« 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・10 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2165 »

2016年10月30日 (日)

イタリア中部でまた大地震 M6.6

イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の強い地震があった。被災地では一部の建物が倒壊、死者は報告されていないが、数十人の負傷者が出ている模様。

震源は中部の町ノルチャから北に約6キロで、震源の深さは約10キロ。ノルチャでは歴史的建造物であるサンベネデット教会など多数の建物が倒壊し大きな被害が発生した。

イタリア中部では8月24日にM6.2の強い地震が発生し、アマトリーチェなどで約300人が死亡したが、このときには今回の被災地ノルチャでは大きな被害はなかった。また今月26日にもマルケ州ビッソ付近でM5.5とM6.1の地震が起き、多くの人々が避難生活を余儀なくされていた。

リンク:<イタリア地震>文化遺産5000件に被害 修復求める声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震、地盤が最大70センチ動く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震の被災地ノルチャ、がれきの下から犬救出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:上下70センチずれる=伊地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊カステルッチョ村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊カステルッチョ村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:上下70センチずれる=伊地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア>中部地震、4万人が避難…地元メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震 避難生活を送る住民が10万人を超える恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震、1万5000人が家失う 歴史的建造物に甚大な被害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:砂塵にまみれた家屋の数々 イタリア地震被災地のドローン映像が投稿される - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:行政側、町外への全員避難を計画…イタリア地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震、20人負傷3000人超避難 14世紀の教会ほぼ崩壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部地震は「正断層型」…続発の可能性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア>2万5000人避難…大地震、2カ月で4回 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中世の街並み、がれきの山に…伊ノルチャ地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の地震 同地域で8月以来4度の強い揺れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の地震 20人負傷、教会が倒壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6、8月に続く大規模地震 死者はなし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部で再び地震 M6.6、20人が負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部でM6.6の地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:倒壊した伊ノルチャの教会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【写真特集】イタリア中部でM6.6の地震 建物倒壊し、負傷者も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア地震>中部またM6.6 建物被害多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊地震で倒壊した建物 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:修道女を助ける伊の消防士 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の地震、米地質調査所 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部でM6.6の強い地震、26日に続き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>イタリア中部でM6.6 複数の建物倒壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリアでM6・6…建物倒壊、20人重軽傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔海外地震〕イタリア中部でM6.6 8月以降3度目のM6級の地震(10/30) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部でM6.6の地震=建物倒壊、数十人負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<イタリア地震>文化遺産5000件に被害 修復求める声
毎日新聞 11/4(金) 21:22配信

254
10月30日の地震で倒壊する前のイタリア中部ノルチャの「聖ベネディクト聖堂」=2016年8月29日、福島良典撮影

 【ローマ福島良典】イタリア中部で10月30日に起きたマグニチュード(M)6.6の地震では中世に建造された教会が倒壊するなど、多くの文化遺産が深刻な被害を受けた。震災後、欧州の文化人らから「西洋文明のルーツを守れ」と文化財の修復と保護を求める声が上がっている。

 フランチェスキーニ伊文化・観光相は2日付地元紙コリエレ・デラ・セラのインタビューで、8月24日のイタリア中部地震以来、約5000件の文化遺産被害の報告があったと明らかにした。現在、約300人の担当官らが被害の程度などを調べているという。防災当局者によると、相次ぐ震災で損傷した文化遺産の修復には数十億ユーロかかるとみられている。

 10月30日の地震では震源地に近いノルチャで、1200年に建造された「聖ベネディクト聖堂」が倒壊した。聖ベネディクトは6世紀前半に活躍したノルチャ生まれの修道士。1964年に当時のローマ法王パウロ6世が「欧州の守護聖人」と宣言した。

 伊メディアによると、世界遺産への登録を目指している断崖絶壁の村、チビタ・ディ・バニョレージョにある鐘楼にも亀裂が生じた。震源地から100キロ以上離れた首都ローマでも、聖パウロ大聖堂にひびが入っているのが見つかった。

 フランスの文化人類学者、マルク・オジェ氏は伊紙レプブリカで、文化遺産が集まるイタリア中部の重要性について「キリスト教にとどまらず、西洋にとってのアイデンティティーの地だ」と指摘。「英国の離脱で欧州連合(EU)が困難な時だけに、私たちの過去のシンボルを早期に再建しなければならない」と力説した。

 フランチェスキーニ文化・観光相は、震災被害対策を専門に担当する文化財監督局を新設する考えを表明している。


イタリア地震、地盤が最大70センチ動く
AFP=時事 11/2(水) 16:46配信

253
先月30日に起きた地震で亀裂の入ったイタリア中部カステッルッチョ近くのモンテ・ポルチェ山(2016年11月1日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード(M)6.6の地震で、研究者らは1日、地震が起こった地域の地盤が最大で70センチ動いたと発表した。

【関連写真10枚】別の山にも大きな亀裂が

 イタリア学術研究会議(Italian National Research Council)が発表した声明によると、衛星画像から130平方キロを超える範囲で地形に変化が見られるという。

 最も変化が大きかったのは、ノルチャ(Norcia)近くの、震源からわずか6キロしか離れていないカステッルッチョ(Castelluccio)で、最大70センチの地盤の隆起または沈下があったという。

 イタリアの観測所によると、先月30日の地震は震源がとても浅かったという。またこの地震の後、約1100回の余震が観測されている。【翻訳編集】 AFPBB News


イタリア地震の被災地ノルチャ、がれきの下から犬救出
ロイター 11/2(水) 14:50配信

252
 11月1日、イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード6.6の地震で、被災地となったウンブリア州ペルージャ県のノルチャで、翌31日にがれきの下から犬が無事救出された様子を映したビデオが公表された。写真はイタリア消防当局提供のビデオ映像から。

[1日 ロイター] - イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード6.6の地震で、被災地となったウンブリア州ペルージャ県のノルチャで、翌31日にがれきの下から犬が無事救出された。

消防当局が公表したビデオには、災害救助犬に導かれた救援隊が、がれきを掘って犬を救出する様子が映っている。犬はほこりまみれだったが、傷ついていなかった。

この地域では今年8月にも大きな地震が発生し、約300人が犠牲となった。多くの住民は避難していたとみられ、この地震による犠牲者の報告はない。


上下70センチずれる=伊地震
時事通信 11/2(水) 9:09配信

251
イタリア中部を10月30日に襲った大地震で、伊国立研究評議会は1日、震源に近いカステルッチョ村では大地が押し上げられたり、沈んだりして最大で70センチの高低差が生まれたと発表した=1日に伊政府提供


伊カステルッチョ村
時事通信 11/2(水) 9:09配信

250
地震の被災地、イタリア中部カステルッチョ村=1日に伊政府提供


伊カステルッチョ村
時事通信 11/2(水) 9:09配信

249
地震の被災地、イタリア中部カステルッチョ村=10月31日撮影


上下70センチずれる=伊地震
時事通信 11/2(水) 5:25配信

 【ローマAFP=時事】イタリア中部を10月30日に襲った大地震で、伊国立研究評議会(CNR)は1日、声明を出し、震源に近いカステルッチョ村では大地が押し上げられたり、沈んだりして最大で70センチの高低差が生まれたと発表した。

 衛星画像を使って、地震の前後を比較した。

 カステルッチョ村は、震源から6キロの距離に位置する中部の町ノルチャ近郊にある。一方、伊国立地球物理学火山学研究所(INGV)は1日、1000回を超える余震が発生しており、うち19回がマグニチュード(M)5~4、240回がM4~3だったと発表した。


<イタリア>中部地震、4万人が避難…地元メディア
毎日新聞 11/1(火) 19:09配信

 【ローマ福島良典】イタリア防災当局は10月31日、同国中部で30日に発生したマグニチュード(M)6.6の地震で避難所に移った被災者が1万5000人以上に達し、さらに増加する可能性があると発表した。地元メディアは少なくとも4万人が避難したと報じている。一部は遠隔地のホテルに移ったが、高齢者を中心に「生まれ故郷にとどまりたい」との要望が出ている。

 イタリア国立地球物理学・火山学研究所によると、10月30日午前7時40分ごろの本震からこれまでの余震は約720回。一夜明けた被災地では31日、車中泊した住民が不安な朝を迎えた。

 市民保護局によると、被災者1万5000人以上が避難。約4500人は数十キロ離れた市町村のホテルに移ったが、1万人以上は被災地に特設された収容施設にとどまっている。伊紙コリエレ・デラ・セラによると、震源地に近いノルチャの被災者の多くは「故郷で暮らし続けたい」と要望。被災地の村長はイタリアの衛星テレビに「皆、ここで生まれ育ち、働いてきた。いまさら行くところはない」と被災者の気持ちを代弁した。


イタリア中部地震 避難生活を送る住民が10万人を超える恐れ
AbemaTIMES 11/1(火) 16:42配信

 イタリア中部で起きた地震で地元当局は、避難生活を送る住民が10万人を超える恐れがあるという認識を示した。イタリア中部ノルチャ近郊で30日に起きた地震は、1980年以来イタリア国内では最大規模になるマグニチュード6.6を観測した。

 現地メディアによると約20人がけがをしたが、死者・行方不明者は出ていない。相次ぐ地震で多くの住民が自宅から避難していたため、被害を免れたとみている。一方で避難する人数は増えており、地元当局は10万人を超える恐れがあるとの見方を示している。

 避難先としてのホテルやテントが不足しており、バスや車の中で過ごす人も多く、過酷な避難生活を強いられている。


イタリア地震、1万5000人が家失う 歴史的建造物に甚大な被害
AFP=時事 11/1(火) 5:04配信

243
イタリア中部ノルチャで、M6.6の地震により崩壊した聖ベネディクト教会(2016年10月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部で先月30日に起きたマグニチュード(M)6.6の地震で、地元当局は31日、1万5000人以上が家を失ったことを明らかにした。また歴史的建造物が受けた取り返しのつかない損傷の規模も明らかになってきている。

【写真10枚】地震により崩壊した歴史的建造物

 過去36年間に同国で起きた中では最大規模となったこの地震では、死者こそ出なかったものの、ここ2か月間で大地震が立て続けに発生した同国中部の山間地帯の町村では数千軒の家屋が全壊、または構造上危険な状態に陥っており、多数の人々が避難生活を強いられている。

 一連の地震とそれに伴う余震により、数々の有名な重要建造物がついに崩れ落ちた。ウンブリア(Umbria)州では30日、起源が5世紀にさかのぼるとされるサンテウティツィオ修道院(Abbey of Sant-Eutizio)が崩壊。同院は同国最古級の修道院で、12世紀のロマネスク様式のファサードとルネサンス様式の鐘楼で知られていた。

 この他、ノルチャ(Norcia)にある14世紀の聖ベネディクト教会(Basilica of Saint Benedict)、アマトリーチェ(Amatrice)にある13世紀の「市民の塔(Civic Tower)」といった重要建築も被害を受けた。

 また中世の大学都市カメリーノ(Camerino)では先週、サンタ・マリア・イン・ビア(Santa Maria in Via)の鐘楼が、1997年の地震後になされた全面的な改装と耐震保護工事のかいなく倒壊した。【翻訳編集】 AFPBB News


砂塵にまみれた家屋の数々 イタリア地震被災地のドローン映像が投稿される
ねとらぼ 10/31(月) 16:39配信

242
広域で建物が倒壊し、砂塵にまみれる現地の様子

 現地時間10月30日7時40分ごろ、イタリア中部でマグニチュード6.5の地震が発生した。現地メディアが、せい惨な現地の様子をドローンによる空撮映像で伝えている。

【イタリア空撮映像ほかの画像】

 震源は中部の町ノルチャ付近で、深さ約10キロ。近隣地域では8月24日と10月26日にも大規模な地震が発生し、多くの住民が避難生活をしていた。同メディアは、立て続けに地震にさらされたアマトリーチェの様子を、地上からの映像でも伝えている。


行政側、町外への全員避難を計画…イタリア地震
読売新聞 10/31(月) 14:19配信

 【ノルチャ(イタリア中部)=佐藤友紀、ローマ=角谷志保美】30日朝にマグニチュード(M)6・6の地震に襲われたイタリア中部ノルチャ近郊では、余震が続く中、住民ら数千人がテントや車中で不安な夜を過ごした。

 確認された負傷者は20人で、死者は報告されていない。ただ、290人が死亡した8月下旬の地震以降、伊中部で起きたM6超の地震は3度目。建物の倒壊被害も広がり、行政側は町外への全員避難を計画している。

 30日の地震は、3000人以上が死亡した1980年のM6・9以来、伊最大規模。耐震化が進んでいた家屋は比較的原形をとどめているが、人口約5000人のノルチャの町を囲う城壁は崩れ、教会など古い建物は崩壊した。


イタリア地震、20人負傷3000人超避難 14世紀の教会ほぼ崩壊
AFP=時事 10/31(月) 13:22配信

238
イタリア中部ノルチャで、マグニチュード6.6の地震後、消防隊員と救助隊員らに救出される車いすの女性(2016年10月30日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部ノルチャ(Norcia)近郊で30日発生したマグニチュード(M)6.6の地震では、当局によると20人が負傷し、3000人余りが避難を余儀なくされている。また600年以上の歴史を持つ教会もほぼ崩壊した。現地では過去2か月大規模な地震が相次いでおり、住民の間に動揺が広がっている。

【関連写真10枚】正面以外倒壊した聖ベネディクト教会

 30日の地震は一帯を襲った地震としては36年ぶりの大きさだったが、市民保護局によると死者が出たという報告はない。負傷した20人も軽傷だという。

 同局のファブリツィオ・クルチオ(Fabrizio Curcio)局長はその一方で「歴史地区では多くの建物が危機的な状態にあり、電気や水の供給にも問題がある」と説明した。

 被災した歴史的建造物のうち最も重要なものは、14世紀にさかのぼるノルチャの聖ベネディクト教会(Basilica of Saint Benedict)。何世紀もの間多数の地震に耐えてきたが、8月末以降続く地震で損壊し、30日の大地震で正面部分を残して全て倒壊した。

 ノルチャの住民は安全上の理由から自宅に戻るのを禁止され、一時的な宿泊場所があるトラジメーノ湖(Lake Trasimeno)までバスで移動した。

 マッテオ・レンツィ(Matteo Renzi)首相はローマ(Rome)で開いた記者会見で「疲弊があきらめに変わってはならない」と被災者らを励ますとともに、被災した家屋は全て再建すると改めて確約した。【翻訳編集】 AFPBB News


伊中部地震は「正断層型」…続発の可能性も
読売新聞 10/31(月) 11:47配信

241
(写真:読売新聞)

 今回の地震はイタリア半島中央部を縦断する「アペニン山脈」に沿って走る断層で発生した。

 専門家によれば、8月以降にイタリア中部で相次いでいる、地震活動の一環とみられる。規模はマグニチュード(M)6・6で、8月にアマトリーチェ近くで発生したM6・2を上回り、一連の地震活動の中では最大となった。

 震源は内陸部の地下約10キロ・メートルと浅く、東京大地震研究所の纐纈(こうけつ)一起教授によると、地下の岩盤が両側に引っ張られることで断層がずれる「正断層型」だった。アペニン山脈周辺には複数の断層があるため、一度地震が起こると、次々に断層がずれ動いて地震が頻発する傾向がある。纐纈教授は「今後もさらに大規模な地震が起こる可能性があり、警戒が必要だ」と話している。


<イタリア>2万5000人避難…大地震、2カ月で4回
毎日新聞 10/31(月) 11:39配信

240
続発する地震で壊滅的な被害を受けたイタリア中部アマトリーチェ=30日、AP

 【ローマ福島良典】イタリア中部で30日に起きた地震では多数の建物が倒壊した。周辺を襲った大地震はこの2カ月余で4度目。既に住民が避難していたこともあり、人的被害は負傷者約20人にとどまっている。一方、イタリアメディアによると、地元自治体の当局者は、一連の地震に伴う避難者が約2万5000人に達すると推定している。

 今回の地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6で、298人が犠牲になった今年8月24日のイタリア中部地震のM6.2を上回る。1980年にイタリア南部で2900人以上の死者を出したM6.9の地震以来、最大の規模だ。

 震源地に近いノルチャ(人口約5000人)は6世紀のキリスト教の修道士、聖ベネディクトの生誕の地。中心部にある聖人ゆかりの聖堂は壁や屋根が崩落し、普段、修道院から外出しない修道女も消防士に付き添われて屋外に避難した。アルタビッラ副町長は伊テレビで、「もう耐えられない」と苦しい胸中を吐露した。レンツィ首相は「家屋も教会も、すべてを再建する」と約束した。だが、イタリア学術会議は「今後も強い地震が起きる事態は排除できない」と警告している。

 一方、8月24日と今月26日にイタリア中部で続発した地震を受け、被災地の住民が既に避難していたことは被害の拡大防止につながった。


中世の街並み、がれきの山に…伊ノルチャ地震
読売新聞 10/31(月) 11:12配信

 【ノルチャ(イタリア中部)=佐藤友紀】イタリア中部を30日朝(日本時間同日午後)に襲った大きな地震は、中世の街並みが残る観光地ノルチャに、がれきの山を築いた。

 相次ぐ大地震で姿をとどめぬ街並みに、住民の声は恐怖で震えた。

 ノルチャには石造りの建物が多く、あちこちの住宅の壁や屋根が壊れていた。地元テレビは洗面所が丸見えになっている住宅を映し出した。付近一帯は、住宅の石ががれきとなって積み上がっている。けが人の多くも崩れてきた石によるものとみられる。

 「いつまで地震は続くのか。言葉に表せないくらいの恐怖を感じる」。町の一角に設けられた救援物資の配給所に2歳の子供のおむつを取りにきた主婦ジャーダ・ビトリーニさん(34)の表情には、恐怖と疲れが張りついていた。8月下旬の地震で自宅の一部が壊れ、危険で暮らせなくなったため、近くの親戚宅で避難生活を送っている。3人の子供のうち、11歳と6歳の2人はローマの親類宅に預け、夫は車で寝泊まりし家族はばらばら。仕事も失った。ジャーダさんは「この町で生まれ育った。この町以外で生きていくことは考えられない」と嘆いた。


イタリア中部でM6.6の地震 同地域で8月以来4度の強い揺れ
BBC News 10/31(月) 10:28配信

イタリア中部ノルチャ付近で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の強い地震が発生した。8月のM6.2の地震以来、同地域は4回にわたり強い揺れに襲われている。

30日の揺れで今のところ死者の報告はないが、複数の建物が倒壊し、約20人が負傷したという。中世に建立されたノルチャの聖ベネデット大聖堂も崩壊した。

イタリア防災庁のファブリツィオ・クルチオ長官は、多くの歴史的建造物に大きな被害が出たものの、死者は報告されていないと発表。

「約20人が負傷した。人的被害という意味では、前向きな状況だが、歴史的地域では多くの建物が深刻な状態で、電気や水の供給に問題がある」と長官は説明した。

米地質調査所(USGS)によると、震源地はウンブリア州の州都ペルージアから南東68キロで、聖ベネデットの生誕地とされるノルチャ町の近く。

揺れは首都ローマや北部ベネツィアでも体感された。ローマでは地下鉄が一時運行を停止した。

26日夜にM5.5とM6.1の揺れが相次いだため、多くの住民は危険な建物から避難していたことが、今回の揺れから多くの命を救った可能性がある。

ノルチャのピエルルイジ・アルタビッラ副町長は、「まるで爆弾の爆発のようだ。みんな絶望しかかっている。あまりに地震が続いて、もう耐えきれない」と話した。

ウンブリア州に隣接するマルケ州のトレンティノ町では、ジュゼッペ・ペッツァネジ町長が「今までで最悪だ。被害は修復不能だ。何千人もの人が表に出て、脅えきって泣いている。これが最後だと思いたい。誰もが心理的にくじけてしまっている」と住民への影響を強く懸念した。

震源地に近いカステルサンタンジェロとプレチでも大きな被害が出ているが、26日夜に相次いだ大きな揺れを受けて、住民のほとんどが避難していた。

伊紙ラ・スタンパによると、カステルサンタンジェロの町長が「みんなすでに退去していた」ため人的被害はないと話した。

付近のウシッタ村やアルクアタ村でも、多くの建物が倒壊したという。

レンツィ首相は、破壊されたものはすべて再建すると約束した。

「非常に大変な経験をしているが、今こうして経験している激しい苦しみと疲労とストレスを諦めに変えてはいけない」と奮起を呼びかけた。

カトリック教会のフランシスコ法王は30日朝のミサで、「負傷した人たち、多くの被害を受けた家族の人たち、そして救急救命関係者のために祈っています」と述べ、大きな拍手を浴びた。

ノルチャの現場から――ジェイムズ・レノルズBBCローマ特派員

相次ぐ地震でノルチャの住民は、不安と疲労にさいなまれている。ステファノさんと家族は、8月の地震以来、キャンピング車で眠っている。屋内で眠るのは危険すぎると判断したからだ。今では、別の地域への引っ越しを検討している。

私がノルチャに到着してから1時間の間に、かなり大きい余震が2度があり、町の古い建物の壁から石やしっくいが落下した。ただでさえ緊張している住民の不安は、余震でさらにひどくなった。

駐車場に救急対策本部が急きょ設置され、防災対策の担当者たちが被害状況を把握しようとしている。

ガソリンスタンドの隣では、町を出ようと荷物をまとめた集団がいた。次の地震をここで待ちたくないのだ。

なぜイタリアで地震が相次ぐのか――ジョナサン・エイモス、BBC科学担当編集員

イタリア・アペニン山脈地域で、わずか3カ月の間にM6以上の揺れが3回起きた。

大局的な状況は比較的よく分かっている。地球規模の地殻運動によって、アペニン地方の地殻が年平均約3ミリずつ、引っ張られているのだ。これは、人間の爪が伸びる速度の約10分の1の速さだ。

このストレスが、山間部を通過する複数の断層の間に広がる。そして山間に張り巡らされた断層の網は、すさまじく複雑だ。

8月の大きな揺れが、近くにある2つの断層に亀裂を走らせたようだと分かってきた。「ラガ」と呼ばれる断層に始まり、「ベットーレ」と呼ばれる断層も割れたようだ。

26日夜の揺れで「ベットーレ」断層の北端がさらに割れた様子だが、8月と26日の揺れによる影響は断層の上層部のみのようで、さらに深い部分が今回の揺れで割れたかどうかが懸念されている。

(英語記事 Italy quake: Norcia tremor destroys ancient buildings)


イタリア中部でM6.6の地震 20人負傷、教会が倒壊
CNN.co.jp 10/31(月) 10:14配信

(CNN) イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の地震が発生した。震源近くに建っていた教会などが倒壊し、少なくとも20人が負傷した。

米地質調査所(USGS)によると、震源は中部ノルチャの北約6キロ、震源の深さは10キロ。救急当局によると、ノルチャ市内でがれきの中から6人が救出された。市内の観光名所、聖ベネディクト教会は正面の一部を残して倒壊した。

今年8月には約80キロ南方で大きな地震があり、300人近い死者が出ていた。この時に避難所や政府提供のホテルに退去したまま帰宅していない住民も多く、30日の地震で死者は報告されていない。ただし一部の村落では交通が遮断され、被害の全容が明らかになっていない。

今月26日にもM5.5とM6.1の地震が観測されていた。CNNの気象専門家は、この2回が30日の本震に先立つ前震だったとの見方を示した。

現場周辺では約20分ごとに余震が続き、約1万5000世帯で停電が起きているという。

レンツィ首相は首都ローマで救助隊に感謝の言葉を贈り、倒壊した家屋や教会、店舗などを「全て再建する」と表明した。

被災地への主要道路は数カ所で寸断されているため、けが人はヘリコプターで病院へ運ばれている。土砂崩れで川がせき止められ、冠水した道路もある。

震源から約90キロ離れた首都ローマでも大きな揺れを感じた。市内の地下鉄は点検のため運転を中止。学校も安全確認のため31日は休校となる。


イタリア中部でM6.6、8月に続く大規模地震 死者はなし
ロイター 10/31(月) 8:49配信

239
 10月30日、米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部ノルチャ付近で午前7時40分(日本時間午後3時40分)、マグニチュード(M)6.6の地震があった。写真は避難する人々の様子。(2016年 ロイター/Emiliano Grillotti)

[ノルチャ(イタリア) 30日 ロイター] - 米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部ノルチャ付近で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)、マグニチュード(M)6.6の地震があった。住宅や教会が倒壊、20人程度が負傷したもようだが、重傷者はおらず、これまでのところ死者は確認されていない。

同国中部では8月24日にも約300人が犠牲となる大規模地震が発生している。8月地震を受けて住民の多くが既に避難していたため、今回の地震では人的被害が比較的軽微なものにとどまったとみられる。

専門家によると、今回の地震は1980年に南部で発生し2735人の死者を出したM6.9の地震以来、イタリアでは最大規模という。


イタリア中部で再び地震 M6.6、20人が負傷
産経新聞 10/31(月) 7:55配信

 【ベルリン=宮下日出男】米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6・6の地震が発生した。

 震源は中部ウンブリア州ノルチャ付近。震源の深さは約10キロとみられる。政府当局によると、現時点で死者の報告はないが、約20人が負傷した。

 現場は今月26日にM5・5とM6・1の地震が相次いだ地域とほぼ同じ。イタリア中部では8月下旬にもM6・2の地震が発生し、ノルチャ近郊のアマトリーチェなどで計300人近くが死亡した。


伊中部でM6.6の地震
時事通信 10/30(日) 21:23配信

238
イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の強い地震があった。写真はイタリア中部の町ノルチャで、地震で被災した女性を運ぶ救助隊員ら。


倒壊した伊ノルチャの教会
時事通信 10/30(日) 20:55配信

237
30日、イタリア中部の地震で倒壊したノルチャの教会=テレビ局「Sky Tg24」の映像より


【写真特集】イタリア中部でM6.6の地震 建物倒壊し、負傷者も
アフロ 10/30(日) 20:43配信

236
10月30日、イタリア中部でにM6.6の強い地震が発生。建物が倒壊し負傷者もでている。写真は中部の町ノルチャの様子。(写真:ロイター/アフロ)


<イタリア地震>中部またM6.6 建物被害多数
毎日新聞 10/30(日) 20:36配信

235
イタリア中部の強い地震で被害を受けた建造物=AP

 【ローマ福島良典】イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろ、強い地震があった。米地質調査所(USGS)によると、震源地はイタリア中部ペルージャ県ノルチャの北約6キロで、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6。防災当局者によると、約20人が負傷したが、死者は確認されていない。

 イタリア中部では8月24日にM6.2の地震があり、300人近くが死亡。今月26日にもM5.5とM6.1の地震が相次いだばかりで、政府や地元自治体が被災者支援や地震対策を急いでいる。

 ノルチャ(人口約5000人)は長年、建造物の耐震化に取り組み、8月24日の地震でも震源地に近かったが、被害は軽微だった。今回は多数の建造物が被害を受けた。

 伊テレビの映像によると、ノルチャ中心部にある教会の屋根が崩落し、がれきで一部の道路が寸断された。住民や修道女が広場に避難し、教会に向かって祈りをささげた。

 8月24日の地震で壊滅的な被害を受けたアルカタ・デル・トロントの当局者によると、村の全域が「危険地区」に指定され、住民は避難中だったため、犠牲者は出なかった。

 首都ローマでも強い揺れを感じた。ANSA通信によると、ローマの地下鉄は安全確認のため、一時運休となった。


伊地震で倒壊した建物
時事通信 10/30(日) 19:53配信

234
30日、イタリア中部で起きた地震で倒壊したノルチャの建物=イタリアのテレビ局「Sky Tg24」の映像より


修道女を助ける伊の消防士
時事通信 10/30(日) 19:39配信

233
30日、地震に見舞われたイタリア中部ノルチャで、腕を取って修道女を助ける消防士ら=イタリアのテレビ局「Sky Tg24」の映像より


イタリア中部でM6.6の地震、米地質調査所
CNN.co.jp 10/30(日) 19:13配信

(CNN) 米地質調査所によるとイタリア中部で30日朝、マグニチュード(M)6.6の強い地震が発生した。震源の深さは10キロ。

激しい揺れのため教会などの建物が倒壊。余震が頻繁に起こる中、駆け付けた救助隊が住民の避難を助けている。現時点で死傷者に関する情報は伝えられていない。

イタリア中部では26日にもM5.5、M6.1の地震が立て続けに起きたが死者は出ていなかった。これらの地域から約80キロ南に位置するアマトリーチェでは、8月24日に起きたM6.2の地震で約270人が死亡した。


イタリア中部でM6.6の強い地震、26日に続き
AFP=時事 10/30(日) 18:13配信

232
マグニチュード6.6の地震に見舞われたイタリア中部ノルチャで、崩れた建物のがれきでつぶされた車。同国の衛星テレビ、スカイTG24の映像より(2016年10月30日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)イタリア中部で30日朝、 マグニチュード(M)6.6の強い地震が発生した。米地質調査所(USGS)が明らかにした。今のところ死傷者などの情報は入っていない。

【関連写真】ひびが入り倒壊寸前の鐘楼

 地震が発生したのはグリニッジ標準時(GMT)午前6時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろで、震源はウンブリア(Umbria)州ペルージャ(Perugia)県ノルチャ(Norcia)の北6キロ。地震の揺れはローマ(Rome)やベネチア(Venice)でも感じられた。

 イタリア中部では、8月24日に大きな地震があり約300人が死亡。また今月26日にもM5.5とM6.1の地震が相次いで発生した。

 市民保護局は、「今朝の地震の影響を受けたすべての町村で、人や建物への被害がないか現在確認を行っている」と述べた。

 イタリアのスカイニュース24(Sky News 24)は、不安そうな住民らが見守る中、屋外にある聖ベネディクト(St Benedict)の像の前で膝をついて祈りをささげる修道士の姿を報じた。また聖ベネディクト教会自体は、今回の地震で倒壊したと報じられている。【翻訳編集】 AFPBB News


<地震>イタリア中部でM6.6 複数の建物倒壊
毎日新聞 10/30(日) 16:42配信

 【ローマ福島良典】米地質調査所によると、イタリア中部で30日朝(日本時間30日午後)、マグニチュード(M)6.6の地震が起きた。震源の深さは約10キロ。ロイター通信によると、現時点でけが人は確認されていないが、複数の場所で建物が倒壊したとの情報がある。

 イタリア中部では8月に290人以上が死亡する地震が発生。その後もM5クラスの地震が相次いでいた。


イタリアでM6・6…建物倒壊、20人重軽傷
読売新聞 10/30(日) 16:24配信

 【ノルチャ(イタリア中部)=佐藤友紀】イタリア中部ノルチャ近郊で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)頃、マグニチュード(M)6・6の地震が発生した。

 米地質調査所(USGS)によると、イタリアでは1980年に南部で起きたM6・9の地震以降、最大。地元当局によると、午後2時現在、少なくとも20人が重軽傷を負ったが、死者は報告されていない。

 ノルチャや周辺の村では建物が倒壊するなど大きな被害が出ており、負傷者の救出活動や捜索が行われている。26日にもM5・5とM6・1の強い揺れが襲い、多くの住民が避難していたため被害の拡大を免れた可能性もある。ローマにある日本大使館によると、日本人の被害報告はない。

 USGSなどによると、震源地はノルチャの北6キロ・メートル、深さは約10キロ。午後1時7分にはM4・6の余震もあった。ノルチャの町の入り口は警察当局の規制線が張られ、道路沿いでは家屋の壁が崩れていた。道路はあちこちに地震による亀裂が入り、山肌から崩れ落ちた土砂が道路脇にたまっていた。

 地元メディアは建物の白い壁が煙を上げながら崩れ落ちる瞬間の映像を流した。中世に建てられた古い教会が多く、歴史的建造物であるサンベネデット教会などすべての教会が崩壊したという。住民らは避難所に集まり、不安そうに肩を寄せ合っている。英BBCは、崩落した修道院から修道女らが救急隊員に救助される様子を伝えた。

 ノルチャのピエルルイージ・アクタビラ副町長は地元メディアに「町は壊れてしまった。ただ、住民の多くは26日の地震の際に避難していたため無事だった」と話した。地元テレビは地震発生時、町にいた人は50人程度だったと伝えた。

 ノルチャは人口5000人に満たない地方で、黒トリュフと生ハムが特産品の観光地。1979年と97年にも大きな地震に見舞われ多くの犠牲者を出したことを教訓に、耐震化を進めた。

 今回の震源地付近では8月下旬に290人以上が死亡する地震が発生。街が消えたとまで言われるほど甚大な被害を受けたアマトリーチェと震源からの距離はほぼ同じだったが、大きな被害はなかった。しかし、今回は多数の建物が倒壊しており、地震の大きさを示している。


〔海外地震〕イタリア中部でM6.6 8月以降3度目のM6級の地震(10/30)
レスキューナウニュース 10/30(日) 16:10配信

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間10月30日15:40頃、イタリア中部を震源とするM6.6の地震が発生しました。
なお、イタリア中部では、ことし8月にM6.2の地震があったほか、日本時間10月27日04:18頃にもM6.1の地震が発生しています。【10月30日16:30現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:イタリア中部(北緯42.8度 東経13.0度)
近隣都市からの方角・距離:
イタリア・プレーチの南東 5.1 km
イタリア・スポレートの東北東 31.3 km
イタリア・フォリーニョの東南東 33.4 km
イタリア・アスコリピチェノの西 39.7 km
イタリア・ラクイラの北北西 61.5 km

発生日時(日本時間):10月30日15:40頃
震源の深さ:10km
地震の規模:M6.6

■イタリア中部を震源とする最近のM6級の地震〔USGS・発生日時は日本時間〕
・10月27日04:18頃 北緯42.9度 東経13.0度 M6.1 ※同日02:10頃にはM5.5の地震も
・08月24日10:36頃 北緯42.7度 東経13.1度 M6.2

■基礎データ
イタリア共和国
人口:60.8百万人
首都:ローマ
在留邦人数:13299人(外務省発表)


伊中部でM6.6の地震=建物倒壊、数十人負傷
時事通信 10/30(日) 16:09配信

 【パリ時事】イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6・6の強い地震があった。

 被災地で一部の建物が倒壊。死者は報告されていないが、数十人の負傷者が出ている。

 報道によると、震源は中部の町ノルチャから北に約6キロで、震源の深さは約10キロ。ノルチャでは歴史的建造物であるサンベネデット教会が倒壊した。地元テレビ局は、ひざまずいて祈る修道士らの映像を放送した。住民の多くは、揺れと同時に屋外に飛び出したとみられる。

 近隣の地区では8月下旬にM6・2の強い地震があり、アマトリーチェなどで約300人が死亡。今月26日にもM5.9とM5.4の地震が起き、多くの人々が避難生活を余儀なくされていた。

 揺れは首都ローマでも感じられ、地下鉄が一時運行を停止するなど市民生活に影響が出た。

« 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・10 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2165 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64424898

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア中部でまた大地震 M6.6:

« 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・10 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2165 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30