« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・16 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・17 »

2016年6月 9日 (木)

侵略強盗国家・中共支那の海軍艦艇が尖閣接続水域に侵入

南シナ海東シナ海凶暴な侵略強奪行為を繰り返す、侵略強盗国家・中共支那の海軍艦艇が9日未明、我が国の固有領土である沖縄県の尖閣諸島の接続水域に侵入したと我が国政府が発表した。

防衛省や内閣官房によると、9日午前0時50分ごろ、中共支那海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が尖閣諸島久場島北東の接続水域内に入ったのを、海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」が確認した。せとぎりが警戒監視を続ける中、フリゲート艦は同3時10分ごろ、大正島北北西から北に向かって接続水域を離れた。領海侵入はなかった。
この時刻、ロシア軍艦3隻が尖閣諸島周辺の接続水域内を南から北へ横断して航行したのに便乗し、中共海軍艦艇が北側から同水域内に侵入した。
中共の海軍艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったことが確認されたのは初めてであり、政府は同日未明、中共の程永華(チョンヨンフア)駐日大使を外務省に呼び出し、斎木昭隆外務次官が厳重に抗議した。

ロシアは尖閣諸島の領有権について何らの主張をしておらず、軍用と民間を問わず、この接続水域を航行することに何の問題もないが、中共支那は尖閣諸島に対してあからさまな侵略意図を示しており、今回の軍艦艇による接続水域侵入は、暴力・軍事力による同諸島強奪の姿勢を一段と高める行為と認識せざるを得ない。

こうした中共の態度は、世界の秩序を完全に愚弄する思い上がり図に乗ったものであり、中共がこうした態度を改めない限り、この地域での紛争・戦争の危険は日に日に増大するものと見なければならず、その結果中共軍は敗走して共産党の威信は失墜し、国内の暴動によって中共は崩壊するだろう。

このような凶暴かつ愚劣な行為を改めなければ、招来する重大な結果について、中共支那はその一切の責任を負わなければならない。

中共支那と支那人という種は、他人・他国・他民族との「平和共存」という概念を理解出来ない狂人(あるいは凶人)・野蛮人・テロリストである。そのことは、南シナ海でのこれらフィリピン・ベトナムだけではなく、この残忍な野蛮国が、東シナ海での他国の領土領海を奪い取ろうとする露骨な侵略行為、またもともと支那とは無関係の独立国であったチベットや先日テロ事件が発生した旧東トルキスタンの新疆ウイグル地区などにおける凶暴凶悪な行為を見れば明らかである。特に習近平現政権になってから、この好戦的で残虐な性格がさらに一層明らかになっている。

中共はまぎれもない侵略テロリスト国家である。中共が国際法を遵守するモラルを身につけない限り、世界は中共とは共存出来ない。地球人類にとっての癌である残忍で凶暴な中共支那と支那人(漢人)の、一日も早い崩壊と絶滅を切に希望する。

リンク:日本の領海に侵入! 中国海軍の「下品な行動」に外交部も混乱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国軍艦の尖閣接続水域進入、日本大使館も抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣「中国の主張認めぬ」 接続水域侵入、政府非難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<尖閣進入>中国艦「露を監視」口実に 政府分析 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:外相「中国の主張、受け入れられない」…尖閣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域内、中国海警局の公船2隻が漂泊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米は従来の立場確認=中国軍艦の尖閣接続水域初航行で菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 菅官房長官「従来からの立場一貫して確認」 尖閣は日米安保条約適用範囲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<岸田外相>「緊張を一方的に高める行為」 中国軍艦問題 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 岸田文雄外相「全く受け入れられない」 中国の主張に反論 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国軍艦を尖閣接続水域で初確認 露軍艦も入域、NSC対応協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国軍艦が尖閣接続水域に 何度も警告…無視 異例の未明抗議「守り抜く」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域に軍艦 中国「暴挙」、危険な予兆 領海法の“強制順守”突き付け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:午前2時、即座の抗議…政府が中国大使呼び出し - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:挑発レベル一段高まる…中国、「自国海域」主張 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国艦、露追尾の海自艦に対抗か…尖閣接続水域 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<尖閣接続水域に中国軍>政府、米と連携確認…NSCで協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接近で中国軍艦に警告=緊張高める行動を懸念―接続水域航行で・制服組トップ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府緊張、海上警備行動も視野=海空メカニズムの運用急務 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「尖閣でも既成事実か」中国艦進入に防衛省緊張 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 自衛隊トップが“警告”「中国艦、領海侵入なら相応の対応」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国、日米けん制か…防衛相「深刻に懸念」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 菅官房長官「注意喚起にも関わらず入ってきた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 菅官房長官「断固として守り抜く 冷静に対応」国際社会と連携 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、警戒指示=中ロ軍艦の行動分析 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 海保でも対応 監視強化、情報収集 緊張高まる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 外務省抗議は異例の午前2時 程永華・駐日中国大使は「抗議受け入れられない」と反発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国、ロシア軍艦艇が同時刻、尖閣諸島周辺の接続水域に侵入 外務省が中国に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域侵入 ロシア軍艦艇も尖閣諸島沖の接続水域を航行 中国海軍の動きとの関連を調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国海軍軍艦、接続水域を離れる 外務省は中国大使に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国海軍艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に侵入 安倍首相は関係省庁に警戒監視を指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露艦艇も尖閣接続水域に…中国艦と同じ時間帯 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国艦艇、尖閣接続水域を初航行…中国側に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尖閣接続水域に中国軍艦、初航行…露軍艦進入後 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国軍艦、尖閣接続水域に=初航行、外務省が抗議―ロシア軍艦も - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

日本の領海に侵入! 中国海軍の「下品な行動」に外交部も混乱
週プレNEWS 7月14日(木)6時0分配信

暴走する中国海軍と海自との間で衝突がいずれ起こるのでは…と憂慮する佐藤優氏(左)と鈴木宗男氏
鈴木宗男・新党大地代表と、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による対談講演会「東京大地塾」(『週刊プレイボーイ』本誌で連載)。

6月、中国の軍艦が日本の領海に侵入した。しかしその背景に、中国外交部と海軍との軋轢が? 中国海軍の暴走は今後不測の事態を招きかねない!

* * *

鈴木 今日は佐藤さんに、先日起きた中国海軍の軍艦が日本の領海と接続水域を航行した件を分析していただきたいと思います。

佐藤 まず、6月8日午後9時50分にロシア艦隊3隻が尖閣諸島の大正島と久場島(くばじま)の接続水域を航行しました。この艦隊を追尾するように6月9日午前0時50分に中国海軍フリゲート艦1隻が警笛を鳴らしながら進入し、その後を海上自衛隊の護衛艦せとぎりが追尾。ロシア艦隊は午前3時5分、中国海軍の艦艇は同午前3時10分に接続水域から出ました。

また、6月15日午前3時30分には中国海軍の情報収集艦がインド海軍の艦艇を追尾しながら、鹿児島県口永良部島(くちのえらぶじま)沖の領海を航行。この中国艦は、6月16日午後3時5分に今度は沖縄県北大東島の北で接続水域に入り、1時間後に出ました。

でも、これら艦艇の日本の領海と接続水域の航行は海の国際法上、違法行為ではありません。これに関する基本的情報を細かくなりますが整理してお話しします。

まず、一年で一番潮が高くなった満潮時の海岸線を「基線」といいます。その基線から12カイリ(1カイリ=1・852km)が領海で、その上空が領空で、そしてもちろん陸地は領土です。ここに例えば北朝鮮工作員が上陸したら、すぐに捕まえて構わないし、もし武器を使用して攻撃してきた場合、射殺して構わない。

領空の場合は、軍用機や不審機は軍用機と見なし、侵犯した場合、撃墜していい。民間機ならば、こちらの戦闘機が威嚇射撃をして空港に強制着陸させます。

ところが、海は規則が違う。海ではすべての国の軍艦と民間船舶が領海の「無害通航権」を有しています。「無害」とは「領海内で漁業をしない」「鉱物資源の調査、採取をしない」「ゴミを捨てない」ということ。「通航」とは「止まらない」という意味です。いかりを下ろすと停泊になり、通航ではなくなります。

だから、例えば千葉県の犬吠埼(いぬぼうさき)の沖12カイリ内を北朝鮮海軍が航行しても国際法違反ではない。軍艦で唯一の例外は潜水艦。潜水艦は浮上して、所属する国の国旗を掲揚して航行する義務があります。軍艦を含むすべての船が領海を航行するときは、相手国の国旗を立てるのが国際儀礼です。

その領海の外側12カイリを「接続水域」といいます。ここを外国船が航海していて、怪しい情報や雰囲気があったら、「ちょっと止まれ、船内を見せろ」という「臨検」ができます。それで船内から麻薬が出たり、人身売買の女性が乗っていたりしたら、その船を「拿捕(だほ)」できます。

また、基線から200カイリは排他的経済水域と呼ばれ、その海域の生物資源、鉱物資源はすべて沿岸国のもの。海のルールはこのように分かれています。

しかし、文明国の軍艦は普通は他国の領海には入りません。理由は下品だから。ネグリジェやパジャマ姿で電車には乗らないでしょ? それと同じです。

ところが今回、中国海軍はその下品なことをやりました。国際法には「相互主義」というのがあり、これは同じ範囲のことをやり返すという意味です。例えば、口永良部島の領海内に中国軍艦が1時間半入ったから、今度は日本の海自が青島沖に1時間半入る。そういうことができるわけ。でも、今回、日本はそれをやっていません。

これは、日本が弱虫だからではなく、政府のレベルの高さの表れです。

6月9日の中国海軍の尖閣諸島接続水域への進入に対して、外務省の齋木昭隆次官(当時)は深夜2時に程永華(ていえいか)・中国大使を呼び出しました。

ここで、中国大使館が深夜の呼び出しに応じたことが重要です。深夜の呼び出しは、「絶対に看過できない強い抗議の意思」を表していますが、それでも駐在する国の外務省から呼ばれたからといって、大使がすぐに出向かなければならないという決まりは国際法にはありません。

しかし今回は、中国の大使が夜中の2時にすっ飛んできた。これは中国海軍がやったことに対して「けしからん! 何を挑発しているんだ!」と、中国外交部が思っているということ。だから、この件に関しては、外交部ではなく、中国海軍のスポークスマンが記者会見を行なっています。

これを見ても今、中国政府は混乱しています。外交というのは、外交部で一元化されているのが建前で、このようなことはまともな国家ではあってはならない。大使が深夜の呼び出しに応じたのは、こういうことで両国関係を緊張させるべきではないと中国外交部が考えている表れということです。

鈴木 なぜ、中国海軍はこんな行動を始めたのでしょうか?

佐藤 伊勢志摩サミットの首脳宣言に「東シナ海・南シナ海の状況を懸念し、国際法に基づいて主張を行ない、力や威圧を用いず、紛争解決には平和的手段を追求すべき」との文言が入りました。

ほかにも、中国の造った南シナ海の人工島周辺に米海軍イージス艦が来たり、アメリカが国際社会で中国を厳しく非難している。これは後ろで日本が糸を引いている、日本がケンカを売ってきていると、中国海軍は思ってるんです。日本にはそんな意識は全然ないですけどね。

週プレ それにしても、外交部の意思とかけ離れた「下品な行動」を実際に起こす理由がよくわかりません。

佐藤 中国海軍は19世紀に日清戦争で大日本帝国海軍に叩きのめされて負けて以来、本格的な海戦をしてない。戦争をしたことがない軍隊は勇ましいし、ものすごく危険です。

だから、今回の件を中国外交部も中国陸軍も迷惑千万と思っている。日本の海自は米第7艦隊の一部だから、日本の海自と中国海軍がコトを構えるのは米海軍と一戦交えるということ。その場合、勝敗はハッキリしている。まあ、日中、米中大戦争にはならないでしょうが、一度はどこかで衝突が起こるかもしれませんね。

■『週刊プレイボーイ』29号の「鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート第20回」では、さらに沖縄の6・19県民大会で佐藤氏が実感した“沖縄の日本離れ”にも言及!

●鈴木宗男(すずき・むねお)
1948年生まれ、北海道出身。新党大地代表。2002年に国策捜査で逮捕・起訴、2010年に収監される。現在は2017年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中!

●佐藤優(さとう・まさる)
1960年生まれ、東京都出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍

■「東京大地塾」とは?
毎月1回、衆議院第二議員会館の会議室を使って行なわれる新党大地主催の国政・国際情勢などの分析・講演会。鈴木・佐藤両氏の鋭い解説が無料で聞けるとあって、毎回100人ほどの人が集まる大盛況ぶりを見せる。次回の開催は7月28日(木)予定。詳しくは新党大地のホームページへ

(取材・文/小峯隆生 撮影/五十嵐和博)


中国軍艦の尖閣接続水域進入、日本大使館も抗議
読売新聞 6月13日(月)11時13分配信

 【北京=五十嵐文】在北京日本大使館の伊藤康一次席公使は12日夜、中国外務省に肖千アジア局長を訪ね、中国軍艦が9日に沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内に初めて進入したことについて「重大な懸念」を示し、厳重に抗議した。

 伊藤氏は「中国側の独自の主張とその主張に基づく行動は決して受け入れられない」とも述べ、再発防止を求めた。

 日本政府は中国軍艦の接続水域進入直後、斎木昭隆外務次官が中国の程永華(チョンヨンフア)駐日大使を外務省に呼び出して抗議した。北京でも中国側に改めて抗議するため、面会を求めていた。


尖閣「中国の主張認めぬ」 接続水域侵入、政府非難
産経新聞 6月11日(土)7時55分配信

 岸田文雄外相は10日の記者会見で、中国海軍艦による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域侵入をめぐり、中国政府が尖閣諸島を「中国固有の領土で、自国の管轄海域を航行するのは合法だ」とコメントしたことに対し、「中国側の独自の主張は全く受け入れられない」と非難した。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官も記者会見で「尖閣諸島は歴史的、国際法上、わが国固有の領土であり、領土、領海、領空を断固として守り抜く。その考えのもとに毅然(きぜん)と冷静に対処していく」と強調した。

 菅氏は、米国が尖閣諸島を日米安全保障条約の適用地域としていることを指摘した上で、「米国をはじめとする国際社会と緊密に連携し、緊張を一方的に高める行為を行わないように強く求めていく」と述べ、中国側に自制を要求していく考えを改めて示した。

 また、対潜水艦戦などを想定した日米印の海上共同訓練マラバールが10日に始まったことについては「海上自衛隊の参加は戦術技量の向上、米国とインドとの協力強化を目的とするもので、特定の地域、国を念頭に置いたものではない」と説明した。

 日本政府は、9日夜に開いた国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合での協議などを踏まえ、引き続き情報収集と分析を進める。さらに偶発的な衝突を回避する日中間の「海空連絡メカニズム」について早期の運用開始に向けて協議入りを呼び掛けていく方針だ。


<尖閣進入>中国艦「露を監視」口実に 政府分析
毎日新聞 6月11日(土)7時20分配信

Cr
中国艦とロシア艦の航跡のイメージ

 中国海軍の艦艇が9日未明、初めて沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入った問題で、政府内で10日、周到な計画に基づく行動との見方が強まった。尖閣の領有権を主張する中国が、先に接続水域に入ったロシア艦と自衛艦を「監視する」形を作ったとの分析からだ。これまでも中国は既成事実を積み上げて領有権を主張しており、政府は東シナ海の緊張が新たな段階に入ったと警戒を強めている。

 海上自衛隊が外国艦艇を追尾するかは、状況を見極めて判断する。政府関係者によると、8日夜に東シナ海を北上したロシア艦は最短距離でロシア方面に向かわず、針路変更する不審な動きを見せたことや、これとは別に中国海軍の艦艇1隻が尖閣の北方にいたため、ロシア艦の近くにいた護衛艦「はたかぜ」が追尾する方針が決まった。

 ロシア艦は、東南アジアでの多国間演習を終えて帰国途中の駆逐艦など3隻。国際法上は軍艦も接続水域の通航は可能で、ロシア艦は過去にも尖閣の水域を通過したことがある。

 8日午後9時50分ごろ、ロシア艦は久場島の南方から接続水域に入った。はたかぜがともに北上すると9日午前0時50分ごろ、中国艦が久場島の北東側からロシア艦を迎えるように接続水域に進入。中国艦は護衛艦「せとぎり」が追尾しており、2隻の海自艦は相手艦を刺激しないよう、2~3キロの距離を置いて後を追う「随伴」を続けた。

 中国艦はU字形を描くように進み、ロシア艦と並走するように北上して午前3時過ぎに接続水域を出た。海域には当時、日中露3カ国の艦艇が並走したことになる。防衛省幹部は中国艦の動きについて「領海侵犯の意図はなかったように見えた」と証言。別の同省関係者は「中国艦はロシア艦に追従するような動きだった」と中国艦が冷静に行動したことを明かす。

 仮に自衛艦がロシア艦を追尾しなかった場合、接続水域に入ったロシア艦を中国艦が率先して監視することで「中国が尖閣を守る」という構図を作る--。防衛省関係者はそうした最悪のシナリオになった可能性を指摘する。

 元自衛艦隊司令官の香田洋二氏は中国の接続水域への進入について「緻密な計画の上に行っており、今後も続く可能性がある」と警告。「周辺国と対立を深める南シナ海から国際社会の注意や批判をそらす」のが狙いと分析している。【町田徳丈、村尾哲】


外相「中国の主張、受け入れられない」…尖閣
読売新聞 6月10日(金)11時30分配信

 岸田外相は10日午前の閣議後の記者会見で、中国軍艦が沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域に入り、中国国防省が尖閣を「中国固有の領土」などと主張したことについて、「尖閣諸島は国際法上も歴史的にも我が国固有の領土だ。中国側の独自の主張は全く受け入れられない」と反論した。

 そのうえで、「米国をはじめ国際社会と連携し、中国側に緊張を一方的に高める行為を行わないように求めていきたい」と述べた。

 これに関連し、菅官房長官は10日午前の記者会見で、米国務省が尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲内だとの認識を示したことについて、「日米間では首脳会談などで安保条約の適用範囲と確認している」と歓迎する意向を示し、今後も日米間で連携して対応する考えを強調した。


尖閣接続水域内、中国海警局の公船2隻が漂泊
読売新聞 6月10日(金)11時19分配信

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、10日午前9時現在、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内で中国海警局の公船2隻が漂泊している。

 また、同日午前5時57分頃、同市沖の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船が船尾からワイヤのようなものを垂らして箱状のものを引き揚げているのを、海上保安庁の巡視船が確認した。調査船は同日午前9時現在、同県宮古島市沖の接続水域内を航行している。


米は従来の立場確認=中国軍艦の尖閣接続水域初航行で菅官房長官
時事通信 6月10日(金)11時4分配信

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、中国海軍艦艇が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内を初航行したことを受け、米国務省副報道官が尖閣諸島を日米安全保障条約の適用対象と改めて指摘したことについて、「従来の立場を確認したものだ」との認識を示した。

 その上で「米国をはじめ国際社会と緊密に連携し、中国に対して緊張を一方的に高める行為は行わないよう強く求めていきたい」と強調した。


尖閣接続水域侵入 菅官房長官「従来からの立場一貫して確認」 尖閣は日米安保条約適用範囲
産経新聞 6月10日(金)10時57分配信

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、中国海軍艦による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域侵入をめぐって、米国務省が尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象であることを改めて示したことについて、「従来の立場を一貫して確認したものだ」と述べた。

 菅氏は「今日まで日米間において首脳間や外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で5条の適用範囲の立場を確認している」と強調。さらに「米国をはじめとする国際社会と緊密に連携し、中国に対して緊張を一方的に高める行為を行わないように強く求めていきたい」と述べた。

 また、新たな中国海軍艦による接続水域の侵入については確認されていないと説明した。


<岸田外相>「緊張を一方的に高める行為」 中国軍艦問題
毎日新聞 6月10日(金)10時51分配信

 岸田文雄外相は10日午前の閣議後の記者会見で、中国軍艦が沖縄県・尖閣諸島の日本の接続水域に入った問題について、「緊張を一方的に高める行為で深刻に懸念している」とあらためて批判した。

 進入を正当化する中国の主張に対しては、「尖閣諸島は国際法上も歴史的にもわが国固有の領土で、中国の独自の主張は受け入れられない」と反論した。

 また、「米国をはじめ国際社会と連携し、中国側に緊張を高める行為をしないよう求めたい」とも述べた。【前田洋平】


尖閣接続水域侵入 岸田文雄外相「全く受け入れられない」 中国の主張に反論
産経新聞 6月10日(金)9時49分配信

 岸田文雄外相は10日午前の閣議後の記者会見で、中国海軍艦による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域侵入に関し、中国国防省報道局の見解に反論した。同局が「中国の軍艦が自国の管轄海域を航行することは合法であり、他国がとやかくいう権利はない」との見解を発表したことについて、「中国側の独自の主張はまったく受け入れられない」と述べた。

 一方、岸田氏は現在の日中関係を「全体については改善の方向にあると認識をしている」と指摘。その上で、「個別の問題に関してはしっかりと対応していかなければならない」と強調した。


中国軍艦を尖閣接続水域で初確認 露軍艦も入域、NSC対応協議
産経新聞 6月10日(金)7時55分配信

 政府は9日未明、中国海軍とロシア海軍の艦艇が相次いで尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域内に入ったと発表した。領海侵入は確認されなかったが、尖閣諸島の領有権を主張する中国の軍艦が尖閣周辺の接続水域に入域したのは初めてで、日本政府は厳重に抗議した。安倍晋三首相は不測の事態に備え、米国との連携や警戒監視に万全を期すよう指示。国家安全保障会議(NSC)を開き、対処方針を確認した。

 防衛省などによると、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入ったのを海上自衛隊護衛艦「せとぎり」が確認。フリゲート艦は約2時間20分にわたって航行し、午前3時10分ごろ、大正島北北西から接続水域を離れた。

 これに先立ち、8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍のウダロイ級駆逐艦など3隻が尖閣の久場島と大正島の間を南から北に向かって航行しているのを海自護衛艦「はたかぜ」が確認した。9日午前3時5分ごろに接続水域を離れた。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は9日の記者会見で「中国が尖閣諸島に関する独自の主張を行い、これまで公船による領海侵入などを行う中、緊張を一方的に高める行為で深刻に懸念をしている」と強い不快感を示した。その上で中国だけに厳重抗議した理由について「ロシアはそうした事情がなく、同様の対応は行っていない。ロシアに対しても必要な注意喚起は行った」と述べた。

 河野克俊統合幕僚長は記者会見で、中国海軍による領海侵入があった場合の措置について「相応の対応はとっていく。一般論としては、海上保安庁で対応できない場合は海上警備行動をかけた上で、自衛隊が対応する仕組みになっている」と述べた。


中国軍艦が尖閣接続水域に 何度も警告…無視 異例の未明抗議「守り抜く」
産経新聞 6月10日(金)7時55分配信

 中国軍艦が尖閣諸島の接続水域に突然侵入するという初の事態に、9日未明の日本政府はかつてない緊張に包まれた。

 ≪9日1時≫不測の事態ありうる

 9日午前1時ごろ、都内の議員宿舎で就寝していた官房長官の菅義偉は、携帯電話の着信音でたたき起こされた。電話口の秘書官が告げた。

 「接続水域に入域…」

 菅は眠気が一気に覚めた。万が一、領海に侵入すれば、不測の事態もありうる。戦後日本が経験したことのない重大危機に直面するかもしれない-。携帯電話を握る手に思わず力が入った。

 この10分前の午前0時50分、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入った。海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」がキャッチした一報は、防衛省を通じてシンガポール滞在中の防衛相、中谷元(げん)に直ちに伝えられた。中谷は情報収集を徹底し、警戒監視を強化するよう指示を飛ばした。

 これに先立つ8日夜、海自護衛艦「はたかぜ」は、東シナ海を北上するロシア海軍の艦艇3隻を監視下に入れていた。午後9時50分、艦隊は久場島と大正島間の接続水域に入った。これは想定通りの航路だった。

 だが、ここで思わぬ事態が発生する。ロシア艦隊とあわせるように、中国海軍のフリゲート艦が不気味な音を立てながら船首を尖閣諸島に向け、直進を始めたのだ。日本政府がその異変を察知したのは午後9時半ごろだった。

 ≪9日2時≫大使知らなかった?

 外務省は中国・北京の日本大使館を通じて何度も警告を発した。だが、中国フリゲート艦はこれを無視し、ついに接続水域に突っ込んできた。

 外務事務次官の斎木昭隆が駐日中国大使の程永華を外務省に呼びつけたのは9日午前2時。日本政府が駐日大使を深夜や未明に呼ぶのは異例だが、主権に対する毅然(きぜん)とした態度を見せつけるには、外交儀礼に構う必要などなかった。

 斎木「中国側の行為は一方的に緊張を高めるような行為だ。日本側としては受け入れるわけにいかない。直ちに接続水域から出るように」

 程「……。本国に直ちに伝える。次官はお分かりだと思うが、尖閣諸島は中国の領土だ。抗議は受け入れられない。ただ、こちらも事態がエスカレートすることは望んでいない」

 程は平然と言い返したが、その態度は事態を知らされていなかったように斎木は感じた。外務省関係者は「中国の外交部は中国海軍の動きを知らなかったのだと思う」と分析する。

 ≪8日夜≫首相に随時動向連絡

 首相官邸の動きもあわただしかった。

 都内の私邸ではなく公邸に宿泊していた首相、安倍晋三は8日夜からリアルタイムでフリゲート艦の動向について連絡を受けていた。接続水域入域の連絡を受けると、(1)不測の事態に備え、関係省庁が緊密に連携して対処(2)米国をはじめ関係諸国と連携を図る(3)警戒監視に全力を尽くす-の3点を即座に指示。官邸危機管理センターには「中国海軍艦艇の動向に関する情報連絡室」が立ち上がり、内閣危機管理監、西村泰彦を中心にオペレーションが始まった。

 防衛省でも9日午前1時50分ごろには、防衛省・自衛隊幹部が緊急招集され、対処方針が確認された。

 「わが国の領土、領海、領空を断固として守り抜く考えのもとに、毅然と冷静に対応する」

 午前11時20分ごろ、官邸で記者会見に臨んだ菅は尖閣諸島をめぐる日本政府の立場を改めて説明した。ただ、普段の菅とは違って、その言葉には明らかに怒気がこもっていた。(敬称略)


尖閣接続水域に軍艦 中国「暴挙」、危険な予兆 領海法の“強制順守”突き付け
産経新聞 6月10日(金)7時55分配信

 中国海軍艦が初めて尖閣諸島(沖縄県石垣市)の接続水域に入った。尖閣を《中国領》と定めた1992年の《領海及び接続水域法》を、わが国はじめ国際社会に“強制順守”させる挙に出始めた危険な予兆が透ける。最初に接続水域に入ったのはロシア海軍艦で、水域を離れたロシア艦を見届けるかのごとく中国艦が出た。このため防衛・外務両省内には、中国が「領海に近づくな」と日露を威嚇し、国際社会に「主権宣言」しているとの分析も浮上している。(野口裕之)

 尖閣海域ではこれまでにも、海軍艦を改装し、火力を制限した中国の武装巡視船が出没してはいた。しかし、火力の威力・射程や艦の抗堪性が比較にならぬほど優れ、大使館のように外交特権を有する軍艦の脅威度・存在感は、東シナ海の安全保障上の均衡を塗り替える巨大な力を秘める。

 今回、海上保安庁の巡視船が領海内にとどまり、海自艦で牽制(けんせい)した「戦法」は軍事的合理性にかなう。だが、自国軍艦の尖閣派遣の口実に向け、中国巡視船に海自艦が対処に出て来るよう挑発を続けてきた経緯に照らせば、今回、中国は口実さえ必要としない「戦法」にかじを切ったとみることもできる。

 一方、侵入した《江凱(ジャンカイ)I級フリゲート艦》には、フランスの軍事技術が散見され、欧州の対中警戒感の希薄性を改めて浮き彫りした。

 確かに89年の天安門事件後、欧州連合(EU)は対中武器禁輸を建前にしてきた。ただ、対象の解釈は各国に委ねられ、フランスなどは殺傷兵器に限定し、ステルス構造やレーダー、機関などはお構いなしだ。殺傷兵器はコピーされてもいる。その一方で、フランスは南シナ海における中国の人工島軍事基地に反発し、哨戒活動に手を挙げている。

 実のところ、江凱I級は海自と浅からぬ因縁を持つ。平成25年、海自哨戒ヘリに対する火器管制レーダー(FCR)照射は江凱I級の仕業との分析もあり、今回江凱I級が「その気」になれば法に縛られる海自側に、惨事が起きていた可能性も否定できない。

 国際法上は、中国艦がFCRのロックオンを解除しなければ、射程内でのミサイル用FCR照射なら反撃開始、艦砲用なら砲塔が指向された時点で攻撃できる。だが、筆者が専門家と実施したシミュレーションでは、かくなる「戦況」に陥ってなお、日本政府は武器使用を許可する防衛出動は命じない。

 安全保障関連法施行で「自衛官が死ぬ」と強調する野党議員は、「自衛官を見殺しにする」現状を直視すべきだろう。


午前2時、即座の抗議…政府が中国大使呼び出し
読売新聞 6月10日(金)7時32分配信

Crn
(写真:読売新聞)

 中国軍艦が9日、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内に初めて進入したことについて、政府は未明に駐日大使を呼び出し、抗議するなど異例の対応で中国に自制を求めた。

 政府は尖閣諸島の領有権を主張する中国がさらに行動を活発化させる可能性があるとみて、米国などと連携して対応する考えだ。

 「私が夜中に呼ぶのは初めてだが、それだけ重大な事態だと思っているからだ。そのことを認識してほしい」

 斎木昭隆外務次官は、中国軍艦が接続水域に入ってから1時間余りの9日午前2時、中国の程永華(チョンヨンフア)駐日大使を外務省に呼び、強く抗議した。未明の呼び出しは、進入が偶発的な衝突につながりかねないと懸念したためだ。程氏は「エスカレートは望んでいない。北京に伝える」などと応じたという。


挑発レベル一段高まる…中国、「自国海域」主張
読売新聞 6月10日(金)0時3分配信

 【北京=竹腰雅彦】中国国防省は9日、中国軍艦が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったことについて、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土だ。中国の軍艦が自国の管轄海域を航行するのは理にかなっており、合法だ。他国があれこれ言う権利はない」との談話を発表した。

 中国は、尖閣諸島を領土紛争のある場所として対外的に認知させることを狙い、漁業・海洋監視船、中国海警局の公船によるパトロールを常態化させ、接続水域の航行、領海への侵入へと挑発行動を強めてきた。

 南シナ海で米国との対立が深まる中、東シナ海との「二正面作戦」は得策でなく、背景には不透明な点もあるが、今回の軍艦投入で、挑発行動のレベルを更に一段高めたことになる。今回の行動を機に、軍艦による接続水域の航行を重ね、既成事実化を図る可能性がある。


中国艦、露追尾の海自艦に対抗か…尖閣接続水域
読売新聞 6月9日(木)23時59分配信

 政府は9日、中国軍艦1隻が同日午前0時50分頃から約2時間20分間、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内を航行したと発表した。

 領海には侵入しなかった。中国軍艦が尖閣周辺の接続水域内に入ったことが確認されたのは初めて。政府内では、直前に接続水域入りしたロシア軍艦を追尾した海上自衛隊の護衛艦に対抗し、尖閣の領有権を主張する中国の軍艦が同水域内に入ったとの見方が強まっている。

 政府は同日夜、国家安全保障会議(NSC)を首相官邸で開き、安倍首相と関係閣僚らが情勢を分析した。

 斎木昭隆外務次官は9日午前2時頃、中国の程永華(チョンヨンフア)駐日大使を外務省に呼び出し、厳重に抗議した。菅官房長官は同日の記者会見で、「緊張を一方的に高める行為」と中国を批判した。


<尖閣接続水域に中国軍>政府、米と連携確認…NSCで協議
毎日新聞 6月9日(木)23時45分配信

 政府は9日夜、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開き、中国海軍の艦船1隻が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に初めて入った事案について協議した。情報を分析し、引き続き尖閣周辺海域の警戒監視活動を継続することや、米政府と緊密に情報交換し、連携していく方針を確認した。

 安倍晋三首相は9日朝から山形県に農業視察に赴いており、NSCは首相の帰京直後の午後7時から開催。岸田文雄外相、菅義偉官房長官らが出席した。会合では、9日未明に中国艦が接続水域に入った経緯や、これに先立ちロシアの軍艦3隻も接続水域に入った状況などが報告された。

 日本政府は8日深夜から中国艦の接近を把握し、中国・北京の日本大使館を通じて中国側に接近しないよう繰り返し求めた。しかし中国側は応じず、岸田氏が外務省の斎木昭隆事務次官に程永華駐日中国大使を呼び出して厳重に抗議するよう指示。斎木氏は9日午前2時という異例の時間に程氏を外務省に呼び出して「軍と外交部(外務省)は連絡を取れているのか」などとただし、「緊張感を高めるようなことはやってほしくない」と伝えた。程氏は「抗議は受け入れられない」と応じる一方、「両国の緊張感を高めることはよくないと思うのですぐに北京に伝える」と語った。深夜の呼び出しは、日本側が事態を深刻視していると中国側に伝えるとともに、日本側に尖閣問題で迅速に対応する準備が整っていると示す狙いがあったものとみられる。

 菅氏は9日の記者会見で「緊張を一方的に高める行為で深刻に懸念している」と中国側の姿勢を批判。「領土、領海、領空は断固として守り抜く強い意志のもと、毅然(きぜん)と冷静に対応する」と述べた。接続水域は領海の外側12カイリ(約22キロ)の範囲に設定され、国際法上は軍艦でも通航は認められる。尖閣諸島の領有権を主張していないロシア艦の接続水域通航については、政府は問題視しない考えだ。

 防衛省によると、中国海軍のジャンカイ1級フリゲート艦(3960トン)1隻が9日午前0時50分ごろ、尖閣諸島の久場島北東の接続水域に入ったのを海自艦が確認。中国艦は同3時10分ごろに同諸島大正島の北北西から北に向け、接続水域を離れた。これに先立つ8日午後9時50分ごろ、ロシアの駆逐艦など3隻が久場島と大正島の間から接続水域に入り、9日午前3時5分ごろ、北に向けて水域を離れた。ロシア艦は東南アジアであった多国間演習からの帰りという。【村尾哲、町田徳丈】


尖閣接近で中国軍艦に警告=緊張高める行動を懸念―接続水域航行で・制服組トップ
時事通信 6月9日(木)18時21分配信

 中国海軍フリゲート艦が沖縄県尖閣諸島周辺の接続水域内を航行したことについて、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は9日の記者会見で、自衛隊が接続水域に近づく中国軍艦に警告していたことを明らかにした上で、「緊張を高める一方的な行動だ」と強い懸念を表明した。

 
 河野統幕長は自衛隊の対応について「中国海軍艦艇が尖閣諸島の接続水域内に近づいた段階から無線でやりとりし、警告を発していた」などと説明。「事態がエスカレートしないよう万全の警戒監視を行った」と述べた。

 中国軍艦艇が領海侵入した場合について問われると、「海上保安庁で対応できない場合は、海上警備行動が発令され、自衛隊が対応する国家の仕組みになっている」と指摘。「エスカレートさせることは避けたいと思っているが、万が一の場合にはそれ相応の対応はする」と述べた。


政府緊張、海上警備行動も視野=海空メカニズムの運用急務
時事通信 6月9日(木)18時17分配信

 中国軍艦が沖縄県尖閣諸島周辺の接続水域へ入ったことに、政府は緊張の度を強めた。

 中国軍艦が領海に侵入した場合、海上警備行動を発令して海上自衛隊の艦艇が中国軍艦に対し、立ち退くよう求める方針。今後の中国海軍の動向を慎重に見極めて対応する考えだ。

 海自幹部は9日、今回の接続水域への入域について、「危機のレベルが一段上がった。軍艦による領海侵入も視野に対応を検討しなければいけない」と指摘した。

 今月行われたアジア安全保障会議などで、日米両国は中国の海洋進出を強くけん制。しかし、7日には東シナ海上空で中国戦闘機が米偵察機に異常接近を試みた。10日からは沖縄近海で日米印3カ国による海上共同訓練「マラバール」が始まるが、政府関係者によると、訓練に参加する米空母に対し、中国軍情報収集艦が追跡活動を行った。

 今回、海自護衛艦は中国艦艇に対し、接続水域に入る前から無線で警告を発信。しかし中国艦の針路は変わらず、「領海にも入りかねない動きを取っていた」(外務省幹部)という。

 河野克俊統合幕僚長は9日の記者会見で、「非常に懸念すべき事態だ」との認識を示し、「海上保安庁で対応できない場合、海上警備行動を掛けた上で自衛隊が対応する」と述べた。

 一方、政府は尖閣諸島の領有権を主張していないロシアについては「区別して対応」する方針だ。防衛省幹部によると、ロシア艦艇は5月上旬からブルネイ周辺海域などで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)などによる共同訓練に参加後、帰投する途中だったとみられ、過去にも同じルートをロシア艦が通過したことがある。

 政府内では、尖閣周辺を通過するロシア艦とそれを監視する海自護衛艦に対し、領有権を主張する中国側が追尾してけん制したとの見方も出ている。防衛省幹部は、「こうしたケースが今後も発生する可能性がある」と指摘した。

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、日中間で調整が続く「海空連絡メカニズム」について、「不測の事態の回避・防止のために、早期の運用開始が急務だ。実現に向けて引き続き努力したい」と述べた。


「尖閣でも既成事実か」中国艦進入に防衛省緊張
読売新聞 6月9日(木)17時33分配信

943
尖閣諸島・久場島(沖縄県石垣市で、2013年9月6日撮影、読売機から)

 中国とロシアの海軍艦艇が沖縄県・尖閣諸島付近の接続水域内に入ったことを受けて、防衛省では9日、未明から幹部が続々と登庁し、情報収集に当たった。

 「軍事拠点化を進める南シナ海に続き、中国は尖閣諸島でも着々と既成事実を作るつもりだろうか」。中国の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域内に入るという初の事態に、同省幹部は緊張した面持ちで話した。

 同省関係者によると、ロシア艦艇は外洋での訓練からの帰還中とみられ、中国艦艇はロシア艦艇と海自護衛艦に合わせるように接続水域内に入ってきたという。このため、同省では現時点で両国が連携した動きとは考えにくいとしている。

 接続水域内に進入した中国海軍のフリゲート艦は、対艦や対空ミサイルのほか、ヘリコプターも搭載できる重武装の主力級戦闘艦艇。全長約130メートル、排水量は約4000トンという。


尖閣接続水域侵入 自衛隊トップが“警告”「中国艦、領海侵入なら相応の対応」
産経新聞 6月9日(木)16時5分配信

 自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は9日の記者会見で、中国海軍艦艇が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に入ったことに対し、「中国は尖閣諸島の領有を主張している上で接続水域に入域した。緊張を高める一方的な行動で、深刻な懸念を持っている」と指摘した。「厳重な抗議を中国側にしたので、真剣に受け止めてもらうことを期待している」とも述べた。

 中国艦が日本の領海に侵入した場合の措置については「相応の対応はとっていく。一般論としては、海上保安庁で対応できない場合は海上警備行動をかけた上で、自衛隊が対応する仕組みになっている」と語った。

 一方、中国艦と同じく尖閣諸島周辺の接続水域に入ったロシア艦については「ロシアは尖閣諸島の領有は主張していない。接続水域の航行そのものは国際法上、問題ない」とした。


中国、日米けん制か…防衛相「深刻に懸念」
読売新聞 6月9日(木)13時48分配信

 中国海軍艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったことを受け、政府は西村泰彦危機管理監をトップに関係省庁の局長級会合を開くなど9日未明から対応にあたった。

 中国海軍に先立ち、ロシア海軍の艦艇も接続水域に入っており、中露両国の意図や連携の有無などについて情報収集と分析を急いでいる。

 中谷防衛相は9日、「緊張を一方的に高める行為であり、深刻に懸念している」と中国を非難する一方、「いたずらに事態をエスカレートさせることがないよう、冷静な対応を継続する」と述べた。

 中国による南シナ海の軍事拠点化を巡っては、米国が国際法に基づく「航行の自由作戦」を展開しているほか、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で「航行の自由」を確保する重要性を確認するなど国際社会による圧力が高まっている。7日に閉幕した米中の戦略・経済対話でも南シナ海問題は平行線に終わっており、政府内では対中国で連携を深める「日米へのけん制」との見方がある。


尖閣接続水域侵入 菅官房長官「注意喚起にも関わらず入ってきた」
産経新聞 6月9日(木)12時51分配信

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、中国海軍フリゲート艦による尖閣諸島の接続水域侵入に対し、中国政府に抗議したことに関し、「日本とすれば中国側に接続海域に入ることについて注意喚起したにも関わらず入ってきた。その中で外務省を通じて適切に対応した」と説明した。


尖閣接続水域侵入 菅官房長官「断固として守り抜く 冷静に対応」国際社会と連携
産経新聞 6月9日(木)11時49分配信

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、中国海軍艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に入ったことに関して「緊張を一方的に高める行為で日本としては深刻に懸念している」と述べた。

 菅氏は尖閣諸島について「歴史的にも国際法上もわが国、固有の領土であって政府としてわが国の領土、領海、領空を断固として守り抜くため毅然(きぜん)かつ冷静に対応していく」と強調した。

 また「中国に対して米国をはじめすとる国際社会と連携して、このような緊張を一方的に高める行為は行わないように強く求めていきたい」と説明した。


安倍首相、警戒指示=中ロ軍艦の行動分析
時事通信 6月9日(木)11時39分配信

 政府は中国海軍艦艇が沖縄県尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったのを受け、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置するなど、9日未明から対応に当たった。

 ほぼ同時刻に入域したロシア艦艇との関係など分析も急いだ。

 安倍晋三首相は(1)不測の事態に備え、関係省庁が緊密に連携して対処する(2)米国をはじめとする関係諸国と緊密な連携を図る(3)警戒監視に全力を尽くす―の3点を指示。防衛省は緊急幹部会議を開催した。

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、中国軍艦の入域について「緊張を一方的に高める行為で、深刻に懸念している。政府として、毅然(きぜん)かつ冷静に対応する」と強調。領海侵入した場合に海上警備行動で自衛隊艦艇を派遣する可能性については、「その時々の事態の様相に応じて、個別的に判断されることだ」と述べるにとどめた。

 中谷元防衛相も時事通信の取材に対し、中国の海洋進出に対する国際社会の懸念が高まっていると指摘した上で、「一切妥協することはないとの姿勢を誇示した可能性がある。深刻に懸念すべきで、一層動向を注視していく」と述べた。

 今回はロシア軍艦も接続水域に入っているが、尖閣の領有権を主張する中国と違い、過去にもこの海域を通過しているため、防衛省幹部は「次元が違う話だ」との見方を示した。


尖閣接続水域侵入 海保でも対応 監視強化、情報収集 緊張高まる
産経新聞 6月9日(木)10時51分配信

Jcg
尖閣諸島・魚釣島周辺を警戒航行する海上保安庁の巡視船(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)

 中国海軍のフリゲート艦が尖閣諸島・久場島周辺の接続水域に接近しているとの一報が入った海上保安庁は、即座に久場島方面の領海内の監視を強化するとともに、防衛省など関係省庁との情報共有を急いだ。

 わずか3時間前には、ロシア海軍の駆逐艦など3隻が付近の接続水域を通過したばかり。領海などの治安維持にあたる同庁では一時、緊張が高まった。

 尖閣諸島周辺海域を所管する第11管区海上保安本部の尖閣警備専従部隊が中心に対応したが、領海内では特に異常はなかった。

 同庁は今後、両国海軍の艦船が近い時間帯に接続水域に入った事情について、防衛省や外務省などからの情報を得ながら分析を進めるとみられる。今後の対応について同庁は「関係省庁と連携を密にして適切に対応していく」としている。

 同庁によると、尖閣諸島周辺の接続水域では今年に入り、中国公船延べ317隻が延べ99日間、航行している(9日午前8時現在)。昨年末には、機関砲を搭載した中国公船が領海内で初めて確認されていた。海上保安庁は大型巡視船12隻相当、ヘリ搭載型巡視船2隻からなる尖閣警備専従部隊を今年2月に完成させ警備にあたっていた。


尖閣接続水域侵入 外務省抗議は異例の午前2時 程永華・駐日中国大使は「抗議受け入れられない」と反発
産経新聞 6月9日(木)8時53分配信

 中国海軍の艦艇が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域内に侵入した問題で、外務省の斎木昭隆事務次官による程永華・駐日中国大使に対する抗議は9日午前2時頃に行われた。未明の抗議は異例といえ、日本の毅然とした対応を鮮明にする狙いがあったとみられる。

 政府関係者によると、外務省が程氏側の招致を要求したのは午前1時頃。外務省を訪れた程氏に、斎木氏は重大な懸念を表明し抗議した。また、日本の接続水域からただちに出域するよう求めた。

 斎木氏の抗議に対し程氏は、尖閣諸島の領有権は中国にあるとの主張を繰り返し、日本側の抗議は「受け入れられない」と反発したという。会談時間は約20分だった。

 斎木氏に先立って、石兼公博アジア大洋州局長も劉少賓・駐日中国大使館次席公使に電話で抗議した。


中国、ロシア軍艦艇が同時刻、尖閣諸島周辺の接続水域に侵入 外務省が中国に抗議
産経新聞 6月9日(木)8時8分配信

Jcg
尖閣諸島・魚釣島周辺を警戒航行する海上保安庁の巡視船(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)

 政府は9日未明、中国海軍とロシア海軍の艦艇が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域内に入ったと発表した。中国の軍艦が尖閣周辺の接続水域に入域したのは初めて。中露両国の艦艇ともすでに接続水域を出ており、領海侵入は確認されていない。

 防衛省などによると、8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍のウダロイ級駆逐艦など3隻が尖閣諸島の久場島と大正島の間を南から北に向かって航行しているのを海上自衛隊の護衛艦「はたかぜ」が確認した。9日午前3時5分ごろに接続水域を離れた。

 さらに、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入ったのを海自護衛艦「せとぎり」が確認。フリゲート艦は約2時間20分にわたって航行し、3時10分ごろ、大正島北北西から接続水域を離れた。

 接続水域は領海のすぐ外側にあり、航行自体は国際法違反には当たらない。ただ、防衛省幹部は「中国は尖閣諸島の領有権を主張している。ロシア海軍と同時刻に接続水域に入っていることは特異だ。警戒監視を続け、意図の分析を急ぐ」としている。

 安倍晋三首相はただちに関係省庁に対し、不測の事態に備えて米国など関係国と緊密に連携し、警戒監視に全力を尽くすよう指示した。外務省の斎木昭隆事務次官は9日未明、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、重大な懸念を表明するとともに抗議した。

 政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。防衛省も緊急幹部会議を開くなど、情報収集と分析を進めている。


尖閣接続水域侵入 ロシア軍艦艇も尖閣諸島沖の接続水域を航行 中国海軍の動きとの関連を調査
産経新聞 6月9日(木)8時6分配信

 防衛省は9日未明、尖閣諸島(沖縄県石垣市)久場島と大正島の間の接続水域をロシア軍の艦艇3隻が航行したことを明らかにした。両島沖の領海のすぐ外側にある接続水域では、中国海軍の艦艇が午前0時50分ごろから午前3時10分ごろまでの約2時間20分にわたって航行したことを確認している。

 防衛省は、両国の艦艇の動きが同じ時間帯の動きだったことから、関連や意図などを調べている。また、再び接続水域に近づくことがないか引き続き警戒と監視を続ける。


中国海軍軍艦、接続水域を離れる 外務省は中国大使に抗議
産経新聞 6月9日(木)8時5分配信

Ski
尖閣諸島の魚釣島=沖縄県石垣市(写真:産経新聞)

 防衛省によると、9日午前0時50分ごろに尖閣諸島(沖縄県石垣市)久場島北東の接続水域に侵入した中国海軍艦艇は、約2時間20分後の同日午前3時10分ごろ、接続水域から離れた。

 中国海軍の艦艇が領海のすぐ外側にある接続水域に入域するのは初めて。外務省の斎木昭隆事務次官は同日未明、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、重大な懸念を表明し抗議した。

 防衛省によると、入域したのは中国海軍ジャンカイI級フリゲート(排水量約4000トン)1隻。海上自衛隊の護衛艦が確認した。

 侵入を受けて、政府は官邸危機管理センターに「中国海軍艦艇の動向に関する情報連絡室」を設置し、情報収集にあたった。


中国海軍艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に侵入 安倍首相は関係省庁に警戒監視を指示
産経新聞 6月9日(木)8時4分配信

Ski
尖閣諸島の魚釣島=沖縄県石垣市(写真:産経新聞)

 9日午前0時50分ごろ、尖閣諸島(沖縄県石垣市)久場島の北東の接続水域に中国海軍艦艇が入った。艦艇が領海のすぐ外側にある接続水域に入域するのは初めて。これを受け、安倍晋三首相は関係省庁に対し、不測の事態に備えて米国など関係国と緊密に連携し、警戒監視に全力を尽くすよう指示した。

 防衛省によると、入域したのは中国海軍ジャンカイI級フリゲート(排水量約4000トン)1隻。海上自衛隊の護衛艦が確認した。午前3時現在も水域内にいるもようだ。

 政府は官邸危機管理センターに「中国海軍艦艇の動向に関する情報連絡室」を設置し、情報収集を進めている。中谷元防衛相も省内に(1)不測の事態に備えて情報収集・警戒監視に万全を期す(2)関係省庁と米国などと緊密に連携する-ことを指示した。


露艦艇も尖閣接続水域に…中国艦と同じ時間帯
読売新聞 6月9日(木)6時37分配信

 防衛省によると、中国海軍の艦艇が9日未明に沖縄県・尖閣諸島沖の接続水域内に入った問題で、同じ時間帯にロシア軍の艦艇3隻も近くの接続水域を航行した。

 同省は両国海軍の動きに関連があるかどうかを調べている。

 接続水域に入ったロシア軍の艦艇は、ウダロイ級駆逐艦と補給艦、航洋タグボートの3隻。尖閣諸島南沖から接続水域内に入り、久場島と大正島の間を抜け、同水域から出たという。


中国艦艇、尖閣接続水域を初航行…中国側に抗議
読売新聞 6月9日(木)5時56分配信

 斎木昭隆外務次官は9日午前2時頃、中国海軍の艦艇が沖縄県の尖閣諸島沖の接続水域内に入ったことを受け、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、重大な懸念を表明して抗議するとともに、接続水域から直ちに出るよう求めた。

 防衛省によると、接続水域に入ったのは中国海軍のフリゲート艦「ジャンカイ1級」。9日午前0時50分頃、尖閣諸島久場島北東の接続水域に入り、約2時間20分後の午前3時10分頃に同水域を出た。

 政府関係者によると、中国の海軍艦艇が接続水域に入ったことが確認されたのは初めて。領海には侵入しなかった。


尖閣接続水域に中国軍艦、初航行…露軍艦進入後
読売新聞 6月9日(木)2時41分配信

Crm
(写真:読売新聞)

 政府は9日未明、中国軍艦1隻が沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったと発表した。

 中国軍艦が尖閣周辺の接続水域内に入ったことが確認されたのは初めて。政府は同日未明、中国の程永華(チョンヨンフア)駐日大使を外務省に呼び出し、斎木昭隆外務次官が厳重に抗議した。中国軍艦は領海には侵入せず、約2時間20分間航行後、接続水域を出た。ロシア軍艦3隻も中国軍艦に先行して尖閣周辺の接続水域内を航行した。政府関係者によると、ロシア軍艦を追尾して海上自衛隊の護衛艦が接続水域内に入り、中国軍艦が対抗して同水域内に入ったとの見方がある。

 政府は両国軍艦の警戒と監視を続けながら、両海軍の意図や動きの関連性について、分析を進める。


中国軍艦、尖閣接続水域に=初航行、外務省が抗議―ロシア軍艦も
時事通信 6月9日(木)2時16分配信

Jnk
中国のジャンカイI級フリゲート艦(防衛省統合幕僚監部提供)

 政府は9日未明、中国海軍艦艇が沖縄県尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったと発表した。

 防衛省によると、中国軍艦が尖閣周辺の接続水域内に入ったのは初めて。中国の海洋進出に対する国際社会の懸念に反発した可能性もある。ほぼ同じ時間帯にはロシア軍艦も尖閣周辺の接続水域に入域しており、政府は中ロ両軍の動向と関連性について分析を進める。

 防衛省や内閣官房によると、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が尖閣諸島久場島北東の接続水域内に入ったのを、海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」が確認した。せとぎりが警戒監視を続ける中、フリゲート艦は同3時10分ごろ、大正島北北西から北に向かって接続水域を離れた。領海侵入はなかった。

 一方、ロシア軍のウダロイ級駆逐艦など3隻も、8日午後9時50分ごろに久場島と大正島の間の南方から接続水域に入り、9日午前3時5分ごろ北に抜けた。尖閣周辺でのロシア軍艦の接続水域への入域は過去にも例があるという。

 これを受け、外務省の斎木昭隆事務次官は9日午前2時ごろ、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、重大な懸念を伝えて抗議するとともに、中国軍艦が接続水域を出るよう求めた。程大使は「尖閣諸島は中国の領土であり、抗議は受け入れられない」と反論。「事態がエスカレートすることは望んでいない。本国に伝える」とも述べた。

 斎木氏は9日朝、外務省で記者団の取材に応じ、中国にのみ抗議した対応について、「尖閣のいわゆる領有権をめぐって中国は独自の主張を述べてきている。ロシアはそういうことはない。(中ロを)区別して対応している」と説明した。

« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・16 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・17 »

ニュース」カテゴリの記事

侵略・支配・抑圧」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63766473

この記事へのトラックバック一覧です: 侵略強盗国家・中共支那の海軍艦艇が尖閣接続水域に侵入:

« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・16 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・17 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31