« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2136 | トップページ | 元横綱千代の富士の九重親方が死去・2 »

2016年7月31日 (日)

元横綱千代の富士の九重親方が死去

「ウルフ」の愛称で国民的な人気を集めた大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が死去したことが31日、東京都内の病院で死去した。61歳だった。昨年9月に、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたことを明らかにしていた。

北海道福島町出身。元横綱千代の山が師匠の九重部屋に入門し、1970年秋場所で初土俵を踏んだ。74年九州場所で新十両、翌年秋場所で新入幕を果たした。
引き締まった筋肉質の体に精悍(せいかん)な顔立ち。卓越したスピード相撲に加え、当意即妙のコメントも人気に拍車をかけ、「ウルフフィーバー」を巻き起こした。81年年名古屋場所で2度目の優勝を遂げ、場所後に58人目の横綱に昇進した。
86年夏場所から5場所連続優勝。88年夏場所7日目からは、双葉山の69連勝に次いで昭和以降で2番目の長さとなる53連勝(当時、2010年に白鵬が63連勝)をマークした。89年には相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した。91年夏場所3日目の取組後に現役引退を表明した。
優勝回数は白鵬の37、大鵬の32に続く歴代3位。通算1045勝(437敗159休)は魁皇に次ぐ2位、幕内807勝は3位。横綱在位59場所は、北の湖の63場所に次ぐ2位の記録を残した。

親方としては九重部屋を継承し、大関千代大海(現佐ノ山親方)らを育てた。日本相撲協会では審判、巡業、事業などの各部長を歴任した。

リンク:元千代の富士さん死去 次女・秋元梢の芸能界デビュー応援 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<千代の富士死去>努力、稽古の大横綱…当意即妙、名言数々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士死去 愛弟子・元大関千代大海ショック隠せず 「まさかという思い。血は繋がっていなくても父親」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<千代の富士死去>小よく大を制す体現…眼光鋭く「ウルフ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千代の富士「一つ一つ」で53連勝/復刻連載4 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千代の富士が「最もすてきなお父さん」/復刻連載3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千代の富士「コンチキショー」脱臼克服/復刻連載2 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千代の富士、猛攻の半生 北の湖倒す/復刻連載1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士死去 部屋の近隣住民も悲しみ「訃報に足震えた」「気さくな方だった」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:九重親方無言の帰宅、佐ノ山親方や力士ら迎え入れる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:王会長「一時代を築いた心に残る横綱」九重親方悼む - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北の湖、千代の富士…相次いで旅立った名横綱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元千代の富士の九重親方が死去 61歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱・千代の富士死去…「ウルフ」優勝31回 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士死去 “ウルフ”の愛称で国民的な人気、時代を彩った角界のスター - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元千代の富士の九重親方死去 昨年11月には北の湖前理事長も62歳で… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元千代の富士の九重親方が死去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:個性伸ばしたカリスマ=九重親方「俺が手本だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:土俵入りも「革新的」=九重親方死去 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:急逝の九重親方、膵臓がん手術からの生還を笑顔で話していたが… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士の九重親方が死去、61歳 史上3位の優勝31度  - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:笑顔の九重親方 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千代の富士に国民栄誉賞 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:九重親方が死去=「ウルフ」千代の富士―61歳・大相撲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<訃報>元横綱・千代の富士、九重親方が死去 61歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元千代の富士、九重親方死去 次女のモデル秋元梢は直前に誕生日ツイート - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:初優勝を果たした千代の富士 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千代の富士の土俵入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:九重親方が死去=「ウルフ」千代の富士―61歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元千代の富士の九重親方が死去…61歳、膵臓がんで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳 国民栄誉賞も受賞 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳 昨年すい臓がん手術 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元横綱千代の富士の九重親方が死去 がん転移で闘病 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

元千代の富士さん死去 次女・秋元梢の芸能界デビュー応援
デイリースポーツ 7月31日(日)22時40分配信

850
亡くなった元横綱千代の富士の九重親方(左)と次女・秋元梢

 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方が31日、亡くなった。61歳。昨年6月に膵臓癌の手術を受け、7月下旬に退院。同9月の秋場所に復帰したが、激やせした姿に心配の声もあがっていた。2女1男に恵まれ、次女・秋元梢はエキゾチックな美貌のモデルとして活躍している。外出の際は、手をつないで歩くほど仲良しで、梢が芸能界デビューを決意した際は、「やりたいことをやれ」と背中を押した。12年にはハンバーガーチェーンのイベントに父子仲良く登場し、親方は娘の成長に目を細めていた。

 【以下、09年6月24日のデイリースポーツ紙面より】

 大相撲第58代横綱、千代の富士(現九重親方)の次女、秋元梢(21)が23日、都内で行われた米ドラマのイベントにモデルとして出演し、芸能界デビューを果たした。100人を超える報道陣を前に、黒のワンピース姿でランウェイを歩いた秋元は、まぶしいばかりのフラッシュに動じることなく、父譲り、“横綱級”の度胸を見せつけた。

 ▼目標大きく「父超え」宣言 日本の国技を支えた名横綱の娘が、芸能界という“土俵”に足を踏み出した。

 史上最多の通算勝ち星1045勝、史上2位の通算31回の幕内最高優勝を誇る千代の富士が、1988年5月場所に優勝した際の記念撮影で、優勝杯とともに腕の中に大事に抱えていたあの赤ちゃんが、時を経てモデルデビューを飾った。

 秋元の“初土俵”は、テレビ東京系で7月15日から放送されることが決まった米人気ドラマ「THE HILLS」(水曜深夜0・43)の制作発表でのファッションショー。黒のLAファッションに身を包んで登場すると、印象的な真っすぐで長い黒髪、そしてウルフと呼ばれた父譲りの眼光鋭い“目力”でカメラマンの視線をくぎ付けにした。

 大手芸能事務所「レプロ」と今年1月に関係者の紹介をきっかけに契約。同事務所は、東洋系の美しさを称する「アジアンビューティー」としての素材にほれ込み、契約を済ませたが、秋元は当時、父親が国民栄誉賞をも受賞した昭和の大横綱であることを知らせず、自身の実力でデビュー切符をつかんだ。

 夢の舞台に立った秋元は笑顔で「始まる前はすごく緊張しましたが、歩いてみたらまったく緊張しませんでした」と大物ぶりをみせ、「父の存在を抜かすようにがんばりたい」と“横綱級”の目標を掲げた。父には今年に入って芸能界への夢を相談。「やりたいことをやれ」と応援されたという。

 同ドラマのナビゲーターを務める事務所の先輩、マリエ(22)が「(元横綱の)あんな大きな体からこんなきゃしゃな体が生まれるなんて」と感心?すると、秋元は「お父さんが産んでないので」と笑顔でツッコむ余裕もみせた。今後はモデルを中心に幅広い芸能活動を目指す。

 88年5月場所の写真を携帯の待ち受け画面にしているという秋元。ちなみに理想の男性は「お父さんに勝てる人」というからハードルはとてつもなく高い。

 ◆秋元 梢(あきもと・こずえ) 1987年7月27日、東京都墨田区出身。21歳。身長164センチ、3サイズはB80、W60、H88。血液型A。母・久美子さん、長女(26)、長男(23)の5人家族。趣味はショッピング。現在は神奈川県内の私立大学に通う4年生。個性的な前髪は1週間に1度、自分でカットしているという。

 ▼父も後押し「一生懸命やりなさい」

 九重親方(元横綱千代の富士)「(芸能界デビューは)よかったのではないでしょうか。大学生の残り(生活)はありますが、(娘が)『自分の好きなことをやりたい』と言ってきたので、『やるなら一生懸命やりなさい』と言いました」

 ▼秋元家はこんな家族「お父さんとは手をつないで歩く」

 姉、兄とともにいまも都内の実家で暮らし、今月初めには家族で台湾に旅行した(梢だけは直前に都合がつかず断念)ほどの仲良し家族。実は「お父さんと出かけると、手をつないで歩く」(梢)と明かす。巡業などで1年の半分を地方で過ごす父。それだけに一緒に過ごせる時間を大切に、とクリスマスや誕生日など家族でのイベントは欠かさないという。


<千代の富士死去>努力、稽古の大横綱…当意即妙、名言数々
毎日新聞 7月31日(日)21時54分配信

849
貴闘力との一番に敗れ引退を決意することになった横綱千代の富士(左)と貴花田(右)=両国国技館で1991年5月14日撮影
 ◇評伝

 いま東京都下水道局の処理場になっている台東区蔵前にあった蔵前国技館時代の1981年初場所。関脇・千代の富士が初日から14連勝して迎えた千秋楽、1敗で追う横綱・北の湖との直接対決は負けたが、優勝決定戦では右の上手出し投げで初優勝を果たした。

 この取組の視聴率は52%超。優勝が決まった瞬間最高は65%超に上り、現在でも大相撲中継の最高記録として大相撲史に残る取組になっている。場所後に大関昇進、3場所後には横綱になり、千代の富士時代の幕開けになった場所だった。

 肩の脱臼癖というハンディがありながら努力した。平幕の時、苦手にしていた琴風(尾車親方)を出稽古(でげいこ)で克服。左の上手を浅くとって攻める型は琴風との稽古から会得したものだった。小指を入れてからまわしをひきつけて相手の動きを止め速攻相撲に持ち込んだ。尾車親方は「今でいうところのストーカーだな。どの部屋に行っても横綱がいるんだから。でもあのおかげで私も強くさせてもらった」と稽古を振り返っている。

 かつて力士は寡黙の代名詞。「見ての通り」など話すのはいい方で、取組後は一言も話さない力士も少なくなかった。そんな中、千代の富士は当意即妙。現役時代も速攻相撲同様、質問にはきっちり答えた。それもユーモアたっぷりの受け答えが売り物だった。

 横綱になっての名言は「頂上であって同時に崖っぷちなんだよ」。横綱昇進した時の約束は「やめるときはすっぱり潔く土俵を去ること」。その通りに「体力の限界、気力もなくなり、引退」と涙したのが91年夏場所だった。

 読書や数独というクイズを楽しむ、従来にはないタイプの親方だった。しかし部屋を継承し九重親方になり、北の富士の九重親方は陣幕親方として協会の仕事に専念したが、陣幕親方と対立した。あつれきの代償は大きく、部屋の親方たちはこぞって8歳下の弟弟子の元横綱・北勝海の八角親方についていった。2008年に理事になり、その後はナンバー2の事業部長を務め、どんぶり勘定的な業者とのなれ合いなどを排し、改革に努めた。

 しかし長い慣行でもあったから反発も強かった。一緒に酒を飲む機会があったという先輩横綱は「親方に稽古をつけてもらったおかげで横綱になれました」という神妙な語り口に、「ずいぶん丸くなったなと感心して尻がむずかゆくなった」と言っていたが、支持者は少なく、理事への復帰はかなわなかった。

 部屋の呼び出しが「体重は100キロを切ったけど毎晩こうやってますよ」と酒を飲む仕草で元気な様子を語ってくれたのが、今年の夏場所中だった。13年に大鵬の納谷幸喜さん、昨年は北の湖前理事長、そして千代の富士の九重親方。4年の間に大横綱だった3人が亡くなった。角界はまた大きな存在を失った。【東京相撲記者倶楽部会友・武藤久】


元横綱千代の富士死去 愛弟子・元大関千代大海ショック隠せず 「まさかという思い。血は繋がっていなくても父親」
産経新聞 7月31日(日)21時49分配信

848
九重親方から優勝旗を受ける千代大海=1999年1月24日(写真:産経新聞)

 元横綱千代の富士の九重親方の訃報を受け、まな弟子の佐ノ山親方(元大関千代大海、本名・須藤龍二さん)が31日夜、東京都墨田区の九重部屋前で報道陣の取材に応じ、「父親だと思っていた。訃報を力に変えて部屋をもり立てていきたい」と話した。

 佐ノ山親方は「治ると信じていたので、突然の死去はまさかという思い」とショックを隠しきれない様子。この日、容体の急変を受け病院に駆けつけ、手を握りながら声を掛けたが、反応はなかったという。

 佐ノ山親方によると、九重親方は7月24日に千秋楽を迎えた名古屋場所にも帯同し、若手を指導していた。しかし途中で体調が悪化し帰京。最後に話したのも若手力士らの指導方法についてだったという。

 「師匠のことは血は繋がっていなくても、父親だと思っていた。遺体の手を握り、『お世話になりました』と伝えました」

 また、記憶に残っている師匠の言葉として「初めて会ったとき、(当時は不良でリーゼントだった)自分の髪形を見て、『すごい髪形だな』といわれたこと」と苦笑いし、「親方の死を力に変えて、みんなで部屋をもり立てていきたい」と決意を語った。


<千代の富士死去>小よく大を制す体現…眼光鋭く「ウルフ」
毎日新聞 7月31日(日)21時43分配信

847
「大相撲春場所」花ノ国を破り、史上初の通算1000勝を達成した横綱・千代の富士=大阪府立体育会館で1990年3月17日、小座野容斉撮影

 昭和の大横綱が、また一人、逝ってしまった。幕内優勝31回を誇り、大相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した元横綱・千代の富士、九重親方の秋元貢さんが31日、膵臓(すいぞう)がんのため61歳で亡くなった。全盛期でも体重130キロに満たない体によろいのような筋肉を作り上げ、小さい体で巨体の力士をねじ伏せるように土俵の真ん中で投げ転がす。大型化し、力任せの相撲が目立つ中「小よく大を制す」という相撲の醍醐味(だいごみ)を存分に披露し、大相撲人気を頂点に引き上げた大功労者だった。【上鵜瀬浄】

 「飛行機に乗せてあげる。ご飯もおなかいっぱい食べられるよ」という、当時の九重親方(元横綱千代の山)の誘い文句で中学3年生の1970年秋場所、北海道福島町から東京に転校して入門した。「やせて目ばかりがギョロギョロして、オオカミそのもの」と、付けられたあだ名は「ウルフ」。入門から4年後に新十両、そこから1年足らずで新入幕を果たした。

 100キロに満たない細い体で、相手を力任せに投げで振り回す、向こう気の強さだけをたのみにしていた。幕内下位の頃は、土俵上で相手との長いにらみ合いが幕内前半戦の名物に。しばしば審判部からお叱りを受けたが、78年名古屋場所で小結に昇進した。

 だが強引な取り口では2桁勝利できず、肩の脱臼もあって十両落ち。逆境の中、先々代死去後に師匠になった先代九重親方(元横綱・北の富士)の指導で上半身を筋肉で固め、立ち合いの踏み込みから左で前まわしを取って引きつける正攻法を身につけ、快進撃が始まる。

 十両落ちした79年夏場所は途中から出場して9勝し幕内復帰。そこから1年後の80年秋場所は3回目の小結で、初の2桁勝利になる10勝。翌場所新関脇で11勝。その次の81年初場所は初日から14連勝し、千秋楽に北の湖に本割で敗れたものの、決定戦を制して初優勝。たった1回のチャンスをものにして大関に昇進した。この取組の視聴率は52%超。大相撲がテレビで放送されて60年あまりになるが、いまだに破られない最高視聴率だ。

 大関も3場所で通過し、横綱昇進。横綱在位59場所、ほぼ10年、角界を先導した。大関までの2回を合わせて幕内優勝31回は白鵬、大鵬に次ぐ成績。現理事長で弟弟子の北勝海との同部屋優勝決定戦の優勝(89年名古屋場所)もあり、53連勝(88年夏~九州場所)、通算1045勝を記録した。一方で度重なるけがで休場が相次ぎ、優勝しながら千秋楽に休場したことも。賜杯と写真に納まった愛娘が突然死するなど苦闘もあった。現役最後の場所は91年夏場所だった。後に優勝22回を数えた貴乃花(当時は貴花田)に初日に敗れ「三重丸、いや五重丸」とたたえて、2日後に引退した。

 立ち合いで、相手をまともに受けるため、右の顎(あご)がへこみ、親方になってからは片足を引きずりながら歩いていた。審判部で出を待つ間は歴史小説などの読書を欠かさない努力家で、弟子の指導も交換ノートやビデオを用いる「理論派」大関千代大海(現佐ノ山親方)をはじめ、現在も6人の関取を擁する部屋に発展させた。現役としても指導者としても、お手本を示した。

 ◇千代の富士(ちよのふじ)

 58代横綱。本名・秋元貢。北海道福島町出身。15歳で元横綱・千代の山が師匠の九重部屋(当時)に入門。1970年秋場所初土俵、74年九州場所新十両、75年秋場所新入幕。関脇だった81年初場所で初優勝して大関に昇進。81年名古屋場所後には横綱となった。優勝31回は白鵬(37回)、大鵬(32回)に続く歴代3位。88年には53連勝し、89年には角界初の国民栄誉賞を受賞。91年夏場所に引退。年寄「陣幕」を経て、92年には年寄「九重」を襲名して部屋を継承、大関・千代大海(現在の佐ノ山親方)らを育てた。2008年には理事に初当選。広報、事業など各部長を歴任したが、14年の理事選では落選した。


千代の富士「一つ一つ」で53連勝/復刻連載4
日刊スポーツ 7月31日(日)21時23分配信

846
91年5月、貴花田に敗れる千代の富士

<この道 500人の証言:1995年7月28日付日刊スポーツ>

 1981年(昭56)横綱昇進直後の夏巡業で、左足首じん帯を損傷した。完治しないまま秋場所に臨み、2日目に同じ個所を痛めて休場した。新横綱の休場は吉葉山以来。「不祥事」と騒がれたが、続く九州場所で優勝した。

【写真】秋元梢、父九重親方に花嫁姿を見せられず

 証言 元横綱千代の富士の九重親方 「マスコミで厳しく書かれたのが結果的に良かったと思う。何クソ、と思った。横綱の威厳を守るためには勝つこと、勝つためには自分の相撲の確立しかない。目先の目標を一つ一つクリアすることだと肝に銘じた。部屋を強くするのも目標だった」。

 証言 付け人を務めたこともある八角親方(元横綱北勝海) 「私が幕下に上がる前、巡業先などで私の体が汚れていないと、横綱は兄弟子をしかった。朝4時に起きて5時に土俵へ行き、一つの土俵で先を争ってけいこした。当時一番土俵を取ったのは栃司、益荒雄、琴ケ梅、寺尾だった」。

 85年(昭60)秋場所から、九重部屋が10連覇した。千代の富士は3連覇と5連覇、北勝海が2回優勝した。今度は「北勝海には負けられない」。

 証言 元横綱若乃花、当時の二子山理事長の花田勝治氏(67=現相撲博物館館長) 「大記録は、大目標から生まれやしない。一日1番、勝つことを積み重ねて、記録が後からついてくるんだ」。

 「貴と対戦するまでは辞められない」の新たな誓いを立てたのは、3度目の全休を余儀なくされた88年(昭63)春場所だった。藤島部屋の若花田、貴花田がこの時初土俵を踏んだ。角界の新風を、挑むべき逆風とした。夏場所は6日目に琴ケ梅に敗れただけで優勝、53連勝を開始した。

 2場所連続全勝の後、九州場所14日目に横綱旭富士をつり出して53連勝を達成、千秋楽で大乃国と対戦した。

 証言 陣幕親方(元横綱北の富士、当時九重親方) 「場所中は69連勝もいける、おまえは強いぞと盛り上げた。今でも負けが信じられない。先に上手を取られたが、途中で頭をつけるいつものモールの形になった。いけると思ったよ。そこがスキだったな」。

 寄り切られて双葉山の69連勝突破の夢は消えたが、同年秋場所に全勝優勝した後、角界初の国民栄誉賞の受賞が決まった。

 91年(平3)夏場所初日だった。貴花田との初対決で寄り切られた。土俵下でふっと笑った。「対戦するまでは」の誓いを思い出したのだろうか。3日目に貴闘力に敗れて引退、ティッシュで涙をふいた。

 証言 同じ高砂一門の元大関の朝潮(39=現若松親方) 「北の湖さんは大きい体だけで威圧感があった。千代の富士関の場合は体が小さい分、目が威圧になった。あの目つきは最後まで鋭かった」。

 一代年寄が贈られたが、「部屋を自分の代で終わらせたくない」と、九重部屋継承を決意。93年8月に墨田区石原に部屋を新築した。親方4年目で名古屋場所には念願の関取第1号の千代大海(19=大分生まれ)が誕生した。96年には千代の山、千代の富士をたたえる横綱記念館の建設が故郷の福島町で始まる。

 証言 千代大海 「親方は正月とお盆には必ず実家へ帰してくれます。家族は大切にしろ、が口癖です。2年前からは年間の成績優秀者、上位10人に海外旅行をプレゼントしてくれてます」。

 弟子数35人は角界NO・3の大所帯だ。今も弟子たちに、「身近な目標を、一つ一つ」と教えている。【特別取材班】

 ◆取材後記 千代の富士は横綱をカッコ良く見せることにこだわった。横綱土俵入りのときに前につけるごへい(綱の前に垂れているもの)を5本つけるのにも角度にうるさかった。付け人を務めたことのある元横綱北勝海(32=現八角親方)は「1センチでも左に傾いていたら、やり直しをさせられました。つけるのに30分ほどかかったこともあります」と言う。

 土俵入りでは足も高く上げた。土俵一点を見つめ、肩の高さから塩をまいた。土俵上ではにらみも利かせた。「あのにらみにひるむ力士もいたはずだよ」と、若松親方(39=元大関朝潮)も言う。動きは毎日、全く変わらなかった。

 しかし強い横綱も幼少時代は弱虫だった。姉の小笠原佐登子さん(42=北海道福島町在住)が言う。「背はクラスでいつも頭一つは出て大きいのに、石をぶつけられても全然向かっていかなかった。代わりに私が悪ガキを追いかけまわしたほどです」。石をぶつけられる姿は今では全く想像がつかない。

※記録や表記は当時のもの


千代の富士が「最もすてきなお父さん」/復刻連載3
日刊スポーツ 7月31日(日)21時23分配信

845
82年5月、婚約を発表する千代の富士と進藤久美子さん

<この道 500人の証言:1995年7月27日付日刊スポーツ>

 1989年(平元)、千代の富士は「最もすてきなお父さん」を選定する「89年度イエローリボン賞」を受賞した。

家族思いの横綱だった。

 83年(昭58)7月、久美子夫人(35)との間に長女優ちゃんが誕生した。地方巡業へ出ると、2カ月前後は家を留守にする。「自分の顔を忘れられないように」と、自分の写真の大きなパネルを作らせ、指さして「これがパパ」と教え込んだ。

 証言 元横綱千代の富士の九重親方 「子供が生まれた時は、一家のあるじという自覚から頑張るぞという気持ちになった。そういう気持ちにさせてくれた。お礼の意味からも、優勝したら子供を抱いて、賜杯と一緒に写真を撮りたいと思っていた」。

 84年(昭59)九州場所で10回目の優勝を決めた時、まず優ちゃんと写真を撮った。2場所前には左肩の9回目の脱きゅうで全休、前場所は215キロの小錦が旋風を巻き起こして、自分は10勝5敗に終わった。29歳で、限界説も出た矢先の優勝だった。

 証言 千代の富士の姉小笠原佐登子さん(42=福島町在住) 「子供と写真を撮るためにと、頑張ったみたいです。“長女だけ賜杯と一緒の写真があって、ほかの子のがなかったらかわいそうだ”と、言ったこともあります。子供には自然がいいんだと、毎年夏は福島町によこすんです」。

 30歳になると、秋場所から3連覇した。87年(昭62)九州には剛君(9)、88年(昭63)夏には梢ちゃん(8)と一緒に写真を撮った。

 年号が平成にかわった89年2月に三女愛ちゃんが生まれた。直後、33歳3カ月で迎えた春場所は、14日目に大乃国戦で左肩11回目の脱きゅう。14勝1敗で優勝したが、テーピングも痛々しく、表彰式に出るのもやっとだった。

 証言 九重親方 「あの時はなぜか無性に愛と一緒に写真を撮りたくなった。東京の女房(久美子夫人)に電話したら、まだ1カ月と1週間、首も据わってないから無理と言われた。それでも来いと呼んだんだ。愛を抱き、賜杯を左に置いて、写真を撮った。長女の優が“今度優勝したら家族全員で撮ろうね”と言ったのが、今も耳に残る」。

 「撮ろうね」は、夢に散った。6月12日、愛ちゃんは乳幼児突然死症候群で短い生を終えた。葬儀から2週間で名古屋場所だった。体重が4キロ減り、北勝海とのけいこでも簡単に腰から落ちた。首から数珠をかけて場所入りした。「そうすれば、愛が見守ってくれる気がしたんだ」。

 奇跡は起きた。12勝3敗で北勝海と並び、史上初の同部屋横綱同士の優勝決定戦となった。上手投げで、28回目の優勝だった。

 証言 元横綱北勝海の八角親方 「初めて本場所で対決して、まわし取られた時、けいこ場よりはるかに力が強いのに気付いた。腰を振ったが、まわしを切れなかった。これではたくさん優勝するはずだと、変に感心した瞬間に投げられた」。

 優勝決定戦の通算成績は6戦6勝だった。

 証言 父秋元松夫さん 「なぜ息子だけにあんなにも試練を与えるのかと、恨みましたよ。けれど試練を受けたからこそ、それを乗り越えたからこそ、あそこまでいった」。

 子供と一緒に撮った優勝賜杯の写真パネル4枚は、福島町の実家と千代の富士の部屋それぞれに、大切に飾られている。愛ちゃんは、星の世界からそれを見守る。【特別取材班】

 ◆場所制度 東西にあった相撲協会が1927年(昭2)に合併、東京2場所のほかに関西場所として大阪、京都、名古屋などで年2場所の本場所を行うことにした。その後は年2場所を原則としてきたが、途中敗戦前後の混乱により44年には3場所、46年に1場所ということもあったが49年からは場所数が増えた。52年9月まで春、夏、秋の3場所(秋は大阪)、53年からは56年までは4場所(初、春、夏、秋、春は大阪)、57年は5場所(初、春、夏、秋、九州)。58年から年6場所制が実施された。奇数月に本場所は開催され、1、5、9月が東京、3、7、11月が大阪、名古屋、九州と地方で開催されている。

※記録や表記は当時のもの


千代の富士「コンチキショー」脱臼克服/復刻連載2
日刊スポーツ 7月31日(日)21時23分配信

844
1989年の春場所、27度目の優勝を決めた千代の富士は左肩を脱臼(写真は1989年3月25日)

<この道 500人の証言:1995年7月26日付日刊スポーツ>

 角界入りは、「飛行機に乗って東京へ行こう」という当時の九重親方(元横綱千代の山、77年=昭52没)の一言で決めた。

 証言 岡本寿一氏(69=岡本医院医院長) 「70年(昭45)8月、夏巡業中の九重親方に紹介したんです。水泳では中学2年で平泳ぎで校内新記録、陸上でも道南大会の三段跳びで中学新記録。本人は高校で水泳か陸上の選手になるつもりでしたが、親方が飛行機に乗らないかと言ったとたん、目が輝き出しました」。

 証言 元千代の富士の九重親方 「当時飛行機に乗れるのは町長ぐらいだった。中学卒業まで取りあえず相撲をするという約束だったので、帰ってから友達に自慢してやろうと思ってた。汽車と言われたら、人生は異なったはず」。

 大秋元の名前で秋場所デビュー、翌年初場所には千代の山の「千代」と、北の富士の「富士」をとって千代の富士とシコ名がついた。場所後、約束の中学卒業が近づいたからと、勝手に荷物を実家に送り返した。

 証言 九重部屋の当時のおかみさん、杉村光恵さん(62) 「親方が、高校なら東京でも行けると、やっと納得させました。千代の富士はいちずなんです。言い出したらきかない性格はその後、いろいろなところで飛び出しました」。

 71年(昭46)、明大中野高へ進学したが、名古屋場所(西序二段5枚目)で初めて3勝4敗と負け越した。8月、福島巡業で入門後初めて里帰りした。真っ黒の浴衣と歯の欠けたげたで帰った。

 証言 九重親方 「母が博多帯とげたを買ってくると言った。着るものも履くものもみんな番付で決まっている、勝手には買えないと言うと、母が寂しそうな顔をした。その顔を見て、次は必ずせったと博多帯(三段目以上)を締めて帰ってこようと決心した」。

 高校はその夏で辞めた。癖になった左肩の脱きゅうと戦いながら、24場所で74年(昭49)九州で新十両入り、翌年秋に新入幕を果たした。

 証言 金井整形外科、金井宏医院長(67) 「脱きゅうするたびに来ていた。待合室で小さい体をすぼめて座っていたが、“コンチキショー、コンチキショー”ってつぶやいてました」。

 73年(昭48)春場所以来、左肩脱きゅうは10回に及んだ。79年春場所、逆の右肩を脱きゅうした。それが転機となった。手術をすれば3週間はギプスが取れない。関節周囲の筋肉で、「脱きゅうしない肉体」に改造すると決めた。四日市中央病院でリハビリを続け、腕立て伏せ一日500回をノルマにした。

 証言 杉村光恵さん 「出入りの業者が驚いていました。千代の富士の部屋の畳は3週間に1回取り替えましたが、すり切れた畳には手の跡がくっきり付いていたそうです。いちずさが、脱きゅうも克服したんです」。

 証言 二子山親方(45=元大関貴ノ花) 「平幕のころ(79年=昭54京都巡業中)たばこをやめたら大きくなれるとアドバイスした。私はたばこはやめられなかったが、素質のある男だけに、伸びてほしかった」。

 たばこをぴたりとやめると100キロそこそこの体重が、翌年夏場所で小結に返り咲いた時は110キロに。相手を振り回すような取り口から、肩に負担がかからないよう、左前ミツを取って一気にダッシュする相撲に変えた。

自分の型ができた。【特別取材班】

 ◆北海道-東京間の航空便 北海道の空の玄関口・千歳空港は1926年(大15)10月、小樽新聞社(現北海道新聞社)の北海1号機(三菱式R2・2型)が地元民造成の平たん地に着陸したのに始まる。

 その後32年に旧海軍航空隊基地となり、第2次世界大戦の終戦とともにアメリカ軍が接収、50年アメリカ軍航空隊基地となる。51年10月、わが国の民間航空が再開されると同時に日本航空が千歳-羽田間に一日1往復の運航を始めた。現在は一日に日本航空が13、全日空が13、日本エアシステムが8往復(合計34往復)。函館空港は58年に第2種空港に政令指定された。61年4月から全日空が東京-仙台-三沢-函館-札幌間一日1往復、71年11月に滑走路が延長され、同月東京-函館間にB727機が就航、現在は8往復。そのほか北海道で東京直行便のある空港は旭川、女満別、中標津、釧路、帯広、稚内。

※記録や表記は当時のもの


千代の富士、猛攻の半生 北の湖倒す/復刻連載1
日刊スポーツ 7月31日(日)21時23分配信

843
1981年初場所、優勝決定戦で北の湖を破り、初優勝を決めた関脇・千代の富士(写真は1981年1月25日)

<この道 500人の証言:1995年7月25日付日刊スポーツ>

 オオカミのような、ぎらついた目で、相手をにらみつけた。ウルフ、と呼ばれた。千代の富士(現九重親方)は目で倒した。目で、ファンの心をつかんだ。連日ギャルが部屋へ押し掛け、フィーバーを起こした。1981年(昭56)初優勝時の体重116キロは、幕内で2番目の軽さだったが、全身を筋肉と闘志で固めた千代の富士が、次々に巨漢力士を倒すシーンは、日本人の心を熱くした。前人未到の通算1045勝。国民栄誉賞を受けた猛攻の半生を、4回連載します。

 憎らしいほど、北の湖は強かった。それを倒すやつが現れた。

 証言 陣幕親方(53=当時の九重親方、元横綱北の富士) 「小さいものが大きいものを倒すのが相撲のだいご味、スカッとさせた。日露戦争で日本がロシアに勝って大喜びしたように、日本人は判官びいき。千代の富士はそれを土俵で実践したんだ」。

 1981年(昭56)初場所千秋楽。千代の富士は14勝1敗同士で、横綱北の湖に挑んだ。相手は優勝20回、体重も50キロ上の166キロ、対戦成績は1勝8敗だった。しかし時代の入れ替わりのドラマはこの時起きた。優勝決定戦で千代の富士が右上手を引き、頭も付けて上手出し投げを放つと、北の湖はヒザから崩れた。前に出るようにしての強い投げだった。

 証言 北の湖親方 「まわしを引き付けられて、体が浮いた。後はたたきつけられるように右ヒザから落ちたと思う。完敗だった」。

 瞬間視聴率65・3%。それまで最高の貴ノ花-北の湖戦(75年秋場所千秋楽)の45・7%を上回った。江戸川区春江町の部屋前では3万人が優勝パレードを待った。

 証言 3階の窓から紙吹雪をまいた、当時三段目の元横綱北勝海(32=現八角親方) 「人波で、車は部屋の手前200メートルで動けなくなり、千代の富士関は車から降りて歩いた。足袋は真っ黒、紋付きのヒモは引きちぎられる、着物のそでは破れる。ボロボロになって帰ってきた」。

 大関昇進、フィーバーが始まった。連日30人以上のギャルが部屋に押し掛け「結婚して」「友達になって」のファンレターは一日約20通。小中学生のファンも多かった。

 証言 立呼び出しの飯田寛吉さん(64) 「呼び出している私を、千代の富士関は土俵下からいつもにらんだ。力士ににらまれたのは初めてで、私もにらみ返しましたが、引退後本人から、にらまれて気合が入ったと言われ、うれしかった。にらみ合って、互いに励まし合ったんです」。

 CMの依頼も殺到した。

 証言 CM交渉の窓口となった広告代理店・文化企画西山哲太郎代表取締役(57) 「当時は力士のCMに特別な規制がなく、申し込みの43社から全国的な商品、力士のイメージを崩さない企業をと、厳選しました。けいこもあるし、5社が限度。契約金は一社1500万円でした」。

 故郷の北海道福島町は、当時工事中の青函トンネルの北海道側出口。人口1万1000人(現在は7700人)の町にも、旋風は襲った。

 証言 父秋元松夫氏(70) 「一番多い時は32社、メシも食べずに取材され続けました。オラは漁師なので午後7時半には寝るが、真夜中に起こされたことも。田舎者で、マスコミが怖かった。レースのカーテンをして居留守を使ったこともありました」。

 修学旅行のルートになり、観光客が勝手に玄関の前でバンザイした。バレンタインデーには段ボールに6箱分のチョコが送られてきた。

 証言 西山氏 「前年に長嶋茂雄が巨人の監督を辞任、世界の王も現役を引退した。相撲界を引っ張った貴ノ花も、あの初場所6日目に引退し、国民的ヒーローの座が空いていた。そこに千代の富士が現れた。巡り合わせだった」。

 この年、千代の富士は夏場所13勝2敗(準優勝)名古屋場所14勝1敗(優勝)で一気に横綱まで駆け上がった。【特別取材班】

※記録や表記は当時のもの


元横綱千代の富士死去 部屋の近隣住民も悲しみ「訃報に足震えた」「気さくな方だった」
産経新聞 7月31日(日)21時17分配信

842
無言の帰宅をした元横綱千代の富士の九重親方=東京都墨田区の九重部屋(撮影・荒木孝雄)(写真:産経新聞)

 元横綱千代の富士の九重親方の訃報を受けた31日夜、東京都墨田区の九重部屋前には角界関係者や近隣住民、報道陣らが集まり、昭和の大横綱の人柄や偉大な足跡をしのんだ。

 部屋近くで工務店を営み、地元町内会の会長を務める高林芳和さん(65)は同日夕、部屋のマネジャーから「おやじが亡くなった」と連絡を受けたという。「聞いたときは足が震えた。病状が良くないとは知っていたが…」と絶句。「気さくな親方で、よく『飲みに行こう』と声を掛けてくれた。部屋も地域密着型で、祭りなどで子供にお菓子、大人にはお酒を振る舞ってくれていた。夏休みには子供向けに部屋見学会もしてくれ、稽古(けいこ)体験やちゃんこを食べさせてくれていた。とにかく残念だ」と肩を落とした。

 九重親方の遺体を載せた車は同日午後8時すぎ、部屋に到着。浴衣姿の力士やスーツ姿の部屋関係者らが白い布にくるまれた遺体を丁寧に部屋に運び入れた。地域住民らは手を合わせながらその様子を見守った。

 地元住民でつくり、部屋に米や化粧まわしなどの差し入れをしてきた「九重部屋を囲む会」会長、山口紀代二(きよじ)さん(75)は「親方も女将さんも優しい方で、会えばいつも丁寧にお礼を言ってくれた」。山口さんは両国国技館で昨年行われた親方の還暦土俵入りも見たといい、「引退のきっかけとなった貴花田(後の横綱貴乃花)との相撲が一番思い出深い。北の湖さんや魁傑さんなど、角界の訃報が相次いでおり寂しい」としんみりと話した。


九重親方無言の帰宅、佐ノ山親方や力士ら迎え入れる
日刊スポーツ 7月31日(日)21時2分配信

841
九重親方の遺体が無言で部屋に到着。力士らに迎えられる。手前右は佐ノ山親方

 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が31日、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の病院で死去した。61歳だった。

 九重親方の遺体は午後8時すぎに、病院から東京・墨田区の九重部屋におかみさんらが同乗する車で戻った。部屋では、部屋付きの佐ノ山親方(元大関千代大海)や力士らが、師匠の無言の帰宅を迎え入れた。


王会長「一時代を築いた心に残る横綱」九重親方悼む
日刊スポーツ 7月31日(日)21時2分配信

840
野球殿堂入りを果たし祝福に訪れた千代の富士(右)と握手をかわす王貞治氏(写真は1994年11月)

 ソフトバンク王貞治球団会長(76)が九重親方の訃報に接し、追悼の意を表した。

 「九重親方の訃報に接し、大変残念でなりません。土俵での圧倒的な強さで、31回の優勝など数々の記録を打ち立て、相撲界を大いに沸かせてくれました。一時代を築いた心に残る横綱でした。謹んでご冥福をお祈りします」


北の湖、千代の富士…相次いで旅立った名横綱
デイリースポーツ 7月31日(日)20時44分配信

839
佐ノ山親方(中)らに付き添われて部屋に入る九重親方の遺体=東京都墨田区の九重部屋

 大相撲の第58代横綱千代の富士の九重親方=本名・秋元貢=が、都内の病院で死去したことが31日、分かった。61歳だった。九重親方は昨年6月に早期のすい臓がんの手術を受け、1カ月ほど入院していた。昨年は第55代横綱の北の湖理事長が死去。歴史に大きな足跡を残した大横綱が、相次いで天国に旅立った。

 九重親方は現役時代、「ウルフ」の愛称で親しまれ、120キロ台と小兵ながら豪快な上手投げで巨漢力士を投げ飛ばすなど、絶大な人気を誇った。1981年名古屋場所の千秋楽で横綱北の湖を破って2度目の優勝を果たし、第58代横綱に昇進した。91年夏場所限りで現役を引退するまで、史上3位の幕内優勝31回、史上2位の通算1045勝。88年夏場所7日目から同年九州場所14日目まで、昭和以降では歴代3位となる53連勝の記録も残した。

 昨年11月20日、直腸がんによる多臓器不全のため62歳で死去した北の湖理事長は、優勝24回を誇った。74年7月に史上最年少の21歳2カ月で第55代横綱に昇進し、85年初初場所で引退するまで、幕内24回優勝を果たした。横綱在位63場所は史上1位。横綱として挙げた670勝は、今年の春場所で白鵬に抜かれるまで、史上最多だった。

 土俵に生きた2人の名横綱。ともに60代前半の、あまりに早すぎる死だった。


元千代の富士の九重親方が死去 61歳
オリコン 7月31日(日)20時31分配信

838
元横綱千代の富士の九重親方 (C)ORICON NewS inc.

 元横綱・千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が亡くなったことが31日、わかった。61歳だった。昨年9月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたことを明らかにしていた。

 北海道出身。1970年秋場所で初土俵を踏み、74年九州場所で新十両、翌年秋場所で新入幕を果たした。史上3位の優勝31度を誇り、昭和から平成にかけて一時代を築き、81年名古屋場所後に第58代横綱に昇進。国民栄誉賞など数々の栄光を手にし、現役引退後は九重部屋を継承。事業部長など日本相撲協会の要職を歴任していた。


元横綱・千代の富士死去…「ウルフ」優勝31回
読売新聞 7月31日(日)20時13分配信

837
赤い綱を締めて還暦祝いの横綱土俵入りを披露する九重親方(両国国技館で、2015年5月31日撮影)

 大相撲で歴代3位の31度の幕内優勝を誇り、「小さな大横綱」と呼ばれた第58代横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢(みつぐ))が31日午後5時11分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去した。61歳だった。

 告別式は7日正午、東京都墨田区石原4の22の4九重部屋。喪主は、妻の久美子さん。

 九重親方は昨年9月、がんを患っていることを公表。治療を続ける一方、九重部屋での弟子の指導や、相撲協会での監察委員の業務をこなしていた。7月の名古屋場所にも姿を見せていたが、途中から体調を崩して休場し、帰京していた。

 北海道福島町生まれ。1970年秋場所で初土俵を踏み、75年秋場所で新入幕を果たした。110キロそこそこと軽量ながら、速攻相撲と抜群の運動神経で頭角を現し、関脇時代の81年初場所、北の湖との優勝決定戦を制して初優勝を遂げ、場所後に大関昇進を果たした。

 精悍(せいかん)な顔立ちから、「ウルフ」のニックネームで呼ばれ、大相撲は空前の「ウルフフィーバー」に沸いた。


元横綱千代の富士死去 “ウルフ”の愛称で国民的な人気、時代を彩った角界のスター
産経新聞 7月31日(日)20時1分配信

833
2015年5月31日、会見で笑顔を見せる九重親方=両国国技館(撮影・山田俊介)(写真:産経新聞)

 “ウルフ”の愛称で国民的な人気を集めた元横綱千代の富士の九重親方が死去。昭和後半から平成の初めにかけて国技を支え、時代を彩った角界のスターが逝った。

 昭和45年に入門した頃は体重70キロほど。当時の新弟子検査の体格基準を何とか満たした程度だ。関取になっても130キロに満たない細身の体。しかも肩に脱臼癖があった。

 不安を解消するために重ねたのが相撲の稽古に加え、徹底的な筋力トレーニングだ。「弱い箇所があれば、周りを強くして補強すればいいんだ」と鉄アレイを持ち上げ、てっぽう柱には左右の肩を代わる代わる何度もぶつけた。1日2千回腕立て伏せをしたこともあったという。

 黒い締め込みがよく映えるトレードマークの筋骨隆々の体は努力のたまものだった。だから、現役力士に送る視線は常に厳しく、取組の分析を尋ねると「稽古が足りないだけだ」と一言で片付けられることがたびたびあった。

 土俵の勝利を強い気持ちで求められた背景には家族の存在があった。「子供ができたときにはミルク代を稼がなきゃと思ったものだよ」と語っていた。いまではおなじみの光景となっているが、優勝力士が支度部屋で賜杯を抱き、夫人や子供と記念撮影するようになったのは、千代の富士からとされている。

 まだ生後間もない三女が突然死した直後の平成元年名古屋場所。左肩のケガで休場明け。肉体、精神の両面で危機に立たされていたが、数珠を胸に場所入りし、千秋楽は北勝海との史上初の同部屋の横綱同士による優勝決定戦に持ち込む。神がかり的に勝負を制し、まな娘の供養をした。

 平成3年夏場所初日。初対戦だった新鋭の貴花田(のちの横綱貴乃花)に敗れた。新たな世代の波にのまれるように、2日後に引退表明。あと一度賜杯を抱けば、当時最多優勝記録だった大鵬の32回に肩を並べていたが、のちに「その1回がほど遠いんだ」と語っていた。

 横綱に昇進したばかりの頃、師匠の九重親方(元横綱北の富士)から「辞めるときは、すぱっと辞めようぜ」と説かれた最高位に立つ者としての引き際の美学を忠実に守った。

 引退後は九重部屋を継承し、師匠の立場となった。還暦を超えてもなおオーラがあった。上がり座敷にただ座っているだけで、稽古場の雰囲気は張り詰める。弟子を怒鳴りつけることもあったが、ただ厳しいだけではなかった。

 本場所中。関取衆とは積極的にメールでやりとりしていた。絵文字を入れて「良い相撲だったね」と送信することも。殊勲の星を挙げた力士には師匠自ら賞金を出したり、関取全員が勝った日には食事に連れて行ったり。

 千代大海を大関へ育て、現役では千代大龍や千代鳳、千代丸ら、たたき上げから大卒力士までタイプの異なる多くの関取を育て挙げた。飴と鞭を使い分けた指導法には定評があった。

 平成26年の理事候補選で落選した後は、表舞台に出ることは少なかったが、その存在感は最後まで色あせることがなかった。(藤原翔)


元千代の富士の九重親方死去 昨年11月には北の湖前理事長も62歳で…
デイリースポーツ 7月31日(日)19時58分配信

836
佐ノ山親方(中)らに付き添われて部屋に入る九重親方の遺体=東京都墨田区の九重部屋

 「ウルフ」の愛称で圧倒的な人気を誇り、国民栄誉賞を受賞した元千代の富士の九重親方が亡くなったことが31日、分かった。61歳。昨年6月に膵臓(すいぞう)がんが見つかり、摘出手術を受けていた。

 最近は抗がん剤治療を行わず、放射線治療に取り組んでいると報じられたばかりだった。

 千代の富士時代の1981年初場所で横綱・北の湖を優勝決定戦で破り、初優勝を果たした。89年には国民栄誉賞に輝いた。「ウルフフィーバー」を巻き起こし、91年に引退するまでに31回の優勝を誇った。

 昨年11月には日本相撲協会の北の湖前理事長が直腸がんによる多臓器不全で62歳で亡くなったばかり。「昭和の大横綱」がまた、旅立った。


元千代の富士の九重親方が死去
デイリースポーツ 7月31日(日)19時57分配信

829
亡くなった元横綱千代の富士の九重親方

 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方=本名・秋元貢=が、都内の病院で死去したことが31日、分かった。61歳。北海道出身。

 九重親方は昨年6月に早期のすい臓がんの手術を受け、1カ月ほど入院していた。同年9月に手術を公表した際には「大丈夫だよ。健康体だ」と張りのある声で話していた。

 その後も治療を続けていたが、今年6月には、菩提寺である東京・望湖山玉林寺で熊本地震の募金活動を行い、ちゃんこを振る舞うなど、元気な様子を見せていた。

 また、今年7月に入って、抗がん剤治療を行わず、放射線治療に取り組んでいることが一部で報じられていた。

 九重親方は現役時代に「ウルフ」の愛称で親しまれ、120キロ台と小兵ながら豪快な上手投げで巨漢力士を投げ飛ばすなど、絶大な人気を誇った。史上3位となる31回の優勝を記録し、1989年には角界で初めてとなる国民栄誉賞を受賞した。


個性伸ばしたカリスマ=九重親方「俺が手本だ」
時事通信 7月31日(日)19時56分配信

 横綱千代の富士として数々の金字塔を打ち立てた九重親方は、師匠としても輝かしい実績を残した。大関千代大海(現佐ノ山親方)を筆頭に、千代大龍、千代鳳ら計13人の関取を育成。「大横綱」と並び称された大鵬、北の湖を上回る手腕を発揮した。

 荒れた少年時代を過ごしていた佐ノ山親方は、金髪にそり込みという風貌で入門を申し込んだ。そんな姿を見た九重親方は「その頭を何とかしてこい」と一喝。心を入れ替えて弟子入りし、稽古に励み番付を上げながら心酔していった。「横綱を極めた人。誰が見ても、カリスマ性がある。言っていることは間違いがないから、みんながついてくる」
 柔道、空手で鳴らし、格闘技のセンスにあふれていた千代大海には、激しい突き押しを仕込んだ。千代大龍は立ち合いの当たりで相手をはじき、攻め込むのが持ち味。だから稽古場でまわしを引くと、厳しく叱った。千代大龍は「個々が力が発揮できるよう、自分のいい形を徹底させる。四股などの基本についてもうるさく注意された」という。

 九重親方は、「ウルフ」の愛称で絶大な人気を誇り、相撲界では初めて国民栄誉賞を受賞。その指導を佐ノ山親方はこう振り返った。「俺が見本だ、強くなったらこうなるぞと言って、弟子の意欲をかき立たせた。自分で考えさせ、時にはかみ砕いて話し、理解させてくれた」
 暴れん坊だった自分自身を、名大関と呼ばれる力士に育ててくれた感謝を忘れたことはない。技だけでなく、心を鍛えるのが師匠の根本方針だった。


土俵入りも「革新的」=九重親方死去
時事通信 7月31日(日)19時53分配信

 故九重親方の現役時代は、横綱土俵入りも「革新的」だった。色白のあんこ型力士が真っすぐにゆったりとせり上がるのが、伝統的な土俵入りのイメージ。前傾姿勢が激しい千代の富士のせり上がりは当初、好角家に不評だったが、やがて相撲っぷりにマッチした、独特のスタイルになっていった。

 四股で足があれほどきれいに上がる横綱土俵入りも、これから先、見られないだろう。

 2015年5月の還暦土俵入りには、ジムで鍛えた体で登場。綱に垂らす紙垂(しで)も綱と同じ赤にして、個性とこだわりを見せた。


急逝の九重親方、膵臓がん手術からの生還を笑顔で話していたが…
スポーツ報知 7月31日(日)19時49分配信

835
最後の横綱土俵入りで、雲竜型を披露する横綱・千代の富士(1991年5月14日撮影)

 史上3位の優勝31回を誇り、国民栄誉賞も受賞した元横綱・千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が亡くなったことが31日、分かった。61歳だった。

 九重親方は昨年7月の名古屋場所を、内臓疾患を理由に全休。体調面が心配される中、同年9月13日に東京・両国国技館で無気力相撲の有無をチェックする監察委員としての職務に復帰し、膵臓(すいぞう)がんを患っていることを公表した。同年7月下旬まで1か月間ほど入院し、手術を受けたことも明かした。

 膵臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病に侵されても症状に出づらいと言われる。当時の親方の説明によると早期発見だったようで「大丈夫だよ。健康体だ」と張りのある声で説明。体重は入院前より約13キロ減ったが「おかげさまで仕事もできるようになりました」と笑顔で話していたが、それから1年を待たずに、悲報となった。

 ◇膵臓がん 自覚症状がほとんどなく、初期での発見が困難なのが特徴。有効な治療法は腫瘍部の切除だが、膵臓の周囲には血管やリンパ節が多く存在するため全身への転移も早い。


元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳
東スポWeb 7月31日(日)19時48分配信

834
九重親方

 大相撲の第58代横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が死去したことが31日、わかった。61歳だった。昨年、膵臓がんの手術を受けていた。

 1955年、北海道松前郡福島町に生まれた九重親方は、70年秋場所で初土俵。75年秋場所で新入幕を果たし、81年秋場所から横綱昇進。通算1045勝、優勝回数31回を誇り、89年には国民栄誉賞を授与された。

 91年夏場所限りで引退し、年寄陣幕を襲名。92年4月に九重を襲名し九重部屋の師匠となった。

 昨年5月末ごろに体調を崩し、7月の夏場所を休場。膵臓がんの手術を受けていたことを9月に明らかにした。


元横綱千代の富士の九重親方が死去、61歳 史上3位の優勝31度 
産経新聞 7月31日(日)19時44分配信

833
2015年5月31日、会見で笑顔を見せる九重親方=両国国技館(撮影・山田俊介)(写真:産経新聞)

 大相撲の第58代横綱千代の富士として史上3位の優勝31度を誇った九重親方=本名・秋元貢=が31日、死去した。61歳。北海道出身。

 昭和45年秋場所で初土俵を踏み、49年九州場所で十両へ昇進し、50年秋場所で新入幕を果たした。56年初場所には関脇の地位で初優勝し、大関昇進。同年名古屋場所後に横綱の地位に就いた。

 軽量ながら鍛え上げられた肉体で、右前まわしを引きつけての速攻や豪快な上手投げを得意とした。精悍な風貌から「ウルフ」の愛称で親しまれ、角界初の国民栄誉賞を受賞した。

 平成3年夏場所限りで引退。横綱在位は北の湖に次ぎ史上2位の59場所だった。通算勝ち星1045勝は歴代2位。

 4年に九重部屋を継承し、大関千代大海や小結千代鳳ら多くの関取を育てた。20年初場所後に日本相撲協会の理事となり、協会ナンバー2の事業部長に就きながらも26年の理事候補選では落選した。

 27年5月には60歳を前に歴代横綱10人目の還暦土俵入りを披露したが、同年9月に早期の膵臓がんで手術を受けていたことを公表。今年1月の理事候補選は、支持票の不足から土壇場で出馬を断念した。


笑顔の九重親方
時事通信 7月31日(日)19時44分配信

832
還暦の土俵入りを終え、記者会見で笑顔を見せる九重親方(元横綱千代の富士)=2015年5月31日、東京・両国国技館


千代の富士に国民栄誉賞
時事通信 7月31日(日)19時44分配信

831
海部俊樹首相(右)から国民栄誉賞を贈られた横綱千代の富士(中央)。左は久美子夫人=1989年9月29日、首相官邸


九重親方が死去=「ウルフ」千代の富士―61歳・大相撲
時事通信 7月31日(日)19時41分配信

 大相撲で31度の優勝を遂げ、「ウルフ」の愛称で国民的な人気を集めた元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日午後5時11分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の病院で死去した。61歳だった。昨年9月に、がんの手術を受けたことを明らかにしていた。葬儀は7日正午から東京都墨田区石原4の22の4の九重部屋で。喪主は妻久美子(くみこ)さん。

 北海道福島町出身。元横綱千代の山が師匠の九重部屋に入門し、1970年秋場所で初土俵を踏んだ。74年九州場所で新十両、翌年秋場所で新入幕を果たした。

 新入幕時で100キロそこそこの軽量ながら、中学時代は陸上競技でも活躍した身体能力を生かして出世。しかし、強引な投げに頼る取り口が災いし、肩を脱臼するなど低迷した時期もあった。筋力強化を図りながら、相撲を前まわしを引いて出るスタイルに改めてけがを克服。81年初場所、優勝決定戦で北の湖を破って初優勝を果たし、大関昇進を決めた。

 引き締まった筋肉質の体に精悍(せいかん)な顔立ち。卓越したスピード相撲に加え、当意即妙のコメントも人気に拍車をかけ、「ウルフフィーバー」を巻き起こした。81年名古屋場所で2度目の優勝を遂げ、場所後に58人目の横綱に昇進した。

 北の湖の引退後、30代に入って絶頂期を迎え、86年夏場所から5場所連続優勝。88年夏場所7日目からは、双葉山の69連勝に次いで昭和以降で当時2番目の長さとなる53連勝をマークした。九州場所は特に強く、81年から8連覇。89年には相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した。91年夏場所、初日に貴花田(のち横綱貴乃花)に金星を与えると、3日目の取組後に現役引退を表明した。

 優勝回数は白鵬の37、大鵬の32に続く歴代3位。通算1045勝(437敗159休)は魁皇に次ぐ2位、幕内807勝は3位。横綱在位59場所は、北の湖の63場所に次ぐ2位の記録を残した。

 親方としては九重部屋を継承し、大関千代大海(現佐ノ山親方)らを育てた。日本相撲協会では審判、巡業、事業などの各部長を歴任した。


<訃報>元横綱・千代の富士、九重親方が死去 61歳
毎日新聞 7月31日(日)19時40分配信

830
九重親方=2015年5月、小川昌宏撮影

 ◇優勝31回、国民栄誉賞

 大相撲の第58代横綱で歴代3位の優勝31回を果たし、角界初の国民栄誉賞も受賞した「昭和の大横綱」、千代の富士の九重親方(ここのえおやかた、本名・秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日、膵臓(すいぞう)がんのため入院先の東京都内の病院で亡くなった。61歳。通夜は6日午後6時、葬儀は7日正午、東京都墨田区石原4の22の4の九重部屋。喪主は妻久美子(くみこ)さん。

 北海道福島町出身。15歳で元横綱・千代の山が師匠の九重部屋に入門し、1970年9月の秋場所で初土俵を踏んだ。体重の軽い小兵ながら、抜群の運動神経を生かして出世し、74年九州場所で新十両、75年秋場所で新入幕を果たした。

 度重なる左肩の脱臼などけがに悩まされながら、筋力を鍛えてライバルたちに立ち向かい、関脇だった81年初場所で横綱・北の湖を優勝決定戦で破り、初優勝を果たした。翌春場所で大関に、81年名古屋場所後に横綱に昇進した。

 鋭い視線と筋肉で固めた細身の体、土俵上で大きい力士を投げる姿から「ウルフ」という愛称が付けられ、優勝回数を重ねるだけでなく連勝記録も作った。88年九州場所では大鵬の45連勝を抜き14日目まで53連勝、双葉山の69連勝に迫った。だが同場所千秋楽で、大乃国との横綱対決で敗れてストップ。当時としては双葉山に次ぐ昭和以降2位の記録になった。また大乃国との一番は、翌89年1月の昭和天皇ご逝去により「昭和最後の一番」になった。

 89年には角界初の国民栄誉賞を受賞した。90年九州場所では31回目の優勝を果たすなど、人気、実力とも高い横綱として君臨した。

 しかし、91年夏場所初日に、後に横綱になった貴乃花(当時は貴花田)に敗れたことをきっかけに、3日目の貴闘力戦で敗れた夜、記者会見を行い、「体力の限界。気力もなくなり引退することになりました」と現役引退を表明。通算勝利数1045勝、幕内勝利数807勝は引退当時1位、幕内優勝31回は大鵬に次ぐ当時2位の記録だった。

 引退後は年寄「陣幕」として後進の指導に当たり、92年には年寄「九重」を襲名して部屋を継承し、元大関・千代大海(現佐ノ山親方)をはじめ、多くの力士を育てた。協会内では理事として広報部長、審判部長、巡業部長や事実上のナンバー2とされる事業部長を歴任したが、2014年の理事選では落選し、16年は立候補しなかった。

 15年5月31日には還暦土俵入りを行い、露払いに日馬富士、太刀持ちに白鵬の、現役の両横綱を従えた。約1カ月半後の7月の名古屋場所では内臓疾患を理由に全休。復帰した翌秋場所では、自ら膵臓がんだったことを公表し、職務に復帰。土俵上の無気力相撲などを監視する監察委員を務めていた。【村社拓信】


元千代の富士、九重親方死去 次女のモデル秋元梢は直前に誕生日ツイート
デイリースポーツ 7月31日(日)19時38分配信

829
亡くなった元横綱千代の富士の九重親方

 大相撲の元横綱・千代の富士の九重親方が亡くなったことが31日、分かった。61歳。昨年6月に早期の膵臓(すいぞう)がんの手術を受け、同7月下旬まで入院していた。同9月の秋場所に復帰した時には、やせた姿に心配する声も上がっていた。

 今月に入り、抗がん剤治療を行わず、放射線治療に取り組んでいることが一部で報じられていた。

 次女でモデルの秋元梢(29)は今月27日に29歳の誕生日を迎えたばかり。31日昼ごろには、ラジオ番組スタッフが、ケーキで誕生日を祝ってくれたことを嬉しそうにツイッターで報告したばかりだった。

 秋元は今月19日、都内でイベントに登場。すい臓がんで闘病中と報じられていた父について、報道陣から問いかけられたが、無言だった。


初優勝を果たした千代の富士
時事通信 7月31日(日)19時27分配信

828
昭和56年の大相撲初場所で初優勝を果たし、賜杯を手にする関脇千代の富士(中央)=東京・蔵前国技館


千代の富士の土俵入り
時事通信 7月31日(日)19時27分配信

827
横綱千代の富士(右手前)の土俵入り=1983年撮影、東京・蔵前国技館


九重親方が死去=「ウルフ」千代の富士―61歳
時事通信 7月31日(日)19時26分配信

826
大相撲で31度の優勝を遂げ、「ウルフ」の愛称で国民的な人気を集めた元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が死去したことが31日、分かった。61歳だった。

 大相撲で31度の優勝を遂げ、「ウルフ」の愛称で国民的な人気を集めた元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が死去したことが31日、分かった。

 61歳だった。昨年9月に、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたことを明らかにしていた。

 北海道福島町出身。元横綱千代の山が師匠の九重部屋に入門し、1970年秋場所で初土俵を踏んだ。74年九州場所で新十両、翌年秋場所で新入幕を果たした。

 新入幕時で100キロそこそこの軽量ながら、中学時代は陸上競技でも活躍した身体能力を生かして出世。しかし、強引な投げに頼る取り口が災いし、肩を脱臼するなど低迷した時期もあった。筋力強化を図りながら、相撲を前まわしを引いて出るスタイルに改めてけがを克服。81年初場所、優勝決定戦で北の湖を破って初優勝を果たし、大関昇進を決めた。

 引き締まった筋肉質の体に精悍(せいかん)な顔立ち。卓越したスピード相撲に加え、当意即妙のコメントも人気に拍車をかけ、「ウルフフィーバー」を巻き起こした。81年年名古屋場所で2度目の優勝を遂げ、場所後に58人目の横綱に昇進した。

 北の湖の引退後、30代に入って絶頂期を迎え、86年夏場所から5場所連続優勝。88年夏場所7日目からは、双葉山の69連勝に次いで昭和以降で2番目の長さとなる53連勝(当時、2010年に白鵬が63連勝)をマークした。九州場所は特に強く、81年から8連覇。89年には相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した。91年夏場所、初日に貴花田(のち横綱貴乃花)に金星を与えると、3日目の取組後に現役引退を表明した。

 優勝回数は白鵬の37、大鵬の32に続く歴代3位。通算1045勝(437敗159休)は魁皇に次ぐ2位、幕内807勝は3位。横綱在位59場所は、北の湖の63場所に次ぐ2位の記録を残した。

 親方としては九重部屋を継承し、大関千代大海(現佐ノ山親方)らを育てた。日本相撲協会では審判、巡業、事業などの各部長を歴任した。


元千代の富士の九重親方が死去…61歳、膵臓がんで
スポーツ報知 7月31日(日)19時21分配信

825
九重親方

 史上3位の優勝31回を誇る元横綱・千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が亡くなったことが31日、分かった。61歳だった。昨年7月に、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていた。

 現役時代に「ウルフ」の愛称で親しまれた九重親方は、89年に角界初の国民栄誉賞も受賞するなど人気を博した。

 ◆九重 貢(ここのえ・みつぐ)本名・秋元貢。1955年6月1日、北海道・福島町生まれ。70年秋、初土俵。81年秋に横綱昇進。通算1045勝。優勝31回。91年夏場所に引退し、年寄・陣幕襲名。92年に九重部屋を継承した。家族は夫人と1男2女。


元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳 国民栄誉賞も受賞
サンケイスポーツ 7月31日(日)19時19分配信

824
元横綱千代の富士の九重親方=2015年5月31日、両国国技館(撮影・山田俊介)(写真:サンケイスポーツ)

 現役時代に“ウルフ”と呼ばれ、優勝31回を記録した昭和の大横綱・千代の富士(現九重親方)の秋元貢(あきもと・みつぐ)さんが死去していたことが31日、分かった。61歳だった。

 千代の富士は、通算1045勝、国民栄誉賞など数々の栄光を手にし、現役引退後は九重部屋を継承。事業部長など日本相撲協会の要職を歴任していた。


元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳 昨年すい臓がん手術
スポニチアネックス 7月31日(日)19時8分配信

823
元横綱千代の富士の九重親方

 「小さな大横綱」と称された元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日、東京都内で死去した。九重部屋関係者が明らかにした。61歳。北海道福島町出身。

 昨年9月、早期の膵臓(すいぞう)がん手術を受けていたことを明かしていた。内臓疾患を理由に7月の名古屋場所を休場。6月中旬から下旬にかけての時期に手術を受けたとみられ、約1カ月の入院治療の後、7月下旬に退院したという。

 史上3位の優勝31度を誇り、昭和から平成にかけて一時代を築いた。初土俵は1970年秋場所。81年名古屋場所後に第58代横綱に昇進した。精悍な顔つきと筋肉質の体から「ウルフ」の愛称で呼ばれ「ウルフフィーバー」を巻き起こした。

 通算1045勝、昭和以降3位の53連勝など数々の記録を残した。89年には角界初の国民栄誉賞に輝いた。

 91年夏場所限りで現役を引退した後、92年4月から九重部屋を継承。大関千代大海らを育て、2008年に初めて日本相撲協会理事となり、以降は事業部長や審判部長などを務めた。


元横綱千代の富士の九重親方が死去 がん転移で闘病
日刊スポーツ 7月31日(日)18時45分配信

822
九重親方(第58代横綱・千代の富士)(写真は2014年9月1日)

 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が31日、東京都内の病院で死去した。61歳だった。

 同親方は2015年名古屋場所を全休し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けた。その後は職務に復帰していたが、最近はがんの転移が見つかったとされ、闘病を続けていた。

 九重親方の略歴は以下の通り。

 ◆九重貢(ここのえ・みつぐ)元横綱千代の富士。本名は秋元貢。1955年(昭30)6月1日、北海道松前郡福島町生まれ。70年秋場所初土俵。75年秋新入幕。81年秋から横綱に。通算1045勝。優勝31回。三賞7度。金星3個。89年には国民栄誉賞に輝いた。91年夏場所限りで引退後、年寄陣幕襲名。92年4月に九重を襲名し部屋の師匠に。08年2月に理事初当選。広報部長、審判部長、巡業部長などを経て、12年2月から事業部長。15年名古屋場所を休場し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていた。家族は夫人と1男2女。現役時代は183センチ、127キロ。

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2136 | トップページ | 元横綱千代の富士の九重親方が死去・2 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

人物・伝記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63993916

この記事へのトラックバック一覧です: 元横綱千代の富士の九重親方が死去:

« 東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2136 | トップページ | 元横綱千代の富士の九重親方が死去・2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31