« 天皇皇后両陛下、国体総合開会式などにご出席のため岩手県ご訪問 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2152 »

2016年9月29日 (木)

三菱MRJ初号機、米国モーゼスレイクに到着

三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)が9月29日午前9時44分(米西部時間28日午後5時44分)、今後の飛行試験の拠点となる米国モーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港に到着した。

同機は9月26日午後1時28分すぎ、愛知県営名古屋空港を出発し、途中、新千歳空港(北海道千歳市)、ロシアのカムチャツカ、米国アラスカを経由してワシントン州モーゼスレイクに到着した。

今後、2018年に予定される商業運航に必要な「型式認証」の取得に向け、同空港を拠点とした飛行試験を集中的に実施する。

同機は8月27日にフェリーフライトへ出発した際、2日連続で空調システムの監視装置に不具合が起きたため改修を進め、今回の出発前日となった9月25日には、小牧上空を20分間ほど飛行し、機体の確認作業を行なって万全を期していた。

また三菱航空機では、9月25日には飛行試験4号機(JA24MJ)が初飛行に成功。5機ある飛行試験機のうち、初号機(JA21MJ)2号機(JA22MJ)に続き、3機が飛行試験に投入できるようになった。4号機は内装を施し、インテリアや騒音、防氷試験を実施する。

年内に初号機から4号機までの4機をモーゼスレイクへ持ち込む計画を進めており、4機のうち残る3号機(JA23MJ)は、10月に初飛行する見通し。

また5号機(JA25MJ)は、ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)の塗装を施し、国内での飛行試験を続行する。初飛行は2017年初めの予定だが、作業の進展状況によっては本年末もあり得るとしている。
量産初号機のANAへの引き渡しは、2018年中ごろを予定している。これまでにANAや日本航空(JAL/JL、9201)など計7社から427機(確定発注233機、オプション170機、購入権24機)を受注している。

リンク:国産小型旅客機MRJ “3度目の正直”本格飛行試験拠点の米国空港に到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、米拠点にようやく到着 受注獲得は計画順守がカギ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、受注競争のカギ握る米国飛行試験 もう納期遅れは許されず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、北米へのフェリーフライトが完了…型式証明の取得をめざす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>先行き険し…開発「誤算」続き 3度目で米到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:翼を休めるMRJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ米国到着!どんな試験をするのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:初の国産ジェット「MRJ」、米国に到着 挑戦3回目で成功 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓迎の放水を受けるMRJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:来月から本格飛行試験=MRJ米到着、開発最終段階 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米飛行試験拠点の空港に到着したMRJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、米国へ到着 フェリーフライト成功、3度目の挑戦で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、米試験拠点に到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、「留学先」のモーゼスレイクに無事到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJが米国到着…飛行試験実施へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>米西部に着陸 国産旅客機で半世紀ぶり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、米試験拠点に到着=初の海外フライト - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

国産小型旅客機MRJ “3度目の正直”本格飛行試験拠点の米国空港に到着
THE PAGE 9月30日(金)10時33分配信

 三菱航空機(愛知県豊山町)は29日、開発を進める国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の第1号機が、飛行試験の拠点となる米国北西部ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港に、同日午前(現地時間28日夕)に到着したと発表した。納入までの最大の難関とされている、国土交通省の機体安全に関する認証「型式証明」の取得に向け、同所で本格的な飛行試験を重ねて、2018年半ばに予定している初納入の実現を目指す。

Mrj143
米国グラント・カウンティ国際空港に着陸するMRJ第1号機(三菱航空機提供)

「大きな一歩前進」関係者喜び 2500時間の飛行試験など「開発を加速」へ
 第1号機は、26日午後1時28分に愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)を出発。その後は、北海道の新千歳空港やロシアのカムチャツカ半島、米国アラスカ州を経由し、29日午前9時44分(現地時間28日午後5時44分)に、グラント・カウンティ国際空港に到着した。同社関係者は「アメリカへのフライト成功は、MRJ初納入への大きな一歩前進」と話し、MRJの開発加速へ力を込めた。

 同空港は、年間の晴天率が約90%と高く、飛行スケジュールの自由度も高いことから「飛ばしたいときに飛ばしやすい」(関係者)など、型式証明取得に必要とされる飛行試験2500時間分の実施のための条件が整った場所とされる。同社は飛行試験拠点としてモーゼスレイクフライトテストセンターを同空港に設けており、もう1つの海外拠点である米シアトルエンジニアリングセンターと日本の本社という3拠点体制で、飛行試験を重ねていく。

 第1号機の飛行試験開始は、現地での体制が整い次第始めるという。そのほかMRJは2~5号機まであり、2~4号機は1号機と同様に米国へ移して、試験や調整を行う。残りの5号機は日本に置いて、1~4号機の試験で得られたデータや修正を加えるなどして調整していく。

Mrj144
米国ワシントン州モーゼスレイク上空を飛行するMRJ第1号機(三菱航空機提供)

米国行き1カ月遅れで影響心配も 「2018年前半」型式証明取得目指す
 MRJの米国行きについては当初、8月27と28の両日、県営名古屋空港を離陸したが、空調システムの不具合で両日とも引き返し、調整のため約1カ月、延期されていた。今回は3度目の挑戦でつかんだ成功だった。

 MRJの初納入先は全日本空輸(ANA)で、当初より4度延期して2018年半ばに予定されている。米国行きが1カ月遅れたことで、納入スケジュールへの影響を心配する声もあるが、三菱航空機関係者は型式証明取得について「2018年前半までを目指す」と強調。5度目の納入延期は避けたい構えだ。

 型式証明は、国土交通省が審査や承認をする機体の設計安全認証。機体の強度や飛行性能など数百の基準を満たす必要がある。型式証明が無ければ、旅客機として空を飛べないため、型式証明の取得は、MRJ納入への最大の難関とされている。

(斉藤理/MOTIVA)


MRJ、米拠点にようやく到着 受注獲得は計画順守がカギ
産経新聞 9月30日(金)7時55分配信

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が28日夕(日本時間29日午前)、米ワシントン州モーゼスレイクの空港に到着した。10月から本格的に飛行試験を開始する。ライバルとの受注競争の面から、これ以上の納期の遅れは許されず、米国での飛行試験の重要度が増している。

 MRJの試験1号機は現地時間の28日午後5時45分ごろ、モーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港に着いた。当初は8月の米国入りを試みたが、機器の不具合で、2日続けて離陸後に引き返し、約1カ月遅れの到着となった。

 三菱航空機は平成30年半ばにMRJをANAホールディングス(HD)に引き渡す予定。2500時間の飛行試験を行い、同年中に運航に必要な「型式証明」の取得を目指す。1号機に続いて、2~4号機も飛行環境が整ったモーゼスレイクに順次持ち込む。

 MRJは開発遅れで4度も納期を延期している。米国入りも約1カ月遅れた。国土交通省の関係者は「不具合も不安だが、型式証明の取得が50年ぶりで、手続きを迅速に進められるかが課題だ」と指摘する。

 一方、ライバルのブラジルのエンブラエルは燃費性能が高いMRJと同じエンジンを採用した同型機を32年に引き渡す予定。5月には30年に投入予定のMRJよりも座席数が多い旅客機の初飛行を計画よりも前倒しして成功させた。

 エンブラエルは型式証明の取得を含め、機体開発の経験が豊富でMRJよりも優位な立場にある。

 三菱航空機は計1千機の受注獲得を目指しており、現在、計447機の受注を獲得している。残りの受注を積み重ねるには、これ以上の納期遅れは許されない。(黄金崎元)


MRJ、受注競争のカギ握る米国飛行試験 もう納期遅れは許されず
SankeiBiz 9月30日(金)7時15分配信

 MRJの試験1号機が約1カ月遅れで、米ワシントン州モーゼスレイクの空港に到着した。これから飛行試験を本格化させる。ライバルのブラジルのエンブラエルとの受注競争が激しくなっており、これ以上の納期遅れは許されない。米国での飛行試験を計画通りに進められるかが、今後の受注競争を左右しそうだ。

 28日にグラントカウンティ国際空港に到着したMRJは10月から飛行試験を本格化させる。2018年半ばにANAホールディングス(HD)に引き渡し予定のMRJは2500時間の飛行試験を行い、同年中に運航に必要な「型式証明」の取得を目指す。

 1号機に続いて、2~4号機も、飛行環境が整ったモーゼスレイクに順次持ち込み、これから安全性の確認や寒冷地など特殊な条件下で試験を行う。

 半世紀ぶりの国産旅客機となるMRJは開発の遅れで4度も納期を延期。米国での飛行試験も不具合で開始が約1カ月遅れた。国土交通省の関係者は「不具合も不安だが、型式証明の取得も50年ぶりで、手続きを迅速に進められるかが課題だ」と指摘する。

 一方、ライバルのエンブラエルは燃費性能が高いMRJと同じエンジンを採用した同型機の開発を進め、20年に引き渡す予定。18年にMRJより座席数が多い旅客機も投入する予定だが、今年5月に初飛行を計画よりも前倒しして成功させた。エンブラエルは型式証明の取得を含め、機体開発の経験が豊富で、MRJよりも優位な立場だ。

 100席以下のリージョナルジェット市場は今後需要増が見込まれ、三菱航空機は計1000機の受注獲得を目指している。現在、計447機の受注を獲得しているが、残りの分を積み重ねるには、これ以上の納期遅れは許されない。ライバルの足音が近づく中、米国での飛行試験の重要度は確実に以前よりも増している。(黄金崎元)


MRJ、北米へのフェリーフライトが完了…型式証明の取得をめざす
レスポンス 9月29日(木)23時57分配信

Mrj141
グラントカウンティ空港に着陸するMRJ

三菱航空機および三菱重工業は29日、『MRJ』飛行試験機初号機の北米へのフェリーフライトを同日完了したと発表した。

[関連写真]

MRJはこれまで愛知県営名古屋空港で飛行試験に取り組んできたが、2018年の型式証明(TC:Type Certification)取得に向け、北米で高頻度での飛行試験を実施する。

飛行試験機初号機は、日本時間26日午後1時28分に県営名古屋空港を出発し、29日午前9時44分(現地時間28日午後5時44分)に、アメリカ合衆国ワシントン州にあるグラント・カウンティ国際空港に到着した。北米での試験飛行に向かうMRJは、装置の不調でこれまで2度ほど中途で日本へ引き返していた。

今後は、グラント・カウンティ国際空港に設けた飛行試験拠点であるモーゼスレイクフライトテストセンターを中心に、シアトルエンジニアリングセンター、本社を加えた日米3拠点が連携して飛行試験に取り組む。

《レスポンス 高木啓》


<MRJ>先行き険し…開発「誤算」続き 3度目で米到着
毎日新聞 9月29日(木)23時22分配信

Mrj142
グラント郡国際空港に到着し、関係者の歓迎を受けるMRJのパイロットら=米西部モーゼスレークで28日午後6時26分、竹地広憲撮影

 【モーゼスレーク(米西部)竹地広憲】国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」は28日夕(日本時間29日午前)、米モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に初めて着陸した。開発主体の三菱航空機は同空港を拠点に試験飛行を本格化させる計画だ。ただ、これまで同社は初号機の納入時期を4度延期したほか、8月下旬には空調システムの不具合で米国行きを2度中断。開発や受注活動の道のりはなお険しい。

 「ここに4機を持ってくる。しっかり試験を進めたい」。MRJの着陸後、三菱航空機モーゼスレークフライトテストセンターの岩佐一志・副センター長は、こう強調した。

 グラント郡国際空港は終日試験飛行が可能で、晴天率も9割以上と飛行に適した環境にあるのが特徴。同社はMRJの試験機5機のうち4機を年内にも同空港へ移送し、日米で計2500時間の試験飛行を実施する。安全性を認める国土交通省の「型式証明」を2018年初めに取得し、同年半ばに初号機を全日本空輸へ納入するスケジュールを描く。

 だが、MRJの開発は「誤算」続きで、想定の期間内に試験飛行や機体の改修を完了できるかが最大の課題だ。MRJは昨年11月、国内で初飛行に成功したが、翌12月には試験項目の追加などで納入時期の延期を発表した。延期は4度目で、納入時期は当初予定(13年)から5年も遅れることになる。米国入りさえ3度目の挑戦でようやく実現した。

 岩佐副センター長は「元々、米国への移送は秋以降の予定だった。(夏に前倒しをしようとしただけで)遅れていない」と説明する。ただ、さらなる納入延期を予想する見方もあり、航空経営研究所の橋本安男主席研究員は「不具合があれば部品の供給元との調整が必要になる。今後も想定外の改修を迫られる可能性がある」と指摘している。

 開発・納入が遅れれば、ライバル社との受注競争が不利になりかねない。三菱航空機は今年7月、欧州のリース会社と契約を結び、受注数を累計447機に積み上げた。それでも1000機という当面の目標の半分以下。小型機市場で先行するブラジルのエンブラエルは18年以降に販売する新型機の受注数が既に600機を超えており、さらに差が開く恐れもある。

 国産初のプロペラ旅客機「YS11」は1966年、米国でデモ飛行を実施し、現地で認知度を高めた。三菱航空機内では「試験飛行で実際に飛ぶ姿を見せれば、米国の顧客にアピールできる」(幹部)との期待もある。主要市場と位置づける米国でMRJは今後、正念場を迎える。

 【キーワード】MRJ

 三菱重工業が2008年に事業化を決定し、同年に開発主体の三菱航空機を設立した。機体は70~90席の2種類で、航続距離は最長で3770キロ。最新鋭の米社製エンジンを搭載し、従来機と比べて燃費性能を約2割向上させたのが特徴。機内の広さや低騒音も強みで、カタログ価格は1機約50億円。

 小型機市場で先行するブラジル・エンブラエルとカナダ・ボンバルディアが主な競合相手。MRJは航空機による都市間移動が盛んな米国が主要市場。これまでの受注数447機のうち、米国の航空会社、リース会社は計360機で8割強を占める。同じく都市間の運航が多い欧州や、経済成長が期待されるアジアでの販路拡大も課題になっている。


翼を休めるMRJ
時事通信 9月29日(木)17時36分配信

Mrj140
初の海外フライトを終え、翼を休めるMRJ(三菱リージョナルジェット)=28日、米ワシントン州モーゼスレイク


MRJ米国到着!どんな試験をするのか
ニュースイッチ 9月29日(木)16時38分配信

Mrjatp
米国でのMRJの試験地

高高度での離着陸や寒冷地試験
 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産小型ジェット旅客機「MRJ」は28日(現地時間)、米ワシントン州のグラント郡国際空港に到着した。秋から米国での試験飛行を始める。2018年半ばに設定する全日本空輸(ANA)への初号機納入に向けて、MRJ開発の最前線は、日本から米国に移る。

 同社が米国での試験拠点とするグラント郡国際空港(ワシントン州モーゼスレイク)は5本の滑走路を備え、晴天率9割と気象条件に恵まれる。日本国内での飛行は1機あたり1日1回が基本だが、「モーゼスレイクなら1日最大3回は飛ばせる」(岸信夫副社長)。同社は試験機を4機持ち込むため、物理的には1日最大12回の飛行が可能。高高度での離着陸試験や寒冷地試験が可能な場所も、全米に点在する。

 米国での試験開始に備え、協力会社の米エアロテック(ワシントン州)などを通じ、現地で新たに300人規模の人材を採用。親会社の三菱重工業で長年、航空機部門を引っ張った巽重文氏(元執行役員)、石川彰彦氏(元執行役員フェロー)の2人を4月1日付で三菱航空機副社長に受け入れ、マネジメント体制も強化した。巽氏は米ワシントン州シアトルの設計拠点に、石川氏はグラント郡国際空港に派遣する。日本の本社と合わせた3拠点体制で総力を挙げて開発を推進する。

 順調なら1年間で試験飛行が完了すると見通し。トラブル発生について三菱航空機の森本浩通社長は「試験の結果によっては、機体を改修しないといけない場合がある。そうなった場合の影響が読めない。日本に機体を持ち帰って改修するのは時間の損失なので、現地で改修できる体制を整える」と話す。また改修については「ハードウエア部分は問題ないだろう。必要なのはソフトウエア部分だ。バグの解消やソフトのバージョンアップが考えられる」としている。

 日本国内でもMRJの開発が進展するのに伴い、量産や整備拠点の検討が同時並行で進んでいる。「MRJの“M”はみんなのM」と過去に三菱航空機幹部が言っていた時期もある。”みんな“の期待を乗せたMRJは、米国という新天地で上昇気流をつかもうとしている。


初の国産ジェット「MRJ」、米国に到着 挑戦3回目で成功
AFP=時事 9月29日(木)16時28分配信

Mrj139
米ワシントン州モーゼスレイク上空を飛行する日本国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)1号機。三菱航空機と三菱重工が公開した(2016年9月28日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries)は、国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が米西部時間28日、試験飛行のため米国に到着したと発表した。米国への移送は2回失敗していたが、3回目で成功にこぎ着けた。

【関連写真3枚】MRJ着陸の瞬間

 MRJは26日に名古屋(Nagoya)を離陸。給油のため北海道(Hokkaido)、ロシア、米アラスカ(Alaska)州アンカレッジ(Anchorage)を経由して、米ワシントン(Washington)州のグラント(Grant)郡国際空港に到着した。

 三菱では2018年の商用飛行開始を目指しており、国土交通省の「型式証明」取得に向け、米国内で試験飛行を繰り返す予定。三菱によれば約2500時間の試験飛行が必要となる見通しで、さらに3機を米国に移送して計画を加速する方針だ。

 MRJは8月、米国に向けて出発したが、離陸後に空調システムの不具合が見つかり、2回にわたって引き返しを余儀なくされていた。【翻訳編集】 AFPBB News


歓迎の放水を受けるMRJ
時事通信 9月29日(木)15時47分配信

Mrj138
着陸後に歓迎の放水を受けるMRJ(三菱リージョナルジェット)=28日夕、米ワシントン州モーゼスレイク


来月から本格飛行試験=MRJ米到着、開発最終段階
時事通信 9月29日(木)15時38分配信

 【モーゼスレイク(米ワシントン州)時事】国産初の小型ジェット旅客機、MRJ(三菱リージョナルジェット)の1号機は28日午後(日本時間29日午前)、本格的な飛行試験の拠点となる米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港に到着した。開発主体の三菱航空機(愛知県豊山町)は準備を整えた上で10月から、MRJの商業運航の前提となる国の「型式証明」の取得に向けた飛行試験に着手する。2008年にスタートしたMRJ開発作業は、18年半ばの納入開始に向けて最終段階に入る。

 岩佐一志モーゼスレイクフライトテストセンター副センター長は1号機の到着後、記者団に「ワシントン州は航空機産業の集積地だ。こちらのノウハウや知見も生かし、開発をスピードアップしたい」と述べた。

 型式証明の取得には約2500時間の飛行試験が必要で、晴天が多い気象条件を生かし、9割以上を米拠点で行う計画。飛行試験には1号機に続いて年内にも順次到着する2~4号機も活用し、機体の安全性を集中的に確認する。

 MRJは、1960年代に開発されたプロペラ機の「YS11」以来、約50年ぶりの国産旅客機。座席数は70~90席で、世界的に需要が拡大する近距離用旅客機市場への参入を目指している。15年11月に初飛行に成功し、これまでに国内外の7社から計447機を受注した。


米飛行試験拠点の空港に到着したMRJ
時事通信 9月29日(木)11時27分配信

Mrj137
グラントカウンティ国際空港に着陸するMRJ(三菱リージョナルジェット)=28日夕、米ワシントン州モーゼスレイク


MRJ、米国へ到着 フェリーフライト成功、3度目の挑戦で
Aviation Wire 9月29日(木)11時11分配信

Mrj136
新千歳空港で出発前のMRJ飛行試験初号機と記念撮影するフェリーフライトのクルーら=16年9月22日5時55分 PHOTO: Shota DOKI/Aviation Wire

 三菱航空機が開発を進めている国産ジェット旅客機「MRJ」の飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)が現地時間9月28日午後5時44分(日本時間29日午前9時44分)、飛行試験の拠点となる米国モーゼスレイクへ到着した。米国へのフェリーフライト(空輸)は、3度目の挑戦で成功した。

 これまでは県営名古屋空港(小牧)で飛行試験を進めてきたが、2018年の型式証明(TC)取得に向け、北米で飛行試験を多頻度で実施し、開発を加速させる。

 初号機は26日午後1時28分に小牧を出発。整備や給油作業を行う新千歳空港には、同日午後2時59分すぎに着陸した。

 新千歳を出発する27日朝は、クルーたちが機体の前で記念撮影して初号機に乗り込んだ。新千歳からはロシアのカムチャツカ半島と米国アラスカを経由し、ワシントン州モーゼスレイクへ向かった。

 フェリーフライトは今回で3度目の挑戦。8月に出発した際は、27日と28日に2日連続で空調システムの監視装置に不具合が発生し、小牧へ引き返した。

 三菱航空機では9月25日、飛行試験4号機(JA24MJ)が初飛行に成功。5機ある飛行試験機のうち、初号機と2号機(JA22MJ)に続き、3機が飛行試験に投入できるようになった。年内に初号機から4号機までの4機をモーゼスレイクへ持ち込む計画を進めており、残る3号機(JA23MJ)は、10月に初飛行する見込み。

 ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)への量産初号機の引き渡しは、2018年中ごろを予定している。MRJは8月31日に正式契約した米エアロリースの発注により、ANAや日本航空(JAL/JL、9201)など計7社から427機(確定発注233機、オプション170機、購入権24機)を受注している。


MRJ、米試験拠点に到着
時事通信 9月29日(木)11時1分配信

Mrj134
三菱航空機が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の1号機が28日夕(日本時間29日午前)、飛行試験の拠点となる米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港に到着した。


MRJ、「留学先」のモーゼスレイクに無事到着
sorae.jp 9月29日(木)10時45分配信

Mrj124
モーゼスレイクに到着したMRJ。近いうちに4機での「留学生活」に入る。
20160901nmrj

2016年9月29日午前(日本時間)、三菱航空機の国産ジェット旅客機MRJの1号機が、アメリカのワシントン州モーゼスレイクにあるグラント郡国際空港に到着した。MRJの飛行試験がいよいよ本格化する。

MRJ1号機は2015年11月11日の初飛行以来、工場のある愛知県営名古屋空港で飛行試験を行ってきた。モーゼスレイクは日本と比べて天候が良く試験飛行の日数を多くとれること、経験豊富なアメリカの航空関連企業のサポートが受けられることなどから、今後の飛行試験はモーゼスレイクで行われる。三菱航空機はモーゼスレイクに試験拠点を構え、8月に開所を予定していたが、MRJ1号機の搭載機器のトラブルから2回にわたって渡米は延期され、3回目のフライトでようやく到着した。

なおMRJ飛行試験機は全部で5機製造されており、1号機のほか4号機までがモーゼスレイクへ移動して「留学生活」に入る予定。ANAカラーに塗装された5号機は日本国内に残って飛行試験を行う予定だ。型式証明(MRJが旅客機に必要な安全性を備えているという国際的な認証)に必要な飛行試験を予定通り完了すれば、2018年には最初の量産機がANAに納入され、営業運航を開始するだろう。


MRJが米国到着…飛行試験実施へ
読売新聞 9月29日(木)10時43分配信

 国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が日本時間の29日、米国ワシントン州の拠点に到着した。

 10月以降、米国でも飛行試験を始める。MRJは8月下旬に2日連続で米国に向けて出発したが、いずれも空調センサーの不具合で引き返しており、3度目の挑戦で実現した。

 29日午前5時20分(アラスカ時間28日午後0時20分)、米アラスカ州のアンカレジ空港を出発、約4時間半後の午前9時44分(米西部時間28日午後5時44分)にワシントン州のグラント・カウンティ国際空港に到着した。

 グラント空港は定期便がなく、周辺の晴天率は90%以上と高い。MRJは2018年半ばの納入開始までに日米で計約2500時間の飛行試験を計画しており、そのうち9割以上を米国で行う予定だ。


<MRJ>米西部に着陸 国産旅客機で半世紀ぶり
毎日新聞 9月29日(木)10時4分配信

Mrj135
米国に到着して放水のアーチで出迎えられるMRJ=米西部モーゼスレークで28日午後6時ごろ、竹地広憲撮影

 ◇モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に

 【米西部モーゼスレーク竹地広憲】国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が28日夕(日本時間29日午前)、試験飛行の拠点となる米西部モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に着陸した。

 新型の国産旅客機が米国に飛来するのは、国産初のプロペラ機「YS11」(官民出資の日本航空機製造が開発)がデモ飛行した1966年9月以来、半世紀ぶり。米国への移送は8月下旬に空調システムの不具合で2度中断しており、3度目で実現にこぎ着けた。


MRJ、米試験拠点に到着=初の海外フライト
時事通信 9月29日(木)9時58分配信

Mrj134
三菱航空機が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の1号機が28日夕(日本時間29日午前)、飛行試験の拠点となる米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港に到着した。

 【モーゼスレイク(米ワシントン州)時事】三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の1号機が28日夕(日本時間29日午前)、飛行試験の拠点となる米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港に到着した。

 今後、商業運航に必要な「型式認証」の取得に向け、米国で飛行試験を集中的に実施する。

 1号機は26日に愛知県営名古屋空港(豊山町)を出発。ロシア・カムチャツカ半島や米アラスカ州などを経由した。初の海外フライトは当初、8月中の予定だったが、空調システムのトラブルで離陸後に2度引き返した。

« 天皇皇后両陛下、国体総合開会式などにご出席のため岩手県ご訪問 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2152 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64272789

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱MRJ初号機、米国モーゼスレイクに到着:

« 天皇皇后両陛下、国体総合開会式などにご出席のため岩手県ご訪問 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2152 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30