« 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・2 | トップページ | どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・16 »

2016年7月15日 (金)

フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、80人以上が死亡

フランス南部のニースで、14日午後11時半(日本時間15日午前6時半)すぎ、大型トラック1台がフランス独立記念日の花火を見物していた群衆に高速で突っ込み、少なくとも80人が死亡、約100人が負傷した。実行犯の運転手は1人とみられ、その場で警察に射殺された。実行犯の身元は不明。
フランス治安当局は運転手が意図的なテロ攻撃を図ったとみて、テロ対策部門を中心に捜査に乗り出した。

この日はフランス革命記念日の祝日にあたり、各地で花火やコンサートなどのイベントが開かれていた。ニースでも犯行現場の海岸付近には、市民や観光客が集まっていた。

地元メディアは、トラックの中から銃器と手榴弾が発見されたと報道。犯人が群衆に向かって発砲したとの目撃情報もある。仏南部アビニョンにいたオランド大統領は、対策会議のため急遽、パリに向かった。

マルセイユの日本総領事館によると、現時点で日本人が事件に巻き込まれたとの情報はない。

フランスでは昨年11月、パリで劇場や飲食店などが襲撃される同時多発テロが発生。約130人が死亡した。テロ対策のため全土で非常事態を宣言していたオランド大統領が14日、非常事態を今月26日に解除すると表明したばかりだった。

リンク:犠牲者に哀悼の意=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<仏ニース事件>米大統領「テロと見られる行為、非難」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トラック突入テロ、80人死亡=革命記念日、花火客に乱射も―仏ニース - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:現場に並ぶブルーシートに覆われた遺体 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南仏ニースでトラック突入、死傷者多数  大統領は「テロの性質」と - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トラック突入現場から搬送される負傷者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏トラックテロ オバマ米大統領、フランスに捜査への全面支援伝達 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:負傷者を搬送する救急隊員 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<仏ニース>トラック突入テロ、花火見物の84人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏南部ニースのトラック突っ込み、車内から武器発見=当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南仏ニーストラック突入、逃げ惑う人々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トラック突入現場に集まった救助隊員ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ非難、「暴力と闘う」=ASEM開幕―モンゴル - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースで抱き合う人々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:検問を行う仏警官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:花火の見物客に突っ込んだトラック - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オランド大統領が現場へ、南部ニースのトラック突っ込み - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースでトラック暴走、77人死亡、負傷者100人強 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースのトラック突入、死者77人に 銃など武器積載 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「テロ」を強く非難=仏トラック突入で米大統領 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トラック突入テロ、80人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースでトラックが花火の見物客に突っ込み70人以上が死亡 テロの可能性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本人の被害情報なし=仏領事館 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏トラックテロ 死者75人に トラックが花火見物の群衆に突っ込む 犯人は発砲も? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ事件で捜査=仏検察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トラック内から銃と手りゅう弾=仏突入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースで歩道にトラック突入、70人超死亡 テロ事案として捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースでトラック突入テロ、祝日の群衆80人死亡-非常事態延長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<フランス>花火客の列にトラック突入 30人以上死亡か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏でトラック突入、80人死亡…テロで捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トラック突入、60人超死亡=仏報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏トラック突入の犠牲者84人に、射殺された男はチュニジア出身 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏ニースで歩道にトラック突入、70人超死亡 テロ事案として捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:突入テロか、73人死亡=トラックが花火客の列に―仏ニース - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

犠牲者に哀悼の意=安倍首相
時事通信 7月15日(金)10時39分配信

 【ウランバートル時事】アジア欧州会議(ASEM)首脳会議出席のためモンゴルを訪問中の安倍晋三首相は15日午前、フランス・ニースで発生したトラック突入事件に関し、ロシアのメドベージェフ首相らとともに、エロー仏外相に犠牲者への哀悼の意を伝えた。


<仏ニース事件>米大統領「テロと見られる行為、非難」
毎日新聞 7月15日(金)10時38分配信

 【ワシントン会川晴之】オバマ米大統領は14日、フランス南部ニースで起きた事件について「罪のない民間人が数十人死傷した。テロ攻撃と見られる行為を最も強い言葉で非難する」との声明を発表した。

 ◇英首相「惨事に見舞われた人と共に」

 【ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は15日未明(日本時間15日朝)、首相官邸の報道官を通じ「私たちの思いは、フランスの祝賀の日に起きた惨事に見舞われた人と共にある」との声明を出した。


トラック突入テロ、80人死亡=革命記念日、花火客に乱射も―仏ニース
時事通信 7月15日(金)10時32分配信

 【パリ時事】フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火を見物していた人の列にトラックが突っ込んだ。

 ほぼ同時にトラックを運転した容疑者は見物客に向かって銃を乱射した。カズヌーブ内相は15日、事件による死者が80人に上り、18人が重体だと述べた。負傷者も100人以上に達した。

 バルス首相は15日、ツイッターで「ニースはテロに襲われた」としてテロと断定。オランド大統領もテレビ演説で「(実行犯は)トラックを用いて意図的に数十人を殺害した」と非難した。検察当局はテロ事件として捜査に着手した。

 またニース在住でチュニジア系の男(31)の身分証がトラック内から見つかった。単独犯行だったとみられる。男はフランスとチュニジアの二重国籍保持者だったという。

 米CNNテレビによると、容疑者はトラックから降りて見物客に銃を乱射。トラックは約2キロにわたって人々をひき倒した。犠牲者には複数の子供も含まれた。その後警察との間で銃撃戦があったとされ、運転手は射殺された。車内から銃と手りゅう弾が発見され、実行犯は武装していたもようだ。

 トラック突入を受け、花火見物客は現場から逃げ出すなどパニックになった。現場はプロムナード・デ・ザングレ(英国人の散歩道)と呼ばれる地中海沿いの通り。マルセイユの日本総領事館によると、日本人が事件に巻き込まれたとの情報はない。

 オランド大統領は事件を受け、訪問先の仏南東部アビニョンから直ちにパリへ戻り、対策の陣頭指揮を執った。パリでは昨年11月、過激派組織「イスラム国」(IS)に関わる容疑者による同時テロ事件が発生した。大統領は演説で、シリアなどのIS拠点に対する攻撃を強化する方針を表明した。

 大統領は14日、同時テロ以降継続してきた非常事態について、期限である26日に解除する意向をいったん示したが、これを撤回し、非常事態を3カ月延長する考えを明らかにした。

 革命記念日に当たる14日は、パリ中心部のシャンゼリゼ通りで恒例の軍事パレードが行われるなど国内が祝賀一色になった。当局は容疑者が革命記念日を選び、テロを起こした動機や背後関係について徹底した捜査を行う方針だ。


現場に並ぶブルーシートに覆われた遺体
時事通信 7月15日(金)10時30分配信

921
15日、仏南部ニースのトラック突入現場に並ぶブルーシートに覆われた遺体。


南仏ニースでトラック突入、死傷者多数  大統領は「テロの性質」と
BBC News 7月15日(金)10時6分配信

920
南仏ニースでトラック突入、死傷者多数  大統領は「テロの性質」と

フランスの革命記念日を祝う南仏ニースで14日夜、海沿いの遊歩道に、大型トラックが突入した。仏内務省によると、84人が死亡、約50人が負傷した。負傷者のうち18人が重体という。

AFP通信は警察の話として、現場で31歳のチュニジア系フランス人の身分証明書が見つかったと報じた。白い大型トラックを運転していた男は、警察に射殺される前に銃を何度か発砲したとみられるという。ロイター通信は、攻撃犯には犯罪歴があるため警察は把握していたものの、情報機関には知られていない人物だったと報じた。

AFPはさらに捜査筋の話として、「作動しない」手投げ弾や「数丁の偽ライフル」がトラックの中で見つかったと伝えた。

15日にテレビ演説したフランソワ・オランド大統領は、攻撃が「テロリストの性質」を持つと述べ、非常事態宣言を3カ月延長すると表明した。非常事態宣言は今月26日に解除される予定だった。

オランド大統領は、「フランスは大きな打撃を受けた」とし、「このような攻撃と戦うため、できること全てをしなくてはならない」と語った。「フランス全土がイスラム教テロリズムの脅威にさらされている」。

現場は観光地として有名な海沿いの「プロムナード・デザングレ」。花火の打ち上げが終わったところで、多くの人が集まっていた。

内務省のブランデ報道官は、運転手を「無力化」したと発表。人質がとられているという報道は否定した。運転手が単独犯だったか調べているという。

AFP通信によると検察は、トラックが群衆の中を2キロにわたり走り続けたと話している。

犯行声明を出したグループはいないが、検察によると今後の捜査はテロ対策捜査官らが行うという。

トラック車内の人間と警察と銃撃戦になったという情報もあるが、確認されていない。

ソーシャルメディアには、現場から走って逃げる人たちの様子や、現場で数十人が倒れている様子などが投稿された。

AFP通信の記者は、花火打ち上げが終わろうとするところで、「大勢がなぎ倒され、破片が飛び散るのが見えた」と話した。

ツイッターに投稿された写真では、遊歩道の真ん中で停車した白いトラックが見える。前方部が破損し、ヤシの木に後ろから様子をうかがう警官4人の姿も見える。

目撃した1人は地元テレビに、「みんなが『走れ、走れ、攻撃だ、走れ、走れ!』と叫んでいた。銃声もいくつかきこえた。最初は7月14日の記念花火だと思った。大パニックだった」と話した。

現場に居合わせたBBCのロイ・カリー記者は、発生当時の遊歩道には「数千人もの人がいた」と話した。

米ホワイトハウスは、「ニースで恐ろしいテロ攻撃が発生したようすで、きわめて強く非難する」という大統領コメントを発表した。

米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は、大統領は状況方向を受けており、「国家安全保障担当チームが適宜、最新情報を伝えていく」と話した。

(英語記事 Many dead as lorry hits crowd in Nice)


トラック突入現場から搬送される負傷者
時事通信 7月15日(金)10時3分配信

919
14日、仏南部ニースのトラック突入現場から搬送される負傷者。


仏トラックテロ オバマ米大統領、フランスに捜査への全面支援伝達
産経新聞 7月15日(金)9時51分配信

 【ワシントン=青木伸行】オバマ米大統領は14日、フランスのニースでのトラック突入をテロと断定し、「無実の市民を殺傷した恐ろしいテロを最も強い言葉で非難する」との声明を発表した。

 大統領はフランス政府に、捜査への全面支援を伝えたことを明らかにし、テロの実行組織などを「裁きにかける」と強調した。


負傷者を搬送する救急隊員
時事通信 7月15日(金)9時51分配信

918
14日、仏南部ニースのトラック突入テロによる負傷者を搬送する救急隊員。


<仏ニース>トラック突入テロ、花火見物の84人死亡
毎日新聞 7月15日(金)9時47分配信

917
フランス・ニースで、花火客の列にトラックが突入した現場を警戒する警察官=AP

 【パリ賀有勇】フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後11時(日本時間15日午前6時)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火の見物に集まっていた群衆にトラック1台が突っ込んだ。カズヌーブ内相などによると、子どもを含む84人が死亡し、18人が重傷を負った。運転手は警察当局に射殺された。車内からは、ニース在住でチュニジア出身の31歳の男の身分証が見つかったと地元メディアは報じた。犯行声明などは出ていないが、バルス首相は「テロ攻撃を受けた」とツイッターで発言。対テロ部門が捜査に着手した。

 オランド大統領は15日未明に声明を発表し、「故意に多数を殺傷しており、テロの性質を帯びていることを否定できない。国境など必要な地点に治安部隊を配備する」と述べ、近年のテロ事件を受け国内に出していた非常事態宣言をさらに3カ月延長することを明らかにした。

 大統領は「革命記念日はフランスの自由の象徴の日だ。犠牲者やその家族に連帯の気持ちを示す」とも発言。仏全土がイスラム過激派の脅威にさらされているとの見方を改めて示した。

 現場はニース中心部に近い地中海沿いの大通り「プロムナード・デザングレ(英国人の遊歩道)」。AFP通信などによると、トラックは相当なスピードで走りながら約2キロにわたって群衆をなぎ倒した。目撃証言によると、運転手は発砲もしていた。運転手は警官隊に射殺され、車内からは銃や爆発物、手投げ弾が見つかったという。

 オバマ米大統領は14日、「罪のない民間人が数十人死傷した。テロ攻撃と見られる行為を最も強い言葉で非難する」との声明を発表。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は「欧州は仏国民・政府と団結し、暴力と憎悪に立ち向かう」と述べた。英国のメイ首相も首相官邸の報道官を通じ「私たちの思いは、フランスの祝賀の日に起きた惨事に見舞われた人とともにある」との声明を出した。

 フランスでは昨年11月、パリ中心部と郊外で劇場や飲食店を標的とした同時多発テロが起き130人が死亡。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。フランスではこの事件以降、非常事態宣言が出されていたが、オランド大統領は14日に今月末での解除の意向を明らかにしたばかりだった。

 事件の背景はまだ明らかでないが、オランド大統領は「我々はシリアとイラクでの活動をより強化する」と述べ、IS対策などをより強める考えを示した。

 ニースは地中海に面した世界的に人気のある保養地。多数のバカンス客が事件に巻き込まれた可能性がある。菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、「現時点で邦人の被害は確認されていない」と述べた。政府は在マルセイユ総領事館に現地連絡室を設置し、領事をニースに派遣して情報収集している。


仏南部ニースのトラック突っ込み、車内から武器発見=当局者
ロイター 7月15日(金)9時41分配信

916
 7月15日、フランスのBMFテレビによると、南部ニースでトラックが群衆に突っ込み少なくとも73人が死亡したことについて、トラックの中から銃や手投げ弾が見つかったと同地域の議員が明らかにした。トラックの周辺に集まる警官隊(2016年 ロイター/Eric Gaillard)

[パリ 15日 ロイター] - フランスのBMFテレビによると、南部ニースでトラックが群衆に突っ込み少なくとも73人が死亡したことについて、トラックの中から銃や手投げ弾が見つかったと同地域の議員が明らかにした。

別の政府当局者は、トラックの運転手が警察に射殺される前に群衆に向けて発砲したと述べた。


南仏ニーストラック突入、逃げ惑う人々
AFPBB News 7月15日(金)9時37分配信

【7月15日 AFP】フランス南部ニース(Nice)で14日、革命記念日(Bastille Day)の花火見物に訪れていた人々の列にトラックが突っ込み、検察当局によると少なくとも70人が死亡した。検察はテロ対策捜査官が捜査に当たることを明らかにした。

 フランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領はこの日、昨年11月のパリ(Paris)同時襲撃事件を受け同国で続いている非常事態宣言を、今月26日をもって解除する方針を明らかにしたばかりだった。事件を受けて大統領はプライベートで訪れていた南部アビニョン(Avignon)から急きょパリに戻った。

 現場では銃撃の音を聞いたという目撃者証言があるが、当局は確認していない。

 ニース市のクリスチャン・エストロジ(Christian Estrosi)市長はツイッター(Twitter)で「トラックの運転手が数十人を殺害したとみられる。当面自宅にとどまるように」と呼び掛けた。

 現場のAFP記者によると、同日はフランス革命記念日で、花火が打ち上げられていた。終了後、人々が帰路に着く中、有名な海沿いの遊歩道プロムナードデザングレ(Promenade des Anglais)に白いトラックが高速で突っ込んだという。映像はトラックが突っ込んだ現場から逃げる人々。(c)AFPBB News


トラック突入現場に集まった救助隊員ら
時事通信 7月15日(金)9時35分配信

908
14日、仏ニースのトラック突入現場に集まった警官や救助隊員ら。


テロ非難、「暴力と闘う」=ASEM開幕―モンゴル
時事通信 7月15日(金)9時32分配信

 【ウランバートル時事】アジアと欧州の51カ国が参加するアジア欧州会議(ASEM)首脳会議が15日午前(日本時間同)、モンゴルの首都ウランバートルで開幕した。

 フランス・ニースで起きたトラック突入事件を踏まえ、世界に広がるテロの脅威への対応が主要議題。冒頭、EUのトゥスク大統領はニースの事件について「仏国民、政府と団結し、悲劇(の首謀者)を非難し、過激な暴力と闘う」と表明した。

 会議は16日まで行われ、南シナ海問題の扱いも焦点となる。日本からは安倍晋三首相が出席。会議に先立ち、各国首脳らは黙とうをささげ、ニースの事件や日本人7人が犠牲となったバングラデシュ・ダッカの飲食店襲撃事件の犠牲者に哀悼の意を表明した。

 今年はASEMが始まり20年目の節目。初日はASEMの歩みを総括し、今後の展望に関して議論する。南シナ海問題では、フィリピンの「全面勝訴」となった仲裁裁判所判決の受け入れを迫る日本などに対し、中国は改めて拒否する立場を示すとみられる。


仏ニースで抱き合う人々
時事通信 7月15日(金)9時28分配信

915
15日、仏ニースで起きたトラック突入を受け、抱き合う人々。


検問を行う仏警官
時事通信 7月15日(金)9時27分配信

914
14日、仏南部ニースで車の検問を行う警官。


花火の見物客に突っ込んだトラック
時事通信 7月15日(金)9時27分配信

913
14日、仏南部ニースで、花火の見物客の列に突っ込んだトラック。フロントガラスに銃痕が残っているのが分かる。


オランド大統領が現場へ、南部ニースのトラック突っ込み
ロイター 7月15日(金)9時26分配信

[15日 ロイター] - オランド仏大統領は、トラックが突っ込み多数の死傷者が出ている南部の観光地ニースに向かった。大統領府はツイッターで、政府が関係省庁による危機センターを通じて対応にあたっているとしている。


仏ニースでトラック暴走、77人死亡、負傷者100人強
CNN.co.jp 7月15日(金)9時24分配信

(CNN) フランスの革命記念日に当たる14日、南部のニースで人込みに大型トラックが突っ込み、地元当局者によると少なくとも77人が死亡、100人以上が負傷した。フランス内相は、テロ対策部門が捜査に乗り出したことを明らかにした。

地元当局によると、トラックはニースの目抜き通りで人混みを目がけて突っ込み、歩道上を2キロにわたって暴走。スピードを上げながら次々に歩行者らをなぎ倒してひいていったという。

運転していた男は警察に射殺された。車内からは火器や爆弾、手投げ弾などが見つかった。

現場に居合わせた米国人男性は、最初は事故かと思ったが、明らかに故意だったと証言している。

別の目撃者の男性によると、現場には緊急車両70~100台が駆けつけ、ヘリコプターも到着。遺体にはブルーシートがかぶせられ、緊急車両にひかれないよう目印が付けられていた。

海岸を歩いていたという女性は、「大勢の人たちが地面や歩道に倒れていた。自転車や車いすに乗った人や、花束を抱えている人もいた」と話している。

オランド大統領は訪問先のアビニョンからパリに戻り、内相と緊急会合を開いて対応を協議する。

地元自治体はニースの住民に対し、しばらくの間は外出を控えるよう呼びかけた。

米国のオバマ大統領はニースの事件を受け、「戦慄すべきテロ攻撃」として非難する声明を発表。犠牲者の遺族に哀悼の意を表すとともに、フランス当局と連絡を取って事件捜査に協力すると表明した。


仏ニースのトラック突入、死者77人に 銃など武器積載
AFP=時事 7月15日(金)9時19分配信

912
仏ニースで花火の見物客の列に突っ込んだトラック(2016年7月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)フランス南部ニース(Nice)で14日、花火の見物客の列にトラックが突っ込んで多数が死傷した事件で、仏内務省はトラックを運転していた男1人を警察が現場で殺害したことを明らかにした。クリスチャン・エストロジ(Christian Estrosi)市長によるとトラックからは銃やそれよりも大型の武器などが見つかったという。

 エストロジ市長はツイッター(Twitter)で、死者がこれまでに少なくとも77人に上ることも発表した。

 これに先立ち、地元選出の議員は死者が少なくとも75人に達し、さらに15人が「非常に危険な状態」だと述べている。【翻訳編集】 AFPBB News


「テロ」を強く非難=仏トラック突入で米大統領
時事通信 7月15日(金)9時13分配信

 【ワシントン時事】オバマ米大統領は14日、フランス南部ニースで起きたトラック突入について「恐ろしいテロとみられる攻撃を最大限強く非難する」との声明を発表した。

 大統領は関係部署に仏当局との接触を指示すると同時に、捜査に関するいかなる支援も行うと伝えたことを明らかにした。

 オバマ大統領は「この攻撃に対処し、立ち直る過程で、最古の同盟国フランスと連帯し、協調する」と決意を述べた。さらに、14日のフランス革命記念日は、立ち直る力や民主主義の価値を思い起こさせるとし、悲劇の後も「こうしたフランス気質は長く持ちこたえるだろう」と励ました。


トラック突入テロ、80人死亡
時事通信 7月15日(金)9時7分配信

911
仏南部ニースで14日午後、花火を見物していた人の列にトラックが突っ込んだ。ほぼ同時に容疑者は見物客に向かって銃を乱射した。カズヌーブ内相は15日、事件による死者が80人に上り、18人が重体だと述べた。


仏ニースでトラックが花火の見物客に突っ込み70人以上が死亡 テロの可能性も
ねとらぼ 7月15日(金)9時5分配信

 フランス南部のニースで14日夜(現地時間)、フランス革命を記念して打ち上げられた花火の見物客にトラックが突っ込み、70人以上が死亡し、100人以上のけが人が出ている。さらに死傷者は増えるのではないかと地元メディアが伝えている。トラックの運転手はその後、警察との間で銃撃戦となり死亡した。

 トラックが突っ込んだのはニース中心部にある地中海沿いの街道「プロムナード・デ・ザングレ」。現在ニース市は自宅待機が呼び掛けられており、市長も自身のTwitterアカウントで情報を提供している。捜査当局はテロの可能性があるとみて調べているという。

 フランスのオランド大統領は14日、2015年11月にパリ中心部のレストランやコンサートホールなどで起きた連続テロ事件直後から続いていた非常事態宣言を、26日の期限をもって解除する方針だと明らかにしたばかりだった。


日本人の被害情報なし=仏領事館
時事通信 7月15日(金)8時55分配信

 【パリ時事】仏ニースで14日起きたトラック突入事件で、マルセイユの日本総領事館によると、現時点で日本人が巻き込まれたとの情報はない。


仏トラックテロ 死者75人に トラックが花火見物の群衆に突っ込む 犯人は発砲も?
産経新聞 7月15日(金)8時46分配信

 【ベルリン=宮下日出男】フランス南部のリゾート地ニースで、14日午後11時半(日本時間15日午前6時半)すぎ、大型トラック1台がフランス独立記念日の花火を見物していた群衆に高速で突っ込んだ。米CNNテレビによると少なくとも75人が死亡、約100人が負傷した。運転手は1人とみられ、その場で警察に射殺された。仏治安当局は運転手が意図的に攻撃を図ったとみて、テロ対策部門を中心に捜査に乗り出した。

 地元メディアは、トラックの中から銃器と手榴弾が発見されたと報道。犯人が群衆に向かって発砲したとの目撃情報もある。仏南部アビニョンにいたオランド大統領は、対策会議のため急遽、パリに向かった。

 この日はフランス革命記念日の祝日にあたり、各地で花火やコンサートなどのイベントが開かれていた。ニースでも犯行現場の海岸付近には、市民や観光客が集まっていた。

 日本政府関係者、この事件に邦人が巻き込まれた可能性について、「今のところ情報は入っていない。引き続き確認している」と語った。

 フランスでは昨年11月、パリで劇場や飲食店などが襲撃される同時多発テロが発生。約130人が死亡した。テロ対策のため全土で非常事態を宣言していたオランド大統領が14日、3度延長していた非常事態を今月26日に解除すると表明したばかりだった。


テロ事件で捜査=仏検察
時事通信 7月15日(金)8時39分配信

 【パリ時事】AFP通信によると、フランスの検察当局は15日、ニースで発生したトラック突入について、テロ事件として捜査に着手する方針を決めた。


トラック内から銃と手りゅう弾=仏突入
時事通信 7月15日(金)8時35分配信

 仏ニースで14日発生したトラック突入事件で、仏メディアは議会筋の話として、車内から銃と手りゅう弾が発見されたと報じた。

 ロイター通信が伝えた。


仏ニースで歩道にトラック突入、70人超死亡 テロ事案として捜査
AFPBB News 7月15日(金)8時15分配信

【7月15日 AFP】フランス南部ニース(Nice)で14日、革命記念日(Bastille Day)の花火見物に訪れていた人々の列にトラックが突っ込み、検察当局によると少なくとも70人が死亡した。検察はテロ対策捜査官が捜査に当たることを明らかにした。

 フランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領はこの日、昨年11月のパリ(Paris)同時襲撃事件を受け同国で続いている非常事態宣言を、今月26日をもって解除する方針を明らかにしたばかりだった。事件を受けて大統領はプライベートで訪れていた南部アビニョン(F Avignon)から急きょパリに戻った。

 現場では銃撃の音を聞いたという目撃者証言があるが、当局は確認していない。

 ニース市のクリスチャン・エストロジ(Christian Estrosi)市長はツイッター(Twitter)で「トラックの運転手が数十人を殺害したとみられる。当面自宅にとどまるように」と呼び掛けた。

 現場のAFP記者によると、同日はフランス革命記念日で、花火が打ち上げられていた。終了後、人々が帰路に着く中、有名な海沿いの遊歩道プロムナードデザングレ(Promenade des Anglais)に白いトラックが高速で突っ込んだという。映像はトラックが突っ込んだ現場から逃げる人々。(c)AFPBB News


仏ニースでトラック突入テロ、祝日の群衆80人死亡-非常事態延長
Bloomberg 7月15日(金)7時57分配信

フランス南部のニースで14日遅く、武器を積んだトラックが群衆に突っ込み80人が死亡したことを受け、同国は再びテロ警戒態勢に入った。この日はフランス革命記念日の祝日で、現場は多くの市民や観光客でにぎわっていた。

数百人が負傷し、警察は現場の道路から離れるよう付近の人たちに命じた。地元当局者によれば、トラック運転手は警察に射殺された。

急きょパリに戻ったオランド大統領は15日未明に会見し、この攻撃が「テロの性質を帯びている」ことは否定できないと言明。「2015年1月と11月のパリに続き、ニースが狙われた」とした上で、「フランス全土がイスラムのテロの脅威にさらされている。われわれは最大限の警戒と決意を示さなければならない」と語った。カズヌーブ内相は80人が死亡し、18人が重体だと述べた。

オランド大統領は今月26日に失効する非常事態宣言を3カ月延長すると表明。フランス軍の予備役を招集した。またパリ検察でテロ対策を担当するフランソワ・モラン検事が捜査の責任者に任命された。同検事のスポークスマンが明らかにした。

現場はプロムナードデザングレと呼ばれる地中海海岸沿いの主要通りで、高級ホテルのネグレスコの近く。

オランド大統領とバルス首相は15日、国防会議後に空路でニースに向かう予定。

原題:Truck Rams Crowd Killing 80 in Bastille Day Attack in Nice (4)(抜粋)

オランド大統領のコメントなどを追加して更新します.


<フランス>花火客の列にトラック突入 30人以上死亡か
毎日新聞 7月15日(金)7時56分配信

910
フランス・ニースで、市民の列にトラックが突入した現場周辺=AP

 【パリ賀有勇】フランス南部ニースで14日夜(日本時間15日朝)、フランス革命記念日を祝う花火を見物していた市民の行列に、トラックが突っ込んだ。仏BFMテレビは、地元当局の話として、30人以上が死亡した可能性を伝えた。100人程度が負傷した可能性もあるという。

 トラックは、ニースの海岸沿いにある大通りの「プロムナード・デ・ザングレ」に集まっていた見物客らに向かって突っ込んだ。トラックの運転手の身元は明らかになっていないが、治安部隊によって射殺されたという。


仏でトラック突入、80人死亡…テロで捜査
読売新聞 7月15日(金)7時46分配信

 【ロンドン=森太】フランス南部のリゾート地ニースで14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)頃、革命記念日の花火の見物で遊歩道に集まっていた群衆に高速で大型トラックが突っ込み、約2キロ・メートルにわたってジグザグに走りながら人々をはねた。

 カズヌーブ仏内相は少なくとも80人が死亡したと発表した。トラックを運転していた男は警察に射殺された。車内から手榴弾(しゅりゅうだん)や銃器が見つかったとの現地報道もある。仏政府はテロと断定し、テロ捜査班を現地に派遣した。

 トラックに乗っていたのは運転していた男1人で、犯行声明などは出ていない。AFP通信は、車内から実行犯の身分証が見つかり、ニース在住のチュニジア系フランス人の男(31)だと報じた。


トラック突入、60人超死亡=仏報道
時事通信 7月15日(金)7時45分配信

 【パリ時事】仏ニースで花火の見物客の列にトラックが突っ込んだ事件で、地元メディアは14日、60人以上が死亡したと報じた。


仏トラック突入の犠牲者84人に、射殺された男はチュニジア出身
ロイター 7月15日(金)7時32分配信

909
 7月14日、フランス南部ニースで、革命記念日の祝日に合わせて打ち上げられた花火を見ていた群衆にトラックが突っ込み、多数が死亡した。写真は仏ニースでの攻撃後、警戒に当たるフランス兵士(2016年 ロイター/Eric Gaillard)

[ニース(フランス) 15日 ロイター] - フランス南部のリゾート地・ニースで14日夜、革命記念日の祝日に合わせて打ち上げられた花火を見ていた群衆にトラックが突っ込み、当局によると少なくとも84人が死亡したほか、多数の負傷者がでている。

カズヌーブ内相によると18人が重体。

現場は海岸沿いの著名な遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」。運転手の男は25トントラックで約2キロをジグザグに走行、その後、銃を乱射したが、警官に射殺された。

オランド大統領は演説し、疑いようもないテロ行為だと指摘。130人が犠牲となった過激派組織「イスラム国」による昨年のパリ同時多発攻撃を受けて続いていた非常事態について、3カ月延長する方針を表明した。

今のところ今回の攻撃は単独犯によるものとみられている。警察関係者によると、運転手の男(31)はチュニジア生まれのフランス人で、犯罪歴はあるが、公安当局の要注意人物リストには載っていないという。


仏ニースで歩道にトラック突入、70人超死亡 テロ事案として捜査
AFP=時事 7月15日(金)7時25分配信

908
フランス南部ニースでトラックが花火の見物客の列に突っ込んだ現場で作業に当たる警察官や救助隊員ら(2016年7月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)フランス南部ニース(Nice)で14日、革命記念日(Bastille Day)の花火見物に訪れていた人々の列にトラックが突っ込み、検察当局によると少なくとも70人が死亡した。検察はテロ対策捜査官が捜査に当たることを明らかにした。

 フランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領はこの日、昨年11月のパリ(Paris)同時襲撃事件を受け同国で続いている非常事態宣言を、今月26日をもって解除する方針を明らかにしたばかりだった。事件を受けて大統領はプライベートで訪れていた南部アビニョン(F Avignon)から急きょパリに戻った。

 現場では銃撃の音を聞いたという目撃者証言があるが、当局は確認していない。

 ニース市のクリスチャン・エストロジ(Christian Estrosi)市長はツイッター(Twitter)で「トラックの運転手が数十人を殺害したとみられる。当面自宅にとどまるように」と呼び掛けた。

 現場のAFP記者によると、同日はフランス革命記念日で、花火が打ち上げられていた。終了後、人々が帰路に着く中、有名な海沿いの遊歩道プロムナードデザングレ(Promenade des Anglais)に白いトラックが高速で突っ込んだという。【翻訳編集】 AFPBB News


突入テロか、73人死亡=トラックが花火客の列に―仏ニース
時事通信 7月15日(金)6時58分配信

 【パリ時事】フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火を見物するために集まった人たちの列にトラックが突っ込んだ。

 地元メディアは、73人が死亡したと報じた。負傷者も100人以上に達した。

 仏検察当局は、テロ事件として捜査に着手する方針を決めた。これに先立ち地元当局は、「意図的な攻撃」の可能性があると指摘した。英BBC放送(電子版)は「警察と車両所有者との間で銃撃があったとする情報がある」と伝えた。運転手は銃撃で死亡した。地元メディアによると、車内から銃と手りゅう弾が発見された。実行犯の身元は不明。

 トラック突入を受け、花火見物客は現場から逃げ出すなどパニックになった。現場はプロムナード・デ・ザングレ(英国人の散歩道)と呼ばれる地中海沿いの通り。被害は約2キロにわたって発生したとみられている。マルセイユの日本総領事館によると、現時点で日本人が事件に巻き込まれたとの情報はない。

 オランド大統領は突入事件を受け、訪問先の仏南東部アビニョンから直ちにパリへ戻り、対策の陣頭指揮を執ることを決めた。パリでは昨年11月、同時テロ事件が発生。同大統領は14日、同事件以降継続してきた非常事態について期限である26日に解除する考えを明らかにしたばかりだった。

 革命記念日に当たる14日は、パリ中心部のシャンゼリゼ通りで恒例の軍事パレードが行われるなど国内が祝賀一色になる。捜査当局は、こうした日を選び、突入事件を起こした実行犯の動機や背後関係について捜査する方針だ。

« 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・2 | トップページ | どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・16 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63920938

この記事へのトラックバック一覧です: フランス・ニースで群衆にトラック突入テロ、80人以上が死亡:

« 天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・2 | トップページ | どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・16 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31