« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・22 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2150 »

2016年9月22日 (木)

米海兵隊のAV8ハリアー、沖縄本島沖の海上に墜落 搭乗員救助

22日午後1時55分ごろ、沖縄本島・辺戸岬の東約153キロ沖の海上に、米海兵隊のAV8ハリアー攻撃機が墜落した。

第11管区海上保安本部(那覇市)は米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)から救助要請を受け、巡視艇と航空機を派遣した。

県基地対策課や米海兵隊によると、墜落したのは1機で、パイロットは米軍が救助した。

※以上、時事通信の報道より抜粋。

リンク:在沖縄米軍、ハリアー攻撃機の飛行を再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍ハリアー、飛行再開=墜落事故と同型機―沖縄・嘉手納 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:沖縄・翁長雄志知事「裏切り」と曲解発言 墜落事故後の飛行再開で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米に安全確認徹底を要請=事故機運用再開で―稲田防衛相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ハリアー墜落>同機種の運用再開、在沖縄米軍が発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:在沖米軍、ハリアーの飛行7日再開=事故原因特定しないまま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<在沖縄米海兵隊>ハリアー攻撃機の運用再開へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍幹部に原因究明を要請=稲田防衛相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<在沖縄米海兵隊>墜落機と同機種の運用 一時停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍機墜落、再発防止要請へ=稲田防衛相が意向 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:事故の米軍機、一時運用停止=沖縄本島沖墜落で―海兵隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米軍機墜落>稲田防衛相が再発防止申し入れへ 米軍幹部に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍機墜落で原因究明要請=稲田防衛相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米軍機墜落>沖縄知事「原因究明まで飛行中止求める」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍ハリアー攻撃機、沖縄本島東の海上に墜落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米軍機墜落>海保など捜索 沖縄本島沖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍機、海に墜落=翁長知事「大変遺憾」―沖縄 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

在沖縄米軍、ハリアー攻撃機の飛行を再開
読売新聞 10月7日(金)17時35分配信

 在沖縄米軍は7日、一時中止していたAV8Bハリアー攻撃機の飛行を再開した。

 米海兵隊所属の同型機が9月、沖縄本島沖に墜落したため、米軍は飛行を一時中止していた。

 防衛省沖縄防衛局によると、同型機3機が同日午前8時40分頃、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)から離陸したという。

 沖縄防衛局によると、米軍側は「日本にある同型機全7機を点検した結果、いずれも安全水準を満たしていた。事故原因の調査は今後も継続する」と説明しているという。

 沖縄県は事故原因の究明まで飛行を中止するよう求めていた。同県の安慶田(あげだ)光男副知事は同日午前、県庁で記者団に「安全性が確認されないまま(飛行再開が)強行されたのは非常に残念だ」と語った。


米軍ハリアー、飛行再開=墜落事故と同型機―沖縄・嘉手納
時事通信 10月7日(金)14時49分配信

 在沖縄米海兵隊は7日、沖縄本島沖での墜落事故を受けて運用を一時停止していた海兵隊AV8ハリアー攻撃機の飛行を再開した。

 防衛省沖縄防衛局によると、同日午前8時40分ごろ、ハリアー3機が米軍嘉手納飛行場(沖縄県嘉手納町など)から離陸した。

 ハリアーは9月22日、沖縄本島沖で墜落。墜落原因は特定されていないが、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官が今月5日、飛行再開を表明していた。

 飛行再開を受け、沖縄県の翁長雄志知事は「県民の不安を増大させ、信頼関係を著しく損なう。大変遺憾だ」とのコメントを出した。県民の反発が広がる可能性がある。

 稲田朋美防衛相は7日の記者会見で、ハリアーの飛行再開について「米側による安全確認の内容は、防衛省、自衛隊の専門的知見も活用し、評価を行った結果、一定の妥当性を確認した。米側の判断は一定程度理解できる」と述べた。


沖縄・翁長雄志知事「裏切り」と曲解発言 墜落事故後の飛行再開で
産経新聞 10月5日(水)23時26分配信

 在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は5日、米軍キャンプ瑞慶覧(ずけらん)(沖縄県沖縄市など)で記者会見し、沖縄本島沖で起きた攻撃機AV8ハリアー墜落事故で中止していた同型機の飛行を7日以降に再開すると表明した。「安全に飛行ができると自信を持って判断した」と述べた。

 翁長雄志(おなが・たけし)知事は事故原因が特定されていない段階での飛行再開に「裏切られた」と批判したが、海兵隊は事前に「原因特定を待たずに飛行を再開することはあり得る」と県に明確に伝えていたことが判明した。

 複数の日米関係筋によると、安慶田(あげだ)光男副知事が9月23日、キャンプ瑞慶覧に抗議に訪れた際、海兵隊幹部が原因特定前の飛行再開の可能性を伝えており、翁長氏の批判は「反基地で攻勢を強めるため曲解して発言する常套(じょうとう)手段」(日米関係筋)と指摘されている。


米に安全確認徹底を要請=事故機運用再開で―稲田防衛相
時事通信 10月5日(水)20時14分配信

 稲田朋美防衛相は5日、ハリス米太平洋軍司令官と防衛省で会談した。

 ハリス氏は、墜落事故を起こした米海兵隊のAV8ハリアー攻撃機の運用再開方針に関し、「徹底的な安全確認を行った」と述べ、理解を求めた。これに対し、稲田氏は「繰り返し安全確認を行い、引き続き情報提供をお願いしたい」と要請した。

 稲田氏は北朝鮮問題や東・南シナ海情勢に触れ、「厳しさが増している時だからこそ、米軍と緊密な関係を築いていきたい」と強調。ハリス氏も「アジア太平洋地域の平和と繁栄は日米関係が基礎だ」と応じた。


<ハリアー墜落>同機種の運用再開、在沖縄米軍が発表
毎日新聞 10月5日(水)12時11分配信

 在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は5日、先月22日に沖縄本島沖で発生したAV8ハリアー攻撃機の墜落事故を受けて一時停止していた同機種の運用を7日から再開すると正式に発表した。

 ニコルソン氏は米軍キャンプ・フォスター(沖縄県北中城<きたなかぐすく>村など)で記者会見し、「徹底的に調査し、安全に飛行を再開できると判断した」と説明した。しかし、沖縄県が求めている事故原因の説明については、「調査完了まで言及できない」と明らかにしなかった。

 ハリアーは9月22日、沖縄本島の東約150キロの海上に墜落。米海兵隊は翌日から「全機が運用基準を満たしていることを確証するため」として、運用を停止した。【佐藤敬一】


在沖米軍、ハリアーの飛行7日再開=事故原因特定しないまま
時事通信 10月5日(水)11時12分配信

 在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官は5日、米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄県北中城村など)で記者会見し、沖縄本島沖での墜落事故後、飛行を停止している海兵隊のAV8ハリアー攻撃機について、7日から運用を再開すると発表した。

 ハリアーは海兵隊岩国基地(山口県)にも配備されている。

 ニコルソン氏は「現時点の初期調査報告に基づき、航空機は安全に飛行再開できると判断した。ハリアーの運用は沖縄以外の世界中で継続しており、航空機自体の安全性は実証されている」と強調。一方で、事故原因については「初期調査では航空機の構造上の欠陥か乗組員の問題かを特定できなかった」と述べた。

 ハリアー攻撃機は9月22日、沖縄本島・辺戸岬沖で墜落した。沖縄県は原因究明と再発防止策が講じられるまでの同機種の飛行停止を求め、政府や米軍に抗議。米軍は23日、同機の一時飛行停止を発表した。


<在沖縄米海兵隊>ハリアー攻撃機の運用再開へ
毎日新聞 10月4日(火)21時11分配信

 在沖縄米海兵隊第3海兵遠征軍は4日、沖縄本島沖で先月22日に発生したAV8ハリアー攻撃機の墜落事故を受けて一時停止していた同機種の運用を再開する方針を明らかにした。関係者によると7日に再開する。5日にローレンス・ニコルソン司令官が記者会見し、発表する予定。

 事故後、米海兵隊は「(すべてのハリアーが)運用基準を満たしていることを確証するため」(ニコルソン司令官)として運用を一時停止したが、停止期間は明らかにしていなかった。沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は、事故の原因が究明されるまで同機種の飛行中止を求めていた。【川上珠実】


米軍幹部に原因究明を要請=稲田防衛相
時事通信 9月24日(土)13時24分配信

 沖縄県を訪問中の稲田朋美防衛相は24日、名護市のホテルで在日米軍副司令官のシュローティ少将と会談し、米海兵隊所属の攻撃機が沖縄本島沖で墜落したことについて、原因究明と情報開示の徹底を要請した。

 少将は「日本側の求めはよく理解している。早急に答えを出せれば、と思っている」と回答した。

 稲田氏は「仮に居住地域で起きれば大惨事となった。沖縄県民を含む日本国民が大きな不安を感じ、誠に遺憾だ」と伝えた。


<在沖縄米海兵隊>墜落機と同機種の運用 一時停止
毎日新聞 9月23日(金)21時23分配信

 在沖縄米海兵隊第3海兵遠征軍は23日、沖縄本島沖で22日に発生したAV8ハリアー攻撃機の墜落事故を受け、同機種の運用を一時停止すると発表した。ローレンス・ニコルソン司令官は「(すべてのハリアーが)運用基準を満たしていることを確証するため」と説明したが、停止期間は明らかにしていない。

 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は、事故原因が判明するまで飛行中止するよう求めていた。米海兵隊によると、事故原因は調査中で、脱出したパイロット1人はすでに病院から退院したという。

 一方、稲田朋美防衛相は23日、就任後初めて沖縄県を訪問。米軍基地を抱える宜野湾市や嘉手納町など県中部8市町村長らと那覇市で会談し、事故について「住民に大きな不安を与えたことは誠に遺憾だ」と述べた。24日に在沖縄海兵隊幹部と会談し、再発防止策や詳細な情報提供、原因解明を要請する。翁長氏とも県庁で会談する予定だ。【村尾哲】


米軍機墜落、再発防止要請へ=稲田防衛相が意向
時事通信 9月23日(金)21時15分配信

 稲田朋美防衛相は23日、就任後初めて沖縄県を訪問した。

 米軍基地が所在する宜野湾市など8市町村の首長らと面会し、沖縄本島沖に米軍機が墜落したことについて「周辺自治体や住民に大変大きな不安を与えたことは誠に遺憾だ」と表明。24日に在沖米軍幹部と会い、実効性ある再発防止策を講じるよう直接求める意向を示した。

 地元からは、事故原因の究明や、同型機の住宅地上空での飛行停止を求める声が上がった。


事故の米軍機、一時運用停止=沖縄本島沖墜落で―海兵隊
時事通信 9月23日(金)20時33分配信

 在沖縄米海兵隊は23日、沖縄本島沖で海兵隊のAV8ハリアー攻撃機が墜落したことを受け、全ての同型機の運用を一時停止すると発表した。

 海兵隊は「期間中、全てのAV8を精査し、運用基準を満たしているか確認する」と説明。「事故原因は調査中」とし、停止の期間については明らかにしなかった。救助された墜落機のパイロットは海軍病院から退院したとしている。

 沖縄県は事故を受け、「県民に大きな不安を与えるもので大変遺憾だ」として、政府や米軍に抗議。原因究明までの同型機の飛行停止を求めていた。


<米軍機墜落>稲田防衛相が再発防止申し入れへ 米軍幹部に
毎日新聞 9月23日(金)12時22分配信

Tisdfc
稲田朋美防衛相

 稲田朋美防衛相は23日午前の記者会見で、沖縄県周辺の海上に米軍機が墜落した事故について、在沖縄米軍幹部に同県で面会し、再発防止と原因究明を直接申し入れることを明らかにした。ただ、翁長雄志知事が求めている事故原因が判明するまでの同機種の飛行中止については「そこまではいかない」と述べ、必要ないとの考えを示した。

 稲田氏は23、24両日に沖縄を訪問し、在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官らと面会する。その際、あらためて遺憾の意を伝え、再発防止の徹底や事故に関する速やかな情報提供などを求める考え。また、翁長知事とも会談し、事故を受けた国と県の連携などについて意見交換する。【村尾哲】


米軍機墜落で原因究明要請=稲田防衛相
時事通信 9月23日(金)11時29分配信

 稲田朋美防衛相は23日の閣議後記者会見で、沖縄本島沖の海上に米軍機が墜落したことを受け、米軍に遺憾の意を伝えるとともに、原因究明や再発防止の徹底、速やかな情報提供を申し入れたことを明らかにした。

 同日からの沖縄訪問に際し、米軍関係者との面会を調整していることも明かした。

 菅義偉官房長官は記者会見で「米軍による事件、事故は本来あってはならず、極めて遺憾だ。米側から情報を得られた場合は、関係自治体に対し速やかに情報提供を行いたい」と語った。


<米軍機墜落>沖縄知事「原因究明まで飛行中止求める」
毎日新聞 9月22日(木)20時2分配信

 22日午後2時ごろ、沖縄本島北端の辺戸(へど)岬=沖縄県国頭(くにがみ)村=の東約150キロの海上で、米海兵隊のAV8ハリアー攻撃機1機が墜落した。パイロット1人が脱出し、米軍ヘリコプターによって救助された。容体は不明。日本の漁船などへの被害は確認されていない。在沖縄米海兵隊は「原因は調査中」としている。

 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は「日常的に米軍基地と隣り合わせの生活を余儀なくされている県民に大きな不安を与えるもので、大変遺憾。原因究明がなされるまで、同機種の飛行中止を求める」とするコメントを発表した。23~24日に沖縄入りする稲田朋美防衛相にも同様の申し入れをする方針だ。

 第11管区海上保安本部(那覇市)などによると、事故機は米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)を離陸して飛行中だった。同基地からの救助要請を受け、11管が巡視艇と航空機を派遣し、航空自衛隊も捜索に当たった。現場は米軍の訓練区域とみられるが、在沖米海兵隊は任務内容を公表していない。現場海域には長さ約2キロ、幅約50メートルにわたり油が浮遊している。

 沖縄県によると、ハリアー攻撃機は垂直離着陸型で、同県内での事故は今回で19件目。1999年6月には嘉手納基地で離陸に失敗し、パイロットが軽傷を負った。米軍機の墜落事故は72年の本土復帰以降、46件目。昨年8月には同県うるま市沖で訓練中の米陸軍ヘリが輸送艦への着艦に失敗する事故が起きた。【佐藤敬一、蓬田正志、川上珠実】


米軍ハリアー攻撃機、沖縄本島東の海上に墜落
読売新聞 9月22日(木)18時36分配信

 22日午後1時50分頃、米海兵隊所属のAV8Bハリアー攻撃機1機が沖縄本島北端の辺戸岬(へどみさき)(沖縄県国頭(くにがみ)村)から約150キロ東の海上に墜落した。

 在沖縄米海兵隊報道部は、乗員(1人)は機体から脱出し、救助されたと発表した。付近を航行する船舶などへの被害は確認されていない。

 防衛省などによると、攻撃機は米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)を離陸後、何らかのトラブルで墜落したとみられる。事故の連絡を受け、捜索に当たっていた空自機が同3時25分に現場海域で乗員を発見。米軍のヘリコプターが救助した。周囲には少量の油が浮いているが、機体は確認できていないという。海兵隊は事故原因について調査中としている。

 今回と同機種の攻撃機については、1999年6月にも嘉手納基地で墜落、炎上する事故が起きていた。


<米軍機墜落>海保など捜索 沖縄本島沖
毎日新聞 9月22日(木)16時41分配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)などに入った連絡によると、22日午後2時ごろ、沖縄本島の東約130~150キロの洋上で、米軍機が1機墜落した。沖縄県によると、搭乗員は救助されたとの情報がある。搭乗員数は不明。同海上保安本部は航空機や巡視艇を現場に向かわせている。【蓬田正志】


米軍機、海に墜落=翁長知事「大変遺憾」―沖縄
時事通信 9月22日(木)16時17分配信

 22日午後1時55分ごろ、沖縄本島・辺戸岬の東約153キロ沖の海上に、米海兵隊のAV8ハリアー攻撃機が墜落した。

 第11管区海上保安本部(那覇市)は米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)から救助要請を受け、巡視艇と航空機を派遣した。

 県基地対策課や米海兵隊によると、墜落したのは1機で、パイロットは米軍が救助した。漁船などへの被害は確認されていない。

 翁長雄志知事は、「一歩間違えば重大事故につながりかねず、大変遺憾。原因究明まで同機種の飛行中止を求める」とのコメントを発表した。

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・22 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2150 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64242733

この記事へのトラックバック一覧です: 米海兵隊のAV8ハリアー、沖縄本島沖の海上に墜落 搭乗員救助:

« 北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・22 | トップページ | 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2150 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31