« バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISの犯行か・3 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・5 »

2016年7月 2日 (土)

バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・4

バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が大使館が集まる地区にある飲食店を襲撃し、店内の日本人を含む外国人ら20人以上を人質に取って立てこもった。

特殊部隊約100人が発生から10時間後の2日朝(同午前)、店内に突入し、人質14人を救出、実行犯6人を射殺した。また警官ら少なくとも2人が死亡、30人以上が負傷した。イスラム過激派テロ組織IS(イスラム国)は犯行声明を出し、この襲撃で20人以上を殺害したと主張。一方、国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力も犯行声明を出している。

この事件に巻き込まれた国際協力機構(JICA)に関係する日本人8人のうち1人は救出されたが、政府は2日夜、残る7人は死亡が確認されたと発表した。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事

リンク:ダッカ人質テロ 岡村誠さんの父「来年頃には結婚式…人間がやるようなことではない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>JICA理事長「痛恨の極み」…死亡確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラの襲撃事件現場の警察官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ襲撃、ISが犯行声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ飲食店襲撃事件の現場付近 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>政府専用機、3日にも派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「犯人に強い憤り」=調査委託のJICA理事長―ダッカ人質立てこもり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>「出来よい息子、悔しい」死亡の岡村さん父 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本人7人死亡=ISが犯行声明―突入前に殺害か、1人救出―ダッカ人質立てこもり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>ドキュメント…事件巡る2日の動き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>コーランで選別…暗唱できぬ人を襲う - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宗教の下の殺害許されず=バングラ首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>普段より外国人多く…ラマダンの惨劇 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラデシュ人質事件で日本人7人の死亡確認=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>政府専用機の派遣…官房長官「検討」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、きょうにも専用機派遣=被害遺族対応に全力―テロ対応、安保理で協議へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「仕事熱心、会社の宝」=バングラ発展に尽力―巻き込まれた8邦人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 日本人7人死亡、政府専用機派遣へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 日本人7人死亡確認、3人安否不明の会社担当者「何も答えられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>現場緊迫、続く厳戒警備…雨のダッカ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 日本人7人の死亡確認 13人救出、IS系が犯行声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>日本人7人の死亡確認…菅官房長官発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 日本人7人の死亡を確認 菅官房長官「痛恨の極み」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安否不明7邦人の死亡確認=氏名は公表せず―菅長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 イタリア人の死亡確認9人  - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 「優秀な技術者。我が社の宝。無事でいて」3人安否不明の会社担当者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ事件、邦人7人含む20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>各社、懸命に安否確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>情報収集に全力…安倍首相が指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>「宣伝」狙い外国人攻撃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>トルコ「日本人観光客離れに追い打ち」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 日本、イタリアのほか、韓国人、インド人も犠牲か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>アジアにもネットワーク…テロの脅威、拡散 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質テロ 日本人7人安否不明、人質20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ダッカ人質テロ 岡村誠さんの父「来年頃には結婚式…人間がやるようなことではない」
産経新聞 7月3日(日)1時17分配信

バングラデシュの首都ダッカの飲食店が襲撃されたテロ事件に巻き込まれ、死亡が確認された建設コンサルタント会社「アルメックVPI」の会社員、岡村誠さん(32)の父、駒吉さん(71)は3日未明、「政府から2日午後10時半ごろに(亡くなったと)連絡があった。銃撃戦に巻き込まれたら逃げられないだろうなと思っていた」と肩を落とした。

 テロリストに対しては、「憎いのは当たり前。国を良くしようとしている人たちを無差別に殺している。人間がやるようなことではない」「誠からもらった腕時計が形見になってしまった」と怒りを抑えながら語った。

 誠さんには婚約者がいたといい、駒吉さんは「来年ごろには結婚式を挙げたいと話していたのに…」と声を振り絞った。


<バングラテロ>JICA理事長「痛恨の極み」…死亡確認
毎日新聞 7月3日(日)1時15分配信

 バングラデシュの人質テロ事件で、日本政府が日本人7人の死亡を確認したと発表したのを受け、国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長は3日未明、東京都千代田区のJICA本部で記者会見し「誠に残念で痛恨の極み。バングラデシュの発展のために貢献していた方を失ったのは残念で、攻撃したテロリストに怒りを禁じ得ない」と話した。

 JICAによると、死亡した7人はJICAが発注した現地のインフラ関係の調査事業に従事するコンサルタント会社の社員。「家族が自分の目で確認されるまでは、個人の特定につながる情報は出せない」として、社員の名前や所属会社名は明かさなかった。

 7人は現地でインフラ関係の調査事業に従事していた。北岡理事長は2日夜の会見で現場について「普通に考えれば安全な場所だっただけに、こういう事態になって残念」と語った。バングラデシュでは昨年10月にも日本人が殺害される事件があり、「今年6月がIS(過激派組織『イスラム国』)設立2周年に当たり、さらにラマダン(断食月)明けは危険ということもあって、注意喚起はしていた」と述べた。

 JICAは2日午前8時半、北岡理事長を本部長とする緊急対策本部を設置した。担当の理事と部長を現地に派遣し外務省と連携して情報収集や被害者の対応に当たるという。

 北岡理事長は「安全第一で対応し国外退避も視野に入れている」と語った。他国についても今後、危険情報などにより対策を検討する考えを示した。【森健太郎、高木香奈】


バングラの襲撃事件現場の警察官
時事通信 7月3日(日)1時13分配信

987
2日、バングラデシュの首都ダッカ中心部グルシャン地区で、立てこもり事件の舞台となった飲食店周辺の道路を封鎖する警察官


バングラ襲撃、ISが犯行声明
時事通信 7月3日(日)1時12分配信

 バングラデシュのダッカで起きた人質立てこもり事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)が2日、インターネット上で犯行声明を出した。


バングラ飲食店襲撃事件の現場付近
時事通信 7月3日(日)1時12分配信

986
2日、バングラデシュの首都ダッカのグルシャン地区で、襲撃事件の舞台となった飲食店周辺で警備する警官隊


<バングラテロ>政府専用機、3日にも派遣
毎日新聞 7月3日(日)1時11分配信

 菅官房長官は2日深夜の記者会見で、「バングラデシュの発展のため尽力していた人がこのような結果に終わってしまい、痛恨の極みだ。ご冥福をお祈りする」と語った。また、「政府としてなし得る限りの支援をしていく」として、遺族の現地入りや亡くなった7人の帰国のために3日中にも政府専用機を現地に派遣する準備に入ったことを明らかにした。

 政府高官によると、バングラデシュ側は日本政府に対し、「7人は治安当局による現場突入前にすでに殺害されていた」と説明しているという。治安部隊がレストランに突入したタイミングについて、菅氏は「バングラデシュ政府で判断されることで、我が国として申し上げることではない」と述べるにとどめた。

 また、岸田文雄外相は2日深夜、国連安全保障理事会で今回の事件に対する非難決議の採択を目指し、関係国と調整に入る考えを記者団に示した。

 犠牲となった日本人7人のうち、建設コンサルタント会社「アルメックVPI」の社員、岡村誠さん(32)が含まれていることが家族の話で分かった。岡村さんの父駒吉さん(71)=千葉県富里市=が毎日新聞の取材に明らかにした。駒吉さんが2日午後11時過ぎに外務省に電話したところ、「亡くなった」との回答を受けたという。駒吉さんら家族は3日にも政府専用機で現地に向かうという。【高本耕太、鈴木一生】


「犯人に強い憤り」=調査委託のJICA理事長―ダッカ人質立てこもり
時事通信 7月3日(日)1時3分配信

 バングラデシュの首都ダッカで武装集団が飲食店を襲撃した事件で、国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長は2日、東京都内の本部で記者会見し、「(同国の)発展に取り組む日本人が巻き込まれ、犯人に強い憤りを覚える」と語気を強めた。

 
 JICAによると、同国にはダッカにある事務所のスタッフや青年海外協力隊員、民間会社社員やその家族ら、関係する日本人計68人が滞在。巻き込まれた8人はいずれもJICAの業務委託を受け、人口が急増するダッカの交通渋滞解消に向けたインフラ整備プロジェクトの調査に携わっていた。

 北岡理事長は「6月29日がイスラム国(IS)設立2年で、(7月5日ごろの)ラマダン(イスラム教の断食月)明けは危ないと業務委託先にも注意喚起していた」と説明。現場となった飲食店について、「大使館の近くで普通に考えると安全な所だったので、こういう事態になって大変残念だ」と硬い表情で語った。

 2日深夜には、安否不明となっていた邦人7人の死亡が確認された。北岡理事長は3日未明に改めて記者会見し、「誠に残念で痛恨の極み。バングラデシュの発展のために貢献していた重要な同志を亡くした」と苦渋の表情を浮かべた。

 JICAは、日本時間2日午前1時半に事件を把握。関係者の安否確認を急ぐとともに、担当理事らを現地へ派遣した。


<バングラテロ>「出来よい息子、悔しい」死亡の岡村さん父
毎日新聞 7月3日(日)1時1分配信

 「出来のよい息子だったのに。悔しい」。日本人7人の死亡が確認されたバングラデシュの首都ダッカで起きた人質テロ事件。そのうちの一人、建設コンサルタント会社「アルメックVPI」社員、岡村誠さん(32)の父駒吉さん(71)=千葉県富里市=は、そう声を絞り出し、無念さをあらわにした。

 岡村さんの死亡確認を聞いたのは2日午後11時過ぎ。事件の発生後に外務省から連絡を受けていたが、それまで安否は分からなかった。駒吉さんが外務省に電話をかけて、その後の状況を確認したところ、担当者が「誠に申し訳ないが、亡くなっています」と答えたという。

 岡村さんは日本大大学院を卒業後、アルメックVPIに入社。駒吉さんによると、東南アジアを中心にインフラ整備の仕事をしていた。中学生の頃から都市を開発するテレビゲームなどに熱中するなど、インフラに携わる仕事を目指していたという。

 先月上旬にはバングラデシュに向かう岡村さんを自宅近くの駅まで送迎した駒吉さん。その際、昨年10月に首都ダッカの宗教施設であった複数の爆発が頭によぎったという。

 駒吉さんが「今回はちょっと気をつけろよ」と言うと、岡村さんは「うん。わかった」と応じたという。その後、岡村さんが出国前に空港から「1カ月後には帰るから」と電話してきたのが、最後の言葉となった。

 駒吉さんら家族は3日にも政府専用機で現地に向かう。駒吉さんは「本当に優秀な息子だった。大学時代もいろいろな賞をとった。政府にはきちんとテロの対策を取ってもらわないといつまでも同じことが続く。もう同じような被害は出ないようにしてほしい」と話した。


日本人7人死亡=ISが犯行声明―突入前に殺害か、1人救出―ダッカ人質立てこもり
時事通信 7月3日(日)0時59分配信

 【ダッカ時事】バングラデシュの首都ダッカの飲食店で1日夜(日本時間2日未明)に発生した武装集団による人質・立てこもり事件で、菅義偉官房長官は2日深夜、安否不明となっていた日本人の男性5人、女性2人の計7人の死亡を確認したと発表した。

 事件では特殊部隊が2日朝、突入作戦を敢行し、日本人男性1人を含む人質13人を救出したが、20人が死亡した。

 過激派組織「イスラム国」(IS)が2日、インターネット上で犯行声明を出し、5人の戦闘員が「十字軍の兵士」22人と警官2人を殺害したと主張した。バングラデシュ政府当局は、日本人ら外国人を巻き込んだテロ事件の背景や実行犯の動機などについて捜査を進める。

 武装集団は「神は偉大なり」とアラビア語で叫び、飲食店を襲撃した。その際、日本人8人は食事中だった。日本政府高官は「バングラデシュ政府の説明では、7人は治安部隊の突入前に殺害されており、突入時の被害ではない」と指摘した。

 8人は国際協力機構(JICA)のプロジェクトに関わっていた。救出されたのは建設コンサルタント会社「アルメックVPI」(東京都新宿区)の渡辺玉興さん。日本政府によると、渡辺さんは被弾して治療中だが、生命の危険はない。

 菅長官によれば、ダッカの日本大使館関係者が午後6時40分(日本時間同9時40分)ごろ、遺体の搬送された病院で写真や所持品などから7人の身元を確認した。7人の氏名について菅長官は「家族の了承を得ていない」として公表しなかった。

 バングラデシュ軍スポークスマンは「遺体の多くが鋭利な武器で残忍に切り付けられていた」と述べた。同国のハシナ首相はテレビ演説で、「極めて凶悪な行為」と非難し、「テロを根絶する決意だ」と語った。

 イタリア外務省によると、イタリア人9人も犠牲になった。AFP通信によれば、米国人1人、インド人1人も死亡した。

 ハシナ首相はインドのテレビに「武装勢力6人を殺害し、1人を逮捕した」と説明。襲撃の際に警官ら少なくとも2人が死亡した。


<バングラテロ>ドキュメント…事件巡る2日の動き
毎日新聞 7月3日(日)0時58分配信

 ◇ドキュメント◇ バングラデシュの人質事件を巡る2日の動きを追った。(日本時間、現地の状況は地元紙などから作成)

0:30ごろ

    大使館が建ち並ぶ地域で複数の銃声が響く。その後、駆け付けた治安部隊と犯人グループの間で激しい銃撃戦になり警察官2人が死亡

2:15 店内から「アラー・アクバル」(神は偉大なり)との叫び声が響いた後、数回の爆発が起きる。同時に店の明かりが消える

2:45 日本政府が在バングラデシュ日本大使館に現地対策本部を設置

3:05 自動小銃などで武装した治安部隊が突入準備を始める。少なくとも7台の装甲車が現場に集結

4:26 過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明。「外国人が頻繁に利用する飲食店をイスラム国の戦士が襲撃した。24人を殺害し40人を負傷させた」と主張

4:50 首相官邸に情報連絡室を設置。その後、官邸対策室に改組

8:32 菅義偉官房長官が記者会見。「日本人が(人質に)含まれている可能性がある」と発表

9:08 安倍晋三首相が首相官邸で記者団に「関係各国と緊密に連携し、人命第一に対応するよう指示した」と説明

10:40 治安部隊が突入を開始

10:48 治安部隊による銃撃。悲鳴が周囲に響く。さらに爆発によるごう音がとどろく

11:15 軍の救急車が現場からけが人1人を搬送

11:30 日本政府が首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開催

11:45 さらにけが人1人を搬送

12:15 当局が「少なくとも13人を救出した」と発表

12:18 当局が救出されたのは日本人と発表

12:40 店内から大きな爆発音

13:15 救出作戦が終了

13:35 安倍首相がバングラデシュのハシナ首相との電話協議で、事件について「断固として非難する」と述べ、バングラデシュ政府との連帯を表明

14:22 萩生田光一官房副長官が記者会見し、救出された13人に日本人男性1人が含まれるものの、男性と一緒に食事をしていた日本人7人の安否が確認されていないことを明らかに

14:50 ハシナ首相が、13人を救出し、犯人6人を殺害、1人を拘束したと発表

16:39 人質約20人が殺害されたと当局が発表

18:53 国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長が記者会見し、安否不明の7人はJICAが業務を委託したコンサルタント会社員であると明らかに

19:35 菅官房長官が記者会見。「大変厳しい状況にあると認識している」と述べる

23:30過ぎ

    菅官房長官が7人の死亡確認を発表


<バングラテロ>コーランで選別…暗唱できぬ人を襲う
毎日新聞 7月3日(日)0時48分配信

985
事件現場を封鎖する治安当局者=ダッカで1日、AP

 【ダッカ金子淳】「ここから助け出してくれ!」「無事を祈っているよ」。バングラデシュの首都ダッカで1日(日本時間2日未明)起きた人質テロ事件で、人質になったバングラデシュ人の兄は、弟と約8時間にわたってメールで連絡を取り合った。悲痛な叫びを伝えてきた兄の安否を気遣う弟が、地元紙「デーリー・スター」の取材に応じた。脱出した人たちによると、人質は武装集団にイスラム教の聖典コーランを暗唱させられ、できない人が襲われたという。

 同紙によると、人質になったのは、現場の飲食店「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」で働いていたサミール・バロイさん。弟のゴパルさんは、事件発生から約30分後の1日午後10時ごろ、携帯電話のメールで兄と連絡がついた。

 「僕とおいは無事だ。トイレの個室にいる」。兄からの連絡に弟はほっとし「みんな大丈夫だよ」と励ました。

 発生から4時間あまりたった2日午前1時45分、兄から切羽詰まったメールが来た。「壁を壊して助け出してくれ!」。しかし、家族は現場周辺に近づけずどうにもならない。

 「やつらは、兄さんがトイレにいることを知っているの?」。弟のメールに兄は「そうだ。やつらにトイレに閉じ込められているんだ」と説明した。「兄さん、元気?」「無事、元気に帰って来ることを祈っているよ」。弟はメールを送り続けた。

 午前5時48分。「治安部隊はもうすぐ突入してくる。すぐにトイレに来てくれ。ここは(体が)痛い」。兄のメールに弟は「軍には兄さんのことを伝えてあるよ」と返した。返事はなかった。午前6時22分、「今どんな状態なのか教えて」とメールを送ったが、やはり返事がない。午前7時40分、治安部隊が突入した。その後も、兄から返事は返ってきていない。

 生存者がAP通信などに語った証言によると、武装集団は従業員に店内の明かりを消すように命令。内部の様子を悟られないために店に取りつけられた監視カメラを黒い布で覆い隠した。

 また、襲撃者らはバングラデシュ人に1階にいるように指示。外国人は選別されて2階に連れて行かれたという。生存者のバングラデシュ人、ハスナット・カリムさんから当時の状況を聞いた父親は「(人質)全員にコーランの一節を唱えることができるか尋ね、できない者は拷問を受けた」と証言した。

 店内に突入した治安部隊の足元には、真っ白な石畳の床を真っ赤に染めた血の海が広がっていたという。


宗教の下の殺害許されず=バングラ首相
時事通信 7月3日(日)0時36分配信

 【ダッカ時事】バングラデシュのハシナ首相は2日、首都ダッカで起きた飲食店立てこもり事件を受けてテレビ演説を行い、「イスラム教は平和を尊ぶ宗教であり、宗教の名の下に人をあやめる行為は許されない」と訴えた。

 首相はさらに「われわれの尊い宗教を汚すことをやめて正しい道に戻り、イスラム教徒の誇りを取り戻すよう求める」とイスラム過激分子に呼び掛けた。


<バングラテロ>普段より外国人多く…ラマダンの惨劇
毎日新聞 7月3日(日)0時27分配信

984
事件後に息子と連絡がとれず顔を覆う女性を慰める親族=ダッカで2日、AP

 バングラデシュの首都ダッカで起きた人質テロ事件は、現地の日本人たちを不安に陥れた。【高木香奈】

 ダッカに拠点を置く日系企業で働いている日本人女性駐在員(35)は先週の土曜の6月25日夜に、事件の標的になったレストランを訪れていた。女性は電話取材に応じ「外国人が狙われた計画的な事件と思った」とおびえていた。

 女性によると、レストランはベーカリーに併設された欧州料理店で、約1年前にオープンした。広さは200平方メートル弱で2階建て。1階はテーブルが並び、2階は調理場と個室が設けられていた。外にはオープンテラスもあり、最大で50人ぐらいが入れたという。

 経営者はバングラデシュ人で、この店以外にもバングラデシュで日本食レストランなどを共同経営していた。シェフやウエーターには欧米人のスタッフもおり、女性は「外国人がつくる本場の欧州料理という感じで、昼はおいしいコーヒーとサンドイッチ、夜は本格ディナーが楽しめた」と言う。金曜と土曜は朝も開店していた。

 女性は時々週末に訪れていた。「昼も夜もにぎわっていて、大体他に1組は日本人グループの姿を見かけた」と話す。客層は外国人が中心で、現地で暮らす駐在員や観光客が多く、バングラデシュ人の富裕層の姿も見た。

 外交官らしき人の姿もよく見た。先月25日夜に訪れた際はほぼ満席で、欧米人の他、中国人、韓国人などでにぎわっていたという。

 一方で女性は「昨年末、このエリア内で外国人が殺害される事件があり、警備は強化されていた」と話す。レストランの門の前にも常時、警備員1人がいたという。

 事件が起きたのはラマダン(イスラム教の断食月)最後の金曜日の夜。女性は「この時は、現地の人の多くがモスクや自宅で祈りをしていて、飲食店が並ぶこの通りに来るバングラデシュ人は少なく、いつもより外国人が多くなる。そういう時が狙われたのかなと思った」と不安がっていた。


バングラデシュ人質事件で日本人7人の死亡確認=菅官房長官
ロイター 7月3日(日)0時27分配信

[3日 ロイター] - 菅義偉官房長官は2日午後11時半過ぎに会見し、バングラデシュで発生した人質事件で、日本人7人の死亡を確認したと発表した。

7人は、国際協力機構(JICA)の円借款のプロジェクトに従事していた男性5人、女性2人。

菅長官は「バングラデシュの発展に尽力されてきた方々が、このようなことになり痛恨の極みであり、ご冥福をお祈りする」と語った。

政府は、現地に政府専用機を派遣することを決め、準備を急いでいる。

(Reporting By Kazuhiko Tamaki)


<バングラテロ>政府専用機の派遣…官房長官「検討」
毎日新聞 7月3日(日)0時23分配信

 政府は2日、バングラデシュで起きた人質テロ事件の対応に追われた。安倍晋三首相は同日午後、バングラデシュのハシナ首相と電話で協議。日本人の安否確認などで協力を要請し、「このような非道卑劣な行為はいかなる理由でも許されない」と伝えた。ハシナ氏は「人命最優先に最大限努力したが、残念ながら犠牲者が生じている」と述べた。

 同日午前11時半から首相官邸で開いた国家安全保障会議(NSC)には安倍首相、岸田文雄外相、麻生太郎副総理兼財務相らが出席。木原誠二副外相を現地に派遣し、医療専門家を含む外務省の海外緊急展開チームを招集することを決めた。外務省幹部は日本人7人の中に女性が含まれていることを明らかにした。菅義偉官房長官は同日夜、関係者の現地入りなどのために政府専用機の派遣を検討していることを明らかにした。

 首相は予定していた北海道での参院選遊説を取りやめた。一方、菅氏は2日朝、首相官邸で記者会見し、「(人質に)日本人が含まれている可能性がある」と発表した後、新潟県で参院選の遊説を行い、同日夜に官邸に戻った。菅氏は同日夜の記者会見で、遊説に向かったことを野党が批判していることに関し、「首相が陣頭指揮を執っており、全く問題ない」と語った。【高本耕太】


政府、きょうにも専用機派遣=被害遺族対応に全力―テロ対応、安保理で協議へ
時事通信 7月3日(日)0時21分配信

 バングラデシュの首都ダッカで発生した人質事件で安否不明の日本人7人全員の死亡が確認されたことを受け、政府は遺族への対応などに全力を挙げる。

 その一環として、3日にも政府専用機を派遣する準備に入った。関係閣僚による会議も予定している。

 菅義偉官房長官は2日深夜の緊急記者会見で、「政府としては対応に万全を尽くしてきたが、このような結果に終わったことは、痛恨の極みであり、残念至極だ」と述べた。

 菅長官は被害者の氏名について、2013年1月のアルジェリア邦人人質事件と同様、家族らの了解を得ていないとの理由で公表を控えた。

 安倍晋三首相は同日夜、首相官邸で記者団に「今回の残虐非道なテロによって、罪のない多くの方の命が奪われた。強い憤りを覚える」と強調。「国際社会が共有する普遍的価値に対する挑戦であり、断固抗議する」と語った。

 首相はまた、「内外の日本人の安全確保のため、全力を尽くす」と表明。在留邦人の安全確保に関する取り組みを強化する方針を示した。

 首相はこれに先立ち、同国のハシナ首相と電話で会談し、情報提供を求めるなど協力を要請。また、現地対策本部で陣頭指揮を執るため木原誠二外務副大臣をダッカに派遣した。

 政府は、アルジェリアの人質事件でも専用機を活用。被害者やその家族を輸送する方針だ。

 一方、岸田文雄外相は外務省で記者団に対し、「国際社会としてテロに対して強い非難のメッセージを発しないといけない」と指摘。国連安全保障理事会で今後、関係国と協議する方針を示した。


「仕事熱心、会社の宝」=バングラ発展に尽力―巻き込まれた8邦人
時事通信 7月3日(日)0時15分配信

 バングラデシュの首都ダッカの飲食店襲撃事件に巻き込まれた邦人8人は、東京都内のコンサルタント会社3社などに勤務していた。

 いずれもバングラデシュの発展のため尽力していたといい、同僚らは「仕事熱心で会社の宝」「無事に帰って来てほしい」などと祈った。

 救助された渡辺玉興さんが勤務する「アルメックVPI」(新宿区)によると、襲撃された飲食店では渡辺さんを含む社員4人が、他社の仕事仲間と一緒にいたとみられる。渡辺さんは40代。他の3人は30代の男性と、40代と20代の女性で、4人は6月からバングラデシュに派遣されていた。

 同社は国際協力機構(JICA)から、インフラ整備プロジェクトの事前調査を委託されていた。4人は道路計画の技術指導など、効率的に道路を造るためのコンサルタント業務に関わっていた。

 対応した総務部の男性社員は「4人とも優秀な技術者で、会社の宝だ。仕事熱心で、途上国の発展のため精いっぱい頑張っている」と説明。憔悴(しょうすい)し切った様子で、「今はとにかく無事を祈るだけ」と話したが、夜遅くになって渡辺さんを除く7邦人の死亡が発表された。同社は3日以降に幹部2人を現地に派遣し、対応に当たる方針。

 同社と一緒に仕事をしていた「オリエンタルコンサルタンツグローバル」(渋谷区)でも、襲撃された飲食店で食事をしていた男性技術社員と関係会社社員の計3人と連絡が取れなくなり、緊急に社員を呼び出し、米沢栄二社長をはじめ20人弱で情報収集に当たった。

 2日深夜に3人を含む邦人7人の死亡が伝えられ、米沢社長は「3人がこのようなことになり残念だ。大変強い憤りを感じている」と述べ、「これまで、注意喚起や不用意な外出を避けたり、移動には車を利用したりするなどの対策を取っていた。大変残念。その一言に尽きる」と厳しい表情で話した。

 同様に男性社員1人と連絡が取れなくなっている「片平エンジニアリング・インターナショナル」(中央区)の男性は、電話に「外務省に聞いてください」とだけ話した。


ダッカ人質テロ 日本人7人死亡、政府専用機派遣へ
産経新聞 7月3日(日)0時10分配信

 【ダッカ=岩田智雄】バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時半(日本時間2日午前0時半)ごろ、武装集団が飲食店を襲撃し、客の外国人ら数十人を人質に立てこもった。治安部隊が2日朝に現場に突入、日本人男性1人を含む13人を救出した。同国軍関係者は、実行犯6人を射殺し、1人を拘束、人質20人が死亡したと明らかにした。菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官は同日夜の記者会見で、日本人男性5人と女性2人の死亡を確認したと発表した。

 菅氏によると、事件の犠牲者の遺体が搬送された病院で日本大使館関係者が写真や所持品から身元を確認したという。菅氏は「痛恨の極みであり、残念至極だ」と述べ、3日にも、政府専用機を同国に派遣するよう準備を進めていることを明らかにした。

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)系メディアが犯行声明を出したが、真偽は不明。

 日本政府関係者によると、救助された男性は東京都内の建設コンサルタント会社に勤める40代の渡辺玉(たま)興(おき)さん。負傷したが、命に別条はない。渡辺さんと死亡した7人は、国際協力機構(JICA)の円借款プロジェクトに参加する企業の技術者らで店で食事中に、事件に巻き込まれた。

 渡辺さんは「(他の7人と)別々に逃げた」と大使館員に話していた。死亡した7人は、渡辺さんと同じ会社を含む都内の3つの建設コンサルタント会社に勤務。男性のうち1人は渡辺さんと同じ会社の岡村誠さん(32)とみられる。

 安倍晋三首相は2日夜、「バングラデシュの発展のために尽力してこられた皆さんであり、痛恨の極みだ」と述べていた。安倍氏は同日、バングラデシュのハシナ首相と電話会談し、「非道な行為はいかなる理由でも許されず、断固として非難する」と述べ、同国への連帯を表明していた。

 地元当局によると、武装集団は襲撃時、「アッラー・アクバル(神は偉大なり)!」と叫びながら発砲。警察と銃撃戦となり、警官2人が死亡し、約30人が負傷した。発生から約10時間後、当局が治安部隊100人以上を投入し、救出作戦に着手。激しい銃撃戦となり、爆発音も響いた。

 イタリア政府は9人の犠牲が確認されたと明らかにした。犠牲者には、バングラデシュ人や韓国人、インド人も含まれていたという。

 現場はダッカ国際空港に近いグルシャン地区にあり、日本大使館など外国公館にも近い。襲撃が起きた1日はラマダン(断食月)最後の金曜日で、治安当局はイスラム過激派の活動を警戒していた。


ダッカ人質テロ 日本人7人死亡確認、3人安否不明の会社担当者「何も答えられない」
産経新聞 7月3日(日)0時0分配信

 バングラデシュの首都ダッカで起きた襲撃事件で、政府が日本人7人の死亡を発表したことを受け、救出された渡辺玉興(たまおき)さんや連絡が取れない男女3人が所属するコンサルタント会社「アルメックVPI」(東京都新宿区)の担当者は2日夜、産経新聞の取材に「(国からの連絡の有無や安否確認の状況について)何もお答えできることはありません」と言葉少なに話した。


<バングラテロ>現場緊迫、続く厳戒警備…雨のダッカ
毎日新聞 7月2日(土)23時49分配信

983
襲撃現場のレストランにつづく路上で、警戒中の警察官=ダッカで2016年7月2日午後6時40分ごろ、金子淳撮影

 【ダッカ金子淳】バングラデシュの首都ダッカで日本人を含む外国人ら多数が犠牲となった人質テロ事件。治安部隊の突入から約11時間後の2日夕に入った現場のグルシャン地区には、緊迫した雰囲気が漂っていた。襲撃されたレストラン「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」周辺の道路は金属製のバリケードや警察車両で封鎖され、ライフル銃を抱えた厳しい表情の警察官数十人が、厳戒態勢を続けていた。

 事件現場は大使館や高級住宅が建ち並ぶ一角だ。現場レストランの約200メートル手前の路上に設定された停止線に近づくと、大雨の中で雨具も着けずに警備していた警官が「ここから先は立ち入り禁止だ」と強い口調で記者を制した。

 封鎖線付近には多数の報道陣が集まっていた。地元テレビのモディウル・イスラム記者によると、現場周辺では普段から多くの外国人を見かけるという。イスラム記者は「こんな事件がダッカで起こるのは初めてだ。みんな衝撃を受けている」と話した。

 地元メディアなどによると、立てこもりが続いていた最中は何度も爆発音が響いた。近くに住む知人を訪ねてきた運転手、ムハンマド・ロマンさん(38)は「多くの日本人も巻き込まれたと聞いた。本当に悲しい」と話した。


ダッカ人質テロ 日本人7人の死亡確認 13人救出、IS系が犯行声明
産経新聞 7月2日(土)23時46分配信

 【ダッカ=岩田智雄】バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時半(日本時間2日午前0時半)ごろ、武装集団が飲食店を襲撃し、客の外国人ら数十人を人質に立てこもった。治安部隊が2日朝に現場に突入、日本人男性1人を含む13人を救出した。同国軍関係者は、実行犯6人を射殺し、1人を拘束、人質20人が死亡したと明らかにした。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)系メディアが犯行声明を出したが、真偽は不明。

 日本政府関係者によると、日本人男性5人、女性2人の計7人の死亡を確認した。

 日本政府関係者によると、救助された男性は東京都内の建設コンサルタント会社社員で、千葉県に住む40代の渡辺玉(たま)興(おき)さん。渡辺さんは負傷したが、命に別条はないという。

 国際協力機構(JICA)の円借款プロジェクトに参加する企業の技術者ら日本人8人で食事中、事件に巻き込まれた。

 渡辺さんは「別々に逃げ、他の7人の安否は分からない」と現地の日本大使館員に話していた。死亡が確認された7人は、渡辺さんと同じ会社を含む都内の3つの建設コンサルタント会社に勤務し、そのうち2人は女性だという。

 安倍晋三首相は2日夜、7人に関し、「確認に全力を尽くしているが、大変厳しい状況だ。バングラデシュの発展のために尽力してこられた皆さんであり、痛恨の極みだ」と述べていた。

 安倍首相は同日、バングラデシュのハシナ首相と電話会談し、「非道な行為はいかなる理由でも許されず、断固として非難する」と述べ、同国への連帯を表明していた。

 地元当局によると、実行犯は8、9人で、襲撃時、「アッラー・アクバル(神は偉大なり)!」と叫びながら発砲。警察と銃撃戦となり、警官2人が死亡し、約30人が負傷した。AP通信によると、武装集団は外国人20人を含む35人を人質に取って立てこもった。

 発生から約10時間後、当局が治安部隊100人以上を投入し、救出作戦に着手。激しい銃撃戦となり、爆発音も響いたという。

 軍当局者は「死亡した人質の大半はイタリア人と日本人だ」と語った。イタリア政府は9人の犠牲が確認されたと明らかにした。犠牲者には、バングラデシュ人や韓国人、インド人も含まれていたという。

 現場はダッカ国際空港に近いグルシャン地区にあり、日本大使館など外国公館にも近い。襲撃が起きた1日はラマダン(断食月)最後の金曜日で、治安当局はイスラム過激派の活動を警戒していた。


<バングラテロ>日本人7人の死亡確認…菅官房長官発表
毎日新聞 7月2日(土)23時39分配信

 【ダッカ金子淳】バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装集団がレストランを襲撃した人質テロ事件で、治安部隊が2日の救出作戦で人質のうち13人を救出したが20人が死亡した。実行犯6人は殺害、1人は拘束された。菅義偉官房長官は2日夜、日本人1人が救出されたが7人(男性5人、女性2人)の死亡が確認されたと発表した。これに先立ち、安倍晋三首相は、7人の安否に関し「痛恨の極みだ。残虐非道なテロに強い憤りを覚える」と語っていた。


ダッカ人質テロ 日本人7人の死亡を確認 菅官房長官「痛恨の極み」
産経新聞 7月2日(土)23時38分配信

菅義偉官房長官は2日深夜の記者会見で、バングラデシュの首都ダッカで発生した人質立てこもり事件で、日本人男性5人と女性2人の計7人の死亡を確認したと発表した。日本時間午後9時40分ごろ、遺体が搬送された病院で日本大使館関係者が確認したという。7人の人定は、写真や所持品から確認した確認したと説明した。7人の氏名については、遺族の了承が得られていないとして明らかにしなかった。

 菅氏は7人の死亡について、「痛恨の極みであり、残念至極だ」と述べた。3日にも政府専用機をバングラデシュに派遣できるよう準備を進めていることを明らかにした。


安否不明7邦人の死亡確認=氏名は公表せず―菅長官
時事通信 7月2日(土)23時36分配信

 菅義偉官房長官は2日深夜、首相官邸で記者会見し、バングラデシュでの襲撃事件で安否不明の邦人7人の死亡を確認したと発表した。

 菅長官はまた、死亡を確認した7人の内訳は男性5人、女性2人で、氏名については家族の了承を得ていないので「コメントを控える」と述べた。


ダッカ人質事件 イタリア人の死亡確認9人 
産経新聞 7月2日(土)23時11分配信

 【ベルリン=宮下日出男】イタリアのジェンティローニ外相は2日、バングラデシュの首都ダッカで起きた襲撃事件で、少なくともイタリア人9人が犠牲になったことを確認した。これ以外にも行方不明者が1人いるとした。ロイター通信が伝えた。


ダッカ人質テロ 「優秀な技術者。我が社の宝。無事でいて」3人安否不明の会社担当者
産経新聞 7月2日(土)22時40分配信

 「『途上国の発展に力を尽くすんだ』という気持ちで働いていた社員たち。わが社の宝だ。『とにかく無事でいてください』という気持ちしかありません」

 バングラデシュの首都ダッカで起きた襲撃事件で、救出された渡辺玉興(たまおき)さんや安否が確認できていない男女3人が勤務するコンサルタント会社「アルメックVPI」の総務担当者は2日夜、東京都新宿区の同社前で報道陣の取材に応じ、沈痛な面持ちで語った。

 同社によると、40代半ばの渡辺さんを含む4人は20代~40代。いずれも海外事業本部に所属する技術者で、国際協力機構(JICA)と共同で同国の開発事業に従事していた。日本と同国を往復する生活で、渡辺さんは6月23日、他の3人は同10日から同国に出張していたという。

 同社は事件の一報を報道で把握。巻き込まれた可能性を懸念した海外事業本部の担当者が4人に安否確認をしようとしたところ、いずれも連絡が取れなかったという。同社は3、4日に社員計2人を同国に派遣し、情報収集を行う。

 総務担当者は「4人とも優秀な技術者だ。無事の帰国を待っています」と祈るように話した。


バングラ事件、邦人7人含む20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」 
ロイター 7月2日(土)22時34分配信

[ダッカ/東京 3日 ロイター] - バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストランに侵入したイスラム系とみられる武装集団が人質をとって立て籠もる事件が発生し、外国人ら20人が殺害された。菅義偉官房長官は2日深夜の記者会見で、安否が不明だった日本人7人の死亡を確認したと発表した。

菅官房長官は会見で、3日にも政府専用機で遺族を現地に送る用意があると述べた。現地の日本大使館の関係者が遺体を搬送した病院で確認したという。7人はいずれも国際協力機構(JICA)プロジェクトのコンサルタント関係者で、男性5人、女性2人という。

安倍晋三首相は2日夜、官邸で記者団に対し、7人について「バングラデシュ発展のために尽力した皆さんであり、痛恨の極みだ」と述べ、その段階で厳しい状況にあるとの認識を示していた。

共同通信など国内メディアによると、救出されたのは東京都内の建設コンサルタント会社社員の渡辺玉興さんで、国際協力機構(JICA)の円借款のプロジェクトに従事していた。渡辺さんは被弾して負傷した。

人質事件があったのは外国人が多く集まる地区で、犯人は「アラー(神)は偉大なり」と叫びながらレストランに侵入した。

バングラデシュ政府は、現場に治安部隊を投入。事件発生から12時間後鎮圧した。犯行グループのうち6人が死亡、1人が拘束された。事件をめぐってはイスラム国(IS)が犯行声明を出している。

犠牲者20人は大半が外国人で、多くが「鋭利な武器」により殺害されたという。イタリア外務省筋によると、複数のイタリア人も人質となり殺された。

(梅川崇 編集:田巻一彦)


<バングラテロ>各社、懸命に安否確認
毎日新聞 7月2日(土)22時10分配信

 救出された40代の渡辺玉興さんが勤務する建設コンサルタント会社「アルメックVPI」(東京都新宿区)は2日、取材に応じ、渡辺さんのほかに現地で働く社員3人と連絡が取れていないことを明らかにした。

 同社の担当者によると、同社は海外事業本部に所属する渡辺さんを含む社員4人を現地に派遣していた。渡辺さんが救出されたことは報道を通じて知ったという。

 他の社員は30代の男性、40代と20代の女性。4人は道路計画の立案プロジェクトで6月から現地に出張し、ダッカ市内のホテルに滞在していた。

 また、建設コンサルタント会社「オリエンタルコンサルタンツグローバル」(東京都渋谷区)は2日、バングラデシュに派遣している男性社員3人の安否が不明になっていることを明らかにした。

 同社の広報担当者は「襲撃事件の発生直後から現地社員に連絡しようとしているが、3人とはいまだ連絡が取れない。JICAが記者会見で明らかにした以上の詳細は分からない」と困惑気味に話した。

 一方、安否不明の日本人が勤務しているとみられる東京都中央区の建設コンサルタント会社には報道陣約20人が詰めかけた。電話取材に担当者は「対応できる者がいない。詳しいことは外務省に聞いてほしい」と慌ただしげに話した。【山田麻未、福島祥、山本将克】


<バングラテロ>情報収集に全力…安倍首相が指示
毎日新聞 7月2日(土)21時56分配信

982
ダッカ人質事件について取材に応じる安倍晋三首相=首相官邸で2016年7月2日午後8時2分、後藤由耶撮影

 政府は2日、バングラデシュで起きた人質事件の対応に追われた。事件発生の一報を受け、日本時間の同日午前2時45分に在バングラデシュ日本大使館に現地対策本部を設置したほか、首相官邸に同4時50分に情報連絡室を設置。安倍晋三首相は「情報の収集、事実関係の確認に全力を挙げること」などを指示した。また、連絡室を官邸対策室に格上げし、情報収集にあたった。

 同日昼に首相官邸で開いた国家安全保障会議(NSC)には安倍首相、岸田文雄外相、麻生太郎副総理兼財務相らが出席し、集まった情報を精査。木原誠二副外相を現地対策本部に派遣し、医療専門家を含む外務省の海外緊急展開チーム(ERT)を現地に招集することを決めた。さらに、現地で情報の集約や分析にあたる国際テロ情報収集ユニット、警察庁の国際テロリズム緊急展開班(TRT-2)を派遣する方針を確認した。菅義偉官房長官は同日夜、家族ら関係者の現地入りなどのために政府専用機の派遣を検討していることを明らかにした。

 首相は予定していた北海道での参院選遊説を取りやめ、官邸で指揮にあたった。一方、菅氏は2日朝、首相官邸で記者会見し、「(人質に)日本人が含まれている可能性がある」と発表した後、新潟県で参院選の遊説を行い、同日夜に官邸に戻った。菅氏は同日夜の記者会見で、遊説に向かったことを野党が批判していることに関し、「首相が陣頭指揮を執っており、全く問題ない」と語った。【高本耕太】


<バングラテロ>「宣伝」狙い外国人攻撃
毎日新聞 7月2日(土)21時49分配信

 ◇IS・アルカイダ派閥抗争

 【カイロ秋山信一】バングラデシュの人質事件はISとアルカイダの2大勢力によるイスラム過激派の派閥抗争が激化する中で起きた。両組織が競合する中東やアジア、アフリカでは、競うようにテロ事件への関与を主張しており、宣伝効果を狙って外国人が狙われる事件も相次いでいる。

 6月29日、「建国宣言」から2年を迎えたISは「イスラム国の広がり」と題する文書を出した。中東、アフリカ、アジアの12カ国・地域で「一部の実効支配」を主張。バングラデシュ、トルコ、フランスなど6カ国を「秘密部隊の存在地域」と位置付け、各地にテロ要員が潜伏していることを示唆した。

 ISの文書には、アルカイダをけん制する思惑も透けて見える。「実効支配」を主張したアフガニスタンやソマリアは、アルカイダ系勢力が基盤としてきた地域だ。しかし、一部のメンバーがISのアブバクル・バグダディ指導者に忠誠を誓う例が続出。過激派内部でIS系とアルカイダ系が対立する構図ができた。その象徴的な場所の一つがバングラデシュだった。2014年6月の「IS建国宣言」に対抗するように、アルカイダは14年9月に「インド亜大陸のアルカイダ」を設立。両者は競うように過激派に批判的なブロガーらの暗殺事件への関与を主張した。

 アルカイダを創設したビンラディン容疑者は1980年代、イスラム教徒の義勇兵と共に、アフガンに侵攻したソ連軍と戦った。義勇兵らは90年代以降、出身国に戻って分派を結成した。ISの前身組織を起こしたアブムサブ・ザルカウィ容疑者(06年に死亡)や13年のアルジェリア人質事件を首謀したとされるモフタール・ベルモフタール容疑者らもその一人だ。しかし、11年にビンラディン容疑者が米軍に殺害されると、アルカイダの求心力は低下した。アイマン・ザワヒリ容疑者が後を継いだが、11年以降のシリア内戦ではISに主導権を奪われ、後に決別。バグダディ指導者は、カリフ(イスラム指導者の伝統的称号)を自称し、アルカイダに取って代わろうとしている。

 ISは昨年以降、支配地域外での大規模テロに力点を移し、パリやブリュッセルなどでISの関与が疑われる事件が相次いでいる。アルカイダ系勢力も昨年1月の仏週刊紙襲撃事件などで存在感を誇示した。またISやアルカイダは近年、インターネットを利用したプロパガンダを拡充。宣伝に触発され、欧米で自国育ちの個人がテロを起こす事件も起きている。


<バングラテロ>トルコ「日本人観光客離れに追い打ち」
毎日新聞 7月2日(土)21時46分配信

 【イスタンブール田中龍士】先月28日に国際空港テロ事件が起きたトルコ最大都市イスタンブールでは近年の政情不安を受け、日本人旅行客が激減している。空港テロに続き、バングラデシュの首都ダッカで1日に人質事件が起きたことで、邦人観光客の回復は一層困難になりそうだ。

 歴史的建造物などの観光スポットが集中するイスタンブールの旧市街は2日、週末にもかかわらず観光客はまばら。インターネットの宿泊予約サイトでは通常の7割引きで空き部屋を紹介するホテルもあり、テロの影響は観光業にも打撃を与えているようだ。

 世界遺産に登録されている歴史地区「スルタンアフメット」近くのホテルの男性スタッフは「なぜ、日本人は来ないのか。数年前までは目抜き通りに大勢の日本人を見ることができたが、今は1人か2人だ」と嘆いた。

 旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)イスタンブール支店のトルスン・アブレッド支店長は、過激派組織「イスラム国」(IS)が日本人2人の殺害映像を公開した2015年1月以降に激減したと言う。「前年同期比9割減といった状況が続く。企業の出張者や視察団も来訪を控え、これ以上減りようがない」と語る。

 イスタンブールで日本語の観光ガイドを21年間務めるムスタファ・カレさん(53)は「半年ほど仕事がなく、過去最悪。ダッカの事件で日本人客が戻ってくる希望はさらに薄れた」と話した。


ダッカ人質テロ 日本、イタリアのほか、韓国人、インド人も犠牲か
産経新聞 7月2日(土)21時44分配信

 【ダッカ=岩田智雄】バングラデシュの首都ダッカの飲食店で起きた人質立てこもり事件で、AP通信は2日、インド政府当局者の話として、殺害された人質20人には日本人のほかイタリア人、韓国人、インド人、バングラデシュ人が含まれると伝えた。


<バングラテロ>アジアにもネットワーク…テロの脅威、拡散
毎日新聞 7月2日(土)21時43分配信

 バングラデシュの首都ダッカで発生した人質事件では、日本人7人が殺害され、多数の外国人が巻き込まれた。組織的なテロを疑わせる事件は近年アジア地域でも相次いでおり、テロ組織にとって国際的なアピール力の大きな外国人が「標的」になるテロの脅威がアジアでも現実になった。【シドニー平野光芳、バンコク岩佐淳士、上海・林哲平】

 ◇インドネシア

 インドネシアでは今年1月、ジャカルタの繁華街で過激派組織「イスラム国」(IS)を支持する犯行グループによるテロが発生。米有名コーヒーチェーンの店内や警察官詰め所での自爆攻撃の後、警察や市民に向けて発砲し、カナダ人を含む民間人4人が死亡した。今回のダッカでの事件と同様に近くに日本大使館などもある繁華街でのテロに大きな衝撃が走った。

 ISは東南アジアでのテロ事件で初となる犯行声明を出し、「IS戦士たちが十字軍の仲間が集まる場所を標的にした」と主張した。

 インドネシアで過激派の温床となっているのが刑務所だ。過激派が長期間、共同生活を送ることでより過激な思想が広まる傾向があり、ISが勢力を伸ばす要因にもなってきた。

 警察は先月にもジャワ島東部スラバヤで、断食月(ラマダン)中のテロを計画していたとして4容疑者を逮捕。中東でISに参戦しているインドネシア人らとネットワークを築いていたとみて背後関係を調べている。

 ◇タイ

 タイの首都バンコクでは昨年8月、中心部にあるヒンズー教寺院「エラワン廟(びょう)」で爆弾テロ事件が発生、20人が死亡し日本人を含む約140人が負傷した。警察はイスラム教を信仰する中国のトルコ系少数民族、ウイグル族の男2人を逮捕し、うち1人を実行犯と断定した。

 タイ軍事政権は事件の1カ月あまり前、亡命を目指していたウイグル族109人を中国に強制送還していた。このため、強制送還に対する報復テロではないかとの見方が広がった。現場のエラワン廟は中国人に人気の観光名所だった。

 警察幹部は一度は報復テロの可能性を認めたが、その後は「密入国をあっせんする犯罪組織が、警察の取り締まり強化を逆恨みして及んだ犯行」などと否定した。強制送還がテロを招いたとなれば軍政の失態となるため、発言を修正した可能性がある。

 捜査では首謀者とされる中国国籍のウイグル族の男ら10人以上の関与が浮上。多くが国外にいるとみられ、警察は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ国際手配した。しかし、警察は昨年10月、「捜査終結」を宣言。事件の幕引きで治安回復を印象付けようとしたとみられるが、犯行の実態や動機はほとんど明らかにされないままだ。

 報復テロ説以外にも、国内の政治対立を背景にした犯行説など臆測が消えない。

 逮捕された2人は今年2月の初公判で無罪を主張。弁護士は「拷問で自白を強要された」と訴えている。5月の公判では2人が報道陣に「私は動物ではない」などと人権尊重を叫ぶ一幕もあった。公判は軍事法廷で行われている。

 ◇中国

 中国ではウイグル族が多数を占める新疆ウイグル自治区を中心に駅や市場での無差別殺傷事件や警察署への襲撃事件が起き、当局は「独立派勢力による組織的なテロ」として警戒を強めている。

 14年3月には南部・雲南省の昆明駅で刃物を持った集団が利用客に襲いかかり、約170人が死傷した。同年5月には新疆ウイグル自治区のウルムチの中心部の公園で開かれていた朝市に車が突っ込んだ後に爆発し、39人が死亡、90人以上が負傷した。

 こうした事件について中国当局はテロ組織「東トルキスタン・イスラム運動」(ETIM)が起こしたと決め付ける。ETIMは国際テロ組織アルカイダと密接な関係があるとして国連や米国がテロ組織として認定しているが、実態は不明な部分も多い。

 新疆ウイグル自治区での襲撃事件が相次ぐ背景には抑圧的な宗教政策に対するウイグル族の強い反発がある。ウイグル族の一部は東南アジアを経由して、トルコに脱出。シリアやイラクでの反政府勢力に加わって軍事訓練を受ける者もいる。

 テロ対策の専門家は「経済関係を深めるパキスタンとの国境などを通って、戦闘経験者や武器が新疆に入っている兆候がある」と指摘し、アジア各地に張り巡らされたテロ・ネットワークの存在が疑われている。


ダッカ人質テロ 日本人7人安否不明、人質20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」
産経新聞 7月2日(土)21時42分配信

 【ダッカ=岩田智雄】バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時(日本時間2日午前0時)ごろ、武装集団が飲食店を襲撃し、数十人を人質に立てこもった。治安部隊が2日朝に現場に突入、日本人男性1人を含む13人を救出した。ロイター通信などによると、同国軍関係者は、実行犯6人を射殺し、1人を拘束、人質20人が死亡したと述べた。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)系メディアが犯行声明を出したが、真偽は不明。

 萩生田光一官房副長官は2日の記者会見で、救出された日本人男性について、被弾し「負傷したが、命に別条はない」と説明した。日本政府関係者によると、男性は東京都内の建設コンサルタント会社社員の渡辺玉興さん。国際協力機構(JICA)の円借款プロジェクトに参加する企業の技術者ら日本人8人で食事中、事件に巻き込まれた。

 渡辺さんは「別々に逃げ、他の7人の安否は分からない」と現地の日本大使館員に話した。7人は、渡辺さんと同じ会社を含む都内の3つの建設コンサルタント会社に勤務し、うち2人は女性だという。

 安倍晋三首相は2日夜、7人に関し、「確認に全力を尽くしているが、大変厳しい状況だ。バングラデシュの発展のために尽力してこられた皆さんであり、痛恨の極みだ」と述べた。

 安倍首相は同日、バングラデシュのハシナ首相と電話会談し、「非道な行為はいかなる理由でも許されず、断固として非難する」と述べ、同国への連帯を表明していた。

 地元当局によると、実行犯は8、9人で、襲撃時、「アッラー・アクバル(神は偉大なり)!」と叫びながら発砲。警察と銃撃戦となり、警官2人が死亡し、約30人が負傷した。AP通信によると、武装集団は外国人20人を含む35人を人質に取って立てこもった。

 発生から約10時間後、当局が治安部隊100人以上を投入し、救出作戦に着手。激しい銃撃戦となり、爆発音もしたという。

 軍当局者は「死亡した人質20人は全員外国人で、大半がイタリア人と日本人だ」と語っていたが、その後「一部は地元の人とみられる」と説明を修正した。

 現場はダッカ国際空港に近いグルシャン地区にあり、日本大使館など外国公館にも近い。襲撃が起きた1日はラマダン(断食月)最後の金曜日で、治安当局はイスラム過激派の活動を警戒していた。

« バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISの犯行か・3 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・5 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63863807

この記事へのトラックバック一覧です: バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・4:

« バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISの犯行か・3 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30