« どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・10 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人不明 ISの犯行か・2 »

2016年7月 2日 (土)

バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人8人と連絡取れず ISの犯行か

バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が大使館が集まる地区にある飲食店を襲撃し、店内の日本人を含む外国人ら20人以上を人質に取って立てこもった。

特殊部隊約100人が発生から10時間後の2日朝(同午前)、店内に突入した。この襲撃で、これまでに警官ら少なくとも2人が死亡、30人以上が負傷した。イスラム過激派テロ組織IS(イスラム国)はこの襲撃で20人以上を殺害したと主張。一方、国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力も犯行声明を出している。

国際協力機構(JICA)は2日、事件を受けてJICAに関係する日本人の安否確認を行ったところ、8人と連絡が取れていないことを明らかにした。

リンク:木原外務副大臣を現地派遣へ=バングラ人質事件で政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ダッカ襲撃>店周辺は富裕層が多い地区 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ダッカ襲撃>政府、情報分析急ぐ 現地に副外相ら派遣へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 「関係者の安否を確認中」JICAバングラデシュ事務所 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 人質に日本人5人との情報も、地元当局が突入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米「テロ行為へ激しい怒り」…ダッカ立てこもり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラで邦人人質か カフェ立てこもり「イスラム国」犯行声明 日本政府、対策本部設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ダッカ襲撃>闇切り裂く銃声 緊迫10時間、早朝突入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ首都の飲食店立てこもり、治安部隊が突入 5人救出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ダッカ襲撃>企業など、現地邦人の安否確認に追われる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:治安部隊が突入=バングラ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ダッカ襲撃>日本人人質か 当局突入、武装集団と銃撃戦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ首都でカフェ襲撃、約20人人質 警官2人死亡 ISISが犯行声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラの人質事件、邦人は1人救出し7人安否不明-治安部隊突入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 菅官房長官「事実関係の確認に全力」 会見詳報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 安倍首相「各国と緊密に連携を指示」複数の日本人が巻き込まれた可能性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:立てこもり現場付近に展開する治安部隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:複数の日本人と連絡取れず…政府、NSCで協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ立てこもり、日本人が巻き込まれた可能性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラデシュ>官房長官「人質に邦人含まれる可能性」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 安倍首相 参院選遊説中止 岸田外相「いかなる理由であれテロは許せない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカ人質事件 菅官房長官 人質に日本人の可能性 安倍首相が人命第一の対応を指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:飲食店襲撃、多数人質に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、人命第一の対応指示=政府、邦人安否確認急ぐ―木原外務副大臣を派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ首都のカフェで武装集団が立てこもり、ISが犯行声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ首都の飲食店で武装集団が立てこもり、特殊部隊が現場に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バングラデシュ>武装集団がカフェ襲撃 35人人質か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:銃撃戦で警官2人が死亡…30人以上負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラ、IS対策に遅れ=弾圧が過激主義助長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカの飲食店襲撃は「イスラム国」戦闘員か? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バングラデシュで襲撃の武装集団鎮圧、外国人ら20人殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:飲食店襲撃、邦人人質か=特殊部隊突入、12人救出―IS犯行声明・バングラ首都 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ダッカの飲食店に武装集団、客ら数十人が人質 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:武装集団が飲食店襲撃=バングラ首都 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

木原外務副大臣を現地派遣へ=バングラ人質事件で政府
時事通信 7月2日(土)12時0分配信

 バングラデシュで発生した人質事件で、政府は木原誠二外務副大臣を現地に派遣することを決めた。

 岸田文雄外相が2日、記者団に明らかにした。


<ダッカ襲撃>店周辺は富裕層が多い地区
毎日新聞 7月2日(土)11時57分配信

970
襲撃現場付近を立ち入り禁止にして、警備にあたる警察官=ダッカで1日、AP

 バングラデシュの首都ダッカで1日夜、武装集団が襲撃し、立てこもったレストラン「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」は、大使館や外国人向けのホテルが並ぶグルシャン地区にある。地元住民が利用する商業地区からは少し離れ、駐在員など富裕層が多く住むエリアで、日本人学校も近い。

 襲撃されたレストランは、焼き立てのパンを提供する人気店で、広い庭のある開放的な雰囲気が外国人に好まれていた。


<ダッカ襲撃>政府、情報分析急ぐ 現地に副外相ら派遣へ
毎日新聞 7月2日(土)11時44分配信

 政府は2日昼、ダッカで発生した武装集団による人質事件に関し、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開いた。情報分析を進めるとともに、現地で情報収集や関係者の対応にあたる海外緊急展開チームと木原誠二副外相を派遣することを決めた。

 NSCには、安倍晋三首相、岸田文雄外相、麻生太郎副総理兼財務相らが出席。会議後に記者会見した萩生田光一官房副長官は、現地で警察が武装集団の立てこもったレストランに突入し、12人を救出し、うち2人が外国人だったと明らかにした。だが、日本人が含まれているかは確認できていないという。

 これに先立ち、菅義偉官房長官は同日朝、首相官邸で記者会見し、「日本人が(人質に)含まれている可能性がある」と発表した。政府は、首相官邸に官邸対策室、在バングラデシュ日本大使館に現地対策本部を設置。政府のテロ専門家からなる国際テロ情報収集ユニットの要員を現地に派遣した。政府高官は「現地で連絡が取れない日本人が複数いる」としているが、人質になっているかは不明だと説明している。

 安倍首相は、首相官邸に入る際、記者団に「情報の収集、事実関係の確認、さらにバングラデシュをはじめ関係各国と緊密に連携し、人命第一に対応するよう指示した」と語った。同日予定していた北海道での参院選遊説は取りやめた。岸田外相は外務省で記者団に「いかなる理由であれテロは許されるものではない」と強調した。【高本耕太】


ダッカ人質事件 「関係者の安否を確認中」JICAバングラデシュ事務所
産経新聞 7月2日(土)11時42分配信

 バングラデシュ首都ダッカのカフェ襲撃事件で、独立行政法人国際協力機構(JICA)バングラデシュ事務所の山辺卓次長は2日、産経新聞の電話取材に応じ、「関係者の安否は確認中。人質の中にJICA関係者がいるかどうかは分からない」と話した。

 山辺次長によると、バングラデシュには職員や家族などJICA関係者50~60人が滞在。現場となったカフェと事務所は2~3キロの距離で、外国人の利用も多く、JICA職員らも使うことがあるという。山辺次長は「こういう事件が起こらない場所だと思っていた」と緊迫した声で話した。


ダッカ人質事件 人質に日本人5人との情報も、地元当局が突入
産経新聞 7月2日(土)11時39分配信

 【ニューデリー=岩田智雄】バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した男らがカフェに侵入、警察と銃撃戦となり、立てこもった。地元当局によると、警察官2人が死亡し、数十人が負傷。外国人を含む約20人が人質になっているとされる。過激組織「イスラム国」(IS)系通信社が犯行声明を出した。

 英BBC放送などによると、地元警察当局は2日、現場のカフェに突入、人質の解放に向けた作戦に乗り出した。100人以上が投入され、突入の際、爆発音が聞こえたという。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は2日朝に記者会見し、人質に日本人が含まれている可能性があるとして確認に全力を挙げていると明らかにした。政府高官は複数の日本人が巻き込まれた可能性があるとの認識を示した。政府はバングラデシュの日本大使館に現地対策本部を設置した。

 BBCは2日、事件の人質に、日本人5人とイタリア人6人が含まれているとの情報を伝えた。バングラデシュ駐在のイタリア大使は、イタリア人7人のほか、日本人1人と韓国人2人が人質になっている可能性があると、イタリアメディアに話した。

 ロイター通信は、警察の突入作戦で外国人2人を含む少なくとも10人が解放されたと報じた。外国人のうち1人は日本人とみられるという。

 地元当局によると、襲撃犯は4、5人で、カフェを襲撃する際、「アラー(神)は偉大なり」と叫びながら発砲した。火炎瓶なども爆発させたという。

 IS側は犯行声明で、襲撃で24人が死亡したと主張したが、地元当局は否定した。IS側はネット上に事件の犠牲者の画像を掲載したともいう。確認は取れていない。バングラデシュ人2人がカフェから逃げ出したとの情報もある。

 現場は、ダッカの外交・商業地区で、ダッカ国際空港に近い。日本大使館や米国大使館にも近接し、外国人向けのレストランやカフェが多い。バングラデシュの在留邦人は約千人。

 バングラデシュでは昨年9月以降、外国人らを狙ったイスラム過激派による襲撃事件が相次いでいた。治安当局は6月からのラマダン(断食月)期間中の過激派の活動を警戒。1万人以上を拘束していた。


米「テロ行為へ激しい怒り」…ダッカ立てこもり
読売新聞 7月2日(土)11時39分配信

 【ワシントン=大木聖馬】米国務省のカービー報道官は1日、バングラデシュの首都ダッカで起きた武装集団による飲食店での立てこもり事件について「野蛮なテロ行為への激しい怒りを表明する」との非難声明を発表した。

 バングラデシュ政府と連絡を取りながら、事件対応に協力していることも明らかにした。

 カービー氏は、イスラム過激派組織「イスラム国」が出したとされる犯行声明については「把握しているが情報を分析中だ」と述べるにとどめた。


バングラで邦人人質か カフェ立てこもり「イスラム国」犯行声明 日本政府、対策本部設置
産経新聞 7月2日(土)11時36分配信

 バングラデシュの首都ダッカの外交・商業地区で1日夜(日本時間2日未明)、武装グループがカフェに侵入、警察と銃撃戦になり、立てこもった。当局によると、警察官2人が死亡、数十人が負傷した。複数の外国人を含む約20人が人質になったとの情報がある。過激派組織「イスラム国」(IS)系の通信社が犯行声明を出した。菅義偉官房長官は2日朝、人質や負傷者の中に日本人が含まれている可能性があると述べた。

 ロイター通信によると、バングラデシュ警察は2日、現場のカフェに突入、解放作戦に着手した。警察幹部は突入の際、激しい銃撃戦が起きたと語った。

 日本政府高官は2日、複数の日本人が巻き込まれた可能性があるとの認識を示した。バングラデシュ駐在のイタリア大使は2日、国営イタリア放送協会の電話取材に応じ、イタリア人7人が人質になっているほか、日本人1人と韓国人2人も人質の可能性があると語った。一方、英BBC放送は、人質に日本人5人とイタリア人6人が含まれているとの情報があると伝えるなど、情報は混乱している。

 日本政府はバングラデシュの日本大使館に現地対策本部を設置。安倍晋三首相は「関係各国と緊密に連携し、人命第一で対応するよう指示した」と述べた。岸田文雄外相は、政府の国際テロ情報収集ユニットのメンバーを現地に派遣するとし「いかなる理由であれテロは許せない」と述べた。

 世界有数のイスラム教徒人口を抱えるバングラデシュでは昨年9月以降、外国人や宗教少数派を標的にしたイスラム過激派による襲撃事件が頻発しているが、飲食店への攻撃は異例。日系企業が多く進出するバングラデシュの在留邦人は約千人。

 現場はダッカ国際空港や日本大使館に近く、外国人向けのレストランやカフェが多い繁華街グルシャン地区。当局によると、襲撃犯は4~5人で、「アラー(神)は偉大なり」と叫び発砲した。火炎瓶も爆発させたという。カフェは欧風料理を提供し、欧米人や地元富裕層に人気が高い。

 犯行声明は襲撃で24人を殺害したと主張したが、ロイター通信によると、地元治安当局は否定した。


<ダッカ襲撃>闇切り裂く銃声 緊迫10時間、早朝突入
毎日新聞 7月2日(土)11時24分配信

 【ニューデリー金子淳】迷彩装甲車や軍事車両多数が展開する中、重武装の治安部隊が高級レストランに突入し、激しい銃声と爆音が響き渡った。バングラデシュの首都ダッカで1日起きた人質事件は、発生から約10時間後の2日朝、当局が100人以上を投入した救出作戦で終結に向かった。だが人質の安否ははっきりせず、関係者の恐怖と不安は続いた。

 地元テレビによると、突入は午前7時40分(日本時間午前10時40分)ごろ始まった。陸軍の要員も参加したといい、ダッカ市高官は「激しい銃撃戦が続いている」と突入後の様子を語った。人質複数が救出され、一部は救急車で病院に搬送されたとの情報もある。

 治安当局者は地元テレビに「人質解放のため襲撃者らと交渉を図ったが、反応がなかった」と語った。

 標的になったレストラン「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」は各国の大使館のほか高級マンションや飲食店が並ぶダッカ中心部に位置する。日本大使館からは直線距離で数百メートル。外交官や外国人に人気が高い店という。

 襲撃時に同店が入る建物から脱出したサモン・レザさんは「男たちが銃を乱射し爆弾を爆発させた。建物全体が揺れた。お客さんはテーブルの下に潜り込んだり、床に伏せたりした」と地元紙デーリー・スターに現場の混乱ぶりを明かした。

 レザさんによると、襲撃した武装集団はいずれも20代とみられる8~9人の男たち。2人が銃を手にし、残りは剣を持っていた。「アラー・アクバル(神は偉大なり)と叫んでいた」。警官を射殺し、調理師にも傷を負わせたという。

 近くのアパートに住む女性は英紙の取材に「銃声が延々と続き、その後にレストランのあたりから必死で人々が逃げ出してくるのが見えた」と語った。

 地元メディアによると、周辺住民は「レストラン内部からは女性や子供の泣き声も聞こえた」と話した。事件発生から数時間後に、外国人とバングラデシュ人ら3人が治安当局に救出されたという。

 地元メディアによると、現場周辺には、人質の親族を含むと見られる数十人が集まり、不安げに様子を見守っていた。AP通信によると、レストラン内部のおいから電話を受けたという男性は「『助けて』と言って通話は切れた。何が起きているか分からない」と話した。


バングラ首都の飲食店立てこもり、治安部隊が突入 5人救出
AFP=時事 7月2日(土)11時22分配信

969
バングラデシュ首都ダッカの大使館が集まり警備が厳重な地区で、武装集団が立てこもるレストランの外で警戒に当たる警察官ら(2016年7月2日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)の飲食店を武装集団が襲撃し、外国人客を含む数十人を人質にとって店内に立てこもった事件で、軍の特殊部隊を含むバングラデシュの治安部隊が事件発生から10時間以上がたった2日、店内に突入した。治安当局者が明らかにした。

 現場にいるAFPのカメラマンによると、突入直後から、激しい銃撃戦の音が聞こえるという。

 治安当局者はAFPに対し、突入から数分でバングラデシュ人の人質5人が救出されたと明らかにした。5人にはいずれもけがは無いという。

 イタリアの駐バングラデシュ大使はイタリア人7人が人質になっているとイタリアの国営テレビに語った。日本政府は数人の邦人が人質に含まれている可能性があると発表している。【翻訳編集】 AFPBB News


<ダッカ襲撃>企業など、現地邦人の安否確認に追われる
毎日新聞 7月2日(土)11時15分配信

 バングラデシュの首都ダッカの大使館が集まる地域で1日夜、武装集団がレストランを襲撃し、外国人客やスタッフらを人質にして立てこもった事件で、日本企業や政府系組織などは現地の邦人らの安否確認に追われている。

 バングラデシュで日本の政府開発援助(ODA)を実施する国際協力機構(JICA)は、職員が急きょ千代田区の本部に出勤して情報収集に当たった。担当者によると現地に滞在している日本人職員ら68人のうち、正午現在で8人と連絡が取れていないという。担当者は「過激な組織が活動しているという情報は把握しており、現地の治安を踏まえ安全対策は講じていた。今のところ情報がなく、安否を確認している最中だ」と話した。

 丸紅は同国に駐在員9人を置き、これとは別に出張している社員も複数いる。広報によると、朝から電話やメールで連絡を取り、全員の無事を確認できたという。広報担当者は「ひとまずほっとした。しかし、引き続き現地スタッフや取引先など関係者の安否確認の作業を進めなければならない」と慌ただしそうに話した。

 衣料品チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング広報部によると、同国内に日本人駐在員が11人おり、全員の安全を確認したという。

 旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)によると、2日現在でバングラデシュ向けの旅行ツアーはなかったといい、現地にいる駐在員の無事も確認できたという。担当者は「レジャーを楽しむというより秘境に行きたいという人が訪れる国。メジャーな旅行先とは言い難い。仕事や個人旅行で滞在している人が多いのではないか。危険な国とは思わないが、今はどこで何が起こるか分からない」と話した。

 外務省と日本貿易振興機構(JETRO)によると2015年10月1日現在、丸紅、伊藤忠商事、三菱商事などの商社のほか、ユニクロ、YKKなどの服飾・繊維メーカー、ブラザー、味の素なども事務所や製造工場を設置している。

 一方、現地にあるダッカ日本人会のホームページによると、15年6月現在、同会の会員数は計473人。外務省は昨年10月の日本人殺害事件を受けて、ダッカを含めたバングラデシュ全域の危険情報をレベル1「十分注意してください」から、レベル2「不要不急の渡航は止めてください」に引き上げている。【川畑さおり、山本将克、高橋昌紀】


治安部隊が突入=バングラ
時事通信 7月2日(土)11時7分配信

 【ニューデリー時事】バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が外交エリアにある飲食店を襲撃し立てこもった事件で、治安部隊が2日朝(日本時間同日午前)、現場の店内に突入した。

 銃声が響いている。


<ダッカ襲撃>日本人人質か 当局突入、武装集団と銃撃戦
毎日新聞 7月2日(土)10時58分配信

968
レストランが襲撃された後、負傷者の周りに助けるに集まる人々=ダッカで1日、AP

 【ニューデリー金子淳】バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時20分(日本時間2日午前0時20分)ごろ、武装集団が大使館の集まる地域のレストランを襲撃し、外国人客やスタッフらを人質に立てこもった。治安部隊が2日午前7時40分(日本時間同午前10時40分)ごろ突入し、激しい銃撃音がしたが間もなくやんだ。現場から5人の遺体が見つかった。地元メディアなどによると、突入前までに少なくとも警察官2人が死亡、26人が負傷した。人質は外国人約20人を含む少なくとも35人に上る模様だ。英BBCはイタリア人のほか日本人5人が含まれていると報じ、日本政府が確認を急いでいる。

 イタリアメディアは治安部隊の突入前、在ダッカ・イタリア大使の話として、約20人の外国人人質にはイタリア人7人、日本人1人、韓国人2人が含まれていると伝えた。

 AP通信によると、救出された13人のうち1人は日本人で負傷しているという。ロイター通信は、バングラデシュ警察の話として日本人とみられる人質1人が店から逃げ出したと伝えた。

 過激派組織「イスラム国」(IS)の影響下にあるニュースサイト「アーマク通信」は「外国人を含む24人を殺害、40人を負傷させた」と、ISの関与を報じている。ただ、米CNNによると、米国務省のカービー報道官は、ISの関与については「確認していない」と指摘。米国の情報筋は国際テロ組織アルカイダ系の「インド亜大陸のアルカイダ(AQIS)」が関与した可能性を指摘したという。

 武装集団は銃や手投げ弾などを所持した8、9人ぐらいで、スタッフや客を人質に取り、治安部隊と銃撃戦になった。逃げ出した店のスタッフは、武装集団が「アラーアクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたと話した。治安部隊は1日夜に突入を試みたが爆発物を投げつけられ、断念したという。

 現場のレストランから半径1キロ圏内には、日本や米国などの大使館が集中。店は日ごろから外国人の利用客が多いことで知られていた。この日はラマダン(イスラム教の断食月)最後の金曜日で、夜には多くの人でにぎわっていたとみられる。

 現場付近に住む弁護士のカウサルさんは、毎日新聞の電話取材に「近くでこんなテロが起きるのは初めてで不安だ」と話した。

 バングラデシュはイスラム教徒が約9割を占めるイスラム教国。ダッカでは2015年10月、イスラム教シーア派の宗教施設で複数の爆発があり、少なくとも1人が死亡、約90人が負傷した。

 また、人権活動家やイスラム教から改宗したキリスト教徒、日本人1人を含む外国人の殺害事件も相次いでおり、ISやAQISが犯行声明を出している。

 ただ、政府は国際テロ組織の関与について一貫して否定的な見方を示している。

 【ことば】ダッカ

 バングラデシュの首都で政治・経済の中心。人口約1760万人。水運が盛んなことでも知られる。高温多湿で年間の平均気温は約25度。大型サイクロンの襲来などでたびたび洪水に見舞われる。1977年に日本赤軍が日航機をハイジャックした「ダッカ事件」の舞台となった。外務省によると、バングラデシュの在留邦人数は985人(昨年10月現在)。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、バングラデシュに進出する日本企業は約220社(昨年1月現在)。


バングラ首都でカフェ襲撃、約20人人質 警官2人死亡 ISISが犯行声明
CNN.co.jp 7月2日(土)10時30分配信

バングラデシュ首都ダッカ(CNN) バングラデシュの首都ダッカで1日夜、武装したテロ集団が大使館などの集まる地域にあるカフェを襲撃し、約20人を人質に取って立てこもった。人質には外国人も含まれているとの情報があり、警察とのにらみ合いは8時間以上にわたり続いている。これに先立つ警察との銃撃戦では、警官少なくとも2人が死亡、40人が負傷した。

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」のメディア部門、アマク通信によれば、ISISが犯行声明を出したが、これを疑問視する当局者もいる。米国務省は情報を評価している段階だといい、現時点では犯行声明を確認できないとしている。

米当局者の1人はCNNに対し、初期の分析によると、ISISではなくテロ組織「インド亜大陸のアルカイダ(AQIS)」が襲撃を実行した可能性が高いと述べた。

襲撃を受けたのは、米国大使館などから1.5キロ以内にあり外国人客にも人気のカフェ。現場から抜け出すことに成功したという店の関係者によれば、現地時間の同日夕、銃を持った男6~8人がカフェに侵入。外国人を含む約20人を人質に取ったという。

襲撃犯が「アラーアクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたとの情報もある。近隣に住む女性によれば、カフェは襲撃当時、日中の断食を終えたイスラム教徒の若者客でごった返していた可能性があるという。

当局者によれば、武装集団の要求が何なのか警察が確認を試みているものの、これまでのところ要求は一切ないという。

ダッカ警察は、近くの交番に勤務する警官1人が銃撃を受け死亡したと発表した。2人目の警官も銃撃による負傷が原因で死亡したという。銃撃戦のなかで武装集団が警官に向かい爆発物を投げたとの証言もある。警察によると、銃撃や爆発物の破片により40人が負傷した。

警察によれば、バングラデシュでは同日、これより先に、南西部にある寺院でヒンズー教の聖職者が刃物で切りつけられ死亡する事件も起きていた。バングラデシュでは世俗派のブロガーや少数派の宗教関係者らが相次いで殺害されており、政府が大規模な取り締まりに乗り出している。


バングラの人質事件、邦人は1人救出し7人安否不明-治安部隊突入
Bloomberg 7月2日(土)10時11分配信

バングラデシュの首都ダッカで武装グループがレストランを襲撃し、客などを人質にしていた事件は、治安部隊が突入して終結した。日本政府の発表によると、救出者には日本人が1人いるが、一緒に食事をしていた残る7人の日本人の安否は不明という。

官邸では2日朝から、菅義偉官房長官や萩生田光一官房副長官が相次ぎ会見して状況を説明。それによると、現地時間1日夜(日本時間2日未明)にダッカ市内のレストランに武装グループが人質をとって立てこもった。その後、バングラデシュの治安部隊が突入し作戦は終了。萩生田副長官によると、安倍晋三首相とハシナ首相が日本時間で2日昼過ぎに電話会談した際に、13人を救出し、うち3人が外国人で、その中に日本人が1人いると伝えられた。また、残念ながら、犠牲者が出ているとの話もあったという。

救出されて病院で治療中の日本人について、萩生田副長官は、被弾しているが命に別状ないと話した。現地の日本大使館員が病院で面会して得た情報として、事件当時は仕事関係の日本人の仲間8人と食事中だったとし、残る7人の安否は分からないという。この日本人の8人のグループは、国際協力機構(JICA)の円借款関連の仕事をしている企業関係者とし、同じ会社ではないが、インフラ関連プロジェクトに従事するコンサルタント関係者などという。

萩生田副長官はまた、実行犯の数人が射殺されたと話した。死亡者については調査中で、まだ確認できていないという。事件現場での日本人の存在については、8人は確認しているが、旅行者などがいたかどうかは確認できていないとした。

人質事件を受けて、安倍首相は情報収集と事実関係の確認に全力を挙げ、関係各国と緊密に協力して人命第一に対応するよう指示したと、官邸が発表していた。安倍首相は2日に予定していた北海道での遊説を中止したと、菅官房長官が会見で明らかにした。

JICA広報担当の根本直幸氏は2日昼過ぎの電話取材に対し、バングラデシュにJICA関係の日本人が1日時点で68人滞在しており、このうち8人の安否を確認中と話した。JICA関係の日本人は、JICA職員やその家族、企業の専門家、コンサルタント、青年海外協力隊などという。

JICAのホームページによると、JICAは6月29日にダッカで、バングラデシュ政府との間で計6件、総額約1735億円を限度とする円借款貸付契約に調印していた。交通・電力需要に対応したインフラ整備や、災害リスク管理能力強化事業などとなっている。


ダッカ人質事件 菅官房長官「事実関係の確認に全力」 会見詳報
産経新聞 7月2日(土)9時58分配信

 菅義偉官房長官は2日朝、首相官邸で緊急の記者会見を開き、バングラデシュの首都、ダッカで1日夜に武装した男らがカフェに侵入した事件に関し、「事実関係の確認に全力を上げている」と述べた。記者会見の詳報は以下の通り。

 「在バングラディシュ日本国大使館によれば、現地時間1日午後9時30分、日本時間2日午前0時30分ごろであります、ダッカ市内のレストランにおいて武装グループが人質を取って立てこもり、警察との銃撃戦が発生をし、これにより警察官などに負傷者が発生しているもようであります。本件に日本人が含まれている可能性があることから、現在、事実関係の確認に全力を上げております。安倍晋三首相からは情報の収集、事実関係の確認に全力をあげること、バングラディシュをはじめ関係各国と緊密に協力をし、人命第一に対応することの2点の指示がありました」

 「政府の対応についてでありますけども、バングラディシュ日本国大使館に現地対策本部を日本時間2日午前2時45分に設置をし、バングラディシュに滞在する在留邦人および旅行者に対して注意喚起メールの一斉送信を行いました。日本時間2日午前3時であります」

 「また首相官邸に情報連絡室を設置し、午前4時50分であります。情報収集にあたるとともに現在これを官邸対策室に改組して、人命優先に対応しているところであります。さらに国際テロ情報収集ユニットの関係者を現地に派遣し、情報収集にあたらすことにしました。なお本件発生を受けて首相は本日予定されていた北海道への遊説を中止を致します」


ダッカ人質事件 安倍首相「各国と緊密に連携を指示」複数の日本人が巻き込まれた可能性
産経新聞 7月2日(土)9時46分配信

 安倍晋三首相は2日朝、バングラデシュの首都、ダッカで武装した男らがカフェに侵入した事件で人質に日本人が含まれている可能性があることに関し、「私から情報収集、事実関係の確認、さらにはバングラデシュはじめ関係各国と緊密に連携、協力をして人命第一に対応するよう指示した」述べた。官邸で記者団に述べた。

 政府高官は2日朝の人質に関し、複数の日本人が巻き込まれた可能性があるとの認識を示した。


立てこもり現場付近に展開する治安部隊
時事通信 7月2日(土)9時40分配信

967
1日深夜、立てこもり事件が起きた首都ダッカの飲食店付近に展開するバングラデシュ治安部隊。


複数の日本人と連絡取れず…政府、NSCで協議
読売新聞 7月2日(土)9時34分配信

 政府は、バングラデシュのレストラン襲撃事件に日本人が巻き込まれた可能性があることを踏まえ、情報収集などに全力を挙げている。

 安倍首相は2日午前、首相官邸入りし、国家安全保障会議(NSC)を開き、対応を協議した。首相は官邸入りの際、記者団に、「事件に日本人が巻き込まれている可能性がある。私から情報の収集と事実関係の確認、関係各国と緊密に連携協力して、人命第一に対応するよう指示した」と述べた。

 政府高官は、連絡が取れていない日本人が複数いることを明らかにした。政府関係者によると、現地で確認された死傷者に日本人が含まれているとの情報はないが、5人以上の日本人と連絡が取れていないという。


ダッカ立てこもり、日本人が巻き込まれた可能性
読売新聞 7月2日(土)9時14分配信

 菅官房長官は2日午前、首相官邸で緊急記者会見を開き、バングラデシュの首都ダッカで武装集団がレストランを襲撃し、客などを人質に立てこもっている事件に日本人が巻き込まれた可能性があると発表した。

 菅氏は「本件に日本人が含まれている可能性もあることから、事実関係の確認に全力を挙げている」と語った。


<バングラデシュ>官房長官「人質に邦人含まれる可能性」
毎日新聞 7月2日(土)9時13分配信

 菅義偉官房長官は2日朝、記者会見し、バングラデシュのダッカで武装集団が飲食店に押し入り客を人質に立てこもっている事件で、「日本人が(人質に)含まれている可能性がある」と発表した。

 安倍晋三首相は、(1)情報の収集、事実関係の確認に全力を挙げること(2)バングラデシュをはじめ関係各国と緊密に協力し人命第一に対応すること--の2点を指示。同日予定していた北海道への参院選遊説は取りやめた。【高本耕太】


ダッカ人質事件 安倍首相 参院選遊説中止 岸田外相「いかなる理由であれテロは許せない」
産経新聞 7月2日(土)9時13分配信

 安倍晋三首相は2日、バングラデシュの首都ダッカで1日夜に武装した男らがカフェに侵入した事件で人質に日本人が含まれている可能性があることから、同日に予定していた参院選の北海道遊説を中止した。

 岸田文雄外相は2日朝、外務省で記者団に対し、政府の国際テロ情報収集ユニットのメンバーをバングラデシュに派遣することを明らかにし、「いかなる理由であれテロは許せない」と述べた。


ダッカ人質事件 菅官房長官 人質に日本人の可能性 安倍首相が人命第一の対応を指示
産経新聞 7月2日(土)8時57分配信

 菅義偉官房長官は2日朝、首相官邸で緊急の記者会見を開き、バングラデシュの首都、ダッカで1日夜に武装した男らがカフェに侵入した事件に関し、人質に日本人が含まれている可能性があることを明らかにした。

 菅氏は日本政府の対応に関し「事実関係の確認に全力を挙げている」と説明。

 安倍晋三首相から(1)情報収集や事実関係の確認を全力を挙げる(2)バングラデシュをはじめ関係各国と緊密に協力し人命第一に対応するよう指示が出されたことも明らかにした。

 日本政府はバングラデシュにある日本大使館に現地対策本部を設置。現地に滞在する在留邦人や旅行者に注意喚起を始めた。

 また、官邸に立ち上げた情報連絡室を対策室に格上げした。

 地元当局によると、警察官2人が死亡し、数十人が負傷した。複数の外国人を含む約20人が人質になったとの情報もある。過激派組織「イスラム国」(IS)系の通信社が犯行声明を出した。


飲食店襲撃、多数人質に
時事通信 7月2日(土)8時49分配信

966
バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が外交エリアにある飲食店を襲撃し、店内の客らを人質に取って立てこもった。写真は襲撃された飲食店から運び出されるけが人。


安倍首相、人命第一の対応指示=政府、邦人安否確認急ぐ―木原外務副大臣を派遣
時事通信 7月2日(土)8時44分配信

 菅義偉官房長官は2日午前、首相官邸で記者会見し、バングラデシュの首都ダッカの飲食店で発生した襲撃事件で、人質の中に邦人が含まれている可能性があることを明らかにした。

 安倍晋三首相は関係省庁に対し、情報収集に全力を挙げ、バングラデシュなど関係国と連携し、人命第一で対応するよう指示した。

 政府はダッカの日本大使館に現地対策本部を設置し、邦人の安否の確認を急いだ。これに関連して政府高官は、連絡が取れていない邦人が複数いることを明らかにした。外務省によると、大使館関係者については無事が確認された。

 首相は、2日予定していた北海道での参院選遊説を中止して首相官邸入り。情報を分析し、対応を協議するための国家安全保障会議(NSC)を開催した。

 NSCには麻生太郎副総理兼財務相、岸田文雄外相、河野太郎国家公安委員長らが出席。木原誠二外務副大臣を現地に派遣することを決めた。外務省と警察庁の専門家による「海外緊急展開チーム」も同行させる。

 政府は、省庁横断でテロ関連情報の収集・分析に当たる「国際テロ情報収集ユニット」の関係者を現地に派遣。外務省に岸田外相を本部長とする緊急対策本部を設置した。また、在留邦人や旅行者に対してメールで注意喚起も行った。


バングラ首都のカフェで武装集団が立てこもり、ISが犯行声明
AFPBB News 7月2日(土)8時24分配信

【7月2日 AFP】バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)で1日夜、大使館などが集まるガルシャン(Gulshan)地区にある飲食店を武装集団が襲撃し、客ら数十人を人質にとって店内に立てこもった。警察との間で激しい銃撃戦が起き、死者も出ている。この事件で、イスラム教過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。

 事件が起きたのは、外国人に人気のレストラン「ホリー・アーティサン・ベーカリー(Holey Artisan Bakery)」。警察によると午後9時20分(日本時間2日午前0時20分)ごろ、食事客で混み合う店内に銃で武装した男たちが「アラーアクバル(神は偉大なり)」と叫びながら押し入り、爆発物を爆発させたという。

 食事客のうち数人は逃げ出すことができたが、警察によれば事件発生から数時間が過ぎた今も店内で人質になっている人々がいる。また、これまでに警官2人が死亡した。

 地元の民放テレビ局は、店内から親族に電話をかけた客らの話を元に、最大で40人が人質となっており、半数近くが外国人だと伝えた。やはり電話で外部と連絡をとった別の客は、非常におびえた様子で、警察が突入すれば人質は殺されると述べ、突入しないよう訴えたという。

 現場はダッカでも安全と言われている地区。警察では、武装集団はイスラム過激派だとみている。IS系の通信社アマック(Amaq)は、ISがこの事件の背後にいると主張し、「さまざまな国籍の20人以上が殺害された」と伝えた。

 バングラデシュでは最近、外国人や宗教少数派、世俗主義の活動家らが相次いで殺害される事件が起きており、イスラム過激派の犯行とみられているが、いずれも少人数による犯行で今回のような大規模な襲撃ではなく、また人質がとられる事件はこれまで起きていない。

(c)AFPBB News


バングラ首都の飲食店で武装集団が立てこもり、特殊部隊が現場に
AFP=時事 7月2日(土)7時55分配信

966
バングラデシュ首都ダッカで、大使館が集まり警備が厳重な地区で起きた武装集団による襲撃・立てこもり事件で負傷した男性を避難させる人々(2016年7月2日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)で1日夜、大使館などが集まるガルシャン(Gulshan)地区にある飲食店を武装集団が襲撃し、客ら数十人を人質にとって店内に立てこもった。警察との間で激しい銃撃戦が起き、死者も出ている。この事件で、イスラム教過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。

【関連写真】緊迫する立てこもり現場

 事件が起きたのは、外国人に人気のレストラン「ホリー・アーティサン・ベーカリー(Holey Artisan Bakery)」。警察によると午後9時20分(日本時間2日午前0時20分)ごろ、食事客で混み合う店内に銃で武装した男たちが「アラーアクバル(神は偉大なり)」と叫びながら押し入り、爆発物を爆発させたという。

 食事客のうち数人は逃げ出すことができたが、警察によれば事件発生から数時間が過ぎた今も店内で人質になっている人々がいる。また、これまでに警官2人が死亡した。

 地元の民放テレビ局は、店内から親族に電話をかけた客らの話を元に、最大で40人が人質となっており、半数近くが外国人だと伝えた。やはり電話で外部と連絡をとった別の客は、非常におびえた様子で、警察が突入すれば人質は殺されると述べ、突入しないよう訴えたという。

 現場はダッカでも安全と言われている地区。警察では、武装集団はイスラム過激派だとみている。IS系の通信社アマック(Amaq)は、ISがこの事件の背後にいると主張し、「さまざまな国籍の20人以上が殺害された」と伝えた。

 バングラデシュでは最近、外国人や宗教少数派、世俗主義の活動家らが相次いで殺害される事件が起きており、イスラム過激派の犯行とみられているが、いずれも少人数による犯行で今回のような大規模な襲撃ではなく、また人質がとられる事件はこれまで起きていない。

■軍の特殊部隊が現場到着、突入準備進める

 バングラデシュ当局者は2日未明、同国の陸軍と海軍の特殊部隊が現場に到着して突入の準備を進めており、今後数時間のうちに突入する可能性もあるとの見方を示した。しかし警察の幹部は、人質を無事に救出するため引き続き犯人との接触を試みていると述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


<バングラデシュ>武装集団がカフェ襲撃 35人人質か
毎日新聞 7月2日(土)7時49分配信

 【ニューデリー金子淳】バングラデシュの首都ダッカの大使館が並ぶ地域で1日夜、武装集団がレストランを襲撃し、外国人客やスタッフらを人質にして立てこもった。地元メディアによると、少なくとも警官2人が死亡、15人が負傷したとみられる。過激派組織「イスラム国(IS)」が影響下にあるニュースサイト「アーマク通信」を通じて犯行への関与を主張する声明を出した。

 現地からの報道によると、現場には治安部隊が集結しており、2日未明(日本時間2日朝)もにらみ合いが続いている。AP通信によると、人質は外国人約20人を含む少なくとも35人に上るとみられる。ロイター通信によると、人質の中にはイタリア人が含まれているという。アーマク通信は「外国人を含む24人を殺害、40人を負傷させた」と報じている。日本人の有無について外務省は「確認中」としている。

 報道によると、襲撃は午後9時(日本時間2日午前0時)ごろに発生した。銃や手投げ弾などで武装した8~9人ぐらいの武装集団が店内に侵入。スタッフや客を人質に取り、治安部隊と銃撃戦になった。店内から逃げてきたスタッフは、武装集団が「神は偉大なり」と叫んでいたと話したという。

 現場となったレストランから半径1キロ圏内には日本や米国などの大使館が集中している。この店は日ごろから外国人の利用客が多いことで知られていた。この日はラマダン(イスラム教の断食月)最後の金曜日で、夜には多くの人でにぎわっていたとみられる。

 バングラデシュはイスラム教徒が約9割を占めるイスラム教国。近年は人権活動家や日本人を含む外国人の殺人事件が相次いでおり、ISが犯行声明を出すケースも多い。


銃撃戦で警官2人が死亡…30人以上負傷
読売新聞 7月2日(土)7時46分配信

 【ニューデリー=田尾茂樹】バングラデシュの首都ダッカの中心部グルシャン地区で1日午後9時半(日本時間2日午前0時半)頃、武装集団がレストランを襲撃した。

 地元メディアによると、警官隊と銃撃戦になり、警官2人が死亡、30人以上が負傷した。武装集団は外国人客らを人質に店内に立てこもり、AFP通信によると、事件発生から約10時間後、同国治安部隊が人質解放のため突入した。人質は20人以上だったとの情報があり、複数の地元テレビは、日本人4人が人質に含まれると伝えた。菅官房長官は2日午前、首相官邸で緊急記者会見を開き、「本件に日本人が含まれている可能性もある」と明らかにした。

 萩生田光一官房副長官は2日昼の記者会見で、治安部隊の突入で12人が救出され、このうち2人が外国人の模様だとの連絡が現地警察からあったと語った。


バングラ、IS対策に遅れ=弾圧が過激主義助長
時事通信 7月2日(土)7時36分配信

 【ニューデリー時事】バングラデシュでは昨年以降、イスラム原理主義を批判する活動家や外国人が相次いで殺害された。

 多くの事件では、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を認めたが、政府は「国内にISは存在しない」と主張し、対策を怠り続けた。凶悪で大規模な1日の襲撃事件は、政府の対策の遅れが招いた可能性がある。


ダッカの飲食店襲撃は「イスラム国」戦闘員か?
読売新聞 7月2日(土)5時59分配信

 イスラム過激派組織「イスラム国」系メディアのアマク通信は、バングラデシュの首都ダッカで1日夜、各国の大使館が集まる地区の飲食店が襲撃された事件について、「イスラム国」の戦闘員が実行したなどと伝えた。

 ロイター通信などが一斉に報じた。

 AP通信は、事件当時、武装集団のメンバーがアラビア語で祈りの言葉を叫んでいたとする目撃者の証言を伝えており、イスラム過激派による犯行とみられる。

 トルコ最大都市イスタンブールの空港で発生した爆弾テロも「イスラム国」の関与が疑われており、ダッカの事件について米メディアは「イスラム国」が世界各地でテロを引き起こしていると大きく報じている。

 アマク通信は6月にパリ郊外で警察官が刺殺された事件や、米フロリダ州オーランドの銃乱射テロについても、事件直後、実行犯は「イスラム国」の戦闘員だったと伝えている。


バングラデシュで襲撃の武装集団鎮圧、外国人ら20人殺害
ロイター 7月2日(土)5時15分配信

[ダッカ 2日 ロイター] - バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストランに押し入ったイスラム系とみられる武装集団が人質をとって立て籠もる事件が発生し、治安部隊が12時間後に突入し鎮圧した。内部では外国人ら20人が殺害されたほか、13人が救出された。

事件があったのは外国人が多く集まる地区。犯人は「アラー(神)は偉大なり」と叫びながら押し入っており、イスラム国(IS)が犯行声明を出している。

犯人のうち6人が治安部隊による突入で死亡、1人が拘束された。

バングラデシュ当局によると、犠牲者20人は大半が外国人。多くが「鋭利な武器」により殺害されたという。国籍は明らかになっていない。救出されたのは日本人1人、スリランカ人2人。

日本当局によると救出された日本人は被弾で負傷しているほか、7人の安否が不明となっている。

イタリア外務省筋によると、複数のイタリア人も人質となり殺された。伊メディア報道によると、武装集団が押し入った際に衣料関連などで働くイタリア人が7人がレストン内部にいた。


飲食店襲撃、邦人人質か=特殊部隊突入、12人救出―IS犯行声明・バングラ首都
時事通信 7月2日(土)5時10分配信

966
バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が外交エリアにある飲食店を襲撃し、店内の客らを人質に取って立てこもった。写真は襲撃された飲食店から運び出されるけが人。

 【ニューデリー時事】バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が大使館が集まる地区にある飲食店を襲撃し、店内の客らを人質に取って立てこもった。

 特殊部隊約100人が発生から10時間後の2日朝(同午前)、店内に突入した。外国人を含む20人以上が人質になっていたとみられ、菅義偉官房長官は日本時間2日午前、記者会見し、人質に日本人が含まれている可能性があると述べ、政府関係者も2日昼、救出された外国人に少なくとも日本人1人が含まれている情報があると明らかにした。

 萩生田光一官房副長官は記者会見で、突入の結果、12人が救出され、うち2人が外国人だったという連絡をバングラデシュ警察から受けたことを明らかにした。日本人かどうか確認している。地元メディアは人質13人が救出され、武装集団6人が殺害されたと報じた。

 国際協力機構(JICA)は2日、事件を受けてJICAに関係する日本人の安否確認を行ったところ、8人と連絡が取れていないことを明らかにした。

 現地からの情報では、襲撃で警官ら少なくとも2人が死亡、30人以上が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)系メディア「アマク通信」の報道によると、ISは襲撃で20人以上を殺害したと主張。一方、国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力も犯行声明を出した。ただ、バングラ政府当局はこれらの情報を確認していない。

 警察当局などによれば、襲撃された店は普段から外国人の利用客が多かった。在バングラデシュ日本大使館からは数百メートルしか離れていない。


ダッカの飲食店に武装集団、客ら数十人が人質
読売新聞 7月2日(土)4時23分配信

 バングラデシュの首都ダッカで1日夜、各国の大使館などが集まる地区の飲食店が武装集団の襲撃を受けた。

 AP通信によると、警察当局との間で銃撃戦となり、武装集団は客ら20人から30人程度を人質に取って店内に立てこもっているという。

 米CNNテレビによると、武装集団は6人から8人程度。銃器のほか手投げ弾などの爆発物も用意していたという。現地は外交官や海外からのビジネスマンに人気のエリアで、銃撃戦で少なくとも警察官2人が死亡した。

 バングラデシュでは昨年10月、邦人男性が射殺される事件が発生。イスラム過激派組織「イスラム国」の関連組織を名乗るグループが犯行声明を出すなど、国内でテロ組織の活動が活発化している。


武装集団が飲食店襲撃=バングラ首都
時事通信 7月2日(土)3時7分配信

 【ニューデリー時事】バングラデシュの首都ダッカで1日夜、武装集団が外交エリアにある飲食店を襲撃し、店内の客らを人質に取って立てこもった。

 外国人20人を含む60人が人質になっているとの情報もある。

« どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・10 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人不明 ISの犯行か・2 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63860631

この記事へのトラックバック一覧です: バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人8人と連絡取れず ISの犯行か:

« どこまで図に乗る中共支那、南シナ海にミサイル・戦闘機を配備・10 | トップページ | バングラデシュ・ダッカでテロ集団が飲食店襲撃、外国人ら20人以上を人質 日本人1人救出7人不明 ISの犯行か・2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31