« 参議院議員選挙、改憲勢力が2/3以上を確保 投票率54.70%・2 | トップページ | 三菱MRJ、ヨーロッパから初受注 スウェーデンのリース会社 »

2016年7月11日 (月)

参議院議員選挙、改憲勢力が2/3以上を確保 投票率54.70%・3

10日に投票が行なわれた第24回参議院議員選挙は即日開票され、焦点となった憲法改正では、自民、公明両党とおおさか維新の会などの改憲勢力が改正案の国会発議に必要な2/3(非改選と合わせて162議席)に必要な74議席以上を確保した。

総務省の発表した推計投票率は54.70%。

最初の記事
2番目の記事

リンク:平野氏の入党了承…自民、参院単独過半数回復へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自民が27年ぶり単独過半数=平野元復興相が入党―参院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<参院122議席>自民、27年ぶり過半数 平野氏が入党届 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自民27年ぶり単独過半数=参院、「改憲4党」で3分の2―無所属・平野氏入党へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<参院>自民、単独過半数へ…平野達男氏が入党届 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:平野元復興相が入党届…自民、参院単独過半数へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:平野元復興相が自民に入党届=受理なら参院単独過半数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:平野達男元復興相が自民入党へ 参院で自民単独過半数、改憲4党で3分の2も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相、8月3日にも内閣改造…「強力な布陣」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「改憲論議に期待」70%…読売参院選世論調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:参院選 自民56議席、単独過半数ならず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:参院選 改憲、結党以来の好機 自民、3分の2 長かった道のり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三原じゅん子氏“ぶっちぎり”も表情キリリ 著名候補それぞれの結末 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<参院選大勝>8月上旬に内閣改造 首相、補正編成指示へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:参院選 安倍晋三首相が記者会見「アベノミクス加速に力強い信任得た」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、12日に経済対策指示=内閣改造で「強力な布陣」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相、経済対策に全力…8月にも内閣改造 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自公が党首会談 憲法改正は「落ち着いた議論」で一致 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:参院選 菅長官「非常によかった」 自公で改選議席の過半数確保を歓迎 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<参院選>選挙区投票率54.70% 過去4番目の低さ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自公幹事長、臨時国会8月1日召集を確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:女性当選、過去最多28人=トップは自民の10人【16参院選】 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

平野氏の入党了承…自民、参院単独過半数回復へ
読売新聞 7月23日(土)22時59分配信

 自民党岩手県連は23日、無所属の平野達男・元復興相(参院岩手選挙区・当選3回)の入党を了承した。

 平野氏の自民党入党により、先の参院選(10日開票)で当選した参院議員の任期が始まる26日で、自民党の参院(定数242)の議席は122となり、1989年以来、27年ぶりに単独過半数を回復する。


自民が27年ぶり単独過半数=平野元復興相が入党―参院
時事通信 7月23日(土)19時10分配信

 自民党は23日、1989年の参院選で失った単独過半数を27年ぶりに回復した。

 同日の岩手県連常任総務会で、元復興相で無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)の入党を了承。これにより同党の参院新勢力は過半数の122議席に達した。

 平野氏は3年前に旧民主党を離れ、無所属で活動していたが、12日に自民党の谷垣禎一幹事長に入党届を提出した。


<参院122議席>自民、27年ぶり過半数 平野氏が入党届
毎日新聞 7月13日(水)22時2分配信

 元復興相で無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)が自民党に入党届を提出し、参院(定数242)で同党の議席が122議席に達する見通しになった。単独過半数は27年ぶり。自民、公明、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の4党で計162議席になり、無所属議員らを加えなくても、改憲勢力は参院で3分の2を超える。

 10日投開票の参院選で、自民党の獲得議席は56で、非改選と合わせても単独過半数に1議席届かなかった。改憲4党の合計は161議席で、非改選の無所属ら4人を加えて改憲勢力は165議席を占めた。

 非改選の平野氏は12日、谷垣禎一幹事長の要請を受け入党届を出した。今月下旬にも了承される。自民党は1989年参院選で単独過半数を失っていた。

 平野氏の自民党入りに、公明党からは懸念の声が漏れた。ある幹部は「選挙協力を重ねてきたとはいえ、数の上では連立が必要なくなる」と述べ、与党内で自民党の発言力がさらに強まることを警戒した。

 参院の無所属議員には、平野氏以外にも自民党会派入りを目指す動きが出ている。自民党の若手衆院議員は「暴走したら困る。参院選で訴えたのは経済政策で、憲法ではなかった」と困惑した。

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で「政権としては、経済対策などを一つ一つ丁寧に行っていく。自公の関係はまったく変わらない」と強調。憲法改正についても「衆参の憲法審査会の中で、与野党で議論が深まればいい」と重ねて述べた。

 平野氏は当選3回。今回の参院選では岩手選挙区に立候補して落選した自民党候補を応援した。毎日新聞は平野氏を改憲勢力には含めていなかった。【高橋恵子、高橋克哉】


自民27年ぶり単独過半数=参院、「改憲4党」で3分の2―無所属・平野氏入党へ
時事通信 7月13日(水)16時30分配信

 自民党が参院(定数242)で122議席に達し、1989年以来27年ぶりに単独過半数を回復する。

 無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)が自民党に入党の運びとなったためだ。同時に、同党や公明党など憲法改正に前向きな4党だけで改憲発議に必要な参院の3分の2(162)も占める。連立政権内で自民党の発言力が強まり、公明党との力関係も微妙に変化しそうだ。

 自民党の谷垣禎一幹事長は12日、党本部で平野氏と会い、「自民党と一緒にやってもらえないか」と入党を促した。平野氏は「分かりました」と答え、その場で入党届を書いて提出した。平野氏が13日、記者団に明らかにした。自民党は今月下旬にも受理する見通し。

 平野氏は記者団に、東日本大震災からの復興などの課題を挙げて「政策実行の一翼を担うことができれば岩手県のためにもなる」と説明。「岩手は自民党が弱いところだから、そこの強化も図れればいい」と語った。


<参院>自民、単独過半数へ…平野達男氏が入党届
毎日新聞 7月13日(水)14時45分配信

Th
参院議員の平野達男氏

 元復興相で無所属の平野達男参院議員=岩手選挙区=が自民党に入党届を出したことが分かった。平野氏が入党すれば、自民党は参院(定数242)の新勢力で122議席となる。1989年の参院選で失って以来27年ぶりに単独過半数を得る。

 平野氏は12日に自民党本部で谷垣禎一幹事長と会談した。谷垣氏から「一緒に活動できないか」と要請を受け、同日中に入党届を提出した。自民党岩手県連の手続きなどを経て、今月下旬にも正式決定する。

 平野氏は取材に「人口減少など社会が動いている。自民党でその政策を実行したい」と述べた。

 平野氏は当選3回で、今回の参院選では非改選。岩手選挙区に立候補して敗れた自民党候補を応援した。【小山由宇】


平野元復興相が入党届…自民、参院単独過半数へ
読売新聞 7月13日(水)13時36分配信

 元復興相で無所属の平野達男参院議員(62)(岩手選挙区、当選3回)が自民党に入党届を提出したことがわかった。

 同党は今後、入党に向けた手続きを進める方針だ。平野氏の入党が認められれば、自民党は参院で122議席となり、27年ぶりに単独過半数を回復することになる。

 平野氏は12日、自民党の谷垣幹事長に入党届を提出した。平野氏は読売新聞の取材に対し、「12日に谷垣幹事長と会い、一緒にやってもらいたいと要請があった」とし、「アベノミクスや人口減少対策などの政策を実行していくことが必要だ」と述べた。

 平野氏は2001年参院選に自由党から出馬して初当選。民主党(当時)内閣で復興相を務めたが、13年に離党し、同年の参院選では無所属で当選した。


平野元復興相が自民に入党届=受理なら参院単独過半数
時事通信 7月13日(水)13時12分配信

 元復興相で無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)が、自民党に入党届を提出したことが13日分かった。

 届け出が受理されれば、自民党は参院の新勢力で122議席に達し、27年ぶりに単独過半数を回復する。

 平野氏は12日、自民党の谷垣禎一幹事長と会い、入党届を提出した。

 10日の参院選で、自民党は追加公認の無所属1人を含めて56議席を獲得し、非改選(65議席)と合わせて121議席を確保している。

 平野氏は2001年の参院選で、旧自由党から立候補し初当選。民主党政権で復興相を務めたが、13年参院選では同党を離れて無所属で出馬し、3選を果たした。


平野達男元復興相が自民入党へ 参院で自民単独過半数、改憲4党で3分の2も
産経新聞 7月13日(水)11時27分配信

 元復興相で無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)が自民党に入党届を提出したことが13日、分かった。今後手続きを進める。平野氏の入党が決まれば自民党は参院で122議席となり、単独過半数となる。

 平野氏は12日、自民党本部で谷垣氏と会談。谷垣禎一幹事長が「できれば一緒に活動したい」と要請し、平野氏が「よろしくお願いします」と応じた。

 自民党入党の理由について平野氏は「いま日本に必要なのは政策の継続性だ。自民党のやっていることは間違っていない。岩手や日本のため自民党で貢献したい」と説明しているという。

 平野氏は民主党政権時代の平成24年に初代復興相に就任。25年に党運営への不満から離党届を提出したが除籍処分となり、その後は無所属で活動していた。今回の参院選では、岩手選挙区に立候補して敗れた自民党候補を応援した。

 平野氏が自民党に入党すれば、憲法改正に前向きな自民、公明、おおさか維新、日本のこころを大切にする党の4党で参院の3分の2となる162議席に到達。4党で、衆参両院で改憲の発議に必要な3分の2を確保することになる。


首相、8月3日にも内閣改造…「強力な布陣」
読売新聞 7月13日(水)7時1分配信

 安倍首相は、8月3日にも内閣改造・自民党役員人事に踏み切る方針を固めた。

 首相は参院選公約を実行するために「強力な布陣を作る」と述べており、参院選で落選した岩城法相と島尻沖縄・北方相に加え、他の閣僚も交代させる意向だ。首相は近く、同党の谷垣幹事長と会談し、こうした考えを伝える。

 参院議長などを決める臨時国会は8月1日に召集され、3日間程度開かれる方向で調整中だ。また、8月5日に行われるリオデジャネイロ五輪開会式への出席のため、4日に日本を離れる閣僚や党所属議員もいることから、首相は3日を軸に検討しているとみられる。


「改憲論議に期待」70%…読売参院選世論調査
読売新聞 7月12日(火)21時46分配信

 読売新聞社は11~12日、参院選結果に関する緊急全国世論調査を実施した。

 自民党と公明党の与党が、目標としていた改選議席の過半数を獲得したことを「よかった」と思う人は54%と半数を超え、「よくなかった」の35%を上回った。自民党の獲得議席は「ちょうどよいくらいだ」が44%、「少ない方がよかった」が39%、「多い方がよかった」が10%だった。

 自民党の勝因を聞くと、「ほかの政党よりましだと思われた」という消極的な理由が63%と際立って多かった。

 参院選の結果、自民党、公明党、おおさか維新の会など憲法改正に前向きな勢力が、参院でも改正発議に必要な3分の2を超えたことについては「よかった」が48%、「よくなかった」が41%だった。

 今後、国会で憲法改正に向けた議論が活発に行われることを「期待する」と答えた人は70%に上り、「期待しない」の25%を大きく上回った。


参院選 自民56議席、単独過半数ならず
産経新聞 7月12日(火)7時55分配信

 第24回参院選は11日、全121議席が確定した。自民党は神奈川選挙区で当選した中西健治氏の追加公認も含め56議席を獲得。公明党の14議席と合わせ、与党で改選過半数(61議席)を上回り、勝利した。ただ悲願の単独過半数に届かず、党内に「大勝」ムードは感じられない。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日の記者会見で、選挙結果について「(前回より)比例代表票を150万票以上増やし、改選前を上回る議席をいただいた」と強調した。「より安定した政治基盤のもと、一層力強く政策を前に進めることができる」とも語った。

 ただ、11日の党臨時役員会では「次の戦いは衆院選だ。負けたところはしっかり敗因を総括し、備えないといけない」と檄(げき)を飛ばすことも忘れなかった。

 注目の改選1人区で21勝11敗と勝ち越したが、前回の平成25年参院選(29勝2敗)よりも戦績は悪化。東北6選挙区で5敗するなど土壇場で競り負ける弱さも露呈したからだ。

 一方、民進党は32議席。改憲勢力の「3分の2」確保阻止はできなかった。おおさか維新の会は7議席で伸長した。共産党は6議席だった。


参院選 改憲、結党以来の好機 自民、3分の2 長かった道のり
産経新聞 7月12日(火)7時55分配信

 10日投開票の参院選で自民、公明両党とおおさか維新の会などの「改憲勢力」が非改選と合わせて憲法改正に必要な参院議席の3分の2(議席占有率66・67%)以上を確保したことで、自民党は結党以来の悲願達成に向けて歩を進めた。過去の参院選の戦績を振り返れば、改憲を目指す上で今回の勝利で“千載一遇”の好機を迎えていることが浮かび上がる。

 自民党は昭和30年の結党以降、昭和時代は2回を除き、非改選を含む参院議席の過半数を確保する結果を残してきた。しかし、平成元年に宇野宗佑内閣の下で史上最悪の惨敗(36議席)を喫してからは苦しい戦いが続き、単独過半数を一度も得ていない。

 4年の参院選では67議席を獲得したものの、7年の参院選は46議席。続く10年参院選でも44議席と敗北を喫し、橋本龍太郎首相の退陣へとつながった。

 13年は、小泉純一郎首相就任直後の「小泉ブーム」で64議席を獲得。だが、次の参院選(16年)では49議席にとどまった。

 一方、自民党単独ではなく、公明党など連立相手などを合わせた勢力で見てみたところ、最も3分の2に近づいたのは7年の参院選の結果だった。

 自民党だけでは過半数を割り込んでいたが、連立与党の社会党、新党さきがけと合わせた与党の議席占有率は59・9%に上った。しかし、このときの首相は社会党出身の村山富市氏で、自民党総裁も党内では護憲派で知られる河野洋平氏だったため、憲法改正が現実的な政治課題として意識されることはなかった。

 これに次ぐのが中曽根康弘首相が衆参同日選(ダブル選)で勝利を収めた昭和61年だが、自民党と新自由クラブを合わせても57・5%で、3分の2にははるかに及ばなかった。

 現在の自民、公明両党による連立与党の枠組みで最も高い議席占有率となったのは、小泉内閣時代に行われた平成16年の参院選で、13年参院選で獲得した議席を合わせて57・4%だった。今回の参院選で自民党は改選単独過半数には届かなかったが、連立相手も含めた議席獲得数が2回連続で過半数に達したのは7年以来。野党でもおおさか維新など改憲に前向きな勢力を合わせれば議席占有率は68・2%になる。自社さ政権や小泉ブームでも実現できなかった勢力が形成されたことで、憲法改正に向けた議論の加速が期待される。(杉本康士)


三原じゅん子氏“ぶっちぎり”も表情キリリ 著名候補それぞれの結末
夕刊フジ 7月11日(月)16時56分配信

357
支援者らから花束を受け取った三原じゅん子氏(左)=10日、神奈川県横浜市(写真:夕刊フジ)

 「2016参院選」の幕が下りた。自民圧勝の流れを受けて出馬した新旧アイドルは順当に万歳三唱。主役引退で危ぶまれた、おおさか維新は予想外の歓喜で沸いた。新潟の角栄王国が崩壊し、かつてのV9戦士が消えたことでも注目を集めた一大決戦。それぞれの泣き笑い-。

 ◇

 前回の比例代表から神奈川選挙区に移ってトップ当選を果たした自民党の三原じゅん子氏(51)。元歌手、女優としての知名度に加え、「守りたい」と書かれた赤いTシャツ姿で連日遊説をこなして支持を伸ばした。

 元カーレーサーの顔も持つ三原氏。選挙戦で応援に駆けつけた小泉進次郎農林部会長の「ぶっちぎりで勝たなければならない」との期待通り、開票開始直後に当選確実となり、2位以下を大きく引き離した。

 支援者に祝福されて笑顔を浮かべた三原氏だが、すぐに表情を引き締めて「もう2期目なので、その分責任は大きくなると思っています」と、次の6年を見据えていた。


<参院選大勝>8月上旬に内閣改造 首相、補正編成指示へ
毎日新聞 7月11日(月)15時0分配信

 安倍晋三首相は11日、内閣改造と自民党役員人事を8月上旬に行う検討に入った。参院選で与党が改選過半数を大きく上回って勝利し、経済政策「アベノミクス」の信任を得たとして、政策推進に向けた態勢を整える。

 首相は10日夜のテレビ番組で、包括的な経済対策を策定していく意向を示し、「強力な経済政策を進めていく上で、力強い新たな布陣を組んでいきたい」と述べていた。経済対策を早期にまとめる必要があることに加えて、各省庁は8月末に来年度予算案の概算要求があり、9月上旬には外交日程が続く。このため、8月1日召集の臨時国会直後の8月上旬に、内閣改造を行う検討をしている。

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、落選した岩城光英法相と島尻安伊子沖縄・北方担当相について「大臣としてこれからも責務を果たしてもらいたい。安倍首相もそう考えている」と述べ、内閣改造までは続投することを明らかにした。

 内閣改造の規模については、経済政策を加速すると強調してきたことを受け、経済閣僚らは続投させる小幅改造にとどめるかなどを調整している。政権の要となる菅氏や麻生太郎副総理兼財務相を留任させるかが焦点だ。党人事では、谷垣禎一幹事長を続投させるかも注目される。

 谷垣氏と公明党の井上義久幹事長らは11日午前、国会内で会談し、参院議長など院の構成を決める臨時国会を8月1日から3日間程度開く方針を確認。11日午後、自民党は首相が出席して臨時役員会を開き、今後の対応を協議した。首相は続いて、公明党の山口那津男代表と会談し、政権運営について協力を求めた。

 また、首相は英国の欧州連合(EU)離脱問題への対応などを目的に、12日にも新たな経済対策を盛り込んだ今年度の第2次補正予算案の編成を麻生氏ら経済関係閣僚に指示する。9月の中旬以降に臨時国会を召集し、補正予算案や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案などを提出する方針だ。【高橋恵子、大久保渉】


参院選 安倍晋三首相が記者会見「アベノミクス加速に力強い信任得た」
産経新聞 7月11日(月)14時38分配信

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、参院選を受けて自民党本部で記者会見を行い、選挙結果について「アベノミクスを一層加速せよとの力強い信任をいただいた」と述べた。「しっかりと内需を下支えするため、総合的で大胆な経済対策を実施する」とも語り、経済対策の規模については「これから検討する」とした。

 平成30年9月までの自民党総裁任期の延長に関しては「与えられた任期を全力で務めていくことに力を入れていきたい」と述べるにとどめた。内閣改造、自民党役員人事については「参院選で約束したことを実行していく力強い布陣をつくる」と強調した。

 首相は、民進党が安倍政権下での憲法改正に反対していることについて「建設的な対応とは言えない。まずは憲法審査会で真剣に議論すべきだ」と求めた。


安倍首相、12日に経済対策指示=内閣改造で「強力な布陣」
時事通信 7月11日(月)14時21分配信

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、与党が改選過半数を制した参院選を受け、党本部で記者会見した。

 首相は「アベノミクスを一層加速せよと国民から力強い信任をいただいた」と総括。景気下支えのための経済対策を早急に準備するよう12日に石原伸晃経済再生担当相に指示する考えを明らかにした。また、内閣改造・自民党役員人事を断行して「選挙で約束したことを実行する強力な布陣」を構築する意向を示した。

 首相は経済対策について「キーワードは未来への投資だ」と強調し、「アベノミクス」の恩恵が行き渡っていないと指摘される地方への投資を促進すると表明。リニア中央新幹線の東京―大阪間全線開業を現行計画の2045年から最大8年前倒しすることや、整備新幹線の建設加速、農産物の輸出体制強化などを打ち出した。

 また、参院選で「18歳選挙権」が適用されたことを踏まえ、給付型奨学金の創設を急ぐ方針を改めて示すとともに、「待機児童ゼロ」に向けた保育の受け皿整備、年金受給資格の期間短縮の17年度からの開始など社会保障の充実も掲げた。

 内閣改造は8月上旬に行われるとの見方が強い。参院選で落選した岩城光英法相と島尻安伊子沖縄担当相の後任や、秋の臨時国会で承認を目指す環太平洋連携協定(TPP)関連のポストなどが焦点となる。菅義偉官房長官と谷垣禎一自民党幹事長を続投させるかどうかについて、首相は「それぞれ極めて有能な方だが、今の段階では白紙だ」と述べるにとどめた。


首相、経済対策に全力…8月にも内閣改造
読売新聞 7月11日(月)14時17分配信

 参院選で自民、公明両党が改選過半数(61)を上回ったことを踏まえ、安倍首相は11日午後、公明党の山口代表と首相官邸で会談した。

 引き続き経済最優先で政権運営にあたり、経済政策「アベノミクス」を推進する考えを確認したとみられる。一方、民進党は参院選で不振に終わったが、野党共闘は一定の成果を得たと評価しており、次期衆院選を視野に、今後の国会審議でも野党の連携を強める構えだ。

 首相は11日昼に開かれた自民党役員会で、「自公で過半数を獲得できたが、逆に政権運営は気を引き締めてやっていかなければならない。政府・与党が一致結束してやっていこう」と述べた。

 首相は山口氏と会談後の同日午後、自民党本部で記者会見し、英国の欧州連合(EU)離脱問題への対応を含めた経済対策の策定を改めて表明する見通しだ。近く関係閣僚にとりまとめを指示する。

 自民党内では大型の公共事業など10兆円超の経済対策を求める声が出ている。政府は、経済対策を盛り込んだ2016年度第2次補正予算案を秋の臨時国会に提出し、早期成立を目指す。自民党の谷垣幹事長は11日朝、「(与党で改選過半数の)目標を達成できて良かった。成長産業を育て、経済の分配と成長との間でしっかり好循環を作っていかなければならない」と都内で記者団に語った。

 自民、公明両党は11日午前、国会内で幹事長・国会対策委員長会談を行い、参院議長などを決めるための臨時国会を8月1日に召集する方針を確認した。会期は3~4日間で調整している。本格的な臨時国会は9月中旬に召集する方向で調整しており、補正予算に加え、17年4月からの消費増税を延期するための関連法案や環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案などの成立を目指す。

 首相はまた、アベノミクス加速に向けた態勢を整備するとして、8月上旬にも内閣改造・自民党役員人事に踏み切る。菅官房長官は11日午前の記者会見で、落選した岩城法相と島尻沖縄・北方相について、首相が内閣改造まで民間人として閣僚にとどめる意向であることを明らかにした。菅氏は「(選挙では)敗れたが、閣僚として従来通り責任を果たしてほしい」と述べた。

 一方、参院選の結果、非改選も含め、改憲に前向きな自民党(追加公認1人を含む)、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の3党と無所属、「加憲」を掲げる公明党の合計議席は164議席となり、憲法改正発議に必要な3分の2以上(162)の議席に達した。首相は秋の臨時国会から衆参両院の憲法審査会で、改憲項目の絞り込みに向け、与野党の議論を始めたい考えだ。


自公が党首会談 憲法改正は「落ち着いた議論」で一致
産経新聞 7月11日(月)14時15分配信

 安倍晋三首相は11日、官邸で公明党の山口那津男代表と会談し、憲法改正について、衆参両院の憲法審査会で落ち着いて議論すべきだとの認識で一致した。首相はこれに先立ち自民党本部で開かれた臨時役員会に出席し、参院選で勝利したことについて「アベノミクスの信任を得られたと受け止め、推進していく」と述べた。また、「衆院選はいつかあるのだから、参院選で負けた選挙区の敗因を分析しなければならない」とも語った。


参院選 菅長官「非常によかった」 自公で改選議席の過半数確保を歓迎
産経新聞 7月11日(月)13時2分配信

 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、10日投開票の参院選で、自民、公明両党合わせた獲得議席数が、安倍晋三首相が目標とした改選議席の過半数を上回った結果について、「非常に良かった」と歓迎した。

 北海道や東北で敗れた選挙が目立った点に関し、菅氏は「競り合いながら極めて残念だ」とした。その上で「全体を考えれば、追加公認を含め、(自民党単独で)56(議席)という大変多くの議席を国民から得ることができた」と評価。「緊張感を持って、しっかり取り組みを前に進めていきたい」と語った。

 落選した岩城光英法相(福島)と島尻安伊子沖縄北方担当相(沖縄)の現職閣僚の処遇にも触れ、参院議員の任期が切れる今月25日以降も当面、民間枠として続投させる意向を示した。島尻氏敗戦による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への影響には「辺野古が唯一の解決策との政府の考え方に変わりはない」と話し、移設を前進させる方針を改めて明言した。

 一方、自公、おおさか維新の会などの改憲勢力が憲法改正の国会発議の要件となる3分の2に必要な74議席以上を確保し、改正への機運が高まっている情勢には「憲法のどこをどのように改正するかについて、憲法審査会で、落ち着いた環境でしっかり精緻に議論が行われ、最終的には国民に判断をいただくものだ」と述べるにとどめた。


<参院選>選挙区投票率54.70% 過去4番目の低さ
毎日新聞 7月11日(月)12時45分配信

 総務省は11日午前、第24回参院選の投票率(選挙区)が54.70%だったと発表した。前回2013年の52.61%を2.09ポイント上回ったが、参院選では過去4番目の低投票率だった。

 投票率が低かったのは、(1)高知45.52%(2)徳島46.98%(3)広島49.58%。高かったのは(1)長野62.86%(2)山形62.22%(3)島根62.20%だった。

 比例代表の投票率は54.69%で、13年を2.08ポイント上回った。

 期日前投票者数(選挙区)の速報値は1598万6898人で、参院選で過去最高だった前回の1294万9173人から23.46%増加したが、全体を大幅に押し上げるまでには至らなかった。

 選挙当日の有権者数は全国で1億620万2873人だった。【水脇友輔】


自公幹事長、臨時国会8月1日召集を確認
産経新聞 7月11日(月)12時18分配信

 自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は11日、国会内で会談し、参院選後初めての臨時国会を8月1日に召集する方針を確認した。会期は3~4日間の見通しで、参院議長の選出など院の構成を決める。

 9月中旬にも召集が見込まれる秋の臨時国会の日程については、安倍晋三首相ら主要閣僚の外交日程などを考慮し、今後調整することも確認した。


女性当選、過去最多28人=トップは自民の10人【16参院選】
時事通信 7月11日(月)12時0分配信

 参院選で女性当選者数は、選挙区17人、比例代表11人の計28人で、2007年の26人を上回り過去最多となった。前回の13年の22人からは27.3%増加した。全女性候補96人に対する当選率は29.2%で、前回比8.2ポイント増だった。
 政党別では、自民が10人(前回9人)で最も多かった。公明は擁立した3人全員が当選。民進は候補者11人のうち7人が当選し、民主として臨んだ前回の4人から伸びた。最多の20人を擁立した共産は2人にとどまった。おおさか維新が2人、社民、生活が各1人のほか、無所属の2人が当選を果たした。

« 参議院議員選挙、改憲勢力が2/3以上を確保 投票率54.70%・2 | トップページ | 三菱MRJ、ヨーロッパから初受注 スウェーデンのリース会社 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63901586

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院議員選挙、改憲勢力が2/3以上を確保 投票率54.70%・3:

« 参議院議員選挙、改憲勢力が2/3以上を確保 投票率54.70%・2 | トップページ | 三菱MRJ、ヨーロッパから初受注 スウェーデンのリース会社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31