« ドイツの首都ベルリンでトラック突入テロ、12人死亡 ISが犯行声明・5 | トップページ | 糸魚川市で大規模火災、150棟延焼 744人に避難勧告・3 »

2016年12月25日 (日)

ロシア軍用旅客機が黒海に墜落

25日午前5時25分(日本時間同11時25分)ごろ、ロシア南部ソチの空港を離陸した92人乗りのロシアの軍用旅客機ツポレフTu154が黒海に墜落した。生存者がいる可能性は絶望的だという。

リンク:ロシア軍、墜落機調査で機器の異常を確認 「爆発はなし」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:機内爆発の形跡なし=軍用機墜落で調査委―ロシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露墜落機のフライトレコーダーを回収…タス通信 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア軍機墜落、ブラックボックス回収 国防省発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア、ツポレフ154型機を飛行禁止に 黒海への墜落で=通信社 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア軍機「Tu-154」墜落 テロの可能性は低いと露当局 犠牲者の捜索続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア軍機墜落、機体の一部見つかる 当局はテロの可能性否定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロの可能性低い=ロシア軍用機墜落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア軍機、黒海に墜落 92人の捜索続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア軍用機墜落、生存者なし 楽団員ら92人搭乗 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア・ソチからシリアに出発した92人乗りの軍用機、黒海に墜落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:黒海沿岸のロシアの救助・捜索活動 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露軍機、黒海で墜落 92人絶望的 シリア行き、故障か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:シリアに向かうロシア軍機が黒海に墜落、92人全員死亡の公算 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パフォーマーを乗せたロシア軍機、ソチ離陸後に墜落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:92人搭乗のロシア軍機、黒海に墜落 国防省が発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシアのTu154機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露の軍用機、黒海に墜落…「テロ可能性は排除」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<露軍機>墜落92人絶望 黒海、シリア行きの慰問団ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア軍用機が黒海に墜落、92人搭乗 4人の遺体を収容 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:92人乗り軍用機墜落=シリアへ離陸直後、全員死亡か―ロシア - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ロシア軍、墜落機調査で機器の異常を確認 「爆発はなし」
AFP=時事 12/29(木) 22:32配信

【AFP=時事】ロシア南西部の黒海(Black Sea)起きた同国軍用機の墜落について調査を進めている当局は29日、墜落の際に爆発は生じなかったものの、機器が正常に機能していなかったと発表した。

 空軍の航空安全部門に所属するセルゲイ・バイネトフ(Sergei Bainetov)氏は、「機内で爆発はなかった、それは確実に言える」としながらも、「テロ行為は必ずしも爆破とは限らない。その見解も排除はしていない」と述べた。

 一方マクシム・ソコロフ(Maxim Sokolov)運輸相は、調査により同機に不具合が発生していたことが立証されたとはいえ、年内に結論を出すつもりはないと述べ、報道陣に対して、いかなる説にも性急に飛び付くべきではないとくぎを刺した。

 ソコロフ氏は共同記者会見で、「機器が正常に機能していなかったことは明らかだ。なぜ墜落したのかは、専門家の分析にかかっている」という見方を示した。

 ソ連時代のTu154型機は25日、シリアに向かう途中、ソチ(Sochi)の空港で燃料補給後に再離陸した直後に墜落。乗客乗員92人が犠牲になり、その中には世界的に有名なロシア軍の公式楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル(Alexandrov Ensemble)」の団員も多数含まれていた。【翻訳編集】 AFPBB News


機内爆発の形跡なし=軍用機墜落で調査委―ロシア
時事通信 12/29(木) 20:32配信

 【モスクワ時事】ロシア南部ソチ沖の黒海で起きたロシア軍用機墜落で、政府の調査委員会が29日に記者会見し、出席した軍幹部は、回収したフライトレコーダーの初期の分析結果を踏まえ「機内で爆発は起きていなかった」とした。


露墜落機のフライトレコーダーを回収…タス通信
読売新聞 12/28(水) 11:02配信

 【モスクワ=花田吉雄】ロシア国防省は27日、露南部ソチ沖の黒海に墜落した露国防省の「ツポレフ154型」軍用機のフライトレコーダーを発見したと発表した。

 タス通信が伝えた。

 沿岸から約1・6キロ離れた水深17メートルの海底で見つかったという。すでに回収され、モスクワ郊外の空軍の研究所で、専門家が解析にあたる。

 同機には露軍の合唱団員ら計92人が乗っていた。ソチで給油後、シリア北西部ラタキア近郊の露空軍基地に向かう予定だったが、離陸後まもなく墜落した。墜落現場周辺では捜索活動が続けられているが、生存者は見つかっていない。


ロシア軍機墜落、ブラックボックス回収 国防省発表
AFP=時事 12/27(火) 17:47配信

【AFP=時事】ロシア南西部の黒海(Black Sea)で起きた同国軍用機の墜落で、国防省は27日、ブラックボックスを発見したことを地元メディアに対して明らかにした。

【関連写真】犠牲者を追悼するために設けられた献花台

 地元メディアは、国防省の話として「モスクワ(Moscow)時間の午前5時42分(日本時間同日午前11時42分)、沿岸から1600メートル離れた水深17メートルの地点で、メインのブラックボックスが発見された」と報じた。

 国防省はまた、これまでに水中から12人の遺体および犠牲者の遺体の一部156点を収容したと明らかにしている。

 墜落したTu154型機は25日、乗客乗員92人を乗せて、シリアにあるロシア軍基地に向けて離陸した直後に、リゾート地であるソチ(Sochi)沖合の黒海に墜落した。乗客には世界的に有名なロシア軍の公式楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル(Alexandrov Ensemble)」の団員60人余りも含まれていた。

 今回の墜落について、当局はテロの可能性を否定している。 【翻訳編集】 AFPBB News


ロシア、ツポレフ154型機を飛行禁止に 黒海への墜落で=通信社
ロイター 12/27(火) 17:14配信

940
 12月27日、ロシア南部ソチ沖の黒海にロシア軍のツポレフ154型機が墜落したことを受け、ロシア当局は、墜落原因が特定されるまで、全てのツポレフ154型機の飛行を禁止した。写真は堤防に手向けられた花々。ソチで26日撮影(2016年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 27日 ロイター] - ロシア南部ソチ沖の黒海にロシア軍のツポレフ154型機が墜落したことを受け、ロシア当局は、墜落原因が特定されるまで、全てのツポレフ154型機の飛行を禁止した。インターファクス通信が27日、匿名の情報筋の話として伝えた。

ロシアメディアは同日、国防省の話として、墜落機の残骸からフライトレコーダーが発見されたと報じた。


ロシア軍機「Tu-154」墜落 テロの可能性は低いと露当局 犠牲者の捜索続く
sorae.jp 12/27(火) 8:00配信

Tu154
ロシア軍機「Tu-154」墜落 テロの可能性は低いと露当局 犠牲者の捜索続く

12月25日に発生した、ロシア軍機「Tu-154」の墜落事故。同事故では搭乗していた8人の乗員を含む92人全員が亡くなるという痛ましい結果に終わってしまいましたが、現時点ではロシア当局は「テロの可能性は低い」との見方を取っています。
 
この事故では、ロシアのソチを離陸したTu-154がシリアに向かう途中で黒海に墜落しました。搭乗者の中には著名な合唱団のアレクサンドロフ・アンサンブルのメンバーも含まれており、音楽界にも大きな衝撃を与えています。また現在はブラックボックスと遺体の捜索が行われていますが、墜落場所が海だったこともありまだ多くの遺体が発見されていません。
 
なお現時点では、ロシアの調査団はこの事故を「テロ活動によるもの」とはみなしていません。ロシア政府のスポークスマンのDmitry Peskov氏は、「調査はすべての可能性に対して行われていますが、何かを断定するには早すぎます。しかし、テロ活動が主要な可能性の1つとは考えていません」としています。
 
ロシア政府は現在45隻の船に5機のヘリコプター、ドローン、それに135人のダイバーを含む3,500人の捜索人員を投入し、墜落地域やその沿岸を捜索しています。さらに2隻の深海捜索船も追加され、夜を徹した捜索が行われているのです。しかし未だにブラックボックスは発見されず、また水流によって遺留品が外洋に流されてしまう危険も指摘されています。
 
今回の事故が機体の故障だったのか、あるいは操作ミスだったのか……今後も調査が続けられることでしょう。


ロシア軍機墜落、機体の一部見つかる 当局はテロの可能性否定
AFP=時事 12/27(火) 7:46配信

939
ロシア南部ソチに近い黒海沿岸に集まった救急隊員ら(2016年12月26日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ロシア南西部の黒海(Black Sea)で起きた同国軍用機の墜落で、救助チームは26日、機体の一部を発見して回収した。乗客乗員92人全員が死亡したこの墜落について、当局はテロの可能性を否定している。

 墜落したTu154型機は25日、シリアにあるロシア軍基地に向けて離陸した直後に、リゾート地ソチ(Sochi)沖合の黒海に墜落した。乗客には世界的に有名なロシア軍の公式楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル(Alexandrov Ensemble)」の団員60人余りも含まれていた。

 国防省によると、26日夜に長さ3.5メートル、幅4.5メートルの機体の一部が見つかり、陸上に引き揚げられた。

 捜査当局は墜落原因を特定できておらず、ブラックボックスも水中に沈んだまま依然回収されていないが、当局はテロ行為が原因だったという見方を排除している。

 国営メディアが伝えたロシア連邦保安局(FSB)の声明では、操縦ミス、機器の不具合、燃料のトラブル、エンジンへの異物付着という4つの可能性を中心に調査を進めていると説明。「現時点ではテロ行為の可能性を示す兆候や事実は把握していない」としている。【翻訳編集】 AFPBB News


テロの可能性低い=ロシア軍用機墜落
時事通信 12/26(月) 20:39配信

 【モスクワ時事】インタファクス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は26日、黒海で起きた軍用機墜落について、テロの可能性は低いとの見方を示した。

 報道官は、あらゆる可能性を調査しており、「自信を持って何かを言うには早過ぎる」と述べながらも、「テロとの見方は(可能性の)一番目ではない」と説明した。連邦保安局(FSB)当局者も「テロ行為の可能性を示す証拠や事実は得ていない」と語った。


ロシア軍機、黒海に墜落 92人の捜索続く 
BBC News 12/26(月) 12:26配信

乗客乗員92人を乗せてロシアからシリアへ向かっていたロシア軍のTu-154機が25日、黒海に墜落した。92人全員の生存が絶望視されるなか、ロシア当局はソチ近くで潜水士109人を含む3000人体制で「昼夜を問わず」捜索を続けている。事故機には兵士やジャーナリストのほか、ロシア軍所属の楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル」のメンバー64人も搭乗していた。ロシア政府は26日を、全国的な服喪の日とすると発表した。

25日夜に記者会見したロシア国防省報道官のイゴール・コナシェンコフ少将は、「日没を過ぎても墜落現場の捜索は不断で続いている」と話した。強力な投光器を複数使っているという。

国防省はこれに先立ち、黒海のソチ沖約1.5キロの水深50~70メートルの場所で、機体の一部を発見したと発表。当局者によると、ソチ沖10.5平方キロの海域を集中的に捜索しており、これまでに11人の遺体が回収された。

有名な「アレクサンドロフ・アンサンブル」楽団は、シリア・ラタキア近くのフメイミム空軍基地で、駐留ロシア軍部隊慰問の新年コンサートで演奏する予定だった。

ロシア軍は昨年秋以来、シリアで反政府勢力を空爆し、アサド政権を支援してきた。

報道陣にテロ攻撃の可能性を質問された、マクシム・ソコロフ運輸相は、墜落原因の「あらゆる可能性」を検討していると述べつつ、何かを断定するには時期尚早だと慎重姿勢を示した。

国防省によると、墜落機はモスクワを出発し、ソチのアドラー空港で給油した後、25日午前5時25分(日本時間同11時25分)にシリア・ラタキアへ向かって離陸した。

ロシア・メディアは、事故機と管制官の最後の交信とされる音声を放送。それによると、レーダーから機影が消えるまで操縦士の声は平静で、何か問題を察知していた様子はうかがえない。

国防省が公表した乗客リストによると、「アレクサンドロフ・アンサンブル」楽団の指揮者ワレリー・ハリロフ指揮者も搭乗していた。

楽団のほか、ジャーナリスト9人、兵士8人、公務員2人、乗務員8人が乗っていたほか、人権活動家としてロシア政府に表彰されているエリザベタ・グリンカ氏も乗っていた。

アレクサンドロフ・アンサンブルとは

1928年創設のアレクサンドロフ・アンサンブルは、ロシア軍の正式な合唱団。オーケストラと舞踊団も含まれる。

名称は、ソ連国歌を作曲した初代団長、アレクサンドル・ワシリェビッチ・アレクサンドロフにちなんでいる。

アレクサンドロフ・アンサンブルの音楽のサンプルはこちらで。

ロシアの空を支えたツポレフ154機

60年代半ばに設計され、1972年に初就役したTu-154(ツポレフ154)型旅客機は3発ジェット旅客機で、1986年の設計刷新を経て、長年にわたりソ連とロシアの航空業を支えてきた。アエロフロートは2010年に引退させたが、現在でも各国で約50機が現役を続けている。

2010年4月にはロシア西部スモレンスクでTu-154機が墜落し、ポーランドのレフ・カチンスキ大統領を含む96人が死亡した。

2001年10月には、シベリア航空のイスラエル・テルアビブ発ノボシビリスク行きTu-154機が黒海上空で撃墜され、78人が死亡。乗客の大半はイスラエル人だった。

ウクライナ軍は関与を否定したが、演習の流れ弾が誤って当たった可能性があると後に関係者は認めている。

(英語記事 Russia plane crash: Huge search for bodies in Black Sea)


ロシア軍用機墜落、生存者なし 楽団員ら92人搭乗
CNN.co.jp 12/26(月) 12:20配信

(CNN) ロシア南西部ソチ市近くのアドレル空港を離陸した軍用機が近くの黒海に墜落した件で、ロシア国防省は26日までに、生存者はいない模様だと明らかにした。同機には有名なロシア軍の楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル」のメンバーや、ジャーナリストなど乗客84人と乗員8人が乗っていた。

軍用機はシリア・ラタキアに向かっており、楽団は同地のロシア軍基地で新年を祝う公演を行う予定だった。

国防省の広報担当によれば、現場付近で捜索と救助活動を行っているチームによって10人の遺体が収容された。墜落の犠牲者とみられている遺体のひとつは、ソチの沿岸から約4.8キロ離れた場所で見つかった。

遺体は26日午前に事故現場からモスクワに移送される見通し。

プーチン大統領は、26日を服喪の日とすると明らかにした。


ロシア・ソチからシリアに出発した92人乗りの軍用機、黒海に墜落
ホウドウキョク 12/26(月) 11:18配信

929
(写真:ホウドウキョク)

92人乗りの軍用機が25日、黒海に墜落した。
墜落したのは、ロシア国防省の航空機で、25日、ソチからシリア西部ラタキアの空軍基地に向かう予定だったが、ソチの空港を離陸した直後、黒海に墜落した。
事故機には、シリアでの新年を祝うため、軍の音楽隊や記者など、92人が乗っていた。
捜索隊が、ソチ沿岸から1.5km、深さ50~70メートルの場所で、機体の一部とみられる破片を発見。
海上では、搭乗者とみられる遺体も見つかった。
これまでに生存者は見つかっていない。
事故原因について、インタファクス通信は、当局の話として、「上昇中に、技術的な不具合が発生した可能性がある。救難信号は発していなかった」と報じている。


黒海沿岸のロシアの救助・捜索活動
時事通信 12/26(月) 8:39配信

938
25日、ロシア南部ソチに近い黒海沿岸で、慌ただしい動きを見せるロシアの救助・捜索隊。


露軍機、黒海で墜落 92人絶望的 シリア行き、故障か
産経新聞 12/26(月) 7:55配信

 【モスクワ=黒川信雄】ロシアメディアによると、露南部ソチ近郊の飛行場からシリアに向けて飛び立ったロシア軍の航空機ツポレフ154が25日、黒海に墜落した。インタファクス通信によると、ツポレフには乗員のほかロシア軍の音楽隊、ロシア人記者ら92人が搭乗していた。露国防省は墜落現場を特定したとし、「生存者は発見されていない」と表明した。

 国防省によると、航空機は離陸から2分後に監視レーダーから姿を消した。ソチの沿岸から約1・5キロ、深さ50~70メートルの黒海海中で残骸が発見されたという。すでに複数の遺体が収容された。墜落の原因について救助関係者はインタファクスに、航空機の機器の故障の可能性が高いとの見方を示した。事故当時の現地の天候は良好だった。

 露国防省によると、ツポレフの搭乗者のうち65人はロシア軍の著名な音楽隊の隊員だったという。隊員らは、ロシア軍が駐留するシリア北西部ラタキア近郊のヘメイミーム空軍基地で開催される新年祝賀行事に参加する予定だった。ほかにもテレビ局「NTV」の記者ら、メディア関係者9人が搭乗していたという。

 露大統領府によると、プーチン大統領は犠牲者の遺族に「最も深い哀悼の意」を表明した。プーチン氏はメドベージェフ首相に対し、首相を委員長とする事故原因究明のための委員会設置を命じた。

 ヘメイミーム空軍基地をめぐっては、ロシアが8月、露軍が無期限・無償で使用できる協定をシリアと結んでいた。同基地はシリアのほか地中海、中東一帯を行動範囲に収め、ロシアの中東戦略における要衝と位置づけられている。


シリアに向かうロシア軍機が黒海に墜落、92人全員死亡の公算
ロイター 12/26(月) 7:34配信

928
 12月25日、シリアに向かっていたロシアの軍機が黒海に墜落。ロシア当局は、乗員含む92人全員が死亡したもようと発表した。現場付近を捜索するロシア非常事態省のボート、ソチ近郊で撮影(2016年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 25日 ロイター] - シリアに向かっていたロシアの軍機が25日、黒海に墜落。ロシア当局は、乗員含む92人全員が死亡したもようと発表した。ロシア国防省によると、複数の軍機(ツポレフTU─154)の1機が、給油のため立ち寄ったソチを飛び立った2分後にレーダーから消えた。

軍のスポークスマンは会見で、黒海の深さ約70メートルの所で機体の残骸を発見したとし、生存者はいないと述べた。

ロシアの通信社インタファクスは、軍関係者の話として、墜落した軍機はSOSを発信していなかった、と伝えた。

プーチン大統領は、12月26日を服喪の日とすると発表した。

この軍機には、軍関係者など84人、乗員8人が搭乗していた。うち少なくとも60人は、軍の音楽団のメンバーで、シリアにあるロシア空軍基地を慰問する予定だった。また、9人のロシア人記者も搭乗していた。


パフォーマーを乗せたロシア軍機、ソチ離陸後に墜落
Bloomberg 12/25(日) 17:38配信

国防省によると、92人を乗せたロシア軍機がソチを離陸後、シリアに向かう途中で墜落した。

Tu-154型機には乗客84人、乗員8人が搭乗していたと、同省はウェブサイトで発表した。搭乗者リストには著名なロシア軍の音楽団、アレクサンドロフ・アンサンブルのミュージシャンとパフォーマー64人、慈善家、軍関係者、報道関係者が含まれていた。音楽団は新年の祝日の前にラタキア近郊の空軍基地で兵士のためのコンサートを行う予定だった、とタス通信が報じた。

ロシアの調査委員会は声明で、飛行安全規則に対する違反の可能性を調査していると発表した。インタファックス通信は防衛省の話として、黒海の沿岸から約1.5キロの地点でTu-154型機の残骸が発見されたと報道。最初の遺体が収容されたと報じた。

ペスコフ大統領報道官によると、ロシアのプーチン大統領は事故について報告を受けている。ロシア軍はシリア内戦で同国のアサド大統領の軍を支援している。

原題:Russian Military Plane Carrying Performers Crashes Off Sochi (2)(抜粋)


92人搭乗のロシア軍機、黒海に墜落 国防省が発表
CNN.co.jp 12/25(日) 16:56配信

(CNN) ロシア国防省は、25日に同国南西部ソチ市近くのアドレル空港を離陸した後にレーダーから機影が消えたロシア軍機について、ソチから約1.6キロ離れた黒海で機体の残骸が発見されたと明らかにした。

消息不明となったのはツポレフ社製のTU154型機で、乗客84人、乗員8人が搭乗していた。

ロシアのインタファクス通信は消息筋の情報として、乗客には伝統的な歌舞を披露するロシア軍の有名な公式楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル」のメンバーやジャーナリストらが含まれると伝えていた。

国防省によれば、軍用機はシリア・ラタキアに向かう前にソチに着陸し燃料の補給を行ったという。


ロシアのTu154機
時事通信 12/25(日) 16:00配信

Tu154
黒海に墜落したロシアのTu154機の同型機=撮影日不明、フランクフルト


露の軍用機、黒海に墜落…「テロ可能性は排除」
読売新聞 12/25(日) 15:26配信

 【モスクワ=畑武尊】インターファクス通信によると、ロシア南部・ソチ沖の黒海に25日朝、露国防省の「ツポレフ154型」軍用機が墜落した。

 露軍の合唱団のほか報道関係者ら乗客84人、乗員8人の計92人が乗っていた。ソチの沿岸部から約1・5キロ・メートル、深さ50~70メートルの海で、機体の一部とみられる破片が見つかり、遺体も収容された。

 露上院国防委員会のオゼロフ委員長はロシア通信に対し「テロの可能性は完全に排除する」と述べ、技術的なトラブルか操縦ミスだとの見方を示した。

 同機はモスクワ郊外を出発した後、経由地のソチで給油し、シリア北西部ラタキア近郊の露空軍基地に向けて午前5時20分頃に再び飛び立った。空港から数キロ離れた黒海上空で消息を絶っており、離陸して間もなく墜落した模様だ。


<露軍機>墜落92人絶望 黒海、シリア行きの慰問団ら
毎日新聞 12/25(日) 15:25配信

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア国防省によると、中東シリアに向かっていた露軍所属のツポレフ154旅客機(搭乗者92人)が25日早朝、露南部ソチを離陸した直後に黒海に墜落した。国防省は「生存者がいる兆候はない」と述べており、搭乗者全員の生存が絶望視されている。AP通信によると、少なくとも10遺体が収容された。ロシアメディアは「技術的問題」が原因との見方を伝えた。プーチン大統領はメドベージェフ首相に原因調査を命じた。

 墜落機は、シリア空爆を実施する露空軍が駐屯しているシリア西部のフメイミム空軍基地に向かっていた。搭乗者には、現地で慰問公演を予定していた軍所属の音楽舞踊団や、露主要テレビ局の記者も含まれていた。報道によると、黒海では墜落機の破片が見つかった。国防省などで搭乗者を捜索している。

 墜落機は33年前に配備され、2014年12月に改修整備が行われた。モスクワを出発し、ソチで給油した後、シリアに向かった。ソチの空港から離陸後約2分で消息を絶った。天気は良好だったという。


ロシア軍用機が黒海に墜落、92人搭乗 4人の遺体を収容
AFP=時事 12/25(日) 15:10配信

927
ロシア南西部ソチ郊外の黒海に延びた桟橋で、墜落した軍用機に乗っていたとみられる人物の遺体を担架で運ぶ救助隊員(2016年12月25日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)ロシア南西部の黒海(Black Sea)で25日、92人を乗せ沿岸のアドレル(Adler)からシリア・ラタキア(Latakia)近郊の空軍基地に向かっていたロシアの軍用機が離陸直後に墜落した。墜落現場は特定されこれまでに4人の遺体が収容されたが生存者がいる可能性は絶望的だという。地元メディアが25日、国防省の話として報じた。

【資料写真】Tu154型機

 国防省は先に、機体の一部がアドレルに近いソチ(Sochi)の黒海沿岸から1.5キロ沖合の水深50~70メートルで発見され、収容された遺体が見つかったのは沿岸から6キロ沖合だと述べていたい。

 国防省によると墜落したのはTu154型機で、シリア・ラタキア近郊のフメイミム(Hmeimim)空軍基地に向かう通常の飛行のため、乗客84人と乗員8人の計92人を乗せて25日午前5時40分(日本時間同11時40分)ごろ離陸した。

 乗客にはロシア軍の兵士のほか、フメイミム基地での新年の祝祭行事に参加する予定だったロシア軍の公式楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル(Alexandrov Ensemble)」のメンバー64人と、メディア関係者9人も含まれているという。

 ドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は記者団に対し、同国のウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が状況についての連絡を受け、捜索活動について逐一報告を受けているとした上で、「ここで何かを伝えるには時期尚早だ」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


92人乗り軍用機墜落=シリアへ離陸直後、全員死亡か―ロシア
時事通信 12/25(日) 14:30配信

Tu154
黒海に墜落したロシアのTu154機の同型機=撮影日不明、フランクフルト

 【モスクワ時事】ロシア国防省によると、南部ソチの空港を離陸した92人乗りの軍用機が25日、黒海に墜落した。

 捜索隊はソチ沿岸から1.5キロ、深さ50~70メートルの沖で機体の一部とみられる破片を発見。海上では搭乗者とみられる複数の遺体が収容された。

 インタファクス通信によると、国防省報道官は墜落現場付近に「生存者がいる兆候はない」と述べた。国防省によれば、墜落したのはツポレフ154型機で乗客84人と乗員8人が搭乗。25日午前5時25分(日本時間同11時25分)ごろ離陸し、シリア西部ラタキアの空軍基地に向かおうとしていた。ロシアがシリアでの空爆の拠点としている基地で、新年を祝うため、軍の合唱団ら60人以上やテレビ局の記者らが乗っていた。モスクワを出発し、ソチの空港で給油を行っていた。

 ロシアのシリア空爆に対してはトルコの首都アンカラで19日に「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」と叫ぶ警官にロシア大使が射殺されたばかり。テロの恐れも消えない中、オゼロフ上院国防委員長はロシア通信に対し「テロの可能性を完全に排除する」と述べ、技術的不具合か操縦ミスの可能性を事故原因と主張した。

 ロシア救助当局筋もインタファクス通信に対し「上昇中に技術的な不具合が発生した」と推測。軍用機は救難信号は発していなかった。

 一方で、ペスコフ大統領報道官は「何かを言うには早過ぎる」と述べ、詳しい調査を待つ構え。プーチン大統領はメドベージェフ首相に対し、墜落原因を調査する委員会を設置するよう指示した。連邦捜査委員会は安全基準に違反していなかったか捜査を始めた。

 ロシアはシリアのアサド政権を支援するため、2015年9月から反体制派への空爆を行っている。

« ドイツの首都ベルリンでトラック突入テロ、12人死亡 ISが犯行声明・5 | トップページ | 糸魚川市で大規模火災、150棟延焼 744人に避難勧告・3 »

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64679860

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア軍用旅客機が黒海に墜落:

« ドイツの首都ベルリンでトラック突入テロ、12人死亡 ISが犯行声明・5 | トップページ | 糸魚川市で大規模火災、150棟延焼 744人に避難勧告・3 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30