« 三菱MRJ4号機が初飛行 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2151 »

2016年9月26日 (月)

三菱MRJ初号機、米へ向けて再出発

三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)が9月26日午後1時28分すぎ、愛知県営名古屋空港から今後の飛行試験の拠点となる米国モーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港へ向けて出発し、最初の経由地である新千歳空港(北海道千歳市)に到着した。

同機は8月27日にフェリーフライトへ出発した際、2日連続で空調システムの監視装置に不具合が起きたため改修を進めてきた。今回の出発前日となった9月25日には、小牧上空を20分間ほど飛行し、機体の確認作業を行ない、米国へ向かうフェリーフライト(空輸)は3度目の挑戦となった。

フェリーフライトは、新千歳空港で給油後、ロシアのカムチャツカ半島、米国のアラスカを経てモーゼスレイクへ向かうルートで行なわれる。

三菱航空機では前日の9月25日、飛行試験4号機(JA24MJ)が初飛行に成功。5機ある飛行試験機のうち、初号機(JA21MJ)2号機(JA22MJ)に続き、3機が飛行試験に投入できるようになった。4号機は内装を施し、インテリアや騒音、防氷試験を実施する。

年内に初号機から4号機までの4機をモーゼスレイクへ持ち込む計画を進めており、4機のうち残る3号機(JA23MJ)は、10月に初飛行する見通し。

また5号機(JA25MJ)は、ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)の塗装を施し、国内での飛行試験を続行する。初飛行は2017年初めの予定だが、作業の進展状況によっては本年末もあり得るとしている。
量産初号機のANAへの引き渡しは、2018年中ごろを予定している。

リンク:3度目の正直、MRJが新千歳出発 米国へロシア経由 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三度目の正直へ。国産ジェット「MRJ」が米試験場へ飛行開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、新千歳出発=29日にも米到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、ロシアの経由地に到着…初の海外飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、初日は新千歳空港に到着 米国飛行試験へ3度目の挑戦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、米飛行試験に出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、米国へ出発=3度目の挑戦、まず新千歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、新千歳に到着 あすにも米国へ カムチャツカ経由 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、渡米3度目の挑戦…経由地新千歳に着陸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、米国へ 挑戦3度目、新千歳経由で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>今度こそ 米に向け再出発、試験飛行本格化へ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

3度目の正直、MRJが新千歳出発 米国へロシア経由
Aviation Wire 9月27日(火)12時48分配信

Mrj133
新千歳空港を離陸し経由地のロシアへ向かうMRJの飛行試験初号機=16年9月22日9時22分 PHOTO: Shota DOKI/Aviation Wire

 三菱航空機が開発を進めている国産ジェット旅客機「MRJ」の飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)が9月27日午前9時22分すぎ、新千歳空港を離陸して日本を旅立った。飛行試験の拠点となる米国へのフェリーフライト(空輸)は、今回で3度目の挑戦。新千歳からロシアのカムチャツカ半島と米国アラスカを経由し、ワシントン州モーゼスレイクへ向かう。

 初号機は26日に県営名古屋空港(小牧)から新千歳へ到着。整備や給油作業が行われた。27日は午前6時前から出発準備が進められ、クルーたちは日本出発前最後の記念撮影をし、初号機に乗り込んだ。

 8月に出発した際は、27日と28日に2日連続で空調システムの監視装置に不具合が発生し、小牧へ引き返した。フェリーフライトは今回で3度目の挑戦となり、順調にいけば現地時間9月28日にも、モーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港へ到着できる見通し。

 三菱航空機では9月25日、飛行試験4号機(JA24MJ)が初飛行に成功。5機ある飛行試験機のうち、初号機と2号機(JA22MJ)に続き、3機が飛行試験に投入できるようになった。年内に初号機から4号機までの4機をモーゼスレイクへ持ち込む計画を進めており、残る3号機(JA23MJ)は、10月に初飛行する見込み。


三度目の正直へ。国産ジェット「MRJ」が米試験場へ飛行開始
sorae.jp 9月27日(火)11時26分配信

Mrj132
三度目の正直へ。国産ジェット「MRJ」が米試験場へ移動開始

北米へのフェリーフライト(空輸)を2度中止して県営名古屋空港に引き返すというトラブルに見舞われた、国産初のリージョナルジェットこと「MRJ」。そのMRJが26日、アメリカでの試験飛行に向けて名古屋を飛び立ち、新千歳空港に着陸しました。今後、同機はワシントン州の試験場を目指します。
 
MRJは米試験場への輸送を目指していましたが、8月27日と28日に「空調システムのトラブル」によって飛行を停止。日本に引き返していました。このトラブルにより、MRJの納入を心配する声も多く上がっていました。しかし今回の飛行では、現時点では不具合は発見されていないそうです。
 
400機を超える注文を受けているMRJですが、これまで度重なるトラブルや納入延期がありました。さらに注文の一部はキャンセル可能な契約であるため、今後の納入や機体製造の損益分岐への不安も寄せられています。MRJの正式な納入時期は2018年第2四半期(4月~6月)ですが、エンブラエルの新型小型ジェット機も納入を急いでおり、今後激しい顧客の奪い合いが予測されているのです。
 
なお、MRJは初号機のみならず4号機も3番目となる初飛行に成功しています。また今後は3号機、5号機の試験も行う予定です。国産初のリージョナルジェットが日本や世界の空を舞う日を、早く見てみたいものですね。


MRJ、新千歳出発=29日にも米到着
時事通信 9月27日(火)11時0分配信

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の1号機は27日朝、最初の給油地である新千歳空港(北海道千歳市)を離陸し、米国へ出発した。ロシア・カムチャツカ半島や米アラスカ州を経て、早ければ日本時間の29日にも目的地である米西部ワシントン州の空港に到着する。


MRJ、ロシアの経由地に到着…初の海外飛行
読売新聞 9月27日(火)9時35分配信

Mrj131
ロシアに向け、新千歳空港を離陸するMRJ(27日午前9時23分、北海道千歳市で)=松田賢一撮影

 国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が27日午前9時20分ごろ、米国西部の試験拠点に向け、経由地の新千歳空港(北海道)を出発、午後0時過ぎに経由地であるロシア・カムチャツカ半島の空港に到着した。

 MRJの初の海外飛行となった。

 ロシアで給油した後は、28日以降に米アラスカ州に飛行し、最短で29日(日本時間)に目的地の米ワシントン州に着陸する。


MRJ、初日は新千歳空港に到着 米国飛行試験へ3度目の挑戦
SankeiBiz 9月27日(火)8時15分配信

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」は26日、米国の飛行試験に向けて愛知県営名古屋空港を飛び立った。10月から米ワシントン州モーゼスレイクの空港で本格的に飛行試験を開始する。8月下旬にも飛行を試みたが、空調システムの不具合で2日続けて引き返し、3度目の挑戦となった。

 MRJは26日午後1時半ごろ離陸し、午後3時ごろに北海道の新千歳空港に無事着陸した。

 今後は天候状況を見ながら、給油地のロシアのカムチャツカ半島、米アラスカ州を経由し、モーゼスレイクにあるグラントカウンティ国際空港を目指す。同空港は複数の滑走路があり、晴天率が高い。MRJは同空港で効率的に飛行試験を行い、2018年中に安全性を証明する「型式証明」を取得する計画だ。


MRJ、米飛行試験に出発
産経新聞 9月27日(火)7時55分配信

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」は26日、米国で本格的な飛行試験を行うため、愛知県営名古屋空港を飛び立った。10月から米ワシントン州モーゼスレイクの空港で飛行試験を開始する。8月下旬にも飛行を試みたが、機器の不具合で2日続けて引き返していた。

 MRJは26日午後1時半ごろ名古屋空港を離陸し、午後3時ごろに北海道の新千歳空港に無事着陸した。今後は天候状況を見ながら、給油地のロシアのカムチャツカ半島、米アラスカ州を経由し、モーゼスレイクにあるグラントカウンティ国際空港を目指す。同空港は複数の滑走路があり、晴天率が高い。MRJは同空港で効率的に飛行試験を行い、平成30年中に安全性を証明する「型式証明」を取得する計画だ。

 MRJは開発の遅れで4度も納入時期を延期している。30年半ばのANAホールディングスへの引き渡しの可否は、米国での飛行試験を計画通りに進められるかがカギとなる。

 8月下旬の不具合は、空調監視センサーの誤作動が原因。三菱航空機は部品を取り換えるなどして修正を進めてきた。


MRJ、米国へ出発=3度目の挑戦、まず新千歳
時事通信 9月26日(月)17時0分配信

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の1号機は26日午後、米国に向けて愛知県営名古屋空港(同町)を出発し、最初の給油地である新千歳空港(北海道千歳市)に着陸した。8月下旬に米国行きを2度取りやめる原因となった空調システムのトラブルは解消、新千歳への飛行中に不具合はなかった。

 1号機は機体点検を経て27日にも新千歳を出発。ロシア・カムチャツカ半島や米アラスカ州で給油し、目的地の米ワシントン州の空港に向かう。到着後は準備が整い次第、商業運航に必要な「型式証明」を取得するための本格的な飛行試験に着手する。


MRJ、新千歳に到着 あすにも米国へ カムチャツカ経由
Aviation Wire 9月26日(月)16時47分配信

Mrj129
新千歳空港に着陸し駐機場へ向かうMRJの飛行試験初号機=16年9月26日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機が開発を進めている国産ジェット旅客機「MRJ」の飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)が9月26日午後2時59分すぎ、新千歳空港へ着陸した。県営名古屋空港(小牧)から、飛行試験の拠点となる米国モーゼスレイクへ向かうフェリーフライト(空輸)の経由地で、順調にいけばあす27日にも新千歳を出発する見込み。

 フェリーフライトのルートは、新千歳空港からロシアのカムチャツカ半島、米国のアラスカを経てモーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港へ北回りで向かう。26日は小牧を午後1時28分すぎに飛び立った。

 8月27日にフェリーフライトへ出発した際、2日連続で空調システムの監視装置に不具合が起きたことから、改修を進めてきた。今回の出発前日となった9月25日には、小牧上空を20分間ほど飛行し、機体の確認作業を実施。フェリーフライトは3度目の挑戦となった。

 三菱航空機では9月25日、飛行試験4号機(JA24MJ)が初飛行に成功。5機ある飛行試験機のうち、初号機と2号機(JA22MJ)に続き、3機が飛行試験に投入できるようになった。4号機は内装を施し、インテリアや騒音、防氷試験を実施する。

 年内に初号機から4号機までの4機をモーゼスレイクへ持ち込む計画を進めており、4機のうち残る3号機(JA23MJ)は、10月に初飛行する見通し。


MRJ、渡米3度目の挑戦…経由地新千歳に着陸
読売新聞 9月26日(月)15時49分配信

 国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が26日午後、本格的な試験飛行を行う米国の拠点に向け、愛知県営名古屋空港(豊山町)を出発した。

 MRJは8月下旬に2日連続で空調システムのトラブルで米国行きを中断しており、3度目の挑戦となる。

 午後1時30分ごろ、赤、黒、金色のラインが入ったMRJ試験1号機が名古屋空港を離陸、約1時間半かけて経由地の新千歳空港(北海道)に着陸した。

 給油後、27日以降に経由地となるロシア東部に向けて飛び立つ見通し。その後は、米アラスカ州の空港を経て、今週中にも米ワシントン州の拠点に到着する。

 MRJの試験機は計5機が製造されており、そのうち4機は順次、米国に移す。米国の拠点は、滑走路の空き状況や天候などの面で日本より制約が少なく、2018年半ばの納入開始までに必要とされる計2500時間の飛行試験のペースを早める狙いがある。


MRJ、米国へ 挑戦3度目、新千歳経由で
Aviation Wire 9月26日(月)14時7分配信

Mrj128
名古屋空港を離陸するMRJの飛行試験初号機=16年9月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 三菱航空機が開発を進めている国産ジェット旅客機「MRJ」の飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)が9月26日午後1時28分すぎ、県営名古屋空港(小牧)から飛行試験の拠点となる米国モーゼスレイクへ向かうため、経由地の新千歳空港へ飛び立った。米国へ向かうフェリーフライト(空輸)は3度目の挑戦となった。

 フェリーフライトのルートは、新千歳空港で給油後、ロシアのカムチャツカ半島、米国のアラスカを経てモーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港へ北回りで向かう。

 8月27日にフェリーフライトへ出発した際、2日連続で空調システムの監視装置に不具合が起きたことから、改修を進めてきた。今回の出発前日となった9月25日には、小牧上空を20分間ほど飛行し、機体の確認作業を行った。

 三菱航空機では9月25日、飛行試験4号機(JA24MJ)が初飛行に成功。5機ある飛行試験機のうち、初号機と2号機(JA22MJ)に続き、3機が飛行試験に投入できるようになった。4号機は内装を施し、インテリアや騒音、防氷試験を実施する。

 年内に初号機から4号機までの4機をモーゼスレイクへ持ち込む計画を進めており、4機のうち残る3号機(JA23MJ)は、10月に初飛行する見通し。


<MRJ>今度こそ 米に向け再出発、試験飛行本格化へ
毎日新聞 9月26日(月)13時35分配信

Mrj127
試験飛行の拠点となる米国へ向けて離陸する小型ジェット旅客機「MRJ」=愛知県豊山町の県営名古屋空港で2016年9月26日午後1時27分、木葉健二撮影

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が26日、米国への移送に向けて愛知県豊山町の県営名古屋空港を離陸した。米国行きを試みるのは8月27、28両日に空調システムの不具合で、いったん離陸した後に同空港に引き返して以来約1カ月ぶり。開発を担う三菱航空機は米国を拠点にMRJの試験飛行を本格化させ、安全・環境性能の実証作業を急ぐ方針だ。

 名古屋空港では26日午後1時半ごろ、白地に赤・黒・金色のラインが入った機体が滑走路を飛び立った。空港の展望デッキに集まった航空ファンらからは「今度こそ、ちゃんと飛び立って」などの声が聞かれた。

 MRJはロシアやアラスカなどを経由し、数日中に米西部モーゼスレークの「グラント郡国際空港」に到着する予定。三菱航空機は天候など飛行条件に恵まれた同空港を拠点に、試験飛行を本格化させたい考えだ。【竹地広憲】

« 三菱MRJ4号機が初飛行 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2151 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64259309

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱MRJ初号機、米へ向けて再出発:

« 三菱MRJ4号機が初飛行 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2151 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30