« 俳優の松方弘樹氏が死去・2 | トップページ | 俳優の松方弘樹氏が死去・3 »

2017年1月24日 (火)

鳥取の大雪で一時300台以上が立ち往生 自衛隊に災害派遣要請

大雪の影響で23日午後から24日にかけて、鳥取県内の米子自動車道や国道などの幹線道路で一時300台以上の車が立ち往生した。

鳥取、岡山両県を結ぶ米子自動車道上り線の江府(鳥取)―蒜山(岡山)インターチェンジ間では、一時60台を超える車が立ち往生、西日本高速道路が車両を移動させ、24日に解消した。また鳥取自動車道では車140台が、国道373号でも車200台が一時動けなくなった。373号では24日午前11時現在、立ち往生した車により、60~100台が渋滞した。

同県の平井伸治知事は24日午前4時10分に、陸上自衛隊に災害派遣を要請。自衛隊は同県智頭町で除雪や避難所への食料輸送を行った。

リンク:<大雪>幹線道路の通行規制が全て解除 鳥取・岡山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大雪の車、立ち往生が解消…鳥取・岡山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大雪>鳥取・岡山の立ち往生解消…孤立集落も除雪進む - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔高速道路〕米子道44時間半ぶり全面解除も鳥取道は通行止めなお続く(25日11時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取で大雪!車400台18時間立ち往生 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔高速道路〕中国地方の一部区間で雪による通行止め続く(25日7時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取大雪>智頭で一時2集落孤立 岡山は新たに車立ち往生 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大雪で車、立ち往生続く=智頭町、孤立回避で除雪―自衛隊支援・鳥取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大雪 鳥取県内で一時350台以上立ち往生 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大雪 「23日から動けない」「みな疲れている」視界数メートル、膝の高さまで路面覆う…立ち往生続く鳥取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取大雪>沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取大雪>300台以上が立ち往生 陸自に災害派遣を要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:車立ち往生、鳥取県知事が自衛隊に出動要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大雪で車300台超、立ち往生=自衛隊に災害派遣要請―除雪、食料輸送・鳥取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔大雪警戒〕鳥取・大山で24時間に90cm近くの降雪 強い冬型続く(1/24) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米子道>60台が立ち往生か 雪のため  - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:雪降り続き鳥取道で30台立ち往生…一時孤立も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔米子道〕積雪に伴い一部区間を災害対策基本法に基づく車両等の移動措置実施区間に指定(1/24) - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<大雪>幹線道路の通行規制が全て解除 鳥取・岡山
毎日新聞 1/25(水) 18:21配信

 ◇幹線道路の立ち往生も25日午前に全て解消

 日本海側を中心に23日から続いた大雪で、鳥取、岡山両県の幹線道路で相次いだ車両の立ち往生は25日午前に全て解消された。車が身動きできなくなっていた国道373号や国道53号、鳥取自動車道、米子自動車道などの除雪が終わり、通行規制は同日午後1時までに全て解除された。

 一方、鳥取県智頭町では板井原集落の3世帯5人が孤立しており、県が除雪作業を進めている。【高嶋将之】


大雪の車、立ち往生が解消…鳥取・岡山
読売新聞 1/25(水) 12:06配信

106
雪が小康状態になり、除雪作業に追われる人の姿も見られた(25日午前9時7分、鳥取県智頭町で)=里見研撮影

 西日本の日本海側を中心に降った大雪の影響で、鳥取、岡山両県の幹線道路で相次いだ車の立ち往生は、25日朝までにすべて解消した。

 鳥取県智頭町では23日夜から、立ち往生した車に乗っていた人たち向けに避難所を設置し、24日も観光客ら計20人が一夜を明かしたが、周辺の渋滞が緩和されたため、25日午前10時までに全員が退去したという。ただ、冬型の気圧配置は続いており、一部で交通の乱れが続いている。

 鳥取県境に近い岡山県西粟倉村の鳥取自動車道では、24日午後3時過ぎから約30台が動けなくなっていたが、除雪作業が進み、25日午前4時過ぎに解消。同自動車道の通行止めも、午後1時に解除された。


<大雪>鳥取・岡山の立ち往生解消…孤立集落も除雪進む
毎日新聞 1/25(水) 11:03配信

104
国道373号を徐行運転するトラックの列=鳥取県智頭町で2017年1月24日午後0時42分、大西岳彦撮影

 日本海側を中心に23日から続いた大雪で、鳥取、岡山両県の幹線道路で相次いだ車両の立ち往生は25日午前、全て解消された。鳥取県智頭町では、八河谷(やこうだに)など2集落計約115世帯が一時孤立していたが、25日朝までに解消。一方で、別の板井原集落の3世帯5人が孤立していることが新たに分かり、県が除雪を進めている。

 国道373号で一時約200台が立ち往生した智頭町では24日夜、町が開放した公民館などでドライバーら約30人が過ごした。町内では25日午前4時過ぎに氷点下8.8度を観測。23日夜から公民館で2泊した鳥取市の大学職員、神原本子(もとこ)さん(32)は、長女(1)ら家族4人で大阪市から帰宅中に立ち往生に巻き込まれ、「子供が小さいので身の危険を感じた」と振り返った。車内で身動きがとれない間、住民からおにぎりを差し入れてもらったといい、「感謝の気持ちしかない」と、ほっとした表情で話した。

 一方、岡山県西粟倉村の鳥取自動車道では24日午後から約30台が身動きがとれずにいたが、25日午前4時20分ごろには解消した。道路を管理する鳥取河川国道事務所によると、体調不良を訴えた人はいないという。【高嶋将之、李英浩】


〔高速道路〕米子道44時間半ぶり全面解除も鳥取道は通行止めなお続く(25日11時現在)
レスキューナウニュース 1/25(水) 11:00配信

山陰地方での大雪の影響で、23日14:00頃から立往生のため通行止めが続いていた米子道(湯原IC~江府IC)は、約43時間半後の25日10:30までに解除されています。一方、鳥取道の通行止めは一部区間で続いています。
本州の日本海側を中心とする各高速道路で、チェーンや雪用タイヤ装着の規制が行われています。利用時には最新の道路情報や気象情報を確認して下さい。

【高速道路通行止め】(25日11:00現在)
[中国]
・鳥取道  :佐用JCT~志戸坂トンネル入口(上下線)


鳥取で大雪!車400台18時間立ち往生
スポーツ報知 1/25(水) 6:04配信

 鳥取、岡山の県境付近では強い冬型の気圧配置の影響で、23日から24日朝にかけて観測史上最高となる大雪が降った。鳥取県の智頭町や江府町などの国道や自動車道では動けなくなる車が続出し、一時400台近くが立ち往生した。午後になって解消はされたが、雪は24日夜まで降り続き、智頭町の一部では孤立する集落も。引き続き警戒が必要となっている。

 寒波に伴う大雪が、ドライバーたちの“足”を奪った。気象庁によると鳥取県では24日午後6時現在、大山町で241センチ、智頭町で111センチの積雪を観測。1982年の観測以来、これまでの1月の最高積雪量はそれぞれ131センチ、33センチで、従来の記録を大幅に上回った。

 24日早朝の時点で、智頭町の国道373号線で約200台、同町の鳥取自動車道で約130台が立ち往生。鳥取、岡山両県を結ぶ米子自動車道でも23日午後から60台以上が動けなくなった。立ち往生は最大18時間以上続いたが、24日午後にはおおむね解消。ただ、その後も国道などが渋滞した。

 米子市内では、あちこちでタイヤを取られた車が列を作った。立ち往生を解消しようと、運転手らが先頭側の車両を手で押し、再スタートを試みる場面も。通勤や通学にも大きな影響を与え、巻き込まれた人らは「いつになったらたどり着けるのか…」と諦めの表情を見せた。

 米子自動車道の米子インターチェンジでは、島根県出雲市から兵庫県明石市に向かう途中で23日夜にいったん自動車道を下りたトラック運転手の男性(50)が、迂回(うかい)路を探せずに再び戻って来た。「23日午後から動けない状態で、こんなの初めて。迂回路も埋まっているし、待ちぼうけだ」とぼやいた。

 西日本高速道路などによると、立ち往生した車に乗っていた70代の男性2人が体調不良を訴えて搬送され、3歳の男児も発熱で病院に運ばれた。約100人は車を離れ、23日夜から智頭町内の総合センターに避難。同所からも女児2人を含む4人が発熱などで病院に搬送された。

 一方、智頭町では県道が雪に埋まったことから7世帯が住む八河谷地区、約80世帯の芦津地区が孤立状態に。大雪で電線が切れ、同町や鳥取市の計約250世帯が停電した。

 公共交通機関も乱れ、JR因美線の鳥取―智頭間などで運転を見合わせたほか、運休や遅れが出た。

北海道占冠村で氷点下32・8度 ○…強い冬型の気圧配置の影響で日本列島は24日、西日本の日本海側で大雪が降った。気象庁は、25日も降雪が続くとして、路面凍結による交通障害や雪崩に注意を呼び掛けた。冷え込みも厳しく、北海道占冠村で氷点下32・8度を記録するなど列島の広範囲でこの冬の最低気温が観測された。東京都心は氷点下1・9度、大阪市は1・1度だった。

 ◆近年の主な雪による立ち往生

 ▼2010年12月 福島県西会津町の国道49号で大型トラックが雪でスリップ。道路をふさぎ約300台が1日以上足止め。

 ▼12月~11年1月 鳥取県琴浦町の国道9号で年をまたいで約1000台が路上でストップ。救急車が渋滞に巻き込まれ、雪に埋まった女性の搬送が遅れて死亡。

 ▼13年3月 北海道中標津町で母親と3人の子供が乗った車が暴風雪に遭う。車が雪に埋もれて閉じ込められ、母親と3人の子供全員死亡。

 ▼14年2月 静岡県内の東名高速道路上り線で最大約50キロの渋滞が発生。19時間動けない車も。

 ▼15年2月 福井県敦賀市の国道8号で約26キロの区間が通行止め。一時200台以上が動けず。

 ▼16年1月 愛媛県八幡浜市の国道378号で約100台が動けなくなり、一部は車中泊に。


〔高速道路〕中国地方の一部区間で雪による通行止め続く(25日7時現在)
レスキューナウニュース 1/25(水) 0:00配信

25日07:00現在、中国地方の高速道路では、一部区間で雪による通行止めが続いています。また、本州の日本海側を中心とする各高速道路で、チェーンや雪用タイヤ装着の規制が行われています。利用時には最新の道路情報や気象情報を確認して下さい。

【高速道路通行止め】(25日07:00現在)
[中国]
・鳥取道  :佐用JCT~智頭IC(上下線)
・米子道  :湯原IC~江府IC(上下線)
・山陰道  :宍道JCT~出雲IC(上下線)


<鳥取大雪>智頭で一時2集落孤立 岡山は新たに車立ち往生
毎日新聞 1/24(火) 22:58配信

101
国道373号の雪かきをする関係者ら=鳥取県智頭町で2017年1月24日午後0時37分、大西岳彦撮影

 鳥取県内の幹線道路で23日から相次いだ車の立ち往生は24日夕にほぼ解消された。鳥取県・米子自動車道での立ち往生は約20時間にも及ぶなどし、鳥取、岡山両県で最大600台以上が身動きできなくなった。中国山地の山間部では夜になっても雪が降り、岡山県西粟倉村では新たに約30台が立ち往生した。鳥取県智頭町では除雪が間に合わず、一時、2集落で約115世帯が孤立した。

 24日午前5時までに204台が立ち往生した智頭町の国道373号では、同日午後3時半ごろまでに陸上自衛隊の隊員らが除雪をして自走できない車両を全て撤去した。鳥取自動車道の駒帰交差点(智頭町)-河原インターチェンジ(IC、鳥取市)間も同日昼ごろに立ち往生は解消された。しかし開通待ちの車で渋滞が続き、迂回(うかい)路の国道53号が混雑した。県は、国道373号で立ち往生した車のドライバーらに栄養補助食品約350人分とジュース650本を配った。

 智頭町では、動けなくなった車のドライバーらに避難所として公民館など3カ所を開放。5歳の男児が発熱を訴えて病院に搬送された。24日午後9時現在、約40人が身を寄せている。

 避難所となった町総合センターのホールや和室では、23日深夜からドライバーらが災害用毛布で夜を明かしたという。24日夜は町職員が炊き出しでカレーライスを振る舞った。現場で対応に当たる町職員によると、避難の長期化で疲れた様子の人や、道路の復旧状況を心配する人が多いという。

 鉄道も大きく乱れた。JR西日本米子支社によると、24日午後5時半現在、管内で運休した列車は特急44本▽快速11本▽普通78本--の計133本、部分運休は20本あった。同社福知山支社管内では午後7時半現在、特急と普通を合わせて計156本が運休と部分運休した。智頭急行によると、京都発倉吉行き特急列車「スーパーはくと1号」(乗客約120人)が岡山県美作市の大原駅構内で待機し、24日午後8時ごろ、約10時間半ぶりに運転を再開した。米子支社管内では12時間以上遅れて運行した電車もあり、乗客が車内にとどまる場合は職員が水を提供するなどした。

 智頭町では県道の除雪が進まず、八河谷(やこうだに)と芦津集落で計約115世帯が孤立状態になったが、芦津(約100世帯)は午後11時半に解消された。

 一方、岡山県真庭市によると、24日午後3時半ごろ、同市蒜山(ひるぜん)下和で、女性(67)が自宅屋根の下で雪に埋もれた状態で見つかり、死亡が確認された。県警などは、女性が1人で雪かき中に屋根から落ちた雪に埋もれた可能性があるとみている。

 気象庁によると、午後6時現在、鳥取県智頭町で111センチ、岡山県新見市千屋で88センチと、1月では観測史上最大の積雪を記録した。冬型の気圧配置は西から緩む見込みだが、25日午後6時までの24時間の降雪量は、多いところで北陸地方40センチ▽中国地方20センチ▽近畿地方15センチ--と予想している。【高嶋将之、小野まなみ、大森治幸、清水有香、益川量平】


大雪で車、立ち往生続く=智頭町、孤立回避で除雪―自衛隊支援・鳥取
時事通信 1/24(火) 19:26配信

100
大雪の影響で、車が幹線道路で相次いで立ち往生した鳥取県では、除雪や車を移動させる作業が進められたが、高速道路などでは24日午後も車の立ち往生が続いた。写真は車を救出する陸上自衛隊の隊員ら=同隊提供

 大雪の影響で、車が幹線道路で相次いで立ち往生した鳥取県では、除雪や車を移動させる作業が進められたが、一部の高速道路では24日午後も車の立ち往生が続いた。

 中国地方の上空には氷点下33度以下の寒気が残っており、鳥取県では断続的に雪が降っている。気象庁は引き続き警戒を呼び掛けている。

 県内の高速道路や国道の幹線道路は23日から24日にかけて300台以上の車が立ち往生。所有者の同意がなくても車を撤去できる災害対策基本法が適用されたが、鳥取自動車道では24日午後も約30台が立ち往生した。

 200台以上が立ち往生した国道373号では24日午後3時半現在、150台の車が3.5キロにわたり渋滞。70台が動けなくなった米子自動車道は24日午前中に解消した。

 積雪が106センチを記録した智頭町では幹線道路へのアクセスが閉ざされ、孤立を回避するために除雪作業が行われた。同町では、身動きできなくなったバスのツアー客やドライバーのために町内のコミュニティー施設を開放し、一時約60人が避難した。

 災害派遣要請を受けた陸上自衛隊の部隊50人が智頭町を拠点に除雪や毛布、食料品の輸送を行った。


大雪 鳥取県内で一時350台以上立ち往生
ホウドウキョク 1/24(火) 18:42配信

99
(写真:ホウドウキョク)

23日からの大雪の影響で、鳥取県では、一時350台以上の車が立ち往生した。
車が立ち往生したのは、鳥取県内の国道や米子自動車道など。
一時、あわせて350台以上の車が立ち往生した。
山陰地方では、23日夜から24日の朝にかけてさらに積雪が増え、午前6時の時点で、鳥取市で44cm、米子市で48cm、山沿いの智頭町で108cm、大山で212cmと記録的な雪になっている。


大雪 「23日から動けない」「みな疲れている」視界数メートル、膝の高さまで路面覆う…立ち往生続く鳥取
産経新聞 1/24(火) 12:01配信

96
雪の影響でトラックやバス、乗用車が列をつくった=24日午前10時7分、鳥取県智頭町 (本社ヘリから、安元雄太撮影)(写真:産経新聞)

 夜通し降り続いた雪が道路を厚く覆い、あちこちでタイヤを取られた車が列を作った。24日早朝、大雪に見舞われた鳥取県内。「いつになったらたどり着けるのか」。車外に出た運転手らが協力し、先頭側の車両を手で押しながら再スタートさせ、立ち往生を解消しようと試みていた。

 ■40センチを上回る積雪…「こんなの初めて」「待ちぼうけだ」

 24日午前6時すぎ、同県米子市内の山陰自動車道。気温は0・1度。降りしきる雪で視界は数メートルほどしかなく、40センチを上回る積雪が膝ほどの高さまで路面を覆った。わだちに沿って走る大半の車も、50キロの速度規制を大きく下回るスピードでノロノロと進行していた。

 同市内の米子自動車道の米子インターチェンジでは、島根県出雲市から兵庫県明石市に向かう途中で23日夜にいったん自動車道を下りたトラック運転手の男性(50)が迂回(うかい)路を探せないまま再び戻ってきた。「23日午後から動けない状態だった。こんなの初めて。迂回路も埋まっているし、待ちぼうけだ」とぼやいていた。

 ■23日午後3時からPAに足止め

 通行止めになった鳥取県伯耆(ほうき)町の米子道の大山パーキングエリア(PA)ではトラック7台が一夜を過ごした。

 PAの石津善子店長(53)は、24日早朝6時前に出勤し、運転手におにぎりやお茶を配ったという。「昨日の午後3時からPAに足止めされている人もいてみな疲れている」と話した。

 鳥取県の智頭(ちづ)町では24日朝に1月の観測史上最多となる108センチの積雪を観測。鳥取市の中心街も雪で厚く覆われた。

 鳥取市郊外から市中心部の会社に車で通う会社員、坂本長志さん(39)は「通常20分ぐらいの道が、車の渋滞で動かず、1時間半かかった」と疲れた表情をみせた。


<鳥取大雪>沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
毎日新聞 1/24(火) 11:14配信

91
大雪で立ち往生する車両=鳥取県智頭町で2017年1月24日午前10時23分、本社ヘリから加古信志撮影

 23日から降り続いた雪の影響で鳥取、岡山両県では幹線道路の数カ所で交通が遮断されるなど、混乱を来した。車で立ち往生した人たちは公民館などで暖をとり、不安な夜を過ごした。関係機関が車両の移動や除雪作業を急いでいる。

 24日午前7時までの24時間降雪量が84センチに達した鳥取県智頭町では、国道373号に身動きできなくなった車が4キロ以上の列をなした。同県米子市の皆生温泉から大阪に戻る途中だったツアーバスの男性運転手(66)は、米子自動車道が通行止めとなったため一般道を経由して智頭町を通ったが、雪が深く、23日午後7時ごろには大型車のすれ違いが困難になり立ち往生した。バスには観光客15人が乗車しており、運転手は「見通しが立たないため、お客様に『トイレは行けるか』と言われても返答できなかった。迷惑をかけ、申し訳ない」と話した。午後11時半ごろ、町総合センターの避難所へ乗客を誘導した。

 このバスとは別のバスも立ち往生に巻き込まれた。鳥取市に帰宅するため、23日午後に神戸・三宮から高速バスに乗った農業、徳本修一さん(41)は、約20人の乗客らと一夜を過ごした。夜中、幼い女の子が熱を出すなど、体調を崩す人もいた。車内には水、非常食などの用意はなかった。徳本さんは「冬の長距離バスは非常時に備える必要がある」と指摘した。

 一方、23日夜から立ち往生し、車内で一夜を過ごした男性(26)は「寒くて眠れなかった。早く解消してほしい」と疲れた様子で話した。身動きできない運転手らに、373号沿いの住民らが自宅のトイレを貸したり、他の住民と協力しておにぎりなどを作って手渡したりした。この男性も住民からおにぎりとお茶の差し入れを受け、「温かい食べ物で気持ちも和らいだ」と感謝していた。

 周辺の住民も大雪に困惑している。373号沿線に住む田中明美さん(67)は24日朝、町役場に電話をかけ、「夫の体調が不安です。どうにかなりませんか」と相談したが、色よい返事はなかった。夫の直幸さん(67)は週3回、鳥取市の病院に人工透析のため通院しているが、自宅前に積もった1メートル近い雪のため車を出せない。「40年以上、智頭に暮らしているが、こんな大雪は初めて。何とかして病院に行きたい」と話した。


<鳥取大雪>300台以上が立ち往生 陸自に災害派遣を要請
毎日新聞 1/24(火) 9:59配信

95
大雪で立ち往生する車両=鳥取県智頭町で2017年1月24日午前10時22分、本社ヘリから加古信志撮影

 強い冬型の気圧配置が続く西日本は、日本海側を中心に23日夜から24日朝にかけて大雪に見舞われた。鳥取県では山間部を中心に車の立ち往生が相次ぎ、24日早朝までに300台以上が身動きできなくなった。同県の平井伸治知事は同日午前4時10分、自衛隊に災害派遣を要請した。

 同県智頭町では、積雪が1月の観測史上最大の106センチ(午前9時現在)を記録。県によると、町内の国道373号では、24日午前5時までに204台の車が立ち往生。23日夜から24日にかけて、町の施設や集会所の2カ所が開放され、ドライバーら最大約100人が一時身を寄せた。災害派遣要請を受け、鳥取、岡山両県から陸上自衛隊の隊員61人が現地に向かい、除雪を進めている。

 鳥取自動車道の駒帰交差点(智頭町)-智頭インターチェンジ(IC、同)間では、午前4時半に最大50台の車が動けなくなり、智頭町内の国道53号でも午前0時ごろに15台が一時立ち往生した。鳥取県三朝町から岡山県境にかけての国道179号でも一時、少なくとも20台が最大約8時間立ち往生した。

 鳥取、岡山両県を結ぶ米子自動車道の江府IC(鳥取県江府町)-蒜山IC(岡山県真庭市)間は23日午後2時ごろから車が動けなくなり、一時70台が立ち往生。西日本高速道路(ネクスコ西日本)が除雪や車両の撤去をし、職員らがおにぎりなどの食料を配った。24日午前8時過ぎには残っていた十数台が全て動き出したという。

 鳥取、岡山両県の消防によると、鳥取自動車道では3歳の男児が発熱を訴え救急搬送されたほか、米子自動車道でも男性(77)が胸が苦しいと訴え、病院に運ばれた。いずれも命に別条はないとみられる。

 国土交通省によると、24日正午現在、高速道路は阪和自動車道や山陰自動車道の一部区間など9路線16区間の計309キロが雪のために通行止めとなっている。

 気象庁によると、24日午前9時現在、兵庫県朝来市和田山町で56センチ、岡山県新見市千屋で84センチ--など1月では最大の積雪を記録した。気象庁は25日午前6時までの24時間降雪量について、多いところでは▽北陸地方60センチ▽中国地方50センチ▽近畿地方25センチ--と予想しており、路面凍結や雪崩への警戒を呼びかけている。【高嶋将之、小野まなみ、李英浩、平川哲也】


車立ち往生、鳥取県知事が自衛隊に出動要請
読売新聞 1/24(火) 8:39配信

 鳥取県内の国道や高速道路で雪のため多くの車が立ち往生していることを受け、平井伸治知事は24日午前4時10分、自衛隊に出動要請を行った。


大雪で車300台超、立ち往生=自衛隊に災害派遣要請―除雪、食料輸送・鳥取
時事通信 1/24(火) 8:10配信

94
大雪の影響で23日午後から24日にかけて、鳥取県内の米子自動車道や国道などの幹線道路で一時300台以上の車が立ち往生した。写真は、大雪が降った鳥取市内=24日午前

 大雪の影響で23日午後から24日にかけて、鳥取県内の米子自動車道や国道などの幹線道路で一時300台以上の車が立ち往生した。

 同県の平井伸治知事は24日午前4時10分に、陸上自衛隊に災害派遣を要請。自衛隊は同県智頭町で除雪や避難所への食料輸送を行った。

 鳥取、岡山両県を結ぶ米子自動車道上り線の江府(鳥取)―蒜山(岡山)インターチェンジ間では、一時60台を超える車が立ち往生。西日本高速道路が車両を移動させ、24日に解消した。

 鳥取自動車道では車140台が、国道373号でも車200台が一時動けなくなった。373号では24日午前11時現在、立ち往生した車により、60~100台が渋滞した。

 鳥取自動車道(智頭町)では、車内の3歳の子どもが発熱し、病院に搬送された。命に別条はない。米子自動車道では77歳の男性が体調不良を訴え、搬送された。


〔大雪警戒〕鳥取・大山で24時間に90cm近くの降雪 強い冬型続く(1/24)
レスキューナウニュース 1/24(火) 5:00配信

気象庁は24日04:15、「大雪に関する全般気象情報 第3号」を発表しました。
本州付近の上空約5500mには氷点下33度以下の強い寒気が流れ込んでおり、冬型の気圧配置が強まっていることから、西日本から北日本では日本海側を中心に降雪が強くなっています。鳥取県の大山(だいせん)では24時間の降雪量が90cm近くに達するなど、大雪となっているところがあります。
きょう24日は強い冬型の気圧配置が続く見込みとなっており、気象庁は、大雪や路面凍結による交通障害に警戒し、電線や樹木への着雪、なだれに注意するよう呼びかけています。

■気象概況
【24時間降雪量】(24日04:00現在)
・鳥取県  大山    89cm
・鳥取県  智頭    80cm
・福島県  南郷    63cm
・兵庫県  兎和野高原 53cm
・岡山県  上長田   52cm
・秋田県  湯の岱   48cm
・島根県  横田    47cm
・島根県  赤名    45cm
・福島県  只見    44cm
・滋賀県  今津    44cm

■今後の予想
【降雪量】(~25日06:00/多い所)
・60cm 北陸地方
・50cm 東北地方、中国地方
・40cm 関東甲信地方
・30cm 東海地方
・25cm 北海道地方、近畿地方
・15cm 四国地方

■防災事項
・警戒:大雪、路面凍結による交通障害
・注意:電線や樹木への着雪、なだれ
※各地の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意


<米子道>60台が立ち往生か 雪のため 
毎日新聞 1/24(火) 1:51配信

 ◇江府-蒜山インターチェンジ間

 西日本高速道路中国支社によると24日午前1時現在、米子自動車道江府インターチェンジ(IC、鳥取県江府町)-蒜山IC(岡山県真庭市)上り線で、雪の影響のため車両約60台が立ち往生している。レッカー車を向かわせているが、解消のめどは立っていない。

 同支社によると、23日午後2時ごろから、チェーンが破損するなどした一部の車両が動けなくなり、現場付近を通行止めにして復旧を図っている。【井川加菜美】


雪降り続き鳥取道で30台立ち往生…一時孤立も
読売新聞 1/24(火) 1:38配信

93
大雪の影響で大型トラックや乗用車などが立ち往生した国道373号(24日午前、鳥取県智頭町で、読売ヘリから)=泉祥平撮影

 大雪に見舞われた西日本では24日午後も、日本海側を中心に雪が降り続いた。

 鳥取県内では高速道路や国道など4か所で断続的に車が立ち往生し、前日午後からの累計で計約650台に上った。立ち往生は24日午後にいったんほぼ解消されたが、24日午後10時現在、鳥取自動車道と米子自動車道の一部で通行止めがまた出ており、鳥取との県境に近い岡山県西粟倉村の鳥取自動車道で約30台が動けなくなっている。

 鳥取県智頭町は町施設の3か所を避難所として開放。24日午後9時半現在、計20人が待機している。このうち町総合センターでは、ツアーバスの乗客らが毛布にくるまったり、石油ストーブで暖をとったりした。

 智頭町八河谷地区などでは、積雪のため生活道路が通行できず、約80世帯が一時、孤立状態となった。

 同県の平井伸治知事は24日早朝、自衛隊に災害派遣を要請。自衛隊は陸路で智頭町に入り、除雪や食料の配布などを行った。

 気象庁は引き続き、積雪や路面凍結による交通障害などに注意するよう呼びかけている。


〔米子道〕積雪に伴い一部区間を災害対策基本法に基づく車両等の移動措置実施区間に指定(1/24)
レスキューナウニュース 1/24(火) 1:30配信

23日夕方、NEXCO西日本中国支社は、積雪のため通行止めとなっている米子自動車道の湯原IC~米子IC間(上下線)について、災害対策基本法に基づく車両等の移動措置実施区間に指定したと発表しました。同区間では、災害対策基本法に基づき緊急車両の通行を確保するため、NEXCO西日本により放置車両・立ち往生車両の移動等の作業および除雪作業が実施されます。
首都直下地震など大規模地震や大雪等の災害時には、被災地や被災地に向かう道路上に大量の放置車両や立ち往生車両が発生し、消防や救助活動、緊急物資輸送などの災害応急対策、除雪作業に支障が生ずるおそれがあることから、緊急車両の通行ルートを迅速に確保するため、道路管理者による放置車両対策の強化に係る所要の措置を講ずる災害対策基本法の一部を改正する法律が、2014年11月21日に公布・施行されています。

【災害対策基本法に基づく車両等の移動措置実施区間】
・米子道:湯原IC~米子IC(上下線、1月23日17:35指定)

« 俳優の松方弘樹氏が死去・2 | トップページ | 俳優の松方弘樹氏が死去・3 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64805739

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取の大雪で一時300台以上が立ち往生 自衛隊に災害派遣要請:

« 俳優の松方弘樹氏が死去・2 | トップページ | 俳優の松方弘樹氏が死去・3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31