« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・20 | トップページ | 加藤紘一が死亡 »

2016年9月10日 (土)

天皇皇后両陛下、豊かな海づくり大会ご出席のため山形県入り

天皇皇后両陛下は10日、第36回全国豊かな海づくり大会出席などのため、羽田空港から特別機で山形県へ向け出発された。

両陛下は11日に酒田市で開催される大会式典にご出席された後、鶴岡市の港で稚魚を放流。12日は同市の松ケ岡開墾場を視察され、空路で帰京される予定。

リンク:多くの出迎えにお喜び 両陛下、山形からご帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、山形の史跡ご視察 11日にはビデオ後初の地方式典 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>山形から帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:松ケ岡開墾場を視察される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>海づくり大会に出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、海づくり大会ご臨席 ヒラメなどの稚魚を放流 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下が海づくり大会に出席…山形 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稚魚を放流される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稚魚の放流を終えられた両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>両陛下が海づくり大会 山形訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、海づくり大会に出席=山形 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、歓迎に笑顔 「海づくり大会」で14年ぶり山形ご訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>山形の水族館視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、海づくり大会出席で山形入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、山形の水族館ご視察 ビデオ後初の地方式典 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:クラゲの水槽を見学される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:あいさつされる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、山形県入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>豊かな海づくり大会で山形へ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

多くの出迎えにお喜び 両陛下、山形からご帰京
産経新聞 9月13日(火)7時55分配信

 10、11日に酒田市と鶴岡市で開かれた「全国豊かな海づくり大会」に臨席した天皇、皇后両陛下は12日、明治時代に日本の養蚕業を支えた鶴岡市の松ケ岡開墾場をご視察。その後、庄内空港から特別機で帰京された。

 両陛下は10日午後に来県し、鶴岡市内の加茂水族館などを視察された。11日午前は酒田市内で大会式典に臨席し、午後はJR東日本の特別列車で庄内地方の漁業拠点の鼠ケ関(ねずがせき)港にご移動。ヒラメやクロダイ、トラフグの稚魚を放流する行事に参加された。

 宮内庁の牛嶋正人侍従は11日、鶴岡市内で記者会見し、両陛下が列車で移動された際の車内でのご様子について、「ほとんどお二人とも立ちっぱなしで、沿線で手を振る皆さまにお応えしていた。たくさんの方の出迎えに喜んでいらっしゃった」と説明した。

 列車移動については「お疲れはあると思うが、沿道で手を振る方が両陛下を見つけてぱっと顔が明るくなる瞬間は、両陛下の元気の源だと思う」と述べた。


両陛下、山形の史跡ご視察 11日にはビデオ後初の地方式典
産経新聞 9月12日(月)22時16分配信

 山形県入りしていた天皇、皇后両陛下は12日、旧庄内藩士らが明治期に広大な原生林を開墾した鶴岡市の国の史跡「松ケ岡開墾場」を視察された。ここでは当時、総輸出額の4割以上を占めた生糸の生産が行われ、蚕を飼育する蚕室や餌となる桑の貯蔵庫などが残されている。両陛下は蚕室内を丁寧に見て回り、「開墾は蚕のために行ったんですか」と熱心に質問されていた。皇后さまは、皇居内で蚕を育てて繭を収穫する養蚕をされている。

 これに先立ち両陛下は11日、酒田市民会館「希望ホール」で行われた全国豊かな海づくり大会の式典に臨席された。陛下がビデオメッセージを公表して以降、地方での式典ご臨席は初。その後、鶴岡市内に移動し、鼠ケ関(ねずがせき)港で陛下はヒラメとクロダイの稚魚を、皇后さまはヒラメとトラフグの稚魚を放流された。両陛下は12日夕、帰京された。


<両陛下>山形から帰京
毎日新聞 9月12日(月)19時24分配信

 天皇、皇后両陛下は12日、明治維新を機に旧庄内藩士が開墾して養蚕業を興した史跡「松ケ岡開墾場」(山形県鶴岡市)を訪ねられた。その後、庄内空港から特別機で帰京した。3日間の山形滞在中、11日には酒田市で「第36回全国豊かな海づくり大会」の式典に出席し、鶴岡市の鼠ケ関(ねずがせき)港ではヒラメなどの稚魚を放流した。

 11日の移動の際、JR羽越線で特別列車を利用した。菊の紋章が付いた特別列車に乗るのは2012年10月の山梨県訪問以来。沿線には大勢の県民らが集まり、両陛下は窓辺に立ち手を振って応えていた。【山田奈緒】


松ケ岡開墾場を視察される両陛下
時事通信 9月12日(月)16時46分配信

541
松ケ岡開墾場の旧蚕室を視察される天皇、皇后両陛下=12日午前、山形県鶴岡市(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下が帰京
時事通信 9月12日(月)16時11分配信

 第36回全国豊かな海づくり大会出席などのため、10日から山形県を訪れていた天皇、皇后両陛下は12日夕、庄内空港発の特別機で帰京された。

 両陛下はこれに先立ち、明治維新当時に庄内藩士が養蚕業を興した「松ケ岡開墾場」(国指定史跡、鶴岡市)を視察した。1875年に建てられた旧蚕室を訪れた天皇陛下は、「建物がよく残りましたね。非常に貴重なものですね」と感心した様子。床下で生木を燃やして蚕室を暖める「埋薪」の仕組みや、当時使われていた養蚕道具などを熱心に見て回った。


<天皇、皇后両陛下>海づくり大会に出席
毎日新聞 9月12日(月)11時19分配信

540
鼠ケ関港で稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=山形県鶴岡市で2016年9月11日、佐々木順一撮影

 天皇、皇后両陛下は12日、明治維新を機に旧庄内藩士が開墾して養蚕業を興した史跡「松ケ岡開墾場」(山形県鶴岡市)を訪問された。11日には同県酒田市で「第36回全国豊かな海づくり大会」の式典に出席し、鶴岡市の鼠ケ関(ねずがせき)港でヒラメなどの稚魚を放流した。

 両陛下は11日の移動の際、JR羽越線で特別列車を利用した。菊の紋章が付いた特別列車に乗るのは、両陛下とも2012年10月の山梨県訪問以来。


両陛下、海づくり大会ご臨席 ヒラメなどの稚魚を放流
産経新聞 9月11日(日)20時15分配信

 山形県入りしている天皇、皇后両陛下は11日、酒田市民会館「希望ホール」で行われた全国豊かな海づくり大会の式典に臨席された。8月8日に天皇陛下がビデオメッセージを公表し、「生前退位」への強いお気持ちを表明されて以降、地方での式典ご臨席は初めて。

 式典では、最優秀作文に選ばれた市立宮野浦小2年の前田樹一(じゅいち)くん(7)が、緊張しながらも無事に作文の朗読を終えると、両陛下は笑顔で盛んに拍手を送られていた。その後、菊の紋章が入ったいわゆる「お召し列車」で鶴岡市内にご移動。鼠ヶ関港で漁船によるパレードなどの海上歓迎行事を見学し、天皇陛下はヒラメとクロダイの稚魚を、皇后さまはヒラメとトラフグの稚魚をそれぞれ放流された。JR東日本が運用する特別車両を両陛下が利用されたのは、平成24年10月以来という。


天皇、皇后両陛下が海づくり大会に出席…山形
読売新聞 9月11日(日)20時12分配信

539
「全国豊かな海づくり大会」でヒラメの稚魚を放流される天皇、皇后両陛下(11日午後、山形県鶴岡市で)=菅野靖撮影

 山形県を訪問中の天皇、皇后両陛下は11日、第36回全国豊かな海づくり大会に出席された。

 両陛下は酒田市で開かれた大会式典に臨まれた後、鶴岡市の放流行事会場に移動。大漁旗を掲げた漁船団の歓迎を受け、ヒラメやクロダイなどの稚魚を海に放たれた。

 12日午前には、旧庄内藩士が明治維新を機に養蚕業に取り組んだ「松ヶ岡開墾場」を視察し、同日午後に帰京される。


稚魚を放流される両陛下
時事通信 9月11日(日)17時52分配信

538
第36回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=11日午後、山形県鶴岡市の鼠ケ関港(代表撮影)

(時事通信社)


稚魚の放流を終えられた両陛下
時事通信 9月11日(日)17時52分配信

537
第36回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、稚魚の放流を終えられた天皇、皇后両陛下=11日午後、山形県鶴岡市の鼠ケ関港(代表撮影)


<皇室>両陛下が海づくり大会 山形訪問
毎日新聞 9月11日(日)16時59分配信

 天皇、皇后両陛下は11日、山形県酒田市の希望ホールで開かれた第36回全国豊かな海づくり大会の式典に出席された。式典後は鶴岡市の鼠ケ関港に移動。港では、陛下はヒラメとクロダイ、皇后さまはヒラメとトラフグの稚魚を、それぞれ放流した。

 両陛下はJR羽越線で移動し、特別列車を利用した。菊の紋章が付いた特別列車に両陛下が乗るのは2012年10月の山梨県訪問以来。通過駅や沿線には大勢の県民たちが集まっており、両陛下は窓から手を振って応えていた。【山田奈緒】


両陛下、海づくり大会に出席=山形
時事通信 9月11日(日)16時48分配信

 山形県を訪問中の天皇、皇后両陛下は11日、同県で開かれた第36回全国豊かな海づくり大会に出席された。

 両陛下は午前中、酒田市の市民会館「希望ホール」で開かれた式典行事に出席。午後には、皇室専用の特別車両を連結した「お召し列車」で鶴岡市の鼠ケ関港に向かい、ヒラメやクロダイ、トラフグの稚魚を海へ放流した。

 海上では、地元住民がにぎやかに太鼓の演奏を披露する中、ごち網漁業や底引き網漁業などに従事する地元漁船が次々にパレード。両陛下は船上の漁師らに笑顔で手を振っていた。

 列車での移動中は多くの県民らが沿線に集まり、「いつまでもお元気で」と書いた紙を掲げるなどして両陛下を出迎えた。両陛下は温かい歓迎に喜んだ様子で、トンネル通過などの際を除いてほぼ立ったまま、手を振って応えていたという。


両陛下、歓迎に笑顔 「海づくり大会」で14年ぶり山形ご訪問
産経新聞 9月11日(日)7時55分配信

 天皇、皇后両陛下が10日、県内を訪問され、県民らは感激の面持ちで出迎えた。今回のご来県は天皇陛下が「生前退位」の意向を示唆されてから、初の公的な地方ご訪問となった。

 今回の山形訪問は10、11日に庄内地域で開催される「第36回全国豊かな海づくり大会」に出席されるためで、ご公務では平成14年の金山町での全国植樹祭以来14年ぶり。

 午後、庄内空港に到着された両陛下は鶴岡市の県水産試験場と市立加茂水族館をご視察。同館正面玄関前では、地元住民ら数百人が日の丸の小旗を振りながら「陛下」「美智子さま」などと歓迎し、両陛下も手を振りながら、穏やかな笑顔を見せられた。

 酒田市の高校教師、高橋豪さん(44)は「素晴らしい笑顔を拝見できた。(生前退位については)陛下のご意向を尊重して差し上げたい気持ちもあるし、いつまでも健康で公務を続けられる姿を拝見したいとの思いもある」と話した。

 同館の奥泉和也館長(52)によると、陛下は「このお魚はどういうお魚ですか」「館内にはどのくらい展示してあるのですか」などと質問されたという。奥泉館長は「『こんな立派な水族館をおめでとう』とのお言葉を頂いたのは、私の生涯の誇り」と感激した様子だった。

 この後、両陛下は同市内の旅館で大会の関連行事や歓迎レセプションに参加された。

 11日には酒田市内で大会式典や鼠ケ関(ねずがせき)港での海上歓迎・放流行事で稚魚の放流などに臨まれる。


<天皇、皇后両陛下>山形の水族館視察
毎日新聞 9月10日(土)19時43分配信

535
加茂水族館のクラゲ大水槽前で奥泉和也館長(右)から説明を受けられる天皇、皇后両陛下=山形県鶴岡市で2016年9月10日午後3時22分、佐々木順一撮影

 第36回全国豊かな海づくり大会出席のため山形県に滞在中の天皇、皇后両陛下は10日、鶴岡市立加茂水族館を訪問された。両陛下は、クラゲ飼育の難しさについての説明を聞き、「苦心が生きて良かったですね」などと話していた。


両陛下、海づくり大会出席で山形入り
読売新聞 9月10日(土)19時42分配信

536
庄内空港に到着し、出迎えた市民らに手を振られる天皇、皇后両陛下(10日午後2時、山形県酒田市で)=菅野靖撮影

 天皇、皇后両陛下は10日午後、第36回全国豊かな海づくり大会出席のため、山形県に入られた。

 両陛下は特別機で庄内空港に到着後、50種類以上のクラゲを展示する鶴岡市立加茂水族館を視察された。館長が、クラゲは飼育が難しく、失敗を繰り返しながら現在の展示が可能になったと説明すると、天皇陛下は「苦心が生きて良かったですね」と声をかけられた。

 両陛下は11日、酒田市で開かれる同大会の式典などに臨まれる。


両陛下、山形の水族館ご視察 ビデオ後初の地方式典
産経新聞 9月10日(土)18時10分配信

 天皇、皇后両陛下は10日、全国豊かな海づくり大会臨席などのため、羽田空港発の特別機で山形県入りされた。11日に酒田市内で海づくり大会の式典に臨み、その後、鶴岡市に移って鼠ケ関港でヒラメなどの稚魚を放流される予定。8月8日に天皇陛下がビデオメッセージを公表し、「生前退位」への強いお気持ちを表明して以降、地方での式典ご臨席はこれが初めてとなる。

 山形入りした両陛下はこの日、鶴岡市立加茂水族館をご視察。ブリやクロダイ、ミズクラゲなどの水槽を熱心に見て回られた。陛下が皇后さまに「これはヤマメ。これはイワナ」と指をさして説明したり、「大きなニゴイですね」と驚きの声を上げたりする場面もあり、和やかなご視察となった。陛下はハゼ類の分類を研究するなど魚類学者として知られており、数多くの論文も発表されている。


クラゲの水槽を見学される両陛下
時事通信 9月10日(土)17時15分配信

535
ミズクラゲの巨大水槽を見学される天皇、皇后両陛下=10日午後、山形県鶴岡市の市立加茂水族館(代表撮影)

(時事通信社)


あいさつされる両陛下
時事通信 9月10日(土)17時12分配信

534
庄内空港に到着し、吉村美栄子山形県知事(左)らにあいさつされる天皇、皇后両陛下=10日午後、山形県酒田市(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下、山形県入り
時事通信 9月10日(土)16時31分配信

 天皇、皇后両陛下は10日、第36回全国豊かな海づくり大会出席などのため、羽田空港発の特別機で山形県入りされた。

 天皇陛下が8月8日に「お気持ち」を表明して以降、公的な地方訪問は初めて。

 両陛下は11日に酒田市で開催される大会式典に出席した後、鶴岡市の港で稚魚を放流。12日は同市の松ケ岡開墾場を視察し、空路で帰京する。

 10日午後、庄内空港に到着した両陛下は、鶴岡市の市立加茂水族館を訪問。地元の魚や数千匹のミズクラゲが泳ぐ巨大水槽などを見学した。クラゲは飼育が難しく、失敗を繰り返しながら安定的な展示にこぎ着けたと説明を受けた天皇陛下は「苦心が生きて本当に良かったですね」とねぎらっていた。


<両陛下>豊かな海づくり大会で山形へ
毎日新聞 9月10日(土)11時55分配信

 天皇、皇后両陛下は10日、山形県で開催される第36回全国豊かな海づくり大会出席のため、羽田空港から特別機で出発された。12日までの山形滞在中、鶴岡市の鼠ケ関港や、明治維新を機に旧庄内藩士が開墾して養蚕業を興した史跡「松ケ岡開墾場」などを訪れる予定。【山田奈緒】

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・20 | トップページ | 加藤紘一が死亡 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64202919

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、豊かな海づくり大会ご出席のため山形県入り:

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・20 | トップページ | 加藤紘一が死亡 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30