« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2180 | トップページ | 三菱MRJ2号機、米へ向けて出発 »

2016年12月14日 (水)

米海兵隊のMV-22オスプレイが不時着水・2

13日午後9時50分ごろ、米海兵隊普天間飛基地所属の垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイ1機が沖縄本島東沖近海に不時着水した。14日午前0時までに米軍が乗員5人を救助した。このうち2人が負傷しており、米軍基地内の病院に搬送された。命に別条はないという。

防衛省関係者によると、事故機は普天間飛行場を離陸し、沖縄本島北部に向かう途中の午後9時半ごろに不時着した。その直前に事故機から「これから降りる」と米軍側に連絡があったという。防衛省によると、場所は名護市東沖約1.6キロの海上。

最初の記事

リンク:オスプレイ胴体着陸、不時着現場急行後=米軍「制御可能状態」と説明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ事故最重大 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ事故最重大=米海軍安全センター評価 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ、事故率上昇=操縦難しさ指摘も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:残がいを運ぶ米軍 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:残がいを運び出す米軍関係者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「オスプレイ」不毛な言い争いは辞めてほしい --- 清谷 信一 - 雑誌記事:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ墜落事故に見るあまりにひどい「偏向報道」「情報操作」にもの申す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「機体に要因ない」=在日米軍司令官が声明―オスプレイ事故 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイが「不時着」いったい何が起きたのか? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイの部品 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:部品を回収する米軍 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍、回収作業を継続=オスプレイ不時着現場―沖縄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ事故現場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:回収された機体の一部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大破したオスプレイ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍、回収作業を継続=沖縄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:不時着判断に理解求める=オスプレイ事故で米国務省高官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ不時着 米側から空中給油訓練中にホース切断と連絡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ、沖縄での飛行当面停止…原因究明へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:記者会見する在沖米軍トップ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ「機体システムに問題ない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<オスプレイ事故>地位協定に壁 11管、本格調査は不透明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ、機体大破=米海兵隊、飛行一時停止―防衛相要請で・沖縄事故 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MV-22オスプレイが沖縄で空中給油訓練中に事故を起こし不時着大破 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<オスプレイ>事故率2.64に上昇 15年9月時点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:普天間飛行場に胴体着陸=オスプレイ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ「機体システムに問題ない」=県民不安には謝罪・在沖米軍トップ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:別のオスプレイ、普天間で13日に胴体着陸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイの破片を袋に入れる米兵 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ不時着 岸田文雄外相「大変遺憾」 ケネディ大使に情報提供要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ、「事故」受け飛行を一時停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:普天間飛行場に胴体着陸=事故機と別のオスプレイ―不安と反発一段と・沖縄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ事故情報共有で一致=岸田外相とケネディ大使 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

オスプレイ胴体着陸、不時着現場急行後=米軍「制御可能状態」と説明
時事通信 12/16(金) 11:55配信

 防衛省沖縄防衛局は16日午前、米側から得た情報として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で13日夜に胴体着陸した新型輸送機オスプレイは、名護市沖で不時着したオスプレイから救難連絡を受け、現場で空中監視を実施した後に事故を起こしたなどと同市や県に伝えた。

 それによると、胴体着陸事故が起きたのは13日午後11時45分ごろ。同飛行場に着陸する際、着陸装置に故障が生じ、「通常の制御可能な状態で緩やかな着陸を行った」と米側は説明している。

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は16日午前、若宮健嗣防衛副大臣と会談し、二つの事故について抗議。抗議文も手渡し、「県民の抗議を受け入れずに、強行配備した結果だ。(不時着)事故現場に隣接する辺野古に新基地が建設されれば、危険性が拡大することは明らか」として、新基地建設の撤回などを求めた。


オスプレイ事故最重大
時事通信 12/16(金) 9:47配信

Mv228
米海軍安全センターは15日、沖縄県で起きたオスプレイの事故について、人的・金銭的被害の大きさに基づく4段階の分類のうち、最も重大な「A級」に当たるという軍内部の評価を公表した=7月22日、鹿児島県沖


オスプレイ事故最重大=米海軍安全センター評価
時事通信 12/16(金) 8:49配信

 【ワシントン時事】米海軍安全センターは15日、沖縄県名護市沿岸で起きた米軍輸送機オスプレイの事故について、人的・金銭的被害の大きさに基づく4段階の分類のうち、最も重大な「A級」に当たるという軍内部の評価をホームページで公表した。

 同センターによると、A級は(1)被害額が200万ドル(約2億3600万円)以上(2)機体が大破(3)死者が出る(4)関係者が永久的な全身障害を負う―といったケースが該当する。事故の状況に関しては「訓練飛行中に海に不時着水。乗員5人全員が脱出し、2人が負傷した」と記している。


オスプレイ、事故率上昇=操縦難しさ指摘も
時事通信 12/15(木) 19:40配信

 13日夜に沖縄県名護市で不時着して大破し、14日には別の機体の胴体着陸も明らかになった米海兵隊のMV22オスプレイ。

 自衛隊も導入する同機の安全性への不安が強まっており、操縦の難しさも指摘される。防衛省によると、同機の「クラスA」と呼ばれる重大事故の発生率は上昇傾向にある。

 「クラスA」は死者の発生や200万ドル(約2億3500万円)以上の損害を出した重大事故を指し、事故率は10万飛行時間当たりで計算される。

 MV22の事故率は算出を始めた2012年4月は1.93だったが、13年9月末には2.61に。最新の15年9月末は2.64まで上昇した。ただ、この値そのものは、海兵隊全体の平均値と同じだという。

 オスプレイには、今回事故を起こした海兵隊のMV22とは別に、17年に日本へ配備予定の米空軍特殊作戦用のCV22がある。CVの事故率は14年9月末で7.21と、MVを大きく上回る。同省担当者は、CVの総飛行時間が約5万1000時間(15年9月末)にとどまることを挙げ、「飛行時間が10万時間に達しないと、意味のある事故率の算出は困難だ」と指摘する。

 オスプレイはヘリコプターと固定翼機の特徴を兼ね備えており、垂直離着陸や空中停止、高速での長距離移動ができる。防衛省幹部は「ヘリと固定翼の機能を持つ夢のような乗り物だが、飛行時は両者の技術と判断が求められ、操縦は難しいのでは」と話す。

 陸上自衛隊はMV22を18年度から順次、17機取得する。CV22は17年に米軍横田基地(東京)へ配備される。


残がいを運ぶ米軍
時事通信 12/15(木) 17:47配信

947
新型輸送機MV22オスプレイの不時着現場付近から残がいを運ぶ米軍=15日午後、沖縄県名護市


残がいを運び出す米軍関係者
時事通信 12/15(木) 17:47配信

946
新型輸送機MV22オスプレイの不時着現場付近から残がいを運び出す米軍関係者=15日午後、沖縄県名護市


「オスプレイ」不毛な言い争いは辞めてほしい --- 清谷 信一
アゴラ 12/15(木) 17:36配信

945
オスプレイ(GATAG)

“「二度と起きぬよう原因究明」と米国防総省 日本国内初の重大事故で(http://www.sankei.com/politics/news/161214/plt1612140013-n1.html)”

現状原因など詳しい話は伝わってきていませんが、これは大石英司氏も指摘されておりますが、夜中に大臣が記者会見をするような話ではないでしょう。(http://eiji.txt-nifty.com/)

プロ市民はともかくとして、政府もメディアも自治体もオスプレイの機体や飛行の特性を知ろうとせずに、まるで空飛ぶ円盤にでもついて議論しているような感じです。

航空機に関して、事実やデータに基づかない議論は全く不毛であります。
それは未開の土人が、飛行機を鉄の鳥だと恐れて対策を話し合うようなものです。
敢えてお叱り覚悟で申せば、政府も自治体もメディアも「オスプレイ土人」です。

否定派は自治体も、メディアも「わけからんけども、なんでもオスプレイ鋳鉄の鳥は大層危険なも生き物だべ」と理性全く否定だし、政府はまるでかつての原発のように「オスプレイは100%安全な鉄の鳥です」というような説明を繰り返すわけです。

両方共エビデンスに基づいた議論をしていません。文明人ではありません。

オスプレイで問題となるのは、ヘリや固定翼機との飛行状態の違いでしょう。特にヘリモードでの機動性はヘリよりも劣ります。また人的ファクターも問題でしょう。ヘリや固定機になれたパイロットが、オスプレイを操縦する際に、つい以前の自分の載っていた機体と同様に対処してしまうことは十分にありうるでしょう。
こういうことが議論されずに情緒に基づくだけが増幅されています。

これまでのオスプレイの運用を見た場合、特に欠陥機というほどの事故は起こっておりません。しかもアフガンなどの実戦で使用してもです。これは大石氏も指摘されておりますが、むしろ運用によって事故率が変わってくるわけです。海兵隊用の機体と、特殊作戦用の空軍の機体とでは運用は全く異なり、事故率も当然変わってきます。これを意図してか、せずか混同しているメディアも見受けられます。

ぶっちゃけた話をすれば、すべて飛行機は構造上墜落するものです。
では旅客機の事故が起きたからといって、旅客機は危険だ世界中の空港を閉鎖しろとかいう話にはならないでしょう。
それを100%安全を保証しろ、というのは土人かヤクザの言いがかりです。

繰り返しますが、オスプレイと名前を聞いただけで脊髄反射的な反応を起こすのは土人です。
我が国の安倍大酋長以下、土人の不毛な言い争いはやめて欲しいものです。

ですが、もっとも一番ひどいのは防衛省かもしれません。
ぼくは以前記者会見で何度もオスプレイは何機導入するのかと訪ねましたが、調達担当者も防衛大臣も「わかりません。買ってから考えます」と答えました。

つまり、どのような任務にどのような構想で、どの程度の規模の部隊を、どの程度の期間に整備するか、そのためも総額はいくら必要かということこともわからずに、「なんでもオスプレイちゅう、鉄の鳥は神様の使いだそうで、偉いご利益があるそうだべ」と、思考停止でとりあえず17機、2千億円ほどの税金を使うことを決めました。

これが土人じゃないならば、頭がおかしいとしか言いようがありません。

そしてぼくが記者会見でこの質問をしても、記者クラブ会員各社はまったく後追いも、取材もしておりません。つまり防衛装備品としてオスプレイを見ることができないのです。ひたすら情緒に基づいた政治的な話しか書けません。

そしてあいもからず沖縄の「鉄の鳥」に対する怯えや怒りといった「情緒」や「鉄の鳥」は危ないといったこれまた情緒に基づいた「報道」を行っております。これまた文明人にあるまじき所業だと思うのですが、いかがでしょうか。

編集部より:この記事は、軍事ジャーナリスト、清谷信一氏のブログ 2016年12月14日の記事を転載させていただきました(タイトル改稿)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、清谷信一公式ブログ「清谷防衛経済研究所」(http://kiyotani.at.webry.info/)をご覧ください。

オスプレイ墜落事故に見るあまりにひどい「偏向報道」「情報操作」にもの申す
山田順 | 作家、ジャーナリスト、出版プロデューサー
12/15(木) 15:14

944
オスプレイは有用かつ必要な軍用機(写真:ロイター/アフロ)

■本当に「沖縄県民の怒りは頂点」なのか?

今回のオスプレイの墜落(不時着)だが、これは単なる事故だ。それ以上のものではない。ただ、死者がでなかった点、海上に墜落した点で「不幸中」の幸いだった。米軍機は最近では、9月に沖縄本島の沖合でAV8攻撃機ハリアーが墜落、12月初めに高知県・室戸岬沖約100キロの海上でFA18ホーネット戦闘攻撃機が墜落している。前者ではパイロットは助かり、後者では死亡しているが、この二つの事故に関しては、メディアはただ事実関係を報道しただけだった。

ところが、今回は違う。オスプレイをまるで「悪魔のヘリコプター」扱いして、「それみたことか」式に報道した。この点を強調して、社説にまで仕立て上げた新聞もあった。つまり、メディアはこの事故を起こるべくして起こった事故だと言いたいのだ。そして「市街地に落ちていたらどうするんだ」とし、「沖縄県民の怒りは頂点」などと、続報を自ら膨らませていった。

テレビは住民にインタビューし「怖いです。なんとかして欲しい」などいう声を垂れ流した。こんなふうに思っている住民など一部しかいないのに、あたかも沖縄住民はみなそう思っているように報道するのだから、偏向もはなはだしい。

■信じがたい副知事の「植民地」発言

このような偏向報道があるから、沖縄県の安慶田光男副知事は“調子にのって”、ローレンス・ニコルソン中将(沖縄米軍のトップ)に直接抗議に出向き、その後、「謝罪はまったくなかった。本当に植民地意識丸出しだなと感じた」という恥知らずな会見をしてしまった。
さらに、翁長雄志知事は、必要もないのに上京して、政府に抗議、普天間基地に配備されているオスプレイを撤去させると息巻いた。

軍用機だろうと民間機だろうと、事故が起きたときは、まず乗員の安否の報道が優先だ。次に、事故原因だ。しかし今回、日本のメディアはそんなことは二の次で、恣意的な報道に終始した。

■ニコルソン中将の話を恣意的にしか伝えず

米軍の発表によると、事故を起こしたオスプレイは、空中給油の訓練中に、燃料を送るホースが切れて羽根に当たったために、飛行に障害をきたした。そのため、パイロットは住宅地の上空を通って嘉手納基地や普天間飛行場に戻るルートを避け、キャンプシュワブのある名護市に向かったという。

したがって、メディアはニコルソン中将のインタビューをもっと詳しく伝えるべきだろう。しかも、オスプレイは日本防衛のための訓練を行っていたのだ。
ところが、メディアは「住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」「(事故を)政治問題にするのか」というところばかり切り取って、ニコルソン中将の発言を伝えた。

ニコルソン中将はこう言っていた。
「よく訓練されたパイロットたちの素晴らしい判断と技能で最悪の事態を避けることができました」「沖縄の一般市民をいっさい危険にさらさないですみました」「若いパイロットたちは入院中です。私は彼らを誇りに思っています」「事故自体そのものは遺憾に思うし謝意を表明します」「航空自衛隊、海上保安庁をはじめ日本や沖縄の関係各所の迅速な対応にも感謝します」
この司令官は、軍人として立派である。

■オスプレイの事故はそれほど多くない

このような偏向にさらに輪をかけているのが、日本のメディアがオスプレイの利点をまったく伝えないことだ。
日本のメディアによると、オスプレイは事故多発の危険なヘリだという。しかし、本当にそうなら、自国の若者を死なせてしまうのだから、なぜアメリカ軍自体が使用を止めないのか?

じつは、オスプレイの事故はそれほど多くない。今年の4月の産経新聞記事によると、海兵隊の平均事故率は2.45となっていて、オスプレイの事故率は1.93と平均を下回っているという(記事のこの部分はなぜか削除された)。それとは別に、ヘリコプターというのは結構事故が多いが、どちらかというと軍用機より民間機のほうが多い。

そもそもオスプレイは、通常飛行をするために開発されたものではなく、主に特殊作戦で使用するのを目的とするために開発された。そのため、夜間や低空など過酷な条件での飛行が多い。だから、訓練を徹底して行っている。今回も、そんななかで起きた。要するに、オスプレイは一般の飛行機のように、安全な条件下での飛行を目的としていない。

■入院しているパイロットを見舞いに行け

この点で言うと、これまでオスプレイは大活躍してきた。たとえばフィリピンが巨大台風の災害を受けたとき、ネパールで大地震が起こったとき、オスプレイは被災現場に大量の物資を運んだ。つまり、日本のように台風や地震などの自然災害が多い国には、オスプレイは必要なヘリなのである。実際、熊本地震の際には、オスプレイが大活躍した。

しかし、こうしたことを、日本のメディアはほとんど報道しない。

翁長知事と安慶田副知事は、行くべき場所を間違えている。まず行くべきなのは、オスプレイのパイロットたちが入院している病院である。そうして、彼らに、日本国民と沖縄県民の謝意を伝えるべきだろう。

山田順
作家、ジャーナリスト、出版プロデューサー
1976年立教大学卒業後、光文社入社。2002年『光文社 ペーパーバックス』を創刊し編集長。2010年退社。現在、作家、ジャーナリストとして取材・執筆活動をしながら、紙と電子の両方の出版プロデュースも手掛ける。専門分野はメディア、経済、ビジネス。主な著書は『出版大崩壊』『資産フライト』(ともに文春新書)『新聞・出版 絶望未来』(東洋経済新報社)『中国の夢は100年たっても実現しない』(PHP)『日本が2度勝っていた大東亜・太平洋戦争』(ヒカルランド)『日本人はなぜ世界での存在感を失っているのか』(ソフトバンク)。近著は『円安亡国 ドルで見た日本経済の真実』(文春新書)。


「機体に要因ない」=在日米軍司令官が声明―オスプレイ事故
時事通信 12/15(木) 13:12配信

 在日米軍のマルティネス司令官は15日までに、沖縄県名護市沖で起きた米海兵隊の新型輸送機オスプレイの事故を受け、原因について「機体に要因するものではない」とする声明を発表した。

 声明によると、乗員5人のうち2人が米海軍病院に搬送され、他3人も軽傷を負い手当てを受けた。事故機の回収については「環境へ影響を及ぼさないよう、日本の関係省庁と協力していく」と述べた。

 声明では「米軍の最優先課題は常に安全性だ」と強調。引き続き事故に関する情報を公表していくとした。


オスプレイが「不時着」いったい何が起きたのか?
ホウドウキョク 12/15(木) 12:30配信

942
(画像:ホウドウキョク)

防衛省などによると、アメリカ軍 普天間基地を離陸したオスプレイが13日夜9時半頃、沖縄県名護市の東およそ1kmの沖合いに不時着し大破した。搭乗していた5人は救助され2人がけが、命に別状はないとのこと。
まず「不時着」という表現についてはパイロットが住民への被害を避け浅瀬への着水を選択、最後まで機をコントロールしていたということから「不時着」と言える。逆に制御不能のまま落ちた場合は「墜落」となる。
浅瀬でしかも岩場であることから「大破」しているが、これは陸地には民間人がいること、そして海洋上では機体が沈み乗員の生命が危ないことからの場所の選択となったのだろう。

この記事の動画を見る

943
(画像:ホウドウキョク)

不時着の原因だがアメリカの海兵隊の発表などによると、この機体は空中給油の訓練をしていたとのことだ。
この画像は空中給油機KC-130から空中給油を受けているオスプレイ。KC-130から伸びるホースのじょうご状の先端にオスプレイ側から近づいて棒状の受け口を突き刺して繋がり、給油を受ける方式だ。
【画像参照】

今回の事故はこの燃料を送るホースがにオスプレイの回転翼があたってホースをちぎってしまった。
その結果、回転翼の羽にも傷がついてしまい安定した飛行が難しくなったのではないかと考えられる。

アメリカ側からは当面オスプレイの運用停止との連絡が入ったが、菅官房長官は「地元の皆様に大きな不安を与えるもので極めて遺憾だ」と述べ、徹底した原因究明と安全確保の順守を求めている。

12月14日(水)「日刊安全保障」より


オスプレイの部品
時事通信 12/15(木) 12:29配信

941
海面から突き出た米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイの部品=15日午前、沖縄県名護市


部品を回収する米軍
時事通信 12/15(木) 12:18配信

940
新型輸送機MV22オスプレイの部品を回収する米軍=15日午前、沖縄県名護市


米軍、回収作業を継続=オスプレイ不時着現場―沖縄
時事通信 12/15(木) 12:01配信

936
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが沖縄本島東海岸に不時着し大破した事故で、名護市安部沖の現場では、15日午前も引き続き米軍が部品の回収作業を続けた。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが沖縄本島東海岸に不時着し大破した事故で、名護市安部沖の現場では、15日午前も引き続き米軍が部品の回収作業を続けた。

 大破した機体が残されているのは、海岸の岩場から数十メートル先にある浅瀬のリーフ。穏やかな波が打ち寄せる中、折れた垂直尾翼がリーフ上に乗り、無残な姿を見せていた。多数の部品が周辺に散らばり、波をかぶっていた。

 米兵が黒いゴムボートで機体に何度も近づき、窓枠とみられる部品や棒状の部品、パネルなどを相次ぎ回収。約1キロ離れた砂浜に回収した部品を並べ、写真を撮影するなど確認作業を進めていた。

 近くの砂浜では、住民約20人が「オスプレイ反対」「基地反対」などとシュプレヒコールを上げ抗議。千葉県から訪れたという会社員の女性(53)は「(普天間飛行場に胴体着陸した別の機と合わせ)2機立て続けに事故が起きたことで、オスプレイの危険性が証明された。即刻配備をやめるべきだ」と強い口調で語った。カヌーに乗った反対派住民が機体に近づき、米兵がゴムボートで並走し近づかないよう妨害する場面もあった。


オスプレイ事故現場
時事通信 12/15(木) 11:02配信

939
米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイの事故現場。手前は沖縄県警の警察官と米兵ら=15日午前、沖縄県名護市


回収された機体の一部
時事通信 12/15(木) 11:02配信

938
米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが大破した事故現場から回収された機体の一部=15日午前、沖縄県名護市


大破したオスプレイ
時事通信 12/15(木) 11:02配信

937
不時着し、大破した米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイ=15日午前、沖縄県名護市


米軍、回収作業を継続=沖縄
時事通信 12/15(木) 10:59配信

936
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが沖縄本島東海岸に不時着し大破した事故で、名護市安部沖の現場では、15日午前も引き続き米軍が部品の回収作業を続けた。


不時着判断に理解求める=オスプレイ事故で米国務省高官
時事通信 12/15(木) 8:30配信

 【ワシントン時事】ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は14日、沖縄県名護市沖で起きた米海兵隊の新型輸送機オスプレイの事故について「残念だ」とした上で、「日本人の命は危険にさらさなかった。(そうするために)米国人の命を危険にさらしたとも言える」と述べ、海上の浅瀬に不時着させたパイロットの判断に理解を求めた。

 時事通信の取材に答えた。

 ラッセル次官補は「日本を防衛するため、米国人は毎日、命を懸けている」と指摘。また、「米軍は事故防止に向けて、誰よりも懸命に取り組んでいる」と語り、米軍が安全を最優先して対応していることも分かってほしいと強調した。


オスプレイ不時着 米側から空中給油訓練中にホース切断と連絡
ホウドウキョク 12/14(水) 23:33配信

935
(写真:ホウドウキョク)

事故は、空中給油訓練中に起きたという。
13日に、沖縄・名護市沖で起きたオスプレイの事故で、アメリカ側から、「事故機は、空中給油訓練中にホースが切れ、機体に不具合が生じた」との連絡があったことがわかった。
稲田防衛相が、在日米軍の司令官と電話会談した際に、伝えられたという。
日本政府は、原因究明や再発防止の徹底などを、アメリカにすでに求めていて、アメリカは、安全性が確保されるまで、当面は、オスプレイの運用を停止する意向を伝えている。


オスプレイ、沖縄での飛行当面停止…原因究明へ
読売新聞 12/14(水) 22:01配信

 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の輸送機オスプレイが13日夜に沖縄県名護市沖で不時着した事故を受け、米側に情報提供と事故原因の把握を重ねて求めた。

 米軍は機体に問題はないと説明しているが、オスプレイの沖縄での飛行を当面停止し、原因究明を急ぐ方針だ。また、事故機とは別のオスプレイ1機が13日、不具合で同飛行場に胴体着陸していたことも新たに判明した。

 岸田外相は14日、外務省でケネディ駐日大使と会談し、「遺憾の意」を表明した。ケネディ氏は「事故はオスプレイそのものの問題ではなく、訓練上の問題だった」と語り、早急な調査を約束した。稲田防衛相も同日、マルティネス在日米軍司令官と電話で会談した。


記者会見する在沖米軍トップ
時事通信 12/14(水) 21:20配信

934
米海兵隊の新型輸送機オスプレイの不時着事故を受け、記者会見する在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官=14日午後、沖縄・キャンプ瑞慶覧


オスプレイ「機体システムに問題ない」
時事通信 12/14(水) 21:20配信

930
米海兵隊の新型輸送機オスプレイの不時着事故を受け、記者会見する在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官。「機体のシステムによる問題ではない」と主張した=14日、沖縄・キャンプ瑞慶覧


<オスプレイ事故>地位協定に壁 11管、本格調査は不透明
毎日新聞 12/14(水) 21:00配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)は14日未明に米軍にオスプレイ不時着の事故調査と捜査の同意を求めたが、同日夕までに回答はなかった。中城(なかぐすく)海上保安部(沖縄市)は航空危険行為処罰法違反容疑で捜査を始めたが、日米地位協定の付属条項で米軍の「財産」は保障されており、今後本格的な調査ができるかは不透明だ。

 地位協定の付属条項は米軍の財産について「日本国の当局は捜索、差し押さえ、検証する権利を有しない。ただ、米軍が同意した場合はこの限りではない」と規定。2004年の沖縄国際大(沖縄県宜野湾市)でのヘリ墜落事故では沖縄県警が米軍に現場検証と機体の差し押さえの同意を求めたが、米軍が拒否した。

 11管は13~14日にかけて、オスプレイが不時着した沖縄県名護市安部(あぶ)付近に巡視艇や回転翼航空機などを派遣した。中城海上保安部は情報収集を始めたが、機体を動かしての詳細な状態確認などはできていない。【遠山和宏】


オスプレイ、機体大破=米海兵隊、飛行一時停止―防衛相要請で・沖縄事故
時事通信 12/14(水) 20:25配信

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイ1機が13日午後9時半ごろ、沖縄本島東海岸の名護市安部沖の浅瀬に不時着し、大破した。

 乗員5人全員が米軍ヘリに救助された。県警によると、このうち2人が負傷し、米海軍病院に搬送された。

 日本国内でのオスプレイの重大事故は初めて。安倍晋三首相は14日午前、「重大な事故を起こしたことは大変遺憾だ。オスプレイ飛行の安全確保が大前提だ」と述べた。ケネディ駐日米大使は岸田文雄外相との電話会談で、オスプレイの飛行を一時停止する方針を伝えた。

 稲田朋美防衛相は14日未明、在日米軍のマルティネス司令官に原因究明や情報提供とともに、安全が確認されるまでオスプレイの飛行停止を申し入れた。司令官は「沖縄で起きたことについて、その重大性は受け止めている。地元の懸念を払拭(ふっしょく)するべく、最大限努力をしたい」と答えたという。

 オスプレイは海岸から約80メートル離れた浅瀬で発見された。第11管区海上保安本部(那覇)は在日米軍に対し、事故原因の調査と捜査協力に応じるよう口頭で申し入れた。

 米軍は日本側に、事故の状況について、空中給油訓練中にホースが切れ、オスプレイの機体に不具合が生じたため普天間飛行場に戻らず、パイロットの意思で浅瀬に不時着したと説明した。

 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は14日、事故を起こしたことについて、「機体のシステムによる問題ではない」と主張した。

 オスプレイは岩国基地(山口県岩国市)や米軍キャンプ富士(静岡県御殿場市)など本土にも飛来。2017年には横田基地(東京)に、低空飛行訓練などを行う米空軍の特殊作戦用のCV22オスプレイが配備される予定で、安全性に対する懸念が高まりそうだ。

 普天間飛行場のオスプレイは12年10月から順次配備され、現在24機態勢。オスプレイの定期整備が来年から陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉)で始まる。陸自も導入を決め、佐賀空港(佐賀市)への配備計画が進められている。


MV-22オスプレイが沖縄で空中給油訓練中に事故を起こし不時着大破
JSF | 軍事ブロガー
12/14(水) 20:16

931
2014年4月4日、大西洋上で空中給油を行う海兵隊のオスプレイ(米国防総省より)

12月13日夜、沖縄県の東の海上で空中給油訓練中だった普天間基地所属の海兵隊輸送機MV-22オスプレイが事故を起こし、名護市沿岸部のリーフに不時着大破しました。海兵隊の発表によると、オスプレイのローターブレードが空中給油機から伸びた給油ホースと接触し不具合が起きて、基地への帰還を諦めて人の居ない場所での不時着を試みたということです。

もしも市街地上空を通る必要が無ければ、沿岸部に基地があれば、機体を持って帰ることができたかもしれません。沖縄県の西方の海上で訓練を行っていれば海に面した嘉手納基地に戻ってこれた可能性はあります。

オスプレイはローターブレードが大きく、空中給油機のホースに接触してしまう可能性は他の固定翼ジェット機などに比べて大きくなります。ただしそれはより大きなローターブレードを持つヘリコプターの空中給油でも同じ事で、機体の欠陥という事にはなりません。今回は夜間の空中給油訓練という事で難易度が高い訓練でした。この種の訓練は海上で行うので、事故が起きたとしても市街地に墜落する可能性はありません。

932
参考:オスプレイが空中給油を受ける様子

出典:アメリカ海軍航空システム軍団

933
参考:ヘリコプター(CH-53E)が空中給油を受ける様子
出典:アメリカ国防総省

また不時着大破した機体とは別の機体が普天間基地で胴体着陸していたことも発表されています。海兵隊の説明では着陸装置に不具合が起きたという事で脚が出なかったようですが、ヘリコプターやオスプレイといった垂直離着陸できる機体は、ゆっくりソフトに垂直に降りることが出来るので胴体着陸は大した問題にならず、脚が出なくても重大事故には繋がらず、基地の外にも影響は生じません。

JSF
軍事ブロガー
軍事ブログ「オブイェクト」管理人。オスプレイや弾道ミサイル防衛、無人攻撃機など、ニュースに良く出る最新の軍事的なテーマに付いて解説を行っています。


<オスプレイ>事故率2.64に上昇 15年9月時点
毎日新聞 12/14(水) 19:59配信

 防衛省によると、米海兵隊のMV22オスプレイの10万飛行時間あたりの事故件数を示す「事故率」は、米軍普天間飛行場への配備前の2012年9月時点は1.65だったが、最新の15年9月時点で2.64と上がっている。ただし、この数字は米海兵隊全体の平均事故率と同じ数値で、他の米軍機と比べて突出しているわけではない。

 オスプレイは機動力に優れ航続距離も長い。陸上自衛隊は18年度までに17機取得する予定。19年度以降、佐賀空港の隣接地に配備する方針で、地元自治体などと調整している。防衛省は中国の海洋進出を念頭に沖縄県の尖閣諸島を守る「南西シフト」を進めており、隊員輸送など離島防衛での活用を中心に考えている。

 オスプレイの特殊性は、ヘリコプターのように垂直方向に離着陸できる回転翼モードと、スピードが出る固定翼モードを兼ねている点にある。今後は両方の操縦技術にたけたパイロットの養成が必要になる。

 自衛隊幹部は「事故は他の航空機でもゼロではない。事故はあってはならないことだが、これでオスプレイはまた『危ない』という見方をされることになる」と声を落とした。【町田徳丈】


普天間飛行場に胴体着陸=オスプレイ
時事通信 12/14(水) 19:44配信

928
米軍普天間飛行場の新型輸送機オスプレイが不時着した事故で、別のオスプレイが13日夜に普天間飛行場に胴体着陸していたことが14日、在日米軍への取材で分かった。写真は同飛行場に駐機するオスプレイ=14日


オスプレイ「機体システムに問題ない」=県民不安には謝罪・在沖米軍トップ
時事通信 12/14(水) 19:20配信

930
米海兵隊の新型輸送機オスプレイの不時着事故を受け、記者会見する在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官。「機体のシステムによる問題ではない」と主張した=14日、沖縄・キャンプ瑞慶覧

 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は14日午後、キャンプ瑞慶覧(沖縄県北中城村など)で記者会見し、沖縄本島沖で新型輸送機オスプレイが不時着事故を起こしたことについて、「機体のシステムによる問題ではない」と主張し、オスプレイは価値のある機体だと強調した。

 ニコルソン氏は事故の状況について説明。空中給油を行った際に、事故機のプロペラが給油機のホースを切断。ブレードの損傷で不安定な飛行となったため、パイロットが米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)沖への着陸を決めたとしている。

 市街地の飛行を避け、海岸での着陸を選んだパイロットに対し、「称賛を送りたい。沖縄の人たちを守るため、浅瀬に着陸しようとしたのは良い判断だった」とたたえた。

 今回の事故が沖縄県民に不安を与えたことについては、「謝罪する。今回の件を受け、オスプレイへの信頼を失うと思うと、申し訳ない気持ちになる」と述べた。

 記者会見に先立ち、ニコルソン氏は沖縄県の安慶田光男副知事の抗議を受けた。安慶田氏によると、ニコルソン氏は「県民や住宅に被害を与えなかったので、感謝されるべきだ。(パイロットは)表彰ものだ」などと述べ、抗議に不快感を示したという。

 安慶田氏は会談後、記者団に対し「植民地意識丸出しという感じがした。抗議文を読んでいる時も外を見たりして、人間性を疑った」と痛烈に批判した。

 ニコルソン氏の対応について、翁長雄志知事は「これまでも(同氏は)高圧的な発言が多かった。米軍の考え方と県民感情は大きな違いがある」と記者団に語った。


別のオスプレイ、普天間で13日に胴体着陸
読売新聞 12/14(水) 18:01配信

 在沖縄米軍は14日、沖縄県名護市沖に不時着した機体とは別のオスプレイが13日に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に胴体着陸していたことを明らかにした。

 ローレンス・ニコルソン四軍調整官(中将)が記者会見で事実関係を認め、「着陸装置に問題があったが、安全に着陸した」と述べた。


オスプレイの破片を袋に入れる米兵
時事通信 12/14(水) 18:01配信

929
沖縄本島東海岸沖で不時着したオスプレイの破片を袋に入れる米兵=14日午後、沖縄県名護市


オスプレイ不時着 岸田文雄外相「大変遺憾」 ケネディ大使に情報提供要請
産経新聞 12/14(水) 17:47配信

 岸田文雄外相は14日、ケネディ駐日米大使を外務省に呼び、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの不時着事故に関し「大変遺憾な事故だ」と述べ、原因究明や情報提供を要請した。米側がオスプレイの飛行を一時停止し、再開についても日本政府と話し合う意向を示したことには「迅速な決断を評価する。日米で緊密に調整したい」と述べた。

 ケネディ氏は「迅速に調査し、結果を十分に日本政府と共有したい」と応じた。


オスプレイ、「事故」受け飛行を一時停止
AFP=時事 12/14(水) 17:38配信

Mv227
熊本県南阿蘇村に着陸する、救援物資を積んだ在日米海兵隊の垂直離着陸輸送機オスプレイ(2016年4月18日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】沖縄本島東部沖で13日夜、在日米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ(Osprey)が不時着し大破した事故を受け、同海兵隊は14日、オスプレイの飛行を一時停止することを明らかにした。日本政府はこれに先立ち、稲田朋美(Tomomi Inada)防衛相が在日米軍側にオスプレイの飛行停止を申し入れていた。

【関連写真】熊本県南阿蘇村に着陸するオスプレイ

 米国防総省は13日夜、オスプレイが「事故」を起こして浅瀬に着陸し、乗員5人が負傷したと発表した。

 しかし、NHKが報じた映像には、主翼が2つに折れ、半分が水面下に沈んだ機体の胴体部分と操縦席部分が切断されたオスプレイの様子が映された。

 防衛省の報道官によると、稲田防衛相は在日米軍のジェリー・マルティネス(Jerry Martinez)司令官と電話会談を行い、事故に関する情報の提供を求めるとともに、安全が確認されるまでオスプレイの飛行を停止するよう申し入れた。

 安倍晋三(Shinzo Abe)首相は記者団に対し、「重大な事故を起こしたことは大変遺憾だ」と述べ、日本でのオスプレイ配備は「飛行の安全確保が大前提だ」と強調した。

 沖縄県の翁長雄志(Takeshi Onaga)知事は、今回の事故は「本当にとんでもない出来事だ」と述べた。事故を受け県内などで怒りの声が高まっている。【翻訳編集】 AFPBB News


普天間飛行場に胴体着陸=事故機と別のオスプレイ―不安と反発一段と・沖縄
時事通信 12/14(水) 17:08配信

928
米軍普天間飛行場の新型輸送機オスプレイが不時着した事故で、別のオスプレイが13日夜に普天間飛行場に胴体着陸していたことが14日、在日米軍への取材で分かった。写真は同飛行場に駐機するオスプレイ=14日

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の米海兵隊の新型輸送機オスプレイが不時着した事故で、事故機とは別のオスプレイが13日夜に普天間飛行場に胴体着陸していたことが14日、在日米軍への取材で分かった。

 普天間飛行場は住宅密集地に囲まれ、小学校や中学校にも隣接。「世界一危険な飛行場」と呼ばれる。オスプレイは24機配備されており、名護市沿岸での不時着事故に続いて事故が発覚したことで、住民の不安と反発が一段と高まるのは必至だ。

 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は14日の記者会見で、「装置に問題があったが、安全に着陸した」と述べた。

 在日米軍によると、機体の不具合で前輪が出ず、胴体着陸になったという。在沖米軍が詳しい原因を調べている。

 宜野湾市によると、同飛行場に着陸した機体の装置に不具合があったことについては、防衛省沖縄防衛局から14日に「前輪が壊れた機体が1機ある」と連絡があったという。重大事故につながりかねないトラブルだけに、日米両政府は情報開示の面でも批判を浴びそうだ。

 隣接する同市立普天間中学校の仲村美恵子教頭は胴体着陸について知らされてなかったといい、取材に「本当ですか」と絶句。13日は夕方には生徒全員が下校したが、一歩間違えば危険が及ぶ可能性もあった。「米軍はしっかりと情報を伝えてくれないと子供たちの安全を守れない」と憤った。

 普天間飛行場では授業中も航空機が離着陸を繰り返し、屋外では教師の声が聞き取れないこともあるという。「その状況に慣れてしまっている子供たちがかわいそう。静かな環境で勉強させてあげたい」とこぼした。


オスプレイ事故情報共有で一致=岸田外相とケネディ大使
時事通信 12/14(水) 17:08配信

 岸田文雄外相は14日、外務省でケネディ駐日米大使と会談し、米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイの事故について「大変遺憾な事故で、引き続き十分な情報提供をお願いしたい」と要請した。

 ケネディ氏は「迅速に調査し、結果を日本政府と共有していきたい」と応じた。

 ケネディ氏は、オスプレイの飛行を一時停止する方針を説明し、「どのような安全性の要件が求められているのか緊密に連絡を取り合っていきたい」と述べた。

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2180 | トップページ | 三菱MRJ2号機、米へ向けて出発 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64629963

この記事へのトラックバック一覧です: 米海兵隊のMV-22オスプレイが不時着水・2:

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2180 | トップページ | 三菱MRJ2号機、米へ向けて出発 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31