« フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、80人以上が死亡・2 | トップページ | フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、84人が死亡・4 »

2016年7月15日 (金)

フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、84人が死亡・3

フランス南部のニースで、14日午後11時半(日本時間15日午前6時半)すぎ、大型トラック1台がフランス独立記念日の花火を見物していた群衆に高速で突っ込み、少なくとも84人が死亡、約100人が負傷した。実行犯の運転手は1人とみられ、その場で警察に射殺された。実行犯の身元は不明。
フランス治安当局は運転手が意図的なテロ攻撃を図ったとみて、テロ対策部門を中心に捜査に乗り出した。

この日はフランス革命記念日の祝日にあたり、各地で花火やコンサートなどのイベントが開かれていた。ニースでも犯行現場の海岸付近には、市民や観光客が集まっていた。

地元メディアは、トラックの中から銃器と手榴弾が発見されたと報道。犯人が群衆に向かって発砲したとの目撃情報もある。仏南部アビニョンにいたオランド大統領は、対策会議のため急遽、パリに向かった。

マルセイユの日本総領事館によると、現時点で日本人が事件に巻き込まれたとの情報はない。

フランスでは昨年11月、パリで劇場や飲食店などが襲撃される同時多発テロが発生。約130人が死亡した。テロ対策のため全土で非常事態を宣言していたオランド大統領が14日、非常事態を今月26日に解除すると表明したばかりだった。

最初の記事
2番目の記事

リンク:<南仏テロ>突如加速、暴走2キロ 路上に多数の死傷者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<南仏テロ>84人死亡、花火客にトラック…運転手射殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「凶悪かつ卑劣」仏テロ非難…ASEM共同声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏トラックテロ 84人死亡50人重体 チュニジア国籍の男射殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<南仏テロ>日本企業、対応に追われ…業績への影響懸念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏トラック突入は「極悪非道」、プーチン露大統領が声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏のトラック突入、死者に子ども2人 重体の子どもたちも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏テロの負傷者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏・ニースで新たなテロ、旅行各社がツアー客の無事を確認、ツアー出発は通常通りも今後の状況を注視 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ニース事件、死者84人に フランス襲うテロの連鎖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースのトラック突入、死者84人に 容疑者の身元特定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏大使館を弔問=岸田外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:花火の歓声が悲鳴に=猛スピードで迫る「凶器」―仏のトラック突入テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏テロでIS対策強化=米ロ外相会談、犠牲者に献花 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏テロ受け、隅田川花火大会の警戒強化 テロ対策の精鋭「ERT」を配備 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:共にテロと戦う=独首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:対テロに全力=ロシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏とヒラリー氏、仏ニースの事件で対照的な反応 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南仏でトラックテロ 花火見物の群衆に突っ込む 銃乱射 ISとの関連捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トラックを調べる仏警官ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新たな手口、警戒追い付かず=再び標的の「ソフトターゲット」―仏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フランス:ニースのテロで84人死亡、202人負傷-過激派関連見えず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フランス、ニースのトラック突入テロで少なくとも84人死亡-欧州に衝撃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏トラックテロ 林経産相「日系企業と従業員の状況を確認中」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯はチュニジア出身=仏テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏は「大規模テロの時代」に突入? 南部ニースでトラック暴走80人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「革命記念日狙うなんて卑劣すぎる」 仏ニース・テロ80人死亡、日本でも衝撃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ根絶へ連帯=日バングラデシュ首脳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<仏ニーステロ>トラック暴走2キロ リゾート地惨劇 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<仏ニース>トラック突入テロと断定 チュニジア出身の男か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏トラック突入、死者80人 これまでに分かったこと - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<仏ニーステロ>また標的、非常事態宣言を延長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「野蛮で卑劣」と非難=国連安保理 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:猛スピードで突進、高級保養地パニック - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<南仏テロ>突如加速、暴走2キロ 路上に多数の死傷者
毎日新聞 7月15日(金)21時22分配信

934
テロが起きた現場で、子どもを失い、抱き合って悲しむ母親ら=フランス・ニースで15日、AP

 【ニース(フランス南部)賀有勇、八田浩輔】路上に横たわる犠牲者の横で家族が手を握り続けた--。フランス革命記念日の花火大会に集まった群衆に大型トラックが突入したテロから一夜明けた15日(日本時間同日夜)、地中海の保養地ニースの現場には、凶行の傷痕がくっきりと残されていた。

 陽光が照りつけるニースの湾岸道路「プロムナード・デザングレ」。規制線の内側に前の晩、道路を暴走した白い大型トラックが止まっていた。正面部分ははがれ落ち、130人以上をはねた衝撃の大きさを物語っていた。フロントガラスは警官隊による無数の弾痕が刻み込まれている。

 発生は14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ。この日は国内各地で花火が打ち上げられ、国民が革命に思いをはせる特別な日だ。近郊の自治体の中には強風のため中止にした所もあったが、観光客の多いニースでは、予定通り実施された。トラックが突入したのは、花火が終わりかけた頃だった。

 動画サイト「YouTube」に投稿された映像によると、ゆっくりと道路中央を走っていた大型トラックが突然、加速し海岸線に集まっていた人々をなぎ倒した。

 悲鳴が上がる中、トラックは時速50キロ近くまでスピードを上げ、逃げ惑う人々をはねながら2キロ弱も走った。トラックが止まると、取り囲んだ警官隊との間で銃撃戦となり、容疑者の男が射殺された。

 「あの男は大勢の人をはね、ひいた後で、私の目の前でトラックを止めた」。現場を目撃したという男性が、地元テレビに説明した。「我々は男に話しかけ、やめさせようと試みた。男はいらだっている様子だった」。周囲の男性が、トラックの下敷きになった少女を急いで引きずり出した。

 事件では84人が死亡し、約50人が負傷。ショックで約120人が手当てを受けた。救命や搬送が遅れ、多くの死傷者が路上に横たわったままだった。「ずっと地面に座り込み、冷たくなった家族の手を握っている人もいた。慰めの言葉はかけられなかった」。目撃した男性、タルビ・ワヒド・モスタさんがAFP通信に語った。

 花火見物の家族連れも多く、トラックから逃げ切れなかった子供も多かった模様だ。50人ほどの子供がはねられたとの報道もあり、ニース市長は10人程度が命を落としたと明らかにした。

 トラックが暴走した「プロムナード・デザングレ」一帯は、高級ホテルや飲食店が建ち並び、砂浜もある。ニースの中心地で、欧州各国や中東などから観光客が集まる。

 フランスでは昨年11月のパリ同時多発テロで非常事態宣言が出され、これまで国内各地で厳戒態勢が敷かれてきた。6月から1カ月間、フランスで開催されたサッカーの欧州選手権も10日に無事終了。オランド大統領が非常事態宣言の26日解除を発表したのは、事件発生の数時間前だった。


<南仏テロ>84人死亡、花火客にトラック…運転手射殺
毎日新聞 7月15日(金)21時2分配信

933
群衆に突っ込んだトラックを調べるフランスの捜査当局者=フランス・ニースで14日、AP

 【ニース(フランス南部)賀有勇、八田浩輔】フランス南部のリゾート地・ニースで14日深夜(日本時間15日早朝)、革命記念日を祝う花火大会に集まっていた群衆に大型トラックが突っ込み、約2キロにわたって暴走した。カズヌーブ内相によると、子どもを含む84人が死亡し、18人が重体となるなど多数が負傷。運転手は警察当局に射殺された。バルス首相は「テロ攻撃を受けた」と述べテロと断定した。仏メディアによると、警察当局は運転手をニース在住でチュニジア出身のモハメド・ラフエジブフレル容疑者(31)と特定。テロ組織とのつながりなど、背後関係の有無や動機の解明を急ぐ。

 革命記念日は仏国民が「自由・平等・博愛」を祝う休日。オランド大統領はテレビ演説で「故意に多数を殺傷しており、テロの性質を帯びていることを否定できない。自由の象徴の日にフランスが攻撃を受けた」と述べ、国民に連帯を呼びかけた。また、昨年11月のパリ同時多発テロを受けて出した非常事態宣言を3カ月延長し、警備要員を増員する方針を明らかにした。

 現場はニース中心部に近い地中海沿いの大通り「プロムナード・デザングレ(英国人の遊歩道)」。AFP通信などによると、花火大会が終わった直後、白色のトラックが大通りに進入し、相当なスピードでジグザグ走行をしながら人々をなぎ倒した。現場は逃げ惑う人々で大混乱に陥った。運転手の男は制止しようとした警察官らに向かってピストルを数発発砲し、銃撃戦の末に射殺された。

 休日のイベントだったため現場には家族連れの姿も目立ち、多くの子どもも巻き込まれた。地元議員によると、少なくとも10人の子どもが犠牲になった。また、米ワシントン・ポスト紙によると、50人以上が地元の子ども病院に運ばれ、数人は深刻な状態だという。

 一方、仏メディアによると、警察当局はニース東部にある男の自宅を家宅捜索した。仏BMFテレビなどによると、トラックは数日前に男が借りたものだといい、警察はトラックが事件前に止まっていた場所の防犯カメラの映像などを調べている。AFP通信によると、車内からは身分証のほかに偽物のライフル銃や爆発機能がないとみられる手投げ弾が見つかった。

 現時点では動機につながる情報は出ていない。ロイター通信は警察筋の話として、身分証の男は一般的な犯罪歴はあったが、仏情報機関の監視対象にはなっていなかったと伝えた。BMFテレビも、男は強盗や家庭内暴力などの犯歴があり警察は存在を把握していたが、テロと結びつく事実は判明していないと伝えた。

 オランド大統領は15日、大統領府で国防会議を開いた後、現地入りした。今回の事件で犯行声明は出ておらず、過激派組織「イスラム国」(IS)などとの関係は不明だが、大統領は「仏全土がイスラム過激派によるテロの脅威にさらされている」と強調。「シリアやイラクでの活動を強化する」と述べIS掃討作戦に注力する考えを示唆した。

 フランスでは昨年11月、パリ中心部と郊外で劇場や飲食店を標的とした同時多発テロが起き130人が死亡。ISが犯行声明を出した。フランスではこの事件以降、令状無しの家宅捜索などを可能にする非常事態宣言が出され、オランド大統領は14日の事件直前に月末での解除の意向を明らかにしたばかりだった。

 オバマ米大統領は14日、「テロ攻撃と見られる行為を最も強い言葉で非難する」との声明を発表。バルス首相は16日から3日間を服喪期間とすると述べた。

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、「現時点で邦人の被害は確認されていない」と語った。


「凶悪かつ卑劣」仏テロ非難…ASEM共同声明
読売新聞 7月15日(金)20時51分配信

 【ウランバートル=三好益史】アジアと欧州の計51か国などが参加するアジア欧州会議(ASEM)の首脳会議が15日、モンゴルの首都ウランバートルで、2日間の日程で開幕した。

 フランス・ニースで14日夜に起きたテロ事件を受け、首脳らは15日、「凶悪かつ卑劣なテロ攻撃を強く非難する」との共同声明を発表した。

 声明は「テロの広がりに対して共に戦う決意を再確認し、テロ攻撃の責任者を処罰する必要性を強調する」とも訴えた。首脳会議は16日、英国の欧州連合(EU)離脱問題なども議論して、議長声明を採択する。


仏トラックテロ 84人死亡50人重体 チュニジア国籍の男射殺
産経新聞 7月15日(金)20時25分配信

 【ニース=宮下日出男】フランス南部ニースで、14日深夜(日本時間15日朝)、大型トラックが革命記念日の休日を楽しむ群衆に突っ込み、観光客らを次々はね飛ばした。運転していた男はその場で警官隊に射殺された。少なくとも84人が死亡し、50人が重体。オランド仏大統領は「故意に多数を殺傷している」と述べテロとの見方を示した。

 事件はニース中心部の海岸に近い観光地で起きた。トラックは群衆に突進し、約2キロにわたり暴走。当時、現場付近では革命記念日の花火大会が開かれ、数千人が集まっていた。

 仏メディアは15日、ドイツ、米国など少なくとも6カ国の外国人計9人の死亡が確認されたと報じた。

 仏メディアによると、容疑者の名前は「モハメド・ラフエジブフレル」で、仏紙ルモンドは、ニース在住のチュニジア国籍の男(31)と報じた。トラックに銃器や手榴弾(しゅりゅうだん)が積まれていたと伝えられ、男が群衆に発砲したとの情報もある。捜査当局は男の自宅を家宅捜索。対テロ当局の監視リストの対象ではなかった。

 フランスでは昨年11月13日、パリ市内のコンサート会場などで、市民が銃撃される同時多発テロが発生し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 ◇

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で「現時点で邦人の被害は確認されていない。ニースに派遣した領事などを通じ、邦人被害の有無を確認中だ」と述べた。


<南仏テロ>日本企業、対応に追われ…業績への影響懸念
毎日新聞 7月15日(金)20時22分配信

 フランス南部ニースで14日(日本時間15日)に起きたテロを受け、同国内に生産・販売拠点を構える日本企業の多くは駐在員の安否確認などに追われた。現場は各社の拠点が集積するパリから離れたリゾート地だっただけに、駐在員らの被害は確認されていないが、欧州で相次ぐテロは現地の景気を冷やしかねず、各社が事態の推移を注視している。

 日仏間は仏ルノーが日産自動車と資本提携関係にあるなど経済交流が活発。フランス貿易投資庁によると同国に進出している日本企業は約480社で自動車関連が3割を占め、電子部品、農業・食品関連産業が続くという。

 トヨタ自動車はニースから南西約20キロに車両のデザイン開発子会社があり、従業員約40人のうち少なくとも日本人の安否は確認を終えた。仏北部には車両工場もあるが「外務省の渡航情報などに基づいて今後の対応を進める」としている。

 仏西部などに研究、営業拠点がある三菱電機は、ニースへ出張中の従業員がいないかなどを確認。これまでに被害情報はないという。同社は「観光地のニースに出張する機会は少ないと思うが、行く際は治安に注意するよう呼びかける」としている。

 一方、日産はパリ近郊に欧州の販売、生産管理統括会社を持つが、ニースから1000キロ程度離れた場所であるため通常業務を続けており、安否確認もしていないという。

 欧州で相次ぐテロは各社にとって悩みの種だ。大手自動車幹部は「英国の欧州連合(EU)離脱問題による経済混乱がようやく落ち着いてきたところのテロ。政情が安定してもらわないと企業活動に影響が出かねない」と困惑している。【竹地広憲、小川祐希、宮島寛】


仏トラック突入は「極悪非道」、プーチン露大統領が声明
AFP=時事 7月15日(金)20時7分配信

932
ロシア・モスクワのフランス大使館前で、仏南部ニースでのトラック突入事件を受け捧げられた花とメッセージ(2016年7月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は15日、フランス南部のニース(Nice)で14日に起きた、トラックが花火を見物していた人々に突入した事件について「極悪非道」な犯行だと述べた。

 プーチン大統領は、ロシア大統領府(クレムリン、Kremlin)が発表したフランソワ・オランド(Francois Hollande)仏大統領への哀悼のメッセージの中で、「貴国の国民の祝日に行われたこの犯行の残忍さと、とりわけその冷笑ぶり」に衝撃を受けたとし、「われわれは、人間道徳とテロリズムが完全に相いれないことを、再び目撃した。女性と子どもを含め、全く罪のない人々がその犠牲者になる」と述べた。

 さらにプーチン大統領は、「どこに潜伏していようとも、武装組織とその主義主張を唱える者たちを根絶するか無力化する」ことの必要性を強調し、ロシアは「テロとの戦いにおいてフランスおよびその他の国際パートナーと密接に協力する」用意があると述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


仏のトラック突入、死者に子ども2人 重体の子どもたちも
AFP=時事 7月15日(金)19時52分配信

931
仏南部ニースで、トラックが花火の見物客に突っ込んだ現場を歩く警察官(2016年7月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】フランス南部ニース(Nice)で革命記念日(Bastille Day)の花火の見物客にトラックが突っ込み、これまでに少なくとも84人が死亡した事件で、15日までに子ども少なくとも2人が死亡し、約50人が病院で治療を受けていることが分かった。病院関係者が述べた。

 病院関係者によると、現場近くの小児科病院に搬送された子ども2人が手術中に死亡した。病院では子ども約50人が治療を受けており、「生死の境をさまよっている」子どもたちもいるという。

 事件当時、現場には花火を見に大勢の家族連れが集まっていた。【翻訳編集】 AFPBB News


仏テロの負傷者
時事通信 7月15日(金)19時48分配信

930
14日、仏南部ニースで発生したテロ事件で、現場から搬送される負傷者。


仏・ニースで新たなテロ、旅行各社がツアー客の無事を確認、ツアー出発は通常通りも今後の状況を注視
トラベルボイス 7月15日(金)19時44分配信

フランス南部のニース市で2016年7月14日22時30分頃(現地時間)、フランス革命日を祝う花火の見物客の列にトラックが突入し、100人以上の死傷者が発生した。現地報道によると、バルス首相がTwitter上の発言でテロであることを断定。外務省は海外安全情報ホームページで、7月15日付で渡航者に注意喚起のスポット情報を発出した。

外務省によるとフランスではイスラム過激派組織ISILやイスラム・マグレブ諸国のアルカイーダ(AQIM)などが、フランス国内外で複数のテロ事件を計画・実行しており、テロの脅威が高いレベルのままにある。2015年11月のパリ同時多発テロ事件後に発出した緊急事態宣言は、7月26日まで延長されている。

日本人旅行者の状況だが、ジェイティービー(JTB)とKNT-CTホールディングスは現地滞在の旅行者全員の無事を確認済み。いずれも該当の花火大会の見学を目的とするツアーではなく、JTBの場合はツアーの旅程の一部でニースに滞在していたという。また、エイチ・アイ・エス(HIS)、日本旅行は現地滞在の旅行者はなかった。

また、各社とも今後のフランスツアーについては現状通り催行する方針。外務省の更新情報や現地拠点などの情報に注意を払い、状況を見ながら対応していく。日本旅行では8月にニースへのツアーを予定しているが、状況を見ながら実施を決めるという。

なお、今回の事件を受け、駐日フランス大使ティエリー・ダナ氏は、メッセージを発表。哀悼の意とともに、大統領およびフランス全当局がニース周辺をはじめ全土おいて、より一層の安全対策の強化に全力を注いでいることにも言及した。

*2016年17時現在の情報です。


ニース事件、死者84人に フランス襲うテロの連鎖
CNN.co.jp 7月15日(金)19時34分配信

(CNN) フランス南部の観光地ニースで大型トラックが人混みに突っ込み84人の死者が出た14日の事件を受け、バルス首相は16日から18日の3日間を服喪の日とすることを発表した。仏当局は事件について、革命記念日の祝日に合わせて打ち上げられた花火を見ていた群衆を狙ったテロ攻撃の可能性を示唆している。

事件当時、現場の路上には数百人の人々が繰り出していた。人混みに突っ込んだトラックは歩道上を2キロにわたって暴走。地元メディアの報道によればこれまで確認された死者数は84人に上る。

フランスではこの1年半余りで、市民を標的にした襲撃事件が相次いでいる。昨年11月13日には首都パリのコンサート会場やサッカー・スタジアムなどで同時多発テロが発生。合わせて130人以上が死亡する大惨事となった。

また2015年1月には風刺週刊紙「シャルリー・エブド」の本社が襲撃されて12人が死亡。その後の2日間でさらに警察官1人、人質4人が殺害された。同年8月にはフランスの高速鉄道車内で銃を持った男が乗客に取り押さえられる事件も起きている。

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出したパリ同時テロと異なり、今回のニースの事件では容疑者の素性は明らかとなっていない。しかし専門家は、これまでフランス国内で起きた襲撃事件について、北アフリカ諸国にルーツを持つテロリストの犯行だった点を指摘する。

元米中央情報局(CIA)捜査官のロバート・ベア氏は「北アフリカ系の人々はフランス国籍を有してはいても社会から疎外されているとの不満を抱いている。パリ同時テロ以降、北アフリカ系の人々に対する国内での風当たりは強くなり、アラブ系に見える人には通常行われない交通機関での身元確認が公然と実施されているのが実情だ。当局によるこうした厳しい対応は、北アフリカ系の人々の過激化をむしろ加速させている」と分析する。

元米連邦捜査局(FBI)幹部のトム・フエンテス氏は、ホームグロウン(国内育ち)のテロの脅威が欧州における重大な懸念事項になっていると指摘。「現在モロッコ、アルジェリア、リビア、チュニジアといった国からの移民の第3世代が欧州で暮らしている。こうした人々はフランス生まれの子や孫の代になっても、自分たちをフランス人とはみなさない」と述べた。

AFP通信が警察の話として伝えたところでは、ニースで群衆に突っ込んだトラックの車内からは31歳のフランス系チュニジア人の身分証明書が見つかっている。


仏ニースのトラック突入、死者84人に 容疑者の身元特定
AFP=時事 7月15日(金)19時1分配信

929
南仏ニースで、花火の見物客に突っ込んだトラックを調べる警察官ら(2016年7月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】フランス南部ニース(Nice)で革命記念日(Bastille Day)の花火の見物客にトラックが突っ込んだ事件の死者は、15日までに84人に上った。

 容疑者は、見物客の中を2キロにわたってトラックを走らせた後、警察官に射殺された。

 警察当局筋は同日、容疑者の身元について、フランス・チュニジア系の31歳の男と特定されたと述べた。トラックの中から容疑者の身分証が見つかっていた。

 当局者によると、容疑者は警察当局が察知していた人物だった。また、容疑者は警官に射殺され前、銃を数発発砲したという。

 フランスのマニュエル・バルス(Manuel Valls)首相は同日、16日から3日間、国を挙げて喪に服すことを宣言した。【翻訳編集】 AFPBB News


仏大使館を弔問=岸田外相
時事通信 7月15日(金)18時58分配信

 岸田文雄外相は15日、フランス・ニースで発生したテロ事件を受け、東京・南麻布の仏大使館を弔問した。

 岸田氏はダナ駐日大使と面会し、哀悼の意を表するとともに、「今後ともフランスと緊密に連携し、国際社会とも一致団結して、非道・卑劣なテロに立ち向かっていく」と伝えた。


花火の歓声が悲鳴に=猛スピードで迫る「凶器」―仏のトラック突入テロ
時事通信 7月15日(金)18時54分配信

 【ニース時事】フランス人の愛着がとりわけ強い革命記念日の夜。

 夜空に上がる優雅な花火に酔いしれ、そろそろ帰路に就こうとしていた観光客らは、突然現れた高速の「凶器」に逃げ場を失った。人口約35万人の主要都市ニースで起きたトラック突入テロ事件。現地からの報道や証言などを基に、テロ発生時の凄惨(せいさん)な状況を再現した。

 ニースの地中海沿いを走る「プロムナード・デ・ザングレ(英国人の散歩道)」。高級ホテルやしゃれたレストランが立ち並び、仏有数の観光地でも屈指の目抜き通りは、深夜にもかかわらず大勢の市民らでにぎわっていた。この日は「自由の象徴」(オランド仏大統領)である革命記念日の祝日。恒例の花火を見ようと約3万人が繰り出し、穏やかな地中海から吹き付ける夜風に身を委ねていた。

 花火が終了に近づいた14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ。ミニコンサートも開かれていた通りに突然、エンジン音と悲鳴が響き渡る。不自然な動きで近づいてきた白い大型トラックが猛スピードで群衆の中に突入。目撃者は「(時速)90キロぐらいは出ていた」と話した。

 トラックは約2キロにわたって暴走し、大人、子供を問わず、次々とはね飛ばした。大声で叫び、泣きながら四方に逃げ惑う人々。居合わせた地元紙ニース・マタンの記者は「(ひかれた人が)ボウリングのピンのように飛ばされた。5メートルごとに遺体が散乱していた」と振り返る。別の目撃者は「トラックは少なくとも1回方向を変えた。なるべく多くの人を狙っていたのは明らかだ」と声を震わせた。

 200メートル以上走って追跡してきた警官数人がトラックを一度は制止したものの、男は再び発進させ、慌てふためく人々をひき続けた。勇気ある丸腰の市民も、トラックを止めようと車体につかみかかる。興奮した男はその後、警官らに発砲したが、銃撃戦の末に射殺された。

 現場では「犯人が戻ってきた」というデマも広まり、詳しい状況が分からない人々のパニックが続いた。トラックのフロントガラスには警官が撃ったとみられる無数の銃弾による穴が開き、車内には使えない状態の手りゅう弾などが置いてあった。


仏テロでIS対策強化=米ロ外相会談、犠牲者に献花
時事通信 7月15日(金)18時18分配信

 【モスクワ時事】ケリー米国務長官は15日、ロシアのラブロフ外相とモスクワで会談した。

 両者はフランス南部ニースのテロを踏まえ、シリアなどでの過激派組織「イスラム国」(IS)対策を強化する姿勢を確認したもようだ。会談後、在ロシア仏大使館前でそろって犠牲者に献花した。

 両者は会談冒頭、ニースで起きたテロの犠牲者に黙とう。ケリー長官は「極めて憤慨している」とテロを強く非難した。ラブロフ外相は「テロを受け、米ロの取り組みはより緊急な課題になった」と述べ、米ロの共闘が必要という認識を示した。


仏テロ受け、隅田川花火大会の警戒強化 テロ対策の精鋭「ERT」を配備
産経新聞 7月15日(金)18時12分配信

 フランスのニースで花火の見物客が襲撃され多数の死傷者が出るなど世界各地でテロが相次いでいることを受け、警視庁は30日に開催される隅田川花火大会に重武装テロに対処する「緊急時初動対応部隊」(ERT)を配備することを決めた。夏の風物詩として知られ、今回も95万人前後の観客が想定される大会で群衆への襲撃に備える。

 昨年11月のパリ同時多発テロを受け、警視庁は不特定多数の人が集まり警備が難しい「ソフトターゲット」の警戒を強化。東京マラソンをはじめ、大規模イベントなどにERTを配備していた。

 ERTは、テロリストがソフトターゲットを襲撃するテロなどが海外で相次いだことを受け、平成27年4月に運用を開始。機関拳銃を装備し、24時間態勢で都内全域を警備するほか、有事には現場に急行する。


共にテロと戦う=独首相
時事通信 7月15日(金)17時12分配信

 【ウランバートルAFP=時事】アジア欧州会議(ASEM)出席のためモンゴルを訪問中のメルケル・ドイツ首相は15日、フランス・ニースのテロ事件について「フランスと共にテロと戦う」と述べた。

 また、「われわれは皆、ショックを受けながらも団結している」と強調した。


対テロに全力=ロシア
時事通信 7月15日(金)17時7分配信

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は15日、フランス・ニースのテロを受けてオランド大統領に電報を送り、「非人間的で野蛮なテロに関し、哀悼の意を表明する」と述べた。

 ペスコフ大統領報道官は記者団に「最も厳しい表現でテロを非難する。テロとの戦いの継続にロシアは全力を尽くす」と強調した。


トランプ氏とヒラリー氏、仏ニースの事件で対照的な反応
CNN.co.jp 7月15日(金)16時58分配信

ワシントン(CNN) 米大統領選の共和党候補への指名が確定している実業家ドナルド・トランプ氏と同じく民主党候補指名を確実にしたヒラリー・クリントン前米国務長官はそれぞれ、仏ニースで起きたテロ事件に対してコメント、両者の姿勢の違いが浮き彫りとなった。

ニースの事件と過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」との関連は明らかになっていないが、トランプ氏はフォックス・ニュースの取材でISISへの宣戦布告を議会に求めるかと問われ、「求める。これは戦争だ」と答えた。

またトランプ氏は、「米国は強くなければならない」との持論や、シリア難民の受け入れ政策を撤回すべきだとする考えを繰り返した。

「米国は居住地も出身地も身元も分からず書類もない人々の入国を受け入れようとしている」とトランプ氏は述べた。

一方クリントン氏はCNNの取材に対し、米国がテロ組織との戦争状態にあることは「明らかだ」とした上で、これは「(通常とは)大きく異なる種類の戦争だ」と強調。

「米国をシリアでの地上戦に引きずり込みたい向きもあるだろうが、私なら情報(収集)の強化に注力するだろう。パートナーや同盟国との協力に重点的に取り組み、過激な聖戦主義をインターネットで鼓舞するイデオロギーへの対抗措置を強化するだろう」と述べた。

また、シリア人難民の受け入れに対するトランプ氏の懸念については「身元調査のプロセスを省略するつもりはない。恐ろしい暴力から逃げてきた女性や子ども、孤児らについては、若い男性や何らかの懸念対象として調べるべき記録のある人々とは別の枠組みになる」との考えを示した。


南仏でトラックテロ 花火見物の群衆に突っ込む 銃乱射 ISとの関連捜査
夕刊フジ 7月15日(金)16時56分配信

 フランスが再びテロの脅威にさらされた。南部ニースで14日夜、大型トラックが猛スピードで群衆に突っ込み、地元検察当局などによると、少なくとも84人が死亡した。同日はフランス革命記念日で、全国各地で花火やコンサートなどの催しが行われていた。オランド大統領はテロとの見方を示し、パリ検事局は、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)との関連も含めて捜査を進めている。

 現場となったニースの中心部に近い海岸部の有名観光地「プロムナード・デ・ザングレ(英国人の遊歩道)」では同日夜、花火を見るために多くの市民や観光客らが集まっていた。

 フランスなどのメディアによると、午後11時(日本時間15日午前6時)ごろ、白い大型トラックが猛スピードで群衆に突っ込み、人々をなぎ倒した。運転する男は走りながら銃も乱射したという。警官隊は男を自動小銃などで射殺した。

 トラック内からフランスとチュニジアの二重国籍の男の身分証が見つかり、それによると、男はニース在住の31歳。身分証のほか、ライフル銃2丁、手榴弾などの武器も発見されたとの報道もある。

 日本政府関係者は15日、邦人が巻き込まれたかどうかについて「今のところ情報は入っていない。引き続き確認している」と東京都内で記者団に述べた。

 オランド氏は「フランス全土がイスラム過激派テロの脅威にさらされている」とし、テロとの戦いを徹底することを強調。ISの支配地域があるシリア、イラクでの掃討作戦を一層強化する考えも示した。

 この事件について、イスラム過激派系のネットメディアは「この攻撃を祝っている」などとするコメントを流している。

 130人が死亡した昨年11月のパリ同時多発テロを受け、フランス政府は全土に非常事態を宣言。オランド氏は14日、今月末に非常事態を解除する方針を確認したばかりだった。

 『イスラムのテロリスト』(講談社+α新書)などの著書がある軍事アナリストの黒井文太郎氏は、「IS関係者によるテロである場合は、犯人は花火会場という警備の薄い『ソフトターゲット』に目を付け、たくさんの欧米人を殺害しようと考えたのだろう。花火大会という当日のイベントの予定も把握していたはずで、現地に根ざした人間の犯行の疑いが濃い」と指摘。

 「今回の事件がISの関係者に『爆弾がなくても車で突っ込むことで簡単にジハード(聖戦)を起こせる』と知らせてしまった恐れがある。ISのテロは流行期に入っており、欧米人が集まるバカンス地がターゲットにされる恐れがある」と話している。


トラックを調べる仏警官ら
時事通信 7月15日(金)16時45分配信

928
15日、仏南部ニースでトラックを調べる警官や鑑識官。


新たな手口、警戒追い付かず=再び標的の「ソフトターゲット」―仏
時事通信 7月15日(金)16時41分配信

 【ニース時事】フランス南部ニースで14日起きたテロは、群衆の中にトラックが猛スピードで突っ込みながら発砲し、逃げ場のない市民を無差別に大量殺傷するという新たな形態で実行された。

 パリで昨年相次いだ風刺紙襲撃や同時テロは、重武装した複数のテロリストが銃器や爆発物を使う手口。今回の攻撃はフランスが対策を強化していた従来型テロとは異なる犯行と言え、仏当局に衝撃を与えている。

 ニースの事件の犯行声明は出ていないが、市民が大勢集まり、警備も比較的緩い「ソフトターゲット」を狙うのは、過激派組織「イスラム国」(IS)の典型的な攻撃手口だ。130人が死亡した昨年11月のパリ同時テロをはじめ、49人が死亡した米フロリダ州のナイトクラブでの銃乱射、日本人7人を含む人質20人が殺害されたバングラデシュの飲食店襲撃など、今年に入ってISが犯行を主張しているテロがその最たる例だ。

 仏メディアによると、ISの広報担当アドナニ容疑者とみられる人物は2014年9月、ビデオ映像で戦闘員らに「爆弾や銃弾が使えないなら、フランスや米国の背教者に対し、石で頭蓋骨を砕き、刃物で刺し、断崖から突き落とし、自動車でひき殺せ」と手段を問わずに殺害するよう訴えた。「誰にも相談せず、ファトワ(宗教令)も待つな」という同容疑者の呼び掛けが、世界中で「ホームグロウン(国産)」型テロの頻発につながっているとの懸念は根強い。

 ISは、空爆などで活動拠点のシリアやイラクで劣勢となり、志願する外国人戦闘員の数も減少していると伝えられる。組織の弱体化が進んでいることも念頭に、フランスの国内治安総局(DGSI)のカルバル長官は今年5月、「必ずしも戦闘員が死なずに自らの犠牲を避けつつ、最大限の被害を生み出すテロを仕掛けてくる可能性がある」と指摘。仏国内で今回のような新たな手段のテロ攻撃への警戒感を強めていたさなかの惨事となった。


フランス:ニースのテロで84人死亡、202人負傷-過激派関連見えず
Bloomberg 7月15日(金)16時31分配信

パリの同時多発テロから8カ月、フランスをまたも残虐非道なテロが襲った。革命記念日の祝日でにぎわう南仏の観光地ニースでトラックが遊歩道に突っ込むというテロが発生、84人が死亡し202人が負傷した。当局は容疑者を特定したが、窃盗や家庭内暴力の前科はあるものの過激派とのつながりは見つかっていない。

フランス在住のチュニジア人男性、モハメド・ラフイジャ・ブフレル容疑者は19トンの冷凍冷蔵トラックをレンタルし、ニースの海岸沿いの遊歩道を2.3キロにわたり暴走した。パリの対テロ検察官、フランソワ・モラン氏が記者団に述べた。犠牲者には10人の子供やティーンエージャーが含まれた。容疑者は警官に射殺される前に7.65ミリ口径の自動小銃で応戦したという。

「(いかなるグループからも)犯行声明は出ていない」とモラン検察官が述べた。「しかし、これはテロリストグループがオンラインであおっている類いの行動だ」とし、容疑者とテロ組織の関連について捜査していくと述べた。

オランド大統領は予備軍を動員し、解除を考えていた非常事態宣言を延長した。「恐ろしい事件が再びフランスを襲った」と大統領は15日早朝に演説して述べた。

フランスでの大規模テロは2015年1月のシャルリー・エブド襲撃事件以来3回目。11月には同時多発テロで130人が犠牲になった。過去1年半の間にはその他4件の小規模な事件があり、死者数は240人近くに上っている。

6月には米フロリダ州オーランドで銃撃事件があった。欧米では過激派組織「イスラム国」に共鳴する個人やグループによる暴力行為が相次ぐ。移民問題での不満や政治的支配階級への反感で、社会には大衆迎合的風潮が広がっている。

コンサルティング会社ユーラシア・グループのトップ、イアン・ブレマー氏は「欧州とは何を表しているのか自らが見失っている今、こうした事件は欧州を弱体化させる」とし、「移民への怒りは強まるだろう」と話した。

これまでのフランスでのテロと3月のブリュッセルのテロで、犯人の大半は移民の家系の出身でイスラム教徒だった。ニースでトラックを運転していたのはチュニジア出身の31歳のフランス人男性だったと仏メディアが報じた。

フランスとベルギーという欧州の中心への攻撃は、欧州連合(EU)のリーダーらに安全保障および政治的な難題を突き付ける。テロリストは自らの行動について、打倒イスラム国を掲げるEUへの報復だと主張している。オランド大統領はニースの事件への対応としてシリアとイラクの「イスラム国」拠点への空爆を激化させると述べた。

「自由・平等・友愛をたたえるイベントがテロの標的になるとは悲劇的な矛盾だ」とEUのトゥスク大統領がツイッターでコメントした。

原題:France in Convulsions as Third Big Terror Attack Upends Hollande(抜粋)France in Shock as More Than 84 Die in Nice Terror Attack (1)French Killer Not on Terror List But Used Islamic State Tactics


フランス、ニースのトラック突入テロで少なくとも84人死亡-欧州に衝撃
Bloomberg 7月15日(金)16時31分配信

パリの同時多発テロから8カ月、フランスをまたも残虐非道なテロが襲った。革命記念日の祝日でにぎわう南仏の観光地ニースでトラックが遊歩道に突っ込むというテロが発生、少なくとも84人が死亡し多数が負傷した。フランスはあらためて動揺し、欧州全土でテロへの警戒が高まった。

テレビや個人の撮影したビデオが、祝日の夜を楽しむ群衆にトラックが突っ込みなぎ倒す様子を伝えた。逃げ惑う数百人にはベビーカーを押す姿も見られた。犠牲者には十数人の子供も含まれた。トラックを運転していた犯人は警察によって射殺された。オランド大統領は予備軍を動員し、解除を考えていた非常事態宣言を延長した。「恐ろしい事件が再びフランスを襲った」と大統領は15日早朝に演説して述べた。

フランスでの大規模テロは2015年1月のシャルリー・エブド襲撃事件以来3回目。11月には同時多発テロで130人が犠牲になった。過去1年半の間にはその他4件の小規模な事件があり、死者数は240人近くに上っている。

6月には米フロリダ州オーランドで銃撃事件があった。欧米では過激派組織「イスラム国」に同調する個人やグループによる暴力行為が相次ぐ。移民問題での不満や政治的支配階級への反感で、社会には大衆迎合的風潮が広がっている。

コンサルティング会社ユーラシア・グループのトップ、イアン・ブレマー氏は「欧州とは何を表しているのか自らが見失っている今、こうした事件は欧州を弱体化させる」とし、「移民への怒りは強まるだろう」と話した。

これまでのフランスでのテロと3月のブリュッセルのテロで、犯人の大半は移民の家系の出身でイスラム教徒だった。ニースでトラックを運転していたのはチュニジア出身の31歳のフランス人男性だったと仏メディアが報じた。仏警察関係者は犯人の名前をモハメド・ラフイジャ・ブフレルと特定した。フランス2テレビによると、警察は犯罪者としてこの男性をマークしていたが、テロリストの警戒リストには載っていなかったという。このテロについて犯行声明を出した組織はまだない。

フランスとベルギーという欧州の中心への攻撃は、欧州連合(EU)のリーダーらに安全保障および政治的な難題を突き付ける。テロリストは自らの行動について、打倒イスラム国を掲げるEUへの報復だと主張している。オランド大統領はニースの事件への対応としてシリアとイラクの「イスラム国」拠点への空爆を激化させると述べた。

「自由・平等・友愛をたたえるイベントがテロの標的になるとは悲劇的な矛盾だ」とEUのトゥスク大統領がツイッターでコメントした。

原題:France in Convulsions as Third Big Terror Attack Upends Hollande(抜粋)France in Shock as More Than 84 Die in Nice Terror Attack (1)


仏トラックテロ 林経産相「日系企業と従業員の状況を確認中」
産経新聞 7月15日(金)15時56分配信

 林幹雄経済産業相は15日の閣議後記者会見で、仏南部ニースでのトラック突入テロについて、「決して許されるものではない」と強く非難した。

 林氏は「日系企業とその従業員の状況確認を行っているところ」と語り、事件への対応を急ぐ姿勢を示した。


実行犯はチュニジア出身=仏テロ
時事通信 7月15日(金)14時30分配信

 ロイター通信によると、フランス・ニースのトラック突入事件で、警察筋は15日、実行犯が31歳のチュニジア出身者だったと明らかにした。


仏は「大規模テロの時代」に突入? 南部ニースでトラック暴走80人死亡
THE PAGE 7月15日(金)13時40分配信

 フランス南部のリゾート地ニースで現地時間14日夜、フランスの建国を記念した「パリ祭」のイベントで花火を見ていた市民や観光客に、猛スピードでトラックが突っ込み、多くの死傷者を出す事件が発生した。トラックは多くの見物客をはねながら走行を続け、最初に見物客をはねた場所から約2キロ進んだのち、運転手が警察によって射殺された。フランスのオランド大統領はパリから緊急のテレビ演説を行い、テロの可能性が非常に高いことを示唆した。2015年初頭から、フランスでは大規模なテロが続いているが、なぜ今回は南部のニースが標的となったのだろうか。現在までに分かっている情報をまとめた。(ジャーナリスト・仲野博文)

927
[写真]80人が死亡した仏ニースのトラック突入事件が起きたプロムナード周辺(ロイター/アフロ)

7月14日は革命記念日 花火の見物客らが犠牲に
 フランスでは毎年7月14日が共和国成立を祝うパリ祭で、パリだけではなく全土で様々な祝賀行事が行われる。パリ市内では軍事パレードが行われ、フランス各地でも共和国成立を祝って花火大会などが行われた。事件現場となったニース市内の海岸沿いにあるプロムナードにも、花火を見るために多くの見物客が集まっていた。

 現地時間の14日午後10時半ごろ、プロムナードを走行中の1台のトラックがスピードを上げて見物客に突っ込んだ。トラックは速度を落とさないまま(目撃者の情報では、時速60~70キロくらいのスピードだったという)、花火の見物客を次々とはね、そのまま約2キロにわたって走行を続けた。トラックは見物客が密集したエリアでジグザグ運転を繰り返し、多くの見物客が巻き込まれる形となった。現時点で80人が死亡し、負傷者は100人を突破。そのうち18人が重篤だという。現場周辺には負傷者を搬送するためにヘリが発着し、事件現場近くにある有名ホテル「ホテル・ネグレスコ」のロビーにも負傷者が運ばれ、野戦病院のようにロビーで手当てを受ける様子がSNSによって伝えられている。

 事件は暴走を止めようとした警察とトラック運転手との間で銃撃戦に発展。運転手は警察によって射殺された。複数の仏メディアは警察関係者の話として、トラックから数丁の銃(アサルトライフルだったという情報もある)と手榴弾が発見されたと報じている。また、英ガーディアン紙は捜査関係者の話として、トラックの運転手が見物客をはねながら、同時に見物客に向けて発砲していたと伝えている。捜査当局は、死亡した男性に共犯者がいなかったかについても調べている。

射殺された運転手は仏とチュニジアの二重国籍の男
 フランスのテレビ局BFMとAFP通信は、捜査関係者の話として、トラックのドライバーが31歳の男であったと報道。警察に射殺された男はニース在住で、フランスとチュニジアの二重国籍保有者であったと伝えられている。トラックの車内に残された身分証明書などから、男の身元が判明したのだという。

 チュニジア系とされるドライバーの男と、ISISなどのイスラム系過激派組織との間に何らかの繋がりが存在したのかは不明だが、現地時間で15日午前3時半から緊急のテレビ演説を行ったフランスのオランド大統領は、「フランス全土がイスラム過激派によるテロの脅威に晒されている」と語り、イラクとシリアにおける軍事作戦の強化を発表した。

 また、昨年11月にパリで発生した同時テロ事件以降フランスで続いていた非常事態は今月26日に解除される予定だったが、オランド大統領は非常事態が26日以降も継続されることを発表した。もともとは5月26日に解除される予定であったが、サッカーの欧州選手権や自転車レースのツール・ド・フランスにおけるテロの脅威が懸念され、2か月の延長が国民議会で可決されていた。

シャルリ・エブド事件から1年半 無差別殺傷が相次ぐ
 フランスの首都パリで昨年11月に発生した同時テロ事件は記憶に新しい。市内中心部の6か所で爆弾や銃撃による無差別殺傷がほぼ同時に発生。容疑者を含む137人が死亡し、360人以上が重軽傷を負った。

 パリ周辺でほぼ同時刻に発生したテロ。テロは6か所で発生したが、その中で最も大きな被害を受けたのがパリ市内中心部にあるライブハウス「バタクラン」だった。1500人収容のライブハウスでは、事件当時アメリカのバンドの演奏が行われており、そこで発生した無差別発砲によって80人以上が殺害されている。130人の犠牲者の国籍は21カ国にも及び、少なくとも6人のイスラム教徒も含まれていた。

 サッカーのフランス対ドイツの親善試合が行われていたスタット・ドゥ・フランスの外でも爆発が発生。入場券を持った男がスタジアムに入ろうとした際、ボディチェックで不審に感じた警備員が男に対し、入場口の近くで再度身体検査を試みようとした。その矢先、男は少し後退し、着用していた爆弾付きのベストを起爆させたのだという。その3分後にはスタジアムの外にいた別の男も自爆し、さらにその近くにあるファストフード店の前で3人目の男も自爆している。フランスのオランド大統領とドイツのシュタインマイアー外相も観戦に訪れていたこの試合では、試合終了後に2000人以上の観客がピッチに入り、スマートフォンなどで状況を確認する様子が各国のニュースで大きく取り上げられた。

 その年の1月、覆面をした2人組が風刺週刊紙「シャルリ・エブド」編集部を襲撃。編集部内でアサルトライフルを乱射し、編集長を含む12人を殺害し、11人を負傷させた。編集部襲撃後に逃走を図ろうとした2人組は、付近をパトロール中の警察官と遭遇。命乞いをする警察官を射殺する瞬間はビルの屋上に避難していた一般人によって携帯電話で撮影され、その一部が世界中に発信されたことで大きな衝撃を与えた。2人はアサルトライフルとショットガンで武装し、携帯型のロケット弾も所持していた。

 20世紀にフランス国内で発生したテロ事件は約60件。その中で最も多くの犠牲者を出したのが、1961年に発生した電車爆破事件であった。これはアルジェリアの独立に反対するフランスの極右民族主義者によって起こされたもので、仏東部ストラスブールからパリに向かっていた特急列車が爆破され、28人の死者と100人を超す負傷者をだす大惨事となった。フランス国内で死者が2ケタに達したテロは、20世紀ではこの列車爆破事件のみで、90年代半ばにはイスラム過激派による地下鉄を狙った爆弾テロが相次いで発生し、数百人の負傷者を出したものの、死者が二ケタを超えることはなかった。

 2015年1月のシャルリ・エブド襲撃事件で21世紀では初となる二ケタの死者を出したフランス国内では、その年の11月にパリで発生した同時テロで、フランス史上最悪となる130人が犠牲となった。14日夜にニースで発生した事件もテロとの見方が強まっており、フランスは「大規模テロの時代」に突入した。


「革命記念日狙うなんて卑劣すぎる」 仏ニース・テロ80人死亡、日本でも衝撃
J-CASTニュース 7月15日(金)13時17分配信

 フランス南東部の都市ニースで2016年7月14日22時30分(日本時間15日5時30分)ごろ、革命記念日の祭りでにぎわう見物客の中にトラックが突っ込み、少なくとも80人が死亡、100人以上が負傷した。検察当局はテロ事件とみて捜査を始めている。日本人の死傷者は、日本時間15日12時の時点で確認されていない。

 フランスでは15年11月にパリで同時多発テロが起き、130人以上の死者が出たばかりで、当局は非常事態宣言を発して警戒を続けていた。1年足らずで再びテロ事件が起きたことで、日本のSNS上でも憶測と動揺が広がっている。

■大型トラックが2キロ暴走し、運転手は射殺

 7月14日は1789年のバスティーユ牢獄襲撃によるフランス革命勃発の日で、同国では革命記念日として毎年祭りが開催される。2016年も大勢の人が集まっていた。日本でも「パリ祭」として知られており、毎年、日本からも多くの観光客がニースを訪れる。

 現地メディアによると、2キロに渡って大型トラックが見物客の中を暴走。多くの死傷者を出した。仏インターネット報道チャンネル「France 24」が公開した事件発生当時の現場の映像には、数百人ほどとみられる客らが走って逃げ惑う様子が映された。中には、乳児を抱えたり、ベビーカーを押したりする人もいた。

 警察はトラックの運転手と銃撃戦になり、運転手を射殺。現地メディアが掲載したトラックの写真を見ると、車体前面がひしゃげ、窓ガラスには数十の銃痕が確認できる。また、トラックの中から複数の銃や手りゅう弾が発見されたと報じられている。日本時間の15日13時現在、犯行声明などは出ていない。

 フランスでは7月10日まで、4年に一度のサッカー欧州選手権「EURO(ユーロ)2016」が開催されており、非常事態宣言を発して以降、同国では最大の山場だとみられていた。そのユーロを無事に終えた直後の事件とあって、「警備が若干緩んだ状況を突かれたのではないか」という見方も出ている。また、同国では7月24日まで、自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」も開催されている。

在日フランス大使館「信憑性にかける噂を広めないよう...」
 事件を受け、安倍晋三首相はモンゴルのウランバートルで開かれているアジア欧州首脳会議(ASEM)に出席中で、15日午前の演説の中で「日本はフランス国民とともにある。事件がテロによるものだとすれば、決して許されない」と強く非難。日本人7人が巻き込まれて死亡した1日のバングラデシュのテロを踏まえ、「テロと対峙する明確なメッセージを出すことが重要」と述べた。

 在日フランス大使館では14日夜、パリ祭記念行事が行われ、石原伸晃経済再生担当大臣や、宇宙飛行士の若田光一さんが列席。その模様を大使館公式ツイッターで報告したばかりだったが、事件直後の15日8時40分すぎ(日本時間)には、

  「フランス外務・国際開発省では電話緊急相談所を設置しました。緊急の問い合わせは+33-(0)1-43-17-56-46」
  「フランス政府は『緊急の時こそ信憑性にかける噂を広めない』よう、公式アカウンなど出所がわかる信頼できる情報を伝達するように呼びかけています」(原文ママ)

と立て続けに発信している。

 元自衛官1等陸佐で参議院議員の佐藤正久氏はツイッターで「未だ、邦人の被害は報告されていないが、無事を祈る。今回も卑劣なソフトターゲット狙い」と事件について言及。一般のユーザーも「とても穏やかでよい街だったので、ショックです」「凄い大惨事 怖いね...」「革命記念日狙うなんて卑劣すぎる」と心配や非難のツイートを発している。


テロ根絶へ連帯=日バングラデシュ首脳
時事通信 7月15日(金)13時5分配信

 【ウランバートル時事】モンゴル訪問中の安倍晋三首相は15日、ウランバートルでバングラデシュのハシナ首相と会談した。

 邦人7人が犠牲となったダッカのテロ事件を受け、安倍首相はテロ関連の情報提供や在留邦人の安全確保への協力、容疑者の厳正な処罰を要請。フランス・ニースのトラック突入事件も踏まえ両首脳は、テロ根絶に向け連帯を強めることで合意した。

 ハシナ首相は「テロリストはテロリストであり、国境も宗教も存在しない。絶対に許さないという力強いメッセージを発信すべきだ」と強調。両首脳は、同日開幕のアジア欧州会議(ASEM)首脳会議でテロに立ち向かう国際社会の連携を強く発信すべきだとの認識で一致した。

 ダッカのテロでは国際協力機構(JICA)のプロジェクトに関わっていた邦人が犠牲となったが、会談で安倍首相は、テロに屈しない姿勢を明確にし、政府開発援助(ODA)などを通じた支援を継続する考えを伝達。ハシナ首相は「勇敢な決意表明は大変心強い」と謝意を示し、在留邦人の保護に万全を期す意向を示した。


<仏ニーステロ>トラック暴走2キロ リゾート地惨劇
毎日新聞 7月15日(金)13時2分配信

 【パリ賀有勇】真夏の夜空を彩る花火を眺めていた群衆にトラックが突っ込み、次々とはねていく。人々は子供の手を引き、乳母車を押して逃げ惑った。欧州有数の観光地、フランス南部ニースで14日夜(日本時間15日早朝)に発生したトラック突入テロ。「自由・平等・博愛」の象徴となり、国民がこぞって祝う「フランス革命記念日」に起きた凶行に、バカンス客らは身を震わせた。

 事件が起きたのは、14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ。動画サイト「YouTube」に投稿された映像によると、ゆっくりと道路中央を走っていた白い大型トラックは突然加速すると、海岸線に集まっていた人々に突入した。悲鳴が上がる中、トラックは時速50キロ近くまでスピードを上げて、逃げ惑う人々をはねながら2キロ弱も走り続けた。

 「花火見物客が道沿いにボウリングのピンのようにはじき飛ばされていった」(目撃者の地元ジャーナリスト、ダミアン・アルマンさん)。暴走の後には、ひかれた人が横たわり、かばんや人形が散乱していた。

 アルマンさんは「すごい音と人々の悲鳴を忘れることはできないだろう」とAP通信に語った。「トラックは私が立っていたところから100メートルの地点まで来ていた。意図的な行動だったのではないか。次々と物が飛んで来るから、自分の顔を防ぐので精いっぱいだった」。現場に居合わせたAFP通信記者のロベール・オロウェイさんも語る。

 現場は地中海に面する海岸沿いの遊歩道「プロムナード・デザングレ」。高級ホテルや飲食店が建ち並ぶニースの中心地だ。

 近代社会の幕開けとされる「フランス革命」を祝う14日の晩は、フランス各地で花火が打ち上げられる。この日は風が強かったことから、中止にした自治体もあったというが、ニースでは予定通り行われた。トラックの暴走は花火が終わったころに始まったとみられる。

 トラックの運転者が発砲していたとも伝えられており、現場一帯は大混乱に陥った。近くにいた男性は英BBCに対し、「爆発音がしたかと思うと、人々が悲鳴を上げながら逃げ回り、近くのホテルや飲食店に駆け込んでいた。その後、複数の銃声がしたが、何が起きたのかは分からなかった」と話した。

 近くの飲食店で働く料理職人の神谷隆幸さん(37)によると、午後10時半ごろ、けが人や子連れの人たちがパニック状態で店になだれ込んできた。25人を厨房(ちゅうぼう)や地下室にかくまい、シャッターを閉めて2時間ほど店内に隠れて、けが人の手当てをしていたという。

 事件を目撃した人はいなかったが、神谷さんは当時の様子を語る。「みんながパニック状態だった。震えて泣き叫んでいる人たちを見て、テロだと思った」


<仏ニース>トラック突入テロと断定 チュニジア出身の男か
毎日新聞 7月15日(金)12時56分配信

926
フランス・ニースで、群衆に突入したトラック=AP

 【パリ賀有勇】フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火の見物に集まっていた群衆にトラック1台が突っ込んだ。カズヌーブ内相によると、子どもを含む84人が死亡し、18人が重傷を負った。運転手は警察当局に射殺された。地元メディアは、車内からニース在住でチュニジア出身の31歳の男の身分証が見つかったと報じた。犯行声明などは出ていないが、バルス首相はツイッターで「テロ攻撃を受けた」としてテロと断定。仏当局の対テロ部門が捜査に着手した。

 オランド大統領は15日未明に声明を発表。「故意に多数を殺傷しており、テロの性質を帯びていることを否定できない。自由の象徴である日にフランスが攻撃を受けた」と述べ、国民に連帯を呼びかけた。また、昨年11月のパリ同時多発テロを受けて出していた非常事態宣言をさらに3カ月延長すると明らかにした。

 現場はニース中心部に近い地中海沿いの大通り「プロムナード・デザングレ(英国人の遊歩道)」。AFP通信などによると、トラックは相当なスピードでジグザグ走行しながら約2キロにわたって群衆をなぎ倒した。負傷者も多数出ている。目撃証言によると、運転手は発砲もしていた。車内からは銃や爆発物、手投げ弾が見つかった。車内から身分証が見つかった男はフランスとチュニジアの二重国籍だという。実行犯は1人だったとみられる。

 オランド大統領は15日に大統領府で緊急の国防会議を開く。会議後、ニースの現場を訪れる予定だ。事件の背景は明らかでないが、大統領は「仏全土がイスラム過激派によるテロの脅威にさらされている」と強調。「シリアやイラクでの活動を強化する」と述べ、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に注力する考えを示唆した。

 オバマ米大統領は14日、「罪のない民間人が数十人死傷した。テロ攻撃と見られる行為を最も強い言葉で非難する」との声明を発表。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は「欧州は仏国民・政府と団結し、暴力と憎悪に立ち向かう」と述べた。英国のメイ首相も首相官邸の報道官を通じ「私たちの思いは、フランスの祝賀の日に起きた惨事に見舞われた人とともにある」との声明を出した。

 フランスでは昨年11月、パリ中心部と郊外で劇場や飲食店を標的とした同時多発テロが起き130人が死亡。ISが犯行声明を出した。フランスではこの事件以降、非常事態宣言が出されていたが、オランド大統領は14日に今月末での解除の意向を明らかにしたばかりだった。

 ニースは地中海に面した世界的に人気のある保養地。多数の観光客らが巻き込まれた可能性がある。菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、「現時点で邦人の被害は確認されていない」と述べた。政府は在マルセイユ総領事館に現地連絡室を設置し、領事をニースに派遣して情報収集している。

 【ことば】フランス革命記念日

 パリ市民が1789年7月14日、圧政の象徴となっていたバスチーユ監獄を襲撃・破壊し、フランス革命の発端となったことに由来する。革命は絶対王制を廃止して共和制を確立。記念日は国民にとって「自由・平等・博愛」を祝う特別な祝日となっている。パレードなどの祝賀行事のほか、各地でダンスパーティーや花火大会などさまざまなイベントが催される。日本では「パリ祭」とも呼ばれる。


仏トラック突入、死者80人 これまでに分かったこと
ウォール・ストリート・ジャーナル 7月15日(金)12時55分配信

 フランス南部のニースで14日夜、同国の革命記念日を祝う花火を見るため並木道に集まっていた群衆に大型トラックが突っ込み、多数の死傷者が出た。

 政府当局者によると、この事件で子供を含め少なくとも80人死亡、18人が重傷を負った。

 オランド大統領は「テロ事件の特徴は否定できない」とした上で国家警戒レベルを引き上げる必要があると述べた。また警戒のため1万人の軍隊配備を継続し、国家非常事態宣言を3カ月延長する方針を示した。

 フランス内務省報道官によると、トラックの運転手は警察によって射殺された。

 フランスの反テロ検察当局は、事件がテロと関連するか捜査を開始した。

 同市のクリスチャン・エストロジ市長によると、トラックは手りゅう弾など武器を積んでおり、運転手は発砲していたという。ニース市のあるアルプマリティーム県の当局者は、トラックが長い距離を走って群衆に突っ込んできたため多数の犠牲が出たとした上で、この事件は「犯罪行為」と述べた。

どこで起きたか

 当時、地中海沿いの海岸遊歩道プロムナード・デ・ザングレにはフランスの革命記念日を祝う花火が打ち上げられ、多数の見物客が集まっていた。

 現地時間午後10頃、前出の同県当局者によると、トラックが群衆に突っ込んできた。

現場

 SNSには海岸沿いに逃げ惑う動画や画像アップされた。トラック突入後の路上に多くの遺体が写しだされている。

海外の反応

 オバマ米大統領は声明で犠牲者に哀悼の意を表した上で「恐ろしいテロ攻撃のようだ」と非難した。

 米大統領選で共和党候補指名が確定しているトランプ氏はツイッターで、予定されていた副大統領候補を発表する記者会見の延期を明らかにした。

 ワシントンでは 民主党幹部のナンシー・ペロシ元下院議長ら下院議員が連邦議事堂で犠牲者に対し、黙とうした。


<仏ニーステロ>また標的、非常事態宣言を延長
毎日新聞 7月15日(金)12時42分配信

 【パリ賀有勇】仏南部ニースで14日夜に起きたトラック突入テロで、仏治安当局は捜査を開始した。昨年11月のパリ同時多発テロ後、治安対策を強化し、警戒を続けていたにもかかわらず、再びテロの標的となった。フランス国内には衝撃が走っている。

 オランド仏大統領は14日の革命記念日に合わせたテレビインタビューで、26日に期限を迎える非常事態宣言について、テロを防止するための法整備などが進んだことから更なる延長をしない方針を表明した。ニースのテロはその直後に起きた。大統領は非常事態宣言をさらに3カ月延長した。

 仏政府は、昨年11月13日に起きたパリ同時多発テロ後に捜索令状なしの家宅捜索や自宅軟禁を可能にする非常事態宣言を発令。これまでに3回延長し、約3500カ所を家宅捜索、750点に上る武器を押収してきた。

 同時多発テロ直後は多くの人が1カ所に集まることを防ぐため、イベントの中止や縮小が相次いだが、最近では各地で大規模なイベントが開かれるようになり、仏情報機関は人が多く集まる場所で新たなテロ攻撃が起きる可能性を指摘していた。

 今月閉幕したサッカー欧州選手権フランス大会では、会場周辺に計9万人の治安部隊が展開。厳重な警戒態勢を敷いていたが、テレビ観戦するためにファンらが詰めかけたパリのカフェなどがテロの標的になることを懸念する声もあった。

 多くのフランス人が祝う革命記念日は、人の集まる場所が狙われる可能性があるため、当局は厳戒態勢を取り、各地に警察官や憲兵を配備。パリであった革命記念日のパレードでは周辺の通行が規制され、警察官らが身分証明書や手荷物を厳重にチェック、警察の特殊部隊を展開した。だが、花火の見物客のようにさまざまな場所に多数の人が集まる状況では、警備の限界を露呈した形となった。


「野蛮で卑劣」と非難=国連安保理
時事通信 7月15日(金)12時39分配信

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は14日、フランスのニースで起きたテロについて「野蛮で卑劣」な攻撃だとし、最も強い言葉で非難するとした報道機関向けの声明を発表した。


猛スピードで突進、高級保養地パニック
読売新聞 7月15日(金)12時35分配信

 【ベルリン=井口馨】猛スピードで突進するトラックが、花火を楽しむ観光客を次々となぎ倒す――。

 14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)頃にフランス南部ニースで起きたテロで、世界に知られる高級保養地は、逃げまどう人々でパニックとなった。仏全土が華やぐフランス革命の祝日を狙った凶行で、少なくとも80人が犠牲に。夏の休暇の始まりは突然、暗転した。

 地中海のビーチ沿いに続く遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ(イギリス人の散歩道の意味)」。付近には歴史ある「ホテル・ネグレスコ」など高級ホテルやカジノ、レストランが立ち並び、普段はサイクリングや散歩を楽しむ家族連れの人々であふれる。

 夏の風物詩である花火を楽しんだ後、ダンスパーティーへと向かうのが恒例だ。惨劇は、花火が終わった直後に起きた。

« フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、80人以上が死亡・2 | トップページ | フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、84人が死亡・4 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63922635

この記事へのトラックバック一覧です: フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、84人が死亡・3:

« フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、80人以上が死亡・2 | トップページ | フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、84人が死亡・4 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30