« 尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す・5 | トップページ | どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・25 »

2016年8月30日 (火)

台風10号で豪雨 岩手県・北海道で川が氾濫、11人死亡

30日午後6時ごろに岩手県大船渡市付近に上陸した大型で強い台風10号の影響で、岩手県・北海道などで激しい降雨となり、岩手県岩泉町の小本川や北海道南富良野町の空知川などが氾濫、これまでに岩手県で浸水した高齢者グループホームの入居者など11人が死亡、北海道で3人が行方不明となっている。

岩泉町には陸上自衛隊が出動し、孤立した住民らの救助にあたっている。

リンク:北海道・岩手大雨 稲田朋美防衛相が自衛隊に指示「応急対策に全力を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道・岩手大雨 岩手県岩泉町で2千人孤立情報も 国交省発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>岩泉の小本川水位、一気に上昇 堤防越える - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岩手・高齢認知症施設で9人の遺体 台風10号で避難しなかったのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>北海道にも被害 富良野で空知川の堤防決壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>局地的に猛烈な雨 北海道で1時間に90ミリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岩手で高齢者施設浸水、9人死亡…台風10号 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>岩手の高齢者施設で9人死亡 小本川が氾濫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高齢者施設で9人死亡=台風10号、岩手の死者11人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岩手で川氾濫、3市町の数百人孤立…陸自が出動 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:異例ずくめの台風4個上陸 高気圧に挟まれ「道」できる 異常生むブロッキング高気圧が原因 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:RV車転落、男性不明=台風で増水の川に―北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道南富良野町で堤防決壊、市街地に濁流 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:増水した川に車転落、男性が行方不明…北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔はん濫発生〕十勝川水系札内川 北海道帯広市ではん濫 厳重警戒を(8/31) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北日本は引き続き土砂災害や高波に警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:強風でドア閉まり指切断=土砂崩れ、冠水で孤立も―宮城、岩手 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号、岩手から青森縦断=土砂災害など厳重警戒―航空、鉄道に乱れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号は温帯低気圧に 引き続き北日本で大雨・暴風などに警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔記録的短時間大雨〕北海道富良野市・新得町付近などで1時間に約90mmの猛烈な雨か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道で1時間約90ミリの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>岩手県宮古・遠野・釜石の一部で避難指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号 岩手県大船渡市に上陸 記録上初の東北太平洋側 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>東北上陸 44万人に避難勧告…3県と北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔台風10号〕岩手県大船渡市付近に上陸 8月に4個の上陸台風は54年ぶり(8/30) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号 岩手県大船渡市付近に上陸 東北太平洋側への上陸は初 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔台風10号〕暴風域を伴い岩手県に上陸 猛烈な風雨のおそれ 海上は大しけに(8/30) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号 いったん衰退、再び「大型」台風に 進行方向東側で強風域広がる傾向 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>福島沖通過 東北で250ミリの大雨の恐れも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号 午後3時過ぎにも宮城県付近に上陸 東側では暴風域広がる傾向、関東でも大雨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>東北厳戒 今夕までに上陸 交通機関に乱れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東北、8月1か月分の大雨の見込み - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号 午後にも宮城県付近へ上陸 東北新幹線が午後から運転見合わせ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

北海道・岩手大雨 稲田朋美防衛相が自衛隊に指示「応急対策に全力を」
産経新聞 8月31日(水)12時49分配信

 稲田朋美防衛相は31日、台風10号から変わった温帯低気圧の影響で大雨となった北海道と東北の被害について「防衛省・自衛隊としても人命を第一に被災者の救命、救助などの災害応急対策に全力で取り組め」と指示を出した。

 また、同日省内で開いた会議で同省幹部に対し、「政府一体の取り組みの中で防衛省・自衛隊としてもしっかりと対応するようお願いする」と述べた。


北海道・岩手大雨 岩手県岩泉町で2千人孤立情報も 国交省発表
産経新聞 8月31日(水)12時45分配信

 台風10号の暴風雨の影響で、岩手県岩泉町で2千人が孤立している可能性があると、国土交通省が31日、発表した。

 国交省によると、岩手県内の小本(おもと)川水系の氾濫により、国道340号で倒木や土砂流出で、国道455号も冠水で通行止めになった。このほか、2県道が冠水などで通行止めになり、岩泉町役場周辺が孤立。周囲には、住民ら約2千人がいるとみられる。

 気象庁によると、28日午前0時~31日午前6時、岩泉町では同期間内の1時間の降水量が観測史上最も多い70・5ミリを記録した。

 岩手県警は、岩泉町内の高齢者施設付近で入所者9人の遺体を発見。久慈市でもがれきの中から高齢女性の遺体が見つかった。北海道では3人が行方不明になった。


<台風10号>岩泉の小本川水位、一気に上昇 堤防越える
毎日新聞 8月31日(水)12時37分配信

 ◇9人死亡の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」すぐ近く

 東北地方を直撃した台風10号。31日に9人の遺体が見つかった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」のすぐ近くを流れる小本川の水位は、30日午後6時からの2時間で急速に上がっていた。

【グループホームを空から撮影】

 県がホームページで公開している河川情報によると、グループホームから約4キロ離れた小本川の赤鹿観測所では、台風10号の接近に伴って30日夕方から水位が上がり始めた。午後6時の水位は3.17メートルだったが、同7時には5.1メートルに達し、堤防の高さ(4.87メートル)を越えた。

 その後の1時間で水位は一気に1.5メートル上がり、午後8時時点で6.61メートルに達した。この後水位は次第に下がっていくが、31日午前0時までは堤防の高さを越える状態が続いていた。【内橋寿明】


岩手・高齢認知症施設で9人の遺体 台風10号で避難しなかったのか
J-CASTニュース 8月31日(水)12時20分配信

 台風10号による激しい雨の影響で浸水被害が起きている岩手県岩泉町の高齢者グループホームで、9人の遺体が発見された。NHKなど複数のメディアが2016年8月31日昼前に報じた。

 遺体が見つかったのは、岩泉町乙茂にある認知症の高齢者向けグループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」。施設は木造平屋で、川沿いに建てられていた。9人の身元は確認されていない(31日12時現在)が、複数の介護情報サイトの情報によれば、入居定員は見つかった遺体の数と同じ9人だった。

■遺体は土砂に埋もれた状態

 台風10号が接近した30日夕方頃から、岩泉町を流れる小本川の水位は上昇。同日夜には川が氾濫し、広範囲にわたって浸水被害が起きていた。NHKが31日朝6時頃に撮影したヘリコプターからの映像では、川の堤防が決壊して、町の広範囲に濁流が押し寄せたことが確認できる。

 遺体が見つかった介護施設は、台風の影響で氾濫した小本川から50メートルほどの場所にあった。報道によれば、施設周辺は土砂に覆われており、遺体は建物内に流入した土砂に埋もれた状況で見つかったという。

 報道によれば、同じ敷地内にある別の介護施設が浸水で孤立し、屋上などに避難している人が出ていた。連絡を受けた警察官が現場に駆け付けたところ、「楽ん楽ん」の建物内で遺体を見つけたという。

 事件が起きたのが「認知症の高齢者向け」の介護施設だったことから、ツイッターやネット掲示板には、

  「認知症の人たちのホームだったんだね...やるせない」
  「散々注意喚起されてたのに9人死亡はまずい」
  「なんで避難させなかったんだ。十分時間あったろ」

といった様々な意見が出ている。そのほか、福祉関係者とみられるツイッターユーザーからは

  「どういう状況だったかまだわからないけど、グループホームは基本夜勤1人だし急激に浸水が始まればとてもじゃないけど助けられない」

といった指摘も出ている。


<台風10号>北海道にも被害 富良野で空知川の堤防決壊
毎日新聞 8月31日(水)12時19分配信

34
堤防が決壊した空知川。濁流に押し流されそうな建物も=北海道南富良野町幾寅で

 台風10号で北海道では31日も十勝地方や上川地方南部を中心に雨が降り続いた。道によると、堤防決壊による河川の氾濫や市街地への浸水が相次ぎ、屋根に取り残された住民もいた。橋の崩落などで通行中の乗用車が川に転落して行方不明者も出ている。

 道の午前10時現在の集計では、建物の半壊・一部損壊が24件、最大10市町村の2027世帯4422人に避難指示が出され、20市町村の1万5255世帯3万2500人に避難勧告が出された。

 道や南富良野町などによると、午前4時40分ごろ、同町幾寅地区の空知川の堤防が決壊し、町中心部に水が流れ込んだ。避難所となった町保健福祉センター1階部分が浸水して避難者約100人が上の階に逃げるなど、町内で計約350人が一時孤立。消防や自衛隊のヘリなどで救助活動を行った。

 同町総務課の職員は「屋根に取り残された人がいるが、水の流れが速く、救助は難航している」と話した。

 芽室町では町内を流れる芽室川が氾濫し、住宅街が深いところでは約60センチ水没した。付近の男性(62)は「まさかこんなことになるとは……」。午前2時ごろに消防車や町の広報車からスピーカーで避難の呼び掛けがあったが、激しい雨風の音でよく聞こえなかったという。

 清水町ではペケレベツ川が氾濫し、少なくとも民家3棟が流され、1棟が半壊した。

 橋の崩落などで通行中の乗用車が転落し、乗っていた人の行方が分からなくなる事故も相次いだ。

 道警によると午前1時40分ごろ、大樹町幸徳のヌビナイ川にかかる道道の橋が壊れ、通りかかったスポーツタイプ多目的車(SUV)が川に転落。音更町の会社員、鈴木洋平さん(28)の行方が分からなくなった。同乗の男性2人が軽いけが。

 同じころ、新得町のパンケシントク川にかかる橋から車が落ちたと110番があり、新得署員らがナンバープレートの外れた乗用車が水中に転落しているのを発見。男性1人が行方不明となっており、連絡が取れない近くの70代男性の車と特徴が似ていることから同署が確認している。

 清水町のペケレベツ川では午前2時ごろ、「男性が運転する車が橋から転落するのを見た」と通報があり、道警はこの男性1人の行方も捜索する。

 JR北海道によると、根室線は新得町と清水町の2カ所で鉄橋が流失。札幌と帯広、釧路を結ぶ特急などが運休している。【鈴木斉、一條優太】


<台風10号>局地的に猛烈な雨 北海道で1時間に90ミリ
毎日新聞 8月31日(水)12時4分配信

33
空知川の堤防が決壊して浸水した道路を、ロープを通して慎重に通過する消防関係者ら=北海道南富良野町幾寅で2016年8月31日午前9時59分、手塚耕一郎撮影

 ◇岩手・岩泉町、1時間に70.5ミリを観測

 気象庁によると、台風10号の通過に伴い、北海道や東北を中心に局地的に猛烈な雨が降り、北海道富良野市や南富良野町では1時間に約90.0ミリを記録したほか、岩手県宮古市や久慈市で同80.0ミリ、北海道伊達市では同70.0ミリを観測した。高齢者グループホームで9人の死亡が確認された岩手県岩泉町では29~30日の積算雨量が8月の1カ月分の平均を大きく上回る248.0ミリを記録した。

 台風10号が岩手県に上陸した30日夕方ごろ、岩泉町の1時間の降水量は70.5ミリを観測した。気象庁は岩手県を中心とした記録的な大雨について、台風10号が東北地方沿岸に直接上陸したことが原因と指摘。台風が勢力を保ったまま海上から直撃したことで、強い雨雲が東から西に流れて大雨を降らせたという。

 これに加え、高藪縁(たかやぶ・ゆかり)・東京大大気海洋研究所教授(気象学)は、日本海から東北地方上空に冷たい大気の塊「寒冷渦」が移動してきた影響を指摘する。高藪教授は「寒冷渦の進行方向の先端では大雨が降りやすい。今回は、西から東に進んできた寒冷渦の先端と台風の湿った空気が重なったため、雨量が増えたと考えられる」と話した。【杉本修作、藤野基文】


岩手で高齢者施設浸水、9人死亡…台風10号
読売新聞 8月31日(水)11時58分配信

32
9人の遺体が発見された高齢者施設で、救助活動を行う県警ヘリ(31日午前11時8分、岩手県岩泉町で、読売機から)=田村充撮影

 大型の台風10号は、岩手県大船渡市付近から上陸し、北海道や岩手県を中心に記録的な大雨を伴い、日本海へ抜けた。

 岩手県岩泉町では31日、浸水した高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で9人の遺体が発見されたほか、同町と久慈市で2人が遺体で見つかった。北海道大樹町では、男性が車ごと流されて行方不明になるなど、人的被害も拡大している。

 北海道付近では、台風10号から変わった温帯低気圧の影響で大気が不安定な状態が続いている。

 気象庁によると、31日午前10時までの72時間雨量は北海道上士幌町で351・5ミリ、福島市で295ミリ、岩手県久慈市で280ミリ、岩泉町で250・5ミリを観測。北海道で大雨のピークは過ぎたが、これまでの雨で土砂災害や洪水の危険性が高い状態が続いている。

 岩手県によると、31日午前6時現在、5市町村の1万1918人に避難指示、7市町村の13万2180人に避難勧告が出ており、1157人が避難。午前6時現在、川の氾濫による道路の冠水などで、釜石市、宮古市、遠野市など7市町村で少なくとも約400人が孤立している。

 県警によると、岩泉町では、高齢者が共同生活しているグループホームで9人の遺体が発見されたほか、男性1人の遺体が見つかった。久慈市山根町でも川の水が流れ込んだ住宅で80歳代の女性の遺体が発見された。陸上自衛隊は県知事から災害派遣要請を受け、釜石市と岩泉町でヘリコプターなどによる救助を行っている。県によると、31日午前6時時点で県内の16河川が氾濫危険水位を超えている。

 北海道では31日未明、南富良野町幾寅の太平橋付近など2か所で空知川の堤防が決壊。住民300人以上が一時、孤立状態となり、道警や自衛隊などがヘリで救助活動を行った。避難指示の対象世帯は同日午前7時半現在で9市町村の1896世帯、4182人。

 道警によると、十勝地方の大樹町では31日未明、レジャー用多目的車(RV)が転落し男性が車ごと流され行方不明。新得町や清水町でも車が転落しており、道警は人が乗っていたとみて調べている。

 国土交通省によると、北海道と岩手、青森の計8水系17河川で堤防の決壊や浸水被害が確認された。

     ◇

 安倍首相は31日午前、被害者の救命救助に全力で取り組み、被害の拡大防止の措置を徹底するよう関係省庁に指示した。

 政府は午後1時から関係省庁災害対策会議を開催した。政府は被害の大きい岩手県に調査団を派遣する方針だ。菅官房長官は31日午前の記者会見で「政府一丸で災害応急対策に全力で取り組んでいく」と強調した。


<台風10号>「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉
毎日新聞 8月31日(水)11時58分配信

31
台風10号の影響で流木に覆われた道路と橋=岩手県岩泉町で2016年8月31日午前8時45分、本社機「希望」から丸山博撮影

 東北地方を直撃した台風10号がもたらした集中豪雨は、東北地方や北海道に大きな被害をもたらした。岩手県岩泉町の高齢者グループホームでは31日、お年寄り9人が遺体で発見され、災害弱者が犠牲になった。同町内では停電が続き、町役場周辺の電話もつながりにくい状態だ。道路が塞がれ自宅に取り残された人もいる。被災地の住民は不安と焦燥感を募らせる。【藤井朋子、中尾卓英、岩嶋悟】

 9人の遺体が確認された同町乙茂の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」。南側を流れる小本川が氾濫し、平屋建ての建物に水や大量の流木が流れ込んだとみられる。同町社会福祉協議会によると「楽ん楽ん」に併設されている3階建ての高齢者施設「ふれんどりー岩泉」の2階部分まで水が入った。当時、施設にいた70~80人を3階に避難させていたという。

 同町内に住む「岩泉まつたけ組合」代表の熊谷正己さん(70)は電話取材に「大変なことになった」と動揺した様子で話した。30日夜は3時間ほど猛烈な雨が降ったという。

 停電になったため、周囲の状況はよく分からなかったが、朝になり家を出ると、町の中心部が冠水していた。町内を流れる小本川にかかる橋にはおびただしい数の流木が絡まり、大きな倒木が道を塞いでいた。「30日午後9時ごろに氾濫したようだ。近くの介護施設ではロープで入居者を救助したと聞いた。岩泉町でこんな被害が出るのは初めてだ」と話した。

 グループホーム「楽ん楽ん」から車で10分ほどの場所に住む同町内の和久石たい子さん(56)は「町内の橋は欄干が流されたり、道路も大きな岩などで寸断されたりして身動きがとれない」と悲鳴を上げた。同町では29日から雨が降り続き、30日の小本川の水位は見たこともないくらい上昇していたという。

 和久石さんは、グループホームがある同町乙茂地区について「元々土地が低く、過去にも台風で浸水したことがある。グループホームに併設する高齢者施設が浸水したため、ボランティアで復旧作業を手伝ったことがある」と語った。

 一方、岩手県久慈市山根町の一部の集落は、道路の冠水で孤立状態になっている。同市小久慈町の自営業、日沢志奈子さん(58)は家族7人で不安な夜を過ごした。「裏の山が崩れないか不安だったが、避難することは考えられないほどすごい稲妻と豪雨だった。怖くて震えていた」と振り返った。同市源道の会社員、村上伸行さん(45)は「30日午後7~8時ごろがピークで、雨や雷がひどくて心配した」と話した。

 釜石市の鵜住居川上流にある橋野町中村地区で30日午後7時ごろから、県道の崩落などで66世帯142人が孤立状態になり、野田武則市長や知事の災害派遣要請を受けた陸上自衛隊第9特科連隊、警察、消防などが31日午前10時ごろ、現地に入り復旧に向けた調査を始めた。けが人などはないというが、孤立状態解消のめどは立っていない。


<台風10号>岩手の高齢者施設で9人死亡 小本川が氾濫
毎日新聞 8月31日(水)11時42分配信

30
9人の死亡が確認された高齢者グループホーム(手前)=岩手県岩泉町で2016年8月31日午前8時42分、本社機「希望」から丸山博撮影

 ◇久慈でも女性1人死亡、北海道で3人不明

 大型の台風10号は30日、岩手県に上陸した後、東北地方を縦断して日本海に抜け、31日午前0時に温帯低気圧に変わった。国土交通省によると、北海道、岩手、青森両県の8水系17河川で堤防の決壊や浸水被害が出ている。岩手県警によると、岩泉町の小本(おもと)川が氾濫し、同町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で入所者とみられる高齢者9人が意識不明の状態で見つかり、全員の死亡が確認された。さらに、小本川の川岸で男性1人、同町に隣接する久慈市でも女性1人の死亡が確認された。また、北海道では清水、大樹、新得各町でそれぞれ男性1人が行方不明になっている。

 岩泉町によると、「楽ん楽ん」は三陸鉄道岩泉小本駅から西に約10キロ離れた集落にある。平屋建てで認知症の高齢者ら9人が入居しており、職員は隣の別の高齢者施設「ふれんどりー岩泉」(3階建て)にいたとみられる。

 町は30日午前9時から避難準備情報を出していた。町内は31日午前中も土砂崩れで各地の道路が寸断されており、多くの集落から「孤立した」との救助要請が消防に寄せられている。停電も起きており、電話が通じにくい状態という。国交省などによると、同日午前5時現在、町内で約2000人が孤立しているとみられ、ヘリコプターで順次、病院などに搬送している。

 台風10号通過に伴い、東北や北海道では負傷者や家屋被害も相次いでいる。毎日新聞の調べでは同日午前9時現在、秋田、宮城両県での重傷2人を含め、負傷者は6人。北海道室蘭市で住宅1棟が全壊したほか、北海道、秋田、福島県などで建物計29棟が損壊した。【柳澤一男、川崎桂吾、内橋寿明】


高齢者施設で9人死亡=台風10号、岩手の死者11人に
時事通信 8月31日(水)11時9分配信

 31日午前10時ごろ、岩手県岩泉町乙茂の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」で、9人が意識不明の状態で倒れているのを県警の機動隊員が発見した。

 地元消防によると、全員の死亡が確認された。同町では台風10号による大雨で、施設の近くを流れる小本川が氾濫。施設内に水が流れ込んだとみられる。岩手県では他に2人の死亡が確認され、県内の死者は11人になった。

 岩手県によると、楽ん楽んは定員9人。昨年8月の時点では、要介護1~3に認定された男性2人と女性7人が入居していた。県警が遺体の身元確認を進めている。岩泉町では他に、小本川の川岸で高齢男性の遺体が見つかった。

 県河川課によると、施設から約5キロ下流にある赤鹿観測所では、30日午後5時ごろから水位が急激に上がり始め、同7時に5メートル10センチに達して川岸の高さを超えた。同8時に6メートル61センチまで上昇し、その後徐々に下がった。

 気象庁によると、岩泉町では30日午後6時20分ごろ、1時間雨量が70.5ミリを記録し、この地点の観測史上最多を更新。同7時10分までの24時間雨量も203.5ミリに上った。

 現場は三陸鉄道北リアス線岩泉小本駅から西に約10キロ。

 国土交通省によると、小本川の氾濫で道路が5カ所寸断され、岩泉町役場周辺で約2000人が孤立している可能性がある。

 岩手県では他に、久慈市山根町の浸水した住宅で高齢女性の遺体が見つかった。住宅周辺は川の氾濫で集落が孤立していた。女性の遺体は家具やがれきの下から発見された。

 台風10号は30日午後6時前に岩手県大船渡市付近に上陸。青森県を縦断して津軽海峡の西の日本海上に抜け、温帯低気圧に変わった。東北や北海道では局地的に激しい雨が降り、国交省によると北海道と青森、岩手両県の17河川が氾濫するなどして浸水被害が出た。


岩手で川氾濫、3市町の数百人孤立…陸自が出動
読売新聞 8月31日(水)8時58分配信

29
集落へつながる橋の手前の道路が崩落し、はしごを使って行き来する住民ら(31日午前9時8分、岩手県釜石市橋野町で)=冨田大介撮影

 30日に岩手県に上陸した台風10号の影響で、岩手県内では川の氾濫で道路が浸水するなどし、31日午前7時半現在、釜石、久慈、岩泉の3市町で少なくとも数百人が孤立状態となっている。

 岩泉町には陸上自衛隊が出動し、木の上やスーパーの屋上に避難している住民らの救助にあたっている。


異例ずくめの台風4個上陸 高気圧に挟まれ「道」できる 異常生むブロッキング高気圧が原因
産経新聞 8月31日(水)8時0分配信

 今年の台風シーズンは、10号が観測史上初めて東北地方太平洋側に上陸するなど異例ずくめの展開になっている。ほかにも8月中に列島へ4個も台風が上陸したのは昭和37年以来で、史上最多タイ記録になる。通常と異なる気圧配置が東日本の上空を台風の通り道に変えたことが原因だ。

 台風10号はいったん南西へ移動後、“ブーメラン”のように戻ってくる異例のルートをたどった。列島東側の太平洋高気圧に沿う形で北上し、30日に北西向きの風に流され、通常とは逆に太平洋側から東北地方を縦断した。

 そもそも今年の台風1号発生は7月3日で史上2番目の遅さだった。その後、海面水温の上昇により今月中旬には7、9、10、11号が連続発生して相次ぎ上陸。うち3個はわずか6日間のうちに北海道へ上陸し、同年中の北海道上陸数で最多記録を更新した。

 なぜ台風は次々と東日本へ向かったのか。例年なら8月は列島を覆っている太平洋高気圧が、今年は東の海上に位置した上、西側には高気圧が西日本付近まで陣取った。台風は、東西2つの高気圧に挟まれた列島の上を進んでいった。

 この2つの高気圧の配置に関わったのが、上空の偏西風が作り出した「ブロッキング高気圧」とみられている。列島上層を西から東へ吹く偏西風が北へ蛇行すると、カーブ内側に大きな気流ができる。この気流が高気圧となり、1週間以上持続する状態をブロッキング高気圧という。

 8月中旬ごろ、列島の東側と西側で偏西風がそれぞれ北へ蛇行。上層にできたブロッキング高気圧などが下層にある東西2つの高気圧を押さえつけて固定する構図を作り出したという。

 同じような気圧配置の状況が少なくとも9月上旬ごろまで続く見込み。気象庁気候情報課の及川義教予報官は「ブロッキング高気圧はたびたび現れては平年と異なる状況を生み出す原因になっている」と話した。


RV車転落、男性不明=台風で増水の川に―北海道
時事通信 8月31日(水)7時54分配信

 31日午前1時35分ごろ、北海道大樹町幸徳のヌビナイ川にかかる橋から、男性3人が乗ったRV車が転落した。

 道警広尾署によると、運転していた音更町共栄台東の会社員鈴木洋平さん(28)が車と共に流され、行方が分からなくなっている。

 当時、台風10号による大雨の影響で、川は増水していた。同乗していた30代と50代の男性2人は自力で車から脱出し、救助された。

 橋は増水のため一部が損壊。3人は川の水量調査を行う会社の同僚で、増水に関する調査を終え帰宅する途中だったという。


北海道南富良野町で堤防決壊、市街地に濁流
読売新聞 8月31日(水)6時57分配信

28
空知川(奥)の堤防が決壊して広い範囲で浸水した北海道南富良野町(31日午前9時47分、読売チャーターヘリから)=清水健司撮影

 31日午前4時40分頃、北海道南富良野町幾寅の太平橋上流付近で空知川の堤防が決壊した。

 国土交通省などによると、市街地に濁流が流れており、5人が乗った車1台が取り残されているとの情報もある。また、同5時20分頃には帯広市の大正橋付近でも札内川の堤防が決壊した。


増水した川に車転落、男性が行方不明…北海道
読売新聞 8月31日(水)6時36分配信

 31日午前1時半頃、北海道大樹町幸徳のヌビナイ川にかかるヌビナイ橋で、レジャー用多目的車(RV)が転落したと119番があった。

 車に乗っていた男性3人のうち、2人は自力で脱出したが、運転していた音更町共栄台東の会社員(28)が車ごと流されて行方不明になっている。

 道警広尾署によると、ヌビナイ橋は全長約80メートル、幅約10メートルの片側1車線。川の増水で橋の一部が壊れ、車ごと転落したと見られる。3人は仕事で、台風で増水した別の川の水量調査をした帰り道だったという。


〔はん濫発生〕十勝川水系札内川 北海道帯広市ではん濫 厳重警戒を(8/31)
レスキューナウニュース 8月31日(水)6時30分配信

31日06:20、北海道の十勝川水系札内川にはん濫発生情報が発表されました。(帯広開発建設部・釧路地方気象台共同発表)

発表によると、札内川では、帯広市中島地区(左岸)付近においてはん濫が発生しました。周辺流域では、家屋への浸水、道路の冠水などのおそれがあります。自治体から発表される避難情報などに十分注意してください。


北日本は引き続き土砂災害や高波に警戒
ウェザーマップ 8月31日(水)5時48分配信

 台風10号から変わった温帯低気圧は日本から離れていくが、北日本ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる地域や増水している川がある。きょう31日の昼前までは土砂災害に、夜遅くにかけては河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。また、昼過ぎまでは高波にも警戒が必要となる。

 台風10号から変わった温帯低気圧は日本海を北西へ進んでいる。この低気圧に向かって流れ込む湿った空気の影響で、北海道では朝まで激しい雨が降り、大雨になるおそれがある。また、東北ではここ24時間で200ミリ以上の大雨になった所があり、すでに地盤が緩んでいる所があるため、北日本では引き続き、土砂災害や河川の増水、はん濫に厳重な警戒が必要だ。

 なお、北海道では朝まで海上を中心に非常に強い風が吹き、海は昼過ぎにかけて大しけの状態が続く見込みだ。きょう31日に予想される波の高さは北海道で7メートル。うねりを伴った高波に警戒し、強風にも注意が必要となる。


強風でドア閉まり指切断=土砂崩れ、冠水で孤立も―宮城、岩手
時事通信 8月31日(水)1時35分配信

 30日午前11時ごろ、宮城県名取市増田のマンションで「母親がドアで指を挟んだ」と住人から119番があった。

 消防によると、70代の女性が玄関ドアに左手を挟まれ中指を切断した。台風10号の強風でドアが勢いよく閉まったためとみられる。

 女性はマンション6階の部屋に帰宅したところだったという。

 岩手県軽米町では同日夕、大雨で土砂が民家に流れ込み、住民の30代男性が頭を5センチほど切る軽傷を負った。同県釜石市橋野町では鵜住居川が氾濫し、集落につながる道路が冠水したり削れたりするなどして66世帯142人が孤立。同県宮古市では市役所前の交差点で国道が冠水し、車の通行が不可能になった。市職員によると、水位は腰の高さに達し、庁舎内にも水が流れ込んだという。


台風10号、岩手から青森縦断=土砂災害など厳重警戒―航空、鉄道に乱れ
時事通信 8月31日(水)1時6分配信

 大型の台風10号は30日、関東・東北地方の太平洋沖を北上し、午後6時前に岩手県大船渡市付近に上陸した後、青森県を縦断した。

 午後9時ごろには津軽海峡の西の日本海上に抜けて北西へ進み、31日午前0時に温帯低気圧に変わった。北海道や東北では局地的に激しい雨が降り、各地で土砂災害警戒情報や避難指示・勧告が出た。気象庁は土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風が東北地方に太平洋側から上陸したのは、1951年の統計開始以来初めて。

 日本航空と全日空などは30日に東北や北海道の空港を発着する便を中心に計100便以上の欠航を決定。JR東日本によると、東北・北海道、秋田新幹線の上下計50本以上を全面運休などとし、在来線も東北地方で相次ぎ運転を見合わせた。

 岩手県宮古市では30日午後5時50分ごろまでの1時間雨量が80.0ミリに上り、この地点の観測史上最多を記録。同6時すぎには最大瞬間風速37.7メートルを観測した。9月1日午前0時までの24時間雨量は北海道の多い所で100ミリ、北海道と東北の最大瞬間風速は35~45メートル、波の高さは9~10メートルと予想される。


台風10号は温帯低気圧に 引き続き北日本で大雨・暴風などに警戒
ウェザーマップ 8月31日(水)0時45分配信

 気象庁によると、台風10号は31日午前0時に、北海道の西の海上で温帯低気圧に変わった。温帯低気圧に変わっても、北日本を中心に引き続き、暴風や高波、大雨による低地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫、高潮には厳重な警戒が必要だ。

台風10号の経路
 台風10号は8月19日夜遅く、八丈島の東海上で発生した。発生当初は台風9号や11号の近くに位置していたが、これら2つの台風が北上し相次いで上陸した後は、日本の南で高気圧に行く手を阻まれて南西に進み続けた。
 25日頃には非常に強い勢力となり海上で動きが遅くなっていたが、その後は進路を東に変え徐々に速度を上げ、上空の強い風に乗る形で北上し日本列島に近付いて、30日午後6時前に岩手県大船渡市付近に上陸。1951年の統計開始以来初めての東北太平洋側への上陸となった。30日夜には北海道の西の日本海に達し、31日午前0時に温帯低気圧に変わった。

暴風・高波・高潮
 北日本の海上では、猛烈な風が吹き、うねりを伴った猛烈なしけが続いている。北日本では31日明け方まで暴風となり、海はうねりを伴った大しけが31日昼過ぎにかけて続く見込み。
■31日にかけて予想される最大瞬間風速
 北海道 45メートル
 東北  35メートル
■31日にかけて予想される波の高さ
 東北  10メートル
 北海道 9メートル   

 暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。また、北海道太平洋側ではこれから31日未明にかけて、海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒が必要となる。

大雨
 北海道では非常に激しい雨が降り、大雨となっている。北海道では31日明け方にかけて、非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。9月1日0時までの24時間に予想される雨量は、北海道の多い所で100ミリとなっている。
 東北の太平洋側では、8月としては記録的な降水量となった所があり、これまでの大雨で土砂災害の危険性がかなり高くなっている地域がある。また、増水している河川もあり、土砂災害、河川の増水やはん濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要だ。


〔記録的短時間大雨〕北海道富良野市・新得町付近などで1時間に約90mmの猛烈な雨か
レスキューナウニュース 8月30日(火)23時55分配信

気象庁のレーダー解析によると、30日23:30までの1時間に、北海道富良野市・新得町付近などで約90mmの猛烈な雨が降った模様です。気象庁は北海道(上川地方・十勝地方)に記録的短時間大雨情報を発表し、今後の雨に対して警戒するよう呼びかけています。周辺地域では、土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫、落雷や突風といった天候の急変に厳重な警戒が必要です。また、悪天候に伴う交通機関への影響なども懸念されますので、今後の警報や注意報、気象情報に留意してください。

■記録的短時間大雨情報
・約90mm:富良野市付近、南富良野町東部付近、新得町南部付近(~30日23:30)

※記録的短時間大雨情報は、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した場合に、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表。近くで災害の発生につながる事態が生じていることを意味しています。ご自分の身を守ることを第一に行動してください。


北海道で1時間約90ミリの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報
ウェザーマップ 8月30日(火)23時53分配信

 北海道富良野市付近と南富良野町東部付近、新得町南部付近で、30日午後11時30分までの1時間におよそ90ミリの雨が降ったとみられるとして、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。

 台風10号による発達した雨雲がかかっているため、北海道では局地的に猛烈な雨が降っている。31日明け方にかけては非常に激しい雨の降る所がある見込みで、大雨による土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要だ。
 
 記録的短時間大雨情報は、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測または解析したときに、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表される情報。


<台風10号>岩手県宮古・遠野・釜石の一部で避難指示
毎日新聞 8月30日(火)19時43分配信

 30日午後6時ごろ、岩手県大船渡市付近に上陸した大型の台風10号は、時速約50キロで北北西に進んでいる。30日夜にかけてスピードを速め、同日深夜には日本海に抜ける見通し。

 30日午後6時現在の中心気圧は970ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心の北東220キロ以内と南西110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になっている。

 岩手県宮古市、遠野市、釜石市が一部地域に避難指示を出したほか、一関市、北海道登別市などで避難勧告が出されている。

 台風による強風などの影響で、各地で停電が発生。東北電力によると、同日午後6時半現在で東北5県で計約1万7520世帯で停電している。【岡礼子/デジタル報道センター】


台風10号 岩手県大船渡市に上陸 記録上初の東北太平洋側
産経新聞 8月30日(火)18時13分配信

 大型で強い台風10号は30日午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸した。気象庁によると、東北地方太平洋側への台風上陸は統計のある昭和26年以降、初めて。進路を西寄りに変えながら東北地方を横断し、30日夜には秋田県の日本海側へ抜ける見込み。進路周辺では猛烈な風が吹き、非常に激しい雨が降るため、気象庁は警戒を呼びかけている。

 台風10号は上空に寒気が入った影響で温帯低気圧の性質を帯びつつあり、強風の範囲を拡大している。風速25メートル以上の暴風域は中心から北東側190キロ、南西側90キロ以内になっている。また、進路の北東側では台風から遠い地域でも激しい風雨が予想され、北海道では日本海側を中心に31日朝にかけて天候が荒れる。

 31日正午までの24時間予想雨量は多い所で東北250ミリ、北海道200ミリ、北陸100ミリ。31日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は東北35メートル(50メートル)、北海道30メートル(45メートル)関東23メートル(35メートル)になっている。

 同庁によると、台風10号は30日正午現在、福島県いわき市の東南東約110キロ沖を北北西へ時速40キロで進んだ。中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートル。


<台風10号>東北上陸 44万人に避難勧告…3県と北海道
毎日新聞 8月30日(火)18時5分配信

 大型の台風10号は30日夕、岩手県に上陸した。東北地方の太平洋側に台風が上陸したのは、気象庁が1951年に統計を取り始めてから初めて。同日夜、青森県から日本海に抜けた。31日午前0時に温帯低気圧に変わったが、降雨で地盤が緩んだ所は土砂災害が起きる恐れもあり、気象庁は引き続き警戒を呼びかけている。

 台風の影響で、宮城県名取市の70代女性が強風で閉まったドアに左手中指を挟まれて切断するなど重傷3人、軽傷2人。岩手、福島両県では倒木などにより建物9棟が損壊した。31日午前0時までに岩手県と北海道で約4万5000人に避難指示、青森、岩手、宮城3県と北海道の約44万5000人に避難勧告が出され、実際に約4000人が避難した。

 気象庁によると、台風10号は関東の東海上を北西に進み、午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸した。上陸直後の午後6時時点の中心気圧は970ヘクトパスカルだった。その後、午後9時までに日本海に抜けた。8月は既に台風7、11、9号が日本列島に上陸しており、1カ月に四つの台風が上陸したのは62年8月以来3例目。

 岩手県では30日午後、局地的に大雨が降り、宮古市と久慈市で80.0ミリ▽岩泉町で70.5ミリ▽洋野町で58.0ミリ--の雨をそれぞれ1時間で観測した。

 30日午後までの24時間雨量は埼玉県秩父市245.5ミリ▽岩手県久慈市231.0ミリ▽福島市212.5ミリ▽青森市206.5ミリ。

 また、東北と北海道の広い範囲で暴風に見舞われ▽岩手県宮古市37.7メートル▽北海道函館市、せたな町36.5メートル▽青森県八戸市35.0メートル▽山形県酒田市31.0メートル▽宮城県石巻市30.9メートル--の最大瞬間風速を観測した。

 31日午後6時までの24時間の予想雨量は、多い所で北海道200ミリ、東北150ミリ。同日にかけて最大風速は東北35メートル(最大瞬間風速50メートル)、北海道30メートル(同45メートル)、波の高さは最大で東北10メートル、北海道9メートル、関東6メートルと予想される。

 JR東日本によると30日、東北、北海道、秋田の各新幹線で上下計51本が運休し、約2万5500人に影響した。日航と全日空は同日、東北や北海道の各空港を発着する計109便が欠航、約5400人に影響した。【山崎征克、柳澤一男】


〔台風10号〕岩手県大船渡市付近に上陸 8月に4個の上陸台風は54年ぶり(8/30)
レスキューナウニュース 8月30日(火)18時5分配信

気象庁によると、台風10号の中心は、30日18:00前、岩手県大船渡市付近に上陸しました。
台風の上陸は今年4個目、8月に4個の台風が上陸したのは1962(昭和37)年以来、54年ぶりとなります。

■今年日本に上陸した台風(気象庁)
・台風7号 :8月17日17:30頃、北海道襟裳岬付近に上陸
・台風11号:8月21日23:00過ぎ、北海道釧路市付近に上陸
・台風9号 :8月22日12:30頃、千葉県館山市付近に上陸/8月23日06:00頃、北海道日高地方に再上陸
・台風10号:8月30日18:00前、岩手県大船渡市付近に上陸

※台風の「接近」「上陸」の定義:台風の中心がそれぞれの地域のいずれかの気象官署から300km以内に入った場合を「接近」、北海道・本州・四国・九州の海岸線に達した場合を「上陸」としている(ただし、小さな島や半島を横切って再び海上に出た場合は「上陸」ではなく「通過」とする)。


台風10号 岩手県大船渡市付近に上陸 東北太平洋側への上陸は初
ウェザーマップ 8月30日(火)18時0分配信

 大型で強い台風10号は、30日午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸した。東北太平洋側に台風が上陸するのは、1951年の統計開始以来初めてのこととなる。また、8月に台風が4つ上陸したのは、1962年と並んで8月としては過去最多となった。

◆台風10号 これまでの経路
 台風10号は8月19日夜遅く、八丈島の東海上で発生した。発生当初は台風9号や11号の近くに位置していたが、これら2つの台風が北上し相次いで上陸した後は、日本の南で高気圧に行く手を阻まれて南西に進み続けた。25日頃には非常に強い勢力となり海上で動きが遅くなっていたが、その後は進路を東に変え徐々に速度を上げ、上空の強い風に乗る形で北上し日本列島に近付いて上陸した。

27
岩手県小本川の様子。上段:30日正午頃、下段:午後5時頃。河川敷が完全に見えなくなった。撮影=徳田充宏

◆北日本中心に大雨・暴風・高波・高潮に厳重警戒
 北日本の海上では31日にかけて猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなる見込み。また、北日本は局地的に1時間80ミリの猛烈な雨が降り、31日明け方にかけて記録的な大雨となるおそれがある。暴風や高波、低地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫、高潮に厳重な警戒が必要だ。


〔台風10号〕暴風域を伴い岩手県に上陸 猛烈な風雨のおそれ 海上は大しけに(8/30)
レスキューナウニュース 8月30日(火)17時0分配信

気象庁は30日16:33、「平成28年 台風第10号に関する情報 第112号」を発表しました。
大型で強い台風第10号は、きょう30日18:00前、岩手県大船渡市付近に上陸しました。今後、速度を上げながら北西に進み、あす31日には日本海に達し、温帯低気圧に変わる見込みとなっています。
台風は、北東側を中心に猛烈な風が吹いており、東北地方の一部が暴風域に入っています。東北地方太平洋側では、きょう30日は非常に激しい雨が降っており、この後、東北地方日本海側と北海道地方でも雨が強まり、あす31日明け方にかけて非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の降る所がある見込みです。
北日本の海上は、猛烈な風が吹き、うねりを伴う猛烈なしけが続いています。現在風が強く吹いていない地域でも、急に風が強まり、30日夜遅くにかけて猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけとなる見込みです。非常に強い風はあす31日朝にかけて吹き、大しけが続くでしょう。
気象庁は、暴風や高波、土砂災害、河川の増水やはん濫、低地の浸水、高潮に厳重に警戒するよう呼びかけています。

■今後の見通し
<大雨>
【予想1時間雨量】(30日18:00~31日18:00/多い所)
・80mm 岩手県
・60mm 北海道(渡島地方)、青森県、秋田県、山形県、宮城県
・50mm 北海道(胆振・日高、檜山地方)
・40mm 北海道(十勝、釧路・根室、石狩・後志地方)
・30mm 北海道(宗谷、上川、網走・北見・紋別、空知地方)

【予想12時間雨量】(30日18:00~31日06:00/多い所)
・150mm 北海道(渡島・檜山地方)、岩手県
・120mm 青森県
・100mm 秋田県、山形県

【予想24時間雨量】(30日18:00~31日18:00/多い所)
・200mm 北海道(十勝、胆振・日高地方)
・180mm 北海道(釧路・根室地方)
・150mm 北海道(石狩・後志地方)
・120mm 北海道(網走・北見・紋別地方)
・100mm 北海道(上川、空知地方)
・90mm 宮城県
・80mm 北海道(宗谷地方)
・60mm 北海道(留萌地方)
・30mm 福島県

<強風>最大風速(最大瞬間風速)(~31日)
・35m/s(50m/s) 東北地方
・30m/s(45m/s) 北海道地方

<高波>(~31日)
・10m 東北地方
・ 9m 北海道地方
・ 6m 関東地方

■防災事項
厳重警戒:暴風やうねりを伴った高波、土砂災害、河川の増水やはん濫、低地の浸水、高潮による浸水や冠水
注意  :落雷や竜巻などの激しい突風

※発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

◆猛烈な雨
1時間80mm以上の雨、息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じるような状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。大規模災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。


台風10号 いったん衰退、再び「大型」台風に 進行方向東側で強風域広がる傾向
産経新聞 8月30日(火)13時54分配信

 強い勢力で東北地方へ接近している台風10号は30日、「大型」の台風となった。進行方向東側の暴風域が拡大する傾向があり、東北地方北部では特に風が強まるため、気象庁は注意を呼びかけている。

 上空に寒気が入った影響で台風10号は温帯低気圧の性質を帯びつつあり、風の強い範囲が東へ拡大する傾向がある。

 沖縄周辺で1週間近く停滞した台風10号は一時、「大型で非常に強い」台風に成長。風速が55メートルの「猛烈な」台風になることも懸念されたが、29日以降は衰退していた。

 30日正午現在、最大風速15メートル以上の強風域が平均半径500キロ以上となり、大きさの表現が再び「大型」の台風となった。風速25メートル以上の暴風域は中心から北東側190キロ、南西側90キロ以内になっている。

 台風10号は関東地方の東海上を北上しており、30日午後3時から午後6時にかけて宮城県北部から岩手県南部へかけての地域に上陸するとみられる。

 同庁によると、台風10号は30日正午時現在、福島県いわき市の東南東約110キロ沖を北北西へ時速40キロで進んだ。中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートルだった。


<台風10号>福島沖通過 東北で250ミリの大雨の恐れも
毎日新聞 8月30日(火)13時21分配信

 大型で強い台風10号は30日、関東の東海上を北西に進んだ。福島県沖を通過し、同日夕までに東北地方に上陸する見通し。台風が東北の太平洋側に上陸した場合、1951年に統計を取り始めてから初のケースとなる。

 東北では31日正午までの24時間に多い所で250ミリの大雨になる恐れがある。中心の東側の暴風域が広いことに加え、太平洋側は10号の接近前から降雨があったため特に地盤が緩んでおり、気象庁が警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、10号は29日深夜から30日未明にかけて進路を北東から北西に変えた。30日正午現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。福島県いわき市の東南東約110キロを時速40キロで北北西に進み、中心の北東側190キロ以内と南西側の90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 30日正午ごろに福島県に接近し、速度を上げながら同日夕までに岩手県か宮城県に上陸、北東北を横断し、30日深夜には日本海に抜ける見通し。東北は30日、多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。

 30日正午までの24時間に埼玉県秩父市で242.5ミリ、福島市で182ミリの雨が降った。また、同日午前、宮城県石巻市で29.5メートル、北海道真狩(まっかり)村で26.3メートル、千葉県銚子市で24.2メートルの最大瞬間風速を観測した。31日までに予想される最大風速は、東北35メートル(最大瞬間風速50メートル)▽北海道30メートル(同45メートル)▽関東23メートル(同35メートル)。

 岩手、宮城、福島など各県の市町村は避難準備情報を出して避難所を開設した。岩手県釜石市などでは住民が自主避難した。

 ◇廃炉作業の一部を中止 福島第1原発

 東京電力は30日、福島第1原発の廃炉作業の一部を中止した。

 台風10号の影響で、北海道や東北を発着する交通機関に朝から乱れが出た。

 日本航空が31日までに新千歳や青森などを発着する60便の欠航を決め、全日空も37便が欠航し、計約4800人に影響が出た。

 北海道、東北、秋田新幹線も上下計51本が一部区間や全区間で運休を決めた。【山崎征克、山本将克】


台風10号 午後3時過ぎにも宮城県付近に上陸 東側では暴風域広がる傾向、関東でも大雨
産経新聞 8月30日(火)12時35分配信

 強い勢力で東北地方へ接近している台風10号について、気象庁は30日夕方にも宮城県北部から岩手県南部にかけての地域に上陸する恐れが高まっていることを明らかにした。進行方向東側の暴風域が拡大する傾向があり、岩手、青森両県では特に風が強まるため、気象庁は注意を呼びかけている。

 台風10号は関東地方の東海上を北上しており、30日午後にかけて北北西へ進路を変えて速度を上げる見込み。同日午後3時から午後6時にかけて東北地方太平洋側へ到達するとみられる。

 上空に寒気が入った影響で台風10号は温帯低気圧の性質を帯びつつあり、風速25メートル以上の暴風域を東へ拡大。30日午前9時現在、中心から東側170キロ、西側70キロ以内が暴風域になっている。

 東北地方では接近前から雨量が増えると予想されたが、実際には関東から東北の広い範囲で雨量が多くなる地点が出ている。埼玉県秩父市では午前11時までの24時間雨量が241ミリに、福島市では161ミリに達している。気象庁は東北地方の多い所では平年の8月の1カ月分に相当する雨が降る地域もあるとしている。

 31日正午までの24時間予想雨量は東北250ミリ、北海道200ミリ。31日までの最大風速は東北35メートル、北海道30メートル、関東20メートルと予想される。

 同庁によると、台風10号は30日午前9時現在、千葉県銚子市の東約170キロ沖を北へ時速30キロで進んだ。中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートルだった。


<台風10号>東北厳戒 今夕までに上陸 交通機関に乱れ
毎日新聞 8月30日(火)11時20分配信

 強い台風10号は30日午前、千葉県銚子市沖の海上を北西に進んだ。福島県沖を通過し、同日夕までに東北地方に上陸する見通し。東北では31日午前6時までの24時間に多い所で350ミリの記録的な大雨になる恐れがある。中心の東側の暴風域が広いことに加え、太平洋側は10号の接近前から降雨があったため特に地盤が緩んでおり、気象庁が警戒を呼びかけている。

 台風が東北の太平洋側に上陸した場合、1951年に統計を取り始めてから初のケースとなる。

 気象庁によると、10号は29日深夜から30日未明にかけて進路を北東から北西に変えた。30日午前10時現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。福島県いわき市の南東約180キロを時速35キロで北北西に進み、中心の東側170キロ以内と西側の70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 30日正午ごろに福島県に接近し、速度を上げながら同日夕までに岩手県か宮城県に上陸、北東北を横断し、31日には日本海に抜ける見通し。

 30日午前、北海道真狩(まっかり)村で26.3メートル、宮城県石巻市で24.8メートル、千葉県銚子市で24.2メートルの最大瞬間風速を観測した。

 東北、北海道では31日にかけ、多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。東北以外の31日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道250ミリ▽北陸120ミリ▽関東甲信100ミリ。

 31日までに予想される最大風速は、東北35メートル(最大瞬間風速50メートル)▽北海道30メートル(同45メートル)▽関東23メートル(同35メートル)。波の高さは最大で東北10メートル、北海道と関東8メートル。

 台風の接近を受け、岩手、宮城、福島など各県の市町村は避難準備情報を出して避難所を開設した。岩手県釜石市などでは住民が自主避難した。

 台風10号の影響で、北海道や東北を発着する交通機関に朝から乱れが出た。

 空の便では日本航空が新千歳や青森などを発着する59便の欠航を決め、全日空も37便が欠航し、計約4800人に影響が出た。

 北海道、東北、秋田新幹線も計上下42本が一部区間や全区間で運休した。【山崎征克、山本将克】


東北、8月1か月分の大雨の見込み
読売新聞 8月30日(火)11時12分配信

 大型で強い台風10号は30日午前、日本の東海上を北上した。同日夕頃に東北に上陸する見通し。

 東北では平年の8月の1か月分程度の大雨となる地域もある見込みで、気象庁は大雨や土砂災害、高潮などに警戒するよう呼びかけている。

 同庁によると、台風10号は30日正午現在、福島県いわき市の東南東約110キロの海上を時速約40キロで北北西に進んでいる。中心気圧は965ヘクト・パスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の北東側190キロ以内と南西側90キロ以内は風速25メートル以上の暴風となっている。強い勢力を保ったまま宮城県や岩手県付近に上陸し、同日夜遅くには日本海に進む見込み。


台風10号 午後にも宮城県付近へ上陸 東北新幹線が午後から運転見合わせ
産経新聞 8月30日(火)11時3分配信

 強い台風10号は30日、関東地方の東方沖を北へ進んだ。同日午後にも宮城県付近へ上陸する恐れが高まっており、警戒を呼びかけている。交通網では東北新幹線が午後から運転見合わせを決めるなどの影響が出ている。

 JR東日本は東北、北海道両新幹線は、盛岡-新函館北斗間で午後から運転を見合わせることを決めた。秋田新幹線は午後の上下線20本が運休や区間運休。在来線もJR東北線などで一部列車が運休している。

 私鉄では西武池袋線が一部列車で遅れが出ているほか、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線が強風のため運転を見合わせている。また、日本航空や全日空は東北や北海道での発着便を中心に計約100便の欠航を決めた。

 関東地方では茨城県の一部で大雨、洪水警報が発令されているほか、埼玉県の一部地域では土砂災害警戒情報が出ている。

 同庁によると、台風10号は30日午前9時現在、千葉県銚子市の東約170キロ沖を北へ時速30キロで進んだ。中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートルで、中心から東側170キロ、西側70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。30日午後9時には青森県弘前市付近に達し、31日にかけて日本海へ抜ける見込み。

« 尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す・5 | トップページ | どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・25 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64135854

この記事へのトラックバック一覧です: 台風10号で豪雨 岩手県・北海道で川が氾濫、11人死亡:

« 尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す・5 | トップページ | どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・25 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31