« 熊本・震度7の地震に関するニュース・86 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・11 »

2016年6月 1日 (水)

韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・10

東京都知事の舛添要一が、都内の一等地にある都有地の空き地を、都民のために活用せず、こともあろうに韓国人学校の増設のためと称して、反日侵略国家・韓国に貸し出すことを独断で決めた。

都庁には「保育所の整備など都民のために使うべきだ」と反対意見が殺到しているそうだが、当然のことだ。舛添要一という人間は、これまでにも勝手に韓国に行って朴槿恵のご機嫌を取り結ぶ走狗ぶりを発揮してひんしゅくを買ってきた札付きの売国奴だが、ここへきてその韓国の犬としての正体が明らかになった。

Photo_5
朴槿恵に媚びへつらう売国奴のコジキ野郎、韓国の走狗・舛添要一

都内の外国人の待遇を改善することはそれなりに評価すべきだが、なぜ台湾人でもフィリピン人でもインドネシア人でもなく韓国人なのか? 韓国人のような他人の讒言をまき散らしてゆすりたかりをくりかえすような劣悪な者を優遇して、都政にどんなメリットがあるのか?

舛添要一は都民を裏切り侵略国に売り渡す売国奴だ。いくら都知事だからといって、こんな人間の売国独裁行為を断じて許してはならない。日本の裏切り者・都政の独裁者・侵略国家の手先・売国奴の舛添要一を都知事から追放せよ。

4番目の記事
5番目の記事
6番目の記事
7番目の記事
8番目の記事
9番目の記事

リンク:舛添知事7日までに調査結果公表 共産は新たな“ルール違反”指摘 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添都知事>「公用車で選挙応援」共産都議団が指摘 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政治資金調査、7日までに結果公表…舛添都知事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事公私混同疑惑 都知事ボーナス380万円、30日に支給決定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏、選挙応援に公用車=「重大なルール違反」と共産党 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、都議会での“公開処刑”不可避 新たな金銭疑惑も発覚 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、謝罪数分で“続投”議会はヤジと怒号 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、公用車「厳格に運用」…各会派追及へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、都議会で政治資金問題陳謝 調査報告は15日までに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事所信表明 荒れる議場 「辞めろ」飛び交う罵声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事所信表明 「裏切られた」自公も追及姿勢 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事所信表明 高額海外出張が疑惑のきっかけ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、都議会で25分所信表明演説も疑惑釈明はわずか2分…自公激怒「納得できない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事 金銭問題謝罪3分…東京五輪へ続投意欲十分 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東京都議会の取材に行ったら「ネットメディアは報道ではない」と断られた話 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添知事>釈明3分、ヤジと怒号…都議会で陳謝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事公私混同疑惑 下村博文・自民党総裁特別補佐「説明責任果たさなければ支えられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添知事>都議会で陳謝…政治資金疑惑、会期中に調査結果 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:説明せぬ舛添氏に怒り=都議会に多くの傍聴者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「所信表明」に傍聴者あふれる 陳謝2分だけ、「居眠り」続出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「説明不十分で言語道断」=そろって舛添氏批判―都議会各会派 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事の所信表明演説に都議会で怒声飛び交う「知事の資格ない」「きちんと説明しろ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「人間失格」舛添要一都知事が実姉に送った“恫喝文書” - 速報:@niftyニュース.
リンク:舛添知事、都議会突入で夏のボーナス380万円丸儲け 任期満了なら8千万円超 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事公私混同疑惑 所信表明での発言要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ファーストクラスの利用やめる」舛添知事、都議会で表明 スイートルームも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏、美術館巡りが視察の7割超…15年度 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事「信頼の回復は一朝一夕ではできない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、都議会で謝罪…「経費厳しく見直す」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事「スイートルーム使わない」所信表明要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添氏>「スイートルーム使わない」議会で謝罪 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:井筒監督、舛添都知事の謝罪バッサリ「三文芝居」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「ファーストクラス、スイートルームは使用しません」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、都議会の所信表明で謝罪、頭下げる - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

舛添知事7日までに調査結果公表 共産は新たな“ルール違反”指摘
スポニチアネックス 6月3日(金)7時1分配信

 東京都の舛添要一知事は2日、自身の政治資金疑惑などに対する調査結果を、7日にある都議会の代表質問までに公表する意向を示した。都庁で報道陣の取材に答えた。調査について「一日も早くとお願いし、精力的にやってもらっている」とした上で「膨大な量なので、明日の記者会見には間に合わないだろうと(調査している弁護士が)言っている」と述べた。

 知事は1日、都議会本会議での所信表明で「多大なる迷惑を掛け、心から深くおわびしたい」と陳謝。調査結果を15日の閉会日までに公表する考えを表明していた。

 一方、都議会の共産党が記者会見し、「選挙応援のための移動に公用車を使っており、重大なルール違反だ。経費の返還を求める」と指摘した。

 共産党によると、知事は4月、江戸川区での公務が終わった後、公用車で目黒区長選の応援のため同区に移動。その後帰宅した。都によると、出発地や目的地のいずれかが公務の場合、公用車の利用が認められているが、共産党は「区長選の応援は公務ではないので、都の規定にも反している」と主張した。


<舛添都知事>「公用車で選挙応援」共産都議団が指摘
毎日新聞 6月2日(木)23時16分配信

Nsttoo
舛添要一都知事=森田剛史撮影

 東京都の舛添要一知事が公用車使用で「公私混同」を指摘されている問題に絡み、共産党都議団は2日、舛添氏が今年4月の目黒区長選で、候補者の応援に公用車で駆けつけていたと発表した。「公務以外の使用で、都のルールに対する重大な違反」と主張した。

 共産党が都への情報公開請求で入手した公用車の運転日誌や毎日新聞の取材などによると、舛添氏は4月10日、江戸川区で「鑑賞魚フェア」を視察した後、公用車で目黒区に移動した。午後2時から同区長選に立候補した現職の出陣式であいさつし、そのまま世田谷区の自宅に帰った。

 首長や議員が公用車で選挙応援に出向くことは各地で問題となっており、費用が返還されたケースもある。

 都議会では2005年、衆院選候補者の応援に公用車を使った議員が監査請求の対象となり、人件費やガソリン代などを自主返還した。大津市長が監査委員に費用返還を勧告されたり、三重県伊賀市長が費用を自主返還したりした例もある。

 また共産党は、舛添氏が今年4月までの1年間で39回行った美術館・博物館視察のうち、7回は20年東京五輪・パラリンピックへの協力要請をしていなかったとする各館への聞き取り結果を発表した。舛添氏は5月27日の定例記者会見で美術館視察の多さを指摘された際に「五輪に向けた文化振興のため開館時間の延長などをお願いしている」と説明していた。【林田七恵、早川健人】


政治資金調査、7日までに結果公表…舛添都知事
読売新聞 6月2日(木)22時1分配信

 政治資金を私的に流用した疑惑が持たれている東京都の舛添要一知事は2日、元検事の弁護士2人に依頼した調査の結果を、7日に予定されている都議会の代表質問前に公表する方向で調整していることを明らかにした。

 舛添知事は都庁で報道陣に対し「(結果の公表は)一日も早くとお願いしている」と述べた。ただ、調査項目が多いため「(3日の)記者会見には間に合わない」との見通しを示し、代表質問に間に合わせるために「一生懸命やってもらっている」と説明した。

 1日に開会した都議会の所信表明では、調査結果の公表時期について、「議会審議に間に合うよう公表する」と話していた。


舛添知事公私混同疑惑 都知事ボーナス380万円、30日に支給決定
産経新聞 6月2日(木)21時49分配信

 政治資金の公私混同疑惑に揺れる東京都の舛添要一知事の夏のボーナスに当たる6月の期末手当が約380万円で確定し、30日に支給されることが決まった。

 都によると、期末手当は6月1日時点で勤務していることが条件で、支給割合は1・55カ月分。仮に返納する意思を示しても、公職選挙法で禁止されている寄付行為と判断される可能性があるため、返納は難しいという。

 今年度の舛添氏の給与は、月額145万6千円。12月の期末手当などを含めると、年間では計約2900万円が支給される見込みで、都知事を1期4年務めた場合は、退職金約3600万円も支払われる。


舛添氏、選挙応援に公用車=「重大なルール違反」と共産党
時事通信 6月2日(木)18時37分配信

 共産党都議団は2日、舛添要一東京都知事が、4月に行われた目黒区長選の現職候補の応援に公用車で訪れていたと発表した。

 同党が情報公開請求で入手した公用車の運転日誌で確認。「公用車を選挙の応援に使うのは重大なルール違反」として、舛添氏に経費の返還を求める。

 都は、選挙応援での公用車使用は「都民の疑念を招く恐れもあり、抑制的であるべきだとの立場」と説明。ただ、選挙応援の公務性を認めた東京地裁の判決があり、「直ちに問題と言うことはできない」としている。

 舛添氏が応援に駆け付けたのは、同区長選が告示された4月10日午後。日程予定表には、知事としての「公務」以外の「政務」の用件と記載されていたが、目黒区への移動と、応援後に世田谷区の自宅に戻るのに、それぞれ公用車を使用していた。

 また同党は、昨年5月から今年4月までに舛添氏が行った美術館や博物館への視察39件の実態調査結果を発表。このうち7件について、視察先との意見交換などが確認できず、実際には作品の鑑賞に訪れていただけだったことが分かったという。

 舛添氏は先月27日の記者会見で、これらの視察に関し、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた文化振興への協力要請を兼ねていると説明していた。


舛添知事、都議会での“公開処刑”不可避 新たな金銭疑惑も発覚
夕刊フジ 6月2日(木)16時56分配信

 東京都議会の本会議が1日開かれ、「政治とカネ」の疑惑が続発している舛添要一知事(67)が所信表明した。記者会見では「弁護士の調査」などを連発して説明責任から逃げているが、都民の怒りを背中に受ける都議会は「百条委員会」なども視野に徹底追及する構えで、まさに“公開処刑”の様相となりそうだ。また、100万円という「公務の講演料」がファミリー企業に支払われていた、新たな疑惑が発覚した。

 都議会は、手ぐすね引いて待っている。産経新聞とFNNの合同世論調査で、舛添氏の説明に「納得しない」は97%、「辞職すべきだ」は79・2%に上がるなど、都民は不信感・嫌悪感を高めており、夏の参院選や来年の都議選を踏まえて、都議会の追及姿勢を監視しているからだ。

 都議会の3分の2近くを占める自民党と公明党はこれまで、「知事は説明責任を果たしていない」と指摘している。

 ただ、共産党などが求める強い調査権限を持つ百条委員会(調査特別委員会)の設置には、所信表明や7、8日の代表質問と一般質問の後で対応を決めるとしている。

 百条委員会や、猪瀬直樹前都知事を追い詰めた総務委員会での集中審議が開催されれば、ノラリクラリと説明を回避する舛添氏を事実上の「公開裁判」で追及することができ、辞職に追い込むこともできそうだ。

 都民をさらに激怒させる疑惑が指摘された。

 共産党都議団は5月31日、舛添氏が公務や政務として講演を行った際の講演料がファミリー企業「舛添政治経済研究所」に支払われたケースを6件確認したとの独自調査を発表した。講演料は何と100万円だという。

 同党は、2015年3月から16年4月までの舛添氏の日程表や公用車の運転日誌を調べ、講演会の主催者側に問い合わせるなどして調査した。結果、15年5月から16年3月までに少なくとも公務として2件、政務として4件の講演を行い、講演料の振込先が、いずれも舛添氏の妻が代表を務める「舛添政治経済研究所」になっていた。政務4件を含め、会場や空港までの移動に公用車が使われていたという。

 共産党は「多額の講演料が企業収益となっており、公私混同と言わざるを得ない」「政務での公用車の使い方が極めて不透明」と批判する。

 舛添氏の事務所は「担当者がいないので答えられない」としている。


舛添都知事、謝罪数分で“続投”議会はヤジと怒号
日刊スポーツ 6月2日(木)10時9分配信

Ksyro
記者団の質問に立ち止まらず険しい表情で立ち去る舛添要一知事(撮影・三須一紀)

 東京都議会の第2回定例会が1日開会し、政治資金の私的流用疑惑に揺れる舛添要一知事(67)が所信表明で、15日の閉会日までに調査結果を公表する意向を示した。都民から辞任を求める声が多い中、「第三者」による結果公表前に「1歩1歩地道に都政の発展に努力する」とフライングの“続投宣言”も飛び出した。

 2年前の6月、セクハラヤジ問題で揺れた都議会が、今度は都知事の「カネ問題」へのヤジであふれた。記者席も傍聴席も満席の議場。共産党都議団らが座る議員席の方向から「許さないよ都民は」「都民を裏切ったんだから知事の資格はない」などと厳しい声が上がった。

 疑惑が晴れていない状況で、都政の未来について語る姿勢に「先のことを言うんじゃないよ」とのヤジも。都議会自民党の川井しげお議長が「静粛にしてください。退出を命じることがあります」と制する場面も見られた。

 そんな中、政治資金の私的流用問題について初めて調査結果の報告時期について述べた。先月25日から始めた元検事の弁護士2人による調査について「本会議での審議に間に合うように公表する」と語り、都議会が閉会する15日までに公表する意向を示した。海外出張についても航空機のファーストクラス、ホテルのスイートルームは「使用しない」と明言した。

 これを受け、疑惑を厳しく追及できる「百条委員会」の設置について、最大会派である都議会自民党の宇田川聡史幹事長は「ハードルは高い。百条は地方公共団体の自治事務に関する調査権」と慎重な姿勢を見せた。都議会では参院議員時代の政治資金問題の追及は難しく、高額出張費や公用車問題にとどまる考えを示した。

 所信表明での謝罪時間はわずか数分だった一方、「信頼の回復は一朝一夕にできるものではない。1歩1歩地道に都政の発展に努力し、都民の皆さまにお応えしたい」などと、調査結果の公表前に続投意欲を表明するなど、矛盾する発言も見られた。ある野党都議は「結果も公表されていないのに、あの発言はおかしい。与党と既に話ができていて、ホッとしているのでは」と話した。【三須一紀】


舛添知事、公用車「厳格に運用」…各会派追及へ
読売新聞 6月2日(木)9時23分配信

Ktbre
本会議終了後、取材に応じず報道陣の前を通りすぎる舛添知事(1日、東京都新宿区で)=池谷美帆撮影

 政治資金の私的流用疑惑や高額な海外出張費などが批判されている東京都の舛添要一知事は、1日開会の都議会で謝罪し、15日までの都議会の会期中に、弁護士による政治資金の調査結果を公表する考えを示した。

 しかし、与党の自民、公明両党を含む都議会各会派は「説明は不十分」として、7日以降の質疑で徹底追及する構えを見せている。

 舛添知事は開会直後、約26分間にわたって所信を表明。冒頭と最後の計3分弱を高額な海外出張費などの説明にあて、「全て私の不徳のいたすところ」などと謝罪しながら、計5回、頭を下げた。今後、海外出張で航空機のファーストクラスや高級ホテルのスイートルームは使用せず、随行職員も削減することを明らかにした。公用車の使用も「厳格な運用を徹底する」とした。


舛添知事、都議会で政治資金問題陳謝 調査報告は15日までに
産経新聞 6月2日(木)7時55分配信

 政治資金の公私混同疑惑に揺れる東京都の舛添要一知事は、1日に開会した都議会本会議で所信表明し「多大なるご迷惑をおかけした。すべて私の不徳のいたすところ」と陳謝。弁護士による調査結果については「議会の審議に間に合うように公表したい」とし、15日の閉会日までに明らかにする意向を示した。

 舛添氏に関する政治資金問題の発覚後、本会議が開かれるのは初めて。個々の疑惑への説明は行わなかった。

 高額すぎると批判を集めた海外出張費については「経費を厳しく見直す」と述べ、渡航時のファーストクラス、スイートルームの利用をやめることを表明。別荘通いが問題になった公用車については「厳格な運用を徹底する」とした。

 一方、知事選で舛添氏を推した自民、公明の両幹事長は「都民の疑問に答えていない」と追及の動きを強めた。

 総務委員会は1日、会派間の調整を行い、知事に対する一問一答形式の質疑を実施するかの判断を9日に行うことを決定。集中審議を求める声が与野党ともに強まっており、実施の可能性が高まった。

 ただ、強い調査権限を持つ百条委員会については、舛添氏の政治資金疑惑の多くが参院議員時代に集中していることから、自民が慎重姿勢を崩しておらず実施の可否は不透明だ。

 自民党の下村博文総裁特別補佐(衆院東京11区)は1日のBSフジ番組で、「舛添氏には説明責任がある。それもやっていないのに、支えられない」と話し、説明責任が果たせなければ辞職を求めることを示唆した。


舛添知事所信表明 荒れる議場 「辞めろ」飛び交う罵声
産経新聞 6月2日(木)7時55分配信

Shine
厳しい表情で本会議場に入る舛添要一都知事 =1日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影)(写真:産経新聞)

 ■傍聴席満杯、都民「納得できない」

 都議会の議場が荒れた-。東京都の舛添要一知事の1日の所信表明。険しい表情で何度も頭を下げたが、疑惑への直接的な説明は一切なく、自らに向けられた疑念の払拭には至らなかった。「辞めろ」「説明になっていない」。議場には罵声が飛び交い、これまで様子見を決め込んでいた自民、公明も追及姿勢を鮮明にした。集中審議の実施も現実味を帯びる中、舛添氏を取り巻く“包囲網”は着実に狭まっている。

 「ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません」。都議会の本会議場で所信表明に立った舛添氏は冒頭、海外出張で航空機のファーストクラス、ホテルのスイートルームを使わない方針などを明らかにし、陳謝した。

 表情は神妙だったが、手元の資料をめくりながら頭を下げるなど、反省の一方、言葉をスムーズに続けることに注力する姿勢がうかがえた。

 舛添氏は5月27日の記者会見で一連の問題について「都議会に納得いただけるような説明をするつもりでおります」と力説していたが、所信表明では具体的な説明のないまま「批判を心に刻む」「深く反省」などと謝罪を繰り返した。

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた意気込みなどを述べる舛添氏に対して、議員席からは「説明していない」「先のことを言う資格がない」「都民は許さないよ」などのやじが飛んだ。

 約25分間の所信表明のうち、問題に言及したのは約2分半。本会議終了後、退席をする舛添氏には、それまで静かだった一般傍聴席から「辞めろ」「(知事選で舛添氏を支援した)自民と公明はしっかりしろ」などの言葉が出た。

 議会局によると、昨年の6月議会の初日は一般傍聴人が40人足らず。この日は約5倍にあたる190人分の傍聴券が配られ、満席状態となった。

 選挙で舛添氏に投票したという中野区の無職、飯島和義さん(63)は説明が聞きたくて、議会を傍聴した。「疑惑について回答せずにおわびされても納得できない」と憤り、「僕らは傍聴席からにらむことしかできない。都議にはしっかり正義を貫いてほしい」と述べた。

 世田谷区の会社員、巽一郎さん(55)は「正々堂々と包み隠さず話してほしかった。都民の信用を失っているので、すみやかに辞職してもらいたい」。

 舛添氏は本会議後、報道陣の取材には応じず、硬い表情のまま「所信でしっかり述べたので、これ以上は…」と語り、立ち去った。


舛添知事所信表明 「裏切られた」自公も追及姿勢
産経新聞 6月2日(木)7時55分配信


舛添知事の所信表明に対する主要会派の反応(写真:産経新聞)

 「納得した都民はいないのではないか。私も説明責任が果たされたとは思っていないし、納得もしていない」。舛添氏の所信表明後、最大会派である自民の宇田川聡史幹事長は、知事の姿勢を強く批判した。

 宇田川氏は、集中審議など舛添氏の追及を行う“次の一手”について、「すでにいくつかのパターンの検討に入っている」と言及。ただ、具体的な検討内容については「持っているカードを全部さらしてポーカーゲームはできない」とはぐらかした。

 追及に向けては、共産が要望する百条委員会の設置が取り沙汰されるが、宇田川氏はこの日も、百条委での政治資金の追及について「手続き論があり難しい」と言及、慎重な姿勢を崩さなかった。

 百条委は強い調査権を持つ一方、対象を「地方公共団体の事務に関する調査」に限っており、参院議員時代の政治資金を調べることは「なじまない」(宇田川氏)という。

 公明の長橋桂一幹事長は「(説明より)おわびの時間の方が多かった。(疑惑の)内容については全く明らかになっていない」と指摘。集中審議や百条委については「代表・一般質問で明らかにならなければ、追及をやめるわけにいかない」と設置をほのめかしたが、決断はあくまで代表質問などを終えた後に行うべきだとのスタンスだ。

 5千万円の受領問題に揺れた猪瀬直樹前知事のケースでは、総務委員会での集中審議を行った後、さらに「疑惑が解明されていない」と、都議会が百条委の設置方針を固めたことが辞職の契機となった。百条委の設置には本会議で「過半数」の同意が必要で、いずれも自公の動向がカギとなるが、党内からは「まずは集中審議が先だ」との声が聞かれる。

 自民、公明には知事選で舛添氏を推した責任があり、舛添氏の追及を求める都民の声は高まっている。この日、支援した責任について報道陣に問われると、宇田川氏は「こういう事態になるとは私も思わなかった」。長橋氏は「一連の疑惑が残念でならないし、裏切られた思い」と述べた。


舛添知事所信表明 高額海外出張が疑惑のきっかけ
産経新聞 6月2日(木)7時55分配信

 舛添氏をめぐる疑惑や問題が次々と浮上するきっかけとなったのは、高額な海外出張費。舛添氏は所信表明で改善策を示したが、遅きに失した格好だ。

 昨秋のロンドン・パリの海外出張費が計20人分で総額5000万円を超えたことが今年3月に判明。舛添氏はファーストクラスの利用について「頭をすっきりさせて仕事に臨む」と述べるなど高額出張費の正当性を強調していたが、その言動から公金の使い方に厳しい視線が注がれるようになり、公用車での別荘通いの発覚につながった。

 疑いの目は知事就任前にも向けられ、家族旅行のホテル代や私的な飲食などに政治資金を不適切に支出していた疑惑が浮上。舛添氏は5月13日に約45万円を返金する意向を表明したものの問題は拡大し、元検事の弁護士2人に調査を依頼する事態になった。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が5月28、29日に実施した合同世論調査では、都知事を「辞めるべきだ」が79.2%で「辞める必要はない」の16.4%を大きく上回った。

 また、都によると、3月から5月30日までに計約2万2000件の批判が寄せられている。


舛添都知事、都議会で25分所信表明演説も疑惑釈明はわずか2分…自公激怒「納得できない」
スポーツ報知 6月2日(木)7時11分配信

 東京都の舛添要一知事(67)が1日、政治資金の私的流用などの疑惑が発覚してから初めて開会した都議会の本会議に出席し、所信表明演説を行った。演説の冒頭で「都議会の皆様に、多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申しあげます」と謝罪した。

 批判された高額海外出張費に関しては「航空機のファーストクラスや宿泊施設のスイートルームは使用しない」と断言。2人の弁護士による、疑惑に関する調査結果は「議会の審議に間に合うように公表したい」とし、15日の閉会日までに発表する意向を示した。

 だが約25分の演説の中で、疑惑の釈明にあてた時間はわずか2分程度。自身の政治資金問題などについて説明することはなかった。演説終盤に改めて陳謝したが、満席状態の傍聴席から「きちんと説明しろ!」「知事の資格はない」などと怒声が飛び交い、知事の声はかき消された。本会議後、報道陣に対し「所信でしっかり述べさせていただいたので」とだけ話し、足早に立ち去った。

 あまりに簡略な説明に、これまで静観していた与党である自民、公明両会派からも厳しい声があがった。自民党・宇田川聡史幹事長は「説明責任が果たされていない。納得できない」と批判。公明党・長橋桂一幹事長は「不十分で言語道断。都民の声に応えていない」と不満をぶちまけた。数日前に調査チームを発足したことを明かし、7日の代表質問、8日の一般質問で知事を厳しく追及する姿勢を示した。

 強い調査権限のある百条委員会などの設置を提案してきた野党に続き、都議会の3分の2近くを占める自公両派からも怒りを買った舛添知事。わずか2週間の会期中に、都議らを納得させる説明ができるのか。(江畑 康二郎)


舛添都知事 金銭問題謝罪3分…東京五輪へ続投意欲十分
スポニチアネックス 6月2日(木)7時2分配信

Geretsu
東京都の舛添要一知事

 政治資金の私的流用疑惑などが批判を受けている東京都の舛添要一知事が1日、開幕した都議会本会議で所信表明に臨んだ。冒頭では「多大なる迷惑を掛け、心から深くおわびしたい」と述べ、頭を下げたものの、8月のリオ五輪では現地で「東京をアピールしていきたい」と述べるなど、知事続投に向けてやる気満々だった。

 所信表明では、高額だと指摘されている海外出張費に関し、航空機のファーストクラスと、ホテルのスイートルームを使用しないことを宣言し、公用車については「厳格な運用を徹底し、疑惑を招かないようにする」とやや緊張した表情で話した。

 一方、政治団体の政治資金収支報告書への家族旅行の宿泊費や、私的な飲食費を計上したとされる参院議員時代の疑惑については「元検事の弁護士に調査を依頼しており、議会の審議に間に合うように公表したい」とし、15日の都議会閉会日までに発表する意向を示した。ただ、反省を示したのは25分の所信表明のうちわずか3分のみ。都議からの「資格なし」「早く辞めろ」とのヤジも飛んだが意に介す様子はなかった。

 リオ五輪の閉会式では、次回開催地のトップに五輪旗を引き継ぐセレモニーが予定されている。出席者は舛添知事になる見込みだ。乗り継ぎを含め約25時間かかる現地までは、新たな“公約”通りファーストクラス以外で往復することになりそうだが、本番の東京五輪への思い入れは深く、反省の色は見えない。

 政治資金疑惑についても調査結果の公表時期を示したものの、説明の先送りに都議会各会派は「今日の説明で納得した都民はいない」「説明責任を果たしていない」との声が相次いだ。都議の一人は「調査結果は7日の代表質問に間に合わなければ意味がない」別の都議は「先延ばしするなら、閉会後も追及する」と強調するが、各党はすでに22日に公示見込みの参院選モードに突入しており、追及が尻すぼみになる可能性も残る。


東京都議会の取材に行ったら「ネットメディアは報道ではない」と断られた話
BuzzFeed Japan 6月2日(木)5時0分配信

6月1日に開幕した東京都議会。公私混同や政治資金など数々の疑惑が報じられている舛添要一・東京都知事が所信表明演説をした。それはさておき、都議会には、取材や傍聴をめぐる石器時代のようなルールがあることがわかった。びっくりした。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

「ネットメディアは報道として扱いません」
いったん話を戻そう。

この日の午前11時ごろ、BuzzFeedは舛添知事の本会議場での所信表明演説を取材するため、東京都議会にやってきた。

朝9時すぎに電話で問い合わせたところ、「報道受付は始まっています」とのことだった。そこで都議会広報課へ向かい、報道担当の職員にあいさつをした。

この職員の言葉に、腰が抜けた。

「インターネットメディアは報道として扱いません。一般傍聴に並んでください」

えっと、今、21世紀ですよね?

理由を聞いても「責任者は報道対応で忙しい」「私では取材対応ができない」。

この日は大勢のマスコミが詰めかけていた。対応で忙しいのはわかる。聞くと、一般傍聴でも写真撮影や録画・録音ができるという。そこで、総務課に行って許可を申請することにした。

Bnzai
「お手上げ!」※都議会の判断で議場の写真は使えません。代わりに猫の写真をお楽しみください

申請書のトラップ
総務課に行くと、「写真撮影許可申請書」と「録音・録画許可申請書」が置いてある。

写真撮影の申請書には、こう書いてあった。

「なお、撮影した写真・写真データ等については、直接・間接を問わず、これを撮影した者以外の者に観賞させ、或いは、提供しません」

つまり、「撮ってもいいけど、自分以外の人に見せたらダメ」ということだ。個人の思い出にはなる。だが文字通りに受け止めれば、写真を家族・友人にも見せられないことになる。もちろん記事には使えない。

録音・録画も同じルールだった。

総務課での説明は……
「これは、実質的な取材拒否ではないですか」

総務課の職員に尋ねた。すると、次のような答えが返ってきた。

「取材なら、広報課に行ってください。一般傍聴の場合、このルールを守ってもらっています。悪用の防止もあります」

悪用?

「議員の手元にあるメモが望遠で撮影され、出回ったことがあるのです」

このことを定めた明文のルールはない。だが、議員からの要望でこうした運用をしているのだという。

納得できたわけではないが、開会時間が迫ってきた。このままだと一般傍聴すらできなくなるおそれがあったため、ひとまず列に並んだ。

そのころロビーでは
11時30分ごろ。2Fロビー。傍聴券を求めて、およそ150人が列をなしていた。ざっと見渡すと年輩の方が多い。その行列をマスコミのカメラクルーが撮影している。

職員が「12時から傍聴券を配布します」と、アナウンスを始めた。およそ30分後だ。

すると、行列に並んでいた男性が、突然大声で怒鳴り始めた。

「いつまで待たせるんだ!」「さっさと傍聴券を配れ!」「役人仕事しやがって!」

男性の怒りは収まらず、その矛先は報道陣に向かう。「撮影するな!」「なんだコラ!」。大声をあげながらマスコミの集団にずんずんと分け入っていき、見えなくなる。その後、警備員が小走りに到着し、怒鳴り声は次第に遠ざかった。

え、どっちなの?
傍聴券を手に入れ、総務課で録音・録画許可を申請。開会まで時間があったので、もう一度だけ広報課に立ち寄ってみる。

先ほどとは別の広報課職員が対応している。BuzzFeedだと名乗ると、いま担当が全員出払っているが、報道として受け付けると言われる。書類に記入すると、報道の目印として黄色いリボンを渡される。撮影もOKという。キツネにつままれたような感覚になる。

ところが、本会議場に行くと、報道担当の職員が再び出てきて、「ネットメディアは報道としては扱わない」「一般傍聴席に座ってください」。ややこしい。

「取材許可は議会が決めること」
話をすると、今度は上司の報道係長が対応してくれた。

話の要点はこうだ。

・広報課には、写真撮影や取材を許可する権限がない。
・取材を許可するかしないかは、議会が決めること。
・どの席を記者席にするか、どこの位置から撮影をさせるかなども議会が決めている。
・議会はインターネットメディアを、報道として認識していない。

それは、明文で決まっているルールなのだろうか?

カギを握るのは「議長」
東京都議会傍聴規則というルールがあると教えられた。

中身をみると、第2条に「傍聴席は、これを一般席、報道関係者席及び特別席に分ける」と書いてあった。ただ、これだと「誰が報道関係者なのか」はわからない。

もうひとつ、第13条で、「傍聴人は、傍聴席において写真、映画等を撮影し、ラジオ・テレビ等の録音若しくは録画又は中継をしようとするときは、あらかじめ議長の承認を受けなければならない」とあった。

明文として書かれているのはこの程度。ざっくりいうと、報道機関として扱うかどうか、撮影を許可するかどうかは、議長次第のようだ。

記者席との違いは?
時間切れになった。本会議が始まる。報道用の席には、知人の記者たちが並んでいた。彼らの動きを見ていると、一般傍聴席との違いがあることがわかる。

報道でなく一般傍聴者として入ると…

・テーブルがない
・パソコンが使えない
・写真や動画を記事に使うことができない

席に着くと、まもなく知事が登場した。カメラのシャッター音がいくつも重なる。記事に載せられないが、せっかく許可を申請したので、議場の雰囲気を撮影しておいた。

知事が所信表明演説を始めた。
知事は、公私混同疑惑に言及し、「海外出張でファーストクラスやスイートルームを使わない」「公用車の運用は厳格にする」などと表明した。

政治資金疑惑については、調査の結果を「本議会での審議に間に合うように公表し、ご説明申し上げたい」と述べた。

基本的にうつむいて、淡々と文章を読み上げていく知事。ときおり顔を上げると、一斉にシャッターが切られる。

疑惑についての謝罪・説明は、わずか2~3分で終わった。

オリンピックなど、他の話題に移ると、知事は次第に早口になっていった。所信表明演説の締めくくり、知事は次のように述べ、頭を下げた。

「都民のみなさま、都議会のみなさまの信頼を損なうことになり、誠に慚愧の念に堪えません。真摯に反省し、問題に対応してまいります」

「多大なるご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。このたびは誠に申し訳ございませんでした」

野党側から少しヤジが飛ぶ。与党側は静まりかえっている。議長が「静粛にしてください」と注意すると、場内がスッと収まった。

知事の発言が終わる。演説は全部で20分程度だった。

ネットニュースが「報道」とみなされるためには?
終了後、再び広報課で話を聞いた。

いまのところ議会が「報道」として扱っているメディアは、新聞協会、雑誌協会、テレビ・ニュース映画協会、日本専門新聞協会、地方新聞協会に所属する各社のほか、都政・都議会を継続的に報道している社だけだという。

ネットのニュースサイトでも、議長の許可があれば「報道」として扱われる可能性はある。

だが、そのためには、議会運営委員会でOKをもらう必要があり、そのためには都議会議員に議題を出してもらう必要がある、ということだった。

BuzzFeedはアメリカ大統領に単独インタビューしたり、BuzzFeed JapanとしてもG7サミット取材の記者団に加わったりしているけれど、東京都議会取材への道は遠い。


<舛添知事>釈明3分、ヤジと怒号…都議会で陳謝
毎日新聞 6月1日(水)23時19分配信

 東京都の舛添要一知事は1日開会した都議会定例会の所信表明で、「公私混同」と指摘されている公用車の使用や政治資金の支出などについて「都民と都議会の皆様に多大なる迷惑を掛けていることを心からおわびしたい」と謝罪した。元検事の弁護士2人に依頼した政治資金の支出の調査は「本議会の審議に間に合うよう結果を公表したい」と述べ、15日までの会期中に結論を出す意向を示した。

 「都民を裏切った」「いつ責任を取るんだ」--。舛添氏が約25分間の所信表明のうち、公私混同疑惑に対する釈明を冒頭と最後の計3分弱で終えると、議場や傍聴席から怒りの声が噴出した。

 傍聴席には200人以上が詰め掛けた。入れなかった数十人は議場外のモニターで見守った。舛添氏は開会5分前に入場し、卓上のペットボトルの水を開けようとして、蓋(ふた)を落としかけるなど落ち着かない様子を見せた。

 所信表明で登壇すると態度が一変する。まず謝罪して3秒間頭を下げ、手元の紙を淡々と読み上げながら高額な海外出張費、公用車使用、政治資金の支出に関する見解を示した。早々に締めくくり今後の都政について話し始めると、議場から「説明になっていない」とヤジが飛んだ。

 最後に謝罪を重ねた際は、与党席からも「説明する相手は(調査を依頼した)弁護士じゃない」などと怒号が上がり、川井重勇(しげお)議長が「退場を命じる場合もある」と制した。

 本会議終了後、舛添氏は顔色を変えずに退席した。外で待つ報道陣の質問には「所信(表明)でしっかり述べたので説明することはない」とだけ答え足を止めなかった。

 傍聴した東京都江東区の無職、長谷川操さん(64)は「何も言わないと予想していたが不誠実。人間性が見えた」と語った。厳しい目は議会にも向き、品川区の主婦(60)は「淡々と終わり全然物足りなかった」と不満を口にした。「自民、公明しっかりしろ」と怒鳴る男性もいた。

 議会からは与野党問わず批判が相次いだ。都議会自民党の宇田川聡史幹事長は「説明責任が果たされたとは思っていないし、納得もしていない。代表質問までに弁護士の調査結果が出るかどうかがポイント。(代表・一般質問で)言うべきことは言う」と語った。都議会公明党の長橋桂一幹事長は「説明は全く不十分で言語道断」と憤った。

 都議会民進党(旧民主系)の尾崎大介幹事長は「調査結果が代表質問前に示されないと審議に入りようがない」と話し、共産党都議団の大山とも子幹事長は「疑惑を明らかにした上で辞職してもらいたい」と語った。【林田七恵、川畑さおり、円谷美晶】


舛添知事公私混同疑惑 下村博文・自民党総裁特別補佐「説明責任果たさなければ支えられない」
産経新聞 6月1日(水)22時51分配信

 自民党の下村博文総裁特別補佐は1日のBSフジ番組で、東京都の舛添要一知事が高額な海外出張や政治資金問題を指摘されていることについて「調べた結果、『法的に問題がないからいい』では済まない状況だ。人間的にどうなのか、多くの国民、都民が見ている」と指摘した。

 自民党は舛添氏を都知事選で支援したが、「舛添氏には説明責任がある。それもやっていないのに支えられない」とも指摘、説明責任が果たせなければ辞職を求めることも示唆した。


<舛添知事>都議会で陳謝…政治資金疑惑、会期中に調査結果
毎日新聞 6月1日(水)20時57分配信

 東京都の舛添要一知事は1日開会した都議会定例会の所信表明で、「公私混同」と指摘されている公用車の使用や政治資金の支出などについて「都民と都議会の皆様に多大なる迷惑を掛けていることを心からおわびしたい」と謝罪した。元検事の弁護士2人に依頼した政治資金の支出の調査は「本議会の審議に間に合うよう結果を公表したい」と述べ、15日までの会期中に結論を出す意向を示した。【篠原成行、飯山太郎】

 舛添氏は所信表明の冒頭、高額な海外出張費、神奈川県湯河原町の別荘に通う際の公用車使用、政治団体からの不透明な支出について謝罪し、深々と頭を下げた。続けて「全て私の不徳の致すところ。批判を真摯(しんし)に受け止め改める」と反省の弁を繰り返した。

 その上で海外出張では今後、航空機のファーストクラスやホテルのスイートルームは使わないと明言した。公用車に関しても「厳格に利用して都民の疑惑を招くことがないようにする」と述べた。

 政治資金の支出については「主に知事就任前の使途」と断って弁護士による調査結果の公表のめどを示すにとどめ、疑惑への具体的な釈明はしなかった。

 知事与党の自民、公明は定例会前、「所信表明を聞いてから対応を判断したい」との姿勢を示していたが、1日の本会議後は「説明が不十分」と厳しい態度を見せた。定例会は7日に代表質問、8日に一般質問が予定されている。弁護士の調査結果の公表時期や舛添氏の答弁によっては、総務委員会での集中審議(9~13日)を求める野党に、与党が同調する可能性も出てきた。

 議場には「辞めろ」とヤジも飛んだが、舛添氏は2020年東京五輪・パラリンピックの成功や今夏のリオデジャネイロ五輪での東京アピールに向けた意気込みを示した。所信表明の最後で「信頼の回復は一朝一夕にはできないが、一歩一歩地道に都政の発展に努力したい」と改めて頭を下げ、辞職の意向がないことを強調した。

 ◇◇舛添氏の発言のポイント◇

・海外出張経費、公用車利用、政治資金などの問題で都民や都議会に迷惑をかけ深くおわびする

・海外出張でのファーストクラスとスイートルームの使用はやめ、随行職員も最小限にする

・公用車利用は厳格な運用にして都民の誤解を招かないようにする

・政治資金の調査結果は定例会審議に間に合うよう公表する

・一朝一夕で信頼回復はできないが地道に都政の発展に努力する


説明せぬ舛添氏に怒り=都議会に多くの傍聴者
時事通信 6月1日(水)20時1分配信

 政治資金問題などをめぐる舛添要一東京都知事の発言に注目が集まった1日の東京都議会定例会は傍聴席がほぼ満席となり、都民の関心の高さをうかがわせた。

 しかし、具体的な説明を避け、歯切れの悪い弁明を繰り返す舛添氏に、駆け付けた都民からは「感想なんてない。何も語っていない」などと怒りの声が相次いだ。

 所信表明で信頼回復に取り組む考えを強調した舛添氏だが、次から次に疑惑や問題が噴出する状況に、中野区の女性(80)はあきれ顔で「潔く辞めてほしい」とばっさり。2014年の知事選ではクリーンな政治を掲げた舛添氏に期待して投票したが、「何が本心ですかと聞きたい」と憤った。

 都内に住む男性(66)は、舛添氏の説明について「通り一遍なことだけで期待外れ」と指摘。「議会にはもっとちゃんとやってもらいたい」と、都議会各党は厳しく追及すべきだとの考えを強調した。


舛添都知事「所信表明」に傍聴者あふれる 陳謝2分だけ、「居眠り」続出
J-CASTニュース 6月1日(水)19時48分配信

 東京都の舛添要一知事の政治資金をめぐる「公私混同」疑惑が浮上して以降、初となる都議会が2016年6月1日に始まった。舛添知事が所信表明演説の中で一連の騒動について陳謝した初日の本会議には、「異例」ともいえる数の傍聴希望者が集まった。

 J-CASTニュース記者は今回、報道陣に用意されたスペースではなく、一般の傍聴席から議会を観覧。「深くおわび申し上げたい」と謝罪の言葉を繰り返した舛添知事の演説を聞いた都民の「生」の反応を注視した。

■190枚の整理券が10分でなくなる「異例の事態」

 記者が議事堂に到着したのは11時50分ごろ。一般傍聴券の配布は12時から先着順で行われたが、すでに受付前には100人以上の男女が長蛇の列を作っていた。受付前に用意されたスペースでは希望者が収まりきらず、列は廊下まで伸びていた。

 都議会局総務課の担当者によれば、190枚用意された一般傍聴券は、配布開始から10分ほどで全てなくなった。また、一般傍聴券が全て配布されるのは「初めてではないが、かなり珍しいケース」だという。傍聴希望者は朝9時頃から集まっていたといい、こうした事態は「これまでにはなかった」とも続けた。

 傍聴券を入手できなかった希望者も少なくなかったようで、受付を担当していた職員は「議事堂内にあるモニターで中継します」と繰り返し説明していた。また、議場の外に設置された「見学コース」から、窓ガラス越しに中の様子を窺う人の姿も目立った。

 議会の開会前、議場の2階部分に設けられた一般席に集まった傍聴者に記者が話を聞くと、「議会を傍聴するのは初めて」「舛添さんの話を直接聞きに来た」との回答が目立った。記者は10人以上の傍聴者に話を聞いたが、これまでに都議会を傍聴したことがあると答えた人はゼロだった。

 開会の13時直前となり、舛添知事が議場入りすると、集まった報道陣は一斉にカメラのフラッシュを焚いた。新聞記者やテレビ局のカメラクルーが慌ただしく動き出す一方で、一般傍聴席は少しざわついた程度。大きな声を上げる傍聴者は1人もいなかった。

「わざわざ来るほどの内容じゃなかった」
 舛添知事は所信表明演説で、「都民の皆様、都議会の皆様に多大なる迷惑をおかけしたことを心から深くおわび申し上げたいと思います」「ご批判を真摯に受けとめ、改めてまいります」などと謝罪の言葉を繰り返したが、疑惑についての具体的な説明は避けた。

 海外出張について、航空機のファーストクラスと宿泊施設のスイートルームを「使用しない」と明言。政治資金問題の調査結果について「審議に間に合うようにしたい」と述べ、議会が閉会する6月15日までに公表するとした。ただ、25分に及んだ演説の中で、一連の疑惑について言及した時間は約2分だけだった。

 ――こうした知事の演説中、一般の傍聴者はどんな反応を見せたのか。

 疑惑について触れた演説の冒頭部分には聞き入っていた様子の傍聴者だったが、その後別のテーマに話が移ると、段々と船をこぐ人の姿が目立ってきた。記者が確認した限りでは、少なくとも15人以上が演説途中で「居眠り」を始めていた。うつらうつらと眠そうな様子で目をこすったり、大きなあくびをする人も多く、全体として「どこか退屈そうな雰囲気」に包まれていた。

 閉会後、舛添知事が退出する際には「税金ドロボー」「やめろやめろ!」などの野次が飛んでいたが、声を上げたのは2~3人だけ。なかには、「楽しかったね」などと声を掛け合う高齢者のグループや、都の職員に対し「今日はありがとうございました」と礼を告げる女性もいた。

 もちろん、議会の終了後に記者が取材として話を聞くと、「わざわざ来るほどの内容じゃなかった」「テレビで見た会見の内容とほとんど同じだった」などと怒った様子で答える人が多い。だが、取材が終わると、多くの人がコメント中とは雰囲気が一変する。なかには、記者の肩を叩き、「うまいこと書いてください」と歯を見せる人までいた。

 専門学校の授業で傍聴に訪れたという10代の女性は取材に対し、「最初はちゃんと聞いていたんですけど、退屈だったので途中から寝てしまいました」などと話していた。


「説明不十分で言語道断」=そろって舛添氏批判―都議会各会派
時事通信 6月1日(水)18時31分配信

 1日開会した東京都議会定例会で、自らの政治資金問題について何度も頭を下げ、陳謝した舛添要一知事。

 ただ、この日も具体的な説明はなく、各会派からは「説明責任は果たされていない」「全く不十分で言語道断だ」などと一様に厳しい声が上がった。

 最大会派の自民党の宇田川聡史幹事長は「きょうの話に納得した都民はいないのではないか」と批判。公明党の長橋桂一幹事長は「知事の資質があるのかどうか問わなければならない」と指摘した。

 2014年の知事選で舛添氏を支援した自民、公明両党はこれまで静観していたが、支持者からの苦情が相次ぎ、追及の姿勢を強めざるを得ない状況だ。宇田川氏は共産党が求める総務委員会の集中審議などについて「提案されている以上検討する」と、今後の対応に含みを持たせた。

 最も厳しい態度を取るのは共産党だ。大山とも子幹事長は「自らの口で事実を明らかにし、辞任してもらいたい」と述べ、7日の代表質問や8日の一般質問で徹底追及し、辞任に追い込む構えを見せた。民進党は7月の参院選をにらみ、舛添氏の政治資金問題を追及する調査チームを国政レベルでも発足させることを決めた。


舛添知事の所信表明演説に都議会で怒声飛び交う「知事の資格ない」「きちんと説明しろ」
スポーツ報知 6月1日(水)18時7分配信

 東京都の舛添要一知事(67)が1日、政治資金の私的流用などの疑惑が発覚してから初めて開会した都議会の本会議に出席し、所信表明演説を行った。

 舛添知事は演説の冒頭で「都議会のみなさまに、多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申しあげます」と謝罪し一礼。知事の事務所がある神奈川県湯河原町への利用で問題視された公用車について「厳格な運用を徹底する」と考えを示した。

 批判された高額海外出張費に関しては「航空機のファーストクラスや宿泊施設のスイートルームは使用しない」と断言。2人の弁護士による、疑惑に関する調査結果は「議会の審議に間に合うように公表したい」とし、15日の閉会日までに発表する意向を示した。

 だが約25分の演説の中で、疑惑の釈明にあてた時間はわずか2分程度。自身の政治資金問題などについて説明することはなかった。演説終盤に改めて陳謝したが、ほぼ満員となった傍聴席からは「きちんと説明しろ!」「なんでペーパー見て謝罪しているんだ」「許さないぞ」「知事の資格はない」などとヤジが飛び交い、知事の声はかき消された。

 あまりに簡略な説明に、これまで静観していた与党である自民、公明両会派からも厳しい声があがった。自民党・宇田川聡史幹事長は「説明責任が果たされていない。いつまでに(調査結果を)回答するのかも分からない。納得できない」と批判した。

 公明党・長橋桂一幹事長は「全くの不十分で言語道断。都民の声に答えていない。今後も納得できなければ追及していく」と不満をぶちまけた。数日前に会派内で調査チームを発足したことを明かし、7日の代表質問、8日の一般質問で知事を厳しく問う構えをみせた。

 強い調査権限のある百条委員会の設置を提案してきた野党の共産党・大山とも子幹事長は「『ファーストクラス、スイートルームをやめます』で済む問題ではない。どれだけ浪費したのか明らかにすべき」と訴えた。百条委に加え、総務委員会に知事を出席させ集中審議をするよう求めている。

 舛添知事は高額な海外出張費や公用車での別荘通いで批判を受けた。政治団体の政治資金収支報告書に、家族旅行の宿泊費や私的な飲食費を計上していたことも指摘され、一部を認めて謝罪。だが、その後も衣料品や美術品などへの支出が疑惑として浮上している。

 この日、都議会議事堂には午前8時すぎから本会議の傍聴券を求め行列ができ注目の高さを伺わせた。用意された186枚は全て配布。傍聴を終えた東京都武蔵野市に住む70代男性は「都民のトップとしてはとても認められない。非があるなら認めて謝ればいいのに。潔くない」と残念がった。

 都議会の3分の2近くを占める自公両派からも怒りを買ってしまった舛添知事。わずか2週間の会期中に、都民、都議を納得させる説明ができるのか。


「人間失格」舛添要一都知事が実姉に送った“恫喝文書”
(週刊文春 2016年6月9日号掲載) 2016年6月1日(水)配信

「週刊文春」取材班は、舛添要一東京都知事(67)が、実の母、ユキノさんの介護をめぐり、自らの長姉、A子さんに1997年に送付した一連の文書を入手した。A子さんは既に鬼籍に入っているが、A子さんの実の娘で、舛添氏の姪(48)が当時の背景をこう説明する。

「当時、祖母(舛添氏の母)と私の両親は北九州で30年来、同居していました。叔父(舛添氏)は東京にいて国際政治学者として活躍していましたが、こちらにはほとんど帰ってきていませんでした。それが祖母に認知症の症状が現れてきたことを知ると、突然、祖母を介護している様子を『テレビに取材させる』と言い出したのです。母はこの取材には反対の立場でした」

 結局、舛添氏が車椅子を押す場面などを撮影したが、後日、テレビ局スタッフから「放映してよいか」と電話で尋ねられたA子さんが「私は反対です」と答えると、ほどなく舛添氏から「放映を中止されたら損害賠償を求める」旨の文書がFAXで届いたという。

 以降、舛添氏はA子さん夫妻に対して、「警告書」「告訴準備書面」などと題した文書を送り付けたが、その内容は次のようなものだった。

〈(A子さん夫妻がユキノさんに)罵声を浴びせかけ、恫喝により恐怖のどん底に陥れ、病状を悪化させたことは、人間失格ともいえる行為〉(「警告書」より)

〈金の亡者と化した長姉一家の思考は、所詮は金のことにしかめぐらないのです〉(「告訴準備書面」より)

 小誌の取材では、A子さん夫妻が舛添氏の指摘するような行為を行った事実はなかった。

 舛添氏は、この騒動の直後、母親の介護体験を綴った『母に襁褓をあてるとき――介護闘いの日々』を上梓し、介護問題の論客としての地位を築き、2007年には厚労大臣に就任している。舛添氏に一連の文書を送付した経緯を尋ねたが、回答は得られなかった。

文/「週刊文春」編集部


舛添知事、都議会突入で夏のボーナス380万円丸儲け 任期満了なら8千万円超
夕刊フジ 6月1日(水)16時56分配信

Syusend
不支持率はすでに危険ラインを突破した舛添氏(写真:夕刊フジ)

 東京都の舛添要一知事(67)が、完全に見放された。先週末に実施した産経新聞とFNNの合同世論調査で、約8割が「辞任すべき」と答えたのだ。いつ辞めてもおかしくない「危険水域」といえる。6月1日開会の都議会での徹底追及は必至だが、舛添氏は都議会突入で約380万円の夏のボーナスは確保する。都民の怒りは、さらに燃え上がりそうだ。

 異常な数字が出た。前出の世論調査によると、舛添氏の進退について「辞めるべきだ」との回答が79・2%に達し、一連の「政治とカネ」の疑惑に関する説明に「納得しない」は97%に上ったのだ。

 舛添氏ほど、世論に見放された政治家はそう多くない。

 過去の同調査をみると、一部メディアに「史上最低の宰相」と揶揄(やゆ)され、2001年4月に退陣した森喜朗元首相の「不支持率」は83・9%。13年12月に辞職した猪瀬直樹前知事には「五輪を開催する首都・東京の顔としてふさわしくない」との回答が70・9%だった。

 データからも、都民や国民の信頼を完全に失っているが、舛添氏は「第三者の調査」「精査」などの言葉を連発して、都庁に居座り続けている。火だるま必至の都議会まで粘り続けているのは、なぜなのか。

 実は、6月1日まで知事の職にとどまれば、6月末に夏のボーナス(期末手当)約380万円が支給されるのだ。

 月額145万6000円の給与に加え、年2回のボーナスは「セコい、小さい」と指摘されている舛添氏にとっては重要な収入源となりそうだ。

 舛添氏が代表を務めた新党改革の元事務総長、山内俊夫氏(69)は夕刊フジの取材に「彼は銭ゲバ。なんとかボーナスをもらおうとして居座っているのだろう」と指摘する。

 都議会の圧倒的多数を握る自民、公明両党の追及不足などで、舛添氏が6月議会を何とかやり過ごしたら、どうなるのか。

 12月1日まで居座り続ければ、12月中旬には、冬のボーナス約418万円が振り込まれる。さらに、このまま任期を満了すれば、最終的に8000万円以上の退職金を手にすることになる。

 舛添氏は6月1日午後、都議会で「所信表明」を行い、一連の「政治とカネ」の疑惑について釈明、陳謝したが、都民や国民が求めているのは「辞職表明」しかない。


舛添知事公私混同疑惑 所信表明での発言要旨
産経新聞 6月1日(水)15時26分配信

Goyku
東京都議会の本会議で所信表明演説を行う舛添要一都知事=1日午後、東京都新宿区(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 東京都の舛添要一知事が1日の所信表明の中で一連の問題について言及した主な内容は次の通り。

    ◇

 海外出張経費、公用車利用、政治資金などの問題で都民の皆様、都議会の皆様に多大なる迷惑をおかけしたことを心から深くおわび申し上げたいと思います。ご批判をいただいたことは全て私の不徳のいたすところであり、真摯に受けとめ、改めてまります。

 海外出張は航空機のファーストクラス、宿泊施設のスイートルームは使用しないこととし、全体の経費について厳しく見直しを行ってまいります。随行職員も役割を見きわめ、最小限の体制にします。

 公用車の利用は厳格な運用を徹底し、都民の皆様の疑惑を招くことがないようにしてまいります。

 ご指摘いただいている知事就任前の政治資金の使途にかかわる問題は、現在、政治資金規正法に精通した元検事の弁護士により、支出内容を調査していただいております。この結果は今議会の審議に間に合うように公表し、ご説明申し上げたいと思います。

 都政を託していただいた都民の皆様、共に都政を担う都議会の皆様の信頼を損なったことは誠に慚愧の念に堪えません。真摯に反省し、問題にしっかり対応してまいります。

 信頼の回復は一朝一夕にできることではないことは十分承知しています。一歩一歩、地道に都政の発展に努力し、都民の皆様にお応えしていきたいと思います。


「ファーストクラスの利用やめる」舛添知事、都議会で表明 スイートルームも
産経新聞 6月1日(水)15時15分配信

 政治資金の公私混同疑惑などに揺れる東京都の舛添要一知事が1日に開会した都議会の本会議に出席し、所信表明演説を行った。舛添氏は演説の冒頭で「都議会のみなさまに、多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申しあげます」と謝罪。高額すぎると批判を集めた海外出張費については、「航空機のファーストクラスや宿泊施設のスイートルームは使用しないことにした」と見直しを表明した。

 公用車は「厳格な運用を徹底する」との考えを示した。政治資金の疑惑を調べる元検事の弁護士の調査結果については、「今議会での審議に間に合うよう公表し、説明を申し上げたい」とした。

 舛添氏は「批判はすべて私の不徳のいたすところ」とし、「しっかりと心に刻んで、心から反省する」と述べた。

 議場には開会前100人を超す傍聴希望者が長蛇の列をつくるなど、注目の高さをうかがわせた。


舛添氏、美術館巡りが視察の7割超…15年度
読売新聞 6月1日(水)15時11分配信

Nkbba
東京都議会の本会議に臨む舛添都知事(1日午後)=池谷美帆撮影

 心から深くおわび申し上げたい――。

 1日午後1時に開会した東京都議会で、舛添要一知事は所信表明の冒頭、3回にわたって深々と頭を下げ、都民に謝罪した。

 知事を巡っては、政治資金の公私混同や高額な海外出張費が問題になっているが、読売新聞の情報公開請求により、知事就任後、国内視察の4割が美術館や博物館で、2015年度は7割を超えていたことが判明。「美術館巡り」は今都議会でも説明を求められることになりそうだ。

 舛添知事の所信表明は午後1時5分過ぎに始まった。知事は緊張した表情で登壇すると、水を一口含んだ後、手元の原稿に目を落とした。冒頭で謝罪の言葉を述べると、深く頭を下げた。一連の問題に関する説明は約2分間。「このたびは大変申し訳ございませんでした」と締めくくった。


舛添知事「信頼の回復は一朝一夕ではできない」
日刊スポーツ 6月1日(水)13時58分配信

 東京都の舛添要一知事(67)が1日、開会した都議会での所信表明の最後に、政治資金の私的流用疑惑について、あらためて謝罪した。

   ――◇――     

 舛添都知事 私の使命は(政策の)1つ1つを結実させ、都民の方に東京に暮らして良かったと思っていただけるようにすること。子や孫の世代にまで発展する東京にしたい。最後に、あらためまして、私のこのたびの問題について深くおわびしたい。都民の皆さん、ともに都政を担う都議会の皆さんの信頼を損なうようなことをしたことは、慚愧の念に堪えない。真摯(しんし)に対応したい。信頼の回復は、一朝一夕ではできないことは承知しておりますが、都民の皆さんに、多大なご迷惑をおかけしたことを、重ねておわび申し上げたい。このたびは、まことに申し訳ありませんでした。

   ――◇――     

 その後、小松大祐都議(自民)から、議事進行の動議が提出され、この日の散会と議案調査のため5日間の休会が求められた。結果、7日に本会議の代表質問、8日に同一般質問が行われ、15日に最終日を迎えることになった。この日の都議会は午後1時34分に終了した。


舛添知事、都議会で謝罪…「経費厳しく見直す」
読売新聞 6月1日(水)13時54分配信

 東京都の舛添要一知事は1日午後に開会した都議会の所信表明で、批判を浴びている政治資金の私的流用疑惑や高額な海外出張費、公用車による別荘通いなど一連の問題について、「すべて私の不徳のいたすところ。批判を真摯(しんし)に受け止める」と述べ、謝罪した。

 都庁にはこれまで、2万2000件を超える苦情や批判などが寄せられており、7日から始まる質疑で、舛添知事がどこまで説明責任を果たすか注目される。

 舛添知事は就任から2年余りで計9回、海外出張し、出張費が明らかになっていない今年4月の米国出張を除いても、総額約2億1300万円を支出した。所信表明では「全体の経費について厳しく見直しをする」と語り、航空機のファーストクラスの使用や、高級ホテルのスイートルームの利用を取りやめるなど、海外出張費の削減策を明らかにした。


舛添知事「スイートルーム使わない」所信表明要旨
日刊スポーツ 6月1日(水)13時34分配信

 東京都の舛添要一知事(67)が1日、開会した都議会での所信表明に臨んだ。舛添都知事は午後1時6分、一礼し、次々と持ち上がっている政治資金の私的流用についての疑惑について、謝罪し説明した。所信表明の中で疑惑に関する部分の要旨は次の通り。

   ――◇――

 舛添都知事 平成28年第2回都議会定例会を開催するにあたり、都政運営に対して都議会の皆さんと都民のご理解をいただきたいと思います。(中略)このたび、私の海外出張経費、公用車使用、政治資金疑惑の件に関し、多大な迷惑をおかけしましたことを、心から深くおわびいたします。都民の皆さんから、数多くのご批判をいただきました。全て私の不徳の致すところ、ご批判を真摯(しんし)に受け止め、反省すべきところは反省し取り組んで参ります。

 海外出張経費の件につきましては、ファーストクラス、スイートルームを使わず、経費を厳しくみつめます。随行員も最小限にします。公用車の使用に関しましても、都民の皆さんに疑惑を持たれないよう、厳正にいたします。

 知事就任前の政治資金の疑惑に関しましては、政治資金規正法に精通した元検事の弁護士により、厳しく精査しています。本議会の審議に間に合うよう調査し説明します。ご迷惑をおかけいたします。ご批判は、しっかり心に刻んで参ります。心より深く反省し、早急に説明できるようにいたします。このたびは申し訳ありませんでした。

   ――◇――

 舛添都知事は、国内視察53回のうち、美術館や博物館の視察が39回に上ったり、政治資金で美術品を買った疑惑が指摘されている。5月27日の定例会見をはじめ、それらの活動が20年東京五輪を盛り上げる、文化振興だと説明していた。この日の所信表明でも「文化の祭典として文化を磨く。伝統芸能から美術まで、助成事業も始める。ル・コルビュジェが設計した国立西洋美術館が、世界遺産登録へ前進した。ますます広がる東京の文化の発信についても努めていきたい」と、あらためて強調した。


<舛添氏>「スイートルーム使わない」議会で謝罪
毎日新聞 6月1日(水)13時31分配信

Drbooo
東京都議会本会議で所信表明する舛添要一知事=都庁で2016年6月1日午後1時7分、森田剛史撮影

 舛添要一都知事は1日、開会した都議会第2回定例会の所信表明の冒頭、一連の問題について「海外出張費、公用車の利用、政治資金の問題について都民と都議会の皆様に迷惑をかけていることに心から謝罪したい」と頭を下げた。

 海外出張については飛行機のファーストクラス、ホテルのスイートルームは使わないと明言し、公用車についても厳格に運用すると述べた。政治資金の不透明な支出については元検事の弁護士に調査を依頼しているとして「(議会の)審議に間に合うように結果を公表したい」と述べた。

 さらに「多くの批判を受けたことは全て私の不徳の致すところ、心から深く反省する」と述べた。【篠原成行】


井筒監督、舛添都知事の謝罪バッサリ「三文芝居」
スポーツ報知 6月1日(水)13時24分配信

 東京都議会が1日、開会。公私混同疑惑の渦中にいる舛添要一知事(67)が所信表明演説に臨んだ。

 議会の冒頭、舛添氏は「このたび、海外出張費、公用車の使用などの件で都民の皆様に多大なご迷惑をおかけしていることを心よりおわび致します。すべて私の不徳の致すところであります」と謝罪し、深く頭を下げた。

 舛添氏の陳謝について、映画監督の井筒和幸氏(64)は、この日のテレビ朝日系「ワイドスクランブル」(月~金曜・前11時25分)で「三文役者の三文芝居を見ているようだ。最初くらい、ちゃんと謝れ」とバッサリとたたき切った。


舛添都知事「ファーストクラス、スイートルームは使用しません」
スポーツ報知 6月1日(水)13時22分配信

Kuzu
舛添要一東京都知事

 東京都の舛添要一知事(67)が1日、政治資金の「公私混同」疑惑が指摘されてから初の都議会に出席し、所信表明を行った。

 冒頭で疑惑の騒動に対し、「私の不徳の致すところでございます」と頭を下げた舛添都知事。今後について「航空機のファーストクラス、宿泊時のスイートルームは使用しない」、公用車について「厳格な運用の徹底を致します」と謝罪した。

 舛添都知事は計3度頭を下げ「心から深く反省し、早急に説明をするように致します。この度は本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、現在調査中の就任前の政治資金問題については、元検事の弁護士の報告に基づいて15日の本会議までに、説明責任を果たす旨を表明した。


舛添都知事、都議会の所信表明で謝罪、頭下げる
日刊スポーツ 6月1日(水)13時16分配信

 東京都の舛添要一知事(67)が1日、開会した都議会での所信表明に臨み、「海外出張、公用車利用、政治資金の使途につきまして、都民の皆様に多大なる迷惑をおかけしましていることを、心から深くおわびします」と言って頭を下げ、謝罪した。

 さらに「海外出張においてはファーストクラス、スイートルームは使用しない」と表明した。政治資金の私的流用疑惑については弁護士の調査を都議会の期間に間に合うように公表する、と約束した。

 傍聴席には、数々の疑惑について、知事の言葉を聞こうと多くの都民が詰めかけた。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・86 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・11 »

ニュース」カテゴリの記事

左翼・売国」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63709783

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・10:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・86 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・11 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31