« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・5 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・81 »

2016年5月18日 (水)

東武鉄道東上線で脱線事故

18日午後0時12分頃、東京都板橋区の東武鉄道東上線・中板橋―大山駅間で、成増発池袋行きの上り普通列車(10両編成)が脱線した。

東武鉄道によると、約400人の乗客にけが人は出ていない。この事故の影響で、18日は終日、池袋―上板橋駅間の上下線で運転を見合わせた。東武鉄道では19日始発からの運転再開を目指すとしている。

現時点では事故原因は不明。脱線車輌の台車枠に亀裂が生じていたとの報道もあるが、この亀裂が脱線の要因となったのか、あるいは脱線の結果生じたものかについても明らかではない。

リンク:<東武線脱線>台車の亀裂3年以上見逃す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台車に亀裂、バランス崩れる=脱線事故で調査結果―東武 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東武東上線脱線>台車に事故前から亀裂 見過ごされ運行か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東武東上線>始発から通常運転に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武鉄道の東上線で脱線事故…台車に亀裂 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武東上線脱線事故 始発から平常運転 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:脱線事故の東武東上線、19日始発の再開目指す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武線が脱線、18万人影響=「車両に異常」乗客通報―400人線路歩き駅に・東京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「歩いて帰宅するしか…」東武東上線脱線で混雑する池袋駅、乗客からため息 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東武東上線>19日始発からの運転再開目指す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東武東上線脱線>「ガンガンガン、連続の大きな音」に驚く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東武東上線>5両目車軸2本が右側に脱線 ATS壊れる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:車体支える台車に亀裂 東武東上線脱線、池袋-上板橋間運転見合わせ続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東上線脱線 一部見合わせ続く 直通線区でもダイヤ乱れ(18日19時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武東上線、再開見通したたず…列車脱線事故 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:脱線した東武線の電車 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武東上線脱線事故 一部見合わせ続く(18日16時30分現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武東上線「脱線事故」は、なぜ起きたのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武線が脱線、けが人なし=「車両に異常」乗客通報―東京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武東上線が脱線 緊急停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東武東上線>上り電車が脱線…東京・大山駅付近 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武東上線が脱線、乗客線路歩く…一部区間不通 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東武東上線で脱線事故 一部運転見合わせ(18日14時30分現在) - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<東武線脱線>台車の亀裂3年以上見逃す
毎日新聞 10月18日(火)23時24分配信

 5月に東京都板橋区の東武東上線で起きた脱線事故で、東武鉄道は18日、脱線の原因となった台車には3年以上前から亀裂が生じ、定期検査で見逃してきたとする調査結果を発表した。亀裂の原因は不明。国土交通省は同種の台車を使う鉄道事業者に検査の徹底を求める方針。

 国交省令は4年ごとの重要部検査(重要部分解)を定め、事故車両は2013年5月に検査を受けたが、亀裂の生じた部位は検査対象ではなかった。同社は「これまでに亀裂の前例はなかった」(鉄道事業本部)としている。

 国交省は、事故車両が亀裂の生じた状態で3年以上も運行され、事故2日前の目視点検でも見逃されたことなどを問題視している。

 脱線事故は5月18日、東武東上線の中板橋駅(板橋区)近くを走る成増発池袋行きの上り普通電車(10両編成)で発生。乗客約400人にけがはなかった。【高橋昌紀】


台車に亀裂、バランス崩れる=脱線事故で調査結果―東武
時事通信 10月18日(火)18時8分配信

 東京都板橋区で5月、東武東上線の普通列車が脱線した事故で、東武鉄道は18日、台車の枠に入った亀裂により車輪の荷重バランスが崩れて脱線に至ったとする調査結果を発表した。

 亀裂は3年以上前から生じていたとみられるが、点検項目に入っておらず、同社は検査マニュアルを改めた。亀裂が入った原因は引き続き調べるという。

 事故は5月18日午後0時10分ごろ、中板橋―大山間で発生。成増発池袋行き普通列車(10両)の5両目が脱線し、乗客約400人が線路を歩いて避難した。同日は終日運転を見合わせ約18万人に影響した。

 同社によると、車両の重さを車輪に伝える鉄製の台車の枠に幅1.2センチ、長さ18センチの亀裂が入っていた。レールにゆがみなどの異常は見つからず、亀裂により車輪にかかる荷重のバランスが崩れて脱線したとみられるという。

 2013年5月の車両検査では、亀裂が入った部分の検査をしていなかった。国が定めるマニュアルに基づいて点検していたが、遅くともこの時点では亀裂が生じていた可能性が高いという。

 この事故では、運輸安全委員会も原因を調べている。


<東武東上線脱線>台車に事故前から亀裂 見過ごされ運行か
毎日新聞 10月3日(月)15時0分配信

162
東武東上線の脱線はどのようにして起きたか

 今年5月に東京都板橋区の東武東上線で起きた脱線事故で、事故車両の台車に脱線前から亀裂が生じていたことが関係者への取材で分かった。亀裂が見過ごされたまま運行が続けられ、拡大して脱線につながった可能性がある。国の運輸安全委員会もこうした状況を把握し、経緯を調べているとみられる。

 運輸安全委や東武鉄道によると、事故は中板橋駅近くで5月18日昼、成増発池袋行き上り普通電車(10両編成)の前から5両目の車軸4本のうち、後ろの2本が脱線した。直後の調査で、この2本を支える台車枠の側面に長さ15センチ、最大幅12ミリの亀裂が見つかった。

 関係者によると、この亀裂の下部にさびが生じていた。亀裂ができた後、風雨などに一定期間さらされたためらしい。当初は小さかった亀裂が広がって、台車のバランスが崩れたため、脱線が起きた可能性がある。

 亀裂の発生場所は鋼鉄製の台車枠と補強用鋼材の溶接部分に近く、金属疲労が起きやすいという。運輸安全委は亀裂発生の原因や時期などを慎重に調べている。

 事故車両は1989年10月製造。東武鉄道は、国土交通省令に基づく8年ごとの全般検査(全部分解)を2009年11月、4年ごとの重要部検査(重要部分解)を13年5月、3カ月ごとの検査を今年3月に行い、6日ごとの自主的検査は5月16日に実施していた。これらの検査が適切に行われていたかどうかもポイントになりそうだ。

 脱線は枕木の傷などから、中板橋駅を出てすぐのポイント付近で発生したことが判明している。駅発車直後に運転士が異常を感じて非常停止させ、乗員・乗客約400人にけがはなかった。

 事故後、東武鉄道は事故車両と同型の198両を一斉に緊急点検したが、問題は見付からなかった。

 東武広報部は「運輸安全委員会の調査に協力している。東武としても独自の調査を進めており、安全安心を確保したい」としている。【高橋昌紀】


<東武東上線>始発から通常運転に
毎日新聞 5月19日(木)8時51分配信

 東京都板橋区の東武東上線で18日、走行中の普通電車が脱線した事故で、東武鉄道は19日始発から、東上線全線で通常運転を再開した。事故前の点検で車両やレールの異常は見つかっておらず、同社や国の運輸安全委員会は原因を調べている。同社は事故を受け、同型車両198両の一斉緊急点検を始めた。

 事故は18日午後0時12分ごろ、中板橋-大山駅間で起きた。成増発池袋行き上り普通電車(10両編成)の前から5両目の後方台車が脱線した。乗員・乗客にけがはなかったが、東上線は一部で終日運転を見合わせ、約18万人に影響した。

 同社によると、この電車は中板橋駅で準急の通過待ちをして発車した。運転士は時速約30キロで走行中、加速が悪いと感じると同時に車内の非常報知器が押されたためブレーキをかけ、最後尾が同駅から約200メートルの地点で停車させた。現場を確認した運輸安全委の鉄道事故調査官は、同駅のすぐ先にあるポイントの手前で脱線したとの見方を示している。

 事故車両は1989年10月に製造された。国土交通省令に基づく8年ごとの全般検査(全部分解)を2009年11月、4年ごとの重要検査(重要部分解)を13年5月、3カ月ごとの検査を今年3月に実施していた。6日ごとの自主的な検査は16日に行ったという。

 また、レールは今月9日に徒歩で検査し、年1回の定期検査は昨年8月に行っていた。【高橋昌紀】


東武鉄道の東上線で脱線事故…台車に亀裂
レスポンス 5月19日(木)5時0分配信

243
東武鉄道東武東上線の中板橋駅(東京都板橋区弥生町)付近で脱線した普通列車

18日12時12分頃、東武鉄道東武東上線の中板橋駅(東京都板橋区弥生町)付近で、列車脱線事故が発生した。同日23時現在、池袋~上板橋駅間で運転を見合わせている。

[関連写真]

列車を撤去するためには、亀裂の入った部分を再溶接して補強し、再びレールに乗せる必要がある。鉄道事業本部長の都築豊取締役は「明日の初列車には必ず間に合うように全力をあげて復旧作業にあたっている」と、謝罪した。

事故は11時58分成増発池袋行きの普通列車で起きた。中板橋駅を発車し大山駅に向かう途中で非常報知器が鳴動、運転士がブレーキをかけて停止した。走行時は約30km/hで、列車はホームの端から約400メートル走って止まった。非常報知器を作動させた乗客は「車両の外に煙のようなものがあり何かあったと思った」と話す。また運転士も発車後の加速が悪いと感じたという。

停止した列車を点検したところ5両目車両の一部が脱線したことがわかった。ホーム端から50メートルほど先にある分岐器保安部品が損傷して、その先の枕木にレールと並行する長い傷がついていたため、列車は発車ほどなく脱線したと見られる。列車停止までの間にあるATC(自動列車制御装置)のレール側の地上装置(地上子)にも損傷が見られた。

脱線した車両の客車を載せた台車の一部には、台車枠に150ミリ、もっとも開いた部分で12ミリほどの亀裂が入っていた。台車枠はモーターや車輪を支えている。脱線の原因かどうかを確認している。車両は1989年10月製だが、3か月ごとに目視や打音で点検していて、3月7日の点検では異常なかったと同社は話している。同社が所有する同型の198両についても18日中に点検を行った。

乗客に負傷者はなく、非常停車後に歩いて中板橋駅に戻った。

《レスポンス 中島みなみ》


東武東上線脱線事故 始発から平常運転
レスキューナウニュース 5月19日(木)4時30分配信

昨日18日12:12頃、東京都板橋区にある東武東上線の大山~中板橋駅間で、池袋行き上り普通電車(10両編成)の5両目が脱線する事故が発生しました。この影響で、昨日は最終列車まで池袋~上板橋駅間の運転を見合わせましたが、今日19日未明に復旧作業が終わり、始発からほぼ平常通り運転しています。


脱線事故の東武東上線、19日始発の再開目指す
読売新聞 5月19日(木)0時21分配信

 18日午後0時12分頃に東武東上線中板橋-大山駅間で発生した列車脱線事故で、同線は19日午前0時現在も池袋-上板橋駅間の上下線で運転見合わせが続いている。

 東武鉄道は19日始発からの再開を目指し、復旧作業を急いでいる。


東武線が脱線、18万人影響=「車両に異常」乗客通報―400人線路歩き駅に・東京
時事通信 5月19日(木)0時2分配信

 18日午後0時10分ごろ、東京都板橋区の東武東上線中板橋―大山間で、成増発池袋行きの普通電車(10両編成)の5両目が脱線した。

 乗客らにけがはなく、約400人が最寄りの中板橋駅まで線路を歩いて移動した。警視庁などが原因を調べている。この事故で、同線は上板橋―池袋間で上下線とも終日運行を見合わせ、約18万人に影響が出た。19日始発からの通常運転を予定している。

 運輸安全委員会は18日、鉄道事故調査官3人を現場に派遣した。

 東武鉄道などによると、中板橋駅を出発した直後に乗客が非常ボタンを押し、乗務員に「車両に異常があるようだ」と連絡した。電車は約200メートル動いて停車。乗務員が車外に出て確認したところ、5両目の後ろの4輪が脱線し、車両は右側に傾いていた。運転士は「中板橋駅を出てから加速が弱いと思っていた」と説明しているという。

 脱線した車両の車輪を支える台車部分に長さ約15センチ、幅最大1センチほどの亀裂が入っていたことも判明。1989年に製造された車両で、3月の定期点検では異常はなかったという。

 警視庁板橋署などが調べたところ、同駅から約50メートルの線路に傷があり、停車するまで続いていた。何らかの原因で、この地点で脱線したとみられる。

 この電車に乗り合わせた大学4年田鎖澪里さん(21)によると、駅を出た後、動いたり止まったりを数回繰り返して間もなく停車した。車内放送で脱線を知ったといい、「就職活動の説明会に行くはずだった。まさかこんなことになるなんて」と戸惑った様子だった。


「歩いて帰宅するしか…」東武東上線脱線で混雑する池袋駅、乗客からため息
産経新聞 5月18日(水)23時36分配信

 脱線事故の影響で、運転見合わせが終日続いた東武東上線。池袋駅では、帰宅ラッシュを迎えた夕方から通勤客らで激しく混雑した。改札口の前では、駅員が地下鉄などへの振り替え輸送の案内に追われ、東武鉄道の窓口には運転再開の見通しなどに関する問い合わせが相次いだ。

 駅前のバス乗り場には、家路へと急ぐ人で長蛇の列ができたが、満員でなかなかバスに乗れない人の姿も見られた。

 不通となっている池袋-上板橋間の大山駅近くまで帰宅するという40代の女性会社員は午後7時ごろ、「子供の迎えがあるので少し早く会社を出たが、バスに乗れそうもないので歩いて帰宅するしかない」とため息交じりに話した。


<東武東上線>19日始発からの運転再開目指す
毎日新聞 5月18日(水)23時27分配信

240
脱線で停止した東武東上線の上り車両=東京都板橋区で2016年5月18日午後1時22分、本社ヘリから

 18日午後0時12分ごろ、東京都板橋区の東武東上線中板橋-大山駅間で、走行中の成増発池袋行き上り普通電車(10両編成)が脱線し、停車した。乗員・乗客約400人にけがはなかった。

 この事故の影響で、東上線は池袋-上板橋駅間で終日、運転を見合わせた。東武鉄道は19日始発からの運転再開を目指すとしている。


<東武東上線脱線>「ガンガンガン、連続の大きな音」に驚く
毎日新聞 5月18日(水)21時32分配信

241
脱線時に付いたものと見られる東武東上線の6号車後方右側の車輪の傷痕=東京都板橋区で2016年5月18日午後3時31分、宮間俊樹撮影

 東京都板橋区の東武東上線中板橋-大山駅間で、18日午後0時12分ごろ、走行中の成増発池袋行き上り普通電車(10両編成)が脱線した。東武鉄道によると、事故当時の乗車率は30%。駆けつけた駅員らが周囲の安全を確認した後、乗客を車外へと誘導した。車両からの脱出時には車内のベンチシートを取り外し、滑り台式の脱出用シューターのように扉部分と線路上に架け渡した。線路までの高さは1メートル以上あり、飛び降りるとけがをする恐れがあるためという。

 脱線した電車が通過した踏切では、コンクリート製の枕木に削り取られたような跡が残り、砕けたコンクリート片が散らばっていた。踏切は事故後に遮断機が下りたままとなり、付近は迂回(うかい)する車で一時混雑した。

 中板橋駅前で果物店を営む市川保幸さん(78)は「ガンガンガンという連続した大きな音を聞いてびっくりした。踏切事故かと思ったが死者が出るような惨事でなくて良かった」と驚いていた。

 近くを走行中の下り電車に乗っていた60代女性は「脱線した電車では長いシートを線路上に立てかけて、おそるおそる滑るように車外に降りていた」と話した。【春増翔太】


<東武東上線>5両目車軸2本が右側に脱線 ATS壊れる 
毎日新聞 5月18日(水)21時29分配信

240
脱線で停止した東武東上線の上り車両=東京都板橋区で2016年5月18日午後1時22分、本社ヘリから

 ◇池袋-上板橋駅間で運転見合わせ、運転再開のめど立たず

 18日午後0時12分ごろ、東京都板橋区の東武東上線中板橋-大山駅間で、走行中の成増発池袋行き上り普通電車(10両編成)が脱線し、停車した。乗員・乗客約400人にけがはなかった。乗客は駅員らの誘導で線路上を歩き、手前の中板橋駅(板橋区)に避難した。国土交通省運輸安全委員会や警視庁板橋署が原因を調べている。

 東上線は池袋-上板橋駅間で運転を見合わせており、午後8時現在、運転再開のめどは立っていない。

 同署によると、電車は中板橋駅から約200メートルの地点で停車し、前から5両目の車軸4本のうち、後ろの2本が右側に脱線した。中板橋駅を出て約50メートルの地点から約200メートルにわたって枕木に車輪と接触したような跡があり、線路に設置された自動列車停止装置(ATS)が壊れていた。電車は脱線したまま走行したとみられる。

 運輸安全委は鉄道事故調査官3人を派遣した。調査官によると、脱線した車輪はレールから約10センチずれ、この車輪を支える台車の中心部に10センチほどの亀裂があった。中板橋駅のすぐ近くにある急行と普通電車の切り替えポイントの手前から、線路に車輪の跡が残っていたという。枕木の損傷は脱線した車輪がつけたとみられる。

 板橋署によると、乗客が車両内の緊急停止ボタンを押し、運転士がブレーキをかけた。車掌が確認すると、車両下部から煙が上がっていた。この乗客は前から6両目に乗っており「前の車両が上下にグワングワンと揺れていた」と話しているという。運転士は「何かにぶつかったことはない」と話している。

 東武鉄道によると、運転士は「中板橋駅を出発してから加速が悪かった」と話している。停車した現場は緩やかな右カーブで、付近の制限速度は時速35キロ。脱線事故の6分前に同じルートを別の普通電車が通過したが、問題はなかった。

 事故車両は国土交通省令に基づく8年ごとの全般検査(全部分解)を2009年11月、4年ごとの重要検査(重要部分解)を13年5月、3カ月ごとの検査を今年3月に実施した。6日ごとの自主的な検査は16日に行ったという。【深津誠、高橋昌紀、春増翔太】


車体支える台車に亀裂 東武東上線脱線、池袋-上板橋間運転見合わせ続く
産経新聞 5月18日(水)20時38分配信

239
東武東上線が大山駅と中板橋駅の間で脱線した=18日午後、東京都板橋区(荻窪佳撮影)(写真:産経新聞)

 18日午後0時10分ごろ、東京都板橋区の東武東上線大山-中板橋間で、成増発池袋行きの普通電車(10両編成)の一部車両が脱線した。車内には当時、乗客約400人がいたが、けが人はいなかった。車体を支える台車の一部に亀裂が入っていたといい、運輸安全委員会と警視庁が詳しい事故の原因を調べている。

 安全委や警視庁板橋署によると、電車は中板橋駅を出発してすぐに大きな音を立てて縦揺れし、しばらく走って緊急停止した。脱線したのは前から5両目で、車両後部の台車の全車輪が線路から外れていた。台車の金属製の枠に縦に10センチほどの亀裂が入っていたという。

 中板橋駅から池袋方向に約50メートルほどの地点から、停止した地点まで約200メートルにわたり、枕木に車輪が接触したとみられる痕跡が残っていた。この区間にあるレールとレールの間にある自動列車停止装置(ATS)の地上設備も破損していた。東武鉄道によると、運転士は中板橋駅を出発した直後から「加速が悪いと思った」などと話しているという。

 事故当時、この電車に乗って池袋駅に向かう途中だった埼玉県志木市の短大1年、長谷川巧さん(19)は「地震のような揺れで、ジェットコースターよりも怖かった。皆、必死に手すりなどをつかんで体を支えていた」と、驚いた様子で話した。

 事故の影響で、東上線は池袋-上板橋間の上下線で運転の見合わせが続いた。


東上線脱線 一部見合わせ続く 直通線区でもダイヤ乱れ(18日19時現在)
レスキューナウニュース 5月18日(水)19時5分配信

12:12頃、東京都板橋区にある東武東上線の大山~中板橋駅間で、池袋行き上り普通電車(10両編成)の中ほどの車両が脱線する事故が発生しました。この事故によるけが人はいない模様です。
この事故で、東武東上線は池袋~上板橋駅間で運転見合わせが続いており、上板橋~小川町駅間でも通常より少ない本数となっています。また、TJライナーは全列車の運休が決まっています。運輸安全委員会や警察が原因等を調査しており、東武鉄道によると、運転再開までには相当時分かかる見込みです。
帰宅ラッシュの時間帯に入り、振替輸送を行っている各線区では通常より混雑することが見込まれます。また一部の路線ではダイヤ乱れが広がっています。最新の運行情報に注意してください。

■運転見合わせ
・東武東上線(池袋~上板橋)

■本数を減らして運転(17:20現在)
・上板橋~和光市駅間 :20分に1本の割合で運転
・和光市~森林公園駅間:10分に1本の割合で運転
・森林公園~小川町駅間:30分に1本の割合で運転

■ダイヤ乱れ
・東京メトロ有楽町線、副都心線
・西武有楽町線、池袋線
・東急東横線
・みなとみらい線

■振替輸送先
鉄道
・JR東日本:山手線(新宿~田端)、京浜東北線(田端~大宮)、埼京線(新宿~大宮)、川越線、中央線(新宿~西国分寺)、武蔵野線(西国分寺~南浦和)、八高線(東飯能~高崎)、高崎線(大宮~高崎)
・都営:地下鉄全線
・メトロ:有楽町線・副都心線(池袋~和光市)
・西武:池袋線、西武有楽町線、西武秩父線、新宿線、国分寺線
・秩父鉄道(熊谷~御花畑)
路線バス(東上線各駅発着路線)
・東武バス
・西武バス
・国際興業バス
・都営バス
・関東バス


東武東上線、再開見通したたず…列車脱線事故
読売新聞 5月18日(水)18時22分配信

238
脱線した東武東上線の列車(奥)が通過したポイントの周辺を調べる捜査員ら(18日午後2時17分、東京都板橋区で)=吉岡毅撮影

 18日午後0時12分頃に東武東上線中板橋-大山駅間で発生した列車脱線事故の影響で、午後5時半現在、池袋-上板橋駅間の上下線で運転見合わせが続いている。

 東武鉄道によると、再開の見通しはたっておらず、振り替え輸送を実施している。なお、東京メトロ有楽町線・副都心線、東急東横線との直通運転は通常通り行われている。


脱線した東武線の電車
時事通信 5月18日(水)16時44分配信

237
脱線した東武東上線の普通電車と、現場の状況を調べる警視庁の捜査員ら=18日午後、東京都板橋区


東武東上線脱線事故 一部見合わせ続く(18日16時30分現在)
レスキューナウニュース 5月18日(水)16時30分配信

12:12頃、東京都板橋区にある東武東上線の大山~中板橋駅間で、池袋行き上り普通電車(10両編成)の中ほどの車両が脱線する事故が発生しました。この事故によるけが人はいない模様です。
この事故で、東武東上線は池袋~和光市駅間で運転見合わせが続いており、和光市~小川町駅間でも通常より少ない本数となっています。また、TJライナーは全列車の運休が決まっています。運輸安全委員会や警察が原因等を調査しており、東武鉄道によると、運転再開までには相当時分かかる見込みです。
今後、帰宅ラッシュの時間帯に入るため、振替輸送を行っている各線区では通常より混雑することが見込まれます。最新の運行情報に注意してください。

■運転見合わせ
・東武東上線(池袋~和光市)

■本数を減らして運転(16時現在)
・和光市~森林公園駅間:12分に1本の割合で運転
・森林公園~小川町駅間:30分に1本の割合で運転

■振替輸送先
・JR東日本:山手線(新宿~田端)、京浜東北線(田端~大宮)、埼京線(新宿~大宮)、川越線、中央線(新宿~西国分寺)、武蔵野線(西国分寺~南浦和)、八高線(東飯能~高崎)、高崎線(大宮~高崎)
・都営:地下鉄全線
・メトロ:有楽町線・副都心線(池袋~和光市)
・西武:池袋線、西武有楽町線、西武秩父線、新宿線、国分寺線
・秩父鉄道(熊谷~御花畑)


東武東上線「脱線事故」は、なぜ起きたのか
東洋経済オンライン 5月18日(水)16時0分配信

236
脱線した東武東上線の電車から降りる乗客

 5月18日午後0時12分ごろ、東武東上線の中板橋~大山間で、成増発池袋行き普通電車の一部中間車両が脱線した。電車には約400人が乗っていたが、けが人はなかった。東武鉄道が現場の状況や原因を調べている。東上線は池袋~和光市間で不通となっている。

 脱線したのは10両編成の前から5両目(6号車)で、後ろ寄り台車の2軸が脱輪し、車体はやや右側に傾いた。東武鉄道によると、車内の非常通報装置の音が鳴ったため、運転士が非常ブレーキをかけて電車を停車させたという。非常通報装置は乗客が車内の異常などを知らせるための装置だが、同社によると誰が作動させたかは現在確認中という。

■ 「急停車という感じではなかった」

 東武によると、脱線した際にどの程度の速度で走っていたかは今のところ不明。けが人はなく、乗客は現場から約200m離れた中板橋駅まで歩いて移動したという。電車は成増を11時58分に発車し、池袋には12時19分に到着予定だった。

 最後部の車両に乗車していたジャーナリストの本田雅一さんは「特にスピードの出る場所ではないので急停車という感じではなく、前に電車が詰まっている時のような感じで停まった。異音などもしなかったので人身事故かと思った」と事故時の状況を語った。

 電車が停止したのは、最後部車両が中板橋駅から2つ目の踏切を超えたあたりで、現場付近は進行方向に向かって緩やかな右カーブ。車内での案内放送は「『確認をしています』という内容で、何が起こったのかわからない様子だった」という。

 本田さんによると、脱線した5両目に近い車両に乗っていた客は「ガタガタと電車が揺れ始めて(非常通報の)ブザーが鳴って停まった」と話していたという。緊急停車後は駅から駆けつけた駅員らによって、電車のシートをスロープ代わりにして避難した。脱出は時間がかかったものの、特に混乱などはなかったという。

■ 運休は長期化

 本田さんが現場の関係者に聞いたところによると、脱線の原因は不明だが「台車が割れた状態になっている」と話していたという。

 東武鉄道によると、午後2時30分の時点で現場では脱線状況の確認が続いており、東上線は池袋~和光市間の上下線が不通となっている。運転再開の見込みは今のところ未定という。

 (写真は本田雅一氏撮影)


東武線が脱線、けが人なし=「車両に異常」乗客通報―東京
時事通信 5月18日(水)13時34分配信

 18日午後0時10分ごろ、東京都板橋区の東武東上線中板橋―大山間で、成増発池袋行きの普通電車が脱線した。

 東武鉄道によると、脱線したのは前から5両目とみられ、原因は不明。同社や東京消防庁によると、乗客らにけが人はいないもよう。

 東武鉄道によると、電車は10両編成。走行中に客が非常ボタンを押し、乗務員に「車両に異常があるようだ」と連絡した。乗務員が点検し、脱線が判明した。

 同線は和光市―池袋間で上下線とも運行を停止。脱線した車両の乗客は最寄りの中板橋駅に避難誘導した。


東武東上線が脱線 緊急停止
産経新聞 5月18日(水)13時7分配信

 東武鉄道によると、18日午後、東京都板橋区の東武東上線大山-中板橋間で普通電車(10両編成)が緊急停止した。同社が車両点検し、状況を調べている。

 警視庁によると、けが人はいないという。緊急停止した東武東上線の普通電車は、一部の車両が脱線している。

 現場は、板橋区役所から北西に約1キロの住宅街。


<東武東上線>上り電車が脱線…東京・大山駅付近
毎日新聞 5月18日(水)13時7分配信

235
車両トラブルで停止した東武東上線の上り車両=東京都板橋区で18日午後1時21分撮影

 18日午後0時14分ごろ、東京都板橋区の東武東上線の大山駅付近で、成増発池袋行きの上り電車(10両編成)が脱線したと110番があった。警視庁によると、乗客はいたがけが人はいない模様で、状況を調べている。

 東武東上線は池袋-和光市駅間の運転を見合わせている。


東武東上線が脱線、乗客線路歩く…一部区間不通
読売新聞 5月18日(水)12時50分配信

234
脱線した東武東上線の車両(18日午後1時18分、東京都板橋区で、読売ヘリから)=多田貫司撮影

 18日午後0時12分頃、東京都板橋区の東武東上線中板橋―大山駅間で、成増発池袋行きの上り普通列車(10両編成)が脱線した。

 東武鉄道によると、乗客は約400人で、けが人は確認されていないが、車両から降り、中板橋駅に向かって線路上を歩いて移動したという。この影響で池袋―和光市駅間の上下線で運転を見合わせている。

 同社によると、前から5両目が脱線した。車両の底部に何かが接触した可能性があるといい、原因を調べている。

 現場は中板橋駅から池袋方面に200メートル。周囲は住宅街で発生時、騒然となったが、事故による煙などは確認されていない。


東武東上線で脱線事故 一部運転見合わせ(18日14時30分現在)
レスキューナウニュース 5月18日(水)12時30分配信

12:12頃、東武東上線の大山~中板橋駅間で、池袋行き上り普通電車(10両編成)の車両の一部が脱線する事故が発生しました。この事故によるけが人はいない模様です。
この影響により、同線は池袋~和光市駅間で運転を見合わせているほか、和光市~小川町駅間は列車本数を減らしての運転となっています。
東武鉄道によると、「運転再開には相当時分かかる見込み」としており、現在、振替輸送が行われています。

■運転見合わせ
・東武東上線(池袋~和光市)

■列車本数を減らして運転
・東武東上線(和光市~小川町)

■振替輸送先
・JR東日本:山手線(新宿~田端)、京浜東北線(田端~大宮)、埼京線(池袋~大宮)、川越線、中央線(新宿~西国分寺)、武蔵野線(西国分寺~南浦和)、八高線(東飯能~高崎)、高崎線(大宮~高崎)
・都営:全線
・メトロ:有楽町線・副都心線(池袋~和光市)
・西武:池袋線、西武有楽町線、西武秩父線、新宿線、国分寺線
・秩父鉄道線(熊谷~御花畑)

« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・5 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・81 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63649415

この記事へのトラックバック一覧です: 東武鉄道東上線で脱線事故:

« 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・5 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・81 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31