« アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利・44 | トップページ | 三菱MRJ3号機が初飛行 »

2016年11月22日 (火)

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2173

引き続き、2011年3月11日に発生した、東日本大震災ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:予想が困難? 大津波警報、津波警報、津波注意報どう違うか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁、津波注意報をすべて解除 引き続き「海水浴、磯釣りには注意」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島沖M7.4 早朝に揺れ「またか」 高台へ急ぎ避難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔鉄道〕福島県沖でM7.4の地震 東北・関東地方のダイヤ乱れ相次ぐ(22日15時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島震度5弱 気象庁、東日本大震災に関連する地震との見解 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 津波、川をさかのぼる 宮城・多賀城市の砂押川 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 津波注意報を全て解除 しばらくは海面変動に注意を - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「激しさに恐怖を覚えた」 宮城県の川が逆流、映像が津波の恐さを訴えかける - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島震度5弱>宮城沿岸部など全地域の津波注意報を解除 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁、太平洋側の津波注意報をすべて解除 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 NHKの緊迫した避難呼びかけ…ツイッターで「教訓が生きた」や「精神的に疲れます」などの声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 「1メートル潮位上がった」「潮が引くのを見て、まずい…」 漁師らが目撃 茨城・大洗町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:津波注意報を解除=気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 宮城のボート転覆、16隻に 津波の影響か、人的被害なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:津波のとき、車避難はダメなのか? 東日本大震災の教訓から学ぶ現実的な対策 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島震度5弱 満潮時刻を迎えた相馬、高い波は押し寄せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 「また、あのときのようにならないかと…」原発近い福島・広野町 5年前の記憶よみがえる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 3カ月男児、地震に驚いた父親に顔を踏まれ軽傷 千葉で3人けが - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 復興庁、長沢広明副大臣を福島に派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島で震度5弱 宮城県の仙台港で、1m40cmの津波を観測 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JAL・ANAで26便欠航、1980人に影響 福島・いわき市で震度5弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島震度5弱>仙台空港、発着見合わせ避難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島震度5弱>大震災教訓に 高台へ、車飛び乗る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島震度5弱 官邸対策室を設置し、被害状況の把握と対策にあたる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島震度5弱 これまでに、男女8人がけが 命に別条なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島震度5弱 山形新幹線は全線で運転を再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:22日早朝のM7.4地震以降「震度1以上が36回」 気象庁が注意呼び掛け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島震度5弱>仙台津波1.4m 「東日本」以降最大 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 宮城県内の漁港で小型ボート6隻転覆 津波の影響か 人的被害なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島震度5弱 宮城・多賀城市で砂押川が逆流 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 茨城県内は410人が避難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 福島・いわき市の海辺の民宿「訓練やったばかり、地域全員避難できた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度5弱・津波 仙台市で約270人避難 大きな被害はなし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島震度5弱 山形新幹線など各交通機関に影響 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

予想が困難? 大津波警報、津波警報、津波注意報どう違うか
THE PAGE 11/22(火) 15:42配信

 22日朝、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生しました。気象庁は福島と宮城県沿岸に津波警報、青森県から千葉県にかけての太平洋沿岸と千葉県内房、伊豆諸島に津波注意報を出しましたが、津波警報と津波注意報はどのように違うのでしょうか。

予想される最も高い波の高さで区分
 気象庁は2011年の東日本大震災で甚大な被害が起きたことから、津波警報の発表方法や表現を変更。2013年から新しい運用を始めました。

 現行は地震発生から約3分を目標に、「大津波警報」、「津波警報」、「津波注意報」を同庁が設けている「津波予報区」単位で発表しています。津波の高さが高いところで3メートルを超えると予想される場合は「大津波警報」、津波の高さの高いところが1メートルを超え、3メートル以下の予想の場合は「津波警報」、予想される津波の高さが高いところが0.2メートル以上1メートル以下で、津波による災害の恐れがある場合は「津波注意報」というように分けています。

困難な津波予想 今回の地震でも注意報から警報に切り替え
 大津波警報は、警報の発表基準をはるかに超える現象に対して発表する「特別警報」と位置づけていて、木造家屋の全壊・流出、人が津波による流れに巻き込まれると被害を想定しています。津波警報では、標高の低いところで津波が襲い、浸水被害が発生。人が津波に巻き込まれると被害を想定し、どちらの警報も、発令時の取るべき行動として「沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください」と呼びかけています。

 一方、津波注意報は、海の中で人が速い流れに巻き込まれ、養殖いかだが流出、小型船舶が転覆するような被害を想定し、取るべき行動は「海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください」となっています。

 ただ、津波の予想は難しく、マグニチュード8を超えるような巨大地震に対しては、ただちに精度のよい地震規模を求めることができないため、最初に発表する大津波警報や津波警報では予想される津波の高さを「巨大」や「高い」という言葉で表す場合もあるとしています。また今回のように、初めは宮城県沿岸に発表していた津波注意報が、途中で津波警報に切り替わることもあり、津波警報・津波注意報が解除になるまで、油断しないで避難を続けるよう求めています。


気象庁、津波注意報をすべて解除 引き続き「海水浴、磯釣りには注意」
J-CASTニュース 11/22(火) 15:06配信

 2016年11月22日早朝に起きた福島県沖を震源とする地震で、気象庁は12時50分に岩手県、宮城県、福島県、茨城県で発令していた津波注意報を解除した。この結果、大津波警報、津波警報、津波注意報を発表している地域はなくなった。

 気象庁は、今後も若干の海面変動が続くと予想されるが、津波被害の心配はないとしている。「海に入っての作業や釣り、海水浴」などについては引き続き注意を呼びかけている。

 今回の地震のマグニチュード(M)は7.4で、東日本大震災の余震としては2014年7月以来2年4か月ぶりのM7以上を観測した。14時現在、大きな被害は確認されていない。NHKなどによると、4都県で足の骨を折るなど12人がけがを負った(13時30分現在)。


福島沖M7.4 早朝に揺れ「またか」 高台へ急ぎ避難
産経新聞 11/22(火) 15:00配信

 大きな揺れが早朝の東北を襲った。22日午前6時前に発生した地震では最大震度5弱を観測し、沿岸部の広範囲に津波警報や注意報が発令された。平成23年3月の東日本大震災から5年8カ月余りが経過した余震…。「あの時の再来かと思った」「心底怖かった」。住民らは震災の記憶を思い起こし、不安をにじませながら避難所へ向かった。

 福島県いわき市の小名浜(おなはま)地区では、地震直後から多くの住民が高台や内陸に向かった。サイレンが断続的に鳴り続け、道路には長い車列ができた。

 避難所に指定されている県立小名浜高校の佐竹建城教頭(47)は自宅で朝食の準備中だった。棚から食器が落ちる激しい揺れだったという。車で学校に向かったが、近くを流れる川は逆流する津波であふれ、恐怖を感じた。

 30分ほどで学校に到着すると、すでに約400人が詰めかけ、その後も数は膨らんだ。パジャマにコートを羽織っただけの住民の姿も見られ、ほとんどがグラウンド脇の高台から海を不安げな表情で見つめていたという。佐竹教頭は「みな震災を思い出した。津波の恐怖で緊迫感が漂っている」と不安を口にした。

 断続的に住民が避難してきた同市立植田東中学校では、避難者に備蓄食料を配った。同校では、東日本大震災以降、防災倉庫を設置して備蓄していたといい、担当者は「震災の経験を生かし、焦らずに避難対応ができた」と力を込めた。

 小名浜では60センチの津波を観測。市内のホテルは地震直後から宿泊客の安全確保を急いだ。太平洋に面した小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブの女性スタッフ(29)は「ホテルの駐車場に近所の人とみられる車も数台来ていた」と話す。ゴルフ場の予約キャンセルや問い合わせが相次ぎ、ロビーで心配そうに海を見つめる宿泊客もいたという。

 同市の薄磯(うすいそ)海水浴場近くで民宿「鈴亀」を営む鈴木幸長さん(63)によると、地域では年1回、避難訓練を実施。「11月初めに訓練をしたばかりで地域住民が全員、高台に避難できた」と胸をなでおろした。

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた仙台空港。地震発生を受け、通常は6時半からの開場を急遽(きゅうきょ)繰り上げ、乗客らを建物内へと誘導した。担当者も「震災が頭をよぎったが、津波訓練を何度もしており冷静に対応できた」と話していた。

 「海が小刻みに揺れ、波立っていた」。仙台湾を望む高台に位置する宮城県七ケ浜町の寺院、養松院の楡木(たもき)泰教住職(39)は「久々に長い揺れだ…」と不安がよぎったという。

 寺院は約10メートルの高台にあり、同町の指定避難場所になっている。東日本大震災では参道の階段まで津波が押し寄せた。今回の地震発生直後、眼下に広がる海を見ると、穏やかな海が次第に波立っているように見えたという。楡木住職は「久しぶりの大きな騒ぎで、どうしても震災を思い出してしまう」と話した。

 同県山元町の町中央公民館には午前9時ごろには290人が避難。東日本大震災の津波で自宅を流され、今年4月に公民館近くに自宅を再建したという島田洋子さん(74)は「地震の揺れで目が覚めた。5年前を思い出して心配になる」と不安げだった。

 同町立山下小5年の佐々木日南(ひな)さん(11)は、弟で同小4年の斗麻(とうま)君(9)と一緒に町役場の車で公民館に避難した。斗麻君は「両親は仕事で出かけていた。学校に電話したら『山の方へ逃げて』といわれた。(姉と)一緒だから大丈夫」と話していた。

 ■「つなみ!にげて!」ひらがなでテロップ

 福島県沖を震源とする地震で東北沿岸部に津波警報が出たことを受け、NHKなどテレビ各局は通常番組の内容を変更するなどして、津波の到達や被害状況を随時報じた。

 発生直後から速報を伝えたNHKでは、津波の到達予想時刻が近づくと、画面に赤地に白字で「つなみ! にげて!」のテロップを表示するとともに、アナウンサーが「ただちに安全な場所に避難してください」「東日本大震災を思いだしてください」などと強い口調で呼び掛けた。NHKでは、東日本大震災の教訓から、画面表示を変更し、避難呼び掛けなども強化している。民放各局も番組内容を変更して、同様のテロップ表示や呼び掛けを行った。

 また、22日午前放送予定だったNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」は休止、23日に放送される。


〔鉄道〕福島県沖でM7.4の地震 東北・関東地方のダイヤ乱れ相次ぐ(22日15時現在)
レスキューナウニュース 11/22(火) 15:00配信

22日05:59頃、福島県沖を震源とするM7.4の地震があり、福島県・茨城県・栃木県で震度5弱の揺れを観測しました。この地震により、岩手県から伊豆諸島の沿岸にかけて、一時津波注意報や津波警報が発表されていましたが、現在は解除されています。この影響で、東北・関東地方の鉄道路線でダイヤが乱れています。最新の運行情報や気象情報に留意してください。

≪運転見合わせ≫
[東北]
・JR東日本:東北本線(黒磯~郡山)、常磐線(いわき~竜田、小高~相馬)

[関東]
・JR東日本:常磐線(日立~いわき)

<ダイヤ乱れ>
[新幹線]
・山形新幹線

[東北]
・JR東日本:東北本線(郡山~福島~仙台~小牛田)、常磐線(浜吉田~仙台)、仙石線、石巻線、釜石線、磐越東線、磐越西線
・私鉄など:仙台空港アクセス線、会津鉄道会津線

[関東]
・JR東日本:横須賀線、上野東京ライン、湘南新宿ライン、常磐線(上野~水戸~日立)、総武本線(千葉~銚子)、成田線(佐倉~成田空港・銚子)、総武線(快速)(東京~千葉)


福島震度5弱 気象庁、東日本大震災に関連する地震との見解
ホウドウキョク 11/22(火) 14:45配信

気象庁は22日朝、福島などで震度5弱を観測した地震について、5年前の東日本大震災に関連する地震との見解を示した。
気象庁によると、今回の地震は、5年前に発生した東日本大震災による一連の地震と考えられている。
東日本大震災に関連する地震活動は、収まりつつあるものの、依然、活発な状況で、マグニチュード7クラスの地震が起こるような状況は、今後も考えられるという。
また、仙台港で観測された1m40cmの津波は、東日本大震災以来、日本の沿岸で観測された中では、最大となる。


震度5弱・津波 津波、川をさかのぼる 宮城・多賀城市の砂押川
産経新聞 11/22(火) 14:10配信

 22日早朝に発生した福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震で、宮城県多賀城市の砂押川をさかのぼる津波の様子をとらえた写真がツイッターに投稿されている。宮城県警のヘリコプターも、砂押川の水が逆流していく様子を撮影している。

 ツイッター、県警のいずれの画像でも、白波をたてて逆流していく状況がみえる。砂押川は東日本大震災でも津波がさかのぼり、一部堤防が決壊した。

 今回の地震では、福島、茨城、栃木の3県で震度5弱を観測。仙台市に140センチ、福島県の東京電力福島第1、第2原発にそれぞれ100センチ、岩手県の久慈港に80センチの津波が到達した。その後も震度1~3の地震が続いた。

 気象庁によると、東日本大震災の余震とみられ、140センチの津波観測は大震災以降、最大。気象庁は福島、宮城両県に津波警報、青森、岩手、茨城、千葉各県に津波注意報を出し、午後1時前に全て解除した。気象庁は地震の規模が大きく震源が浅かったため、大きな津波になったとみている。


震度5弱・津波 津波注意報を全て解除 しばらくは海面変動に注意を
産経新聞 11/22(火) 13:08配信

 気象庁は22日午後0時50分、各地に出していた津波注意報を全て解除した。

 津波注意報が出ていたのは、岩手、宮城、福島、茨城の各県。気象庁は「今後もしばらく海面変動が続くと思われるので、海水浴や磯釣り等を行う際は注意してほしい」としている。


「激しさに恐怖を覚えた」 宮城県の川が逆流、映像が津波の恐さを訴えかける
BuzzFeed Japan 11/22(火) 13:00配信

310
via twitter / @KAZlNczQZaWh4wC

11月22日午前5時59分ごろ、福島県沖で発生したマグニチュード7.4の地震で、気象庁は福島県と宮城県の沿岸に津波警報を出した。午前8時すぎには仙台港で1.4mの、岩手県から伊豆諸島まで各地で津波を観測している。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

宮城県多賀城市の砂押川が逆流した様子が、Twitterに複数アップされ、話題となっている。

311
via twitter / 郷古哲哉さん @jerotter

そのうちの一つをアップロードした男子高校生のあつやさんは、撮影者とともに現場にいたという。

BuzzFeed Newsの取材に「思っていたよりも流れが強く、激しいものだったので恐怖を覚えました」と話す。

「当時、現場にはサイレンの音が響いており、津波を撮影しようとする人達が少々いました」

「私も津波を見ていたのでなんとも言えませんが、川に近づいてる時間があるのならばもっと迅速に避難するべきであると考えました」

「1m程度の津波など大したことがないと考えがち」だとあつやさんは言う。彼自身も恐怖を覚え、海岸から離れたところにある自宅に避難したという。

312
via twitter / 郷古哲哉さん @jerotter

気象庁は午後0時50分までに、すべての津波注意報と警報を解除した。今後1週間はマグニチュード7級の地震が発生するとして、注意を呼びかけている。


<福島震度5弱>宮城沿岸部など全地域の津波注意報を解除
毎日新聞 11/22(火) 12:58配信

 福島県で震度5弱を観測した地震で、気象庁は22日午後0時50分、宮城、福島、岩手、茨城の4県の沿岸部に出していた「津波注意報」をすべて解除した。

 同庁によると、震源は福島県沖の深さ25キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.4と推定される。今後もしばらく海面変動が続く可能性もあり、海水浴や磯釣りを行う際は注意するよう、呼びかけている。


気象庁、太平洋側の津波注意報をすべて解除
読売新聞 11/22(火) 12:58配信

 気象庁は22日午後0時50分、福島県沖を震源とする強い地震の発生に伴って発令していた「津波注意報」をすべて解除した。

 津波注意報は福島、宮城、岩手、茨城の各県で残っていた。

 これより先、福島、宮城の両県では「津波警報」が一時発令されていたほか、青森、千葉の両県と伊豆諸島にも津波注意報が一時出されていた。


震度5弱・津波 NHKの緊迫した避難呼びかけ…ツイッターで「教訓が生きた」や「精神的に疲れます」などの声
産経新聞 11/22(火) 12:57配信

 福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震で、NHKは22日、津波警報の発令に伴い「つなみ!にげて!」とひらがなのテロップを津波の到達時間とともに表示した。民放各社も災害報道の特別画面に切り替えて避難を呼びかけた。

 NHKのアナウンサーは「立ち止まったり、海の様子を見に行ったりしないでください」などと力い調子で繰り返した。NHKは、東日本大震災時の報道で「強い調子で避難をするよう求めるべきだったのではないか」などの反省点から災害報道を見直していた。

 これに対しツイッターでは「文字も赤のひらがなで、よかった。私たちは、少しずつ、過去のことを教訓にして改めていくことができる」「今朝のNHKの放送は怖かった。緊急事態にそなえるスイッチがすぐ入った」などと評価する声が上がった。一方、「NHKのアナウンサーのそれは鬼気迫るものすら感じた」「NHKの映像見てると精神的に疲れます」などの意見もあった。

 同局はこの日放送予定だった連続テレビ小説「べっぴんさん」を休止し、23日午前8時に放送を延期した。

 (WEB編集チーム)


震度5弱・津波 「1メートル潮位上がった」「潮が引くのを見て、まずい…」 漁師らが目撃 茨城・大洗町
産経新聞 11/22(火) 12:57配信

 22日早朝に起きた福島県沖を震源とする地震で、50センチの津波を観測した茨城県大洗町の大洗港の漁船は津波被害を避けるために、大半が沖合に出て待機し、午前10時ごろには沖合から港に戻り始めた。

 大洗町磯浜町の漁師の男性(67)は「漁に出ようかと思っていたら地震が起きた。船が心配だったのですぐに漁港に行き船に乗り、午前10時ごろまで沖合で待機した。周りの船もほとんど沖に避難していたのではないか」と語った。

 同町の漁師、飛田宏光さん(38)も「地震に驚き、飛び起きて港に来た。潮の流れが変わり、1メートルくらい潮位が上がったのを目撃した。父と兄が船を沖に出し、自分は車で自宅に戻った。何も被害がなくてよかった」とほっとした様子で話した。

 大洗町港中央の海岸近くで釣具店を営む高松久雄さん(48)は地震が発生したときに客数人と店内にいたという。「揺れが長かったので5年前を思い出し、港にいる釣り人に注意をしにいった。そこで潮が引き始めるのを見た瞬間、まずいと思った。すぐに高台にある自宅まで急いで車で戻った」と語った。


津波注意報を解除=気象庁
時事通信 11/22(火) 12:55配信

 気象庁は22日午後、発令していた全ての津波注意報を解除した。


震度5弱・津波 宮城のボート転覆、16隻に 津波の影響か、人的被害なし
産経新聞 11/22(火) 12:55配信

 福島県沖を震源とする地震で、宮城県東松島市室浜漁港で10隻、同市の大浜漁港で5隻、宮城県七ヶ浜町の菖蒲田浜漁港で1隻の小型ボートが転覆した。人的な被害は確認されていない。津波の影響で転覆した可能性があり、海上保安庁第2管区海上保安本部で詳しい状況を調べている。

 地震を受け、海上保安庁は20日早朝、中島敏長官を本部長とする対策本部を設置。同日午前11時50分現在、巡視船30隻や航空機2機などで沿岸重要施設や船舶の被害の把握などを進めている。


津波のとき、車避難はダメなのか? 東日本大震災の教訓から学ぶ現実的な対策
BuzzFeed Japan 11/22(火) 12:40配信

309
午前7時ごろのいわき市小名浜地区の様子

11月22日早朝に発生した、福島県沖を震源とする地震。福島県、宮城県で津波警報が出され、住民らは避難に追われた。その様子を撮影した1枚の写真が波紋を広げている。【石戸諭 / BuzzFeed Japan】

読売新聞が福島県いわき市内で撮影されたものをツイッター上にアップした。避難する住民の車で道路が渋滞していることがわかる。これに対して、ネット上では「教訓が生かされていない」「車社会の地域の課題」などと声が上がった。

車で避難する様子は、住民らもツイッターなどに次々とアップした。

そもそも車での避難をめぐっては、東日本大震災のときから議論が積み上がっている。東京大大学院で災害研究を進めている関谷直也・特任准教授(社会心理学)は、2012年の論文で検証している。

車での避難禁止を呼びかけるだけで、問題は解決するのか。国土交通省の調査などでも、車での避難を選択した人は、決して少数ではない。そもそも、車で避難をした人たちは安全意識が低いわけではなかった。

車避難を選択した理由は「車でないと間に合わないと思った」「家族で避難しようと思った」などが上位となり、「家族に避難困難者がいた」と答えた人も決して低くない割合で存在した。

「もちろん徒歩で避難できる場所にいて、間に合うならならば徒歩で移動すればよいのだが、渋滞した場合にすぐそこから離れることを前提とすれば、車での避難を容認せざるを得ない」

都市部ならいざしらず、車がないと生活が成り立たない地方で、一概に車での避難はダメだと批判するだけでは、問題は解決しないということだ。

何を学ぶべきなのか?
関谷さんは、宮城県を拠点にする地方紙・河北新報のインタビュー「車での避難 こう考える」でもこのように語る。

「車避難は掛け声だけでは抑制できない。災害時に『渋滞しない地域』では車を使っても構わないが、日ごろから車が混雑する『渋滞リスクが高い地域』は、要援護者を乗せた車も間違いなく渋滞につかまる」

「問題解決の鍵は、車避難の抑制ではなく、渋滞が起きても避難できるよう、地域のリスクを減らすことにある」

車避難に一定のリスクがあるのは事実だが、車による避難で助かった事例もある。東日本大震災の取材をしていたとき、園児を避難させたときなど、車に乗せてみんなで避難しないと間に合わなかったという声を聞いた。

こうした現実を踏まえた、関谷さんの提言は重要だ。
渋滞が発生することを前提にする。その上で、渋滞が発生しやすい場所がどこにあるのか。あらかじめ住民に示す。そして、津波が迫ってきたら、車を乗り捨てて逃げる。その際は、躊躇なく乗り捨てられるような対策が必要だという。

「津波が迫る中で渋滞に直面すると、運転手は車で逃げるべきか、車を捨てて高台に上るべきか判断がつかない。後続車両に迷惑を掛けることへの気兼ねもある。ちゅうちょなく車を乗り捨てられる路側帯やモータープールを設け、津波避難場所までの誘導サインを掲げることが大事だ」

いわき市在住のライター、小松理虔さんはツイッターで今回の教訓をまとめている。
「小名浜地区でも『高台に避難しろ』と言われても、みんな車で避難するから特定の場所に殺到するし、高台ってだいたい登るための道路が2本くらいしかないので、二車線がすぐ埋まって渋滞してしまう。しかしこの地方で『車で避難するな』とは言えない。どう避難するか、世帯別で把握しておかないとな」

人々の気持ち頼みではなく、地域や世帯ごとの現実を踏まえた対策をどう取るか。この次の災害を減らすために、問題設定を間違えてはいけない。


福島震度5弱 満潮時刻を迎えた相馬、高い波は押し寄せず
ホウドウキョク 11/22(火) 12:29配信

308
(写真:ホウドウキョク)

福島県沖を震源とする震度5弱の地震で、福島・宮城などに津波注意報が出されています。
午前10時20分ごろに満潮時刻を迎えた福島・相馬市からお伝えします。

相馬の海は、午前10時20分ごろ、満潮を迎えたが、その時刻に高い波が押し寄せることはなかった。
現在は、少し白波が見えるが、比較的落ち着いているように見受けられる。
22日午前7時6分に、90cmの津波が観測された。
そのころは、地震の発生を知った、沖合に出ていたとみられる小型船や作業船が、続々と港の方に戻ってくる様子が見受けられた。
現在、沿岸部は、ほとんど人の姿はない。
近くの住民に話を聞くと、「このような揺れは、東日本大震災後初めてだ」、「朝、寝ている最中に地震が発生したので、非常に恐ろしかった」などという声が聞かれた。
みんな、震災の教訓を受けて、迅速な避難につながったものとみられる。
相馬市では、避難所を7カ所ほど開設していて、相馬市役所に確認したところ、320人ほどが避難しているという。
津波警報は、津波注意報に切り替えられたが、これからも高い波が押し寄せる可能性があるので、注意が必要となる。


震度5弱・津波 「また、あのときのようにならないかと…」原発近い福島・広野町 5年前の記憶よみがえる
産経新聞 11/22(火) 12:12配信

 東京電力福島第1、第2原発から近い福島県広野町でも、町民らの脳裏に5年前の恐怖がよみがえった。

 「布団の中で体が揺すぶられている感じだった」。広野町の主婦、遠藤政子さん(80)は地震がきたときの様子を振り返る。揺れは東日本大震災と比べると小さかったが、「すぐにあのときのことを思い出した」と顔をこわばらせた。

 その後に起きた原発事故で県内5カ所を転々とし、町に戻ったのは2年後。

 「またあのときのようなことにならないかと不安だった。被害が大きくならずにほっとしました」

 福島第2原発で冷却機能が一時停止したというニュースを聞き、町内の農産物直売所の組合長を務める塩史子さん(71)は「原発事故発生直後のような状況になるのでは」と不安に襲われた。

 広野町から第2原発まではわずか2キロほど。幸い短時間で復旧したが、「(原発事故による)風評被害がようやく落ち着いてきたところなのに、また全町避難しなければならないのかと恐ろしかった。もう2度とあんな思いはしたくない」と語気を強めた。


震度5弱・津波 3カ月男児、地震に驚いた父親に顔を踏まれ軽傷 千葉で3人けが
産経新聞 11/22(火) 11:59配信

 福島県沖で22日午前5時59分に発生した地震で、千葉県は同日、柏市や松戸市の男女計3人がけがを負ったと発表した。同県危機管理課によると、松戸市の女性(78)が地震でベッドから転落し、右肩を脱臼する軽傷を負った。また、柏市では就寝中の生後3カ月の男児が、地震で驚いた父親に顔を踏まれ、顔面打撲の軽傷。同市の女性(82)は自宅の階段から転落し、程度不明のけがを負った。

 同課によると、同県内では松戸市や千葉市中央区などで震度4を観測した。


震度5弱・津波 復興庁、長沢広明副大臣を福島に派遣
産経新聞 11/22(火) 11:59配信

 今村雅弘復興相は22日午前の記者会見で、福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震を受け、長沢広明復興副大臣を津波警報が発表された福島県に派遣したことを明らかにした。長沢氏は、同庁福島復興局で情報収集し、現地の被害状況の把握に努める。

 復興庁は地震を受けて庁内に今村氏をトップとする災害対策本部を設置。今村氏は会見で「福島復興局を中心にいろいろな情報を取っているが、特に大きな被害の話などはない」と述べた。


福島で震度5弱 宮城県の仙台港で、1m40cmの津波を観測
ホウドウキョク 11/22(火) 11:58配信

22日午前5時56分ごろ、福島県、茨城県、栃木県で震度5弱を観測する地震があった。
各地の震度は、震度5弱が福島県中通り、福島県浜通り、茨城県北部、栃木県北部。
また、この地震で、津波警報が福島県と宮城県に、津波注意報が青森県太平洋沿岸、岩手県、茨城県、千葉県九十九里・外房、千葉県内房、伊豆諸島に発表された。
これまでに観測された津波の最大波は、宮城・仙台港で午前8時3分に1m40cm、福島・相馬で午前7時6分に90cmなどとなっている。
また、東京電力によると、福島第2原発3号機の使用済み燃料プールで、冷却システムが一時停止したが、現在は復旧し、特に影響はないという。


JAL・ANAで26便欠航、1980人に影響 福島・いわき市で震度5弱
Aviation Wire 11/22(火) 11:55配信

 11月22日午前5時59分ごろ、福島県沖60キロ付近を震源とする地震が発生した。気象庁によると地震の深さは10キロ、マグニチュード7.3と推定され、福島・いわき市や白河市などで震度5弱を観測した。

 これにより、仙台発着の便を中心に、全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)の2社で計26便が欠航し、およそ1980人に影響が出る見通し。

 ANAでは午前8時中部(セントレア)発NH361便など、中部や伊丹、札幌、福岡からの仙台発着便、合計16便が欠航。約1500人に影響が出る見通し。JALでは午前11時45分札幌発JL2902便など、札幌や伊丹、福岡からの仙台発着便のほか、札幌-新潟線など計10便が欠航。約480人に影響が出る見通し。

 このほか、エア・ドゥ(ADO/HD)が午前7時50分札幌発HD100便仙台行きなど、札幌-仙台線を2往復4便を欠航。午後の札幌発便も札幌へ引き返す条件付き運航となる可能性がある。

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は午前7時10分関西発仙台行きMM131便と、午前8時55分仙台発関西行きMM132便を欠航した。


<福島震度5弱>仙台空港、発着見合わせ避難
毎日新聞 11/22(火) 11:48配信

 22日午前5時59分ごろ発生した、福島県沖を震源とする地震で、国土交通省によると、宮城県の仙台空港では滑走路に被害はなかったが、津波警報の発令を受け、民間航空会社の発着を見合わせた。全日空と日本航空は同空港を発着する午前中の便の大半を欠航させた。指示を受けて空港職員や利用客は一時、ターミナルビルの上階や展望デッキに避難した。

 東北、上越、北陸、山形、東海道の各新幹線は一時運転を見合わせた。在来線は午前10時現在、津波による避難指示のあった常磐線や東北、仙石、釜石各線の一部区間などで運転を取りやめている。

 首都圏の鉄道も運休や遅れが相次いだ。東京メトロは午前6時ごろ全9路線でいったん運転を停止し、5分後に再開。日比谷線や千代田線などでは最大30~40分程度の遅れが出た。

 私鉄各社も運転の一時停止などの措置をとった。京成電鉄は本線の八千代台-うすい間と千葉線の京成津田沼-千葉中央間の2区間で、電車から乗客をいったん降ろした。【高橋昌紀】


<福島震度5弱>大震災教訓に 高台へ、車飛び乗る
毎日新聞 11/22(火) 11:46配信

 22日早朝、東北地方を強い地震と津波が襲った。2011年3月の東日本大震災で大きな被害を受けた福島県や宮城県など沿岸部では、高台や避難所に逃れる住民が相次いだ。不安そうな表情で津波の到達を知らせるニュースを見守る人や、津波が来たらすぐに逃げられるようにと車中で待機する人たちもいた。また、学校の臨時休校や交通機関の乱れも相次いだ。

 ◇福島

 福島県沿岸部では公共施設や高台に多数の住民らが避難した。

 南相馬市原町区の「ひがし生涯学習センター」には住民ら約80人が避難。同区上渋佐の会社員、中川幸子さん(60)は「自宅は東日本大震災の津波で多くの犠牲者を出した老人ホームの真向かい。津波警報が出たのを知り『逃げないといけない』と、慌てて車に乗った」と話した。同市原町区萱浜(かいばま)の主婦、田部篤子さん(62)の自宅も大震災で多くの犠牲者が出た地区。「揺れで跳び起き、財布と携帯電話と充電器だけを持ってすぐに避難した」

 「安全を最優先してください」。原発事故で一時全町民が避難した福島県広野町の町立広野中は早朝、全生徒にメールで指示。同県では、沿岸部のいわき市を中心に小中学校61、高校24が臨時休校を決めた。

 福島県などによると、県内では午前9時半現在、3119人が公民館など59カ所に避難したほか、付近の道路には一時約350台の車が待機。うち南相馬市は市内5カ所の避難所に約250人が避難し、高台の公園などにも約70人が逃れた。

 地震によるけが人も出た。いわき市では60代女性がベッドから落ちて軽傷、20代の女性が過呼吸でそれぞれ病院に搬送されたが命に別条はない。

 ◇宮城

 宮城県石巻市中心部の日和山公園では、避難した人々が不安げに海を見つめた。家族3人で石巻市を旅行中の岩手県滝沢市の工藤雅子さん(40)は、「知らない土地なので早く逃げないと怖いと思って来た」と5歳の長女の手を握りしめた。

 午前7時40分ごろ、石巻市で津波観測との情報がラジオから流れ、近くに住む男性(68)は「津波は高くなるかもしれない」と心配そうな表情。東日本大震災時、避難所などで7カ月余り生活したといい、「あの時を思い出す」と話した。

 同8時すぎ、石巻市に津波警報が発令されると、避難者は数十人に。震災で多くの犠牲者が出た門脇地区の民生委員、平塚やい子さん(72)は、携帯電話で知り合いに「警報が出たからすぐ逃げて」と呼びかけた。平塚さんは「避難を呼びかけながら来たが、足の悪いお年寄りもいるから心配」と話した。

 ◇岩手

 岩手県宮古市日立浜町の高台にある浄土ケ浜第1駐車場は、避難してきた住民の約100台の車で埋まった。妻と一緒に逃げてきた男性(69)は「震災で流された自宅を元の場所の近くに再建し、3日前に仮設住宅から引っ越して来たばかり」と声を震わせた。【大塚卓也、百武信幸、鬼山親芳】

 ◇水位急上昇 「退避」叫び

 ◇千葉

 東日本大震災の津波で死者・行方不明者計16人の被害が出た千葉県旭市。太平洋に面した刑部(ぎょうぶ)岬近くの高さ約60メートルの高台に約20人が避難し、海の様子を見守った。

 同市飯岡の漁業、松浦保彦さん(60)は「震災で家が流され、船も破損した。注意報が解除されるまではここにいる」と心配そう。親戚7人で避難した同市飯岡の無職、関野輝子さん(70)は「テレビで注意報を知り、連絡を取り合って車2台で来た。早く収まってほしい」と願った。海岸から約4キロに住む男性会社員(40)は「震災時もここに避難した。津波が港に押し寄せたことを思い出す」と話した。

 ◇茨城

 茨城県日立市の河原子漁港では午前6時50分ごろ、海水が徐々に引き始めた。4分後、急に港内の水位が数十センチ上昇。警戒中の消防署員が「退避」と叫び、避難した。津波は岸壁をわずかに越えたが被害はなかった。同市河原子町の漁師、石川彰さん(78)は、震災の津波で漁船が岸壁に打ち上げられたという。近くの2階建ての漁協事務室に避難し「漁船は息子が沖合に避難させた」と心配そうに海を見つめた。

 北茨城市は1万3436人に避難指示を発令。避難所の市民体育館に一時、約50人が避難した。市職員が乾パンや水、毛布などを配布した。70代女性は「大きく揺れたのはしばらくなかったので驚いた。地震も津波も怖い」と心配そう。震災の教訓から車に着替えなどを常備しており「冷静に対応できた」とも話した。【近藤卓資、佐藤則夫、川崎健】


福島震度5弱 官邸対策室を設置し、被害状況の把握と対策にあたる
ホウドウキョク 11/22(火) 11:45配信

福島県沖を震源とする震度5弱の地震で、福島・宮城などに津波注意報が出されている。
政府の対応だが、安倍首相は、外遊先のアルゼンチンでの記者会見で、早急に被害状況を把握し、政府として、今回の災害に全力で取り組む考えを示した。
安倍首相は「自治体と緊密に連携し、政府一体となって、安全確保を第1に、災害への対応に全力で取り組んでまいります」と述べた。
安倍首相は、午前6時17分に各府省庁に対し、「国民に対し、津波、避難等に関する情報提供を適時的確に行うこと」、「早急に被害状況を把握すること」、「自治体と緊密に連携し、政府一体となって、被災者の救命・救助等の災害応急対策に全力で取り組むこと」の3点を指示した。
首相官邸には、午前6時すぎに、緊急参集チームが集まり、政府は、官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置して、被害状況の把握と対策にあたっている。
菅官房長官は、22日午前、記者会見し、「福島県内で軽傷者2人」が出ているとの報告があったことを明らかにした。
これに先立つ、午前7時40分ごろの記者会見で、菅長官は、使用済み燃料プール冷却装置が一時停止した、福島第2原発3号機について、「直ちに放射能漏れや燃料棒などの漏れはない」と発表した。
また、稲田防衛相によると、「現時点で自衛隊に対する自治体からの災害派遣要請はない」という。


福島震度5弱 これまでに、男女8人がけが 命に別条なし
ホウドウキョク 11/22(火) 11:40配信

福島県沖を震源とする震度5弱の地震で、福島・宮城などに津波注意報が出されている。
この地震で、これまでに、男女8人がけがをしているが、いずれも、命に別条はない。
福島県では、矢吹町で、70代の女性が、食器棚が倒れた際に、後頭部を切る軽傷を負ったほか、いわき市では、ベッドから転落した60代の女性と、呼吸困難になった20代の女性が、病院に搬送された。
また、福島市清明町では、60代の男性が、割れたガラスで、足にけがを負い、相馬市では、60代の男性が、地震により、車の運転操作を誤って、車両火災を起こし、男性は、頭に痛みを訴え、搬送された。
また地震直後、いわき市内では、石油化学コンビナート施設内で、出火との通報があったが、およそ20分後に鎮火し、けが人はいなかった。
郡山市では、市内の展示場「ビックパレットふくしま」で、外壁が数枚はがれる被害があったが、けが人はいないという。
また、千葉・松戸市では、78歳の女性が、ベッドから転落し、病院に搬送された。
女性は、右肩を脱臼したが、命に別条はないという。
また、宮城・仙台市でも、18歳と65歳の女性が、それぞれ足を負傷したという。


福島震度5弱 山形新幹線は全線で運転を再開
ホウドウキョク 11/22(火) 11:31配信

22日朝に起きた、福島県沖を震源とする震度5弱の地震で、交通機関に影響が出ている。
JR東日本によると、山形新幹線は一時、運転を見合わせていたが、午前10時半ごろ、全線で運転を再開した。
また東北新幹線は、最大で、50分程度の遅れが出ているほか、上越・北陸新幹線でも、最大30分程度の遅れが出ている。
在来線では、宮城県内を走るJR仙石線や、仙石東北ラインの全線の、いずれも上下線で、現在も運転を見合わせている。
また、JR常磐線の一部区間の上下線で、運転を見合わせている。
空の便は、日本航空では、午前10時半現在、仙台空港を発着する便を中心に、10便の欠航が決まっている。
また、全日空は、16便の欠航を決めている。
フェリーは、八戸港と苫小牧港を結ぶシルバーフェリーは、八戸港を出発する便が、始発から欠航となっている。
高速道路は、日本道路交通情報センターによると、この地震の影響で、一時通行止めや、出口が利用できなくなっていたが、現在は全て解除されているという。


22日早朝のM7.4地震以降「震度1以上が36回」 気象庁が注意呼び掛け
THE PAGE 11/22(火) 11:26配信

 気象庁地震火山部管理課の中村浩二地震情報企画官は22日午前11時、同日午前5時59分に福島県沖で発生したマグニチュード(M)7.4の地震について、2回目の記者会見を開き、同地震以降で震度1以上の地震が計36回発生した(10時半現在)ことを明らかにした上で「活発な活動が続いている。2、3日程度は規模の大きな地震が発生することが多いので特に注意を」などと注意を呼びかけた。

 地震を受け、気象庁は当初福島県に津波警報を、周辺の太平洋沿岸地域に津波注意報を発令していたが、その後宮城県も「警報」に変更された。この経緯について、中村氏は、宮城県の仙台港で1.4メートルの津波を観測されたことに触れ「基準を超えたのでアップグレードした」と説明した。

 気象庁のホームページによると、「津波注意報」は「予想される津波の高さが高いところで0・2メートル以上、1メートル以下の場合」と記載。一方、「津波警報」については「予想される津波の高さが高いところで1メートルを超え、3メートル以下の場合」とされている。


<福島震度5弱>仙台津波1.4m 「東日本」以降最大
毎日新聞 11/22(火) 11:26配信

307
砂押川を逆流する津波=宮城県多賀城市で2016年11月22日、宮城県警提供動画より

 22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、福島、茨城、栃木3県で震度5弱、北海道から中国地方までの広い範囲で震度4~1を観測した。津波警報や注意報が青森県から千葉県にかけての太平洋岸と伊豆諸島に出され、沿岸部の住民らが避難。同8時3分に仙台市の仙台港で最大1.4メートルの津波を観測した。気象庁によると、震源地は福島県いわき市の東北東沖約70キロで、深さは約25キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.4と推定される。

 気象庁は2011年3月11日に起きた東日本大震災の余震とみている。大震災当日を除く余震としては、マグニチュード、津波高ともに最大となった。

 M7以上の余震は14年7月以来で、津波警報は12年12月以来。M7以上の余震は15年を除き、毎年発生している。

 毎日新聞のまとめでは、避難指示は26市町村、避難勧告は22市町村に出された。総務省消防庁の調べでは、岩手、福島、宮城3県で指示は少なくとも約39万人、勧告は約4万人に出された。実際に避難した人は、判明分だけでも約4000人にのぼり、自治体が把握していない避難者も多数いるとみられる。

 また、避難の際に転倒したり、割れたガラスで足を切ったりするなどし、少なくとも12人がけがをした。福島県郡山市では女性(82)が地震直後に転倒して左手首を骨折した。千葉県柏市でも女性(82)が自宅階段から落ち、右足の骨を折った。

 午前9時13分に発表された各地の最大津波は、福島県相馬市90センチ▽宮城県石巻市、岩手県久慈市80センチ▽茨城県大洗町50センチ▽千葉県勝浦市、東京都八丈町(八丈島)30センチ--など。

 気象庁の中村浩二・地震情報企画官は「震災から5年以上経過して地震活動は収まりつつあるが、まだ活発な状況。今後も今回と同規模の地震が起きる可能性がある」と注意を呼びかけた。

 気象庁は地震発生から約2分後の午前6時2分に福島県に津波警報を出し、同7時過ぎに同県相馬市で最大90センチの津波を観測した。しかし、同8時3分に仙台港で1.4メートルを観測したため、同8時9分に宮城県にも津波警報を出した。警報は同9時46分、両県で津波注意報に引き下げられた。注意報も午後0時50分にすべて解除された。【山崎征克】


震度5弱・津波 宮城県内の漁港で小型ボート6隻転覆 津波の影響か 人的被害なし
産経新聞 11/22(火) 11:21配信

 福島県沖を震源とする地震で、宮城県七ヶ浜町の菖蒲田浜漁港で1隻、同県東松島市の大浜漁港で5隻の小型ボートが転覆した。人的な被害は確認されていない。津波の影響で転覆した可能性があり、海上保安庁第2管区海上保安本部で詳しい状況を調べている。

 地震を受け、海上保安庁は20日早朝、中島敏長官を本部長とする対策本部を設置。同日午前10時半現在、巡視船27隻やヘリコプター2機などで沿岸重要施設や船舶の被害の把握などを進めている。


福島震度5弱 宮城・多賀城市で砂押川が逆流
ホウドウキョク 11/22(火) 11:17配信

306
(写真:ホウドウキョク)

福島県沖を震源とする震度5弱の地震で、福島・宮城などに津波注意報が出されている。
宮城・多賀城市の砂押川では、津波の影響で逆流する様子がとらえられた。
仙台港では、1m40cmの津波を観測したが、津波の影響で、仙台港に流れ込んでいる砂押川に逆流してきた。


震度5弱・津波 茨城県内は410人が避難
産経新聞 11/22(火) 11:02配信

 22日早朝に起きた福島県沖を震源とする地震で、茨城県防災・危機管理課によると、同県内には午前9時半現在、水戸市、北茨城市、大洗町など8市町に49カ所の避難所が開設され、410人が避難している。

 高萩、北茨城両市に避難指示が発令され、水戸市と大洗町に避難準備情報が出されている。


震度5弱・津波 福島・いわき市の海辺の民宿「訓練やったばかり、地域全員避難できた」
産経新聞 11/22(火) 11:01配信

 福島県いわき市の薄磯海水浴場近くで民宿「鈴亀」を営む鈴木幸長さん(63)は「11月初めに避難訓練をしたばかりで、地域住民全員、高台に避難できた」と話した。

 民宿には宿泊客はなく、家族5人、徒歩5分の距離にある高台の駐車場に避難したという鈴木さん。「強い揺れが1分くらい続いた。年に一度、地域で避難訓練をしており、地域住人が50人近く高台に集まった」と話した。午前9時まで避難し、安全を確認して自宅に戻ったという。警報が注意報に変わり、安堵した様子だった。


震度5弱・津波 仙台市で約270人避難 大きな被害はなし
産経新聞 11/22(火) 11:00配信

 福島県沖を震源とする震度5弱の地震で、仙台市は22日、災害対策本部を設置し、午前9時半に対策本部会議を開いた。

 同市によると、人的被害や家屋の被害は調査中だが大きな混乱は出ていないという。

 午前9時25分現在で、市内の津波避難タワーに107人、津波避難ビルに112人が避難している。このほか、宮城野区と若林区の中学校に約50人が避難している。

 市消防局によると、119番通報は3件。泉区では65歳の女性が地震により転倒し、左足に軽いけがを負った。

 市教育委員会によると、市立岡田小と市立高砂中が休校した。

 また、市水道局によると、仙台市内の64戸で断水し、午前7時から給水車を配備した。


福島震度5弱 山形新幹線など各交通機関に影響
ホウドウキョク 11/22(火) 10:58配信

福島県沖を震源とする震度5弱の地震で、福島・宮城などに津波注意報が出されている。
交通機関への影響だが、JR東日本によると、山形新幹線は全線で運転を見合わせており、午前10時すぎ現在も、運転再開のめどは立っていないという。
また東北新幹線は、最大で50分程度の遅れが出ているほか、上越・北陸新幹線でも、最大30分程度の遅れが出ている。
在来線では、仙石線、仙石東北ラインの全線の、いずれも上下線で、現在も運転を見合わせている。
また、常磐線の一部区間の上下線で、運転を見合わせている。
私鉄各線は、福島県と宮城県をつなぐ、阿武隈急行の一部で、運転を見合わせていたが、午前8時すぎに、全線で運転が再開された。
空の便は、日本航空は、午前9時半現在、10便の欠航が決まっている。
また、全日空によると、仙台空港の発着便を中心に、すでに16便の欠航が決まっている。
フェリーは、八戸港と苫小牧港を結ぶシルバーフェリーは、八戸港を出発する便が、始発から欠航となっている。
高速道路は、日本道路交通情報センターによると、この地震の影響で、仙台東部道路の仙台港インターチェンジの出口と、常磐道の鳥の海スマートインターチェンジの出口が利用できなくなっているという。

« アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利・44 | トップページ | 三菱MRJ3号機が初飛行 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64530495

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2173:

« アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプが勝利・44 | トップページ | 三菱MRJ3号機が初飛行 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31