« イタリア中部でM6.2の地震 死者多数 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・2 »

2016年8月24日 (水)

無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23

「日韓請求権協定」を踏みにじる異常判決、ゆすりたかり、大統領とか称する朴槿恵(パククネ)というキチガイ女による執拗な対日非難・罵倒、日本国内に紛れ込んだ韓国人による凶悪犯罪の多発等、異様な偏執狂国家・韓国による常軌を逸した「反日」敵対言動はますますエスカレートし、すでに国家の崩壊・滅亡にいたる事態までもが現実味を帯びて来た。

卑しく愚劣な韓国が崩壊しようが滅亡しようが、それは愚劣な韓国人が自ら招来する自業自得であり、本ブログとして関知したことではないが、この愚劣で凶悪な国家が我が国に及ぼす数々の害悪については決して許容出来ない。

今日もまた繰り広げられる、この精神異常国家による数々の「反日」行為に対しては、もはやその個々の事例についていちいちコメントするのもいささかめんどうになって来た。“馬鹿がいかに馬鹿であるかを証明する”などというくだらないことのために、貴重な時間と労力を浪費したくない。そこで、それらに関するニュースが報じられるたびにそれを拾い集めて収録し、新たなニュースを収録するごとに掲載時刻を更新することにしよう。

それにしても、この世界でも有数のレイプ大国・売春婦輸出大国として女性の性と尊厳を残酷に踏みにじる「本場」である卑しくおぞましい悪徳国家・韓国の、例えば多数のベトナム人女性に対して行なったおぞましい蛮行の数々のように,自国の恥ずべき歴史を直視せずしたがって反省もせず、自らの凶悪な行為には都合よく口を拭って、他者を執拗かつ凶暴に非難する異常さ・邪悪さ凶悪さは、まさしく精神異常者のそれというほかはない。

一方、例えばアメリカ国内でも、この凶悪な韓国人どもに媚びを売って自己の選挙活動を有利にしようと言う日系アメリカ人政治家、マイケル・ホンダ(民主党)下院議員のように、韓国人同様に精神の歪んだ卑しいクズのような人間もいる。

無知で卑劣・愚劣な精神異常の韓国人に未来はない。さっさと滅亡するがいい。一刻も早く滅亡してくださいな。
愚劣な恥知らずの韓国人(朝鮮人)の未来に災いあれ! くたばれ韓国!

この前の記事
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・2
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・3
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・4
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・5
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・6
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・7
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・8
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・9
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・10
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・11
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・12
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・13
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・14
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・15
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・16
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・17
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・18
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・19
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・20
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・21
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・22

これまでの本ブログでの、キチガイ韓国に関連する記事

靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・4 16.2.11
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・3 15.12.15
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・2 15.12.10
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕 15.12.9
靖国神社爆破 韓国人テロリストが韓国に逃亡 15.12.3
靖国神社トイレで爆発音、電池やパイプ散乱 警視庁がテロ容疑で捜査 15.11.23
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態・2 15.3.6
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態 15.3.5
「竹島の日」式典開催に、不法占拠の韓国が狂気の非難 15.2.22
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・3 14.6.25
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・2 14.6.20
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表 14.6.20
「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判 14.5.1
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言・2 14.2.28
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言 14.2.20
老いぼれ売国奴・村山富市、安倍首相を「売国奴」呼ばわり 14.1.30
特定アジアの野蛮国3国、国連安保理で日本非難の大合唱 14.1.30
日本維新の会、「河野談話」撤廃と河野洋平・朝日新聞社長の証人喚問要求の署名を展開 14.1.29
安倍首相は「竹島の日」式典に出席を 14.1.12
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」が日韓の合作と暴く 14.1.1
韓国に創価学会会員100万人! 公明党が安倍政権の足を引っ張る理由 13.12.29
日本維新の会、「河野談話」の撤廃と河野洋平国会招致を求める署名を展開 13.12.28
伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国 13.11.18
いわゆる「慰安婦」問題で、国賊・河野洋平に公開質問状 13.11.6
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の基礎調査のずさんさを暴く 13.10.16
「反日」が生き甲斐のバカ国家・韓国、今度は「旭日旗禁止法」だとよ 13.9.26
韓国の破廉恥漢、靖国神社に放火の目的で侵入 13.9.23
「慰安婦の真実」国民運動、「河野談話」の撤廃を求める署名を国に提出、河野洋平個人の提訴も 13.9.16
『夕刊フジ』がキチガイ国家・韓国を厳しく批判 13.9.13
韓国人潘基文、詭弁を弄して日本非難の言い逃れ 13.8.29
韓国人潘基文、国連事務総長の中立義務を放擲し日本を非難 13.8.26
ヤクザのタカリ国家韓国の「裁判」に名を借りた恐喝に屈するな 13.8.18
我が国の英霊を侮辱・冒涜する、恥知らずの野蛮国・韓国のキチガイ国会議員ども 13.8.15
閣僚の靖国参拝に、公明党と韓国が殉国の英霊と日本人を卑しめる難癖 13.4.21
精神障害国家・韓国最大手紙『朝鮮日報』社説で「日本人には『加虐本能』が遺伝子の中に流れている」侮辱的暴論 12.9.26
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(3) 12.9.16
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(2) 12.8.23
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート 12.8.21
竹島の不法占拠、国際司法裁判所に提訴へ 12.8.16
劣等野蛮国家・韓国のキチガイ頭目・李明博、天皇陛下を罵倒 12.8.14
侵略国家韓国の頭目・李明博、不法占拠を続ける竹島に強行上陸 12.8.10


リンク:10億円拠出を閣議決定=元慰安婦支援、日韓外相会談で伝達へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:10億円拠出を閣議決定 慰安婦財団 9月上旬までに支出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<慰安婦支援>10億円拠出を閣議決定…事業開始へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦財団 10億円拠出24日に閣議決定 韓国外相に伝達へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<慰安婦支援>財団へ10億円拠出へ 24日に閣議決定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国議員の竹島上陸 日本は“懲罰的対抗措置”を 日韓財務対話を中止に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国議員の竹島上陸 地元・島根「怒りしかない」「韓国信用ならぬ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国議員の竹島上陸 不法行為、定着の恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国議員団・竹島上陸 外務省が韓国に抗議「到底受け入れられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国側の動き、極めて遺憾=溝口島根知事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「強行は極めて遺憾」菅氏が強く批判…竹島上陸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国議員団・竹島上陸 菅義偉官房長官「極めて遺憾で到底受け入れられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官「極めて遺憾」=竹島上陸、韓国に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国議員団・竹島上陸 岸田文雄外相「実情を確認して適切に対応する」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島上陸の中止求める=日本政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦財団 10億円、月内拠出へ 日韓外相合意 像撤去前提とせず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「拙速」世論の反発必至 慰安婦財団 10億円、月内拠出へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<慰安婦財団>少女像移転見通せず 日本側「最大の懸案」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦財団事業、日韓外相合意…10億円拠出へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<慰安婦財団>速やかに10億円拠出 岸田氏、韓国側に表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日韓、10億円使途で合意=医療・介護目的 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元慰安婦の医療・介護支援=日韓、10億円使途で合意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:内閣改造 韓国メディア「強硬右翼」の稲田朋美防衛相と松野博一文科相を警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「右派路線強化」と懸念=稲田氏、松野氏に警戒―韓国メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「慰安婦暴言」「極右抜擢」 稲田防衛相就任で韓国メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島上陸、外相会談時に抗議できず 情報把握に遅れ、外務省が謝罪 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「稲田氏は強硬右派」=防衛協力めぐり摩擦も―韓国メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<自民党>元慰安婦支援拠出に慎重論相次ぐ 特命委員会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国慰安婦財団 自民部会「慰安婦像撤去を」 10億円拠出に異論も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稲田氏「慰安婦像撤去要求は重要」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【仙台「正論」懇話会】古田博司氏講演要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<竹島>日本が抗議 韓国軍の周辺海域での防衛訓練で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅義偉官房長官「極めて遺憾」 竹島周辺海域での防衛訓練で韓国に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:加藤達也前ソウル支局長「日韓の未来、いばらの道」 和歌山「正論」懇話会 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

10億円拠出を閣議決定=元慰安婦支援、日韓外相会談で伝達へ
時事通信 8月24日(水)12時2分配信

 政府は24日午前の閣議で、日韓合意に基づいて元慰安婦の女性を支援するため韓国が設立した「和解・癒やし財団」へ10億円を拠出することを決定した。

 岸田文雄外相が同日午後に会談する韓国の尹炳世外相に直接伝える。

 両外相は12日の電話会談で、10億円の使途を元慰安婦の医療や介護とすることで大筋合意。岸田氏は、手続きを速やかに進めると伝えていた。政府は10億円を予備費で支出する。

 岸田氏は、10億円の拠出によって「日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる」としており、今後はソウルの日本大使館前に設置された慰安婦少女像の速やかな移転を韓国側に求めていく方針だ。


10億円拠出を閣議決定 慰安婦財団 9月上旬までに支出
産経新聞 8月24日(水)11時55分配信

 政府は24日午前の閣議で、元慰安婦の女性らを支援するため韓国で発足した「和解・癒やし財団」への10億円の拠出を決定した。9月上旬までに平成28年度予算の予備費から支出する。使途は医療・介護を想定している。

 岸田文雄外相が24日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談で伝達する。10億円の拠出により、昨年末の日韓合意に基づく日本側の責務を全て履行することになり、韓国側にソウルの日本大使館前にある慰安婦像の早期撤去を促す狙いもある。

 菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で、慰安婦像の撤去について「韓国側の努力を含め引き続き(合意の)着実な実施を求めていきたい」と述べた。

 財団への10億円拠出をめぐっては、岸田氏が今月12日の尹氏との電話会談で、財団の事業内容について大筋合意し、必要な手続きを進める考えを伝えていた。


<慰安婦支援>10億円拠出を閣議決定…事業開始へ
毎日新聞 8月24日(水)11時43分配信

 政府は24日午前の閣議で、韓国政府が元慰安婦を支援するために設立した「和解・癒やし財団」への10億円の拠出を決定した。岸田文雄外相は同日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と東京都内で会談し、政府内手続きが完了したことを伝える。10億円拠出を受け、元慰安婦への支援事業が近く開始する見通し。

 慰安婦問題は日韓両国の長年の懸案となってきただけに、日本は昨年末の日韓両国の合意を着実に実施することで関係改善につなげたい考えだ。岸田氏は尹氏との外相会談で未来志向の新たな日韓関係の構築の重要性を訴える。

 韓国は合意に基づき、7月末に財団を設置している。日本側の資金拠出を受け、焦点は元慰安婦らへの具体的な支援内容やソウルの日本大使館前に置かれた慰安婦を象徴する少女像の移転問題に移る。

 日本は今回の支援が、賠償金と受け取られないよう、元慰安婦への医療や介護、故人の葬儀費用などに使途を限定する考え。岸田氏は今月12日に尹氏と電話で協議し、拠出する10億円の使途について大筋で合意しているが、韓国側には賠償金的性格を持たせるべきだとの声も根強い。日韓両国は支援内容の最終決定に向け、協議を急ぐ。

 一方、日本としては今回の資金拠出で昨年末の合意を履行した形になるため、今後は少女像移転について、韓国側に積極的に働きかけていく方針だ。【田所柳子】


慰安婦財団 10億円拠出24日に閣議決定 韓国外相に伝達へ
産経新聞 8月24日(水)7時55分配信

 政府は24日の閣議で、元慰安婦の女性らを支援するため韓国で発足した「和解・癒やし財団」への10億円の拠出を決定する方針を固めた。9月上旬までに平成28年度予算の予備費から支出し、使途は医療・介護を想定している。

 岸田文雄外相が24日の韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談で伝える方向だ。昨年末の日韓合意に基づく日本側の責務を全て履行することになり、岸田氏はソウルの日本大使館前にある慰安婦像撤去を引き続き要請する。

 日韓外相会談では、日韓合意で一致した慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」の方針を再確認。日本政府は「未来志向の日韓関係」を築くことを改めて申し合わせる意向だ。

 財団への10億円拠出をめぐっては、岸田氏が今月12日の尹氏との電話会談で、財団の事業内容について大筋合意し、必要な手続きを進める考えを伝えていた。


<慰安婦支援>財団へ10億円拠出へ 24日に閣議決定
毎日新聞 8月24日(水)2時30分配信

 政府は24日、韓国政府が元慰安婦を支援するために設立した「和解・癒やし財団」に対する10億円の拠出を閣議決定する。複数の政府関係者が23日、明らかにした。日韓の懸案だった慰安婦問題の解決に向け、速やかに手続きを進める必要があると判断した。24日午後に岸田外相が尹外相と会談し、伝達する予定。

 日韓両政府は昨年末、韓国の財団設立と日本の資金拠出を柱とする慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」で合意。韓国政府は7月末に財団を設立していた。両政府は今月12日、財団の事業内容について大筋で合意しており、日本政府は閣議決定を受けて10億円を速やかに拠出する。

 財団の支援は元慰安婦や遺族への一定額の支給を軸に検討するが、日本政府は1965年の日韓請求権協定で賠償問題は解決済みとの立場で、医療や介護などを目的とした支援を想定している。【田所柳子】


韓国議員の竹島上陸 日本は“懲罰的対抗措置”を 日韓財務対話を中止に
夕刊フジ 8月16日(火)16時56分配信

943
韓国・対抗措置リスト(写真:夕刊フジ)

 韓国の超党派の国会議員団が15日午前、不法占拠する島根県・竹島(韓国名・独島)に強行上陸した。日本政府は韓国政府に再三抗議してきたが、韓国議員らは「無礼だ」と反発していた。慰安婦問題をめぐる日韓合意後、改善の兆しも見えていた日韓関係だが、単なる抗議で終わらせていいのか。懲罰的な対抗措置も検討すべきではないのか。

 聯合ニュースなどによると、上陸したのは与党セヌリ党の羅卿●(=王へんに援の旧字体のつくり)(ナ・ギョンウォン)議員を団長とする「国会独島訪問団」の計10人。「共に民主党」などの野党議員も参加した。ヘリコプターで上陸後、独島警備隊を激励したという。

 日本政府の事前の抗議を無視する暴挙に、菅義偉官房長官は「到底受け入れられず、極めて遺憾だ」と反発したが、韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「口頭の抗議は効果がない。報復措置を実行すべきだ」といい、別表のような提案をした。

 第1は「入国審査の厳格化」。現在、韓国人のビザは免除されているが、靖国神社放火犯や仏像窃盗団などが簡単に入国している。治安維持の面からも強化は必要だ。

 第2は、今月末に予定される「日韓財務対話の中止」。韓国側から、日本と緊急時に通貨を融通し合う「スワップ協定」の復活を望む声が強まっているが、とても受け入れられない。

 第3は「食料品輸入規制の強化」。現在、韓国の食料品はほぼノーチェックで入ってくるが、食中毒や寄生虫の問題が次々に発覚している。室谷氏は「日本人の安全のためにも規制を強化すべきだ」という。

 最後は「国際司法裁判所への提訴」。竹島は日本固有の領土であり、正々堂々と付託すればいい。「韓国は同意しないだろうが何度もやるべきだ」(室谷氏)

 ネット上では、日韓合意に基づく「10億円拠出を中止すべきだ」という意見も多い。

 これに対し、室谷氏は「10億円は手切れ金として支払うべきだ。慰安婦問題は『最終的かつ不可逆的な解決』する。竹島問題は、韓国人に『日本人が本気で怒っている』と理解させなければならない」と語っている。


韓国議員の竹島上陸 地元・島根「怒りしかない」「韓国信用ならぬ」
産経新聞 8月16日(火)7時55分配信

 竹島(島根県隠岐の島町)に15日、上陸した韓国の国会議員団に対し、地元関係者からは憤りの声が上がった。

 島根県の岡本昭二県議(69)は、元慰安婦支援財団の事業で日韓両国が合意した直後の上陸に、「怒りしかない。だから韓国は信用ならない」と語気を強めて議員らを批判。

 県内外の有識者らでつくる「竹島問題研究会」で副座長を務めた松江市の佐々木茂さん(62)は終戦の日の上陸に「韓国は国民の関心を引こうとしているのだろうが、日本からすれば非常に腹立たしい行為でしかない」と話した。

 同県隠岐の島町の元漁師の男性(77)は、「ああ、また来たのか…」と思ったという。「日本が強く抗議しても、向こうは『わが国の領土だ』という姿勢で来る。(韓国への)不信感は変わらない」と憤った。


韓国議員の竹島上陸 不法行為、定着の恐れ
産経新聞 8月16日(火)7時55分配信

 韓国の超党派の国会議員団による竹島上陸について日本政府は「極めて遺憾」(菅義偉(すが・よしひで)官房長官)と強く非難している。ただ、昨年末の日韓合意に基づく元慰安婦支援財団への10億円の拠出は「話が別」(官邸筋)として予定通り行う方針。世論や与党内からは強い反発が出そうだ。

 菅氏は、15日の記者会見で「竹島領有に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れられない。事前の抗議や働きかけにもかかわらず、訪問が強行されたことは極めて遺憾だ」と不快感を表明。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が在日韓国大使館の李煕燮(イ・ヒソプ)公使を呼び出して抗議したほか、ソウルでも鈴木秀生臨時代理大使が韓国外務省の鄭炳元(チョン・ビョンウォン)東北アジア局長に抗議した。

 日本政府は13日にも竹島上陸を中止するよう韓国側に求めていたが、事前抗議は無視された形だ。

 日本政府は今回の動きについて「韓国政府が完全にコントロールできるわけではない」との認識を示している。このため、韓国側に再発防止を強く求めるものの、国際司法裁判所(ICJ)への提訴などは当面見合わせ、関係改善の流れを維持する対応にとどめる。

 ただ、「政府は関知しない」という説明は、韓国政府の常套(じょうとう)手段だ。ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去問題や国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(記憶遺産)への登録申請も「民間団体」によるものとしている。日本政府が事態を軽視すれば、韓国側の不法行為が定着する恐れがある。


韓国議員団・竹島上陸 外務省が韓国に抗議「到底受け入れられない」
産経新聞 8月15日(月)12時20分配信

941
竹島(島根県隠岐の島町)(写真:産経新聞)

 日本政府は15日午前、事前の抗議と中止要請にも関わらず、韓国の国会議員団が8月15日に竹島(島根県隠岐の島町)に上陸したことについて、外交ルートを通じて韓国側に抗議し、再発防止を強く求めた。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が韓国の李煕燮(イ・ヒソプ)駐日公使を呼び出し「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れることはできない。訪問が実施されたことは極めて遺憾だ」と伝えた。ソウルでも鈴木秀生臨時代理大使が韓国外務省の鄭炳元(チョン・ビョンウォン)東北アジア局長に抗議した。

 日本政府は13日、竹島上陸計画に抗議し、中止するよう韓国側に求めていた。


韓国側の動き、極めて遺憾=溝口島根知事
時事通信 8月15日(月)11時59分配信

 島根県の溝口善兵衛知事は15日、韓国の国会議員が島根県の竹島に上陸したことについて「日本政府が国際法にのっとり、冷静かつ平和的な解決を求めている中、韓国側の度重なるこうした動きは極めて遺憾。政府は引き続き毅然(きぜん)とした姿勢で対応し、問題解決のために国際社会に訴えるなど粘り強い努力を望む」とのコメントを出した。


「強行は極めて遺憾」菅氏が強く批判…竹島上陸
読売新聞 8月15日(月)11時58分配信

 菅官房長官は15日午前の記者会見で、韓国国会の超党派議員団が島根県・竹島(韓国名・独島)にヘリで上陸したことについて、「到底受け入れられない。事前の抗議、中止の働きかけにもかかわらず、強行されたことは極めて遺憾だ」と批判した。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は15日午前、在日韓国大使館の李煕燮(イヒソプ)公使を同省に呼び、強く抗議した。

 岸田外相は同日、外務省で記者団に「事実関係を確認して適切に対応する」と語った。


韓国議員団・竹島上陸 菅義偉官房長官「極めて遺憾で到底受け入れられない」
産経新聞 8月15日(月)11時30分配信

941
竹島(島根県隠岐の島町)(写真:産経新聞)

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、日本政府の強い抗議にもかかわらず、韓国の超党派の国会議員団が同日午前に竹島(島根県隠岐の島町)に上陸したことについて「わが国の事前の抗議や働きかけにもかかわらず、訪問が強行されたことは極めて遺憾だ」と不快感を示した。

 その上で、「竹島領有に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れられない」と強調。韓国政府に抗議し再発防止を求めたことを明らかにした。

 慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき、日本側が元慰安婦支援に10億円拠出を決めるなど、改善の兆しが出ていた日韓関係に水を差す懸念が出ていることについては、「慰安婦問題に関する昨年末の合意は、日韓それぞれが責任をもって実施することが極めて重要だ」と述べるにとどめた。

 一方、岸田文雄外相は15日午前、「実情を確認して適切に対応する」とだけ述べた。外務省で記者団の質問に答えた。


菅官房長官「極めて遺憾」=竹島上陸、韓国に抗議
時事通信 8月15日(月)11時8分配信

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、韓国国会議員団が島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸したことについて「到底受け入れられず、極めて遺憾だ」と非難した。

 また、「再発防止を求めた」として韓国政府に抗議したことを明らかにした。


韓国議員団・竹島上陸 岸田文雄外相「実情を確認して適切に対応する」
産経新聞 8月15日(月)10時56分配信

 岸田文雄外相は15日午前、韓国の国会議員団が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸したことに対し「実情を確認して適切に対応する」と述べた。外務省で記者団の質問に答えた。


竹島上陸の中止求める=日本政府
時事通信 8月13日(土)15時0分配信

 韓国の国会議員が島根県・竹島(韓国名・独島)への上陸を計画している問題で、日本政府は13日、外交ルートを通じて抗議するとともに、中止を強く求めた。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日、在京韓国大使館の李煕燮次席公使に対し、「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし到底受け入れられず、極めて遺憾」と電話で伝達。ソウルでも鈴木秀生臨時代理大使が韓国外務省の鄭炳元東北アジア局長に抗議した。


慰安婦財団 10億円、月内拠出へ 日韓外相合意 像撤去前提とせず
産経新聞 8月13日(土)7時55分配信

 岸田文雄外相は12日夕、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と電話会談し、慰安婦問題に関する昨年12月の日韓合意に基づいて発足した元慰安婦支援のための「和解・癒やし財団」の事業内容について大筋で合意した。岸田氏は、韓国側に速やかに10億円を拠出するため必要な手続きを進める考えを伝えた。8月中に拠出する見通しで、ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去を前提としなかった。 

 岸田氏は会談後、外務省で記者団に対し「韓国政府が今後も日韓合意を誠実に実施していくと改めてしっかり確認できた」と強調。10億円の使途に関しては今後、財団が元慰安婦や家族らを調査し、日韓の事務レベルで詳細を詰める。岸田氏は「具体的には医療や介護といった使途を想定している」と語った。

 岸田氏は、財団が元慰安婦や遺族に「癒やし金」として現金支給を検討していることに対して、昭和40年の日韓請求権協定を踏まえ、「慰安婦問題に関する請求権の問題は法的に解決済みだとの日本の立場は全く変わりない」と強調した。

 また、慰安婦像の撤去に関しては「韓国政府も日韓合意を誠実に実施していくと確信している」と述べ、今後も撤去を求めていく方針を示した。

 韓国外務省によると、岸田、尹両氏が合意の忠実な履行を通し、近いうちに元慰安婦らの名誉と尊厳の回復、心の傷の治癒がなされることが重要と再確認し、両国政府が緊密に協力していくことでも合意した。


「拙速」世論の反発必至 慰安婦財団 10億円、月内拠出へ
産経新聞 8月13日(土)7時55分配信

 日本政府が韓国に設置された元慰安婦支援のための財団に10億円を拠出することが決まった。資金の具体的な使途が詰め切れていない中での拠出合意。日本側は日韓両政府が使途で合意しなければ事業は進められないとするが、「拙速」との指摘を受けかねない。在ソウル日本大使館前の慰安婦像の撤去も実現しておらず、韓国側が慰安婦問題を二度と蒸し返さないことを担保できなければ、日本の世論の反発は必至だ。

 「日本政府による資金の支出が完了すれば、日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる」

 岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相との電話会談後、記者団に10億円拠出の意義を強調し、慰安婦像撤去を含む残りの履行義務は韓国にあるとの認識を示した。

 ただ、10億円拠出合意がこの日になったことについて、ある政府関係者は「何でこのタイミングなのか」と首をかしげる。2日の自民党会合で、慰安婦像の確実な撤去を求める声や「拠出したままで終わってしまう」といった懸念が続出したばかり。韓国側が日本の朝鮮半島統治から解放されたことを祝う15日の「光復節」までの合意を急いだとの見方も広がる。

 日本側が拠出を急いだのは、中国が海洋進出を強めている東シナ海や南シナ海の問題や、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応で米国とともに韓国との連携が重要になるからだ。慰安婦像撤去でも「日本側が先に約束を果たし、韓国側に義務を果たすよう促す方が有効だ」(外務省幹部)との判断もあった。

 10億円の具体的な使途は多くが明らかになっていないが、財団が予定する元慰安婦と遺族への現金支給は日本政府による「賠償金」と解釈されかねない。慰安婦問題を蒸し返されることにつながり、「今後に禍根を残しかねない」との懸念が政府内にもくすぶる。

 岸田氏は、慰安婦問題を含む戦後補償問題は解決済みとの立場を強調したが、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」のためにも、「財団の事業の内容などを全て明らかにすべきだ」との声が強まっている。 (田北真樹子、石鍋圭)


<慰安婦財団>少女像移転見通せず 日本側「最大の懸案」
毎日新聞 8月12日(金)22時3分配信

Choninbai
ソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦を象徴する少女像=2012年9月、大澤文護撮影

 日韓両政府は12日、元慰安婦を支援するために韓国政府が先月設立した「和解・癒やし財団」の事業内容について大筋で合意し、昨年末の日韓合意に基づく支援事業は本格的に始動する。慰安婦を象徴する少女像の移転問題を「最大の懸案」と位置付ける日本側としては、10億円の早期拠出表明で韓国側の移転に向けた努力を促した形だ。

 元慰安婦への賠償について、日本側は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」としており、「賠償」の色合いが強まる現金の一律支給には難色を示してきた。10億円の使途について岸田文雄外相が「医療や介護関係を想定している」と強調したのはこのためだ。

 歴史認識の議論が活発化する15日の終戦記念日を前に日本側が大筋合意を急いだとの見方もあるが、岸田氏は「日韓合意後に両国政府が努力した結果」と記者団に述べた。日本政府関係者は「財団が設立されたのに長い間、金が出ないとボールを持っているのはどっちなのか、となる。テンポよくやっていくということだ」と解説した。

 少女像の移転については岸田氏が電話協議で韓国側の努力を改めて求めたのに対し、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は「合意を誠実に実施していく」と述べるにとどめた。

 移転のめどが立たない中での「見切り発車」とも言える早期拠出表明に踏み切った背景には、北朝鮮の核・ミサイル開発で東アジア情勢が厳しさを増す中、日韓の連携強化は不可欠との日本政府内の認識がある。外務省幹部は日米韓3カ国の協力を挙げ、「韓国が日本サイドに付いているのは決定的に重要だ」と話す。

 一方、韓国政府は日本による10億円の早期拠出で日韓合意に対する韓国内の反発が和らぎ、財団の事業が進めやすくなることを期待している。合意に反対する韓国世論の中には、日本政府が求める少女像の撤去が10億円拠出の前提になることへの反発が強かった。

 韓国政府は当初、少女像を設置した元慰安婦支援団体らの理解を得たうえで、ソウル市内の別の場所への移転を模索していた。

 しかし、支援団体は合意そのものに強硬に反発。財団設立直前の先月27日も少女像周辺で1000人規模の反対集会を開き、財団設立の記者会見にも大学生らが乱入するなど反発が収まる気配はない。韓国政府関係者は「現時点での移転は現実的ではない」と語る。

 韓国政府は生存する40人の元慰安婦やその家族の7~8割程度が財団への参加の意思を示していることから、当事者の間で合意への支持が広がれば、少女像移転への道筋も開けると考えている模様だ。【前田洋平、ソウル米村耕一】


慰安婦財団事業、日韓外相合意…10億円拠出へ
読売新聞 8月12日(金)21時48分配信

 岸田外相は12日、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と電話で会談し、慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意に基づいて韓国政府が7月末に設立した「和解・癒やし財団」の事業内容について、大筋で合意した。

 事業は、日本側が財団に拠出する10億円で賄われる。岸田氏は会談後、外務省で記者団に、「我々としては(事業内容として)医療や介護を想定している」と語った。今後、日韓両政府間で詰めの調整を行う。

 10億円の拠出時期について、岸田氏は会談で、速やかに必要な国内手続きを進める方針を尹氏に伝えた。早ければ8月中にも拠出される見通しだ。

 日本側が求めている在韓日本大使館前の少女像撤去については、岸田氏が「適切な解決のための努力」を求めたのに対し、尹氏は「日韓合意を誠実に実施していく」と述べた。


<慰安婦財団>速やかに10億円拠出 岸田氏、韓国側に表明
毎日新聞 8月12日(金)21時25分配信

 日韓両政府は12日、慰安婦問題に関する昨年末の日韓合意に基づき、韓国政府が先月に設立した「和解・癒やし財団」の事業内容について大筋で合意した。岸田文雄外相が韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と同日夕に電話で協議した後、外務省で記者団に明らかにした。日本政府は財団への10億円拠出に向け、近く手続きに入る。使途は医療や介護目的を想定している。日韓合意による元慰安婦支援事業は、実施に向け大きな節目を迎えた。

 岸田氏は協議後、10億円の拠出時期について「速やかに支出すべく必要な手続きを進める」と記者団に説明した。支援事業は財団が元慰安婦やその家族のニーズを調査したうえで実施するとしつつ、「日韓両政府が合意する使途の範囲内で資金が支出される」と強調。使途について「我々としては、医療や介護関係を想定している」と語った。

 ソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像の撤去について、岸田氏は「資金支出が完了すれば、日本側の責務は果たしたことになる。韓国政府も日韓合意を誠実に実施していくと確信している」と述べ、日本側から合意を履行することで、韓国側に移転を迫る姿勢をにじませた。尹外相が電話協議で「合意を誠実に実施していく」と発言したことも明らかにした。

 また、岸田氏は「慰安婦問題に関する請求権の問題は法的に解決済みだという立場はまったく変わりはない」とし、財団を通じた支援事業に賠償の性格はないとの認識を示した。

 一方、韓国外務省報道官は12日、「両外相は合意の忠実な履行を通じて一日も早く被害者たちの名誉と尊厳の回復、心の傷の治癒がなされることが重要との点を再確認した」とのコメントを発表し、合意を歓迎した。

 ただ、韓国外務省はその後に別のコメントを発表し、「財団の具体的な事業内容については今後、財団が決断する予定であり、決まったものはない」とした。「賠償金」と受け取られたくない日本側と、現金で一律に支給したい韓国側の立場の隔たりが埋まっていない可能性もある。

 また、韓国外務省は電話協議で「日本で行われる予定の(日中韓)3カ国首脳会談が今年も正常に進められるよう緊密に協力することでも合意した」と明らかにした。【前田洋平、ソウル米村耕一】

 ◇日韓両外相の協議内容 骨子

・財団の事業内容について大筋で合意

・財団が元慰安婦や家族のニーズを調査。日本は医療や介護関係の使途を想定

・日本政府は速やかに10億円の資金を支出すべく手続きを進める

・日本は少女像の問題の適切な解決のための努力を韓国に要求。尹外相は「合意を誠実に実施していく」と発言


日韓、10億円使途で合意=医療・介護目的
時事通信 8月12日(金)19時10分配信

 岸田文雄外相は12日、韓国の尹炳世外相と電話会談し、元慰安婦を支援するため韓国が設立した財団に日本側が拠出する10億円の使途について合意した。

 具体的には、医療や介護を目的とすることとし、岸田氏は10億円を「できるだけ速やかに拠出する」と伝えた。

 一方、尹外相は、ソウルの日本大使館前に設置された少女像撤去に関し、「誠実に実施していく」と述べた。


元慰安婦の医療・介護支援=日韓、10億円使途で合意
時事通信 8月12日(金)13時15分配信

 岸田文雄外相は12日、韓国の尹炳世外相と電話会談し、元慰安婦を支援するため日本側が拠出する10億円の使途について、医療や介護目的などとすることで合意した。

 岸田氏は「速やかに10億円を支出すべく、必要な手続きを進める」と伝達。昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意は、大きく前進した。一方、ソウルの日本大使館前の慰安婦少女像の移転については、韓国側が引き続き努力することを確認した。

 10億円の使途が決まったことについて、岸田氏は電話会談後、記者団に「支出が完了すれば、合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる」と語った。日本側は、月内の資金拠出を目指し調整を進めるとともに、少女像移転について、韓国に前向きな対応を促していく考えだ。

 韓国外務省は「両外相は、一日も早い被害者の名誉と尊厳回復、心の傷の癒やしが実現することが重要だと再確認した」との声明を発表した。

 元慰安婦への支援は、韓国側が7月に設立した「和解・癒やし財団」を通じて実施する。使途が特定されているものに限り、元慰安婦やその家族に一定額を支給する。現金での支給も想定している。

 ただ、現金給付に対しては自民党の保守系議員を中心に「賠償金と受け取られる」などと異論が残る。これに関して岸田氏は「事業を行うための支出という性格は明らかで、請求権の問題は法的に解決済みであるとの立場に変わりはない」と強調した。

 慰安婦問題は日韓間の長年の懸案だったが、昨年末に両国政府が「最終かつ不可逆的な解決」を目指すことで合意。日本側が撤去を要求している少女像について、韓国側は「関連団体との協議を通じて適切に解決されるよう努力する」こととなっているが、元慰安婦の支援団体が強く反対している。


内閣改造 韓国メディア「強硬右翼」の稲田朋美防衛相と松野博一文科相を警戒
産経新聞 8月3日(水)20時9分配信

 【ソウル=藤本欣也】安倍晋三政権の内閣改造について、韓国の聯合ニュースは3日、自民党総裁任期延長のための「親政体制」構築に向けた内閣改造だ-と伝えた。

 中でも「安倍カラー」を強調するため、「強硬右翼の政治家」である稲田朋美氏と松野博一氏をそれぞれ防衛相と文科相に抜擢(ばってき)したとの見方を示した。

 韓国で稲田氏は2011年8月、島根県・竹島に近い韓国・鬱陵島を視察するため、自民党の新藤義孝衆院議員らと訪韓を計画した際、韓国政府から入国を許可されなかった「極右政治家」として知られる。

 聯合ニュースは、稲田氏が極東国際軍事裁判(東京裁判)に疑義を唱えた点などを強調し、「戦犯裁判を否定する右翼の政治家が防衛相を任された」と報道。松野氏についても、「慰安婦の強制性を否定してきた」などと伝えた。


「右派路線強化」と懸念=稲田氏、松野氏に警戒―韓国メディア
時事通信 8月3日(水)18時48分配信

 【ソウル時事】韓国メディアは3日、第3次安倍再改造内閣について「文部科学相と防衛相に強硬右派抜てき」(聯合ニュース)などと報じ、「右派路線を強化」(毎日経済新聞電子版)と懸念を示した。

 毎日経済新聞は「最も目を引くのは、稲田朋美防衛相と松野博一文部科学相だ」と指摘。「稲田氏は日本の戦争責任を否定する発言をしてきた代表的保守・右派で、稲田、松野両氏とも慰安婦問題で強制性を否定している」と解説した。

 京郷新聞電子版は、松野氏に関し「河野談話や村山談話を見直すべきだという立場を表明し、安倍政権の歴史修正主義の流れをけん引してきた人物」と紹介。「今後、日本の歴史教育が後退する可能性が指摘されている」と伝えた。


「慰安婦暴言」「極右抜擢」 稲田防衛相就任で韓国メディア
J-CASTニュース 8月3日(水)18時9分配信

890
皇居での認証式に向かう稲田朋美防衛相(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

 2016年8月3日の内閣改造で防衛相に自民党の稲田朋美・前政調会長(57)が起用された。韓国メディアが「極右を抜擢」反発を強めている。これまでの稲田氏の従軍慰安婦や東京裁判見直しに関する発言、靖国神社の参拝などが理由だ。

 この日も北朝鮮によるミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)に落下するなど、日韓が共同して対処すべき安全保障上の課題は多いが、稲田氏の就任で連携が容易でなくなるとの指摘も出ている。

■7月末には慰安婦像の撤去を改めて要求

 稲田氏が韓国に対して最も強い印象を与えたのが、11年8月の「事件」だ。稲田氏ら自民党国会議員3人が、竹島(韓国名・独島)に近い鬱陵(ウルルン)島を視察しようと韓国に渡ったが、混乱を懸念した韓国政府がソウル・金浦空港で入国を拒否し、3人はそのまま帰国した。当時、自民党は野党だったが、韓国のメディアが大反発した。

 ここ数か月の稲田氏の行動や発言も韓国側は問題視している。

 例えば16年2月のBS朝日の番組収録で、極東国際軍事裁判(東京裁判)について「判決の主文は受け入れている」としながらも、裁判が事後法で裁かれたとして「法律的に問題がある」と正当性を疑問視。16年4月28日には、サンフランシスコ講和条約が発効した「主権回復の日」に合わせて靖国神社を参拝した。内閣改造を直前に控えた7月31日朝にフジテレビで放送された番組では、15年8月の従軍慰安婦をめぐる日韓合意について

  「(ソウルの日本大使館前の)慰安婦像の撤去というのは、その中のひとつの重要な要素。これについてしっかりと前に進めていくというところは示していただかないといけない」

などとして慰安婦像の撤去が合意の前提になっていると主張した。

通信社は「防衛協力関係が順調にいかなくなる可能性」指摘
 韓国メディアは、日本で防衛相就任の可能性が報じられた2日ごろから、稲田氏のこうした言動を次々に取り上げている。朝鮮日報は稲田氏に「慰安婦暴言」という枕詞つきで紹介。聯合ニュースは「極右抜擢」の見出しで、安倍首相と稲田氏が「強硬右翼性向の歴史観と政治信念」で共通しているとした。公共放送のKBSも、稲田氏が「『歴史修正主義』傾向の強硬右翼」で、「南京大虐殺と従軍慰安婦問題と関連する日本の右翼の主張を先頭から代弁してきた」と指摘した。

 韓国の通信社の「ニューシース」は、稲田氏を「女安倍」「与党・自民党の代表的な強硬右翼」と表現。「韓国と日本の防衛協力関係が順調にいかなくなる可能性が出てきそうだ」などと日韓関係に悪影響が出るとの見通しを示した。

 15年5月30日には中谷元・防衛相と韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相がシンガポールで会談。日韓の防衛相会談は4年ぶりで、停滞していた日韓の防衛協力も再開されることになった。16年6月4日に両者が行った会談では、北朝鮮がミサイルを発射するなどの安全保障上の緊急事態を念頭に、両大臣間に直通電話(ホットライン)を開設することで申し合わせていた。こういった一連の流れが、稲田氏の就任でどのように変化するのかが懸念されているわけだ。

 稲田氏は、2014年には、英ガーディアン紙やロイター通信から、極右団体とのつながりを指摘されたこともある。防衛相就任を機に、こういった問題を欧米メディアが改めて「蒸し返す」可能性もありそうだ。


竹島上陸、外相会談時に抗議できず 情報把握に遅れ、外務省が謝罪
産経新聞 8月3日(水)7時55分配信

 ■韓国野党前代表が上陸

 韓国最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が7月25日に、韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)に上陸していたにもかかわらず、事態の把握が遅れ、同日の日韓外相会談で岸田文雄外相が抗議できなかったことが2日の自民党部会で明らかになり、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が陳謝した。

 外務省によると、文氏は7月25日午前10時10分ごろに竹島に上陸したが、外務省が上陸の報道を確認したのは同日午後2時前だった。ラオスを訪問中だった岸田氏は同日午前11時15分ごろ(日本時間)、文氏の竹島上陸を知らないまま韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談に臨んだため、直接抗議することはできなかった。

 外務省は会談終了後の同日午後2時半ごろに外交ルートを通じて抗議し、徹底した再発防止を求めた。

 2日の自民党部会に出席した議員からは「なぜ情報把握がこんなに遅れるのか」「岸田氏からしっかり抗議させるべきだった」と厳しい指摘が相次ぎ、経緯を説明した金杉氏は「対応に遺漏があった。大変申し訳ない」と謝罪した。

 一方、議員からは慰安婦問題をめぐる日韓合意に関して「韓国は合意に反するような行為をしている」「今の状態では(元慰安婦を支援する財団に日本政府が)10億円を出すべきではない」などと韓国側への批判も続出。在ソウル日本大使館前の慰安婦像の撤去についても「韓国が命懸けの努力をしているようには見えない」と不満が上がった。


「稲田氏は強硬右派」=防衛協力めぐり摩擦も―韓国メディア
時事通信 8月2日(火)21時46分配信

 【ソウル時事】内閣改造で防衛相に起用される見通しの稲田朋美自民党政調会長について、韓国メディアは2日、「強硬右派の女性政治家」(中央日報電子版)と伝え、「韓日間の防衛協力問題で摩擦が起きかねないという指摘もある」(同)と警戒感をあらわにした。

 同紙は稲田氏が慰安婦問題について、「旧日本軍が20万人の女性を性奴隷にしたという誤った認識が広まっている」と主張していると指摘。日韓合意に基づく10億円の拠出とソウルの日本大使館前の少女像の撤去を関連付けるよう要求していると伝えた。


<自民党>元慰安婦支援拠出に慎重論相次ぐ 特命委員会
毎日新聞 8月2日(火)18時44分配信

 自民党は2日、「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」(委員長・中曽根弘文元外相)などの合同部会を開き、ソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像移転の見通しが立っていないとして、元慰安婦支援のための日本政府による10億円の拠出に慎重論が相次いだ。稲田朋美政調会長は昨年12月に「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意について「少女像撤去は重要な要素だ」と述べ、政府に対応を促した。


韓国慰安婦財団 自民部会「慰安婦像撤去を」 10億円拠出に異論も
産経新聞 8月2日(火)15時29分配信

 自民党は2日、外交部会などの合同会議を党本部で開き、昨年末の日韓合意に基づき設立された元慰安婦支援のための財団について議論した。出席した議員からは、在ソウル日本大使館前の慰安婦像の確実な撤去を求める声や、日本側が財団に拠出する10億円について慎重な対応を要求する意見などが相次いだ。

 稲田朋美政調会長は慰安婦像の撤去について「日韓合意の重要な要素だ」と指摘した。出席議員からも「韓国が撤去へ命懸けの努力をしているようには見えない」「10億円を拠出したままで終わってしまうのではないか」などの懸念が続出。「今の状態では10億円を出すべきではない」との意見もあった。

 岸田文雄外相は2日の記者会見で「日韓合意の中身を両政府が誠実に実施することが重要だ。国民にも丁寧に説明を続けていきたい」と述べた。


稲田氏「慰安婦像撤去要求は重要」
産経新聞 8月1日(月)7時55分配信

 自民党の稲田朋美政調会長は31日、フジテレビ番組「新報道2001」に出演し、南シナ海問題や元慰安婦の支援財団などについて語った。稲田氏の主な発言は次の通り。

                   ◇

 --南シナ海の領有権問題をめぐる仲裁裁判所の裁定を中国は無視しようとしている

 「中国は(国連安全保障理事会の)拒否権を持っている特権的な立場にあり、国際法を守るのは当然だ。力による現状変更は国際社会から全く理解されない。主張があるなら裁判手続きの中で行うべきだったが、参加せずに逃げた」

 --南シナ海をめぐる脅威が高まっている

 「仲裁裁判の手続きの途中ですら軍事拠点化を進めた。中国は国際法に慣れていないとの意見もあるが、国連安保理の常任理事国でありながらそういう主張をするのは中国にとってよくないのではないか」

 --韓国政府が設立した元慰安婦の支援財団に対し、日本政府が近く10億円を支払うようだ

 「(昨年末の)日韓合意は日韓関係にとって意義があり、両国がしっかり合意を守る必要がある。(ソウルの日本大使館前の)慰安婦像を撤去することも合意の重要な要素なので、韓国にはしっかりと進めていくという姿勢を示していただかなければならない」

 --今後も慰安婦像の撤去を要求し続けていくか

 「客観的な事実が全てだ。慰安婦像は『(旧日本軍が)20万人の若い女性を強制連行し、性奴隷にした』という誤った認識の象徴。撤去を求めていくことは日本にとって非常に重要だ」

 --内閣改造・自民党役員人事に関し、けがで入院中の谷垣禎一幹事長が辞意を伝えたと報道されている

 「谷垣氏がこういうことになり、実力的にも人格的にも、党と官邸のパイプ役としても、いかに存在感があったかを改めて感じさせられている」

 --稲田氏が重要閣僚で入閣するとの報道もある

 「私もびっくりしたのだが、そういう話は全くない。私はいかなる立場でも、安倍晋三政権が進めてきた改革や東アジア・太平洋地域の経済、法の支配(の確立)などを後押ししていきたい」


【仙台「正論」懇話会】古田博司氏講演要旨
産経新聞 6月17日(金)7時55分配信

 ■「非韓三原則」で対応を

 東アジアのことは分かっているようで、分かっていない。常識が共有されていないからだ。

 明治時代に日本の経済学者が朝鮮に渡り、土地の所有権がないこと、商人がいないことに驚いた。全土が王様の土地だから、土地所有の概念がない。王様が商人の存在を許さなかったから、商人がいない。物は中国から買っていた。

 李朝(李氏朝鮮)と北朝鮮は同じだ。国境を閉じて商業を抑圧している。北朝鮮に行っても商店がない。洋服店だと思ったら、壁に洋服の絵が描いてあった。

 朝鮮が外交でよく使うのが引き延ばしの「遷延(せんえん)策」だ。かつて李朝は(清を建国した)満州族の要求を引き延ばしたりした。慰安婦像の撤去も遷延策で引き延ばすだろう。大国に他の国の悪口を告げ口する「離間策」も使う。

 中国や北朝鮮、韓国は自分たちで美しい歴史を「整形」している。しかし、この歴史とは違う行動をしており、ちぐはぐだ。

 中国と朝鮮は100年前までずっと古代のままだ。東アジアの歴史では告げ口や拉致、襲撃は恒常的にあった。韓国は告げ口、北朝鮮は拉致、中国は東シナ海や南シナ海に進出。今も同じことを繰り返している。これを常識としてとらえてほしい。

 「日本列島」といわれるが、日本は「群島」だ。たくさんの島からなっている。日本は1つの島が奪われたら負けにつながる。これが常識となっていないので、深刻さが生まれない。尖閣諸島は深刻だ。中国は最近、軍艦も派遣している。(領有権をめぐり)しっかり戦わないといけない。

 拉致や告げ口、襲撃が恒常化していた東アジアの人たちとの付き合いは難しい。韓国との付き合いは「助けず、教えず、関わらず」の「非韓三原則」で対応する方がいい。


<竹島>日本が抗議 韓国軍の周辺海域での防衛訓練で
毎日新聞 6月8日(水)20時34分配信

 日本政府は8日、韓国軍が島根県の竹島周辺海域で実施した防衛訓練に対し、ソウルの日本大使館などを通じて韓国側に抗議した。菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして受け入れられず、極めて遺憾だ」と指摘した。【高本耕太】


菅義偉官房長官「極めて遺憾」 竹島周辺海域での防衛訓練で韓国に抗議
産経新聞 6月8日(水)17時44分配信

 菅義偉官房長官は8日の記者会見で、韓国軍が竹島(島根県隠岐の島町)周辺海域で開始した防衛訓練について「極めて遺憾だ」として外交ルートを通じて韓国側に抗議したことを明らかにした。

 菅氏は、訓練に海兵隊が参加しており、上陸訓練が行われる可能性があるとの報道に関し、「報道が事実であれば、竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし、受け入れることはできいない」と強調した。


加藤達也前ソウル支局長「日韓の未来、いばらの道」 和歌山「正論」懇話会
産経新聞 6月8日(水)7時55分配信

268
和歌山「正論」懇話会の第84回講演会で、「日韓関係に未来はあるのか~朴槿恵政権との500日戦争から」と題して講演する産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長=6月7日、和歌山市のホテルアバローム紀の国(福井亜加梨撮影)(写真:産経新聞)

 和歌山「正論」懇話会の第84回講演会が7日、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれ、産経新聞社の加藤達也前ソウル支局長(現社会部編集委員)が「日韓関係に未来はあるのか~朴槿恵(パク・クネ)政権との500日戦争から」と題して講演した。

 加藤前支局長は、朴大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴され、無罪が確定するまでについて「韓国の大統領府が責任を徹底的に追及すると恫喝(どうかつ)した」などと説明した。韓国社会については「韓国の立場に寄り添うかどうかで判断する。日本から批判されることを受け入れない政治家やメディアがある」と述べた。

 今後の日韓関係については、「対日コンプレックスの裏返しの現象が韓国では起こる。日韓の未来については、いばらの道が待ち受けている」と指摘した。

« イタリア中部でM6.2の地震 死者多数 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・2 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63751096

この記事へのトラックバック一覧です: 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23:

« イタリア中部でM6.2の地震 死者多数 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31