« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・3 »

2016年8月25日 (木)

イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・2

イタリア中部で24日午前3時36分(日本時間同10時36分)ごろ、イタリア中部を震源とするマグニチュード(M)6.2の地震が発生、震源に近い山間部の町アマトリーチェなどでは石造りの建物が多数倒壊、住民が下敷きになるなど大きな被害が発生した。

これまでの報道では、死者が少なくとも250人に上ると伝え、イタリア当局の担当者は「多くの人が倒壊した建物の下敷きになって行方不明になっている」としており、死者はさらに増える見通しだ。

米地質調査所(USGS)によると、震源はイタリア中部ノルチャから南東に約10キロメートルの地点で、震源の深さは約10キロメートル。

最初の記事

リンク:伊中部地震 バカンス直撃「町がなくなった」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:死者250人、捜索難航=「地震に強い国」へ決意―伊首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:名物パスタ食べて地震支援を 伊で賛同700店、世界にも呼び掛け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊中部地震、死者250人に 「人災」の可能性捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震死者250人、懸命の救出作業 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震の死者250人に=余震の中、救助活動 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震、17時間ぶりに10歳少女を救助 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:出入りを規制する警官ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震で崩壊した壁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:壁が剥がれ落ちたガソリンスタンド - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アマトリーチェ町の入り口 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:救出進まず絶望感=迫る「72時間」―最大被害のアマトリーチェ町・イタリア地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア地震>内陸部は多発地帯 二つのプレートぶつかり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア地震>祭り控え、観光客犠牲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア地震>死者250人…4000人態勢、徹夜の捜索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震 夜通し捜索、死者247人に レンツィ首相現地入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:耐震化進まず被害拡大=ラクイラの教訓生かせず―イタリア中部地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:損壊した住居 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アマトリーチェの避難所 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:重機でがれきの中を捜す消防隊員ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:重機でがれきの中を捜す消防隊員ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【写真特集】壊滅状態の山間の村で救出活動が続く 仮設テントなどで生活始まる=イタリア地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アングル:地震対策遅れるイタリア、歴史建造物と財政難が壁に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震、死者247人に 死者増加の恐れも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震、死者247人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震、山間の村壊滅 「聞こえるのはネコの声だけ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石造りの街、がれきの山…伊地震死者247人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:壊滅的被害の伊ペスカーラデルトロント - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:伊アマトリーチェの地震被災地 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イタリア地震>死者159人に 建物倒壊、下敷きも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【写真で見る】イタリアの地震被害 被災前の街並みと被災後 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア地震 死者159人に、住民が素手でがれきかき分け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イタリア中部地震…バカンスでの滞在者増 犠牲拡大「町はなくなった」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

伊中部地震 バカンス直撃「町がなくなった」
産経新聞 8月26日(金)7時55分配信

 イタリア中部地震の被災地では発生から2日目の25日も、救急隊員らが生存者らの捜索に全力を挙げた。夏のバカンスシーズンで地元住民だけでなく、多くの観光客らが訪れていたといい、犠牲者がさらに膨れる可能性が懸念されている。救出作業は時間との闘いの様相も呈している。

 大きな被害を受け、歴史的な町としても知られる中部ラツィオ州アマトリーチェ。その一角の集落では25日、半壊するなどした家屋が無残な姿をさらしていた。脇の広場では当局者らがテントの設営にいそしみ、被災者らは時間をもてあますようにベンチに座り込んでいた。

 「急いで逃げたのでベルトをしていないんだ」。そう語る高齢の男性はズボンを腰でとめるひもを指しながら、地震発生時を振り返った。90歳の母を避難させるのにいっぱいで、何も持たずに逃げた。「やっと許可が出た」。男性はこの日、担当者の付き添いの下、財布を捜すために家に入った。

 アマトリーチェ中心地などでは25日も捜索が継続された。だが、余震は引き続き何度も発生。周辺では落石も発生し、道路が封鎖されもした。中心部では警戒も強化された。

 日本と同様、イタリアも地震が多い。2009年にも大きな地震が起き、最大被災地のラクイラなどで309人が犠牲になった。一方で歴史的建築物が多いにもかかわらず、地震対策の遅れが指摘される。アマトリーチェでも築数百年とおぼしき建築物が目につく。

 「救助隊員は最大限やっている」。アマトリーチェの行政関係者は伊メディアにそう語ったが、「死者はまだ増えるだろう」と表情を曇らせ、「町はもはやなくなった」と漏らした。

 現場は小さな集落が点在する山岳地帯。崖崩れやインフラの損壊などもあり、救助作業には困難が伴っているもようだ。帰省や休暇で訪れていた人も多く、被害の大きい中部アックモリも700人未満の人口に対して行政関係者は被災者が2千人以上に上るとの見通しを示している。(アマトリーチェ 宮下日出男)


死者250人、捜索難航=「地震に強い国」へ決意―伊首相
時事通信 8月26日(金)7時37分配信

 【アマトリーチェ(イタリア中部)時事】イタリア中部で24日未明に発生した地震の死者は25日、250人に達したが、被害の大きいアマトリーチェなど被災地では余震が続く中、救助隊員らががれきの下敷きになった住民らに対する懸命の捜索を継続している。

 しかし捜索は難航。犠牲者がさらに増える可能性が指摘されている。

 一方、レンツィ首相は25日、地震対応に関する閣議後に記者団を前に、被災地復興に全力を挙げるとともに、地震に強い国造りに取り組む決意を表明した。

 ロイター通信などによると、首相は被災者に対する政府の道義的責任を果たす覚悟を示した上で、「(被災地の)復興は政府と国の最優先課題だ」と強調。地震多発国イタリアで地震対策を強化することも不可欠だと訴えた。

 当局によると、地震の負傷者も360人以上に達した。26日未明(日本時間同日午前)で地震から丸2日がたち、生存率が急激に低下するとされる「発生72時間」が迫っており、行方不明者の生存は徐々に厳しさを増している。

 首相は24日に被災地を訪問し、あらゆる支援を行う姿勢を示していた。中部ラクイラで309人が死亡した2009年の地震の際には、被災者の避難所生活が長引き、当時のベルルスコーニ政権の対応が問題視された。レンツィ首相は迅速な措置を講じていくことで、政権に批判が向かう事態を避けたい思惑も強いとみられる。


名物パスタ食べて地震支援を 伊で賛同700店、世界にも呼び掛け
AFP=時事 8月26日(金)6時37分配信

488
イタリア中部地震で被害を受けたアマトリーチェ村の名物パスタ「アマトリチャーナ」。Leemage提供。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部で24日未明に発生した大地震で壊滅的な被害を受けたアマトリーチェ(Amatrice)村を支援するため、飲食店が同村生まれの人気パスタ料理「スパゲティ・アマトリチャーナ」をメニューに加える活動が広がっている。これまでに国内の料理店700店以上が賛同した他、海外へも広がる動きを見せている。

 活動のきっかけを作ったのは、首都ローマ(Rome)出身のグラフィックアーティスト、パオロ・カンパーナ(Paolo Campana)さん。各地のレストランに対し、アマトリチャーナをメニューに加え、1皿につき2ユーロ(約230円)を被災者支援のために寄付しようという企画をフェイスブック(Facebook)上で提案したところ、大きな反響が集まった。

 カンパーナさんはAFPの取材に対し、25日昼までに700店以上から協力の申し出があったと語った。また、「スローフード(Slow Food)」運動の提唱者カルロ・ペトリーニ(Carlo Petrini)氏や、英カリスマシェフのジェイミー・オリバー(Jamie Oliver)氏もこれに賛同。「#EatForItaly(イタリアのために食べよう)」というハッシュタグを添えて、世界に向け協力を呼び掛けている。

 首都ローマを含む同国中部の郷土料理の一つであるアマトリチャーナソースは、アマトリーチェを取り囲む険しい山々に暮らす羊飼いが生み出したとされる。毎年恒例のアマトリチャーナの祭典を数日後に控える中で発生した地震では、カンパーナさんいわく村一番のアマトリチャーナが食べられる場所だったホテル・ローマ(Hotel Roma)も倒壊してしまった。

 アマトリーチェは風光明媚(めいび)な山間部の村で、毎年夏になると何千人もの人々がこの名物パスタを目当てに訪れる。しかし同村で再びアマトリチャーナが楽しめるようになるには、相当の時間がかかる見込みだ。

 カンパーナさんは、「プーリア(Puglia)からトスカーナ(Tuscany)まで全国各地、さらに国外のレストランからも連絡があった。企画を海外にも広められるよう、ロゴを複数の言語へ翻訳してほしいという依頼も受けた。これまでアマトリチャーナを作ったことがなかった店まで、試してみると言ってくれている」と話している。【翻訳編集】 AFPBB News


伊中部地震、死者250人に 「人災」の可能性捜査
AFP=時事 8月26日(金)4時22分配信

487
イタリア中部アマトリーチェで、地震の生存者捜索に使われる重機の前を歩く消防隊(2016年8月25日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部で24日未明に発生した大地震による死者は、25日までに250人に達した。被災地では、強い余震が続く中、救助隊が厳しい捜索を続けている。

 特に被害が大きかったアマトリーチェ(Amatrice)では、193人の死亡が確認された。同町の人口は約2500人だが、この時期は多数の観光客が訪れていた。地震が発生した時間帯、人々はまだ就寝中だった。

 アマトリーチェでは翌25日、マグニチュード(M)4.3の余震が発生。本震で損傷した建物が倒壊する恐れもあり、救助活動に支障が出る可能性が懸念されている。

 がれきの中から生存者が見つかる望みが徐々に薄れる中、2009年の地震でも近隣の都市ラクイラ(L'Aquila)で300人が死亡したにもかかわらず、なぜ人口の少ない同地域でこれほど多くの人が犠牲になったのかという疑問が広がっている。

 アマトリーチェの南50キロにあるラクイラが被災した際、同域の地震に対する脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになった。だが今回の地震で、新たな災害への備えは到底十分とは言えない状況だったことが露呈した。

 地元検察当局は、甚大な被害が出たことについて「人災」として罪を問うべき人物がいないかどうか、捜査を開始する方針を明らかにした。【翻訳編集】 AFPBB News


イタリア中部地震死者250人、懸命の救出作業
ロイター 8月26日(金)3時7分配信

486
 8月25日、イタリア中部地震の死者数が250人以上に達した。写真はアマトリーチェの救出作業現場で24日撮影(2016年 ロイター/Ciro De Luca)

[アマトリーチェ(イタリア) 25日 ロイター] - イタリア中部で発生したマグニチュード(M)6.2の地震で、死者数が25日、250人以上に達し、さらに増える恐れもあるとみられている。

救援チームが、がれきの下敷きになった生存者の救出作業を続けている。市民保護当局によると、前日の地震でけがを負った約365人が入院した。

アマトリーチェやアックモリなど、特に大きな被害に見舞われた地域で死亡、負傷した人の多くが行楽客だった。当局者らは、スペイン人1人、ルーマニア人5人ら複数の外国人が死者に含まれるとの見方を示した。

行楽客の流入で、これら地域の人口は夏季に10倍まで膨らむとされ、安否確認が難航している。

深夜には、約15時間がれきの下敷きになっていた10歳の少女が無事救出される光景も見られた。ただ、生存者発見の見込みは、時間を追うごとに低下している。

25日にはM4.3の余震が発生、救出作業に当たる人が退避したり、生存者が不安やパニックに陥ったりする場面もあった。

今回の死者数は、2009年に中部ラクイラを襲った地震の300人超に匹敵するか、上回る公算が高いとみられている。

イタリアには2本の断層線が走り、欧州有数の地震多発国として知られる。


イタリア地震の死者250人に=余震の中、救助活動
時事通信 8月26日(金)1時16分配信

485
24日未明に イタリア中部で起きたM6.2の地震で、ロイター通信は25日午後、死者が少なくとも250人に達したと伝えた。写真はアマトリーチェで、地震により倒壊したホテルで救助活動に当たる救急隊員ら

 【アマトリーチェ(イタリア中部)時事】24日未明にイタリア中部で起きたマグニチュード(M)6.2の地震で、ロイター通信は25日午後、死者が少なくとも250人に達したと伝えた。

 発生から丸1日以上が経過し、がれきの下に今も閉じ込められている被災者の捜索活動が進む中、犠牲者の数は増え続けている。

 米地質調査所によると、24日の地震の震源に近い中部ノルチャ近郊では25日早朝、M4.7の地震があった。現地では余震が続き、地元メディアによれば、多くの住民が屋外に避難して夜を明かした24日深夜から25日未明にかけて、体に感じるほどの余震は約60回に達したという。

 英BBC放送によれば、被災地アマトリーチェなどでは4000人を超える救助隊員らが夜を徹して行方不明者の捜索活動を継続。地震発生から17時間が経過した24日夜、10歳の少女を救出した。依然生き埋めになっている人にも生存の可能性があるとみて、捜索を急いでいる。

 救助隊員の男性は25日、ドイツのテレビに対し、「救助犬ががれきの下にいる人を何人も見つけている」と説明。機材が足りず、救出は思うように進んでいないといい、「やらなければならないことが山積している。長い1日になる」と語った。

 被災地は山間部にあり、多くの道が寸断されているため、救助隊員らの移動が困難なのも事実。点在する倒壊家屋の確認にまで手が回らず、一部被災者から憤りの声が上がっている。

 地震で家を失った人の数は2000人以上に上るとも言われている。当局は各地に避難所を開設。住民が損傷した自宅にとどまり、余震の被害に遭うことのないよう呼び掛けている。


イタリア地震、17時間ぶりに10歳少女を救助
読売新聞 8月26日(金)1時15分配信

 【アマトリーチェ(伊中部)=井口馨】イタリア中部で24日未明に発生したマグニチュード(M)6・2の地震で、同国当局は25日、死者が240人以上に達したと発表した。

 多数の住民や観光客らががれきの下に取り残されているとみられ、強い余震も続く中、イタリア各地やバチカンから駆けつけた救助チームが懸命の捜索を行っている。

 「静かにして。何かの音が聞こえる」。24日夜、ほぼすべての建物が崩壊したペスカーラ・デル・トロントで、がれきの下に子どもがいることに気づいた救助隊員が周囲に注意を促し、約17時間ぶりに10歳の少女を運び出した。「生きているよ」と見守った人たちから拍手や歓声が起こり、少女は病院に搬送された。


出入りを規制する警官ら
時事通信 8月25日(木)22時39分配信

484
イタリア中部地震で最大の被害を受けたアマトリーチェ町の入り口で、一般人の出入りを規制する警官ら=25日


地震で崩壊した壁
時事通信 8月25日(木)22時35分配信

483
イタリア中部地震の影響で崩壊したアマトリーチェ町の壁=25日


壁が剥がれ落ちたガソリンスタンド
時事通信 8月25日(木)22時35分配信

482
イタリア中部地震の影響で壁が剥がれ落ちたアマトリーチェ町のガソリンスタンド=25日


アマトリーチェ町の入り口
時事通信 8月25日(木)22時33分配信

481
イタリア中部地震で最大の犠牲者を出したアマトリーチェ町の入り口。看板に「イタリアで最も美しい町」と記されている=25日


救出進まず絶望感=迫る「72時間」―最大被害のアマトリーチェ町・イタリア地震
時事通信 8月25日(木)22時33分配信

 【アマトリーチェ時事】イタリア中部を襲い240人超が死亡した地震で、最大の被害を受けたアマトリーチェ町では25日、全国各地からボランティアが続々と救援に訪れた。

 懸命の作業にもかかわらず、被災者の救出は進んでいない。生存確率が大幅に下がる目安とされる72時間を前に、関係者の焦りは絶望感に変わりつつある。

 「がれきばかりで人はいない。まるで墓地のようだ」。町南西部で交通整理に当たっていた警官のルイジさんは内部の様子をこう説明した。相次ぐ余震で建物が倒壊する恐れがあり、住民は一部を除いて全員退避させたという。町の手前1キロほどの場所で車両はすべて通行止めとなり、中心部は報道陣も含め一般の人たちの出入りが禁じられた。

 アマトリーチェ町では25日までに180人を超える死者が確認され、救急隊員や消防車があわただしく行き来した。町に至る道路には壁が剥がれ落ちた病院やガソリンスタンドが並び、余震の影響で住宅から建材が落下する場面も見られた。

 震災を受け、伊全土から2000人超がボランティアとして現地に派遣されている。伊南部バーリから同町に来た元石工職人のジュセッペ・サコッテリさん(67)は倒壊した家屋から住民を救出する作業に当たっている。「何人も助け出したが、みんな息はなかった。現場の様子は『絶望』としか言い表せない」と沈痛な表情で話した。


<イタリア地震>内陸部は多発地帯 二つのプレートぶつかり
毎日新聞 8月25日(木)21時52分配信

480
イタリア半島周辺の地盤構造

 イタリア中部で発生した地震は、イタリア半島を縦断するアペニン山脈沿いの内陸部で発生した。周辺は地球を覆う複数のプレート(岩板)のうち、北側のユーラシアプレートと南側のアフリカプレートがぶつかり合う。しかも東西の海底の動きも非常に複雑で、2009年には約50キロ離れたラクイラでマグニチュード(M)6.3の地震が発生するなど、地震の多発地帯として知られる。

 米地質調査所(USGS)によると、今回の地震は北東-南西方向に引っ張る力が働いて断層が動く「正断層型」とみられる。東京大地震研究所の纐纈(こうけつ)一起教授(応用地震学)は「山脈に並行するようにたくさんの活断層があり、その一部が活動したと考えられる」と指摘。「中部では大きな地震があった1984年以降、地震回数が増えており、活動期に入った可能性がある。今後も警戒する必要がある」と話す。

 ラクイラ地震直後に現地を調査した川島一彦・東京工業大名誉教授(耐震工学)は、M6規模で大きな被害が出たことについて「現地は石を積み上げて造った古い家が多かったが、こうした建物の構造によって被害が拡大したのではないか」とみている。【飯田和樹】


<イタリア地震>祭り控え、観光客犠牲
毎日新聞 8月25日(木)21時4分配信

479
地震で倒壊した石造りの建物のがれき=イタリア中部アックモリで2016年8月25日、福島良典撮影

 【アマトリーチェ(イタリア中部)福島良典】イタリア中部で24日未明に起きたマグニチュード(M)6.2の大地震では、避暑地の山村アマトリーチェで最悪の人的被害を出した。夏休みに観光客を引きつけてきた伝統的な石造りの街並みは、きばをむいた自然の猛威の前に崩れ去った。多数の消息不明者が依然、倒壊した建物の下敷きになっているとみられ、救助隊などによる生存者の捜索活動が25日も続いている。

 アマトリーチェは名産パスタ「アマトリチャーナ」の祭典を今週末に控え、観光客でにぎわっていた。「(シーズンオフの)10月だったら犠牲者数は違っていただろう」。レンツィ伊首相は24日夜の記者会見で苦渋の表情で語った。

 村中心部に建っていた人気の老舗宿泊施設「ホテル・ローマ」は全壊し、英BBCによると、少なくとも5人が遺体で見つかった。「約30人が閉じ込められている」(市民保護局のファブリツィオ・クルチョ局長)模様だ。1夜明けた25日、村中心部は建物崩落の危険があるため、報道陣の立ち入りが禁じられた。

 「生存者の居場所を突き止めるのが難しい。石造りの家屋は私たちの文化だが、地震に弱く、被害が拡大した原因の一つだ」。消防隊長のロレンツォ・ボッティさん(51)が指摘する。「イタリアは地震多発国なので、耐震建築への変更を進めていかなければならない」

 震源地に近いノルチャでは近年、耐震建築が本格的に導入されていたため、地震による建物への被害は極めて軽微だったという。イタリア紙イル・ファット・コティディアーノによると、1968年以来、地震対策費は約1500億ユーロに上るが、耐震建築の推進よりも、倒壊した建物の再建に多くが投入されてきたという。

 イタリア中部ラクイラでは2009年4月に300人以上の死者を出す地震があった。アマトリーチェの薬剤師、マウロ・マッシミリアーノさん(49)は「ラクイラ地震でも揺れを感じたが、今回の地震はけた違いだった」と言葉少なに語った。

 11人の死者を出した中部アックモリの郊外に住むモニカ・バッレさん(49)は「集落の住民70人の大半はローマなどに避難してしまった。近くの村の知人は死んでしまった。地震のせいで村々が消え、観光は死んでしまった」と表情を曇らせた。


<イタリア地震>死者250人…4000人態勢、徹夜の捜索
毎日新聞 8月25日(木)20時45分配信

478
イタリア中部地震で大きな被害を受けたアマトリーチェでは、重機によるがれきの撤去が始まった=イタリア中部アマトリーチェで2016年8月24日、福島良典撮影

 【アマトリーチェ(イタリア中部)福島良典】イタリア中部で24日未明に起きた大地震の死者は25日までに250人、入院した負傷者は365人に上った。ANSA通信が伝えた。被害が大きいリエーティ県アマトリーチェなどで数十人が建物の下敷きになっている模様だ。発生から1日以上が過ぎ、生き埋めになった人々の救出活動が続けられているが、死者はさらに増える恐れがある。

 地元メディアなどによると、主に震源地の南東に位置するリエーティ県アマトリーチェとアックモリ、隣接するアスコリ・ピチェーノ県ペスカラ・デル・トロントの3カ所に建物倒壊などの被害が集中。4000人以上の救助隊員が夜を徹して捜索を続けた。350人以上の軍兵士も投入されている。ただ、余震が450回以上も続くなどし、捜索は中断を余儀なくされている。被災者は屋外のテントや車の中で避難生活を送っている。

 アマトリーチェは人口3000人足らずだが、8月には首都ローマから多くの観光客が詰めかける。このため観光客も巻き込まれた。在イタリア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 ◇17時間後に8歳を救出

 被災地では石造りの古い建物が多かったため被害が拡大した。ただ、発生から時間が過ぎても奇跡的な救出が続いている。

 伊メディアなどによると、ペスカラ・デル・トロントでは発生から約17時間後に8歳の少女が救出された。

 レンツィ首相は24日、「誰一人として見捨てない」と語り、捜索活動などに全力を尽くすと表明。ANSA通信によると、政府は2億3400万ユーロ(約266億円)の緊急支援を決めた。


イタリア中部地震 夜通し捜索、死者247人に レンツィ首相現地入り
産経新聞 8月25日(木)20時25分配信

 【ローマ=宮下日出男】イタリア中部で発生した地震で、伊当局は25日、死者が少なくとも247人に達したことを明らかにした。伊メディアなどが報じた。被災地では前日から倒壊した建物の下敷きになった人々の捜索が夜を徹して行われ、25日も継続。犠牲者はさらに増える可能性がある。

 甚大な被害を受けたのは中部ラツィオ州リエティ県のアマトリーチェとアックモリで、同県の死者が190人を占めた。隣接するマルケ州アスコリピチェノ県では57人が犠牲となった。

 レンツィ首相は24日夕に被災地に入り、救助隊員や被災者らを激励。記者会見ではアマトリーチェとアックモリの負傷者がこの時点で368人に上るとも明らかにした上、死傷者について「最終的な数ではない」と強調した。また、「緊急事態への対処には時間がかかるだろう」と語り、復興を急ぐ考えを示した。

 被災地では余震も続き、伊メディアによると、地震発生から30時間に400回以上が観測された。被災地の各自治体は家を失うなどした被災者らのためにテントを設置し、体育館などの施設を利用するなどして避難先を用意。被災者を収容した。


耐震化進まず被害拡大=ラクイラの教訓生かせず―イタリア中部地震
時事通信 8月25日(木)20時10分配信

 【アマトリーチェ時事】イタリア中部で24日未明に発生した地震は、同国が地震多発国でありながら、対策を徹底できていない実態を改めて浮き彫りにした。

 建物の耐震化は進まず、地震に備える国民の意識も高まっていなかったため、被害の拡大を招いたと指摘されている。

 特に被害が目立つ町アマトリーチェは中心部の建物の多くが全壊し、壊滅的状況となった。地震の規模はマグニチュード(M)6.2。米メディアは「(地震は)非常に大きいというわけではない。日本や南米ではもっと強い地震でも小さな被害で済んでいる」と指摘。今回の地震被害の特異性に注目している。

 震源から南に約50キロ離れたラクイラでは2009年の地震で300人以上が犠牲になった。政府はこれを受け、建物の耐震化のために10億ユーロ(約1130億円)近い予算を策定。だが、手続きの煩雑さもあって利用は低調だったといい、教訓を生かすことができなかった。

 アマトリーチェには石造りの歴史的な建物も多く、今回の地震で崩れ落ちたが、地震対策のためにこうした遺産に手を加えることへの消極論は国民の間に根強い。一方、AFP通信によると、4年前に耐震補強したはずの同町の学校も全壊。耐震基準を整備しても、手抜き工事が行われているという疑念も拭いがたく残っている。

 また、イタリアでは日本で定着している避難・救助訓練は一般的になっていない。伊地質学者評議会のペドゥト代表は「イタリアは防災文化から程遠い」と対策の必要性を訴える。レンツィ首相は「再建し、再出発する」と力を込めるが、防災意識の向上を含め課題が多いのが実情だ。


損壊した住居
時事通信 8月25日(木)19時48分配信

477
25日、イタリア中部ペスカラ・デル・トロントで、前日の地震により損壊した住居。


アマトリーチェの避難所
時事通信 8月25日(木)19時1分配信

476
25日、イタリア中部アマトリーチェで地震を受け設置された避難所。


重機でがれきの中を捜す消防隊員ら
時事通信 8月25日(木)19時1分配信

475
25日、激震に見舞われたイタリア中部アマトリーチェでがれきの中から生存者を捜す消防隊員ら。


重機でがれきの中を捜す消防隊員ら
時事通信 8月25日(木)19時1分配信

474
25日、地震で甚大な被害が出たイタリア中部アマトリーチェで重機を使いがれきの中を捜す消防隊員ら。


【写真特集】壊滅状態の山間の村で救出活動が続く 仮設テントなどで生活始まる=イタリア地震
アフロ 8月25日(木)18時51分配信

473
山間部の街が地震に襲われた。24日、高台から見下ろした被災地。(Photo by Rex Features/アフロ)


アングル:地震対策遅れるイタリア、歴史建造物と財政難が壁に
ロイター 8月25日(木)16時54分配信

472
 8月24日、イタリア中部は、世界で最も活発な地震活動地帯の1つであり、地震の震動が定期的に同国を貫く山脈を揺らしている。写真は、イタリア中部のペスカーラ・デル・トロントの被災現場を歩く男性。24日撮影(2016年 ロイター/Remo Casilli)

[ローマ 24日 ロイター] - イタリア中部は、世界で最も活発な地震活動地帯の1つであり、地震の震動が定期的に同国を貫く山脈を揺らしている。

地震の多くは無視できるほど小さなものであり、何世紀も続くコミュニティーで感じられることはめったにない。電子センサーに記録されるのみだ。しかし、24日に発生した地震では、これまでに250人近くが死亡し、数多くの建物が倒壊した。

今回のような災害が将来再び起きることは避けられないとみられるなか、イタリアは人命と財産を守るためにもっとやれることがある、と専門家は指摘する。

「イタリアでは、平均して15年に一度、マグニチュード(M)6.3以上の地震が発生してもおかしくない。地震防災と市民保護の文化がもっと促進されていいはずだ」と、イタリアの地質研究所で調査研究を率いるファビオ・トルトリーチ氏は語る。

米地質調査所(USGS)によると、24日発生の地震はM6.2を記録。震源の深さはわずか10キロメートルで、この浅い深度が破壊力を増幅させた。

「イタリアを貫くアペニン山脈は、地殻変動によって1年間に3ミリ程度、北東と南西の方向に徐々に引っ張られている」と指摘するのは、英国のダラム大学で地球科学の講師を務めるリチャード・ウォルターズ氏だ。

「このゆっくりとした伸張が地殻のひずみを増大させ、今回のような地震で放出されている」

今回の地震は2009年以来、イタリアで最も被害が甚大な災害となった。同年の地震では、300人以上が死亡し、5万5000人が家を失い、13世紀に築かれた都市ラクイラを破壊した。

このラクイラ地震は、教会や病院、大学寮など近現代と古代の両方の建物を破壊し、イタリアのインフラのもろさを改めて露呈した。

<安全基準>

市民保護の専門家による2008年の調査によると、同国で最も被害を受けやすい中部では、わずか14%の建物しか耐震基準を満たしていなかった。

新しい建物の建築に関して、かなり厳しい基準が同年新たに設けられたが、ほとんどの家やオフィスは地震活動の危険にさらされたままだった。

イタリアの全国保険協会によって先月公表された報告書によると、同国の3分の2の地方自治体が地震帯に位置し、それと同じくらいの割合で建物も耐震性を備えていなかった。

「いくつかのことは改善された。しかし、もっとできるはずだ」と、地質研究所のトルトリーチ氏はロイターに対し、こう述べた。

「真の問題は、耐震基準がなかった1970年代以前に建造された建物にある。この国は、寿命に限りがあるセメントに覆われている」と同氏は言う。

中世から続くすべての村落とルネサンス時代の宮殿の魅力を奪うことなく、それらの耐震を強化するためにかかるばく大な費用を考えると、イタリア全土の古い建物を強化し、安全性を高めるどんな施策も激しい抵抗に遭うだろう。

トルトリーチ氏は、政府が全国的に安全性を高めるインセンティブを提供することができると語る。しかし、欧州最大規模の債務にあえぐなか、イタリアは民間セクターに気前の良い奨励策や、あらゆる公共建造物に安全対策を施すのに必要な大規模な投資を行えるほどの余裕はない。

65歳のアルティエロ・チナグリアさんは、アルクアータ・デル・トロント村でがれきに囲まれながら、日本式の安全基準をイタリアに導入することには悲観的なようだ。

「何をすればいいのか。新しい建物のために古い建物を取り壊すことなどできない。これらの街は夏は観光のために存在し、観光客は古くて美しい建造物を見たいと思っている」とチナグリアさんは話す。

「できることは何もない」

(Crispian Balmer記者 翻訳:高橋浩祐 編集:伊藤典子)


イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増
ロイター 8月25日(木)16時22分配信

471
 8月25日、イタリア中部を襲った地震発生から一夜明けた。当局は夜を徹して救出・捜索活動を行っているが、これまでに247人が死亡した。写真はアマトリーチェの避難所に身を寄せる住民ら(2016年 ロイター/Ciro De Luca)

[アマトリーチェ(イタリア) 25日 ロイター] - イタリア中部を襲った地震発生から一夜明けた。当局は夜を徹して救出・捜索活動を行っているが、これまでに250人近くが死亡した。

政府と地元当局によると、死者数は24日夜時点の159人から急増し、247人に上った。就寝中に建物が崩壊し、がれきに埋もれた人が多いという。

当局によると、死者数はさらに増える見通しで、2009年に300人以上の犠牲者を出したイタリア中部ラクイラでの地震を上回りそうだ。

市民保護当局では、ラツィオ州アマトリーチェや同州アックモリなどの村々で死者が確認されており、主にラツィオ州やマルケ州で被害が出ているとした。

レンツィ首相によると、24日夜までに少なくとも負傷者368人が病院へ搬送された。


イタリア中部地震、死者247人に 死者増加の恐れも
CNN.co.jp 8月25日(木)15時4分配信

イタリア・サレッタ(CNN) イタリア中部で24日未明に発生したマグニチュード(M)6.2の地震による死者は、少なくとも247人に達した。当局が明らかにした。地震は現地時間24日午前3時36分ごろに発生。震源地はノルチャの約10キロ南東。

当局によれば、震源地に近いアマトリーチェでは少なくとも53人が死亡。負傷者は100人を超す。近隣のアックーモリやアルクアータ・デル・トロントでも死傷者が出た。

複数の余震が続いており、米地質調査所(USGS)によれば、25日午前にもノルチャの数キロ東でM4.7の揺れが観測された。

がれきのなかでの救助作業が続いており、死者の数はさらに増加する恐れがある。


イタリア中部地震、死者247人に
AFP=時事 8月25日(木)14時7分配信

470
強い地震に見舞われたイタリア中部アマトリーチェで、がれきの下敷きになった人々の救出活動に当たる救助隊員ら(2016年8月24日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部で24日未明に発生した大地震による死者は、25日までに少なくとも247人に達した。伊市民保護局が発表した。

 負傷者は数百人に上っている。また、がれきの下敷きになっている住民も多いとみられ、現地では懸命の救出活動が続いている。

 米地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.2。一方、伊当局によると本震はM6.0で、震源の深さは4キロ。本震の1時間後にM5.4の余震があったという。【翻訳編集】 AFPBB News


イタリア中部地震、山間の村壊滅 「聞こえるのはネコの声だけ」
AFP=時事 8月25日(木)12時55分配信

469
大規模な地震に見舞われたイタリア中部アマトリーチェで、倒壊した建物のがれきの中に立つ住民(2016年8月24日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イタリア中部で24日に起きた大地震で被災した山村の一つイッリカ(Illica)で、グイド・ボルド(Guido Bordo)さん(69)はベンチに腰掛け、両手を握ったり開いたりする動作を繰り返していた。ボルドさんの測り知れない苦悩の大きさを物語るしぐさだ。

「姉夫婦が、がれきの下敷きになっている。救援隊を待っているんだが、ここまでたどり着けないんだ」とボルドさんはAFPに語った。

 地震が発生してすぐ、ボルドさんは休暇でローマ(Rome)から訪れていた姉夫婦が宿泊していた別荘に駆けつけた。別荘は人里離れた場所にある。何とか子どもたちだけは助け出され、病院に搬送された。しかし、あとは「なんの音もしない。聞こえるのは2人が飼っていたネコの鳴き声だけだ」。その後、姉夫婦の死亡が確認された。

 今回の地震はイタリアで起きたものとしては2009年に約300人が犠牲になったラクイラ(L'Aquila)の地震以降で最大規模。甚大な被害があった地域はラクイラの北方だ。

 被災したアマトリーチェ(Amatrice)の町中心部はまるで爆撃跡のようだ。被災状況を視察したセルジオ・ピロッジ(Sergio Pirozzi)町長は「町の半分が消滅してしまった」と語った。

 夜間は冷え込むが、余震を恐れて自宅に戻れない数百人の住民たちが夜を過ごせるよう、仮設のテントが急設された。

 イタリアは地震に対して脆弱な国だ。2009年に起きたラクイラの地震ではその後も長らく、建物管理のずさんさや、地震の切迫性を住民に通知しなかった当局の過失などが非難されている。【翻訳編集】 AFPBB News


石造りの街、がれきの山…伊地震死者247人に
読売新聞 8月25日(木)12時46分配信

 【アマトリーチェ(伊中部)=井口馨】イタリア中部で24日未明に発生したマグニチュード(M)6・2の地震による被害は拡大し、AFP通信によると死者は247人となった。

 石造りの建物が崩れて多くの住民らが下敷きになっている模様で、クレーン車によるがれきの撤去と救助作業が夜を徹して続けられた。同通信によると、24日、被災地に入ったレンツィ首相は死者がさらに増える可能性があるとの見通しを示した。

 震源に近く大きな被害が集中したアマトリーチェはがれきの山となって砂ぼこりが舞い上がり、歴史的な趣の街並みは失われていた。

 「永遠に続くかのような激しい揺れで家がめちゃめちゃになった」。地震で近くに住むおばを亡くしたトマッソ・カポーニさん(54)は、青ざめた表情でがれきの山を見つめていた。


壊滅的被害の伊ペスカーラデルトロント
時事通信 8月25日(木)11時47分配信

468
24日、地震で壊滅的被害を受けたイタリア中部ペスカーラデルトロント=防災当局提供


伊アマトリーチェの地震被災地
時事通信 8月25日(木)11時47分配信

467
24日、地震で大きな被害が出たイタリア中部アマトリーチェ=防災当局提供


<イタリア地震>死者159人に 建物倒壊、下敷きも
毎日新聞 8月25日(木)11時2分配信

466
地震によって崩壊した現場から救出される生存者=イタリア中部アマトリーチェで2016年8月24日、AP

 【アマトリーチェ(イタリア中部)福島良典】イタリア中部で24日未明に起きたマグニチュード(M)6.2の大地震による死亡者は同日夜までに少なくとも159人、負傷者は368人となった。イタリア当局が発表した。大きな被害を受けたリエーティ県アマトリーチェの町長は約100人が建物の下敷きになっている模様だと話しており、今後、死者数が増える恐れがある。250回以上の余震が続く中、自宅が倒壊した被災者約1500人は避難所などで不安な一夜を過ごした。

 レンツィ伊首相は24日夕、現場に近い県都リエーティを訪れ、記者会見で「死者数が増える恐れがある」と述べ、25日の閣議で非常事態宣言を出す予定だと明らかにした。在イタリア日本大使館によると、これまでのところ、日本人が巻き込まれたとの情報はない。フランシスコ・ローマ法王はバチカンの消防士6人をアマトリーチェに派遣した。

 アマトリーチェのジョバンニーナ・ムンゾーニさん(90)は24日未明、1人暮らしの自宅で頭を強打して目がさめた。ベッドの周りはがれきだらけだった。「これまで何度か地震を経験してきたが、こんなに大きな地震は初めてだ」と惨事を振り返る。

 イタリア中部は地震多発地帯だ。2009年4月には中部ラクイラでM6.3の地震があり、300人以上の死者を出した。今回、大きな被害の出たアマトリーチェと近くのアックモリでは、1639年に多数の死者を出した「双子地震」が起きたとの記録がある。

 薬剤師のマウロ・マッシミリアーノさん(49)はアマトリーチェ中心部で全壊した建物の前でぼうぜんとしていた。「ラクイラ地震の時も揺れを感じたが、今回はけた違いだった。表現する言葉も見つからない」

 建物前の広場では、地震で家族を失った遺族の女性たちが涙にくれる。「子どもを失って泣いている女性を撮影してニュースになるのか」。遺族を撮影しようとテレビクルーがカメラを構えると、男性住民が憤りをぶつけた。

 救助活動には350人以上の軍兵士も投入されている。伊メディアによると、アマトリーチェの約15キロ北方のアルカタ・デル・トロントでは、ベッドの下に隠れていた4歳と7歳の兄弟が助かった。近くのペスカラ・デル・トロントでは地震発生の約17時間後になって8歳の少女が救助された。


【写真で見る】イタリアの地震被害 被災前の街並みと被災後
BBC News 8月25日(木)10時14分配信

イタリア中部を24日早朝に襲ったマグニチュード(M)6.2の地震は、山間の町村に甚大な被害をもたらし、150人以上の死者を出した。地震前と後の写真を並べると、被害がいかに深刻か浮き彫りになる。

24日午前3時36分(日本時間同日午前10時36分)に発生した地震の震源は、観光客に人気のノルチア町の近くだった。ただし被害は近くのアマトリーチェやアックモーリ、ペスカラ・デル・トロントなどに集中した。

古い歴史の町アマトリーチェと近くのアックモーリで合わせて少なくとも86人が死亡。アマトリーチェのセルジオ・ピロッツィ町長は、市街地の75%が破壊されたと話している。

山間の小さい町アックモーリでは、一家4人が崩れた建物の下から遺体で発見されるなど、住民700人の多くが被害に遭った。

ステファノ・ペトルッキ町長は報道陣に、「瓦礫の下に大勢の人がいる。悲劇的状況だ」と述べ、夏には大勢の観光客でにぎわう町の将来に懸念を示した。

ペスカラ・デル・トロント村でも揺れの被害は大きく、イタリアのANSA通信によると、少なくとも10人が死亡した。

村に至る主要道路は瓦礫で覆われ、救助隊の現場到着を困難にしている。

(英語記事 Italy earthquake: Before and after images show destruction)


イタリア地震 死者159人に、住民が素手でがれきかき分け
CNN.co.jp 8月25日(木)9時39分配信

イタリア・サレッタ(CNN) イタリア中部を24日に襲った地震は、25日早朝までに159人の死亡が確認された。現場では夜を徹して捜索救助活動が続けられているが、生存者の発見は時間との戦いになっており、犠牲者はさらに増えることが予想される。

人口約20人の小さな集落サレッタでは、住宅倒壊跡地のがれきを近隣住民が素手でかき分けるなどして行方不明者の捜索を続けた。

同地にいたCNNの取材班は、フェイスブックで生中継中に、背後にあった住宅が倒壊する様子を目の当たりにした。取材班にけがはなかった。

被災地の多くへ通じる道路は道幅が狭いために重機の到着が遅れ、住民がトラクターや耕作機械などを捜索に利用。屋外に避難した住民は、余震が起きるたびに不安を募らせている。

災害対策当局によると、震源地に近いアマトリーチェでは少なくとも53人が死亡。負傷者は100人を超す。近隣のアックーモリやアルクアータ・デル・トロントでも死傷者が出たと伝えられている。

マグニチュード(M)6.2の地震は現地時間の午前3時36分ごろに発生。震源地はノルチャの約10キロ南東、震源の深さは約10キロだった。震源から約160キロ離れたローマでも揺れを感じたという。


イタリア中部地震…バカンスでの滞在者増 犠牲拡大「町はなくなった」
産経新聞 8月25日(木)9時24分配信

 【ローマ=宮下日出男】イタリア中部地震の被災地では24日、救急隊員らが生存者らの捜索に夜間も全力を挙げた。イタリア当局によると、死者は少なくとも159人、負傷者はこれまでに368人に上るという。夏のバカンスシーズンで地元住民だけでなく、多くの滞在者がいたとされ、犠牲者が膨れる可能性が懸念されている。

 中部ペスカーラデルトロントではすっかり暗くなる中、照明でオレンジ色に浮かび上がったがれきの山をショベルカーが取り崩し、多く救助隊員が周辺の捜索にあたった。

 発生からすでに17時間が経過していたが、別の場所では倒壊家屋の下から、10歳の女児が救助され、病院に搬送された。「生きていた!」。こう喜び叫んで通りを駆けていく住民の姿をメディアが報じた。

 多くの犠牲者がでた中部アマトリーチェでは一方、11歳の男児が遺体で見つかった。男児はがれきの下で鳴き声を上げ、救助隊員が救出を急いだが、その声は次第に弱まっており、間に合わなかった。

 「救助隊員は最大限やっている」。アマトリーチェの行政関係者は伊メディアにそう語る一方、「だが死者はまだ増えるだろう」との見方を示し、「町はもはやなくなった」と漏らす。

 現場は小さな集落が点在する山岳地帯。崖崩れやインフラの損壊などもあり、救助作業には困難が伴っているもようだ。

 一方、人口が少ない地域だが、帰省や休暇で訪れていた人らも多い。被害の大きい中部アックモリも700人未満の人口に対し、行政関係者は被災者が2千人以上に上るとの見通しを示している。

« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・3 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64111187

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・2:

« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・3 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31