« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・19 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・21 »

2016年6月13日 (月)

韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・20

東京都知事の舛添要一が、都内の一等地にある都有地の空き地を、都民のために活用せず、こともあろうに韓国人学校の増設のためと称して、反日侵略国家・韓国に貸し出すことを独断で決めた。

都庁には「保育所の整備など都民のために使うべきだ」と反対意見が殺到しているそうだが、当然のことだ。舛添要一という人間は、これまでにも勝手に韓国に行って朴槿恵のご機嫌を取り結ぶ走狗ぶりを発揮してひんしゅくを買ってきた札付きの売国奴だが、ここへきてその韓国の犬としての正体が明らかになった。

Photo_5
朴槿恵に媚びへつらう売国奴のコジキ野郎、韓国の走狗・舛添要一

都内の外国人の待遇を改善することはそれなりに評価すべきだが、なぜ台湾人でもフィリピン人でもインドネシア人でもなく韓国人なのか? 韓国人のような他人の讒言をまき散らしてゆすりたかりをくりかえすような劣悪な者を優遇して、都政にどんなメリットがあるのか?

舛添要一は都民を裏切り侵略国に売り渡す売国奴だ。いくら都知事だからといって、こんな人間の売国独裁行為を断じて許してはならない。日本の裏切り者・都政の独裁者・侵略国家の手先・売国奴の舛添要一を都知事から追放せよ。

14番目の記事
15番目の記事
16番目の記事
17番目の記事
18番目の記事
19番目の記事

リンク:自民は辞職要求せず 平沢氏、舛添じゃなく巻き添え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:公用車での巨人戦は追加種目準備/主な審議やりとり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「ホテルで社長と面談」証拠1つも示せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、リオ五輪言い訳に異例の「延命要請」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:都議怒り「もはや猶予なし」…舛添知事集中審議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事の辞職不可避 公明、不信任案提出へ 自民は自発的な決断促す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:面会者は死亡の出版社社長か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事集中審議 「延命」懇願、核心に「覚えてない」口閉ざす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事集中審議 美術品・領収書…残る疑問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事集中審議 「リオ五輪まで都民のため」…失笑買う - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事集中審議 都議会各会派「辞職覚悟か」「猶予はない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏問題 不信任案提出へ 自民も辞任容認論 参院選への悪影響懸念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏不信任可決ならどうなる? 10日以内に辞職か議会解散 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ズルズル舛添都知事、異例の延命願い「どうか猶予を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事“延命”直訴 不信任案提出「どうか少しの猶予を…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添都知事>辞任論、一気に加速 自民「参院選に悪影響」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添都知事>自民、辞職要求へ 知事「進退、リオ後に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:猶予していただき…不信任案を/舛添氏集中審議10 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ヤフオクID悪用され削除した/舛添氏集中審議9 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事追及・集中審議(15完)不信任決議案提出「猶予をいただきたい」失笑広がる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:おごりから不適切なことを/舛添氏集中審議8 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:泰山会と書くところのミスだった/舛添氏集中審議7 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、突然の延命演説 「ホテル面談」疑惑は口閉ざしたまま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事追及・集中審議(14)「私に欠けていたのは節減と効率」 都議「事務方のせいにしている」怒りの声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事追及・集中審議(13)答弁態度改まぬ舛添氏、リオ五輪への参加「阻止しなければならない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏、リオまで在職意向…公明も不信任案検討 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:NHKホールは事実。巨人戦は2回/舛添氏集中審議6 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添都知事>都民「どうのこうのでなく一日も早く辞職を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添都知事>今度の連発「全く記憶ない」「覚えていない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:全く記憶に御座いません/舛添氏集中審議5 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:私は着服をしたことは一切ない/舛添氏集中審議4 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添都知事>知事不信任案「リオ五輪終了まで猶予を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏公私混同疑惑 不信任案可決なら? 10日以内に辞職か議会解散 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添「集中審議」は時間の無駄? 質問も答弁も「金太郎飴」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

自民は辞職要求せず 平沢氏、舛添じゃなく巻き添え
日刊スポーツ 6月14日(火)9時58分配信

Kuzuyaro
険しい表情で委員会室に入る舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 東京都の舛添要一知事(67)の政治資金公私混同問題を受けて13日、都議会総務委員会の集中審議が行われた。自民以外の会派が即刻辞任を求めた。「製造者責任」を持つ自民党の対応が焦点だ。

 集中審議で質問に立った6会派中、自民党だけが明確に辞職を求めなかった。公明党も「知事に20年東京五輪・パラリンピックを語る資格はない。辞職すべき」と切り捨てており、知事与党の間で対応が割れた。

 ただ自民内でも、「辞任やむなし」の空気が広がっている。野村有信都議は集中審議後、「辞めるよ。長年やっていての所感だ」と踏み込んだ。14日午前に会合を開き、辞職の判断を迫る時期などを協議する。複数の自民党幹部は13日夜、将来的な辞職は避けられないとの認識を示した。

 これまで、党内ではリオデジャネイロ五輪終了後から、9月の都議会ごろを辞任の「Xデー」とする見方が有力だった。リオ五輪出席を花道にするプランだ。この日、リオ五輪前の不信任決議案の提出見送りを求めた舛添氏の方針とも、奇妙に一致する。

 ただ、舛添氏の説明があまりにひどく、「花道プラン」はもはや崩壊。野党は、7月の参院選で舛添問題を争点にする意向で、与野党激突の東京選挙区(改選数6)は、都知事選で舛添氏を支持した自民党に逆風が強まっている。13日の党会合で、平沢勝栄衆院議員(東京17区)は「あの人は舛添じゃなく、『巻き添え』だ」と怒りをにじませた。舛添氏が、不信任決議案提出延期を指示したことにも、反発が広がっている。

 国会議員の間では、都議会より「即刻辞任」を求める声が強く、22日の参院選公示前の決着を求めている。野党転落後の10年4月、党を1度見捨てた舛添氏への不信感が再燃。「最後は、安倍晋三首相が『裁定』に乗り出すしかない」との声もある。一部では、小池百合子元防衛相や知事経験者、官僚の名前が、「ポスト舛添」で挙がっている。


公用車での巨人戦は追加種目準備/主な審議やりとり
日刊スポーツ 6月14日(火)9時58分配信

Zurui
都議会総務委員会集中審議で身を乗り出して答弁する舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 東京都の舛添要一知事(67)の政治資金公私混同問題を受けて13日、都議会総務委員会の集中審議が行われた。主なやりとりは次の通り。

 ◆美術品購入

 -美術品106点は、知事の政治団体が政治資金で購入したが、解散した2団体の美術品を泰山会が所有した経緯は

 舛添都知事 私物化するつもりはない。解散した団体における資産として泰山会に引き継いだ。資産報告含め解散の経緯、泰山会の発足に伴い、きちんと明記されていると思う。

 -以前、政治資金で資料として購入したと言っていたが

 舛添都知事 資料と言い直したい。報告書が今、手元にないので、きちんと精査して答えたい。

 ◆公用車使用

 -昨年と一昨年末に、奥さんと同伴しNHKホールのコンサートへ、一昨年も公用車に家族を乗せ、3回も巨人戦を見に行った

 舛添都知事 NHKホールは事実。巨人戦は2回。隠したつもりはない。都知事として家族で招待された。非公式な会議をやる際、私の判断から申し上げない。20年五輪にプロ野球が追加種目に加わる可能性があるからと、準備のために懇談し、都の文化、スポーツ政策に貢献している。

 ◆海外出張

 -もっとも問題なのはファーストクラス

 舛添都知事 ビジネスクラスも横になって寝られると聞く。

 -全国のビジネスマンに非常に失礼

 舛添都知事 これまでの前例を踏襲し、事務方が上げたものを何もチェックしないできた。

 ◆ヤフーオークション

 -報道後、IDを削除したが

 舛添都知事 悪用してシューマイや書籍を頼まれ、お店の方にご迷惑をかけ被害が拡大したから。(物品を)受け取った都の職員が、知事室の担当職員に報告し、それを受けて、ただちに自らの手で削除した。


舛添都知事「ホテルで社長と面談」証拠1つも示せず
日刊スポーツ 6月14日(火)9時58分配信

Kuzukuzu
都議会総務委員会集中審議で上を見つめる舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 東京都の舛添要一知事(67)の政治資金公私混同問題を受けて13日、都議会総務委員会の集中審議が行われた。

 集中審議でも、具体的な新事実は明かされない一方、新たなほころびが相次いで表面化した。

 家族旅行先の千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」で14年の元日に面談したとされる出版社社長について、自民党を含めた複数の会派から氏名を明かすよう求められたが「政治家としての信義」や「政治の機微に関わる」として、拒み続けた。舛添氏は来客についてフロントも通さず、コーヒーなどのルームサービスも使わなかったと説明。来客や面談の有無を立証する証拠を1つとして示すことができなかった。

 舛添氏は10日の会見で、「出版社社長」への匿名インタビューについて「トライしたい」と話していた。民進党都議団から「トライしたのか」などと問われると「『トライする』は極めて不適切だった」と謝罪。最初から「トライ」する気がなかったとも取れる答弁だった。

 舛添氏が「信頼性十分」と主張する調査報告書にもほころびが出た。民進党会派は、報告書に記載された、舛添氏の「東京世界一。黒糖まんじゅう」を購入した政治団体が、当時すでに解散していたと指摘。舛添氏は休憩を求め、委員会室で着席したまま、携帯電話で会話後、「確認したら、弁護士の記載ミスだった」と説明。集中審議のたたき台とも言える報告書だけに「弁護士を呼べ」のヤジも飛んだ。

 民進党都議団は東日本大震災翌日に上海で書道用品と共に買った中国服の購入について「適切か」と質問。6日の調査報告会見では不適切としていなかったが、舛添氏は「墨、硯(すずり)は事務用品になるかもしれないが、今後は改めたい」とした。

 総務委の集中審議は、15日の会期末後、20日午後にも実施される。【清水優】


舛添都知事、リオ五輪言い訳に異例の「延命要請」
日刊スポーツ 6月14日(火)9時58分配信

 東京都の舛添要一知事(67)は13日、自らの政治資金公私混同問題を受けて行われた都議会総務委員会の集中審議で、異例の「延命要請」を行った。野党提出の不信任決議案が可決された場合、8月のリオデジャネイロ五輪中に都議選か都知事選になるとして、「(提出に)少しの猶予をいただきたい」と訴えた。リオ五輪後の辞任を示唆する半面、五輪を盾に辞任要求を制した形で、反発が強まりそうだ。この日、自民以外の会派が即刻辞任を求めた。「製造者責任」を持つ自民党の対応が焦点だ。

【写真】自民は辞職要求せず 平沢氏、舛添じゃなく巻き添え

 4時間を超えた集中審議が終わった直後、舛添氏は突然、「委員長」と手を上げ、発言の機会を求めた。一連の問題で都政が混乱したことを陳謝し、第三者による調査報告提出などの対応に触れた上で、初めて自らの進退論に言及した。ただ、辞任要求で包囲網を築きつつある都議会に対するけん制に聞こえる、身勝手な「延命要請」だった。

 この日も、舛添氏は言い訳に終始。「重く反省したい」「2度とやらない」と辞任要求をかわし、その結果、自民党を除く5会派に辞任を突きつけられた。その経緯をふまえ、舛添氏は「一生懸命お答えしたつもりだが、なお厳しい批判がある」とした上で、野党の間で進む不信任決議案提出の動きに言及。「不信任案が可決された場合、法律上は、辞任か議会解散かの選択で、いずれにしても選挙になる」と切り出した。

 可決の場合、知事は10日以内に議会を解散するか、しない場合は失職となる。都知事選で舛添氏を支援し、逆風にさらされている自民党の都議には、議会解散で都議選になることに慎重な声が強い。そんな自民党の足元を見透かしたように、舛添氏は「リオ期間中に次期開催都市で選挙になるのは、東京に極めてマイナス。私の不徳の致すところが発端だが、少しの猶予をいただきたい」と主張。「猶予の上、私が都知事にふさわしくないと判断なさる時は(不信任案を)出してほしい」と口にした。

 リオの閉会式では、東京が次期開催都市として五輪旗を受け取る「ハンドオーバー」のセレモニーがあり、舛添氏は出席に意欲満々だ。「知事の座にしがみつくのではない」と辞任の可能性に触れる一方、今後の給与全額返納を打ち出し「全身全霊、都民のために働きたい」と、続投への意欲もにじませた。自分の問題は棚にあげて、自己中心的な主張を並べた。

 「伏して都民、都議会にお願いしたい」とまで話した舛添氏だが、五輪を「人質」にした延命策は、辞職包囲網の拡大に拍車を掛ける可能性がある。【中山知子】


都議怒り「もはや猶予なし」…舛添知事集中審議
読売新聞 6月14日(火)9時6分配信

Kuzu
集中審議の終了前に頭を下げる舛添知事(13日午後6時42分、東京都議会で)=稲垣政則撮影
 「どうか少しの猶予をいただきたい」。

 13日に行われた東京都議会総務委員会の集中審議で、舛添要一知事は不信任案をすぐ提出しないよう懇願する一方で、一問一答形式の厳しい追及には「記憶が定かでない」「資料を精査したい」といった答弁を続けた。都議からは「もはや猶予はない」などと怒りの声が上がった。

 ◆解散も示唆

 午後2時半から約4時間に及んだ集中審議の最後に、舛添氏は手を挙げて「一言申し上げたい」と発言を求めた。左右に並ぶ委員に視線を向けながら、舛添氏は「何人かの委員から、不信任案を提出したいという話があった。極めて重く受け止める」としながらも、都議会の解散をちらつかせつつ不信任案提出の猶予を訴えると、ヤジを飛ばしていた都議は静まり返った。


舛添知事の辞職不可避 公明、不信任案提出へ 自民は自発的な決断促す
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信

 東京都の舛添要一知事の政治資金「公私混同」疑惑を追及する都議会総務委員会の集中審議が13日行われ、知事選で舛添氏を推した公明党が「知事に五輪を語る資格はない。辞職すべきだ」と勧告した。公明は知事の不信任決議案提出に向けて調整に入った。一方、自民党幹部は同日夜、将来的に舛添氏の辞職は避けられないとの認識を示した。自発的辞職を求め、不信任決議案は提出しないという。具体的な時期は示さなかった。都議会最大会派の自民は14日、東京選出の国会議員団と都内で対応を協議する。

 舛添氏は審議後に発言を求め、「もし私に対する不信任案が可決されれば辞任か解散か。いずれにしても選挙になり、(8月の)リオデジャネイロ五輪に重なる。どうか少しの猶予をいただけないか」と述べ、リオ五輪後に自らの進退を都議会に委ねる姿勢を示した。給与については全額の受け取りを辞退するとした。

 共産党などは15日までに不信任決議案を提出する意向だが、公明を含めても「4分の3以上」という成立条件には届かず、成立には自民の同意が不可欠な情勢となっている。

 自民は13日の審議で「自らの身の処し方にけじめをつけることだ」と舛添氏に要求したが、「説明責任を果たした上で」とも前置きしており、20日に予定される2回目の集中審議の結果を念頭に判断するとみられる。

 一方、共産は強い調査権限を持つ「百条委員会」の設置も改めて求めた。

 集中審議は、質問の事前通告なしの一問一答形式で行われた。

 自民、共産など各会派は、舛添氏が家族同伴で千葉県木更津市のホテルに宿泊した際、客室で面会したとされる「元新聞記者の出版会社社長」について質問。「(社長が)既に死亡している」との指摘について、舛添氏は「政治家としての信義があり、今後も政治家を続けていく上で、名前は明らかにできない」などと回答を拒んだ。

 舛添氏の海外出張については、自民の鈴木隆道都議が「外務大臣のまねごとだ」と追及。韓国人学校の増設へ新宿区の都有地を貸与する方針もただし、舛添氏は「地元の理解なくして、この件を進めることはない」と表明した。


面会者は死亡の出版社社長か
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信

 東京都の舛添要一知事への集中審議で焦点の一つとなったのが、千葉県木更津市のホテルに家族同行で宿泊した際、客室で面会したとされる人物だ。面会者について説明を変遷させてきた舛添氏は「いつ連絡したのか」「どんな服装だったか」との追及に、「細かく覚えていない」「記憶にない」と繰り返した。

 当初、舛添氏は「事務所関係者ら」と会議をしたと説明。だが、6日に公表された調査報告書は「元新聞記者の出版会社社長」との面会と認定、舛添氏も同様の認識を示した。「社長」の氏名はプライバシーなどを理由に公表していない。

 一方、関係者取材で浮上したのが、舛添氏と長年の交流があるなど「社長」と条件が合致する男性の存在だ。男性は競馬情報などを扱う出版社の元社長で、かつて編集長を務めた新聞社発行の競馬雑誌では、舛添氏が連載を担当していた。

 また、舛添氏の資金管理団体は平成23年に同社会議室で会費1万円の勉強会を開催。同社取締役の女性は、過去に舛添氏の政治団体の会計責任者を務めていた。男性は昨年11月に死去。葬儀には舛添氏も出席したという。

 舛添氏は、集中審議で「社長」と男性が同一人物か明かさなかったが、取締役の女性は「男性は政治の話をするような人ではなく、仮にホテルに行ったとしたら競馬の話ではないか」と話す。

 男性の弟は「4年ほど会っていない。兄は正月はたいてい横浜市で墓参している」と証言。晩年に親交のあった関係者も「正月はいつも横浜市に墓参りに行くと言っていた」と、舛添氏の説明に疑問を呈した。

 弟も取締役の女性も、調査を担当した佐々木善三弁護士らから接触はなかったという。

 佐々木氏は産経新聞の取材に「特に話せることはない」としている。


舛添知事集中審議 「延命」懇願、核心に「覚えてない」口閉ざす
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信

Zuruzuru
都議会総務委員会の集中審議が終わる際、頭を下げて、自身の不信任決議案の提出先延ばしを懇願する舛添要一知事=13日午後(春名中撮影)(写真:産経新聞)

 「精査したい」「覚えていない」-。13日に行われた東京都議会総務委員会の集中審議。舛添要一都知事は一連の「公私混同」疑惑に関する3度目となる都議の追及に対し、この日も核心部分は口を閉ざし続けた一方、最後は知事職の“延命”を懇願した。主なやり取りは以下の通り。

 鈴木隆道氏(自民)「(家族同伴で『会議もした』と主張する千葉県内のホテルでの)面談相手が何者かに注目が集まっている。疑念を明らかにすることが出発点だ」

 舛添氏「政治の機微に触れ、政治家としての信義という観点から外に出せないということはたくさんある。その方の名前を明らかにすることはご容赦願えればと思う」

 鈴木氏「(平成23年に東京・赤坂の喫茶店で1万8千円分の飲食代を計上した問題について)報道によると、店員は『覚えていない』としている。調査報告書と齟齬(そご)がある」

 舛添氏「調査を行った弁護士が(店側に)電話したが、騒動に巻き込まれたくないと断られた。弁護士は私の勉強会の事務所スタッフにヒアリングし、間違いないと確認している」

 松葉多美子氏(公明)「解散した2つの政治団体が購入した美術品は、政治団体『泰山会』が所有しているとのことだが、政治資金収支報告書に記載しない理由は」

 舛添氏「2団体の資産として引き継いだが、精査したい」

 松葉氏「保管している美術品の全容を明らかにすべきだ。全ての品名、金額、領収書、保管場所などの資料を要求する。20日の集中審議の前に見せていただけるか」

 舛添氏「そういう方向で準備をしたい」

 曽根肇氏(共産)「(千葉県のホテルでの面談相手とされる)社長には誰が、いつ、来てほしいと連絡したか」

 舛添氏「覚えていない」

 曽根氏「公用車に乗り、奥さん同伴でN響(NHK交響楽団のコンサート)に行ったこと、3回にわたり家族同伴で東京ドームに巨人戦に観戦に行ったことは事実か」

 舛添氏「事実だが、巨人戦3回は2回だと思う」

 曽根氏「(公用車で行った)プロ野球観戦と都政への関連性は」

 舛添氏「プロ野球が追加種目として加わる可能性がある。東京五輪・パラリンピックに向けての準備など、文化政策に大きく寄与している」

 西沢圭太氏(民進・旧民主)「調査報告書では平成26年7月に解散した政治団体が、27年2月に政治資金パーティーをやっており(出席者への記念のまんじゅう代として)支出がある」

 舛添氏「弁護士が書くときに記入ミスをした」

                  ◇

 舛添氏(質疑終了後)「不信任案が可決されれば、辞任か議会解散かの選択が迫られる。いずれにしても選挙になり、どうしてもリオデジャネイロ五輪に重なる。次期開催都市で、選挙をリオの時にやるのは極めてマイナス。どうか少しの猶予をいただきたい」


舛添知事集中審議 美術品・領収書…残る疑問
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信

 政治資金の「公私混同」疑惑で、東京都の舛添要一知事は都議会総務委員会の集中審議で核心を語らず、美術品の大量購入や領収書の取り扱いなどをめぐり疑問が残る。総務委理事会は政治資金の流れを把握する立場にある舛添氏の特別秘書2人を20日の集中審議に参考人招致することを決めた。

 ◆美術品

 「政治資金で買った美術品は私物化することはない。資産として…」。公明党の松葉多美子都議の質問に舛添氏が答弁を始めたとき、「本音が出たぞ!」などとやじが飛んだ。

 俎上(そじょう)に上がったのは、解散した舛添氏の2つの政治団体と現存する「泰山会」が購入した計約314万円分の美術品。舛添氏の説明では現在は全て泰山会所有だが、松葉都議は泰山会の政治資金収支報告書に解散した2団体から美術品をもらい受けた記載がないと指摘した上で、「政治資金規正法における不記載に当たる。明確な資産隠しだ」。

 舛添氏は美術品を「資産ではなく資料」と訂正した上で「(報告書への記載が必要な)資産という感覚はなかった」と釈明。松葉都議は「答弁は曖昧。実際に美術品の保管場所にうかがいたい」とたたみかけ、早期に視察を受け入れるという言質を引き出した。

 ◆領収書

 最大の焦点は、千葉県木更津市のホテルでの平成25年1月、26年1月の宿泊費計約37万円に対し、「客室で会議を行った」として政治資金を充てた問題だ。会議の相手に加え、領収書にも疑惑の目が注がれる。

 実際にホテルに宿泊した共産党の曽根肇都議によると、ホテル発行の領収書は明細と1枚つづり。

 しかし舛添氏は収支報告書に領収書のみを添付しており、この点については「経理責任者が明細を切ったのだと思う」。宿泊費の内訳に疑義が生じていることを受け、ホテルに明細の再発行を求める意向を明らかにした。

 ◆公用車

 「行き先や仕事の中身を明確にできないときは公用車は一切使わない」。舛添氏は公用車の厳格な運用を改めて表明したが、過去については具体的な説明を避ける場面もあった。

 舛添氏はNHK交響楽団のコンサートや、野球の巨人戦に公用車を使って家族同伴で訪問。「家族同伴で招待された」などと強調する一方、招待してきたとされる相手については明らかにしなかった。


舛添知事集中審議 「リオ五輪まで都民のため」…失笑買う
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信

Zuruzuru
都議会総務委員会の集中審議が終わる際、頭を下げて、自身の不信任決議案の提出先延ばしを懇願する舛添要一知事=13日午後(春名中撮影)(写真:産経新聞)

 「選挙の時期が(8月の)リオ五輪に重なる。どうか猶予をいただきたい。全ての給与をご辞退し、全身全霊、都民のために働きたい」。13日、4時間にわたる都議会総務委員会の集中審議が終わる際、舛添氏は「委員長」と挙手し、議会側に不信任決議案提出先延ばしを懇願した。

 この日、自民党以外の5人が明確に辞職を求め、不信任案が可決されれば辞職か議会解散に伴う選挙が実施される。「(選挙が)リオ五輪に重なり、公益にそぐわない。この時期を猶予し、その上で都知事としてふさわしくないとご判断されたら、不信任案を出していただければ」。舛添氏の訴えに委員会室には失笑が広がった。

 代表質問や一般質問とは異なる一問一答形式で行われる集中審議。各党はフリップを使うなどしながら追及し、舛添氏が「資料がない」と返事に窮する場面もあった。公用車を使った別荘通いや、美術館・博物館に偏重した庁外視察など政治姿勢への批判には何度もうなずき、「しっかりと改めたい」と反省。

 公明党の松葉多美子都議は質問の終盤、別荘通いを重ねながらも就任2年余り東日本大震災の被災地を訪問しなかったことを問題視。「知事は復興五輪と位置づけられる東京五輪・パラリンピックを語る資格はない。辞職すべきだ」と辞職要求すると、舛添氏は自席で頭を下げた。

 一方、自民や共産など各党が千葉県木更津市のホテルでの面談相手や、舛添氏を家族同伴で野球の巨人戦に招待してきた相手など細部を尋ねると、「政治家としての信義で答えない」と説明を拒否した。

 傍聴席からは「それじゃ分からない」「いいかげんにして」などとやじが飛んだ。新宿区の会社社長、遠藤哲さん(64)は「全く説明責任を果たしていない。真実を語ってほしい」と憤っていた。


舛添知事集中審議 都議会各会派「辞職覚悟か」「猶予はない」
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信

 舛添氏の集中審議に立ち会った各会派の都議からは、「リオ五輪後」発言を事実上の“辞職宣言”と受け止める一方、「猶予は許さない」との声が出た。

 「長年の議員生活の勘だが、知事は辞職する覚悟を決めたのではないか」。自民の野村有信都議は集中審議後にそう語った。自民の宇田川聡史幹事長ら幹部は報道陣の前に姿を見せず、不信任決議案に対する正式な声明は出ないまま。野村氏は「(不信任案が出れば)どうなるか分からないが、これから熟慮だ」と述べた。

 辞職勧告を行った公明の長橋桂一幹事長は報道陣に「知事がどう受け止めるか。(辞職までの)時間はないと思っている」と述べた。不信任決議案については「文面は用意している。あとはいつ出すかだ」とし、舛添氏がリオ五輪後までの猶予を求めたことには「辞職を念頭に置いた発言であることは間違いないが、そんな猶予は私はないと思っている」とした。

 共産党の曽根肇都議は、「都議会をばかにしている。非常に態度も悪かった」と憤りをあらわにし、「不信任案を提出する意向に変化はない」と述べた。

 都議会民進党(旧民主)の中山寛進(ひろゆき)都議は「給与を全額カットすればよいという次元でなく、舛添氏をリオには行かせられない。議会を解散するというなら受けて立つつもりだ」。民進党都議団(旧維新)の野上幸絵幹事長は「猶予は知事自身で決めることではない。都議会民進党と共同で14日に不信任案を提出する」と述べた。


舛添氏問題 不信任案提出へ 自民も辞任容認論 参院選への悪影響懸念
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信

 舛添要一東京都知事の政治資金「公私混同」疑惑をめぐる都議会の総務委員会集中審議が開かれた13日、自民党幹部から参院選への悪影響を懸念する声が相次いだ。連立を組む公明党が舛添氏の不信任決議案を提出する構えをみせたことで、辞任容認論も広がっている。

 「東京は本当に難しい選挙だ。悪い風も吹いている…」。自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相は13日、参院選東京選挙区の立候補予定者の集会で、舛添氏の疑惑を念頭にこう語った。自民党は参院選の東京選挙区で公認候補2人の当選を目指すが、風向きは悪い。平沢勝栄衆院議員は「あの人は『舛添』ではなく『巻き添え』だ」と痛烈に皮肉った。

 自民党幹部は13日夜、今後の対応について「不信任案が出れば、今の世論では自民党も賛成せざるを得ない」と語った。ただ自民、公明両党には共産党などが提出する不信任案に賛成することにためらいがあり、公明党は独自に不信任案を提出する調整に入った。山本香苗参院政審会長は都内で記者団に「辞めるのが当然だ。辞職しないのであれば不信任案を出すぐらい考えてもいい」と強調した。

 自公両党が危機感を募らせるのは、平成26年の都知事選で舛添氏を支援したこともあり、「知事への反発が自民党への反発になりつつある」(自民党幹部)からだ。実際、野党は参院選に向け攻勢を強めている。

 民進党の岡田克也代表は13日、「直ちに辞任すべきだ」と指摘した上で、「自公の責任は重い。安倍晋三首相は責任もって辞任させるべきだ」と強調した。共産党の小池晃書記局長も記者会見で「製造者責任は明確だ。自公両党の責任も問われる」と牽制(けんせい)した。

 おおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は「法律に違反していないという自信があり、知事を続けたいというならば出直せばいい」と述べた。

 ただ、舛添氏が辞任すれば、与野党は参院選と並行して後継候補者選びを急がなければならない。これまで自民党が舛添氏辞任に慎重だったのはそのためだ。

 過去の都知事選で名前が再三浮上してきた民進党の蓮舫代表代行は12日のフジテレビ番組で出馬の可能性について「参院選がある」と否定したが、可能性はゼロではない。

 自民党では、蓮舫氏に対抗できる候補者として小池百合子元防衛相らの名前が挙がっている。


舛添氏不信任可決ならどうなる? 10日以内に辞職か議会解散
産経新聞 6月14日(火)7時55分配信


不信任決議の流れ(写真:産経新聞)
 都議会共産党などは15日の閉会日までに、舛添要一知事の不信任決議案を提出する。ただ、「共産の不信任案に自民、公明が相乗りするとは考えにくい」(議会関係者)といい、不信任案採決の行方を左右するのは議会の過半数を占める自公の動向次第だ。

 地方自治法によると、不信任案は本会議で都議の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。知事は10日以内に辞職か、議会解散の選択を迫られる。解散しない場合、知事は自動的に失職。解散した場合は、改選後の都議会で過半数が賛成して不信任案が可決されれば、失職が決まる。

 これまでに都知事に対する不信任案が可決された例はない。15日の閉会日に行われる本会議で、不信任案に対する審議が行われなければ、次は臨時議会を招集するか、9月に開かれる定例会を待つことになる。


ズルズル舛添都知事、異例の延命願い「どうか猶予を」
スポーツ報知 6月14日(火)7時9分配信

Zuru
給与全額返上と不信任決議案の提出を待ってほしいと求めた舛添要一知事

 政治資金私的流用疑惑が浮上している東京都の舛添要一知事(67)が13日、給与の全額カットを申し出た上で、不信任案の提出を猶予して欲しいと申し出た。この日、都議会総務委員会の集中審議に応じ、6会派から4時間超に及ぶ追及を受けた直後に自ら挙手して発言。「知事の名にしがみつくということではない」と自身の進退に初めて言及した。

 4時間を超える集中審議が終わると、「委員長」と意を決したように舛添知事が挙手した。全69席ぎっしり埋まった傍聴席がかたずをのみ見守る中、知事の口から飛び出したのは、まさかの“延命願い”だった。

 知事は共産党など野党から14日にも不信任案が提出されようとしていることについて、「リオ五輪と(選挙が)重なることは公益にそぐわない。どうか少しの猶予をいただきたい」などとゆっくり5分間話した。20年に五輪を開催する東京が、リオ五輪期間に知事選を行うことは「国家的に極めてマイナス」とし、次回都議会が開催される9月まで、不信任案を提出することに「待った」をかけた。

 加えて「知事の名にしがみつくということではございません」と前置きした上で、給料全額返上も願い出た。給与は月額145万円。9月まで知事職を続けるとすると、4か月分で約580万円。夏のボーナス約380万円を合わせた約960万円分の無償奉仕となる。

 伏線はこの日の集中審議にもあった。知事を支援してきた公明党の松葉多美子議員(53)が与党として初めて「辞めるべき」と言い放ったのだ。白スーツ姿にきびきびした口調で、資料代として計上したという美術品について追及した。

 「解散した2団体の美術品が、(現存している)泰山会に所有されているのか、その証拠も含めて示してほしい」と問うと、知事は「解散した政治団体における『資産』として、泰山会に引き継いだ」としれっと回答。「資料」を「資産」と言い間違えたことに気付いた知事は「しまった」という表情を浮かべた。政治資金規正法によると、5万円以上の資産は政治資金収支報告書に記載する義務があり、不記載など違反した場合には罰則規定がある。公明党の調査では収支報告書に記載がなかったとし「これこそ明白な資産隠しだ。決して許せない」と断じた。

 美術品を巡る10回のやりとり以外も、知事の特別秘書2人の参考人招致も要求し、知事を圧倒した。木更津のホテル、公用車、まんじゅう購入…。さまざまな公私混同疑惑について6人の都議から追及されたが、何ひとつ実のある答えができなかった舛添知事。五輪と無理やり結びつけて、なりふり構わず「延命」を叫んだが、共産党の大山とも子幹事長(60)は、「不信任案はあす(14日)に提出します」と断言。提出されれば、15日の本会議で採決される。最大会派の自民党は賛否の意思を明確にしていないが、知事の進退が大きなヤマ場を迎えようとしている。(江畑 康二郎)


舛添都知事“延命”直訴 不信任案提出「どうか少しの猶予を…」
スポニチアネックス 6月14日(火)7時1分配信

Geretsu
東京都の舛添要一知事

 東京都の舛添要一知事の政治資金流用問題で都議会総務委員会は13日、集中審議を開いた。舛添氏は、不信任決議案の提出の動きがあることに関し、提出の先送りを直訴した。都知事選か都議会選が8月のリオデジャネイロ五輪・パラリンピックと重なることに「極めてマイナス」などと述べた。一方、審議で核心に触れた質問には口をつぐみ、疑惑は晴れなかった。

 約4時間に及ぶ各会派の質問をのらりくらりとかわした舛添知事は、終了前に挙手して議長に発言を求め「選挙がリオ五輪に重なるのは断腸の思い」と切り出した。

 議会が世論の批判を追い風に不信任決議案を可決させれば、知事は辞職か議会解散の選択。いずれの場合も選挙が8月のリオ五輪・パラリンピック期間と重なる。こうした事態を念頭に「次期開催都市で選挙をするのは、国家的大事業の20年大会にとって極めてマイナスだ。私の不徳の致すところだが、どうか少しの猶予をいただきたい」と直訴した。

 「都知事として私がふさわしくないと判断された場合は、不信任決議案を出していただければと思う」と、リオ五輪後に開かれる9月の都議会での提出を“逆提案”。集中審議では給与の全額返上も申し出たが、数々の疑惑に揺れる舛添氏の“最後の悪あがき”は自らの延命だった。

 批判の嵐の中でも「都民のために」などと都知事続投に意欲を示していた舛添氏だが、ここ数日で潮目が変わった。都民、国民の“辞めろコール”は激しさを増すばかり。12日、下村博文総裁特別補佐(党都連会長代行)が集中審議に関しテレビで不信任決議案への対応について「今のままもしいってしまったとしたら、なかなかノーとは言えないのではないか」と、自民党が賛成することもあり得るとの認識を示した。

 官邸には参院選の票読みもあった。永田町関係者によると「党への影響は500万票になる」といい、無視できなくなった。

 官邸からも突き放された舛添氏は絶命を覚悟。「せめてリオ五輪までは」という延命直訴となった。だが、それから数時間後の13日夜、複数の自民党幹部が、将来的には辞職は避けられないとの認識を示し、辞職は不可避の情勢となった。

 都議会自民党は14日午前にも、知事に辞職の判断を迫る時期などについて対応を協議する見通し。共産と民進系の会派はすでに、議会運営委員会に不信任決議案を提出することを決定。本会議最終日のある、15日に審議される見通しだ。

 舛添氏はリオ五輪前に辞めるのか。望み通り延命が実現した場合、9月に予定される次期都議会で潔く辞職するのか。もはや国会議員に復帰する道はなく、政治家生命も絶たれるだけに、新たな悪あがきを準備するかもしれない。


<舛添都知事>辞任論、一気に加速 自民「参院選に悪影響」
毎日新聞 6月14日(火)7時0分配信

 東京都の舛添要一知事の公私混同問題で13日、都議会総務委員会の集中審議が行われた。世論の批判の高まりを受け、公明が集中審議で「辞職すべきだ」と迫ったほか、自民は辞職要求する方向に傾き、知事与党内で辞職論が強まりつつある。野党3会派は14日に不信任案を提出する予定。舛添氏は集中審議で進退について、今夏のリオデジャネイロ五輪・パラリンピック終了までの「猶予」を求めたが、15日の議会定例会閉会に向け事態は緊迫してきた。【川畑さおり】

【東京都政を巡る今後の主な日程】

 集中審議で都議会自民党は「今後も真実の解明を行っていく」と追及の手を緩めない姿勢を示した。関係者によると、都議会自民党幹部は集中審議後、「これ以上、知事を続けていくのは難しい」との見方を示した。一方、都議会公明党の長橋桂一幹事長は集中審議後、「不信任も十分に検討していく」と踏み込んだ。

 自公は今月1日の都議会本会議で舛添氏が所信表明で具体的な説明を避けた後も「7、8日の代表・一般質問での答弁を聞いて対応する」と静観の構えを見せていた。しかし、代表・一般質問で舛添氏は弁護士の調査報告書に沿った答弁を繰り返し、都民などの批判は高まる一方だ。都庁へは6月8日までに電話やメールで約3万1000件の批判の声が届いた。そして、その矛先は追及する議会側にも向かっている。

 国会議員からは「(22日公示の)参院選への影響が出始めている」との困惑の声も出た。一部議員から「辞職させるべきだ」との声が上がるなど、党内の風向きは変化している。自民党の下村博文総裁特別補佐は12日、記者団に「今のままいってしまったら、自民も不信任案にノーと言えないのではないか」と語り、不信任案に自民が同調する可能性に言及した。

 そうした中、議会側は集中審議を「ラストチャンス」と位置づけていた。しかし、舛添氏は千葉県木更津市への家族旅行の費用を政治資金から支出した問題を巡り、ホテルで面会したという出版会社社長の名前を問われても伏せ続けるなど、新たな事実はほとんど明かさなかった。

 自民党の谷垣禎一幹事長は13日、参院選東京選挙区で擁立した公認候補の会合で「今、東京では我々も苦労している」と、舛添氏の問題が参院選に悪影響を及ぼすことに懸念を示した。ただ、都議会与党内には「参院選と同時期に知事選が実施されれば支援者が持たない」「この時期に知事選を行えば、次は4年後の東京五輪・パラリンピック直前になり、都政が大混乱する」などの指摘も残る。

 一方、都議会民進党(旧民主系)の尾崎大介幹事長は集中審議後、「新しいことが出てくれば(知事の続投も)考えたが、何度やっても変わらない。(地方自治法に基づき強い調査権限を持つ)百条委員会に発展してもだらだらと時間を延ばすだけで、求める必要もない」と切り捨てた。

 ◇都議会の不信任案採決 「継続審査」事例はないが…

 都議会定例会最終日の15日に不信任案の採決に至った場合、与党は賛成か反対か示さなければならない。

 都によると、不信任案を次の定例会や臨時議会に「継続審査」とすることを禁止する規定はなく、15日に採決しないこともできる。ただ、一般的に不信任案は知事の政治的責任を問う最終手段のため「十分に議論を尽くした上で提出されるので継続審査になることは考えにくい」(都担当者)。実際、過去に都議会で不信任案が継続審査となった事例はないという。また、会期延長の選択肢もある。

 不信任案は議員123人の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。その場合、知事は10日以内に都議会を解散するか、そうでなければ失職する。解散した場合は改選後の議会で再度、過半数の賛成で不信任案が可決されれば失職する。

 一方、知事が辞職を申し出た場合、議長から選挙管理委員会に通知された翌日から50日以内に知事選が行われる。知事選は公職選挙法で告示が投開票日の17日前までと定められているため、7月10日投開票の参院選と都知事選のダブル選はスケジュール的に事実上、困難とみられる。この場合、都は7月10日以降に知事選の告示日を設定することで調整するとみられる。

 今回のように、都議会に常設された「常任委員会」の集中審議に知事が出席するのは極めて異例だ。医療法人グループから5000万円を受け取ったとされた猪瀬直樹前知事が2013年12月に総務委員会の集中審議に臨んで以来となる。猪瀬氏の場合は4日間で計20時間の集中審議を行った。猪瀬氏が過去の発言を訂正するなどしたため都議会は総務委員会を閉会し、百条委員会の設置を決めた。これを受け、猪瀬氏は知事を辞職した。【飯山太郎】


<舛添都知事>自民、辞職要求へ 知事「進退、リオ後に」
毎日新聞 6月14日(火)6時0分配信

 ◇都議会総務委員会で集中審議

 東京都の舛添要一知事の政治資金支出などを巡る公私混同問題で、知事与党の自民は舛添氏に辞職を求める方向で調整に入った。自民党東京都連は14日に緊急の幹部会議を開き、要求時期などを決める。一方、舛添氏は13日、都議会総務委員会の集中審議で、共産が14日に提出する方針の知事不信任案について「可決されると(8~9月の)リオデジャネイロ五輪・パラリンピックの最中に選挙を行わなければならない。(終わるまで)猶予を頂きたい」と述べた。今後の給与を全額受け取らないとも表明した。

 6会派の計6人が質問した集中審議で、舛添氏は新たな事実をほとんど明かさず、野党4会派に加え与党の公明も辞職を求めた。自民は言及しなかったが、集中審議後、自民党幹部からは「舛添氏は早く辞めた方がいい。守るにも限度があり、もう限界ではないか。このままでは参院選にまで火の粉が飛んでくる」との声が出た。自民内では辞職論が強まっているが、次回選挙が4年後の東京五輪・パラリンピックに重なる時期での都知事選実施には慎重な声もある。

 公明党の山本香苗・参院政審会長は13日夜、「辞めるのが当然だ。辞職しないのであれば不信任案も出すくらい考えていいのではないか」と記者団に述べた。舛添氏のリオ大会閉会式出席について「それは都民は望んでいないのではないか」と述べ、早期辞職が必要との考えを示した。

 舛添氏は集中審議の最後で発言を求め「都民の皆様に伏してお願いしたい」と切り出した。不信任案が可決されれば辞職して知事選になるか、議会を解散して都議選を行うことになるとして、リオ大会に選挙が重なるのは「次期開催都市として、国家的大事業の2020年東京五輪・パラリンピックに極めてマイナスになる。混乱は公益にそぐわない」と語った。

 その上で「知事の座にしがみつくわけではない。猶予の後で知事にふさわしくないと判断すれば不信任案を出してほしい」と、9月18日閉会のリオ・パラリンピック後も批判が続けば、辞職もやむを得ないとの意向を示唆した。

 知事が辞職を申し出た場合、議長から選挙管理委員会に通知された翌日から50日以内に知事選が行われる。知事選は公職選挙法で告示が投開票日の17日前までと定められている。

 集中審議後、都議会民進(旧民主系)と民進都議団(旧維新系)は14日に共同で知事不信任案を提出することを決めた。不信任案は議員123人の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。その場合、知事は10日以内に都議会を解散するか、そうでなければ失職する。【飯山太郎、川畑さおり、高橋克哉】


猶予していただき…不信任案を/舛添氏集中審議10
日刊スポーツ 6月14日(火)1時7分配信

Turanokwa
都議会総務委員会集中審議の最後に時間をもらい、自身の思いを語る舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用問題について、13日、都議会の総務委員会で一問一答形式の集中審議が行われた。舛添都知事は一問一答が終わった後、機会を与えられ、発言した。

 舛添都知事 発言をお許しいただきありがとうございます。ここで一言、申し上げたい。あらためて心から陳謝します。東京を世界一の都市にしたく、立候補して当選した。都民の方のために努力したつもり。

 しかし、一連の問題でご迷惑をおかけした。私なりの説明をしたと思ったが、信頼できないという声があり、検事出身の弁護士に厳しい調査書を出してもらった。さまざまな不適切を指摘され、身を処していかなければと思った。まず湯河原の施設は売却します。不適切と指摘された項目は自分の費用で返金し、慈善団体などに寄付したい。美術品も(都内の)病院や福祉施設などで使っていただきたい。さらに一般質問後、歳費をカットしたいと申し出ました。

 厳しいご批判があるのは胸に刻んでおります。その中で何人かの議員の方が不信任案を提出したいとおっしゃった。極めて重く受け止める中で、都民の皆さん、都議のみなさんにお願いしたい。もし私の不信任案が可決されたら、辞任するか議会の解散を迫られる。いずれ選挙になる。リオの五輪とパラリンピックに重なる。知事として断腸の思いなのは、リオ五輪の時期に選挙をやるのは、国家的事業である20年の五輪に大きなマイナスだ。

 私の不徳の致すところと重々承知しているが、少しの猶予をいただききたい。連綿と知事の座にしがみつこうとは思わない。全ての給料を、ご辞退させていただき、都民、都政のために働きたい。選挙がリオと重なる困難は、公益にそぐわない…厳しい判断をしている。

 猶予していただき、その上で都知事とふさわしくないという判断が出たときは、不信任案を出してもらえば、と思う。


ヤフオクID悪用され削除した/舛添氏集中審議9
日刊スポーツ 6月14日(火)1時7分配信

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用問題について、13日、都議会の総務委員会で一問一答形式の集中審議が行われた。5番手としてかがやけTOKYOの音喜多駿都議が質問に立った。

 -海外出張経費について、予算委員会での委員からの質問に対し、5000万円と報じられた。その後、総務委員会で出張費用の経費の内訳を聞いたが、政策企画局からは「答弁できない。情報開示請求、公文書開示請求をしてほしい」と信じ難い答弁が返ってきた。知事は知っていたか?

 舛添都知事 承知しております。

 -知事の了解のもとで議会は答弁しなかった?

 舛添都知事 こういう開示請求が出た時は、どう対応するかということが、事務レベルで決済するということでお任せした次第です。

 -知事は黒塗りの公文書開示を言っていると思う。その前に総務委員会で、海外出張日の内訳を出してほしいと言ったが、政策企画局長は答弁できない、公文書開示請求を出してほしいと言った。それは了解していたか?

 舛添都知事 大変失礼しました。前の段階がどうだったか、事務方から上がってきたかは、正確に記憶していないです。黒塗りの公文書開示のことは覚えている。

 -政策局長、知事には報告した? 答弁できないと言ったが。

 政策企画局長 その時点では私の判断でした。知事に了解を求めてはいないです。今から思えば非常に議会軽視の判断だったと思います。詳細については、情報開示請求を案内していた。その意味で、知事には後で報告した。その時点では私の判断です。

 -本会議で黒塗り資料が出てきたのは適切だと思うか?

 舛添都知事 これまでのルール通り、事務方はやってきたと思うが、黒塗りの部分が多い。過去に、さかのぼってやるようにと指示した。

 -ファーストクラスとビジネスクラスの違いは?

 舛添都知事 非常にタイトな政治活動をしていて、向こうについてそのまま会談することもあるので、機内でゆっくり休むに越したことはないです。

 -情報公開の姿勢が全くない。インターネットの発信なども頑張っている知事が、かたや議会で答弁しない、黒塗りの情報開示…。海外出張日の件は、ロンドン市長と比較したい。

 舛添都知事 海外の市長さんの経費を参考にし、控えたい。

 -もっとも問題なのはファーストクラス。

 舛添都知事 ビジネスクラスも横になって寝られると聞いている。できる限り経費を減らしたい。そういう意味でファーストクラスはやめると言った。

 -ビジネスクラスでは休めないなどと思うのは、全国のビジネスマンに非常に失礼です。

 舛添都知事 これまでの前例を踏襲し、事務方が上げたものを何もチェックしないできた。適切か不適切であったかより、そうしたことは反省し、あらためないといけない。

 -事務方のせいにしているのが、都民の怒りを買っている。

 舛添都知事 私が申し上げているのは、良い条件で仕事するのは悪くないということ。経費を節減し、効率を上げる二兎(にと)を追わなければいけない。それが欠けていた。

 -多くの市民が、いまさらかよ、と思っている。ロンドン市長はビジネスクラスに乗り(旅費節減のため)マイルを使っている。知事はマイルをどう使う?

 舛添都知事 私のマイルがどうなっているか、チケットの手配などは全て事務方に任せているので分からない。細かいことは事務方にうかがっていただきたい

 -知事はマイルはためていない?

 舛添都知事 個人的に旅行する時は…知事になってからはないが、私のマイルのカードは財布の中にある。それを事務方に渡して使えと言ったことはない。

 政策企画局外務部長 公務で(個人の)マイルカードを使ったことはない。

 -知事になって1度もためていないというマイルカードの履歴を出せるか?

 舛添都知事 事務方に精査してもらえば出せると思う。

 政策企画局外務部長 航空会社に問い合わせたところ、基本的には(履歴は)個人マイレージということでございます。

 -公用マイレージはないので事務方の手続きは不可能だ。ただ、自分のマイレージカードを出していれば、ためるのは可能。疑惑を晴らすのに、個人のマイレージカードの履歴を出せるか?

 舛添都知事 それはできるが、使っていないので履歴が出るのか分からない。

 -使っていなければ履歴は出ない。ぜひ、お出しいただきたい。

 舛添都知事 それは十分、出せると思う。チェックしてみたいと思います。

 -チェックしてから出すということか?

 舛添都知事 基本的に公用で使っていないのは事務方が言うとおり。出せると思う。

 -知事の発言で都民の信頼を得られない傾向がある。ヤフオクの件も報じられたら削除した。理由は?

 舛添都知事 それを悪用してシューマイや書籍を頼まれ、お店の方にご迷惑をかけ被害が拡大したから。ただちに自らの手で削除した。

 -IDだけだと注文できない。パスワードを知らないと(注文できるまで)いけない。どうやって知り得るのか?

 舛添都知事 対応したのは、どういう形で荷物が来て送り返したのかを知ったから。それは事務方がやっている。

 -インターネットで注文したものが届いたから、IDが悪用されていることが分かって削除した?

 舛添都知事 私が悪用されたと判断して削除した。(物品を)受け取った職員が、知事室の担当職員に報告し、それを受けヤフーのIDを悪用されたと分かり、自らで削除した。

 -事実でしょうか?

 政策企画局総務部長 届いた事実は確認しているが、どういう経緯で注文されたかは確認していない。

 -ヤフーを使われての注文だったか確認した?

 舛添都知事 私はそういう報告を受けた。

 政策企画局局長 私は確認していない。

 -知事は、局長クラスが確認していないことについて、報告を受けている。庁内不一致ではないか?

 舛添都知事 どの職員が言ったか覚えてない。ヤフーオークションが問題になり、私のIDが公開された時、シューマイが届いたと報告があった。シューマイと(通販サイト)アマゾンで購入された本だと記憶している。アマゾンはネットで届くから、私のIDを使ったと判断し、削除した。私は隠蔽(いんぺい)しようとかじゃなく、被害が広がらないようにと思った。私が削除しないのと、何の違いがありますか?

 -ログインしないと分からない情報もある。庁内の情報共有もできていなければ、事務方との連携も取れていない。

 舛添都知事 ヤフオクで購入した一覧表は、すでに公表されて大きく報じられた。検索すればデータは出てくる。報道が出て表面化してから、私は一切、ヤフーオークションも辞めた。

 -次に副知事について。議会の答弁を副知事が代行している部分があるが、信頼を失ったから副知事にさせたと答弁した。

 舛添都知事 私が信頼を失ったからではなく、厳しい第三者のヒアリングを受けた。その対象となった人物が報告書を読むわけにいかないので、副知事に読ませたと答弁した。議事録を精査していただきたい。

 -都民の多くは、知事の言葉を求めている。副知事に知事の職務を代行させている中、リオ五輪は知事に行ってほしくないという声もあるので、副知事に任せることはあるか?

 舛添都知事 議会への弁護士の報告書について、本来、知事がやるべきことを副知事にやらせたわけじゃない。ヒアリングされた私が説明するのは、おかしいと思う。知事がやるべき報告じゃない。

 -都政は停滞を極めている。そういった態度で居直られたら都民は信頼しない。

 舛添都知事 大変、恐縮な言い方になるかもしれないが、私がいなおっているのではなく、ヒアリングした私が説明するのは、おかしいから副知事に任せた。お前の仕事を何でも任せてどうか、というのは首肯できない。職員の士気、頑張っていただいているのは感謝している。代表、一般質問で私が政策にお答えできないのは、まことに恥ずべきこと。都政にご迷惑をおかけしているのは反省しています。

 -短い質疑の間でも齟齬(そご)やウソがあった。都政を任せるわけにはいかない。疑惑の火種がどんどん出ている。都政の停滞を収めるためにも、不信任案可決を呼び掛けたい。


舛添知事追及・集中審議(15完)不信任決議案提出「猶予をいただきたい」失笑広がる
産経新聞 6月14日(火)0時55分配信

Zbutoi
総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(撮影・春名中)(写真:産経新聞)

 《東京都の舛添要一知事の政治資金「公私混同」疑惑をめぐる東京都議会総務委員会の集中審議。音喜多(おときた)駿(かがやけ)委員が質問を続けている。集中審議は開始から4時間以上が経過した。舛添氏がヤフーオークションで美術品を購入するために使っていたIDをめぐる騒動や削除に至った経緯などを詳細に尋ねる音喜多氏に対し、舛添氏の声が大きくなる場面もみられた》

 音喜多氏「都政が停滞していることをどのように考えておられますか。議会調整も副知事にやらせて、都政の停滞が極まっているわけです。私の態度も悪かったと思いますが、知事がそのように居直っては、都民がまた知事を信頼しようとは思わないのではないですか」

 舛添氏「私が居直っているということではなくて、何度も説明していますように、ヒアリングの対象である私が説明するのは論理が通らないから副知事にやらせたということと、なんでもかんでも副知事にやらせる、おまえ仕事していないじゃないかというのは違うと思います。正確な表現をしていただければと思います! その中で、職員の士気、懸命に職務にあたっていただいていることは感謝をしておりますけれども、代表質問、一般質問で政策についてお答えできなかったことは恥ずべきことで、都政に大きなマイナスを与えているということは心から反省している次第であります」

 音喜多氏「知事に誤解を招いたことは率直におわびいたします。しかしながら、こうした議論を続けていても、たくさんの方の質疑がありました。疑惑がどんどん出てきます。止むことは絶対ありません。こんなことを続けていればそれだけ都政は停滞するのです。ですから私は、都政の停滞を1日でも早く収めるためにもですね、本定例会中の議会での不信任案可決を強く、都議会同士、都民の皆さんに呼びかけをいたしまして、質問を終わりたいと思います」

 《ここで、舛添氏が突然挙手し加藤雅之委員長(公明)に発言を求めた。議場を出ようと席を立っていた記者らは思わず動きを止め、傍聴人や議員も固唾をのんで舛添氏に注目する》

 舛添氏「発言をお許しいただきましてありがとうございます。本当にこれまで都民の皆さま、都議会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、心から陳謝を申し上げたいと思います。私は東京を世界一の都市にしたいという思いで立候補し、当選させていただきました。一生懸命都政の発展のために努力をしてきたつもりです。しかし、今回一連の私に関する問題でさらなるご迷惑をおかけしております」

 「そういう中で、自分なりの説明をしようと思いましたけれども、知事自身、知事関係者の説明では信頼できないとの声がありましたので、検事出身の弁護士の皆さまの厳しい目で調査報告書を出していただきました。主に国会議員時代のことでありますけれども、不適切だと指摘されました。いろいろなことで身を処していかないといけないと思いました」

 「まず湯河原の施設は売却いたします。不適切だと指摘されました項目につきましては、もちろん自分の費用で返金し、慈善団体のようなところに寄付をしたいと思います。政治資金で購入した美術品につきましても、これは都立病院だとか福祉施設にぜひお使いいただきたいと思っております。財テクをやる気は全くありません」

 「さらに一般質問が終わった後に、歳費をカットしたいと申しました。私は一生懸命皆さまの質問にお答えしたつもりでありますけれども、さらになお厳しいご批判があることは重々胸に刻んでおります。不信任案を提案したいとのこと、極めて重く受け止めております。私は都民の皆さま、都議会の皆さまに伏してお願いしたいことがございます」

 《舛添氏が何を発言するのか。委員会室の緊張が高まった》

 舛添氏「それは、もし私に対する不信任案が可決された場合には、法律上は私が辞任するか、ないしは議会を解散するかという選択を迫られます。いずれにしても選挙ということになります。その選挙の時期がどうしてもリオ五輪・パラリンピックのときに重なります。私が知事として断腸の思いでありますのは、次期開催都市でこういうリオのときに選挙をやるというのは、この国家的大事業のときにやるというのは、2020年大会にとって極めてマイナスであると。もちろんこれは私の不徳の致すところが発端ではあることは重々承知を致しております」

 「そういう思いで、どうか少しの猶予をいただきたい。そういう風に思っております。私が知事の座にしがみつくということではございません。すべての給与をご辞退申し上げて、全身全霊、都民のため都政のため働きたいと思っております。知事として、選挙ということでリオと重なりますので、そういう困難はどうしても公益にそぐわないと、極めて厳しい判断をしているところでございます」

 《不信任決議案提出の先送りを要請する舛添氏に対し、委員会室では失笑が広がった》

 舛添氏「どうかそういう意味でこの時期を猶予していただいて、そしてその上で、私が都知事としてふさわしくないというご判断を都議会の皆さまがされるときには不信任案をお出しいただければと思います。私の思いはそういうものでございます。本当に最後の貴重なお時間を、委員長に発言する機会をいただきましたこと心から感謝いたします」

 《加藤雅之委員長がほかに質疑がないか確認し、舛添氏に対するこの日の集中審議が終了した》

=完


おごりから不適切なことを/舛添氏集中審議8
日刊スポーツ 6月14日(火)0時34分配信

Trankwa
都議会総務委員会集中審議で答弁する舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用問題について、13日、都議会の総務委員会で一問一答形式の集中審議が行われた。5番手に、民進党の石川良一都議が質問に立った。

 -知事は真実を明らかにすると言ったが

 舛添都知事 真摯(しんし)に対応したいと思っています。

 -真摯(しんし)に、包み隠さずお答えいただきたい。木更津のホテルについて。元出版社の社長1人に会ったと答弁が変わったのは?

 舛添都知事 非常に反省しているところであります。

 -会議が本当に行われ、相手が存在したのか、誰なのか…それが極めて大事なところ。

 舛添都知事 政治家の信義であり政治の機微にかかわることなので、それ以上のことはご容赦いただきたい。

 -トライしていただきたい。できないなら、言い逃れのために言ったとしか理解できない。社長はいつからの付き合い?

 舛添都知事 30年来だと思います。

 -年齢ですとか、ご家族はお持ちでしょうか?

 舛添都知事 政治家の信義として、それ以上はご容赦いただきたい。

 -その人の属性の第1歩も答えられない。その場だけやり過ごせばいいとしか聞こえない。後援会の役員はやっていないのか?

 舛添都知事 私の「トライする」という記者会見の答弁は不適切だった。陳謝したい。その方は私の政治団体の関係者ではありません。

 -包み隠さず真実を…と言ったのに、なぜ答弁が変わったか? トライできない、申し訳ない。都合の悪いことを、申し訳ないで終わらせるのは問題。疑念に対し、自ら証明する義務が知事にはあるのでは?

 舛添都知事 何度も繰り返したとおり、私の政治の信義に関わり、機微に関わる問題。差し控えさせていただきたい。

 -知事自身がどういう状況にあるか客観的に分かっているか? 政治と金の問題が、あらためて問われている。首長として、自ら明らかにしなければいけないのでは?

 舛添都知事 私はそういう内容を弁護士の先生にもきちんとお答えした。これから政治家として続けていくためには、政治家としての信義則を守らないといけない。

 -政治家として生命線を失う段階にもかかわらず、直接、社長に連絡しないとはどういうことか?

 舛添都知事 非常に政治の機微にかかわる問題に関して、私の政治生命が危険だからと答弁してほしい、とは申しません。

 -政治の機微というようなレベルの問題ではないと断言したい。ホテル三日月の家族宿泊は、家族旅行の中、1時間程度相談したというが、全て会議費に計上する感覚が一般には理解できない。政治のルールであっても常識からはずれている。

 舛添都知事 ご指摘の通りだと思っております。国会議員時代、新党改革時代、おごった態度だったことが(今回の問題に)つながったと厳しく反省している。

 -謝罪、反省の言葉よりも真実と説明責任をはっきりさせていただきたい。那覇2回、日光、木更津…(家族同伴で地方に行った案件が)たくさん計上されている。(費用は)家族が負担するものでは?

 舛添都知事 支援者の方や関係者と行った時に、家族も…と言われ、安易に連れて行った。2度とそういうことはしないようにしたい。

 -福岡でも家族で野球観戦した。趣味では? 家族の宿泊費を政治資金の会議費に計上する。短い会議でも問題がないと計上したのでは?

 舛添都知事 国会議員の時、おごりから不適切なことをした。

 -法律を裏側から見て、違反しなければ行為は拡大できるという発想をしているのでは?

 舛添都知事 そういうご批判は厳しく受け止めたいと思います。

 -知事になっても美術館に行ったりしている。

 舛添都知事 真摯(しんし)に受け止めております。

 -政治家は基本的に、私的な趣味は仕事に持ち込まないのは基本だと思う。知事は逆…美術館めぐりに4、5回も出掛けている。反省するというレベルではなく、知事の考えに染み付いているのでは?

 舛添都知事 バランスを欠いていると指摘されている。文化政策に少しでも寄与したいという考えは添えたいと思う。

 -そこまで拡大すると、国民はこじつけと感じる。書道の件も。

 舛添都知事 私は、美術とともに書も趣味。何らかの役には立っていると思う。中国に行った時はすずり、墨を買って、中国服も書きやすいように買った。指摘のことはしっかりとあらためたい。

 -どう考えても趣味ですよ。しかも説明が整合性を欠いている。13兆円という、インドネシアやスウェーデンの国家に匹敵する予算に、私的なものを入れていると(国民から)不安が湧いている。批判が強くなると、ファーストクラスやスイートルームは使わないと言う。都民の税金を大切に使おうという意思が感じられないのが、根本的な批判となっている。

 舛添都知事 海外出張は事務方の提出を疑問を通さず見ていた。1円も無駄にしないように、批判を受けないように全力で臨みたい。

 -反省の言葉はあったが、記者会見でも答弁でもコロコロ変わる。言葉が軽い。台風や地震、有事の際には素早い判断が必要だが、湯河原で指示ができると言っている。都庁の防災センターに行ったことがあるか? 災害に即座に対応する自覚はあったか?

 舛添都知事 いざ有事の時には動ける手段を取っていた。都民の皆さんに、ご心配をおかけした。防災センターで何度も職員と訓練を続け、大災害が起きた時はセンターに入る覚悟であります。

 -毎週末、湯河原に行っているというのは、何もできないし想定していないということ。防災住宅で190人もの職員が生活を強いられ(有事に向け)態勢を取っている。知事は書類を持っていれば、公務という冠をつけられる…そこが許容できない。湯河原にいて震度6の地震が起きたらどうする?

 舛添都知事 もちろん、ただちに帰って来たいし、帰ると思います。

 -予想外のこともいっぱい起こり得るし、ヘリでわざわざ知事を迎えに行くロスもある。湯河原に行っているのは信じられない。別荘を売却することと危機管理をどう関連づけるか?

 舛添都知事 危機管理は今までも一生懸命やっていたし、今後もやりたい。湯河原に公用車で通っていたことは、私の心の大きなゆるみ。だから売却することにした。

 -公用車で湯河原に行くことが問題ないと当初は言っていた。

 舛添都知事 連絡手段の確保があったと言ったが、あまりにも頻繁に行くと批判を受けている。真摯(しんし)に受け止めたい。

 -今回、知事が給与減額の条例の提案をしているが、それも勘違いだと思う。8月にはリオ五輪が開催される。次回開催都市として、五輪の旗を受け取るのは舛添知事だと思うが、このままでは看過できない。舛添知事の、リオ五輪参加を阻止しないといけないし、行かせたくないという都民の声もある。今日の集中審議も(進展がなく)意味はない。即刻、辞任すべきと申し上げたい。


泰山会と書くところのミスだった/舛添氏集中審議7
日刊スポーツ 6月14日(火)0時34分配信

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用問題について、13日、都議会の総務委員会で一問一答形式の集中審議が行われた。4番目として、民進党の西沢圭太議員が質問を行った。

 -調査報告書は見ている?

 舛添都知事 会見の前の日に、しっかり見ている。

 -厳しいヒアリングには対応した?

 舛添都知事 2日間にわたり10時間、極めて厳しいヒアリングを受け、資料を提出した。

 -精査に精査を重ねた、信頼できる報告書か?

 舛添都知事 極めて短時間で、4人がしっかりやっていただいた。私は信頼できると思っている。

 -いかに精査が尽くされたか確認したのなら、誤りがあったら絶対、ダメだということですよね?

 舛添都知事 私は、そういう認識でおります。

 -政治資金パーティーでまんじゅうは配った?

 舛添都知事 配ったと思っております。

 -グローバル政治ネットワーク研究会として開いた?

 舛添都知事 知事に就任してから、泰山会に引き継ぎして(開いて)いる。27年2月17日の件は、あらためて調べたい。

 -精査に精査を尽くし、議会に提出したと言ったじゃないですか? 27年2月17日にグローバル政治ネットワーク研究会は解散したのに、パーティーを開き、まんじゅうを配った。

 舛添都知事 これは…すぐに調べて分かる話だが、私は(今は)覚えていない。

 -不都合なことが見つかったら、後で…と引き延ばしができる。もう、許されないですよ。

 舛添都知事 状況を、すぐに説明できるものに照会し、答えをお持ちします。

 -すぐとは、いつか?

 舛添都知事 すぐ、今やりますので。(数分後)報告書を泰山会と書くところのミスだったと。

 -記入ミスと言って許されるのか? ラストチャンスかも知れない総務委員会で記入ミス? 政治資金収支報告書に書いてある日付も、違うのでは?

 舛添都知事 もう少し詳しく、そごを聞かせていただければ精査します。

 -3月10日というのが、12日になっている。28日に買ったのも4月…政治資金報告書と(調査報告書の日付が)ずれている。記入ミスだから、しょうがないで済ませられるか? 精査に精査に重ねたものがミスだらけ…説明責任を果たしたというのは筋違いでは?

 舛添都知事 領収書を発行した日との2、3日のズレがあった、という認識。しっかりした資料を出してもらう。

 -こういったことで都民の信頼を回復すると言うのは、おかしい。政治資金収支報告書を確認したが、大変複雑な上、政治団体が3つに分かれ、さらに複雑。車両関係費に着目して時系列に並べるとエスティマを2台、お持ちだと言うが所有関係、車検代、駐車場を払ったの(政治団体)がバラバラ。なぜか?

 舛添都知事 後ほど、精査しますが、今、申し上げられるのは平成26年は知事に当選した年。グローバル政治ネットワーク研究会から泰山会に移行する過程において、こういうことがあったと認識しています。

 -知事は、自動車の購入も、厳しいヒアリングを受け、精査に精査を重ねた報告書に記載し、議会に提出した。分からないのは、おかしいのでは? 美術品の所有関係も、きちんとしていない。でも自動車に関しては、関係がでたらめだが記載している。それに、知事就任後の平成27年3月に車の所有関係を訂正した。それは、なぜか?

 舛添都知事 新しい政治団体に、減価償却を入れて譲渡した。

 -なぜやったのか? 意図があったのでは? グローバル政治ネットワーク研究会が車を所有し、泰山会が駐車場を払うなど、ちぐはぐなのはなぜ?

 舛添都知事 いずれにしても、細かく資料を精査して、総務省なりと相談し適切にしたい。

 -なぜ、こういう所有関係にしたか。知事が答えないから申し上げるが、車はメンテナンス費用がかかる。だから政治団体で車検代などを落とすために、車のことを整理したいからでは? 知事就任後に、解散した団体の車の所有権を変えている。車の費用を泰山会で支出したいからでは?

 舛添都知事 この2つの車は、私の政治活動のために使った。だから新党改革で使い、グローバル政治ネットワーク研究会…現在は泰山会にいった。今、おっしゃったことは、その通り。なぜそうなったか、時間をかけて精査し、是正が必要なら総務省に問い合わせたい。

 -先延ばし、先延ばしの答弁ばかり。都民の理解は得られない。泰山会の領収書に車検諸費用と書いてある。車の所有が泰山会になったのは7月…つまり、4月に車検費用を支出しているのは、実在しない車検を支払っていることになるが?

 舛添都知事 まず、グローバルネットワーク研究会が寄付した日付が7月31日。エスティマもティアナも所有関係は8月1日から泰山会の所有になると政治資金収支報告書にも書いてある。次に駐車場代は、5月から泰山会になっている。(自身の政治団体が)泰山会しかないから払う。譲渡が7月31日までかかった。1つだけ、ティアナの車検の部分は精査したい、

 -4月24日の領収書は泰山会…ずらせない。だから矛盾が出る。エスティマは平成26年7月、解散と同時に移転したというが、知事就任後の去年の3月に(所有関係などを)いじっている。団体の解散時に監査したことを修整している。調査報告書にも、何も書いていない。

 舛添都知事 全ての細かい、私の政治団体の設立日が入っていなかった。平成26年3月に泰山会は設立した。後に訂正があったのは、お時間いただければ会計責任者に精査させる。

 -先延ばしは許されない。26年4月にティアナの車検費用を泰山会は払っているが、その車を所有していない。実在しない車の費用を払っている。どっちに変えても矛盾が出てしまう。あえて去年、変えたのかを考えた時に意図があったと思った。この先、泰山会の所有にしたのは、政治団体の経費から落とすには、そうするしかないから。あらゆる資金を落とすためでは?

 舛添都知事 国会議員の時も、1台は新党改革の支部、1台はグローバルネットワーク研究会で、政治活動の道具で使った。今は泰山会は1つしかない。

 -修正すれば済むという態度が、都民が怒っている理由では? 言われたから、誤りがあったから…こんな集中審議を10回やっても100回やっても同じ。知事から見れば30歳も若造の私が問いかけて、イラッとしているのでは? 何を言っているんだ、という態度をしている。それが都民の怒りを買っている。私の何が悪いんだ、という態度が見抜かれているのでは? 疑惑を晴らそうという誠意を見せない状況なら、知事自ら辞職するしかないのでは?

 舛添都知事 私が知っている限り、全力でお答えしたつもり。ご批判はあらためていきたい。最後におっしゃたことは大変、重いと受け止めたい。


舛添都知事、突然の延命演説 「ホテル面談」疑惑は口閉ざしたまま
THE PAGE 6月14日(火)0時15分配信

 議会を乗り切るウルトラCは知事自らによる「命乞い」だった――。舛添要一都知事の政治資金の私的流用疑惑を解明するため、13日に開かれた都議会総務委員会集中審議。「どうか(リオ五輪が終わるまで)不信任案提出の猶予をいただきたい」「その後で私がふさわしくないと判断された時にはお出しいただきたい」。知事は最後の質問者との質疑を終えると、14日にも提出が予想される不信任案に関して形勢不利と読んでか、こう各都議に訴えて知事職の延命を懇願した。一方、千葉・木更津のリゾートホテルでの「面談疑惑」については代表・一般質問の際と同様、知事はあくまで面談相手とされる出版社社長の氏名を明かすことはなく、問題の人物や面談の存在自体への疑いがさらに濃厚となった。

閉会直前の「サプライズ」
「委員長」

 4時間超にわたる集中審議で、おときた駿氏(かがやけ)との一問一答が終了した直後だった。関係者から手渡されたメモに目を通した舛添知事は突然、手を挙げた。

 神妙な顔で立ち上がると、こう切り出した。「発言をお許しいただきありがとうございます。ここで一言申し上げたいと思います」

 場内がざわつき、傍聴席では「辞職かな」という囁きも。固唾をのんで見守る中、知事は集中審議で議員数人が言及した「不信任案」について語った。

 「『不信任案を提出したい』ということについては極めて重く受け止めております」とした上で、「もし可決された場合、いずれにしても選挙ということになります。その選挙の時期はリオ五輪の時期に重なり、(そのさなかに)次期開催都市で選挙というのは国家的大事業である2020年大会に取って極めてマイナス。もちろん私のことが発端なのは承知しておりますが」と述べた。

 「どうか少しの猶予をいただきたい。私が知事の座にしがみつくということではなく、私はすべての給料をご辞退申し上げて全身全霊で働きたい」と訴えるものの、傍聴席からは笑い声が起きる。知事は続けて「五輪と重なる時期に選挙を行えば公益にそぐわないという判断をしているところです。猶予をいただいて、そして私が知事にふさわしくないという判断を都議会の皆さまがなさるときには不信任案をお出しいただきたい」と深々と頭を下げた。

急所突く追及に取り繕う場面も
 こうした知事による決死の「サプライズ」が閉会直前にあった一方、「面談疑惑」に絡んではこれまでと同じく、知事は「相手があることなので」「政治家としての信義に基づいて」などの理由から出版社社長なる人物の名を明かそうとはしなかった。

 だが、急所を突く追及も行われた。

「知事は5月の釈明会見で2014年1月の正月旅行はあらかじめ家族(子供)と約束していたので、(急きょホテルの宿泊部屋で会議をした)と言っている。では、いつ、当初は旅行費としての支出だったのに、政治活動費として支出すると決めたのか」
 
 曽根はじめ氏(共産)のこうした問いに、知事は「極めて重要な会議(面談)をした後にそう決めた」と答弁した。

 これを受けて曽根氏は「二の矢」として自らが実際に問題のホテルに宿泊した際の体験をもとに詰め寄った。

「あのホテルから領収書をもらう場合、チェックインの時点で宛名を書きこむことになっている。知事がチェックインのときの宛名と、チェックアウトの際の宛名を変更すれば、ホテル側は面倒な切り替えの手続きが必要になって手書き領収書になったりする。あのホテルは10年間領収書を保存しているので(疑惑を晴らすためにも)取り寄せるべきではないか」

 知事は「(チェックアウトの際)領収書の切り替えをした記憶はない」としながら、「そういうことなら請求してみます」とその場を繕った。

公明都議からも「即刻辞職を」
 また知事が政治資金から購入した美術品に関する疑惑では、まつば多美子氏(公明)が鋭い問いを連発した。知事が代表の政治団体がすでに解散しているのに、その団体が政治活動名目で買い入れた美術品計300万円相当が、知事の新たな政治団体の資産として記載されていなかったからだ。

 「自動車については新たな団体に引き継いで記載しているのに、美術品について記載していないのは政治資金規制法違反(不記載)に当たる」と追及した上で、まつば氏は美術品に関する知事の購入リストに加え、政治活動としてプレゼントした美術品やその相手のリストなどの資料請求を行った。

 与党会派ながら、まつば氏は「知事は即刻辞職すべきです」と言い切り質問を締めくくった。

 一問一答形式でこの日、知事と対峙した都議は計6人。大半が独自調査の結果をもとに疑惑解明をただす中、鈴木隆道氏(自民)はマスコミ報道をもとにした手ぬるい質問に終始し、他の5人とは別に同氏から辞職を求める声は聞かれなかった。

 参院選を間近に控えた上、4年後の都知事選の時期などを考慮し、知事の「サプライズ」発言の裏には自民の意向が働いていると見る向きもあり、15日に予定される不信任案の可否は微妙な情勢といえそうだ。(フリー記者・本間誠也)

<質疑後の舛添都知事の発言>
発言をお許しいただきありがとうございます。ここで一言申し上げたいと思います。本当にこれまで都民の皆さま、都議会の皆さまに大変なご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを改めて心から陳謝申し上げます。
私は東京を「世界一の都市にしたい」と思い、立候補し当選させていただきました。これまで都政の発展のために努力してきたつもりであります。
しかし今回、一連の私に関する問題で皆様方にご迷惑をおかけしております。そういう中で、私は自分なりの説明をしようと思いましたけども、知事自身や私の関係者の説明では信頼出来ないという声がありましたので、検事出身の弁護士の皆様方に厳しい目で調査報告書を出していただきました。そして、主に国会議員時代のことでありますけど、さまざまな不適切なことを指摘されました。
そういう中で、私はまずいろんなことで身を処していかなければならないということで、まずは湯河原の施設は売却します。そして不適切だと指摘された項目につきましては返金し、政治資金で購入した美術品につきましても都立病院施設にお使いいただきたい。さらに一般質問が終わった後に私は議長に歳費をカットしたいと申し上げました。きょうは私は一生懸命皆さま方の質問にお答えしたつもりですけども、しかしさらに厳しい批判があるのは重々この胸に刻んでおります。
そういう中で何人かの委員の方が不信任案を提出したいとありました。極めて重く受け止めております。私は伏して皆様方、都民の皆さまにお願いしたいことがございます。
それはもし、私への不信任案が可決された場合に、法律上は私が辞任するか、議会を解散するかという選択を迫られます。そうしますと、いずれにしても選挙ということになり、その時期がどうしてもリオの五輪・パラリンピックに重なります。
知事として断腸の思いでありますのは、次期開催都市でこういう選挙というのは国家的大事業である2020年大会にとって極めてマイナス。もちろん、これは自分が発端であることは重々承知しております。
そういう思いで、どうか少しの猶予をいただきたい。それは私が知事の座に連綿としてしがみつくということではなく、私はすべての給料をご辞退申し上げて全身全霊、都民のため働きたいと思っております。
そして今、知事として選挙ということになると、リオと重なりますのでそういうことは公益にそぐわないと。そういう極めて厳しい判断をしているところでございます。
どうかそういう意味でこの時期を猶予していただいて、そのうえで私が都知事としてふさわしくないという判断を都議会の皆さまがなさる時には不信任案をお出しいただきたいと思います。私の思いはそういうことです。


舛添知事追及・集中審議(14)「私に欠けていたのは節減と効率」 都議「事務方のせいにしている」怒りの声
産経新聞 6月13日(月)23時16分配信

Zubtoi
総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(撮影・春名中)(写真:産経新聞)

 《東京都の舛添要一知事の政治資金「公私混同」疑惑をめぐり、東京都議会総務委員会の集中審議が続いている。審議開始から3時間半以上が経過し、委員会室では引き続き、音喜多(おときた)駿委員(かがやけ)が質問を続けている。舛添氏をめぐっては、昨年のロンドンやパリへの出張旅費が計約5千万円に上ったことが判明するなど海外出張費が高すぎるとの批判が相次いでいるが、音喜多氏は舛添氏の宿泊ホテルに関する発言について追及した》

 音喜多氏「知事は『トップが二流では恥ずかしいでしょう』と発言しております。そこで世界ナンバーワン都市の一つ、ロンドン市長との比較をしてみたいと思います。知事は航空券代266万円、ロンドン市長66万円。随行者は知事19人、ロンドンは6人。旅費は知事5040万円、ロンドン市長は680万円だった。文字通りけた違い。どうお感じになりますか」

 舛添氏「委員がおっしゃったように物価の違いなどさまざまな条件の違いがあるので単純には比べられませんが、大変大きな差であると思いますので海外を参考にしながら、できるだけ経費節減に務めたいと思います」

 音喜多氏「知事にとってファーストクラスとビジネスクラスの違いは何でしたか」

 舛添氏「私の場合、非常にタイトなスケジュールをつくります。空港で相手の市長さんと会談することもあるので、機内でゆっくり休めるに越したことはありません。ビジネスクラスも休めるようになっていると聞いているので、できるだけ経費節減したいということでファーストクラスはやめたいと申し上げました」

 音喜多氏「これまでさんざん申し上げてきたのに知事は(その際に)是正しなかった。なのに政治資金の問題が出てきて、今度はビジネスで頑張りますと言っている。それまでは知事の判断で続けてきたわけですよね。ということは、これまでは不適正だったと認めるのかお答え下ください」

 舛添氏「何度も申し上げているように私の最大の反省は、前例を踏襲し、事務方のあげてきたことを一切何もチェックしなかったこと。そういう点は反省しないといけないと思っています。それが適切だったか不適切だったかよりも、これからきっちり改めていきたいということです」

 音喜多氏「事務方のせいにしているのが都民の怒りを買っているのが分かってないのではないですか。判断は不適切だったと認めるんですね」

 舛添氏「申し上げているのは、いい条件のもとで仕事をするのは悪くないということです。しかし、私に欠けていたのは節減と効率追及だったので、それは改めたいと思います」

 《ここで音喜多氏が意外な質問で舛添氏を揺さぶろうとする》

 音喜多氏「ところでロンドン市長は飛行機のマイルをためて節約をしているそうです。知事はマイルをどう使っているのでしょうか」

 舛添氏「おそらく私のマイルがどうなっているかということを含めて、チケットの手配を事務方に任せているので分かりません」

 音喜多氏「知事自身はマイルをためていないのでしょうか」

 舛添氏「基本的には個人で旅行するときは、マイレージカードが財布の中に入っているので、それを事務方に渡したことは一度もございません」

 横山政策企画局長「公務出張でマイルを付けることはございません」

 音喜多氏「多くの都民は嘘をつかれるのではないかと不安視しています。マイルカードを提出することは可能でしょうか」

 舛添氏「私は使っていませんので事務方に精査していただければ出ると思います」

 音喜多氏「公用マイレージはないですよね」

 横山英樹政策企画局外務部長「航空会社によると基本的に個人のものです」

 音喜多氏「公用は基本的にないんです。ただ、カウンターで出せば個人のマイルをためることはできるわけです。なので、潔白を証明するために個人カードを出す意志はないですか」

 舛添氏「それは十分やれると思いますが、まったく使っていないので履歴があるか分かりません」

 音喜多氏「ためることはないので出していただけるということで約束できますか」

 舛添氏「公用で使っていないということなので、十分出せると思います」

 《音喜多氏の質問はさらに細かい部分へ及んでいく》

 音喜多氏「細かく聞いたのは、知事の発言がどうしても信じられないという傾向があるんです。これまでも知事がヤフーオークションで美術品を購入していたことが報道されると、知事はヤフーIDを削除したんです。削除した理由をお伺いします」

 舛添氏「それはIDを悪用して焼売(しゅうまい)を頼まれたり、書籍を頼まれたり、大変お店の方に迷惑をおかけした。それで私の方でただちに削除しました。それが経緯です」

 音喜多氏「IDだけでは注文できません。パスワードはどうやって知られたのでしょうか」

 舛添氏「対応した者がどういう形で受けたのか、都庁舛添宛てで来ているので、少なくとも私のIDを使ったことは事実なので、これは削除しました」

 音喜多氏「ヤフーIDが確実に悪用されたという判断なのですか」

 舛添氏「私は悪用されたと判断しました」

 音喜多氏「インターネットのヤフーを使って注文されたものか確認されたのでしょうか」

 小池潔政策企画局総務部長「そういうものが来たのは確認していますが、どういう経緯で来たのかは確認しておりません」

 音喜多氏「インターネットで確認したのでしょうか」

 小池総務部長「確認できておりません」

 音喜多氏「今、重要な答弁をいただきました。インターネットを悪用したなんて報告されていないではないですか、知事」

 舛添氏「そういうふうに報告を受けたと記憶しております」

 音喜多氏「知事はこう言っていますが、どうでしょうか」

 川澄俊文政策企画局長「私自身も確認しておりません」

 《音喜多氏の細部にわたる追及はさらに続く》

=(15)に続く


舛添知事追及・集中審議(13)答弁態度改まぬ舛添氏、リオ五輪への参加「阻止しなければならない」
産経新聞 6月13日(月)22時17分配信

Futoiyatuda
総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(撮影・春名中)(写真:産経新聞)

 《政治資金の「公私混同」疑惑が指摘されている東京都の舛添要一知事を追及する都議会総務委員会の集中審議。石川良一委員(民進・旧維新)の追及が続いている》

 石川氏「政治資金に対する姿勢も全く同じなんですよ。今までの記者会見でも答弁がころころ変わる。言葉が軽いんですよ。その場さえしのげればという、知事の基本的な姿勢について改めて伺います」

 舛添氏「私の答弁ぶりについて、前からも傲慢(ごうまん)であると指摘されております。私は自分の生来の性格からきていると思います。生まれ変わった形で一つひとつ改めて参りたいと思っております」

 石川氏「その言葉も軽いというふうに受け止めたいと思います。信頼回復を今やっていくことは大変なことだと改めて申し上げたいと思います。知事は昨年5月から今年4月まで湯河原に公用車で行っていますが、災害が起こったらどうしようと考えていたんですか」

 舛添氏「公用車、それから湯河原の施設におけるさまざまな連絡通信手段、そして都庁に副知事を残し、いざ有事の時には移動する手段も確保していました。対応できるという認識でおりました。しかし、あまりにも頻繁に行き、都民の方にもご心配をおかけした。そういう意味で施設を売却し危機管理に徹底するという意味で、(施設売却は)そういう決意であります」

 石川氏「大地震でも災害対策本部を設置して、有事の際には素早い判断が必要なんです。しかし、知事は大震災が起こった際に湯河原にいる。知事は本庁の9階にある防災センターに行ったことがありますか。有事の際、消防、警察など移り変わる災害に対して即座に対策をしていかなければならない。しかしそういう長としての自覚はありましたか」

 舛添氏「私は防災センターで何度も関連の職員と訓練を続けておりますし、また首相官邸と連携してシミュレーションを行いました。大災害が起きたときには、一刻も早く(防災センターに)入る。そういう覚悟であります」

 石川氏「毎週末湯河原に行っていて、できないじゃないですか。そういうことを想定していないということですよ。もし仮に、湯河原に行っているときに震度6弱の地震が(東京で)起こったらどうしますか」

 舛添氏「それは直ちに東京都庁に入ると思います」

 石川氏「東京で震度6弱というとどれだけの被害になるのか。しかも、わざわざヘリで知事を迎えに行かなければならないのですよ。防災センターに行かなければ判断できないことがたくさんあるんですよ。そういうことを分かっていながら、そういうことを言うのは信じがたい。そして湯河原の別荘を売却するということですが、危機管理とどう関連するんですか」

 舛添氏「私は危機管理は一生懸命やってきたので、今後ともやりたいと思っております。湯河原に通ったことは大きな心の緩みですので、しっかりけじめをつける意味でその施設自体を第三者に売却するという決心をした次第であります」

 《続いて石川氏は、舛添氏が予定している知事給与を減額する条例案への批判に移り、次のように締めくくった》

 石川氏「今回知事は、給与減額の条例の提案をしているわけですが、これもやはり勘違いではないかと思っております。8月にはリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが開催されます。次回の開催地の代表として大会旗を受け取るのも舛添知事となってしまうわけです。このような事態を看過することはできません。舛添知事がリオ大会に参加するというのは、阻止しないといけないと思います。本日の集中審議ではなんら進展がなかったと思っております。このようなことを繰り返してもあまり意味がないと思います。よって、舛添知事は即刻辞職することを求めて、質問を終わります」

 《石川氏の厳しい追及を受け神妙な面持ちの舛添氏。本日の集中審議で最後の質問を行う、かがやけTokyoの音喜多(おときた)駿委員による追及が始まる》

 音喜多氏「舛添知事は先の記者会見において、『都民に対して仕事をしないと死んでも死にきれない』と言われました。しかしながら、今や多くの都民がこんな恥ずかしい知事がなお都知事として居座っていれば、また東京都の代表としてリオデジャネイロオリンピックに行くようなことになれば、死んでも死にきれないと、そういうふうに感じていると思います」

 「まず海外出張費用についてお伺いしたいと思います。総務委員会で私から出張費用の明細について問い合わせたところ、政策各局からは答弁ができない、公文書開示請求をしてほしいと信じがたい答弁が帰ってきたものです。この事実をご存じでしょうか」

 舛添氏「そのことは承知しております」

 音喜多氏「3月中旬に総務委員会で答弁を求めて、内訳を出してほしいといったところ、知事の了解のもと、政策各局は答弁をしなかったということでよろしいでしょうか」

 舛添氏「私の了解のもとでというよりは、こういう開示請求が出たときはどういうふうに対応するということが、これは事務レベルでの決済するということで、私はそれは事務レベルにお任せすると、そういうことを申し上げた次第であります」

 《音喜多氏の文書開示に関する質問が続いた》

=(14)へ続く


舛添氏、リオまで在職意向…公明も不信任案検討
読売新聞 6月13日(月)21時55分配信

Futoi_2
都議会総務委員会の集中審議に臨む舛添知事(13日午後、東京都議会で)=片岡航希撮影

 東京都の舛添要一知事は13日の都議会総務委員会で自らの進退について、知事選とリオデジャネイロ五輪が重なることを避けるため、少なくとも五輪後まで知事職にとどまりたい意向を示した。

 ただ、この日の知事答弁は従来と変わらず、知事与党の公明党も不信任決議案提出の検討を開始した。自民党も14日に対応を協議する。共産、民進(旧民主)などの野党は同日の議会運営委員会に不信任案を提出する方針を固めており、15日の閉会日に本会議で上程される見通しだ。

 この日の総務委の集中審議では、各会派が一問一答形式で問いただした。自民党は「知事は説明責任を果たし、自ら身の処し方、けじめをつけていただきたい」と進退について決断を促した。


NHKホールは事実。巨人戦は2回/舛添氏集中審議6
日刊スポーツ 6月13日(月)21時48分配信

Yametecho
都議会総務委員会集中審議で頭を抱える舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用問題について、13日、都議会の総務委員会で一問一答形式の集中審議が行われた。3番目に質問に立った、共産党の曽根はじめ議員の質問が続いている。

 -言い逃れは通用しない段階に来ている。政治資金規正法の基本中の基本。解説本も毎年のように、1万円以上する高いものを5冊、買っている。法律に反する(領収書と明細の)切り離しをなぜやった?

 舛添都知事 明細の中身を隠すつもりは全くない。明細は取り寄せている。

 -小渕優子氏の経済産業相辞任の際は、チェックがずさんと言っている。

 舛添都知事 私自身が反省したい。第三者で知識を持った人を入れたい。

 -家族旅行と分かるから、明細を切り離したのでは? 会議費なら、正月でも通用すると思ったのでは?

 舛添都知事 私には、そういう意図はございません。もともと、家族旅行で計画した中、友人と政治的決断をした。家族旅行の中で、政治活動というのは不適切だとしっかりしてまいりたい。

 -具体的事実は語られず、真実が語られたと誰も信じられない。真実の追求には、百条委員会の設置しかない。知事になってからも10年に世界堂で合計39回の買い物をしているが、ただし書きの欄がありながら記載していない。極めて悪質。公用車について。昨年と一昨年末に、奥さんと同伴し、NHKホールにコンサートに行った。一昨年も公用車に家族を乗せ、3回も巨人戦を見に行った。

 舛添都知事 NHKホールは事実。巨人戦は2回です。

 -巨人戦2回以外は事実ですね。知事は代表質問の答弁の中で「都知事と同時に家族が招待されたと認識した場合に使った」と答えたが、巨人戦に行った。

 舛添都知事 私は隠したつもりはない。園遊会、在京大使館大使に家族で来てくれと呼ばれたり、礼儀でコンサートに行った。野球観戦も、都知事として家族で招待された。

 -そういう言い逃れは通用しない。NHKホールの件、コンサートも、主催者でない団体から招待され、招待元は言えないとした。都政とどういう関係があるのか?

 舛添都知事 非公式な会議をやる際、私の判断から申し上げない。プロ野球が追加種目に加わる可能性があると、20年の準備のために懇談し、都の文化、スポーツ政策に貢献していると思います。

 -都合が悪いと相手方のプライベートを持ち出す。公務や政務としてではなく、自分や家族の趣味のため、公用車を使ったのが実態では?

 舛添都知事 都知事として。家族同伴でお願いされた認識だった。

 -公用車の不適使用は目に余る。公務なら都の管理があるから分かるが…全て闇の中。百条委員会で全て解明しないといけない。知事に対して、今、都民がどう思っているか。どの調査も辞任が9割を超えている。

 舛添都知事 厳しいご批判はしっかり胸に刻みたい。

 -胸に刻んでどうするかが問われている。続投は絶対に許さないという世論を受け、知事の辞職と百条委員会の設置を強く求めたい。


<舛添都知事>都民「どうのこうのでなく一日も早く辞職を」
毎日新聞 6月13日(月)21時46分配信

Yamete
東京都議会総務委員会の集中審議で、質問を聞く舛添要一都知事=都庁で2016年6月13日午後2時39分、小川昌宏撮影

 ◇議会総務委員会の集中審議で追及受けた舛添知事

 13日の東京都議会総務委員会の集中審議で追及を受けた舛添要一都知事。舛添氏が今後の給与の全額辞退を表明し、リオデジャネイロ五輪・パラリンピック閉幕までの不信任案提出見合わせを求めたことについて、東京都民はどう感じたのか。街頭などで聞いた。

 江戸川区の会社員、白鳥広道さん(52)は「給与の全額辞退といっても知事の地位にとどまることが前提の話なので全く納得できない」とばっさり。「五輪の開催時期がどうのこうのではなく一日も早く辞職してほしい」と話した。

 荒川区のアルバイト、松本敏子さん(73)も給与辞退について「そんなんじゃ駄目」と切り捨て「どうせ世界中の人が相手にしないだろうから、このまま知事としてリオに行かせたくない」と速やかな辞職を求めた。

 豊島区の派遣社員の女性(43)は「これまで都民が納得のいく説明を一度もしていないのに、議会の権限である不信任案提出を先延ばしにしてほしいなんて、いいかげんにしてほしい」と怒りをあらわにした。

 文京区の団体職員の女性(52)は「知事選になれば更に税金がかかる。舛添さんが知事としての仕事をきちんとできているのか、もっと冷静に見る必要があるのでは」と指摘した。【野島康祐、柳澤一男、松浦吉剛】


<舛添都知事>今度の連発「全く記憶ない」「覚えていない」
毎日新聞 6月13日(月)21時39分配信

Yamenasai
東京都議会総務委員会の集中審議で、答弁する舛添要一都知事=都庁で2016年6月13日午後2時44分、小川昌宏撮影

 ◇都議会総務委員会の集中審議で追及を受ける

 「政治家としての信義」「精査する」--。数々の公私混同問題について、13日の東京都議会総務委員会の集中審議で追及を受けた舛添要一知事は、政治資金の使途や関係する人物について正面切って答えなかった。こうした姿勢に、議員や傍聴席からは「先延ばしの答弁」「二枚舌」と批判の声が上がった。

 「知事の口から説明できる最後の機会になるかもしれない」「即刻辞職すべきだ」と厳しい指摘が続いても顔色を変えず、軽くうなずきながら与野党議員の質問に耳を傾けた舛添氏。しかし、答弁に立つと時折前後に体を揺らしながら「政治家としての信義という観点から、外に出せないことがたくさんある。政治家の皆さんならご理解いただけると思う」と持論を繰り返した。

 家族で正月に宿泊した千葉県木更津市のホテルでの出版会社社長との面談については「政治家としての命運を決する大きな決断の時だった」と重要性を強調する一方、相手の連絡手段などを確認されると「全く記憶にない」「覚えていない」を連発した。

 また、政治団体から舛添氏に借入金の返済として200万円が支出されていることを問われると「手元に資料がない」と回答しなかった。

 新たな事実を出さない姿勢に、質問に立った鈴木隆道議員(自民)は「今のあなたほど『政治家としての信義』という言葉が似つかわしくない方はいない」と突き放した。

 序盤は冷静な表情で答え続けた舛添氏だったが、終盤には答弁前後に徹底していた一礼を忘れる場面も見られた。

 集中審議の最後では、質問者が自席に戻ると同時に挙手して発言の機会を要求した。不信任案の採決や進退について「リオ五輪まで猶予をいただきたい」と、居並ぶ委員に3回頭を下げて請うた。

 深まらない議論に傍聴席からは「自公は甘すぎる」などとヤジが飛び、委員長が「議事の妨害は禁じられている」と制止する場面もあった。初めて傍聴したという東京都杉並区の無職男性(70)は「議会の任務は税金の使い道のチェック。知事の二枚舌をちゃんと調べてほしい」と不満げに語った。【林田七恵、円谷美晶】


全く記憶に御座いません/舛添氏集中審議5
日刊スポーツ 6月13日(月)21時37分配信

Yamere
都議会総務委員会集中審議で上を見つめる舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用問題について、13日、都議会の総務委員会で一問一答形式の集中審議が行われた。3番目に共産党の曽根はじめ議員が質問を行った。

 -木更津のホテルの件。何時間もの会議があったという知事の説明に、都民から疑問の声が多くなった。その中、2度の会議の中で事務所の何人かと、というところから、ある社長との面会という話に変わった。

 舛添都知事 出版社社長とは親しい。「ら」という形で大まかに言ったのは反省している。会議の内容は、面談も会議もほとんど変わらないと思う。出馬についての相談もした。私は、その後、しっかり思い出すと1時間だと思っている。

 -出版社社長には誰がいつ来てほしいと連絡した?

 舛添都知事 詳しくは覚えておりません。

 -どういう交通手段で来た? 答えられないとやったこと自体が疑わしくなるが。

 舛添都知事 どういう手段で来たかたずねておりません。

 -正月に世話になった社長を呼んでおいて、交通費は呼んだ側が支払うのは当然では

 舛添都知事 そういうことはないと思います。

 -お願いして正月に来てもらって、交通費を払わないとは信じ難い。社長はどういう格好で来た?

 舛添都知事 細かく覚えてないがラフな格好だった。

 -元日? 2日?

 舛添都知事 2日だったと思う。細かくは覚えていないがお昼だった。

 -知事のご家族のチェックイン、チェックアウト時間は?

 舛添都知事 元旦にチェックインしたと思う。3日のチェックイン限度に出たと思う。

 -知事は勘違いしてる。14年1月の都知事選出場の面談について聞いている。面談の日にちは何日の何時?

 舛添都知事 最初の年と勘違いしていました。元旦から3日です。2年目も正確な時間は覚えていませんし(ホテルの)チェックインの時間に合わせた。

 -ホテルは(午後)3時以降チェックイン、(午前)10時にチェックアウト。となると会議は午後。

 舛添都知事 知事選出馬は極めて微妙。できる限りもらしたくなかった。

 -部屋で面談している時に、ルームサービスでコーヒーは出した?

 舛添都知事 極めて機密を保ちたい。部屋のポットのお茶か水しか出してない。

 -5月13日の会見で、もともと家族旅行として計画、予約したと言った。

 舛添都知事 正月の家族旅行として予約したものです。

 -元日、2日と宿泊したのは知事の家族の4人だけ。

 舛添都知事 私と妻、子ども2人の4人。

 -1年目は23万、2年目は13万…家族の宿泊以外の経費は含まれていない?

 舛添都知事 今、明細を取るよう指示している。確か、食事は宿泊と一緒。腰を痛めていたから、マッサージがルームチャージの費用に入っているかもしれないが、家族4人の費用であることは間違いない。

 -虚偽記載が疑われている会議費用、ルームサービス、フロントのサービスも受けなかった。13万円あまりの記載は、虚偽ということになるが?

 舛添都知事 会議のための部屋を取って会議をしたわけではない。客室に入れるのは、してはいけないと深く反省し、次から会議室を取る。都知事選挙の出馬は、極めて大きな政治的決断。短期間の面談ではあったが、命運を決める政治的決断。政治資金に当たると判断したが、大変恥ずかしいことだと思う。

 -虚偽記載という違法行為は消えない。都民は、見つかったら返せばいいと、居直っているから怒っている。知事は面談はあったと言うが、弁護士も証拠も示さず相手も名乗らない。1つでも実在の根拠はあるか?

 舛添都知事 私は政治家として、政治の機微にかかわる問題は、大変申し訳ないがお話しするのはご容赦いただきたい。

 -面談そのもの存在も怪しいと言わざるを得ない。知事はホテルの領収所をグローバルネットワーク研究会宛にしているが、個人ではなく政治団体宛にすると決めたのはいつ?

 舛添都知事 極めて大事な政治決断をする、政治活動をカテゴリー分けをしたので、面談が終わった後、記載した。

 -家族旅行としてチェックインし、面談終了後、チェックアウトの際にグローバルネットワーク研究会宛にしてもらったという判断でよろしいか?

 舛添都知事 私の記憶が正しければ、チェックアウトの時に領収書を切ってもらう際に、そうした。

 -極めて不可解。私も先日泊まったが、宿泊する際に領収署名の宛先を書き込むようになっている。最後に変更するなら、領収書は打ち直しになる。手続きしたか?

 舛添都知事 チェックインの際に書いたか記憶してない。最後の領収書の時にきっちり書いたが、友人が来ると認識した際に、そう書いたかもしれない。記憶が定かではございません。

 -最初のチェックインの時、グローバルネットワーク研究会の支払いの手続きをしたのでは? 手書きの領収書に切り替えることもできるが、ただし書き欄がついた複写式の領収書を発行する手続きになっている。記憶にないか?

 舛添都知事 細かい領収書の切り替えは記憶にない。明細書を今、要請している。ホテルの方で正確に分かっていればお伺いしたい。

 -ホテルは(領収書などを)10年近く、保存しているというので必ず用意してください。

 舛添都知事 必ずご用意したいと思います。

 -チェックインの際から、政治団体宛にしていたからこそ、グローバルネットワーク研究会宛に発行されるのが普通のやり方。切り替えたならホテルに残る。家族旅行を最初から政治資金で行おうとしたとしたら、極めて悪質。作り話の疑いも強くなる。

 舛添都知事 政治家としての進路を決める、極めて重要な政治活動だと思っている。

 -ここまで事態が深刻になっているんだから、人物を明らかにしないと誰も信用しない。支払い段階で領収書の宛名を変えたのなら、厳しく調査したい。領収書にただし書き欄がなかったと言うが、実際には明細はついていたのでは?

 舛添都知事 全く記憶に御座いません。

 -では、私がもらった領収書のコピーを差し上げます。知事、思い出されましたか? 領収書の上には、支払いの明細があるのでただし書きがない。全体として一体のもの。上を切り離せば、法律で認められる領収書等にはみなされない。知っていたか?

 舛添都知事 ご指摘のように、きちんとやらないといけない。これからは間違いないようにしたい。

 -知事も会計責任者も、そのことを知らないわけはない。

 舛添知事 しっかりと是正しなければいけない項目。反省し、そういうことはないようにしたい。


私は着服をしたことは一切ない/舛添氏集中審議4
日刊スポーツ 6月13日(月)21時37分配信

Yamena
都議会総務委員会集中審議で挙手する舛添要一都知事(撮影・河野匠)

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用問題について、13日、都議会の総務委員会で一問一答形式の集中審議が行われた。2番目に、公明党の、まつば多美子都議が質問を行った。

 -猪瀬前知事の辞職の後に就任し、信頼の回復も大きな責務だったはず。まず美術品について。資産隠しとの指摘もある。購入した美術品106点は、知事の政治団体が政治資金で購入した。新党改革が56万円、グローバルネットワーク研究会244万円、泰山会は14万円で合計314万円。解散した2団体の美術品は泰山会が所有した説明して欲しい。

 舛添都知事 私物化、私有するつもりはない。解散した団体における資産として泰山会に引き継いだ。資産報告を含め、解散の経緯、泰山会の発足に伴い、きちんと明記されていると思う。

 -資産とおっしゃった。政治資金で資料で購入したと言っていたが、資産と今、言ったのは重要なこと。政治資金で購入した美術品は、価値があると考えている。泰山会が所有するなら2団体が解散した平成26年から。同会の収支報告書には、美術品をもらい受けた記載がない。

 舛添都知事 資料と言い直したい。報告書が今、手元にないので、きちんと精査して答えたい。

 -手元に、政策企画局から出された資料があると思うが

 舛添都知事 どのページのどれか? 

 -7月31日に40万、45万の寄付があった。その15ページです。何の記載?

 舛添都知事 車をそのまま寄付するとして書いた。

 -取得価値が上がる可能性がある美術品の記載がどこにもないのはなぜ?

 舛添都知事 資料代としていた。私物化しない。政治団体で政治資金で買ったものですから、そのまま引き継がせていただいた。

 -車は記載するのに美術品を記載しないのは矛盾。5万円を超えるものは記載しなければいけない。取得額が5万円を超える美術品もある。

 舛添都知事 その価値は分からないが、資料代として計上しましたので、資産という感覚ではなくて、そのまま引き継いだということ。私の認識が誤っているなら、どう是正するか考えたい。

 -価格は美術年鑑を見れば分かる。美術品は泰山会事務所にあるという。収支報告書に記載しないのは、政治資金規正法が禁じる不記載に相当する資産隠し。30万円を超える美術品もある。これは資料じゃなく資産。知事も資産と言った。

 舛添都知事 政治資金で購入した美術品の転売は一切、やっていないと言いたい。海外からのお客さまに浮世絵をお渡しした。何度かプレゼントしたことがある。

 -政治資金で購入した全ての美術品、贈呈先の氏名、取得金額の時価などを資料要求したい。

 舛添都知事 大半は都庁においてあります。それ以外は泰山会の事務所にある。ご覧いただきたい。

 -いつ見せていただける? 不記載に当たる疑問、譲渡や転売がないか疑問がある。20日の集中審議までに見せていただきたい。

 舛添都知事 そういう方向で準備したい。

 -新党改革の収支報告書には、組織対策費として平成26年に合計800万円、25年に合計250万円、合わせて1050万円が支出されている。何のために使ったか記載されてない

 東京都選管委員 新党改革については東京都選管に収支報告書が提出されていない。総務省に提出されている。見ていないのでお答えかねる。

 -知事は領収書の提出が求められていないと言ったが

 舛添都知事 政治の世界では非公式な食事や会合、いろいろな折衝がある。私は着服をしたことは一切ない。

 -客観的に説明できないなら特別秘書の参考人招致を要求します。平成23年にはグローバルネットワーク研究会12月7日に200万円の借入金の返済をしていますが。

 舛添都知事 手元に詳細な資料がない。きちんと調べてあらためて後日、報告したい。

 -公用車について。昨年5月30日に小笠原と都内で地震があったのに、湯河原に向かった。都内で大雨警報があった際も、解除前に湯河原に向かった。都職員がさまざまな支援活動に奔走する中、公用車で湯河原に行った。災害の状況を知らなかったのか? そこまでして湯河原に行った理由は?

 舛添都知事 私は、警報、その他を存じ上げなかったことはないが、しかるべき対応をするように、連絡体制を取りながらやっていた。改めたいが1週間の仕事の整理、手術をした後の温泉療法をしたかった。

 -それで職責を全うしていると言えるのか?

 舛添都知事 厳しくご指摘をいただいた。反省したい。

 -答えになっていない。4月の熊本地震の際は米国に出張していたが、帰国当日も翌日も都庁には来ていない。責任感が欠如している。東日本大震災の被災地・福島への訪問も繰り返し要請したが、この2年間、1回も東日本大震災の被災地を訪問していない。「就任以来、なかなか時間が取れず、参ることができない」と答弁したが、湯河原には49回、しかも公用車で行った。最初から被災地に行く気がなかったのでは? 「復興五輪」と位置付けた20年の五輪を語る資格はありません。辞職すべきです!!


<舛添都知事>知事不信任案「リオ五輪終了まで猶予を」
毎日新聞 6月13日(月)21時35分配信

Yamero
東京都議会総務委員会の集中審議を終え、自身の不信任案に関して猶予を求める発言をして、頭を下げる舛添要一都知事=都庁で2016年6月13日午後6時37分、小川昌宏撮影

 ◇リオ五輪後も批判が続くなら「辞職もやむ得ない」示唆

 東京都の舛添要一知事は13日、都議会総務委員会の集中審議で、共産が今定例会に提出する方針の知事不信任案について「可決されると(8~9月の)リオデジャネイロ五輪・パラリンピックの最中に選挙を行わなければならない。(終わるまで)猶予を頂きたい」と述べた。その上で「猶予の後で知事にふさわしくないと判断されれば不信任案を出してほしい」と述べ、リオ大会後も批判が続くなら辞職もやむを得ないとの考えを示唆した。さらに今後の給与を全額受け取らないと表明した。

 舛添氏は集中審議の最後で発言を求め「都民の皆様に伏してお願いしたい」と切り出した。不信任案が可決されれば辞職して知事選になるか、議会を解散して都議選を行うことになるとして、リオ大会に選挙が重なるのは「次期開催都市として、国家的大事業の2020年東京五輪・パラリンピックに極めてマイナスになる。混乱は公益にそぐわない」と語った。

 その上で自身の進退について「知事の座にしがみつくわけではない」と述べ、不信任案提出の判断を9月18日閉会のリオ・パラリンピック後に先送りするよう求めた。

 集中審議は質問を通告しない一問一答形式で行われ、6会派の計6人が質問に立った。自民を除き、公明を含む5会派は辞職を求めた。鈴木隆道議員(自民)は、政治資金から費用を支出した家族旅行先の千葉県木更津市のホテルで面談したという出版社社長の氏名や、公用車で向かったNHK交響楽団のコンサートに、家族同伴の招待をした団体名を尋ねた。舛添氏は「政治家としての信義があり明らかにできない」と説明を拒んだ。

 松葉多美子議員(公明)は、大量の美術品が解散した政治団体から新たに設立した政治団体に引き継がれているのに政治資金収支報告書に寄付として記載されていないと指摘した。これに対しては「資産でなく資料であり、大半は都庁に置いてある。転売したことはない」と主張し、20日までに作品リストと保管場所を提示することを約束した。

 集中審議を受け、都議会民進(旧民主系)と民進都議団(旧維新系)は14日の議会運営委員会に共同で不信任案を提出することを決めた。【飯山太郎、川畑さおり】


舛添氏公私混同疑惑 不信任案可決なら? 10日以内に辞職か議会解散
産経新聞 6月13日(月)21時26分配信

 都議会共産党などは15日の閉会日までに、舛添要一知事の不信任決議案を提出する。ただ、「共産の不信任案に自民、公明が相乗りするとは考えにくい」(議会関係者)といい、自公が独自に不信任案提出に踏み切らない場合は、調整の難航が予想される。

 地方自治法によると、不信任案は本会議で都議の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。知事は10日以内に辞職か、議会解散の選択を迫られる。解散しない場合、知事は自動的に失職。解散した場合は、改選後の都議会で過半数が賛成して不信任案が可決されれば、失職が決まる。

 これまでに都知事に対する不信任案が可決された例はない。15日の閉会日に行われる本会議で、不信任案に対する審議が行われなければ、次は臨時議会を招集するか、9月に開かれる定例会を待つことになる。


舛添「集中審議」は時間の無駄? 質問も答弁も「金太郎飴」
J-CASTニュース 6月13日(月)20時25分配信

 舛添要一都知事の政治資金問題について集中審議が都議会で行われたが、舛添氏は、以前と同じ答えを繰り返した。ネット上では、自民党などの質問ぶりにも批判が相次いだ。

 2016年6月13日午後に行われた総務委員会の集中審議は、事前通告制ではない一問一答式だけに注目を集めた。

■自民党都議は、報道された内容を繰り返し質問

 議会が用意した傍聴券69枚は、正午前にはすべてはけてしまったほどだ。

 まず最大与党の自民党の鈴木隆道氏が質問を始める。舛添氏の問題で費やした議事の時間が13時間に達したと指摘し、「一体どれだけ時間がかかっているのか」と語気を強めた。誰1人知事の言葉に納得していないとして、「知事が説明できるのは、最後の機会になるかもしれない」と厳しい追及の姿勢を見せた。

 ところが、具体的な質問になると、報道に出ているような内容を繰り返し質問するだけだった。

 舛添氏が千葉県木更津市内のホテルで行ったとした会議について、客室に招いた出版社社長とは何者かと質問すると、舛添氏からは、「政治家の信義に関わり、名前を出すのはご容赦を」とかわされた。神奈川県湯河原町の別荘まで使っていた公用車の問題については、家族の同乗は一度もないのかなどと聞くだけで、舛添氏は、文化施設などから家族で来てほしいと言われたときだけだと、以前の答えを繰り返した。

 さらに、鈴木氏は、1時間の持ち時間があったが、5分前の55分で早々と質問を止めてしまった。

 自民党の次は、同じ与党の公明党の松葉多美子氏が質問に立ち、鈴木氏と同様に「集中審議が最後の機会になるかもしれない」と舛添氏をけん制した。

「続投」言い続ける強心臓に呆れる声も
 松葉氏の質問は、やや具体的で、舛添氏が購入した美術品を引き継いだ政治団体の収支報告書に金額の記載がないとして、政治資金規正法違反に相当すると指摘した。美術品が転売されていないか、次の集中審議がある6月20日までに現物を見せてほしいと舛添氏に迫り、舛添氏から「そういう方向で精査したい」との言質を取った。最後には、舛添氏に対し、「辞職すべきです」と迫ったが、政治資金などの疑惑にも突っ込んでも、舛添氏からは「きちんと調べて、改めて答えたい」とかわされていた。

 その後、共産党、民進党など野党委員が質問に立ったが、舛添氏はこれまでの答弁を繰り返すにとどまり、疑惑の解明には程遠かった。

 ツイッター上では、「#集中審議」のハッシュタグに意見が集まり、与党、特に自民党の質問ぶりに批判が集中した。「馴れ合い答弁」「時間がもったいないぞ」「早く切り上げて他の人に代わって」などと厳しい声が相次いで書き込まれた。また、各党の質問や舛添氏の答えが同じ内容で繰り返されることには「金太郎飴」との批判も上がった。

 一方で、辞任を求める声が相次ぐ審議の中で、続投の意志を表明し続ける舛添氏に対しては、その強心臓ぶりに呆れる声も出ていた。

 自民党などの質問ぶりには、日テレ系「ミヤネ屋」司会の宮根誠司さんが、審議中の13日の放送で、鈴木隆道氏の質問に対し、「甘噛みに近い」と指摘。「舛添さんからの回答に『はい分かりました』と答えて、次の質問を読んじゃってる」「55分? 巻いちゃダメでしょう」と厳しいコメントを口にしていた。

« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・19 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・21 »

ニュース」カテゴリの記事

左翼・売国」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63777591

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・20:

« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・19 | トップページ | 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・21 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31