« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2144 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・5 »

2016年8月31日 (水)

台風10号で豪雨 岩手県・北海道で川が氾濫、11人死亡・2

30日午後6時ごろに岩手県大船渡市付近に上陸した大型で強い台風10号の影響で、岩手県・北海道などで激しい降雨となり、岩手県岩泉町の小本川や北海道南富良野町の空知川などが氾濫、これまでに岩手県で浸水した高齢者グループホームの入居者など11人が死亡し2人が行方不明、北海道で3人が行方不明となっている。

岩泉町には陸上自衛隊が出動し、孤立した住民らの救助にあたっている。

最初の記事

リンク:北海道・岩手大雨 安否不明 氏名非公表に 茨城の教訓生かされず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大雨被害「認識甘かった」=9人死亡の施設、理事沈痛 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>岩手の死者2人の身元が判明 不明者は1人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大量の流木、介護施設囲む=岩泉町の救助活動映像―陸自 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岩手1100人孤立続く=屋根にSOS文字も―北海道3人不明・台風被害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>1人は施設外に 鉄砲水で職員近づけず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:道路寸断の岩手、1600人が孤立 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岩手、1600人孤立=岩泉町17人連絡取れず―住民の安否確認急ぐ・台風被災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>知人ら犠牲悼む 不明者捜索続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>5人なお不明 岩手、北海道など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道・岩手大雨 施設職員、役場訪れ「水位上がってる」 厚労省が調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号 岩手 避難指示遅れ、悔やむ町長 夕闇の急流、猛威 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台風10号 数十年に一度の雨、特別警報発令せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号被害>避難マニュアルなし 岩手の9人死亡施設 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔台風10号〕北海道・岩手県に災害救助法を適用(8/30~) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<自衛隊>北海道と岩手に派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>平穏奪った濁流 家屋に泥、車横転 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<豪雨水害>高齢者施設、対応難しく - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道・岩手大雨 川の水位、岸より3メートルも高く 蛇行外側で氾濫か 9人死亡の岩手・岩泉町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>死者11人、不明5人 岩手と北海道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>「私の判断ミス」高齢者施設常務理事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>携帯電話の通信障害続く 岩手と北海道の一部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:避難指示・勧告出さず=9人死亡の地区に―岩手・岩泉町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>両陛下、岩手と北海道知事にお見舞い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:あふれる濁流、街のみ込む=「想像超える災害」―岩手・岩泉 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:茶色い水、大量の流木=9人死亡の施設―岩泉町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岩手の死者11人に=台風で川氾濫、2人不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道・岩手大雨 両陛下、被災知事に見舞いお伝えに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>岩手でさらに2人不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北海道・岩手大雨 塩崎恭久厚労相、9人死亡で「避難できなかった原因検証」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、台風被害にお見舞い=岩手、北海道の知事に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:車の上に避難、4人で励まし合う…台風10号 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川岸に遺体、死者11人に=岩手 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台風10号>政府一体で被災者の救命・救助対策実施へ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

北海道・岩手大雨 安否不明 氏名非公表に 茨城の教訓生かされず
産経新聞 9月1日(木)21時20分配信

 高齢者グループホームで9人が死亡するなど甚大な被害の出た岩手県岩泉町。町災害対策本部は1日、連絡が取れない安否不明者の数を17人と発表したが、「個人情報保護」を理由に氏名は非公表とした。

 非公表の理由について、同本部は「個人情報保護の観点から、まずは内部情報にとどめる」と説明。さらに、17人中2人は名字しか判明しておらず、「混乱を避けるため」とした。被災していない人が含まれている可能性もあるという。

 同本部によると、17人の大半は孤立した集落に住んでおり、(1)家族らから町に「連絡が取れない」と報告があった人(2)一人暮らしの高齢者など町が「見守りが必要」と把握している人のうち避難者の名簿に載っていない人-のいずれか。伊達勝身町長によると、安否確認は2日夕に終了する見込み。今後、戸別訪問で安否を確認し、行方不明が確認された場合は氏名を公表する方針という。

 平成27年9月の東日本豪雨では、茨城県常総市が個人情報保護を理由に、行方不明者の氏名を公表しなかった。しかし、氏名を公表すれば本人や家族などが名乗り出て、安否が早く確認できたなどの批判が相次いでいた。


大雨被害「認識甘かった」=9人死亡の施設、理事沈痛
時事通信 9月1日(木)21時16分配信

 台風10号による大雨で9人の遺体が見つかった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」を運営する法人の佐藤弘明常務理事は1日、ホームを訪れて「認識が甘かった」と沈痛な表情で語った。

 佐藤理事によると、犠牲になったのは入所者9人全員。70~90代でいずれも介護を必要とし、女性2人は車いすだった。

 周辺の水が引き、佐藤理事が平屋建てのホーム内に入ったのは8月31日午前5時ごろ。9人は台所などで既に息を引き取っており、小上がりにいて1人無事だった当直の50代の女性所長は、ぬれた体で遺体のそばに座っていた。声を掛けると、か細い声で「はい」と返事をし、「大変申し訳ありません」と謝罪を繰り返した。浸水が始まって20~30分後には腰まで水に漬かったと話したという。

 これまで水害を想定した訓練はしておらず、浸水時は隣接する3階建ての老人介護施設「ふれんどりー岩泉」に避難させる予定だった。佐藤理事は車を高台に移動させ、ホームに戻ろうとしたところで濁流に巻き込まれたが無事だった。

 佐藤理事は1日、ホームの壁掛け時計が午後7時45分を指したまま止まっているのを見つけた。水没した時間とみられ、「認識が甘かった。取り返しのつかないことをした」と悔やんだ。遺体が安置された施設で入所者1人の遺族と面会し、「命の大切さを感じてほしい」と伝えられたという。

 ふれんどりー岩泉の女性事務員(44)は31日にホームへ入り、変わり果てた入所者の姿を見た。「にこやかだった表情が目に浮かんだ。信じられない思いだった」と悔やんだ。


<台風10号>岩手の死者2人の身元が判明 不明者は1人
毎日新聞 9月1日(木)19時53分配信

52
9人が死亡したグループホーム「楽ん楽ん」の内部。水位を示すあとが天井近くまで達している=岩手県岩泉町で2016年9月1日午後0時51分、望月亮一撮影

 岩手県は1日、台風10号による県内の死者11人のうち、岩泉町乙茂(おとも)地区の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で死亡した9人を除く2人の身元を確認したと発表した。判明したのは、同県久慈市山根町の中塚スヂイさん(89)と岩泉町穴沢の岩館五郎さん(76)。いずれも水死したとみられる。県は、施設の9人(男性2人、女性7人)の身元の確認を急いでいる。

 一方、岩泉町は1日、行方不明者2人のうち、1人は死亡した岩館さんだったことを明らかにした。死者と行方不明者を二重に集計していた。同日夕までの県内の行方不明者は1人となった。このほか、連絡が付かない人が16人いる。【近藤綾加】


大量の流木、介護施設囲む=岩泉町の救助活動映像―陸自
時事通信 9月1日(木)19時30分配信

 陸上自衛隊の東北方面総監部(仙台市)は1日、台風10号の大雨による被害を受けた岩手県岩泉町で、隊員らが救助活動する様子を映像公開した。

 押し寄せた大量の流木が老人介護施設「ふれんどりー岩泉」の周囲に積み上がった状況や、被災者を救助する様子が撮影されている。同施設は、9人の遺体が見つかったグループホーム「楽ん楽ん」と隣接している。

 同総監部によると、映像は8月31日に撮影。「ふれんどりー岩泉」で、利用者を陸自ヘリで救助する様子が映っている。近くを流れる小本川の氾濫で流れ着いたとみられる流木が施設2階の高さまで堆積。一部は室内に入り込んでいた。小本川では茶色い泥水が激しく流れ、道路は大量の土砂で覆われていた。

 被災者は施設屋上から自衛隊員2人に抱きかかえられ、ヘリに収容された。別の映像では、泥水が住宅街に流れ込んで流木が散乱する中、ヘリから降下した隊員らが高齢女性2人を救助していた。


岩手1100人孤立続く=屋根にSOS文字も―北海道3人不明・台風被害
時事通信 9月1日(木)18時48分配信

51
台風10号の影響で浸水被害のあった地域を訪れた自衛隊員ら=1日午後、岩手県岩泉町

 台風10号による豪雨被害で、岩手県では1日も住民約1100人が依然、孤立している。

 グループホームの入居者らが死亡する被害が出た岩泉町では、住民17人と連絡が取れない状態が続き、県警と消防が安否確認を急いでいる。北海道でも川に流されるなどして3人が不明となり、捜索活動が続いている。

 岩泉町の伊達勝身町長は1日、役場で記者会見し、「安否確認が手付かずの地区がある」と述べるとともに、「救援物資が届いていない所もあり、自衛隊と協力して届けたい」などと状況を説明した。

 岩手県警によると、岩泉町のグループホーム「楽ん楽ん」で見つかった9人の遺体の性別は男性2人、女性7人と分かり、身元確認を進めている。また、同町を流れる小本川の河川敷で見つかった遺体は岩舘五郎さん(76)=同町=、久慈市の民家で見つかった女性の遺体は中塚スヂイさん(89)=同市=と確認された。消防によると、岩泉町内で流された住宅にいた女性1人と連絡が取れないと家族から通報があり、確認を進めている。

 岩手県によると、岩泉町、宮古市などで家屋浸水や土砂崩れなどの被害で孤立が続き、消防や災害派遣要請を受けた陸上自衛隊などが救助活動を行っている。

 約900人が孤立する岩泉町では、消防ヘリコプターが住宅の屋根にあった「SOS」の文字を発見し、住民4人の生存が確認され、うち一人は搬送された。


<台風10号>1人は施設外に 鉄砲水で職員近づけず 
毎日新聞 9月1日(木)13時1分配信

 グループホームを運営する社団医療法人の佐藤弘明・常務理事(53)によると、平屋建ての施設には30日、入所していた男女9人と夜勤の女性職員が1人いた。同日夜は、佐藤理事が施設近くで鉄砲水に押し流されるなど、近づくことができなかった。

 翌31日の午前5時ごろ、周辺の水が引いたため佐藤理事がドアを破って中に入った。遺体はキッチンや食堂周辺で4人、個室で3人が見つかり、1人は施設の外で亡くなっていた。職員は無事で、小上がりに座り込み、残りの入所者1人の遺体と一緒にいたという。【滝川大貴】


道路寸断の岩手、1600人が孤立
読売新聞 9月1日(木)12時47分配信

50
道路が寸断された先で待機する消防車や救急車の列(1日午前10時19分、岩手県岩泉町安家で、読売機から)=鈴木毅彦撮影

 岩手県で11人の犠牲者を出した台風10号の影響で、同県では1日、約1600人が孤立状態となっている。

 北海道では十勝地方の大樹町、新得町、清水町の3町で少なくとも3人が行方不明のままだ。岩手県岩泉町では、自宅に不在で電話などでも連絡がつかない人が18人おり、県警や陸上自衛隊が、さらに安否確認を進めている。

 同県のまとめによると、同日午前6時現在、道路の寸断などで釜石、久慈両市など8市町村の約1600人が孤立。避難所などに身を寄せている住民は5市町村で823人に上り、うち650人が岩泉町の避難者だという。自衛隊はヘリコプターで食料などを空輸し、孤立地域の小学校などに物資を降ろして避難所に運ぶ作業を行っている。

 1日朝の岩泉町災害対策本部会議では、町内全域で停電、断水の被害が確認された。伊達勝身町長は「避難所の備蓄品が尽きる頃なので、しっかり対応する」と述べた。


岩手、1600人孤立=岩泉町17人連絡取れず―住民の安否確認急ぐ・台風被災
時事通信 9月1日(木)11時54分配信

 台風10号による大雨の影響で大きな被害が出た岩手県では1日、住民約1600人が孤立している。

 県内では計1万5780世帯3万6582人に避難勧告が出ている。10人が死亡した岩泉町では道路が寸断された状態が続き、町内では住民約650人が避難。警察や消防が行方不明者がいないか安否確認を本格化させるとともに、高齢者グループホームで見つかった9人の遺体の身元確認を急いでいる。

 岩泉町では小本川が氾濫し、すぐ近くのグループホーム「楽ん楽ん」が浸水。木造平屋建ての施設に濁流や流木が押し寄せ、9人が死亡した。

 同じ敷地にある老人介護施設「ふれんどりー岩泉」も2階まで浸水。入所者85人と職員らは3階に避難し、ヘリコプターで救助された。入所者は県内の介護施設や病院に移送された。

 岩泉町では他に、小本川の川岸で高齢男性の遺体が見つかっている。6集落が孤立し、町が連絡が取れていない住民は17人いるという。安否確認を急いでいる。

 停電により町全体で断水しており、自衛隊が給水活動を実施している。

 岩手県では岩泉町や宮古市、久慈市など沿岸部を中心に1日午前、約1万1800戸が停電している。


<台風10号>知人ら犠牲悼む 不明者捜索続く
毎日新聞 9月1日(木)11時51分配信

49
9人の遺体が見つかったグループホーム(左)に向かい、手を合わせる関係者ら=岩手県岩泉町で2016年9月1日午前9時半、望月亮一撮影

 台風10号による河川の氾濫で入所者9人が死亡した岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」周辺では1日、散乱した流木やがれきの中で、施設の職員らが手を合わせるなど犠牲者の冥福を祈った。亡くなった入所者男性が通っていたという理容店店主の加藤武徳さん(53)は現場近くを訪れ「残念な結末になってしまった。和やかで温かい人だったのに……」と話した。

 理容店は施設から100メートルほど離れており、80代くらいの高齢だったという男性は、施設の人に付き添われてたびたび利用していたという。東日本大震災の後くらいから訪れるようになり、散髪をしながら施設での暮らしぶりや世間話を楽しんでいた。最後に店を訪れたのは約1カ月前だった。

 男性はしばしば、施設で定期的に行われるお茶会に加藤さんを誘ったという。予定がつかず、なかなか参加できなかったという加藤さんは「私自身もまだ気が動転しています。残念です」と声を落としていた。

 一方、岩泉町役場から北へ約700メートルほどの山あいにある体育施設「町B&G海洋センター」の体育館には、ホームで犠牲になった高齢者の遺体安置所が設置された。亡くなった入所者の親戚という同町小本地区の男性は「まだ、確認できる状態ではなかった。時間を置いて訪れます」と話した。

 記録的な大雨で橋の崩落などが相次いだ北海道では、行方不明者3人の捜索を再開した。大樹町のヌビナイ川では、転落した車を発見。乗っていた音更町の会社員、鈴木洋平さん(28)は車内におらず、道警広尾署が周囲を捜索している。

 南富良野町幾寅地区は水がひき、国道の通行制限も緩和された。住民は後片付けを始めたものの、新たに断水も発生し、「町の対応が遅い」と憤りの声もあった。自宅2階で一夜を明かした主婦の上坂利江さん(41)は「家は地下が水没し、1階も浸水した。どうやって元通りにすれば良いか見通しが立たない」と途方に暮れていた。【滝川大貴、山中宏之、横田信行】


<台風10号>5人なお不明 岩手、北海道など
毎日新聞 9月1日(木)11時50分配信

 大型の台風10号で河川が氾濫した岩手県岩泉町では依然として16人と連絡が取れず、さらに氾濫で流されたとみられる2人が行方不明となっている。北海道でも車に乗った男性3人が橋の崩落などに遭って行方が分からないまま。また、同町は1日、連絡の取れない16人の一部も含め、町内5地区の約1500世帯3500人が土砂崩れなどによる道路寸断で孤立状態になっていると明らかにした。

 孤立しているのは、有芸(うげい)▽鼠入(そいり)▽大川釜津田▽小川▽安家(あっか)--の5地区で、町役場から約7~32キロ離れている。いずれも山あいの集落で住民の多くは高齢者という。1日に地元消防隊員らが現地入りし、詳しい状況を確認する。町内にある岩手県済生会岩泉病院では水不足で人工透析の患者に影響が出ており、盛岡市の病院などに転院させるという。

 県によると、遠野市や釜石市など7市町村でも計約700人が孤立状態にあるといい、自衛隊や県警とともに安否確認を進め、今後、ヘリなどで食料を運ぶことも検討する。

 台風による水害で、岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の70~90代とみられる男女9人が死亡し、他に同町や隣の同県久慈市で2人が死亡した。【成瀬桃子、二村祐士朗、藤井朋子】


北海道・岩手大雨 施設職員、役場訪れ「水位上がってる」 厚労省が調査
産経新聞 9月1日(木)11時14分配信

 台風10号による川の氾濫で9人の死者が出た岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で、ホームを運営する法人の事務局長が30日午後5時ごろ、町役場を訪れて「水位が上がっている」と伝えていたことが1日、厚生労働省の聞き取り調査で分かった。

 事務局長が施設に戻ったときには水位がかなり上がっており、駐車場で水に流されたが助けられたという。

 厚労省は31日に開催した災害対策本部の会合を1日も開き、塩崎恭久厚労相は「あらゆる手法を用いて、早急に被害状況を把握するように」と指示。北海道、岩手県の各労働局に現地の災害対策本部を設置することを決めた。グループホームの入所者が避難できなかった原因の検証などを行う。


台風10号 岩手 避難指示遅れ、悔やむ町長 夕闇の急流、猛威
産経新聞 9月1日(木)7時55分配信

47
高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の周囲には流木が積み重なり、横転した車が無残な姿をさらしていた =31日午後、岩手県岩泉町(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 台風10号による川の氾濫で、9人の遺体が見つかった岩手県岩泉町乙茂上の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」。建物の周りには大量の流木が押し寄せ、すぐそばでは自動車もひっくり返り、押し寄せた水の威力を物語る。逃げ切れずに亡くなったのは、いずれもホームに入所していた高齢者だ。多数の犠牲は、自力避難が困難な「災害弱者」をどう守っていくかという課題を改めて突き付けた。

                   ◇

 楽ん楽んを運営する社団医療法人「緑川会」の佐藤弘明常務理事(53)によると、氾濫した川の水が楽ん楽んに入ってきたのは午後5時半ごろ。入所者9人(男性2人、女性7人)と所長を務める女性職員1人がいた。

 認知症患者を受け入れており、中には車いすの人や、介助がないと外に出られない人も。この日は台風接近のため、夜勤担当の職員が来られず、日勤だった女性職員がそのまま居残っていた。

 水がある程度引いた31日午前5時ごろ、佐藤氏らがホーム内に入ると、入居者9人は既に亡くなっていた。9人の遺体は建物内から8人、建物の外で1人見つかった。

 残っていた女性職員もホーム内に押し寄せた水に流されたが、物につかまって助かった。入所者の1人を抱え、朝まで水に浮かんでいたという。

               ×  ×  ×

 「午後3~4時ごろの段階で避難させるべきだった。判断を誤った」。佐藤氏はこう述べ、「全ては私の責任。9人を助けられず大変申し訳ない」と沈痛な表情で陳謝した。

 福島市でグループホームを運営する会社の鈴木洋子社長は「自力避難できない高齢者を限られた職員で避難させるのは難しい。職員が近くに住み、すぐ駆けつけられるような日頃の準備が必要だ」と指摘する。

 厚生労働省や日本認知症グループホーム協会は、事業者に避難マニュアル策定や訓練の実施を求めているが「災害への備えをどこまで進めるかは、事業主の判断に任されているのが実態」(同協会)という。

 状況が明らかになった31日午後、肩を震わせ、タオルで顔を覆った3人の親子連れがホームを訪れた。入所していた女性(78)の家族とみられ、遺体と対面し、変わり果てた姿にうつむいていた。

 ホームに隣接する施設で働く妻を捜しにバイクで駆け付けた佐藤明さん(60)=同町三本松=は「9人が亡くなったとニュースを聞いてきた。大丈夫だと思うが連絡がつかなくて…」と表情を曇らせた。

               ×  ×  ×

 岩泉町の伊達勝身町長は31日、「避難指示を出す準備を進めていたが、いつ出そう、いつ出そうとやっているうちに(被害情報への)対応に追われ、出せなくなった」と述べ、「指示を出していたら助かったかもしれない」と対応の遅れを悔やんだ。職員の1人は「町全体が津波に襲われたようで、何もできなかった」と振り返った。


台風10号 数十年に一度の雨、特別警報発令せず
産経新聞 9月1日(木)7時55分配信

 今回の台風10号で、気象庁は特別警報を発令しなかったが、岩手県では「いつ災害が起きてもおかしくない」レベルの豪雨となっていた。

 気象庁によると、台風10号は上陸前、中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートルの強い勢力だった。北東側に活発な雨雲を伴っており、北海道南部では上陸前から日本海側に抜けた後まで雨が降り続けた。上士幌町(ぬかびら源泉郷)で31日午前10時までの24時間雨量が221・5ミリとなるなど各地で雨量が蓄積された。

 一方、岩手県久慈市(下戸鎖)で3時間に153・5ミリの雨を観測するなど岩手県の太平洋側では、30日午後6時までの3時間に100ミリ超の激しい雨が降った範囲が集中した。

 岩手県太平洋側では、気象庁の基準で3時間雨量が「数十年に一度」のレベルに達した地点が、30日午後6時時点で10地点あった。大雨の特別警報が発令されるもう一つの基準である土壌雨量指数は、「極めて危険」なレベルに達した地点が午後7時時点で51地点にのぼり、双方で基準を超えた。

 だが、台風通過後の午後8時には岩手県太平洋側の雨はほぼ終息した。特別警報が発令される「さらに降り続く」という条件を満たさず、発令は見送られたという。同庁の松本積主任予報官は「特別警報が出なければ安心というわけではない。警報でも災害の恐れは十分にある」と話した。


<台風10号被害>避難マニュアルなし 岩手の9人死亡施設
毎日新聞 9月1日(木)1時36分配信

 大型の台風10号で岩手県岩泉町の小本(おもと)川が氾濫し、同町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で、入所者9人の死亡が31日確認された。施設の運営者は同日、町が避難準備情報を出していることを把握しながら、入所者を避難させていなかったことを明らかにした。高齢者などは、避難勧告や指示が発令される前の準備情報の段階で避難させることが求められている。また、水害避難のためのマニュアルも作成していなかった。同町の伊達勝身町長も、対応が不十分だったとして陳謝した。

 同町の小本川の川岸では他に男性1人、同町に隣接する久慈市でも女性1人が死亡。また、岩泉町内で2人が小本川の洪水で行方不明になっている。このほか、北海道では清水、大樹、新得各町でそれぞれ男性1人が行方不明になっている。

 岩泉町は30日午前9時に避難準備情報を発令し、同日午後2時には、施設があった北側の安家(あっか)地区に避難勧告を出したが、乙茂地区には出していなかった。伊達町長が午後4時ごろから1時間ほど、町内を車で巡回した時は、異常がなかったとしている。

 県警によると、死亡したのは70~90代とみられる男女。岩泉町によると、町内では他に16人と連絡が取れておらず、所在の確認を進めている。

 一方、楽ん楽んを運営する社団医療法人「緑川会」の佐藤弘明・常務理事によると、準備情報を把握した後、30日午後4時ごろに小本川の水位を見たところ、氾濫するまで20センチほどあり、過去の台風でも20センチ程度であふれたことがなかったことから、夕方の段階では入所者を避難させなくても大丈夫だと判断したという。ところが、午後6時ごろ車で施設に戻ってくると、既に水が胸の高さまで来ており、施設に近づけなかった。避難マニュアルはなく、水害を想定した訓練も実施していなかった。

 楽ん楽んは平屋建てで認知症の高齢者ら9人が入居。隣に建つ同会運営の高齢者施設「ふれんどりー岩泉」(3階建て)にも約80人がいたが、3階に避難し、全員ヘリコプターなどで救出された。楽ん楽んには、女性職員が入所者9人といて、水流に流されないよう男性1人を抱えていたが、助けられなかったという。

 町は、町内の全世帯や福祉施設などに設置されているインターネット回線を利用するIP電話で避難準備情報を流していたが、停電後は使えなくなった。町は警察などに救助を求めようとしたが、電話がつながらず他の通信手段もなかったという。乙茂地区は30日午後6時ごろ停電となった。

 伊達町長は「小本川は(危険とみられる)水位を越えていなかったので避難指示を出さなかった。とても残念で、亡くなられた方には申し訳ない」と謝罪した。

 台風10号による北海道と東北6県での被害を毎日新聞が31日夕方に集計したところ、死者11人、行方不明者5人のほか、重傷3人、軽傷4人だった。【村山豪、一宮俊介、成瀬桃子】


〔台風10号〕北海道・岩手県に災害救助法を適用(8/30~)
レスキューナウニュース 9月1日(木)1時0分配信

北海道・岩手県・内閣府は、台風10号により、多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じていることから、北海道の20市町村と岩手県の12市町村に災害救助法を適用すると発表しました。

■適用地域
【8月30日適用】
<北海道>
・帯広市、空知郡南富良野町、河東郡音更町、河東郡士幌町、河東郡上士幌町、河東郡鹿追町、上川郡新得町、上川郡清水町、河西郡芽室町、河西郡中札内村、河西郡更別村、広尾郡大樹町、広尾郡広尾町、中川郡幕別町、中川郡池田町、中川郡豊頃町、中川郡本別町、足寄郡足寄町、足寄郡陸別町、十勝郡浦幌町

<岩手県>
・盛岡市、宮古市、久慈市、遠野市、釜石市、上閉伊郡大槌町、下閉伊郡岩泉町、下閉伊郡田野畑村、下閉伊郡普代村、九戸郡軽米町、九戸郡野田村、二戸郡一戸町

今までにとられた措置
・避難所の設置等


<自衛隊>北海道と岩手に派遣
毎日新聞 9月1日(木)0時45分配信

 北海道と岩手県の両知事からそれぞれ災害派遣要請を受けた自衛隊は31日、北海道に約270人、岩手に約180人を派遣した。孤立している住民をヘリで救助したり、断水が発生している地区で給水支援を行ったりしている。


<台風10号>平穏奪った濁流 家屋に泥、車横転
毎日新聞 8月31日(水)23時29分配信

46
9人の遺体が確認された高齢者グループホーム「楽ん楽ん」を訪れた後、涙を流して施設を後にする人たち=岩手県岩泉町で2016年8月31日午後2時15分、佐々木順一撮影

 台風10号による小本川の氾濫で大量の流木が平屋建ての施設の外壁を覆い隠し、窓ガラスは大破していた。乗用車は横転し、電柱や看板も傾いていた。水が引いた31日午後、入所者9人が亡くなった岩手県岩泉町の現場に入った。高齢者グループホーム「楽ん楽ん」やその周辺では、濁流の激しさを物語る爪痕が至る所に残されていた。【滝川大貴】

 グループホームを目指して県道44号を西に進むと、台風で氾濫した小本川が目に入った。高さ8メートルはある周囲の木々のほとんどが横倒しとなり、灰色の泥土で覆われた河川敷は干潟のようだった。

 運転していた乗用車のタイヤが半分ほど沈む水たまりを強引に進むと、住宅が並ぶ地域に入った。どの家にも泥が入り込み、疲れた表情の住民がスコップで家の中を片付けていた。その先では多くの乗用車や消防車もひっくり返っていた。

 「楽ん楽ん」に到着した。一帯は30日から停電が続いており、救助隊員がグループホームに隣接する高齢者施設に慌ただしく出入りしていた。午後3時20分ごろ、ヘリコプターが施設に到着し、屋上から数人を助け出した。

 30日午後4時まで施設で勤務していたという女性職員は、「ゆうべから今まで、ここには来ていませんでした」と話すと、足早に施設に入っていった。

 施設近くに住む坂東智さん(61)は30日夜、平屋建ての自宅に濁流が押し寄せ、屋根の上に逃げたという。

 坂東さんが午後6時ごろに家の外を見ると、道路はひざの高さまで水であふれていた。慌てて車を高台に移動させ、自宅に戻ったが、同8時ごろに室内に水が浸入。浮力で畳が浮いてきたのでタンスに上がったという。

 坂東さんは家具などを伝って屋根の上に逃れた。雨は強まり、体が冷えた。水位が下がり始めると、室内に戻って風雨をしのぎ、一命を取り留めた。9人死亡に「やりきれない」とつぶやいた。


<豪雨水害>高齢者施設、対応難しく
毎日新聞 8月31日(水)23時27分配信

 災害弱者である施設入所の高齢者が犠牲になった今回の水害について、過去に同じような体験をしたグループホーム関係者は異口同音に避難の難しさを指摘した。

 茨城県常総市の「グループホーム香(かおり)」は、鬼怒川の堤防が決壊した昨年9月の関東・東北豪雨で床上1.2メートルの浸水被害に遭った。運営会社社長の中尾一郎さん(57)が当時の状況を振り返る。

 堤防が決壊したのは9月10日正午過ぎ。入所者9人(要介護度2~5)は80~108歳で、全員が認知症を患っていた。入所者と職員4人が午後5時半ごろに2階に避難すると、約30分後には浸水が始まり1階の床上まで達した。

 常総市内では「雨のごう音で防災無線が聞こえなかった」というケースが多数あったが、混乱していた中尾さんは、放送があったのかさえ覚えていない。電話もつながりにくく、「避難しても途中で被災する可能性があり、判断の下しようがなかった」。

 翌日午前2時ごろ、自衛隊のボートが救援に来た。しかし、「乗れるのは1人か2人だけ」と言われた。入所者を単独で避難させるわけにはいかない。かといって職員が同行すれば、残った人たちの対応に手が足りなくなる。避難を断った。

 そもそも避難所に移ること自体に難しい面がある。「認知症の高齢者は大勢の人がいると興奮する。トイレの問題もある。他の避難者に迷惑をかけてしまう」。浸水するまでホームにとどまったのは、それも理由だ。

 最終的には11日午後4時ごろ、全員が消防のボートに救出された。避難先は避難所ではなく、同県下妻市の中尾さんの実家だった。「避難所の問題がある限り、『自分たちの施設の面倒は、自分たちでみる』という状況は、昨年の水害の前も後も変わっていない」

 同様に、関東・東北豪雨で床上浸水した宮城県大和町のグループホーム「けやき」を運営する医療福祉グループのエリアマネジャー、塩原一樹さん(36)は「人的な余裕がないと、安全な避難はほぼ無理だと思う」と話す。

 昨年の水害では、夜勤帯で職員が減る夕方になってから施設周辺の水位が足首まで迫り、同じ敷地内の別の建物2階への避難を決めた。全員が認知症の9人の避難は、職員がほとんど1人で付き添い何度も往復した。「入所者本人が危機感を持ちづらいため、職員はどうしても手を取られる。避難情報を確認する余裕はなかった」。岩泉のグループホームの被害を知り、塩原さんは「うちと同じような状況だったのでは」と気遣った。【高橋昌紀、馬渕晶子】


北海道・岩手大雨 川の水位、岸より3メートルも高く 蛇行外側で氾濫か 9人死亡の岩手・岩泉町
産経新聞 8月31日(水)22時23分配信

45
台風10号による土砂災害で、9人が亡くなった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」=31日、岩手県岩泉町(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 台風10号の進路北側に位置した岩手県岩泉町では8月30日夜に、1時間50ミリを超える非常に激しい雨が降り、町内を流れる小本川の水位は川岸の高さを最大で約3メートルも上回っていた。

 気象庁によると、台風10号は北東側に活発な雨雲を伴い東北地方に接近した。岩泉町での降水量は台風が上陸した午後6時までの3時間に125ミリに達した。

 グループホームから直線距離で約3.3キロ下流に位置する小本川の赤鹿観測所では水位がぐんぐん上昇。午後6時過ぎには川岸の高さを超え、午後7時からの1時間で一気に1メートル50センチ上がり、午後8時に6メートル61センチにまで達した。

 川の水は蛇行するカーブの外側であふれやすい。約800メートル上流には小本川がほぼ直角に曲がる場所がある。早大の関根正人教授(河川工学)は「あくまで一般論だが、川が蛇行する場所ではカーブの外側へ飛び出す力が働いて氾濫や決壊が起きやすい」と話す。

 岩手県は小本川の川幅を広げる改修計画を検討中だったが、避難指示の判断材料となる氾濫危険水位は設定していなかった。県は計312河川を管理しており、順次設定を進めていたという。

 台風10号は統計のある昭和26年以降、東北地方太平洋側へ上陸した初のケースだった。小本川の水位は少なくとも過去10年以内ではもっとも上昇したという。岩手県河川課の担当者は「危険度は他と比べて低いと判断していた。台風が初上陸だったことの影響は今後分析する」と話した。


<台風10号>死者11人、不明5人 岩手と北海道
毎日新聞 8月31日(水)22時9分配信

44
9人の遺体が確認された高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左)。大量の流木が壁にあたり、周囲には車がひっくり返り、看板も崩れ落ちていた=岩手県岩泉町で2016年8月31日午後1時40分、佐々木順一撮影

 大型の台風10号は30日に岩手県に上陸した後、日本海に抜け、31日午前0時に温帯低気圧に変わった。国土交通省の31日午後3時現在のまとめでは、北海道や岩手県など10水系20河川で家屋浸水などの被害が発生し、北海道の3水系3河川で堤防決壊が起きた。岩手県や県警によると、岩泉町の小本(おもと)川が氾濫し、同町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で入所者の高齢者9人が意識不明の状態で見つかり、全員の死亡が確認された。さらに、小本川の川岸で男性1人、同町に隣接する久慈市でも女性1人が死亡。また、岩泉町内で2人が小本川の洪水で行方不明になっている。このほか、北海道では清水、大樹、新得各町でそれぞれ男性1人が行方不明になっている。

 岩泉町によると、町内では他に16人と連絡が取れておらず、所在の確認を進めている。「楽ん楽ん」は三陸鉄道岩泉小本駅から西に約10キロ離れた集落にある。平屋建てで認知症の高齢者ら9人が入居していた。隣の別の高齢者施設「ふれんどりー岩泉」(3階建て)にも約80人がいたが、3階に避難し、全員ヘリコプターなどで救出された。

 町は30日午前9時に避難準備情報を発令し、同日午後2時に安家(あっか)地区に避難勧告を出したが、9人が死亡した乙茂地区には出していなかった。同町の伊達勝身町長が同4時から1時間ほど、町内を車で巡回した時は、異常がなかったという。

 楽ん楽んを運営する社団医療法人の常務理事によると、30日午後4時ごろに小本川の水位を見たところ、氾濫するまで20センチほどあり、過去の台風でも20センチ程度であふれたことがなかったことから、夕方の段階では入所者を避難させなくても大丈夫だと判断したという。ところが、同6時ごろ、車で施設に戻ってくると、既に水が胸の高さまで来ており、施設に近づけなかった。町も警察などに救助を求めようとしたが、電話がつながらず他の通信手段もなかったという。

 楽ん楽んには、女性職員が入所者9人といて、水流に流されないよう1人を抱えていたが、抱えきれなくなったという。町は、町内の全世帯や福祉施設などに設置されているインターネット回線を利用するIP電話で避難準備情報を流していたが、その後は停電で使えなくなった。県は31日、岩泉町や宮古市など12市町村に災害救助法を適用すると発表した。避難所の設置などを支援する。

 岩泉町の伊達町長は「30日午後4時前から午後5時過ぎにかけて、グループホームを含む町内を見回ったが、小本川は目視した時は危険判断水位を越えていなかったので避難指示を出さなかった。大丈夫だと思った。とても残念」と謝罪。「ふれんどりー岩泉の入所者約80人は盛岡市に避難したと聞いているが、ほかの職員については分からない」と語り、「防災無線の電源がなくなり、道路が分断されて消防団も集まれなかった。2011年にグループホームの駐車場に浸水した時、県に堤防の設置を要望したが、造ってもらえなかった」と明かした。【村山豪、一宮俊介、滝川大貴】

 ◇記録的な雨量、岩泉積算248ミリ

 気象庁によると、台風10号の通過に伴い、北海道や東北を中心に猛烈な雨が降り、北海道富良野市や南富良野町では1時間に約90.0ミリを記録したほか、岩手県宮古市や久慈市で同80.0ミリ、北海道伊達市では同70.0ミリを観測した。

 高齢者グループホームで9人の死亡が確認された岩手県岩泉町では29、30日の積算雨量が8月の1カ月分の平均を大きく上回る248.0ミリを記録した。台風10号が岩手県に上陸した30日夕方ごろ、岩泉町の1時間の降水量は70.5ミリを観測した。

 気象庁は大雨について台風10号が東北地方沿岸に直接上陸したことが原因と指摘。台風が勢力を保ったまま強い雨雲が東から西に流れ大雨を降らせたという。

 台風10号による北海道と東北6県での被害を毎日新聞が31日夕方に集計したところ、死者11人、行方不明者5人のほか、重傷3人、軽傷4人。家屋浸水は床上92棟、床下100棟の計192棟。ただ、被害が大きかった岩手県と北海道では全容を把握できておらず、今後、大きく増加する見込みだ。一方、家屋損壊は全壊4棟、半壊1棟など計43棟に上っている。


<台風10号>「私の判断ミス」高齢者施設常務理事
毎日新聞 8月31日(水)21時50分配信

43
9人の遺体が確認された高齢者グループホーム「楽ん楽ん」を訪れた後、涙を流して施設を後にする人たち。壁上部には増水した際の水かさのあとのようなものが見える=岩手県岩泉町で2016年8月31日午後2時15分、佐々木順一撮影

 大型の台風10号は30日に岩手県に上陸した後、東北地方を縦断して日本海に抜け、31日午前0時に温帯低気圧に変わった。岩手県や県警によると、岩泉町の小本(おもと)川が氾濫し、同町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で入所者の高齢者9人が意識不明の状態で見つかり、全員の死亡が確認された。

 高齢者グループホーム「楽ん楽ん」を運営する法人の佐藤弘明・常務理事(53)は31日、現地で取材に応じ、「亡くなった方、遺族の方に本当に申し訳ない限りです。本当にすみません」と10秒以上、頭を深く下げた。過去の経験から「大丈夫だろう」と考えたと悔やんだ。

 佐藤理事によると、30日午後5時50分ごろには足首程度だった水位が急上昇。救助のため施設に向かったが、施設付近で鉄砲水に押し流された。「今思えば午前のうちに避難しておけば良かった。全て私の判断ミスです」と唇をかんだ。

 30日午後4時ごろ、町役場から川の水量を問い合わせる電話が来た。川があふれるまで20センチ程度余裕があることを確認してビデオで撮影。「過去の経験から2時間ほどの余裕はある」と4時半ごろ、町役場に伝えに行った。しかし、戻って来た5時50分ごろ、すでに施設は胸の高さまで水位が上昇していた。

 楽ん楽んは平屋建てで、入居者9人と夜勤の女性職員が1人いた。水位が上がる中、職員は男性入居者を抱えながら泳いで救助を待ったが男性は水が引く前に力尽きたという。

 9人のうち3人は個室で、2人はキッチンで、他の入所者は玄関近くなどで見つかったという。【駒木智一、滝川大貴、小鍜冶孝志】


<台風10号>携帯電話の通信障害続く 岩手と北海道の一部
毎日新聞 8月31日(水)21時40分配信

42
山あいを流れる小本川が台風による大雨であふれ、高齢者グループホーム(中央)がある川岸一帯を濁流が覆った=岩手県岩泉町で2016年8月31日午後3時17分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 台風10号の影響による送電設備の故障や停電のため、北海道、東北地域で発生した携帯電話の通信障害は、31日午後7時現在、一部で回復したものの、北海道と岩手県の一部地域で大手3社の携帯電話がつながらないか、つながりにくい状況が続いている。NTTドコモによると、設備周辺の土砂崩れなどで復旧作業が難航しているという。

 ドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話で通信障害が起きている地域は、岩手県で、高齢者グループホームで9人の死者が出た岩泉町のほか、宮古市、久慈市、二戸市、田野畑村など、北海道では函館市、北斗市、南富良野町などでいずれも一部地域。青森県内にもKDDI、ソフトバンクの携帯電話がつながりにくい地域がある。

 各社の対象地域、復旧情報などは、ドコモ(https://www.nttdocomo.co.jp/info/)、KDDI(http://news.kddi.com/important/news/)、ソフトバンク(http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/important/)。【デジタル報道センター】


避難指示・勧告出さず=9人死亡の地区に―岩手・岩泉町
時事通信 8月31日(水)20時53分配信

 台風10号の大雨で、9人の遺体が見つかった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」のある地区に対し、町が避難勧告や指示を出していなかったことが31日、町への取材で分かった。

 町では、他にも連絡が取れなくなっている住民がいるが、避難指示は町内いずれの地区にも出ていなかった。

 町によると、30日午前9時、町内全域に避難準備情報を発表。町の北部を流れる安家川が増水傾向にあったため、午後2時に流域の安家地区の一部に避難勧告を出した。

 楽ん楽んは町の中心付近を東側の太平洋に向かって流れる小本川の近くにある。県によると、小本川は、楽ん楽んから下流側に約5キロの地点で、同5時20分ごろ氾濫注意水位(2.5メートル)に達し、同7時に氾濫。その後も水位は上がり、約6.6メートルの高さまで上昇していた。

 町総務課は「急激な天候の変化で状況が変わったが、暗くなっていたので、勧告を出す方が危ないという判断をした」と説明している。


<台風10号>両陛下、岩手と北海道知事にお見舞い
毎日新聞 8月31日(水)20時46分配信

 天皇、皇后両陛下は31日、台風10号による大雨被害で、岩手県の達増拓也知事と北海道の高橋はるみ知事に対し、河相周夫侍従長を通じて、被害へのお見舞いと災害対策に従事する人々へのねぎらいの気持ちを伝えられた。【山田奈緒】


あふれる濁流、街のみ込む=「想像超える災害」―岩手・岩泉
時事通信 8月31日(水)20時37分配信

41
台風10号の影響で土砂に覆われ、復旧作業が続く国道106号=31日午後、岩手県宮古市(時事通信チャーター機より)

 高齢者施設などで10人が死亡した岩手県岩泉町では、役場や商店街がある中心部にも濁流があふれ、流木が散乱。

 一帯では停電や断水が続いた。

 酒造会社を営む八重樫義一郎さん(60)によると、氾濫した小本川の水位は30日夕方から急激に上昇。上流から流れてきた大量の木が橋の欄干でせき止められ、一気に堤防の高さを越えた。「直径約60センチの杉の木が、根元からもがれていた」と振り返った。

 自宅は被害を免れたが、周囲の民家や商店の多くは浸水し、2階まで泥水に漬かった地区もある。死亡者が出た高齢者施設に知人が入居しており、「無事なのか心配だ」と話した。

 中心部から約2キロ離れた地区の会社員男性(63)は、「これまで経験したことのない大雨だった」と話した。小本川に停泊させていた漁に使う小舟も流され、停電が続く中、ろうそくの明かりで不安な夜を過ごした。

 男性の妻(61)によると、下流の高齢者施設に向かう道路は各地で寸断されており、31日朝には職員が歩いて向かう姿が見られた。

 同町の観光名所となっている日本有数の鍾乳洞「龍泉洞」近くのキャンプ場で働く男性は、「洞から、ごうごうと茶色い水が噴き出した」と驚いた様子で語った。付近は31日夕も停電が続き、水も止まったままで、市街地にあふれた水で洗濯や洗い物をする住民もいた。

 町役場の職員も夜を徹して情報収集などに追われた。小本支所の加藤勝彦支所長(61)は30日夜、近所の住民から「自宅1階に大量の水が入ってきた」と電話を受けた。自宅に残した80代の母が心配だったが帰ることもできず、31日朝になってヘリコプターで無事搬送されたと連絡を受けた。

 大川支所によると、同町の大川地区では土砂で通行できない道路が10カ所以上あり、住民自らが重機やスコップで復旧作業を進めた。商店の食料も尽きそうで、担当者は「想像を超える災害だ」と疲れた様子で話した。


茶色い水、大量の流木=9人死亡の施設―岩泉町
時事通信 8月31日(水)19時18分配信

39
台風10号による浸水被害を受け、9人の遺体が見つかった高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左上の三角屋根の建物)。右は氾濫した小本川=31日午後、岩手県岩泉町(時事通信チャーター機より)

 山あいを縫うように流れる川は茶色く染まり、道路や田畑をのみ込んでいた。

 台風10号に伴う大雨で小本川が氾濫し、大きな被害が出た岩手県岩泉町。前日の嵐がうそのように晴れた31日、上空から見た川は、普段の2~3倍に幅が広がっていた。

 9人の遺体が見つかった岩泉町乙茂の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」。平屋建ての施設の壁には数十本の流木や土砂が押し寄せ、水が引いた後も無残に残っていた。上流に架かる橋と道路をつなぐ部分は破壊されて川に落ち、山際を走る道路は削られ寸断していた。

 グループホームと同じ敷地にある老人介護施設「ふれんどりー岩泉」の屋上に、数人の警察官が見えた。そばを通る道路は土砂で埋まり、町の中心部に向かおうとする車が立ち往生。役場などがある中心部は比較的被害が少なく、自衛隊のヘリコプターやドクターヘリが学校のグラウンドに降りていた。

 小本川は複雑に曲がりくねり、直角や「つ」の字のような形になった場所は特に浸水被害が大きい。川岸を越えた大量の水は田畑などを直線的に横断し、もとの流れと合流していた。


岩手の死者11人に=台風で川氾濫、2人不明
時事通信 8月31日(水)19時4分配信

38
台風10号で浸水被害を受け、9人の遺体が見つかった高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左下)。

岩手県内の死者は計11人になった=31日午後、岩手県岩泉町(時事通信チャーター機より)
 台風10号による大雨の影響で浸水被害が起きた岩手県岩泉町では31日、高齢者グループホーム「楽ん楽ん」で9人の遺体が見つかった。

 町内では氾濫した小本川の川岸でも高齢男性の遺体が発見され、同県久慈市で死亡した女性と合わせ、県内の死者は計11人になった。県によると、岩泉町では他に2人が行方不明になっている。

 県などによると、グループホームは木造平屋建てで、定員は9人。南側を流れる小本川が氾濫し浸水した。31日午前8時50分ごろ、「楽ん楽んの利用者の安否が確認できない」と岩泉町から県に連絡があった。県警の機動隊員が同10時ごろ、9人の遺体を発見した。

 同じ敷地にある老人介護施設「ふれんどりー岩泉」も2階まで浸水。31日午前0時ごろ、入所者と職員が3階に避難していると県に連絡があった。入所者らはヘリコプターで救助され、午後6時すぎまでに県内の病院などに運ばれた。

 このほか、岩泉町の穴沢地区で2人が行方不明になっている。同町には他にも、90代女性の家族から「安否が分からない。家が流されたようだ」との情報が寄せられた。

 岩手県では住宅の浸水や道路の冠水などが相次ぎ、岩泉町など8市町村で31日正午現在、計約700人が孤立。東日本大震災の被災者が暮らす仮設住宅も被害を受け、大槌町では小槌川の氾濫などで24世帯が床上浸水した。宮古市の仮設住宅では、停電による断水の被害が出た。


北海道・岩手大雨 両陛下、被災知事に見舞いお伝えに
産経新聞 8月31日(水)18時36分配信

 天皇、皇后両陛下は31日、台風10号の暴風雨の影響で、死傷者が出るなどの被害を受けた岩手県の達増拓也知事と北海道の高橋はるみ知事に、河相周夫侍従長を通じ、被害への見舞いと災害対策に従事する関係者へのねぎらいのお気持ちを伝えられた。宮内庁が同日発表した。


<台風10号>岩手でさらに2人不明
毎日新聞 8月31日(水)18時15分配信

37
入所者が犠牲になった高齢者施設(中央奥)。折り重なった流木が残る=岩手県岩泉町で2016年8月31日午前11時40分、本社機「希望」から丸山博撮影

 岩手県は31日、台風10号に伴う洪水で、同県岩泉町穴沢地区で新たに2人が行方不明になっていることを明らかにした。県内では、同町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で入所者とみられる高齢者9人が死亡したほか、町内の別の場所で男性1人、同町に隣接する久慈市で女性1人の死亡が確認されている。


北海道・岩手大雨 塩崎恭久厚労相、9人死亡で「避難できなかった原因検証」
産経新聞 8月31日(水)18時2分配信

 台風10号の暴風雨により北海道と岩手県で浸水などの被害が出ていることを受け、厚生労働省は31日、災害対策本部を設置して情報収集に当たった。

 岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」で9人の死亡が確認されたことについて、塩崎恭久厚労相は「事前に避難できなかった原因を検証して、今後の対策を取らないといけない」と述べた。現地に職員を派遣し、県と協力して情報収集に努めるという。

 厚労省に入った情報によると、北海道と岩手県の10市町村で計約1500戸が断水。また、福祉施設や障害者施設から床上浸水の報告があったという。「楽ん楽ん」を除き、けが人などの情報は入っていない。


両陛下、台風被害にお見舞い=岩手、北海道の知事に
時事通信 8月31日(水)17時20分配信

 天皇、皇后両陛下は31日、岩手県の達増拓也知事と北海道の高橋はるみ知事に対し、台風10号による大雨災害の被害についてのお見舞いと、災害対策に従事している関係者へのねぎらいの気持ちを、侍従長を通じて伝えられた。


車の上に避難、4人で励まし合う…台風10号
読売新聞 8月31日(水)15時35分配信

36
取り残された人を救助する消防ヘリ(31日午前9時45分、北海道南富良野町で、読売チャーターヘリから)

 観測史上初となる3個の台風の直撃を受けた北海道は、台風10号の接近により、さらに大きな被害に見舞われた。

 南富良野町では濁流が堤防を突き破って市街地に流れ込み、家屋や車が次々に流された。仕事で訪れていた北海道小樽市の会社員の男性(39)は30日夜、同僚と乗っていた車が川からあふれた水で動かなくなり、下車して別の車の上に避難。すでに乗っていた夫婦2人と、4人で励まし合いながら救助を待ったという。

 31日午前9時頃、消防ヘリに救助され、町内の避難所に身を寄せた。「真っ暗で周りは見えないし、車も不安定で不安だった」と疲れ切った様子で語った。

 橋が崩落して、車が転落、1人が行方不明となっている大樹町のヌビナイ川は、泥色の濁流が渦巻き、橋げたには幾重にも流木が絡まっていた。崩落した部分は、岸から数メートル。地元の消防や警察官が車の捜索にあたり、近くには救急車も待機していた。消防隊員の一人は「近くに沈んでいるのか、下流に流されたのか分からない」と焦りの色を見せていた。


川岸に遺体、死者11人に=岩手
時事通信 8月31日(水)13時3分配信

 消防によると、岩手県岩泉町の小本川の川岸で31日、男性の遺体が見つかった。

 台風10号に伴う大雨で、県内の死者は11人になった。


<台風10号>政府一体で被災者の救命・救助対策実施へ
毎日新聞 8月31日(水)12時50分配信

35
救助者を乗せて飛び立つ自衛隊のヘリコプター=岩手県岩泉町で2016年8月31日午後0時18分、宮武祐希撮影

 ◇安倍首相が3点指示 岩手県に政府調査団を派遣へ

 台風10号の被害拡大を受け、安倍晋三首相は31日午前、早急な被害状況の把握▽地方自治体と緊密に連携し、政府一体となった被災者の救命・救助など災害応急対策の実施▽大雨や河川、浸水の状況などの適時的確な情報提供--の3点を指示した。

 首相指示を受けて政府は、関係省庁局長級会議を開催し、対応を協議した。また、同日中に内閣府の情報先遣チームが岩手県と北海道に入り、被害状況の把握に当たるほか、被害の集中した岩手県には政府調査団を派遣する予定。【高本耕太】

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2144 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・5 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/64137243

この記事へのトラックバック一覧です: 台風10号で豪雨 岩手県・北海道で川が氾濫、11人死亡・2:

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2144 | トップページ | イタリア中部でM6.2の地震 死者多数・5 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30