« バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人不明 ISの犯行か・2 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・4 »

2016年7月 2日 (土)

バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISの犯行か・3

バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が大使館が集まる地区にある飲食店を襲撃し、店内の日本人を含む外国人ら20人以上を人質に取って立てこもった。

特殊部隊約100人が発生から10時間後の2日朝(同午前)、店内に突入し、人質14人を救出、実行犯6人を射殺した。また警官ら少なくとも2人が死亡、30人以上が負傷した。イスラム過激派テロ組織IS(イスラム国)はこの襲撃で20人以上を殺害したと主張。一方、国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力も犯行声明を出している。

この事件に巻き込まれた国際協力機構(JICA)に関係する日本人8人のうち1人は救出されたが、政府は2日夜、残る7人は死亡が確認されたと発表した。

最初の記事
2番目の記事

リンク:<バングラテロ>「親日的な国なのに」…日本在住者に衝撃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>注意喚起していたが…JICA - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>「強い憤り」…JICA理事長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>社員3人が安否不明に…渋谷の建設コンサル - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>人質男性「助け出して…」途切れたメール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 菅官房長官、新潟遊説「全く問題ない」 野党の批判に反論 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 安倍首相の発言詳報「残虐非道なテロ」「日本人の安全確保に全力尽くす」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、邦人安否確認に全力 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラテロ、日本人7人が死亡…男性1人救出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相「痛恨の極み」、安否不明の7人は厳しい状況 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 日本人7人安否不明 安倍首相「厳しい状況、痛恨の極み」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安否不明の日本人7人、大変厳しい状況であると認識=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>人の集まる場所、怖い…首都の日本人に不安 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 菅官房長官 国内対策の説明「水際での食い止め、徹底している」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:残虐非道なテロに憤り=安倍首相・ダッカ人質事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラテロ>人質20人殺害…日本人7人の安否不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 安否不明の日本人7人、菅官房長官「大変厳しい状況」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:邦人被害「8人以外にいない」=菅官房長官・ダッカ人質事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「痛恨の極み」…3日にも政府専用機派遣へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラの立てこもり、犠牲者20人 全員が外国人 軍幹部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安否不明邦人「極めて厳しい」=菅長官・ダッカ人質事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ軍兵士 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ襲撃事件 「知人が心配」「信じがたい」現地邦人、国内NPOなどに衝撃広がる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 「安定した政治が重要」谷垣禎一幹事長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 外国人20人犠牲か 日本人7人安否不明、IS系が犯行声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 「コーラン暗唱できぬ人に拷問」現地メディア報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 武装集団、出稼ぎバングラデシュ労働者から秘密献金か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 渡辺さん所属のコンサル会社「男性1人、女性2人の安否不明」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:床に倒れた人、大量の血痕=「現場写真」公開―IS系メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:夜の歓楽、一転「戦場」=突然の襲撃逃げ切れず―人質事件再現・バングラ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、遊説中止で危機対応専念=菅氏不在に野党から批判も―ダッカ人質事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:子供連れの女性も…レストランに銃声と爆発音 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 「犠牲者の大半は日本人とイタリア人」軍当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ襲撃、人質20人死亡 全員外国人 バングラ軍発表 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<バングラテロ>「親日的な国なのに」…日本在住者に衝撃
毎日新聞 7月2日(土)21時26分配信

 日本に住むバングラデシュ人も事件に衝撃を受けている。

 東京都内で10年以上飲食店を経営する男性は「非常に親日的な国なのに、多くの日本人が巻き込まれたようでショックを受けている」と声を落とした。「(武装集団は)断食期間中なのでレストランが混雑する日没を待って事件を起こしたのかもしれない。イスラムの教えをかたる悪人が起こしたのだろうが、イスラム教はこうした無差別テロを容認していない」と憤った。

 17年前に来日し、福岡市中央区でバングラデシュカレー店を経営するモハメド・ズルフィカル・ハイダルさん(46)は断食期間の最後の金曜日に当たる1日夜~2日未明、モスクで礼拝をした後、インターネットで事件の発生を知った。

 知人らのフェイスブックを確認して「事件後も更新されており無事のようだ」と安堵(あんど)したといい、「大使館などが建ち並ぶ地域で、そんなことが起きるなんて。日本人も巻き込まれているようで心配」と話した。【岸達也、平川昌範】


<バングラテロ>注意喚起していたが…JICA
毎日新聞 7月2日(土)21時21分配信

 安否不明の日本人7人は、国際協力機構(JICA)が業務を委託した国内のコンサルタント会社の社員だった。JICAの北岡伸一理事長は2日記者会見し、事件現場について「普通に考えれば安全な場所だっただけに、こういう事態になって残念」と語った。

 7人は現地でインフラ関係の調査事業に従事していた。バングラデシュでは昨年10月にも日本人が殺害される事件があり、北岡理事長は「今年6月がIS(過激派組織『イスラム国』)設立2周年に当たり、さらにラマダン(断食月)明けは危険ということもあって、注意喚起はしていた」と述べた。

 JICAは2日午前8時半、北岡理事長を本部長とする緊急対策本部を設置した。担当の理事と部長を現地に派遣し外務省と連携して情報収集や被害者の対応に当たるという。

 北岡理事長は「安全第一で対応する中には国外退避も視野に入れている」と語った。他国についても今後、危険情報などに注視しながら邦人対策を検討する考えを示した。

 JICAは外務省所管の独立行政法人。開発途上国に技術協力や有償・無償の資金協力をする政府開発援助(ODA)を行っている。専門知識を持つ20~30代をボランティアとして派遣する青年海外協力隊事業なども実施し、海外に計約90の拠点を持つ。

 バングラデシュでは1973年に青年海外協力隊駐在員事務所を開設し、翌年にJICA事務所を設置した。

 バングラデシュ政府は、2021年までに全国民が中所得国レベルの生活を享受できる社会を実現するため、「経済成長の加速と貧困削減」を目標に掲げる。JICAは経済活動活性化や貧困からの脱却を後押ししようと、電力安定供給▽都市開発▽基礎教育の質の向上▽農業・農村開発--など九つの分野で協力している。

 今年6月にはバングラデシュ政府との間で、急増する電力・交通需要への対応や災害リスク低減に向けた6事業について総額約1735億円を限度とする過去最大規模の円借款貸付契約を調印した。

 日本政府はバングラデシュに対し14年度までに、円借款で約1兆666億円、無償資金協力として約4777億円、技術協力で約794億円の援助をしている。【森健太郎、鈴木一生】


<バングラテロ>「強い憤り」…JICA理事長
毎日新聞 7月2日(土)21時20分配信

981
記者会見するJICAの北岡伸一理事長=東京都千代田区で2016年7月2日午後7時13分、竹内幹撮影

 バングラデシュの人質テロ事件で、国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長は2日午後7時前に東京都千代田区のJICA本部で記者会見し、JICAが業務を委託した国内のコンサルタント会社の日本人7人の安否が分からないことを明らかにしていた。「大変憂慮し深刻に受け止めている。犯人に強い憤りを覚えている」と述べた。

 JICAによると、7人は、JICAが発注した現地のインフラ関係の調査事業に従事するコンサルタント会社の社員。ただ、社員の名前や所属会社名は明かさなかった。日本人1人が救出され、被弾して病院で手当てを受けていることも明らかにした。

 7人は現地でインフラ関係の調査事業に従事していた。北岡理事長は現場について「普通に考えれば安全な場所だっただけに、こういう事態になって残念」と語った。バングラデシュでは昨年10月にも日本人が殺害される事件があり、「今年6月がIS(過激派組織『イスラム国』)設立2周年に当たり、さらにラマダン(断食月)明けは危険ということもあって、注意喚起はしていた」と述べた。

 JICAは2日午前8時半、北岡理事長を本部長とする緊急対策本部を設置した。担当の理事と部長を現地に派遣し外務省と連携して情報収集や被害者の対応に当たるという。

 北岡理事長は「安全第一で対応し国外退避も視野に入れている」と語った。他国についても今後、危険情報などにより対策を検討する考えを示した。

 JICAは外務省所管の独立行政法人で、開発途上国に技術協力や有償・無償の資金協力をする政府開発援助(ODA)を行っている。専門知識を持つ20~30代をボランティアとして派遣する青年海外協力隊事業なども実施し、海外に計約90の拠点を持つ。

 バングラデシュでは1973年に青年海外協力隊駐在員事務所、翌年にJICA事務所を設置した。現在、経済活動の活性化や貧困からの脱却を後押ししようと、電力安定供給▽都市開発▽基礎教育の質の向上▽農業・農村開発--など9分野で協力している。【森健太郎、鈴木一生】


<バングラテロ>社員3人が安否不明に…渋谷の建設コンサル
毎日新聞 7月2日(土)21時10分配信

 建設コンサルタント「オリエンタルコンサルタンツグローバル」(東京都渋谷区)は2日、バングラデシュに派遣している男性社員3人の安否が不明になっていることを明らかにした。

 同社の広報担当者は「襲撃事件の発生直後から現地社員に連絡を入れているが、3人とはいまだ連絡が取れない。JICAが会見で明らかにした以上の詳細は分からない」と困惑気味に話した。【山本将克】


<バングラテロ>人質男性「助け出して…」途切れたメール
毎日新聞 7月2日(土)21時7分配信

980
2日に突入作戦が行われたレストラン付近で警戒に当たる治安部隊=ダッカで、AP

 【ダッカ金子淳】「ここから助け出してくれ!」「無事を祈っているよ」。バングラデシュの首都ダッカで1日(日本時間2日未明)起きた人質テロ事件で、人質になったバングラデシュ人の兄は、弟と約8時間にわたってメールで連絡を取り合った。悲痛な叫びを伝えてきた兄の安否を気遣う弟が、地元紙「デーリー・スター」の取材に応じた。脱出した人たちによると、人質は武装集団にイスラム教の聖典コーランを暗唱させられ、できない人が襲われたという。

【写真特集】負傷して運ばれる警察官…ダッカでレストラン襲撃

 同紙によると、人質になったのは、現場の飲食店で働いていたサミール・バロイさん。弟のゴパルさんは、事件発生から約30分後の1日午後10時(日本時間2日午前1時)ごろ、携帯電話のメールで兄と連絡がついた。

 「僕とおいは無事だ。トイレの個室にいる」。兄からの連絡に弟はほっとし「特殊部隊は力を尽くしている。みんな大丈夫だよ」と励ました。

 発生から4時間あまりたった2日午前1時45分、兄から切羽詰まったメールが来た。「壁を壊して助け出してくれ!」。しかし、家族は現場周辺に近づけずどうにもならない。

 「やつらは、兄さんがトイレにいることを知っているの?」。弟のメールに兄は「そうだ。やつらにトイレに閉じ込められているんだ」と説明した。「兄さん、元気?」「無事、元気に帰って来ることを祈っているよ」。弟は兄の身を案じ、メールを送り続けた。

 午前5時48分。「治安部隊はもうすぐ突入してくる。すぐにトイレに来てくれ。ここは(体が)痛い」。兄のメールに弟は「軍には兄さんのことを伝えてあるよ」と返した。返事はなかった。午前6時22分、「今どんな状態なのか教えて」とメールを送ったが、やはり返事がない。

 午前7時40分、治安部隊が突入した。その後も、兄から返事は返ってきていない。

 AP通信によると、ビジネスマンのハスナット・カリムさんと妻、2人の子供も事件に巻き込まれた模様だ。おじのアンワラルさんは同通信に「ハスナットが(レストランから)電話をしてきた。『私たちを助けてくれ、頼む!』と言って電話は切れた」と話した。デーリー・スター紙によるとカリムさん一家はその後救出された。


ダッカ人質事件 菅官房長官、新潟遊説「全く問題ない」 野党の批判に反論
産経新聞 7月2日(土)20時42分配信

 菅義偉官房長官は2日の記者会見で、バングラデシュの首都ダッカのカフェで起きた人質立てこもり事件をめぐり、自らが首相官邸を離れ参院選の応援のため新潟県内で遊説したことを野党から批判されていることについて「政府としては内閣総理大臣が陣頭指揮をとっているので全く問題ない」と反論した。

 菅氏は自身の遊説に関し「首相とご相談し、首相が残る中で私が出ていった」と説明。官房長官の職務を代行する萩生田副長官が官邸に残ったこととあわせ、政府の危機管理体制に不備はないとの認識を示した。


ダッカ人質事件 安倍首相の発言詳報「残虐非道なテロ」「日本人の安全確保に全力尽くす」
産経新聞 7月2日(土)20時39分配信

 安倍晋三首相は2日夜、バングラデシュの首都ダッカで武装集団がカフェを襲撃した事件で日本人7人の安否に関し、「確認に全力を尽くしているが、大変厳しい状況である。痛恨の極みである」と述べた。官邸で記者団に語った。ぶら下がりの詳細は以下の通り。

 --邦人の安否確認を含め政府の対応状況は

 「卑劣なテロによって多くの人々の命が奪われました。このテロによってお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈りし、お悔やみを申し上げたいと思います」

 「7人の日本人の安否については確認に全力を尽くしておりますが、大変厳しい状況であります。バングラデシュの発展のために尽力をしてこられた皆さんであり、痛恨の極みであります」

 「今回の残虐非道なテロによって何の罪のない多くの方々の命が奪われました。強い憤りを覚えます。私たち国際社会が共有している普遍的価値に対する挑戦であり断固抗議をいたします」

 「また、事件発生当初からバングラデシュとは人命第一で緊密に連携を取ってまいりました。1人の日本人の方が負傷はされましたがバングラデシュ政府の作戦によって救出されました。作戦に関わった皆様に対しまして感謝申し上げたいと思います。先ほどハシナ首相とも電話会談で話をしましたが、最後まで最善を尽くしてこられたハシナ首相、またバングラデシュ政府に対して日本を代表してお礼を申し上げたいと思います。今後も内外の日本人の安全確保のために全力を尽くしていく考えであります」


政府、邦人安否確認に全力
時事通信 7月2日(土)20時37分配信

979
政府は2日、バングラデシュの首都ダッカで発生した人質事件を受け、連絡の取れない在留邦人らの安否確認に全力を挙げた。写真は、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=同日夜、首相官邸


バングラテロ、日本人7人が死亡…男性1人救出
読売新聞 7月2日(土)20時36分配信

 バングラデシュの首都ダッカの中心部グルシャン地区で1日夜(日本時間2日未明)、武装集団がレストランを襲撃したテロ事件で、同国陸軍は人質20人が死亡したと発表した。

 菅官房長官は2日午後11時半から記者会見し、このうち男性5人、女性2人の計7人が日本人だったと発表した。7人はいずれも国際協力機構(JICA)の現地プロジェクトの関係者だった。比較的穏健なイスラム教国家とされてきたバングラデシュで、外国人を狙ったとみられる無差別テロが起きたことに、衝撃が広がっている。

 事件発生時、7人と共に食事をしていた日本人男性1人は、バングラデシュ治安部隊の突入作戦で救出された。現地でJICAのプロジェクトに参加している東京都新宿区のコンサルタント会社「アルメックVPI」の海外事業本部社員で、40歳代の渡辺玉興(たまおき)さんで、頬に銃弾を受けたが、手術を受けて容体は安定しているという。


安倍首相「痛恨の極み」、安否不明の7人は厳しい状況
ロイター 7月2日(土)20時28分配信

[東京 2日 ロイター] - 安倍晋三首相は2日夜、バングラデシュの首都ダッカで発生した人質事件に関し、安否不明の日本人7人の状況は「確認に全力を尽くしているが大変厳しい」とし、「バングラデシュの発展のために尽力した皆さんであり、痛恨の極みだ」と語った。

そのうえで、「残虐非道なテロで多くの方々の命が奪われ、強い憤りを覚える。国際社会が共有している普遍的価値への挑戦であり、断固抗議する」と述べた。

(梅川崇)


ダッカ人質事件 日本人7人安否不明 安倍首相「厳しい状況、痛恨の極み」
産経新聞 7月2日(土)20時24分配信

 安倍晋三首相は2日夜、バングラデシュの首都ダッカで武装集団がカフェを襲撃した事件で日本人7人の安否が分からない状況について、「確認に全力を尽くしているが、大変厳しい状況である。(7人は)バングラデシュの発展のために尽力をしてこられた皆さんであり痛恨の極みである」と述べた。官邸で記者団に語った。

 「今回の残虐非道なテロによって何の罪のない多くの方々の命が奪われた。強い憤りを覚える。断固抗議する」とも述べた。


安否不明の日本人7人、大変厳しい状況であると認識=菅官房長官
ロイター 7月2日(土)20時24分配信

[東京 2日 ロイター] - 菅義偉官房長官は2日夜の記者会見で、バングラデシュの首都ダッカで発生した人質事件に関し、安否不明の日本人7人について「大変厳しい状況であると認識している」と語った。

また、救出された1人を加えた計8人以外で、事件に巻き込まれた日本人は「いないと思う」と述べた。

(梅川崇)


<バングラテロ>人の集まる場所、怖い…首都の日本人に不安
毎日新聞 7月2日(土)20時18分配信

 バングラデシュの首都ダッカで起きた人質事件は、現地の日本人たちを不安に陥れている。【山崎友記子】

 現地でのボランティア活動のため、現場から約1キロ離れた友人宅に滞在中の派遣社員、三浦真由美さん(48)は「事件の影響かどうか分からないが、いつもはにぎやかな周囲の通りはひっそりしている。こんなに静かなのは初めて。人通りもほとんどない」という。

 三浦さんは7、8年前からダッカを行き来している。経済発展とともに事件現場周辺には、この数年で外国人向けの高級なパン店やケーキ店ができ、にぎやかになったのを目にしてきた。一方で、昨年も近くで外国人1人がテロとみられる襲撃に遭い、死亡する事件があったという。

 「治安が悪い状態は以前から続いている。普段から外出時には気をつけていたが、ショッピングセンターなど人の多く集まるところには、しばらく行けないだろう」と話した。


ダッカ人質事件 菅官房長官 国内対策の説明「水際での食い止め、徹底している」
産経新聞 7月2日(土)20時17分配信

 菅義偉官房長官は2日夜の記者会見で、バングラデシュの首都ダッカで武装集団がカフェを襲撃した事件に関連し、国内のテロ対策について「常日頃からありとあらゆる対応策をとって、まず水際で食い止めることが一番大事だ。そこは徹底して行っている」と述べた。


残虐非道なテロに憤り=安倍首相・ダッカ人質事件
時事通信 7月2日(土)20時17分配信

 安倍晋三首相は2日夜、首相官邸で記者団にバングラデシュでの人質事件について、「残虐非道なテロで罪のない方々の命が奪われ憤りを覚える。内外の日本人の安全確保に全力を尽くす」と述べた。


<バングラテロ>人質20人殺害…日本人7人の安否不明
毎日新聞 7月2日(土)20時8分配信

978
治安部隊に救出され、車両に乗せられる負傷者=ダッカで2016年7月1日、AP

 【ダッカ金子淳】バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装集団がレストランを襲撃した人質テロ事件で、治安部隊が2日の救出作戦で人質のうち13人を救出したが20人が死亡した。実行犯6人は殺害、1人は拘束された。現地当局者が明らかにした。萩生田光一官房副長官は2日、日本人1人が救出されたが7人が安否不明だと述べた。安倍晋三首相は同日夜、7人の安否に関し「大変厳しい状況にある。痛恨の極みだ。残虐非道なテロに強い憤りを覚える」と語った。

 事件では1日午後9時30分(日本時間2日午前0時30分)ごろ、武装集団がダッカ中心部、グルシャン地区のレストラン「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」を襲撃し人質を取って立てこもった。治安部隊は2日午前7時40分(同午前10時40分)ごろ内部に突入し、約3時間後に鎮圧した。

 関係者によると、救出された日本人は東京都内のコンサルタント会社社員、渡辺玉興(たまおき)さん。国際協力機構(JICA)の円借款事業で現地派遣された。萩生田副長官によると、被弾しており、搬送先の病院で在バングラ大使館員に「日本人7人の仕事仲間と食事をしていた」と話したという。

 AFP通信は、バングラ陸軍報道官の話として、人質20人が武装集団に殺害されたと報じた。報道官は「犠牲者の多くはイタリア人と日本人だった。遺体は鋭利な武器で容赦なく切られていた」と話した。イタリアのジェンティローニ外相は2日、イタリア人犠牲者は9人と明らかにした。脱出した人質の父親は地元メディアに、「襲撃者が人質にイスラム教の聖典コーランを暗唱させ、できない者を拷問した」と語った。救助されたイタリア系アルゼンチン人シェフは「襲撃者は外国人だけを探していた」と伊メディアに語った。

 標的となったレストランは、日本や米国など各国の大使館が多い地区にあり、日ごろから外国人客に人気があった。事件当時はラマダン(イスラム教の断食月)最後の金曜日で、夜になってから飲食する人でにぎわっていたとみられる。

 武装集団は銃や手投げ弾などを所持していたらしい。逃げ出した店のスタッフによると、武装集団は「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいた。外国人約20人を含む約35人が人質になったとみられる。地元メディアなどによると、治安部隊突入の前までに少なくとも警官2人が死亡、26人が負傷した。

 100人以上で構成されたとみられる治安部隊は2日朝に店に突入、銃撃戦になった。

 過激派組織「イスラム国」(IS)の影響下にあるニュースサイト「アーマク通信」は、「外国人を含む24人を殺害し、40人を負傷させた」と伝え、犠牲者のものとされる写真も発信してISの関与を報じたが、米国の情報筋からは国際テロ組織アルカイダ系の「インド亜大陸のアルカイダ(AQIS)」が関与した可能性を指摘する声も上がっている。

 バングラデシュはイスラム教徒が約9割を占めるイスラム教国。イスラム過激派に批判的な意見を表明していたブロガーが2015年だけでも4人、過激派によって殺害される事件が起き、イスラム過激派の社会への浸透と勢力拡大が懸念されていた。ただ、政府は国際テロ組織の関与について一貫して否定的だ。政府による野党勢力の弾圧が、一連の事件の背景にあるとの指摘も出ている。


ダッカ人質事件 安否不明の日本人7人、菅官房長官「大変厳しい状況」
産経新聞 7月2日(土)20時4分配信

 菅義偉官房長官は2日夜、首相官邸で記者会見し、バングラデシュの首都ダッカで武装集団がカフェを襲撃した事件に関し、安否が確認できていない日本人7人について「大変厳しい状況であると認識している」と述べた。

 また、「引き続き国際協力機構(JICA)とも連携しつつ事実関係の確認を進めるとともに、政府専用機の派遣を含めて対応を万全を尽くしてい考えだ」と述べた。


邦人被害「8人以外にいない」=菅官房長官・ダッカ人質事件
時事通信 7月2日(土)20時0分配信

 菅義偉官房長官は2日夜の記者会見で、バングラデシュの首都ダッカで発生した人質事件に関し、8人以外に邦人被害者がいる可能性について、「ないと思っている」と述べた。


首相「痛恨の極み」…3日にも政府専用機派遣へ
読売新聞 7月2日(土)19時59分配信

 菅官房長官は2日深夜、首相官邸で記者会見し、バングラデシュのレストラン襲撃テロ事件で安否不明だった日本人7人(男性5人、女性2人)の死亡が確認されたと発表した。

 遺体が搬送された病院でバングラデシュの日本大使館関係者が確認し、外務省が遺族に連絡した。政府は3日にも遺族らを乗せた政府専用機を現地に向けて出発させる。

 菅氏は死亡者の氏名について「家族の了解を得ていないのでコメントは控える」と述べた。また、日本人が狙われたとの見方については「情報収集中だが、必ずしも日本人に限ったことではないのかなという状況だ」と語った。

 これに先立ち、安倍首相は2日夜、「バングラデシュの発展のために尽力してきた皆さんで、痛恨の極みだ」と首相官邸で記者団に語った。


バングラの立てこもり、犠牲者20人 全員が外国人 軍幹部
AFP=時事 7月2日(土)19時55分配信

977
バングラデシュの首都ダッカで、武装集団が立てこもっている飲食店の周囲で警戒に当たる治安部隊(2016年7月2日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)で武装集団が飲食店を襲撃し、人質を取って立てこもっていた事件で、軍幹部は2日、民間人20人が殺害され、その全員は外国人だと明らかにした。犠牲者の多くは斬殺されていたという。

 ナイーム・アシュファク(Nayeem Ashfaq)准将はダッカでの記者会見で、「20人の遺体を収容した。遺体のほとんどは鋭利な刃物で斬殺されていた」と述べたが、犠牲者の国籍には言及しなかった。

 これまでのところ犠牲者の正確な国籍については明かされていないが、シャハブ・ウッディン(Shahab Uddin)中尉はAFPの取材に対し、殺害された20人は全員外国人で、そのほとんどはイタリア人か日本人」だと述べた。

 また、この事件では外国人3人を含む13人が救出されたが、アシュファク准将は「救出されたうちの3人は外国人で、日本人1人とスリランカ人2人」だと述べた。

 さらに軍によると、襲撃犯のうち1人が生きたまま拘束されたという。

 当局はこれに先立ち、1日夜に襲撃事件が発生し警察が包囲にかかった際に起きた銃撃戦で警察官2人が死亡し、治安部隊が2日早朝に店内に突入して武装集団の6人を殺害したと発表している。【翻訳編集】 AFPBB News


安否不明邦人「極めて厳しい」=菅長官・ダッカ人質事件
時事通信 7月2日(土)19時46分配信

 菅義偉官房長官は2日夜、首相官邸での記者会見で、バングラデシュの首都ダッカで起きた人質事件で安否不明の邦人7人について、「極めて厳しい状況だと認識している」と述べた。


バングラ軍兵士
時事通信 7月2日(土)19時45分配信
2日、ダッカの立てこもり現場付近で活動するバングラデシュ軍兵士。

976
ダッカ襲撃事件 「知人が心配」「信じがたい」現地邦人、国内NPOなどに衝撃広がる
産経新聞 7月2日(土)19時28分配信

 バングラデシュの首都ダッカのカフェが襲撃された事件は、現地で活動する邦人や国内のNPO団体などにも衝撃を与えた。

 「ダッカにはそんなに多くの日本人がいないので、巻き込まれた人は知り合いかもしれない。本当に怖いし、心配です」。現地企業でインターン中の慶応大生、小池真太郎さん(22)は声を落とした。バングラデシュでは昨年10月、北部ランプルで邦人男性が殺害される事件が発生。小池さんは治安悪化が心配で一時帰国したが、再渡航して最近ようやく不安が薄れ始めていた。そこに今回の事件。小池さんは再度の帰国を考えているという。

 ダッカ在住の企業コンサルタント、田中秀喜さん(41)は「イスラム過激派による事件は頻発していたが、これほど組織だったものはなかった」と驚く。

 現地では円借款による鉄道建設事業が始まろうとしており、日本企業関係者の入国も今後増えると見込まれていたという。田中さんは「今回のテロが悪影響を与えるのは間違いない」と先行きを懸念した。

 「外国人が狙われたショックは大きい。国民は温厚で優しい人ばかりなので大勢の命を一度に奪う事件が起きるとは信じがたい」。40年以上、アジアの貧困問題に取り組んできたNPO法人「シャプラニール」(東京)の担当者は戸惑いを隠せない。現地スタッフ3人の安否は確認できたが、今後の活動は状況次第という。「過剰に反応するのは良くないが、職員の安全あってのことなので慎重に対応したい」と話した。

 旅行会社も情報収集に追われた。HISは現在、外務省が危険情報レベル2(不要不急の渡航中止)を出している同国へのツアー開催を控えているが、広報担当者は「今の時代はいつどこで何が起こるか分からないので注意しなければ」と気を引き締めた。


ダッカ人質事件 「安定した政治が重要」谷垣禎一幹事長
産経新聞 7月2日(土)19時18分配信

 自民党の谷垣禎一幹事長が2日、宇都宮市のJR宇都宮駅西口で街頭演説を行い、同党候補者への支持を呼びかけた。自民党幹部の応援演説は6月22日の公示後初めて。

 谷垣氏は、バングラデシュの首都ダッカで武装した男らがカフェに侵入した事件にふれ、「安定した政治で国民の間に、あんまり大きな亀裂を入れることがないよう、政治が国民統合の役割を果たしていくことが一番大事だ」とした。

 また、英国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まったことによる国際経済への影響が懸念されることについて、「日本政府と日銀がしっかりと手を握り必要な対策を打つ。大きなマイナスにつながらない手立てを講じないといけない。安定した政治が重要だ」と訴えた。


ダッカ人質事件 外国人20人犠牲か 日本人7人安否不明、IS系が犯行声明
産経新聞 7月2日(土)19時5分配信

 【ニューデリー=岩田智雄】バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時(日本時間2日午前0時)ごろ、武装集団がカフェを襲撃し、客ら数十人を人質に取って立てこもった。治安当局は2日朝に現場に突入し、日本人男性1人を含む13人を救出した。ロイター通信によると、同国軍関係者は、実行犯6人と人質20人が死亡したと述べた。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)系メディアが犯行声明を出したが、関与は不明。

 萩生田光一官房副長官は2日の記者会見で、救出された日本人男性について、被弾し「負傷しているが、命に別条はない」と説明した。政府関係者によると、男性は、東京都内の建設コンサルタント会社社員の渡辺玉興さん。

 国際協力機構(JICA)の円借款プロジェクトに参加している企業の技術者ら日本人8人で食事中、事件に巻き込まれた。渡辺さんは「別々に逃げ、他の7人の安否は分からない」と現地の日本大使館員に話したという。

 政府筋は7人の安否に関し「厳しい見通しを持っている」と語った。外交筋によると、7人に女性が含まれているとの情報もある。

 安倍晋三首相はバングラデシュのハシナ首相と電話会談し、「非道な行為はいかなる理由でも許されず、断固非難する」と述べ、同国への連帯を表明した。

 地元当局によると、実行犯は8、9人で、襲撃時、「アラー(神)は偉大なり」と叫びながら発砲。警察と銃撃戦となり、警官2人と約20人が負傷した。AP通信によると、外国人20人を含む35人を人質に取って立てこもった。犯行声明でIS側は「24人を殺害した」と主張していた。

 発生から約10時間後、当局が治安部隊100人以上を投入し、救出作戦に着手。銃撃戦となり、爆発音も聞こえたという。

 英スカイニュース(電子版)によると、地元軍当局者が「死亡した人質20人は全員、外国人で、大半がイタリア人と日本人だ」と述べた。

 現場となったグルシャン地区は、ダッカ国際空港や日本大使館など外国公館にも近く、外国人向けの飲食店が多い。バングラデシュの在留邦人は約千人。

 バングラデシュでは昨年9月以降、外国人らを狙ったイスラム過激派による襲撃事件が相次いでいた。治安当局は6月からのラマダン(断食月)期間中の過激派の活動を警戒。1万人以上を拘束していた。

 事件が起きた1日はラマダン最後の金曜日で、街は多くの人でにぎわっていたという。


ダッカ人質事件 「コーラン暗唱できぬ人に拷問」現地メディア報道
産経新聞 7月2日(土)18時44分配信

 【ニューデリー支局】バングラデシュの首都ダッカのカフェで起きた人質立てこもり事件で、現地の英字紙デーリー・スター(電子版)は2日、救出された人質の父親の話として、犯人グループが人質に対してイスラム教の聖典コーランの一節を暗唱するよう求め、言えなかった人は「拷問された」と伝えた。

 人質の父親によると、犯人グループは、人質が信仰する宗教をチェックするためにコーランを暗唱させていた。バングラデシュ人に対しては乱暴な振る舞いをせず、食事も出していたという。


ダッカ人質事件 武装集団、出稼ぎバングラデシュ労働者から秘密献金か
産経新聞 7月2日(土)18時41分配信

 【シンガポール=吉村英輝】バングラデシュの首都ダッカで起きた人質事件は、武装集団が東南アジアなどに散在する出稼ぎ労働者らから秘密裏に寄せられた献金などを犯行の資金源としていた可能性がある。テロ活動の封じ込めには、各国の治安当局間の強固な連携が必要であることが改めて浮き彫りとなった。

 シンガポール内務省は今年1月、バングラデシュでのテロを実行するためシンガポールで犯行資金を集めていたとして、昨年11~12月にバングラデシュ人の男約30人を国内治安法違反の疑いで拘束したと発表。4月にも8人を同容疑で拘束し、大半を強制送還した。

 貧困と低開発にあえぐバングラデシュでは、男性を中心に海外へ出稼ぎする者が多く、建設現場などでの人手が不足しているシンガポールは主要な受け入れ国の一つとなっている。

 一方、これら出稼ぎのバングラデシュ人は国外で出身地ごとの仲間で集まり、イスラム過激思想に染まるケースも出ている。強制送還された男たちもシンガポールで「非公開の宗教研究グループ」をつくるなどし、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)などの思想を信奉。バングラデシュや中東でのテロ活動を支援するため送金などしていたとみられる。

 一方、インドネシアの首都ジャカルタの繁華街で今年1月、コーヒーチェーン「スターバックス」で男が自爆するなどし、カナダ人ら民間人4人が死亡した事件では、インドネシアのテロ組織が中東の組織から資金やテロ技術などの提供を受けたとされる。

 シンガポールのリー・シェンロン首相は、東南アジアはテロ関連活動の格好の舞台になっており、ISの支持者らがこの地域に独自の「行政区画」の創設を画策していることは幻想ではないと警告している。


ダッカ人質事件 渡辺さん所属のコンサル会社「男性1人、女性2人の安否不明」
産経新聞 7月2日(土)18時34分配信

 バングラデシュの首都ダッカで起きた襲撃事件で、救出された渡辺玉(たま)興(おき)さんが所属する開発コンサルティング会社「アルメックVPI」(東京都新宿区)の担当者は2日、報道陣の取材に「(渡辺さんの他に現地にいる)男性1人、女性2人の安否が確認できていない」と明らかにした。3人は20~40代で、いずれも6月10日に日本を出国していた。

 政府によると、渡辺さんは国際協力機構(JICA)の円借款プロジェクトに専門家として参画。同じプロジェクトに携わる日本人技術者ら7人と食事していたところを襲撃されたという。

 在バングラデシュ日本国大使館のホームページによると、渡辺さんは平成20年12月、「JICAバングラデシュ事務所企画調査員」として、勉強会で「ダッカ市都市交通の現状と課題、そして今後の日本の援助の方向性」との発表を行っていた。

 アルメック社は昭和46年に設立。国内外のインフラ開発のコンサルティング業務を行っている。フィリピン、インドネシアなど海外に事務所があり、JICAからはタイの都市開発やフィリピンの鉄道事業といった受注歴がある。


床に倒れた人、大量の血痕=「現場写真」公開―IS系メディア
時事通信 7月2日(土)18時28分配信

 【カイロ時事】過激派組織「イスラム国」(IS)系のメディア「アマク通信」は2日、複数の「立てこもり事件の現場写真」をインターネット上に公開した。

 写真はバングラデシュのダッカにある飲食店の内部の様子とされ、料理の置かれたテーブルなどがある部屋の床に、倒れた人々や大量の血痕が写されている。

 アマク通信は写真の人々について「殺害された外国人」と説明している。同通信はこれより先、ISが事件を起こしたと報じており、写真の投稿にはISの犯行であるという主張を裏付けようとの狙いもあるとみられる。


夜の歓楽、一転「戦場」=突然の襲撃逃げ切れず―人質事件再現・バングラ
時事通信 7月2日(土)18時24分配信

975
2日、ダッカの立てこもり現場から救出された人質を搬送する救急車。

 週末を控えた金曜日の夜、外国人客らで盛り上がる首都屈指の人気カフェは、武装集団の襲撃で一瞬にして「戦場」と化した。

 バングラデシュのダッカで起きた人質立てこもり事件。現地からの報道などを基に、凄惨(せいさん)なテロ事件を再現した。

 夜も更けた午後9時ごろ、各国大使館が集まるダッカのグルシャン地区。こだわりの石窯で焼いた手作りのパンやピザが人気の店「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」は、50人近い客でにぎわっていた。中には、連れ立って訪れた日本人男女8人の姿も。現地で活躍するさまざまな国籍の人々が1週間の疲れを癒やしながら、身の上話に花を咲かせていた。

 突然、銃声と爆音が響き渡る。「アラー・アクバル(神は偉大なり)」。客の耳に届いた言葉は、世界各地でテロを繰り返すイスラム過激派の決まり文句。襲ってきた5人の男は、戦闘用ライフル銃や刀剣、手りゅう弾、爆発物で武装していた。店の従業員は英紙ガーディアンに「実行犯は2階に上がり、そこから乱射した」。パニックで逃げ切れなかった客ら30人以上が残され、人質となった。

 数分後には警察が到着。実行犯は銃と手りゅう弾で応戦し、警官2人が死亡した。現場を囲んだ治安部隊が日本人やイタリア人ら人質の解放を再三要求するも、実行犯は一向に応じない。現地駐在イタリア大使は「彼らは交渉するつもりはない。自爆ミッションだ」と同国メディアに語った。

 地元紙デーリー・スターによると、娘の誕生日を祝うため家族で店を訪れ、事件に遭遇した男性は「実行犯はバングラデシュ人には丁重だった。(イスラム教聖典)コーランの一節を暗唱できるか1人ずつ尋ね、できた人質は難を逃れた」と証言した。

 約4時間が過ぎ、過激派組織「イスラム国」(IS)は同組織系メディアを通じて犯行を主張。加えて、店内で撮影したとされる血まみれの遺体の写真も掲載した。手詰まりと焦りが募る中、襲撃から約10時間。治安部隊約100人は夜が明けた午前8時前に店内に突入。人質のうち13人は救助されたが、20人が死亡した。

 立てこもりの間、逃げ遅れた従業員の中には蒸し暑い店内で上半身裸になり、トイレに隠れていた人もいた。そのうちの1人、スミール・バロイさんは午前6時20分ごろ、「トイレにいるから壁が壊れたら助けてほしい」と親族にメッセージを送った。治安部隊の突入後、連絡は途絶え、スミールさんの安否は分かっていない。


安倍首相、遊説中止で危機対応専念=菅氏不在に野党から批判も―ダッカ人質事件
時事通信 7月2日(土)18時21分配信

 多くの日本人が巻き込まれたバングラデシュでの人質事件を受け、安倍晋三首相は2日に予定していた北海道での参院選遊説の日程を取りやめ、国家安全保障会議(NSC)を開くなどして危機対応に当たった。

 ただ、菅義偉官房長官は対応を萩生田光一官房副長官に委ね、選挙応援のため新潟入りし、野党の一部からは批判の声も上がった。

 事件を受けて菅長官は午前8時半に首相官邸で緊急の記者会見を開き、状況を説明。首相も同9時すぎには官邸に入り、状況把握に努めた。首相は3日に予定していたサッカーのイタリア1部リーグ、ACミランの本田圭佑選手との対談も取りやめる。

 一方、萩生田、世耕弘成両官房副長官や西村泰彦内閣危機管理監が官邸に詰めていたことから、菅長官は2日午後から新潟に入り、県内2カ所で街頭演説を行った。

 菅長官は夜に官邸に戻ったが、民進党の江田憲司代表代行は横浜市で記者団に「『首相がいるからいいだろう』と言いだしたら官房長官は要らない。極めて異例な行動を選挙のために取っている」と菅長官の不在を批判。同党の枝野幸男幹事長も岐阜県大垣市で「こうした状況で、情報の結節点としての官房長官は、余人をもって代え難い立場だ」と語った。

 共産党の志位和夫委員長は川崎市で、「危機管理の責任者が官邸を離れるのは非常に重大な問題だ。人命優先と言いながら選挙優先だ」と非難した。

 これに対し、菅長官は同日夜の記者会見で「首相が官邸に残って陣頭指揮を執り、私の代行には副長官を置いた。日本政府としてやるべきことは全てやれる状況にして行った。全く問題ない」と強調した。


子供連れの女性も…レストランに銃声と爆発音
読売新聞 7月2日(土)17時51分配信

 【ニューデリー=田尾茂樹】外国人らが多く出入りする夜のレストランに、銃声と爆発音が鳴り響いた。

 バングラデシュの首都ダッカ中心部で1日発生した武装集団による襲撃事件。男たちが立てこもった店の周辺では、駆けつけた警官隊が銃撃戦で相次ぎ死傷し、現場は騒然とした空気に包まれた。

 事件が起きたのは1日午後9時半(日本時間2日午前0時半)頃。現場はダッカ中心部の各国大使館や高級レストランなどが並ぶグルシャン地区で、AP通信が伝えたレストラン従業員の話によると、複数の男たちが突然、店内に押し入り、まず空砲を放った。

 店内は、仕事を終えたビジネスマンや、子供を連れた女性らでにぎわっていたという。間もなく警官隊が到着し、銃撃戦が始まった。


ダッカ人質事件 「犠牲者の大半は日本人とイタリア人」軍当局者
産経新聞 7月2日(土)17時49分配信

 【ニューデリー支局】バングラデシュの首都ダッカのカフェで起きた人質立てこもり事件で、英スカイ・ニュース(電子版)は2日、現地の軍当局者が「死亡した人質20人は全員、外国人で、その大半がイタリア人と日本人だ」と語ったと伝えた。


ダッカ襲撃、人質20人死亡 全員外国人 バングラ軍発表
CNN.co.jp 7月2日(土)17時47分配信

(CNN) バングラデシュの首都ダッカで1日夜に発生した武装集団によるカフェ襲撃、人質を取っての立てこもり事件で、同国軍は2日、人質20人が死亡したと明らかにした。

犠牲者は全員外国人だという。立てこもりは数時間に及び、警察が突入して2日午前に収束した。

軍当局者は記者会見で、ベーカリーを襲撃した武装集団は銃や爆発物、「多くの鋭利な武器」を使用したと述べた。

救出された人質の数については、ムジブール・ラーマン陸軍准将は14人とする一方、ハシナ首相は13人としており、情報が錯綜(さくそう)している。救出された人質には日本人1人、スリランカ人2人が含まれていると両国の当局者が明らかにした。

ハシナ首相は数人を救えなかったとも述べた。

ハシナ首相はまた、テロリストのうち6人は現場で死亡し、1人を捕捉(ほそく)したと述べた。

« バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人不明 ISの犯行か・2 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・4 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63862948

この記事へのトラックバック一覧です: バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISの犯行か・3:

« バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人不明 ISの犯行か・2 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人死亡 ISが犯行声明・4 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31