« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

イタリア中部でまた大地震 M6.6

イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の強い地震があった。被災地では一部の建物が倒壊、死者は報告されていないが、数十人の負傷者が出ている模様。

震源は中部の町ノルチャから北に約6キロで、震源の深さは約10キロ。ノルチャでは歴史的建造物であるサンベネデット教会など多数の建物が倒壊し大きな被害が発生した。

イタリア中部では8月24日にM6.2の強い地震が発生し、アマトリーチェなどで約300人が死亡したが、このときには今回の被災地ノルチャでは大きな被害はなかった。また今月26日にもマルケ州ビッソ付近でM5.5とM6.1の地震が起き、多くの人々が避難生活を余儀なくされていた。

リンク:<イタリア地震>文化遺産5000件に被害 修復求める声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震、地盤が最大70センチ動く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震の被災地ノルチャ、がれきの下から犬救出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:上下70センチずれる=伊地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊カステルッチョ村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊カステルッチョ村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:上下70センチずれる=伊地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア>中部地震、4万人が避難…地元メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震 避難生活を送る住民が10万人を超える恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震、1万5000人が家失う 歴史的建造物に甚大な被害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:砂塵にまみれた家屋の数々 イタリア地震被災地のドローン映像が投稿される - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:行政側、町外への全員避難を計画…イタリア地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震、20人負傷3000人超避難 14世紀の教会ほぼ崩壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部地震は「正断層型」…続発の可能性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア>2万5000人避難…大地震、2カ月で4回 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中世の街並み、がれきの山に…伊ノルチャ地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の地震 同地域で8月以来4度の強い揺れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の地震 20人負傷、教会が倒壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6、8月に続く大規模地震 死者はなし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部で再び地震 M6.6、20人が負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部でM6.6の地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:倒壊した伊ノルチャの教会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【写真特集】イタリア中部でM6.6の地震 建物倒壊し、負傷者も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア地震>中部またM6.6 建物被害多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊地震で倒壊した建物 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:修道女を助ける伊の消防士 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の地震、米地質調査所 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の強い地震、26日に続き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>イタリア中部でM6.6 複数の建物倒壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリアでM6・6…建物倒壊、20人重軽傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔海外地震〕イタリア中部でM6.6 8月以降3度目のM6級の地震(10/30) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部でM6.6の地震=建物倒壊、数十人負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<イタリア地震>文化遺産5000件に被害 修復求める声
毎日新聞 11/4(金) 21:22配信

254
10月30日の地震で倒壊する前のイタリア中部ノルチャの「聖ベネディクト聖堂」=2016年8月29日、福島良典撮影

 【ローマ福島良典】イタリア中部で10月30日に起きたマグニチュード(M)6.6の地震では中世に建造された教会が倒壊するなど、多くの文化遺産が深刻な被害を受けた。震災後、欧州の文化人らから「西洋文明のルーツを守れ」と文化財の修復と保護を求める声が上がっている。

 フランチェスキーニ伊文化・観光相は2日付地元紙コリエレ・デラ・セラのインタビューで、8月24日のイタリア中部地震以来、約5000件の文化遺産被害の報告があったと明らかにした。現在、約300人の担当官らが被害の程度などを調べているという。防災当局者によると、相次ぐ震災で損傷した文化遺産の修復には数十億ユーロかかるとみられている。

 10月30日の地震では震源地に近いノルチャで、1200年に建造された「聖ベネディクト聖堂」が倒壊した。聖ベネディクトは6世紀前半に活躍したノルチャ生まれの修道士。1964年に当時のローマ法王パウロ6世が「欧州の守護聖人」と宣言した。

 伊メディアによると、世界遺産への登録を目指している断崖絶壁の村、チビタ・ディ・バニョレージョにある鐘楼にも亀裂が生じた。震源地から100キロ以上離れた首都ローマでも、聖パウロ大聖堂にひびが入っているのが見つかった。

 フランスの文化人類学者、マルク・オジェ氏は伊紙レプブリカで、文化遺産が集まるイタリア中部の重要性について「キリスト教にとどまらず、西洋にとってのアイデンティティーの地だ」と指摘。「英国の離脱で欧州連合(EU)が困難な時だけに、私たちの過去のシンボルを早期に再建しなければならない」と力説した。

 フランチェスキーニ文化・観光相は、震災被害対策を専門に担当する文化財監督局を新設する考えを表明している。


イタリア地震、地盤が最大70センチ動く
AFP=時事 11/2(水) 16:46配信

253
先月30日に起きた地震で亀裂の入ったイタリア中部カステッルッチョ近くのモンテ・ポルチェ山(2016年11月1日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード(M)6.6の地震で、研究者らは1日、地震が起こった地域の地盤が最大で70センチ動いたと発表した。

【関連写真10枚】別の山にも大きな亀裂が

 イタリア学術研究会議(Italian National Research Council)が発表した声明によると、衛星画像から130平方キロを超える範囲で地形に変化が見られるという。

 最も変化が大きかったのは、ノルチャ(Norcia)近くの、震源からわずか6キロしか離れていないカステッルッチョ(Castelluccio)で、最大70センチの地盤の隆起または沈下があったという。

 イタリアの観測所によると、先月30日の地震は震源がとても浅かったという。またこの地震の後、約1100回の余震が観測されている。【翻訳編集】 AFPBB News


イタリア地震の被災地ノルチャ、がれきの下から犬救出
ロイター 11/2(水) 14:50配信

252
 11月1日、イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード6.6の地震で、被災地となったウンブリア州ペルージャ県のノルチャで、翌31日にがれきの下から犬が無事救出された様子を映したビデオが公表された。写真はイタリア消防当局提供のビデオ映像から。

[1日 ロイター] - イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード6.6の地震で、被災地となったウンブリア州ペルージャ県のノルチャで、翌31日にがれきの下から犬が無事救出された。

消防当局が公表したビデオには、災害救助犬に導かれた救援隊が、がれきを掘って犬を救出する様子が映っている。犬はほこりまみれだったが、傷ついていなかった。

この地域では今年8月にも大きな地震が発生し、約300人が犠牲となった。多くの住民は避難していたとみられ、この地震による犠牲者の報告はない。


上下70センチずれる=伊地震
時事通信 11/2(水) 9:09配信

251
イタリア中部を10月30日に襲った大地震で、伊国立研究評議会は1日、震源に近いカステルッチョ村では大地が押し上げられたり、沈んだりして最大で70センチの高低差が生まれたと発表した=1日に伊政府提供


伊カステルッチョ村
時事通信 11/2(水) 9:09配信

250
地震の被災地、イタリア中部カステルッチョ村=1日に伊政府提供


伊カステルッチョ村
時事通信 11/2(水) 9:09配信

249
地震の被災地、イタリア中部カステルッチョ村=10月31日撮影


上下70センチずれる=伊地震
時事通信 11/2(水) 5:25配信

 【ローマAFP=時事】イタリア中部を10月30日に襲った大地震で、伊国立研究評議会(CNR)は1日、声明を出し、震源に近いカステルッチョ村では大地が押し上げられたり、沈んだりして最大で70センチの高低差が生まれたと発表した。

 衛星画像を使って、地震の前後を比較した。

 カステルッチョ村は、震源から6キロの距離に位置する中部の町ノルチャ近郊にある。一方、伊国立地球物理学火山学研究所(INGV)は1日、1000回を超える余震が発生しており、うち19回がマグニチュード(M)5~4、240回がM4~3だったと発表した。


<イタリア>中部地震、4万人が避難…地元メディア
毎日新聞 11/1(火) 19:09配信

 【ローマ福島良典】イタリア防災当局は10月31日、同国中部で30日に発生したマグニチュード(M)6.6の地震で避難所に移った被災者が1万5000人以上に達し、さらに増加する可能性があると発表した。地元メディアは少なくとも4万人が避難したと報じている。一部は遠隔地のホテルに移ったが、高齢者を中心に「生まれ故郷にとどまりたい」との要望が出ている。

 イタリア国立地球物理学・火山学研究所によると、10月30日午前7時40分ごろの本震からこれまでの余震は約720回。一夜明けた被災地では31日、車中泊した住民が不安な朝を迎えた。

 市民保護局によると、被災者1万5000人以上が避難。約4500人は数十キロ離れた市町村のホテルに移ったが、1万人以上は被災地に特設された収容施設にとどまっている。伊紙コリエレ・デラ・セラによると、震源地に近いノルチャの被災者の多くは「故郷で暮らし続けたい」と要望。被災地の村長はイタリアの衛星テレビに「皆、ここで生まれ育ち、働いてきた。いまさら行くところはない」と被災者の気持ちを代弁した。


イタリア中部地震 避難生活を送る住民が10万人を超える恐れ
AbemaTIMES 11/1(火) 16:42配信

 イタリア中部で起きた地震で地元当局は、避難生活を送る住民が10万人を超える恐れがあるという認識を示した。イタリア中部ノルチャ近郊で30日に起きた地震は、1980年以来イタリア国内では最大規模になるマグニチュード6.6を観測した。

 現地メディアによると約20人がけがをしたが、死者・行方不明者は出ていない。相次ぐ地震で多くの住民が自宅から避難していたため、被害を免れたとみている。一方で避難する人数は増えており、地元当局は10万人を超える恐れがあるとの見方を示している。

 避難先としてのホテルやテントが不足しており、バスや車の中で過ごす人も多く、過酷な避難生活を強いられている。


イタリア地震、1万5000人が家失う 歴史的建造物に甚大な被害
AFP=時事 11/1(火) 5:04配信

243
イタリア中部ノルチャで、M6.6の地震により崩壊した聖ベネディクト教会(2016年10月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード(M)6.6の地震で、地元当局は31日、1万5000人以上が家を失ったことを明らかにした。また歴史的建造物が受けた取り返しのつかない損傷の規模も明らかになってきている。

【写真10枚】地震により崩壊した歴史的建造物

 過去36年間に同国で起きた中では最大規模となったこの地震では、死者こそ出なかったものの、ここ2か月間で大地震が立て続けに発生した同国中部の山間地帯の町村では数千軒の家屋が全壊、または構造上危険な状態に陥っており、多数の人々が避難生活を強いられている。

 一連の地震とそれに伴う余震により、数々の有名な重要建造物がついに崩れ落ちた。ウンブリア(Umbria)州では30日、起源が5世紀にさかのぼるとされるサンテウティツィオ修道院(Abbey of Sant-Eutizio)が崩壊。同院は同国最古級の修道院で、12世紀のロマネスク様式のファサードとルネサンス様式の鐘楼で知られていた。

 この他、ノルチャ(Norcia)にある14世紀の聖ベネディクト教会(Basilica of Saint Benedict)、アマトリーチェ(Amatrice)にある13世紀の「市民の塔(Civic Tower)」といった重要建築も被害を受けた。

 また中世の大学都市カメリーノ(Camerino)では先週、サンタ・マリア・イン・ビア(Santa Maria in Via)の鐘楼が、1997年の地震後になされた全面的な改装と耐震保護工事のかいなく倒壊した。【翻訳編集】 AFPBB News


砂塵にまみれた家屋の数々 イタリア地震被災地のドローン映像が投稿される
ねとらぼ 10/31(月) 16:39配信

242
広域で建物が倒壊し、砂塵にまみれる現地の様子

 現地時間10月30日7時40分ごろ、イタリア中部でマグニチュード6.5の地震が発生した。現地メディアが、せい惨な現地の様子をドローンによる空撮映像で伝えている。

【イタリア空撮映像ほかの画像】

 震源は中部の町ノルチャ付近で、深さ約10キロ。近隣地域では8月24日と10月26日にも大規模な地震が発生し、多くの住民が避難生活をしていた。同メディアは、立て続けに地震にさらされたアマトリーチェの様子を、地上からの映像でも伝えている。


行政側、町外への全員避難を計画…イタリア地震
読売新聞 10/31(月) 14:19配信

 【ノルチャ(イタリア中部)=佐藤友紀、ローマ=角谷志保美】30日朝にマグニチュード(M)6・6の地震に襲われたイタリア中部ノルチャ近郊では、余震が続く中、住民ら数千人がテントや車中で不安な夜を過ごした。

 確認された負傷者は20人で、死者は報告されていない。ただ、290人が死亡した8月下旬の地震以降、伊中部で起きたM6超の地震は3度目。建物の倒壊被害も広がり、行政側は町外への全員避難を計画している。

 30日の地震は、3000人以上が死亡した1980年のM6・9以来、伊最大規模。耐震化が進んでいた家屋は比較的原形をとどめているが、人口約5000人のノルチャの町を囲う城壁は崩れ、教会など古い建物は崩壊した。


イタリア地震、20人負傷3000人超避難 14世紀の教会ほぼ崩壊
AFP=時事 10/31(月) 13:22配信

238
イタリア中部ノルチャで、マグニチュード6.6の地震後、消防隊員と救助隊員らに救出される車いすの女性(2016年10月30日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部ノルチャ(Norcia)近郊で30日発生したマグニチュード(M)6.6の地震では、当局によると20人が負傷し、3000人余りが避難を余儀なくされている。また600年以上の歴史を持つ教会もほぼ崩壊した。現地では過去2か月大規模な地震が相次いでおり、住民の間に動揺が広がっている。

【関連写真10枚】正面以外倒壊した聖ベネディクト教会

 30日の地震は一帯を襲った地震としては36年ぶりの大きさだったが、市民保護局によると死者が出たという報告はない。負傷した20人も軽傷だという。

 同局のファブリツィオ・クルチオ(Fabrizio Curcio)局長はその一方で「歴史地区では多くの建物が危機的な状態にあり、電気や水の供給にも問題がある」と説明した。

 被災した歴史的建造物のうち最も重要なものは、14世紀にさかのぼるノルチャの聖ベネディクト教会(Basilica of Saint Benedict)。何世紀もの間多数の地震に耐えてきたが、8月末以降続く地震で損壊し、30日の大地震で正面部分を残して全て倒壊した。

 ノルチャの住民は安全上の理由から自宅に戻るのを禁止され、一時的な宿泊場所があるトラジメーノ湖(Lake Trasimeno)までバスで移動した。

 マッテオ・レンツィ(Matteo Renzi)首相はローマ(Rome)で開いた記者会見で「疲弊があきらめに変わってはならない」と被災者らを励ますとともに、被災した家屋は全て再建すると改めて確約した。【翻訳編集】 AFPBB News


伊中部地震は「正断層型」…続発の可能性も
読売新聞 10/31(月) 11:47配信

241
(写真:読売新聞)

 今回の地震はイタリア半島中央部を縦断する「アペニン山脈」に沿って走る断層で発生した。

 専門家によれば、8月以降にイタリア中部で相次いでいる、地震活動の一環とみられる。規模はマグニチュード(M)6・6で、8月にアマトリーチェ近くで発生したM6・2を上回り、一連の地震活動の中では最大となった。

 震源は内陸部の地下約10キロ・メートルと浅く、東京大地震研究所の纐纈(こうけつ)一起教授によると、地下の岩盤が両側に引っ張られることで断層がずれる「正断層型」だった。アペニン山脈周辺には複数の断層があるため、一度地震が起こると、次々に断層がずれ動いて地震が頻発する傾向がある。纐纈教授は「今後もさらに大規模な地震が起こる可能性があり、警戒が必要だ」と話している。


<イタリア>2万5000人避難…大地震、2カ月で4回
毎日新聞 10/31(月) 11:39配信

240
続発する地震で壊滅的な被害を受けたイタリア中部アマトリーチェ=30日、AP

 【ローマ福島良典】イタリア中部で30日に起きた地震では多数の建物が倒壊した。周辺を襲った大地震はこの2カ月余で4度目。既に住民が避難していたこともあり、人的被害は負傷者約20人にとどまっている。一方、イタリアメディアによると、地元自治体の当局者は、一連の地震に伴う避難者が約2万5000人に達すると推定している。

 今回の地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6で、298人が犠牲になった今年8月24日のイタリア中部地震のM6.2を上回る。1980年にイタリア南部で2900人以上の死者を出したM6.9の地震以来、最大の規模だ。

 震源地に近いノルチャ(人口約5000人)は6世紀のキリスト教の修道士、聖ベネディクトの生誕の地。中心部にある聖人ゆかりの聖堂は壁や屋根が崩落し、普段、修道院から外出しない修道女も消防士に付き添われて屋外に避難した。アルタビッラ副町長は伊テレビで、「もう耐えられない」と苦しい胸中を吐露した。レンツィ首相は「家屋も教会も、すべてを再建する」と約束した。だが、イタリア学術会議は「今後も強い地震が起きる事態は排除できない」と警告している。

 一方、8月24日と今月26日にイタリア中部で続発した地震を受け、被災地の住民が既に避難していたことは被害の拡大防止につながった。


中世の街並み、がれきの山に…伊ノルチャ地震
読売新聞 10/31(月) 11:12配信

 【ノルチャ(イタリア中部)=佐藤友紀】イタリア中部を30日朝(日本時間同日午後)に襲った大きな地震は、中世の街並みが残る観光地ノルチャに、がれきの山を築いた。

 相次ぐ大地震で姿をとどめぬ街並みに、住民の声は恐怖で震えた。

 ノルチャには石造りの建物が多く、あちこちの住宅の壁や屋根が壊れていた。地元テレビは洗面所が丸見えになっている住宅を映し出した。付近一帯は、住宅の石ががれきとなって積み上がっている。けが人の多くも崩れてきた石によるものとみられる。

 「いつまで地震は続くのか。言葉に表せないくらいの恐怖を感じる」。町の一角に設けられた救援物資の配給所に2歳の子供のおむつを取りにきた主婦ジャーダ・ビトリーニさん(34)の表情には、恐怖と疲れが張りついていた。8月下旬の地震で自宅の一部が壊れ、危険で暮らせなくなったため、近くの親戚宅で避難生活を送っている。3人の子供のうち、11歳と6歳の2人はローマの親類宅に預け、夫は車で寝泊まりし家族はばらばら。仕事も失った。ジャーダさんは「この町で生まれ育った。この町以外で生きていくことは考えられない」と嘆いた。


イタリア中部でM6.6の地震 同地域で8月以来4度の強い揺れ
BBC News 10/31(月) 10:28配信

イタリア中部ノルチャ付近で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の強い地震が発生した。8月のM6.2の地震以来、同地域は4回にわたり強い揺れに襲われている。

30日の揺れで今のところ死者の報告はないが、複数の建物が倒壊し、約20人が負傷したという。中世に建立されたノルチャの聖ベネデット大聖堂も崩壊した。

イタリア防災庁のファブリツィオ・クルチオ長官は、多くの歴史的建造物に大きな被害が出たものの、死者は報告されていないと発表。

「約20人が負傷した。人的被害という意味では、前向きな状況だが、歴史的地域では多くの建物が深刻な状態で、電気や水の供給に問題がある」と長官は説明した。

米地質調査所(USGS)によると、震源地はウンブリア州の州都ペルージアから南東68キロで、聖ベネデットの生誕地とされるノルチャ町の近く。

揺れは首都ローマや北部ベネツィアでも体感された。ローマでは地下鉄が一時運行を停止した。

26日夜にM5.5とM6.1の揺れが相次いだため、多くの住民は危険な建物から避難していたことが、今回の揺れから多くの命を救った可能性がある。

ノルチャのピエルルイジ・アルタビッラ副町長は、「まるで爆弾の爆発のようだ。みんな絶望しかかっている。あまりに地震が続いて、もう耐えきれない」と話した。

ウンブリア州に隣接するマルケ州のトレンティノ町では、ジュゼッペ・ペッツァネジ町長が「今までで最悪だ。被害は修復不能だ。何千人もの人が表に出て、脅えきって泣いている。これが最後だと思いたい。誰もが心理的にくじけてしまっている」と住民への影響を強く懸念した。

震源地に近いカステルサンタンジェロとプレチでも大きな被害が出ているが、26日夜に相次いだ大きな揺れを受けて、住民のほとんどが避難していた。

伊紙ラ・スタンパによると、カステルサンタンジェロの町長が「みんなすでに退去していた」ため人的被害はないと話した。

付近のウシッタ村やアルクアタ村でも、多くの建物が倒壊したという。

レンツィ首相は、破壊されたものはすべて再建すると約束した。

「非常に大変な経験をしているが、今こうして経験している激しい苦しみと疲労とストレスを諦めに変えてはいけない」と奮起を呼びかけた。

カトリック教会のフランシスコ法王は30日朝のミサで、「負傷した人たち、多くの被害を受けた家族の人たち、そして救急救命関係者のために祈っています」と述べ、大きな拍手を浴びた。

ノルチャの現場から――ジェイムズ・レノルズBBCローマ特派員

相次ぐ地震でノルチャの住民は、不安と疲労にさいなまれている。ステファノさんと家族は、8月の地震以来、キャンピング車で眠っている。屋内で眠るのは危険すぎると判断したからだ。今では、別の地域への引っ越しを検討している。

私がノルチャに到着してから1時間の間に、かなり大きい余震が2度があり、町の古い建物の壁から石やしっくいが落下した。ただでさえ緊張している住民の不安は、余震でさらにひどくなった。

駐車場に救急対策本部が急きょ設置され、防災対策の担当者たちが被害状況を把握しようとしている。

ガソリンスタンドの隣では、町を出ようと荷物をまとめた集団がいた。次の地震をここで待ちたくないのだ。

なぜイタリアで地震が相次ぐのか――ジョナサン・エイモス、BBC科学担当編集員

イタリア・アペニン山脈地域で、わずか3カ月の間にM6以上の揺れが3回起きた。

大局的な状況は比較的よく分かっている。地球規模の地殻運動によって、アペニン地方の地殻が年平均約3ミリずつ、引っ張られているのだ。これは、人間の爪が伸びる速度の約10分の1の速さだ。

このストレスが、山間部を通過する複数の断層の間に広がる。そして山間に張り巡らされた断層の網は、すさまじく複雑だ。

8月の大きな揺れが、近くにある2つの断層に亀裂を走らせたようだと分かってきた。「ラガ」と呼ばれる断層に始まり、「ベットーレ」と呼ばれる断層も割れたようだ。

26日夜の揺れで「ベットーレ」断層の北端がさらに割れた様子だが、8月と26日の揺れによる影響は断層の上層部のみのようで、さらに深い部分が今回の揺れで割れたかどうかが懸念されている。

(英語記事 Italy quake: Norcia tremor destroys ancient buildings)


イタリア中部でM6.6の地震 20人負傷、教会が倒壊
CNN.co.jp 10/31(月) 10:14配信

(CNN) イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の地震が発生した。震源近くに建っていた教会などが倒壊し、少なくとも20人が負傷した。

米地質調査所(USGS)によると、震源は中部ノルチャの北約6キロ、震源の深さは10キロ。救急当局によると、ノルチャ市内でがれきの中から6人が救出された。市内の観光名所、聖ベネディクト教会は正面の一部を残して倒壊した。

今年8月には約80キロ南方で大きな地震があり、300人近い死者が出ていた。この時に避難所や政府提供のホテルに退去したまま帰宅していない住民も多く、30日の地震で死者は報告されていない。ただし一部の村落では交通が遮断され、被害の全容が明らかになっていない。

今月26日にもM5.5とM6.1の地震が観測されていた。CNNの気象専門家は、この2回が30日の本震に先立つ前震だったとの見方を示した。

現場周辺では約20分ごとに余震が続き、約1万5000世帯で停電が起きているという。

レンツィ首相は首都ローマで救助隊に感謝の言葉を贈り、倒壊した家屋や教会、店舗などを「全て再建する」と表明した。

被災地への主要道路は数カ所で寸断されているため、けが人はヘリコプターで病院へ運ばれている。土砂崩れで川がせき止められ、冠水した道路もある。

震源から約90キロ離れた首都ローマでも大きな揺れを感じた。市内の地下鉄は点検のため運転を中止。学校も安全確認のため31日は休校となる。


イタリア中部でM6.6、8月に続く大規模地震 死者はなし
ロイター 10/31(月) 8:49配信

239
 10月30日、米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部ノルチャ付近で午前7時40分(日本時間午後3時40分)、マグニチュード(M)6.6の地震があった。写真は避難する人々の様子。(2016年 ロイター/Emiliano Grillotti)

[ノルチャ(イタリア) 30日 ロイター] - 米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部ノルチャ付近で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)、マグニチュード(M)6.6の地震があった。住宅や教会が倒壊、20人程度が負傷したもようだが、重傷者はおらず、これまでのところ死者は確認されていない。

同国中部では8月24日にも約300人が犠牲となる大規模地震が発生している。8月地震を受けて住民の多くが既に避難していたため、今回の地震では人的被害が比較的軽微なものにとどまったとみられる。

専門家によると、今回の地震は1980年に南部で発生し2735人の死者を出したM6.9の地震以来、イタリアでは最大規模という。


イタリア中部で再び地震 M6.6、20人が負傷
産経新聞 10/31(月) 7:55配信

 【ベルリン=宮下日出男】米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6・6の地震が発生した。

 震源は中部ウンブリア州ノルチャ付近。震源の深さは約10キロとみられる。政府当局によると、現時点で死者の報告はないが、約20人が負傷した。

 現場は今月26日にM5・5とM6・1の地震が相次いだ地域とほぼ同じ。イタリア中部では8月下旬にもM6・2の地震が発生し、ノルチャ近郊のアマトリーチェなどで計300人近くが死亡した。


伊中部でM6.6の地震
時事通信 10/30(日) 21:23配信

238
イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の強い地震があった。写真はイタリア中部の町ノルチャで、地震で被災した女性を運ぶ救助隊員ら。


倒壊した伊ノルチャの教会
時事通信 10/30(日) 20:55配信

237
30日、イタリア中部の地震で倒壊したノルチャの教会=テレビ局「Sky Tg24」の映像より


【写真特集】イタリア中部でM6.6の地震 建物倒壊し、負傷者も
アフロ 10/30(日) 20:43配信

236
10月30日、イタリア中部でにM6.6の強い地震が発生。建物が倒壊し負傷者もでている。写真は中部の町ノルチャの様子。(写真:ロイター/アフロ)


<イタリア地震>中部またM6.6 建物被害多数
毎日新聞 10/30(日) 20:36配信

235
イタリア中部の強い地震で被害を受けた建造物=AP

 【ローマ福島良典】イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろ、強い地震があった。米地質調査所(USGS)によると、震源地はイタリア中部ペルージャ県ノルチャの北約6キロで、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6。防災当局者によると、約20人が負傷したが、死者は確認されていない。

 イタリア中部では8月24日にM6.2の地震があり、300人近くが死亡。今月26日にもM5.5とM6.1の地震が相次いだばかりで、政府や地元自治体が被災者支援や地震対策を急いでいる。

 ノルチャ(人口約5000人)は長年、建造物の耐震化に取り組み、8月24日の地震でも震源地に近かったが、被害は軽微だった。今回は多数の建造物が被害を受けた。

 伊テレビの映像によると、ノルチャ中心部にある教会の屋根が崩落し、がれきで一部の道路が寸断された。住民や修道女が広場に避難し、教会に向かって祈りをささげた。

 8月24日の地震で壊滅的な被害を受けたアルカタ・デル・トロントの当局者によると、村の全域が「危険地区」に指定され、住民は避難中だったため、犠牲者は出なかった。

 首都ローマでも強い揺れを感じた。ANSA通信によると、ローマの地下鉄は安全確認のため、一時運休となった。


伊地震で倒壊した建物
時事通信 10/30(日) 19:53配信

234
30日、イタリア中部で起きた地震で倒壊したノルチャの建物=イタリアのテレビ局「Sky Tg24」の映像より


修道女を助ける伊の消防士
時事通信 10/30(日) 19:39配信

233
30日、地震に見舞われたイタリア中部ノルチャで、腕を取って修道女を助ける消防士ら=イタリアのテレビ局「Sky Tg24」の映像より


イタリア中部でM6.6の地震、米地質調査所
CNN.co.jp 10/30(日) 19:13配信

(CNN) 米地質調査所によるとイタリア中部で30日朝、マグニチュード(M)6.6の強い地震が発生した。震源の深さは10キロ。

激しい揺れのため教会などの建物が倒壊。余震が頻繁に起こる中、駆け付けた救助隊が住民の避難を助けている。現時点で死傷者に関する情報は伝えられていない。

イタリア中部では26日にもM5.5、M6.1の地震が立て続けに起きたが死者は出ていなかった。これらの地域から約80キロ南に位置するアマトリーチェでは、8月24日に起きたM6.2の地震で約270人が死亡した。


イタリア中部でM6.6の強い地震、26日に続き
AFP=時事 10/30(日) 18:13配信

232
マグニチュード6.6の地震に見舞われたイタリア中部ノルチャで、崩れた建物のがれきでつぶされた車。同国の衛星テレビ、スカイTG24の映像より(2016年10月30日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)イタリア中部で30日朝、 マグニチュード(M)6.6の強い地震が発生した。米地質調査所(USGS)が明らかにした。今のところ死傷者などの情報は入っていない。

【関連写真】ひびが入り倒壊寸前の鐘楼

 地震が発生したのはグリニッジ標準時(GMT)午前6時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろで、震源はウンブリア(Umbria)州ペルージャ(Perugia)県ノルチャ(Norcia)の北6キロ。地震の揺れはローマ(Rome)やベネチア(Venice)でも感じられた。

 イタリア中部では、8月24日に大きな地震があり約300人が死亡。また今月26日にもM5.5とM6.1の地震が相次いで発生した。

 市民保護局は、「今朝の地震の影響を受けたすべての町村で、人や建物への被害がないか現在確認を行っている」と述べた。

 イタリアのスカイニュース24(Sky News 24)は、不安そうな住民らが見守る中、屋外にある聖ベネディクト(St Benedict)の像の前で膝をついて祈りをささげる修道士の姿を報じた。また聖ベネディクト教会自体は、今回の地震で倒壊したと報じられている。【翻訳編集】 AFPBB News


<地震>イタリア中部でM6.6 複数の建物倒壊
毎日新聞 10/30(日) 16:42配信

 【ローマ福島良典】米地質調査所によると、イタリア中部で30日朝(日本時間30日午後)、マグニチュード(M)6.6の地震が起きた。震源の深さは約10キロ。ロイター通信によると、現時点でけが人は確認されていないが、複数の場所で建物が倒壊したとの情報がある。

 イタリア中部では8月に290人以上が死亡する地震が発生。その後もM5クラスの地震が相次いでいた。


イタリアでM6・6…建物倒壊、20人重軽傷
読売新聞 10/30(日) 16:24配信

 【ノルチャ(イタリア中部)=佐藤友紀】イタリア中部ノルチャ近郊で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)頃、マグニチュード(M)6・6の地震が発生した。

 米地質調査所(USGS)によると、イタリアでは1980年に南部で起きたM6・9の地震以降、最大。地元当局によると、午後2時現在、少なくとも20人が重軽傷を負ったが、死者は報告されていない。

 ノルチャや周辺の村では建物が倒壊するなど大きな被害が出ており、負傷者の救出活動や捜索が行われている。26日にもM5・5とM6・1の強い揺れが襲い、多くの住民が避難していたため被害の拡大を免れた可能性もある。ローマにある日本大使館によると、日本人の被害報告はない。

 USGSなどによると、震源地はノルチャの北6キロ・メートル、深さは約10キロ。午後1時7分にはM4・6の余震もあった。ノルチャの町の入り口は警察当局の規制線が張られ、道路沿いでは家屋の壁が崩れていた。道路はあちこちに地震による亀裂が入り、山肌から崩れ落ちた土砂が道路脇にたまっていた。

 地元メディアは建物の白い壁が煙を上げながら崩れ落ちる瞬間の映像を流した。中世に建てられた古い教会が多く、歴史的建造物であるサンベネデット教会などすべての教会が崩壊したという。住民らは避難所に集まり、不安そうに肩を寄せ合っている。英BBCは、崩落した修道院から修道女らが救急隊員に救助される様子を伝えた。

 ノルチャのピエルルイージ・アクタビラ副町長は地元メディアに「町は壊れてしまった。ただ、住民の多くは26日の地震の際に避難していたため無事だった」と話した。地元テレビは地震発生時、町にいた人は50人程度だったと伝えた。

 ノルチャは人口5000人に満たない地方で、黒トリュフと生ハムが特産品の観光地。1979年と97年にも大きな地震に見舞われ多くの犠牲者を出したことを教訓に、耐震化を進めた。

 今回の震源地付近では8月下旬に290人以上が死亡する地震が発生。街が消えたとまで言われるほど甚大な被害を受けたアマトリーチェと震源からの距離はほぼ同じだったが、大きな被害はなかった。しかし、今回は多数の建物が倒壊しており、地震の大きさを示している。


〔海外地震〕イタリア中部でM6.6 8月以降3度目のM6級の地震(10/30)
レスキューナウニュース 10/30(日) 16:10配信

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間10月30日15:40頃、イタリア中部を震源とするM6.6の地震が発生しました。
なお、イタリア中部では、ことし8月にM6.2の地震があったほか、日本時間10月27日04:18頃にもM6.1の地震が発生しています。【10月30日16:30現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:イタリア中部(北緯42.8度 東経13.0度)
近隣都市からの方角・距離:
イタリア・プレーチの南東 5.1 km
イタリア・スポレートの東北東 31.3 km
イタリア・フォリーニョの東南東 33.4 km
イタリア・アスコリピチェノの西 39.7 km
イタリア・ラクイラの北北西 61.5 km

発生日時(日本時間):10月30日15:40頃
震源の深さ:10km
地震の規模:M6.6

■イタリア中部を震源とする最近のM6級の地震〔USGS・発生日時は日本時間〕
・10月27日04:18頃 北緯42.9度 東経13.0度 M6.1 ※同日02:10頃にはM5.5の地震も
・08月24日10:36頃 北緯42.7度 東経13.1度 M6.2

■基礎データ
イタリア共和国
人口:60.8百万人
首都:ローマ
在留邦人数:13299人(外務省発表)


伊中部でM6.6の地震=建物倒壊、数十人負傷
時事通信 10/30(日) 16:09配信

 【パリ時事】イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6・6の強い地震があった。

 被災地で一部の建物が倒壊。死者は報告されていないが、数十人の負傷者が出ている。

 報道によると、震源は中部の町ノルチャから北に約6キロで、震源の深さは約10キロ。ノルチャでは歴史的建造物であるサンベネデット教会が倒壊した。地元テレビ局は、ひざまずいて祈る修道士らの映像を放送した。住民の多くは、揺れと同時に屋外に飛び出したとみられる。

 近隣の地区では8月下旬にM6・2の強い地震があり、アマトリーチェなどで約300人が死亡。今月26日にもM5.9とM5.4の地震が起き、多くの人々が避難生活を余儀なくされていた。

 揺れは首都ローマでも感じられ、地下鉄が一時運行を停止するなど市民生活に影響が出た。

天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・10

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子殿下に譲る「生前退位」の意向を宮内庁関係者に伝えられていることが13日、報じられた。
報道によれば、陛下は数年内に退位されるお考えで、宮内庁は、天皇陛下ご自身が国民に向けて考えを伝えられる方向で調整を進めているとされるが、同庁の山本信一郎次長は「報道されたような事実は一切ない」とNH報道を否定している。

天皇陛下は82歳になられる。ご健康面では、平成23年に気管支肺炎のため入院し、翌24年には心臓のバイパス手術を受けられている。

伝達するニュースの数が多くなりましたので分割します。
4番目の記事はこちら
5番目の記事はこちら
6番目の記事はこちら
7番目の記事はこちら
8番目の記事はこちら
9番目の記事はこちら

リンク:譲位有識者会議ヒアリング要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「退位」反対論目立つ…保守系論客「摂政で」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<生前退位>保守派が反対表明 2回目ヒアリング - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:退位容認派、特例法に賛否=反対派は摂政主張―専門家聴取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:専門家見解骨子=生前退位 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下ご譲位 有識者会議で櫻井よしこ氏が意見陳述「譲位に代わる摂政か、そのほかの道を探るのがよい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下ご譲位 朝日新聞OBの岩井克己氏が意見陳述「終身在位は残酷な制度だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生前退位、保守系が反対論=専門家の意見二分―有識者会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位 有識者会議で渡部昇一氏が意見陳述「安倍晋三首相は国民に『摂政』の意義を訴えよ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位 自民・細田博之総務会長「政党が主導するのは僭越」 有識者会議の議論見守る考え強調 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位、恒久法求める世論 各紙調査、特措法検討の政府とズレ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下ご譲位 菅義偉官房長官「ご公務の状況説明」 「大幅減は困難」の宮内庁次長見解に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<有識者会議>退位後の活動など課題 「象徴2人」混乱も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ご公務「大幅減は困難」 宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位有識者会議ヒアリング要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位慎重論、相次ぐ 専門家ヒアリング - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:陛下が「摂政」望まれぬ理由は - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:保守系、天皇退位に異論=政府はプロセス重視―専門家聴取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<生前退位>賛否分かれる 有識者会議、初の意見聴取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生前退位容認は3人、慎重意見2人…有識者会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「陛下の公務軽減難しい」=認証官や大使増で―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生前退位、賛否割れる=特例法・典範改正2段階論も―専門家の聴取開始・有識者会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇退位後の活動も議論=「象徴」二元化に懸念―7日から専門家聴取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<生前退位>公的行為を精査へ 有識者会議、負担に注目 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「象徴天皇」の公務、再考促す意見…有識者会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、災害多発で公務増大=有識者会議第2回の議事概要 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位 政府が、第2回有識者会合の議事概要公表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<生前退位>有識者会議の第2回会合議事概要を公表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生前退位「特例法で」が24%…国会議員アンケ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<生前退位>7日は保阪氏ら5人 専門家ヒアリング日程発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:下村氏「特措法で譲位は有力な考え方」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<生前退位>特別立法で対応、政府検討 自民・下村氏明言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位 自民・下村博文幹事長代行 特措法は「有力な考え方」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生前退位、特措法に協力=自民・下村氏 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

譲位有識者会議ヒアリング要旨
産経新聞 11/15(火) 7:55配信

889
14日の有識者会議でヒアリングを受けた専門家ら(写真:産経新聞)

 「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理の御厨(みくりや)貴・東大名誉教授は14日、首相官邸で記者会見し、この日の第4回会合でヒアリングを行った専門家らの発言や有識者会議メンバーとのやりとりを明らかにした。主な内容は次の通り。

                   ◇

 ■お仕事の第一は祈ること

 渡部昇一氏「天皇の仕事の第一は昔から『国民のために祈ること』。国民の目に触れるような活動はありがたいが、(無理に)そうする必要はない。皇太子が摂政であれば何も問題なくスムーズにいく」

 --(高齢の天皇に)終身在位を求めることは尊厳を損ねることにならないか

 「国民のために祈ることが仕事の中心。問題ない」

 --天皇と摂政が併存する場合、「象徴」はどちらかという問題は生じないか

 「天皇はお祈りを続けており、元号もそのままだから問題はない」

                   ◇

 ■臨時代行を弾力的に運用

 笠原英彦氏「(国事行為の)臨時代行の要件である精神、もしくは体の疾患を、内閣の判断で弾力的に運用し、外国訪問と病気療養以外にも拡大して、適用できるのではないか。摂政設置要件の『重患』を拡大解釈できるなら一つの方策だ。退位(譲位)は天皇の地位の不安定化や二重権威の問題、象徴の形骸化などから認められない」

 --国民の多くが退位を求める場合は

 「皇室典範は他の法律と同じような立法過程を考えてはならず、国論を二分するような形は避けなければならない」

                   ◇

 ■典範改正は難事と思えず

 岩井克己氏「摂政は、重患に陥った天皇の尊厳が傷つくことや象徴の二重性が生じること、祭祀の核心部分をできないことから困難だ。皇統の不安定化や院政の心配などの退位の弊害は、象徴天皇が定着した現代では考えにくい。(譲位は認めるべきだが)一代限りの特例法は、憲法の規定、国民世論などから困難だ。『高齢譲位』に論点を絞れば典範改正はさほど難事とは思えない」

 --スピード感を重視すれば、特例法も選択肢では

 「納得いく説明がないと理解しがたい」

                   ◇

 ■高齢考慮の譲位特例法を

 石原信雄氏「ご高齢の場合は退位を認めるべきだ。法律の形式は皇室典範の特例法とすることが適当だ。退位を認める場合、その程度と内容を具体的に定め、要件該当性の認定は専門の知識を有する者の意見を聞いて行う」

 --どこまで規定するか

 「目安となる年齢など、主要な事項は法律で規定すべきであり、あとは皇室会議でご意思を確認する形が考えられる」

 --退位が行われると象徴が二重化しかねない

 「天皇の権威は全て新天皇に譲られる、とはっきりさせるべきだ」

                   ◇

 ■「権威分裂」に慎重さ必要

 今谷明氏「天皇はその存在自体が重大、貴重なもので、国事行為や公的行為は必ずしも自身でなされる必要はない。(摂政の設置で公務の負担は軽減できるが)『臨時代行』こそ最も適した対応だ。法的措置を要することには与野党一致するまで見送りが相当だ。(譲位により)権威の分裂という事態があり得るので慎重でなければならない」

 --退位の弊害はあるか

 「(現行の)制度は長い伝統を踏まえてできたものだ。権威の分裂がないとは言い切れない」

                   ◇

 ■役割明確にして摂政置くべきだ

 櫻井よしこ氏「天皇の役割は国家国民のために祭祀(さいし)を執り行ってくださること。何をなさらずとも、いてくださるだけでありがたい存在。天皇でなければ果たせない役割を明確にし、ご譲位ではなく、摂政を置くべきだ。皇室典範に(摂政の設置要件として)『ご高齢』を加えることで可能になる」

 --以前は、条件付きで「譲位もありうる」という見解を示していたが

 「陛下への配慮はとても重要だが、国家のあり方と分けて考える必要がある。国の基盤を保ちながらいかにお気持ちに沿うか、大変難しい課題だ」


「退位」反対論目立つ…保守系論客「摂政で」
読売新聞 11/14(月) 23:51配信

 政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長=今井敬・経団連名誉会長)は14日、第4回会合を首相官邸で開き、前回に続き専門家へのヒアリングを行った。

 退位を容認する考えを示したのは6人のうち2人にとどまり、保守系の論客を中心に反対論が目立った。

 出席した専門家は、渡部昇一・上智大名誉教授(86)、ジャーナリスト・岩井克己(69)、笠原英彦・慶応大教授(60)、ジャーナリスト・櫻井よしこ(71)、石原信雄・元官房副長官(89)、今谷明・帝京大特任教授(74)の6氏。

 渡部氏は「摂政であれば何の問題もなくスムーズにいく」と述べ、現行制度での対応を主張した。月刊誌などで特例法による退位容認の考えを示していた櫻井氏は「(天皇は)国民統合の求心力であり、何よりも安定が必要だ」と、退位ではなく摂政を置くべきだとの立場を表明した。

 一方、石原氏は「天皇がご高齢となった場合、退位を認めるべきだ。当面、皇室典範の特例法が適当だ」と語った。岩井氏も「終身在位は残酷だ」と退位を容認する考えを示す一方、特例法については「一時の抜け道をつくる安易な対処との印象を与えかねない」と典範改正を求めた。

 今月7日の前回ヒアリングと合わせると、専門家11人のうち、退位を容認したのは条件付きを含めて5人。このうち、政府が検討している現在の天皇陛下に限り退位を可能にする特例法制定を容認する考えを示したのは3人だった。

 有識者会議は30日に憲法の専門家5人から意見を聞き、計3回にわたるヒアリングを終える。会議後に記者会見した御厨貴・座長代理は「何対何でどっちが勝ちとの見方はしていない」との認識を示した。

       ◇

 ◆おことわり◆

 天皇陛下が地位を退かれることについて、読売新聞はこれまで「生前退位」と表記してきましたが、今後は原則として「退位」とします。


<生前退位>保守派が反対表明 2回目ヒアリング 
毎日新聞 11/14(月) 22:24配信

 ◇歴史の専門家ら6人を招く

 天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は14日、首相官邸で第4回会合を開いた。歴史の専門家ら6人を招き2回目のヒアリングを実施。ジャーナリストの桜井よしこ氏ら保守派論客は退位に明確に反対した。

 保守派の渡部昇一上智大名誉教授は、皇室の最も大事な役割を祭祀(さいし)とし、国事行為などは皇室典範に規定がある「摂政」による代行が望ましいとの考えを示し、退位に反対した。月刊誌の寄稿などで退位に柔軟な姿勢を見せていた桜井氏もこの日は明確に反対し「陛下への配慮は重要だが、国家の在り方と分ける必要がある」と主張した。

 笠原英彦慶応大教授は「二重権威」が生じる恐れなどから反対を表明。今谷明帝京大特任教授は「与野党の意見が一致するまで見送りが相当」などとし、現状では慎重な姿勢を示した。

 一方、石原信雄元官房副長官とジャーナリストの岩井克己氏は退位に賛成を表明。ただ、石原氏は現在の陛下に限った特別立法を主張し、岩井氏は恒久制度を求める世論などから皇室典範改正が望ましいとした。【田中裕之】


退位容認派、特例法に賛否=反対派は摂政主張―専門家聴取
時事通信 11/14(月) 21:53配信

 天皇陛下の生前退位などを議論する政府の有識者会議が14日に行った専門家ヒアリングでは、退位を容認する識者の間でも、一代限りの特例法とすべきか、将来の天皇にも適用する皇室典範そのものの改正とすべきかで分かれた。

 
 元朝日新聞記者の岩井克己氏は、特例法での対応は「天皇の真摯(しんし)な問題提起を、あたかもわがままのように扱っている印象を与える」として、典範改正が「王道」と指摘。まずは特例法で対応し、将来的に典範改正を目指す「2段階論」についても「機運がしぼんで先送りとなる」と否定的な考えを示した。

 特例法による対応が望ましいと指摘したのが石原信雄元官房副長官だ。石原氏は退位を認める要件として、摂政が置ける要件に加えて高齢を挙げ、「皇室会議」が医師らの意見を聞いて認定するとの段取りも提示した。将来的な典範改正には含みを残した。

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏ら3人は、皇位継承の安定性維持の観点から退位を認めず、摂政を置くことなどで対応可能と主張した。櫻井氏は、かつて特例法も「一つの選択肢」と述べていたが、この日は「天皇陛下への配慮は重要だが、国家の在り方とは分けて考える必要がある」と説明した。帝京大特任教授の今谷明氏は、摂政を置くことすら不要との認識を示した。

 ◇権威の「二重化」議論
 14日は有識者会議側から、生前退位した場合の新たな天皇との権威「二重化」について問題提起があった。

 退位容認派の岩井氏は「宮廷費で一定の制約を設けることが可能」として、必要に応じて退位後の公務を制約する案に言及。石原氏は「天皇としての権威は全て新天皇に譲ることをはっきりさせるべきだ」として、退位後は一切の公務から引くべきだとの認識を示した。

 摂政を置いた場合でも、同様の懸念が生じる余地がある。「摂政」派の渡部昇一上智大名誉教授は「天皇はそのままいらっしゃり、元号も変わらない」として問題ないとの認識を強調。笠原英彦慶大教授は「長期にわたった場合は、対応を考えなくてはならない」と指摘した。


専門家見解骨子=生前退位
時事通信 11/14(月) 21:16配信

 ◇渡部昇一氏
 一、天皇は宮中で国と国民のためにお祈りくだされば十分
 一、皇位継承権のある皇太子が摂政になれば良い
 一、退位を認めないことは日本の安定性を世界に示すことになる
 ◇岩井克己氏
 一、高齢譲位の選択肢を設けるべきだ
 一、皇室典範改正の「王道」を行くべきだ
 一、譲位による院政や、強制的な退位があり得るとの心配は考えにくい
 ◇笠原英彦氏
 一、退位は認められず、皇室典範の改正や特例法、いずれの方法も採るべきではない
 一、陛下の公務負担の軽減策を考える余地がある
 ◇櫻井よしこ氏
 一、譲位ではなく摂政を置くべきだ
 一、皇室典範の摂政設置要件に「高齢」追加を
 一、公務に優先順位を付け、分担する仕組み構築が大事
 ◇石原信雄氏
 一、ご高齢となった場合、退位を認めるべきだ
 一、当面適用される皇室典範の特例法が適当
 一、負担軽減として、公的行為の範囲縮小も考えられる
 ◇今谷明氏
 一、国事行為委任が最適な対応。摂政を置くには及ばない
 一、退位は既に政治問題化している。与野党の見解が一致するまで見送りが相当。 


天皇陛下ご譲位 有識者会議で櫻井よしこ氏が意見陳述「譲位に代わる摂政か、そのほかの道を探るのがよい」
産経新聞 11/14(月) 19:47配信

 政府は14日、天皇陛下のご譲位への対応などを検討する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第4回会合を首相官邸で開き、皇室制度などの専門家に対するヒアリングを行った。ジャーナリストの櫻井よしこ氏が意見陳述後に記者団に語った内容は次の以下の通り。

 --生前退位についてどう考えているか

 「『生前退位』という言葉は、あまり好きではないので使っていないです。『譲位』という表現を使いますけど、基本的に譲位に代わる摂政か、そのほかの道を探るのがよいという意見を申し上げてきました」

 --これまで、譲位は慎重ながらも容認する考えを示していたが意見が変わったのか

 「今日どのような立場でお話を申し上げるかについてすごく悩みました。このようなことを言って恐れ多いと思いますが、長い長い日本のこれからのことを考え、国家の問題をどう扱うかということを考えたときに、やはり情を大事にしながらも理に足を置くべきだという結論に達しまして、譲位ではなく、摂政の制度をその他の工夫も加えながら活用するのが良いと言ってきました」

 --その他の工夫とは

 「皇太子さま、秋篠宮さまたちと最初から国事行為、ご公務、祭祀(さいし)、こうしたことを優先順位をつけて手分けして分担する、そのようなことも含めてです」

 --譲位の問題点はどう考えるか

 「譲位は過去に何十回も行われてきました。明治以降はなくなったわけですけど、それは日本国がそれ以前、国内の問題だけで事足りていたのが、非常に激しい国際情勢の中に投げ込まれて、国としての安定性を保たなければ国が続かないという状況のとき、国家の安定の根底は、やはり皇室の安定だと考えます。そのための制度として、譲位というよりは、終身天皇であらせられるほうが安定度が高いのではないかと思います」


天皇陛下ご譲位 朝日新聞OBの岩井克己氏が意見陳述「終身在位は残酷な制度だ」
産経新聞 11/14(月) 18:46配信

 政府は14日、天皇陛下のご譲位への対応などを検討する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第4回会合を首相官邸で開き、皇室制度などの専門家に対するヒアリングを行った。ジャーナリストの岩井克己氏が意見陳述後に記者団に語った内容は次の通り。

 「大前提として、長年(朝日新聞の宮内庁担当記者として)間近で取材してきた立場から、現場感覚の考えを話した。陛下のお言葉からは、国と国民に対する責任感、残された者に対する思いやり、高い倫理性というものを感じました。

 終身在位がいかに残酷か、昭和天皇の崩御や皇族方が亡くなられるのを取材しまして、本当に残酷な制度だな、と。生前の譲位を容認し選択肢を設けるべきだ、と。その場合には一代限りの特別措置法の形ではなく、皇室典範の本法を改正すべきです。そうでないと典範自体の法的規範力がそがれてしまうのではないでしょうか。そういうふうなことを申しました」

 --譲位後の陛下は

 「『太上(だいじょう)天皇』、あるいは『上皇』という略称で、称号は陛下でいいと思います」

 --公務の負担軽減は

 「宮内庁と天皇が相談しながら適切な道を探っていくべきではないでしょうか。こういう会議でいくら取り組んでも難しいのではないでしょうかと述べました」


生前退位、保守系が反対論=専門家の意見二分―有識者会議
時事通信 11/14(月) 17:54配信

 天皇陛下の生前退位などについて検討する政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は14日、4回目の会合を首相官邸で開き、皇室制度や歴史の専門家6人を招いてヒアリングを続行した。

 焦点の生前退位の是非について、渡部昇一上智大名誉教授ら保守系の論客を中心に3人が反対し、1人が慎重論を展開。これに対し、石原信雄元官房副長官ら2人が退位に賛意を示した。

 ヒアリングは7日に続いて2回目で、再び賛否がほぼ二分される形となった。初回は5人のうち保守系の学者2人が反対の見解を示し、3人が高齢など一定の条件を付けて容認している。

 渡部氏は「皇室典範に(摂政に関する規定が)あるのだから、何ら問題はない」として摂政制度の活用を主張。ジャーナリストの櫻井よしこ氏も「国民統合の求心力である皇室には何よりも安定が必要だ」と強調し、高齢により国事行為の遂行が難しい場合、摂政を置けるよう皇室典範を改正することを訴えた。

 笠原英彦慶大教授も「安易な退位の制度化は危険。天皇の地位の安定性を損なう恐れがある」として、退位に反対の立場を表明。今谷明帝京大特任教授は「与野党一致するまで見送りが相当。生前退位には、よほど慎重でなければならない」と述べた。

 一方、石原氏は「天皇がご高齢となられた場合、退位することを認めるべきだ」と明言。元朝日新聞記者の岩井克己氏も「終身在位は残酷な制度であり、高齢譲位の選択肢を設けるべきだ。譲位により上皇や院政の弊害が生じるとか、恣意(しい)的・強制的な退位があり得るとの心配は考えにくい」と主張した。


譲位 有識者会議で渡部昇一氏が意見陳述「安倍晋三首相は国民に『摂政』の意義を訴えよ」
産経新聞 11/14(月) 17:40配信

 政府は14日、天皇陛下のご譲位への対応などを検討する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第4回会合を首相官邸で開き、皇室制度などの専門家に対するヒアリングを行った。上智大名誉教授の渡部昇一氏が意見陳述後に記者団に語った内容は以下の通り。

 --皇室典範の改正には否定的な考えか

 「はい」

 --「摂政で対応するべきだ」という話はしたか

 「皇室典範にありますので、(ご公務の負担軽減のために摂政を置くことは)それは何ら不思議ではないです」

 --そういうことを会合で伝えたのか

 「しかも、昔の摂政と違って皇位継承権のある方の摂政ですから。ですから、何のご心配もなく現行の皇室典範通りで穏やかに…。ただ、天皇陛下が『摂政が好ましくない』とおっしゃったのは、おそらく天皇陛下は最後まで国民の目に見えるところで象徴天皇として仕事をされたいという、ありがたい心ですけれども、そこまでなさらなくても、宮中で国と国民のためにお祈りくだされば本質的に天皇の仕事をなさったことになります」

 「そのことを説得するのは、私は安倍晋三首相がよろしいのではないかと思います。安倍首相の皇室に対する尊敬の念、忠義の念は一点の疑いもないですから。『皇位継承権のある皇太子殿下が摂政になれば何の心配もない』と説得すれば、皇室典範に全く関係なくスムーズになる。そして、今の混乱の多い世界において日本の安定性を示し、国威の宣揚にもなるなるんじゃないかと私は考えました」


譲位 自民・細田博之総務会長「政党が主導するのは僭越」 有識者会議の議論見守る考え強調
産経新聞 11/11(金) 15:24配信

 自民党の細田博之総務会長は11日の記者会見で、天皇陛下のご譲位に関し、政党としての対応に慎重な考えを示した。安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」で譲位への賛否両論が出ている現状を踏まえ、「どうまとめていくかを注目したい」と述べた。

 譲位をめぐる与党協議の必要性については「むしろそういう(賛否両論が出ている)ときに政党が主導権を持って、こういう方向にしたらどうかなどということは、僭越ではなかろうか」と否定的な見方を示した。


譲位、恒久法求める世論 各紙調査、特措法検討の政府とズレ
産経新聞 11/9(水) 7:55配信

 9月以降に実施された主要報道機関の世論調査で、天皇陛下のご譲位について一代に限って認める特別措置法ではなく、恒久法での対応を求める回答が多数を占める結果が相次いでいる。政府は特措法で対応する検討を進めており、世論との隔たりが浮き彫りになった形だ。政府は積極的な情報開示などで政府方針への支持確保に向けた環境整備に努めている。

 天皇陛下が8月8日にご譲位の意向を示された後の産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)や読売新聞などの世論調査では、ご譲位を容認・賛成する人が8~9割に上った。

 政府はこの結果を重視し、時間をかけずにご譲位を実現するため特措法での対応を中心に検討を開始した。恒久的に譲位を認める抜本的な制度改正は避けたい思惑もあったとみられる。

 ところが、政府の思惑とは裏腹に、恒久法制定が必要だとする声は国民の間で根強い。

 産経新聞・FNNによる10月の合同調査では「今後全ての天皇が譲位できるようにすべきだ」と答えた人は69・6%。前回9月の調査から3・7ポイント減ったものの「今の陛下に限り譲位できるようにすべきだ」(24・5%)を大きく上回った。

 毎日新聞が今月5、6両日に実施した調査でも将来の天皇も譲位が可能となるよう制度を変えるべきだとの回答が66%で、今の陛下に限るべきだと答えた人は18%にとどまった。他の報道機関の調査でも同様の傾向が見て取れる。

 こうした調査結果について、政府高官は「陛下のお気持ちを聞いて感情的に判断している国民も多い」と指摘し、今後の世論の動向を慎重に見極める方針を示した。

 政府は天皇陛下のご意向への対応を検討する有識者会議で7日から始めた専門家からのヒアリング内容について、専門家の意見を報道機関や官邸ホームページを通じて公表している。ある政府関係者は「しっかりと論点や課題を整理して示せば今後世論が変わってくる可能性もある」と強調した。


天皇陛下ご譲位 菅義偉官房長官「ご公務の状況説明」 「大幅減は困難」の宮内庁次長見解に
産経新聞 11/8(火) 12:07配信

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は8日午前の記者会見で、宮内庁の西村泰彦次長が7日に天皇陛下のご公務に関し「現時点で大幅に減らすことは難しい」との見解を示したことについて、「最近のご公務の状況について説明を行ったということだった」と述べ、天皇陛下のご譲位への対応などを検討する有識者会議に与える影響はないとの認識を示した。

 また、7日に開かれた天皇の公務負担軽減などを検討する有識者会議で、ヒアリング対象となった専門家の賛否が分かれたことについては「いろいろなご意見があることも事実」とした上で「高い知見を有する方々に国民の幅広い意見を反映した提言をとりまとめてほしい」と述べた。


<有識者会議>退位後の活動など課題 「象徴2人」混乱も
毎日新聞 11/8(火) 8:30配信

 「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」のヒアリングでは、天皇陛下の生前退位をめぐり、退位後の活動や名称なども議論になった。前天皇と現天皇が存在することになれば、「国民統合の象徴が2人いると国民が受けとり、混乱する」との指摘もあり、難しい課題であることも浮き彫りになった。【桐野耕一】

 退位に反対する平川祐弘・東京大名誉教授は、退位後の前天皇の活動について、会議に提出した資料で「自由に外国旅行をなさるとか、外国人記者や友達がいろいろ聞きに行くなどして、問題発言が生じる可能性はいくらでもある」と危惧した。

 こうした問題を防ぐため、古川隆久・日本大教授は、「国民統合の象徴が退位した方に実質的に移ることがないような方策を講じるべきだ」と指摘。「公的行為は行わない」「名誉職などの役職には就任しない」などの考えを示した。国民と交流する公的行為は、象徴としての機能を果たすことになるため、原則やめるべきだという理屈だ。一方、所功・京都産業大名誉教授は「(年始に行う)歌会始などの臨席」などがふさわしいとして、限定的に行うべきだとした。前天皇の行為は研究や趣味、旅行など私的なものを中心とすべきだとした。

 名称を巡ってもさまざまな意見があった。古川氏は退位した天皇に対し歴史的に使われてきた上皇ではなく「前天皇、前皇后」との名称を提案。次代の天皇がさらに退位した場合は「元天皇、元皇后」の名称がふさわしいとした。所氏はこれまでの歴史通り「太上天皇か略称の上皇」とした。

 住居について、所氏は「上皇御所」を設けるべきだと提言。皇位継承や摂政就任はできないとし、葬儀は「大喪の礼」に準じ、簡素化するとした。また、古川氏は退位後については皇室の重大事項を議論する皇室会議に参加できないとすることも提言した。

 宮内庁の西村泰彦次長は7日の定例記者会見で、天皇陛下の「公務」が増加した理由について、副大臣の新設や来日する外国要人の増加などの「客観的情勢によって必然的に増えた」と説明し、「現時点で公務を大幅に減らすことは難しい」との見解を示した。陛下の生前退位の意向がにじむおことばが公表された後、公務負担の軽減を求める主張などが出ていることを踏まえた発言とみられる。

 西村氏は会見で、陛下の公務が昭和天皇に比べて増加している背景として、2001年に副大臣が設けられ認証官の数が増えた▽冷戦終結後に国の数が増え、外国要人との面会が増えた▽自然災害の増加などで被災地への見舞いが増えた--ことなどを挙げ、陛下の希望だけで公務が拡大したのではないことを説明した。

 陛下の負担軽減は、安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」で、専門家へのヒアリング項目に含まれている。宮内庁としての見解を示すことが議論に影響を与える可能性について、西村氏は「客観的な説明をしただけ」と否定した。【高島博之、山田奈緒】

 ◇退位後の前天皇に関する主な課題

・前天皇の位置づけや公務のあり方をどうするか

・称号をどうするか

・どこに住居を構えるか

・お世話などをする職員の規模をどうするか

・必要な費用などの規定をどうするか


ご公務「大幅減は困難」 宮内庁
産経新聞 11/8(火) 7:55配信

 宮内庁の西村泰彦次長は7日の定例会見で、天皇陛下のご公務について、国際親善など対外的な要因で増大してきたとして「現時点で大幅に減らすことは難しい」との見解を示した。

 陛下は平成24年の誕生日会見で、ご公務について「しばらくはこのままでいきたい」とご発言。「譲位」への意向を示した今年8月のお言葉でも「象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろう」と表明された。

 一方、お言葉表明以降、一部の専門家から公務の削減を求める声が上がり、譲位への対応などを検討する政府の有識者会議でも「公的行為というのは、象徴天皇としてどこまで必要なのかということも、ヒアリングで聴いてみたい」などの意見が出ていた。

 西村次長によると、陛下のご公務が増大した要因の一つとして、平成に入り、旧ソ連の崩壊などで外国の数が大幅に増え、駐日大使や日本の在外大使への対応などが広がったことが挙げられるという。

 西村次長は「ご公務が客観的情勢で増えていることを、国民にも理解してもらいたい。有識者会議の議論とは切り離して考えている」と強調した。


譲位有識者会議ヒアリング要旨
産経新聞 11/8(火) 7:55配信

 天皇陛下のご譲位への対応などを検討する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の第3回会合が7日首相官邸で開かれ、専門家らからのヒアリング後に座長代理の御厨(みくりや)貴・東大名誉教授が記者会見し、各氏の意見や有識者会議メンバーとの質疑応答について紹介した。専門家らとの主なやりとりは次の通り。

                   ◇

 ◆摂政で公務の負担軽減

 平川祐弘氏「天皇は『続くこと』と『祈ること』に意味がある。世襲制の天皇に能力主義的価値観を持ち込むと皇室制度の維持は困難になる。退位(譲位)せずとも高齢化の問題への対処は可能で、ご高齢の場合にも摂政の設置を認めればよい」

 --戦後の天皇は祈る一方で国民と苦楽を共にし、国民の信頼を得ることが重要であると考えており、国民の9割もそれを支持している。この状況をどう考えるか

 平川氏「(天皇陛下に)休んでもらっても象徴としての意義は後退しない」

 --現代の天皇はメディアを通じてその行動を国民から常に見られているという点で、過去の天皇と同一に考えることはできないと思うが、どう考えるか

 平川氏「イギリスのように皇族方による公務の代行を考えていけばよいのではないか」

                   ◇

 ◆高齢のみを譲位要件に

 古川隆久氏「公務負担の軽減については国事行為は臨時代行を活用し、公的行為は他の皇族が代行すればよい。退位は皇位継承の安定性確保のためには避けるべきであるが、国民の意思として認めるのであれば否定する理由はない。退位を認める場合、皇室典範改正により恒久制度化すべきである」

 --皇室典範改正では時間がかかるため、特例法で対応できないか

 古川氏「高齢のみを要件として退位を制度化すればよく、あまり急ぐことばかりを優先すべきではない」

 --今の国民は象徴天皇の在り方について、天皇陛下を通じて認識、経験をしてきており、能力は問わないという天皇の在り方は、このような国民の感覚との間にギャップがあると思われる。どう考えるか

 古川氏「天皇は世襲であり、代(だい)によって代わることは避けられないことから、それを国民に分かってもらう必要がある」

                   ◇

 ◆運用面で問題生む摂政

 保阪正康氏「人間的、人道的観点からこの問題を考える必要がある。摂政設置について、大正時代においてさまざまな問題があったほか、天皇という存在の二重性が明らかになり、天皇の存在があいまいな形になっている。特例法によって退位を認めるにしても、現在の皇室典範の改正を前提としての法律でなければならない」

 --天皇の役割には、国事行為以外に自らの考えに基づき行う公務がある。公務は個々の天皇によって違っていてもよいか

 保阪氏「公的、政治的に決まっている国事行為と異なり、それ以外の公務については、その時々の天皇によって違いがあって当然である」

 --今後、皇室典範の見直しを行う際には、退位もできるように改正すべきか

 保阪氏「80とか85とかの年齢で切って、その時々の国民が判断すべきであり、『辞めたいから、辞める』ということではなく、天皇の意思と国民や政治を踏まえた第三者機関の調整を行うといった限定的な枠組みを設ける必要がある」

                   ◇

 ◆ご存在の継続、統合の要

 大原康男氏「同じ天皇がいつまでもいらっしゃるという、ご存在の継続そのものが国民統合の要となっている。公務負担の軽減については各皇族方により分担し、量的な軽減を図り、方式も随時改めるべきである。生前退位の制度を導入するのではなく、皇室典範を改正し、高齢を理由とする場合にも摂政を置けるようにすべきである」

 --摂政ではなく天皇の国事行為の臨時代行ではどうか

 大原氏「臨時代行の要件に高齢を加え、法律から『臨時』という言葉を外すことにより対応することも立法策としてありうる」

 --国民世論は公的行為を行うことが象徴天皇の役割ととらえ、退位を支持しているが、どう考えるか

 大原氏「終身在位の制度となっている理由をメディアも学校も教えていない現状において、『陛下を楽にして差し上げたい』という心情が先行しているが、このような空気だけで判断してよいのか疑問である」

 --人道的側面から考えるべきではないかという見解もあるが、どう考えるか

 大原氏「天皇の制度自体が基本的人権の例外であり、その例外の中で考える必要がある」

                   ◇

 ◆高齢譲位の概念で議論

 所功氏「公務負担の軽減については、実行方法の工夫次第で相当に可能だ。何より陛下のご意向を尊重する必要がある。今上陛下が象徴、世襲という天皇制度の役割を末永く継承するため、高齢化のみを理由に決心された『高齢譲位』の問題提起を真摯(しんし)に受け止める。ご意向に沿った現実的な法整備のため、単行の特別法を迅速に制定すべきだ。時間的に可能なら、(皇位継承について定めた)皇室典範第4条などを改正することが望ましい」

 --公的行為を今後の天皇も代々行っていくべきだと考えるか

 所氏「それぞれの天皇のお考えで、違ってよい」

 --「高齢譲位」を一般的に認めるべきか

 所氏「終身在位以外に退位も可能とすることが重要だと考えており、将来的には『高齢』以外の事由もあると考えられ、それぞれの個別の判断について皇室会議の議を経るべきだ」

 --退位が、皇統の継続に影響するという意見もあるが、どう考えるか

 所氏「『高齢譲位』の制度が万全かは、分からない。後継者の年齢も考えれば、『今、身を引くことが世代後継の大事な在り方』という考えに賛同したい」


譲位慎重論、相次ぐ 専門家ヒアリング
産経新聞 11/8(火) 7:55配信

 政府は7日、天皇陛下のご譲位への対応などを検討する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第3回会合を首相官邸で開き、専門家からのヒアリングを開始した。この日は譲位に慎重な見解や、摂政活用を求める意見が目立った。対象者は東大名誉教授の平川祐弘氏▽日大教授の古川隆久氏▽ノンフィクション作家の保阪正康氏▽国学院大名誉教授の大原康男氏▽京都産業大名誉教授の所功氏-の5人。

 平川氏は「退位せずとも高齢化の問題への対処は可能」として譲位に反対し、公務の負担軽減は摂政を置けばいいと主張した。大原氏も譲位の制度導入に反対し、高齢が理由で国事行為をできない場合にも摂政を設置できるようにする皇室典範改正を求めた。

 古川氏は「生前退位は皇位継承の安定性確保のために避けるべきだ」と述べて摂政の活用を要請。譲位を認める場合は恒久的な制度とすべきだとした。保阪氏は「特例法で生前退位を認めるにしても、皇室典範改正を前提としての法律であるべきだ」と訴えた。所氏は高齢を理由とした譲位の実現に向け、特別法を迅速に制定することを提言した。


陛下が「摂政」望まれぬ理由は
産経新聞 11/8(火) 7:55配信

 天皇が国事行為を行うことが困難になった場合、天皇に代わってこれを執り行うのが「摂政」だ。天皇陛下が加齢に伴い公務を果たすことが難しくなられたのであれば、本来は摂政を置くことは有力な選択肢である。そうすれば皇室典範改正など法整備も必要なくなり、早急に公務負担を軽減できるため、政府高官も当初は「摂政が一番いい」と述べていた。ただ、天皇陛下ご自身は否定的であるようだ。それはなぜなのか。

 「天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません」

 天皇陛下は今年8月、国民へのビデオメッセージの中でこう述べられ、摂政設置では問題の根本的解決にならないと示唆された。

 ◆過去に延べ64例

 摂政が置かれた天皇は、過去124代のうち計38代で延べ64例がある。主な設置理由は、幼少だったことが57例と最も多く、女性天皇下での摂政が4例、病気が1例、不明が2例だ。初めて摂政を置いたのは女帝の推古天皇だった。おいである聖徳太子が国政を預かり、豪族中心から天皇中心の国家に変貌を遂げた「大化の改新」への道を開いたとされる。とはいえ、皇太子が摂政に就いた例は、聖徳太子や昭和天皇などわずか4例しかない。平安時代以降は、皇族以外で摂政の座を独占した藤原氏など、「人臣摂政」がほとんどだった。

 明治憲法下では、皇族のみが摂政に就任できるように明文化した。現皇室典範は天皇の譲位は認めず、「身体の重患又は重大な事故」により、国事行為を自ら行えないときは、皇室会議の議を経て摂政を置くと定めている。

 宇佐美毅宮内庁長官(当時)は、昭和39年の国会答弁で「摂政の場合は、天皇の意思能力がむしろほとんどおありにならないような場合を想定している」と説明している。

 ◆大正天皇への思い

 大正10年11月、皇太子である裕仁親王(昭和天皇)が20歳で摂政に就いた。健康に恵まれなかった大正天皇は、数年前から国会開会にあたってのお言葉が読めなくなるなど病状が悪化していたからだ。

 ただ、天皇の側近の日記には、侍従長が皇室会議の決定を報告し、天皇が書類の裁可に使う印籠を引き取ろうとすると、大正天皇がこれを拒否したことが記されている。さらに大正天皇は侍従長の退室後、侍従武官長に「侍従長がここにあった印を持ち去ってしまった」と訴えたという。

 昭和天皇は約5年間、摂政を務められたが、父の政務を奪ったという自責の念を感じていたとの指摘もある。昭和天皇は昭和63年9月に大量吐血されて重体となったが、翌年1月の崩御まで摂政は置かなかった。

 こうした経緯もあり、天皇陛下は、平成22年7月の参与会議では「健康上の問題が起きる前に譲位を考えたい」と発言し、その場にいた出席者に摂政での対応を求められても、強く否定されたという。参与会議に出席した元宮内庁参与の三谷太一郎氏は「陛下は大正天皇の例は望ましくないとの考えで、その悲運に同情的であられた」と振り返る。 (広池慶一)


保守系、天皇退位に異論=政府はプロセス重視―専門家聴取
時事通信 11/8(火) 7:14配信

 天皇の生前退位などを検討している政府の有識者会議が7日行った専門家ヒアリングで、5人のうち2人が天皇の生前退位について明確に反対した。

 政府は今の陛下に限って退位を認める特例法を軸に法制化の検討を進めるが、専門家の多様な意見は、有識者会議としての集約の難しさをうかがわせた。

 反対を表明したのは平川祐弘東大名誉教授と大原康男国学院大名誉教授。

 平川氏は、天皇の役割について「能力主義的価値観を持ち込むと皇室制度の維持が困難になる」との認識を表明。「象徴の務め」への不安を述べられた陛下のお言葉に対し、「ご自分で拡大された役割を絶対的条件にして、それを果たせないときは退位したいというのは、ちょっとおかしい」と疑問を呈し、摂政を置くことで対応可能との見解を示した。

 大原氏も「(天皇は)ご存在の継続そのものが『国民統合』の要」と同趣旨の論を展開。高齢化社会と象徴天皇制を「調和」させる試案として、現行の摂政制度の要件に「高齢」を加えることを提案した。

 残り2回のヒアリングでも、退位に慎重な識者が控える。14日の渡部昇一上智大名誉教授、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、30日の八木秀次麗沢大教授、百地章国士舘大院客員教授と、保守論壇で名の知れた面々だ。

 特に平川、渡部両氏からの意見聴取は安倍晋三首相が希望した。政府関係者は「議論をまとめるには、一家言ある人たちの発言の機会をきちんと設けたプロセスが必要」と狙いを説明する。

 一方、退位を容認する考えを示した3人の有識者でも、陛下一代限りの特例法とすべきか、後世の天皇にも適用する皇室典範改正が望ましいかをめぐっては立場が分かれた。

 古川隆久日大教授が、典範改正が望ましいとの考えを示したのに対し、作家の保阪正康氏と所功京都産業大名誉教授の2人は、まずは特例法で対応し、後に典範改正する2段階論を主張。この中でも温度差があり、典範改正に関して所氏が「時間的に可能ならば」と条件を付けたのに対し、保阪氏は改正が「前提」との考えを示した。

 有識者会議の御厨貴座長代理は会合後の記者会見で「1回だけで『こういう傾向だ』と言うことはできない」と率直に認めた。同会議は年明けに論点整理を予定しているが、御厨氏は「16人全員(から意見を)聴いた時に、どの程度の相場観ができるかによる」などと言質を与えなかった。


<生前退位>賛否分かれる 有識者会議、初の意見聴取
毎日新聞 11/8(火) 0:04配信

 天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は7日、首相官邸で第3回会合を開き、専門家からヒアリングを始めた。この日意見を述べた5人は、退位に賛成と反対が2人ずつに分かれ、1人は条件付きで容認した。有識者会議は14日と30日にも計11人から意見を聞き、年末から年明けにかけてまとめる論点整理に反映させる。

 7日に出席したのは平川祐弘東京大名誉教授(比較文学)、古川隆久日本大教授(日本近現代史)、ノンフィクション作家の保阪正康氏、大原康男国学院大名誉教授(宗教行政論)、所功京都産業大名誉教授(日本法制文化史)。1人ずつ約20分間、「憲法における天皇の役割」など8項目について意見を述べた後、約10分間、有識者会議のメンバーと意見を交わした。

 退位について、保阪氏は「人間的、人道的観点からこの問題を考える必要がある」と述べ、天皇の意向を尊重し、退位の制度を設けるよう求めた。所氏も「高齢化のみを理由に決心された高齢譲位の問題提起を真摯(しんし)に受け止める」と賛成する姿勢を示した。

 これに対し、平川氏は「退位せずとも高齢化への問題の対処は可能」だとして、皇室典範に規定がある摂政を置いて対応するよう主張した。大原氏も「同じ天皇がいつまでもいらっしゃるご存在の継続が国民統合の要となっている」と述べ、退位の制度を設けることに反対した。古川氏は「退位は皇位継承の安定性確保のためには避けるべきだ」と指摘しつつ、「国民の意思として認めるなら否定する理由はない」と述べ、世論の支持を前提に容認する考えを示した。

 退位を実現する場合の立法措置に関しては、退位を容認する3人のうち、古川氏が「皇室典範改正で恒久制度化すべきだ」と表明。これに対し、所氏は「現実的な法整備のため、特別法を迅速に制定すべきだ」と述べた。保阪氏は、今の陛下に限った特別立法を認めたうえで、将来的には、皇室典範をより憲法と調和した「皇室法」に改めるよう提案した。【田中裕之】


生前退位容認は3人、慎重意見2人…有識者会議
読売新聞 11/7(月) 22:05配信

 政府は7日、天皇陛下が生前退位の意向を示唆されたことを踏まえて設置した「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長=今井敬・経団連名誉会長)の第3回会合を首相官邸で開き、専門家へのヒアリングに着手した。

 退位については、条件付きも含めて容認する意見が3人、摂政の設置要件の緩和などで対応できるとの慎重な意見が2人と、専門家の見解は割れた。

 出席した専門家は、皇室制度や歴史に詳しい平川祐弘・東大名誉教授(85)、古川隆久・日大教授(54)、ノンフィクション作家・保阪正康(76)、大原康男・国学院大名誉教授(74)、所功・京都産業大名誉教授(74)の5氏。退位の是非や象徴天皇の公務のあり方など8項目について意見を聞いた。


「陛下の公務軽減難しい」=認証官や大使増で―宮内庁
時事通信 11/7(月) 16:27配信

 天皇陛下の公務が増えているとの指摘があることについて、宮内庁の西村泰彦次長は7日の定例記者会見で、副大臣などの認証官や接見する外国大使が増加したとして「客観的に見ても公務は増える状況下にあるが、陛下のご意向もあり、宮内庁として減らすのは難しいと考えている」と説明した。

 西村次長は、両陛下が大規模自然災害による被災地のお見舞いや戦後の節目で太平洋戦争の激戦地を慰霊訪問されてきたことにも言及。その上で、「国民に現状を正しく理解してほしいとの思いから説明した」と述べた。


生前退位、賛否割れる=特例法・典範改正2段階論も―専門家の聴取開始・有識者会議
時事通信 11/7(月) 14:39配信

 天皇陛下の生前退位をめぐる政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は7日、首相官邸で3回目の会合を開き、関連分野の専門家からのヒアリングを開始した。

 生前退位を認めるかどうかについて、同日意見を述べた5人のうち3人が高齢など一定の条件の下に容認、2人が反対の立場を表明。賛否が割れる形となった。容認論のうち2人は、特例法制定と皇室典範改正の2段階による法整備を主張した。

 ヒアリングは3回に分けて行う予定で、初回の7日は皇室制度や歴史の専門家が主な対象。平川祐弘東大名誉教授(比較文化論)、古川隆久日大教授(近現代史)、ノンフィクション作家の保阪正康氏、大原康男国学院大名誉教授(宗教学)、所功京都産業大名誉教授(日本法制史)の5人が招かれた。

 生前退位に容認の考えを示したのは古川、保阪、所の各氏。古川氏は世論の理解があることなどを条件に「生前退位を認める余地がないわけではない」と指摘。保阪氏は、年齢など客観的な基準を設けた上で天皇の意思や国民世論を踏まえて退位の是非を判断する機関を政府に置く必要性を訴えた。所氏は年齢のみを理由とする「高齢譲位」を認めるよう主張した。

 これに対し、平川氏は「陛下が(公務に対する)完璧主義を前提として、憲法にない生前退位を示唆されたのはいかがなものか」として、摂政の設置などで対応すべきだと表明。大原氏は、「陛下の『ご存在』の継続そのものが『国民統合』の要となっている」と強調し、高齢により国事行為の遂行が難しい場合は摂政を置けるよう皇室典範を改正すべきだとの見解を示した。

 退位の制度化については、保阪氏は将来の典範改正を前提とした特例法での対応を主張し、所氏も2段階論を展開。古川氏は典範改正が「適切」と表明した。

 ヒアリングは、5人から事前に提出を受けた書面を基に、1人につき約30分かけ、専門的な見地から意見を聴いた。テーマは天皇の役割や公務負担の軽減、退位の制度化など8項目。14日にも皇室制度と歴史などの専門家6人、30日には憲法などの専門家5人を対象に実施する。


天皇退位後の活動も議論=「象徴」二元化に懸念―7日から専門家聴取
時事通信 11/6(日) 14:22配信

 天皇陛下の生前退位などについて検討している政府の有識者会議は7日、専門家16人からの意見聴取を開始する。

 論点の一つが、天皇が退位された後の役割や活動の在り方だ。政府内では陛下のご意向に沿うべきだとの意見と、国民統合の象徴が二元化しかねず、活動には制限が必要だとの意見が交錯しており、専門家からも多様な見解が提示されそうだ。

 江戸時代以前には譲位が行われ、皇位を譲った天皇には「太上天皇」(上皇)などの尊称が与えられた。陛下ご自身、「自分は『上皇』になる」と周囲に語っているとされる。

 だが、明治以降の皇室典範は退位を認めておらず、退位後の呼称などに関する規定も設けていない。歴史上、天皇と上皇による権力争いが起きたことから、政府は退位を認めない理由の一つに、上皇の存在が「弊害を生ずる恐れ」を挙げている。

 陛下は8月のお言葉で「国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要」に言及された通り、地方訪問や被災地視察などに熱心に取り組んでこられた。これら公務は公的行為に当たり、憲法に明記された国事行為と異なり、行うかどうかは裁量の幅が大きい。

 ある政府関係者は、陛下が退位後も一定の公務を担い続けるとの見方を示した上で、「国民の期待が高まり、公務が増える可能性がある。国民の敬愛の対象が二分されかねない」と危惧した。


<生前退位>公的行為を精査へ 有識者会議、負担に注目
毎日新聞 11/4(金) 23:05配信

573
天皇陛下の活動の分類

 政府は4日、天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第2回会合(10月27日)の議事概要を首相官邸のホームページで公表した。陛下の公務のうち、憲法に規定がない「公的行為」について、「どこまで必要なのか」との指摘があった。7日から始まる専門家へのヒアリングでも天皇の公務の在り方が焦点の一つとなる。

 憲法は、天皇が内閣の助言と承認に基づいて行う「国事行為」として、国会の指名に基づく首相の任命(6条)や国会の召集(7条)などを規定している。

 これ以外の天皇の活動として、憲法に規定されていない外国訪問や全国植樹祭への出席などの「公的行為」と言われる公務がある。さらに、新嘗祭(にいなめさい)を含む宮中祭祀(さいし)などは「その他の行為」と分類される。

 第2回会合で政府が示した資料によると、2015年の陛下の国事行為は1085件で、昭和天皇が現在の陛下と同じ82歳当時(1983年)の1112件とほぼ同じ水準だった。

 これに対し、公的行為は、陛下の529件に対し、昭和天皇は344件だった。議事概要によると、宮内庁は陛下の公務が増えた要因として「近年大規模地震や集中豪雨などの大きな自然災害が多発しており、被災地へのお見舞いが増加した」などと説明した。

 議事概要では、こうした公的行為について宮内庁が「時間をかけた積み重ねによって整理されてきた」と説明。有識者からは「公務の定義が必要だと思われるが、それぞれの代の陛下のお考えで異なるとすると一般論での考察は難しい」などの声が出て、適切な公務負担の水準を明確化する難しさが指摘された。【田中裕之】


「象徴天皇」の公務、再考促す意見…有識者会議
読売新聞 11/4(金) 17:37配信

 政府は4日、天皇陛下が生前退位の意向を示唆されたことを踏まえて設置した「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長=今井敬・経団連名誉会長)の第2回会合(10月27日)の議事概要を首相官邸ホームページで公表した。

 「象徴天皇」に求められる公務の範囲について再考を促す意見が出たことが明らかになった。

 議事概要によると、会合では、宮内庁が天皇陛下の公務増加の要因として〈1〉閣僚や副大臣などの認証式〈2〉外国要人との会見〈3〉大規模な自然災害――の数が増えていることなどを説明。メンバーからは「象徴天皇としてどこまで必要なのか」「(宗教行事の)宮中祭祀(さいし)なども含めて負担軽減を考える必要がある」「それぞれの代(の天皇)で考えが異なると一般論での考察は難しい。今の陛下は全てを完璧にこなす主義ではないか」といった意見が出た。


天皇、災害多発で公務増大=有識者会議第2回の議事概要
時事通信 11/4(金) 12:23配信

 政府は4日、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」第2回会合(10月27日開催)の議事概要を公表した。

 陛下の公務が増大してきた背景として、大規模自然災害の多発により被災地のお見舞いが増えたことなどを宮内庁が説明した。

 同日の会合で示された資料によると、昭和天皇と今の陛下の82歳時点の比較では、象徴の地位に基づく公的行為が年間344件から529件に増えた。この要因として宮内庁は、自然災害のほか、陛下が戦後の節目節目で太平洋戦争の激戦地を慰霊の旅として訪問されてきたことや、平成に入って世界の国の数が増え、外国要人との会見が頻繁になったことなども挙げた。

 これに対し、有識者は、これまでの公務見直しがどのような基準に基づいて行われたかを質問。宮内庁は「特段の基準はない。見直したものは定例的なものに限られる」と説明した。

 このほか、有識者からは「退位した場合とそうでない場合とで、相続税などさまざまな制度の適用がどう違うか整理してほしい」「(生前退位について)一般国民、特に若い層がどう思っているかについて知る必要がある」といった意見も出された。


譲位 政府が、第2回有識者会合の議事概要公表
産経新聞 11/4(金) 12:09配信

 政府は4日、天皇陛下の譲位への対応などを検討する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が10月27日に開いた第2回会合の議事概要を、官邸のホームページで公表した。初回会合の議事概要に比べ詳細で分量も大幅に増えた。

 第2回会合の議事概要によると、11月7日に始まる専門家からのヒアリングについて、有識者メンバーより「公的行為は、象徴天皇としてどこまで必要なのかということも聴いてみたい」との意見があった。また、「現在の世論は、陛下のお言葉を受けて『お気の毒』に思う声を反映したものが多いと思われるが、論点整理を行い、それを受けた世論調査を通じて国民の声を把握していくことが大切」との指摘も出た。

 天皇の崩御に伴って皇位とともに継承される「三種の神器」は相続税がかからない現状を例に挙げ、譲位の場合ではさまざまな制度の適用が従来とどう違うのか、事務方に整理してほしいとの要望も浮上した。

 一方、天皇陛下のご公務に関し、事務局は平成13年に副大臣が設けられ、任命される認証官数が多数化した上、冷戦終結に伴い増えた在京外国人大使との面会が増加した状況などを述べた。

 初会合で有識者が皇室の祭祀(さいし)をつかさどる掌典職が「平成の大嘗祭(だいじょうさい)」にどのように関与したのかとの質問も紹介。これに対して事務局は、大嘗祭は天皇が即位後に国家・国民の安寧を祈念する儀式であることや、掌典職は天皇が内廷費で雇用する非公務員だとの事情を説明した。


<生前退位>有識者会議の第2回会合議事概要を公表
毎日新聞 11/4(金) 12:08配信

 政府は4日、天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の第2回会合の議事概要を首相官邸のホームページで公表した。自由討議で「公務の定義が必要と思われるが、それぞれの代の陛下のお考えで異なるとすると一般論での考察は難しい」との指摘があり、負担軽減に向けた議論の難しさが浮き彫りになった。

 10月27日の第2回会合は非公開で約1時間半開かれ、政府側は陛下の公務の状況をまとめた資料を示した。初会合の議事概要は終了後の記者会見で説明した内容にとどまったが、今回は有識者の意見や質疑の詳細が分かるようになっている。

 議事概要によると、宮内庁は公務が増えた背景について、「平成13年(2001年)に副大臣が設けられ、認証官の数が増加した」「冷戦終結に伴って国の数が増え、外国要人とお会いする機会が増加した」などと説明した。

 これに対し、これまで見直した公務の基準について有識者から質問が出たが、宮内庁は「特段の基準などはない」と回答。「公的行為」に分類される公務は憲法上、内容が明記されておらず、有識者からは「公的行為は象徴天皇としてどこまで必要なのかということも専門家に聞いてみたい」との意見が出た。

 今月7日から3回に分けてヒアリングする16人の専門家については、有識者から「女性が1人しかいないことが気になる」との指摘や、「医学的、健康学的観点の有識者の見解も参考になる」として対象者の幅を広げる検討を求める意見も出た。【田中裕之】


生前退位「特例法で」が24%…国会議員アンケ
読売新聞 11/3(木) 9:22配信

 読売新聞社が実施した国会議員アンケートでは、天皇陛下が生前退位の意向を示唆されたことへの対応についても質問した。

 政府は今の天皇陛下の退位だけを可能にする特例法制定を軸に検討を進めているが、「特例法により、現在の天皇陛下のみ退位を可能にする」は24%だった。一方、国民の多くが支持する「皇室典範を改正し、今後すべての天皇の退位を可能にする」も32%にとどまり、無回答が36%に上った。政府の動きや国民世論の動向を見極めて判断したいとの慎重姿勢がうかがえる。「摂政や臨時代行を見直し、公務の負担を軽減する」は7%、「特例法の提出や皇室典範の改正は必要はない」は1%だった。

 政党別にみると、自民党は特例法37%、典範改正16%。公明党は特例法18%、典範改正5%で、与党はいずれも特例法が上回った。一方、民進党は典範改正が60%で、特例法の5%を大きく上回った。


<生前退位>7日は保阪氏ら5人 専門家ヒアリング日程発表
毎日新聞 10/31(月) 20:45配信

 政府は31日、天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)が、11月に3回実施する専門家からのヒアリングの日程を発表した。憲法の専門家については、論点を比較しやすくするため30日にまとめて聴取する。その他の専門家は日程の都合から7日と14日に分けて招く。初日の7日に招くのは作家の保阪正康氏ら5人。【田中裕之】

 有識者会議が各開催日に聴取する専門家は次の通り。

<11月7日>

 平川祐弘東京大名誉教授(比較文学)▽古川隆久日本大教授(日本近現代史)▽保阪正康氏(ノンフィクション作家)▽大原康男国学院大名誉教授(宗教行政論)▽所功京都産業大名誉教授(日本法制文化史)

<14日>

 渡部昇一上智大名誉教授(英語)▽岩井克己氏(ジャーナリスト)▽笠原英彦慶応大教授(日本政治史)▽桜井よしこ氏(ジャーナリスト)▽石原信雄元官房副長官▽今谷明帝京大特任教授(日本中世史)

<30日>

 八木秀次麗沢大教授(憲法)▽百地章国士舘大大学院客員教授(憲法)▽大石眞京都大大学院教授(憲法)▽高橋和之東京大名誉教授(憲法)▽園部逸夫元最高裁判事


下村氏「特措法で譲位は有力な考え方」
産経新聞 10/31(月) 7:55配信

 自民党の下村博文幹事長代行は30日のフジテレビ系「新報道2001」で、天皇陛下の譲位をめぐる法整備について「歴史の中で、二重権力や混乱があり、明治以降、一世一代と決めた。憲法にある『国民の総意』として有識者会議でたたき台を作り、国会で議論する。特別措置法は有力な考え方だ」と述べ、現陛下一代に限る特別法になるとの見通しを示した。


<生前退位>特別立法で対応、政府検討 自民・下村氏明言
毎日新聞 10/30(日) 17:59配信

 自民党の下村博文幹事長代行は30日、天皇陛下の生前退位について、「政府で有識者会議を開いてヒアリングを進め、来年の通常国会で特別措置法の準備をしつつあると聞いている。与党も協力したい」と述べ、現在の陛下に限った特別立法での対応を政府が検討していると明言した。東京都内で記者団に語った。


譲位 自民・下村博文幹事長代行 特措法は「有力な考え方」
産経新聞 10/30(日) 12:38配信

 自民党の下村博文幹事長代行は30日のフジテレビ系「新報道2001」で、天皇陛下が意向を示された譲位について、政府が特別措置法制定を検討していることについて「有力な考え方だ」と述べた。

 女性宮家創設など皇室のあり方や天皇陛下のご公務軽減といった課題については「きちんと議論し、皇室典範を含めた改正を、これから本格的に、別に考えなければならない」と発言。安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)では、譲位に絞り議論すべきとの認識を示した。


生前退位、特措法に協力=自民・下村氏
時事通信 10/30(日) 10:29配信

 自民党の下村博文幹事長代行は30日、天皇陛下の生前退位を可能にする法整備に関し、「政府は来年の通常国会で特別措置法(を制定するため)の準備をしつつあると聞いている。その方向性には与党も協力したい」と述べ、一代に限って退位を認める特措法制定を支持する考えを示した。

 東京都内で記者団に語った。

 下村氏は同日のフジテレビ番組で「今回は生前退位の特措法に限定した議論をすべきだ。皇室典範を含めた改正はこれから別に考えていかなければならない」と強調。典範改正による女系天皇容認に関しても「日本の皇室は男系でやってきた。苦労して紡いできた歴史は謙虚に受け止める必要がある」として否定的な見解を示した。

2016年10月29日 (土)

都知事の小池百合子、ハロウィンでコスプレ 馬鹿がいったいナニ考えてんだ!

こそ泥か寸借詐欺のようだったプチ守銭奴・舛添要一がクビを切られたドサクサ紛れに、めでたく東京都知事になった小池百合子が、あきれたことにハロウィンの馬鹿騒ぎでコスプレをやったそうだ。

小池は東京都知事の職をいったい何だと思っているのか? そんな馬鹿真似をやっているヒマがあるなら、他になすべきことが山ほどあるはずだ。

そもそも、この小池が都知事に就任してから、いわゆる「ちゃぶ台返し」以外に都政の未来・ビジョンに関して具体的な政策・展望がさっぱり見えて来ない。小池は都知事として、この東京都をいったいどうしようというのか。
それに、聞くところによれば、この小池は政治塾とか言うものをやるそうな。よくそんなヒマがあるもんだ。舛添もそうだったが、東京都知事っていうのは、そんなにヒマなのか? 他に都知事の職務として優先すべき課題はないのか?

「ちゃぶ台返し」の人気取りで都知事の職務が維持出来ると思っているとしたら、また都知事の地位に便乗して自身の政治勢力育成に熱中するとすれば、都民を踏み台にするものとして、都民の一員として極めて遺憾と言わざるを得ない。そういうことをやりたいのなら、都知事を辞任してからにしてもらいたい。

リンク:小池都知事“リボンの騎士”に変身! 「いったん覚悟したら成り切るしかない」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

小池都知事“リボンの騎士”に変身! 「いったん覚悟したら成り切るしかない」
エンタメOVO 10/29(土) 13:59配信

 「池袋ハロウィンコスプレフェス2016」のオープニングセレモニーが29日、東京都内の東池袋中央公園で行われ、小池百合子東京都知事、高野之夫豊島区長らが登壇した。

 この日、「リボンの騎士」のコスプレ姿で登場した小池都知事は「今日はお約束通り『リボンの騎士』のサファイアで来ました」と笑顔であいさつ。途中、風に吹かれて「帽子が傾いちゃった」と慌てる一幕もあったが、その姿に若者から「かわいい!」「百合子さ~ん!」という黄色い歓声が飛ぶなど、人気の高さをうかがわせた。

 昨年は「魔法使いサリー」ならぬ“魔法使いユリー”に扮(ふん)してネット上でも話題となった小池都知事。「これは全て豊島区の中にある“ときわ荘”から出発しています」と漫画家・手塚治虫の存在に触れ、「私も小さいころ『なかよし』という雑誌でずっと読んでいました」と明かした。

 小池都知事は「コスプレで何を着るかによってその人の世代が分かるかもしれません」とはにかみつつ、「今やアニメ、漫画というのはクールジャパンの代表格。東京オリンピック2020年大会は、スポーツのみならず、こういったサブカルを含めた日本の文化の発信の源にしていきたい」と語った。

 また、セレモニー後の囲み取材で「手に持った剣で何を斬りたい?」と尋ねられた小池都知事は「たくさんありますが、今日はコスプレ。それに徹底して務めたいと思います」と政治的な質問はシャットアウト。「闘う少女を意識したのか?」という問い掛けにも「いえ、私は子どものころから『リボンの騎士』が大好きなので」と語るにとどめた。

 「鏡で見てみましたか?」と聞かれると、「確認しましたけど、こういったのはいったん覚悟したら成り切るしかないんです」と笑わせ、「妙に恥ずかしいと思うと、周りが恥ずかしくなるので覚悟してやっています」とコメント。「似合っていると思う?」という質問には、「それは皆さんにご判断いただくしかありません。どうでしょう」と逆質問で応じ、「似合っています」という返事には、「無理に言わせたみたい」と苦笑いだった。

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2164

引き続き、2011年3月11日に発生した東日本大震災および本年4月14・16日に発生した熊本地震、ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<熊本城>「復興城主」受け付け開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:明治の地震と被害重複=熊本城の石垣、当時の8割―市が調査、復旧に活用・熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第2原発廃炉へ「しっかり取り組む」=今村復興相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:害対策債の発行延長=熊本地震復興で―政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本城復旧へ「復興城主」…1口1万円から - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発避難集団訴訟 予見可能性が焦点に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島原発>廃炉へ積立金制度 東電拠出、機構が管理  - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<電力11社>原発鋼材に問題なし 鋼材強度調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第1原発の避難者集団訴訟、初の結審 判決は来年3月17日 前橋地裁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島原発>広瀬・東電社長「廃炉費用、国民に負担かけず」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島原発>群馬へ避難集団訴訟が結審 判決は17年3月に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長期避難、357世帯追加=南阿蘇村の3地区―熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発事故集団訴訟、来年3月判決=避難者ら15億円賠償請求―前橋地裁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:益城・御船町で避難所閉鎖=仮設の整備完了―熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震・益城町最後の避難所閉鎖 町総合体育館 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小訴訟、県も控訴へ「一方的な断罪」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小訴訟>宮城県も控訴へ…「石巻市と歩調合わせ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小津波訴訟、県も控訴へ=石巻市の方針決定受け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:復興道路と支援道路、9割が開通のメド---東日本大震災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:益城町、最後の避難所閉鎖…20人が新生活へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>益城町、最後の避難所閉鎖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:九電、中間配当を5年連続見送り 玄海再稼働見通せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「復興前進を実感」…宮城の被災地視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>ワイン醸造所、操業再開 11月に新酒発売 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小訴訟>石巻市議会、控訴議案を可決 16対10 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:遺族反発必至「議会の良心を見せてくれると思っていた」大川小、石巻市議会が控訴了承 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小訴訟で控訴案可決=賠償命令の判決不服―石巻市議会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<安倍首相>宮城の被災地視察 引き続き復興支援強調 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:復興道路開通式に出席=宮城で、被災地視察は30回目―安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>屋根のブルーシート張りの人数が不足 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小津波訴訟>遺族ら市議に控訴関連議案否決働きかけへ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小津波訴訟 控訴「阻止」へ遺族が市議に働きかけ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取県湯梨浜町で震度4の地震…津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕鳥取県湯梨浜町で震度4、津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<熊本城>「復興城主」受け付け開始
毎日新聞 11/1(火) 18:43配信

 熊本地震で甚大な被害を受けた国特別史跡の熊本城(熊本市中央区)の復興資金を募る熊本城復興城主制度が1日、始まった。初日は直接受け付けている熊本城近くの観光施設「城彩苑(じょうさいえん)」に朝から行列ができ、市熊本城総合事務所にも問い合わせの電話が殺到し、上々のスタートとなった。

 市の試算によると、熊本城の被害総額は634億円。1回に1万円以上寄付すると復興城主となり、市内の観光施設が入場無料になるなどの特典が受けられる「城主証」が贈られ、城彩苑の「デジタル芳名板」に寄付者の名前も表示される。

 また、人気漫画「ワンピース」の作者で熊本市出身の漫画家、尾田栄一郎さんが描いた熊本城のオリジナルイラスト入りクリアファイルなどが先着1万人にプレゼントされる。

 4月21日に始まった熊本城災害復旧支援金に1回1万円以上を寄付した人も、改めて申し込めば復興城主になることができる。問い合わせは熊本城総合事務所096・352・5900。【野呂賢治】


明治の地震と被害重複=熊本城の石垣、当時の8割―市が調査、復旧に活用・熊本地震
時事通信 11/1(火) 16:06配信

 熊本市は1日、1889(明治22)年の地震で熊本城が被害を受けた際の記録を調査した結果、当時破損した石垣の8割近くが今年4月の熊本地震でも壊れていたことが分かったと発表した。

 市と共同で調査した熊本大の三沢純准教授は、「破損した石垣の地盤や修復技術が、熊本地震での被害と関係しているかもしれない」と話している。

 市が調査したのは、宮内庁宮内公文書館所蔵の「震災ニ関スル諸報告」。明治22年7月28日、熊本を中心に発生したマグニチュード(M)6.3の地震による被害が記録され、石垣の被災箇所を赤や黄色で塗った図が添付されている。熊本城に駐屯していた陸軍第6師団が明治天皇に報告するため作成した。

 市によると、明治の地震で破損した石垣は、熊本地震の3分の1程度だった。天守や飯田丸五階櫓(やぐら)などの石垣計70カ所が崩落したり膨らんだりしたが、うち54カ所は熊本地震でも破損していた。明治の地震で破損した石垣は、1895(明治28)年ごろまでに陸軍が修復したとみられる。

 市熊本城調査研究センターは「(熊本地震以前と)同じ積み方で修復すると再度破損する可能性がある。過去の被災状況が分かる史料は貴重で、精査して活用する」としている。


福島第2原発廃炉へ「しっかり取り組む」=今村復興相
時事通信 11/1(火) 12:50配信

 今村雅弘復興相は1日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、東京電力福島第2原発(福島県楢葉町、富岡町)の廃炉に向けた法改正や国が株主として東電に廃炉を促すことを問われ、「そういったことも含めてしっかり取り組む」との考えを明らかにした。

 民進党の小熊慎司氏への答弁。

 福島第2原発をめぐっては、福島県内では廃炉を求める声が支配的だ。廃炉について今村復興相は「法律の建て付け上は事業者が判断するが、他(の原発)とは同列に論じられない」と述べ、政治が前面に立つ方針を強調した。具体策については「言外に含まれた意味をしっかりと評価していただきたい」と語った。


害対策債の発行延長=熊本地震復興で―政府
時事通信 11/1(火) 11:33配信

 政府は1日の閣議で、熊本地震で被災した自治体が発行する災害対策債などに関し、発行可能期間を来年度まで延長することを決めた。

 その償還期間についても、通常の「4年以内」から「15年以内」に延ばす。

 松本純防災担当相は同日の閣議後の記者会見で「被災地の復旧・復興が迅速に進むよう支援する」と述べた。


熊本城復旧へ「復興城主」…1口1万円から
読売新聞 11/1(火) 10:34配信

 熊本地震で石垣や櫓(やぐら)などに被害を受けた熊本城(熊本市中央区)の復旧のため、熊本市は1日、1口1万円以上の「復興城主」の受け付けを始めた。

 従来1万円以上の寄付で「城主証」が交付される「一口城主」を募っていたが、地震後に中断。全国の要望を受けて再開した。

 芳名板を掲げた天守閣が立ち入り禁止のため、近くの観光交流施設「桜の馬場 城彩苑(じょうさいえん)」に、専用スクリーンで氏名を映す「デジタル芳名板」を設置。先着1万人には、同市出身の漫画家・尾田栄一郎さんが描く人気漫画「ワンピース」のグッズを贈る。

 この日、受け付け会場の城彩苑では開館の午前9時に30人以上が列を作った。同市中央区の主婦(84)は「寄付は小さな水滴のようなものだけど、少しでも復旧につながってくれれば」と話した。

 問い合わせは、市熊本城総合事務所(096・352・5900)へ。


原発避難集団訴訟 予見可能性が焦点に
産経新聞 11/1(火) 7:55配信

 東京電力福島第1原発事故は、防ぐことができたのか。事故をめぐる最大の問いに、司法判断が下される重要な局面に大きく近づいた。前橋地裁で31日、結審した避難住民による集団訴訟。同種訴訟では初の結審で、判決も最初に出される可能性が高い。他の訴訟への影響など、裁判の行方に注目が集まっている。

 最大の争点は事故の予見可能性だ。原告側は震災前には高さ15・7メートルの津波の可能性を指摘する知見があったにもかかわらず、東電などが対策を講じなかった点を問題視。これに対し、東電は同知見は「妥当性が不明」で、社内で検討中だったという主張だ。

 東電の津波対策については、これまで原発事故を調査した政府、国会、民間の3つの事故調査委員会でも触れており、政府事故調が「不適切。見直す契機があった」とするなど、各事故調が東電の問題点を指摘している。ただ、これら事故調が目指したのは事故原因の解明で責任追及が目的ではない。これに対し、民事裁判はまさに責任を問う場で、より高度な立証が必要となり、原告の主張が認められるとはかぎらない。

 東海大学法学部の池田良彦客員教授(過失論)も「学術的知見があっただけでは予見可能性があったとは認定できない。自然災害の場合、発生頻度がそれなりに高いものであれば予見可能性が認められるが、今回の津波のような非常にまれなケースの責任については司法の判断も分かれるだろう」と話している。


<福島原発>廃炉へ積立金制度 東電拠出、機構が管理 
毎日新聞 11/1(火) 6:00配信

244
廃炉に向けて工事が続く東京電力福島第1原発4号機=福島県大熊町で2016年6月、小出洋平撮影

 経済産業省は31日、東京電力福島第1原発の廃炉費用について、国の「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」に東京電力ホールディングス(HD)が資金を積み立てる制度を創設する方針を固めた。東電がコスト削減などによって捻出した資金を機構に積み立て、機構が必要に応じて支出するしくみ。国の関与を強め、廃炉費用をできるだけ確保する狙いがある。

 福島第1原発の廃炉費用は東電が計2兆円を工面しているが、数兆円単位で不足する可能性が高い。国民負担をできるだけ回避し、安定的に費用を確保・支出するため、機構が廃炉計画や資金を管理する。廃炉の資金は東電本体のほか、グループ会社が経営合理化で最大限捻出する。

 経産省は、福島第1原発の廃炉費用について、新電力が大手電力の送電線を利用する時の使用料「託送料金」に上乗せする案なども検討している。しかし、国民負担には反発が強く、東電の経営改革と国の強力な関与によって、廃炉費用をできるだけ確保する方針だ。

 また、福島第1原発の廃炉費用の見通しが確定すると、東電は巨額の費用を一括計上する必要に迫られ、債務超過となる恐れがある。このため、債務を分割して計上できるよう法的措置を取る。【宮川裕章】


<電力11社>原発鋼材に問題なし 鋼材強度調査
毎日新聞 10/31(月) 23:00配信

 フランスの原発で強度不足の可能性がある鋼材が使われていた問題で、日本の電力会社11社は31日、それぞれ強度不足の鋼材は使用していないとの調査結果を原子力規制委員会に報告した。

 仏規制当局は6月、同国の原発18基にある蒸気発生器の鋼材が、規定より炭素の含有量が多いため強度が足りない可能性があると発表。同国メーカーのほか、北九州市の「日本鋳鍛鋼(ちゅうたんこう)」も製造していた。

 これを受け、規制委は日本の電力各社に、メーカーにかかわらず「鍛造」と呼ばれる同じ製法で作った鋼材を重要部品に使用している場合、炭素濃度に問題がないか調査を指示し、10月末までの報告を求めた。その後、日本鋳鍛鋼の鋼材は日本では6社8原発の計13基で使用されていることが分かった。今回の報告では、それらを含めて全原発で炭素濃度に問題はなかったという。規制委は今後、調査結果が妥当かどうか確認する。【柳楽未来】


福島第1原発の避難者集団訴訟、初の結審 判決は来年3月17日 前橋地裁
産経新聞 10/31(月) 22:29配信

 東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県から群馬県に避難している45世帯137人が、国と東電に1人当たり約1100万円、計約15億円の損害賠償を求めた集団訴訟の第13回口頭弁論が31日、前橋地裁(原道子裁判長)で開かれ、全国で初めて結審した。判決は来年3月17日。

 原告側は最終意見陳述書を提出し、「この事故は東電と国の落ち度によってもたらされた人災です」などと訴えた。

 争点は(1)津波が予見できたかの「予見可能性」(2)対策次第では事故を回避できたか否かの「結果回避可能性」(3)いわゆる自主避難者も損害賠償請求が可能か(4)事故当時、国は東電に対して指導監督責任を有していたか(5)既に原告側へ支払われた賠償金と今回求めている慰謝料との整合性-などとなる。

 同訴訟は平成25年9月以降、原発事故で避難を余儀なくされた避難者らが起こしたもので、法務省によると、同種訴訟は5月31日現在で前橋地裁を含め全国21地裁に提起されている。


<福島原発>広瀬・東電社長「廃炉費用、国民に負担かけず」
毎日新聞 10/31(月) 19:56配信

 東京電力ホールディングス(HD)の広瀬直己社長は31日、東京都内で開いた記者会見で、福島第1原発の廃炉費用が大幅に上振れする見通しになっていることについて、「収益向上とコスト削減に取り組むことで、国民に負担をかけずに廃炉費用を捻出したい」と述べ、自力で負担する方針を改めて強調した。

 福島原発の廃炉費用は、東電が2兆円を工面しているが、数兆円規模で上振れする見通し。東電が来年1月をめどに新たな再建計画をまとめるのを前に、経済産業省が設置した有識者会議「東京電力改革・1F問題委員会(東電委員会)」が、廃炉費用の負担のあり方や、原子力事業の分社化などを通じた東電の収益向上策について議論している。広瀬氏は分社化について「委員会の議論を待ちたい」と述べるにとどめた。

 新潟県知事に柏崎刈羽原発(同県)の再稼働に慎重な米山隆一氏が就任したことについては「できるだけ早く会って知事の意見を聞きたい」と述べ、面会を申し入れたことを明らかにした。【工藤昭久】


<福島原発>群馬へ避難集団訴訟が結審 判決は17年3月に
毎日新聞 10/31(月) 19:47配信

 ◇前橋地裁 全国初の判決の見通し

 東京電力福島第1原発事故に伴う群馬県内への避難者ら45世帯137人が東電と国に約15億円の損害賠償を求めている集団訴訟は31日、前橋地裁(原道子裁判長)で結審した。原告側によると、同様の訴訟は全国各地で起こされており、最も早く結審した。判決は来年3月17日で全国初の判決が出る見通し。

 前橋地裁での集団訴訟は2013年9月に提訴。訴状によると、原告側は、東電と国が安全対策を先送りし、適切な津波対策も講じなかった結果、事故で住民らが避難生活を余儀なくされ、精神的苦痛を受けたとして、1人当たり1100万円の支払いを求めている。同様の訴訟は全国で約30件あり、原告は約1万2000人。【尾崎修二】


長期避難、357世帯追加=南阿蘇村の3地区―熊本地震
時事通信 10/31(月) 18:49配信

 熊本県は31日、熊本地震の被災者で自宅に戻る見通しが立たない南阿蘇村の357世帯(877人)について、被災者生活再建支援法に基づき、長期避難世帯と認定した。

 熊本地震に伴う認定は、6月の御船町、8月の宇土市に続き3例目。1世帯当たり最大300万円が支給される。

 認定されたのは、同村の立野区152世帯(370人)、立野駅区89世帯(222人)など3地区。周辺では阿蘇大橋が崩落し、国道が埋没するなど、甚大な被害が出た地域の一つ。県によると、現在、山の斜面に亀裂が入るなど、土壌崩壊の可能性が高く、発令中の避難勧告が解除される見込みが立っていない。

 同法は住宅の全壊などで居住が不可能になり、長期間避難が続くと予想される世帯などが対象。県内の認定数は計479世帯(1226人)となった。


原発事故集団訴訟、来年3月判決=避難者ら15億円賠償請求―前橋地裁
時事通信 10/31(月) 17:28配信

 東京電力福島第1原発事故で福島県から避難を余儀なくされ、精神的損害を受けたとして、群馬県に避難した45世帯137人が東電と国に計約15億円の損害賠償を求めた集団訴訟が31日、前橋地裁(原道子裁判長)で結審した。

 原裁判長は判決期日を来年3月17日に指定した。

 原告側弁護団によると、同様の集団訴訟は全国で約30件あるが、結審は前橋地裁が初めてという。判決も同地裁が最も早いとみられる。


益城・御船町で避難所閉鎖=仮設の整備完了―熊本地震
時事通信 10/31(月) 17:00配信

 熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城町と御船町は31日、最後に残っていた避難所をそれぞれ閉鎖した。

 仮設住宅の整備などが完了したためで、合わせて44人の被災者が避難所を後にした。別の町村に残る避難所も近く閉鎖予定で、地震発生から半年以上が経過し、被災者の生活再建支援は新たな段階に移る。

 御船町スポーツセンターの避難所では31日、14世帯の26人が朝から荷物を運び出した。両親と共に仮設住宅へ入居する徳永元知さん(37)は「今は新しい生活になじめるかを考えることで精いっぱい。先を思う余裕はない」と話した。小林一英さん(72)は「過去は振り向かない。前に向かって進むだけ」とさっぱりした様子だった。

 ピーク時には県内最多規模の約1350人が身を寄せた益城町総合体育館でも、9世帯の18人が荷物整理などに追われた。世話などに当たってきた公益財団法人熊本YMCA職員の冨森靖博さん(44)は「あくまでも区切りでしかなく、引き続き支援が必要だ」と訴えた。

 この日は同県大津町も避難所を閉鎖。残る西原村と美里町は11月上旬に閉鎖する見通し。

 県が整備する仮設住宅は約4300戸で、ほぼ建設を終えた。住まいは確保された形だが、原則2年の入居期間が過ぎると、被災者は再び住宅問題に直面することになる。県は「低コスト住宅の開発や災害公営住宅の建設に迅速に取り組む」としている。


熊本地震・益城町最後の避難所閉鎖 町総合体育館
西日本新聞 10/31(月) 15:30配信

 熊本地震で最大震度7の激震に2度見舞われた熊本県益城町で31日、町内で唯一残っていた町総合体育館の避難所が閉鎖した。4月17日のピーク時は車中泊を含め町内10カ所の指定避難所に約1万6千人が身を寄せていた。同県内ではこの日、御船町と大津町の避難所も閉鎖予定。避難所を残している西原村と美里町も11月上旬に閉鎖し、県内の避難者は全て仮設住宅などに移ることになる。

 益城町総合体育館では、運営スタッフが衣類などを詰めた段ボール箱や簡易ベッドをワゴン車に積み込み、避難者18人を送り出した。4月14日の前震直後から家族で身を寄せた女性(65)は「避難所で仲良くなった人たちが次の入居先に移るのを喜んで見送る一方で寂しさも募っていった。一日も早く自宅に帰り、母の笑顔が見たい」と話した。

 熊本県によると、県内の避難者は本震翌日の同17日に最大18万3882人に上った。

=2016/10/31 西日本新聞=


大川小訴訟、県も控訴へ「一方的な断罪」
読売新聞 10/31(月) 13:52配信

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族らが市と県に損害賠償を求めた訴訟で、被告側の県は31日、学校側の過失を認めた仙台地裁判決を不服として、仙台高裁へ控訴する方針を決めた。

 村井嘉浩知事はこの日の定例記者会見で「県の主張が受け入れられない部分があった」と説明。判決が、児童の死亡に関して教員らの結果回避義務違反を認定した点について、教員らは知りうる限りの情報をもとに最良の選択をしたと強調し、「一方的にその場にいた教員を断罪するのは納得できない」と述べた。

 訴訟を巡っては、石巻市が30日の臨時市議会で控訴の関連議案を提案し、賛成多数で可決された。


<大川小訴訟>宮城県も控訴へ…「石巻市と歩調合わせ」
毎日新聞 10/31(月) 12:58配信

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の訴訟で、児童23人の遺族に14億円余りを支払うよう同市と県に命じた仙台地裁判決を巡り、県は31日、判決を不服として控訴する方針を決めた。

 村井嘉浩知事は同日の定例記者会見で、「判決で県の主張が受け入れられなかった部分がある。県も市と歩調を合わせる」などと理由を述べた。

 同市は30日、控訴するための関連議案を臨時市議会に提案。賛成多数で可決された。県と市はいずれも期限の11月9日までに控訴する方針。【川口裕之】


大川小津波訴訟、県も控訴へ=石巻市の方針決定受け
時事通信 10/31(月) 12:08配信

 東日本大震災の津波で児童74人らが犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校をめぐる訴訟で、村井嘉浩宮城県知事は31日、市と県に賠償を命じた一審仙台地裁判決を不服として仙台高裁に控訴する方針を明らかにした。

 石巻市は既に控訴を決めており、30日の臨時市議会で承認された。市と県は11月9日の期限までに控訴する。

 村井知事は31日の定例記者会見で「主張が受け入れられなかった部分がある。市議会での控訴議決を受け歩調を合わせる」と述べた。市の判断を尊重し、県議会に諮らず専決処分で控訴するという。


復興道路と支援道路、9割が開通のメド---東日本大震災
レスポンス 10/31(月) 12:07配信

国土交通省は、東日本大震災の復興に向けて整備している復興道路と復興支援道路の約9割が開通する見通しになったと発表した。

東日本大震災からの復興に向けたリーディングプロジェクトとして整備している復興道路、復興支援道路は550kmある。2016年度第2次補正予算により2020年度に開通する三陸沿岸道路・侍浜IC~階上IC、田野畑北IC~普代村、2020年度開通予定の宮古盛岡横断道路・蟇目~腹帯地区、川井~箱石地区など、8区間・延長約65kmの開通見通しが新たに確定した。これにと伴って開通または開通予定を公表済みの区間が503kmと、全体の約9割となった。

国交省では、復興道路、復興支援道路の開通見通しが明らかになることで、企業立地や民間投資促進が期待され、復興まちづくりを支援するとしている。

また、今回の開通見通し公表区間には、8月の台風10号により被災した現道に並行する3区間22kmが含まれており、台風10号による被災地を支援するとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》


益城町、最後の避難所閉鎖…20人が新生活へ
読売新聞 10/31(月) 11:58配信

 熊本地震で約1万棟の住宅が被災した熊本県益城(ましき)町は31日、町内で最後に残っていた町総合体育館の避難所を閉鎖した。

 町は最大時で避難所を18か所開設し、約1万6000人が避難した。仮設住宅などへの入居が進み、順次閉鎖。多い時で約1300人がいた同館では31日午前、約20人が荷物をまとめ、新しい生活拠点へ移った。

 町によると全員、住居を確保する見通しが立っているが、アパートの入居待ちや自宅を修理中などの7人に対しては、町の研修施設を「待機所」として11月中旬まで提供する。

 自宅が全壊し、11月中旬に完成する障害者向け仮設住宅に、体が不自由な兄と入居するという飲食業の男性(43)は待機所へ移動。「避難所を出ることができて、やっと一歩前進できた」と話していた。


<熊本地震>益城町、最後の避難所閉鎖
毎日新聞 10/31(月) 11:18配信

 4月の熊本地震で震度7の激震に2度見舞われた熊本県益城(ましき)町に1カ所だけ残っていた町総合体育館の避難所が31日午前10時、閉鎖された。同日夕には大津(おおづ)、御船(みふね)両町の避難所も閉鎖予定。10月中にも県内全避難所が閉鎖されるとみられていたが、西原村などで残っている。

 益城町総合体育館には5月11日に被災者約1350人が避難していたが、10月31日で9世帯18人になった。避難者は荷物を手に「長い間お世話になりました。また会いましょう」などと避難所の職員らと言葉を交わして移転先に向かった。

 自宅が修理中などの3世帯7人は町が宿泊場所として提供する待機所に移った。

 県内の避難所は本震翌日の4月17日に最多の855カ所が設置され、18万3882人が身を寄せた。その後、修理を終えた自宅に戻ったり、応急仮設住宅やみなし仮設への入居が進んだりして避難者は減少していた。【福岡賢正、柿崎誠】


九電、中間配当を5年連続見送り 玄海再稼働見通せず
西日本新聞 10/31(月) 11:17配信

 九州電力が、2016年9月中間期の配当を5年連続で見送る方針を固めたことが30日、分かった。16年3月期に期末配当を4年ぶりに復活させたが、本年度の17年3月期は中間・期末とも配当予想を「未定」としていた。16年9月中間連結決算は数百億円の最終黒字を確保したもようだが、玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働時期が不透明な上、熊本地震で特別損失を計上したためとみられる。31日の取締役会で正式決定する。

 九電は東日本大震災後に全原発が停止し、15年3月期まで4年連続で赤字を計上。株主への配当は12年3月期(1株20円)を最後に凍結した。

 しかし昨年8月以降の川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働や経営合理化で業績が回復し、16年3月期は1株5円の期末配当を実施。本年度の配当方針に注目が集まっていた。

 本年度の上期(4~9月)は川内原発が安定的に運転したため収支改善効果があった。熊本地震に伴う特別損失は100億円に上るが、中間連結決算は2年連続で最終黒字を見込む。

 ただ、川内原発は10月から定期検査に入り、来年2月にかけて1基ずつ運転を停止。経営立て直しに必要な玄海原発は、目標だった本年度内の再稼働が厳しくなった。通期の業績改善を見通すのが難しいことから、中間配当の無配を続け、期末配当で株主への利益配分を調整するとみられる。

=2016/10/31付 西日本新聞朝刊=


首相「復興前進を実感」…宮城の被災地視察
読売新聞 10/30(日) 23:13配信

 安倍首相は30日、宮城県を訪問し、東日本大震災からの復興状況を視察した。

 首相の岩手、宮城、福島の被災3県の視察は今回で30回目となった。

 首相は宮城県南三陸町で、町の特産品を販売する屋台などが並ぶ産業フェアを訪問。同県気仙沼市では、NPO法人「ピースジャム」で、働く母親らと意見交換し、子供たちと触れ合った。

 首相は視察後、記者団に「着実に復興が前進していることを実感した。国としてもしっかり応援していきたい」と語った。


<鳥取地震>ワイン醸造所、操業再開 11月に新酒発売
毎日新聞 10/30(日) 22:59配信

231
地震で割れたワインの瓶を片付ける北条ワイン醸造所の山田定広社長。数万本が割れたり傷ついたりしたという=鳥取県北栄町で2016年10月22日、丸山博撮影

 鳥取県中部を襲った地震で最大震度6弱を観測した北栄町の「北条ワイン醸造所」が、操業を再開した。跡継ぎの3代目を病気で亡くした直後に起きた地震で、大量のワインまで失ってしまったが、全国のファンや同業者から次々と届く激励の言葉が支えになった。11月1日には今シーズンに仕込んだ新酒の販売を予定通り始める。

 1944年に創業した中国地方最古のワイナリー。県中部に広がる「北条砂丘」は水はけが良く、昼夜の寒暖差も大きいため、江戸時代末期からブドウ栽培が盛んだった。地場産ブドウにこだわる同社のワインは豊かな香りが特徴で、年約10万本を出荷している。

 21日の激しい揺れで、蔵にあった数万本のボトルが落ち、割れたり傷ついたりしたほか、瓶詰め前の新酒もタンクからこぼれた。2代目の山田定広社長(80)によると、たるで貯蔵していたワインは無事だったが、被害の全容はまだ把握できていない。

 今月10日には、脊髄(せきずい)がんと闘っていた山田社長の長男章弘さんが45歳で亡くなったばかりだった。本場の仏ボルドーやブルゴーニュでワイン造りを学び、ここ数年は仕事の多くを任せてきただけに、山田社長は「がっくりしていた」という。

 追い打ちをかけた地震の被害に打ちひしがれていた時、元気を与えてくれたのは、全国各地から寄せられた激励だった。直接訪ねてきてくれた人もおり、「戦後なじみがなかったワイン造りに苦労したおやじのように、自分も頑張る」と奮起。徐々に片付けを進め、27日に瓶詰めなどの仕事再開にこぎつけた。

 新酒は瓶詰め後に割れたものもあり、顧客の要望に応えられるほどの量を出荷できるか分からないが、従業員がタンクに残っていた分の瓶詰め作業に精を出している。「うちのワインを待っている人たちに、地震に負けない姿を見せる」。山田社長の誓いだ。【矢澤秀範】


<大川小訴訟>石巻市議会、控訴議案を可決 16対10
毎日新聞 10/30(日) 21:28配信

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校の訴訟で、児童23人の遺族に14億円余りを支払うよう同市と宮城県に命じた仙台地裁判決を巡り、同市は30日、控訴するための議案を臨時市議会に提案し、賛成多数で可決された。県も同調するとみられ、同市は近く控訴手続きをとる。採決を見守った遺族ら約20人からは失望と憤りの声が上がった。

 26日に言い渡された判決は「教員らは津波襲来の7分前には危険性を具体的に予見したのに、安全な裏山でなく不適当な場所へ避難しようとした」と学校側の過失を認定した。

 亀山紘市長は30日の議会で、「教員らが入手できた情報は極めて限られていた。津波を具体的に予見できず、学校にいた児童と地域住民ら100人以上で裏山の斜面を登るのは事実上困難だった。今後の学校防災に重要な影響を与える事情も考慮した」と控訴理由を説明した。

 一方、議員からは「早期解決のために判決を受け入れるべきだ」「不服もある遺族が受け入れようとしているのであれば、市もそうすべきだ」と控訴断念を求める意見も多く出た。約6時間に及ぶ質疑・討論の末、議案は16対10で可決された。

 遺族らはこの日朝、市役所前で「議会の良心を示して!」と書かれた紙を掲げて否決を呼びかけた。小6だった長男を亡くした原告団長の今野浩行さん(54)は議案可決を受け、「学校では子どもの命を守らなくていいと行政と市教委のトップが主張し、それを議会も承認した。怒りしかない」と話した。遺族は11月3日に弁護士と協議し、控訴するか検討するという。【百武信幸、川口裕之】


遺族反発必至「議会の良心を見せてくれると思っていた」大川小、石巻市議会が控訴了承
産経新聞 10/30(日) 19:26配信

 東日本大震災で児童ら84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の津波訴訟で、石巻市議会は30日、臨時会を開き、被告の市と県に賠償を命じた仙台地裁判決を不服として市が控訴する議案を賛成多数で可決した。可決を受け、市は近く控訴手続きを取る。県も同調して控訴するとみられる。

 賛否は賛成16、反対10。亀山紘市長は「控訴は苦渋の選択だったが、控訴審を通じて震災の課題に真摯(しんし)に取り組む」と語った。

 遺族は臨時会に先立ち市役所前で、犠牲になった子供たちの顔写真を貼ったパネルを持ち、市議に議案を否決するよう訴えた。6年生だった長男=当時(12)=を亡くした原告団長の今野浩行さん(54)は「議会の良心を見せてくれると思っていただけにショックだ」と話した。

 市は提案理由で「津波到来の予見可能性を認め、教職員の避難誘導の過失を認めた地裁判決は受け入れられず、上級審の判断を仰ぎたい」と述べた。

 訴訟は亡くなった児童23人の遺族29人が計23億円の損害賠償を求めて提訴。地裁は26日の判決で市と県に14億2600万円の賠償を命じた。


大川小訴訟で控訴案可決=賠償命令の判決不服―石巻市議会
時事通信 10/30(日) 18:53配信

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が市と県を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、石巻市議会は30日、臨時会を開き、学校側の過失を認め賠償を命じた仙台地裁判決を不服として、控訴するための議案を可決した。

 亀山紘市長が控訴する方針を表明していた。期限の11月9日までに同地裁に控訴状を提出する。

 地裁判決は、教員は遅くとも津波到達の約7分前には危険を予見できたと指摘。津波による被災を回避できる可能性が高かった学校の裏山に児童を避難させるべきだったとして、市と県に総額約14億2600万円の支払いを命じた。

 大川小は津波による被害で、児童74人、教職員10人が犠牲になった。


<安倍首相>宮城の被災地視察 引き続き復興支援強調
毎日新聞 10/30(日) 18:00配信

 安倍晋三首相は30日、東日本大震災の復興状況の視察のため津波で大きな被害を受けた宮城県の気仙沼市と南三陸町を訪問した。首相は視察後、記者団に「補助金も含めて国としてしっかりと応援していきたい」と述べ、引き続き復興を支援する姿勢を強調した。

 一方、2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の候補に同県登米市の長沼ボート場が浮上していることについては「IOC(国際オリンピック委員会)と組織委員会と東京都と国。その4者協議の場においてしっかりと議論していきたい」と述べるにとどめた。【真野敏幸】


復興道路開通式に出席=宮城で、被災地視察は30回目―安倍首相
時事通信 10/30(日) 16:33配信

 安倍晋三首相は30日、東日本大震災からの復興状況を視察するため、宮城県を訪問し、同県南三陸町で「復興道路」として整備が進む三陸沿岸道路の一部開通式などに出席した。

 岩手、宮城、福島3県の被災地視察は30回目で、首相は宮城県気仙沼市で記者団に「着実に復興が前進していることを実感した」と語った。

 三陸沿岸道路は青森県八戸市から仙台市までを結ぶ総延長約360キロの自動車専用道路。今回、「登米志津川道路」の開通で、仙台市から南三陸町まで約82.5キロがつながった。


<鳥取地震>屋根のブルーシート張りの人数が不足
毎日新聞 10/30(日) 9:30配信

 鳥取県中部を襲った最大震度6弱の地震で、被災地は、ボランティアの受け入れを本格的に開始して初めての週末を迎えた。県内各地から続々とボランティアが駆け付けているが、被災者から要望の多い屋根へのブルーシート張りができる人が足りないなどの「ミスマッチ」も課題に。避難所から自宅に戻る人が増え、家の中の片付けなどの依頼が増加。ボランティアの絶対数不足も懸念されている。

 県内では29日午後1時43分ごろ、湯梨浜(ゆりはま)町で震度4を観測する地震も発生。揺れに注意を払いながらボランティアらによる復旧作業が各地で進んでいる。

 5496棟の住宅被害(29日午後6時現在)があった倉吉市。市災害ボランティアセンターには29日午前8時半の受け付け開始と同時に約100人のボランティアが集まった。

 ボランティアの依頼は29日までに797件あり、その大半が瓦が落ちた屋根にブルーシートをかける作業。しかし、高所で工具を使うため専門性が高く、十分に適任者が確保できないのが実情だ。県建設業協会では県内の企業から左官やとび職だけでなく、屋根に上がった経験のない従業員も合わせ約80人で作業にあたるが、依頼に追いついていない。センターは、ボランティアを原則県内在住者に限定していたが、倉吉市内のブルーシート張りについては県外からも募集を始めた。

 一方、避難所から自宅に戻ろうとする被災者が増え、自宅内の片づけやがれきの撤去の依頼も日に日に増えている。倉吉市内の民家で、倒れた本棚やタンスを運び出す作業をしていた影山智明さん(25)=鳥取市=は「少しでも早い復旧につながってほしい」。依頼した主婦(59)は「家族に男手が足りないので助かった」とホッとした様子だった。【小野まなみ、李英浩】


<大川小津波訴訟>遺族ら市議に控訴関連議案否決働きかけへ
毎日新聞 10/30(日) 8:14配信

 東日本大震災の津波で児童74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の訴訟で、学校側の過失を認め、市と県に14億円余りの支払いを命じた仙台地裁判決を不服として市が控訴する方針であることに対し、原告遺族は29日、緊急集会を開き、市が30日の市議会臨時会に提案する関連議案を否決するよう市議に働きかけることを決めた。

 原告遺族ら約15人はこの日、市の控訴方針を受けて市内で対応を協議。30日午後の市議会臨時会に、市が控訴するための議案を提案することから、その前に遺族たちが直接、市議に訴えかけることを決めた。議会開会前に市役所前で「議会の良心を示して」といった内容の紙を掲げるという。

 原告団長で6年生だった長男大輔さんを亡くした今野浩行さん(54)は記者会見で「判決前も眠れない日々を過ごしたが、ほっとする暇も与えられず控訴すると聞かされ非常に残念だ。他の原告遺族も『心が折れる』と言っており、震災から5年7カ月、行政側に我々は苦しめられ続けてきた。せめて市議には人間の心、親の心、常識的な心で採決に臨んでほしい」と力を込めた。

 3年生だった長女未捺(みな)さんを亡くした只野英昭さん(45)は「市長が『判決を重く受け止める』と言った2日後にこれかと悲しい思いだ。最大の被災地の市議なら何が正しいか理解していると思うので、教訓を伝承していくうえでも正しい判断をしてもらいたい」と話した。【百武信幸】


大川小津波訴訟 控訴「阻止」へ遺族が市議に働きかけ
産経新聞 10/29(土) 18:01配信

 東日本大震災の津波で児童ら84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が起こした訴訟で、被告の市が控訴提起に関する議案を市議会臨時会に諮るのを前に、原告の遺族が29日、対応を協議。同議案に賛成しないよう、市議に個別に働きかけることを申し合わせた。

 遺族らは30日の臨時会に出席する市議に電話とファクスで議案への反対を呼びかけるとともに、同日朝にも市役所前に立って市議に反対を訴える。

 原告団長の今野浩行さん(54)は「(市議には)子供たちが犠牲になったことに向き合い、議決に望んでもらいたい」と話した。


鳥取県湯梨浜町で震度4の地震…津波の心配なし
読売新聞 10/29(土) 14:11配信

 29日午後1時43分頃、鳥取県中部を震源とする地震があり、同県湯梨浜町で震度4を観測した。

 震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4・4と推定される。この地震による津波の心配はないという。

 主な各地の震度は次の通り。

 ▽震度3 同県倉吉市、三朝町、北栄町、鳥取市、岡山県鏡野町


〔地震〕鳥取県湯梨浜町で震度4、津波の心配なし
レスキューナウニュース 10/29(土) 13:50配信

気象庁によると、29日13:43頃、鳥取県中部を震源とするM4.4の地震があり、鳥取県湯梨浜町で震度4の揺れを観測しました。
この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
発生日時 :10月29日13:43頃
震源地  :鳥取県中部(北緯35.4度、東経133.9度)
震源の深さ:約10km
地震の規模:M4.4(推定)

■震度3以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度4】
鳥取県:湯梨浜町龍島*
【震度3】
鳥取県:鳥取市鹿野町鹿野小学校*、鳥取市鹿野町鹿野*、倉吉市葵町*、三朝町大瀬*、湯梨浜町久留*、北栄町土下*、北栄町由良宿*
岡山県:鏡野町上齋原*

2016年10月28日 (金)

三笠宮崇仁殿下ご薨去・4

昭和天皇の末弟で、天皇陛下の叔父にあたられる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)殿下が27日午前8時34分、心不全のため、入院先の東京都中央区の聖路加国際病院でご薨去(こうきょ)された。100歳だった。

笠宮崇仁殿下は皇位継承順位は第5位で、明治以降の皇族では最高齢。

本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日に文京区の豊島岡墓地で営まれる。喪主は妻の百合子妃殿下が務められる。

謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

伝達するニュースの数が多くなりましたので分割します。
最初の記事はこちら
2番目の記事はこちら
3番目の記事はこちら

リンク:三笠宮さま直筆のノート - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ラクダに乗られた三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮崇仁さま 逝去5日前の「結婚75周年」お祝い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま、4日に斂葬の儀=東京・豊島岡墓地で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>4日、斂葬の儀 豊島岡墓地で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま本葬、宮内庁が葬列通過の順路発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま葬儀費総額、2億8900万円に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「宮さま」連呼、涙も=百合子さまの様子公表―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墓地での一般拝礼、4日に2回=三笠宮さま斂葬の儀―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 斂葬の儀、一般拝礼を2回受付 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さま葬儀>2億900万円支出 政府予備費から - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 葬儀費用2億8900万円 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま葬儀に2億8900万円 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>弔問記帳は11月3日まで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さまの弔問記帳、11月3日午後4時まで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さましのび九州・山口各地に弔問記帳所 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さまに最後のお別れ 御舟入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さましのび記帳所に列 群馬 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま 弔問に列 「優しい方」お人柄しのび1000人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇族方、三笠宮さまにお別れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>「お舟入」悲しみ深く…一連の儀式開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮邸に入られる秋篠宮ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮邸を出られる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮邸に入られる皇太子ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま「御舟入」=両陛下がお別れの弔問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま、「生前退位」容認を主張…終戦直後 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 稲田朋美防衛相「大変悲しい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま逝去、一般記帳始まる…弔問客が列 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 三笠宮さま弔問記帳始まる - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

三笠宮さま直筆のノート
時事通信 11/3(木) 17:06配信

861
三笠宮さまがオリエントの研究で書かれた直筆のノート=中近東文化センター(東京都三鷹市)所蔵

(時事通信社)


ラクダに乗られた三笠宮さま
時事通信 11/3(木) 17:06配信

860
1956年10月にイラク北部ハトラの遺跡を訪問の際、ラクダに乗られる三笠宮さま=中近東文化センター(東京都三鷹市)所蔵

(時事通信社)


三笠宮崇仁さま 逝去5日前の「結婚75周年」お祝い
NEWS ポストセブン 11/3(木) 16:00配信

 10月27日、三笠宮崇仁さまが100才という長い人生に幕を下ろされた。皇室に残っている記録上の最長寿。昭和天皇の末弟は「大殿下」の愛称で親しまれ、天皇皇后両陛下も厚い信頼を寄せられていた。

 実は逝去される5日前の10月22日、ご入院先の病室では、ささやかなお祝いが開かれていたという。

「この日は、三笠宮さまと妻・百合子さまの75回目の結婚記念日だったのです。娘の近衞甯子(やすこ)さんと千容子(せん・まさこ)さんも駆けつけて喜びの日をご一緒に祝われたそうで、三笠宮さまも笑顔を浮かべられていたといいます」(宮内庁関係者)

 最期の時も、生涯の伴侶・百合子さまに見守られながら迎えられた三笠宮さま。一方で、長くお心に懊悩も抱えられていた。

「三笠宮さまの長男で2012年に亡くなられた寛仁さまの妻・信子さまと、孫に当たる彬子さまとの母娘の確執です。2004年の寛仁さまと信子さまの別居以降、信子さまと彬子さまの関係にも大きな亀裂が入り、断絶期間は10年以上にわたって続いているといいます」(皇室ジャーナリスト)

 一部では、彬子さまが信子さまを三笠宮家から追放する“クーデター”を計画しているという報道がなされたほどだった。

「三笠宮さまの葬儀も、喪主は百合子さまですが、ご高齢ということもあり実質取り仕切るのは彬子さま。“長男の嫁”であるはずの信子さまの存在が忘れ去られたように扱われているのに違和感を拭えず、関係は疎遠なままなのがうかがえます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 母娘の雪解けの到来は、しばらく訪れそうにない。

※女性セブン2016年11月17日号


三笠宮さま、4日に斂葬の儀=東京・豊島岡墓地で
時事通信 11/3(木) 15:42配信

 先月27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまの本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」が4日、東京都文京区の豊島岡墓地で営まれる。

 喪主の同妃百合子さま(93)ら皇族方のほか、親族や三権の長、ゆかりの人ら約600人が参列する。

 慣例で参列しない天皇、皇后両陛下は3日午後、三笠宮邸を訪れ、最後のお別れをした。4日の斂葬の儀には使者を派遣する。

 三笠宮さまのひつぎを乗せた霊きゅう車は4日午前9時に赤坂御用地内の宮邸(港区)を出発し、皇居前などを通って午前9時35分に豊島岡墓地に到着する。ご遺体は午後、落合斎場(新宿区)で火葬され、夕方、同墓地に埋葬される。

 一般の告別式に当たる「葬場の儀」は午前10時から始まり、終了後の午前11時40分~午後0時半、午後1時半~午後2時半の2回、一般拝礼を受け付ける。墓所への一般参拝は6、7両日の午前10時~午後3時。


<三笠宮さまご逝去>4日、斂葬の儀 豊島岡墓地で
毎日新聞 11/2(水) 18:30配信

858
三笠宮さまの葬列ルート

 10月27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまの本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」が4日、東京都文京区の豊島岡墓地で営まれる。三笠宮さまのひつぎは同日朝、お住まいだった赤坂御用地(港区)の三笠宮邸から車で移されるため、周辺道路は交通規制が行われる。

 宮内庁によると、ひつぎを乗せた車は午前9時に宮邸を出発する。皇居周辺を通過し、首都高速5号池袋線(一ツ橋-早稲田)を通る11.2キロのルートで、午前9時35分に墓地に到着する。

 午前10時からの斂葬の儀には、皇族方をはじめ、ゆかりの人々が参列する。ひつぎは落合火葬場(新宿区)に移され、火葬後に同墓地内の墓に埋葬される。喪主は妻の百合子さま(93)が務め、葬儀をつかさどる司祭長は日本・トルコ協会常任理事の東園基政氏が務める。三笠宮さまは同協会の名誉総裁だった。

 墓地では同日、一般拝礼を2回に分けて受け付ける。1回目は午前11時40分~午後0時半、2回目は同1時半~同2時半。また6、7両日の午前10時~午後3時は墓前での一般参拝を行う。一般拝礼、一般参拝とも正門から入る。服装は自由で、花や供え物は受け付けない。【山田奈緒】


三笠宮さま本葬、宮内庁が葬列通過の順路発表
読売新聞 11/2(水) 7:46配信

852
(写真:読売新聞)

 宮内庁は1日、三笠宮さまの本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」の葬列が通過する順路を発表した。

 斂葬の儀は4日午前10時から東京都文京区大塚の豊島岡(としまがおか)墓地で営まれる。

 同庁によると、三笠宮さまの柩(ひつぎ)は同日午前9時、車列を組んで赤坂御用地(港区元赤坂)の宮邸を出発。青山通りから三宅坂交差点を右折、皇居を半周するように内堀通りを進み、首都高速5号線を経由して同9時35分、同墓地に到着する。車列の通過に伴い、周辺では交通規制が行われる。

 また、斂葬の儀では、午前11時40分から午後0時半までと、同1時半から同2時半までの2回に分け、一般拝礼を受け付ける。墓所でも6、7日の午前10時から午後3時まで一般参拝が可能。

 一方、1日の閣議では、三笠宮さまの葬儀や墓の造営に今年度予算の予備費から約2億900万円を支出することが決まった。葬儀などの費用総額は、来年度予算分も合わせて約2億8900万円となる見通し。


三笠宮さま葬儀費総額、2億8900万円に
読売新聞 11/1(火) 19:11配信

 逝去された三笠宮さまの葬儀や墓の造営費用として、今年度予算の予備費から約2億900万円を支出することが1日、閣議決定された。

 宮内庁によると、一連の葬儀などの費用総額は、来年度予算分も含めて約2億8900万円となる見通し。

 今年度予算からの支出は、本葬にあたる4日の「斂葬(れんそう)の儀」の葬場関係費に約1億3400万円、墓の造営に約4800万円など。墓の造営費用は、来年度予算分と合わせて約1億2400万円を見込んでいる。人件費の高騰などにより、費用総額は、2014年に亡くなられた桂宮さまに比べて約2700万円増える。


「宮さま」連呼、涙も=百合子さまの様子公表―宮内庁
時事通信 11/1(火) 17:56配信

 宮内庁は1日、三笠宮さまを亡くされた際の同妃百合子さま(93)の詳しい様子を明らかにした。

 病室では涙も見せたが、赤坂御用地内の宮邸に戻ってからは気丈な様子で、喪主を務める葬儀の準備などを淡々とこなしていたという。

 同庁によると、三笠宮さまが亡くなった先月27日朝、百合子さまは聖路加国際病院(東京都中央区)の9階に検査入院していた。急変の連絡を受け、三笠宮さまがいた5階の循環器集中治療室(ICCU)に駆け付けた。

 その時、三笠宮さまは心肺停止の状態。百合子さまはベッド脇で、「宮さま、宮さま」と声を掛けながら見守った。悲しみを抑える様子で、時折涙も見せていたという。


墓地での一般拝礼、4日に2回=三笠宮さま斂葬の儀―宮内庁
時事通信 11/1(火) 14:49配信

 宮内庁は1日、三笠宮さまの本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」当日の4日、豊島岡墓地(東京都文京区)の葬場で行う一般拝礼と、6、7両日に行う墓所への一般参拝の要領を発表した。

 
 葬場での一般拝礼は4日午前11時40分~午後0時半、午後1時半~午後2時半の2回。墓地正門から入り、葬場前で拝礼し通用門から退出する。2回目はひつぎが墓地から火葬場に出発した後のため、遺影への拝礼となる。墓所への一般参拝は6、7両日の午前10時~午後3時。いずれも服装は自由で、供花や供物は受け付けない。

 一方、赤坂御用地(港区)の三笠宮邸で10月28日から実施している弔問記帳は、3日午後4時で終了する。


三笠宮さま薨去 斂葬の儀、一般拝礼を2回受付
産経新聞 11/1(火) 11:30配信

 宮内庁は1日、豊島岡墓地(東京都文京区)で4日に行われる三笠宮さまの本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」で、一般拝礼を午前11時40分~午後0時半と午後1時半~2時半の2回受け付けると発表した。

 墓地正門から入り、ひつぎが安置される葬場の前で拝礼して通用門から退出する。2回目はひつぎが火葬場に向かった後になるためご遺影への拝礼になる。

 また、墓前での一般参拝は6日と7日の2日間、午前10時~午後3時に行う。一般拝礼、一般参拝いずれも服装は任意で、供花や供物は一切受けない。


<三笠宮さま葬儀>2億900万円支出 政府予備費から
毎日新聞 11/1(火) 11:23配信

 政府は1日の閣議で、先月27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまの葬儀と墓の建設費用として、今年度の国の予備費から約2億900万円を支出することを決定した。墓の建設は来年度までかかる見込みで、総額は来年度予算の要求分を含めると約2億8900万円になる。

 総額の内訳は、4日に営まれる本葬の「斂葬(れんそう)の儀」約1億3400万円、墓の建設費約1億2400万円など。

 葬儀は妻百合子さま(93)を喪主とし、三笠宮家の行事として神道形式で行われる。宮内庁は国費で賄うことについて「国家的弔意の対象となるため差し支えない」としている。【高島博之】


三笠宮さま薨去 葬儀費用2億8900万円
産経新聞 11/1(火) 9:11配信

 10月27日に薨去(こうきょ)された三笠宮さまの葬儀や墓所の建設に必要な費用は2億8900万円との見込みを宮内庁がまとめ、うち2億900万円を平成28年度の国の予備費から支出することが1日の閣議で決まった。宮内庁によると、残りの費用は来年度の予算要求に盛り込むなどしてまかなうという。

 費用の内訳は本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」の葬場関係に約1億3400万円、墓所の建設に約1億2400万円などで、平成26年6月に薨去された次男、桂宮さまの時より計約2700万円増える見込み。宮内庁は主な要因として労務単価の上昇のほか、参列者に儀式が見えやすいようにするモニターの設置費用などを挙げた。

 葬儀は三笠宮妃百合子さまを喪主とし、私的行事として神道形式で営まれるが、「国家的な弔意の対象」(宮内庁)を理由に、国費が充てられる。


三笠宮さま葬儀に2億8900万円
時事通信 11/1(火) 8:48配信

 政府は1日の閣議で、先月27日に亡くなられた三笠宮さまの葬儀や墓所建設などに掛かる経費に、国の予備費から2億900万円を支出することを決定した。

 来年度予算で要求する分も含めた葬儀関連費用の総額は2億8900万円になる見通し。

 総額の内訳は、4日に豊島岡墓地(東京都文京区)で営まれる本葬「斂葬(れんそう)の儀」の関連費用が1億3400万円、墓所関連費用1億2400万円、葬儀執行費用600万円など。

 宮内庁によると、2年前に亡くなった三笠宮さまの次男桂宮さまの葬儀関連費用は総額2億6200万円で、今回は2700万円増えた。労務単価の上昇や、葬儀の様子が参列者に見えるようモニターを設置する費用などが主な理由という。


<三笠宮さまご逝去>弔問記帳は11月3日まで
毎日新聞 10/31(月) 19:24配信

 宮内庁は31日、100歳で亡くなられた三笠宮さまを悼む一般向けの弔問記帳を、11月3日に終了すると発表した。

 記帳は、10月28日から東京都港区の赤坂御用地にある三笠宮邸で午前9時~午後7時に行われている。11月2、3日は午後4時まで。希望者は徒歩で赤坂御用地南門から入る。本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は4日午前10時から、文京区の豊島岡墓地で営まれる。【高島博之】


三笠宮さまの弔問記帳、11月3日午後4時まで
読売新聞 10/31(月) 19:19配信

 宮内庁は31日、逝去された三笠宮さまの弔問記帳を11月3日午後4時で終了すると発表した。

 記帳は赤坂御用地(東京都港区)にある三笠宮邸の仮設テントで、午前9時から午後7時まで受け付けている。通夜などが予定されている2日も午後4時までの受け付けとなる。


三笠宮さましのび九州・山口各地に弔問記帳所
産経新聞 10/29(土) 7:55配信

851
(写真:産経新聞)

 三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の薨去(こうきょ)を受け、九州・山口各地で弔問記帳が始まった。福岡県庁にも多くの県民が訪れ、大正、昭和、平成の3つの時代を生きた三笠宮さまのお人柄をしのび、冥福を祈った=写真。

 県庁1階の総合案内前に28日、記帳所が設けられた。行橋市の会社員、吉武毅さん(67)は「昭和天皇の弟君で、面影があった。高齢でありながら、精力的に活動されていたことが、印象深い宮様だった」と語った。また、県幹部らも記帳した。小川洋知事は「全国の国民と親しく交流された。県民を代表し、ご冥福をお祈りする」と語った。

 記帳は、「斂葬(れんそう)の儀」の前日、11月3日まで受け付ける。午前9時から午後5時まで。土・日・祝日は、県庁正面玄関前に記帳所を設置する。


三笠宮さまに最後のお別れ 御舟入
産経新聞 10/29(土) 7:55配信

 27日に薨去(こうきょ)された三笠宮さまの納棺に当たる儀式「御舟入(おふないり)」が28日夕、東京都港区の赤坂御用地内にある三笠宮邸で営まれ、皇族方お立ち会いのもと、ご遺体がひつぎに納められた。天皇、皇后両陛下は慣例で参列せず、御舟入に先立って宮邸を訪れ、弔問された。

 両陛下は午後3時30分ごろ宮邸に入り、5分ほど滞在された。陛下は黒のスーツとネクタイ姿、皇后さまは喪服姿で、宮邸の前で静かに頭を下げられた。

 午後5時から行われた御舟入では、喪主の三笠宮妃百合子さまをはじめとする皇族方が宮邸に集まられた。納棺後には皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻も加わり、最後のお別れをする「拝訣(はいけつ)」が行われた。

 一連の儀式は宮家の私的行事として神道形式で営まれるが、墓の建設費用とともに国費でまかなわれるのが通例で、今回も28日の閣議で了解された。


三笠宮さましのび記帳所に列 群馬
産経新聞 10/29(土) 7:55配信

 三笠宮崇仁親王殿下が薨去(こうきょ)されて一夜明けた28日、県庁1階県民ホールに設けられた記帳所に県民らが訪れ、記帳した。

 渋川市の島田富士男さん(67)は10年ほど前、東京でレクリエーション大会に参加した際、三笠宮さまを見かけたという。「品の良い方という印象。亡くなられたのは寂しいけれど年齢的には大往生。楽しい人生を送られたのではないでしょうか」としのんだ。

 記帳所は来月4日まで。


三笠宮さま 弔問に列 「優しい方」お人柄しのび1000人
産経新聞 10/29(土) 7:55配信

850
ご葬儀の主な流れ(写真:産経新聞)

 三笠宮さまの薨去(こうきょ)を受けた一般の弔問記帳が28日、ご遺体が安置されている赤坂御用地(東京都港区)の三笠宮邸で始まった。御用地の南門前には受け付け開始前から、ゆかりのある弔問客らが列をなすなど、この日は計1030人が訪問。飾らないお人柄で多彩な横顔をお持ちの三笠宮さまをしのんだ。

 「いつもお人柄の良さが出ていました。いいご生涯だったと思います」

 元文部科学相で日本・トルコ協会副会長の遠山敦子さん(77)は声を絞り出すように話した。

 アジアの広い地域の歴史を学ぶオリエント史を研究し、同協会名誉総裁を務められていた三笠宮さま。昨年、100歳の誕生日を祝った際、大きなケーキのろうそくの火をにこやかに消されていたという。「心から悲しいです」。沈痛な面持ちでそう語った。

 元駐仏大使だった木内昭胤(あきたね)さん(89)は約25年前、三笠宮さまと仏大使公邸で1週間ほど過ごした。三笠宮妃百合子さまと娘の近衛●子(やすこ)さん、千容子(まさこ)さんの4人で滞在されたといい「大変気さくで、オリエントの話をしてくださった。残念です」と振り返った。

 三笠宮さまが名誉総裁を務められていた日蘭協会の元事務局長、曽武川栄一さん(83)は「気どらなくて優しい方でした」。総会では百合子さまと仲むつまじいご様子が印象的で「百合子さまはお寂しいと思いますが、お元気でいてほしい」と思いを寄せた。

 ダンスもたしなまれた三笠宮さまや百合子さまと親しく交流を続けてきた松山バレエ団の森下洋子さん(67)は、宮邸に招かれてご遺体と対面。百合子さまは「最期は眠るようだった。もうすぐ誕生日(12月2日)だったのに」と話されていたという。

 静岡県裾野市の主婦、谷須美子さん(64)は赤坂御用地の近所で生まれ育ち、三笠宮さまのお姿を何度か見かけたことがあった。「昭和の大変な時代を知っている皇族の方が減ってしまうことは悲しいです」と声を震わせた。

 記帳は当面、午前9時から午後7時まで続けられ、希望者は徒歩で御用地の南門から入る。本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日午前10時から、東京都文京区の「豊島岡(としまがおか)墓地」で営まれる。百合子さまが喪主を務められるが、93歳という年齢を考慮し、孫で三笠宮家の彬子さまが代行される場合もあるという。

●=ウかんむりの下に心、その下に用


皇族方、三笠宮さまにお別れ
読売新聞 10/28(金) 22:00配信

 三笠宮さまのご遺体をひつぎに納める「お舟入(ふないり)」が28日夕、赤坂御用地(東京都港区)の三笠宮邸で行われ、皇族方が別れを惜しまれた。

 宮内庁によると、午後5時からの「お舟入」は、喪主を務める妃殿下の百合子さまや三笠宮さまの孫にあたる彬子さま、瑶子さまをはじめ、ご家族らが見守られた。続いて、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻らも加わられ、ご遺体に別れを告げる「拝訣(はいけつ)」が行われた。

 天皇、皇后両陛下は、それに先立つ午後3時半頃、お別れのため、前日に引き続き宮邸を弔問された。

 本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日午前10時から、文京区大塚の豊島岡(としまがおか)墓地で営まれる。


<三笠宮さまご逝去>「お舟入」悲しみ深く…一連の儀式開始
毎日新聞 10/28(金) 21:42配信

849
「拝訣」のため、三笠宮邸に入られる皇太子ご夫妻=東京都港区の赤坂御用地で2016年10月28日午後5時10分、代表撮影

 100歳で亡くなられた三笠宮さまの納棺に当たる儀式「お舟入(ふないり)」が28日、東京都港区の赤坂御用地内の宮邸で行われた。葬儀に関する一連の儀式が始まった。

 お舟入は同日午後5時に開始され、喪主の妻百合子さま(93)、孫の彬子さま(34)、瑶子さま(33)らが参列された。

 お舟入りの後、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻らも加わり、ひつぎに納められたご遺体に別れを告げる「拝訣(はいけつ)」が行われた。参列者は1人ずつ、ひつぎの置かれた部屋に入り拝礼した。

 天皇、皇后両陛下は慣例により参列せず、お舟入に先立ち弔問のため宮邸を訪問された。

 三笠宮さまの本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日午前10時から東京都文京区の豊島岡墓地で執り行われる。一連の葬儀は神道形式により、三笠宮家の行事として行われる。

 政府は三笠宮さまの葬儀の費用を国費でまかなうことを28日の閣議で了解した。

 政府はこれまでも、皇族の葬儀については「国家的弔意の対象としての公的性格を持つ」と位置づけ、墓の建設費を含めて国費でまかなっている。【高島博之】


三笠宮邸に入られる秋篠宮ご夫妻
時事通信 10/28(金) 19:50配信

848
「拝訣」のため、三笠宮邸に入られる秋篠宮ご夫妻=28日午後、東京・元赤坂の赤坂御用地(代表撮影)

(時事通信社)


三笠宮邸を出られる両陛下
時事通信 10/28(金) 19:50配信

847
弔問を終え、三笠宮邸を出られる天皇、皇后両陛下=28日午後、東京・元赤坂の赤坂御用地(代表撮影)

(時事通信社)


三笠宮邸に入られる皇太子ご夫妻
時事通信 10/28(金) 19:50配信

846
「拝訣」のため、三笠宮邸に入られる皇太子ご夫妻=28日午後、東京・元赤坂の赤坂御用地(代表撮影)

(時事通信社)


三笠宮さま「御舟入」=両陛下がお別れの弔問
時事通信 10/28(金) 19:50配信

 27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまの一般の納棺に当たる「御舟入(おふないり)」の儀式が28日夕、赤坂御用地(東京都港区)にある三笠宮邸で営まれた。

 喪主の三笠宮妃百合子さま(93)ら皇族方や親族が見守る中、宮邸の食堂に安置されたご遺体はひつぎに移された。

 これに先立ち、天皇、皇后両陛下も弔問のため午後3時半ごろ三笠宮邸を訪問。5分ほど滞在し、ご遺体とお別れをした。

 午後5時ごろ営まれた御舟入の儀式に続いて、ご遺体にお別れの拝礼をする「拝訣(はいけつ)」が行われた。百合子さまがひつぎのそばで見守る中、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻らも参列し、一人一人が三笠宮さまとお別れをした。

 三笠宮邸では28日以降、午前9時から午後7時まで一般の記帳を受け付けており、同日午後も雨が降る中、多くの人が記帳に訪れていた。宮内庁によると、同日の弔問者数は1030人に上った。本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日に豊島岡墓地(文京区)で営まれる。


三笠宮さま、「生前退位」容認を主張…終戦直後
読売新聞 10/28(金) 13:07配信

 27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまは、終戦直後の1946年、制定をめぐる議論が続いていた現行の皇室典範で、天皇の譲位(生前退位)を認めるよう主張した文書を作成されていた。

 「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」と題した文書で「天皇は皇室会議に対し譲位を発議することが出来る」という規定を提案された。新憲法が公布された同年11月3日付で、翌月には、当時の帝国議会で皇室典範案の審議を控えていた。

 三笠宮さまは、旧皇室典範が皇位継承の原因を天皇の崩御に限った点について「色々の紛争を避けるためにはよい」とする一方、新憲法が「基本的人権」を掲げた点を挙げ、天皇は国政について自己の意志を強行できず、拒否権すらなく、更に「死」以外に譲位の道が開かれないことに疑問を呈された。


三笠宮さま薨去 稲田朋美防衛相「大変悲しい」
産経新聞 10/28(金) 12:35配信

 稲田朋美防衛相は28日午前の記者会見で、三笠宮崇仁(たかひと)殿下の薨去(こうきょ)について「昭和の激動の時代を生きてこられて、そのときどきにさまざま、大変深いお言葉も発しておられた三笠宮さまがお亡くなりになったことは大変悲しい。国民全体としても悲しくて残念なことだと思う。皇室をはじめ、ご近親の方々の深いお悲しみを拝察申し上げ、ともに謹んで哀悼の意を表したい」と述べた。


三笠宮さま逝去、一般記帳始まる…弔問客が列
読売新聞 10/28(金) 11:37配信

845
逝去された三笠宮さまを悼み記帳する人たち(28日午前9時1分、東京・赤坂御用地で)=代表撮影

 27日に100歳で逝去された三笠宮さまを悼む一般の弔問記帳が28日、赤坂御用地(東京都港区)の三笠宮邸敷地内で始まった。

 ゆかりの人らが相次いで訪れ、三笠宮さまをしのんだ。

 宮邸前の仮設テントに設けられた記帳台には、開始時間の午前9時から弔問客が列を作った。

 元文部科学相で日本・トルコ協会副会長の遠山敦子さん(77)は、トルコ大使に就任した20年前から、オリエント史学者だった三笠宮さまと交流があった。宮邸に招かれ、トルコでの遺跡発掘調査の話を聞いたこともあり、じっと目を見て静かに語られる姿が印象的だったという。

 遠山さんは「戦中、戦後を毅然(きぜん)として生きられた立派な生涯だった。これまでのご指導に感謝したい」と冥福を祈った。

 赤坂御用地の近くに住んでいたことがある静岡県裾野市の主婦(64)は訃報を聞いて駆け付け、「激動の時代を生き抜き、戦争の記憶を伝えてくださる方を亡くしたのは悲しい」と悔やんだ。

 日本ラグビーフットボール協会の小西宏・事務局長(70)は、三笠宮さまが様々なスポーツの振興にも尽くされたことに触れ、「大変幅広くスポーツを愛していただき、親しみを感じていた。長寿を全うされ、心から『ありがとうございます』と言いたい」と話した。

 宮内庁によると、一般記帳の受け付けは午前9時から午後7時までで、当面の間行われる。28日夕には、ご遺体をひつぎに納める「お舟入(ふないり)」があり、皇族方が別れを告げられる。


三笠宮さま薨去 三笠宮さま弔問記帳始まる
産経新聞 10/28(金) 11:28配信

 三笠宮さまの薨去(こうきょ)を受けた一般の弔問記帳が28日、ご遺体が安置されている赤坂御用地(東京都港区)の三笠宮邸で始まった。午前9時の開門からゆかりのある人が三笠宮さまを悼み、別れを惜しんだ。

 元文部科学相で日本・トルコ協会副会長の遠山敦子さん(77)は「心から悲しいです」と沈痛な面持ちで語った。昨年11月、同協会名誉総裁を務めていた三笠宮さまの100歳の誕生日を祝った際には、にこやかでうれしそうな表情を浮かべられていたという。「いつもお人柄の良さが出ていました。いいご生涯だったと思います」と声を絞り出した。

 元駐仏大使だった木内昭胤さん(89)は平成2年ごろ、三笠宮さまと仏大使公邸で1週間ほど過ごしたという。三笠宮妃百合子さまと娘の近衛●(=ウかんむりの下に心、その下に用)(やす)子(こ)さん、千容(まさ)子(こ)さんの4人で滞在されたといい「大変気さくで、オリエントの話をしてくださった。残念です」と振り返った。

 静岡県裾野市の主婦、谷須美子さん(64)は赤坂御用地の近所で生まれ育ち、三笠宮さまのお姿を何度か見かけたことがあったという。「親近感を持っていました。昭和の大変な時代を知っている皇族の方が減ってしまうことは悲しいです」と声を震わせた。

 記帳は当面、午前9時から午後7時まで続けられ、希望者は徒歩で御用地の南門から入る。身分証明書の必要はなく、受付期間中は土日や祝日も記帳できる

2016年10月27日 (木)

三笠宮崇仁殿下ご薨去・3

昭和天皇の末弟で、天皇陛下の叔父にあたられる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)殿下が27日午前8時34分、心不全のため、入院先の東京都中央区の聖路加国際病院でご薨去(こうきょ)された。100歳だった。

笠宮崇仁殿下は皇位継承順位は第5位で、明治以降の皇族では最高齢。

本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日に文京区の豊島岡墓地で営まれる。喪主は妻の百合子妃殿下が務められる。

謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

伝達するニュースの数が多くなりましたので分割します。
最初の記事はこちら
2番目の記事はこちら

リンク:三笠宮さまに弔詞奉呈=参院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:逝去悼み、記帳=ゆかりの人ら次々と―三笠宮邸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>一般向け弔問記帳始まる 赤坂御用地 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さまに弔詞奉呈=参院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま悼み記帳する人たち - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま逝去で記帳する人たち - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮崇仁親王殿下が薨去 100歳、昭和天皇の弟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【三笠宮さま薨去】ゆかりの信州、悲しみ包む ご静養や遺跡視察で来県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【三笠宮さま薨去】飾らぬお人柄しのぶ 千葉県内、悲しみの声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 「本当に尊敬できる方」 神奈川県内、悼む声相次ぐ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「また昭和が遠くなった」 三笠宮さま薨去 在りし日しのび各地から哀悼 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 「雰囲気和やか」人柄しのぶ 秩父神社でご植樹…埼玉県と縁深く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま 山梨県内にも悲しみ 2回の公式来県 知事「心からご冥福」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 宗像・沖ノ島ご視察「ここは日本の原点だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 黙祷…静岡県内深い悲しみ 知事「哀悼の誠」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 茨城県内から悲しみの声 「写真ご一緒に」「残念…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 「細やかな気遣い印象」 東北、悲しみ広がる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 気さくでご趣味多く ダンス・「童謡の宮さま」… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 昭和天皇の弟 100歳、皇族最高齢 来月4日に「斂葬の儀」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さまのご発言 「皇族は外交官」「国民あっての皇室」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 「本当に寂しい」悼む声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 朝食後、ご容体急変 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 学者殿下、平和ご希求 皇族方、悲しみ広がる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 オリエント史研究、譲位ご提案も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 ご子息3方を見送られる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 激動の時代生き抜かれ 昭和天皇のご聖断にお立ち会い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 夫唱婦随、辛苦ともに 百合子さまにみとられ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 継承資格4皇族に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 伝統踏まえご葬儀 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま逝去、昭和天皇の末弟、100歳 皇族最長寿 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「斂葬の儀」11月4日に豊島岡墓地で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>皇室典範制定時 「生前退位」規定主張 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>護衛付けずに1人で外出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>将校から史家に 11月4日に斂葬の儀 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

三笠宮さまに弔詞奉呈=参院
時事通信 10/28(金) 11:17配信

844
参院は28日午前の本会議で、逝去された三笠宮さまに弔詞を奉呈することを全会一致で決めた。伊達忠一参院議長は「誠に哀悼に堪えない。参院はここに恭しく弔意を表し奉る」との弔詞を朗読した。

(時事通信社)


逝去悼み、記帳=ゆかりの人ら次々と―三笠宮邸
時事通信 10/28(金) 11:16配信

 三笠宮さまの逝去から一夜明けた28日午前、赤坂御用地(東京都港区)にある三笠宮邸で一般記帳の受け付けが始まり、ゆかりのある人々らが次々と訪れて三笠宮さまの死を悼んだ。

 
 元トルコ大使で、三笠宮さまが名誉総裁を務めた日本・トルコ協会副会長の遠山敦子元文部科学相は「長年にわたり日本と中東諸国との関係を築いてこられ、現地でも非常に尊敬されていた」と振り返った。昨年、協会メンバーで100歳のお祝いをした際に会ったのが最後だったといい、「とてもにこやかないい顔で、人生の深みを感じた」と話した。

 かつて赤坂御用地の近くに住んでいたという静岡県裾野市の主婦谷須美子さん(64)は「お見掛けしたこともあり、とても身近に感じていたので親を亡くしたような気持ち。また一つ昭和が終わってしまった気がします」と残念そうな様子だった。


<三笠宮さまご逝去>一般向け弔問記帳始まる 赤坂御用地
毎日新聞 10/28(金) 11:05配信

 100歳で亡くなられた三笠宮さまを悼む一般向けの弔問記帳が28日、赤坂御用地(東京都港区)にある三笠宮邸で始まった。訪れた人は、三笠宮さまの気さくな人柄や、外国との友好などに尽力された活動をしのび、別れを惜しんだ。

 記帳は、宮邸前の仮設テントで午前9時に始まった。トルコ大使を務めたことを機に20年来の交流がある遠山敦子さん(77)は「トルコや考古学に深い知見をお持ちで、日本と中東諸国の絆を築かれた。三笠宮さまのおかげで日本とトルコの関係を深められた」と振り返る。「戦中戦後の難しい時代を毅然(きぜん)と生きられた立派なご生涯だった」と話した。

 三笠宮さまが名誉総裁を務めていたころの日蘭協会の活動に携わっていた曽武川栄一さん(83)は「気どらなくて優しい、行動力のある方だった」と話す。「百合子妃殿下との仲むつまじい姿が印象的だった」と百合子さまの悲しみを思いやっていた。

 一般記帳は当面の間、午前9時から午後7時まで行われる。希望者は徒歩で御用地の南門から入る。【山田奈緒】


三笠宮さまに弔詞奉呈=参院
時事通信 10/28(金) 10:51配信

 参院は28日午前の本会議で、逝去された三笠宮さまに弔詞を奉呈することを全会一致で決めた。

 伊達忠一参院議長は「誠に哀悼に堪えない。参院はここに恭しく弔意を表し奉る」との弔詞を朗読した。


三笠宮さま悼み記帳する人たち
時事通信 10/28(金) 10:41配信

843
逝去された三笠宮さまを悼み記帳する人たち=28日午前、東京・元赤坂の赤坂御用地(代表撮影)

(時事通信社)


三笠宮さま逝去で記帳する人たち
時事通信 10/28(金) 10:41配信

842
逝去された三笠宮さまを悼み記帳する人たち=28日午前、東京・元赤坂の赤坂御用地(代表撮影)

(時事通信社)


三笠宮崇仁親王殿下が薨去 100歳、昭和天皇の弟
SankeiBiz 10/28(金) 8:15配信

 大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が27日午前8時34分、心不全のため、東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。100歳で、皇位継承順位は第5位であられた。戦時中は陸軍の軍人、戦後は古代オリエント史の研究者として活躍された。本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は約1週間後に東京都文京区の豊島岡(としまがおか)墓地で執り行われるとみられる。薨去により、皇室は19方、皇位継承資格者は4方となった。

 宮内庁は27日午前10時半すぎから、加地隆治宮務主管と名川弘一皇室医務主管が記者会見し、三笠宮さまの薨去を発表した。

 昨年12月に明治以降の皇族では初めて100歳を迎え、ご存命の中で唯一の大正生まれの男性皇族でもあられた。

 昭和天皇、秩父宮、高松宮の弟にあたられ、幼少期の称号は澄宮(すみのみや)。学習院初・中等科、陸軍士官学校を卒業後、陸軍騎兵学校、陸軍大学校へと進み、先の大戦中の昭和18(1943)年、お印の「若杉」から「若杉参謀」と名乗り、支那派遣軍参謀として南京に赴かれた。19(1944)年には大本営参謀となり、終戦時は陸軍少佐であられた。

 16(1941)年10月に高木正得(まさなり)子爵の次女、百合子さまと結婚し、寛仁(ともひと)親王殿下、桂宮宜仁(よしひと)親王殿下、高円宮憲仁親王殿下、●子(やすこ)さん(近衛忠★(ただてる)夫人)、容子(まさこ)さん(千宗室夫人)の3男2女をもうけたが、平成14(2002)年に高円宮さま、24(2012)年に寛仁さま、26(2014)年に桂宮さまを相次いで亡くされた。

 戦後は東京大学文学部の研究生となり、歴史学者の道を歩まれた。メソポタミア地方(イラク)の学術探検、トルコの古代遺跡視察のほか、友好親善や葬儀参列のため、北欧や東南アジアなども訪問し、戦後の皇室による国際親善に大きな足跡を残された。

 90歳を過ぎると体調を崩しがちになり、20(2008)年6月に急性心不全との診断を受けてご入院。21(2009)年と23(2011)年にも軽い心不全で入院された。寛仁さまが薨去された直後の24(2012)年7月には、心臓の僧帽(そうぼう)弁が十分に機能しないために血液が逆流する鬱血(うっけつ)性心不全と診断されて96歳で手術を受けられた。

 手術後は公の場に出る機会が減ったが、27(2015)年12月2日に100歳となり、28(2016)年1月2日には、皇居で行われた新年一般参賀で元気な姿を見せられた。しかし、5月16日に急性肺炎で同病院に入院後、心機能の低下が確認され、ご入院は約5カ月に及んでいた。

 最近は容体が安定していたが、27日午前7時40分ごろに容体が急変して同8時ごろに心停止となり、百合子さまが付き添われる中で息を引き取られたという。

●=ウかんむりの下に心、その下に用

★=火へんに軍


【三笠宮さま薨去】ゆかりの信州、悲しみ包む ご静養や遺跡視察で来県
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 ■「気さくな方」「寂しい限り」

 天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が27日、薨去(こうきょ)された。生前、ご静養のために軽井沢町に幾度も足を運んだり、訪れた土地の人々と親しく交流されたりと、信州とのゆかりが深かった三笠宮さま。県内は大きな悲しみに包まれた。

 阿部守一知事(55)は同日、「県民とともに謹んで哀悼の意を表します。三笠宮崇仁親王殿下は、長野県にたびたびお越しくださっておりました。昨年には百寿をお迎えになり、殿下の一層のご長寿を願っておりましたが、薨去されたことは誠に哀惜に堪えません。ご冥福を心からお祈り申し上げます」とする謹話を発表した。

 三笠宮さまはわけても軽井沢町を愛されていた。夏には毎年のようにご静養に訪れ、昭和30年には三笠地区に別荘も所有された。

 旧軽銀座にある明治39年創業の「土屋写真店」は、大正12年ごろから皇族の写真を撮り続ける。昭和、平成と時を経ても天皇、皇后両陛下が軽井沢町に入られた際、駅で町民らがお迎え、お見送りする様子を欠かさず見守ってきた。三笠宮さまは「また来たよ。よろしくね」と言って店に立ち寄られたこともあったという。

 3代目店主の町田夏子さん(79)は「気さくな方で、いつもお元気な姿を見せていただいた。ご高齢になっても精力的に公務をこなされていた」と振り返り「惜しい方を亡くしました。ご冥福をお祈りします」と声を振り絞った。

 同町の藤巻進町長(65)は「長く軽井沢を愛していただいた三笠宮さまが薨去され寂しい限りです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます」とコメントした。

 佐藤雅義前町長(79)にとっては、10年ほど前に軽井沢町に訪れた三笠宮さまと記念に撮影した写真が、かけがえのない宝物だ。

 「軽井沢を愛して頻繁に来ていただいた。写真の中の三笠宮さまも素敵な笑顔でいらっしゃる。残念でなりません」

 太古をしのび、縄文文化に精通した三笠宮さまは県内の遺跡発掘現場にも熱心に足を運ばれた。

 昭和39年9月、川上村の大深山(おおみやま)遺跡を視察された。発掘に携わった地元の人々の努力をたたえ、自らもスコップを手に住居址や石棒を掘り出された。

 当時、役場に入って2年目だった藤原忠彦村長(77)は軽井沢駅で三笠宮さまをお出迎えし、町会議長がハンドルを握る乗用車でお供した。藤原村長は、当時の光景が脳裏に焼き付いて離れないという。

 「村で住民全員が日の丸を手にお迎えしました。穏やかな方で、高齢者を激励されていました。考古学に詳しく、村民に溶け込んでおられた、お姿に大変感動しました。翌年、村民が感謝の気持ちで地元産イワナを宮家に届け、受け取っていだだきました。薨去されたのは本当に残念です。ご冥福をお祈りします」

 これに先立つ昭和29年7月には、茅野市の尖石(とがりいし)遺跡を視察し、地元の高校生たちとともに発掘調査に参加された。

 同市尖石縄文考古館の守矢昌文館長(59)は「貴重な遺跡の発掘に携わっていただいた。ご冥福をお祈りします」と語った。


【三笠宮さま薨去】飾らぬお人柄しのぶ 千葉県内、悲しみの声
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 「親しみやすく気さくな宮さまだった」-。27日の三笠宮祟仁(たかひと)親王殿下の薨去(こうきょ)の報に、県内でもその飾らないお人柄をしのぶ声が相次いだ。

 県レクリエーション協会や日本レクリエーション協会の会長も歴任した元沖縄開発事務次官の川村皓章氏(故人)は生前、日本協会総裁の三笠宮さまと親交があった。息子の川村博章・千葉市議(52)は、皓章氏から三笠宮さまとの親交を聞いていただけに「非常に残念です」と悼んだ。

 川村市議によれば、三笠宮さまは昭和36、40年に県のフォークダンス祭で来県されたという。「父がよくうれしそうに話していた。私も三笠宮さまの計らいで“ひげの殿下”(寛仁親王殿下)と一緒に馬跳びをして遊んだことがありました」と懐かしんだ。

 皓章氏は、三笠宮妃百合子さまの名前にあやかって娘を命名するなど、三笠宮さまを敬愛していたという。川村市議は「父が平成24年に亡くなった際は花を手向けてくださるなど、家族一同お心遣いに感じ入りました」と、身近に感じていただけに落胆の様子だった。

 東金市田間の千葉学芸高校(旧東金女子高)には昭和53年、同校で行われている特徴的な手芸の授業見学に三笠宮さまが訪問された。当時を知る学校関係者はいないが、高橋邦夫校長は、当時の校長で父の美光(よしみつ)氏(故人)が三笠宮さまのご訪問を受けて誇らしそうだった様子を覚えているという。「どの高校でもあることではない栄誉だ」と聞かされていた。

 三笠宮さまは同校に朝早く到着し、校長室で朝食を召し上がった。家政科の教諭が考案した、三笠の形をしたパンを用意したところ、三笠宮さまは感激されたご様子だったという。授業見学では、刺繍(ししゅう)を実習する生徒に「どんなところが大変ですか」などと話しかけられた。「1クラスだけでなく、いくつもの教室を回られ、話しやすく大変気さくな方だったようです」

 生徒からは三笠宮さまに、日本刺繍の額装をお贈りしたところ、大変お喜びになったという。あの日の光景は学校に関わる人々の励みとなった。高橋校長は「生徒にとっても素晴らしい経験だった。大変敬愛していたので悲しみは深いです」としのんだ。


三笠宮さま薨去 「本当に尊敬できる方」 神奈川県内、悼む声相次ぐ
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 27日に薨去(こうきょ)された三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下は、心血を注いだ古代オリエント史の研究などを通じ、県内の関係者とも長く交流されてきた。三笠宮さまの人柄に、身近に触れた人々からは「本当に尊敬できる方でした」と悼む声が聞かれた。

 横浜ユーラシア文化館(横浜市中区)に平成15年と17年に来館された際に案内した主任学芸員の福原庸子さんは「(三笠宮さまは)日本オリエント学会の会長で、世界レベルの研究者。1つの展示室を30分以上もじっくりとご覧になっていました。温かいお人柄で、研究者はみな尊敬しておりました」と語った。

 そのうえで福原さんは「われわれが、研究に対する熱いお気持ちを引き継いでいかなければならないと改めて感じています」と表情を引き締めた。

 俳句を通じて両親とご交流があり、その後も交流を続けた鎌倉ユネスコ協会会長で、鎌倉市の高徳院住職の母、佐藤美智子さん(81)は「鎌倉市に住んでいた俳人の高浜虚子と三笠宮さまが俳句の会を作っており、高徳院でも俳句を詠まれていた。とても気さくなお人柄で、(三笠宮さまが)東京女子大で教鞭(きょうべん)をとっていたときには、女子学生を連れて、ふらりと自宅を訪ねて来られたこともありました」と振り返る。

 シルクロードをテーマにした日本画家の平山郁夫さんが市内在住だったこともあり、「平山先生とは熱心にいろいろと歴史の話をされていたようです。平山先生をテーマにした講演会が高徳院でありますが、三笠宮さまと交流のある方々が集まる機会もあり、皆、悼む気持ちでしょうね」と肩を落とした。

 黒岩祐治知事は「914万県民とともに、ここに心からお悔やみ申し上げます」とするコメントを発表した。


「また昭和が遠くなった」 三笠宮さま薨去 在りし日しのび各地から哀悼
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 27日薨去(こうきょ)された三笠宮さまをしのび、都内のゆかりの地ではさまざまな形で、哀悼の意を表した。

 立川市の国営昭和記念公園内にある「昭和天皇記念館」(同市緑町)は、「崇仁(たかひと)親王殿下の薨去に接し謹んで哀悼の意を表します」と張り紙を入り口脇の掲示板に張り出した。

 同館では開館10周年特別展示「思い出の昭和天皇」を開催中。妻と訪れた中野区の土地家屋調査士、中村文康さん(68)は「残念です。今日は特別展示を見て感慨に浸りましたが、またひとつ昭和が遠くなった気がします」と寂しそうに語った。

 三笠宮さまのご発意で創設され、中近東の歴史・文化を研究、公開している三鷹市の「中近東文化センター」(同市大沢)は、ポールに半旗を掲げて哀悼の意を示した。職員によると、休館日だったが、薨去を知り半旗を掲げたという。

 三笠宮ご夫妻が昭和31(1956)年にスリランカを訪問したことを記念して日本に贈られたスリランカゾウ「アヌーラ」は、日野市の多摩動物公園(同市程久保)で国内のアジアゾウでは最高齢の63歳(推定)となった今も元気に過ごしている。

 平成19年5月に同園で開かれたアヌーラの「来日50年を祝う会」には、日本スリランカ協会名誉総裁の三笠宮さまがご夫妻で出席され、宮さまは再会を楽しまれたという。

 上野動物園の金子美香子課長は当時、多摩動物公園の係長として式典のとりまとめを担当。「三笠宮さまはゾウ舎にもおいでになり、柵越しにお祝いのバナナを投げ入れてくださいました。少し距離があるので心配しましたが、ちゃんと届いてアヌーラがおいしそうに食べたことが忘れられません」と振り返った。


三笠宮さま薨去 「雰囲気和やか」人柄しのぶ 秩父神社でご植樹…埼玉県と縁深く
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 現皇室最高齢の100歳で27日に薨去(こうきょ)された三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下。昭和63年のさいたま博覧会では名誉総裁を務め、秩父宮家ゆかりの秩父神社(秩父市)ではケヤキを植樹されるなど、埼玉と縁が深かった。県内は哀悼の意に包まれ、関係者らはその気さくなお人柄をしのんだ。

 県によると、三笠宮さまは昭和53年の県レクリエーション大会(上尾市)や、56年の全国レクリエーション大会(東松山市など)の式典にご夫妻で臨席されたほか、さいたま博覧会(熊谷市)をご視察。平成13年には彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市)でベルギーのダンスカンパニー、ローザスの「ドラミング」を私的に鑑賞されている。

 4年5月には秩父神社をご参拝。案内した薗田稔宮司(80)は「兄の秩父宮さまと縁が深い秩父神社を、大事に考えてくださっていた」と話した。

 薗田氏は東京大の学生時代、教授だった大畠清氏の下で宗教学を学ばれた三笠宮さまと交流があったといい、「気さくで和やかな雰囲気は、当時とお変わりなかった」と振り返った。

 三笠宮さまは社殿西側に高さ約1・5メートルのケヤキをお手植えされ、同神社では秩父宮家、高松宮家のイチョウとともに3宮家のお手植えが実現。ケヤキは約5メートルに成長しているという。

 「お年がお年なので、来るべきときが来たという思いもあるが、残念だ」と薗田氏。天皇陛下が意向を示された譲位については「皇族であり、ご発言できなかったことは心残りだったのではないか」と推察した。

 「天寿を全うされたと思う。時代の区切りを迎えたと感じる」。三笠宮家由来の盆栽を預かる「九霞(きゅうか)園」(さいたま市北区)の3代目、村田行雄氏(45)はこうしのんだ。

 同園は初代園主の久造氏が昭和4年に開設し、三笠宮さまは33年に訪問された。皇居の盆栽を担当していたことが縁で、約30年前に三笠宮さまから黒松を預かり、管理を続けている。

 村田氏は「時代の変化とともに盆栽は皇族と縁遠くなりつつある。盆栽と皇族との本当の結びつきの時代が終わったのかもしれない」と話した。


三笠宮さま 山梨県内にも悲しみ 2回の公式来県 知事「心からご冥福」
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が薨去(こうきょ)された27日、県内にも悲しみが広がった。県によると、三笠宮さまは昭和61年に開催された「かいじ国体」と、昭和45年の「全国リクリエーション大会」の際に、ご視察などで計2回、公式に来県された。

 後藤斎知事は同日、「ご薨去の報に接し、深い悲しみの念を禁じ得ません。全国リクリエーション大会、かいじ国体の際にご来県され、県民と親しく接していただきました。県民とともに、心から安らかなるご冥福をお祈り申し上げます」と謹話を発表。薨去を悼んだ。

 後藤知事は謹話で「古代オリエント史の分野で、幾度となく現地での発掘作業に携われるなど、ご熱心にご研究をなさるお姿には、深い感銘を覚えたことを記憶しています」と三笠宮さまのお人柄にも触れた。

 三笠宮さまは、かいじ国体の際に大月、都留など県東部を中心に視察し、バスケットボールや高校野球を観戦された。

 県秘書課員として皇室を担当した山村武敏・出納局主幹(57)は、「三笠宮さまのご先導をさせていただいた。ご休憩でソファにお座りになったときの気品と優雅さに感動した」と振り返る。

 ご視察の皇族と言葉を交わすことができるのは、案内役などごく一部の人だが、三笠宮さまはご日程を終え、車のドアが閉められる際、若かった山村さんに「ありがとう」と優しくお声をかけられたという。

 山村さんは「100歳のご長寿を全うされたと思うが、もっと長生きしていただきたかった」と話した。


三笠宮さま薨去 宗像・沖ノ島ご視察「ここは日本の原点だ」
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮さまは、九州・山口を複数回、訪問された。

 昭和44年10月に「海の正倉院」と呼ばれる玄界灘の孤島、沖ノ島(福岡県宗像市)の第3次学術調査を視察された。

 沖ノ島には、宗像大社の「沖津宮」があり、島全体が神域となっている。

 上陸する際には、全裸で海に入り、みそぎをするのがしきたりだ。

 三笠宮さまは船で島に到着すると、あっと言う間に服を脱ぎ、海に飛び込まれたという。

 沖ノ島からは銅鏡や武器、装身具、馬具、金属製品など約8万点が出土し、後に国宝に指定された。

 三笠宮さまは古代オリエント史の研究者だった。西域の影響を受けた陶器「唐三彩」の破片を見て、大変喜ばれたという。

 九州大の研究生として調査団に加わった松本肇氏(74)=宗像市在住=によると、夕食後、調査団員を前に30分ほど話をされた。

 「ここは日本の原点だ。絶えることのない文化が守られている。私も皆さん方と同じく、みそぎをさせていただけたことを、非常にうれしく思います」

 こう熱っぽく語られたという。

 松本氏は「熱心に出土品をご覧になっていた。お心の豊かな方だと感じました」と振り返った。

 三笠宮さまは、視察で抱かれた思いを昭和50年の宮中歌会始の儀で詠まれた。

 「沖ノ島 森のしげみの岩かげに 千歳ふりにし 神祭りのあと」

 宗像大社の境内には歌碑がたたずむ。

 41年9月には、熊本県の天草諸島と九州本土を結ぶ天草五橋の開通式に、ご夫妻で出席された。

 台風接近に伴う、悪天候の中だったが、当時の県知事らとテープにハサミを入れられた。「心からお喜びします。経済発展の契機をつかんだ島民が一致して、島の発展に尽くすよう要望します」とのお言葉を残された。

 熊本県の蒲島郁夫知事は「薨去の報に接し、深い悲しみでいっぱいです。改めて県民とともに謹んで哀悼の意を表します」との謹話を発表した。

 平成16年には、山口県岩国市を訪問し、錦帯橋の架け替え完成を祝う式典に出席された。

 元東京芸術大学学長で彫刻家、澄川喜一氏が式典に誘ったという。三笠宮さまは同大の客員教授でもあった。

 澄川氏は「私の東京での展覧会にもご出席いただくなど、長い付き合いをさせていただいた。庶民的なお人柄で毎年、忘年会でお目にかかるのを楽しみにしていた。残念でなりません」とコメントした。


三笠宮さま薨去 黙祷…静岡県内深い悲しみ 知事「哀悼の誠」
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が薨去(こうきょ)された27日、県内も深い悲しみに包まれた。

 川勝平太知事は、「この深い悲しみの中で、静岡県民とともに三笠宮殿下の御霊の安からんことを願い、深く哀悼の誠をささげます」とする談話を発表。静岡市の田辺信宏市長は同日の定例会見で、「静岡市を代表して謹んで哀悼の意を表します。大変悲しいことです」と述べた。

 三笠宮さまがご公務で本県を訪問されたのは、平成14年4月が最後。このときは静岡市駿河区の県立美術館で開催された「大トルコ展」をご覧になった。

 27日は、三笠宮家の彬子さまが同区で開かれた「世界お茶まつり2016」の開会式にご臨席の予定だったが、京都駅で新幹線に乗り込まれた後に三笠宮さまご薨去の一報を受け、急遽(きゅうきょ)ご訪問が中止になった。

 世界お茶まつりの会場では、彬子さまのお言葉を川勝知事が紹介し、その後、参加者全員が黙祷(もくとう)をささげた。


三笠宮さま薨去 茨城県内から悲しみの声 「写真ご一緒に」「残念…」
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が薨去(こうきょ)されたことを受け、県内からも27日、悲しみの声が上がった。

 三笠宮さまは昭和61年、ひたちなか市の笠松運動公園で行われた県レクリエーション協会の創立20周年記念式典に出席された。

 当時同協会の副理事長を務めていた、松吟寺(常陸大宮市下町)の松浦好道住職(78)は「気さくで、親しみやすい方だった。式典ではお祝いの言葉をいただき、みんなでフォークダンスを踊った。写真も一緒に撮らせていただいた」と振り返る。「とても残念。国民の中に溶け込んでこられるような方で、大好きでした」と話した。

 橋本昌知事は「東日本大震災の際には、殿下からお見舞金を賜り、その温かいお心遣いは、県の復旧、復興の大きな励みになった。突然お亡くなりになったことは、誠に残念であり、哀惜の念を禁じ得ない」とのコメントを発表した。

 県秘書課によると、三笠宮さまは昭和5年に神栖市の息栖神社に参拝されたほか、43年に水戸市内で開催された第1回茨城県レクリエーション大会にご出席。44年には鹿島港開港式典に出席するため来県された。


三笠宮さま薨去 「細やかな気遣い印象」 東北、悲しみ広がる
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が27日、心不全のため、薨去(こうきょ)された。東北でも三笠宮さまと親交のあった人々が薨去を悼み、各地に深い悲しみが広がった。

 「十数年前まで年2回、お住まいを訪ねてお話しなどをさせてもらっていた」と話すのは福島県西郷村の林愼平さん(71)。

 元衆院議員の祖父が、三笠宮さまと親交があったことが縁といい、「今朝、知らせがあり、突然のことでびっくりした」と声を詰まらせた。

 三笠宮さまと、愼平さんの祖父、平馬さん(故人)の親交は陸軍大学校時代にさかのぼるという。また、愼平さんの父が創業した養魚場の敷地内に、同県塩川町(現喜多方市)にあった平馬さんの居宅を移築した際、三笠宮さまが宿泊されたこともあった。約40年前のことという。

 さらに、昭和45年12月、愼平さんの挙式にあたって三笠宮さまは「御両人の平和国家にふさわしい新家庭の建設を期待いたします」との言葉を贈られた。

 愼平さんは「諸事に細やかな気遣いをなさる三笠宮さまがとても印象に残っている」と振り返った。その上で「大変なご苦労もあったと思うが、100歳まで、よく頑張られたと思います」と話した。

 ■「だまこ鍋」に舌鼓

 三笠宮さまは昭和34年8月、秋田県五城目町で開かれた全国高校レスリング大会をご視察。当時の加賀谷力司町長の自宅に宿泊した際に、召し上がった郷土料理「だまこ鍋」を「大変おいしい」と気に入られたという。

 だまこ鍋は、ご飯をつぶして丸めた「だまこもち」や鶏肉、野菜などを、鶏肉のだしで煮る農家の家庭料理で、客が来た際に鶏をつぶしてもてなしたのが由来という。

 三笠宮さまのご様子から加賀谷町長が地元の料亭「松竹」に商品化を勧め、今では郷土料理として有名になった。当時の様子を知る同店の女将(おかみ)、鐙満子さん(74)は「町長の自宅の庭で鍋が出されて、多くの人がいらしてにぎわったそうです」と話す。

 ■村井知事も弔意

 各県の知事も薨去を悼む謹話を発表するなど、弔意を示した。非公式行事も含め10度訪問された青森県の三村申吾知事は「本県スポーツ、レクリエーション活動の振興等に多大なご尽力をいただきました。県民とともに衷心より哀悼の意を表すものであります」との謹話を発表した。

 山形県には8回、岩手県は6回ご訪問。山形県の吉村美栄子知事は「皇室をはじめ、ご近親の方々の深いお悲しみを拝察申し上げ、県民とともに謹んで安らかなるご冥福をお祈り申し上げます」とコメントした。

 岩手県の達増拓也知事は記者会見で「大変悲しいことで、つらい思いをしております。謹んでご冥福をお祈りしたいと思います」と弔意を示した。宮城県の村井嘉浩知事も「ご来県の折には多くの県民と親しくふれあっていただきました。県民とともに、慎んで心から哀悼の意を表します」との謹話を出した。


三笠宮さま薨去 気さくでご趣味多く ダンス・「童謡の宮さま」…
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

841
東京国際ブックフェアの会場を見学される三笠宮さま。トルコの出展者らと歓談された=平成14年4月(写真:産経新聞)

 三笠宮さまは、若者たちにまじってダンスのステップを踏まれるなど、庶民的でフランクな人柄で知られた。作詞や俳句、登山など趣味も幅広く、多彩な横顔をお持ちだった。

 「殿下は気取りのない気さくな方。ダンスのステップがとてもきれいだったのが印象的だった。正月にお会いしたときはお元気だったのに…」。「品川区フォークダンス協会」(東京)の高須みちよ理事長(78)は、そう残念がった。

 高須さんによると、同協会創立当時の昭和25年に三笠宮邸が同区にあった縁で会員があいさつに行った際、三笠宮さまから「(戦後の)廃虚の中ですけど頑張りなさい」と励ましがあり、創立大会にもご夫妻で出席された。毎年12月の定期大会に5年おきに出席し、フォークダンスを楽しまれたという。

 また、三笠宮さまが考案された「スケートフォークダンス」を通じて約50年間交流があった金子恵以子さん(74)=東京都文京区=は、「人間的な魅力にあふれた方。真摯(しんし)なお人柄とともに、ユーモアもおありだった」と振り返った。

 金子さんは「温厚で細やか。レディーファーストも心得ておられ、エレベーターで必ず女性を先に乗せていただいた。お付き合いの機会に恵まれ、感謝、感激しかない」。

 ダンス以外にもさまざまな顔をお持ちだった。幼少期についたニックネームは「童謡の宮さま」。

 〈月夜の空を雁飛びて 宮くん御殿でそれ見てる〉

 これは、6歳前後の頃に作詞された「月と雁」という童謡だ。ほかにもいくつもの作詞があるほか、多くの俳句を詠まれている。

 昭和30年には皇族として初の大学(東京女子大)講師となり、東京芸術大、青山学院大などでも教壇に立たれた。ラジオやテレビにもご出演。東京女子大への通勤はもっぱら国鉄(現JR)を利用された。学食では学生らと一緒にしばしば1杯20円のきつねうどんを食べられ、メニューは「宮さまうどん」などと呼ばれるようになったという。


三笠宮さま薨去 昭和天皇の弟 100歳、皇族最高齢 来月4日に「斂葬の儀」
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

840
薨去された三笠宮崇仁親王殿下=平成15年2月(写真:産経新聞)

 大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が27日午前8時34分、心不全のため、東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。100歳で、皇位継承順位は第5位であられた。戦時中は陸軍の軍人、戦後は古代オリエント史の研究者として活躍された。本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日に東京都文京区の豊島岡(としまがおか)墓地で執り行われ、三笠宮妃百合子さまが喪主を務められる。薨去により、皇室は19方、皇位継承資格者は4方となった。

 大正4年12月2日のご誕生で、昨年12月に明治以降の皇族では初めて100歳を迎え、ご存命の中で唯一の大正生まれの男性皇族でもあられた。昭和天皇、秩父宮、高松宮の弟にあたられ、幼少期の称号は澄宮(すみのみや)。学習院初・中等科、陸軍士官学校を卒業後、陸軍騎兵学校、陸軍大学校へと進み、先の大戦中の昭和18年、支那派遣軍参謀として南京に赴かれた。19年には大本営参謀となり、終戦時は陸軍少佐であられた。

 16年10月に高木正得(まさなり)子爵の次女、百合子さまと結婚し、寛仁親王殿下、桂宮宜仁(よしひと)親王殿下、高円宮憲仁親王殿下、●子(やすこ)さん(近衛忠★(ただてる)夫人)、容子(まさこ)さん(千宗室夫人)の3男2女をもうけたが、平成14年に高円宮さま、24年に寛仁さま、26年に桂宮さまを相次いで亡くされた。

 戦後は東京大学文学部の研究生となり、歴史学者の道を歩まれた。イラク・メソポタミア地方の学術探検、トルコの古代遺跡視察など皇室による国際親善に大きな足跡を残された。

 90歳を過ぎると体調を崩しがちになり、寛仁さまが薨去された直後の24年7月には、鬱血性心不全と診断されて96歳で手術を受けられた。5月16日に急性肺炎で同病院に入院後は心機能の低下が確認され、ご入院は約5カ月に及んでいた。

●=ウかんむりの下に心、その下に用

★=火へんに軍


三笠宮さまのご発言 「皇族は外交官」「国民あっての皇室」
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 「だれでも音楽がはじまればじっとしておれず、踊り出すなにものかがほしい。(中略)世界がひとつにならねばならない現代においては、世界のすべての人たちが喜んで飛び出して踊れるもの、言葉が通じなくても、踊りで心と心とが通じ合ったら…」(昭和27年、『文芸春秋』秋の増刊号、フォークダンスにひかれた理由を聞かれて)

 「スポーツを通じてこの緊張した国際関係を緩和したいという念願こそ大会にかける私の期待だ。もちろんソ連の入国を拒否すればこの大会の意義もなくなるし、第一、世界選手権大会ではなくなってしまうから私が総裁をひきうけた意図も失われてしまったろう」(29年5月、東京での世界レスリング選手権大会で記者の質問に対して)

 「外国王皇族は外国語もペラペラで、政治、経済、スポーツなどについて広い意見を述べられる。それに対して日本の皇族が口の中でモガモガしゃべっているんじゃ対等の話ができない。皇族はその生活の半分以上を外国のお客さまの接待に過ごしているのだからある意味での外交官だ」(40年8月、渡米を前にした記者会見で)

 「国民あっての皇室だから、国民が皇室に何を期待するかが前提だ。皇室のあり方も、歴史の発展に沿って変わってきたのだし、これからも社会の変遷に即応していかなくてはいけない」(平成元年6月、平成皇室についての質問に対して)


三笠宮さま薨去 「本当に寂しい」悼む声
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮さまが27日に薨去された聖路加国際病院(東京都中央区)では、午前11時5分ごろ、ご遺体を乗せたとみられる車両が病院を出た。

 同病院に入院中の友人を見舞いに来た神奈川県海老名市の無職、今井祐賢(ゆうけん)さん(69)は「激動の時代を生きられ、大変な思いもなさったことでしょう。『お疲れさまでした』とお伝えしたい」と話した。同病院に通院している中央区の無職女性(81)は「ご病気でお苦しかったことでしょう」と悼み、「奥さまはお寂しいと思います」と三笠宮妃百合子さまを気遣った。

 お住まいの宮邸のある赤坂御用地周辺でも、悲しみが広がった。岐阜県山県市から旅行に来ていた主婦、山田香代子さん(63)は「季節の変わり目が、お体に響いたのでしょうか。言葉になりません。本当に寂しい。何とも言えない悲しい気持ちです」とショックを受けた様子で話した。練馬区の大学研究員の男性(64)は「この気持ちを、どのように表現したらいいのか」と言葉を詰まらせ、「皇室の大切な方が亡くなられたことを、大変悲しく思います。長い期間ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べた。


三笠宮さま薨去 朝食後、ご容体急変
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮さまが薨去されたことを受け、宮内庁は27日午前10時半すぎから記者会見を開いた。容体の変化を説明した名川弘一皇室医務主管によると、この日も朝食を取るなど前日と変わらぬ姿で、三笠宮妃百合子さまにみとられ、静かに最期を迎えられた。

 三笠宮さまは5月16日に急性肺炎で入院された後、症状が快方に向かったものの、6月中旬ごろからは慢性的な心不全の症状がみられるようになり、治療が続けられた。名川氏は「ご年齢からくる心機能の低下の進行はいかんともしがたかった」と説明した。

 一方で、「最近まで血圧は安定し、手足を動かされることもあった」(名川氏)といい、26日にも、同病院に検査入院してきた百合子さまと会話を交わされていたという。

 27日は朝食を取ったが午前7時40分ごろから心臓の拍動が徐々に遅くなり、同8時ごろに心停止するなど、ご容体が急変。百合子さまが病室に駆けつけられるのを待つようにして、静かに息を引き取られたという。100歳という長寿を全うされた背景について、名川氏は「健康を保てるだけの体力が若い頃からおありだった」と述べ、「宮邸では、運動を欠かされなかった」と振り返った。


三笠宮さま薨去 学者殿下、平和ご希求 皇族方、悲しみ広がる
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 大正天皇の第4皇男子で、27日に現皇室最高齢の100歳で薨去(こうきょ)した三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下は、戦前、戦中、戦後の混乱期と激動の時代を生き抜き、高度経済成長やバブルの崩壊など大きく移り変わるわが国の姿をつぶさに目撃してきた、まさに「歴史の生き証人」であられた。戦後は平和を願いながら長年公務に励み、気さくなお人柄で国民と皇室との懸け橋になられた。突然の薨去を多くの国民が悼み、ご失意の百合子妃殿下を気遣う天皇、皇后両陛下も深く悲しまれている。

                   ◇

 天皇、皇后両陛下は27日午後5時前、弔問のため、三笠宮邸がある赤坂御用地に車で入られた。薨去された聖路加国際病院(東京都中央区)から宮邸にご遺体が移された三笠宮さまとの別れを惜しまれた。

 宮内庁の山本信一郎長官らによると、両陛下にこの日、三笠宮さまの容体が伝えられたのは午前8時ごろ。

 名川弘一皇室医務主管から側近の侍従を通じ、心停止の危篤状態となられたことが報告された。朝食を取り終え、新聞に目を通されていたという。

 「すぐに見舞いに行けるだろうか」。両陛下はそう尋ねられたが、間もなく薨去の連絡が届いた。両陛下はすぐに「家族の別れの時間があるだろう」との気遣いを見せ、ご遺体が三笠宮邸に戻った後に弔問することにされたという。

 三笠宮さまが5月に入院された後、両陛下は「高齢である三笠宮さまのご容体を、常に気にかけられていた」(宮内庁関係者)。急性肺炎の症状が快方に向かった6月30日には、入院先の聖路加国際病院を見舞われていた。

 三笠宮さまのご遺体を乗せた車は午前11時5分ごろ、白バイの先導で病院を出発。

 スーツ姿の病院関係者10人以上が頭を下げて見送り、来訪者らも静かに手を合わせた。車は同11時15分ごろ、宮邸がある赤坂御用地に入った。

 その後、国旗を掲げた各国大使館の車などが頻繁に出入りした。昼過ぎには、弔問を終えたとみられる寛仁親王妃信子さま、常陸宮ご夫妻が御用地を車で出て、沈痛な面持ちで立ち去られた。

 両陛下のご弔問に続き、夕方には皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまも相次いで弔問に駆けつけ、三笠宮さまに悲しみの別れを告げられたという。


三笠宮さま薨去 オリエント史研究、譲位ご提案も
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮さまは、オリエント史の研究では皇族として初めて大学の教壇に立ち、テレビでも講義するなど「学者肌」の一面を持たれていた。今年、天皇陛下がお気持ちとして示された「譲位」についても、以前から言及されていた。

 三笠宮さまが「学者皇族」の道を歩まれたのは戦後から。昭和22年に東京大学文学部の研究生となって歴史学の分野に進み、アジアの広い地域の歴史を学ぶオリエント史を研究され、「オリエントの宮さま」と親しまれた。

 29年の日本オリエント学会創立を提唱し、会長にご就任。中近東文化センターと日本・トルコ協会では、ともに名誉総裁を務められてきた。同センターは54年、三笠宮さまのご発意により、古代中近東の研究機関として東京都三鷹市に創設され、トルコのカマン・カレホユック遺跡で発掘調査を進めてきた。

 日本で開催される複数のトルコ関連の展覧会で総裁を務め、同国の奥の深い歴史を紹介するなど、両国の懸け橋となられてきた。日本・トルコ間の国際親善に貢献した人物にトルコ政府から贈られる「アタチュルク国際平和賞」を平成元年にご受賞。受賞の際には「日本のトルコ関係者が一生懸命やっており、その代表者として賞をいただいたと解釈している」と喜びの気持ちを語られた。

 一方、三笠宮さまは昭和21年、現行の皇室典範を審議するにあたり、天皇が自らの意思で「退位」できるよう求める「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」という私案をまとめられている。

 崩御のみを譲位の条件とするのではなく、天皇陛下が意向を示されている「譲位」を認める内容だ。

 皇室典範は天皇や皇太子の成年を18歳とする一方で、結婚には「皇室会議の議を経ること」などの制限を課している。

 当時の政府は典範改正案が昭和天皇の裁可をすでに得ていたことを根拠に、三笠宮さまの私案を改正典範に反映させることを見送ったが、三笠宮さまが戦後間もない段階で、問題意識を持たれていたことがよく分かる。


三笠宮さま薨去 ご子息3方を見送られる
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 気さくで穏やかな人柄から「大殿下(おおでんか)」と呼ばれた三笠宮さまは、5人のお子さまに恵まれた。軍隊経験に基づく厳格な姿勢を貫く中で温かい家庭を築かれ、3人の親王方はいずれも独立してそれぞれの道を歩み、精力的に公務に取り組まれた。しかしその後は不幸にも、親王方全員に先立たれていた。

 平成14年11月には三男の高円宮さまが室内球技のスカッシュ中に突然倒れ、心室細動のため47歳の若さで薨去。約10年後の24年6月には、度重なるがんの手術を乗り越えてきた長男の寛仁(ともひと)親王殿下も亡くなられた。葬儀が営まれた同月には、翌日から入院された。

 三笠宮さまは、寛仁さまの本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」に車いすで参列したが、非常に悲しみ、涙を流されていたという。住まいから葬場へ向かう寛仁さまを見送る際には、体調不良を訴えて座り込まれる場面もあった。

 次男の桂宮さまは昭和63年5月に宮邸の寝室で倒れ、右半身まひなどの障害が残り、長年、車いすでご生活。平成20年9月に敗血症を発症してからは懸命に闘病生活を送っていたが、26年6月に薨去された。


三笠宮さま薨去 激動の時代生き抜かれ 昭和天皇のご聖断にお立ち会い
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 27日に薨去(こうきょ)した三笠宮さまは昭和天皇の末弟として長兄を支え、大正、昭和、平成の3つの時代を生き、歴史的な局面に数多く立ち会われてきた。

 昭和7年に陸軍士官学校予科にご入学。11年の二・二六事件で反乱部隊が襲撃した東京・赤坂の高橋是清邸は三笠宮邸のすぐ向かいにあった。

 三笠宮さまは市谷にあった士官学校の皇族用宿舎に滞在していたが、著書で当時を回想し「市街戦が始まると機関銃の弾丸がちょうど飛んでくる方向だな、と緊張した」と記されている。

 大戦中の18年には、お印の「若杉」をとって「若杉参謀」と名乗り、支那派遣軍参謀として中国・南京に赴かれている。

 19年1月からの大本営陸軍参謀時代には、陸軍内で東条英機首相を排除しようとする動きが浮上した。若手参謀から話を聞かれた三笠宮さまが「黙認した」と誤解され、首相暗殺計画に発展。三笠宮さまは「軍人として許せない行為」として憲兵隊に通報され、未遂に終わったとされる。

 終戦を3日後に控えた20年8月12日には、皇居の御文庫附属(ふぞく)室に高松宮はじめ皇族方とともに参集し、昭和天皇からポツダム宣言受諾の決心を下した「聖断」や、理由の説明を受けられている。

 同じころ、阿南惟幾陸軍相が空襲で全焼した三笠宮邸を訪問した際、昭和天皇にポツダム宣言受諾の翻意を促すよう訴えると、三笠宮さまは「陸軍は満州事変以来、大御心(昭和天皇の考え)に沿わない行動ばかりしてきた」と叱責されたと伝えられる。

 一方、戦後には自らが体験した軍の「実態」について皇族の立場から批判をされ、波紋が広がった。南京に赴任した18~19年の経験について、著書『帝王と墓と民衆』で、「かかる事変当初の一部の将兵の残虐行為は、中国人の対日敵愾(てきがい)心をいやがうえにもあおりたて、およそ聖戦とはおもいもつかない結果を招いてしまった」と述懐し、「求めるものはただ和平のみとなった」と述べられている。紀元節復活に学術的な視点から反対の立場を取られたこともあった。

 戦後間もなく歴史研究の道に進み、古代オリエント史の研究を続ける一方で、昭和天皇の代理として台風などで被害を受けた被災地にも多く足を運ばれた。

 28年に秩父宮、62年に高松宮が亡くなり、唯一残った弟宮として64年1月7日には、皇居・吹上御所で昭和天皇の崩御に立ち会い、「激動の時代」の終わりを見とどけられた。

 平成になってからは皇室の重鎮として天皇陛下のご即位をはじめ、皇室のご活動の移り変わりを見守られた。


三笠宮さま薨去 夫唱婦随、辛苦ともに 百合子さまにみとられ
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 次男の桂宮さまを、平成26年6月にご夫妻でみとられてから2年余り。三笠宮さまは長寿を全うし、常に寄り添ってきた最愛の妻、93歳の百合子さまが見守られる中で、静かに薨去(こうきょ)されたという。

 「やはり家内が一番大変です。私なんかはどうしていいかわかりませんので、ただ、アレヨアレヨとみているのみですが。結婚していってしまったら、寂しくなるでしょうね」

 三笠宮さまは昭和41年秋、長女の●子(やすこ)さん(近衛忠★(ただてる)夫人)の結婚を前にこう述べ、●子さんへの愛情とともに、百合子さまを頼りに思う気持ちをにじませられた。

 結婚60周年を迎えた平成13年10月22日夜には、東京・丸の内の東京銀行協会ビルでダイヤモンド婚式のパーティーをご開催。結婚70周年の23年10月22日に先立っては、ご夫妻それぞれが感想を文書で発表し、お互いへの感謝をつづられた。

 ご夫妻が文書をそろって公表されたのは、三笠宮さまが95歳、百合子さまが88歳だったこのときが初めてのことだった。

 三笠宮さまからのメッセージは「顧みれば、70年間、陰になり日なたになり私を助けてくれたのは、何といっても妻百合子であった」とする、おねぎらいから始まっていた。

 ご夫妻は開戦前夜の昭和16年に結婚。戦況が厳しくなる中で、新婚生活を送られた。結婚から1年余りがたつと、三笠宮さまは陸軍参謀として中国・南京へ赴任。百合子さまは三笠宮さまの活動を宮邸を守ることで支え、終戦前年の19年に生まれた●子さんを抱きながら、空襲に耐える日々を過ごされた。

 「妻は華族の出身であるが、皇族の生活は一段と厳しく、忙しいから、留守を守っていた妻の労苦は並々ならぬものであったに違いない」。三笠宮さまはご感想をこうつづり、激動の時代を過ごされた百合子さまへの思いを込められた。

 空襲で宮邸が焼失したため、三笠宮さまの帰国後は一時期、防空壕(ごう)で生活された。苦しい生活を強いられたが、「それを支えてくれたのも妻であった」。

 戦後、三笠宮さまが東京大学で歴史学を学んでいたころには、公務で参加できなかった授業の分のノートを友人からお借りになると、百合子さまが夜のうちに写されていたという。

 三笠宮さまは「過去の70年を振り返ってみるとき、百合子に対して感謝の言葉も見付からないほどである」と感想を結ばれ、百合子さまも「余(あま)り頑健(がんけん)でない私を、いつもいたわってくださった宮様のおかげで今日まで長生きできましたこと感謝の言葉もございません」と最上級の感謝をつづられていた。

●=ウかんむりの下に心、その下に用

★=火へんに軍


三笠宮さま薨去 継承資格4皇族に
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

 三笠宮さまの薨去により、天皇陛下と皇族方は19方となり、皇位継承資格を持つ男性皇族は4方となられた。

 寛仁親王殿下が平成24年6月に、桂宮さまが26年6月に薨去され、同年10月には高円宮妃久子さまの次女、典子さんが結婚により皇籍を離れたことで、皇族方の減少が一気に進んだ。

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、三笠宮さまの薨去にともない、安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」で皇位の安定継承の問題を扱うかを問われ、議論の対象としない考えを重ねて示した。菅氏は「天皇陛下が82歳とご高齢であることも踏まえ、公務の負担軽減に絞って議論をいただく」と強調。その上で、皇族の減少への対応に関しては「内閣官房皇室典範改正準備室でこれまでの議論の経緯を検証するなど、検討を行っている」と説明した。


三笠宮さま薨去 伝統踏まえご葬儀
産経新聞 10/28(金) 7:55配信

839
ご葬儀の主な流れ(写真:産経新聞)

 三笠宮さまのご葬儀は今後、皇室の伝統を踏まえて執り行われる。一連の儀式の始まりで、一般の納棺にあたる「御舟入(おふないり)」は28日。本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は、東京都文京区にある「豊島岡(としまがおか)墓地」で11月4日に営まれることが決まった。斂葬の儀では参列者が玉串(たまぐし)をささげて拝礼する「葬場(そうじょう)の儀」の後、ご遺体を火葬場に運んで火葬。再び同墓地に戻る。続く「墓所(ぼしょ)の儀」で同墓地に、ご遺骨が埋葬されることになる。

 天皇、皇后両陛下は、皇室の慣例により一連の儀式に参列せず、勅使を差し向けられる。


三笠宮さま逝去、昭和天皇の末弟、100歳 皇族最長寿
スポニチアネックス 10/28(金) 7:01配信

 昭和天皇の末弟で、天皇陛下の叔父に当たる三笠宮さまが27日午前8時34分、入院先の東京都中央区の聖路加国際病院で心不全のため亡くなられた。名前は崇仁。宮内庁によると、信頼できる記録上、皇族では最長寿の100歳だった。皇位継承資格がある皇族は皇太子さま、秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの4人に減った。本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日午前10時から東京都文京区の豊島岡墓地で営まれる。妻の百合子さまが喪主を務める。

 三笠宮さまは5月16日、急性肺炎で入院。宮内庁によると、27日午前7時40分ごろまでは安定した状態だったが、その後心機能が低下した。皇位継承順位は5位。三笠宮さまの死去で、天皇と皇族からなる皇室は19人になった。

 現在の皇族で唯一、軍務経験があり、太平洋戦争中は大本営陸軍参謀などを歴任した。満州事変での現地軍の独走など軍の在り方を批判。平和を希求する姿勢を鮮明にした。普段は気さくで穏やかな人柄から「大殿下」と呼ばれて慕われていた。古代オリエント史の研究者としても知られ、ダンスも得意だった。

 宮内庁の山本信一郎長官は会見で、皇族の減少が進んだ現状に触れ「大きな課題」との危機感を示した。皇室制度を巡り、政府は天皇陛下の生前退位の制度化へ向けた議論を優先。「女性宮家」創設など過去の政権が検討してきた皇族減少への対応の議論は後回しにする「二段構え」で臨んでいる。

 宮内庁は、天皇陛下と皇后さまら皇族が27日から7~90日、喪に服すと発表。両陛下や皇太子ご夫妻ら皇族は27日夕、相次いで宮邸を弔問に訪れた。また、11月1日に元赤坂の赤坂御苑で予定していた秋の園遊会の取りやめを決定した。27日に皇居・御所で予定していたフィリピンのドゥテルテ大統領との会見も中止となった。


「斂葬の儀」11月4日に豊島岡墓地で
読売新聞 10/27(木) 23:29配信

 宮内庁は27日、三笠宮さまの葬儀日程を決定した。

 喪主は妻の百合子さまが務められる。納棺に当たる「お舟入(ふないり)」が28日夕に、お墓の予定地の地鎮祭は29日午前に行われる。本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日午前10時から、東京都文京区の豊島岡(としまがおか)墓地で営まれる。


<三笠宮さまご逝去>皇室典範制定時 「生前退位」規定主張
毎日新聞 10/27(木) 23:10配信

 ◇終戦直後 当時の政府認めず

 三笠宮さまは1946年、「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」と題する意見書を作成し、新憲法のもとで制定される新しい皇室典範に天皇の「譲位(生前退位)」を認める規定を盛り込むよう主張されていた。

 吉田茂内閣は46年7月、諮問機関「臨時法制調査会」を設置。調査会は皇室典範について、明治期に制定された旧皇室典範を踏襲し、天皇の生前退位を規定しない要綱を答申した。三笠宮さまの意見書はこの答申に異論を唱えたものとされる。

 三笠宮さまは意見書で、天皇が亡くなった場合のみ皇位継承が行われることについて「『死』以外に譲位の道を開かないことは新憲法の『何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない』といふ精神に反しはしないか?」と疑問を呈した。内閣と天皇で「重大問題」について意見が異なった場合、「譲位といふ最後の道」は天皇に残しておく必要があると述べ、譲位が認められないならば「天皇は鉄鎖(てっさ)につながれた内閣の奴隷と化す」と指摘した。

 だが当時の政府はこうした立場をとらなかった。退位を認めない理由について政府は、天皇の地位を安定させるためと説明したが、戦争責任を問う声も上がっていた昭和天皇の退位を回避しようとした事情もあったとされる。国会審議で金森徳次郎国務大臣(当時)は「天皇一人の考えによって、その位を動くことは、国民の信念と結びつけると調和せざる点があるのではないか」と答弁している。

 皇室典範は衆議院と貴族院(当時)で可決され、新憲法と同じ47年5月3日に施行された。【高島博之、山田奈緒】


<三笠宮さまご逝去>護衛付けずに1人で外出
毎日新聞 10/27(木) 22:50配信

 三笠宮さまが、周囲の人たちに気付かれないまま、ビルの地下商店街を1人で歩かれている場面に遭遇したことがある。8年前の東京駅前だった。スーツ姿で紙袋を手にして、左右の店に視線を向けながらゆったりと歩を進められていた。あいさつすると、「おお、ご苦労様です」とおうようとした様子で応えてくれた。護衛もつけず1人で外出されることは知っていたが、不特定多数が行き交う場で出会ったのには驚き、かつ新鮮に感じた。

 「終戦後わたくしの生活環境は激変した。が、わたくしは楽しかった。三十になってたった一人で町をあるく楽しみをはじめて知ったわたくしは、運命のふしぎさをかみしめながら、だれにも気づかれずにコツコツと町をあるいてみたものである」。三笠宮さまが1956年に書いた「帝王と墓と民衆」に記されている「楽しみ」は92歳になっていても続いていた。「格子なき牢獄(ろうごく)」と表現した戦前とは違う環境を積極的に受け入れた。

 戦前の皇族身位令は、男性皇族は軍務につくと定めていた。中国戦線で見聞きした事実を基に、侵略主義に反省を求める文書を記したのは、戦時中の44年。戦時下の中国で、宣教師が1人で「愛」を説く姿に関心を持ち、キリスト教が誕生した古代オリエントへの興味につながった。

 戦後は東京女子大などで長く講師を務めたが、一般人とバス通勤するなど、皇族と市民の垣根を低くする役割も果たした。

 洒脱(しゃだつ)さも持ち合わせていた。旅先の宴席では、宿の浴衣姿で登場。やおら脱ぐとTシャツ、細身ズボンの全身黒ずくめの衣装で、マイケル・ジャクソンの「ビート・イット」のテープに合わせてラインダンスのように足を上げて踊った。「チントンシャン」のはやしに合わせてすり足で登場、日舞を披露したこともあったという。

 時には皇族という枠を越えながら自らの役割を考え続け、そして信念を貫き通した100年の生涯だった。【大久保和夫】


<三笠宮さまご逝去>将校から史家に 11月4日に斂葬の儀
毎日新聞 10/27(木) 22:47配信

 昭和天皇の末弟で天皇陛下の叔父に当たる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)さまが27日午前8時34分、入院先の聖路加国際病院(東京都中央区)で心不全のため亡くなられた。明治以降の皇族としては最も長寿の100歳だった。天皇陛下は同日から7日間の喪に服される。皇位継承順位が5位の三笠宮さまの逝去により継承資格を持つ男性皇族は4人となり、天皇陛下と皇族からなる皇室は19人となった。宮内庁は、本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」を11月4日に豊島岡墓地(東京都文京区)で執り行うと発表した。

 三笠宮さまは5月16日に急性肺炎で同病院に入院した後、肺炎の症状は治まったが、心機能の低下がみられたため入院を続けていた。容体の安定した状態が続いたが、27日朝に急変した。宮内庁によると、同日午前7時40分ごろから徐々に心臓の拍動が遅くなり、8時ごろ心停止の状態になった。同病院に検査入院していた妻百合子さま(93)がみとられた。

 三笠宮さまは、心臓の僧帽弁閉鎖不全を患い、96歳だった2012年7月に手術を受けた。車いすを使い、お住まいのある東京都港区の赤坂御用地で百合子さまと静かに暮らしていた。

 1915(大正4)年12月2日、大正天皇の四男として誕生した。幼名は澄宮(すみのみや)。終戦時は陸軍少佐だった。41年10月に子爵・高木正得(まさなり)氏の次女百合子さまと結婚。3男2女をもうけた。長男の寛仁さまは12年、次男の桂宮さまは14年、三男の高円宮さまは02年にそれぞれ亡くなられている。古代オリエント史の研究者としても知られ、東京女子大などで講師として教壇に立った。

 天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻らは27日夕、弔問のため三笠宮邸を訪れた。同日予定されていた天皇陛下と来日中のドゥテルテ・フィリピン大統領との会見は中止された。11月1日に予定されていた秋の園遊会などの行事も中止となった。宮内庁は天皇陛下が27日から7日間、喪に服すと発表した。皇后さまや皇太子ご夫妻ら皇族方も7~90日の喪に服す。【高島博之、山田奈緒、古関俊樹】

三笠宮崇仁殿下ご薨去・2

昭和天皇の末弟で、天皇陛下の叔父にあたられる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)殿下が27日午前8時34分、心不全のため、入院先の東京都中央区の聖路加国際病院でご薨去(こうきょ)された。100歳だった。

笠宮崇仁殿下は皇位継承順位は第5位で、明治以降の皇族では最高齢。

本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は文京区の豊島岡墓地で営まれる。宮内庁は現在、日取りなどの検討を行なっている。

謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

伝達するニュースの数が多くなりましたので分割します。
最初の記事はこちら

リンク:<三笠宮さまご逝去>学者として議論楽しむ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>市民との垣根低く 俳句に家庭多く詠み - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>スキー発展に尽力 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま、本葬は来月4日=喪主は妃の百合子さま―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>皇族減少、宮内庁「大きな課題」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>首相が哀悼の意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:100歳、平和願い…三笠宮さまがご逝去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:一般弔問記帳、28日から=三笠宮邸内で―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>一般向け記帳所 28日から設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇族や首相ら次々弔問=涙浮かべる記帳者も―三笠 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 両陛下、7日間ご服喪 秋の園遊会は中止、比大統領とのご会見も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、比大統領にメッセージ=三笠宮さま逝去で会見中止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、三笠宮邸を弔問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 衆参議長が謹話発表 「誠に痛惜の限り」「深い悲しみ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま 歴史ご探求 オリエントの宮さま 教壇に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 気さくなお人柄悼む 関西ゆかりの地 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま ご子息3方に先立たれ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「生前退位」ご提案 皇室典範 三笠宮さま私案 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま逝去で謹話=衆参議長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 安倍晋三首相「哀惜の意を表します」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 宮内庁会見(下)両陛下に「心停止」「薨去」をご報告 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:秋の園遊会中止、宮内庁発表…三笠宮さま逝去で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 両陛下は7日間ご服喪 秋の園遊会はお取りやめ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:秋の園遊会取りやめ=両陛下ら服喪―三笠宮さま逝去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>秋の園遊会を中止 宮内庁発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>九州・山口に足跡 宮崎神宮でお手植え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>冗談とユーモアで周囲なごませ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 宮内庁会見(上)午前7時40分ごろにご容体急変 百合子さまが病室で看取られ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 激動の時代を生き抜かれ 歴史ご探求「学者肌」の一面も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「穏やかな方、残念」=青い車で自宅へ―入院先病院・三笠宮さま逝去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>ダンススポーツ発展に尽力 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>飾らぬ素顔 カラオケやドラマ楽しむ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 自民・小此木八郎国対委員長代理「ご冥福をお祈りする」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>平和願い歴史探究 最後の皇族将校 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<三笠宮さまご逝去>学者として議論楽しむ
毎日新聞 10/27(木) 22:42配信

 昭和天皇の末弟で天皇陛下の叔父の三笠宮崇仁(たかひと)さまが27日、亡くなられた。多くの人々と分け隔てなく交流し、学問や趣味に真摯(しんし)に取り組む三笠宮さまの姿は、周囲の人たちの胸に深く刻まれている。親しく接した人からは、自由で気さくな人柄を懐かしむ声も聞かれた。

 三笠宮さまの提唱で1954年に設立した「日本オリエント学会」の前会長、鎌田繁・東大名誉教授(イスラム思想)は「体調がすぐれないと聞いてはいたが、とても残念に思う」と惜しんだ。

 三笠宮さまは、皇族としてではなく学者として学会に出席されているように見えたという。約30年前、学会の忘年会に出席した際、他の学者から「(三笠宮さまの)論文はおかしい点がある」と議論をふっかけられても、にこにこ笑いながら応じていたことをよく覚えている。鎌田さんは「みんなと同じ立場で議論するのを楽しんでいるようだった」と懐かしむ。

 設立60周年を迎えた2014年、三笠宮さまから学会にファクスでメッセージが届いた。後になって宮家の職員から「学会のことを気にされていて、いろいろな資料を読んでメッセージを書かれた」と聞き、鎌田さんは「高齢になられても学会のことを心配されている」と感じたと振り返る。

 三笠宮さまは戦争の経験から歴史学を学ぶことの重要性を感じ、東大文学部の研究生となった。学生として知り合った中根千枝・東大名誉教授(社会人類学)は「研究姿勢などとても真面目な方だった。入院されていたので心配していた」と声を落とした。

 中根さんは「初めは普通の人だと思ったが、三笠宮さまが教室に入ると講師が最敬礼しており、皇族だと後になって知った」と振り返る。講義の内容について話し合ったり、ノートを貸し借りしたりする仲だった。

 宮邸や別荘に呼ばれることもあり、交際は長く続いた。「体を鍛えていたからか、健康的な方だった」と話した。【伊澤拓也、町田徳丈】


<三笠宮さまご逝去>市民との垣根低く 俳句に家庭多く詠み
毎日新聞 10/27(木) 22:37配信

838
結婚から70年を迎えられた三笠宮さま、百合子さま=東京・元赤坂の三笠宮邸で2011年10月、宮内庁提供

 昭和天皇の末弟で天皇陛下の叔父の三笠宮崇仁(たかひと)さまが27日、亡くなられた。多くの人々と分け隔てなく交流し、学問や趣味に真摯(しんし)に取り組む三笠宮さまの姿は、周囲の人たちの胸に深く刻まれている。親しく接した人からは、自由で気さくな人柄を懐かしむ声も聞かれた。

 三笠宮さまは長年にわたり俳句を趣味とされ、妻の百合子さま(93)との合同句集を2冊出版した。2006年から約6年にわたって指導した毎日俳壇選者で俳人協会会長の鷹羽狩行(たかはしゅぎょう)さん(86)は三笠宮さまの俳句を「格調高く、観察眼も素晴らしい。また新しく作られた俳句を拝見したかった。残念でならない」と惜しんだ。

 ご夫妻で俳句を始めたのは1948年。俳人の星野立子らの指導を受け、57年に初めての合同句集「初雪」を出版した。

 06年10月からほぼ毎月、鷹羽さんの指導を宮邸で受けた。句について鷹羽さんが意味などを尋ねると、三笠宮さまは資料を持ち出して説明することもあった。鷹羽さんは「学者らしい方だ」との印象を受けたという。

 鷹羽さんは秀作の句には朱で丸をつけた。ある日、鷹羽さんが「何かご質問などございますか」と尋ねると、三笠宮さまが「もっと丸がほしい」と冗談まじりに話したことがほほ笑ましい思い出だという。

 ご夫妻が結婚70年を迎えた11年10月、鷹羽さんは記念に句集を出版することを勧め、150句ずつを収録した「夕虹」が12年に出版された。「夕虹」に収められた三笠宮さまの句には家庭や家族を詠んだものが多い。「短日や戻れば我が家灯の点り」「女子高の卒業証書見せに孫」など温かみを感じさせる句が数多く収録されている。戦争体験を詠んだ句には「枯野ゆく匍匐(ほふく)前進せしむかし」や「残雪の中の演習忘れ得ず」などがある。

 鷹羽さんの指導は、12年に三笠宮さまが入院するまで続いた。時には、三笠宮ご夫妻の案内で赤坂御苑内を俳句を作るため、散策を楽しんだこともあったという。鷹羽さんは約6年の交流を振り返り「温かな雰囲気でもてなしを受け、貴重な思い出になった。『夕虹』を読み返して、殿下のお人柄を振り返りたい」と話していた。【高島博之】


<三笠宮さまご逝去>スキー発展に尽力
毎日新聞 10/27(木) 22:25配信

 27日に亡くなられた三笠宮さまはスポーツ界との関わりも深かった。スキーでは、毎年3月に札幌市で行われる宮様スキー国際競技会のうち、ノルディック複合の大会が「三笠宮杯」として行われている。

 1994年リレハンメル五輪の複合団体金メダリストで、北海道名寄市の阿部雅司特別参与・スポーツ振興アドバイザーは「高校3年の宮様大会で少年組ながら成年組を抑えて初優勝し、賜杯をいただいた。僕の人生できっかけの大会で思い入れが強い。スキー界に宮様が力を注いでいただいたので残念」と話した。98年長野五輪スキージャンプ団体金メダリストで、雪印メグミルクスキー部の原田雅彦監督は「スキーの発展に尽力いただいた。大変残念です」と語った。【江連能弘】


三笠宮さま、本葬は来月4日=喪主は妃の百合子さま―宮内庁
時事通信 10/27(木) 22:21配信

 宮内庁は27日夜、100歳で亡くなられた三笠宮さまの葬儀関連行事の日程を発表した。

 本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は来月4日、東京都文京区の豊島岡墓地で執り行う。

 同庁によると、斂葬の儀は三笠宮家の行事として執り行われる。喪主は三笠宮妃百合子さま(93)が務める。


<三笠宮さまご逝去>皇族減少、宮内庁「大きな課題」
毎日新聞 10/27(木) 22:17配信

837
皇室の構成

 ◇政府内の議論は進まず

 三笠宮崇仁さまが逝去されたことに関し、宮内庁の山本信一郎長官は27日の定例記者会見で、皇族の減少が進んでいることについて「大きな課題。内閣でも検討いただいている状況だ」と述べた。政府は天皇陛下の生前退位などについての検討を優先し、皇族減少によって皇室が縮小しつつある問題への対応は先送りとなる見通しだ。

 皇位継承順位が5位だった三笠宮さまが亡くなったことにより、継承資格者は(1)皇太子さま(2)秋篠宮さま(3)秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(4)常陸宮さま--となった。天皇陛下と皇族からなる皇室は19人になった。

 憲法は皇位を世襲と規定し、皇室典範は継承資格者について「皇統に属する男系の男子」としている。女性の皇族は「天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる」と規定している。

 山本長官は会見で皇族が減っていることへの見解を問われ、「そういった皇統の問題がある。女性皇族が結婚されれば皇籍を離脱する。皇族が減少する問題が現在の皇室に存在しているとの認識は持っている。政治、内閣、国会の場で検討いただく問題」とした。

 一方、菅義偉官房長官は27日の記者会見で皇族減少問題に取り組む時期について「いたずらに検討を先延ばしするような問題ではない。それ以上のことを今の段階で申し上げることは控えたい」と述べるにとどめた。皇族減少問題を陛下の生前退位と同時に検討しない理由については「皇室制度についてはさまざまな議論がある。一緒にやると方向性を出すのに時間がかかり過ぎる」と説明した。

 皇室制度の改正を巡っては、2005年に小泉純一郎首相(当時)の有識者会議が女性・女系天皇を容認する報告書をまとめたが、翌年に秋篠宮ご夫妻に悠仁さまが誕生したことで棚上げになった。

 11年には民主党(当時)の野田佳彦首相(同)が女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設の検討を始めたが、反対も根強く立ち消えになった。民進党内には「女性宮家の問題は女性皇族の年齢を考えるとゆっくりしていられない」(岡田克也前代表)と早急な検討を求める声がある。【山田奈緒、田中裕之】


<三笠宮さまご逝去>首相が哀悼の意
毎日新聞 10/27(木) 22:13配信

836
衆院TPP特別委員会の冒頭、三笠宮崇仁さまのご逝去について、弔意を述べる安倍晋三首相=国会内で2016年10月27日午後1時5分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は27日の衆院環太平洋パートナーシップ協定(TPP)特別委員会で、三笠宮崇仁さまの逝去について「誠に哀惜に堪えません」と述べ、弔意を表した。また、「国際親善やスポーツ、医療福祉等の分野にわたり、皇族として重要な役割を果たされ、行事にご臨席の際には関係者を励まされるなど国民と親しく接せられました」と語り、人柄をしのんだ。

 首相はまた、「昭和時代からの長きにわたり、昭和天皇及び天皇陛下を助けられ、国の平和と国民の福祉のために貢献してこられました。国民と共に謹んで心から哀悼の意を表します」との謹話を発表した。【梅田啓祐】


100歳、平和願い…三笠宮さまがご逝去
読売新聞 10/27(木) 22:11配信

835
新年の一般参賀で、訪れた人たちに手を振られる三笠宮さま(2013年1月2日)

 昭和天皇の末の弟宮で天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)親王殿下は、27日午前8時34分、心不全のため、東京都中央区の聖路加国際病院で逝去された。

 明治以降の皇族では最高齢の100歳だった。天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻を始め、皇族方は同日、港区の三笠宮邸を相次いで弔問。大正、昭和、平成と生き抜き、平和と自由を重んじられた三笠宮さまとの別れを惜しまれた。

 宮内庁は27日午前10時半から加地隆治・宮務主管が記者会見し、三笠宮さまの逝去を発表した。

 同席した同庁の名川弘一・皇室医務主管によると、三笠宮さまは5月16日に急性肺炎で同病院に入院した際、心臓機能に低下が見られたため、退院せずに経過観察を続けていた。最近の容体は安定していたが、27日午前7時40分頃、徐々に心臓の拍動が遅くなるなど急変。同8時頃には心停止状態となり、同34分、妃殿下の百合子さまにみとられ、逝去が確認された。

 三笠宮さまは2006年頃、心臓の僧帽弁(そうぼうべん)閉鎖不全症と診断された。12年7月に急激に心臓機能が低下し、弁を修復する手術を受けられた。当時96歳の高齢者には異例の手術だったが回復し、15年12月2日に100歳の誕生日を迎えられた。

 三笠宮さまは1915年(大正4年)12月2日、昭和天皇、秩父宮、高松宮に続き、大正天皇と貞明皇后の第4皇子として誕生された。幼時の称号は澄宮(すみのみや)。32年(昭和7年)、学習院中等科4年を修了して陸軍士官学校、陸軍大学校に学び、先の大戦中は陸軍参謀などを務めた。

 戦後は大戦の反省に立ち、世の中を見つめ直すとの思いで中東などオリエント学者の道に進まれた。平和や自由を重んじ、大戦を「聖戦」と呼んだ軍部を批判。建国記念の日の制定に絡んだ「紀元節」復活の動きに学者の立場から反対されたこともあった。

 百合子さまとの間に寛仁さま、桂宮さま、高円宮さま、近衛寧子(やすこ)さん、千容子(まさこ)さんの3男2女をもうけられた。2002年11月に高円宮さま、12年6月に寛仁さま、14年6月には桂宮さまが亡くなり、3人の男子ともに先立たれた。

 三笠宮さまの逝去により、皇位継承権を持つ男性皇族は4人、皇族の方々は19人となった。昭和天皇の弟は3人とも亡くなられたことになる。

 天皇陛下は27日に予定していたフィリピンのドゥテルテ大統領との会見を取りやめたほか、11月1日に予定していた園遊会も中止された。三笠宮妃殿下の百合子さまは27日から90日間、三笠宮、高円宮両家の他の皇族方は30日間、喪に服される。天皇陛下と、両家以外の皇族方も、同日から7日間喪に服されるという。

 宮内庁は28日午前9時から一般の記帳を受け付けると発表した。赤坂御用地内の三笠宮邸敷地内の仮設テントで午後7時まで。入退門は徒歩で南門から。


一般弔問記帳、28日から=三笠宮邸内で―宮内庁
時事通信 10/27(木) 19:59配信

 宮内庁は27日、亡くなられた三笠宮さまの一般からの弔問記帳を、28日以降、東京・元赤坂の三笠宮邸内仮設テントで受け付けると発表した。

 時間は28日から当分の間、午前9時から午後7時まで。徒歩で赤坂御用地の南門から入退場する。


<三笠宮さまご逝去>一般向け記帳所 28日から設置
毎日新聞 10/27(木) 19:45配信

 宮内庁は、28日から当面の間、赤坂御用地にある三笠宮邸内の仮設テントに一般向けの弔問記帳所を設けると発表した。希望者は午前9時から午後7時までの間に徒歩で御用地の南門から入る。


皇族や首相ら次々弔問=涙浮かべる記帳者も―三笠宮邸
時事通信 10/27(木) 19:09配信

 三笠宮さまが亡くなられた27日、住居のある赤坂御用地には、皇族や安倍晋三首相、閣僚らが次々と弔問に訪れ、慌ただしく人が出入りした。

 ゆかりの人なども記帳に駆け付け、周囲は悲しみに包まれた。

 天皇、皇后両陛下を乗せた車列は午後5時すぎに赤坂御用地に到着した。両陛下はともに喪服姿。天皇陛下はややうつむき加減で、口を真一文字に結び硬い表情だった。5時半ごろには、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご一家も、車で御用地を後にした。

 その後、安倍首相や黒田東彦日銀総裁らも弔問に訪れた。

 逝去されたことを知り、タクシーなどで記帳に訪れる人も多かった。千葉県船橋市から記帳に来た女性(69)は「長らく入院されていて気掛かりでした。寂しいです」と話し、目に涙を浮かべた。「陸軍士官学校にいた父が約40年前に亡くなった時に、三笠宮さまから花とメッセージを頂いた。それが思い出です」とハンカチを握りしめ、悲しげに語った。


三笠宮さま薨去 両陛下、7日間ご服喪 秋の園遊会は中止、比大統領とのご会見も
産経新聞 10/27(木) 18:37配信

 宮内庁は27日、三笠宮さまが薨去(こうきょ)されたことを受け、天皇、皇后両陛下が同日から7日間、三笠宮妃百合子さまは90日間の喪に服されたと発表した。これに伴い、両陛下のご主催で11月1日に催される予定だった秋の園遊会を中止とした。

 また、天皇陛下が27日に予定していたフィリピンのドゥテルテ大統領との会見は取りやめられた。秋元義孝式部官長を通じ、大統領に伝えられたという。


天皇陛下、比大統領にメッセージ=三笠宮さま逝去で会見中止
時事通信 10/27(木) 18:28配信

 天皇陛下は27日午後、予定されていたフィリピンのドゥテルテ大統領との会見が三笠宮さま逝去のため中止になったことを受け、宮内庁の秋元義孝式部官長を通じて、大統領に「お会いすることがかなわず残念に思います」などとするメッセージを伝えられた。

 陛下は27日午後5時から、皇居・御所で大統領と会見する予定だった。秋元式部官長によると、メッセージは英文で、「大統領の日本での滞在が実り多いものであったことを希望します」などとする内容。今年1月に皇后さまとフィリピンを訪問した際の対応への感謝にも触れられていた。

 式部官長が午後4時ごろ、滞在先のホテルで直接メッセージを伝えると、大統領は真摯(しんし)な態度で聞き入り、「陛下の深い悲しみを共有するとともに、心から哀悼の意を表します。いつか陛下とお会いする機会があると確信しています」と応じたという。


両陛下、三笠宮邸を弔問
時事通信 10/27(木) 18:20配信

 天皇、皇后両陛下は27日午後、三笠宮さまの逝去を受け、弔問のため東京・元赤坂の赤坂御用地にある三笠宮邸を訪問された。

 皇太子ご夫妻ら皇族方も弔問に訪れた。

 三笠宮さまのご遺体は午前11時すぎ、聖路加国際病院を出て宮邸に戻った。両陛下を乗せた車は午後5時ごろ赤坂御用地に到着。両陛下は喪服姿で、硬い表情を浮かべたまま宮邸へ向かった。宮内庁によると、8分ほど滞在し、再び皇居に戻ったという。

 27日午後に定例記者会見を開いた宮内庁の山本信一郎長官によると、天皇陛下は同日朝、朝食を終えて皇后さまと新聞を読んでいた際に、名川弘一皇室医務主管から三笠宮さまの容体急変の報告を受けた。陛下はお見舞いができるかどうか尋ねたが、すぐに訃報が伝えられ、皇室の服喪期間や行事日程の変更を決めるなどの対応を取ったという。

 山本長官は「戦前から戦後の長きにわたって皇室活動やオリエント学の研究活動などにいそしまれ、大きな業績を挙げられて、長寿をされた殿下だった」と述べ、哀悼の意を表明した。


三笠宮さま薨去 衆参議長が謹話発表 「誠に痛惜の限り」「深い悲しみ」
産経新聞 10/27(木) 16:31配信

 大島理森衆院議長と伊達忠一参院議長は27日、三笠宮崇仁親王殿下が薨去(こうきょ)されたことを受け、それぞれ哀悼の意を表す謹話を発表した。

 大島氏は「学術の分野で大きな足跡を残されました。誠に痛惜の限りであります」とした上で「戦前戦後の苦難の時代を国民とともに歩まれた殿下の御意志を受け継ぎ、歴史の教訓を学び平和を希求する努力を続けていかなければならないと思います」とした。

 伊達氏は「言いようのない深い悲しみを覚えております」とした。


三笠宮さま 歴史ご探求 オリエントの宮さま 教壇に
産経新聞 10/27(木) 15:17配信

 大正天皇の第4皇男子で、27日に現皇室最高齢の100歳で薨去(こうきょ)された三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下。百合子妃殿下にみとられ、その生涯を閉じられた。戦前、戦中、戦後の混乱期と、激動の時代を生き抜き、高度経済成長やバブルの崩壊など、大きく移り変わるわが国の姿をつぶさに目撃してきた、まさに「歴史の生き証人」であられた。常に国民とともに歩む皇室であろうと願って公務に励まれた三笠宮さまの薨去を多くの国民が悼み、ご失意の百合子さまを気遣う天皇、皇后両陛下も深く悲しまれているという。

 三笠宮さまは、成人式の会場で若者たちにまじってダンスのステップを踏まれるなど、庶民的でフランクな人柄で知られた。旅行や登山、スケートなど趣味も幅広く、話題豊富な宮さまであられた。オリエント史の研究では皇族として初めて大学の教壇に立ち、テレビでも講義するなど「学者肌」の一面もあり、多彩な横顔をお持ちだった。

 幼少期についたニックネームは「童謡の宮さま」。

 〈月夜の空を雁飛びて 宮くん御殿でそれ見てる〉

 これは、6歳前後の頃に作詞した「月と雁」という童謡で、ほかにもいくつも作詞をされている。

 戦後は「学者皇族」の道を歩まれた。昭和22年に東京大学文学部の研究生となって歴史学の分野に進み、アジアの広い地域の歴史を学ぶオリエント史を研究され、「オリエントの宮さま」の名でも親しまれた。

 29年の日本オリエント学会創立を提唱し、会長にご就任。30年には皇族として初めて大学(東京女子大)の講師となり、東京芸術大、青山学院大などでも教壇に立ったほか、ラジオやテレビにもご出演。NHKの番組で古代史を講義するなど、学問を通じて若者を中心に多くの国民と交流を深められた。

 東京女子大への通勤はもっぱら国鉄(現JR)を利用された。学食では女子学生らと一緒に、しばしば1杯20円のきつねうどんを食べられ、メニューは「宮さまうどん」などと呼ばれるようになったという。

 公道で車の運転もされた。40年10月には東京・青山で、ブレーキを踏み外されてハイヤーに追突。3台の玉突き事故となり、警視庁赤坂署から道路交通法違反容疑などで書類送検されたこともある。これも皇族としては初のことだった。

 中近東文化センターと日本・トルコ協会では、ともに名誉総裁を務められてきた。同センターは54年、三笠宮さまのご発意により、古代中近東の研究機関として東京都三鷹市に創設され、トルコのカマン・カレホユック遺跡で発掘調査を進めてきた。

 三笠宮さまは、日本で開催される複数のトルコ関連の展覧会で総裁を務め、同国の奥の深い歴史を紹介するなど、両国の懸け橋となられてきた。数年前までは日本・トルコ協会の年次総会にも毎年のように姿を見せ、平成23年6月には懇親会での乾杯の発声で、「トルコと日本は、古くからたいへん友好関係を保持しておりまして、それは世界に誇っていいところじゃないかと思います」とあいさつされている。

 さまざまな学術団体や催しに関わるなどしてきた活動が評価され、国際平和と日本・トルコ間の国際親善に貢献した人物にトルコ政府から贈られる「アタチュルク国際平和賞」を元年にご受賞。受賞の際には「日本のトルコ関係者が一生懸命やっており、その代表者として賞をいただいたと解釈している」と喜びの気持ちを語られた。

 16年3月には、東京都豊島区の学習院創立百周年記念会館で「古代アナトリア文明について」と題した特別講演を行い、青銅器の生産によってアナトリア(現在のトルコ)の文化が発展した歴史を語られた。翌月にも、NHKのラジオ番組に出演し、歴史を語られている。

 イラクやトルコの古代遺跡をはじめ、エジプト、メキシコなど文明発祥の地を訪ね、研究資料も精力的に収集された。研究成果は本や論文にまとめ、発表をされている。


三笠宮さま薨去 気さくなお人柄悼む 関西ゆかりの地
産経新聞 10/27(木) 15:16配信

 高い教養と、気さくなお人柄で、誰からも愛されていた三笠宮さまを多くが悼んだ。

 古代オリエント史に詳しい三笠宮さまは昭和35年から平成2年まで天理大(奈良県天理市)で教壇に立ち学生らに宗教史などを教えられた。飯田照明名誉教授(87)は「講義が終わると学生に『よく聞いてくれてありがとう』と必ず声をかけられていたのが印象に残っています」と語る。

 三笠宮さまが平成16年に名誉顧問に就任された岡山市立オリエント美術館(岡山市北区)。元館長の植田心壮さん(87)は美術館の開館直後に三笠宮さまからお手紙を受け取った。《ますますの発展を願う》。そう記されていたという。「手が震えたのと同時に活動の励みになりました」と振り返る。

 学習院初等科で天皇陛下のご学友だった臨済宗相国寺派の有馬頼底(らいてい)管長も、三笠宮さまのご提唱により設立された日本オリエント学会などでお会いしたことがあるという。「立派な方で偉ぶるということがありませんでした」

 三笠宮さまは平成14年3月、兵庫県芦屋市で開かれたトルコでの発掘品収納・展示施設建設を支援する講演会に出席された。実行委員長を務めた森房子さん(70)は歴史的資料の保存の重要性を熱く語られていたのを覚えている。「当時はすでに80歳を超えておられたが、元気に話されていたのを思いだします」と語る。

 日本スクエアダンス協会の総裁も務められていた三笠宮さま。大津市で昭和55年に開催された「全日本スクエアダンスコンベンション」では、会員らとのダンスにも参加されたという。

 当時小学校5年生だった水野千尋さん(47)は「笑顔で『今日はよろしく』と話しかけられたのを覚えています。母や姉が一緒に踊らせていただき楽しそうでした」と話した。

 香淳皇后の実弟・故東伏見慈洽(じごう)師の息子で、三笠宮さまの遠縁にあたる青蓮院(しょうれんいん)門跡(京都市東山区)の東伏見慈晃(じこう)門主は「親しみを感じる方だった。戦後の皇室の未来を一番に考えられた方だったように思う。気さくで高い教養のある方だった」と語る。

 皇室とのゆかりが深い泉涌寺(同区)では、昭和41年に寺の維持のために「御寺泉涌寺を護(まも)る会」が結成された際、三笠宮さまが初代総裁に就任された。平成8年に退任するまで毎年必ず、京都で開かれる総会に出席されていたという。藤田浩哉寺務長は「護持にご尽力賜り感謝の念に堪えません」とコメントした。


三笠宮さま ご子息3方に先立たれ
産経新聞 10/27(木) 15:15配信

 三笠宮さまは5人のお子さまにお恵まれになった。3人の親王方はいずれも独立してそれぞれの道を歩み、精力的に公務に取り組まれた。しかし、平成14年11月に三男の高円宮さまが室内球技のスカッシュ中に突然倒れ、心室細動のため47歳の若さで薨去(こうきょ)された。約10年後の24年6月には、度重なるがんの手術を乗り越えてきた長男の寛仁(ともひと)親王殿下も薨去された。

 三笠宮さまは、寛仁さまの本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」に車いすでご参列。非常に悲しみ、涙を流されていたという。

 次男の桂宮さまは昭和63年5月に宮邸の寝室で倒れ、右半身まひなどの障害が残り、長年、車いすでご生活。平成20年9月に敗血症を発症してからは懸命の闘病生活を送っていたが、26年6月に薨去されている。三笠宮さまは不幸にも、ご子息3方全員に先立たれる結果となられた。


「生前退位」ご提案 皇室典範 三笠宮さま私案
産経新聞 10/27(木) 15:14配信

 三笠宮さまは昭和21年、現行の皇室典範の審議にあたって、天皇が自らの意思で「退位」できるよう求める「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」という私案をまとめられている。

 崩御のみを譲位の条件とするのではなく、まさに天皇陛下が意向を示されている「生前退位」を提案された内容だ。

 皇室典範は天皇や皇太子の成年を18歳とするなどとする一方で、結婚には「皇室会議の議を経ること」などの制限を課している。結局、当時の政府は典範改正案が昭和天皇の裁可をすでに得ていたことを根拠に、三笠宮さまの私案を改正典範に反映させることを見送ったが、三笠宮さまが戦後間もない段階で、問題意識をお持ちだったことがよく分かる。


三笠宮さま逝去で謹話=衆参議長
時事通信 10/27(木) 14:59配信

 大島理森衆院議長は27日、三笠宮さまの逝去について「誠に痛惜の限りであります。戦前戦後の苦難の時代を国民とともに歩まれた殿下のご意志を受け継ぎ、歴史の教訓を学び、平和を希求する努力を続けていかなければならないと思います」との謹話を発表した。

 伊達忠一参院議長は謹話で「この訃音に接し、言いようのない深い悲しみを覚えております。殿下のみ霊の安らけく静まりますことを心より祈念するものでございます」と述べた。


三笠宮さま薨去 安倍晋三首相「哀惜の意を表します」
産経新聞 10/27(木) 14:22配信

 安倍晋三首相は27日の衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会で、三笠宮崇仁親王殿下が薨去(こうきょ)されたことについて「国民は殿下の一層のご長寿を願っておりましたところ、思いもむなしく薨去されましたことは、誠に哀惜に堪えません。国民とともに謹んで心から哀悼の意を表します」と述べた。

 自民党の宮川典子氏への答弁。


三笠宮さま薨去 宮内庁会見(下)両陛下に「心停止」「薨去」をご報告
産経新聞 10/27(木) 13:50配信

 --息を引き取られたときは、百合子さまとお二方ということか。その後に駆け付けられた皇族方は

 加地氏「承知してないのでお話しできない状況です」

 --亡くなるまでは百合子さましか間に合われていない

 加地氏「百合子妃殿下が付き添われて薨去されたということでございます」

 --宮内庁関係者は

 加地氏「それはちょっと今は…。薨去あそばされたときに宮内庁関係者が誰がいたか正確に申し上げられないので控えたいと思います」

 --斂葬の儀などの今後の流れは

 加地氏「具体的なご日程を詰めています。そういったことが固まりましたら改めて皆さまにお知らせします。できるだけ早く決めなければいけないので、決まり次第ということに」

 --両陛下のお耳にはもう届いている

 加地氏「それはそうです」

 --何時ぐらいに報告された

 名川氏「8時の心停止が起こってすぐに第一報を入れまして、8時34分に薨去された後もすぐに連絡をいれてございます」

 --そのときのご様子は

 名川氏「侍従を通じて伝えたので、どういうご様子だったかは承知していません」

 --2回とも侍従を通じて

 名川氏「はいそうです」

 --最近は容体が安定してたということだが、お過ごしようを教えてほしい

 名川氏「そのときどきによって、お眠りになっていたり、お声かけにうなずかれたりというような状況がございました。血圧についても安定していて、そのときの状況が許すようであれば、少し手足を動かしていただいたりとか。そういったお過ごしようでした」

 --最後の会話の相手はどなた。内容は

 名川氏「7時40分ごろということですか?」

 --それ以前でも意味のあるやり取りは

 名川氏「多分、前日には百合子さまとお話されているんではないかなと。意思の疎通ができていました」

 --最後は、安らかに静かに亡くなられたのか

 名川氏「苦しまれたという話は担当医から入っていません」

 --8時前後に心停止ということだが、それをもって死亡確認とせず、8時34分に確認というのは34分までの間の時間は生命反応があるのか

 名川氏「死亡確認を行ったのが34分」

 --実質的に亡くなったのは8時?

 名川氏「実質とか形式ということではなく、死亡の定義は医師が三兆候を確認したときをもって死亡なので、心臓が停止したから死というわけではありません」

 --その30分間はどんな時間だったのか

 名川氏「百合子さまが病室にいらっしゃるようなお時間が主でした」

 --百合子さまが、三笠宮さまのお部屋に入られたのは何時

 名川氏「推測ですが8時30分前ではないでしょうか。死亡確認が行われたのが34分ですから」

 --急変の連絡を受けて病室に

 名川氏「そうですね」

 --百合子さまのご入院は

 名川氏「百合子さまの件はずれるので、お許しいただければ」

 --百合子さまのご様子は

 「それは存じ上げておりません」

 --殿下は100歳。これだけの長寿を保たれていた理由は

 名川氏「肉体的に、通常の方という言い方は失礼だが、通常の健康な方より上回って、ご健康な状況を保てるだけの体力がもともと若い頃からおありだったのだろうと思います」

 --日常生活で気を配られていたことは

 名川氏「毎日ご運動を欠かしませんでした。宮邸にいるときは毎日されていました」

 --散歩とか、筋力トレーニングとか

 名川氏「両方ですね」

 --6月ごろ、リハビリをされているという説明があった。足腰のリハビリはいつまでやられていたのか

 名川氏「リハビリにも幅がございます。手足を動かされるということなら、つい最近までおやりになっていました」

 --昨日も?

 名川氏「それは分かりません。三笠宮さまがどういうご状況かというイメージでいうと、ベッド上で絶対安静で、少し動いたらまずい、ということではありませんでした」

 --7時40分ごろまでは、いつも通りに過ごされていたのか

 名川氏「通常通り」

 --朝食も召し上がったのか

 名川氏「通常通りでございます」

 --時間は

 名川氏「そこは承知していません」

 --起床された時間は

 名川氏「承知しておりません」


秋の園遊会中止、宮内庁発表…三笠宮さま逝去で
読売新聞 10/27(木) 13:37配信

 宮内庁は27日、三笠宮さまの逝去に伴い、11月1日に予定されていた秋の園遊会を中止すると発表した。

 また、妃殿下の百合子さまは27日から90日間、三笠宮、高円宮両家の他の皇族方は30日間、喪に服される。天皇陛下と、両家以外の皇族方も、同日から7日間、喪に服されるという。


三笠宮さま薨去 両陛下は7日間ご服喪 秋の園遊会はお取りやめ
産経新聞 10/27(木) 13:31配信

834
宮内庁外に掲げられた弔旗=27日、宮内庁(伴龍二撮影)(写真:産経新聞)

 宮内庁は27日、三笠宮崇仁親王殿下の薨去を受け、天皇、皇后両陛下が同日から7日間の喪に服されたと発表した。これに伴い、両陛下が主催されて11月1日に催される予定だった秋の園遊会も取りやめる。

 皇太子ご一家、秋篠宮ご一家、常陸宮ご夫妻も7日間の喪に服される。三笠宮妃百合子さまは90日間、寛仁親王妃信子さま、三笠宮家の彬子さま、瑶子さま、高円宮ご一家は30日間それぞれ服喪される。


秋の園遊会取りやめ=両陛下ら服喪―三笠宮さま逝去
時事通信 10/27(木) 13:12配信

 宮内庁は27日、三笠宮さまの逝去を受け、11月1日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれる予定だった天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会を取りやめると発表した。

 両陛下と皇族方はいずれも27日から喪に服されるという。同日午後予定されていた天皇陛下とフィリピンのドゥテルテ大統領との会見は中止になった。

 同庁によると、服喪の期間は両陛下と皇太子ご一家、秋篠宮ご一家、常陸宮ご夫妻が7日間、三笠宮妃百合子さまが90日間、寛仁親王妃信子さまと三笠宮家の彬子さま、瑶子さま、高円宮妃久子さま、長女承子さま、三女絢子さまがそれぞれ30日間。

 秋の園遊会には、各界の功績者や自治体関係者ら約2200人が招かれていた。招待者にはレスリング女子で五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した伊調馨選手をはじめとするリオデジャネイロ五輪の金メダリストや、俳優の北大路欣也さんらが含まれていた。


<三笠宮さまご逝去>秋の園遊会を中止 宮内庁発表
毎日新聞 10/27(木) 13:11配信

 宮内庁は27日、三笠宮崇仁さまの逝去を受け、11月1日に東京都港区の赤坂御苑で予定していた秋の園遊会を中止すると発表した。


<三笠宮さまご逝去>九州・山口に足跡 宮崎神宮でお手植え
毎日新聞 10/27(木) 13:04配信

833
市制100周年記念事業で訪れた山口県下関市の火の山を散策する三笠宮ご夫妻=山口県下関市で1989年4月17日

 三笠宮崇仁さまは、九州・山口でも各地に足跡を残され、1945年3月と55年11月に宮崎市の宮崎神宮を参拝。55年には境内に杉の木を「お手植え」した。

 69年には、現在、世界遺産登録を目指している福岡県宗像市の沖ノ島(宗像大社沖津宮)の第3次学術調査を視察。宗像大社によると、その時に島の本殿横に槙(まき)の木を植えた。

 75年の歌会始では、「沖ノ島 森のしげみの 岩かげに 千歳ふりにし 神祭りのあと」と詠み、同年10月、百合子さまと共に宗像大社辺津宮(へつみや)を参拝。歌の直筆の石碑が、今も境内の神宝館付近に建てられており、宗像大社は毎年、宮中に献上するワカメを三笠宮家にも届けるなどした。

 74年11月に佐賀県唐津市で開かれた全国レクリエーション大会には、日本レクリエーション協会総裁として出席。その際、市内の唐津神社を参拝し、同神社の秋季例大祭「唐津くんち」も見学した。その時の情景を百合子さまは翌年の歌会始で詠み、77年には神社近くに歌碑も建立された。

 中近東文化センター総裁を務めていた89年4月には山口県下関市の美術館で市制100周年を記念して開催中のトルコ展を鑑賞。市内の景勝地、火の山も散策した。92年5月には長崎県佐世保市の「ハウステンボス」開業式典に出席し、テープカットした。【青木絵美、山下俊輔】


<三笠宮さまご逝去>冗談とユーモアで周囲なごませ
毎日新聞 10/27(木) 12:58配信

832
天理大付属天理参考館を訪れた際の三笠宮さま(手前左)=奈良県天理市で2001年10月29日、最上聡撮影

 歴史の講義や公務で関西を訪れていた三笠宮崇仁さま。冗談とユーモアで周囲をなごませていたという。温かな人柄に接した関係者は思い出を振り返り、悼んだ。

 三笠宮さまは1960~90年、奈良県天理市の天理大で、集中講義「世界宗教史」の非常勤講師として十数回教壇に立った。2001年10月には、考古資料などを集めた天理大付属天理参考館の移築披露式典にも出席された。三笠宮さまが設立に尽力した日本オリエント学会理事の巽善信・同館学芸員(57)は「講演で三笠宮さまは『日本が敗戦した時、なぜこんな国になったのか、見つめ直したいと思った。中国について学ぶうち、オリエントにたどり着いた』と話していた。学会後の懇親会で自己紹介すると、若い私に『おお』と親しげに話しかけてくれた。威張った感じのない気さくな人だった」と振り返った。

 関西オリエント協会会長の打間(だま)奈津子さん(71)=神戸市中央区=は30年来、三笠宮さまと親交を結んできた。打間さんは「『動物園を見たことがない』と言うので、今はない阪神パークにお連れした。園内で非常に喜ばれていたことを覚えている」と振り返る。冗談が好きで、会う人の緊張をほぐそうと気を使われていた三笠宮さま。打間さんは「神戸を愛する三笠宮さまと、イスラム教やユダヤ教の寺院や教会を巡り、生田神社にも行った。思い出は尽きず、とてもつらい」としのんだ。

 三笠宮さまは2012年、96歳で心臓手術を受けられたが、執刀医を務めた関西医科大総合医療センター(大阪府守口市)の川副浩平特命教授は手術の翌年、13年に東京都内の宮邸で食事会に招かれた。その際、三笠宮さまが戦争中の話をされていたのが印象に残っているという。川副さんは「中国で上官に叱られた話や『フォークダンスを広めたのは自分だ』という話をされていた。食事後に宮邸を散歩したり、最後も立って見送ってくださったりしたので、術後の経過も問題ないと思っていた。100歳を超え、もっと長生きしてほしかった」と悼んだ。【矢追健介、栗田亨、米山淳】

 ◇「日本の行く末を見てほしかった」

 福井地震から50年の1998年6月28日、福井市で開かれた世界震災都市会議に合わせ、開催された犠牲者追悼式に、三笠宮さまも臨席され、福井市長だった酒井哲夫さん(82)が応対した。復興した震災当時の姿を残す市中心部の三井住友信託銀行福井支店を案内したが、震災直後に被災地を訪れ、市民を激励していた三笠宮さまは「よく復興した。立派な都市になった。よく頑張ってこられました」と当時を懐かしんだという。酒井さんは「いつも国民を思いやり、激動の時代だった日本を案じる方だった。もっと長生きされて、日本の行く末を見てほしかった。ご冥福をお祈りしたい」と話した。


三笠宮さま薨去 宮内庁会見(上)午前7時40分ごろにご容体急変 百合子さまが病室で看取られ
産経新聞 10/27(木) 12:44配信

 宮内庁は27日午前10時半すぎ、加地隆治宮務主管と名川弘一皇室医務主管が記者会見し、三笠宮さまが薨去されたことを正式に発表した。主なやり取りは以下の通り。

 加地氏「崇仁親王殿下には本日、午前8時34分、聖路加国際病院において薨去されました。謹んで哀悼の意を表する次第であります」

 名川氏「崇仁親王殿下におかれましては、急性肺炎のために5月16日に、ご入院となったわけでございますが、急性肺炎が一つの契機となりまして、ご年齢による心機能の低下が進行した状況になった状況であります」

 「聖路加国際病院の循環器内科、感染症科の医師を中心に懸命の治療が行われた結果、ここしばらくは安定されたご状況でしたけども、やはりご年齢からくる心機能の低下の進行に対してはいかんともしがたく、崇仁親王殿下におかれましては、本日午前8時34分に薨去されました」

 --三笠宮さまはいつごろまで会話ができ、意識はいつまでおありだったのか。容体急変までの経緯を教えてほしい

 名川氏「親王殿下におかれましては今朝の午前7時40分ごろまでは安定されたご状況にありました。7時40分すぎから心臓の拍動が徐々に遅くなるという、医学用語では『徐脈』という状況になり、8時前後ごろに心停止のご状況となられた。7時40分から徐々にということですが、これまでの経緯を見ますと急変と言えるかと存じます」

 --7時40分すぎに何かきっかけはあったのか

 名川氏「聞いていません」

 --意識はいつごろまでおありに

 名川氏「7時40分まで」

 --死因は

 名川氏「心不全でございます」

 --立ち会われていた方は

 名川氏「百合子妃殿下が薨去あそばされたときにおられたということでございます」

 --ご夫婦での最後の時間は

 名川氏「詳細なことは承知していません」

 --百合子さまは検査入院されていたと思うが、どういう形で伝わったのか

 名川氏「病院にいらっしゃったと認識しています。たまたまですけど、ご検査のためにご入院されていたという状況のときに、今回のことが起きて、百合子妃殿下にはすぐに状況が伝えられて、崇仁親王殿下がいらっしゃる病室にいらしたという風に認識しています」

 --最近は集中治療室にいらっしゃったのか

 「部屋の詳細は申し上げられないが、基本的にはどういうことでも対応できるようなお部屋に入院されていました」

 --百合子さまは昨日検査入院され、知らせがあったときはお休みになっていたのか

 名川氏「お休みかは存じ上げません」

 --心停止の後に蘇生措置は取られたのか

 名川氏「蘇生措置が取られたとは聞いておりません」

 --ご遺体はどれぐらいのお時間で宮邸に

 加地氏「その点についても詰めているというか、正式には決定に至っておりません」

 --薨去まで時間があったが、皇族方が駆けつけられたのか

 加地氏「それは承知していません」

 --5月に入院されてからのおおまかな流れを

 名川氏「5月16日から4週間ほどは、呼吸器の感染症ですので、急性肺炎に対して抗生物質を中心に治療が行われました。急性肺炎が徐々に軽快するに従って、ご年齢からくる心臓の働きの低下が明らかになり、治療の主体が呼吸器感染症から心機能の低下をいかにしたら元に戻せるかという心臓の治療に。その後、6月中旬から今日まで心機能低下に対しての治療が中心でした」

 --心機能の低下は病名とかがあったのか

 名川氏「基本的には慢性的な心不全ですから、病名を付けるとしたら慢性心不全ということになるのでしょうけど、今回発表になっているのは担当医が話している言葉としては『心不全』ということです。慢性的な心不全の状況ではおありになりました」

 --死亡診断書では慢性心不全

 名川氏「心不全」

 --ペースメーカーの治療もされていたと思うが、時期はいつから

 名川氏「一つ一つの処置、点滴はいつとか、ペースメーカーを入れたのはいつかとか、呼吸器のサポートはいつかとか、一つ一つの処置についてはたくさんございますし、医学的な詳細な事項になることもあるので…」

=(下)に続く


三笠宮さま薨去 激動の時代を生き抜かれ 歴史ご探求「学者肌」の一面も
産経新聞 10/27(木) 12:39配信

831
三笠宮殿下(写真:産経新聞)

 大正天皇の第4皇男子で、27日に現皇室最高齢の100歳で薨去(こうきょ)された三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下。百合子妃殿下にみとられ、その生涯を閉じられた。戦前、戦中、戦後の混乱期と、激動の時代を生き抜き、高度経済成長やバブルの崩壊など、大きく移り変わるわが国の姿をつぶさに目撃してきた、まさに「歴史の生き証人」であられた。常に国民とともに歩む皇室であろうと願って公務に励まれた三笠宮さまの薨去を多くの国民が悼み、ご失意の百合子さまを気遣われる天皇、皇后両陛下も深く悲しまれている。

 三笠宮さまは、成人式の会場で若者たちにまじってダンスのステップを踏まれるなど、庶民的でフランクな人柄で知られた。旅行や登山、スケートなど趣味も幅広く、話題豊富な宮さまであられた。オリエント史の研究では皇族として初めて大学の教壇に立ち、テレビでも講義するなど「学者肌」の一面もあり、多彩な横顔をお持ちだった。

 幼少期についたニックネームは「童謡の宮さま」。

 〈月夜の空を雁飛びて 宮くん御殿でそれ見てる〉

 これは、6歳前後の頃に作詞した「月と雁」という童謡で、ほかにもいくつも作詞をされている。

 戦後は「学者皇族」の道を歩まれた。昭和22年に東京大学文学部の研究生となって歴史学の分野に進み、アジアの広い地域の歴史を学ぶオリエント史を研究され、「オリエントの宮さま」の名でも親しまれた。

 29年の日本オリエント学会創立を提唱し、会長にご就任。30年には皇族として初めて大学(東京女子大)の講師となり、東京芸術大、青山学院大などでも教壇に立ったほか、ラジオやテレビにもご出演。NHKの番組で古代史を講義するなど、学問を通じて若者を中心に多くの国民と交流を深められた。

 東京女子大への通勤はもっぱら国鉄(現JR)を利用された。学食では女子学生らと一緒に、しばしば1杯20円のきつねうどんを食べられ、メニューは「宮さまうどん」などと呼ばれるようになったという。

 公道で車の運転もされた。40年10月には東京・青山で、ブレーキを踏み外されてハイヤーに追突。3台の玉突き事故となり、警視庁赤坂署から道路交通法違反容疑などで書類送検されたこともある。これも皇族としては初のことだった。

 中近東文化センターと日本・トルコ協会では、ともに名誉総裁を務められてきた。同センターは54年、三笠宮さまのご発意により、古代中近東の研究機関として東京都三鷹市に創設され、トルコのカマン・カレホユック遺跡で発掘調査を進めてきた。

 三笠宮さまは、日本で開催される複数のトルコ関連の展覧会で総裁を務め、同国の奥の深い歴史を紹介するなど、両国の架け橋となられてきた。数年前までは日本・トルコ協会の年次総会にも毎年のように姿を見せ、平成23年6月には懇親会での乾杯の発声で、「トルコと日本は、古くからたいへん友好関係を保持しておりまして、それは世界に誇っていいところじゃないかと思います」とあいさつされている。

 さまざまな学術団体や催しに関わるなどしてきた活動が評価され、国際平和と日本・トルコ間の国際親善に貢献した人物にトルコ政府から贈られる「アタチュルク国際平和賞」を元年にご受賞。授賞の際には「日本のトルコ関係者が一生懸命やっており、その代表者として賞をいただいたと解釈している」と喜びの気持ちを語られた。

 16年3月には、東京都豊島区の学習院創立百周年記念会館で「古代アナトリア文明について」と題した特別講演を行い、青銅器の生産によってアナトリア(現在のトルコ)の文化が発展した歴史を語られた。翌月にも、NHKのラジオ番組に出演し、歴史を語られている。

 イラクやトルコの古代遺跡をはじめ、エジプト、メキシコなど文明発祥の地を訪ね、研究資料も精力的に収集された。研究成果は本や論文にまとめ、発表をされている。


「穏やかな方、残念」=青い車で自宅へ―入院先病院・三笠宮さま逝去
時事通信 10/27(木) 12:38配信

 三笠宮さまが亡くなられた27日、入院先の東京都中央区の聖路加国際病院には多くの報道陣が詰め掛け、通院患者らも「とても穏やかな方。残念です」などと、その死を悼んだ。

 三笠宮さまのご遺体を乗せた青い霊きゅう車は午前11時すぎ、同病院を出発。白バイに先導され、前後を黒塗りの車に挟まれて自宅のある赤坂御用地に向かった。病院で最期をみとった同妃百合子さまも、その約30分前に、硬い表情で車に乗り、病院を離れた。

 病院近くに住む上利子さん(61)は「ここに入院されているとは聞いていたが、亡くなられたのは残念です。テレビでお姿を拝見し、とても穏やかな方と感じていました」と悲しげ。同病院に通院する蛭川悦子さん(85)は「長生きされたとは思いますが、寂しいです。戦争を語れる方がだんだん少なくなってきて、昭和が歴史になってしまう気がします」と、しみじみと語った。

 赤坂御用地には弔問に訪れる人や車が次々と出入りし、慌ただしい雰囲気に包まれた。弔問を済ませたとみられる寛仁親王妃信子さまは、午後0時半ごろ、車で御用地を後に。窓を開け報道陣に黙礼したが、硬い表情は崩さなかった。


<三笠宮さまご逝去>ダンススポーツ発展に尽力
毎日新聞 10/27(木) 12:14配信

830
スクエアダンス・パーティーに参加された三笠宮さま=1950年ごろ撮影

 三笠宮崇仁さまはダンスに明るく、1980年から日本アマチュアダンス協会(現・日本ダンススポーツ連盟)の総裁を務めた。81年に三笠宮杯10カップダンス選手権として創設された三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権(毎日新聞社特別後援)は国内最高峰の競技会として知られ、現在も大会名誉総裁を務めていた。

 日本ダンススポーツ連盟の内山雅允(まさみつ)事務局長は「三笠宮さまはフォークダンスなどダンス全般に造詣が深く、ダンスがお好きだった」といい、数年前まで大会の途中に会場を訪れて競技の様子に見入る姿があった。今月9日に開かれた第36回全日本選手権のセレモニーでは、三笠宮さまが妻の百合子さま(93)とともに散歩する最近の映像や、かつて大会に出席された際の写真などを会場に映し出したという。

 内山事務局長は「長年にわたり、ダンススポーツの発展にお力添えをいただいたことに感謝申し上げたい」と語った。【大谷津統一】


<三笠宮さまご逝去>飾らぬ素顔 カラオケやドラマ楽しむ
毎日新聞 10/27(木) 12:09配信

827
3人のお孫さまに囲まれる三笠宮さま=長野県軽井沢町で2014年8月(宮内庁提供)

 三笠宮崇仁さまと40年以上の交流のある歴史学者の小林登志子さん(67)は「迎合せず、ご自身で確かめ、判断する方だった」と声を震わせていた。

 三笠宮さまは戦後、歴史学を研究し、紀元節を「建国記念日」として復活させようとする動きに反対の立場を取った。「皇族らしくない」と批判を受けたこともあるが、小林さんは「客観的に歴史的事実ではないという立場で反対されていたのであって、批判は的外れ」と話す。小林さんは三笠宮さまが神社の前を通りかかる時、鳥居の前で拝礼していた姿を思い出す。「皇室の祭祀(さいし)を大切にされていた」と話す。

 小林さんは三笠宮さまが会長を務めた日本オリエント学会の事務局に勤め、三笠宮さまの著書の校正を担当した。たびたび宮邸を訪れるなど「素顔」を知る一人だ。小林さんによると、三笠宮さまは演歌が好きで、石川さゆりさんのファンだったという。親しい仲間が集まった時のカラオケで、村田英雄さんの「王将」を歌ったこともあったという。

 百合子さまとの仲むつまじい姿もよく見かけた。2015年春に宮邸を訪ねた際、好きなテレビ番組を尋ねると、ご夫妻が刑事ドラマの「相棒」と答えたという。

 小林さんは、今年3月にも宮邸を訪れた。兄である昭和天皇から戦時中に贈られた馬のことが話題になると、三笠宮さまは「陛下からいただいた馬だから大切に乗っていた」と話していたという。【高島博之】


三笠宮さま薨去 自民・小此木八郎国対委員長代理「ご冥福をお祈りする」
産経新聞 10/27(木) 12:06配信

 自民党の小此木八郎国対委員長代理は27日午前の記者会見で、三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が薨去(こうきょ)されたことに関し「急な知らせだった。ご冥福をお祈りする」と述べた。

 同日朝の党国対幹部会議では出席者全員で黙祷(もくとう)をささげ、弔意を表した。


<三笠宮さまご逝去>平和願い歴史探究 最後の皇族将校
毎日新聞 10/27(木) 12:05配信

 昭和天皇の末弟、三笠宮崇仁(たかひと)さまが27日、100歳の生涯を閉じられた。日本軍将校として太平洋戦争に関わったことのある最後の皇族だった。その体験をもとに、戦後は折に触れて平和の存続を願う思いを表現した。学問を通じて若者と交流したり、テレビやラジオに出演したりして親しまれた。【高島博之】

 「若杉参謀」。1943(昭和18)年1月から1年間、中国・南京の派遣軍総司令部に勤務した頃の三笠宮さまの呼び名だ。皇族であることを隠すために「お印」の若杉から付けられた偽名だった。当時、軍内部で聞いた話として、捕虜を銃剣で突くことや、毒ガスを使った生体実験を日本軍がしていたことを著書に記している。「『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあった」とショックを覚えたことをつづっていた。

 また、終戦を迎えた時の気持ちを、著書の中で「わたくしは、それまでの不自然きわまる皇室制度--もしも率直に言わしていただけるなら、『格子なき牢獄(ろうごく)』--から解放されたのである」と記した。

 戦後、歴史研究の道に進んだ理由については「過去のあらゆるものに失望し、信頼をなくしていたわたくしは、すべてを新しいもののなかから探しもとめねばならなかった」「わたくしは、当時心に抱いていた疑問を、歴史の研究によって解こうといちずに思いつめたのである」と明かしていた。

 天皇の神格化に関係する祝日として48年に廃止された2月11日の祝日「紀元節」を復活させることに反対した。57年に建国記念日として復活させる法案が議員立法で国会に提出されたが、同年11月13日付の毎日新聞は、三笠宮さまが紀元節復活について「この問題は純粋科学に属することであり、右翼、左翼のイデオロギーとは別である」と歴史学者の立場で発言したことを伝えている。「建国記念の日」を設ける改正祝日法は66年に国会で成立し、67年から適用された。

 飾らない人柄が人々から親しまれた。東京女子大で講師を務めた際には、食堂で学生らと一緒に食事をしたり、フォークダンスを楽しんだりした。テレビやラジオの番組で、専門の古代オリエント史について語ったこともあった。

 歴史研究や公務を支え続けたのは41年に結婚した百合子さま(93)だった。東大の研究生となった三笠宮さまが公務で授業に出られなかった際には、友人のノートを百合子さまが写したという。

 2015年12月2日に100歳となられた感想を「これまでと何ら変わることはありません。世界中の人々の幸せを願い、また、70年以上にもわたり私を支えてくれている妻百合子に感謝しつつ、楽しく穏やかな日々を過ごしていきたいと思います」と公表した。

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2163

引き続き、2011年3月11日に発生した東日本大震災および本年4月14・16日に発生した熊本地震、ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:鳥取で震度4 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取地震の被害状況確認=平井知事と会談―政府調査団 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:雨水6・6トン流入 あわや安全機能喪失 「世界一厳しい規制」のはずが…問われる電力会社の危機管理意識 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取地震、活発な状態続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小津波訴訟 石巻市が控訴へ 遺族「残念」 市はファクス誤送信で混乱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小訴訟>石巻市が控訴へ 県も検討…遺族ら厳しく批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>「危険」住宅、265棟…被害拡大明らかに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川俣町山木屋地区の避難指示、来年3月末に解除 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:浸水状況、確認せず=志賀原発雨水流入で中間報告―北陸電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宿泊キャンセル1万件超=観光、農業対策急ぐ―地震1週間・鳥取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取・地震>家屋被害、出にくい揺れ 東大地震研の分析 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:過失認定を不服、石巻市が控訴へ…大川小訴訟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小津波訴訟で控訴へ=石巻市、賠償命令に不服 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:来月中旬にも視察=川内原発の特別点検―三反園鹿児島知事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<川内原発>鹿児島知事11月中旬に視察へ 定期検査中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小津波訴訟>石巻市が控訴へ 仙台地裁判決不服として - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:3日以内に震度5弱以上の確率、地震前の10倍 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取・地震>新鮮な野菜や総菜が並び 湯梨浜朝市 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:被災地事業、初の点検対象=女性活躍も効果検証―行革レビュー - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島・川俣町の避難解除正式決定=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本市消防団が災害時要援護者名簿199人分を紛失 地震で散乱し廃棄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:今村雅弘復興相「コメントは差し控えたい」 大川小訴訟14億円賠償命令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取地震1週間、活発な状態続く 震度5弱以上発生確率は平常時の10倍 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取・地震>気象庁「5弱以上発生確率は平常時の10倍」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:復興道路で開通見通し=全体の9割めど―国交省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「聖域」の被災地関連事業、初めて無駄を点検へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>発生1週間 迫る冬「高齢者は予防接種を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<コストコ>震災時の崩落死傷事故で無罪確定 検察上告断念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>発生1週間 避難所に470人 長引く可能性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>知事が首相に復興要望提出 農作物被害支援など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「地震、風化させない」=内外情勢調査会で講演-蒲島熊本知事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震災スロープ崩落、無罪確定=建築士の上告断念―東京高検 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取地震の風評被害払拭=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小津波訴訟>勝訴の遺族、複雑 「原因究明を」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

鳥取で震度4
時事通信 10/29(土) 13:48配信

 29日午後1時43分ごろ、鳥取県中部を震源とする地震があり、同県湯梨浜町で震度4の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約10キロ。地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度4=鳥取県湯梨浜町
 震度3=鳥取県倉吉市、鳥取市、岡山県鏡野町
 震度2=鳥取県八頭町、岡山県真庭市。


鳥取地震の被害状況確認=平井知事と会談―政府調査団
時事通信 10/29(土) 12:45配信

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震で、松本洋平内閣府副大臣を団長とする政府調査団は29日、同県を訪れ、被害状況などを確認した。

 被害の大きかった倉吉市では、平井伸治知事らと会談した。

 平井氏らは「復旧対策に向け、格別の配慮をお願いしたい」として、国による財政支援を要望。松本氏は会談後、記者団に「特別交付税などの措置で応えられるようにしたい」と述べ、被災地支援に全力を尽くす考えを示した。


雨水6・6トン流入 あわや安全機能喪失 「世界一厳しい規制」のはずが…問われる電力会社の危機管理意識
産経新聞 10/29(土) 12:15配信

Hrsnp
2号機で大量の雨水流入があった志賀原発(写真:産経新聞)

 北陸電力志賀原発2号機(石川県)の原子炉建屋に雨水が6・6トン流入するトラブルが明らかになり、原子力規制委員会は19日の定例会合で「重要度の高い安全機能を喪失していた可能性も否定できない」として、北陸電に対し再発防止を求めた。地震や津波、テロなどさまざまな事象に備えた「世界一厳しい規制」のはずが、雨水の流入を許すというあまりにお粗末な事態に、規制委も「この程度の雨で…」とあきれ顔だ。(蕎麦谷里志)

 ■気象庁の予報用語では「強い雨」だが…

 北陸電力(本店・富山市)によると、トラブルが発生したのは9月28日。雨水は地下のケーブルなどが通る配管などから原子炉建屋に流入した。建屋1階に入った雨水は、床の亀裂などを通じて地下2階まで達したという。雨水は1階部分で最大約6500リットルが見つかり、地下2階でも約3リットルが見つかった。

 当時、建屋北東にある道路で、排水路の付け替え工事を実施しており、雨水は仮設排水ポンプで排水する予定だったが、排水ポンプは毎時6ミリの雨に耐えられる程度の性能しかなく、雨量が排水ポンプの能力を超えたため道路が冠水。あふれた雨水がケーブルなどが通る配管内に流れ込み、建屋に流入したという。

 気象庁によると、現地の当時の雨量は最大で毎時26ミリ。気象庁の予報用語では「強い雨」だが、この地域では毎年のように発生しているレベルだ。

 定例会合で規制委の石渡明委員は「東京でも時々あるような程度の雨で、こういう事象が起きたことは問題」とあきれた様子。更田豊志委員長代理は「被水することの深刻さ、恐ろしさは、まさに福島第1原発事故で経験したこと」と事態の深刻さを強調した上で、「規制の要求は十分足りているのか、きちんと確認する必要がある」とした。

 ■「最も重要なのはトップマネジメント」とクギ

 東京電力福島第1原発事故以降、規制委は津波や地震、火山などの自然現象だけでなく、航空機落下などにも備えた「世界一厳しい規制」を作り、各電力事業者に対応を求めてきた。それだけに、更田委員長代理は、規制の信頼性にもつながりかねない今回の事態に、危機感をあらわにした。

 定例会合のあった19日は、偶然にも規制委と北陸電の経営陣が、顔を合わせる予定となっていた。

 規制委は原発の安全性を高めるため、定期的に電力事業者の経営陣と情報交換する場を設けているが、ちょうどこの日、北陸電の順番が回ってきたのだ。

 普段は、比較的和やかな雰囲気の中で質疑応答などが行われるが、この日は違った。北陸電の安全に対する取り組みと、雨水の浸入問題について同社の金井豊社長が説明を終えると、2つの説明用資料を手にした、田中俊一委員長が口火を切った。

 「こちら(安全対策)の説明を聞いていると非常にがんばってやっているなというのが分かるが、こちら(雨水流入問題)の状況をみるといったい何をやってんだというのが正直な感じ。いろんな訓練をしていると思うが、意外とささいなことから事故が起きる。社員に十分な教育をしてもらいたい」と求めた。

 今回の問題について、金井社長は、排水ポンプの性能が脆弱(ぜいじゃく)だった点やケーブルの通る配管の止水対策など「4つの点で重大な配慮が欠けていた。そのうち1つでも止められたら流入は阻止できた」と説明したが、これにかみついたのが伴信彦委員。「率直にいうと認識が甘いのではないか。発想は逆だ。ほかにもいろいろ重なったかもしれない。午前中で雨があがったが、これが降り続いていたらどうなったか。休日で要員が少ないときだったらもっと対応が遅れた可能性もある。そういう発想に立つべきだ」と指摘した。

 更田委員も「安全文化で最も重要なのはトップマネジメント」とクギを刺した。

 金井社長は「ご指摘の通り」「今後の改善につなげたい」と繰り返し、反省しきり。その上で「安全・安心とよく言うが、安全は国の審査に合格しているという説明でいいが、安心となるといかに(地域の人たちに)当社の取り組みを信用していただけるかという世界で、安心をしていただけるような取り組みが今後とも必要だと感じている」と述べた。

 ■公表は「マンスリーレポート」で

 同社の危機管理意識の低さは、広報の姿勢にも表れた。

 6トン以上の大量の雨水が原子炉建屋に流入し、安全機能を喪失していたかもしれない重大な事象にも関わらず、北陸電はすぐに公表することなく、トラブルを公表したのは10月7日の「マンスリーレポート」だった。

 この理由について、広報担当者は、「原発が立地する石川県と志賀町との間に、連絡基準の覚書を交わしており、その覚書に乗っ取った対応だった」と話す。

 同社によると、覚書では連絡するタイミングについて、(1)放射性物質の放出や重大事故などの「直ちに連絡」するもの(2)出力が変動するようなトラブルである「速やかに連絡」するもの(3)それ以外の「定期的に報告」するもの-の3段階に区分されている。

 今回の事象は、(3)に該当すると判断し、マンスリーレポートで公表したのだという。金井社長も、記者の質問に「公表の扱いについてもこれで良かったのか、再発防止策を検討する中で検討したい」と述べた。


鳥取地震、活発な状態続く
産経新聞 10/29(土) 7:55配信

 鳥取県中部の震度6弱を観測した地震で、気象庁は28日、震度5弱以上の地震の発生確率は当初と比べて約40分の1に低下したものの、依然として平常時の約10倍になっていると明らかにした。21日の震度6弱以降、28日午後5時までに発生した震度1以上の地震は計259回。うち6弱は1回、4は6回、3は26回に上った。気象庁は「平常並みに戻るまで通常、1カ月以上はかかる」と警戒を呼びかけている。


大川小津波訴訟 石巻市が控訴へ 遺族「残念」 市はファクス誤送信で混乱
産経新聞 10/28(金) 21:06配信

 東日本大震災の津波で児童ら84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が起こした訴訟で、被告の市が控訴する方針を固めた。原告の遺族は市に対する不満を募らせる一方で、地裁の判決で明らかにならなかった事実を追究したい、という声も上がった。

 6年生だった三男、雄樹君=当時(12)=を失った佐藤和隆さん(49)は「何を不服として控訴するのかわからない。非常に残念」と憤った。

 民事訴訟では、判決文を受け取った日の翌日から2週間後が控訴の期限。石巻市の亀山紘市長は26日の判決後の記者会見で「重大な結果として大変重く受け止める」と話していた。佐藤さんは「重く受け止めている人が、こんなにすぐに控訴に踏み切れるものだろうか…」と首をひねった。

 5年生の次女、千聖さん=当時(11)=を亡くした紫桃隆洋さん(52)は「判決は勝訴だが、疑問も残った」と遺族の複雑な感情を吐露した。

 判決は「河川堤防に向けての避難は不適当」としたが、なぜ教職員がその判断に至ったのかには言及しなかった。「市が控訴すれば原告が一丸となって原因究明を続けられるという見方もできる」と話した。

 一方、石巻市は28日午前、控訴方針を示すファクスを報道機関に誤送信した。連絡ミスで予定より早く送信してしまい、被告に名を連ねる県の担当者に伝えられていなかった。多数の犠牲を出した重大案件での不手際で、市は「不備があった」と釈明している。


<大川小訴訟>石巻市が控訴へ 県も検討…遺族ら厳しく批判
毎日新聞 10/28(金) 20:57配信

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の津波訴訟で、学校側の過失を認め、市と県に14億円余の損害賠償を命じた仙台地裁判決を不服として、市は28日、近く控訴する方針を固めた。県も市に合わせて控訴する方向で検討している。

 石巻市は同日、市議会側に控訴の方針を伝え、30日に開かれる臨時議会で控訴の関連議案を提出する。主要争点で主張が認められなかったため、判決から間を置かず、控訴する判断に傾いたとみられる。

 宮城県の村井嘉浩知事は報道陣の取材に対して、「市の意見を聞いて判断したい。市と足並みをそろえることになる」と述べた。

 一方、原告側は激しく反発している。大川小6年だった長男大輔さん(当時12歳)を亡くした原告団長、今野浩行さん(54)は「行政や教育組織が子供の命を守る責任を否定しているのに等しく、すぐに控訴を決めたのは残念。組織を守ることしか考えていない」と厳しく批判した。

 勝訴判決ながら、遺族が訴えていた学校側の防災対策の不備や、「真相究明を困難にし、心情を著しく傷つけられた」としていた事後対応の責任は問われなかったため、今野さんは「市が控訴するのであれば、我々も控訴するか真剣に検討する」と話している。

 26日に言い渡された判決は、震災発生後、学校前を通った市の広報車が津波の接近を伝えていたことから、「教員らは津波襲来を予見できた」と認定した。さらに安全な学校の裏山に児童を避難させず、死なせた過失があったと認め、児童23人の遺族に計14億2658万円を支払うよう市と県に命じていた。【百武信幸、川口裕之】


<鳥取地震>「危険」住宅、265棟…被害拡大明らかに
毎日新聞 10/28(金) 20:51配信

 ◇28日で1週間

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震から28日で1週間がたち、住宅の被害がようやく明らかになりつつある。県のまとめ(28日午後6時現在)では全半壊は5棟のみだが、2次被害を防ぐための応急危険度判定で「危険」と判断された住宅は265棟に達している。同様の調査で自宅の建つ土地が危険と判明した被災者もおり、自治体は公営住宅の確保を急いでいる。

 応急危険度判定の結果は、28日現在で▽危険(赤)265棟▽要注意(黄)1052棟▽被災程度は小さい(緑)5220棟--の計6537棟で、調査は週内に終了する見込みだ。被災宅地危険度判定は28日現在で▽危険(赤)144件▽要注意(黄)245件▽被害程度は小さい(青)3551件--の計3940件で、来週中の調査完了を目指す。

 倉吉市の福光地区では、造成された高台の地盤が頻繁に起きる地震や雨で沈下していることが調査で判明。26日以降に近くの集会所での自主避難を始め、28日は子供12人を含む32人が身を寄せた。

 2~14歳の子供4人を育てる松田恵さん(32)は自宅は無事だったが、宅地が「危険」と判断され避難している。「住み続けられるのか、引っ越さなければいけないのか分からない。とにかく不安しかない」と話す。【高嶋将之、長宗拓弥】


川俣町山木屋地区の避難指示、来年3月末に解除
読売新聞 10/28(金) 19:42配信

 政府は28日、東京電力福島第一原発事故で福島県川俣町山木屋地区に出している避難指示を来年3月31日に解除すると正式決定した。

 同地区は、避難指示区域のうち放射線量が最も低い避難指示解除準備区域と、これに次ぐ居住制限区域に指定されている。避難指示解除の決定は8件目。

 政府や町によると、同地区の住民登録数は今月1日時点で556世帯1169人。解除に向けて昨年8月から始まった長期宿泊には、27日時点で47世帯129人が登録している。


浸水状況、確認せず=志賀原発雨水流入で中間報告―北陸電
時事通信 10/28(金) 19:06配信

 北陸電力志賀原発2号機(石川県)の原子炉建屋に雨水が流入した問題で、同社は28日、事故原因などをまとめた中間報告書を原子力規制庁に提出した。

 主な原因として、2号機建屋につながるトレンチ(ケーブルなどの地下通路)の浸水状況を確認しなかったことを挙げた。

 報告書などによると、9月28日、トレンチへの浸水を知らせる警報を聞いた当直職員が状況確認した際、排水ポンプが作動しているため問題ないと判断。報告を受けた別の職員も同様に判断し、トレンチから原子炉へ雨水が入るまで、マニュアルで決まっていた浸水状況の確認をしなかった。

 津波対策を優先し、内陸側からの雨水流入の防止工事を後回しにしたことも原因の一つとした。


宿泊キャンセル1万件超=観光、農業対策急ぐ―地震1週間・鳥取
時事通信 10/28(金) 17:44配信

230
応急工事として白いシートで覆われた、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている白壁土蔵群=28日午前、鳥取県倉吉市

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震は28日、発生から1週間を迎えた。

 震度1以上の地震は21日から計250回を超え、倉吉市などでは今も350人近くが避難を続ける。1万件を超える旅館やホテルの予約キャンセルがあり、県は対策を急いでいる。

 鳥取県によると、今回の地震で県内では19人が重軽傷を負い、5700棟以上の住宅が一部損壊した。被害が集中した倉吉市や湯梨浜町など4市町では28日午後6時現在で、計345人が小学校などに避難している。

 観光面では、揺れが強かった県中部だけでなく、大きな被害がなかった東部や西部も影響を受けた。28日時点のキャンセル約1万1000件のうち、中部と、境港市や米子市などの西部が各約5000件、鳥取砂丘がある鳥取市などの東部も約1000件を数える。県観光交流局の担当者は「鳥取県は元気ですと積極的にPRしていく」と話し、対策を急ぐ。

 農業の被害も大きい。収穫直前だった特産品のナシが落下したほか、選果場の破損などもあり、被害総額は6億8000万円を上回る見通しだ。県は傷の小さいナシを「訳あり品」として安く販売する際にかかった経費を負担するなど、支援を進める。


<鳥取・地震>家屋被害、出にくい揺れ 東大地震研の分析
毎日新聞 10/28(金) 14:28配信

 ◇周期1~2秒 熊本地震の3分の1

 東京大地震研究所が鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震を分析した結果、木造家屋に被害を与える1~2秒の周期の揺れが弱かったことが分かった。8000棟以上の住宅が全壊した熊本地震と比べると、1~2秒の周期の揺れの強さは3分の1~5分の1だった。今回の地震で鳥取県内の家屋の被害は、28日午前7時現在の県のまとめで計8棟となっている。

 地震の揺れのうち、周期1~2秒は木造家屋が揺れやすい周期帯で、被害を出しやすいことが知られている。今年4月に発生した熊本地震ではこの周期の揺れが強く、住宅3万9000棟以上が全半壊した。

 東大地震研の古村孝志教授(地震学)は、21日に最大震度6弱を観測した鳥取県倉吉市など震源に近い観測点の揺れを分析し、熊本地震で震度7を観測した熊本県益城(ましき)町の揺れと比較した。その結果、鳥取の周期1~2秒の揺れは、益城町のデータと比べて大きく下回っていた。

 また、二つの地震では共に周期0・4秒前後の短周期の揺れがやや強いことも分かった。この周期の揺れは木造家屋よりも小さな物に影響を与えるとされ、鳥取の地震でも墓石が倒れたり室内で物が落ちたりする被害が大きかった可能性があるという。

 古村教授によると、2000年の鳥取県西部地震の分析でも周期1~2秒の揺れが弱かった。古村教授は「周期1~2秒の揺れが弱くなるという、地域の特性があるのかもしれない」と指摘した。【鳥井真平】


過失認定を不服、石巻市が控訴へ…大川小訴訟
読売新聞 10/28(金) 12:26配信

 東日本大震災の津波で犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族らが市と県に損害賠償を求めた訴訟で、被告側の石巻市は28日、市と県の過失を認めた仙台地裁の判決を不服として、仙台高裁へ控訴する方針を固めた。

 市は30日に臨時市議会を開き、控訴手続きに必要な関連議案を提出する。

 仙台地裁は26日の判決で、現場にいた教員らには「津波が襲来することを予見し、認識できた」とし、すぐそばの裏山へ避難させずに児童らを死なせた過失があったと認定。市と県に対し、計約14億2658万円の支払いを命じる判決を言い渡していた。


大川小津波訴訟で控訴へ=石巻市、賠償命令に不服
時事通信 10/28(金) 12:25配信

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童74人のうち、23人の遺族が市と県に損害賠償を求めた訴訟で、石巻市は市と県に計約14億円の支払いを命じた仙台地裁判決を不服として仙台高裁に控訴する方針を決め、28日に市議会へ伝えた。

 地裁は26日の判決で、「教員らは大規模な津波が襲来することを予見していた」などと判断し、学校側の過失を認めて市と県に計約14億2600万円の支払いを命じていた。

 市議会は30日に開く臨時議会で、市が提出した控訴に関する議案を審議する。

 一方、宮城県の村井嘉浩知事は28日、取材に対し「正式には(控訴の可否を)決定していない。市とも調整中で、代理人と詳細を詰めている段階。市と足並みをそろえていくことになると思うので、市の考え方を見守りたい」と話した。

 原告側の代理人弁護士は市の控訴方針を受け、「極めて遺憾で、原告も控訴を検討せざるを得ない」とコメントした。


来月中旬にも視察=川内原発の特別点検―三反園鹿児島知事
時事通信 10/28(金) 12:24配信

 鹿児島県の三反園訓知事は28日、就任後初の定例記者会見を開き、定期検査のため停止中の九州電力川内原発1号機(同県薩摩川内市)で、九電が進めている特別点検を11月中旬にも視察する考えを示した。

 特別点検は、三反園知事の要請に基づき行われている。知事は「複数の専門家と視察する。これまでの点検状況を九電から説明してもらい、安全かどうか専門家と協議していく」と述べた。

 三反園知事は、熊本地震で県民の不安が高まっているとして、公約に掲げた川内原発の即時停止と再点検を九電に2度要請。九電は即時停止に応じず、不安軽減のため特別点検を前倒しで9月27日から始めた。特別点検では水中カメラを使い、原子炉容器や使用済み燃料プールなどを調べている。


<川内原発>鹿児島知事11月中旬に視察へ 定期検査中
毎日新聞 10/28(金) 12:20配信

 鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は28日の定例記者会見で、九州電力が定期検査中の川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)1号機で実施している特別点検を11月中旬をめどに視察する方針を明らかにした。原子炉工学などの専門家と共に原発内部を視察し、九電から点検内容などの報告を受ける考えだ。

 12月8日にも予定される1号機の運転再開について、三反園知事は県が設置する検討委員会で総合的に検討した上で認めるかどうか判断する方針を示しているが、会見では検討委の設置時期について「専門家の了解が得られた時点で、県議会の了解も得て早く設置したい」と述べるにとどめた。【杣谷健太】


<大川小津波訴訟>石巻市が控訴へ 仙台地裁判決不服として
毎日新聞 10/28(金) 12:17配信

229
東日本大震災による津波で浸水した大川小学校の校舎=宮城県石巻市で2016年10月15日午前10時3分、本社機「希望」から森田剛史撮影

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が死亡・行方不明になった宮城県石巻市立大川小学校を巡り、児童23人の遺族に総額14億2658万円を支払うよう命じた仙台地裁判決(26日)について、同市は学校側の過失を認定した判決を不服として近く控訴する方針を固めたことが28日、分かった。同市が市議会関係者に伝えた。

 判決では「教員らは津波襲来の7分前には危険性を具体的に予見したのに、安全な裏山でなく不適当な場所へ避難しようとした」と指摘した。【百武信幸】


3日以内に震度5弱以上の確率、地震前の10倍
読売新聞 10/28(金) 12:15配信

 鳥取県中部で震度6弱を観測する地震が起きてから28日で1週間がたった。

 余震の回数は発生直後に比べて収まっているものの、気象庁は、平常時より活発な地震活動が当分続くとみており、引き続き地震への注意を呼びかけている。

 同庁によると、28日正午までに観測された震度1以上の余震は257回。内訳は、震度4が6回、震度3が26回、震度2が65回、震度1が160回。鳥取県中部の震源周辺で震度5弱以上の地震が同日から3日間に起きる可能性は、今回の地震発生前の約10倍と算出している。

 松本防災相は28日の閣議後の記者会見で、松本洋平内閣府副大臣を団長とする政府調査団を鳥取県に派遣し、被害調査や被災自治体との意見交換を行うと発表した。


<鳥取・地震>新鮮な野菜や総菜が並び 湯梨浜朝市
毎日新聞 10/28(金) 12:06配信

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震は28日、発生から1週間を迎えた。湯梨浜(ゆりはま)町ではこの日、中止されていた朝市が地震後初めて開かれ、店頭に新鮮な野菜や総菜が並んだ。避難生活や自宅の片づけで疲弊する人々に、つかの間の笑顔が戻った。

 江戸時代の始まりとされる東郷温泉とともに栄えた同町松崎地区で、収穫期である10月の3と8の付く日に開かれる「三八(さんぱち)市」。近郊から大勢の客が集まった戦前のにぎわいを取り戻そうと、地元の10人ほどが運営やイベント企画に携わる。約100メートルの沿道に並ぶ空き店舗を利用し、20~30店が取れたての野菜や手作りの総菜、アクセサリーなどを扱うが、地震の影響で23日は中止した。

 この日は、再び地震が起きて家屋倒壊や火災などの被害が出ないよう、一部の店は簡易テント内で運営し、火の使用も禁止。出店数も普段より少ないが、午前9時の開始から訪れる人が途切れず、店主や買い物客がなじみの顔を見つけては、笑顔で話しかけていた。

 近くに住む船木紀美枝さん(68)は「余震も続いているが、久しぶりに顔を合わせられた人もいてよかった」と話した。朝市の実行委員長の野口智恵子さん(58)は「待っていてくれた人たちがいたので、何とか開けてうれしい。疲れがたまっているお年寄りの気分転換の場になればいい」と、安堵(あんど)の表情を浮かべていた。【藤田愛夏】


被災地事業、初の点検対象=女性活躍も効果検証―行革レビュー
時事通信 10/28(金) 11:56配信

 政府の行政改革推進会議は28日の持ち回り会議で、政府の事業内容や予算の使い道について有識者を交えて公開の場で検証する「秋の行政事業レビュー」で取り上げる12テーマ61事業を決定した。

 東日本大震災の集中復興期間終了を踏まえ、今回初めて被災地の復興事業を対象に含めた。安倍政権が重要課題と位置付ける女性活躍の関連事業にも切り込む。

 事業レビューは4日間の日程で行われる。来月5日は大阪府豊中市の大阪大で、10~12日は東京都内で実施。行革への関心を高めようと、今回初めて地方でも開催する。

 復興事業では、東北地方に外国人観光客を誘致する復興庁の「観光復興事業」を対象とする。他の地方の取り組みなども参考に、より効果的な事業内容も探る。

 女性活躍関連では、出産を終えた医師や歯科衛生士らの職場復帰を促す厚生労働省の支援事業などを検証。このほか、三菱自動車の燃費不正問題を受け、自動車環境基準に関する実効的な審査をしているか検証するため、実施主体の独立行政法人への運営費交付金もレビューの対象とする。


福島・川俣町の避難解除正式決定=政府
時事通信 10/28(金) 11:49配信

 政府の原子力災害対策本部(本部長・安倍晋三首相)は28日、東京電力福島第1原発事故の影響で福島県川俣町の一部に出ている避難指示について、来年3月末に解除することを正式決定した。

 副本部長の世耕弘成経産相は、閣議後の記者会見で「避難指示の解除は復興に向けたスタート。解除後も政府一丸となり復興に取り組む」と話した。

 解除対象は、同町山木屋地区にある居住制限、避難指示解除準備の両区域で、今年10月1日時点で1169人が住民登録している。昨年8月末から始まった帰還に向けた準備宿泊は、解除日まで継続する。


熊本市消防団が災害時要援護者名簿199人分を紛失 地震で散乱し廃棄
西日本新聞 10/28(金) 11:45配信

 熊本市は27日、高齢者や障害者の連絡先などを載せた災害時要援護者名簿199人分を、市消防団が紛失したと発表した。一部は熊本地震で保管場所が散乱したことから、誤って廃棄された可能性があるという。

 市が名簿の原本を作成。要援護者の生年月日や住所、電話番号、障害の箇所などが掲載されている。今月初め、西区内の分団長が交代した際に担当地区の159人分の名簿が自宅本棚にないことに気付いた。古紙と一緒に捨てた可能性があるという。市が他の86分団全てを調査したところ、東区内の分団長が分団倉庫に置いた名簿40人分を紛失していた。市は地震後の5月、団員が倉庫を片付けた際に捨てたとみている。今のところ情報漏えいはないという。

=西日本新聞=


今村雅弘復興相「コメントは差し控えたい」 大川小訴訟14億円賠償命令
産経新聞 10/28(金) 11:40配信

 今村雅弘復興相は28日午前の記者会見で、宮城県石巻市立大川小をめぐる損害賠償訴訟の判決において、仙台地裁が市と県に計約14億2600万円の支払いを命じたことついて「宮城県と石巻市、そして遺族の間の訴訟でありコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。

 大川小の児童ら84人は、東日本大震災の津波により犠牲になった。


鳥取地震1週間、活発な状態続く 震度5弱以上発生確率は平常時の10倍
産経新聞 10/28(金) 11:36配信

 発生から1週間となった鳥取県倉吉市で震度6弱を観測した地震について、気象庁は28日、以後3日間に震度5弱以上の地震が発生する確率は初日と比べて約40分の1にまで収まったが、依然として平常時の約10倍であることを明らかにした。

 気象庁によると、今回の震源域では28日午前9時までに震度1以上の体に感じる地震を計257回観測。21日午後2時7分に起きた震度6弱以降は震度4が同日に6回起きたほか、震度3が計26回あり、26日にも2回発生した。最初の地震の震源域北側で活発な状態だという。

 鳥取県周辺では過去にも、1週間以上後に同規模の地震が発生したケースが複数あったという。気象庁の青木元地震津波監視課長は「平常時に戻るまでには通常、1カ月以上はかかる。震度6弱程度の地震は今後も起こり得るので日頃から備えてほしい」と話した。


<鳥取・地震>気象庁「5弱以上発生確率は平常時の10倍」
毎日新聞 10/28(金) 10:54配信

228
多くの瓦が落ち、建物に被害が出た住宅街=鳥取県倉吉市で2016年10月21日午後4時27分、本社ヘリから貝塚太一撮影

 ◇震度6弱地震発生1週間受け、活動見通し

 気象庁は28日、鳥取県中部で最大震度6弱の地震が発生して1週間が経過することを受け、同地域の活動見通し(28~31日)を明らかにした。「最大震度5弱以上の地震が発生する確率は、地震発生初日から3日間に比べて40分の1程度に低下した」としたものの、「それでも確率は平常時の10倍程度大きく、十分備えてほしい」と呼び掛けた。

 気象庁はこれまで、地震発生後に、今後の活動見通しを示す「余震発生確率」を具体的な数値(%)で公表していたが、今年4月の熊本地震では確率発表後にさらに大きい地震が発生した。数値が「安心情報として誤解される」などといった指摘が相次いだため、気象庁は「余震」という言葉や、%の数値を使わない形式に変更。今回が初めての適用になった。【飯田和樹】


復興道路で開通見通し=全体の9割めど―国交省
時事通信 10/28(金) 10:47配信

 国土交通省は28日、東日本大震災からの復興を後押しするため、「復興道路」や「復興支援道路」に位置付けた三陸沿岸道路などの一部区間に関し、開通時期の見通しを発表した。

 青森、岩手、宮城、福島4県を通る8区間の計65キロで、それぞれ2018~20年度に開通する見込み。今回の発表で、全体の9割に当たる503キロの区間について開通、または開通見通しが立った。

 三陸沿岸道路は、震災後に事業化した階上(青森県)―侍浜(岩手県)の23キロなど5区間が20年度までに開通。宮古盛岡横断道路は岩手県の2区間が、相馬福島道路は福島県の1区間が、それぞれ20年度に開通する。

 石井啓一国交相は同日の閣議後の記者会見で「開通を見据えた企業立地や民間投資が促進され、復興まちづくりの支援につながる。20年度までの全線開通を目指し、早期整備に努める」と述べた。


「聖域」の被災地関連事業、初めて無駄を点検へ
読売新聞 10/28(金) 10:14配信

 政府は、国の予算の無駄を点検する今年度の「行政事業レビュー」公開検証で、東日本大震災の復興関連事業を初めて取り上げる。

 震災発生から5年間の「集中復興期間」が今年3月に終わったことを受け、これまで「聖域」(政府関係者)とされてきた被災地関連の事業にも踏み込み、行政改革に取り組む姿勢をアピールする狙いだ。28日に開く行政改革推進会議(議長・安倍首相)で正式決定する。

 行政事業レビューは、前年度事業などの無駄や改善点を点検し、来年度予算編成に活用する政府の取り組み。各府省が夏までに約5000事業を自主点検し、一部については秋に外部有識者を招いて公開検証を行う。今年度の公開検証は11月に4日間を予定し、61事業を対象とする見通しだ。その際、復興庁が所管する「東北地方へのインバウンド推進による観光復興事業」も点検される。


<鳥取地震>発生1週間 迫る冬「高齢者は予防接種を」
毎日新聞 10/28(金) 0:39配信

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震の被災地では、470人の被災者が発生1週間の朝を避難所で迎えることになった。「自宅が片付かない」「余震が怖い」。帰りたくても帰れない1人暮らしのお年寄りなどに、厳しい冬が迫りつつある。【小野まなみ、藤田愛夏、李英浩、矢澤秀範】

 ◇長引く避難

 「ボランティアセンターに依頼中だが、自宅が片付くめどが立たない。早く帰りたい」。避難所になっている倉吉市立成徳小体育館で避難生活を続ける山本純子さん(80)は、ため息を漏らした。

 同市立小鴨小体育館にいた女性(70)は「余震が不安で1人で家にいるのはつらい。ここだと職員もちゃんとケアをしてくれる。地震が収まるまでは帰れそうにない」。湯梨浜(ゆりはま)町の老人福祉センター東湖園に避難する1人暮らしの女性(75)も「家は何ともないけれど、余震もあって1人でいるのが怖い」と疲れた表情を見せた。

 北栄町の福祉避難所に身を寄せる河村陽子さん(49)の家族5人は、町営住宅への入居を検討中だ。自宅は傾き、腎臓病を抱える高齢の母がいる。「早く落ち着いた生活を取り戻したい」と訴える。

 ◇栄養士ら派遣

 これから寒さが本格化する。医療や福祉関係者が懸念するのが健康への影響だ。倉吉市保健センターは避難者の体調を把握するため、保健師や栄養士、歯科衛生士を避難所に派遣している。

 栄養士の森本美由紀さん(44)は「偏った食事で野菜が不足している。血糖値や血圧の上昇、便秘などが心配」。歯科衛生士の坂田ゆかりさん(33)は「口の中が清潔でないと風邪や肺炎になってしまう恐れがある」と歯ブラシを配っている。

 県中部医師会の板垣尊人志(たかとし)事務長(59)は、インフルエンザなどの感染症を危惧。「避難生活で体が衰弱し、感染症にかかりやすくなっている。特に高齢者は、必ず予防接種をして」と呼びかける。


<コストコ>震災時の崩落死傷事故で無罪確定 検察上告断念
毎日新聞 10/28(金) 0:07配信

 東日本大震災で大型量販店「コストコ多摩境倉庫店」(東京都町田市)の駐車場スロープが崩落して8人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた高木直喜・1級建築士(69)を逆転無罪とした東京高裁判決について、東京高検は上告期限の27日、上告を断念したと発表した。高木さんの無罪が確定した。高検の曽木徹也次席検事は「適法な上告理由が見いだせなかった」とコメントした。

 事故は、建物本体とスロープが異なる揺れ方をする構造だったのに、接合部が鋼板だけでつながれたために発生した。高木さんは前任者から構造設計を引き継ぎ、強度が高くなるように設計を変えたものの、その通りに工事が行われなかった。

 1審・東京地裁立川支部は高木さんの過失を認め、禁錮8月、執行猶予2年としたが、今月13日の高裁判決は「構造設計担当者としての義務は尽くされている」と判断した。【石山絵歩、平塚雄太】


<鳥取地震>発生1週間 避難所に470人 長引く可能性も
毎日新聞 10/27(木) 21:55配信

227
軽トラックに積んだ瓦を処分する市民ら=鳥取県倉吉市で2016年10月26日、李英浩撮影

 鳥取県中部を襲った地震は28日で発生から1週間を迎える。県のまとめ(27日午後6時現在)では、最大震度6弱を観測した倉吉市や湯梨浜町などの避難所に470人が身を寄せている。1人暮らしの高齢者が自宅に戻れないケースが多いうえ、土地や建物が「危険」と判定されて新たに避難する人もおり、避難生活が長引く可能性もある。

 避難者が386人と最多の倉吉市は、発生から1週間は震度6弱と同程度の地震が発生する可能性が高いとされていることから、当初設営した避難所を原則として維持してきた。

 災害対策本部は「避難所利用者が固定化しつつある。どういった理由で避難を続けているのかを把握する必要がある」として、避難者の生活実態調査を28日に始める。自宅の被災状況や帰宅できる時期などを聞き取り、避難所の集約が可能か検討に入る。担当者は「生活再建に向け、避難者が次の段階に移るための手伝いをしていきたい」と話す。

 30人が避難を続ける北栄町は今後、避難所を2施設に集約した上で、町営住宅の入居手続きを開始する。ただ、住宅の応急危険度判定の結果次第では、避難者が再び増える可能性もあるという。避難者が38人の湯梨浜町は、町職員が常駐する避難所2カ所を当面維持する予定だ。

 また、県は27日、今回の地震のけが人は19人(重傷3人、軽傷16人)と発表した。【高嶋将之、長宗拓弥】


<鳥取地震>知事が首相に復興要望提出 農作物被害支援など
毎日新聞 10/27(木) 20:47配信

 鳥取県の平井伸治知事は27日、首相官邸を訪れ、同県中部で21日に発生した最大震度6弱の地震からの復興に関する要望書を安倍晋三首相に提出した。首相は「一日も早く安心して生活できるよう全力を尽くしていきたい」などと応じた。

 要望書で県は、地震の被害のなかった地域でも宿泊予定者のキャンセルが相次いでいるとして、風評被害を払拭(ふっしょく)するための情報発信を要請。鳥取への旅行を割引する助成制度の創設や、農作物被害への支援などを求めた。【真野敏幸】


「地震、風化させない」=内外情勢調査会で講演-蒲島熊本知事
時事通信 10/27(木) 18:58配信

 熊本県の蒲島郁夫知事は26日、熊本市内で開かれた内外情勢調査会で講演し、熊本地震への対応など県政の課題について語った。

 被災前より良い状態に戻す「創造的復興」の実現により、「県民の総幸福量の最大化を図ることが3期目の使命」と指摘。また、日本全体が地震への対応力を高めるには、熊本での教訓の積極的な発信を通じ「地震を風化させないことが大切だ」と強調した。

 震災対応について蒲島知事は、県民に「経済的安定」「安全安心」「誇り」「夢」をもたらす行政運営が基本との考えを示した。

 これを具体化した「復旧・復興プラン」(8月策定)では、重要施策の一つとして、熊本空港を核に甚大な被害を受けた益城町など県東部の新たなまちづくりに取り組む「大空港構想」を挙げた。知事は「東部地域の発展とともに防災拠点としての空港機能を強化していく」と述べた。

 商業や観光の活性化策では、八代港に寄港する大型クルーズ船の受け入れ数を増やす考えを表明。「機能を拡充し、将来的には300隻程度寄港できるように対応する」と話した。また、南海トラフ地震に備えたインフラ整備として、熊本を起点に「九州を横断する中九州横断道路や九州中央自動車道といったルートの確保が必要だ」と訴えた。

 熊本地震の情報発信については「次の災害に備え、成功も失敗も記録に残して公開し、次の災害に備えてもらう」とし、映像記録などを整備するアーカイブ化に意欲を示した。


震災スロープ崩落、無罪確定=建築士の上告断念―東京高検
時事通信 10/27(木) 16:03配信

 東日本大震災で東京都町田市の大型量販店「コストコ多摩境店」の駐車場スロープが崩落し、8人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた高木直樹・1級建築士(69)=石川県野々市市=を逆転無罪とした東京高裁判決について、東京高検は期限の27日、上告しないと発表した。

 高木建築士の無罪が確定した。

 東京高検の曽木徹也次席検事は「適法な上告理由が見いだせず、上告を断念することとした」とするコメントを出した。

 東京高裁は13日、「設計内容を責任者に伝えており、配慮義務は尽くされていた」として、有罪とした一審を破棄し、無罪を言い渡した。


鳥取地震の風評被害払拭=安倍首相
時事通信 10/27(木) 12:14配信

 安倍晋三首相は27日、震度6弱の地震に見舞われた鳥取県の平井伸治知事と首相官邸で会談した。

 平井知事は「11月6日が(ズワイガニ漁の)解禁で、山陰の(観光の)書き入れ時だ」として、旅行費用への助成などを要望。首相は「旅館をはじめ観光業が打撃を受けている。風評被害(を拭い去ること)に政府を挙げて取り組んでいきたい」と強調した。


<大川小津波訴訟>勝訴の遺族、複雑 「原因究明を」
毎日新聞 10/27(木) 11:26配信

 知りたかった真実は、知ることができなかった--。東日本大震災の津波で多くの子供たちが犠牲になった石巻市立大川小学校を巡る損害賠償訴訟の仙台地裁の判決は、幼い命を守れなかった学校側の責任を認める原告勝訴の判決を下した。ただ、原告側が求めた真相究明には遠く、津波襲来後の救助活動など学校側の対応の不備を一部認定しなかったことに、遺族らは複雑な心境も表した。【真田祐里、川口裕之】

 仙台市青葉区の仙台弁護士会館のホール。判決から1時間後の午後4時、原告の遺族らが記者会見に臨んだ。背後には、犠牲になった子供たちの笑顔の写真と「先生の言うことを聞いていたのに!」と書かれた横断幕。「子供たちの声が裁判所に届くように」と遺族が話し合って作ったという。

 勝訴判決にもかかわらず、遺族に笑顔はなかった。時折声を詰まらせ、ハンカチを口に押し当てて気持ちを押し殺すような姿も。

 「心の中で自問自答をしてみる。何に勝ったのか、本当の意味での勝利は何か。原因究明をしないと再発防止はない」。6年生だった三男の雄樹さんを亡くした佐藤和隆さん(49)は漏らした。6年生だった長男大輔さんを亡くした原告団長の今野浩行さん(54)も「法的に行政の責任が認められた。(行政は)検証のテーブルについてほしい」とさらなる真相究明を求めた。

 判決が、遺族らの被った逸失利益の一部を認めなかった点にも、多くの遺族が不満を漏らした。4年生だった長女巴那(はな)さんが行方不明のままの鈴木義明さん(54)の妻実穂さん(48)は、捜索を続けるために仕事を辞めたが、判決は逸失利益と認めなかった。夫婦は今も支援者の協力を得ながら巴那さんを捜し続けている。義明さんは「判決は40点。行方不明者の遺族は大変な苦労をしてきたのに、認められないのはとても残念だ」と涙をぬぐった。

 判決は、現場で生き残った教員に子供たちの救助義務を認めなかった。5年生だった次女千聖(ちさと)さんを亡くした紫桃さよみさん(50)は「けがをした人がいれば助けるのが道徳だ。事後対応に何一つ責任がなかったという判決は100%不満です」と怒りをあらわにした。原告側代理人の吉岡和弘弁護士は「原告に寄り添っていないと言わざるを得ない。残念な認定だ」と述べた。

三笠宮崇仁殿下ご薨去

昭和天皇の末弟で、天皇陛下の叔父にあたられる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)殿下が27日午前8時34分、心不全のため、入院先の東京都中央区の聖路加国際病院でご薨去(こうきょ)された。100歳だった。

笠宮崇仁殿下は皇位継承順位は第5位で、明治以降の皇族では最高齢。

本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は文京区の豊島岡墓地で営まれる。宮内庁は現在、日取りなどの検討を行なっている。

謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

リンク:ご遺体を乗せた車を見送る人たち - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ご遺体を乗せたとみられる車 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「心から哀悼の意」…安倍首相が謹話 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<訃報>三笠宮さま逝去100歳=天皇陛下の叔父 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 宮内庁が午前10時半すぎに発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>皇位継承資格者、4人に減少 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 安倍首相が謹話「哀惜に堪えない」 官房長官、有識者会議は「公務の負担軽減に絞って議論」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去 安倍晋三首相の謹話「一層の御長寿を願っておりました」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フォークダンスを踊られる三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ご家族で記念撮影される三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:展覧会を鑑賞される三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:孫に囲まれる三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:散策される三笠宮ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:退院される三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<訃報>三笠宮さま逝去100歳=天皇陛下の叔父 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:手を振られる三笠宮ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:葬儀に向かわれる三笠宮ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:晩さん会でお礼を述べられる三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三笠宮さまご逝去>安倍首相「悲しみの念に堪えません」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<訃報>三笠宮さま逝去100歳=天皇陛下の叔父 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さまとお兄さま方 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:講義される三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま逝去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「悲しみの念に堪えぬ」=三笠宮さま逝去で首相謹話―与党幹部も哀悼 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま ご逝去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生前退位容認の意見=皇室典範制定時に―三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま逝去 戦後は古代オリエント史を研究 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:余暇活動の普及にも尽力=スケートフォークダンス発案―ゆかりの人、三笠宮さま悼む - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オリエント史研究に情熱=戦争、皇室批判も―激動の一世紀歩む・三笠宮さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇位継承者は4人に=三笠宮さま逝去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さまがご逝去…100歳、昭和天皇の末弟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<訃報>三笠宮さまご逝去100歳=天皇陛下の叔父 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま薨去される 天皇陛下の叔父、100歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三笠宮さま逝去=100歳、昭和天皇末弟―歴史学者として活躍 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ご遺体を乗せた車を見送る人たち
時事通信 10/27(木) 12:03配信

829
三笠宮さまのご遺体を乗せたとみられる車を見送る人たち(写真の一部を画像処理しています)=27日午前11時5分、東京都中央区の聖路加国際病院

(時事通信社)


ご遺体を乗せたとみられる車
時事通信 10/27(木) 12:03配信

828
聖路加国際病院を出る三笠宮さまのご遺体を乗せたとみられる車(写真の一部を画像処理しています)=27日午前11時4分、東京都中央区

(時事通信社)


「心から哀悼の意」…安倍首相が謹話
読売新聞 10/27(木) 11:59配信

 安倍首相は27日、三笠宮さまの逝去について、「国民と共に謹んで心から哀悼の意を表します」との謹話を発表した。

 謹話は、「国の平和と国民の福祉のために貢献してこられました。国際親善やスポーツ、レクリエーション、芸術、文化、医療、福祉など幅広い分野にわたり、皇族として、重要な役割を果たされるなど、国民と親しく接せられました」と功績をたたえた。

 昨年、百寿(100歳)を迎えられたことにも触れ、「国民は、殿下の一層のご長寿を願っていましたところ、思いもむなしく薨去(こうきょ)されましたことは誠に哀惜に堪えません」とした。


<訃報>三笠宮さま逝去100歳=天皇陛下の叔父
毎日新聞 10/27(木) 11:55配信

827
3人のお孫さまに囲まれる三笠宮さま=長野県軽井沢町で2014年8月、宮内庁提供


三笠宮さま薨去 宮内庁が午前10時半すぎに発表
産経新聞 10/27(木) 11:33配信

 大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が27日午前8時34分、心不全のため、東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。100歳で、皇位継承順位は第5位であられた。戦時中は陸軍の軍人、戦後は古代オリエント史の研究者として活躍された。本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は約1週間後に東京都文京区の豊島岡(としまがおか)墓地で執り行われるとみられる。薨去により、皇室は19方、皇位継承資格者は4方となった。

 宮内庁は27日午前10時半すぎから、加地隆治宮務主管と名川弘一皇室医務主管が記者会見し、三笠宮さまの薨去を発表した。

 昨年12月に明治以降の皇族では初めて100歳を迎え、ご存命の中で唯一の大正生まれの男性皇族でもあられた。

 昭和天皇、秩父宮、高松宮の弟にあたられ、幼少期の称号は澄宮(すみのみや)。学習院初・中等科、陸軍士官学校を卒業後、陸軍騎兵学校、陸軍大学校へと進み、先の大戦中の昭和18年、お印の「若杉」から「若杉参謀」と名乗り、支那派遣軍参謀として南京に赴かれた。19年には大本営参謀となり、終戦時は陸軍少佐であられた。

 16年10月に高木正得(まさなり)子爵の次女、百合子さまと結婚し、寛仁親王殿下、桂宮宜仁親王殿下、高円宮憲仁親王殿下、●(=ウかんむりの下に心、その下に用)子(やすこ)さん(近衛忠●(=火へんに軍)夫人)、容子(まさこ)さん(千宗室夫人)の3男2女をもうけたが、平成14年に高円宮さま、24年に寛仁さま、26年に桂宮さまを相次いで亡くされた。

 戦後は東京大学文学部の研究生となり、歴史学者の道を歩まれた。メソポタミア地方(イラク)の学術探検、トルコの古代遺跡視察のほか、友好親善や葬儀参列のため、北欧や東南アジアなども訪問し、戦後の皇室による国際親善に大きな足跡を残された。

 90歳を過ぎると体調を崩しがちになり、20年6月に急性心不全との診断を受けてご入院。21年と23年にも軽い心不全で入院された。寛仁さまが薨去された直後の24年7月には、心臓の僧帽(そうぼう)弁が十分に機能しないために血液が逆流する鬱血性心不全と診断されて96歳で手術を受けられた。

 手術後は公の場に出る機会が減ったが、27年12月2日に100歳となり、28年1月2日には、皇居で行われた新年一般参賀で元気な姿を見せられた。しかし、5月16日に急性肺炎で同病院に入院後、心機能の低下が確認され、ご入院は約5カ月に及んでいた。

 最近は容体が安定していたが、27日午前7時40分ごろに容体が急変して同8時ごろに心停止となり、百合子さまが付き添われる中で息を引き取られたという。


<三笠宮さまご逝去>皇位継承資格者、4人に減少
毎日新聞 10月27日(木)11時23分配信

826
皇室の構成

 皇位継承順位5位だった三笠宮崇仁さまが亡くなったことに伴い、継承資格者は4人に減少した。今後の順位は(1)皇太子さま(2)秋篠宮さま(3)秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(4)常陸宮さま--となる。天皇陛下と皇族からなる皇室も19人に減った。

 これに関連し、菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で「皇室の減少に今後どのように対応するかは内閣官房皇室典範改正準備室でこれまでの議論を十分検証するなど、政府内で検討している」と説明した。天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」で皇室減少を検討対象に加えることは「ない」と否定した。

 有識者会議は27日午後、第2回会合を開催する。【田中裕之】


三笠宮さま薨去 安倍首相が謹話「哀惜に堪えない」 官房長官、有識者会議は「公務の負担軽減に絞って議論」
産経新聞 10月27日(木)11時16分配信

 安倍晋三首相は27日午前、三笠宮崇仁親王殿下が薨去(こうきょ)されたことを受け、「国民は、殿下の一層の御長寿を願っておりましたところ、思いもむなしく薨去されましたことは、誠に哀惜に堪えません」との謹話を発表した。

 三笠宮さまの薨去により皇位継承資格者は4方となった。

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」で皇位の安定継承に関する議論を行うかを問われ、「天皇陛下の公務の負担軽減に絞って議論をいただく」と述べた。その上で「皇室の減少に今後どのように対応するかは、内閣官房皇室典範改正準備室でこれまでの議論の経緯を十分検証するなど、政府部内で検討を行っている」と説明した。


三笠宮さま薨去 安倍晋三首相の謹話「一層の御長寿を願っておりました」
産経新聞 10月27日(木)10時56分配信

 安倍晋三首相は27日、三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の薨去を受け、総理大臣謹話を発表した。謹話全文は以下の通り。

     ◇

 三笠宮崇仁親王殿下の御訃報に接し、悲しみの念に堪えません。

 殿下には、大正天皇の御四男としてお生まれになり、昭和時代からの長きにわたり、御兄君昭和天皇及び今上陛下を助けられ、国の平和と国民の福祉のために貢献してこられました。殊に国際親善やスポーツ、レクリエーション、芸術、文化、医療、福祉等幅広い分野にわたり、皇族として、重要な役割を果たされ、各種の記念式典や大会に御臨席の際には関係者を励まされるなど、国民と親しく接せられました。

 また、殿下は、古代オリエント史の研究者としても著名であられました。

 殿下は、お年を召されてからは、静かな日々をお健やかにお過ごしになり、昨年には、百寿をお迎えになりました。国民は、殿下の一層の御長寿を願っておりましたところ、思いもむなしく薨去されましたことは、誠に哀惜に堪えません。

 皇室を始め御近親の方々の深いお悲しみを拝察申し上げ、ここに、国民と共に慎んで心から哀悼の意を表します。


フォークダンスを踊られる三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)10時43分配信

825
未来の東北博が協賛した「フォークダンス市民のつどい」に参加し、フォークダンスを踊られる三笠宮さま。左は同妃百合子さま=1987年7月、仙台市の同市体育館(日本フォークダンス連盟提供)

(時事通信社)


ご家族で記念撮影される三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)10時43分配信

824
大正天皇の皇后、貞明皇后が秩父宮邸(当時)を訪問し、ご家族で記念撮影。前列左から秩父宮妃勢津子さま、貞明皇后、高松宮妃喜久子さま、後列左から秩父宮さま、高松宮さま、三笠宮さま=1939年10月撮影


展覧会を鑑賞される三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)10時43分配信

823
展覧会「幻の室内装飾―明治宮殿の再現を試みる」を笑顔で鑑賞される三笠宮さま=2011年10月撮影、皇居・三の丸尚蔵館


孫に囲まれる三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)10時37分配信

822
孫に囲まれ記念撮影される三笠宮さま。左は高円宮家の長女承子さま、右は次女の千家典子さん、奥は三女絢子さま=2014年8月、長野県軽井沢町(宮内庁提供)


散策される三笠宮ご夫妻
時事通信 10月27日(木)10時37分配信

821
赤坂御用地を散策される三笠宮ご夫妻。三笠宮さまは2015年12月2日に100歳を迎えた=15年11月16日、東京・元赤坂(宮内庁提供)


退院される三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)10時37分配信

820
心臓手術を受け、妻の百合子さまに付き添われ笑顔で退院される三笠宮さま=2012年8月撮影、東京都中央区の聖路加国際病院


<訃報>三笠宮さま逝去100歳=天皇陛下の叔父
毎日新聞 10月27日(木)10時33分配信

819
百合子さまとご結婚=1941年10月22日


手を振られる三笠宮ご夫妻
時事通信 10月27日(木)10時33分配信

818
新年一般参賀で手を振られる三笠宮ご夫妻=2013年1月撮影、皇居


葬儀に向かわれる三笠宮ご夫妻
時事通信 10月27日(木)10時33分配信

817
47歳で急逝した三男高円宮さまの本葬「斂葬(れんそう)の儀」に向かわれる三笠宮ご夫妻=2002年11月撮影、東京都文京区の豊島岡墓地


晩さん会でお礼を述べられる三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)10時33分配信

816
高円宮ご夫妻の結婚を祝う晩さん会で、出席者にお礼を述べられる三笠宮さま(左端)=1984年12月撮影、東京都港区

(時事通信社)


<三笠宮さまご逝去>安倍首相「悲しみの念に堪えません」
毎日新聞 10月27日(木)10時31分配信

 安倍晋三首相は27日午前、三笠宮崇仁さまの逝去を受け、「悲しみの念に堪えません。昭和時代からの長きにわたり、昭和天皇及び天皇陛下を助けられ、国の平和と国民の福祉のために貢献してこられました。国民と共に謹んで心から哀悼の意を表します」との謹話を発表した。【田中裕之】


<訃報>三笠宮さま逝去100歳=天皇陛下の叔父
毎日新聞 10月27日(木)10時30分配信

815
赤坂御用地を散策される三笠宮ご夫妻=東京都港区で2015年11月16日、宮内庁提供


三笠宮さまとお兄さま方
時事通信 10月27日(木)10時26分配信

814
昭和天皇(当時皇太子)が欧州訪問から帰国し、兄弟4人そろって記念撮影。左から昭和天皇、三笠宮さま、高松宮さま、秩父宮さま=1921年9月撮影、栃木県の日光田母沢御用邸


講義される三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)10時26分配信

813
東京芸術大美術学部の客員教授として「古代オリエント美術史」の特別講義をされる三笠宮さま=1985年12月撮影、東京都台東区


三笠宮さま逝去
時事通信 10月27日(木)10時21分配信

809
昭和天皇の末弟、天皇陛下の叔父で、古代オリエント史の研究者としても知られる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)さまが27日午前8時34分、入院先の都内の病院で亡くなられた。100歳だった。


「悲しみの念に堪えぬ」=三笠宮さま逝去で首相謹話―与党幹部も哀悼
時事通信 10月27日(木)10時18分配信

 安倍晋三首相は27日午前、三笠宮崇仁さまの逝去について「悲しみの念に堪えません。国民と共に慎んで心から哀悼の意を表します」との謹話を発表した。

 
 謹話は「幅広い分野にわたり、皇族として、重要な役割を果たされ、各種の記念式典や大会にご臨席の際には、国民と親しく接せられました。国民は、殿下の一層のご長寿を願っておりましたところ、思いもむなしく薨去(こうきょ)されましたことは、誠に哀惜に堪えません」としている。

 自民党の二階俊博幹事長は「国民とできるだけ近い距離で接触され、皇室としての責任を大いに果たしていただいた。ご冥福を心からお祈り申し上げる」と悼んだ。東京都内で記者団に語った。

 公明党の山口那津男代表も、党会合のあいさつで、「戦後の平和で安定した社会へ、国民のために数々の功績を重ねられた。深く敬意を表したい」と述べた。


三笠宮さま ご逝去
ねとらぼ 10月27日(木)10時4分配信

 天皇陛下の叔父で昭和天皇の弟である三笠宮さまが亡くなりました。100歳でした。

 三笠宮さまは5月16日から急性肺炎により都内の病院に入院されていました。NHKなどの報道によると治療で症状は改善されましたが、心臓の働きの低下や新たに誤えん性の肺炎を発症するなどして、病室と集中治療室とを行き来されていたそうです。

 三笠宮さまは大正4年(1915年)に大正天皇の四男として誕生されました。戦後は東京大学文学部の研究生となり、歴史研究者の道を選択。2015年12月2日には明治以降の皇族ではじめて紀寿(満100歳)を迎えていました。1月の新年の一般参賀では元気な姿を見せていました。


生前退位容認の意見=皇室典範制定時に―三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)9時52分配信

 今年に入り表面化した天皇陛下の「生前退位」をめぐる問題。

 三笠宮さまは70年前の皇室典範制定時に、皇族の立場から天皇の生前退位を容認する意見を発表されていた(表記は原文通り)。

 1946年11月、政府は皇室典範改正案を衆議院に提出。三笠宮さまの意見は同12月に新聞に掲載され、「(政府の)説明をきいて釈然とした点もあるが、それでもなお、ふにおちない点もある」として、譲位の問題や皇族の婚姻の自由などについて持論を展開した。

 三笠宮さまは明治期制定の旧典範と同様、天皇の生前退位を認めない点について「自由意志による譲位を認めていない、つまり天皇は死なれなければその地位を去ることができないわけだが、たとえ百年に一度ぐらいとしても真にやむをえない事情が起きることを予想すれば必要最小限の基本的人権としての譲位を考えた方がよいと思っている」と異議を唱えた。

 2003年には、日本国憲法が公布された46年11月3日付で三笠宮さまがまとめた私案「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」の存在が明らかになった。その中で三笠宮さまは「『死』以外に譲位の道を開かないことは新憲法第十八條の『何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない』といふ精神に反しはしないか?」と疑問を呈した。

 しかし、三笠宮さまの意見は反映されず、衆議院と貴族院は46年12月、皇室典範改正案を原案通り可決。皇室典範は47年1月に公布、5月に施行された。


三笠宮さま逝去 戦後は古代オリエント史を研究
J-CASTニュース 10月27日(木)9時51分配信

 昭和天皇の末弟で皇族最高齢の三笠宮崇仁(たかひと)さまが2016年10月27日朝、亡くなられた。100歳だった。5月に急性肺炎と診断され、入院されていた。

 戦前は大本営参謀などを務めた陸軍軍人。戦後は古代オリエント史の研究家で、「宮さま学者」として国際的に活躍した。しばしば「戦争の反省」を語り、戦後民主主義の洗礼をいち早く受けた「民主的な皇族」としても知られた。

■終戦直前、息詰まる攻防があった

 1915年、大正天皇と貞明皇后の第4皇男子として生まれた。長兄の昭和天皇とは14歳、秩父宮や高松宮とも10歳以上の年齢差があった。皇族身分令で、皇族男子は原則として陸軍または海軍の武官になることが定められていたので、学習院を経て陸軍士官学校に進む。1936年から39年にかけて千葉県習志野にあった騎兵第十五連隊に勤務。

 43年1月には支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に。44年1月に帰還し、大本営参謀。このころ一部若手将校らが東条英機首相暗殺を計画、その動きを知った三笠宮さまは「いかに東条氏の施策に欠陥があるにせよ、天皇が首相、もしくは陸相に親任したわけだから、抹殺は天皇に対する反抗」と考えて憲兵隊に伝え、事件は未遂に終わった。

 45年5月25日の大空襲で赤坂の住居は全焼。以後、コンクリート製の防空壕で暮らす。終戦直前、息詰まる攻防があったことが明らかになっている。なお戦争継続を主張する陸軍は、同じ陸軍の軍籍を持つ三笠宮さまに最後の期待をかけた。8月12日、徹底抗戦派の参謀が門前で待ちかまえ、皇室会議に出かける三笠宮さまを説得しようとするが、「天皇の意図は和平にある」と断固拒否。13日夜には、阿南惟幾陸相自身も三笠宮宅を訪れ、天皇に御翻意をお願いしていただきたいと訴えた。しかし、三笠宮さまは強く叱責。

 陸相秘書官の手記によると、「会談の後(阿南陸相)は、…自動車が走り出しても、しばらくは無言であった。官邸に着く少し前になって漸く『三笠宮から陸軍は満洲事変いらい大御心(天皇のお考え)にそわない行動ばかりしてきたとお叱りをうけたが、そんなにひどいことを仰せられなくてもよいのに』とただそれだけを低い声で語った。…ひどくこたえたようであった」。

 阿南陸相は15日に自決。三笠宮さまはのちに「感無量なるものがあった」と回想している。

満員電車で東大に通う
 終戦時、三笠宮さまは29歳。耐乏生活が続いたが、一転、学究の道を目指す。きっかけは中国赴任中に感じていた疑問だ。白人の宣教師はなぜ人里離れた山奥に1人とどまり、中国人を相手に神の愛を説くのか。あるいは八路軍(中共軍)はなぜ自給自足で日本軍に抵抗し、民衆、特に婦女子にたいする軍紀は厳粛に保たれているのか。

 人間の情熱を駆り立てる根本的な要因を探求してみたいと考え、東大文学部の研究生に。まずヨーロッパの宗教改革の勉強から始めた。さらに原始キリスト教、ヘブライ史、オリエント史へとさかのぼる。旧約聖書はヘブライ語で読み、英語は駐日カナダ代表部の首席ハーバード・ノーマン氏に、フランス語はフランス文学の泰斗、渡辺一夫氏に教わった。

 当時の心境について、「過去のあらゆるものに失望し、信頼をなくしていた私は、何から何まですべてを新しいものの中から探しもとめねばならなかった」と語っている。

 住んでいた目黒から、満員電車やバスに乗って東大へ。時にはダットサンの自家用小型トラックを自分で運転して通った。お弁当持参。皇族としての公務もあり、授業に出席できない時は友人にノートを借り、夜のうちに百合子妃に写してもらった。難解な専門用語だらけ。「それは教室で筆記するより大変だったろう」と、結婚70周年の所感で妻への感謝をつづっている。

紀元節復活に反対の立場
 戦後の三笠宮さまは、早い時期にリベラルなスタンスに変わっていたようだ。近年明らかになった資料では、新憲法案を採決した46(昭和21)年6月8日の枢密院本会議で、新憲法案の戦争放棄を積極的に支持。日本の非武装中立を主張していた。ただし、新憲法案については、「どうしてもマッカーサー元帥の憲法という印象を受ける。反対もできないが、賛成も良心がゆるさない」とも述べ、採決では棄権した。

 60年ごろ、紀元節復活の動きが強まった時は、歴史学者として「反対」の立場。保守の重鎮・大野伴睦氏のところを突然訪れ、「2月11日というのは科学的根拠がない。国家権力で祝日とするのは間違い」と自ら説明し、「紀元節万歳」の大野氏の翻意を促したこともある。大野氏と親しく、実際にその様子を目撃した読売新聞記者・渡辺恒雄氏は「三笠宮殿下は非常に民主的な人」と記している。

 84年に出版した『古代オリエント史と私』(学生社)には「戦争への反省」があちこちに出てくる。騎兵第十五連隊の教官時代、「日本軍による戦争は正義のいくさである」と部下に訓示していたが、「今もなお良心の呵責にたえない」「戦争の罪悪性を十分に認識していなかった」。南京の総司令部に勤務したときは、肝試しに「生きた捕虜を銃剣で突き刺す」などの日本軍の残虐行為を知らされたほか、多数の中国人捕虜を満洲の広野に連行し、毒ガスの生体実験をしている映画も見せられ、「『聖戦』のかげに、実はこんなことがあったのでした」と記す。

 あるとき、日本軍の戦利品の中に「勝利行進曲」という映画があった。重慶政府(蒋介石の中華民国政府)制作。日本軍の残虐行為をテーマにした宣伝映画だが、「シナリオは事実をもとにして書かれたとしか思えませんでした」。東京への出張を命じられたとき、この映画を携行し、大元帥陛下にもお見せしたという。

 実際、南京から離任するときには現地の将校たちに講話。日中戦争が解決しない理由を「日本陸軍軍人の『内省』『自粛』の欠如と断ずる」と厳しく批判、中国内の抗日活動について「抗日ならしめた責任は日本が負わなければならない」と分析していたことが、近年発掘された文書資料で明らかになっている。

 この文書は当時、回収されたといわれるが、陸軍内部ばかりでなく日本の上層部にも回覧され、非常に大きな衝撃を与えたという。

 2000年6月、日中友好に力を注いだ画家、平山郁夫さんの古稀の会でも、「戦時中、中国での日本軍の残虐行為を間近にして、身の縮む思いをしました。そのことを昭和天皇に報告した」と語っていた。

東京女子大に「宮さまうどん」
 気さくな人柄で知られ、自然体で多くの人と付き合い、ファンが多かった。東京女子大で教えていた時は、学内食堂で「きつねうどん」をよく食べていた。「宮さまうどん」と呼ばれた。フォークダンスが大好きで女子学生たちと踊ることもあった。

 研究者として、何度も中東を訪れ、ヘルメット姿で発掘作業に関わった。『古代エジプトの神々-その誕生と発展』(日本放送出版協会、88年)、『文明のあけぼの - 古代オリエントの世界』(集英社、02年)、『わが歴史研究の七十年』(学生社、08年)など多数の著書や翻訳書、監修本を残した。日本オリエント学会の会長や、東京都三鷹市に設立された中近東文化センターの総裁も務めた。

 近年は最長老皇族の立場だった。ご夫妻には男性3人、女性2人のお子さま方がいたが、三男高円宮憲仁さまは02年11月に急逝。長男寛仁さまは12年6月に、次男の桂宮宜仁さまは14年6月に亡くなっている。男系の男孫はいなかった。長女の甯子さまは日本赤十字社社長近衛忠煇夫人、次女の容子さまは 裏千家家元千宗室夫人。

 寛仁さまの長女、彬子さまは日本美術史を専攻し、オックスフォード大で博士号を取得、研究者の道に進んだ。三笠宮さまの衣鉢を継いで中近東文化センター総裁や日本・トルコ協会総裁を務めている。


余暇活動の普及にも尽力=スケートフォークダンス発案―ゆかりの人、三笠宮さま悼む
時事通信 10月27日(木)9時49分配信

 三笠宮さまは、戦後の日本を平和で文化的な国にするためには、フォークダンスなどのレクリエーションやスポーツが大切と考え、関係団体の総裁職などに就き、発展に尽くされた。

 フォークダンスとスケートを組み合わせた「スケートフォークダンス」も発案。ゆかりの人々から逝去を悼む声が相次いだ。

 「真面目だが、気さくでユーモアもあり、皇族として特別扱いされるのを嫌がられた。エレベーターでも必ず女性から先に乗せていただき、温厚で気配りの細やかな方だった」。フィギュアスケートインストラクターの金子恵以子さん(74)=東京都文京区=は半世紀にわたる交流を振り返った。

 金子さんが日本体育大4年に在学中、「フォークダンスとスケートを組み合わせてはどうか」と三笠宮さまが栗本義彦・同大学長(故人)に発案。これを機に、金子さんは日本で初めてスケートフォークダンスを始めた。

 約40年前、三笠宮さまが運転する車で都内のすし店を2人で訪れた。周囲の車の流れは速かったが、三笠宮さまは「立場上規則を破れないから」と制限速度を守り、一番左の車線を走っていたのが印象に残っている。

 三笠宮さまは70歳になり、医師の忠告に従ってスケートをやめた。しかしその後も年1回の講習会に参加。会終了後の打ち上げの場で、どじょうすくい踊りを出席者と一緒に輪になって踊ったこともあったという。

 「品川区フォークダンス協会」会長の高須みちよさん(78)=東京都品川区=は「いつもにこやかに、私たちと手を組んで楽しく踊ってくださった。いつまでもお元気でいてほしかった」と残念がった。

 1950年の創立当時、三笠宮邸が品川区にあったのが縁で、同年12月の創立大会には三笠宮ご夫妻が出席。三笠宮さまはその後、90歳を迎えるまで、毎年12月の定期大会に5年の節目ごとに出席し、会員とフォークダンスを踊った。

 高須さんは「どんなにお忙しくても『品川だけは特別ですよ』と言って来ていただいたのが、私たちの心の支えだった」と悼んだ。


オリエント史研究に情熱=戦争、皇室批判も―激動の一世紀歩む・三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)9時47分配信

813
東京芸術大美術学部の客員教授として「古代オリエント美術史」の特別講義をされる三笠宮さま=1985年12月撮影、東京都台東区

 亡くなられた三笠宮さまは終戦まで軍人生活を送り、戦後は古代オリエント史研究に情熱を傾け、「オリエントの宮さま」と呼ばれた。

 戦時中の体験から戦争批判を繰り広げ、歴史学者の立場から紀元節復活に反対。時に大胆な発言が波紋を呼んだが、暗い時代に戻るまいとの強い決意の表れでもあった。

 ◇聖戦の裏側で
 第1次世界大戦中の1915年12月生まれ。幼少時に童謡を作詞し、「童謡の宮さま」と呼ばれた。陸軍大学校を卒業した41年12月、太平洋戦争が始まった。意気盛んな青年将校だった三笠宮さまに、戦争に対する決定的な疑問を抱かせたのは、支那派遣軍総司令部参謀として赴いた戦地の中国・南京で見聞きした日本軍の残虐行為だった。

 44年1月、三笠宮さまが陸軍を批判した文書は50年後の94年7月に見つかった。自身の「お印(しるし)」にちなんだ秘匿名「若杉参謀」の名で書かれ、「支那事変に対する日本人としての内省」と題し、「現在日本人、特に軍人に欠如しているものは『内省』と『謙譲』」と述べ、軍部に猛省を迫った。

 日本軍の残虐行為をテーマにした映画を日本に持ち帰り、昭和天皇に見せたこともあった。「聖戦という大義名分が、事実とはおよそ懸け離れたものであった」「聖戦に対する信念を完全に喪失した私としては、求めるものはただ和平のみとなった」。著書に付した「わが思い出の記」で当時の苦悩を吐露している。

 終戦の年の45年5月、宮邸は空襲で全焼。妻の百合子さま、1歳だった長女の近衛※子さん(※ウカンムリの下に心その下に用)と共に、コンクリート製の防空室で生活した。終戦直前には、後ろ盾を期待する抗戦派陸軍幹部からの働き掛けを断固として拒み、陸軍に反省を促したとされる。

 ◇「菊のカーテン」
 戦後、東大文学部の研究生となり、古代オリエント史研究者の道を歩み、「学者皇族」として活躍。テレビやラジオ、雑誌などにもたびたび登場した。憲法9条について「戦争放棄は大変いいと思いました」と述べ、紀元節復活の動きには「歴史学的、考古学的な裏付けがない」と反対。時に踏み込んだ見解を示し、保守派勢力から「赤い宮さま」とやゆされたこともあった。

 太平洋戦争以前の皇室制度を「格子なき牢獄(ろうごく)」と著書で表現。皇室の閉鎖性を、東西冷戦時代の「鉄のカーテン」になぞらえ、「菊のカーテン」と表現した。「皇室を尊厳の対象にしようとすると、また昔の状態に向かう恐れがあるのではないでしょうか」と雑誌の対談で述べたこともあった。

 研究では、宮内庁書陵部内に三笠宮研究室を開設する一方、東京女子大などの教壇に立った。同大の食堂で学生と語らい、いつも注文する1杯20円のきつねうどんは「宮さまうどん」と呼ばれた。

 ◇内助の功に感謝
 2008年に「わが歴史研究の七十年」を「総括の意味」で出版。「古代史はこれからつくられるのです」と、若い研究者への思いを記し、研究への情熱は晩年も衰えなかった。

 「顧みれば、70年間、陰になり日なたになり私を助けてくれたのは、何といっても妻百合子であった」「今静かに過去の70年を振り返ってみるとき、百合子に対して感謝の言葉も見付からないほどである」(11年10月、結婚70年の所感)
 「世界中の人々の幸せを願い、70年以上にもわたり私を支えてくれている妻百合子に感謝しつつ、楽しく穏やかな日々を過ごしていきたい」(15年12月、100歳の所感)
 晩年、高円宮さま、寛仁さま、桂宮さまと最愛のお子さま3人に先立たれ、96歳での心臓手術など、苦難の連続だった三笠宮さま。人生の節目には、長年連れ添った妻百合子さまに、感謝の言葉をつづっていた。


皇位継承者は4人に=三笠宮さま逝去
時事通信 10月27日(木)9時44分配信

 三笠宮さまが亡くなられたことで、皇室の構成は天皇陛下と皇族方計19人となり、皇位継承権を持つ男性皇族は4人となった。

 新たな皇位継承順位は次の通り。

 (1)皇太子さま(2)秋篠宮さま(3)悠仁さま(4)常陸宮さま。


三笠宮さまがご逝去…100歳、昭和天皇の末弟
読売新聞 10月27日(木)9時31分配信

812
三笠宮崇仁親王殿下(2007年5月12日)

 三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)親王殿下は、27日午前8時34分、心不全のため、東京都中央区の聖路加国際病院で逝去された。

 100歳だった。昭和天皇の末の弟宮で、天皇陛下の叔父にあたり、明治以降の皇族では最高齢だった。皇位継承順位5位で、三笠宮さまの逝去により、皇位継承権を持つ男性皇族は4人になった。〈ありし日の宮さま2面、関連記事10・11面〉

 宮内庁では、加地隆治・宮務主管が27日午前10時半から記者会見し、三笠宮さまの逝去を発表した。同席した宮内庁の名川弘一・皇室医務主管によると、最近の三笠宮さまの容体は安定した状態が続いていたが、この日の午前7時40分頃から徐々に心臓の拍動が遅くなり、意識不明となった。同8時頃に心停止状態となり、同34分、妃殿下の百合子さま(93)にみとられ、逝去が確認されたという。

 三笠宮さまは2006年頃、心臓の僧帽弁(そうぼうべん)閉鎖不全症と診断された。長男の寛仁(ともひと)さまが亡くなられた翌月の12年7月、急激に心機能が低下、弁の機能回復のため心臓を止めて人工心肺を使った手術を受けられた。当時96歳の高齢者には異例の手術だったが順調に回復し、今年5月までは宮邸で静かに過ごされていた。

 15年12月2日に100歳の誕生日を迎えられた。今年1月2日の皇居一般参賀に臨まれたが、急性肺炎で5月16日、同病院に入院。心臓機能の低下が発覚し、経過観察を続けられていた。名川医務主管は「懸命の治療を続けてきたが、年齢からくる心機能の低下はいかんともしがたかった」と説明した。

 三笠宮さまは1915年(大正4年)12月2日、昭和天皇、秩父宮、高松宮に続き、大正天皇と貞明皇后の第4皇子として誕生された。幼時の称号は澄宮(すみのみや)。32年(昭和7年)、学習院中等科4年を修了して陸軍士官学校予科に進まれた。

 卒業後、騎兵連隊勤務を経て陸軍大学校で学び、先の大戦中は支那派遣軍の参謀や大本営陸軍参謀などを務められた。終戦時は少佐で、陸軍の方針には反対の立場を取られていた。この間の35年12月、三笠宮家を創立。41年10月、高木正得(まさなり)子爵の次女、百合子さまと結婚された。

 戦後は東大文学部の研究生として西洋史や宗教史を修め、オリエント学者の道を歩まれた。55年から東京女子大や青山学院大の講師を務められ、75年にロンドン大の客員教授、85年には東京芸術大美術学部の客員教授にも就任。一方で、大戦中の軍部批判や、建国記念の日の制定に絡む「紀元節」復活反対の発言なども話題となった。

 百合子さまとの間に寛仁さま、桂宮さま、高円宮さま、近衛寧子(やすこ)さん、千容子(まさこ)さんの3男2女をもうけられた。2002年11月に高円宮さまが、12年6月に寛仁さまが、14年6月には桂宮さまが亡くなり、3人の男子ともに先立たれた。

 三笠宮さまの逝去により、皇室の方々は19人、うち皇位継承権を持つ男性皇族は4人になり、昭和天皇の弟は3人とも亡くなられたことになる。


<訃報>三笠宮さまご逝去100歳=天皇陛下の叔父
毎日新聞 10月27日(木)9時28分配信

811
三笠宮さま=宮内庁提供

 昭和天皇の末弟で天皇陛下の叔父、三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)さまが27日午前8時34分、聖路加国際病院(東京都中央区)で心不全のため亡くなられた。宮内庁が発表した。明治以降に亡くなった皇族としては最も長寿の100歳だった。三笠宮さまは5月16日に急性肺炎と診断され同病院に入院。心臓の機能低下がみられたため、入院を続けていた。三笠宮さまの逝去により昭和天皇の弟3人がすべて故人となった。

 27日午前10時半に宮内庁の加地隆治宮務主管と名川弘一皇室医務主管が記者会見し、三笠宮さまは同日午前8時ごろに心停止の状態になられたと説明した。午前7時40分ごろまでは安定し、意識があったが、容体が急変して心臓の活動が遅くなり、同8時ごろに心停止の状態になった。同病院に検査入院していた妻百合子さま(93)がみとられた。

 名川氏は会見で「医師たちを中心に懸命の治療が行われた結果、ここしばらくは安定された状態だったが、年齢からくる心機能低下に対しては、いかんともしがたかった」と述べた。

 三笠宮さまは、1915(大正4)年12月2日、大正天皇の四男として誕生した。幼名は澄宮(すみのみや)。学習院初等科・中等科から陸軍士官学校、陸軍大学校に進んだ。中国派遣軍参謀として南京に赴任したこともあり、終戦時は陸軍少佐だった。

 41年10月に子爵・高木正得(まさなり)氏の次女百合子さまと結婚。3男2女をもうけた。

 古代オリエント史の研究者として知られ、東京女子大などで講師として教壇に立った。著書に「古代オリエント史と私」などがある。歴史学者の立場から、神武天皇の即位の日とされる2月11日の祝日「紀元節」(48年廃止)を建国記念日として復活させることに反対の意思を表明したこともあった。

 心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁が完全に閉じないため血液が逆流する「僧帽弁閉鎖不全」を患い、2012年7月に手術を受けた。最後に公の場に姿を見せたのは、今年1月2日の新年一般参賀で、皇居・宮殿のベランダで手を振った。公務としては4月8日、トルコに赴任する日本の大使と、お住まいの宮邸で面会したのが最後だった。

 三笠宮さまの長男の寛仁さまは12年に66歳、次男の桂宮さまは14年に66歳、三男の高円宮さまは02年に47歳で亡くなっている。【高島博之、山田奈緒】


三笠宮さま薨去される 天皇陛下の叔父、100歳
産経新聞 10月27日(木)9時26分配信

810
三笠宮さま(写真:産経新聞)

 大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が入院していた東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。100歳で、皇位継承順位は第5位であられた。三笠宮さまの薨去により、皇室は19方、皇位継承資格者は4方となった。

 三笠宮さまは平成24年に心臓の僧帽(そうぼう)弁が十分に機能しないために血液が逆流する鬱血性心不全と診断され、96歳でご手術。今年5月16日に急性肺炎で同病院に入院された後、心機能の低下が確認され、体調悪化が懸念されていた。


三笠宮さま逝去=100歳、昭和天皇末弟―歴史学者として活躍
時事通信 10月27日(木)9時2分配信

809
昭和天皇の末弟、天皇陛下の叔父で、古代オリエント史の研究者としても知られる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)さまが27日午前8時34分、入院先の都内の病院で亡くなられた。100歳だった。

 昭和天皇の末弟、天皇陛下の叔父で、古代オリエント史の研究者としても知られる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)さまが27日午前8時34分、心不全のため、入院先の東京都中央区の聖路加国際病院で亡くなられた。

 100歳だった。皇位継承順位は第5位で、明治以降の皇族では最高齢。本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は文京区の豊島岡墓地で営まれる。宮内庁は日取りなどの検討を始めた。

 三笠宮さまは急性肺炎と診断され、5月16日から聖路加国際病院に入院していた。宮内庁によると、27日午前7時40分までは容体が安定していたが、徐々に心臓の拍動が弱まり、同8時ごろ心停止に陥った。同病院に検査入院中だった同妃百合子さまが最期をみとったという。

 1915年12月2日、大正天皇の四男として誕生。称号は澄宮(すみのみや)。学習院初等科、同中等科を経て陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業。成年を迎えた35年に三笠宮家を創立し、41年10月に子爵・故高木正得氏の次女百合子さまと結婚。太平洋戦争中の43年1月から1年間、支那派遣軍総司令部参謀として中国・南京に赴任し、終戦時は陸軍少佐だった。

 戦後、東大文学部の研究生となり、古代オリエント史研究者の道を歩んだ。日本オリエント学会の初代会長を務め、東京女子大や青山学院大の講師、東京芸術大の客員教授などとして教壇に立ち、テレビやラジオなどにも出演。歴史学者の立場から、連合国軍総司令部(GHQ)の意向で廃止された紀元節復活の動きに反対したほか、戦争末期の44年に陸軍を批判した文書が後に見つかり、反響を呼んだ。

 中近東文化センター名誉総裁、日本・トルコ協会名誉総裁などを務め、国際親善をはじめ、さまざまな分野に貢献。ダンスにも親しみ、普及に尽力した。著書は「帝王と墓と民衆」「古代オリエント史と私」「わが歴史研究の七十年」など多数。

イタリア中部でM5.5と6.1の地震

イタリア中部で26日午後7時10分(日本時間27日午前2時10分)ごろ、マグニチュード(M)5.5の地震が起きた。さらに約2時間後にはM6.1の地震も発生した。現地からの報道によると複数の建物が倒壊したほか、数十人の負傷者が出ている。死者はいない模様。

震源はいずれも中部マルケ州ビッソ付近で、深さは約10キロ。ビッソのほか、周辺の村でも建物が損壊したり、停電が起きたりするなどの被害が出ている。地元の自治体関係者によると、住民らは降雨の中、屋外に避難したという。

イタリアでは8月下旬にもM6.2の地震が発生し、300人近くが死亡。今回の震源は8月の地震で大きな被害を受けたアマトリーチェから北西約40キロの地点で、揺れは約170キロ南西のローマでも感じられたという。

リンク:イタリア中部の連続地震、数百人が避難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部で強い地震相次ぐ、数十人負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.1含む2回の地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア>地震で建物倒壊、10人負傷 8月に続き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部で相次ぎ地震、負傷者も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部でM5.9 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部で相次ぎM5以上の地震…1人軽傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部でM5.9=住民避難、死者報告なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔海外地震〕イタリア中部でM5.5とM6.1の地震(10/27) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM5.4、2カ月前にも地震 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

イタリア中部の連続地震、数百人が避難
AFP=時事 10/27(木) 19:13配信

225
イタリア中部ビッソで、地震により崩れた建物のがれき(2016年10月27日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部で26日夕方から夜にかけて連続して発生したマグニチュード(M)5.5と6.1の地震で、自宅から避難した住民数百人が、仮設の避難所で夜を明かした。

【写真10枚】倒壊した住宅や教会

 26日夜は大雨の中、余震が何度も発生した。夜が明けて、救助隊員らが被害状況の把握を始めている。

 山間部の町ウシタ(Ussita)のマルコ・リナルディ(Marco Rinaldi)町長はスカイ・イタリー(Sky Italy)テレビに対し「多くの家屋が倒壊した。われわれの町はおしまいだ」と語り、「2回目の地震が、長くて、ひどい地震だった」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News


イタリア中部で強い地震相次ぐ、数十人負傷
AFP=時事 10/27(木) 15:25配信

224
イタリア中部ビッソで撮影された、地震で損壊した建物と看板(2016年10月26日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】2か月前に大地震で約300人が死亡したイタリア中部で26日、強い地震が2回連続で発生し、現地からの報道によると複数の建物が倒壊したほか、数十人の負傷者が出ている。

【関連写真12枚】イタリア:被災地の様子

 最初の地震は、米地質調査所(USGS)によるとグリニッジ標準時(GMT)午後5時10分(日本時間27日午前2時10分)ごろに起き、規模はマグニチュード(M)5.5だった。その2時間後にM6.1の地震が発生した。震源はいずれも中部マルケ(Marche)州ビッソ(Visso)村の近く。

 最初の揺れで住民が一斉に屋外に避難したため、2回目の地震で死者が出なかった可能性が高い。

 最初の地震は首都ローマ(Rome)でも体に感じる揺れを観測し、住民が道路に飛び出した。2回目の地震はさらに遠くへ伝わり、北はベネチア(Venice)、南はナポリ(Naples)まで広範囲で揺れが感じられた。【翻訳編集】 AFPBB News


イタリア中部でM6.1含む2回の地震
BBC News 10/27(木) 11:44配信

イタリア中部で26日夜(日本時間27日未明)、マグニチュード(M)5.5と6.1の強い地震が起きた。負傷者が出ているが、現時点で死者が出たとの情報はない。

最初のM5.5の地震は現地時間午後7時10分に発生。震源はマチェラータ県ビッソ付近だった。その約2時間後に同じ地域でM6.1の地震が起きた。

イタリア中部では、8月24日に発生したM6.2の地震で298人が死亡している。地震の被害が大きかった町アマトリーチェは、今回の震源に近いビッソから70キロ北にある。

26日の地震の揺れは首都ローマでも感じられ、建物が揺れ、ドアや窓がガタガタと音を立てた。

イタリア市民保護局のファブリツィオ・クルチオ氏によると、「数十人」が負傷したが、重傷者は4人だという。

ローマで取材するBBCのカティヤ・アドラー記者は、救急隊員らが現場の被害状況を調査中だと語った。

今回の地震では2回目の揺れが最初のものよりも相当大きく、その後も余震が何度も続いた。現地のテレビ局の取材を受けた目撃者は、建物の一部が目の前で崩れるのを見たと話した。

震源近くの町カメリーノでは大きな被害が生じたとみられるが、被害の全貌は27日に日が昇るまで確認が難しい。

ある住民はBBCの取材に対し、「みんなが徒歩や車でカメリーノから避難している。2つの教会が崩れ、たくさんの家が倒壊している」と語った。

ウンブリア州ノルチャに近いカンポでは、15世紀後半に建てられたサン・サルバトーレ教会が倒壊した。教会の建物は8月の地震ですでに損傷していた。

停電や歴史的建物の損傷のほか、ローマの北の道路で崖崩れが起きたとの情報もある。

ビッソの東にあるウッシタのマルコ・リナルディ市長はイタリアのANSA通信に対し、2回目に起きたM6.1の地震について「とても強い地震で、黙示録のようだった」と語った。「街路で人々が叫んでいた。今は明かりもない」。

アドラー記者によると、地域の学校は27日に休校する予定。

地元メディアによると、イタリアのマッテオ・レンツィ首相は、ローマに戻る途中。

最初の地震の震源はビッソから南南西に7キロの地点で、比較的浅く地下9キロだった。2回目の地震はビッソの北北西2キロ、地下10キロが震源だった。

イタリア当局者は、今回の地震は8月の地震と関連していると指摘している。国立地球物理学火山学研究所のマリオ・トッツィ氏はAFP通信に対し、「余震は長期にわたって続く可能性があり、何カ月にも及ぶ時もある」と述べた。

(英語記事 Italy earthquakes: Strong tremors shake central region)


<イタリア>地震で建物倒壊、10人負傷 8月に続き
毎日新聞 10/27(木) 11:18配信

223
イタリア中部の地震で崩れた家屋=AP

 【ローマ福島良典】イタリア中部で26日夜(日本時間27日未明)、強い地震が相次いで多数の建造物が倒壊し、同国防災当局によると約10人が負傷した。イタリアでは8月24日、中部でマグニチュード(M)6.2の地震が起き、298人が犠牲になったばかり。地震続発に国民は衝撃を受けている。

 米地質調査所(USGS)によると、26日午後9時18分(日本時間27日午前4時18分)ごろ、イタリア中部マチェラータ県ビッソの北北西約2キロでM6.1の地震が発生した。震源の深さは約10キロ。首都ローマでも揺れを感じた。

 約2時間前の26日午後7時11分(日本時間27日午前2時11分)ごろにも、イタリア中部ペルージャ県セッラーノの東南東約8キロでM5.5の地震があった。地元当局者によると、この地震では住民が屋外に避難していたため、被害の拡大が避けられた模様だ。


伊中部で相次ぎ地震、負傷者も
産経新聞 10/27(木) 10:45配信

 【ベルリン=宮下日出男】米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部で26日午後7時10分(日本時間27日午前2時10分)ごろ、マグニチュード(M)5・5の地震が起きた。さらに約2時間後にはM6・1の地震も発生した。政府当局によると、少なくとも1人が負傷。詳しい被害状況などを調べている。

 震源はいずれも中部マルケ州ビッソ付近で、深さは約10キロ。ビッソのほか、周辺の村でも建物が損壊したり、停電が起きたりするなどの被害が出ている。地元の自治体関係者によると、降雨の中、住民らは屋外に避難したという。

 イタリアでは8月下旬にもM6・2の地震が発生し、300人近くが死亡。今回の震源は8月の地震で大きな被害を受けたアマトリーチェから北西約40キロの地点で、揺れは約170キロ南西のローマでも感じられた。


伊中部でM5.9
時事通信 10/27(木) 8:30配信

222
イタリア中部で26日午後9時20分(日本時間27日午前4時20分)ごろ、マグニチュード5.9の地震があった。死者は確認されていないが負傷者が出ている。写真は地震に見舞われたビッソで、活動する救助隊員。


イタリア中部で相次ぎM5以上の地震…1人軽傷
読売新聞 10/27(木) 6:49配信

 【ローマ=佐藤友紀】イタリア中部で26日夜、マグニチュード(M)5以上の地震が相次いで発生した。

 伊政府によると、この地震で1人が軽傷を負った。

 政府によると、26日午後7時10分頃(日本時間27日午前2時10分頃)、中部マルケ州を震源とするM5・4の地震が発生。26日午後9時18分(日本時間27日午前4時18分)にも近くを震源にM6の地震が発生した。震源の深さは1回目が9キロ・メートル、2回目が8・4キロ・メートル。

 ロイター通信によると、震源地近くで15世紀に建てられた教会が壊れる被害が出たほか、停電が発生。震源地から約150キロ・メートル離れたローマでも揺れが観測された。

 イタリアでは8月下旬にも中部を震源とするM6・2の地震があり、290人以上が死亡した。今回の地震は8月の地震の余震との見方もある。


伊中部でM5.9=住民避難、死者報告なし
時事通信 10/27(木) 5:48配信

 【パリ時事】イタリア中部で26日午後9時20分(日本時間27日午前4時20分)ごろ、マグニチュード(M)5.9の地震があった。

 死者は確認されていないが、負傷者が出ている。

 報道によると、震源地はウッシダ付近で、震源の深さは約8キロ。本震の約2時間前にもM5.4の強い揺れがあり、住民が一斉に屋外へ避難した。震源地に近いビッソでは複数の負傷者が確認された。ローマでも揺れが観測された。

 イタリア中部では8月下旬にもM6.2の強い地震があり、アマトリーチェなどで約300人が死亡した。今回の震源地はアマトリーチェの約40キロ北にある。


〔海外地震〕イタリア中部でM5.5とM6.1の地震(10/27)
レスキューナウニュース 10/27(木) 5:00配信

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間10月27日04:18頃、イタリア中部を震源とするM6.1の地震が発生しました。【10月27日05:00現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:イタリア中部(北緯42.9度 東経13.0度)
近隣都市からの方角・距離:
イタリア・ヴィッソの北北西1.8km
イタリア・フォリーニョの東30.3km
イタリア・トレンティーノの南南西33.6km
イタリア・スポレートの北東35.9km
イタリア・ペルージャの東南東58.7km

発生日時(日本時間):10月27日04:18頃
震源の深さ:10km
地震の規模:M6.1

なお、付近ではこの地震の2時間前、日本時間10月27日02:10頃にもM5.5の地震を観測しています。

震源地:イタリア中部(北緯42.8度 東経13.0度)
発生日時(日本時間):10月27日02:10頃
震源の深さ:10km
地震の規模:M5.5

■基礎データ
人口:60.8百万人
首都:ローマ
在留邦人数:13299人(2015年10月)
(外務省発表)


イタリア中部でM5.4、2カ月前にも地震
ロイター 10/27(木) 3:07配信

[ローマ 26日 ロイター] - 米地質調査所(USGS)によるとイタリア中部で26日、マグニチュード(M)5.4の地震が発生した。同地域では約2カ月前にM6.2の地震が発生し約300人が死亡している。前回と同様、今回の地震の震源の深さも約10キロと浅い。

USGSは地震の規模を当初M5.6と発表。その後M5.4に修正した。現時点では被害の情報は入っていない。

震源地はまだ明らかになっていないが、マルケ州とウンブリア州の州境近辺で発生。1710GMT(日本時間27日午前2時10分)ごろには首都ローマでも揺れを感じた。

2016年10月26日 (水)

ウソつき蓮舫(レンホウ)を代表に選出、売国民進党の終焉の始まり

こいつらってホントに馬鹿だよ。世論と遊離して違法を合法と言いくるめ、自分たちだけの論理・価値基準・ご都合主義・手前味噌etc....に埋没する痴呆集団・民進党が、二重国籍と経歴詐称の犯罪者・ウソつき常習犯の蓮舫(レンホウ)を代表に選出した。

この痴呆集団・民進党は、差別だとか多様性だとかズレまくったことをガナリ立てるばかりで、日本社会が、国民有権者がいったい何に対して疑惑を抱き、不信を募らせ、怒りを覚えているのかまったく理解していない(あるいは意に介していない)のか? その能力がないくらい深刻なアホなのか、それとも日本国民が柔弱だと思ってバカにしているのか?

それならそれでも構わないが、この日本国民を愚弄する蓮舫(レンホウ)と、それをことさらに代表に選んだ売国痴呆集団・民進党に対して、ごく近い将来に、必ず強力な審判を下してやるから覚悟しておけよ・・と、多くの日本国民が心の中で思っていることを過小に考えるなら、これでいよいよ売国民進党の終焉が始まったということ。あまりイイ気になって日本国民を舐めるなよ!

「ウソつき蓮舫(レンホウ)、二重国籍問題で経歴詐称の証拠続々」2016年9月15日
「やっぱり二重国籍? 虚言常習者・蓮舫(レンホウ)、あわてて台湾籍を除籍」2016年9月11日
「蓮舫(レンホウ)は日本に対する愛国心や忠誠心はあるのか」2016年9月6日
 
 
 
リンク:民進党は嘘つきを代表にして総選挙に臨めるのか --- 池田 信夫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国籍問題を「多様性」でごまかす民進党・蓮舫代表に説明責任を語る資格なし 欺瞞は上塗りされた - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏「三重苦」で崖っぷち、ポスト争い活発化 「解散・総選挙は戦えない」の声も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏は戸籍公開を=こころ幹事長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏は25年以上違法状態か 「二重国籍」で法相見解 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏動画の転載で物議 民進「無断で抜粋、削除を」…「二重国籍」言論弾圧か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫代表はなぜ27年間も違法状態を続けたのか - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:二重国籍で法相「期限後に選択しても法違反」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏、会見でも逃げまくり 三原氏「政治家の資質として大問題」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏、国籍選択宣言は今月7日…法務省指導で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」 国籍法違反の疑いも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫さん国籍選択をしてなかったと認める(増補あり) - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾政府の許可証受理せず=蓮舫氏の手続き不備か―金田法相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏vs三原氏 「二重国籍」問題、潔白示せ 証明拒否か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:二重国籍問題 首相「自身の責任で証明を」 蓮舫氏、戸籍謄本公開せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫代表はなぜ戸籍謄本を見せられないのか - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:維新・足立氏がバッサリ 「口から出任せ体質の民進党、蓮舫代表はふさわしい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏、戸籍開示せず 「極めて個人的な件」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・蓮舫氏、問われる対応 自民・小野田氏が二重国籍で戸籍謄本の一部公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・蓮舫代表の「二重国籍」問題を不問に付す自民 今からでも遅くはない、辞職勧告を突き付けよ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本のこころ・中野正志幹事長 自民党議員の二重国籍「好ましくない」としつつ擁護 民進・蓮舫代表には「嘘重ねた」と猛批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進・蓮舫代表の「二重国籍」問題を不問に付す自民 今からでも遅くはない、辞職勧告を突き付けよ - 速報:産経デジタルニュース.
リンク:蓮舫氏は代表辞任を 日本のこころ中山恭子代表激白「二重国籍は国家の独立を脅かしかねない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:『アゴラ』が蓮舫氏に公開質問状 徹底追及「証拠示し説明を」 “二重国籍”問題 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本国籍非選択を隠していた蓮舫氏は代表・議員辞職必至! - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:蓮舫二重国籍の重大新事実!日本国籍を選択してなかった! --- 八幡 和郎 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:維新・馬場幹事長「説明が二転三転した蓮舫氏…先が思いやられる」 「二重国籍」禁止法案提出へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫代表は国籍離脱の書類を公開せよ --- 池田 信夫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国メディアが民進党・蓮舫氏に好意的報道続出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進党が生き残っているのは国民の責任 注目の新書著者・赤尾敏氏の姪に聞いた - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏が戸籍を提出しないので重大疑惑濃厚か? --- 八幡 和郎 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本のこころ・中野正志幹事長、民進・蓮舫代表の「二重国籍」説明二転三転に「国民をバカにするな」 野田佳彦幹事長など執行部人事には「お友達執行部だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏は「日本人ではないので国会議員になれない」 - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:二重国籍って何? --- 池田 信夫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫問題、謎の「家系」「生活」の説明も必要 --- 石井 孝明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:野田幹事長は敗戦処理と再生には最適という皮肉? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏は台湾国籍を離脱できるのか --- 池田 信夫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫氏の二重国籍問題は謝罪しても終わらない - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダウンロードはお早めに。蓮舫体制の「製造責任者」リスト - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:国家意識のない蓮舫代表は危険だ --- 石井 孝明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進党“解党”加速 党首選「正当性」めぐり亀裂 蓮舫氏「二重国籍」問題 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:なぜそれでも蓮舫だったのか~どうせ数ヶ月で辞めるから? - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:蓮舫氏は台湾国籍を離脱できるのか - 雑誌記事:アゴラ.
リンク:蓮舫氏「二重国籍」 前途多難、けじめなき船出 イメージに傷、党内外から批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:蓮舫問題の超簡単な論点整理 --- 池田 信夫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:経歴詐称の蓮舫代表を選んだ民進党の稚拙な危機管理 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:民進党代表選速報 蓮舫氏を代表に選出 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

民進党は嘘つきを代表にして総選挙に臨めるのか --- 池田 信夫
アゴラ 10月26日(水)17時14分配信

966
これは兄の国籍取得の書類と思われ、何の証拠にもならない

八幡さん(http://agora-web.jp/archives/2022279.html)が解説しているが、きのうの番組は(予想どおり)新情報はなかった。橋下さんも勘違いしているようなので、補足しておく。最大の問題は、彼女が何も証拠を出さないで「国籍選択の宣言をした」とか「台湾国籍を抜いた」などと言っていることだ。

今まで彼女が見せた唯一の文書は、ヤフーニュース(http://news.yahoo.co.jp/feature/349)の提灯記事に出たこの写真だが、これは兄の国籍取得の書類と思われ、何の証拠にもならない。戸籍謄本には「国籍選択の宣言日」が、今年の10月7日になっていると思われる。これは国籍法違反の証拠だが、彼女が認めたので今さら隠す必要はない。隠すのは不都合な情報があるからだろう。

最大の疑惑は、9月6日に台湾の国籍喪失の届け出をして、12日に喪失したという話だ。普通は台湾の国籍喪失届けには2ヶ月以上かかるらしい。台湾国籍を離脱するときは、どこの国籍になるのか、その理由は何か、などの審査が行なわれるので、毎月5人ぐらいしか喪失者はない。

彼女は「戸籍法104条で区役所に国籍選択宣言をして台湾政府に届け出た」というが、今のところ総統府公報(http://gaz.ncl.edu.tw/browse.jsp?jid=79007133)に「謝蓮舫」の名はない。つまり「9月12日に台湾政府から国籍離脱の連絡があった」という話も嘘である疑いが強い。

これが重要なのは、彼女が9月13日の記者会見でこう発表した直後の15日に、民進党の代表選挙が行なわれたからだ。12日〆切の党員・サポーター投票だけでなく、彼女は本選挙も「台湾国籍」を離脱して違法状態を解消したと嘘をついて当選した。実際には、少なくとも10月7日まで違法状態だった。

したがって彼女の民進党代表という地位は、党員も国会議員もだまして得たものだ。もちろん民進党の代表選挙には公選法は適用されないが、こんなペテン師が代表では、年明けにも予想される総選挙で自民党が新しい材料を出して追及したら民進党は総崩れだろう。最低でも、代表は再選挙するのが当然だ。


国籍問題を「多様性」でごまかす民進党・蓮舫代表に説明責任を語る資格なし 欺瞞は上塗りされた
産経新聞 10月22日(土)9時15分配信

 民進党の蓮舫代表(48)が日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題をめぐり、10月7日まで国籍法に基づく日本国籍の選択を宣言していなかったことが明らかになった。これまでの対応を振り返ると、国民の不信感の払拭に努める姿勢はうかがえず、むしろごまかしと欺瞞を重ねる発言が目立った。蓮舫氏の過去の発言に焦点を当てて、問題点を検証する。

 「台湾籍を抜けたので、それを届けることで2つの国籍の問題を解消させようと思った。ところが台湾籍を抜けた証明書は不受理とされた。相談したら、強く(日本国籍の)選択の宣言をするように行政指導されたので、(戸籍法)104条にのっとって選択宣言をした」

 蓮舫氏は10月15日、記者団にこう説明し、初めて日本国籍の選択宣言をしたことを明らかにした。金田勝年法相が前日の14日に、一般論として「台湾当局が発行した外国国籍喪失届は受理していない」と述べたことを受け、離脱手続きの現状を確認する記者団の質問に答えたものだった。

 16日には国籍法違反の疑いが指摘されていることを踏まえ、記者団に「法定代理人を含めやりとりし、法務省から違反に当たらないとの考え方を文書でいただいた」と強調した。

 だがこの発言は、巧妙な「論点ずらし」と言わざるを得ない。なぜなら、蓮舫氏の言い分は国籍法16条の努力義務の規定に関わるもので、本筋の国籍選択の義務とは別の話だからだ。

 分かりにくいので、蓮舫氏側の対応と法律の規定を絡めて説明する。国籍法は14条で、20歳未満の人が日本国籍と外国籍の二重国籍になった場合、22歳になるまでにどちらかの国籍を選ばなければならないと定めている。

 焦点となっているのは、まさにここだ。17歳で日本国籍を取得したという蓮舫氏は22歳以降、選択宣言をした今月7日まで25年以上にわたり、この義務を果たしていなかった。金田氏は一般論と断りながら、「法律の定める期限後に日本国籍の選択宣言を行った場合、それまでの間、国籍法上の国籍選択義務14条に違反していた」との見解を示している。

 日本国籍を選択する方法には2つあり、国籍法14条の2は(1)外国籍を離脱する、または(2)日本国籍を選択すると同時に外国籍を放棄するとの宣言(届け出)をする-と規定している。

 当初、蓮舫氏は「台湾籍を抜いた」として、(1)を履行したと主張していたが、9月12日に台湾籍が残っていたことが判明。台湾当局から台湾籍の離脱証明書の発行を受け、窓口となる都内の区役所(実質的には法務省)に提出した。日本政府が台湾を政府として認めていないため、離脱証明書が受理されずに(2)の手続きを取ったというわけだ。

 一方、蓮舫氏側が錦の御旗とする法務省の見解は、国籍法16条に関わり、16条は「選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない」と定める。蓮舫氏側は、台湾籍の離脱証明書が受理されないことから、16条の努力義務を果たせるのかどうか、法務省に問い合わせていた。

 法務省民事局は「台湾当局から国籍喪失許可証の発行を受けることは、国籍法16条1項の外国籍の離脱の努力の履行に当たる」と文書で回答し、蓮舫氏側はこの点をもって「違反に当たらない」と主張する。

 ただ、ことは国会議員、ましてや野党第一党の党首として首相を目指す人物の国籍に関わる問題だ。蓮舫氏は、せめて「外国籍の離脱について努力義務を定めた国籍法16条違反には当たらない」といった説明をすべきではなかったか。それとも、説明したくない理由があったのか。

 そもそも蓮舫氏は「二重国籍」問題が発覚してから「私は日本人だ」と強調する一方、自らの国籍選択について、公の場で明確かつ積極的な説明をしてこなかった。

 蓮舫氏が記者会見などで訴えてきたことは、台湾籍の離脱に関する記憶がメーンで、その記憶も「父が全ての作業を終えたとずっと思い込んでいた」「(台湾当局と父との)やり取りが台湾語だった。私は台湾語が分からないので、どういう作業が行われたのか、全く覚えていない」という曖昧なものだ。

 常識で考えてみてほしい。国籍というアイデンティティーに関わる重要な話を父親が説明しない、または父親に聞かないということがあり得るだろうか。聞いたとして、それを忘れることは私には考えられない。同時に「父親に任せて自分は知らなかった」という言い分は法的義務を免れる理由にならないはずだ。

 さらに首相を目指す以前に、国会議員としての資質に疑問符が付くような発言もあった。民進党代表選の最中である9月7日に行われた産経新聞などとのインタビューで、蓮舫氏は「国籍選択の宣言をしたことによって、私は日本人になっている」と答えた。

 蓮舫氏に近い民進党幹部は「国籍を取得したことによって、という趣旨だった」と釈明し、勘違いだったことを強調するが、これも腑に落ちない。蓮舫氏が「国籍を選択したことによって」と話したなら、まだ理解する余地があるものの、「選択の宣言をした」と明言しているのだ。

 結果的に「選択の宣言」はインタビューの時点でしていなかったわけだが、国籍法を見れば、「取得」と「選択」または「選択の宣言」が異なる用語であることは一目瞭然だ。勘違いや不注意でインタビューに答えていたというならお粗末極まりなく、そうした議員に国家の命運を握る首相を任せることはできない。

 蓮舫氏の発言をめぐっては、10月13日の記者会見でも不可解な一幕があった。戸籍謄本の公表などを通じて国籍選択の宣言をしたかどうかを明らかにする意向があるかと問われ、蓮舫氏は、こう答えた。

 「私はこれまでも(戸籍法)106条前段にのっとって、(台湾)籍を抜いたことによって、手続きを粛々と行っている。今、区役所を通じて届け出たところだから、その対応を待っているところだ」

 だが実際は7日付で台湾籍の離脱証明書は不受理となり、日本国籍の選択宣言をしていたのだ。会見で自らこの事実を公表することはなく、「戸籍法106条にのっとって、適正な手続きをしている」と繰り返すだけだった。蓮舫氏周辺は「選択の宣言をしたことをどう説明するか、検討していた」と釈明するが、「都合の悪い事実を隠した」と受け取られても仕方のない対応だろう。

 私が何よりも違和感を覚えるのは、二重国籍問題と多様性を結びつける蓮舫氏の論理だ。10月6日の記者会見では「多様性の広まってきたわが国で、国籍を重なって持っている方たちも増えている。幅広く多様に生きている方たちに、どのように多様性を認めてさしあげるかという論点もある」と述べた。

 現行の日本の法体系では、二重国籍は解消することが求められている。さらに今回問われているのは、国政に携わる議員の資質や適格性であり、多様性とは全く次元が異なる話だ。

 一連の対応で発言が二転三転したこともあり、国民の不信感を払拭するには、ほど遠いのが現状だ。自身に向けられる疑念に正面から向き合おうとしない限り、蓮舫氏が「説明責任」を語る資格はないだろう。(清宮真一)


蓮舫氏「三重苦」で崖っぷち、ポスト争い活発化 「解散・総選挙は戦えない」の声も
夕刊フジ 10月21日(金)16時56分配信

 民進党の蓮舫代表が崖っぷちだ。「二重国籍」問題で発言を二転三転させたうえ、金田勝年法相が事実上の国籍法違反との認識を示したのだ。与党内では、蓮舫氏に政治倫理審査会(政倫審)で説明を求めるべきとの声も出てきた。永田町では「早期解散」が現実味を帯び始めており、民進党内では蓮舫氏と距離を置くグループの動きが活発化している。

 蓮舫氏を徹底追及している、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」編集部は19日午後、先月末に続き、「公開質問状」第2弾を送付した。

 質問状は「(蓮舫氏の)説明を真実として了解できない」として、(1)国籍選択後の戸籍謄本(2)東京の台北駐日経済文化代表処に出した台湾旅券に関する書類(3)台湾当局から受け取った国籍喪失証明書(4)法務省から「(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書でいただいた」という文書-の開示を求めた。

 国会質問などで、政府首脳を厳しく追及している蓮舫氏だけに、自らの潔白は率先して証明すべきだが、反応は鈍い。特に、(4)は「免罪符」に近いだけに喜んで公開してもいいはずだが、なぜか公開していない。

 こうしたなか、与党内で動きがあった。

 金田氏が18日、一般論として「国籍法上の国籍選択義務14条に違反していた」と発言したことを受け、「蓮舫氏に参院の政倫審への出席を求めて説明をしてもらおう」と検討し始めたのだ。

 民進党などが、山本有二農水相によるTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)承認案の強行採決に触れる発言を攻撃しているため、それに対抗する思惑もありそうだ。

 民進党内では、「ポスト蓮舫」を見据えた動きが目立ってきた。

 代表選で激突した前原誠司元外相が中心で、今月下旬にも新しい勉強会を立ち上げるという。代表選で支援した大畠章宏元国交相のグループとの連携も確認した。旧維新の党出身者らも巻き込み、党の弱点である経済政策に磨きをかけ“党内最大勢力”の結集を目指す。

 同じく代表選で戦った玉木雄一郎幹事長代理も自身のグループ立ち上げに向け、タイミングを見計らっているようだ。

 23日投開票の衆院東京10区、福岡6区補選は「与党優位」と伝えられ、民進党内では「蓮舫氏では解散・総選挙は戦えない」との声もある。野田佳彦元首相を幹事長に据えた人事へのハレーションも根強く、蓮舫氏の進退は極まりつつある。


蓮舫氏は戸籍公開を=こころ幹事長
時事通信 10月19日(水)16時1分配信

 日本のこころを大切にする党の中野正志幹事長は19日の記者会見で、民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題について「本当に日本国籍の選択宣言を行ったのか」と疑問を呈し、事実を証明するため、蓮舫氏に戸籍謄本を公開するよう求めた。

 蓮舫氏は台湾籍離脱を受け、今月7日に日本国籍の選択宣言の手続きを行ったとしている。中野氏は国籍法が22歳までに国籍を選択するよう定めていることを踏まえ、「事実なら国籍法違反状態が25年以上継続し、その間に閣僚に就任していたことになる」と指摘した。


蓮舫氏は25年以上違法状態か 「二重国籍」で法相見解
産経新聞 10月19日(水)7時55分配信

 民進党の蓮舫代表のいわゆる「二重国籍」問題について、金田勝年法相は18日の記者会見で、一般論と断りながら、「法律の定める期限後に日本国籍の選択宣言を行った場合、それまでの間、国籍法上の国籍選択義務14条に違反していた」と述べた。

 国籍法は20歳未満の人が二重国籍になった場合、22歳までの国籍選択を定めている。蓮舫氏の国籍選択宣言は今月で、国籍法違反の状態が25年以上続いていた可能性が高まっている。

 蓮舫氏は今月、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったとし、「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べていた。関係者によると、宣言は今月7日付という。

 国籍法では、二重国籍の人が日本国籍を選ぶ場合、(1)外国籍離脱を証明する書面を添えて外国国籍喪失届を出す(2)日本国籍選択の宣言をし、かつ外国籍離脱の努力をする-の2つの方法がある。

 ただ、政府は台湾を正式な政府として認めていないため、台湾当局発行の国籍離脱証明書は受理していない。このため、台湾出身の二重国籍者の場合は(2)の方法を原則22歳までに求められている。

 一方、蓮舫氏は16日、訪問先の熊本県で記者団に対し「法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と述べていた。これについて金田法相は再び一般論とした上で、「期限後に(法の定めることを)履行しても、それまでの間は違反していたことになる」と強調した。


蓮舫氏動画の転載で物議 民進「無断で抜粋、削除を」…「二重国籍」言論弾圧か
産経新聞 10月19日(水)7時55分配信

 民進党が、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで公開している記者会見の動画を編集してツイッターに投稿した人物に、著作権法に基づき削除を求めたことが18日、分かった。民進党は「無断で動画を複製し著作権法上、問題だ」と説明するが、動画は蓮舫代表の「二重国籍」問題に関する発言部分だったこともあり、ネットユーザーからは「言論弾圧だ」との声が上がっている。(清宮真一)

 ◆リンクならいい

 民進党が削除要請した動画は、蓮舫氏の今月6日の記者会見の一部。党広報局によると、投稿者は約30分の会見のうち蓮舫氏の国籍に関する質疑応答の約1分30秒を抜粋し、ツイッターに載せた。蓮舫氏は戸籍謄本の公開の意向などを問われ、「極めて個人的な戸籍に関し、話そうと思わない」と答えていた。

 ユーチューブの利用規約によると、閲覧者は原則、動画をダウンロードすることはできず、ツイッターなどで紹介する場合はリンク先としてURL(ウェブサイトのアドレス)を載せることが多い。

 ただ、今回の投稿者は動画を複製、編集できるソフトウエアを使ったとみられ、党側は「リンクを張る分にはいいが、今回は著作物である動画を無断で複製、加工した。著作権法に抵触する」と判断した。

 投稿者にはネットを通じ「党が著作権を有し、編集や転載を許諾していない」と削除を要求。再び同じようなことを行えば、法的措置に踏み切る可能性があると警告した。投稿者からは「不本意だが、削除する」と返答があり、「言論弾圧とツイッター上で批判する」との意向が示されたという。

 著作権法は、著作物を複製したり、変形したりする権利のほか、公衆に送信する権利を著作者が専有すると規定している。

 ネット問題に詳しい岡村久道弁護士(大阪弁護士会)は「一部を抜き出すより、リンクを張った方がよかった」と述べる一方、政党の公益性の観点から「事実をねじ曲げる編集は許されないが、会見の内容を周知する投稿であれば、(政党は)情報に対してオープンな姿勢であるべきだ」と指摘した。

 ◆自民は抗議せず

 蓮舫氏は「許可なく党が権利を持つ映像を二次利用している場合は、一律に削除することにしている。今年に入って、数十件あると聞いている」と説明。党広報局は「法に違反するものを機械的に削除要請しており、政治判断は介入させていない」とも強調した。

 一方、自民党では、佐藤正久副幹事長が昨年夏に安全保障関連法を解説するアニメーション動画「教えて! ヒゲの隊長」を公開したところ、批判や揶揄(やゆ)を含む多数のパロディー動画が出回ったが、削除要求や抗議はしなかった。

 同党の平沢勝栄広報本部長は「開かれた政党が公に発信したもの。政治家や政党が批判されるのは当たり前だ」と指摘。「一般ユーザーに削除を依頼することなどは考えていない」と民進党とは対応が異なることを強調した。


蓮舫代表はなぜ27年間も違法状態を続けたのか
2016年10月18日 16:42

池田 信夫

きょうの記者会見で金田法相は、一般論として「[22歳の]期限後に日本国籍の選択宣言の届け出を行った場合は、それまでの間、国籍法上の国籍選択義務に違反していた事実がなくなるものではない」と述べた。蓮舫代表が1985年に17歳で日本国籍を取得した後も、22歳になった1989年から今年まで27年間、「義務に違反した状態」だったわけだ。
これは八幡さんも私も9月初めから指摘した通りだ。これまでの「18歳で籍を抜いた」とか「中共の国籍法で中国国籍は自動的に抜けた」とか「努力義務なので違法ではない」など蓮舫氏の二転三転した弁解は、すべて嘘だった。

最後の「法務省から今は違法状態ではないとの文書をいただいた」という言い逃れも、きょうの法相会見でくつがえされた。今ごろ国籍選択を宣言しても「それまでの間、国籍法上の国籍選択義務に違反していた事実がなくなるものではない」。泥棒が27年後に盗品を返しても、泥棒したという事実はなくならないのだ。

これで国籍法の問題は決着がついたが、奇妙なのは彼女がこんな初歩的な(しかも自分のアイデンティティにかかわる)違法行為を、なぜ27年間も続けたのかということだ。「父がすべてやったので知らなかった」というのは嘘で、90年代にも「私は二重国籍」とか「在日の中国国籍」などと発言しており、二重国籍の事実は知っていたと思われる。

ただ選挙公報に「台湾籍から帰化」と書いたのは、帰化と国籍取得と国籍選択を混同していた疑いが強い。それを公言していたことをみると、国籍法で二重国籍を禁止していることを知らなかったと思われる。これは彼女が国籍法の附則5条の特例で簡単に国籍取得したためわからなかったのかもしれないが、国会議員に立候補するとき調べればわかったはずだ。

このような「違法性の錯誤」は、彼女が芸能人だったときはいいが、日本国籍か台湾国籍か選択しないで経歴を詐称して立候補したことは、国会議員として許されない。ただ法相が違法と断定しないで「義務に違反した状態」という表現を使っているように違法性は軽いので、今なら議員辞職してやり直せば起訴はまぬがれるのではないか。


二重国籍で法相「期限後に選択しても法違反」
読売新聞 10月18日(火)11時22分配信

 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題を巡り、金田法相は18日の閣議後記者会見で、一般論とした上で「(原則22歳までという国籍選択の)期限後に義務を履行したとしても、それまでの間は国籍法上の義務には違反していたことになる」と述べた。

 事実上、蓮舫氏は同法違反にあたるとの認識を示したものだ。

 国籍法は、二重国籍者に対して原則22歳までに日本国籍か外国籍かを選択するよう義務づけている。ところが、蓮舫氏による選択手続きは今月7日だった。

 これに関連し、民進党の大串政調会長は18日の記者会見で、「蓮舫代表は(1985年の)17歳時に台湾籍を抜けたとの理解だったから、選択まで論理的に行かなかった。事実確認の甘さに関しては(蓮舫氏が)おわびしている通りだ」と釈明した。


蓮舫氏、会見でも逃げまくり 三原氏「政治家の資質として大問題」
夕刊フジ 10月17日(月)16時56分配信

 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題への風当たりが強まっている。蓮舫氏が「国籍選択」の法的義務を果たしていない可能性について、自民党の三原じゅん子議員が13日の参院予算委員会で指摘し、安倍晋三首相も「蓮舫氏自身の責任で、国民に証明する努力をしなければならない」と明言したのだ。蓮舫氏は戸籍謄本の開示を拒み続けているが、よほど隠さなければならないことでもあるのか。

 「国会を見ていないので…」

 蓮舫氏は13日の記者会見で、安倍首相から“身の潔白”を証明するために戸籍謄本の開示を求められたことを問われ、こう口をつぐんだ。

 記者から「国籍選択」宣言の有無を問われると、蓮舫氏は「届け出による日本国籍の取得をした」「106条にのっとって、適正な手続きをしている」と、「戸籍法106条」という単語を4回も繰り返し、国籍選択については答えなかった。

 いつもは舌鋒鋭く、安倍首相や閣僚らの問題を追及する蓮舫氏だが、他人に厳しく自分には甘いのか。

 三原氏が問題にしたのは、蓮舫氏が「国籍法14条」に規定されている「国籍選択」の義務を果たしたか否かという疑惑だ。日本維新の会の足立康史議員も3日の衆院予算委員会で指摘し、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」も先月末の公開質問状で要求している。

 ところが、蓮舫氏は疑惑を解消するための戸籍謄本の開示を拒絶し続けている。「米国籍」が残っていた自民党の小野田紀美参院議員が問題発覚後、戸籍謄本を堂々と開示したのとは対極的だ。

 蓮舫氏の「論点そらし」とも思える記者会見を受けて、前出の三原氏は以下のように語った。

 「立法府のメンバーなら法を守る義務がある。それなのに、法にかかわる自身の問題(疑惑)について前向きに対応しないのは、政治家の資質として大問題だ。民進党はこのような代表で本当にいいのか」 (ジャーナリスト・安積明子)


蓮舫氏、国籍選択宣言は今月7日…法務省指導で
読売新聞 10月17日(月)7時8分配信

 民進党の蓮舫代表は16日、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題に関連し、日本国籍の選択宣言をした日は今月7日であることを明らかにした。

 熊本県西原村で記者団に答えた。「法務省の指導により宣言した」とも述べた。

 国籍法は、二重国籍者は原則22歳までに日本国籍か外国籍かを選択するよう義務づけている。蓮舫氏は現在48歳。長年にわたり、国籍法の義務を履行していなかったことになる。

 日本国籍を選択する手続きについては、戸籍法が、外国籍離脱の証明書を添えた「外国籍喪失届」(106条)か、日本国籍を選択して外国籍放棄を宣言する「国籍選択届」(104条の2)のいずれかを役所に提出すると定めている。


民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」 国籍法違反の疑いも
産経新聞 10月16日(日)8時5分配信

 民進党の蓮舫代表は15日、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。都内で記者団に答えた。党関係者によると、選択の宣言は今月7日付。

 国籍法は20歳未満の人が日本国籍と外国籍の二重国籍になった場合、22歳になるまでにいずれかの国籍を選択しなければならないと規定。蓮舫氏の一連の発言が二転三転した経緯もあり、国籍法違反などに問われるかが焦点となりそうだ。

 蓮舫氏は記者団に「不受理なので相談したら、強く選択の宣言をするよう行政指導された」と述べた。

 国籍法14条は日本国籍の選択について、外国籍の離脱によるほか、戸籍法に従い、日本国籍を選択し、外国籍の放棄を宣言することによると定める。蓮舫氏は選択宣言をした時期に言及してこなかった。

 蓮舫氏はこれまで「昭和60年1月、17歳で日本国籍を取得した」と説明。台湾籍の離脱は「台湾人の父が手続きを終えたと思い込んでいた」と述べていた。一方で参院議員への転身前、雑誌インタビューに台湾籍を持っていると答えた過去もあり、発言の信用性に疑問符が付く面もある。

 今年9月6日、台湾当局に台湾籍の残存を照会するとともに、改めて離脱手続きを行ったところ、同月12日に台湾籍が残っていたことが判明。同月23日に台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出したと説明していた。

 離脱証明書が受理されなかったのは、日本政府が台湾を正式な政府として認めていないためだ。金田勝年法相はこれまで一般論として「台湾当局が発行した外国国籍喪失届は受理していない」と説明していた。


蓮舫さん国籍選択をしてなかったと認める(増補あり)
2016年10月16日 07:00

八幡 和郎

蓮舫氏は15日に9月23日に都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。ただし、いつしたかは、明らかにしていないが、産経新聞の報道によると、10月7日と等関係者は述べているという。

蓮舫氏は記者団に「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、強く(日本国籍の)選択の宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べた。

国籍選択をしたが台湾籍の離脱をしていなかったとしても離脱につとめるという義務に理由なく反しているが、選択すらしていなかったとすれば、国籍法第第十四条「外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。」に違反していたことになる。

しかし、それ以上に重大なことは、二つの国籍のうち、日本国籍を優先させる、つまり、日本籍と中国籍(台湾・中華民国)とのうち、日本を優先させるといういかなるアクションもとっていない、つまり、二つの国籍が優先順位なく同等のものだったということで、日本の国益を優先させる法的立場にないということを意味する。

今後は、台湾パスポートなど中華民国籍であることを利用したことがなかったか、蓮舫氏が自分で証明することが課題になる。

また、国籍について違法状態でないかというわれわれの指摘があるにもかかわらず無視して代表にえらび事態解明の努力もしてなかった民進党のガバナンスに重大な疑義があるし、知事選挙で党が自主投票を決めながら党首が一方の応援に入るという珍事も理解しがたいものだ。

蓮舫氏はこれまで、

①1985年に国籍取得をしていたことを明らかにし、戸籍の部分コピーをYahoo!ニュースに提供していた。

②しかし、国籍選択をしたか、台湾籍離脱をしたかは明らかにせず,(9月はじめ)

③台湾に国籍離脱の有無を問い合わせ、まだだったら国籍離脱を求め(9月6日)

④国籍離脱が出来てなかったので離脱手続き中であるとし(9月13日)

⑤台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り区役所に提出したとしていたが、それが、国籍選択のための手続きか、外国籍を喪失したことの届け出かを明らかにせず、また、過去に国籍選択をしたかも明らかにしなかった(9月23日)。

⑥10月15日、22歳までに行うことが義務とされている国籍選択をこれまで行わず、台湾籍の離脱証明書を区役所に提出して国籍選択をしようとしたが、国交のない台湾の場合には離脱証明でなく国籍選択宣言が必要といわれ不受理になったので、改めて国籍選択宣言をしたと語った。ただし、日時は明らかにしていないいが、産経新聞の報道によると、10月7日と等関係者は述べているという。

なお、蓮舫氏は1985年に法律改正により、台湾籍に加え、日本籍を取得したあと、22歳までに国籍選択を行う義務が有り、あわせて、20歳以降に台湾籍離脱をするよう勤める義務があった。

また、国籍選択にあっては、通常、離脱証明の届け出と、国籍選択宣言とふたつの方法があるが,法務省は台湾の場合には国籍選択宣言をすべきとしていた。


蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」
産経新聞 10月15日(土)20時18分配信

 民進党の蓮舫代表は15日、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。都内で記者団の取材に答えた。

 蓮舫氏は記者団に「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、強く(日本国籍の)選択の宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べた。

 蓮舫氏は9月23日に台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出。一方で、国籍法で義務づけられた日本国籍の選択宣言をした時期への言及は避けていた。

 国籍法14条は日本国籍の選択について、外国籍の離脱によるほか、戸籍法に従い、日本国籍を選択し、外国籍放棄の宣言をすることによると定めている。

 日本政府は台湾を正式な政府として認めておらず、金田勝年法相は14日の記者会見で、一般論として「台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は受理していない」と説明していた。


台湾政府の許可証受理せず=蓮舫氏の手続き不備か―金田法相
時事通信 10月14日(金)18時25分配信

 金田勝年法相は14日の記者会見で、民進党の蓮舫代表が「二重国籍」解消のために行ったとしている手続きに関し、「一般論として、台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は受理していない」と指摘した。

 
 蓮舫氏は13日の会見で「戸籍法106条にのっとって適正に手続きしている」と説明している。106条では、二重国籍を持つ人が相手国の発行した国籍喪失許可証を提出すれば二重国籍を解消することができるが、日本政府は台湾を正式な政府として認めておらず、許可証を受理していない。

 許可証が受理できない場合は、同104条に基づき、日本国籍だけを所有する意思を宣誓する「国籍選択宣言」を日本政府に提出する必要がある。法務省は台湾籍を離脱する場合、同宣言の提出を求めている。

 国籍選択の宣言をすれば、手続きした日付が戸籍に明記されるが、蓮舫氏は戸籍謄本の公開に応じていない。蓮舫氏の事務所は「本人がいないので分からない」としている。


蓮舫氏vs三原氏 「二重国籍」問題、潔白示せ 証明拒否か
夕刊フジ 10月14日(金)16時56分配信

965
三原氏(右)による追及にさらされる蓮舫代表(写真:夕刊フジ)

 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、自民党の三原じゅん子参院議員が“核心”に迫った。13日午前の参院予算委員会で、蓮舫氏に「日本国籍選択」の証拠を開示するよう指摘したのだ。安倍晋三首相も、戸籍謄本を国民に示して“身の潔白”を証明するよう促した。

 三原氏は、NHKの生中継が入った審議で「(蓮舫氏は)いつの時点で『日本国籍』を選択したのかを明らかにしていない。国籍法14条の『国籍選択の宣言』が行われていなければ国籍法に反している」と指摘した。

 安倍首相は「(米国籍が残っていた)わが自民党の小野田紀美参院議員は『戸籍謄本』を示して『(国籍)選択』という義務を果たしたことを証明した。蓮舫氏も自身の責任において国民に対し、小野田氏が自ら証明されたように努力を行わなければならない」と明言した。

 「国籍選択」を証明するための戸籍謄本の開示は、日本維新の会の足立康史衆院議員も3日の衆院予算委員会で求め、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」も先月末、公開質問状で要求している。

 こうした要求に対し、蓮舫氏は6日の記者会見で「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」といい、拒否している。

 何か隠したいことでもあるのか。


二重国籍問題 首相「自身の責任で証明を」 蓮舫氏、戸籍謄本公開せず
産経新聞 10月14日(金)7時55分配信

964
蓮舫代表の「二重国籍」問題をめぐる経過(写真:産経新聞)

 民進党の蓮舫代表は13日の記者会見で、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題をめぐり、国籍法に基づき日本国籍を選択する宣言をした時期について明言を避けた。蓮舫氏は宣言日が明記された戸籍謄本を公開しない考えを示しているが、安倍晋三首相は13日の参院予算委員会で「自身の責任で、国民に証明する努力をしなければならない」と対応を批判した。(清宮真一)

                  ◇

 「届け出により日本国籍を取得した。(戸籍法)106条にのっとって、適正な手続きをしている」

 蓮舫氏は会見で、日本国籍選択の宣言日に関する質問を受けた際、4回も同じ言い回しを繰り返したが、具体的な時期については口をつぐんだ。

 国籍選択の宣言日が問題になるのは、国籍法上、多重国籍を解消するために踏まなければならない手順と規定されているからだ。

 国籍法14条は、20歳未満の人が日本国籍と外国籍の二重国籍になった場合、22歳になるまでにいずれかの国籍を選択しなければならないと規定している。かつての蓮舫氏のように、外国籍のみを有する人が日本国籍を単独で取得する場合、(1)日本国籍を取得(2)日本と外国籍のどちらを選択するか宣言(3)日本国籍を選ぶ場合、速やかに外国籍の離脱手続きを行い、手続きを終えた証明書を自治体に提出する-という手順を踏まなければならない。

 蓮舫氏はこれまで「昭和60年1月、17歳で日本国籍の取得手続きを行った」と説明していた。だが、今年9月6日、台湾当局に台湾籍の残存を照会するとともに、改めて離脱手続きを行ったところ、同月12日に台湾籍が残っていたことが判明。同月23日に台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出したと述べていた。ただ(2)の宣言日については言及してこなかった。

 一方、蓮舫氏が言及する戸籍法106条は、日本国籍を有する者が外国籍を喪失した際の手続きとして、喪失を知った日から原則1カ月以内に証明書を添えて届け出なければならないと定めている。あくまで外国籍離脱の手続きであって、日本国籍の選択ではない。

 日本国籍を選択宣言すると、戸籍に宣言日が明記される。日本国籍と米国籍の二重国籍状態が発覚した自民党の小野田紀美参院議員は、7月の参院選出馬前に日本国内で米国籍を放棄すると宣言し、日本国籍を選択。宣言の日が明記された戸籍謄本を自身のフェイスブックに公開した。

 13日の参院予算委では、自民党の三原じゅん子氏が、外国籍の離脱手続きは国籍法上の努力義務規定だが、国籍選択は「義務手続き」と指摘した。その上で「蓮舫氏はいつの時点で日本国籍を選択したか明らかにしていない。閣僚や首相補佐官になる前に宣言を行ったのか明らかにしないのなら大問題だ」と述べ、証拠となる戸籍謄本の公開を求めた。

 首相も同様の見解を示したが、首相を目指す蓮舫氏としては、まず国民が納得する証拠を示し、説明を尽くす必要がある。


蓮舫代表はなぜ戸籍謄本を見せられないのか
2016年10月13日 13:27

池田 信夫

 三原じゅん子「蓮舫は戸籍は個人的な話と言い説明を避けた。政治家として戸籍謄本を示し説明責任を果たすべきか?」
 安倍総理「小野田議員は戸籍を出し二重国籍の対処を明確にした。蓮舫も小野田議員のように努力すべき」
 同感です!
 蓮舫は逃げずに説明責任を果たすべきです。#kokkai pic.twitter.com/2BlDe3gC9H
— DAPPI (@take_off_dress) 2016年10月13日

いよいよ国会で二重国籍問題についての質疑が本格化し、安倍首相は「国会議員として蓮舫氏の責任において国民に対し証明の努力を行わなければならない」と答弁した。ここで三原議員も指摘しているように、小野田議員と蓮舫代表の違法性は異なる。小野田氏は昨年10月1日に日本国籍の選択を宣言してから立候補したが、蓮舫氏は日本国籍を選択しないで立候補したと思われるからだ。どちらも国籍法14条違反だが、悪質性は違う。

 第十四条  外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
 2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法 の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。

この2項の規定はわかりにくいが、「外国の国籍を放棄する旨の宣言」というのは、ブラジルのような国籍離脱のできない国のケースで、台湾やアメリカの場合は外国籍の離脱によって国籍選択が完了する。したがって小野田議員も14条違反だが、日本国籍を宣言して「日本国民」になってから立候補したので、違法性を問うことはむずかしいというのが法務省の判断だ。

これに対して蓮舫氏は、日本国籍を選択しないまま、選挙に3回当選した。これは小野田氏のような過失ではなく、蓮舫氏は自分で「私は台湾籍」とたびたび発言し、2000年と2004年には台湾の旅券で台湾総統選挙の取材に入国したと思われる。つまり彼女の国籍法違反は「故意」であり、明らかな違法行為である。

また台湾の旅券をもったまま「台湾籍から帰化」と選挙公報に書き、最近まで「台湾籍は抜きました」と嘘をついていたことは、公選法違反の疑いが強い。それが彼女が戸籍謄本を公表できない理由だ。そこには次のように書いてあると思われる(合成写真)。

967
彼女が日本国籍の選択を宣言したのは、アゴラ編集部から問い合わせを受けて事務所スタッフが区役所に行った今年9月6日だろう。戸籍謄本の送付までには1ヶ月ぐらいかかるので、今月上旬までに国籍選択は終わったものと思われる。

これは彼女の公選法違反の証拠であり、少なくとも今年7月の参院選は時効になっていない。自分は台湾との二重国籍だと知りながら「私は日本人です」と選挙公報やホームページで宣伝していたことは、東京選挙区の有権者をあざむくものだ。


維新・足立氏がバッサリ 「口から出任せ体質の民進党、蓮舫代表はふさわしい」
夕刊フジ 10月12日(水)16時56分配信

 民進党の蓮舫代表が就任して、まもなく1カ月となる。初めての女性党首として、政権交代の受け皿となる野党第1党を目指す方針を示したが、果たして、民進党は変わったのか。「浪速の爆弾男」の異名を持つ、日本維新の会の足立康史政調副会長に、野党サイドから見る「蓮舫民進党」について聞いた。

 「蓮舫氏は代表選で『批判から提案で臨みたい』とか、共産党との選挙協力にも抑制的なことを言っていた。私は『難しいのでは』と半分思いながらも、『ひょっとしたら、面白い展開になるかもしれない』と興味深く見ていたが、やっぱりアカンかった」

 これまで民進党を“超辛口”で問題視してきた足立氏だが、実は「国益のため」に民進党の変化に期待を寄せていたという。だが、淡い期待はすぐに裏切られた。

 臨時国会で、民進党は「批判から提案」に路線転換したはずだが、足立氏は「(国会での論戦を聞く限り)どうやったら、政府・与党の足を引っ張れるか」に重点が置かれていると分析する。

 民進党は8日の全国幹事会で、次期衆院選でも共産党などと候補者を一本化する方針を確認した。綱領に「日米安保の廃棄」「自衛隊の解消」を掲げる共産党との「民共路線」の継続である。

 足立氏は「蓮舫氏は『衆院選で綱領が違う政党と政権を目指すことはない』と主張していたが、選挙協力に踏み切った。民進党はもう二度と、共産党から離れられない」と断言した。

 民進党がこうなった原因は何か。足立氏は「口から出任せの体質」にあると喝破する。

 「民進党の綱領には『未来志向の憲法を構想する』と書いてあるが、実際は構想していない。『身を切る改革』ともあるが、現実はどうか。蓮舫氏は党綱領を実現する路線を打ち出すと注目していたが、実際の行動が伴っていないことが改めて浮き彫りになった」

 そんな蓮舫氏は「二重国籍」問題で説明を二転三転させ、国民にウソをついた。維新は国会議員の二重国籍禁止法(いわゆる『蓮舫法案』)を国会に提出し、政府も本腰を入れて検討を始めた。

 蓮舫氏は現在でも「日本国籍の選択」を宣言した日が明記されている戸籍謄本の開示を拒み続けている。一方、米国籍の放棄手続きを進めている自民党の小野田紀美参院議員は、「日本国籍選択」を証明するため、フェイスブックで戸籍謄本の一部を開示した。

 足立氏は、小野田氏の姿勢について「政治家として100点満点」と評価するが、蓮舫氏には以下のように超激辛だ。

 「政治家は言葉で国民を説得し、国を動かす。だから国会議員はウソをついてはいけない。蓮舫氏は、口から出任せの民進党の新代表にこそふさわしい」


蓮舫氏、戸籍開示せず 「極めて個人的な件」
夕刊フジ 10月7日(金)16時56分配信

 民進党の蓮舫代表は「二重国籍」問題をめぐり、6日の記者会見で、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍について、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」といい、内容を開示しない考えを明らかにした。

 この問題では、日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘し、戸籍謄本の開示を求めていた。

 自民党の小野田紀美参院議員も4日、米国との「二重国籍」状態で、現在、米国籍放棄の手続きを進めているとして、自らのフェイスブックで「日本国籍選択」を証明する戸籍謄本の一部を開示している。

 蓮舫氏には、何か隠したいことでもあるのか。


民進・蓮舫氏、問われる対応 自民・小野田氏が二重国籍で戸籍謄本の一部公開
夕刊フジ 10月6日(木)16時56分配信

 国会議員の「二重国籍」が注目されている。民進党の蓮舫代表に続き、自民党の小野田紀美参院議員も、米国との「二重国籍」状態で、現在、米国籍放棄の手続きを進めていると、自らのフェイスブック(FB)で明らかにしたのだ。小野田氏が「日本国籍選択」を証明するためFBで戸籍謄本の一部を開示したことで、蓮舫氏の対応も問われそうだ。

 安倍晋三首相と蓮舫氏が激突した5日の参院予算委員会の前日、「二重国籍」問題で動きがあった。自民党議員の「二重国籍」が発覚したのだ。

 小野田氏は1982年、日本人の母親と米国人の父親との間に米国内で生まれ、米国籍も取得した。母親の地元の岡山県で育ち、大学卒業後に東京都北区議に当選。2期目の途中で辞職し、今年7月の参院選に出馬して当選した。

 同氏のFBなどによると、参院選に出馬する前の2015年10月に、日本国内で「米国籍を放棄する」と宣言、「日本国籍を選択する」手続きを終えた。蓮舫氏の「二重国籍」問題を受けて最近調べたところ、米国内での「放棄手続き」が終わっていなかったという。

 これを証明するため、小野田氏はFBで自身の戸籍謄本を公開した。そこには、明確に「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されていた。

 小野田氏は4日、「大変申し訳なかった」と国会内で記者団に語った。

 実は、「国籍選択」を証明するための戸籍謄本の開示は、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」も先月29日、蓮舫氏に対して公開質問状で要求している。

 自民党の1年生議員が問題発覚直後に出せたものを、どうして民進党代表が1週間近くも出せないのか。疑問は膨らむ。


民進・蓮舫代表の「二重国籍」問題を不問に付す自民 今からでも遅くはない、辞職勧告を突き付けよ
産経新聞 10月6日(木)10時15分配信

 臨時国会が召集され、与野党は日々、論戦を戦わせている。民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題は、9月23日に蓮舫氏が台湾籍の離脱手続きの完了を明らかにしたことで、まるで存在しなかったかのように過去の話となりつつある。9月28日に代表として初めて参院本会議で代表質問に立った蓮舫氏が自身の失態に言及することはなかった。

 自民党の二階俊博幹事長も9月25日放送のラジオ日本番組で「われわれはこの問題に対して何かモノを申し上げることはない」と宣言した。その言葉通り、9月27~29日の衆参代表質問で質問に立った自民党議員が蓮舫氏の二重国籍問題を取り上げることはなかった。自民党として不問に付したということだろう。

 折しも、自民党の小野田紀美参院議員にも米国籍との二重国籍が判明した。蓮舫氏を攻撃しづらい環境かもしれない。とはいえ、このままでは自民党にも連帯責任が生じることになりかねない。

 蓮舫氏は旧民主党政権の菅直人首相、野田佳彦首相によって行政刷新担当相などに任命された。蓮舫氏は当時から日本国籍を保有していたとはいえ、「日本国籍以外の“国籍”を持った人物」が天皇陛下の認証を受けたということだ。

 蓮舫氏が「記憶違いだった」などの陳腐な言い訳をしようとも、民主党政権は結果的に二重国籍の人物を内外に知らせないまま閣僚に据え、陛下による認証という尊厳ある行為を辱め、日本の政治の中枢に関与させた。菅、野田両元首相も“共犯”ということだ。蓮舫氏がその野田氏を幹事長に指名したのは、悪い冗談にしか聞こえない。

 問題が大きく表面化していなかった当時ならともかく、蓮舫氏の二重国籍が明確に判明した後も日本の政治史に泥を塗る行為を問題だと思わない自民党の感覚もどうかしている。

 これほど重大な事態なのに、ある自民党幹部は「いちいち相手にする必要もない。民進党が自滅していくだけだ」と“高みの見物”を決め込む。これこそ政権与党のおごりではないか。国政に携わる者としての自覚と責任が欠如している。

 この問題に及び腰となっている理由として自民党内で聞こえてくるのが、「追及したら人種差別にならないか」「ヘイトスピーチにならないか」との懸念だという。

 まったく論点がずれている。今回の問題では、父親が台湾籍、母親が日本人の蓮舫氏の出自が責められているわけではない。国籍という基本的なことについて、閣僚も務め、首相を目指すと公言している野党第1党の党首が正当な手続きを踏んでおらず、ことの重大性を省みずに場当たり的な説明でお茶を濁そうとしたことが問題なのだ。

 差別問題だとの指摘は、「多様な価値は重要だ」などと述べて蓮舫氏を擁護した民進党の岡田克也前代表同様、意図的に論点を反らそうとしているとしか思えない。

 国会議員たるもの、自身が国籍法で禁じた二重国籍であってはならないことは論をまたない。日本維新の会は9月27日、国会議員の二重国籍を禁じる公職選挙法改正案を参院に提出した。今まで明確に禁止した法律がないためだが、こんなことは、あえて法律で縛るまでもない常識だ。蓮舫氏はその基本が欠如していたのだから、議員の資格さえ満たしていないと言わざるを得ない。

 もっとも、自民党内にも危機感を募らせる議員はいる。伊吹文明元衆院議長は9月19日のフェイスブックで二重国籍問題を取り上げ、以下のように主張した。

 「日本の安全保障と国益を背負う外交の最終責任者となる可能性のある人が、交渉相手となりうる国や地域の籍を持っていては、国民は安心して国を委ねられません。法的に問題はなくとも、いささかの疑問も持たれない矜持こそが統治能力の原点です」

 「台湾籍を持つ人を閣僚にし、台湾の利害に係わるかも知れない案件の閣議決定に参画させていた旧民主党当時の統治への考えの安易さから抜け出せず、今回は台湾籍の有無を確かめずに党首選に出馬した人を党首に選ぶ民進党の統治能力に、良き日本政治のため、民進党に期待している人が憂慮しているのです」

 全くその通りだ。また、小野寺五典元防衛相は9月15日のBSフジ番組で「閣僚になるとさまざまな情報が入り、守秘義務がある。そういう状況の中で台湾籍のまま日本の閣僚をやっていれば当時の政権自体が問われる」と批判した。

 ほかにも「一番の問題は蓮舫氏の資質だが、民進党内に差別だと言っている人がいる。どうして差別なのか。差別でもなんでもない」(青山繁晴参院議員)との声も出ている。だが、これらは自民党の主流の意見とはなっていないのが現実だ。9月以降、産経新聞のみならずインターネットでも二重国籍の問題が取り上げられていたにもかかわらず、「そんなに問題か?」とうそぶいた党幹部もいた。

 野党時代の自民党は違った。失政続きの民主党政権を徹底的に追及し、約3年3カ月で政権を奪取した。例えば、平成22年9月に発生した尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で中国漁船による海上保安庁巡視船への衝突事件を穏便に済まそうとした菅政権を批判し、23年3月の東日本大震災および東京電力福島第一原発事故でも菅政権の失態を追及した。

 それは単に政権奪還だけが目的ではなく、民主党政権のままでは日本の将来が危ういと感じたからではないか。民主党が衣替えした民進党は蓮舫氏の下、再び政権交代を目指している。今度は日米安全保障条約廃棄と自衛隊解消を唱える共産党も民進党と連携を進めようとしている。

 長期に安定する安倍晋三政権であぐらをかいている場合ではない。重大な問題を「記憶違い」で済ます蓮舫氏は、もはや何を言っても説得力がなく、首相の資質、資格がないことは明瞭だ。そして二重国籍者が閣僚を務めていたことを追及しない「大人の対応」は、むしろ自民党の品格をおとしめる行為になる。今からでも遅くはない。自民党は蓮舫氏に対し、議員辞職勧告を突き付けるべきだ。(政治部 酒井充)


日本のこころ・中野正志幹事長 自民党議員の二重国籍「好ましくない」としつつ擁護 民進・蓮舫代表には「嘘重ねた」と猛批判
産経新聞 10月5日(水)21時4分配信

 日本のこころを大切にする党の中野正志幹事長は5日の記者会見で、自民党の小野田紀美参院議員が米国籍との二重国籍状態だったことについて、「国会議員は、どの党に所属していようが、二重国籍は好ましくない」と述べた。中野氏は台湾籍との「二重国籍」だった民進党の蓮舫代表に議員辞職を求める声明を出していた。

 ただ、中野氏は、二重国籍状態が発覚した直後にフェイスブックなどで経緯を説明した小野田氏について「嘘をつかないで、正直に話している姿勢があることは認める」とも評価。一方、蓮舫氏の説明については「二転三転どころか、三転四転し、嘘を重ねた。国民の皆さんに迷惑をかけたという心からの謝罪はまだしていない」と断じた。

 さらに5日の参院予算委員会で質問に立った蓮舫氏が自民党の憲法改正草案を批判したことを挙げ、「民進党も自らの憲法改正草案を出して、お互い議論するのが議会政治の最低限のマナーだ」と指摘。「自民党の憲法改正草案がベースになるだろうと勝手に決めつけて批判するのは、おかしい」と批判した。


民進・蓮舫代表の「二重国籍」問題を不問に付す自民 今からでも遅くはない、辞職勧告を突き付けよ
産経新聞 2016.10.5 08:56

 【政界徒然草】

 臨時国会が召集され、与野党は日々、論戦を戦わせている。民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題は、9月23日に蓮舫氏が台湾籍の離脱手続きの完了を明らかにしたことで、まるで存在しなかったかのように過去の話となりつつある。9月28日に代表として初めて参院本会議で代表質問に立った蓮舫氏が自身の失態に言及することはなかった。

 自民党の二階俊博幹事長も9月25日放送のラジオ日本番組で「われわれはこの問題に対して何かモノを申し上げることはない」と宣言した。その言葉通り、9月27~29日の衆参代表質問で質問に立った自民党議員が蓮舫氏の二重国籍問題を取り上げることはなかった。自民党として不問に付したということだろう。

 折しも、自民党の小野田紀美参院議員にも米国籍との二重国籍が判明した。蓮舫氏を攻撃しづらい環境かもしれない。とはいえ、このままでは自民党にも連帯責任が生じることになりかねない。

 蓮舫氏は旧民主党政権の菅直人首相、野田佳彦首相によって行政刷新担当相などに任命された。蓮舫氏は当時から日本国籍を保有していたとはいえ、「日本国籍以外の“国籍”を持った人物」が天皇陛下の認証を受けたということだ。

 蓮舫氏が「記憶違いだった」などの陳腐な言い訳をしようとも、民主党政権は結果的に二重国籍の人物を内外に知らせないまま閣僚に据え、陛下による認証という尊厳ある行為を辱め、日本の政治の中枢に関与させた。菅、野田両元首相も“共犯”ということだ。蓮舫氏がその野田氏を幹事長に指名したのは、悪い冗談にしか聞こえない。

 問題が大きく表面化していなかった当時ならともかく、蓮舫氏の二重国籍が明確に判明した後も日本の政治史に泥を塗る行為を問題だと思わない自民党の感覚もどうかしている。

 これほど重大な事態なのに、ある自民党幹部は「いちいち相手にする必要もない。民進党が自滅していくだけだ」と“高みの見物”を決め込む。これこそ政権与党のおごりではないか。国政に携わる者としての自覚と責任が欠如している。

 この問題に及び腰となっている理由として自民党内で聞こえてくるのが、「追及したら人種差別にならないか」「ヘイトスピーチにならないか」との懸念だという。

 まったく論点がずれている。今回の問題では、父親が台湾籍、母親が日本人の蓮舫氏の出自が責められているわけではない。国籍という基本的なことについて、閣僚も務め、首相を目指すと公言している野党第1党の党首が正当な手続きを踏んでおらず、ことの重大性を省みずに場当たり的な説明でお茶を濁そうとしたことが問題なのだ。

 差別問題だとの指摘は、「多様な価値は重要だ」などと述べて蓮舫氏を擁護した民進党の岡田克也前代表同様、意図的に論点を反らそうとしているとしか思えない。

 国会議員たるもの、自身が国籍法で禁じた二重国籍であってはならないことは論をまたない。日本維新の会は9月27日、国会議員の二重国籍を禁じる公職選挙法改正案を参院に提出した。今まで明確に禁止した法律がないためだが、こんなことは、あえて法律で縛るまでもない常識だ。蓮舫氏はその基本が欠如していたのだから、議員の資格さえ満たしていないと言わざるを得ない。

 もっとも、自民党内にも危機感を募らせる議員はいる。伊吹文明元衆院議長は9月19日のフェイスブックで二重国籍問題を取り上げ、以下のように主張した。

 「日本の安全保障と国益を背負う外交の最終責任者となる可能性のある人が、交渉相手となりうる国や地域の籍を持っていては、国民は安心して国を委ねられません。法的に問題はなくとも、いささかの疑問も持たれない矜持こそが統治能力の原点です」

 「台湾籍を持つ人を閣僚にし、台湾の利害に係わるかも知れない案件の閣議決定に参画させていた旧民主党当時の統治への考えの安易さから抜け出せず、今回は台湾籍の有無を確かめずに党首選に出馬した人を党首に選ぶ民進党の統治能力に、良き日本政治のため、民進党に期待している人が憂慮しているのです」

 全くその通りだ。また、小野寺五典元防衛相は9月15日のBSフジ番組で「閣僚になるとさまざまな情報が入り、守秘義務がある。そういう状況の中で台湾籍のまま日本の閣僚をやっていれば当時の政権自体が問われる」と批判した。

 ほかにも「一番の問題は蓮舫氏の資質だが、民進党内に差別だと言っている人がいる。どうして差別なのか。差別でもなんでもない」(青山繁晴参院議員)との声も出ている。だが、これらは自民党の主流の意見とはなっていないのが現実だ。9月以降、産経新聞のみならずインターネットでも二重国籍の問題が取り上げられていたにもかかわらず、「そんなに問題か?」とうそぶいた党幹部もいた。

 野党時代の自民党は違った。失政続きの民主党政権を徹底的に追及し、約3年3カ月で政権を奪取した。例えば、平成22年9月に発生した尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で中国漁船による海上保安庁巡視船への衝突事件を穏便に済まそうとした菅政権を批判し、23年3月の東日本大震災および東京電力福島第一原発事故でも菅政権の失態を追及した。

 それは単に政権奪還だけが目的ではなく、民主党政権のままでは日本の将来が危ういと感じたからではないか。民主党が衣替えした民進党は蓮舫氏の下、再び政権交代を目指している。今度は日米安全保障条約廃棄と自衛隊解消を唱える共産党も民進党と連携を進めようとしている。

 長期に安定する安倍晋三政権であぐらをかいている場合ではない。重大な問題を「記憶違い」で済ます蓮舫氏は、もはや何を言っても説得力がなく、首相の資質、資格がないことは明瞭だ。そして二重国籍者が閣僚を務めていたことを追及しない「大人の対応」は、むしろ自民党の品格をおとしめる行為になる。今からでも遅くはない。自民党は蓮舫氏に対し、議員辞職勧告を突き付けるべきだ。(政治部 酒井充)


蓮舫氏は代表辞任を 日本のこころ中山恭子代表激白「二重国籍は国家の独立を脅かしかねない」
夕刊フジ 10月1日(土)16時56分配信

963
中山代表は「二重国籍」問題に切り込んだ(写真:夕刊フジ)

 日本のこころを大切にする党は、「二重国籍」問題で国民にウソをついた民進党の蓮舫代表の代表辞任や議員辞職を要求し、国会議員の二重国籍を禁止する「蓮舫法案」への賛成方針を打ち出している。その真意は一体何なのか。中山恭子代表に聞いた。

 「国会議員は、その国に100%の忠誠を誓わなくてはいけません。国家の方向性を決める責任があり、国民の生命や財産、国土や自然、伝統や文化を守る義務があるからです。二重国籍でないことは国政に携る者の最低限の義務であり、有権者への礼儀です」

 中山氏はこう語った。

 台湾籍だった蓮舫氏は1985年に日本国籍を取得したが、台湾籍を残した「二重国籍」のまま2004年に参院議員に初当選し、10年には行政刷新担当相になり、先月15日、民進党代表に就任した。

 「父に任せていた」として“過失”と主張しているが、キャスターやタレント時代のインタビューでは、「私は、二重国籍なんです」「自分の国籍は台湾なんですが」などと語っていたことが発覚している。

 中山氏は「国会議員の二重国籍の問題は、民主主義や国民主権と密接な関係があり、国家の独立を脅かしかねないほど重大なものです」といい、続けた。

 「蓮舫氏は当初、二重国籍をかたくなに否定しながら、その後、発言が二転三転しました。わが党は、中野正志幹事長名で先月15日、『議会政治の政党代表者たる資格はない』として、代表辞任を要求しました」

 「加えて、二重国籍が発覚しながら、蓮舫氏を代表に選んだ民進党にも強く抗議するとともに、民主党政権時代に蓮舫氏を閣僚に選任し、国政の中枢に置いた責任をも問いました」

 日本のこころは臨時国会で、国会議員の二重国籍を禁止するため、日本維新の会が国会に提出した、公選法改正案などの法整備に取り組むという。

 ところで、同党は先月21日、参院会派名を「日本のこころ」に改称した。覚えやすくするだけでなく、中山氏らのこんな思いが込められている。

 「日本人は昔から『日本のこころ』を持っていました。それは、ウソ偽りがなく、卑怯(ひきょう)なこととは無縁である心です。私たちの国の歴史を形成し、伝統や文化を育んできたものです。こうした、日本人の美徳が1人でも多くの人々に伝わってほしいのです」 (ジャーナリスト・安積明子)


『アゴラ』が蓮舫氏に公開質問状 徹底追及「証拠示し説明を」 “二重国籍”問題
夕刊フジ 9月30日(金)16時56分配信

 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」が29日、蓮舫氏あてに公開質問状を提出した。国民にウソをついていた国籍問題について、野党第一党の党首として口頭ではなく、公文書などの証拠を示して説明を求めるものだ。蓮舫氏は「ごまかし」なく、国民に真実を提示できるのか。

 注目の質問状は、アゴラ編集部が29日夕、蓮舫氏のツイッターに送付するとともに、ネット上で公開した。夕刊フジでも同問題を徹底追及した、徳島文理大学の八幡和郎教授が問題提起を続けてきたサイトだ。

 国会議員の法令順守が問われる蓮舫氏の「二重国籍」問題を明らかにするため、アゴラは(1)(1985年に日本国籍を取得しているが)日本国籍を選択した日付の戸籍関係書類(2)9月6日に東京の台北駐日経済文化代表処に出した台湾旅券を含むすべての書類(3)9月23日に台湾の当局から受け取った国籍喪失証明書-の開示を求めている。

 質問状を出した理由として、「現状では、国籍選択をされたのか、本当に『二重国籍』状態は解消されたのか、蓮舫氏の一方的な説明に過ぎない」「もし、蓮舫氏が疑惑を追及する立場だったら、舌鋒鋭く『なぜ、証拠書類を出さない』と迫っていたはず」と記している。

 この問題については、日本維新の会が、国会議員や国家公務員の「二重国籍」を禁止する法案(いわゆる『蓮舫法案』)を、今回の臨時国会に提出している。民進党の同法案への対応が注目されるなか、この質問状への回答も関心を集めそうだ。


日本国籍非選択を隠していた蓮舫氏は代表・議員辞職必至!
2016年09月26日 01:00

八幡 和郎
9月23日まで戸籍に中国籍であることが記載されていたはず

連休の谷間でニュースにならないことを狙ってか、9月23日(金)に、蓮舫氏が記者会見をして、「私の台湾籍の離脱手続きに関して、先ほど台湾当局から手続きが完了したという報告と証明書をいただいた。それを持って(国籍法が定める、戸籍法に基づく国籍喪失の届け出のため)区役所に届け出に行っている」と発表した。

これは産経新聞電子版の記者会見詳報で判明したことで、通信社の記事では、「民進党の蓮舫代表は23日の記者会見で、父親の出身地である台湾(中華民国)籍の離脱手続きが完了したことを明らかにした」とだけだったので気がつかない人が多かった。

その場で十分に追及されなかったのは、連休中で経緯をよく知っている記者がいなかったとしか思えないが、これはたいへんな発表なのである。

これまでは、日本側の書類では日本国籍選択はしたが、台湾籍離脱をしたかどうかは手元の記録では分からないから、台湾側に問い合わせ、もし、してないようだったら、離脱手続きをするように台湾代表処に依頼した。12日に、まだ残っているという連絡があったので、離脱手続きを進めているようお願いしていると言うことだった。

ところが、今回、明らかになったところでは、そもそも、「国籍選択」を日本の役所でしていなかったのだから、「中国籍」との二重国籍のままであり、それは、日本の戸籍に残っていたはずなのである。

民進代表選挙・参議院選挙でも故意の経歴詐称が確定か

したがって、蓮舫氏は自分の戸籍(戸籍謄本に書いてあるのか、原戸籍までさかのぼらなければなからいかは確認中)を見れば、自分が二重国籍であることは分かる状態であり、家族も含めて戸籍を見たすべての人がそれを知っていたと言うことだ。(下記注釈)

つまり、蓮舫氏は17歳以降、いちども自分の戸籍を見たことがないし親や夫とも話題にしたことがないというなら別だが、台湾代表処に照会するまでもなく二重国籍であることを知っていたのであり、私が8月29日この疑惑を提起したのち、9月1日に産経新聞、9月3日に読売テレビで疑惑を否定したときも自分が二重国籍であることを自覚していたことになる。

また、9月2日に民進党代表選告示の段階でも同様である。それを一般党員投票が終了した13日になって台湾側の調査で離脱していないことが12日になって判明したと発表していていたのである。もはや、民進党の代表選挙に正統性はなかったのは明らかなのであるから、速やかに代表を辞任するしかあるまい。

また、参議院選挙における経歴詐称も,二重国籍を本人が知らなかった可能性が否定されたことにより成立する可能性が高まるし、他の法令にも違反していたことが明るみに出てくるだろう。

蓮舫氏も民進党もマスコミもこれまで疑惑を受けた個人や企業が、それが真実であることを知りながら、発表を故意に遅らせて疑惑を否定していたら、最終的には非を認めたとしても、絶対に許さなかったはずだ。

*記者会見ののち週末になったので,確認がとれていない部分がありますので、分かり次第増補改訂します。

*日本の国籍を取得した1985年には、母親の斎藤佳子さんの戸籍謄本に中国籍との二重戸籍であることが記載されていたはずだ。そして、結婚による新戸籍作成ののちの現在の戸籍謄本にそれが引き継がれているかは週末のことなので諸説あって確認ができませんが、①記載されているなら、一目瞭然だし、②記載されていなくとも、国籍選択をした場合にはそのむね記載されてるので、記載されていないと言うことは国籍選択をしていないことを意味するし、③結婚に伴い新しい戸籍をつくるときに、中国籍の記載がある旧戸籍が必要だったり、父親の財産の相続の時など何度も中国籍が記載している戸籍謄本は見たはずだし、もし、現在の戸籍謄本に記載されていなくとも原戸籍には記載されており、台湾に問い合わせるまでもないことだ。

参考;戸籍法施行規則第39条【重要な身分事項の移記】
新戸籍を編製され、又は他の戸籍に入る者については、次の各号に掲げる事項で従前の戸籍に記載したものは、新戸籍又は他の戸籍にこれを記載しなければならない。

1. 出生に関する事項
2. 嫡出でない子について、認知に関する事項
3. 養子について、現に養親子関係の継続するその養子縁組に関する事項
4. 夫婦について、現に婚姻関係の継続するその婚姻に関する事項及び配偶者の国籍に関する事項
5. 現に無能力者である者についての親権、後見又は保佐に関する事項


蓮舫二重国籍の重大新事実!日本国籍を選択してなかった! --- 八幡 和郎
アゴラ 9月25日(日)15時10分配信

蓮舫さんの本日の記者会見についての産経新聞の詳報(http://www.sankei.com/premium/news/160923/prm1609230010-n1.html)によると、蓮舫さんは二重国籍のうち日本国籍の選択をそもそもしていなかったようだ。

蓮舫さんこと従来の中国名:謝蓮舫(日本名:村田蓮舫)さんによると、台湾から国籍喪失手続き完了の書類が届いたので、それをもって目黒区役所(?)に日本国籍選択を23日に届けたようである。これまで謝蓮舫さんは1985年1月21日に日本国籍を合法的にゆるされた二重国籍として取得したあと、22歳までにいずれかの国籍選択をすることと、もう一方の国籍を放棄することをする法的義務があった。すでに、9月13日に台湾からの国籍離脱をしておらず、二重国籍状態にあることは認めていたので、私もたびたび、日本国籍選択の日付けを明らかにするように求めていた(参照;9月21日のアゴラ記事(http://agora-web.jp/archives/2021561.html))。

しかし、そもそも日本国籍選択はされていなかったということのようだ。日本国籍選択にはふたつの方法があって、

(1)台湾の籍を抜いたことを届ける

(2)国籍選択宣言を区役所でしてあとで台湾籍を抜くである。

従来は(2)をしたようなこといっていたのでそれはいつかを示せといっていたが、そもそも、新聞記事を見る限りなにもしてなかったということらしい。少なくとも。新聞記事からはそうとしか取れない。

まさかとは思ったが上記アゴラ記事で第三の可能性として指摘していた最悪のケースである。記者会見の完全なやりとりではないので、正確さを留保しなくてはならないし、法律的検討を十分する時間がないものの、とりあえず問題提起させてもらう。


維新・馬場幹事長「説明が二転三転した蓮舫氏…先が思いやられる」 「二重国籍」禁止法案提出へ
夕刊フジ 9月24日(土)16時56分配信

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長が、夕刊フジの単独インタビューに応じ、国会議員や国家公務員の「二重国籍」禁止法案を、26日召集の臨時国会に提出することを明らかにした。民進党の蓮舫代表は国民にウソをつき、「二重国籍」のまま野党第1党の党首に就任した。馬場氏に一連の蓮舫問題と、法案の論点などを聞いた。

 「この問題が起きたとき、蓮舫氏の説明が二転三転した。きちんと調べれば答えられる問題を引き延ばした。政治家として先が思いやられる。言動の軽さが垣間見えたといえるのではないか」

 馬場氏は開口一番、蓮舫氏の姿勢に、こう苦言を呈した。

 蓮舫氏の「二重国籍」疑惑が注目されていた今月上旬、馬場氏は、国会議員や国家公務員の「二重国籍」禁止法案の必要性をいち早く指摘した。

 「国内には40、50万人の方が『二重国籍』状態とされるが、わが党は『二重国籍のまま、国益を担う国会議員、国家公務員になることはダメだ』と主張している。国益が衝突した際、国会議員や国家公務員が相手国の国籍も持っていたら、国民は不信感を持つ。国会議員が首相になれば自衛隊の最高指揮官になるが、二重国籍では任せられない。実際、外交官については法により、二重国籍が禁止されている。国会議員、国家公務員も同様に禁止されなければならない」

 維新の訴えに、国民の反応はいいという。

 馬場氏は「ツイッターでは『正論だ』『ぜひ、ちゃんとやってくれ』という声が100%だった。当然の反応ではないか」と明かす。

 具体的には、公職選挙法と国家公務員法に、二重国籍を禁止する条文を追加する。罰則規定も検討しているという。

 馬場氏は「現状は『国籍は抜いてね』という努力目標だ。法律の不備を早急に正していくのは国会議員の責務だ」と強調し、早期成立に向けた意欲を示した。

 法案成立には与野党の協力が不可欠だが、各党のスタンスはどうか。

 馬場氏は「これから各党に協力を呼びかけるが、仮に、法案に協力できないとなれば、その政党は『二重国籍のまま、閣僚になっても問題はない』と判断したことになる。われわれは、各党の姿勢も国民に明らかにしていきたい」と語った。

 日本維新の会は26日、記者会見を開き、法案の全容を発表する。蓮舫氏率いる民進党は、どう対応するのか。


蓮舫代表は国籍離脱の書類を公開せよ --- 池田 信夫
アゴラ 9月24日(土)7時20分配信

民進党の蓮舫代表は、きょう定例記者会見で「台湾籍離脱の手続きが完了した」ことを明らかにした。

“台湾籍離脱手続きに関して、さきほど台湾当局から手続き完了したとの報告と証明書を頂いた。それを区役所に届けに行っている。昭和59年の国籍法改正など、事実認識に混同していた(原文ママ)。改めて私は日本人です。
今回の籍離脱をお願いする時に、当局から言われた申請書類は全て提出しているが、その中に子供だった頃のパスポートもあった。提出しています。”

6日に「改めて離脱」という会見をしてから、わずか2週間で手続きが完了したのは異例だ。通常は2ヶ月ぐらいかかるので、これは台湾政府の特別の配慮だろう。「子供だった頃のパスポート」というのは、「1988年以降は失効している」という以前の話と辻褄を合わせたのだろうが、20歳を「子供」とはいわない。

たとえ失効した旅券だったとしても、手元にあったことは彼女が認めている。国籍離脱のとき旅券は台湾政府に返還するので、彼女が台湾国籍を自覚していたことは明らかだ。それを知りながら「離脱したかどうかわからない」と民進党の代表選で党員・サポーターを欺いたのは経歴詐称である。

これで彼女の旅券法違反(外国籍に関する虚偽記載)は確定であり、公選法違反の疑いも強い。彼女の2004年の選挙公報や2016年1月25日の公式ホームページ(魚拓)(http://wayback.archive.org/web/20160125134353/http://renho.jp/profile-stage1)には「1985 台湾籍から帰化」という記述があるが、これは嘘である。彼女は台湾の旅券をもち、「私は台湾国籍」とか「二重国籍」などと話している。

990
朝日新聞は1993年に彼女が「在日の中国国籍」と言った記事を削除要請したようだ

朝日新聞は1993年に彼女が「在日の中国国籍」と言った記事を削除要請したようだが、コピーはたくさんあるので再掲しておく。これは著作権法32条による「引用」であり、出典を明示すれば違法ではない。

朝日新聞は、この記事について担当者に確認したのなら、その結果を公表すべきだ。「中国国籍」という表現は、おそらく彼女の「台湾籍」という表現を朝日の校閲部が修正したもので、原稿ファイルも残っていると思われる。

いずれにせよ手続きは終わったので、彼女は国籍離脱の手続きに関する文書をすべて公開すべきだ。そこには旅券の更新履歴が書かれているので、身の証しを立てて問題に決着をつけるには、彼女のほうから情報公開するのが最善だ。


中国メディアが民進党・蓮舫氏に好意的報道続出
NEWS ポストセブン 9月24日(土)7時0分配信

 民進党代表に選ばれた蓮舫氏について、中国や台湾のメディアは好意的に大きく報じている。

 北京の地元紙「新京報」は「華裔の女性政治家が日本の最大野党の党首に当選した。父親は中国台湾人だ」と報じ、蓮舫氏の父親が台湾人であることに強い親近感を示した。

「華裔(かえい)」とは中国人を祖先に持つ人たちのことで、中国や台湾などから国外に移住した中国人の子孫を指す。中国籍を保持したままの人を華僑、現地の国籍を得た人を華人と呼ぶこともある。

 蓮舫氏は厳密に言えば、「華人」といえそうだが、代表選のさなか、二重国籍問題で騒がれただけに、同紙は「華裔」という表現を使う配慮をみせたともいえそうだ。

 さらに、同紙は代表の任期は2019年9月までで、その間、「総選挙で民進党が勝利すれば、蓮舫氏は日本で初めての女性首相に就任するチャンスがあるかもしれない」と伝え、蓮舫氏が「日本初の女性首相」になることに強い期待感を表明している。

 台湾では今年3月、民主党に維新の党が合流するなどしてできた党の名前が台湾の与党、民主進歩党の略称である「民進党」と同じだったことから、台湾の民進党幹部が「歓迎」の意を表するなど、日本の民進党に大きな関心を抱いていた。

 その最高指導者に台湾人の血を引く蓮舫氏が就任したことで、蓮舫熱が高まっており、台湾メディアは「『台湾の娘』が日本政界のスターに」(中央通信)などと伝えて、おおむね好意的だった。

 しかし、中国メディアの報道で気になるのは「安倍政権が憲法改正の意図を持っていることについて、蓮舫氏は『もし改正を議論するのならば、積極的に参加するが、問題をなおざりにして、急に進めるということには慎重に対応したい』などと語っている」として、安倍政権の憲法改正を蓮舫氏がストップさせることに強い期待をにじませたことだ。

 これは、日本の憲法改正に強く反対している中国政府の意思の代弁であることは明らかだ。

 新京報は蓮舫氏を紹介する際、「1995年から2年間、北京大学に留学。夏休みなどを利用して、四川省や甘粛省、内モンゴル自治区にまで足を伸ばした」と報じており、蓮舫氏の親中派ぶりを強調しているのだが、ネット上では「あまり期待すると、裏切られた時の反動が怖い」など慎重な反応も見られる。


民進党が生き残っているのは国民の責任 注目の新書著者・赤尾敏氏の姪に聞いた
夕刊フジ 9月23日(金)16時56分配信

990
赤尾由美氏(写真:夕刊フジ)

 『民進党(笑)。』(ワニブックスPLUS新書)という本が売れている。タイトルの奇抜さに加え、著者の赤尾由美氏が、銀座数寄屋橋での街頭演説で名高かった保守政治家、赤尾敏(びん)大日本愛国党初代総裁の姪(=弟の娘)ということも話題になっている。民進党は21日午後、両院議員総会を開き、蓮舫執行部が正式発足する。「二重国籍」問題で国民にウソをついた蓮舫代表の誕生も含めて、赤尾氏に聞いた。

 「私は民進党が存在すべき理由が分かりません。自民党は需要があるでしょうが、民進党を必要とする人はいるのでしょうか? そう考えると怒りを通り越して笑うしかありません。ただ、こんな政党が生き残っているのは、私たち国民の責任なんですよね。それを伝えたくて書きました」

 赤尾氏はこう語った。

 注目の新書は、国民の期待を裏切り続けるツッコミどころ満載の民進党を一刀両断している。そして、民進党のだらしなさによってもたらされた「自民党1強」体制にも物申す、痛快な1冊だ。

 赤尾氏は、亡父の跡を継いで31歳でアカオアルミ株式会社の社長に就任した経営者だが、ジャーナリストの河添恵子氏らとの共著『国防女子が行く』(ビジネス社)でも注目された。

 蓮舫氏について、赤尾氏は厳しい眼を向ける。

 「蓮舫氏は『総理を目指したい』と明言したそうですが、あきれてものが言えません。国籍以前に(これまでの言動を聞く限り)日台、日中の問題が深刻化した際、日本の側に立って行動できるのか、心配です。蓮舫氏は7月の参院選(東京選挙区)で112万票も獲得し、トップで当選しました。日本人はどうしてしまったのでしょうか」

 現代日本には「たかりの構造」が蔓延(まんえん)しているともいう。

 「例えば、待機児童問題です。民進党の山尾志桜里政調会長は『保育園落ちた日本死ね!!!』というブログを国会で取り上げて政府を批判していましたが、子供を預けることは本来セーフティーネットの問題です。それを権利にすり替えれば、親が『教育の義務』を放棄することにつながりかねない。幼いときから親子が離れる仕組みを作って、どうするんでしょうか。その果ては、家庭崩壊しかありません」

 最後に、伯父の赤尾敏氏が存命なら、日本の現状をどう思うか聞いた。

 「非常に嘆くでしょうね。一見こわもてに見える伯父が根強い支持を得ていたのは、お金に汚くなかったこと。そして、戦争中に衆院議員として東條英機首相に文句を言ったことでしょう。歴史の重みを背負い、命を捨てる覚悟で筋を通したことが、人々の共感を呼んだのです。その姿は、巨大な敵と戦ったドン・キホーテのようでした」 (ジャーナリスト・安積明子)


蓮舫氏が戸籍を提出しないので重大疑惑濃厚か? --- 八幡 和郎
アゴラ 9月22日(木)7時20分配信

991
出典:『初任者のための戸籍実務の手引き』(戸籍実務研究会編)

積極的に疑惑を晴らすべき立場にあるのは蓮舫氏だ
蓮舫氏はあいかわらず疑惑のごく一部にしか答えておらず、過去の証言とも矛盾が多いままであり、よほど不都合な事実が隠されているのでないかという、疑惑はますます深まるばかりだ。

これまで蓮舫氏が認めたのは、二重国籍のまま法的義務に反していたこと、台湾のパスポートをもったままだったことの二点だけだ。しかし、不自然なことだらけだ。

蓮舫氏は、国籍選択の日付けを証明できる、戸籍関係の書類を公開すべきだ。(修正11:30; この点については、戸籍に帰化や国籍選択したことが、結婚などののちに作成された新戸籍になっても引き継がれるのかという問題がある。規定上は、原則として、「国籍選択」については新戸籍に引き継がれ、帰化については引き継がれないというように読めそうなのだが、実際の運用がどうなっているか確信が持てない。複数の専門家が関係の役所に聞いてくれたのだが、もうひとつ、要領を得ない。具体的な実例に則した情報をいただければ幸いだ。以上のような経緯なので、最初の投稿から少し記述を変更し、タイトルも変えた。しかし、たとえ、現在の戸籍謄本に記載されていなくとも「原戸籍」には記載があり、本人にとっては証明は容易である)※末尾にさらに新しい補足があります

台湾に提出したパスポートを含めた離脱手続きに提出した資料についても同様だ。

取るべきだった手続きの内容はこうだ
あらためて、本来、中華民国(台湾)籍だった蓮舫氏が単国籍の日本人になりきるためにするべきだった手続きは以下の通りである。

(1)日本国籍の取得

(2)その台湾代表処への届け出

(3)日本国籍選択届け

(4)中華民国(台湾)籍の離脱(この時に台湾のパスポート返却)

このうち蓮舫氏が日付けを明らかにしているのは(1)だけで1985年1月21日である。(2)はそれと同じ日だったかどうか明確にしていない。しかし、(1)から間もなくだったようだ。

(3)は過去の種々のインタビューでは18~19歳(1985年11月28日~1987年11月27日にあたる)としてきたが、日付けが語られたことはない。また、9月3日よりあとには、17歳と変更している。(1)と同じ日かといえば、それは、通常はないと関係者はいうし、過去のインタビューでの動機や父親とのやりとり内容からは、18~19歳が自然である。

(4)は過去のインタビューで一度も触れず、二重国籍を公言していたので実行してないことは最初から明らかだった。今回は(2)のときに行ったと信じていたと強弁していたが、そもそも、20歳にならないと不可能であり、現在は、出来てなかったと認めた。ただし、それを知らなかったと言い続けている。

(4)については、念のために9月6日に過去のパスポートを添えて代表処に提出したとしているが、どのような書類を提出したのか、パスポートはいつまで有効だったのか、最後に使ったのはいつだったかを明らかにしていない。コピーを取っていなかったとしたら頓馬な話で、そんな人物に外交交渉など怖くてやらしたくない。

ますます深まる重大疑惑の可能性
蓮舫氏は過去に膨大なインタビューで話した内容は、ハーフ、あるいは、華人としての印象で売っていたので、営業用のウソ(法螺)を言っていた、あるいは、最終的な原稿はチェックしていなかったので、事実を反映していないというような主張をしている。

しかし、朝日新聞(『天声人語』にまで19歳と書いてある)や婦人公論なども含めた真面目な高級紙(誌)でまで、営業用にウソを言いたい放題だったとか、国籍の問題のような大事な問題まで間違って書かれてもチェックしてなかったし訂正も要求しなかったということは、普通は考えられないし、モラルの上でも悪質すぎる。

そして、それが本当だったとしても、過去のインタビューなどがウソの塊だったので信じるなというなら、その多くは蓮舫氏自身が真実を簡単に証明できるのだから、その証拠を蓮舫氏が進んで公表すべきだ。過去の発言が都合が悪くなったので、ウソの塊だったといい、それを本当だったのでないかという人は、本当だったという証拠を見つけてこれないなら、新しい説明を信じろというのは人を馬鹿にしている。

朝日新聞の「天声人語」まで騙した過去のウソをどうして謝らないのか?また、過去の言動がハーフのタレントとして売り出すための営業用ウソの塊だったとしたら、現在言っていることも政治家としての営業用ウソの塊でないとどうして信じられようか。

蓮舫氏がまず提出すべきなのは、日本国籍選択宣言の日付けを証明できる戸籍資料(原戸籍のはず)で簡単なことだ。ついで、台湾のパスポートのコピーと内容だ。

それを隠しているのは、都合が悪いことがあるからと推定されてもしかたない。 台湾籍離脱手続きをしていないと知らなかったと主張できなくなるからではないか。また、離脱していないという自覚があったはずとなれば都合悪いことはいくらでも出るだろう。

疑義を招く不自然な主張
また、パスポートについては、その後、台湾の出入りに台湾のパスポートを使っていなかったとすれば、台湾の法令に違反するという指摘もある。また、中国留学中に台湾のパスポートを使うと各種料金などが大幅に安かったはずで、それを利用しなかったのは不自然だ(ただし使ったかどうかは誰かの証言がないと難しいかも知れないが)。

蓮舫氏は父親の台湾の戸籍を見たこともないし、台湾にいっさいの相続すべき財産を保有せず、父親が最終的にどこの国籍だったか知らないとYahooのインタビュー(http://news.yahoo.co.jp/feature/349)で語っているが、これを信じる人はいないだろう。あまりにも不自然な主張は、なにか隠したい重大なスキャンダルがあると疑われるのが普通である。

また、あれだけ、台湾の祖母への愛を語っていながら、どういう経歴で、いつ亡くなったのかとか、どういう家族、事業、財産の状況にあったかは語らない。普通には怪しげだと感じる。

これが蓮舫氏自身がジャーナリスト、野党議員、閣僚などとして攻撃する立場にあったら、つまらない言い逃れを許すはずはあるまい。

――

【補足・法務省に確認16:00】 戸籍に帰化や国籍選択したことが、結婚などののちに作成された新戸籍になっも引き継がれるのか、原戸籍に遡らないと記載されていないかについて、さまざまな情報があったので、8:50に投稿したときは、原戸籍まで遡れば確実という趣旨で原戸籍を出せばよいと書いた。

その後、複数の専門家に検討してもらったところ、国籍選択の場合、新戸籍に転載されるという情報が多かったが、専門家の方が法務省の見解を聞かれたところ、念のために検討してのちほど連絡するとのことだったので、11:30にその趣旨に沿って書き変えた。

そして、さらに、法務省から専門家の方に連絡があって、転籍、新戸籍を作った場合の扱いは、以下の通りということでした。

(1)国籍取得並びに帰化は、移記事項ではないので、転籍した後は、元外国人だった、元無国籍だったかは、原戸籍をとらなければわからない。

(2)国籍選択(おそらく蓮舫さんはこれ)をした場合は、移記事項なので、転籍もしくは新戸籍を作った後も記載される。したがって、いつ日本国籍を選択したかは、現在の戸籍謄本で分かるはず。

ただし、もうひとつ、その可能性は低いと思うが、蓮舫氏が国籍選択をそもそもしていない可能性もゼロではない。

こうしたことから、蓮舫さんのケースでは、現在の戸籍謄本で国籍選択の日付けがわかるはずだが、関係の公的機関もすぐには答えられないなどの曖昧な実情が有り、実際に国籍選択をして、その後、結婚された方の戸籍にどう書いているか情報提供をお願いしたいところ。


日本のこころ・中野正志幹事長、民進・蓮舫代表の「二重国籍」説明二転三転に「国民をバカにするな」 野田佳彦幹事長など執行部人事には「お友達執行部だ」
産経新聞 9月21日(水)16時6分配信

 日本のこころを大切にする党の中野正志幹事長は21日の記者会見で、民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、「代表選期間中に発言が二転三転した。国民をばかにすんじゃない。うそをいう人が日本の野党第一党の党首か。統治能力はあるのか。こういう視点を持たざるをえない」と批判し、代表辞任や議員辞職を改めて求めた。

 中野氏は蓮舫氏の問題について「(二重国籍の人が)国会議員だと領域警備や領土問題などで、日本とぶつかる可能性がある。そのときにどうか、という可能性がある。国籍法から照らしても公権力を行使する国会議員は二重国籍であってはならない」と述べた。 その上で「蓮舫氏を閣僚にし、旧民主党は間違った選択をした。今回、代表に選出したことはなおさら間違いだ。蓮舫氏は『浅はかだった』と謝罪したが、それで済む話ではない。簡単すぎる。選ばれし者の自覚がない」と述べた。

 中野氏はまた、首相経験者の野田佳彦幹事長など、野田政権時代の幹部が並んだ民進党執行部について「第1次安倍晋三政権で蓮舫氏に『お友達内閣、けしからん』とやられた。今回の人事はお友達執行部だ」とこきおろした。

 特に、野田氏については「政権を失わしめた張本人だ。落選した人の気持ちを考えると、表に出てこられる人ではない。『昔の名前で出ています』というのは、はやらない。人材がいないということだ。野党第一党がこの体たらくというのはさみしい」と痛烈に皮肉った。


蓮舫氏は「日本人ではないので国会議員になれない」
2016年09月18日 16:16

池田 信夫
きょう放送の「そこまで言って委員会NP」で、金美齢氏が「2009年に日本国籍を取得するとき、法務局から先に台湾国籍を喪失して喪失証明書を持ってきてくださいと求められた」と証言した。原口一博元総務相も「国籍法14条違反だ」と言った。

第十四条  外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。

原口「国籍法16条は努力義務ですが、14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。それをなされないということは、14条違反になる。私は総務大臣だったので、そこからひるがえると公職選挙法や政治資金規正法違反になる。国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある」。

これは八幡さんも私も指摘した通りだ。日本国籍を選択するためには、国籍法14条2項によって外国籍を離脱していなければならない。「外国の国籍を放棄する旨の宣言」はブラジルのように国籍離脱を認めていない場合であり、台湾は国籍離脱できるので、台湾の国籍喪失証明書がないと日本国籍は取得できない。

つまり蓮舫氏は公選法10条で被選挙権の条件として定める「日本国民」ではないので、国会議員にはなれない。したがって彼女は議員資格を失い、民進党代表の地位も失う、というのが原口氏の見解だ。

追記:コメント欄で指摘されたが、金氏は「帰化」を国籍取得と取り違えている可能性がある。帰化の場合は事前に国籍離脱が必要だが、国籍取得の場合は22歳までに離脱すればいい。しかし結果的に離脱していない場合は、14条違反になる。この状態で被選挙権を認めるかどうかは選管の判断だが、過去に二重国籍で立候補を認めたのはフジモリ元大統領のケースだけで、これは政治亡命の特例だ。


二重国籍って何? --- 池田 信夫
アゴラ 9月18日(日)7時20分配信

ここ2週間ほどアゴラで「二重国籍」が大変な話題になっていますが、よい子のみなさんには何のことかわからないと思います。BBCの大井真理子記者(http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-37382004)は「人種の階層」とかいうくだらない記事を書いていますが、これはそんな話ではありません。蓮舫さんがイギリス人でもアメリカ人でも、嘘をついてはいけないというよい子のみなさんにもわかる話です。

上のマンガに書かれているように、蓮舫さんが「台湾との二重国籍」だとわかったら、そういう違法状態の人に投票する人は110万人もいなかったでしょう。まして2014年まで公式ホームページ(http://wayback.archive.org/web/20160125134353/http://renho.jp/profile-stage1)に「台湾国籍から帰化」と書いていたのを今度の選挙の前に削除して「私は日本人です」と経歴をいつわったのは選挙違反の疑いがあります。

蓮舫さんは台湾人の2世です。生まれたときはお父さんの台湾籍だったので、20代でタレントになって「私は華僑の代表です」といって売り出しました。そのうちニュースキャスターもやるようになりましたが、1993年の朝日新聞(http://livedoor.blogimg.jp/ikeda_nobuo/imgs/6/c/6c7bd7c0.jpg)には「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話し、二重国籍の国際派を売り物にしていました。

ところが最初の参議院選挙に出た2004年の選挙公報(http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51983661.html)には「1985年に台湾国籍から帰化」と書いてありました。これは「1993年に中国国籍(台湾籍)」という話と矛盾します。「帰化」というのは台湾国籍を抜いて日本国籍になることだからです。これについて蓮舫さんは「朝日新聞の書きまちがいだ」といっていますが、本当でしょうか。

選挙で当選してから、蓮舫さんは「台湾から帰化」ともいわなくなりました。参議院の東京選挙区という大きな選挙区で勝ち抜くためには、「生まれたときから日本人」というほうが有利と判断したのでしょう。2010年の選挙公報から国籍の記述がなくなり、「私は日本人」と強調するようになりました。

彼女が日本人であることは事実ですが、それは台湾人ではないことを意味しません。まして台湾のパスポートを更新していたとすれば、自分の台湾国籍を確認していたのに、「台湾籍から帰化」とか「生まれたときから日本人」というのは、有権者をだますものです。

国会議員が経歴について嘘をつくことは、公職選挙法違反です。過去には「明治大学中退」と嘘を書いただけで検察に起訴され、有罪になって議員資格を失った国会議員がいました。その後は、学歴詐称の議員を民主党は除名して議員辞職しました。

蓮舫さんがこういう選挙違反にあたるかどうかは検察が捜査しないと何ともいえませんが、政治責任は明らかです。台湾国籍をもっていながら選挙で「日本に帰化した」とか「私は日本人だ」と嘘をついて3回も当選してきたのは、学歴よりはるかに重大な嘘です。国会で2004年の選挙公報の嘘を追及されたら、「それは時効です」とはいえないでしょう。

こんなことはよい子のみなさんでもわかるのに、民進党の幹部のみなさんがわからないのは不思議です。彼女が代表選挙で身を引いていれば、自民党も検察も大目に見たかもしれませんが、ここまで強行突破すると、党内でも味方がいなくなりました。野田幹事長以外の党内人事もできない。

これは彼女が台湾出身のハーフだということと関係ありません。嘘をついて当選したら議員資格を失うという当たり前のことです。普通の会社でも、高卒の人が「東大卒」と履歴書に書いて入社して、あとから嘘とわかったらクビになります。

まして国民の代表である国会議員が自分の所属する国について嘘をつき、「首相をめざす」というのはとんでもないことです。たとえば尖閣諸島をめぐって日本と台湾の国境紛争が起こったら、彼女はどっちの立場に立つのでしょうか。「台湾籍を放棄した」と彼女はいっていますが、台湾政府はそれを認めていません。

いずれにせよ彼女が議員資格を失うことは確実で、当然、民進党の代表も辞任するでしょう。年内に解散・総選挙という話も強まってきました。この状態で総選挙に突入すると、代表選挙の延期を求めた20人の国会議員が離党して民進党は分裂し、消えてなくなるでしょう。蓮舫さんはそういう意味で、歴史に残ると思います。


蓮舫問題、謎の「家系」「生活」の説明も必要 --- 石井 孝明
アゴラ 9月18日(日)7時10分配信

私たちの知らない見えない戦争
日英ハーフで、国家公務員1種試験に優秀な成績で合格し、警察庁キャリア官僚に採用された男性。大学卒業旅行にアイルランドを1人旅し、古い教会に入ると、1人で座っていた初老の英国紳士が近寄ってくる。「もし何かあったら連絡を。政府の人間です」。電話番号を渡される。未来の官僚は英国諜報機関のメッセージとピンとくる。彼は15年後、IRAのテロリスト捜査で、日本の政府機構のもみ消し、官僚の保身に直面した。不正義を許せないその人は、保管したその番号に初めて電話をかけ、解決に動こうとする…。

これは高村薫氏の小説「リヴィエラを撃て」の一部だ。優れた作家の想像力の賜物だが、外交・諜報・軍事に関心のある記者である筆者には「ありそうだ」と、印象深かった。

一般人にとってまったく知らない、国家間の諜報活動や、見えない戦争が、今この時点で繰り広げられている。東アジアでは軍事衝突という「熱い戦争」はないが、停戦状態にある中共と台湾、南北朝鮮などの火種がくすぶる。国家を意識せず、脳天気に暮らせるのは、日本の一部の人々だけだ。

中国共産党政権寄りの不思議な発言
蓮舫民進党党首の二重国籍問題。この騒動そのものがめちゃくちゃだ。しかし不気味に思うことがまだある。彼女の行動と家系の謎だ。

彼女は大臣時代から、その愚かな発言が話題になった。しかし、その愚かさを観察すると、一つの方向を向いている。中国の共産党政権の利益になる発言を繰り返しているのだ。

蓮舫氏は「一つの中国」「台湾人には中国法が適用される」と述べた。これは過去の日中国交回復以来の、日本外交の蓄積をすべてぶち壊す。「一つの中国」とは「共産党政権である中華人民共和国が唯一の合法政府」という意味だ。日本政府はこの問題をあいまいにしてきた。そして台湾では民進党政権ができた後で、これが再び政治問題になっており、外国人が安易にさわってはいけない話だ。これはアジア外交に知識がある人間には常識だ。よほどの無知か、確信犯かのいずれかでなければ、この発言はできない。

蓮舫氏は民主党政権の目玉政策の「事業仕分け」では担当の行革大臣なのに次のように言ったとされる。

(余談ながら、民主党政権の行政仕分け作業の記録は、内閣府ホームページに存在せず、国立国会図書館に移されていた。(内閣府の説明(http://www.cao.go.jp/gyouseisasshin/index.html))こういうことは珍しく、笑ってしまった。官僚達はかなり腹を立てているらしい。そのために、分かりづらく出典を示すことは断念した。ちなみに私は、事業仕分けは行政支出の抑制のために妥当と思うが、あのようにテレビショーにして政治家が官僚を辱めたこと(蓮舫氏の発案?)は大問題だと考えている。)

「(スパコンに)2位ではダメなんですか」。ちなみにスパコンの1位は中国政府のものだ。

また尖閣諸島について、「領土問題である」と、日本政府のこれまでの見解と真逆の発言をしている。(記事(http://agora-web.jp/archives/2021280.html))

一連の発言は異様だ。ただの間違いではない。中国政府がやってほしい形に、わざわざ蓮舫氏は行動、発言している。何らかの意図がこめられたゆがんだ情報が彼女に流れ、それに誘導されているとしか思えない。

外交や諜報機関は直接の「工作」をいきなりしない。今の時代、世界の中で相対的に豊かな日本人に「金」を渡すこともしないだろう。諜報活動をめぐる文献を読むと、対象に「影響」を与えることを目指す。これは記者の取材でも、日常のビジネスの関係構築でも同じだ。面会と説明から始まり、親近感を醸成し、親しくなったら何らかの便宜供与をし、相手に自分の影響を増やす。「新興大国の中国との深い関係」は、政治家にとって有利なカードだ。それを使ってもよいとされるなら、普通の政治家なら飛びつくだろう。

そして蓮舫氏は中国への親近感を語っていた。「自分は台湾国籍」と発言した1997年2月号のCREAでは北京留学で「父の国を知りたいので北京に留学した」と、深い愛情を表明していた。父の国は台湾のはずなのだが謎だ。

ある程度有名で、ジャーナリストという肩書きを持ち、台湾ではなく中国への愛情を表明する彼女に、中共の外交関係者、諜報機関関係者が近づき、将来の布石にする。冒頭のような光景に類似することがあったと想像することは、それほど飛躍したことではないだろう。

何らかの関係が、今になって日中関係の上で中国寄りの形で花開いたのだろうか。「一流の詐欺師は、被害者に騙したと思われずに感謝される」という言葉があるという。蓮舫氏本人に「中国のエージェント」という感覚がなくても、中共政府関係者によって「アンダーコントロール」の状況がつくられている可能性がある。

もちろん上記は筆者の想像であることは強調する。しかし、このような憶測を払拭するためにも、彼女は、中国との関係、発言の真意を説明する責任がある。

歴史の闇に繋がる?家系
蓮舫氏の家系にも、不思議さがある。

彼女の祖母の陳杏村は、台湾出身で日本に留学した後、日中戦争中の上海で英米のタバコの販売の代理店になり、その後に日本海軍に戦闘機2機を献納。戦後は漢奸(日本軍の協力者)として裁判にかけられたが助かった。戦後は日本と台湾のバナナ貿易で財を成したが、彼女の祖母と父は1966年に、自民党議員に賄賂を送ったのではないかと、国会で追及されている。(記事(http://news.livedoor.com/article/detail/4826130/))

また彼女はヤフーニュースのインタビューで、「父親は台湾に遺産がなかった」「父親の国籍は分からない」と、不思議な発言をしている。(記事(http://news.yahoo.co.jp/feature/349))

私は軍事史・外交史の素人研究者として、多少日中戦争史に詳しいが、祖母の経歴で出てきた「上海」「タバコ」「海軍」というキーワードで、連想することがあった。

日本は日中戦争(1937-45)当時、軍需物資を英米から禁輸された。また中国は当時から現在まで、レアメタルのタングステンの生産国だ。日本海軍は直接、物資を調達できないので、児玉誉士夫(1911-1984)(https://goo.gl/6lydjq)という政商に、上海を拠点に、中国政府、他国と密貿易をさせた。資金源は当時、中国で流通していた阿片やヘロインなどの麻薬からの収益だった。当時の中国で阿片吸引は好ましいものとされなかったが、タバコのように吸われ、小売りされていた。当時はタバコと同じように、中国式のキセル(煙管)で吸われていた。日本は植民地の台湾で阿片吸引の習慣を撲滅。統一後の中国政府も厳しく取り締まって1950年代にその風習は消えた。

今の戦闘機の最新鋭F35は1機210億円だが、当時は数億円程度の感覚だ。そうであっても、当時の台湾人が日本軍に戦闘機を献納した例は聞いたことがない。軍と陳氏の関係の深さがうかがえる。国民党政権の秘密警察が暗躍し、戦中から戦後まで数万人が殺害された漢奸の摘発を生き残ったのも謎だ。

児玉機関の運営では、海軍と児玉に中国で商売するほどの人脈があるわけがなく、中国人を間に挟ませただろう。情報が少なすぎるが、彼女の祖母は日本軍協力者で、もしかしたら、かなり危ないビジネスをしていたのではないかというのが、筆者の推測だ。児玉は戦後、自民党の政治家のスポンサーになった。陳という女性は日本側の記録にはないようだが、こうした情報は当然隠される。上記報道では国民党の地下組織に関係し、これを理由に漢奸裁判を生き残ったという。これは二重スパイということかもしれない。

また台湾の法人税率、相続税率は、アジアで最も重税とされる日本より低いはずだ。父親が日本で税務処理するとは考えづらい。台湾の富豪は、さらに税率の低い香港で脱税する例が伝えられる。また蓮舫によれば、彼女の一家は台北円山大飯店で過ごしたという。同地の最高級ホテルで、かなり豊かな一家と分かる。父親の財産が台湾でないとは、税務処理の細工があるのだろうか。

彼女の発言で出てくる家系は、不可思議な点が多すぎる。ここから先は名誉毀損になるので言わないが、彼女自身と、その親族は「歴史の闇」とつながっているかもしれない。そうしたことは当然、中共政府も注目するだろう。

政治家である以上、家系と生活も説明を
蓮舫氏の回りは、彼女本人も含めて「よく分からないこと」が多すぎる。私は彼女を自己愛から、場面によってカメレオンのように姿を変える「境界性人格」と指摘した。(「国家意識のない蓮舫代表は危険だ(http://agora-web.jp/archives/2021455.html)」)しかし、もしかしたら、隠すことがあるから、姿を場面によって変えるのかもしれない。

私は、個人情報暴きは嫌いだし、他人の私生活には原則として関心がない。しかし彼女は政治家であり、首相になるかもしれない野党第一党の党首だ。また一時期「ハーフ」を売り物にして、政界の地歩を固めようとした。

だからこそ、他国の影響や、歴史の闇との関係はあってはならない。

蓮舫氏は、自らの国籍問題と同時に、個人情報もある程度、明らかにしなければならない。特に、中国共産党政府、台湾政府との関係、そして家系の不可思議さを明確にしなければならないはずだ。


野田幹事長は敗戦処理と再生には最適という皮肉?
2016年09月17日 18:40

八幡 和郎
「自分の政治人生の落とし前を付けるつもりで、火中の栗を拾う決断をした」とあいさつした野田佳彦幹事長。蓮舫支持派は唖然呆然。騙されたと大騒ぎである。2012年の総選挙のA級戦犯だけに怒りは当然だし、もともと党内再右派だけに、安保法制のときから極左的主張に走っていた岡田・枝野執行部やそれを支持する左派の人たちにとって虚脱感が強いと思う。

しかし、私はここは前向きに受け止めている。

二重国籍問題を私が蓮舫を追及をしたのに、民進党を攻撃する意図はまったくなかった。そもそもは、一国のリーダーに日本文化に愛着もなければ忠誠心も感じられない人物をするのは世界的には非常識だというのが原点で、その究極的な裏切り行為として重大な法的義務に反し、しかも、秘密の二重国籍があったわけだ。(このことはまた詳しく論じる)

しかし、野田佳彦が派閥の領袖として蓮舫を代表候補として仕立てたのには、それなりの展望があったと思う。

もともと民主党を結党した人たちの願いは、日本に健全で政権担当能力があるアメリカの民主党のような「中道左派」を主軸にした党をつくろうということだったはずだ。

しかし、極左的な非現実性から脱却しきれなかったがゆえに失政を繰りかえし政権を失った。そこで、正しい道は、正しく民主党政権の反省をし、理念に酔うばかりでなく、現実的な問題解決力の高い政党に変身することだった。

安保法制を機に、国会で呼んだ自民党推薦の憲法学者が違憲だといったという面白おかしいが些細な手続き的ミスを針小棒大に取り上げて、もともと岡田克也自身も含めて集団的自衛権に否定的でなかったにもかかわらず、そこを攻めることに一点勝負した。

いってみれば、城門が一つミスで開いていたのを見て共産党など信用できないのも仲間にして三の丸に突入したが退路をたたれたような格好なのが今の民主党だ。

そういうなかで民進党内は、岡田克也のような本物の愚か者は別として、一部の中道的な価値で妥協するよりも筋を通しながらの旧社会党的万年野党でもいいと言う勢力と、なんとか中道路線に戻ろうという人に分かれていると思う。

今回の代表選挙の風景は、この二つの流れが複雑な形で交錯したのだと思う。野田が考えたのは、人気抜群で帰化人(この問題が起きるまではそういう言葉で認識されていた)で女の蓮舫なら極左系の中韓迎合派や人権派も受け入れやすい。

一方、蓮舫は華人としての意識が強すぎるという致命的な欠陥はあるが、そこを除くとむしろ、自分は保守だと叫ぶほどの新自由主義者だし、国際政治が甘くないのも華人的な感覚からだが分かった人だ(安倍首相とオバマの広島訪問を絶賛したのはその表れ)。それを野田は操って徐々に民主党を正常化しようと思ったのではないか。

逆に前原、玉木のほうは、より真っ直ぐ、民進党の中道化を訴えた。そこに、小沢一郎の影があるという人もいる。特に二重国籍問題で日刊ゲンダイが告発側を、勝手に変な意図があると揶揄しつつ蓮舫に厳しいのを見るとそんな気もする。

小沢一郎のいつもの手口から見れば、自分の言うことを聞かない岡田や野田を揺さぶろうとしただけかもしれないが、それと同時に、共産党との連携路線が参議院選挙や都知事選挙で限界があることがはきりしてきたので、少し別の動きをしてみようということかもしれない。

どちらにせよ、蓮舫の早期辞職は避けられそもないなかで、喜んで幹事長など引き受ける人はいないし、蓮舫にとっても「信用できる」数少ない人物だから野田でいいのだと思う。

あとは損切りして、民進党も蓮舫も出直す気に早く決断をすべきだ。

蓮舫については、どうせ、現在の経緯についての説明など、すぐに修正しなければならないし、二重国籍そのものは重大な法的義務に反するとはいえ罰則はないが、二重国籍が事実と分かったいま、様々な法令違反の可能性が生じるとある警察OBが言っていた。とくに、台湾の人には、「ひとつの中国」発言を撤回して「謝って」欲しいものだ。

それ以上に台湾人、謝蓮舫の名にふさわしい行為はない。

追伸:きょうの「ウェイクアップ」で辛坊が「村田蓮舫」にどうしてしないかといったことをいったがはぐらかされたようだ。私だって「蓮舫」が本名なら揶揄などしない。村田蓮舫が本名なのに蓮舫だけにこだわるのは、バラク・フセイン・オバマがフセイン米国大統領と呼ばれたいといって大統領選挙に出るのと同じように国民は変だと思って良いと思う。


蓮舫氏は台湾国籍を離脱できるのか --- 池田 信夫
アゴラ 9月17日(土)7時20分配信

993
きのうの民進党大会で岡田代(http://www.sankei.com/politics/news/160915/plt1609150043-n1.html)は、蓮舫氏の二重国籍問題について「悔しい思いもずいぶんあったと思う。いわれなきバッシングも一部のネットの世界ではなきにしもあらずだった」と語ったそうだ。まだこんな認識だったのか、とあきれるしかない。

言論アリーナ(https://www.youtube.com/watch?v=p-1O2arKvtM)でも説明したように、私は「台湾出身だから代表にするな」と言ったことは一度もない。彼女が台湾国籍を抜かないまま「日本の首相をめざす」と言っているのは国籍法違反だという事実をいっているだけで、これは彼女が在日アメリカ人であっても同じだ。

「二重国籍を認めない日本の国籍法は偏狭だ」という立法論は、今回の事件と関係ない。蓮舫氏がそう思うなら国籍法の改正を提案すればいいが、維新は逆に国籍法の規制を強化すべきだという改正案を臨時国会に出すと言っている。私はこういう規制強化には反対だが、どっちにしても今、彼女が違法状態にあることは変わりない。

蓮舫氏は、二重国籍を認めない台湾の国籍法にも違反している。さらに深刻なのは、この違法状態が解消できるかどうかわからないことだ。日本国籍を取得してから31年もたって台湾国籍の喪失を申請し、「一つの中国」と発言したことに台湾国民は激怒し、上の画像のように「狼心的女人」(残酷な女)などと罵倒するテレビニュースも出ている。

台湾の国会(http://japan.cna.com.tw/news/apol/201609140002.aspx#.V9rlTIpLIRU.twitter)では、野党が「台湾政府は蓮舫氏に抗議するよう台北代表処の謝長廷代表(元首相)に訓令を出すべきだ」と追及し、政府は「必ず適切な措置を取る」と答弁した。台湾政府は国益にならないと判断したら、国籍喪失を認めないこともありうる。その場合は、彼女は日本国籍を失って在日台湾人になる。

そんなことになったら彼女は国会議員の資格も失うので、最終的には台湾政府は国籍喪失を認めると思うが、このカードを利用して蓮舫氏に「一つの中国」という発言を撤回させ、台湾への忠誠を求めるだろう。彼女の本音は「国籍は日本だが心は台湾」ということらしいから、それを公式に言明するよう求めるかもしれない。

台湾は「中国の一地方」ではなく、主権国家としての要件をそなえた民主国家であり、日本に対して友好的だ。その友好関係を保身のためにめちゃくちゃにした蓮舫氏は、八幡さんのいうように「嘘つきというより頭が悪い」のかもしれない。岡田代表を初めとする執行部も、首相候補が国籍不明という状態を何とも思っていないのは野党ボケというしかない。

追記:帰化申請の実務家(https://goo.gl/qScoKv)によると、台湾の国籍喪失には現在有効な旅券が必要なので、蓮舫氏の出した書類には不備がある。台湾の国籍法も二重国籍を禁じているので、旅券を更新するためには「他の国籍がない」証明が必要で、日本国籍をいったん抜く必要がある。彼女がそれをやった瞬間に、国会議員の資格を失う。

追記2:今までは蓮舫氏の「旅券は失効している」という話が正しいと仮定して話を進めてきたが、失効した旅券を代表処が受け取るとは考えにくい。彼女の話を信じないで、ありそうな事実を考えると「今も有効な旅券をもっており、台湾国籍があることも知っていたが、首相をねらうために2013年から嘘をつき始めた」。これだと故意の立証は容易なので、検察は公選法違反で起訴できる。証拠はいっぱいあるが、必殺の証拠は台湾政府がもっている。


蓮舫氏の二重国籍問題は謝罪しても終わらない
ダイヤモンド・オンライン 9月17日(土)6時0分配信

 民進党の新代表には蓮舫議員が選出されたが、代表選のさなか、蓮舫議員には“二重国籍”疑惑が持ち上がり、騒動になっていた。

 疑惑は、議員は亡父が中国台湾省の出身、ご母堂が日本人なので“日台”両国の国籍を有したまま国会議員になったのではないか――、というものだ。日本のみならず、二重国籍はどの国でもあり得ることなのである。

 結論から言えば二重国籍は違法(二十歳になった時点で二重国籍だった場合、二年以内に国籍を選択しないと日本国籍を失う)なのだが、国籍法は“外国籍の離脱に努めなければならない”と努力規定を定めているだけなので、蓮舫議員は台湾籍の除籍を証明することで簡単に疑惑を晴らすことができた。それを、収拾がつかない騒動にしてしまったのは、他ならぬ蓮舫議員本人が繰り返しついた“嘘”が原因だ。

 アメリカ大統領選に出馬したヒラリー・クリントンの代名詞は“ライアー(嘘つき)”だが、一連の流れを振り返ると、民進党代表選に名乗りを挙げた蓮舫議員の嘘つきっぷりもヒラリーに負けてはいない。

 事の発端は今月三日、蓮舫議員が読売テレビに出演した際の、辛坊治郎氏とのやりとりだ。

 辛坊:週刊誌やネットで二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないかって話があります。これについては? 
蓮舫:私は生まれたときから日本人です。(台湾)籍、抜いてます。
辛坊:いつですか? 
蓮舫:高校三年の十八歳で日本人を選びましたので。

 十八歳から日本人をやっている議員が生まれたときから日本人ってのも妙ちくりんな話だが、当初から蓮舫議員は“二重国籍ではない”“台湾籍は抜いてある(十七歳のとき学校を休み、父親と一緒に台北中日経済文化代表処へ行き手続きをした)”と説明していた。

 テレビでは十八歳で日本国籍を取得したと言っているが、今月六日の記者会見では十七歳になり、過去のインタビューでは帰化は十九歳と微妙に取得年齢が異なっていたりする。その辺の記憶違いは大目に見てもいい。

 旧国籍法では、父親の台湾籍がそのまま蓮舫議員の国籍になったが、一九八五年の法改正で国籍を選べるようになった。そこで日本生まれの蓮舫議員は母親の国籍を選び、日本に帰化したと言っているのだが、問題は、そのとき台湾籍を離脱しておいたか否かだ。台湾籍を放置しておくと“二重国籍”になるのである。

 また、蓮舫議員は一九八五(昭和六〇)年一月二一日に「日本国籍を取得し、合わせて台湾籍の放棄を宣言した」と会見では言っているが、一九六七年生まれの蓮舫議員はこのとき十七歳。台湾の国籍法(第十一条)によると、自己の意志で国籍を喪失できるのは“満二〇歳を迎えてから”と規定されている。

 だから、当時十七歳の蓮舫議員が台湾籍を除籍することはできないはずなのだ。

 すると、あれだけ“二重国籍ではない”“台湾籍は除籍してある”と言い張っていた蓮舫議員だが、台湾籍の除籍条項についてツッコまれた途端、発言を翻した。二重国籍については“除籍したかどうかはまだ確認が取れていない”“台湾当局に確認の手続きを取っている(ついでに台湾籍を放棄する書類を提出した ← これ、後で重要になってきます)”と言うのである。

 「生まれ育った日本に誇りを持っているし、愛している」

 今月七日の候補者集会で蓮舫議員はこうスピーチした。二重国籍の疑いをかけられた為政者が口にするには妥当な言いまわしかもしれないが、これまでの蓮舫議員の発言を拾い上げてみると……、出るわ出るわ、あんた本当に日本に誇りを持って愛してるのかい、と言わずにはいられないような嘘のオンパレードなのである。

 形勢不利な蓮舫議員の援護射撃に出たつもりなのか、元朝日新聞記者の野嶋剛氏が『Yahoo! ニュース』で単独インタビューを試みている。助け船というか、ちょっとヤラセっぽいインタビューなのだが、どんな感じか一部抜粋してみる。

 野嶋:これまでのメディアの取材で「生まれたときから日本人だった」と語ったことがありましたが? 
蓮舫:この間、ネットなどで私の家族を攻撃するような、いわれなき書き込みがあったので、あえて私の気持ちとしては日本で生まれて育って日本の風土で育まれたという気持ちを話しました。ですが確かに法律上は十七歳から日本人になっています(中略)当時は東亜関係協会(台北駐日経済文化代表処)と呼ばれていましたが、学校を休んだとき、東亜関係教会に行くのは国籍のことですと、高校の先生に説明し、父と一緒に行ったのは覚えています。ただ、やり取りが台湾語だったのと、当時、そこで何が行なわれているのか父に確認するモチベーションがありませんでした。当時の私は十七歳で、すべて父に任せっきりでした。
野嶋:ご自身の認識では、一九八五年に日本国籍になり、台湾籍ではなくなったと思っていたのでしょうか
蓮舫:はい。当時、国籍取得証明書を父から見せられて、「今日から日本人だ」と説明を受けたので、あ、日本人になれたんだと思って、そこで私にとっての国籍問題は終わっていました。

 いきなりの嘘である。このインタビューが掲載されたのは九月九日のことだが、遡ること二十余年、一九九二年六月二五日の朝日新聞夕刊では、蓮舫議員は“誇りがあって愛している日本”をこんなふうに言っていた。

  〈父が台湾人、母が日本人、十九歳のとき、兄弟の就職もあって日本に帰化したが、東京で生まれ育った身にとって暮らしに変化はなかったけど、『赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった』〉

  〈父や祖母を通して触れた台湾、アジアのアイデンティティは『日本』とは違うと感じる〉

 おやおや。日本に誇りを持ち愛していると言う蓮舫議員は、発言とは裏腹に、国籍と己のアイデンティティーについて、こんなことまで言っている。

  〈在日の中国国籍の者として、アジアからの視点にこだわりたい〉(朝日新聞1993年3月16日)

  〈私は中国人の父と日本人の母の間に生まれたんですが、父親が日本人として子どもを育てたので日本のことしか知らないし、日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見て見たい、言葉を覚えたいと考えていました〉(CREA1997年2月号)

  〈私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティーは『台湾人』だ〉(週刊ポスト2000年10月27日号)

 おやおや。亡父に国籍取得証明書を見せられ、台湾籍は抜いたと言っているのに。蓮舫議員が会見を開くたびに口をついて出る釈明と、Yahoo! ニュースの単独インタビューには、こんな嘘が随所に見られるのだ。

 「まず私には、自分がいわゆる“二重国籍”であるという認識はありませんでした。日本人であると普通に考えていたので、メディアに質問されても、何が訊かれているのかはっきり頭の整理がついておらず、説明の仕方が十分に統一されていなかった印象を与えたことは申し訳なかったと思っています」

 これも、嘘だということがすぐにバレた。週刊現代(1993年2月6日号)での三枝成彰氏との誌上対談で、蓮舫議員は語るに落ちている。

 三枝:お母さんは日本人? 
蓮舫:そうです。父は台湾で、私は、二重国籍なんです。

 もはや言い逃れはできないのだが、今月十一日の候補者討論会では“真っクロ”な身の潔白を訴えた。

 「私は日本の法律において日本人。日本の法律のもとで、二重国籍疑惑そのものがないと明確にさせてほしい。説明不足であれば、説明を尽くしたい」

 ところが二日後の十三日、蓮舫議員は緊急の記者会見を開き、自分が二重国籍を持っていることをあっさりと認めるのである。台北中日経済文化代表処から前日夕方に連絡があり、蓮舫議員の台湾籍は除籍されていないと告げられたそうだ。

 「記憶の不正確さによってさまざまな混乱を招いたこと、一貫性を欠いた発言についてはお詫び申し上げたいと思います」

 ネット上にはまだ映像が残っているが、さんざん嘘をついてきたくせに、こう言って詫びる蓮舫議員は何故か満面の笑顔なのである。十二日必着の党員・サポーター票の郵送投票を締め切った翌日に二重国籍を打ち明けるあたり、蓮舫議員はなかなかにしたたかだ。代表選は蓮舫議員が優勢と見られているだけに、笑いが止まらなかったのだろう。

 そして、周囲をもっと驚かせたのは、日本国籍を取得して以来、三十一年間も放ったらかしにしていた台湾のパスポートが家の中をひっくり返したら出てきた、という実にタイミングのいい発見だった。台北中日経済文化代表処から連絡が来て台湾籍が抜けていなかったことを知らされたらパスポートが出てきたのである。

 蓮舫議員の発言は、全てが嘘だった。台湾籍は抜き、二重国籍ではない → 台湾籍はそのままで二重国籍だった。日本を愛している → 赤いパスポートになるのがいやだった。生まれたときから日本人 → 国籍は日本でもアイデンティティーは台湾。

 二重国籍騒動の根底にあるのは、二重国籍取得者が野党第一党の代表になろうとしている危惧と、嘘で嘘を塗り固めるような発言と言い訳に終始する蓮舫議員への嫌悪なのだ。自民党議員の不祥事をこれでもかとばかりに追及してきた蓮舫議員だからこそ、嘘にまみれた発言の数々に嫌悪感が漂うのである。

 Yahoo! で単独インタビューを試みた野嶋剛氏は、こう書いている。

  〈蓮舫氏が台湾籍であることを自覚し、パスポートを取得して台湾に入国したり、投票や納税などの権利・義務を行使したりしたことはなく、台湾の国籍者としての具体的な振る舞いはなかった(中略)もし台湾籍が残っていた場合、蓮舫氏はどう対応するのだろうか〉

 蓮舫議員は応えた。自身の台湾籍がどうなっているか確認してもらっていると同時に、台湾籍放棄の申請をしていると。これにも、ちょっと怖い話がある。

 台湾籍を喪失するには、“現在有効な”中華民国パスポートの添付が必要なのだという。その場合、期限失効のパスポートでは申請を受けつけてくれないのだそうだ。

 蓮舫議員は、九月六日に台湾籍放棄の申請をし、十三日にも改めて申請をしたと言っている。家中をひっくり返して見つけ出したパスポートを書類に添付するのだが、果たしてそのパスポートの期限は有効なのか、それとも、とうのむかしに失効済みなのか――? 

 それ以前に、九月六日の申請が受理されていたのであれば、蓮舫議員は家中をひっくり返すまでもなく、パスポートを見つけていたことになるが。だとすれば、家中を探してパスポートを見つけたという十三日の説明も嘘になる。

 そして、そのパスポートの期限が有効だった場合、蓮舫議員は更新を繰り返していたことになり、その事実が発覚した瞬間に蓮舫議員の政治生命は終わりを告げる。民進党は、実に胡散臭く、実にやばい人物を新代表に選んでしまった。

 ついでながら記せば、蓮舫議員はこんなやばいことまで口にしていた。

 「(日本と中華民国が断交した)一九七二年以降、私の国籍は形式上「中国」になっています。仮に中国の国内法では外国籍を取得した者は自動的に喪失をしているので、二重国籍にはなりません。また、日本と台湾は国交がないので、台湾籍を有していたとしても法的に二重国籍だと認定されることもありません」

 蓮舫議員は、あたかも“台湾を国家として認めない”とでも言うような発言をしてしまった。

 これに台湾政府が激怒したとも伝えられている。蓮舫議員は、父親の祖国をも敵にまわしてしまった。もし、台湾政府が蓮舫議員の台湾籍除籍を認めず二重国籍状態が続いたら、彼女は日本国籍を失ってしまうのだから。

 蓮舫議員の嘘が見破られるにつけ、日本を誇りに思う、日本を愛しているといった発言が虚しく聞こえてしまうが、コラムニストの小田嶋隆氏は“蓮舫議員は好きではないが”と前置きしたうえで、彼女に非はないと言い、蓮舫議員の二重国籍を疑うこと自体がどうかしている、と産経新聞の記者を“常識外で不躾な質問”をした記者と切り捨てた。

  〈この程度のミス(二重国籍)をことさらに問題視するのは、つまるところ、蓮舫議員という、かつて中国籍であった日本人と、はじめから日本の国籍を持って生まれてきた日本人を、別の日本人として扱おうとする人間である、と、自ら表明する行為にすぎない〉

 この方はもうちょっと“読める”方かと思っていたが、二重国籍問題を差別問題に置き換えたあたりの思考に軽い失望を覚えてしまった。小田嶋氏はこうも書く。

  〈自民党は、幾人か、この騒動に便乗した愚かな政治家が現れたようだが、全体としては、静観している。こういう点は見事だと思う。政治家としてずっと大人だ〉

 自民党が静観しているのには理由がある。蓮舫議員は新代表に選ばれたが、代表選が繰り広げられている間に、自民党は公安や外事課、外務省を動かし、蓮舫議員の二重国籍の背景を徹底的に洗い上げていたはずだ。

 台湾政府とも連絡を取り、蓮舫議員のパスポートの期限をはじめ、何らかの情報をつかんでいるだろうと思う。亡父が台湾に残した資産の有無や納税状況まで調べているかもしれない。そういった情報を民進党の新代表にぶつけるために静観の構えを見せているだけで、決して大人だからではない。

 ともすれば蓮舫議員は議員資格を失うやもしれず、そのタイミングで安倍総理が衆院解散に持ち込めば、党の代表を失った民進党は議席数を大きく減らし大打撃を受ける……、だろうことは想像に難くない。

 日本国籍を選んだのだから、蓮舫議員が私たちの同胞であることに変わりはない。でも、私は嘘つきは嫌いだ。党員・サポーターの郵送投票を締め切った直後に、本当は二重国籍でしたと真実を打ち明けるようなやり方も嫌いだ。

 民進党が選んだのは稀代の嘘つきだったのか、それとも新時代を築く若きリーダーだったのか、答えはいずれわかる。

 参考記事:産経新聞9月6日13日付
夕刊フジ9月9日付
時事コム9月11日付
Yahoo! ニュース9月9日付
日経ビジネスオンライン9月9日付
アゴラ9月3日付他


ダウンロードはお早めに。蓮舫体制の「製造責任者」リスト
2016年09月17日 06:00

新田 哲史
どうも新田です。蓮根のはさみ焼きは好物です。ところで、野田さんといえば総理時代の末期に解散ボタンを「押すなよ、押すなよ」と周りに思われていたにも関わらず、「税と社会保障の一体改革が大事だ」と男気を見せてポチってしまい、200人余りいた仲間を逆風選挙という名の熱湯風呂に突き落とし、その7割余りを茹でガエルにし、自民党に大政奉還した時の大将として知られます。

どじょうの再生は、あの人物への防波堤⁈

まあ、常識的にいえば政権転落させてしまった「A級戦犯」なわけですから、野田さんが主要な役職で表舞台に立つというのは、波紋を呼ぶところ。これが企業社会なら、「会社更生法適用申請」時の社長だった方は、お引き取りいただくのが通例ですが、いやはや、民主から民進に「社名」が変わって維新分裂組との「M&A」もしたので、別会社の位置付けとでも言うのでしょうか。どじょうが生命力たくましく、しかも幹事長という専務ポジションに舞い戻ってまいりました。

ただ、この人事劇は、社名が民主だった時代に「国民の生活が第一」とか叫んでゴソッと社員を引き連れた出て行ったアノ「元社長」の影がちらついていると考えると、ある意味、わかりやすいのでしょう。この前のブログで追記しましたが、日刊ゲンダイでも指摘されるように、前原陣営の向こうに小沢さんの背後霊が見え隠れし、さらには、玉木さん擁立の推薦人集めの過程にも影響したとか、しなかったとか、みたいな噂まで耳に致します。

それらの情報が正しいとすると、元社長としては、「決選投票に持ち込んで2位・3位連合での前原逆転勝利」という復権シナリオを描いていたはず。結局、もろくも崩れ去りましたがね。当然、蓮舫さんサイドとしては背後霊の影を敏感に嗅ぎ取ってるでしょうし、財政再建重視派としては増税反対で出て行った小沢勢力の復権はなんとしても排除したいでしょう。A級戦犯といえど、どじょう元総理の存在感と安定感は対自民だけでなく、党内を固める意味で元社長に対するバリアって感じでしょうか。

蓮舫体制船出も推薦人には“製造責任”

まあ、党の外で、山本太郎とじゃれ合っている元社長にステルス院政されたら、それはそれでガバナンス上、不健全なわけですが、どちらにせよ、二重国籍という爆弾を抱えた状態でありながら、強行突破してしまった蓮舫陣営の方々、とりわけ推薦人に名を連ねたセンセイ方に置かれましては「製造責任(PL)」が発生しているのは間違いありません。

自民党総裁選なら、派閥で擁立しているので誰が各候補者のPL持っているのか、一目瞭然ですが、民進党の場合、派閥の線引きが自民より緩めで、代表選直前にも寝返りした輩もいて、あとあとトレースするのが面倒なところ、ありがたいことに党公式サイトの代表選特設ページでは、蓮舫さんの推薦人一覧のPDFがダウンロードできます

有権者の皆様におかれましては、特設サイトがなくならないうちに、お早めにお手元に抑えていただくことで、先々の変事があった場合の製造責任を問うてみるのもネット時代らしい政治ヲチの醍醐味ではないでしょうか。あ、アゴラで見覚えのある方が約1名。。。(汗)武士の情けで画像には目線入れておきました。ではでは。
992
見覚えのある方のFacebookより引用


国家意識のない蓮舫代表は危険だ --- 石井 孝明
アゴラ 9月16日(金)17時32分配信

992
蓮舫氏。テレビより。笑いながら大問題に答える彼女の異様な思考がよく分からない。

日本の民進党の党首に15日、日本と中華民国の二重国籍を持つ蓮舫氏が就任した。彼女をめぐる国籍問題は深刻な様相になった。違法な二重国籍を放置し、国籍の管理さえできず、それをめぐって嘘を平気でつき続けた蓮舫氏が、野党第一党の党首になったのだ。アゴラでの報道を見れば、蓮舫氏の一連の発言の多くは「嘘」と描写していいだろう。

問題の異様さを考えるため、台湾の人々の国をめぐるアイデンティティの複雑さを示す、日本の絡んだ、2つのエピソードをまず紹介してみたい。

戦争の時代、若者を苦しめた国籍の重み
岩田政男という台湾出身の京都帝大出の陸軍大尉が、旧日本帝国陸軍にいた。高射砲部隊に配属され東京の防空戦に参加した。兄は海軍の兵士としてフィリピンで戦死した。物静かで本ばかり読んでいたが人望があった。日本の敗戦後、台湾は戦勝国の中華民国に編入され、突如台湾省ができた。日本内地にいた台湾出身の将兵は日本人から中国人になった。彼らは動揺したが、岩田大尉の下にまとまり、彼が交渉して除隊し、民国政府が派遣した船で、台湾に帰れた。

台湾の港で進駐してきた民国軍の将兵がいた。みすぼらしく雑然とし、整然とした日本軍と雲泥の差があったという。台湾人の元日本軍将兵は、軽蔑の言葉を口にして、騒然となった。そのとき本を読んでいた岩田氏が立ち上がり「諸君、抗戦8年の苦難を経験した同胞に敬意を示すべきだ」と静かに諭した。将兵たちは、静かになったという。(「台湾海峡1949」(白水社、龍応台)より。このルポは何十人もの台湾の人の祖国をめぐる葛藤を聞き取り、描いた名作だと思う。)

この岩田氏は、李登輝元台湾総統(1923-)の若き日の姿だ。意外に思うかもしれない。李氏は行動が親日的で、その教養の根幹が日本にあるとの印象があるためだ。彼は決して無条件に日本を賛美する人ではいない。李氏は中国人としての意識をしっかり持つこと、そして若いころからバランス感覚と常識を持つ人物であることを、このエピソードは示すだろう。李氏は政治的自由が制限された台湾で農業学者としての経歴を歩むが、日本や米国への亡命、移住はしなかった。

もう一人、台湾人作家の邱永漢氏(1923-2012)がいる。日本で教育を受け東京帝大経済学部の助手だったが、敗戦後に台湾に帰国。ところが中国国民党が政治活動を弾圧する2・28事件(1948)に巻きこまれ、命からがら逃げ出した。日本では作家として活動。さらに日台で事業を行った。

「お金儲けは正しい」と、1960年代から各地で講演。その彼の発言は目立ち人気を集めた。彼のしたたかなのは、どんな講演でも、文書でも、日本人の前で日本をほめ称え続けたことだ。「なんで日本人は自国の悪口を言うのでしょう。命からがら逃げてきた私にとって、日本は天国でした」とテレビで言っていたことを覚えている。また台湾が1980年代、言論の自由を回復した後も、自分を弾圧し、怨みがあると思われる台湾政府への批判もしなかった。彼はビジネスで大成功したが、敵を作らなかったのがその理由の一つだろう。

けれども、面白いニュースがあった。亡くなった後で邱氏と遺族は20億円の遺産の申告漏れを日本の国税当局に指摘された。言い方によっては「脱税」だ。日本、台湾、香港に資産を分散して隠していた。金額の多さからみると生前から準備していたのだろう。彼は日本のことは愛していたが、日本政府に金を払う意思はなかった。

華僑の意識、プラスにも、マイナスにも
2人の姿や、私の読書、少数ながら、中国人との交際の経験から一般化をすることは危険であると承知しているが、中国人の国をめぐる意識として次の傾向があるように思う。

中国人は国を信用しない。ユダヤ人のように人為的にとか、日本人のように集住によって単一民族意識を自然と抱くのと違って、ぼんやりと華人意識を持つ。

李氏のように国の意識を自ら強く持つ人、邱氏のように国とは距離を持つ人など、アイデンティティはさまざまだ。ただし、2人のように、バランス感覚や教養を持ち、複雑な思索や経験を経て、人格がまとまっていれば、とてもユニークで魅力的な個性になる。

ところで、私たちは蓮舫氏という、自称華人である異様な人物の姿と、その国籍をめぐるおかしな行動をみた。彼女には、先人たちのような、国をめぐる苦しみ、思索、思い入れがない。それどころか、それをめぐって嘘を平気でついた。弁解の中で「一つの中国」「日本にいる台湾人には中国法が適用される」と、台湾の国際的な存在を否定した。

華僑の家族愛は一般的に強く、彼女も台湾人の父親の愛、台湾への愛を言うが、嘘に聞こえる。愛しているなら、台湾の存在を、自分を守るために、否定はしない。

彼女はその場しのぎで葛藤と対決を避け、そして国のような巨大な存在を忌避する傾向がある。心理学用語では、こういう人物を「境界型人格」、つまり過剰な自己愛を背景にストレスを避け、状況によって場当たり的に変容するカメレオン型のパーソナリティを持つ人格というらしい。人間の思想の核に、民族や国を持つ人がいる。彼女にはそれを感じない。自己愛しか感じられないのだ。

軽薄な時代の軽薄な政治家、それでいいのか
李登輝氏らが過ごした1940年代のような、国家が大変な重さを持った時代は歴史の中に消えた。蓮舫氏は日本のバブルの時代にタレントとして社会に登場した。その彼女に国への真剣な思索を求めるのは無理だろう。緊張のない時代に生きる幸運、蓮舫氏のような人間でも政治家が務まる平和な日本を、日本人は幸福に思うべきなのだろう。

しかし、そのままでいいのだろうか。

個人として、蓮舫氏と彼女の支持者は法に触れなければ何をしても自由だ。一部華僑の特徴である国家意識のなさ、自己愛の強さ、それの現れであるずうずうしさは、国に頼らずしぶとくしたたかに生きるための強みになる。

しかし日本の政治では、日本の利益を追求し尽くす人を選びたい。残念ながら、日本をめぐる諸問題は逆に、内政でも、外交でも、国を意識せざるを得ない深刻なものになっている。日本の財政破綻の危機、中国・韓国による領土の侵害、国際競争など、国益を追求しなければならない問題ばかりだ。

どうせ民進党と蓮舫党首は、国籍問題をはじめとする批判の中でつぶされていくだろう。しかし、その崩壊の過程でさまざまな悪影響をばらまく可能性がある。実際に、彼女の「一つの中国」という妄言が台湾の立法院(議会)で問題になり、微妙な外交上の蓄積を重ねた日台関係に現在進行形で悪影響が出ている。

幸いなことに、蓮舫氏の異様さと、それを党首に担いだ異様な政党である民進党の存在が、今回の国籍騒動で改めて、浮き彫りになった。私たち「普通の」日本人はそれを監視し、その人々が迷惑を広げないようにしなければならないだろう。

政治家とは、李登輝氏のように、自分の国の立場をしっかり守った上で、相手に敬意を持つ人こそ評価をされるはずだ。良き外国人であれば、したたかな華僑の邱永漢氏のように、日本も日本人も決して拒まない。政治家としての蓮舫氏は、健全な国家意識があれば、まったく問題にはならないが、それがないゆえに批判されているのだ。

蓮舫氏や日本の民進党のように、浮ついた、どこの国の政治家か、政党か、分からない人々を評価する必要はないし、それは危険だ。私は、日本の底力と人々の賢明さに確信を持っている。嘘つきをリーダーにするおかしなグループが、日本を壊すことを許すようなことは決してさせないはずだ。

(追記)邱永漢氏は日本国籍を1960年に取得していたので、日本に帰化していないという文章は削除した。台湾、香港の英国籍の保有は不明。


民進党“解党”加速 党首選「正当性」めぐり亀裂 蓮舫氏「二重国籍」問題
夕刊フジ 9月16日(金)16時56分配信

994
メディアに報じられた蓮舫氏の過去の主な発言(写真:夕刊フジ)

 民進党代表選は15日午後、所属国会議員らによる投開票が行われ、岡田克也代表(63)の後任に、蓮舫代表代行(48)が選出された。蓮舫氏は完全否定していた「二重国籍」を、党員・サポーターの投票終了後に、やっと認めた。党員や国民に「ウソ」をついたことになり、政治家としての信頼性や、代表選の有効性が問題視されているが、党執行部は不問とするようだ。党首選の正当性をめぐって党内亀裂が加速し、最後は解党した、かつての新進党を思い起こさせる。

 「大事なことは、リーダーになる人は『ウソをついてはいけない』ということだ。すべてを国民に明らかにしないといけない」

 代表選に出馬している前原誠司元外相(54)は15日午前、都内で開いた決起集会で蓮舫氏の「二重国籍」問題に触れ、敵対姿勢をあらわにした。

 松原仁元国家公安委員長も14日、「(蓮舫氏は)地方議員、党員・サポーターの投票が終わる前に(国籍問題を)明快にする必要があった。党執行部の判断が問われる」「代表選の運びとしてよくない。(やり直しを)党内で議論する必要がある」と、国会内で記者団にこう語った。

 篠原孝元農水副大臣も同日、「首相になるかもしれない人が二重国籍を放置した」と記者団に怒りをブチまけた。自身のブログにも「説明が二転三転したのは代表候補者として失格だ」と書き込み、蓮舫氏の選挙戦からの撤退を要求した。

 松原、篠原両氏ら衆参の有志議員約20人は、党執行部に対し、「民進党の存亡が関わる問題」との危機感を記した文書を提出した。

 党内からは「代表選のやり直し」「日程見直し」を求める声が噴出しているが、党執行部は「物理的に無理」として応じない構えだ。

 民進党は15日午後、都内のホテルで臨時党大会を開催。地方議員と党員・サポーターの投票結果が報告された後、国会議員と国政選挙公認内定者が直接投票を行った。

 蓮舫氏は、岡田克也代表ら現執行部の主要幹部に加え、非主流派の細野豪志元環境相らの支持も取り付けて優位な戦いを進めていた。

 「選んでもらうための準備も覚悟も、すべてできている。選挙に勝ち続け、政権交代を実現させる代表になる」

 蓮舫氏は14日夜の支持議員との会合で、こう強調した。日本の国籍法が認めていない「二重国籍」であることについては、「ちょっとお騒がせしている。申し訳ない」と述べるにとどめたが、その程度の認識なのか。

 別表にある通り、蓮舫氏は過去の新聞や雑誌のインタビューで、「私は、二重国籍なんです」「在日の中国国籍の者として」「自分の国籍は台湾なんですが」などと堂々と発言してきた。

 14日夜に出演したBSフジ「プライムニュース」で、蓮舫氏は「雑誌、新聞の編集権は私にはありません」「台湾の籍を持っていたのは過去のことである、という前提で話した」「『だった』という言い方です」と説明し、「二重国籍」が過失だと釈明した。

 どうやら国民が蓮舫氏の一連の言動や、民進党の対応を見極めて、次の国政選挙などで「審判」を下すしかなさそうだ。

 今回の民進党代表選は、岡田氏もかつて所属していた新進党が1995年12月に行った党首選にどこか似ている。

 小沢一郎氏(現・生活の党共同代表)と、羽田孜元首相が激突した選挙で、党員票の取りまとめなどをめぐって羽田陣営から「不正がある」などと批判・不満が噴出した。小沢氏が勝利したものの、党内亀裂が広がり、同党は97年に解党した。新進党の活動期間はたった3年間だった。

 政治評論家の森田実氏は「蓮舫氏は代表選を辞退すべきであり、政党としても立ち止まるべきなのに、強行突破するなど狂気の沙汰だ。罰則がないからといって、『二重国籍』は放置して許される問題ではない。政治は倫理であり、国会議員として堕落だ。こういう強引で不公正なことをすると組織は持たない。党員・サポーターは『だまされた』と思い、対立陣営は『蓮舫陣営は汚い』と感じる。臨時国会の最後に衆院解散を打たれたら、焦点は『蓮舫氏の二重国籍問題』となる。民進党は壊滅する。自暴自棄的な自殺行為だ。新進党の二の舞いというしかない」と語っている。


なぜそれでも蓮舫だったのか~どうせ数ヶ月で辞めるから?
2016年09月16日 09:20
八幡 和郎

民進党の政治家たちと話していて、蓮舫さんを支持していた人も含めて、本気で蓮舫さんが二重国籍問題が重大でないとか、この事件の推移のなかで露呈した資質の欠如が野党第一党の代表、さらには、首相として問題ないとかいう人はほとんどいない。

嘘つきだからいかんというのは、池田信夫さんだが、私には記憶力の悪さが気になる。過去の大事な経緯だとか、きのうのインタビューで話したこととかを憶えていないという人がプーチン大統領とまっとうな議論を出来るはずがない。

それではなぜ、蓮舫さんが選ばれたかと言えば、ほかの二人を選ぶより自分たちにとって都合が良いというだけだ。なにより、前原氏や玉木氏が選ばれたら二年間の任期をつとめることになる。しかし、蓮舫さんなら数ヶ月の命だろうからもういちど代表選があるからああわよくばとかいうことになる。

選挙というものの矛盾がもっとも吹き出すのは、選挙中に異変があったときだ。アメリカ大統領選挙でもヒラリーの健康不安説が唱えられて大荒れだ。今回のように選挙戦がかなり進んだ段階で、私は中国(台湾)籍ももっていましたとかいわれても、残りの前原・玉木だけで選挙を続けるのも蓮舫を支持してきた人には腑に落ちないし、一方、選挙を立候補手続きからやり直しというのも残りの二人が受け入れない。

もし、それを避けようとすると、なにかあったときの代理を決めておくことしかないか。アメリカではそういうときは、副大統領候補が続けることになるのだろう。


蓮舫氏は台湾国籍を離脱できるのか
2016年09月16日 09:20
池田 信夫

993
きのうの民進党大会で岡田代表は、蓮舫氏の二重国籍問題について「悔しい思いもずいぶんあったと思う。いわれなきバッシングも一部のネットの世界ではなきにしもあらずだった」と語ったそうだ。まだこんな認識だったのか、とあきれるしかない。
言論アリーナでも説明したように、私は「台湾出身だから代表にするな」と言ったことは一度もない。彼女が台湾国籍を抜かないまま「日本の首相をめざす」と言っているのは国籍法違反だという事実をいっているだけで、これは彼女が在日アメリカ人であっても同じだ。

「二重国籍を認めない日本の国籍法は偏狭だ」という立法論は、今回の事件と関係ない。蓮舫氏がそう思うなら国籍法の改正を提案すればいいが、維新は逆に国籍法の規制を強化すべきだという改正案を臨時国会に出すと言っている。私はこういう規制強化には反対だが、どっちにしても今、彼女が違法状態にあることは変わりない。

蓮舫氏は、二重国籍を認めない台湾の国籍法にも違反している。さらに深刻なのは、この違法状態が解消できるかどうかわからないことだ。日本国籍を取得してから31年もたって台湾国籍の喪失を申請し、「一つの中国」と発言したことに台湾国民は激怒し、上の画像のように「狼心的女人」(残酷な女)などと罵倒するテレビニュースも出ている。

台湾の国会では、野党が「台湾政府は蓮舫氏に抗議するよう台北代表処の謝長廷代表(元首相)に訓令を出すべきだ」と追及し、政府は「必ず適切な措置を取る」と答弁した。台湾政府は国益にならないと判断したら、国籍喪失を認めないこともありうる。その場合は、彼女は日本国籍を失って在日台湾人になる。

そんなことになったら彼女は国会議員の資格も失うので、最終的には台湾政府は国籍喪失を認めると思うが、このカードを利用して蓮舫氏に「一つの中国」という発言を撤回させ、台湾への忠誠を求めるだろう。彼女の本音は「国籍は日本だが心は台湾」ということらしいから、それを公式に言明するよう求めるかもしれない。

台湾は「中国の一地方」ではなく、主権国家としての要件をそなえた民主国家であり、日本に対して友好的だ。その友好関係を保身のためにめちゃくちゃにした蓮舫氏は、八幡さんのいうように「嘘つきというより頭が悪い」のかもしれない。岡田代表を初めとする執行部も、首相候補が国籍不明という状態を何とも思っていないのは野党ボケというしかない。

追記:帰化申請の実務家によると、台湾の国籍喪失には現在有効な旅券が必要なので、蓮舫氏の出した書類には不備がある。台湾の国籍法も二重国籍を禁じているので、旅券を更新するためには「他の国籍がない」証明が必要で、日本国籍をいったん抜く必要がある。彼女がそれをやった瞬間に、国会議員の資格を失う。

追記2:今までは蓮舫氏の「旅券は失効している」という話が正しいと仮定して話を進めてきたが、失効した旅券を代表処が受け取るとは考えにくい。彼女の話を信じないで、ありそうな事実を考えると「今も有効な旅券をもっており、台湾国籍があることも知っていたが、首相をねらうために2013年から嘘をつき始めた」。これだと故意の立証は容易なので、検察は公選法違反で起訴できる。証拠はいっぱいあるが、必殺の証拠は台湾政府がもっている。


蓮舫氏「二重国籍」 前途多難、けじめなき船出 イメージに傷、党内外から批判
産経新聞 9月16日(金)7時55分配信

 民進党の新たな「顔」に選出された蓮舫氏。持ち前の高い発信力が評価されたとみられるが、党大会直前に日本国籍と台湾籍の「二重国籍」が発覚。この間、自身の発言は二転三転し歯切れの良いイメージも大きく傷ついた。今後も尾を引くことは確実で、けじめなき“船出”は多難が予想される。

 「国籍という大事な問題について、きちんと事実を把握し、管理する能力がない人が、首相や外相として外交交渉などにあたることができるのだろうか」

 蓮舫氏の国籍問題について最初に疑問を提起した評論家の八幡和郎氏は、そう切り捨てる。

 問題が露見した当初、蓮舫氏は台湾籍を抜いているとした上で「そういう噂が流布されるのは正直悲しい」などと述べていた。

 八幡氏は「そもそも政治家や政党のコンプライアンス(法令順守)の問題だ。『人権』『差別』『多様性』という言葉を持ち出して論じている点もおかしい」と、論点をすり替えて切り抜けようとした姿勢も問題視した。

 「一般投票が終わってから発表したのはフェアじゃない」。そう苦言を呈するのは、ある自民党都議。蓮舫氏が党員・サポーターらの郵便投票締め切り後に、「二重国籍」を公表したことを指摘し、「政治家なら出処進退を含め、自分で判断すべきだ」と批判した。

 厳しい声は身内の民進党内からも。元農林水産副大臣の篠原孝衆院議員は「党内では(代表に)厳しいことを言う人がいない。これが良くない。代表だけが代わっても、中身は変わらないというのはだめだ」と党の現状を憂えた。

 国際医療福祉大学の川上和久教授(政治心理学)は、蓮舫氏の対応について「自身のイメージを大きく傷つけた。自分のことになると歯切れが悪い、国籍を都合良く使い分けた、という批判はこれからも出るだろう」と予想する。

 日本に留学している台湾出身の男性(25)は、ため息まじりにこう語った。

 「蓮舫さんは台湾出身で日本で働いている人というイメージ。国籍は日本だけと思っていたので驚いた。台湾と日本の両方の人たちを嘘で裏切ったと感じている」


蓮舫問題の超簡単な論点整理 --- 池田 信夫
アゴラ 9月16日(金)7時10分配信

アゴラで八幡和郎さんが火をつけ、その後も私と2人で追及してきた蓮舫問題が、きょうの民進党大会で最大の争点になりそうだ。先週われわれの話した番組「【Vlog】蓮舫問題なぜこじれたか? 池田VS八幡対談 (https://youtu.be/fxsYNuZVkLw)」でポイントは尽きており、その後の展開も予想どおりだが、話が複雑なので超簡単に整理しよう。

・国籍選択:国籍法14条では、22歳までに国籍を選択しなければならない。しない場合には法務省が催告し、その後1ヶ月以内に国籍を選択しなければ日本国籍を失う。蓮舫氏の場合は、1985年に日本国籍を選択したが、台湾国籍をまだ離脱していない。

・国籍離脱:国籍法16条では「選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない」と定めている。「努力義務」にしているのはブラジルなど国籍離脱できない外国を想定しているので、台湾のように離脱できる国については義務と解すべき。したがって彼女は、今も違法状態である。

・経歴詐称:公職選挙法235条では、職業もしくは経歴などに関し虚偽の事項を公にした者は、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金。蓮舫氏は少なくとも2013年まで公式ホームページに「台湾籍から帰化」と書く一方、「私は台湾籍」と発言しており、故意の経歴詐称の疑いがある。

・不正選挙:彼女は9月6日の記者会見で「台湾政府の確認が取れない」と発言したが、その後、手元にパスポートがあったことを認めた。これは台湾国籍が残っていたことを意味するので、党員・サポーターの郵便投票の終わった13日になって「台湾国籍が残っている」と認めたのは、党員を欺くものだ。

・政治責任:以上は一般人の問題だが、首相になる可能性のある民進党代表には、これより高い基準が求められる。外交官の採用は外国籍を離脱することが条件なので、外交を指揮する首相にも同じ条件が求められると解するのが自然だろう。いまだに台湾政府が国籍離脱を許可するかどうかもわからない蓮舫氏が、自衛隊の最高指揮官である首相になることは危険だ。

事実関係はわれわれの指摘した通りで、彼女は1985年に日本国籍を選択した後も台湾籍をもち、それを認識していた証拠が複数ある。それ自体は国籍法の規定を知らなかったとすれば悪意はないと思われるが、アゴラがそれを指摘した後も説明が二転三転したのは、嘘をついて代表選挙まで時間稼ぎするつもりだったのだろう。

結果的には、この嘘が命取りになった。特に党員投票が終わるまで国籍を詐称していたことは、代表選の正統性を否定するものだ。きょうの代表選は延期して党員投票からやり直すのが常識だが、民進党執行部は強行突破するつもりらしい。臨時国会で自民党が彼女を議員辞職に追い込んだら、集団離党が出て民進党は分裂するだろう。

なお「二重国籍を禁止している日本の国籍法はおかしい」といった立法論は、今回の問題とは無関係だ。現行法では、国籍取得後も外国籍を31年も持っているのは違法行為である。彼女が「日本国籍だったのだから国会議員になったことは適法だ」といった話もナンセンスだ。外国籍を隠して当選した今年の参院選も、当選無効になる可能性がある。


経歴詐称の蓮舫代表を選んだ民進党の稚拙な危機管理
JBpress 9月16日(金)6時20分配信

 民進党が9月15日の党大会で、蓮舫氏を代表に選出した。先週の当コラム「蓮舫氏の『二重国籍』についての説明は支離滅裂」でも書いたように、彼女の国籍については違法行為の疑いがあり、それについての彼女の答も二転三転している。

 事実関係と法的問題については、私の主宰するウェブサイト「アゴラ」に八幡和郎氏が詳しく書いているので、繰り返さない。今や問題は彼女個人ではなく、そういう事実を知った上で彼女を選出した民進党の責任になった。

■ 矛盾だらけだった蓮舫氏の説明

 簡単に経緯を振り返ってみよう。8月29日に八幡氏が「蓮舫にまさかの二重国籍疑惑」という記事を書き、アゴラ編集部も蓮舫事務所に確認を求めた。このとき事務所が過失を認めれば、話は終わっていた。国籍選択した人が外国籍の離脱を忘れるのはよくあることで、一般人なら大した問題ではない。

 ところが彼女は9月3日に、読売テレビの番組で「私は生まれたときから日本人です」とか「18歳で日本人になりました」という矛盾した弁明をした。これについて私がアゴラで「おかしい」と指摘すると、翌週の6日の記者会見で彼女は、台湾国籍が残っている可能性があると認めた。

 それはいいのだが、このとき彼女は「台湾代表処(大使館にあたる)で調べたが分からないので、念のため改めて国籍を放棄した」という不可解な話をした。国籍があるかどうかは受付ですぐ分かるので、これは国籍があったということを意味するが、各社は彼女の弁明を真に受けて「改めて国籍を放棄」という奇妙なニュースを報じた。

 これについて私が指摘すると、2ちゃんねるのまとめサイトに台湾政府の官報(総統府公報)の写真が投稿された(下の写真)。驚いたことに30年以上前から台湾の国籍喪失者は官報で公示されており、その中に「謝蓮舫」という名前がないことが確認されたのだ。

  (*配信先のサイトでこの記事をお読みの方はこちらで写真をご覧いただけます。http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47912)

 これを複数の台湾人が国民IDで検索し、ほとんど半日で蓮舫氏の嘘がネットで暴かれてしまった。これが決定打で、それまで多くの人が疑わしいと思っていても決め手のなかった国籍の詐称が、公開情報で明らかになってしまった。

■ 迷走した民進党執行部の危機管理

 国籍問題についての首相官邸の対応は見事だった。菅官房長官は9月7日の定例会見で「ご自身が説明すべき問題だ」と前置きした上で、「一般論として申し上げれば、外国の国籍と日本の国籍を有する人は、22歳に達するまでにどちらかの国籍を選択する必要があり、選択しない場合は日本の国籍を失うことがある
ことは承知している」と答えた。 無駄のないコメントで、首相官邸が初動の段階で全容を掌握していたことを示している。もちろん実際に蓮舫氏が国籍を失うことはありえないが、国籍法ではその可能性がある(ので今のうちに身を引いたほうがいい)というシグナルを送ったのだ。

 ところが民進党の岡田克也代表はこのシグナルを読み取れず、8日の記者会見で彼女を民進党の「多様な価値観」の代表だと賞賛し、「お父さんが台湾の人だから、何かおかしいかのような発想がどこかにあるとすると、極めて不健全なことだ」とトンチンカンな答をした。

 そして蓮舫氏は13日になって記者会見で「台湾政府から国籍が残っていると連絡を受けた」と認めた。これは12日に党員・サポーターの郵便投票を締め切った後であり、「改めて放棄」という弁明を信じて彼女に投票した党員は、裏切られたことになる。

 しかし台湾政府はいまだに「台湾籍を抜く」とは明言していないので、彼女は当分、二重国籍のまま民進党代表を務めることになる。もし台湾政府が「蓮舫氏の国籍喪失許可申請には不備があるので却下する」と表明したら、彼女は日本国籍を離脱するしかない。台湾も二重国籍を認めていないからだ。

 14日になって、民進党の有志20人が「蓮舫氏は党員・サポーターを欺いたので、選挙をやり直すべきだ」という要望書を執行部に提出したが、民進党の選挙管理委員会は「候補者としての要件を満たしている」として選挙を強行した。

■ 民進党が分裂して年内解散も

 このように振り返ってみると、ネットの威力に改めて驚く。昔なら「国籍を改めて放棄」という奇妙な弁明にもマスコミは裏を取れず、彼女が代表になったら忘れたかもしれない。しかし国境を超えたネット民の協力で、台湾政府の情報が明らかになった。

 さらに「台湾国籍があったことは知らなかった」という彼女の言い逃れに対しても、1993年の朝日新聞で「在日の中国国籍の者として
アジアからの視点にこだわりたい」というインタビューが出てきた。 他にも雑誌のインタビューで「私は台湾籍」とか「私は二重国籍」と語っているが、今のところ彼女は「それはメディアの誤りで、私は日本人だと思っていた」と主張している。しかし2004年の選挙公報では「台湾国籍から帰化」と書き、公式ホームページでも2013年までそう書いている。

 蓮舫氏は代表代行なので、執行部の方針も踏まえて行動したはずだが、支離滅裂な言い訳を重ねた。9月26日から始まる臨時国会で自民党が彼女を追及したら、少なくとも代表辞任は避けられない。議員辞職もありうる。

 政界では「年内解散」という声も聞こえてきた。安倍首相は憲法改正や総裁3選のために解散・総選挙のタイミングを探っているが、今回の騒動で代表が辞任すると、民進党は壊滅的な打撃を受け、離党予備軍が新党を結成するかもしれない。

 それに合わせて12月の日露首脳会談の後に解散すれば民進党の勢力は激減し、自民党は単独で3分の2を取ることも可能だ。民進党を離党した人々がそれに合流すれば、公明党なしでも憲法を改正できるかもしれない。憲法改正という大義名分で「大連立」することも考えられる。

 いずれにせよ蓮舫氏は、沈みかけていた民進党という泥舟の船底に穴をあけたようなものだ。今回の事件で民進党に危機管理能力がないことは明らかになったので、そんな政党に存在価値はない。蓮舫代表もろとも解党したほうがいい。

池田 信夫


民進党代表選速報 蓮舫氏を代表に選出
産経新聞 9月15日(木)14時33分配信

 民進党の臨時党大会で15日、蓮舫代表代行(48)が新代表に選出された。1回目の投票で有効ポイントの過半数を獲得し、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)の2人を破った。

2016年10月25日 (火)

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2162

引き続き、2011年3月11日に発生した東日本大震災および本年4月14・16日に発生した熊本地震、ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:大川小訴訟の原点、生き残り教諭の聞き取り焦点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小訴訟「未来の命つながる判決」遺族は涙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:災害発生時の安全対応、必修に…教員養成課程で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小の過失認定 14億円賠償命令 仙台地裁 「津波予見できた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小賠償判決 極限の救命、厳しい課題 「なぜ堤防に」解明なく - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小84人、あの笑顔戻らないけど「子供の声届いた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小賠償判決 悲劇の現場、静かに手を合わせ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小賠償判決 分かれる司法判断、過失認定の難しさ背景 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:人口減少率の高い市町村ワースト5は震災被災地 国勢調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小津波訴訟>遺族「娘は救えた命だったと改めて…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「未来の命につながる判決」=二度と悲劇起こさないで―大川小遺族会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:津波で子供失った遺族が絞り出した思い 大川小判決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小津波訴訟>「7分前に危険性予見」学校の過失を認定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:使用済み核燃料税見送り=松江市 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小訴訟で14億円賠償命令 「幼い命を思うと切なくなる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<美浜原発>3号機、工事計画を認可 規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<玄海原発>再稼働で修正文書提出へ 九州電力 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小津波訴訟 「災害時の児童生徒の安全確保にしっかり取り組む」 菅義偉官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:学校の防災強化=菅官房長官―大川小津波訴訟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石巻市長「大変重く受け止め」=大川小津波訴訟判決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小津波訴訟、14億円の賠償命令…仙台地裁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:学校側に過失、14億円賠償命令=管理下の児童、津波で犠牲―大川小訴訟・仙台地裁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大川小津波訴訟、児童の遺族側が勝訴 石巻市などに約14億円の賠償命じる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大川小津波訴訟>石巻市と宮城県に14億円賠償命令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:美浜3号機、運転延長間近=老朽原発、工事計画を認可―規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<震災>幼稚園バス、津波で犠牲 愛梨ちゃん映画に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<津波>「てんでんこ」7割知らず 「薄情」と感じる人も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:もんじゅで故障警報=ソフトウエアの設定原因―原子力機構 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「子供たちを被曝させるのか」福島・国道6号清掃のボランティア活動、主催団体に今年も誹謗中傷80件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:“夢の原子炉”風前のともしび 福井県知事と敦賀市長が激怒、政府の無策を批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東日本大震災 避難指示解除後も「戻らない」 57・6%以上 福島県富岡町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>高齢者を温泉へ…倉吉市、巡回バス運行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>江戸時代の石垣無残 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千葉県で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

大川小訴訟の原点、生き残り教諭の聞き取り焦点
日刊スポーツ 10/27(木) 10:01配信

 東日本大震災で児童74人が死亡し、学校管理下で最悪の津波災害となった宮城県石巻市立大川小の児童23人の19家族が、市と県を相手に23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、学校側の責任を認め、市と県に計約14億2660万円を支払うように命じた。

 勝訴判決を得た原告団だが、裁判を起こした原点は、唯一生き残ったA教諭の証人尋問だった。しかし、精神疾患を理由に証言台に立たなかった。A教諭は震災直後、津波にのまれたが助かったとしていたが、A教諭が避難した自動車整備工場の関係者は「水にぬれていなかった」と証言している。長女未捺(みな)ちゃん(当時小3)を亡くした只野英昭さんは「彼の真実の言葉を聞きたくて裁判を起こした。うその証言をしているのは間違いない。必ず、彼はテレビを見ているはず。彼の話を聞きたい」と訴えた。再開を目指す検証作業でもA教諭の聞き取り実現が中心となってくる。


大川小訴訟「未来の命つながる判決」遺族は涙
日刊スポーツ 10/27(木) 10:01配信

 東日本大震災で児童74人が死亡し、学校管理下で最悪の津波災害となった宮城県石巻市立大川小の児童23人の19家族が、市と県を相手に23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、学校側の責任を認め、市と県に計約14億2660万円を支払うように命じた。遺族が主張し続けた教育現場での再発防止が前進し、全国の学校防災に大きな影響を与える可能性がある。

 「想像できるでしょうか。51分間、死ぬかもしれないという恐怖の中、死んでいった74人の子どもたちのことを。がれきの中に折り重なるように見つかった30を超える子どもの遺体を。泥まみれになったわが子の体を拭くすべもなく、舌でなめて洗い清めるしかなかった親の思いを。最愛のわが子の火葬のボイラーを押す時の親の無念さを。見つからない4名の子どもを5年7カ月、必死になって捜し続ける親の執念を。これはドラマや映画、小説ではないんです。大川小で実際に起きたんです」

 長男大輔くん(当時小6)を亡くした原告団の今野浩行団長(54=会社員)が判決後の会見で、こう絞り出した。すすり泣く声が漏れる会見場。「大川小の悲劇を繰り返さないよう未来の命につながる判決。息子のなくなった命が生かすことができる」とも語った。

 争点は「津波の予見性」だった。高宮裁判長は判決理由で、教員らが午後3時30分ごろまでに、学校の前を通った市の広報車による高台避難の呼び掛けを聞いており「津波が大川小に襲来することを予見できた」と判断。教員らが大津波が襲来することを予見していた中で「三角地帯」と呼ばれる堤防付近に避難したことは不適当であり「裏山に避難すれば、児童の被災を免れることは可能だった」とし過失を認めた。

 同35分ごろ、標高約7メートルの「三角地帯」に向けて校庭を出発。同37分ごろ、整列し、歩いて避難していた子どもの列に津波が到達し、教職員10人も含めて命を落とした。津波は約8・7メートルだった。

 一方で、原告側は生存者の聞き取りメモを廃棄するなどした行政側に対し「事実を隠してきた」と責任を追及してきたが、その主張は認められなかった。ただ、勝訴を勝ち取ったことで今野団長は「法的に、行政側の責任が認められた。また検証のテーブルについて、本当の事実、真実を親として、なぜ子どもが死んだのかを知りたい。その真実の解明が、次の命を守ることにつながっていく」と再検証の覚悟を決めた。【三須一紀】

<大川小訴訟経過>

 ▼2011年3月11日 東日本大震災が発生。巨大津波で大川小の児童74人、教職員10人が犠牲に

 ▼12年1月22日 石巻市の教育長が「天災と人災、両方の面があった。危機意識を高めておくべきだった」と保護者に謝罪

 ▼10月28日 遺族が「大川小は命を守るべき組織として未熟だった」とする独自の報告書を市教委に提出

 ▼14年3月1日 第三者検証委員会が、不十分な防災体制で避難が遅れたとする報告書を市に提出

 ▼同10日 児童23人の遺族が、市と県に約23億円の賠償を求め仙台地裁に提訴

 ▼5月19日 第1回口頭弁論。市側は津波の予見可能性を否定

 ▼16年4月8日 地裁で震災当時の校長を証人尋問

 ▼同21日 現場にいた教職員で唯一生き残った教諭の証人尋問を地裁が却下

 ▼10月26日 地裁が市と県に約14億円の支払いを命じる判決


災害発生時の安全対応、必修に…教員養成課程で
読売新聞 10月27日(木)9時12分配信

 東日本大震災などの教訓をふまえ、文部科学省は、大学の教員養成課程の必修科目の中で、災害発生時などの学校の安全確保や対応について学ばせる方針を決めた。

 2019年度からの導入を目指し、省令改正などを行う。

 中央教育審議会が昨年12月、小中高校などの教員の資質能力向上に関する答申で「全ての教職員が災害発生時に的確に対応できる素養」を求めたことを受け、同省で検討を進めてきた。

 大規模な地震や津波が起きた場合などに、教員が児童生徒の生命や安全を確保するための能力の養成を目指しており、具体的なカリキュラムは各大学で作成し、同省が認定するという。


大川小の過失認定 14億円賠償命令 仙台地裁 「津波予見できた」
産経新聞 10月27日(木)7時55分配信

 東日本大震災の津波で児童・教職員の計84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族29人が、市と県に計23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、仙台地裁であった。高宮健二裁判長は学校側の過失を認め、計約14億2600万円を支払うよう市と県に命じた。

 判決は「広報車が巨大津波襲来を告げて避難を呼びかけて以降、教職員は津波が大川小に襲来すると予見していた」と予見可能性を認めた。教職員が学校脇を流れる北上川沿いの堤防を目指して、児童の避難を誘導したことに関しては「避難場所としては不適当」と指摘。「津波被災を回避できる可能性の高かった学校の裏山に避難させるべきで、結果回避義務違反があった」と過失を認定した。

 教職員が津波到達直前まで児童を校庭に待機させたことについては「不相当とはいえない」と述べた。

 判決などによると、大川小では平成23年3月11日午後2時46分の地震発生後に校庭に避難し、午後3時半ごろまで待機。その後、約150メートル離れた川の堤防に向かって避難を開始したが、川を乗り越えた巨大津波にのみ込まれ、児童74人、教職員10人が死亡・行方不明になった。

 遺族側は、学校は市の広報などから津波到達を予見できたと主張。「危険な川を目指して避難誘導した責任がある」と訴えていた。市側は「予見可能性はなかった」と反論していた。

 判決後、亀山紘石巻市長は「結果を重く受け止めている。今後の対応を早めに考えたい」、村井嘉浩宮城県知事は「判決文を精査し、石巻市と協議を行い、対応を検討する」とした。菅義偉官房長官は「引き続き全国の学校で効果的な防災教育や避難訓練が実施され、災害時に児童生徒の安全が確実に確保されるようしっかり取り組みたい」と述べた。


大川小賠償判決 極限の救命、厳しい課題 「なぜ堤防に」解明なく
産経新聞 10月27日(木)7時55分配信

221
津波訴訟判決の朝、大川小校舎の前で写真を手に涙ぐむ男性=26日、宮城県石巻市(桐山弘太撮影)(写真:産経新聞)

 学校管理下で戦後最大の犠牲者を出した東日本大震災に伴う大川小の津波訴訟で、仙台地裁判決は学校側が津波襲来を予見できた上、旧校舎脇にある高台の裏山を避難先に選ばなかったとして過失を認定した。

 大川小は津波の浸水想定区域外で、津波時の避難場所にも指定されていた。しかし、昨年11月には仙台地裁の高宮健二裁判長が自ら現地を視察。判決の中でも裏山について「児童を避難させるべきであった。避難を最優先すれば被災を免れた」と言及した。

 判決では、広報車が高台への避難を呼びかけてから津波が襲来するまでの「7分間」について、襲来を予見できた上、裏山ではなく標高約7メートルの堤防に向けて移動を始めたことも「不適当」と認定した。予想津波高は最大10メートルだった。

 ただ、堤防への移動の判断に至った理由については説明されず、遺族らが追及し続けた「なぜわが子は死ななければならなかったのか」という“真実”は司法の場でも明らかにならなかった。

 判決では同時に、教員は未曽有の大災害の前でも適切な判断が必要との司法判断を示した。学校現場がこうした「7分間」といった究極の状況下に置かれたとき、自ら判断することが難しい子供たちに代わって教員はどのようにして命を守ってあげるのか。判決は厳しい課題を提示した。

 判決を今後の防災への礎とすることが「悲劇を繰り返してはいけない」と訴えてきた遺族、そして犠牲となった子供たちに報いることにもなるはずだ。(上田直輝)


大川小84人、あの笑顔戻らないけど「子供の声届いた」
産経新聞 10月27日(木)7時55分配信

 東日本大震災で児童ら84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の津波訴訟で26日、学校の責任を認める司法判断が示された。震災で最も重大な惨事の一つで、教育行政史上最大の悲劇。「子供の声が届いた」。当時6年生で12歳の長男、大輔君を亡くした原告団長の今野浩行さん(54)は原告勝訴を言い渡す判決に言葉を詰まらせた。

 午後2時46分。今野さんは仙台地裁の法廷の原告団席で開廷を待っていた。地震はあの日のこの時刻に起きている。大川小はそのとき、「帰りの会」を開いていた。「起立」「注目」「さようなら」の号令中に揺れ出し、「さようなら」が言えなかった。

 午後2時57分。裁判長が入廷する。大輔君はその時間帯、約80人の児童とともに校庭に誘導された。

 午後3時。判決が言い渡される。「被告は賠償金を支払え」。勝訴だ。隣の遺族と握手を交わす。その頃、大輔君はまだ校庭に待機させられていた。ラジオが大津波警報の発令を伝える。市の広報車が高台への避難を促す。校庭の裏山が目に留まった。「先生、山さ逃げよう」。大輔君の訴えは届かず、教師は川を目指して児童を引率した。

 午後3時37分。今野さんは閉廷後の取材を受けていた。「子供の死が無駄にならなかった」。そう言った途端、感極まって涙声になった。津波はこの時刻に押し寄せている。大輔君は帰らぬ人となった。

 午後4時。原告の記者会見。「脚が反対に折れ曲がり、そこにがれきが刺さった子供の遺体を想像できますか」。団長あいさつで発言した。この時間、大輔君はもう息絶えている。団長というより、父として息子の無念を代弁した。

 大輔君は学校で人気者だった。クラスの当番は「お笑い係」。朝礼で一発ギャグをして同級生を笑わせた。6年生の運動会では紅組の応援団長を任され、「白」牛乳を一気飲みするパフォーマンスを披露した。

 「将来の子供の命を守る教訓につながる司法判断を勝ち得たが、わが子は帰ってこない」

 父は複雑な心境をのぞかせる。

 判決の日の大川小は香のにおいがした。校庭に設けられた慰霊碑に遺族が手を合わせる。校舎は壁のない無残な姿をさらしている。

 鳥のさえずりがする。校舎が無人になったのをいいことに天井に巣を作っている。あの日から5年7カ月。校舎の主が子供から鳥に代わるのに、十分過ぎる時間がたっていた。(伊藤寿行)


大川小賠償判決 悲劇の現場、静かに手を合わせ
産経新聞 10月27日(木)7時55分配信

220
大川小学校(写真:産経新聞)

 判決が言い渡された26日午後3時ごろ、宮城県石巻市の大川小旧校舎前には、犠牲となった子供たちを悼んで全国から訪れた人たちが集まり、静かに手を合わせていた。

 同市の無職、阿部栄さん(69)は「テレビで遺族の訴えを聞いた。遺族にとって今回の判決は良かったと思う」、仙台市青葉区の崎山芳男さん(81)は「賠償が認められ良かった。ここに来るたびに『何で逃げなかったのか』と疑問に思う。子供たちがかわいそうだ」と話した。

 静岡県伊東市の元小学校教師、千葉剛さん(70)は「津波が来た当時の対応はとても難しかっただろう。一瞬の判断が生死を分ける。先生たちもつらいだろう。自分だったらどうするかと考えさせられる」と語った。

 判決を控えたこの日午前には、多くの遺族も旧校舎を訪れた。次女の千聖さん=当時(11)=を亡くした紫桃隆洋さん(52)もその一人。紫桃さんは判決後、「子供たちが勝訴を後押ししてくれた。『逃げたい』と言った子供たちの判断が正しかったということを、(次女に)分かりやすい言葉で伝えたい」と話した。


大川小賠償判決 分かれる司法判断、過失認定の難しさ背景
産経新聞 10月27日(木)7時55分配信

219
主な津波訴訟の結果(写真:産経新聞)

 東日本大震災の津波犠牲者の遺族らが学校や企業などの過失を追及した同様の訴訟はこれまでに少なくとも15件あるが、司法判断は分かれてきた。その背景には、過失の認定をめぐる判断の難しさがある。

 今回の判決を除き、1審で遺族側が勝訴したのは3件のみ。日和幼稚園(宮城県石巻市)をめぐる訴訟では、仙台地裁は「園側が津波の情報収集を怠った」などと園側の過失を認定した。常磐山元自動車学校(同県山元町)の訴訟でも、同地裁は「消防車両が避難を呼びかけていた」として学校側の過失を認めた。ただ、この2件は仙台高裁で遺族側が1審判決から譲歩する形で和解。残る1件も同高裁で係争中だ。

 一方、七十七銀行女川支店(同県女川町)や東保育所(同県山元町)をめぐる訴訟では、最高裁が「津波の予測は困難だった」とした1、2審判決を支持、遺族側の上告を退ける決定をした。

 各判決は、(1)津波を予測できる状況だったか(2)避難方法は適切だったか-などを個別的・具体的に検討した上で裁判官が経験則などに照らし判断したものだ。ベテラン裁判官は「過失事件は主観が反映される余地が大きく、判断が分かれやすい」と指摘している。


人口減少率の高い市町村ワースト5は震災被災地 国勢調査
産経新聞 10月27日(木)7時55分配信

218
平成22~27年の人口減少率が高い市町村(写真:産経新聞)

 東日本大震災後初となった国勢調査では、人口減少率の高い市町村が、東京電力福島第1原発事故の影響で87・3%に上った福島県楢葉町を筆頭に1~5位を震災の被災地が占め、いまだ爪痕が深く残っている状況が明らかになった。

 減少率が高いのは楢葉町のほか、宮城県女川町(減少率37・0%)▽同県南三陸町(同29・0%)▽福島県川内村(同28・3%)▽宮城県山元町(同26・3%)-となった。

 楢葉町は減少率が突出した理由について、避難指示が解除された昨年9月5日から1カ月たたないうちに調査日を迎えたことを挙げ、「解除から1年が経過し、約1割の町民が戻ってきた。一人でも多く帰還してくれるよう環境を整えたい」と話している。

 女川町は街に商店が戻りきっていないといい、担当者は「街で生活に必要なものがそろえられず、現時点では住みにくい状況」としている。


<大川小津波訴訟>遺族「娘は救えた命だったと改めて…」
毎日新聞 10月26日(水)23時50分配信

 ◇「学校が子どもを守るのは当然、司法で確認したに過ぎない」

 東日本大震災の学校現場で最悪の犠牲者数となった宮城県石巻市立大川小学校について、想定を上回る津波でも児童を守るべきだったと司法が明確な判断を下した。「悲惨な過ちを繰り返さない」。26日の判決後、原告遺族は安堵(あんど)の表情を浮かべながら、学校の防災体制の検証を今後も続けると誓った。【百武信幸、本橋敦子】

 「未来の命につながる判決。死んだ子は生き返らないが、事故を防ぎ次の命を守れば亡くなった子の生きた証しになると思って……」

 大川小6年だった長男大輔さん(当時12歳)を亡くした今野浩行さん(54)は、仙台地裁前で涙を浮かべた。

 今野さんは原告団長として訴訟の先頭に立ってきた。大輔さんも含め子ども3人を津波で奪われ、夫婦げんかが絶えないこと、子どもが欲しくて不妊治療を受けていることを打ち明けてきた。勤務先の電気設備会社も提訴2カ月後の2014年5月、「迷惑を掛けられない」と退職した。

 今も大輔さんの同級生の言葉が耳に残る。「大ちゃんたちは山に逃げようと泣きながら訴えていた」。今野さんは「あの日に戻り、助けられたら。せめて一緒に死んでやりたかった」と悔やむ。

 会見では「想像できるでしょうか。死ぬかもしれない恐怖の中で死んだ子どもたちのことを」と訴え、「判決は一定の評価をしたいが、命を預かる学校が子どもを守るのは当然で、司法で確認したに過ぎない。本当の検証作業の戦いは裁判が終わってからになると覚悟している」と言い聞かせるように語った。

 同じく会見に並んだ遺族たちも学校防災への思いを語った。3年だった長男の健太さん(当時9歳)を亡くした佐藤美広(みつひろ)さん(55)は「親としてやってきたことは間違いではなかった。教員になる人は、子どもを守る覚悟を胸に判決を心に刻んでほしい」と語気を強めた。

 5年だった次女の千聖(ちさと)さん(当時11歳)を亡くした紫桃隆洋さん(52)は「先生たちは津波を予見したと認められ、娘は救えた命だったと改めて感じた」と話す。一方、避難マニュアルの具体化など防災体制の過失は認められず、「なぜ(速やかに)避難できなかったのか、これから本当の検証が始まる」とかみ締めた。

 また「精神的苦痛を受けた」と主張する学校側の震災後の説明不足なども認定されず、判決には不満も残る。6年の長男堅登(けんと)さん(当時12歳)を亡くし、4年だった長女巴那(はな)さん(当時9歳)の捜索を続けている鈴木義明さん(54)は「遺族が苦労したことも重くみてもらいたかった」と悔しさをにじませた。

 原告以外の遺族もこの日、法廷で耳を澄ませた。「亡くなった先生を責められない」「当時のことを考えるのはつらい」。訴訟に参加しなかった理由はさまざま。6年だった次女みずほさんを亡くした佐藤かつらさん(51)は「学校は児童の命を守るものという当たり前のことを、やっと言ってくれた」と話した。


「未来の命につながる判決」=二度と悲劇起こさないで―大川小遺族会見
時事通信 10月26日(水)21時55分配信

 東日本大震災の津波で児童74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校をめぐる訴訟の判決で、仙台地裁は26日、学校側の過失を認めた。

 震災から5年7カ月。「なぜ安全なはずの学校でわが子が犠牲に」との思いを抱き続けてきた原告の遺族たちは「未来の命につながる判決だ」と評価した。一方で「真相は明らかになっていない」とも指摘した。

 判決後、裁判所から涙をぬぐいながら駆けて出てきた遺族の佐藤美広さん(55)は「勝訴」と書かれた横断幕を広げた。「(犠牲になった)長男はおっとう頑張ってくれたな、と思ってくれているのではないか」と話した。幕には「子供たちの声が届いた」と力強く書かれていた。

 長男を亡くした原告団長の今野浩行さん(54)は「ほっとしている。悲劇が繰り返されないよう、未来の命につながる判決だ」と話した。

 裁判では津波を回避できた可能性があった学校のすぐ近くの裏山に避難しなかった詳しい経緯などが明らかになっていない。

 今野さんは「われわれの知りたかった真実については知ることはできなかった。これからが本当の意味での検証作業になる」と語気を強めた。

 判決後の記者会見で、次女を亡くした紫桃隆洋さん(52)は、津波が予測できたと認められたことについて、「娘は救えた命だったんだと改めて感じた」と厳しい表情で語った。紫桃さんは「先生たちの判断が間違っていたよ。それを法律が認めたよ」と子どもたちに報告するという。

 地震発生から津波が大川小に到達するまで51分間あった。6年生の三男を亡くした佐藤和隆さん(49)は、声を詰まらせて「息子はここにいると死ぬと言っていた。どれだけ怖かったか、県や市の教育関係者には分かってほしい」と涙を流し、「原因を究明しなければ再発防止はない」と強調した。


津波で子供失った遺族が絞り出した思い 大川小判決
日刊スポーツ 10月26日(水)21時41分配信

 東日本大震災で児童74人が死亡し、学校管理下で最悪の津波災害となった宮城県石巻市立大川小の児童23人の19家族が、市と県を相手に23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、学校側の責任を認め、市と県に計約14億2660万円を支払うように命じた。

 遺族が主張し続けた教育現場での再発防止が前進し、全国の学校防災に大きな影響を与える可能性がある。

 長男大輔くん(当時小6)を亡くした原告団の今野浩行団長(54=会社員)が判決後の会見で、こう絞り出した。

 「みなさん、想像できるでしょうか。51分間もの長い間、死ぬかもしれないという恐怖の中、死んでいった74人の子どもたちのことを。がれきの中に折り重なるようにして見つかった30を超える子どもの遺体を。ブルーシートにくるまれ三角地帯に並べられた30を超える子どもの遺体を。水を吸ってむくんでしまい、すぐにはわが子と分からなかった子どもの姿を。木に引っかかったまま死んでいた子どもの姿を。服が全てはぎ取られ裸のまま水に浮いていた子どもの姿を。足が反対に折れ、そこにがれきが刺さったままの子どもの姿を。捜査が遅れたためにはるか仙台湾沖まで流された子どもの遺体を。素手で泥やがれきをかき分けて、血だらけになりながらも必死で捜索する親の姿を。泥まみれになったわが子の体を拭く術もなく、舌でなめて泥を洗い、はなをすすって清めるしかなかった親の思いを。やむを得ず土葬しなければならなかった親の思いを。生き返るのではないかとためらいながら火葬した親の気持ちを。最愛のわが子の火葬のボイラーを押す時の親の無念さを。いまだに見つからない4名の子どもがいることを。震災から5年7カ月、いまだに必死になって探し続ける親の執念を。これはドラマや映画、小説ではないんです。大川小学校で5年7カ月前の3月11日に実際に起きたことです」

 勝訴判決については「大川小の悲劇を繰り返さないよう未来の命につながる判決。息子のなくなった命が生かすことができる」と語った。

 争点は「津波の予見性」だった。高宮裁判長は判決理由で、教員らが午後3時30分ごろまでに、学校の前を通った市の広報車による高台避難の呼び掛けを聞いており「津波が大川小に襲来することを予見できた」と判断。教員らが大津波が襲来することを予見していた中で「三角地帯」と呼ばれる堤防付近に避難したことは不適当であり「裏山に避難すれば、児童の被災を免れることは可能だった」とし過失を認めた。

 同35分ごろ、標高約7メートルの「三角地帯」に向けて校庭を出発。同37分ごろ、整列し、歩いて避難していた子どもの列に津波が到達し、教職員10人も含めて命を落とした。津波は約8・7メートルだった。

 勝訴となり今野団長は「法的に、行政側の責任が認められた。また検証のテーブルについて、本当の事実、真実を親として、なぜ子どもが死んだのかを知りたい。その真実の解明が、次の命を守ることにつながっていく」と再検証の覚悟を決めた。

 今後の焦点は唯一生き残ったA教諭に対し、聞き取り調査ができるか。裁判を起こした原点もA教諭の証人尋問だった。しかし、精神疾患を理由に証言台に立たなかった。

 A教諭は震災直後、津波にのまれたが助かったとしていたが、A教諭が避難した自動車整備工場の関係者は「水にぬれていなかった」と証言している。長女未捺(みな)ちゃん(当時小3)を亡くした只野英昭さんは「彼の真実の言葉を聞きたくて裁判を起こした。うその証言をしているのは間違いない。必ず、彼はテレビを見ているはず。彼の話を聞きたい」と訴えた。再開を目指す検証作業でもA教諭の聞き取り実現が中心となってくる。


<大川小津波訴訟>「7分前に危険性予見」学校の過失を認定
毎日新聞 10月26日(水)21時16分配信

 ◇仙台地裁 石巻市と宮城県に総額14億2658万円賠償命令

 東日本大震災の津波で児童、教職員計84人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校を巡り、児童23人の遺族が市と県を相手取り約23億円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁は26日、市と県に総額14億2658万円の支払いを命じた。高宮健二裁判長は「教員らは津波襲来の7分前には危険性を具体的に予見したのに、安全な裏山ではなく不適当な場所へ避難しようとした」と指摘し、学校の過失を認定した。

【写真で見る】被災した大川小学校の校舎と裏山

 大震災による最悪の学校災害に対する司法判断は、教育現場に重い課題を突きつける内容となった。

 裁判の大きな争点は(1)大川小への津波襲来を予見できたか(2)安全な場所への避難は可能だったか--の2点。判決はまず、校舎付近が震災までに大津波に襲われた経験がなく、ハザードマップの浸水予測区域外だったことから、震災前や地震直後の段階では襲来は予見できなかったとした。

 一方で当時の市職員の法廷証言から、北上川河口への津波襲来や高台避難を呼びかける広報車が校舎前を午後3時半ごろに通り、7分後に実際に津波が襲ったと認定。「教員らは広報を聞いた段階で、大規模な津波が襲来し、児童に危険が生じることを予見したと認められる」と指摘した。

 教職員や児童らはその後、北上川の橋のたもとにある標高約7メートルの「三角地帯」と呼ばれる高台に向かう途中に津波にのまれた。市側は、遺族側が主張する裏山への避難について「山崩れや倒木の危険があった」と反論したが、判決は「児童らはシイタケの栽培学習で登っており、裏山への避難を決断すべきだった」として、学校側に過失があったと結論付けた。賠償額は慰謝料、逸失利益など児童1人について約5300万~6000万円とした。

 大川小の被災を巡っては、市が2013年2月に第三者検証委員会を設置。14年2月、被災の直接原因を「避難決定が遅れたこと」とする報告をまとめたが、その背景事情には踏み込まず、遺族が同年3月に市と、国家賠償法に基づき教職員の給与を負担する県の責任を問うため提訴した。【百武信幸、鈴木一也】

 亀山紘・石巻市長の話 大変重く受け止めている。控訴するかどうかは検討し、早い段階で結論を出したい。

 ◇大川小津波訴訟判決の骨子

 ・宮城県と石巻市は、児童23人の遺族に対し約14億円を支払え

 ・教職員は市の広報車の避難呼びかけを聞いた段階で、津波襲来を予見していた

 ・北上川の橋のたもと(三角地帯)への避難は不適当で、裏山に避難させるべきだった

 ◇大川小学校

 石巻市中心部から北東約15キロ、北上川河口から約4キロの川沿いにあった小学校。東日本大震災による津波襲来時は児童数108人のうち78人が学校近くにおり、70人が死亡、4人が現在も行方不明。生存者は4人だけだった。教職員も学校にいた11人中10人が死亡した。現在は約10キロ離れた市立二俣小敷地内の仮設校舎で授業を続けており、児童数は29人。2018年4月に二俣小と統合する。被災した旧校舎は多くの教育関係者や見学者が訪れる防災学習の場になっており、市は今年3月、震災遺構として保存することを決めた。


使用済み核燃料税見送り=松江市
時事通信 10月26日(水)20時46分配信

 松江市は26日までに、中国電力島根原発(同市)に貯蔵されている使用済み核燃料に独自で課税する「使用済み核燃料税」の導入を見送ることを決めた。

 島根県が行う予定の核燃料税の課税強化で、市の意向も反映できると判断したため。

 県は、同原発1号機の廃炉が決まったことを受け、廃炉作業中の原発内にある核燃料にも新たに課税できるよう、早ければ来年2月に条例改正する方針を決めている。

 市は燃料の早期搬出を促すため、使用済みの核燃料にも独自に課税する方針を打ち出していたが、調整の結果、県の条例改正にも同じ狙いがあるとして見送った。中国電も島根県と二重の課税に応じるのは困難との認識を示していた。


大川小訴訟で14億円賠償命令 「幼い命を思うと切なくなる」
J-CASTニュース 10月26日(水)19時46分配信

 東日本大震災の津波で児童らが犠牲となった、宮城県の石巻市立大川小学校の対応をめぐる「大川小訴訟」で、仙台地裁(高宮健二裁判長)は2016年10月26日、市と県に約14億円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。同日、各メディアが伝えた。

 同校では2011年3月11日、児童74人と教職員10人が死亡・行方不明となった。このうち児童23人の遺族が、市と県に計23億円の損害賠償を求めていた。

■判決「津波予見できた」、市長「重く受け止める」

 裁判では、学校側が津波の到達を予想できたか、や避難先の選定の是非などが争点となっていた。市などは、津波到達の予見は困難だった、などと主張していた。26日の判決で、高宮裁判長は、市の広報車が同校近くへの津波接近を伝えていたことなどを指摘、到達は予見できたとした。また、避難先としても学校の裏山に避難しなかったことを過失と認定した。

 判決をうけ、石巻市の亀山紘市長は会見し、「大変重く受け止めている」「(控訴するかは)県と話し合いながら、できるだけ早い段階で結論を出したい」と述べた。また、宮城県の村井嘉浩知事は、「犠牲となられた児童の皆様のご冥福をお祈り申し上げる」などとするコメントを発表した。今後の対応は市と協議するとした。

 判決のニュースが流れると、ツイッターでは、「判決は支持したい。(略)幼い命を思うと切なくなる」「同じ悲劇を繰り返さないようにしないといけないですね」といった感想が寄せられていた。


<美浜原発>3号機、工事計画を認可 規制委 
毎日新聞 10月26日(水)19時45分配信

 原子力規制委員会は26日、運転開始から来月末で40年を迎える関西電力美浜原発3号機(福井県)について、設備の詳細設計を定める工事計画を認可した。原発の寿命として定められた40年を超えて運転するのに必要な三つの許認可の一つ。最後に残った運転延長の認可についても、規制委は審査期限の来月末までに出す方針で、運転延長は確実な情勢だ。運転延長が認められれば、関電高浜原発1、2号機(同)に次いで3基目になる。【酒造唯】


<玄海原発>再稼働で修正文書提出へ 九州電力
毎日新聞 10月26日(水)18時43分配信

 九州電力が、玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)について再稼働に向けた審査の補正書(修正文書)を原子力規制委員会に提出することが分かった。再稼働の事実上の合格証である「審査書案」について規制委の取りまとめが大詰めを迎えているが、日程に遅れがでる可能性もある。今回の補正書による安全対策や設計方針への影響はないという。

 九電によると、修正箇所は火山による降灰予測の部分。九電は9月20日に規制委に提出した書類で、巨大噴火に伴う火山灰の降灰を4・5センチと試算して最大10センチまでを想定して対策を講じた。しかし、使用した降灰予測システムの設定に誤りがあることが判明。別のシステムで再試算したところ、2・2センチになったため、修正して書類を提出する。

 大阪大の佐伯和人教授(惑星地質学)が今月中旬にあった日本火山学会で、九電が使用した降灰予測システム自体の計算式に誤りがあると指摘していた。【尾垣和幸】


大川小津波訴訟 「災害時の児童生徒の安全確保にしっかり取り組む」 菅義偉官房長官
産経新聞 10月26日(水)18時13分配信

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、仙台地裁が宮城県と石巻市に対し、東日本大震災の津波に襲われた市立大川小で犠牲となった児童の遺族に約14億円の損害賠償を支払うように命じた判決について、「政府としては、学校における防災対応の強化は極めて重要な課題と認識している」と強調した。

 菅氏は「個別の案件について、政府としてはコメントを差し控えたい」と述べた上で、大震災後に文部科学省が実施している防災対策を紹介し、「引き続き全国の学校で効果的な防災教育や避難訓練が実施され、災害時に児童生徒の安全が確実に確保されるように、しっかり取り組みたい」と述べた。


学校の防災強化=菅官房長官―大川小津波訴訟
時事通信 10月26日(水)17時35分配信

 菅義偉官房長官は26日午後の記者会見で、宮城県石巻市立大川小学校児童の津波被害訴訟で仙台地裁が県と市に賠償を命じる判決を出したことについて、「学校における防災対応の強化は極めて重要な課題だ。効果的な防災教育や避難訓練が実施され、災害時に児童・生徒の安全が確実に確保されるようにしっかり取り組んでいきたい」と強調した。


石巻市長「大変重く受け止め」=大川小津波訴訟判決
時事通信 10月26日(水)17時34分配信

 宮城県石巻市立大川小学校の津波訴訟判決で、敗訴した石巻市の亀山紘市長は26日、同市で記者会見し、「判決内容は把握していないが、市の主張が認められなかったという結果を大変重く受け止めている」と述べた。

 亀山市長は「道義的な責任を感じる」と語り、市側の過失が認められた判決を受け、原告の遺族側から提案があれば話し合いの場を設ける考えを示した。

 控訴を含めた今後の対応については「判決の内容を十分精査し、代理人弁護士とも協議の上、決定する」とした。


大川小津波訴訟、14億円の賠償命令…仙台地裁
読売新聞 10月26日(水)15時20分配信

 東日本大震災の津波で犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が市と県を相手取り、計23億円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、市と県に対し、約14億円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。

 裁判では、学校側が津波襲来を予見できたかどうかや、児童の身を守るための行動が適切だったかなどが争点となっていた。

 遺族側は、防災行政無線や市の広報車が大津波警報の発令を伝えており、津波は予見できたと主張。その上で「45分近く児童を校庭に縛りつけずに、体育館から約30メートルしか離れていない裏山に避難すれば救えた命だった」などと訴えていた。

 学校側は、大川小が市の津波ハザードマップで浸水域外にあり、地区の避難所にも指定されていたと強調。避難してきた区長が「津波は来ない」と教頭に伝えたことも挙げ、予見は困難だったと反論していた。裏山に避難しなかった理由は、「倒木や崩落の恐れがあった」と説明していた。


学校側に過失、14億円賠償命令=管理下の児童、津波で犠牲―大川小訴訟・仙台地裁
時事通信 10月26日(水)15時12分配信

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童74人のうち、23人の遺族が、市と県に計23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、仙台地裁であった。

 高宮健二裁判長は学校側の過失を認め、市と県に計約14億2600万円の支払いを命じた。

 裁判では、津波襲来を予想できたかや、学校管理下にあった児童を津波から安全に避難させることができたかが争点となった。

 判決は、市の広報車が「津波が松林を越えた」と避難を呼び掛けていたことを指摘。津波が学校に到達する約7分前の遅くとも午後3時半ごろまでにこの呼び掛けを聞いた段階で「教員らは大規模な津波が大川小に襲来することを予見していた」と判断した。

 さらに、避難先として選んだ堤防付近の交差点は標高7メートル余りしかなく、「予想された津波の高さは6~10メートルで、避難先としては不適当だった」と指摘。津波から逃れるのに十分な高さがある学校の裏山は、校庭から小走りで1分程度で移動でき、裏山に児童を退避させるべきだったとした。

 原告側は地震発生後に大津波警報の防災無線が流され、保護者が津波警報発令を教員に伝えたことから、「津波を予測できた」と主張。同小の裏山に避難すれば助かったのに、児童を校庭で約45分間待機させた上、津波が遡上(そじょう)した近くの北上川の堤防に向けて移動させた安全配慮義務違反があったとした。

 被告側は、学校は海岸まで約4キロあり、津波浸水被害の想定域外だったため津波到達を予測できなかったと主張。裏山は崩落や倒木などの危険があり、同小校庭より約6メートル高い北上川の橋のたもとを避難先に選んだことは合理的だとしていた。

 判決によると、2011年3月11日の地震発生から津波が大川小に到達するまで51分間あった。教職員は児童を校庭に待機させた後、学校から約150メートル離れた北上川堤防付近の交差点に向け避難を開始したが、津波に襲われ、児童と教職員が犠牲になった。助かったのは最終的に学校近くの裏山に逃れた教員1人と児童4人だけだった。


大川小津波訴訟、児童の遺族側が勝訴 石巻市などに約14億円の賠償命じる
産経新聞 10月26日(水)15時7分配信

 東日本大震災の津波で児童・教職員の計84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族29人が、市と県に計23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、仙台地裁であった。高宮健二裁判長は学校の責任を認め、計約14億2600万円を支払うよう市と県に命じた。

 判決は「市の広報車が巨大津波の襲来を告げて避難を呼び掛けて以降、教職員は大規模津波の襲来を予見していた」と予見可能性を認めた。

 教職員が児童を学校脇を流れる北上川沿いの緑地帯を目指して避難誘導したことに関しては、「避難場所としては不適当だった」と指摘。「津波被災を回避できる学校の裏山に避難させるべきで、結果回避義務違反があった」と結論づけた。

 教職員が津波到達直前まで児童を校庭に待機させたことについては「不相当とはいえない」と述べた。

 訴状によると、平成23年3月11日の震災で、大川小は地震後、児童を約45分間校庭に待機させた上、川沿いの緑地帯に引率。川を乗り越えた巨大津波にのみ込まれ、児童74人、教職員10人が死亡・行方不明になった。

 原告側は「学校は津波到達の予見があり、危険な川を目指して避難誘導した責任がある」と主張。被告側は「予見可能性はなく、川への誘導もやむを得なかった」と反論していた。

 村井嘉浩宮城県知事は「判決文を精査し、石巻市と協議を行い、対応を検討する」との談話を出した。


<大川小津波訴訟>石巻市と宮城県に14億円賠償命令
毎日新聞 10月26日(水)15時5分配信

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校を巡り、児童23人の遺族が市と県を相手取り23億円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、市と県に約14億円の支払いを命じた。

 判決で高宮裁判長は、震災発生後、市広報車が学校周辺で津波が迫っていることを告げていたことから、「呼びかけを聞いた後では、大規模な津波の襲来は予見したと認められる」と認定。学校の裏山に避難させず、結果回避義務違反の過失があると判断した。

 ◇ことば「大川小津波訴訟」

 2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波で、宮城県石巻市を流れる北上川の河口から約4キロにあった市立大川小(当時の全校児童108人)の児童74人が死亡・行方不明となった。このうち23人の遺族が市と県に計23億円の損害賠償を求め、仙台地裁に提訴した。地震発生後、約50分間校庭で待機した後、校庭より約6メートル高い北上川に架かる橋のたもとへ避難を始め、津波にのまれたとされる。学校にいた教職員10人も死亡。唯一助かった教務主任の男性は病気休職中で、訴訟では遺族側が証人尋問を求めたが採用されなかった。


美浜3号機、運転延長間近=老朽原発、工事計画を認可―規制委
時事通信 10月26日(水)14時10分配信

 原子力規制委員会は26日、運転開始から間もなく40年となる関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)について、機器の仕様や詳細設計などに関わる工事計画を認可した。

 原発の運転期間は原則40年と定められているが、美浜3号機は例外の運転延長が認められる見通し。

 美浜3号機は規制委の老朽化対策の審査も通過すれば、さらに20年間の運転が可能となる。審査の期限は11月だが、規制委は間に合わせる方針だ。例外が認められた場合、運転開始から40年前後の老朽原発としては、関電高浜原発1、2号機(福井県高浜町)に次いで3基目となり、原則の形骸化に拍車がかかりそうだ。


<震災>幼稚園バス、津波で犠牲 愛梨ちゃん映画に
毎日新聞 10月26日(水)11時13分配信

 東日本大震災で犠牲になった宮城県石巻市の佐藤愛梨ちゃん(当時6歳)と家族を題材にした短編映画の製作が進んでいる。プロの監督のもと、東北生活文化大高校と同大学(ともに仙台市泉区)の若者が助監督や音楽などを務める。9日は石巻市内で撮影があり、様子を見守った愛梨ちゃんの母、美香さん(41)は「映画が、家族の大切さを考え、今後の災害に備えるきっかけになれば」と願いを込めた。【川口裕之】

 愛梨ちゃんは石巻市の私立日和幼稚園の送迎バスで自宅に帰る途中に津波と火災に遭い、亡くなった。美香さんと交流のある利府町の美術家、菅原淳一さん(52)が、愛梨ちゃんと家族の思いを広く発信することで震災の記憶をつなぐ「アイリンブループロジェクト」を進めており、映画製作もその一環だ。

 タイトルは「ふうせん ふふふ、そら ららら」。同高で映画製作を教えている片岡翔さん(34)が監督を務める。震災で姉を亡くした女の子が、姉にあてた手紙を風船につけて飛ばすというストーリー。人への思いやりにあふれた愛梨ちゃんの優しさと、家族愛を描く。フィクションだが、片岡監督が美香さんから聞いた一家の話を踏まえて脚本を執筆した。12月に完成予定だ。

 9日の撮影では、石巻市の旧北上川沿いの土手で、風船を飛ばすシーンなどを撮影。高校生や大学生も、プロのスタッフの指導を受けながら駆け回った。東北生活文化大高1年で、ヘアメーク助手を担当した遠藤結利佳(ゆりか)さん(15)は名取市で被災し、幼なじみを亡くした。「映画を通して、全国の人たちに震災のことを忘れられないように伝えられれば」と映画製作にかける思いを語る。

 震災時、東京にいたという片岡監督は「自分にこの映画を作れるか心配だったが、『自分と同じ思いをほかの人にしてほしくない』という美香さんの思いと、愛梨ちゃんの人を思う優しさを感じて、映画を作ることにした。震災を経験していない人にも見てほしい」と話している。美香さんは「未来を担う若い人たちが映画に関わってくれたのは大きいこと。若い人たちは、これから震災のことを語り継いでくれると思う」と期待している。

 プロジェクト実行委員会は製作費の寄付を募っている。問い合わせは実行委(080・3198・3874)。


<津波>「てんでんこ」7割知らず 「薄情」と感じる人も
毎日新聞 10月26日(水)10時58分配信


綾里駅前の「津波てんでんこ碑」。毎年3月11日午後2時46分に、右下の「忘れない」の文字に日時計の影が差す=岩手県大船渡市で
 「津波が来たら家族ら他人のことに構わずすぐに避難しろ」という意味の「津波てんでんこ」という言葉について、7割の人が知らないうえ、多くの人が「自分だけ助かればよい」という自己中心的な行為だと感じるとの調査結果を、東洋大の及川康准教授(災害社会工学)がまとめた。本来は各自で避難することを事前に家族で話し合っておくことなども含めた心構えを示した言葉だが、浸透していない実態が浮かんだ。

 「てんでん」は「てんでんばらばらに」という意味。岩手県大船渡市出身で子供のころに昭和三陸大津波(1933年)を経験した津波研究家の山下文男氏(故人)が広め、東日本大震災を機に津波防災の啓発で改めて注目されている。

 調査は2014年度、インターネット調査会社の全国の登録者を対象に年代や地域が偏らないよう調整して実施、767人が回答した。このうち約7割にあたる529人が「津波てんでんこという言葉を聞いたことがない」と答えた。この529人に言葉の意味を知らせたうえで、津波てんでんこに賛同するかしないかを尋ねたところ、約7割が「賛同しない」と回答した。「薄情だ」「利己主義」などネガティブに受け取る人が多かった。

 京都大防災研究所の矢守克也教授(防災教育学)は、「津波てんでんこ」には迅速な避難で自分の身を守るという直接的な意味に加え、避難する姿を見せることで他者の避難を促進する▽事前にそれぞれが避難するという信頼関係を構築する▽自分だけが助かってしまったという生存者の自責の念を軽減する--などの意味があると指摘する。

 表面的な言葉だけが独り歩きすることを懸念する防災関係者も多く、及川准教授は「津波てんでんこという言葉を繰り返すだけでは、防災に生かせない。丁寧にその意味を説明することが必要だ」と話した。【飯田和樹】


もんじゅで故障警報=ソフトウエアの設定原因―原子力機構
時事通信 10月26日(水)10時57分配信

 日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、9月と10月に計2回、放射線を計測する装置で故障警報があったことが26日、分かった。

 装置に故障はなく測定も正常に行われており、ソフトウエアの設定が適切でなかったことが原因という。

 原子力機構によると、故障警報は9月30日と10月7日に原子炉建物内の2台の計測装置で発生。その後、メーカー側のソフトウエアの設定方法に問題があることが判明し、10月19日に設定をし直した。


「子供たちを被曝させるのか」福島・国道6号清掃のボランティア活動、主催団体に今年も誹謗中傷80件
産経新聞 10月26日(水)8時0分配信

 「子供たちを被曝(ひばく)させるのか」「おまえは殺人者だ」-。福島県沿岸部を通る国道6号で今月15日に行われた一斉清掃活動をめぐり、主催団体の関係者を誹謗(ひぼう)中傷するような電話やファクスなどが約80件寄せられた。当日は地元の高校生も参加したが、過度に放射線被曝の危険性を指摘する団体などから、通学する高校にも苦情や抗議があった。「故郷をきれいにしたい」との思いで汗を流した生徒たちも胸を痛めている。

 国道6号は、東京電力福島第1原発が立地する福島県の沿岸部を南北に貫き、地元では「6国(ろっこく)」の愛称で親しまれている。

 清掃活動は「みんなでやっぺ!! きれいな6国」と題し、平成19年から毎年秋に実施されてきた。だが、東日本大震災と原発事故が発生したため、22年から中断していた。

 震災後、国道6号沿いのごみの多さに見かねた地元の高校生たちが、「きれいな6国」の主催団体の1つであるNPO法人「ハッピーロードネット」の西本由美子理事長(63)に開催を要望。昨年10月、5年ぶりに再開した。

 今年は、新地、相馬、南相馬、浪江、富岡、楢葉、広野、いわきの8市町間の9カ所計約50キロで清掃を実施。自らの意思で活動への参加を決め、保護者の承諾を得た県沿岸部の高校生90人以上を含む地元住民や復興事業に携わる作業員など総勢約1500人が集まった。

 福島第1原発に比較的近い浪江、富岡、楢葉の3町を通る区間の清掃は大人に限定。主催者側が事前に放射線量を測定した上で、高校生はそれ以外の一般の居住地域を通る場所のごみを拾った。

 浪江町出身で、現在はいわき市に住む高校3年の男子生徒(18)は昨年に続いて参加した。「誰かが(清掃を)やろうと思うことが大事だと思う。思い出に残るように頑張って拾いました」と笑顔を見せた。

 この活動には昨年も、主催団体に対して中止を求める声明や「美談にすり替えた子供への虐待」や「若者を殺す行為」「狂気の沙汰だ」といった誹謗中傷のほか、危害を加えることをほのめかす電話やファクス、メールなどが約1千件寄せられていた。

 関係者によると、今年は生徒が通う高校にも活動に参加させないよう求める声が届いたといい、当初は参加の意思を示していたものの、当日になって参加を取りやめる生徒もいた。

 だが、この日、高校生の一部が実際にごみ拾いをした広野町の国道6号沿いの空間放射線量(地上1メートル)は、原子力規制委員会の測定で1時間当たり0・105~0・108マイクロシーベルト。国際放射線防護委員会(ICRP)が1時間当たりの被曝限度とし、国が除染の基準値としている0・23マイクロシーベルトの半分以下の値だった。主催者によると、1時間半足らずの活動で、被曝線量はほぼゼロだったという。

 「いろんな人がいるので…」。浪江町出身の高校3年の女子生徒(18)は、過度に放射線被曝を恐れる声が上がっていることについて、そう受け止めた。だが、「実際に(福島に)来てもらえれば分かるのに。悲しいです」と声を落とした。清掃を終えると、「町がきれいになって気持ちよかった。私にとっては故郷への恩返しなんです。いつか生まれ育った浪江も掃除できたらうれしい」と話した。

 楢葉町出身の高校1年の女子生徒(16)は今回初めて活動に加わった。2歳上の兄が参加していたのを見て、自分も力になりたいと思った。「やってみると楽しかった。これからも参加したい」と声を弾ませた。

 ハッピーロードネットの西本理事長は「『自分たちの町をきれいにしたい』という高校生たちの自主性を尊重したい。彼らは生まれ育った故郷に帰りたくても帰れないんです。そんな子供たちの思いを否定するようなことはしてほしくない」と語った。(野田佑介)


“夢の原子炉”風前のともしび 福井県知事と敦賀市長が激怒、政府の無策を批判
産経新聞 10月26日(水)7時3分配信

Fbrm
もんじゅの内部の様子(原子炉上部)。廃炉を含めた見直しに地元は猛反発している=福井県敦賀市(写真:産経新聞)

 核燃料サイクルの中核を担うとされてきた高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)が風前のともしびとなっている。トラブルや不祥事が続き運転の見通しが立たない上、年間に約200億円の維持費がかかることから、政府は廃炉を含めた抜本的な見直しに着手、年内に結論を出す方向だ。これに反発するのが、長年もんじゅに関わってきた同県と敦賀市で、サイクル政策を曖昧なまま放置してきた政府に対し、責任を求める声が上がっている。

 「いろいろな思いがある中で応援をしてきた。上京して政府を訪れた際は『何も決まっていない。幅広く検討をする』という答えだった。バカにされているような気がする」

 政府の原子力関係閣僚会議がもんじゅ見直しの方針を確認した9月21日、敦賀市の渕上隆信市長は報道陣を前に険しい表情で語った。渕上市長は前日の20日、県内の他の原発立地3町長とともに上京。文部科学省、経済産業省、官邸にもんじゅの存続を訴えたばかりだった。「一夜明けて、なぜ言ってくれなかったのかという気持ちが非常にある」と不信感をあらわにした。

 原子力行政は地元の理解なくしては進めることはできない。松野博一文科相は21日夜に急遽、福井県を来訪した。しかし西川一誠知事も反発の姿勢を隠さず、渕上市長とともに臨んだ松野氏との面談で「無責任きわまりない。文科省や国の裏切りと言われても仕方がない」と国の対応を痛烈に批判。「長い歴史と地元の努力がある中、地元に説明がないまま見解が示されたのは無責任極まりない」と嫌悪感を隠さなかった。

 もんじゅは平成6年の初臨界から22年が経過したが、運転実績は累計わずか250日。発電と同時に消費した以上のプルトニウム燃料を生み出す「夢の原子炉」と呼ばれたが、役目を果たさないまま終焉が見え隠れしている。破綻の芽となったのは、最初にして最大のつまずきでもあった平成7年12月のナトリウム漏れ事故。試運転中に2次冷却系配管に設けられた温度計のさやが折れ、漏れたナトリウムから発火した。危険な原子炉というレッテルが貼られたうえ、動力炉・核燃料開発事業団(当時)が現場の映像を意図的に編集した「ビデオ隠し」や虚偽の報告が発覚した。

 この時点で事故は事件の様相を帯び、もんじゅの行方は大きく揺らいだ。ナトリウム漏れ対策などの改良工事を施し、県や敦賀市への安全性説明の末、14年5カ月ぶりに運転を再開できたのが22年5月。ところが直後に燃料の中継装置を原子炉容器内に落とすトラブルが発生し、運転再開が遠のいた。さらに約1万件の点検漏れが発覚。24年12月、当時の原子力機構理事長は原子力規制委員会によるヒアリングに「形式的ミスが出るのはやむを得ない」と発言し、規制委の不信感を一層強め、事実上の運転禁止命令が下ることになった。後に田中俊一規制委委員長は「もんじゅを機構に委ねているのが妥当なのかを含め、文科省に認識を聴きたい」と発言。運営主体変更の勧告へとつながることになった。

 数々の不祥事やトラブルの中、反原発の風評にさらされ続けてきた地元の不信感は、弱まる気配がない。渕上市長は政府の方針確認後も経産省を訪れ、「もんじゅ抜きで核燃料サイクルや高速炉開発が進められるのか、説明していただきたい」と政務官にただした。10月18日には同市内での原発関係者の懇談会で「政府は一方的に方針を決め、立地地域の思いがないがしろにされたことには納得できない」と改めて反発。定例会見でも「廃炉にするなら、明日にでも更地に戻してもらいたい気持ちは変わっていない」と語気を強めている。

 一方、西川知事も文科相、経産相との3者協議「もんじゅ関連協議会」の開催を国に求め、松野文科相も「調整をしたい」と前向きな考えを示している。関連協は平成16年5月、もんじゅのナトリウム漏洩対策工事の前に知事の要請で第1回が開かれ、散発的に継続されてきた。西川知事は「東京だけで机上の議論をすると、もんじゅの実績や将来にとっていい結論が出ない」と述べ、もんじゅに代わる高速炉の方向性を官民で協議する「高速炉開発会議」だけですべてが決まることへの警戒感を示した。

 原子力を含むエネルギー政策は国策で、地元の理解がなければ進まない。これまでの商業用原発再稼働に当たり、西川知事や福井県内の原発立地市町の首長は原子力発電について「国民理解が深まっていない」と警鐘を鳴らし続けてきた。もんじゅ廃炉が地元への裏切りととられている限り、3者協が波乱含みになるのは必至だ。


東日本大震災 避難指示解除後も「戻らない」 57・6%以上 福島県富岡町
産経新聞 10月25日(火)23時28分配信

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となっている福島県富岡町の住民意向調査で、避難指示解除後も同町に「戻らない」との回答が57・6%に上ることが25日、分かった。政府の原子力災害現地対策本部は同日、来年1月に同町に対し、避難指示を一部解除したい意向を示したが、住民の帰還意向に結びついていない現状が浮き彫りになった。

 調査は8月1~15日に復興庁などが合同実施。「戻らない」との回答は前回調査(平成27年8月)から6・8ポイント増加し、「戻りたい」は16・0%で前回比2・1ポイント増だった。

 帰還に慎重な理由としては「医療環境に不安があるから」が59・6%と最多で、「原子力発電所の安全性に不安があるから」(48・6%)、「避難先の方が生活利便性が高いから」(41・7%)と続いた。調査は全7040世帯を対象に3257世帯(回収率46・3%)から回答を得た。


<鳥取地震>高齢者を温泉へ…倉吉市、巡回バス運行
毎日新聞 10月25日(火)22時48分配信

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震の被災地では、避難生活を続ける人たちへの支援が25日も続いた。倉吉市内では、地震後に入浴できていない高齢者を温泉へ送迎するバスの運行を、市が始めた。鳥取県は県営住宅を無償で貸すことを決めた。

 バスは、交通手段を持たない高齢者のためで、避難所と市営温泉施設を巡回する。入浴代金も市が負担し、地震以降入浴できていなかった高齢者たちが、待ちきれない様子で浴室に向かった。市立上北条小体育館で過ごす小泉光子さん(91)は、自宅に割れたガラスが散乱し室内に入れないといい、「避難生活は本当に疲れがたまる。久しぶりのお風呂でさっぱりできた」と笑顔を見せた。

 また、県営住宅は17室が最長1年間無償で貸し出される。罹災(りさい)証明書の提出は入居後でも構わず、26日から申し込みを受け付ける。

 一方、倉吉市は、割れていた庁舎の窓ガラスをベニヤ板などで覆い、県の施設に入っていた災害対策本部も移転させた。全業務が庁舎でできるようになり、石田耕太郎市長は「ようやく本来の姿に戻った」と話した。【園部仁史、高嶋将之、深尾昭寛】


<鳥取地震>江戸時代の石垣無残
毎日新聞 10月25日(火)22時45分配信

 21日に鳥取県中部を襲った地震によって、収蔵する「銅造観世音菩薩立像」(国重要文化財)の首が折れるなどした大山町の名刹(めいさつ)・大山寺周辺では、江戸時代後期に築かれた石垣も被害を受けている。

 寺と隣り合う大神山(おおがみやま)神社奥宮では、高さ2メートル、幅3.5メートルにわたって参道脇の石垣が崩れた。

 巨大な石が転がったままの現場を、25日は鳥取県の平井伸治知事が視察した。県は27日、災害復旧に関する支援を求める要望書を政府に提出する考えだ。【小松原弘人】


千葉県で震度3
時事通信 10月25日(火)20時32分配信

 25日午後8時12分ごろ、千葉県南東沖を震源とする地震があり、同県館山市などで震度3の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約70キロ。地震の規模(マグニチュード)は4.5と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度3=館山市
 震度2=君津市。

2016年10月24日 (月)

777・787・A350等、航空機一般の話題・38

引き続き、ボーイング777、787、エアバスA350等、航空機一般の話題に関するニュース記事を伝達します。

なお、個別の機種についての特記すべき話題、および重大な航空機事故航空機を標的とするテロ等の発生については、これまでと同様、そのつど項を改めて伝達します。

リンク:LCCの概念を破壊し始めたLCC…国際線参入続々で「1万円以下」時代へ、大手を侵食 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型ビジネスジェット「HondaJet」、米国で最短飛行時間記録を更新 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「HondaJet」、米国2ルートで最短飛行時間レコードを達成 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米ステルス戦闘機>岩国市長が岩国基地への受け入れ表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ガルーダ・インドネシア航空、羽田に777 ファースト設定、冬ダイヤから本格導入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岩国市長、F35受け入れ表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スバル、ボーイング「777」「787」「777X」の中央翼を生産する半田工場を公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング、減収減益…民間航空機の納入機数減少 2016年7-9月期決算 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:カンタス航空、新カンガルーロゴ導入 20年までに刷新 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:先進技術実証機「X-2」、岐阜基地航空祭で初の一般公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:デルタ航空、羽田-ミネアポリス就航 発着枠獲得に意欲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:半年沈黙の国産ステルス実証機X-2「心神」一般初公開 まもなく飛行再開か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:先進技術実証機X-2、一般初公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:離陸直前に旅客機から出火、乗客が次々脱出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:離陸滑走中に出火、20人けが=米 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:UPS、747-8Fを14機発注 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANAの787、就航5周年 初便は香港行きチャーター - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング、16年7-9月期の純利益34%増 減収増益 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スイス国際航空、777-300ERを1機追加発注 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米ボーイング:利益が予想上回る、税関連利益や787生産コスト減で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MV-22オスプレイ、初めて千葉の空に[写真蔵] - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MV-22オスプレイの騒音測定試験を木更津駐屯地で実施 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ハワイアン航空、A330neoを19年受領開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:旅客数の不一致、12年以降236件 立ち乗りは5件、国交省調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、国交省に「立ち乗り」再発防止策提出 空港係員を増員 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新工場立ち上げも「777Xへの移行期は歯を食いしばるしかない」(富士重) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:佐賀空港配備に向けて…MV-22オスプレイ 展示飛行 11月8日 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング次世代機「777X」設備投資活発 富士重など日本企業 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本勢、ボーイング次世代機「777X」設備投資活発 富士重は100億円新工場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米アトラスエアー、貨物転用767を9機発注 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千葉に初のオスプレイ飛来 木更津駐屯地でオスプレイの騒音測定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイの騒音測定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オスプレイ、木更津に初飛来 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<オスプレイ>木更津に初飛来…定期整備拠点で騒音測定 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

LCCの概念を破壊し始めたLCC…国際線参入続々で「1万円以下」時代へ、大手を侵食
Business Journal 11/7(月) 6:02配信

73sw
サウスウエスト航空の旅客機(「Wikipedia」より)

 1971年6月18日に米国の都市ダラスからサンアントニオ、およびヒューストンのテキサス州内へ向かう路線に就航したサウスウエスト航空が、世界の格安航空会社(LCC)のパイオニアであるといわれている。

 サウスウエストは97年、その2年前に開設した直販サイト「iflyswa.com」を現在の「southwest.com」に名称変更した。LCCの営業にとってのライフラインともいうべきオンライン直販が本格的に始まったのがこのsouthwest.comからだとみなせば、97年が世界におけるLCCの始まりといってよいだろう。97年といえば、今や世界のオンライン旅行会社市場のおよそ60%以上を席巻してしまった、エクスペディアの運営会社AAE Travelやブッキングドットコムの同プライスラインが営業を開始した時期と一致する。

 サウスウエストは1973年以来現在まで、世界の航空会社の経営に甚大な影響を与えた燃油費の異常な高騰が何度かあったにもかかわらず、一度も損失を計上することなく43年間も連続して利益を計上し、世界最大のLCCに成長した。サンアントニオで小規模な航空会社を経営していたロリン・キングと、今や伝説的航空人となった弁護士ハーバート・ケレハーが共同で開発したLCCビジネスモデルは、「低コスト+低運賃」を武器に今まで航空機に乗ったことがない人たちを引き寄せて、瞬く間に世界の航空市場に広がった。そして、LCC市場規模は全世界の航空旅客市場の4分の1(25%)を占めるまでに拡大した。

 しかし、LCC誕生後20年間でそのビジネスモデルは大きく変貌している。元祖のサウスウエストでさえ、今では米メジャーのアメリカン、デルタ、ユナイテッドと肩を並べる四大メジャー、あるいは「ビッグ3+1」などと呼ばれて、フル・サービス・キャリア(FSC)とあまり変わらない航空会社に変身しているくらいだ。

 ケレハーたちが開発した(初期の)LCCビジネスモデルは、航空情報調査機関の世界的大手CAPA(Centre for Aviation)によれば、以下の10カ条から成り立っている。

・高密度客室仕様(ハイデンシティー・キャビン・コンフィギュレーション)
・単一クラス(エコノミー・クラス)編成
・高稼働航空機運用
・単一航空機編成(B737ないしA320に代表される一本通路狭胴機フリート)
・低運賃(含む格安プロモーショナル運賃)とオンライン直販最優先
・二地点間直行路線運航(ポイント・トゥ・ポイント=P2P路線便)
・短・中距離路線運航
・ノーフリル・サービス(手荷物・座席指定・搭乗順位・機内食・機内映画/音楽・機内Wi-Fiなどの付帯サービス有料化)
・二次的空港(セカンダリー・エアーポート)離発着
・最短空港駐機時間(最短空港折り返し時間)

 このLCC10カ条が今、すべて変貌しつつある。その理由は至極単純明快で、一言でいえばLCCが低運賃志向の需要を開発し尽くしてしまったからだ。つまり、フルサービスの航空便を利用していた人たちのうちで、低運賃志向の人たちや、欧州やアジアでは長距離バスを利用していた出稼ぎ労働者たち、それに加えていまだに航空機に乗ったことがない人たちが安い便利なLCCを使い始めたのだ。20年かけて一通りこれらの新規や転移需要の掘り起こしが終わってしまうと、LCCは成長を持続させるために新たな市場の開拓に乗り出さざるを得なくなったのだ。その新たな市場とは、(1)ビジネス旅客と(2)長距離路線の2つである。

(1)ビジネス旅客の獲得

 低運賃志向の需要を開拓し尽くすと、LCCは旅客単価の高いビジネス旅客市場への参入を開始した。そこはFSCの牙城だ。LCCは、ビジネス旅客に乗ってもらうためにハブ空港への乗り入れを開始した。オンライン直販最優先の販売戦略を改めて、旅行会社経由の販売も開始した。旅行会社経由で販売するためには、GDS(グローバル・ディストリビューション・システム)にも参加し始めた。ちなみにGDSとは、世界の航空会社を、乗り継ぎ便の飛行区間を含めて瞬時に予約できるシステムである。高い利用料の支払いを嫌ってGDSに参加していないLCCも多い。

 2015年に年間旅客数1億人を運んだ欧州最大のLCCライアンエアーは、追加料金なしで予約変更ができるビジネス・プラス運賃を導入し、GDSはおろかグーグルの航空便検索である「グーグル・フライト・サーチ」にまで参加した。直販最優先のマーケティングからの決別である。

 その上で、ライアンは客室の快適性の改善にも乗り出し、座席ピッチ32~34インチのプレミアム・エコノミークラスを導入した。他のLCCでも座席ピッチの広いプレミアム・エコノミーやビジネスクラスを導入し、単一クラスから二クラス制に客室仕様を変更している。米LCCのジェットブルーは、フルフラットのビジネスクラスである「ミントクラス」を米大陸横断線に導入した。シンガポールのLCC、スクートは31インチのスタンダードシートに加え34インチのスーパーシートを導入、エアアジアXのビジネスクラスにはフルフラット座席が設置されている。

(2)長距離路線への進出

 法人需要の獲得に加え、長距離路線を開設しているLCCもある。それらのLCCは、A330型機やB787型機などの航続距離が長い中型機を導入している。北大西洋路線ではノルウェーのノルウェージアン・エアーシャトル、アイスランドのWOWエアー、カナダのウエストジェットが欧州と北米を結ぶ路線に就航している。長距離路線でも、LCCの運賃はFSCよりも安い。

 ノルウェージアンは、欧州―米西岸路線の今冬の往復運賃を450ドル(約4万5000円)に設定した。WOWは、11月25日から開設するレイキャビック(アイスランド首都)―ニューヨーク線を、なんと片道最低99ドル(約9900円)で売り出す。そして、この便を使用してWOWの欧州域内路線へ乗継ぐ便を片道149ドル(約1万4900円)で販売する。ノルウェージアンは、オスロ-バンコック直航便も運航している。ジェットブルーは、19年に導入する航続距離の長い航空機(A321LR)を使用して、大西洋路線の乗り入れを計画していると噂されている。
 
 アジアでは、エアアジアXが12年に運航停止した欧州線を復活、10月30日からクアラルンプール-イスタンブール-バルセロナ線を開始する。スクートは、シンガポール-アテネ線を17年6月から開始する。このアテネ線はLCCが運航する世界最長路線(1万km以上)となる。スクートは、アテネ線に投入するB787型機に38インチ座席ピッチ18席のビジネスクラス「スクートビズ」を導入して2クラス編成とする。

 ではなぜ今、コストがかかる長距離路線では成功しないといわれてきたLCCが、次々と誕生しているのか。その背景について次回みていきたい。
(文=牛場春夫/航空経営研究所副所長)


小型ビジネスジェット「HondaJet」、米国で最短飛行時間記録を更新
sorae.jp 11/4(金) 12:02配信

Hj
小型ビジネスジェット「HondaJet」、米国で最短飛行時間記録を更新

本田技研工業とホンダエアクラフトカンパニーが開発し、昨年12月には引き渡しも開始されたビジネスジェット機「HondaJet」。エンジンを主翼上部に配するユニークなレイアウトを採用した同機は、新たにアメリカの2つの飛行ルートの最短飛行時間記録を更新したと発表されました。
 
今回の記録は、ニュージャージー州のテターボロからフロリダ州のフォート・ローダーデール間、そしてマサチューセッツ州のボストンからフロリダ州のパームビーチ間で達成されたものです。テターボロからフォート・ローダーデール間では最高時速約767kmにて2時間51分で飛行し、ボストンからパームビーチ間では最高時速約787kmにて2時間58分で飛行に成功しています。
 
HondaJetはエンジンを主翼上部に配置したことにより速度アップや高燃費を実現しただけでなく、機内スペースの拡大にも貢献しています。さらに自然層流翼と自然層流ノーズ、GEとの共同開発によるエンジンなどの採用により、クラス最高の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、室内サイズを実現したとされています。
 
現在国内ではHondaJetだけでなく、三菱航空機によるリージョナルジェット「MRJ」が2018年の納入を目指しています。今後もさらに、国内の航空産業が発展することを願いたいものです。


「HondaJet」、米国2ルートで最短飛行時間レコードを達成
エコノミックニュース 11/3(木) 7:18配信

Hjtr
米国のふたつの飛行ルートで最短飛行時間記録を更新した写真後方の「HondaJet」。写真は、NAA(米国航空協会)による最短飛行時間記録公式認定証を受け取ったHACI藤野道格社長(左からふたり目)

 ホンダの航空機事業子会社「ホンダ・エアクラフトカンパニー(Honda Aircraft Company/HACI)は、米国・フロリダ州オーランドで11月1日から3日まで開催された世界最大のビジネス航空ショー「ナショナル・ビジネス アビエーション・アソシエーション(NBAA)2016」で、HondaJetが小型ビジネスジェット機カテゴリーで、米国のふたつの飛行航路の最短飛行時間レコード記録を更新したと発表。米国航空協会(The United States National Aeronautic Association/NAA)は公式に、これを認定した。

 この最短飛行時間レコードは、ニュージャージー州テターボロとフロリダ州フォート・ローダーデール間、およびマサチューセッツ州ボストンとフロリダ州パームビーチ間の航空路で達成された記録だ。NBAAの会場で公式認定証がNAAよりHACIに贈られた。

 テターボロとフォート・ローダーデール間の飛行では、現地時間で2016年4月9日の午後2時15分にテターボロ空港を離陸し、午後5時6分にフォート・ローダーデール・エグゼクティブ空港に着陸。この日は平均60ノット(時速約111km)の向かい風にもかかわらず、HondaJetはこの航路を2時間51分で飛行した。この飛行による最高対地速度は414ノット(時速約767km)だった。

 ボストンとパームビーチ間の飛行では、現地時間2016年7月19日午前7時18分にボストンのニュー・ベッドフォード・リージョナル空港を離陸し、午前10時16分にパームビーチ国際空港に着陸した。平均30ノット(時速約56km)の向かい風のなか、この航路を2時間58分で飛行した。この飛行による最高対地速度は422ノット(時速約782km)だったという。

 HACI社長の藤野道格氏は「小型ビジネスジェットの使用頻度が高いこれらの飛行ルートにおいて、高気温や強い向かい風という条件にもかかわらず、最短飛行時間記録を更新したことは、HondaJetが高い巡航速度に加え上昇・降下性能などでも優れた実用性能を備えていることを証明しています」と述べた。

 HondaJetは、主翼上面エンジン配置や自然層流翼、一体成型複合材胴体などHondaの独自開発技術の採用により、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能およびクラス最大の室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機。昨年12月に米国で納入が開始され、現在は、カナダとメキシコを含む北米、欧州およびブラジルを含む中南米で12のディーラー拠点を介して販売している。

 加えてホンダは、パナマに本拠を置くSYIアビエーション社と、中南米地域における新たなディーラー契約を締結し、HondaJetの受注を開始したとも発表。SYIアビエーション社は、今後、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、仏領ギアナを含む中南米地域のHondaJetディーラーとして、販売のほか各種のサービスやサポートを行なう。(編集担当:吉田恒)


<米ステルス戦闘機>岩国市長が岩国基地への受け入れ表明
毎日新聞 11/2(水) 19:46配信

 ◇市議会全員協議会で「配備を承認したい」と

 米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Bの岩国基地(山口県岩国市)への配備計画を巡り、岩国市の福田良彦市長は2日、市議会全員協議会で「配備を承認したい」と受け入れを表明した。

 福田市長は先月、ユマ基地(米アリゾナ州)で実機を視察しており「騒音は現行機と差異がないと体感した。機体の安全性についても米軍の説明に説得力があった」と報告。「住民生活への影響が現状より悪化することはない」と語った。

 山口県の村岡嗣政知事は市長の受け入れ表明を受け、取材に「地元の意向を踏まえるのが基本」と述べ、岩国市と周辺自治体と協議した上で最終的な判断を国に伝えるとした。

 F35Bは垂直離着陸が可能な海兵隊仕様のステルス戦闘機。米軍は、岩国基地の現行のAV8Bハリアー垂直離着陸機などと機種更新する形で来年1月に10機、8月に6機の計16機を米国外で初めて配備する予定。今年8月、日本政府が配備計画を岩国市と山口県に伝えていた。【古賀亮至、松田栄二郎】


ガルーダ・インドネシア航空、羽田に777 ファースト設定、冬ダイヤから本格導入
Aviation Wire 11/2(水) 17:46配信

773ga
ジャカルタ-羽田線に777を本格導入するガルーダ・インドネシア航空=16年10月 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)は、10月30日から始まった冬ダイヤで、ジャカルタ-羽田線にボーイング777-300ER型機を本格導入した。ファーストを設定し機材を大型化することで、需要拡大を狙う。

 同社の同路線は777-300ERは314席(ファースト8席、ビジネス38席、エコノミー268席)。これまでは、エアバスA330-200型機(222席:ビジネス36席、エコノミー186席)やA330-300(287席:ビジネス24席、エコノミー263席、251席:ビジネス36席、エコノミー215席)など、A330を中心に運航していた。

 一部日程では777-300ERを導入していたが、冬ダイヤからは777をメイン機材として運航する。冬ダイヤでは週6往復近くを777で運航し、需給により、一部日程ではA330での運航を継続する。

 同社の日本路線はジャカルタ-羽田線を含め、計4路線。デンパサール-成田線と、ジャカルタとデンパサールから関空に乗り入れている。このうちデンパサール-成田線は777-300ERで運航。関西発着路線のうち、週3往復のジャカルタ線にはA330-200を、1日1往復のデンパサール線にはA330-300をそれぞれ投入している。


岩国市長、F35受け入れ表明
時事通信 11/2(水) 17:20配信

 山口県岩国市の福田良彦市長は2日の市議会全員協議会で、最新鋭ステルス戦闘機F35Bの米軍岩国基地(同市)への配備を受け入れる考えを表明した。

 今後、県と協議した上で政府に正式に回答する。

 岩国基地には来年、現行機との機種変更で、垂直離着陸可能な米海兵隊仕様のB型機が1月に10機、8月に6機配備される予定。福田市長は協議会後、記者団の取材に応じ「運用が始まったときに市民の生活に影響があれば、現実的な対応をしていきたい」と述べた。


スバル、ボーイング「777」「787」「777X」の中央翼を生産する半田工場を公開
Impress Watch 11/2(水) 15:02配信

Saschw
写真:Impress Watch

 スバル(富士重工業)は、同社が愛知県半田市に所有している半田工場を報道陣に公開した。同社半田工場は、同社の航空宇宙カンパニーの工場となっており、半田市の臨海部に設置され、航空機の大型部品の生産を行なっている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 具体的には、米国ボーイング社の主力機であるボーイング 777型機とボーイング 787型機向けの中央翼を生産中で、今後はボーイング 777の更新版となるボーイング 777X型機での中央翼を生産する予定になっており、今回報道陣にその3つの工場の様子が公開された。なお、半田工場は撮影禁止だったため、工場内観や外観写真は富士重工業から提供されたものであることをお断りしておく。

 取材会のなかで、富士重工業 半田工場 工場長 清水龍平氏は報道陣の質問に対して「完成機をやりたいという夢は持っており、いずれは我々も取り組みたい。しかし、飛行機の完成機のビジネスはそんなに簡単なことではなく、まず現在取り組んでいるヘリコプターでどのようなビジネスができるのかを見ながら、少しずつ近づいていきたい」と述べ、スバルの航空宇宙事業の究極の目標は完成機であり、それに向けて現実的なアプローチで一歩一歩技術の蓄積を行なっていると説明した。

■今後の成長が期待できるスバルの宇宙航空カンパニーの事業

 今回の取材会では、清水氏によるスバルの航空宇宙カンパニーの事業概要の説明から始まった。清水氏は「日本の航空産業は米国の22.1兆円に比べると、小さく1.7兆円。日本の自動車産業が53.3兆円のビジネスになるので、それに比べると3%に過ぎない。しかし、自動車産業がほぼ横ばいであるのに対して、現在航空機産業は伸びており、政府としても日本の第2の柱にしたいと考えて投資を行なっている産業になる」と述べ、日本にとっても、スバルにとっても航空機産業が次の成長の柱となる可能性があるした。

 また、「航空機の技術は他の産業への波及効果が大きい。かつ、世界の旅客の需要予測でも年率5%で成長していくと考えられており、今後代替需要、新規需要などの多くの航空機の需要が発生すると予想されている」と、長期的に渡り成長が望める事業であるとした。

 清水氏によれば、航空宇宙事業は、スバル全体のなかでは5%を占めており、日本全体での3%に比べると高い比率になっているとする。売り上げ高も、営業利益も順調に増えていっているという。自動車事業とのシナジーに関しては、自動車事業の手法を航空機の生産にも応用してコストを削減したり、調達管理をオンタイムで行なうなどがあるという。

 そうしたスバルの航空宇宙事業だが、今後は新しいプロジェクトも控えているという。現在ボーイングが開発を進めているボーイング 777X、さらには防衛省が計画している次期国産ヘリコプター「UH-X」などの開発が行なわれており、今後生産が開始される機種などのプロジェクトに関しても、準備が進んでいるとのこと。

 清水氏は「航空宇宙事業では、長期間の投資が必要になる。2005年にP-1/C-1/787などの投資をして、しばらくは収益が低下した。その後に回復し拡大した。現在は2015年から777XやUH-Xへの投資を始めており、やはり収益は数年間低下する見通しで、2018年頃から回復・拡大していく」と航空宇宙産業のビジネスを説明した。

■ボーイング 777X用の建屋は建設完了し、2017年11月の初号出荷に向けた準備を進めている

 スバルの半田工場は、半田工場のほかに、半田西工場と呼ばれる別の工場の2つから構成されている。半田西工場では、後述するボーイング 787型機の炭素繊維複合材(CFRP)製外板パネルを製造している。

 清水氏によれば、半田工場ではボーイング 777、ボーイング 787、そして今後生産が開始されるボーイング 777X、そして自衛隊向けの「P-1」「C-2」の中央翼と呼ばれる部分を製造しているという。中央翼とは、飛行機の機体の中央に位置しており、左右の主翼がつながり主翼の一部として動作し、揚力による翼の変形や、胴体にかかる加重にも耐えるという非常に重要な部位。上部は客室の床面、下部は胴体中央の下面、内部は燃料タンクになっているという。また、ボーイング 777型機、787型機、777X型機に関しては川崎重工業が製造する主脚格納部を統合して出荷するという仕組みになっている。

 清水氏は「中央翼は燃料を入れることになるため、与圧やシール技術などは高度で、かつ大きな加重もある。また、787に関しては炭素複合素材の主翼になっているため、炭素複合素材と相性がよいチタンも利用する」と述べ、中央翼の製造が非常に複雑で簡単に作れるようなものではないことを強調した。

 また、製造上の要点としては、絶対にエラーがあってはならない航空機向けとして品質保証、そして各工程ごとに記録・検査・確認という完全なトレーサビリティが求められているとのこと。実際、これまでボーイング 777型機、787型機向けの中央翼の製造においては歩留まり100%、つまりは不具合品は1度も出荷したことがないと清水氏は説明した。

 また、半田工場の歴史についても説明し、1988年2月に土地を取得し、まず1991年から工場の建設が開始され、1992年に最初の51棟が完成しボーイング 777用中央翼の組み立てが開始、1993年に最初の製品が出荷されたという。その後2006年にボーイング 787用の中央翼を製造する52棟が建設され、翌2007年にボーイング 787用の中央翼の生産が開始されたという。

 現在はボーイング 777X用の53棟が建設済みで、機器などのインストールが行なわれ、2017年11月に予定されているボーイング 777X用初号出荷に向けて準備が進められている段階だという。

■アルミ素材のボーイング 777用の中央翼を製造している、半田工場の51棟

 半田工場の51棟で生産されているのが、アルミ素材のボーイング 777の中央翼だ。ただし、胴体のフェアリングのさらに内側にあるので、飛行機の外装からは直接確認することはできないという。10月24日現在の時点で1472号機分が半田工場から出荷済みで、現在受注残は151機だと清水氏は説明した。

 なお、ボーイング 777はすでに新型機のボーイング 777Xにシフトすることが決まっており、旅客機はそちらに移行する見通しだが、777Xには貨物機が現在のところ計画がないということで、貨物機としてはボーイング 777の生産は続行される見通しとのこと。

 清水氏によればこのボーイング 777は、ボーイングが初めて国際共同開発を初めたモデルで、例えば胴体を川崎重工業と三菱重工業が、そして中央翼をスバルの半田工場が、そして主脚扉と前方翼胴フェアリングをスバルの宇都宮工場が担当しているという。

 中央翼は、ボックスのような形状になっており、左右に主翼との接合部がある。上部はシートの台座を固定する金具になっており、ボーイング 777の中央翼あたりのシート下のカーペットをはがすとちょうどこの中央翼になっているシートの取り付け金具になっているのだという。

 製造過程に関しては、まず下部面に横のパネルを取り付け、内部の仕切り板を取り付け、上面を接合していってボックスの形状にする。いずれの作業も手作業の部分が多く、ロボットによる作業はかなり少ないのだという。

■ボーイング 787の中央翼を製造しているのが52棟、-10の初号機向けは出荷済み

 そして、炭素繊維複合材で製造されるボーイング 787の中央翼を製造しているのが52棟になる。10月24日時点でボーイング 787用の中央翼は537機分が出荷済みだが、現在までに受注機数が1161機(オプション契約分も含めると1453機)で、現在694機が受注残となっているという。つまり、世界中で売れ筋の飛行機だという。

 このため、ボーイングも製造を急いでおり、半田工場も中央翼の生産ラインを3つにして、2日に1度出荷をしているという。ボーイング 787にはバリエーションとして最初のモデルとなったボーイング「787-8」、-8の胴体を延長したボーイング「787-9」があるが、さらにボーイング「787-10」と呼ばれる胴体をさらに延長したモデルが今年の6月に発表されており、既にその初号機用の中央翼が半田工場から出荷済みだという。

 筆者が工場を訪れたときには、そのボーイング 787-10の2号機用の中央翼が製造中で、実際ラインで組み立てられていた。

 ボーイング 787も国際共同開発になっており、三菱重工業が主翼ボックスを、川崎重工業が前胴部位、主脚格納部、主翼固定後縁などを担当しており、スバルは中央翼、そして川崎重工業から納品されてくる主脚格納部と中央翼の結合、さらには中央翼と主脚格納部への艤装品取り付けを行なっているという。

■777用は船で海上輸送、787用はセントレアからドリームリフターを使った航空輸送

 完成した中央翼は梱包されてコンテナに入れて出荷される。ボーイング 777用と、ボーイング 787用では出荷方法が異なっている。ボーイング 777用は隣接する亀崎港まで、コンテナごとトレーラーで陸送される。その後、コンテナごと船に積み込まれて、ボーイングの工場がある米国ワシントン州のエバレットまで船で海上輸送される。

 ボーイング 787用は、亀崎港までコンテナごと陸送されるまでは同じだが、行き先はエバレットではなく、まずセントレア(中部国際空港)へと運ばれる。そこで、ボーイングがボーイング 787用の部材を航空貨物として輸送するために飛ばしている「ドリームリフター(Dream Lifter)」に積み込まれて、1度ボーイング 787用の工場兼部材置き場となっているサウスカロライナ州チャールストンへと輸送される。そこから必要があればエバレットへ送られる、そうした仕組みになっていると清水氏は説明した。

 なお、取材の前に筆者がセントレアの展望デッキで飛行機の写真を撮っていたところ、そのドリームリフターがちょうど飛来してきたので、その着陸時の写真を添付しておく。ドリームリフターはボーイング 747を改造したもので、ボーイング 747の中央部の高さ方向を膨らませた形になっており、三菱重工業が製造した主翼なども格納できるようになっている。後部が折れ曲がるような形で開くようになっており、大型の部品も楽々入れられるようになっているのが最大の特徴となる。

 清水氏によれば、三菱重工業が製造する主翼と、川崎重工業とスバルが製造する部分は交互に運ばれるということで、ある日は三菱分が、翌日は川崎+スバル分がと輸送されるとのこと。実質的には毎日ドリームリフターが何らかの部品を米国に運んでいるということになる。それだけボーイングとしてもボーイング 787の製造を急いでいるということだろう。


ボーイング、減収減益…民間航空機の納入機数減少 2016年7-9月期決算
レスポンス 11/2(水) 8:00配信

738m
ボーイング737MAX8

ボーイングが発表した2016年7~9月期の連結決算は、売上高が民間航空機の納入機数の減少、「C-17」の納入機数と「F-15」の生産数減少の影響から前年同期比8%減の239億ドルと減収となった。

収益は全般的に堅実だった生産プログラムとサービスの業績や税制優遇の影響で営業利益は同12%減の23億ドルと減益だった。営業利益率は、納入機数の減少と機種ミックスの悪化で0.5ポイントダウンの9.5%だった。純利益は同34%増の23億ドルだった。

通期の売上高見通しは民間航空機の納入機数増により5億ドル増の935億ドルから955億ドルに上方修正した。

7~9月期の純受注額は150億ドルと堅調だった。期末時点での受注算は、民間航空機5600機以上だが、期初の4720億ドルから4620億ドルに減少した。

一方、7~9月期に500機目となる「787ドリームライナー」の生産を開始した。また、「737MAX8」の検証プログラムを完了し、「737MAX9」の生産を開始した。737MAXプログラムでは、ローンチ以来の受注数が3300機以上に達し、2017年第3四半期に生産レートを月産47機に引き上げる計画に向けて順調に推移している。

《レスポンス レスポンス編集部》


カンタス航空、新カンガルーロゴ導入 20年までに刷新
Aviation Wire 10/31(月) 21:48配信

789qa
新塗装となるカンタス航空の787-9(同社提供)

 カンタス航空(QFA/QF)は、新デザインのカンガルーロゴを発表した。2014年の客室乗務員の新制服導入から始めたブランド刷新の一環で、機体の塗装は2020年までに完了させる。

 垂直尾翼に赤と白によるカンガルーを描いたロゴは、1944年に導入。カンガルーロゴとしては5度目となった。変更前のロゴは、2007年のエアバスA380型機の導入発表時に登場した。

 新デザインは、カンタスのデザイナー・コンサルタントのマーク・ニューソン氏とオーストラリアのデザイン会社ヒューストン・グループが共同で制作。垂直尾翼のカンガルーはシンプルにしつつ、影で躍動感と奥行きを与えた。また、尾翼から機体後部にはシルバーのラインが入る。

 機体側面にある「Qantas」の書体は、よりスリムになり、文字色は少し明るくした。機体底部にも描かれ、上空を飛んでいる機体がカンタス機だとわかるようにした。

 カンガルーはウイングレットの内側にも描き、機内からも見えるようにしている。また、1960年代から80年代まで尾翼を飾った「翼のあるカンガルー」を、コクピットの窓下にあしらった。

 新デザインは、シドニーで発表した現地時間10月27日から使用開始。当初は広告などから使い始め、パジャマなどは在庫が払底次第、順次導入していく。機体は再塗装時に新デザインへ変更し、同社創立100周年を迎える2020年までに終える。

 2017年に初号機を受領するボーイング787-9型機も、新デザインで登場。カンタスは787-9を8機確定発注しており、2017年に1機、2018年に3機、2019年に4機受領する見込み。8機のほかにオプションが15機あり、30機の購入権も有している。


先進技術実証機「X-2」、岐阜基地航空祭で初の一般公開
レスポンス 10/31(月) 11:41配信

X24
先進技術実証機「X-2」、岐阜基地航空祭で初の一般展示が実現。

航空自衛隊・岐阜基地は30日、毎年秋の恒例行事となっている「岐阜基地航空祭」を開催した。注目の的だったのは、一般向けとしては初めて公開となった先進技術実証機「X-2」。国産のステルス実証機を一目見ようと多くの観客が集った。

[関連写真]

先進技術実証機「X-2」は、今年4月下旬の初飛行まで「ATD-X(Advanced Technological Demonstrator-X)」と呼称されていた機体。ステルス技術や国産初のアフターバーナー付きジェットエンジン、これによる高運動飛行制御などをテストする目的で開発された。2回の試験飛行を実施した後に防衛装備庁が受領し、現在は岐阜基地で地上試験をメインに行っている。

11月以降に飛行試験が再開される予定となっているが、それを前にして航空祭の場で初めて披露されることとなった。

X-2は格納庫内に置かれた状態で展示。機体を見られる角度は限定されており、高運動飛行制御の肝である推力偏向パドルの設置されたエンジン排気口などは見ることができなかった。開門直後だけは人も少なかったものの、その後は待機列が徐々に伸びはじめ、一時的には「見学まで3-4時間待ち」に達するほどの人気ぶりだった。

《レスポンス 石田真一》


デルタ航空、羽田-ミネアポリス就航 発着枠獲得に意欲
Aviation Wire 10/30(日) 22:37配信

77dlt
羽田を離陸するデルタ航空のミネアポリス行き初便=16年10月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 デルタ航空(DAL/DL)は10月30日、羽田-ミネアポリス線を開設した。この日に始まった冬ダイヤから、米国路線の昼間時間帯発着枠が配分されたことによるもので、初便のミネアポリス行きDL120便は、午後4時36分に羽田を出発した。

 米国路線の昼間発着枠は、日米両国の航空会社に昼間5便(往復)ずつ、深夜早朝1枠ずつの計6枠配分された。羽田に乗り入れる米系航空会社4社には、デルタに2枠、アメリカン航空(AAL/AA)とユナイテッド航空(UAL/UA)に1枠ずつ、ハワイアン航空(HAL/HA)に昼と深夜の1枠ずつ配分。日本にアライアンスのパートナー航空会社がないデルタとハワイアンに、2枠ずつ配分された。

 デルタは2枠を活用し、ミネアポリス線を1日1往復で新設。もう1枠は、既存のロサンゼルス線を深夜便から移行した。

 デルタはミネソタ州の州都であるミネアポリスを、日本から直行便が飛んでいない中規模都市への乗り継ぎ拠点と位置づけ、日本語での案内などサービス向上を図った。ボルティモアやオーランド、コロンバス、トロント、モントリオールなどへの乗り継ぎ需要が見込む。日本からの乗り継ぎを意識し、米国内線への接続時間も改善した。

 運航スケジュールは、羽田行きDL121便はミネアポリスを午前11時31分に出発し、翌日午後2時20分に羽田着。ミネアポリス行きDL120便は羽田を午後4時35分に出発して、同日午後1時30分に到着する。

 機材はボーイング777-200ER型機で、座席数は291席(で、ビジネス37席、デルタ・コンフォートプラス36席、エコノミー218席)。ミネアポリスから羽田に着くDL121便の機材をロサンゼルス行きDL006便が、ロサンゼルス発DL007便の機材をミネアポリス行きDL120便が使用する。

 羽田到着初便のDL121便(登録番号N864DA)は、午後2時3分に到着。出発初便のDL120便(N863DA)は午後4時36分に出発した。ミネアポリスには、現地時間30日午後0時47分の到着を予定している。

 デルタの森本大・日本支社長は、「羽田は北米路線の就航で、本格的な国際化がスタートした。2020年までにより早く、より多くの発着枠を配分していただき、他社に先駆けて羽田から北米の主要都市へ就航できるよう、努力していく」と述べ、さらなる発着枠獲得を目指す姿勢を示した。


半年沈黙の国産ステルス実証機X-2「心神」一般初公開 まもなく飛行再開か
乗りものニュース 10/30(日) 9:41配信

X23
「岐阜基地航空祭2016」にて、一般初公開された「心神」こと先進技術実証機X-2(大西優人撮影)。
国産技術の粋を集めたX-2「心神」、一般初公開
 2016年10月30日(日)、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)で開催された「岐阜基地航空祭2016」にて、先進技術実証機X-2、いわゆる「心神」が初めて一般公開されました。例年、同航空祭に参加していた人気アクロバットチーム「ブルーインパルス」の飛行展示はありませんでしたが、日本初のステルス機を見学できる最初の機会とあってか、多くの見学客が岐阜基地を訪れました。

 X-2は、防衛装備庁/防衛省技術研究本部と三菱重工が主体となって研究・開発した、次世代戦闘機に必要な技術を開発・実証するための試験機です。今年4月22日、小牧基地(愛知県小牧市)にて初飛行を成功裏に実施し、上昇、下降、旋回など基本特性の確認を行い、岐阜基地へ着陸しています。続く5月18日には、降着装置(車輪)を機内に格納しての最初の飛行試験を実施しました。

 しかしながらこの5月18日の飛行を最後に、2016年10月現在に至るおよそ半年弱にわたり、X-2は空を飛んでいません。さらにこの期間中、X-2に関する公式発表はまったくなかったため、飛行試験が実施できない重大なトラブルがあったのではないかという観測もありました。

「飛べない」のではなく「飛ばなかった」、そのワケ
 なぜ、X-2の飛行試験を実施しないのでしょうか。三菱重工にてX-2開発を担当した「チームATLAS(先進技術実証機航空システム)」の技術者に筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)が直接、聞いてみたところ、「トラブルではなく、もともと予定されていた地上試験を岐阜基地内部で行っているため」とのことでした。

 また、「今後、X-2の飛行試験に必要となる、空中でデータを収集するための機器の搭載、およびこれらの計測機器が正常に動作することを試験、確認していたのであって、これによってスケジュール上の遅延は生じていない」といい、それらの試験は10月中には完了、飛行試験は、防衛装備庁/防衛省ら「官」側次第としながらも、早ければ11月初頭には再開する見込みであることを明らかにしました。

 この先、2030年代に実用化を見込む、航空自衛隊F-2戦闘機の後継機に必要とされる各種技術が、X-2によって試験される予定です。具体的には、高いステルス性と機動性を両立させるための「機体設計」や「飛行制御システム」、推力変更装置を備えたIHI製「国産アフターバーナー付きターボファンエンジン」、新しい非金属製の「炭素繊維複合材」、そして全球を監視可能にするレーダーを機体各部へ埋め込む「スマートスキン」のための構造(スマートスキン自体は搭載せず)などです。

不要な技術も開発中? X-2最大の目的とは…?
 それらX-2で試験される技術は、あくまでも「必要となる可能性のある技術」であって、すべてが将来型戦闘機開発に適用されるわけではありません。また実のところ、本当に先進的な部分は、構造材を除くとそれほど多くありません。「ステルス」や「推力偏向装置」は、すでに海外で実用化済みの既存技術であり、特に「推力偏向装置」は、戦闘機における高機動性が重視されなくなっていることから、あえて搭載しない機体が少なくないのです。

 X-2開発の最大意義は、各種技術の実証ではなく、それらをひとつにまとめ実際の機体として完成させる「インテグレーション」の実証にあるといえます。

 日本政府はX-2の試験結果を待って、2018年にはF-2後継機開発に関する将来の方針を決定するとしています。恐らくそれは、コストなどの面から完全な純国産化とはならず、他国の企業などが参画する国際共同開発になるでしょう。

 いずれにしても、X-2に残された時間はあまり多くありません。そのため短期間で集中して飛行試験が行われる可能性が高く、予定通りならばいよいよ11月にも、X-2を開発した意義が本格的に試されることになります。


先進技術実証機X-2、一般初公開
dragoner | 軍事ブロガー/見習い猟師
2016年10月30日 9時13分配信

X2
10月30日、航空自衛隊の岐阜航空基地にて航空祭が開催され、防衛装備庁が試験中の先進技術実証機X-2が初めて一般に公開されました。

X22
公開されたX-2(筆者撮影)

これまで、メディア公開などは行われていましたが、一般向けに公開されるのは初めてのことで、X-2をひと目見ようと、会場の岐阜航空基地には多くの人が訪れていました。

F2
F-2戦闘機のコックピット公開と見学者

X-2は航空自衛隊がF-2戦闘機の後継として将来配備する「将来戦闘機」に関連した各種技術を、飛行可能な実機で検証するために試作された技術実証機で、今年4月22日の初飛行しました。X-2では主にレーダーに捉えられにくいステルス機体形状や、推力偏向装置による高機動性、実証エンジンなどの技術実証を行っており、X-2を始めとした各種技術の検証結果を元に、2018年度(平成30年度)をメドに現用のF-2戦闘機の後継機の方針を定める予定で、それにより国産機を開発するか、多国間共同開発とするか、外国機を導入するかが決まります。

Kc767
空中給油デモを行うKC-767空中給油機とF-15戦闘機

岐阜基地航空祭は10月30日の15時まで実施予定で、X-2は岐阜基地北会場の第六格納庫で公開されております。


離陸直前に旅客機から出火、乗客が次々脱出
読売新聞 10/29(土) 10:49配信

 【ニューヨーク=水野哲也】米中西部イリノイ州シカゴのオヘア国際空港で28日、離陸直前のアメリカン航空の旅客機から出火した。

 乗客らは脱出用シュートで機外に逃れた。米メディアによると、約20人が軽傷を負った。米国家運輸安全委員会(NTSB)などが原因を調査する。

 出火したのは南部フロリダ州マイアミに向かう予定だったボーイング767型機で、乗員と乗客合わせて170人が乗っていた。米メディアは、右主翼付近から炎が上がり、黒煙に包まれる中、乗客が次々と脱出する映像を伝えた。タイヤのパンクやエンジン関連の異常が出火につながったとみられる。


離陸滑走中に出火、20人けが=米
時事通信 10/29(土) 8:34配信

 【シカゴ時事】米シカゴのオヘア国際空港で28日午後(日本時間29日未明)、離陸のため滑走中のアメリカン航空機から出火する事故があった。

 米メディアなどによると、脱出用シューターを使って避難した際に足首を痛めるなどした乗客ら約20人が病院で手当てを受けたが、いずれも軽傷という。米連邦航空局(FAA)は、タイヤの破裂が原因とみて詳しく調べている。

 同機はボーイング767型機で、乗客161人、乗員9人でマイアミに向かう予定だった。滑走中に右翼付近から出火して黒煙が上がったが、火は間もなく消し止められた。事故のあった滑走路は一時、離着陸が停止された。


UPS、747-8Fを14機発注
Aviation Wire 10/28(金) 16:31配信

748up
UPSの747-8F(ボーイング提供)

 ボーイングは現地時間10月27日、米UPS航空(UPS/5X)から747-8F型機を14機を受注したと発表した。UPSは2017年から2020年にかけて受領する。

 UPSの747-8Fは、コンテナをアッパーデッキに34個、ロワーデッキに14個の計48個を搭載できる。

 同社が747-8Fを発注するのは初めて。現在は767-300Fと747-400F、エアバスA300-600F貨物機を保有している。

 ボーイングが747-8Fを受注するのは、ロシアのヴォルガ・ドニエプルグループから計20機を受注した2016年7月以来3カ月ぶり。ボーイングが公表しているオーダー表では、同年3月にヴォルガ・ドニエプルグループ傘下のエアブリッジ・カーゴ航空(ABW/RU)から4機受注して以来7カ月ぶりとなる。

 ボーイングは2016年1月、需要鈍化により747-8の減産を決定。これまでの月産1.3機から、3月に月産1機に、9月には0.5機と段階的に減らすと発表している。


ANAの787、就航5周年 初便は香港行きチャーター
Aviation Wire 10/27(木) 22:55配信

7881an
東日本大震災の復興支援フライトで仙台空港に着陸するANAの787=11年10月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)のボーイング787型機が、10月26日で商業運航5周年を迎えた。

 ANAは2004年4月26日、ローンチカスタマーとして787を50機購入すると決定。初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)を、2011年9月25日に受領した。今年9月末時点で標準型の787-8を36機、長胴型の787-9を44機、超長胴型となる787-10を3機の計83機を発注済みで、787の発注数としては世界最多となる。

 当初は2008年の北京五輪前の納入が予定されていたが、開発遅延やトラブルにより大幅に遅れた。787-8の飛行試験初号機(ZA001、登録番号N787BA)が初飛行に成功したのは、2009年12月15日。日本の型式証明を国土交通省航空局(JCAB)から取得したのが2011年8月29日で、9月25日に量産初号機(JA801A)がANAへ引き渡された。

◆5周年で50機到達

 世界初の787の商業フライトは、2011年10月26日の成田発香港行きチャーター便のNH7871便。定期便は国内線が2011年11月1日の羽田発岡山行きNH651便、国際線は2012年1月14日の羽田発北京行きNH1255便だった。

 当時は3月11日に発生した、東日本大震災の影響が至る所で見られた。ANAは就航したばかりの787を使い、仙台や福島で子供たちを招待した復興支援フライトを行っていた。

 商業運航開始から5周年の今年は、ANAの787にとって節目の年になった。ボーイングは現地時間1月11日、ANAの787による商業運航が10万フライトに達したと発表。シアトル・タコマ空港では記念式典が開かれた。

 量産初号機と同じ787-8は、発注済みの36機が5月12日にシアトルで受領した機体(JA878A)で全機揃った。この機体は、ANAの787としては通算47機目。そして8月17日には、50機目となる787-9の中距離国際線仕様機(JA882A)を、シアトルで受領している。

 ANAの787のエンジンは、すべて英ロールス・ロイス製。787-8と787-9ともに、国内線用と中距離国際線用、長距離国際線用でエンジンの推力が異なる。

 787-8は国内線用がトレント1000-H(推力2万6300kg)、中距離国際線用がトレント1000-A(2万8940kg)、長距離国際線用がトレント1000-C(3万1660kg)を採用。787-9は国内線用がトレント1000-A(2万8940kg)、中距離国際線用がトレント1000-D2(3万1660kg)、長距離国際線用がトレント1000-K(3万3480kg)を搭載している。

◆787ロゴ消える

 4年7カ月で発注済みの36機がすべて揃った787-8。初号機を導入した当時を振り返ると、中距離国際線仕様の状態で、暫定的に国内線へ投入していた。

 初の国内線仕様機はJA809Aで、2012年6月20日に引き渡された。プレミアムクラスのシートは、JA817Aまでは国際線ビジネスクラスの「ANAビジネス・クレードル」で、2013年5月14日に受領したJA818Aからは、ゾディアック・シート・UK(旧・英コンター・エアロスペース)製のシートを搭載。座席数は335席(プレミアム12席、普通席323席)となっている。

 国際線の機材は、ビジネスクラスにスタッガード配列のシートを採用した長距離仕様は、2011年12月30日受領のJA805Aが最初。2013年9月1日からは、プレミアムエコノミークラスのサービスをスタートさせ、座席数は169席(ビジネス46席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー102席)となった。

 現在787は、シアトルのエバレット工場と、サウスカロライナ州ノースチャールストン工場の2カ所で最終組立が行われている。ANA初のノースチャールストン製は、2014年1月7日に引き渡された国内線仕様のJA824Aだった。

 そして、ANAの787と言えば、前部胴体に大きく描かれた「787」が特徴。新型機であることをアピールしていた。ところが、2014年2月6日に引き渡された通算25号機(JA827A、長距離国際線仕様)と26号機(JA825A、国内線仕様)からは、機体前部に描かれていた「787」ロゴが、ブランド管理の観点からなくなった。

 787-8とひと言でいっても、これだけの変化があった。

◆6メートル長い787-9

 長胴型の787-9は、胴体が前方と後方でそれぞれ3.05メートル、計6.1メートル長くなった機体で、座席数と貨物搭載量が787-8の約1.2倍に増加。ANA向けの最初の機体は2014年7月27日に引き渡された国内線仕様のJA830Aで、座席数は395席(プレミアム18席、普通席377席)となり、787-8よりも60席(プレミアム6席、普通席54席)増えた。

 初の国際線仕様機は、2015年4月23日に羽田へ到着したJA836A。座席数は215席(ビジネス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー146席)で、同じく長距離国際線仕様の787-8よりも46席増えた。

 今年8月に受領した50機目の787となる787-9(JA882A)は、中距離国際線仕様。ANAでは14機目の787-9で、座席数は3クラス246席(ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席)となった。長距離国際線仕様の215席と比べ、ビジネスが8席、プレミアムエコノミーが7席減るのに対し、エコノミーは46席増えた。

 JA882Aの機体前方には、ボーイングとANAが共同でデザインした記念ロゴが描かれた。客室の主な仕様は従来機と同じだが、エコノミークラスのシートのみ、座面の高さを約5センチ低くした。女性や子供でも足が着くようにし、座り心地を改善した。

 ANAにとっては今後、787-9が国内・国際線ともに主力となる。そして、3機発注した787-10は2019年度から2020年度にかけて受領し、すべて国内線に投入する。

◆トラブルつきまとった6年

 787導入から6年間の歴史を振り返ると、トラブルがどうしてもつきまとう。そもそもの就航が3年遅れとなり、2013年1月16日には、山口宇部発羽田行きNH692便でバッテリートラブルが発生。高松空港へ緊急着陸した。新しいバッテリーシステムに換装後、同年5月26日の臨時便、札幌発羽田行きNH1404便で運航を再開し、同年6月1日からは定期便に再投入した。

 バッテリートラブルは沈静化したものの、今年に入るとエンジンの不具合が発覚した。エンジン内にある中圧タービンのニッケル合金製タービンブレードの1本が、離陸上昇中に破断するもので、2月から8月までに国際線で2件、国内線で1件起きた。

 最初に起きたトラブルは、2月22日のクアラルンプール発成田行きNH816便(787-8、JA804Aの右エンジン)で、2件目は3月3日のハノイ発羽田行NH858便(787-8、JA807Aの右エンジン)と国際線が続いた。そして、8月20日には国内線の羽田発宮崎行きNH609便(787-8、JA825Aの右エンジン)でも起きた。

 この影響で8月26日から31日まで、787で運航する国内線の計18便が欠航。ANAはエンジン不具合を公表した8月25日時点では、1日10便程度欠航するとの見方を示していたが、9月と10月は欠航に至っていない。

 エンジンを製造するロールス・ロイスでは、不具合が起きた中圧タービンブレードの改良型を、早ければ2017年1月にも供給を開始する。

 バッテリーやエンジンではトラブルが見られたが、炭素繊維を使った胴体などでは、大幅な欠航につながるトラブルは起きていない。

 787は、主翼や胴体といった機体の主要構造部位のうち、35%を日本が分担。ボーイングは「Made with Japan」と表現しているほどで、試験機としての役目を終えた飛行試験初号機(ZA001)は2015年6月、中部空港(セントレア)へ寄贈された。

 ボーイングは、2015年に月産10機だった生産レートを、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに、14機へ引き上げる。商業運航10周年を迎えるころには、どのような評価が787に定着しているのだろうか。


ボーイング、16年7-9月期の純利益34%増 減収増益
Aviation Wire 10/27(木) 19:48配信

 ボーイングの2016年7-9月期(第3四半期)決算は、純利益は前年同期比34%増の22億7900万ドル(約2386億1100万円)だった。売上高は8%減の238億9800万ドル、営業利益は12%減の22億8200万ドル、年金や退職金給付の経費を除外した中核営業利益は17%減の21億9400万ドルだった。

 民間航空機部門は、売上高が4%減の169億7300万ドル、営業利益率は0.6ポイント低下し9.4%だった。キャンセル分を差し引いた純受注機数は107機、受注残は約5600機で、金額ベースでは4090億ドルとなった。

 ボーイングは民間航空機部門の売上減について、計画済み納入機数の減少によるものと説明している。

 7-9月期中は500機目となる787の製造を開始した。また、737 MAX 8の検証プログラムを完了させ、737 MAX 9の製造を開始した。737 MAXはこれまで3300機以上を受注。2017年7-9月期には737の生産レートを月産47機体制とする。

 2016年度の業績見通しは、売上高と1株当たりGAAP利益、予想中核利益を上方修正。売上高は930億-950億ドルを935億-955億ドルに、GAAP利益は6.40-6.60ドルを7.10-7.30ドルに、中核利益は6.10-6.30ドルを6.80-7.00ドルにそれぞれ変更した。

 民間航空機部門の納入機数と売上高も上方修正した。納入機数は740-745機を745-750機に、売上高は640億-650億ドルを645億-655億ドルに、それぞれ引き上げた。

 そのほかの業績見通しとついては、変更なし。民間航空機部門の営業利益率は4.5-5.0%となっている。


スイス国際航空、777-300ERを1機追加発注
Aviation Wire 10/27(木) 13:01配信

773sw
スイス インターナショナル エアラインズの777-300ER(ボーイング提供)

 ボーイングは現地時間10月26日、スイス インターナショナル エアラインズ(SWR/LX)から777-300ER型機を1機追加受注したと発表した。カタログ価格で3億3960万ドル(約354億6100万円)。

 スイス インターナショナル エアラインズはこれまで、同型機を9機発注済み。今回の発注で計10機を発注することになる。初号機(登録番号HB-JNA)は1月29日に受領。社員2500人以上の顔写真を使った特別塗装を施し、3月27日からの夏ダイヤで運航を開始した。7月までに計6機を受領し、エアバスA340-300型機からの機材更新を進めている。

 777-300ERの座席数は340席(ファースト8席、ビジネス62席、エコノミー270席)。機内無線LANを導入した。現行のA340-300は219席(ファースト8席、ビジネス47席、エコノミー164席)で、777-300ERの導入により、1便あたりの提供座席数はA340-300よりも約100席増える。1座席あたりの運航コストは25%減、1座席あたりの燃費は23%減となる。また、ペイロードは12%、貨物搭載量は18%増える。

 同社の長距離用機材は、A340-300が12機とA330-300が14機。近距離用機材は、A319とA320、A321、ボンバルディアCS100型機、アブロRJ100型機を保有している。

 ボーイングの受注リストによると、2016年9月末現在、777-300ERを2社から計10機受注している。1月に中国国際航空(エアチャイナ、CCA/CA)から6機、3月にユナイテッド航空(UAL/UA)から4機を受注し、直近では10月にカタール航空(QTR/QR)から10機を受注している。


米ボーイング:利益が予想上回る、税関連利益や787生産コスト減で
Bloomberg 10/26(水) 23:51配信

米航空機メーカー、ボーイングの7-9月(第3四半期)決算は利益がアナリスト予想を上回った。税関連の一時利益や787ドリームライナーの生産コスト減少が寄与した。

26日の同社発表によると、一時的な会計費用や一部の年金費用を除いた1株当たり利益は3.51ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の2.67ドルを上回った。フリーキャッシュフローは26億1000万ドル(約2720億円)。アナリスト予想は20億2000万ドルだった。

ボーイングは7月、2011年と12年の連邦所得税の監査を起因とした1株28セントの利益を受け取ると示唆。これとは別に1株70セントの税関連利益も業績の押し上げにつながった。アナリストらはこれを予想に含んでいなかった。

787ドリームライナーの繰り延べ生産コストの残高は前期比1億5000万ドル減の275億ドル。

同社は2016年の売上高見通しを5億ドル引き上げ、935億-955億ドルのレンジとした。商用機の納入好調を見込んでいる。7-9月の売上高は前年同期比7.5%減の239億ドル、ジェット機の納入が11機少なかった。

原題:Boeing Profit Tops Estimates on Tax Gains, Lower 787 Costs (1)(抜粋)


MV-22オスプレイ、初めて千葉の空に[写真蔵]
レスポンス 10/26(水) 10:15配信

Mv222
今回の騒音測定試験では、普天間基地に所属する「VMM-265 ドラゴンズ」の機体が使用された。

防衛省と防衛装備庁は24日、陸上自衛隊に配備される予定の「MV-22オスプレイ」を使用した騒音測定試験を木更津駐屯地(千葉県木更津市)やその周辺部で実施した。アメリカ海兵隊に飛行を依頼し、離着陸に使用する場周経路を実際に飛ばしている。

[関連写真]

同駐屯地内にはアジア太平洋地域で使用されるオスプレイの整備拠点が設置される予定となっており、自衛隊向けの機体だけではなく、アメリカ軍の機体も整備することになる。このため木更津市が防衛省に対し、既存ヘリコプターとの騒音レベル比較を目的とした試験の実施を要請。一度は米軍側の都合で中止されたが、今回は実現した。

《レスポンス 石田真一》


MV-22オスプレイの騒音測定試験を木更津駐屯地で実施
レスポンス 10/26(水) 10:00配信

Mv22
木更津駐屯地の滑走路に向けて進入していくアメリカ海兵隊のMV-22オスプレイ。

防衛省と防衛装備庁は24日、陸上自衛隊に配備される予定の「MV-22オスプレイ」を使用し、同機の騒音測定を目的とした試験飛行を木更津駐屯地(千葉県木更津市)で実施した。アメリカ海兵隊に飛行を依頼し、約5時間に渡って周辺での飛行を繰り返している。

[関連写真]

オスプレイについては日本も17機を導入する予定であり、アジア・太平地域における同機の整備拠点を木更津駐屯地内に設置することが計画されている。この整備拠点が開設されると自衛隊向けの機体だけではなく、アメリカ軍向け(海兵隊、空軍)の機体も一括して整備を行うことになる。

このため、同駐屯地が所在する木更津市は「騒音問題に敏感な市民もいる。実際にオスプレイを飛ばし、自衛隊が現状で使用している大型ヘリコプターとの騒音レベルを比較したい」と防衛省に要請。これを受けた防衛装備庁が測定試験の主催者となり、今年4月に実施される予定だったが、この際は米軍側の都合によって中止となっていた。

24日は普天間に所属する部隊(VMM-265 ドラゴンズ)の機体が午前8時30分ごろに飛来。木更津駐屯地への離着陸に使用する「場周経路」を実際に飛んだり、整備時に実施されるホバリング試験を模した飛行を駐屯地内で実施。同駐屯地に所属する大型ヘリコプター「CH-47JA チヌーク」も比較のために飛ばし、騒音レベルの測定を行っている。

また、当日はキャロライン・ケネディ駐日大使も同駐屯地を訪れ、木更津市長や市議会の議長に整備拠点の必要性を説明。議員も含めた市や県の関係者を対象としたオスプレイの体験搭乗も実施した。

測定値の速報は約10日後に発表されるという。

《レスポンス 石田真一》


ハワイアン航空、A330neoを19年受領開始
Aviation Wire 10月25日(火)23時48分配信

A33hwi
ハワイアン航空のA330-800neoのイメージイラスト(エアバス提供)

 ハワイアン航空(HAL/HA)のマーク・ダンカリー社長兼CEOは10月25日、エアバスA330型機のエンジン換装型となるA330-800neoについて、2019年初めに初号機を受領する見通しであると、Aviation Wireに語った。

◆アジア長距離便検討

 ハワイアン航空は現在、国際線の主力機材としてA330-200を23機運航中。A330-800neoは、英ロールス・ロイス社製新型エンジンのトレント7000を採用し、燃費や航続距離を改良した発展型で、6機発注済み。当初はA350 XWBの短胴型であるA350-800を同数発注していたが、A330neoに変更した。エアバスはA350-800の開発をキャンセルする(関連記事)。

 A330neoは、A330-200と同サイズのA330-800neo(メーカー標準3クラス257席、最大406席)と、A330-300とサイズが同じA330-900neo(3クラス287席、最大440席)の2機種で構成。ともにA350の主翼技術を取り入れ、新エンジンと空力特性の改善で、1座席あたりの燃費を14%改善する。航続距離は400海里(740.8キロ)延び、A330-800は7500海里(1万3890キロ)、A330-900は6550海里(1万2130キロ)飛行できる。

 客室もA350をベースとし、大型化した手荷物収納棚やLED照明などを採用した新内装「エアスペース」を取り入れる。

 A330-800neoの投入路線は、香港や上海など、ホノルルから就航を計画しているアジアの長距離路線を軸に検討していく。

◆A330-200は全機新仕様に

 一方、ハワイアン航空は2017年までに、現在の主力である全23機のA330-200を新仕様(278席:ビジネス18席、プレミアムエコノミー68席、エコノミー192席)に改修。ビジネスクラスには、フルフラットになる新シートを採用した。

 改修初号機(登録番号N385HA)は今年5月23日に受領済みで、現在2機運航中。年内に最大6機体制となる見通し。日本路線には、12月5日の成田発便から正式投入する。

 日本への正式投入を前にした10月25日、成田空港で新シートを報道関係者に公開した。2017年夏までには、羽田発着便などA330で運航するすべての日本路線に、新仕様機を投入する。


旅客数の不一致、12年以降236件 立ち乗りは5件、国交省調査
Aviation Wire 10/25(火) 22:56配信

77aj
国交省調査で旅客数の不一致が22社で236件判明=13年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 国土交通省航空局(JCAB)は10月25日、搭乗手続き済みの旅客と実際に搭乗した旅客数の不一致が、2012年度以降236件発生していたと発表した。9月に福岡空港で発生した、全日本空輸(ANA/NH)の定員超過に関連し調査したもので、国交省は航空各社に対し、同日付で旅客数照合の厳格な運用を指示した。

 国交省がANAや日本航空(JAL/JL、9201)をはじめとする、国内の航空会社22社を対象に調査したところ、今年9月までに旅客数の不一致が計236件発生していた。

 このうち、定員を超過し「立ち乗り」状態となったケースは5件発生。ANAが4件、JALが1件で、いずれも自走前に気づき、駐機場に戻っている。

 これを受けて国交省は航空各社に対し、搭乗手続き済みの旅客数と搭乗者数の照合方法の見直しを、10月25日付で指示した。

 また、機内での着席確認がドアクローズ前や駐機場からの移動開始前、自走開始前など、各社に違いがあったため、航空会社への通達を一部改正して統一する。改正案では、機体が駐機場から移動を開始する前までに着席し、シートベルトの着用を徹底する。

 通達の一部改正に向け、パブリックコメント(意見公募)を実施。11月下旬に改正し、12月中旬からの適用を目指す。

 福岡空港で搭乗手続きが済んでいない旅客が搭乗し、一時「立ち乗り」になったトラブルは、9月30日に発生した。満席だったANAの羽田行きNH256便(ボーイング777-200型機、登録番号JA742A)に、搭乗手続きが済んでいない旅客1人が搭乗。一時的に立ち乗り状態となった。同便は駐機場へ引き返し、約50分遅れで再出発した。

 国交省は10月11日、ANAを厳重注意とし、25日までに原因究明と再発防止策の文書での提出を求めた。ANAは25日に再発防止策を提出した(関連記事)。


ANA、国交省に「立ち乗り」再発防止策提出 空港係員を増員
Aviation Wire 10月25日(火)18時50分配信

77ana
国交省に再発防止策を提出したANA=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は10月25日、福岡空港で9月30日に起きた搭乗手続きが済んでいない乗客が搭乗し、一時「立ち乗り」になったトラブルについて、再発防止策を国土交通省航空局(JCAB)に提出した。10月11日に国交省がANAを厳重注意したことによるもので、空港の地上係員を増員し、確認体制を強化するなど、7つの再発防止策を報告した。

◆搭乗券二度かざしと誤判断

 トラブルは9月30日午後2時20分ごろ、ANAの福岡発羽田行きNH256便(ボーイング777-200型機、登録番号JA742A)で発生。満席だった同便に、搭乗手続きが済んでいない乗客が搭乗し、一時的にその乗客が「立ち乗り」状態となった。同便は駐機場へ引き返し、約50分遅れで再出発した。

 搭乗手続きを終えずに搭乗した乗客は、男性の親子連れ2人のうち、40歳代の父親。保安検査場で父親が先に、息子が後からほぼ同時刻に通過したところ、同一搭乗券での通過を示すエラーが発生し、ANAの地上係員を呼び出す旨の用紙が出力された。

 親子は空港での手続きなしで搭乗できる「スキップサービス」を利用。それぞれのスマートフォンにQRコード付きの搭乗券を保存した際、息子が父親の搭乗券を誤って保存した。父親は自身の搭乗券を保存していたため、同じ搭乗券が2台のスマートフォンに保存された状態になった。

 保安検査場の係員はエラーが発生した際、搭乗手続き済みの搭乗券を二度かざしたと誤判断。保安検査をそのまま実施し、息子を通過させた。

 その後、搭乗ゲートでは息子が先に、父親が後から通過しようとしたところ、父親の搭乗券を持つ息子は通過できたが、後から搭乗券をかざした父親本人には「座席重複エラー」が発生。地上係員は「携帯端末の二度かざし」と誤判断し、本人確認後に機内へ案内した。

 一方、NH256便には空席待ちが発生。保安検査を未通過扱いだった息子の席は「空席」となり、空席待ちをしていた利用客に割り振られた。割り振られた利用客と親子は、それぞれ機内に乗り込み、空席待ち客は元・息子の席に、息子は父親の席に座り、父親は離れた場所で手荷物を収納していた。

 同便は、父親が立ったままの状態で出発。気づいた客室乗務員が声を掛けたところ、父親の席がないことが発覚し、駐機場へ引き返した。

◆地上係員を増員

 ANAは国交省に対し、保安検査場と搭乗口での手順や体制の変更、機内の着席確認などの再発防止策を提出。保安検査場では、すでにレイアウトの見直しと二次元バーコードなどをかざす端末にカバーを付ける対策を実施した。

 レイアウトの見直しは、搭乗手続完了の確認と金属探知機の通過を確実に実施するため、検査前の待機スペースを設けた。端末のカバー新設は、検査場の係員が乗客に背を向ける際は端末をカバーで覆い、搭乗券の二次元バーコードなどをかざせないようにした。係員が見ていない間に、乗客が搭乗券をかざしてしまうトラブルを防ぐ。

 搭乗口では、地上係員の増員を実施済み。12月1日からは、搭乗口を通過する際に「搭乗案内用紙」を係員が乗客1人に1枚ずつ手渡しする。すでに10月21日からは、羽田空港などの一部便で試験的に用紙の手渡しを実施している。

 11月1日からは、機内で客室乗務員が乗客の着席状態を確認後、飛行機をトーイングカー(牽引車)でプッシュバック(押し出し)させ、出発させる。

 ANAでは、全国の主要空港や地区で、経営層とグループ社員との直接対話による安全啓発活動を11月末までに実施。再発を防止する。


新工場立ち上げも「777Xへの移行期は歯を食いしばるしかない」(富士重)
ニュースイッチ 10月25日(火)12時26分配信

Fhihs
半田工場の新棟

自動車で培ったノウハウ活用し生産性向上
 富士重工業は米ボーイングの次世代大型旅客機「777X」の中央翼を組み立てる半田工場(愛知県半田市)新棟を公開した。2017年2月に組み立てを始め、同年11月に初出荷する予定。自動打鋲機や自動搬送装置の導入により、ボーイングが777Xの生産に参画する企業に求めるコスト削減に対応する。

 中央翼は航空機の主翼と胴体をつなぐ部位。半田工場では大型機「777」と中大型機「787」の中央翼を組み立てており、新棟で777X向けを手がける。永野尚専務執行役員は「777X向けの投資負担で営業利益は数年間下がるが、777からの切り替えが進めば回復する」との見通しを示した。

 777Xは17年に量産が始まり、20年に初号機を引き渡し予定。日本企業は富士重など5社が参画し、主要構造部位の21%を担当する。

<航空機事業トップに聞く>

 次の一手をどう打つのか。永野尚専務執行役員航空宇宙カンパニープレジデントに聞いた。

 ―中央翼は米ボーイング向けが多く、航空宇宙事業の為替感応度は非常に高いと言えます。
 「足元は若干円高に振れているが、これまでの取り組みもあるので冷静にやっていける水準だ。かつての超円高で相当鍛えられた。ただ、為替変動はいかんともしがたいので、自動車で培ったノウハウも活用し生産性向上をさらに加速する」

 ―生産性改善に向けた取り組みは。
 「当社が受け持つ中央翼は箱型の構造物で、ロボットの適用は難しい。内部の鋲打ちなどは人の作業になる。ただできることはたくさんある。例えばリベットやボルトを打つ工具の自動化。任意の場所に工具をセットすれば、自動で打ち込めるツールなどを導入した」

 ―ボーイング「787」の増産対応は。
 「787は現在、月産10機体制だが、1年以内で12機に上がる。さらに1年から1年半くらいで14機に達すると見ているが、ボーイングから具体的な指示を待っている状態だ。787向けの投資は完了しており、14機になっても対応できる」

 ―ボーイングのベストセラー機「777」の次世代機「777X」の量産も控えていますが課題をどう見ていますか。
 「777から777Xに移行するところで踊り場となるが、これが航空機のビジネスモデルだ。生産レートが緩やかに上がる過程で777が下がり、どうしても需要の谷間となる。この期間は歯を食いしばるしかない。ここを787で埋められるのが理想だ」

 ―国産小型ジェット旅客機「MRJ」開発の意義をどう考えますか。
 「完成機をやり遂げるという志を持った三菱重工業グループには、本当にがんばってもらいたい。MRJの後も完成機を国家的事業でやることは、工業先進国として必要だ。当社単独での旅客機開発は無理だが、オールジャパンで開発する可能性もあるので、技術レベルの向上など準備はしていきたい」

【解説】
 ボーイングは生産能力の増強とコスト低減の両立をサプライヤーに求めている。各社は777X向けで、現状比15―20%のコストダウンが必要とみている。富士重は今期に航空機事業の設備投資で前期比約2・3倍の140億円を計画、「777X」の機体部品向け自動化投資が中心。

 新設備を導入するのは宇都宮工場と半田工場。中央翼を組み立てる半田新工場では、宇都宮で加工した部材を7メートル四方の1枚板に仕上げる。大物部品の搬送を現在主流のクレーンから自動搬送装置に切り替える。連続搬送が可能になり生産性が高まるという。

 堅調に見えた民間航空機市場にも変化、ボーイングとエアバスが相次いで大型機の減産を打ち出している。777の受注は14年の283機をピークに15年は58機で着地。受注残も15年に524機となり、09年以来6年ぶりに純減した。ボーイング首脳は「必要に応じてさらに減産する可能性もある」と示唆している。


佐賀空港配備に向けて…MV-22オスプレイ 展示飛行 11月8日
レスポンス 10月25日(火)8時10分配信

Mv22
オスプレイ(参考画像)

防衛省九州防衛局は、11月8日の佐賀空港周辺で在沖縄米軍MV-22オスプレイによる展示飛行を実施すると発表した。

今回、V-22オスプレイ展示飛行するのは、陸上自衛隊が導入するV-22オスプレイなどの佐賀空港への配備について、実際にオスプレイの音を体感してもらうことが目的。

実施時間帯や飛行ルートなどの詳細は調整してから公表する。

《レスポンス レスポンス編集部》


ボーイング次世代機「777X」設備投資活発 富士重など日本企業
産経新聞 10月25日(火)7時55分配信

77xiif
777X向け設備投資(写真:産経新聞)

 富士重工業は24日、米航空機大手ボーイングの次世代旅客機「777X」の胴体と主翼をつなぐ主要部品「中央翼」をつくる半田工場(愛知県)の新工場棟を報道陣に初公開した。最新鋭の生産設備などを導入し、今年度内に稼働を始める予定。777X向け部材には東レや川崎重工業など日本メーカーが参画しており、平成32年の初号機納入を見据え、設備投資が活発になっている。(会田聡)

 富士重が約100億円を投じる新工場棟は、4月に建屋が完工。建築面積1万1600平方メートルに部材を接合する「自動打鋲機」や「自動搬送機」を備えた2ラインをつくり、来年3月までに稼働する。生産能力は最大年120機分。

 胴体内で左右の主翼をつなぎ、燃料タンクにもなる中央翼は大型機で全長が10メートル以上と巨大だが、寸法の誤差を1千分の1インチ単位で測る精度が要求される。永野尚専務執行役員は「寸法や角度の精度をすり合わせながら開発する。付加価値が高く、新興国メーカーには難しい」と胸を張る。

 半田工場はこれまで現行大型機「777」の中央翼を生産し、9月末までに累計1472機を出荷した。777Xでは部材の追加で価格上昇が見込めるうえ、「20年以上にわたり累計1千機以上(の受注)が期待できる」(永野氏)。

 大規模受注をにらみ、他の日本メーカーも設備投資に踏み切っている。東レは昨年11月に主翼材の炭素繊維複合材を10年間供給する契約を正式に締結。米サウスカロライナ州に新工場を建設し、中型機「787」向けも含めた受注総額は110億ドル(約1兆1千億円)に上る見通しだ。

 前部胴体や格納部などを供給する川崎重工業は、名古屋第一工場(愛知県)内の新工場が年内に完工し、来夏から稼働する見込み。米ネブラスカ州の工場内にも貨物扉の生産ラインを新設し、ボーイング向けの供給態勢を充実させている。

 777Xは350~425席で、最長航続距離は東京-米ニューヨーク間の約1・5倍の1万6110キロ。昨年8月時点で航空6社から計320機を受注している。


日本勢、ボーイング次世代機「777X」設備投資活発 富士重は100億円新工場
SankeiBiz 10月25日(火)6時53分配信

Fhih
富士重工業が半田工場で生産している大型機「777」の中央翼=愛知県半田市(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 富士重工業は24日、米航空機大手ボーイングの次世代旅客機「777X」の中央翼を製造する半田工場(愛知県半田市)の新工場棟を報道陣に初公開した。最新鋭の生産設備などを導入し、今年度内に稼働を始める予定。777X向け部材には東レや川崎重工業など日本メーカーが参画しており、2020年の初号機納入を見据え、設備投資が活発になっている。

 富士重が約100億円を投じる新工場棟は、4月に建屋が完工。建築面積1万1600平方メートルに部材を接合する自動打鋲(びょう)機や自動搬送機を備えた2ラインをつくり、来年3月までに稼働する。生産能力は最大年120機を計画する。

 胴体内で左右の主翼をつなぎ、燃料タンクにもなる中央翼は大型機で全長が10メートル以上と巨大だが、寸法の誤差を1000分の1インチ単位で測る精度が要求される。永野尚専務執行役員は「寸法や角度の精度をすり合わせながら開発する。付加価値が高く、新興国メーカーには難しい」と胸を張る。

 半田工場はこれまで現行大型機「777」の中央翼を生産し、9月末までに累計1472機を出荷した。777Xでは部材の追加で価格上昇が見込めるうえ、「20年以上にわたり累計1000機以上(の受注)が期待できる」(永野氏)

 大規模受注をにらみ、ほかの日本メーカーも設備投資に踏み切っている。東レは昨年11月に主翼材の炭素繊維複合材を10年間供給する契約を正式に締結。米サウスカロライナ州に新工場を建設し、中型機「787」向けも含めた受注総額は110億ドル(約1兆1440億円)に上る見通しだ。

 前部胴体や格納庫などを供給する川崎重工業は、名古屋第一工場(愛知県弥富市)内の新工場が年内に完工し、来夏から稼働する見込み。米ネブラスカ州の工場内にも貨物扉の生産ラインを新設し、ボーイング向けの供給態勢を充実させている。

 777Xは350~425席で、最長航続距離は、東京-米ニューヨーク間の約1.5倍に相当する1万6110キロメートル。ボーイングは競合機に比べ燃費を12%、運航費用を10%減らすとアピールし、昨年8月時点で航空6社から計320機を受注している。


米アトラスエアー、貨物転用767を9機発注
Aviation Wire 10月24日(月)18時16分配信

76bcfat
アトラスエアーの767イメージイラスト(ボーイング提供)

 ボーイングはこのほど、貨物航空会社の米アトラスエアー(GTI/5Y)を傘下に持つアトラスエアー・ワールドワイド・ホールディングスから、767型機の旅客機を貨物機への改修を計9機受注した。このうち4機については、7月に英国で開催されたファンボロー航空ショーで匿名顧客からの受注として発表していた。

 アトラスエアーは米国内外で運航する貨物航空会社で、機材は747-400Fや747-8Fなど、すべてボーイング機で運航している。

 航空貨物の運航のほか、リース事業も展開。オンラインショップ「Amazon(アマゾン)」と、767-300旅客機から貨物機に改修した貨物機「Amazon One(アマゾンワン)」のリース20機で合意している。このほか、787の大型部位輸送に使用している747-400LCF「ドリームリフター」の運航も受託している。

 ボーイングでは、旅客機から貨物機へ改修する「ボーイング・コンバーテッド・フレーター(BCF)」プログラムを、767のほか、747や737で提供している。


千葉に初のオスプレイ飛来 木更津駐屯地でオスプレイの騒音測定
産経新聞 10月24日(月)14時4分配信

 米海兵隊が運用する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新型輸送機MV22オスプレイの定期整備拠点に選定された陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)で24日、オスプレイと陸自輸送機CH-47JAの騒音比較測定が実施された。測定には2機のオスプレイが飛来。同駐屯地は来年1月に整備拠点として運用される見通しで、同県にオスプレイが飛来するのは初めて。

 測定は同市や同市議会から要望があり、防衛装備庁が実施した。同庁はオスプレイが高さ約9~45メートル上空でホバリングした際や、同駐屯地周辺の上空を航行した際の騒音を測定。その後、同様の条件で同駐屯地で通常運用されているCH-47JAの騒音を調べた。収集したデータの比較測定の結果は、早ければ来月中にも木更津市に伝達し、ホームページでも公表するという。

 また、キャロライン・ケネディ駐日米大使もこの日、同駐屯地を訪れ渡辺芳邦木更津市長と会談。ケネディ氏は「こちらで整備をしていただくことに感謝します。オスプレイは人道支援任務で飛行することになるが、こうした施設があってこそそれが可能になる」と述べ、渡辺市長は「安全性を市民に理解してもらわねばならない。最大限の配慮をお願いしたい」と要望した。

 一方、オスプレイの千葉県内への飛来が初めとなり、同基地に近い公園には市民団体が集まって抗議し、「オスプレイはいらない」などとシュプレヒコールを上げたが、目立った混乱はなかった。


オスプレイの騒音測定
時事通信 10月24日(月)11時36分配信

Ostlm
陸上自衛隊木更津駐屯地に初めて飛来した米海兵隊オスプレイの騒音値を計測する防衛省職員=24日午前、千葉県木更津市


オスプレイ、木更津に初飛来
時事通信 10月24日(月)11時36分配信

Mv22
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されている米海兵隊の新型輸送機オスプレイが24日、陸上自衛隊木更津駐屯地に初めて飛来し、騒音測定が実施された=千葉県木更津市


<オスプレイ>木更津に初飛来…定期整備拠点で騒音測定
毎日新聞 10月24日(月)11時6分配信

Mv22_2
整備拠点となる陸上自衛隊・木更津駐屯地に初飛来し、騒音測定のため飛行するオスプレイ=千葉県木更津市で2016年午前8時59分、北山夏帆撮影

 防衛装備庁は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されている新型輸送機オスプレイの国内初の定期整備拠点となる陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)で、オスプレイの騒音測定を実施した。オスプレイが木更津へ飛来したのは初めて。

 同駐屯地では2017年1月に定期整備を開始し、年間5~10機が飛来する見込みという。現在は格納庫などの改修中で、陸自が導入予定のオスプレイ17機の整備も担う。

 オスプレイ2機が24日朝に到着し、午前8時50分ごろから予定の経路を周回。駐屯地内外の3カ所で騒音を測定した。木更津市の渡辺芳邦市長や滝口敏夫市議会議長らが立ち会い、キャロライン・ケネディ駐日米大使も訪れた。

 駐屯地近くでは、整備拠点化に反対する住民団体のメンバーらが抗議の声を上げた。

 騒音測定は木更津市議会の要請に基づき4月25日に実施される予定だったが、「米軍の運用上の都合」で延期されていた。【阿部義正、渡辺暢】

2016年10月23日 (日)

天皇皇后両陛下、国際外科学会ご出席のため京都市をご訪問

天皇皇后両陛下は23日、国際外科学会の開会式ご出席などのため、3泊4日の日程で、新幹線で京都市をご訪問された。同日夕は京都御所で、関西に勤務する宮内庁職員らが主催した両陛下の傘寿を祝う茶会にご出席された。両陛下が滞在される京都大宮御所は1867年に建設された。

24日に同市内で開催される開会式にご出席され、25日は下鴨神社と上賀茂神社をご参拝、26日に京都府立医科大をご視察された後、同日夕にご帰京される。

リンク:<皇室>両陛下が京都府立医大を視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:参列者に声を掛けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:参列者に声を掛けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下が京都で神社を参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>下鴨神社と上賀茂神社参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が下鴨、上賀茂神社参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓談される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、国際外科学会ご臨席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下が京都で坂本龍馬の特別展鑑賞 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>京都で国際外科学会に出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:開会式に臨席される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:龍馬展を見学される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、国際外科学会に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:傘寿を祝う茶会の会場に入られる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>両陛下が京都市を訪問 京都御所の茶会に出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下、京都入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、京都入り - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<皇室>両陛下が京都府立医大を視察
毎日新聞 10月26日(水)18時53分配信

 天皇、皇后両陛下は26日、京都市上京区の京都府立医大で視覚障害を改善させる研究の様子を視察された。両陛下は同市での3泊4日の日程を終え、同日夕に帰京した。

 両陛下は、患者の口の粘膜から採取した細胞を培養し、目の表面に移植することで視力を改善させる再生医療の説明などを聞いた。天皇陛下は研究に携わる教授らに「多くの人に救いをもたらすでしょうね」と声をかけた。【高島博之】


両陛下が帰京
時事通信 10月26日(水)16時33分配信

 国際外科学会世界総会出席などのため、23日から京都市を訪れていた天皇、皇后両陛下は26日午後、新幹線で帰京された。

 午前中は同市上京区の京都府立医科大を訪れ、口内の粘膜や培養した細胞を使って目の角膜を治療する最先端の研究を視察。天皇陛下は「本当に多くの人に救いをもたらすでしょうね」と研究者をねぎらっていた。


参列者に声を掛けられる両陛下
時事通信 10月25日(火)23時17分配信

572
上賀茂神社で参拝された後、参列者に声を掛けられる天皇、皇后両陛下=25日午後、京都市北区(代表撮影)

(時事通信社)


参列者に声を掛けられる両陛下
時事通信 10月25日(火)23時17分配信

571
上賀茂神社で参拝された後、参列者に声を掛けられる天皇、皇后両陛下=25日午後、京都市北区(代表撮影)

(時事通信社)


天皇、皇后両陛下が京都で神社を参拝
読売新聞 10月25日(火)22時25分配信

 天皇、皇后両陛下は25日、京都市の下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)をそれぞれ参拝された。

 両神社は、歴代の天皇が祈願に訪れるなど皇室と縁が深く、両陛下が参拝されるのは22年ぶり。天皇陛下はモーニング、皇后さまは参拝用の服を着用し、本殿前でそれぞれ拝礼された。その後、京都御所(上京区)で、大正天皇の漢詩などを見学された。


<天皇、皇后両陛下>下鴨神社と上賀茂神社参拝
毎日新聞 10月25日(火)19時29分配信

 京都市を訪問中の天皇、皇后両陛下は25日、市内の下鴨神社と上賀茂神社を参拝された。両神社は皇室とゆかりが深く、両陛下は1994年にも参拝している。

 モーニング姿の天皇陛下と、参拝用のドレスを着た皇后さまは、それぞれの神社の宮司の案内で参拝した。参拝は両陛下の私的な活動として行われた。26日は京都府立医大を視察し、帰京する。【高島博之】


両陛下が下鴨、上賀茂神社参拝
時事通信 10月25日(火)16時36分配信

 京都市を訪問中の天皇、皇后両陛下は25日、下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)に参拝された。

 両陛下の参拝は、両神社が世界文化遺産に登録された1994年以来、22年ぶり。

 午前中、滞在先の京都大宮御所から車で下鴨神社に到着した両陛下は、小雨が降る中、宮司の先導で白砂の敷かれた参道を進み、本殿の前で拝礼。一度大宮御所に戻った後、午後は上賀茂神社に参拝した。


歓談される両陛下
時事通信 10月24日(月)20時57分配信

570
レセプション会場で歓談される天皇、皇后両陛下=24日午後、京都市左京区の国立京都国際会館(代表撮影)


両陛下、国際外科学会ご臨席
産経新聞 10月24日(月)20時27分配信

 天皇、皇后両陛下は24日、京都市左京区の国立京都国際会館を訪れ、第40回国際外科学会世界総会の開会式に臨席された。

 開会式で、両陛下は国際外科学会会長らのあいさつに拍手を送られた。その後のレセプションでは、学会関係者らとご歓談。陛下は「どのぐらいの準備期間でしたか」などと質問されていた。

 両陛下は毎年、学術振興を目的に、国内で開催される国際学会の開会式に臨まれるのが慣例。


天皇、皇后両陛下が京都で坂本龍馬の特別展鑑賞
読売新聞 10月24日(月)20時26分配信

 天皇、皇后両陛下は24日、京都国立博物館(京都市東山区)で開催中の特別展「没後150年 坂本龍馬」(読売新聞社など主催)を鑑賞された。

 同展は幕末の志士・坂本龍馬の刀や着物、直筆の書状など約190点を集め、来年にかけて長崎、東京、静岡を巡回する。

 両陛下は、佐々木丞平館長や杉山美邦・読売新聞大阪本社社長らの出迎えを受け、龍馬の剣術の皆伝書や、妻・おりょうと九州の霧島に新婚旅行をした様子を絵付きで記した手紙などを見学された。24日午後には、国立京都国際会館(同市左京区)で開幕した国際外科学会世界総会に出席された。


<両陛下>京都で国際外科学会に出席
毎日新聞 10月24日(月)18時38分配信

566
JR京都駅に到着された天皇、皇后両陛下=京都市下京区で2016年10月23日午後3時32分、川平愛撮影

 天皇、皇后両陛下は24日、京都市の国立京都国際会館で、第40回国際外科学会世界総会の開会式に出席された。両陛下は例年、学術振興のために国内で開かれる国際学会に出席している。

 今回の世界総会には、国内外から約3000人が参加する予定。26日まで。両陛下は開会式後のレセプションにも参加し、出席者と歓談した。両陛下は25日は同市の下鴨神社と上賀茂神社を参拝する。【高島博之】


開会式に臨席される両陛下
時事通信 10月24日(月)18時32分配信

569
第40回国際外科学会世界総会の開会式に臨席される天皇、皇后両陛下=24日午後、京都市左京区の国立京都国際会館


龍馬展を見学される両陛下
時事通信 10月24日(月)18時6分配信

568
京都国立博物館で坂本龍馬の書簡を見学される天皇、皇后両陛下=24日午前、京都市東山区(代表撮影)


両陛下、国際外科学会に
時事通信 10月24日(月)18時1分配信

 京都市を訪問中の天皇、皇后両陛下は24日午後、国立京都国際会館で開かれた第40回国際外科学会世界総会の開会式に出席された。

 両陛下は学術振興のため、国内で開催される国際学会に出席するのが毎年恒例となっている。開会式に続いて開かれたレセプションでは、国内外から参加した学会関係者と和やかに懇談した。

 午前中は京都国立博物館で「没後150年坂本龍馬展」を見学。身長175センチ前後とされる龍馬の着物を見た天皇陛下は「(当時としては)大きいわけですね」と意外そうに話していた。


傘寿を祝う茶会の会場に入られる両陛下
時事通信 10月23日(日)20時42分配信

567
傘寿を祝う茶会の会場に入られる天皇、皇后両陛下=23日午後、京都御所(代表撮影)

(時事通信社)


<皇室>両陛下が京都市を訪問 京都御所の茶会に出席 
毎日新聞 10月23日(日)19時57分配信

566
JR京都駅に到着された天皇、皇后両陛下=京都市下京区で2016年10月23日午後3時32分、川平愛撮影

 天皇、皇后両陛下は23日、臨時専用列車で京都市に入られた。京都御所では、両陛下が80歳の傘寿を迎えたことを祝う茶会に出席した。茶会は関西地方に勤務する宮内庁職員が催した。

 両陛下は24日、国立京都国際会館で開かれる第40回国際外科学会世界総会の開会式に出席する。帰京は26日。【高島博之】


天皇、皇后両陛下、京都入り
産経新聞 10月23日(日)19時23分配信

 天皇、皇后両陛下は23日、「第40回国際外科学会世界総会」の開会式臨席などのため、3泊4日の日程で、新幹線で京都市へ入られた。同日は京都御所で、関西地方の宮内庁職員らが催した両陛下の傘寿を祝う茶会にご出席。陛下は「皆さんには、さまざまなお勤めで皇室のために尽くしておられることを深く感謝しております」とあいさつされた。


両陛下、京都入り
時事通信 10月23日(日)16時20分配信

 天皇、皇后両陛下は23日、国際外科学会の開会式出席などのため、新幹線で京都市に入られた。

 24日に同市内で開催される開会式に出席し、25日に下鴨神社と上賀茂神社を参拝。26日に京都府立医科大を視察し、同日夕に帰京する。

 23日夕は京都御所で、関西に勤務する宮内庁職員らが主催した両陛下の傘寿を祝う茶会に出席した。

 両陛下が滞在する京都大宮御所は1867年に建設された。東日本大震災を受けた耐震改修工事後、両陛下が宿泊するのは初めて。

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2161

引き続き、2011年3月11日に発生した東日本大震災および本年4月14・16日に発生した熊本地震、ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<大川小訴訟>遺族のみんなと闘う…26日判決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取地震で国に7項目の要望=風評被害対策など―鳥取県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安全な学校でなぜわが子が=癒えない悲しみと喪失感―大川小訴訟、26日に判決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島・富岡町の避難指示、来年1月の解除提示=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取県、地震で一部損壊に最大30万円=全国初の公費支援 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取家屋47棟「危険」…1市3町で応急判定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「検証中は議論できず」=原発再稼働で米山知事―新潟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「高速炉基盤技術を確立」=もんじゅ「成果」評価―文科省部会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第1廃炉費、年数千億円=東電改革で原子力分社化案―経産省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:74人死亡の大川小裁判、判決にかける遺族の思い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<津波被害>大川小訴訟、26日判決 学校の予見性争点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:津波の予見可能性が争点 大川小訴訟あす判決 仙台地裁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>建物判定47棟「危険」 全半壊は4棟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔鳥取県中部地震〕災害救助法適用地域に鳥取県三朝町を追加(10/24現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取震度6弱>一部損壊も支援 補修費最大30万円 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取震度6弱>県中部でナシ7割落果 被害6000万円に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度1以上、220回超=鳥取県中部、風雨も注意―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:もんじゅ結論「延びるかも」=水落文科副大臣、「失言」と撤回―福井 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:3月末の避難解除で合意=福島・川俣町と政府―福島原発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:もんじゅ廃炉の結論「延びるかも」直後撤回 水落副大臣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:直下型地震引き起こす“未知の活断層” 島村氏が指摘「東京近辺は堆積物が厚く見えない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:もんじゅ結論、先延ばしも 文科副大臣「重要な問題」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:基準以下は一斉焼却=汚染廃棄物、市町村と調整へ―宮城県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>ようやく相談できる…倉吉市役所本庁舎が再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>友達に会えて一安心…小中学校で授業再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取地震>長引く避難 高齢者に健康不安 医師らが巡回 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取・地震>避難者の体調不良が増加 住宅被害346棟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取・地震>「繁忙期なのにキャンセル…」観光地ため息 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「復興の道しるべを」=中越地震から12年で追悼式―新潟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:行楽シーズン直撃=キャンセル続出、風評懸念も―鳥取地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鳥取・地震>「出来よかったのに…」多くのナシ落下の被害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳥取地震 「怖くて家いられぬ」続く余震に住民不安 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国重文「文殊堂」土台に亀裂=文化財被害相次ぐ―鳥取地震 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<大川小訴訟>遺族のみんなと闘う…26日判決
毎日新聞 10月25日(火)19時56分配信

 東日本大震災の津波によって、学校管理下で最大の犠牲者を出した宮城県石巻市立大川小を巡り、児童23人の遺族が市などに23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日に仙台地裁で言い渡される。提訴から2年7カ月余。一人息子を失い、原告副団長として裁判の先頭に立ってきた佐藤美広(みつひろ)さん(55)と妻とも子さん(53)は、静かに司法判断を待つ。【百武信幸】

 ◇原告夫妻「あの子の存在なくさない」

 2016年を迎えた夜。暗闇と静寂に包まれた大川小の被災校舎2階に、我が子を呼ぶ声が響いた。「健太、会いに来たぞ」「健」--。同小3年だった長男の健太さん(当時9歳)を亡くした佐藤さん夫妻は震災後のほぼ毎年、大みそかの夜に3年生の教室を訪ね、年を越す。「授業参観で見た元気な姿を思い出す。今もここにいるような気がするから」。とも子さんはにじむ涙をぬぐった。

 健太さんは、幾度かの流産を経てようやく授かった待望の子だった。この世に生を受けて9年後。11年3月11日の津波に、我が子が巻き込まれた事実は重すぎて受け止めることはできなかった。

 学校と市教委の説明会に何度も足を運んだ。しかし、「なぜ子どもらは亡くなったのか」という最大の疑問に答えてくれることはなかった。14年3月、同じ思いを抱く遺族とともに市と県を訴えた。

 その翌月、佐藤さんの体に異変が生じる。病院の検査で直腸がんと判明した。抗がん剤や放射線治療による闘病で次第にやせ細り、55キロあった体重は37キロに激減した。

 ある時、佐藤さんが「健太のところに会いに行く」と弱音を吐いた。しかし、とも子さんはそんな佐藤さんをたしなめた。「裁判を中途半端にしたら健太に会えないよ」。その言葉が、佐藤さんを奮い立たせた。「息子にも『おっとう、頑張れ』と言われた気がした。遺族のみんなと一緒に闘わないと」。病室に貼った健太さんの写真に毎朝声をかけ、リハビリに励んだ。

 判決を健太さんがどこかで見守っていると思う。「今は全て裁判にかけている。あの子のためでもあるけれど、子どもの命を預かる先生には重い責任があるんだと世に警鐘を鳴らすためでもある」

 とも子さんは言う。「あの子の存在をなかったことにしたくない。なぜ亡くなったか知ることが親として最後にできること。結果はどうあれ、お父さんお母さんはここまで頑張ったよって伝えたい」


鳥取地震で国に7項目の要望=風評被害対策など―鳥取県
時事通信 10月25日(火)19時39分配信

 鳥取県中部で発生した最大震度6弱の地震の被害を受け、県は25日、風評被害対策など7項目の国への要望をまとめた。

 平井伸治知事が27日、首相官邸をはじめ関係各省に提出する。

 要望では、通常営業を再開した旅館で地震の影響による宿泊予約のキャンセルが続出し、影響がなかった県東部や西部でも同様の事態が発生していると指摘。日本政府観光局(JNTO)と関係団体による鳥取観光キャンペーンの実施や、復興支援を目的とした割引旅行プランの創設などを求めている。また、地震による農業への風評被害対策や歴史的建造物修繕費の支援なども要望している。


安全な学校でなぜわが子が=癒えない悲しみと喪失感―大川小訴訟、26日に判決
時事通信 10月25日(火)18時41分配信

212
東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲となった石巻市立大川小学校。23人の遺族が、市と県に計23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、仙台地裁で言い渡される=2月11日撮影、宮城県同市

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童74人のうち、23人の遺族が、市と県に計23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、仙台地裁で言い渡される。

 悲劇から5年7カ月。安全なはずの学校でなぜわが子が犠牲になったのか。遺族たちの悲しみは癒えず、真実究明を願う気持ちは強まるばかりだ。

 一人娘で3年生だった香奈さん=当時(9)=を亡くした中村次男さん(42)は児童たちが犠牲になった責任をはっきりさせたいとの思いから大川小をめぐる訴訟の原告になった。「市の説明会でも第三者委員会でも、何があったのか事実は分からず、責任の所在も明らかにならなかった」と話す。

 津波が襲ったあの日、次男さんは職場から香奈さんを捜しに現場に向かった。大川小に近づけたのは震災から2日後。橋のたもとで、ブルーシートの下から見覚えのある靴を履いた子どもの足がはみ出していた。香奈さんだった。

 今でも買い物に行けば必ず香奈さんの分のお菓子を買う。「ひらひらのドレスを着たい」と話していた娘の夢をかなえようと、仏壇のそばには水色のドレス姿の香奈さんの絵が飾られている。15歳になるはずだった今年9月の誕生日に仏壇にケーキを供えた。妻まゆみさん(43)は「ぽっかり穴があいたよう」と深い喪失感をにじませる。

 大川小6年生だった次女みずほさん=同(12)=を亡くした佐藤敏郎さん(53)は当時、中学校の国語の教師だった。なぜ学校の管理下に居ながら、多くの子どもたちが犠牲になったのか。強い疑問を抱き「語り部」として、学校防災のあり方を問う活動を続ける。

 「警報が鳴り響く寒い校庭で、子どもたちは危険を察し、逃げたがっていて、それでも先生を信じて、指示をじっと待っていました」「その事実から目を背けてはいけない」。佐藤さんは代表を務める「小さな命の意味を考える会」のホームページにこう記している。

 「大川小は大丈夫」と信じていた佐藤さんは子どもたちの遺体が並べられた現場で、みずほさんを見つけた。トラックに子どもたちの遺体を、次から次へと乗せるしかなく、「絶対あってはならない。繰り返してはならない」と誓った。

 「大川小のことが知られなかったり、間違って伝わってしまったりするなら自分が話そう」。なぜ避難の意思決定が遅れ、裏山に逃げなかったのか。組織として防災意識に問題はなかったのか。昨年教師を辞めたが、「感覚は教師と同じ。外側から学校を良くしたい」と話した。


福島・富岡町の避難指示、来年1月の解除提示=政府
時事通信 10月25日(火)18時17分配信

 政府は25日、東京電力福島第1原発事故で全域に避難指示が出ている福島県富岡町について、帰還困難区域を除き来年1月に指示を解除したい意向を示した。

 町議会の全員協議会で伝えた。政府は11月、町が開く町政懇談会で住民から意見を聞く予定。

 対象は居住制限区域、避難指示解除準備区域の計3860世帯9679人(7月12日時点)で、住民の約7割に当たる。

 町は来年4月の帰還開始を目標に掲げている。


鳥取県、地震で一部損壊に最大30万円=全国初の公費支援
時事通信 10月25日(火)17時19分配信

 鳥取県中部で発生した最大震度6弱の地震で、県は25日、住宅再建支援制度の対象外だった一部損壊世帯について最大30万円を支給することを決めた。

 今回の地震で支援制度の対象となる全壊、半壊は少数にとどまり、一部損壊が大部分を占めたことを踏まえた。県によると、一部損壊世帯に公費で支援するのは全国初。補正予算に関連経費5億円を計上した。

 県と市町村でつくる協議会が設けている支援制度では、住宅の損害割合が20%以上の場合に半壊などと認定し、半壊は最大100万円、全壊は同300万円を支給している。しかし、今回の地震では対象とならない一部損壊が400棟を超えたため、損害が10%以上20%未満の住宅にも30万円を上限に支援金を交付することにした。

 被害が10%未満の住宅には、程度に応じて1万~5万円の見舞金を送る。

 支援金は2000年の鳥取県西部地震を受け01年に創設した。


鳥取家屋47棟「危険」…1市3町で応急判定
読売新聞 10月25日(火)16時13分配信

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震で、県が倉吉市と湯梨浜(ゆりはま)、北栄(ほくえい)、三朝(みささ)の3町で被災家屋を対象に実施した「応急危険度判定」で、47棟が立ち入りが「危険」と診断されたことがわかった。

 判定は今後も継続する方針で、倒壊の恐れがある建物はさらに増えるとみられる。

 危険度判定は、被災した建物の傾きや外壁のひび割れ状況などを調査し、立ち入り危険を意味する「危険(赤色)」、立ち入りに十分な注意を促す「要注意(黄色)」、使用可能を示す「調査済み(緑色)」の3段階で評価する。県によると、22~24日の3日間で、1278棟を調べ、危険47棟、要注意287棟、調査済み944棟だった。

 また同県は25日、住宅再建支援や避難所運営、農業被害対策などの災害復旧費を盛り込んだ28億5000万円の一般会計補正予算を専決処分した。三朝町に災害救助法の適用も決めた。


「検証中は議論できず」=原発再稼働で米山知事―新潟
時事通信 10月25日(火)13時1分配信

 16日投開票の新潟県知事選で初当選し、25日付で就任した米山隆一知事が同日午前、県庁に初登庁した。

 登庁後、初の記者会見に臨み、東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働問題について「(東電福島第1原発事故の)検証が進む間、議論はできない。現状の理解では再稼働は認められない」と述べ、慎重な姿勢を強調した。

 米山氏は福島事故に関し「まずは徹底的な検証を進めたい」と表明。県と東電の合同検証委員会で調査が進む福島事故時の炉心溶融(メルトダウン)隠蔽(いんぺい)問題をめぐっては「安全に対する一つの判断指針となるレベルまで検証する」と話し、任期中に結論を出したい意向を示した。国や東電に対しては「互いの立場の確認が重要だ。早期に会いたい」と述べた。

 米山知事は共産、自由、社民3党の推薦を得て、自民、公明両党の推す対抗馬に圧勝した。


「高速炉基盤技術を確立」=もんじゅ「成果」評価―文科省部会
時事通信 10月25日(火)12時5分配信

 高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)の研究計画などを検討する文部科学省の専門家作業部会は25日、もんじゅのこれまでの成果について「高速炉発電システムの基盤技術を獲得した」などとする所見をまとめた。

 もんじゅの廃炉を含めた抜本的見直しを議論する政府の高速炉開発会議に報告される。

 多数の点検漏れなど不祥事が続いたもんじゅについては昨年11月、原子力規制委員会が新たな運営主体を示すよう文科相に勧告。文科省は存続を前提に日本原子力研究開発機構に代わる新運営主体の選定作業を続けてきたが、政府は今年9月に抜本的な見直しを打ち出し、経済産業省を中心とする高速炉開発会議を設置して今後の開発方針を官民で協議している。


福島第1廃炉費、年数千億円=東電改革で原子力分社化案―経産省
時事通信 10月25日(火)10時18分配信

 経済産業省は25日、東京電力改革・1F問題委員会(東電委員会)の第2回会合を開き、東電福島第1原発の廃炉費用について、年間数千億円程度の資金確保が必要になる可能性があるとの暫定的試算を提示した。

 東京電力ホールディングスの改革では、柏崎刈羽原発(新潟県)などを有する原子力事業を分社化し、他の事業者と連携させる案を選択肢として示した。

 福島第1原発の廃炉は30~40年に及ぶと見込まれ、廃炉費用の総額は東電が自ら確保するとされている2兆円を大きく上回るのは必至。東電が現在、賠償や除染も含め事故収束に充当できるのは年約4100億円とされ、どの程度の上積みが今後必要となるかが焦点だ。廃炉にかかる詳細な費用は今後精査し、経産省は年末から年明けをめどに提示する。

 東電の原子力事業の分社化・連携案は、再稼働の推進や安全確保への投資拡充、人材維持を図るのが狙い。送配電事業については、他社との連携によって広域運営体制を再構築する案を示した。


74人死亡の大川小裁判、判決にかける遺族の思い
日刊スポーツ 10月25日(火)10時11分配信

 東日本大震災で児童74人が死亡、行方不明となり学校管理下で最悪の津波災害となった宮城県石巻市立大川小の児童23人の19家族が、市と県を相手に23億円の損害賠償を求めた裁判が明日26日、仙台地裁で判決公判を迎える。大川小で長男大輔くん(当時小6)を失い、原告団の団長を務める今野浩行さん(54=会社員)。「裁判に負ければ、子どもが亡くなった時の真実を追究する機会が断たれてしまう」と重圧につぶされそうな日々を送っていた。

 「息つく暇もない、悲しみと怒りが連続した5年7カ月だった」。今野さんは大輔くんと同時に、長女麻里さん(当時高3)次女理加さん(当時高2)も津波で亡くした。

 3年がたった14年3月、仙台地裁に提訴。震災直後から10回に及んだ石巻市教委らとの話し合いや、行政側が行った検証委員会の報告でも、子どもたちが死ななければならなかった理由と真実が分からなかった。

 学校のすぐ近くには裏山があるが、午後2時46分の地震発生から51分もの間、学校側が児童を高台に避難させず、なぜグラウンドに待機するに至ったか。真実を解明することが再発防止につながると信じて、戦ってきた。

 「大輔の目からは血の涙が流れてきました。拭いても拭いてもまたすぐに流れてきます。まるで、死にたくなかった、生きたかったと私に訴えるかのように、何度も流れてきました」

 今野さんの陳述書の一節。遺体安置所で棺に入っていた大輔くんの様子だ。津波から生還した只野哲也さん(17=当時小5)は大輔くんが「先生、山さ逃げよう」と話していたことを震災直後、証言した。小学6年の児童が津波襲来の恐れを訴えていた中、当時の校長、柏葉照幸氏(震災時は出張中で不在)は今年4月の公判で「大川小に津波は来ないとの前提で、学校運営をしていた」と証言した。

 しかし、同校の「危機管理マニュアル」では津波襲来を想定した内容になっていた。さらに震災2日前の前震時、柏葉氏は津波対策を話し合っていたという。

 このように争点は「津波の予見性」に終始した。「目的は真実の検証だった。でも争点が限定的になってしまった」と今野さん。教職員10人が犠牲となる中、唯一生還した男性教諭の証人尋問も精神疾患を理由に実現しなかった。

 それでも敗訴はできない。「負ければ検証する道が断たれる。行政に説明を求めるテーブルにさえつけなくなる。不明者4人の家族は今も捜索を続けるが、その費用負担も大変。勝てば捜索費も行政が出すことになる。再検証も始まる」。

 自宅2階にある3人の遺品置き場には携帯電話がある。「番号を残しておきたかった。出るはずはないけど、かけたこともある。番号がなくなると全てが終わってしまう気がして」。

 津波予見ばかりに焦点が当たったが「判決文には『命の重み』という文言を入れてほしい」と切に語る。勝訴し、再発防止に向けての再検証が始まるまで、墓前で報告は出来ないと考えている。【三須一紀】


<津波被害>大川小訴訟、26日判決 学校の予見性争点
毎日新聞 10月25日(火)8時10分配信

211
児童の避難経路

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校を巡り、児童23人の遺族が市と県を相手取り、23億円の損害賠償を求めた訴訟は26日、仙台地裁で判決が言い渡される。学校側が津波襲来を予見できたか、避難行動が適切だったかなどが争点。学校管理下で多くの犠牲者を出した責任を司法がどう判断するか注目される。

 市が設置した第三者検証委員会の報告書などによると、2011年3月11日の地震発生後、同小は児童らを約5分で校庭へ避難させた。発生から約50分後に校庭より約6メートル高い北上川の橋のたもとへ移動開始直後、津波にのまれ、その場にいた児童78人のうち74人と、教職員11人のうち10人が犠牲となった。

 遺族側は、大津波警報を防災行政無線が伝えた▽市の広報車が高台避難を呼びかけた▽迎えに行った保護者が、10メートル超の津波が来る恐れがあるとの情報を元に、教員に「山に逃げて」と呼びかけたと証言した--などと指摘。津波襲来は予見できたと主張している。

 一方、市側は、校舎は市のハザードマップの浸水予測区域外にあった▽同小は津波時の避難所に指定されていた▽校舎の建つ釜谷地区には過去数百年間津波の経験がなく、地区住民らも多数犠牲になった--などと反論。津波襲来は予見できなかったとしている。

 また、遺族側は、震災発生後に学校の裏山へ避難すれば全員助かったと主張。同小では07年度に地震発生時の危機管理マニュアルを策定し、10年度には津波の対応も追加されたにもかかわらず、避難先の設定など具体的な対策の検討を怠っていたと指摘した。

 これに対し、市側は裏山は傾斜が急で倒木や山崩れの危険性があり、避難先として選ぶことは不可能だったと主張。マニュアルに問題はなく、教職員は震災当日、訓練に従い避難しており過失はなかったと反論している。

 震災を巡る過去の津波訴訟では、園児5人が死亡した石巻市の私立日和幼稚園の遺族が園側を訴えた訴訟で「情報収集していれば津波に襲われる可能性が予見できた」などとして仙台地裁で勝訴(後に仙台高裁で和解)した。一方、従業員12人が犠牲になった七十七銀行女川支店(宮城県女川町)を巡る訴訟では「屋上を超える津波を予測するのは困難で、屋上への緊急避難は合理性があった」とし、最高裁で遺族側敗訴が確定している。【百武信幸】


津波の予見可能性が争点 大川小訴訟あす判決 仙台地裁
産経新聞 10月25日(火)7時55分配信

210
過去の主な津波訴訟の結果(写真:産経新聞)

 東日本大震災で児童・教職員計84人が死亡した宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族29人が、市と県に計23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、仙台地裁で言い渡される。

 学校管理下で戦後最大の犠牲者を生んだ惨事。訴訟は巨大津波が押し寄せる危険性を教職員が予見できたかどうかが争点だ。同種の津波訴訟は仙台地裁などで審理され、予見可能性の有無をめぐり、司法判断が分かれている。

 通園バスが津波で流され、園児ら6人が亡くなった石巻市の日和幼稚園の訴訟では、仙台地裁が平成25年9月、「園が防災無線やラジオで津波情報を集める義務を果たせば、津波を避けるため園児を園にとどまらせる程度の危険性は予見できた」と予見可能性を認め、遺族勝訴の判決を言い渡した。

 一方で地裁が予見可能性を否定したのは、園児3人が命を落とした同県山元町立東保育所の訴訟。26年3月の判決で「保育所は津波情報が得られなかったため、危険性を予見できず、適切な対応が取れなかった」と遺族の請求を棄却した。

 同県女川町の七十七銀行女川支店で屋上に避難した行員12人が犠牲になった訴訟でも、地裁は26年2月の判決で「支店は情報収集と海の見張りを行い、災害マニュアルに従って行員を避難させたが、想定を上回る規模の津波が襲った」と予見可能性を否定し、銀行の法的責任を認めなかった。

 大川小のケースでは、教職員が学校わきの北上川沿いの緑地帯を目指して児童を避難誘導したが、川を越えて押し寄せた津波にのみ込まれた。

 遺族は「津波の危険性が予見されながら、児童を安全な裏山でなく、川に引率した」と主張。県と石巻市は「巨大津波は予見できず、川に誘導してもやむを得なかった」と反論している。


<鳥取地震>建物判定47棟「危険」 全半壊は4棟
毎日新聞 10月25日(火)3時0分配信

209
寺で片付けをするボランティアの人たち=鳥取県倉吉市で2016年10月24日午前11時43分、平川義之撮影

 鳥取県中部で起きた地震の被災地で県が進める「応急危険度判定」で、既に47棟が「危険」と判断されたことが24日分かった。県の建物被害まとめでは全半壊は計4棟にとどまっているが、実際には修繕しなければ危険な建物が多数ある可能性が高い。2次被害の危険もあり、県は他県からも応急危険度判定士の応援を受け、調査を加速している。

 応急危険度判定は、認定登録された判定士が建物の安全性を調べ、▽危険(赤)▽要注意(黄)▽被災程度は小さい(緑)--に分類する。2次被害防止が目的で、赤は中に入るのが危険な場合のほか、壁の落下など外部に被害を与える場合などにも適用される。市町村が被害を証明し、被災者が公的な支援金や税・保険料の軽減措置などを受ける際に必要な罹災(りさい)証明書とは別の制度で、判断基準も異なる。

 県は地震翌日の22日、判定士登録を受けている県職員10人で調査を開始。23日は17人、24日は徳島や島根など5県と国土交通省などから職員の派遣を受け、約50人態勢に拡充した。3日間で計1278棟を調べ、▽赤47棟▽黄287棟▽緑944棟--と判定した。

 24日の調査で、倉吉市福光の会社員男性(41)の自宅は地盤沈下で家が傾いているとして「危険」と判断された。男性は「ショックです。移住も含め、今後どうするかは家族と相談して決めようと思う。地震保険にも入っておらず、修繕費用の補助が行政から出るのか気になる」と話した。

 一方、県が24日午後6時現在でまとめた住宅被害は▽全壊2棟▽半壊2棟▽一部損壊413棟--。県によると、市町では依然、建物被害の規模を把握しきれていないのが実情で、全半壊がさらに増えることも想定している。【高嶋将之、園部仁史】


〔鳥取県中部地震〕災害救助法適用地域に鳥取県三朝町を追加(10/24現在)
レスキューナウニュース 10月25日(火)2時30分配信

鳥取県・内閣府は、10月21日に発生した平成28年鳥取県中部地震により被害を受けた市町村に対し、災害救助法を適用することを発表しました。
24日、新たに鳥取県三朝町が追加され、適用地域は4市町となりました。

■適用地域(★は新たに追加された地域)
鳥取県:倉吉市・★東伯郡三朝町・東伯郡湯梨浜町・東伯郡北栄町(10/21適用)

今までにとられた措置
・避難所の設置等

◆内閣府|平成28年鳥取県中部地震に係る災害救助法の適用について【第2報】
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20161024_01kisya.pdf


<鳥取震度6弱>一部損壊も支援 補修費最大30万円
毎日新聞 10月25日(火)0時56分配信

 鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震で、県は24日、公的支援の対象外になっている「一部損壊」住宅の被害世帯を独自に支援する制度を設けることを決めた。罹災(りさい)証明書で損壊の割合が1割以上2割未満と判断された住宅を対象に、補修経費として最大30万円を支援する。

 国や県の住宅再建支援制度では、全壊から半壊(2割以上の損壊)までが支援の対象だった。しかし、今回の地震では、屋根瓦のずれや落下、壁の損傷など一部損壊の被害が現時点では多く、被災自治体から支援を求める声が上がっていた。県は新たに適用対象となる住宅を約950棟と見込み、事業費は半壊以上も含めて3億5000万円を想定している。

 県は2000年に起きた鳥取県西部地震を機に、「被災者住宅再建支援制度」を創設。県と市町村で積み上げた基金約21億2000万円(2015年度末)があり、新たな支援はこれを財源とする。また、被害程度が1割未満の世帯向けに、義援金を財源とした「見舞金」を支出することも検討している。

 一部損壊の世帯への支援は、熊本地震の際に大分県が義援金を財源に5万円を支給した例がある。【高嶋将之】


<鳥取震度6弱>県中部でナシ7割落果 被害6000万円に
毎日新聞 10月24日(月)20時24分配信

208
地震の影響で地面に落下した収穫間近の梨=鳥取県湯梨浜町で2016年10月22日午後1時10分、平川義之撮影

 鳥取県で最大震度6弱を観測した地震で、県の名産ナシにも大きな被害が出た。栽培が盛んな県中部では7割が落果。JA鳥取中央によると、24日時点で被害額は6000万円に上る見込みだ。収穫を控えていた農家の間にやりきれなさが広がっている。

 この時期に収穫期を迎える「王秋」「あたご」などで被害が大きく、北栄町の岸田一成さん(69)の農園では9割近くが落ちた。中でも11月に収穫のピークを迎えるあたごは実が熟しておらず、全て廃棄せざるを得ない。岸田さんは「自然災害はどうにもならん。ナシは来年も作れるから、命が助かっただけでも良かったと思わないと」とため息をついた。

 県中部の農家がナシを持ち込む湯梨浜町の集荷施設「東郷梨選果場」も実の大きさなどを選別する機械の5台全てが破損し、使えなくなった。だが、少しでも農家の収入の足しにしてもらおうと傷みの少ない王秋の集荷を開始。26日から「訳あり品」として販売する予定だ。

 24日に選果場を視察した平井伸治県知事は「復旧に向けて万全の対応を政府に求めたい」と話した。【小野まなみ】


鳥取で震度3
時事通信 10月24日(月)20時20分配信

 24日午後8時5分ごろと同38分ごろ、鳥取県中部を震源とする地震があり、同県倉吉市などで震度3の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さはいずれも約10キロ。地震の規模(マグニチュード)はそれぞれ4.2と3.7と推定される。同庁は「21日に震度6弱を観測した一連の地震活動の一つとみられる」としている。

 午後8時5分ごろの地震の主な各地の震度は次の通り。

 震度3=鳥取県倉吉市、三朝町、湯梨浜町、北栄町
 震度2=鳥取市、岡山県真庭市、鏡野町。


震度1以上、220回超=鳥取県中部、風雨も注意―気象庁
時事通信 10月24日(月)19時9分配信

 鳥取県中部の地震で、21日午後に最大震度6弱の地震が起きた後、気象庁が24日午後11時までに観測した同1~4の地震は224回に上った。

 震度4の揺れは22日以降はないが、まだ活発な地震活動が続いている。

 鳥取県では25日の日中は南の風がやや強く、昼すぎから雨が降ると予想され、同庁は損壊した家屋を覆うブルーシートなどの飛散に注意するよう呼び掛けている。

 一方、国土地理院は24日までに、衛星「だいち2号」で観測した震源断層付近の地殻変動の解析結果を発表した。政府の地震調査委員会が22日公表した見解では、南北約10キロの断層が横にずれて東側が北へ、西側が南へ移動したと推定されており、おおむね一致した。


もんじゅ結論「延びるかも」=水落文科副大臣、「失言」と撤回―福井
時事通信 10月24日(月)18時50分配信

 水落敏栄文部科学副大臣は24日、政府が高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の取り扱いを年内に決定することに関し、「政治の問題でもあるので、12月中に本当に結論が出るのかどうか不透明な部分はある。場合によっては延びるかもしれない」と述べた。

 福井県の西川一誠知事と会談後、県庁内で記者団に語ったが、その後「失言をした」と撤回した。

 政府は、もんじゅの廃炉を含めた抜本的な見直しを行い、高速炉開発の方針と併せて年内に原子力関係閣僚会議で決定するとしている。

 水落副大臣は知事と会談後、もんじゅを視察。続いて渕上隆信敦賀市長と会談した際に発言を撤回し、「政府としては年末までに、もんじゅと高速炉開発の今後の方針を決定することに変わりはない」と説明した。

 会談後、記者団に撤回の理由を問われた水落副大臣は「自分の頭の中にいろいろなことがあったのでちょっと口が滑った。失言をした」と釈明した。


3月末の避難解除で合意=福島・川俣町と政府―福島原発
時事通信 10月24日(月)18時30分配信

 政府は24日、東京電力福島第1原発事故により福島県川俣町の一部に出されている避難指示を、来年3月31日に解除することで町と合意した。

 高木陽介経済産業副大臣(原子力災害現地対策本部長)と川俣町・福島県が、解除後も国が責任を持って復興に取り組むことなどを記した確認書を締結した。

 対象となるのは、町山木屋地区の556世帯1169人(10月1日現在)。昨年8月末に始まった準備宿泊には、23日時点で47世帯129人が登録している。町が今年8月、来年3月末の避難指示解除を国に要望し、国も応じる方針を示していた。


もんじゅ廃炉の結論「延びるかも」直後撤回 水落副大臣
朝日新聞デジタル 10月24日(月)16時58分配信

 政府が年内に廃炉を含む抜本的な見直しをするとした高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、水落敏栄・文部科学副大臣は24日、福井県庁で報道陣に「極めて重要な問題。場合によっては延びるかも知れない」と述べ、廃炉の結論が年明けになる可能性を示唆した。

 水落氏はこの日、もんじゅを視察する前に同県庁で西川一誠知事と面談。西川氏は「12月という期限があるようだが、あまり拙速に結論を出さずに、慎重に十分時間をかけて議論を重ね、きちんとした方針を出してほしい」と要請した。

 もんじゅの今後の扱いについては、政府の高速炉開発会議が案を示し、原子力関係閣僚会議で方針で決めることになっている。


     ◇

 水落敏栄・文部科学副大臣は24日、政府が年内に廃炉を含む抜本的見直しをするとした高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、存廃の結論が年明けになる可能性を示唆した自らの発言を撤回し、「政府として年末までに方針決定することは変わりない」と述べた。

 水落氏は同日午前、福井県庁で報道陣に、もんじゅの見直し方針が決まる時期について「場合によっては延びるかもしれない」と発言。しかし、同日午後に敦賀市役所で渕上隆信市長に発言の撤回を伝え、報道陣にも「ちょっと口が滑った。12月末を超えることはない」と釈明した。


直下型地震引き起こす“未知の活断層” 島村氏が指摘「東京近辺は堆積物が厚く見えない」
夕刊フジ 10月24日(月)16時56分配信

207
震度6弱を観測した鳥取県倉吉市では、寺院の墓石が多く倒れていた(本社ヘリから)(写真:夕刊フジ)

 不気味な揺れだ。21日午後、鳥取県中部で震度6弱を記録する地震があり、22日未明にも、大分県で震度4の地震があるなど、断続的な揺れが西日本を襲っている。専門家は発見されてこなかった「未知の活断層」が直下型地震を引き起こす危険が高まっていると指摘する。東日本も警戒が必要だ。

 気象庁によると、地震があったのは21日午後2時7分ごろで、震源地は鳥取県中部。地震の規模はマグニチュード(M)6・6と推定されている。鳥取県倉吉市、湯梨浜町、北栄町で震度6弱の揺れを観測した。

 震源付近は昨年10月中旬から年末にかけて、最大震度4をはじめとする地震が相次いでいた。

 大分県佐伯市でも22日午前3時33分ごろ、震度4の地震があった。震源地は日向灘で、地震の規模はマグニチュード(M)4・4と推定される。

 夕刊フジで「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」(木曜)を連載する武蔵野学院大の島村英紀特任教授は「鳥取の震源付近は地震が多い場所として知られている。今後も大きな地震が起きる危険がある」と指摘する。「南海トラフ地震が起きる前には西日本で直下型地震が頻発するということが知られており、今回もその関連地震である可能性が考えられる」と語る。

 4月に発生した熊本地震は、九州沖から関東まで伸びるとされる日本最長の活断層「中央構造線」のライン上で発生した。他の活断層などを刺激し、次の巨大地震が発生する“連鎖反応”が懸念された。今回の地震が東日本の脅威となる恐れはあるのか。

 島村氏によると、今回の地震は中央構造線からかなり離れた場所で起きており、東日本に直接影響を及ぼす可能性は極めて低いとみられる。ただ、「日本では政府が『要注意』と言っている活断層よりも、まだ判明していない、見えない活断層で直下型地震が発生するケースの方がはるかに多い。特に東京近辺は堆積物が厚く、活断層があっても見えない状況だ。こうした見えない活断層が今後、直下型地震を引き超す可能性は極めて高い」という。

 巨大地震はどこで起きてもおかしくない。引き続き警戒が必要だ。


もんじゅ結論、先延ばしも 文科副大臣「重要な問題」
産経新聞 10月24日(月)14時51分配信

 水落敏栄文部科学副大臣は24日、政府が廃炉を含めた抜本的な見直し議論を進めている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の視察のため同県を訪れ、西川一誠知事と面談した。水落氏は面談後、12月中としている見直し議論のとりまとめについて「重要な問題なので場合によっては延びる