« 熊本・震度7の地震に関するニュース・94 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2130 »

2016年7月 4日 (月)

バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・9

バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が大使館が集まる地区にある飲食店を襲撃し、店内の日本人を含む外国人ら20人以上を人質に取って立てこもった。

特殊部隊約100人が発生から10時間後の2日朝(同午前)、店内に突入し、人質14人を救出、実行犯6人を射殺した。また警官ら少なくとも2人が死亡、30人以上が負傷した。イスラム過激派テロ組織IS(イスラム国)は犯行声明を出し、この襲撃で20人以上を殺害したと主張。一方、国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力も犯行声明を出している。

この事件に巻き込まれた国際協力機構(JICA)に関係する日本人8人のうち1人は救出されたが、政府は2日夜、残る7人は死亡が確認されたと発表した。

3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事
6番目の記事
7番目の記事
8番目の記事

リンク:2年前からISに関心か=実行犯、勧誘者をフォロー―ダッカ襲撃テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ犠牲者を乗せた政府専用機、ダッカ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:遺族が悲しみの対面=5日に帰国―ダッカテロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<日伊首脳>テロ根絶に向け電話協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ根絶へ向けて連携…日伊首脳が電話会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<テロ>ラマダン狙い各地で相次ぐ IS扇動に呼応 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 「まじめな働きぶり」鉄道建設の専門家だった橋本秀樹さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ襲撃犯か、IS関連名乗る組織が写真公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府専用機、5日朝帰国=テロ事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>3県警と警視庁、合同で捜査本部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>おっとりして自然体だった…酒井さん恩師 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>鉄道の経験生かす夢…橋本秀樹さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラテロ、救出の人質1人逮捕…実行犯か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:合同捜査本部を設置=ダッカテロで神奈川県警など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>遺族ら悲しみの対面 現場レストランに献花 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ユニクロ、従業員にバングラデシュ渡航を禁止 ダッカ襲撃事件で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ根絶へ連携=ダッカ襲撃で電話会談―日伊首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>政府、犠牲者の追悼式 首相ら参列 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラデシュツアーを中止へ=テロ事件で―日本旅行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ犠牲者の遺族ら、遺体と対面…5日帰国 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ ハシナ首相も参列、ダッカで追悼式 渡辺さん知人も肩落とす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ローマ法王>暴力に走る者の「回心」訴え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 日本企業が出張規制、自宅待機などの動き「対策に特効薬ない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ事件の現場となったダッカの飲食店 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:遺族らを乗せたとみられる車両 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:襲撃テロ、解明へ協力=日伊外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ対策で連携強化を確認…日伊外相が電話会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ首都での飲食店襲撃、容疑者2人を逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ダッカ人質事件】関与をアピールするIS バングラデシュでの活動実態は - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ事件現場の飲食店 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ事件の飲食店と警官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:追悼式で花を手向ける参加者ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:花を手向ける人々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:2人の身柄拘束=救出された人も聴取か―ダッカ襲撃テロ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

2年前からISに関心か=実行犯、勧誘者をフォロー―ダッカ襲撃テロ
時事通信 7月5日(火)5時43分配信

937
ロンドンの米大使館前で演説するイスラム導師アンジェム・チャウダリー被告=2012年9月撮影

 【ダッカ時事】バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃事件の実行犯7人のうち1人は、過激派組織「イスラム国」(IS)の勧誘者とされる宗教家2人をツイッターでフォロー(読者登録)していた。

 地元メディアが4日報じた。いずれの宗教家のアカウントもそれぞれ2014、15年に停止されており、実行犯が少なくとも2年前からISに関心を持っていたことになる。

 報道によれば、ツイッターでISの情報を集めていたのは、犯行集団の中で主導的役割を果たしていたとされる22歳の男。ロンドンを拠点に活動していた著名なイスラム導師アンジェム・チャウダリー被告と、「シャミ・ウィットネス」名でISの勧誘活動をしていたインド人のメディ・ビスワス被告をフォローしていた。

 チャウダリー被告は昨年8月、ISへの援助を募った疑いで英国で訴追されている。ビスワス被告も14年12月、ISの思想を肯定し、ジハード(聖戦)への参加を呼び掛けたとしてインドで訴追された。

 また、もう1人の実行犯で、与党アワミ連盟幹部の息子とされる男は、自身のフェイスブック上で、イスラム教説教師ザキール・ナイク師の「全イスラム教徒はテロリストになるべきだ」との発言を引用していた。

 ナイク師はインド西部ムンバイにイスラム系団体を創設し、比較宗教学の権威とされる。イスラム教スンニ派以外の教義を認めず、排他的なヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返したことから、英国やカナダへの入国を拒否されている。


テロ犠牲者を乗せた政府専用機、ダッカ出発
読売新聞 7月5日(火)0時30分配信

 バングラデシュの首都ダッカで起きたレストラン襲撃テロ事件の犠牲者を乗せた政府専用機が4日、ダッカを出発した。


遺族が悲しみの対面=5日に帰国―ダッカテロ
時事通信 7月5日(火)0時12分配信

 【ダッカ時事】バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃テロ事件で、犠牲となった日本人7人の遺族が4日、帰らぬ人となった家族と対面を果たした。

 遺族は同日夜、遺体と共に政府専用機で帰国の途に就いた。羽田空港に5日早朝(日本時間)に到着する。

 対面に立ち会った木原誠二外務副大臣によると、3日深夜にダッカ入りした遺族は4日午前6時半(日本時間同9時半)から遺体と順次対面。遺族の様子について、木原氏は「差し控えたい」と記者団に明かさなかったが、「これだけ非道で卑劣な行為を思うと、ご家族の悲しみ、喪失感、憤りは察して余りあるものがある」と遺族の気持ちを代弁した。

 日本政府関係者によると、事件で負傷した渡辺玉興さんも政府専用機とは別の医療設備の整った航空機でダッカを出発した。

 4日昼前に日本側関係者が事件現場の規制区域内を短時間訪問。同日夕には、献花のため遺族ら関係者が現場を訪れたが、報道陣は立ち入りを禁じられ、様子はうかがえなかった。


<日伊首脳>テロ根絶に向け電話協議
毎日新聞 7月4日(月)23時22分配信

 安倍晋三首相は4日夜、バングラデシュの人質テロ事件を受け、9人が犠牲となったイタリアのレンツィ首相と電話で協議した。両首脳は「残虐非道なテロを断固として非難し、テロ根絶に向け国際社会の連携を一層強める」ことで一致。また、15~16日にモンゴルで開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で、「テロは断じて許さない」とのメッセージを打ち出すことで合意した。

 また、安倍首相は4日夜、日本人犠牲者7人の遺体が5日朝に帰国することについて「崇高な思いで日本を出発された皆さんがこのような形で帰国するとは想像すらできなかったと思う。皆さんの無念さを思う時、改めて強い憤りを覚える」と語った。【真野敏幸】


テロ根絶へ向けて連携…日伊首脳が電話会談
読売新聞 7月4日(月)23時11分配信

 安倍首相は4日夜、バングラデシュのテロ事件を受け、イタリアのレンツィ首相と首相官邸で電話会談し、テロを強く非難するとともに、テロ根絶へ向けて国際社会の連携をさらに深めることで一致した。

 事件では多数のイタリア人も犠牲になった。両首相はモンゴルで15、16日に開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議でテロ対策を主要議題とすることでも合意した。

 安倍首相は会談後、日本人7人の犠牲者について、「皆様の無念さ、ご家族のご心痛を思う時、改めて強い憤りを覚える」と記者団に語った。


<テロ>ラマダン狙い各地で相次ぐ IS扇動に呼応
毎日新聞 7月4日(月)23時8分配信

 【カイロ秋山信一】今年のラマダン(イスラム教の断食月)期間中、過激派組織「イスラム国」(IS)の扇動に呼応する形で世界各地でテロ事件が相次いだ。日本人7人が犠牲になったバングラデシュの首都ダッカでの人質テロ事件に続き、3日にイラクの首都バグダッドで起きた爆弾テロの死者は200人を超えた。ラマダンは5日前後に終わるが、ISは支配地域外でのテロ攻撃に力点を移しており、国際社会への脅威となっている。

 「ラマダンは侵略と聖戦、征服の月だ。あらゆる場所で不信心者に害をなせ」。ISの広報担当アドナニ幹部はラマダン前の5月に出した声明でテロを呼びかけた。ラマダンはイスラム教徒が日中に断食して信仰心を高める「聖なる月」だが、ISは独自解釈で支持者を扇動した。

 声明に呼応するかのように6月12日、米南部フロリダ州で銃乱射テロ事件が起きた。ISは「ISの戦士が実行した」と発表。ISが組織的に関与した証拠はないが、容疑者の男はISのバグダディ指導者への忠誠を誓う発言をしており、ISが影響力を誇示する格好の材料となった。

 6月28日にはトルコの最大都市イスタンブールの国際空港で銃撃や自爆テロが起きた。犯行声明は出ていないがトルコのエルドアン大統領はISの関与を指摘、旧ソ連圏出身のISメンバー関与の疑いも報じられている。

 同日、マレーシアでもISが関与する爆発で8人が負傷した。

 シリアの首都ダマスカス、隣国レバノン、エジプト北東部などでも、ISの関与が疑われるテロが起きた。さらにダッカとバグダッドで大規模なテロが相次ぎ、いずれもISが犯行への関与を主張。犯行声明は出ていないが、サウジアラビア西部ジッダでも4日、米総領事館近くで男が自爆する事件が起きた。

 ISはラマダン期間中にイラク中部ファルージャを失うなど、本拠地イラクやシリアで劣勢続きだ。米政府によると、ISの実効支配地域はイラクで約5割、シリアで約2割、最大時より縮小した。主要資金源だった原油関連施設の破壊で戦闘員報酬も半額になり、外国人戦闘員の流入も減っているという。

 米軍主導の有志国連合と連携するイラク政府軍やクルド人部隊、ロシア軍と連携するシリア政府軍などはイラク北部モスルとシリア北部ラッカに迫る。リビアでも敵対勢力の攻勢で最大拠点の中部シルトを失う瀬戸際だ。

 イスラム過激派の動向に詳しい民間シンクタンク・エジプト情勢研究所のアフマド・バン研究主幹は「ISは大規模テロで力を誇示する戦略に転換した。ISと直接結びつきがないような支持者がテロを起こす恐れが高まっている」と指摘した。


ダッカ人質テロ 「まじめな働きぶり」鉄道建設の専門家だった橋本秀樹さん
産経新聞 7月4日(月)22時22分配信

 テロの犠牲となった橋本秀樹さん(65)は、国際協力機構(JICA)の交通関係のプロジェクトに参加するために6月からバングラデシュに派遣されていた。鉄道建設のベテランエンジニアで、同僚らは「まじめに働く人だった」と突然の死を悼んだ。

 関係者によると、橋本さんはJR東日本に勤務していたことがあり、鉄道の建設工事が専門。定年前に高架下や駅ビルなどの開発や運営をする「JR東日本都市開発」に移り、今春、建設コンサルタント会社「オリエンタルコンサルタンツグローバル」に勤務する直前まで勤めていた。当時の橋本さんについて、JR東日本関係者は「まじめな働きぶりだった」と話した。

 6月に橋本さんとダッカで食事をしたというオリエンタル社の同僚は「気をつけていたとは思うが、ここまでのことが起きるとは想像していなかっただろう。どうしてこんなことになったのか」と惜しんだ。


ダッカ襲撃犯か、IS関連名乗る組織が写真公開
AFP=時事 7月4日(月)22時4分配信

936
「イスラム国のバングラデシュ支部」と名乗るグループが公開した、ダッカ飲食店襲撃事件の実行犯とみられる人物らのコンボ写真。背景に見えるのはイスラム過激派組織「イスラム国」の旗(撮影日不明)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)で人質20人が惨殺された飲食店襲撃事件の実行犯とみられる人物らの写真を4日、「イスラム国のバングラデシュ支部(Bangladesh Branch of the Islamic State)」と名乗るグループが公開した。

 写真には事件を実行した武装集団の一味とみられる人物らが1人ずつ、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の旗を背に、ライフルを持って写っている。撮影場所は定かでない。

 1日夜、ダッカの欧米風のカフェで起きた事件について、ISは「十字軍の国の市民」が集まる場所を狙ったとする犯行声明を出している。

 これに対し、バングラデシュ政府は3日、犯行はイスラム過激派に憧れて国内の武装勢力に追随していた者たちによるものであり、実行犯らは高等教育を受けていたと述べ、ISとのつながりを否定した。またアサドゥザマン・カーン(Asaduzzaman Khan)内相はAFPの取材に対し、一味は10年以上前に非合法化された国内のイスラム過激派組織「ジャマートゥル・ムジャヒディン・バングラデシュ(JMB)」のメンバーだと語った。

 実行犯のうち6人は現場で射殺されている。また、バングラデシュ当局は4日、身柄を拘束していた1人を含む容疑者2人を逮捕したと発表した。【翻訳編集】 AFPBB News


政府専用機、5日朝帰国=テロ事件
時事通信 7月4日(月)22時4分配信

 外務省は、テロ事件被害者の遺体を乗せた政府専用機が4日夜(日本時間同日深夜)にバングラデシュの首都ダッカを出発、5日早朝に羽田空港に到着すると発表した。

 岸田文雄外相や萩生田光一官房副長官ら政府関係者が出迎える。


<バングラテロ>3県警と警視庁、合同で捜査本部
毎日新聞 7月4日(月)22時0分配信

 バングラデシュの首都ダッカで起きた人質テロ事件で、日本人犠牲者7人の居住地や勤務地のある神奈川県警や警視庁などは4日、合同捜査本部を設置した。刑法の国外犯規定に基づき、殺人容疑などを視野に捜査する。

 合同捜査本部は神奈川、千葉、埼玉3県警と警視庁の捜査員100人超の態勢。国内に移送される遺体を司法解剖して死因の特定を進め、日本人で唯一救出された渡辺玉興さんから回復を待って襲撃時の状況などを聴くとみられる。犠牲者の親族の支援も行う。

 現地では2日(現地時間)から、警察庁の国際テロリズム緊急展開班(TRT-2)が活動している。捜査本部も今後、現地に捜査員を派遣し、治安当局などから情報収集することを検討している。【村上尊一】


<バングラテロ>おっとりして自然体だった…酒井さん恩師
毎日新聞 7月4日(月)21時56分配信

 バングラデシュ人質テロ事件で犠牲となった建設コンサルタント会社「アルメックVPI」(東京都新宿区)の社員、酒井夕子さん(42)は筑波大で都市計画を専攻し、学生時代から「海外で仕事をしたい」と熱く語っていた。

 酒井さんは1996年4月から1年間、当時講師だった藤川昌樹・同大教授の指導を受けた。藤川さんによると、卒論のテーマは、大学に近い茨城県真壁町(現・桜川市)の街づくり。「優しくおっとりした性格で、いつも自然体だった」。一方でハンググライダーのサークルに参加するなど、活動的な面もあったという。

 卒業後は希望通り、海外での仕事のチャンスがある同社に。2001年に青年海外協力隊としてモロッコに赴任する前にあいさつに来るなど、藤川さんや研究室の後輩らとのつながりも続いていた。

 藤川さんが最後に酒井さんに会ったのは昨年3月、研究室の20周年のパーティーだった。「元気にやっていそうだなと思っていた。研さんを積んだ専門知識を持つ人が亡くなるのは本当に悔しい」と声を振り絞った。【大場あい】


<バングラテロ>鉄道の経験生かす夢…橋本秀樹さん
毎日新聞 7月4日(月)21時53分配信

 バングラデシュ人質テロ事件で犠牲となった建設コンサルタント会社「オリエンタルコンサルタンツグローバル」(東京都渋谷区)の橋本秀樹さん(65)はJR東日本で土木技術者として勤務し、その後は今春の退職までJRグループの都市開発会社で働いていた。

 橋本さんは4月、地元の千葉県船橋市から都市計画審議会の市民公募委員に選ばれた。市の臼井英次・都市政策課長が5月中旬、自宅で委嘱状を手渡した際、橋本さんは「鉄道をやってきたのでまちづくりに興味があり(委員に)応募させていただいた」と話したという。審議会の初会合は8月の予定だった。

 隣に住む女性(45)は「若々しく、穏やかで優しい人。毎日、奥さんが車で駅まで送り迎えをして夫婦仲がとても良さそうだったのに……」と表情を曇らせた。朝のごみ出しでよく顔を合わせたといい、重そうなごみ袋を手に「自分でこんなに詰めたのだからしょうがない」と笑っていたのが印象に残っているという。

 橋本さんは今年度、町内会の役員として住民と近くの公園で草むしりなどをした。女性は「とにかく残念としか言いようがない」と声を落とした。【青木英一、小林多美子】


バングラテロ、救出の人質1人逮捕…実行犯か
読売新聞 7月4日(月)21時50分配信

 【ダッカ=児玉浩太郎】バングラデシュの首都ダッカのレストラン襲撃テロで、同国の捜査当局は4日、治安部隊などによる突入作戦で拘束した実行犯1人に加え、別の1人を逮捕した、と明らかにした。

 地元メディアによると、実行犯グループの中には、半年前から消息が不明となっていた者もおり、周到に準備された計画的な犯行だったとの見方が強まっている。

 AFP通信によると、捜査当局者は「2人を立件するつもりだ」と述べた。判明している実行犯グループ7人のうち、6人は殺害され、1人が拘束された。英BBCによると、新たに逮捕されたのは、人質として救出されたうちの1人。近隣住民が撮影した襲撃時の映像から、実行犯グループの1人だった可能性が強まったという。


合同捜査本部を設置=ダッカテロで神奈川県警など
時事通信 7月4日(月)21時50分配信

 バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃テロ事件で、殺害された日本人7人らの居住地などを管轄する神奈川県警や警視庁などは4日、合同捜査本部を設置した。

 刑法の国外犯規定に基づき、殺人や殺人未遂、逮捕監禁容疑などを視野に捜査する。

 埼玉、千葉両県警などが合同捜査本部に加わるとみられる。5日に7人の遺体が日本に到着し次第、検視や司法解剖を行う。

 また、現場の飲食店で事件に巻き込まれ重傷を負った渡辺玉興さんを含む生存者らから話を聴き、全容解明を目指す。


<バングラテロ>遺族ら悲しみの対面 現場レストランに献花
毎日新聞 7月4日(月)21時44分配信

935
事件で亡くなった犠牲者を追悼する式典で花を手向けるバングラデシュ人ら=ダッカで2016年7月4日午前10時46分、小出洋平撮影

 【ダッカ金子淳】バングラデシュの首都ダッカで起きた人質テロ事件で亡くなった日本人7人の遺族は4日、ダッカ市内の病院で遺体と対面した。負傷した渡辺玉興さんの家族も病院を訪ね、面会したとみられる。遺族らは事件現場のレストランも訪れ、犠牲者の冥福を祈った。

 レストラン周辺は4日も封鎖が続いた。昼前に日本人が日本大使館員らとともに車で現場を訪れ、レストラン前で花束を手向けた。関係者によると負傷した渡辺さんの家族らで、泣きながら冥福を祈ったという。

 夕方には遺族を乗せたとみられるバス3台が現場を訪れた。バスは約30分間、規制線の中のレストラン前に停車。現場には多くの報道陣が詰めかけていたが、車内はカーテンが下ろされ、中の様子は一切うかがえなかった。

 一方、現場には犠牲となったインド人女性の知人のバングラ人夫妻も訪れ、献花した。夫は「娘の幼なじみだった。どうしてあんなにいい子がこんな目に」と、涙をこぼした。

 ◇現地の関係者「友好信じる」

 【ダッカ岩佐淳士】ダッカの人質テロ事件に巻き込まれた日本人8人は、国際協力機構(JICA)の円借款事業で現地に赴いていた建設コンサルタント会社の関係者だった。市内の競技場で4日開かれたバングラ政府主催の追悼式には、亡くなった日本人7人と共にJICAのプロジェクトに携わっていた現地の仕事仲間も参列した。

 「1週間前にお会いしたのに」。IT企業社長のシャージャハン・アリさん(50)が、無念の思いを語った。アリさんは日本人犠牲者らが従事していたJICAの鉄道建設プロジェクトでシステム開発を請け負っていた。

 ダッカは人口増加と急速な都市化で渋滞がひどく、鉄道など公共交通機関の整備が求められている。

 アリさんは先月26日の会合で犠牲者らと顔を合わせた。負傷した渡辺さんと面識が深く、プロジェクトの成功に向け「一緒に頑張りましょう」と声を掛け合っていたという。

 「ダッカでも一番安全な場所のはずなのに」と肩を落としたアリさんは、懸念を漏らした。「これまでバングラを一番サポートしてくれたのが日本。友好を信じているが、関係が傷つくかもしれない」


ユニクロ、従業員にバングラデシュ渡航を禁止 ダッカ襲撃事件で
AFP=時事 7月4日(月)21時28分配信

【AFP=時事】バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)で武装集団が飲食店を襲撃し、邦人7人を含む人質20人が殺害された事件を受け、カジュアル衣料品店「ユニクロ(UNIQLO)」を運営するファーストリテイリング(Fast Retailing)は4日、不要不急のバングラデシュ渡航を従業員に禁止し、また現地に滞在する従業員には自宅に留まるよう指示した。

 ファーストリテイリングの広報担当者によれば、現地に滞在する従業員は現在10人いる模様で、次の通告があるまで自宅待機を指示したという。また、必須なものを除き、バングラデシュへの従業員の渡航は見合わせている。

 ファーストリテイリングはダッカ周辺に「グラミンユニクロ(Grameen Uniqlo)」9店舗を展開している他、現地生産者との連携の任に当たる事務所を置いている。

 バングラデシュにはユニクロの他、日本企業約240社が進出している。事件を受けて、東芝(Toshiba)も来月10日まで不要不急の渡航を避けるよう従業員に指示した他、大手ゼネコンの大林組(Obayashi)と清水建設(Shimizu)は現地の従業員に自宅待機を命じている。【翻訳編集】 AFPBB News


テロ根絶へ連携=ダッカ襲撃で電話会談―日伊首相
時事通信 7月4日(月)21時23分配信

 安倍晋三首相は4日夜、バングラデシュの首都ダッカで起きた襲撃テロ事件を受け、イタリアのレンツィ首相と電話会談した。

 両首相はテロを断固非難し、テロ根絶に向けた国際社会の連携を強めていくことを確認。15、16両日にモンゴルの首都ウランバートルで開催されるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で、同様の強いメッセージを発出する方針でも一致した。

 両首相は、両国民に多数の死傷者が出たことについて、互いに哀悼の意を表明。首相は会談後、首相官邸で記者団に対し、「(犠牲になった)皆さんの無念さ、ご家族の心痛を思う時、改めて強い憤りを覚える」と語った。


<バングラテロ>政府、犠牲者の追悼式 首相ら参列
毎日新聞 7月4日(月)21時2分配信

934
事件で亡くなった犠牲者の追悼式で花を手向ける参列者=ダッカで2016年7月4日午前10時20分、小出洋平撮影

 【ダッカ岩佐淳士】バングラデシュの首都ダッカで起きた人質テロ事件で、バングラ政府は4日、日本人7人を含む犠牲者20人の追悼式を開いた。遺族やハシナ首相、渡辺正人駐バングラデシュ大使ら各国大使などが参列し、花束を手向けた。日本人遺族は参列しなかった。

 ダッカ市内の競技場であった追悼式には、バングラデシュ人犠牲者3人のひつぎが置かれた。会場には犠牲者を出した日本やイタリア、インドなどの旗が飾られ、各国大使らが追悼した。

 日本人7人の遺族は4日、病院で遺体と対面。政府専用機で4日夜ダッカを出発し5日朝にも羽田空港に到着する。負傷した渡辺玉興さんは別の便で帰国する見通し。


バングラデシュツアーを中止へ=テロ事件で―日本旅行
時事通信 7月4日(月)21時0分配信

 日本旅行は4日、バングラデシュで8月と9月に予定していた職業体験ツアーを中止する方向で検討に入った。日本人7人が犠牲になった首都ダッカでのテロ事件を踏まえた措置。

 この職業体験ツアーは、海外旅行ガイド「地球の歩き方」で有名なダイヤモンド・ビッグ社(東京)を通じて参加者を募集。出発日は8月27日と9月10日で、それぞれバングラデシュに約2週間滞在し、貧困層に小口の資金を貸し出すグラミン銀行の施設で体験学習を行う予定だった。

 JTBやエイチ・アイ・エスなど他の国内大手旅行各社は、昨年10月に外務省がバングラデシュ全域の危険情報を「不要不急の渡航はやめてください」とするレベル2に引き上げて以降、日本発着のツアー設定自体を取りやめている。


テロ犠牲者の遺族ら、遺体と対面…5日帰国
読売新聞 7月4日(月)20時43分配信

933
事件現場を出る被害者の家族らを乗せたバス (4日午後6時28分、ダッカで)=川崎公太撮影

 【ダッカ=石崎伸生】レストラン襲撃テロ事件の現場となったバングラデシュの首都・ダッカ入りしている日本人犠牲者の遺族らは4日早朝(日本時間4日午前)から順次、遺体安置場所の軍施設を訪れ、遺体と対面した。

 遺族らは、7人の遺体とともに、同日夜、政府専用機で現地を出発し、5日朝、東京・羽田空港に到着する。政府を代表し、岸田外相と萩生田光一官房副長官が出迎える。

 軍施設に同行した木原誠二外務副大臣は4日午後、記者団に「大変な事態なので、家族の様子を申し上げるのは差し控える。悲しみ、喪失感、憤りは察して余りある」と語った。


ダッカ人質テロ ハシナ首相も参列、ダッカで追悼式 渡辺さん知人も肩落とす
産経新聞 7月4日(月)20時40分配信

932
4日、首都ダッカにあるバングラデシュ陸軍競技場で、テロ事件の犠牲者を追悼する式典が開かれ、ハシナ首相らが献花した(吉村英輝撮影)(写真:産経新聞)

 【ダッカ=吉村英輝】日本人7人が殺害された飲食店襲撃テロで、バングラデシュ政府は4日、首都ダッカの陸軍競技場で追悼式を行った。式典にはハシナ首相も参列。多くの市民が献花に訪れ、犠牲者の冥福(めいふく)を祈った。

 会場には犠牲者が出たインド、イタリア、バングラデシュ、日本、米国の国旗が掲げられ、ハシナ氏は犠牲者3人の棺を前に献花した後、4カ国の大使にそれぞれ哀悼の言葉を送り、「国際社会として結束しテロに立ち向かおう」と呼びかけた。

 会場を訪れたシャジャハン・アリさんは、事件で重傷を負った渡辺玉興さんと数年来の付き合いという。同国初の地下鉄建設に向け、事件の犠牲になった日本人らと先月26日、式典を開いたばかりだった。流暢(りゅうちょう)な日本語で「大切な仲間を失った。2019年の開通目標に遅れがでるかも」と肩を落とした。


<ローマ法王>暴力に走る者の「回心」訴え
毎日新聞 7月4日(月)20時39分配信

 【ラベンナ(イタリア北部)福島良典】フランシスコ・ローマ法王は3日、バングラデシュとイラクで相次いだテロを受け、憎悪から暴力に走る者の「回心」を訴えた。

 法王はバチカンのサンピエトロ広場で開いた日曜恒例の祈りの集いで、「亡くなった人たち全員のために祈りをささげよう。そして、憎しみに目がくらんだ乱暴者の心を神が回心させてくれるようお願いしよう」と述べた。

 バチカンは2日、バングラの人質テロ事件を「神と人道に反する野蛮な行為」と非難し、犠牲者の遺族に弔意を表明する法王のメッセージを発表した。


ダッカ人質テロ 日本企業が出張規制、自宅待機などの動き「対策に特効薬ない」
産経新聞 7月4日(月)20時12分配信

 バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃テロを受け、日本から現地に進出する企業が社員の安全対策に乗り出した。ダッカに9店舗を出店するファーストリテイリングや、現地企業に生産委託する三菱自動車は4日、バングラデシュへの不要不急の出張を控えるように指示を出した。

 清水建設は現地駐在の社員に対し、当面は自宅で待機するように指示。日本通運は現地法人に勤める社員に対して毎朝の出社時に本社などへ安否連絡することを指示した。バングラデシュに拠点を持つ味の素やホンダは、現時点では「状況を注視する」としているが、事態の変化によっては出張規制なども検討する。

 海外での安全対策を再確認する動きも出ている。東レは「テロ巻き添え防止策」を再確認するよう全社員に指示した。テロ対象となりやすい警察署などに長居しないなどの注意事項が盛り込まれている。貧困層を対象にした「BOPビジネス」を支援する経済産業省は「各国の状況も分析した上で、支援体制のあり方を検討」(通商金融・経済協力課)する。

 経済同友会の小林喜光代表幹事は4日の記者会見で、今回のテロに関し「非常に残念だ」と述べた。

 また「テロの危険度はかつてより上がっている。(企業のテロ対策は)長年の課題だ。特効薬はない」と語った。

 一方で「企業活動がグローバル化する中で、海外進出をやめるわけにはいかない」とも強調した。


テロ事件の現場となったダッカの飲食店
時事通信 7月4日(月)19時33分配信

931
テロ事件の現場となったバングラデシュの首都ダッカの飲食店「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」=(C)Googleストリートビュー提供


遺族らを乗せたとみられる車両
時事通信 7月4日(月)19時33分配信

930
バングラデシュの飲食店襲撃テロ事件現場で、規制区域内に到着した車両。遺族ら関係者を乗せているとみられる=4日、ダッカ


襲撃テロ、解明へ協力=日伊外相
時事通信 7月4日(月)19時9分配信

 岸田文雄外相は4日、イタリアのジェンティローニ外相と電話で会談し、バングラデシュの襲撃テロ事件で両国民に多数の死傷者が出たことについて、互いに哀悼の意を表明した。

 また、岸田氏が「事件の真相解明のため引き続き協力したい」と伝えたのに対し、ジェンティローニ氏も「協力して対応したい」と応じた。


テロ対策で連携強化を確認…日伊外相が電話会談
読売新聞 7月4日(月)18時59分配信

 岸田外相は4日、バングラデシュのテロ事件を受け、9人の犠牲者を出したイタリアのジェンティローニ外相と電話会談した。

 岸田氏は「現地対応では日伊両国の大使館で緊密に連携しており、真相解明のため引き続き協力したい」と伝え、両国が事件への対応やテロ対策で連携を強化していくことを確認した。


バングラ首都での飲食店襲撃、容疑者2人を逮捕
AFP=時事 7月4日(月)18時40分配信

974
バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃事件で、人質救出作戦に出動した軍の兵士たち(2016年7月2日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)で武装集団が飲食店を襲撃し、邦人7人を含む人質20人が殺害された事件で、現地警察は4日、先に拘束していた襲撃犯1人と別の1人の計2人を正式に逮捕したと発表した。

 シャヒドゥル・ホック(Shahidul Hoque)警察長官はAFPの取材に対し「2人を拘束しており今後、起訴する」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News


【ダッカ人質事件】関与をアピールするIS バングラデシュでの活動実態は
BuzzFeed Japan 7月4日(月)18時32分配信

929
機関誌「ダービク」に掲載された、バングラデシュのISの戦闘員とされる人たちの写真

バングラデシュの首都ダッカで7月1日に発生した人質事件。イスラム国(IS)を名乗る組織が犯行声明を出したが、政府はISの関与を否定している。バングラデシュでの活動強化をアピールするISの実態は。【BuzzFeed Japan】

ISのネット機関誌「ダービク(Dabiq)」。カラー写真を豊富に配置し、編集されたPDFのプロパガンダ雑誌だ。

英語版の「ダービク」14号では、バングラデシュでの活動について、多くのページが費やされている。

まず、シリア北部での戦闘中に死亡したAbu Jandal al-Bangaliという、若いバングラデシュ人の戦闘員が特集されている。

首都ダッカの裕福な家庭の生まれで、軍とつながりを持っていた。シリアでのトレーニングに参加した後、 殉教作戦に志願したという。

また、バングラデシュでのISのリーダーであるSheikh Abu Ibrahim al-Hanifのインタビューもある。

Abu Ibrahimは、ミャンマーのイスラム教徒は、周辺の仏教徒やヒンドゥー教徒からの弾圧の下で暮らしていると述べ、ミャンマーの前に、バングラデシュ内でのジハードを強化したいと話している。

そして、「大量のヒンドゥー教徒を標的にするまで、この地方におけるシャリーアは達成されないと信じている」とも語っている。

また、Abu Ibrahimは、バングラデシュ最大のイスラム政党であるイスラム協会(Jamaat-e-Islami)を批判している。2001~2006年までの政権当時、「アッラーの法」を適用しなかったことを、その理由の一つとしている。

Abu Ibrahimは、地理的な位置と、インドへの近さから、バングラデシュはグローバルなジハードのために重要な場所であるとしている。

ベンガル地方に強いジハード基盤を持つことで、インドへのゲリラ攻撃を、国内外の両方から同時に行うことができる、と述べている。

昨年10月、ダッカでのイスラム教シーア派の休日パレードの際に、3発の爆弾が旧市街で爆発し、死者1人と負傷者100人以上を出した。バングラデシュで、シーア派が標的にされたのは、この時が初めてだった。

この爆発事件の前、ダッカの外交地区でイタリア人男性が、また、バングラデシュ北西部で日本人男性が殺害されている。

ISは、爆発事件と、外国籍2人の殺害ついて犯行声明を出し、「十字軍連合の市民たち」はイスラムの地では安全の保証はない、としている。

ISは今年2月、バングラデシュ北部の寺院で斬首されたヒンドゥー教の司祭の殺害事件についても、関与を発表している。

バングラデシュでは、昨年からイスラム原理主義に批判的なブロガーが殺害される事件が相次いで起きている。

バングラデシュ政府は、国内でISは活動していないと、繰り返し述べてきた。しかし警察は昨年、ブロガー殺害にも関与しているとされ、アルカイダとISの双方とつながりがあるといわれる「Ansarullah Bangla Team」のシンパとみられる3人を拘束した模様だ。


テロ事件現場の飲食店
時事通信 7月4日(月)18時24分配信

928
テロ事件が発生したバングラデシュの飲食店「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」=4日、ダッカ


テロ事件の飲食店と警官
時事通信 7月4日(月)18時24分配信

925
テロ事件が発生したバングラデシュの飲食店「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」を見回る警察官ら=4日、ダッカ


追悼式で花を手向ける参加者ら
時事通信 7月4日(月)18時17分配信

927
バングラデシュの飲食店襲撃テロ事件を受けて開催された追悼式で、花を手向ける参加者ら=4日、ダッカ


花を手向ける人々
時事通信 7月4日(月)18時17分配信

926
バングラデシュの飲食店襲撃テロ事件の追悼式で、花を手向ける参加者ら=4日、ダッカ


2人の身柄拘束=救出された人も聴取か―ダッカ襲撃テロ
時事通信 7月4日(月)17時39分配信

925
テロ事件が発生したバングラデシュの飲食店「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」を見回る警察官ら=4日、ダッカ

 【ダッカ時事】バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃テロ事件で、警察当局者は4日、地元メディアなどに対し、2人の身柄を拘束していると明らかにした。

 AFP通信は2人が「正式に逮捕された」と報じたが、別の捜査関係者はロイター通信に「2人が被害者か容疑者かは分からない」と話している。

 日本人7人を含む20人の人質が殺害された襲撃事件では、特殊部隊が突入して実行犯6人を射殺した。拘束されている2人のうち1人は、突入作戦の際に捕らえられた。

 ロイター通信によれば、拘束中の2人は負傷して病院で治療を受けており、捜査関係者は「彼らが回復後、事件でどういう役割を果たしたのか明らかになる」と語った。

 一方、バングラデシュのデーリー・スター紙(電子版)はこれより先、現場から救出されるなどした27人のうち、5人が3日夜も警察の取り調べを受けていると報じた。5人の中に武装集団の支援者が含まれている可能性があるためという。

 取り調べを受けているうちの1人は、バングラデシュで生まれたカナダ人男性で、事件前日にバングラデシュ入りした。この男性と一緒に現場の飲食店に行った女友達2人は、襲撃犯が通っていた私立大学の学生という。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・94 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2130 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63870795

この記事へのトラックバック一覧です: バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・9:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・94 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2130 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31