« 777・787・A350等、航空機一般の話題・39 | トップページ | アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利・2 »

2016年11月 9日 (水)

アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利

8日(日本時間9日)のアメリカ大統領選挙は、大接戦の末、共和党候補・ドナルド・トランプが民主党候補・ヒラリー・クリントンを抑えて勝利した。

リンク:〔東京外為〕ドル、103円台前半=トランプ氏当選でリスクオフ(9日午後5時) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドナルド・トランプ、第45代アメリカ合衆国大統領に当確 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、勝利宣言で米国再建を誓う「世界で最強の経済を作っていきたい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、トランプ氏に祝辞「絆さらに強固に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領にトランプ氏 「日米は普遍的価値の絆で固く結ばれた揺るぎない同盟国」安倍晋三首相が祝辞 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【米大統領選】トランプ氏が勝利演説(要旨)「アメリカ国民として一つにまとまるべきだ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米共和党、上下院とも過半数…ねじれ解消へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、資産は約4000億円 3度結婚の相手はモデルや女優 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米上院も共和党が過半数獲得、下院に続き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アジア安定へ日米同盟強化=安倍首相、トランプ氏に祝意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領選、トランプ氏が勝利 国民の結束訴え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領にトランプ氏 川村泰久外務報道官「最終結果を見守る」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領にトランプ氏 クリントン氏が敗北認める - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:カナダ移民当局のサイトがダウン 米大統領選の影響か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米大統領選>トランプ氏、激戦ペンシルベニア州など制す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「私は全ての国民の大統領になる」トランプ氏が勝利宣言 「歴史的な勝利だ」…共和党、8年ぶり政権奪還 米主要メディア報じる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、ニューヨークで勝利宣言「分断という傷を癒やしていかなければならない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領選アップデート:トランプ氏が勝利宣言、クリントン氏破る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米大統領選>トランプ氏が勝利宣言「皆が一つになる時」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏が勝利宣言=米大統領選 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏勝利の背景に深い政治不信=米大統領選 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:モデルからファーストレディーに=外国出身は2人目-メラニア夫人・米大統領選 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:共和党候補ドナルド・トランプ氏が勝利確実 米大統領選 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「米国第一」のトランプ外交=同盟国に負担要請か-米大統領選 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領選 トランプ氏勝利確定 共和党、8年ぶり政権奪還 米主要メディア報じる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:クリントン氏、トランプ氏に電話で大統領選の敗北認める 米CNN報じる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:暴言連発のトランプ氏、ミス・ユニバース優勝者を「ミス子豚」と侮辱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:同盟見直しを警戒=日本政府、トランプ氏と関係構築急ぐ―米大統領選 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米大統領選>クリントン氏が敗北電話 トランプ氏に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米大統領選>トランプ氏が当選確実 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領選、トランプ氏勝利 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領選はトランプ氏の当選確実  AP通信が伝える - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米新大統領にトランプ氏!…クリントン氏に競り勝つ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米大統領選>AP通信、トランプ氏当選確実と報じる - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

〔東京外為〕ドル、103円台前半=トランプ氏当選でリスクオフ(9日午後5時)
時事通信 11/9(水) 18:00配信

 9日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米大統領選の開票状況をにらみながら荒い値動きとなった。共和党のトランプ氏の当選が確実になるにつれてリスク回避姿勢が強まり、水準を大きく切り下げる場面があったが、終盤はいったん買い戻す動きが強まり、下げ幅を縮めた。午後5時現在は1ドル=103円32~33銭と前日(午後5時、104円41~42銭)比1円09銭の大幅ドル安・円高。
 ドル円は、民主党のクリントン氏が優勢との見方が支配的だった欧米市場の流れを引き継ぎ、105円台前半で始まったが、注目されたフロリダ州でトランプ氏の勝利が濃厚となると売りが膨らみ、一気に102円を割り込む展開となった。その後もトランプ氏の優勢が続く中、午後も売りが継続、ドル円は約1カ月ぶりに101円台に値を沈めた。終盤は、財務省、金融庁、日銀が三者会合を開くとの報道が短期筋の買い戻しを誘ったほか、「実際にトランプ氏が大統領に就任すれば無責任な政策はできない」(FX業者)との見方も浮上し、103円台前半まで値を戻した。
 市場ではトランプ大統領誕生について、「先行き不透明感の高まりを受け、12月の米国での利上げの見送りもあり得る」(銀行系証券)との見方が出ている。日本政府による為替介入の可能性については、「欧米市場で株安が進み、ドル円が100円を割り込む水準が続いた場合、実行される可能性がある」(同)と観測されている。一方、「ドル円の下げ幅は英国のEU離脱決定時より狭く、(介入は)ないだろう」(別の銀行系証券)とみる向きもいる。
 ユーロは対円で大幅下落。午後5時現在は1ユーロ=114円85~87銭と(前日午後5時、115円45~46銭)、対ドルで1.1113~1115ドル(同1.1056~1056ドル)。


ドナルド・トランプ、第45代アメリカ合衆国大統領に当確
ローリングストーン日本版 11/9(水) 18:00配信

共和党候補だったドナルド・トランプが、アメリカ史上初の女性大統領を目指したヒラリー・クリントンの希望を砕いた。

AP通信は、「ドナルド・トランプが第45代合衆国大統領になることが決まった」と報じた。不動産王と呼ばれたテレビのリアリティ番組のスターは、ウィスコンシン州を取ったことにより、選挙の勝利に必要な270名の選挙人の獲得を確実にした。これにより、選挙戦の対立候補だった民主党のヒラリー・クリントンがアメリカ合衆国初の女性大統領となる夢を阻んだ。クリントンは現地時間の11月9日深夜、トランプへ電話し祝福の言葉を伝えたという。CNNが伝えた。

選挙の2週間前、クリントンはトランプに7ポイント差でリードしていたが、FBIのジェイムズ・コーミー長官が米国議会へ送った書簡の中で、クリントンの国務長官時代の私用メール問題で「新たな事実が発覚した」として再捜査を行っていることを明らかにしたため、そのリードがほぼなくなってしまった。その後コーミー長官は選挙2日前の日曜日、「クリントンへの追訴はしない」とした書簡を送ったが、そのゴタゴタによるダメージは回復不能なほど大きなものだった。それまでいくつかの重要な州で保っていた2桁のリードは、選挙本番へ向けて先細ってしまっていた。

クリントン陣営は、それまで民主党有利とされていたミシガン州やニューハンプシャー州に加え、接戦だったオハイオ州、フロリダ州、ノースカロライナ州、ペンシルバニア州に有力な支援者を送り込み、最後の踏ん張りを見せたが力及ばなかった。

トランプは、「私の支援集会に集まった非常に多くの支持者たちがそのまま投票所へ向かってくれるだろう」と予言していた。そしてその言葉通り、「とても勝負になる訳がないだろう」とこの数ヵ月間冷ややかな目で見ていた専門家たちをあ然とさせる結果となった。

トランプはこの歴史的な番狂わせを、ニューヨークのミッドタウン・ヒルトンで祝う予定である。一方のクリントンは同じくニューヨーク市内にあり、彼女が繰り返し「突き破る」と宣言してきた「最も高く硬いガラスの天井」を象徴するデザインが印象的なジャビッツ・センターを祝勝会場として用意していた。

Translation by Smokva Tokyo


トランプ氏、勝利宣言で米国再建を誓う「世界で最強の経済を作っていきたい」
サンケイスポーツ 11/9(水) 17:48配信

 米大統領選で当選を確実にした、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)が9日、米ニューヨークで勝利宣言を行った。

 「クリントン前国務長官から電話をいただき、私たちの勝利に祝意を表した。クリントン氏は懸命に戦った。長い間、大変な戦いをしてきた。すべての共和党員、民主党員、無党派層に対して、米国の国民としてまとまることを訴えたい。一人一人に誓う。すべての米国国民の大統領になる。それが大切なこと。

 過去に私を支持しなかった人もいる。そういった人たちに支援してもらえるように求める。私たちの国をまとめていくために。私たちのキャンペーンはすばらしい運動だった。勤勉な人たち、国を愛する人たちが明るい国を目指す運動だった。さまざまな人種、さまざまな背景の人たちが、国が人々のために仕えることを求めてきた。ともに働くことによって、私たちは米国の再建を始めている。米国の夢を再建していく。自分の生涯をささげて、まだ才能が生かされていない国民を生かしていきたい。この国はすばらしい可能性に満ちている。一人一人が機会を得て、才能を生かしていくことができる。決して一人として忘れ去られないようにしたい。

 私たちはスラム街、ハイウェイ、学校、病院を再建し、インフラを再建していく。多くの人たちをインフラ再建の仕事に就かせたい。また偉大な復員軍人たちに敬意を払ってよい待遇をしたい。私たちにはすばらしい経済の計画がある。成長を二倍にして世界で最強の経済を作っていきたい。同時にすべての国と仲良くつきあっていきたい。すばらしい国と国の関係を他国と築きたい。決して不可能なものはない。米国は常にベストを求める。再びこの国の運命を取り戻し、私たちの国の夢を実現させていかなければならない。米国の国益を第一にはするが、どの国とも誰とも公正につきあっていきたい。この歴史的な勝利を現実にしてくれた両親に感謝したい。

 大統領になる日を楽しみにしている。そして2年後、3年後、4年後、あるいは8年後にはみなさんがおそらくこういうだろう。『誇りにできることだった』と。キャンペーンは終わったが、運動の仕事はいま始まったところ。すぐに米国国民のための仕事を始めていく。私たちの仕事によって、みなさんが大統領を誇りに感じられるようにする。すばらしい夜。本当に光栄に思う。この国を愛している」


安倍首相、トランプ氏に祝辞「絆さらに強固に」
読売新聞 11/9(水) 17:47配信

 安倍首相は9日、米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利に関し、「心からお祝いを申し上げる。日米同盟は普遍的価値で結ばれた揺るぎない同盟だ。絆をさらに強固にし、世界の様々な課題に共に協力して取り組みたい。一緒に仕事をすることを楽しみにしている」と語った。

 首相官邸で記者団に答えた。

 また、首相はトランプ氏に「アジア太平洋地域の平和と繁栄の確保に日米両国で主導的役割を果たしていく」などとする祝辞を贈った。


米大統領にトランプ氏 「日米は普遍的価値の絆で固く結ばれた揺るぎない同盟国」安倍晋三首相が祝辞
産経新聞 11/9(水) 17:46配信

 安倍晋三首相は9日、次期米大統領に選出された共和党候補のドナルド・トランプ氏に対し「手を携えて、世界の直面する諸課題に共に取り組んでいきたい」などとする祝辞を送った。

 祝辞の全文は次の通り。

     ◇

 トランプ次期大統領閣下

 この度、米国次期大統領に選出されたことに心から祝意を表します。トランプ次期大統領は、その類い希なる能力により、ビジネスで大きな成功を収められ、米国経済に多大な貢献をされただけでなく、強いリーダーとして米国を導こうとされています。

 世界経済の原動力であるアジア太平洋地域の安定は、米国に平和と繁栄をもたらすものです。日米両国は、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった普遍的価値の絆で固く結ばれた、揺るぎない同盟国です。

 トランプ次期大統領と緊密に協力し、日米同盟の絆を一層強固にするとともに、アジア太平洋地域の平和と繁栄を確保するために、日米両国で主導的役割を果たしていくことを、心から楽しみにしています。

 21世紀においては、日米同盟は、国際社会が直面する課題に互いに協力して貢献していく「希望の同盟」であり、トランプ次期大統領と手を携えて、世界の直面する諸課題に共に取り組んでいきたいと思います。

 トランプ次期大統領のますますのご健勝とご成功を心より祈念いたします。

 日本国内閣総理大臣

       安倍晋三


【米大統領選】トランプ氏が勝利演説(要旨)「アメリカ国民として一つにまとまるべきだ」
BuzzFeed Japan 11/9(水) 17:44配信

第45代アメリカ大統領に就任するドナルド・トランプ氏。11月9日未明(現地時間)に勝利が判明すると、勝利演説をした。約15分に渡った演説の要旨は次の通り。【BuzzFeed Japan / 溝呂木 佐季】

・感謝の意を示した。
・ヒラリー・クリントン氏から自身の勝利を祝う電話を受けたことを明らかにした。クリントン氏の健闘をたたえた。
・選挙戦で生まれた分断を癒し、アメリカ国民として一つにまとまるべきだと指摘した。
・スラム街、学校、病院、インフラを含む国を再建すると訴えた。
・経済成長を推し進めると話した。
・アメリカの国益を第一に考えるが、他国とも公正に付き合うと述べた。
・家族や陣営で働く人たちに感謝を示した。元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニ氏、元ニュージャージー州知事のクリス・クリスティー氏、ジェフ・セッションズ上院議員らを名指しした。
・アメリカを愛しており、国民が誇りを持てる国にすると約束した。


米共和党、上下院とも過半数…ねじれ解消へ
読売新聞 11/9(水) 17:43配信

 【ワシントン=大木聖馬】米連邦議会の上下両院選が8日、米大統領選に合わせて行われ、米CNNテレビによると、共和党が下院、上院ともに過半数を獲得することが確実となった。

 民主党のオバマ大統領に対し、共和党が上下院の多数派を占めていた「ねじれ状態」が、新政権では解消されることとなった。

 上院選では、定数100のうち34議席(共和党24、民主党10)が争われた。改選前議席は共和54、民主46(無所属2含む)だったが、非改選の議席を含めて共和が51議席となり、民主が47議席となっている。

 下院選は全435議席が争われ、CNNによると、共和が234人を獲得、民主183人となっている。


トランプ氏、資産は約4000億円 3度結婚の相手はモデルや女優
サンケイスポーツ 11/9(水) 17:43配信

 米大統領選は8日(日本時間9日)に開票作業が行われ、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)が各州などに割り当てられた計538人の選挙人の過半数270人以上を獲得し、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)に勝利した。AP通信や米ABCなど主要メディアが伝えた。

 直前の米メディアの予想を覆し、第45代大統領に決まったトランプ氏。「米国第一」を唱え、「アメリカを再び偉大な国にしよう」と訴えてきたが、政治経験がまったくない実業家だ。

 ニューヨークの下町・クイーンズの出身で、父はドイツ系、母はスコットランド系。若いころから奔放な性格で、陸軍士官学校を模倣した規律の厳しい高校に転入させられたこともある。

 名門ペンシルベニア大在学中から父の不動産事業を手伝うようになり、卒業後はニューヨーク中心部の5番街に「トランプ・タワー」を建設。このほか、同じくニューヨークの高級マンション「トランプ・プレース」や「トランプ・ワールド・タワー」など、その名を冠したビルを次々と建て、「アメリカの不動産王」と呼ばれた。

 「億万長者」を自称する一方、カジノや航空会社など失敗した事業も多い。黒人に部屋を貸さず、人種差別だと訴追されたこともある。

 知名度が浸透したのは、一般人に課題を与えて生き残りゲームをさせるテレビ番組「アプレンティス(見習い人)」(2004年放映開始)に、超一流の経済人という役割で出演したのがきっかけ。番組内で発する「おまえはクビだ」は流行語になった。

 「やられたらやり返す」が信条。不法移民をめぐって「メキシコ国境に壁を作る」などと放言したほか、選挙戦のテレビ討論ではクリントン氏に「なんて嫌な女だ」と言い放ち、ひんしゅくを買った。一方、本音で話す異端児ぶりが新鮮だとして泡沫(ほうまつ)候補からのし上がり、大統領の椅子(いす)を確実にした。

 モデルや女優出身の3人の女性と離婚、結婚を繰り返した。現在の夫人は旧ユーゴスラビア(現スロベニア)出身のモデルで、24歳年下のメラニア・クナウス(46)。

 トランプ氏は大統領候補の慣例となっている所得公開に応じなかったが、2009年には米経済誌フォーブスが年収を5000万ドル(当時約45億円)と報じている。同誌は9月、トランプ氏の資産総額を昨年から8億ドル(832億円)減ったものの、37億ドル(約3848億円)と伝えた。


米上院も共和党が過半数獲得、下院に続き
CNN.co.jp 11/9(水) 17:42配信

ワシントン(CNN) 米連邦議会上院選挙は8日、投開票が行われ、CNNの予測によると共和党が過半数を確保する見通しとなった。

改選前の議席数は共和党54議席、民主党46議席で、民主党は過半数の奪還を目指して5議席の積み増しを狙っていたが届かなかった。

同日行われた大統領選挙では、共和党候補のドナルド・トランプ氏の勝利が確実となった。トランプ氏はニューヨークで勝利演説を行い、クリントン氏が敗北を認めたことを明らかにした。


アジア安定へ日米同盟強化=安倍首相、トランプ氏に祝意
時事通信 11/9(水) 17:31配信

 安倍晋三首相は9日、米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したことを受け、同氏に祝意を伝えるメッセージを送った。

 首相は「日米同盟の絆を一層強固にするとともに、アジア太平洋地域の平和と繁栄を確保するため、日米両国で主導的役割を果たしていくことを心から楽しみにしている」と呼び掛けた。

 首相は日米同盟について「国際社会が直面する課題に互いに協力して貢献していく『希望の同盟』だ」と指摘。「トランプ次期大統領と手を携え、世界の直面する諸課題に共に取り組んでいきたい」と表明した。


米大統領選、トランプ氏が勝利 国民の結束訴え
ロイター 11/9(水) 17:29配信

[9日 ロイター] - 8日に投開票が行われた米大統領選挙は、共和党のドナルド・トランプ候補が予想を覆して勝利を収めた。選挙人獲得数は勝利に必要な270人を超えた。来年1月20日に大統領に就任する。

トランプ候補はニューヨークで支持者を前に演説、民主党のクリントン候補から祝福の電話を受けたことを明らかにし、勝利宣言した。

選挙戦で生じた亀裂を修復し、共通の基盤を見いだす時だと主張、国民に結束を呼びかけた。

「ひとつに結束すべき時が来た。私は全てのアメリカ国民のための大統領になる」と述べた。

また、優れた経済政策を用意しているとし、米経済成長を倍加させるとともに、再生に向けたプロジェクトに乗り出すと表明した。

トランプ氏は70歳。米史上、最高齢で大統領に就任することになる。


米大統領にトランプ氏 川村泰久外務報道官「最終結果を見守る」
産経新聞 11/9(水) 17:24配信

 外務省の川村泰久外務報道官は9日夕の記者会見で、米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利宣言したことについて「政府で確認している段階だ。世界情勢、日米関係に大きな影響を与える選挙なので結果に注目している。最終的な選挙結果が出ることを見守っていく」と述べるにとどめた。


米大統領にトランプ氏 クリントン氏が敗北認める
産経新聞 11/9(水) 17:14配信

 米大統領選の民主党候補クリントン氏は9日、共和党候補のトランプ氏の勝利を祝福し、敗北を認めた。トランプ氏が勝利演説で明かした。AP通信が報じた。


カナダ移民当局のサイトがダウン 米大統領選の影響か
CNN.co.jp 11/9(水) 17:12配信

(CNN) 8日投票の米大統領選の集計が進み、共和党候補のドナルド・トランプ氏の優勢が伝えられるなか、カナダ市民権・移民局のウェブサイトが閲覧不能になったとの報告が一部で相次いだ。

同局の公式ツイートはこうした現象に言及していない。米大統領選との関連が確認されたわけではないが、米国ではこれまでも選挙のたび、結果に不満を持つ国民の間でカナダ移住という選択肢が検討されてきた。

米俳優ベン・シュワルツさんはツイッターに「ジョークとして書こうとしたことが現実になってしまった。カナダ市民権・移民局のサイトが午後8時頃にクラッシュした」と書き込んだ。

一般ユーザーからも「移民局のサイトがクラッシュした。これは冗談ではない」「ダウ先物が750ポイント下落し、ドルが暴落し、カナダの移民サイトがクラッシュした」など、大統領選の動向と結びつけたツイートが相次いだ。

CNNは数カ月前、カナダの島が米国人に「トランプ氏勝利の場合は移住を」と売り込んでいる話題を伝えた。

グーグルによると、今年3月に共和党候補指名争いのヤマ場「スーパーチューズデー」でトランプ氏が大勝した時、「カナダへ移住するには」というワードの検索件数が350%の急増を記録した。

トランプ氏が大統領になったら国外へ移住すると表明している芸能人にはブライアン・クランストンさん、エイミー・シュマーさん、シェールさん、バーバラ・ストライサンドさんらがいる。

最近ではブッシュ前大統領が再選を果たした2004年にも、カナダへの移住を考える人が急増したと伝えられた。ただ実際には転職したり永住権を獲得したりする難しさもあり、実行に移した人は少なかったようだ。


<米大統領選>トランプ氏、激戦ペンシルベニア州など制す
毎日新聞 11/9(水) 17:11配信

 8日(日本時間9日)に投開票の米大統領選で、勝利を確実にしている共和党のドナルド・トランプ候補は激戦州のペンシルベニアと、ウィスコンシンの両州を制し、選挙人獲得数は過半数(270人)を超えて277人となった。民主党のヒラリー・クリントン候補が確保した選挙人は215人。


「私は全ての国民の大統領になる」トランプ氏が勝利宣言 「歴史的な勝利だ」…共和党、8年ぶり政権奪還 米主要メディア報じる
産経新聞 11/9(水) 17:09配信

 【ワシントン=青木伸行】米大統領選は8日、投開票され、共和党のドナルド・トランプ氏(70)が民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(69)を破り、第45代大統領に就任することが確定した。共和党はブッシュ前政権以来、8年ぶりの政権奪還。初の女性大統領誕生と民主党の3期連続政権を阻止した。

 トランプ氏は9日未明、ニューヨーク市で勝利宣言し「歴史的な勝利だ」と述べ、支持者に謝意を表明した。そして、「私は全ての国民の大統領になる」と述べ、国民融和を呼び掛けた。

 米主要メディアによると、米東部時間9日午前2時半(日本時間午後4時半)過ぎ現在、トランプ氏は50州と首都ワシントンに割り当てられた大統領選挙人(計538人)のうち、過半数270人を上回った。フロリダ州などの激戦州を軒並み押さえたことが勝敗を決定づけた。

 「不動産王」の異名を取り、政治経験がないトランプ氏は、反エスタブリッシュメント(支配階層)的な存在として旋風を巻き起こしてきた。「米国を再び偉大にする」をキャッチフレーズに掲げ、既存の政治や制度、生活に不満を抱く白人の中・低所得層を基盤に無党派層などへ支持を拡大した。

 一時は過去の女性に対する蔑視発言と、わいせつな行為が相次いで発覚して支持率が低下し、共和党関係者からも「不支持」の動きが出るなど、当選が危ぶまれた。しかし、クリントン氏の私用メール問題をめぐり、連邦捜査局(FBI)が投票日を目前に捜査を再開したことが追い風となり、土壇場で逆転した。

 クリントン氏はオバマ大統領の「後継者」として、豊富な政治経験と知識を前面に押し出し、トランプ氏の大統領としての資質の欠如を一貫して攻撃した。だが、私用メール問題が最後まで尾を引き、大統領職への2度目の挑戦でも「ガラスの天井」を破ることができなかった。

 トランプ氏は来年1月20日に就任する。


トランプ氏、ニューヨークで勝利宣言「分断という傷を癒やしていかなければならない」
サンケイスポーツ 11/9(水) 17:09配信

 米大統領選で当選を確実にした、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)が9日、米ニューヨークで勝利宣言を行った。激戦を繰り広げた民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)から祝福の電話があったといい、「大変な戦いをしてきた。クリントン氏には感謝している」と話した。

 非難合戦を繰り広げ、全米を二分する戦いとなったが、「分断という傷を癒やしていかなければならない」と有権者に協調を訴えた。「米国国民の大統領になる。米国の再建を始めていく」と強国復活を誓った。

 今後の政策に関しては「スラム街やインフラを再建したい。偉大な復員軍人に敬意を払いたい」と語った。


米大統領選アップデート:トランプ氏が勝利宣言、クリントン氏破る
ロイター 11/9(水) 17:07配信

[9日 ロイター] - 8日に実施された米大統領選において、共和党のドナルド・トランプ候補が民主党のヒラリー・クリントン候補に勝利した。ニューヨークの陣営本部で勝利宣言を行ったトランプ氏は、クリントン氏から電話があり、祝福されたことを明らかにした。

主要州の選挙結果は以下の通り。

●ウィスコンシン州

CNNによれば、共和党のドナルド・トランプ候補がウィスコンシン州を制するもよう。選挙人数は10人。

●ペンシルベニア州

APによれば、共和党のドナルド・トランプ候補がペンシルベニア州を制するもよう。選挙人数は20人。

●アラスカ州

CNNによれば、共和党のドナルド・トランプ候補がアラスカ州を制するもよう。選挙人数は3人。

●メーン州

FOXの報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がメーン州で勝利する公算で、選挙人4票中3票を獲得するもよう。

●ネバダ州

報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がネバダ州を制するもよう。選挙人数は6人。

●ジョージア州・アイオワ州

報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州のジョージア州(選挙人数16人)とアイオワ州(6人)を制するもよう。

●カリフォルニア州

報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がカリフォルニア州を制するもよう。選挙人数は55人。

●ユタ州

報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補がユタ州を制するもよう。選挙人数は6人。

●アイダホ州

報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補がアイダホ州を制するもよう。選挙人数は4人。

●オレゴン州

報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がオレゴン州を制するもよう。選挙人数は7人。

●ワシントン州

報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がワシントン州を制するもよう。選挙人数は12人。

●ハワイ州

報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がハワイ州を制するもよう。選挙人数は4人。

●フロリダ州

報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州の1つ、フロリダ州を制するもよう。選挙人数は29人。

●ノースカロライナ州

報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州の1つ、ノースカロライナ州を制するもよう。選挙人数は15人。

●オハイオ州

報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州の1つ、オハイオ州を制するもよう。選挙人数は18人。

●コロラド州

報道によると、民主党のヒラリー・クリントン候補が激戦州の1つ、コロラド州を制するもよう。選挙人数は9人。

●バージニア州

報道によると、民主党のヒラリー・クリントン候補がバージニア州を制するもよう。選挙人数は13人。

●モンタナ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がモンタナ州を制するもよう。選挙人数は3人。

●ネブラスカ州

CBSによると、ドナルド・トランプ候補がネブラスカ州を制するもよう。選挙人数は5人。

●ニューメキシコ州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がニューメキシコ州を制するもよう。選挙人数は5人。

●テキサス州

米メディア報道によると、ドナルド・トランプ候補がテキサス州を制するもよう。選挙人数は38人。

●ルイジアナ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がルイジアナ州を制するもよう。選挙人数は8人。

●ノースダコタ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がノースダコタ州を制するもよう。選挙人数は3人。

●サウスダコタ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がサウスダコタ州を制するもよう。選挙人数は3人。

●ワイオミング州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がワイオミング州を制するもよう。選挙人数は3人。

●カンザス州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がカンザス州を制するもよう。選挙人数は6人。

●ニューヨーク州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がニューヨーク州を制するもよう。選挙人数は29人。

●アーカンソー州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がアーカンソー州を制するもよう。選挙人数は6人。

●アラバマ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がアラバマ州を制するもよう。選挙人数は9人。

●ニュージャージー州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がニュージャージー州を制するもよう。選挙人数は14人。

●ミズーリ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がミズーリ州を制するもよう。選挙人数は10人。

●イリノイ州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がイリノイ州を制するもよう。選挙人数は20人。

●デラウェア州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がデラウェア州を制するもよう。選挙人数は3人。

●オクラホマ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がオクラホマ州を制するもよう。選挙人数は7人。

●テネシー州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がテネシー州を制するもよう。選挙人数は11人。

●ロードアイランド州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がロードアイランド州を制するもよう。選挙人数は4人。

●マサチューセッツ州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がマサチューセッツ州を制するもよう。選挙人数は11人。

●メリーランド州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がメリーランド州を制するもよう。選挙人数は10人。

●コネティカット州

報道によると、ヒラリー・クリントン候補がコネティカット州を制するもよう。選挙人数は7人。

●首都ワシントン

報道によると、ヒラリー・クリントン候補が首都ワシントンを制するもよう。選挙人数は3人。

●ミシシッピ州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がミシシッピ州を制するもよう。選挙人数は6人。

●フロリダ州

CNNによると、ヒラリー・クリントン候補が激戦州のフロリダ州でリードしている。選挙人数は29人。

●サウスカロライナ州

報道によると、共和党のドナルド・トランプ候補がサウスカロライナ州を制するもよう。選挙人数は9人。

●ウェストバージニア州

報道によると、ドナルド・トランプ候補がウェストバージニア州を制するもよう。選挙人数は5人。

●ジョージア、バージニア、サウスカロライナ州

CNNによると、ジョージア(選挙人16)、バージニア(13)、サウスカロライナ州(9)は接戦している。

●バーモント州

CNNによると、ヒラリー・クリントン候補がバーモント州を制するもよう。選挙人数は3人。

●ケンタッキー州

FOXによると、ドナルド・トランプ候補がケンタッキー州を制するもよう。選挙人数は8人。

●インディアナ州

CNNによると、ドナルド・トランプ候補がインディアナ州を制するもよう。選挙人数は11人。


<米大統領選>トランプ氏が勝利宣言「皆が一つになる時」
毎日新聞 11/9(水) 17:03配信

 【北米総局】米大統領選で当選を確実にした共和党候補のドナルド・トランプ氏は9日未明(日本時間9日夕)、勝利演説を行い、「皆が一つになる時だ」と人々に団結を呼びかけた。その上で、「これまで見捨てられてきた男性や女性が見捨てられることはなくなる」と語り、「すべての国と協調していく」とも強調した。


トランプ氏が勝利宣言=米大統領選
時事通信 11/9(水) 17:02配信

 【ニューヨーク時事】米共和党のドナルド・トランプ氏は9日、「私は全ての米国民のための大統領になる」と述べ、大統領選での勝利を宣言した。 (了)


トランプ氏勝利の背景に深い政治不信=米大統領選
時事通信 11/9(水) 17:00配信

 【ワシントン時事】米大統領選で公職経験ゼロの共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が勝利を確実にした背景には、国民の根深い政治不信がある。

 トランプ氏の政策や政治姿勢は歴代大統領とは全く異なるため、米国の内政・外交が混乱し、国際社会を揺さぶる恐れも否定できない。

 米政治は近年、党派対立が激化し、2013年には政府が閉鎖される事態に発展した。米社会の閉塞(へいそく)感を打開できないエスタブリッシュメント(既成勢力)への反発から、大統領選では「アウトサイダー旋風」が吹き荒れ、トランプ氏を当選ラインに押し上げる大きな要因となった。

 トランプ氏は選挙戦で自身を「チェンジ(変革)の旗手」と位置付けた。投開票前のCBSテレビの世論調査では、12年の大統領選でオバマ大統領に票を投じた人の7%がトランプ氏を支持すると回答。オバマ氏の「チェンジ」に期待した有権者の一部がトランプ氏に流れた面もあるようだ。

 ただ、トランプ氏は先月下旬まで民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(69)に全米支持率で大きくリードされていた。投開票11日前になって連邦捜査局(FBI)がクリントン氏の私用メール問題の捜査再開を明らかにしたことが、土壇場での逆転につながったのは間違いない。

 トランプ氏は選挙戦で、米メキシコ国境にメキシコ政府の予算で壁を建設すると公約。駐留経費の負担を増やさなければ在日米軍などを撤退させるとけん制し、就任初日の環太平洋連携協定(TPP)離脱も主張した。いずれも本来の共和党とは懸け離れた孤立・保護主義的な立場だ。

 トランプ氏に対しては、歴代の共和党政権を支えてきた専門家の多くが「史上最も無謀」などと不支持を打ち出した。大統領になれば公約実現に向け協力を得るため、トランプ氏も現実路線に転換せざるを得なくなるという見方も出ているが、政権運営がどのようなものになるかは未知数だ。(了)


モデルからファーストレディーに=外国出身は2人目-メラニア夫人・米大統領選
時事通信 11/9(水) 17:00配信

 旧ユーゴスラビアのスロベニア出身で元ファッションモデル。

 ルイーザ・アダムズ第6代大統領夫人以来約190年ぶり、米史上2人目の「外国生まれのファーストレディー」となる。

 1970年4月生まれの46歳。90年代半ばからニューヨークを拠点に活動し、2005年にドナルド・トランプ氏と結婚した。大統領選ではトランプ氏の長女イバンカさんと共に華やかな着こなしで選挙活動を支えた。過激な発言を繰り広げるトランプ氏に「大統領らしく振る舞って」と苦言を呈したこともあったという。

 大統領夫人として、女性の生活向上やネットでのいじめ対策に取り組む意向だ。トランプ氏と交際中の99年にはニューヨーク・タイムズ紙に、同氏が大統領に就任することがあれば「ジャクリーン・ケネディやベティ・フォード(元大統領夫人)のように伝統的な役割を果たし、夫を支える」と答えていた。

 ただ、選挙戦を通じてスピーチ盗用や学歴詐称などの疑惑がたびたび浮上。ワシントン・ポスト紙とABCテレビが8月に発表した世論調査では「ヒラリー・クリントン氏以来の好感度が低いファーストレディー候補」となった。(ワシントン時事)


共和党候補ドナルド・トランプ氏が勝利確実 米大統領選
CNN.co.jp 11/9(水) 16:59配信

(CNN) 8日に投開票が行われた米大統領選は、CNNの予測で、共和党候補のドナルド・トランプ氏の勝利が確実となった。

情報筋によれば、民主党候補のヒラリー・クリントン氏は9日未明、トランプ氏に電話をかけて敗北を認めた。


「米国第一」のトランプ外交=同盟国に負担要請か-米大統領選
時事通信 11/9(水) 16:55配信

 【ワシントン時事】不動産王から大統領に駆け上がったドナルド・トランプ氏(70)は、「米国第一」主義を掲げ、日本や北大西洋条約機構(NATO)などに対し、同盟国側の負担増を求めていくとみられている。

 国際協調路線を標ぼうしたオバマ政権とは異なり、同盟国との間で摩擦が生じる恐れもある。

 トランプ氏は選挙戦で、「日本防衛に巨費を投じることはできない」などと述べ、駐留米軍撤退や日韓核武装論にまで言及した。外交筋は「在日米軍撤収までは考えていない」とみるが、ビジネスマンのトランプ氏が同盟国の負担をめぐり、「商取引」のような交渉を迫ってくることを警戒する。

 また、移民政策をめぐり、トランプ氏は「イスラム教徒の入国禁止」などイスラム教徒排斥を助長するような発言を繰り返した経緯があり、アラブ諸国の同盟国との亀裂が生じかねない。 

 同盟を軽視する一方で、オバマ政権後期に関係が悪化したロシアに対しては、「プーチン大統領はオバマ大統領より指導者らしい」と持ち上げるなど融和的な発言を繰り返してきた。シリア内戦の解決についても「ロシアとの協調が必要だ」と訴えており、対ロ接近を進める可能性がある。

 とはいえ、外交はおろか政治経験も一切ないトランプ氏の行動は予測不能だ。大統領就任後も「行き当たりばったり」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)の政策を打ち出すと懸念する声も上がる半面、外交・安全保障スタッフの意見に耳を傾け、現実路線に転じると期待する向きもある。(了)


米大統領選 トランプ氏勝利確定 共和党、8年ぶり政権奪還 米主要メディア報じる
産経新聞 11/9(水) 16:54配信

 【ワシントン=青木伸行】米大統領選は8日、投開票され、共和党のドナルド・トランプ氏(70)が民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(69)を破り、第45代大統領に就任することが確定した。共和党はブッシュ前政権以来、8年ぶりの政権奪還。初の女性大統領誕生と民主党の3期連続政権を阻止した。

 米主要メディアによると、米東部時間9日午前2時半(日本時間午後4時半)過ぎ現在、トランプ氏は50州と首都ワシントンに割り当てられた大統領選挙人(計538人)のうち、過半数270人を上回った。フロリダ州などの激戦州を軒並み押さえたことが勝敗を決定づけた。

 「不動産王」の異名を取り、政治経験がないトランプ氏は、反エスタブリッシュメント(支配階層)的な存在として旋風を巻き起こしてきた。「米国を再び偉大にする」をキャッチフレーズに掲げ、既存の政治や制度、生活に不満を抱く白人の中・低所得層を基盤に無党派層などへ支持を拡大した。

 一時は過去の女性に対する蔑視発言と、わいせつな行為が相次いで発覚して支持率が低下し、共和党関係者からも「不支持」の動きが出るなど、当選が危ぶまれた。しかし、クリントン氏の私用メール問題をめぐり、連邦捜査局(FBI)が投票日を目前に捜査を再開したことが追い風となり、土壇場で逆転した。

 クリントン氏はオバマ大統領の「後継者」として、豊富な政治経験と知識を前面に押し出し、トランプ氏の大統領としての資質の欠如を一貫して攻撃した。だが、私用メール問題が最後まで尾を引き、大統領職への2度目の挑戦でも「ガラスの天井」を破ることができなかった。

 トランプ氏は来年1月20日に就任する。


クリントン氏、トランプ氏に電話で大統領選の敗北認める 米CNN報じる
デイリースポーツ 11/9(水) 16:54配信

 米CNNは9日未明(日本時間9日)、米大統領選において民主党、ヒラリー・クリントン民主党候補(69)が共和党のドナルド・トランプ候補(70)に電話で敗北を認めるとともに大統領就任を祝福したと伝えた。


暴言連発のトランプ氏、ミス・ユニバース優勝者を「ミス子豚」と侮辱
サンケイスポーツ 11/9(水) 16:48配信

 米大統領選は8日(日本時間9日)に開票作業が行われ、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)が各州などに割り当てられた計538人の選挙人の過半数270人以上を獲得し、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)に勝利した。AP通信など主要メディアが伝えた。

 第45代米大統領に決まったトランプ氏だが、これまで暴言を連発し、そのたびに物議を醸してきた。

 昨年末にイスラム教徒の入国禁止を唱えたことが災いし、米男子ゴルフのPGAツアーは今年6月、フロリダ州のトランプナショナル・ドラルで行われていた世界選手権シリーズ、キャデラック選手権に代わり、来年からメキシコ市でメキシコ選手権を開催すると発表した。

 1962年から米ツアーの舞台になってきた同ゴルフ場は、トランプ氏が所有。ゴルフ界では近年、人種や性別の差別があるコースでの競技開催に厳しい目が向けられており、移民などへの過激な発言が影響した形だ。

 また、自身が経営する企業が運営していたミスコンテスト「ミス・ユニバース」で1996年に優勝したベネズエラ出身のアリシア・マチャドを「ミス子豚」と侮辱しただけでなく、「彼女の過去とセックステープを調べてみろ」とさらに中傷攻撃を続けた。

 女性初の大統領を目指したクリントン氏から非難されても「彼女は歴代優勝者で最悪」「食べてばかりだった」「ひどい過去がある」と、ツイッターなどで暴言を繰り返していた。


同盟見直しを警戒=日本政府、トランプ氏と関係構築急ぐ―米大統領選
時事通信 11/9(水) 16:48配信

 政府は、米大統領選で勝利を確実にしたドナルド・トランプ氏が日米同盟見直しを示唆してきたことを警戒している。

 同氏は日本防衛の義務を放棄するかのような発言を繰り返しており、政府は「日米同盟の根本が揺らぎかねない」と懸念。日米安保条約の重要性について理解を得るため、陣営幹部やブレーンへ働き掛け、関係構築を急ぐ方針だ。

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、「次の米国大統領が誰になるにせよ、日米同盟は外交の基軸だ。アジア太平洋や世界の平和と繁栄のために、緊密に協力していくことは変わらない」と述べ、同盟堅持を求めていく考えを示した。

 トランプ氏は選挙戦で、「公平な負担を払わないなら、われわれは日本を守れない」と述べ、在日米軍経費を日本側が全額負担しなければ撤退も辞さない考えを表明。撤退後の日本の核武装を容認する考えにも言及した。

 一連の発言について、政府関係者は「波紋は確実に広がっている。米国民は日本の安全保障について『ただ乗り』だと思っている」と指摘する。東・南シナ海で海洋進出を強める中国に対抗するため、在日米軍の存在は不可欠。米軍普天間飛行場の移設問題をめぐる沖縄県との対立が先鋭化する中、政府は難しい対応を強いられる。


<米大統領選>クリントン氏が敗北電話 トランプ氏に
毎日新聞 11/9(水) 16:47配信

 ◇米CNN報道

 8日(日本時間9日)に投開票された米大統領選で、民主党のヒラリー・クリントン候補が共和党のドナルド・トランプ候補に敗北を認める電話をかけたと米CNNが伝えた。


<米大統領選>トランプ氏が当選確実
毎日新聞 11/9(水) 16:46配信

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選は8日、投開票された。米メディアによると、政治経験のない共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が激戦州の中でも大票田の南部フロリダや中西部オハイオなど重要州を制した。勝利が確実視される残る州の選挙人を合わせると、当選に必要な過半数270人を超える見通しで、当選を確実にした。鍵を握る激戦州で敗戦した民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)は、民主党地盤の東部や西部の諸州などを中心に確保したが、及ばなかった。AP通信はトランプ氏が当選したと速報。米CNNによると、クリントン氏はトランプ氏に電話し敗北を認めた。


米大統領選、トランプ氏勝利
時事通信 11/9(水) 16:45配信

 【ワシントン時事】8日投開票の米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が9日、勝利を確実にした。

 複数の米メディアが報じた。

 CNNテレビによると、クリントン氏はトランプ氏に電話して敗北を認めた。 (了)


米大統領選はトランプ氏の当選確実  AP通信が伝える
サンケイスポーツ 11/9(水) 16:41配信

 米大統領選は8日(日本時間9日)、開票作業が行われ、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)が選挙人の過半数270人以上を獲得し、勝利が確実になったと、米主要メディアの一つ、AP通信が伝えた。トランプ氏が第45代大統領となり、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)は女性初の大統領の座を逃した。

 大統領選は各州などに割り当てられた計538人の選挙人の過半数270人を得た候補が当選する。トランプ氏は「揺れる州(スイング・ステート)」と呼ばれる激戦州のオハイオを制するなど、苦戦の予想を覆した。クリントン氏は選挙人55人のカリフォルニア州を奪ったものの、及ばなかった。

 トランプ氏はペンシルベニア大学在学中から、父フレッド氏が経営する会社を手伝い、不動産投資ビジネスを学んだ。オフィスビル開発やホテル、カジノ経営などに乗り出し、大成功を収め、“不動産王”と呼ばれるまでになった。今回の大統領選では女性蔑視など過去の過激発言が取り沙汰され、クリントン氏と中傷合戦を繰り広げていた。

 トランプ氏は大統領就任後に日本に米軍駐留費用の全額負担を求め、応じなければ在日米軍の撤収を検討することも表明している。また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)にも反対の立場を取っており、国際情勢は混迷しそうだ。


米新大統領にトランプ氏!…クリントン氏に競り勝つ
スポーツ報知 11/9(水) 16:40配信

 オバマ大統領の後継を選ぶ米国大統領選が日本時間9日、開票され、共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(70)の当選が確実になった。AP通信が伝えたとNHKが報じた。

 トランプ氏は民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(69)に競り勝ち、共和党は8年ぶりのホワイトハウス奪還となる。トランプ氏は同盟国に負担増を求めており、日本にも影響を与えそうだ。

 大統領選は各州などに割り当てられた選挙人の過半数270人を得た候補が当選する。


<米大統領選>AP通信、トランプ氏当選確実と報じる
毎日新聞 11/9(水) 16:38配信

 8日(日本時間9日)に投開票の米大統領選で、共和党のドランルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じた。

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・39 | トップページ | アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利・2 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

資源・環境」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64465530

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利:

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・39 | トップページ | アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利・2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31