« 米海兵隊のFA18ホーネットが高知県沖に墜落、パイロットの死亡確認 | トップページ | コロンビアでブラジルのサッカーチーム搭乗のチャーター機が墜落・3 »

2016年12月 7日 (水)

パキスタンで国内線旅客機ATR42が墜落 47人全員死亡

パキスタンで7日午後、乗客乗員47人を乗せ北部チトラルから首都イスラマバードに向かっていたパキスタン航空の国内線旅客機ATR42が消息を絶ち、北西部ハベリア付近に墜落しているのが発見された。

同国民間航空当局によれば、パキスタン航空のPK661便がカイバル・パクトゥンクワ州で墜落したと述べた。

ロイター通信によると、政府当局者は、「すべての遺体は、誰かわからないほど焼けてしまっている。機体の残骸がちらばっている」と述べ、生存者はいないもようだ。

リンク:パキスタン航空機、墜落前に救難信号を発信 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタン国際航空機が国内北部で墜落…乗客乗員合わせて47人搭乗 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:47人搭乗のパキスタン航空機が墜落 会長「生存者なし」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタン航空機墜落、乗員乗客全員死亡 人気歌手も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタン機墜落、47人全員死亡 元ポップスターも犠牲に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墜落したパキスタン航空機の同型機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタン墜落機の同型機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:47人乗り旅客機墜落=パキスタン航空 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタン航空機墜落、48人全員死亡 元国民的歌手も犠牲に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタンで48人乗り旅客機が墜落、生存者の可能性低い-当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:47人乗り旅客機墜落=全員絶望か―パキスタン航空 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パキスタン航空>47人乗りが墜落 当局「生存者いない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタンで旅客機墜落…日本人の名前なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタン航空機が墜落 40人余り絶望か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パキスタンで国内線旅客機が墜落、乗客乗員47人搭乗 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

パキスタン航空機、墜落前に救難信号を発信
AFP=時事 12/8(木) 20:41配信

Pcl
パキスタン北部カイパル・パクトゥンクワ州で、墜落したパキスタン航空機の残骸を調べる捜査官ら(2016年12月8日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】パキスタン北部で7日、乗客乗員47人を乗せたまま墜落したパキスタン航空(PIA)機が、レーダーから消えて山に墜落する前に救難信号を発信していたことが分かった。当局が発表した。この事故では搭乗者全員が死亡。8日には犠牲者の身元を確認するため、遺体からDNAを採取する作業が始まった。

【関連写真】現場周辺に集まった人々

 墜落したのは、北部チトラル(Chitral)から首都イスラマバード(Islamabad)に向かっていたATR-42型ターボプロップ機。2つのエンジンのうちの1つが故障し、カイバル・パクトゥンクワ(Khyber Pakhtunkhwa)州アボタバード(Abbottabad)の山岳地帯で墜落した。その衝撃で機体は炎上し、機体の一部は墜落地点から数百メートル離れた場所で見つかった。

 PIA会長は7日イスラマバードで開いた記者会見で、エンジンが故障したことを受けて、操縦士が午後4時14分(日本時間午後8時14分)、管制当局に対し救難信号を発信していたと発表した。

 会長によると、機長の総飛行時間は1万2000時間を超えており、墜落機の運航年数は9年で、「機器は正常に機能しており、10月に検査を受けていた」という。【翻訳編集】 AFPBB News


パキスタン国際航空機が国内北部で墜落…乗客乗員合わせて47人搭乗
レスポンス 12/8(木) 16:56配信

パキスタン国際航空は12月7日、北部チトラル発イスラマバード行きPK661便のATR42-500型機が現地時間16時40分頃、墜落したと発表した。

チトラルを13時30分に出発した661便には乗客42人と乗員5人、計47人が搭乗していた。乗客には外国人3人(オーストラリア人2人、中国人1人)が含まれ、2人の幼児も墜落事故に巻き込まれた。

墜落現場はイスラマバードから数十キロ北に位置するハベリアン付近。墜落の原因は現時点では不明。

《レスポンス 日下部みずき》


47人搭乗のパキスタン航空機が墜落 会長「生存者なし」
ロイター 12/8(木) 13:03配信

Clp
 12月7日、パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州で7日、47人が乗ったパキスタン航空(PIA)のPK661便が墜落した。写真はビデオから。(2016年 ロイター/Edgar Su)

[ペシャワル/イスラマバード 7日 ロイター] - パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州で7日、47人が乗ったパキスタン航空(PIA)のPK661便が墜落した。同航空のアザム・セーガル会長は、生存者はいないと語った。

パキスタン軍によると、これまでに40人の遺体を回収した。捜索活動には兵士や医療関係者など約500人態勢で臨んでいるという。

PIAによると、航空機は、北西部チトラルから首都イスラマバードに向かう途中、現地時間午後4時42分(GMT1142)に、イスラマバードの北約40キロの同州ハベリアンに墜落。管制塔との連絡が途絶える数分前、機長からエンジン1基が出力を失ったとの報告があったという。

同機には乗客42人と乗員5人が搭乗。オーストラリア人男性2人と中国人男性1人に加え、パキスタンの元歌手ジュナイド・ジャムシェド氏も含まれていたという。


パキスタン航空機墜落、乗員乗客全員死亡 人気歌手も
BBC News 12/8(木) 10:30配信

Crp
パキスタン航空機墜落、乗員乗客全員死亡 人気歌手も

パキスタン国際航空(PIA)のPK-661便が7日、北部ハベリアンで墜落し、乗員乗客48人全員が死亡した。パキスタン当局が明らかにした。

北西部チトラルから首都イスラマバードに向かう途中で、イスラマバード北方約70キロの山間部に墜落した。

PIAによると、乗客42人、乗員5人のほか、地上整備士が1人搭乗していた。

外国人の乗客は3人で、オーストリア外務省がオーストリア人2人の死亡を後に確認した。中国国営メディアが、中国国籍の乗客が1人死亡したと伝えている。

人気歌手からイスラム教の説教師に転身したジュナイド・ジャムシェドさんも搭乗していたという。

ナワズ・シャリフ首相は、「深く嘆き悲しんでいる」とコメントした。

国営の同航空は、2006年の墜落事故で44人が死亡するなど、過去にも安全対策の不備を問題視されてきたが、今回の事故については厳しい検査を十分に実施してきた機体なだけに「技術的ミスの余地はまったくない」と主張している。

PIAのアザム・セーガル会長は「悲劇的な事故で、責任逃れをするつもりはない。自分たちの航空機で、自分たちの乗客で、非常に悲しいことが起きたと受け止めている」と話した。

会長は、事故原因の調査は実施するものの、「現時点では墜落現場から遺体を回収し、イスラマバードへ運び、遺族に引き渡すことが最優先だ」と述べた。

「偉大な英雄」

事故機は現地時間午後3時(日本時間午後7時)ごろにチトラルを出発し、到着予定時刻の直前、離陸から約90分後に連絡を絶ったという。

人気歌手ジャムシェドさんと夫人の名前が乗客名簿にあり、複数の消息筋が地元メディアに、夫妻は事故機に乗っていたと確認した。

1980年代に一世を風靡したポップロックバンド「バイタル・サイン」のメンバーだったジャムシェドさんのツイッター・アカウントは、50万人近い人がフォローしており、大勢が追悼の言葉を寄せている。

「バイタル・サイン」の1987年のヒット曲「ディル・ディル・パキスタン」は、国の「非公式の国歌」とまで言われている。

英ボクシング選手で五輪銀メダリストのアミール・カーンさんは、「PIA機がパキスタンで墜落。友人の@JunaidJamshedPKも乗っていた。愛する家族を失った全遺族に同情する」とツイートした。

葬儀のためにパキスタンに向かう途中のジャムシェドさんのおじ、サヒブザダ・ジェハンギルさんはBBCに対して、「個人的な損失というだけでなく、国家的損失だ。そして人類にとって大きな損失だ。みんなまだショック状態にある。今までずっといろんな人と話をしていたが、飲まず食わずで泣いている人たちもいる」と話した。

「人類に素晴らしい貢献をした男だった。偉大な英雄、偉大な伝説を失った。とても、とても悲しい日だ」

ジュナイド・ジャムシェド――ポップスターから説教師に

ジュナイド・ジャムシェドさんは、パキスタンのポップス音楽界をけん引するパイオニアのひとりだった。

保守的な軍事独裁政権を率いたムハンマド・ジア・ウル・ハク大統領が1987年に死亡したのを機に、パキスタンではポップス音楽が一気に花開き、ジャムシェドさんがリードボーカルだった「バイタル・サインズ」は今でも当時の最高のバンドのひとつだったと評価されている。

2001年9月11日の米同時多発テロを機に、次第に音楽から離れ、宗教の世界に近づいて行った。イスラム教徒に信仰の重要性を説く伝道運動「タブリギ・ジャマアト」に影響され、ひげを長く伸ばし、伝統服クルタ・シャルワルしか着なくなり、説教師のターバンを巻くようになった。

新しく生まれ変わったこの姿で、ジャムシェドさんは神や預言者ムハンマドを称えるイスラム教の讃美歌ナアトを無伴奏で歌う、歌手となった。

この時期にジャムシェドさんは、「J.」(ジェイ・ドット)というファッション・ブランドを立ち上げ、現代的な感覚でデザインした伝統服のラインを展開。「J.」はパキスタン国内の主要都市をはじめ、中東各地や英国でも支店を展開している。

3人の妻のうち、一番若い夫人が事故機に同乗していたという。

(英語記事 Pakistan International Airways crash leaves no survivors)


パキスタン機墜落、47人全員死亡 元ポップスターも犠牲に
CNN.co.jp 12/8(木) 9:26配信

パキスタン・イスラマバード(CNN) パキスタン国際航空の国内便が7日、首都イスラマバード北部のアボタバード近郊に墜落し、同航空によると搭乗していた47人全員が死亡した。犠牲者の中にはかつて「パキスタンのブラッド・ピット」とも呼ばれたアーティストが含まれていた。

同機は乗客42人と乗員5人を乗せて北西部のチトラルから首都イスラマバードに向かう途中で管制塔との連絡が途絶え、アボタバード付近の山間部に墜落した。

国家災害対策当局によると、これまでに搭乗者47人のうち46人の遺体が収容された。

同機には、パキスタンの元ポップスターで現在は宗教アーティストとして活躍するジュナイド・ジャムシェドさんが搭乗していたという。52歳だった。

ジャムシェドさんは1980年代に同国の人気バンド、バイタル・サインズのメンバーとして人気が急上昇、90年代にはソロに転じて宗教音楽を中心に活動していた。

4日にツイッターに掲載した「地上の楽園チトラル」の写真が、ジャムシェドさんの最後の投稿になった。

墜落したのは航空大手エアバス・グループとイタリアのレオナルドの共同ベンチャー、ATRが製造する双発プロペラ機「ATR42」だった。

パキスタン国際航空によると、同機の操縦士は2基のエンジンのうち1基が制御できなくなったとして救難信号を出していたという。

パキスタン軍によると、現場からはブラックボックスが回収されたが、墜落原因はまだ分かっていない。


墜落したパキスタン航空機の同型機
時事通信 12/8(木) 8:47配信

Atr42pa
墜落したパキスタン航空のプロペラ機「ATR42」の同型機=2011年1月撮影、パキスタン西部クエッタ


パキスタン墜落機の同型機
時事通信 12/8(木) 8:47配信

Atr42
パキスタンで墜落したプロペラ機「ATR42」の同型機=1994年9月撮影、フランス南西部トゥールーズのブラニャック空港


47人乗り旅客機墜落=パキスタン航空
時事通信 12/8(木) 8:47配信

Piac
パキスタン警察当局は7日、乗客乗員47人が乗ったパキスタン航空旅客機が墜落したと発表した。墜落原因は不明。写真は、北西部カイバル・パクトゥンクワ州の山中で、炎が見える墜落現場。


パキスタン航空機墜落、48人全員死亡 元国民的歌手も犠牲に
AFP=時事 12/8(木) 4:07配信

Piac2
パキスタン北部カイバル・パクトゥンクワ州で、パキスタン航空の旅客機が墜落した現場で犠牲者を捜索する兵士やボランティアら(2016年12月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)パキスタン北部カイバル・パクトゥンクワ(Khyber Pakhtunkhwa)州で7日、パキスタン航空(PIA)の旅客機が山岳地域に墜落・炎上した事故で、当局はAFPの取材に対し、乗客乗員48人全員が死亡したことを明らかにした。

 民間航空当局の報道官は「生存者はいない」と説明。同航空の広報担当者もこのコメントを事実と認めた。

 チトラル(Chitral)の空港関係者と地元警察によると、乗客にはパキスタンの元人気ポップ歌手、ジュナイド・ジャムシェド(Junaid Jamshed)氏が含まれており、ソーシャルメディア上には同氏を追悼する投稿があふれた。

 同氏は同国初のメジャーポップバンドでリードボーカルを務め、同バンドの曲「ディル・ディル・パキスタン(Dil Dil Pakistan)」は非公式の国歌とみなされるほどのヒットを飛ばした。同氏は後に熱心なイスラム教徒となり、2014年には神への冒涜(ぼうとく)行為をめぐる論争を起こしていた。

 墜落機はATR-42型ターボプロップ機で、北部チトラル(Chitral)から首都イスラマバード(Islamabad)に向かっていた。墜落原因は今のところ不明。【翻訳編集】 AFPBB News


パキスタンで48人乗り旅客機が墜落、生存者の可能性低い-当局者
Bloomberg 12/8(木) 3:26配信

乗員乗客48人を乗せたパキスタン航空の国内線旅客機が7日、北部アボタバード付近で墜落した。これまでに少なくとも36人の犠牲者の遺体が回収されたが、生存者は報告されていない。軍・航空当局者が明らかにした。

パキスタン民間航空局のアミア・メブーブ広報官によると、墜落機は北部のチトラル発イスラマバード行きで、現地時間午後3時半に離陸した後、ハベリアン村近郊で墜落した。メブーブ報道官は電話取材に対し、墜落機は午後4時14分を最後に消息が途絶えたと述べ、生存者の可能性は低いと続けた。

原題:Survivors Unlikely as Pakistan Air Plane Carrying 48 Crashes (1)(抜粋)


47人乗り旅客機墜落=全員絶望か―パキスタン航空
時事通信 12/8(木) 0:49配信

Piac
パキスタン警察当局は7日、乗客乗員47人が乗ったパキスタン航空旅客機が墜落したと発表した。墜落原因は不明。写真は、北西部カイバル・パクトゥンクワ州の山中で、炎が見える墜落現場。

 【ニューデリー時事】パキスタン警察当局は7日、乗客乗員47人が乗ったパキスタン航空旅客機が墜落したと発表した。

 墜落原因は不明。乗客名簿に日本人とみられる名前はなかった。

 警察やパキスタン航空によると、墜落したのはATR42と呼ばれるプロペラ機で、北西部カイバル・パクトゥンクワ州チトラルから首都イスラマバードに向かっていた。乗客42人の中には幼児2人も含まれていた。

 午後3時(日本時間同7時)ごろに離陸し、約1時間半後に管制塔との連絡が途絶えた。その後、警察が同州ハベリアン近郊の山肌に墜落しているのを発見し、これまでに21人の遺体を収容。機体は大破して炎上しており、生存者がいる可能性は低いという。


<パキスタン航空>47人乗りが墜落 当局「生存者いない」
毎日新聞 12/7(水) 23:00配信

 【ニューデリー金子淳】パキスタン北部アボタバード近郊ハベリアンで7日、北西部チトラルから首都イスラマバードに向かっていたパキスタン航空661便(ATR42)=乗客・乗員計47人=が墜落し炎上した。地元メディアが伝えた。軍が救出活動を進めているが、地元当局者はロイター通信に対し、生存者はいないとの見方を示した。日本外務省などによると、乗客に日本人はいないとみられる。

 パキスタン航空や地元メディアによると、661便は午後3時50分ごろに離陸、同4時半ごろにレーダーから消えた。直前にパイロットが緊急事態を伝えたとの情報もある。ロイター通信は目撃者の話として、墜落前に機体から火が出ていたと伝えた。一部メディアはエンジントラブルの可能性を伝えている。

 イスラマバード近郊では2010年7月、旅客機が墜落し152人が死亡。12年4月にも墜落事故で127人が死亡している。


パキスタンで旅客機墜落…日本人の名前なし
読売新聞 12/7(水) 22:59配信

 【ニューデリー=田尾茂樹】パキスタン国際航空の旅客機が7日、同国北部ハベリアン付近で墜落した。

 同航空やパキスタンの航空当局などによると、乗客・乗員47人が搭乗していたとみられ、安否は絶望的という。乗客名簿に日本人とみられる名前はなかった。

 旅客機は7日午後3時30分(日本時間同7時30分)頃に北部チトラルの空港を離陸、首都イスラマバードに向かっていたが、離陸から約1時間後に消息が途絶えた。


パキスタン航空機が墜落 40人余り絶望か
産経新聞 12/7(水) 22:18配信

 【ニューデリー=岩田智雄】パキスタンのジオ・テレビなどによると、北西部チトラルから首都イスラマバードへ向かっていたパキスタン航空機が7日午後、消息を絶ち、北西部ハベリア付近で墜落しているのが見つかった。乗客と乗員計40人余りが乗っていたとみられる。

 ロイター通信によると、政府当局者は、「すべての遺体は、誰かわからないほど焼けてしまっている。機体の残骸がちらばっている」と述べ、生存者はいないもようだ。


パキスタンで国内線旅客機が墜落、乗客乗員47人搭乗
AFP=時事 12/7(水) 21:40配信

77pia
パキスタンのイスラマバードで、離陸に向け滑走路を移動するパキスタン航空の旅客機(2016年2月8日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、図解追加)パキスタンで7日、乗客乗員47人を乗せ北部チトラル(Chitral)から首都イスラマバード(Islamabad)に向かっていたパキスタン航空(PIA)の国内線旅客機が墜落した。民間航空当局が明らかにした。

 民間航空当局はAFPの取材に対し、パキスタン航空のPK661便がカイバル・パクトゥンクワ(Khyber Pakhtunkhwa)州で墜落したと述べた。

 同航空はこれに先立ち、声明で、チトラルを出発したATR 42ターボプロップ機が消息を絶ったと発表していた。

 地元の警察幹部は、飛行機が墜落し、地元の住民から機体が炎上しているとの通報があったと述べた。警察と救急隊員らが現場に向かっているがまだ到着はしていないという。

 飛行機は同州アボタバード(Abbottabad)地区の町ハベリアン(Havelian)付近で墜落した。【翻訳編集】 AFPBB News

« 米海兵隊のFA18ホーネットが高知県沖に墜落、パイロットの死亡確認 | トップページ | コロンビアでブラジルのサッカーチーム搭乗のチャーター機が墜落・3 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64603636

この記事へのトラックバック一覧です: パキスタンで国内線旅客機ATR42が墜落 47人全員死亡:

« 米海兵隊のFA18ホーネットが高知県沖に墜落、パイロットの死亡確認 | トップページ | コロンビアでブラジルのサッカーチーム搭乗のチャーター機が墜落・3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31