長は2月24日の会見で、朝鮮中央通信の中国批判記事が両国関係に与える影響について、

  「中国と北朝鮮は友好的な隣国だ。中朝関係を健全で安定した形で発展させられるよう、ともに努力していきたい。同時に、朝鮮半島における核問題についての中国の立場は明確で一貫している。このことは北朝鮮もよくわかっているはずだ」

と述べるにとどめた。暗殺事件については、遺体からVXが検出されたことについて

  「VXは国連では大量破壊兵器(WMD)に分類されている。使用が本当であれば、北朝鮮がマレーシアでWMDを使用したことをどう受け止めるか」

と問われ、

  「報道とマレーシア側の発表には留意している。この事件の進展も見守っている。これまでにも指摘したように、北朝鮮国民のマレーシアでの死亡事案であり、マレーシア側が捜査中だ。関係者間で対話や協議を通じて適切に問題が解決されることを望んでいる」

と、引き続き事件と距離を置いている。

 正男氏は家族とともにマカオを拠点に暮らしており、中国当局の保護下にあるとみられてきた。中国からすれば保護下にある人物を暗殺された形で、事件への対応が注目されている。


金正男氏殺害 身元確認は難航
ホウドウキョク 2/27(月) 18:22配信

保健相が、歯の治療跡などによる照合も検討していることを明らかにした。
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件は、27日で発生から2週間だが、正男氏の親族のマレーシア入りが実現せず、DNA鑑定による身元確認が難航している。
こうした中、マレーシアの保健相は26日、歯の治療の跡や体のほくろなどによる照合も検討していることを明らかにした。
北朝鮮側が、被害者の身元についてパスポート情報に基づき「キム・チョル」と主張しているのに対し、マレーシア当局は、科学的根拠によって、正男氏であることを証明したい考えだが、親族が名乗り出ておらず、特定作業が難航している。


摘発のマンションは犯行グループの本拠地か
ホウドウキョク 2/27(月) 18:20配信

警察が摘発したマンションは、犯行グループの本拠地だった可能性があることがわかった。
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、警察が摘発したマンションからは、複数の化学物質などが見つかっている。
これらの化学物質は、捜索の際、流し台や床などに付着していて、慌てて廃棄したような痕跡があったことが新たにわかった。
マンションからは、ほかにも手袋とスニーカー3つが見つかっていて、地元メディアによると、マレーシアから出国した4人は、この拠点に、度々出入りしていたという。
一方で、殺害に使われた猛毒の神経剤「VX」の痕跡はこれまで見つかっていないが、警察は関連を調べている。


金正男氏殺害、北朝鮮の国家保衛省・外務省が計画=韓国情報機関
ロイター 2/27(月) 18:19配信

[ソウル 27日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害事件について、北朝鮮の国家保衛省と外務省が計画したと、韓国の情報機関から説明を受けた複数の議員が明らかにした。

議員らによると、情報機関から、容疑者である北朝鮮国籍の8人には、国家保衛省の4人と外務省の2人が含まれるとの説明を受けたという。

韓国と米国の当局者は、金正男氏がマレーシアの空港で今月13日に北朝鮮の工作員によって殺害されたとの見方を示している。


金正恩氏「兄殺し」の大罪で軍反逆か 過去にトップの“暗殺未遂”…「伝統的な北体制の構造が崩れている」
夕刊フジ 2/27(月) 16:56配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の孤立がさらに深まった。マレーシア警察は24日午前、正恩氏の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の体内から猛毒のVXが検出されたと発表したのだ。国家犯罪の疑いが濃厚となり、激怒したマレーシアは北朝鮮大使追放も視野に入れた。今後、正恩氏に「兄殺し」の汚名が突き付けられれば、国際社会の制裁強化とともに、国内での権威失墜も不可避だ。恐怖政治が敷かれた北朝鮮だが、過去何度かトップの暗殺未遂事件も伝えられている。不満を抱えた軍などの一部がテロを実行する可能性もありそうだ。

 「北朝鮮はならず者国家だ! ここは北朝鮮ではなく、マレーシアだ。私たちの法律がある」

 マレーシアのナズリ観光・文化相は23日、北朝鮮側がマレーシアの捜査を批判していることについて、こう不満をブチまけた。マレーシア紙スター(電子版)が伝えた。

 両国はこれまで、ビザなしで国民が相互に行き来できる友好国だったが、事件後に関係が急激に悪化している。

 ロイター通信によると、マレーシア政府筋は23日、正男氏殺害事件に関して北朝鮮が批判をやめなければ、平壌(ピョンヤン)のマレーシア大使館の閉鎖や、姜哲(カン・チョル)駐マレーシア北朝鮮大使を「好ましからざる人物」(ペルソナ・ノン・グラータ)として追放する選択肢もあると語ったという。これは「国交断絶」の一歩手前の対応といえる。

 理由は明白だ。正男氏殺害が、北朝鮮による国家犯罪であることの証拠が続々と集まっている。

 英紙デーリー・テレグラフ(電子版)は22日、マレーシア警察が出頭を要請した北朝鮮大使館のヒョン・グンソン2等書記官について、「書記官の役割は、すべての計画の統括と大使に報告することだった」という治安当局筋の話を報じた。

 これは、ヒョン氏が事件の指揮官で、それを姜大使に報告していたという衝撃的な内容だ。捜査は確実に進んでいる。

 マレーシア警察のノール・ラシド・イブラヒム副長官は23日、遺体の身元確認のため、正男氏の親族が一両日中にマレーシア入りする見通しだと述べた。DNA鑑定などを行うとみられる。

 もし、親族による身元確認が実現し、北朝鮮による国家犯罪が証明されれば、国際社会による制裁が強化されるのは必至だ。正男氏を擁護してきた習近平国家主席率いる中国が「石油禁輸」など、新たな制裁に踏み切ることも考えられる。

 国内でも、正恩氏は厳しくなりそうだ。

 正恩政権は、海外の情報を統制し、国内の不満分子を次々と粛清・処刑する恐怖政治を敷き、党や軍幹部は表向き正恩氏に盲従している。

 だが、正男氏殺害のニュースは、同国で最も身分が高いとされる核心階層には自然と広がるといわれる。儒教社会では「兄殺し」は許されない。正恩氏は3代世襲について、金日成(キム・イルソン)主席の直系である「白頭血統」を正当性の根拠としている。正男氏殺害が、正恩氏の指示と認識されれば、北朝鮮国内で忌み嫌われ、権威失墜は避けられない。

 朝鮮半島事情に詳しい筑波大大学院の古田博司教授は、今回の事件を受けて「朝鮮労働党でも幹部らがかなり怒っているらしい」と語る。

 昨年7月に韓国に亡命した北朝鮮の前駐英公使、テ・ヨンホ氏も先月末の記者会見で「伝統的な北朝鮮体制の構造が崩れている」「(正恩政権は)長く続かないと確信する」と語ったという(中央日報・日本語版、1月27日)。

 北朝鮮では、これまでにも最高指導者に対する「暗殺未遂事件」が発生したと伝えられる。

 正恩氏の父、金正日(キム・ジョンイル)総書記時代の2004年4月、北朝鮮北西部の龍川(リョンチョン)駅で列車爆発事件が起きた。大規模な爆発で数千人もの死傷者が出たとされる。同じ日、正日氏を乗せた特別列車が同駅を通過しており、暗殺未遂の可能性が報じられた。

 13年には、正恩氏を「決死の覚悟で守った英雄」として、女性交通警察官を称賛するキャンペーンが展開された。この時も、正恩氏に対するテロ未遂説が流れた。

 北朝鮮メディアでは、正恩氏が朝鮮人民軍関係の視察を行ったことが頻繁に報じられる。同軍は兵力110万人という世界屈指の軍隊だが、経済制裁などで、燃料・食糧不足が指摘されている。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「正恩氏が軍視察によく行くのは、『政権維持には軍を押さえることが必要だ』という意識の表れで、逆にいうと『軍の掌握に不安がある』ということではないか」といい、続けた。

 「北朝鮮では、粛清・処刑による恐怖政治が徹底されており、内部蜂起は簡単ではない。ただ、暗殺・テロ未遂は過去にも伝えられている。龍川駅列車爆発事件には、他国の関与も指摘されている。正恩氏が『兄殺し』という一線を越えた以上、何があってもおかしくない」


正恩氏「暗殺リスト」妻まで標的か 正男氏VX毒殺主導「偵察総局」実態
夕刊フジ 2/27(月) 16:56配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の命を奪ったのは、猛毒のVXだったことが分かり、犯罪が国家ぐるみだったことがほぼ確実になった。専門家は、犯行を主導したとみられているのは北朝鮮の工作機関「偵察総局」の2つの部署だと分析する。正恩氏の命令一つで動く危険な集団。北朝鮮の次の標的となる「暗殺リスト」には、正恩氏の最も身近な人間まで名を連ねている恐れがあるという。

 VXは1950年代に英国、米国で開発された化学兵器用の神経剤。化学兵器禁止条約(CWC)では製造、保有、使用が禁じられているが、北朝鮮はVXを含む化学兵器を大量に保有しているとされる。

 気になるのは犯行に関与した者たちの素性だ。軍事アナリストの黒井文太郎氏は「北朝鮮の工作機関『偵察総局』には6つの部署があるが、正男氏の事件には『作戦部』と『対外情報部』が関係している」とみる。

 「作戦部は破壊工作を行う特別部隊だ。格闘訓練を受けた肉体派の隊員らで構成される。対して、対外情報部は海外でスパイ活動を行う部署だ。関与が疑われる大使館の2等書記官と、高麗航空の職員はここに所属していた者たちと思われる」(黒井氏)

 暗殺計画は北朝鮮本国の作戦部で計画されたものだと黒井氏は話す。その計画に、対外情報部のメンバーが得た正男氏の行動パターンなどの情報が加えられ、襲撃は実行されたのだという。

 犯行に使われたVXについて黒井氏は、北朝鮮で作られたものだと断言する。

 「北朝鮮は軍で神経剤を製造している。偵察総局がVXによる計画を立て、軍にオーダーしたのだろう。北朝鮮からマレーシアには陸路のほか、潜水艦での上陸など秘密裏に入る方法は複数ある。そうして持ち込んだ可能性もあるし、外交特権によって税関の検査を受けずに持ち込んだとも考えられる」

 黒井氏によると、北朝鮮の諜報機関がこれまでに引き起こした要人クラスをターゲットとした暗殺、襲撃事件は判明しているだけで4件起きている。1968年に韓国大統領暗殺を狙って北朝鮮兵士が韓国に侵入、銃撃戦となった青瓦台襲撃未遂事件や、2010年に元朝鮮労働党書記で韓国に亡命した黄長●(=火へんに華)(ファン・ジャンヨプ)氏を狙った暗殺未遂事件などだ。

 「黄氏を狙った工作員の所持品からは毒針がみつかった。これは昔の東欧のスパイのやり方を踏襲したものだ。今回のように現地の女性を実行犯に使うというのは初のパターンだろう」

 正恩氏の命により動く偵察総局の全容は不明だが、黒井氏によると、「121局」と呼ばれる他国のサーバーを攻撃するハッカー部隊だけでも約3000人の規模に達するという巨大な組織だ。

 拓殖大の荒木和博教授は「自分の立場を脅かされることに恐怖を感じ、正恩氏は正男氏の殺害を指示した。自身を危険にさらす者を根絶やしにするというのは、あの国の昔からの傾向だ」とし、次に殺害対象となりそうな人物の名を挙げる。

 「正男氏の長男、漢率(ハンソル)氏は狙われることになるだろう。血脈から考えると正恩氏の父、金正日(ジョンイル)総書記の異母弟である金平一(ピョンイル)駐チェコ大使も危ない」

 北朝鮮国内でも粛清対象になりそうな人物がいるという。序列3位の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長や、同5位の崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長ら最側近も、今後の動きによっては、13年末に処刑された正恩氏の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)氏のように葬られてもおかしくないという。

 荒木氏はさらに「正恩氏の妻、李雪主(リ・ソルジュ)氏も安泰ではない。李氏は正恩氏の実妹、金与正(キム・ヨジョン)氏と不仲だと伝えられており、そのことが引き金となる恐れもある」と語る。

 誰もいさめる者がいない正恩氏。異母兄に見せた非情さが再び牙をむくかもしれない。


マレーシア、金正男氏殺害現場の空港に安全宣言 清掃を完了
ロイター 2/27(月) 16:34配信

[クアラルンプール 26日 ロイター] - マレーシアは26日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件の現場となったクアラルンプール国際空港の清掃が完了したとして、同空港は「安全地帯」であると宣言した。

金正男氏は13日、格安航空のターミナル内で猛毒の神経剤であるVXガスにより殺害された。VXガスは、国際連合が大量破壊兵器に指定している化学兵器。

事件以来、ターミナルは数万人が利用しており、事件現場にも立ち入りが可能となっていた。

警察の犯罪捜査班や消防、原子力認可当局が26日、出動して清掃にあたった。清掃中は現場に非常線が張られたが、ターミナルのほかの区域は開放されていたという。

この事件を担当する警察の責任者は記者団に「第1に、人命にかかわる物質は検出されなかったことを確認する。第2に、空港は人命にかかわるいかなる物質にも汚染されていないこと、第3に、空港は安全地帯と宣言されたことを確認する」と述べた。

2017年2月26日 (日)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・15

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

9番目の記事
10番目の記事
11番目の記事
12番目の記事
13番目の記事
14番目の記事

リンク:北朝鮮高官と米元当局者の接触中止、国務省がビザ発給せず=WSJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏、襲撃から20分以内に死亡か 司法解剖の結果公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮>上納金圧力、正男氏ともトラブルか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、襲撃15~20分後に死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:VX、国外から持ち込みか=関係先で検出されず―マレーシア紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:外交特権を悪用して薬品運搬? 浮かぶ北朝鮮大使館の「裏の顔」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ政権、元米高官と北朝鮮との非公式協議を中止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:入れ墨の有無「よく分からない」=正男氏事件でマレーシア保健相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ政権、北朝鮮への先制攻撃可能性は“50パーセント” そのとき我が国は - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北、軍事用無線を密輸 マレーシア拠点からアフリカに 国連安保理報告書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏毒殺 化学物質押収の部屋 帰国の男4人が賃借 空港の安全を確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏事件 「極めて異例」 柴山首相補佐官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 防護服で厳重警戒 部屋から化学物質、消防局など捜索参加 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏にボディーガード?付き添っていた - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>カメラ「動かず」警戒緩む 手配の男ら下見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正恩氏が劣等感を抱く正男氏の息子・ハンソル氏の出自 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:現場の空港、残留毒物なし…マレーシア警察検査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国外逃亡4人、捜索のマンション賃借…アジトか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:外交特権を悪用して薬品運搬? 浮かぶ北朝鮮大使館の「裏の顔」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏、襲撃後20分以内に死亡=大量のVXか―マレーシア保健相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>空港に毒物残留なし マレーシア、安全強調 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮当局者、怒り爆発=報道陣に「出て行け」―マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、現場空港で毒物検出されず 安全を確認 マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯の女2人が大使館職員と面会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア「北と断交」世論高まる…正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害 インドネシア人の容疑者、「オイルだと思った」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【佐藤優コラム】反革命思想持てば金一族でも… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害事件 空港を除染 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏に塗りつけた液体「ベビーオイルのよう」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北の脅威への覚醒もつかの間 竹島、慰安婦に燃えている韓国は妙な方向に向かっている - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米朝非公式協議が幻に…米紙、正男氏事件影響か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「途方に暮れている」=フォン容疑者のベトナムに住む父―金正男氏事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 悲しき金兄弟 顔を合わせたことがない 相次ぐ襲撃、確執深く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 高麗航空職員は仮の姿? 事務所にほとんど姿見せず - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

北朝鮮高官と米元当局者の接触中止、国務省がビザ発給せず=WSJ
ロイター 2/27(月) 12:53配信

[ソウル 25日 ロイター] - 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は25日、ニューヨークで計画されていたトランプ米政権発足後初となる北朝鮮高官と米政府の元当局者による接触が中止になったと報じた。

同紙によると、接触は3月1、2日にニューヨークで予定されていたが、米国務省が北朝鮮外務省の崔善姫北米局長へのビザ(査証)を発給しなかったという。

ビザが発給されなかった理由は明らかになっていないが、2月12日の北朝鮮による弾道ミサイル発射実験や、マレーシアで金正男氏が殺害された事件が影響している可能性もある。

韓国外務省の当局者は、同計画には米国や韓国の政府は関与していないとして、コメントを拒否した。ソウルの在韓米国大使館もコメントしなかった。


正男氏、襲撃から20分以内に死亡か 司法解剖の結果公開
CNN.co.jp 2/27(月) 12:12配信

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件を調べているマレーシア当局は26日、正男氏が空港で襲撃されてから約15~20分で死亡したとの見方を示した。

スブラマニアム保健相が司法解剖の結果として発表した。保健相によると、正男氏は「苦しみながら」亡くなったとみられる。空港の救護室で意識不明となり、搬送中の救急車で息を引き取った。猛毒「VX」による症状と一致するという。

マレーシア当局は正男氏の遺体であることを確認するため、近親者のDNAサンプルや歯型が必要だと主張している。保健相は「身元が確認された時点で我々の任務は完了する」と述べた。

正男氏はクアラルンプール国際空港で、インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者に襲われ、顔に毒物を塗りつけられたとみられている。

アイシャ容疑者は犯行直後、タクシーの中でおう吐したとされるが、本人はVXの影響ではないと話している。


<北朝鮮>上納金圧力、正男氏ともトラブルか
毎日新聞 2/27(月) 11:18配信

 【マカオ米村耕一】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が殺害された事件について、中国など国外在住の北朝鮮住民の間で「国家への上納金を巡るトラブル」との見方が出ている。背景には昨年以降、北朝鮮当局から在外の北朝鮮ビジネスマンへの「上納圧力」が高まっていることがあるようだ。今年初めにはカネを巡るトラブルで失踪した北朝鮮ビジネスマンが相次いだという。

 中国東北部で活動する北朝鮮当局者は事件直後の今月中旬、親しい中国人に「我が国がやったとは信じられない」と前置きしつつ、「万が一そうだとすれば、カネの問題ではないか」という推測を語った。

 また、別の中朝貿易関係者は「昨年末ごろ、朝鮮労働党関係者が正男氏に接触し、『忠誠金』と呼ばれる上納金を出すように求めたが、正男氏は応じるとも応じないとも言わなかった、といううわさが出ていた」と明かす。この関係者は「こうした対応が、国家財政が厳しい中、平壌で強い批判の対象となったのかもしれない」と指摘した。

 正男氏はマカオや欧州、マレーシアを拠点に不動産投資やワイン取引ビジネスを展開しているとされる。

 金党委員長は平壌市内のアパート建設などに膨大な資金をつぎ込んでいる。特に、平壌市内の黎明通りで建設中の70階建ての高層アパート群については今年1月、「4月15日までに完成させよ」と指示。こうしたプロジェクトの進展に合わせ、上納金をきっちり出すようビジネスマンらへの圧力が高まっているという。

 一方、中朝貿易関係者によると、正男氏殺害事件の少し前には中国東北部の中心都市、瀋陽で活動していた国家体育指導委員会の下部組織、朝鮮テコンドー委員会の関係者の男性が家族と共に行方不明に。この男性は同委員会の第7師範団に所属し、中朝間の体育交流などを推進しつつ、外貨稼ぎにも従事していた。

 同時期には、北京周辺で活動していた北朝鮮の貿易会社代表ら2人も姿を消したという。

 いずれも「(国家との)カネを巡るトラブル」が背景にあるといい、北朝鮮当局は、外貨稼ぎが目的で国外に送り出される労働者やスポーツ、芸術関係者らの審査を強化しているという。


金正男氏、襲撃15~20分後に死亡
ホウドウキョク 2/27(月) 10:50配信

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、正男氏が死亡したのは、顔に猛毒の液体を塗りつけられた、およそ15~20分後だったことを明らかにした。
マレーシアのスブラマニアム保健相は、「男性は襲撃されてから、およそ15~20分後に死亡した」と述べた。
マレーシアのスブラマニアム保健相は、司法解剖の結果から、正男氏の体内に大量の猛毒の神経剤「VX」が吸収され、心臓や肺などが影響を受けて死亡したとみられると述べた。
正男氏は、空港で襲撃を受けたあと、歩いてクリニックに向かったものの、その後、意識を失い、病院に搬送される途中の救急車の中で、息を引き取った。
スブラマニアム保健相は、遺体を調べた専門の化学機関による最終報告書が、ほぼ完成していて、近く、警察に提出するとの見通しを示した。
一方、実行犯の1人、インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者は、面会した大使館職員に対し、殺害に使用した液体は、「ベビーオイルのようなものだと思った。『いたずらビデオへの出演』の報酬として、およそ1万円を受け取った」と話しているという。


VX、国外から持ち込みか=関係先で検出されず―マレーシア紙
時事通信 2/27(月) 10:39配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズは27日、関係筋の話として、正男氏の遺体から検出された猛毒の神経剤VXについて、マレーシア国内で製造されたことを示す手掛かりは見つかっておらず、国外から持ち込まれたとみられると報じた。

 同紙によると、関係筋は、これまでに容疑者が訪れたり滞在したりしていたことが分かっている関係先からは「VXの存在を示すものは何も出ていない」と語った。


外交特権を悪用して薬品運搬? 浮かぶ北朝鮮大使館の「裏の顔」
ホウドウキョク 2/27(月) 9:57配信

金正男氏殺害事件でマレーシアの北朝鮮大使館に駐在する2等書記官の関与が疑われている。大使館には工作員らが派遣され、外交特権を隠れ蓑にさまざまな活動を展開している。知られざる北朝鮮大使館の役割とは?

疑惑の2等書記官……外交特権を悪用か
ヒョン・グァンソン2等書記官。事件で急浮上した北朝鮮大使館員の名前です。

大使館員、すなわち外交官の関与が意味するもの、それが「大使館ぐるみ」「北朝鮮指導部の指示」という図式です。

事件の動機を解明するための大きな手掛かりを得たと言えるでしょう。

一般に大使館や外交官には「外交特権」が認められています。

マレーシア当局は許可なく大使館に立ち入ることはできません。外交官も拘束されません。公邸・私邸・車・列車・専用機などもアンタッチャブルです。

特権の中でも、北朝鮮が重視するのが「信書の保護」。

外交関係の書類・物資は「外交行嚢(こうのう)」という封袋に入れ、受け渡しします。この外交行嚢もアンタッチャブル。空港の保安検査などで開く必要はありません。

過去、この特権が悪用された例が何度も発覚しています。

▽スイス駐在外交官が、金正恩氏の祖父、金日成主席のためにペースメーカーを外交行嚢で送った

▽南アフリカ駐在外交官が、密輸などで得たサイの角を外交行嚢を通じて北京の北朝鮮大使館に送り、中国の闇市場で売りさばいた

▽海外労働者が得た外貨収益が、外交行嚢を使って北朝鮮に届けられた

外交特権が工作活動の隠れ蓑になり、この懸念は繰り返し指摘されてきました。

今回も殺害に使われた猛毒の神経剤VXに関連した薬品運搬に、この外交行嚢が使われた、という説が持ち上がっています。

工作拠点としての大使館……工作員も駐在
実際に、北朝鮮大使館とはどういう組織なのでしょうか。

在外公館で最大規模である北京の大使館を例に取ってみましょう。

名簿には、次の肩書の外交官が固有名詞とともに記されています。

特命全権大使1人/公使3人/参事官13人/1等書記官19人/2等書記官17人/3等書記官23人……。

ただ、名簿の名前と、内部で使用される名前が一致しない例もあります。肩書きと実際の力関係もはっきりしません。職位は2等、3等であっても、公使や参事官より実権を握っている場合もあります。

大使館の敷地には館員やその家族ら100人のほか、党機関紙の関係者らも事務所・住居を構えています。総数はざっと150~160人とみられます。敷地内には売店や食堂、診察室もあり、生活に不自由はありません。

この中に工作活動を担当する朝鮮人民軍偵察総局の要員がいます。

もちろん本来の任務は明かさず、外交特権に守られるため「2等書記官」「3等書記官」などの肩書で働いています。

一般の大使館員は通常、単独行動は認められていません。外出の際、複数で行動し、相互に監視し合っています。しかし、偵察総局の要員は特別に単独行動が許され、資金も豊富なようです。

外交関係断絶も……北朝鮮の孤立強まる
北朝鮮は事件発生直後からマレーシア警察の捜査にクレームをつけてきました。これに対し、マレーシアでは北朝鮮に対する非難の声が高まる一方です。

「うそや非難をぶちまけ続けている」(アニファ外相)
「ならず者国家だ。行かないように」(ナスリ観光文化相)

既に北朝鮮駐在のマレーシア大使を召還しました。次は「断交すべきだ」の論調が強まっています。

かつて北朝鮮が関与した事件でも国交断絶に至った例があります。1983年、ビルマ(現ミャンマー)で韓国大統領の爆殺を狙ったラングーン事件が発生しました。大統領は被害を免れたものの、閣僚ら7人が死亡しました。

ビルマ政府は北朝鮮工作員の犯行と断定し、国交を断絶しました。断交状態は2007年まで続きました。

ラングーン事件の例をみれば、二つは断交してもおかしくありません。

マレーシアは、北朝鮮にとっては数少ない友好国の一つ。北朝鮮住民としてはビザなしで入国できるマレーシアの存在は貴重でした。各国との外交交渉、水面下接触も、頻繁にこの国で進められた経緯もあります。

事件に関与した女2人の出身地、インドネシアやべトナムとの関係も悪化は必至です。国際的孤立が一層深まる中で、北朝鮮のさらなる暴走が懸念されます。


トランプ政権、元米高官と北朝鮮との非公式協議を中止
CNN.co.jp 2/27(月) 9:45配信

ワシントン(CNN) ニューヨークで来週予定されていた元米高官らと北朝鮮との非公式協議が中止されたことが27日までに分かった。協議に出席することになっていた2人の人物が語った。

北朝鮮からは協議に向け、外務省の対米責任者ら6人の代表団が訪米する予定だったが、トランプ政権は24日、北朝鮮代表団へのビザ発給許可を取り消した。米国側は元駐中国大使やクリントン政権の対北朝鮮交渉担当者、ブッシュ政権のアジア担当顧問らが出席することになっていた。

しかし協議の手配を進めていた全米外交政策協議会(NCAFP)のトップ、ドナルド・ザゴリア氏が24日、出席予定者らにメールで中止を伝えた。ザゴリア氏はこの数時間前のメールで、北朝鮮代表団へのビザは発給されるとの見通しを示し、協議は予定通り開催されると述べていた。

北朝鮮をめぐっては、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件を調べているマレーシア当局が同日、遺体から猛毒の「VX」が検出されたと発表したばかり。VXは国連が指定する大量破壊兵器のひとつだ。

韓国当局は北朝鮮が正男氏を殺害したと主張し、マレーシア当局は北朝鮮国籍の男4人を容疑者として指名手配している。

出席予定者の1人が匿名を条件に語ったところによると、米国務省は協議の開催を支持していたものの、トランプ政権がVX検出の情報を受けてこれを覆し、中止を決めたとみられる。

米国内で最後に北朝鮮との非公式協議が開かれたのは2012年。今回実現すれば、トランプ政権の対話姿勢が北朝鮮側に伝わり、交渉の進展につながる可能性もあるとみられていた。

米国務省の報道官は、非公式協議の予定はないとの立場を示し、個別のビザ手続きに関して詳細に語ることはしないと述べた。


入れ墨の有無「よく分からない」=正男氏事件でマレーシア保健相
時事通信 2/27(月) 9:40配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、正男氏の遺体の腹部に入れ墨があるかどうかについて、「よく分からない。私は、あるとも、ないとも言っていない」と述べた。

 記者団の質問に答えた。

 正男氏は腹部に入れ墨を彫っていたのに、遺体には入れ墨がないという説が流れている。


トランプ政権、北朝鮮への先制攻撃可能性は“50パーセント” そのとき我が国は
デイリー新潮 2/27(月) 8:06配信

 就任から1カ月以上が経つ現在も、ドナルド・トランプ大統領の予測不能の言動は、世界中の注目を集め続けている。そんななか、北朝鮮は新型ミサイルを発射し、マレーシアでは金正男を暗殺、国際社会への対決姿勢をいっそう強めた。流動化する世界でこれからの日本の安全保障はどうあるべきか。3名の識者による緊急座談会から、その一部を紹介しよう。

 ***

 今回、司会を務めたのは評論家で元衆議院議員の米田建三氏。対等な形での日米同盟の構築を不安視する米田氏は、米国のスタンスを考える上での、具体的な“懸念”の例を挙げる。

米田:一番端的なテーマはやはり北朝鮮の問題だろうと思います。既に日本全土が北の核ミサイルの射程距離内に入っているのですから。

永岩俊道(元航空自衛隊航空支援集団司令官・空将):日本にとって極めて大きな脅威になりつつあることは間違いありません。

香田洋二(元海上自衛隊自衛艦隊司令官・海将):アメリカまで届くミサイルに搭載する核兵器の小型化についてもかなり近い未来に実現するのではないかと聞こえてきています。

川上高司(拓殖大学海外事情研究所所長):注目すべきは、ペリー元国防長官の、北朝鮮と「核交渉」すべきだという発言です。ペリーというのはもともと北朝鮮を先制攻撃すべきだと言っていた人物です。アメリカは北朝鮮が核を持っていると認めず、交渉してこなかったのですが、ペリーがこうした発言をしたということは、裏を返せば、いま香田さんからお話があったように、北朝鮮がアメリカに届く核を持ちつつある、もしくは持ってしまったと考えているということ。

 そうすると、アメリカの日本に対する拡大抑止がなくなっていくのではないか。これは深刻な状況です。アメリカは交渉のテーブルにつくか、先制攻撃のチャンスを窺うということになってきます。

■可能性は五分五分
 昨年9月、金正恩総書記は、新型ロケットエンジンの試験に成功したと発表した。これを受けてか、同年10月、アメリカ空軍は核弾頭の投下訓練を行い、その写真を公表。香田氏は「これを使うとしたら中国でもロシアでもなく、北朝鮮の可能性が一番高い」と見る。

米田:先制攻撃の可能性はずばりどのくらいでしょうか。

川上:五分五分じゃないでしょうか。

香田:私はこの前の10月の投下訓練公表を受けて、五分五分から六:四までいったなという感じですね。今までだって投下訓練は行ってきたはずで、公表しないという原則を覆したことが、明確な意思表示です。

永岩:ただ、実際にアメリカが行動を起こした場合にどういった方程式でミッションを成功裏に成立させられるかということを考えると、非常に難しい課題が多々あります。ソウルは火の海になりますし、中国は戦略的に北朝鮮を手放しません。米軍の作戦発起に日本の関与は欠かせません。実行上は非常に難しい。

川上:私が五分五分と申し上げたのは、トランプ政権だからなのです。トランプは北朝鮮を屁とも思っていないが、面白くないとは思っている。中国に対するディール(取引)、北朝鮮に対するディール、日本も含めて緊張が高まった段階で、もしかしたら本当にやるかもしれません。

 一方で、金正恩が「ハロー」と電話をしたとして、普通は取らない電話をトランプだったら取るかもしれない。アメリカと北が手を結ぶ、そんな可能性も考慮しなければいけないほどトランプ政権は予想不可能じゃないかと思います。

米田:アメリカが攻撃するかはさておき、我が国はいつ何時北のミサイルが飛んでくるか分からない、という状況に対して、現状のミサイル防衛構想では完全な迎撃はできないでしょう。

永岩:現在の迎撃システムは、探知、追尾、対処を通してあくまで一つの答えを準備したというだけで、実際に飽和攻撃を受ければ対処能力としては極めて不十分です。ミサイル防衛以外も含めたさらなる準備が必要です。

川上:ミサイル防衛だけではどうにもならない。そういう意味で、安倍首相が所信表明演説でふれた敵地攻撃能力の整備というのは的を射た話です。

 ***

「新潮45」3月号に掲載された本座談会「トランプ政権のいまだから『敵地攻撃能力』の整備を」では、より具体的な日本防衛策についても言及。対露対中関係での前米政権との違いなどにも触れ、トランプ政権を分析する。

デイリー新潮編集部


北、軍事用無線を密輸 マレーシア拠点からアフリカに 国連安保理報告書
産経新聞 2/27(月) 7:55配信

 【ニューヨーク=上塚真由】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがまとめた報告書によると、北朝鮮の工作機関である偵察総局がマレーシアで運営するフロント企業を利用し、軍事用無線などをアフリカに密輸しようとして押収されていたことが25日、分かった。ロイター通信が報じた。過去の安保理制裁決議では、北朝鮮のすべての武器輸出を禁止しているほか、偵察総局は制裁対象に指定されている。

 北朝鮮の金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件をめぐり、北朝鮮とマレーシアの関係は悪化しているが、両国は以前は良好な関係にあったとされる。

 ロイター通信によると、マレーシアにある偵察総局のフロント企業は「Glocom(グローコム)」。昨年7月、東アフリカのエリトリアに密輸する途中の北朝鮮製の軍事備品が押収され、その中には、同社が製造したとされる軍事用無線など45箱分も含まれていたという。

 報告書では、北朝鮮はマレーシアなど海外のフロント企業を利用して制裁逃れを続けていると指摘。その手法は巧妙さを増しているという。


金正男氏毒殺 化学物質押収の部屋 帰国の男4人が賃借 空港の安全を確認
産経新聞 2/27(月) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の殺害事件で、マレーシアのメディアは26日、警察が家宅捜索して化学物質を押収したクアラルンプールのマンションの一室について、事件当日に出国して帰国したとみられる北朝鮮国籍の容疑者の男4人が借りていたと伝えた。警察もこの部屋は4人の関係先だとみている。

 マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、正男氏が顔に毒物を付けられてから15~20分後に死亡したと明かした。致死量を大幅に超える猛毒の神経剤VXが体内に吸収されたとしている。警察は、捜索で見つかった液体などの鑑定を進め、VXの入手先の解明を本格化させる。

 警察などは26日未明、犯行現場の国際空港内を検査した結果、有害物質は検出されなかったと発表。放射性物質検査も行った。

 警察は実行犯として逮捕した女2人のうち、インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)が、逃走中のタクシーで嘔吐(おうと)したことも明らかにした。VX使用の根拠になるとしている。女2人は現場で毒物を受け取って正男氏の顔に塗った後、手を洗ったとみられる。


金正男氏事件 「極めて異例」 柴山首相補佐官
産経新聞 2/27(月) 7:55配信

 柴山昌彦首相補佐官は26日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で猛毒の神経剤VXが使われたとされる点について「極めて異例な事件だ。関係各国と協調して措置を取りたい」と述べた。

 柴山氏は「日本はあらゆるテロに対し毅然(きぜん)と対応する」と述べ、共謀罪の要件を厳格にした「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について「テロ犯罪は多くの人が情報をやりとりする。しかるべきタイミングで調査できるようにすることが重要だ」と必要性を強調した。


正男氏暗殺 防護服で厳重警戒 部屋から化学物質、消防局など捜索参加
産経新聞 2/27(月) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、犯行に使われた猛毒の神経剤VXとの関連が疑われる化学物質が押収されたのは、首都クアラルンプールの高層マンションの一室だった。部屋はすでに逃亡したとされる北朝鮮国籍の4容疑者が借りていたとされ、近隣住民らには26日、不安が広がった。

 中心部から車で20分の好立地に建つマンションの正面には、大きな「貸し出し中」の垂れ幕がかかっていた。ネット広告では、寝室2部屋で日本円で月6万円台などと、長期滞在者向けの物件案内もある。

 関係者によると、家宅捜索は23日の日中、マンションB棟5階で、数時間にわたり行われた。地元消防局の危険物処理班などが参加した。当初は「訓練」と伝えられていたという。

 地元メディアは、捜索当時の写真を掲載した。防護服とガスマスク姿の要員が、押収物を入れた半透明のプラスチックの箱数個を運び出している。

 押収した化学物質について警察は「分析中」と発表。VXは、毒性の低い物質をそれぞれ混合して生成する方法があるとされる。このマンションが、VX調合に向けた事前準備の拠点に使われていた可能性がある。


正男氏にボディーガード?付き添っていた
読売新聞 2/27(月) 7:45配信

 【クアラルンプール=田中洋一郎】マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害された北朝鮮の金正男氏(45)が、約5年前からたびたび、訪れていたクアラルンプール市の韓国料理レストランの男性オーナー(65)が読売新聞の取材に応じた。

 男性が経営するレストランは同市中心部のショッピングモール地下にある。正男氏は、妻とみられる女性と2人で2012~15年頃、計8回、店を訪れた。必ず若い女性の付き添いが2人、店外で待機。2人は食事をすることはなく、「ボディーガードのように見えた」という。


<金正男氏殺害>カメラ「動かず」警戒緩む 手配の男ら下見
毎日新聞 2/27(月) 7:00配信

 【クアラルンプール西脇真一、林哲平】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察に指名手配されている北朝鮮国籍の男たちが、事前に空港を下見した際、監視カメラの稼働状況を尋ね「動いていない」旨の回答を聞かされていたことが、北朝鮮に詳しい情報機関関係者の話で分かった。本当のことは相手に言わないマニュアルに沿った回答で、このためグループは警戒を緩めた可能性がある。

 マレーシア警察の調べで、男たちは主に1月末から2月初めにかけマレーシアに入国。空港の下見をしたり市内のショッピングモールで殺害の予行演習をしたりしたとみられる。

 空港では現場や最終的な手順などを確認したとみられるが、その際に空港職員に監視カメラの稼働状況を質問し、職員が「実際は動いていない」という趣旨の話をしたという。情報機関関係者によると、これは本当のことを言わないマニュアル通りの対応だという。

 毎日新聞記者が23日、事件現場のクアラルンプール国際空港第2ターミナルで空港職員ら17人に「防犯カメラが動いていないように見えるが、正常に作動しているのか」と質問。きちんと答えてくれた8人のうち6人が「動いていない」「前から止まったままだ」と答えた。「動いていると思う」「作動していないわけがない」と回答したのは2人だけだった。実際は、監視カメラにグループの姿がきちんととらえられており、職員の言葉を信じて警戒を緩めた結果、容疑者の早期特定につながった可能性がある。

 マレーシア警察は、グループのうちリ・ジヒョン容疑者(33)ら4人は既に北朝鮮に帰国したとしている。1983年に北朝鮮が今のミャンマーのヤンゴンで韓国閣僚らを爆殺したラングーン事件や、87年の大韓航空機爆破事件で捕まった容疑者について、北朝鮮は「そのような者は国にはいない」と全面否定した。

 だが、この情報機関関係者は「今回は北朝鮮側が証拠を提供してくれたようなもので、もううそは通用しない」と指摘している。


金正恩氏が劣等感を抱く正男氏の息子・ハンソル氏の出自
NEWS ポストセブン 2/27(月) 7:00配信

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏が2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺されてから2週間が経過した。

 北朝鮮では金日成の時代から政治犯罪者の処刑に際して「一族郎党の連座」という“ルール”がある。父や祖父や兄を処刑されたことを恨む遺族がやがて復讐を企てたり、反政府勢力のシンボルに担ぎ上げられたりするリスクを摘むためである。

 近年、この封建時代的な手法は緩和されたともいわれるが、今回の金正男の“処刑”に関してはそうはいかない。

 マレーシアで暗殺された正男には、若くして北朝鮮を離れ、西側諸国で学んだ21歳の息子、金ハンソル氏がいる。金正恩にとって自らの権力を脅かす危険な存在にして、一方で北朝鮮を牽制したい米国、韓国、中国にとって最高の切り札だ。

 マレーシア警察による捜査の進展に関心が寄せられる一方で、ハンソル氏の動向も、より大きな注目を集めている。

「遺体引き渡しの優先権」を与えられた“筆頭近親者”であるハンソル氏のマレーシア入りは情報が錯綜したが、入国の有無が注目されている時点で、「ハンソル氏と金正恩の関係は対立構造にある」と指摘される。

「ハンソル氏が警察に協力すれば、これまで強硬に遺体の引き渡しを主張していた北に対して公然と弓を引くも同然の行為。“正男の次はハンソル”と金正恩が照準を定め直すのは必至だ」(韓国の情報機関・国家情報院関係者)

 今回の暗殺事件以前から、「正男氏同様、暗殺対象に挙がっていた」(同前)とされるハンソル氏だが、そこには金正恩が抱くコンプレックスが潜んでいたという。『コリア・レポート』編集長の辺真一氏の解説だ。

「建国の父・金日成主席の曾孫に当たるハンソル氏は金王朝の正統後継者を意味する“白頭山(※注)の血統”に連なる出自を持つ。

 祖母の成恵琳(故人)は国民的女優で金正日総書記の第2夫人。一方、正恩氏の母親・高英姫(故人)は大阪出身の在日2世で3番目の妻だった。ハンソル氏に対して正恩氏が劣等感を抱き、いつか自分の地位を脅かす存在だと恐怖心を抱くことは想像に難くない」

【※注/中国東北部吉林省と北朝鮮との国境地帯に連なる山。抗日ゲリラの拠点地として金日成が滞在していた地とされ、そこで金正日が誕生したという“伝承”がある。北朝鮮のロイヤルファミリーの血統を意味し、金一族による世襲統治の正当性を示す言葉として用いられる】

※週刊ポスト2017年3月10日号


現場の空港、残留毒物なし…マレーシア警察検査
読売新聞 2/26(日) 21:53配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、遺体から猛毒「VX」が検出されたことを受け、マレーシア警察は26日未明、犯行現場となったクアラルンプール国際空港第2ターミナルで残留物質の有無を検査した結果、「有害物質は見つからず、安全を確認した」と発表した。

 科学捜査班が消防などと協力して3階出発ロビーの大部分を封鎖して実施。防護服に防毒マスクを身につけた隊員らが検査機を使い、正男氏が襲撃を受けた自動発券機周辺や、実行犯とされる女2人が犯行後に手を洗ったトイレ、正男氏が処置を受けた空港クリニックを丹念に調べた。

 空港管理会社によると、空港の床は事件後、1日6回、機械で洗浄されているとしているが、事件発生から2週間近く経過してからの大規模検査に空港利用者から「遅すぎる」と冷ややかな声も上がった。


国外逃亡4人、捜索のマンション賃借…アジトか
読売新聞 2/26(日) 21:48配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎、田尾茂樹】今月13日に起きた北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、マレーシア警察は26日、警察が捜索したクアラルンプールのマンションの一室は、1月31日~2月7日に入国し、事件直後に国外逃亡した北朝鮮国籍の4容疑者が「借りていた」と明らかにした。

 アジトとして使っていた可能性がある。

 殺害現場のクアラルンプール国際空港を管轄するセランゴール州警察のアブドゥル・サマ・マット本部長が記者会見して明らかにした。

 マンションは、逮捕されたリ・ジョンチョル容疑者(46)の自宅から約2キロ。室内からは化学物質や手袋などが見つかったとする地元報道については「いくつかの物質を押収して、分析のために化学検査機関に送った。報告待ちだ」と述べた。遺体から検出された猛毒「VX」との関連を調べているとみられる。


外交特権を悪用して薬品運搬? 浮かぶ北朝鮮大使館の「裏の顔」
ホウドウキョク 2/26(日) 20:53配信

金正男氏殺害事件でマレーシアの北朝鮮大使館に駐在する2等書記官の関与が疑われている。大使館には工作員らが派遣され、外交特権を隠れ蓑にさまざまな活動を展開している。知られざる北朝鮮大使館の役割とは?

疑惑の2等書記官……外交特権を悪用か
ヒョン・グァンソン2等書記官。事件で急浮上した北朝鮮大使館員の名前です。

大使館員、すなわち外交官の関与が意味するもの、それが「大使館ぐるみ」「北朝鮮指導部の指示」という図式です。

事件の動機を解明するための大きな手掛かりを得たと言えるでしょう。

一般に大使館や外交官には「外交特権」が認められています。

マレーシア当局は許可なく大使館に立ち入ることはできません。外交官も拘束されません。公邸・私邸・車・列車・専用機などもアンタッチャブルです。

特権の中でも、北朝鮮が重視するのが「信書の保護」。

外交関係の書類・物資は「外交行嚢(こうのう)」という封袋に入れ、受け渡しします。この外交行嚢もアンタッチャブル。空港の保安検査などで開く必要はありません。

過去、この特権が悪用された例が何度も発覚しています。

▽スイス駐在外交官が、金正恩氏の祖父、金日成主席のためにペースメーカーを外交行嚢で送った

▽南アフリカ駐在外交官が、密輸などで得たサイの角を外交行嚢を通じて北京の北朝鮮大使館に送り、中国の闇市場で売りさばいた

▽海外労働者が得た外貨収益が、外交行嚢を使って北朝鮮に届けられた

外交特権が工作活動の隠れ蓑になり、この懸念は繰り返し指摘されてきました。

今回も殺害に使われた猛毒の神経剤VXに関連した薬品運搬に、この外交行嚢が使われた、という説が持ち上がっています。

工作拠点としての大使館……工作員も駐在
実際に、北朝鮮大使館とはどういう組織なのでしょうか。

在外公館で最大規模である北京の大使館を例に取ってみましょう。

名簿には、次の肩書の外交官が固有名詞とともに記されています。

特命全権大使1人/公使3人/参事官13人/1等書記官19人/2等書記官17人/3等書記官23人……。

ただ、名簿の名前と、内部で使用される名前が一致しない例もあります。肩書きと実際の力関係もはっきりしません。職位は2等、3等であっても、公使や参事官より実権を握っている場合もあります。

大使館の敷地には館員やその家族ら100人のほか、党機関紙の関係者らも事務所・住居を構えています。総数はざっと150~160人とみられます。敷地内には売店や食堂、診察室もあり、生活に不自由はありません。

この中に工作活動を担当する朝鮮人民軍偵察総局の要員がいます。

もちろん本来の任務は明かさず、外交特権に守られるため「2等書記官」「3等書記官」などの肩書で働いています。

一般の大使館員は通常、単独行動は認められていません。外出の際、複数で行動し、相互に監視し合っています。しかし、偵察総局の要員は特別に単独行動が許され、資金も豊富なようです。

外交関係断絶も……北朝鮮の孤立強まる
北朝鮮は事件発生直後からマレーシア警察の捜査にクレームをつけてきました。これに対し、マレーシアでは北朝鮮に対する非難の声が高まる一方です。

「うそや非難をぶちまけ続けている」(アニファ外相)
「ならず者国家だ。行かないように」(ナスリ観光文化相)

既に北朝鮮駐在のマレーシア大使を召還しました。次は「断交すべきだ」の論調が強まっています。

かつて北朝鮮が関与した事件でも国交断絶に至った例があります。1983年、ビルマ(現ミャンマー)で韓国大統領の爆殺を狙ったラングーン事件が発生しました。大統領は被害を免れたものの、閣僚ら7人が死亡しました。

ビルマ政府は北朝鮮工作員の犯行と断定し、国交を断絶しました。断交状態は2007年まで続きました。

ラングーン事件の例をみれば、二つは断交してもおかしくありません。

マレーシアは、北朝鮮にとっては数少ない友好国の一つ。北朝鮮住民としてはビザなしで入国できるマレーシアの存在は貴重でした。各国との外交交渉、水面下接触も、頻繁にこの国で進められた経緯もあります。

事件に関与した女2人の出身地、インドネシアやべトナムとの関係も悪化は必至です。国際的孤立が一層深まる中で、北朝鮮のさらなる暴走が懸念されます。


正男氏、襲撃後20分以内に死亡=大量のVXか―マレーシア保健相
時事通信 2/26(日) 20:35配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、正男氏が猛毒の神経剤VXで襲撃されてから20分以内に死亡したと明らかにした。

 スブラマニアム氏は記者団に「(正男氏の体内に入った)VXの量がとても多かったので、心臓と肺に害を及ぼした。吸収の度合いも急速だった」と説明。正男氏が女2人にVXを使って襲われてから「15~20分以内に死亡した」と語った。


<金正男氏殺害>空港に毒物残留なし マレーシア、安全強調
毎日新聞 2/26(日) 18:29配信

 【クアラルンプール岸達也】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏殺害事件で、マレーシアの警察当局などは26日、襲撃現場となったクアラルンプール国際空港で、猛毒の神経剤VXの残留の有無などを検査する様子を国内外のメディアに公開し、有害物質は検出されなかったと発表した。

【写真特集】VXの残留を検査するマレーシアの当局者ら

 空港利用客が少なくなった同日午前2時ごろから、化学防護服に身を包んだ職員らが、正男氏が襲われた自動チェックイン機付近や容疑者の逃走経路などで機器を使うなどして、1時間以上かけて作業に当たった。現場は物々しい雰囲気に包まれた。終了後、警察幹部は有害物質は検出されなかったことを明かし「空港は安全」と強調した。

 マレーシア警察は24日、遺体の顔から採取したサンプルからVXを検出したと発表していた。化学兵器禁止条約で使用が禁じられているVXがどのように持ち込まれたのか、捜査当局が調べている。

 地元英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズによると、マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、正男氏がVXを付けられた後、15~20分程度で死亡したとの見方を示した。


北朝鮮当局者、怒り爆発=報道陣に「出て行け」―マレーシア
時事通信 2/26(日) 18:04配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件の舞台となったマレーシアのクアラルンプールで26日、北朝鮮大使館前で張り込んでいる報道陣に対し、北朝鮮当局者が怒りを爆発させる一幕があった。

 国営ベルナマ通信によると、当局者の乗った車が大使館から出てきた際、駆け寄った報道陣と接触し、車のサイドミラーが破損した。

 車から出てきた当局者は「サイドミラーを壊したのは誰だ。ここから出て行け」と声を張り上げた。記者団からの質問には一切答えなかったという。


金正男氏殺害、現場空港で毒物検出されず 安全を確認 マレーシア
AFP=時事 2/26(日) 17:37配信

【AFP=時事】マレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で26日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が猛毒の神経剤で殺害された現場となったターミナルの安全が確認された。

 防護服に身を包んだ当局職員らは、正男氏の殺害という大胆な犯行の現場で毒物が残っていないかなどの調査を行った。VXは致死性が非常に高く大量破壊兵器に分類されている。

 調査のため警察は、正男氏が襲われた出発ロビーの広いエリアを封鎖。同氏が襲われた場所や容疑者の女2人が手を洗った洗面所、空港内の診療所までの通路などで調査が行われた結果、有害物質は発見されず安全が確認された。

 同空港では、正男氏が殺害されてから2週間近くもたってから安全確認作業が行われたことに首をかしげる利用客もいた。【翻訳編集】 AFPBB News


実行犯の女2人が大使館職員と面会
ホウドウキョク 2/26(日) 17:13配信

975
(写真:ホウドウキョク)

実行犯の女2人が、それぞれ大使館職員と面会した。
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、逮捕されたドアン・ティ・フオン容疑者は25日、事件後初めてベトナム大使館の職員と接見した。
その中で、フオン容疑者は「コメディービデオに出演していると思っていた」と説明したという。
一方、事件の数時間前に撮影された、シティ・アイシャ容疑者の映像。
アイシャ容疑者も、インドネシア大使館の職員と接見し、「液体は、ベビーオイルのようなものだと思った」などと話したという。
現地警察は、話の裏づけや、容疑者らの役割分担について調べを進めている。


マレーシア「北と断交」世論高まる…正男氏殺害
読売新聞 2/26(日) 14:07配信

 【クアラルンプール=吉田健一、児玉浩太郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏殺害事件の舞台となったマレーシア国内で、北朝鮮と断交すべきだとの声が強まっている。

 マレーシア警察の24日の発表を受け、25日付のマレーシア各紙は「正男氏はVXで毒死(毒殺の意)」(光明日報)などと1面で大きく報じ、自国の空港で化学兵器が使われたことへの衝撃を伝えた。

 マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズは25日、「ネット世論」の大半が北朝鮮に批判的と伝え、「断交すべきだ」とする国民の声を紹介した。

 マレーシアはこれまで、「マレーシア警察の捜査を信用できない」(カン・チョル大使)と批判する北朝鮮に対し、「うそや非難をぶちまけ続けている」(アニファ外相)と反論するだけでなく、20日には北朝鮮に駐在するマレーシア大使の本国召還を発表。24日にはザヒド副首相が「北朝鮮との外交関係の再評価」に踏み込んだ。


正男氏殺害 インドネシア人の容疑者、「オイルだと思った」
CNN.co.jp 2/26(日) 13:31配信

クアラルンプール(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件の実行犯として逮捕されたインドネシア国籍の女が、正男氏の顔にオイルのようなものをつけたと話していることが26日までに分かった。

駐マレーシアのインドネシア副大使によると、シティ・アイシャ容疑者は25日、インドネシア当局側との初の面会で、正男氏につけたのは「オイルのような、ベビーオイルのようなもの」だったと語った。

マレーシア警察が24日に発表したところによると、正男氏の遺体からは猛毒の「VX」が検出されている。

同副大使の話によると、アイシャ容疑者は「日本人か朝鮮人」のように見える相手からこの「活動」を依頼され、400リンギット(約1万円)の報酬を受け取ったと説明した。同容疑者は取り調べに対し、テレビのお笑い番組の撮影と思い込んだとも話していた。

しかしマレーシア当局は、アイシャ容疑者ともう1人の実行犯とされるベトナム国籍の女が、北朝鮮国籍の男4人から指示を受けて犯行に及んだとの見方を示す。北朝鮮側は一切の関与を強く否定している。

現場となったクアラルンプール国際空港の責任者は25日、空港内で正男氏の看護に当たった職員らの健康状態に異常はなく、VXの影響はみられなかったと発表した。


【佐藤優コラム】反革命思想持てば金一族でも…
スポーツ報知 2/26(日) 12:03配信

 13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏が殺害された。今回の殺害の手法が、従来の北朝鮮が行った暗殺工作と異なると1987年の大韓航空機爆破事件の実行犯だった金賢姫氏が指摘している。金氏は書面インタビューに答えて、「今回の事件で『(金日成主席の血を引く)白頭山の血統は殺さない』という原則が崩れた」。(2月23日付「読売新聞」朝刊)

 いずれにせよ、北朝鮮が金正男氏暗殺に関与したことを認める可能性がない中で、オシント(公開情報諜報、公刊物によって対象の意図を分析するインテリジェンスの技法)が重要になる。2013年に平壌の外国文出版社から刊行された『最後の勝利をめざして』という金正恩氏の著作集を読むと、その謎解きができる。ちなみに白頭山とは、中朝国境地帯の山脈であり、ここで金日成が抗日パルチザン活動を展開している時に金正日が生まれたというのが北朝鮮当局が作った神話だ。実際は、金正日はソ連のハバロフスク郊外で生まれており、その当時、金日成が率いるグループは、ソ連軍の指揮下に置かれていた。しかし、北朝鮮は歴史を書き換えて、白頭山で抗日武装闘争を指導した金日成の血統によって北朝鮮は統治されるという神話を作り上げた。

 『最後の勝利をめざして』には、12年10月12日付の「革命家の遺児は万景台の血統、白頭山の血統をしっかり継いでいく先軍革命の頼もしい根幹となるべきである」と題する書簡が収録されている。金正恩氏は、「革命家の血筋を引いているからといって、その子がおのずと革命家になるわけではありません。偉大な大元帥たちが述べているように、人の血は遺伝しても思想は遺伝しません。/革命思想は、ただ絶え間ない思想教育と実際の闘争を通じてのみ信念となり、闘争の指針となり得るのです」と述べている。金正男氏は、金日成、金正日という革命家の血筋(白頭山の血統)を引いているが、正しい思想を持っておらず、実際の闘争も経験していないので、革命家ではないという意味だ。間違った思想を持った金正男氏が反革命的な行動をすれば、当然、粛清(殺害)の対象になる。(作家・元外務省主任分析官)


金正男氏殺害事件 空港を除染
ホウドウキョク 2/26(日) 11:22配信

犯行現場の空港で、毒物の除染作業が行われた。
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察は26日未明、犯行現場となったクアラルンプール国際空港で、正男氏の襲撃に使われた猛毒「VX」の除染作業を行った。
防護服を着た作業員らが、正男氏が襲われたチェックインカウンター周辺や、襲撃後に治療を受けた診療所などで、毒物の計測や採取を行ったが、今回の作業で、VXなどの毒物は検出されなかったという。


正男氏に塗りつけた液体「ベビーオイルのよう」
読売新聞 2/26(日) 9:56配信

 【クアラルンプール=田尾茂樹】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャー容疑者(25)が25日、在マレーシアのインドネシア大使館当局者と、拘束されているクアラルンプール近郊の警察署で面会した。

 記者会見した当局者によると、シティ容疑者は正男氏に塗りつけた液体が「ベビーオイルのようだった」と述べ、毒物を使用したとの認識はなかったことを改めて強調。「番組出演」を持ちかけられて400リンギット(約1万円)の報酬を受け取ったと話した。健康状態は良好で、正男氏の遺体から検出された猛毒「VX」の影響は見られなかったという。


北の脅威への覚醒もつかの間 竹島、慰安婦に燃えている韓国は妙な方向に向かっている
産経新聞 2/26(日) 9:35配信

 新型弾道ミサイルの発射や、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(33)の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の暗殺など、北朝鮮がらみの問題が続発している。韓国社会は北朝鮮という差し迫った現実問題に目を覚ましたかに見えたが、朴槿恵(パク・クネ)大統領(65)の職務が停止し、弾劾審判が迫るなか、奇妙なことに北朝鮮どころではないようだ。国内のゴタゴタの一方で、竹島の領有権問題などをめぐってまた日本を非難。“北の脅威”はつかの間の騒動であるかのように、忘れ去られようとしている。(ソウル 名村隆寛)

 昨年10月の中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイルの発射(この時は失敗)以来、約4カ月ぶりの弾道ミサイル発射に韓国の政府やメディアは衝撃を受けた。北朝鮮が12日に打ち上げたのは、潜水艦発射弾道ミサイル(SLMB)を陸上発射型に応用したものだった。

 ミサイルはいったん空中に浮上した後に発射し、今回は成功したとみられている。韓国が驚きを隠せないのは、発射成功に加え、燃料の固体化と無限軌道型の移動式の発射台から打ち上げられたことだ。発射の機動性が増し奇襲発射が可能になることで、衛星での早期探知も容易ではなくなる。

 「ミサイルは発射角度が垂直に近い89度で、通常角度での発射であれば射程は2000キロ以上になる」(韓国の情報機関、国家情報院)と分析されている。当然、韓国全土はもちろん、日本も射程に収める。韓国と在韓米軍が現在保有する兵器での迎撃は不可能だ。韓国政府は今夏に予定する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を待つしかない。

 朴大統領の職務停止で、3カ月間半余り国政が停滞を続けた韓国をあざ笑うかのように、北朝鮮は4カ月の沈黙を破り「新型弾道ミサイル」の発射を成功させた。

 韓国が久々に「北」で驚いたのは前述の通りだが、特に韓国メディアは、北朝鮮のミサイル発射を受けた日米首脳の素早い対応にむしろ驚いていた。

 ■トランプ氏が「韓国」に触れず落胆

 安倍晋三首相(62)とドナルド・トランプ米大統領(70)は滞在先の米フロリダ州で、北朝鮮のミサイル発射について共同記者会見した。トランプ大統領は「米国は偉大な同盟国である日本を100%支持する」と述べた。安倍首相も帰国後の13日、「(トランプ政権の対北朝鮮)姿勢はより厳しくなる」と語り、日米で緊密に連携する方針を表明した。

 以上、北朝鮮の軍事挑発に対する日米首脳の“緊密な連携”という望ましい話であるが、韓国は両首脳、特にトランプ大統領が「韓国」に触れていないことに落胆しているようだった。

 トランプ政権発足直後に訪米した安倍首相を、韓国メディアは「屈従外交」やら「ゴマすり」などと揶揄(やゆ)していた。その背景には、大統領が職務停止状態の韓国が対米外交で後れをとっているといった焦りや羨望(せんぼう)が露骨に出ていた。安倍首相嫌いの韓国メディアらしい表現を使えば「日本の安倍に先を越された」という言い方がピッタリだ。

 その安倍首相がトランプ大統領の別荘に招待された上に、一緒にゴルフまで楽しんだ。しかも、1ラウンド18ホールだけでなく、さらにハーフの9ホールのおまけ付きだ。これに北朝鮮のミサイル発射に共同対処するとの趣旨の生中継での共同記者会見がついたわけだ。

 北の脅威に加え、トランプ政権下での良好な日米関係という現実を目にし、何も言えない韓国の姿が印象的だった。

 ■金正男暗殺は対岸の火事?

 身動きがとれないにも等しい韓国外交の現状を嫌でも認めざるを得ず、安倍首相に対する“やっかみ的”な感情がうかがえる報道の一方で、韓国紙の中には安倍首相の訪米を「実利外交」として評価する論調もあった。

 自国の対北対応への焦燥感も出ている。朝鮮日報は社説で、日米首脳が夕食会などの最中にミサイル発射の報告を受け、緊急の共同記者会見を開いたことに触れ、「両首脳の機敏な対応を見て、自分のことが人ごとのようになっている状況を心配せざるを得ない」と韓国の現状を憂えた。

 そんな中、韓国だけでなく世界を驚かせる事件が起きた。しかも、また北朝鮮がらみ。金正男氏(当時45)のマレーシアでの暗殺事件だ。現地警察により、在マレーシア北朝鮮大使館職員の関与が判明しており、国家ぐるみのテロである疑いが極めて強い。

 正男氏暗殺の一報を受け、即座に思い出したのが、ちょうど20年前の1997年2月に韓国で起きた李韓永氏(イ・ハニョン=82年、韓国に亡命)の射殺事件だ。李氏は金正日総書記の先妻の成恵琳(ソン・ヘリム)氏の実姉、成恵琅(ヘラン)氏の息子で、金正男氏のいとこに当たる。

 李氏は日韓などで、幼少時の正男氏の話を含む“金正日(ジョンイル)ロイヤルファミリー”の実態を暴露した本を出版するなどし、金正日氏の指示を受けた北朝鮮工作員により射殺された。

 事件は夜中に起きた。当時ソウルに勤務していたため、新聞の最終版に急いで原稿を送った記憶がある。同時に韓国国内で北朝鮮工作員が暗躍している現実に薄ら寒いものを感じた。

 今回の金正男暗殺を受け、韓国では李韓永射殺事件を回想する報道もあり、韓国当局は元北朝鮮外交官などの脱北者の身辺警護に当たっている。

 ■デモと抗議集会は相変わらず

 しかし、一般国民レベルでの反応はまるで“対岸の火事”のようで鈍い。金正男暗殺に関する報道も、韓国より日本のメディアの方が力を入れているようだ。事実、韓国紙の東京特派員がそのように伝えていた。

 こうしたなか韓国では、逆に北朝鮮との対話や経済協力をこの期に及んで主張する意見さえ“健在”している。

 韓国政府は昨年2月、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射に抗議する形で南北経済協力事業の北朝鮮の開城工業団地の稼働を中断、開城工団で事業を展開する韓国企業を撤収させた。それからまる1年。今月、一部のメディアで開城工団再開論が出た。

 また、第1野党「共に民主党」と、年内に行われる大統領選挙の有力候補で現在支持率トップの同党の文在寅(ムン・ジェイン)前代表は、開城工団と北朝鮮での金剛山観光の再開を訴えている。文氏は当選のあかつきには米韓首脳会談よりも先に訪朝し、南北首脳会談を行うべきとの考えも示す親北派であり、かつ反日的な姿勢で知られる。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射と金正男暗殺の後も、文氏が対北姿勢を変えたという話はない。にもかかわらず、支持率は相変わらず30%以上でトップだ。朴槿恵政権への不満もあろうが、文氏に続く支持率2位も同じ「共に民主党」に所属する安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道知事。現状では、韓国の次期大統領は北朝鮮に甘い「共に民主党」の候補が当選する可能性が高い。

 ■北どころではない

 軍事境界線を隔てて北朝鮮と対峙(たいじ)している韓国は、北の脅威に最も敏感であるべきなのだが、国内は北どころではない状況が続いている。

 朴大統領の親友で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件で、朴政権は相変わらず風前のともしび。事件にからみ、韓国最大の財閥、サムスングループの経営トップ、李在鎔サムスン電子副会長(イ・ジェヨン、48)までが逮捕された。

 サムスングループは韓国の国内総生産(GDP)と輸出の約20%を占める。「サムスンが牽引(けんいん)している」と言ってもいい韓国経済にも悪影響を及ぼすことが不可避な情勢で、ただでさえ低迷を続ける経済の一層の悪化を懸念する声が財界を中心に強まっている。

 昨年のスマートフォンの発火事故で、ブランドに傷がついたサムスンは経営トップの逮捕により、韓国同様、国際的なイメージの一層の低下が始まっている。まさに「起業79年で最大の危機」(韓国メディア)に直面しており、韓国経済はさらに危機に追い込まれているのだ。

 韓国では1997年末の通貨危機(IMF危機)のような経済危機の再来が懸念されており、李在鎔氏の逮捕によって危機感が現実味を帯び始めている。

 ■北より竹島、慰安婦に燃える

 北朝鮮の脅威と不透明な金正恩政権、経済危機の可能性といった不安要素の一方で、市民団体のデモや抗議集会は相変わらずだ。土曜日恒例の朴大統領の退陣を要求する大規模集会は毎週続いており、これに対抗する保守派や高齢者の集会も盛んである。

 さらには、今月22日に島根県松江市で開かれた「竹島の日」の記念式典を抗議する集会や、同じ日にソウルの日本大使館前で行われた慰安婦問題での抗議集会は、氷雨が降るにもかかわらず強行された。

 当地ではすっかり“年中行事”のようなものになってしまったのだが、挑発を続ける北朝鮮や先行き不透明な経済よりも、韓国は竹島や慰安婦の問題に熱心であるかのようだ。日本との「歴史」をからめた問題に、相変わらず韓国は条件反射的に燃える。

 その半面、釜山(プサン)の日本総領事館前に違法に設置された慰安婦像の問題で駐韓日本大使が帰国して1カ月半が過ぎたなかで、日韓関係悪化への懸念と関係改善への期待もある。

 韓国外務省は今月中旬、釜山市や設置場所の道路を管理する同市東区などに、像の移転を求める意向の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相名義の文書を送った。その直後の17日にドイツのボンで行われた日韓外相会談で、慰安婦像の撤去を求めた岸田文雄外相に対し、尹外相は「可能な限り、最大限の努力を引き続き行っていく」と約束した。

 外交の現場は、日本の大使館や総領事館の前に抗議の意味で慰安婦像を設置したことが、外国公館の威厳の侵害を禁じたウィーン条約に抵触していることを十分に理解しているのだ。

 しかし、韓国の世論はそれを許さない。世論調査会社の韓国ギャラップの調査によれば、韓国の成人の70%が慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意の「再交渉が必要」と回答している。再交渉を主張する意見は、合意直後の昨年1月には58%、同年9月は63%で、増え続けている。

 ■効率悪く、時間だけがダラダラと

 北朝鮮問題、国政の停滞、経済と国民生活の不安、日本や中国との関係悪化など、現在の韓国には明るい話や展望はうかがえない。不安要素が重なり続ける中で、毎日どこかで、何やらの不満をぶつける集会が開かれている。

 毎週、デモ、デモで、打開策もなく、ただ効率の悪いことが繰り返されているようだ。その一方で時間だけがダラダラと過ぎている。慰安婦像の撤去反対などで意地を張っている場合じゃないのに、韓国政府の日本との関係改善に向けた動きも、自治体への要請文送付でようやく緒についたばかり。先行きは不透明だ。

 やはりこのまま、時間だけが過ぎていき、大統領選挙を経て、何の成果もなく次期政権の発足を迎えるのか。その時の韓国で何が変わっており、何が改善されていることだろうか。

 嫌な予想はまた当たってしまうかもしれない。ただ、韓国で暮らす日本人としては、危機感が変な方向に向かっている隣国から、日本がとんだとばっちりを受けないことを願うばかりだ。


米朝非公式協議が幻に…米紙、正男氏事件影響か
読売新聞 2/26(日) 9:21配信

 【ワシントン=大木聖馬】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は24日、米国の元政府高官と北朝鮮の高官による非公式協議をニューヨークで3月に開く方向で計画したが、米政府が北朝鮮側にビザ(査証)を発給せず、協議が流れたと報じた。

 実現すれば、トランプ米政権発足後、初の米朝協議となり得たが、北朝鮮の関与が濃厚な金正男(キムジョンナム)氏の殺害事件や今月12日の北朝鮮による弾道ミサイル発射などが影響した可能性があるという。

 同紙によると、協議は3月1~2日にニューヨーク市内のホテルで行う方向で調整され、米側からはクリントン元政権時に米朝枠組み合意をまとめたロバート・ガルーチ元朝鮮半島核問題担当大使とブッシュ元政権時に国家安全保障会議(NSC)日本・朝鮮部長を務めたビクター・チャ氏が、北朝鮮側からは北朝鮮外務省米州局の崔善姫(チェソンヒ)氏が出席する予定だったという。


「途方に暮れている」=フォン容疑者のベトナムに住む父―金正男氏事件
時事通信 2/26(日) 8:31配信

 【ハノイ時事】北朝鮮の金正男氏暗殺の実行犯として逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者の父ドアン・バン・タインさんは25日夜、領事面会を経てベトナム政府が容疑者を自分の娘と確認したことについて「今は(事情が分からず)途方に暮れている」と心情を打ち明けた。

 時事通信社の取材に応じた。

 ベトナム北部ナムディン省に住むタインさんは、外務省から連絡を受けたと認め「(事件で)何があったのか聞いていない。知らされたのは、娘の健康は問題ないということだけだ」と述べるにとどまった。取り乱した様子はなく、落ち着いた口調で語った。

 フォン容疑者は5人きょうだいの末っ子。地元の高校を卒業後、ハノイの薬科系の専門学校に通い、その後も主にハノイで暮らした。家族が最後に容疑者と会ったのは、テト(旧正月)休暇で帰省した今年1月で、つい1カ月前のことだった。


金正男氏殺害 悲しき金兄弟 顔を合わせたことがない 相次ぐ襲撃、確執深く
産経新聞 2/26(日) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄】世界を揺るがした北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件。母国で最高権力の座に就いた異母弟、金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長の生い立ちと比べると、正男氏の悲哀の人生が浮かび上がってくる。

 「私たちは一度も顔を合わせたことのない兄弟だが…。私と家族を助けて下さい」

 韓国情報機関によれば、正男氏が2012年4月に正恩氏に送ったとする手紙にはこうつづられていた。家臣が王に嘆願するように、命を狙う命令の取り消しを切々と訴えていた。

 正男氏が命を狙われたのは一度や二度ではない。正恩氏が金正日(ジョンイル)総書記の後継者に内定した直後の09年4月、正男氏の支持者が集まった平壌の別荘を秘密警察が襲撃。消息筋は「正恩氏の指示だった」とみる。

 中国で10年に交通事故を装った暗殺を計画した秘密警察の要員が後に韓国で逮捕された。中国当局は北朝鮮に「中国でそんなことはするな」と警告し、北京やマカオで暮らす正男氏の警護を強化したという。

 だが中国の“神通力”も効かない事態が起きる。中国と深い関係を持ち、正男氏を庇護(ひご)してきた叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏の13年末の処刑だ。正男氏は知人らに「人生は悲しい」と漏らした。

 今回の事件の舞台となったマレーシアで大使を務めていた張氏のおいの張勇哲(ヨンチョル)氏もこのとき本国に召還された。マレーシアはもはや安全な地ではない。それでも「記者以外なら誰とでも会う」と公言する正男氏が東南アジアや中国の行き来をやめることはなかった。

 正男氏を国外亡命政権の首班に擁立しようとする在英脱北者団体の幹部らとも14年から昨年6月に接触。幹部が韓国紙に語ったところでは、正男氏は「私が首班になっても3代世襲ではないか」と断ったというが、北朝鮮の公安機関は見逃さなかったようだ。駐英公使らの相次ぐ亡命で神経をとがらせていた。

 韓国情報機関は、正男氏暗殺命令が正恩氏の「永続的な命令」だったとし、工作機関が実行に移したと分析する。韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相は国会議員にこう説明した。「脱北者らへの強い警告であり、金正恩体制に取って代わる存在を事前に排除したという意味がある」

                   ◇

 ■墓石にも刻まれぬ母の名 正恩氏、出自に負い目抱く 頼れるのは実妹だけ

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が2010年10月、公衆の前に初登場した「党創建65年閲兵式」を翌日に控えてのことだ。異母兄、金正男(ジョンナム)氏は「3代世襲に私は反対する」とメディアに公然と語った。権力世襲が決まった弟への当てつけ以外の何ものでもなかった。

 金正日(ジョンイル)総書記の長男として生まれた正男氏は当初、後継者になるのが確実視された。スイス留学中、正日氏が息子と離れるのが寂しく、電話越しに声を上げて泣いたと伝えられる。だが、正日氏が最も愛したという高英姫(コ・ヨンヒ)氏との間に正恩氏や娘の与正(ヨジョン)氏が生まれると愛情が移った。

 父の逆鱗(げきりん)にも触れる。1996年、資本主義式の会社を設立し、正日氏が忌み嫌う改革開放を公言した。

 2001年に成田空港で拘束されたのは、高氏側からのリークによるものとの見方がある。ウィーンで正男氏を狙った暗殺計画が04年に報じられた際には、高氏を支持する勢力が画策したとされた。後継者争いの激化を危惧した正日氏は「後継者問題を口にするな」と命じたという。

 正男氏は国を離れる道を選んだ。ただ、韓国の情報機関は、死の直前まで「かなりの資産があり、生活に困らなかった」とみる。父の遺産に加え、叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏が援助を惜しまなかったからだ。貿易や金融取引、カジノ経営のほか、父の生前は武器密輸にも携わったという。

 正恩氏は最高指導者の座を射止めたが、出自をめぐる問題がいつもつきまとった。母親の高氏が在日朝鮮人だったためで、日本から来たという事実は権威を損なうとされ秘匿された。12年に母を描いた映像が制作されたが、結局、封印された。韓国に亡命した元駐英公使は、高氏のものとされる墓石にも高氏の墓碑銘はなかったと証言している。

 出自に負い目を持つ正恩氏にとって、海外で暮らす金日成(イルソン)主席の直系の兄、正男氏は常に目障りな存在だったことは想像に難くない。

 正恩氏が唯一心を開いているとされるのが妹の与正氏だ。党宣伝扇動部副部長として兄に数々の助言を行い、兄夫妻の服装のコーディネートまで取り仕切るとされる。次兄の正哲(ジョンチョル)氏は政治から離れ、「未熟な自分を包容してくださる大きな愛に報いたい」と手紙に書くなど、弟に恭順する姿勢を見せている。正日氏が最も信頼した長女の雪松(ソルソン)氏も最近は遠ざけられていると伝えられる。

 異母弟の金平一(ピョンイル)氏を海外に放逐し、妹の金敬姫(ギョンヒ)氏だけを信頼した正日氏とも重なる。大きな違いは、正恩氏が兄の命まで奪った可能性が極めて高いことだ。(ソウル 桜井紀雄)


金正男氏殺害 高麗航空職員は仮の姿? 事務所にほとんど姿見せず
産経新聞 2/26(日) 7:55配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察が重要参考人として出頭を求めている北朝鮮国営「高麗航空」のキム・ウクイル職員(37)が勤務する事務所は首都クアラルンプール市内にある。だが、高麗航空は平壌-クアラルンプール間の定期便を運航していない。キム職員は営業実態がほとんどない事務所では勤務せず、在マレーシア北朝鮮大使館を拠点に正男氏殺害など別任務に当たっていたとの疑いが強まっている。

 高麗航空の事務所は、市中心部のビジネス街にある25階建ての近代的な高層ビルの21階にある。現地の貸事務所会社が持つ部屋の1つを借りていた。

 貸事務所の関係者によると、高麗航空がビルに入居したのは数年前で、キム職員と女性2人が勤務していた。しかし、「キム氏の顔を見るのは1カ月に1回くらいで、ほとんど姿を見ることはなかった」という。

 高麗航空は2011年に平壌-クアラルンプール間の直行便の運航を始めた。だが、国連安全保障理事会の新制裁を受け、14年半ばにマレーシア政府に路線の運航申請を却下され、現在も運航は停止したままだ。

 昨年12月にも、米財務省から制裁対象に追加指定されている。国連制裁で輸入が禁止されたミサイル部品などを北朝鮮に持ち込む際に利用されたと報じられ、高麗航空が保有する16機も制裁対象に指定された。

 正男氏殺害の13日以降、キム職員は事務所に姿を見せなくなった。北朝鮮大使館に身を潜めている可能性がある。

2017年2月25日 (土)

777・787・A350等、航空機一般の話題・47

引き続き、ボーイング777、787、エアバスA350等、航空機一般の話題に関するニュース記事を伝達します。

なお、個別の機種についての特記すべき話題、および重大な航空機事故航空機を標的とするテロ等の発生については、これまでと同様、そのつど項を改めて伝達します。

リンク:イラン航空、A330-200初号機受領 大量発注分初の双通路機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:欧エアバスとのパートナーシップ、国内航空機産業の飛躍期待高まる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイングのコスト削減要求に日本の航空機メーカーが出す答え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<羽田整備工場見学>見上げる巨大機体 一般向けが大人気 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:787ロゴ消え他機種と統一 特集・ANA787初号機JA801Aリペイント(後編) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ユナイテッド航空CEOが語る「ジャンボジェット時代の終焉」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング、737 MAX 10Xの開発検討 A321neoに対抗 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング、小型ジェット機「737 MAX 9」をロールアウト - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ルフトハンザ・カーゴ、貨物増便で旅客運休補完 オーストリア航空撤退でも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<新千歳空港>米貨物機が緊急着陸 「片方のエンジン停止」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米貨物機が緊急着陸=エンジン停止、けが人なし―新千歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:A350のパイロット養成拠点ハブ 特集・シンガポールのエアバス訓練施設 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エアバスの17年2月、受注なし 納入49機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エアバスに秋波を送る“日の丸航空機”産業の狙い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本がステルス機「三菱X-2」を開発するワケ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ウミガメA380、ANAがホノルル線に投入へ---2019年春 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、2019年にホノルル線に就航するエアバス A380型機の特別塗装機「FLYING HONU」発表、導入3機すべてを特別塗装に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANAのA380、デザインは「空飛ぶウミガメ」 成田-ホノルル19年就航 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:A380特別塗装デザイン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:全日空、成田-ホノルル線にA380 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:19年春、A380運航開始=成田―ホノルル線に投入・全日空 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:おめめパッチリ。ANAの「エアバスA380特別塗装機」 ウミガメモチーフの「FLYING HONU」に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、エアバス A380型機の特別塗装機は「FLYING HONU(ホヌ)」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、日本の航空会社で初導入の超大型機エアバスA380、「空飛ぶウミガメ」に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:戦闘機めぐる台湾の本音は? 次世代型ステルス機開発表明、その裏側 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:さよなら”鯖”塗装 特集・ANA787初号機リペイント(前編) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:いつかは…。“防衛の川重”が夢見る完成機メーカーへの挑戦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、石垣行きでひなまつりフライト 外国人客にもひなあられ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エア・カリブ、A350初号機受領 仏初導入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ウォーレン・バフェットが米航空大手に“1兆円以上”を投資 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JAL、737-800運航から10年 CA、式典で歴代制服 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANAの787初号機、通常塗装で登場 初の再塗装機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<エアバス>JAL機長ら最新鋭機シミュレーターを体験 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング、英国に欧州初の同社工場開業へ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

イラン航空、A330-200初号機受領 大量発注分初の双通路機
Aviation Wire 3/13(月) 21:24配信

A33ira
イラン航空に引き渡されたA330-200=17年2月 PHOTO: P. Masclet, Master Films/Airbus

 エアバスは現地時間3月10日、国営のイラン航空(IRA/IR)にA330-200型機(登録番号EP-IJA)を仏トゥールーズで引き渡したと発表した。2016年12月に大量発注したエアバス機のうち、初の双通路機となった。

【イラン航空が受領したA330の写真を見る】

 イラン航空は12月22日、エアバス機を100機発注。内訳は、A320従来型(A320ceo)が6機、A320neoが32機、A321ceoが8機で、単通路機はA320ファミリーを計46機発注した。双通路機はA330ファミリーがA330-200とA330-900neoを含む計38機、A350 XWBは長胴型のA350-1000を16機の計54機を発注した。

 両社間の契約は、11月に認可された米国の財務省外国資産管理室(OFAC)の輸出許可を前提としている。米国の技術が10%以上使用された製品は、OFACの認可が必要になる。エアバスは、EU(欧州連合)や米国などの監査機関と調整して、包括的共同作業計画(JCPOA)を遵守し、OFACの認可が履行される条件を保証していくとしている。

 この契約のうち、最初の納入となったのはA321(登録番号EP-IFA)で、1月11日に引き渡された。今回受領したA330-200は、エンジンはロールス・ロイス製トレント700を搭載し、座席数は2クラス238席(ビジネス32席、エコノミー206席)となっている。

 イラン航空は2016年12月、ボーイング機80機の導入でも合意。内訳は737 MAX 8が50機、777-300ERと777-9Xが15機ずつで、2018年から受領を開始する。

 現在は747やA300などを所有しているものの、機材の老朽化が進んでいる。


欧エアバスとのパートナーシップ、国内航空機産業の飛躍期待高まる
日刊工業新聞電子版 3/13(月) 14:50配信

Abtr
エアバスの求める技術に日本企業の商機がある(A380、エアバス提供)

機材調達でエアバスの存在感
 欧州とのパートナーシップによって、わが国航空機産業の新たな飛躍を期待したい。

 経済産業省とフランス航空総局が覚書を結び「日エアバス民間航空機産業協力ワークショップ」を立ち上げた。政府支援の下、材料や航空システム、製造技術などの分野で欧エアバスと日本企業の連携を橋渡しする。

 戦後、わが国の航空機産業は米軍機の修理で再開し、防衛航空機のライセンス生産で産業基盤を構築。米ボーイングとの国際共同開発などで民間機事業を広げ、国産小型ジェット旅客機「MRJ」など完成機へと発展させてきた。いずれも米国とのつながりが深い。

 全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)の保有機材もボーイングからの調達を軸としてきたが、近年はエアバスの存在感が高まっており、変化の兆しがみてとれる。

 年率約5%で増加する旅客需要を背景に、世界の民間航空機市場は今後20年間で約5兆ドル規模へと倍増する見通しだ。日本勢もボーイング向けを中心に約1兆8000億円規模へと順調に成長してきたが、生産額は米国の約11分の1にすぎない。

 日本企業とエアバスとの取引規模は年間約10億ユーロ(約1200億円)程度にとどまっており、伸びしろは大きい。エアバス側も「日本企業は品質、納期順守に優れているのが特徴。取引をさらに拡大したい」(エアバス・ジャパンのステファン・ジヌー社長)と期待する。

 ただサプライヤーが米欧の2大航空機メーカーの仕事を両立させるには、新たな生産ラインを含めた長期安定供給のための新規投資が必要となる。

 その点、日仏政府は次世代航空機に焦点を当て、通信やロボット、電動化などの革新的技術を持つ他業界からの参入を促す新しいアプローチをとった。これまで縁のなかったリコーなどが関心を示しているという。

 品質保証をはじめ、航空機部品に求められる国際的な認証取得のハードルは高い。官民一体となり、日欧双方の航空機産業振興につながる橋頭堡(ほ)を築いてもらいたい。


ボーイングのコスト削減要求に日本の航空機メーカーが出す答え
ニュースイッチ 3/12(日) 14:22配信

Kcmac
米ボーイングの「787」胴体を製造する世界最大級の複合材硬化用オートクレーブ

川重、新工場はIoTで武装。検査工程などを簡略化
 「QCD(品質・コスト・納期)にもっと磨きをかけよう」。2016年4月に航空機部門のトップに就いた常務執行役員の並木祐之は、現場にこう語りかけた。民間航空機向け機体部品を手がける川崎重工業。メーン顧客の米ボーイングは欧エアバスと激しい受注競争を繰り広げ、コストダウン要求は年々厳しさを増している。

 「単なるプライスダウンはできない」(並木)。川重には乾いたぞうきんを絞るような生産改善を進めてきた自負がある。「あとはボーイングと一緒になった取り組みが不可欠になる」と強調する。

 例えば検査工程。一度も不具合が発生していない工程での検査を、簡便化するといった取り組みだ。並木は「ボーイングの決め事だから、当社では判断できない」とした上で、「さらにコストダウンを進めるにはこれしかない」と続ける。

 民間航空機の胴体などを手がける名古屋第一工場(愛知県弥富市)。ボーイングの次世代大型機「777X」向け胴体の量産開始や、中・大型機「787」の増産対応など大イベントを控える。

 17年2月、第一工場内で建設していた「777X」向け胴体の新工場が完成。6月の製造開始に向け、生産設備の設置作業を始めた。新工場の完成は航空機部門に留まらず、川重グループ全体への波及効果が期待できる。

 並木は新工場を「IoT(モノのインターネット)などを活用したスマート工場のとっかかり」と表現する。自動で穿孔(せんこう)位置を認識する自社製ロボット、画像センシング技術や制御技術を駆使した新規開発設備を導入。IoTに必要な通信インフラも整備する。

 技術開発本部とも連携し「ここで得た知見やノウハウを他部門の工場に広げたい」と並木。副社長の井城讓治は「自社で試して形になれば外販できる」とその先を見通す。スマート化の進捗(しんちょく)次第では、ボーイングの高い要求に応えられるかもしれない。生産改善に終わりはなく、これは製造業の宿命でもある。
(敬称略)


<羽田整備工場見学>見上げる巨大機体 一般向けが大人気
毎日新聞 3/12(日) 8:09配信

Jsv
間近で機体を見学する参加者ら=東京都大田区羽田空港のJAL格納庫で篠崎真理子撮影

 フェンス越しに、すぐ近くを走行していく巨大な旅客機。ここは羽田空港(東京都大田区)にある、航空各社の格納庫などが並ぶ「新整備場地区」だ。同地区で日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)が、一般を対象に飛行機の機体整備工場見学を実施している。機体を間近に見られるとあって、予約開始後すぐに“満席”になる人気ぶりだ。【篠崎真理子】

【エアバス】JAL機長ら最新鋭機シミュレーターを体験

 ヘルメットを着用して格納庫へ入る。目の前にJALの所有機では最大の「ボーイング777」が定期点検のため駐機していた。ガイド役の元キャビンアテンダント(客室乗務員)の杉原久乃さん(42)が「航空機の定期点検は、人間ドックのようなものです」と解説した。間近で見る旅客機は巨大で、見上げるばかりだ。

 JALでは見学を、空に興味を持ってもらうための「ミュージアム」と見立てて、「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」と名付けて開催している。航空教室で航空機の飛ぶ仕組みや羽田空港の概要などを学び、続いて格納庫を見学する流れだ。この日は子どもが参加しており、航空教室では「羽田空港は2~3分に1回発着がある日本一忙しい空港です」「主翼の中に積む燃料は、満タンにするとドラム缶約900本分。水に例えると、2年半の間、毎日お風呂に入れる量です」などと、わかりやすく説明してくれた。

 格納庫では、点検中の航空機の周りに足場が組まれ、作業員が上部で作業できるようになっている。客室や操縦席の点検や整備のほか、タイヤやエンジンの交換作業も行われるという。

 格納庫からは、ごう音とともに滑走路を離着陸する航空機を見ることができ、迫力満点。庫内には1960年代の主力機で、美しい姿から「空の貴婦人」と呼ばれた「DC8」機の機首部分が保存されている。「ビートルズが来日した際に使われた機種です」。杉原さんはそう説明した。

 子どもにもわかりやすい説明が中心だったが、航空機ファンだという相模原市緑区の横溝彰広さん(65)は「ファンでも十分満足できた」と笑顔だった。

 別の日に、山口県立岩国工業高校の生徒たちと一緒に、ANAの機体工場見学にも参加した。格納庫には、ボーイング社製では最新鋭の「787」機も駐機。787は従来の航空機とは違い、先進的な炭素繊維複合素材が多用されていることなどが説明されると、熱心にメモを取る生徒も。

 「乗り物の部品を作る仕事に就きたい」という同校2年の岡崎健太朗さん(17)は、「機種によって、いろいろなエンジンが使われていることがわかった。将来の参考になりました」と話していた。

 ◇メモ【工場見学】

 工場見学参加はJAL、ANAとも無料だが、事前予約が必要。両社とも対象は小学生以上で、小学生の場合、成人の同行が必要。JALは年末年始を除く毎日4回開催。1回につき100人まで見学可能。所要時間は約1時間40分。予約は見学希望日の6カ月前の午前9時半からウェブサイト(https://www.jal.co.jp/kengaku/)で受け付ける。ANAは月~金曜(祝日などは除く)に1日4回開催。1回につき80人まで見学可能。所要時間は約1時間半。予約は見学希望日の6カ月前の午前9時半からサイト(http://www.ana.co.jp/group/kengaku/)で。両社とも東京モノレール「新整備場」駅下車徒歩。


787ロゴ消え他機種と統一 特集・ANA787初号機JA801Aリペイント(後編)
Aviation Wire 3/10(金) 19:10配信

Ja801a
特別塗装から通常デザインに塗り直されたANAの787-8初号機=17年2月28日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

 白いボディーに濃紺のアクセントが入ることから、航空ファンからは“鯖”(サバ)塗装とも呼ばれ、親しまれてきた全日本空輸(ANA/NH)のボーイング787-8型機の初号機(登録番号JA801A)。2011年の就航以来まとってきた特別塗装から、同社の通常デザインに塗り替えられた。リペイント(再塗装)後の初便は、3月1日夜の羽田発上海(浦東)行きNH967便となった。

【787初号機の写真を見る】

 ANAの787のデザインは、大きく分けて3つ。初号機と2号機(JA802A)の特別塗装と、ANAの通常デザインに加えて前部胴体に「787」と大きく描いた787ロゴ塗装、他機種と同じ通常デザイン塗装だ。

 特別塗装機は、ANAの通常デザインで用いられているブルーよりも濃い色が後部胴体に配され、前部胴体には「787」と描いて最新鋭機をアピール。その後、登録番号JA803AからJA824Aまでの機体は、ANAの通常デザインに加えて前部胴体に「787」と大きく描いた787ロゴ塗装機となった、

 通常塗装機は、2014年2月6日に引き渡されたJA825Aから。ANA機の通常塗装は、2013年8月からプロダクトサービスブランド「インスピレーション・オブ・ジャパン(Inspiration of Japan)」のロゴを取り入れている。

 JA825A以降の塗装も「IoJロゴ」が入っており、787ロゴ塗装機は機体中央に「IoJ」ロゴを加えている。

 初号機の塗装作業は、15日からANAホールディングス(9202)が出資する整備会社MROジャパンの格納庫で実施。胴体と垂直尾翼、エンジンカバーをリペイントした。

 本写真特集の後編では、商業運航復帰前日の2月28日に公開された、通常塗装の外観を取り上げる。


ユナイテッド航空CEOが語る「ジャンボジェット時代の終焉」
BUSINESS INSIDER JAPAN 3/9(木) 20:10配信

744ua
「ボーイング747-400」。ジャンボジェットの愛称で親しまれた。

2017年1月、ユナイテッド航空は「ボーイング747-400」の“引退”を発表した。

【ジャンボジェットの愛称で親しまれた「ボーイング747-400」】

同社はアメリカの大手航空会社の中で、「ジャンボ」の愛称で知られる同機をまだ運行している数少ない会社。当初の予定より1年早い2017年末で運行をやめる。

747の後継機として「ボーイング777-300ER」を導入。「787ドリームライナー」「エアバスA350」同様、同社の長距離路線に投入する。

先日、ユナイテッド航空のCEOオスカー・ミュノツ(Oscar Munoz )氏はBusiness Insiderとの単独インタビューに応じた。

インタビューの中で、ミュノツ氏は「『空の女王』の愛称で親しまれた747型機の引退は、実務上の観点から決定したこと」と話す。

インタビューからの抜粋は以下の通り。

BI:「747-400」の“引退”を早めると発表されました。その背景を教えていただけますか?

ミュノツ氏:747はもう時代遅れのものになりつつあります。長い間、当社にとっては主力機でしたが、いよいよメンテナンスが難しくなってきました。特に部品問題。必要な部品がなかなか入手できないのです。現在は世界中にある古い機体から(部品を取り外して)調達している状況です」

BI:747の後継機は?

ミュノツ氏:その話題になるたびに、「ドリームライナーを見ましたか?」と答えています。2階建ての大きな機体ではないかもしれませんが、わたしたちが提供する新しいタイプのビジネスクラスにぴったりの機体です。サービスはさらに向上し、座席も快適になります。当社は新型機を導入し、次世代へ飛び立ちます」

[原文:United Airlines CEO explains why the Boeing 747 jumbo jet will soon go away(UAL, BA)]

(翻訳:十河亜矢子)


ボーイング、737 MAX 10Xの開発検討 A321neoに対抗
Aviation Wire 3/8(水) 21:55配信

73mx10
737 MAX 10Xのイメージイラスト(ボーイングのサイトから)

 ボーイングは現地時間3月6日、単通路機737型機では胴体長が最長となる737 MAX 10Xの開発を検討していることを明らかにした。すでに一部の航空会社には、導入を働きかけている。次世代小型機市場で、エアバスのリードを許しているボーイングは、ラインナップの見直しで巻き返しを図る。

【737 MAXの写真を見る】

 737 MAXは737の発展型で、新型エンジンを採用した4機種で構成。標準型は2016年1月29日に初飛行した737 MAX 8(1クラス189席)で、日本の航空会社も多数導入している737-800の後継となる。737 MAX 8をLCC向けに座席数を増やした737 MAX 200(同200席)、もっとも胴体が短い機体で737-700の後継となる737 MAX 7(同172席)、胴体がもっとも長い737-900ERの後継機737 MAX 9(同220席)がある。

 開発を検討している5機種目の737 MAX 10Xは、7日にロールアウトした737 MAX 9の胴体を延長し、1列で6席ある座席を2列増やすことで12席上積みする。

 ボーイングは2016年7月、737 MAX 7の設計を一部見直した。737-700と同じだった胴体長を、前部胴体を約0.8メートル(30インチ)、後部を約1.2メートル(46インチ)の合わせて約1.9メートル(76インチ)延長。1列6席の座席を2列増やして12席上積みした。737 MAX 10Xも12席増となることから、全長は同程度長くなるとみられる。

 737 MAX 9や737 MAX 10Xと競合するのは、エアバスのA321neoで、メーカー標準の座席数は1クラス236席、2クラス185席。1クラス232席程度を計画している737 MAX 10Xであれば、A321neoと同程度の乗客を運べるようになる。

 ボーイングは、737 MAX 10XはA321neoと比較し、運航コストを座席または輸送距離あたりで5%削減するとしており、「これまでの中で、もっとも収益性の高い単通路機」と表現している。

 一方、エアバスはギャレー(厨房設備)やラバトリー(化粧室)の配置を最適化することで、LCCで採用されている高密度シート配列であれば、240席程度まで増やせるとアピールしている。

 ボーイングは、737 MAX 8の量産初号機引き渡しは、今年4-6月期(第2四半期)を計画。737 MAX 9は2018年、737 MAX 7と737 MAX 200は、2019年の商業運航開始を目指す。737 MAX 10Xは、開発が今年スタートした場合、2020年に就航できる見通し。

 1月末時点で、737 MAXファミリーは世界の83顧客から3612機の受注を獲得。一方のA320neoファミリーは、5063機を2月末時点で受注しており、次世代小型機の受注はエアバスがリードしている。

 また、737 MAXと787の間に位置する「MOM(ミドル・オブ・ザ・マーケット)」の機体である757の後継機については、737 MAX 10Xとは市場が異なるとの見方を、ボーイングは示している。

 757は中型の双通路機767と同時開発された中型単通路機。座席数は、標準型の757-200が2クラス仕様で約200席、胴体を延長した757-300が約250席となっている。エアバスは、A321neoの最大離陸重量を引き上げた「A321LR」で、757の置き換え需要を取り込み始めている。


ボーイング、小型ジェット機「737 MAX 9」をロールアウト
sorae.jp 3/8(水) 20:39配信

73mx9
ボーイング、小型ジェット機「787 MAX 9」をロールアウト

ボーイングは3月7日(現地時間)、最新ジェット機の「737 MAX 9」をロールアウトしました。初飛行は今年の5月を予定しています。
 
ボーイング 737 MAXはナローボディの小型ジェット機で、そのなかでも737 MAX 9は長胴型となるバリエーションです。最大220人の旅客が搭乗可能で、最大航続距離は3,515マイル。ニューヨークからロンドンなどの航路が設定可能となっています。また、より小さな737 MAX 8は2015年12年にロールアウトをはたしています。
 
737 MAXはこれまで約3,600機の受注を受けていますが、そのうちで737 MAX 9が占めるのは220機ほどです。一方、エアバスのA321neoはより受注を伸ばしています。
 
ボーイング 737 MAX 9は2018年から運行予定。また、今後は737 MAX 7や737 MAX 8の200人バージョンとなる737 MAX-200の登場も控えています。


ルフトハンザ・カーゴ、貨物増便で旅客運休補完 オーストリア航空撤退でも
Aviation Wire 3/8(水) 20:07配信

77lhc
1月から増便し旅客便運休分を補完したルフトハンザ・カーゴ=16年3月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ルフトハンザ・カーゴ(GEC/LH)のミヒャエル・フォアヴェルク東・中部日本地区シニアダイレクター日本代表は3月8日、ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)の旅客便・フランクフルト-成田線の運休について、貨物線用便を増便して補完していると述べた。

 ルフトハンザ・カーゴは貨物便として、フランクフルト-成田-仁川-フランクフルト線を週6便運航しているが、1月23日から週1便を増便。現在は週7便をボーイング777F貨物機で運航している。

 一方で、旅客便を運航するルフトハンザ ドイツ航空は、成田への唯一の自社運航路線だったフランクフルト線を、需給調整により1月10日の成田発便から暫定運休。3月26日から始まる2017年夏ダイヤでも運休を決定し、冬ダイヤ以降の運航再開は未定となっている。同路線は旅客機の床下(ベリー)スペースで貨物を運んでいた。

 フォアヴェルク・シニアダイレクターは「1月23日から週7便に引き上げ、輸送力を増強した」とし、運休による輸送力の減少を補っていると説明。3月26日からの夏ダイヤでは、旅客便のミュンヘン-羽田線を週5往復から1日1往復に増便することから、同路線でも補完する考えを示した。

 1月に就任したフォアヴェルク・シニアダイレクター以前に、日本市場を管轄していたミヒャエル・シュトルマー前日本・韓国支社長は、「(16年9月に撤退したグループの)オーストリア航空(AUA/OS)のウィーン-成田線も貨物を運んでいた。撤退により週100トンの輸送力を失った」とし、貨物便の増便は、フランクフルト-成田線の旅客便運休前に決定していたと説明した。

 ルフトハンザ ドイツ航空はフランクフルト-成田線を週3往復、エアバスA340-300型機(251-298席)で運航していた。一方の羽田路線は、フランクフルトから1日1往復をボーイング747-8型機(340-364席)で、ミュンヘンからはA340-600(281-297席)で運航し、それぞれ航空貨物を輸送している。


<新千歳空港>米貨物機が緊急着陸 「片方のエンジン停止」
毎日新聞 3/8(水) 18:22配信

 8日午前10時40分ごろ、北海道・新千歳空港で、米アラスカ州アンカレジ空港発関西国際空港行きの米国貨物機がエンジントラブルのため緊急着陸した。乗員3人にけがはなく、ほかの便の欠航や遅延もなかった。国土交通省新千歳空港事務所によると、トラブルのあった機体は運輸会社「ユナイテッド・パーセル・サービス」のボーイング767-300型機。同7時半ごろ、同機から「(二つあるエンジンのうち)片方のエンジンが止まった」と空港に連絡があったという。【日下部元美】


米貨物機が緊急着陸=エンジン停止、けが人なし―新千歳
時事通信 3/8(水) 12:38配信

 8日午前10時40分ごろ、米国アンカレジから関西空港に向かっていた米ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の貨物機(ボーイング767型機、乗員3人)が、北海道・新千歳空港に緊急着陸した。

 右側のエンジンが停止したという。けが人はいなかった。

 国土交通省新千歳空港事務所によると、貨物機は太平洋上を飛行中の午前7時15分ごろ、右の翼にあるエンジンが停止。緊急事態を宣言し、新千歳空港のB滑走路に着陸した。このトラブルによるダイヤの乱れはない。UPSが詳しい原因を調べている。


A350のパイロット養成拠点ハブ 特集・シンガポールのエアバス訓練施設
Aviation Wire 3/7(火) 22:14配信

A35fs
シンガポールのエアバス・アジア・トレーニング・センターに設置したA350シミュレーター内部=17年2月10日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 エアバスが2016年4月にオープンした、運航乗務員の訓練施設「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」。A350 XWB用など6基のフルフライト・シミュレーター(FFS)を設置し、年間1万人程度の訓練を見込む。エアバス機全機種のタイプ・レーティング訓練(機種ごとの資格取得訓練)やリカレント訓練(再飛行訓練)ができる。

【高度や速度などを表示するヘッドアップディスプレイ】

 AATCはエアバスが55%、シンガポール航空(SIA/SQ)が45%出資しており、投資額は1億米ドル(約113億8900万円)。広さは9250平方メートルで、シンガポール北東部のセレター空港そばにあるセレター・エアロスペース・パークに位置する。

 FFSは現在6基で、A330とA350用が2基ずつ、A380とA320用が1基ずつ。2019年までにA350とA320用を1基ずつ増やし、合わせて8基で運用する。将来の需要増に備え、10基まで設置できるようにした。

 移行訓練用の固定訓練機器「APT(エアバス・パイロット・トランジション)」は、2019年までに6基設置。計器類をタッチパネルで再現した訓練用コックピットで、現在はA380用やA350用など、各機材向けのAPTを稼働させている。

 2035年までの20年間で、アジア太平洋地域の航空需要は著しく成長し、世界の需要をけん引する。今後、A350の訓練拠点のハブを目指すAATCを、写真特集で取り上げる。


エアバスの17年2月、受注なし 納入49機
Aviation Wire 3/7(火) 16:01配信

A35ac
エア・カリブのA350-900=17年2月 PHOTO: P. Pigeyre, Master Films/Airbus

 エアバスの2017年2月の引き渡しは49機(前年同月46機)となった。受注は0機(2機)だった。

 引き渡しの内訳は、A320シリーズが39機(前年同月39機)、A330シリーズが4機(4機)、A350シリーズが5機(1機)、A380が1機(2機)だった。

 A350はキャセイパシフィック航空(CPA/CX)とルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、シンガポール航空(SIA/SQ)、カタール航空(QTR/QR)に1機ずつ引き渡した。リース会社エアキャップにも1機引き渡し、仏エア・カリブ(FWI/TX)がリース導入した。

 受注はなかった。前年同月はA320シリーズが2機だった。


エアバスに秋波を送る“日の丸航空機”産業の狙い
ニュースイッチ 3/7(火) 12:10配信

Abtr
エアバスの求める技術に日本企業の商機がある(A380、エアバス提供)

ボーイング減産。次世代機開発に使える技術で思惑一致
 今月1日、経済産業省とフランス航空総局(DGAC)は、都内で欧エアバスと日本企業の協力強化を支援する覚書に署名した。フランス政府を代表してシュバイツァー日仏特別代表は「民間航空機分野での産業交流促進を目的とし、2013年に始めた年に1度の対話が定着した。協力強化の新たなステージに入る」と話す。

 日系サプライヤーによるエアバス向けの部品供給は増加しているが、年間約10億ユーロ(約1190億円)にとどまり、ボーイング向けの5分の1程度とみられる。経産省は自動車やITなど他業界からの参画を促し、取引拡大を目指す狙いだ。

 今回の覚書に基づき「日エアバス民間航空機産業協力ワークショップ」が設立される。経産省は「広範な日本企業が、優れた技術を搭載した魅力ある航空機の実現に貢献できる。経産省としても全面的に支援する」(井原巧経産大臣政務官)ととにかく前向きだ。

 エアバス・ジャパンのジヌー社長は「日本は次世代機開発に向けた技術や研究開発、デジタル革新のような分野で協業を促進する主要な拠点」とエールを送る。

 民間企業でも動きが広がっている。リコーや関西ペイント、住友ベークライトも今回の日仏接近を契機にエアバスとの取引を目指している。

 エアバスは通信などを駆使した客室技術、ロボットによる自動組み立て、光ファイバーによる損傷検知技術、3次元(3D)プリンターの活用、環境対応塗装、油圧を代替する電動化技術などを求めている。

 リコーは飛行安定性を高める画像解析技術を、関西ペイントは環境性・耐久性の高い塗装技術を、住友ベークライトは軽量内装パネルなどを提示する見通しだ。また、産業技術総合研究所(産総研)はロボット技術での連携を目指す。

<ボーイング中心の産業構造に変化の兆し>

 現状、日本の民間航空機産業はボーイングとの取引が中心となっている。特に機体構造については、三菱重工業や川崎重工業、富士重工業などが参画するなど実績は多い。

 エアバスと日本企業の取引は、ジャムコが炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製フロアアビームを、横河電機がコックピットディスプレーモジュールを、パナソニックが機内エンターテインメントシステムを納入するなど複数の企業が実績を重ねており、納入は増加傾向にあるが、まだまだ取引拡大の余地はあるとみている。

 経産省はエアバスの要望に応じる形で、機体構造、ジェットエンジン以外への日本企業の参画を促すため、今後、自動車やITなど他業界にも呼びかけていく。

<解説>
 日本の航空機産業のボーイング依存は長年の課題。過去、エアバスの新機種の開発時に日本側は参画を求められたが、ボーイングの仕事を気にして断った経緯がある。

 今の時期にエアバスと日本の航空機産業が近づく理由はただひとつ、エアバスの次世代機開発に使える技術であるはずだ。現在、日本もボーイングの減産で苦しい時期にある。

 エアバスも機体開発のコストを分担して欲しいという気持ちを持っている。「日本好き」で知られるエアバスのブレジエCEOの在任中に何とか一つでも契約に結びつくことを願う。
(日刊工業新聞名古屋支社・杉本要)


日本がステルス機「三菱X-2」を開発するワケ
Book Bang 3/7(火) 9:00配信

2016年の航空自衛隊による緊急発進(スクランブル)は1189回でした。中でも中国機に対する緊急発進の回数は842回と圧倒的で、前年比で81%増と1991年の統計後では最多を記録しています。緊急発進で用いられるのが戦闘機ですが、航空自衛隊はF-4EJ改の後継としてF-35の装備を決めています。そんな中、防衛装備庁は2016年4月、「三菱X-2」を先進技術実証機として初飛行させました。このX-2は将来的に国産戦闘機の開発につながる可能性のある機体として注目されています。そこでここでは、このステルス機・三菱X-2とはどんな機体なのか、その開発にはどんな意味があるのかを、『知られざるステルスの技術』の著者で、航空評論家の青木謙知氏に語っていただきました。

三菱X-2とは何か
 2016年4月22日に初飛行した三菱X-2は、国産初の自衛隊向け技術実証機です。この技術実証機の目的は、将来の戦闘機に必要になると思われる各種の新技術を、実際の飛行評価試験を通じて見きわめ、また「必要なものを日本で開発できるか」などを確認することにあります。

 このため、X-2は一見すると戦闘機に見えますが、実用戦闘機よりはかなり小さく、今の機体規模ではレーダーなどの電子機器や、各種の兵器を搭載するスペースはありません。これらも実際の航空機を使っての開発作業は必要ですが、地上だけでできるもののありますし、他の戦闘機などを活用することも可能です。

 しかし、X-2で重要なテーマに挙げられているステルス性(レーダーに探知されにくい技術)や新世代の戦闘機用エンジン、推力変向式排気口による高運動性などは、既存機を改造・改修して試せるものではありませんから、X-2のような技術実証機が必要になったのです。

高度な機密は同盟国にも教えない
 これまで、日本にこのような航空機がなかった大きな理由は、それぞれの時代における戦闘機用の新技術が、それほど複雑ではなかったからです。航空力学にしても電子機器技術にしても、これまでの理論や技術の積み重ねの延長上にあり、比較的簡単に理解ができました。また、日本は、アメリカの各世代の主力戦闘機をライセンス生産できたので、そこから学び取れることは多かったのです。

 しかし、今日の最新世代である第5世代戦闘機や、それに続く将来の戦闘機では、あらゆる技術が大きく飛躍すると考えられていて、単に経験と実績だけでたどり着けるものではなくなると考えられています。加えて、これらの新しい高度技術は、各国が厳しい管理態勢を敷くようになり、公式・非公式を問わず、入手が困難になっています。

 アメリカの高レベルの同盟国である日本が、ロッキード・マーチンF-22ラプターの導入を熱望し、販売を求めたものの、アメリカが最後まで首を縦に振らなかったのは、その好例です。日本は、F-15まではごく一部の電子戦装置以外は技術供与が認められ、レーダーやエンジンも含めて全体をライセンス生産できました。しかし今、新戦闘機技術に関する状況は、その時代とは様変わりしました。

 このような機密管理の厳しい高度技術の1つが、ステルス性です。基本的には、自身に照射されたレーダー電波を発信源に戻さない技術であり、戻らないレベルが高ければ、レーダー反射断面積(RCS)が小さく、ステルス性高いということになります。これは、機体形状の工夫や機体工作上の処理、特殊な内部構造や素材、さらには機体コーティングなどで達成できることは知られています。

 しかし、何をどのように取り入れて、それらをどう組み合わせていけばRCSを極小化できるのかは、各国で高レベルの機密扱いになっています。ですから、そのデータを取得し、将来開発することになるかもしれない新戦闘機に適用するには、独自に技術開発と研究、そして試験を行わなければならないのです。

技術・ノウハウの伝承を途絶えさせてはいけない
 さらに、実用機ではないものの、X-2のような高レベルの試験機を開発・製造することは、日本の航空技術界にシステム・インテグレーションを行う機会をもたらすことにもなります。

 戦闘機に限らず、近年の航空機は高度技術を活用した複雑なシステムで構成されています。これらをうまく機能し合うようにしながら、1つの航空機にまとめ上げるのがシステム・インテグレーションです。各種技術の開発力とともに、一体化させて機能するようにさせられる能力の習得が必要であり、X-2の開発はそのチャンスをもたらしています。システム・インテグレーションについては、一世代前の戦闘機になりますが、三菱F-2の開発においても重要なテーマとされ、当時の開発陣はその技術などを習得しました。

 ただ、こうしたノウハウを伝え続けていくことは難しく、常に伝承が可能になる機会を設けるのが最も効果的です。X-2は、この伝承を可能にする存在であり、ハード面だけでなく、知識・経験などといったソフト面でも、日本の航空産業界にとって重要な役割を果たすものです。

 防衛省や航空自衛隊は、独自に将来の戦闘機像を描いています。またアメリカやヨーロッパなどでも、F-22やF-35などに続く第6世代戦闘機に関する研究が当然進められていますが、現時点ではそれがどのようなものになるのか、まったく予測が付きません。ただ、使われる技術が逆戻りすることはありませんから、第5世代戦闘機の重要な要素である高いステルス性やセンサー融合、ネットワークへの接続性は、間違いなくより高いレベルのものとなって導入されます。

 今日、パイロットに各種の情報をもたらすセンサーは、レーダーと電子光学装置(赤外線、レーザー、TV)が用いられています。これらに代わるものが登場する可能性はきわめて低いのですが、それらの能力向上は当然あり得ます。攻撃用センサーの情報と防御用センサーの情報を、今以上に融合できるようになれば、パイロットの状況認識力はさらに高まり、より効果的な作戦行動と、高い生存性を同時に得られるようにもなるでしょう。こうしたセンサー関連の研究や試験は、X-2では行われず、X-2の作業と並行して別途進められています。

 防衛省ではX-2について、約2年間の飛行試験を行って、使われている各種技術について評価し、今後の方向を決めていくことにしています。

SBCrOnline 2017年3月7日 掲載


ウミガメA380、ANAがホノルル線に投入へ---2019年春
レスポンス 3/6(月) 20:32配信

Kame38
ANA、ウミガメA380をホノルル線に投入へ

ANAグループは3月6日、2019年春から東京=ホノルル線に投入する、総2階建ての超大型機エアバスA380の特別塗装デザインと愛称を発表した。

[入賞作品]

ANAは昨年秋、ホノルル線に投入するA380(合計3機)の特別塗装デザインを公募。応募総数2197作品の中から大賞に選ばれたのは、機体に「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた東京都の増岡千啓(ちひろ)さんの作品。増岡さんには東京=ハワイ線ビジネスクラス・ペアチケットがプレゼントされる。

ウミガメの親子が描かれる特別塗装機の愛称は、「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」に決定。ウミガメはハワイでは非常に神聖な生き物とされ、見つけると幸福や繁栄がもたらされると言われている。

《レスポンス 日下部みずき》


ANA、2019年にホノルル線に就航するエアバス A380型機の特別塗装機「FLYING HONU」発表、導入3機すべてを特別塗装に
Impress Watch 3/6(月) 19:44配信

Anhn
写真:Impress Watch

 ANA(全日本空輸)は3月6日、2019年に成田~ホノルル線に就航を予定しているエアバス A380型機の特別塗装デザインを発表した。ウミガメの親子をモチーフとしたデザインで、「空飛ぶウミガメ」を意味する「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」の愛称が付けられた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 この機体デザインは、2016年10月7日~11月30日に行なわれた「A380ホノルル線導入記念 機体デザインコンテスト」から選ばれたもの。期間中に2197作品の応募があり、うち4割は海外からの応募だったという。そのなかから大賞に選ばれたのが、東京都の増岡千啓さんがデザインしたもので、「ウミガメの家族」をコンセプトに、「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた。

 ハワイで「ホヌ」と呼ばれるウミガメは、ハワイでは神聖な生き物で、ウミガメを見ることができると幸福や繁栄が訪れるということで愛されているという。ANAの機体も、乗客に幸福が訪れるよう願いを込めて「空飛ぶウミガメ」を意味する「FLYING HONU」と名付けられた。

FLYING HONUのデザイン

 6日に行なわれたデザイン発表会で挨拶したANA代表取締役社長の篠辺修氏は、「最後には私も加わって審査をしたが、レジャー、ハワイ、海、青……みたいなイメージだったので、『あ、カメか』という感じで、万年生きるからよいかと。あとから聞くとカメはハワイでは神聖なもので、日本でも同様なので、とてもよいのではないか」と選考の理由を紹介。

 エアバス A380型機に特別塗装を施すことについては、「少し変わったことをやりたい。機体に従来のANAペイントじゃつまらないのではないか」とのことで一般公募したという。導入される3機すべてが、今回のウミガメをモチーフにした特別塗装機になる予定とのことだが、同一のデザインとなるかは未定という。

 デザインした増岡千啓さんは、ハワイに「青い空、青い海、毎日が楽しくて、言ってみれば竜宮城のようなところのイメージ」を抱き、「実際に行ったときの一番の思い出はシュノーケリングをして、ウミガメを見たときのことが一番頭のなかに残っていた」という。そこで、「竜宮城はカメに乗って行ったので、カメをモチーフにした」と、ウミガメをモチーフにした理由を紹介。

 さらに、「モチーフをウミガメに決めてからは、イメージが続々湧いてきて、浦島太郎も1人で行ったから話せる人がいなくて、最後は寂しくなって玉手箱を開けてしまったのでは。もし家族で行ったら、楽しい思い出ばかりが残って、玉手箱も開けることはなかったのでは。カメ1匹ではなくて、3匹の親子を描こうと思ってこのデザインができあがった」と説明した。

 ちなみに、篠辺氏は「機内などもいま国際線で飛ばしているものとは違う雰囲気を出せればと思っているので、これらもできあがり次第、紹介していきたい。今日は機体の塗装だけになるが、今後もご期待いただきたい」とし、機内のコンセプトは詳細は話せないとしつつ「ファミリーを意識しようと思っている」とコメント。この点でもウミガメのファミリーのデザインはマッチしている。

 発表会にはハワイ州観光局(Hawaii Tourism Athority) COOのランディ・バルデモア(Randy Baldemor)氏とミスハワイ2016のアリソン・チュー(Allison Chu)さんも来場。バルデモア氏は「ハワイ路線に初めてエアバス A380型機が就航し、ホノルル国際空港にお迎えできることに興奮している」とし、ハワイの観光業におけるANAの重要性に言及。1月のハワイ渡航者数で日本市場がもっともよい数字であったことへの貢献などに感謝を述べた。

 篠辺氏はこのハワイ路線について、「搭乗率が9割を超えており、2017年度からはボーイング 787型機を投入するなど競争力を高めていく」とコメント。この搭乗率の高さから、「マイレージの特典航空券でもハワイは人気があるが、座席数が足りず『とれない』という意見もいただいている」とするほか、「(身近な例として)JALさんと比べると座席数は3分の1。A380型機を3機入れても、まだ今のJALさんの座席数に届かないはず」とし、エアバス A380型機導入により一挙の増席を図ることで、これまで乗りたいと思っていた人が乗れなかった人に対する搭乗機会創出の重要性を強調した。


ANAのA380、デザインは「空飛ぶウミガメ」 成田-ホノルル19年就航
Aviation Wire 3/6(月) 17:57配信

Akame
増岡さん(左)がデザインしたANAのA380特別塗装機「FLYING HONU」の模型=17年3月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)をはじめとするANAグループは3月6日、2019年春に就航予定の超大型機エアバスA380型機の特別塗装デザインを発表した。2016年10月の弊紙既報の通り、成田-ホノルル線に投入する。

【A380特別塗装の写真を見る】

◆ファースト付きA380をハワイへ

 ANAを傘下に持つ持株会社のANAホールディングス(ANAHD、9202)は、A380の新造機を3機導入。エンジンはロールス・ロイス製トレント900を選定した。座席数は500席から600席の間で検討を進めている。

 ファーストクラスを設定すると共に、家族連れを意識した内装を取り入れ、成田を夜出発してホノルルへ昼前に到着する便に投入する。ANAグループは、日本で初めてA380を運航する航空会社となる。

 特別塗装は全機に施す。今回公開されたのは初号機のもので、デザインを2016年10月7日から11月30日まで募集。世界各国から2197作品の応募があり、東京都の自営業・増岡千啓(ちひろ)さんのデザインが大賞に選ばれた。

 増岡さんは「ウミガメの家族」をコンセプトに、ハワイの青い海で、ゆったりとくつろぐウミガメの親子を描いた。「妻が応募していたのを見て、別々に応募した。妻も喜んでくれた」と話す増岡さんには、東京-ハワイ線ビジネスクラスのペア航空券がプレゼントされた。

 ウミガメはハワイ語で「ホヌ」の愛称で親しまれ、ハワイでは神聖な生き物とされている。ウミガメを見ることが出来ると、幸福や繁栄が訪れると言われていることから、ANAでは特別塗装機の愛称を「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付けた。

 ANAの篠辺修社長は「2000を超える応募のうち、4割が海外からだった。カメは万年生きるので、いいかなと思った。ハワイでは神聖なものとされており、日本もそうなので良いのではないか」と、選定理由を説明した。

◆ファミリー層を意識

 世界最大のA380運航会社である中東のエミレーツ航空(UAE/EK)では、3クラス489席(ファースト14席、ビジネス76席、エコノミー399席)、2クラス615席(ビジネス58席、エコノミー557席)の機材を運航している。

 シートなど、A380の内装について篠辺社長は、「まだ固まっていないので、(発表は)早くても年末か1年後くらいになるのでは」と述べ、「コンセプトはファミリーを意識し、既存の飛行機では用意できなかったものをご用意したい」と語り、家族向けのシートを投入する考えを示した。

 ファーストクラスについては、「入れる。(以前の計画と比べて)どのくらい変化しているかは、お待ちいただきたい」(篠辺社長)と述べるに留めた。

 特別塗装は、3機すべてに施すという。「3つとも同じかどうかは、若干幅を持たせた」と篠辺社長は語り、初号機のデザインを基に、3機が異なる塗装になる可能性もあるという。

 ANAのハワイ路線は、成田-ホノルル線が1日2往復と、羽田-ホノルル線が1日1往復の計3往復。一方、競合の日本航空(JAL/JL、9201)は、東京-ホノルル線を1日4往復、関西と中部からホノルル線を1日1往復ずつと、2倍の便数を運航している。JALの牙城であるハワイに500席以上の機材を導入することで、勝負に出る。

 篠辺社長は「ロードファクター(座席利用率)は、どれも9割とよく乗っていただいている。提供座席数のシェアは小さいので、A380を3機入れても十分乗っていただける」と語った。

 一方、ハワイ路線の特典航空券が取りにくい、という声がマイルを貯めている利用者から寄せられていることについて、「増便しても200席くらいでは全然足らないので、こういう飛行機を入れることにした」(篠辺社長)と話し、マイル会員へのサービス改善につなげる姿勢を示した。

 また、提供座席数が大幅に増えることで客単価の下落につながるのではとの見方については、「一番身近な例でJALさんと比べると、3分の1にも達してない。A380が全機入っても、JALさんには届かないはずで、供給過多の手前だと思う」と語った。

 投入路線について、篠辺社長は「成田-ホノルル線から。羽田は滑走路など制約がある」と述べた。


A380特別塗装デザイン
時事通信 3/6(月) 17:07配信

An38kame
全日本空輸が成田―ホノルル線に投入する超大型旅客機A380にあしらう特別塗装のデザイン。中央は考案者の男性=6日午後、東京都港区


全日空、成田-ホノルル線にA380
時事通信 3/6(月) 17:07配信

An38hn
全日本空輸は6日、欧州航空機大手エアバス製の超大型旅客機「A380」を2019年春から成田-ホノルル線に就航させると発表した。写真は、機体に描かれた「ウミガメの家族」の特別塗装デザイン=東京都港区


19年春、A380運航開始=成田―ホノルル線に投入・全日空
時事通信 3/6(月) 17:00配信

 全日本空輸は6日、2019年春に欧州航空機大手エアバスの超大型旅客機「A380」を成田―ホノルル(米ハワイ州)線に投入すると発表した。羽田―ホノルル線での運航も検討する。

 A380は、500前後の座席数を持つ世界最大の旅客機。全日空は昨年、3機の購入を発表していた。6日記者会見した篠辺修社長は「ホノルル線は成田、羽田発着便とも搭乗率は9割と好調だ」と話し、「(A380を投入しても)座席数が供給過多になることはない」と自信を示した。


おめめパッチリ。ANAの「エアバスA380特別塗装機」 ウミガメモチーフの「FLYING HONU」に
sorae.jp 3/6(月) 15:10配信

Kame
おめめパッチリ。ANAの「エアバスA380特別塗装機」 ウミガメモチーフの「FLYING HONU」に

ANA(全日本空輸)が2019年春から導入する、世界最大の旅客機となる「エアバスA380」。本機は東京ーホノルル線へと導入されるのですが、その特別塗装デザインと愛称「FLYING HONU」が決定されました。
 
ANAは昨年にA380のデザインコンコンテストを開催しており、世界中から2,197点の応募がありました。そしてそのトップに輝いたのは、東京都の増岡千啓さんがデザインした「ウミガメの家族」をコンセプトにしたデザイン。ハワイ語のウミガメを意味する「ホヌ」と、A380の巨体を爽やかに綾取るデザインがうまくマッチしていますね。
 
エアバスA380は総2階建てが特徴のワイドボディ/4発機で、ANAは3機を発注しています。また大型機らしい快適な乗り心地が評判で「A380に乗れる路線を選べるウェブサイト」なども用意されたことがあります。
 
今回のデザイン決定にあわせ、ANAセールスから「ANA旅行積立ハワイ限定プラン」も4月13日に登場予定。こちらは積立プランの最大年利を3.8%に設定したオトクなプランとなっています。

上のイラストは入賞作品の4点。どれもハワイをイメージした、色鮮やかなものに仕上がっています。


ANA、エアバス A380型機の特別塗装機は「FLYING HONU(ホヌ)」
Impress Watch 3/6(月) 14:20配信

Honu
写真:Impress Watch

 ANA(全日本空輸)グループは3月6日、2019年春に東京~ホノルル線に導入予定のエアバス A380型機特別塗装機のデザインを発表した。2016年10月~11月に公募していたもので、2197作品の中から「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いたデザインを採用、愛称を「FLYING HONU(ホヌ)」と決定した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 機体に描く大賞に決定した「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」は東京都の増岡千啓(ちひろ)さんがウミガメの家族をコンセプトとして描いたもの。増岡さんには東京~ハワイ線のビジネスクラスペアチケットがプレゼントされる。

 ANAによれば、ハワイ語で「ホヌ」となるウミガメは神聖な生き物とされ、ウミガメを見ると幸福や繁栄が訪れると言われている。特別塗装機に乗ってハワイへ旅する人にも幸福が訪れるよう願い、愛称を“空飛ぶウミガメ”の意味の「FLYING HONU」としたという。

 今回のデザイン決定により、ANAセールスでは「ANA旅行積立ハワイ限定プラン」を4月13日に発売予定。年利をA380にちなんで3.8%とし、通常の積立プランの最大3%より好条件とした。ハワイを目的地としたANAセールス海外旅行商品、ANA国際航空券、ANA DUTY FREE SHOPで利用できる。


ANA、日本の航空会社で初導入の超大型機エアバスA380、「空飛ぶウミガメ」に
乗りものニュース 3/6(月) 14:16配信

Flhn
A380の特別塗装機「FLYNG HONU」のモデルプレーンを手に持つ増岡さん(右から3人目)。右から2人目がANAの篠辺社長(2017年3月6日、恵 知仁撮影)。

ハワイのイメージは「竜宮城」
 ANA(全日空)が日本の航空会社として初めて導入し、2019年春に東京~ホノルル線で運航を開始する予定の超大型旅客機エアバスA380型機。それを記念した機体デザインコンテストの大賞が2017年3月6日(月)、発表されました。

【写真】A380型機「空飛ぶウミガメ」モデルプレーンのアップ

 世界中から寄せられた2197作品より大賞に選ばれたのは、「ウミガメの家族」をコンセプトに「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた、東京都の増岡千啓(ますおかちひろ)さんの作品。この特別塗装が施されたA380型機、愛称「FLYNG HONU」が2019年春より東京~ホノルル線で運航される予定です。

「早く実際にペイントされた機体を見て、『でっかいカメ』を実感できたらと思います」(大賞の増岡千啓さん)

 大賞に選ばれた増岡さんにとって、ハワイのイメージは青い空、青い海、まるで「竜宮城」のようなところといい、シュノーケリングでウミガメを見たことが一番大きなハワイの思い出とのこと。そこから今回、「竜宮城」へ連れて行ってくれる「カメ」を、ホノルル線へ就航するA380型機にデザインしたといいます。

ANAがウミガメを選んだ理由は? A380型機にちなんだ年利3.8%のプランも
 ANAによると、ハワイ語で「ホヌ」の愛称で親しまれるウミガメは、同地では大変神聖な生き物で、ウミガメを見られると幸福や繁栄が訪れるといわれ、広くハワイの人々に愛されているとのこと。そこでこの特別塗装機に乗ってハワイへ旅をする人にも幸福が訪れるよう願いを込め、特別塗装機の愛称を「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」にしたといいます。

「従来のANAのペイントではつまらないというところから、公募を行いました。万年生きるカメは日本でも神聖な存在です。またひとつ違った雰囲気を出せればと思います」(ANA 篠辺 修社長)

 なお特別塗装機のデザイン公募にあたって、そのデザインはホノルル線に就航することから「レジャー」の方向で考えていたとのこと。またこのデザイン決定を記念し、ANAセールスは通常の積立プランの最大年利3%(サービス額率)をA380型機にちなみ3.8%にした「ANA旅行積立ハワイ限定プラン」を、4月13日(木)に発売する予定です。また大賞の増岡さんには、東京~ハワイ線のビジネスクラスペアチケットが贈られました。


戦闘機めぐる台湾の本音は? 次世代型ステルス機開発表明、その裏側
乗りものニュース 3/5(日) 11:00配信

Tafk
漢翔航空工業 IDF「経国」はアメリカがF-16を売ってくれないため仕方なく独自開発した戦闘機である。台湾製ミサイル「天剣二型」「天剣一型」を搭載する(関 賢太郎撮影)。

台湾、次世代ステルス戦闘機の独自開発を示唆
 2017年1月24日(火)、台湾の馮世寛(※寛は正しくは旧字体)国防部長(防衛大臣に相当)が、次世代型ステルス戦闘機の開発について、独自に行う方針を明らかにしました。

【写真】アクロバットチーム機はメイドイン台湾

 台湾はかねてより、ロッキード・マーチン社(アメリカ)製ステルス戦闘機F-35「ライトニングII」の通常離着陸型F-35A、垂直離着陸型F-35Bを導入したいものと見られていましたが、アメリカの前オバマ政権は中国への配慮から、台湾へのF-35の輸出に慎重な姿勢を堅持し続け、現在に至っています。

 それどころかアメリカはこれまで、F-16「ファイティング・ファルコン」の最も高性能なタイプである「F-16C ブロック50/52」仕様機の輸出さえ許可しませんでした。ただ、その代替としてすでに台湾空軍に配備されている145機の「F-16A ブロック20」を「F-16V」仕様に性能向上させることで両者は合意に達しています。

 一方、2017年1月に誕生したアメリカのトランプ新大統領は、就任以前より台湾に好意的な態度を見せており、台湾へのF-35売却がありうるのではないかという見方も根強くあります。台湾があらためてF-35の導入を求めアメリカ側へ働きかけているという報道もたびたび行われていますが、現在のところ売却に向けた公式のアナウンスはないので、今後どうなるかは不明です。

Taf16
台湾空軍の主力F-16Aは、新型のF-16Cを売ってもらえなかったため仕方なく導入した。写真翼端に装備するAIM-120高性能ミサイルも当初は使えなかった(関 賢太郎撮影)。

「かつての最強空軍のひとつ」が直面する問題
 馮国防部長によるステルス戦闘機開発方針の示唆は、中国の軍拡に対抗可能な高性能戦闘機を欲していながらも、台湾の特殊な政治事情からこれを入手できない現実が大きく影響しているものと推測されます。

 台湾空軍はかつて、「世界で最も空中戦に強い空軍」のひとつでした。1950年代から60年代のあいだは、台湾海峡において中国空軍とのドッグファイトを何度も経験し、その都度勝利しており、台湾空軍の公式記録によると撃墜・損失比43:2で圧勝しています。また昨今においても、実弾射撃には至らない、追い返すだけのドッグファイトが何度も生じていることが知られています。

 しかし近年は中国の著しい追い上げもあって、戦闘機の性能における質的優勢を保てなくなりつつあり、数で劣る台湾空軍にとって非常に苦しい状況に追い込まれようとしています。

Tm205
アメリカがF-16Cを売ってくれなかったため、台湾空軍は仕方なく「幻象2000-5」を導入したが、慣れないフランス製で整備コストが高く稼働率も低いことが問題に(関 賢太郎撮影)。

戦闘機の独自開発は経験済みだが…
 台湾にとってアメリカが新鋭戦闘機を売ってくれないという事例は、実はこれが初めてではありません。1980年代にF-16の導入を希望した際もアメリカが中国を刺激することを恐れ、売ってくれないという問題に直面していました。

 そのため台湾は90年代に入ってから仕方なく独自にIDF「経国」を開発、実用化し、130機を生産しました。その後ようやくF-16が手に入ることになりましたが、アメリカは当時最新鋭の「F-16C ブロック30/32」ではなく、性能に劣る現在の「F-16A ブロック20」しか許可しなかったので、フランスから高性能なダッソー社製「幻象2000-5(ミラージュ2000-5)」を60機購入しなければなりませんでした。

 台湾による次世代戦闘機開発は、「経国」や「幻象2000-5」を導入せざるを得なかった20年から30年前の経緯を彷彿とさせます。とはいえ次世代戦闘機の開発難易度は「経国」のころに比べて格段に高くなっており、特に開発費として数兆円を要することなどから、一国での単独開発は極めて困難になっています。仮に本気で台湾が次世代戦闘機開発を目指すならば、ある程度の性能で妥協したとしても、それは果てしなく厳しい道のりとなるでしょう。

 当面のあいだは既存のF-16AをF-16V仕様へ改修することによって、中国側に対抗可能な性能を得ることができますが、やはり圧倒的に強く今後20年から30年は「生き残る」ことを保証できるF-35がほしくて仕方がないというのが、台湾国防部の本心なのではないでしょうか。


さよなら”鯖”塗装 特集・ANA787初号機リペイント(前編)
Aviation Wire 3/4(土) 21:34配信

78anrp
再塗装するため特別塗装をはがす作業が進むANAの787-8初号機=17年2月20日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

 白いボディーに濃紺のアクセントが入ることから、航空ファンからは“鯖”(サバ)塗装とも呼ばれ、親しまれてきた全日本空輸(ANA/NH)のボーイング787-8型機の初号機(登録番号JA801A)。世界で初めて商業運航を行った787であるこの機体は、2号機(JA802A)とともに、特別塗装が施された。

【再塗装中の787の写真を見る】

◆3種類の787デザイン

 ANAの787のデザインは、大きく分けて3つ。初号機と2号機の特別塗装と、ANAの通常デザインに加えて前部胴体に「787」と大きく描いた787ロゴ塗装、他機種と同じ通常デザイン塗装だ。

 特別塗装機は、ANAの通常デザインで用いられているブルーよりも濃い色が後部胴体に配され、前部胴体には「787」と描いて最新鋭機をアピール。その後、登録番号JA803AからJA824Aまでの機体は、ANAの通常デザインに加えて前部胴体に「787」と大きく描いた787ロゴ塗装機となり、2014年2月6日に引き渡されたJA825A以降が、通常デザイン塗装機となっている。

 初号機は2011年8月6日製造。エンジンはロールス・ロイス製トレント1000-A2を2基搭載し、同年9月25日に受領した。中距離国際線仕様機で、座席数は就航当初は2クラス264席(ビジネス12席、エコノミー252席)だったが、2013年10月の改修で2クラス222席(ビジネス42席、エコノミー180席)に変わり、2015年11月の改修で現在の2クラス240席(ビジネス42席、エコノミー198席)になった。

 最初の商業フライトは、世界初の787による運航便となった、2011年10月26日の成田発香港行きチャーター便のNH7871便。特別塗装での最後の商業フライトは、プノンペンを2月12日夜に出発した成田行きNH818便で、14日に成田空港から整備工場のある伊丹空港へフェリー(回送)された。

◆伊丹でリペイント

 初号機の塗装作業は、15日からANAホールディングス(9202)が出資する整備会社MROジャパンの格納庫で実施。同社では、ANAのさまざまな特別塗装機も手掛けている。今回の787初号機は、胴体と垂直尾翼、エンジンカバーをリペイント(再塗装)した。

 787は胴体が炭素繊維複合材で出来ていることから、ペイント層が777や767など従来機と異なる。従来機は、下地塗装の上に表面塗装を施していたのに対し、787は下地と表面塗装の間に、溶剤で塗装を除去できるようにする「中間塗装」が用いられている。

 今回の作業では、ANAにとって初めての787の再塗装となることから、表面塗装を削って再塗装を実施。中間塗装の状態や、作業手法などを検証した。特別塗装はサンダー(研磨機)を使い、塗装の厚みを確認しながら削っていった。

 機体表面に施された特別塗装を削って除去後、機体を洗浄して削った粉や脂分を落とし、塗装する下地を準備した。今回は従来型塗料に変えて、次世代塗装システム「BC/CC(ベースコート/クリアコート)」を採用。洗浄後の機体に色が付いている「ベースコート」を塗り、その上からクリアコートを施して塗装を保護している。

 ANAによると従来型塗料と比べて耐候性に優れ、長期間の退色防止とつやを長持ちさせられるという。ANAの787では、機体の登録番号がJA801AからJA874Aまでが従来型塗料で、JA875A以降はBC/CCで塗装されて引き渡されている。

 本写真特集の前編では、特別塗装をサンダーで削る作業を中心に取り上げる。


いつかは…。“防衛の川重”が夢見る完成機メーカーへの挑戦
ニュースイッチ 3/4(土) 9:42配信

C2
昨年防衛省に納入した輸送機「C2」量産型初号機

「てがけるのはいくら大きくても、構造部品にすぎない」
 常務執行役員の並木祐之は、これまでとは違う心境で米国シカゴの地に降り立った。2016年11月。米ボーイングの本社に米ゼネラル・エレクトリックや三菱重工業など、世界の重工メーカーが一堂に会した。年1回ほど開催されるサプライヤーミーティングの一幕。並木が川崎重工業の航空機部門である航空宇宙カンパニーのトップとして臨む、初めてのミーティングだった。

 民間航空機分野で川重は、胴体などを手がけるティア1(1次サプライヤー)としての顔を持つ。メーン顧客であるボーイング向けは、78年から国際共同開発に参画。「767」「777」「787」向けなど、約40年にわたり実績を積み重ねてきた。

 ボーイングの主力工場を訪ねた並木は、スケールの大きさに言葉を失った。1日2機程度を組み上げる能力を持つ同工場。並木の頭にある思いがよぎる。「驚きとともにうらやましかった。航空機メーカーの目指す世界がそこにあった」。

 機体メーカーとして不動の地位を獲得した川重。ただ、あくまでサプライヤーの範ちゅうに留まる。並木は「当社が手がけるのはいくら大きくても、構造部品にすぎない」と真情を吐露する。

 それは機体部品だけでなく、機体全体をまとめる事業に近づけたい意思の表れでもある。「そうしないと我々の未来も限られてしまう」と並木。将来は「開発初期段階からの参画を目指す」と力を込める。

 実際、川重にはそのポテンシャルがある。防衛省向けでは、固定翼哨戒機「P1」や輸送機「C2」といった完成機を製造。並木は「年間数機とはいえ、これだけのことをやっているのは日本で当社だけ」と胸を張る。

 防衛省向けで培ったシステムインテグレーションの能力を生かし「ボーイングにもっと食い込んで一緒にやっていきたい」(並木)。防需の誇りは民需へと受け継がれていく。サプライヤーから完成機の領域へ―。飛躍の時を誓う。
(敬称略)


ANA、石垣行きでひなまつりフライト 外国人客にもひなあられ
Aviation Wire 3/3(金) 15:40配信

788an
石垣へ向け出発するNH91便=17年3月3日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は3月3日、運航業務のほとんどを女性スタッフが担当する「ひなまつりフライト」を実施した。対象便となったのは羽田発石垣行きNH91便で、これまでの伊丹行きNH33便から変更した。出発前に、女性スタッフが利用客にひなあられなどを配った。

【トーイングカーにも装飾】

 NH91便(ボーイング787-8型機、登録番号JA816A)は乗客324人(幼児7人含む)を乗せ、羽田を午前11時34分に離陸した。運航乗務員は2人、客室乗務員は7人。男性機長を除く8人が女性で、副操縦士は後藤瑞希(ごとう・みずき)さんが務めた。

 羽田空港第2ターミナル61番搭乗口付近では、客室乗務員や地上係員、整備士ら女性スタッフ11人が、利用客にひなあられやステッカーなどを配った。女の子のほか、大きな男性客などにも手渡した。

 出発時に機体を押し出すトーイングカーや、荷物を運搬するコンテナを、花のイラストなどで装飾。駐機場ではスタッフが横断幕を掲出し、利用客を見送った。スタッフは桃色の手袋を着用し、記念フライトに彩りを添えた。

 ANAのひなまつりフライトは、部門横断型での実施としては、今回は2014年以降4回目となった。過去3回は3月3日にちなみ、羽田発伊丹行きNH33便での実施していた。同便は夕方に出発し、ビジネス客の利用が多いことから、今回は午前に出発し、観光客の多い石垣行きを対象便とした。

 NH91便は幼児を含む家族連れや、外国人観光客らが多く利用。スタッフが外国人客にひなあられを渡すと、同行者が日本の風習を説明する姿も見られた。


エア・カリブ、A350初号機受領 仏初導入
Aviation Wire 3/3(金) 12:19配信

A35ac
エア・カリブのA350-900=17年2月 PHOTO: P. Pigeyre, Master Films/Airbus

 エアバスは現地時間2月28日、仏エア・カリブ(FWI/TX)がA350-900型機を受領したと発表した。エア・カリブはリース導入し、3月2日から運航を開始する。フランスの航空会社がA350を受領するのは初めて。

【特徴的なA350の翼端】

 エア・カリブのA350-900は3クラス389席(ビジネス18席、プレミアムエコノミー45席、エコノミー326席)を設定。リース会社エアキャップからのリースで導入する。

 3月2日から、カリブ海にあるフランス海外県への路線に投入。パリ・オルリー発着のポワント・ア・ピートル(グアドループ)線とフォール=ド=フランス(マルティニーク)線で運航を開始し、現在投入しているA330と併用する。

 エア・カリブは2013年12月、標準型のA350-900と長胴型のA350-1000を3機ずつ導入すると発表。A350-900は米国の航空機リース会社ILFC(インターナショナル・リース・ファイナンス・コーポレーション、当時)からのリースで導入し、A350-1000は自社購入で導入する。

 現在は長距離路線用にA330-200を1機、A330-300を4機を導入。A350-900は4月までに計2機を受領する。

 エア・カリブはオルリーを拠点とし、フランス海外県を中心としたカリブ海への路線を運航している。仏領ギアナのカイエンヌのほか、キューバのハバナなどにも乗り入れている。

 フランスの航空会社では、エールフランス航空(AFR/AF)がA350-900を21機発注している。

 エアキャップは2014年、ILFCを買収した。


ウォーレン・バフェットが米航空大手に“1兆円以上”を投資
BUSINESS INSIDER JAPAN 3/2(木) 21:10配信

773aa
アメリカン航空のボーイング777

この半年で2回、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイは米航空業界へ数十億ドル(数1000億円)を投資した。

【画像付の詳しい記事はコチラからご覧いただけます】

アメリカン航空、 デルタ航空、ユナイテッド航空、そして サウスウエスト航空 への投資額は、合計で100億ドル(約1兆円以上)近くになる。

この動きは、つい2013年まで米航空業界 を「投資家の底なし沼」と呼んでいたバフェットにとっては、驚くべき方針転換である。

しかし、バフェットの米航空大手4 社への投資姿勢は一貫しており、注目に値する。これまでの投資額は、アメリカン航空に21億ドル(約2400億円)、ユナイテッド航空に22億(約2500億円)、サウスウエスト航空に24億ドル(約2700億円)、そしてデルタ航空には30億ドル(約3400億円)だ。

数ある航空各社の中から1社を選んでいるのではなく、彼は航空大手4社に投資を分散させている。この行動は、米航空業界全体が強くなっていることを表しているが、逆に利用者の立場では、会社間の違いがほとんどないことを浮き彫りにしている。

過去10年で、米航空業界の動向は大きく様変わりした。米航空大手4社は、金融危機後の輸送能力調整、人件費抑制および燃料価格の低下に支えられ、この2年は過去最高益を記録した。

また、米国内線では市場を争う競争相手が減少した。

2000年には、アメリカウエスト航空、USエアウェイズ、TWA、エアトラン航空、コンチネンタル航空、ATA、ノースウエスト航空などで米国の空は“混雑していた”が、2016年までには航空大手4社と合併もしくは買収され、これらの会社は消えてしまった。

結果として、独自路線(ヴァージン・アメリカ、ジェットブルー)、ローカル・ブランド(アラスカ航空、ハワイアン航空)、そして超格安LCC(スピリット航空、フロンティア航空)を除き、航空大手はたった4社間での競争となった。

これは国内・海外、両方の路線を持つフルサービスの航空会社である、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の3社に特に顕著だ。例えば2015年初め、デルタ航空はマイレージ・プログラムを飛行距離ベースから、フライトの運賃ベースへと変更した。

すると、ユナイテッド航空とアメリカン航空もすぐに後に続き、デルタ航空と同じ変更を発表した。

エコノミークラスの料金や荷物手数料に関しても、足並みを揃えた。

その結果、 大手4社の国内線はほぼ同じになった。どの航空会社に搭乗しても、機内サービス、アメニティ、座席の広さは同じだ。

一般的に、こうした同一性はマーケットの働きによるものだ。航空業界は非常に資本集約型の産業であり、ビジネスサイクル、為替変動、世界経済の動向や地政学リスクに敏感だ。

その中で、サウスウエスト航空はどちらかと言うと我が道を行くタイプ。他の3社とは違い、同社はボーイング737、1機種のみを運行させて低コストビジネスモデルを追求している。さらに同社は海外路線に参入せず、手荷物手数料やビジネスクラスの導入を見送ることで差別化を図っている。

今のところ航空大手4社は世界でもっとも収益性の高い航空会社だが、40年以上、利益を出し続けているサウスウエスト航空以外は、経営破綻から再生してまだ間もないのだ。

幸いにも最近の業界再編の流れは、現状の航空会社各社をいっそう強くした。2008年のデルタ航空とノースウェスト航空の合併は大成功だった。合併後の新会社は高業績をあげただけでなく、運行の優秀さでも業界のトップだ。現在、米大手航空4社の中で最強と見なされている。

2010年のユナイテッド航空の合併は、財政面、労使問題そして経営陣の度重なる交代が伴い、極めて困難な案件だった。幸運にもCEOのオスカー・ムノズ(Oscar Munoz)のもと、この1年で、労使問題およびパフォーマンスの問題解決に向けて大きな前進を遂げている。

サウスウエスト航空による2010年のエアトラン航空の買収は、ダラスを拠点とする同社のミシシッピ以東への進出努力が実ったものだ。

アメリカン航空とUSエアウェイズの合併手続きの完了により、世界最大の新航空会社が誕生した。新会社は社風やオペレーションの違いに取り組まなければならないが、アメリカン航空の効率的な国内線ネットワークはライバル会社にとっては手ごわい。

全体としてみると、米航空大手4社は、ほぼ世界航空大手4社でもあり、投資対象として好条件にある。4社がバフェットから投資を受けるのは当然の流れだ。

(敬称略)

source:Delta、United Airlines

[原文:Warren Buffett's $10 billion airline investment reveals everything you need to know about the industry]

(翻訳:Conyac)


JAL、737-800運航から10年 CA、式典で歴代制服
Aviation Wire 3/1(水) 15:36配信

738jl
利用客の搭乗を待つ羽田発宮崎行きJL689便=17年3月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)は3月1日、ボーイング737-800型機の運航開始から10周年を迎えた。導入10周年を記念して羽田空港などで記念イベントを開催し、導入当時の制服を着用した客室乗務員らが登場した。

【歴代制服着用の客室乗務員】

◆737機長「操縦しやすい」

 JALは2007年3月1日、737-800の運航を羽田発着の2路線で開始。山口宇部と宮崎の各線で、導入10周年イベントは、午前10時羽田発宮崎行きJL689便(737-800、登録番号JA338J)で実施した。

 イベントには737機長のほか、歴代制服を着用した客室乗務員も参加。運航開始当時の9代目のほか、737を多く運航していたジャルエクスプレス(JEX/JC、当時)の制服姿でも登場し、JL689便の利用客にステッカーやストラップなどの記念品を配った。

 これまで747や767などに乗務し、現在は737-800を操縦し10年目を迎える川村求(かわむら・もとむ)機長(49)は、「これまでの機材と比較し、737-800はもっとも操縦しやすい機種」と話した。

 導入記念イベントは羽田のほか、山口宇部と宮崎の計3空港でも開催した。

◆50機導入、すべて現役

 JALは2005年2月4日、737-800を含む737NG(次世代型737)の導入を決定。737-400やマクドネル・ダグラス(現ボーイング)MD-80型機、MD-90などからの機材更新で、当時30機を確定発注し、10機をオプションとしていた。

 2006年11月14日に初号機(JA301J)を受領し、翌年3月1日から国内2路線で運航を開始した。現在は国内線各地のほか、近距離国際線にも投入している。座席数は国内線用が2クラス計165席(クラスJ20席、普通席145席)、国際線用が2クラス計144席(ビジネス12席、エコノミー132席)。

 1月末現在、JALグループで計53機の737-800を保有し、このうちJALは50機を運航している。これまで、737-800の退役機はない。後継機も未定で、JALによると「しばらくは飛び続ける」という。

 残り3機は、グループの日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)が運航。2016年1月に初号機(JA01RK)が那覇に到着し、同年2月から運航を開始した。2020年3月末までに計12機を導入し、737-400からの機材更新を図る。


ANAの787初号機、通常塗装で登場 初の再塗装機
Aviation Wire 2/28(火) 22:52配信

Ja801arp
特別塗装から通常デザインに塗り直されたANAの787-8初号機=17年2月28日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は2月28日、通常デザインに再塗装したボーイング787-8型機の初号機(登録番号JA801A)を、報道関係者に公開した。ANAが787の機体を塗り直すのは今回が初めて。2011年の就航以来まとってきた特別塗装から、同社の通常デザインに塗り替えられた。

【機体の写真を見る】

◆伊丹で再塗装

 ANAは2004年4月26日、ローンチカスタマーとして787を50機購入すると決定。標準型の787-8を36機、長胴型の787-9を44機、超長胴型となる787-10を3機の計83機を発注済みで、787の発注数としては世界最多となっている。

 ANAの787は、初号機と2号機(登録番号JA802A)の2機が特別塗装機で、JA803AからJA824Aまでが前部胴体に「787」と大きく描いた787ロゴ塗装機。2014年2月6日に引き渡されたJA825A以降が、通常デザイン塗装機となっている。

 初号機は2011年8月6日製造。製造番号は34488、ライン番号は0008で、エンジンはロールス・ロイス製トレント1000-A2を2基搭載し、同年9月25日に受領した。中距離国際線仕様機で、座席数は就航当初は2クラス264席(ビジネス12席、エコノミー252席)だったが、2013年10月の改修で2クラス222席(ビジネス42席、エコノミー180席)に変わり、2015年11月の改修で現在の2クラス240席(ビジネス42席、エコノミー198席)になった。

 最初の商業フライトは、世界初の787による運航便である、2011年10月26日の成田発香港行きチャーター便のNH7871便。2014年6月には、世界初となる787の重整備(Cチェック)を羽田の格納庫で実施した。

 特別塗装での最後の商業フライトは、プノンペンを2月12日夜に出発した成田行きNH818便。14日に、成田空港から整備工場のある伊丹空港へフェリー(回送)された。

◆表面削り再塗装

 初号機の塗装作業は、15日からANAホールディングス(9202)が出資する整備会社MROジャパンの格納庫で実施。全日空整備を前身とする同社は、映画『スター・ウォーズ』に登場する新キャラクター「BB-8」をデザインした「BB-8 ANA JET」(777-300ER、JA789A)など、ANAの特別塗装機を手掛けている。今回の787初号機は、胴体と垂直尾翼、エンジンカバーを再塗装した。

 787は胴体が炭素繊維複合材で出来ていることから、ペイント層が777や767など従来機と異なる。従来機は、下地塗装の上に表面塗装を施していたのに対し、787は下地と表面塗装の間に、溶剤で塗装を除去できるようにする「中間塗装」が用いられている。

 今回の作業では、ANAにとって初めての787の再塗装となることから、表面塗装を削って再塗装を実施。中間塗装の状態や、作業手法などを検証した。

 機体表面に施された特別塗装を削って除去後、機体を洗浄して削った粉や脂分を落とし、塗装する下地を準備した。今回は従来型塗料に変えて、次世代塗装システム「BC/CC(ベースコート/クリアコート)」を採用。洗浄後の機体に色が付いている「ベースコート」を塗り、その上からクリアコートを施して塗装を保護している。

 ANAによると従来型塗料と比べて耐候性に優れ、長期間の退色防止とつやを長持ちさせられるという。ANAの787では、機体の登録番号がJA801AからJA874Aまでが従来型塗料で、JA875A以降はBC/CCで塗装されて引き渡された。


<エアバス>JAL機長ら最新鋭機シミュレーターを体験
毎日新聞 2/26(日) 10:00配信

A35ffs
A350XWBのフル・フライト・シミュレーター(FFS)=シンガポールのエアバス・アジア・トレーニング・センターで2017年2月、大村基嘉氏撮影

 エアバス社(本社・フランス)はこのほど、シンガポールの「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」を報道陣に公開した。同社の新型旅客機「エアバスA350XWB」を導入する日本航空(JAL)の機長らも招待され、A350XWBのフル・フライト・シミュレーター(FFS)を体験した。【米田堅持】

 ◇777後継のA350

 エアバスA350XWBは長距離路線も飛行可能な大型双発旅客機で、3クラス装備の標準的な客室仕様は、基本型のA350-900が315席、長胴型のA350-1000が369席。日本の航空会社では、2013年にJALが確定31機(A350-900を18機、A350-1000を13機)と、オプション25機を発注している。JALはボーイング777の後継機と位置づけており、19年の導入を予定している。

 ◇正面に操縦かんなし

 体験では、元フランス大統領専用機のパイロットでAATCのセンター長を務めるヤン・ラルデ氏が教官役となり、普段はボーイング767を操縦しているJALの山岡孝史機長(57)にレクチャーした。エアバス機のコックピットは、座席正面に操縦かんがなく、サイドスティックと呼ばれる姿勢入力装置で操縦する。

 エアバス機独特の操作を体感した山岡機長は「(エンジン出力を自動でコントロールする)オートスロットルもシステムにうまく入っていて、着陸前の最終進入で速度コントロールが楽だった」と語った。

 ◇独特のヘッドアップディスプレー

 また、HUD(ヘッドアップディスプレー)と呼ばれる装置もエアバス独特だ。計器の主要情報を目の前の透明なディスプレーに投影して表示させ、パイロットが外の景色に視線を残したまま操縦できる。しかし山岡機長は「はじめは長年のくせで下の計器パネルを見てしまいがちで、飛行機の姿勢や出力を適切に合わせるのが難しかったが、HUDを見るように言われて従うと、姿勢を飛行機が指示してくるポインターにあわせるだけで飛びやすくなった」と違いを感じ取っていた。

 ◇アジア・太平洋地域の需要急増に対応

 エアバスによると、メーカーの異なるボーイング767などから機種移行する場合は25日以上の訓練が必要だが、エアバス機同士の移行では機種間の共通性を高く持たせているため、最短8日間の訓練で済むようになっているという。16年4月にオープンしたシンガポールのトレーニングセンターには、現在6基のシミュレーターが設置されており、A330とA320用が2基ずつ、A380用が1基、A350用が3基と、A350用が最も多い。

 今後、19年までにA350とA320用を1基ずつ増設予定で、将来的にはさらに2機増設して10機体制にすることが可能だ。訓練は英語で行うが、サポートスタッフは多言語に対応しており、3月には日本語のサポートスタッフを採用することにしている。訓練受託している航空会社は、現在28社だ。

 航空機需要はアジア・太平洋地域で特に急増すると予測されていて、エアバス機だけで現在運航中の5700機が今後20年で1マン4700機規模に拡大するとしている。同地域に必要なパイロット総数は現在の6万8000人から17万6000人規模になり、機体数の増大と退職者により、今後20年間に必要な新規パイロットは23万2000人と試算されている。

 パイロット養成の需要の高まりを受けて、エアバスは14年度のシンガポール・エアショーでAATCの建設を発表。アジア・太平洋地域のハブとなっているシンガポールに施設を置き、シンガポール航空との合弁会社にすることで、エアラインでの運航知識を生かしたコスト効果の高い訓練を航空会社に提供することにしている。


ボーイング、英国に欧州初の同社工場開業へ
AFP=時事 2/25(土) 15:19配信

【AFP=時事】米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)は24日、同社の欧州初となる工場を英国で開業する計画を発表した。ブレグジット(Brexit、英国のEU離脱)を控えた同国の製造業にとって後押しとなる。

 2000万ポンド(約28億3000万円)を投じ、30人を雇用するこの工場はイングランド(England)北部シェフィールド(Sheffield)に建設される予定。来年から従業員の募集を開始するという。

 声明によると、シェフィールドの工場は、同社の短距離機737型機や広胴機777型機の翼の部品を供給することになる。

 ボーイング・ヨーロッパ(Boeing Europe)のマイケル・アーサー(Michael Arthur)社長は声明の中で「英国で高付加価値の部品の製造を開始するというわが社の決定は、われわれの仕事の変革であり、この地でボーイングが成長し、英国の長期的繁栄を支援するためのボーイングの献身を示すさらなる実例でもある」と述べた。

 この声明が出される前、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は米国企業に対し、生産拠点を海外に移転した場合、商品を再輸入する際にかなりの税を課すと警告していた。

 ボーイングは24日、英国での工場計画について「生産効率を高め、サプライチェーンのコストを引き下げるために、主要な駆動部品やシステムを米国や英国の自社工場で製造開始するためのより広範な計画の一環」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

2017年2月24日 (金)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・14

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

8番目の記事
9番目の記事
10番目の記事
11番目の記事
12番目の記事
13番目の記事

リンク:金正男氏殺害容疑のインドネシア人の女、受け取った報酬わずか1万円 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮書記官の逮捕状請求も=聴取に応じないなら―マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:殺害された金正男氏 マカオでの生活を知人が語る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<顔にVX>正男氏確実に殺害狙う?オウム被害者治療の医師 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:捜索先マンションで殺害準備か=VXとの関連捜査―正男氏事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害、容疑者の部屋から微量の化学物質 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏毒殺>化学物質の痕跡発見 容疑者の関係先捜索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏毒殺>実行犯の女「ベビーオイルのような液体」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 北朝鮮大使館2等書記官の逮捕状請求も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<マレーシア>「正男氏に護衛2人」韓国料理店主が証言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:シティ・アイシャ容疑者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空港内クリニックで実況見分 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:毒物「知らなかった」と主張=容疑者の女2人領事面会―金正男氏事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米、北朝鮮高官のビザ拒否=ミサイル、正男氏暗殺が一因か―報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米政府、北朝鮮の化学兵器は「現実の脅威」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>オウム中川死刑囚「あれはVX」発表前に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:命だけでなく金正男の存在を握り潰す北朝鮮 中国はやがて見捨てる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア外相、北朝鮮大使を痛烈批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>VX検出に米国防総省「現実的な脅威」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:逮捕された容疑者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ベトナム人なら自国で裁く」=金正男氏事件の容疑者―公安相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮化学兵器は「脅威」=米国防総省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米国防総省報道官、VX使用に関心 北朝鮮の化学兵器開発は「現実の脅威」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏が暗殺された…これが現実だ 骨抜きの「テロ準備罪」を喜ぶのは誰だ? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 遺体からVX、毒殺断定 マレーシア警察 女実行犯1人も症状 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏遺体からVXガス検出 顔面で巧みに“ブレンド”!? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「犯行時にVX生成」説=顔面に2種類の物質塗る? ―金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア外相、北朝鮮大使に不快感 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏毒殺>女2人は中毒対策か 素手で実行、症状軽く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:VX使用「驚き禁じ得ない」=国際社会と対応へ―韓国 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>猛毒VX、現場で2物質混合か 実行犯の女 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏事件「対話解決を」=VX使用認定に慎重―中国 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏 目の粘膜と顔から猛毒の「VX」検出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:VXは素手で触れば絶対に死ぬ 金正男氏殺害「警察発表」への大疑問 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

金正男氏殺害容疑のインドネシア人の女、受け取った報酬わずか1万円
AFP=時事 2/26(日) 7:43配信

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で殺害された事件で、インドネシアのアンドレアノ・アーウィン(Andreano Erwin)駐マレーシア副大使は、拘束中のインドネシア人シティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者(25)が25日、「いたずら番組」出演の報酬としてわずか400リンギット(約1万円)を受け取っていたとメディアに語った。

 報道によると、アーウィン副大使は今月13日に正男氏が猛毒の神経ガスにより殺害された後に間もなく逮捕されたアイシャ容疑者が「ベビーオイル」のような液体を使用していると信じていたと証言したことを明らかにしたという。

 クアラルンプール国際空港の防犯カメラが映した事件の映像では、2人の女が正男氏の顔に何かを押し付けている姿が見られる。正男氏はその後病院に搬送中、発作を起こして死亡した。

 マレーシア当局は24日、正男氏の暗殺が、化学兵器用に開発され、国連(UN)により大量破壊兵器に指定された猛毒の神経ガスを利用して行われていたことを明らかにした。

 マレーシアの首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)で、シティ容疑者に面会したアーウィン副大使によると、同容疑者は「何者かにこの行動をしてほしいと依頼された」と一般的な証言をするにとどまったという。

 アーウィン副大使は、シティ容疑者がどのような罪に問われるのかについて話すのは時期尚早だと述べ、また同容疑者はインドネシア大使館員に対し、同じく正男氏殺害容疑で勾留中のドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者(28)のことを知らないと話したことを伝えた。

 マレーシア警察は、逮捕された女2人のうち1人が勾留中に気分が悪くなりおう吐し続けていると述べていたが、アーウィン副大使によるとシティ容疑者の健康状態は良好という。【翻訳編集】 AFPBB News


北朝鮮書記官の逮捕状請求も=聴取に応じないなら―マレーシア警察
時事通信 2/26(日) 7:05配信

 【クアラルンプールAFP=時事】北朝鮮の金正男氏暗殺で、マレーシア警察は、北朝鮮大使館内に隠れていると伝えられるヒョン・クァンソン2等書記官の逮捕状を請求する可能性もあると警告した。

 事件現場となったクアラルンプール国際空港がある西部セランゴール州のアブドゥル・サマー州警察本部長が25日、記者団に明らかにした。

 書記官は外交特権で守られている。しかし、本部長はマレーシアの法では「警察の捜査対象者なら誰であれ供述を求める権利が警察には与えられている」と主張。聴取に応じないなら「強制的に」出頭してもらうと述べ、逮捕状請求も諦めていないと強調した。

 また、身元確認のためのDNA提供に応じてくれる正男氏の近親者はまだ現れていないと本部長は明らかにした。ただ、事件の特殊性から「それなりの」時間が必要と認識しており、機械的に期限を切る考えはないという。


殺害された金正男氏 マカオでの生活を知人が語る
NEWS ポストセブン 2/26(日) 7:00配信

 マレーシアの空港で殺害された北朝鮮の金正男氏が生前、マカオ在住の知人に対して、「私は将来的に故国(北朝鮮)に帰って、何らかの政治的な役割を果たしたい」などと語り、政治的な野望を抱いていたことが分かった。

 正男氏は父の金正日総書記や、現在の最高指導者である異母弟の金正恩委員長には触れず、具体的な構想にも言及しなかったが、いつの日か、正恩氏に代わって、北朝鮮の最高指導者として「国民のために働きたかったのではないか」とこの知人は述懐しているという。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 この知人はマカオの韓国人コミュニティの一員で、正男氏とは数人の知人と定期的に食事をともにする関係だった。これらの知人の間では、正男氏は「ジョン」と呼ばれており、酒を飲むと、ときどき「弟(正恩氏)が私を殺そうとしている。いつ人生が終わるか分からない」と身の危険を感じていることを隠さなかったという。

 しかし、マカオは中国領であり、北朝鮮側がマカオで正男氏を狙うことはないと信じていたそうで、知人は「正男氏は中国に守られていると感じていたようだ。マカオは彼に安全と娯楽を提供していた」と同紙に語っている。

 また、正男氏はマカオの旧宗主国のポルトガルと、フランスのワインを愛し、サウナで汗を流すことが好きで、ときどき興が乗ると、カジノに行ってスロットマシンで遊んだりしたという。正男氏はカジノのデータベースで、「政治的に特別な人物」として登録されており、賭け金は50万パタカ(約720万円)までの制限は受けないようになっていたというが、正男氏はスロットマシンで遊ぶだけで、大きな額の賭けごとはしなかったようだ。

 この知人は2月14日の夜、正男氏を囲んで友人ら一緒に食事をする約束をしていたが、その確認のために、13日に正男氏の携帯電話に連絡したが、通じないため、他の友人に問い合わせたところ、「いま、テレビで正男氏が殺害された事件が流れている」と言われ、正男氏の漏らしていた暗殺の危険性が現実となり大きなショックを受けたという。

 正男氏はここ数年、欧州で不動産や古美術品、ワイン関連のビジネスに従事していたが、ほとんど単独で行動し、身辺警護にはほとんど無頓着だったため、この知人が見兼ねて「もっと安全に気を使った方が良いのではないか」と忠告していた矢先の暗殺だったという。


<顔にVX>正男氏確実に殺害狙う?オウム被害者治療の医師
毎日新聞 2/26(日) 6:45配信

 金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、1995年にオウム真理教に有機リン系神経剤VXで襲われた被害者の治療に携わった相川直樹・慶応大名誉教授(救急医学)が25日、毎日新聞の取材に応じた。相川氏は「顔面は目や唇などの粘膜からVXが吸収されやすい上、血流量が多いため、成分が全身に早く回りやすい。確実にVXを体内に浸透させる狙いがあったのではないか」と話し、正男氏を確実に殺害するため顔面を狙ってVXを塗りつけた可能性を指摘した。

 相川氏は、慶応大病院で救急部長だった当時、オウム信者から首筋に液体のVXを散布された「オウム真理教家族の会」の永岡弘行会長の治療を担当し、救命に成功した。

 気化するサリンと異なり、揮発性が低いVXは主に皮膚から吸収されるため、症状が出るまでに時間がかかる。正男氏は襲撃直後は自力で歩いて空港内の医務室に向かった。相川氏は症状の推移を「永岡さんの時と類似している」と述べた。

 永岡さんが搬送された際、症状から有機リン系の毒物が使われたことを早期に突き止め、症状を緩和する「アトロピン」という治療薬を大量に投与。8日ほどの昏睡(こんすい)の後、意識が戻ったという。相川氏は「中毒に詳しい医療機関なら措置が可能だが、空港の医務室などで適切な措置を期待するのは難しいのではないか」と話した。【渡辺諒】


捜索先マンションで殺害準備か=VXとの関連捜査―正男氏事件
時事通信 2/26(日) 5:27配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は26日の記者会見で、23日に捜索したクアラルンプール市内のマンションの一室が北朝鮮国籍容疑者の関係先だったことを確認した。

 地元メディアが伝えた。

 警察によると、捜索した部屋は、既に出国し北朝鮮に帰国したとされる4人の北朝鮮国籍容疑者が借りていたとみられる。部屋から採取したサンプルの化学鑑定を進めるという。地元メディアによれば、部屋からは化学物質のほか手袋や靴が押収されたといい、正男氏の遺体から検出された猛毒の神経剤VXとの関連を調べているとみられる。

 事件現場のクアラルンプール国際空港では26日未明、警察の特殊班や消防局の危険物処理班などが出動し、VXが残留していないかどうかなどを1時間余り調査した。調査終了後に記者会見した警察幹部は「危険物は検知されなかった」として空港の安全を宣言した。

 幹部によると、実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ(25)、ベトナム人のドアン・ティ・フォン(28)の両容疑者や、正男氏と接触した空港、医療関係者らについて健康診断を実施した結果、異常は見つからなかった。

 幹部は、シティ容疑者が犯行後すぐに乗ったタクシーの中で嘔吐(おうと)したと明らかにしたが、逮捕後は両容疑者ともVXの影響による症状は見られないという。警察は2人が解毒剤を使った可能性についても調べる。


正男氏殺害、容疑者の部屋から微量の化学物質
読売新聞 2/26(日) 0:51配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎、田中洋一郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件に絡み、マレーシア警察は25日、クアラルンプールのマンションの一室を捜索したと明らかにした。

 同日付の地元紙ニュー・ストレーツ・タイムズは北朝鮮国籍の容疑者1人が借りていた一室で、微量の化学物質を押収したと報じた。遺体からは猛毒「VX」が検出されており、警察当局は分析を進め、事件との関連を調べているとみられる。

 警察幹部は25日、捜索について「事件と関係している」と記者団に述べた。ただ、部屋の借り主や、化学物質を押収したかどうかなどについては「捜査中。押収物については分析中」として明言を避けた。

 地元紙スターも24日、逮捕済みの容疑者1人の供述から、クアラルンプールのマンションで複数の化学物質や手袋などが押収されたと報道しており、同一マンションとみられる。


<金正男氏毒殺>化学物質の痕跡発見 容疑者の関係先捜索
毎日新聞 2/25(土) 23:03配信

 【クアラルンプール平野光芳、林哲平】金正男氏の殺害事件で、マレーシア警察がクアラルンプール市内の北朝鮮人容疑者の関係先マンションを捜索し、微量の化学物質の痕跡を発見していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。化学物質を扱う機器や手袋なども同時に見つかったといい、警察は正男氏襲撃に使われた神経剤VXとの関連を慎重に調べている。

 地元英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」によると、化学物質の痕跡はVXの残留物の可能性があるため、政府の検査機関に送られて詳しく分析されている。警察は犯行グループがどのような経路でVXを入手したのかについて捜査を進めている。

 VXは「人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質」とも呼ばれ、多国間条約「化学兵器禁止条約」でも厳しく使用を禁じる化学兵器に分類されている。


<金正男氏毒殺>実行犯の女「ベビーオイルのような液体」
毎日新聞 2/25(土) 21:08配信

974
金正男氏殺害を巡る構図

 【クアラルンプール平野光芳、林哲平、岸達也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア政府は25日、実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)とインドネシア外務省との面会を初めて許可した。一方、北朝鮮政府に対しては更なる対抗措置を取る構えを見せており、外交面での駆け引きも激しくなっている。

 インドネシア政府は16日の逮捕直後からシティ容疑者との面会を求めていたが、逮捕から10日経過した25日にようやく許可された。在マレーシア大使館の職員ら数人がシティ容疑者が勾留されているクアラルンプール郊外の警察署を訪れ、警察官立ち会いの下で約30分間面会した。

 マレーシア警察の発表によると、正男氏の死因は神経剤VXによる毒殺とみられる。実行犯とされる女2人が素手で正男氏の顔に塗りつけたというが、面会した大使館職員によるとシティ容疑者は「ベビーオイルのような液体だった」と説明した。さらに職員に「マレーシアでのテレビ番組撮影に参加しただけだと思っていた」と話し、「出演」の報酬として400リンギット(約1万円)を受け取っていたと述べたという。マレーシア警察のカリド長官は、実行犯2人が毒物の危険性を理解して危害を加える意図があったとの見方を示しているが、これとは反対の主張をした。

 一方、大使館員らはこの日、指紋などの生体情報を元に初めて拘束中の女の身元がシティ容疑者であることを正式に確認した。犯行は数秒で毒物を塗りつける素早い手口から「北朝鮮の工作員がインドネシア人になりすましてパスポートなどを取得したのでは」との見方も一時浮上していたが、なりすまし説は完全に否定された。

 インドネシア国内では「シティ容疑者が北朝鮮の工作員にだまされた」との同情的な見方が広まっている。ジョコ大統領も23日、「(シティ容疑者を)政府として援助していく。被害者なのかどうかをはっきりさせる必要がある」と述べている。

 ◇北朝鮮に追加措置も

 マレーシアが北朝鮮への反発を強めている。北朝鮮側がマレーシア警察の捜査に非協力的なだけでなく、マレーシア側を批判しているためだ。

 マレーシア政府には駐北朝鮮大使の召還に続き、北朝鮮国民に認めている査証(ビザ)なし渡航の中止など追加的な対抗措置を検討する動きが出ている。

 「妄想を抱き、マレーシアに対するウソや非難を続けている」。マレーシアのアニファ外相は24日、記者会見で康哲(カン・チョル)駐マレーシア北朝鮮大使を強く批判した。マレーシア警察は、指示役とみられる北朝鮮籍の4容疑者の出頭や、重要参考人のヒョン・グァンソン2等書記官(44)と北朝鮮国営の高麗航空のキム・ウクイル職員(37)らの捜査協力を再三要請しているが大使館側は拒否。マレーシア外務省は25日、在マレーシア北朝鮮大使館に重要参考人2人が聴取に協力するよう求める文書を渡した。

 一方、北朝鮮側は「遺体はキム・チョルという外交官だ」と訴え、マレーシアは「反北朝鮮の勢力と結託している」と具体的な根拠も示さず、繰り返し非難している。

 マレーシア国民の間には反北朝鮮感情が高まっている。23日にはクアラルンプールの北朝鮮大使館前で非政府組織(NGO)のメンバーら市民約40人がデモを実施。「キムを殺すな」「マレーシアを尊重せよ」などと書かれたプラカードを掲げて抗議した。

 マレーシア政府と北朝鮮は、2009年から相手国の国民にビザなしの滞在(上限30日)を認めている。だが、今回の事件では北朝鮮人の4容疑者が、この制度を事件工作に悪用していた可能性が高い。地元英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」は23日、この制度の見直しを求める国会議員や識者の声を紹介した。

 さらにマレーシア政府は康大使の国外退去処分など強い措置を検討しているとの情報もある。マレーシア側は今後、事件捜査や国民の感情なども見極めながら慎重に対処することになりそうだ。


金正男氏殺害 北朝鮮大使館2等書記官の逮捕状請求も
産経新聞 2/25(土) 20:45配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者が「(正男氏に塗ったのは)毒物ではなく、ベビーオイルだと思っていた」と話していることが25日、分かった。

 アイシャ容疑者に同日面会したインドネシア大使館員が明らかにした。本人は「いたずら番組と思っていた」と述べているという。

 一方、マレーシアのザヒド副首相兼内相は24日、北朝鮮との外交関係が適切かどうかを検討し、その内容を報告するよう外務省に指示した。指示は「評価を基に(北朝鮮との)外交関係を内閣が決定できるよう」にするものだとしている。

 地元警察の幹部は25日、捜査対象の北朝鮮大使館2等書記官が捜査に協力しない場合、「逮捕状を請求する次のステップに入る」と報道陣に述べた。


<マレーシア>「正男氏に護衛2人」韓国料理店主が証言
毎日新聞 2/25(土) 20:20配信

 【クアラルンプール西脇真一、林哲平】金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件で、2012年から15年にかけて正男氏が通っていたクアラルンプールの韓国料理店の店主(65)が毎日新聞のインタビューに応じた。正男氏がいつも2人のボディーガードをつけていたことや、「いっそのこと韓国へ行ったらどうか」と促したが笑って答えなかったことなどを明らかにした。

 店主は正男氏の印象を「親切でいい人だった」と語る。店の従業員に対する態度も紳士的だったという。焼き肉のカルビや冷麺、鍋物のキムチチゲなどを好んで食べ、いつも店周辺の高級ホテルに宿泊していたという。

 来店の際は店の外で必ず2人のボディーガードが警護していた。事件当時は正男氏1人だったが、店主は、正男氏と近いとされた張成沢(チャン・ソンテク)国防副委員長が13年に処刑されて以降、財政的に厳しくなったのではないか、との見方を示した。

 政治的な話はしたことがなかったが、あるとき「韓国に行ったらどうか」と尋ねると、笑って答えなかったという。

 15年に韓国で正男氏の来店の事実が報じられ、それ以降、姿を見せなくなったという。店主は殺害について「あってはならないことだ。マレーシアと北朝鮮の国交断絶というところまで行くかもしれない」と語った。


シティ・アイシャ容疑者
時事通信 2/25(土) 20:06配信

972
金正男氏暗殺容疑で逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者=19日、クアラルンプール

(AFP=時事)


空港内クリニックで実況見分
ホウドウキョク 2/25(土) 18:54配信

973
(写真:ホウドウキョク)

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、襲撃後、正男氏が最初に向かった空港内のクリニックの実況見分が始まった。
空港内に現れた、私服の警察官たち。
日本時間25日午前11時すぎ、空港内のクリニックの実況見分が始まり、法医学者も参加し、正男氏が治療を受けた当時の状況をあらためて確認していた。
実況見分では、正男氏役の警察官が当時の状況を再現するなどしている。
一方、警察は、24日までに、クアラルンプール市内のマンションの一室を捜索し、化学薬品などを押収したが、地元メディアによると、この部屋は、北朝鮮籍の容疑者の1人が借りていたという。
消防には当初、「訓練」と伝えられるなど、捜索は秘密裏に行われ、警察は、VXの残留物などがないか、分析を進めている。


毒物「知らなかった」と主張=容疑者の女2人領事面会―金正男氏事件
時事通信 2/25(土) 17:20配信

972
金正男氏暗殺容疑で逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者=19日、クアラルンプール

 【クアラルンプール、ハノイ時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が毒殺された事件で、インドネシア大使館当局者は25日、実行犯としてマレーシア警察に逮捕された2人の女の1人で、インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)とクアラルンプール近郊の警察署で領事面会した。

 容疑者は「(毒物とは)知らなかった」と述べ、毒物の認識があったことを否定した。大使館当局者が記者団に語った。

 シティ容疑者をめぐっては、「いたずら番組」に参加したつもりだったとして、殺意を否認する供述をしていると伝えられていた。

 同当局者によると、シティ容疑者は領事面会で、マレーシアの番組だと思っていたと主張。2人の男から参加を頼まれ、400リンギット(約1万円)の報酬を受け取ったと話した。依頼者について「日本人かコリアンのようだった」と説明し、殺害に使用された液体に関しては「ベビーオイル」のように見えたと語ったという。

 シティ容疑者はベトナム人のドアン・ティ・フォン容疑者(28)と共に、素手で液体を正男氏の顔に塗り付けて毒殺した疑いが持たれている。遺体からは猛毒の神経剤VXが検出された。

 大使館当局者によると、シティ容疑者は健康そうで、VXの影響は見られなかったという。

 ベトナム大使館の当局者も25日、フォン容疑者と領事面会を行った。ベトナム政府が本人と確認したのは初めて。ベトナム外務省は声明を出し「健康状態は安定している。大使館員に対し、『だまされた、いたずら動画に出演すると思っていた』と訴えた」と容疑者の様子を公表した。


米、北朝鮮高官のビザ拒否=ミサイル、正男氏暗殺が一因か―報道
時事通信 2/25(土) 14:56配信

 【ニューヨーク、ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は24日、米国務省が北朝鮮外務省幹部への査証(ビザ)発給を認めず、ニューヨークで3月初めに計画されていた北朝鮮高官と元米当局者らの協議が流れたと報じた。

 複数の関係筋の話として、ソウル発で伝えた。

 同紙は、トランプ政権が北朝鮮外務省の崔善姫北米局長のビザ発給を認めなかった理由は不明とする一方で、北朝鮮の弾道ミサイル発射実験や、金正男氏暗殺事件が米側の態度を硬化させる一因となった可能性を指摘した。

 今回の協議が実現するかどうかは、トランプ政権の対北朝鮮外交を占うものとして注目されていた。トランプ大統領は、北朝鮮による今月12日の弾道ミサイル発射について「非常に憤りを覚える」と非難を強めている。


米政府、北朝鮮の化学兵器は「現実の脅威」
ホウドウキョク 2/25(土) 14:27配信

殺害に猛毒が使われたことに、アメリカ国防総省が「現実の脅威だ」と懸念を示した。
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害に、猛毒のVXが使用されたとみられることを受けて、アメリカ国防総省のデービス報道部長は24日、北朝鮮の化学兵器は「現実の脅威だ」として、核やミサイルとあわせて、強い懸念を表明した。
猛毒のVXは、「人類が作った化学物質の中で、最も毒性の強い物質」ともいわれ、化学兵器禁止条約で、製造・保有・使用が禁止されている。
デービス氏は、VXの製造がそれほど難しくない点も指摘し、北朝鮮からの防衛のための訓練や装備を、今後も継続する考えを示した。


<金正男氏殺害>オウム中川死刑囚「あれはVX」発表前に
毎日新聞 2/25(土) 12:00配信

 ◇VX襲撃事件関与 獄中から米国の毒物学者に手紙出す

 【クアラルンプール岸達也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の殺害事件で、1990年代に猛毒のVXで殺人事件などを起こしたオウム真理教の元幹部、中川智正死刑囚(54)が、マレーシア警察によるVX検出の発表(24日)前に、正男氏がVXで襲撃された可能性に言及する手紙を獄中から米国の毒物学者に出していた。学者は「彼の経験が事件解明に役立つのではないか」としている。

 中川死刑囚は地下鉄サリン事件や教団による3件のVX襲撃事件に関わったとして死刑が確定し、東京拘置所に収監されている。日本の公安関係者などによると、VXで人を襲撃した事件はこれまでオウム教団が起こした事件以外には明確に確認されていない。

 中川死刑囚が手紙を送った相手は、毒物研究の世界的権威で中川死刑囚の特別面会人として面会を続けてきた米コロラド州立大のアンソニー・トゥー名誉教授(86)。手紙は22日に書かれ、添付メールで手紙を24日に受け取った。

 トゥー氏によると、中川死刑囚は手紙で正男氏が目の痛みを訴えたとする報道に注目し、「目にVXを付着させたのであれば、痛みは当然。症状が早く出て空港内で亡くなってもおかしくない」と指摘。教団の事件を踏まえ「発症までに1~2時間はかかっていた」と言及した。

 正男氏の口のまわりに泡のようなものが付着していたとの報道についても「VXは気道の分泌物を増加させますので、VXの症状と考えて矛盾はありません」と指摘。「VXは猛毒と言われますがサリンと比較すると気化しないので取り扱いは容易。私がVXを取り扱う際には長袖の普通の服に手袋をつけただけでした」と振り返っている。

 中川死刑囚は、誤ってVXを自分の手に付着させ、解毒剤の注射を受けたことを公判で明かすなど、毒性を身をもって知る一人だ。トゥー氏は取材に「突然の手紙で驚いた。マレーシア警察の正式発表前に、彼は症状からVXを予想していた」と話した。

 ◇オウム真理教のVX襲撃事件

 1994年12月~95年1月、警察のスパイと疑った男性会社員を殺害し、信者脱会を手助けしていた「オウム真理教家族の会」会長の永岡弘行さんら2人に重傷を負わせた計3件の殺人・殺人未遂事件。元医師の中川死刑囚は松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の主治医で、VX事件では実行メンバーに中毒症状が出た際の治療役だった。


命だけでなく金正男の存在を握り潰す北朝鮮 中国はやがて見捨てる
産経新聞 2/25(土) 11:30配信

 金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件で北朝鮮の強気の対応がエスカレート、「毒殺」報道は「南朝鮮(韓国)の脚本」となどと強弁し始めた。強硬姿勢の背景は“主犯”の工作員4人がすでに帰国済みで、北朝鮮による暗殺の犯罪立証を不可能とみて、犯行を韓国に押しつける魂胆のようだ。一方、北朝鮮には金正恩(ジョンウン)氏の異母兄、金正男を秘匿してきた歴史がある。今回、死亡したのは「外交旅券を持つわが国民」の「キム・チョル」と主張する。金正恩氏は「金正男」の生命だけでなく存在そのものを握り潰そうとしている。

 世界中が知っている金正男氏だが、彼は北朝鮮では“非公認”の人物だ。「労働新聞」はじめ北朝鮮公式メディアに名前が登場したことは一度もなく、公職についたこともない。

 特異な独裁国家、北朝鮮は徹底した秘密主義で金正日(ジョンイル)も長く「党中央」と名前を伏せた。金正恩氏も同様で正恩氏の名前が北朝鮮側から出たのは後継者に決まった2010年9月末だ。

 正男氏の存在が分かったのはいとこに当たる李韓永氏が1982年に韓国に亡命、金正日ファミリーの詳細を韓国当局に証言したからだ。李氏は正男氏の母、ソン・ヘリム氏の姉の息子だが、暗殺を恐れ顔を整形、名前も変え生活した後、90年代にカミングアウトし金一族の暴露本を書いたため北朝鮮工作員に殺害された。この工作員は逮捕され北朝鮮の犯行が断定されている。

■ロイヤルファミリーの情報漏らせば死刑

 北朝鮮で首領の息子は“王子”と呼ばれ実母ではなく乳母に育てられる。正男氏の乳母の役割を母の実姉が務めたので、正男氏は李韓永氏と兄弟のように育った。ただ正男氏の母は女優で人妻だった。金正日が略奪結婚し、正男氏が生まれた。この経緯を金日成(イルソン)が許さなかったため、正男氏の存在は5歳まで金日成にも秘密にされた。その後、金正日は正恩氏の母、高英姫に心を移し、正哲(ジョンチョル)、正恩氏が生まれた。幼少から正男氏は北朝鮮で、二重、三重に“隠された存在”として生きてきたのだった。

 韓国情報筋は「正男氏のことは北朝鮮では極秘中の極秘で知ろうとすること自体が反逆罪になった。もちろん事情を知っている使用人や幹部はいたが、北朝鮮でロイヤルファミリーの情報を漏らせば処刑される」と話す。

 「金正恩氏の異母兄、金正男氏」という人間は北朝鮮には存在していない。今回の事件は北朝鮮にとって、「キム・チョルと名乗る北朝鮮の外交旅券を所持した人物がマレーシアの空港で航空機搭乗前に突然、ショック状態に陥り、病院搬送中に死亡した」のであり、マレーシア側が「引き渡し要求や国際法を無視し、われわれとの何の合意も立ち会いもないまま」検視を行った-との立場だ。金正恩氏の遺体が遺族に返されようと、死因が毒殺と特定されようと、北朝鮮は「金正男」という存在を認めないだろう。

■捜査の行方は?北朝鮮に及ぼす影響は?

 実行犯にアジアの女性を仕立て、疑惑の北朝鮮国籍4人が北朝鮮に帰国したことで、事件への北朝鮮関与や暗殺指令の立証は今後、さらに困難が予想される。

 ただマレーシア警察が新たに北朝鮮大使館2等書記官と高麗航空職員の2人を事件に関与した疑いで公表したことで、疑惑は深まっている。北朝鮮が海外公館に外交官の肩書で工作員を配置していることはすでによく知られている。また国営の高麗航空は現在、マレーシアへの運行は行っておらず、職員の常駐は不自然でこの職員も事件に関与した工作員の可能性が高いからだ。2人と事件の関与が証明されれば背後に金正恩政権が関わった証拠になる。

 北朝鮮はすでに、免責特権を持つ外交官の地位を使って違法な武器取引などを行ってきたとして、国連安全保障理事会から在外公館の職員数縮小などの制裁も受けている。逃げ切りをたくらむ北朝鮮に対し、マレーシアと国際社会はこの暗殺事件の真相をどこまで証明できるのか、勝負はこれからだ。

 暗殺の動機特定も難しいが、韓国情報筋はこう述べた。「金正恩は2013年末、中国に通じていた叔父の張成沢を粛清した。その時点から、中国の保護下にある金正男の殺害は十分に予測できていた」

 中国の習近平国家主席は金正恩氏を信用していないといわれる。金正恩氏は改革開放を迫る中国を極度に嫌い警戒しており、「中国はわれわれをどう扱うのか調査しろ」と命じたこともあるとされる。

 その親中派2人を消した金正恩氏、これで自らの地位保全したと安堵(あんど)するのなら、あまりに未熟な独裁者だ。中国は沈黙しているが、2度もメンツを潰された中国は軽挙妄動の金正恩体制をいずれは見捨てるだろう。金正恩は巨象、中国の恐ろしさを甘くみているとおもわれる。

(産経新聞編集局編集委員 久保田るり子)


マレーシア外相、北朝鮮大使を痛烈批判
ホウドウキョク 2/25(土) 11:24配信

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシアのアマン外相は24日、記者会見で北朝鮮の大使を非難した。
アマン外相は「世界は捜査が客観的かつ公平で、透明性を持って行われていることを知っている。(北朝鮮)大使は、捜査の経緯について知らされているが、妄想を続けていて、わが政府に対するうそと非難をぶちまけている」と述べ、北朝鮮大使に対して強い不快感を示した。
また、アマン外相は25日、警察があらためて記者会見する見通しを示し、死因の特定など、新たな情報が明らかにされるのかどうかが注目されるが、具体的な会見時間などは現時点で設定されていない。
一方、北朝鮮は23日、ラジオの日本語放送で、マレーシア政府を直接非難していた。
「朝鮮の声放送」では、「最大の責任はマレーシア政府にある」、「核強国のイメージダウンを図るいかなる行為も絶対許さず、今回の事件の黒幕をとことん掘り下げるだろう」と放送された。
事件をめぐり、マレーシアと北朝鮮の関係は、悪化の一途をたどっている。


<金正男氏殺害>VX検出に米国防総省「現実的な脅威」
毎日新聞 2/25(土) 10:17配信

 【ワシントン会川晴之】米国防総省のデービス報道部長は24日、クアラルンプールで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたことに関連し、記者団に「核兵器、弾道ミサイルとともに、北朝鮮は長年にわたって化学兵器を開発、保有している」と指摘、「現実的な脅威」だと強調した。

 またデービス氏は、VXなどを「迫撃砲やミサイルの弾頭に装填(そうてん)できる」と語り、化学兵器として使用できるとの認識を示した。米軍は、北朝鮮の化学兵器による攻撃に備え、防護に万全を期しているという。

 さらに、北朝鮮が化学兵器禁止条約に未署名であることなど、多くの国際規範や(国連安全保障理事会)決議に違反していると批判した。


逮捕された容疑者
時事通信 2/25(土) 9:20配信

971
金正男氏殺害事件で逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(写真左)とベトナム人のドアン・ティ・フォン容疑者(マレーシア警察提供)

(AFP=時事)


「ベトナム人なら自国で裁く」=金正男氏事件の容疑者―公安相
時事通信 2/25(土) 9:15配信

 【ハノイ時事】ベトナム旅券を持ち、北朝鮮の金正男氏殺害事件で実行犯としてマレーシア警察に逮捕されたドアン・ティ・フォン容疑者(28)について、ベトナムのトー・ラム公安相は「わが国の人民ならば、われわれの法で裁く必要がある」と語った。

 英BBC放送(電子版)が24日夜に伝えた。

 フォン容疑者がベトナム籍と確認された場合、マレーシア政府に身柄引き渡しを求める考えを示した発言だ。ただ、公安相は、容疑者との領事面会はまだ実現していないと認めた上で、「国籍と事件関与の有無を確かめるのが先決だ」と指摘した。


北朝鮮化学兵器は「脅威」=米国防総省
時事通信 2/25(土) 8:35配信

 【ワシントン時事】米国防総省のデービス報道部長は24日、マレーシアで殺害された金正男氏の遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたことに関連し、記者会見で「北朝鮮が化学兵器を製造し貯蔵していることは認識しており、現実の脅威だ」と懸念を表明した。

 デービス部長は「北朝鮮はこれまで、数々の国際規範に違反してきた」と指摘。「北朝鮮が(VX使用で)再び違反したとしても、誰も驚かない」と述べた。


米国防総省報道官、VX使用に関心 北朝鮮の化学兵器開発は「現実の脅威」
産経新聞 2/25(土) 8:33配信

 【ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で猛毒の神経剤VXが使われたと断定されたことに関し、米国防総省のデービス報道部長は24日、「関心を抱いている」とした上で、「北朝鮮は長化学兵器を開発してきた歴史がある。現実の脅威だ」と述べ、懸念を示した。

 デービス氏は北朝鮮がVXを使ったことについては「北朝鮮はこれまで国際慣行や基準、決議を無視してきており、驚くに当たらない」と指摘。VXのような化学兵器は迫撃砲や野砲の砲弾、ミサイルの弾頭に装着できるとし、在韓米軍の将兵が「防護のための訓練と装備」を徹底させていると明らかにした。


金正男氏が暗殺された…これが現実だ 骨抜きの「テロ準備罪」を喜ぶのは誰だ?
産経新聞 2/25(土) 8:30配信

 金正男氏がマレーシアで猛毒の神経剤VXを使って暗殺された。事件は、異母弟の金正恩朝鮮労働党委員長の指令による「国家犯罪」が濃厚となった。日米首脳会談の最中には、弾道ミサイルを発射した。北朝鮮の暴走はエスカレートしている。これが隣国で起こっている「現実」だ。だのに日本は何をしているのか? 

 テロを目の当たりにしながら、共謀罪の要件を厳格にした「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議は遅々として進まず、犯罪集団の認定基準など骨抜きにされる一方だ。

 これを喜ぶのは一体誰か?

 またPKOの日報をめぐって防衛大臣や防衛省職員がつるし上げられる。問われるべきは、PKO参加が我が国の安全保障と国際社会の一員として必要か否かだろう。些末な「言葉遊び」に耽って安全保障まで政争の具としてもてあそぶ国の未来は危うい。

 国連は2000年、テロと対峙するため、「国際組織犯罪防止条約」を採択した。各国に共謀罪を設けることを求めて批准の条件とし、すでに187カ国が締結している。だが、共謀罪を持たない日本は先進7カ国(G7)で唯一、締結に至っていない。国連加盟国で未締結国は日本を含め、イランやソマリア、南スーダンなど、11カ国にすぎない。

 安倍晋三首相が国会で、「条約を締結できなければ東京五輪を開催できないと言っても過言ではない」と明言した重要法案だ。法が整備されなければ、国際社会からテロの事前情報を受け取ることができず、受け取っても対処する法令がないという事態に至る。   ところが「共謀罪」を盛り込んだ法案は野党などの反対で、これまでに3回廃案となっている。

 民進党の蓮舫代表は1月26日の会見で、「法案名、タイトルを変えれば懸念が払拭されるというものではない。特にこの政権はお化粧する法案が大変多くなっている。やはり問われるべきものは中身だと思っている」と批判した上で、「(批准するために)新たに法を作り上げた国はわずか2カ国しかない。そもそもあった法律で対応している世界の加盟国、批准国の現状が明らかになっているので、果たして今のわれわれの刑法の体系で対応できるのかどうかも含めて、少し冷静にわれわれの党の中でも議論したいと思う」と注文した。さらに「テロに対応を取ることは否定はしない。ただ、テロという名前を借りて過剰なまでに国民を監視する、あるいは国民の自由な活動を制限することはあってはいけない」と釘をさした。

 さらに民進党は「罪のない人に嫌疑がかけられる可能性がある」「一般人も対象になりうる」など、左翼系マスコミと共に国民を誤解させ不安をあおる。

 もう一度書く。骨抜き法を喜ぶのは誰だ?

 与党もだらしがない。法案成立自体が目的化しており、野党と妥協を繰り返した法案ではテロに対峙できない。あくまで最善を貫くべきだ。国民から「3分の2の改憲勢力」を与えられているのだ。

 民進党は国会戦術として、金田勝年法相と稲田朋美防衛相の辞任、文部科学省の天下り問題を軸に据えている。「立法府の質問を制限する前代未聞の文書を配布した法相。日報を隠蔽した防衛相。天下り斡旋を隠してきた文部科学省…。隠蔽政権と断ぜざるをえない」とレッテル張りに終始する。

 政権追及の新たな材料として、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題も加わった。

 そんな中、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題をめぐり、稲田防衛相は21日、民進党の後藤祐一衆院議員が防衛省の30代の女性職員に威圧的な言動をしたとして抗議した。後藤氏も同日、会見を開いて事実関係を認めた上で防衛省に謝罪したと説明したが、稲田氏辞任を要求している民進党にまたもブーメランが決まったのだった。

 後藤氏は16日夜、予算委員会の質疑にからみ、防衛省の官僚数人から説明を受けた。これに納得しない後藤氏は数時間にわたり、大声を上げたり、机をたたいて抗議した。女性官僚に対し「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」などと、高圧的な態度に出たという。彼こそ議員の資質が問われていい。

 後藤氏は21日夜、「お詫び申し上げます」と題したメールマガジンを配信し、「今後、このようなことのないよう言動に気を付けるとともに、真実を明らかにするための国会質問は従来どおり鋭い質問を続けていく」と釈明したが、反省は薄いようだ。

 後藤氏は平成27年、酒に酔って議員宿舎に帰宅した際、タクシーの釣り銭をめぐり「受け取る法的根拠は何か」などと運転手を怒鳴るなどし、警察官が出動する騒ぎを起こしたことがあるが「またか」と言わざるを得ない。

 最近名前を聞かなくなった民進党の菅直人元首相は、自身のツイッターに「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」と書き込み、後に削除する一幕で久々にニュースに登場した。この元首相の緊張感の無さにはあっけにとられる。

 同じアジアで暗殺が起きている。しかもVXは「化学兵器」だ。隣国・北朝鮮が生物化学兵器の分野を得意としているのは、世界の常識でもある。

 日本の国会議員はタガが緩んでいないか。

(WEB編集チーム 黒沢通)


正男氏暗殺 遺体からVX、毒殺断定 マレーシア警察 女実行犯1人も症状
産経新聞 2/25(土) 7:55配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察は24日、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。カリド・アブバカル警察長官は記者団に「死因はVXだ」と述べ、毒殺だったと断定した。また、長官は実行犯として逮捕したベトナム人とインドネシア人の女のうち1人が、数回嘔吐(おうと)するなどVXによる症状が出ていることを明らかにした。

 これまでの調べで、女2人が正男氏の顔に手で液体を塗りつけた直後、手を洗ったことが確認されている。2人は犯行後に手の痛みと頭痛がしたと供述しているという。

 長官はVXの入手経路について「まだ分からない。解明を急いでいる」としたが、「少量で持ち込まれた場合、探知するのは難しい」と述べ、海外から持ち込まれた可能性に含みを残した。

 地元紙スターは24日、容疑者の1人の供述から浮かんだ30代のマレーシア人の男の関係先マンションで、警察が化学物質などを押収したと報じた。男の事件への関与などは不明。

 マレーシア政府の化学物質分析機関による暫定結果によると、VXは遺体の目の粘膜と顔から拭き取った試料から検出された。VXは日本のオウム真理教による殺人、殺人未遂事件で使われたことで知られ、化学兵器禁止条約(CWC)では製造・保有・使用が禁止されている。

 長官は、正男氏の親族が一両日中にマレーシア入りする予定だとした副長官の23日の発言について、「(記者に)誤って引用された」として否定した。

                   ◇

 ■北の生物・化学兵器、金日成時代から量産 シリアへの密輸疑惑も

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は金日成(イルソン)時代の1980年代から金正男氏殺害事件に使われたという神経剤VXを含む生物・化学兵器を量産してきたとされる。

 「事件は、北朝鮮が生物・化学物質を兵器化する意思があり、実践できる能力を見せつけたものだ」。韓国軍関係者は、聯合ニュースの取材にこうした見方を示した。

 政府系シンクタンク、韓国国防研究院の資料などによると、北朝鮮は2500~5千トンの化学兵器を貯蔵していると推定され、保有量は米国とロシアに次ぐ世界3位とも指摘される。

 VXに代表される化学兵器に転用可能な25種の化学薬剤を保有しているとみられ、過去にオウム真理教がテロに用いたサリンも含まれるという。北朝鮮全土に16カ所の製造拠点があると推定されている。

 北朝鮮は生物兵器用としても致死性の高い炭疽(たんそ)菌や天然痘、ボツリヌス菌など13種の病原体を保有しているという。

 有事の際、ミサイルや砲弾、航空機で同時多発的に生物・化学兵器を散布することが可能だ。

 工作員や無人機がソウルなどの都市に散布し、甚大な人的被害が出ても今回の正男氏殺害のように即座の原因特定は困難だと予想される。

 2012年の金正恩政権発足以降、シリアに化学兵器を密輸した疑惑も持たれている。「北朝鮮はミサイルなどの兵器をシリアに輸出してきたが、最も強力なものが化学兵器だ」との米専門家の指摘もある。


金正男氏遺体からVXガス検出 顔面で巧みに“ブレンド”!?
スポニチアネックス 2/25(土) 7:02配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、マレーシア警察は24日、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたとの暫定結果を発表した。液体を素手で正男氏の顔に塗りつけたとされる実行犯2人は死に至らず、正男氏も襲撃直後は自力歩行していたことから、2人が別々の物質を正男氏の顔面で混ぜ合わせたり、死に至るまでの時間を調整する“ブレンド”を施した可能性が指摘されている。

 マレーシア警察のカリド長官は記者団に「死因はVXだ」と述べ、毒殺が確実になった。発表によると、マレーシア政府の化学兵器分析センターが検査を実施。目の粘膜や顔から採取した試料からVXが検出された。

 VXは人の神経伝達機能に障害を与えて死に至らせる猛毒。オウム真理教による殺人、殺人未遂事件で使われたことで知られる。

 警察の調べでは、13日にクアラルンプール国際空港で正男氏を襲撃した女2人は、正男氏の顔に素手で液体を塗りつけたとされ、直後に手を洗ったことが確認された。共同電によると、2人は犯行後、手に痛みが残り頭痛がしたと供述しており、長官は24日、少なくとも1人がVXによる嘔吐(おうと)の症状を呈していたと明らかにした。

 警察によると、まず、正男氏の正面から近づいたインドネシア人の女が、次に背後からベトナム人の女が正男氏の顔に液体をなすりつけた。専門家は、2人が別々の物質を手にしていた可能性を指摘。個別では毒性が発揮されない物質を正男氏の顔の表面で混ぜ合わせることで、VXを完成させたとの見方だ。

 正男氏が少なくとも十数分は自力歩行していた点に注目する専門家も。元陸上自衛隊化学学校副校長の浜田昌彦氏は、純度の高いVXであれば5ミリグラムでも即死するとした一方、「意図的に濃度を下げれば、じわじわと症状が出るような使い方もできる」と解説。薄めれば濃度次第で死に至る時間を「数分から18時間」の幅で調節できるとの研究結果もある。

 空港内にいた北朝鮮国籍の男4人は、犯行から約50分後の航空機で逃亡。正男氏が即死した場合には空港が封鎖されるなど騒ぎになり逃亡が難しくなるため、専門家は“時間差”を計算した「プロによる考え抜かれた手口」と指摘。日本薬科大の船山信次教授は「VXは液体なので、クリームに混ぜることは容易。小瓶などに入れて持ち運ぶこともできる」と説明する。女2人が解毒剤を用いた上でVXを使ったとの見方もある。

 VXの製造・調達には高い技術や特殊な設備が必要。入念な計画に基づく北朝鮮の国家犯罪である疑いが一層強まった。

 ▼VX 1950年代に英国、米国で開発された化学兵器用の神経剤。無臭で無色、または琥珀(こはく)色の液体。液体や噴霧の形で使われるが、揮発性が低いのが特徴で、毒ガスとしての効果が持続し、液体で数週間以上、残存する。皮膚などから吸収され、呼吸困難や意識障害、瞳孔の縮小などを引き起こす。サリンやタブンなど同じ神経剤の中で最も殺傷能力が強いとされる。


「犯行時にVX生成」説=顔面に2種類の物質塗る? ―金正男氏殺害
時事通信 2/25(土) 5:19配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、猛毒のVXを用いたとみられている容疑者の女2人の殺害方法に、疑問が深まっている。

 2人はVXを素手で扱ったとされ、自分たちへの影響も懸念されるためだ。米専門家は、2人が毒性の低い物質をそれぞれ正男氏の顔に塗り付けることで混合し、その場でVXを生成したとの仮説を立てている。

 マレーシア警察は22日の会見で、国外逃亡した北朝鮮国籍の4容疑者が犯行直前、女2人に液体を渡し、素手に付けさせていたと明らかにした。

 その後、インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)が先に、ベトナム人のドアン・ティ・フォン容疑者(28)が後に、正男氏の顔に毒物を塗り付けた。2人は襲撃後、すぐにトイレで手を洗っていたという。

 VXは皮膚から吸収され、実行犯の生存は困難なはずだ。にもかかわらず、なぜ2人は生存しているのか。米国の生物化学兵器専門家レイモンド・ジリンスカス氏は24日、欧米メディアに仮説を披露。女2人がVXを構成する毒性の低い異なる物質を手に付け、「正男氏の顔面で混合した」可能性があると指摘した。

 警察や現地紙によると、女のうち1人は数回嘔吐(おうと)していた。また、ドアン・ティ・フォン容疑者は犯行後、乗車中のタクシーで頭痛を感じ、ホテルに戻ると深い眠りに落ちたと供述したという。正男氏の顔を後に触ったドアン・ティ・フォン容疑者の手の上で、微量のVXが生成されていた可能性もある。


マレーシア外相、北朝鮮大使に不快感
ホウドウキョク 2/24(金) 23:12配信

マレーシア外相が、強い不快感を示した。
金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシアのアニファ・アマン外相は24日、「世界は捜査が客観的に透明性を持って行われていることをわかっている。(北朝鮮)大使は、捜査の経緯について知らされているが、妄想を続け、わが政府に対するうそをついている」と述べたほか、25日に警察があらためて記者会見すると明らかにした。
事件をめぐり、北朝鮮による「国家ぐるみ」の犯行との見方が広がる中、死因や、遺体が正男氏と科学的にも判明すれば、北朝鮮はさらに苦しい立場に追い込まれることになる。


<金正男氏毒殺>女2人は中毒対策か 素手で実行、症状軽く
毎日新聞 2/24(金) 21:22配信

 マレーシア警察によると、実行犯のインドネシア人、シティ・アイシャ容疑者(25)とベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)は液体を素手で触って金正男(キム・ジョンナム)氏の顔面に塗っていた。直後に手を水で洗い流していたというが、猛毒のVXは水に溶けにくい特徴がある。マスクや手袋も着けずになぜ重い中毒症状にならなかったのか。

 韓国紙「東亜日報」は専門家の指摘として、2人がそれぞれ別の物質を正男氏に塗りつけた可能性を指摘する。二つの物質が化学反応を起こしてVXとなり、正男氏だけが死亡したとの見方だ。犯行後、2人が別の方向に移動したのも、二つの物質が混ざらないようにした可能性があるという。

 実行犯があらかじめ、中毒対策をしていた可能性を指摘する専門家もいる。アンソニー・トゥー米コロラド州立大名誉教授(毒性学)によると、VXの場合、事前もしくは事後に投与することで中毒症状を抑える解毒剤が複数存在する。1990年代に日本のオウム真理教がVXで市民を襲撃して死傷者を出したが、トゥー名誉教授によると、オウムの実行犯らも中毒症状を抑える薬品を使ったり携帯したりしていたという。

 一方、実行犯の女は警察に「テレビのいたずら番組の収録だと思っていた」と殺意を否定する供述をしている模様だが、もし事前に毒物対策をしていたなら、自分たちが扱う液体の毒性をよく理解していた可能性があり、供述の信頼性は大きく揺らいでくる。

 ただ、実行犯の2人が全く中毒症状を発症しなかったわけではない。マレーシア警察のカリド・アブバカル長官は24日、実行犯の女のうち一人が嘔吐(おうと)などの中毒症状を発していたと明らかにした。またシティ容疑者の家族によると、シティ容疑者は事件後の14日夜にビデオ電話をした際「体調が悪い」と訴えていた。指示役とされる北朝鮮籍の4容疑者は、事件現場で犯行を見届けるとすぐに飛行機に乗って海外に向かった。実行犯とみられる外国人の女2人に毒物を扱わせて、自分たちはリスクを極力避けて逃亡した可能性もある。【クアラルンプール岸達也、林哲平】

 ◇北朝鮮、化学兵器を大量保有

 「北朝鮮は化学兵器を大量に製造しており、保有量は米国、ロシアに続き世界3位だ」。聯合ニュースによると、政府系の韓国国防研究院(KIDA)関係者は化学兵器大国・北朝鮮の実態を証言する。

 KIDAなどによると、北朝鮮は1980年代から化学兵器の生産を開始し、現在はVXやサリンなどを計2500~5000トン保有している。

 化学兵器には神経に作用するもの、窒息作用のあるもの、びらん剤などがある。北朝鮮はマスタードなど「びらん剤」は6種、青酸など「血液剤」は3種、ホスゲンなど「窒息剤」2種、「嘔吐(おうと)・催涙剤」8種などの計25種類を保有しているとみられる。

 マレーシア警察が正男氏殺害に使用された毒物だと発表したVXは「神経剤」に区分され、北朝鮮はサリンを含めて6種類を保有していると推定されている。すでに化学兵器は非武装地帯(DMZ)に近い地下施設に貯蔵されているとの情報もある。ロイター通信によると、VXは北朝鮮が化学兵器の中で特に研究・製造に力を注いでいる物質だ。

 KIDAによると、北朝鮮は化学兵器だけでなく生物兵器用病原体も13種保有している。「炭疽(たんそ)菌は致死率が高く兵器化が最も有力視されている」といわれる。

 現在、多くの国が化学兵器の開発・生産、保有を禁止し、既存兵器の廃棄を管理する「化学兵器禁止条約」に加盟し廃棄を進めている。この条約に加盟していないのは、北朝鮮を含め4カ国だけだ。同条約の加盟国に対し査察などを行っている化学兵器禁止機関(OPCW)は、北朝鮮にも同条約に加盟するよう呼びかけたが、事実上無視されていると明らかにしている。【渋江千春、クアラルンプール西脇真一】


VX使用「驚き禁じ得ない」=国際社会と対応へ―韓国
時事通信 2/24(金) 19:54配信

 【ソウル時事】韓国外務省は24日、マレーシアで暗殺された金正男氏の遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたことについて、「化学兵器が人命殺傷に使用されたことに驚きを禁じ得ない」とコメントを発表した。

 また、VXが化学兵器禁止条約で生産や使用などが禁止された神経剤であると指摘し、「今回の行為は露骨な違反で、国際社会と共に対応していく」と強調した。


<金正男氏殺害>猛毒VX、現場で2物質混合か 実行犯の女
毎日新聞 2/24(金) 19:40配信

 【クアラルンプール平野光芳、岸達也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は24日、遺体の顔から取ったサンプルで猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。カリド・アブバカル警察長官は記者団に「死因はVXだ」と述べ、正男氏が毒殺されたことが確定的になった。実行犯の女2人の被害が軽かったことから、反応してVXになる毒性が低い2種類の薬剤を別々に運び、現場で混合させてVXを発生させた可能性を指摘する声も上がるが、実際に可能かは不明で謎は深まっている。

 これまでのマレーシア警察の発表などによると、事件は13日午前9時ごろに発生。インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)とベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が、クアラルンプール国際空港第2ターミナルの自動チェックインカウンターに並んでいた正男氏を前後から挟みうちするように襲い、数秒の間に素手に塗った液体を正男氏の顔にこすりつけた疑いが持たれている。

 女らは直後に近くのトイレで液体を洗い流し、タクシーなどで逃走。正男氏は当初は意識があり、空港内の診療所に歩いて行き診察を受けたが、その後、容体が悪化し、別の病院に搬送されたが同11時ごろ死亡した。これまでの司法解剖で、遺体に目立った外傷などは見つかっていなかった。

 ある捜査関係者は毎日新聞に対し「2種類の薬物を混合させた可能性がある」と話した。米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は、毒性の低い二つの物質を正男氏の顔の上で混合させてVXを生成することが、仮定の話としてはあり得るとする米国の専門家の話を伝えた。

 VXは「人類が作った化学物質の中で最も毒性が強い物質」とも呼ばれるが、VXになる前の二つの物質は毒性が低く、運搬も容易という。

 一方、2容疑者への毒物の影響が軽いことから、事前に解毒剤を投与されて犯行に臨んだ可能性もある。

 事件では北朝鮮籍の男4人が実行犯に指示したとみられる。4人は直後に飛行機で逃亡。マレーシア警察によると既に平壌に到着したとみられ、北朝鮮側に外交ルートを通じて身柄の引き渡しを求めている。他に在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官と高麗航空の職員を重要参考人として行方を追っている。北朝鮮の国家ぐるみの犯罪と立証されれば、マレーシア国内で化学兵器を使用した形となり2国間関係に深刻な影響を与えるのは必至だ。


金正男氏事件「対話解決を」=VX使用認定に慎重―中国
時事通信 2/24(金) 18:42配信

 【北京時事】中国外務省の耿爽・副報道局長は24日の記者会見で、北朝鮮の金正男氏暗殺事件で猛毒の神経剤VXが使用されたことについて「マレーシア側の発表は初期段階にすぎず、結論は下されていない」と述べ、慎重な姿勢を見せた。

 その上で北朝鮮とマレーシアが事件をめぐり対立していることを念頭に「対話と交渉で問題を適切に解決してほしい」と中国の立場を訴えた。

 北朝鮮国営メディアが中国による北朝鮮産石炭の輸入停止を暗に非難する記事を配信したことに対しては「中国は国連安保理決議を全面的に履行しており、責任ある態度で輸入を停止した」と反論。「核問題における中国の立場は明確で一貫しており(北)朝鮮側もよく理解していると思う」と主張した。


金正男氏 目の粘膜と顔から猛毒の「VX」検出
ホウドウキョク 2/24(金) 18:30配信

968
(画像:ホウドウキョク1)

マレーシア警察は、24日朝、声明文で、金正男氏の目の粘膜と顔から採取した検体を調べたところ、化学兵器にも使われる猛毒の神経剤「VX」が検出されたと、専門の化学兵器の分析機関から受け取った初期報告の内容として発表した。

「VX」は、オウム真理教による殺人事件でも使用され、皮膚から吸収されやすく、揮発性が低いなどの特性があることから、韓国政府関係者も、犯行に使われた可能性を指摘していた。

正男氏殺害に使用された毒物が特定されたことで、警察は今後、入手ルートの解明などから北朝鮮籍の容疑者らの関与を裏づけたい考えだ。

969
(画像:ホウドウキョク2)

クアラルンプール市内のコンドミニアムから化学物質と多数の手袋、靴を押収
一方、地元メディアによると、現地警察は、クアラルンプール市内のコンドミニアムで、30代のマレーシア人の男を拘束し、男の話から、近くの別のコンドミニアムから化学物質と多数の手袋、靴を押収した。
男の存在は、これまで逮捕された容疑者の供述から浮上したとみられ、警察は、すでに逮捕された北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者との関係を調べている。

970
ドアン・ティ・フオン容疑者

ヒョン・グァンソン2等書記官と高麗航空のキム・ウクイル職員が、4人の国外逃亡を見届ける
また、警察が関与を特定した北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と高麗航空のキム・ウクイル職員が、現場の空港で、国外逃亡した4人の出国を見送ったとみられることもわかった。現地メディアは、ヒョン・グァンソン2等書記官について、事件の計画を指導し、大使に報告する役割で、高麗航空のキム・ウクイル職員は、逃走ルート策定担当だったと伝えている。
警察は、2人の事情聴取を要請しているが、大使館側は拒否していて、両国の緊張が高まっている。

さらに、実行犯として逮捕されたベトナム国籍の女、ドアン・ティ・フオン容疑者は、事件8カ月前の2016年6月、ベトナムで、アイドルを発掘するオーディション番組に出演していた。きらびやかなアイドルを目指していた彼女が、なぜ、正男氏殺害に加担してしまったのか。

【画像参照】

暗殺に使われた毒物が特定され、犯行グループの素性や役割が少しずつ浮かび上がる中、事件の真相は、依然として謎に包まれている。


VXは素手で触れば絶対に死ぬ 金正男氏殺害「警察発表」への大疑問
J-CASTニュース 2/24(金) 18:25配信

956
VXなら「素手では絶対死ぬ」というが…(写真はフェイスブックと地元メディアより)

 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の暗殺事件で、マレーシア警察は2017年2月24日、遺体から猛毒のVXが検出されたと発表した。VXは、日本でもオウム真理教が襲撃事件で使用したことで知られている。

 マレーシア警察は、実行犯は「素手」で犯行に及んだと説明しているが、仮にVXだとすると「素手なら絶対死ぬ」と専門家は指摘している。

■サリンよりもはるかに高い毒性、致死量は数ミリグラム、

 マレーシア警察の発表によると、金正男氏の遺体の目の粘膜と顔から採取された物質を分析したところ、VXガスが検出された。VXは、サリンと同じ有機リン系化合物で、皮膚に触れたり、吸い込んだりすると神経に作用して呼吸ができなくなり、数十分で死に至るという。致死量は数ミリグラム程度で、毒性はサリンよりもはるかに高いとされる。常温ではオイル状で無臭。揮発性が低く、持ち運びも容易だ。

 オウム真理教が1994年から95年にかけて3回にわたって起こした事件では、いずれもVXを注射器に入れ、被害者の後頭部付近にかける手口で襲撃。VX中毒で1人が死亡し、2人が負傷した。

 オウム真理教による2つのサリン事件(1994、95年)、和歌山ヒ素カレー事件(98年)といった多くの事件の鑑定に携わった九州大学の井上尚英名誉教授(神経中毒学)は、今回の事件も

  「注射器で運んだのではないか」

とみている。

 ただ、マレーシア警察が、犯行が「素手」と行われたと説明している点について、VXは皮膚に触れただけで吸収されるため、

  「素手なら絶対死にます」

と懐疑的だ。そのため、

  「実行犯は、おそらく、手袋していたのではないか」

と推測。具体的には、手袋の上からVXを染み込ませたスポンジを持って犯行に及んだのではないか、とみている。

一時、別の毒物「パラチオンメチル」との報道も
 実行犯は犯行直後にトイレに駆け込んだことが防犯カメラの映像から明らかになっている。マレーシア警察はこの点を根拠に

  「(実行犯は、自分が手にしていた物体が)毒物だということはよく理解していたはずだ。だから手を洗いに行かざるを得なかった」

と主張しているが、井上氏は、実行犯は手を洗っただけではなく、手袋やスポンジをトイレに流して証拠隠滅を図ったとみている。

 マレーシア警察の「素手で犯行」という不可解な発表の背景については、

  「警察は実行犯の供述をもとに発表したのだろうが、実行犯は『素手でやった』と供述するように北朝鮮から指示されたのでは」

と分析している。

 正男氏の遺体から検出された毒物をめぐっては、朝日新聞が2月24日朝刊(東京本社最終版)で

  「『パラチオンメチル』とみられる物質」

と伝えていたが、警察発表後に発行された夕刊(同)では

  「捜査当局は当初、成分構造からパラチオンメチルという物質の可能性があるとみていたが、最終的に同じリンを主成分とするVXだと判断した模様だ」

と軌道修正した。

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2200

引き続き、2011年3月11日に発生した、東日本大震災ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:益城町、温かい給食再開 4月から熊本市が3000食分調理 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高速無料化、1年延長=原発事故避難者が対象―石井国交相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<浪江町>避難指示解除へ 町長「苦渋の決断」 危機感も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島から避難 東京・千代田区でもいじめ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:復興へネットで資金調達=28日から募集―福島県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発避難児童いじめか=千代田区の小学校―東京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:再稼働の残業、来年度から規制=塩崎厚労相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:浪江町、来月末に避難解除=町民の8割超、最大規模―福島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<避難指示解除>浪江が受け入れ…3月31日 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:クレーン倒壊で安全管理確認=高浜原発の保安検査―規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島・浪江、3月末に避難指示解除…困難区域外 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:溶けた燃料取り出し「いよいよ核心」 福島第1廃炉責任者・増田尚宏氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>福島県いわき市で震度4=27日午前0時3分 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:いわき市で震度4…福島県沖震源、M4・9 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島で震度4と3=地震2回続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕福島県いわき市・川内村で震度4、津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東日本大震災>自宅全壊で自立度悪化 高齢者生活調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島・浪江町の港に漁船戻る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:津波避難施設、整備に差=活用の一方、ゼロの自治体も―宮城 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:復興の先の地域振興を=達増岩手県知事インタビュー―東日本大震災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東日本大震災>大津波の教訓を木碑に 岩手の高校生ら製作 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:双葉郡唯一の病院、福島県が常勤医を1年間派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「海なし県の人も津波の怖さを身近に…」岩手・大槌町のアマ写真家が写真展 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:規制委も「かなり重症」と危惧する東電の悪しき体質 柏崎刈羽審査終盤で蘇った福島の“悪夢” - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<陸前高田市>高台か、にぎわいか どこに新庁舎で賛否の声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<浪江・請戸漁港>大漁旗はためかせ漁船戻る 6年ぶりに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島第1原発>5号機の格納容器内部を公開…炉心溶融免れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東日本大震災6年>汚染水、果てなき闘い…福島第1原発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<原発強制起訴>3月に公判前整理…東電元会長ら3人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<玄海原発>再稼働に「同意」 地元初判断、町議会特別委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:玄海再稼働、地元議会が賛成=町長も来月同意へ―佐賀 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:時が止まった6年 福島・双葉町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:全町避難の福島・双葉町 町に戻りたい、わずか1割強 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

益城町、温かい給食再開 4月から熊本市が3000食分調理
西日本新聞 2/28(火) 10:29配信

173
熊本地震で最も住宅被害が出た熊本県益城町=昨年4月16日撮影

 熊本地震で給食センターが被災し、弁当の給食が続く熊本県益城町の小中学校で4月から、約1年ぶりに温かい給食が再開する。熊本市議会が27日の定例会本会議で、市が同町に給食を提供するための議案を全会一致で可決。同町の全7小中学校のうち5校分、約3千食を市の共同調理場で作る。残り2校分は、町が隣接する同県御船町に仮設調理場を設けて対応する。

 益城町は地震によって県内自治体で唯一、給食の提供ができなくなっている。昨年6月から全小中学校の給食を業者の宅配弁当で賄っており、昨年11月に熊本市に給食提供の支援を要請していた。

 益城町教育委員会によると、地震前の給食費は小学校が1人月額3600円、中学校が同4100円。弁当給食では町などの補助で小中学校とも700円安くなっている。給食費は熊本市の方が千数百円ほど高く、4月以降は献立を市側に合わせるため、町教委は「今より高くなる見通し」と説明する。

 町教委は2018年度中に給食センターの建て替えを完了する方針で、市の給食提供は町の給食センターが稼働するまでの予定。

=2017/02/28付 西日本新聞朝刊=


高速無料化、1年延長=原発事故避難者が対象―石井国交相
時事通信 2/28(火) 10:01配信

 石井啓一国土交通相は28日の閣議後の記者会見で、東京電力福島第1原発事故による避難者を対象とした高速道路の無料化措置について、3月末までとしていた期限を1年延長すると発表した。

 地元自治体から要望が出ていた。

 国交相は「さらに復興が加速し、被災地の自立につながることを期待している」と述べた。


<浪江町>避難指示解除へ 町長「苦渋の決断」 危機感も
毎日新聞 2/28(火) 10:00配信

 東京電力福島第1原発事故で福島県浪江町に出ている帰還困難区域を除く避難指示について、馬場有町長は27日、3月31日に解除する政府案を受け入れた。町民説明会などでは町内の除染の効果や生活インフラへの不安から解除を疑問視する声が目立つものの、町長は、町に帰りたい住民の思いを尊重した「苦渋の決断」であることを説明。住民帰還を進めて人口を確保しないと、将来的に町が存続できなくなるという危機感もうかがえた。【土江洋範】

 同県二本松市の仮役場であった町議会全員協議会の冒頭、馬場町長は町議の意見を聞いた上で自らの考えを述べると説明。一部町議は「解除は時期尚早」と訴えた。

 「空間放射線量が比較的低い場所だけを解除すべきだ」、「避難指示が解除されると、避難者への支援策が打ち切られる不安を拭えない」、「第1原発の廃炉作業は安全が確保されているのか」--。町長は腕を組んでうつむき、時々顔を上げた。

 町議から賛否両論の意見が出た後、町長は立ち上がり、政府案の容認を表明。声を詰まらせながら「町を残すためには、今この時期に解除することが必要だ。この6年間、町民の塗炭の苦しみを振り返ると、悲しみ、悔しさ、無念の思いがあふれ、言葉にすることもできない。その中で誰もが強く願ってきたのは、浪江をなくしてはいけないということだ」と語った。意思表明は約12分にわたった。

 復興庁などが昨年9月に実施した世帯アンケートでは「戻りたい」17.5%▽「判断がつかない」28.2%▽「戻らない」52.6%--との結果になり、前年より帰還意欲が下がった。

 全員協議会後、町長は報道陣に対し、「これまで『町長。早く戻してくれ』という町民の声が頭にこびりついている。その言葉があったので苦渋の決断をした。これ以上(避難指示の期間を)長くすると帰りたいという方の心が折れてしまう」と述べた。解除のタイミングの限界を「今回が最終ステージ」と表現した。一方で、住まいや買い物などの生活環境は最低限との認識を示し、住民帰還を促進するために環境整備を急ぐ考えを説明した。

 町は27日、町長名で「避難指示解除に関する町民の皆さまへのメッセージ」をホームページに公開した。


福島から避難 東京・千代田区でもいじめ
ホウドウキョク 2/27(月) 23:29配信

原発事故で避難した児童らへのいじめが判明した。
「東京災害支援ネット」と福島原発被害首都圏弁護団によると、福島から自主避難した現在小学生の児童と現在中学生の生徒2人は、いずれも2011年に、東京・千代田区の区立小学校に転校した。
小学生の女子児童は2013年ごろから、クラスの男子児童2~3人から「放射能バンバン」と言われるなどいじめが続き、2014年の新年度を機に転校したという。
また中学生の生徒は、2011年6月ごろから、名前に「菌」をつけて呼ばれたりしたため、翌年度から別の学校に通うなどしたほか、もう1人も2012年ごろから「菌がうつる」と言われたり、通っていた塾でも、同じ学校の生徒から、ペットボトルに飲み残しやインクを入れられて、「飲め」と強要されたり、靴をトイレの便器に入れられたりしたと証言している。
生徒の1人は「横浜の件が特別ではない。階段から突き落とされたり、『菌』をつけて呼ばれるのは、自分たちも経験していて、ほかのところにもたくさんあるはず。いじめ被害を知って、大人たちに直してほしい」と話しているという。
代理人の弁護士は、教育委員会と小学校に通報したが、教育委員会は「児童らから訴えはなく、直ちに調査を開始する」としている。


復興へネットで資金調達=28日から募集―福島県
時事通信 2/27(月) 20:54配信

 福島県は27日、インターネットを通じ個人などから資金を調達するクラウドファンディングを始めると発表した。

 東日本大震災の被災地域の復興や地場産業の活性化が目的で、特設サイトを設け28日から出資サポーターを募る予定だ。

 県が始めるのは、配当で出資者に還元する「投資型」と、出資の見返りに商品やサービスを提供する「購入型」のクラウドファンディング。集めた資金は、東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された南相馬市小高区で、雇用創出を目指す会社など13社の事業に使われる。13社は、ガラスのアクセサリー製造や、カレー、中華料理といった料理の用途に合わせた専用米の栽培などの事業に取り組む。

 県企画調整部の桜井泰典政策監は「応援する人と事業者との懸け橋になっていきたい」と話している。


原発避難児童いじめか=千代田区の小学校―東京
時事通信 2/27(月) 20:15配信

 東京電力福島第1原発事故の被害者を支援する弁護団は27日、東京都庁で記者会見し、2011年から15年にかけて福島県から千代田区に避難した児童3人が、通学先の区立小学校で名前に「菌」を付けて呼ばれるなどのいじめを受けていたと発表した。

 弁護団は「昔の話だが、内容は深刻だ」として、区に調査を求めた。

 弁護団によると3人のうち1人は、通学用の帽子を紛失した児童から「お金がないから取ったんだろう」と犯人扱いされ、担任教師からも何度も問い詰められたという。区教育委員会は「直ちに通報があった内容を調査する」としている。

 区では昨年12月、福島から自主避難している区立中学校の生徒が、同学年の生徒から「おごってよ」などと言われ、菓子代などを支払っていたことが発覚。第三者委員会で事実関係を調べている。


再稼働の残業、来年度から規制=塩崎厚労相
時事通信 2/27(月) 18:35配信

 塩崎恭久厚生労働相は27日の衆院予算委員会で、原発再稼働に関わる電力会社の一部業務を残業時間規制の適用除外としている厚労省通達について「今年度限りで廃止すべく、近々通達を改めて出す」との方針を示した。

 共産党の高橋千鶴子氏への答弁。

 適用除外となっているのは、新規制基準に基づく審査に対応するための業務。厚労相は「業務の進展とともに審査対応の経験も蓄積され、2013年に通達を発出した時とは全く状況が変わった」と述べ、労働時間短縮は可能との認識を示した。


北海道で震度3
時事通信 2/27(月) 18:27配信

 27日午後6時10分ごろ、北海道十勝地方南部を震源とする地震があり、幕別町と浦幌町などで震度3の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約50キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.8と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度3=北海道幕別町、浦幌町、更別村、大樹町
 震度2=北海道帯広市、函館市、釧路市。


浪江町、来月末に避難解除=町民の8割超、最大規模―福島
時事通信 2/27(月) 12:56配信

 東京電力福島第1原発事故で全域に避難指示が出ている福島県浪江町は27日、帰還困難区域を除いて3月末に指示を解除する政府案に同意した。

 解除される区域に住民登録している人は5841世帯1万5327人(1月末時点)で全町民の8割以上を占め、これまでに解除が決まった市町村で最大規模になる。

 避難先の同県二本松市で開かれた町議会全員協議会で、馬場有町長が表明した。一部の議員からは「時期尚早」と反対の声が上がったが、馬場町長は「町を残すためには今この時期に解除することが必要」と理解を求めた。


<避難指示解除>浪江が受け入れ…3月31日
毎日新聞 2/27(月) 12:25配信

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県浪江町は27日、政府が提案した3月31日の避難指示解除を受け入れた。空間放射線量が高い「帰還困難区域」は対象外。

 浪江町議会全員協議会で馬場有(たもつ)町長が解除受け入れを表明した。対象は、避難指示区域の3区分のうち「避難指示解除準備区域」と「居住制限区域」。両区域の人口は、町人口の約8割を占める計1万5327人(1月末現在)。これまで解除の対象となった避難指示区域の中で最も人数が多い。

 政府が避難指示を出した11市町村では帰還困難区域を除き、南相馬市など5市町村で避難指示が解除された。浪江町のほか、飯舘村と川俣町山木屋地区で3月31日に、富岡町で4月1日に解除される。第1原発が立地する大熊、双葉両町は未定。【土江洋範】


クレーン倒壊で安全管理確認=高浜原発の保安検査―規制委
時事通信 2/27(月) 11:59配信

 原子力規制委員会は27日、関西電力高浜原発(福井県高浜町)で今年度4回目の保安検査を始めた。

 3月10日までの予定。1月に起きた大型クレーンの倒壊事故を踏まえ、構内の工事現場の安全管理などを確認する。

 27日は規制委事務局の原子力規制庁と発電所側の会議が開かれた。高浜原子力規制事務所の須々田和博所長はクレーン事故を受け、調達から計画、施工といった工事の各段階で「発電所としてどのように工事現場の安全管理やリスク管理を実施しているのかなどを確認する」と説明した。


福島・浪江、3月末に避難指示解除…困難区域外
読売新聞 2/27(月) 11:44配信

 東京電力福島第一原発事故で全域に避難指示が出ている福島県浪江町は27日、帰還困難区域を除く区域の避難指示を3月31日に解除するとした政府の提案を受け入れると決めた。

 27日午前の町議会全員協議会で馬場有(たもつ)町長が「浪江町を残すためには、この時期の解除が必要だと判断した」と述べた。同町が受け入れを決めたことで、今春に予定されている県内4町村(川俣町、富岡町、浪江町、飯舘村)の解除日程が全て固まった。

 町によると、解除対象の居住制限区域と避難指示解除準備区域に住民登録しているのは、5841世帯1万5327人(1月末時点)で、既に解除されていたり、解除が予定されたりしている県内9市町村の避難指示区域の中で人口規模は最大。町は避難先の同県二本松市にある役場機能を、4月から町内の本庁舎に戻す。


溶けた燃料取り出し「いよいよ核心」 福島第1廃炉責任者・増田尚宏氏
産経新聞 2/27(月) 7:55配信

172
福島第1廃炉責任者・増田尚宏氏(野田佑介撮影)(写真:産経新聞)

 東京電力福島第1原発事故から6年がたつのを前に、東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏・最高責任者が産経新聞のインタビューに応じた。廃炉作業について、燃料取り出しに向けた調査や作業が今後本格化することを指摘した上で「いよいよ廃炉作業の核心に迫る」と語った。

 --福島第1の状況は

 「最初の野戦病院のような状況と比べるとかなり落ち着き、特にこの1年は労働環境が大幅に改善された。今後はいよいよ廃炉の核心に迫る。使用済み燃料を取り出して、溶け落ちた燃料(燃料デブリ)がどこにあるかを調べて取り出す。登山口から山に登る準備が整ってきた」

 --2号機の格納容器内調査が行われた

 「足場がたわんでいるのを見たときはショックだった。ただ、圧力容器の底部はケーブルなども残っており、それほどひどくないとも思った」

 --燃料デブリは確認できなかった

 「今回、貴重な情報は(ロボットを入れるための)ガイドパイプについたカメラで得られた。実はローテクな手法が有効なのも分かった。中を見るためにいろんな方法を考えるというのが教訓」

 --今後は高線量下での作業も増える

 「燃料を取り出せれば原子炉のリスクは下がるが、作業員には高いリスクとなる。非常に難しい意思決定が必要。震災のときも津波警報の中で現場に行ってもらった。どうしてもやらないといけないときはある」(蕎麦谷里志)


<地震>福島県いわき市で震度4=27日午前0時3分
毎日新聞 2/27(月) 0:35配信

 27日午前0時3分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県いわき市などで震度4を観測した。気象庁によると震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.9と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度4=福島県川内村▽震度3=福島県相馬市、南相馬市、楢葉町、大熊町、宮城県名取市、角田市、岩沼市、北茨城市、栃木県大田原市


いわき市で震度4…福島県沖震源、M4・9
読売新聞 2/27(月) 0:16配信

 27日午前0時3分頃、福島県沖を震源とする地震があり、同県いわき市、川内村で震度4を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4・9と推定される。このほかの主な各地の震度は次の通り。

 ▽震度3 福島県南相馬市、宮城県名取市、茨城県北茨城市、栃木県大田原市


福島で震度4と3=地震2回続く
時事通信 2/27(月) 0:12配信

 26日午後11時54分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県楢葉町で震度3の揺れを観測した。

 27日午前0時3分ごろにも、同県沖を震源とする地震があり、同県いわき市と川内村で震度4を観測。茨城、栃木両県などでも震度3を記録した。

 気象庁によると、1回目の震源の深さは約60キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定される。2回目は、震源の深さは約50キロ。マグニチュードは推定で4.9。

 2回の地震の主な各地の震度は次の通り。

 震度4=福島県いわき市、川内村
 震度3=福島県楢葉町、相馬市、南相馬市、宮城県名取市、茨城県北茨城市、栃木県大田原市。


〔地震〕福島県いわき市・川内村で震度4、津波の心配なし
レスキューナウニュース 2/27(月) 0:05配信

気象庁によると、27日00:03頃、福島県沖を震源とするM4.9の地震があり、福島県いわき市・川内村で震度4の揺れを観測しました。
この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
・発生日時 :2月27日00:03頃
・震源地  :福島県沖(北緯37.0度、東経141.2度)
・震源の深さ:約50km
・地震の規模:M4.9(推定)

■震度3以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度4】
・福島県 :いわき市平梅本*、川内村上川内小山平*、川内村上川内早渡*
【震度3】
・福島県 :郡山市朝日、郡山市開成*、白河市郭内、白河市新白河*、白河市大信*、須賀川市八幡山*、須賀川市岩瀬支所*、二本松市針道*、国見町藤田*、川俣町樋ノ口*、泉崎村泉崎*、中島村滑津*、矢祭町戸塚*、玉川村小高*、古殿町松川新桑原*、小野町小野新町*、田村市大越町*、田村市常葉町*、田村市都路町*、田村市滝根町*、福島伊達市霊山町*、いわき市小名浜、いわき市三和町、いわき市平四ツ波*、いわき市錦町*、相馬市中村*、福島広野町下北迫大谷地原*、福島広野町下北迫苗代替*、楢葉町北田*、富岡町本岡*、川内村下川内、大熊町野上*、双葉町両竹*、浪江町幾世橋、葛尾村落合落合*、新地町谷地小屋*、飯舘村伊丹沢*、南相馬市原町区三島町、南相馬市原町区本町*、南相馬市鹿島区西町*、南相馬市小高区*
・宮城県 :名取市増田*、角田市角田*、岩沼市桜*、蔵王町円田*、宮城川崎町前川*、山元町浅生原*
・茨城県 :北茨城市磯原町*
・栃木県 :大田原市湯津上*


<東日本大震災>自宅全壊で自立度悪化 高齢者生活調査
毎日新聞 2/26(日) 22:23配信

 東日本大震災後の高齢者の生活自立度の悪化に最も影響を及ぼした震災の被害は、「自宅全壊」であることが、千葉大などの研究チームの調査で分かった。自宅全壊による影響は、高齢者の加齢に伴う衰えの5~6歳分に相当していた。チームは「仮設住宅に入って支援を受けることで、買い物など今までできていたことを自分でしなくなったことが機能低下につながったのではないか」と話している。

 調査したのは千葉大予防医学センターなどが中心の高齢者に関する研究「JAGES(日本老年学的評価研究)」のチーム。大震災で大きな被害を受けた宮城県岩沼市に住む65歳以上の男女3547人を対象に、震災前の2010年8月と震災後の13年10月を比べた。「一人で外出できるか」「自分で食事の用意ができるか」「書類が書けるか」など日常の生活力とともに、震災後は被害状況を聞き、被害と自立度の変化の関連を分析した。

 その結果、自立度の悪化に最も影響を与えていたのが「自宅全壊」、続いて「震災直後に内科受診できなかった」「仕事を失う」だった。これらは、買い物や料理といった日常の生活動作ができなくなることにつながるなど、自立度の悪化に関連していた。

 震災によって対象者の26%が家族を、15%は友人を失っていたが、家族・友人を亡くしたことと自立度の悪化には有意な関連がみられなかった。

 分析にあたった東北大大学院の坪谷透助教は「介護でも言われるが、何でもやってあげるのではなく、その人ができることを引き出す支援が求められる。受診できなかった影響も大きく、被災直後だけではなく地域の医療体制が回復するまで支える体制が重要だ」としている。【山崎友記子】


福島・浪江町の港に漁船戻る
ホウドウキョク 2/26(日) 14:44配信

東京電力福島第1原発の事故で、福島・浪江町の請戸漁港から避難していた漁船26隻が、岸壁の復旧工事を終えた請戸漁港に戻ってきた。
避難先の南相馬市の漁港を出港する26隻の船団。
大漁旗をはためかせ、海を進む。
向かうのは、福島第1原発から、およそ7km離れた浪江町の請戸漁港。
復旧工事を終えた岸壁では、漁師の家族などがその時を待つ。
現在、原発から半径20km圏外で行われている試験操業だが、3月にも半径10km以上に拡大される見通しとなったため、本来の港に船を戻した。
漁師は、「何となく懐かしいような感じになりました。6年も過ぎてようやくだったので」、「自分の港で漁をして、帰って水揚げできるのが一番だと思う」などと話した。
6年ぶりに、本来の漁港に戻ってきた漁師たち。
止まったままの時計の針が、少しずつ動き出した。

福島テレビ/FNN


津波避難施設、整備に差=活用の一方、ゼロの自治体も―宮城
時事通信 2/26(日) 14:33配信

171
整備された津波避難タワー=仙台市宮城野区

 東日本大震災を教訓にした津波避難タワーなど避難施設の整備について、宮城県内の自治体で差が出始めている。

 福島県沖を震源とする昨年11月の地震では、都市部を中心に計1300人が避難して活用された一方、未整備の自治体もある。

 津波避難施設は、住民が切迫した状況で一時的に避難するタワーやビル。最大1.4メートルの津波を観測した昨年の福島県沖地震では、仙台市内の11カ所に計660人、石巻市内の32カ所に計580人が避難した。

 仙台市内で町内会長を務める加藤昭さん(66)は地区の住民ら60人とタワーに逃げた。「住宅地の近くにあり、お年寄りもすぐ避難できる。一時的な避難場所だが、命綱としてありがたい施設」と話す。

 実際の避難施設のほとんどは既存の民間ビルだ。自治体が所有者と協定を結び、避難の際に開放してもらう。宮城県沿岸15市町のうち7市町で計74カ所が指定されている。

 ただ自治体は原則として、長期滞在できる施設への避難を勧めている。石巻市の担当者は「タワーやビルには最低限の備蓄しかない。いずれ別の場所に自力で避難する必要がある」と説明する。

 一方、津波避難施設が未整備のままの自治体もある。東松島市や南三陸町は震災前にあった施設が被災。復旧・復興工事が続いているほか、背後に高台があるため導入の議論は止まったままだ。

 沿岸部に平野が続く山元町と亘理町は、応急措置として小山を造成。内陸に続く避難道路の整備を優先しながら、津波タワーの新設について必要性を含め検討している。


復興の先の地域振興を=達増岩手県知事インタビュー―東日本大震災
時事通信 2/26(日) 8:31配信

 人手不足に悩みながらも復興に向き合ってきた岩手県。

 達増拓也知事は東日本大震災から6年がたつのを前に「復興の先を見据えた地域振興に取り組む」と語り、県が策定中の第3期復興実施計画(2017~18年度)に基づく観光施策などを進め、活性化を目指すと強調。国に継続支援を求めた。

 ―今後の課題は。

 災害公営住宅は今年度末で約8割が完成見込みで、病院や学校も次々完成するなど多くのことを成し遂げてきた。一方、人手不足が復興のネックになっており、販路の喪失も深刻だ。水産加工業など食産業に人手を誘導し、地域の基盤的な産業として成長させていく。(釜石市が会場の一つとなる)2019年ラグビーワールドカップなど好材料もある。交流人口が拡大する中で産業活性化を図っていきたい。

 ―復興実施計画は何を重視する。

 被災者一人ひとりに寄り添った支援を行い、地域の状況に応じた復興を進める。加えて、三陸ジオパークの充実と、観光振興のかじ取り役となるDMO機能の整備など、復興の先を見据えた地域振興にしっかり取り組む。

 ―昨年熊本地震が発生した。

 発災直後から熊本県に職員を派遣し、災害廃棄物の事務処理で情報提供するなど、震災の教訓が生かされた。今後想定される大災害に向けては、自治体間や(自治体と)専門機関との連携を制度化していくことが重要だ。

 ―国への要望は。

 何年間という風に期間を決めてではなく、復興の実態に合わせて必要な予算を確保してほしい。自治体の要望に応えることプラス、県や市町村が思いつかない先進的政策を期待したい。


<東日本大震災>大津波の教訓を木碑に 岩手の高校生ら製作
毎日新聞 2/25(土) 18:48配信

 東日本大震災の教訓を後世につなげようと、岩手県大槌町で地元の高校生らが25日、「木碑(もくひ)」を製作し、高さ約2メートルの木柱に教訓を墨で書き込んだ。3月11日、4年前に建立した木碑と交換する。

 木碑のある古学校(ふるがっこう)地区では、震災の津波で約80人が死亡。過去の大津波の教訓を記した石碑が風景の一部になり、忘れられたとの反省から、住民が話し合って4年ごとに作り替えて風化を防ぐことにした。

 最初の木碑の教訓は「大きな地震が来たら戻らず高台へ」。今回は「誰かの命を助けたいなら 代わりのない自分から」などを加えた。倉沢杏奈さん(17)は「生き残った一人として語り継ぎたい」。【中尾卓英】


双葉郡唯一の病院、福島県が常勤医を1年間派遣
読売新聞 2/25(土) 17:42配信

 福島県は24日、東京電力福島第一原発事故後、福島県沿岸部にある双葉郡唯一の病院として診療を続ける「高野病院」(広野町)に4月から県立医大(福島市)の常勤医1人を1年間派遣すると決めた。

 昨年12月末の火災で同病院の高野英男院長が亡くなっており、県や病院などが同日、今後の診療体制などを話し合った後、県が明らかにした。

 病院は別の管理者兼院長の常勤医1人を確保しており、これで複数の常勤医による本格的な診療体制の確立に見通しがついた。


「海なし県の人も津波の怖さを身近に…」岩手・大槌町のアマ写真家が写真展
産経新聞 2/25(土) 15:45配信

170
津波で建物の上に打ち上げられた遊覧船=平成23年5月6日、岩手県大槌町(伊藤陽子さん撮影)(写真:産経新聞)

 惨禍をもたらした東日本大震災からまもなく6年。平成23年3月11日の発生翌日から被災した故郷の岩手県大槌町を撮り続けているアマチュア写真家の伊藤陽子さん(66)による写真展が、長野市のもんぜんぷら座で開かれている。生まれ育ったまちをレンズ越しに見つめてきた6年間。色失せた街並みが漸次(ぜんじ)、「日常」に戻っていくようすを伝えている。

 家々や車が津波に流されてがれきと化し、立ち上る黒い煙が空を覆う…。発災翌日、伊藤さんは変わり果てた故郷をカメラに収めた。報道機関も到着できない中で、むごたらしい姿をとらえた貴重な1枚となった。

 自身は「あの日」、岩手県宮古市にいたため被災を免れた。ようやく大槌町にたどり着いたのは翌日の午前3時だった。町内で40年近く営んでいた喫茶店と自宅は津波で跡形もない。兄2人も行方不明となった。

 一夜明けて愛用のコンパクトカメラを手に兄2人の手掛かりを探して歩いた。目の前に広がる地獄絵図のような光景を無心で切り取っていった。バッテリーが切れると携帯電話や使い捨てカメラで撮った。小学生の頃から好きだった写真撮影。他人に見せるためではなく、ただ自分のためにシャッターを切り続けた。

 この年、兄の1人は遺体で見つかった。さらに発見された身体の一部がDNA鑑定により、もう1人の兄だと分かった。

 ある日、避難所の風呂に入っていたときのことだった。被災者が「被災直後の自分のまちがどうなっていたのか知りたい」と話しているのを聞いた。伊藤さんが撮影した写真には、避難所の運営に携わるボランティアや救助・捜索活動に従事する自衛隊員らの姿もあった。

 「写真を見たい人の気持ちも分かる。みんなにありがとうを伝えたかった」

 震災の年の秋、盛岡市で初めて写真展を開いた。これまでに国内外の65カ所で催し、24年5月には震災の写真集も自費出版した。

 展示方法にもこだわる。震災の前と後、直近の写真を並べて街並みの変化を目と記憶に刻んでもらう。がれきに埋もれて灰色に染まっていたまちは、時間の経過とともに草木や花に囲まれて色彩を取り戻していく。祭りに興じる子供たちの笑顔も印象的だ。

 「海がない長野県の人にも津波の怖さを身近に感じてもらいたい。復興はまだ途中。私たちの日常を見てほしい」

 伊藤さんはそう訴えている。(三宅真太郎)

 写真展は28日まで。開場は午前10時~午後5時半(最終日は正午まで)。期間中は伊藤さんが震災当時の状況や復興のようすを来場者に説明する。問い合わせは、もんぜんぷら座(長野市新田町1485の1)(電)026・219・0020。


規制委も「かなり重症」と危惧する東電の悪しき体質 柏崎刈羽審査終盤で蘇った福島の“悪夢”
産経新聞 2/25(土) 15:00配信

 東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた審査会合が終盤を迎える中で、東電が再び信用を落とす事態に陥っている。重大事故時の対応拠点である免震重要棟について、平成26年に耐震不足を示すデータが社内にあったにも関わらず公表してこなかったためだ。背景を取材すると、東電に隠そうという悪意はなかったようだが、代わりに悪しき体質が露見。再稼働への影響も懸念される。

■突然示された調査結果

 問題は14日の審査会合で発覚した。

 「これまでの説明とは著しく異なる。これを知ってて、これまでの説明をしてきたのか」

 規制委の更田豊志委員は、東電の担当者にそう詰め寄った。

 更田委員が指摘した「これまでの説明」とは、東電が25年に実施した調査結果だ。7パターンある地震想定で調べたところ、5つのパターンで免震棟の耐震性の不足が確認された。

 耐震不足が確認されたため、東電は重大事故の対応拠点には耐震性の高い5号機原子炉建屋内と免震棟を併用して使う案を規制委に提案。審査では両施設をどう使い分けるかなどが焦点となっていた。

 そんな審査の最中、東電が突然、14日に示したのが7パターンすべてで耐震性が不足するという調査結果だった。しかも、調査は3年前の26年に実施したもので、東電の唐突な説明に、更田委員の冒頭の発言につながった。審査の前提が覆されたことで、規制庁幹部も「もう一度審査をやり直さなければならなくなった」と憤りを隠さない。

■情報隠蔽か、取材を進めると…

 東電が不都合な情報を隠蔽しようとしたのか-。そんな憶測も飛び交ったが、23日の審査会合で、東電が経緯を説明すると、肩すかしを食らうようなお粗末な内容だった。

 26年のデータは、免震棟の耐震性を調べる際に、深い地層のデータがなかったため、1号機の地層データを代わりに使って試算した信頼性の低い代物だったのだ。そのため、東電も当時は公表するものではないと判断していたという。

 それではなぜ、東電は今になって公表したのか。東電によると、昨年夏に着任した担当者に、信頼性が低い情報であることが伝わっていなかったのだという。

 あきれた理由だが、実は根深い問題をはらんでいる。情報共有は長年、課題として指摘され続けてきたからだ。

■東電に染みついた根深い問題とは…

 原発を安全に運転するには原子炉の設計を行う部署と、地震や津波対策を担う部署は、緊密に連携することが不可欠だが、規制庁の幹部は「別会社のような組織だ」と証言する。

 審査会合でも規制委の担当者が「昔からプラントと土木の仲が悪いといわれている。今回だけの問題ではない。一体どうなっているのか」とまくし立てた。

 実は福島第1原発事故でも、東電の情報共有の問題は指摘されている。

 東電は平成20年に15・7メートルの津波を社内で試算しながらも対策を講じず、事故を防げなかった一因とされている。これについて、政府の事故調査・検証委員会は、15・7メートルの津波について社内でワーキンググループが立ち上がったが、「当時の小森明生原子力・立地副本部長(原子力担当)にはワーキンググループの存在自体が報告されていない」と指摘。その上で「東京電力社内で重要な問題として認識されていた形跡はうかがわれない」と問題視している。

■原発再稼働に影響する可能性も

 原発の審査では、設備面だけでなく原発を運転する事業者としての適正もみている。それだけに規制委の田中俊一委員長も東電の体質について「かなり重症だ」とあきれた様子で語り、「東電の(審査に)出すものが信用できるか疑義がある。それを確認しないとそれ以上先に進めない」と明言。東電の体質改善が確認できない限り、審査には「合格」させない意向を示している。

 柏崎刈羽原発を再稼働させるには地元同意も不可欠だが、今回の問題で地元自治体の信用も大きく揺らいでいる。

 新潟県の米山隆一知事は「事実と異なる説明をしていたのでは安全確保はできない」とした上で、原因や経緯を報告するよう求める要請文を東電に提出した。原発再稼働について条件付き容認の立場だった柏崎市の桜井雅浩市長も「再稼働を認めないという立場に考えが変わる可能性もある」と言及している。

 事故から6年。東電はさまざまな改革に取り組んできたが、巨大企業の体質改善は、言葉で言うほどたやすいものではないようだ。


<陸前高田市>高台か、にぎわいか どこに新庁舎で賛否の声
毎日新聞 2/25(土) 11:38配信

 ◇復旧候補地3カ所めぐり

 東日本大震災で市街地が壊滅した岩手県陸前高田市の新市庁舎の復旧候補地3カ所をめぐり、賛否の声が上がっている。候補地に津波の被災地域が含まれているためで、市側はかさ上げなどの対策を理由に「安全」とし、地元にも新市街地となるこの被災区域で建設を望む意見がある。一方、犠牲になった市職員の遺族らは「浸水域外が原理原則」として疑問を投げかけている。市は3月、どこに建てる方針かを市議会で明らかにする。【根本太一】

 旧市街地にあった3階建て庁舎は、津波で水没。現在、職員は高台に建つプレハブの仮庁舎で働く。市は新庁舎建設に向け、今の市立高田小学校の改修や解体で対応する案を示す。校舎1階が津波に襲われ、児童らは避難し無事だったものの、市は2019年度には学校を高台に移転させることにしている。

 高田小周辺では市が土地区画整理事業を進め、間もなく商店街も開業する。地元商工会は市街地と役所を一体化させて「にぎわい創出」につなげようと、学校跡地での庁舎建設を市側に要望する。市は14年7月の震災検証報告書に「浸水域外の高台を基本」に庁舎を整備すると明記していたが、以前は高さ5.5メートルだった海岸の防潮堤は12.5メートルで復旧。学校跡地も最大約4メートルかさ上げする計画で、今は「大震災クラスの津波でも安全」との立場だ。

 陸前高田市の死者・行方不明者は1760人。うち111人は市職員で、多くは市庁舎前にあった市民会館など市指定の避難所付近で津波にのまれた。

 ◇陸前高田市の新市庁舎建設候補地

 市は2016年11月、(1)高台に新たな用地を取得して新築(概算事業費64億円)(2)現在の仮庁舎がある高台に新築(同63億円)(3)市立高田小を改修・増築(同56億円)か解体・新築(54億円)--の案を公表。(1)と(2)は津波浸水区域外となる一方、市はデメリットとして市街地から徒歩で行きにくいことを挙げる。(3)は浸水区域内だがコスト面のメリットが指摘される。

 ◇複雑な心境、津波犠牲になった陸前高田市職員の遺族

 こうした陸前高田市の姿勢に、津波の犠牲になった市職員の遺族は複雑な心境を抱く。

 市側が職員に適切な避難指示をしなかった責任を裁判で問えないか--。市職員の長男(当時24歳)と長女(同23歳)を失った戸羽初枝さん(55)は葛藤を続けてきた。宮城県では津波で犠牲になった石巻市立大川小の児童の遺族が賠償を求める訴訟を起こし、仙台地裁が昨年10月、学校側の責任を認める判決を言い渡した。控訴審は3月に始まるが、「大川小」が報じられる度に心は揺れる。

 「裁判をしたら市の幹部を被告席に立たせることになる。復興の歩みにも迷惑をかける」と感情を抑え込んできた。しかし提訴していたなら、市は津波に襲われた地を候補に挙げただろうか、とも自問する。「私ら遺族が静かにし過ぎたことで安全への戒めが薄れたなら、悲しい」

 市職員だった長女(同25歳)を亡くした藤野貢さん(64)も「庁舎が被災し、行政機能がまひした反省がない」といい、「津波が絶対来ない高台が原理原則だ」と訴えてやまない。


<浪江・請戸漁港>大漁旗はためかせ漁船戻る 6年ぶりに
毎日新聞 2/25(土) 10:58配信

169
完成した係留施設に漁船をつなぎ留める準備をする漁師たち=2017年2月25日午前10時4分、小出洋平撮影

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が3月末にも解除される福島県浪江町の請戸(うけど)漁港に25日、約6年ぶりに漁船が戻った。東日本大震災で壊れた岸壁の復旧工事がほぼ終わったこともあり、色鮮やかな大漁旗をはためかせながら母港に帰ってきた。

 請戸漁港は第1原発から約6キロ北の太平洋岸にある。原発事故で町全域が避難指示区域になったため、南相馬市鹿島区の漁港に係留場所を移し、ここから漁船が出漁していた。

 この日は、相馬双葉漁協請戸支所に所属する漁船約25隻が一列に船団を組みながら請戸漁港に入港。岸壁で出迎えた家族や復旧工事の関係者からは、大きな拍手が起こった。

 自慢の漁船で入港した高野一郎さん(69)は「6年ぶりの母港はやっぱりいい。浪江に住民が一人でも多く戻ってくるきっかけになれば」と笑顔を見せた。【大塚卓也】


<福島第1原発>5号機の格納容器内部を公開…炉心溶融免れ
毎日新聞 2/24(金) 22:34配信

168
東京電力福島第1原発5号機の原子炉圧力容器真下にある作業用足場=福島県双葉町で2017年2月24日午前10時43分、宮武祐希撮影

 東京電力は24日、福島第1原発5号機の原子炉格納容器内部を毎日新聞に公開した。5号機は、今月に調査用の「サソリ型ロボット」を投入した2号機とほぼ同じ構造。損傷がない5号機の場合は、人が歩いて原子炉に近付くことができるが、炉心溶融した1~3号機の原子炉内部の調査は、相当難航するのではないかと実感した。

 炉心溶融を免れた5、6号機も廃炉処理が決まっており、東電は1~4号機の廃炉作業の模擬施設として活用する方針だ。

 5号機の格納容器の中に入ると、貫通部から作業用のレール(長さ7・2メートル、幅60センチ)が原子炉容器真下の作業用足場につながっているのが見えた。2号機のサソリ型はこの貫通部から中に入った。

 レール上を歩いて足場の手前から上を見上げると、圧力容器直下にある制御棒の駆動機構が天井に林のように並んでいる様子も確認できた。人が歩けばわずかな距離だ。

 一方、今月の2号機の調査では、事故で発生したとみられる堆積(たいせき)物がレール上にこびりつき、サソリ型は2メートル余り走行したところで動けなくなった。放射線量は最大毎時210シーベルトで、作業用足場には溶融燃料の落下でできたとみられる穴が複数見つかっている。損傷がない5号機とは対象的だった。【柳楽未来】


<東日本大震災6年>汚染水、果てなき闘い…福島第1原発
毎日新聞 2/24(金) 21:01配信

166
東京電力福島第1原発で、汚染水対策用のフランジ型タンクを解体する作業員ら。右は新しい溶接型タンク=福島県大熊町で2017年2月24日午前9時44分、宮武祐希撮影

 ◇タンク1000基、林立

 東京電力福島第1原発事故発生から6年を迎えるのを前に、毎日新聞は24日、第1原発構内を取材した。全面マスクが必要なエリアは大幅に減り、作業環境は大幅に改善した一方、現場では放射性汚染水の貯蔵タンクの交換作業などが延々と続いていた。

 東電によると、第1原発で働く作業員は1日約6000人で、そのうち約半分が汚染水対策に当たる。汚染水を処理した水の行き場はなく、敷地内には約1000基のタンクが林立する。事故発生直後、敷地内には複数の鋼板をボルトでつなぎ合わせる「フランジ型」と言われるタンクが大量に設置されたが、老朽化などで漏れる恐れが高まったため、現場では古いタンクの解体作業が進む。

 構内では地面をコンクリートで覆い、放射性物質の飛散を防ぐ加工作業が進み、敷地の約9割では一般の作業服で働けるようになった。しかし、タンクには高濃度汚染水が入っていたため、解体作業に当たる作業員は全面マスクやタイベックスーツなどを着用する必要がある。息がしづらく、真冬でも体力の消耗が著しいという。

 解体作業を請け負う「清水建設」の阿部浩工事長(55)は「復興に向けて、作業員の被ばくやけががないようにやっていきたい」と語った。炉心溶融した1~3号機の原子炉建屋周辺の線量は高く、3号機周辺では毎時300マイクロシーベルト超。2号機原子炉建屋付近の線量表示板には毎時137.6マイクロシーベルトと記されていた。

 一方、地中に「氷の壁」を作り、原子炉建屋周辺を囲って地下水の流入を防ぐ「凍土遮水壁」は、想定通りの効果が表れていない。4号機周辺では、地中をハンマーでたたき、凍結状況を確認する作業員の姿もあった。

 取材に同行した東電の木元崇宏原子力・立地本部長代理は「事故から6年を迎え、廃炉作業は、溶け落ちた燃料の取り出しという『本丸』に移ってきている」と話す。政府と東電が目指す廃炉の完了時期は、2041~51年の間。溶融燃料の内部調査も難航しており、「本丸」への道のりは果てしなく遠い。【柳楽未来】


<原発強制起訴>3月に公判前整理…東電元会長ら3人
毎日新聞 2/24(金) 20:47配信

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(76)ら旧経営陣3人に対する裁判で、東京地裁(永渕健一裁判長)は23日付で、争点などを絞り込む公判前整理手続きを3月29日に開くと決めた。初公判に向けた協議が本格化する。

 検察は3人を不起訴としたものの、起訴すべきだとした検察審査会の議決を受けて検察官役の指定弁護士が昨年2月に起訴。指定弁護士は証明予定内容の書面を提出し、約4100点の証拠一覧表を弁護側に示して証拠開示を進めていた。

 起訴状によると、3人は10メートル超の津波が来れば事故が起こる可能性を予測できたのに防護措置を怠り、避難した入院患者ら44人を死亡させたなどとされる。【近松仁太郎】


<玄海原発>再稼働に「同意」 地元初判断、町議会特別委
毎日新聞 2/24(金) 11:35配信

Kgnp
玄海原発の(手前左から)3、4号機=佐賀県玄海町で、本社ヘリから津村豊和撮影

 佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3、4号機の再稼働に同意した。地元として最初の判断となる。岸本英雄町長も来月上旬に同意表明する見込み。地元同意の範囲は事実上立地町と県に限られており、今後の手続きの焦点は県に移るが、県内の自治体の中には地元同意の範囲拡大を求める声もある。

 特別委は全町議11人で構成。九電から安全対策について聴取した後に審議し、採決で岩下孝嗣委員長を除く10人のうち9人が挙手して賛成した。反対は共産党議員1人だけだった。岸本町長は、県が3月3日まで県内5カ所で実施予定の再稼働に関する説明会が終了するのを待って、同月6日ごろ正式表明する考えだ。

 県も説明会後に判断することにしているが、再稼働に反対する塚部芳和・伊万里市長や反対派団体などは説明会のさらなる開催を要求しており、判断時期は不確定だ。玄海3、4号機は1月に原子力規制委員会の審査に「合格」し、九電は年内の再稼働を目指している。

 一方、議場には再稼働に反対する市民グループのメンバーら約10人が詰めかけ、委員から「資源のない日本は原発に頼らざるを得ない」といった発言が出ると、怒号が飛んだ。同県唐津市の成冨忠良さん(75)は「福島の原発事故はまだ続いている。県民説明会も続いているし、公開討論会も開いていない中で賛成するのはおかしい」と怒りをあらわにした。【関東晋慈、池田美欧】


玄海再稼働、地元議会が賛成=町長も来月同意へ―佐賀
時事通信 2/24(金) 11:14配信

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)について、玄海町議会は24日、再稼働に賛成を表明した。

 全町議11人が出席した原子力対策特別委員会で挙手を求めた結果、委員長を除く10人のうち、賛成が9人で多数を占めた。玄海原発の再稼働に向けた地元同意の手続きで、賛成を表明したのは初めて。

 岸本英雄町長は町議会の賛成を受け、県内5カ所で順次開かれている県主催の住民説明会が終了する3月上旬にも、再稼働に同意を表明する見通し。特別委の終了後、岸本町長は記者団に「議会では賛成の決定をいただいた。十分に加味しながら判断したい」と話した。

 24日の特別委には九電幹部が出席。玄海原発の安全対策などを説明し、地震や津波、電源喪失時などへの対策は十分と強調した。

 質疑応答の後、岩下孝嗣委員長が「安全対策については議論が尽くされた」と発言し、採決による委員会の意思決定を提案。賛成多数を確認した上で「3、4号機の再稼働を議会として承認する」と述べた。

 原子力規制委員会は1月、玄海3、4号機が新規制基準に適合していると判断。地元の玄海町議会と町長、佐賀県議会と知事が同意するかに焦点が移っている。


時が止まった6年 福島・双葉町
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

165
全町避難が続く福島県双葉町。帰還困難区域内にある町立双葉南小学校の教室には、ランドセルなどが置かれたままだった =23日(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 傾いたままの住宅、小学校に残されたランドセル-。東京電力福島第1原発事故で、いまだ全町避難が続く福島県双葉町に23日、町の許可を得て取材に入った。高い放射線量の影響で復興は思うように進まず、事故から間もなく6年となる現在も、町内は時が止まったかのように当時の姿をとどめていた。

 原発事故直後とほぼ変わらない光景が広がる中、震災直後よりも倒壊の危険が進んでいる家屋も見られ、繁殖したイノシシなどの野生動物が荒らした痕跡も随所にあった。町の荒廃は静かに進んでいる。


全町避難の福島・双葉町 町に戻りたい、わずか1割強
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

 ■「どれだけ帰ってくる住民いるのか」

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町は、現在も町面積の96%が帰還困難区域となっている。町は放射線量が比較的低い地区の除染作業を進め、そこを拠点に住民の帰還に向けた復興を進める計画という。しかし、23日に町内を歩いてみると、ほとんどの地区が手付かずの状態だ。調査によると、「町に戻りたい」と考えている町民も1割強にとどまっている。

 午前10時すぎ、双葉町が用意した車で町内に入った。時折、除染に携わる作業員の車が通る程度で人けはない。間もなく町の目抜き通りに到着。住宅のガラスが割れ、商店の商品が散乱する中、原発事故前には大勢の町民が訪れたという神社の本殿や鳥居にかけられた真新しいしめ縄が目についた。同行した町職員によると、昨年末に住民が集まり、「復興の願いを込めて」作ったものだという。

 町南東部の町立双葉南小学校は、特に震災直後の様子が色濃く残っていた。

 教室の黒板には東日本大震災が発生した「三月十一日(金)」と書かれたまま。教室や玄関のげた箱付近には多くのランドセルが置き去りになっていた。一方で、2年生の教室の壁に張られていたクラスの集合写真は、児童の顔が分からないほど白く変色。年月の経過を感じさせた。

 「時が動き出した」地区もある。運行休止区間にあるJR双葉駅の西側約40ヘクタールの土地は放射線量が比較的低く、町は除染作業を行った上で町復興の拠点とする計画だ。周辺では急ピッチで除染が進められており、5年後をめどに役場や医療機関などを整備するという。ただ、所々に集められた汚染土を詰めた袋が復興の難しさを物語る。

 復興庁が昨年11月に取りまとめた全3355世帯を対象にした住民意向調査(回収率48・5%)では、避難指示解除後に「町に戻りたい」と回答したのは全体の13・4%にとどまった。

 「どれだけ帰ってくる住民がいるのか…」。除染作業の様子を見ながら町職員はそう漏らした。(福田涼太郎)

2017年2月23日 (木)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・13

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

7番目の記事
8番目の記事
9番目の記事
10番目の記事
11番目の記事
12番目の記事

リンク:金正恩氏、“兄殺し”で権威失墜か 韓国軍は軍事境界線で「正男氏殺害」の放送開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏息子が「YouTube」で語った政権意欲 曾祖父の金日成氏らがヒーロー、2011年以降「姿消す」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:遺体から猛毒VX検出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、化学兵器5000トン保有か 正男氏遺体から検出の猛毒VXも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「北の犯罪」強まる…VX、化学兵器で毒性最強 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:VX入手経路追及=正男氏親族の訪問否定―マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア警察、空港施設で「放射性」物質捜索へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>「死因はVX」マレーシア警察長官が発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 VX検出とマレーシア警察 毒殺確定 顔などに付着か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の遺体から猛毒VXの成分検出-マレーシア警察が暫定報告 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、VXガスを使用 マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の遺体から猛毒VX検出 マレーシア警察が暫定分析を公表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、VXガスによるもの=マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:殺害された金正男氏の遺体からVX神経ガス検出 マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>猛毒の神経剤VX検出 マレーシア警察発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏遺体からVX、猛毒神経剤を犯行に使用 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:猛毒VX、遺体から検出=金正男氏事件でマレーシア警察―北朝鮮関与の見方強まる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏親族「一両日中に訪問」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:クアラルンプールの北朝鮮大使館前で抗議デモ マレーシア与党「主権を侵害」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:逮捕の女、1月にもマレーシアに…打ち合わせか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 親族が一両日中にマレーシア入り 政府高官は外交断絶も示唆 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:朝鮮総連、金正男氏殺害事件に「沈黙」 内部での議論禁止、強制送還以降、関与禁じる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 総連、事件の議論禁止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 捜査阻む不逮捕特権 大使館員、出頭拒否の公算 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 東南アジア、離反加速 マレーシア首相「無礼」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「北は国際的孤立を深めた」 スフィアン・ジュソー氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア、在北朝鮮大使館の閉鎖検討 観光・文化相「ならず者国家」と痛烈批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺、北朝鮮「韓国の陰謀」と強弁 荒唐無稽な主張を押し通すのはなぜ? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:化学兵器大国の北朝鮮 新種の毒使用か?マレーシアに強硬姿勢 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男暗殺 北朝鮮が発したであろう2つのメッセージ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男との交流は公開すべきだったか? 「朝日」「東京」の大きな違い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ならず者国家」と非難=北朝鮮は予測不能―マレーシア観光相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大使追放、断交も検討か=北朝鮮に反発―マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア、北大使の国外退去を検討…ロイター - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

金正恩氏、“兄殺し”で権威失墜か 韓国軍は軍事境界線で「正男氏殺害」の放送開始
夕刊フジ 2/24(金) 16:56配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件は、北朝鮮大使館の職員らの関与が判明し、国家犯罪の疑いが強まった。「独裁国家」の北朝鮮で正恩氏の指示なしに行うことは不可能で、正恩氏は「兄殺し」に手を染めたことになる。事実が北朝鮮国内に広まれば、「最高尊厳」とされる正恩氏の権威が揺らぐのは確実だ。

 「南朝鮮(韓国)当局が台本をあらかじめ作っていた」。朝鮮中央通信は23日、朝鮮法律家委員会の報道官談話を伝え、北朝鮮のイメージに泥を塗るための「陰謀策動だ」と関与を否定した。

 マレーシア警察は22日、在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官(44)と北朝鮮国営の高麗航空のキム・ウクイル職員(37)を重要参考人として出頭を求めた。

 事件について沈黙していた北朝鮮の国営メディアだが、国家犯罪の疑いが濃厚となり、反論に転じたとみられる。

 国家犯罪ともなれば、北朝鮮では最高指導者の了承がなければ不可能だ。大韓航空機爆破事件(1987年)も金正日(キム・ジョンイル)総書記の指示で行われたことが元工作員の証言で分かっている。日本人拉致事件についても金総書記の指令で実行された。

 正恩氏は2013年、叔母の夫で後見人とされた張成沢(チャン・ソンテク)氏を粛清した。義理の叔父に続き、兄の殺害まで指示していたとすれば、権威の失墜は避けられない。これまで北朝鮮住民の間では正男氏の存在がほとんど知られていないとされるが、皮肉にも今回の事件で存在が知られるかもしれない。

 聯合ニュースは21日、政府消息筋の話として、韓国軍が南北軍事境界線付近に設置した大型拡声器で「金正男氏殺害」を北朝鮮に向けて放送し始めたと伝えた。放送では、正恩氏の指示があったと思われるとの内容も含まれているという。

 東京基督教大の西岡力教授は「北朝鮮では儒教の伝統が強い。叔父を殺したのは公然と分かっているわけだが、『今度は兄も殺した』となると権威は落ちる。国際社会からも今後、『金正恩はテロリスト』と呼ばれるかもしれない。国内でもより一層、朝鮮労働党と首領への忠誠心がなくなり、国家システムが崩壊する可能性もある」と指摘した。


正男氏息子が「YouTube」で語った政権意欲 曾祖父の金日成氏らがヒーロー、2011年以降「姿消す」
夕刊フジ 2/24(金) 16:56配信

 金正男氏が殺害された事件をめぐり、息子の漢率(ハンソル)氏(21)への関心が高まっている。ハンソル氏は10代のころはSNSで意見を発信していたが、ある時期を境にネット上から姿を消した。

 ハンソル氏は1995年、平壌(ピョンヤン)生まれとされる。2011年の米メディアによるインタビューでは、2歳以降は毎年夏に北朝鮮を訪問する以外、マカオに住んでいると明かしていた。

 10代のころは茶髪にピアスなど奔放な風貌で知られたハンソル氏は、ネットでの発言にも積極的だった。中央日報によると、動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)に「kimhs616」というアカウントを持ち、07年には北朝鮮の国旗と国歌が流れる動画に英語で短文のコメントを10件残した。6月16日はハンソル氏の誕生日とみられる。

 08年には、北朝鮮の閉鎖性を批判した書き込みに対し、「私はわが人民が飢えていることを知っている。彼らを助けるために何かをしたい」と政治への意欲も語っていたという。

 ハンソル氏は11年3月には韓国のネットコミュニティーで「北朝鮮に行ってきたがほとんどすべての人が携帯電話を持っていた」と書き込んだ。

 同年にはボスニア・ヘルツェゴビナのインターナショナルスクールに入学。聯合ニュースによると、当時流行していた「マイスペース」で、自身のヒーローとして、レーニン、スターリン、カストロなどとともに、曾祖父の金日成(キム・イルソン)国家主席、祖父の金正日総書記の名を挙げた。

 発言がメディアで話題になるとアカウントを消去。11年末に祖父の正日氏が亡くなり、北朝鮮が正恩体制に移行すると、12年にフィンランドの公営テレビ局の取材に応じ、「(正恩氏が)どのように独裁者になったのか分からない」と述べ、叔父を「独裁者」と表現した。

 現在、ハンソル氏本人がSNSのアカウントを持っているかどうかは不明だが、正恩体制への思いを語る日は来るのか。


遺体から猛毒VX検出
ホウドウキョク 2/24(金) 16:40配信

犯行に使われた毒物を特定。
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察は24日、声明文で、正男氏の目の粘膜と顔から採取した検体を調べたところ、化学兵器にも使われる猛毒の神経剤「VX」が検出されたとの初期報告を発表した。
一方、地元メディアによると、現地警察は22日に、クアラルンプール市内のコンドミニアムで、30代のマレーシア人の男を拘束し、近くの別のコンドミニアムから化学物質と多数の手袋、靴を押収した。
男の存在は、これまで逮捕された容疑者の供述から浮上したとみられ、警察はすでに逮捕された北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者との関係を調べている。


北朝鮮、化学兵器5000トン保有か 正男氏遺体から検出の猛毒VXも
AFP=時事 2/24(金) 16:34配信

【AFP=時事】韓国の専門家らは24日、北朝鮮が化学兵器を最大で5000トン保有しており、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏の暗殺に使われた神経剤VXも含まれるとの見方を示した。

 マレーシア警察は同日、金正男氏の遺体の顔と目から採取したサンプルから、VXの成分が検出されたと発表している。VXは米国が大量破壊兵器に指定している。

 韓国国防省は2014年版の防衛白書で、北朝鮮が1980年代から化学兵器の製造を開始し、保有量は推定2500~5000トンに上ると記していた。白書の2012年版では、北朝鮮北東部の清津(Chongjin)と北西部の新義州(Sinuiju)など8か所に化学兵器の製造工場があると指摘している。

 韓国のシンクタンク「自主国防ネットワーク(KDN)」の防衛アナリスト、イ・イルウ(Lee Il-Woo)氏はAFPの取材に対し、「北朝鮮は安価に製造できるVXを大量に貯蔵していると思われる」と述べた。同氏によると、VXは農薬を製造する小規模な施設で作ることができる。

 一方、韓南大学(Hannam University)のキム・ジョンハ(Kim Jong-Ha)教授(軍事学)は、北朝鮮がVXやサリンなど計16種類の神経剤を保有していると指摘。このほか、窒息剤やびらん剤、血液剤などの化学兵器や、炭疽(たんそ)菌や腺ペストなど13種類の生物兵器も保有していると語った。【翻訳編集】 AFPBB News


「北の犯罪」強まる…VX、化学兵器で毒性最強
読売新聞 2/24(金) 15:51配信

 クアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏の殺害に使われた毒物は、オウム真理教による殺人事件などでも使用された猛毒のVXだった。

 「化学兵器の中で毒性が最も強い」とも言われることから簡単には作れず、北朝鮮による国家的な犯罪であるとの見方が一層強まっている。

 VXはほかの神経ガスに比べて揮発性が低く、皮膚から吸収させることを目的に開発されている。製造には軍事施設のような設備や専門の技術も必要になる。

 今回の事件では手にVXの液体をかけて、正男氏の顔に塗るという手口とされ、沼沢聡・昭和大教授(毒物学)は「十分にトレーニングを積んだ人間の犯行だろう。国またはそれに準じるような組織が関与しているのではないか」と推測する。


VX入手経路追及=正男氏親族の訪問否定―マレーシア警察
時事通信 2/24(金) 15:41配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は、正男氏の遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたのを受け、VXの入手経路について捜査を進める方針だ。

 地元メディアによると、カリド警察長官は24日、記者団に、VXがどうやってマレーシア国内に持ち込まれたかは「まだ分からない」と指摘。「微量だった場合、検知するのは極めて困難だっただろう」と述べた。

 警察のこれまでの捜査で、実行犯とされる女2人は素手で正男氏の顔に液体を塗った後、すぐにトイレで手を洗っていたことが分かっている。カリド長官は22日の記者会見で、事件当日に出国し既に北朝鮮に帰国したとみられている北朝鮮国籍の4人の容疑者が女2人に毒物を渡したと推認していることを明らかにしていた。

 一方、長官は、正男氏の親族が遺体の身元確認のため近くマレーシアを訪問すると伝えた報道を否定した。

 地元メディアは23日、ノール・ラシド・イブラヒム警察副長官が、正男氏の親族が一両日中にマレーシア入りする見通しを語ったと一斉に報道。しかし、カリド長官は「(副長官の発言は)誤って引用された。親族が来る計画はなく、われわれは近親者が申し出るのをまだ待っているところだ」と釈明した。


マレーシア警察、空港施設で「放射性」物質捜索へ
ロイター 2/24(金) 15:05配信

[クアラルンプール 24日 ロイター] - マレーシア警察は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がクアラルンプール国際空港で、猛毒の神経剤VXガスを使って殺害されたことを受け、放射性物質の痕跡がないかどうか、同空港およびその他の施設をくまなく捜索すると発表した。

カリド・アブバカル警察長官は「容疑者の立ち入りが分かったすべての場所を捜索する。原子力当局から専門家を呼び寄せて現場に赴き、放射性(物質)が残存していないか徹底的に捜索する」と述べた。同警察が「放射性物質」に言及したのはこれが初めて。

VXガスは、国際連合が大量破壊兵器に指定している化学兵器。


<金正男氏殺害>「死因はVX」マレーシア警察長官が発表
毎日新聞 2/24(金) 12:53配信

 【クアラルンプール平野光芳、岸達也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は24日、遺体の顔から取ったサンプルから猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。カリド・アブバカル警察長官は記者団に「死因はVXだ」と述べ、金氏が毒殺されたことが確定的になった。VXの製造には大がかりな施設・技術が必要であり、北朝鮮が事件に関与している疑いが一層濃厚になった。

【金正男氏殺害事件を写真で検証】

 これまでのマレーシア警察の発表などによると、事件は13日午前9時ごろに発生。インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)とベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が、クアラルンプール国際空港第2ターミナルの自動チェックインカウンターに並んでいた金氏を前後から挟みうちするように襲い、数秒の間に素手に塗った液体を金氏の顔にこすりつけた疑いが持たれている。

 女らは直後に近くのトイレで液体を洗い流し、タクシーなどで逃走。金氏は当初は意識があり、空港内のクリニックに自力で歩いて行き診察を受けたが、その後、容体が悪化し、別の病院に搬送中に死亡した。これまでの司法解剖で、遺体に目立った外傷などは見つかっていなかった。

 VXは「人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質」とも呼ばれ、1993年に署名、97年に発効した多国間条約「化学兵器禁止条約」でも厳しく使用を禁じる化学兵器に分類されている。今回の事件が北朝鮮による国家ぐるみの犯罪だったと立証されれば、マレーシア国内で化学兵器を使用した形となりマレーシアと北朝鮮の2国間関係が極めて深刻な影響を受けるのは必至だ。

 事件では当時、空港内に北朝鮮籍の男4人が指示役としていたが、直後に飛行機で逃亡。マレーシア警察によると既に平壌に到着したとみられ、北朝鮮側に外交ルートを通じて身柄の引き渡しを求めている。他に在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官と高麗航空の職員を重要参考人として行方を追っている。

 【ことば】VX

 サリンより強力な毒性を持つ液体の有機リン系神経物質。揮発性は低いが、呼吸器や皮膚を通して吸収されると、呼吸困難、吐き気などの症状を引き起こす。オウム真理教による一連の事件で、教団が使用したことが確認されている。


金正男氏殺害 VX検出とマレーシア警察 毒殺確定 顔などに付着か
産経新聞 2/24(金) 11:55配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察は24日、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。これにより、正男氏が毒殺されたことが、ほぼ確実になった。

 カリド・アブバカル警察長官の発表によれば、検査を行ったマレーシア政府の化学物質分析機関が暫定結果を提出。それによると、VXは遺体の目の粘膜と顔から検出された。

 警察はこれまでに、インドネシア人とベトナム国籍の女2人を実行犯として逮捕しており、女らが、毒物と認識しながら液体を手で正男氏に塗りつけたと発表していた。

 VXは1950年代に英国、米国で開発された化学兵器用の神経剤。皮膚から容易に吸収され、呼吸困難、意識障害、縮瞳(しゅくどう)などの症状を引き起こす。日本のオウム真理教が殺人、殺人未遂事件で使ったことで知られる。正男氏の殺害事件では、専門家から液状のVXをクリームに混ぜて使った可能性が指摘されていた。

 一方、在マレーシア北朝鮮大使館は22日、クアラルンプール市内の大使館前に集まった報道陣に声明を文書で配布し、「マレーシア政府は監視カメラの映像や、女性容疑者らが犠牲者の顔に手で毒を塗ったとの妄想に基づき捜査を行っているが、女性容疑者はどうして生きていられるのか」と疑問を呈し、「いたずらで顔に塗った液体は毒ではなく、死亡の原因はほかにあるということだ」と主張した。


金正男氏の遺体から猛毒VXの成分検出-マレーシア警察が暫定報告
Bloomberg 2/24(金) 11:28配信

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏が先週殺害された事件で、マレーシア警察は猛毒の神経剤「VX」が使われたとの暫定報告を明らかにした。

同警察が電子メールで24日発表した文書によると、遺体の顔と目からVXの成分が検出された。VXは化学兵器禁止条約の対象。正男氏は13日、クアラルンプールの空港で殺害された。

原題:Malaysia Says VX Nerve Agent Used in Murder of North Korea’s Kim(抜粋)


金正男氏殺害、VXガスを使用 マレーシア警察
CNN.co.jp 2/24(金) 11:26配信

(CNN) マレーシア警察は24日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件について、殺害に使われた化学物質は神経ガスのVXだったと発表した。

正男氏は13日、クアラルンプール国際空港でマカオ行きの便に搭乗しようとしていたところを何者かに襲われて死亡した。

マレーシア警察はこの事件に関連して北朝鮮国籍の容疑者4人の行方を追っており、23日には国際刑事警察機構(ICPO)に協力を要請したことを明らかにした。

記者会見したマレーシア警察トップはさらに、北朝鮮大使館の2等書記官からの事情聴取を正式に要請したことも明らかにした。

北朝鮮は事件への一切の関与を否定している。朝鮮中央通信は23日、司法委員会広報の話として、正男氏が死亡した責任はマレーシアにあると伝え、マレーシア警察を批判した。


金正男氏の遺体から猛毒VX検出 マレーシア警察が暫定分析を公表
AFP=時事 2/24(金) 10:22配信

967
マカオで韓国メディアの取材に応じた後、手を振る北朝鮮の金正男氏(2017年2月14日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件で、マレーシア警察は24日、殺害に使われた毒物が神経剤VXだったとの暫定分析結果を明らかにした。猛毒のVXは国連(UN)によって大量破壊兵器に指定されている。

 遺体の顔と目から採取したサンプルからVXの成分が検出された。クアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)の監視カメラの映像には、正男氏が13日、近づいてきた女性2人に顔に何かをすりつけられる様子が映っている。

 警察によれば、正男氏は襲撃された後に発作を起こし、病院に着く前に死亡した。検視の結果、心不全の可能性は否定され、捜査当局は正男氏の顔に塗られた毒物が原因との線に絞っていた。

 カリド・アブバカル(Khalid Abu Bakar)警察長官は、空港の現場でVXが使われた痕跡がないか徹底的に調査するとし、どのようにして国内に持ち込まれたかなども捜査していると明らかにした。

 安全保障の専門家はAFPの取材に、通関検査を受けない外交文書用の封袋に入れてVXをマレーシアに密輸するのは難しくなかったはずだと述べている。

 無味無臭のVXはごく少量で人間の中心神経系に致命的なダメージを与え、化学兵器に使用される。米疾病対策センター(CDC)はあらゆる神経ガスの中で「最も有毒」としている。【翻訳編集】 AFPBB News


金正男氏殺害、VXガスによるもの=マレーシア警察
ロイター 2/24(金) 10:22配信

[クアラルンプール 24日 ロイター] - マレーシア警察は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害事件について、猛毒の神経剤であるVXガスが使われたとの暫定報告を発表した。VXガスは、国際連合が大量破壊兵器に指定している化学兵器。

マレーシア警察のカリド・アブバカル長官は、同国政府の化学兵器分析部門が提出した初期段階の報告書によると、金正男氏の目と顔から採取した物質からVX神経ガスが検出されたと発表した。他の証拠品については分析中だという。

警察は、VXガスが国内で製造されたものか、海外から持ち込まれたものかを調査中だとしている。

VXガスは無味無臭で、化学兵器禁止条約により「研究、医療又は製薬の目的」を除き所持が禁止されている。液体、クリーム状、エアロゾル(煙霧質)で製造でき、大量に吸収すると15分で死亡の危険がある。米陸軍エッジウッド化学生物学センターは、確認されている中で最も毒性の高い物質としている。

2015年には、シリアの未申告の軍事調査機関で、サリンとともに痕跡が発見された。

金正男氏は13日、クアラルンプール国際空港からマカオへの飛行機に搭乗しようとした際に女性2人に襲われ、毒物の入った液体を顔に塗り付けられて死亡。韓国と米国の当局は、北朝鮮工作員が関与したとの見方を示した。


殺害された金正男氏の遺体からVX神経ガス検出 マレーシア警察
BBC News 2/24(金) 10:16配信

966
殺害された金正男氏の遺体からVX神経ガス検出 マレーシア警察

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が今月13日にマレーシアで死亡した事件で、マレーシア当局による検視で遺体から神経ガスが検出されていたことが分かった。

マレーシア警察は、クアラルンプールの国際空港で飛行機の搭乗を待っていた際に襲われた金正男氏の顔に塗られていたのは猛毒の「VXガス」だったと述べた。

警察によると、政府の検査機関が遺体の目と顔から採取したサンプルを分析していた。国連はVXガスを大量破壊兵器に分類している。

マレーシア警察は北朝鮮国籍の容疑者6人の行方を追っているが、北朝鮮政府が殺害に関与したとは明言していない。北朝鮮国籍の男性容疑者がクアラルンプール近郊で先週逮捕されている。

容疑者6人には、北朝鮮大使館の2等書記官と国営高麗空港の職員の2人が含まれる。ほか4人はすでにマレーシアを出国したとみられている。

マレーシア警察はさらに、金正男氏の顔に毒物を塗ったとして女性容疑者2人を拘束。警察は、殺害が「計画されたもの」で、容疑者らは十分な訓練を受けていたと述べた。

一時は父親の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者と目されていた金正男氏は、「キム・チョル」の名義の旅券を使い、主に海外で生活していた。

北朝鮮の国営朝鮮中央通信は23日、「朝鮮法律家委員会」の報道官談話として、遺体の司法解剖は「主権の侵害」だとマレーシア政府を非難した。しかし、遺体が金正男かどうかについては触れなかった。

談話はさらに、遺体の返還を政治問題化しようとしていると主張し、マレーシア当局が身元確認のため親族のDNAサンプルの提供を求めていることについて、「ばかげている」と述べた。

VXガスとは? 

・透明の琥珀色をした油のような液体。味やにおいはない。

・化学兵器の中でも最も猛毒で、皮膚に一滴落ちるだけで死亡する可能性がある。数分で死に至ることもある。

・皮膚などから浸透し、神経伝達を阻害して死に至らせる。

・スプレーや蒸気で拡散したり、水や食べ物、農産物を汚染することで攻撃に使われる可能性がある。

・吸い込んだり、口から摂取することで体に吸収されるほか、皮膚や目から入り込む。

・蒸気が衣服に付いてから約30分間残るため周囲の人にも影響を及ぼす。

・軽度の接触の場合、鼻水、目の痛み、不明瞭な視界、よだれや過度の発汗、胸の圧迫感、激しい息、尿意、意識障害、眠気、脱力、吐き気、嘔吐の症状が出る。

・正式な化学名は、S-2ジイソプロピルアミノエチル・メチルホスホノチオラートで、1993年に署名された化学兵器禁止条約で使用が禁止されている。

(英語記事 Kim Jong-nam killing: VX nerve agent 'found on his face')


<金正男氏殺害>猛毒の神経剤VX検出 マレーシア警察発表
毎日新聞 2/24(金) 10:12配信

 【クアラルンプール平野光芳、岸達也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は24日、遺体の顔から取ったサンプルから猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。金氏が毒殺されたことが確定的になった。また、VXの製造には大がかりな施設・技術が必要であり、北朝鮮が事件に関与している疑いが一層濃厚になった。

 これまでのマレーシア警察の発表などによると、事件は13日午前9時ごろに発生。インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)とベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が、クアラルンプール国際空港第2ターミナルの自動チェックインカウンターに並んでいた金氏を前後から挟みうちするように襲い、数秒の間に素手に塗った液体を金氏の顔にこすりつけた疑いが持たれている。

 女らは直後に近くのトイレで液体を洗い流し、タクシーなどで逃走。金氏は当初は意識があり、空港内のクリニックに自力で歩いて行き診察を受けたが、その後、容体が悪化し、別の病院に搬送中に死亡した。これまでの司法解剖で、遺体に目立った外傷などは見つかっていなかった。

 VXは「人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質」とも呼ばれ、1993年に署名、97年に発効した多国間条約「化学兵器禁止条約」でも厳しく使用を禁じる化学兵器に分類されている。今回の事件が北朝鮮による国家ぐるみの犯罪だったと立証されれば、マレーシア国内で化学兵器を使用した形となりマレーシアと北朝鮮の2国間関係が極めて深刻な影響を受けるのは必至だ。

 事件では当時、空港内に北朝鮮籍の男4人が指示役としていたが、直後に飛行機で逃亡。マレーシア警察によると既に平壌に到着したとみられ、北朝鮮側に外交ルートを通じて身柄の引き渡しを求めている。他に在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官と高麗航空の職員を重要参考人として行方を追っている。

 【ことば】VX

 サリンより強力な毒性を持つ液体の有機リン系神経物質。揮発性は低いが、呼吸器や皮膚を通して吸収されると、呼吸困難、吐き気などの症状を引き起こす。オウム真理教による一連の事件で、教団が使用したことが確認されている。


正男氏遺体からVX、猛毒神経剤を犯行に使用
読売新聞 2/24(金) 10:11配信

 【クアラルンプール=田尾茂樹、児玉浩太郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、マレーシア警察は24日、猛毒の神経剤である「VX」が犯行に使用されていたとする暫定分析結果を発表した。

 化学兵器に使われる毒物が検出されたことで、北朝鮮の関与が極めて濃厚となった。

 警察は今月15日に遺体の司法解剖を実施。発表によると、綿棒で顔の表面や目の粘膜から採取した物質を政府の検査機関で分析したところ、VXを検出したという。VXは大人の致死量が約4ミリ・グラムとされる猛毒。

 殺害現場となったクアラルンプール国際空港第2ターミナル出発ロビーの監視カメラの映像によると、犯行は、実行犯として逮捕された女2人によって一瞬のうちに行われていた。自動発券機の近くに立っていた正男氏の背後からベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が肩越しに両手を顔に伸ばし、インドネシア人のシティ・アイシャー容疑者(25)が正面から正男氏に近づいたとみられている。正男氏はその後、空港内のクリニックに歩いて向かい、病院に搬送される途中、死亡した。VXは、皮膚に塗られて数分から数十分で死に至る。


猛毒VX、遺体から検出=金正男氏事件でマレーシア警察―北朝鮮関与の見方強まる
時事通信 2/24(金) 9:52配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は24日、死因に関する暫定分析結果を発表し、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと明らかにした。

 正男氏の顔や目から採取したサンプルを調べた結果、分かったという。警察はこれ以上の詳細を公表していない。化学兵器に分類されるVXの使用が確認されたことで、大掛かりな組織的犯行だった可能性が濃厚となった。化学兵器を保有しているとされる北朝鮮の関与を疑う見方が一層強まるのは確実だ。

 事件は13日、クアラルンプール国際空港で発生。これまでの警察の調べでは、マカオに向かうところだった正男氏の前と後から、女2人が同氏の顔に液体を塗って逃走。正男氏は体調不良を訴えて、空港から病院に搬送される途中に死亡した。

 警察は、実行犯とされるインドネシア人のシティ・アイシャ(25)、ベトナム人のドアン・ティ・フォン(28)の両容疑者のほか、北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)ら計4人を逮捕。毒物を使った犯行の可能性が高いとみて、死因特定のための分析作業が進められていた。

 VXは化学兵器禁止条約で開発や生産、使用などが禁止されており、日本では無差別殺傷テロ事件を起こしたオウム真理教が使用した。神経剤の中でも最も毒性が高いとされる。


金正男氏親族「一両日中に訪問」
ホウドウキョク 2/24(金) 9:30配信

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察の幹部は、遺体の身元確認のために、親族が一両日中にマレーシア入りするとの見通しを示した。
マレーシア警察の副長官は、正男氏の遺体引き渡しや、身元確認に必要なDNAサンプル提供のため、「親族が一両日中にマレーシアを訪れるだろう」と述べた。
さらに、訪問する親族について、「子どもか、マレーシアから遠くない場所に住む親族」と述べ、息子のハンソル氏が訪問する可能性も示唆した。
こうした中、23日、マレーシアの国政与党メンバーらおよそ30人が、「マレーシアの対応を尊重すべきだ」との抗議文を持って、北朝鮮大使館を訪れた。
ロイター通信によると、マレーシア政府の高官は、北朝鮮大使を国外退去処分にするか、大使館を閉鎖することを検討していると述べたほか、ビザなし渡航や、貿易の停止もあり得るとしている。


クアラルンプールの北朝鮮大使館前で抗議デモ マレーシア与党「主権を侵害」
産経新聞 2/24(金) 9:11配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、23日、クアラルンプール市内の北朝鮮大使館前で、北朝鮮に対する抗議デモが行われた。

 デモを行ったのは、マレーシアの与党連合「国民戦線」の青年組織関係者約30人で、北朝鮮大使館に抗議文を提出した。メディア向けの声明では、北朝鮮がこれまでマレーシア警察の捜査を批判してきたことについて、「主権と法の適用への明らかな侵害があった」と指摘し、両国のビザなし渡航合意の撤回と北朝鮮との外交関係の再検討をマレーシア政府に促した。

 北朝鮮大使館は22日の声明で、マレーシア警察の事件捜査を「(被害者が正男氏であるという)韓国の主張に味方している」などと非難し、逮捕されたインドネシア人とベトナム国籍の女2人、北朝鮮国籍の男1人の計3人の即時釈放を求めている。北朝鮮の朝鮮法律家委員会も22日付で、韓国当局が筋書きを描いた「陰謀」だと韓国とマレーシアを批判した。


逮捕の女、1月にもマレーシアに…打ち合わせか
読売新聞 2/24(金) 8:27配信

 【ハノイ=吉田健一】クアラルンプール国際空港で2月13日に起きた北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏殺害事件で、実行犯の一人として逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が、1月初めにもマレーシアに渡航していたことが23日、北朝鮮消息筋など複数の関係者への取材でわかった。

 事件前の最後のマレーシア渡航で、北朝鮮国籍の容疑者らと打ち合わせをするための渡航だった可能性がある。

 フオン容疑者は1月3日午後、ハノイ発クアラルンプール行きのベトナム航空機に搭乗。2泊して5日夜に同航空機でハノイに戻った。2月4日に再びマレーシアに入国。13日に犯行に及んだとされる。

 フオン容疑者が住んでいたハノイのアパート所有者によると、フオン容疑者はハノイの外国人客が多いバーで店員として勤務。自費で渡航する経済的余裕はなかったとみられる。


金正男氏殺害 親族が一両日中にマレーシア入り 政府高官は外交断絶も示唆
産経新聞 2/24(金) 8:05配信

 【クアラルンプール=岩田智雄、ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、複数の地元メディアによると、同国の警察副長官は23日、正男氏の親族が身元確認のため一両日中にマレーシア入りする予定だと明らかにした。

 またマレーシア政府高官は同日、ロイター通信に姜哲(カン・チョル)駐マレーシア北朝鮮大使を国外退去処分にするか、在北朝鮮マレーシア大使館を閉鎖することを検討していると述べた。マレーシアはすでに駐北朝鮮大使を帰国させている。

 マレーシアのカリド・アブバカル警察長官は同日、記者団に対し、マレーシアが北朝鮮に求めている北朝鮮国籍の4容疑者の引き渡しのため、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に警告を発してもらうよう要請したと述べた。

 一方、北朝鮮の朝鮮法律家委員会は22日付で、韓国当局が筋書きを描いた「陰謀」だと韓国とマレーシアを批判し、関与を否定する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が23日報じた。北朝鮮メディアが事件を伝えたのは初めて。

 死亡した人物については、外交旅券を持つ「共和国(北朝鮮)公民」とだけ言及し、正男氏の名前には触れなかった。合意なしに遺体解剖したマレーシア当局を「主権への露骨な侵害だ」と非難した。

 韓国当局による謀略は北朝鮮のイメージに泥を塗り、朴槿恵(パク・クネ)大統領を延命させる目的があるとも主張した。


朝鮮総連、金正男氏殺害事件に「沈黙」 内部での議論禁止、強制送還以降、関与禁じる
産経新聞 2/24(金) 8:03配信

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の殺害事件に関する議論を内部で禁止していたことが23日、分かった。政府関係者と朝鮮総連関係者が明らかにした。北朝鮮から朝鮮総連に正男氏の殺害に関する公式見解は伝達されておらず、朝鮮総連も静観していた。

 関係者によると、14日の殺害報道後、朝鮮総連幹部や傘下の商工人らが私的会合を開いたが、朝鮮総連内部の公式会議や報告会で殺害は議題になっていない。

 正男氏は複数回、都内などで観光。2001年5月にはシンガポールから成田空港に到着し、偽造旅券で入国しようとして東京入国管理局に身柄を拘束され、強制送還された。正男氏は金正日(キムジョンイル)総書記の長男で後継候補として名前が挙がっていたが、強制送還で正日氏の怒りを買い、レースから脱落したとみられていた。

 北朝鮮当局は正男氏訪日の際、朝鮮総連関係者が接触して案内役などを務めていたことを問題視し、朝鮮総連幹部に「正男氏に関わることを禁ずる」と指示していたことも判明した。

 ただ、北朝鮮の朝鮮中央通信が23日、北朝鮮の朝鮮法律家委員会がマレーシア当局による遺体解剖を「主権の露骨な侵害」と非難した談話を報じたことから、朝鮮総連関係者は「今後、朝鮮総連幹部らが、同様の内容を申し合わせる可能性が高い」と分析している。

 朝鮮総連は産経新聞の取材に対し、「取材は受けない」としている。


正男氏暗殺 総連、事件の議論禁止
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が、金正男氏の殺害事件に関する議論を内部で禁止していたことが23日、分かった。政府関係者と朝鮮総連関係者が明らかにした。

 北朝鮮から朝鮮総連に正男氏の殺害に関する公式見解は伝達されておらず、朝鮮総連も静観していた。

 関係者によると、14日の殺害報道後、朝鮮総連幹部や傘下の商工人らが私的会合を開いたが、朝鮮総連内部の公式会議や報告会で殺害は議題になっていない。

 正男氏は複数回、都内などで観光。2001年5月にはシンガポールから成田空港に到着し、偽造旅券で入国しようとして東京入国管理局に身柄を拘束され、強制送還された。正男氏は金正日総書記の長男で後継候補として名前が挙がっていたが、強制送還で正日氏の怒りを買い、レースから脱落したとみられていた。

 北朝鮮当局は正男氏訪日の際、朝鮮総連関係者が接触して案内役などを務めていたことを問題視し、朝鮮総連幹部に対して「正男氏に関わることを禁ずる」と指示していたことも判明した。

 ただ、北朝鮮の朝鮮中央通信が23日、北朝鮮の朝鮮法律家委員会がマレーシア当局による遺体解剖を「主権の露骨な侵害」と非難した談話を報じたことから、朝鮮総連関係者は「今後、朝鮮総連幹部らが、同様の内容を申し合わせる可能性が高い」と分析している。

 朝鮮総連は産経新聞の取材に対し、「取材は受けない」としている。


正男氏暗殺 捜査阻む不逮捕特権 大使館員、出頭拒否の公算
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察は北朝鮮大使館の2等書記官と北朝鮮国営「高麗航空」職員の男2人を重要参考人として出頭を求めている。応じなければ強制捜査も辞さない構えだが、外交官の不逮捕特権が障害となるため捜査は容易ではなさそうだ。

 出頭を求められているのは、ヒョン・グァンソン2等書記官と高麗航空のキム・ウクイル職員で北朝鮮大使館にいるとみられる。

 外交関係に関するウィーン条約は、外交官の不逮捕特権や大使館の不可侵権を認めている。22日に記者会見した、マレーシアの警察長官は、2人が事情聴取のための出頭要請に応じなければ、強制的に来させると述べたが、北朝鮮がこれを拒否するのは明白だ。

 長官は23日、記者団に2等書記官については外交官なので逮捕状は発行されないものの、航空会社職員は出頭しない場合、法的手続きがとられると述べた。

 一方、北朝鮮大使館ではこの日、職員がメディアに対し、2等書記官が参考人とされたことを「深刻な中傷だ。受け入れられない」と批判し、警察からは正式な出頭要請を受けていないとはねつけた。

 2等書記官は犯行の指導役だったとの報道もあり、大使館でどんな業務についていたかは判然としない。韓国の聯合ニュースは、2等書記官が外交官に偽装した北朝鮮の秘密警察、国家保衛省所属の工作員であるとの疑惑が提起されていると報じている。


正男氏暗殺 東南アジア、離反加速 マレーシア首相「無礼」
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

965
東南アジア各国と北朝鮮(写真:産経新聞)

 【シンガポール=吉村英輝】金正男氏殺害事件は、数少ない北朝鮮の“友好国”東南アジア諸国の北朝鮮離れを加速させそうだ。核・ミサイル開発などで対北経済制裁が続く中、東南アジアは貴重な外貨稼ぎの舞台でもある。外交・経済両面で北朝鮮は大きな代償を強いられそうだ。

 「私たちの国でも起きかねない」

 フィリピンのヤサイ外相は21日、東南アジア諸国連合(ASEAN)非公式外相会議後の会見で加盟国が事件への懸念を共有したと指摘。マレーシア側から「高度な技術の液体による毒物」の使用を打ち明けられたとし、徹底的な捜査を支持した。

 大国の影響を受けてきた歴史を共有し「内政不干渉」を原則とするASEAN加盟各国は、北朝鮮と友好関係にあり国交も結ぶ。日米中などを加えた27カ国・地域の閣僚が一堂に会するASEAN地域フォーラム(ARF)にも毎年、北朝鮮を招待してきた。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版、21日付)は、カンボジアの前国王、シアヌーク殿下が北朝鮮人の護衛を雇っていたことや、ミャンマーが軍政時代に北朝鮮の武器を調達していたことを紹介。近年は「外貨を生み出し友人を勝ち取る試み」として、北朝鮮が東南アジア諸国に接してきたと指摘した。

 マレーシアの対北貿易は2015年の統計で輸出が1700万リンギット(約4億3000万円)、輸入が500万リンギットで、北朝鮮にはパーム油などを輸出している。また、マレーシア・サバ州の炭鉱などで北朝鮮労働者約300人が就労。賃金は北朝鮮政府に搾取されているとみられる。

 一方、シンガポールでは、国内の運送会社がキューバから武器を積んでパナマで拿捕(だほ)された北朝鮮の船に関与していたことが14年に発覚。シンガポールは昨年、北朝鮮へのビザ(査証)免除を打ち切った。

 合法、非合法を問わず、東南アジアで工作活動と経済活動を表裏一体で行ってきた北朝鮮。マレーシアのナジブ首相が、北朝鮮は「外交的に無礼」と不快感を表明。東南アジア諸国との間で亀裂が深まっている。


「北は国際的孤立を深めた」 スフィアン・ジュソー氏
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

 □ケバンサアン・マレーシア大学 マレーシア国際研究所上級研究員

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアの対北朝鮮外交などについて、ケバンサアン・マレーシア大学マレーシア国際研究所のスフィアン・ジュソー上級研究員に聞いた。

 --なぜクアラルンプールで犯行が行われたのか

 「マカオとの間には毎日、直行便がある。北朝鮮国民は入国にビザが不要で、誰でも観光客のふりをして来ることができる。正男氏にも犯行グループにも来やすい場所だ。ここには多くの北朝鮮国民がおり、経済コミュニティーもある。犯行グループの窓口もあったかもしれない」

 --北朝鮮へのビザの免除は続けるべきか

 「北朝鮮との外交関係は続けてよいが、ビザの免除はやめるべきだと思う。これから政府は北朝鮮に十分注意しなければならない」

 --北朝鮮の立場は

 「マレーシアは東南アジアの中で良好な関係を維持してきた国だったのに、事件でそれを失ってしまった。今の友人は中国だけだが、それもいつまで続くかわからない。人々は、北朝鮮からの訪問者の受け入れを再考している。国際的な孤立を深めたといえるだろう」

 --正男氏の死因の特定に時間がかかっている

 「化学部門が調べているので、結果がわかるまで時間がかかることもある。特に今回は重要人物とあって、政府としてはきちんとした確信が必要だ」(クアラルンプール 岩田智雄)


マレーシア、在北朝鮮大使館の閉鎖検討 観光・文化相「ならず者国家」と痛烈批判
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

 【クアラルンプール=岩田智雄、ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア政府高官は23日、ロイター通信に姜哲(カンチョル)駐マレーシア北朝鮮大使を国外退去処分にするか、在北朝鮮マレーシア大使館を閉鎖することを検討していると述べた。

 地元メディアによると、ナズリ観光・文化相は同日、北朝鮮を「ならず者国家」だと痛烈に批判した。

 マレーシアのカリド・アブバカル警察長官は同日、記者団に対し、マレーシアが北朝鮮に求めている北朝鮮国籍の4容疑者の引き渡しのため、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に警告を発してもらうよう要請したと述べた。

 また複数の地元メディアによると、マレーシアの警察副長官は同日、正男氏の親族が身元確認のため一両日中にマレーシア入りする予定だと明らかにした。国営ベルナマ通信は、スブラマニアム保健相が来週までに正男氏の死因を特定したいと述べたと報じた。

 一方、北朝鮮の朝鮮法律家委員会は22日付で、韓国当局が筋書きを描いた「陰謀」だと韓国とマレーシアを批判し、北朝鮮の関与を否定する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が23日報じた。北朝鮮メディアが事件を伝えたのは初めて。

 死亡した人物については、外交旅券を持つ「共和国(北朝鮮)公民」とだけ言及し、正男氏の名前には触れなかった。合意なしに司法解剖したマレーシア当局を「主権への露骨な侵害だ」と非難した。


正男氏暗殺、北朝鮮「韓国の陰謀」と強弁 荒唐無稽な主張を押し通すのはなぜ?
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は23日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏殺害事件を北朝鮮公民の突然死として初めて報じ、北朝鮮が関与したとの見立ては韓国の「陰謀」だと主張した。マレーシア警察が北朝鮮国籍の男らを逮捕・指名手配してもなお一見、荒唐無稽な主張を押し通そうとするのはなぜか。

 「外交旅券を持つ共和国(北朝鮮)公民が突然ショック状態に陥り、搬送途中に死亡した予期せぬ不幸以外の何ものでもない」

 北朝鮮は談話で、こう強弁し、マレーシア当局の遺体解剖を外交官の身体の不可侵を定めた「ウィーン条約」に反すると非難した。

 北朝鮮の主張では、マレーシア外務省は当初、「心臓ショックによる死亡」と認め、遺体を北朝鮮大使館に移し、火葬すると通知した。ザヒド副首相も「手続き終了後、大使館に引き渡す」意向を示していた。

 正男氏は、北朝鮮が発給した「キム・チョル」名義の外交旅券を所持。記載の生年月日も正男氏のものと違っていた。身元確認のために大使館に連絡せざるを得ず、北朝鮮は早急に遺体を引き取って幕引きを図ろうとしていたふしがある。

 だが、事件翌日の14日から韓国メディアが「正男氏毒殺」を報じ始めると状況が一変する。韓国メディアは、韓国の情報当局が提供した正男氏の指紋や入れ墨など身体情報が身元特定の決め手となったと伝えた。

 北朝鮮は「マレーシア側の不当な行為は、南朝鮮(韓国)当局の反共和国謀略と時を同じくしている」とし、韓国の報道後、マレーシアの「秘密警察」が介入したと強調した。

 北朝鮮は、実行犯が逮捕された1987年の大韓航空機爆破テロもいまだ「韓国の自作自演だ」と主張。韓国内でもこの主張をうのみにする親北勢力が存在する。83年のラングーン(現ヤンゴン)爆弾テロでは、実行犯が拘束された後、金正日(ジョンイル)総書記は「なぜ捕まったのだ。土に潜るか、空に消えるはずではなかったのか」と激怒したという。

 金委員長が北朝鮮国籍の男らが逮捕・指名手配された今回の事件に同様の反応を示しても不思議ではない。金日成(イルソン)主席の直系の兄を「暗殺した」とする内容が北朝鮮内外に知れ渡る事態は、金委員長の「最高尊厳」を傷つけることを意味し、北朝鮮がマレーシア警察への協力はおろか、韓国陰謀説を取り下げることは今後もないとみられる。


化学兵器大国の北朝鮮 新種の毒使用か?マレーシアに強硬姿勢
スポニチアネックス 2/24(金) 7:01配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害事件を巡って23日、同国のメディアが初めて事件を報じた。マレーシア側の捜査を「全てが不備と矛盾だらけ」と批判。正男氏の名前には触れていない。一方、毒殺との見方に激しく抵抗。北朝鮮の生物化学兵器(BC兵器)は世界有数のレベルにあり、“新種の毒”を事件に使い、死因や証拠が特定されないとの自信から、強硬姿勢に出た可能性も指摘されている。

 朝鮮中央通信が伝えたのは、北朝鮮の朝鮮法律家委員会が22日付で発表した談話で、自国が正男氏暗殺事件に関与したとの見方を否定するものだった。「南朝鮮が(事件の)台本をあらかじめ作っていた」「陰謀策動だ」と韓国を激しく非難。マレーシア警察に対しても「共和国(北朝鮮)国民が背後で操っているとミスリードしている」とし、根拠もなしに「毒殺」に固執していると主張。「(実行犯の)女が死なずに、対象だけが死ぬ毒薬など、どこにあるのか」と責めた。

 強気の談話の背景に「北朝鮮が“新種の毒物”を作り出したのではないか」との見立てがある。

 今回使われた毒物は、即効性の強い神経ガスVXが、最も可能性が高いとみられてきた。だがマレーシア警察は22日、実行犯の女2人が、素手で液体の毒物を正男氏の顔に塗ったとの見方を示した。

 司法解剖が終わっても今なお毒物は特定されていない。これに関し、コリア・リポートの辺真一編集長は「北朝鮮は生物化学兵器の開発に力を入れている。“素手で塗った”など一連のマレーシアの発表が正しければ、新種の毒物を作り出したのかもしれない」と指摘。毒性が高いが洗い流せば被害がなく、体内で短時間で分解されるなど、証拠が残りにくい特性を持つ毒なら、特定も難しくなる。辺氏は「そんな毒を本当に作ったら、(談話でマレーシア、韓国を責める)強硬な姿勢に出る可能性もあるでしょう」とした。

 核兵器ばかりが話題になるが、実は北朝鮮は世界有数の“生物化学兵器大国”。通常兵器に比べて費用対効果が高いため、経済力の低い北朝鮮は90年代から開発に力を注いできた。韓国軍関係者によると「北は40種近い生物兵器用の病原体と、化学薬剤を保有している」。炭疽(たんそ)菌、腸チフス、天然痘、ボツリヌスなどと言われている。化学兵器の保有量は「米国とロシアに次ぐ世界3位」とされる。

 韓国の拉致被害者でつくる「拉北者家族会」は23日、北朝鮮人民軍第810軍部隊の傘下研究所に2014年12月、正男氏殺害の指示が出ていたとの情報を明らかにした。この研究所は平壌にある「生物技術研究院」で、「製造責任」と称する幹部の地位に、逮捕されたリ・ジョンチョル容疑者=写真、マレーシア警察提供・共同=と同名の人物がいるという。2人が同一人物なら、正男氏暗殺のため新種の毒物を持ち込んだのか。マレーシア当局の捜査に注目が集まる。


金正男暗殺 北朝鮮が発したであろう2つのメッセージ
NEWS ポストセブン 2/24(金) 7:00配信

 金正恩が北朝鮮の最高指導者となってから7年、金正男はなぜ今になって暗殺されたのか。この時期の暗殺には、別の大きな意図もあったのではないかと、元公安調査庁調査第二部部長の菅沼光弘氏は推察する。

「アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮を押さえろと中国に圧力をかけている。果たして中国はどう出るか。北朝鮮としてはこのタイミングで、2つのメッセージを発した。

 一つは、2月12日に新型の中距離ミサイル『北極星2型』を発射したこと。これは中国の北京が射程に入るミサイルです。もう一つのメッセージが、中国がいざというときのカードとして保護してきた金正男の暗殺。『中国の言うとおりにはならない』という脅しではないでしょうか」

 北朝鮮事情に詳しいジャーナリストの李策氏は、別の狙いを指摘する。

「20年前に李韓永(金正日の甥)が暗殺されたのは、朝鮮労働党書記だった黄長燁が中国で韓国大使館に駆け込み亡命を申請した直後でした。暗殺は、黄長燁に対する牽制でもあったのです。

 昨年来、在英大使館公使の太永浩をはじめエリートたちの脱北が相次いでおり、亡命政府の設立が取り沙汰されている。このタイミングの暗殺は、彼らに対する牽制にもなっているはずです」

 金正男と李韓永は、母同士が姉妹で同居していた時期もあったため、仲が良かった。李韓永が金正男に関して語っていたエピソードが、あまりにも示唆的だ。

「まだ正男が5歳の頃、官邸の庭を金正日指導者と散歩してたんです。そのとき池の中でアヒルがギャーギャー鳴いてたんですが、正男は父親にアヒルの鳴き声が嫌いだと言ったんです。そしたら金正日指導者がいきなりピストルを抜いてアヒルを撃ち殺した。そして正男にこう言ったんです。“嫌な奴はこういうふうに始末するんだ”と」(落合信彦氏による『SAPIO』でのインタビューより。1996年6月)

 父の教えを引き継いだのは、弟のほうだった。

※週刊ポスト2017年3月3日号


金正男との交流は公開すべきだったか? 「朝日」「東京」の大きな違い
文春オンライン 2/24(金) 7:00配信

 先週「金正男が殺害された」というニュースが飛び込んできた。どうやら毒殺、しかも女性二人組が絡むという展開に、スポーツ新聞も「1面」で反応した。

「毒液 ミニスカ暗殺嬢」ときたのは日刊スポーツ(2月16日)。

 ミ、ミニスカ暗殺嬢! 

 東スポは「暗殺裏に『美女部隊』」(2月15日付)、タブロイド紙では日刊ゲンダイが「女殺し屋 私生活」(2月17日付)。

 劇的な描写はスポーツ紙・タブロイド紙の十八番である。ところがこの事件は元ネタ自体が刺激的すぎてスポーツ紙の大仰さをまだまだ上回るのである。北朝鮮系ニュースの大きな特徴だ。

 それでいくと、私は北朝鮮そのものより北朝鮮ウオッチャーに興味があるのです。

 この時代に情報公開をしない秘密の国がお隣にある。そんな国に果敢に挑む人々。ド派手なガセネタをつかまされることもあるだろう。苦労もあるだろう。

 だが北朝鮮ウオッチャーたちはくじけない。ある種の冒険家であり、彼らの記す北朝鮮本はワクワクと半信半疑が一体となった「冒険記」と考え、私はありがたく読んでいる。

「新橋駅前鉄橋の下のおでん屋が思い出される季節です。」
 今回まず読みなおしたのが『父・金正日と私 金正男独占告白』(五味洋治・2012年刊、現在は文春文庫)。

 これは東京新聞の五味記者が書いたものだが、虚実入り乱れる北朝鮮「冒険記」ではないという意味において衝撃の一冊だった。何しろ金正男本人がいろいろ質問に答えてくれたのだから。インタビュー7時間とメール150通の内容が収められている。

 この本を読むと金正男は、

「世襲はもの笑いの対象になる」

「国民の生活をよくするためには改革・開放が最善」

「中国をモデルとするべき」

「軍の権力が大きくなりすぎた」

 と北朝鮮に批判的だった。

 もちろん、五味氏と頻繁にメールをやりだした時期は弟(金正恩)が後継者に指名された以降だと考えると、モヤモヤした気持ちや暴露的な欲望もあったのだろう。後継者になれなかった自分を少しでもカッコよく見せたかったのかもしれない。

 しかし金正男は自由社会の価値観を理解し、海外の新聞記者とふつうに話ができることがわかった。それだけでも凄いスクープだった。

 思わずほ~となる事実の告白もある。

「高倉健、真田広之の映画をよく見ました」とインタビューで述べている。父親の金正日が日本映画好きだったのは有名だから、その影響だろう。

 それにしても金正男は真田広之のどの作品がお気に入りなのだろう。「柳生一族の陰謀」か、「戦国自衛隊」「魔界転生」か、それとも「翔んだカップル」か。

 あと印象深いのは、金正男は寒い時候の挨拶に 「新橋駅前鉄橋の下のおでん屋が思い出される季節です。」 と書いていた。おい、東京ディズニーランド以外に何度も日本に来てるじゃないか! (本人曰く5回。)

 私がこの「おでん大好き金正男」エピソードをツイッターで紹介したら、瞬く間に拡散された。今回の事件で多くの人が金正男の素顔に関心を持っていたのだ。

 しかしそれと同時に「(金正男が北朝鮮を批判する)この本を出したせいで殺された」的な反応もあった。

金正男との交流を公開した東京新聞、公開しなかった朝日新聞
 実際に、朝日新聞の峯村健司記者の「対応」は東京新聞の五味氏と逆だった。

 峯村氏も金正男と交流があったことを2月15日の夕刊に書いていた。「話題は北朝鮮の政治だけではなく、経済や環境問題まで幅広かった」「おちゃめな一面もあった」「博識と客観的な視野には驚かされた」などのエピソードを紹介したあとで、

《こうしたやりとりについて、これまで正男氏の身の安全を考慮して、公開することは控えてきた。》

 と記している。

 公開するか、黙っておくか。ジャーナリストでもそれぞれ見解が異なる。

 東京新聞の五味氏は、17日におこなわれた外国特派員協会での会見で、

《この発言を報道したり本にしたことで彼が暗殺されたと皆さまがお考えなら、むしろこういう発言で1人の人間を抹殺するという、そちらの方法に焦点が当てられるべきでしょう。》(THE PAGE 会見全文より)

 と述べている。

 私もこの考えに近い。

 さらに言うと、我々世間一般は五味氏と金正男のメールのやりとりのおかげで北朝鮮の現状や、内部にも憂う人間がいることを詳しく知ることができたのだ。

 しかも「粛清」されたのは今回の金正男だけではない。この数年間に金正恩は数多の幹部を殺している。その延長線上に今回もあるとすれば、この本で公開された情報はますます公益であり有益であると思うのだが……。

 皆さんはどう思いますか?


「ならず者国家」と非難=北朝鮮は予測不能―マレーシア観光相
時事通信 2/24(金) 0:24配信

 【クアラルンプール時事】マレーシア紙スター(電子版)によると、ナズリ観光相は23日、金正男氏殺害をめぐりマレーシア政府への批判を強める北朝鮮を「ならず者国家」と呼んで非難した。

 観光相は、北朝鮮が正男氏の遺体引き渡しや共同捜査を要求していることなどに関連し、「ここは北朝鮮ではなくマレーシアだ。われわれには自分たちの法律がある」と述べ、拒否する姿勢を強調。「北朝鮮は何をするか予測できない。国民には北朝鮮渡航は薦められない」と語った。

 北朝鮮国民はマレーシアへのビザなし渡航が可能だが、両国の対立激化を受けてマレーシアでは見直しを求める声もある。観光相はこれについて、「そもそも北朝鮮国民は出国が許されていない」と見直す必要はないとの考えを示した。


大使追放、断交も検討か=北朝鮮に反発―マレーシア
時事通信 2/23(木) 21:58配信

 【クアラルンプール時事】ロイター通信は23日、マレーシア政府高官の話として、金正男氏殺害事件を受け、マレーシア政府が北朝鮮大使の追放や断交を検討していると報じた。

 それによると、マレーシア政府は事件捜査をめぐる北朝鮮からの批判に反発。北朝鮮の康哲駐マレーシア大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外追放することのほか、平壌にあるマレーシア大使館の閉鎖、ビザなし渡航の取りやめが選択肢として検討されている。

 北朝鮮からの批判がやまない場合には、すべての外交・通商の断絶もあり得るという。


マレーシア、北大使の国外退去を検討…ロイター
読売新聞 2/23(木) 21:00配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎】北朝鮮の金正男氏殺害事件に絡み、ロイター通信は23日、マレーシア政府が北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使の国外退去処分を検討していると報じた。

 当局者は、北朝鮮による批判が止まらなければ、国交断絶もありうるとしている。

 マレーシア政府当局者によると、大使が公表した声明でマレーシア政府を「信用できない」と批判したことを問題視。対抗措置として、大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と認定し、国外退去とすることや、在北朝鮮のマレーシア大使館の閉鎖や北朝鮮国民によるビザなし訪問停止などを検討しているという。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、事件を初めて報じ、マレーシアを痛烈に批判。「マレーシア警察が客観性と公正さを欠き、意図的に事件の容疑を我々にかけようとしている」とする朝鮮法律家委員会報道官の談話を伝えた。

北海道・室蘭本線で貨物列車の機関車脱線

23日午前4時ごろ、北海道のJR室蘭線・洞爺-有珠駅間で、隅田川貨物駅発札幌貨物ターミナル行きの貨物列車(19両編成、運転士1人)の先頭機関車が脱線した。運転士にけがはなかった。

JR北海道によると、運転士が洞爺駅を発車後、車両に異常を感じ、停車して調べたところ、先頭機関車後部の車輪2軸(1ボギー)が脱線していた。この影響で室蘭線は伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせている。運転再開には大幅に時間を要する見込み。

リンク:<室蘭線脱線>「安定した運行しないと困る」…利用客 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<室蘭線脱線>12キロ前、台車部品落下…1日半ぶり復旧 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:室蘭本線で貨物列車脱線 運転再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JR貨物脱線、2・5キロ前からレール破損 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<JR室蘭線>貨物列車の脱線、運転士が異音気付く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JR室蘭線で脱線 特急など運休 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<室蘭線脱線>特急など44本運休「運転再開には時間」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JR貨物の列車脱線=特急運休、けが人なし―北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<JR室蘭線>伊達紋別-長万部で運転見合わせ 再開に時間 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:貨物列車の先頭車両脱線、特急など運休…北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<JR室蘭線>貨物列車が脱線 けが人なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:室蘭本線で貨物列車脱線 一部区間で終日運転見合わせ(23日10時半現在) - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<室蘭線脱線>「安定した運行しないと困る」…利用客
毎日新聞 2/24(金) 22:06配信

 貨物列車が脱線したJR室蘭線は、特急「北斗・スーパー北斗」が通常は1日12往復運行されるなど札幌と函館を結ぶ大動脈の一部。24日夕に1日半ぶりに復旧し、利用客はほっとした表情を浮かべた。

 JR函館駅ではこの日、駅員たちが改札の前で一部料金の払い戻しや特急運行の案内をしていたが、大きな混乱はなかった。

 運転再開を待っていた函館市の会社員、関村匠さん(23)は「JRはよく利用するので安定した運行をしてもらわないと困る」と話し、函館を午後6時前に出発する臨時特急で札幌に向かう手続きをしていた。【遠藤修平】


<室蘭線脱線>12キロ前、台車部品落下…1日半ぶり復旧
毎日新聞 2/24(金) 22:06配信

167
脱線した貨物列車=北海道洞爺湖町で2017年2月23日、横尾誠治撮影

 北海道洞爺湖(とうやこ)町のJR室蘭線で貨物列車が脱線した事故で、JR貨物道支社は24日、現場から函館方向に約12.6キロ離れた地点で、脱線した機関車の車体と台車を固定するボルトなどの部品を発見したと発表した。台車の破損が確認されており、国の運輸安全委員会の鉄道事故調査官が落下部品と事故原因との関連を調べている。JR北海道は現場付近の復旧を終え、不通だった長和-長万部間の運転を24日夕、再開した。【野原寛史、横尾誠治】

 JR貨物によると、発見された部品は「六角ボルト」や「回り止め」など4種類。事故当日の23日午後4時半ごろ、大岸-豊浦間の線路上に約20メートルにわたって落ちていたのを社員が見つけた。24日、脱線した機関車の部品と確認された。

 これらの部品には、車体と台車をつなぐ役割がある。脱線した機関車では台車の「Z型けん引リンク」と呼ばれる部分の一部が垂れ下がったままとなっており、脱線現場の手前で約2・4キロにわたりレールや踏切の敷板、枕木などが損傷していた。JR北海道による昨年12月の検査ではレール幅は基準以内で、事故前日の目視点検でも異常はなかった。

 このため鉄道事故調査官が今後、台車からの部品の脱落と脱線の関連を調べる方針。

 鉄道事故調査官3人は24日、脱線した機関車や現場付近のレールの損傷具合を詳しく調べたほか、貨物列車の男性運転士らから聞き取りを実施した。機関車は札幌市内の施設に移されており、25日も調査が続く見通し。

 現場では、復旧に向けて23日夜から枕木交換などの作業が続き、24日午後5時過ぎに運行を再開。午後6時半ごろに札幌発函館行きの臨時特急列車が通過した。25日は始発から通常通りの運行となる予定。

 貨物列車の脱線を巡っては、2012年4月にJR江差線(当時)であった事故でも、車両のブレーキの部品が落ちていた。


室蘭本線で貨物列車脱線 運転再開
レスキューナウニュース 2/24(金) 17:00配信

昨日、洞爺~有珠駅間で発生した貨物列車脱線事故の影響で、室蘭本線は長万部~長和駅間の運転を見合わせていましたが、特急列車・普通列車ともに運転を再開しました。なお、明日25日は始発から平常通り運行する予定です。

■2012年以降、JR北海道での脱線事故による運転見合わせの配信事例(★は貨物列車)
2012年2月16日★石勝線・東追分駅構内
2012年2月29日 函館本線・八雲駅構内
2012年3月 7日 留萌本線・箸別~増毛駅間
2012年4月26日★江差線(津軽海峡線)・泉沢~釜谷駅間
2012年9月11日★江差線(津軽海峡線)・泉沢~釜谷駅間
2013年8月17日★函館本線・山越~八雲駅間
2013年9月19日★函館本線・大沼駅構内
2014年6月22日★江差線(津軽海峡線)・札苅駅構内
2015年5月29日★根室本線・新富士駅構内


JR貨物脱線、2・5キロ前からレール破損
読売新聞 2/24(金) 12:53配信

 JR室蘭線で23日未明に起きた貨物列車の脱線事故では、現場の約2・5キロ手前から、レールなどの鉄道設備が破損していた。

 国の運輸安全委員会は現地調査を開始。JR北海道本社(札幌市)でも2回にわたって緊急の記者会見が開かれるなど、緊迫した雰囲気に包まれた。

 ■枕木175本損傷

 「列車事故を起こさないため様々な対応をしてきたが、このような事故が起き大変申し訳ない。原因を究明し、しっかり対応したい」。同日午後6時からJR北本社で始まった記者会見。西野史尚副社長は苦渋の表情で深々と頭を下げた。

 西野副社長によると、最初に傷が見つかったのは、貨物列車の先頭から約2・5キロ離れた地点の部品だった。ここから現場に向かって約50メートル進んだ踏切付近では、左のレールに縦5ミリ、横1センチ、深さ1ミリの傷が確認された。この辺りを通過した際、運転士は異音を聞いた。同様の傷は2・4メートル間隔で現場まで続いていた。


<JR室蘭線>貨物列車の脱線、運転士が異音気付く
毎日新聞 2/23(木) 22:01配信

164
脱線した1両目の車体を中心に調査する鉄道事故調査官ら=北海道洞爺湖町で2017年2月23日午後1時40分ごろ、横尾誠治撮影

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺(とうや)湖町のJR室蘭線北入江信号場構内で、隅田川駅(東京都)発札幌貨物ターミナル行きの貨物列車(19両編成)が脱線した。現場は室蘭線洞爺-有珠間の左カーブで、状況から停止位置の約2.4キロ手前で脱線していた可能性もある。同路線は本州と道内各地を結ぶ貨物輸送の大動脈で、国の運輸安全委員会が事故原因の調査を始めた。

 JR北海道によると、洞爺駅を出発後間もなく、50代の男性運転士が異音を感じた。しばらく走行したものの、断続的に異音がするため停車・確認したところ、2両連結の機関車の先頭車両の車輪6軸のうち、後方2軸の車輪が数十センチ脱線していた。運転士にけがはなかった。

 停止位置の約2.4キロ手前からはレールに2.4メートルの間隔で傷(直径約1センチ)があり、踏切4カ所の敷板やレール、枕木175本、自動列車停止装置(ATS)関連機器が損傷していた。このため、約2.4キロ手前から脱線し、車輪がぶつかって損傷した可能性もあるという。

 JR貨物北海道支社によると、脱線した機関車の台車には破損やゆがみがあり、一部の部品は外れかけていた。同社は脱線の前から破損やゆがみがあった可能性もあるとみて、脱線との因果関係を調べている。

 現場付近は昨年12月2日、検測車でレール幅を検査。今月15日と脱線前日の22日に社員が目視点検し、いずれも異常は確認されなかった。脱線の9~42分前に通過した上下貨物列車は異常がなく、脱線当時の線路上に積雪や着氷、人為的ないたずらと見られる痕跡もなかったという。

 この事故で、室蘭線はこの日、長和-長万部駅間の上下線で終日運転を見合わせ、札幌と函館を結ぶスーパー北斗など特急24本を含む計44本が運休した。JR北は伊達紋別-長万部間で代行バスを運行して対応した。先頭車両は運輸安全委の調査後に撤去するため、24日も運休が続く見通し。

 線路を管理するJR北の西野史尚副社長は記者会見し、「大変なご心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわびしたい」と謝罪した。【野原寛史】

 ◇JR北海道管内の最近の主な事故◇

2011年 5月 占冠村の石勝線第1ニニウトンネルで、特急スーパーおおぞらが脱線・炎上し、79人が負傷

  12年 4月 木古内町の江差線で貨物列車の一部が脱線。脱線後約1.8キロ走行し、線路に戻る

      9月 木古内町の江差線で貨物列車の一部が脱線

  13年 7月 八雲町の函館線で走行中の特急北斗から出火し、緊急停止。けが人はなし

      9月 七飯町の函館線大沼駅構内で貨物列車の貨車4両が脱線。その後、レール幅の異常放置や検査記録改ざんが発覚し、事件に発展

  14年 6月 木古内町の江差線で貨物列車が脱線

  15年 4月 青函トンネルを走行中の特急スーパー白鳥から煙が上がり、緊急停車。乗客124人が5時間以上かけて地上に避難

     12月 旭川市の函館線嵐山トンネルで火災が発生し、架線などが焼けた

  16年 4月 青函トンネルを走行中の北海道新幹線が緊急停止。線路内に金属片が落下したのが原因


JR室蘭線で脱線 特急など運休
ホウドウキョク 2/23(木) 15:19配信

貨物列車が脱線し、特急列車など44本が運休するなど、影響が広がっている。
貨物列車が脱線したのは、北海道のJR室蘭線で、洞爺駅から有珠駅の間。
23日午前4時ごろ、札幌方面に向かっていた貨物列車の運転士が、異音がしたため、停車して点検したところ、先頭車両の機関車の車輪が、進行方向の右側に、数十cm脱線していた。
けが人はいなかった。
現場で、枕木が破損しているのが見つかったが、脱線の原因はわかっていない。
また、この影響で、特急列車など44本が運休した。
運輸安全委員会の調査官も道内入りし、調査にあたる方針。

北海道文化放送/FNN


<室蘭線脱線>特急など44本運休「運転再開には時間」
毎日新聞 2/23(木) 13:38配信

162
先頭の機関車後部が脱輪して立ち往生した貨物列車=北海道洞爺湖町で

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖(とうやこ)町のJR室蘭線洞爺-有珠間の北入江信号場構内で、隅田川(東京都)発札幌貨物ターミナル(札幌市)行き貨物列車(19両編成)先頭の機関車が脱線した。乗員は運転士1人で、けがはなかった。国の運輸安全委員会は鉄道事故調査官を派遣し事故原因を調べる。

 JR北海道などによると、現場は緩やかな左カーブ。運転士が洞爺駅を出て間もなく異音を感じ、しばらくそのまま走ったが異音が続くため停車した。脱線したのは2両連結した機関車の前方車両で、車輪6軸のうち後方2軸の車輪が線路右側に数十センチずれていた。停車地点の手前約2キロの区間で踏切の敷板などに損傷が見つかり、脱線した車輪が当たった可能性がある。

 現場付近は昨年11月30日に検測車でレール幅を検査し、脱線前日には目視で点検したが、いずれも異常は確認されなかった。

 事故の影響でJR室蘭線は、伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせた。23日午前10時時点で、札幌と函館を結ぶ特急スーパー北斗など44本の運休が決まり、JR北は「運転再開には時間を要する」としている。同線は、本州と道内各地を結ぶ貨物輸送の大動脈。

 JR北では、脱線事故が相次いでいる。2011年5月、占冠(しむかっぷ)村の石勝線で特急スーパーおおぞら(6両編成)が脱線してトンネル内で炎上し79人が負傷した。

 13年9月には、七飯(ななえ)町の函館線大沼駅構内で18両編成の貨物列車の6~9両目が脱線。同社の保線職員が基準値を上回るレールの異常を放置していたことや、レール検査データの改ざんが全社規模で常態化していたことが発覚した。【横尾誠治、三沢邦彦、野原寛史】


JR貨物の列車脱線=特急運休、けが人なし―北海道
時事通信 2/23(木) 12:40配信

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖町のJR室蘭線で、洞爺―有珠間を走行中のJR貨物の貨物列車(19両編成)の先頭車両が脱線した、と運転士からJR北海道の指令センターに連絡があった。

 けが人はなかった。

 この事故でJR室蘭線の長和―長万部間が上下線とも運転を見合わせ、札幌と函館を結ぶ特急列車24本を終日運休とした。運輸安全委員会が事故調査官3人を派遣し原因を調べている。

 JR貨物によると、運転士は現場から約2キロ手前の地点で異音を感知。音はいったん消えたが、再び聞こえたため停止し目視したところ、先頭の機関車後部にある四つの車輪が進行方向右側に30~50センチ外れていた。


<JR室蘭線>伊達紋別-長万部で運転見合わせ 再開に時間
毎日新聞 2/23(木) 7:41配信

162
先頭の機関車後部が脱輪して立ち往生した貨物列車=北海道洞爺湖町で

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖町のJR室蘭線の洞爺-有珠間で、隅田川(東京都)発札幌貨物ターミナル(札幌市)貨物列車(19両編成)先頭の機関車が脱線した。乗員は運転士1人で、けがはなかった。

 JR北海道によると、現場は北入江信号所付近。運転士が洞爺駅を発車後、車両に異常を感じて停車し確認したところ、機関車の車輪が進行方向の右側に十数センチ脱線していたという。

 この影響でJR室蘭線は、伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせている。同日午前7時半時点で、札幌と函館を結ぶ特急スーパー北斗など特急を中心に30本の運休が決まり、同社は「運転再開には大幅に時間を要する」と見ている。【三沢邦彦】


貨物列車の先頭車両脱線、特急など運休…北海道
読売新聞 2/23(木) 7:12配信

161
脱線した貨物列車(23日午前、北海道洞爺湖町で)=清水健司撮影

 23日午前4時頃、JR室蘭線の洞爺駅(北海道洞爺湖町)―有珠駅(同伊達市)間を走行中の貨物列車(19両編成)の運転士から、JR北海道の指令センターに「機関車が脱線した」と連絡があった。

 けが人はいなかった。国の運輸安全委員会は、鉄道事故調査官3人を現地に派遣し、調査を始めた。

 JR北によると、先頭の機関車の後部にある車輪二つが進行方向の右側に脱線した。事故の影響で、室蘭線は長和―長万部(おしゃまんべ)間で運転を見合わせたほか、札幌―函館間の特急「スーパー北斗」など40本以上が運休した。


<JR室蘭線>貨物列車が脱線 けが人なし
毎日新聞 2/23(木) 6:26配信

160
脱輪した先頭機関車の後部付近を調べるJR関係者=北海道洞爺湖町で

 23日午前4時ごろ、JR室蘭線の洞爺-有珠駅間で、隅田川(東京都)発札幌貨物ターミナル(札幌市)の貨物列車(19両編成、運転士1人)の先頭車両が脱線した。運転士にけがはなかった。

 JR北海道によると、運転士が洞爺駅を発車後、車両に異常を感じ、停車して調べたところ、先頭機関車部分の車輪が脱線していたという。この影響で室蘭線は伊達紋別-長万部駅間の上下線で運転を見合わせている。JR北によると、「運転再開には大幅に時間を要する」としている。【三沢邦彦】


室蘭本線で貨物列車脱線 一部区間で終日運転見合わせ(23日10時半現在)
レスキューナウニュース 2/23(木) 6:00配信

洞爺~有珠駅間で発生した貨物列車脱線事故の影響で、室蘭本線は終日、長万部~長和駅間の運転を見合わせます。
この影響で、函館~新函館北斗~札幌駅を結ぶ、特急スーパー北斗号・北斗号は全列車が運休となります。

■2012年以降、JR北海道での脱線事故による運転見合わせの配信事例

2012年2月16日 石勝線 貨物列車脱線事故 東追分駅構内
2012年2月29日 函館本線 脱線事故 八雲駅構内
2012年3月7日 留萌本線 脱線事故 箸別~増毛駅間
2012年4月26日 江差線(津軽海峡線) 貨物列車脱線事故 泉沢~釜谷駅間
2012年9月11日 江差線(津軽海峡線) 貨物列車脱線事故 泉沢~釜谷駅間
2013年8月17日 函館本線 貨物列車脱線事故 山越~八雲駅間
2013年9月19日 函館本線 貨物列車脱線事故 大沼駅構内
2014年6月22日 江差線(津軽海峡線) 貨物列車脱線事故 札苅駅構内
2015年5月29日 根室本線 貨物列車脱線事故 新富士駅構内

皇太子殿下、今日23日、57歳のお誕生日をお迎え

皇太子殿下が今日23日、57歳のお誕生日をお迎えになられた。

皇太子殿下は今回のお誕生日に先立ち、21日に記者会見を行なわれ、天皇陛下が昨年8月に譲位の意向を表明されたことについて、心を揺さぶられたとした上で、お言葉を「常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と述べられた。

リンク:皇太子さま57歳 陛下の譲位ご意向「心揺さぶられました」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇太子さま57歳 「国民に寄り添う」天皇像継承のご決意にじませ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇太子さま、57歳の誕生日 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:陛下への思い切々と=お言葉「模索と熟慮の結果」―皇太子さま誕生日会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:陛下のお言葉「心揺さぶられた」=皇太子さま57歳に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:退位お言葉、心揺さぶられた…皇太子さま57歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇太子さま会見>雅子さまの「活動の幅広がる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇太子さま>「国民を思い、祈る」中世・後奈良天皇に触れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇太子さま>次の天皇、にじむ覚悟 表情引き締め丁寧に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇太子さま>57歳 おことば「重く受け止めます」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

皇太子さま57歳 陛下の譲位ご意向「心揺さぶられました」
産経新聞 2/23(木) 7:55配信

671
57歳の誕生日を前に、記者会見に臨まれる皇太子さま=21日、東京・元赤坂の東宮御所(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、東京・元赤坂の東宮御所で記者会見に臨み、天皇陛下が昨年8月に譲位の意向を表明されたことについて、心を揺さぶられたとした上で、お言葉を「常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と述べられた。皇位継承順位第1位の皇太子さまが、陛下の譲位に関するお言葉について公式に感想を述べられたのは初めて。

 皇太子さまは昨年8月の陛下のお言葉を、公務を終えた名古屋市の名古屋駅で「厳粛な思い」で聞かれたという。譲位の意向については、折に触れて陛下から直接聞いたり、陛下の姿やお話しぶりから推し量ることがあったとご説明。陛下が象徴天皇としての務めを果たす過程で「模索と熟慮の結果を踏まえ」られたとの認識を示された。

 「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」と案じた陛下のお言葉には「とても心を揺さぶられました」とし、譲位の意向表明に至った背景については「十分お察し申し上げている」と述べられた。また「今後私自身が活動していくのに当たって、常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」との意向を示された。

 天皇、皇后両陛下の今後についても言及し、「御自身のためにお使いになる時間をもう少しお取りになれるとよろしいのではないかと思っています」と気遣われた。


皇太子さま57歳 「国民に寄り添う」天皇像継承のご決意にじませ
産経新聞 2/23(木) 7:55配信

 皇太子さまは57歳の誕生日を前にした記者会見で、慎重に言葉を選びながらも自らの「象徴天皇像」に触れ「祈り」「国民に常に寄り添う」天皇を継承する決意をにじませられた。過去の天皇に思いをはせながら、国民とともに歩まれてきた天皇陛下に倣う姿勢を示された形だ。皇太子さまは象徴天皇の在り方に関する質問に対し、16世紀の第105代、後奈良天皇を例示された。昨年8月、後奈良天皇が疫病に苦しむ人々を案じ、神社などに奉納するために書いた写経を見て、「徳を行き渡らせることができず、心を痛めている」との思いが添え書きされていることに気づかれたという。

 皇太子さまは、被災地訪問などで感じた「直接国民と接することの大切さ」について、「都を離れることがかなわなかった過去の天皇も(同じ考えを)強くお持ちでいらっしゃった」と推測された。天皇陛下が過去に述べられた、国民と苦楽を共にし、国民の幸せを願うことの必要性にも言及された。その上で皇太子さまは、象徴天皇の活動として「国民を思い、国民のために祈る」ことを挙げ「国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、共に悲しむ、ということを続けていきたい」と結ばれた。これは、陛下が昨年8月のお言葉で「天皇の務め」として述べられた内容とほぼ重なる。象徴天皇の理想を、陛下をはじめとする歴代天皇に見いだされようとしていることがうかがえる。


皇太子さま、57歳の誕生日
ホウドウキョク 2/23(木) 7:37配信

670
(写真:ホウドウキョク)

皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎えられた。事前に行われた記者会見で、皇太子さまは、天皇陛下のお気持ち表明について、「とても心を揺さぶられました」と心境を明かされた。
皇太子さまは「(陛下が)『全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか』と御案じになられていることに、とても心を揺さぶられました」と述べられた。
皇太子さまは、2016年8月、退位の思いがにじんだ陛下のビデオメッセージを、「厳粛な思いで伺いました」と振り返ったうえで、次の皇位継承者として、「真摯(しんし)に重く受け止め、常に心にとどめつつ務めに取り組んで参りたい」と述べられた。
陛下のお気持ち表明後、皇太子さまが感想を述べられるのは、これが初めて。
象徴天皇のあり方については、両陛下のように「国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、共に悲しむということを続けていきたい」との考えを示された。
また、中学校卒業を控えた長女・愛子さまの体調については、「今は普段通り、学校生活に戻っております」と説明し、雅子さまと共にご一家で臨む行事も増え、「私たち家族としては、活動の幅を広げることができた1年ではなかったか」と振り返られた。


陛下への思い切々と=お言葉「模索と熟慮の結果」―皇太子さま誕生日会見
時事通信 2/23(木) 5:05配信

669
雅子さま、愛子さまと過ごされる皇太子さま=12日午後、東宮御所(宮内庁提供)

 57歳の誕生日を前に、記者会見に臨まれた皇太子さま。

 次の天皇として、退位の意向をにじませた天皇陛下に対する思いや、自身が描く象徴天皇像を、準備した原稿に時折目を落としながら、切々と口にした。

 「(天皇、皇后)両陛下が一つ一つの行事を大切に思われ、真摯(しんし)に取り組まれるお姿を間近に拝見してまいりました」。4歳だった1964年の東京五輪をはじめ、ボーイスカウトの大会や高校総体、冬季国体などの行事に、両陛下と一緒に出席したことを回顧。「陛下はご即位以来、長年象徴天皇として、そのあるべき姿について真摯に模索してこられた。今回のお考えは、そうした模索と熟慮の結果を踏まえ、おまとめになられたものであろう」と推し量った。

 退位に関する陛下の考えをいつどのような形で聞いたのかは「折に触れて」などとして明言しなかった。両陛下の今後について「ご自身のためにお使いになる時間をもう少しお取りになれるとよろしいのではないか」と気遣い、「お仕事の一つ一つを心から大切にしてこられた陛下のお気持ちを十分踏まえ、私をはじめ、皇族が適切に役割を担っていくことが重要」と、公務の引き継ぎや分担に言及した。

 陛下のビデオメッセージ公表前日の昨年8月7日、愛知県西尾市で戦国時代の後奈良天皇が自ら写経した書を見た。飢饉(ききん)や疫病の流行に心を痛めていたことを知り、「時代は異なりますが、図らずも、2日続けて、天皇陛下のお気持ちに触れることができたことに深い感慨を覚えます」と述べた。


陛下のお言葉「心揺さぶられた」=皇太子さま57歳に
時事通信 2/23(木) 5:04配信

668
誕生日を前に記者会見される皇太子さま=21日午後、東宮御所「檜の間」(代表撮影)

 皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎えられた。

 これに先立ち東宮御所(東京都港区)で記者会見。退位の意向を強くにじませた昨年8月の天皇陛下のビデオメッセージについて、「陛下が『全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか』とご案じになられていることに、とても心を揺さぶられました」と語った。

 皇太子さまが公の場で陛下のビデオメッセージへの感想を述べたのは初めて。「厳粛な思いで伺いました」と述べ、「陛下のお気持ちがそこに至った背景につきましては十分お察し申し上げている」と言及。「陛下のお考えを真摯(しんし)に重く受け止め、私自身が活動に当たって、常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と話した。

 次の天皇として、象徴天皇の在り方に関し、「過去の天皇が歩んでこられた道と、(象徴天皇制を定めた)憲法の規定に思いを致して、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けることが大切」と従来の考えを改めて説明。「(天皇、皇后)両陛下がなさっておられるように、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、共に悲しむことを続けていきたい」と述べ、「時代に応じて求められる皇室の在り方を追い求めていきたい」とも語った。

 長期療養が続く雅子さまについて「活動の幅が広がってきていることを、うれしく思っております。一方で、依然体調には波もあります」と説明。昨秋に体調を崩し、学校の欠席が続いた長女愛子さまについては「ご心配をお掛けしましたが、雅子の支えもあり、今は普段通り学校生活に戻っております」と話した


退位お言葉、心揺さぶられた…皇太子さま57歳
読売新聞 2/23(木) 5:03配信

 皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎え、これに先立ち、お住まいの東宮御所で記者会見された。

 天皇陛下が昨年8月、退位の意向を示唆された「お言葉」について、公の場で初めて言及し、「両陛下がまさになさっておられるように国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、共に悲しむ、ということを続けていきたい」と陛下が模索されてきた象徴天皇の在り方を継承する考えを表明された。

 退位の意向について、陛下から特別な場で話があったわけではなく、折に触れて直接聞き、お姿やお話しぶりから推し量られることもあったという。陛下がお言葉のなかで、「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」と案じられたことに「心を揺さぶられた」と振り返られた。これからは、ご自身のためにお使いになる時間をもう少しお取りになれるとよい、と両陛下を気遣われた。


<皇太子さま会見>雅子さまの「活動の幅広がる」
毎日新聞 2/23(木) 5:02配信

667
地図などを見ながら談笑される皇太子ご一家=東京都港区の東宮御所で2017年2月12日、宮内庁提供

 皇太子さまは57歳の誕生日を前にした記者会見で、療養生活が続く雅子さまについて、「活動の幅が広がってきている」と話された。昨年6月に岩手県で東日本大震災の被災地の復興状況を共に視察したことなどをその例に挙げ、「本人の自信にもつながり、私としてもうれしく思っている」と述べ、「引き続き快復を温かく見守っていただければありがたく思います」と語った。

 また皇太子さまは、中学3年で15歳の長女愛子さまについて「皇族としての務めに理解を深め、自覚と役割を学びつつあるように思う」と述べた。愛子さまは、昨年秋に一時体調を崩したが、今はふだん通りの生活に戻っているという。


<皇太子さま>「国民を思い、祈る」中世・後奈良天皇に触れ
毎日新聞 2/23(木) 5:01配信

 皇太子さまは57歳の誕生日を前にした記者会見で、戦国時代の後奈良天皇(在位1526~57年)が、飢饉(ききん)や疫病の流行に苦しむ人々のために「般若心経」を書写した歴史に触れられた。日本中世史を専攻した歴史家らしく、「過去の天皇が歩んでこられた道」を説明。「先人のなさりようを心にとどめ、国民を思い、国民のために祈る」と、活動の在り方についての考えを語った。

 後奈良天皇は、国の平安を祈念して般若心経を書写し、各地の神社などに奉納した。皇太子さまは、天皇陛下がおことばを公表された前日の昨年8月7日、愛知県の西尾市岩瀬文庫で、後奈良天皇の宸翰(しんかん)(天皇の直筆文書)の般若心経を見たと明かした。奥書に<私は民の父母として、徳を行き渡らせることができず、心を痛めている>との思いが記されたものも現存することを解説。「時代は異なりますが、図らずも、2日続けて、天皇陛下のお気持ちに触れることができたことに深い感慨を覚えます」と述べた。

 同文庫は古書の博物館。皇太子さまは、国際会議出席のために愛知県を訪れた際、同文庫に立ち寄った。


<皇太子さま>次の天皇、にじむ覚悟 表情引き締め丁寧に
毎日新聞 2/23(木) 5:01配信

 「厳粛な思いで伺いました」。57歳の誕生日を前にした記者会見で、天皇陛下の退位の意向がにじむおことばについてそう述べられた皇太子さま。引き締まる表情に、皇位を継ぐ立場としての覚悟が表れた。皇太子さまは、これまでの誕生日会見でも象徴天皇の在り方に関する考えをたびたび表明している。近年は陛下の公務を少しずつ引き継ぎ、皇室での役割を広げつつある。【高島博之、山田奈緒】

【誕生日を前に記者会見される皇太子さま】

 お住まいの東宮御所(東京都港区)で21日に行われた会見。皇太子さまは緊張した様子で席に着き、用意したメモ数枚を机でトントンとそろえた。発言中は、正面に視線を向けることに努めながらも、何度もメモに目を落とし、丁寧な口調で慎重に自身の考えを語った。

 天皇陛下のおことばが昨年8月8日に公表されて以来、初めての会見。自身の発言に関心が集まる中、ひとつひとつの言葉を正確に伝えようとの思いが表れていた。「両陛下がなさっておられるように、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、共に悲しむ、ということを続けていきたいと思います」

 皇太子さまは毎年、誕生日にあわせて会見をしている。質問は宮内記者会に所属する報道各社が取りまとめ、会見時間はおおむね30分。1年の出来事を振り返り感想を述べる一方、象徴天皇や皇室の在り方に関して発言することも多い。

 2010年には、皇室像への考えを尋ねる質問を受け、「天皇は国民と苦楽を共にしながら、国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けるということが大切」と述べた。同じ考えを、今回の会見でも語っている。

 01年の会見では「国民が皇室に対して、何を望んでいるか、何を期待しているかを的確に感じとることが重要です。時代に即した公務の内容というものも考えていく必要がある」と述べた。

 近年は、天皇陛下からいくつかの公務を引き継いでいる。15年には「こどもの日」と「敬老の日」にちなむ施設訪問、16年には国際緊急援助隊などとの面会4件を陛下から譲り受けた。今月19日の冬季アジア札幌大会開会式では、陛下の代理として開会を宣言した。

 皇太子さまは1960年2月23日に生まれ、名前は徳仁(なるひと)。幼少時の称号は浩宮(ひろのみや)。学習院大を卒業後、大学院に進み、英国のオックスフォード大にも留学した。水に関する諸問題の研究に長く取り組んでおり、07~15年には国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁を務めた。


<皇太子さま>57歳 おことば「重く受け止めます」
毎日新聞 2/23(木) 5:01配信

666
誕生日を前に記者会見される皇太子さま=東宮御所「檜の間」で2017年2月21日午後4時4分(代表撮影)

 皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎えられた。誕生日に先立ち記者会見し、昨年8月8日に天皇陛下が退位の意向がにじむおことばを公表されたことについて「お考えを真摯(しんし)に重く受け止めますとともに、常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と述べた。陛下のおことば公表後に、皇位継承順位1位の皇太子さまが公の場で感想を語るのは初めて。

 皇太子さまは、愛知県から帰京中のJR名古屋駅で、おことばのビデオメッセージをテレビ放送で見たという。この際の気持ちを「厳粛な思いで伺った」と振り返った。

 陛下の考えを初めて聞いた時期や場所については「特別な場でお話があったというわけではない」とした上で「折に触れてお考えを直接お聞かせいただいたり、お姿やお話しぶりから推し量ることもあった」と話した。公表に至った経緯を「模索と熟慮の結果を踏まえ、内閣をはじめ主な関係者ともご相談なさった上で、おまとめになられたと思う」と語った。

 おことばの中で陛下が、高齢になることで象徴の務めを全身全霊で果たすことが難しくなる懸念を示したことにも言及。一つ一つの行事に陛下が真摯に取り組む姿を間近に見てきたことを理由に、「心を揺さぶられたが、お気持ちがそこに至った背景は、十分お察し申し上げている」と強調した。

 会見では、象徴天皇の在り方について、「存在自体が重要である」との考え方と、「活動することに意味がある」との考え方が有識者の間で示されていることへの見解も尋ねられた。皇太子さまは「いろいろな考え方があることは承知しているが、私自身としては、勉強しながら今の陛下の例に倣いつつ考えていきたい」と答えた。【高島博之、山田奈緒】

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・12

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

6番目の記事
7番目の記事
8番目の記事
9番目の記事
10番目の記事
11番目の記事

リンク:<金正男氏殺害>大使館員、空港で送別…北朝鮮4容疑者を - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>中国避け北朝鮮へ…容疑者、監視を警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア警察「正男氏の親族が一両日中訪問」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏親族、一両日中にマレーシアへ? =身元確認で警察幹部―地元メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア政府 在平壌大使館閉鎖検討と報道 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:素手は平気で顔なら死ぬ毒などあるのか 北朝鮮が正男氏「死因」に反発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:帰省時、一文無しだった=正男氏殺害フォン容疑者の母―ベトナム - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「対北」宣伝放送で金正男氏殺害伝える - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮 金正男氏事件を初報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯女は「韓流」で買収された? 正男氏殺害の“凶器”クリームで体調不良に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺は「愛人の裏切り」か 事実上の第三夫人、殺害を黙認の指摘も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:殺害容疑の女登場? =いたずら動画が話題に―ベトナム - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アングル:歌手志望から留置場へ、正男氏殺害ベトナム人の素顔 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:27日に日米韓協議=正男氏事件も論議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、金正男氏の名前触れず事件を初報道 「共和国公民が死亡…不幸な出来事」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害の拠点?ジャカルタは - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:書記官聴取、北朝鮮に協力要求=マレーシア警察「隠すことないなら」―金正男氏事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北が事件を初報道…韓国を「陰謀策動」と批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の検視は「違法で非道」 北朝鮮メディアが初報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>北朝鮮「関与指摘は陰謀」 死者は公民 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 大使館員ら関与か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北大使館員、4人出国を空港で見送る…TV報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 北が初めて公式報道、「公民が死亡」と氏名触れず、マレーシアは長男との接触模索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮市民の死亡はマレーシアに責任=KCNA - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺のベトナム女が3カ月前韓国に 「ボーイフレンドに会いに来た」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 主要拠点マレーシア、北の異様な閉鎖社会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 北の組織的犯行強まる マレーシア警察「大使館員ら関与」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北、国外駐在員の亡命警戒…相互監視・密告奨励 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシアの対応非難=北朝鮮、正男氏事件を初報道―「露骨な主権侵害」と主張 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害実行犯女2人、素手で毒襲撃 天然の毒物の可能性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮工作員の「暗殺武器」に新たな進化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:身元確認のDNA採取難航=正男氏事件でマレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の反発必至=大使館員聴取要請に―正男氏事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:容疑者の女と面会へ=ベトナム当局 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<金正男氏殺害>大使館員、空港で送別…北朝鮮4容疑者を
毎日新聞 2/23(木) 20:47配信

 【クアラルンプール平野光芳、林哲平、北京・西岡省二】金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の殺害事件でシンガポールのテレビ局「チャンネル・ニュース・アジア」は23日、マレーシア警察が重要参考人として行方を追っている在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と高麗航空のキム・ウクイル職員が13日の事件当日、現場のクアラルンプール国際空港に北朝鮮人4容疑者を見送りに来ていた姿が、防犯カメラに捉えられていたと報じた。地元華字紙「東方日報」によれば、見送った2人は大使館に戻り、現在まで館内にとどまっているとみられるという。

 マレーシア警察のカリド長官は23日、キム職員が同日中に警察の出頭要請に応じない場合、逮捕状を請求する方針を明らかにした。ヒョン2等書記官については外交特権があるため刑事責任を追及するのは困難という。また、既に北朝鮮に逃亡したとみられる4容疑者について、国際刑事警察機構(ICPO)に協力を要請したと明らかにした。

 複数のマレーシアメディアによると、マレーシア警察幹部は同日「一両日中にも遺族が名乗り出ると信じている」と、早期に遺体の身元確認が進む可能性に言及したが、根拠は不明だ。

 一方、北朝鮮は23日、事件について初めて公式報道で言及し、マレーシア当局の対応を「自主権の露骨な侵害」と批判。また、自国の関与を否定し「(韓国の)陰謀」と主張した。今回の報道で北朝鮮はマレーシア側との対決姿勢をさらに強めており、真相究明の妨げになるのは間違いなさそうだ。

 国営朝鮮中央通信が同日、朝鮮法律家委員会報道官の22日付談話を報じた。死亡者を「共和国(北朝鮮)公民」とし、正男氏の名前には言及していない。

 談話によると、北朝鮮大使館はマレーシア側から「死因は心臓発作」と説明を受け、遺体の引き渡しを求めたという。マレーシア側が北朝鮮側との協議や立ち会いなしに、外交旅券所持者の遺体を司法解剖したと訴え「(北)朝鮮の自主権に対する露骨な侵害、人権の乱暴なじゅうりんだ」と非難。さらにマレーシア警察の捜査は「客観性と公正性を欠く」と決めつけた。

 事件の構図については「(韓国が)シナリオまで作っていた」として自国の関与を否定し、韓国側の陰謀説を展開。「わが国のイメージに泥を塗り、朴槿恵(パククネ)(大統領)の息をつなぎ、国際社会の耳目を他にそらすことだ」との主張を示した。


<金正男氏殺害>中国避け北朝鮮へ…容疑者、監視を警戒
毎日新聞 2/23(木) 20:43配信

 【クアラルンプール岸達也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、指名手配された北朝鮮国籍の容疑者たちが遠回りして平壌に帰国したのは、監視が厳しい中国を避けるためだったとみられることが23日、マレーシア警察関係者への取材で分かった。仮に中国の空港で身柄を拘束されるような事態となれば北朝鮮にとって深刻な問題となるため、回避する狙いがあったとみられる。

 北朝鮮の男は、リ・ジヒョン(33)▽ホン・ソンハク(34)▽オ・ジョンギル(55)▽リ・ジェナム(57)--の4容疑者で、実行犯の女2人に指示を出していたとみられている。

 地元英字紙「スター」などによると、北朝鮮籍の男4人は13日午前9時の犯行後すぐにクアラルンプール国際空港からジャカルタに向かい、中東のドバイとロシア・ウラジオストクを経由して平壌に向かった。インドネシア政府も少なくともうち3人の入出国を確認。マレーシア警察は、4人が既に平壌に到着したと発表しているが、なぜ大きく中東やロシアまで回り道したのかは謎となっていた。

 日本の公安当局などによると、現在、平壌の国際空港との間で直通定期便が飛んでいるのは、中国国内を除くとウラジオストクだけ。中国の情報機関は、要人が多く搭乗する平壌便の乗客を厳しくチェックしているといわれ、北朝鮮側も普段から注意を払っている。核実験や新型ミサイルの発射実験の際にイラン人科学者の北朝鮮への入国が確認されているが、ウラジオストク経由が多かったという。

 正男氏は北京やマカオで家族と暮らし、中国当局の監視・保護下にあった。殺害に刺激された中国当局によって拘束されたりするのを防ぐため、容疑者たちは中国を経由しないルートを事前に綿密に計算したとみられる。またドバイは北朝鮮労働者が多く利用しており、怪しまれることが比較的少ない。マレーシア警察関係者は毎日新聞の取材に「容疑者には中国を避けて逃走する狙いがあった可能性が高い」と話した。


マレーシア警察「正男氏の親族が一両日中訪問」
読売新聞 2/23(木) 20:22配信

 【クアラルンプール=田尾茂樹、田中洋一郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、マレーシア警察のヌール・ラシード・イブラヒム副長官は23日、正男氏の遺体引き渡しに必要なDNAサンプル提供や身元確認のため、近親者が「一両日中にマレーシアを訪れるだろう」と述べた。地元紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

 副長官は近親者について「子供か、マレーシアの近くに住む親族」と語り、息子の金ハンソル氏が訪問する可能性も示唆した。

 国営ベルナマ通信によると、スブラマニアム保健相は23日、正男氏の司法解剖の結果が来週までに判明し、死因を特定できるとの見通しを語った。

 マレーシア警察のハリド長官は23日、記者団に対して、重要参考人とする在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)らの事情聴取のため、大使館に正式に協力を要請したと明らかにした。


正男氏親族、一両日中にマレーシアへ? =身元確認で警察幹部―地元メディア
時事通信 2/23(木) 19:24配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察庁のノール・ラシド・イブラヒム副長官は23日、遺体の身元確認のため正男氏の近親者が一両日中にマレーシア入りするとの見方を示した。

 地元紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)などが伝えた。

 それによると、副長官は「この1日か2日以内に(家族の)1人が現れると思う。子供か親類かもしれない」と語った。「マレーシアから遠くない」場所に住む親族だとも述べたという。


マレーシア政府 在平壌大使館閉鎖検討と報道 金正男氏殺害
産経新聞 2/23(木) 19:11配信

 クアラルンプール国際空港で殺害された北朝鮮の金正男氏に関連し、ロイター通信は23日、マレーシア政府筋の話として、北朝鮮がマレーシア当局の対応に対する批判をやめなければ、平壌のマレーシア大使館の閉鎖も辞さない構えだと報じた。

 正男氏殺害で遺体の取り扱いをめぐり、姜哲(カン・チョル)駐マレーシア北朝鮮大使がマレーシア政府の対応に抗議。これに対しマレーシア政府は、「根拠がない」と非難し、マレーシアの駐北朝鮮大使を召還していた。

 ロイターによると、駐マレーシア北朝鮮大使の追放も選択肢として検討しているという。事情に詳しいマレーシア高官の話として伝えた。


素手は平気で顔なら死ぬ毒などあるのか 北朝鮮が正男氏「死因」に反発
J-CASTニュース 2/23(木) 18:43配信

956
実行犯2人は素手で犯行に及んだというが…(写真はフェイスブックと地元メディアより)

 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の暗殺事件をめぐり、マレーシア警察は2017年2月22日に開いた会見で、正男氏は実行犯の女から毒物を顔に塗りつけられたことが原因で死亡したとの見方を示した。

 犯行は「素手」で行われたという。では、なぜ猛毒を手につけた実行犯は生き残ることができたのか。この点は北朝鮮も疑問点として指摘しており、大きな謎として残っている。

■実行犯は北朝鮮人容疑者から「毒物を手にぬりつけられる」

 マレーシア警察のカリド・アブ・バカル長官は記者会見で、実行犯の女2人は、すでに北朝鮮に帰国している北朝鮮人の容疑者の男から液状の物体を手に塗りつけられ、その手で正男氏の顔を覆って犯行に及んだと説明した。

 実行犯が手袋をしていたどうかを確認する記者の質問には、

  「素手だった。我々の捜査で、何回か練習を重ねていたことも分かった」
   「計画的犯行で、訓練を受けていたと確信している。単なる撮影や遊びではない」

などと話した。

 実行犯は、防犯カメラの映像から、犯行後すぐにトイレに向かったことが明らかになっている。バカル氏はこの点について、

  「毒物だということはよく理解していたはずだ。だから手を洗いに行かざるを得なかった」

と述べた。

 だが、こうした説明を疑問視する声も出ている。韓国の朝鮮日報によると、国立科学捜査研究院に勤務した経験がある医師は、

  「毒物は酸性でも腐食物でもない」

とみており、

  「手に無害で、顔になすりつけたら死ぬような毒物は聞いたことがない」

と困惑気味だ。

毒物の揮発性が高ければ実行犯も被害受ける
 毒物の揮発性が高ければ、正男氏が吸い込んで死亡する一方で、皮膚にはその痕跡は残りにくい。ただ、これでは実行犯や周辺の人も被害を受ける可能性は高い。

 この医師は、

  「もし完全に新しい化合物が作り出されたり、すでに存在するものを組み合わせて毒物が生成されていたりしたとすれば、警察は痕跡を見つけるのが難しいだろう」

と話したという。

 この点は北朝鮮側も指摘している。朝鮮中央通信はマレーシア側の対応を非難する記事を2月23日に配信。マレーシア側の対応の矛盾点を指摘する中で、

  「さらに、とてつもないのは殺人容疑者が陳述したという『手のひらに搾り落とした油のような液体を頭に塗ってやった』ので死者が毒殺されたというが、手につけた女性は生きており、それを塗られた人は死ぬというそのような毒薬がどこにあるかということである」

と主張している。

 マレーシアの中国紙などによると、マレーシア警察は捜査員をマカオに派遣し、現地の国際刑事警察機構(ICPO)担当官と協力して正男氏の遺族からDNAサンプルを採取する計画だ。仮にサンプルが採取できれば、少なくとも正男氏の医学的な身元確認作業は進展することになる。


帰省時、一文無しだった=正男氏殺害フォン容疑者の母―ベトナム
時事通信 2/23(木) 18:39配信

 【ナムディン(ベトナム)AFP=時事】マレーシアで起きた北朝鮮の金正男氏暗殺で、殺害の実行犯とされるベトナム国籍の女、ドアン・ティ・フォン容疑者(28)の故郷は、ハノイやハイフォンと並ぶ紅河デルタの一角、ナムディン省にある。

 田園が広がるクアンフォン集落で、義母グエン・ティ・ビさん(54)は、今年のテト(旧正月)休暇(1月26日~2月1日)で戻ってきた容疑者の様子について「一文無しだった。帰りのバス代をあげた」と語った。

 帰省は暗殺の2週間ほど前の話になる。数日間の滞在だった。家族が最後に容疑者と会ったのもその時だ。兄ドアン・バン・ビンさん(41)は「家族はみんな、妹は良い暮らしをしていると思っていた。とても残念だ」と語った。妹には「勉強をしなさい。お金を稼ぎなさい。そうすれば未来はきっと良くなる」と励ましたという。

 義母は「最初に『LOL』のシャツを着た女の写真を見た時は、本当に娘なのか疑っていたが、もっと鮮明な写真を見せられて、はっきり分かった。私たちの娘だ」と語った。「罪を犯したなら償わなければならない。私たちは何もしてやれない。でも、誰かにだまされたに違いないと私は思っている」と訴えた。


「対北」宣伝放送で金正男氏殺害伝える
ホウドウキョク 2/23(木) 17:58配信

金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、韓国軍は、北朝鮮に向けて、拡声器を使って情報を知らせる「宣伝放送」を始めた。
北朝鮮向け宣伝放送は「金正日(キム・ジョンイル)の長男で、金正恩(キム・ジョンウン)の腹違いの兄・金正男が、マレーシアのクアラルンプール空港で、身元不詳の女2人の攻撃を受け、亡くなった」と伝えた。
韓国軍の宣伝放送は、軍事境界線近くで、2月21日から本格的に始まり、金正男氏が、金正日総書記の長男であることなど、北朝鮮の人たちには知られていない家族構成を説明したうえで、殺害された事実を伝えている。
韓国政府は、「北朝鮮政権が事件に関与した」と断定しているが、放送では、北朝鮮籍の男らが、逮捕や手配されているという事実にとどめ、北朝鮮内で、まず、うわさが広がることを狙いとしている。


北朝鮮 金正男氏事件を初報道
ホウドウキョク 2/23(木) 17:55配信

北朝鮮のメディアが、事件について初めて報じた。
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、朝鮮中央通信は23日、初めて事件について報道し、「マレーシアで、外交官のパスポートを持つ公民が、突然、ショック状態に陥って死亡した」と伝えたものの、正男氏の名前には触れなかった。
そのうえで、マレーシアが、遺体を司法解剖したことは、「自主権に対する露骨な侵害」だとし、「事件は、朴槿恵(パク・クネ)政権を、窮地から救うための陰謀だ」と非難した。
一方、マレーシアの現地メディアによると、22日にマレーシア警察が関与を特定した大使館職員のヒョン・グァンソン2等書記官は、「事件の計画を指導し、大使に報告する役割」で、高麗航空のキム・ウクイル職員は、「逃走ルート策定担当」だったと伝えている。
マレーシア警察は、捜査員を中国・マカオに派遣して、正男氏の息子のハンソル氏ら家族のDNAサンプルを採取し、遺体の身元確認と引き渡し手続きを進める方針。


実行犯女は「韓流」で買収された? 正男氏殺害の“凶器”クリームで体調不良に
夕刊フジ 2/23(木) 16:56配信

 金正男氏殺害の実行犯としてマレーシア警察に逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が事件前の昨年11月、韓国に入国していたことが分かった。韓国紙、文化日報(電子版)が21日に報じた。「韓流」でフオン容疑者を釣ろうとしたとの観測もあると伝えている。

 記事によると、フオン容疑者は昨年11月2日、韓国に入国した。身元保証をしたのは、韓国籍の26歳の人物。この人物は今月1日にフランスに出国するという謎の行動も見られ、捜査当局が経緯や背景を調べているという。

 フオン容疑者が韓国滞在中に別の関係者に会った可能性についても、捜査当局が調べているという。同紙は「『韓流文化』などで韓国が東南アジア女性に人気があることを利用して、北朝鮮側がフオン容疑者を韓国に連れて行って歓心を買おうとしていたと考えられる」とも指摘した。

 一方、正男氏の殺害を実行したフオン容疑者とインドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者が、クアラルンプール国際空港で正男氏に毒物とみられる「クリーム」を付けた後、自らも体調が悪くなったと供述しているとマレーシアの中国紙「中国報」が伝えた。

 フオン容疑者とアイシャ容疑者は空港にいた容疑者の男の指示で手を洗った後も、手に痛みが残って頭痛がしたという。体調不良になったことについて2人は男に問い詰め、口論になったとも説明しており、フオン容疑者はタクシーで逃走中も頭がくらくらし、ホテルに到着した後、ベッドに倒れ込んだと話しているというのだ。

 女2人もある意味、北朝鮮の被害者なのか。


正男氏暗殺は「愛人の裏切り」か 事実上の第三夫人、殺害を黙認の指摘も
夕刊フジ 2/23(木) 16:56配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、正男氏の愛人とされる美人女性スパイの存在がクローズアップされている。複数の韓国メディアが「事実上の第三夫人」として紹介し、北朝鮮の対韓国工作員だったと報じた。この女性が正男氏殺害を黙認したとの説もある。正男氏は愛人に裏切られ、無残な最期を迎えたのか。

 「事実上の第三夫人」とされる女性は2001年、正男氏が別人名義の旅券で日本に入国しようとして成田空港で拘束された際にその姿が確認された。当時の写真を見ると、黒のシャツにベージュのズボンといういで立ちで、サングラスに隠れて表情までは分からないものの、スタイルの良さは十分うかがえる。

 韓国メディアの記事によると、韓国の情報機関は女性の名前を「ソ・ヨンラン」氏と確認。1976年に平壌で生まれ、88年に朝鮮労働党第126連絡所の職員となった。血液型はA型とされている。

 ソ氏は当初、正男氏の警護をしながら動向を北朝鮮に報告する役割だったが、その後、恋愛関係に発展したといい、情報当局者の話として「事実上、正男氏の第三夫人で、マカオに居住する第二夫人や子供たちの世話をする役割も担っていた」と紹介した。

 朝鮮日報(日本語版)は20日、ソ氏について報じた記事で、「一部では、『ソ・ヨンラン氏は以前から平壌(ピョンヤン)と連絡が取れなくなっていた』あるいは『正男氏暗殺計画を知りながら黙認・幇助(ほうじょ)した』という可能性も取り沙汰されている」と指摘している。

 たしかに、愛人として正男氏の近くにいたソ氏なら、正男氏の動きに詳しいはずで、その協力があれば、北朝鮮も正男氏の行動を補足しやすかっただろう。現に正男氏は以前、マレーシアを頻繁に訪れていたが、その後は一時、マレーシアを訪問しなくなっていた。

 聯合ニュースによれば、正男氏は叔父で2013年に粛清された張成沢(チャン・ソンテク)氏のおい、張勇哲(チャン・ヨンチョル)氏が駐マレーシア北朝鮮大使を務めていたころ、マレーシアを定期的に訪れていたという。

 だが、勇哲氏が13年に北朝鮮に呼び戻され、処刑された後は、1年以上マレーシアを訪れず、15年から16年にかけて再び姿を見せたというのだ。正男氏の行動の変化について、北朝鮮がどのように把握したかは、事件の謎を解く一つの鍵となり得る。

 果たして、ソ氏は正男氏の味方だったのか、それとも…。


殺害容疑の女登場? =いたずら動画が話題に―ベトナム
時事通信 2/23(木) 16:47配信

 【ハノイ時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、実行犯としてマレーシア警察に逮捕されたベトナム旅券を持つドアン・ティ・フォン容疑者(28)に酷似した女性が登場する「いたずら動画」がベトナムで話題になっている。

 
 動画は約5分で、昨年5月にインターネットに公開された。若い男が街頭や公園で女性に声を掛け、おもちゃを使って驚かせる様子が収められている。この中に登場する赤いワンピースを着た女性がフォン容疑者そっくりで、「本人では?」と話題を呼んだ。これまでに再生回数は10万回近くに達した。

 フォン容疑者は「いたずら動画を撮影する」と誘われたと供述。このため、ネット上にあふれるさまざまないたずら動画を北朝鮮側が実行役を誘う際の参考にしたとの見方も浮上している。

 北朝鮮事情に詳しい消息筋は「無関係の外国人を引き込んだとすれば、不審に思われない口実を考えたはずだ」と指摘し、若者を勧誘する手口としていたずら動画も研究した可能性があるとの見方を示した。


アングル:歌手志望から留置場へ、正男氏殺害ベトナム人の素顔
ロイター 2/23(木) 15:50配信

964
 2月22日、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件で実行犯の1人として逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(写真)は、歌手を志し、同国でオーディション番組にも出演していた。マレーシア警察提供(2017年 ロイター)

[22日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件で実行犯の1人として逮捕されたベトナム国籍の女は、歌手を志し、同国でオーディション番組にも出演していた。

現在28歳のドアン・ティ・フオン容疑者はフェイスブックで、投げキスをする自分の写真やパーティーに出席する様子を写した画像を数多く投稿していた。

正男氏がマレーシアの空港で殺害される4日前には、爆笑を意味する「LOL」の文字がプリントされたシャツを着た写真も投稿していた。これはCCTVのカメラが捉えた逃走する容疑者が着用していたものと似ている。

マレーシア警察によると、フオン容疑者は娯楽施設で働いていたという。

ベトナム北部ナムディン省でコメ農家をしている家族は、マレーシア警察の発表と詳細が一致するという娘について、彼女が18歳だった10年前に家を出てからは、ほとんど行方が分からなかったと語る。

フオン容疑者のアカウントの1つだと家族が確認した「ルビー・ルビー」名義のフェイスブックページでは、11日にマレーシアのKampong Besutから最新の投稿が行われている。

両目をつむり、ベッドのなかでくるまった同容疑者の写真の上には「もっと眠りたい、だけど、あなたのそばで」と書き込まれていた。

マレーシア警察の発表によると、フオン容疑者とインドネシア国籍の女は13日、クアラルンプールの空港で金正男氏の顔に毒物とみられる液体を塗りつけた。

その後まもなくして正男氏は死亡した。

警察はフオン容疑者について「娯楽施設の従業員」だとしているが、勤め先や同容疑者の在留資格に関する詳細は明らかにしていない。

<オーディション番組>

家族がフオン容疑者の写真が掲載されていると語る別のフェイスブックアカウントにあるリンク先には、ベトナムのオーディション番組のページが含まれていた。「ぽっちゃりベラ」というアカウント名のページには昨年11月以降、何も投稿されていない。

2016年6月3日、フオン容疑者によく似た女性がオーディション番組で歌っている。

顔認識ツールで、この女性とマレーシア警察が公開したフオン容疑者の写真は一致した。

女性は番組のなかで出身地をナムディン省としている。マレーシア警察が明らかにしたフオン容疑者のパスポートに掲載されているものと同じだが、女性はディン・チ・クエンと名乗っている。

この女性は1回戦で敗退した。

同番組のキャスティングチームの1人はコメントを差し控えた。広報担当へもコメントを要請したが、返事はなかった。

「今夜、歌いましょうか」と、フオン容疑者は昨年3月24日に投稿している。「すぐに返事をください。コメント欄に電話番号を書いてくれれば、電話してあなたのために歌います」

フオン容疑者の家族の多くは、ナムディン省の自宅周辺の水田で働いている。同容疑者はたまにしか帰省せず、どこにいたのか具体的には語らなかったという。

ベトナム戦争で北ベトナムのために戦い、片足の一部を失ったという父親のドアン・バン・タンさん(63)は、娘が逮捕されてからベトナム当局が接触してきたと語る。「ベトナム人なのでフオンをサポートするとしか告げなかった。彼女が本当に容疑者なのか、私には言わなかった」とロイターに語った。

「私は彼女の父親だが、彼女が家を出ているときに起きたことまでコントロールできない。私には知り得ない」と、地元の市場で警備員として働くタンさんは言う。

フオン容疑者が海外にいたことはメディアの報道で初めて知ったと家族は口をそろえる。ベトナムの首都ハノイで働いているものだと思っていたという。

これまでのところ、ベトナム当局はメディアに対し、捜査中であり、マレーシアと連絡を取っているとしか確認していない。

<韓国とのつながり>

韓国の警察当局者は、フオン容疑者が昨年11月に4日間、同国観光地の済州島を訪れており、そこで何をしていたのか捜査していることを明らかにしたが、詳細は語らなかった。

「ルビー・ルビー」というアカウント名のフェイスブックページでは、65人の友達がいるが、そのうち27人は朝鮮系の名前だ。また、56人が男性である。

昨年3月23日付の投稿は韓国語で「あなたを愛しています。あなたに会いたい」と書かれているが、韓国語に慣れた人が使うであろう表現は使われていなかった。

投稿された写真の大半は、フオン容疑者がホテルで開かれたパーティーに出席した様子や自身のポートレートである。カメラに向かって投げキスをしている写真が多い。

フェイスブックで同容疑者が「いいね」を押しているのは、化粧品や衣服、ファストフード店など。学歴はハーバード大学となっているが、家族はそれが本当だとは信じなかった。

1月3日、フオン容疑者はハノイ発クアラルンプール行き航空機の搭乗券を写した写真を投稿。家族は、同容疑者が最後にナムディン省の自宅に戻ってきたのは1月25─29日だったと話す。

フオン容疑者とみられる女性は昨年4月、動画サイト「ユーチューブ」にベトナム人男性が公開した動画にも出演している。

動画に登場するこの女性と、マレーシア警察が公開した最新の写真に写る同容疑者は一致する。

動画のなかで、フオン容疑者は公園のベンチで男性とキスする前に笑っている。一方、マレーシア警察が公開した写真では、ノーメークでおぼつかない様子でカメラの方を向いている。

(Matthew Tostevin記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)


27日に日米韓協議=正男氏事件も論議
時事通信 2/23(木) 15:30配信

 【ソウル時事】韓国外務省報道官は23日、北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の日米韓3カ国首席代表会合が27日、ワシントンで開かれると発表した。

 同会合はトランプ政権発足後初めて。

 報道官は「北朝鮮の新型弾道ミサイル試射や金正男氏殺害事件などが相次ぐ中での開催は極めて適切だ」と述べた。北朝鮮の核・ミサイル開発や正男氏殺害事件への対応が協議されるとみられる。


北朝鮮、金正男氏の名前触れず事件を初報道 「共和国公民が死亡…不幸な出来事」
産経新聞 2/23(木) 15:01配信

 【ソウル=桜井紀雄、クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、北朝鮮の朝鮮法律家委員会は22日付で、韓国当局が筋書きを描いた「陰謀策動」だとして、韓国とマレーシアを批判し、北朝鮮の関与を否定する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が23日報じた。

 北朝鮮メディアが事件を伝えたのは初めて。談話は「外交旅券を所持した共和国(北朝鮮)公民」が、ショック状態に陥り死亡した「不幸な出来事」だとして、正男氏の名前には触れなかった。

 クアラルンプールでの遺体の解剖は「共和国の自主権に対する露骨な侵害だ」として、マレーシア当局を非難。さらに、この事態が韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権を延命させ、社会の関心を他に向けさせる謀略だと主張した。

 一方、シンガポールのニュース専門テレビ、チャンネル・ニューズ・アジアは23日、事件の指導役とされる在クアラルンプール北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官(44)が事件当日、国外へ逃れる4容疑者を見送る様子が空港の監視カメラに写っていたと報じた。マレーシア警察が同じく重要参考人とした北朝鮮国営「高麗航空」のキム・ウクイル職員(37)とともに空港にいたとみられるという。

 英紙テレグラフ(電子版)は、ヒョン2等書記官について「役割はすべての計画を指揮し、大使に報告することだった」とする治安関係者の話を伝えた。

 また、マレーシアの地元紙中国報は、捜査員3人がマカオを訪れ、正男氏の息子ハンソル氏のDNA検体を2日以内に採取、鑑定すると伝えた。ハンソル氏はクアラルンプールを訪問しなかったとしている。


金正男氏殺害の拠点?ジャカルタは
ホウドウキョク 2/23(木) 14:56配信

北朝鮮の容疑者らが、マレーシアを脱出する際に経由したインドネシアが、「工作員の拠点」として使われていた疑いが強まっている。
北朝鮮の容疑者4人は、犯行後、すぐにマレーシアを出国し、インドネシアなどを経由して、平壌(ピョンヤン)に戻ったとされている。
現地メディアは、首都ジャカルタの北朝鮮レストランが男4人の密会場所で、工作員としての拠点だったと報じている。
従業員のほとんどは北朝鮮出身で、店内では、ドレスを着た女性がダンスする映像が流れているのが確認された。
店の隣で働く人は「従業員は、会っても手で応えるだけで、何もしゃべろうとしない。彼らは、誰とも交流しないんだ。全てにおいて」と話した。
現地メディアは、現地警察が、レストランの2階の一部が男らの事務所として使われていた疑いもあるとして、捜査に乗り出すと伝えている。


書記官聴取、北朝鮮に協力要求=マレーシア警察「隠すことないなら」―金正男氏事件
時事通信 2/23(木) 14:39配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアのカリド警察庁長官は23日、記者団に対し、警察が事情聴取を求めている北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)について、「何も隠すことがなければ協力すべきだ」と述べ、聴取に応じるよう重ねて訴えた。

 ただ、北朝鮮側が聴取要請に応じなかった場合の対応について長官は、「外交特権」があるため逮捕状は出ないと述べ、実現は困難だと認めた。

 外交官は「外交関係に関するウィーン条約」で治外法権などの特権が保障されており、同条約は「外交官はいかなる方法によっても抑留したり拘禁したりできない」と規定。駐在国が外交官を刑事裁判にかけるには派遣国の同意が必要になる。

 事件の「黒幕」と疑う見方も一部で伝えられているヒョン2等書記官は、マレーシア国内にいるとされる。地元紙スターによれば、外交筋は、北朝鮮がマレーシア側に協力する可能性は低いと指摘。マレーシア側の選択肢は限られており「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外追放することは可能だ。ただ「それでは捜査の役に立たない」(同筋)ことになる。


北が事件を初報道…韓国を「陰謀策動」と批判
読売新聞 2/23(木) 11:34配信

 【ソウル=宮崎健雄】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、金正男氏の殺害事件について、朝鮮法律家委員会の報道官談話を伝え、北朝鮮の国家ぐるみの犯行との疑いを否定した。

 北朝鮮の国営メディアが事件を報じるのは初めて。韓国に対しても「毒殺を広める陰謀策動を行っている」と批判した。

 談話は、「毒殺はなんの手がかりもない」と事件性を否定。マレーシア警察の捜査は「公正・客観性がなく、私たちに容疑をかぶせようとしている」と反論した。

 同通信は、殺害された人物について「外交旅券を所持する国民」とし、正男氏の名前に言及していない。

 韓国政府関係者によると、朝鮮法律家委員会は、最高人民会議(国会に相当)常任委員会傘下の非常設組織という。


金正男氏の検視は「違法で非道」 北朝鮮メディアが初報道
AFP=時事 2/23(木) 11:07配信

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が渡航先のマレーシアで殺害された事件で、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は23日、マレーシアが「違法で非道な」検視を行ったと批判する朝鮮法律家委員会(Korean Jurists Commitee)の談話を伝えた。

 談話では正男氏の名前には触れていないが、北朝鮮の国営メディアがこの事件について伝えたのは初めて。

 談話は「マレーシアは彼(正男氏)の遺体をDPRK(北朝鮮)に引き渡す義務がある。マレーシアは遺体に対して違法で非道な検視を行った」と主張している。

 マレーシアについて、遺族のDNAサンプルが必要という「ばかげた理屈で」遺体の引き渡しを拒んでいると非難。「マレーシア側は国際法と道徳を完全に無視して遺体の引き渡しを政治化し、よこしまな目的を達成しようとしている」と反発している。

 談話では北朝鮮が加わる共同捜査を重ねて要求し、北朝鮮から法律専門家を派遣する意向があると強調している。【翻訳編集】 AFPBB News


<金正男氏殺害>北朝鮮「関与指摘は陰謀」 死者は公民
毎日新聞 2/23(木) 10:58配信

 【北京・西岡省二】北朝鮮は23日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件について、マレーシア当局の対応を「自主権の露骨な侵害」と批判し、北朝鮮の関与が指摘されていることを韓国の「陰謀」だと主張した。死亡者を「共和国(北朝鮮)公民」とし、正男氏の名前には触れていない。

 朝鮮中央通信が朝鮮法律家委員会報道官の22日付談話として伝えた。北朝鮮国営メディアが正男氏殺害を伝えるのは初めて。談話は「マレーシアで外交旅券所持者であるわが共和国公民が飛行機搭乗を前に、突然ショック状態に陥り、病院に搬送中に死亡したのは不祥事以外の何物でもない」と強調した。また、北朝鮮大使館がマレーシア側から「死因は心臓発作」と説明を受けて遺体の引き渡しを求めたのに、北朝鮮側との協議や立ち会いなしに遺体を司法解剖したと非難。「(北)朝鮮の自主権に対する露骨な侵害、人権の乱暴なじゅうりんだ」と断じた。

 一方、事件への北朝鮮の関与の指摘には「南(韓国)当局が今回の事件を以前から予見し、そのシナリオまで作っていたことを示す」とし、「このような陰謀の目的はわが国のイメージに泥を塗り、朴槿恵(パク・クネ)(大統領)の息をつなぎ、国際社会の耳目を他にそらすことだ」との主張を展開した。

 事件では北朝鮮国籍の男1人が逮捕、4人が容疑者として指名手配され、在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官らが重要参考人としてマレーシア警察から出頭を求められている。


金正男氏殺害 大使館員ら関与か
ホウドウキョク 2/23(木) 10:50配信

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察は、北朝鮮の大使館員と航空会社職員が関与した疑いがあることを明らかにした。組織ぐるみの犯行だったのか、捜査を進めている。
マレーシア警察の長官が22日、新たに公開したのは、北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と、北朝鮮当局が運営する高麗航空のキム・ウクイル職員。
ヒョン2等書記官について、イギリスの新聞・テレグラフは、「事件の計画を指導し、大使に報告する役割だった」と伝えている。
FNNのカメラは、22日午後、高麗航空の事務所に捜査員らが入る様子をとらえた。
事務所は無人だったため、捜査員は管理人に、職員の居場所などを尋ねていた。
マレーシア警察は、書記官と職員が事情聴取に応じるよう、北朝鮮大使館に協力を要請した。
一方、北朝鮮大使館は、マレーシア警察を批判する声明を新たに発表し、これまでに逮捕された北朝鮮籍の容疑者ら3人を、速やかに釈放するよう求めた。
しかし、この声明は、マレーシア警察が求める書記官らへの事情聴取には触れておらず、双方が互いを批判し合う状況が続いている。


北大使館員、4人出国を空港で見送る…TV報道
読売新聞 2/23(木) 10:43配信

 【クアラルンプール=田尾茂樹、児玉浩太郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、シンガポールのテレビ局「チャンネル・ニュース・アジア」は23日、マレーシア警察が重要参考人とする在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)が、事件当日、北朝鮮国籍の容疑者4人の出国を、クアラルンプール国際空港で見送っていた様子が監視カメラに映っていたと報じた。

 重要参考人の北朝鮮国営・高麗航空のキム・ウキル職員(37)もヒョン書記官と一緒だったという。

 英紙テレグラフ(電子版)は22日、捜査関係者の話として、書記官が「事件全体の監督役」だったと報じている。計画すべてを監督し、大使に報告する主導的な役割を担っていたという。


金正男氏殺害 北が初めて公式報道、「公民が死亡」と氏名触れず、マレーシアは長男との接触模索
産経新聞 2/23(木) 8:17配信

 【ソウル=桜井紀雄、クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、北朝鮮の朝鮮法律家委員会は22日付で、韓国当局が筋書きを描いた「陰謀策動」だとして、韓国とマレーシアを批判し、北朝鮮の関与を否定する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が23日報じた。

 北朝鮮メディアが事件を伝えたのは初めて。談話は「外交旅券を所持した共和国(北朝鮮)公民」が、ショック状態に陥り死亡した「不幸な出来事」だとして、正男氏の名前には触れなかった。

 クアラルンプールでの遺体解剖は「共和国の自主権に対する露骨な侵害だ」として、マレーシア当局を非難。さらに、この事態が朴槿恵(パク・クネ)政権を延命させ、社会の関心を他に向けさせる謀略だと主張した。

 談話は、「法律家代表団を派遣する準備ができている」と述べ、北朝鮮とマレーシア警察との共同捜査を改めて提案した。共同捜査は、姜哲(カンチョル)駐マレーシア大使が提案したが、マレーシア側は拒否した。

 一方、マレーシア警察は、遺体の身元確認に必要な親族からのDNA検体採取のため、正男氏の息子ハンソル氏との接触を急いでいるもようだ。

 地元紙、中国報は、捜査員3人がマカオを訪れ、国際刑事警察機構(ICPO)の支援で、2日以内にハンソル氏のDNA検体を採取、鑑定すると伝えた。ハンソル氏は一時クアラルンプール入りが伝えられたが、安全上の懸念から訪問しなかったとしている。

 一方、英紙テレグラフ(電子版)は、事件の指導役とされる在クアラルンプール北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官(44)について、「役割はすべての計画を指揮し、大使に報告することだった」とする治安関係者の話を伝えた。


北朝鮮市民の死亡はマレーシアに責任=KCNA
ロイター 2/23(木) 8:08配信

[ソウル 23日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件を巡り、北朝鮮は23日、北朝鮮市民が死亡した責任はマレーシアにあると指摘し、韓国が作った筋書きに沿ってマレーシア政府が「非友好的な態度」を取っていると非難した。

国営の朝鮮中央通信社(KCNA)によると、マレーシアは当初、北朝鮮の外交パスポートを所持した人物が今月13日にクアラルンプール空港で心臓発作で亡くなったと伝えていた。

韓国と米国の当局者は正男氏が北朝鮮の工作員によって殺害されたとみている。


正男氏暗殺のベトナム女が3カ月前韓国に 「ボーイフレンドに会いに来た」
産経新聞 2/23(木) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件でマレーシア警察に逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(28)が事件の約3カ月前に韓国に入国していたことが判明し、当局が経緯を捜査していると複数の韓国メディアが22日までに報じた。

 東亜日報によると、フオン容疑者は昨年11月2日に南部、済州島(チェジュド)に到着し、5日に出国した。入国審査で、20代の韓国人男性の名前を挙げ、「ボーイフレンドに会いに来た」と説明したという。マレーシアメディアは、この時期、北朝鮮工作員とみられる男がフオン容疑者に接近し、韓国などで観光させたと伝えていた。韓国国内での行動は明らかになっていない。

 「韓流」は東南アジア女性に人気があり、北朝鮮側が計画に先立ち、フオン容疑者を韓国に連れ出すことで歓心を買おうとしたとの見方も出ている。


正男氏暗殺 主要拠点マレーシア、北の異様な閉鎖社会
産経新聞 2/23(木) 7:55配信

 ■相互監視買い物も2家族で

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の殺害場所となったマレーシアは、北朝鮮国民がビザ(査証)なしで入国できるため、北朝鮮にとって東南アジアの主要な活動拠点になっていたとみられる。多数の北朝鮮人が在留しているとみられているが、その生活の実態は謎に包まれている。(クアラルンプール 岩田智雄)

                   ◇

 クアラルンプール郊外にあるアンパン地区は、韓国人らが飲食店や商店を営む「コリアタウン」だ。その一角にある焼き肉店を経営する韓国人男性は「北朝鮮人は、仲間内だけで生活しているから、外食にもまず出かけない。たまに買い物に来ることがあるが、1家族が単独では行動せず、2家族以上で連れ立ってくる。互いに監視しているそうだ」と語った。また、「向こうから話しかけてくることはないし、こちらからも怖いから声をかけることはない」と話す。

 ▼話をしたら叱られる

 北朝鮮人は7、8年前に特定のアパートに集団で住んでいたというが、現在の所在は判然としない。男性は「20家族、50人前後がクアラルンプールに住んでいると思う」と語った。

 会社事務所で働いていた韓国の男性ビジネスマンは「北の人と話をしたら韓国大使館に叱られ、もし接触したら大使館に報告しなければならないと聞かされている」と説明。商店で買い物をしていた韓国人男性は「ここに住んで2年になるが、北朝鮮人には会ったことがない。どこで働いているかもさっぱりわからない」と首をかしげた。

 ▼ビザのため名目社員

 今回の事件で逮捕された北朝鮮国籍の男、リ・ジョンチョル容疑者の自宅はクアラルンプールのアパートにあるが、その生活を知る人はほとんどいないようだ。

 ロイター通信によれば、リ容疑者が借りていた部屋の相場は1500~2千リンギット(約3万7500~5万円)程度とみられ、中間層向けという。

 リ容疑者と3年以上前に知り合い、会社で雇用した形にしていた現地薬品企業の男性によれば、リ容疑者は同社情報技術(IT)部門の「製品開発責任者」。月給5千リンギット(約12万5千円)との文書を作成して、就労ビザが取得できるよう手配した。ビザは2016年6月に一度更新されたが、同社で実際に働いたことも給与を受け取ったこともないという。

 男性はリ容疑者について「どのように生活し、カネを得ていたかは知らない」と話している。

                 ◇

 ■北外交官、特権隠れみのに暗躍 麻薬・高級たばこ密輸…

 北朝鮮の金正男氏殺害事件をめぐるマレーシア警察の捜査で北朝鮮外交官の関与が浮上した。同国外交官は、駐在国での通関検査や刑事裁判を免れるという「外交特権」を隠れみのに、麻薬密輸をはじめ数々の違法行為に手を染めてきたのが実情だ。

 今年1月、駐ドイツ北朝鮮大使にパク・ナムヨン氏が就任した。米自由アジア放送(RFA)によると、昨春交代予定だったが、大使後任案を独政府が2度も拒否。「情報機関出身」であることが理由とされた。

 バングラデシュでも昨年8月、北朝鮮の1等書記官が高級たばこ約160万本などの密輸を図ったとして、国外退去処分となった。スイスでは今月、北朝鮮の新任大使がサイの角の密輸に関与していた疑惑が報じられた。

 国連安全保障理事会が昨年11月に採択した対北制裁決議では、過去の不正行為発覚を受け、北朝鮮外交官の金融取引などに対する制限が盛り込まれている。

 一方、脱北した幹部らによると、北朝鮮は外交官を亡命予備軍とみて、家族を人質として平壌に留め置き、外交官が持つ情報を制限。しかし昨年は、駐英公使らが相次ぎ亡命した。今回、事情聴取を求められている2等書記官が正男氏殺害計画をどの程度把握していたかは不明だ。

 北朝鮮にとって東南アジア各国は外貨稼ぎの重要な拠点でもある。今回の事件で、各国が北朝鮮に対する態度を硬化させることも予想され、北朝鮮に打撃となる可能性もある。(ソウル 桜井紀雄)

                 ◇

 ■正恩氏は“兄殺し”韓国が宣伝放送 北住民は正男氏知らず

 【ソウル=桜井紀雄】韓国軍が南北軍事境界線付近に設置した大型拡声器を使って「金正男氏暗殺」について北朝鮮に向けた放送を始めたことが分かった。聯合ニュースが政府消息筋の話として22日までに報じた。対北放送は金正恩政権が最も神経をとがらせる存在で、さらなる南北摩擦を生みそうだ。

 放送は、正男氏が工作機関、偵察総局の要員と推定される北朝鮮人らの指揮下で暗殺されたとし、金正恩朝鮮労働党委員長の指示があったとみられるという内容。先週末から放送が始まったという。

 正男氏が金日成(イルソン)主席の直系である「白頭(ペクトゥ)血統」を引く、金委員長の異母兄である点にも触れている。金委員長の3代世襲は白頭血統を正統性の根拠としており、“兄殺し”の内容が北朝鮮国内に知れ渡れば、金委員長の「最高尊厳」を揺るがすことになる。

 対北放送は2015年8月、非武装地帯(DMZ)の地雷爆発事件をきっかけに11年ぶりに再開。一時停止を挟み、16年1月から続いている。今回の放送を妨害するように北朝鮮側も対南宣伝放送の一部の出力を上げたという。

 脱北者らによると、北朝鮮住民の間で正男氏の存在はほとんど知られてこなかった。だが、幹部や住民らはラジオなどを通じてひそかに韓国などのニュースをチェックしているといい、正男氏殺害事件が起きたことで、皮肉にも金委員長の威信を傷付ける内容が広まる可能性が高い。


正男氏暗殺 北の組織的犯行強まる マレーシア警察「大使館員ら関与」
産経新聞 2/23(木) 7:55配信

 ■逃亡4容疑者の引き渡し要求

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、北朝鮮側が大規模な犯行グループを組織していた可能性が強まっている。マレーシア警察幹部は22日の記者会見で、在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官と、北朝鮮国営「高麗航空」職員の男2人を重要参考人として出頭を求めたと発表した。平壌に逃亡したとみられる容疑者4人の身柄引き渡しも北朝鮮政府に求めている。

 マレーシア警察が発表した2人は、ヒョン・グァンソン2等書記官(44)と高麗航空のキム・ウクイル職員(37)。北朝鮮大使館に対し、国内にいるとみられる2人を事情聴取に協力させるよう求め、応じなければ強制的に来させるとしている。

 英紙テレグラフは、治安筋の話として、2人は大使館内におり、書記官が事件の指導役だったと伝えた。警察は、北朝鮮国籍の男でマレーシアに潜伏中のリ・ジウ容疑者(30)も手配した。

 警察幹部の会見では、正男氏殺害の具体的な犯行手口についても説明。逃亡した4容疑者は実行犯の女2人の手に液体を付け、女たちは被害者の顔に塗りつけようとしたという。最初はインドネシア人で次にベトナム人が実行した。警察は数回の練習も行ったとみている。

 女2人は素手で犯行に及んだといい、すぐに洗い流すよう指導され、実際、犯行後にトイレに直行した。警察は女2人が毒について認識があったとみており、2人が供述している「いたずら」などではなく、計画的犯行だと断定した。また、正男氏の息子ハンソル氏がマレーシア入りしたとの報道を否定した。

 一方、在マレーシア北朝鮮大使館は22日、警察を批判する声明を発表した。「(マレーシアは)韓国の主張に味方している」「妄想に基づき捜査している」などと主張し、逮捕されたインドネシア人とベトナム国籍の女2人、北朝鮮国籍の男1人の計3人の即時釈放を求めた。


北、国外駐在員の亡命警戒…相互監視・密告奨励
読売新聞 2/23(木) 7:25配信

 【ハノイ=吉田健一】マレーシアのクアラルンプール国際空港で起きた北朝鮮の金正男氏殺害事件で、北朝鮮当局が13日の事件発生後、国外にいる外交官や駐在員らの亡命を警戒し、相互監視の強化を求めるなど締め付けを強めている。

 複数の北朝鮮関係者が22日、本紙の取材に明らかにした。

 関係者によると、北朝鮮で事件は報道されていないが、当局は、外交官や駐在員が「北朝鮮の関与」を指摘する報道に触れて動揺することを警戒。「同僚や友人に不審な動きがあれば、ただちに報告せよ」と密告を奨励している。

 東アジアにある北朝鮮の在外公館の中には、「亡命をそそのかす接触に注意せよ」と公館長が通達したところもあった。北朝鮮の外交官は海外赴任にあたり、基本的に子供の1人を「人質」として国内に残さなければならない。ただ一部の外交官は家族全員での赴任を認められており、そうした外交官への監視は特に厳しいとみられる。


マレーシアの対応非難=北朝鮮、正男氏事件を初報道―「露骨な主権侵害」と主張
時事通信 2/23(木) 7:12配信

 【ソウル、クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、身元の特定を避けながらも事件を初めて報道し、検視を行ったマレーシア当局の対応を「主権の露骨な侵害」と非難した。

 同通信によると、朝鮮法律家委員会スポークスマンは22日付の談話で「マレーシアで2月13日、外交旅券を持つわが国民が航空機搭乗前に突然、ショック状態に陥り、病院搬送中に死亡した」と発表。マレーシア外務省や病院側が当初、「心臓まひによる死亡」と北朝鮮大使館に伝えたと説明した。しかし、韓国メディアが「毒殺」と報じたことを受け、マレーシア側が「引き渡し要求や国際法を無視し、われわれとの何の合意も立ち会いもないまま」検視を行ったと批判した。

 スポークスマンはさらに、「マレーシア警察は客観性、公正性を欠き、何者かの操縦に従って捜査の方向を定め、われわれに嫌疑を掛けている」と主張。「南朝鮮(韓国)当局は、事件を以前から予見し、脚本まで作っていた」と決め付けた。

 マレーシア警察は北朝鮮に対し、事件に関与した疑いのある在マレーシア大使館のヒョン・クァンソン2等書記官らの事情聴取や、既に本国に戻ったとみられている北朝鮮国籍の4人の容疑者の身柄引き渡しを求めているが、北朝鮮が拒否するのは確実だ。


正男氏殺害実行犯女2人、素手で毒襲撃 天然の毒物の可能性も
スポニチアネックス 2/23(木) 7:01配信

 マレーシア警察のカリド・アブバカル長官は22日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件を巡り記者会見し、「被害者の顔につけるため、素手に液体をつけた」と実行犯の女2人が素手で正男氏を襲撃したとし、従来の黒い手袋をはめていたという見方を覆した。

 両手の手のひらを広げて揺らし、実行犯が逃げた様子も再現。女らが毒物と認識していたため、周囲に手が触れないようにしていたと指摘し、「手をこんな感じにしながら立ち去った」と強調した。ほかにも犯行後、手を洗っていた行動などにも言及。「それが毒物と知っていたからだ」とした。液体の正体については「分からない」と言うにとどめた。

 マレーシアの中国語紙「中国報」によると、2人は北朝鮮国籍の男たちの指示で犯行に及んだ後、手や頭に痛みが残るなど体調不良を訴えており、「体が熱くなり痛みを感じた」と供述している。

 致死性の高い毒物を素手で扱ったことについて、元陸上自衛隊化学学校副校長の浜田昌彦氏は「一般的には、じかに毒物に触ることはあり得ない」と疑問を呈した。これまで使用が有力視されていた猛毒の神経ガスVXには「考えにくい。皮膚から吸収されるVXを素手で扱えば死に至る恐れもある。ただ即時に効果が表れないような濃度の低いものが使われた可能性は否定できない」と分析した。専門家の間では事前に解毒のため薬を服用していた可能性を指摘する声もある。

 ただ今回、正男氏以外の周囲の客や容疑者本人に被害が広がっていないことと、顔に液体を塗りつけるという犯行の特性から「神経ガスではなく、口、鼻、目の粘膜などから体内に入り込む特徴があるフグ毒など天然の毒物を使った」との見方も浮上。衆人環視で、大胆に行われた暗殺は毒物の特性を熟知した計画的犯行だった。


北朝鮮工作員の「暗殺武器」に新たな進化
NEWS ポストセブン 2/23(木) 7:00配信

 2月13日に起こった金正男の暗殺。事件が起きたクアラルンプール空港の監視カメラ映像を実際に見たという公安関係者が明かす。

「一人の女が彼の後ろから近づき、顔に布をかぶせて、走って逃げたところがはっきり映っていた。女は手が他のものに触れないようにしていたようだった。北朝鮮の工作員は暗殺を行なう場合、通常ならもっと人目に付かないように行なう。今回はわざと映像に残るようにしたのではないか。金正恩体制に楯突こうとする者に恐怖心を植えつけるためだ」

 現地警察の説明では、別の女が顔に毒物とみられるスプレーを吹きかけたあとに、映像に残る女が近づき毒物を含ませた布で顔を覆ったとされている。猛毒に金正男は泡を吹き倒れたという。

 北朝鮮の暗殺といえば、スタンダードな拳銃や、ふたを押すと毒針が発射されるボールペン型毒針などが知られてきた。

 そんななか2012年、北朝鮮の工作員がソウル市内の路上で失敗に終わった暗殺計画にからみ、米CNNの記者が捜査当局者から3種類の暗殺用の道具を見せられたことで、新たな進化が発見された。

 一つは欧米の高級ブランド製ボールペンのような「ペン型の毒針」、先端から毒が入った弾丸を発射できる「ペン型の銃」、そして3発の弾丸を装填できる「懐中電灯型の銃」の3種だった。捜査当局者が、弾丸を発射する道具を試射したところ、「非常に正確だった」という。

 2011年8月には、中国・丹東で脱北者を支援していた牧師が、ブロム化ネオスチグミン中毒という症状で死亡し、「毒針で暗殺されたのではないか」と推測された。牧師はタクシーを待っていたところ突然倒れ、亡くなったという。

 北朝鮮にとっては、今回のように“目に見える暗殺”のほうが稀なのだ。

※週刊ポスト2017年3月3日号


身元確認のDNA採取難航=正男氏事件でマレーシア警察
時事通信 2/23(木) 6:20配信

 【クアラルンプール時事】殺害された北朝鮮の金正男氏の身元を最終確認し、遺体の引き渡しを可能にするため、マレーシア警察が求めている近親者からのDNAサンプル採取が難航している。

 DNAサンプルをめぐっては、正男氏の息子ハンソル氏(21)がマレーシア入りしたかどうかでさまざまな情報が飛び交った。結局、マレーシアのカリド警察庁長官は22日の記者会見で、入国を完全否定。その上で「(遺体の)男性が金正男氏であることを立証するにはDNAが必要」として、近親者にDNAサンプル提供を引き続き求めていく考えを示した。

 マレーシアの中国語紙・星洲日報(電子版)によると、マレーシア警察の国際刑事警察機構(ICPO)担当官が22日午後、正男氏の妻とハンソル氏の居住先とされるマカオ入り。現地のICPO担当官にDNAサンプル採取に向けた協力を要請した。

 同紙は消息筋の話として、家族は「特殊かつ敏感な身分」のため外国へのサンプル提供は容易でないと指摘。マレーシア警察も採取の可能性は極めて低いと認識しているという。


北朝鮮の反発必至=大使館員聴取要請に―正男氏事件
時事通信 2/23(木) 6:18配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、捜査に当たっているマレーシア警察が北朝鮮に、在マレーシア大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)らの事情聴取や、既に本国に戻ったとみられている北朝鮮国籍の4人の容疑者の身柄引き渡しを求めたことに対し、北朝鮮が反発して拒否するのは必至だ。

 
 今回の事件をめぐって北朝鮮は、遺体の引き渡しなど北朝鮮側の要求に応じないマレーシアを「外国政府と結託している」と批判。22日に発表した大使館声明は聴取や身柄引き渡し要請には直接言及しなかったものの、「最初から(北朝鮮)市民を攻撃対象にし、疑いをかけた」とマレーシア警察の捜査に対する非難を繰り返した。

 一部のメディアは、マレーシアが事情聴取を求めているヒョン2等書記官と高麗航空職員の2人は北朝鮮大使館にいると伝えている。


容疑者の女と面会へ=ベトナム当局
時事通信 2/23(木) 0:22配信

 【ハノイ時事】ベトナムのメディアは22日、同国当局者が近く、北朝鮮の金正男氏殺害の実行犯として逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者(28)と面会する見通しと報じた。

 マレーシア側が領事面会を認める意向を示したとしている。

2017年2月22日 (水)

島根県が今日22日「竹島の日」記念式典を開催

島根県は今日22日、松江市で12回目となる「竹島の日」記念式典を開催した。

式典には県議や一般参加者のほか、自民党の細田総務会長ら国会議員を含む約460人が参加。政府からは務台俊介内閣府政務官が出席した。政務官の出席は5年連続となる。

今回の式典を契機に、我が国の固有領土である島根県の竹島を、野蛮な暴力侵略国家・韓国による不法占拠から一日も早く解放し、我が国による実効支配の回復・確立に向けた取り組みを、なお一層強化しなければならない。

リンク:島根県が冊子「知っておくべき竹島の真実」を発刊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍地図に「Take」表記 大戦中使用、島根県へ寄託 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:島根県が「竹島の日」式典…内閣府政務官が出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:式典であいさつする務台政務官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少女像「問題複雑化させ遺憾」=「竹島の日」式典で政務官―島根 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島の日、迎えるたびに怒り 「李ライン入った」韓国拿捕の元乗組員の劣悪抑留生活 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「竹島は日本の領土」 松江で国民交流会 韓国見解を論破 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政務官、5年連続出席=「竹島の日」で記念式典―島根県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島資料室を視察する務台政務官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「竹島の日」式典に政務官出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府が「竹島の日」記念式典に務台俊介政務官派遣 閣僚派遣見送り菅義偉官房長官、韓国への配慮否定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島の日式典に政務官派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

島根県が冊子「知っておくべき竹島の真実」を発刊
産経新聞 2/24(金) 7:55配信

 ■創刊号は「安龍福の供述と竹島問題」

 「竹島」(島根県隠岐の島町)に関する問題点をシリーズで紹介する冊子「知っておくべき竹島の真実」を、島根県が創刊する。創刊号は、県竹島問題研究顧問の下條正男・拓殖大教授が「安龍福の供述と竹島問題」のテーマで執筆。県内外の主要書店で近く発売される。

 韓国の不法占拠が続く竹島の領土権確立に向け、多くの人たちに竹島について知ってもらおうと、県竹島対策室が冊子シリーズの発行を企画。竹島をめぐるさまざまな問題点について、できるだけ分かりやすく説明し、誰でもさらりと読める書籍を目指した。

 創刊号では、韓国が「17世紀末、独島(竹島の韓国名)が朝鮮領であると日本に認めさせた国民的英雄」と位置付ける漁民の安龍福を取り上げた。

 韓国が竹島領有の根拠とする安の供述が「偽証」であることを、歴史資料などで立証。下條教授は「日韓関係の急激な悪化は、韓国政府が『李承晩ライン』で竹島を強引に韓国領としてから。竹島問題の解決が、新しい日韓関係の始まりになる」と結んでいる。

 A5判、本文31ページで2500部を発行。1部500円。

 次号以降も、研究顧問や県竹島問題研究会の委員経験者らを中心とした竹島問題の専門家に執筆を依頼する予定。これまでの研究成果の蓄積や、過去に開催した講演会の採録なども検討したいとしている。


米軍地図に「Take」表記 大戦中使用、島根県へ寄託
産経新聞 2/23(木) 7:55配信

Take
米国製作の地図。中央に「Take」の表記が見える(写真:産経新聞)

 先の大戦中、米国が竹島(島根県隠岐の島町)について「Take」と表記した地図が見つかり、島根県に寄託されていたことが22日、分かった。当時、日本の統治下にあった朝鮮半島について、この地図では「鬱陵=Utsuryo」など元の表記を日本語読みした地名の記載が大半。竹島の呼称が一般化していたことを示す資料といえそうだ。

 島根県竹島対策室によると、地図は、米国軍が戦時中の1945(昭和20)年5月に製作した布製の航空図「エスケープマップ(脱出地図)」(83×78センチ)。日本侵攻に参加するパイロットらが遭難したり撃墜されたりした際に使用するよう携帯させた。400万分の1の縮尺で、一方の面には日本と南シナ海、もう一方の面には東シナ海が描かれ、季節ごとの風向きが異なる色で図示されている。竹島問題の研究者が大阪府内の古書店で見つけ、島根県に寄託した。

 地図では鬱陵島や済州島は「Utsuryo」「Saishu」と表記されているが、竹島は「Take」と記載。少なくとも当時の米国側に、この島は韓国が主張する「独島」だという認識はなかったとみられる。島根県竹島問題研究顧問の下條正男・拓殖大国際学部教授(日本史)は「『独島』という呼称が、当時の米国には認識されていなかったということ。こうした事実の積み重ねが、竹島が日本固有の領土であることの立証につながる」と話している。


島根県が「竹島の日」式典…内閣府政務官が出席
読売新聞 2/22(水) 19:49配信

 島根県は22日、「竹島の日」(2月22日)に合わせて松江市で記念式典を開いた。

 政府は、務台俊介内閣府政務官を式典に派遣し、韓国が領有権を主張する同県の竹島について、「日本固有の領土」との立場を明確にした。

 務台氏は式典で、「竹島は歴史的事実に照らしても国際法上も明らかに我が国固有の領土だ。問題の解決は、我が国の主権にかかわる極めて重要な課題だ」と強調した。政務官出席は5年連続となった。

 式典には、自民党の細田総務会長ら国会議員を含む約460人が出席。島根県の溝口善兵衛知事は、「最近、韓国の国会議員による竹島上陸など、竹島の占拠を既成事実化しようとする動きが強い。政府には韓国側のこうした動きに毅然(きぜん)とした姿勢で対応することを強く望む」と述べた。


式典であいさつする務台政務官
時事通信 2/22(水) 17:27配信

412
島根県の「竹島の日」記念式典であいさつする内閣府の務台俊介政務官=22日午後、松江市


少女像「問題複雑化させ遺憾」=「竹島の日」式典で政務官―島根
時事通信 2/22(水) 17:17配信

 島根県が竹島(隠岐の島町)の領有権確立を目指して条例で定めた「竹島の日」の記念式典が22日、県などの主催により松江市内で開かれた。

 政府代表として出席した内閣府の務台俊介政務官はあいさつで、韓国で竹島に慰安婦を象徴する少女像を設置する動きが出ていることに触れ、「問題をさらに複雑化させ極めて遺憾だ」と述べた。その上で「竹島はわが国固有の領土。韓国に日本の主張をしっかり伝える」と強調した。

 式典は今年で12回目で、460人が参加。政務官の出席は5年連続で、政務官を含め国会議員12人が出席した。

 溝口善兵衛知事もあいさつし、「県として今後も県民や国民への啓発に努めるとともに、調査研究を進めていく」と語った。


竹島の日、迎えるたびに怒り 「李ライン入った」韓国拿捕の元乗組員の劣悪抑留生活
産経新聞 2/22(水) 15:03配信

411
抑留当時に撮影された写真を見ながら収容所での生活を振り返る小川岩夫さん(写真:産経新聞)

 韓国による竹島の不法占拠は、1952(昭和27)年の「李承晩ライン」宣言が出発点だ。この線を越えたとの理由で昭和29年11月、乗っていた漁船が拿捕(だほ)され、韓国で約8カ月の抑留生活を強いられた元漁船乗組員の小川岩夫さん(78)=松江市=は、「竹島の日」を迎えるたびに怒りがこみ上げる。

 バリバリバリ-。29年11月、島根県浜田市の底引き漁船「第2大和丸」に乗り、長崎・対馬沖で漁の準備をしていた小川さん。韓国警備艇の激しい銃声を聞き、慌てて船内に逃げ込んだ。網でつながった「第1大和丸」ともども拿捕された。

 中学卒業後の29年8月、船に乗り始めて数度目の航海。釜山港で船から降ろされると、海洋警察へ。検事局に連行されて取り調べを受けた。「『李ラインに入ったか』と聞かれたが、15歳で下っ端の私が李ラインなど知るはずもなかった」

 留置場を経て刑務所に収監。刑務所内は劣悪な環境で、わらの布団と毛布が与えられただけで、厳しい寒さが体にこたえた。8畳ほどの板間に21人が詰め込まれて、すし詰め状態で「部屋の隅に排泄(はいせつ)用の樽(たる)が置かれ、最年少者の私はそれを抱きかかえる形で寝なければならなかった」ことがつらかった。

 20日ほどが過ぎ、小川さんを含めた数人の乗組員は郊外の収容所に移った。食事は、石が交じった丸麦のご飯と岩塩を溶いた湯。ここでも毛布1枚しかなく寒くてたまらず、男同士で体を寄せ合い震えていた。わずかな楽しみは、近所なら自由に外出できたことだった。30年6月に釈放されるまでの8カ月間で風呂に入ったのは1度だけ。日本政府の接触はなく、「帰国後、政府からは抑留期間中の日当として1日千円分が出ただけ。ほかの補償やわびもなかった」。

 小川さんはその後も漁に出た。31年4月には、浜田から一緒に出漁した船が拿捕され、五島列島付近まで一目散に逃げたこともあった。平成2~5年頃は、かにかご漁船に。漁場までは竹島付近を通るルートで、「ヘリポートや警備の隊員が日なたぼっこをする姿などがよく見えた」と振り返る。

 国が記念日を定め、式典を主催する北方領土。米トランプ政権に対しても「日米安保の対象」と言質を取り付けた尖閣諸島-。これらに比べ、島根県主催の記念式典で首相や閣僚の出席もなく、領土権の確立に向けて有効な手立てを打ち出せていない竹島に対する国の姿勢はあまりに冷淡だ-と嘆く。「拿捕当時、政府が真剣に交渉していたら、抑留生活も無駄じゃなかったのに」。抑留体験者が高齢化し、生存者も少なくなる中、語り継いでいく必要性を痛感している。


「竹島は日本の領土」 松江で国民交流会 韓国見解を論破
産経新聞 2/22(水) 15:01配信

410
「竹島の日」に開催された竹島問題を語る国民交流会=22日午前、松江市(山田哲司撮影)(写真:産経新聞)

 島根県が制定した「竹島の日」の22日、記念式典に先立って「竹島問題を語る国民交流会」が松江市の県民会館で開かれた。韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり日本側が駐韓大使を一時帰国させたり、韓国の政治家が竹島に慰安婦像の設置を目指す動きをみせたりするなど、日韓関係が厳しい状況に陥るなかで迎えたこの日。韓国の不法占拠が続く竹島の現状について、地元の住民や団体の代表者らと国会議員や地方議員が、討議を繰り広げた。

 島根県議会の「竹島領土権確立議員連盟」(竹島議連)が昨年に続いて開催し、今回で2回目。超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(領土議連)の3人をはじめ、竹島議連の県議や竹島が所属する隠岐の島町の住民ら約130人が参加した。

 領土議連会長の新藤義孝元総務相は、昨年8月15日に竹島へ上陸した韓国の国会議員らに送付した公開質問状の内容を、韓国側が自国領とする根拠などを交えて紹介した。

 新藤氏は「韓国側が『第二次大戦終了後、竹島は自国領に戻った』と主張する根拠は」など7項目の質問と、「サンフランシスコ平和条約に基づき、日本から分離される韓国領には独島(竹島の韓国名)が含まれる」など質問に対する過去の韓国政府の見解を説明。それらがいずれも歴史的事実や国際法上正しくないことを浮き彫りにした上で、「こちらの主張が『違う』と言うなら、ぜひ一緒に勉強し、話し合おう」と韓国側に呼びかけた。

 このあと、グループに分かれて討議。漁師の父親が戦後に1度だけ竹島近海での試験操業に参加したという漁業、佃諭(つくだ・さとる)さん(70)=同県隠岐の島町=は「竹島周辺では潮が速かったこと、大きなアワビやワカメがとれたことなどを父がよく話していた。早く、日本の領土といえる状態になってほしい」と訴えた。

 県主催の記念式典は、同日午後1時半から、県民会館で開催。政府は務台俊介内閣府政務官を派遣、政務官の出席は5年連続となる。領土議連や地元選出の国会議員も参加し、溝口善兵衛知事らが竹島の領土権を早期に確立するよう政府に求める。


政務官、5年連続出席=「竹島の日」で記念式典―島根県
時事通信 2/22(水) 13:35配信

 島根県が竹島(隠岐の島町)の領有権確立を目指し、条例で定めた「竹島の日」の12回目の記念式典が22日、県などの主催により松江市内で開かれた。

 式典には政府代表として内閣府の務台俊介政務官が出席。政務官の出席は2013年から5年連続で、韓国の反発も予想される。

 式典には国会議員や県議会議員、県民ら約500人が参加する予定。務台政務官の他、溝口善兵衛県知事や、地元選出の細田博之自民党総務会長らがあいさつする。有識者による講演もある。


竹島資料室を視察する務台政務官
時事通信 2/22(水) 11:32配信

409
「竹島の日」記念式典への出席に先立ち、島根県の竹島資料室を視察する内閣府の務台俊介政務官(右)=22日午前、松江市


「竹島の日」式典に政務官出席
ホウドウキョク 2/21(火) 17:16配信

「竹島の日」式典に、内閣府政務官が出席する。
菅官房長官は、「竹島の日記念式典に、政府から海洋政策領土問題担当の務台(むたい)俊介内閣府大臣政務官を出席させます」と述べた。
菅官房長官は、22日に島根県で開かれる「竹島の日」式典に務台内閣府政務官を派遣することを発表した。
菅長官は、大臣や副大臣ではなく、政務官の式典への出席は、日韓関係への配慮ではないとしたうえで、「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も、明らかにわが国固有の領土である」と、日本の政府の立場を強調した。


政府が「竹島の日」記念式典に務台俊介政務官派遣 閣僚派遣見送り菅義偉官房長官、韓国への配慮否定
産経新聞 2/21(火) 12:08配信

 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、島根県などが主催する22日の「竹島の日」の記念式典に務台俊介内閣府政務官を派遣すると発表した。同県が求めている安倍晋三首相や関係閣僚の出席は今回も見送られた。記者から「日韓関係への配慮か」と問われた菅氏は「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかにわが国固有の領土だ」と指摘。その上で「記念式典を含め竹島問題に関する対応はあくまでわが国独自で判断を行うものだ」と述べ、韓国への配慮を否定した。

 また、「領土・主権は国の基本であり、今後とも引き続き、国内外への発信・啓発を努めていきたい」と強調した。


竹島の日式典に政務官派遣
時事通信 2/21(火) 11:18配信

 政府は21日、島根県が22日に開催する「竹島の日」記念式典に務台俊介内閣府政務官を派遣すると発表した。

 政務官の出席は5年連続となる。菅義偉官房長官は記者会見で「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかにわが国固有の領土だ」と強調した。

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・11

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

5番目の記事
6番目の記事
7番目の記事
8番目の記事
9番目の記事
10番目の記事

リンク:ドアン・ティ・フォン容疑者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:シティ・アイシャ容疑者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:犯行後、体に「痛み」と供述=実行役の女2人―金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>北朝鮮大使館員が主導 警察出頭を要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害への関与が疑われる3人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の孤立深まる=容疑者処遇でマレーシアと対立―金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、拘束中の3人の釈放要求 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア当局、北朝鮮当局者ら2人の行方追う 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害に「北朝鮮大使館員が関与」 マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮とマレーシア、亀裂は決定的 大使館書記官と国営航空職員を「容疑者」認定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の組織的犯行濃厚=警察、2等書記官の聴取要求―大使館反発・金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:亡命政権構想、自制を=正男氏殺害の要因に? ―韓国政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺、北大使館員ら2人関与 マレーシア警察が新たに指名手配 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア警察「容疑者の引き渡し求める」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、北朝鮮大使館職員ら2人も容疑者に=マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北大使館員ら正男氏殺害に関与…マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>北朝鮮大使館員関与か…追跡3人の1人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、女2人は「毒物使った襲撃と認識」 マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯の女2人、勾留延長へ…正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮大使館員関与か=マレーシア警察、4人引き渡し要求―金正男氏事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏刺客を警戒。立ち寄り先の監視カメラを妨害、入り口付近には見張り役 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男殺害 実行犯の女2人「手に痛みや頭痛で男と口論」と供述 地元紙報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の「身元、医学的にまだ確認できていない」 マレーシア政府の「説明」後退? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ジャカルタの北料理店、スパイ拠点か…捜査へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:4容疑者、犯行50分後には出国 正男氏息子の動向焦点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 第2攻撃班・見届け班分担 逃走工作員4人、周到に準備 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏マカオ宅、消えた家族 中朝の特別な接点 隣人「何も話せない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北の“ウソ”崩すカギ マレーシア、正男氏息子のDNA鑑定熱望 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>インドネシア関係悪化も 容疑者に渡航歴 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>逮捕の女、ジャカルタで予行か 1月訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正恩、兄に政権の座を奪われることを察知か? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏遺体安置の病院騒然…息子が確認に来た!?情報錯綜、特殊部隊出動も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の息子・ハンソル氏は平壌生まれ21歳、高校時代は金髪ピアスも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ハンソル氏はどこ? =正男氏息子、情報錯綜―マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ドアン・ティ・フォン容疑者
時事通信 2/22(水) 21:41配信

963
金正男氏殺害事件の実行犯とされる、ベトナム人のドアン・ティ・フォン容疑者=マレーシア警察提供


シティ・アイシャ容疑者
時事通信 2/22(水) 21:41配信

962
金正男氏殺害事件の実行犯とされる、インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者=マレーシア警察提供


犯行後、体に「痛み」と供述=実行役の女2人―金正男氏殺害
時事通信 2/22(水) 20:50配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアの中国語紙・中国報は22日、実行犯とされる女2人が警察の調べに対し、犯行後、体に痛みが出たと供述したと伝えた。

 
 一部報道の防犯カメラ映像によると、自動チェックイン機の正男氏を女2人が襲い、その場を立ち去るまでわずか2秒ほど。中国報によれば、2人は男の指示でクリームのようなものを正男氏に塗り付けた。その後、手にヒリヒリした痛みを覚えたため男に問いただすと、男から「すぐにトイレで手を洗うよう」言われ、口論になったという。

 2人のうちベトナム人のドアン・ティ・フォン容疑者は、犯行現場を立ち去った後に乗ったタクシーの中で頭痛を感じ、ホテルに戻ると深い眠りに落ちたとも供述。「私たちは金正男氏のことを知らず、殺害するつもりはなかった。本当にいたずらだと思っていた」と主張しているという。

 ただ、マレーシア警察は、2人がショッピングセンターなどで「繰り返し予行演習をしていた」と指摘し、毒物を扱うことを認識していたと強調。「いたずら番組のため」という供述を一蹴している。


<金正男氏殺害>北朝鮮大使館員が主導 警察出頭を要請
毎日新聞 2/22(水) 20:29配信

 【クアラルンプール平野光芳、林哲平】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察のカリド・アブバカル長官が22日、記者会見し、追跡している3人の重要参考人のうち2人は、在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官(44)と高麗航空のキム・ウクイル職員(37)だと明らかにした。この2人はマレーシア国内にとどまっており、北朝鮮大使館を通じて出頭を求めているという。現役外交官の関与が浮上したことで、北朝鮮による国家ぐるみの犯行だった疑いが濃くなった。

 警察が別に指名手配している男4人の北朝鮮人容疑者について、カリド長官は「既に北朝鮮に到着している」と明言し、22日に北朝鮮大使館を通じて身柄の引き渡しを求めたことを明らかにした。北朝鮮が国家として事件に関与したかは「コメントしない」とした。

 一方、現地の華字紙・中国報(電子版)は2等書記官について、事件全体を監督し、連絡役も兼ねた主導的人物と警察が見ていると報じた。また、高麗航空職員は、4人の北朝鮮人容疑者の逃亡を手助けした疑いが持たれているという。

 実行犯として逮捕されたインドネシア人の女とベトナム人の女について、カリド長官は、素手で正男氏の顔に液体状の毒物を塗りつけていたと説明した。2人がテレビのいたずら番組の撮影だと思い込んでいたとの見方もあるが、カリド長官は「撮影や遊びではない」と否定。2人に正男氏に危害を加える意図があったとの見方を示した。

 また、遺体の身元確認のため、警察はDNA鑑定が必要として家族との接触を試みているが、現段階では連絡がとれていないという。正男氏の息子の金ハンソル氏が遺体が安置されているクアラルンプールを訪れているとの一部報道については「うわさだ」と否定した。

 一方、マレーシア警察の会見を受け、在マレーシア北朝鮮大使館は22日、「捜査は北朝鮮市民への疑惑だけを標的にしており、北朝鮮の主権を侵害している」とする声明を発表した。


正男氏殺害への関与が疑われる3人
時事通信 2/22(水) 19:48配信

960
金正男氏殺害事件への関与が疑われる(左から)北朝鮮国籍リ・ジウ氏、高麗航空職員キム・ウギル氏、在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官の防犯カメラ映像(上段)と顔写真=マレーシア警察提供


北朝鮮の孤立深まる=容疑者処遇でマレーシアと対立―金正男氏殺害
時事通信 2/22(水) 19:28配信

 【ソウル時事】マレーシア警察が22日、金正男氏殺害に北朝鮮大使館員が関与していたなどと発表したことで、容疑者の扱いをめぐって北朝鮮と友好国マレーシアとの対立は決定的となった。

 北朝鮮が国際社会から「テロ国家」と見なされ、孤立をさらに深めるのは必至。米議会では、北朝鮮をテロ支援国に再指定すべきだという声も出ており、韓国政府は再指定に向け、米政府への働き掛けを強めるとみられる。

 マレーシア警察は、関与が疑われる大使館員らとの接触や、北朝鮮に戻ったと考えられている容疑者の引き渡しを求めた。これに対し、北朝鮮大使館は声明で、捜査結果には根拠がないと反論し、拘束中の容疑者の釈放を要求。マレーシア政府は既に北朝鮮駐在大使を召還しており、対立は長期化しそうだ。


北朝鮮、拘束中の3人の釈放要求 金正男氏殺害
CNN.co.jp 2/22(水) 18:58配信

クアラルンプール(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシアと北朝鮮は事件の捜査をめぐって対立を深めている。

在マレーシア北朝鮮大使館は22日、マレーシア当局の捜査は北朝鮮の主権に対する侮辱だとする声明を出し、拘束中の3人を釈放するよう要求した。

ナジブ首相は21日、「犯罪の真相を明らかにするのは我々の責務で、北朝鮮はそれに協力するべきだ」「マレーシアは現在も今後も、他国の手先にはならない」と強調していたた。

マレーシア警察はこれまでに北朝鮮国籍の男(46)と、実行犯とされるベトナム国籍の女(28)、インドネシア国籍の女(25)を拘束し、拘置期間の延長を求めている。さらに一方の女の交際相手(26)も拘束されたが、22日中に保釈される見通しだ。

インドネシア警察によると、同国籍の女はテレビのお笑い番組の撮影と思い込んで正男氏を襲ったと供述している。

しかしカリド警察長官は防犯カメラの映像などから、女2人が犯行の手口に熟練していたとの見方を示した。また2人が直後にトイレで手を洗いに行ったのは「毒物と知っていたから」だと述べ、供述の内容に疑問を呈した。

マレーシアの警察は、遺体の身元を正式に確定するために近親者のDNAサンプルが必要だと主張している。正男氏の息子のハンソル氏がマレーシア入りしたとの情報も流れたが、カリド長官はこれを改めて否定し、近親者が現れた場合は警察が護衛に当たると述べた。

マレーシア当局によれば、正男氏の遺体安置所に何者かが侵入を図ったことを受けて警備が強化された。


マレーシア当局、北朝鮮当局者ら2人の行方追う 金正男氏殺害
CNN.co.jp 2/22(水) 18:45配信

クアラルンプール(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件を調べているマレーシア当局は22日、すでに手配、拘束している容疑者らに加え、北朝鮮大使館員ら2人に事情聴取を求めていることを明らかにした。

カリド警察長官が同日の記者会見で語ったところによると、1人は在マレーシア北朝鮮大使館の職員、もう1人は北朝鮮の航空会社、高麗航空の従業員で、2人とも現在マレーシア国内にいるとみられる。同長官は、本人が名乗り出なければ逮捕状を取るとの構えを示した。

マレーシア当局はこのほかにも北朝鮮国籍の5人を追っている。そのうち4人の男は、犯行現場で実行犯に毒物を渡したとされる容疑者だ。当局は4人がすでに平壌に戻っているとみて北朝鮮に身柄の引き渡しを求めたが、北朝鮮側は応じていない。

残る1人は30歳の男で、マレーシア国内にとどまっているとみられる。北朝鮮からは、この人物の捜索についても協力の申し出がないという。

カリド長官はまた、正男氏の遺体安置所に何者かが侵入を図ったことを受け、警備を強化したと述べた。侵入しようとしたグループの身元は分かっていると話す一方で公表は拒否し、北朝鮮出身者かという質問にも答えなかった。

北朝鮮側との共同捜査はあり得るかという質問には、「我々の管轄外だ」と答えた。


金正男氏殺害に「北朝鮮大使館員が関与」 マレーシア警察
BBC News 2/22(水) 17:30配信

961
金正男氏殺害に「北朝鮮大使館員が関与」 マレーシア警察

マレーシア警察は22日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党書記長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が今月13日にクアラルンプール空港で殺害されたことに関連し、北朝鮮大使館員の行方を追っていると明らかにした。

マレーシア警察はまた、金正男氏が空港で2人の女性によって毒物を顔に塗りつけられ死亡したという経緯を確認した。

殺害に北朝鮮政府が関わったという憶測が広がっているものの、北朝鮮の康哲(カン・チョル)駐マレーシア大使は強く否定している。

マレーシア警察のカリド・アブ・バカル長官は記者会見で、3人の北朝鮮国籍の容疑者の行方を追っており、容疑者らは依然としてマレーシア国内にいるとみられると述べた。

警察当局が行方を追っているのは、北朝鮮大使館のヒョン・ガンソン2等書記官と国営高麗航空職員のキム・ウクイル容疑者、リ・ジウ容疑者の3人。

バカル長官は、警察がヒョン書記官ら容疑者たちの事情聴取を求める書簡を康大使に送ったことを明らかにし、大使が協力しなかった場合には、「我々のもとに来なくてはならないようにする」と述べた。

バカル長官はまた、このほかに北朝鮮籍の容疑者4人がすでに帰国していると述べた。もう一人の北朝鮮人、リ・ジョンチョル容疑者は逮捕された。

さらに、インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者とベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者が拘束されている。

金正男氏が襲われる様子をとらえた映像が報道されるなど、殺害状況をめぐる推測が広がるなか、バカル長官は、2人の女性容疑者が素手で毒物を金氏の顔に塗りつけて、現場を去ったと語った。

映像からは、女性1人が金氏とみられる男性に近付いた後、もう一人の女性が後ろから男性の顔をつかむ様子が確認できる。

インドネシア当局は、シティ・アイシャ容疑者はいたずらを仕掛けるテレビ番組に出演していると思っていたと語っている、と明らかにしていたが、バカル長官は、2人の容疑者は扱っているのが毒物だ知らされており、「手を洗うよう」明確な指示を受けていたと述べた。

同長官はさらに、女性たちがクアラルンプール市内のショッピングセンターで何度か練習していたと語った。

当局は依然として遺体の検視の結果を待っている状況で、遺族らにはDNAサンプルの提供を求めている。

北朝鮮は遺体の引き渡しを要求しており、マレーシア当局が司法解剖を行うことにも強く反対していた。

マレーシア政府は、国内で起きた死亡事件のため捜査する必要があるとしている。

北朝鮮とマレーシアはこれまで良好な外交関係を築いていたが、今回の事件を受けて両国関係には摩擦が生まれている。

(英語記事 Kim Jong-nam killing: Malaysia seeks North Korea embassy official)


北朝鮮とマレーシア、亀裂は決定的 大使館書記官と国営航空職員を「容疑者」認定
J-CASTニュース 2/22(水) 17:25配信

 金正男氏(45)の暗殺事件は、これまで友好関係を保ってきたマレーシアと北朝鮮の間に決定的な亀裂を生むことになりそうだ。マレーシアの警察当局が2017年2月22日に開いた会見で、事件に関与した疑いがあるとして、新たに大使館と国営航空会社の職員の行方を追っていることを明らかにしたからだ。

 事件の背後に北朝鮮の工作員が関与しているかについては「捜査中」として言及をさけたが、政府機関関係者を容疑者として名指ししたことは、北朝鮮当局が事件に関与していること示唆しているとも言える。

■2人はまだマレーシアにいる

 新たに容疑者として浮上したのは、在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官、ヒョン・グァンソン容疑者(44)、国営高麗航空の職員、キム・ウクイル容疑者(37)。会見したマレーシア警察のカリド・アブ・バカル長官によると、2人はまだマレーシアに滞在しているといい、北朝鮮大使館に対して、速やかに2人の事情聴取を認めるように要請していることを明らかにした。もし北朝鮮大使館の協力が得られなければ

  「強制的にやらざるを得ない」

とも話した。

実行犯は「計画的犯行で、訓練を受けていたと確信」
 すでに拘束されている実行犯の2人の女については、犯行時に正男氏の顔に塗りつけた物質が毒物だと認識していたかどうかについて、犯行後に急いでトイレに手を洗いに行ったことなどを理由に

  「もちろん知っていた」

と断言。

  「計画的犯行で、訓練を受けていたと確信している」

と話した。記者の

  「北朝鮮は共同捜査を提案している。受け入れるか」

との質問には

  「ノー。これは我々の責務だ」

と即答した。

 北朝鮮側は、正男氏の遺体がマレーシア側から引き渡されないことに不満を募らせており、駐マレーシアのカン・チョル北朝鮮大使は、マレーシア側の対応を「不公正」で、調査には「政治的狙いがある」などと非難。これに対してナジブ・ラザク首相は2月21日の会見で、

  「大使の発言は、外交的に失礼だとみなされる」

と強い不快感を示し、北朝鮮も

  「事実関係の究明に協力すべき」

だとしていた。


北朝鮮の組織的犯行濃厚=警察、2等書記官の聴取要求―大使館反発・金正男氏殺害
時事通信 2/22(水) 17:14配信

960
金正男氏殺害事件への関与が疑われる(左から)北朝鮮国籍リ・ジウ氏、高麗航空職員キム・ウギル氏、在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官の防犯カメラ映像(上段)と顔写真=マレーシア警察提供

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件は、北朝鮮大使館員が関与した疑いが浮上したことで、北朝鮮による組織的犯行である可能性が一段と高まってきた。

 マレーシア警察は22日、事件に関連して行方を追っていた身元不明の男2人を特定し、うち1人が在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)と公表。2人からの事情聴取を大使館に求めていることを明らかにした。

 警察によると、身元が判明したもう1人は、北朝鮮の高麗航空職員キム・ウギル氏(37)。2人ともマレーシア国内にいるとみられるという。現地の中国語紙・東方日報(電子版)は消息筋の話として、警察が監視カメラの映像を使って追跡した結果、2人が大使館に入ったまま出てきていないことを確認したと伝えた。

 記者会見したカリド警察庁長官は「大使館がわれわれに協力し、速やかに事情聴取できることを期待している。でなければ、強制的にわれわれのところに来てもらうことになる」と述べ、強制捜査も辞さない姿勢を示した。

 長官は今回身元を特定した2人と事件との具体的なつながりを明らかにしなかったが、中国語紙・中国報(電子版)は、警察は2等書記官を事件の「黒幕」とみていると報道。高麗航空職員については、既に出国した北朝鮮国籍の4人の容疑者の逃亡を手助けした疑いが持たれているという。


亡命政権構想、自制を=正男氏殺害の要因に? ―韓国政府
時事通信 2/22(水) 15:04配信

 【ソウル時事】韓国統一省報道官は22日の記者会見で、北朝鮮脱出住民の団体が亡命政権樹立構想を推進していることについて「望ましくない」と批判、自制を求めた。

 ロンドンを拠点とする団体「国際脱北民連帯」の幹部は韓国メディアとのインタビューで、故金正日総書記の長男、金正男氏を亡命政権の指導者として迎え入れるため、接触していたことを明らかにしていた。これが殺害の要因になったのではないかという見方も出ている。

 この団体は、金総書記の異母弟、金平一・駐チェコ大使とも接触を図り、亡命政権参加を求めている。このため、大使の身に危険が及ぶ恐れがあると憂慮する声もある。


金正男氏暗殺、北大使館員ら2人関与 マレーシア警察が新たに指名手配
産経新聞 2/22(水) 15:00配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、マレーシア警察のカリド・アブバカル長官は22日の記者会見で、在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官と北朝鮮国営「高麗航空」の職員の2人が新たに関与した疑いがあるとして、指名手配したことを明らかにした。警察当局は2人がマレーシア国内にとどまっているとして、大使館に2人の聴取を要求した。北朝鮮による組織的犯行の疑いが強まった形だ。

 マレーシア警察によると、新たに容疑者として発表されたのは北朝鮮大使館2等書記官、ヒョン・グァンソン容疑者と、高麗航空職員、キム・ウクイル容疑者の2人。

 この事件では実行犯とされる女2人と北朝鮮籍の男1人が逮捕され、別の男4人が逃亡しているが、この7人以外にも殺害に関与していたことが明らかになり、北朝鮮側が大規模な犯行グループを組織していた可能性が高い。

 海外に逃亡した4人について、長官はすでに北朝鮮に帰国したと確信していると強調し、北朝鮮側に身柄の引き渡しを要求すると述べた。その上で、北朝鮮大使館が「まったく捜査に協力しない」と強く批判した。

 また、実行犯のインドネシア国籍とベトナム国籍の女2人については、事前に何度か練習し、毒物と認識した上で犯行に及んだと指摘した。マレーシアの中国語紙、中国報の報道によれば、女2人は警察の調べに対し「いたずらビデオの撮影だと思っていた」「毒とは知らなかった」などと供述。「いたずらをした後、熱くてヒリヒリする刺すような痛みを感じた」「男が私たちに『トイレに行って手を洗え』と言った」とも語り、口論になっていたと説明したとされていた。

 長官は、正男氏の息子のハンソル氏が入国したとの報道については「噂にすぎない」と否定した。


マレーシア警察「容疑者の引き渡し求める」
ホウドウキョク 2/22(水) 14:43配信

マレーシア警察のカリド・アブバカル長官は22日、記者会見を行い、金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件の北朝鮮国籍の容疑者らが、すでに帰国したとみられるとして、北朝鮮側に身柄の引き渡しを求めた。


金正男氏殺害、北朝鮮大使館職員ら2人も容疑者に=マレーシア警察
ロイター 2/22(水) 13:31配信

[クアラルンプール 22日 ロイター] - マレーシア警察は22日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が13日にクアラルンプールで殺害された事件について、北朝鮮大使館の職員と高麗航空の関係者を容疑者として特定したと発表した。

カリド・アブバカル長官は会見で、容疑者は2人とも国内にいると話した。大使館職員は2等書記官だという。

長官は「2人は拘留されておらず、事情聴取のため協力を求めている」ことを明らかにし、事件当日に出国した他の4人の容疑者については、すでに平壌に到着したと「確信している」と述べた。

警察は前週、北朝鮮国籍の男1人と、実行犯のインドネシア国籍およびベトナム国籍の女2人を逮捕している。

長官は、実行犯の女2人は毒物の入った液体で金正男氏の顔をふいたと説明。「2人は毒物だと認識していた。何の毒物かは特定できていない」と述べた。「犯行は素手で行われた」といい、その後で手を洗うよう指示されていたという。


北大使館員ら正男氏殺害に関与…マレーシア警察
読売新聞 2/22(水) 13:30配信

 【クアラルンプール=田中洋一郎、児玉浩太郎】マレーシア警察のハリド長官は22日午前、クアラルンプールの警察本部で北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)の殺害事件について記者会見した。

 国外逃亡した男4人とは別に追跡中の北朝鮮国籍の男3人のうち、2人は在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官と高麗航空職員だと発表した。大使館職員の関与が明らかになり、北朝鮮の国ぐるみの犯罪であることが浮き彫りになった。事件当日に国外逃亡した北朝鮮国籍の男4人についてはすでに帰国したとみて、北朝鮮側に身柄の引き渡しを要求すると明らかにした。

 マレーシア警察の記者会見は2回目。

 ハリド長官が新たに身元を特定したのは、いずれも北朝鮮国籍で、北朝鮮大使館2等書記官ヒョン・クァンソン(44)、高麗航空職員のキム・ウキル(37)の両容疑者。既に名前を公表していたリ・ジウ容疑者(30)も含め、3人ともマレーシア国内にいるとみられるという。


<金正男氏殺害>北朝鮮大使館員関与か…追跡3人の1人
毎日新聞 2/22(水) 13:19配信

 【クアラルンプール平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシアの警察長官が22日記者会見し、追跡中の3人の重要参考人のうち1人が、在マレーシア北朝鮮大使館2等書記官のヒョン・グァンソン(44)という人物だと明らかにした。1人は高麗航空職員のキム・ウクイル(37)という人物という。2人はマレーシア国内にとどまっており、警察は大使館などを通じ出頭を求めている。北朝鮮の組織的犯行の可能性が一層強まった。

 ◇容疑者4人の引き渡し要求

 警察によると、平壌に到着しているとみられる4人の北朝鮮国籍の容疑者について、22日に身柄引き渡しを要求した。警察は北朝鮮が国家として事件に関与したかは「コメントしない」とした。

 逮捕された2人の実行犯の女については、テレビ番組の収録と思い込んでいたとは考えられず、毒物と分かり所持していたとの見方を示した。

 また、遺体の身元確認のため、警察はDNA鑑定などが必要として家族との接触を試みているが、現段階では連絡がとれていないという。

 インドネシア人の女の容疑者の友人で逮捕されたマレーシア人の男は釈放したという。

 3人の重要参考人のうち1人は北朝鮮籍と発表されていた。


金正男氏殺害、女2人は「毒物使った襲撃と認識」 マレーシア警察
AFP=時事 2/22(水) 13:17配信

960
マレーシア警察が公開した、北朝鮮籍の容疑者らの写真のコンボ画像。上段は監視カメラなどの映像、下段はパスポート仕様の写真。(左から)リ・ジウ容疑者、国営高麗航空職員のキム・ウギル容疑者、在マレーシア北朝鮮大使館2等書記官のヒョン・クァンソン容疑者(2017年2月22日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件で、マレーシア警察のハリド・アブ・バカル(Khalid Abu Bakar)長官は22日、マレーシアのクアラルンプール(Kuala Lumpur)で記者会見し、北朝鮮の外交官に対する聴取を要求していることを明らかにした。また、今回の事件に関連して逮捕された女2人は毒物を使った襲撃だと認識していたと述べた。

 今回の事件に関連し、マレーシア警察は既に北朝鮮国籍の容疑者5人の身元を確認しているが、さらに3人の聴取を求めている。バカル長官は記者団に対し、この3人の中には在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官と、北朝鮮の航空会社の職員が含まれていると述べた。

 バカル長官は「われわれは書面で駐マレーシア大使にこの2人に対する聴取を要求した。北朝鮮大使館がわれわれに協力し、早期の聴取を許可してくれることを期待する。そうでなければ、強制的に出頭させる」と述べた。

 マレーシア警察は身元を確認した5人は犯行に深く関与したと考えているとバカル長官は述べた。4人は事件当日に出国したが、残る1人のリ・ジョンチョル(Ri Jong Chol)容疑者はマレーシアで拘束されている。

 また、逮捕された女2人は自分たちが持っているのは毒物だと知っていたのかと記者から質問されたバカル長官は「動画を見ただろ?女は(金正男氏を襲った後で)すぐに手を洗いにトイレに行った。毒が使われたことをはっきりを認識し、手を洗う必要があったからだ」と述べた。

 バカル長官は、いずれも女性のベトナム人のドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者(28)と、インドネシア人のシティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者(25)は、事前にクアラルンプールで犯行の練習をしていたと述べた。

 バカル長官はその一方で、捜査初日に逮捕された、アイシャ容疑者のボーイフレンドとされるマレーシア国籍の男を釈放したことを明らかにしている。

 インドネシアの警察は、アイシャ容疑者は人々にいたずらを仕掛けるテレビ番組に出演していると思い込まされていたとの見方を示していた。

 一方、マレーシアの北朝鮮大使館は同日、マレーシア当局に逮捕された容疑者の女2人とリ・ジョンチョル容疑者を釈放するよう求める声明を発表。

 カン・チョル(Kang Chol)駐マレーシア北朝鮮大使は声明で、「DPRK(朝鮮民主主義人民共和国)の市民1人と同様、ベトナムおよびインドネシア出身の無実の女性たちもすぐに釈放すべき」と述べ、さらに韓国が捜査に影響を及ぼしているとの主張を繰り返した。

 またカン大使は容疑者の女らが素手で毒物を扱っていたのであれば死亡していたはずであるゆえに、女らが犯人に仕立て上げられたとも主張したが、マレーシア当局が北朝鮮の外交官に対するに聴取を要求したとの報道には触れなかった。【翻訳編集】 AFPBB News


実行犯の女2人、勾留延長へ…正男氏殺害
読売新聞 2/22(水) 12:44配信

 【クアラルンプール=田尾茂樹、児玉浩太郎】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は実行犯として逮捕した女2人について、22日で期限を迎える勾留を延長する方針を固めた。

 マレーシア紙スター(電子版)が伝えた。

 事件では、ベトナム旅券を持つドアン・ティ・フオン容疑者(28)が15日午前、インドネシア人のシティ・アイシャー容疑者(25)が16日未明にそれぞれ逮捕された。マレーシアでの勾留期限は1週間だが、延長可能で、警察は2人の殺意の有無や逃亡している北朝鮮国籍の容疑者の男4人らとの関わりなどについて、引き続き追及する必要がある、と判断したとみられる。


北朝鮮大使館員関与か=マレーシア警察、4人引き渡し要求―金正男氏事件
時事通信 2/22(水) 12:34配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は22日、事件発生以来2回目の記者会見を行い、追跡中の3人のうち1人が北朝鮮大使館勤務の2等書記官だと発表した。

 また、もう1人は北朝鮮の高麗航空職員だと明かし、北朝鮮側に対し、両者との面会を求めた。両国関係は極度に緊張する可能性がある。

 警察は19日の記者会見で、犯行直後に出国した4人に加え「北朝鮮の男リ・ジユ氏と身元確認中の男2人の計3人の行方も追っている」と発表。計7人のうち身元不明だった男2人が大使館員や航空会社職員だったことになる。

 警察はまた、出国した4容疑者は既に平壌に戻っていると「強く確信している」と断言。北朝鮮側に対し引き渡しを求めた。

 北朝鮮大使館員が事件に関わった疑いが浮上したことで、北朝鮮政府による組織的関与の見方が強まった。しかし、北朝鮮はこれまでもマレーシア当局の対応を非難してきており、マレーシア側の要求に素直に応じる可能性は低い。事件は今後、容疑者や遺体の引き渡しをめぐり、マレーシアと北朝鮮の両政府間で対立が深刻化する恐れがある。

 一方、逮捕されたベトナム、インドネシア国籍の容疑者の女2人について警察は「そろって毒物を扱うと認識していた」と説明。供述したような「いたずら番組」のためではなかったと指摘し、事前に緻密に計画された犯行だったと強調した。記者会見した警察幹部は、2人が「素手で(毒物を)扱っていた」と語り、犯行直後すぐに手を洗うよう指示されていたと述べた。


金正男氏刺客を警戒。立ち寄り先の監視カメラを妨害、入り口付近には見張り役
ホウドウキョク 2/22(水) 11:38配信

959
(画像:ホウドウキョク1)

襲撃を避けるためか、棚の陰になる隅の席に座る
突然の襲撃で命を奪われた、金正男氏。刺客の影に警戒していたとみられることが、新たにわかった。

正男氏が、数年前まで、たびたび通っていたという、クアラルンプール中心部の韓国料理店。
襲撃を避けるためなのか、棚の陰になる、隅の席に座っていたという。
そして、店の監視カメラには、奇妙な現象が起きていた。
正男氏が通っていた韓国料理店のオーナーは「金正男氏が店に来ると、監視カメラが見られなくなるの。カメラが消えるの。でも、帰るとカメラがつきます」と話した。正男氏がいる時だけ、なぜか映像が消えたという。

正男氏は、自分が店にいたことを記録されないよう、監視カメラを妨害する装置を使っていたとみられている。
さらに、警戒役とみられる女性2人を入り口付近に待たせるなど、周囲の目を気にしていたという。
こうした警戒の隙をついた、今回の大胆な犯行。

30代の若手2人は偵察総局の特殊工作員。襲撃が失敗した場合の2次攻撃要員
現場から逃走した北朝鮮籍の男4人について、韓国の国家情報院は、北朝鮮軍の偵察総局などの機関が関わった可能性が強いとの見方を示した。

また、北朝鮮の工作活動にくわしい専門家は、4人のうち30代の若手2人は、襲撃が失敗した場合の2次攻撃要員だと指摘する。
韓国・自由民主研究院のユ・ドンイル院長は「30代の容疑者2人は、偵察総局の特殊工作員だ。(女による)1次攻撃が失敗した場合の2次攻撃用に動員されたが、作戦が成功したので、すぐに国外に逃亡した」と話した。

そして、事件の首謀者である可能性があるのが、逃亡した4人のうち、最年長57歳のリ・ジェナム容疑者。

【画像参照】

マレーシアのメディアは、リ・ジェナム容疑者が、以前から朝鮮ニンジンなどを扱う貿易関係者として入国していて、ほかの容疑者を労働者として呼び寄せていたとの警察の見方を伝えている。

2014年ごろから“工作員による暗殺から、請負殺人による要人暗殺戦略”へと変更
徐々に輪郭が浮かび上がってきた、容疑者たちの役割。
この犯行グループについて、興味深い分析を、韓国の国会議員が示した。
「正しい政党」のハ・テギョン議員は、「今回の金正男暗殺グループは、自爆暗殺組まで含まれた、綿密な計画だった」と述べた。
北朝鮮の要人暗殺に関して、偵察総局出身の脱北者から聞いた話として、「2014年ごろから、海外請負殺人業者を通した要人暗殺戦略に変えた」との独自の情報を公表した。
工作員などによる暗殺から、請負殺人による暗殺へと戦略を変えたとされる、北朝鮮。
金正男氏殺害も、この暗殺戦略のもとで実行されたのか。事件は依然として、多くの謎に包まれている。


金正男殺害 実行犯の女2人「手に痛みや頭痛で男と口論」と供述 地元紙報道
産経新聞 2/22(水) 10:33配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察に逮捕された実行犯の女2人が、殺害現場の空港で毒物とみられる「クリーム」を扱ったせいで、自分たちも体調を崩し、北朝鮮籍の男の容疑者と口論になっていたことが地元紙の報道で明らかになった。

 中国語紙、中国報によれば、女2人は男たちにいたずらビデオ出演のため雇われたと証言し、殺意を否認しているとされる。警察の調べに「いたずらをした後、熱くてヒリヒリする刺すような痛みを感じた」「男が私たちにトイレに行って手を洗えと言った」と供述した。2人は指示通り手を洗ったものの、頭痛や、手の上に熱くて刺激のある痛みがあり、男に「一体、何のクリームを渡したのか。なぜ、痛い感覚が出るのか」と問い詰め、口論になったという。

 2人のうちベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者はタクシーに乗って空港を離れた際、「頭がふらふらして脳が膨張する感じがし、ホテルに帰るとすぐに横になってぐっすりと寝た」と話した。

 2人は「事前に何度か、他の人たちに空港でいたずらをしたが、男が私たちに渡した道具はおそらく普通の水だった。気分は悪くなることはなかったし、いたずらをされた人も何もなかった」と述べたという。


金正男氏の「身元、医学的にまだ確認できていない」 マレーシア政府の「説明」後退?
J-CASTニュース 2/22(水) 10:28配信

956
2人の女が暗殺したのは金正男氏だったのか(写真はフェイスブックと地元メディアより)

 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の暗殺をめぐり、マレーシア当局の説明が「後退」している。

 暗殺から3日後の2017年2月16日に副首相が開いた会見では、死亡した男性が正男氏だと断定していたが、解剖後の2月21日に開いた会見では、保健省高官が「親族の協力が得られていない」などとして身元は特定されていないと説明を一転させた。副首相は16日の段階では、「DNAから(身元を)確認したのか」という記者の質問には直接答えずに、「書類」が身元確認の根拠だと説明していた。

■「本物」の「覆面用」パスポート?

 暗殺から3日後の2月16日の記者会見で、マレーシアのアフマド・ザヒド・ハミディ副首相は、記者が

  「彼(死亡した北朝鮮人)の身元が金正男氏だと確認したということか」

と念を押したのに対して、

  「そうだ(Certainly)」

と明言。

  「DNAから?解剖から?」

と根拠を問う質問には、

  「パスポートからだ。北朝鮮大使館から提供された書類と比較した」

と応じていた。正男氏は、死亡時には「キム・チョル」名義のパスポートを持っていた。ハハミディ氏によると、偽造パスポートの可能性も調べたといい、

  「彼は2つの違う身分を持っているのだろう。おそらく、これは覆面用(undercover document)だが、本物のパスポートだ」
  「現時点では一つの身元を確認済みだ。なお調査中だ」

などと説明。北朝鮮が正男氏に対して、「キム・チョル」の名義でも「本物」の「覆面用」パスポートを発給していた可能性を指摘した。死因については

  「警察が確認し、声明を出すだろう」

とのみ述べ、踏み込まなかった。

 菅義偉官房長官は2月16日午後の記者会見で、

  「政府としては、マレーシア政府の発表をそのまま受け止めている」

と述べ、日本政府としても、正男氏が殺害されたとの認識を示していた。

死因の特定もできていない
 ところが、マレーシア保健省のヌール・ヒシャム・アブドラ事務次官が2月21日に開いた記者会見で、親族の協力が得られていないため、身元の特定には至っていないと説明。これまでのマレーシア政府の説明が後退した形だ。

 アブドラ氏によると、解剖は2月15日に6時間にわたって行われたが、アブドラ氏は

  「法医学的なサンプルは、解剖終了後すぐに警察の捜査担当者に引き渡されており、分析のために、認定された研究所に送られるだろう」
  「この分析は遺体の身元特定のために行われるもので、死因は現時点では分からない」

などと述べ、死因解明には至っていないと説明。さらに、「DNA標本、指紋、歯型はある」が、遺族からの連絡や大使館からの記録の提供がないため、

  「これら(特定作業)はすべて進んでおらず、分析もまだだ」

と話した。これに加えて、刺し傷や、針で刺したようなあとも確認できない、とした。北朝鮮のカン・チョル大使が

  「マレーシア側が死因は心臓発作だと伝えてきた」

などと主張していることについても、「証拠がない」と述べ、現時点では死因は特定できないとの立場を繰り返した。

 カン大使は、死亡したのは金正男氏ではなく、あくまで北朝鮮の外交旅券を持つ「キム・チョル」氏だと主張し、遺体の引き渡しを求めている。


ジャカルタの北料理店、スパイ拠点か…捜査へ
読売新聞 2/22(水) 9:19配信

 【クアラルンプール=池田慶太】「オーケーゾーン」などインドネシアの複数のメディアは21日、同国警察当局が、ジャカルタにある北朝鮮レストランが北朝鮮軍の対外工作機関・偵察総局のスパイ活動の拠点だった可能性があるとして捜査に乗り出すと報じた。

 インドネシアは、自国民が実行犯となった北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件を機に、伝統的友好国の北朝鮮と距離を置き始めたとみられる。

 「オーケーゾーン」は、インドネシア民放最大手「グローバル・メディアコム」が運営するインターネットニュースサイト。オーケーゾーンによると、ジャカルタ州警察の報道官は、北朝鮮レストランが「何のビジネスで、経営者は誰なのか知る必要がある」と述べた。インドネシアでは外国人の就労は規制で厳しく管理されている。同報道官はまず、許認可を調べる意向を示した。


4容疑者、犯行50分後には出国 正男氏息子の動向焦点
産経新聞 2/22(水) 7:55配信

 【クアラルンプール=岩田智雄】マレーシアで起きた金正男氏殺害事件を受け、息子のハンソル氏が検視などのため同国入りしたとの一部報道について、マレーシアの中国語紙、中国報(電子版)は21日、警察の長官が「事実でない」と話したと報じた。保健当局者も21日の記者会見で「遺族が来るのを待っている」と述べ、報道を間接的に否定した。ハンソル氏の動向が焦点となってきた。

 保健当局は会見で、遺体の検視は終えたが身元や死因は特定できておらず、近親者からの検体の提供も受けていないとした。遺体には目立った外傷は見当たらず、心臓発作で死亡したとの見方も否定した。

 マレーシア国営ベルナマ通信は、北朝鮮国籍の容疑者4人が、13日の犯行直後にインドネシアのジャカルタに出国したと報じた。

 4人は13日午前9時50分に出発。金氏殺害は午前9時ごろとされ、周到に計画された犯行の疑いが強まった。

 ロイター通信や中国報などによると、4人のうち3人は13日夜、ジャカルタからドバイ行きの便に搭乗。ドバイからロシアのウラジオストクに到着し、事件発生4日後に平壌に到着したもよう。残る容疑者1人はインドネ