« 熊本・震度7の地震に関するニュース・70 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・71 »

2016年5月10日 (火)

韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・2

東京都知事の舛添要一が、都内の一等地にある都有地の空き地を、都民のために活用せず、こともあろうに韓国人学校の増設のためと称して、反日侵略国家・韓国に貸し出すことを独断で決めた。

都庁には「保育所の整備など都民のために使うべきだ」と反対意見が殺到しているそうだが、当然のことだ。舛添要一という人間は、これまでにも勝手に韓国に行って朴槿恵のご機嫌を取り結ぶ走狗ぶりを発揮してひんしゅくを買ってきた札付きの売国奴だが、ここへきてその韓国の犬としての正体が明らかになった。

Photo_5
朴槿恵に媚びへつらう売国奴のコジキ野郎、韓国の走狗・舛添要一

都内の外国人の待遇を改善することはそれなりに評価すべきだが、なぜ台湾人でもフィリピン人でもインドネシア人でもなく韓国人なのか? 韓国人のような他人の讒言をまき散らしてゆすりたかりをくりかえすような劣悪な者を優遇して、都政にどんなメリットがあるのか?

舛添要一は都民を裏切り侵略国に売り渡す売国奴だ。いくら都知事だからといって、こんな人間の売国独裁行為を断じて許してはならない。日本の裏切り者・都政の独裁者・侵略国家の手先・売国奴の舛添要一を都知事から追放せよ。

最初の記事

リンク:舛添都知事「家族が泊まる部屋で会議」/一問一答1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大名視察、公用車、回転すし…舛添氏の主な公私混同 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事が計上誤り認め一部返金、疑惑は大筋否定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:収支報告書「不適切な点あった」=訂正し返金へ、職務は続行の考え―舛添都知事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏、都知事続投を表明 定例会見で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「部屋で事務所関係者と会議していた」家族旅行疑惑で釈明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【中継予定】舛添都知事が午後2時から会見 政治資金問題など報じられる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「精査」12連発、公私混同詳細説明避け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「会見後湯河原行くんですか」に怒気も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:旅行費疑惑 舛添知事、説明できず「精査してから」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、疑惑発覚後初TV「家族旅行」否定せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事 精査、精査「精査が大事」/一問一答 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏、支出内容説明せず「資料を全力で精査」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、2時間生出演も、疑惑に「精査した上で…」と繰り返す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事ファーストクラスは「仕事の成果出すため」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事「徹底的に精査」繰り返すだけ、司会者苦笑 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事に新疑惑浮上 「会議費」で家族旅行か 政治資金規正法違反の疑い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏に非難轟々 橋下氏「都民に土下座か辞職」 元妻・片山氏「セコイ、小さい」 識者コメント - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事が窮地に 公私混同疑惑には苦しい弁明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:海外出張費、舛添氏が突出 本紙全国知事アンケート 「1泊10万円超」東京のみ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:全国知事に海外出張アンケート 意識の差、節約に工夫こらす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事ピンチ!会議費用で家族旅行…「調べないと分からない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:虚偽記載報道で舛添氏「調べないと分からない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添知事>「会議費」は家族旅行の疑い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、家族旅行問題「精査した上でコメント」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政治資金疑惑、事実関係を精査=舛添都知事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事「調べないと分からない」 「会議費」名目で家族旅行疑惑 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:会議費名目で「家族旅行」と文春報道 舛添氏「質問やめて」 13日の会見で説明へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹田恒泰氏、舛添都知事を猛批判「公金を個人の快楽に使う癖があった人。この病気は治らない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑! - 速報:@niftyニュース.
リンク:「公用車使わない」舛添都知事、反省は… 400万円の返却明言なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏、別荘へ「公用車使わず、回数も少なく」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事湯河原通い 「公用車もう使わない」「批判を受け止めた」と舛添氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「偉くなった気持ちはない」/一問一答 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

舛添都知事「家族が泊まる部屋で会議」/一問一答1
日刊スポーツ 5月13日(金)14時40分配信

Sagi
定例記者会見で報道陣の質問に少し考える様子の舛添要一都知事(撮影・狩俣裕三)

 舛添要一東京都知事が13日、東京都庁の定例会見で、政治資金の使途の疑惑などや公用車の使用、高額出張の問題など数々の問題について語った。記者らとの主な一問一答は次の通り(要旨、敬称略)

【図表】グローバルネットワーク研究会(解散)の主な飲食、宿泊費

 -政治家としての責任をどう考えるか、有権者から理解は得られるか

 舛添都知事 しっかりと精査できた。こういう疑念をもたれることは政治家として恥ずかしい。これからは今まで以上に働く。

 -収支報告書を訂正するというが、私的な会食がなぜ政治活動として記録されたのか。会計責任者は会合に出ていたのか。

 舛添都知事 私はどんな買い物でも領収証を取る。(個人と政治活動の)ふたつ箱があると思ってください。個人のお金も20万とか30万円とかプールしてとってある。会計責任者は(個人と政治活動の)両方の領収証を処理する。勘違いがあって、数件出てきたということ。私が会計責任者を責めるつもりはありません。システムを改善したい。

 -自宅近くの飲食店を取材したところ白紙の領収証を渡した、といっているが

 舛添都知事 白紙と言ってもまったくの白紙という意味ではない。私がもらったのか、かみさんがもらったのか、秘書がもらったのか、わかりませんが、宛名がないということ。金額は書いてある。何かに使うためではない。会計責任者がチェックするためにもらっている。

 -家族と泊まっている部屋で会議をしていたということだが、プライベートという認識か

 舛添都知事 平成26年1月2日という日付だが、数日後には都知事選に立候補した。緊急かつ重要な案件なので、この日くらいしか(会議を)やる時間がない。ただ、正月の休みで子どもたちにも約束していた。大きな部屋だったので1時間だか、2時間だかわからないがやった。家族の部屋を使わないでやっていればよかった。その1年前はまた正月だが、その少し前が総選挙の投票日だった。新党改革惨敗で敗戦処理をしなければならない。数カ月後には自分の参院選挙が迫っていた。そこでこういう形で使った。ただ、返金することにした。領収証自体は政治活動という認識でいる。

 -知事の職は続けるのか

 舛添都知事 全力を挙げて都民のために働く。

(つづく)


大名視察、公用車、回転すし…舛添氏の主な公私混同
日刊スポーツ 5月13日(金)14時28分配信

Drbo_2
グローバルネットワーク研究会(解散)の主な飲食、宿泊費

 舛添要一知事の政治資金をめぐる主な「公私混同」疑惑は以下の通り。

 ◆大名視察(1) 昨秋の5泊7日のパリ、ロンドン出張の経費が5042万円だったことが今年3月に判明。往復ファーストクラス(266万円)、1泊19万8000円のインターコンチネンタル・パリ・ルグランなどのスイートに宿泊し、随行職員は19人に上った。

 ◆大名視察(2) 批判を受け、随行職員を15人に減らしたが、今年4月12~18日のニューヨーク、ワシントン出張も往復ファーストクラス、宿泊は5つ星のウィラード・インターコンチネンタル・ワシントンなどスイート。

 ◆公用車 昨年4月から今年4月11日まで計48回も公用車で東京から約100キロ離れた神奈川県湯河原町の別荘に行き来。「ルール通りにやっている。問題ない」と開き直った。

 ◆会議費用名目で 舛添氏の政治団体の1つ「グローバルネットワーク研究会」(14年7月解散)の収支報告書には、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」に「会議費用」名目で23万7755円(13年)、13万3345円(14年)の支出がある。合計37万1100円。時期はいずれも、正月だった。

 ◆飲食代名目で 都内の自宅近くの高級天ぷら店やイタリア料理店、神奈川・湯河原の別荘近くの回転すし店でも「飲食代」で、1回につき1万数千円~5万6000円を支出。

 ◆趣味の美術品 他の政治団体を含む報告書全体の支出が、900万円以上とも指摘された。


舛添都知事が計上誤り認め一部返金、疑惑は大筋否定
日刊スポーツ 5月13日(金)14時21分配信

 舛添要一東京都知事が13日、東京都庁の定例会見で、政治資金の公私混同疑惑について、疑惑は大筋で否定した。

 一方で、個人的な食事などの支出が一部含まれていたとしてその部分は収支報告書を訂正・削除して返金するなどとした。自身の責任の取り方について「会計のシステムを改善する。今後このようなことが2度とないようにする。これまで以上に都民のために働きたい」などと話した。「できるかぎりの説明責任は果たした」とも述べた。

 舛添知事は、ホテルの会議費用について、「東京都知事選に出馬を決める政治的に極めて重要な会議」と「数カ月後にある自分の参院選のための重要な会議」を家族と宿泊している部屋で行った、と話した。一方で、「誤解を招いたので返金する」ともした。

 自宅近くのイタリア料理店についての飲食代については「自宅の近くであるとともに、政治団体の事務所の近くでもある。事務所関係者との会合に使っている」とした。一部私的な食事については収支報告書を訂正削除するとした。

 湯河原の回転すし店での費用については「施設に来た事務所関係者などと同店を利用して打ち合わせをしている」として大部分は政治活動とした。一部私的な費用が含まれていたとして、収支報告を訂正削除して、その分は返金するとしている。

 自宅近くの天ぷら店については5万5255円については収支報告書を訂正削除で、返金するとした。

 千葉県内のホテル近くのアウトレットで「ダンヒル」のポーチを購入したことについて「政治活動で使っています」としている。

 領収証は宛名書きなしでもらうケースがあり、政治活動での支出と私的支出の領収証を、会計責任者にまとめて渡して処理してもらっていたために、数件私的使用が紛れ込んだという説明で、ずざんな会計管理という指摘は免れない。


収支報告書「不適切な点あった」=訂正し返金へ、職務は続行の考え―舛添都知事
時事通信 5月13日(金)14時17分配信

Kojiki_2
記者会見する舛添要一東京都知事=13日午後、東京都新宿区の東京都庁

 東京都の舛添要一知事は13日の記者会見で、週刊誌が報じた自らの政治資金をめぐる疑惑について「不適切な点がいくつかあった」と述べ、政治資金収支報告書の記載に複数のミスがあったことを認め、一部の支出について訂正し返金する意向を明らかにした。

 その上で「疑惑を持たれるのは政治家として誠に恥ずかしいこと。二度と起こらないように、都民のために今まで以上に働く」と述べ、職務を続ける考えを示した。

 舛添氏によると、世田谷区の自宅や神奈川県湯河原町の別荘近くの飲食店での一部の支出について「政治活動に利用したことを確認できなかった」ほか、個人の飲食代が誤って計上されていた。

 収支報告書によると、舛添氏の政治団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)は2013年と14年に「会議費」として千葉県木更津市のホテルに計約37万円を支出。これについて11日発売の週刊文春が、実際には家族旅行に使われた疑いがあると報じたが、舛添氏は、いずれも衆院選の総括や都知事選への対応をめぐる事務所関係者との会議のために使ったと説明。「家族と宿泊した部屋を利用したことは反省している。今後は別途部屋を借りるようにしたい」などと述べた。この支出も返金するという。


舛添氏、都知事続投を表明 定例会見で
サンケイスポーツ 5月13日(金)14時15分配信

Teki
定例記者会見で、冒頭にさまざまな疑惑について説明する舛添都知事=東京都新宿区(撮影・早坂洋祐)(写真:サンケイスポーツ)

 高額な海外出張費や公用車での別荘通いに続き、政治資金で家族旅行をした疑いを持たれている舛添要一東京都知事(67)は13日、都庁で定例記者会見を行い、「真摯(しんし)に受け止め、今後の政治活動、都政を運営するのにしっかり心がけていきたい」と話して辞任を否定。引き続き続投することを表明した。

 会見の冒頭、舛添氏は「このような懸念を持たれていることは誠に不徳の致すところ」と述べて謝罪した。その上で都知事の続投を明言し、舛添氏の政治団体が、家族旅行だった疑惑がある千葉県木更津市のホテルに宿泊費を支出したことについては「関係者と会議をしている」などと疑惑否定した。

 一方、飲食代は一部、個人の消費分が含まれていたことを認め、政治資金収支報告の修正を行うとした。

 舛添氏に関しては、11日発売の「週刊文春」が、舛添氏が家族旅行の費用を自身の政治団体の政治資金収支報告書に記載したとして、政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると報道した。


舛添都知事「部屋で事務所関係者と会議していた」家族旅行疑惑で釈明
弁護士ドットコム 5月13日(金)14時15分配信

東京都の舛添要一知事は5月13日、政治資金で家族旅行をしていた疑惑が「週刊文春」で報じられた問題をめぐり、定例記者会見で説明した。舛添氏は「家族と宿泊していたホテルの部屋で、事務所関係者等と会議していた」と釈明。「収支報告書の訂正削除したうえで、返金することを決めた」と述べた。

舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(2014年解散)の収支報告書には、参議院議員時代の2013年1月、千葉県木更津市のホテルに約24万円を「会議費用」として支出したと記載されていた。また、都知事就任直前の2014年1月にも、同じホテルに約13万円を支出している。

しかし、5月11日発売の「週刊文春」によると、このホテルの関係者は「二回とも会議は一切、開かれていません」「舛添さんはお子さんを連れて、慰安旅行でご利用になりました」と証言したという。同誌は、政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると指摘している。

こうした状況において、舛添氏は、マスメディアの取材や12日夜放送のテレビ番組などで、「(事実関係の)精査が終わったらコメントする」と繰り返していた。舛添氏についてはほかにも、公用車を利用して、毎週末、神奈川県湯河原町の別荘に通っていたことが、週刊文春の報道で指摘されて、注目を集めていた。

●「政治活動だと認識している」

舛添知事は会見で、今回の報道について、「誠に不徳のいたすところと恐縮している。ご心配されている方々にはお詫び申し上げる。都民をはじめいろんな意見が寄せられていることについては真摯に受け止める」「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

そのうえで、「ホテルの宿泊していた部屋で、事務所関係者等と会議をしていた」と説明。2012年12月の総選挙結果の総括や、2013年7月の参議院議員選挙への対応、2014年2月の都知事選への対応について、それぞれ会議をおこなったのだという。「当然やらないといけないことだった」「極めて日程が限られているなかで、こういうかたちでやるしかなかった」「政治活動だと認識している」という見解を示した。

一方、家族で泊まった部屋を使ったことについては、「反省している」と述べた。しかし、会議に参加したメンバーや人数については「政治的機微にかんする」として明らかにしなかった。舛添氏は「今後は誤解を招かぬように、別途、部屋を借りるようにする」とし、「収支報告書を訂正、削除したうえで、返金することを決めた」と話した。総務省の指示を受けたながら、できるだけ早い段階で返金するとした。

また、自身の責任については「(事務所の)会計担当者の選任と監督はきちんとしないといけない。今回、見落としがあったから反省しないといけない。二度とこのようなことがないようにしていく」「都知事としての職責をはたしていく」と述べて、辞任を否定した。


【中継予定】舛添都知事が午後2時から会見 政治資金問題など報じられる
THE PAGE 5月13日(金)11時43分配信

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=6PRybRefRl0
 政治資金をめぐる不正流用の疑惑が報じられている東京都の舛添要一知事が13日午後2時から定例会見を行う。舛添氏はこの日の会見で疑惑について説明するとされている。

 政治資金をめぐる疑惑は週刊文春が報じた。同氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が会議費の名目で千葉県内のホテルに支出した約37万円は家族旅行にあてられた疑いがあるなどとしている。

 舛添氏をめぐっては、このほか公用車での湯河原の別荘通いや、海外出張でファーストクラスやスイートルームを利用していた問題なども指摘されている。

※THE PAGEではこの会見をライブ配信します。


舛添都知事「精査」12連発、公私混同詳細説明避け
日刊スポーツ 5月13日(金)10時7分配信

Kojiki
報道陣からの質問に興奮気味に返す舛添要一都知事(撮影・村上幸将)

 東京都の舛添要一知事は12日夜、BSフジの報道番組に出演した。政治資金の「公私混同」疑惑について、調査が続いていることを理由に説明せず、「精査」という言葉を12回連発。今日13日に開く定例会見での説明を、目指すと述べた。辞任は否定する一方、秘書が作成した収支報告書の内容をチェックしなかったとして、道義的責任は認めた。「領収書は絶対もらう主義」とも述べ、「ケチ」といわれる金銭感覚の一端も明かした。

 舛添氏は約1時間、政治資金の公私混同疑惑について司会者に質問を受けたが、事実関係を「精査」していると繰り返し、詳細な説明を避けた。「全力を挙げて資料を精査」「徹底的に精査」。疑惑の核心に触れる部分だけで「精査」を12回繰り返し、「全力で」「調べている」も繰り返した。「会見に間に合わせようと思って、やっている」とも述べ、13日の会見で説明する意向は示した。

 舛添氏の政治団体「グローバルネットワーク研究会」(14年解散)には、「会議費用」として千葉県の「龍宮城スパホテル三日月」への支出(約37万円)が13年1月、14年1月の2度記載されている。正月の家族旅行との疑惑が出ているが、家族で行ったかどうかについても答えなかった。

 都知事選出馬を控えた14年1月の滞在期間中には、ホテルの客室とおぼしき場所から東京湾を望む景色の写真を携帯で撮影し、自身のブログに掲載。写真の風景は、ホテル客室からしか撮影できないとして「それも覚えていないのか」と迫られたが、「徹底的に調べたい」とかわした。

 自宅や別荘近くの店での飲食代を、私的に使用した疑惑に関しては、自宅や別荘には事務所も併設されているとして、「そこで事務所の関係の仕事をするのは当然だ」と、開き直ったような発言も。「主義として、領収書は絶対もらう」と、「ケチ」という評判通りの? 金銭感覚も披露した。

 進退論も浮上しているが、「反省すべきは反省し、都民のために全力で仕事し、信頼回復したい」として、辞任は否定。一方で、会計担当の秘書が作成した収支報告書に関し「(内容を)監督できなかった。道義的責任はまぬがれない」と、自身に責任の一端があることは認めた。「秘書は退職した。私の責任で調べている」と強調。記載内容がミスと判明すれば、「返金する」と述べた。

 舛添氏は終始、硬い表情。全力で精査して臨む会見の内容も不完全なら、批判はさらに強まりそうだ。


舛添都知事「会見後湯河原行くんですか」に怒気も
日刊スポーツ 5月13日(金)10時7分配信

 東京都の舛添要一知事は12日夜、BSフジの報道番組に出演した。政治資金の「公私混同」疑惑について、調査が続いていることを理由に説明せず、「精査」という言葉を12回連発。今日13日に開く定例会見での説明を、目指すと述べた。

 舛添都知事は番組後、囲み取材に応じた。その中で「定例会見後、湯河原(の別荘)に行くんですか?」と聞かれ「そういうことは、まだ決めてません!!」と気色ばむ一幕があった。海外出張で、航空機のファーストクラスやホテルのスイートルームを使用した件を追及されると「私はどういう仕事をやるか、内容をしっかりやる。職員は、石原さん、猪瀬さんがずっとおやりになった方式で部屋を決める。私は『このホテルにしろ』と1度も言ったことがない」と、都職員が前任の都知事の例にならって決めていると強調した。


旅行費疑惑 舛添知事、説明できず「精査してから」
産経新聞 5月13日(金)7時55分配信

 東京都の舛添要一知事は12日夜、BSフジのニュース番組に出演し、家族との旅行費を自らの政治団体から支出した疑いがあるなどとした週刊文春の報道について、「全体像を精査してからまとめて(説明を)やりたい」と述べ、詳細な説明を避けた。番組では、舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が平成24~26年に、家族旅行だった疑惑がある千葉県木更津市のホテル代約37万円のほか、別荘のある神奈川県湯河原町の回転ずし店の飲食代約4万7千円などを支出している点を追及した。

 舛添氏は2年連続で支出が記録されている木更津市のホテルの宿泊について「精査してから」と回答せず、宿泊した記憶がないのかとの追及にも「そういうことも含めて、今ここでコメントせず、精査したうえでお話ししたい」とかたくなに回答を拒んだ。

 また、ホームセンターなどでの買い物についての説明では、「私の場合は1人で動くというよりも、必ずほとんど秘書がついている。だれがどうして(領収書を)出したのかも含めて調べている」と述べた。

 問題となった政治団体の会計責任者はすでに退職したとし、「下で働いている人を監督できなかったことの道義的責任は免れない」とも述べた。自身の進退については「まずは疑惑の解明に全力を尽くす。全力を挙げて都民のために働く」と述べ、辞任を否定した。


舛添都知事、疑惑発覚後初TV「家族旅行」否定せず
スポーツ報知 5月13日(金)7時3分配信

 東京都の舛添要一知事が12日、BSフジの報道番組「プライムニュース」に出演し、家族との旅行費を自らの政治団体の政治資金収支報告書に記載していた疑いについて「一つ一つ調べている」とし否定はしなかった。疑惑を報じた「週刊文春」発売後、初めてのテレビ出演となったが「精査させてほしい」「全力で調べる」などのコメントを繰り返すばかりで、疑いは濃くなる結果となった。13日には都庁で定例会見が開かれるが、どのように「調査結果」を報告するか注目される。

 自らの政治団体(解散)が2013年と翌14年の正月に、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」での「会議費用」として政治資金収支報告書に記載した計約37万円が家族旅行代金だったのではとの疑惑が浮上してから、初めてのテレビ出演。舛添知事は番組冒頭、「都民の方々にご迷惑と心配をおかけしておわびしたい。申し訳ありません」と神妙な表情で謝罪した。

 しかし、疑惑に話が及ぶと一転、「精査中」「調べる」などと繰り返し、具体的な回答を避けた。2、3年前の家族旅行だったら記憶はあるのではと問われ、「全体像を精査するために精査している。正しいことを言って話したい」とするにとどめた。

 14年1月2日の自身のブログで、「新年の東京湾」と題し、「うみほたる」の写真を掲載していた舛添都知事。番組ではこのブログを紹介、「これは(龍宮城スパホテル三日月)でないと撮れない角度の写真ということが分かりました」とキャスターが迫ると、舛添知事は「事務所が書いたものもあるので精査したい。あらゆる資料を調べる」とうろたえた様子を見せた。

 約1時間、疑惑を追及されたが明確な回答を避け、28回も「精査」を繰り返した。しかし、「家族旅行だったのか」との問いに一度も否定することはなかった。

 週刊文春によると、同ホテル関係者は2度の利用とも「会議は一切開かれていない」とし、子どもを連れた「慰安旅行」と証言した。これが事実であれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性があるという。進退について問われると、「とにかく全力で解明する」と話すにとどめた。

 一連の疑惑は、舛添知事が、参院議員時代のものが多い。当時の会計担当をしていた秘書は、現在退職していると明かした上で「私に監督責任がある。彼がやったとは言わない」とし、「道義的な責任は免れない」断言した。


舛添都知事 精査、精査「精査が大事」/一問一答
日刊スポーツ 5月12日(木)23時55分配信

Knyroo
「プライムニュース」に生出演後の囲み取材で、記者の質問に指をさして返答する舛添都知事(撮影・村上幸将)

 政治資金の公私混同疑惑の渦中にある舛添要一東京都知事(67)が12日夜、BSフジ「プライムニュース」に生出演後、東京・台場のフジテレビ前で、報道陣の囲み取材に応じた。その中で「明日の定例会見後、湯河原(の別荘)に行くんですか?」と聞かれ「そういうことは、まだ決めてません!!」と気色ばむ一幕があった。

 また海外出張の際、航空機のファーストクラスやホテルのスイートルームなどを使用した件について「精査できなかったのか?」と聞かれた際も、いら立ちを見せた。そして「私は、どういう仕事をやるか、内容をしっかりやる。職員の方は石原(慎太郎)さん、猪瀬(直樹)さんがずっとおやりになった方式で部屋を決める。私は『このホテルにしろ』『こっちがいい』と1度も言ったことがない」と、都職員が前任の都知事の例にならって決めてきたと強調。その後「今、思えば、本来は高すぎるんじゃないのと言うべきですけど…私は仕事の中身しか考えてない」と反省の姿勢も見せた。

 囲み取材での主なやりとりは、以下の通り。

 -もし報告書にミスが見つかった場合、どのような対応をする?

 舛添都知事 まだ、ミスが見つかっていないんで。(番組で)ああいう風に言われたから(返金をするなどと)答えただけ。とにかく、調べさせて下さい。その上でですね…頑張って、何とか夜を徹してでも明日の会見に間に合わせるように今、みんな頑張ってやっておりますんで、ちょっとお待ちいただければ。その上で、対応を考えます。ミスはあるかないか、調べてみないと分からない。今は精査するのが1番大事。

 -返金も視野?

 舛添都知事 そう言うと、先ほど(番組で)「辞任するんですか?」みたいな話もチラッと出た。それよりも、今は全力で調べる、そして説明する。これが私の責任ですから、そういうことでやりたい。

 -精査すると何度もおっしゃっていたが、そもそもファーストクラスやスイートルームなどを、ご自身で精査することはされなかった?

 舛添都知事 精査するというのは、政治資金の話でしょう? 今の精査は、出張経費の話? 私はニューヨーク、パリの市長に会う…どういう仕事をやるか、内容をしっかりやるわけです。職員の方は石原さん、猪瀬さんがずっとおやりになった方式で部屋を決める。私は「このホテルにしろ」「こっちがいい」と1度も言ったことがない。ロジスティックは、職員がそのままやってきたから。今回、批判がありましたから、検討しているし、秋の欧州は(出張費は)5000万でしたけど、3500万円くらいまで減らした。さらに、そういう努力をする。

 -(この日行われた)知事会で他の知事と話をした?

 舛添都知事 知事会の議論でそういう話は一切していない。「みなさん、大変お騒がせしました。ご迷惑をおかけしました」と言った。同じように他の知事さんもやってるんじゃないか? と質問が来ているので、ご迷惑だと思ったから一般的に申し上げた。

 -明日の午後の定例会見には間に合う?

 舛添都知事 今、全力を挙げて努力してます。精査をして調べています。

 -明日、必ず話せるんですね?

 舛添都知事 ですから、一生懸命調べています。何とか間に合うように努力します。

 -明日は定例会見後、湯河原(の別荘)に行くんですか?

 舛添都知事 そういうことは、まだ決めてません!! 今は全力を挙げて調べる。そこに全力を挙げています。

 -都民の信頼を失っているとは思わないか?

 舛添都知事 いろいろな批判がありますから、そういうのを真摯(しんし)に受け止めて、信頼回復のために全力を挙げたいと思っております。

 -番組の冒頭で都民に謝罪した意図は?

 舛添都知事 これだけ、ご心配をおかけしているわけですよ。心配なさり、大丈夫かということをおっしゃる。政治家として資質がいいのか、いろいろな声が来ています。そういうことを言われるということは、大変申し訳ないので、本当に反省してですね、しっかり信頼回復をしないといけない。そういう立場で申し上げました。

 -会計責任者の方が退職された時期は?

 舛添都知事 私が知事になりました…その時には、退職されておりましたので、その(都知事就任の)ちょっと前だったと思います。

 -(代表を務める政治団体)泰山会発足の時には退職されているので、その前までの担当?

 舛添都知事 ちょっと、これはよく調べてみないと。不正確なことは言えないですけれど、私の記憶が正しければ、知事になった時にはもう退職なさっていました。それは確かです

 -その方の所在の確認はできている?

 舛添都知事 お年を召されているし、退職なさっているし、個人のプライバシーもありますから。今(調査は)事務所が全力を挙げていますから、ご勘弁いただければと思います。

 -明日の会見で、具体的にこれと、これとこれは説明できる、というのはあるか?

 舛添都知事 精査してるというのは、週刊誌(週刊文春)で、おかしいと疑惑を出されましたね。本当にそうなのか…たくさん出ていましたから、1つ1つお答えできるように調べている、という意味でございます。

 -現状、これについては説明できる、という準備は?

 舛添都知事 全体を見てやっているので、個別にどうだ、というのは今、申し上げられない。


舛添氏、支出内容説明せず「資料を全力で精査」
読売新聞 5月12日(木)22時43分配信

 東京都の舛添要一知事は12日夜、BSフジの番組に出演し、自身の資金管理団体(解散)による政治資金収支報告書への虚偽記載疑惑について、「都民に大変ご迷惑をかけ、申し訳ないと思っている」と陳謝した。

 ただ、支出内容について説明はせず、「あらゆる資料を全力で精査した上でしっかり話す」と繰り返した。

 収支報告書には「会議費」名目で、2013年1月と14年1月に、計約37万円を千葉県内のホテルに支出した記載があり、家族旅行だった疑いがあると週刊誌で報じられた。


舛添知事、2時間生出演も、疑惑に「精査した上で…」と繰り返す
スポーツ報知 5月12日(木)21時49分配信

Drbo
11日の会議で思案顔の舛添要一知事

 BSフジ「プライムニュース」(月~金曜、後8時)に12日、政治資金規正法違反疑惑の渦中にある舛添要一東京都知事(67)が2時間にわたって生出演。覚えていて当然のような質問にも「全体をしっかり精査した上で、記者会見で」と判で押したような答えを繰り返した。

 司会の反町理フジテレビ政治部編集委員(52)に、これまでにあがっている様々な疑惑を次々にぶつけられ、舛添知事は「間違いがあってはならないので全体をしっかり精査した上で、記者会見で…」と繰り返すばかり。番組では舛添氏の公式ブログに掲載されている“海ほたる”が写っている写真を示し、該当写真が会議で使用したとされる竜宮城ホテル三日月の宿泊棟からでないと撮影できない角度であるとの検証結果を図解付きで示したが、「しっかり精査…」との回答。「このブログを乗せたことも覚えていない?」と追求を受けたが「(ブログには)自分が書いたこともあるし、事務所スタッフが書いたこともある」とかわした。

 疑惑に対し「まず解明してお答えする」というスタンスで押し通した舛添知事。「その結果いかんで?」と反町キャスターから進退の可能性を問われると「そういうことではございません。とにかく解明することが私の責任です。あまり先に走らないでください」と次々と繰り出される質問やツッコミに防戦一方だった。


舛添知事ファーストクラスは「仕事の成果出すため」
日刊スポーツ 5月12日(木)21時44分配信

Nstto
舛添要一知事

 高額な出張費が批判されている東京都の舛添要一知事が12日、BSフジ「プライムニュース」に出演し、高級スイートルームに宿泊している理由を語った。

 都職員らとの打ち合わせに必要だと主張し、「熊本地震に対し、都からどのような物資を送るかと話し合っている」などと話した。また渡航時にファーストクラスを利用していることについて「疲れて行っては意味がない。仕事の成果を出すため」と語った。


舛添知事「徹底的に精査」繰り返すだけ、司会者苦笑
日刊スポーツ 5月12日(木)21時9分配信

Gehin
BSフジ「プライムニュース」に生出演後、応じた囲み取材で、質問に興奮気味に返す舛添都知事(撮影・村上幸将)

 正月の家族旅行や飲食代に政治資金を利用した「公私混同」疑惑が浮上した東京都の舛添要一知事が12日、BSフジ「プライムニュース」に神妙な表情で生出演し、「今、事務所で資料を精査している。調査が全て終わってからコメントしたい」と弁明した。

 舛添氏の政治団体の政治資金収支報告書に、13年1月3日と14年1月2日、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」を会議目的で利用したとして金額約24万円、約13万円がそれぞれ計上されている。週刊文春の報道によると、同ホテルのホームページにある会議費用は「1人当たり500円」とされており、「家族旅行」という疑惑が上がっている。

 それについて司会者から「2年連続で正月に龍宮城に行ったか、行かなかったすら記憶にないんですか」と言われても、「今、全力で精査している」とけむに巻いた。

 14年1月2日、自身のブログに「龍宮城」とみられる施設とアクアライン、海ほたるが写った写真が掲載されているが「載せたことも覚えていませんか」と突っ込まれると、舛添氏は「ブログは自分が書いたり、事務所が書いたりしているので…」と、苦渋の表情で語った。

 自宅近くにある都内の高級天ぷら店、イタリア料理店に家族で飲食に行ったことも疑惑に上がっているが、「調べさせてください。隠すとかそういうことではない」とした。

 番組司会者側から1つ1つの政治資金計上事例を指摘されると、険しい表情で「正しいかどうかを徹底的に精査して、正しいか正しくないかを調べてから、しっかりと話したい。今、一生懸命調べている」と同じ文言を繰り返し、司会者側が苦笑いする場面が多く見られた。


舛添都知事に新疑惑浮上 「会議費」で家族旅行か 政治資金規正法違反の疑い
夕刊フジ 5月12日(木)16時56分配信

Kojiki
新たな疑惑が浮上した舛添氏。政治資金規正法違反の疑いもあり、都庁に激震が走っている(写真:夕刊フジ)

 東京都の舛添要一知事(67)に、新たな「政治とカネ」の疑惑が直撃した。11日発売の「週刊文春」が、政治資金を家族旅行などに流用していた疑いがあると報じたのだ。事実なら、政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあるうえ、人として「卑しさ」さえ感じる。「豪華海外出張」や「公用車問題」など、首都のリーダーとは思えない疑惑と合わせて、進退問題に発展する可能性が出てきた。

 舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(現在は解散)の収支報告書によると、都知事就任前の2013年と翌14年の正月、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」に「会議費」として計約37万円を支出している。だが、文春によると、実際は舛添氏の家族旅行だったというのだ。

 スパホテル三日月は、関東では有名な温泉レジャー施設。庶民的なイメージもあるが、特別室に宿泊し、あわびや伊勢エビなどの高級料理を堪能すれば、大人1人で1泊数万円を超える。

 文春は、ホテル関係者の「会議は一切、開かれていません」「舛添さんはお子さんを連れて、慰安旅行でご利用されていました」という証言を掲載し、政治資金規正法違反の可能性を指摘した。

 スパホテル三日月は、夕刊フジの取材に対し、「舛添氏の件は取材対応しない」としている。

 舛添氏の「公私混同」疑惑は、これだけではない。

 グローバルネットワーク研究会と、舛添氏の現在の資金管理団体「泰山会」は12年から14年にかけて、東京都世田谷区にある舛添氏の自宅近くの高級天ぷら店やイタリア料理店などに「飲食代」として計約30万円を支出している。文春はいずれも、家族で利用した疑いを指摘している。

 問題は、グローバルネットワーク研究会の政治資金には、税金を原資とする政党交付金が含まれている点だ。

 例えば、13年分の収支報告書をみると、同研究会は「新党改革比例区第四支部」から計2250万円もの寄付を受けているが、新党改革の政治資金には政党交付金が含まれている。

 今回の疑惑を専門家はどうみるのか。

 政治資金の問題に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授は、夕刊フジの取材に対し、「スパホテル三日月のケースは悪質に感じる。報告書に『会議費』として記載しておきながら、実際は家族旅行だったとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が高い。これは会計責任者の単純ミスではない。『なるべくポケットマネーを使わず、政治資金を使おう』という舛添氏の意図があるのではないか」と指摘した。

 文春が発売された11日午前、舛添氏は都庁で記者団に「週刊誌の件は、古い団体なので調べないと分からない。今朝から事務所で精査させている。時間をください。きちんとコメントします」と語った。記者から「家族旅行で宿泊したのか?」という質問が飛んだが、わずか2、3年前の正月の出来事なのに、舛添氏は明確に答えなかった。13日の定例会見で説明するとみられる。

 それにしても、舛添氏の「金銭感覚」「倫理観」は理解困難というしかない。5000万円以上もかかった欧州出張が問題となり、先月末には、公用車でほぼ毎週、神奈川県湯河原町の別荘に通っていた事実が発覚した。

 世論の反発を恐れたのか、舛添氏は9日夜、TBS系「NEWS23」に緊急生出演し、今後は週末の別荘通いに公用車を原則使用せず、豪華海外出張も見直す考えを示した。だが、公用車使用代の返却は明言せず、「事務方に…」などと責任転嫁と取れる発言も目立ったばかりだ。

 2020年東京五輪を控え、このままでは都民も黙っていない。

 経済ジャーナリストの荻原博子氏は「あきれた。報道が事実なら、子供と温泉に行った代金は自費で出すべきだ。『バレなければ(政治資金で)いい』という考えがあるのではないか。五輪開催に向けて、今も湯水のように税金が投入されている。まさに『舛添感覚』だ。苦しい生活のなか、税金を納めている都民を何だと思っているのか。早急に改めなければならない」と批判した。

 舛添問題を追及している音喜多駿(おときた・しゅん)都議(無所属)は「公人としてのモラルが感じられない。報道通りなら、家族の温泉旅行代金を政治資金で処理する金銭感覚が、現在批判を浴びているファーストクラスやスイートルームの利用に直結している。都民の理解は到底得られない」と切り捨てた。

 来年夏の都議選を控え、都議会与党である自民党や公明党はこれまでのところ目立った動きはみせていない。だが、都議の1人は夕刊フジの取材に「このままでは自民、公明両党も黙っていないだろう。『舛添降ろし』が始まる可能性は否定できない」と語った。


舛添氏に非難轟々 橋下氏「都民に土下座か辞職」 元妻・片山氏「セコイ、小さい」 識者コメント
夕刊フジ 5月12日(木)16時56分配信

Thsmt
橋下徹弁護士(写真:夕刊フジ)

 舛添氏が、政治資金を家族旅行などに流用していたとの疑惑報道を受け、識者らがコメントを発信している。

 前大阪市長の橋下徹弁護士は11日夜、自身のツイッターで「舛添さん、ここまで来たら思いっきり謝って、もう一度チャンスを下さいと都民にお願いするしかないね。都民に土下座する姿勢であればまだ許されるギリギリのところでは? そうでなければ辞職だね」と投稿した。

 元妻でもある自民党の片山さつき参院議員は、FNN(フジニュースネットワーク)の取材に「セコイ、小さい、哀しいですね。離婚して28年ですが、そのセコイな、細かいなっていうところは、全然変わってないなという感想は、持ちました。これはルール違反だし、公というものに対する意識が、全く欠けてるんじゃないですか。『公私混同』の極み」と話した。

 政界では「ポスト舛添」の有力候補として、橋下氏の名前を挙げる人もいるという。


舛添都知事が窮地に 公私混同疑惑には苦しい弁明
日刊スポーツ 5月12日(木)10時18分配信

 正月の家族旅行や飲食代に、政治資金を利用した「公私混同」疑惑が浮上した東京都の舛添要一知事は11日、一連の問題について調査していることを明かした。早ければ、13日の定例会見で説明する。公用車での別荘通いや高額な海外出張費…。庶民とかけ離れた金銭感覚や、税金の使い方に対する「常識」に批判が集まるさなか、今回の問題が発覚。知事の資質が問われる事態で、今後、進退問題に発展する可能性もゼロではない。

 政治資金を使った「公私混合」疑惑を報じた「週刊文春」が発売された11日、舛添氏は、疑惑の解明を進めていると強調した。登庁時「(政治団体の)書類を全部調べるよう(事務所に)言っている。調べないと分からない。精査が終わったらコメントしたい」。記憶がないのか問われても、慎重な物言いに終始した。

 舛添氏の政治団体「グローバルネットワーク研究会」(14年7月解散)の政治資金収支報告書には、「会議費用」として、リゾートホテルに計37万1100円の支出がある。文春は、ホテル関係者の証言として、会議は開かれず、実態は「家族旅行」だったと指摘。ほかにも、自宅近くの高級てんぷら店や回転すし店での飲食代が含まれ、政治資金規正法の虚偽記載に当たる恐れが浮上している。

 公用車による別荘通いや、高額な海外出張費の問題は知事就任後の話だが、今回は、国会議員時代のものも含まれる。文春の報道が事実なら、税金に対する認識の甘さが染みついていると指摘されても仕方ない。政界関係者は「政治資金も自分のお金も区別がつかない人に、知事を任せられるのか。資質が問われる問題だ」と、突き放す。旅行費用の記載が事実とすれば、「あまりにもセコい話だ」(永田町関係者)。

 舛添都政を支える都庁や都議会では、収支報告書の訂正で乗り切るとの見方もある一方、深刻ととらえる向きも少なくない。舛添氏が意欲を示す、今夏のリオデジャネイロ五輪出張への影響を懸念する声もある。

 不穏な空気が漂う都庁で舛添氏は11日午後、昨年、「週刊新潮」に女性の下着を盗んだ疑惑を報じられた高木毅復興相と面会した。20年東京五輪を復興五輪にと要請された舛添氏は、「東北の復興なしに五輪の成功はない」と応じ、17日に福島県を訪れ、地元食材の安全をPRしてくると約束した。しかし、すべては疑惑の説明が前提。舛添氏は政治家として、正念場を迎えている。


海外出張費、舛添氏が突出 本紙全国知事アンケート 「1泊10万円超」東京のみ
産経新聞 5月12日(木)7時55分配信

 東京都の舛添要一知事の海外出張費が「高額すぎる」と批判を集めている問題に絡み、産経新聞は全国の知事に緊急アンケートを実施した。回答のあった45都道府県のうち、渡航にファーストクラスを使っていたのは東京、岩手、茨城、群馬、愛知の5知事。条例に基づく規定を上回り、1泊10万円を超える超高級ホテルに泊まっていたのは舛添氏のみだった。東京都の突出ぶりがうかがえる一方、規定はファーストクラスに乗れるのにビジネスクラスにする「倹約型」の知事も多く、各自治体の“意識の差”が浮き彫りになった。

 アンケートでは就任以降の海外出張回数や随行人数、航空機の座席ランクなどを質問。震災対応に追われる熊本、大分を除き、「文書保存期限の5年以内」「直近10回」など確認できる範囲内で、各自治体から回答があった。

 これによると、就任以降の海外出張の回数が最も多かったのは鹿児島県知事(3期)で34回。最も少なかったのは島根県知事(同)の2回だった。

 1回の出張費が5千万円を超えたのは東京都と福島県のみで、最高額は舛添氏のロンドン・ベルリン出張の6976万円。2位は福島県の内堀雅雄知事のミラノ万博出張で6227万円、3位は舛添氏のパリ・ロンドン出張で5042万円だった。福島県は食の風評被害の払拭に向けたイベントに約5300万円を支出。それが出張費に含まれており、旅費、宿泊費などの割合は少ない。

 渡航時にファーストクラスを使っていたのは舛添氏、岩手の達増拓也氏、茨城の橋本昌氏、群馬の大沢正明氏、愛知の大村秀章氏の5知事のみ。北海道や新潟、大阪など13知事は規定上は同クラスに乗れるが、ビジネスクラスを利用していた。随行職員はエコノミークラスが一般的だが、12都道府県ではビジネスクラスも併用。「部長級以上」など幹部に限るケースが多かった。

 1泊あたりの宿泊費が最も高かったのは舛添氏で19万8千円(パリ・ロンドン、スイートルーム)。次いで福岡県の小川洋氏の8万8千円(ロンドン、デラックスルーム)だった。一方で千葉、埼玉、奈良など11県では条例に基づいて定める上限額を超えないよう工夫し、最高でも1泊3万円程度に収めていた。

 1回の随行人数が最も多かったのは沖縄県の翁長雄志知事のシンガポール出張で32人。少なかったのは鳥取県の平井伸治知事の0人で、計27回にわたり“一人旅”を繰り返していた。


全国知事に海外出張アンケート 意識の差、節約に工夫こらす
産経新聞 5月12日(木)7時55分配信

 ■随行ゼロ「一人旅」/ホテル代上限厳守 「桁違い」都知事は首相級?

 産経新聞が行った海外出張に関する全国知事アンケートでは、「節約」に尽力する自治体の姿勢も目立った。「成果を挙げるには経費もかかる」と1回の出張に5千万円超もかけた東京都とは裏腹に、ホテル代を3万円程度に収めたり、随行職員ゼロでトップセールスに赴いたり…。ただ、庶民感覚からかけ離れた支出も目立ち、税金の使い道に厳しい視線が注がれる中、識者は「各自治体で再点検を進めるべきだ」と指摘している。

 就任以来の海外出張回数が32回と多かった鳥取県の平井伸治知事(54)は全国で唯一、随行職員ゼロの“一人旅”を行っていた。韓国や中国、ロシア、ブラジル…。同県出身で「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんらを観光資源と位置づけ、漫画イベントの出展など海外でのトップセールスを行う。

 秘書も連れずに1人で現地入りし、先行してイベント準備などを進める職員らに“合流”するパターンが多く、計27回に及ぶ。随行者がいない分、経費総額も最高で約180万円と控えめだ。平井氏は「限られた財源の中、最小限の費用で最大限の効果を発揮したい」とコメントした。

 宿泊するホテルにも“格差”があった。宿泊費の規定に関する設問に答えた44都道府県のうち、条例などで1泊当たりの上限額を定めていたのは42自治体。いずれも「国家公務員等の旅費に関する法律(旅費法)」に沿った金額設定をしていた。

 これによると、最高額を首相・最高裁長官と同じ4万200円に設定していたのは東京都のみ。愛知、兵庫、福岡など6県は「大臣級」の3万2200円。大阪、千葉など18道府県は「副大臣級」(2万9千円)を採用し、京都、奈良など17府県は「事務次官級」(2万5700円)だった。

 こうした規定をオーバーし、増額申請をしたことがあるのは28自治体。舛添要一都知事は昨秋のパリ・ロンドン出張で、規定額の約5倍に当たる1泊19万8千円のスイートルームに宿泊し批判を浴びたが、神奈川、埼玉など11自治体はすべて規定内に抑えていた。

 「訪問先の自治体にホテルの手配をお願いする。口利きもあるのか、3万円でもいいホテルを用意してくれますよ」と“秘訣(ひけつ)”を明かすのは神奈川県の職員。舛添氏と同時期にロンドンを訪れた際、同県の黒岩祐治知事(61)は中心部から約7キロ離れたホテルに宿泊。規定通り1泊3万2200円で、一等地に泊まった舛添氏の6分の1程度に収めた。

 随行職員も舛添氏の19人に対し、黒岩氏は3人と少なく、4泊5日の視察に要した経費総額は約380万円。7日間で2カ国を周遊し約5千万円を費やした舛添氏と比べれば、まさに「桁違い」(黒岩氏)だ。

 航空機の座席への考え方にも違いが出た。条例などでファーストクラスに乗れると規定されるのは計18自治体だったが、規定通りに同クラスを使っていたのは5知事のみ。13人はビジネスクラスを使っていた。

 ある自治体の担当者は「条例ではファーストクラスに乗れてしまうので、あえて同クラスの設定がない路線を選んでいる」とし、陰ながら節約に努めているのだという。

 元宮城県知事の浅野史郎氏は「私も公務ではすべてビジネスクラスだった。特別な場合を除いてファーストクラスを利用したり、規定額の何倍ものホテルに泊まったりするというのは、やり過ぎではないかと感じる」とした上で、「出張を準備する担当職員が、5千万円もかかるような豪勢な出張計画を持ってくることが不思議で疑問に思う」と述べた。


舛添知事ピンチ!会議費用で家族旅行…「調べないと分からない」
スポニチアネックス 5月12日(木)7時3分配信

 家族との旅行費を自身の政治団体の政治資金収支報告書に「会議費」と記載した疑いがあると今週発売の「週刊文春」に報じられた東京都の舛添要一知事は11日、都庁内で「精査が終わったらコメントする」と述べた。

 舛添知事の政治団体「グローバルネットワーク研究会」(14年7月に解散)の収支報告書によると、参院議員だった2013年1月と、議員辞職後の14年1月、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」に「会議費用」として「約23万円」「約13万円」をそれぞれ支出したと記されている。週刊文春は、ホテル関係者の「2回とも会議は開かれていない」「子供を連れた家族旅行だった」「13年は2泊した」との証言を掲載。政治資金規正法違反の疑いがあると報じている。

 「龍宮城――」はアクアラインからも程近く、東京湾を一望できる客室が自慢。1億5000万円の「黄金風呂」がある温泉施設のほか、水着で入れるスパを併設している。舛添知事が利用したとされる特別室の宿泊料金は、お盆などハイシーズンの土日では1泊約3万円(大人1人)で「大みそかから三が日にかけて一番料金が高い」(関係者)という。妻と子供2人と利用したとなれば「会議費」と金額はほぼ合うことになる。

 舛添知事は報道陣に囲まれ「解散した団体でもありますので、ちょっと調べないと分からない。今事務所に指示をして今朝から書類を調べろと言っています。ちょっと時間はかかりますが、きちんと精査が終わったらまたコメントします」と早口で話しており、早ければあす13日午後の定例会見で説明するとみられる。

 高額の海外出張費や、公用車での別荘通いが批判される中、舛添知事に再び浮上した政治とカネの問題。日大法学部(政治学)の岩渕美克教授は「政治資金規正法違反の時効は5年で、間違いなく告発される。多くの疑惑が出過ぎており、都知事から一度身を引くしかない。開き直って続けたとしても、再選は難しい」と話した。任期は18年2月まで。東京五輪開催時の知事でいるのは「アウトでしょう」と指摘した。


虚偽記載報道で舛添氏「調べないと分からない」
読売新聞 5月11日(水)21時46分配信

 東京都の舛添要一知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が、政治資金収支報告書に虚偽記載をしている疑いがある、と11日発売の週刊文春が報じたことについて、舛添知事は同日、報道陣に「調べないと分からない。精査が終わったらコメントする」と述べた。

 同研究会の政治資金収支報告書には「会議費」名目で、2013年1月3日に23万7755円、14年1月2日に13万3345円の計約37万円を、千葉県内のホテルに支出した記載がある。週刊文春は、ホテル関係者の話として、実際には家族旅行だった疑いがあると報じた。

 同研究会は、主に舛添知事が参院議員時代の資金管理団体で、知事就任後の14年7月に解散した。


<舛添知事>「会議費」は家族旅行の疑い
毎日新聞 5月11日(水)19時36分配信

 東京都の舛添要一知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(既に解散)が千葉県木更津市のホテルに「会議費」として支払った約37万円は、実際には家族旅行の費用に充てられており政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると11日発売の週刊文春が報じた。舛添知事は同日、報道陣に「解散した団体もあるので分からない。事務所に精査を指示した」と説明した。

 政治資金収支報告書によると、知事就任前の2013年1月3日と14年1月2日に「龍宮城スパホテル三日月」に、それぞれ23万7755円と13万3345円を会議費名目で支払った。週刊文春は「会議ではなく家族旅行だった」とのホテル関係者の証言を紹介し、虚偽記載の可能性が高いと指摘している。

 舛添知事は報道陣から、自身の記憶ではどうなのかと問われ「不正確なことは言いたくないので時間を頂きたい」と述べた。【飯山太郎】


舛添知事、家族旅行問題「精査した上でコメント」
日刊スポーツ 5月11日(水)13時19分配信

Teki
舛添要一都知事(写真は2015年11月17日)

 公用車での別荘通い&高額の海外出張費が批判されている東京都の舛添要一知事に、新たな「政治とカネ」の問題が浮上した。11日に発売された「週刊文春」が、家族旅行や私的な飲食費に、政治資金が使われた「公私混同」の疑いがあると報じている。

 舛添氏はこの日午前、都庁に登庁した際、報道について問われ、事務所に調査させているとして、「精査した上でコメントをしたい」と述べるにとどめた。

 10日にも、政府の会議に出席した後、報道についての質問を遮りながら「それはちょっと。今日はこれ(特区)の話。今はやめていただきたい。(13日の)記者会見の時にいらしてください」と述べ、説明を拒んでいる。

 舛添氏の政治団体の1つ「グローバルネットワーク研究会」(14年7月解散)の収支報告書には、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」に「会議費用」名目で23万7755円(13年)、13万3345円(14年)の支出がある。合計37万1100円。時期はいずれも、正月だ。

 「週刊文春」によると、ホテル関係者は2度の利用とも「会議は一切開かれていない」とし、子どもを連れた「慰安旅行」と証言したという。舛添氏には妻と1男1女がいる。

 一方、都内の自宅近くの高級天ぷら店やイタリア料理店、神奈川・湯河原の別荘近くの回転すし店でも「飲食代」で、1回につき1万数千円~5万6000円を支出。同誌は「いつも家族と一緒にコースを頼んでいる」「毎回必ず領収書をもらっている」など、天ぷら店常連客の話を掲載。趣味の美術品に関し、他の政治団体を含む報告書全体の支出が、900万円以上とも指摘された。

 舛添氏は、9日夜に出演したTBS系「ニュース23」で、公用車での別荘通いや高額な海外出張費を、全面的に見直す考えを表明。これまでの釈明から一転、低姿勢になった。前任者の猪瀬直樹氏が、政治とカネの問題で辞職したのを受け、14年に都知事に初当選したが、自身にも税金の使い方に関する問題が続々と浮上。報道番組での釈明は、危機感の表れとみられる。

 舛添氏は、20年東京五輪・パラリンピックを、開催都市の知事として迎える意欲を持つ。20年に知事でいるには、18年の都知事選で再選される必要があるが、政界関係者は「都民の目は厳しい。状況は変わった」と、「再選ありき」の考えには厳しい見方を示した。また、舛添氏は、リオデジャネイロ五輪の閉会式で五輪旗を受け取る意向も示しているが、関係者の間では「リオにも行けるのか」との声も出始めた。


政治資金疑惑、事実関係を精査=舛添都知事
時事通信 5月11日(水)12時15分配信

 東京都の舛添要一知事は11日、自らの政治団体が作成した政治資金収支報告書に虚偽記載の疑いがあるとの週刊誌報道を受け、「解散した団体もあるので調べないと分からない。精査を指示している」と述べ、事実関係を確認した上で説明する考えを示した。

 都庁内で記者団に語った。

 報道によると、疑惑が浮上しているのは、舛添氏の三つの政治団体の報告書。このうち、「グローバルネットワーク研究会」(解散)が2013年と14年に千葉県内のホテルに「会議費用」として支出した計約37万円が、実際には家族旅行に使われた疑いがあるなどとされた。


舛添知事「調べないと分からない」 「会議費」名目で家族旅行疑惑
産経新聞 5月11日(水)11時50分配信

Byoki
「会議費」名目で家族旅行をした疑いが報じられ、登庁時に報道陣に囲まれる東京都の舛添要一知事=11日、東京・新宿区の都庁(写真:産経新聞)

 東京都の舛添要一知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が「会議費」名目で千葉県内のホテルに支出した約37万円が、家族旅行だった疑いがあると週刊文春が報じた問題で、舛添知事は11日、報道陣の取材に、「解散した団体もあるので、調べないと分からない。今、事務所に(調査を)指示をしているが、精査が終わったら、またコメントしたい」と述べるに留めた。

 自身の記憶はあるかとの報道陣の問いに対しても、「不正確なことは言いたくないので」と述べ、説明を避けた。

 政治資金収支報告書によると、同団体は舛添氏が知事就任前の平成25、26年に木更津市のホテルに計約37万円を支出。文春は会議は行われておらず、家族旅行だったとするホテル関係者の証言を紹介し、政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると報じた。


会議費名目で「家族旅行」と文春報道 舛添氏「質問やめて」 13日の会見で説明へ
産経新聞 5月10日(火)19時56分配信

Kojiki
舛添要一都知事(写真:産経新聞)

 東京都の舛添要一知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が「会議費」名目で千葉県内のホテルに支出した約37万円が、家族旅行だった疑いがあると週刊文春がインターネットで報じ、舛添知事は10日、報道陣に「今日はちょっと(その質問は)やめていただきたい」と述べ、13日の定例会見で説明する意向を示した。

 政治資金収支報告書によると、同団体は舛添氏が知事就任前の平成25、26年に木更津市のホテルにそれぞれ約24万円と約13万円を支出。文春は「2回とも会議は行われていません。お子さんを連れて、家族でご利用になりました」とするホテル関係者の証言を紹介。政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると報じた。


竹田恒泰氏、舛添都知事を猛批判「公金を個人の快楽に使う癖があった人。この病気は治らない」
スポーツ報知 5月10日(火)19時32分配信

174
竹田恒泰

 明治天皇の玄孫(やしゃご)・竹田恒泰氏(40)が自身のTwitter(ツイッター)で10日、週刊文春WEBが報じた「舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑!」について言及し、東京都の舛添要一知事(67)を「公金を個人の快楽に使う癖があった人で、この病気は治らない」と断罪した。

 竹田氏は「舛添氏、今度は政治資金で家族旅行の疑い。これで、ファーストクラスとスイートルームでの殿様旅行、公用車で毎週末温泉旅行と、全てが一つの線で繋がった。もともと、公金を個人の快楽に使う癖があった人で、この病気は治らないだろう」と批判。

 そして「家族でリゾート地に行って、宿泊費と飲食費を『会議費』で落とすなど、一般の会社でも無理。税務署は真っ先に否認します。まして、政治資金でそんなことができるなど、いったいどんな神経をしているのか」と言及した。

 舛添都知事は、ほぼ毎週末神奈川・湯河原町の別荘に公用車で行っていたことについて批判を受けていた。10日未明には「批判を真摯(しんし)に受け止め、公用車は原則、使わない」と述べていた。


舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑!
(週刊文春 2016年5月19日号掲載) 2016年5月10日(火)配信

 舛添要一都知事(67)の三つの政治団体、「グローバルネットワーク研究会」(以下「グ研」)「新党改革比例区第四支部」「泰山会」の政治資金収支報告書(2012~2014年)を「週刊文春」特別取材班が精査した結果、政治資金規正法違反の疑いが浮上した。

「グ研」の収支報告書によると、舛添氏は2013年1月3日に、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」における「会議費用」として、237,755円を計上している。翌年も1月2日にやはり「会議費用」として、133,345円を計上、その金額は、あわせて371,100円となっている。

 正月の温泉リゾートで、いったいいかなる「会議」が開かれたのか。木更津に向かった小誌取材班は同ホテル関係者から次のような証言を得た。

「二回とも、会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います」

 言うまでもなく、政治資金には、国民の血税である政党助成金が含まれている。もしこの証言が事実ならば、舛添氏は自身の家族旅行の代金を血税で支払い、かつ「会議費用」と虚偽の記載をしたことになる。

 舛添氏に事実関係を尋ねたが、「すべて法的に適切に処理しています」とだけ回答があった。政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授はこう指摘する。

「収支報告書に会議費用と記しておきながら、内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が極めて高い。しかも繰り返し同じ虚偽記載がなされており、会計責任者の単純ミスではなく舛添氏による意図的なものと考えざるを得ません」

 政治資金規正法の虚偽記載の公訴時効は5年で、「5年以下の禁固叉は100万円以下の罰金に問われる可能性があり、最悪のケースでは公民権の停止もあり得ます」(同前)。

 舛添氏の真摯な説明がまたれる。

文/「週刊文春」編集部


「公用車使わない」舛添都知事、反省は… 400万円の返却明言なし
夕刊フジ 5月10日(火)16時56分配信

Bikkd
舛添要一氏(写真:夕刊フジ)

 東京都の舛添要一知事が9日夜、TBSの「NES23」に緊急生出演し、今後は週末の神奈川県湯河原町の別荘通いに公用車を原則使用せず、豪華海外出張も見直す考えを示した。だが、400万円と指摘された公用車使用代の返却も明言せず、「事務方に…」などと責任転嫁に感じる発言も目立ち、飛行機のファーストクラス利用は続ける意向を示した。本当に反省しているのか。

 「いろんなご批判があって(都民に)大変迷惑をかけている。今後は、原則として公用車は使わないことにする」

 舛添氏は番組冒頭、こう切り出した。都庁には、この2カ月で計4600件もの意見が届き、その大半が批判という。公用車を「動く知事室」などと主張してきた舛添氏だが、これ以上の強弁は苦しいとみたようだ。

 ただ、「反省する」という言葉は虚しく響いた。週刊文春は、血税からの公用車使用を「年間400万円」と指摘したが、舛添氏はこの返却を明言しなかった。

 総額5000万円を超えた昨年秋のパリ・ロンドン出張(随行員19人、5泊7日)も、「事務方に任せすぎた」「先方が『こういうクラスのホテルに泊まって』という申し出が事務方にある」などと、責任を回避するような発言も飛び出した。

 そして、飛行機のファーストクラス利用については、「到着してすぐハツラツと仕事をしたい」と語り、今後も続ける意向を示した。

 ちなみに、無所属の音喜多駿(おときた・しゅん)都議が、ロンドン市のジョンソン前市長による昨年10月の東京出張(随行員6人、4泊6日)の支出を同市に情報公開請求したところ、総額は約684万円だった。単純比較できないが、この差は何なのか。


舛添氏、別荘へ「公用車使わず、回数も少なく」
読売新聞 5月10日(火)2時0分配信

 東京都の舛添要一知事は10日未明、都内で報道陣の取材に応じ、公用車で神奈川県湯河原町の別荘にほぼ毎週末、通っていたことについて、「批判を真摯(しんし)に受け止め、公用車は原則、使わないことにした。(回数も)体調や状況を見ながら、できるだけ少なくしたい」と述べ、改める意向を明らかにした。

 舛添知事は今年4月までの1年間に計48回、仕事の整理や体調管理を理由に、都庁などの公務先と別荘を行き来していた。

 高額と指摘されている海外出張費については、「(4月の)米国出張は3500万円くらいで、昨年のパリ・ロンドン出張より3割減らした。今後も私の責任で削減の努力をする」と語った。

 高額の理由になっている随行職員の数やファーストクラスなどの利用についても、今後、見直しの対象とする考えを示した。


舛添知事湯河原通い 「公用車もう使わない」「批判を受け止めた」と舛添氏
産経新聞 5月10日(火)1時29分配信

 東京都の舛添要一知事が公用車でほぼ毎週末、温泉地として知られる神奈川県湯河原町の別荘に通っていた問題で、舛添知事は9日、報道陣の取材に応じ、「今後は基本的に公用車は使わないようにしたい」と述べた。

 舛添知事はこれまで「公用車は『動く知事室』だ」「ルールに従ってやっており、問題はない」などと主張し、緊急時に備えるためにも、公用車は別荘通いに不可欠との認識を示していた。

 こうした姿勢を一変させた理由について、舛添知事は「さまざまな批判を受け止めた結果だ」などと説明。今後の別荘通いについては「体調面のこともあるが、できるだけ少なくしたい」と述べた。

 一方、「高額すぎる」と批判のある海外出張で、渡航時にファーストクラスを使っていることについては、「(機内で)ゆっくり寝て体調を万全にして(視察などに)挑みたい」などと述べ、今後も利用を続ける方針を示した。


舛添都知事「偉くなった気持ちはない」/一問一答
日刊スポーツ 5月10日(火)1時13分配信

Teki
舛添要一都知事(写真は2015年11月17日)

 東京都の舛添要一都知事は9日夜、TBS系「ニュース23」に生出演し、批判を受けている公用車を使っての湯河原別荘通い&高額の海外出張費について、全面的に見直す考えを表明した。

 別荘に行く際は、「原則、公用車は使わないようにしようと思う」と述べ、都の規定を大幅に越える海外出張費に関しては「カットできるところはカットしたい。事務方が(宿泊先などの決定を)やるので、私がきちんとしなかったことを反省している」と、強調した。

 以下は、番組の星浩氏らキャスター陣との主なやりとり。

   ◆  ◆  ◆

 -<1>有事の際にすぐ戻れるのか<2>これまでに、都庁から別荘に行ったのは48回。毎週末、公用車に行くことは、都民の理解が得られるのか<3>行きは公用車で、帰りは私用車というのは矛盾しているのではないか。この3つの観点から話を聞きたい

 舛添氏 今の指摘の通りだと思う。ルールがそうなっている(発着地のどちらかが公務なら、公用車使用が認められる)が、いろんな批判があり、大変ご迷惑をかけている。原則で、これから(別荘発着の)移動の時は、公用車は使わないようにしようと思う。

 車なら、(別荘から)1時間で東京に戻れる。有事の際は、ヘリを使える。資料が山ほどあるし、精査する時間が必要。体調管理、温泉リハビリ(の目的)もがあるが、体はだいぶ、元に戻った。今後は、原則公用車は使わないようにする。

 -別荘に通うのは続けるのか

 舛添氏 体調とか、少し気分転換して考えることもある。物事を見ながら考えたい。

 -昨年4月の就任から、湯河原の別荘通いは48回。多いと思うか

 舛添氏 批判は真摯(しんし)に受け止めたい。

 -高額出張費問題について

 舛添氏 真摯(しんし)に受け止めて対応しようと思う。(宿泊先などの決定は)ロジ(事務方)がやるもので…。事務方が敷いたレールで、ここに泊まってくださいと、私がきちんとしなかったことを反省している。先月のアメリカ出張は、相当頑張って経費削減した。約3800万円の予定だったが、頑張って約3500万円にした。カットできるところは、できるところはカットする。

 -随行の人数も多い。ロンドン、パリ出張は19人、米国は15人だった

 舛添氏 ロンドン、パリでは五輪、環境などさまざまなテーマがあった。役人の立場からすると、どんどん人が増える。1人二役とかで出来ると思うので、もう少し減らせるようにしたい。私が任せきりだった。私の責任で、切れるところは切っていきたい。

 -都の条例規定では1泊4万200円のところ、パリでは1泊19万7200円、ロンドンでは、19万8000円のホテルに泊まっていた

 舛添氏 私も、まさに事務方に任せていた。どこまでの額にするかは、一定のルールに決めることになっているみたいだ。街によっても額は違うが。できるだけカットする。

 -関連経費には「貴賓室の借り上げ」もあった

 舛添氏 打ち合わせしたり、迎えに来てくれる時に、そこで待つというのがある。国によっては取ってくれるが、セキュリティーを考えて使っているし、有効に使っている。

 -ファーストクラスを利用するのは

 舛添氏 (米国出張では)現地に到着してすぐ、ニューヨークの市長と会談する。飛行機の中で休んで、きちんとした体で、体調がしっかりしたところで会議をした方がいいと思う。もっと削減するところはして、使うところは使う。

 -ロンドンの市長はビジネスクラスを使い、ホテルは1泊3万5000円だった

 舛添氏 ロンドンのルールも参考にして、経費削減をしたい。今年は、リオに行かなければならない。ここ(リオ出張)からは、3割とか、できるだけカットしたい。

 -都民の思いは、舛添氏の(知事としての)資質は大丈夫かというところにいっている

 舛添氏 今日、こういう時間をいただいてありがたい。今後は、しっかり反省してやりたい。(批判は)真摯(しんし)に受け止めている。いい仕事をして、都民にお返ししたい。海外出張も、お金を使っただけの成果はあげている。完璧に飛行機で寝て行って、はつらつとした形で仕事をしたい。額に見合うだけの仕事をして、都民にお返ししたい。

 -(視聴者からの質問で)どうして、そんな偉くなってしまったのか

 舛添氏 偉くなった気持ちはないが、批判を受けることは真摯(しんし)に反省をしないといけない。言われないように、頑張りたい。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・70 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・71 »

ニュース」カテゴリの記事

左翼・売国」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63438284

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・2:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・70 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・71 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31